←戻る
【紅1169】やる夫達の普通村村 [1991番地]
~オートドックスな早朝村~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon 麻呂
(生存中)
icon パンツハンター
(生存中)
icon 麻呂重・ジョースター
(生存中)
icon スピードワゴン
(生存中)
icon 黒子
(生存中)
icon セレス・L
(生存中)
icon ハゲマント
(生存中)
icon モノクマ
(生存中)
icon ニンジャスレイヤー
(生存中)
icon ヒナタハンター
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
村作成:2012/11/24 (Sat) 04:03:39
結月ゆかり さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「【禁止事項】
無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
システムメッセージのコピーペーストに よる能力結果CO、
突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
人外の村人騙り騙り
※これらの行為が 発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
初心者CO、初心者騙り 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は 待ってあげてください)
昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
※基本的に注意・警告のみですが、GMが 悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いしま す。
【占い師候補へ】
最初の発言は簡潔な占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php ※重要)
まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です) また、初心者の方は ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLか ら観戦スレやMLを確認してみてください。
http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ> 初日から会話が殺到します それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。 というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全 文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
結月ゆかり 「25分天子」
結月ゆかり 「点呼」
麻呂 さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「いらっしゃいませー!」
麻呂 「          _,,.-''-、
       ,.-''"  ',' ヽ
       ..|;:;_:;:_;:;;:;::l:;_;;:;;:|          ./\   /\   /\
      .|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|    ___/\/   \/   \/   \/ |_
      |_____|__|   .\
       |三!  =' lll '=|=l    /  仮GMッ!
      トニl <でiン ,ィでi>l   \  そなたの直球な村立てッ!
      lヒヾ ` -'7' l、ー'lイ   /
      ヾソ   l,、 ,、〉 lノ   . ̄|/\/\   /\   /\
.        |.  ,ィ=t、 l、         _/\/   \/   \/
       ,ノ.ヽ、 `='"ノヽ\._      \
    /ノ !|`ヽ三イ  ヽノノ `'ー-、._ /  麻呂は
  / r'/   | /::|,二ニ‐'´イ -‐''"  /´{ \  敬意を表するでおじゃるッ!
  {  V   ヽ.V/,. -‐''"´ i   /  |/
  ヽ {    r‐、___     i  /     ∩  ̄| /\/\   /\ /\
   } .ゝ二=、ヒ_ソ‐-、   i__,. '| r‐、  U          \/
.   |  〉 ,. -',二、ヽ. `ニ二i___ |:| l|   |
    |'}:} ,/|苺|\丶   i ,::'| 'ー'  {
    |ノノ  |,ノ:::::|ト、 \ヽ ! i }`i´  r|
    |_>'ィ苺::::ノ  丶 ハ し-' | !  | |
 ┌≦:::::::::::::/      lハ     | ) U
 /ィf冬::::::イ |::.. j:    }lハ.   |∩  '゙}」
麻呂 「というわけで来たでおじゃる
早朝ZIPがあると聞いて」
パンツハンター さんが村の集会場にやってきました
パンツハンター 「よろしく!」
結月ゆかり 「                    ____
                 ´     `   、
              /                \
             /         __ γ⌒ヽ,_ヽ
               /    /    }   {( ){     }_) ,
           /   /-{、  イ⌒ ゝ='^ゝ __.ノ :  ′
            } :{ { .ハ   }\   ヽ :} }  }   {
            } :{ 斧ミ∨\芹弍k   V :}  }   {     ありがとうございます!
          从{ 代ツ    弋ツ }\__Vハ :′ 〈   
            人 :}   '      ノイ ./ }/  ハゝ    村立て人として一番のりのあなたに最大の感謝を>麻呂
           イ}  V\  - 一  ノ ./ /ハ / 人
          ノ  .ハ/V> ___  イ}/ /  j/{(
           /   / } /ニニ}  //   //}从┐
.        //   イニ{ニ/ __/ニ/   /ニ/ニニ!
       / /  /ニ{二二/|/7ニ/./ /ニ/二二,{
     <\}/ {二\ニ{/\/ニ}_{__/_/ニニニ/∧
   _/\>′  }ニ/ニ>{ー/ー「=」-/ニニニ////\
./´/    :}   /}ニ,ニニニ}:::{ニニ/ ̄ Vニニニ∧,/////\
} ,/    ノ   //}_{ニニニ::::{ニ./    {.ニニ/ ∨//////> .,____
}/{  ムイ   .///{_}ニニニ/:::::{ニ{ {   }ニニ.ハ   \//////////////ヽ
 乂(    ////}}ニニ./===}-{ {   /ニニ/      \/////////////}」
結月ゆかり 「らっしゃっせー」
麻呂重 さんが村の集会場にやってきました
かりいいい さんが村の集会場にやってきました
麻呂 「Zipで>パンツスレ」
麻呂重 「ち、父上……さすがに恥ずかしいでおじゃる……」
パンツハンター 「パンツとは・・・集めようとして集めるものじゃない・・・
集まってしまうんだ!!」
仮 さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「いらっしゃいませー!」
麻呂 「何を恥ずかしがることがあるかッ!
麻呂のZip欲しがる姿か? 麻呂達は公家でおじゃるよ? 当たる前のことよ!>麻呂重」
セレス・L さんが村の集会場にやってきました
セレス・L 「よろしくおねがいしますわ」
結月ゆかり 「いらっしゃいませー! よしこれで最低限の人数は集まりました」
ハゲマント さんが村の集会場にやってきました
麻呂 「ホッホッホ、新しく入ってきたものはよろしくでおじゃる
この時期、袖が寒くてのう……なにかあたたまるZipでもあればいいのじゃが」
麻呂重 「わ、妾には下賤の者たちにzipをねだるのは納得行かないでおじゃる>父上
なにとぞ、なにとぞお考え直しを!」
パンツハンター 「さいたまw」
ハゲマント 「怪人が出るのはここかー?」
セレス・L 「ぐっ・・・まさかパンツハンターがいるとはリサーチが間に合いませんでしたわ・・・」
モノクマ さんが村の集会場にやってきました
麻呂重 「かような怪しげな者たちが集う場所で、父上の身にもしものことがあったら……」
ハゲマント 「あ。怪人>モノクマ」
結月ゆかり 「いらっしゃいませ!」
セレス・L 「あらモノクマごきげんよう」
モノクマ 「お前ら、よくもまぁこんな時間に村殺るねぇ
まぁ、僕も人のこと言えないけどね!!」
ハゲマント 「っていうか悪いヤツっぽいのいっぱい>麻呂、パンツハンター」
パンツハンター 「盗むとか・・集めるとかじゃないんだ・・・
仲良くなると勝手に俺の手の中にあるんだ・・・パンツが!!」
麻呂重 「く、熊じゃ! 者ども、出会え! 出会えー!」
モノクマ 「残念、僕は怪人じゃありません
怪熊です<ハゲマント」
セレス・L 「自覚がないのが一番タチ悪いですわよね・・・>パンツハンター」
パンツハンター 「モノクマ・・お前・・・パンツはけよ!!」
モノクマ 「そ、そんな曲者みたいに…あ曲者より厄介だよねー
モノクマうっかり<麻呂」
パンツハンター 「呼吸をするようにパンツが手に入るから・・・俺は超高校級なんだな・・・」
麻呂 「麻呂達、公家は食べ物を下賤の者から徴収して食しておる
そしてそれがアタリマエのことであれば
彼奴らからZipをいただくのも同じ事でおじゃる!!>麻呂重」
ニンジャスレイヤー さんが村の集会場にやってきました
ハゲマント 「いいんだよ些細な日本語のミスだよ
中ひん剥きゃなんかいるんだろ>モノクマ」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ、皆さん。
ニンジャスレイヤーです」
結月ゆかり 「いらっしゃいませー」
モノクマ 「いやぁん、僕はモノミみたいにパンツはく機能はないんだよ<パンツハンター」
ハゲマント 「ん……同業者?」
麻呂 「なにィ!
麿は畏れ多くも帝より三位の位を賜り、中納言を務めた身じゃ!
この身が潔白であるのは周知の事実でおじゃる!>ハゲマント」
麻呂重 「                              |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                                 |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
      ._人_                      |______|_____|
      ̄Y ̄                     /: : ::/: /: :l: : :: : :: : :: : :i: : :: : ::\
..l\.                           /i: i: :/ /: : l: : :l:i: : l: i: i: :l: : :i:v}: : }
.l  \                        //i: :l: :l:/: ::/l: : :|:l: : l: l: i: ::l: : : V:}: : l
l    \.                      ||: i: :l: :lへ、_|l: : l:|: : :l:ハ: l: : |l: : :{V}: :: l
l     \                         | i: :l: ::|<Tテぇi::| H土廿:ト: :l:l: : :トイ: : l
l       l:\                       l i: : l::トi. |i::;| i:|  "{゚:::::トVl:l: : :ムイ: : l       おのれ化け熊め!
.!.     ,ハ:::::`:..、.                   li: : :l:レ ~  `   |iにゾ/ l: :/`トヘ:/
.l     〃 ',:::::::::::`:..、                   li: : l::|  " _    ̄ /: :l: :レイ|〉\      妾が成敗してくれるでおじゃる!
. l    //.  ',::::::::::::::::`:..、             l: :l: :|:\ )_)  " /: :/: /: /:||  〉〉
 l   / /   ',:::::::::::::::::::::::`:..、              l:∧ハVハヽ _ , - ' //:/: /::/ // ノノ
  ! / /    ',:::::::::::::::::::::::::::::`:...、        /リ リ レ -.ク   / /イく"  レ  V
  ∨ /      ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::....._      -‐=―-、  V \  ト、 l
.  `、/       ' ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-v<ゝ冂l>ヽ '、  ヽ   ヾ.、ヽ
.   `、        ' ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'  ヘ`,ヽ  }    \\
.    `、       `‐ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リヽハ l !.ノ- 、       \l
.     \         ̄    ─------   ::::::::l l l l l__ハ〈〉       ヽ
       \   ,/           _ ‐ニ=-  ̄7ノ ∨l.lヲリ         !
         \//     __ -‐ -=ニ=‐、_-‐ 'ノヽ .ノノ/-        ヽ l
           `    ───   ' ´ ̄ ヽ▽/フ _ノ´7」
パンツハンター 「男として動くこけしは女性陣全員にプレゼントするべきだと思う」
セレス・L 「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン、セレスティア・ルーデンベルクですわ(ぺこり」
モノクマ 「中に誰もいませんよ、あるのはワタか機械だけです<ハゲマント」
麻呂重 「父上、お下がりください!
人語を解する熊など、妖怪の類に間違いないでおじゃる!」
パンツハンター 「はかないなら・・はかせるまでだ・・・!」
麻呂 「ドーモ、ニンジャスレイヤーさん、マロです
Zipをヨウキュウする!>ニンジャスレイヤー」
セレス・L 「さ、11人村を破壊する漢気がある殿方はいらっしゃいますでしょうか」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ、セレスティア・ルーデンベルク=サン。
チャはいかがか」
モノクマ 「(あ、麻呂重いたんだ普通に麻呂と勘違いしてただなんて…そんな恥ずかしいこと僕には言えないなぁ)
あ、麻呂重いたんだ(しれっと」
ハゲマント 「そんなちくわみたいな口してる奴に身の潔白とか言われてもねー
あ、潔白ってアレ? ちくわぶの具的な意味の白さ? 帝に食われんの?>麻呂」
麻呂重 「ち、父上……こんな時にまで要求するとは、zipとは生命よりも大事なものでおじゃるか!?」
セレス・L 「ありがたく頂きますわ>ニンジャスレイヤー=サン
けっこうなオテマエですのね」
ニンジャスレイヤー 「それはその辺のハッカーに頼むがよい。>麻呂」
パンツハンター 「あと6にんくらいくるさ・・!」
セレス・L 「この壁が厚いのですよね・・」
麻呂重 「妾を愚弄するか、怪熊め!
そこになおれ、手打ちにしてくれる!」
結月ゆかり 「もしよければ10分ぐらいなら延長します」
麻呂 「なに、心配するでない
このクマのことは直ちに帝に言上し、きっと公儀にかけおうてくれる故に安全でおじゃる>麻呂重」
かりいいい 「かりいいい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりいいい → スピードワゴン
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6612 (スピードワゴン)」
ヒナタハンター さんが村の集会場にやってきました
モノクマ 「おー可愛い可愛い、こんな煽りでちゃんと反応してくれるだなんて…
僕はとっても嬉しいよ、うぷぷぷぷぷ<麻呂重」
ハゲマント 「よーし、悪いやつには違いないんだな。なんかしらんけどきっとそう>モノクマ」
ヒナタハンター 「あはっ。
あははははははははははははははははは!!」
スピードワゴン 「    V       _>'':::>'">      `ヽ
 .    V    _>'':::::> ,.ィへ_.、、\..__   ミ、._
      V_>'':::::> ,.ィ-‐ ニ::::ハ`トヽ、   ヽ=-
  ,.. -‐=V>''":;.ィ i/ァr ¨tアノ  ミソ }ミヽ、 ヽ - 「誰だ?」って聞きたそうな表情してんで自己紹介させてもらうがよ
  i  -‐''"_,.:ィ:,.ィt:ム '¨ヽ ̄  r  ノし'^V    \俺ぁおせっかい焼きのスピードワゴン!!
  ゙¨¨  ̄/ ゙ヘ` ¨´ l i  ', \、 i.  !:: ヽ.\-、.ロンドンの貧民街からジョースターさんが心配なんでくっついて来た!!
 .     リ  .ハ、   ー'¨フ   \. ';::  ゙、 ヽ\
     ∠ /  ∧   `_,. ‐ニヽ  ヽ !::.   ヽノ l:
     -イィ    ',   .V´  /    /:::     /  ;:
   ,.ィ'¨=-、    ∧   `ご.    /::::   ./  ./:
  ,斗- 、 ノY'¨ヽ.   \  i   ./:::: !   ,.'  ./::::
 .( ,⊥..__ `/ ヽ,イ    >、__..ィ::::  i /   /::::::
  / L、  `ト -' l   / ,.ィ、::::::::..../   ./::::::::
  v'´ ̄¨゙ト!、 /  / i´‐、 \:::/    /::::::::::
  i \,.ィ  ノヽ\ /  l |::く\ ::| /\.  /::::::::::::」
麻呂重 「>モノクマ

              斬 り 捨 て 御 免 !

      |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|                ,.-、____ , --―‐ニ二/  ヽ
      |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|                   .レ'´-〃、:::` ̄ ̄ ̄::::::::::::::!   |
      |______|_____|                   /,. ̄/({_/ ̄>─────-〕  く
      /: : ::/: /: :l: : :: : :: : :: : :i: : :: : ::\           _」i:::::::|:::.イ-:〈─────‐r',. =、、!
     /i: i: :/ /: : l: : :l:i: : l: i: i: :l: : :i:v}: : }         〈ハ::::::::::!:ヽ!:::::::!::::::::::::::::::::::::::::| 、、__,.リ !
     //i: :l: :l:/: ::/l: : :|:l: : l: l: i: ::l: : : V:}: : l        frヽヽ:::::\_ヽ:::ヽ___二二二ヽニニ〃
     ||: i: :l: :lへ、_|l: : l:|: : :l:ハ: l: : |l: : :{V}: :: l       -く:.:リ:!:::宀¬:::::::/r― 厂
     | i: :l: ::|<Tテぇi::| H土廿:ト: :l:l: : :トイ: : l     /-' ̄`ヽ__::::::::::|r' r'/
     l i: : l::トi. |i::;| i:|  "{゚:::::トVl:l: : :ムイ: : l   //        / `ー77 L!_ 
     li: : :l:レ ~  `   |iにゾ/ l: :/`トヘ:/    /|   _ヽ__  {    リ | _i
     li: : l::|  " _    ̄ /: :l: :レイ|〉\   /::レ'  レ'  } /ノ  ̄、=ニ_.乂_ー-' |
      l: :l: :|:\ )_)    /: :/: /: /:||  〉〉 /:r'    ,|   \     ̄ ̄`ヽ ー‐ヽ
      l:∧ハVハヽ _ , - ' //:/: /::/ // ノノ/::::|   |\    `ー-、〃        |
      /リ リレ>'  \   `ヾメ く"  レ  V|::::::|   ヽ \ 〃   `ー-- 、_   !」
モノクマ 「なんだかロンパ村になってきておりますが、それはそれで楽しいよね!!」
ヒナタハンター 「日向クン…ようやく会えたね」
セレス・L 「・・・・苗木君、ではありませんわね」
パンツハンター 「そんなホモーイCNはやめるんだ!!」
結月ゆかり 「こんばんはー」
麻呂 「開示し感は25分で合ったか? よいよい、麻呂は数十分前に起きたばかりである故時間には余裕がある
仮GMと他者の意見に従うでおじゃる>ゆかり」
ハゲマント 「あ、延長は俺は構わんぞ」
スピードワゴン 「            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((ジョ…ジョースターさんがいない!?
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐」
ハゲマント 「後そこ、うっさい>ヒナタハンター」
パンツハンター 「コマエダ、お前・・・・
俺がお前を呼ぶときにヒナタハンターって呼ぶのなんかすごいもニョるだろ!」
結月ゆかり 「>麻呂
一応25分ですね 点呼なので開始とは言ってません」
ヒナタハンター 「あんな希望の権化みたいな人とボクなんかが比較対象にされちゃうのもおこがましいよ>セレスさん
ボクの名前は狛枝凪斗。ただの”超高校級の幸運”だよ」
ハゲマント 「(あそこのいかにも悪そうな厳つい男は何絶望に浸ってんだろう)」
モノクマ 「彼はね、狛枝君、苗木君とおなじ超高校級の幸運を持つ幸運な彼なんだよ
すごいよねーこんだけよく似てるなんてさー<セレスさん」
スピードワゴン 「…誰かジョースターさんやらない?」
麻呂 「くせーっ! こいつぁ、貧民街の匂いがするでおじゃる!>スピードワゴン
Zipも出さずにアイコン変更とな!?」
パンツハンター 「他の人がお前をヒナタハンターって読んでるの見るとなんかもニョるだろ・・・!
どうしてそれがわからないんだよっ・・・!?」
ハゲマント 「黄金の精神再現できる気がしないからやだ>SPW」
ヒナタハンター 「キミからなら、ボクは何と呼ばれても構わないよ?>日向クン
ゴミ? クズ? ああ、虫けら呼ばわりもいいね!」
結月ゆかり 「では10分待ちますか? それ以上は15にならない限りスタートで」
麻呂重 「くっ、弾が……弾を買うだけのお小遣いがなかったでおじゃる」
ハゲマント 「略称「ヒナタ」と「パンツ」でいい?>ヒナタハンター、パンツハンター」
ニンジャスレイヤー 「14は欲しいな。延長に賛成する」
モノクマ 「ジョゼフ参?ジョゼフさんならそこで寝てるよ
年取りすぎてて(ぉぃ<スピードワゴン」
結月ゆかり 「じゃあスレで告知してきますね」
パンツハンター 「何分でも待つさ・・・!」
モノクマ 「僕はどっちでもいいなー」
「賛成賛成」
麻呂重 「お待ちください、父上
その者の要望を聞き入れれば、zipをくださるのではないでおじゃりましょうか?」
ヒナタハンター 「そんな…>ハゲマントクン
ボクがヒナタクンと呼ばれちゃう日が来るなんて!」
ハゲマント 「延長コースでいいと思うぞー。どうせならもう少し人数が欲しい」
パンツハンター 「ヒナタハンターをヒナタって略されるとこそばゆいww」
結月ゆかり 「ということで35分まで待ちますね」
結月ゆかり 「ご協力感謝致します」
スピードワゴン 「>モノクマ

