←戻る
【紅1175】やる夫達の普通村 [2000番地]
~…サザエさん症候群がきたよぉぉ!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 小鬼英雄
(生存中)
icon 巴マミ
(生存中)
icon ユウ・カジマ
(生存中)
icon 月曜日
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 饅頭
(生存中)
icon 佐倉杏子
(生存中)
icon 鹿目まどか
(生存中)
icon 美樹さやか
(生存中)
icon 月曜日zero
(生存中)
icon 月曜の子
(生存中)
icon エリカ
(生存中)
icon 河城にとり
(生存中)
icon 西園美魚
(生存中)
icon れーむ
(生存中)
icon 暁美ほむら
(生存中)
村作成:2012/11/25 (Sun) 17:33:31
GM
「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。」」
GM 「昼AA自由
初日以降早噛み自由
狐遺言禁止」
GM 「開始予定1750」
GM 「…開始予定時刻が短すぎたと反省した」
小鬼英雄 さんが村の集会場にやってきました
小鬼英雄 「よっと。」
小鬼英雄 「よろしくっ」
GM 「いらっしゃいませぇー」
巴マミ さんが村の集会場にやってきました
巴マミ 「よろしくね」
小鬼英雄 「いっぱい人がこないかなぁ」
ユウ・カジマ さんが村の集会場にやってきました
GM 「マミさんもどうも。生存勝利できるといいですね(ニヤリ」
ユウ・カジマ 「・・・」
巴マミ 「だ、だだだ大丈夫よ、問題ないわ!!>GM」
小鬼英雄 「さっきの村、アイコン登録してたら出遅れたとかそんなことないんだからな
1時にヒャッハーして待ってたのにとかそんなこと絶対ないんだからな」
GM 「パイロットもいらっしゃい。素敵な運命に恵まれることをお祈りしております」
GM 「そ、それは…>小鬼」
ユウ・カジマ 「・・・」
小鬼英雄 「17でできなかったらちょっと泣きそう」
巴マミ 「ズサ来ないかしら」
小鬼英雄 「まぁ、16でも8-11でもいいんだけど。」
GM 「休みの日の夕方だからもうちょっと勢いよく集まると思ったのだけどね
優秀なズサを期待しましょう」
月曜日 さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 「よろしくだろ」
GM 「うわあああ月曜日いいいい
ない夫いらっしゃああいいいいいいい」
月曜日 「トリ間違えたけどいいや。よろしくお願いします。」
小鬼英雄 「げ、月曜日だとぉ」
巴マミ 「出たわね!>月曜日
あなたの好きにはさせないわ!
ティロ・フィナーレ!!!」
饅頭 さんが村の集会場にやってきました
月曜日 「みんなのヒロイン月曜日です(にこっ>小鬼」
饅頭 「よろー」
月曜日 「がぶり>マミさん」
小鬼英雄 「やめろ、こっちに来るんじゃない>月曜日」
佐倉杏子 さんが村の集会場にやってきました
月曜日 「そんな今の私のBGMはさやかのテーマ。」
佐倉杏子 「おーっす」
GM 「美味しそうな饅頭ですね。よろしく」
ユウ・カジマ 「・・・>月曜日が隣り」
巴マミ 「                                              \人人人人人人人人./
                                             、,,'             ゝ
                                             )  や  .ソ  た  ま   .>
                                             ノ   ら  .ウ  か .だ   (
                                         - = ニ二   れ  ル  が .よ   .>
                                            )  た  .ジ     .!   .(   >月曜日
                     _,、,、,、,.                    )  だ  ェ          >
                  /`ー<___ 弋! |  ̄ >フ_                 .)   け  ム         .(
              ,.イ     .、|::!_`>=r==x/.、 `ヽ_           )   よ  を           .>
                /, _ , ./    ハ:|> \,大/|ヽ《_)ヽ_/ / ヽ           )  !           .(
           , - く- .、  ヽ    /:j弍>==イ ∧|.l_|/ / ヽ !           )                 >
         イ ̄ ト、\ \ :!  ,':::/!       l_i_!    :,        く                  (
         /:: !  / ./`,く  | |-  Y.八      r==ァ    ./         )                   ノ
.         /|::::ヘ.ノ ./ ./ /_.ノ `ー '| /,.::>。. _,,7/`ー= イ __ r=‐_、   /`Y´`Y´`Y´Y´`Y´`Y´Y´\
       |弋_::弋_戈戈.l/     ヾ::/:::::::弍∨r=i=!::|::|_..ノ´ ./_.人 `ヽ_
          \ `ヾ:::::::::::ノ       |::::::::::::::::〉〉r==:!::ヽ::\  〉\ ヽ人!
         \  ̄ノ         .//: ̄:://:::::::|:||:::: ̄::人 〈ヽ .)-':::::リ
            ̄          //  ̄ ̄>-==-==-イ 弍 !ノ´:::::::/
月曜日 「愛してくれてもいいんですよ?>小鬼」
GM 「まどマギ勢が立て並びですな。いいことなり」
月曜日 「熱い視線を受け止めながら、私はにこりと微笑みます>ユウ」
月曜日 「その努力には脱帽しますが、月曜日からは逃げられません(にこっ>マミマミ」
小鬼英雄 「ま、子鬼に曜日なんて関係ないけどな(ぷるぷる」
GM 「ちょっとGMがミスって開始時刻えらく短く設定してしまいましたが、
まだ待つ方でいいでしょうか?>ALL」
佐倉杏子 「なんかマミさんが寂しそうにしてるってきいてナ」
小鬼英雄 「まつまつー>GM」
巴マミ 「       ::::. ;,:.    |:.|     .::::;,:::
        :::: ;,::..   ti |    .::::::,;::::
         :::. ;,:::... /)>t,.,、、,,..::":::
         ::: ;,::..レuソi::::.″::::
             r--,
             i ̄lj
             l  l
             |==|
            .,r‐;;i,
            l   ,,ヾ≧llヾ=,、    あら、佐倉さんも来たのね>佐倉さん
             ト、_入__,,斗、_ノ     よろしくね
                 }  ||dli.{    
               /   }}di{{i
                 /\/}dl{i人
             / ./  i`¨¨´ ヽ \
          く廴厶__ }  {   ヽ .>
            ̄∨¨>/~弋¨¨iムノ
             /‐-y" ̄~イ--'i
              ////    i, | l,|
           ////     i, | l,|
            λ//      |ヽ/i
          /::::::/'       i;:::::l
         /:::::/           i::::::|
         ,,勹 /         i:_厂弋
      ,--"~ _ j          l  _  '''ー┐
      `‐--‐' `"          ー' `ー-''」
やらない夫 「問題ないなー>GM」
佐倉杏子 「おう、月曜日なんざ軽く吹っ飛ばしてやるゼ」
ユウ・カジマ 「・・・問題ない」
巴マミ 「                                    /  ̄ ̄ }
                              _, /r‐  ̄_ }-‐ ヽ
                            /´xイヌムz≦´      ',
                  __  __       /.イ刈`~| .〃        /    >◇佐倉杏子「なんかマミさんが寂しそうにしてるってきいてナ」
             | ̄           . ̄| ,  <:/オ'|.:.:|〃       /
             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./ / /:./ ̄{{         /     私、一人ぼっちじゃない!!
             |_______ ,′ ./   `¨   ij  _    〉
             |: :_: : _: :___: : :___{   ,′      y_     /´
             |: | | :| | | _|: : |   ゝ.弋      /  `ヽ /
         .イ二つ」 | | |__: : :.| 匚r 、_|__}≧ュ z≦'¨   ‐ ,タ
         {:i:i{二フ┐l:.|┌┘ : 辷≠     `¨ ー;′   /オ
         {:i:i:ニツ!:| |:.|  ̄| : :.ゝ/                 オi!
            ヾ-f´¨: :¨ :~ ̄ : : : 〈             /i:i;′
.             |: : : : : : : : : : : : : ヽ __ ...-―――.イi:i:;′
.             |_: : : : : : : : : : : : : ; 仗:i〃圭圭圭≦斗.∧
              ̄ ̄    ̄ ̄ /. . . ゞ==. ゙´. . . . . . . .∧
                     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .∧
                    /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
                   / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
                 /. . ./. . . . . . /. . . . . . . |. . . . . . . . ヘ . . . \
               /. . . ./. . . . . . ,.′. . . . . . .!. . . . . . . . . ヘ . . . . \
             x幺、 . . /. . . . . . .,′. . . . . . . .|. . . . . . . . . . .ヘ. . . . . .\
                `寸i㍉ /___.,′ . . . . . . . .|. . . . . . . . . x≦会.、 . . ≠ヽ
                `寸i三三三三 ≧ュ.、 . . . . ..!. . . .x≦三三≠、三㍉少:/
                  `ゞ== f¨゙ <三≧ュ.、. |..ィ升三 > ´.  ` <l才′
                       |   ` <三 ≧三 > ´ |
                      l> _ < |` ー ゙´    i!
                           |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|≧ュ――‐ ≦i!
                          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                         |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
                        |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|」
饅頭 「まだ待った方がいいだろう」
鹿目まどか さんが村の集会場にやってきました
月曜日 「延長は構いませんよ>GM
サザエさん開始に合わせて30分まで待ってやる! とかだと泣きますが」
鹿目まどか 「よろしくねーっ」
佐倉杏子 「ポッキーくれるんなら待ってもいいナ」
月曜日 「月曜日からは逃げられないと何度言ったらry>杏子」
巴マミ 「                     , ― -- ‐‐ 、
                       F==┐ ┌==== 、
                  ____|  l::l l::l   〈
               /  , -  ̄ ̄ `´  ̄`、ヽ__
              /  /       /     丶   \
             {  /     // ` 、   ',    \
              ヽl     /l/   ー-ヽ   ',     ヽ   延長?
                    l   / _     _ ソ    }     }   私は構わないわ>GM
              ∧  {    ̄      ̄ }   /     /
            / ̄ ̄ ̄ヽ   ___   / ̄ 丶   /
            / ̄ ̄ヽ ' 丶  V_丿 丶 ,--、 〉 /
            ヒニヽ ソ   `ー-―― 〈  , ´ ソ  /
             〈 ,-‐'           `r'‐´  /
             ヽl  `ー―― - 、__人    /
                    }::l l⊂======⊃:l `ー‐.1
                    /://::::::::::l l::::::::::::l l::::::::::',
                /://::⊂======⊃::ヽヽ:::::::::ヽ」
GM 「まどかちゃんいらっしゃい。マミさんが寂しそうにしていましたよ
概ね延長OKということでよさそうですね。もう10分様子見ましょうか」
美樹さやか さんが村の集会場にやってきました
美樹さやか 「可愛い女の子だと思った?」
美樹さやか 「残念! さやかちゃんでした!」
鹿目まどか 「さやか……ちゃん……?
見ないうちにダンボールっぽくなったね……」
巴マミ 「                    ,、___,.、
                     __/ .>.、て//`ヽ、
                    .Y_ /!_.|.`´り  .∧
                ∧ ̄.:/!  .〈    l,,-く_.ノ   鹿目さんもいらっしゃい
               戈ブ]´!ノ=く!_!/  ̄    {     よく来てくれたわね
               `ー r=r':::::|      _,.人    もう何も怖くない!!
                       >==个ー='´l   ∧
                  /   /    i   ノ!
                `ヽ、  ム-===y.!rムイ/
                  `ヾト=ヘー='´,|
                        ∨::`∨´i/:!
                     ';:::::::|:∨:::|
                     〉-7',r=i::|
                     ` ´.ゝ=.イ」
やらない夫 「……このAAって首が落ちていたんだな、ビビった>マミさん」
ユウ・カジマ 「・・・?>さやか」
月曜日 「失われた首が段ボールになって帰ってきた!」
GM 「やだ…変なのが来たわ…>さやか」
佐倉杏子 「さや・・・か・・・?」
巴マミ 「あら、さやかさんもいらっしゃ……>さやかさん?
………えーと、髪切った?」
美樹さやか 「え、ちょ、段ボールってそれはないでしょーまどか」
GM 「ダンボールでも全力でプレイしていただければッ!」
鹿目まどか 「それはないでしょって言われても、その、
どう見ても人間じゃな……」
美樹さやか 「髪? 別に切ってませんけど……
あ、でも衣装はちょっとアレンジしてみたかな」
やらない夫 「これでまどか組が三人並んだ……のか?
一人だけ上段のマミさん・・・」
月曜日 「魔女化したさやかちゃん(ほむぅ」
鹿目まどか 「衣……装……?」
佐倉杏子 「アタシは夢見てるのかな(ごしごし)
これどういうことだヨ?」
美樹さやか 「……そうだよね、こんな身体だものね>まどか
わかってるよ、……魔法少女なんて、化け物みたいなものだってことくらい」
鹿目まどか 「……こんなの、絶対おかしいよ!」
巴マミ 「             , ― -- ‐‐ 、
               F==┐ ┌==== 、
          ____|  l::l l::l   〈
       /  , -  ̄ ̄ `´  ̄`、ヽ__
      /  /       /     丶   \
     {  /     // ` 、   ',    \
      ヽl     /l/   ー-ヽ   ',     ヽ   何も聞こえない!
       l   / _     _ ソ    }     }    何も聞こえないわ!!>やらない夫
      ∧  {  ( (    ( ( }  /     /
    / ̄ ̄ ̄ヽ  ) )___ ) )/ ̄ 丶    /
    / ̄ ̄ヽ ' 丶( V_丿( ( ,--、 〉  /
    ヒニヽ ソ   `ー-―― 〈  , ´ ソ  /
     〈 ,-‐'           `r'‐´  /
     ヽl  `ー―― - 、__人    /
            }::l l⊂======⊃:l `ー‐.1
            /://::::::::::l l::::::::::::l l::::::::::',
        /://::⊂======⊃::ヽヽ:::::::::ヽ」
GM 「マミさんだけ別陣営フラグ(ぼそ」
巴マミ 「やめて!>GM」
美樹さやか 「だから、まどか
あんただけは、絶対に魔法少女になっちゃ駄目……転校生の言ってたこと、今なら解る」
巴マミ 「魔……女……?
あはは、魔法少女が魔女になるなんてみんな何を言って……」
月曜日zero さんが村の集会場にやってきました
佐倉杏子 「くそっ、QBの野郎はどこだ!ぶっとばしてやる!
もしかしてお前変装してないか!>やらない夫」
やらない夫 「マミさんが狐になる予感がヒシヒシと……>フラグ」
月曜日zero 「よぉ」
GM 「ぎゃあああ月曜日がまたあああ
月曜日から平日と休日とばして月曜日だと!?」
やらない夫 「白いからって濡れ衣着せないでくれ>杏子」
月曜日 「origin!?」
鹿目まどか 「あ、うん、えーと……はい……>さやか」
巴マミ 「出たわね!>月曜日zero
みんな下がって! この魔女は私が引き受けるわ!
ティロ・フィナーレ!!」
鹿目まどか 「あ、ちゃんづけ忘れちゃった。
……そういやほむらちゃんだけいないの珍しいね。」
月曜日 「私の始まりにして私の帰着である月曜日! なぜ、ここに!」
やらない夫 「えーと月曜日がいて、俺が火曜日として……一週間が六日に!?」
巴マミ 「なん……ですって……?>やらない夫」
佐倉杏子 「月曜日が対角線に出現・・・だと・・・」
小鬼英雄 「とりあえず、月曜日ロラで」
月曜日zero 「悪いがお前ら、もう火曜日すらこないぞ」
美樹さやか 「この身体は作り物みたいなものだもん
魔法少女になるってことは、そういうこと……ホント、なんでこんなことになっちゃったんだろう」
GM 「変に13,14で狼涙目になるのもアレなんで、そろそろ開始でお願いしますね」
月曜日 「いやん>月曜日ロラ」
鹿目まどか 「(ホントになんでこんなことになっちゃったんだろう)」
月曜日zero 「ゲハハハハハ死ぬまで月曜日で過労死するがいい!」
饅頭 「Zeroだと」
月曜の子 さんが村の集会場にやってきました
小鬼英雄 「ん、りょうーかいだ>GM」
やらない夫 「一週間が五日になり、四日になり、最終的に月曜日だけになるだと(愕然>月曜日zero」
美樹さやか 「マミさんも、杏子も、転校生も、あたしと同じで……いつ段ボールになるかわからないんだよ」
キュゥべえ さんが村の集会場にやってきました
小鬼英雄 「カウントしちゃうぜー。」
巴マミ 「だ、だだっ、だっだっ大丈夫よ、問題ないわ」
キュゥべえ 「おっと」
佐倉杏子 「きたなQB!!!!!
よーしぶっ潰してやる!」
月曜の子 「月曜が嫌いな子をこらしめる村ときいて」
仮 さんが村の集会場にやってきました
月曜日zero 「よぉ。お前も来たか。」
月曜日 「毎日が月曜日とか、ある意味私得」
やらない夫 「月曜の隣に月曜!?」
キュゥべえ は キュゥべえ に KICK 投票しました
キュゥべえさんは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
饅頭 「13になったな」
河城にとり さんが村の集会場にやってきました
「よろしく」
小鬼英雄 「……その、涙目な13人になったぜ……>GM」
ユウ・カジマ 「・・・」
西園美魚 さんが村の集会場にやってきました
巴マミ 「17人いけるんじゃないかしら!?」
小鬼英雄 「むしろ、埋まりそうだな……」
饅頭 「逝ける逝ける」
美樹さやか 「だからキュゥべぇ!
あたしはその憎しみを殺す!」
れーむ さんが村の集会場にやってきました
河城にとり 「QuaQua」
やらない夫 「これは待てば埋まるか?」
GM 「…一気に来たな。長めにカウントとれば大丈夫か?」
西園美魚 「あ…」
巴マミ 「QB! 帰ってきて!!
一緒に戦いましょう!」
小鬼英雄 「QB戻ってきたら16だなぁ」
佐倉杏子 「おおおおい!せっかく来たんだから帰るなよ!!>QB」
れーむ 「よろしく」
美樹さやか 「逃げるなー!?
EXAM、スタンバイ!」
GM 「埋まりそうやね。何かよかったよかった。きゅうべえの人もどうぞ」
一条 さんが村の集会場にやってきました
西園美魚 「良かった。よろしくお願いします」
鹿目まどか 「あれ!? 一瞬目を離してたスキに16人になってる!?」
月曜日 「13,14だからって抜ける必要はないと思うんですよ(迫真」
鹿目まどか 「う、埋まったー!」
一条 「おっと、よしく」
河城にとり 「そもそも狼が涙目だからって別に構わないと思うがね」
月曜の子 「17人になったわ
やはり月曜日はいるんじゃないかな?」
れーむ 「QB入ってこれたんかいな」
巴マミ 「QB……私の友達……グスン」
饅頭 「埋まったでござる」
一条 「ちょっと、WCCO」
佐倉杏子 「ちくしょう!あの野郎逃げ切りやがった!」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → エリカ
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 6583 (エリカ)」
美樹さやか 「あ、まどか
ちょっと胸のボタンを押してもらっていい?」
GM 「きゅうべえの人中身見えなかったけど…なんか申し訳なかったな。」
GM 「満員御礼」
鹿目まどか 「ほむらちゃん(ほろり」
ユウ・カジマ 「・・・埋まったか」
鹿目まどか 「う、うん……(ぽちっ)>さやかちゃん」
巴マミ 「ボ、ボタン!?>美樹さん
美樹さんほんとに大丈夫なの!?」
美樹さやか 「美樹さやか さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 479 (サムBD1号機) → No. 2128 (BD3号機)」
美樹さやか 「ふぅ」
れーむ 「ほむらは私達の中で生き続ける(といったらいい話になる気がする」
エリカ 「ダンボールロボが…女の子に進化しましたわ
鹿目まどか 「さやかちゃんがさらに別人になったー!?」
巴マミ 「か……かっこいい……>美樹さん
私も後輩に負けてられないわね!」
美樹さやか 「そりゃスイッチくらいありますよ>マミさん
どうせこの身体は魔法で治せるんだし、少しくらい弄っても大丈夫ですよ」
やらない夫 「ダンボールが人間に……俺の常識が壊れていく」
佐倉杏子 「ほむら……いいやつだった(かもしれない)ナ」
GM 「ダンボールが変身…!」
鹿目まどか 「いいのかなこれ……いいのかな、これ……?」
月曜の子 「これがOZのモビルドールの性能…!」
一条 「一条 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:一条 → 暁美ほむら
アイコン:No. 1374 (一条店長) → No. 2698 (暁美ほむら)」
佐倉杏子 「お、おう>さやか」
小鬼英雄 「一条が復帰したら3カウントで開始するぜー」
暁美ほむら 「よばれた気がしたわ」
巴マミ 「私、一人ぼっちじゃない!!」
佐倉杏子 「おいおいおいおい!どういう変身の仕方だよ!>ほむら」
やらない夫 「魔法少女が揃ったか」
れーむ 「一条がTSしてほむらになってしまった」
饅頭 「一条の招待はほむほむだったのか!」
暁美ほむら 「暁美ほむら さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 2698 (暁美ほむら) → No. 6580 (暁美ほむら6)」
鹿目まどか 「あっ、ほむらちゃん!
良かった間に合ったんだね!」
ユウ・カジマ 「・・・!>さやか」
佐倉杏子 「やっぱりお前QBだろ!QBなんだな!>やらない夫」
暁美ほむら 「せっかくだから、アイコンもあわせるわ」
GM 「OZモビルドールはこんなに可愛かったけな…全自動なさやかちゃんか」
やらない夫 「言いがかりも大概にしろー!!>杏子」
美樹さやか 「……あの宇宙(そら)に、いつか行ける日が来るのかな」
GM 「カウントどうぞー」
小鬼英雄 「そんじゃ、カウントいくぜー
3!」
饅頭 「埋まったか、さぁ始めようじゃないか!」
小鬼英雄 「2」
小鬼英雄 「1」
小鬼英雄 「⑨!」
エリカ 「そういえば、鹿目さんの家の近所で新種のポケモンを拾ったんですが…
自分のことを使い魔って言うんですよ、不思議な子」
小鬼英雄 「ぽちっとな」
ゲーム開始:2012/11/25 (Sun) 18:05:21
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM お集まりありがとうございます
GMは幻◇ll6J2md5hg がお送りします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM 月曜日とまどマギ勢の集まった楽しい村になりそうです
げつようび…げつようび…げ…かゆ…うま…」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GM 長い待ちで感謝されると照れます>該当者
おおきーなじーえむ♪>該当者
鍋経験は浅いですが、新GM頑張ります>該当者
連休は…人狼とだらけてました…>該当者」
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言          ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|  ナイスファイトをお祈りしております
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧
      /:::::::ハ:::KX::ヽ、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xト::::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
月曜の子 「想起「笑点>サザエさん>ニュース>ダーウィン」
さあ ふ る え る が よ い」
饅頭 「おはよう」
やらない夫 「おはようだろ
役職はCOして欲しいだろ」
エリカ 「おはようございます…土日で寝溜めしてるので今朝は眠くないです

