←戻る
【紅1172】やる夫達の普通村 [1995番地]
~入村競争は修羅道なり~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon アーチャー
(生存中)
icon キャスター
(生存中)
icon 慢心王
(生存中)
icon Lily
(生存中)
icon さとり
(生存中)
icon ヤン・ウェンリー
(生存中)
icon 緋蜂
(生存中)
icon カテーリン
(生存中)
icon 園城寺怜
(生存中)
icon ハゲマント
(生存中)
icon 河城 にとり
(生存中)
icon モヒカン
(生存中)
icon 新城直衛
(生存中)
icon ノーマルでっていう
(生存中)
icon バーサーカー
(生存中)
icon じゃんぬ
(生存中)
アーチャー 「ではでは。」
アーチャー 「>新城
見落としてた。
トリップは……そういうことだな(キリッ」
Lily 「じゃあ私は落ちるわ
村立て同村ありがとうね」
新城直衛 「じゃあお疲れ様。アーチャーは村建てをありがとう。
狐は見事だ。おめでとう」
Lily 「この調子だと真占いでも信用されそうにないから困る」
緋蜂 「ではお疲れ様である。同村感謝いたす。
ヤン、相方をありがとう。
狐は勝利おめでとうである」
園城寺怜 「んじゃおつかれさーん」
バーサーカー 「ではお疲れ様。久しぶりの狐勝利だ、喜ぶとしよう」
カテーリン 「それじゃあお疲れ様・・・
狐なんてキライ、だいきらいー!」
河城 にとり 「キャスター狼目でみてたからなー 初日即出る占いを護衛しないのが
ポリシーになってしまっているのがいけないんだろうが。」
アーチャー 「って村建て感謝じゃねえ。
来村感謝だ。じゃ改めてお疲れさまっと。」
緋蜂 「そうか……うむ>ヤン
灰視の向上に努めよう」
園城寺怜 「まーそもそも
二日目吊られる前提やったしなー」
Lily 「>園城
そこらへんは細かいところにつっこみたい性格だからこうなってしまう
今度から直す」
慢心王 「んではおつさま!
村建てさんくーですよ」
ヤン・ウェンリー 「そういう意味では僕の○解放も反省ではある。
でっていう吊りのための解放ではあったが、そこが●というのは少々安直に考えすぎていた」
ハゲマント 「ん、俺もとなり村ズサーしてみようかな。
村立ておつかれさま。またあそぼーぜ」
河城 にとり 「カテーリン狼で囲いをしない 翌日●を打たないってのは
十分にありうる。カテーリンの発言強度ならね・・・といったところだろうか
Qua.Qua. あれで残ったのがハゲマントならば・・・といったところだが。」
ハゲマント 「>ヤン
ただ、カテーリンに投票できたかって言うとそれも微妙。
俺は単純に情報量一番少ないって理由でひたすら園城淹れてたから、慢心王とカテーリンの二人に投票する気にはあんまならなかった。
最期に慢心王に逸らしたのは、死票回避とどっちかが黒いかって悩んだ末の投票」
ヤン・ウェンリー 「>緋蜂
進行は間違って無いさ。吊り先が間違ってたというだけで」
園城寺怜 「狂人であーゆー理由って
意外と書かれへんねんよー」
アーチャー 「じゃあ落ちよう。
村立て感謝、皆もありがとう。しーゆーあげいん。」
カテーリン 「わざと・・・うん、私でもするからうまく騙されたとしか言えないわ>バーサカー」
Lily 「>新城
信じてくれたっていいのよ(チラ)」
園城寺怜 「占い理由の物凄い勢いの冗長さが
何か慣れへん真占いが超過時間にちまちまちまちま
理由書き足したよーに見えてしょーがないねん」
慢心王 「キャスター死んだ時点で占いの真贋とか考えてないやね。
真残ってたらラッキー程度」
ヤン・ウェンリー 「             ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
            /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
           〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、   じゃあお疲れ様
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  ちょっと隣村でGMと戦ってくるよ
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
        ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
  ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
      / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
      ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.」
緋蜂 「進行で間違っていた部分があれば教えていただきたい」
アーチャー 「>バーサーカー
俺のアーチャー呪いかかってるわ。
いやアーチャーの時の俺の発言傾向が狐目らしいのがあれだが。」
バーサーカー 「ああ、実はあれ前日夜には気づいていたよ。その上でこれを利用し、昼まで気づかないフリをした。
それまでさとり●見ていなかったのは確かだがな。>カテーリン」
新城直衛 「>Lily」
園城寺怜 「キャスターは何かあれやねん」
新城直衛 「にとりを怪しんでいた僕はむしろモヒカン真じゃね?と考えて
モヒカンの発言を見てキャスター真でいいやとなった。」
Lily 「うーん」
慢心王 「ノーマルでっていうとアーチャーを我慢する感じか」
ハゲマント 「なんというか、意外なとこが次々吊られていったな。さとりとかでっていうとか


でっていうはでっていうだから仕方ないが」
ヤン・ウェンリー 「>ハゲマント
うーん、今回の村ではそうだったけど。
別の村で村―村のランだったりした時に票変えは厳しくなるからなぁ。
ハゲマント視点は初手でカテーリンに投票するくらいしかないと思うよ、正直」
慢心王 「よーは」
バーサーカー 「ところでKenさんのアーチャーはものすごく白く見えるのに
毎回共有に指定されて逝っているような気がする。」
Lily 「>園城寺怜
結果だけで真証明させるのは幻想(断言)」
緋蜂 「結果的に非常に白くなっていたぞ>カテーリン
お見事」
河城 にとり 「いや狼だと思われていたんじゃないかね。
狂人ならにとりに●出す的におもわれて>Lily」
カテーリン 「ごめんなさい・・・バーサカーがさとり●見てないとか言い出す時点で>さとり
殴りできるルートが消えちゃったの・・・」
園城寺怜 「じぇんじぇん>りりー」
園城寺怜 「その辺全込みでー
最終日吊られるんはまー私の修行不足やなー」
バーサーカー 「正直アーチャーと慢心王が占え占えをヒソヒソしてた時点で
生きた心地が全くしてなかったが
さとりの投票が生きたか。いやはや何が起こるか分からんものだ」
ヤン・ウェンリー
            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ     方針自体は間違ってはいなかったからね
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}   後は吊りの部分だね
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ   村はすまない
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|」
Lily 「>ALL
あれ?態度的に狂人だと思われていたんだけど
みんな私の真信じた?」
カテーリン 「私自分が落ちる予定だったもの、さとりが落ちるのは計算外よ>緋蜂」
園城寺怜 「ゆー程度。」
園城寺怜 「だってー
そこ村やったらふつーは
票換えで逃げるか捨て票するとこであって
わざわざ投票鉄板するんは人狼やよ。」
ハゲマント 「んー、本当に初手の吊りが分岐点だったな。あそこで黒視貰い覚悟でカテーリン投票しとけばワンチャンあったかもしれん、すまん!」
河城 にとり 「初日にカテーリンが吊れているかどうか、
私がキャスターを護衛できているかどうか。
ポイントとすればその2点だろうか。」
新城直衛 「アーチャーのトリップがベアーになってる…
もとからそうだったか?」
カテーリン 「あ、キャスター真でよかったのね」
バーサーカー 「最後の殴りで慢心王非狼を見たが、
まあ私に票が来る流れでもなかったからな。」
さとり 「あぁ同志よ。紫に負けてしまうとは・・・」
緋蜂 「カテーリンにはしてやられたぞ……あれだけ身内票連打するとは」
アーチャー 「んじゃー報告にっと。
皆は来村感謝だぜ。」
園城寺怜 「いやだって
他2人狼に見えへんしなーゆー程度」
Lily 「おつかれー」
カテーリン 「そっちが狼かー
初志貫徹すればよかった・・・」
Lily 「役にたたない占い師ですまんな!」
ヤン・ウェンリー 「お疲れ様」
慢心王 「ですよねー」
河城 にとり 「お疲れ様。」
バーサーカー 「お疲れ様だ。」
慢心王 「一番ヤバイところで時間切れになったけど」
アーチャー 「お疲れさまだよ。」
新城直衛 「お疲れ様だよ」
ハゲマント 「おう、おつかれー」
園城寺怜 「まーそんな感じであろう」
カテーリン 「お疲れ様・・・わあw」
緋蜂 「お疲れ様である」
アーチャー 「園城が吊られるのはちと意外。」
ゲーム終了:2012/11/24 (Sat) 23:14:30
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
園城寺怜さんの遺言 んー
カテーリンの初日投票が物凄い臭いねんけど
得票が凄い悩ましいねんなー
結局慢心王切ってどっちやろーゆー感じ
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
園城寺怜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
慢心王1 票投票先 →園城寺怜
カテーリン1 票投票先 →園城寺怜
園城寺怜2 票投票先 →カテーリン
バーサーカー0 票投票先 →慢心王
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
バーサーカー 「ふむ、五日目時点ではその意志は消えていたと」
園城寺怜 「でもカテーリンは
身内入れられて尚身内入れ続けて
吊り逃れせーへん理由があるねんなーっちゅーか
あの三日目の誘導具合でうちが身内喰らうん?」
慢心王 「狩人にも見える、狐にも見えた、したがって貴様を放置していた。
アーチャーの動きを見つつ、貴様への吊り誘導ができないという、
我のキャパ的な問題もあるがな」
カテーリン 「昨日の時点でも殴りに参加しないで様子見をしてた気配しかないし
今日でも釣り先を宣言してるけど、自分は口を出さないで
後ろの方にいこうとしてる感じしかしないわ
慢心王と、バーサカーの殴りあいをみて、投票してる傍観狼とみるわよ」
園城寺怜 「んでバーサーカーはまー
さとり→バーサーカーの身内は薄そうゆー感じー。」
園城寺怜 「ぶっちゃけそこ●やったら
じゃんぬにせよ占いにせよ
噛んだ反応しそーや。」
バーサーカー 「しかし解せないな。私が疑問に思っているのは、
お前がアーチャーと違い私のことを「中身を見たい」と思っていたからである。
ならばアーチャーと違い、私の扱いをどうしようか、というお前自身の見解が出ていいものだと思ったが故>バーサーカー」
慢心王 「では次の日だ。
つまり五日目については、いま言っているとおりアーチャーの動向を見ていた。
中身を見たい、つまり役職目と見ている。
単純に狼っぽいなら貴様を吊ってもよいのだがな、そうではなかった」
園城寺怜 「そこ人狼やったら
じゃんぬ噛み行くかなー言われると
物凄い疑問やなーって。>バーサーカー
一番反応しとらんとこやしなー」
バーサーカー 「その心は?>慢心王と噛みが符号しない>園城寺」
カテーリン 「2,これが一番の理由だけど、この人

 慢心王を途中で【釣らないでいい】と誘導してるんだけど
 【慢心王村と決め打った発言がない】のよ」
慢心王 「>バーサーカー
然り。占いが一人死んで以降、我はアーチャーの動向を見るために貴様を使った。
より吊るべきところとしてノーマルでっていうがいたからな」
園城寺怜 「実際何てゆーか
リリーから票換えされてるんは凄いカテーリンの村要素やねんけど
それ差っ引いても別に吊れる訳でもあらへんさとり投票鉄板にしてるんが
凄い「自分吊られたらさとり村視される」思考の狼にしか見えへんのを込みにして
カテーリンLWかなーゆー感じになる」
カテーリン 「よって園城がのこるんだけど
1,印象としてここが一番ふわふわしてて、なにか推理をしてる気配がない」
カテーリン 「慢心王は初日付近から消去法と投票で非狼
バーサカーは昨日の問答でこちらも非狼を決め打つ
さすがに仲間狼が落ちてるのを把握してないのは問題外だわ」
バーサーカー 「見た所、アーチャーの見解の中の私についての話しかないようだが。>慢心王」
園城寺怜 「実際のとこまー
何か慢心王が凄い雰囲気的に
噛みと符号せーへんのよねぇ」
慢心王 「>バーサーカー
我は三日目に色が見たいと言ったな。しかし四日目は貴様を完全に無視した。
だが五日目にその話をぶり返したんだが」
園城寺怜 「んで、まぁ決勝戦か」
バーサーカー 「……(最終日なんだし私も決め台詞とか言っておけばよかったという顔)」
園城寺怜 「ん、っ……あ、朝やなぁ……」
カテーリン 「最終日釣りたい所だけど
私は園城だと宣言しておくわ」
バーサーカー 「アーチャー○であることだし、事実上、現状は慢心王だと思っている様なものだが
慢心王かカテーリンという点で身内を問題にしないことは先に宣言をしておく。」
慢心王 「慢心せずして何が王か!!(決め台詞」
カテーリン 「おはよう市民」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
緋蜂さんの遺言 共有CO。相方はヤンである。

