←戻る
【紅1170】やる夫達の普通村 [1992番地]
~昨日は勤労に感謝して休んだし今日はだらけよう~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 巡音GM
(生存中)
icon スピードワゴン
(生存中)
icon 黒咲夜
(生存中)
icon てるよ
(生存中)
icon ニート侍
(生存中)
icon ニートP
(生存中)
icon ヒイロ・唯
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon 佐々木
(生存中)
icon 眼球抉子
(生存中)
icon 蜂須賀五右衛門
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon クマー
(生存中)
icon 妖夢
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon フォイマルフォイ
(生存中)
icon ムスカ大佐
(生存中)
村作成:2012/11/24 (Sat) 15:26:06
GM 「「【禁止事項】
無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
システムメッセージのコピーペーストに よる能力結果CO、
突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
人外の村人騙り騙り
※これらの行為が 発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
初心者CO、初心者騙り 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は 待ってあげてください)
昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
※基本的に注意・警告のみですが、GMが 悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いしま す。
【占い師候補へ】
最初の発言は簡潔な占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php ※重要)
まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です) また、初心者の方は ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLか ら観戦スレやMLを確認してみてください。
http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ> 初日から会話が殺到します それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。 というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全 文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「CO絡み以外の昼AA許可
早朝待機
狐遺言無し」
GM 「開始は50分くらいにしますか。
GMはぷらずまです。」
スピードワゴン さんが村の集会場にやってきました
黒咲夜 さんが村の集会場にやってきました
スピードワゴン 「おぅ、よろしくなぁ。」
黒咲夜 「よろー」
GM 「いらっしゃいませー。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 巡音GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2054 (巡音ルカ②)」
黒咲夜 「うむ~」
巡音GM 「むう~?」
黒咲夜 「人こないな」
巡音GM 「まだ時間先だし、ずさーが来るわよきっとね。」
新城直衛 さんが村の集会場にやってきました
新城直衛 「や、よろしく」
巡音GM 「いらっしゃいませ。」
ただの仮 さんが村の集会場にやってきました
ただの仮 「よろしゅーおねがいします」
巡音GM 「いらっしゃいましー。」
ニート侍 さんが村の集会場にやってきました
ニート侍 「絶対にズサりたくないでござる」
ただの仮 「それにしてもちかごろ寒い、というかおなか痛い
そんな状況でも人狼はやりたいのです」
ニートP さんが村の集会場にやってきました
ヒイロ・唯 さんが村の集会場にやってきました
球磨川禊 さんが村の集会場にやってきました
ヒイロ・唯 「…頼む」
ニートP 「昼からアルコール摂取できない生活にしたくないでござる」
球磨川禊 「『やあ』『僕だよ』」
ただの仮 「へい、らっしゃい」
新城直衛 「新城直衛 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:新城直衛 → てるよ
アイコン:No. 1275 (新城直衛) → No. 4944 (蓬莱山輝夜4)」
佐々木 さんが村の集会場にやってきました
ニート侍 「怠惰村でござる・・・」
佐々木 「よろしくね」
かり さんが村の集会場にやってきました
かり 「よろー」
かりりん さんが村の集会場にやってきました
かりりん 「おいす」
巡音GM 「おっと、いらっしゃいいらっしゃーい。」
結月ゆかり さんが村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「よろしくお願いしますね」
てるよ 「人狼の戦いに勝つには一億総ニートの精神でかからないといけないわ」
クマー さんが村の集会場にやってきました
スピードワゴン
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |         なんでぇなんでぇ。
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl          集まりが悪いのかと思ったら。
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \       ちゃーんといるじゃねえか。
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /」
クマー 「くむぁー」
妖夢 さんが村の集会場にやってきました
ヒイロ・唯 「敵は…どこだ!」
かりDeth さんが村の集会場にやってきました
妖夢 「よろしく世お願いします」
フォイマルフォイ さんが村の集会場にやってきました
巡音GM 「ハクねーさんはいつからPに転職したの…?」
黒咲夜 「あらら、トイレに行ってる間に結構増えたね」
ただの仮 「私がやらねば、誰かやる
の精神ですね<てるよ」
球磨川禊 「『そうだね』『働かなくてもいいんだよ』
『僕はそんな勤労意欲のない君達の味方だから。』」
ニートP 「就職したくないでござる!
絶対に就職したくないでござる!(くわっ」
黒咲夜 「しかも埋まりましたね」
フォイマルフォイ 「よろしく頼むフォイ」
巡音GM 「わーお埋まったわ。
時間前だけど、準備よろしくね。」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 眼球抉子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6002 (眼球抉子)」
ただの仮 「すみません
腹痛がきつくなったので村から外れてトイレに籠ってきます」
黒咲夜 「準備できました」
ただの仮 は ただの仮 に KICK 投票しました
ただの仮さんは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ヒイロ・唯 「腹には気をつけろ…仮」
スピードワゴン

    , -──- 、
 /::::::::::::::    ::\
/:::::::::::        ::∨ト、           
::::::::::          :: レ'ノ
::::::::::::::        ::: レ'⌒ヽ         
ヽ-───i===i─-}ァ'  ノ         就職したくねぇだと!
、` ー-===-゚---゚==‐' /
、`¨フ>;''ニニゞ,;アニニY´; )          数多の人間を見てきた俺には分かるッ!
_、;;)¨´,ニ=゚='" ,.ヘ=゚:く {ッリ'           
i1(リ        r;:ドヽ K            こいつら只のニートじゃねえ! 生粋の、身体だけじゃねえ、精神からして、
ヾ=、     に二ニヽ `|; )           
_,ノ| i.     {⌒゙'^ヽ.{  i;; ヽ          働かねえニートだ!
_,ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ ,';;;  ;;冫=:、
_;(|.!.  \   ‐っ /!;;; ;;/ 、''"\__     
'ト、\.   ,ゝ、.二..イリ\ / ー1\'ニゝヽ_
:ヽ  `ニア   ,. -┴‐‐'  ー-:l :=ゞ=ソ」=ヽ   
:::::\ ニ=ト、.i___`ー-┴-、ノ .   l __l| ,ニト、くヽ
l::::::::::\ー:ト      __}/ト、゙ ー-‐| ,ニ|ゞ=ハ `¨´ー- 
;ニ=ー:::::::ヾト、._    ̄ ノ|::ヽ ニ._‐-ゞ=' .ノ ::|::::::::::: 
:\:::::::::::::::ヽ   ̄ ̄ !:|:::::    ̄ ̄  ::::|::::::::」
ニートP 「これが伝説の布陣トリプルニートアタック(ごくり
>入村順番」
かりDeth 「かりDeth さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりDeth → 輿水幸子
アイコン:No. 5 (赤) → No. 6560 (輿水幸子02)」
フォイマルフォイ 「うんまあ頑張れフォイ」
巡音GM 「あら、気を付けてね。 >ただの仮さん」
てるよ 「ただの仮はお大事に」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 蜂須賀五右衛門」
輿水幸子 「世界一かわいいボクが来ましたよ
喜んでくださいね」
かり さんが村の集会場にやってきました
黒咲夜 「なら始まる前にジュースとってきますか」
蜂須賀五右衛門 「蜂須賀五右衛門 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6610 (蜂須賀五右衛門)」
佐々木 「それは残念」
巡音GM 「いらっしゃいませー。」
黒咲夜 「と思ったら埋まりましたか」
蜂須賀五右衛門 「忍び参るっ」
スピードワゴン
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |         お大事にってやつだ。
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl          腹の下しばっかりは神様も助けてくれねぇからよ。
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \       
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /」
フォイマルフォイ 「腹パン>幸子」
ニートP 「おじぎをするのだマルフォイ」
輿水幸子 「>マルフォイ
何をするんですか!」
クマー 「でも腹が痛いと神様仏様に祈るのが日本人」
フォイマルフォイ 「黙るフォイ!!>ニートP」
球磨川禊 「『働かない事は悪い事じゃないよ』『面倒な事は他人に押し付けて』
『人生の苦難をスルーして』『成長も努力もせずに道端の石ころ いや寄生した植物みたいに生きる』
『そんな生き方だって僕は否定はしないさ』」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ムスカ大佐
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 5012 (ムスカ大佐)」
ニートP 「まあ要するにですね
仮に村の1人が働かなくなっても
他の村人がそれぞれ普段の6分の1ずつより働けば村の総力は変わらないんですよ」
フォイマルフォイ 「うっせえアバタケダブラすっぞ>幸子」
ムスカ大佐 「よろしく」
ヒイロ・唯 「俺は有機物なら大体たべられるが、お前らには無理だろうな…
腹下しは自己管理を怠った結果だ…」
黒咲夜 「全員準備はできましたね」
ニートP 「何が言いたいかって言うと
皆さん働きましょう私の為に」
蜂須賀五右衛門 「有事に通じで苦しみたくなからば規則正しい食生活を営むことでごじゃる
芋を食しゅも良ち」
スピードワゴン 「この球磨川ってやつ……何かよくわからねぇどす黒いものを感じる……!
生まれてからずっと暗黒街で生きてきた俺には分かる……!
何か、はかりしれねえ悪の波動みたいなものを持ってやがる……!」
フォイマルフォイ 「バルス!!!!>ムスカ」
巡音GM 「揃ったみたいなのでカウントどうぞー。 >スピードワゴンさん」
スピードワゴン 「おーしじゃあカウント開始だ。」
スピードワゴン 「了解さ5」
スピードワゴン 「4」
ヒイロ・唯 「カウント頼む」
ニートP 「そろそろアバダケダブラって長いと思うんですよね
ここはアダブラって略しましょう>フォイ山」
スピードワゴン 「3」
スピードワゴン 「2」
スピードワゴン 「1」
球磨川禊 「『やだなあ』『そんな悪の波動だなんて』
『少年ジャンプみたいな物ある筈ないだろう?』」
スピードワゴン 「開始だ。
よろしく頼むぜ。」
ゲーム開始:2012/11/24 (Sat) 15:46:36
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
輿水幸子 「狼ですか・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆巡音GM それではみなさん頑張って下さいませー。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
球磨川禊 「『……ふぅん』『なるほどね』
『どうやら最近の僕は狼づいてるみたいだ』」
輿水幸子 「おーいお仲間さん」
てるよ 「はたらかないっていったのに…」
てるよ 「というわけでよろしくね」
球磨川禊 「『よろしくね』
『可愛い女の子と一緒で緊張しちゃうなあ』『なんてね』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
輿水幸子 「騙り出る方募集中ですよ」
てるよ 「騙りとかはどうしましょう」
球磨川禊 「『という訳で』『何かしたい事はあるかい』」
輿水幸子 「ボクが可愛いのは事実だから仕方ないですね!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆巡音GM 早朝待機村は朝の15秒発言が不可能となっております。」
球磨川禊 「『ま それじゃ僕が騙るかな』
『信用とかはあまり考えてないからそのつもりで』」
てるよ 「じゃあ私が騙ろうかしら」
てるよ 「じゃあ球磨川お願い」
輿水幸子 「それじゃあお願いします」
てるよ 「●打たれたら素直に吊られるわね」
「◆巡音GM GMはその15秒間に愛を叫んだりして楽しんでいますね。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
球磨川禊 「『はいはい』
『それじゃ1:30で噛むからね』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM あ、プレイヤーの時ですよ、叫ぶのは。
当たり前です。」
巡音GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
巡音GMさんの遺言 楽しー村になりますように。
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
黒咲夜 「おはようございます」
ニート侍 「朝起きたくないでござる」
ヒイロ・唯 「…朝だ。役職は頼む」
フォイマルフォイ 「おはようございますフォイ!!
占いはCO頼むフォイ!!」
クマー 「くむぁー」
蜂須賀五右衛門 「占術師を宣言致す ヒイロ氏は○にごじゃった」
ムスカ大佐 「おはよう」
妖夢 「占いCO眼球抉子は白」
ニートP 「さあ、働きましょう!
私以外の全員は!!」
てるよ 「何故この世には労働というものがあるのだろうか。
そう思ったてるよはそのうち考えるのをやめた。」
輿水幸子 「おはようございます!」
球磨川禊 「『占いCO:――スピードワゴン○。』」
眼球抉子 「ふん」
スピードワゴン
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、       俺は、この時に対する覚悟はしてきた……!
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |            だが、やはり震えがする、汗が噴き出るぜ……!
