←戻る
【紅1744】やる夫達の普通村 [2994番地]
~夏バテしないように肉を食べよう(意味深~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon ルーミィ(ロリ)
(生存中)
icon IA
(生存中)
icon Ellie
(生存中)
icon くとぅるふ
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
icon シツジ=サン
(生存中)
icon 王泥喜法介
(生存中)
icon 星奈
(生存中)
icon ユキメノコ
(生存中)
icon フレンダ
(生存中)
icon めどいさん
(生存中)
icon ヤギ=サン
(生存中)
icon セイバー
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon シオニー
(生存中)
ヤギ=サン 「                \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
               r‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、
               ゝvv:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::vvノ
                  Vv::::::::il||||li::::::::::::il||||li:::::::vV 
                   Vv::::::::::::::::::::::::::::::::::::vV           では、私も失礼しましょう
                    V::::::::::::::::::::::::::::::::::V
                     V::::::::::::::::::::::::::::::::V           お嬢様に、おそうめんを作らないといけないので
                   /|W::::::::il||||li::::::rW ,|\
                  r'":::::|\!:::::::::::::::::::::|/ !:::::::ト、        では、お疲れ様でした
             _, -‐ '"┴‐‐:::ト、 W::::::::::::::W_, -i:::::‐┴--,‐-- 、_
.           /:::ヽ:::::|:::::::::::::::::| `‐Y`'"`'ソ'"  l:::::ァュr彡::/:::::::::::::}ヽ
         /:::::::::::::ヽ::l:::::::::::::::::|   ゝ-r'   l::::l.r-‐'::::/:::::::::::::/::::|
.       /::::::::::::::::::::::|::::l:::::::::::::::|\  .l:::::::l  /l::::{.}:::::::::/::::::::::::::/::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::}::::l:::::::::::::::l \i::::::::::i/ !::::":::::::/:::::::::::::::/::::::::|
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::ヽ,,,,,,,,,__!   \:/  l::::::::::::::/::::::::::::::::i::::::::::|」
フレンダ 「くっ、ここは乗っ取りを諦めるわ! サラバダッ」
フレンダ 「            r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ミ:...、
         /   _,,.........,,_,,.......,,,_:.:.:.:.:.ヽ
         /....:.:/           `ヽ:.:.:∧
         {:.:.,:'             ヽ.:.∧
        ∨   /  /ハ  丶ヾ!  ゙,:.:..}
        〃   /-ァ-、 、 ヽ; ,.-、 l   l:/
       ./ /  /;ィ'=ミヾ /、;, ヽ!    l
       / ./  /´l|   |l   li´ `l.ト,l  │
       / ,'   l'  `''='"  ヾ、__ノノ |   !
      { l   (|   ,.ー- ...._  ̄´  !    |、      ってやっぱりいたー!?
     l  l  .ハ  /       ̄!  .,'|   ゙、
      ノ:!   l:.:.:.:.:.ヾ、     ノ/:.:.!  l l  `ヽ.
     /  |  !:.:.:.:.:.:_,.〕- ..__,...ィ'゙´:.:l:.:.l  !:...丶
     !   l  l _,r‐'´,イ     l‐-、ノ:.:.!   l:.:... ヽ   l
    乂 人  ヽ! l! l   ,..-‐''´  `ー,:|   l:.'' ヽ、 ヽ /
  ノ //  ヽ  \! |  / -ー'' __,,....,_゙、  、 、 l  ト、
  / l  /ヽ   \/_,.. - '_,. -‐- 、ヽ‐-、 l ノ  │`ヽ
  {   冫/:.:.:.:.:〉,   )r-一 '''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,   ヽ }  ハ  !
  ゝ、 /./:.:,.:.:〃!  ノハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゙、:.  リ /  l /
    `//.:.:,'/.:〃 l //} |i V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l:. ゙、 ;- '´ //
   //.:.::,'.:.:`゙ /ノ' !|l 、 V.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:l!.:.:.:゙、」
ヤギ=サン 「ふふふ>フレンダ」
フレンダ 「いや、しかしいなくなったようね」
ヤギ=サン 「狐→幸子(狂噛み)→セイバー(カリ探し)→共有→フレンダ→IA(狩人)
噛みでこれですから」
フレンダ 「            r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ミ:...、
         /   _,,.........,,_,,.......,,,_:.:.:.:.:.ヽ
         /....:.:/           `ヽ:.:.:∧
         {:.:.,:'             ヽ.:.∧
        ∨   /  /ハ  丶ヾ!  ゙,:.:..}
        〃   /-ァ-、 、 ヽ; ,.-、 l   l:/
       ./ /  /;ィ'=ミヾ /、;, ヽ!    l
       / ./  /´l|   |l   li´ `l.ト,l  │
       / ,'   l'  `''='"  ヾ、__ノノ |   !
      { l   (|   ,.ー- ...._  ̄´  !    |、       っていたー!?
     l  l  .ハ  /       ̄!  .,'|   ゙、
      ノ:!   l:.:.:.:.:.ヾ、     ノ/:.:.!  l l  `ヽ.
     /  |  !:.:.:.:.:.:_,.〕- ..__,...ィ'゙´:.:l:.:.l  !:...丶
     !   l  l _,r‐'´,イ     l‐-、ノ:.:.!   l:.:... ヽ   l
    乂 人  ヽ! l! l   ,..-‐''´  `ー,:|   l:.'' ヽ、 ヽ /
  ノ //  ヽ  \! |  / -ー'' __,,....,_゙、  、 、 l  ト、
  / l  /ヽ   \/_,.. - '_,. -‐- 、ヽ‐-、 l ノ  │`ヽ
  {   冫/:.:.:.:.:〉,   )r-一 '''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,   ヽ }  ハ  !
  ゝ、 /./:.:,.:.:〃!  ノハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゙、:.  リ /  l /
    `//.:.:,'/.:〃 l //} |i V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l:. ゙、 ;- '´ //
   //.:.::,'.:.:`゙ /ノ' !|l 、 V.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:l!.:.:.:゙、」
フレンダ 「そして今日はわたしが最後まで検討会に居残ったぞフハハー!」
ヤギ=サン 「エリーの違和感はあっても、その違和感を消してしまったのは自分ですしね>セイバー

霊ロラ→クトゥルフ→星奈→めどい→ユキメノコ

殆どが指定とローラーだったので、エリーが生き残っても大丈夫の展開になっていましたし」
フレンダ 「つまり最終日その形にするための布石であった……! うん、1回グレー噛むかなー・ω・」
セイバー 「共噛んでエリー残ったら流石にアレなんですけどね、まぁ。>フレンダ」
セイバー 「では、お疲れ様でした。
狼陣営はおめでとう。

ルーミィの村立てに感謝します。」
フレンダ 「まぁ狩探しもあるんじゃないかなー。ワンクッション挟まずにわたし噛んだらエリーずっと残る違和感があるのではなかろうか! いや、しかし星奈が●出していた」
Ellie 「ではお疲れ様でした。重ね重ね皆様に感謝。」
セイバー 「後は6人残りの時点で2狼の組み合わせを考えて、
どこならセイバーで狩探しとか挟んでる心の余裕があるのか、位ですかね。」
ヤギ=サン 「最初は死体なしからだったのでセイバー狩人噛み?って思ってましたね」
セイバー 「(実際その予定だったようですし)」
セイバー 「>シオニー
まぁセイバー→○→○で噛んでけば○灰灰灰なので
狩探しって言われりゃそーかもねで納得できてしまう所ではあります」
Ellie 「たらればって怖い?それを想起させる気もなかった相方さんがほんと上手かったなとつくづく。」
フレンダ 「わたしもわたしもー>セイバー
なんという便乗プレイ」
シオニー 「信頼やってたしても星奈吊り推してたろうしなぁ。
いやぁ、甘い」
シオニー 「何か見れるとしたらセイバー噛みぐらいか。
下界視点、星奈真推しがあまりない状況下でいくらGJ避けるとは言っても幸子の灰噛むか? という疑問」
セイバー 「最終的な結論を変えられる気はしないから、
個人として星奈を真に見てなかったことの方を
反省材料にすることにしましょう。むぅ。」
ヤギ=サン 「◇ヤギ=サン 「霊能を狂でみるなら、占いは幸子真に

だが、狼でみるなら、まだ星奈に真はある」


フラグは建ててたのか・・・・・(ガクッ」
ルーミィ(ロリ) 「報告おわりー。参加に感謝」
フレンダ 「結局わたしはAA職人じゃないってわけよ!>ヤギ=サン」
フレンダ 「      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: . 、
     /::::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      {:::::::::::::::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
     ∨::::::::::::::::::::::::::::::::..: : : : : : : : : : : : : : :i
     /`丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. : : : : : ノ ̄\
    ./    `/ー-::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::._: イ{     \
   / /  //   / ̄/ ̄ / ̄ ̄{  ∨リ∧     ',
  ./ /  //   厶/   /     |  ‘  i     '.
  / /  /⌒   //ー<        l   |  |
/}/  /{  i   /_彡'   i       i_ |  |
/ /  /∧ |  , ィテ斥ト、      / ∨ `|  |      ,
i/  // /∧! ,′__}刈 i       __,  ∨リ   ,       |
'  // /厂 | !  、`ー゚'       〃⌒ヾ//           |      こんなかわいい子が人外なわけがない
///_/イ ,ノ| !  ´´      {    //   /       i
// / /イi分、   、_     ′   //   //         ,
/    /  ノ i \  ゝニエフ   , イ/  //         /
  / i   '   |   ,、___  -=≦{∨  //       /
i /i  | /  リ  /    /     /   i/-、    __/
/:.:! il / / /  '   ,イ   _ / | |.:.:.:}   ̄`丶
:.:.:.:. {′/ /    // /く:.:.:∨ |l | {:.:./      \
.:.:.:.∨ / /       / /  〉 :.:| |i | ∨          \
.:.:.:./ / /    / / /:.:.:.:.| |i |  i          i
IA 「DOの略?
デュエルオンラインですよ(適当