  さとりが吊れた日(3日目のグレラン)に投票していたのは、慢心王・カテーリン
  さとりが投票しているのはバーサーカー。

これを身内票と見るかだが……我は見ないつもりだ。
園城寺怜がLWと考えている。
モヒカンさんの遺言 占いCO
じゃんぬ○ ノーマルでっていう○バーサーカー○アーチャー○園城寺怜○

や、やめろ・・・やめてくれぇ~、俺は死にたくない、まだ俺には故郷で大暴れする目標が……

┏━━━┓  ┏━━┓    ┏┳┓┏━┓┏┓┏┓
┗┓┏┓┃  ┃┏┓┃    ┃┃┃┗━┛┃┃┃┃
  ┃┣┛┃┏┛┃┃┃    ┗┻┛┏━┓┃┃┃┃
  ┃┣━┛┗━┛┃┗┓        ┗━┛┃┃┗┛
  ┃┃          ┗┓┗┓      ┏━━┛┃┏┓
  ┗┛            ┗━┛      ┗━━━┛┗┛
緋蜂 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「噛むのじゃなくて釣るけど」
カテーリン 「・・・狐対策まで考えるなら園城が一番ね
慢心王も、バーサカーもどっちも村の気配しかしないもの」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「・・・よし、状況としては限りなく完璧
さとりに身内いれて私が落ちるつもりだったけど
わたしがのこっちゃった・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
モヒカン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
慢心王1 票投票先 →モヒカン
緋蜂0 票投票先 →モヒカン
カテーリン0 票投票先 →モヒカン
園城寺怜0 票投票先 →モヒカン
モヒカン5 票投票先 →慢心王
バーサーカー0 票投票先 →モヒカン
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
慢心王 「ふむ、ではバーサーカーに反論しよう」
モヒカン 「うん、ちょっと元気出てきた、ありがとう<緋蜂」
バーサーカー 「アーチャーは占って価値がある、という見解だったので
占われなくとも私を放置する理由はある。」
園城寺怜 「偽やと思われた占いCOなんてそんなもんや>モヒカン」
慢心王 「よって昨日時点では若干バーサーカーよりであったが、
昨日気付いた被投票を受けて、完全にイーブンである」
緋蜂 「元気を出すがよい>モヒカン」
バーサーカー 「ああ、今本人が言ったので思い出したが。
中身を見たいと言ったな。こいつだけは。」
カテーリン 「了解、素直な返答ありがとう>バーサカー」
園城寺怜 「ぶっちゃけてまうとまー
占いの狼がリリーやと思うんやったら
三日目ガン誘導されてんねんでーと
そこだけ他が挙げる気なさそーなんで挙げとく(だるー」
バーサーカー 「>カテーリン」
モヒカン 「じぶんが完全にスルーされたこの空間に何かを感じる」
慢心王 「然り。初手に貴様はリリーからの投票を受けておる」
バーサーカー 「1:単純に吊りたいか怪しいと思った者
2:私を占って欲しいとアーチャーと談義しており、
占いにその気配が無く放置されているのに私をどうこうしようという意志が見えん事
このことは先日言っているな。」
慢心王 「いま揺れておるよ。決め切れん」
園城寺怜 「(まー私も占い騙り2人から投票くらってたりするけど)」
慢心王 「>円城寺
で、あるな。
しかし我がバーサーカーの中身を見たいと思ったのは事実」
園城寺怜 「というのが前提A」
園城寺怜 「要するに慢心王的には
身内あらへんのやったらうち吊り以外あらへんーって感じなんよねー?」
バーサーカー 「さとり非投票者の身なりに、私を先に始末したさそうな投票で
アーチャーなどが残る流れを作って得する立場でも、
それを考慮していなさそうな狼にも見えん。」
園城寺怜 「割と心は固まってるんやけど
他を狼切る論理がそんなに自分の中でしっくり来とらへんのよなー」
園城寺怜 「要するに何処狼を切ってどーゆー風に打つかやけど」
カテーリン 「バーサーカーに聞きたいことは2つ
1,さとり●を見てなかったというが、それならば投票の判断基準は何か
2,慢心王を誘導してたけど根拠はなにか」
バーサーカー 「さて、園城寺と私の二択になっていた理由はようやく理解出来たが
それをもってしても園城寺が狼とは思わん。」
園城寺怜 「まぁ、ロラ完遂で最終日やなぁ。」
緋蜂 「モヒカン吊りである。
それ以外に言うことは無い。
残った村の狼要素を議論してくれ」
バーサーカー 「ではモヒカンに引導を渡すとしよう。」
モヒカン 「占い先もうねぇよ、2択だよ2択
もう、俺すら信じられねぇのでコインで決める
表が慢心王、裏がカテーリン」
慢心王 「粛々とモヒカン吊り、だな」
緋蜂 「お疲れ様である>新城」
バーサーカー 「狼を狙えと言った以上、
霊能●ならモヒカンは捨て置くのだろうが。偶数であることだ
……霊能が死んでいるな。」
モヒカン 「占いCO カテーリン○」
カテーリン 「おはよう市民」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
新城直衛さんの遺言 モヒカン(58)  「キャスター噛まれたのが真噛み失敗なら良い話なんだが
それ以前の話になってるとかだと怖い」
どういう意味だ?
Lilyさんの遺言
一日目
占いCO じゃんむ○

なんかカチンときたから

二日目
占いCO アーチャー○

発言少なめに役持ちとみて占い
アーチャーと園城寺怜と慢心王とバーサーカーがあげられるけど
その中でアーチャーの発言が一番薄いと判断したわよ
あとなんかカチンときたから

三日目
占いCO 河城にとり○
◇河城にとり(59)  「対抗狼をみて、慢心王非狼とみたわけじゃないと?>Lily」

なんつーかそこで慢心王占え吊れと言っているように聞こえる
発言も寡黙気味だし占っておこうかと

四日目
占いCO 園城寺怜○
園城寺怜(22)  「まぁ、真抜きゆー感じの気配やねぇ。」

おい、占い師ここにおるで
もしかしてそこ真にしたい人外ちゃう?
大分疑っていた位置だけど吊れそうにないのでいい加減占う
てかいきなり元気になりすぎなんだよ
あとなんかカチンときたから
新城直衛 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カテーリン 「リリー○見られたら致命的だから」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「霊能にしておねがい!」
モヒカン 「ああ、占い先はダイスで決めておく」
カテーリン 「にとりが狩人は予想してなかったから危なかったわ・・・」
カテーリン 「大丈夫、共有主義は完璧よ>モヒカン」
モヒカン 「村なんて最終日まで来たら五分五分さ
頑張ってなー」
カテーリン 「ではグレラン勝負準備してくるわね」
モヒカン 「後はカテーリン様頼りというわけで」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「そしてモヒカンお疲れ様
ここまで来たからには勝つわ」
カテーリン 「とりあえず霊能噛み1:30でお願い」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「・・・噛んだ」
カテーリン 「よしよし、あったいが狂人でよかったみたいね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
Lily を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
慢心王0 票投票先 →Lily
Lily6 票投票先 →モヒカン
緋蜂0 票投票先 →Lily
カテーリン0 票投票先 →Lily
園城寺怜0 票投票先 →モヒカン
モヒカン2 票投票先 →Lily
新城直衛0 票投票先 →Lily
バーサーカー0 票投票先 →Lily
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
Lily 「あ、遺言更新しなきゃ」
園城寺怜 「まー
ラッキーで狐噛みで霊結果見えるーってパターンやったら
それは狂目狙い吊りやなーって思考」
慢心王 「>バーサーカー
逆であるな。
我がさとり投票である」
カテーリン 「慢心王が悟りに入れてたのよ」
Lily 「>モヒカン
タイピングミスだからノーカン」
緋蜂 「……さすがにそれはせぬだろう>新城」
Lily 「真占い師は霊界に旅立ちます!」
慢心王 「バーサーカー被投票か」
バーサーカー 「ん? さとりが慢心王投票してたというような話を聞いたが聞き違いだったか」
モヒカン 「歌姫がセリフ噛むかよ<Lily
遺言と今日生き残った時の占い先考えておくかぁ」
新城直衛 「灰を噛んでくれたら儲けものだが」
カテーリン 「んー・・・反応無しと」
緋蜂 「……それもそうか>新城」
Lily 「ありがとう狩人さん!> にとり」
慢心王 「いま張って気付いたが」
バーサーカー 「感謝するよ。」
Lily 「まあ私を信じてくれた狩人さんには感謝だけど!」
新城直衛 「どうせ結果を見せないために今日は僕が噛まれるだろうから」
慢心王 「3 日目 ( 1 回目)投票結果
投票者 得票数 投票先 得票先
アーチャー 0 票 さとり
さとり 5 票 バーサーカー アーチャー , 慢心王 , ヤン・ウェンリー , カテーリン , 新城直衛 ,
キャスター 0 票 慢心王
慢心王 1 票 さとり キャスター ,
Lily 0 票 園城寺怜
園城寺怜 3 票 バーサーカー Lily , モヒカン , バーサーカー ,
バーサーカー 2 票 園城寺怜 さとり , 園城寺怜 ,
ヤン・ウェンリー 0 票 さとり
緋蜂 0 票 カテーリン
カテーリン 3 票 さとり 緋蜂 , 河城 にとり , ノーマルでっていう ,
河城 にとり 0 票 カテーリン
モヒカン 0 票 園城寺怜
新城直衛 0 票 さとり
ノーマルでっていう 0 票 カテーリン」
バーサーカー 「さとり投票者とその投票先だけで良いが。」
緋蜂 「いや……リリー吊りでよいのだな。
ローラーするのだし。
変更はなしである。」
Lily 「>モヒカン
モブが何いってるのよ!
私がなアリの唯一の存在yお!」
バーサーカー 「すまんがさとりが吊れた日の投票結果を譲って欲しい。」
新城直衛 「いや必要ない」
園城寺怜 「それやったらまだしも
明日死体なし出たら告発せーやー言える
○目狙い吊りのがまだえーと思う訳で
そーなるならまぁモヒカンかなーゆー感じ」
Lily 「歌姫だし!」
Lily 「なんでモヒカンが狼じゃないんかと
キャスターだってどうみても狂人だし 元ネタ的に狂っているし

その点私は歌姫だし」
緋蜂 「……いや待て?
狐勝利を防ぐためには、狂人目を先に吊るべきなのか?」
慢心王 「円城寺かバーサーカーであるんだよなあ」
モヒカン 「いや、その発想はおかしいだろ<Lyly
むしろ俺が世紀末の主役って発想は無いのかよ」
新城直衛 「だろうな。」
カテーリン 「園城はどっち狼とみる?>園城」
園城寺怜 「結果見れるともあんまし思ってへんから
どっちからでもえーんちゃうかなぁ>占い吊り」
バーサーカー 「投票投票と、初日の票変えがそんなに重要かと思っていたら
さとり●が出ていたことに全く気づいていなかったことが明らかになったが、決して重要な問題じゃない。
冗談だ。」
Lily 「おい何いってるんだよ
真占いここよ 狼モヒカンよ だってモヒカンって世紀末じゃん
私歌姫じゃん 私がどうみても占いじゃん」
緋蜂 「了解だ。ではリリーを先に吊る。」
バーサーカー 「あっ……」
モヒカン 「せめてご慈悲をって言ってももう結構占ったんだが」
バーサーカー 「ん?」
Lily 「投票完了!
じゃあゴロゴロしてるわ」
新城直衛 「灰4名か灰3名なるかはわからんが頑張ってくれ」
カテーリン 「どっちも切ってるけど狼目ならリリー>緋蜂
モヒカンはさとりに投票入れてるから狂人でしょ」
バーサーカー 「リリー。
理由は初日に言った。最後尾で二重丸に占い先を合わせたからだ。」
慢心王 「リリーであるな」
Lily 「じゃあ対抗にいれておこっと」
緋蜂 「すまぬ、指定が外してしまった……」
モヒカン 「結果出せなかった」
Lily 「狩人死ぬとか死亡フラグしかしないわ」
バーサーカー 「粛々とローラーだ。」
緋蜂 「占いローラーに入る。
狼目の方から吊りたい。
狼と思う根拠をあげてほしい」
Lily 「うーん 外れ 結局村だったみたいですわ」
カテーリン 「・・・まあ、そこ○よね」
モヒカン 「全て投げ捨てての狐狙い
占いに手を付ける、がぽっと飛び出てきたような発言群がそれらしい
信頼死んでるなら結果出すしかねぇよなぁ」
園城寺怜 「のこさんでもえーのになー」
Lily 「カテーリン占おうと考えていたんだけど
◇カテーリン(59)  「慢心王、さとりが投票 園城、リリー投票 >アーチャー
でっていう、初日に生き残るムーブじゃない
アーチャー 発言推理に矛盾なし    残りバーサーカー」