それでですね、その拾ったポケモンなんですけど
昨日進化したのか急にゴーリキーみたいなマッスル体系に…
ノーマルから格闘タイプになるなんて相当珍しい種類です」
美樹さやか 「美樹さやか、いっきまーす!」
鹿目まどか 「占いCOだよ! さやかちゃんは○!」
ユウ・カジマ 「・・・」
暁美ほむら 「さぁ、おはよう、とりあえず、役職はCOして頂戴、
まどかが共有で指揮をとってくれるとういれしいわ。
まぁ、希望的観測なのだけれど。」
巴マミ 「もう、何も怖くない!!」
小鬼英雄 「【鬼族指揮】で、呪術師に占わせたぜ。
饅頭は○だった!」
月曜日 「おはようございました」
佐倉杏子 「アタシが魔法で正体ぶっ飛ばしてやるヨ
ほむらはオオカミだな!(占いCO 暁美ほむら●)」
鹿目まどか 「理由
お願いさやかちゃん目を覚まして!
よしんば魔法少女でもさすがに見た目変わりすぎだよ!
こんなの絶対おかしいよ!」
月曜日zero 「さあ、『月曜日』を始めようぜ。」
西園美魚 「おはようございます。」
小鬼英雄 「占い理由:初手だしな。下占いだ。」
河城にとり 「QuaxQuax」
美樹さやか 「ああっ、水銀燈さんがやられた!?」
やらない夫 「占いは二人か?」
れーむ 「饅頭こわい
だから美味しくいただこう」
佐倉杏子 「初日は勘だよ。それ以上でもそれ以外でもないゼ」
鹿目まどか 「……私十分様子見したし悪くないと思う>対抗が特攻」
月曜の子 「●が出てるね」
饅頭 「占い3か」
巴マミ 「3COで、佐倉さんがほむらさんに●……ですって!?」
エリカ 「ほむらさん…裏切ってたんですの?」
美樹さやか 「転校生? ……嘘、だよね?
杏子、……本当なの?」
ユウ・カジマ 「・・・共有CO ほむらはCOあるか?」
月曜日zero 「すっとろいなぁ、そんなんじゃ
何時まで経っても火曜日なんざこねぇよ。
暁美ほむら 「COなし」
やらない夫 「遅い●が……
とりあえずほむらにCO聞こうか」
饅頭 「●吊って中身見るか」
月曜日 「杏子さんのCO文が凝っているのはいいんですが、
それよりもはやくCOしませう、という」
佐倉杏子 「ちっ、ちょっと出が上手くなかったか。悪いな」
れーむ 「でも灰だしどうせ吊るんだろう」
暁美ほむら 「かまわないわ、私をつりなさい!」
美樹さやか 「嘘、こんなのって……」
西園美魚 「なんとGMさんは水銀燈さんでしたか。てっきりカエルの神様かと」
河城にとり 「私が思うに、杏子は真ならもっと占いCO文を簡素にすべきだね」
エリカ 「3番目ですので…狼の特攻に見えなくも無いですが
グレーなら吊るしかありませんし」
鹿目まどか 「というか杏子ちゃんが敵だなんて……
酷いよ、あんまりだよ、いくらなんでもほむらちゃんに特攻って!」
巴マミ 「ほむらさん……残念だけど、あなたの犠牲は無駄にはしないわ!」
小鬼英雄 「ふーん。ま、灰だから別にいいけど。
結果だしゃいいんだろ?」
ユウ・カジマ 「・・・今日はほむら吊り
相方は潜っていてくれ」
月曜の子 「COないならそのまま吊って明日で問題なしではあります