誤字にそこまで突っ込むことないだろ!いい加減にしろ!(適当」
ヤギ=サン 「なければ作ろうぜw>フレンダ」
ヤギ=サン 「というか、人外想定のところが村だったwwww
フレンダ、セイバー、IA,ユキメノコ

唯一当たったのクトゥルフぐらいだったしorz」
フレンダ 「しかしAAが圧倒的に足りない」
フレンダ 「                  _____
              . : ´: : : : : : :`丶、
                /: : : : :,∠二: : : : : \
             /: : : : :/   --ヘ、: : : : :}
              . : : :/ ̄ ̄>─ヘ,¬'⌒\______,. -‐……‐-  .
             {: : :/    '′ ,ィ≦弐  .        `丶. -─- .  }
           ヽ {'´ ̄`   { {:::'ー:ハ.  '.  、___    \_/ /⌒7
            八 ,ィ抓j     ー''゙´}  :い \: :`丶、  ∨., '⌒¨て.ン'⌒ヽ
           { ハ {:::ノ .;        |  :|ハ  ハ: :,_: \ }/ ̄ ̄}  }
              八{ {'゙´   、    ,|  :|  ∨ }: \_): : Ⅵ、__ノ :ノ
              .'  V人    `   ∠:} :i从 / 厶 -、 : \八  . : :/           にゃあ、お姉ちゃんがいなくなったから代わりにでた
          {  `¨⌒≧=;--r/ ノ:厶V  /: : :\}: : : :} `¨´{: ;ハ
              `77T^7  厶 ,〈  { {_}\ 厶: : :<}: : /   人{ン
             {└'⌒{.∠\/^ヘ., `7/   `¨゙⌒ヽ : /   .'
           `フ⌒7  ∠{r'⌒{`¨゙{ハ{       }〈     {
        ,ノ^L.厶 \`^7.  { _/ ̄\ \       ,ハ:}、     `    _/|
      /_r‐く__,ノ}  ∨,  |\〆 ̄ ̄` :}\_// `'<}   厂´  ,√ ̄}__
      / 人 \ } `¨⌒):{ {  | / ̄ ̄\ ∨   `¨´ヽ.       `ト-i-<⌒ヽ 、{ `ゝ,
    .  /{\` .ノ.ノ⌒¨}'^い、 {    、 \}/ ̄ ̄|  `丶、___,ノ ノ       \/
   /, 、{ 、__,ノ´   ,ノ  ∨l 人/  \_}^'vヘ,  |     `て´      / ,∠)
  ,{_{  `¨フ ,ノ^¨´     {/  7    ,人_,}  \ノ       _\   __/  :{
 く厂       {       {,.-‐{____/{  \  }>' ´ ̄|∠ --ヘ,∨ .厶、_}
  \  厂 ̄´         八 \   \ ̄ ̄'⌒て___  :|___} `¨´
    `¨´          /  丶 ` ‐--へ.∠、    :} ̄´   \
                /   />────‐ \__/ ̄ ̄匚 ̄`二ニ=‐
                 //               `¨⌒'ー‐'⌒ヽ \
ルーミィ(ロリ) 「でも、見ていて面白い村だったのよ。来てくれた人たちありがろー」
ヤギ=サン 「なので、たらればですが、吊りいって増えていればケアできたなと感じ

でも、下界だとそれ思い浮かばないだろうなぁ~という」
IA 「ということでお疲れ様」
シツジ=サン 「楽しい展開になって面白かったです
では失礼しますね 村立て同村ありがとうございました」
ルーミィ(ロリ) 「ユキメノコ吊りの日を、王泥喜くん先吊り(最終日に後回しにしない)かエリー吊りでの星奈真ケアに使えるか…
それでも、2Wも下界視点ありえたので、霊界視点のお話ですね」
Ellie 「正直くとぅるふさん吊りはまだ後でいいよねと思ったらなんか消えてたし…だったです。」
王泥喜法介 「お疲れ様でした」
IA 「一手作れねえわ 占い吊るとは失態」
ヤギ=サン 「最終日の時点で、エリー狼説を推すのは難しいと思います>ユキメノコ