これが言えるならいい

慢心王も三日目の票替えへの言及とかで村アピールしてきたんだけど
村視点怪しい位置ならもうグレーにおいておけない」
バーサーカー 「アーチャーで●が出るとも全く思えなんだが。
ますます予断を許さんな。ところで10からロラしないのか。」
園城寺怜 「ん、っ……あ、朝やなぁ……
まぁ、宜しく頼むで」
モヒカン 「占いCO 園城寺怜○」
緋蜂 「にとりは狩人か
お疲れ様である」
新城直衛 「霊能結果は○だ」
カテーリン 「おはよう市民・・・うわあ>狩人日記」
Lily 「占いCO 慢心王○」
慢心王 「カテーリンを狼候補から外す。
よって吊り先はバーサーカーか円城寺であるが。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アーチャーさんの遺言 素村co
河城 にとりさんの遺言 にとりの狩人日記

やれやれ、私が狩人とはね。

初日:無理

2日目:モヒカン

まったく初手●を警戒せずに出るキャスターは
ちと守る気にはなれないね。
ついでに、名前を間違えるLilyもだ。
ということで消去法だよ。

3日目:Lily
さてさて、モヒカンの投票から少々モヒカン真を切りたく思うのだが。
どうするべきか。灰の意見からLily真っぽいという意見が散見されたからね。
こちら護衛に切り替えてみよう。

4日目:新城直衛
やれやれ、こいつはミスってしまったのかね。
さて問題は遺言を残すべきか否か。
騙り抑制を考えるならそろそろ残すべきなのだが。

5日目:新城直衛
まぁ、霊脳が生きている以上どこかで
身内があったということなのだろう。
護衛先を変更する必要も感じれない。このまま続行といこう。
河城 にとり は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カテーリン 「なし、なし、霊能かにとりか共有か
護衛なさそうな所噛んで!」
モヒカン 「円城寺だった」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「・・あ、霊能枠わすれてた」
モヒカン 「川城の事か、あそこもアリだな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「まぁ適当に考えてくるわ」
カテーリン 「グレー噛みでもいいわ
円城辺り狐だとこまるから噛みでもいいけど」
モヒカン 「霊か、共有か?」
カテーリン 「明日からロラだし
GJでなけりゃ、どっち噛みでもいいわよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「明日辺り俺から手を付けられてと」
カテーリン 「一番やっかいな所落としてくれた・・・
共有には感謝しないとね」
モヒカン 「んー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「・・はー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーチャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
アーチャー8 票投票先 →カテーリン
慢心王0 票投票先 →アーチャー
Lily0 票投票先 →アーチャー
緋蜂0 票投票先 →アーチャー
カテーリン1 票投票先 →アーチャー
園城寺怜1 票投票先 →アーチャー
河城 にとり0 票投票先 →アーチャー
モヒカン0 票投票先 →園城寺怜
新城直衛0 票投票先 →アーチャー
バーサーカー0 票投票先 →アーチャー
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アーチャー 「>慢心王」
アーチャー 「ゆえにモヒカンに占われるのでなく、
Lilyに占われなければ発言もなにもないよ。」
バーサーカー 「結局ここまで占いが放置され、私がモヒカンにしか手をつけられていない時点で
私に何かしらアクションを起こさないというのは竜頭蛇尾に思えるのだ。」
緋蜂 「では本指定;アーチャー」
モヒカン 「護衛とか居たとしても共有か霊能じゃねぇの
細かく考える意味は今はねぇと思うんだが、遺言残して頓死でもなけりゃ」
アーチャー 「それでだ。
俺はその以前の発言でモヒカン真をほぼ切っている。」
慢心王 「よい。そこまで同感できる、が時間があらぬな」
園城寺怜 「慢心王吊る選択は
どっち見てもあんましあらへんかなーって。」
新城直衛 「モヒカン、おそらくラストチャンスだ。
健闘を祈る。」
カテーリン 「以上が理由よ」
アーチャー 「ない」
Lily 「そこ私の○なんですけど!なんですけど!」
アーチャー 「俺のバーサーカーに対する印象値は三日目の時点である程度村に出しているし。
そしてその印象は『占う価値のある場所』であった所まではいいかな。」
カテーリン 「慢心王、さとりが投票 園城、リリー投票 >アーチャー
でっていう、初日に生き残るムーブじゃない
アーチャー 発言推理に矛盾なし    残りバーサーカー」
バーサーカー 「そこ吊るなら慢心王にして欲しいものだが。」
Lily 「うっかり自分の○や役職を占わないようにしないとね」
緋蜂 「COはあるか?」
緋蜂 「指定:アーチャー。」
新城直衛 「>モヒカン
ふむ。まあいいよ。ありがとうだ。」
Lily 「私地元ではうっかりもので有名なのよ」
バーサーカー 「占いに丸投げする場合、その希望通りに占いが動かなかったら
自分で後処理をするものだと思っているため。」
Lily 「あ、霊能護衛忘れてた
めんごめんご」
慢心王 「>アーチャー
我もだろうと言われればそうであるが、
昨日触れていなかった理由は如何に、という問いであるよ」
Lily 「慢心王ねー 正直そこよりカテーリン占いたい気持ち

おっと噛み合わせされるわ」
カテーリン 「昨日辺り私に問いかけしたから、来るんだろうなーって思ってたんだけど
来ない、と。うん、やっぱりアーチャーかバーサーカーでと言われたら
バーサーカーよね」
アーチャー 「正直昨日の発現を見るに、
カテーリンってどういう思考でバーサーカー投票になったのか教えてくんない。」
緋蜂 「……そこは忘れてくれ>にとり」
河城 にとり 「霊脳護衛は考えないと。
まぁもうその辺発言でLilyをみちゃいけないきがするがね。」
園城寺怜 「ぶっちゃけ8-6で吊る意義が
今回あんましあらへんなーみたいな」
モヒカン 「ちょっと待て俺なんでそんな言い方したんだ
単純に狼から見て真狂判定付いてなくて真っぽい方抜きに行ったって感じじゃ」
バーサーカー 「今日の動向次第で慢心王の順位を上位修正する予定だったからな。>カテーリン」
Lily 「>アーチャー
うーん」
河城 にとり 「2Wolfなら1Foxだろうに。kっていう省略がちょっと可愛いと思ってしまった。」
Lily 「あ、もちろん噛み抜き考えて私守ってもいいけど!
その方が嬉しいけど!」
アーチャー 「>慢心王
とりあえずLilyがとっとと占ってくれねぇかなと思ってる。」
カテーリン 「バーサーカーは私に投票したくせに誘導とかしないのね」
Lily 「なんかこれ占い護衛いきそうにないわ
共有か私の○でも守っていてください」
園城寺怜 「何ちゅーか何かこの
ロラってもえーんやろーかどーなんやろーか
そろそろモヒカンから手ぇつけたいなーみたいな気分」
モヒカン 「俺は信用で傾いてる自覚はあるんで<新城
狼を真にして~ってこれ占い噛んでる時点でないか」
アーチャー 「後初日の投票を見るにカテーリンが狼であれば(囲いは無理であるにしろ)
●なりリアクションをとるはずと思って投票と共に狼視すべきでない。と考えていたのだが。」
カテーリン 「んー・・・」
河城 にとり 「何故一人噛まれた占いを真きめうちなんだろうか。」
緋蜂 「2w1k残っている可能性が濃厚ゆえ」
Lily 「あ、ローラーするのね」
慢心王 「真が残っていると思うならプッシュしてもよいと思うのだがどうだ」
緋蜂 「占いローラーは8から行う。
今日は指定の方が良いか?」
バーサーカー 「正確にはそうだったな。
揃っていたので気に止めていたかったが。>にとり」
園城寺怜 「私病弱やからなー、それは意味もなく発言とかせーへんよ。」
Lily 「あ、でも対抗の○吊るってこれ私真決め打ちにしてくれるの?」
カテーリン 「三日目よ>バーサーカー」
新城直衛 「モヒカン(58)  「キャスター噛まれたのが真噛み失敗なら良い話なんだが
それ以前の話になってるとかだと怖い」
どういう意味だ?」
緋蜂 「お疲れ様である>ヤン」
アーチャー 「とりあえず昨日の慢心王の投票理由への考察が、
非常に整っているのでそこは置いておいて問題ないと思うがね。」
慢心王 「さて、昨日の発言を見る限りではアーチャーからバーサーカーの話が出ておらん」
バーサーカー 「なら、真はもう死んだのだろう」
新城直衛 「モヒカンに問いたいのはだ」
河城 にとり 「初手○はじゃんぬだろうね>バーサーカー」
モヒカン 「もし呪殺出たら対抗破綻を狙える所占い
単純な発言はあくまでそこそこ、そこそこすぎるのがかえって潜伏に見える」
緋蜂 「おはよう」
カテーリン 「んーそこも○で共有噛み、と」
Lily 「園城寺怜(22)  「まぁ、真抜きゆー感じの気配やねぇ。」

おい、占い師ここにおるで
もしかしてそこ真にしたい人外ちゃう?
大分疑っていた位置だけど吊れそうにないのでいい加減占う
てかいきなり元気になりすぎなんだよ
あとなんかカチンときたから」
アーチャー 「まぁ占い吊れよっていう噛みなのは理解した。」
モヒカン 「占いCO アーチャー○」
園城寺怜 「ん、っ……あ、朝やなぁ……
まぁ、宜しく頼むで」
慢心王 「昨日はモヒカン偽を断定したような発言をしたのでそこについて述べておこう。