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ            狼や狐の野郎が、イイ気になって村人達を
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \        食いものにする所を見るのはよぉッ……!
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /」
結月ゆかり 「おはようございます」
蜂須賀五右衛門 「理由
おぬしも戦場に生きる者でござろう
拙者には分かり申す なればその実を見改にぇばなるみゃい」
佐々木 「おはよう」
球磨川禊 「『君からは週刊少年ジャンプに出てくるような』
『そんな気配を感じるよ』
『カウント役の子だけど』『もし人外だったとしても僕は悪くない。』」
ムスカ大佐 「占いは宣言したまえ」
ヒイロ・唯 「占い2COか。俺に○一つ、と」
ニートP 「ぽんぽんぽんと3COなんでさくさく霊能共有どーぞ」
ニート侍 「働きたくないでござる霊能CO!
絶対に霊能COしたくないでござるに!」
妖夢 「占い理由等皆無に等しい!
まあ冗談はともかく、狼だったら抉り殺されそうなので、占っておこうかと
黒だったらやられる前に吊れますしね」
クマー 「クマー川……同じクマーだというのにこの裏切りッ!」
黒咲夜 「占い2で○進行ですか、霊能出てきてください」
輿水幸子 「○展開なので霊能もCOおねがいしますね」
眼球抉子 「私のことは、次からグリコと呼べ
そうしないならその眼球、えぐっちゃうぞ>妖夢」
結月ゆかり 「共有ですわ。相方は生存です」
球磨川禊 「『よしよし』
『流石週刊少年ジャンプの登場人物は潔白らしいね』」
ヒイロ・唯 「いや、3CO。ちょっと様子見が入った気もするがこんなものか。
霊能も出たな」
ムスカ大佐 「ほぅ、3COを確認、そして、霊能もCOか」
黒咲夜 「占い3でしたか」
佐々木 「霊能ってニート職って言葉もあるではないか」
クマー 「就職したからには働くクマー(ニッコリ>ニート侍」
ニートP 「ず……ずるい!
3日目にさっさと噛まれ死んで霊界でサボるのは
私のものですよ!>サムライ」
フォイマルフォイ 「3COフォイね霊能共有は出てきてほしいフォイ」
輿水幸子 「ニートなのに霊能COとか偽ですね吊りましょう(棒)」
妖夢 「私は綺麗に死にたい!だから甘噛みがいいです!」
ムスカ大佐 「◇クマー 「クマー川……同じクマーだというのにこの裏切りッ!」
これはどういう意味だね?」
黒咲夜 「グレランですね」
ヒイロ・唯 「グレーはまあ狭まっているな」
妖夢 「ど、努力します>グリコさん」
蜂須賀五右衛門 「拙者の敵に姫武将が……
見たことの無い顔でごじゃるが、腕は確かに見受けられりゅ
影にひそめぬ以上油断はぢぇきぬでごじゃるな」
てるよ 「ニート侍が霊能CO。所詮明治維新できちんと働いていた彼が
誇り高きニートになることなどしょせん無理だったのだ」
球磨川禊 「『共有者の子も』『霊能者の子も確認はしたよ』
『相方なんて』『まあ好きにすればいいんじゃないかな』」
結月ゆかり 「相方は吊られないところ
つまり○の中にいるのでご安心を
でも、普通に出てきてほしいところですけど」
ニート侍 「指定役したくないでござる!
絶対に噛まれたいでござる!>P」
輿水幸子 「3-1の○展開という非常にノーマルな感じの初日ですね
共有も出してグレランでいいですよ」
ニートP 「ぶっちゃけ○にいても出ていっすよ」
スピードワゴン
    V       _>'':::>'">      `ヽ
 .    V    _>'':::::> ,.ィへ_.、、\..__   ミ、._  
      V_>'':::::> ,.ィ-‐ ニ::::ハ`トヽ、   ヽ=- .
  ,.. -‐=V>''":;.ィ i/ァr ¨tアノ  ミソ }ミヽ、 ヽ -  
  i  -‐''"_,.:ィ:,.ィt:ム '¨ヽ ̄  r  ノし'^V    \
  ゙¨¨  ̄/ ゙ヘ` ¨´ l i  ', \、 i.  !:: ヽ.\-、.   .       この三人の面構えを見ろ……!
 .     リ  .ハ、   ー'¨フ   \. ';::  ゙、 ヽ\  
     ∠ /  ∧   `_,. ‐ニヽ  ヽ !::.   ヽノ l:         多くの人間を見てきた俺には分かる……何かを秘めている!
     -イィ    ',   .V´  /    /:::     /  ;:
   ,.ィ'¨=-、    ∧   `ご.    /::::   ./  ./:   .       村を救おうとする意志……そして、村人たちを騙し、喰らい、せせら笑おうとする悪意……!
  ,斗- 、 ノY'¨ヽ.   \  i   ./:::: !   ,.'  ./::::  .
 .( ,⊥..__ `/ ヽ,イ    >、__..ィ::::  i /   /::::::          それらがこいつらの中に秘められている!
  / L、  `ト -' l   / ,.ィ、::::::::..../   ./::::::::   .
  v'´ ̄¨゙ト!、 /  / i´‐、 \:::/    /::::::::::
  i \,.ィ  ノヽ\ /  l |::く\ ::| /\.  /::::::::::::」
ヒイロ・唯 「役職弾けなかったのは残念だったな>ニートP」
眼球抉子 「ムスカ大佐の眼球にスプーンを突き立ててみたいな」
クマー 「球磨川→くまがわ→クマー川とかクマ側とかそういう妄想>大佐」
ニートP 「後で考えるのめんどいので」
妖夢 「霊能はニート侍さんでしたか。
侍つながりで占わなくてよかったです。」
球磨川禊 「『潜伏するのは君達の自由だし』
『その結果僕に占われたとしても』『僕は悪くない。』」
佐々木 「自分から出せばいいんじゃないかな」
ニート侍 「発言数的に初日あるかなーと思っていたのでござるがな」
蜂須賀五右衛門 「野暮かもしれぬが出て欲しいなら
引きずりだしぇば良いでごじゃろう」
黒咲夜 「占われてるんですか相方は」
輿水幸子 「グレランだろうがなんだろうが世界一可愛いボクが吊られないことは
世界の法則ですからね。きっと一票も入らないですよ」
クマー 「でたぁー、スピードワゴンの解説!
クマーはその解説に敬意を表する!」
眼球抉子 「出したいなら勝手に出せばいいだろう>幸子
当人の自主性を尊重するなら、尊重させたらいい」
ニート侍 「そういう意味で共有COも考えたけど働きたくなかったでござるので投げたでござる」
ニートP 「んじゃ共有以外の○は非共有COしちゃってもいいですよ」
ヒイロ・唯 「○に潜んでいるなら出さなくても、本人たちの好みでいいと思うが>五エ門」
ムスカ大佐 「>スピードワゴン
わかるなら真贋までいってくれたまえ
というか、3人のうち2名は村を滅ぼさんとしているものたちなのだが・・・」
球磨川禊 「『ま』『それはいいとして』
『知ってるかい?』『村に入ったとして』『何らかの人外を引く確率って』
『大体3分の1くらいらしいぜ?』」
佐々木 「人気投票だったら悲惨だね>幸子」
フォイマルフォイ 「相方占われてんのかフォイ…
占ったやつが真なら残念フォイ」
妖夢 「名前を間違えないようしっかりメモをしなくてはw」
ニートP 「私が今何を一番いやがってるかっていうと
真が○ゼロでくたばっていって
私の負担が増える事なんで(キリッ」
ヒイロ・唯 「ニートが2人いて面倒だな…」
てるよ 「         _
      ,...:::´::::::::: ̄::`::..、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    'イ:::::/:::i:::::l::::-ヽ::::::,:::_::」_
   , .´l:::::/_::::L::::l:_ヘl::::if‐- .._ー-、
  .//l:::::l., ‐   ´ ̄`l::::l  ヽ   ソ    今まで外野がそう言って聞いてくれた
   ヽ ´il ''' __ '''i::::i   ` /      
    \ ヘ.  ` - '  l::::l    ./i      ことなどあっただろうか?
     ハ::l` ェァェ イ:;ノ ,  /:::ハ      
     l:::、i r-kヶ'-<  /  /:::::::::ヽ     それはこのニートが平安の時代に経験し、諦めたことだ
     ノ:::,::::ヾ-/ ヾ_イ    .l:::::::::i::::ヘ    
    l:::::i:::::ノ  ー-     弋_::::l::::::::l
     、::l-く   --      ィ'::::':::::::::i
     ´ .i::`::-::'ー-―--::::´::ヽ::' ̄ ソ
       l:::::::::::::l::::::::::::::::、:::::::ヘ
       .i:::::::::::::::ヽ::`::::、:::::ヽ:::::::ヽ
       .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」
クマー 「別に対抗占いすんなってくらいじゃねーの?>○の共有」
輿水幸子 「>眼球
出るかどうかは共有の判断ですけど
共有のログ読んだり投票先で考慮したりするの面倒くさいからボクが嫌なんですよ!」
球磨川禊 「『つまりさあ』『そこのニート三人の内』
『一人は期待値で言うと人外なんじゃないかな』」
スピードワゴン
                           ,ノv'//     三ミ
                      _r'´ ̄         l   `ヽ.    
                     ///           ノl     \  
                   l       ,ハ     ノリ/,/ノィ       ハ  _
                      V      ( ヽ       彡ィ     ノ
                 /三二  、_  ト、    _,.,..、 、 ト-! '   ̄ヽ   
                 _  レ彡   ヾ  `ン   バ   l ハノ':::l        }         いいか、村人達よッ!
           /´  ̄¨`ヽl    \.__,ノi.  l | l リ 、 .r'::/、!、    リ
             {        |   __,. ,ノ ,ノ,....ノム-::::、ミ、 ィタィ´ lリ    ソ          お前たちは能力がねぇ! 人外共に対抗する術はただひとつ!
            \.__   /ヽ /   ノノ,! ─rtッフ´,  {`ヽ  ハ、_/ ̄¨:: 
            __V  ̄ i ∧ ,/ {¨゙ヽ({.   ̄ ヽ :  ',  ヽ. |___:::::::::::::::::::        見極めることッ!
           ,.イ´  \_ ,ィ'  \..ノヽ. ) `ヽ    `rt.ラ  lレ!::::::`ヽ:::::::::: 
      ,.-‐一' l   /}     i  ハ.ノ l`¨ ヘ  ',     ,._一1 ./!:::::::::::::\::::        どいつが悪人で、どいつが善人か、ひたすらに見極めること!
...    /(   i ;   / ヽ..,__,/  ',/l    \     `ー_'"_, / | ̄\::::::::ヽ:
   _,ノl }  :|      /      ヽ \   >  、    /:: :!    ヽ:::::::::        ずっと暗黒街で生きてきた俺には、それが匂いで分かる!