あの時点、村は狩人COで幸子真が濃厚でしたので」
フレンダ 「まぁくとぅるふ人外あるのかなー、あんな圧倒的だからさすがにないかなー
フレンダの推理まさかのはずれか!? とか考えていたら狐だったおうふ
\わたしはわるくぬぇ!!/」
Ellie 「あ、ありがとうございます。>めどいさん」
めどいさん 「んじゃまた、であであ」
パチュリー 「なんて言うかこーいう風に村を完全にはめるのが決まるときもちーのよねぇ
うらやましい。
それでは」
Ellie 「正直言って最終日視点ダダ漏れすぎてやっちゃったとしか思えなかったです。
初手灰狐噛みの可能性を言い出せる位置って狼しかないじゃん?だから一気にひっくり返りそうで怖かった?」
シオニー 「もう1手あれば星奈ケアし得たかもしれないことを鑑みれば
狼の演出がまた絶妙」
ヤギ=サン 「◇めどいさん 「シツジ=サン、幸子もありがとうナイス援護なのです」
>おのれおのれおのれおのれおのれ」
ユキメノコ 「いや指定の日じゃなくて最終日だと思う……>ヤギ」
めどいさん 「なむなむ」
めどいさん 「うん、今度やってみるといいのです、狐が確定でいないなら
ありなので>エリー
ほぼ95%大丈夫です(私は一回吊られた)
今度吊られた時のログふたつほどあげるねw」
セイバー 「ああっ上半身と下半身が」
IA 「噛み抜かれたわけではなく切り捨ててしまったんだからパーペキに」
フレンダ 「____
 二二,イ-- .... ____ __
――/_________(_l_ )
―‐/:::/          _,ィ=x、
―/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __{三≧ミx
-〈―――… '' " ¨  ̄       `
 ̄                            , -―- 、    z≦三三
                          / ,  ミ、ヽ  \/三三三三
                        / /  l \ ヽ  ヽ.三三三三          チーン
  ___          _       / /l   |   l l   ハ三三三三
≦三三三三≧.、      ((____ノ /     |   | |   |三三三三
三(:::::::::::::::::::::)三)  /´ ̄ヽ       /   |  |   | |   |ミ三三三
三三三三三彡'゙  (  ー 、 , ―   /   j     |      |
`¨¨¨¨¨  ̄´    、__`フ  (___     ノ      /       八_  ,
           ` ー―ュ_   ̄)  _ノ  / /         ̄ノ
                  (     , ―     ,ノ /     {   ーく
                ̄ ̄ (        ̄ ̄`ヽ      ̄ ̄) ) )
                     ̄ ̄ ̄ ヽ   j      / /」
ヤギ=サン 「                \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
               r‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、
               ゝvv:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::vvノ
                  Vv::::::::il||||li::::::::::::il||||li:::::::vV
                   Vv::::::::::::::::::::::::::::::::::::vV      エリー様吊りは星菜様を補修するならありですが
                    V::::::::::::::::::::::::::::::::::V
                     V::::::::::::::::::::::::::::::::V       あそこまで来ると追えなかったですね
                   /|W::::::::il||||li::::::rW ,|\
                  r'":::::|\!:::::::::::::::::::::|/ !:::::::ト、    指定する日でできていればですか。難しい
             _, -‐ '"┴‐‐:::ト、 W::::::::::::::W_, -i:::::‐┴--,‐-- 、_
.           /:::ヽ:::::|:::::::::::::::::| `‐Y`'"`'ソ'"  l:::::ァュr彡::/:::::::::::::}ヽ
         /:::::::::::::ヽ::l:::::::::::::::::|   ゝ-r'   l::::l.r-‐'::::/:::::::::::::/::::|
.       /::::::::::::::::::::::|::::l:::::::::::::::|\  .l:::::::l  /l::::{.}:::::::::/::::::::::::::/::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::}::::l:::::::::::::::l \i::::::::::i/ !::::":::::::/:::::::::::::::/::::::::|
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::ヽ,,,,,,,,,__!   \:/  l::::::::::::::/::::::::::::::::i::::::::::|」
王泥喜法介 「はい狐噛みでしたか…」
セイバー 「セイバー噛みに意味って見いだせるのかなぁ、どうなんでしょう。」
くとぅるふ 「じゃあおつかれさまなのー」
ルーミィ(ロリ) 「グレー状況としてめどい真、星奈真両方でエリーが狼位置だったので、
あえての狂人噛みを想定するか否かというのと、狐噛みの位置の前提ですねえ。」
フレンダ 「                   -- 、              _..-、
      /ヽr=、___   _  /!/ /  `ヽ          /:/: ::ハ
    くク 入,:::::::::::::::::::\ )∨u〃/ /    l          l:/: : : : :}
      `¨´   `¨<::::::\!_`1 l |    |   `ヽ     !: : : : : /
            -‐ 〉::::::::\| .| !    ヽ    ハ    ヽ: : : /
           _∨:::::::::::::::::::Ⅵ |!     `ー‐ ' __ノ _   `¨´
         x<_/:::::::::::::::::::::::::| ! lヽ       ̄ ̄ 、 ヽ
       厶ィ/::::::::::::::::::::/ヽ!ゝ      \   `ヽ l/
         r'::::::::::::::::::::::/  rくヽ `--彳ヽ    ', ヽ lノ          ごふぁっ!?
          /-‐=‐--ミ:::/   V::::::`::r く  )   l  l/
          !--=7丁T=rト、    ̄`く__ノ    lノ l从__ノ!
         /l / /  | ! ! ヽ≧=-、   ゝ__ ノ   乂_人ー彳
      / / /  ヽ \\ \//{  ー=彡! 从__ノ^ー‐'
     / / /: :`:--ミ!/: :`ト-彳--、    `ー
    `ヽ{/!┤: : : : : |: : : : :ヽ-/: : : :ヽ
        `¨ヽ: : : : :.ト、: : : : ∨: :ノミ: : \
         ': : : : :.'. ヽ: :ノ: :./  `ヽ:_:!
            ': : : : : ',У: : :∧
             \: : :/: : : :/: : ヽ_
               \ : : :〃ヽ: : : : :` : .、
                `ー'    `ヽ: : : : : `: .
                        ` <: : :\ ___
                         ` 、: /!:.|__}
                              Ⅵ:.| !
                              }:.:! |
                                 ゞ|リ」
輿水幸子 「ボクはカワイイので!
狼陣営の皆さんおめでとうございます!」
Ellie 「できれば手を汚したくなかった?共有さんがズラしてくれるのを期待?
でもたしかに共有投票は思い浮かばなかった。というよりやってよかったのかなと疑問すぎて。>めどいさん」
フレンダ 「                         〃⌒ヽ
                      ___ノヽ  ⌒ヽ   /:.⌒ヽ
                    /し´  /!     人  {: !: : : l: }
                    /´    {    厂し'_) |: |: : : |: |
                 /      l |   {  ´  ヽヽ:_:/:/
                  しl   /  ゞ、__ ヽ     ゝ-- '
                  ヽ ゝゝ__  __ `ー 、 rvvy
               ,< ̄ ̄ ̄>=<:::::::::::::::::::ヽ⌒V| !//)
              V/∧´ ̄ /  ` >ミ:::::::::l:::::, 「::ヽ__く
                V//}_/   /   ヽ::::::|:::::; l/                 あっ
              ////.:.:.:.\-‐、      l_::|::::::Y
              < ̄}.:.:.:.:.:.:.}.:_.:.l __ -、 !_ハ::::::',
                  `Yハ.:.:.:.:.:.:∨/ハ.:.:.:.:.:.:ヽ)  ':::::::L
                  `¨':.:.:.:.:.:.:.l⌒ヽ.:.:.:.:.:.:〈  ヽ:::::::\   _
                    ':.:.:.:./⌒ヽ__';.:.:.:.:.:.:',   \:::::`<´ム-、
                   ':.:.:.|_ -‐l{:.:.`.:.:‐-、l     \::ノ _-、)
                   l.:.:.}   ノト、.:.:.:.:.:.:ヽ      ヽ)
                  /.:.:.:.|`¨´ l}  `ヽ:.:.:ノ
                   /:.:.:.:.:.:人__/     ̄
                  /:.:.:.:.:/
                 /.:.:.:.:/
            _,イ:.:.:.::/
         /⌒V}}/
          ト、__ノ:/
         / 7::/
           乂/ノ
IA 「護衛成功できなかったのがパーペキに悔しい
噛みを推理の比重に置き過ぎたこともミス
くとぅるふを狐という可能性を提示できなかった 」
ユキメノコ 「共有がエリー狼全く見ないのはちょっと悲しかったですが
何を言ってもあれですかね、ではお疲れ様です」
めどいさん 「日曜の昼間から飲んでしまいたい気分(うふふ」
セイバー 「別にクトゥルフ指定して狐がCOするとも限らないですし、
二騙りかつ狐が始末されている、という可能性を考える上では
グレランで、狩人視点狼騙り超濃厚のめどいさんがクトゥルフに入れている、
という要素の方が大事なのではないですかね。」
フレンダ 「     ○
            _    r―- 、
        _/ (    人:_(`ーミ〉
  O   〃,  ゝ--彳  ゝく:::\
       Y l    -     ノ_ハ::::ヽ
        しゝ_/ ハ_rー::´::::::::::::::::::〉        こんなところからおさらばするってわけよ!
        /:::ヽ!::::::::::::-r―=¨´
       /:::/ /::::::::::::::/
      /`Y´  /::::::::::::::/
      7人_!  |::::::::::::::::!
            /!二二二{
         / / / | l ヽ
         〈_/_{_|__ノ- '
           ':.:.|:.:.:|
        r‐ミ__V.:.:∧
        } Y--=.:.:.:./.:.:.
       乂ノ    ̄ヽ.:.:.:.
                 \:.:,  __
                    \:.Y::::/
                  ∨::/」
パチュリー 「あっ、おねーさんが仕事明けにビールを一気したような顔をしている」
めどいさん 「シツジ=サン、幸子もありがとうナイス援護なのです」
ルーミィ(ロリ) 「ヤギ=サンもー。毎晩おいしい夜食ありがとー」
シオニー 「お疲れ様だ。
2夜の死体無しを占い狐混じりの狐噛みと完全に誤認していたよ。
前提が違えばそれは間違えるなという話だ」
めどいさん 「フレンダ・・・・覚悟をきめるのです」
パチュリー 「クトゥルフ釣りはぐれラン郷土の問題だから議論するにはあんまり
2騙りという戦術のお手本のようなログ、っていうことでいいと思うわ」
Ellie 「でもそれだったら最終日ほぼ確実にシオニーさん吊れてそう?>ユキメノコ」
シツジ=サン 「エリーさんにめどいさんにカワイイ幸子さん ありがとうございました
村陣営の皆様もお疲れ様です くとるふさんもお疲れ様です」
くとぅるふ 「おつかれさまなのー
フレンダ 「            r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ミ:...、
         /   _,,.........,,_,,.......,,,_:.:.:.:.:.ヽ
         /....:.:/           `ヽ:.:.:∧
         {:.:.,:'             ヽ.:.∧
        ∨   /  /ハ  丶ヾ!  ゙,:.:..}
        〃   /-ァ-、 、 ヽ; ,.-、 l   l:/
       ./ /  /;ィ'=ミヾ /、;, ヽ!    l
       / ./  /´l|   |l   li´ `l.ト,l  │
       / ,'   l'  `''='"  ヾ、__ノノ |   !
      { l   (|   ,.ー- ...._  ̄´  !    |、
     l  l  .ハ  /       ̄!  .,'|   ゙、
      ノ:!   l:.:.:.:.:.ヾ、     ノ/:.:.!  l l  `ヽ.      お仕置きされるー!?
     /  |  !:.:.:.:.:.:_,.〕- ..__,...ィ'゙´:.:l:.:.l  !:...丶
     !   l  l _,r‐'´,イ     l‐-、ノ:.:.!   l:.:... ヽ   l
    乂 人  ヽ! l! l   ,..-‐''´  `ー,:|   l:.'' ヽ、 ヽ /
  ノ //  ヽ  \! |  / -ー'' __,,....,_゙、  、 、 l  ト、
  / l  /ヽ   \/_,.. - '_,. -‐- 、ヽ‐-、 l ノ  │`ヽ
  {   冫/:.:.:.:.:〉,   )r-一 '''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,   ヽ }  ハ  !
  ゝ、 /./:.:,.:.:〃!  ノハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゙、:.  リ /  l /
    `//.:.:,'/.:〃 l //} |i V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l:. ゙、 ;- '´ //
   //.:.::,'.:.:`゙ /ノ' !|l 、 V.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:l!.:.:.:゙、
