←戻る
【紅1168】やる夫達の普通村 [1990番地]
~サブタイが浮かばんのだよ…~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon マルフォイフォイ
(生存中)
icon 巡音ルカ
(生存中)
icon 弱音ハク
(生存中)
icon 阿良々木
(生存中)
icon 姉帯豊音
(生存中)
icon 鏡音リン
(生存中)
icon 暁美ほむら
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon 東横桃子
(生存中)
icon そーりょ
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon ケロロ軍曹
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon 希望戦士コマエダー
(生存中)
村作成:2012/11/24 (Sat) 01:44:56
かりいいい さんが村の集会場にやってきました
かりいいい 「【禁止事項】
無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
システムメッセージのコピーペーストに よる能力結果CO、
突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
人外の村人騙り騙り
※これらの行為が 発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
初心者CO、初心者騙り 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は 待ってあげてください)
昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
※基本的に注意・警告のみですが、GMが 悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いしま す。
【占い師候補へ】
最初の発言は簡潔な占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php ※重要)
まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です) また、初心者の方は ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLか ら観戦スレやMLを確認してみてください。
http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ> 初日から会話が殺到します それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。 というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全 文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
かりいいい 「2時15分くらいに始められたらいいね!!」
結月ゆかり さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「12人集まるといいですね」
結月ゆかり 「あ、なんか早苗でも17人村たつ空気」
かりいいい 「え…うそ…>早苗17人」
弱音ハク さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「村立て募集してました」
結月ゆかり 「ハク先輩うっすうっす」
阿良々木 さんが村の集会場にやってきました
かりいいい 「いらっしゃい」
弱音ハク 「もうだめぽ」
かりいいい 「うーんこっちきてくれないかな…」
阿良々木 「不思議な場所に迷い込んでしまった
コンビニにジャンプを買いに来たつもりだったのに」
かりいいい 「両方行き交うのって珍しいかな?」
弱音ハク 「は?ちゃんぴおんですし」
結月ゆかり 「稀にありますね
たまに17人村二つたっても両方うまることがありますけど」
阿良々木 「この人達は何者なのだろうか
そもそも今日はジャンプの発売日だったろうか、……落ち着け阿良々木暦、お前はやればできる子のはずだ」
結月ゆかり 「>ハク
酒でも飲んでなさい」
弱音ハク 「やればできるやつとか私の敵か
こちとらやってもやってもできないわ
結月ゆかり 「>阿良々木
コンビニならそこの角を曲がったところにありますよ」
弱音ハク 「医者に禁酒命令されました>ゆかり」
結月ゆかり 「>ハク
マインクラフトに引っ張りだこな状況」
結月ゆかり 「>ハク
そのうちアルコール中毒で幻覚みてぽっくり行きそうですね」
阿良々木 「あ、それはどうもご親切に>結月さん」
弱音ハク 「飲む、鬱、カウンセリングですよ」
かりいいい 「禁酒命令だされるまで飲むとか…ヤバくね?」
姉帯豊音 さんが村の集会場にやってきました
亞北ネル さんが村の集会場にやってきました
かりいいい 「その後あららぎくんの姿を見たものは…誰もいなかった…」
姉帯豊音 「わぁー、こんな時間に村があるなんてっ!よろしくねー」
亞北ネル 「だるい、寝る」
弱音ハク 「ちょっとね…
レモンを漬け込んだウォッカがいい感じに漬かってたんですよ…」
結月ゆかり 「おっとネル工作員に姉」
かりいいい 「なにちょっとうまいこといってんのねえ>ハクさん」
結月ゆかり 「>ハク
禁酒してるんですからお茶でも飲んでいてください」
亞北ネル
                        カ
    カ タ    カタ     i~"レ、  タ ,-=ニ二゙ミ
            ,/ ̄ ̄`ヽi レ<-、_、 /     \
  カ     彡_,/"           / /    カ   ヽ、
   タ    ,.y-'"             | .|       タ  ヽ
.       }    丿   i   ヘ    } .V /,A        i
      l|〉  ,  }ヘ   |   } \   \_こン>,}        |
    カ /, i ! i゙ヽ}   i   {,/ヘ、  , .//∧} ヘ      i      こ、工作なんてしてないですしおすし
    タ ∥i |ヘ .トt,ヽ}、 {  {=-tテ={  {  i∥ヘi }  i      i
――--=__リ_l_ } } .i iヾ,,\ { i彳"i,  〉 /i  |/卅i|  .|      |
ー----,.__   .] }ト,弋;;!.| \ {弋;;リ_,彡レノ  レ6"' i  .| h     .i
      ,  ヽ ヘゝiミ     `     "/ /"'\i|  | ; ;;     |
     /   , .{ ヽ、 `   __,、  ノ /    i|  | ;; ;     i
     /   | ヘ、.へ、ー''ニ=+ゝ//" .{ _DEN2〉  i!       .i
     {  __  |  i|\ヽ-`ゝ--'"~;; <、 /i|L-ノ~`"i  |       i
__    i| __  |  i|  `./ゝ〈`^'- >_,__\_i__.}_, ∥  ノ ;; ; ; ;   |
 ||   ii _  i|  |__)∩   / )´ / ̄i-<__ \∥;;   ;; ;     |
゚ ||    ii __  | | i,u ) (_/i /( .( ヽ_ヘ  ) ; ;;       i
________  ̄___`´_` ヽy 丿/」
かりいいい 「ある時は三時とかでもある…それが人狼」
弱音ハク 「お酒我慢するの辛くて紅茶がばがば飲んでたらカフェインも制限されました\(^o^)/」
阿良々木 「……おおおい! 角を曲がっても霧ばかりで何もないじゃないか!
危うく迷って死ぬところだったぞ!」
阿良々木

   (      )                         ィ"⌒"⌒"ヽ
   (      )                        (       )
    ゙''ー''ー''´                , 、        (       )
                    / \  〈 ∧        ゙ー''ー''ー''
                  r''| 角 |  ∨∧    「は? コンビニ? 知らねーよ」
        ト 、   ___| L 行 .」__∨∧____
      <´:::::::ヽ、//    < ̄、  ̄二ニ∨/      |
 三三三 <,:::::::/て|ュ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ) ̄ ̄ ̄(]ニ  ̄ ̄ ̄ ̄|
 三三三 <:::::::ヽ シL___| ̄│_______| ̄|__」⌒"⌒"ヽ
       `Z:::::イノ    ー           ー          ),,
         ̄"                  (            ) 」
結月ゆかり 「>ハク
じゃあ水道水でも飲んでなさいよ」
姉帯豊音 「私の村でも2,3時間も歩いたらとなり村に着くよー?>あららぎぎさん」
阿良々木 「角の人もこう言ってるぞ、どういう事だ?
僕を騙したのか?」
結月ゆかり 「>ありゃりゃぎ
じゃあ今読んでる今週のジャンプ貸しますよ」
暁美ほむら さんが村の集会場にやってきました
弱音ハク 「いや何故に、水」
暁美ほむら 「こんばんは…ね。」
阿良々木 「今週のジャンプはもう読んだ、僕は過去に興味はない
いつだって未来を見据えているんだ」
初音ミク さんが村の集会場にやってきました
亞北ネル 「水も飲み過ぎたらあぶないけどね」
弱音ハク 「かわいい子が入ってきた」
結月ゆかり 「>ハク
一番安定しますし」
結月ゆかり 「おっとミク先輩ちーっす」
初音ミク 「ハッ
入るつもりはなかったのに」
霧雨魔理沙 さんが村の集会場にやってきました
阿良々木 「そもそも、村とかなんだか知らないが>姉帯さん
僕はそんな田舎育ちじゃない、むしろシティっ子だ
2,3時間も歩けると思うんじゃない」
暁美ほむら 「にゃ…にゃーん」
霧雨魔理沙 「よろしくなー。」
亞北ネル 「やだ、何この隣の可愛い寝る」
阿良々木 「すみませーん、女子の中に男子が1人で凄く気まずいんですけどー
ネギま? ネギま空間なの、ここ?」
弱音ハク 「…このこ飼いたいわね>ねこ」
暁美ほむら 「雪印コーヒーのパックが部屋に常備されてるわ(ファサッ」
暁美ほむら 「私を飼う資格があるのはまどかだけ…(ファサッ」
阿良々木 「ご丁寧に隅っこだけどさ
アレか、僕はこの隅っこを安息の定住地にしろっていうのか、冗談じゃない

僕は「信長の野望」でも北海道からはじめるタイプだけどさぁ!」
かりいいい 「リア充爆散しろ>あららぎくん」
かります さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「キャァァァァァァァァァシャベッタァァァァァァァァァァ>ほむら」
かります 「11人にする!」
弱音ハク 「クロスバイクとか選んじゃうあたりシティボーイですよね
かりいいい 「アイコンどうすっかな」
亞北ネル 「逆に考えるんだ、気まずいなら初日吊られちゃってもいいさと」
結月ゆかり 「あ、なんか早苗鯖でも村たった」
姉帯豊音 「い、岩手から来たけど、だめかなー?」
弱音ハク 「うんうん、まどかさんがすきなのね、かわいいかわいい」
阿良々木 「あーそりゃもうシティさ、シティハンターさ
車だってコペンとか買っちゃうくらいのシティっぷりだよ」
初音ミク 「よーしPPでエロロ木さん吊ろーぜー」
霧雨魔理沙 「あららららぎさんが寂しそうだから阿部さんとかやるといいんじゃないかな>かります」
かりいいい 「えーやーだーこっちきてよー」
結月ゆかり 「じゃあ夜食でもこしらえてきます」
暁美ほむら 「エロロ木って語呂いいわね…」
そーりょ さんが村の集会場にやってきました
阿良々木 「吊る? ……物騒なことを言うもんじゃないぞ
多少は田舎でも、ここは法治国家の一部だろう?
赤い水の流れる川や屍人の練り歩く村じゃあるまいし」
かります 「かります さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かります → 東横桃子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2747 (東横桃子)」
阿良々木 「人をまるでエロの権化のように言うんじゃない、僕は阿良々木だ」
東横桃子 「ん、これでいくっすかね」
暁美ほむら 「折角だからまどかに来てもらいたいけど…いや、まどかにはこんな運命は背負わせられない…」
そーりょ 「おいすー(笑)」
初音ミク 「霧は出てますよ?命中率下がってますよ? >オラオラ木さん」
東横桃子 「エ、エバラギさんっすか?」
弱音ハク 「ぶっちゃけクロスバイクっていまいち使い道微妙ですけどね
ロードみたいにスピード出せるわけじゃないしかといって町のりにするには
タイヤが細すぎてちょっとした段差にハンドルとられたりしますし
かりいいい 「人狼と妖狐が闊歩してる以外は普通の村だな!!>あららぎくん」
亞北ネル 「羽生蛇蕎麦でも食べるつもりか」
阿良々木 「A・R・A・R・A・G・I! 阿良々木だ、間違えないでもらおうか!」
弱音ハク 「つまりランドナーにのりかえなさい」
やる夫 さんが村の集会場にやってきました
数合わせくん さんが村の集会場にやってきました
暁美ほむら 「まさかのランドナー推薦…」
やる夫 「ありゃりゃぎさんのハーレムなど許してはいけない
絶対に、絶対にだ!(何」
かりいいい 「いいぞ!!もっとこい!!」
暁美ほむら 「ちょっと飲み物取ってくるわ…」
数合わせくん 「数あわせだといつから錯覚していた」
そーりょ 「にっき1にちめ

あたらしい村についたと思ったら このむらにはえろの総本山みたいなひとがいる
みたいなうわさをきいた ありえん(笑) エロ同人みたいなことされてまう(笑)」
姉帯豊音 「……麻雀の気配っ?」
阿良々木 「焼肉のたれでもない>東横さん
人狼? 妖狐? 何を寝ぼけたことを、今は21世紀だぜ馬鹿馬鹿しいねハッハッハッ」
やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
東横桃子 「やるっすか?>姉帯」
弱音ハク 「僧侶…ああこの胸のもやもやは神職の方にいやしてもらうしかないということなのかしら」
初音ミク 「だが待ってほしい妖狐は出るんだろうか >かりいいい」
暁美ほむら 「…アバラ木?」
結月ゆかり 「あまりもののパスタがありました」
やらない夫 「……おっと。14人になると思って入ったのだがね。
埋まるのを期待しようか」
亞北ネル 「名前打つのがめんどくさいんで寝る>あらき」
暁美ほむら 「茨城…?」
でっていう さんが村の集会場にやってきました
やる夫 「いいところに来たおやらない夫
このまま阿良々木さんにクロスボンバーだお!」
そーりょ 「……(胸を見て)

バシルーラ(笑)>ハクさん」
東横桃子 「土曜日だからって一気に増えたっすねー」
阿良々木 「舌っ足らずな幼女のように僕を呼ぶんじゃない>やる夫
そもそも僕がいつどこで何のためにハーレムを結成したというのだ」
姉帯豊音 「うん、麻雀は大好きだよー」
でっていう 「初日アラララギ吊りと聞いてきましたっていうwwwww」
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。」
結月ゆかり 「早苗鯖から流れてきた人いませんよね・・・・・・」
弱音ハク 「正直アマのレースに出る目標でもない限りロードをセレクトするのはちょっと
ドロップハンドルに興味があるならランドナーでいいわよ」
希望戦士コマエダー さんが村の集会場にやってきました
阿良々木 「肋骨でもない>暁美さん
JOJOでもない>亞北さん
そして僕はチバラギでもない、阿良々木だッ!>暁美さん」
そーりょ 「*「あらららぎ が あらわれた!
   コマンド? ▼」
初音ミク 「>阿良々木vsでっていう

ファイッ!!」
東横桃子 「千葉佐賀茨木さんっすね!」
数合わせくん 「埋まっただと!?」
希望戦士コマエダー 「やぁ、よろしくね!」
弱音ハク 「ありえん>僧侶」
やらない夫 「いいだろう、だがあとでプロテイン奢ってくれよ?>やる夫
阿良々木……ちょっとこっちこいや……」
亞北ネル 「えー」
でっていう 「吊りっていうwwwww>そーりょ」
そーりょ 「アバカムさんおちついて(笑)」
霧雨魔理沙 「アッララララララーイ」
初音ミク 「うまったとかなにそれこわい」
阿良々木 「お前わざとだろう、なぁわざとだろう?>でっていう

絶望した!
人の名前をまともに呼ぼうとしない閉鎖的な村社会に絶望した!」
初音ミク 「ボカロ村かと思って入ったけどそんなことはなかったよ!よ!」
でっていう 「アララララギが吊れる未来しか見えんなーっていうwwwww>ミク」
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。」
亞北ネル 「じゃあ首吊れよ」
数合わせくん 「数合わせくん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:数合わせくん → ケロロ軍曹
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1031 (ケロロ軍曹)」
かりいいい 「まさか埋まるとはこのリハクの目をもってしても見ぬけなんだ…」
希望戦士コマエダー 「絶望・・・!?
アララギ君、君は絶望に負けるのかい!!」
ケロロ軍曹 「ケロロロロロロロケロ」
やる夫 「閉鎖的な村社会ならむしろちゃんと呼んでくれるんじゃなかろーか」
初音ミク 「太陰太陽暦さん? モジスウハ アッテルネ」
そーりょ 「*「ここは ふつうむら です。」
阿良々木 「紛らわしいが僕はマスターキーでもない>そーりょ
そもそもそれは魔法使いの使える呪文だッ」
かりいいい 「ごめんちょっと待って
アイコン決めて来るから」
弱音ハク 「初日吊りには事欠かない村ね
姉帯豊音 「それじゃ、よろしくねー」
でっていう 「ケロロ木さんじゃないですかっていうwww」
ケロロ軍曹 「         , ,.....,, _
     _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
   r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、
   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、  我輩、こう見えても体の色は緑色であります。
   ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、
      \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )
        `ヽ,ミ''| l |.≧、イ,__/
        /,'__ゝ<:.\
       { ',〉,.、〈ノ}、\_,、
       ヽ':;;;;:'゙ノ  \_,ノ
          ||/
        i | |
        UU」
霧雨魔理沙 「うん、でっていうとおなじ色な」
姉帯豊音 「みんなの所に帰りたいからー、負けるわけにはいかないよー」
ケロロ軍曹 「ペコポン人は奇妙な名前をつけるであります>でっていう」
やる夫 「見たまんまだお>体の色は緑色」
亞北ネル 「緑、つまりはそこの蜥蜴と同類ね」
暁美ほむら 「茨城は単に呟いただけなのに…自意識過剰ね…(ファサッ」
そーりょ 「失礼、かみまみた>阿ザラキさん」
阿良々木 「そもそも現代人は名前というものの重要性を忘れかけているのではないだろうか
僕はここに危機問題として皆の意識改革を提言する!