霊ふせてられるし」
月曜日 「ほむらは導かれるのね……月曜日の環に」
れーむ 「んじゃおやすみ」
佐倉杏子 「潔いナ。それじゃ、さよならさ。>ほむら
ちゃんと供養してやるから安らかにナ」
エリカ 「ユウさんが共有だと…相方さんがすごく
二次元の存在じゃないかとメタりたくなります」
暁美ほむら 「まどか妄信でいいわ、
でもね、まどか・・・先にいく私をゆるしてちょうだい・・・・
あなたを守れなかった、私をゆるして・・・」
美樹さやか 「……わかったよ、転校生
あんたのことは好きじゃなかったけど、……嫌いじゃないよ

杏子と転校生、どっちかがあたしの敵
そしてまどかの敵だってことだね」
やらない夫 「霊能も潜ったようだし
多分真占いはバレタだろうし、噛まれない事を祈るか」
巴マミ 「逝ってしまうのね……円環の理に導かれて」
鹿目まどか 「ほむらちゃん……霊界で見ててね
あなたの頑張り(特攻されただけだけど)を無駄になんてしないから!」
暁美ほむら 「わるいけど、佐倉・・あなたは魔女よ!!>佐倉杏子」
西園美魚 「月曜日の理…ぞっとします。
そんな理に巻き込まれるのは勘弁願いたいです。」
月曜日zero 「ああ、ほむら。お前の月曜日はここまでみたいだな。
おつかれさん。

あの世で日曜日によろしくな」
暁美ほむら 「私視点では佐倉が偽で確定ですもの」
鹿目まどか 「美談にしたいから誤爆とか、その辺りを考えないのとかいうツッコミはなしでお願いします!」
小鬼英雄 「んー、共有FOしてくれたほうがこっちとしちゃ銃殺率上がってやりやすいけど
まぁ、そういう方針ならしかたねぇなぁ」
やらない夫 「>エリカ
3CO目と狼の特攻の関連を教えてくれるか?」
美樹さやか 「まどか、……あなたを巻き込みたくなかった
転校生の気持ち、今なら解るよ

でも、杏子はあなたの敵なんだよ、……まどか」
月曜の子 「狩人は護衛を悩みどころじゃないですかね
ほぼノーヒントですし」
河城にとり 「QuaxQuax」
佐倉杏子 「まどかも狂っちまってるのか
狂人か、オオカミか知らないけどさ」
やらない夫 「月曜の後に日曜が来るのか?>sero」
美樹さやか 「キュゥべぇ、どうせ見てるんでしょ!? これもあんたの狙いなんでしょ、ふざけんじゃないわよ!」
ユウ・カジマ 「・・・」
西園美魚 「円環の理ってなんでしょう?
私は結構哲学書とかも読んだんですけれど一度もそんな言葉を見たことが…」
佐倉杏子 「>ほむら
それはアタシの台詞だよ。大人しく散ってくれよ。」
暁美ほむら 「まどか・・がんばって生き残るのよ・・・霊界でまっているわ・・・」
巴マミ 「あら、じゃあ真占い師は噛まれてしまうわね>やらない夫さん
狩人(カッチェトーレ)の動きには期待が高まるわ!!」
れーむ 「天狗もびっくりQBのしわざである」
ユウ・カジマ 「・・・遺言を書いておくか」
佐倉杏子 「さーて、動揺する人外を探してやるか」
月曜日zero 「死んだ後ぐらいは、いつも日曜日にさせてやりたいじゃねえか。
月曜日は、働く奴らのためのものさ>やらない夫」
エリカ 「いえ、練度が低い場合の話なのですが…対抗が出きってから、というのが一理です>やらない夫
第二に、練度関係なく狂人ならなりふり構わずトップで特攻かけるでしょうし
美樹さやか 「マミさん、……マミさんは、その……
……いえ、なんでもないです」
月曜日 「>月曜日の子
ほむらの反応とか、俗にいう「どこが真っぽい」とかで
狩人的にノーヒントってわけじゃないと思いますが
通常の初手●より面倒くさいことは確かですけども」
やらない夫 「カ……かっちぇ?>マミ」
鹿目まどか 「(どうしよう……私気づいちゃった……
マミさんだけがこの初日の展開に関係してない……)
※私、杏子ちゃん→占いCO さやかちゃん→私の○ ほむらちゃん→杏子ちゃんの●」
巴マミ 「キュ、QBの仕業なはずがあるわけないじゃない!
QBは大事なお友達よ!」
暁美ほむら 「悪いけど、私はあなたを狂人の特攻でみているわ、狼にしてわ、特攻はりすくが高いし
狐だと、明日の霊能結果で破綻するのがみているから>佐倉」
美樹さやか 「味方同士で殺しあうなんて、ホント馬鹿げてる
だけど、やらなくちゃいけないんだね」
月曜日zero 「あんなゴテゴテしたもん書くためにCO遅れるんなら
普通にCOすればいいさ。」
巴マミ 「何か食べられそうな気がする」
月曜の子 「◇佐倉杏子 「まどかも狂っちまってるのか
狂人か、オオカミか知らないけどさ」
理由だけみれば、佐倉視点狼っぽいと思うんだけどね
信頼とりにいってるし」
エリカ 「故に…これがCO順で2番目あたりなら最高に悩みます
1番目と2番目の差がほぼないなら、なんでもありな位置ですから」
美樹さやか 「しっ>まどか」
西園美魚 「>まどかさん
友情が崩壊する様を見るのはいつだって悲しいです」
月曜日zero 「そんなんじゃ、俺たち月曜日にはついてこれねえよ。」
鹿目まどか 「あと、共有さんは灰に潜伏してないよね?
それだけはほとんど意味無いから、占い的にはやめてほしいかなって。
……もう時間ないや。」
やらない夫 「対抗が出してからって言うのは狂人がしてもメリットはあるし
狼ならなりふり構ってから特攻するのか?初日特攻なのなら違いはなさそうだけど>エリカ」
小鬼英雄 「いろいろと気になるところはあるけど、そこは占って調べるか。
ま、生きてなかったら諦めてくれや。一応狙いだけは書いといてやるから。」
河城にとり 「結局占い結果を表記する場所が2つあるから、
そりゃ朝が来てから結果を修正するなら遅れるさね」
暁美ほむら 「まどか・・・ごめんね・・・先に逝っているわ・・・」
巴マミ 「いったい何が言いたいの!?>鹿目さん」
佐倉杏子 「マミは・・・あまり触れてやるなヨ」
美樹さやか 「そもそも、……あたしから見たらまどかと杏子、どっちが正しいかもわからないんだよ
杏子とまどか、杏子と転校生が敵対しても、どっちが正しいかなんて……
……わからないんだよ?」
月曜日 「俺たち……ということは私も含めているんですね!>zero」
月曜の子 「ということであんまり内訳みてないんじゃないかなーと
>佐倉ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
小鬼英雄0 票投票先 →暁美ほむら
巴マミ0 票投票先 →美樹さやか
ユウ・カジマ0 票投票先 →暁美ほむら
月曜日0 票投票先 →暁美ほむら
やらない夫0 票投票先 →暁美ほむら
饅頭0 票投票先 →暁美ほむら
佐倉杏子1 票投票先 →暁美ほむら
鹿目まどか0 票投票先 →暁美ほむら
美樹さやか1 票投票先 →暁美ほむら
月曜日zero0 票投票先 →暁美ほむら
月曜の子0 票投票先 →暁美ほむら
エリカ0 票投票先 →暁美ほむら
河城にとり0 票投票先 →暁美ほむら
西園美魚0 票投票先 →暁美ほむら
れーむ0 票投票先 →暁美ほむら
暁美ほむら14 票投票先 →佐倉杏子
暁美ほむら を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
西園美魚 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
西園美魚さんの遺言 霊能COです
暁美ほむらさんの遺言               /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ:::丶
                /::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\:::::::::ヘ::::::..
.                ′::::://:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::\.}!:::::::::::i:::::::.
                ,::::::::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,::::::::|:::::::|
              ,::::/::::{:::::::::::::/::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::|:::::::|
                i::::i::::::|::::::::::/!:::| ::::::::::::::|、:::、 ::::::::::|::::::i::|:::::::|
                |::::|::::::|:::i:::/ }八 :::::::::i::| \{\:::::::|::::::|::|:::::::|
                |::::|::::::|:::|/ -─'´\:::::|/ `ー‐-\:|:::::.|::ト、 ::|
                |::::|::::::|:::|,ィf巧気.  ヽ{   fテ丐苳!:::::j:::!)} ::|
               :::::|::::::Ⅳ とV::ソ,        V::ソっ|:::/::::|ノ::::{    ごめんね・・・まどか・・・
            ヽ|:i::::::::ハ ゚。  ´    :    `   ゚ノイ::i ::|::::::::、   
           , ‐≦八::::::::::ヘ ゚。      ′     。゚,./::::j::::!‐-x:ヘ   また、あなたをまもれなかったわ・・・
            /     |:ヽ::::::|::\    =っ    .イ/::::/:::::|   `ヽ
         ′    |::::::\{:.:.:.:.> . ____ . <:.::/::::/::::::::!    ‘.
          /       |:::::::| ヽ:.:.:.:.:.//`_´ヘ∨:.:.:ムィ:::i:::::::|      ‘.
.        /      |:::::::|  ,/´ ̄`〔___〕´ ̄`\. ! :l:::::::|        .
.       {二二 ヽ    |:::::::|. 〈   '´/:.:\^ .   〉| ::!:::::::!       ヘ
      ,./   \\. |:::::::|  ヽ___// ∨ { \__/ .| ::|:::::::|  ,. ' 二二二〉
     //     \\!:::::/    / /. ∧ ∨∧   | ::|:::::::|//     ∨
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
鹿目まどか 「占いCOだよ! 美魚ちゃん○!」
れーむ 「おは」
ユウ・カジマ 「・・・」
饅頭 「おはよう」
巴マミ 「お、おはよう
ごめんなさい昨日は投票ミスよほんとごめんなさい」
エリカ 「おはようございます…あ、また温かい日差しで眠く…Zzzz…むにゃ…

練度が低い場合は、潜伏で噛むなんて職人芸無理ですから…
全部出てから非バランス思考を期待して護衛を引き寄せたほうが都合いいはずです>やらない夫

狂人に関してはやりたい放題なのでなんとも言えませんが
練度低い場合は『特攻の頓挫自体考えずに突っ込む』のでやはり一番前になるはずです

どっちも最初から2パターン用意してるような練度高い相手には通用しない思考なのが難点です
月曜の子 「おはよーございまーす
◇鹿目まどか 「ほむらちゃん……霊界で見ててね
あなたの頑張り(特攻されただけだけど)を無駄になんてしないから!」
◇鹿目まどか 「あと、共有さんは灰に潜伏してないよね?
それだけはほとんど意味無いから、占い的にはやめてほしいかなって。
……もう時間ないや。」
見返してみて、そんなことより自分が生きて明日を迎えられるか
どうか心配したほうがいいと思ったり。
死体なしが出るといいなあ。」
やらない夫 「おはようだろ
役職はCOして欲しいだろ

杏子は霊能と繋がるかどうかで8割だから放置として
後の二人を見た感じ英雄真狂目のまどか真狼目か?
理由もそうだけど、共有を出すかどうかっていうので
出してくれとギリギリで言ったまどかは、偽なら占っても損しない狼目
英雄はその逆という所で、まずは霊能次第か」
佐倉杏子 「アタシが魔法で正体ぶっ飛ばしてやるヨ
マミはムラビトだな!(占いCO 巴マミ○)」
鹿目まどか 「理由
なんかこの初手●の展開に一切口出ししてないんだよね。
それが妙で、見えてることに関わりたくないのかなあって。
少なくともここじゃ一番浮いてる気がするんだよ」
月曜日 「おはようございました」
饅頭 「霊能がやられたか」
月曜日zero 「なげぇなぁ」
鹿目まどか 「おうふ……>霊能占い、遺言」
佐倉杏子 「なんか蚊帳の外にいて安心しているように見えたんでナ。
決して可哀想だから、とかそんなんじゃないぜ?」
小鬼英雄 「【鬼族指揮】で、小鬼大砲に突撃させたぜ。
月曜の子は○だった!」
河城にとり 「QuaxQuax」
小鬼英雄 「占い理由:狩人ノーヒントっつったのが気になったな……
それが一番の理由でそこ占いだ。
月曜日zero 「月曜日は最先端
それを忘れちゃ、だめさ」
やらない夫 「ピンポイントで霊能噛みか」
月曜日 「へー>霊能抜き」
美樹さやか 「そもそも、今日はまだ日曜日です!>月曜日zeroさん
そうやって脅すのはやめてください、まだ日曜日終わってないんですよ