            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((なん…だと…?
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐」
ハゲマント 「自分を「パンツ」と呼ばれることに後ろめたさを感じろよ、うん>パンツハンター」
スピードワゴン 「やべミスった」
パンツハンター 「まぁこの時間帯待っても人が来るか微妙な気もするが・・・」
麻呂 「>麻呂重
なるほど、さすが麻呂の娘よ!

こうか!
               |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」  lニl |   ‐┬‐
              ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ  lニl 「´  | |王| |
              /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ ハ 口. └─‐┘
              {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l  ―‐    / ク
              l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、/-、 ,.イ lニlニl
              l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い o_ノ   |. 豸く
             . l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ リl
             . ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´    ミ:::::/ム_ノ/ ┼‐ ヽヽ  ナ
               'i,     ,'  '^ヽ u       ミ::::l 'ー /   |  ̄    メ
                'i    ヾ'ー ''"く、      j::::クーf′ ノ ー‐  (___
                l   rr‐‐‐-、 `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、  ―┐
     _____________   ヽヽ ,{.` ̄ ̄ >、_ ゙:      "´fミ≧ゞ   ノ´
   /.          ヽ   ヽ  ^ヾ二ニン´,ィ ,.ッ  /   ,, -''''ヽ.  |
   | ::      v ノ ノ├‐- 、丶 `"   "´  ,/ ,.ィ",. -''" ,,, -'''"\ |
 r''´ ::     |‐"ー!/ ⌒` 〉 `ト、 ___,, ィ" ''" ,,. -''"  _,,. -'''"|
 |::. :::.    -┴‐'''"    / /|.   ,,. -''" ,, -''"  _,, -'''"      |
/´:::..:::::::.              ,'‐'" >-<"  ,, -''"  _,,.-'"         |
ヽ....:::::::::::::..         /  y'′  >'"  -=ニ ̄          、、
 〉 ::::::::::::::::::.....       ノ /`ヽ,/     /             /」
麻呂重 「これ、そこの者>スピードワゴン
そちはジョースターの者を紹介すれば、父上にzipを献上するのでおじゃるな?」
モノクマ 「なんか狛枝くんが白熱しておりますがァ
そういや狛枝くんシンジ君と声おんなじだよねー不思議だよねー
僕はモノクマだけどねー(※声優ネタ)」
パンツハンター 「仲良くなると最終的にパンツが宝物箱に入ってる人生を経験してからそういってくれっ・・」
ニンジャスレイヤー 「賑やかでいい村だな。
ネオサイタマにはない、健全さだ」
ヒナタハンター 「ヒナタハンター さんが登録情報を変更しました。」
麻呂重 「さすが父上!
平民にはできないことを平然とやってのけるでおじゃる!
そこにシビれる! 憧れるゥー!」
ハゲマント 「戦ってるうちにパンツが脱げたことならあるぞ、パンツ」
セレス・L 「苗木君!苗木君はいずこ!」
ヒナタハンター 「この世のアリとあらゆるパンツは日向クンに帰属する運命なんだよ…
それは希望がもたらした絶対の真理だ。

そう、ボクのパンツもね」
パンツハンター 「相違やカオル君は十神だっけかw」
結月ゆかり 「>パンツハンター
それもあるんですよね・・・・・・
35分になったら15人じゃない限り開始するのでご協力お願いします」
スピードワゴン 「とりあえずジョースターさんとイチャイチャできればそれでいい(キリッ>まろ重」
モノクマ 「うぷぷぷぷぷ、異性のパンツならいざしらず
同性の…それも猫丸くんとか花村君みたいに人のパンツ集める人は日向くんしかいないよねー」
麻呂重 「麻呂重 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:麻呂重 → 麻呂重・ジョースター」
ニンジャスレイヤー 「男色家死すべし!>スピードワゴン=サン」
ハゲマント 「.。O(あー、サイタマって確かに殺伐としてるしなー……災害レベル鬼とか普通に出てくるし、怪人組織とかわけわからん連中が出てくるし)まあ全くだな>ニンジャスレイヤー」
麻呂重・ジョースター 「ならばこれでよかろう>スピードワゴン
約束通り、zipを後で献上するでおじゃる」
ニンジャスレイヤー 「……オヌシは一体何者だ?>ハゲマント=サン」
ハゲマント 「趣味でヒーローをやっている者だ>ニンジャスレイヤー」
パンツハンター 「集めるんじゃない集まってしまうのがパンツ
俺だって男のパンツとか要らないが捨てられない・・これって呪いだろ・・・?」
麻呂 「人間讃歌は“Zip”の讃歌ッ!!
人間の素晴らしさはZipの素晴らしさ!!いくら強くても人狼は“Zipうp”を知らん!」
スピードワゴン 「こいつぁくせぇー!!>まろ重ジョースターさん
騙りのにおいがプンプンするぜぇー!!!!」
麻呂重・ジョースター 「今、この瞬間から妾は麻呂重・ジョースターである
この黄金の精神を畏れぬのであれば、かかって来るがよいわ!」
結月ゆかり 「うーん」
結月ゆかり 「準備終わったからは投票お願いします」
セレス・L 「なかなかに増えませんわね」
モノクマ 「その集めたパンツで何やってるのかな…ナニかな、先生にちょっとだけ教えてよ
そんなことを考えるとドキがムネムネするよ<日向くん」
麻呂重・ジョースター 「次にそちは「だがスピードワゴンに二言はねぇ!」……と、言う>スピードワゴン」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 黒子
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 5176 (黒子テツヤ)」
麻呂 「押したでおじゃる!」
ハゲマント 「思春期にはありがちなことだ、詮索してやんな>モノクマ」
モノクマ 「まぁ、明け方だしね<セレスさん」
ニンジャスレイヤー 「そうか。くれぐれもニンジャには気をつけることだな>ハゲマント=サン」
スピードワゴン 「スピードワゴンに二言はねぇ!!…ハッ!!」
パンツハンター 「とりあえずアイテム詳細を見てにやっとするよな・・・」
麻呂重・ジョースター 「 |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
  |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
  |_____|____|
 _,/   :.. ::.::::. :::::::::.. ::.. :\
弋li   ::ト〃1::::..:::::::::ト、:::::::.::::::i
  |i  :::| ○ l::ト:::::::|i:l_,.ゝ:::::::::::l
  jl .::::l __`i} V::j斗ぅテiトi:::::::|
  ll ::::Tてテ|  |/ ヾ'シl ト:l}::|     ドヤッ
  |l ::::ム `='     丁Vノ:::::|/´}
  |l :::::`ヽ、   ノ  {  {:::::::/ /
  |ト ::::::::::::::> 、.__,. ィ:ハ  L:/ /
  Nl:::ト、:::ハ|:レ7    `y〉    ん-、
   ヽl _>'´ |    〃__  / , ヽ
    /!    「`  '7{ ___){_ / ,ハ
   /:::::l    l   / \__, -、.  ̄_/::ヽ
  {:::::::l    l  /   ヾヽ  Zン::::::::::}」
ハゲマント 「.。O(ニンジャ……あーそういえば音速のパニックだとかいう忍者っぽいの元気しってかなー)あーうん気をつけとく>ニンジャスレイヤー」
セレス・L 「この人数なら狂人引いて狼に●出しましょう」
四条貴音 さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「いらっしゃいませ!」
麻呂重・ジョースター 「ついてくるが良いスピードワゴン
人狼どもを蹴散らし、ジョースター家の名誉を取り戻してくれようぞ」
モノクマ 「じゃぁ頑駄無君のパンツ見た感想をどうそ<日向くん」
四条貴音 「こんばんは…13ですが、よろしいですか?」
麻呂重・ジョースター 「構わん。一向に構わんッ>四条貴音」
麻呂 「皆の者、よろしくでおじゃる
人狼からZipを守ってくれようぞ!」
スピードワゴン 「            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((ちょ…超能力とか催眠術なんかじゃ断じてねぇ…もっと恐ろしい物の片鱗を味わったぜ…
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐」
セレス・L 「大歓迎ですわ>四条さん」
ハゲマント 「問題ねーんじゃねーか?>貴音
人が増えるぶんには歓迎だ。よろしく」
四条貴音 「ありがとうございます>麻呂重さん」
ヒナタハンター 「パンツにも色々あってね…
”超高校級の飼育委員”である田中クンのパンツは、
凡俗なる人間には絶対に見えないアストラル加工が施されているんだ。
魔族と天使のハーフである彼ならではのパンツだね」
輿水幸子 さんが村の集会場にやってきました
モノクマ 「もうまんたーい、あ、結構懐かしいねこれ
15になったらそれはその時考えよう<四条さん」
黒子 「人が増えるのは歓迎ですよ>四条さん」
麻呂重・ジョースター 「たとえ何人であろうと挑戦を受ける、それがジョースターの精神でおじゃる」
パンツハンター 「なんていうのかな・・・男のパンツはそんなに感想とかはな・・・
やっぱなんていうのか・・・小泉とか西園寺とかだよな・・・」
四条貴音 「では、皆様のご好意をありがたくいただき、参加させていただきます」
輿水幸子 「仕方ないのでカワイイボクが来てあげましたよ!」
ハゲマント 「なんだろう腹に一発入れたくなるけど悪いヤツじゃないな>幸子」
結月ゆかり 「ありがたいです!」
モノクマ 「なるほど、普通に履いてないのか、モノクマ納得だよ~<日向くん」
セレス・L 「めちゃめちゃかわいいですわね(アイコンが」
ニンジャスレイヤー 「時間だ。14にもなった。
始めようではないか」
麻呂重・ジョースター 「人狼を滅する、平民を守る、zipは得る
公家とは辛いものよの、覚悟はできておるか?
妾はできておる」
結月ゆかり 「ではカウントしますね!」
結月ゆかり 「5」
スピードワゴン 「人数が15人になったら
          __、ヽゝー--、r-__
        _フ'ー       /  \
       /´r        | //    |
      r'          ___ !  ノ | ヽ
    _rtノ        , 川  ヽ   | く
  _,.-'        ノr-<り  ,ノ人     )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/       _/r'「゙こニヾ /ニニニr、  ) 〈  | スピードワゴンは |
         ̄ /:∨  ::: l∧`"´ l )  r′<            |
        _/::::::〉   くレ  /-'′  )   | クールに去るぜ  |
     _,.-‐'_,.-ノク::∧  --‐'  /i:::::l  l´   \_______/
    '´-=ニ-''´/:::::| ∧ Τ / :|::ノ  /
    _t--‐'_:::/´! | |"T"´  ト,、  |
___二ニ-'´/∧ \_l : l  _,.-′!.ト、L__
      / / l ヽ,  r'^ー<   /| | \
     /  /  |   ∨ヽ_  ハ ,/ / |   ヽ
       /  .∧   /´ `´ Y´  / |    〉
      /    ヽ  (   /  ,/  ヽ   /
      |     ヽ, / / r | ,/′  \ |
     |      ヽ,/ | レ′
      |        \_/
      |         O」
結月ゆかり 「4」
結月ゆかり 「3」
結月ゆかり 「2」
四条貴音 「皆々様、輿水幸子は、こう見えてもアイドルなので、腹パンはしないように…」
結月ゆかり 「1」
結月ゆかり 「スタート!」
ゲーム開始:2012/11/24 (Sat) 04:35:50
出現役職:村人8 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
麻呂 「よろしくでおじゃる!」
四条貴音 「面妖な…」
四条貴音 「よろしくお願いしますね」
四条貴音 「作戦などあろうはずもなく…」
四条貴音 「素村をやりにきたのですが…困りましたね」
麻呂 「さて、この人数での騙りは少しばかりきついと判断するでおじゃる
何故なら吊り数が多いから、狼騙りを警戒して釣られるなんてことはありそうでおじゃるし……

潜伏と行きたい所でおじゃる」
四条貴音 「では、そのように」
麻呂 「なに! この村を征服したあかつきには山程のZipをくれてやろうぞ!」
四条貴音 「困りました…麻呂殿と時代かかった口調で遊びたかっただけなのですが…」
四条貴音 「そうですね、それを目的として頑張りましょう」
四条貴音 「…はっ!?これが、フラグというやつですね」
四条貴音 「面妖な…」
麻呂 「その通り!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
モノクマ 「うぷぷぷぷぷお前らおはようございます
さぁ、COだ、やれCOだ
よるっていうかもう朝だよみんな!!
てわけでCOよろしく」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ。
役職についた者は速やかにCOするべし」
麻呂 「さあ、皆の者…さん…しー、

ジップー、うプピー、よろピくねー」
黒子 「おはようございます
呪殺対応文という希望が消えました…」
麻呂重・ジョースター 「太陽ッ! 浴びずにはいられないッ!」
セレス・L 「おはようございますわ
特攻はほぼありませんでしょう?さくっとCOしてくださいまし」
ハゲマント 「おう、おはよう」
ヒナタハンター 「”アンテナ”

日向クンのトレードマークの頭のアンテナ。
表情パターンによっては尖ったりよれよれになったりするんだ。
噂によると、希望溢れるパンツにも敏感に反応するそうだよ」
パンツハンター 「パンツ占いCO! ヒナタハンターのパンツは○だ!!」
麻呂重・ジョースター 「太陽……それは希望の光
あと何回、妾はこの太陽を拝むことができるのでおじゃろうか