めどいさん 「あと4回で引き分けだから2回目で捨て票はありだよ>エリー
要はヤギ投票」
ユキメノコ 「4日目にクトゥルフが先に吊られたのは予想外だったけど、狐把握してのそれなら納得
それと私が王泥喜法介より先に吊られたのはもっと予想外だった……」
IA 「くとぅるふ吊りが指定だったらなー」
輿水幸子 「お疲れ様ですカワイイ!」
ヤギ=サン 「なん・・・だと・・・・>エリー狼」
セイバー 「建設的でないし。
強いて言うなら星奈のエリー●はない方がよかったかなー
(というかフレンダ二重○のが嬉しい)位ですが。」
めどいさん 「サンキュー!エリー!>エリー」
ルーミィ(ロリ) 「狼おめでとー」
ユキメノコ 「お疲れ様」
フレンダ 「                    ______
                  /    ┐ \
                /  か .オ   i
            /     ・  ・   |
             |    く  .シ   |
             | だ  ・  ・   |
             | そ   て オ    |
             |う   ・  ・     |
             | で  い キ    廴
             | す   ・       厂
.       .  -‐‐ヘ、   ね     /
       /: : : : : : : : \ └     /
.      /: : : : :_:_:_:∠:_:_:_>‐--‐ ´┼ヽヽ
     〈:_:_:_// /  i { `ヽ      | こ
.     /   |__厶'‐   ‐ミ 、_ }     ヽ
    i   j/         `トミ. 、    つ
    |  '{ -─    ─-{   `}     i
 (__ノ   人ヽヽ 、   , ヽヽ)  ノ    |         Q、この村特にわたし悪くないよね! ねぇ、絹旗、そーだよね! 麦野何もいってないよね!?
  `て/ / j_.>ュ‐`¨i|‐.< 、(__.ノ}   |
  _,ノ, /__ノ __n {_ .ノ{h.\) } -く  |
 (  { {_`7´: : く. \,/ 〉`マ^ソ  jノ .  !
  `フ`て入 : : : 》}「「}《 : 〈 (   (__ノ)」
Ellie 「お疲れ様でした。」
IA 「お疲れ様」
ルーミィ(ロリ) 「おつかれなのー」
シツジ=サン 「お疲れ様です」
王泥喜法介 「お疲れ様でしたー」
フレンダ 「くとぅるふ吊りかなー」
セイバー 「役職の動きがどうたらってのはあんまりなぁ」
ゲーム終了:2013/06/09 (Sun) 12:09:04
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヤギ=サンさんの遺言                 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
               r‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、
               ゝvv:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::vvノ
                  Vv::::::::il||||li::::::::::::il||||li:::::::vV        共有CO
                   Vv::::::::::::::::::::::::::::::::::::vV
                    V::::::::::::::::::::::::::::::::::V      我が主はルーミィ様でございます
                     V::::::::::::::::::::::::::::::::V
                   /|W::::::::il||||li::::::rW ,|\
                  r'":::::|\!:::::::::::::::::::::|/ !:::::::ト、
             _, -‐ '"┴‐‐:::ト、 W::::::::::::::W_, -i:::::‐┴--,‐-- 、_
.           /:::ヽ:::::|:::::::::::::::::| `‐Y`'"`'ソ'"  l:::::ァュr彡::/:::::::::::::}ヽ
         /:::::::::::::ヽ::l:::::::::::::::::|   ゝ-r'   l::::l.r-‐'::::/:::::::::::::/::::|
.       /::::::::::::::::::::::|::::l:::::::::::::::|\  .l:::::::l  /l::::{.}:::::::::/::::::::::::::/::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::}::::l:::::::::::::::l \i::::::::::i/ !::::":::::::/:::::::::::::::/::::::::|
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::ヽ,,,,,,,,,__!   \:/  l::::::::::::::/::::::::::::::::i::::::::::|
ヤギ=サン は無残な負け犬の姿で発見されました
Ellie 「               /,ハ
             /:::ハ:ヘ
   ハ        /::::::/  ハ:ヘ
  ,'::l\:、  , -─‐':::::::::::|_  ハ:l
  /:::|  \`:::::::::::::::::::::::::::::::::>、|:|
  !::::|   >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::l /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
  l:::::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
 /::::::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
 l:::::::::::::::::::::::::::::::/ \:::\__ー----::::,⊥
 |::::::::::::::::::::::::::::/  ノ `ー──‐三二゙l-イ
 l:::::::::::::::::::::::/ _/      イテハ l l:::::!
 ∨::::::::::::::イ   ,,ニニ、    ト=クノ l:::::l
  .∨:::l⌒l::::l  /:::示ハ l      ///l:::::l  今夜の夕食はジンギスカン?
   ∨:l  \\ \=クノ   ヽ    |::::::|
   .\\ー\l ////      ,  /::::::|
     ヽ`ー-、       ,-‐'"  /|:::::::l、
      |::::::::::|` -  ____ノヘ|::::/ }
      |::::::l::::lミー 、_  //    l:::/  |      ,--、
      |:::,i::ト、:\─ ニニミ∨\   /イ  /      //`l、_)、
      |/ l/ \::ヽ   /   ヽ / |, l      / l  |∧」〉
     ∠-、    ヽ}   〈   /l   ! |     | /  l (/ノ
    /' ⌒ヾ\      /lヽ_,/: |ミ、_/| !     |    }  |
    ||    \\    // |: : : : :l: : ヽ-'|   ,,-、ノ      /
    リ     ヽヽ  //ニ!: : : : :l: : : ∨ r '": :/    _,ノ
    |      l\ヽ/:/<: :ト 、_/|: : : ::Y|: : : : ハ__, '"
    ヽ      ∨∧/::ハ∨   /|: : : / ハ: : : : :|/」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「それでは有りがたく噛ませてもらいます?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「あ、シツジ=サンもありがとうございます。あなたが同意してくれなければ始まらなかった?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「めどいさん、本当にありがとうございました。このラストバイト、めどいさんに捧げます。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
王泥喜法介 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (3 回目)
Ellie0 票投票先 →王泥喜法介
王泥喜法介3 票投票先 →シオニー
ヤギ=サン0 票投票先 →王泥喜法介
シオニー1 票投票先 →王泥喜法介
8 日目 (2 回目)
Ellie0 票投票先 →シオニー
王泥喜法介2 票投票先 →シオニー
ヤギ=サン0 票投票先 →王泥喜法介
シオニー2 票投票先 →王泥喜法介
8 日目 (1 回目)
Ellie0 票投票先 →シオニー
王泥喜法介2 票投票先 →シオニー
ヤギ=サン0 票投票先 →王泥喜法介
シオニー2 票投票先 →王泥喜法介
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
Ellie 「それよりもめどいさんとの繋がりが・・・>シオニーさん」
王泥喜法介 「めどい狼は見ないんですね?」
シオニー 「論点をすり替えるな。
めどいの○は、その前日に星奈から○が出てる段階でどうでもいい」
ヤギ=サン 「そのあたりが妥当ですかね>ユキメノコかクトゥルフ人外>シオニー様」
シオニー 「めどい護衛で死体無し>エリ」
シオニー 「くとぅるふには私は投票している。
ユキメノコと私は、2Wで繋がっているように見えたか?」
Ellie 「ああ星奈さん狐で見ているんですか。その根拠はどこに?>シオニーさん」
ヤギ=サン 「真とみて噛んだところが狐というのはどうでしょうか?>シオニー様」
シオニー 「それから、役職に狐混じりなら、狼はくぅとぅるふかユキメノコという事になる」
王泥喜法介 「真噛んだのと同タイミング、これは見逃してはいけないと思うんですけどね」
シオニー 「私は今、エリとヤギ=サンに向けて話している。
私の主張を見て貰えれば、いかに私狼における星奈噛みが不合理かという事を見られるはず」
王泥喜法介 「俺が生き残れるにしても占い抜く時点で信用段落ちですよ
かつ幸子さんが確定しろマルダーとか言って俺占って且つGJとかだったら白丸白丸黒丸という絶望ですよ」
Ellie 「噛まれたの幸子さんですよ?星奈さん偽分かってたら噛まないの当たり前じゃないですか。あって漂白狙い?>シオニーさん」
シオニー 「>オドロキ
その○はどうでも良いんだよ。もう真噛んだ後なんだから」
ヤギ=サン 「シオニー囲いとみてシオニーか
おどろき囲いとみて驚きか
星奈真とみてエリー吊りか(この場合めどい狐の 真狂狐-真狼」
シオニー 「真狂狐にしても。真狐狼にしても。基本的に狼は真を噛みたい筈。
狐露出が分かっていたのなら狐っぽいところを噛みたい理由がない」
王泥喜法介 「めどい狼でLWの俺を二重○にする明確なロジックが欲しいものですが…>シオニーさん」
Ellie 「あとおどろきさんに関しては状況的には2人外からの囲い位置ではあるのですが、それならば噛み筋はもっと違っていいと思うんです。
少なくとも幸子さん噛まれてその後もう一人漂白噛みあってもいい? それをする位置におどろきさんが思い浮かばない。」
シオニー 「で、第一の疑問。
「私が狼で、星奈が非占いと分かっていて。それでな星奈を噛みに行く理由は?」」
ヤギ=サン 「やれやれ、これは厄介ですな」
王泥喜法介 「んー、でその場合やっぱりシオニーさん、ですかね」
シオニー 「次に、星奈が狐だ。IAの護衛先はめどい
幸子は翌日噛まれてるから。」
シオニー 「まず前提条件。エリは非人外確定だ。
幸子が狂でかつ占いに狐混じりの内訳が存在しない。」
シオニー 「この村は、全部ロジックで詰められる」
Ellie 「おはようございます。やっぱりLWはシオニーさんかなと思っています。
理由は狩人の出方に異常にこだわっていたこと、あとは占い狐混じりを確定的に考えたことぐらいですか。2騙りもなくはないのに?」
王泥喜法介 「狩人日記を見てめどいさん護衛ーから星奈さん狐濃厚に
めどいさん狼の場合で俺って二重○かぶせつつ真抜く位置なんですかね…という疑問が」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんの遺言 .       /       `  ー----―ァ
     //  ̄`ヽ   、____,. < \
   / / { `ヽ    :i       ヽ  \ \
.  /        }\  :}  :i }   i  `'ー‐`ー――- 、
  /イ   /i  },二\}  :l }   | `'ー------ 、   :
.   |. / ∧j  }弌心ハ   .ハ、  |   :}   :     }   ,′    私も昔は1GJ以上出せる狩人であったが、
.   |/ ∧`}  } '"´/ :}  ./})ノ   |   :}   :    /  /
.   //  〉}  ,′   :} / /    j  :}      /  /:}      膝に矢を受けてしまってな・・・・・・
  //  /`j / __   / / /   .ハ  /    .;   /イ
. / {   / ./\こ  ,: / /  / / ∨ /  /   /  /
/ :} , /  ./ヽ--{/ヽ{ / /   ∨  ./   /  /
  乂     //   , ‐/ //      \/   /  /
  ゝーr ´ / / / /{ / _/         /` < /
  }  |  .// ./} i「 { _ }         ,/    ` ー- 、
  }___/ ./  /, }__j| {_ _} ´ ̄ ̄ l}         }≧
  `i「  / / / /∧ 〈_ _〉      j|┌┬┬≦三三Ξ
.   l|  {./   / ///∧{__}  ,.。o≦三|__||__|三三三三
.   il  j{   / /////∧j{o≦三三三三三三三三三三
ユキメノコさんの遺言 初手狙って狂狐噛みってのを否定するならシオニーは非狼
エリー狼も考えた最終日にすること
IA は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
Ellie 「私は勝つ。何のためにアイドルやってんだ。」
Ellie 「でもやれるだけやってみましょう。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「シオニーさんとおどろきさんが殴りあうような光景が目に浮かばないんですよね。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「いや、むしろ噛まないほうが?」
Ellie 「まあ普通に噛みます。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ユキメノコ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
IA0 票投票先 →ユキメノコ
Ellie0 票投票先 →ユキメノコ
王泥喜法介1 票投票先 →ユキメノコ
ユキメノコ5 票投票先 →王泥喜法介
ヤギ=サン0 票投票先 →ユキメノコ
シオニー0 票投票先 →ユキメノコ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
IA 「膝に矢を受けてしまったね」
シオニー 「占い狐混じりまでは確定と」
ユキメノコ 「王泥喜法介吊りで」
王泥喜法介 「星奈さん濃厚ってことですかね」
ヤギ=サン 「では、指定変更ユキメノコで」
Ellie 「あ、狩人さんいたんですね。よくご無事で?」
ユキメノコ 「じゃあ王泥喜なのかな…」
シオニー 「じゃあオドロキか」
IA 「GJ一つもない 幸子真でしょこれ」
王泥喜法介 「狐…」
シオニー 「>エリ
フレンダ護衛だと思っていたからな」
IA 「縮小できなかった」
ユキメノコ 「DO……」
IA 「【狩人日記】
2日目 守った人⇒めどいさん 噛まれた人⇒狐噛み
占い護衛は基本
対抗に狐を考慮し、対抗占いをすぐに選択肢に入れているから真目と見て護衛