昨日の発言だけだと、見つからないかな……
わざと発言を落としている人もいるみたいだけど、あたしはそーいうの好きじゃないってくらいで」
ユウ・カジマ 「・・・霊能がやられたと」
巴マミ 「あ、グレー噛みね……って、あれ!?
霊能CO!?」
れーむ 「たぶん小鬼真なら今日死んでるであろー事を考えて
まどかと杏子の勝負なんだろね」
月曜の子 「あーあ>霊遺言」
佐倉杏子 「おおおおい!
なんで霊能噛めるんだよ!QBの仕業か!」
饅頭 「そして○進行か」
小鬼英雄 「霊能……だとぉ」
美樹さやか 「(よかった、まどかが生きてる……)」
エリカ 「これは…占い師GJ&狐溶けたようにも見えなくも…とおもってたら
遺言見ると霊なんですか、そこ
ユウ・カジマ 「・・・グレラン」
月曜日 「だとするなら霊能抜きを目的とした噛みということで
杏子真想定進行でいいんじゃないでしょうか。」
巴マミ 「……それじゃあ、グレラン、しかないわね」
月曜日zero 「灰を噛むってどういうことだとおもう?
あ、西園狐説はいらねーよ」
小鬼英雄 「対抗破綻したら楽になるとか、考えてなかったぜ。
そんなことは全くないゼェ」
河城にとり 「そうなるならそうなるでしかたのないことさ。
私は初日のあの形、どこが真でも占い挑戦すると思ったがね」
鹿目まどか 「ま、まだ慌てる予感じゃないよね。
潜伏してる霊能抜きって狼にとっても想定外って話を仁美ちゃんに聞いたような
佐倉杏子 「で、まどかは死体占いか。はーん、ふーん」
やらない夫 「んー霊能噛むって事は結果を見られたくないという真目の真狼か?
もしくは真占いがわかってないか抜けないと思ったか」
れーむ 「まあ、杏子は昨日にとりが指摘してた奴どーとかで考えるのめんどいからやめて欲しいけどそのCOのやり方」
美樹さやか 「この場合、杏子が抜けないから狩人も含めて狙った……ってのが本命
あるいは、その逆」
エリカ 「うーん、これは難儀ですね
霊能結果が見れない
月曜の子 「狼落ちてなければ3Wいますし
占いは相互投票すいしょー」
饅頭 「そして噛み合わせか」
月曜日zero 「それなら多分俺たちが関与しなくてもいい。

あと、俺とお前が他人にみえるのかい。>月曜日
俺たちは、月曜日さ」
月曜の子 「どうせ霊いないから狼わかんないですし」
鹿目まどか 「うん、さすがの私もこれで銃殺GJとは思わないかな。
狩人探しっぽいけど、見た感じ……」
美樹さやか 「小鬼さんはもう少し見ておこうかな
杏子とまどかの間で、立場なさそうな感じだったし
狐もいいけど、狼も探してくださいね?」
れーむ 「真占いは昨日大体においてわかってるでしょそりゃ
んで霊能は潜ってたっての>やらない夫」
河城にとり 「もしくは霊能初日で美魚が霊遺言を残した狐でのGJ銃殺…などは
狩人COがあってから考えるから、そうなら遺言は残しておくことだね。」
月曜日 「狩人抜きを目的とするくらいなら
最初からまどかあたりでも噛めばいいんじゃないでしょうか。
小鬼さんは真を見てないのでどうとでも。」
饅頭 「月曜の子は占いに狐いると考えてるのか」
小鬼英雄 「あ、やっぱりなめられてる?>れーむ

そういう認識で結果出してかなきゃマズイってことね……」
月曜日zero 「ああ、あんま難しく考えるなよ。
ほむらのセリフをみるにほむら狼なら
多分佐倉は非狼さ」
巴マミ 「うーん、佐倉さんが狂人特攻とかなら、鹿目さんか小鬼さんを噛んでくるはずだと思うのよね
佐倉さん真なら、グレー噛みは納得と言った所なのかしら」
ユウ・カジマ 「・・・相互はしなくていい
だが禁止するというほどでもない」
鹿目まどか 「相互投票? うーん、それって吊りにかかわらないってことになるから
共有さんもそうしろって言うなら従うけど……どうなの?」
佐倉杏子 「あん?この程度も読めないのか?
まあいいぜ。アタシは親切だからな。あわせてやるよ」
やらない夫 「霊能対抗が出てこないんでほぼ真
あって初日霊能の銃殺霊能騙りだけど、そんなら狩人がわかってるだろうと
まぁ死体占ってるまどかは変わらず真狼目か」
美樹さやか 「狼の1票を懸念しているんですね?>月曜の子さん
だけどそれは占い師の1票も……でも狂人の1票なんてどうせロクなところに投票しないのはあるけど
どっちもどっち、かな」
れーむ 「わかってないパターンがあるとしたら、そりゃ杏子狼特攻か誤爆だ
まあ誤爆の場合は概ね杏子真として噛みやるだろーけど狼」
月曜日 「>zero
なるほど? なー? です、はふぅ。」
月曜日zero 「暁美ほむら(83)  「悪いけど、私はあなたを狂人の特攻でみているわ、狼にしてわ、特攻はりすくが高いし
狐だと、明日の霊能結果で破綻するのがみているから>佐倉」」
エリカ 「狩人抜きが目的というより…初日が●展開だったので
"何かもってそう"だけで狙ったんじゃないでしょうか、これ
ユウ・カジマ 「・・・占いは自由にしていい
信用とれるよう頑張ってほしい」
月曜の子 「じゃあグレラン参加するならそれなりに投票理由でもどーぞってことで
共有伏せてるかもしんないんで」
美樹さやか 「あと、昨日わざと発現をおとしたようなれーむさんと饅頭さんは共有者なら危ないというか
その辺は大丈夫かな

今日の占い先も見ておこうっと」
月曜日zero 「つまり身内切り系はねぇ。
ならあとはのんびりしてりゃいいさ」
鹿目まどか 「え? 占いに狐いるってどういうこと?」
巴マミ 「狩人探しで、霊能を噛んだ
それなら佐倉さんはまだ噛まれないと思うわ」
佐倉杏子 「おう、狐ばっちり狙ってやるぜ。任せナ」
月曜日 「唯一、杏子ーまどか偽がわかっていて、
小鬼が吊れると踏んだ狼なら灰噛みもしますが、
たいていはその前に占い噛みますね」
月曜日zero 「あのセリフがさぁ、すっげぇ。な」
ユウ・カジマ 「・・・ああ、ちなみに相方は○の中にいるから
そういうことを心配する必要はない」
美樹さやか 「月曜の子さんに○、マミさんに○、それから噛まれた美魚さんに○か
やらない夫さんは悪い人じゃないと思いたいし、そこはもう少し様子見したいかな」
やらない夫 「>れーむ
真占いわかっているだろうってのは昨日言っている
それで霊能噛みって言うのは、灰を(霊か狩かは別として)噛みに行くんだなって事だ
まぁ言葉が少なかったのは認める、申し訳ない」
巴マミ 「え、誰がそんな事言ったの?>鹿目さん」
れーむ 「正直杏子が信用スキーの初手●やる狼か
誤爆じゃない限りあなた真はきついとは見えるね
まあ頑張ってね>小鬼」
月曜の子 「◇饅頭 「月曜の子は占いに狐いると考えてるのか」
せんせー意味がわかんないでーす
初手の●が狼だってみえてるってことですかー?」
河城にとり 「正直、霊能がいないこの展開が信頼勝負に向かうと考えるのなら
占い師候補の投票先もまた情報。むしろ灰に投票させるべきだと思うがね」
饅頭 「相方○の中にいるのか」
佐倉杏子 「身内切りなら霊能くさいところなんざ狙わないゼ
もう一歩踏み込んで考えようぜ」
鹿目まどか 「狐狙いというか……信用得られる占いと結果が欲しいかなあ。
霊能死んだってことはそういうことだから。
あんまり後ろ向きなこと言っちゃだめだと思うけど、狐狙いが素直に成功する保証も無いんだしね。」
河城にとり 「もちろん、今の段階でそれを断言することなんてできないがね。QuaxQuax」
美樹さやか 「狼を早めに減らしたいしね、杏子以外の2人にとってはまだ3匹
その意味じゃ、月曜の子さんはあまり転校生が狼とは考えてない」
月曜日 「なぜなら、初手●を出した杏子に護衛が行っている可能性が比較的高く、
だとするならまどかー(小鬼)を抜くことができないということは考えづらくなるからですね」
月曜日zero 「月曜日ってのはな、

振り返らないことさ」
美樹さやか 「……あたしも、考えたくないけどさ
だけど確実にどっちかは敵なんだ」
月曜の子 「ということで饅頭さんが不穏でーす」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
小鬼英雄0 票投票先 →佐倉杏子
巴マミ0 票投票先 →月曜日zero
ユウ・カジマ0 票投票先 →エリカ
月曜日0 票投票先 →やらない夫
やらない夫3 票投票先 →河城にとり
饅頭2 票投票先 →月曜日zero
佐倉杏子1 票投票先 →やらない夫
鹿目まどか0 票投票先 →エリカ
美樹さやか0 票投票先 →河城にとり
月曜日zero2 票投票先 →河城にとり
月曜の子0 票投票先 →饅頭
エリカ2 票投票先 →饅頭
河城にとり3 票投票先 →れーむ
れーむ1 票投票先 →やらない夫
3 日目 (2 回目)
小鬼英雄0 票投票先 →佐倉杏子
巴マミ0 票投票先 →月曜日zero
ユウ・カジマ0 票投票先 →エリカ
月曜日0 票投票先 →やらない夫
やらない夫5 票投票先 →河城にとり
饅頭1 票投票先 →やらない夫
佐倉杏子1 票投票先 →やらない夫
鹿目まどか0 票投票先 →エリカ
美樹さやか0 票投票先 →河城にとり
月曜日zero1 票投票先 →河城にとり
月曜の子0 票投票先 →饅頭
エリカ2 票投票先 →やらない夫
河城にとり3 票投票先 →れーむ
れーむ1 票投票先 →やらない夫
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小鬼英雄 は無残な負け犬の姿で発見されました
ユウ・カジマ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ユウ・カジマさんの遺言 ・・・共有CO 相方はさやかだ
やらない夫さんの遺言 素村COだ
小鬼英雄さんの遺言 占いCO
饅頭○>月曜の子○●


占い理由:狩人ノーヒントっつったのが気になったな……
それが一番の理由でそこ占いだ。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
エリカ 「おはようございます…ZzzzZzzz…むにゃ…

あ、一回目の投票はうっかりして暫定○に入れてました」
月曜の子 「おはよーございまーす
一応○もらいなんで露骨に疑ってる私以外に饅頭投票してる人がいて驚いた件
月曜の子 0 票 投票先 → 饅頭
エリカ 2 票 投票先 → 饅頭
◇小鬼英雄 「【鬼族指揮】で、呪術師に占わせたぜ。
饅頭は○だった!」
◇小鬼英雄 「【鬼族指揮】で、小鬼大砲に突撃させたぜ。
月曜の子は○だった!」
私は同じ占いに○貰ってるから疑っても問題なし(ドヤァ」
美樹さやか 「霊能くさいところ、なんてわからないんじゃないかなぁ>杏子
一昨日の発言を見ただけだと、発言落としてるところはみんなそう見えるもん

……あたしの評価ってどんな感じなのかな?」
巴マミ 「潜伏占い(ディヴィナツィオーネ)CO!
佐倉さん○ 美樹さん○ 小鬼英雄○」
月曜日 「おはようございました」
れーむ 「別に擁護するわけではないが
饅頭が占いに狐どうこうとか言ったのは
相互占いを占い同士が占いあう、と解釈しただけなんではなかろうか
なんで月曜の子が指摘した発言はそんなおかしいとは思わんけど」
饅頭 「おはよう」
美樹さやか 「やらない夫さんは転校生が狼でも、そうじゃなくてもつながってる感じがしない
考察とか、反応は素だったもん
投票を変えたのは2人……えっ?」
月曜日 「おー」
巴マミ 「【巴マミの占い日記(ディヴィナツィオーネ・ディオーリア)】
 
【一日目】佐倉さん○
佐倉さんを占いましょうか
最初に駆けつけてくれた魔法少女ですもの
ふふ、私の一番最初のお友達……ふふふふふ
 
【二日目】美樹さやか○
えーと、狐混じりねこれ
じゃあ……今日は狐噛みで平和でるわね
さやかさんでも占いましょう
グレー占っても銃殺でないもの
 
【三日目】
>◇ユウ・カジマ「・・・ああ、ちなみに相方は○の中にいるから
そういうことを心配する必要はない」
…………美樹さん共有っぽいわね
ま、まあ占っちゃったものは仕方ないわ!!
今日から対抗占いましょう
グレー噛み、つまり狼視点狐混じり確信? っぽいから小鬼さんを占うわ
狐混じり確信って事は、さやかさん占ってる鹿目さんは除外って事で!
 