スピードワゴン、頼りにしておるぞ」
四条貴音 「おはようございます」
輿水幸子 「カワイイボクが朝の挨拶をしてあげてもいいですよ!」
スピードワゴン 「おはようございますジョースターさん!!」
結月ゆかり 「おはようございます
役職はCOたのみます」
セレス・L 「あら1Coですのね」
麻呂 「占い師と霊能者と狩人がいる……
そしてこの吊り数、人狼を挟み撃ちというわけじゃな」
黒子 「特に占い師が潜伏するような人数でもないですね」
四条貴音 「おや、1COですか」
パンツハンター 「占い理由 俺が占いか・・・それならヒナタハンターを占うぜ!
ヒナタハンターの幸運なら・・・きっと何らかの役職をひいてるはず!
俺はそれに賭ける!!」
ハゲマント 「1COか、ちゃっちゃか行こうぜ」
モノクマ 「日向くんが狛枝君に○とうん、なんか変な気分になるねー
…で1CO?」
麻呂重・ジョースター 「占い師は堂々とCOをしてたもれ
狩人がおるでな、三分の一できっとそなたは守られるであろう」
ニンジャスレイヤー 「フォーチュン・マスターは1か?」
結月ゆかり 「占いは1と さて真偽わかりませんから
霊能もお願いしますよ グレー狭くしてください」
輿水幸子 「1CO?んー、霊能潜るのも手でしょうか」
セレス・L 「霊能COですわ」
スピードワゴン 「占いは一人かぁ?」
パンツハンター 「対抗なし・・・! これは勝てる・・・!!」
ヒナタハンター 「素晴らしいよ!>日向クン
こんなカスじみたボクなんかを占ってくれるなんて…ゾクゾクするね!」
麻呂 「1CO! 確かに1COでおじゃるなっ、覚えたでおじゃる!」
麻呂重・ジョースター 「遅いぞ、たわけ>スピードワゴン
陽の光は我々にとって恵みじゃ、存分に浴びるが良い」
四条貴音 「さて、こうなってくると、霊能もでてきてもよろしいかと」
輿水幸子 「と思いましたが出てきましたね。
許してあげますよ、何しろボクはカワイイですので!!」
結月ゆかり 「よし」
モノクマ 「初日云々潜伏云々
手分けで霊能でてグレランでいいよね(きっぱり」
セレス・L 「吊られる気もしませんけど作品繋がりで占われそうなので出ますわ」
スピードワゴン 「他にはいないのか?>霊能」
ニンジャスレイヤー 「グレーが狭いのは村にとって実際死活問題だ。
グレランにする気ならば共有はCOするべし」
結月ゆかり 「潜伏している意味はあんまり・・・・・・ですね
特に占い1COだとそこ真偽すっげーあやしいですし」
輿水幸子 「対抗いないならそのままグレランでいいですよ!
……え、ちょ 何こっち見てるんですか?」
四条貴音 「ふむ、霊能も1COというわけですね」
麻呂重・ジョースター 「霊能者も1人、となればいくつか考えられるが
今から心配しても仕方あるまい、頭の隅に遺しておけば良い」
セレス・L 「共有いませんでしょ?>ニンジャ=サン」
ヒナタハンター 「という訳で、グレランだね。
万が一億が一日向クンが騙りだったとしても、ボク視点で囲いはないから、
灰に確実に人外が潜んでいるはずだ」
結月ゆかり 「共有はいませんよ>ニンジャスレイヤー」
パンツハンター 「コマエダ・・・いや、ヒナタハンター・・・!
お前なら、お前ならきっとこの村を希望に導いてくれる・・・!」
ハゲマント 「1-1か。
まあ、普通に考えれば真-真なんだろうが。欠けの可能性も少しは考えていきたいな。
狂人と狼、あとついでに真のどちらか潜伏しているとは考えづらい」
ニンジャスレイヤー 「……おっと。
共有は出ないのであったな。シツレイした」
モノクマ 「いえーい、セレスさんが霊能だ
ああ、これで無実な生徒を疑わなくて住むよ…
まぁ、正直誰が霊能でも良かったですが(きっぱり」
四条貴音 「輿水幸子…腹パンとは…どんなパンなのですか?」
セレス・L 「いたほうが楽でよいのですけどね>スピードワゴン=サン」
麻呂重・ジョースター 「ねだるものでないぞ、スピードワゴン
状況とは自分で動かすもの、但し出来る範囲でおじゃる」
麻呂 「ヒナタハンターのパンツZipを要求するほど麻呂は男色には走っておらぬ

さあ、女性のZipをあげるでおじゃるよ、パンツハンター!」
黒子 「占い霊能はひとまず真で見ておきます
それはそれとして共有がいないのがとても残念ですね…………」
輿水幸子 「潜伏してる意味は基本無いので
占いが真なのか否か?が大事な問題になってくる
ボクは優しいのでそれを教えてあげますよ!」
結月ゆかり 「まあ役職の内訳に今は深く考えないでおきましょう
灰に狼はいます 内訳に悩むのは狩人さんだけで十分ですよ」
輿水幸子 「なんで霊能生きてる間に●ください
もしくは明日明後日でさっさと●出してください。
霊能結果次第であなた残すタイミングは7>5>3となるので!」
モノクマ 「というわけでグレランの開始だよー
割りと初日役職あると僕は見てるねー
具体的には占いの方面で、だってそうじゃない?2Wなら速攻で出ていいわけじゃないの?」
セレス・L 「私としましては占い護衛を重点してほしい気がしますけどおまかせしますわ」
麻呂重・ジョースター 「状況は至ってシンプル、初日占いか初日狂人かあるいは狂人の潜伏のどれかでおじゃる
ならば妾たちが今、できることは何か?
霊能者が他にいるかどうかを確認することか? 否、違うでおじゃる」
ハゲマント 「COから違和感ないし、ひとまず真起きでいいだろ、とは思ってるけどな」
ニンジャスレイヤー 「結局1-1か。
レア・ケースを考えずにはいられないな。
とにもかくにも実際グレランをするしかないのだが」
パンツハンター 「麻呂・・・それは違う!!
zipで画像を固めてしまったら意味がないんだ・・・
一枚ずつ、一枚ずつ発掘するからいいんだ・・・!!」
ヒナタハンター 「ボクなんかがこの村を希望に導けるはずないじゃん…>日向クン
ボクにできるのは、これからも日向クンがどれだけ輝かしい希望の象徴なのかを
村に紹介していくだけだよ」
四条貴音 「真占いが潜伏する…というのは、この人数
ましてや、狩人がいて○がでている状況で
ある…とは、考慮する必要がないのではないでしょうか?>ハゲマント殿」
スピードワゴン 「俺…GJが起きたら…共有の旦那ぁ!!窓から離れろぉー!!
って言うのが夢だったんだ…」
輿水幸子 「ああ、当然噛まれちゃってくれてもいいですよ!
個人的にはその方が楽なぐらいですね!

べ、別に噛まれたからって悲しがったりはしないんですからね!」
セレス・L 「要約すると、GJ出せや狩人があ! ですわ」
ハゲマント 「あんまり護衛ぶらし的な発言はやめといたほうがいいぞー>セレス
GJも考えりゃ、狩人の好きにさせるのが一番だ」
モノクマ 「てわけで、あんまり占いは僕は信用しない方向で行きます
明日霊能●で●出したら信用するかどうか吊ってから決めますが
それぐらいだよねーまぁ、暫定○はおいておこう」
輿水幸子 「ちょっと以前までは狩人いなかったですがね。
この人数の配役はとても難しいそうですが」
麻呂重・ジョースター 「確認とは!
過ぎ去った時を省みる行為ッ!

やるべきことは"現在"を見据え、考えることでおじゃるッ!」
結月ゆかり 「GJ狙いの狩人さんもロマンがあって好きですよ」
パンツハンター 「コマエダ・・・いや、ヒナタハンター・・・
お前のパンツは白く輝いている!! だったら・・・できるさ!!」
セレス・L 「狼に対して挑発してるだけなのでご勘弁くださいまし>ハゲマント=サン」
輿水幸子 「とりあえず9までに出した●なら
無条件に(当然CO聞いて)吊ってあげてもいいですからね!」
ニンジャスレイヤー 「"占いに出れる"役職が初日なのだとしたら、
狩人に期待を寄せる他あるまい。
プレッシャーをかけるつもりはないが頼りたくなるのが人心というもの」
ヒナタハンター 「この配役は元々村有利だからね。
多少村役職が無茶な動きをしても許容できる範疇だよ。
もっとも、占いはともかく…霊能者の潜伏なんかにそう大きなメリットがあるとは思えないけどね」
スピードワゴン 「あんまり護衛誘導みたいなこと言わずに狩人の好きにさせてやろうぜ」
麻呂重・ジョースター 「共有はいないでおじゃる、そのくらい確認するでおじゃるよ>スピードワゴン
あとはせいぜい、うっかり役職や暫定○に投票しないことでおじゃる」
麻呂 「グレーランダム、こういう時に『人狼』がつれるととても気持ちがいいのでおじゃるよね

そう、例えるならば美しいZipを解凍した正月元旦の朝のように……」
四条貴音 「言ってしまえば、簡単に1COの占いを信用するかどうか
なだけですが、それは明日の状況から考えればいいこと…とは思います
霊能については、狼が、ロラの危険を考えてでる…とは思えませんので
なんにしろ、放置で十分…そう感じますが」
セレス・L 「占いが1ならば狩人がいそうなのでいいですわね」
輿水幸子 「奇数で何を考えてGJ狙うのか
ボクにはよくわかりませんけどね>ゆかりさん」
黒子 「早朝なのに皆さん元気ですね……この中に人狼が混じっているわけですが」
パンツハンター 「1COだからって俺を疑うのはよせ!
俺たちは・・・信じあわなきゃいけないんだ!!」
ハゲマント 「ああ、すまんすまん。ま、狩人の胃をいためるのもほどほどにな」
結月ゆかり 「>四条貴音
明日噛まれたら真程度でいいでしょう 狩人さんだけ悩め」
モノクマ 「ちなみに僕が狼なら真贋ついてなくても割りと日向くん噛むよねー
だってそうでしょ、狼視点分かんないんだし
霊能に護衛行ってるかもしれないしねー」
麻呂 「フンッ! 全く、下賤の者は考えがわからぬ
ペラペラとめくる感覚もいいのでおじゃるよ>ハンター」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂0 票投票先 →モノクマ
パンツハンター0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →モノクマ
スピードワゴン4 票投票先 →モノクマ
黒子2 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →モノクマ
ハゲマント2 票投票先 →スピードワゴン
モノクマ4 票投票先 →黒子
ニンジャスレイヤー1 票投票先 →黒子
ヒナタハンター0 票投票先 →ニンジャスレイヤー
四条貴音0 票投票先 →ハゲマント
輿水幸子0 票投票先 →スピードワゴン
2 日目 (2 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂0 票投票先 →モノクマ
パンツハンター0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →モノクマ
スピードワゴン4 票投票先 →モノクマ
黒子2 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →モノクマ
ハゲマント2 票投票先 →スピードワゴン
モノクマ4 票投票先 →黒子
ニンジャスレイヤー1 票投票先 →黒子
ヒナタハンター0 票投票先 →ニンジャスレイヤー
四条貴音0 票投票先 →ハゲマント
輿水幸子0 票投票先 →スピードワゴン
2 日目 (3 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →黒子
麻呂0 票投票先 →モノクマ
パンツハンター0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →モノクマ
スピードワゴン3 票投票先 →モノクマ
黒子3 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →モノクマ
ハゲマント2 票投票先 →スピードワゴン
モノクマ5 票投票先 →黒子
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →黒子
ヒナタハンター0 票投票先 →モノクマ
四条貴音0 票投票先 →ハゲマント
輿水幸子0 票投票先 →スピードワゴン
モノクマ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「ふむ…狂人が欠けたか…」
四条貴音 「セレスさんをモグモグするか、パンツハンターさんをモグモグするか…」
麻呂 「ふむん、麻呂はカリュウドを探し、占いを抜く
これがベストだと考えるでおじゃる」
四条貴音 「占いを噛むなら今宵…でないのであれば、狩人探しですか」
麻呂 「む、足役職噛みか、悪くないでおじゃるね
偶数になるだけでおじゃる

噛めそうなのは霊能者、噛みたいのは占い師になろう」
四条貴音 「ふむ…狩人がどこか…」
四条貴音 「幸子…が、あるかどうか?」
麻呂 「ふむふむ、1分20秒でカムでおじゃる!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
輿水幸子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モノクマさんの遺言          -―- 、   ___   ,..-―-....、
        /      `´   |::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         {            |::::::::::::::::::::::::::::::::::}
        〉           |:::::::::::::::::::;ィ:::::::::〈
       〃        |:::::::::/L彡リ::::::::::::.
       i       ●   _|::::::/:::::::::::::::::::/}:::::!
       |      〃´r==、`ヽ:::::::::::::/Y::::::|     うぷぷぷぷぷただの素村だよ
                 {  `Y´ _}:::;イ}/::::::;'
        '.    / ̄`γ^y´:::::::ヽ}/::::::::/
        ∧  /     }`¨{:::::::::::::::∨:::::::<
      /  /   、__ノ^丁\::::::::::::::\::::::\
       / -‐    /   |:::::::::`ヽ::::::::::::\::::::.
.      /      ./     |::::::::::::::::\:::::::::::::::‐-..}
    〈     _/       |::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::〉
      `¨Y¨´          |::::::::::::::::::::::::::::`¨¨Y¨´
         |            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
輿水幸子さんの遺言              /   /    i    ヽ、  \  ヽ、::::::|
  ナ┐   ー十-〃 /   / / λ.  lヽ ヽ、   ゙i  \__  ゙̄|
 /  」   ノ 」 ヽ  レ| / /  ハ   l ヽ_⊥k--.,,_ |   |\__|  狙  素
 ┌-┐  ノ―ュ   / | i (.  | ヽ  l ヽ ヽ ヽ、 `|   |、 .|.  わ  村
   ノ    /   |  {.| |,-t十  ヽt、 i. ,-‐比_ヽ |   | .ヽ|.  れ   で
   ノ         |ヽ、iハ. 'k |り-‐-  ヽ!  '下て不`,ー-  kヽ|   る  す
  ‐'´|    は    |  / ヽ |`,イてミ      ー=' 7   .|ー、 |  で  が
   ノ         |/ ノ.ト女.Y=┘      /// / ィ  |子)|   し
  -'´|.         |__ | | ///  '       /ノ|  | ノノ |   ょ
            |_ ノノ|ヽヽ、.            |  ├'´  |.  う
  の         /.   | `t-`   t_´ ̄フ    |  | /  .|  ね
  で         |    |  |k_         _, |   | /  <_ !
  !!.        |. /  | | | ! ゙ー.,_     _/.  |   レイ ノ ノ ヽ    ノ
             |    Vi | ヽ、|、`弋ーイ    |   |  レ'レ'    ̄ ̄
/\/\/ ̄ ̄ ̄ ̄/)  .ハ |  `' `ー`.゙-,|   / /tノ、__   \  \
 ┃  . ┃┃/┃ へーニつ./ ̄`>フー'´ノ====レ' フ ノノ フ⌒ヽ .\  \
  ┃   ┃┃ ┃ ┏┓ ニつ /┃┃ュ./介`」  / ノノ /     |  \
  ┣━┓    ╋┛ ┃ つ  / ┃┃./  川  /ュ ノノ /      |
   ┃  ┗━  ┃   ━┓  ┃┃ L_,,..-‐'´0ノ´r´  / /     |  \
/  ┃   / . ┃   ┃┛ ・ ・ハヽて==√ー'´   |./      ハ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
セレス・L 「霊能CO モノクマ○

結月ゆかり 0 票 投票先 → スピードワゴン
結月ゆかり 0 票 投票先 → 黒子

ヒナタハンター 0 票 投票先 → ニンジャスレイヤー
ヒナタハンター 0 票 投票先 → モノクマ

特に問題の見えない票替えですわね」
麻呂 「『Zipうp』とは!!暗闇の荒野で!!新たなる道を開拓することでおじゃるッ!

さあッ、皆の者! Zipの証拠を出しあうでおじゃる!
麻呂重・ジョースター 「占い師を信用しないのは、構わぬ
だがそのようなことを初日から言うのは感心せぬ
「速攻で出なかった」などという理由では、パンツハンター殿に無礼であろう

もしも自分が狼なら、などと過程で話すのも感心せぬ
かような想定など、村人がする必要はないでおじゃる」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ」
パンツハンター 「パンツ占いCO! ニンジャスレイヤーのパンツは○だ!!」
ハゲマント 「おはよー」
スピードワゴン 「おはよう」
ニンジャスレイヤー 「ゆかり=サンはスピードワゴン=サンから票変えをした理由を聞かせて欲しい。
正直、よほどの理由がない限り動かす必要はなかったのではないかと思っている。
スピードワゴン=サンに吊るのを躊躇わせる要素はある―――とは理解するところだが。」
ヒナタハンター 「”左手”

裁判中に相手の矛盾を突くのに欠かせない左手。
どんな時でもためらいなく突き出すのが正義だね。
ちなみに、ボクや苗木クンは右手を突き出すんだ。」
結月ゆかり 「妙なところ噛みますね 役職噛めないと判断したんですか?」
四条貴音 「おはようございます」
セレス・L 「まあかわいい死体が」
黒子 「おはようございます」
麻呂重・ジョースター 「よって手打ちにいたす
父上、妾は……間違っているでおじゃるか?」
四条貴音 「ハゲマント(47)

「1-1か。
まあ、普通に考えれば真-真なんだろうが。欠けの可能性も少しは考えていきたいな。
狂人と狼、あとついでに真のどちらか潜伏しているとは考えづらい」

ふむ、この発言が気になっていたのですが、失礼
貴方様も、真が潜伏するとは考えづらいと、の考えだったようで」
ニンジャスレイヤー 「以外だな。モノクマ=サンは
話せば色々引き出せる場所だと思ったのだが。」
パンツハンター 「占い理由 コマエダ・・・いや、ヒナタハンター!
ニンジャスレイヤーを疑っているんだな・・・!
俺はいつまで生き残れるかわからない、だからお前の疑い先の色をはっきりさせておく・・!
仮に白が出ればお前からの信頼を失うかも知れない・・・
だが、俺は少しでも情報を残したいんだ!!」
麻呂重・ジョースター 「間違っているのでおじゃろうな
……結果が示しているでおじゃる」
四条貴音 「輿水幸子…狼に腹パンなるものをされたのでしょうか…」
結月ゆかり 「>セレス
私の票替えは引き分けさけですね
それでモノクマの票がどう動くかも気になりましたが」
麻呂 「グレー噛みッ! 占い師と霊能者は狙わないと、二日目で判断するには速すぎるか
じっくり、ageの保守をしつつZipのヨウキュウをするでおじゃる」
セレス・L 「なんというか投票しないといけない気がしましたので>ニンジャスレイヤー=サン」
ヒナタハンター 「できれば、スピードワゴンクンの方を占ってほしかったんだけど…
引き続きグレランなのかな」
スピードワゴン 「なんだ…この噛みは…?
狩人探しか…?」
結月ゆかり 「完全グレー噛みとか狩人探しですかこれ」
パンツハンター 「モノクマは役職あって狩人吊りが怖い俺としては怖いところだったな
わりと攻めるな、という印象を受けた」
麻呂重・ジョースター 「彼の者は狂人の可能性も加味していたがな
しかし潜伏霊能をちらつかせた輿水幸子が狼ではないとは、むむむ」
ニンジャスレイヤー 「ふむ。
直接疑っているからではなく、自分の○が疑っていたから
占った、と。」
ハゲマント 「狩人狙いの一言で片付くだろう。どこ掛けてるかわからんだろうしな、多分
あと、ニンジャスレイヤー占いとモノクマ噛みは素直に助かるな。
レアケ考えてるっていうのがどんなレアケ想定なのかよくわからなかったのが少しあったし」
黒子 「パンツハンターさんの理由がおもしろいですね…」
麻呂 「男子Zipはあげないって言ったじゃないですかぁーッ!>パンツハンター