  /´  .|    l     /           \. 丶、 : : : ::::>-‐':: : :|  ,.--、\::
. |   ,j    {_  _,ノヽ       i // \.  \ 、: : :::::::::::::: : :! /  __)_/
. !  {ー‐ ' \     \    li/      \  \丶、: :::::_/  /
  ヽ  ヽ     \     ヽ  /`ヽ.     〉::::::::\  ̄  \  ヽ」
妖夢 「別に共有は両方出さなくても良いですよ。
そんな低確率を綺麗に占ったりしませんって!とフラグをたてておく」
ヒイロ・唯 「ニートP 「んじゃ共有以外の○は非共有COしちゃってもいいですよ

コレはあかんだろ…別に3日目はハイ占いでもまあ問題ないのに」
ムスカ大佐 「◇ニートP 「んじゃ共有以外の○は非共有COしちゃってもいいですよ」
その行動にまったく優位性を感じないのだが、解説を願おうか」
蜂須賀五右衛門 「つまるところはそういう事でごじゃろうな>対抗占い禁止>クマー」
クマー 「平安時代でもニートは迫害されていたのか……
もうみんな野生にかえればいいじゃない」
ニートP 「占い噛まれた時に、後で真贋ついたのかどうかとか私以外が考えるのに
共有潜ってると邪魔ですから>クマー」
黒咲夜 「無駄占いとなる結果にならないといいですね」
球磨川禊 「『こいつは大発見だよね!』」
佐々木 「真占いが抜かれるのは○の数にかかわらず
きついゲームになること確定なんでそこは別にと思うけどね」
結月ゆかり 「まあ、占い先は自由でいいですけど
ちゃんと考えてみてださいなということで」
てるよ 「>ニートP
所詮お前も真のニートではなかったのか…
やはりニートは現代のこの労働の波には勝てないのだろうか」
ヒイロ・唯 「初日占い先は運だ。どうこう言う場合ではない」
ニートP 「どうせ○なんか噛まれる訳無いんだから
潜ってて何のメリットあるんですかというお話ですが>ムスカ大佐」
球磨川禊 「『ところでクマーって言われると』
『なんだか僕に指示されてるみたいでびっくりするよね』」
眼球抉子 「まぁいい
ムスカ大佐にとどめを刺す時は、私を呼べよ」
クマー 「真贋付いたと共有が潜伏してることは正直あんまり関係ないと思う」
蜂須賀五右衛門 「灰にて潜られるよりは
よっぽど負担が少ないので良いでごじゃるが」
スピードワゴン
      -=≦::::::::> 、   _r n
   /   〈:::::::::::::::::::::\/ |│/⌒ヽ
.   /     ヽ:::::::::::::::::::::| |//::::::ノ::}__r─f⌒ソ⌒Y
  i        \:::::::::::::::| |/:::/:::/ミ
  |   |、 ト、    ';:::::::::: | l/::::::/ミ
  '.   V::::∧   V::::::::l/:::::::::/ミ__,ノ
 (__V   ∨:::∧   V{::/::::::::::::/ミ_ノニヽ彡,__人
 (  ∨  ∨:::∧_/个l:::::::::::/\ミ{〈ヽ}|、_ノ     ノ
  \_∨__∨/|{  リ :::::::,ィ    rク `ーr'⌒´:::::        >ムスカの旦那
   / ∧  {   ヾ//::::,ィfッ      ',     |::::::::::::::
.   {  {:::::`:ーー:::´:://冖´   {   ',    l::::::::::::::        そんな甘っちょろいことじゃあだめさッ!
   \_ヽ:-:-:-:-r rtッ}   \_  ヽ  }  │::::::::::::
       ̄ Τi´ \  ', 、__、   ̄ ̄`ヽ/  /|::::::::::::::        ジョースターさんを見ろッ! あの人は何時だって、
         ̄ヾ--ヽ 弋ノ__ノ    /   /。,|:::::::::::::
               \. `こ´    /   /l ノ|:::::::::::::        自分の手と意志で、道を切り開いたもんだぜ!
             /\     /   / l|。/|:::::::::::::
             /l::::::::::::ヽ---く__/  l|。∧::::::::::::
            /::::::|:::::::::::::::|\_( l r。 \__∨::::::
.           /::::::::l::::::::::::::::|:::::::::乂  。,  ノ ∨::::
.           ,'::::::::::l::::::/::::::\::::::::::\___/ 。, ∨::」
てるよ 「それが余計な労働だ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM                    __zx二三ミ-- 、_
                  /: : : : : : :`ヾ、x`t: :ヽ、
                /: : :, : : : : : : : : : :`ヽXi、: :`、
               / : : i / :/ : :i : :, : : : : :iXx{: : :';
               r'i : :i リ: :i : : i i/i: : : : : : `;X{: : ::';
      ヾ;.;.;.;r"     i i: : i :,z:ト: :i ://イ:イ::i : : : iXz: : : }
       ,,;;:"  ト, ,、 リi: :y::{咋|: / /ノ-i; i__ : :/_ イ: : :i´
       ;;;,,,,_//_ィ   ヾト、i`´V イbミ≧、: /= `y::/
      _;-゙ ̄7/Y ̄    リト:i r   ゞーイ: /////: :{      投票は早めに。
    _x"ヽ、: 〈 ノ <^i、    iヾ,\ー  ./::∧_ソ_/: : l     GMとの約束よ☆
  /X"´  '; : : i  Y´ \  `y'ゝ,`ーイ/: : : : /  :{
/X"    _i,ヘ::i  r':::::::::::\__i_,/=_)∠: : :__ノ´: : : : :i: i
    _,,- '´  .`i  i:::::::::r'´:z"_r-'´::_,--'´i: : : : : : : : : i::i
__,,--'´ `ー、   _i  i::::::{::_,-"_,-x"=、、_::::{: : : : : : : : : :i_)i
: :  : : : :r`=、i   ';::::レ' /_r'´   ヽt:::} : : : : : : : : : :i: i
i ヽ : : //   |   ';::{:_レy'      } }:::i : : : : : : : : : i: :i
ヽ ヽ: :i i    i   _yイ ii⊃  __ノノ="i : : :i : : : : : :ii i:i
(ヽ  ト、ii    i  ´ i  ii{^`ヽ" : : :_/: : :/: : : : : : /ii i
 ヽ, i、\    '、  ヾ、_|: :Y_,,--=イ/: : /i : : : : i :i' ii ii
   ヽノ  \   `ーイ"i´、_l : l:ヽ-z="_/ :/ /: :/ : /: /i//i
       (ヽ、   {z}`ヽI: l"_´r-"/// /:/i"/:/ i Y/
        Y::::`ー-{Z{-'´::l : l"::/z/"::y/////  X
        |::::::::::::::::::`ミ、_l : i=彡::::::::::::\"」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM          /-――-  、>、 \
         /  /  l  |  l \V':, ヽ
        ./, ,  ,' i |  l  | i  ';X>i ',
       // l  l  | l  |  l .|  l\..l .l
       ,''/ .|  | .l |  l  レl' l´|´_|, .|
       l | ! l 'lヽl、 ! ./-l ' _l | .l/-, |. l
       l | .| |z-,..、ヽ' >'.!:i:;!:;l'! .|l l l |    再投票っ
         | ! ', l ヾ!ノ    ' - '/. l.! .| .! l __
        ヽ ヽ .|i''' '    '''''/ ./ヽ='  ,i `i
          \>_、ヾシ... <! / ./  / |   |
      _  ,.-=/ヽ r <`-― ''//  / !l  !
    /ヽ-'‐' //'' !i´`i_.. - /'   / / |  レヽ
  ,. -!   \/;;/;;;;;;;/i.ヽ ';;;;;;:,./   /´ ` < / /`i、
./  ヽ _ /;;;;;;;!__//ヽ- < /   /`" ヽ ヽ_./ / l
.!   \´ .!;;;;;;;;;;;;;;;;-';;;;;;;;;;;;;;;/  /;!、_ ,へ _ ` ' ノ
. \   ヽ ':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;;;;;|  /    ̄  !」
2 日目 (1 回目)
スピードワゴン0 票投票先 →佐々木
黒咲夜2 票投票先 →輿水幸子
てるよ0 票投票先 →佐々木
ニート侍0 票投票先 →クマー
ニートP4 票投票先 →黒咲夜
ヒイロ・唯0 票投票先 →ニートP
球磨川禊0 票投票先 →ニートP
佐々木4 票投票先 →フォイマルフォイ
眼球抉子0 票投票先 →クマー
蜂須賀五右衛門0 票投票先 →フォイマルフォイ
結月ゆかり0 票投票先 →クマー
クマー3 票投票先 →佐々木
妖夢0 票投票先 →佐々木
輿水幸子1 票投票先 →黒咲夜
フォイマルフォイ2 票投票先 →ニートP
ムスカ大佐0 票投票先 →ニートP
2 日目 (2 回目)
スピードワゴン0 票投票先 →佐々木
黒咲夜2 票投票先 →ニートP
てるよ0 票投票先 →佐々木
ニート侍0 票投票先 →クマー
ニートP5 票投票先 →黒咲夜
ヒイロ・唯0 票投票先 →ニートP
球磨川禊0 票投票先 →ニートP
佐々木4 票投票先 →フォイマルフォイ
眼球抉子0 票投票先 →クマー
蜂須賀五右衛門0 票投票先 →フォイマルフォイ
結月ゆかり0 票投票先 →クマー
クマー3 票投票先 →佐々木
妖夢0 票投票先 →佐々木
輿水幸子0 票投票先 →黒咲夜
フォイマルフォイ2 票投票先 →ニートP
ムスカ大佐0 票投票先 →ニートP
ニートP を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊 「『それじゃ噛みたい場所よろしくー』」
輿水幸子 「あおーん」
てるよ 「ニートP…」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
てるよ 「霊能を噛むか対抗を抜くか」
輿水幸子 「共有でお茶を濁すとかヒイロを噛んでみるとかでもいいですよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
てるよ 「成程」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
球磨川禊 「『ふむ』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クマー は無残な負け犬の姿で発見されました
結月ゆかり は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
結月ゆかりさんの遺言 共有COですよ
私の相方はグリコさんです
ニートPさんの遺言 ○貰った共有が潜ってどんな状況で役立つのか
誰か私に教えてくれませんか。

AA遺すのもめんどい素村
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
黒咲夜 「おはよう」
眼球抉子 「ふん」
ニート侍 「ニートPは○でござった・・・」
蜂須賀五右衛門 「占術師を宣言致す クマー氏は○ゆえ」
てるよ 「ニートPは死んだ!何故だ…」
輿水幸子 「お早うございます!