◇モヒカン(78) 「アーチャーとかもう一日発言見たい所だろと」

この発言より占い師ではなかろうという結論に到った。
対抗を気にし過ぎる発言であるし、
そも、占い師がでっていうよりこちらを優先する理由としては不自然である。

占いが一つ無残になり、しかし真の可能性を追うにしてもモヒカンを追う理由はないであろうよ」
Lily 「占いCO 園城寺怜○」
河城 にとり 「共有抜きと。」
アーチャー 「おはよう。」
バーサーカー 「ああ、モヒカンの初手○だったか。
ノーマルでっていう。」
新城直衛 「霊能結果は○だ」
カテーリン 「おはようよ」
河城 にとり 「Qua.Qua.
吼えがLWに感じたがさてはて。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヤン・ウェンリーさんの遺言 共有さ
ノーマルでっていうさんの遺言    / ̄|     /ニYニヽ
  |  |    /( ゚ )( ゚ )ヽ
  |  |  /::::⌒`´⌒::::\
,―    \ | ,-)___(-,| 村人っていう!
| ___)   |、   |-┬-|  /
| ___)   |    `ー'´ /
| ___)   |       /
ヽ__)_/
ヤン・ウェンリー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「○は適当でいいわ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「そうね、対応できても多分ムリ
だからさとりには悪いけど、リリー真で狐いたら負けね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「Ok」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「一応占い先とか指定ある?
噛みは生き残るそっちが決めたほうが良いと思うが」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「今日は共有どちらか噛んで
私はグレランをいくから」
モヒカン 「呪殺出たらジエンドってわけで呪殺対応放棄していーや」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「んーあとは我慢比べ
呪殺でたら負け、ということね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ノーマルでっていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
アーチャー0 票投票先 →ノーマルでっていう
慢心王1 票投票先 →ノーマルでっていう
Lily0 票投票先 →緋蜂
ヤン・ウェンリー1 票投票先 →ノーマルでっていう
緋蜂1 票投票先 →ノーマルでっていう
カテーリン1 票投票先 →バーサーカー
園城寺怜0 票投票先 →バーサーカー
河城 にとり0 票投票先 →ノーマルでっていう
モヒカン0 票投票先 →ヤン・ウェンリー
新城直衛0 票投票先 →ノーマルでっていう
ノーマルでっていう6 票投票先 →慢心王
バーサーカー2 票投票先 →カテーリン
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
園城寺怜 「慢心王吊らずでえーんちゃう?」
バーサーカー 「決め打っていると決めうっていたのだな。>カテーリン」
アーチャー 「ほほう。」
ノーマルでっていう 「いつのまにか俺様吊りとか憤ってる村がいるっていうwww
霊能生きてて身内切りとか考えないのかっていうwww」
園城寺怜 「占いの吊り結果はまー
見たいのは否定せーへんけどー」
バーサーカー 「私に投票との繋がりがあるかどうかもわからなかったので、
会話が途切れてしまったのが残念である。」
カテーリン 「何か役もってるかどうかね>バーサーカー
初日から占い決め打ちって村か、状況動かせる狼に二択だから」
園城寺怜 「票換えへんのは
対抗の投票まで見る余裕があらへん占いに見えたって話やなー>私からすると>キャスター真と見る理由」
緋蜂 「キャスターが噛まれたことで真偽が判明するのは、でっていうとアーチャーか」
慢心王 「>にとり
吊るべきところを吊るだけでは勝てん。
もっとも、昨日時点では我も吊るべきところを吊ったに過ぎんがな」
Lily 「他に占いたいところあるし」
ノーマルでっていう 「そういう訳で、真抜かれの可能性を高く見積もって
対抗の○でも占ってればええとちゃう?
っていう残り占いの感想だっていうwww」
Lily 「ノーマルでっていうはうーん まあ別にいいんじゃない?」
バーサーカー 「で、結局カテーリンは私の占い視に
何を見出そうとしたのだろうな。」
モヒカン 「っつーかこの展開俺の寿命蝋燭超短くなってると思うんだが」
園城寺怜 「私を真切った占いは即吊るよ党に見てるんやったら
その認識は改めてもーても構わんけど別に」
アーチャー 「うん?」
カテーリン 「んー・・・○で囲い入ってそうなら
なにかもってそうだったアーチャーか位置的なにとりさんでしたが
キャスターの○でもあるので除外」
慢心王 「票的な話をしてもノーマルでっていう吊りでよいな」
河城 にとり 「カテーリン非狼はちと考えたが時間なかったので
継続投票してしまったな。>慢心王」
バーサーカー 「状況論でしかないが、アーチャーが黒く見えないので
そこは○開放だろうが何であろうが気づいたらまだ生きてた、
となるまで捨ておいて良い。」
園城寺怜 「別に真切る理由があらへんっちゅーか
あんたがリリー真にBetしよーが
にとり○やったら一緒やん>アーチャー」
アーチャー 「まぁ俺園城を吊る気一切ないけど。投票的側面から。」
ヤン・ウェンリー
            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ   それから身内票とかあんま考えないでいいよ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}   よくあるパターンが、狐が狼に投票してて狐が吊れなくなる形だから
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|」
モヒカン 「キャスター噛まれたのが真噛み失敗なら良い話なんだが
それ以前の話になってるとかだと怖い」
Lily 「>でっていう
狩人は占いを護衛するもんやで(キリッ)」
河城 にとり 「アーチャーで判断がついたのかどうかという話だが
そこ狼でさとりが吊られて狼が勝てると判断したのかどうか?」
園城寺怜 「モヒカンの投票先私やけどな>カテ」
アーチャー 「>園城
園城的にはキャスター真を見たい要因でもあるんかね。」
新城直衛 「というわけで占い師諸君、残念ながら君たちには時間がなくなった。
信ずるに足る結果を出してもらいたい」
慢心王 「囲い濃厚という話であるなら吊り先はでっていうになるが」
ノーマルでっていう 「あんまり占い師が護衛について言及するのはよくないぞっていうwww
まぁ、狂アピのつもりなのかもしれんがっていうwww」
カテーリン 「それじゃあ昨日さとりに入れてたモヒカンは非狼ですかね
グレーで慢心王つって他二人占わせたかったですが
そこもさとり投票なので除外、と」
Lily 「8になったら決め打ちで対抗吊ればいいや」
緋蜂 「相方の指示に従って頂きたい」
園城寺怜 「別にあんた真でもキャスター真でも
にとり○やったら変わらんやろ今んとこ>リリー」
バーサーカー 「理性だと全くと言う程でもないが問題に感じない。慢心王は今後次第で評価が変化しそうだが。
感情だと至極気に入らん。Wアーチャーの感想。」
Lily 「>ヤン
はーい」
河城 にとり 「Qua.Qua.こいつは明日私噛みかね。」
アーチャー 「まぁ占いを即吊る意味はないよ。」
ヤン・ウェンリー 「○全解放。但しにとり除外
モヒカンは僕に、
LILYは緋蜂に投票すること」
慢心王 「つまり残り3吊りか」
園城寺怜 「別にリリー真の目が消えた訳ちゃうし
まーその辺はどーでもえーかなーゆー感じやけど>アーチャー」
Lily 「狩人は霊能護衛ね
私だったらうれしいけど」
アーチャー 「とりあえず狼吊れたんで焦って占い噛みにきましたーとかそんなんじゃないかね。
どちらにしろ占いに騙り狼がいるだろうし、ほぼ最終日は確約されたわけだ。」
緋蜂 「了解だ>相方」
モヒカン 「霊●か
真狂狼なら残りの対抗は狼」
河城 にとり 「狐と思ったところが狼で、
占いが一人噛まれると。」
緋蜂 「狐呪殺のチャンスを与えることと、狼吊り切り狐勝利を防ぐためだ」
慢心王 「慢心せずして何が王か!!(決め台詞」
Lily 「>園城
おい、占い師ここにおるやろ」
カテーリン 「んー占い印象はリリーを少し戻したのですが
ここでキャスター噛み、と」
ヤン・ウェンリー 「>緋蜂
飼おう」
ノーマルでっていう 「キャスターが抜かれたかっていうwww
きっと霊界でじゃんぬと楽しくやってるだろうっていうwww」
園城寺怜 「んじゃうち村っちゅーことで。
グレラン行こかー」
ヤン・ウェンリー 「にとり以外でグレラン」
Lily 「対抗が死んでいた」
バーサーカー 「モヒカン無残で無ければおおよその予想は外れてない。
無論これは強がりだが。」
緋蜂 「占いは飼いでいいか?>相方」
アーチャー 「俺は昨日のこの投票結果からキャスターを信じる気にならないので、
狂噛みが濃厚であると見ている。」
園城寺怜 「まぁ、真抜きゆー感じの気配やねぇ。」
慢心王 「ふむ、消去法で散るとは儚いな。
これもまた狼の慢心よ」
河城 にとり 「おやおや、霊脳結果●と。」
新城直衛 「よろしい。」
モヒカン 「グレランを嫌がる発言が引っ掛かった
単純に嫌ならいいんだがそれが役職に関する事だったら面倒な事になりそうなのでと言う話」
園城寺怜 「ん、っ……あ、朝やなぁ……
まぁ、宜しく頼むで」
カテーリン 「おや、●・・・で占い噛みと嫌な所噛みですね」
緋蜂 「ほお>霊能●」
Lily 「お、狼吊れた」
ノーマルでっていう 「アーチャー(65)「まぁ占う先は俺かバーサーカーだろうなと思っていたので。
明日辺りにはバーサーカー占われてると嬉しくはあるね。」
なんとも狐はないように考えられるけど、このへん確定させてもいいかもな
あとは園城寺怜が吊りランキングから逃したい発言だっていうwww」
アーチャー 「キャスター 0 票 投票先 → 慢心王」
バーサーカー 「ふむ」
河城 にとり
さとり 「霊能抜きあり得ると思うのならばそこも護衛に入れておきましょうよ」
この発言するならあって狐だと思ったのだがね。
占わせれば良いのにといったところ。」
Lily 「◇河城にとり(59)  「対抗狼をみて、慢心王非狼とみたわけじゃないと?>Lily」

なんつーかそこで慢心王占え吊れと言っているように聞こえる
発言も寡黙気味だし占っておこうかと」
ヤン・ウェンリー 「じゃあ結果を頼むよ」
慢心王 「初手の投票と同じ位置であるがそこ投票に到った過程は別である。
円城寺を即吊る気にはならん、カテーリン狼として囲いがないのはおかしいであろう。
よって占い結果を見た時点ではバーサーカーとさとりの二択であったが、
バーサーカーについては昨日も言った通り、占わせようと思うので外した。

したがって消去法でさとりとなった」
モヒカン 「占いCO バーサーカー○」
新城直衛 「霊能結果は●だ」
アーチャー 「おはよう。」
カテーリン 「おはようございます市民」
緋蜂 「おはよう」
Lily 「占いCO 河城にとり○」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さとりさんの遺言 おや、困りましたね
この遺言はあなたのセキュリティカラーでは見えないとのことですが
何の情報も出せない一般市民なので困りはしませんが・・・さて?
キャスターさんの遺言 占いCO じゃんぬ○
おぉ・・・ジャンヌ・・・あなたがこの村に来てくれて
それだけで満足でございます。
占いに就職したあかつきにはこの
キャスター自身があなた様を占わせていただきます!!
さぁ、このキャスターのEXスキルである占いをしましぅう!!
まさか、あなた様が狐でとけるはずないですよね?
私はそんな、あなたを見たくないですよ!

占いCO 河城 にとり○

投票数0であります。まずはここを占いましょう
河城 にとり(58) 「FOの形。
くしくせず、確定○になるのはすばらしいじゃないか。
これで占いに真がいないとは考えにくいだろう?Qua.Qua.」
◇河城 にとり(38) 「占いが4COなのだがね。
さっさと共有は出てきて指示をとるがいい。