ニンジャスレイヤーのパンツの色が◯だからってそれがどうした!」
セレス・L 「得票2位占って○でしたら信用落ちますもの、できませんでしょうきっと>ヒナタハンター=サン」
スピードワゴン 「おい…またグレランとか今度こそ俺がつられそうじゃねぇか!!」
結月ゆかり 「まあ護衛は役職に固定させてくださいよとだけ>狩人さん」
ニンジャスレイヤー 「赤ふんだ>麻呂」
四条貴音 「ふむ…霊能でも、占いでもない、灰が噛まれ…
となれば、役職を噛めない…と読んでの噛みなのではとおもいますが」
麻呂重・ジョースター 「他にないであろう>スピードワゴン
仮に占い師が狼、あるいは判断がついたとする
それでもこの噛みであろう、噛みから探れるのは今はそれだけじゃ」
パンツハンター 「スピードワゴンは俺の中じゃぜんぜぬらなう場所じゃなかったな・・・
麻呂えと忍者のにたくだった昨日」
結月ゆかり 「麻呂とかクロコとかなんか持っていそうなやつ多すぎなんですよこの状況」
ハゲマント 「一応、俺はレアケあったとして狼-真>狂-真かなーと。ただ、それよりも真-真のが濃いとは思ってる。

占い理由が白の疑い先か。ふむ」
ヒナタハンター 「まぁ、ボクはスピードワゴンクンは現状吊る気はないとだけ明言しておくよ。
そんな事は絶対にあり得ないと信じたいけど…
日向クンが狼騙りである可能性を考えると、日向クンの投票先を処刑していくのは好みじゃない。
他にも理由はあるんだけど…今は言う必要はないかな」
四条貴音 「つまり、狩人狙い
っと、推察するのであれば、初手で狼はパンツハンター殿が何か?
というのを見極められなかったか、もしくは
わかったか…ということですが、しかし面妖な」
麻呂 「この麻呂ッ!
リョナ画像は興奮しないッ!>四条貴音>狼二腹パンされた死体」
パンツハンター 「俺は趣味でパンツを占ってるんじゃない!!
勝つためにパンツを占っているんだ!!」
麻呂重・ジョースター 「どちらの役職も噛まないのは、噛めないか噛む必要がないかのいずれかでおじゃる
セレスが何者であれ、モノクマ○であるということくらいしかわからぬ
もしも●ならば危険を犯してでも霊能者を狙うであろう」
ニンジャスレイヤー 「どうにせよ、考える時間を与えられたということかな。
それは胃が痛くなることを意味しているが」
セレス・L 「まあモノクマ○は見るにあきらかだったので今日から12人村が始まったと思えば・・(ヒドイ」
スピードワゴン 「いやまあ吊られるかどうかの俺を占われてもな…?」
ハゲマント 「まあ、多分十中八九狩人狙いだろーぜ
役職持ちのヤローども、覚悟しとけー」
結月ゆかり 「まあ噛みをおうのはまたあとにしますか
真のかの可能性をおっていきます」
麻呂重・ジョースター 「その通りでおじゃる>スピードワゴン
妾は昨日、そなたに一抹の狩人の可能性を加味した
アレは幻でおじゃるか?」
四条貴音 「モノクマ殿…」
結月ゆかり 「スピードワゴン 「いやまあ吊られるかどうかの俺を占われてもな…?」

その一言で置いておきたくなりました」
黒子 「スピードワゴンさんとハゲマントさんで狼吊れるんじゃないでしょうか
麻呂さん二人は村人に見てます」
麻呂 「ニンジャスレイヤー 「赤ふんだ>麻呂」
そなたの正直な答えッ! 麻呂は敬意を表するでおじゃる! だが帰れ!」
セレス・L 「1Coの占いが狼・・ですの?>ヒナタハンター=サン」
麻呂重・ジョースター 「先に忠告しておこう、スピードワゴン
1分後にそなたは霊界にいることになるぞ」
四条貴音 「しかし…パンツハンターとは
男性のパンツを集めるという趣味だったのでしょうか?」
パンツハンター 「スピードワゴンは間違いなく狩人ない場所でまぁ狼もなさそうではあるが
たまにそういう位置に狼がいることはあるよねーって感じ」
スピードワゴン 「さあ?>ジョースターさん
どうだろうな」
麻呂重・ジョースター 「その評価は嬉しいが、理由もお願いしたいの>黒子
父上に関しては妾も見ている最中じゃ」
ニンジャスレイヤー 「私に帰るべき家はない。
ひたすら道を切り開き、前進するのみ(キリッ >麻呂」
セレス・L 「ヒナタハンターさんがものすごいレアケ想定してますけどそこ狼なら・・・ふむ」
ヒナタハンター 「今は決め打つ時期でもないし、
日向クンが真だとしても偽だとしても
安定する方針を取るのが大事だと思うんだ。

日向クン真なら、グレランして行けば勝てるんだから」
結月ゆかり 「だから占い狼の可能性より灰の狼吊る方が先なんですよ」
ハゲマント 「おいおい俺で狼吊れるとかないぜー
っつかそれだったらぶらし破壊した意味ないっつの>黒子」
麻呂重・ジョースター 「ならば戦ってみせい>スピードワゴン」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
結月ゆかり2 票投票先 →ハゲマント
麻呂0 票投票先 →ハゲマント
パンツハンター0 票投票先 →結月ゆかり
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →四条貴音
スピードワゴン0 票投票先 →黒子
黒子4 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →黒子
ハゲマント3 票投票先 →四条貴音
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →黒子
ヒナタハンター0 票投票先 →結月ゆかり
四条貴音2 票投票先 →黒子
黒子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「ふむ…ここで票をもらいますか」
麻呂 「ふーむ、吊り数計算するでおじゃるかー」
四条貴音 「あと、4吊り」
四条貴音 「灰は6」
麻呂 「なに、気にすることはないでおじゃる

◯二つ、霊能者、占い師 4つでおじゃるな?
で、9>7>5>3> 5灰4吊り うん、微妙」
麻呂 「あ、6灰か、なら十分でおじゃるね」
四条貴音 「明日、○を引かれると、噛みで灰4となるため
灰は噛めませんね」
麻呂 「よし!占にいってみるか!
この麻呂は後悔しないッ!」
四条貴音 「つまり、今宵は○に狩人をみるならば、○を噛み」
四条貴音 「チャレンジするならば…いいでしょう、もともと辛い勝負」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
麻呂重・ジョースター 「今日も結果が○ならば、パンツ
そなたの灰は5人、噛み次第では4人、狩人次第では3人にまで狭まる
期待しておるぞ

14人という人数は狼に動くことを躊躇わせる
狩人よりもそなたの働きにかかっている面が大きいのじゃ」
結月ゆかり 「おはようございます」
セレス・L 「霊能CO 黒子○

スピードワゴン 0 票 投票先 → 黒子
セレス・L 0 票 投票先 → 黒子
ニンジャスレイヤー 0 票 投票先 → 黒子
四条貴音 2 票 投票先 → 黒子
黒子 4 票 投票先 → ハゲマント

ゆかりさんの一言が効いた感じですわね
しかしなんとも吠え稼ぎくさい・・・」
ハゲマント 「んGJか。おはよう」
スピードワゴン 「おはよう」
四条貴音 「おはようございます」
パンツハンター 「パンツ占いCO! 麻呂重・ジョースターのパンツは○だ!!」
麻呂重・ジョースター 「よし、まずは1回目の平和じゃな」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ。
血の臭いのしない朝はいいものだな?」
ヒナタハンター 「”スニーカー”

ジャバウォック島を行き来するのに必要なアイテムだね。
紐で結ぶタイプのスタンダードなものだ。
ああ…ボクも日向クンに結ばれてしまいたいね」
結月ゆかり 「へーいーわーなーあーさーだー」
麻呂 「カモオ~ンジプジプく~~ん
シルバーウプオッツを食らうぜおじゃる」
スピードワゴン 「今度は投票なしかよ!!」
セレス・L 「あら素晴らしいですわ」
四条貴音 「ふむ、GJですね、良きことです」
パンツハンター 「占い理由 コマエダ・・・いや、ヒナタハンター!
お前と投票が一致した・・・だが!! そこを占って村だったら噛まれている!!
ならば俺は!! 吊れない場所を・・・票をもらっていない場所を占うぜ!!
麻呂重・ジョースタァー!! 貴様のパンツは何色だぁっ!!」
ヒナタハンター 「死体がない。希望の朝だね」
麻呂重・ジョースター 「おそらく役職護衛成功であろう
霊能か占いか、それが大事じゃが……」
麻呂 「死体無しッ! なんと響きのいい言葉か~~~~!」
結月ゆかり 「>セレス
黒子さん持っていそうですがまさか吊れるとは・・・・・・
狼にしては生存意欲なさすぎなんですよね」
パンツハンター 「死体なし・・・いいぞ!! 希望が満ちている!!」
セレス・L 「COのタイミングはおまかせします」
ニンジャスレイヤー 「これで実際狩人がいることが証明されたと同時に、
狼が勝負をかけてきたことがわかったな。
この時期に勝負をかけるのは、はて」
麻呂重・ジョースター 「今日、囲いをしなかったことくらいしかわからぬではないか>パンツ
スピードワゴンの色を見せい」
結月ゆかり 「まあ黒子狩人でも狼でもなかったってことでFA」
麻呂 「よりにもよってッ、麻呂重か! 知ってるでおじゃるよ、その情報は~~~~!>パンツハンター」
ハゲマント 「とりあえず、ゆかりはココかなー

◇結月ゆかり(53)「スピードワゴン 「いやまあ吊られるかどうかの俺を占われてもな…?」
その一言で置いておきたくなりました」

正直「占いに怯えてる」ふうにしか見えないし、これがゆかりにどう見えたのかよくわからん、という。」
パンツハンター 「黒子は・・・白かっ・・・」
ヒナタハンター 「ボクも日向クンと投票が一致しちゃったのには驚いたよ…
ただ、ボクの理論の上で考えると、今日は結月さんを吊る訳にもいかなくなっちゃったんだよね」
結月ゆかり 「あ、占いGJか霊能GJか遺言にも書いておいてくださいね
そこむっちゃ重要」
麻呂重・ジョースター 「もっとも、妾の見立てはヒナタハンターとスピードワゴンにつながりがあるかどうかという些細なこと
黒子の色は期待しておらぬ、狼の吠えが少ないのは昨日も一昨日も同じじゃ」
ハゲマント 「俺の主観が大文に含まれてるのは認める」
パンツハンター 「だとするとゆかりがくさいわけだが・・・
うーむうーむ・・・!」
セレス・L 「スピードワゴンさんを除くとハゲマント=サンか黒子=サンの2択といった感じ
噛み位置の把握ミスをどうとらえるかだったのではないかとおもいますわ>ゆかり=サン」
四条貴音 「役職噛み…であるならば
狼はどこを噛むべきだったか…と考えるならば
霊能の結果が○であるなら
占いなのではないでしょうか…となれば、占いならばパンツハンター殿は
徹底的に残せばよい…ということですね」
麻呂重・ジョースター 「父上、妾の下着の色をなぜ知っているでおじゃるか……?」
ニンジャスレイヤー 「黒子=サンは実際残せないのでよい。
問題はGJが出た手前、それなりに吊れる範囲が狭くなってしまったことだな」
結月ゆかり 「>ハゲマント
占われずに吊られる村人の立ち回りを演じていたように見えた まる」
四条貴音 「ん?ハゲマント殿は、私を見ていたわけではないのですか?」
ヒナタハンター 「吊られちゃった黒子クンの意志を継ぐという単純な方法で考えるのなら、
今日はハゲマントクン辺りを狙いたいんだけど、どうかな?」
セレス・L 「グレランでよろしゅうございます」
スピードワゴン 「いやあそこで俺を占って○出てもお前ら実際信じたりしないだろ」
結月ゆかり 「狩人さん吊られそうなら・・・・・・うん、そこ狩人はないか
麻呂 「この麻呂、安定志向で行くならば『指定』、この言葉が出てくるでおじゃる

霊能者が偽ならば占い師が真なのだし、霊能者が真ならばその者の指定で構わないという二段構えでおじゃるよ」
ニンジャスレイヤー 「残せない、の一点で吊れるところは始末し尽くした。
難しいところだ」
麻呂重・ジョースター 「時にセレス、そなたに残したくない面子はおるか
君の意見を聞こうッ」
パンツハンター 「俺視点ヒナタハンターとスピードワゴンが繋がってるはずがないんだが・・
スピードワゴンってたぶん村だと思うけどなぁ・・・」
ヒナタハンター 「…ボクが今日になってはっきりと吊り先を明示する理由、キミ達ならわかるよね?
村の大事な希望を失わないためだよ」
セレス・L 「狩人=サンは吊られそうなら出てもかまいませんわよ」
結月ゆかり 「指定するなら霊能ですかねー
そこ狼はまずありません つまり狼が誰か判断ついていない」
四条貴音 「とはいえ、占いが狼とは見えない観点から、あなた様が○でても
あ、そうなんだ…とおもいますがね>スピードワゴン」
結月ゆかり 「霊能が、ですね>指定」
ヒナタハンター 「特に、セレスさんが指定をしないという選択肢を取るなら尚更だよ」
セレス・L 「いまはまだ激流に身をまかせますわ>麻呂=サン」
パンツハンター 「霊能が偽という可能性などほぼないだろう
霊能の指定展開に賛成だ!!」
ハゲマント 「いや、発言きっちり見させてもらったつもり。>貴音
昨日の投票は確認とRP多かったかなーという、そんだけ。」
麻呂 「麻呂重・ジョースター 「父上、妾の下着の色をなぜ知っているでおじゃるか……?」

麻呂重が履くお召し物は母上と、そしてこの麻呂が決めておるのじゃッ! 黒や赤は早い!」
結月ゆかり 「じゃあグレランですか
灰詰めていきましょうねー」
麻呂重・ジョースター 「色次第じゃ>スピードワゴン
妾の期待に応えるなら、そなたはきっと証明してみせる

パンツが狼の場合、貴様が仲間ならば助けないことはないであろう
パンツが真狂であっても、貴様は占い辛いかもやしれぬ」
ヒナタハンター 「だから、みんなも投票前に誰かを吊りたいくらいは言った方が賢明だと思うよ」
ハゲマント 「んー、ここにきてスピードワゴンの扱いに困ってる」
四条貴音 「ふむ、そうですか…
私としては、仕事であれ、遊び心も持ちたい…そう思っていたのですが」
ニンジャスレイヤー 「霊能GJならば出るべきかもしれぬな。
それ以外ならばグレランに耐えてもらおう」
麻呂重・ジョースター 「しかし、じゃ
だからこそ、妾はそこをあえて占ってもらいたかった
勘というやつじゃな、こういうときはそなたのようなものの結果を見るに限る」
パンツハンター 「グレラン、か・・・ 狩人吊りが怖いが。。。 頼む、避けてくれ!!」
麻呂重・ジョースター 「以上じゃ、検討を祈る」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
結月ゆかり2 票投票先 →四条貴音
麻呂0 票投票先 →スピードワゴン
パンツハンター0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →四条貴音
スピードワゴン3 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →ハゲマント
ハゲマント3 票投票先 →スピードワゴン
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →結月ゆかり
ヒナタハンター0 票投票先 →ハゲマント
四条貴音2 票投票先 →結月ゆかり
4 日目 (2 回目)
結月ゆかり2 票投票先 →四条貴音
麻呂0 票投票先 →スピードワゴン
パンツハンター0 票投票先 →スピードワゴン
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →四条貴音
スピードワゴン3 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →ハゲマント
ハゲマント3 票投票先 →スピードワゴン
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →結月ゆかり
ヒナタハンター0 票投票先 →ハゲマント
四条貴音2 票投票先 →結月ゆかり
4 日目 (3 回目)
結月ゆかり1 票投票先 →スピードワゴン
麻呂0 票投票先 →スピードワゴン
パンツハンター0 票投票先 →ハゲマント
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →四条貴音
スピードワゴン3 票投票先 →ハゲマント
セレス・L0 票投票先 →ハゲマント
ハゲマント5 票投票先 →スピードワゴン
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →ハゲマント
ヒナタハンター0 票投票先 →ハゲマント
四条貴音1 票投票先 →結月ゆかり
ハゲマント を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「ふむ…」
麻呂 「意外ッ! それは死体無しッ!