呪殺ですよ」
フォイマルフォイ 「おはようございますフォイ!!占いと霊能は結果頼むフォイ!!」
ムスカ大佐 「呪殺把握」
妖夢 「占いCOクマーは白」
球磨川禊 「『占いCO:クマー○』」
佐々木 「銃殺はいいけどね。
共有噛みから入るって珍しい」
ヒイロ・唯 「おはよう。呪殺か!」
黒咲夜 「おいwwwww」
妖夢 「3票貰いでしたが、クマーの最後の発言共有潜伏と真贋ついたのは関係ないが気になったので
他に占いたい人がいませんでしたしね
気になったのはヒイロさんでしたが、そちらは白を他の占いから貰ってますし後回しで」
スピードワゴン
               /::::::::::::::|     \::::::::::\
             /::::::::::::::::::::l      ,. -──┴──---- 、
              |::::::::::::::::::::::__r─/               \
              |:::::::::::::; イO }/   ____             }
            V::::/   / x< ̄::::::__>、_,.--、   /
             ∨O o //::::/ヽ\\{、   \  '⌒ソ--、       ○の中に共有を潜伏させる意味はそれなりにはある。
.     / ̄ ̄ ̄¨¨二二二ニニフ__レ<:\l }  f⌒ヽ
.       |  /´ ̄ ̄      _//:::ィ─t:テテぐ´У/八{^} |            といっても、狩人の護衛を(バランス護衛理論などで)制限、もしくは思考を濁らせたくない。
      乂 {  ,. -─ 、_,.ィ7f/::}ハ  ̄ ´ ̄ ̄   \/  ソ 人
       `7    ///r':ィ_fツ }│ \_         (ノl             ってぇ位だがね。
.      /\_/ 人{トミハ  〈_ノ`ヽ `マ{__      |  ヽ
 /{ ̄ ̄ ̄j\/  (_ ` ̄∧  ヾ'    ⌒\、   |   \           勿論、他の○候補の発言を抑制しちまうデメリットもあるが。
  /──‐く  /ヽ 人     ,ハ、 r=-一     ト、   /   / \
   __,ノ \__,ノ(      ハ. 、_,.ィニニ   l   / / /
  /{   j\__,ノ__(     _ノ ‘,          , ' / /
  ,. ー一く /\::::::≧、_   _ノl\  ,. ----// /
   }    } \__ノ:::::::/:::::::: ̄::::/::|  ヽ: : : _// /::::::::
  ブ¨¨ ̄ヽ__ノ::::::::/:::::::::::::::::::::/:::::|\   ̄ /  /」
蜂須賀五右衛門 「理由
ニート氏が吊れた理由が理解出来ず、組織票を見る
かつ割れに割れても良いぐらいは票の投じ所の一つであり少票
かつ、ムスカ氏の絡みから不審を見受けられた」
輿水幸子 「理由早くおねがいしますよ」
球磨川禊 「◇クマー(94) 「真贋付いたと共有が潜伏してることは正直あんまり関係ないと思う」

『この発言は面白いよね』『ちゃんと見えてる風を装ってる』
『ここは占ってみたいなあ』」
黒咲夜 「3○じゃねーかwww」
ムスカ大佐 「今日、場が動く(キリッ」
佐々木 「理由速度的に妖夢さん以外から吊ってみるのもありかもね」
ヒイロ・唯 「ニートPは狐と見ていたが、狼ならあまりにもうっかりで。
だが○なのか…」
ニート侍 「働けでござる占い方!」
妖夢 「クマー銃殺ですか。狼じゃないんですね。がっかりです」
フォイマルフォイ 「クマーなんでこんなに真っ白なんだフォイ…」
スピードワゴン
      -=≦::::::::> 、   _r n
   /   〈:::::::::::::::::::::\/ |│/⌒ヽ
.   /     ヽ:::::::::::::::::::::| |//::::::ノ::}__r─f⌒ソ⌒Y
  i        \:::::::::::::::| |/:::/:::/ミ
  |   |、 ト、    ';:::::::::: | l/::::::/ミ
  '.   V::::∧   V::::::::l/:::::::::/ミ__,ノ
 (__V   ∨:::∧   V{::/::::::::::::/ミ_ノニヽ彡,__人
 (  ∨  ∨:::∧_/个l:::::::::::/\ミ{〈ヽ}|、_ノ     ノ
  \_∨__∨/|{  リ :::::::,ィ    rク `ーr'⌒´:::::        占いは球磨川の旦那が一番発言強度は頑張ってるって所だろう。
   / ∧  {   ヾ//::::,ィfッ      ',     |::::::::::::::
.   {  {:::::`:ーー:::´:://冖´   {   ',    l::::::::::::::        灰の中から注視すべきは幸子の嬢ちゃんじゃねえか。
   \_ヽ:-:-:-:-r rtッ}   \_  ヽ  }  │::::::::::::
       ̄ Τi´ \  ', 、__、   ̄ ̄`ヽ/  /|::::::::::::::       ○の中にいる、と明言されている共有の動向を、何故投票などで鑑みる必要がある。
         ̄ヾ--ヽ 弋ノ__ノ    /   /。,|:::::::::::::
               \. `こ´    /   /l ノ|:::::::::::::        っと三日目銃殺の割にぁ、人外どもが対応してきてやがるな。
             /\     /   / l|。/|:::::::::::::
             /l::::::::::::ヽ---く__/  l|。∧::::::::::::
            /::::::|:::::::::::::::|\_( l r。 \__∨::::::
.           /::::::::l::::::::::::::::|:::::::::乂  。,  ノ ∨::::
.           ,'::::::::::l::::::/::::::\::::::::::\___/ 。, ∨::」
スピードワゴン 「ふむ。」
黒咲夜 「よく見たら呪殺だったですね」
球磨川禊 「『うーん』『呪殺は嬉しいんだけど』
『速度で大分負けちゃったかなあ』」
眼球抉子 「それでは、占いを吊るす」
フォイマルフォイ 「え…別に銃殺出てないフォイよね?」
スピードワゴン 「一応早朝待機だけあって全員対応してるけど。」
ヒイロ・唯 「どっちが狐かが村視点でも、共有噛みだからハッキリしたのは助かるが」
佐々木 「蜂須賀五右衛門は偽だね。
クマーは小票じゃないから」
眼球抉子 「蜂須賀、お前からだ」
ムスカ大佐 「五右衛門>球磨川>妖夢の信用順と見るが、共有はどうするね?」
蜂須賀五右衛門 「……珍しく早朝待機が生きているでござるな。
出来れば拙者が真でない時に見たかったものでごじゃる。
して、グリコ氏とは誰のことにごじゃろうか。」
ムスカ大佐 「はっ?>眼球」
ニート侍 「この・・・方針が決まらずに時間だけが過ぎていくのでとりあえず共有かんどかないと危険だよ適な空気が・・・」
輿水幸子 「呪殺の理由貼りとしては後のお二方はちょっと遅すぎますねぇ
即吊りしろ、とまでは言いませんが」
スピードワゴン 「理由的には球磨川の旦那が今一って所だろうな。」
黒咲夜 「まぁ真狼狂が確定したな」
スピードワゴン 「それはない。」
眼球抉子 「その不等号の向きは逆じゃあ無いのか>ムスカ」
球磨川禊 「『困ったなあ』『呪殺なんて出て』『ちょっとテンパっちゃった結果がこれだよ』」
佐々木 「OKそこでいいと思う」
ヒイロ・唯 「ん?CO見えないが眼球が相方でいいのか?」
妖夢 「で、狼つれませんでしたが。今日はニートP投票者から占ってみていいですかね?
目立っている人投票は素村でも狼でもやりそうですし」
スピードワゴン 「というか銃殺出て焦って占いを吊る必要性が殆どなく。」
フォイマルフォイ 「え?>眼球」
ムスカ大佐 「ああ、間違えた、逆になっとる」
蜂須賀五右衛門 「ニート氏の偏り様から見れば
3票も立派な少票にごじゃろう。
割れなかったのが不審な程」
輿水幸子 「遺言で相方グリコさんって書いてあるー
>ヒイロ」
黒咲夜 「つうかいきなり共有狙うとか、狩人探してないのか」
ムスカ大佐 「とはいえ、蜂須賀をいきなりつるのはどうかと」
球磨川禊 「『まあ』『対抗吊ってくれるのは僕としても嬉しいけどね』
『それにしても』『共有噛みなんて面白いなあ』『そんなに相方を出したかったのかな?』」
フォイマルフォイ 「>共有
相方眼球なのかフォイ?」
スピードワゴン 「且つここで吊るというのは、
この先信用勝負にいった場合確実に勝ち目が見えないので、
ここで吊るす、という位なのだが。」
妖夢 「狐が消えたからとっとと占いをつるす。私は好きですよ。
霊能最強伝説が始まります」
眼球抉子 「蜂須賀の理由は遅い上に全くクマーの理由と合致していない。
組織票というが、クマーはニートPに投票していないし、
クマーは少票でもない。故にそいつは偽だ」
ヒイロ・唯 「グリコって眼球のことなのか。知らなんだ。すまん」
スピードワゴン 「それを考えるのであれば、
吊るす候補にあがるのは球磨川の旦那位だ。」
ムスカ大佐 「グリコって眼球なのか・・・」
球磨川禊 「『僕の○が共有者で無かったのも嬉しいけれどね』
『まあ これで噛まれても○が一つは残るから』『安心してくれていいよ』」
てるよ 「速度が一番早かった五右衛門が何故と思って、佐々木の発言を見てみて
思ったがそもそもニートPにクマーは票を入れていなかったような」
フォイマルフォイ 「グリコって眼球なのかフォイ…知らんかったすまんフォイ」
黒咲夜 「ていうかもう占い吊るの」
ヒイロ・唯 「俺に○くれたからといって俺視点、真贋つかない。俺が半分灰戻しになるのはちょっと嫌だが、まあ」
蜂須賀五右衛門 「申しあげるならグリ子殿が先んじて猪突猛進にとらわれ
せっちゃを信じることなど能わぬ状況ならば拙者を吊るも止むなし
しかしろおらあを成さねば勝てぬゆえ、決め打ちを認めぬことが条件にごじゃる。」
佐々木 「共有の理由が完全に私の見解と一致してるんで
言わなくてもよさそうだ」
輿水幸子 「ボクは占い吊りは保留できる限り保留する教信者だから
今日はグレー吊ればいい派
とはいえ、妖夢さん以外理由貼るの明らかに遅れてるから吊り指示出るなら従いますよ」
てるよ 「そんなことにも気付くのが遅れている私はやはり働くべきではなかったようだ。」
スピードワゴン 「ゴエモンの旦那吊ったら多分、妖夢の嬢ちゃんの真しか見えねえような気はするがねぇ。」
妖夢 「共有をカムとグレーの狩人って結構動揺して発言に出るんですよね。
だから注意して占わねば。無駄占いになりかねない」
てるよ 「ニー…ト」
眼球抉子 「グリコは霊能が生きているからといって、占いに容赦したりはしないぞ」
ムスカ大佐 「ふむ、妖夢と五右衛門がまじっていた、よく発言を見直したら
意義は取り消すことにした」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM              .. - ''  ̄` '' - 、
  _       ,. ' ´           \
i゙´     ,.. , '´                ヽ
゙'----‐ '´/     i          \   \
     /      .|     ,i  i    ヽiヽ   ',
     ,'      ./l  i   .l |  |    ヾ>\  i
    .l      /_.レ |  /-ヽ.....L_   ヽXi.  |   投票忘れずにね?
    | ! .|   l,,,, __、! /   ヽヽ, |   ├┤ .l
/   l |i  l | .|/:::::l ゙'| /   'i'''''''''i ヽ   |二ニi |.
>    '!| ヽヽ.!i:::::::!      |:::::::| /   l ヽll| l
`ヽ    ヽ!ヽ..ノ ヽノ        !:_ノ/ / /l_ ノ !l |
       〈     r― -.、  ‐-イ ./i-― ' ´ l
       ,へ    '    ' し ,.-‐‐i'  |     |
       ヽ==<>ー---r‐=,ニ / /   l     ./
         ,. <`'゙i,,x ‐/ L! /  ./、  |     l
       / \ヽ //二=/   /03ヽ-, l    |」
3 日目 (1 回目)
スピードワゴン0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
黒咲夜0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
てるよ0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
ニート侍0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
ヒイロ・唯0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
球磨川禊0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
佐々木0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
眼球抉子0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
蜂須賀五右衛門12 票投票先 →フォイマルフォイ
妖夢0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
輿水幸子0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
フォイマルフォイ1 票投票先 →蜂須賀五右衛門
ムスカ大佐0 票投票先 →蜂須賀五右衛門
蜂須賀五右衛門 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
てるよ 「クマー…」
球磨川禊 「『いやあごめんごめん』『そこの対応は用意してないよ』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
輿水幸子 「わりと自由に噛める日」
輿水幸子 「狐がいなくなったんだから後は狩人にご退場いただくだけのお仕事ですし」
てるよ 「いや良く対応してくれた」
輿水幸子 「妖夢真なら○ないですし
破綻してないだけ上出来ですです」
てるよ 「流石に妖夢についていそうだが」
球磨川禊 「『ふーむ』『さてどうするかなー』
『妖夢ちゃんの○もいないし』『実は一回くらいなら灰噛みできそうなんだけど』
『ぶっちゃけ狩人候補がわからない』」
輿水幸子 「問題は狩人なんて見つけられないボクですけどね・・・」
てるよ 「私も分からん」
輿水幸子 「こういう時は発言強そうなスピードワゴンさんか
共有CO気にしてたヒイロさんかな」
球磨川禊 「『佐々木ちゃんがちょっと目についた気はするけど』
『どーした物かな。』」
球磨川禊 「『ふーむ。』『スピードワゴンちゃんはありかな』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
スピードワゴン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
スピードワゴンさんの遺言 素村co
蜂須賀五右衛門さんの遺言
    __   ______ ____
   ,´ _,, '-´ ̄ ̄ ̄`-、._ `:
   'r ´           q_
  ,'==─-      -─==キ                   / ̄|      /|
  i イ iノ\イ人Mル/_ルヽイ           ─≪l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二=ヽ_ヽ
  レリイi (_ヒ_]     ヒ_ン_) iリルノ             ))|__\☆\─
  | !Y!""   ,___,  ""'!Y! |                 ⊆\ \
   | L.」.   ヽ _ン    L」 |                     ̄
   | | ||.ヽ、        ノ||. |
  ルレ ル`ー----‐イルリノ
  /     ,,.. --- ..,,  \
  | |  /   ,,.. --- ..,,  ,,.. --- ..,,  ,,.. --- ..,,  ,,.. --- ..,,
  | | ./   ./      ./      ./      /      i
  | | {   {       {       {      {        }
  | | \  \     /\     \     /\     /   ---ェ=[]]ニi
  \   `ー--`ー-一   |`ー-一  `ー-一    `ー-一   .__ r‐ェュ,<'三`ェ-、,、,、
_  |   ,_______|______     __| |  _iliニ)ニ)二)}〈'〈r、ririri-ー'ー'〉
/ ̄ ̄./  ;;, ,.. ,        ,;. ,,.. ,;    / ̄ ̄/  |_|/   ,|_|/   ;|_|/   / ̄
   / /\ ;:, , /\:,.,   /\.  / ;_,/─────────────/  | ̄|
  /    |  |.    |  |.    |  |,./..  |/─────────────;/,.  ;| ̄|
  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   _    _      _.    |     |     ,;.:         ,;  ::. ,,. . ,   |;,.