ずさんな呼び名が爛れた人間関係へと至るんだ」
ケロロ軍曹 「ケロケロケロ、でっていうとは近い臭いを感じます!」
弱音ハク 「思い立って朝日が見たくなったから夜中起きてようと思って人狼は言ったけどよく考えたら雨降ってる。うつだしのう」
阿良々木 「おいこっそりと即死呪文を唱えるんじゃない>そーりょさn
グループがみんな死んじゃうじゃないか、やめろ!」
結月ゆかり 「なんか隣の村が・・・・・・あっちで挙手した人ちゃんといっているんですよね?」
東横桃子 「ま、頑張るっすよ」
暁美ほむら 「カバラ木さん…」
結月ゆかり 「挙手しておいて別の村に入るなんてあまり疑いたくないです」
暁美ほむら 「ゲバラ木」
亞北ネル 「名前がめんどくさいのが多い寝る」
東横桃子 「ガバガバキさんっすか?」
かりいいい 「かりいいい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりいいい → マルフォイフォイ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3205 (マルフォイ)」
ケロロ軍曹 「ガバガバ木・・・卑猥であります!」
弱音ハク 「フォフォイフォイ」
ケロロ軍曹 「ケーロケロケロケロ!!フォイフォイであります!!」
初音ミク 「初音ミク さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1628 (初音ミク02) → No. 4381 (初音ミク03)」
マルフォイフォイ 「もうフォイでいいや」
阿良々木 「半地球連邦組織でもなければキューバのゲリラ指導者でもない>暁美さん
いや確かにどちらもゲリラだけどさ、わざとだよね?」
でっていう 「フォイフォイっていうwww」
そーりょ 「あ、開始直前だけどWCCOー(笑)」
やる夫 「んじゃーはじめるかお」
姉帯豊音 「でもカラバだよねー?」
阿良々木 「まったく、僕はただジャンプを買いに来ただけだというのに……」
でっていう 「大丈夫かよっていうww>そーりょ」
弱音ハク 「WCってなに?トイレ?」
亞北ネル 「めんどくさい、全員一文字になってしまえ」
初音ミク 「あ、それじゃ私も
ついでに上着取ってくる」
結月ゆかり 「(あれ?この中で私だけ知名度低いボカロですか?)」
マルフォイフォイ 「遅くなってすまんフォイ
満員御礼フォイ!!」
弱音ハク 「ダブルししおとかじゃないよね」
東横桃子 「ジャンプはふつう月曜、北海道沖縄などの海を隔てた所は火曜っすよ……。>トチギさん」
霧雨魔理沙 「そうか、ゆかりってボカロだったんだな…」
やらない夫 「安心しろ、俺のような疎い人間にはミク以外「マイナー」にしか見えんよ>ゆかり」
阿良々木 「君はどちらかと言えば喋りの方が優れているじゃないか>結月さん
自信を持っていいと思うぞ」
そーりょ 「わ(W)たしが か(C)みです の略です>ハクさん
というわけでトイレからもどりー」
結月ゆかり 「>魔理沙
ちくせう」
結月ゆかり 「>ない夫
それは安心しました」
亞北ネル 「むしろ私はボカロなのかどうでもいい」
弱音ハク 「なんだ神か

ありえん(笑)」
阿良々木 「うんそうだよね、今日は金曜日と土曜日の間だった>東横さん
だけど僕は栃木でもなければグンマーでもない、阿良々木だ」
そーりょ 「一応このなかで知らないキャラはいないはず、うん」
やる夫 「チェンソーを用意しなきゃならないかお……>かみ」
希望戦士コマエダー 「mmdとぼかろの違いがわからない」
マルフォイフォイ 「全員いるフォイ?」
弱音ハク 「ええボカロですよボカロ乙とでもいえばいいでしょう
どうせ仕事選べませんよ」
初音ミク 「おまたせー」
暁美ほむら 「いるわよ…(ファサッ」
東横桃子 「いるっすよー」
でっていう 「wwwwwwwwwwwwww>存在表明」
初音ミク 「>ネルちゃん
私と契約してリンちゃんになってよ!!」
そーりょ 「バシルーラ(笑)>はくさん」
亞北ネル 「初めていいよ、私は寝てるから」
やらない夫 「5割のキャラが元ネタわからん。
だが俺は大丈夫だ、筋繊維一本一本が友達だから」
そーりょ 「いるよ、すっごいいるよ」
希望戦士コマエダー 「いるよー」
阿良々木 「MMDがやる夫スレでボカロはやる夫だと思えばいいさ>コマエダー
前者は動画作成用のツールだ、後者は……まぁツールだがどちらかと言えばキャラクターだからな」
やる夫 「さすがやらない夫……筋肉か……」
亞北ネル 「亞北ネル さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:亞北ネル → 鏡音リン」
姉帯豊音 「ここにいるよー」
鏡音リン 「ほれ>ミク」
やらない夫 「俺はここにいるぞ!」
でっていう 「お前の友達なんか悲しーなっていうwwwwww>ない夫」
弱音ハク 「マホカンタw」
そーりょ 「この筋肉にザギをかけたいのですが構いませんねッ!>やらないお」
ケロロ軍曹 「            ,. - ★ー‐- .、
            , '', -‐'''''''''':;-ー- 、ヽ
         , '/,ニ、i:::::::::l'⌒ヽ、::ヾ:\
  ,r、     //::/::::::::/:::::::::ヽ、::::::`ー}::i''\
  {:::::\   ./l!ノ:::::::/::::::::::::::::`ーr‐イ::::i  \
  ヽ::::::\ _j l::て~ア:::::::::::::::::::::::::::::) )::l    \
    \:::::\ l::} }:::::::::::/ ̄\:::::( (::/     ノ
    ,/`丶、`ヾ、 {:::::/ト⌒⌒il `ー-ィ、   _,,.-''   やらない夫氏、元ネタについては禁句であります
    ヽ、_,,`ゝ、::`ヾ、 、li_jl , _,/  `''''"
           `丶、`ーゝニノl`丶、
              `i l _ハ__ il`ヽ、`ヽ、
              .l::i ゝ  マ il,,/::::/
              l::! ' へ! lく_r'
             〈:::ヽ----''::ノ
               /:::;;ゝ--:ィ;::::ヽ
            /::/    \:::ヽ」
希望戦士コマエダー 「面白いまとめ方だね!<mmdがやる夫すれ
なるひおど・・・」
初音ミク 「せめて逆がよかった!? >リンちゃん?」
暁美ほむら 「さて、時間も過ぎたし、さっさと始めたいわ(ファサッ」
マルフォイフォイ 「じゃあカウント始めるフォイ
いない人は返事してね!!」
やらない夫 「何を言うか!>でっていう

いいぜ、筋肉は傷つき倒れたぶんだけさらに強くなる!>そうりょ」
初音ミク 「うわーんハクえもーん
ネルちゃんがいじめるのー」
マルフォイフォイ 「ポッターが五人」
そーりょ 「じゃあ

ザラキーマ(笑)>やらないお」
鏡音リン 「鏡音リン さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 3411 (亞北ネル2) → No. 4361 (鏡音リン03)」
結月ゆかり 「ふぅ、お腹いっぱい」
弱音ハク 「アクシオ、心臓よ来い…!」
でっていう 「筋肉>やる夫なんだなっていうwwwwww>トモダチ度>ない夫」
マルフォイフォイ 「ウィズリーが四人」
阿良々木 「そういえばジャンプは売ってないにしても、ヤングアニマルならあるだろうか
ちょっと探してみよう」
やらない夫 「イヤァアアアア>そうりょ」
鏡音リン 「(ただし中身はネル)」
やる夫 「やらない夫は筋肉だからしょうがないお>でっていう」
ケロロ軍曹 「ウィズリー兄弟は多いであります!」
でっていう 「ポッターは5人もいねーよwwww」
マルフォイフォイ 「グレンジャーが三人」
弱音ハク 「ウィずりーは4人どころの話ではない」
結月ゆかり 「結月ゆかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:結月ゆかり → 巡音ルカ
アイコン:No. 4891 (結月ゆかり) → No. 2054 (巡音ルカ②)」
初音ミク 「リンちゃんきたああああああ!!」
暁美ほむら 「ハリポタは途中から読んでないわね」
巡音ルカ 「選手交代だ」
弱音ハク 「ヤングアニマルは3月のライオンプッシュ」
マルフォイフォイ 「スネイプが二人」
マルフォイフォイ 「フォイフォイフォフォフォイ!!!!」
そーりょ 「スネイプせんせいがふえた……ありえん……」
姉帯豊音 「一生懸命がんばるよー」
マルフォイフォイ 「開始するフォイ」
鏡音リン 「おじぎをするのだー」
そーりょ 「のりこめー(笑)」
やらない夫 「なんつーカウントだw」
希望戦士コマエダー 「ハリポタのハーマイオニーの成長具合は絶望だよ・・・」
阿良々木 「僕くらい大人になると、ジャンプだけでは満足できずにヤングジャンプ
さらにはヤングアニマルやヤングサンデーにも手をだすものさ」
ゲーム開始:2012/11/24 (Sat) 02:20:48
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
姉帯豊音 「わーい、ぼっちじゃないよ~」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「占いCO でっていう○
同じ肌の色同士近いものをかんじます。
ケロケロ占って損はないであります!
ペコポン人とまたちがった種族であります
ケロケロ

占いCO マルフォイフォイ○
まぁ、なんていうか、同じ単語を語尾につける
同じ空気を感じ取ったであります!!
同士であるとうれしいであります!

占いCO 阿良々木○
おなじ言葉の羅列同士近い名前でありますねー
ケロケロー、僕は怪異ではなくて純粋な宇宙人
でありますからして、
怪異の王、吸血鬼とは決して違うであります

占いCO やる夫○
ふむ、隣のペコポン人はなんか
普通の一般人とは違う空気を感じ取りますね、ケロケロ
というわけで、主人公の座を渡さないべく、
軍曹が占うでありますよ!!
ケロケロ

占いCO やらない夫○
ふむ、隣の筋肉だるまを占うであります!!
ここが狼だと少しやっかいであります。
その筋肉はペコポン人にしてはすごく
その・・・立派であります!

占いCO 初音ミク○
上にいる、ペコポン人が作り上げた、」
そーりょ 「Oh、狼。よろしくー(笑)
多分若干不慣れかもしれないCO」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「銃殺対応はほかのをよろしくおねがいさいます」
姉帯豊音 「そ、それじゃ、騙りとか、どうしたいかなー?なんて、言ってみたりしてっ」
姉帯豊音 「それじゃ桃子さんは対応しておくよー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
そーりょ 「ん、ケロロ占い騙り行く?
なら私潜伏してよっかなー、そのほうがきらくだし(笑)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「基本は潜伏でいくであります。
状況を見て我輩がでるであります、」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「銃殺対応はこれ以外をおねがいします」
姉帯豊音 「そ、その、●とか貰っちゃったりしたら、ごめんなさい、なんて」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「かまわないであります。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
そーりょ 「うん、わたしもCOなしよていー」
姉帯豊音 「んー、久しぶりに騙り出よっかなーと思うのでー
●も銃殺もないならたまには騙るよー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「ほかの人で銃殺でたら騙りはよろしくであります」
姉帯豊音 「呪殺対応だけお願いするねー、みたいな感じでー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
そーりょ 「完全潜伏はわたしのみかなー。騙り路線の方、まかせたー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「でるのなら我輩はこの占い対応の銃殺のみ占いにでますのでどうぞ、語ってください>姉」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
阿良々木 「怪異に見舞われた。……不幸だ
こんな時に限って忍がいない。……不幸だ
テレビをつけたらお気に入りの番組が放映されない地域だった。……不幸だ
喋るトカゲも喋る饅頭もいる。……不幸だ」
でっていう 「おはようっていうwwwwwww
可愛い子ちゃんばっかりだなっていうwwwwwwwww
俺様のテンション上がるぜっていうwwwwwww
俺様のテンション維持に男共吊ろうぜっていうwww」
マルフォイフォイ 「おはようございますフォイ!!
おじきをするフォイ!!」
鏡音リン 「占いCOだよ 初音ミク○」
弱音ハク 「…昼過ぎまで寝ていたいんだけど。なんなのよもう」
やらない夫 「おはよう。
さぁ、筋肉に感謝しつつCOするがいいだろ」
初音ミク 「おはよう
リンちゃん可愛いよリンちゃんもう盲信していいくらい
いや盲信するね死ねと言われたら喜んで死ぬよ
ところで私とリンちゃんの間にほむらちゃんがいて邪魔だなー吊りたいなーって思ってさ
よく見てみたらほむらちゃんの上にルカさんじゃん?
つまりこれって下、つまりやる夫がレンあたりならほむらちゃんに対してセイントクロスが発動して
つまりほむらちゃんは死ぬんじゃないの?って思ったところでああ私眠いんだなーって実感したんだ。
で、そろそろ寝たいわけだけどやっぱりリンちゃんを抱き枕にするのが最高だよね
こう、ぎゅーってしてそのままゆっくり微睡みに落ちていきたい