3日目 守った人⇒めどいさん 噛まれた人⇒幸子
・めどいさんは狐ではない
・対抗占いいえない→銃殺出せないor銃殺演出できない
 ってことなので、幸子は真薄いとみて除外
・◇星奈(23)  「よーしよくやったわ狩人!(多分)」
 護衛成功考慮しているなら、占い噛みということを確信している
 ここ狼目

よってめどいさん護衛

4日目 守った人⇒星奈 噛まれた人⇒ルーミィ
占い真狂狐じゃないかなこれ
●出された占いを護衛する旨味もそんなに感じないから、
ここ護衛して銃殺出るかどうか見るよ

5日目 守った人⇒フレンダ 噛まれた人⇒セイバー
ごめんね、幸子偽とか思っちゃって
腹パンしたいしあの表情で真はないと思ったの(言い訳
GJ出たら吊り増えるし、いきなり残りの共有噛み切ってくるほど
度胸ある狼にはまだ見えない。 安定思考よりは冒険に出るよ

6日目 守った人⇒ヤギ=サン 噛まれた人⇒
なんか意外なところが噛まれたので護衛ブラシとも判断
よってまーここは一度共有護衛を挟んでおく
これもまた冒険(言い訳」
シオニー 「指定されて狩人COが出て再度指定し直すくらいなら、最初からCOして指定の精度を上げたほうが良いという話だよ」
Ellie 「その理屈は納得です。ですが狩人が不在なのを確信するのが早くなかったです?>シオニーさん」
IA 「狩人DO」
ユキメノコ 「ただ4日目シオニー投票の私もエリーも生き残ってるっていうのがシオニーのそれなりの非狼要素」
王泥喜法介 「日和見すぎるんですよね>メノコさん
特に最後の一行 どうしたいのかフラフラ過ぎて」
ヤギ=サン 「IA指定で」
IA 「それにせっかくの指定展開なんだからさ」
シオニー 「それを考えると、エリ狼は否定で。
私の中で狩人視をしていたかつ、狩人でないIAを吊りたいという話になる」
Ellie 「割とめどいさんとシオニーさんで2Wだとするならば辻褄は合うんですよね。
そうやって身内殴って白くなるという手はかつて別の村で私もやってましたし?」
IA 「>シオニー
GJでれば吊り増えるけどね
そこらへんは好みの問題でもあると思うよ」
ユキメノコ 「指定するなら今日しかない…>ヤギ」
ユキメノコ 「いや、まあ、真占いでも生存欲くらいは出る」
IA 「共有生きているなら指定かける恐らくラストチャンス」
シオニー 「>IA,エリ
今日狩人が出てこない理由が無いんだよ。
灰が減るのに。」
ヤギ=サン 「指定をするなら、三人ですか・・・ちょっと困りますね」
王泥喜法介 「補強材料としてこれが上げられますが
露骨な生存欲でてますし」
IA 「うーん」
シオニー 「つまりは指定が必要ということで。
狼が狐を最初に噛んだとすると、私とエリに狼は居ないかなと思う。
狐からの囲いの情報が手に入ってたらより正確に真噛めるだろうし」
IA 「>王泥喜法介
わかったよ」
王泥喜法介 「めどいさん(37)  「私狼と見るのでも本当は明日でもいいんですよ?
残してくれれば本当に有利になるんで村が
でも今日灰ランでもLWつったらおあげもあるので」
Ellie 「噛まれるだろうなという場所なら正直フレンダさんなんかよりも共有さん?
狩人がまだ残っているならきっとそこ鉄板してるはず。>シオニーさん」
IA 「>シオニー
狩人いない前提で見る理由がわからない」
王泥喜法介 「星奈さんに対する殴りが露骨になってきた5,6日目と見ますが>偽確信
やはり真でそこまで殴る必要もないのですよね…あの状況」
ユキメノコ 「IAかシオニーだと思う」
IA 「>王泥喜法介
引用した台詞に対する答えを返してほしいな」
ユキメノコ 「王泥喜法介はあまり吊りたくなくて」
シオニー 「狩人居ない(初日)なら真狂狐か真狼狐。
その場合は2W残り。」
IA 「ぶっちゃけ一番囲い候補にしているのは王泥喜法介」
ヤギ=サン 「おや、これは助かりますね>フレンダ噛み」
Ellie 「おはようございます。
今朝がきてるということはLW狙って吊れって話で?
で、IAさんが言うように囲い見てみたのですがシオニーさんはたしかに臭かったですね。まあ序盤のめどいさん狼決め打ちからなにかがおかしかったですが?」
王泥喜法介 「やっぱり噛みが占いどこ噛めてもいい噛みに見えたので占いに狼が介入してたしてないどちらにせよ
噛んで全体の信用落としを行った際に疑いが向く初手囲いは余り無いのではないか、という感じでしょうか
その場合やっぱり疑い筆頭は俺な気もしますけどね…これ」
IA 「>◇王泥喜法介(13)  「灰噛みですか…?
>ふむ」

あなたと同じ立場のめどいさんの○なんだけど、そこどうなのかな?
めどいさん偽確信したのいつ?」
シオニー 「まぁ流石に噛まれるだろうなという場所が噛まれたのと。
狩人居ないのか?」
IA 「ぶっちゃけめどいさん真なら狼の2騙りになって、
灰の狐置いておいて狼何やってんだって話になるんだよね
告発なしで灰の狐釣りきれると思う?
よって私はめどいさんの真を切る。 例えセイバー噛みがあったからって、
そこの○はグレーと同等に扱うよ。」
IA 「結局○か」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
めどいさんさんの遺言 どーも占い師になりました
結果はパチュリー○セイバー○オドロキ(変換がめどいという小ネタ)○