  |  |┼|   ,. |┼| ,  . |┼|    | ; ,.:   |  | ̄|   | ̄| ,.  | ̄|    | ̄|. |;  .,;:
  |  |┼| ;,   |┼|    |┼| ;,   |     |  | ̄| ,;. . | ̄|  ;:.. | ̄| ; :, . | ̄|. |  ,.
  |.   ̄       ̄     ̄     |     |    ̄     ̄     ̄     ̄  .|

 _n___,、00  n    n _n_00  __ n__   __.00  __   ,⊆ ⊇、 __   
└i n ト、_> . /厶__  l l└i七   l リ r┐l  └‐┐ |   └┐r┘   ̄l 匸 └┘/7 
  U U.   └'^ー┘ LK⊆T  └1」 ∟フ ┌‐┘ |   に二二.!    ゙ー┘  <ノ 
                           ̄ ̄  

朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ニート侍 「蜂須賀五右衛門は○でござった・・・」
球磨川禊 「『占いCO:黒咲夜○』」
フォイマルフォイ 「おはようございますフォイ」
ムスカ大佐 「おはよう」
てるよ 「労働者は人類の敵である」
ヒイロ・唯 「…朝だ。役職は頼む
球磨川の○噛みか」
輿水幸子 「おはようございます
世界一可愛いボクが朝の挨拶をしてあげますよ」
妖夢 「フォイマルフォイは白」
黒咲夜 「おはよう」
眼球抉子 「ふん」
妖夢 「理由は初日に2票しか貰ってないのよね。発言数の割りには。
で、3日目の反応が冷静に白だけ見てたし、狼ならクマー占い予定じゃなくね?って疑問に思ったりして
てことで占ってみたわ」
ヒイロ・唯 「五エ門 狂目
妖夢 真狼目
球磨川 真狼目

こう見ていた。妖夢はなんとなく禍々しいのだ」
球磨川禊 「◇黒咲夜(67) 「ていうかもう占い吊るの」
『あんまり狩人っぽくない発言なんでここにしとくかな』
『昨日最後の無駄占い云々とかちょっと気になったしね』」
黒咲夜 「ということは真か狂人吊ったことになるな」
眼球抉子 「意見を聞こうか
球磨川を吊るすか、灰吊りをしたいか」
妖夢 「後大佐を吊りたいけどそこ狩人ありそうで嫌なんですよね」
佐々木 「残り真狼というところかな」
球磨川禊 「『……僕の○』『ねぇ』
『いや 霊能噛みじゃないのはちょっと気になるけれど』」
ムスカ大佐 「占いの傾向がつるのをどうするかどうかになっているな、これは新鮮すぎてついていけない」
ニート侍 「ヒイロ占ってあげない辺りに残り占い勢の憐憫が垣間見えるでござる・・・」
ムスカ大佐 「霊能生きているうちに球磨川吊っておきたいところではアル>共有」
佐々木 「私個人としてはありかと思う>球磨川吊り」
てるよ 「スピードワゴンはワゴンへ帰ったようだ。そうあのニート、オプーナのように」
ムスカ大佐 「◇妖夢 「後大佐を吊りたいけどそこ狩人ありそうで嫌なんですよね」
ならうらなえし」
球磨川禊 「『信頼勝負の噛みにはちょっと見えないけれど』
『かといって昨日の状況で僕を噛まないとはあまり思えないし』」
ヒイロ・唯 「正直、灰吊りがいい。初日からステ目が多くていやだ
…皆は球磨川吊りにか」
輿水幸子 「灰吊りでいいんじゃないんですか
昨日五右衛門吊った以上アレを偽と考えるなら真狼残りですし
急いで吊る意味を感じないですから」
眼球抉子 「多数決で決めるからこうすべきだと思っている奴はちゃんと言っておけよ」
フォイマルフォイ 「占い一人吊ったならロラやり遂げるべきと思うフォイ」
佐々木 「占ったら駄目だろうが>狩人と考えるなら」
ムスカ大佐 「◇フォイマルフォイ 「占い一人吊ったならロラやり遂げるべきと思うフォイ」
いや、ロラってお前・・・」
妖夢 「ヒイロ占うかどうかは今日の霊能結果を見てからでよくないかな?って思ったかな
共有初手で噛んでるし囲いはないのかもしれないって。
真偽ついてなさそうな位置だしね」
球磨川禊 「『まあ妖夢ちゃん狼なんで』『うーん』
『どうした物かな。』」
てるよ 「どうにも球磨川の真を見ていない人が多いので吊ってしまってよいのではないだろうか。
子のままいっても球磨川の信用が回復する様子がなにならば
ニートは常に最大公約数に従う。」
ヒイロ・唯 「ローラーより決め打ちがいい。ローラーは銃殺出たあととはいえ、人外が喜ぶ」
フォイマルフォイ 「え?なにフォイなんか間違えた?>ムスカ」
輿水幸子 「というか昨日灰吊りでいい忘れましたけど、ニートP白判定なら
わりと人外票入ってる気がします、投票直前発言突っ込まれてて
投票先としては安易でしたし」
佐々木 「球磨川の結果で●が出るかだろ、
占いを吊る路線なら、普通に見てたら妖夢さん真になりそうだから」
ムスカ大佐 「球磨川を吊って○ならローラー完遂だが、●がでたらそれはそれで最終日まで考える件」
球磨川禊 「『僕吊りして』『霊能護衛してくれるならそれでもいいんだけど』
『なんだかまず霊能噛まれそうに見えるし』『この噛みあると霊能乗っ取りとかありそうで嫌だ』」
眼球抉子 「ムスカー佐々木ーてるよが球磨川つり
ヒイロー幸子が残し
マルフォイはローラー」
ヒイロ・唯 「輿水幸子 「というか昨日灰吊りでいい忘れましたけど、ニートP白判定なら
わりと人外票入ってる気がします、

佐々木や黒昨夜も大概な薄さだった。あまり頼りにならん」
ムスカ大佐 「>フォイマルフォイ
ローラーじゃなくて昨日つったのは信用の問題かと思ってね」
フォイマルフォイ 「…霊能生きてるならロラせんでもいいですね…
ごめんなさいフォイ…」
妖夢 「球磨川が信用出来ないって言ってる場所が内訳見えている狼もあるのかな。
でないと私信用って個人的にそこまでないきがする」
佐々木 「いや、霊能生きてるからこそ判定考えるロラなんだけど」
眼球抉子 「なら球磨川を吊るか
多数派の意見をまとめると、そういうことになる」
てるよ 「働く共有。それを美しいと思う人もいるだろう。
ニートはそんなことを考えないがな」
ヒイロ・唯 「うむ、気がのらんが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM      // / :.    |、  ヽ   ヽ ヽ|.\ ヽ
    / / / i   :..   l i',   l':,   l  iヽ.lヽ ':,
   / /.::/ ::::li   ::..  .:| | ', | i_  .|  l , - .!. i
  / ,' :::ヽ.:::|ヽ  ::: ::::!. -r'''l"´!  l/  | r .、' , |
.  i  l :::::| ,' !-\:..::::..::| _',z==-.l、 ./ / .l l.  | l. l
  ! | :::::l  _,,,_ ヽ:::::/  !:::!!::;| / ./ /! |  l .|. |  投票は~忘れずに~。
  ヽ:l\::::ヽ< !::!!:i  \  `"" ´/./ / |. l  l .l l
    ! :::::iヽ ':, "´ 、       ´ /// .l .Lノ / |
    |ヽ::::!:::::::l    __     /;:':::/ i ー:::'i  l
   /! ::i\::::::ヽ    ゙ー`'   '/ :/ ./ .|:::l :|.  |
  / l ::|::::::ヽ::::/`::...、     ,. /./ :/ .:l:::::|::l  ',
 / /.ヽ !::::/:: /:::::::/r=====-/、:/ ::/:::::l::: |  ヽ
/ / :::;: ---'-,L::::_:::|i'´`i;;;;;;;;;;;;;;/_:/;;;;;;:! -- 、  ヽ
 /:! ::/ , -<;;:: =ヽ ノ;;;;;;;;;;;;;:´/       ヽ  \
:/::::!:/ /i'´;;;>' -==――;;;、ヽ;;/           |   ヽ」
4 日目 (1 回目)
黒咲夜0 票投票先 →球磨川禊
てるよ0 票投票先 →球磨川禊
ニート侍0 票投票先 →球磨川禊
ヒイロ・唯0 票投票先 →球磨川禊
球磨川禊10 票投票先 →妖夢
佐々木0 票投票先 →球磨川禊
眼球抉子0 票投票先 →球磨川禊
妖夢1 票投票先 →球磨川禊
輿水幸子0 票投票先 →球磨川禊
フォイマルフォイ0 票投票先 →球磨川禊
ムスカ大佐0 票投票先 →球磨川禊
球磨川禊 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 「さーてさてさて」
輿水幸子 「お疲れ様でしたよ」
輿水幸子 「可愛いボクと会話できなくなって可哀想ですね球磨川さん」
てるよ 「多数派に最後の一票を投じてしまったのは私だったみたいだ。
すまない球磨川」
輿水幸子 「噛みはどちらが?>てるよ」
てるよ 「幸子はかわいいからきっといいニートになれる」
輿水幸子 「2Wで路線分けるのは大事ですよ」
てるよ 「じゃあ私が145で」
てるよ 「誰を噛む?」
てるよ 「って4吊りだから」
輿水幸子 「まーマルフォイでいいんじゃないですかね?」
輿水幸子 「4吊り6グレー」
てるよ 「マルフォイで明日GOか」
輿水幸子 「はい、明日の投票は狩人っぽい人ですね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フォイマルフォイ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フォイマルフォイさんの遺言 絶☆賛☆混☆乱☆中☆フォイ!!