さあCOを聞こうか」
巡音ルカ 「おはよう」
やる夫 「おはようだお」
希望戦士コマエダー 「おはよう!」
ケロロ軍曹 「おはよう、ございますであります。
役職の方はバンバンCOをよろしくであります。」
東横桃子 「朝っすね!さあ、どうなるっすか!」
暁美ほむら 「おはよう、役職はさっさとCOすることね(ファサッ」
姉帯豊音 「占いCO:東横桃子○」
やる夫 「深夜出しサクサク進むといいなー」
鏡音リン 「初日 初音ミク○●
占う所はここしかないかな
勿論人外だなんてわけないよね?」
霧雨魔理沙 「おはよー」
そーりょ 「おはよう(笑)」
でっていう 「上条さんとキャラ被ってるっていうwwwwwww>アラララギ」
弱音ハク 「ミクさん占い? わかったわ」
阿良々木 「朝一番で挨拶をしてしまった。……これはちょっとラッキーかもしれない
いいことがあるような、そんな予感が」
姉帯豊音 「理由 それじゃ、初日だから繋がりのある人でー
確か、鶴賀学園の人だったと思うよー」
巡音ルカ 「お、リンちゃんが占いか 幸先いいね」
弱音ハク 「ごめん、なんてよめばいいの>姉さん」
やる夫 「占い二人かおー
んじゃ霊の数を見るかお」
やらない夫 「早い占いで結構なことだな。
二人で打ち止めかね」
巡音ルカ 「霊能共有いないのかな?」
初音ミク 「リンちゃんなう!!」
東横桃子 「占い2COっすか
霊能の数次第っすね」
希望戦士コマエダー 「占いは2かな?」
でっていう 「3行でおk>ミク」
鏡音リン 「ありゃ、対抗一人だけ?」
そーりょ 「ん、ふたりっぽい?」
巡音ルカ 「まあボクは霊能COするけどさ」
姉帯豊音 「んー、対抗さんは1人かなー?
まあいいやー、霊能さんと共有さんもCOをお願いするよ~」
ケロロ軍曹 「○進行でありますね。では共有と、霊能はでてほしいであります」
弱音ハク 「ああ、ミクさんは○もらいね。リンちゃんが占いか」
暁美ほむら 「ミクは何をいっているの…?」
阿良々木 「占い師が二人。不幸かどうかは、おそらくこのあとに決まる
共有者はCOをして、霊能者はどうすればいいかは指示を仰げばいいと思う」
やる夫 「2-1ぽいかお」
マルフォイフォイ 「こいつこわいフォイ>ミク」
やる夫 「んじゃ共有も出てお決まりの展開かお」
初音ミク 「2-1かな?
共有COしていいんじゃないの」
東横桃子 「2-1っすねー
共有出して灰を狭めてグレランっすよー」
希望戦士コマエダー 「共有CO 相方生存だよ」
暁美ほむら 「2-1でいいかしら? 共有は出なさい。」
マルフォイフォイ 「占いは二人フォイね」
巡音ルカ 「>リンちゃん
そんなに対抗が気になるの?
君が真でしょ ボクは信じているよ」
ケロロ軍曹 「ルカさんのCOを把握したであります、
共有さんもでてきて灰を狭めるのでいいと思います。」
でっていう 「リンもミク占い・・・これはこれはっていうwwwwwww」
そーりょ 「霊1確定かなー。共有におまかせー(笑)」
姉帯豊音 「……ふと思ったけど、別に縦読みじゃないんだねー?>ミクちゃん
字崩れしてて読めなかったーとかだと、ちょっと悲しそうだからー」
霧雨魔理沙 「50秒超ねー
私人外ならその気になれば乗っ取り狙いでCOしてもおかしくない時間ではある」
やらない夫 「さぁ他の役職もキビキビCOしろ!
筋肉は時間とともに衰えるぞ!
それが嫌ならば運動を続けるのだ!切れ目なき運動を!」
暁美ほむら 「2-1-1、初日が怖いけど、まあスタンダードね」
鏡音リン 「ふーん、相方出さないってことはそういう事と捉えていいのかな」
希望戦士コマエダー 「まぁグレランだねー」
巡音ルカ 「共有FOしちゃってもいいよ
潜伏してつられたら最悪だし」
初音ミク 「リン
ちゃん
なう  >でっていう

えっ >ほむら、フォイ」
阿良々木 「共有者CO。相方は希望戦士コマエダー」
でっていう 「可愛いからいいじゃねーかっていうwwwww>フォイフォイ」
マルフォイフォイ 「2-1いたって普通の村フォイね」
そーりょ 「っと、相方は潜伏路線了解ー」
やる夫 「ということはこの村は絶望展開かお……>コマエダー共有」
ケロロ軍曹 「グレランであります。がんばって人外どもを吊り上げる任務でございますよ!」
鏡音リン 「違うじゃないか、危ないよ」
阿良々木 「ということで、グレランだ
指示は彼に委ねる」
巡音ルカ 「>あららぎ
そう・・・・・・」
姉帯豊音 「灰からFOはありがたいよ~、それじゃグレランの時間だよー。」
やらない夫 「共有はFOが好ましいのじゃないかね。
グレーはだらしなく広がってしまっている。
筋肉が足りないせいだな」
東横桃子 「男二人で共有っすか……
何を共有してるんすかね」
暁美ほむら 「2-1-2了解したわ。今日はグレランね(ファサッ」
やる夫 「占いと霊COのメンツは目麗しいのに
この共有コンビである」
そーりょ 「っと思ったらこまえだくんとあららぎさんで共有なのねー 了解」
希望戦士コマエダー 「はいはい相方確認ー アララギ君で当てるよ」
でっていう 「初日吊りの夢が彼方遠い夢じゃねーかwwwwww>アラララギ」
巡音ルカ 「ボク霊能リンちゃん占いミクちゃん共有とか期待したんだけどなー」
初音ミク 「縦読み…なるほど…… >姉帯豊音」
弱音ハク 「ああ、びっくりした
ブラウザが一瞬フリーズしてた
共有は2でたのね。」
マルフォイフォイ 「チッ…>あららぎ共有」
やる夫 「やだこの子ちょっと目の付け所が……>桃子」
霧雨魔理沙 「楽しそうな共有者で良かったじゃないか」
暁美ほむら 「実はこの中だとコマエダだけ元ネタがわからないんだけど言いそびれたわね。」
そーりょ 「んー、朝出遅れて純粋なCO回りを見逃した感。」
鏡音リン 「まあねー>ルカ姉
そりゃ対抗は気になるね、皆視点で初日占いの可能性が出ちゃうのが困りものだけど」
初音ミク 「なんてむさいCP…間違えた共有なんだ!!」
希望戦士コマエダー 「男二人で共有とか軽く絶望だけど・・・
この絶望をきっと僕たちは希望に変えることができるんだ!!」
巡音ルカ 「占い2COなら対抗占いしちゃっていい感想」
弱音ハク 「困ったわ…初日はあららぎ吊りだと思ってたのに…誰にしようかしら」
東横桃子 「え、えっ!?
いや、これが普通の反応だと思ったんすけど!?>やる夫」
やる夫 「世の中は早々うまくいかないものだお>ルカ」
やらない夫 「おうけい、ならばグレランだ。
果断で、豪快で、筋肉質なグレランだ。」
姉帯豊音 「何か面白い縦読みでも仕込んでるのかなーってー
すっごい長文だったからー>ミクさん」
ケロロ軍曹 「FO確認
2-1-2進行なら狼が全潜伏の可能性が微妙にあるでありますね。」
暁美ほむら 「対抗占いはそこまでメリットがないように思えるのだけれど…>ルカ」
でっていう 「よし、俺達は仲間だっていうwwwwwww>フォフォイ」
阿良々木 「2-1で実に嫌な予感がするので割と全力で頑張って欲しい
僕はもう不安で不安で胸が押しつぶされそうなんだ、解るよな?」
希望戦士コマエダー 「僕の元ネタは希望戦士コマエダー
日曜朝8時からやってる戦隊ものだよ」
巡音ルカ 「>リンちゃん
君が呪殺すればいいだけさ
君の●も証明してあげる」
そーりょ 「ぐれらんはいいんだけど、グレーちゃんと見てねー
うん、ぶーめらんなのは理解してる(笑)」
やらない夫 「今年の冬コミに出そうだよな、なぁ>ミク」
やる夫 「男同士のコンビがいたら即なんかあると思うのはやめるんだおッ!(切実」
姉帯豊音 「こ、この人、腐ってる……?>東横さん」
巡音ルカ 「>ほむら
確定○ができることはうれしいことだと思うけどね

まあ占い師の判断に任せるよ」
弱音ハク 「私はグレーを潰してほしい感じですね
占い2COなら潜伏数多そうですし」
鏡音リン 「おっけー、そうできるように頑張るね>ルカ姉
ミク姉も私の○だから頑張ってね!」
でっていう 「どこかの層には需要があるはずっていうwwwwwww>ミク」
初音ミク 「ちょっと3分じゃあの長文に縦読み仕込むのは無理だったなー >姉帯豊音」
暁美ほむら 「初日が怖いけれど、無難に真狂でいいわよね。」
ケロロ軍曹 「ケロケロ、本が薄くなるでありますね。>やる夫」
東横桃子 「対抗占いって囲い潰してガンガン2重○作るくらいしかないっすけど
それ、2-2だったらともかく2-1なら微妙じゃないっすかね」
マルフォイフォイ 「でっていう…フォイとしてもリア充であるあららぎは吊りたかったフォイ
でも共有だフォイ諦めて吊られるフォイ>」
姉帯豊音 「占う所を占うだけだからー
あんまり関係はないけどねー」
巡音ルカ 「ミクちゃん狩人とかないかなー」
やる夫 「むしろそのまま薄くなり続けて消えてしまったほうがいいお>軍曹」
霧雨魔理沙 「確定○が確定丸じゃないからな
必要なのは結果だよ結果」
ケロロ軍曹 「占いはばんばんうらなって、銃殺をだして真証明をおねがいするであります」
やらない夫 「俺……この村が終わったら、故郷の母さんに会いに行くんだ。
こんなにフトい男になったぜ、ってな……」
鏡音リン 「役に期待し過ぎだよw>ルカ姉」
巡音ルカ 「(噛まれるフラグ)」
そーりょ 「うーん。うーん?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
マルフォイフォイ3 票投票先 →でっていう
巡音ルカ0 票投票先 →マルフォイフォイ
弱音ハク0 票投票先 →やらない夫
阿良々木0 票投票先 →霧雨魔理沙
姉帯豊音0 票投票先 →そーりょ
鏡音リン0 票投票先 →マルフォイフォイ
暁美ほむら4 票投票先 →霧雨魔理沙
初音ミク0 票投票先 →暁美ほむら
霧雨魔理沙3 票投票先 →暁美ほむら
東横桃子0 票投票先 →マルフォイフォイ
そーりょ1 票投票先 →でっていう
やる夫0 票投票先 →暁美ほむら
ケロロ軍曹0 票投票先 →でっていう
やらない夫1 票投票先 →霧雨魔理沙
でっていう4 票投票先 →暁美ほむら
希望戦士コマエダー0 票投票先 →でっていう
2 日目 (2 回目)
マルフォイフォイ2 票投票先 →でっていう
巡音ルカ0 票投票先 →でっていう
弱音ハク0 票投票先 →やらない夫
阿良々木0 票投票先 →霧雨魔理沙
姉帯豊音0 票投票先 →そーりょ
鏡音リン0 票投票先 →マルフォイフォイ
暁美ほむら4 票投票先 →霧雨魔理沙
初音ミク0 票投票先 →暁美ほむら
霧雨魔理沙3 票投票先 →暁美ほむら
東横桃子0 票投票先 →マルフォイフォイ
そーりょ1 票投票先 →でっていう
やる夫0 票投票先 →暁美ほむら
ケロロ軍曹0 票投票先 →でっていう
やらない夫1 票投票先 →霧雨魔理沙
でっていう5 票投票先 →暁美ほむら
希望戦士コマエダー0 票投票先 →でっていう
でっていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ケロロ軍曹 「さて、狩人日記はかくであります。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「今日の噛みは霊能で、」
そーりょ 「うーん。どないしたもんか。」
姉帯豊音 「囲わないよー」
ケロロ軍曹 「姉氏は銃殺対応と騙りを全力で真ぽくふるまってください」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音 「何か呪殺出そーな所挙げておいてー」
ケロロ軍曹 「そのためなら身内義理もOKです」
そーりょ 「りょーかいー
投票私なのに占わなかったのー?ってつっこもうと思います(笑)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「だがしかし、霊能がかめた場合は●はなしでお願いします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「騙りの占いさんが今日は霊能をかんでください、対応できしだい、」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「その時間は全力で文章をおねがいします」
ケロロ軍曹 「狐目はやる夫ですね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
そーりょ 「ふむ。初日の発言からそこまで拾えるのか……」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
巡音ルカ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
巡音ルカさんの遺言                                   r y<赱ミヽ┐
                                ,. '´ { l   `TV :ヘヽ:.
                                /,   Ⅵ   | `lメハ、ハ
                              / イ   ト、 l / l | l `ヾ:}' !
                                ´ |λ l伝、/ .ノ/l. j  V〉リ     お疲れ様
           _ ..-‐、                   |j' ヘl マ レ' てハ/ ィ } /
      __ ..<: : : : : : : :\                ( / _,ヘ. '.   ゙彡' / レリ/      ボクはレンくんと添い寝してくるね
    / : : : : : : : : : : : l / : \             r >|  〉ヽ,.´.イ .K !  /
.   / : : : : : : : : : : : : l∧: : : :ヽ      ,.:'て ヾ' :ノ r' ィ'_|   | {ヽ.  ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : V.ヘ : : : :ヘ      { : : : : : z.ゝ 辷j、.-人 `ヽ.   ヽ
.  / : : : : : : : : : : : : : : : ゝ、`丶 : :ヘ. , イ:ゝ: : : : : : :`¨´ : :_ ノ ヽ ` ト `   ヘ    年の差?大した問題でもないと思うけど
 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : l   ∧ : ヘ : : :/ : :ク : : : : ;.才:⌒:ヽ '/ハ.ノ   l   ハ
:┘ : : : : : : : : : : : : : : : ; : : |ヘ.  } _:_:.卞'、ィノ -=≦: : : : : : : : :} /リ  |  Vハ ト }
: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : :Vヘr ┤l : : ̄ : : : : : : : : : : : : : : rイ〈ィ >  l   !j jノ从   あと霊能CO結果はログで
: : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : 斗 Ⅶ : :_: : : : : : : : : : : > 7 '/ `Y   ハ  ハ
: : : : : : : : : : : : :./: : : : : :/  ∨ Ⅵ: :〉ト、 : : : : : :/イ/ { {  j   l ∨  }
: : : : : : : : ハ : : / : : : : : j/,. , ,ホヘOVl弋’ノ: : : .イ: :!  {  V l /  ィj   } ,リ     
、 : : : : : : : :'; : : : : : : : : :ゞ'.イ: : :l ´ Ⅳ: :才 ´: : :ryj  ヽ Ⅵ l  / jノ  ノノ
、`二. __ ヽ=====--=..: : : : : : :l  j: :´ : : : : : :ノxイ     ヾ レ'
      \_ ..-─‐- ..` ‐-.j ゝ、 : : : : : オ^/
ー-r= 、 __   __  ` テヽー 、 `¨´//
.  l : 弋} :∧ ゙代j : : : ハ    ̄   `ヽ乏.イ
   V : : : : :∧j : : : : : : ;}
    ヤ : : : : : リ : : : : : :r'
   弋ー- イ' : : : : : /:j
     ` ¨´ Vー--イ:ノ
        ` ¨¨ ´
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
弱音ハク 「ったく、早起きはどこぞの馬鹿だけで十分ですよったく…」
鏡音リン 「占いCOだよー ケロロ軍曹●」
暁美ほむら 「おはよう…予想以上に票もらっててちょっとショックで眠れなかったわ…」
やる夫 「おはようだお」
初音ミク 「リンちゃんなう!(挨拶)
んー、占い2COってのがちょっと不安だけどどうせリンちゃんが真だよね!私にはわかってる!