>◇月曜日zero(35)「灰を噛むってどういうことだとおもう?
あ、西園狐説はいらねーよ」
 
この発言はちょっと気になるわね
灰噛むってって言うのと、狐を話題に出してるのが」
月曜日zero 「すげぇ理解した」
エリカ 「…え、占い師…が狐?!」
河城にとり 「QuaxQuax」
れーむ 「かっけー>マミさん」
佐倉杏子 「あっちゃー」
月曜の子 「キャーマミサーン」
鹿目まどか 「んー無理。見えてたけどこのタイミングじゃ対応出来ない。」
月曜日 「なんかすべてが納得いった」
巴マミ 「私が真占い(ディヴィナツィオーネ)」
美樹さやか 「……そういう、こと」
月曜日zero 「だよなぁ。おかしいよなぁ。」
佐倉杏子 「こりゃ無理だよ。アタシにそこを占う理由作れない」
饅頭 「潜伏占いか」
エリカ 「マミさん…今日だけは主役なんですね
美樹さやか 「あたしって、ほんとバカ」
月曜日 「じゃあ騙り2人にばいばい」
河城にとり 「なるほど、ならば占い師を両吊しようか。」
月曜の子 「じゃあ占いろーらーかいしー」
鹿目まどか 「マミさんはわからなかったなあ。お見事だよ」
巴マミ 「やったわ!!!
狼の敗因は私を噛まなかった事よ!!!」
美樹さやか 「あは、あはははは……」
れーむ 「いやー、潜伏占いは完全に予想外だったわ
そしてさやかェ」
月曜の子 「そりゃ占いかまないですよねー」
エリカ 「それじゃあマミさん以外の占い師をローラーですわね」
美樹さやか 「マミさんの足、引っ張っちゃった」
月曜日 「じゃあ杏子の狂人特攻まで確定」
月曜日zero 「これさ、なら佐倉狂初日判明じゃね?
2騙りの。」
饅頭 「マミさん以外ロラだな」
佐倉杏子 「いやあ、参ったねぇ」
巴マミ 「いえ、大丈夫よ>美樹さん
美樹さん○と灰噛みのおかげで狐が見えたわ!」
エリカ 「それにしても魔法少女が最低で二人も人外側って…
魔女化してたんでしょうか
月曜日zero 「マミが異常な役臭さもってたから
狩人だろうと思って黙ってたけど」
月曜の子 「なんか占いがどれも危機感なさそーで違和感あったし」
美樹さやか 「共有者として指定します

指定:鹿目まどか

共有者としてではなく、あたし自身の意思として、あなたを討ちます」
鹿目まどか 「それにしてもすっぱり魔法少女陣営2分されちゃったね……」
河城にとり 「初手灰噛みが狐混じりであるからだ、とするならばそれは
狂人も狼視点判断がついていたということを意味する。
…多分、昨日の発言を踏まえると饅頭は処刑することになるだろうね。」
佐倉杏子 「アタシの見込みじゃ狩人すでに落ちてるから頑張りな」
エリカ 「もし2騙りなら…潜伏を選んだマミさんの前に最悪の相性ですわ、これ>Zeroさん
月曜日 「だとすると小鬼噛まなかったのはなんでだろ
饅頭で囲いが発生していたとしたら狼目線、狂狼狐わかっていたはずだし」
鹿目まどか 「でも霊能死んでるし、事実上マミさんの○はいないから。
まだまだこれからだよ、頑張って狼さん!」
月曜日zero 「まあ狩人初日以外確実に狩人いきてるから」
佐倉杏子 「ちっ、まどかから吊るのか。順番の問題だからしかたないか」
巴マミ 「二騙りだったら……私が信用取れてた気はしないわ」
美樹さやか 「ユウさんを失ったさやかちゃんはダックスフンドの3倍は凶暴だよ」
れーむ 「そして小鬼が狐だと饅頭がクソ怪しくなってしまうという仕様
私の朝の発言を返してッ!」
エリカ 「って、何か勘違いして理解してました
そうなると役職がむちゃくちゃなことになる」
鹿目まどか 「杏子ちゃんごめんね、お先に失礼っ」
月曜日 「私と同じく小鬼真とかないからwwwって考えて
潜伏占い探していたor杏子による誤爆が発生していた
とかいろいろ考えられるけど、マミさんが生きてる間は割とどうでもいいや」
月曜の子 「まどか真狼目で問題なかったってことね
そして佐倉狂特攻ほぼ確定

内訳的に饅頭つっておけばいいわね
そこで占い全ニセ見当ついた可能性大」
佐倉杏子 「おう、霊界でくつろいでくれナ>まどか」
エリカ 「ユウさんって寡黙な方だったんですが…
さやかさんがそういうってことは、やることはやってたんですわね

10ヶ月後が楽しみですわ」
巴マミ 「ユウ・カジマさん噛みのおかげで私が真確定したわ……
あなたの犠牲は無駄にしないわ!!」
月曜日zero 「まあ、
潜伏占い自体はほめられたもんじゃないがな
だが月曜日は振り返らないさ>エリカ」
美樹さやか 「今はただ、マミさんが無事であることだけを祈らなくちゃ
やらない夫さんはたぶん、素村人
ユウさんは共有者、美魚さんは霊能者」
河城にとり 「QuaxQuaxQuax」
月曜日zero 「あ、やらない夫、まあ大丈夫だろ」
巴マミ 「もう、何も怖くない!!」
美樹さやか 「狩人候補は、2人
……大丈夫、行ける

マミさんをお願いします!>狩人」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
巴マミ2 票投票先 →鹿目まどか
月曜日0 票投票先 →鹿目まどか
饅頭0 票投票先 →鹿目まどか
佐倉杏子0 票投票先 →巴マミ
鹿目まどか9 票投票先 →巴マミ
美樹さやか0 票投票先 →鹿目まどか
月曜日zero0 票投票先 →鹿目まどか
月曜の子0 票投票先 →鹿目まどか
エリカ0 票投票先 →鹿目まどか
河城にとり0 票投票先 →鹿目まどか
れーむ0 票投票先 →鹿目まどか
鹿目まどか を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
巴マミ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
巴マミさんの遺言                     ..-...―.....-..... 、
               ,-、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
             ,へ{-i´::::::::::: , 一 ー - 、_:::::::\
              /  || |:::::: /          \:::::}
           /廴 r⌒/         /     \
         /  > ̄>       /       ハ     ヽ   真占い(ディヴィナツィオーネ)CO!
   \     フ ((   /     /  // /  l i     i   佐倉さん○ 美樹さん○ 小鬼さん○ 月曜日zeroさん
..     \  /ス| \/  /    イ イ /  _ i-|‐    i
    二二    レ从/   | -―-x / //   __ リ |   i }
..    ノ         / イ  | i イ/ ― ´   イ P:::::)ヾ / K _ ,、
.     イ     // ヽ ! i i /リ __      ゝ- l /ノ/ /  ̄ ヽ
.    | ̄|    ´    \从  ´ ̄`  、     / //フ   //ノ , 、 ヘ |て
.      ̄ツ    , /`< >ー      r -、  ´/ /, - 、/_/ / /  |そ
.      ☆ /   {      ヽ\    `ー  /  /    \- 、 /  /
.       /     ゝー―-..,,   > ` >  < |ニ レ  i    _    /  /_/ ̄\
            | ̄ ー-一_>ノ <二 ̄〉 i ̄  _ |  |  //⌒ /\// ̄ ヽ ノ
          <      \    \ \ ノ/ ̄ /   | / / _/ /::::::人     V
             ̄ ` </ ̄ フ-―ニ(二)´ ̄ >ー - ! /  , ...::::::::/::\
          _,,.._∠´/   ハ、 /≠=||    ゝ _ |`::´::::::::: ヘ、::::/::\
          /´ /  /    /  / || フ |        \ヽ、::::::::::/  /、::::::〈
        | / /     /  // || / /        \ヽ::::::::`..フ  /|:::::}
        レ  ヽ    /    // =/ /        . . } \:::::::::::::::て_,,..ゝノ
            \   /   l_i   || ̄     . . . : : :/ / \ ::::::::::::::/
            人`ーl   . . : : : == : : : : : : : : : : : :/..../    ̄ ̄
          l ̄ !  ー{ . : : : : : : : : :|| : : : : : : : : :_,,..イ:::::/
         |  \_ へ _   ,,.. -――┬――――/
           ハ      /   ヽ壬...::::千:::::::| |::::::::::::::::::/
         /     /      |::| |=キ=//::::::::::::::::/
鹿目まどかさんの遺言          ,へ
.       _,.!─‐≧´"  ̄ ̄ ̄´゛ー-、  , -'"ヽ
     /   }:::::ア゙´           \r=、:::r└、
.    /   K:::::/  ./      i  ヽ  ヽ::l::::::::./‐、
    l! / ./:Yイ  /_,..イ    A、   l   !:l:::___{  l\
    j/l! .li::::l!  / 」_/'| .|/`ー゙ `ヽ !  .!:l::::::::!ヽ ヽ .ヽ
     从 |ヽ::| / η .ヽl  ' η   Y   从:::/`゙/  .ト、l
       ト, i./  ∥     ∥  .i  ./!::l!゙ヾ. / /l!/レ'`、
       j .| !  ι      ιっ  i  / .レ'゙´ | /゙ノ!
        | {      ,- 、     | ./    j´ ゙
         ヽ j`ゝ 、 `_'    _,j./
         `   :::::::/ }ニ‐‐'ゝ ̄/´!/   :::::: ! ー- 、___
           ,  >、:::::::./ li 〔_〕 li ¬ l   :::::::      ',:;:;: -"´l
      ー=ニ_/__○ `ニェニ´ ○ヘ::::::::::::::: ,, -‐ "´ ;:;:;:; l
       l _       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ' ー┬"´  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
       l l  ゙ ̄` ー‐---- --  、_  │     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│
      │ l  こ ん な の 絶 対   │ │    ;:;:;:;:;:;:;:;:;│
      ││                  │ │    ;:;:;:;:;:;:;:;:;│
      ││ お か し い よ !    │ │    ;:;:;:;:;:;:;:;:;│
      ││__           /  │    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│
      │__   ̄ ̄`" ー----┘  │    :;:;:;,:;:;:;-‐ "´
           ̄ ̄`゛ ー---  、__⊥ -一 "
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
饅頭 「おはよう」
月曜日 「うわあ」
月曜の子 「おはよーございまーす
どうせ吊先はきまってるから○ならふせておっけー」
佐倉杏子 「ほらな、やらない夫狩人だったろ?」
れーむ 「明日から本気出す>死体を見て」
月曜の子 「・・・」
河城にとり 「QuaxQuax」
エリカ 「おはようございます…ZzzzZzzzZzzz…

もうグレーは寝ててもいいで…マ、マミさーん!!」
月曜日 「だるっ」
河城にとり 「やっぱりフラグだったじゃないか。」
饅頭 「狩人いないことが判明したな」
エリカ 「模範的な三日天下で…かわいそうすぎます」
美樹さやか 「…………」
月曜の子 「じゃあ見えてる狂人はほっといて饅頭吊って考えるとか」
月曜日 「じゃ7灰3吊りの、今日はもちろん杏子吊り」
佐倉杏子 「ここでAA張って荒らすのが最後の仕事な気もするんだけど
エレガントじゃないからナ
普通にいくよ」
れーむ 「奇数で見えてる狂ほっとく意味ってなんかあるんだろか」
月曜日zero 「わー」
饅頭 「なんで俺なんだ?>月曜子」
月曜日 「>月曜の子
吊り増えない状況下の奇数で狂人残ししたくはない」
エリカ 「奇数ですからね…放置はできません」
河城にとり 「はっきり言ってないよ。」
美樹さやか 「指定:佐倉杏子

そうやってあなたは全ての人類を見下すつもりかッ!」
月曜日zero 「饅頭狼にしかみえねぇから。

月曜の子とエリカ除外
月曜日もなんとなく俺と感想が同じ過ぎて除外

まんじゅーにとりーれいむ」
月曜の子 「狂人からは狼見えないし
最終日狼CO合戦するとかでいいんじゃないですか」
エリカ 「それに、土壇場の同票で村人の背中を押されると目も当てられませんし」
月曜日zero 「で終わるとは思う」
美樹さやか 「明日の議題として饅頭、それから狩人っぽく見えたエリカさんの扱いも考えておいて下さい>各自