この占いに対する発言が少しばかり狐がしっぽをだしたように
思えます。はつげん数も8と気になる位置なので占わせてもらいました。
とけてくれるとうれしいのですが。
狼なら非常に怖い位置でありますので
キャスター は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「そのときはしょうがありません」
カテーリン 「リリー真はー・・・」
モヒカン 「OK」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「キャスター噛みならば通ります、確実に」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「●ではなく○でお願いします」
モヒカン 「キャスター噛み了解」
カテーリン 「キャスター真に賭けます
リリー真ならば無理です」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「●打つかね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「ええ、ですからキャスター噛みをしましょう」
モヒカン 「自分は吊られ騙り状態だから護衛その他が無理」
カテーリン 「私○は打たなくて結構
で、今日の噛みですけど」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「さとり●は見せるしか無いですね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「しょうがないですね、ちょっと手を溶かします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「そっちが釣れちゃいますか
うーん」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「あー、きっつい」
カテーリン 「・・・あちゃー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
さとり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
アーチャー0 票投票先 →さとり
キャスター0 票投票先 →慢心王
慢心王1 票投票先 →さとり
Lily0 票投票先 →園城寺怜
さとり5 票投票先 →バーサーカー
ヤン・ウェンリー0 票投票先 →さとり
緋蜂0 票投票先 →カテーリン
カテーリン3 票投票先 →さとり
園城寺怜3 票投票先 →バーサーカー
河城 にとり0 票投票先 →カテーリン
モヒカン0 票投票先 →園城寺怜
新城直衛0 票投票先 →さとり
ノーマルでっていう0 票投票先 →カテーリン
バーサーカー2 票投票先 →園城寺怜
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
バーサーカー 「余計なおせっかいだな。」
園城寺怜 「単純に何ちゅーか
占い気にする割に占いの対抗疑いの発言を
さくっとスルーして灰の意見やと思っとったらしいカテーリンは
何かモヒカンとの繋がりはあんまし見えへんかなーって程度」
慢心王 「占わせるのも一興か。
投票先はそこにするつもりであったが変更しよう。
慢心は王たる証よ」
さとり 「霊能抜きあり得ると思うのならばそこも護衛に入れておきましょうよ」
Lily 「>でっていう
正直役化ミと思っていたから予想外だったわ
私の○を噛むとか起訴」
キャスター 「う・・・じゃんぬ」
バーサーカー 「初日から変わらず。>カテーリン」
新城直衛 「例えば慢心王が占い候補から投票されているから外して見ようとかなんとか
西園寺もだが。まあ初日票はあまりあてにはならないというならそれでも」
さとり 「・・・ん?」
カテーリン 「バーサーカー、現在の占い師はだれを真とみてますか?>バーサーカー」
モヒカン 「アーチャーとかもう一日発言見たい所だろと」
アーチャー 「>慢心王
まぁそこ占う価値はあるだろうねという。」
キャスター 「正直、私視点だと対抗が占っているとこに狼を囲っているようにみえます。
そこは狼の囲いにすごくみえます。
灰に言わせてもらえば、慢心王が非常にきになります。
私はここを占おうかまよいましたが、ここは吊り位置なので占いませんでした。ここは今日吊るべきです」
ノーマルでっていう 「昨日は護衛するところが占い師3択+じゃんぬの4択だったから
まぁ今日は頑張ってほしいぞっていうwww
しかし霊能抜かれないのな…どういう噛み路線なのか」
アーチャー 「バーサーカーってどんな結果が出るとしても、
占い視点も村視点もそこそこ占う価値があるところだろうから。」
さとり 「ですねよー。しかしこの村に正義云々の霧が出なければいいのですが」
Lily 「>にとり
慢心王狼?いや投票は狼っぽいところ入れただけなんだけどぶっちゃけさ」
バーサーカー 「モヒカンが誰を狼視していようと
評価にさしたる変化は無さそうに思うがな。」
河城 にとり 「メモミスが多いね・・・」
慢心王 「>アーチャー
バーサーカーの色、貴様も気になるか」
ヤン・ウェンリー 「>新城
             ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
            /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
           〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',   指揮官の仕事はね
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,  船の行き先を決める事さ
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!  僕はそう思っているよ
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
        ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
  ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
      / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
      ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.」
河城 にとり 「あれ 間違ったか。
こいつは申し訳ない。>ヤン・ウェンリー」
園城寺怜 「最終日にLW吊り上げる村人が正義ちゃうやろか>さとり」
アーチャー 「まぁ占う先は俺かバーサーカーだろうなと思っていたので。
明日辺りにはバーサーカー占われてると嬉しくはあるね。」
慢心王 「で、ある、が。それはそれとして。
現時点ではまだはっきりと決まるわけではない」
Lily 「>アーチャー
ああその方が確かに安心ね
ありがとう今度からそうするわ」
バーサーカー 「しかし占い3の日和ったグレランは好かない。
勿論これは戦術的に否定したいという話ではなく、苦手意識の話であり
何故なら灰がどんどん狭まるからである。」
モヒカン 「あれ、俺キャスター狼っぽいなんて言ったか?<にとり
俺はLyly狼っぽいとは言った記憶はあるが」
緋蜂 「精査するもよし、発言するもよしだと思う、ぞ>新城」
河城 にとり 「対抗狼をみて、慢心王非狼とみたわけじゃないと?>Lily」
さとり 「・・・・・・・・・噛まれ死ぬ村人は完璧な村人でしょうかと思ってしまう人、挙手を」
ヤン・ウェンリー 「>にとり
誤解しているが、モヒカンはLILY狼視。」
Lily 「信用してくれようとしてくれないと私は結果をだす(キリッ)」
アーチャー 「>Lily
別にいちゃもんつけるわけじゃないけど。
正直吊り逃れが一回で見られないならとっとと他に投票した方が危険性少ないよ。」
新城直衛 「                      /三三三三三三三三三三三三
                  |ヨ>‐‐‐‐‐‐‐‐N',‐‐‐‐‐‐--、三三
                    i-‐'"""""""/yヾ""''''‐‐‐-- 、_,
                  jィョョ三三三三三三>----- 、_
                  /三三三三三三ヨ(_ , -- 、, -‐
                ----- 、三三三三三三>-,'"ヽ  ,..     これは僕も何か意見などを
                  ', i i___゚`ヽ、/:::i,:、--7-。、-‐'" ̄       
                   ',i: : : :  ̄: :.j: : : : :.ヽ--、ヽ-、-‐‐'"     出した方が良いのかな
                        |   ´¨,ノ   _ヽ=-  ..::::`‐‐-     
                      _i     iヘ- 、     ,           
                ,...イ::::', 、-   ヽ'"     u
                 ∠:::::::::::::', __〉>--、___  _____   y--
             ,..:<:、:::::::::::::::ヘ  二 ‐--、_ ,..._ヽ-'   /:::::::
            /:::::::::::::\:::::::::::::ヘ         ,.......<::::::::::::::
           /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::>、____,.イ::::::::::::::::::::::::::::::」
慢心王 「確かに票の流れで推理するならリリーが一番真目である。
占い先にも好感が持てるしな」
ノーマルでっていう 「>モヒカン ないわー
もうちょい占うとこ選んだ方がいいぞっていうwww
どうみてもアーチャーとかバーサカーだろっていうwww」
キャスター 「ぜったい、ゆるしません・・・・じゃんぬの敵はとらせてもらいます。」
カテーリン 「・・・ん?なぜです。私から見たら>アーチャー
リリーの態度、信用鳥取りに行ってない時点で。と票かえですか」
さとり 「ええ、ありえませんね、完璧なる村人が噛まれに行ったということでしょう」
河城 にとり 「そして、モヒカンがキャスターを狼でみるのであれば
何故票を変えなかったのかと。Qua.Qua.」
慢心王 「ふむ」
アーチャー 「彼ら視点対抗は狂狼のどちらかであるわけで、
票が拮抗している中騙りの投票先に合わせ続けるのは村に投票している可能性が高くなるわけだ。
特にキャスターの旦那は発言鑑みるにその辺り判断できそうって気がするんだがね。」
Lily 「>アーチャー
だからカテーリnに票替えしたんだって」
園城寺怜 「んー?
その身内投票っちゅーんは
どっちの意味での身内投票なんやろかー?>慢心王>ハゲマントの身内投票云々」
緋蜂 「うむ、相方の指示通り、グレランでお願いする」
新城直衛 「なら占ってみれば良かったのではないかな」
キャスター 「私はゆるしません、灰をせばめ、狼をあぶりだしてやる>ノーマルでっていう」
バーサーカー 「アーチャー白出しは個人的に印象が良い。」
さとり 「これが百一から千、万一での狩人だから遺言を・・・
いえいえそんなまさか、ねえ?」
モヒカン 「〇噛まれて今日も○
展開的にはグレラン日和って奴だヒャッハー!」
Lily 「てかじゃんぬ化ミとかおかしなことするわねー」
アーチャー 「モヒカン、キャスターは三回目まで互いに投票している慢心王から投票をずらしていない。
(まぁLilyもその投票見てカテーリンなりハゲマントなりに変えろよ、というのはあるけど)」
園城寺怜 「ほむー>○噛み
まぁ、変にグレラン続行以外って雰囲気でもあらへんしなぁ」
ノーマルでっていう 「じゃんぬは出オチだった…そういうことだっていうwww」
カテーリン 「確定○噛みね」
Lily 「>にとり
引き分けさけよただの
本当は園城に入れたかった」
新城直衛 「なら頑張ることだ>ノーマルでっていう」
バーサーカー 「初日に対抗を考察する占いという発想が無かったので
ナチュラルにモヒカンに話しかけてたことが気になったぐらい。」
河城 にとり 「おやおや、占いではなく確定○をぬいてくると。
Qua.Qua.ま、狩人探しをかねてといったところかね。」
キャスター 「ふざけるな!!!狼!!!じゃぬぬを・・・じゃぬを・・・よくもかみやがったな!!!!」
アーチャー 「正直昨日ああいう発言を言っておいてなんだが、
俺の中での占いの印象値は非常にLily真に傾きそうだ。」
緋蜂 「真偽ついていなかったからだろうな>アーチャー」
慢心王 「ふん、慢心せずして何が王か!!(決め台詞」
ノーマルでっていう
         /ニYニヽ
       /( ゚ )( ゚ )ヽ    俺様から初日吊り役取ったら
     /::::⌒`´⌒::::\   何が残るんだっていうwww
     | ,-)___(-、|
     | l   |-┬-|  l |
      \   `ー'´   /l!| !
     /        \ |i
   /       ヽ !l ヽi
   (   丶- 、    しE |そ
    `ー、_ノ   ∑ l、E ノ」
さとり 「・・・不吉な気がするのですが>じゃんぬ死遺言な死」
モヒカン 「最終発言で狐、って言ったのが割と悪印象、最終発言って本音出る比率が多い気がするんでね
ついでに言えば他の発言が草除けば結構内訳発言大目なのがでっていうっぽくないっていうwwwwww」
ヤン・ウェンリー 「グレラン」
バーサーカー 「確定○が即死した。
何を狙ってるかイマイチ分からん。」
カテーリン 「おはよう、占いとしてはキャスター>モヒカン>リリーって所ね
正直リリーが低すぎて他二人って感じだけど
モヒカンがNGワードを言ったので低くみるわ」
ノーマルでっていう
             /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         / ⌒`´⌒ \    …お前ら、本気かっていう?
        | ,-)    (-、.|
        | l  ヽ__ ノ l |
         \ ` ⌒´   /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |」
キャスター 「じゃぬ・・・・」
園城寺怜 「ん、っ……あ、朝やなぁ……
まぁ、宜しく頼むで」
アーチャー 「噛み自体は凄い様子見噛みって感じだけど。」
ノーマルでっていう
            / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         /  ⌒`´⌒\   ノーマルでっていう 0 票
        | ,-)       (- |
        | l   ヽ__ ノl |
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |」
Lily 「発言少なめに役持ちとみて占い
アーチャーと園城寺怜と慢心王とバーサーカーがあげられるけど
その中でアーチャーの発言が一番薄いと判断したわよ
あとなんかカチンときたから」
キャスター 「投票数0であります。まずはここを占いましょう
河城 にとり(58) 「FOの形。
くしくせず、確定○になるのはすばらしいじゃないか。
これで占いに真がいないとは考えにくいだろう?Qua.Qua.」
◇河城 にとり(38) 「占いが4COなのだがね。
さっさと共有は出てきて指示をとるがいい。