前に13や14人村に入った時は狩人ナシだったのでおじゃるけどなぁ!」
四条貴音 「そのようなこともありましょう」
四条貴音 「きついですが…」
麻呂 「狂人主張で頑張るでおじゃるよ!
えーっと、とりあえず狩人かな、◯の中から!」
四条貴音 「霊能を噛み」
四条貴音 「少なくとも、霊能は始末しないわけにはいかないかと…」
麻呂 「ヒナタハンターよりかは、ニンジャスレイヤー。
麻呂はこう考えているでおじゃる」
麻呂 「おっ、それもそうじゃな>四条
それでは霊能者で」
四条貴音 「多分、占いは真でしょうが…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
セレス・L は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
セレス・Lさんの遺言 モノクマ○ 黒子○ ハゲマント○●

結月ゆかり 2 票 投票先 → 四条貴音
結月ゆかり 1 票 投票先 → スピードワゴン

ニンジャスレイヤー 0 票 投票先 → 結月ゆかり
ニンジャスレイヤー 0 票 投票先 → ハゲマント

ゆかり=サンはスピードワゴン=サンを村とみてらしたのでは?
ハゲマントさんの遺言 --------[ハゲマント:村人]----------
んー。正直スピードワゴンは吊り処理位置だと思ってたんだが
◇スピードワゴン(48) 「いやまあ吊られるかどうかの俺を占われてもな…?」
コレ、明らかに占いに対して怯えていると捉えられる。少なくとも「占いを怖がってない」というふうには捉えら切れないとは、思う。
あとは、それに反応したゆかりかな。こっちは正直自信ない。
ま、噛まれたし後は任せるわ。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
麻呂重・ジョースター 「明確な対立軸を考えた場合、スピードワゴンとハゲマントは対立しておる
いずれかが狩人ではないかと見てきたが
霊能結果が○であっても、見れなかったとしても難儀である

他の対立軸はヒナタハンター⇔ハゲマント
ヒナタはスピードワゴンについては吊りたくないと言っておったな」
結月ゆかり 「ハゲマントもスピードワゴンも残そうと思ったんですが、
どっちか吊らないと引き分けになってしまいますから天秤にかけたら
投票しなかった方が死んでました」
スピードワゴン 「おはよう」
パンツハンター 「パンツ占いCO! 四条貴音のパンツは●だ!!」
四条貴音 「おはようございます」
ニンジャスレイヤー 「ドーモ」
麻呂 「村人は何かを吊るして生きているといってもいい生物でおじゃる。
その中でZipうpの能力はこの世のどんなことよりも優しい」
麻呂重・ジョースター 「ここで結果が見れないことは、予期しておった」
ヒナタハンター 「”ネクタイ”

日向クンが希望ヶ峰学園に来る前に所属していた、小高高校の校章がでデザインされたネクタイだ。
真夏の陽の光が降り注ぐジャバウォック島でこんなものをきちんと締めるなんて、日向クンは本当にマメだね。
ああ…日向クンに絞め殺されるのも悪くないかもしれない…」
結月ゆかり 「霊能噛みとかやーよ」
ニンジャスレイヤー 「スピードワゴン=サンはワーウルフにしては静か過ぎる。
残せない、の一点で吊るには無駄吊りをしすぎた。(霊能真ならばだが)
ならば多少強気な吊りをするべきではないか。と思った結果だ >票変え」
パンツハンター 「占い理由 コマエダ・・・いや、ヒナタハンター!!
もう、いいよな。。。少女のパンツを占っても、俺は許されるよな・・・!?
結月ゆかりと四条タカネの相互票・・・! ここに俺はぴんと来た!!
俺はゆかり疑っている・・だが疑い先として明示した以上占うかも知れないと予想されそうだ・・・
ならばあえて!! その相互表先である四条タカネを占うのはどうか!!
この選択・・・どうなるっ!?」
四条貴音 「ふむ…」
麻呂重・ジョースター 「致し方なし……残念じゃがな
四条を占ったか、良いぞ」
四条貴音 「残念ですが、今日の下着の色は、白なのですが…」
スピードワゴン 「やはり霊能が死ぬか…」
結月ゆかり 「ただここで霊能噛みとか結果隠しに見えないこともない」
結月ゆかり 「じゃあ四条さん吊って寝ます」
ニンジャスレイヤー 「残り3吊り。
狼は最大で2。……吊る他ないか?」
ヒナタハンター 「8>6>4> …残る吊りは3吊り
この村の人外はクロが2人に狂人が1人。
つまり、死体なしが出ずハゲマントクンが村人だった場合、
狂人残りを考えるなら、今日日向クンの決め打ちをしなきゃいけないんだ。

そして、丁度いいことに日向クンから●が出たね。
セレスさんが死んじゃったのが残念極まりない」
麻呂 「霊能者噛まれッ! そしたら昨日のはどこだったのでおじゃろうか、まあよい

……黒パンツッ! 清純に黒パンツとは貴様ッ! 分かっておるな!>パンツハンター」
麻呂重・ジョースター 「噛むであろう>結月
ハゲマントの結果は大きい、彼の者がクロでもシロでもその情報は欲しかった
とあれば昨日は占い師噛みであろうか」
パンツハンター 「霊噛み・・・霊噛みだと・・・!
俺が黒を引くタイミングでっ・・・!
俺は遅かったのか・・・!? もっと早く!! 女のパンツを占うべきあったのか・・!?」
四条貴音 「ふむ…真か狂人か…そう考えていましたが
どうやら、狂人だったようで」
麻呂重・ジョースター 「父上、その……昼間からパンツパンツと叫ぶのは恥ずかしいでおじゃる……」
結月ゆかり 「四条さん吊って終わらなかったら占い吊ってそのあと考える

ってのが無難だと思いますが、どう思います?>ALL」
麻呂 「結月ゆかり 「じゃあ四条さん吊って寝ます」
寝たら死ぬでおじゃる! 未投票の突然死的な意味で!」
ヒナタハンター 「もしも死体なしが日向クン以外の場所だったのなら、狩人は出て欲しいな」
結月ゆかり 「>四条
そこ狼はないんですかー
あんた狩人?」
麻呂重・ジョースター 「もしも四条がクロならば
そもそも、妾は何を思って四条に投票したのか、おそらく初日まで遡るであろう」
ニンジャスレイヤー 「霊能を噛んだ上で狼はどう勝ちに運ぶのか」
スピードワゴン 「●が出たならもう吊るしかねぇだろ
おれぁ占い真で見てる」
結月ゆかり 「>麻呂
!? 確かに! うっかりしてました本当
気づかせてくれてありがとうございます」
四条貴音 「ん?狼が占いにでる?かというのは
考えてみましたが、ないと思った上ですが?>ゆかりさん」
麻呂重・ジョースター 「賢明であるな>ヒナタ
そちが狼でなければ」
結月ゆかり 「四条さんCOありますか?」
麻呂 「パンツハンターに対して! パンツについてコメントせずして、なにがZipクレクレかぁ~~~~!>麻呂重
村にとっても重要な展開でおじゃるよ!」
パンツハンター 「正直俺の白が残りまくってるから俺真決めうちで勝てるわけだが・・・
そうは問屋がおろさんのだろうな、フフ・・ははは・・・
俺が女の子のパンツを調べるのを照れているばっかりに・・・こんな・・・!」
四条貴音 「なぜ、貴方がCOを聞くのですか?」
結月ゆかり 「>四条
そうですか てっきりそこでGJ出したんじゃないかと思ってましたよ」
四条貴音 「ふむ…」
ヒナタハンター 「極めて重要な情報だからね。
ここで狩人が出ないのなら…日向クンが真ないし真結果で噛まれたと考え、今日は四条さんを吊る。

ジョースターさん狼は薄く、ニンジャスレイヤークンが狼はあるかもしれないと思ったけど…
あのタイミングで日向クンが噛まれたのだのだとしたら、少なくともニンジャスレイヤークン狼はなさそう、と見る事ができるからね」
結月ゆかり 「>四条
このままじゃあなた釣られますよ?」
スピードワゴン 「いいからとりあえず答えてくれ>四条」
四条貴音 「うーん」
ニンジャスレイヤー 「実際ゆかりは疑わしい。
占って判断すべき場所ではないがな」
麻呂重・ジョースター 「ヒナタとスピードワゴン
四条とハゲマント

父上は……妾に父上を疑うのは、……すまぬ、できぬのじゃ」
パンツハンター 「ゆかりが率先して四条釣ろうとしてるけど
四条ーゆかりで2wじゃないかなーと俺は思ってる」
結月ゆかり 「>パンツハンター
いやどうするんですかこの●」
四条貴音 「COはございません」
結月ゆかり 「そうですかー」
麻呂重・ジョースター 「昨日の投票は、吊れぬと見ての身内票……とな?>パンツ
占い師で護衛成功ならば、それは考えるであろう

いずれかが●を貰えば、もう一方は白くなる」
ニンジャスレイヤー 「よろしい、ならばカイシャクしてやる。
ハイクを詠め>高音=サン」
結月ゆかり 「んー」
四条貴音 「○に2Wいないのであれば、パンツハンター殿放置で」
スピードワゴン 「COないなら吊って問題ないだろう」
パンツハンター 「いやそりゃ吊ってほしいけどねw<この黒どうする」
ヒナタハンター 「wasshoi!」
結月ゆかり 「狩人さんいたら遺言必須」
麻呂 「麻呂は四条殿を吊るすのに反論はないでおじゃるよ
何故ならそこは昨日スピードワゴンやハゲマントではなくて

狩人遺言について述べていたゆかりに投票していた二人の内の一人ッ!
「カリュウド吊りを狙っていた」とも言えるからでおじゃる! ゆかりお色は置いといて!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →四条貴音
麻呂0 票投票先 →四条貴音
パンツハンター1 票投票先 →四条貴音
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →四条貴音
スピードワゴン0 票投票先 →四条貴音
ニンジャスレイヤー0 票投票先 →四条貴音
ヒナタハンター0 票投票先 →四条貴音
四条貴音7 票投票先 →パンツハンター
四条貴音 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
麻呂 「お疲れ様でおじゃる>四条殿

さて、残りの灰は……」
麻呂 「スピードワゴン、ゆかり、麻呂
ここで「パンツハンター」を狙う という選択肢もあるでおじゃるが……」
麻呂 「……他に護衛する所なし。パンツハンター護衛でおじゃろう」
麻呂 「 」
麻呂 「ではッ! ニンジャスレイヤーか麻呂重、このどちらか!」
麻呂 「 」
麻呂 「セレスと幸子のZip! しかと握り、麻呂、ガンバルでおじゃるよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ニンジャスレイヤー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ニンジャスレイヤーさんの遺言 スピードワゴン=サンは実際吊りづらくなっている。
パンツハンター=サンから●が出ないならば見切りをつける、その程度だろうか
四条貴音さんの遺言 素村CO
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
麻呂 「麿は畏れ多くも帝より三位の位を賜り中納言を務めた身
我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!Zipをくれくれするッ!
スピードワゴン 「おはよう」
結月ゆかり 「んーんー」
パンツハンター 「パンツ占いCO! 麻呂のパンツは●だ!!」
麻呂重・ジョースター 「前提1
ハゲマントは村人である

前提2
死体無しは占いGJである

この2つで考えた場合でも、結局位置だけなら全員が等しく容疑者であるな
よって位置では考えないことにした

ヒナタにせよニンジャにせよ、占いをあのタイミングに噛む理由はいくらでもあるでおじゃる」
パンツハンター 「占い理由 コマエダ・・・いや、ヒナタハンター!!
ごめん、呼・ん・で・み・た・だ・け!
スピードワゴン狼ならグレランをのらりくらりと乗り切ってワゴンすごいでいいよもうという感じで
ゆかりと麻呂のにたく ゆかりは正直疑わしいがそうすると疑わしくないほうの色を見ておきたい
というわけで麻呂占い・・・」
麻呂重・ジョースター 「なん……じゃと……?>パンツ

嘘じゃッ!」
ヒナタハンター 「”制服”

こちらにも小高高校の校章が胸ポケットに刺繍されているね。
シャツはズボンからタックアウトするデザイン。
ああ…日向クンのズボンの中のパンツを見てみたい」
結月ゆかり 「じゃあパンツハンターさん吊って明日最終日いきます?」
パンツハンター 「そこにいたか・・・! ラストウルフ・・・!!」
麻呂 「バカがッ! 麻呂の白褌が目に入らぬかぁ~~~~!>パンツハンター」
結月ゆかり 「まあパンツハンターさん狼はまずありえませんが」
麻呂重・ジョースター 「父上、……父上、違いまするよの?
父上ッ!」
パンツハンター 「俺はあって狂人だから吊る必要なくね? 偶数だし」
ヒナタハンター 「それは違うよ>結月さん」
結月ゆかり 「うーん」
麻呂重・ジョースター 「……待てい>結月
パンツが狼でないのなら、今は偶数でおじゃる」
スピードワゴン 「まろのパンツが●とか嫌すぎるぜ…ッ!!」
麻呂 「初日から男のパンツを見るなどと、狂っとるとは思っておったがここまでとは!

斬首の刑にしてくれる!」
結月ゆかり 「>ヒナタ
では説明お願いします」
ヒナタハンター 「うん、日向クンが言った通りだ。

一応、麻呂クンはCOをお願いね」
パンツハンター 「パンツパンツと俺の発言を追っかけていたのは・・すりよりだったんだな・・・
残念だよ・・・同じパンツの愛好家が狼だなんて・・」
結月ゆかり 「てか狩人さんでてきてくださいよいい加減」
ヒナタハンター 「>結月さん
現状、日向クンは噛まれの真狂だよね?
ボクの提案に狩人が乗ってくれたのだとしたら」
パンツハンター 「ヒナタハンターが狩人だと俺はすごく嬉しい」
麻呂 「当たり前でおじゃるよ!
見ろ、この白褌を! 血の跡さえない! 人肉を喰らう狼どもでは断じてない!>麻呂重」
結月ゆかり 「GJでたあと遺言に書いたんでしょ?
その遺言ないならもうね」
麻呂重・ジョースター 「ヒナタが狼であればここでニンジャを噛むや否か
妾にはそう見えぬ、いたずらに目立つだけであるしの

この噛みは狩人探し、それは間違いない
ニンジャは他に誰を疑っておったか」
スピードワゴン 「狩人CO」
麻呂 「麿は畏れ多くも帝より三位の位を賜り!」
ヒナタハンター 「だから、日向クンの偽を追う吊りをするなら、
吊るべきは日向クンじゃなくて日向クンの○なんだ。そう、ボクとか?」
結月ゆかり 「>日向ハンター
なら残しておくべきだということですか」
スピードワゴン 「スピードワゴンの狩人日記

初日 護衛不可 犠牲身代わり 吊りモノクマ
ジョースターさんもディオの野郎もツェペリのおっさんもいないとはこれいかに
こ…この村…俺に…過度の期待を…寄せている…ッ!!

二日目 護衛パンツ 犠牲幸子 吊り黒子
あ…あぶねえええ!?も…もう少しで吊られるところだったぜ…
とりあえず1COなんであまり信じちゃぁいないが占い護衛だぜ

三日目護衛パンツ 犠牲なしGJ 吊りハゲ
恐らくおれぁ噛まれるとは思うがね…とりあえず占い護衛といくさ…
狩人になるたびこんなギリギリの投票だぜ…

四日目護衛パンツ 犠牲セレス 吊り四条
昨日GJだったしないとは思うが占い護衛だな
あぶねぇあぶねぇもう少しでCOしちまうところだったぜ…

五日目護衛パンツ 犠牲 吊り
占い護衛の鉄板だろう」
パンツハンター 「うっそwwww」
麻呂 「中納言を務めた身CO!>ヒナタハンター」
結月ゆかり 「じゃあ●釣りましょうか」
スピードワゴン 「ちなみにGJは占い」
麻呂重・ジョースター 「人狼は吊るす、平民は守る、zipは集める
どれもやらねばならぬのが、公家の辛いところよ」
スピードワゴン 「たぶん信じていいぜ」
ヒナタハンター 「うーん…今出る必要はなかったのかもしれないけど>スピードワゴンクン」
麻呂重・ジョースター 「ベネ(よし)>スピードワゴン」
結月ゆかり 「深く考えることもなかったんですねこれ」
スピードワゴン 「ドヤァ」
パンツハンター 「そこ絶対狩人ないって思ってたw」
ヒナタハンター 「どう見てもキミ狩人だったよね>スピードワゴンクン
ボクが3日目にキミ吊りを抑えた理由の一番はそれなんだ」
ヒナタハンター 「4 日目 ( 1 回目)
結月ゆかり 2 票 投票先 → 四条貴音
麻呂重・ジョースター 0 票 投票先 → 四条貴音
四条貴音 2 票 投票先 → 結月ゆかり

3 日目 ( 1 回目)
麻呂重・ジョースター 0 票 投票先 → 四条貴音
ハゲマント 3 票 投票先 → 四条貴音
四条貴音 2 票 投票先 → 黒子

2 日目 ( 1 回目)
四条貴音 0 票 投票先 → ハゲマント」
スピードワゴン 「いやなんか出てきてって要望に答えて…」
麻呂重・ジョースター 「最悪を考えよ>結月
即ち、明日が来た場合をな