あたしにできるのは、ここまでなんで」
月曜日 「饅頭吊り事態はありだけど
ほむらnot誤爆+小鬼初手囲いにより、
狼視点狂狼狐が見えていた可能性があるから」
エリカ 「というか…3日目のグレランの時点で、グレーに人外臭がないんですが>Zeroさん」
月曜日zero 「ああ、いいよ、すっきりさせたほうがいいさ。
明後日から本番だろうな」
河城にとり 「狼は確定○を残すこともできるし、それ以外の方法で伝えることもできる。」
れーむ 「というか饅頭は確実に吊るけどそりゃあ」
佐倉杏子 「はいはい、せいぜいカッコいい指定を期待しているぜ>さやか
この村のオオカミはお前さんが思うより凶暴だぜ?」
美樹さやか 「杏子を堕とすのは確定事項
もちろん、あたしが噛まれないと判断してなら……

……どうしようかな」
月曜の子 「ほぼ饅頭で視点もれだと思ってますが
狐混じりとかいってたし」
月曜日 「饅頭自身に潔白を証明させる発言ができそうにないというのは置いてもね」
佐倉杏子 「狐の○とは美味しいねぇ
本当にオオカミに見えるのかね」
月曜日zero 「饅頭(53)  「月曜の子は占いに狐いると考えてるのか」

いや、多分狐って感想がでてくるのは
普通情報ないとありえないだろうぜ>月曜日」
美樹さやか 「いいや、先に饅頭を落とそう
そうしよう

指定変更:饅頭」
エリカ 「狐死にましたし、マミさん噛まれましたし
私はさやかさんからどんなに裏稼業やってるように見られても…平凡な女の子ですわ」
月曜日zero 「とっぴすぎる、
誰一人考えないようなのが想像ででてくるとはおもえねぇ」
月曜の子 「おっけーさんくす>さやか」
れーむ 「まあ私朝一で杏子投票しちゃってるけどあんまり気にしないでね」
饅頭 「わたしからかよ」
美樹さやか 「ごめんなさい、生きている間にやりたいことは全部やっておく
マミさんの○がいないなら、……これでもいいよね?」
エリカ 「あー…あの、もう投票用紙に名前書いて投票箱に入れちゃったんですが…」
月曜日 「あらま。
ただそれなら7の日に杏子を吊るのか、
それとももう杏子は吊らないのか、はっきり言っておいて。遺言ででもいいから」
佐倉杏子 「おや、まだ遊んでていいのかい
んじゃ、のんびりしてるよ」
河城にとり 「まぁ、(饅頭狼前提で考えるなら)月曜の子は少なくとも誰が見たって非狼さね。
エリカも普通は饅頭が囲われているなら、それを忘れて投票したりはしない。
月曜の子 「じゃあ狼目さがしましょーかね
具体的には今日狂人おとしたいのと、何もいってないとこ」
佐倉杏子 「さやかのお菓子でも貰っておくヨ
お前さんはダイエットでもしてナ」
月曜日zero 「確定はしてないけど
饅頭狼として推理し続けると思う」
美樹さやか 「今夜中に考えておきます>月曜日さん
多分、変わらないけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
月曜日0 票投票先 →饅頭
饅頭5 票投票先 →月曜の子
佐倉杏子3 票投票先 →饅頭
美樹さやか0 票投票先 →饅頭
月曜日zero0 票投票先 →饅頭
月曜の子1 票投票先 →饅頭
エリカ0 票投票先 →佐倉杏子
河城にとり0 票投票先 →佐倉杏子
れーむ0 票投票先 →佐倉杏子
饅頭 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
美樹さやか は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
美樹さやかさんの遺言
              / ̄ ̄\
            /  「  ヽ \
            |  (●)(●) |
            |     |     |      美少女だと思ったか?
            |   __´_  |
            |   `ー'´   |       俺だよ
            ヽ       |
             ヽ     ノ
            ヾ ` / 冫f´  λ、
         r‐‐-′入〃仆、〆  ` ヽ     佐倉杏子→饅頭→あとはどうしようか
        〃/孑   冫┴ 、\    ヽ\
        /  -‐=  ̄ /Yl \    ヘ  }   狩人じゃないのならエリカは気になるけど
        l rf千ミ孑{ 'ニ}幵ノV\  `寸
       /二{:::::::::::: ̄{  ヲ::::::::\}| \ ヘ
.       ′ {::::::::::: ,z┘ 丿:::::::::::::从 -‐┤マ、
        {ニニ人:::::/  \く::::::::::,::::/ 厂  ̄| ハ}
.     /二二} l孑ヽ   }:::: ̄::::/ /!    |  ∧
.      /≦三厂二ニ冫  人≧=-<,r‐―┤ノ ヘ
     {二二ニニニ/ |厂     ノ  |二二|  ヽ \
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
れーむ 「おは」
月曜の子 「さてどーしましょーかね」
月曜日 「おはー」
月曜日zero 「へろー」
エリカ 「おはようございます…ZzzzZzzzZzzzZzzz…

ハッ、つい日差しを浴びてたら眠気が…」
佐倉杏子 「てめぇかよ>さやか」
河城にとり 「QuaxQuax」
月曜の子 「にとりが一番残しておきたくないとはおもいまーす」
エリカ 「ユウさんが…一番かわいそうに思えてきました」
れーむ 「エリカと月曜の子は吊る気ないから残りで考えよーで」
月曜日 「それは結局杏子吊りしろ、というメッセージなのか
それともエリカ・にとりあたりで悩め、という私へのメッセージなのか」
月曜の子 「そのつぎがれーむ」
佐倉杏子 「グレーが多くて嫌になるね。アタシの推理でも聞いていくかい?」
月曜日zero 「どうする?俺的には佐倉吊っても別にいいっちゃいい。
すっきりするのは好きだし、狼CO対決しても

普通狼合戦は勝てない>月曜の子」
れーむ 「投票的にエリカって残すと思うのだけどどだろうか」
月曜の子 「結局にとりさんは昨日どうしたいのかぜんぜん
なーんにも意見だしてないんで」
月曜の子 「◇河城にとり 「狼は確定○を残すこともできるし、それ以外の方法で伝えることもできる。」
◇河城にとり 「まぁ、(饅頭狼前提で考えるなら)月曜の子は少なくとも誰が見たって非狼さね。
エリカも普通は饅頭が囲われているなら、それを忘れて投票したりはしない。
」 」
エリカ 「杏子さん吊り以外はただのグレランですから
人数減ってから考える形が…要するに今日は杏子さん吊りで進めばいいんじゃないでしょうか」
河城にとり 「杏子をつる気がないなら、私は霊夢が本命だと思っているよ」
月曜日 「zeroは今日吊る気がしない
月曜の子は初日からの発言から考えてあんまり吊る気がしない
にとりーエリカーれーむのうち、最も反応が素直なれーむは除外したい」
佐倉杏子 「饅頭は確かにオオカミ目だろうねぇ
グレランしてもいけると思うよ(にやり)」
れーむ 「まどかがあそこで灰の霊噛めて、わざわざ身内やるんかっつーあれで」
月曜日zero 「タイム、月曜日>月曜日」
月曜日zero 「れーむが一番狼視点・・・だぞ?>月曜日」
月曜の子 「私に反対して狂吊りを宣言してもいいんですよ?
饅頭吊りを即宣言したっていい」
月曜日zero 「だってさぁ。」
月曜日 「んー?>zero」
河城にとり 「やることは決まっているじゃあないか。>月曜の子」
月曜の子 「一歩ひいたとこはのこしときたくないんで。」
月曜日zero 「3日めにさぁ、饅頭微妙擁護しつつ

狂狼狐なら、占いどっかでつらなきゃいけないつつ」
河城にとり 「まぁ、構わないがね
あまりいい位置についているわけではないことは自覚しているよ」
エリカ 「それにしても、饅頭さんを吊ってしまった今は…
3日目のあのときのグレーに人外がいない感じが今も続いてるので非常に困ります」
月曜日zero 「で、佐倉の特攻見た狼がさ
あの速度の特攻を狐とはおもわないとおもうんだよ>月曜日」
月曜の子 「れーむさんもどうせにとりさんでおわらなければつりにはなりそうですが」
佐倉杏子 「アタシなりに3択までは絞ったんだけどね
このムラビトの残り具合なら余裕すら感じるヨ」
れーむ 「消去法でにとりになりそーなあれ」
月曜日 「4日目のこれは正直吊りたかったけど
◇れーむ(32) 「いやー、潜伏占いは完全に予想外だったわ
そしてさやかェ」
昨日の
◇れーむ(17) 「奇数で見えてる狂ほっとく意味ってなんかあるんだろか」
あたりは素直に見えたから残し候補にカウントしてたんだけども」
月曜日zero 「どっちかっていうと占い引きずり出す特攻じゃん?」
月曜の子 「◇れーむ 「明日から本気出す>死体を見て」
◇れーむ 「というか饅頭は確実に吊るけどそりゃあ」

と一応私の強弁に対して意見してくれたんで>共有指定前に」
月曜日 「ああ」
河城にとり 「QuaxQuax」
月曜日zero 「いやきけって>月曜日

そんでさ、じゃあ狼視点の推理で子鬼狐とおもいましたとするじゃん?>月曜日」
佐倉杏子 「アタシのは単に出が遅かっただけだよ。そこまで気遣いなんざしないよ」
月曜日 「それは説得されそうになるのがきついわ」
エリカ 「でも、杏子さんの占い先は既に吊ったほむらさんと
さっきお約束通り噛まれたマミさんで埋まっているので
占い先から疑うとなると、せいぜい月曜の子さんぐらいですし」
月曜日zero 「れーむ(25)  「たぶん小鬼真なら今日死んでるであろー事を考えて
まどかと杏子の勝負なんだろね」

れーむ(79)  「正直杏子が信用スキーの初手●やる狼か
誤爆じゃない限りあなた真はきついとは見えるね
まあ頑張ってね>小鬼」」
月曜日zero 「このふたつって超狼じゃね?>月曜日」
佐倉杏子 「ついでに言うと占い結果も最初からワンセット用意してあるから
セットごとコピペ入れ替えるだけナ
二箇所書き換えとか面倒なことなんざしないよ」
月曜日zero 「とおもうんだよ、
しかも挨拶短いのって
狂狼狐みえてたら霊能COしようとして引っ込めた的な」
月曜の子 「私を殴ってもいいんですよ?
ほらもうすぐダーウィンのあしおとがひたひたと」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
月曜日0 票投票先 →れーむ
佐倉杏子1 票投票先 →エリカ
月曜日zero0 票投票先 →れーむ
月曜の子0 票投票先 →河城にとり
エリカ1 票投票先 →佐倉杏子
河城にとり2 票投票先 →れーむ
れーむ3 票投票先 →河城にとり
れーむ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
月曜の子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
月曜の子さんの遺言 すむらー
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
エリカ 「おはようございます…ZzzzZzzzZzzz…ZzzzZzzz…むにゃ…

Zeroさんの言論と投票先がいまいち一致してないのは気のせいでしょうか」
月曜日 「おはー」
佐倉杏子 「こりゃ驚いたね」
月曜日zero 「ジャンピング土下座ちゅう
月曜日は振り返らないとはいえ・・・・すまなんだ・・・・・」
河城にとり 「私の意見をいうなら月曜日を吊りたいね。」
月曜日zero 「んー佐倉吊ろう。」
佐倉杏子 「アタシを最終日まで残すつもりかい?」
エリカ 「で、これで占い結果から疑う必要性はなくなったと
にしても…狼狼狂が残ってる今日って色々怖い日付だったんですが」
月曜日zero 「ちょっとエリカと月曜日どっちが噛まれるか見たい」
月曜日 「2W残ってたらアウトだけどそんなこともなさそうで」
佐倉杏子 「れーむLWは3番目くらいにあると思ってたんだけどナ」
月曜日zero 「どうだろ?>にとり」
河城にとり 「今狂人が噛まれていないなら、狼は明日も狂人を残すだろう。
狂人が村を外すほど不明瞭には思わない」
エリカ 「残ってる今日→残ってると今日は でしたわ」
月曜日 「決断は最終日に伸ばすってこと?>zero」
月曜日zero 「ここで外して狼合戦で勝つなんて幻想だからさ」
月曜日zero 「うん、エリカが噛まれない理由だけはないから>月曜日」
河城にとり 「私はエリカが噛まれるとしか思わないが、杏子吊りには反対はしないさ。」
エリカ 「Zeroさんって、殺人鬼に襲われてる女の子を見て
逃げ出すでもなく双眼鏡で一部始終眺めてそうなタイプですね…」
佐倉杏子 「昨日の投票見て、月曜日コンビの組織票を期待したんだけど
そうでもなかったみたいだナ」
月曜日zero 「それならそれでいいんだ、エリカが噛まれるなら」
月曜日 「ちなみににとりはそこそこ意見出しておきながらも、
自分の立ち位置が危ない、と一歩引くあたりは人外っぽいとは言っておく。」
佐倉杏子 「アタシにとっても今日はアタシを吊ってくれるほうが楽でいいナ」
月曜日zero 「うん、多分見てると思う。>エリカ
そんでもって警察に言わないと思う」
河城にとり 「その上で昨日の意見で言うなら強硬にれーむ狼を主張したzeroのほうが
なびいた月曜日よりも村に見えるね」
月曜日 「共有がエリカを狩人視してたのも気にかかるので、どちらともほぼイーブンな感じだけど、
自分を信じるならにとり。」
エリカ 「そこまで冷静に返されると、ちょっと幻滅します>Zeroさん」
月曜日zero 「ごめん、れーむに関してはごめん