この占いに対する発言が少しばかり狐がしっぽをだしたように
思えます。はつげん数も8と気になる位置なので占わせてもらいました。
とけてくれるとうれしいのですが。
狼なら非常に怖い位置でありますので」
さとり 「あぁ親愛なる共有者たちよ、あなた方の票と彼の票先で柱気味だとは分かっております
人外が吊れていると百一にもないとは思いますが・・・さてこれで良かったでしょうか。まあ結果を聞きましょう」
モヒカン 「占いCO でっていう○」
慢心王 「票替えでハゲマントに投票せなんだ理由はつまり、
グレーからの票が多かったからである。
ハゲマントの発言強度で初手身内があるとは踏んでおらん」
バーサーカー 「……夜に会話し昼に能力発動を行う村
というのはどうだろうか。」
Lily 「占いCO アーチャー○」
ヤン・ウェンリー 「珍しいところが噛まれたね」
新城直衛 「霊能結果は○」
アーチャー 「おはよう。」
河城 にとり 「Lilyの票変えは対抗狼とみるのであれば、納得だがさてはて?」
緋蜂
おはよう。」
キャスター 「占いCO 河城 にとり○」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ハゲマントさんの遺言 【村人CO】
じゃんぬ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
さとり 「ふむ・・・。確定○かんでみます?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「明日生きてりゃーな
さとりは安全圏だからでっていう辺り占っておくかな」
カテーリン 「この順番で噛む、のが一番かしら・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「俺としては噛むなら狩人探しからやりたいな
綱渡りするなら霊能より狩人の方がヤバそう」
カテーリン 「私○はさすがに露骨すぎるから明後日辺りでいいわ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「占い噛みにいくのならりりー霊能、ギョロ目」
さとり 「あぁ、私にでしたら丸は後回しでいいですよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「ええ、さて、問題だけど・・・アーチャーか、でっていうくらしか狩人臭いのはいないわね」
さとり 「さて、確定○から噛むか霊能から噛むかどちらからしましょうか?
という冗談はハッピネスオフィシャーに任せましょう」
モヒカン 「カテーリン強行で○打ちに行くか?
どっちかに○打つか位は決めときたい」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「さて、どこを噛むか、なのだけど」
さとり 「おぉ同志共有者が2票まとめてくれたおかげで票移動が楽にできました」
カテーリン 「・・ふう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「なんぞこの確定○」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ハゲマント を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (4 回目)
アーチャー0 票投票先 →ハゲマント
キャスター0 票投票先 →慢心王
慢心王2 票投票先 →カテーリン
Lily0 票投票先 →カテーリン
さとり1 票投票先 →ハゲマント
ヤン・ウェンリー0 票投票先 →ハゲマント
緋蜂0 票投票先 →カテーリン
カテーリン6 票投票先 →さとり
園城寺怜0 票投票先 →カテーリン
ハゲマント7 票投票先 →慢心王
河城 にとり0 票投票先 →カテーリン
モヒカン0 票投票先 →ハゲマント
新城直衛0 票投票先 →ハゲマント
ノーマルでっていう0 票投票先 →カテーリン
バーサーカー0 票投票先 →ハゲマント
じゃんぬ0 票投票先 →ハゲマント
2 日目 (3 回目)
アーチャー0 票投票先 →ハゲマント
キャスター0 票投票先 →慢心王
慢心王4 票投票先 →カテーリン
Lily0 票投票先 →カテーリン
さとり1 票投票先 →慢心王
ヤン・ウェンリー0 票投票先 →ハゲマント
緋蜂0 票投票先 →ハゲマント
カテーリン5 票投票先 →さとり
園城寺怜1 票投票先 →カテーリン
ハゲマント5 票投票先 →園城寺怜
河城 にとり0 票投票先 →カテーリン
モヒカン0 票投票先 →慢心王
新城直衛0 票投票先 →カテーリン
ノーマルでっていう0 票投票先 →ハゲマント
バーサーカー0 票投票先 →ハゲマント
じゃんぬ0 票投票先 →慢心王
2 日目 (2 回目)
アーチャー0 票投票先 →ハゲマント
キャスター0 票投票先 →慢心王
慢心王4 票投票先 →さとり
Lily0 票投票先 →園城寺怜
さとり2 票投票先 →慢心王
ヤン・ウェンリー0 票投票先 →カテーリン
緋蜂0 票投票先 →ハゲマント
カテーリン4 票投票先 →さとり
園城寺怜2 票投票先 →カテーリン
ハゲマント4 票投票先 →園城寺怜
河城 にとり0 票投票先 →カテーリン
モヒカン0 票投票先 →慢心王
新城直衛0 票投票先 →カテーリン
ノーマルでっていう0 票投票先 →ハゲマント
バーサーカー0 票投票先 →ハゲマント
じゃんぬ0 票投票先 →慢心王
2 日目 (1 回目)
アーチャー0 票投票先 →ハゲマント
キャスター0 票投票先 →慢心王
慢心王4 票投票先 →さとり
Lily0 票投票先 →園城寺怜
さとり2 票投票先 →慢心王
ヤン・ウェンリー0 票投票先 →カテーリン
緋蜂0 票投票先 →ハゲマント
カテーリン4 票投票先 →さとり
園城寺怜2 票投票先 →カテーリン
ハゲマント4 票投票先 →園城寺怜
河城 にとり0 票投票先 →カテーリン
モヒカン0 票投票先 →慢心王
新城直衛0 票投票先 →カテーリン
ノーマルでっていう0 票投票先 →ハゲマント
バーサーカー0 票投票先 →ハゲマント
じゃんぬ0 票投票先 →慢心王
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
河城 にとり 「結果で判断しろと。
ま、君が生きていられればがんばるといい。
Qua.Qua.>LiLy」
じゃんぬ 「ええ、ええ(きりっ>ジル」
カテーリン 「速度で狼目、という話がでてるけど
銃殺とかでもないかぎり宛になる情報じゃないわ
占い師個人の環境にも左右されるんだから」
ハゲマント 「進行としてはグレラン一択だろ。
後は占いは精一杯グレー減らしと信用稼ぎと人外判別に勤しんでくれれば」
新城直衛 「キャスター君とじゃんぬ君が共に生き延びることは
ほぼないと残念ながら断言しようか」
アーチャー 「そこを照らし合わせないと情報となりうるかは微妙だろうね。」
慢心王 「真贋、というよりは発言で見抜くということだな。
発言なぞいくらでも加工できる。
我らは慢心していればよい」
じゃんぬ 「いや、正確には「村視点で初日から」で、をつけくわえますか」
ヤン・ウェンリー
            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ  戦略的に有利を作り、戦術的に有利を作る
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}  戦いの鉄則だ
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(   まずは戦略的に人外陣営に勝つところから始めよう
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|」
キャスター 「おぉ、いとしのジャンヌ」
緋蜂 「生命体ではなく兵器なのだがな>カテーリン」
Lily 「>にとり
ごめんミスった」
さとり 「・・・。どう区別をつけましょうか?」
園城寺怜 「……まぁ、何やろなぁ
判るよーにCOしたほーがええよ。」
Lily 「発言で判断とかだるいからやめてくださいよー」
じゃんぬ 「確実に狼に真狂区別ついてない珍しい形ではありますね」
キャスター 「ジャンヌ、どうか生き残ってください、
あなた様がいないみらいは想像できません、
どうか、私も精一杯いきますから
どう」
河城 にとり 「Lilyは人の名前を間違えて覚えるのが趣味なのかね。
ぬとむというのは・・・」
さとり 「胸を緊縛している方が・・・あら、どちらもでしたか」
バーサーカー 「少なくとも狂人なら占い先を外すと思う。
騙りは朝になってからも占い先を変えられるという、
当然ではあるものの使いようのある一手を持つ。>モヒカン」
慢心王 「初手から真贋をつけるのは難しいであろう。
貴様らも我の村人であるならどっしりと構えよ!」
アーチャー 「まぁLily狂人時に対抗○2つが見えていたらという理論は分かるが。
重要なのは行動より本人の発言でそこを判断できるかどうか、ということだろう。」
さとり 「少なくとも狼が飛び出せヒャッハーと噛んで、だとかよっぽどの情報でもない限りグレランで何ら問題はないしょうね」
新城直衛 「狼が初手で囲う必要なしと判断したことは何らかの役には立つだろうか。
各自それを考え、即刻敵を見つけるよう」
モヒカン 「正直混同してましたすんません<にとりとさとり」
カテーリン 「大丈夫です、同志さとり>さとり
胸をみればわかり・・・・そうえいば貴方は公式だと巨乳でしたか
これは見分けがつきませんね」
Lily 「>でっていう
任せろ」
ハゲマント 「後はどこが騙りっぽいかとかかねー。とはいってもCOから違和感はないか?」
ノーマルでっていう 「っていう訳で、「おらっ、呪殺出せよ!」
ポケモンのノリで言ってやるっていうwww」
バーサーカー 「通常声で発言してしまったのを
言い直しただけだろう。占いは3人。」
キャスター 「ジャンヌが解けるかどうか、大変心配しましたが、解けなくて大変うれしくあります
ジャンヌが村人陣営以外はありえませんから!!」
Lily 「初日の発言とか糞めんどいんですよ
じゃあ適当にしゃべって 占うから」
モヒカン 「対抗は遅れたLilyが比較的狼っぽいって位か
遅れて出てくるのは狂人じゃ少なそうだし」
ノーマルでっていう 「3-1-2だぞ、霊能は早く出てきてくれたから
疑う余地はないって考えてるっていうwww
あと、3人いるならさすがに真混じりだろっていうwww」
さとり 「(この中に二人・・・にとりとさとりと混同していそうな人がいます、か」
カテーリン 「そして無双の戦術家、ヤン・ウェイリーとなぞの生命体の火鉢
・・・勝ちましたね、この勝負」
慢心王 「初日から一つ確定○ができることは喜ばしいことであろう。
グレーが多い?
ふん、気にするな初手の囲いがないというだけだ!」
河城 にとり 「Qua.Qua. こいつはやられた。
申し訳ないね。>園城寺怜」
Lily 「いや私は大声で撤回しただけだけど」
キャスター 「おお、ジャンヌ・・・」
バーサーカー 「さとりがジャンヌ死に、と言っていたので
私が銃殺と気づかずに呑気なこと言ってたかと思ったけど
そんなことは無かった。」
新城直衛 「         __ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ̄フ::::;;;--::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         イ::::::://≠--7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          7::/     /,.-≠::::::,-'/::::::::::::::::::::::::::::::
             .|〈      〃-'" ∠,--'"∠;;;;;;;:::::::::::::
             |ヽ,   ,           ,イ::::--ッ'::::::
              i y、ヾ .|  , i               ̄ヾ
              |,i  `<i  i, |
           7 i   i!  ヘヽ=、__              よろしい。
           7 ヽ・-'.7    ,-- ヽ=、__          
      , -=ヘ .i   -='/       7¨`ヽ、=-、        まあ。万が一吊ってしまっては
       | i,  i.'.! , - '"        |     \, ヾ,,      
       | .ヽ-'ハ |          ヘ、。   ,ノ       ということがありますからな。
     __i    ', i_           `---'"        
ヘ,-::'"::::::::::',  i'". i ヾ>-、   __,,--,              
 ヘ:::::::::::::::::,i     i-----'" ̄ー'" /              
  \-'"、_ ',    ヘ       ,ノ
  ,.- ヘ'"  >-、_ .ヘ  ,-、-'"」
河城 にとり 「あ、4COじゃない・・・一人が2回いっているだけか。」
ハゲマント 「これ、初日の発言が重要になるタイプのアレじゃね?」
じゃんぬ 「まあ、私ぶっちゃけ中世のヒロインですからね。