気を抜くのは死んでからでもできるでおじゃる」
ヒナタハンター 「あ、麻呂クンは日向クンの○を指定してね。
今日は麻呂クンとそこのランになるから」
麻呂 「ほぉ、そちが狩人であったか、褒めて使わす>スピードワゴン
だがそんな事よりZipをうpれ!」
パンツハンター 「ワゴン狩ならまぁ死ぬよねーって思いながら投票してたぜ・・・
よく生き残ってくれた・・!」
スピードワゴン 「ぶっちゃけ毎日めちゃめちゃ怖かったです!!」
麻呂重・ジョースター 「『勝ったと思ったとき、そいつは既に敗北している』……ゆめゆめ、油断するでないぞ」
麻呂 「ゆかり指定じゃ!>ヒナタハンター」
結月ゆかり 「>まろえ
その時はあれですね うん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
結月ゆかり1 票投票先 →麻呂
麻呂5 票投票先 →結月ゆかり
パンツハンター0 票投票先 →麻呂
麻呂重・ジョースター0 票投票先 →麻呂
スピードワゴン0 票投票先 →麻呂
ヒナタハンター0 票投票先 →麻呂
麻呂 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
麻呂さんの遺言
                      | ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                      l、__;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;  う あ Z さ
    な 大 .き           / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    .p  っ I っ
    ん 事 み.          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    る た P. う
    だ な  た         /  ,,く村);;;;ij,//~ (人シ  、,     と ら が p
       労 ち         r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、    い       り
       働 は.       rニti ,、,ィ或tュ    {,'ィt或アチ     い な   な
       力         リ, '    ̄~)::).: : ミ":::'"             ん   さ
                //    ;;ッ''" r'  ヽ' ,,:::::、 、、,        で   い
                r'ii    r"/,、゙'^'- '^'゙,, ヽヽ'~         も
                tii    `/;;" ,, ィrェェzュ、,_ " 't;;|i
 r"ヽ             i     |;i  iヾ'zェェェッ',シ'  |;;i       ii
. |   ヽ、            t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、
. t    ヽ  ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ ノ~' 、
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 ',、 ':.:.:.::.:./~'''''ーー
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "    , '"',、":.:.:.::.:.:.:/
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii / /:.:.:.::.:.,、-''"
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~'、\  ~'''ーー------ー'''" ,'" , '":.:.:.,,、-''"
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/11/24 (Sat) 05:39:09
輿水幸子 「ちょっとこー 狂人のやりたい事と
狼のやりたい事が180度違ったんで今回についてはボクのミスです。
まさか灰噛み来るとは……お疲れ様です」
ヒナタハンター 「お疲れさま」
結月ゆかり 「わかりやすいすい」
四条貴音 「お疲れ様でした」
ハゲマント 「おつかれさまでしたー」
ニンジャスレイヤー 「ワッショイ!」
スピードワゴン 「お疲れさん」
結月ゆかり 「おつかれさまです」
黒子 「お疲れ様です」
モノクマ 「お疲れ様、全力でヘイト稼ぐ練習させてもらったよ
結果は狩り保護になって万々歳だね」
パンツハンター 「おつかれさまー」
ヒナタハンター 「それなりに迷ったけど…
やっぱり、日向クン盲信が絶対の正義だね!」
麻呂 「お疲れ様でおじゃる!」
四条貴音 「狩人狙いの占い噛み…でしたからね>幸子」
麻呂重・ジョースター
       ___
     ,, ''  ___\
     ┐γ  「   \
     ,' |  ( ●)(●)    GOOD(よし)
     | |     | |
     | |    __´_ノ
     | |    `ー'´}
   <\ヽヽ      }
    \\ヽヽ   ノ
      ヌ/    く
       |     \」
ハゲマント 「多分スピードワゴンを素で疑ってたの俺だけかなー。無駄に狩ブラフ巻いて混乱させてすまん」
輿水幸子 「スピードワゴンさんが初日どう見ても村側なんで
投票してみたらなんか役職臭くて
ちょっとやばいだろうかと思ったがそうでもなかった」
セレス・L 「スピードワゴン=サンお見事ですわ

                   _/ >く /              \r┘く\   -‐===‐-
                __/\/ /                   ヽ. ハ厶         二ニ=-
                ̄二{_ / {/                    ∨ ∟こ             \
       ,        /_  / ,′             i          ー{__jレ}
      /          ⌒Y {//       /|     l i       i       }/ ̄ ̄ ̄}
    ,             {\{__{_」       i |     i | l l  i |    iV二 ̄  /
.   /            \ 厂 |    i    |     」 -‐ァ¬十‐|   { 〔 ̄ ̄ ̄
     /     /      \_」    |    \_,   |L」厶=∟」_   |⌒\
   V     く }   /  / |从  |\-‐ ニ二`ー─┘/  r ィ ハ〈  |\ \             /
    ∨/  } ∨ /  //  ¦   _「‐xァァッ示く_      弋 ^ソハ  i|  \ ヽ     \   /
   /    ノ 厂   _」厶=-‐'`^<ノ 《  弋,_ツ「        ^`⌒ l|   !l    \ノ       \/
.   /    / _,厶-─<⊥ -‐=.,、< 卜 >¬'^             リ                   ヽ
  ∧   ∨     / ´  _ -‐ / i|  | i〉        ,        /⌒!                }
 / ∨ /             / _]  |  | 〈 ヘ.          _,    ⌒'^',   i   \             \
V/{\}/           /|  |  | V )ヘ、   `  ー__ `´  ∠     ,  }     \         }
: { \{          イ   |     !  〈   ` ;.、        「     } 八      \        \{
: {   }⌒ヽ   _  <「{/    !      `、   _」:i:i:i> -r    |     ノ ′ \                 ヽ
ノ⌒'く  /⌒く)⌒>’     、  \   \八 /   |[\ {┐  /     ヽ              /
   ノ く   //     /厂`\ _\\ニイ  `\/フ^ヽ \〕\ー  /                〈
\/ ⌒>  ∠二、   //∧       >  |     〉 {{_}}/   |`</        i
  `'ー<  ∠二ノ^〉   /       /    !   , く: :||: : ||    ∧   ` <    |     \
          /   /      /    /{\/  「 !!: : lト、  / l        L,_      \  ノ
.         / /        |    / .| (⌒  」: :`: :/ \/)  l         刈      \(
.           //           V∧  , /  |  )二「\_ 〈_ ー⌒l  l        /  |        )
          /         \ }  \//  | (  | -+-: :「`⌒ 」  | \    /  l|         /
        //          ∨  /     .|  )ニハ: :| : : 「 ̄  [  |   \ }/   jj         /
.       〈〈           ノ}   /     | (  | : :i| : : L.,_  」  |    V/   ,′    ∨
.        } }          /「{  |      | )二| : :i| : : |   (   |     〉   /\     〉
_      ///      /  | |   |     | (   | : :リ : : |    )  |   /   /   ヽ    / 」
スピードワゴン 「てめらー!!俺が毎日どれ程怖かったことかー!!!!」
ニンジャスレイヤー 「ニンジャ殺すべし、イヤーッ!>麻呂重」
パンツハンター 「正直ヒナタハンター狂人じゃなかろうかと怖かったですまる」
麻呂重・ジョースター 「スピードワゴン、大儀であった」
セレス・L 「揺さぶった甲斐ありましたかしらね?>幸子=サン」
輿水幸子 「CO数を極限まで減らして
超前面で占い結果を破壊する予定だったので
3日目に噛まれるとどうしようもないって感じの動きでした」
四条貴音 「占いで、GJだされた時点で無理だったのでしょう」
ヒナタハンター 「◇スピードワゴン(79)

 「あんまり護衛誘導みたいなこと言わずに狩人の好きにさせてやろうぜ」



◇スピードワゴン(33)

 「おい…またグレランとか今度こそ俺がつられそうじゃねぇか!!」





◇スピードワゴン(24)

 「なんだ…この噛みは…?
狩人探しか…?」」
モノクマ 「全力で擁護したないですかー
初日だけだけども!!<スピードワゴン」
パンツハンター 「スピードワゴンはどうせ村だろうけど狩人は絶対ない(キリッ とか思ってたよ・・・
すまぬ、すまぬ・・」
麻呂 「いやぁ、この人数で狩人が出てくるとは、麻呂の目をもってしても(
配役は大事でおじゃるなぁ! 狩人が確率的に(負け惜しみ)……

って狂人がおった~~~~!?」
麻呂重・ジョースター 「狼か狩人のどっちかだと思って毎日迷ってただろ>スピードワゴン
どうやら今回は正解だったようだ、やれやれだぜ」
結月ゆかり 「              (,.  ´ ̄ ̄`   、
            /       γ ヽ\__
               /         C乂ノ  〈
           /  /     }、       :.
          ,:  .ハ {:   /-V  i    {
           }  :}´∨\/ __∨} :i /〉 {    スピードワゴン=サンというぐう聖
           }ハN }弋り   弋り ノ : 〈/  ,′
                从   ,   /  i  /V
          /  }:、 v ァ/   .ハ从
            {    }ヽ>zr‐ゝ、__/}`ヽ、
          〕、_.ノ }ノ/ニ三三\: : : :`: .、
        ,.   ´⌒{    /ニニ三三三\: : : : :`'ー-、、
    /     /  ,/ニニニ/三三三ニ\: : : :_): :_)ム
乂__/     / //ニニニ/三三\三ニニ≧==≦彡′
  /   /  ./   / ./二二ニ/三三// 〉寸三三>く
  }  /  /   j/ニニニ/三三// /=/ ̄ ̄\\\
  } {   {   /ニ{:ニニニ/三三// /=〈       \\\
  }ノ{ ハ{,.、<ニニゝニニ/三三// /三/       \\\」
セレス・L 「スピードワゴン=サンが狩人だったらすっごいドキドキしてるんだろうなーって思いながら進行してましたわ>スピードワゴン=サン」
ニンジャスレイヤー 「個人的には残せるか残せないかギリギリのラインだったな、スピードワゴン=サンは。」
スピードワゴン 「モノクマありがとう!!
ゆかりありがとう!!
ハゲありがとう!!」
ヒナタハンター 「2~3日目の反応がどう見てもそうだもん。
日向クンが占ってくれなかったのなら、ボクが責任を持って保護するしかないじゃないか」
輿水幸子 「生きてたら パンツハンターさん吊って
その霊結果に関わらず○2人吊ろうぜって言ってましたね!」
モノクマ 「いやぁん、そこ割りとどう見ても狩人ですないちだったよ
ていうか、そうでないと僕普通にスピードワゴン吊ってたし<日向くん」
輿水幸子 「逆逆 ○2人残そうぜ」
麻呂重・ジョースター 「せっかくだから残すことにしただろ>ニンジャ
寂しくなるしな」
スピードワゴン 「マジで胃に穴が空くかと思ったぜ…」
ハゲマント 「ま、俺のスピードワゴン人外予想ははずれてたわけだし。感謝される言われもねーよ>スピードワゴン」
結月ゆかり 「>スピードワゴン
ハゲマントと天秤にかけてしまったことは反省しています」
ハゲマント 「というか理想は狩人狙いで噛まれることだったんだけどな」
輿水幸子 「どの辺狩人臭かったですかねボク」
輿水幸子 「ふっつうに狂アピしまくってるつもりだったので
噛まれたのは予想外でして」
パンツハンター 「どうも俺は狩人は吊られだけは避けるために発言がんばる傾向にあると思ってしまいがちだな・・
ワゴンは消極的人柱かなにかかと思ってた・・・」
麻呂 「輿水幸子 「ちょっとこー 狂人のやりたい事と
狼のやりたい事が180度違ったんで今回についてはボクのミスです。
まさか灰噛み来るとは……お疲れ様です」

おお、どんなことをしたかったのじゃ? 麻呂はZipうpをしてくれれば寛大でおじゃるよ」
ニンジャスレイヤー 「私は黒子やハゲマントと天秤にかけて、結局残すことにした―――という感じだったな >麻呂重
スピードワゴン=サン、疑って悪かった」
四条貴音 「んー、そうですね
輿水幸子(57)

「なんで霊能生きてる間に●ください
もしくは明日明後日でさっさと●出してください。
霊能結果次第であなた残すタイミングは7>5>3となるので!」」
輿水幸子 「CO数を極限まで減らしての
村人たちの疑心暗鬼村ファイッ!ですよ>麻呂さん

基本この人数狼無理ゲーに近いので」
パンツハンター 「狩人予想で占えって言ってたのかw
吊れそうなとこ占ってもなーって避け続けたw」
モノクマ 「さて、ヘイト稼ぐなんて普通は嫌われる行為だけど
あえてやってみるっていいもんだねー
つられムーブって狂人では重要だしさ
手分けで僕は満足、それじゃァお前ら、いい加減寝ろよ!!
お疲れ様」
ヒナタハンター
  / '" ̄` ヽ.__            _,...  -―- 、
          ̄ ̄` ヽ,.. -                ;    ヽ
            ,.  '"       _,..  -―-    ./ /    ',
          , ' ,. - '"     ,. ´         /  ./      .l
.      // '     /   '"             /  ;      l  i
      ´  ,'     /  /       ,./  /    !     l   '
         ノ        ,'  `  、  //          ,'!  i    !  ,'
     ,. '"   _   ノ -/_./\.)         ノ.l /l   .! /
   /   /  ./_,.ノ_,.ノ.∧ ', />、 /   ,. '" ./__,'/ .l  , /
 _,.ノ _,. /   / ,.  _, ; !_,../乂込ノヽ ///__,./ ̄ .!- /.,
. ̄ ̄     /.ノ;    ゙̄l !   ` ゝ._  ( '"     V ̄¬‐ァ-/.'           それじゃ、村建て同村ありがとね。
       '" ̄ /   ,.  ゙ !       )ノ       .乂込ノ /
         // , イ        ´/          ̄/      /       村陣営のみんなに感謝かな。
         ,. '",./  ! 、.   、           ,.'"  _,..  -‐/'/
      ' ´     ,ィ!,.!; ヽ   、         ,.' ,. '" ̄ー/  ,.',.イ        お疲れさま。次の裁判でも、もっとキミ達の希望が輝く所を見たいな…
.            ,ィニ;/.;   !  .i 、 ヽ     _ 、(    /イ ./
         /二ニ/   ,'}  l! liヽ   ー   ´  `  ,. < / .i    ト、
     __-=ニ!ニニ/  ./=' ,'} l.l.  、       ,. /  { .{  lヽ   {
=‐==ニllllllllllllニ!=/  ./=/ /=リ=!   、     < ./,.  / '、! ;ニ)ヽ. ',
ニニ二二llllllllllll二,.'   /=/.イ二ニ,!      ̄    /.イ /'ノ! .i /ニ'゙ニ}. }
二二二ニニニ,.'   ./ニニニニニl         / // /={ .lソニニニノノ
lllllllllllllllllllllニニ/   ,'ニ=‐マニニアヽ           ,'  /ニニヽ',ニニニ'゙二
lllllllllllllllllllllニ/  -‐ ´    lニ/ .}     _,.... ! -,イ二二ニヽ二二ニ/
lllllllllllllllllllll./  -―-= ' _  !  ,.イ    '´    /二二二二二ニ/二
lllllllllllllllllll/'´  ,.. ._     }' /=l          /二二二二ニ‐'"ニニニ
lllllllllllllllll//  _    ̄ ヽ.l /ニニ! .._     _/二二ニ=‐'"二二二二ニニ」
輿水幸子 「実のところ 15人村から狐がいなくなっただけですからね!」
麻呂重・ジョースター 「スピードワゴンの綱渡り記録


         , -- 、
           l  ,、,ミ
        ノ(!|"`く`           2日目:vsモノクマ、勝利
       ,. イ/l∧ヱ:ァ-、
      ハ j7^ー个く /,>、        3日目:vs黒子、勝利
      ,<_`X「l「 ゙̄|エ ヘ__,.イ
.  _/ / 〉}|─┤ 〈│ |        4日目:vsハゲマント、勝利
.  ‘らノ  〈ノ ̄韭ゝ、._〉l |_
      /  / |  |〈.ヘミj
.       l  r'´  |  |
.     |  l     |  |
      |  |     |  |
_____,ゝーく___|-- L______________________________
───┴ーー┴─‐┴--┴───┬┬───────────────────┬┬────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`「「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄」
四条貴音 「霊能と繋がるなら占い信じたい=護衛したい
とみてしまいましたね>幸子」
セレス・L 「狂アピがそのまま狩人臭につながってしまったようですわね」
ハゲマント 「まーあそこまで残ったんなら、村決め打ちか最終日に判断を任せる、が正しい判断だったんだろうな。いい狩人だったよ」
スピードワゴン 「            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /しかし慣れないRPに狩人やらすとか…
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((PHP先生マジぐう畜
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐」
麻呂 「最終日以外0票だったのは我ながら調子が良かったでおじゃる!
ネタを簡単に出せるアイコンはいいでおじゃるな~~」
ヒナタハンター 「日向クンを真で見た決め手としては、なんだかんだで失言や視点の悪さは見えなかった事と、
●貰いの四条さんの反応が村っぽくないのと、
ジョースタークンの白さかな。ニンジャスレイヤークンは噛まれてくれたし」
パンツハンター 「んじゃ俺も落ちるか、みんなお疲れさん
信じてくれて・・・ありがとうなっ!
又どこかで会ったらよろしく!」
四条貴音 「あそこで、狩人COすべきか、悩んだことそれはミスでしたね>ヒナタハンター」
ハゲマント 「PHPがぐう畜なのは今に始まったことじゃねーじゃねーか、
俺つい最近2連続ぼっち共有やらされたぞ」
ヒナタハンター 「…四条さんを吊らずにボクが勝つ方法ってないのかな?」
麻呂重・ジョースター 「>スピードワゴン