ちょっと縦読みがんばろうと思ったんだよ
やっぱり難しいんだよ
ん、だって頭文字「ん」が2個あるんだよ?できる?できないってば!
なんでこんな面倒なこと夜時間にしなくちゃいけないのさ
うるとらまんたろう」
姉帯豊音 「占いCO:やらない夫○」
ケロロ軍曹 「おはようであります。」
東横桃子 「朝っすね!さあ、どうなるっすか!」
霧雨魔理沙 「おはよー」
希望戦士コマエダー 「おはよー」
やらない夫 「朝のラジオ体操はちゃんとやっているかね?
真面目にやれば衰えきった老人だって1ヶ月で引き締まるんだぞ!」
弱音ハク 「霊能が抜かれましたか」
鏡音リン 「二日目 ケロロ軍曹○●
うーん、うーん?
◇ケロロ軍曹(94)
 「FO確認
2-1-2進行なら狼が全潜伏の可能性が微妙にあるでありますね。」
それもあるけど、初日狂人の真狼の可能性とか見ないのかな
票ももらってないし気になったんで占うね」
姉帯豊音 「理由 とりあえず初日段階でRPばっかりでー
発言に特に内容がないけど、2~3行あるから吊られてないって感じだねー
まぁ、吊れそうもないし占っておくよー。」
やる夫 「んじゃケロロにCO求む系」
そーりょ 「おはよう(笑)」
東横桃子 「へぇ、霊能噛みっすか
そして●が出てると」
阿良々木 「でっていうはどちらかと言うと村目じゃないかな」
ケロロ軍曹 「狩人CO」
暁美ほむら 「縦読みを諦めないで…」
ケロロ軍曹 「初日 護衛【できない】   
狩人をひきました!これでペコポン人は我輩が守であります
しかし、宇宙人が狩人ってペコポン人のセキュリティが気になります。

二日目 護衛【鏡音リン】  結果
ここ鉄板護衛であります、
初日の出方だとリンさんを妄信したくなるであります。
2-1-2展開なら役かけがすこしあるのが怖いところであります。
よってここは護衛でいいであります。」
希望戦士コマエダー 「霊噛みで黒かー んでそこはCOあると」
やらない夫 「"再投票の末" でっていうが吊れたことに驚愕した。
これが……でっていうの引力なのか……

……っと、●が出てるな。
それと俺に○か、ふむ」
阿良々木 「あまりにも無防備すぎる
と言っても、昨日の発言だけじゃ

……不幸だ」
初音ミク 「ところで昨日ログ見返しててモモさんがいるのに初めて気付いたんだけど」
弱音ハク 「ここで狩人COはないわ」
鏡音リン 「そこ狼だよー狼が全部潜ってるって前提で話したんじゃないかなー」
霧雨魔理沙 「見返して軍曹狼は別に有りそうだな、と思って戻ってきたら狩人COしていた」
希望戦士コマエダー 「はい、グレランです」
姉帯豊音 「まぁ、霊噛みして●出すなら対抗狼ーって感じだねー。
とりあえず、ケロロ軍曹のCO聞く所までは鉄板だねー」
やる夫 「んじゃ灰吊りで
多分ほむら吊るからそこなんかあったらすればいいんじゃないの」
マルフォイフォイ 「ほむほむ対抗占いって確○作れるし囲いがあったら潰せる
なんで意味ないと思ったんだフォイ?」
東横桃子 「うーん、即座に狩人COっすか
判断の難しいところだけど吊るわけにもいかないのでグレランっすかね」
ケロロ軍曹 「我輩釣りはダメあります。狩人ならかまれるべきであります>弱音ハク」
やらない夫 「3日目、か。
まあ噛まれるのを待つしか無いわな>軍曹」
弱音ハク 「狩人対抗はなしの方向で
狩人なら明日噛まれるでしょ。 とりあえず今日はグレランして明日確認したい」
そーりょ 「けろろくろー、からの狩人COねー

あと、あねなんとかさんは投票先わたしだったのにわたし占いじゃなくてやらないお占いなのがなんともかんとも」
姉帯豊音 「ほ、ほえ、狩人なのー!?
し、真ならしょうがないかなー……?」
暁美ほむら 「単純に好みよ…確定○作っても噛まれるだけだしね>マルフォイ」
東横桃子 「え?
昨日も思ったけど2-1なら確定○と判断するの怖くないっすか?>マルフォイ」
阿良々木 「このまま吊られるのとどっちがマシだろう>弱音さん
僕はまだCOをした方がいいと思うんだ」
鏡音リン 「まあ噛まれないのは私視点からでもわかってるしどうでもいいよ
私の灰を狭めるようにしてくれれば」
マルフォイフォイ 「●出されたとこが狩人だと?フォイ」
暁美ほむら 「2-1だと初日も怖いしね。」
霧雨魔理沙 「でっていうよりマルフォイのほうが無防備だったぜー
だからマルフォイが勝ったか、あるいは負けたんだろ」
姉帯豊音 「別に確○が噛まれてもー
私と狩人さんが噛まれないならそれはそれでいいんだけどねー?>確○って、要するに狩人さんがGJを出せる所だからねー」
やる夫 「ここで素直に吊られる方が正直無いでしょ
姉帯真ならなおさら
だって明日で結果3つたまるし」
ケロロ軍曹 「鏡音リンは偽でありますし、
2-1-2進行なら初日占いがある可能性があるであります。」
そーりょ 「とりまグレランは了解ー」
弱音ハク 「でもまだ3日目だよ? 人外サイドに狩人がまだいるって思わせたかったわ」
やらない夫 「いい判断だ>豊音
RPと筋肉に傾倒した奴は何故か残される。
そういう判断に困る奴を占うのが占いの仕事だと思っているぞ(キリッ」
姉帯豊音 「っていう発想で○作るのもありだけど
まぁ、とりあえず明日は○狙いで占うよー」
鏡音リン 「へー、初日占いまで言い出すんだ」
阿良々木 「霊能噛みから3日目の●貰いが残される理由がない
……さて、僕の不幸はどこまで続くんだろうか、もうそろそろストップ安になってもいいと思うんだ」
ケロロ軍曹 「我輩視点は姉帯豊音が真、あるいは初日占いであります」
やる夫 「いや、だからケロロ真-姉帯真なら噛まれて問題ないんだって>ハク」
そーりょ 「後、ほむほむへ表が偏ったのが若干わからないかなー
結構発言伸びてそうな印象あったし」
暁美ほむら 「ここでの狩人COはあまり信じたくないけれど…まあ放置ね。
噛まれてくれれば楽でいいわね。」
初音ミク 「ここでCOするのー?とか思うところはあるけどグレランはりょーかい」
姉帯豊音 「だからマルフォイはあんまり吊って欲しくないなーって」
弱音ハク 「ただCO自体は悪手ではないと思う
占いの真偽みれるしね」
霧雨魔理沙 「わかりやすい方がいいし、ケロロが潜ってどうにかなるのって
狼が占い噛まない勝負選ぶ時だけだからな。それも真混じりでの。」
やる夫 「いやそこは姉帯真って思っといた方がケロロ的には精神衛生上いいかと思うがお」
阿良々木 「いや、狼を狙ってくれ、頼む>姉帯さん
狐でもいい、○なんていらないからとにかく人外を狙うんだ」
やらない夫 「霊能が噛まれた以上、噛みが重要な情報になるな。
ケロロ軍曹のことに関しても、だ」
初音ミク 「早期の狩人COってどう転んでもややっこしいことになるじゃん
あんまり好きじゃないし、印象も良くはないなぁ
何よりリンちゃんの出した●だし」
姉帯豊音 「明日私が噛まれてましたーよりはー
今日出て占い結果3つ、の方がいくらかマシだよー。多分ねー?」
東横桃子 「狩人COのありなしについては別にいいんっすけど
2-1で交換占いありじゃないかなー確定○だしーって言ってるのはかなり楽観的すぎるんじゃないんですかね」
ケロロ軍曹 「そうであります、ここで我輩が狩人COなしで対抗が噛まれて、

リン妄信が非常にまずいであります>弱音ハク」
弱音ハク 「ほいほい票を変える人はいまいち信用したくない
まあ、誰かが変えなきゃ終わらないのは若てるんだけどね」
やる夫 「結局どーいうこっちゃ>そのまま吊られろ的なのから悪手じゃない」
霧雨魔理沙 「仮に明日ケロロ噛まれたとして次豊音噛まれるか?っていうのは
すごく要素としてわかりやすい」
鏡音リン 「まあ私は私で灰狭めつつ人外見つけ出していくだけだよ」
そーりょ 「うーん。まあ、心情的にCOしたのもわかるっちゃわかるので。信用とは別問題だけど」
初音ミク 「まールカさん噛まれちゃってるから頭ごなしには否定できないけどさー」
阿良々木 「君が真占い師なら、悠長な事を言ってる場合じゃないんだぞ
既に狩人が露出して、残せる結果は1つか2つ
狐が死んだら純粋に怪しいところを吊りきれるし狼を引いたら吊るだけで最終日が近づく」
やる夫 「お前は一体なにを言っているんだ>COなしで対抗が噛まれてリン盲信」
やらない夫 「だらしなく広がっているグレーを引き締める。
ただそれだけよ」
姉帯豊音 「だから銃殺出したくないんだよねー
ケロロ軍曹噛まれた時に、狼が私噛まない理由がなくなるからー」
ケロロ軍曹 「我輩のあとにかたりがでる>やる夫」
マルフォイフォイ 「ケロロが狩人CO…まあ真なら噛まれなかったらGJの確率が増える
噛まれたら一人破綻どっちになってもまあいいフォイね」
そーりょ 「一応狼が噛み外してくる可能性もあるからねー?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
マルフォイフォイ5 票投票先 →暁美ほむら
弱音ハク1 票投票先 →暁美ほむら
阿良々木0 票投票先 →暁美ほむら
姉帯豊音0 票投票先 →暁美ほむら
鏡音リン0 票投票先 →マルフォイフォイ
暁美ほむら4 票投票先 →マルフォイフォイ
初音ミク0 票投票先 →やる夫
霧雨魔理沙0 票投票先 →そーりょ
東横桃子0 票投票先 →マルフォイフォイ
そーりょ2 票投票先 →マルフォイフォイ
やる夫2 票投票先 →弱音ハク
ケロロ軍曹0 票投票先 →やる夫
やらない夫0 票投票先 →マルフォイフォイ
希望戦士コマエダー0 票投票先 →そーりょ
マルフォイフォイ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ケロロ軍曹 「狂人初日濃厚であります」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音 「うがー」
姉帯豊音 「でなくてもいいのにー
言わなかった私が悪いやー」
ケロロ軍曹 「このCOはちょっと悪手でありましたね。」
そーりょ 「んー、こちらもそろそろ危うくなってきたかもしれにぃ。
若干ヘイト稼いでる感」
姉帯豊音 「じゃあ
絶対狩人ありえないって位置挙げてってー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音 「ほむら-ハク-ミクが狩候補。」
ケロロ軍曹 「やる夫は狩人狐が微妙にある程度であります」
そーりょ 「やれるだけのことはやってみます。
魔理沙とかは多分ないかなーと
そーりょ 「噛まれることも夜のおとも考えてない感じ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ケロロ軍曹 「たぶんそーりょがLWであります、がんばってほしいであります」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
そーりょ 「やれるだけのことはやるー!」
ケロロ軍曹 「むしろ狐目かみで我輩がGJもあると思うであります」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
そーりょ 「武運を」
ケロロ軍曹 「まぁ、残った以上、我灰狐もあるとおもうでああります」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
希望戦士コマエダー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霧雨魔理沙さんの遺言    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|__/ ̄|
    ∨ ,へ、: : : :__r─────|  |    |
    ∨  ノ ̄ ̄     _____|_人__|\_____
___,/\_r──' ̄: : : : : : : :___r──┴────'
  _____r──‐┬─' ̄ ̄∧   |
  |.       |    | \∧/  \_|
  |   私  .|    |┃    ┃ []
  |   は  .|  |   .|         ト{{
  |   知  .|  |   .|    _   ,イノ
  |     っ   .|  |   .|、____,  Ⅵ〉
  |   て   |  |\ .| ヽ    /|   .∨
  |    い   |/\:.ヽ|:. :.:\_/: ト、   {}
  |   る   |   .|: : |: : : : : : : :', 〉 ,土
  |______|   .|: : : : : : : : : : :.',  乂
.           |`ヽ、.|: : : : : : : : : : : :',


    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |__/  |       ___
   ∨:.,へ、_____r────┤  |    |       .|   だ|
    ∨  ノ        _____|_|__ト、____  |何  が|
  _r─<__r─‐' ̄ ̄: : : : : : :________| .|も  .私|
: : : : : : : : : : : :____rく ̄ ̄ ̄∧   |            .|言  は|
   _____|      |. \/\ノ \∧           .|う     |
   | し  良 |      | ┃    ┃ Ⅵ           |ま.  .|
   | ゃ  い.|     |         []            |い   |
   | べ 女 |   |   .|    __   /リ             |___|
   | ら  は.|   ト、 .|____/∨》
   | な   ]   |∧ .|\   ,イ   Ⅵ
   | い   |  /\ヽ.|: : \_ノ: :',\   {}
   | ん   | ./  ヽ |: : : : : : : : ',./  ,土
   | だ   | ∨  |: : : : : : : : : : :',  乂
   | ぜ    | |\/: : : : : : : : : : : :',
     ̄ ̄ ̄ ̄
希望戦士コマエダーさんの遺言 共有者だったよ・・・相方はアララギ君
男同士共有とかわりと絶望的だね・・・
マルフォイフォイさんの遺言 素村フォイ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
初音ミク 「リンちゃんなう!(挨拶)