人気はしかたありません」
さとり 「そして霊能も出ておりましたか、3銃死のインパクトが強すぎて見落としてましたよ」
園城寺怜 「Lilyの2回COやなくて
4COになっとる?>にとり」
アーチャー 「オーライ。特に問題がある形でもねぇ。
何せ、狼視点でもほぼ真贋はついてないっていう形なんだからな。」
キャスター 「おお、ジャンヌさえいれば、もう何もこわいことありません。」
Lily 「>バーサーカー
信頼してくれてありがとう
狩人なら守ってもいいのよ(チラッ)」
河城 にとり 「FOの形。
くしくせず、確定○になるのはすばらしいじゃないか。
これで占いに真がいないとは考えにくいだろう?Qua.Qua.」
カテーリン 「ふむ、3-1-2、で確定○と
初日から確定○がでるのは珍しいですね
資本主義達も面白い事をします」
モヒカン 「うん、アレだ、気を取り戻した
全員同じ場所って事なら囲いの心配はねー
役職出てグレランってわけだ」
ハゲマント 「ま、確定白だなー。あんまグレー減ってなくてなんつーか、もんにょりしてる」
園城寺怜 「まぁ、3-1-2らしいし
グレラン行っとこか」
キャスター 「はい!!もちろんでございます!!>じゃんぬ」
ノーマルでっていう 「>にとり 3COだぞっていうwww」
じゃんぬ
                          __
          __,.、_ ,..、__     /⌒ヾ:.
      __,rァ=竺ーヘ,__ ーヘ`丶. 〃    }}
        У ´ __\ ヽ`て, マ⌒'\_    ′
.     /   .: -‐ ァ 'ヘ }i {_ }     `丶,
     / // 爪  l }i  {_ } 丶 i  ハ
    」i_/ / { { 、\ } }i 厂v \  | l i}
    {廴/{  、 \  } / rし'ノ    v  |ノリ
     {尨x\__\  厶' 7 尨⌒丶ノ^i |"
      廴`ァ=x⌒<尨彡' `ヽ〈  .′l
         У/1:マ丁´、 \ ,ノ }_/  .  さあかかってきなさい、私はいつでも
       /::::'ヘ|i:::V\ 丶 /  .イ:  /
     く::/:::/ |:,::::v'⌒^''^′i / ' / ウェルカムですよええ、ええ。
       〉::/  :::V/      「  / /
     ぐ:/   |::::| ̄ ̄ ̄ ̄丶//′
         / ー _____    \」
慢心王 「慢心せずして何が王か!!
寝坊もまた王である証よ!!」
さとり 「そして共有が2CO、まあここで奇策があるとも思えないですしリソースは他に」
バーサーカー 「ちなみにリリー真の公算が高い。多分真狼。
少なくとも狂ならあそこまで出遅れた時点で確定○をわざわざ作る必要はない。」
じゃんぬ
               r'⌒ヽ_ _
                 ,r'´  `ヾ>。
                iノリヽ!\ __{3
                   ノ!   ハb}i3ゝ  私とジルがいれば人外など  
                    レヽュノレ'Y、r'
                 r-}、 ,r!ー―- 、  物の数ではない、そうですね、ジル
                  / <Y >   __  ヽ
                 } Y .|i!|  } } ゝ }
                ノ ト=-‐' i L__]
              _,r[ , ヘー-=≦´::「」 i i i ト、」
キャスター 「おお!!じゃんぬ。あなた様が村人で私は大変うれしいでございまず!」
慢心王 「くく、寝坊したわ」
Lily 「じゃあ好きなところ占うわよこんちくしょう」
ノーマルでっていう 「これで狐だったらマジ笑えたっていうwww」
ヤン・ウェンリー 「緋蜂確認。グレラン」
緋蜂 「相方はヤン・ウェンリーであっているぞ」
じゃんぬ 「ええ、無駄占いじゃなくてよかったですね(棒」
新城直衛 「共有は吊られぬ自信があるならもぐってもいいんじゃないか?」
河城 にとり 「占いが4COなのだがね。
さっさと共有は出てきて指示をとるがいい。」
慢心王 「おはよう」
緋蜂 「では出よう
共有者COである」
モヒカン 「なんかシンクロしたみたいでいやだ」
さとり 「・・・あらあらまあまあ?>じゃんぬ氏に死の3銃○」
ヤン・ウェンリー 「共有CO 相方生存」
新城直衛 「これはいいぞ。
面白くなってきた。」
ハゲマント 「おいじゃんぬ人気すぎね?」
ノーマルでっていう 「じゃんぬ確定白だっていうwww」
Lily 「じゃんぬの人気に嫉妬」
カテーリン 「さすが同志じゃんむ・・・完璧な○ですね」
園城寺怜 「……笑ったわ>じゃんぬ3○」
アーチャー 「とりあえずじゃんぬの嬢ちゃんがとんでもない人気っぷり、ってのは理解できたぜ。」
緋蜂 「……じゃんぬ人気だな」
河城 にとり 「じゃんぬ大人気。」
ヤン・ウェンリー 「おはよう
役職者はCOを頼むよ」
バーサーカー 「初日に確定○になるとか、流石聖少女。
……見た目は邪神だけど。」
じゃんぬ 「ジル盲信しました」
ノーマルでっていう 「占いCOさっさとやるっていうwww」
Lily 「なんかカチンときたから」
新城直衛 「霊能者を務めることになる新城だ。
よろしく」
カテーリン 「おはようございます市民」
Lily 「占いCO じゃんむ○」
園城寺怜 「ん、っ……あ、朝やなぁ……
まぁ、宜しく頼むで」
モヒカン 「RPで対応する奴もいねーんだよな、と言うわけでラスト占いだヒャッハー!
正直見た目怖いんで白黒つけたいと思ってる、あんなの絶対邪神だろ」
Lily 「占いCO じゃんむ○」
バーサーカー 「……おはよう。
夜でないと活躍出来ない。」
キャスター 「おぉ・・・ジャンヌ・・・あなたがこの村に来てくれて
それだけで満足でございます。
占いに就職したあかつきにはこの
キャスター自身があなた様を占わせていただきます!!
さぁ、このキャスターのEXスキルである占いをしましぅう!!
まさか、あなた様が狐でとけるはずないですよね?
私はそんな、あなたを見たくないですよ!」
じゃんぬ 「おお。ジル・ド・レイ・・・・貴方はどうしてジル・ド・レイなの」
アーチャー 「顔無き英雄の名において、ってか。」
新城直衛 「事前情報では敵戦力は人狼3 狂人1 妖狐1
直ちに殲滅に入る。諸君らの努力を祈る」
さとり 「出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
見事な普通村ですので何もおかしくにい。と通りすがったナイトさんが」
河城 にとり 「おはよう。
それじゃジンガイ共を殲滅しようじゃないか。Qua.Qua.
それにしても夜が煩い事煩い事。」
モヒカン 「占いCO じゃんぬ○」
ハゲマント 「おはよーさん」
緋蜂 「おはよう。朝だな。
占いはCOを頼む。」
ノーマルでっていう
            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
     /ニYニヽ   |   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ !   !
   /::::⌒`´⌒::::\  /
  | ,-)___(-、|/  お前も俺もでっていうwww
  | l   |-┬-|  l |   (ポッキーCMのノリで)
   \   `ー'´   /
  / __     |
  (___)   ./」
キャスター 「占いCO じゃんぬ○」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カテーリン 「なんでもありません!」
カテーリン 「おや、同志モヒカンが志願してくれたようですね
ではお願いします。こちらは慢心王と円乗を対応します」
さとり 「・・・。かんでませんよ?(にこっ」
モヒカン 「噛んだ?<で朱から」
さとり 「我々は我々で精々生き足掻けばいいので朱から」
モヒカン 「やだ、この狼会話アカい」
カテーリン 「では誰か騙りを一人・・・と、誰も居ない様ですね
では前潜伏を」
さとり 「では同志モヒカンにいk・・・占いに出てもらいましょうか」
カテーリン 「・・・噛んだ」
さとり 「策、ですか。同志カテーリンあなたのような素晴らしい参謀がいるのに私めからはでせませんよ」
カテーリン 「私はだれか一人を騙りとして生贄に出すことで
この窮地を脱したいのだけど・・・私は委員長で皆をまとめないといけませんから
ないんですね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「他にプランが有ったりするのなら早めに頼むっと」
モヒカン 「ところで騙り希望は居るか?
居ないのなら俺が騙りに出る、狼潜伏に自信ないんだ」
さとり 「さて、どうしましょうかねぇ・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カテーリン 「赤は活力の色、素晴らしい色よ
さて、同志さとり、策はなにかあるかしら」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
さとり 「あらあら、同志カテーリン。お赤いようですよ?」
カテーリン 「あら・・・よろしく」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モヒカン 「よろしくさん」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/11/24 (Sat) 21:48:45
アーチャー 「それじゃ、皆よき聖杯戦争を、ってか。」
園城寺怜 「……ま、よろしく頼もか」
新城直衛 「         __ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ̄フ::::;;;--::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         イ::::::://≠--7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          7::/     /,.-≠::::::,-'/::::::::::::::::::::::::::::::
             .|〈      〃-'" ∠,--'"∠;;;;;;;:::::::::::::
             |ヽ,   ,           ,イ::::--ッ'::::::
              i y、ヾ .|  , i               ̄ヾ
              |,i  `<i  i, |
           7 i   i!  ヘヽ=、__              西洋の英霊とやらが一堂に会す
           7 ヽ・-'.7    ,-- ヽ=、__          
      , -=ヘ .i   -='/       7¨`ヽ、=-、        というのはなかなか壮観だな
       | i,  i.'.! , - '"        |     \, ヾ,,      
       | .ヽ-'ハ |          ヘ、。   ,ノ       
     __i    ', i_           `---'"        
ヘ,-::'"::::::::::',  i'". i ヾ>-、   __,,--,              
 ヘ:::::::::::::::::,i     i-----'" ̄ー'" /              
  \-'"、_ ',    ヘ       ,ノ
  ,.- ヘ'"  >-、_ .ヘ  ,-、-'"
ヾ    \  `   <`゙''ー-、, `'-、_
. ,ヽ    ヽ、 _    ̄ ノ     \
. ,- \     、 ¨、ー-'"i      _ ヽ
   __\   ヾ,  ヽ i ',    ∠- `゙''ー-、,_ , ,,ィ'"  , ..イ」
ノーマルでっていう 「ライダーにするかどうかが問題だっていうww」
アーチャー 「1」
緋蜂 「それでは、参ろうか」
アーチャー 「2」
キャスター 「さぁ、はじめましょう。」
カテーリン 「市民、UV様とはなんですか?>さとり
あなたのセキュリティクリアランスには開示されてないはずよ」
アーチャー 「3」
緋蜂 「全員投票したようだな」
アーチャー 「おっと投票感謝。
そんじゃ、カウントさせてもらうよ。」
モヒカン 「やめろ、やめてくれぇ~・・・ウワラバー<カテーリン」
ハゲマント 「テカってるのは今に始まったことじゃねーしなー>でっていう」
キャスター 「問題ないです、じゃんぬであることがじゃんぬであるもののを位置ずけておるのです>ヤン・ウェンリー」
カテーリン 「できるだけ早く、完ぺきにお願いしますね>慢心王」
バーサーカー 「姿形は問題でないと……流石。」
アーチャー 「何やらさとりの嬢ちゃんにハードルを上げられたような。」
じゃんぬ 「ええ、ええ!(きりっ>ジル」
カテーリン 「(処刑スイッチ)>モヒカン」
ノーマルでっていう 「>ハゲマント よっ、今日もテカってるなっていうwww」
さとり 「こういった時に良い開始セリフがあるのですか、そうですか」
キャスター 「げんかいした姿が真の姿とは限りません、
私はあなたの凛凛しさに惚れましたのですよ!!>じゃんぬ」
アーチャー 「キャスターの旦那の心意気はすげぇと思うぜ、おう。」
カテーリン 「                  .   ¨¨ ̄ ̄¨¨   、
                /             \
               /  ⌒ソ三三≧z、       ヽ}ヽ
.              /   ∠彡'⌒¨¨ ̄ ̄`ヽ ____rくノ
             /  /             `ヽ   `ー‐ァ
           __{_ 〃            ヽ   \ 、__ノ
           `ヽ 7      i   :ト、  ト、 __ト、  ヽ 、ハ    同志、ヤン・ウェイリー
.            __ノ /      ト、  | \ィ´ヽ} ∨ ト、}、 ハ
           `ヽ/ :i    .ィ==x ヽ{   ヽ}f穴ミx }  `ヽ}   私はコーヒーといいました
.             |  :|     i xf穴z     {ッじ:j} }ノ `ヽ{
.             {  :|   { { V{kじ}     `¨´  ハ.  ハ   貴方も完璧な帝国市民ならば個人の好悪でなく
             八 {ト、 ト、八 `¨´  '   """ ムイ}、  }
               }ノ | ヽ{ 从 """  r ,   .′′ |  ′  戦術家としての意見を申し上げなさい!
.                | :i   > 、..     .イノ}ノ  | '
               八 {ヽ.._  ∨}ノ}` =.彡‐―ァ   jノ
              __rヘ }ノ ___`ヽ{广7壬   rく
             / 、⌒} /¨/7 __`ヽ〉i:i  __ノ   ヽ__
          ____/   ヽ.〉:::::// { `ヽ/〃´ ̄¨7  〃/`ヽ
        /  ノ   勺ノ::::::::l:l 〈 __ノ{_/に_彡/ ,://:::::::::∧