自分の推理が乗りすぎて名探偵気分になって外してごめん」
佐倉杏子 「全員が全員胡散臭くて最高だね
LWはくれぐれも読まれる噛みをしないでくれよ。
霊能噛みといい、マミに仕掛けるタイミングといい、相当タフだから
大丈夫だとは思うけどさ」
月曜日zero 「自信があったんだ・・・・・あったんだよ・・・・・・」
佐倉杏子 「ここまできたら、慢心しないことが一番重要だよ」
月曜日 「>にとり
zeroの言っていたことは納得できるので、
れーむ吊りに動いた。そこに関して私が恥じることはないよ」
エリカ 「あ、…投票結果Zeroさんと無印の月曜日さんを勘違いしてましたわ」
月曜日zero 「もう、とらえた。きた、俺、流石月曜日って
もう・・ごめん・・・・」
河城にとり 「除外していたいと言っていた月曜日が私でなくれーむに変更する理由が
見返しても見えないからだが。」
エリカ 「Zeroさんはれーむ投票だから言ってることと投票一致してました」
月曜日 「エリカは共有の狩人視。
にとりは昨日の一歩引いた発言+それまでの意見を出しながら周りに同調
今のところこの2点から考える感じ」
月曜日 「◇月曜日(44) 「それは説得されそうになるのがきついわ」
◇月曜日(40) 「ああ」
一応、この辺も見ておいてくれると、月曜日的には安心するんだけど」
佐倉杏子 「まどかと、多分饅頭と、もう一人誰か、後はよろしくナ
アタシは一足先にまどかとのんびり観戦してるよ
ムラビトたちも、最終日楽しんでおくれナ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
月曜日0 票投票先 →佐倉杏子
佐倉杏子4 票投票先 →月曜日zero
月曜日zero1 票投票先 →佐倉杏子
エリカ0 票投票先 →佐倉杏子
河城にとり0 票投票先 →佐倉杏子
佐倉杏子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
月曜日zero は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
佐倉杏子さんの遺言         /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :.;.ィ: /: : : : :/ : : : |:∧
.        / : : : : : /:/: : : : :/: : : : : ://:/ |:.:|: : : : /:.ハ : : |: : :
       /: : :/: : :/:/: : : : :/: : : : :.://:/   |: |: : : /!/ |: : j: : :}
      ': : : : : :.:/:/: : : : : : : : : : ://l/   八:|: :〃 l|  レ:/|: : :|
     /|: : : | : :/ : : : : : :/: : :.:.:イ/‐- .._  | : |:| |/斗 |: :/;
.    /: |: : : |: /: :l: : : : /: : :/ |'___ `八: |\ メ(ハ j:.//
   /: /|: : : |/: : :|: : /斗く: :|  \∨(バ` \   乂リ/:/
  /:, ' |: : :/: : : :|: : : :八 (ヘ`     乂j リ     丶 /ノ
. ´:/  |/ : : : : |: : |: : : ゝ辷 >、        ___   /ヘ
/   / : : : : : :.:|: : |: : : : : :.:/  > ..    (yx_ ノ /\: : :.  んじゃ、後はよろしくナ
.  /: : : : : : : : :,: : : : : :., -┴-   `≧‐-//_/ l|  i\:\
. /: : : : : : : : : :/: : : : /        \  \//  ∨  |  |\\:\
: : : : : : : : : : : :/: : : : :.:)  __       \ //X   |   |  |: : \ ``\
: : : : : : : : : : :.': : : : : :(/     \     \ ∧__ノ|  リ  ト、: : \
: : : : : : : :./: : : : : :ノ┴- 、    \    `込:::::| /   ! \ミ‐- ... __
: : : : : :/: : : : : :/     \    ∧     \|i|   ノ    `\
月曜日zeroさんの遺言 月曜日は村だと思う。
たぶんにとりかエリカだろうとは思う
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
エリカ 「おはようございます…ZzzzZzzzZzzz…ZzzzZzzzZzzz…むにゃ…

ほへ…あ、ついに最終日ですね」
河城にとり 「QuaxQuax」
エリカ 「そういえばこの村…いつからZeroさんのハーレム状態だったんですっけ?」
月曜日 「前提として私はにとりを吊りたい。
そのうえで、エリカへの質問はどうして自分が共有視点狩人に見えたのかを説明してほしい」
月曜日 「にとりへの質問は、
どうして私への疑いが「れーむつり」に動いたという1点に集約されているのか」
エリカ 「胡散臭くないと、狩人さんの弾除けになれませんから>月曜日さん」
河城にとり 「一歩引いた態度が例えば私の立ち位置が良くない、とかそういう発言だというなら
それはあの段階だと無理に長生きするより先に落ちたほうがいいこともあるだろうと判断したからさ。」
月曜日 「あの辺の発言引用は恣意的なものだったよね?」
月曜日 「もう少し具体的に>エリカ
自分が狩人視されることを狙って動いていた、ということでいいの?」
エリカ 「まあ、簡単にいえばそういうことですね
一見するとただの3-1(予定の)スタートですし」
月曜日 「そうだね、ちょうどその発言>立ち位置がよくない
にとりは適度に意見を出しておきながら、その実、周りに合わせているだけのものが目立っていたから」
河城にとり 「れーむを吊って終わらなかった。エリカは饅頭狼を前提にするなら狼っぽくないと思った。zeroは主張とその強さが狼のそれに見えなかった。
だから、消去法。>月曜日」
エリカ 「もし私が噛まれるなら、霊能さんも狩人さんも無事だったはずですし」
月曜日 「逆に、今日、エリカは噛まれずに残っているけれど、
そのあたりに関する言及はないのかな?>にとり」
河城にとり 「れーむ投票はその上で要素としてあげたというところだね。QuaxQuax」
月曜日 「だとすると昨日の主張とは異なるんじゃないかなそれは」
月曜日 「エリカは、そうすることで自分が疑われることになるとは考えなかったの?」
河城にとり 「どちらに投票するかは明言しないが。
共有が狩人だと思ったことがアタシも共感するかといえば、少なくともノーさ」
エリカ 「饅頭さんとれーむさんは…どちらかが狼でないと今がありませんからね
両方吊って、どちらかは当たってて、それがきっと当時の私達にはベターな洗濯だったんだと」
河城にとり 「さきにzeroが狼に見えない、ということを言ったよ
れーむ投票はその次に行った。」
月曜日 「ただ、にとりの消去法、という思考には私も同調できる
そして、エリカが狩人に見えるというのにも
でも、エリカは今、自分でそれを肯定したのが気にかかる」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
月曜日1 票投票先 →エリカ
エリカ1 票投票先 →河城にとり
河城にとり1 票投票先 →月曜日
8 日目 (2 回目)
月曜日2 票投票先 →エリカ
エリカ1 票投票先 →月曜日
河城にとり0 票投票先 →月曜日
月曜日 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
月曜日さんの遺言 私はにとり吊りを選択
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/11/25 (Sun) 19:20:50
月曜日
西園美魚 「悩んでいますね」
エリカ 「あちゃー…」
やらない夫 「お疲れさま」
月曜日 「んー」
暁美ほむら 「`'-、   .\、                          l゙.|                     /     /
   `'-、   `'-、               Y´⌒`Y         !.l                 /    /
     .`'-、,   \           {. ● }       .| !                  /   .,厶
        `'-、  `'-、           弋__ノ         |.l                   ,/  . /   .\
             `'-、  .\,          l        !,!            /   /      .\     /
            `''-、 . \         ゙l、      .|.!           ,/  _/          \/
-..,、            `'-、 `'-、      . !      !|         / . /
..,,_ .`'''ー ..,_           `''x \        vへ  /,!l           / . /
  . `゙'''ー ..,,゙゙''ー ..,,.      .,〃 `'-_.\      ト<  .|l゙    .-‐===‐- ゛               _,,,.. -‐'''"゛
        . `"''ー二ニ-  〃_____ニ- \    l..(    /::::::::::::::::::::::::::ゝ        _,,, -‐'''"゛
              ¨ ̄         .`''ミ.___\ ノ:::::::::::::::::::::,,::::::::::ゝ . _,,,.. -‐'''"´
___                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///rェレ::::::> .゛
    ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙̄''''''''''''¬――--- ___/:::::,r>,:::::::::::::::::::::::::::::〈    /|:::::ヽ _____________        この世界線もダメだったは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´~! l ̄ ̄ ̄ .// .  i:::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ⌒/ \:::\      /l゙             !
           ││     ./::::i    |:::::::|/:::::::::::::::::::::::::::,, --\::\ー--、ヽ:::\   .../l゙             l          また違う世界で何度も繰り返す
               ! !   /| {::::::ヽ_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ /\,,:\/ ',  )リ/|  ../l゙           l.
               | !   | V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈    V Λ ̄   く        /l゙               l
               | |   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ、 . イ ハ  / ヽ.''-..、  l/                !           それが私の道しるべ・・・
            ! .|     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  Λヽ/ } \V |ヽ. ',  ..`'ー l′
            ! .|   ,..‐ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::i  / | ヽ.|Λ. ',\     ゙゙'‐ ,,                     
            | .|.,/ /:::::::,-ー--::::::::::::::::::::::::::〈  /:::::::〉  .l  〈  ',  ', `''-、    .`''ー..、                    
            ,ノ . / .//{::::/  <:::::::::::::::::::::/ ... l::::/    |   ヽ 〉  ヘ-、 .`'-、      `''-..、
          / ,/     .ヽ     ヽ、:::::::::::~/ ̄i/|     |    .ヽ\_i |    .`'-、      .`''ー..、
       . / .,/              /..''ー- /  / /.|        /iヽヽ  Vi      .\
     ,/ /                  /  /  ゝー / Λ   ./|  /|  ヽ\}ニ| 〉        \
   /  ..‐゛                 /  l   〈 i | /  .〉、_| | / }  }.}ノV 〉i           `'-、
./゛ /                    /  l    ヽノヽ∩_/-/_/ V||_,, ヽ-''   ̄                 ゙ゝ、
  /                       /   !         .',.:.:.:.:.:.个个:.:.:.::.::,'                     \
'"                     /   l            ',:.:.:.:.:.:| .|:.:.:.:.:./」
ユウ・カジマ 「・・・お疲れ様だ」
西園美魚 「お疲れ様でした。初手で噛まれてすいません。」
エリカ 「Zeroさん噛みに惑わされました」
饅頭 「やった!」
河城にとり 「おつかれさま。」
巴マミ 「それじゃあ探してくるわ!>れーむさん
ふふ、楽しみね」
れーむ 「おつかれ」
美樹さやか 「がっ……駄目……!
いやはや、残念」
月曜日 「初日狩人は予想通りなのでどうとでも」
月曜日zero 「あらーこれはごめんだねー」
佐倉杏子 「お、取ったか。おつかれさん」
小鬼英雄 「お疲れ様でしたー。
狼よくあそこから勝てました。お見事。」
月曜の子 「そして月曜日はほろびたのだった