真狂狼ー真狼

私視点の灰がIAユキメノコエリーフレンダ
ここから狐→狼の順番で吊り
フレンダさんの遺言              ___
            /::::::::::::::::::`::.....、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          {:::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::|
          / ̄/ /、 ̄ \:::::::::::::::::ノ
.         /  / / \\  `ー―ヘ
        /  / /´  `\\    ト、
.       |   lノ、     、\\   | l
.       | | | []    []  l i   リ |
.       | | i ,,,      ,,,,l l  / ノ         結局ただの村人ってわけよ
        ノ 込、  V___)  ..ノ イ  i/ (_ノi
       (   i i≧=ヘ-ハ=≦ i |   ∨ ハ
        ) //´:::::\∨/::::)八 / / /   〉
.      〈 {∧::::::<_介_>:::∨/ ∧{  /
      / ノ  }::::::〈_/i_|_〉::::::::{/ / リ  }
フレンダ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
Ellie 「ふむふむ。こーしてこーしてと…」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「えーとメモメモっと(がさごぞ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「まあ噛みはあと2回ですね。GJ出されたら死ぬと考えて頑張っていきますよと。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「 」
Ellie 「伊達に何度も狼押し付けられていないんだから。」
Ellie 「まあやれるだけやってみます!」
Ellie 「正直このRPで狼ってきついと今更思った?」
Ellie 「あー、LWなっちゃった……」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
めどいさん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
IA1 票投票先 →めどいさん
Ellie0 票投票先 →めどいさん
王泥喜法介0 票投票先 →めどいさん
ユキメノコ1 票投票先 →めどいさん
フレンダ0 票投票先 →めどいさん
めどいさん6 票投票先 →ユキメノコ
ヤギ=サン0 票投票先 →めどいさん
シオニー0 票投票先 →IA
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
Ellie 「分かりました。だったらシオニーさんとかおどろきさんとかを見とけって話?>フレンダさん」
ヤギ=サン 「では、ローラー続行です
ここからが執事のみせどころでしょうか」
フレンダ 「今日のフレンダのトークショーはこれぐらいで幕を閉じるのであった」
王泥喜法介 「エリーさんは黒丸出されてる時点で噛まれ候補ではないかと思われますが
どうなのでしょうね」
IA 「まあ囲いをみりゃいいって話になる 今日は」
シオニー 「それならば重畳>ユキメノコ」
めどいさん 「霊能狐はありません。」
Ellie 「まだめどいさんの真を追えるというところでしょうか。たしかに噛まれなかった占いが必ず偽とは限らない、とは言いますが。>IAさん」
IA 「あ、そっか 霊能狐ないわ めどいさん偽じゃん」
めどいさん 「はい>IAさん」
フレンダ 「狼2騙りだとして、そしたらLWだから狐の位置が仮にわかったとして、じゃあどうしよっかという気もするってわけかなー
それなら偶数進行のまま狐もわからないけど吊り殺す! 路線でいいような気もする!>エリー」
シオニー 「で、話が変わるがセイバー噛みというのはまたまた。
幸子視点のグレーを一人削る噛みな訳で。
エリ―フレンダと、そこを噛まないでおいて噛むところかね?」
ユキメノコ 「納得はしないけど理解はした>シオニー」
ヤギ=サン 「めどい様の灰は
フレンダ様、IA,エリー様、ユキメノコ様ですか
灰が多いですね・・・・」
めどいさん 「私狼と見るのでも本当は明日でもいいんですよ?
残してくれれば本当に有利になるんで村が
でも今日灰ランでもLWつったらおあげもあるので」
王泥喜法介 「霊狐だと畢竟パチュリー偽かつシツジ=サン狐まで見えてきて内訳やばい気がします>IA」
IA 「めんどいめどいさん」
IA 「まあ○を見ていこうって結論になるんだよなこれが」
ヤギ=サン 「今日吊るか明日吊るかの違いですね>エリー様」
シオニー 「なにせ、めどいの吊り手順を1手伸ばせるならその分狐ケアをしやすくなるからな」
王泥喜法介 「で、残りグレーは残ったほうの両視点4人…
何かこう手がかりになるかと思ったけど別に役に立ちそうも」
IA 「狐が霊能に出ていた場合が一番楽なんだけど、
そうでなきゃめどいさん偽強いんでー」
Ellie 「昨日星奈さん吊っちゃったのでそのまま続行しないメリットがあるならば教えて欲しいです。>共有さん」
フレンダ 「ふむふむ、ふむふむ(周囲を見渡し」
シオニー 「>ユキメノコ
3日目にパチュリーの霊結果と発言から、霊真狼想定
占いの言動と真狂狐のケースの少なさから、非狐混じりと想定
幸子が噛まれた=幸子は真狂

では、残ったどちらが狼に見えるかと。そんな話だよ」
めどいさん 「私は人外視点真狂狼ー真狼のときの
狐視点真確実にあるようにおもえます。
だからしないとおもいます>IAさん」
ヤギ=サン 「いえ、昨日私はローラーと同じ発言をしました
そうなれば、狩人がいる現状、私も噛めない

だから狩人探しをしたといったところでしょう>エリー」
IA 「んー」
王泥喜法介 「ローラ続行でいいとは思いますけどね」
ユキメノコ 「となると、それなりに狩人警戒があるか
輿水の○に狼いるかにはなるかな……」
フレンダ 「まぁ実質的なグレーを噛んでくれるのは素直にうれしいからいいってわけよ」
IA 「私狐じゃないことは私自身わかりきっているけど、
占い能力もっているのにそれはなー  まあもうチャンスないなら仕方ないともいえるけど」
ヤギ=サン 「今日指定するか
今日ローラー続行にするべきか」
めどいさん 「狐なら私残そうって言えないと思うので。
だから明日はIAさん以外から吊りがいいとおもいます」
Ellie 「灰噛みですか?やはり狼は狐が分かっていない?
ってことはパチュリーさんが最初想定してた通りの2騙りだったですか?」
ユキメノコ 「ぶっちゃけ占いロラった後どこ吊るかって考えたらセイバーだと思ってた」
フレンダ 「___
: : : : : : : :--. .
: : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : :∧
: : : : : : : : : :_:_:_:/: :∧
: : : : : : : : : : : : : : /:/
: : : : : : : : : : : : : : :/
― 、― 、:_:_:_:_彡ヘ
   ∨ ∧ ',    ',
   ∨ ∧ ',    ',
  -‐ \∧ ',    ',
 ´ __   \  ', ',  ,
  〃 ̄`ヽ '.  i i
  {  O   }〉i i i   '.
    __ ノ | i l   '.
      iil|ii| ∧i| |     '.
    U  /ノ∧ |     ',       貴重な腹ペコ枠がー!?
--、ノ   ∧∨ '.i     ',
 / ,-/ヽ⌒ , ∨ ∧      ',
-' {/-、 \ ', ∨ ∧,  / , ∧
._ノ-- _\   }\/__/__/_// ∧
{i 、__     ノ   \::::::::::::\/ /\
∧ { ノ   ∧    \:::::::::::::∨ , \
i У    / /::::::::....___\:::::::::::i/   \
∨    / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| i    }\
{i____/{_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/! | /    i  }
|i:::::::::::|: :i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|i/   / ノ」
IA 「>めどいさん
根拠は?」
王泥喜法介 「灰噛みですか…?
ふむ」
IA 「まあローラー続行」
めどいさん 「IAさんは狐は絶対にないとおもいます。」
シオニー 「セイバー噛みはあまり想定していなかったが。
狐確認か?」
ユキメノコ 「>シオニー
別に星奈狼だってあるし真狂狐だってあり得るわけで
それでどこでめどい狼決め打てるかのような話が出てきたのかの回答になってないよ…
4日目のうちにどこで見える、から狼決め打ちまで思考が流れたのか」
めどいさん 「理由
私狼と決め打つぞ
発言が謎なので。」
フレンダ 「おっはよー」
ヤギ=サン 「おはようございます」
Ellie 「お、おはようございます。えっと…3-2だから人外は3人出ている。
今日めどいさん吊って確実に3人外は消える。残り2Wだか1W1Fだかもしかすると今日で終わるのかわかりませんが、なんとかなる進行ですか?」
王泥喜法介 「おはようございます」
めどいさん 「どーも占い師になりました、シオニーは村人です」
シオニー 「おはよう」
IA 「なんかみょんなところが噛まれたような」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星奈さんの遺言 めどいさんが必死に私偽にしようとしてる辺り私真ってなりそうね。
セイバーさんの遺言 エリー噛みなら素直にシオニー吊りたいです。
フレンダ噛みの時はなんかよく分かんないですけど、
お茶を濁したいっぽい噛みだから、それをしそうなのはIAですかね?

共有噛みならオドロキ君でいいかなぁという所。
【噛まれた共有の遺志】を継ぐ可能性は、占い師の○よりも残った共有相方のが高いですよ大抵。直接話聞いてるわけですから。