       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了   なにジョジョ?不慣れな時に限って狩人が来た?
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  ジョジョ それは何も悪いことではない
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ    逆に考えるんだ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:} 
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   「吊られないための練習と本番が一度に来た」と
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´   
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |       考えるんだ
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ  
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ」
ヒナタハンター 「>四条さん
その場合は、スピードワゴンクンの対抗COから面白い形になっただろうね」
輿水幸子 「霊能噛んでくださいね!
って言ったつもりでしたね!」
四条貴音 「残念ながら、敵対陣営なので、ありませんね>ヒナタハンター」
ニンジャスレイヤー 「では私はこれにて。
ゆかり=サン、村建て感謝する。
オヌシらも同村感謝する。――――オタッシャデー!」
スピードワゴン 「しかしまぁ良く生き残ったな…俺…」
パンツハンター 「視点は今回自分的にはわりと悪かったかなw
3,4日目には黒引きたいよなー真としてはw」
ハゲマント 「ん? どうした突然>ヒナタ

うーん、潜伏占の可能性を唐突に上げてみたり、先にパンツを吊るとかしかないような気がするが。
というか別陣営だし」
ヒナタハンター 「慣れないRPなんていつもの事だと思えばいいじゃない…>スピードワゴンクン
…と、ジョースターさんがもう言っててくれたね」
麻呂重・ジョースター 「おっと……まさか、俺を騙したまま勝ち逃げするつもりじゃあないよな?>麻呂
信じてたんだぞ?」
ハゲマント 「おう、色々おつかれ」
ヒナタハンター 「ははははは…やっぱりそうだよね>ハゲマントクン・四条さん>別陣営」
スピードワゴン 「            i  l l  //  /
             l  l ヽ/ i   /´ ̄
         ,.-─-ミ ヽ  \   /
  .       レ'⌒> ミ-   __l //  /
         r'⌒' /::ヽ三.//\i  l
      ,.‐-(´   ./ ト、:::::V / / _ ヽノ
     /     ー/ .、ヽ.r、/ _/_/  / / /
    '´   ー==/ u ヽ ソ ミ::::\ ='イ ((
       _/ U r,イ-‐ニ二ヽ::\ ヽ、ヽ
.        、_/   ト.くヽ _,ノ、 \r.、:::\) /本番と練習が一辺に来てもいいことないですよね…ジョースター卿…
     ヽ-./  _/ヽ-、   il  ヽ ヾ-`ヽ! ((
     ー/ ,:;;ハ\ \ヽ. リ し     /(
     .l,,;;'" ヽ\\/ 〃  ,. 一ノ‐ \
    -─l;'  ,;;'` ー'  /   / ,r‐'_-'ィ´/ヽ
     /\,;'    /  _´_/  ̄  ハ ミ
    ヽ.__,ノ` ー--一:_二: : -─…  ̄〉ヾ
    / ヽ二>-‐_¨_,,.. --──‐─┴┐」
セレス・L 「人狼を拘束する方法でも開発するしかありませんわね
アイアンメイデンに閉じ込めるとか?」
結月ゆかり 「そういえばもうすぐ2000村目」
麻呂 「「潜伏してCO数を極限まで減らす」のと「占い師COする」のでどういう違いが出てくるのじゃ?
すまぬ、もう少し分かりやすく>輿水幸子」
ハゲマント 「コレが大喜利村であるって唐突に主張してみるとか」
四条貴音 「そうですね、霊能か、占い噛みを考えていたのですがね…
狩人狙いの方針となると、その発言が引っかかった…という感じです
なんとも狂人と咬み合わなかったという感じですね。
噛み殺しただけに、噛み合わなかった…」
結月ゆかり 「いやこの鯖の村の数がです」
四条貴音 「…なんかとても、恐ろしいことを言われてる気がいたしますね…」
ハゲマント 「まー、一応一回は人外に投票してたし、それでよしとするわ」
ヒナタハンター 「無難にボク噛みでも良かったんだよ?>四条さん
まぁ、狩人に見られないのは慣れてるんだけど…」
結月ゆかり 「なんかやるんですかねー」
四条貴音 「では、今宵…今朝はこのへんで失礼いたしましょう
皆々さま、お疲れ様でした」
輿水幸子 「狂人アピ部分が狩人視される最悪パターンか……
まあ実際ボクがアレなんで今回。
狼はすんません」
麻呂 「>信じてたんだぞ?

大丈夫! 麻呂も、麻呂重とスピードワゴンは狩人じゃないって信じてた!>麻呂重」
輿水幸子 「占いCOすると 露出してる人外位置が増える。
灰から見ないといけない人外の繋がりの数が減るんです>麻呂さん」
四条貴音 「初手○噛み…は、占いを偽にしたいのであれば
噛む位置ではないなと…あと、あんまり役持ちにみえなかったなーと>ヒナタハンター」
ハゲマント 「おう、おつかれー」
麻呂重・ジョースター 「「不慣れなら吊られてもいいや」じゃあ、駄目なんだ>スピードワゴン
村人が吊られてイイ日なんてありゃあしないからな

吊られてイイ日なんてありゃあしない
「明日は吊られないようにがんばろう」と思っちゃいけない、明日は今日さ!」
四条貴音 「では、お疲れ様です」
輿水幸子 「というかまあ
狐が初手で溶けて真狂狼になったら狼が対応ミスって吊られ
その上で初日相方共有噛みしたぐらいの状況でスタートですから14人村。
まっとうにやって勝てると思ってないんですよボク」
麻呂重・ジョースター 「なのでどんどん喋ろう、発言しよう、アピールしよう
それが発言につながり、そして発言はグレランから身を守る要素になるだろ

面白い奴は残す、それがグレラン」
結月ゆかり 「狩人は楽しいですよ
GJ狙いが特に いや単純に役護衛でですが」
ヒナタハンター 「あ、そうそう」
スピードワゴン 「明日って今さぁ!!!!」
ハゲマント 「ま、その時その村の「良かった点」を探せば、少しはポジティブになれりゃあな」
セレス・L 「それじゃ失礼いたしますわ またお会いしましょう」
ヒナタハンター 「ジョースターさん…ちょっとだけお話というか、雑談のような事をしたいんだけど、いいかな?」
ヒナタハンター 「もちろん、時間があったらでいいんだけど」
ハゲマント 「というか俺は中の人がネガティブ思考だからそうしないとやっていけん」
結月ゆかり 「狩人でも素村のつもりでばんばんしゃべってますよ
占われてもしにやしないんですし」
麻呂重・ジョースター 「>麻呂
OK、君が泣くまで吊るすのを止めない

              __,,,
             /   >
          ///   /____
        / /    レ'' '''''''''~--,/__
       <               ̄  \
        ヽ                 ヽ
         >__              ヽ
        ())__>,,,,┌┐     __  ヽ
         ヾvフ;;;:~~~~|[] |  ヽイ~ \ ̄\|
         / ヽ/  | ト-'\ \\   \
         ヽ  |/  | |  ヽ/ \| ̄\ |
          | | |  ,|  |  |'''=-li    |/
          L|,,,|,,,/   ノ   ヽ/ >
           ~~ ~|   |,,,,--^~~,,,>_
     _,,-,_,-,_<~~し'~ ,,,,,-// /ー、|_,-,,-,
 ,,,--~~~ // //-/ |ヽ\ ~~~~-' /  |_|  ヾゝゝー--,,,,,、
/~===」/==//---lゝ\二二二/_/ /   |_|_二二==~ヽ
ヽ ̄ ̄二二二ー-~○/~~-___/   (○_____~~ --}
 ~ヽ//  |   //      |        | |      ヾヽ\/
   ヽ,| ヽ|   >>      |       <<   /   | |i--'
     ヽ ヽ <<        |         >> /    //
     // |ヽヽヽ___,,-~~---,,___| |,,//   { <
     | |  ヾ\/ヾヽ----"~~''-------//~--/     | |
     |i|  \  ヽヽ /~~~\    | | /      //
     ヾヽ  ヾ  | |/  |   ヽ    | |/      //
      ヾヽ  |  | |    |    |  || | |      | |
      //  | //    |  ヾ~~~~^--,,,,,|  ー-,ヽヽ
     //   |//|    | ゞヾ"    ~~-_   ヽ\
   < /      |/     | 《ゞゞ""       |    =ゝ__
  //       |      ヾヾゞ   _   ヽ/  ///[二} ヽ
 |        /|   /~~~~^^-,,  ////\\//  ヾ/\\ >
/       /  | /       \/ iJ ヾ/ ヽヽ\,,,, /\ ~  >
          //,,,,,,--^~~~~~^--,,,,,\   _|ヽ  ヾ| \ヾー  >
   ,,,,,----^^~~~~~~~         ~-,,|ー-'----,,,,,_  ヾヽノ
  /ヽ            /\             ~~~~--,,,
  | |       ___/   \___           / |
  |  |      \            /          /   |」
スピードワゴン 「いや個人的には狩人好きなんだけど今日みたいなギリギリはもう勘弁…」
麻呂重・ジョースター 「何かあったのか?>ヒナタ」
ヒナタハンター 「まあね>ジョースターさん」
ハゲマント 「狩人?
COするタイミングが限られるから最弱村以外では基本拒否ってる」
麻呂重・ジョースター 「赤飯を炊いても?」
ヒナタハンター 「たとえ話のようなものだけど…

ジョースターさんは、この人とは絶対に合わないなと感じる人っている?
別に人狼に限った話じゃなくて」
ヒナタハンター 「いや、どちらかと言えば幸運な話じゃないかな」
麻呂 「輿水幸子 「占いCOすると 露出してる人外位置が増える。
灰から見ないといけない人外の繋がりの数が減るんです>麻呂さん」
なるほど、逆に潜伏をすれば「露出してる人外位置」が減るのでおじゃるか

でも全潜伏をして気が楽なのは2COなんでおじゃるよなぁ……
その「露出してる人外位置」が増えることで「あ、狂人がいる」と思えるから。」
ヒナタハンター 「言い方が悪かったね。
「幸運な話『ではない』」かな」
麻呂重・ジョースター 「そりゃ、あるさ>ヒナタ」
麻呂 「もしかして、オラオラですかァ―!?>麻呂重の貼ったAA」
ヒナタハンター 「ああ、答えたくないなら答えなくても全然構わないよ。
ボクが個人的にジョースターさんに聞いてみたかっただけなんだ」
ヒナタハンター 「…そうなんだ>ジョースターさん」
麻呂重・ジョースター 「例えば俺はタマネギの味噌汁が嫌いだ
だが、タマネギの味噌汁が大好きな奴もいるだろう

そのレベルで合わない人なんていくらでもいる」
ヒナタハンター 「ちょっと驚きかな。
この界隈ではキミの事をまるで聖人であるかのように思っている人がとても多いと思う。
ボクだってそうだ。ジョースターさんはいつだってボクの中の理想のプレイヤー像だよ」
輿水幸子 「まあ潜った場合だと今回のように【狩人が読み勝ちやすくなる】ので
結局どっち選択しても地獄という。
狼の方針と狂人の方針が超綺麗に噛みあってギリギリ、
なんですよね。なので今回狼に合わせられなかった狂人側の不手際です」
ハゲマント 「「少人数だと狂人に全部任す」って勢いで全潜伏する狼もいるくらいだからなー>狂人

そこらへんのさじ加減は難しい。」
麻呂重・ジョースター 「俺は何度かタマネギの味噌汁を好きになろうと試みたが、駄目だったからな

だから俺はタマネギの味噌汁を食べない
代わりに、タマネギの味噌汁を好きだと言うやつのことを否定もしない」
結月ゆかり 「じゃあ私はおちます 来てくださってありがとうございました」
ヒナタハンター 「それも意外かな、なんて>タマネギの味噌汁が嫌い」
ハゲマント 「おう、村立ておつかれー」
ヒナタハンター 「…うん、そうだよね>否定しない
なら、ジョースターさんは付き合いにくい人の事も否定せず
そのように接している…んだよね」
輿水幸子 「ではお疲れ様です。
村立に感謝を、いつかまたお願いします。
麻呂重さんにあわない人がいるのは意外でした。
なんか毎回相手に合わせて超柔軟に動いてるイメージがあったもので」
麻呂重・ジョースター 「俺は聖人でもなければ君子でもないさ>ヒナタ
ただ、割り切るだけだろ

誰彼かまわず、自分の好きな味噌汁の良さを伝える
相手がタマネギの味噌汁愛好者であっても、否定しない
俺のやってきたことは、そういうことだぜ?」
スピードワゴン 「村建てありがとうなー!!>ゆかり」
ヒナタハンター 「…自分の好きなものの良さを伝える、か」
ヒナタハンター 「話を聞いてくれてありがとう。

最近、ちょっと色々あってさ。
ジョースターさんとこういった事について話をしたかったんだ。
キミとは村の検討会でしか会えないから…」
スピードワゴン 「何があったか知らんが…頑張れ!!>ヒナタ」
麻呂重・ジョースター 「この程度で良かったら、いくらでも付き合うだろ>ヒナタ」
ヒナタハンター 「うん、ありがとう>スピードワゴン

…キミはやっぱり人狼界の希望の象徴だよ>ジョースターさん
具体的に何があったのかについては…キミが聞きたいのなら話すよ。
ボクだって、キミにこうして話を聞いた訳だしね」
四条貴音 「ん?ふと、見てみれば…ヒナタハンター殿…元気をだしてくださいね?」
ヒナタハンター 「今はもう元気だよ>四条さん」
ハゲマント 「……こうしてずっと立ち聞きをするのも何だな。
なんだ、うまいアドバイスはできんが、思いつめんなよとはいっとく。

んじゃ、スーパーの特売あるしそろそろ帰るわ。改めて村立てはおつかれさん、またやろーなー。」
麻呂重・ジョースター 「んー……やる夫鯖の人間は基本的に俺と同じようなもんだと思っているが
「来てくれてありがとう」ってスタンスだからな」
四条貴音 「そうですか…なら、それはよかった、やはり貴方が悩み事があるというのは
私としても心配になりますからね>ヒナタハンター」
ヒナタハンター 「今も絶賛お悩み中ではあるけどね>四条さん
だからこそ、ジョースターさんにこうやって質問してみたんだ」
麻呂重・ジョースター 「それこそ桃栗鯖にいた頃は意図的なゲーム破壊も何度かあったから、「悪気がないなら許そうぜ!」というポリシーで今までやってきてたわけだし

さて、この場合「合わない人」ってのはゲーム破壊をするレベルなのか
それとも単に村の中のレベルで合わない人なのか、ってのはちと気になるな」
四条貴音 「私は、どの鯖もそうなのではないかなとは思っていますが
最近ですと、私は四条鯖ばかり、行っていますがあちらも、そのスタンスですし
人狼プレイヤーは、たいていの人はそう思ってる…と思いたいですね>麻呂重」
ヒナタハンター 「…ボクもそれが一番だと思っているんだ>ジョースターさん>来てくれてありがとう
うん、それが一番いい。一番いいはずなのに」
ヒナタハンター 「どちらかと言えば後者になるのかな>ジョースターさん
そして、ボクに合わない人がいるんじゃないんだ」
スピードワゴン 「なにそれひどい
ゲームなんだからみんなで楽しめばいいのにな…」
麻呂重・ジョースター 「もしもそれがルール内というか、主義主張レベルなら
許せないことはないと思うだろ
許せない理由がない、肯定はできなくても否定しないことくらいはできるだろ」
ヒナタハンター 「また表現が不明瞭だね。
『ボクにとって、ボクから見て合わない人がいるのではない』」
麻呂重・ジョースター 「言っても聞かない?
それにしても結局はルール内の問題、そいつが聞かないからといって誰かが死ぬわけじゃない

場の雰囲気とか、その辺まで気にするのなら
率先して自分の方から空気を変えちゃえばいいんじゃないかなー……って」
ヒナタハンター 「…なるほどね>ジョースターさん
結局、自分が変えていくしかないのか」
麻呂重・ジョースター 「困った子がいて、話しても解ってもらえないってことかしら>ヒナタ」
四条貴音 「ふむ…それについては、思うことがありますが…
貴方がそこまで悩んでしまっても、こうはっきり言うと…解決は
結局当の本人次第…となってしまいます>ヒナタハンター」
ヒナタハンター 「端的に言うとそういう事かな>ジョースターさん
ただ…ボクは話してすらいない。話す事を諦めて逃げたんだ」
ヒナタハンター 「ボクもその結論に落ち着いてしまってね>四条さん>当の本人次第
だからこそ、自分の無力感を感じるばかりさ」
麻呂重・ジョースター 「諦めるのも逃げるのも決して悪いことじゃない
否定して攻撃するよりはマシだと思うだろ、もちろん困り具合の程度にもよる

子供が悪さをして、叱るのは親の義務だけど
それがルール内であれば、見守るのも突き放すのも自分で気づくまで待つのも選択肢だしな
ヒナタハンター 「………………」
麻呂重・ジョースター 「子供はともかく、友人、知り合いまで行くとさらに干渉していいレベルは下がる

本人に気付いてもらう、ってのは聞こえはいいが実際には難しいことが多いだろ
そういうときは……」
ヒナタハンター 「悪い事じゃない、か…」
麻呂重・ジョースター 「……自分が見本になるくらいしかないのかね?