素村フォイ…村変なこといって混乱させてすまんフォイ…
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
黒咲夜 「おはよう」
ムスカ大佐 「おはよう」
ニート侍 「球磨川禊は●でござった・・・」
てるよ 「次々と労働から解放される者たちがいる。
彼らこそがニートという勝者なのだ!」
輿水幸子 「おはようございます」
ヒイロ・唯 「…朝だ。
妖夢の白噛み、と」
ムスカ大佐 「結果はどうかね?」
妖夢 「黒咲夜は白」
妖夢 「スピードワゴンが噛まれてるから囲いの可能性は減ると思うけど。
占い吊りをしている以上出来るだけ白を増やしたい」
佐々木 「妖夢さん狼なら霊能が噛まれない理由がないんで
●なのはそれでいい」
黒咲夜 「球磨川が狼か」
ムスカ大佐 「しかし、霊能じゃなくてフォイマルフォイ噛む理由がわからん」
黒咲夜 「ていうか○噛みか」
眼球抉子 「指定して欲しいという声が多数上がるならそうするが、
そうでないならお前らで勝手に吊ればいい。」
佐々木 「吊った蜂須賀の○のヒイロがどうなのかかな。
そういうわけでグレー吊り」
ヒイロ・唯 「暫定白噛みが続くな…俺が村視点囲い位置…だと?」
ニート侍 「持つのか」
黒咲夜 「狼はなにをしたいんだ」
ムスカ大佐 「こうなった以上は指定もありだとおもうんだが?(チラッ」
黒咲夜 「初日の共有噛みもよくわからんし」
輿水幸子 「これで黒咲夜さんが五右衛門除いた占いの二重○ですか
まあ特に二重だからどうという話でもありませんが」
ヒイロ・唯 「霊能に手を出さない狼が気になる…」
佐々木 「狼も妖夢さん真思考の真抜きゲーなんじゃないかと思うけど
ぎりぎりこの状況を見出すなら」
ムスカ大佐 「>ヒイロ
この場合の最悪のケースは霊能乗っ取りだがね・・・ははっ、まさかねぇ」
てるよ 「これは寝ればいいのか?」
ヒイロ・唯 「それが怖いよな…
わざわざ結果を全部見せている>ムスカ」
黒咲夜 「現在生きてる○は私とヒイロさんか」
輿水幸子 「噛み筋としては全力で妖夢真っぽいですけどね
まあグレランです。指定とかその他状況が動かない限りですけど」
ムスカ大佐 「◇てるよ 「これは寝ればいいのか?」
霊界で寝たいと申されるか?」
妖夢 「初手共有は狩人あぶり出しにたまにやる程度かな?その意図はあんまり考えなくてもいいと思う」
佐々木 「怖い怖いっていっても私は手をださないよ>霊能に」
ヒイロ・唯 「ところで、昨日

佐々木「占ったら駄目だろうが>狩人と考えるなら」
「いや、霊能生きてるからこそ判定考えるロラなんだけど

急にはっきりものをいうようになったな。初日のやばさが嘘みたいに」
てるよ 「私は今ぞっとする事が思い当ったが、それをニートが言うのは
きっと許されないのだろう」
ヒイロ・唯 「そこそこ指揮能力ありそうな共有をほったらかす狼もよく分からん」
輿水幸子 「個人的にはラン挟みたいですねー、票見るタイプですしボク」
佐々木 「そりゃ3日目で銃殺で場が動いて●が吊れてないなら
動かないと駄目でしょ」
ムスカ大佐 「◇てるよ 「私は今ぞっとする事が思い当ったが、それをニートが言うのは
きっと許されないのだろう」
なぜ?」
眼球抉子 「指定希望者は1のみなので指定はしない
狩人はいるなら自分で判断して行動するといい」
てるよ 「狼2騙りの可能性(震え声…」
妖夢 「明日霊能占ってもいいけど。でもそうするとグレーが更に広くなるしなー
基本的に信用してもいいのかね。でもグレーに狼2もいるような気がしない」
ムスカ大佐 「◇佐々木 「そりゃ3日目で銃殺で場が動いて●が吊れてないなら
動かないと駄目でしょ」
霊能が真ならば、球磨川でつれたがね」
ニート侍 「割には2騙りの場合のLWの囲い云々やグレ置き云々まで伸ばさないでござるね」
ニート侍 「まあ拙者は働かないでござるがな!」
てるよ 「>ムスカ大佐
こんあこと今さら追えないだろうし、胸の内に秘めようと思った」
ヒイロ・唯 「霊能占いはいらん気がする>妖夢」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM          ,.  '――-  、i_ヽ、 ヽ.、
        /         ヽ-l.ヽ、 \
       ./   /        \>i,  ',
      .i   /i  ::     .|:  ヽl.', .l
      | :i : ,l | .i :|:  ./ //l:::   |>l  |
      .l i| .i: zr 、.l l::  /, ‐l-|、:  .L.l  l   ……注意喚起するのが疲れてきました。
.      |.ll |: l !:イ!ヽ!./-r‐-.、!:/  L.|  |
      ! ', .l .l,,`´     l::::イ//  //.l  .l
       .Λl ヽ ..    `,,´/  ./_//  ',
.     /  '/ヽ'ヽ.....,  -/ // ´     ヽ
     /   //   ,!=,'゙´;/ ./- 、   !   \
    / / / i   /z=ニ/. /    ',   ヽ
  / /  ,' |  <- '- '/ .i l     l    \
 /  /  .i  l  /'―;' l  .|';ヽ 03 L..,    ヽ
. i  /   .|  |  !;|l;;;;;;;;|  l 丶'-:::´::::::l
..| ,' |   l  .l  ヽ':;;;;;;;;l  |;;;\::::::_:::-!」
5 日目 (1 回目)
黒咲夜0 票投票先 →佐々木
てるよ2 票投票先 →佐々木
ニート侍0 票投票先 →輿水幸子
ヒイロ・唯0 票投票先 →佐々木
佐々木3 票投票先 →輿水幸子
眼球抉子0 票投票先 →てるよ
妖夢0 票投票先 →ムスカ大佐
輿水幸子2 票投票先 →ムスカ大佐
ムスカ大佐2 票投票先 →てるよ
佐々木 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 「いいとこ吊れたね」
てるよ 「これはラッキー」
輿水幸子 「さあ占い噛みワンチャンゲー」
てるよ 「じゃあ占いを噛むが良いか?」
輿水幸子 「噛まなかったら妖夢偽にしないと負けですしおすし」
てるよ 「145で噛むよ」
輿水幸子 「はいよろしくお願いします」
てるよ 「勤労に感謝して狩人は働くな!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
佐々木さんの遺言 むらびと
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ニート侍 「佐々木は○でござった・・・」
輿水幸子 「GJですね!」
黒咲夜 「GJか」
てるよ 「労働解放…」
ムスカ大佐 「おはようw」
眼球抉子 「…ふん」
妖夢 「ヒイロ・唯は白」
ヒイロ・唯 「狩人CO」
妖夢 「占い理由は。佐々木を吊った理由が見えなかったのと、あと単純に囲い候補ってだけですかね
正直わかりません・・・グレーのどこが狼なのか」
ヒイロ・唯 「狩人日記
初日:不可 噛み:GM
2日目:ニート侍(霊能) 噛み:ゆかり(共有)
3日目:ニート侍 噛み ワゴン(球磨川の○)
4日目:ニート侍 噛み フォイ
5日目:妖夢(占い) 噛み

初日
狩人か。任務了解。手堅くいこう…
あまり期待はするな

2日目
ニートPが臭いので誘導かけた。佐々木は薄いステだな
誘導かかったとこ吊りなので霊能を護衛する

3日め
妖夢が嫌なんだよなーそこ狼じゃね。
ローラーストップを恐れた狼が霊能に行きそうなので

4日目
これで色みたがっていたのに霊能噛まれたら俺は戦犯だろう
ひきつづきここ護衛。ほどよく疑ってくれ。
ムスカは村目。
眼球抉子 「なら一応灰に指定をするか」
ヒイロ・唯 「妖夢GJ」
黒咲夜 「狩人だったのか」
ムスカ大佐 「そちらが狩人だったか、よろしい」
妖夢 「とと、やってしまいましたか」
輿水幸子 「ふむ、ではヒイロくんは放置で
グレー3吊り3ですから妖夢真なら詰んでますね」
眼球抉子 「(ほぼ)確定○からCOする理由は分からないが、まぁいい」
ヒイロ・唯 「今後の護衛先どうするか」
ムスカ大佐 「てるよつって幸子吊って終わるな」
てるよ 「てっきり今日だけおはようwと草を生やしたムスカが狩人かと
思ってしまったニート」
輿水幸子 「佐々木○ですし、てるよとムスカ大佐が狼ですか・・・」
黒咲夜 「対抗もいないらしいし、妖夢とヒイロは真で決定してもいいだろう」
ヒイロ・唯 「いや、霊能、共有、占いのどこでGJかは情報かと思ってな>眼球」
眼球抉子 「どのみち初手共有噛みという時点でヒイロは○の可能性が高いと思ったがな、妖夢視点」
眼球抉子 「私はムスカ大佐の眼球を抉りたい気持ちがある」
ムスカ大佐 「黒咲夜に同意だな」
妖夢 「大佐の目は焼くんじゃなかったっけ・・・w」
ムスカ大佐
    `"''-.、    _,,..-‐|     //       ヽ    |/|     ,..--.、
    .__. \'´   ヽ、    /            ',   ∠_     / 私 ',
  /    `ヽ \-― ト、l   ./             ',   /     .l  の  l
. / ウ  ロ  .ヽ ヽ、 ゝ  ./   __       _,.-、.l  L       .|  本  |
..,'   ル .ム   .', .l::ヽ ヽ  |   '´,.-`ヽ、 l |,-''--、_/ _ノ    l  |  当  |
.l   .・   ス   l |:::| .ゝr.、|'' "´ゝ___.ノ ̄ゝ__ノ l_}:|    |  |  の  |
|    ラ  カ    .| l:::|   ',         |     l:::::l     | ..|  名  |
|    ピ  .・   .| .',:|    lゝ┤     、丿   /ヽ:::',   .l  .l  は  l
l   ュ  パ   .l  .|  ./ ヽ ヽ   r―――,  ./  .ヾ::',   .',  ヽ、  ./
.',   タ  .ロ  .,'   | /   \ \  `"ニ"´  /    ヽヽ       `¨´
. ',   だ     /ヽ   |        ̄ヽ、     /     `∧  ,.-、
. \      /     .|_,,..-‐        ̄ ̄ ̄    ノ  ̄´ `´  \
.   `''―‐"´     /  `"''‐-  ____  -‐''"´          \」
眼球抉子 「しかし、まぁ輿水幸子を指定しておこうか」
ヒイロ・唯 「眼球抉子 「私はムスカ大佐の眼球を抉りたい気持ちがある
それはムスカ指定、ということか?」
輿水幸子 「グレーローラーで勝ちですね
じゃあ吊っていきましょう」
てるよ 「とうとう夢のニートになれるのか?」
ムスカ大佐
                     ,. -─‐- 、
                     /      \
                   /     _,ィ ノヽ.',
                      {  { /ノ‐''"  |}
                   ヽf`Kz=ミ ., ==ミ.jノ
                   ゞ_ ゝ--'^ト--1フ       私は生存勝利したいのだよ>共有
                     Lト、 、_'  /
                   __f‐、ヽ_二__/
              ,.  -─‐'/ ヽ‐-ニ)(ニソ`ヽ─-- 、
            /     L_ ゙V´/ \_」    \_
           /    _  </       ヽヽ        `ヽ、
       ..   /    ...    {      }┘   l      \
        {    | .     ムー'^ー‐‐'      |        `丶、
          /    .|     O        O   |         ` ー- 、      ノ)
       ./      .|     .               jヽ、                `ヽ、  / /
       /      /|                    /   `丶、               j^i'   ゝ─‐‐ 、
     /       / ヽ               /      ` ー- 、         / / -.、   ニニ⊃
    ./       /   |     O         O /           ` ー-  .__/-ヘ、   ニニ⊃
   /       /  . |             .   ヽ                     ` ー- ニ⊃」
ヒイロ・唯 「ん、輿水指定ね」
輿水幸子 「>眼球
ええええええ、生存勝利したかったのに・・・
なるほど、ボク指定ってことは可愛さに嫉妬してるんですね!」
ムスカ大佐
                , -‐‐‐‐-、、
              ,ィ´:.:.:.:.:.:, 、:.:.:.::.`ヽ、
              !:.:.:.:,r'''´ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:|
              t,:i´_   ,=ニ `ヾ:.:.:.:.|
               `f´`r‐t___ノーレ‐,:ノ
                !~´i      リ;'
                   ! =='  /ニ'
                ヽ___ノ |        眼球をさすということは吊ると同義ではあるまい?