灰が死ぬなら何やらよく分からない思考に基づいて狼が動いてそうなので考え直します。
セイバー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「が、がんばります?」
めどいさん 「フレンダでもいいかな先に」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「じゃ、噛み筋
セイバー→フレンダ→ヤギサン」
Ellie 「まあ明日めどいさん吊って明日明後日ですか。あとは私ケアを言い出す人がいるかどうかぐらいですか?」
めどいさん 「二語りをさせたら私より経験つんでる狼なんていないわ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「ハマれば面白いですね。正直ハマらなかった時の悲惨な狼な姿見たことあって結構抵抗感あったんですよね……」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「セイバーフレンダで噛みで」
めどいさん 「勝てる、勝てるよ、こうやるのよ二語りは」
Ellie 「まあWOって正解だったと思います。今思えば結構的はずれな質問ぶつけてたかもなので?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「ね、面白いでしょおおお」
Ellie 「あー…WOった。ごめんなさい。」
めどいさん 「んふ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
星奈 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
IA0 票投票先 →星奈
Ellie1 票投票先 →星奈
王泥喜法介0 票投票先 →星奈
星奈9 票投票先 →Ellie
ユキメノコ0 票投票先 →星奈
フレンダ0 票投票先 →星奈
めどいさん0 票投票先 →星奈
ヤギ=サン0 票投票先 →星奈
セイバー0 票投票先 →星奈
シオニー0 票投票先 →星奈
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
王泥喜法介 「対抗見て出てますよ・?」
ヤギ=サン 「お嬢様・・・まだプリンを出してなかったのに」
セイバー 「2日目夜妖狐噛みっぽいから占い候補のどっちが狼かイマイチ自信持てないのが難点」
フレンダ 「狩人生きてたら吊り1増えて幸せになるといいなー、また喜びの舞をする!」
星奈 「パチュリー。」
星奈 「どこが偽要素になるの?」
王泥喜法介 「霊狐、どちらがですか?」
めどいさん 「星奈 「2騙りなら狼全露出。
狐騙りなら結構厳しい事になるわね…。」」
シオニー 「>ユキメノコ
決め打つというか。ある程度の想定はできるだろう?
ユキメノコはどういう理由で真狂狐―真狼or真狐狼―真狂を見ているんだ?」
IA 「狩人とか潜っていていいよ
偶数だし」
星奈 「私視点霊狐は消えてない。 >おどろき」
めどいさん 「今星奈さん偽自白してますよね?」
フレンダ 「            r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ミ:...、
         /   _,,.........,,_,,.......,,,_:.:.:.:.:.ヽ
         /....:.:/           `ヽ:.:.:∧
         {:.:.,:'             ヽ.:.∧
        ∨   /  /ハ  丶ヾ!  ゙,:.:..}
        〃   /-ァ-、 、 ヽ; ,.-、 l   l:/
       ./ /  /;ィ'=ミヾ /、;, ヽ!    l
       / ./  /´l|   |l   li´ `l.ト,l  │
       / ,'   l'  `''='"  ヾ、__ノノ |   !          没にされたー!?
      { l   (|   ,.ー- ...._  ̄´  !    |、
     l  l  .ハ  /       ̄!  .,'|   ゙、
      ノ:!   l:.:.:.:.:.ヾ、     ノ/:.:.!  l l  `ヽ.
     /  |  !:.:.:.:.:.:_,.〕- ..__,...ィ'゙´:.:l:.:.l  !:...丶
     !   l  l _,r‐'´,イ     l‐-、ノ:.:.!   l:.:... ヽ   l
    乂 人  ヽ! l! l   ,..-‐''´  `ー,:|   l:.'' ヽ、 ヽ /
  ノ //  ヽ  \! |  / -ー'' __,,....,_゙、  、 、 l  ト、
  / l  /ヽ   \/_,.. - '_,. -‐- 、ヽ‐-、 l ノ  │`ヽ
  {   冫/:.:.:.:.:〉,   )r-一 '''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,   ヽ }  ハ  !
  ゝ、 /./:.:,.:.:〃!  ノハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゙、:.  リ /  l /
    `//.:.:,'/.:〃 l //} |i V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l:. ゙、 ;- '´ //
   //.:.::,'.:.:`゙ /ノ' !|l 、 V.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:l!.:.:.:゙、」
ヤギ=サン 「いえ、今日は狩人でなくていいです
明日めどいさん吊りですので」
めどいさん 「私視点霊能真狐はありえないのです」
王泥喜法介 「ああ、狐騙りとか言ってるならそりゃ星奈さまから吊っていいかと」
ヤギ=サン 「星奈様視点、狐候補はほぼいないですので
めどい-エリーでおわりですかね

あくまで、パチュリー様を人ルナらですが」
めどいさん 「ありがとう、本当にありがとう>ヤギ=サン」
めどいさん 「シオニーIAユキメノコエリーフレンダ。ここから狐→狼の順番で吊り
そうとう厳しいのでのこしてください」
ユキメノコ 「めどい狼決め打つ理由がわからないのでシオニーの提示する進行には反対」
セイバー 「狐だと思う方を残そう!大会案は没にしましょう」
星奈 「じゃあ私GJの狩人はよろしく。」
フレンダ 「ロラってドキドキグレラン大会☆ミ」
シオニー 「吊るにしたってまぁ星奈から先なら。
で。8でめどいまでローラーかけるなら狐混じり見るという形になるが。
その場合は幸子以外の視点、霊能狐混じり」
セイバー 「いややっぱリスク管理できないな」
IA 「>Ellie
2騙りならとっくに告発してきていいはず」
王泥喜法介 「こう、elliさん狼って初手で狂人が囲って、別一かんでってそうてい・・・?」
セイバー 「んーうーん」
ヤギ=サン 「では、本日。星奈様を吊りあげたいと思います

各自思い思いの信仰をお願いします」
Ellie 「あ、空発言すみません。
で、占いロラですか?これでまあほとんどのケースはカバーできる?でも灰にまだ狐がいたら結構ヤバイ?>共有さん」
星奈 「昨日めどいさんGJの狩人居なかったし、めどいさん吊りでいいわよね。」
IA 「幸子真かなり強いよ かわいいから真みたくなかったんだけど」
ヤギ=サン 「ありがとうございます>シオニー様」
めどいさん 「対向狼で真狂狼ー真狼、狐候補がくとぅるふ以外死んでないです」
星奈 「2騙りなら狼全露出。
狐騙りなら結構厳しい事になるわね…。」
フレンダ 「いやーいい話だったなー」
Ellie
Ellie 「なんか分かりやすく人外すぎる占い方しますね?
一応狂人噛みも頭には入れてたのですがこれで幸子さん真でいいやと思考放棄してもいいですよね?>星奈さん」
王泥喜法介 「霊能真狼で確定で良さげな
そっから占いの内訳も見えて・・・・着ますか?」
シオニー 「さて、ヤギ=サンには一応進行提案をしておいたから見ておいてくれ。」
IA 「これなら昨日からローラーかけてもよかったけど、
この結果みないとローラーに踏み切ることができないのがいあの弱さである」
ユキメノコ 「…それじゃロラで」
フレンダ 「___
: : : : : : : :--. .
: : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : :∧
: : : : : : : : : :_:_:_:/: :∧
: : : : : : : : : : : : : : /:/
: : : : : : : : : : : : : : :/
― 、― 、:_:_:_:_彡ヘ
   ∨ ∧ ',    ',
   ∨ ∧ ',    ',
  -‐ \∧ ',    ',
 ´ __   \  ', ',  ,
  〃 ̄`ヽ '.  i i
  {  O   }〉i i i   '.
    __ ノ | i l   '.
      iil|ii| ∧i| |     '.
    U  /ノ∧ |     ',
--、ノ   ∧∨ '.i     '              貴重なロリ枠がー!?,
 / ,-/ヽ⌒ , ∨ ∧      ',
-' {/-、 \ ', ∨ ∧,  / , ∧
._ノ-- _\   }\/__/__/_// ∧
{i 、__     ノ   \::::::::::::\/ /\
∧ { ノ   ∧    \:::::::::::::∨ , \
i У    / /::::::::....___\:::::::::::i/   \
∨    / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| i    }\
{i____/{_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/! | /    i  }
|i:::::::::::|: :i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|i/   / ノ
IA 「なんというか占いローラーしちゃってもいいような気がする
そんな感じ」
めどいさん 「二語りで占い噛みしてきましたか。
死体なしはどこで出たんです?」
シオニー 「まぁ、両偽かなって感じだな。>二人共対抗狼」
セイバー 「ではまぁマッハでめどいさんとお別れすることにはなりそうです。」
王泥喜法介 「まぁ、ですよね>共有さんの遺言
それは俺にはどうしようもないわけで…」
星奈 「まぁ漂白噛みっと。
Ellieかめどいさん吊ってね。」
IA 「って銃殺は結局起こらないのね」
めどいさん 「理由
昨日の宣言どうりです
対向の星奈を
占います」
シオニー 「>共有
進行としては以下のようなものを提案する
1.今日星奈吊り(狩保護のため、GJ出ててもCO不要)
2.8で指定吊り
3.6でめどい吊り

2と3は入れ替えても良いがな(狐混じりみるなら3が先。2騙り見るなら2が先)」
ヤギ=サン 「おはよう・・・・・お嬢様」
めどいさん 「どーも占い師になりました、星奈は人狼です」
Ellie 「おはようございます。
シオニーさんは吊れなかったので幸子さん真決め打ってるのかどうかだけ質問です?
もし「はい」だったら正直めどいさんを狼決め打つ意味が分からないです。どうせ残った占い両方偽だった、って以上どっちが狼でもあまり変わらない?」
セイバー 「ふむ。」
星奈 「噛まれの○の中で、占い切りに対して悠長だと思った。
普通自分○の占い師が噛まれたらグレー広いし、早く他の占い吊らなきゃってなると思うのね。
どっちを吊りたいとも信じたいとも言ってないし、村っぽくない。
ユキメノコとの絡みが無ければ相当発言薄いと思う。」
フレンダ 「おはよー」
ユキメノコ 「おはよう…」
IA 「・占い狐多いと見てる
・幸子噛みがどうにもスライド噛みっぽい
・占い結果からして幸子占いないから真狂狐が占いの内訳じゃないかな」
王泥喜法介 「何事もなければ星奈さんーめどいさんで吊りきりで良さげな感じではありますが
あそこで対抗を吊る必要性とは、という感じですので」
星奈 「占いCO、Ellie●」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルーミィ(ロリ)さんの遺言 共有者ー。ヤギ=サンといろいろ共有しているの!