声をかけ続けて自分を好きになってもらって、その上で自分の主義主張を好きになってもらうか
さっきの例だと、タマネギの味噌汁よりもタマネギが好きな自分を好きになってもらうか?
回りくどいなオイ」
スピードワゴン 「ゲーム崩壊レベルじゃないんだったらあくまでそいつのスタンス…
それが無理だとわかったら色々変えていくだろ…
あんまりきぃ揉まずに見てりゃいいのさ…」
四条貴音 「ふむ…ここは、麻呂重殿にお願いいたしましょう。
お疲れ様でした。とてもいい言葉を私も聞かせてもらった感じですね。
ヒナタハンター殿も、悩み過ぎないように…では、失礼いたします」
ヒナタハンター 「はっきり言ってしまえば、
その人の行動はゲーム崩壊レベルではある」
麻呂重・ジョースター 「ただ、そこまでする必要があるかどうかは考えておくといいだろ

人が相手にできる人間は限られるからな
命にかかわる問題でもないのなら、それなりに
その上で、あとは祈るしかねぇさ」
スピードワゴン 「さてそんじゃ俺も落ちるかね…ぶっちゃけ眠くて眠くて…
二人もあんまり遅くまで起きてちゃダメよ」
ヒナタハンター 「ただ、判断をつけ難く境界線を引くにくい、非常に繊細な問題なんだ。
残念ながら、ここでその詳細を話す事はできない。やる夫のマナーに則るとね」
麻呂重・ジョースター 「……そっか>ゲーム崩壊レベル
そいつは困った話だな」
ヒナタハンター 「割り切る事も必要、か…>ジョースターさん
その上で、ボクが見本になる」
麻呂重・ジョースター 「なに、気になった時はとことん聞くのが好きなんだ>スピードワゴン
ありがとよ、イイ夢をみるといいだろ
今日はありがとな?」
麻呂重・ジョースター 「そうだな>ヒナタ

たとえば暴言、ゲーム放棄
俺はこの辺りはしてほしくないと思っている、だから自分ではしていないつもりだろ
……してないよね? うん、多分してない」
ヒナタハンター 「ここまで言ってしまったのなら、
ある程度完全に踏み込んだ話をしてしまってもいいのかもしれないけど…

長々とそれを話すと、完全にボク個人の話になっちゃうしね。
この村の検討会ではなくなる」
ヒナタハンター 「ジョースターさんがそんな事するはずないじゃないか…」
麻呂重・ジョースター 「狼になった時に諦めないのも、狐遺言を残したりしないのも、マナーの問題だが俺は好きじゃない
だからしない

する奴がいても、それは仕方ない
「どうせなら頑張ろうぜ!」「オイオイ、あまり狼を苛めないでくれよ」くらいは言うけど
それを強制することはできないしな

ヒナタハンター 「狐遺言については…ボクも残さない方かな。
ただ、個人的には各陣営は自分の好き勝手に動けばいいと思ってる」
麻呂重・ジョースター 「ああ、俺もそう思う>好き勝手に動けばいい
自分の勝手だしな、まぁ多少は恨みを買うかもしれないがそこもゲームの面白いところだとは思うだろ」
麻呂重・ジョースター 「その時は頭に来ても、長い目で見れば許せるもんさ
んで、どーしても許せないなら、見本になるために実践するしかないだろ

当の相手が見てなくても、その場の誰かが共感してくれて、さらにまた誰かが共感してくれりゃいつか相手にも伝わるかもな


……と、ここまでは期待に満ちた期待論」
ヒナタハンター 「期待…
人に期待する事は大事だけど、それを裏切られた時の絶望は計り知れない…
だからボクは期待しない事を選んでしまった」
麻呂重・ジョースター 「それがもうどーしても許せないというか、困るというか
可及的かつ速やかに解決しなきゃいけない問題だと思うのなら
そして解決しないと自分が駄目になると思うのなら、正当な理由で忠告することもできるだろ

「君はタマネギを食べないからこうこうこういう栄養が不足している、食べるべきだよ」なくらいに」
麻呂重・ジョースター 「これにしても、相手を否定するのは勧められないな」
ヒナタハンター 「…じゃあ、それだけ正当に忠刻したとしても、
その人にタマネギを食べる事を理解してもらえないのだとしたら?
そして、タマネギを食べないとその国では生きてけないのだとしたら?」
麻呂重・ジョースター 「目の前で美味そうにタマネギを丸齧りして来たのが俺のやり方
結果としてみんなが美味しそうにタマネギを食べてくれるようになってくれたら万々歳」
ヒナタハンター 「…このたとえのタマネギを「やってはいけない事」か何かに置き変えた場合。
ボクの悩みに限りなく具体的に近付く」
麻呂重・ジョースター 「それでも、そいつがタマネギを食わない、食べないとその国じゃ生きていけないのなら
仕方ない、と割り切るのも正解だと思うだろ

その国で生きていけなくても、死ぬわけじゃない
何よりタマネギを無理やり食べさせたら、それは強制であり洗脳になっちまう」
ヒナタハンター 「「タマネギを食べる」ように、「やるべき事」を啓蒙する為には見本を見せるとう方法は極めて有効なんだろうけど…
「やってはいけない事」を理解できる見込みがまるでない相手にはどうすればいいんだろう」
麻呂重・ジョースター 「でもなー……それで割り切るのもちょいと心が痛むというか
後味が悪いというか、モヤモヤするのも事実」
ヒナタハンター 「…その後味の悪さで、どうしてもね。
「やってはいけない事」を理解できない人は、
その国から排斥するしかないのだろうか…」
麻呂重・ジョースター 「んー……程度にもよるけど

それでも、多分俺たちは強制しちゃいけないと思うだろ
忠告はする、見本にもなる、アドバイスはする

何度も何度も繰り返してもいいぜ?
何時間も話に付き合ってもいい、そこは自由だ」
ヒナタハンター 「そして、それをするかどうかを選択するのは自分。
その人がどれだけ自分にとって大事か…
ジョースターさんが言ったように、一生で人が付き合える人間は限られている」
ヒナタハンター 「…そういう事、なのかな」
ヒナタハンター 「強制してはいけない…」
麻呂重・ジョースター 「ルールに反しているのであれば、それを理由に
マナーに反しているのであれば、「みんなが」じゃなく「個人的にそれはやめたほうがいいと思う」レベルで

だけど、それ以上はいけない
究極的な部分でどーーーーーーーしても解ってもらえないのであれば、そこは割り切るしかないぜ」
ヒナタハンター 「…うん、そうだね」
麻呂重・ジョースター 「親なら子を叱ったり導くのは義務だけど
そうでもないのなら、強制はしちゃいけない
ルール違反は別な?

ヒナタハンター 「…そのルール違反だとボクは思ってるし、その人以外もそう思ってるんだけど、
その人自身は自分がルールを侵しているとは思っていないらしいんだよね。

だから理解させられないんだ」
麻呂重・ジョースター 「明確なルール違反なら、それをキッチリ示すことはできるな
例えば暴言、テンプレに書いてあるし「やめようね?」と言う事はできるが

これも程度によるかー、困るなそう考えると
本人は暴言じゃないと思っていることもあると」
麻呂重・ジョースター 「しかし、そこで「一切の暴言はやめよう! もうそれっぽいの全部禁止!」と相手を縛ると
それは自由を奪うことになる、だから強制することはできない

難しいね、まったく
でもお前さん、何度も忠告はしたんだろ?
ヒナタハンター 「有象無象なら見捨てるし、仕方がないと割り切りもする。
ボクはそう情に篤い人間じゃないからね。

だけど…その人は、ボクにとっての大事な人だったんだ」
ヒナタハンター 「…いや、した事がないんだ>ジョースターさん>忠告

ただ、それ以外の話については何度もした事があり、
いかに話が通じない人か、というのは理解している。

そして、他の人が忠告しても一切耳を傾けない事もね」
麻呂重・ジョースター 「なら、もう少し繰り返してもいいだろ
大事な人ならな

俺もできない子がイケないことをしたら、その都度口を酸っぱくして文句を言うもの」
麻呂重・ジョースター 「たーだーしー」
麻呂重・ジョースター 「おっと、そいつは厄介だな」
麻呂重・ジョースター 「んじゃ、一度でいいから忠告はしておくといいだろ
それで駄目だと思うのなら、そんときゃそんときだ

居場所を失ったとして死ぬわけじゃない
だが自分の忠告で相手を強制させたら、それはある意味で相手を殺すことになるからな
ヒナタハンター 「ボクはその人の事を諦めてしまったけど、
諦めきれずに説得を続ける人もいる。

だけど…説得を続けている人は消耗するばかりだよ。
ボクよりもずっと疲弊し悩んでいる。その姿を見てボクもまた悩む」
麻呂重・ジョースター 「なので

1.お手本になる
2.そういう雰囲気を作る
3.忠告する

この順序で進めて、3でも駄目なら一旦は諦めるとイイ
それ以上は自分で気づくしか無いさ」
ヒナタハンター 「…そうだね。結局は、自分で気付くしかない」
麻呂重・ジョースター 「もう少し気楽になるといいと思うんだけどな

孤立したところで、死ぬわけじゃない
居場所を失っても、再起不能になるわけじゃない
やり直すことだってできるもの、素直に謝ったりしたらいくらでもチャンスはあるだろ」
ヒナタハンター 「…そうだね」
ヒナタハンター 「気楽に、か」
ヒナタハンター 「ジョースターさん、ありがとう。
気持ちの整理がついたし、少し楽になったよ」
麻呂重・ジョースター 「自分で気づくことができたらオメデトウ

仮にこのコミュニティじゃなくても、他の居場所で上手くやれるかもしれない
あるいはここでやり直せるかもしれない
生きてりゃチャンスはいくらでもあるんだ」
ヒナタハンター 「ボクとしても、それを祈りたい」
麻呂重・ジョースター 「ん、あんまり気を詰めなさんな>ヒナタ

相手のためを思うのは自由だが、相手にのめり込んじゃいけないだろ
人間、関われる相手の数なんて限られているんだ」
ヒナタハンター 「うん、そうするね>ジョースターさん>気を詰めない

ジョースターさん…
やっぱりあなたはボクの中での希望だよ。
人狼を始めたばかりの頃から…今までも、そしてきっとこれからも」
ヒナタハンター 「今度はこんな悩み話じゃなくて、
一緒に楽しく遊べたログの話なんかで盛り上がりたいね」
ヒナタハンター 「改めて、心から感謝するよ。
それじゃ、お疲れさま」
麻呂重・ジョースター 「期待されても困るが、とにかく寛大であることだろ>ヒナタ
それが一番だ、とにかく相手を許せないから喧嘩も争いも起きるわけだしな」
麻呂重・ジョースター 「さて、長々とすまんな、どーも気になっちまったからよ
言うだけなら簡単だが、実際にやるのは難しいだろ

逃げ出さずに考えているだけでもお前さんは偉いよ」
麻呂重・ジョースター 「だが、あまり根を詰めすぎないことだろ

適度な距離感も大事よ
人は神様のように全能じゃないもの、それじゃな?
またどこか出会うことがあれば、よろしくだろ」
麻呂重・ジョースター 「…………」
麻呂重・ジョースター

   / ̄ ̄\
 /   「  \   \
 |    ( ○)(○) \ \    なんか恥ずかしい!
 |      │ |  __
 |     __´_ノノ´ ̄    ̄\
 |      /  }         \
 ヽ   /   }           }う・,‥¨
   ヽ     ノ  ___   _ノ ぐ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\」
四条貴音
          / ,/ _____` 、  ヽ
        /   | /         `\  ,
.            |′   j   ト、 、  ヽ}
        ′ |  | / //ハ   }从ハ   },|
       !  |  |」__j廾 リ--' ´ ̄ゝ-ル|   >麻呂重殿
       |  |  | Yさア`   'さラY/ {   恥ずかしがることではな、ないではないですか…
       |  |  |      ,     ′ハ   よい話でしたよ
       j  j  ト        _   ,'    ヽ
        , /   「`i 、  `    /      、
        /ノ     V{__」> ._ ィ,  /   / ノ
      八      \`ー―‐i八 〈   / /
.     / .乂  、  ノ::::::::::::::`ー、-\ .{ ∧
      '  {::::::)、  ∨:::::\_______}::::::::) ヽ{ \
.  /  ハ:ノ  \ `  、:::::ゝ{廿}'::::::::(`   ヽ  ヽ
  {    / {ゝ、   \  )::::::::::::::::::::::::::ヽ__ノノ   )
.  ヽ /  }::::::::ー、  、(__ノ::::::::::::::::::/ /ハ   '」
麻呂重・ジョースター 「3行でまとめよう

・困った人がいたらどうすればいい?
・気楽になろうぜ、死ぬわけじゃないしな!

2行だった」
麻呂重・ジョースター
     / ̄ ̄\
   / 「  ヽ \
   |  (○)(○) |
   |      |    |
   |   __´_  |
   |   `ーnl^l^l
    ヽ    |   ノ
     ヽ   ヽ く
     /    ヽ \」
麻呂重・ジョースター 「寝ろぉぉぉぉ!>四条
今すぐ寝ろッ、そして忘れるンだッッ!!!」
四条貴音
                      :′: /::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ: : : : ヽ: : : : : :ヽ
                       | : :/: :.:´ ̄ ̄ ̄ `ヽ::::::::Y: : : : }: : : : : :.∧
                       | :/´: : : / : : : :!: : : :\\:::! : : : :'. : : : : : :.
                       l/: : : : / !: : : :.ト、: : : : :ヽ: :| : : : : '. : : : : : :
                       |{: : Ⅳ{、 {: : : : :、 \ : : : Ⅵ: : : : : :、: : : : : :
                    八{ー=ミ_ヽ从、:_: ゝ=ヽト、 : {: : : : : : :\: : : : :
                    /: : : :、〈 心   -‐_..._ ヽ:|: : : : : : : : :\: : :
                  /: : : : :ハ ヾソ    ´{ 仡心|: : : : : : : : : :.\:
                /: : : : : :/ :}  〈      ` ー' ´ : : : : : : : : : : : : :  思わぬところに、見ている人はいる…
               / : : : : : : /: :人           人: : : : : : : : : : : :  まあ、私はメイトさんが心配でしたが、
             / : : : : : : : /: : { .{:ヽ  ̄ ¨¨´    /  ヽ: : : : : : : : : :  できない夫さんに、お任せしたほうが
               〈: : : : : : : : : :{ : : :! .!: : \    .. ´-‐ ´   \: : : : : : : :  いいであろうと、思った故に、一旦引いただけですので
             \: : : : : : : : _:_: :} .} : : : :`r≦イ /         `ー=ミ 、: :  ふふふ
               \: : : : rへ `ヽ .!: :r 、:_|_./        .. ´: : : : :
                > :〈 _ヽ ヽ .|イ::/:/::/      .. ´: : :_: : : : : :
               /: : : : }ノ{ 〉  .|::|:/:/:/      .. ´: : : : :/   ̄」
四条貴音
.  /          /::::::::::::::::::\ヽ  !
.   !      r: /:::::>―――‐ヽ! |
  j         l/:::::/          \}
  /       |:/j     i  、   ヽ、
. /          ! /   ! j、l !  Nヽ\.  }
/ /   {     l // /| / | N_j |ィY7rー{
  :|  :ヽ、   !/ /-l√`   仞 '∧\ヽ
/ |  : : :ト、.  ∨イ yタ示.    レ゙ {/ :::::) 〉
  :|   : : :K^ヽ ∧〈匕り     、 }::::::/
  :!  : :/ `7l  ∧           /:::::
 / : : /  ∧l  ∧.     ー '/:::::    寝て起きたので、ここに居るわけで…
   >r―‐〈  l  / ∧ーr――...::::::::     まあ、私も私なりに、あの方を心配していたわけでして
 / l: ヽ.: : :ヽ、!   / /V :::::::::::::::::    
√ ̄l:::: : :、: : :.|   / /\::::::::::: 
. : : :.j:::: : : :\:八   /  / ヽ」
四条貴音 「                              -‐…‐-≦⊆¨¨⌒\
                        /   /ニ7'´       `ヽ:、
                       / /   |/          `、
                       /  ′   ′|   || l|   |    .
                   /   } /  / /   /|Lノ|_,ハ__| |、
                          /,/  / /ィ二⌒     '⌒ヽ┘\
                     }  |/  /7^_,,イ汀⌒     f灯^Y (\ \
                  /   /  /|イ ⌒└┴      `^ |\ \\ \_        まあ、落ちますか…
.                 /   /  /八              '   {  \ `¨¨¨⌒ヽ      麻呂重殿、私からも、お礼を一言
                 /   /  /| l(`ヽ       r   ¬ァ ∩八          \    いい相談相手になっていただき、ありがとうございます
                   /   /  //| |廴        ー   | |、 \ < ̄ ̄\   \  では、お疲れ様です
                  /   /  | l八l'⌒ニ⌒ト          | |/ヽ  \\    l\
.               /     /   :| |  \   __}__≧=┬く」|/ ,/ヽ {\\__ノ     丿
             /    ノ|{    \   \「 ̄ ̄ ̄ ̄亥ハ,八   '´ ̄〕l{∧/  丿/〉
.          /    / / 八\__   \   ノ}:、     /l乢 ∧   { |(/    / /
.          /   // / /   ー―┬-ミ`'く《} |\__/〕〕||\∧   |/     / //
       /   / / / {     _/    \\/》, \ 〔/ ||\ヽ|   トミ,_  (__/ /」
麻呂重・ジョースター 「困った時の決まり文句:

薔薇GMや埋めチルさんや流石GMやテルヨフさんや乗月さんに感謝しつつ
彼らを悲しませるような真似はしないようにしようぜ!
むしろ楽しませよう、そんな心意気

こういう大事な事を忘れなければ平和だと思うの
うん、そういうことにしておこう、これで〆れば大丈夫
八九寺もきっとそう言ってくれる」