                ,ィト---、,r‐‐^i
           ,,,r‐'''´/;;;|二ニフ^!ヽニ!;;;;`iー、___
        ,,,ィ'''´;;;;;;;;;;;/__,;;;ヽ/ ,  ! `Y、;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ヽ;;/     :: ヽ;;;`>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i
      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__     ,r';;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`―-‐''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;{
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;|
      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;i
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;,...、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~``>'  _`ヾメ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;_,ィ'´`、_
      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/', _  ヾ、`v,r、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;/7´ /  l」
眼球抉子 「私はお前にあの台詞を言わせたいんだ>ムスカ」
てるよ 「実は私の本当の名前はテルヨフ・テル・ニートっていうんだ・…」
ムスカ大佐
      ヽ、‐‐-..,,__
     _,,..-''    _ヽ  `''-,,
  ∠二__  ー,-'"/,.-''7   `ヽ
    /  ./ ./'  ./    〉 ヽ        _
    ./   /       /  /|/ヽ  l        ( `''-..,,
  彡,   l.  ‐-、  7/,..--.、ζ ヽ   r‐‐ ..,,_ `''-.、.(`''‐-..、
   ./  _ ', r'"⌒ヽ,‐、( 旦 .ノ´l_ 、ヽ   `"''-..,,_`''-,,_ヽ`''‐、_ .r 、
  / // .,',ゝ._ ノ   `¨¨´ | .}ヽl       `ヽ、. `  .ヽヽ、`ヽ        幸子>てるよでよいのだよ
  /'´ ./_ l .',     ' `_,,..イ .l/.|           lミミ.、     ヽ ヽ
     /.ヽ_', 、‐''"´::::::::::|  l从           / `"γヽ三三三三',_
       ̄/-''ヽ ヽ::::::::::::::::l /|       _,,..-''     ゝ-' ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ`ヽ、
          ヽ ヽ-‐''"´./._|,,..、     (___ ノ´ ̄ヽ-‐‐‐、 -、_ノ   \ \
           l\_,,..-''"´  .__l/ヽ ,..-''"⌒ヽ、  ,.、   .〈 \――――‐''"´
           | /   _,,.-''"/:::::/:::::/::::::::::::::::>'´:::::`''-..,,_\――――――
       ,,..-''"ヽ-,-,.-''"__ ./::::::/:::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
   ,,..-''"     | ./‐''"/:::::::::/::::::::::/::::::::::/::::::::::::_,,.-''":::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::
.,,.-''/_    / .l/ /::::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::::_,,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::
.\ ヽ、. `>、 /  .'/::\-―'::::::::::::l::::::::,,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:ヽ::::::::::::::
  \.ヽ、/__/      l:::::::::::\:::::::::::::::::::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`''-..,,__
    `´./:::/`ー⌒ヽ┘::::::::::::::>::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::,,.-''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \::::::::::
    |/:::/ /:::::::::::::::::_,,.-''"::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::,,..イ´                 ̄ ̄
    |:::/ /::::::::::,,-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     |:/ /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/」
輿水幸子 「休みたがってるそこのニートとか吊りましょうよw」
てるよ 「バル…ス…」
ヒイロ・唯 「しかし、霊能にこなかったのが不思議でたまらない。鉄板だと思っていたのか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆巡音GM              ,. -―,―,-",、''' - 、
           /-''  ̄ '' -ヽ__iヽ:::: \
        ./ :::::::    \.`ヽ/><ヽ::: \
      ___jヽ、_,:::::::::::::   \ ::..ヽ/.<i::::  ',
      ,ィ'":::::::   __:::::::::::    ヽ::.. ',__/|:::::  l
     ' //:::::::: :::: `ヽ::::     /';:.. ! `l:.... |
     i |:::::::::::i  ::::  \:::   :  l::. |―!、::  l
     ィ'、i:::: '、 ヽ \:::::  \::i::l::.: :.|: l''i i'l.|:::. |
     i、:::|ヽ、;;;、-ー:::.ヽゝ、,,,'|/: /:,' .|::|.|:|l::::::  l     投票は、忘れずに。
      、:::|ヽ、 ヽ、`‐-‐`ー ' /.: / / /L...ノ:::::::  |
       `ヽヽ、`__ ィ   -.//:/::i:::: |:::::::::::.  l
          丿"~    '/./!:::|::::: l::::::::::::... |
          ヽ、_,     i'-゙i.==== ヽ:::::::... |
            \   /、,, ‐'二二7::::::::::... |
           ,-‐ 、_`''"<'"-‐-'、:.:.:.:.:.:.゙、::::::::... |
         j~| l i.:.:.:.ヽ〆.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:゙, :::::... |
         /l :.:.:.:.:.:.:..:j/ .:.:.:.:,r'"~~`ヽ:.:.:i::::::... |
         ^1.:.:.:.:.:.:.:/.:ヽ、;:;:;'     i:.:.:.|:::::::... |
          ヽ_:.:.:.:.:f.:.:.:.:.:./  03  }::.:.:!|:::::::... |
           l :.:.:.:i:.:.:.:.:/     / ;:.:;':::::::::::... |
           | .:.:.:.:.',:.:.:/ `:.‐、,_ / ノ:./:::::::::::::... |
           |:.:.:.:.:.:.',:/ .:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:::::::::::::::::... |」
6 日目 (1 回目)
黒咲夜0 票投票先 →輿水幸子
てるよ1 票投票先 →輿水幸子
ニート侍0 票投票先 →輿水幸子
ヒイロ・唯0 票投票先 →輿水幸子
眼球抉子0 票投票先 →輿水幸子
妖夢0 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子7 票投票先 →てるよ
ムスカ大佐0 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
てるよ 「働くなっていっただろうが!」
てるよ 「肝心な時だけ働いて…くそう」
てるよ 「即噛みが正義だったのか」
てるよ 「しかし意外に護衛は外れるんだなあ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ニート侍 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ニート侍さんの遺言 働きたくないでござる霊能CO! 絶対に霊能COしたくないでござるに!
ニートPは○、蜂須賀五右衛門は○、球磨川禊は●、佐々木は○、輿水幸子は○●でござった・・・
輿水幸子さんの遺言 村人ですよ!
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
黒咲夜 「おはよう」
ムスカ大佐 「!?」
てるよ 「バル…ス…」
妖夢 「ニート侍は白」
ヒイロ・唯 「…朝だ。GJでテンション上がってRPが剥げてきた
…霊能偽は無くなったな」
ムスカ大佐 「おはよう」
妖夢 「ニート侍さんが狼で、てるよか大佐を占い黒が出たら負けるのでここを占いました
ニート侍さん白ならローラーで終わりです」
てるよ 「!?」
ムスカ大佐 「妖夢はなんで私かてるよ占わないの?」
眼球抉子 「霊から占う意味がわからないが」
妖夢 「ではローラーして終えましょうか
狩人COはありますか?」
黒咲夜 「グレーロラだな」
ヒイロ・唯 「よく分からん噛みだ。俺噛まれるとおもったのに」
眼球抉子 「てるよを吊るすぞ」
てるよ 「ニートになりすぎて私の眼はおかしくなってしまったのだろうか」
ヒイロ・唯 「グレーローラーでよかろう」
ヒイロ・唯 「てるよ指定、と」
妖夢 「大佐を占って黒が出てそこをつった場合、翌日てるよを吊るので霊能は色を見る事もなく吊れないからです」
ムスカ大佐 「ヒイロ偽にできんでしょ?なんでかまないの?」
てるよ 「まあなんでもいいんだが」
てるよ 「バルスしたかった」
ムスカ大佐 「さらばてるよ」
ヒイロ・唯 「俺が偽なら、球磨川が真になるからな。まー対抗も出ないし」
妖夢 「噛みはヒイロ、私の順番となるので、霊能が残るのは自然です。
ですから、霊能が噛まれても詰むよう霊能を占いました」
眼球抉子 「私だって聞きたかったさ」
黒咲夜 「霊界で結果を楽しみに見ていてくれ>てるよ」
ムスカ大佐
                   /
            -=≡´
                 /       l、
              l/    ,'  `ー――''"´`ヽ、l、l、   __
               |    l      _         ヽ ./,-、ヽ
                   ', |  .|     /       _,.-'.l | |、 /
                   ', |、   !  /-‐    _,.-'"   リ l ' /
               リ \ ',   _,,..、・j´,.-'"         ./
                     `〈ヽ、`,.-''´          _ノ\
                      }ヽ\                |          噛んだらできたのに・・・>てるよ
                      /  `´            l
                       (__ -     ,           /
                    __`ヽ __..ィ′        , '
                     r..<r':_::::ゝ `¨´       /  ,,.-''´
                    }、::l{::{薔}:}::} ',      ,,.-''´,.-''"
                /:::l:|r`ー/::ノ ヽ__,,.-''´ヽ/  / /::::::
                 /:::::|r―'-‐'´ノ       ∠、 / /::::::::::::
                  l:::::::ヽ::::`7´     _,,..-‐〉' /:::::::::::::::::
                /|/l_::::}:::ノ    ,.-'"´/ / ,|/:::::::::::::::::::/
                  { _.ノ  ̄   /  /  / / |:::::|\:::::/::::
          / ̄ヽ  //      ./  /   ヽ'  .|/::::::`´:::::::::
           l   l //     /  /         |::::::::::::::::::::::::::
        __|', _ |//,.--、  <_               l::::::::::::::::::::::::::
.       /   | '{_}|/   ノ    `ヽ、         /::::::::::::::::::::::::::
.    ,.-l   | `¨/   /       `>、      /:::::::::::::::::::::::::::::
     i  |  .| //l   ./          /:::::`ー――'::::::::::::::::::::::::::::::::」
てるよ 「もうどうにでもなーれ」
てるよ 「ニートに噛むことなど出来ない!」
ヒイロ・唯 「霊能徹底的に残して、そこ偽言い出すの待てばよかったのにな
俺は正直、霊能吊りも考えていたのに」
ムスカ大佐 「>ヒイロ
偽とするならそこだよね
噛まなかった理由がそこかと思ったのだが」
黒咲夜 「まぁこれでグレロラで決着する」
ムスカ大佐 「まぁ、てるよ吊って終わると思うけどね
五右衛門が真じゃない限りは」
ヒイロ・唯 「…妖夢は疑って悪かったな…一番信用してなかった」
てるよ 「五右衛門真は…勝手にしてくれ」
妖夢 「正直ここでグレー占って黒、そのまま吊りだとまだ勝負はついていませんでしたね」
黒咲夜 「ちなみに私は霊能とヒイロさん疑ってたwww」
妖夢 「あっはっはw」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
黒咲夜0 票投票先 →てるよ
てるよ5 票投票先 →ムスカ大佐
ヒイロ・唯0 票投票先 →てるよ
眼球抉子0 票投票先 →てるよ
妖夢0 票投票先 →てるよ
ムスカ大佐1 票投票先 →てるよ
てるよ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
てるよさんの遺言 ニー…ト
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/11/24 (Sat) 16:56:41
ニートP 「私以外の村はよくやった(キリッ」
黒咲夜 「おつかれ~」
クマー 「おつー」
巡音GM 「              __
           ,. '――-  、i_ヽ、 ヽ.、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-l.ヽ、 \
        ./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:\>i,  ',
          .i.:.:.:.:/i.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:ヽl.', .l
        |.:.:.:,l | .i :|:.:.:.:./ //l:::.:.:.:.:|>l  |
        'ヘ.:.:'l{,:=ヽ:: |,rニ、、ル:.:.:.:.:.L.l.:.:.:l
           ヽト|i.トj !./  ヒリ/.:.:.:.:.:L.|.:.:.:|
           ノ/::ハく     /.:.:.:.://.l.:.:.:.l    お疲れ様でした。
            ,|.:.:/\ ー'  ブ./_//.:.:.:.:',
          /.:.:/.:.:ノT`T ´T/.:´.:.:.:.:ヽ.:.:.:',
         ハ´/〈、ノ__ノ_,!レ'/    ヽ:.:',
       ,. ‐ ' ´ ̄ }/,.-‐        _,...、i
     /      /    ヽヽ l ,. '"´   |
     {:.      .:/      .:ヾr{::..     |
     ',::..  .:::::/:..     ..:::::::|、ヽ::::......   |
      ヽ、::::::!|::{:::::::::::::、、:::::::、:::::} ヽ ヽ:::::::::::!
      / テ=ヽヽ:::::::::::}ヽ_:ノヽ(ヽ ヽ \::::|
    _/ /`::::::::::::::` ー ':::::ヽ/::! ヽ ヽ ヽ `ヽ
\-、´__/ _/   ::::::::::::::::::- 、,イ:::|:::|  ', ヽ ヽ/
 }ニヾヽノ `ヽ、_      ヽj |::/:::l        |
ヽヽ{ ヽ \  ヽ-``       ! j::ハ|       |
  `ヽヽ、ヽ ` 、\      | '´  |        |
.     \ ヾ、  ヽ   、   |   |          |
     ヽ‐'ヽ   ヽ ヽ  !   !        |
        l-‐| ヽ:.. ヽ   |    |          !_
      |__,.l  ヽ::... ..:::ノ     !       ノ !