たのしいげつようび おしまい」
美樹さやか 「ドンマイ、噛まれるのはしょうがないじゃない>西園
巴マミが噛まれなかっただけ御の字だろ」
れーむ 「とりあえずさ
月曜日の最終日の質問は酷いと思う
霊界でも言ったけど
あんなもん答えられるわけがない」
月曜日 「ただ、そうか。自分の考える方が正しかったってだけかー。」
月曜日zero 「あっこで素直ににとりかーんぐぐぐ」
エリカ 「やってるつもりがなくても、見られるんですからもう癖なんです…ぐすん」
巴マミ 「             \/////////////                   ∨/////////                    |///////////
                    \//////////                     ∨///////                   |/////////
                \///////                  ,..<∨/////>..、                    |./////./
                  \////            lー 、<:::::::::::∨///:::::::::::>.、                  |.////
                   \/            イ ̄   ∨:, - ‐‐ ∨/ ‐‐ - 、:::::>               |//
                                  ノ 〈 ヽ( )//    ∨  〉   \                 レ'
                                  /    丶/   /     /      ヽ
                             乂    /     /     /  ヽ    ' ,
                               ノ   /     {   /     ',       }
                              从彡/     八 /     ― -レ、〉   l
                                 >〈    /   リ 、     ,     ヾ    lー - 、
                              /  ∧   〈仁示ヽ     ィ示心 〉  /_  ヽ    みんなお疲れ様
                              {   〈 丶  弋/:叨       N//:ワ / /__>  〉   フラグは回避できなかったわ……
                             ∧   丶 ∧  ',`‐‐´   l    `ー‐´///   / /ヽ  
                            〈 ヽ   ` ヾ_ゝ            l  {   / /   }
                               入 \  _∠ >     ⊂⊃     <ヽ_丶/   /  /
                                〈 /`ー /   l::l  ≧z- __ -z<  l::l  ̄ヽ彡´ /ヽ
                                  ヽl  /   .l::l   ヾ  V  //   l::l   ',- ‐´〉 /
                                / ー  .l::l/    》 ( ) 《     l::l    \//
                                 ヽ     ∨     〈ゝ∨く〉    ',:l    /
                                ゝ    /      //ヾ、     ヽ   ≦
                                    〉--- l          ll           l --〈
                                 l   :l       ⊂ll⊃         l   l
                                 ∧  ∧       王       ∧  {
                                 /.∧  :l ` ー - ‐ <l l l > ‐ - ‐ ´∧  ',
             //|                 ///∧ :l / ヽ::::::::::⊂l l l⊃:::::ソ ヽ //∧  ',                |\
           ////|                    /////∧|     > 、:::::l l l:::::::イ  ////∧   }             |//\
         //////|                ///////∧  /  丶     /   //////∧ /                |////\
       ////////|              /////////∧/     ヽ  /   ////////∧                 |//////\
月曜日 「まあ意図してやってる>れーむ」
河城にとり 「露骨につり逃されていたわけでもあるし
すぐに死ぬかとも思ったがなんとかなるものだね。
盟友には感謝するよ。」
暁美ほむら 「マミさん、ニート侍のログはこれね

ttp://alicegame.dip.jp/suisei/old_log.php?room_no=688&db_no=1&reverse_log=on&heaven_talk=on」
月曜の子 「にとりさんは土俵際からの大逆転おめでとーございます」
美樹さやか 「「ブラフしているつもりがないのに狩人目に見られる同盟」に入ろうか>エリカ」
西園美魚 「>さやかさん
いやあ。素村のときにこそ噛まれたいですね。」
れーむ 「素直にとか言うのはやめようよ
わざわざなんでひねたんだよってことになるから
素直に私吊ったってことにしとこうそこは>月曜日zero」
やらない夫 「霊能噛んで、いきなりマミさん噛んで
どっちも通した狼の粘り勝ち……粘り?まぁそんな感じ」
佐倉杏子 「特攻が今一実らなくてすまないネ。特にほむら。」
鹿目まどか 「お疲れ様!」
ユウ・カジマ 「・・・まあ、にとりを饅頭が投票でかばったという
見方をできればよかったのだがな」
饅頭 「俺が潜伏占いCOで呪殺対応してたらまだ話変わってたかな」
巴マミ 「あ、ありがとう!>暁美さん
やっぱり持つべきは友達よね!
私、一人ぼっちじゃないのね!!」
GM 「ん、お疲れ様でした! 各陣営それぞれが推理や仕事をしようと必死でイイムラでしたよー
ただし狩人除くー
参加者のみなさんありがとうございました!」
河城にとり 「月曜の子ーzeroで狩人狙うかも考えたけど、すぐにでも占われる気すらしていたしね。」
月曜の子 「私の説得がたりなかったってことでいいんじゃないですかねー
にとりさんとは最終日いきたくなかったんですよ」
暁美ほむら 「ダメ!!またそんなフラグたてちゃ!!>巴マミ」
鹿目まどか 「にとりちゃん饅頭さん杏子ちゃんありがとう!
ごめんねー、やっぱ月曜ちゃん噛んどけばよかったかなあの時……」
れーむ 「小鬼偽が判明した位置が饅頭すぎるから
饅頭が対応しても私は厳しいように見える>饅頭」
美樹さやか 「その場合、巴マミ即抜きをするかどうかだな>饅頭
即抜きしたら、結局吊り順は今回と同じだと思うだろ

ただし選択肢は増える、即抜きしないという選択肢が選べるな」
やらない夫 「俺がもう少し話せていればにとり吊れてたのかなとか
少し思うけど、そもそも引き分けすら驚くレベルで死ぬ気がしてたからそんな事はないな」
鹿目まどか 「何より狼側に有利だったのは
あそこまでマミさんの○がひとつも無かったってのが多いよね
それ次第では一瞬で詰んでいた訳だし」
エリカ
そういえば、結局吊られなかったので、貼っておきましょう

【遺言供養】

            ....-‐====‐‐-...,
          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..,
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
      , '::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.     ,'.::::::::::::::::/.:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ `> :::::::::::::::::::::::.,
.     ,'::/::::::::::::/::::::::::::::/―――‐<   `>;::::::::::::::.,
.    ,'::;'::::::/:::/::::::::::::::/::::::::/l:::::::::::::::` <  i::::::::::::::::.,
.     ,'::;'::::::/:::/:::::::::::/Ⅵ/. |::::i::::/l:::::::::::::`..|:::::::::::::::::.,
    i:::i:::::/:::/:::::::::::/圻云示. l八:/ .{::::::::::::::::::|::::::::i:::::::::i
    l:::|::::i:::::i::::::::::::i. i !::::::::cソ  /.  }:::/{::::::/::|:::::::|::::::::リ    これを鹿目さんの家の近所で捕まえましたわ
    |:::i::::l:::::l::::::::::::|弋ゞ:::://     レ' }:::/:::::|:::::;':::::::;'.
    |:::l::::i!::::i!::::::::::|  `¨¨´     =ミ. レ'::r、 ::::;':::::::;'.           /
    |:::|::::i!::::i!::::::::::|        `    /:  .ヘ .\ __    _, .- '.l  
    |:::|::::i!::::i!:::::::::::!、    ` -    /:  r、 、              / 
    |:::|::::i!::::i!:::::::::::', ` ,     ,  ィ /  i           /,/ 
    |:::|从;;;ィ=ミ、;:::i\_/_`.::´::::::::::::::/  ./  ●        ヘ ',
    レ'./     寸ヽ/`,'´|_:_:_:_:_:__/   .,          ●  }:l  キュップイ キュップイ
     /.  ,'´ ̄ ̄ ̄`\|【:i】| i   ,./   .|,     しν     ノ.| 
.     !.  /        \i:iヘ  \   | '- ,_         ノ i
.     ',  !          `,、:::\  ̄ ̄''),_ /~' ー--.t-‐‐i'~  l,,_
    ∨.',          /  \::'' j'--k' .,  ,.  ..i ∠.|__,,,ヽノ}
.      ∨.', __',     /.      ::/ /  l  .| i i:|:L..,,______,,,..ノ 
.      ∨.',  \.    |、         `ー――‐. l l:|' νヘ:・,:ヘ・}
      ∨.\  \  |::..<              >'
.         ∨. \,,,,,\|_/ ` <         >,´
          ∨.          |:::::`:... __, ,..:´:::::::::,
.        〈          ;::::::::::::i    ヾ;:::::::::j
         ',      `ー‐‐'::::::::::;'   ,イ´ ゞ‐´
西園美魚 「ではお疲れ様でした。GMさんは村建てをありがとうございました。」
饅頭 「厳しくても占いを確定させるよりはましだろ>れーむ」
鹿目まどか 「あとはあそこで即抜きに走ってくれたにとりちゃんの胆力のおかげかな。」
月曜日zero 「というわけでおつかれさまー」
れーむ 「そのへんはなんでマミさんいかにも共有いそうな○占ってんの+なんで共有潜伏してんのだから知らん>マミさんに○ない」
美樹さやか 「その場合の吊り順は鹿目まどか→佐倉杏子→???→???→???

そこまでに河城にとりが●になるorグレランで吊られた場合、最終日に巴マミと饅頭の勝負になる
不利だとしても逆噴射、ありえるぜ」
エリカ 「私も割りとにとりさんと最終日は苦手な感じがして>月曜日」
巴マミ 「みんなお疲れ様
つ……次は生存して勝利を掴むわ!!
もう、何も怖くない!!!」
佐倉杏子 「それじゃ、アタシはこれで帰ることにするよ
みんなお疲れさん。次も楽しい村を、ってね」
れーむ 「なんか他には全員それなりに○要素あるように見えたから消去法的ににとりかなーって思ったらなんかこうなったという
吊ると思ったんだがなあ」
美樹さやか 「仮に共有を占ってなくても、最終日の状況は同じだったろうな>れーむ

狼が灰を2回噛んだか、(月曜の子&月曜日Zero)
1回噛むかの違いだろ
鹿目まどか 「だからいつもながら共有潜伏いらないんじゃって言ってるんだけどね>れーむちゃん」
れーむ 「疑うところがひとつ減るって大きいと思うけどなあ
安牌と思ってたエリカがわりと疑われてたことも含めて>さやか」
小鬼英雄 「ん、まぁ、久々の村楽しかったぜ。
それじゃ、またな!」
美樹さやか 「だから今回の敗因は、河城にとりを捉えられなかったこと
2回の吊りを逃げ切った河城に逃げ切られちまったな、その前のグレランを含めりゃ3回か」
ユウ・カジマ 「・・・それでは落ちよう
お疲れ様だ」
鹿目まどか 「それじゃお疲れ様だよ! ウェヒヒヒ!」
やらない夫 「それじゃあお疲れさま」
巴マミ 「い、いやあ……あはは>れーむさん
吊り先が決まっていたから灰に共有さんいるのかな? って……」
れーむ 「んじゃおつかれ」
月曜日 「やっぱり私は自分の推理と心中するスタイルの方が合ってるのかなーと考えた
両極端に天秤をゆれさせた方が動きとしても一貫性が出るし、その方がよさげ

ということでお疲れ様でした。
エリカはわけのわからない質問してごめんね。オオカミはおめでとう。」
月曜の子 「おつかれさまでしたー
初日狩人で、マミさんの潜伏占いがなければ勝負にすらならなかったので
たまには潜伏占いもいいかなーと思いました

月曜日PPできなくて残念でした」
美樹さやか 「ただ、まどか真を考慮するならCOしておくべきだったかしら
そこんとこ難しいな、発言で囲い狼じゃないってことはアピールするのも難しいし
うん、そこは素直に出よう」
饅頭 「ではおつかれさま~」
エリカ 「おつかれさま」
暁美ほむら 「               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
=|=           /:/r三三三三三|:::::Vヘ::::::.ヘ
c'-             /::::〃::j::::::ト::::::::、ュヾ-‐:::::::Vヘ:::::::ヘ
ヽノ ''          /:::::::::l::/ヾ::|`¨¨j斗七ヾ::::::::Ⅵ:::::::::ハ
‘ー           /::::::::/lて ヾ  ¨|lllllllll  |:::::::::l|/ヽ::::::::,
_j__丶          /:::::::::| TlllT    |lllllllllO |::::::::::|┐ }:::::::::,
││       /:::::::::::|c|lllll|  ////////|::::::::::|  ノ:::::::::ヘ
           /:::::::::::::j//////         |::::::::::|‐'´:::::::::::::ヘ
 │        /::::::::::::〃     <´ ̄》!   |:::::l::::|-ヘ:::::::::::::::::\
 │       /:::::::::::::::\"    `¨¨´|!  ,イ:::::l::::!ニニヾ::::::::::::::::::\
 │      /::::::::::::::::::/`ーr-  _||-‐´j:::::/::/ ヽ`ヽ:::::::::::::::::::::\
  ・     /´|:::::::::::/    j::::::::::::::r'ハlll/::/;イ    l  \:::::::::::::::::::
  ・     /  |::::::::/     /::::::r‐-.|/ll/::/lll|:.| /  |/    \:::::::::::::
  ・         l:::::/    /::::::::::}三ジ/イl:.V:..!/   |     \::::::::
          ゞ/     /:::::::::::::/  〃..Vll|:..:..:/   .|       \:::」
美樹さやか 「でもやっぱり潜伏占いは楽しいのでマミさんもっとやっちゃってー!」
暁美ほむら 「おつかれさま」
やらない夫 「そういえばこの村2000番地だったんだな」
GM 「報告も終わりましてGMもそろそろ落ちましょう。
初日から配役を見てほむほむだけ村やんーとニヤニヤできたり
華麗な潜伏占い師に惚れ惚れしたり。
あと月曜日が最終的に全滅したのも嬉しい(ぇ
GM 「あー…記念位置かっさらっちゃいましたかね、これ
ハイレベルな試合が記念位置ということで! ね!」
やらない夫 「紅○○はまだしも番地は調整できないし
あまり気にするもんではないだろうけどな、どっかで2000「越え」記念するのか?ってだけで」