今日もリンちゃん可愛いね!ぺろぺろしていい?(爽やかな笑顔)」
暁美ほむら 「おはよう、さて、狩人はどうなったかしら?」
やる夫 「おはようだお」
鏡音リン 「占いCOだよー 霧雨魔理沙○」
やらない夫 「おはよう筋肉。
東横桃子 「朝っすね!さあ、どうなるっすか!」
姉帯豊音 「占いCO:霧雨魔理沙○」
弱音ハク 「マジいい加減にしてくださいよこの時間に起きるのつらいんですよ」
やらない夫 「GJだな!」
そーりょ 「おはよう(笑)」
鏡音リン 「三日目 霧雨魔理沙○●
1Wみーっけ、呪殺がさくっと出せれば信頼も取れるんだけど
狩人私にきてくれてるかなー、初日狩人とか勘弁してね
初日魔理沙へあった票が一気になくなった
なんでだろ、って事で気になるから占いー
理由?勘でいいんだよ!」
姉帯豊音 「理由 しょーがないから絶対狐なさそーな位置占うよー。
◇霧雨魔理沙(62)  「わかりやすい方がいいし、ケロロが潜ってどうにかなるのって
狼が占い噛まない勝負選ぶ時だけだからな。それも真混じりでの。」
◇霧雨魔理沙(45)  「でっていうよりマルフォイのほうが無防備だったぜー
だからマルフォイが勝ったか、あるいは負けたんだろ」
割と、正論押し通してる位置だよねーっていうのが第一印象でー
多分このパターンだと狐は今日は絶対占われたくないだろうからー
こういう正論はあんまり言わないんだよー」
暁美ほむら 「銃殺ね。」
ケロロ軍曹 「三日目、 護衛【姉帯豊音】  結果
まぁ、対抗護衛であります。
リンが偽者である以上、ここ護衛言ったくであります。
やる夫 「すごいリン真に見える」
鏡音リン 「ほい、呪殺っと」
阿良々木 「僕の不幸がそろそろ打ち止めになるとしたら
それは今日あたり死体無しが出ることである」
阿良々木 「呪殺だった」
姉帯豊音 「……ここ狐はちょー想定外だよー」
初音ミク 「お、銃殺!リンちゃんなーいす!」
弱音ハク 「…噛み合わせかしら?」
東横桃子 「呪殺っと
タイミング的にはややリンちゃんが早めっすかね」
阿良々木 「しかも二人とも呪殺だった」
やらない夫 「差は……数秒、か」
弱音ハク 「って銃殺だったのね」
ケロロ軍曹 「ふむ、姉帯氏真妄信でありますね」
そーりょ 「呪殺でたねー(笑)
で、占い結果先出しはリンちゃんかー」
阿良々木 「噛み合わせができるのなら、僕の相方はきっと灰の村人なのだろう>弱音さん」
東横桃子 「まあ、真交じりって事が分かった以上
占いは交換占いで確定○作りつつ灰を狭めていけばいいんじゃないんっすか?」
弱音ハク 「うーん、とりあえずケろろはどうしてしんでないのか」
鏡音リン 「まー、対抗も対応はしてるみたいだけどー
というかここでケロロが噛まれてない時点でわかるよねーって」
やらない夫 「こうなると、初日にでっていう吊ったのが正解に思えるな。
でっていうには可哀想だが。あんなに村臭かったのに」
暁美ほむら 「リンのほうが早かったけど、豊音も真切るほど遅くはない…悩ましいところね。
初日占考えなくて済むのはありがたいわ。」
姉帯豊音 「割と○だと思ったから占ったから
○出す気だったっぽい対抗に対応されるとかなりちょちょぎれちゃうなー、これー」
弱音ハク 「ああ、うん。噛み合わせ云々言った時点で銃殺に気づいてなかった」
ケロロ軍曹 「ふむ、信用おとしで必死でありますね、狼、狼は我輩を噛めないでありますから」
やる夫 「姉帯の真切る理由は簡単で、昨日と理由に差がありすぎるから」
姉帯豊音 「するとまー、これケロロ真なのかなー。
何か昨日最終盤の発言が凄いもにょもにょだったんだけど」
弱音ハク 「あときのうのどっちやねんって突っ込みだけど
狩人COは普通にアリだけど●貰いの即狩人COってどうも信じきれなくてね
感情が先に出ちゃったわ>やる夫」
阿良々木 「占い先は自由にしていいぞ、真狂と見るなら漂白噛みが怖いしな
今日の懸念事項は狩人がケロロ以外にいてグレランで死ぬ可能性だが」
ケロロ軍曹 「狼はかめないと思ったとしか考えられないであります>弱音ハク」
姉帯豊音 「大体真面目にやる日とやんない日分けてるもんー>やる夫」
鏡音リン 「まー私はケロロ吊りたいって言っとくよ
残りはこれから頑張る」
そーりょ 「噛みぶらしだとしてもも結構捨て置けないかなーとは思ってる。
放置とすぐつるののどっちだろうこれ、心情的には吊ってしまいたい」
やる夫 「まあいいや。なんか指定ないから狩COしとく」
やらない夫 「さてグレランかね?
ほむらは妙な役職臭がして嫌なんだよな。
かといって占うには票をもらいすぎてる。
だから始末するなら指定で始末したいところなのだが」
阿良々木 「その辺りの判断はお任せしよう
きっと狼は動揺していると信じて」
東横桃子 「現状でグレランでケロロ偽で狩人死が怖いなら
指定したらどうっすか?>イバラギ」
弱音ハク 「占い師は全部まじめにやってほしいってのはなしですか>姉さん」
初音ミク 「まー
私はリンちゃん信じてるからつまりやる夫は村っぽい」
暁美ほむら 「狩人CO?」
姉帯豊音 「というかー
呪殺出た日だけ薄いーっていうんなら話は判るけどー
呪殺出た日が濃いから偽ーってなかなか無茶言うねー」
やる夫 「狩CO

2d/護衛:リン 襲撃:巡音ルカ
3d/護衛:リン 襲撃:

---

2d/護衛:リン 襲撃:巡音ルカ
リンと姉帯ならリンのが反応が素直かなと見えるのでリン護衛

3d/護衛:リン 襲撃:
理由から動きケロロの狩CO結果まで全部見て姉帯に全く真が見えないため
無難にリン護衛続行だお」
ケロロ軍曹 「ほう、狼がでましたな、露出したであります>やる夫」
暁美ほむら 「日記を出しなさい。」
そーりょ 「お、狩CO出たー」
鏡音リン 「って、えーーやる夫出ちゃうの!
ちょっと、私の命が危険で危ないこれ以降」
やらない夫 「2票で……出る、か……
なんとも言えぬ」
阿良々木 「やる夫、君はケロロを吊りたいか?
その場合は確実に君が噛まれるけど」
弱音ハク 「で、ケロロは狩人日記出さないの?」
東横桃子 「じゃあ、ケロロ視点姉帯さんが真
やる夫視点どっち真か分からないけどリンちゃん真目に見てるっと」
やる夫 「んでケロロ視点はやる夫がなんでここから狼で無駄に露出するかでも必死に言えばいいと思うお」
ケロロ軍曹 「昨日と今日の朝でだしてあります>弱音ハク」
姉帯豊音 「狩が噛めない理由作ってきてるなー」
やる夫 「銃殺でてんだからリンほぼ真だよ>桃子」
阿良々木 「身内切りとかその辺まで色々有りそうで正直困ってるんだよ、まったく」
弱音ハク 「短すぎて気付かなかったわ、ごめん?>ケロロ」
ケロロ軍曹 「悪いですが姉帯豊音が真でありますよ。」
東横桃子 「まあ、そうなるとこれ以上灰からCOできる役職は無いっすし
グレランでいいと」
阿良々木 「やる夫がケロロ吊りを言うならケロロ吊り
そうでないのなら、グレランだ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
弱音ハク0 票投票先 →ケロロ軍曹
阿良々木0 票投票先 →ケロロ軍曹
姉帯豊音0 票投票先 →やる夫
鏡音リン0 票投票先 →ケロロ軍曹
暁美ほむら1 票投票先 →そーりょ
初音ミク0 票投票先 →ケロロ軍曹
東横桃子0 票投票先 →そーりょ
そーりょ2 票投票先 →ケロロ軍曹
やる夫2 票投票先 →ケロロ軍曹
ケロロ軍曹6 票投票先 →やる夫
やらない夫0 票投票先 →暁美ほむら
ケロロ軍曹 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
そーりょ 「ひやひやした! ひやひやした!」
姉帯豊音 「ラスグレ勝負行くかいー?」
そーりょ 「どうしよう、やる夫噛む?」
姉帯豊音 「行きたいよーならそれでいいよー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音 「まーそれでそーりょさん捕捉されると
完全に詰みなのはひみちゅ」
そーりょ 「んー、提案がある。やる夫を私に黒をぶつける、逆囲い」
姉帯豊音 「他○なら4灰3吊りー」
そーりょ 「やる夫を噛んで、ね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音 「それすると今回の場合どーなるの?」
姉帯豊音 「見え見え過ぎて明日辺り吊られるか」
姉帯豊音 「さもなくば何か逆にないだろーって村決め打たれるか、かー」
そーりょ 「いや、やりたいだけっちゃそうなんだけど(笑)
多分姉さんが偽目で見られて私がしろくなるんじゃないかなーという」
姉帯豊音 「ふむー、いってみよっかー
胡散臭い身内票入れちゃったしねー」
そーりょ 「んー。とりあえず今日の噛みはお願いします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音 「まぁ、明日なんかの間違いで○引きしてくれることを祈ろー」
そーりょ 「おk。これで負けたら申し訳ない」
姉帯豊音 「んー、呪殺対応失敗が悔やまれるなーごめんねー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 2d/護衛:リン 襲撃:巡音ルカ
3d/護衛:リン 襲撃:希望戦士コマエダー
4d/護衛:リン 襲撃:この遺言出てるってことはやる夫

---

2d/護衛:リン 襲撃:巡音ルカ
リンと姉帯ならリンのが反応が素直かなと見えるのでリン護衛

3d/護衛:リン 襲撃:希望戦士コマエダー
理由から動きケロロの狩CO結果まで全部見て姉帯に全く真が見えないため
無難にリン護衛続行だお

4d/護衛:リン 襲撃:
これでリン噛まれたらギャグなので無難にリン続行

なんかほむらが微妙に非狼っぽいんで
そこら外して考えりゃいいんじゃないかね
一番狼候補なのは桃子だけど
ケロロ軍曹さんの遺言 狩人CO 

初日 護衛【できない】   
狩人をひきました!これでペコポン人は我輩が守であります
しかし、宇宙人が狩人ってペコポン人のセキュリティが気になります。

二日目 護衛【鏡音リン】  結果
ここ鉄板護衛であります、
初日の出方だとリンさんを妄信したくなるであります。
2-1-2展開なら役かけがすこしあるのが怖いところであります。
よってここは護衛でいいであります。

三日目、 護衛【姉帯豊音】  結果
まぁ、対抗護衛であります。
リンが偽者である以上、ここ護衛言ったくであります。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
姉帯豊音 「占いCO:そーりょ●」
暁美ほむら 「おはよう、昨日はグレランじゃなかったのね、無駄に震えたわよ…(ガタガタ」
そーりょ 「おはよー(笑)」
やらない夫 「朝からステーキを食え!
脂肪は筋肉に変わる!」
東横桃子 「朝っすね!さあ、どうなるっすか!」
そーりょ 「(笑)」
鏡音リン 「占いCOだよー そーりょ●」
初音ミク 「リンちゃんなう!(挨拶)

まあ当然、と」
姉帯豊音 「理由 何か発言ガンガン減ってるしー
狩人COに対する反応とかー、占いに対する反応とかー
すっごい予定調和っぽいムードがあってー
全体的にすっごい怪しいからーまぁ今日占っちゃうよー」
弱音ハク 「ねむい…眠いよ…」
鏡音リン 「四日目 そーりょ○●
どうかなー、対抗が狂人だとして囲ってるのかなー
初日狂人で見れば初手囲疑えば桃子なんだけどー
まあ皆視点での灰も狭めるためにグレー行っておきますか
ハク姉はケロロに突っかかってる、ほむらは票をもらってるし
んじゃそーりょいってみよー」
姉帯豊音 「おやすみー」
東横桃子 「そーりょはどうあがいても絶望っすね」
暁美ほむら 「自称狩人が両方消えたわね…これで1W消えたのかしら。」
弱音ハク 「じゃあそーりょつりで」
阿良々木 「……まぁ、そうなるな」
そーりょ 「(笑)(笑)
内訳:狂狼とかありえん(笑)」
やらない夫 「やる夫ぉぉぉぉ…………
霊能死んでる点から、やる夫狼も割とアリじゃね?
とか考えてた俺がバカだったよ……」
鏡音リン 「って、えー対抗も●出してるってことは逆囲いなのか
狂人の誤爆なのか」
初音ミク 「昨日グレランって名目でそーりょあたり吊ってたら狼がどう動いてくれたか興味はあるけどそれは置いておこうかな」
阿良々木 「そーりょを吊って、最終日を確定させようか」
暁美ほむら 「まさかの両黒、身内切り+真直撃と見るとお得…なのかしら」
東横桃子 「まあ、占い真狂だったというオチっすかね」
初音ミク 「そーりょ2●……?」
弱音ハク 「少なくとも1W1F吊れてるね。>ほむら」
阿良々木 「そうだな、ありえないよな>そーりょ
コマエダーは間違っちゃいなかったんだ」
弱音ハク 「そーりょさん真っ黒ですが」
姉帯豊音 「まー、頑張って最終日ゴーぐらいかなー」
暁美ほむら 「まあ真いるの確定してるしそーりょ吊りは確定ね。」
やらない夫 「なんだこの展開。
村は楽していい感じ?」
暁美ほむら 「あ、狐溶けてたわね>ハク」
鏡音リン 「占いを真狂と見るなら灰か対抗の○に狼
真狼と見るのであれば囲い疑いで桃子なんだけどー」
弱音ハク 「狂狼だとしてもこの息の合いようは異常

今日はリンさんが遅いのか、うーん」
初音ミク 「真狂かなぁ
相変わらず投票先は死人に口なしだし
ま、あと1Wどっかにいそうかな」
そーりょ 「というかうん、わたしも昨日けろろとやる夫二人共真追うべきかって点で悩んでたから発言少ないのは認めるけども
吊ろうと思ったところ吊ろうとしてるようにしか思えん(笑)」
阿良々木 「いいわけないだろう>やらない夫
むしろ辛いのはこれからだぞ、覚悟しておけ

君は占い師の暫定○という重要なポジションに居るのだから」
弱音ハク 「狐とけてるのぜ>ほむら」
暁美ほむら 「そーりょ吊ってLW、7>5>3>1の三吊りでLW吊る…結構楽そうね。」
鏡音リン 「うん、対抗の●が見えてちょっとびっくりしちゃった>ハク姉」
東横桃子 「狂狼はないっすけど、まあ
でもリンちゃん真なら姉帯さんは狂人確定じゃないっすか?
1W吊れてて身内に●はちょっとリスキーっすよ」
阿良々木 「僕が明日、噛まれていたのなら方針を先に伝えておく
占い師二人を残して灰を狭めろ、異常だ

占いローラーとか言い出スことは認めないからな、絶対だぞ!」
やらない夫 「まあ残す意味もあるまいよ。
リンの○が1つなのが不安の種ではあるが
姉帯豊音 「ここで身内切りだか誤爆だかしてくるのがー
そもそも想定の範囲外だよー……」
弱音ハク 「問題は占いが真狂か新狼か
初音ミク 「3吊りの中で1回占い吊りに使わないと最終日PPくる」
鏡音リン 「まー、これで私視点LWは確定なんだし?
明日噛まれてるだろうけど」
東横桃子 「そこ偽の●だから残そうぜーっていうのも微妙っすし
って事で占いは真狂ほぼ一直線なので吊らなくてもいいんじゃないかなって思うっすよ
奇数だけどさっさと灰狭めが最高っすね」
そーりょ 「……まあ、抵抗は無意味と判断するよ(笑)