       !  !  ヽ::::/      ',  ヽ--‐ '´  ,.ゝ、
`丶、 _   /-‐/:::::::::_/       ヽ   ̄/ / ,.r、〉
  `´ヽ`/ニノ_,. -'´           ヽ、 _,ノ ,.<ヽヽ}
    `´`´                 `´\/ヽ`ヾ}'
                          `´ ̄´」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
ニート侍 「お疲れ様でござる」
スピードワゴン
          __、ヽゝー--、r-__
        _フ'ー       /  \
       /´r        | //    |
      r'          ___ !  ノ | ヽ
    _rtノ        , 川  ヽ   | く
  _,.-'        ノr-<り  ,ノ人     )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/       _/r'「゙こニヾ /ニニニr、  ) 〈  | スピードワゴンは |
         ̄ /:∨  ::: l∧`"´ l )  r′<            |
        _/::::::〉   くレ  /-'′  )   | クールに去るぜ  |
     _,.-‐'_,.-ノク::∧  --‐'  /i:::::l  l´   \_______/
    '´-=ニ-''´/:::::| ∧ Τ / :|::ノ  /
    _t--‐'_:::/´! | |"T"´  ト,、  |
___二ニ-'´/∧ \_l : l  _,.-′!.ト、L__   お疲れ様だ。
      / / l ヽ,  r'^ー<   /| | \
     /  /  |   ∨ヽ_  ハ ,/ / |   ヽ
       /  .∧   /´ `´ Y´  / |    〉
      /    ヽ  (   /  ,/  ヽ   /
      |     ヽ, / / r | ,/′  \ |
     |      ヽ,/ | レ′
      |        \_/
      |         O」
佐々木 「おつかれ」
ムスカ大佐 「御疲れ様だ」
妖夢 「おつかれさまでしたー」
ヒイロ・唯 「お疲れ。狩人で生存嬉しい」
球磨川禊 「『お疲れ様』」
蜂須賀五右衛門 「お疲れ様にごじゃる」
眼球抉子 「おつかれさま。」
てるよ 「お疲れ様…」
蜂須賀五右衛門 「対応を失したのが何より損でごじゃったな。」
妖夢 「ふと気が付いたんですが
輿水幸子さんの結果を見てませんでした」
球磨川禊 「『つまんねー村だなー』『僕が悪いんだけど。』」
てるよ 「意外に噛めたのか」
輿水幸子 「くっ今日はお腹が痛いから帰ります
別に負けを認めたわけじゃなく、おなかがいたいから帰るだけですからね、フンッ」
ニートP 「3日目対応は難しいからのう。
狩人噛んで占い噛み以外のルートが」
巡音GM 「霊能噛まれてましたからね。 >妖夢さん」
結月ゆかり 「霊界から見るとひやひやしてましたよ>狩人が占いを護衛しない
たまたま護衛した時が占い噛みのタイミングだったので
なんとかなりましたけど」
スピードワゴン
    V       _>'':::>'">      `ヽ
 .    V    _>'':::::> ,.ィへ_.、、\..__   ミ、._  
      V_>'':::::> ,.ィ-‐ ニ::::ハ`トヽ、   ヽ=- .
  ,.. -‐=V>''":;.ィ i/ァr ¨tアノ  ミソ }ミヽ、 ヽ -  
  i  -‐''"_,.:ィ:,.ィt:ム '¨ヽ ̄  r  ノし'^V    \
  ゙¨¨  ̄/ ゙ヘ` ¨´ l i  ', \、 i.  !:: ヽ.\-、.   .      俺が噛まれることはねぇっ!
 .     リ  .ハ、   ー'¨フ   \. ';::  ゙、 ヽ\  
     ∠ /  ∧   `_,. ‐ニヽ  ヽ !::.   ヽノ l:        そう思っていたスピードワゴンの元に悪の牙がッ!
     -イィ    ',   .V´  /    /:::     /  ;:
   ,.ィ'¨=-、    ∧   `ご.    /::::   ./  ./:   .      次回、『スピードワゴン、死す』
  ,斗- 、 ノY'¨ヽ.   \  i   ./:::: !   ,.'  ./::::  .
 .( ,⊥..__ `/ ヽ,イ    >、__..ィ::::  i /   /::::::         
  / L、  `ト -' l   / ,.ィ、::::::::..../   ./::::::::   .
  v'´ ̄¨゙ト!、 /  / i´‐、 \:::/    /::::::::::
  i \,.ィ  ノヽ\ /  l |::く\ ::| /\.  /::::::::::::」
ムスカ大佐 「いろいろとなぞの多い村であった」
妖夢 「球磨川禊さん見事な対応だったと思うんですけど、吊った理由を教えてもらえませんか?」
眼球抉子 「3日目に銃殺を出して差をつける占いには、
それなりの待遇をするというだけの事だな」
ヒイロ・唯 「正直、占い見は自信がないから…妖夢を偽と思ってたし…>ゆかり」
ニートP 「CO→理由までのスパンの長さじゃないですかね」
フォイマルフォイ 「おっと帰ってきたら終わってるフォイお疲れさまフォイ」
球磨川禊 「『別にあのパターンだと対応は難しくもないけどね』
『対抗○は占われないから結果作る必要ないし』『よりにもよって狐だけ抜かしてたけど』」
輿水幸子 「うーん、ヒイロは噛めたなーでもその判断に勇気を持って掛けれないから私は弱いんだけどね」
クマー 「これは酷いネタバレ>スピードワゴン」
ニートP 「妖夢以外の占い、それぞれ理由までに10秒はあったんで」
スピードワゴン 「占い理由で真見るなら断然妖夢の嬢ちゃんだったんだが。」
ムスカ大佐 「五右衛門つりと球磨川つりの時点で噛めた気はするが」
眼球抉子 「早朝待機なのにも関わらず理由が出るまでの時間が十分に長く、
理由も発言をひとつ拾って適当にコメントするというものだったからだ」
ニートP 「初日の銃殺で占い理由で決め打つ割に
そこ以外で銃殺出ても決め打たないのは
何故なんでしょうね」
佐々木 「秒数普通にそれなりに数えてたからね」
スピードワゴン 「何か五右衛門の旦那の占い理由一応解釈は色々出来んのかなー的なんがあって。
それなら球磨川の旦那先だな的思考。」
眼球抉子 「あと、蜂須賀が霊○だったから
●ならおそらく両方残したけれど」
妖夢 「なる程、みなさんありがとうございます」
結月ゆかり 「占いは真が混じっていることは確かなので
他は噛まれたら真でいいやくらいに思っていたほうがいいですよー>ヒイロさん
SWさんとかマルフォイさんとかを噛むのなら占い噛みに移行しそうな
噛みだと思っていたほうがいいです>狩人狙いだと推測できるため」
ヒイロ・唯 「あまり銃殺での理由見ても俺の頭では判断できず、共有丸投げだ(苦笑」
佐々木 「五右衛門の理由が一番使い回し臭がしたからそこ吊り誘導したけど」
ムスカ大佐
                   /
            -=≡´
                 /       l、
              l/    ,'  `ー――''"´`ヽ、l、l、   __
               |    l      _         ヽ ./,-、ヽ
                   ', |  .|     /       _,.-'.l | |、 /
                   ', |、   !  /-‐    _,.-'"   リ l ' /
               リ \ ',   _,,..、・j´,.-'"         ./
                     `〈ヽ、`,.-''´          _ノ\
                      }ヽ\                |          では、さらばだ
                      /  `´            l
                       (__ -     ,           /
                    __`ヽ __..ィ′        , '
                     r..<r':_::::ゝ `¨´       /  ,,.-''´
                    }、::l{::{薔}:}::} ',      ,,.-''´,.-''"
                /:::l:|r`ー/::ノ ヽ__,,.-''´ヽ/  / /::::::
                 /:::::|r―'-‐'´ノ       ∠、 / /::::::::::::
                  l:::::::ヽ::::`7´     _,,..-‐〉' /:::::::::::::::::
                /|/l_::::}:::ノ    ,.-'"´/ / ,|/:::::::::::::::::::/
                  { _.ノ  ̄   /  /  / / |:::::|\:::::/::::
          / ̄ヽ  //      ./  /   ヽ'  .|/::::::`´:::::::::
           l   l //     /  /         |::::::::::::::::::::::::::
        __|', _ |//,.--、  <_               l::::::::::::::::::::::::::
.       /   | '{_}|/   ノ    `ヽ、         /::::::::::::::::::::::::::」
輿水幸子 「わりとここの傾向として占の白黒はっきりさせたい人が多いから
だと思いますけどね、球磨川の吊られ」
巡音GM 「来てくれた方と管理者様に感謝させていただきますね。
お疲れ様でした。」
球磨川禊 「『別にあそこで霊能護衛するのはおかしくもないけど。』
『下手に占い護衛して霊能抜かれるよりはよっぽど。』」
ニートP 「んではお疲れ様です。
村立感謝、いつかまた会いましょう」
てるよ 「村人が考えていることと人狼が考えていることに大きな差があったのか」
ヒイロ・唯 「狩人狙いだったのを考えると、今回は運が良かったが危なかしい護衛だったか
今後は役立てる>ゆかり」
輿水幸子 「というかですね、五右衛門吊った時点で妖夢決め打ちだと思いますよ普通
そうじゃないなら五右衛門吊る事自体おかしいですし」
スピードワゴン
          __、ヽゝー--、r-__
        _フ'ー       /  \
       /´r        | //    |
      r'          ___ !  ノ | ヽ
    _rtノ        , 川  ヽ   | く
  _,.-'        ノr-<り  ,ノ人     )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/       _/r'「゙こニヾ /ニニニr、  ) 〈  | スピードワゴンは |
         ̄ /:∨  ::: l∧`"´ l )  r′<            |
        _/::::::〉   くレ  /-'′  )   | クールに去るぜ  |
     _,.-‐'_,.-ノク::∧  --‐'  /i:::::l  l´   \_______/
    '´-=ニ-''´/:::::| ∧ Τ / :|::ノ  /
    _t--‐'_:::/´! | |"T"´  ト,、  |
___二ニ-'´/∧ \_l : l  _,.-′!.ト、L__   じゃあ、お疲れ様だ。村立て感謝、皆もありがとう。
      / / l ヽ,  r'^ー<   /| | \
     /  /  |   ∨ヽ_  ハ ,/ / |   ヽ   しーゆーあげいん。
       /  .∧   /´ `´ Y´  / |    〉
      /    ヽ  (   /  ,/  ヽ   /
      |     ヽ, / / r | ,/′  \ |
     |      ヽ,/ | レ′
      |        \_/
      |         O」
結月ゆかり 「はい、真証明した時くらいは占いを信用してあげてくださいな>ヒイロさん」
佐々木 「ではまた。それでは」
妖夢 「それでは村たてありがとうございました。
次もよろしくおねがいします」
輿水幸子 「霊能噛みって偽占いの●を分からなくする効果しかないので
ほぼ妖夢決め打ちみたいな吊りの流れで霊能噛むメリットが殆どないです」
黒咲夜 「さて、私もそろそろ落ちますね、おつかれさま~」
眼球抉子 「今回の場合霊能が噛まれても妖夢の真は追う
それは、偽の可能性も考えるけれどな」
てるよ 「         _
      ,...:::´::::::::: ̄::`::..、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    'イ:::::/:::i:::::l::::-ヽ::::::,:::_::」_
   , .´l:::::/_::::L::::l:_ヘl::::if‐- .._ー-、
  .//l:::::l., ‐   ´ ̄`l::::l  ヽ   ソ    ではお疲れ様でした。
   ヽ ´il ''' __ '''i::::i   ` /      
    \ ヘ.  ` - '  l::::l    ./i      GMは村建てをありがとう
     ハ::l` ェァェ イ:;ノ ,  /:::ハ      
     l:::、i r-kヶ'-<  /  /:::::::::ヽ     狩人占いGJ
     ノ:::,::::ヾ-/ ヾ_イ    .l:::::::::i::::ヘ    
    l:::::i:::::ノ  ー-     弋_::::l::::::::l
     、::l-く   --      ィ'::::':::::::::i
     ´ .i::`::-::'ー-―--::::´::ヽ::' ̄ ソ
       l:::::::::::::l::::::::::::::::、:::::::ヘ
       .i:::::::::::::::ヽ::`::::、:::::ヽ:::::::ヽ
       .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`..-,
      く_r-ム-__r、_r__,_r-ー, r、_r-ノ」
クマー 「それじゃクマーも落ちるよ
おつかれー」
ヒイロ・唯 「五エ門吊りでそこ真切るのはわかるけど、妖夢決め打ちというのは?>輿水」
輿水幸子 「だって占理由遅れたのは五右衛門も球磨川も同じだしね
占理由の中身?早く貼った上で占い先のことにどれだけ言及してるか見るぐらいで
貼るの遅かったら最初から中身なんて意味無いですし・・・」
結月ゆかり 「それでは私も落ちましょうか
お疲れ様でした」
輿水幸子 「アレで遅れた五右衛門吊るなら、基本妖夢以外真見ないって話ですよ
誰がなんと言おうとね」
ヒイロ・唯 「そういうことか。ありがとう>輿水」
輿水幸子 「というわけで、ほぼ妖夢真路線が見えてるので
妖夢真確定させる事自体は問題ないけど妖夢真でも勝てる勝ち方を目指した噛みを狼はしました
という話。まさか護衛されてないとは思わなかったけど、考えたところでGJ貰った時点でほぼアウトだから噛みはぎりぎりのタイミングでワンチャンですよ」
輿水幸子 「それじゃあお疲れ様でした」
ヒイロ・唯 「解説ありがとう。そして村立てと同村もありがとう」