.       /  {〈 ィ彡'¨¨{|::::::l:l  |__..イ`ヽ__ ヽ{ ,://::::::::::::::::}
       /{   込__.ィハ∧_}:::::l:l   } /  // ヽ/ ,://:::::::::::::::::卜、
      , {   ヽ/__,  }∧::::::l:l 〃jノ   j/l:l  ,.://i:::::::::::::::::::::::::\
.     //八        |  V::l:l // }  /{ l:l ,://:::{::::::::::::::::::::::::::/ 〉
     /    ヽ.._____ノヽ./::::l:l///   { | l:l〃/::::::::::::::::::::::::::::イ イ
.    〈        /  /:::::l:l//      | | l:l' /ミz、__::::::::::::彡'¨¨:{
    /ヽ    ..イ `ー‐}::::::::}:ノ     | | l:l/:::::::::::::: ̄ ̄ :::::::::::::|
.   /:::::::ー‐一' : : : : : : :: ̄¨/      }∧/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 」
河城 にとり 「・・・美的センスというのは人それぞれだからね。Qua.Qua.」
ヤン・ウェンリー 「        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ   無理しなくていいんだよ>キャスター
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、」
慢心王 「>カテー
我に仕事をさせるつもりか!
貴様許さん、少し待っていろ!」
アーチャー 「素晴らしいね、50分になる前に埋まってくれたよ。
そんじゃま、用意が済み次第投票を頼むぜ。」
バーサーカー 「言語能力を有するバーサーカーだとかは些細な問題……よろしく」
じゃんぬ 「いえ、ジル・ド・レイでしたね」
キャスター 「おぉ・・・・ジャンヌ・・私はあなたを全力でお守りしますぞ!!」
ハゲマント 「(ブチィィッ)>でっていう」
モヒカン 「それってジャンヌっていうより
じゃ
   ん
        ぬ って感じなんだが大丈夫か?<キャスター」
じゃんぬ 「ええ、ええ>キャスター」
かりおりn 「かりおりn さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりおりn → バーサーカー
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 5647 (バーサーカー(Ap))」
ノーマルでっていう 「ノーマルでっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ノーマルでっていう → ノーマルでっていう」
キャスター 「まっていましたぞ!!ジャンヌ!!
お姿はお変わりになられましたが、大変、うつくしい姿をしております!」
ノーマルでっていう 「草と聞いてやってきたっていうwww」
河城 にとり 「Qua.Qua.
私の下にじゃんぬとやらが来たがあれでいいのかい?>キャスター」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → ノーマルでっていう
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 648 (でっていう(大))」
じゃんぬ 「よびましたか?」
キャスター 「じゃんぬ・・・!?」
モヒカン 「水だ!水に決まってんだろ<かてーりん」
河城 にとり 「おやおや、どこに隠れていたのかというぐらい
あっというまに沸いてきたね。」
Lily 「おっとうまってた」
アーチャー 「新城の旦那と、仮の旦那方もいらっしゃい。
いやめでたい。埋まりに埋まったもんだ。」
かりり 「かりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりり → じゃんぬ
アイコン:No. 7 (青) → No. 5586 (邪神セイバー)」
緋蜂 「埋まったな、よろしく」
園城寺怜 「……しっかしこの村、打てるんかいなぁ」
カテーリン 「わかりました、あとで配給係に申告するように!>慢心王
あと慢心王はブラックと比べてどれだけ優れてるか意見書の提出を行いなさい!」
さとり 「さて、少し冷えますね・・・もう少し厚着をしましょうか」
ハゲマント 「あ、一応麦茶もあるわ」
緋蜂 「植物の葉如きで戦争を起こす人間はよくわからぬものだ……
兵器としてはな」
アーチャー 「ま、カテーリンの嬢ちゃん。それに園城の嬢ちゃん、にとりの嬢ちゃん。
後ハゲマントの旦那とモヒカンの旦那もいらっしゃい。」
かりり さんが村の集会場にやってきました
キャスター 「おぉ・・・・ジャンヌ・・・・ジャンヌがいない村など・・・・」
ハゲマント 「紅茶? たっけーもん飲んでんなー
インスタントコーヒーと白湯しかないぞ俺んち」
慢心王 「ワンパンマンか…………!」
さとり 「いいえ、これはUV様からこのような返答をするべきだとのご指示がありましたので」
新城直衛 「よろしく頼むよ」
かりおりn さんが村の集会場にやってきました
仮名 「ダイナミック仮入村!」
キャスター 「紅茶は貴族の飲み物でしたな
それで何度も戦争が起きました」
モヒカン 「ヒャッハー!
村と聞いちゃ黙っていられねぇぜー!」
仮名 さんが村の集会場にやってきました
緋蜂 「よろしく」
新城直衛 さんが村の集会場にやってきました
アーチャー 「>カテーリンの嬢ちゃん
俺の時代にはコーヒー自体がねぇからなぁ。」
河城 にとり 「Qua.Qua.宜しくだよ。」
モヒカン さんが村の集会場にやってきました
カテーリン 「私はブラックか、砂糖かとと言いました>さとり
そのようなブルジョワジーに洗脳された意見は求めてません!
あなた・・・資本主義ね?死刑!」
河城 にとり さんが村の集会場にやってきました
緋蜂 「オイル味は頼めるか?>カテーリン」
アーチャー 「初日に占いの確認噛みに噛んでみようとも、何でもな。」
慢心王 「ふん、ミルクと砂糖をたっぷり用意しろ!
我こそカフェモカ派である!!>カテーリン」
ハゲマント 「で、誰をぶっとばせばいいんだ」
緋蜂 「なるほど、了解した>アーチャー」
ハゲマント さんが村の集会場にやってきました
ヤン・ウェンリー 「                ッ-‐…ー-、
               , -'゙. : :: :::::: :: .`ヽ
             / . : :: ::;:::::::::::::::: : ト      r、.,.、
             { : : ;;、厶ヘヘ;;、、;: : ゙!     ゙! ゙i、 >:、   
            ラ _;「´セT' f゙セト ):: {      ゙! !i-タ┐  おいおい、紅茶党はどうすればいいんだそれは
           ,r‐ ゙! l、';   ; !、  Tフ:;!.._  r‐、 l,  <,.イ|  
            /   ゙!;:::゙!   ,ニ、 /゙:;(  ヽ ヽ.`ー'、、 '  {  
         /     ,〉::l゙ 、 `ー' ,:'}:::{    ', `ヽ、 ! ,、 >、 
         ,'    ,」∧ヽ_`ー‐''゙_ノi::::ト、_  _',__  `Fニノ゙.::..`、
        _l__,,.、-''"...:::::`'| i_| i」 l/::lコ:.`ー""ニ':, ̄`゙';:::::::::::::::..`、
      ,r''" .....::. ...::::::::::::!、  ノ ,|::::::::;' .::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::..゙:、
      / .::::::::::::::::::::::::::::::_:;;:二ニニ,::::,=、:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::. ゙:、
     ,' :::::::::::::::::::;、-ニ"`ュ_  _,.、-'゙l, }-{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙i
     ,' :. ::::::::::::::/,: -'ニニァ' ̄ _,..l,リ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    / ::: ::::::_;:/ '  ,、<- ''::"::::::::::{ /::::::::::::::::;r──t─-- 、、;;;:、'゙
    / ::::_;、-''゙.:::!、_ /.:::::::::::::::::::::::::::::レ'゙:::::::::::::::;'/    ',
   ,/ -''"....:::::::::::::.. ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'.;'     ',
  / .::: ..::::::::::::::::::::;;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ,ハ      i
  i゙ .:::::::::::::::::::::;、t'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .|; i     l
  ゙!::::::::::::::::;、-i゙  〉 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |.l i     l
  `'┬-‐''゙  ll ./ .:: ..::::::::::::::::::;;、-''"´ ̄`ヽ::: l l l     .l
    |      ll ゙:、 ::::::::::::::::::;/ ,!  、    ゙i / l l- - - - ┤
  ─┴─-、、ll.. ゙:、:::::::::::::/,: ,/i  、゙:、   ゙i  「""""""""`ヽ、」
カテーリン 「各自、意見ある人は意見を出すように!
因みに委員長は大人ですからブラック派です!」
園城寺怜 「……ん、よろしく頼むで」
緋蜂 「いらっしゃい」
さとり 「シナモンで>えーりん」
園城寺怜 さんが村の集会場にやってきました
慢心王 「余裕と言うな、慢心と呼べ。この慢心こそ王の証よ。
仕事でもなんでもするがよい」
アーチャー 「>緋蜂
問題ねぇとも。
文字通り、オールフリーさ。」
カテーリン 「これより1172回コーヒはブラックか、砂糖入りか決定委員会を始めます!」
アーチャー 「>緋蜂
最近は機械でも性別が設定されてる、
なんてーのはザラだがね。ま、よろしく頼まぁ。」
緋蜂 「いらっしゃい」
カテーリン 「気をつけ!礼!休むな!」
カテーリン さんが村の集会場にやってきました
緋蜂 「早噛みありということは、夜いきなり噛んでしまってもルール的には問題ないということであろうか?>アーチャー」
アーチャー 「おぅおぅ。流石ギルガメッシュの旦那は余裕があるねぇ。
大いに結構。こちらとしても仕事がやりやすくなるってなもんさ。」
キャスター 「さてはて、本当にこの村に、ジャンヌが来てくれるのでしょうか」
緋蜂 「機械だからな、うむ>アーチャー」
アーチャー 「よし戻れた。
さとりの嬢ちゃん、ヤンの旦那、緋蜂の……旦那か嬢ちゃんかわかんねえが、
いらっしゃい。」
緋蜂 「……よくわからん>さとり」
キャスター 「ええ、こちらこそ、よろしく、お願いします>ヤン・ウェンリー」
さとり 「『そうだ、京都に行こう』のパクリだと、思いましたね?そこで見ている人」
キャスター 「  {::::.\::::::::::_;. -‐'    / -‐::::::::  ∧::::/ ∧::.\::::::ハ
  \:::::::ヽ::::ア     //.::::  ‐-ミ   V  jう トミ:::Y:::::{/
    }::::::::∨ -‐ ¬く::::::イ   ==rく    ア }::::::.`ヽ:/.:.:.:
   人:::::::/ _ ,......::::く` ゙Y人〃   ノ     レ /::::\::::/.:.:.:.:   ニッコリ
  (:::::::ミ=\ ,ィ  __ヽ ∨ ト-‐      }  r《∧::} ∨.:.:.:.:.:
    ー-ミ三iヽ 〃⌒}∧ ∨ ヽ.       /  | ヽ}/∨.:.:.:.:.:.:
        ∧ ゙ト-‐ヘ:::::.、>‐-》        | ノ ,′.:.:.:.:.:
         /.:.:.\、   V , _ア      _,  ,′  '.:.:.:.:.:.:.:.:
.        /.:.:.:.:.:.:.`丶、 `  _  -‐   ̄   /   |:.:.:.:.:.:.:.:
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ / ,......::::7   /    .|:.:.:.:.:.:.:.:.:
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        /     |_  -‐…
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /        |:::::::::::::::::」
慢心王 「>アーチャー
ふん、クラスはないがな。
今回は高みの見物だ」
ヤン・ウェンリー
            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}   よろしく頼むよ
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|」
さとり 「よろしくしますよ」
アーチャー 「っと、ちーっとだけ離席するが、
まぁ時間までには戻るんで安心してくれ。」
緋蜂 「よろしく」
緋蜂 さんが村の集会場にやってきました
ヤン・ウェンリー さんが村の集会場にやってきました
さとり さんが村の集会場にやってきました
アーチャー 「ギルガメッシュの旦那、Lilyの歌姫もようこそっと、
聖杯戦争でもしたいのかって面子だねぇ。」
Lily 「こんばんはー 憑狼村楽しかったわ」
慢心王 「慢心せずして何が王か!」
キャスター 「キャスターとしてこの村に召喚されました。

どうか【青髭】とおよびください」
Lily さんが村の集会場にやってきました
アーチャー 「っと、ようこそ。キャスターの旦那。」
慢心王 さんが村の集会場にやってきました
アーチャー 「開始時間50分予定、応相談。」
キャスター さんが村の集会場にやってきました
アーチャー 「久々だが、多分あってると思う
という訳で報告」
アーチャー 「ローカルルール

早噛み・狐遺言・昼AAオールフリー」
アーチャー 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。」
アーチャー さんが村の集会場にやってきました
村作成:2012/11/24 (Sat) 21:32:58