【LWCO】、仲間はひーみつ(笑)」
やらない夫 「身体的な苦痛は耐えられる。
この筋肉の鎧があるからな。
しかし精神的なそれは……チクショウ>阿良々木」
鏡音リン 「そーりょ吊るならね」
阿良々木 「占いが真狂だと思うのなら、それこそさっさと最後の1匹を吊ればいいだけだからな
もう狐はいないんだ、やることはシンプルだろう」
鏡音リン 「狐死んでるしLWCO意味ないよ、普通に吊る」
暁美ほむら 「狐溶けてるからLWCO意味ないわね…」
弱音ハク 「1W1F吊ってて今日そーりょ●なら明日占いロラったら勝てるのでは」
阿良々木 「おい聞いたか>やらない夫
僕、期待していいのか? 楽にしてていいのか?」
そーりょ 「うんしってる、やりたかっただけ(笑)」
阿良々木 「もうはしゃいじゃうぞ? 水着に着替えちゃうぞ、いいのか?」
阿良々木 「ひゃああああああっほううううううう!!!!」
やらない夫 「していいんじゃね。
そして夜が来て絶望するのさ」
初音ミク 「リンちゃんと生存勝利したいなぁ・・・」
鏡音リン 「真狂想定だと無理だけどね>ハク姉」
そーりょ 「さあ、あなたの好きな妖異を倒すがいい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
弱音ハク0 票投票先 →そーりょ
阿良々木1 票投票先 →そーりょ
姉帯豊音0 票投票先 →そーりょ
鏡音リン0 票投票先 →そーりょ
暁美ほむら0 票投票先 →そーりょ
初音ミク0 票投票先 →そーりょ
東横桃子0 票投票先 →そーりょ
そーりょ8 票投票先 →阿良々木
やらない夫0 票投票先 →そーりょ
そーりょ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音
               ____
                 /:: :: :: :: ::/\
           ___/__.. ----‐┴=ミ}_}
          /:: ::_::_::_::_::_::_::_:: :: :: :: :\
          `ー|:::|从/il::::::l::ハ::::トミ/      うぁぁぁぁぁぁぁぁ……
            |:::| ○八:::::○ |:::|)::「
            |:::| ''''  \{ '''|:::|::::|        出すつもりの位置の銃殺対応とか、1秒で出なきゃだめだよわたしー!
            |:个ト/´)-=≦リ:リ:::::|
              /|:::|::l/ ̄}】/:: :{/::::::::|
.             //|:::|〈:: :/∨/::|::∨:::|
             l//|:::|:::7´::゚|:: :: ::j、:::∨|
             l/八::}/::_::.人::_::∧\_)!
             ∨::/:: :|:: ::|:: :∧ }/
             ∨::_::_|:: ::|::_::_:/
                {: : :| ̄{: : :}
               ∨:.|  | : /
               └┘ └┘」
姉帯豊音 「占い理由はまー
真でも初日あんなもんになるのは秘密というか
何か村が動き出したらどんどん分厚くなるんだよねー(」
姉帯豊音 「よーするに書くこと増えるだけとも言うけどー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
姉帯豊音
                 -‐=====‐-
                 /二二二二二二二\     __
                /二二二二二二二二二\  / }
             /二二二二二二二二二二二∨   {_
               /二二二二>''"´ ̄     ____,,.斗<二ニ=‐┐
           /二>'''"´    ,.. -=ニ二二二二二二二二二>''"´
            |/ ,,... -=ニ二>''":::::::{\\:::::::::::::::∨二>'"
.            斗<二二|:l:|_,ノ ':::\:::::::. _\∨:::::::::::|´
          <二二|:::::|::::::|从 _ \:::\:::\刈|∨::::::: |
      ∠二二二二|:::::|l:::l:|_/γ心` \::i\:::\|::l∨:::: ト.        その、サイン、欲しいかなー、なんてー、言ってみたりしてー
      --――━━┥::八从^ 乂ツ   ,\ \:::\:::::::::|:::.
                |::::::::|:::l∧ ,,,        Χ::::\:::|:::::.
                |::::::::|:::|⌒::.、   ~ー'^~ ..:i:: \:::}::|::::::::.
                |::::::::|:::|::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::\:::::\
            /:::::::/::/::/|                  |:::::::::\:::::\
              /:::::::/::/: -- 、                ┴- 、___:\:::::\
           /::::/´/  ̄\)           /二、  ∨\∨:::∧
.          /:::/ニニ{ /二二)          (__ \  |ニニ|:|:::::::::::.
         /:::::|ニニニ{ ´ ィ^'´              |{ヽ  ∧ニ|:|::::::::::::::.
.        /:::::: |ニニ/∧   」                  |{  /ニ}ニ|:|:::::::::::::::|
       /::/:::: lニニiニニニ二|_________|ニニニニ{ニ|:|::::::l::::::::|
.      /::/:::: : lニニl二二二二二\二ニ∨ニ二二二二二二〉ニ::|::::::l::::::::|」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
阿良々木 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
そーりょさんの遺言 ……あ、狩人に狼いないよ?
阿良々木さんの遺言 占いが真狂だと思うのなら、さっさと狼を吊り上げてくれ
占いが真狼だと思うのなら、最終日の2択を誰かが正解してくれ

特に後者の場合に気をつけろ、最終日前に姉帯さんを吊ってリンvs誰かの形にしてもいい
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
姉帯豊音 「占いCO:暁美ほむら○」
鏡音リン 「占いCOだよー 弱音ハク○」
やらない夫 「あー…………うん、すまん
フラグ建てた俺が悪かった >阿良々木」
東横桃子 「朝っすね!さあ、どうなるっすか!」
姉帯豊音 「理由 んー、二択するなら、狼っぽいのはこっちかなーってー。
誤爆にせよ身内切りにせよ、反応薄いのはこっちだからねー
●出るのがわかってるよーって感じだよー」
鏡音リン 「五日目 弱音ハク○●
んー、人外見つけてるのはいいんだけどー
私の○ミク姉しかいないんだよね
って事で灰つぶしー、多分死んでるけど
まー、LWは確定してるし後は頑張ってちょ!」
暁美ほむら 「おはよ…両方○、まあ…そうよね」
東横桃子 「共有全滅っすか」
鏡音リン 「へー、私噛まずに共有噛むんだ」
弱音ハク 「おはよう。 今日は共有が噛まれたのね。
…まあ占いロラって最終ならそこ噛むわよね」
初音ミク 「うわあぁぁぁぁん!!
リンちゃあああぁぁぁぁぁぁん!!


ってアレ?」
やらない夫 「侘びすら言わせぬとは
筋肉の片隅にもおけぬやつだな、狼よ」
姉帯豊音 「実際やる夫真の身内切りか誤爆っぽいんだよねー……」
暁美ほむら 「司令塔が消えたわね…」
東横桃子 「確定○いないっすからねー」
東横桃子 「7>5>3>1で3吊り
あー、めんどいっすねー」
やらない夫 「ま、そーりょの言動は陽動に過ぎなかったという話だな。
豊音の○吊って占い片方処理して最終日……という感じかね。」
初音ミク 「あ、これならやらない夫or桃子→姉帯豊音→桃子orやらない夫でいいんじゃない?」
鏡音リン 「ミク姉が私の○だけど村視点では確定ではないからねー」
暁美ほむら 「占ローラーで最終日…がいいのかしら?
真狂で見てるけど、奇数だから狂人も釣らなきゃなのよね。」
弱音ハク 「4日目のやる夫投票はやる夫の身内切りを危惧してたということ?>姉さん」
初音ミク 「ほむらちゃんはそーりょ投票してるから村目」
東横桃子 「んで、占いロラするっすか?
共有いないっすし狂人的にも割と面倒じゃないっすかねー」
やらない夫 「リン真に重点置くなら、の話だが」
姉帯豊音 「とゆーかー
あの日だとそりゃやる夫が露骨に真切ってるから偽に見えるよー>ハク」
東横桃子 「それ、私も投票してるっすけど>ミク」
姉帯豊音 「でも噛まれたんだから多分真なんだよーってお話でー」
鏡音リン 「最終日を確実に迎えたいんなら占いロラかもしれないけどー」
弱音ハク 「占い二人で殴り合ってもらう?」
姉帯豊音 「ローラーする意味ってあるのー?
「ローラーしたい」だけじゃないのー?」
初音ミク 「ホネトだごめんwwwww >桃子ちゃん」
やらない夫 「そうかね。わりと狩人出たあたりでほむらがひっかかったのだが>ミク」
弱音ハク 「はい、ローラしたいです」
鏡音リン 「別にどっちでもいいよ貴方が吊れれば
私視点ではハク姉とミク姉が生きてれば問題なし」
初音ミク 「なんだこのタイプミス(真顔)

正:ホントだごめんwww >桃子」
東横桃子 「まあ、リンちゃん真目に見られてるし
私かやらない夫さん吊って翌日でいいとは思うっすけどねー
占いは真狂で見てるんで明日までに狼吊ってしまえばいいとは思ってるっすけど」
暁美ほむら 「しかし怪しげな人から死んでるから誰を疑っていいのかわからないわ…」
姉帯豊音 「たかだか銃殺の5秒差で真切ったって言えるぐらい占いを見てるんなら
ローラーするんじゃなくて決め打つぐらいできるよねー」
やらない夫 「なんだかどっちが安全策なのかわからなくなってきたぞ。
助けて我が筋繊維!
主に速筋よ!」
弱音ハク 「最終日が来るならロラでええやん」
鏡音リン 「見られてるし、って事は私疑ってるってことでいいのかな?かな?>桃子」
暁美ほむら 「占は真狂で見てるけどどっちも真切れないのよね…」
初音ミク 「占いロラってすっごい消極的じゃん」
姉帯豊音 「一回ちゃんと結果見返して
決め打つことぐらいしたらいいんじゃないかなー多分。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
弱音ハク0 票投票先 →姉帯豊音
姉帯豊音2 票投票先 →鏡音リン
鏡音リン1 票投票先 →やらない夫
暁美ほむら1 票投票先 →姉帯豊音
初音ミク0 票投票先 →やらない夫
東横桃子0 票投票先 →やらない夫
やらない夫3 票投票先 →暁美ほむら
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
姉帯豊音 「いや、まぁ、何ていうかうん」
姉帯豊音 「「やっぱ真狂かもしれないし何か真かどうかわからないし」とか言うんなら
最初から占いの真贋とか触れなきゃいいんじゃないかなぁ」
姉帯豊音 「私偽だから別にいいけどさー
初心者の真がこんなこと言われたら絶対トラウマ残すよー」
姉帯豊音 「というお話。」
姉帯豊音 「まぁ騙りでも
お仕事完遂して吊られてごめんなさい吊られちゃいましたーって感じになる子とか居るし
人間何か吊られた時のメンタルってすっごい弱いんだけどー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
暁美ほむら は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言 たとえ全員が斃れても!
筋繊維一本一本が俺を助けてくれる!
だから俺は死なん、死なんのだぁぁあああああ……


*** 以下推理とか雑感とか ***

ほむらは妙な役職臭がして嫌なんだよな。
かといって占うには票をもらいすぎてる
暁美ほむらさんの遺言 村人CO、たまには役職がやりたいわね… ジャンプは斉木と暗殺のために買ってるわ。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
鏡音リン 「占いCOだよー 東横桃子○」
弱音ハク 「死にたかった…」
鏡音リン 「六日目 東横桃子○●
まさか生き残るとはこのリンの目を持ってしてもry
後はほむらを村決め打つなら桃子、豊音吊りきればいいんじゃないかな
今度こそ私が死んでいるはず…ちょっと田んぼの様子見てくる」
姉帯豊音 「占いCO:弱音ハク●」
東横桃子 「おはようっす」
姉帯豊音 「理由 何か明らかに残りメンツの中で一番胡散臭いんでー
そもそもラスト二択じゃない?とか言わない言わない」
鏡音リン 「んじゃ豊音吊り」
初音ミク 「ふむ?」
姉帯豊音 「じゃー今日決め打ってー
リン絶対吊るよー」
鏡音リン 「狂人初日での真狼だね」
弱音ハク 「やはり姉さんは人外だった」
初音ミク 「姉帯豊音さん吊って最終日でいいよね」
姉帯豊音 「私、あなたのおねーちゃんじゃないよー?>ハクさん」
弱音ハク 「おk」
鏡音リン 「いや、私視点で豊音吊れば終わるよ>ミク姉」
東横桃子 「姉帯さん的にも狂人いないから
姉帯さん→ハクでもいいんじゃないすかね」
弱音ハク 「なんてよむかわからんのですよ。なんですかその読みにくい名字」
鏡音リン 「ケロロ、そーりょ、豊音で3W
魔理沙が狐だから」
姉帯豊音 「そもそも
私吊って最終日ってそれー
PPされてるか2Wで終わるよー……」
東横桃子 「っていうか
そーりょが姉帯さんに占われるの怖がってないっていうのを思い出したんすよね」
東横桃子 「あねたい>ハク」
初音ミク 「あごめんコピペなんだ >リンちゃん」
弱音ハク 「いやいや、姉さん切るならもうりんちゃん真で決め打つしかないじゃないですか
だから消極的に生きたかったんですよ」
弱音ハク 「その時は狼がうまかったであきらめられる>姉さん」
鏡音リン 「というかここまで生き残るとはこのリンの目を持ってしてもry」
姉帯豊音 「まー、そーゆーことなら終わろうかー」
初音ミク 「あ」
鏡音リン 「ハク姉、ミク姉と生存勝利!
ルカ姉?残念だったね…」
姉帯豊音 「それは狼が上手かったじゃなくて
あなたが狼なんだよー>ハク」
東横桃子 「初日は私だったし、3日目の占いで「私投票なのに占い先はやらない夫」
って発言が微妙に引っかかったんすよね
そーりょの」
初音ミク 「リンちゃん視点狂初日ってことは今日ハクさん吊っても大丈夫なのか」
姉帯豊音 「凄い引っ掛かってたから占ったんだけどねー>そーりょ」
姉帯豊音 「今日はリン吊りだよー」
弱音ハク 「そーりょは●でいいよもう」
鏡音リン 「村視点ではそうだね>ミク姉
まー私信じてくれるなら豊音吊れば終わるよ」
鏡音リン 「私は生存勝利したいからここで豊音を吊る!」
姉帯豊音 「どっち吊っても一緒だからー
リン投票しちゃったとも言うけどー」
初音ミク 「どっちの真も追えるのなら私は慎重な方を選ぶ
ハクさん投票します」
東横桃子 「そーりょ●は確定っすよwww>ハク
だから、そこで真贋が分かってないのに姉帯さんに占われるのを怖がってないってところが
おかしいなって話をしてるんすよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
弱音ハク1 票投票先 →姉帯豊音
姉帯豊音3 票投票先 →鏡音リン
鏡音リン1 票投票先 →姉帯豊音
初音ミク0 票投票先 →弱音ハク
東横桃子0 票投票先 →姉帯豊音
姉帯豊音 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
姉帯豊音さんの遺言
                       ... -――‐- ...
                 /::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::∧
.               /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                    /:::::/:::::::::::/::/::/::::::::::::::::::::∧
              .′::′:::::::/::/::/::: : |::::|:::::::::::::|
               |::::::l::::::::::/ /::/:::|::::::|l:::|:::::::::::::|
               |::::::l:::::::/ー匕ィ77''''|l:::|二二二二二ニ==--         私なんかが皆さんのお仲間にとか・・・
               |::::::|:::::; __ | 〈 〈 {_L从ハ二二二二二二二二ニ=--
               |::::::|::::{℃癶_)-`ー‐'__フ`<二二二二二二二二二二〉   ありえないかなー…とかとか……ちょーうれしいよー
               |::::::|::∧/Y´Υ ̄ ̄∨::l:::l:::| ̄ ̄二ニ<二二二二/
.             __ |::::::|::l::リ し' ヘ⊇...イ:::::l:::l:::| ̄ ̄ / /二二マニ/
         /   `≪三三|    ∨彡'三lリ'l:::|   /{ l二二二/
          /       }≪三|    /三三ヲ/ ll:::|  ,/ l |二>''"
.          /       ∨〉 `~「 ̄\,/三彡'  八:{ /   __フ´
         /       /  /二二二>∠__,     ∨ /__ノ
      /___\__    l ,/二二二/----'      ∧
      〈/┬‐=ミ\  / ,/二二二/         ∨::::::.
        ヽ|二二>∨ ,/二二二/      /   |:::::::::::\
       ノ|二二二{__/二二二/      /     |:::::::::::::::::\
.      /:::::|二二二フ二二二ニ' /    /'     |:::::::::::::::::::::::\
     // ̄!二二/二二二∨/    /     |::::\::::::::::\::::\
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/11/24 (Sat) 03:30:08
巡音ルカ 「潜伏2W発見+呪殺とか占い師としてはもうね」
巡音ルカ 「おつかれー」
鏡音リン 「いえーい」
東横桃子 「お疲れ様っすよ」
弱音ハク 「だよね」
姉帯豊音 「まー、お疲れ様だよー。」
初音ミク 「……てへぺろっ」
でっていう 「御疲れっていうwwwwwww」
そーりょ 「おつかれさまでしたー!」
マルフォイフォイ 「お疲れさまフォイ」
希望戦士コマエダー 「おつかれさまー」
姉帯豊音 「んー。割とどーしよーもないなー、やっぱし。」
やる夫 「おつかれー」
巡音ルカ 「>リン
君を信じて正解だった」
やらない夫 「お疲れ様だ!
リンにはプロテインを奢ってやろう!」
鏡音リン 「お疲れ様ー仕事ができてよかったね」
そーりょ 「村側おめでとー!
あねさんは奇策させたうえにわたし黒確しちゃってすいまえんでした!;;」
阿良々木

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
————————————」
姉帯豊音 「変なとこで銃殺対応ミスってー
後、狩CO止めてないのが失点大きいなー」
初音ミク
        , -   ..┐,. : '´: : : : : : : : : : : `: :.、
.     ,/ : : : :.`:、! ll| : : : : : : : : : '.; : : : :ヽ: : : ヽ,._   -、
    ,/: /: :, ': : : :|l ll! : /: : ; : : :, : :'; : : : ヾ: : : : :}ll~ll|.: : `ヽ、
    /: :.:/: :/: : :./ィ!l ll!: ;': : l : : : |: : :.'; : : : :.ヽ: :、:..|ll. ll! : : : : `ヽ、
   ,': : /: :/: : :./: :l!l /:/: :/l i.: : :|: : : l :.'; : : : '; :.';..|ll. ll!: : : : : : : :\
.   i : : !: :i: : : /:: : ノ": L_/_.|ハ: :.:.|: : : :: :.ハ: : : :'; : ';!ll ll|:l: : : : : : : : :.\
.   |: : :.|: :|: : /: :/'::; : :: /  「寸、:'; : :‐-:⊥l__: : l :////∧',: : : : : : : : : :ヽ
.   |: : :.|: :|: / : ,'' ;' :i : 」,,,,,__ ゙uヽl : : :,'リ '; : : l }'〆   ∧ヽ : : : : : : : : : ヘ    リンちゃん盲信してたはずなのにブレてた
.   |: : :.|: :|/: : :i」 l ,| :::l ヒ'::::リ`  リt‐、-x_.} : :l :|      ∧ ヽ: : : : : : : : : :ヘ
    !: : :',: : : : : |.| ∨|::!` ¨¨      ヒ'_::ゾ | : ;':..|      ヽ: :\ : : : : : : : :ヘ   ちょっと吊ってくる
   V: : ヽ、: : :|ヽ/ ヽjヽ """  '   xxx /: ;' : '|       \: :\: : : : : : :ハ
    V: : : :ヽ: : !´   _,,.t'> ___cっ,,__,,....〃/| ::/           \: :ヽ: : : : : : i
    V: : : : :ヽ:|  i´ {{:.:/  /=〈 /7〉}ト、 .ノ'゙            \: : : : : : : !
.      V : : : : : \.|  .{{ハ__,イ_∧レ'/、゙}} i               ヽ : : : : : |
.      ',: : :.', : : : :\:.:′.l:.:.:||: V {ヾ{{  |
       ', : : ', : : : : : \.:{::.::| |:. :.: i .:. l==|
.       , : : \: : : : : :.\:.| |r==zi } :::|
          : : : : \: : : : : : \ | :.:.:.:.:. i゙:::::|」
やる夫 「真面目な話4日目のCOは
あの展開だと話すことが見つからんねん
寡黙なりそうで吊られる気がした」
希望戦士コマエダー 「銃殺対応は霊界から見た限り遜色なかったっぽっぽく見えたけども」
阿良々木 「○>●>狐>●だからな>姉帯
一手でも違ってたら解らなかったさ」
弱音ハク 「占いロラりたかったのにやらない夫吊りでリンちゃん盲信するしかできなかった
死ねなかった鬱だ」
姉帯豊音
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::::|:::::::::::
:::::::::::::/ヽ/:::/!:::::::::::::!::::::::::|
:::::::/  /:::/、|:::::::::::::|:::::::::::
/l`丶 ,//,/ |:::::::::::::l:::::::::::!
 人 〃苅ミ !:::::::::::::!::::::::::|          私達の夏が終わっちゃったよー……(えぐえぐ
´⌒ヽ V炒癶, |:::::::::::::|∨:::::|
           l∨::::::::トミ:::::::|
           | ∨::::::|/::::::リ
           ∨:::|:::::::/
            ,{.∧::|:::::/
          ノ::| }::|::/
   ⊂ ァ .. イ::::::|ノイl/
    ...:≦::::::|:::::::| ノ'
≧=≦:::/:::::::::|:::::::|
::::::::::::::/:::::::::八:::: !
:::::::::::/:::::::::/  )ハ」
巡音ルカ 「>ハク
霊能の役職あげるから噛まれてよ」
阿良々木 「呪殺に関しては完全にイーブンだったぞ?
ケロロ軍曹●にしても、僕は身内切りも考えたくらいだからな

あの日軍曹を吊れたのはやる夫がCOをしたおかげだよ」
そーりょ 「こればかりはスピード勝負としかいいようがないねー
先っぽく見える、後っぽく見えるという印象論>呪殺について」
やる夫 「ケロロ-そーりょで2W死亡ほぼ確定してるから
別にやらない夫吊り自体はいいんだけどね」
弱音ハク 「死んだらもう体調気にしなくていいじゃないですか
お酒飲み放題じゃないですか!」
やる夫 「対応自体はそこまで差がなかったとは思う」
でっていう 「ボカロで死んでるのがルカだけ・・・ハッ」
マルフォイフォイ 「もう冬になるというのに…>姉帯」
巡音ルカ 「>でっていう
言わないで」
鏡音リン 「いや、真面目にそーりょの●で一瞬手が止まったよ」
やらない夫 「んぬぅ、結局最後までふらふらしてたなぁ
これは体幹の筋肉が足りてないせいだ!(キリッ」
巡音ルカ 「霊能とかいう死亡フラグ」
そーりょ 「そーりょ逆囲いも真に占われて失敗という。うん占われる可能性をこれっぽっちも考えてなかった、テヘペロ(笑)」
阿良々木 「占い師2人のどっちが真でも、軍曹はおそらく狼だろう
軍曹を吊ってやる夫が噛まれて、その次に占い師がどうなるかを見るつもりだったからね

そこにLWへの●が出てしまったんだ、交換占いをしてたら○が増えるだけだったけど」
希望戦士コマエダー 「理由だけ見たら姉帯さんのほうが強いくらいだったかなー」
やる夫 「桃子視点ケロロ-やる夫で狂がどんだけあんねんって話だから
潜伏狂考えないならハク→姉帯吊りでもわりとどーにでもなるとは思うけど」
弱音ハク 「まありんちゃんが良い仕事したぜってことで」
姉帯豊音
‐======‐-
二二二二二二二二\
二二二二二二二二二\
-=ニ二二二二二二二二∧
   -=ニ二二二二ニニニニ∧
ニ=-     -=ニ二二二二 |  _
二二二二ニ=-   -=ニ二ニ}/  \
::::/:/<二二二二ニニ==-       〉_
:/{/⌒1: /l::::::::ー=ニ二二二二ニ=----、  ',
' 、___l/ |::::::::::::::|∨:::::ー=ニ二二二二\/
〃 ̄`ヾ>从:::::::::::|_∨:::::::::::::::|            私の呪殺対応はねー
         ∨::::::| `l::::::::::::/::| 
  ''      ∨::::∨:::::::::::/::::|            呪殺した占い師を後ろから縊く ─── !!
      ′ \::::\:::::/: : :|
   、   __  /:\::::∨::l : :|            対応で勝つのが私だからねー
\.       /:::::::∧:::∨l : :|
、   ---  ァ/:::::::/::∧:::||:.:|
. \_  _/::{::::::/::/::∧:l八:::{
 /^Y^  \{:::/::/::/:: : |  \」
マルフォイフォイ 「そんなあなたに>ルカ
つ潜伏霊能」
東横桃子 「さて、ステルスモモは静かに去るっす
お疲れ様っすよー」
巡音ルカ 「>コマエダー
ケロロのCCOがマイナスに働いてしまった印象」
阿良々木 「仮に鏡音リンがそーりょを占わず、姉帯からのみそーりょ●だったとしても
僕は吊ってたよ、だってあの時点ではどっちが真か判断していないからね
パンダだったら、少し待つかなというくらいだよ」
やる夫 「3日目の理由にもっとやる気だそう(提案)>姉帯」
姉帯豊音 「実際三日目の占い理由は
多分真だと占い先違うから何ともいえないんだよねー」
鏡音リン 「うん、正直あの日記で狩人の護衛もらえると思わなかった>コマエダー
やる夫は信じてくれありがとね、噛まれなかったけど
あそこで狩人COしてくれたのも大きいし」
そーりょ 「おつかれさまー>もも」
巡音ルカ 「>マルフォイ
三日目に出てこいってことだね
でもつられたら戦犯なのでいいや」
でっていう 「それじゃ、御疲れ様&村建て感謝っていうwwwwww
草生やせて満足っていうwwwwwログ草多いけど気にすんなっていうwwww」
やらない夫 「んじゃ俺はそろそろブートキャンプに戻るぜ。
マルフォイ村建てありがとう、皆お疲れ様だ!」
姉帯豊音 「>やる夫
真でもやらない夫占うならあんなもんだけど
やらない夫占わないなら100%そーりょ占うからねぇ……」
そーりょ 「おつかれさまー」
やる夫 「あんなもんかに」
弱音ハク 「やる夫はいいプレーでした。
あれのおかげでかなり早い段階でリンチャん真目でみれてた」
そーりょ 「あーそうか。全視点詰みしてないのか……完全なうっかりだ>あららぎさん」
希望戦士コマエダー 「ああ、なるほど<ケロロのCCO
でも僕下界だったらたぶんすごい迷ったっとおもうw」
やる夫 「なんかもうああいう理由出されるだけで対応クサッ、とか思うのは毒されてんかもしれないけど
あの路線で行くなら4日目の理由も似たよーなのでいいんじゃなかろうか」
姉帯豊音 「んー
やらない夫は本気でどー見ても村だしねぇ>やる夫」
そーりょ 「となると普通にパンダにしてもらったほうがよかったのかなー。【むむむ。】」
弱音ハク 「やらない夫狐とか思ってたら銃殺でるんだもん」
姉帯豊音 「日が進むと発言溜まって
発言溜まると理由が分厚くなるんだよねー
占い先選ぶのに掛かる時間が全部理由に回っていくし>やる夫」
マルフォイフォイ 「潜伏霊能って吊られるのが仕事じゃないの…!?
潜伏霊能で吊られたバカCO」
そーりょ 「魔理沙非狩だけ当ててました。人外だとはさっぱり思ってませんでした」
希望戦士コマエダー 「真狩視点は黒崎が狩人coしてるならそこ守るかな・・・?
身内切り想定とかはかなりレアな感じ」
やる夫 「やる夫はむしろ日数経つと真だと理由薄くなってくからなあ」
そーりょ 「wwwwwwwwwwwwwww>1日目夜の共有のやりとり」
やる夫 「◇阿良々木(共有者) 「どうして僕の部屋に見知らぬ男性がいるのだろう……」
◇阿良々木(共有者) 「……おかしいな」
◇希望戦士コマエダー(共有者) 「あ、どうも・・・」

このなんか絶妙なよそよそしさはすごいいい味出てると思う(何」
希望戦士コマエダー 「潜伏霊能は初日の段階からすごい『僕霊能だよ!』ってアピールするといいと思うよw」
そーりょ 「うすいほんが あつくなるな……」
巡音ルカ 「>そーりょ
自分の部屋にしらない男が⇒いつからお前の部屋だと錯覚した」
阿良々木 「そうだね>そーりょ
あの時点で●が出たら、吊らない理由がないよ

よほど信頼差があったとしても、1.占い師に真がいる2.どちらかの単独●
これなら、吊るさない理由がないんだ
姉帯豊音 「最終日寸前になると凄い薄くなるけど
四日目~五日目でそれなりに占い先候補が多い時が
一番長くなるかなー>やる夫」
姉帯豊音 「理由 把握発言にすごいたくさん使ってたりするのとー
◇そーりょ(100)  「ぐれらんはいいんだけど、グレーちゃんと見てねー
うん、ぶーめらんなのは理解してる(笑)」
こーゆーこと言ってる位置って大抵自覚してるっていうか、まぁ人外なんだけどー
その割には私しか投票してないんだよねー。
残すと吊れなくなりそーだから占うよー」
姉帯豊音 「因みにそーりょ初日囲いならこんな感じだった」
姉帯豊音 「何ていうか
そこまですると潜っても潜らなくても同じっていうか」
やる夫 「3~4がピークで、そっからもうほとんど2行くらいのパターンが多い気がするやる夫真の場合
でも3~4でそこまで濃さが変わることはないかなあ
いっちゃん狼対応しにくいからそれなりに気合入れるし」
希望戦士コマエダー 「男性キャラと共有ってわりともにょるよね!」
阿良々木 「仮にあの日、残り9人でパンダになった場合
最大で2W、だから2人の灰を吊るす

その上でリンが噛まれたら●吊り、どちらも噛まれなかったらさらに灰を吊るして残り5人からの決め打ち勝負にするかもしれないね」
姉帯豊音 「必要な時に護衛取れなくなるだけの役立たず度UP霊能になっておしまいなんで
やっぱりそういう「無理しなきゃならない」潜伏霊に意味は感じないかなー>霊っぽい発言をする」
姉帯豊音 「多分あれなんだよー、うん」
姉帯豊音 「「どうやったら潜伏霊が上手く行くか」って
考えてる内は無理なんだよー(率直」
そーりょ 「こう言ったらなんだけど、リン真の空気が濃厚だった気がするから(だいぶ狼目線入ってます)
私があねさんから黒もらっても特に吊るす理由にはならんかなーと思ってました。色々甘かった>あららぎさん」
巡音ルカ 「>姉
吊られるのが嫌すぎるから初日に出るよ」
阿良々木 「ちょっ、僕の秘密を見たな!?>そーりょ
やめろ、プラシーボの侵害だ!」
希望戦士コマエダー 「潜伏霊は変なテンションのときに叩かれる覚悟でやるもの」
やる夫 「潜伏霊なー」
姉帯豊音 「その程度には意味がないっていうかー
人に意味を聞く時点で潜伏した理由を村に説明できないから
潜伏霊能って成り立たないんだよねー」
巡音ルカ 「>コマエダー
潜伏って正直○もらっても翌日COしないと信用もらえないよね」
弱音ハク 「潜伏霊は初日○もらったときだけでいいよ」
やる夫 「なんか信用勝負やってくれて、確定○になるんだったら意味もあるが……
それ以外だと有効活用方法が浮かばんのよなあ……」
姉帯豊音 「というのが私の意見かなー
最も「ヤリタカッタダケー」で解決するけどね!」
そーりょ 「ラナルータのしんがい?」
マルフォイフォイ 「潜伏霊能で吊られた流れ
初日潜伏吊り回避>二日目騙りの占いから●
>霊能COするも村人全員からのウソダドンドコドーン
>吊☆り」
弱音ハク 「ああ、うん。昼夜逆転する魔法は侵害してるよね。いろいろ」
巡音ルカ 「霊能アーマーと目的は一緒なんだけど、
霊能はやっぱりCOして内訳の数を合わせるようにするってのがいいや
後から出てきても困る」
姉帯豊音 「初手○貰って潜伏して
あ、占い噛まれましたてへっなんて
枚挙に暇がないからねぇ」
阿良々木 「申し訳ないが、僕は呪殺の日に対応をしていたら両方の真を追う主義者なんだ>そーりょ
ケロロ軍曹●でやる夫が噛まれていたのもあるね、あれで確実に残り2Wだと判明した

だからもっと違う状況……たとえば、占い切りのリミットの日とかだったら、逆囲いも意味があると思う
『占い師吊りはまだ先』という状況なら、確実に●が吊られると思っていいと思う
それこそ2-1で真即抜き、でそのまま逆囲いをしても吊られる場合が多いだろう?」
やる夫 「それは吊るわー>マルフォイ」
姉帯豊音 「それ信じろって無理だねぇ……>フォイ」
希望戦士コマエダー 「潜伏王というCNでプロフィールに『潜伏せずして何が真か』ってかいといて
霊能でない状況で『潜ってるんだろいいじゃないか霊能が遊んでも!』とかさんざん言っておくと
灰から潜伏霊として出ても信用は取れる」
姉帯豊音 「それはまぁうん
私が村でそーなっても「ああそりゃ吊るわ」の枠だし……」
巡音ルカ 「初日じゃないんだからさ・・・・・・>フォイ」
弱音ハク 「それが信じてもらえるならキュウベエが最終日まで生き残れるわ>フォフォイフォイ」
鏡音リン 「ログ読み完了、この精度が維持できればうぎぎ
それじゃお疲れ様ー」
姉帯豊音 「それで占い希望出しといて占い引いて
潜伏占いCOしたらマジ尊敬するわ>コマエダー」
やる夫 「初日にイベント起こって潜らざるを得ない状況だったら考えるけどねえ」
姉帯豊音 「いやまー
初日でも●貰いの霊とか
初日共有対抗不在じゃない限り吊るけどねー」
巡音ルカ 「あ、このあと村立てしたらくるって人どれぐらいいる?」
阿良々木 「ちなみに僕の教科書の霊能者の項目には「潜伏しましょう」って書いてあるぞ
占い3COなら護衛を占い師に、占い1~2COなら初日占いを警戒しなきゃいけないからな

だから潜る、そして見え見えの潜伏霊能ブラフを振りまくんだ

       /                ヽ
      /   :: ...::               \
     /   ..::::.                   \
    /               ..:::::..   :.  :..\ `
   l              ..:::::::::::::::.. :: :::ヽ :::..ヽ `、
    l             .. .:::::::::::::::::::::.l::. ::::::!:::::.. lヽ
    !          .:: ..::::::::::::::::::::::::::::::l:::. .::::::l:::::..lヽ、
   ノ          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::.::::::::|:::::::l   ヽ
  ,イ          :::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::l::::}:::} も   `ヽ 、
    | l        : .:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::l l /}ノ  ぐ    //
   !/ヽ        :: :::::::::::::::::::::::::::::r、:::::::::::l/     り   //
     ヽト  l    .::.:::::::::::::::ノ:::::::::/ /:::::::::::l       ん  //
        ',  l   :::::::/::::/:::::::,:://|::::::::::;へ       _ //
   _   ____}  l  .::::::://::::,ィ / !  ,ィ:::::::::,'    `ヽ、   f !/
  , ///   ャノ、! .::::::/::::/r'、 |/ , '  l/:::/       /、`} レヽ
 i///     `-} /}/ |:/ {  ~     /:::/        }、ン    }
 | l l     ::::::::::::`..‐- `_、    //          | {   /
 | | l      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ               r┴‐‐-〈
 l l l        :::::::::::::::::::::::::::::::\         {   .:::::::::}
  ! l          :::::::::::::::::::::::::::〃` 、_     /  :::::::::ノ
  l l          ..:::::::::::::::::::::〃:::/::::::::ヽ   f ノ   ::::::::{
            .::::::::::::::::::::::〃::/::::::::::::::ヽ //  ..::::::::::}
ケロロ軍曹 「寝る前にもどってきたであります!!」
やる夫 「さすがに次村は決闘以外で行く体力はない」
希望戦士コマエダー 「潜伏占いもねー、もっと流行ればいいと思うんだけどもw
もっと気軽に民潜伏しようよw」
ケロロ軍曹 「狼の仲間には申し訳なかったであります。」
姉帯豊音 「真の●or身内切りの●であるほーが
真霊●特攻直撃よりよっぽどありそーだしねー(デジタル派」
希望戦士コマエダー 「僕は行くよ・・・<次村」
やる夫 「阿良々木の潜伏霊てみたことねーぞ
潜伏霊騙りなら見たことあるけど」
弱音ハク 「眠いけどここで寝たら明日病院いけない気がする」
巡音ルカ 「霊能噛まれても真占いさえ生きてりゃいいんだから、
狩人は霊能放置安定なんだよね 狩人が真占いを見極める眼力もっていればいいだけだし」
希望戦士コマエダー 「明日は休みで両親が旅行中だから超遊ぶよ!!」
ケロロ軍曹 「こんかいは狩人COしないルートが正解でありましたが、
いかんせん。そーりょがLWで生き残る未来が見えなかったであります。」
巡音ルカ 「>狛江ダー
じゃあ募集するからふっひゃーして」
姉帯豊音 「いやまーあれだよー」
そーりょ 「ふーむ。焦りすぎたか、セーブデータにかいておきます>メラらぎさん」
姉帯豊音 「自分が勝てる路線を考えるんだよー」
阿良々木 「遺言の使える環境だしな、潜伏のリスクが高いわかめて鯖ですら霊能の潜伏は1つのセオリーだったんだ
だから僕は潜る、霊能者とは潜るものだと八九寺も言っていた」
弱音ハク 「けろろはしゃーない」
マルフォイフォイ 「そこに村があるならいくフォイ」
姉帯豊音 「きゃっほう!」
ケロロ軍曹 「あの場合、村人ぽく振るうのが正解でありましたね。>姉帯豊音」
やる夫 「ケロロが狩COしなかったら
やる夫が吊れるか噛まれるかルートかな多分」
阿良々木 「そもそも、僕が霊能者を最後にやったのは随分と昔の気がするぞ>やる夫
少なくともここ1~2年はやっていないんじゃないかな」
ケロロ軍曹 「いい経験になったであります。」
巡音ルカ 「行く人は掲示板にふっひゃーしてね」
希望戦士コマエダー 「おけー<ひゃっふー」
弱音ハク 「やべえ隣からギター練習する音がする」
姉帯豊音 「やる夫はあれだねー
100%○ぶん投げて咬み殺す位置認定してたー>やる夫」
やる夫 「うん、よく考えたら阿良々木の霊てみたことな気がしてきた」
マルフォイフォイ 「まあそんなことがあったゆえにフォイは二度と…もう二度!!
潜伏霊能はしないと誓ったフォイ」
そーりょ 「でも奇策ってやりたくなるよね>潜伏霊能とか潜伏占いとかその他もろもろ」
やる夫 「こんなよなかにw>ギター練習する音」
阿良々木 「大変だ、戦績を検索したらこの近辺じゃ闇鍋で1回だけと出てしまった
他のサーバーでは何回かやったはずなんだが……あれ、占い師もゼロ?
おいおい、どういうことだ」
ケロロ軍曹 「ではペコポン人は夜更かしはダメでありますよ!!>やる夫」
巡音ルカ 「潜伏霊能といえば人狼やりはじめたころ、
対抗いるのに二重○もらいだから潜伏していたことがあったなー
そんで最終日前日に潜伏解除して村に困惑を読んだ 何故か真だと思われた 不思議」
姉帯豊音 「その昔ヤリタカッタダケーで占い引いて潜伏したら
何か凄いカオスな村を構築した記憶が心の片隅に」
そーりょ 「何か乱数出して次にやるアイコン決めるシステムとかないかなー」
阿良々木 「僕が霊能者COをしたら盲信しろ>やる夫
貴重な瞬間に立ち会えたんだ、祝福してもいいぞ」
やる夫 「つまり先手打ってCOしてよかったんだな?(あんまり関係ない」
弱音ハク 「…こちとら昼までもミュートつけて騒音気にしてるってのに…」
姉帯豊音 「でもとあるエライ人は
「役職で潜るんやったら最後まで潜ってもええねんで」という言葉を残してるしー!」
巡音ルカ 「そして奇妙にもそれがボクが初めて最後まで生き延びた勝利だという
だから潜伏霊能には奇妙なえんがある 二度とやらないけど」
姉帯豊音 「ダイスマクロとかー?>そーりょ」
弱音ハク 「リアルさいころつかえばいいじゃない>そーりょ」
やる夫 「対抗居て二重○だったらもう真でいいやとかそういうのだったんじゃなかろうか」
そーりょ 「リアルで振ると最大10000まで対応することになるます」
弱音ハク 「ではちょいとろぐをめくってきます」
巡音ルカ 「>やる夫
ちなみに対抗狂人
初手●特攻の狼の結果に○を出したのみのかかわらず、
破綻した狼が吊られず真思われていた狂人が吊られた謎の展開」
姉帯豊音 「何となくで潜って
五日目ぐらいに相互○位置になって銃殺発生させて
「対抗2人を完全破綻させて占いCO……こんなにすばらなことはないっ!」
とか言いながらCOする花田煌で占いとかやりたいよー!」
やる夫 「一体どういう展開なんだ……
2-1なら狼が吊られない事自体はありえるけど」
そーりょ 「あれ……ダイス入れのヒモがとけん ありえん……」
巡音ルカ 「共有狩人狐ありの14村で●特攻した狼も狼だけど、
人狼やり始めのころの村には謎の展開が多かった 周りも初心者だってのもあるけど」
希望戦士コマエダー 「ふっひゃー募集の記事が『4時15分まで待ちます』ってなってて時間帯に笑うw」
巡音ルカ 「わかめてのだけどログならあるよ>やる夫
もしよかったらみる?」
そーりょ 「そういえばやる夫村でたけのこ式に占が出てくる村とかもあったなー(笑)」
巡音ルカ 「>コマエダー
ちゃんと指定しておかないと寝落ちする人もいるからね」
やる夫 「出来れば欲しいなあ>ルカ」
姉帯豊音 「たけのこ共有……」
巡音ルカ 「>やる夫
じゃあとってくるよ」
やる夫 「まあ、昔のログとか、初心者多い村はね」
そーりょ 「いや、割と最近のログだったような記憶」
巡音ルカ 「>やる夫
あったこれだ 初心者多いのか展開が謎である
ボクだって今なら絶対こんなことしない
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/kako/115517.html」
そーりょ 「最近って言っても何ヶ月か前だけど」
巡音ルカ 「HNが違うけどそこは身内だからね
ちなみに深くは突っ込まないで」
姉帯豊音 「そーいえば
勝負に勝って試合に負ける村と
試合に勝って勝負に負ける村だとどっちのほうがいいんだろー」
希望戦士コマエダー 「3ふひゃーきたよ! やったねたえちゃん!」
姉帯豊音 「と最近思った。信用勝負。」
そーりょ 「何度かダイス振ってるけど元ネタ知らんアイコンばっかりひく(笑)あり得ん(笑)」
巡音ルカ 「>姉
頑張った方かな? 経歴的には勝負に勝った方がいいんだけど、
頑張らないと身につかないし」
そーりょ 「ザギ(笑)>こまえだー」
姉帯豊音 「最終日3人でね……○に狂人が残っちゃってね……

私狼だったんだけど……あいつ、吊りに来るんだよー……」
そーりょ 「たのしんだひとが しょうしゃです ……たぶん>あねさん」
巡音ルカ 「ああ、ちなみに身内村のログだから深く突っ込まないでくれるとうれしい」
希望戦士コマエダー 「勝負に勝って試合に負ける村は終了後空気悪そうな気がするw
試合に勝って勝負に負ける村は逆に『いい勝負だった!」みたいになりそう」
やる夫 「しかも7人になってから吊りだと……?
真占い噛まれてなんでこの吊りなんだ……?」
弱音ハク 「RPが良かった人が勝者かな」
姉帯豊音 「逆に真引いてね……
狼が頑張って、○が凄い胡散臭くて
それで最終日来て、真狼狂で狼吊れちゃったりとか……」
巡音ルカ 「>やる夫
ね、謎でしょ?」
弱音ハク 「みうちむらはあてにならない」
巡音ルカ 「人狼初心者集めてワイワイやっていたころだから経験者は少ない>ハク」
姉帯豊音 「とゆーことでおつかれー」
巡音ルカ 「3ふっひゃーあったから村たててくる」
そーりょ 「Teller」
希望戦士コマエダー 「白もらいで胡散臭く振舞う癖があるけどあれはもしかしてやめたほうがいいのかなー」
やる夫 「んー、師範視点○なしで
狼騙り視点はそこLWか」
そーりょ 「一応囲いと思われたくないから喋ること自体は悪じゃないし、別にかまへんと思うよー 狩ブラフと思わせれば(キリ」
阿良々木 「ふぅ、ログ読み完了だ

○の印象は占い師の信用に関わるからな>コマエダー
いかにも囲いに見えるような○は狩人の護衛先に影響するかもしれないぞ
村人は村人らしく振る舞うのが一番じゃないかな」
巡音ルカ 「村立てたからそっちの村にうつる
というわけでボクは落ちるよ

村立て同村ありがとう」
阿良々木 「伸び伸びと、自由に全力で発言していいのが村人の特権だからね
無能力者といわれるけど、村人には嘘をつかなくていいという武器があるとぼくは思うんだ

おかしいな、嘘はついていないのにいつも狩人に見られる気がする」
やる夫 「コウイチ●確信しないと怖くてできんなあこの吊りは
どうしてこうなった」
希望戦士コマエダー 「白もらうと胡散臭く喜ぶことで恒久的に占われないようにしようというこすい考え」
阿良々木 「それじゃあ、お疲れ様だ
楽しませてもらったよ、ありがとう」
そーりょ 「おっと、いってらっしゃいー というわけでわたしもりだつするよー
村立てさん、おつかれさまー むらじんえいはおめでとー!
おおかみじんえいのみんな、こんかいはごめんねー
またあそぼうねー!

たびは つづく」
やる夫 「村人の最大の武器は自分が○とわかっていることとはよく言ったもので」
希望戦士コマエダー 「それじゃ僕も無効へ移動するよ みんなお疲れ様
またどこかであったらよろしくー」
やる夫 「んじゃやる夫もそろそろ落ちるかお
おつかれー」