毎晩おいしいもの作ってくれるの。

幸子真と仮定すればオドロキ君がけっこう微妙な位置に。
くとぅるふさんの遺言                     __
             __      /i:i:i:/   .}\
           くi:i:i:i:i{---- /i:i:ら    ′
        --======= ミ   {i/\ _ノ    }
     /               \    \    /
      |             |        ′
     、 ●     ●     |      _ノ
    ノ             ノ    __>
    (_ノ  .ィ     r─=≦   ィ ´
      ゝ- 乂_乂_lく___  イ
ルーミィ(ロリ) は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
めどいさん 「吊りふえるとダルいからフレンダ噛みますね」
Ellie 「あ、ちょっとRPでなんか見えづらいのごめんなさい?
でもどうでしょうか。私占われる可能性考えるならば対抗噛みはあってもいいと思いますけど。そこはお任せします。あとは村との戦いですし?」
めどいさん 「ここで噛み切りでもいいんですけど」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「ルーミィ噛みからセイバーフレンダ噛みでいいかな」
めどいさん 「んー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「その間に幸子さん真の既成事実作るぞ!よし!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「となるとあと何吊りですかねえーとえーと明日めどいさん吊りで残り3つか。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「いや噛まないほうがいいのか?」
Ellie 「あ、吊っちゃってよかったんですね。もっと後だと思ってましたが。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「で対向噛みますよ」
めどいさん 「よし、これで呪殺は起きない」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
くとぅるふ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
ルーミィ(ロリ)0 票投票先 →くとぅるふ
IA0 票投票先 →セイバー
Ellie0 票投票先 →シオニー
くとぅるふ6 票投票先 →ユキメノコ
王泥喜法介0 票投票先 →くとぅるふ
星奈0 票投票先 →めどいさん
ユキメノコ2 票投票先 →シオニー
フレンダ0 票投票先 →くとぅるふ
めどいさん1 票投票先 →くとぅるふ
ヤギ=サン0 票投票先 →くとぅるふ
セイバー1 票投票先 →ユキメノコ
シオニー2 票投票先 →くとぅるふ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヤギ=サン 「灰は、ユキメノコ様、し¥クトゥルフ様ですか」
くとぅるふ 「・・そんな余裕あったけ」
セイバー 「完グレ吊るんですかねこれ」
ルーミィ(ロリ) 「すまんね」
シオニー 「だから6で吊り。」
めどいさん 「私は対向占いします」
シオニー 「反対している訳ではないが。
それなら、めどいは狼と決め打つぞ」
星奈 「グレランより私はめどいさん吊りしたいけどね。」
Ellie 「あ、吊るんですね。でも早すぎませんか?
それだったらばもう少し銃殺チャンス与えたほうがいいと思う。>共有さん」
ユキメノコ 「一番あるのは……輿水真
違う……?>IA」
IA 「せめてめどいさんに対抗占わせていいと思うよ」
フレンダ 「           ______
         ∠二二二二二二>、
        /二二二二二二二ニニi
       /二二二二二二二二二/、
     /二二二二二二二二二/   ヽ
      i二二二二二二二フ,'"  ‘.   ∧
      {二二二>'"/  / i/    ‘,
      「 ̄   i  i--/-/--'   、 _.イ
      | l    l  | / / __       _'.| Ⅵ
      | |  | l  / ィ笊__}`   笊}〉|i
      | |  | | 厶   V少     i少Ⅵ リ
      | |  | | i   ,,,     ' ,,, i| /
      | |  | | |     「 ̄ ∨  小{          まぁまぁ、ここから上手くやっていけばぱーぺきってわけよ!
      l リ   リ | ト、  u.  、   / ,.イ リ
     //_ /  | | i  ≧o。_`¨_/i i/ /
    .//二二>、 八 \  厶/--、/ i/ /
  .//ニ二二二∨∧ ヽ {  }二∨ /i  r‐/ヽハ
  / 〈二二二二ニ∨∧  V_ノ⌒iニ∨〈  i /´/ニi
. /   }二二ニrハ_ニ∨∧介介ー彳ニヽ∨辷/ニニ!
    ∧二二/ニヽヽニ∨∧ }ヽⅥリ二二///二二{
ヤギ=サン 「めどい様人外としてみるなら
次からの吊りは重要になりますね」
めどいさん 「村の意見を聞いて欲しいとはおもいます」
ルーミィ(ロリ) 「んー…反対おおいので、グレラン」
くとぅるふ 「んー・・・・・・・・まあ銃殺とか
でてこない限り印象覆らないから、そこでしょうがないか」
めどいさん 「一日のこしてもらえませんか?>ルーミィ」
IA 「幸子真と見るならともかくさ」
シオニー 「ふむ? めどい狼決め打ちで、星奈GJを見たのか?」
めどいさん 「いないんですか?
なら対向狐あるんですか?」
セイバー 「星奈真あんまりないと思うけどなぁ……」
IA 「占いの真偽見れないし、灰詰めでいいと思うけど」
王泥喜法介 「そういうものですかね…?>メノコさん」
ユキメノコ 「真占いに狼2人費やすのは……分の悪い賭けじゃ……ない>エリー」
めどいさん 「私GJの占い師いますか?」
星奈 「ん、ありがと。」
くとぅるふ 「そっちからつるのー?」
IA 「>くとぅるふ
なるほどなー」
ルーミィ(ロリ) 「めどいさん吊りで」
王泥喜法介 「こう…やっぱり一人落ちる時点で残りの信用相対的に落として来てる感じがしますね
占い切るなら指定必須かと思われます」
ユキメノコ 「その狐のする出方で出るような狐霊なら乗っ取っても勝てないよ>王泥喜法介」
めどいさん 「対向占いに関しては対向がすると明言してる以上
できないんです?>エリー
呪殺でも対応される可能性あるんです?」
Ellie 「2騙りだったとして占い1人抜かれたら多分あと2名も銃殺出ない限り吊られる流れになる?
それならば対抗は残さざるを得ないと思いますが。>ユキメノコさん」
フレンダ 「いやそんなことはナイカ」
くとぅるふ 「初日の発言がよかったのー>IA
あと昨日”油断してた”の。狼じゃ3-2とか緊張しまくりなの」
シオニー 「めどいの真を追うにしたって、めどいの○に人外が居る可能性はありますから。
めどいの○開放は最低条件ですかね。

星奈は言わずもがな」
ヤギ=サン 「いえ、先日、星奈様は対抗占いに関しての発言はありましたので>めどいさん」
フレンダ 「ま、まさかわたしが昨日挑発したせいで……!」
セイバー 「めどい視点でニ騙りなのかそうでないのか確かめたいとか言い出すなら
一考の余地はなくもないです。」
星奈 「占い吊るなら指定してね。
私GJ出てる可能性高いから。」
くとぅるふ 「星奈は切るのー
めどいさんはー・・・まあかんがえてあげるのー」
王泥喜法介 「しかし霊狐だとお二方とも狐のする出方ではありえないようにおもえましたが?>星奈さん」
フレンダ 「                       __
                    .--: : : : : : : : -. ._
                 _/フア_: : : : :フヘヘヘ: \
                 }'  //: : : : : :`ヽ`  \:}
               __/___/:_:_: : : : : : : : :\  \_
               /二二二} // ̄ ̄\ ̄∨i|〉´---へ、
                  /: : : : :o:.///、__   __,\ i i/o: : : : : : \
             /: : : : :o:./i{/           Ⅵi\:o: : : : : : :.\
            /: : : : : : :/小.c‐ぅ    c‐ぅi |Ⅳ}\: i: : : : : : : \       まさかわたしの次に可愛い幸子を噛むだなんて……
          /: : : : : : : ://i i∧   '     リ|i 八 }\: : : : : : : : :.        狼ったら鬼畜すぎるってわけよ!
            /: : : : : : : :/∧i i i込、 , -- 、  ,イ/i / /:`ー‐ヽ: : : : : : : ::.
         /: : : : : : : :/{_廴i八}ヽ「`ト-- '<//.リ' ./: : : : : /: \: : : : : : :.
           {: : : : : : : 厶: : : : :/ ノ∧__介分、{ {/ ィ : : i: : :/: : : : : : : : : :_:.}
         `フ¨`ー----ヽ: ://: {{ ̄} //ハ 〉リ{/: :!: : :.i: :/: : :_:_:_: --‐ヘ {
         {  { / /  ∧ {: : : : :.∨/ノ//: : : : : : : i/i i i i i i  ノ'
          乂 乂 /   / /i : : : : :く{////: : : : : : : :/ 八八{ / / { (_/
             } / }  / //i : : : : : : }//: : : : : : : : / /} / /廴廴乂{
             i / /  / //,∧: : : : : : : : : : : : : : : :∧ {ノ' `そ   ノ'」
IA 「>くとぅるふ
昨日対抗占いが選択しにないから真にはあまり見えなったけど、
なぜやっぱりなの?」
シオニー 「じゃあこれ、両ロラで良いんじゃないですかね?
幸子狂のめどい真、星奈狼ってあんまり考えづらい。
残ったものを見ると、めどい狼の星奈狂に見える」
めどいさん 「なら対向占いって面白いんじゃないです?
星奈狐で昨日噛みも私昨日GJでスライドもあるんじゃないですか」
ユキメノコ 「輿水は…占い一人切るんならそこかなって思って……た」
ヤギ=サン 「そして星奈様視点
対抗は真狂狼-真狼の路線でしょうか

パチュルー様狐もありますが、それは捨て置いてよろしいでしょう」
くとぅるふ 「そしてそこを占う人いなしー呪殺でもなしー
うん、幸子真でやっぱりいいやー」
セイバー 「では個人的に星奈が護衛貰ってる気もやっぱりあんまりしないので吊っちゃいたいなと思うのですが」
Ellie 「幸子さんが噛まれました? ライバルが1人消えたことが嬉しいのやら悲しいのやら。
で、まあ対抗占い許可とはいえいきなり対抗に●ですか?かたや対抗占わない占い師?」
王泥喜法介 「占い噛みで見るならスライド、ということで見ればいいのでしょうか」
くとぅるふ 「あー・・やっぱり幸子かまれたー」
ルーミィ(ロリ) 「割かしスライド噛みありえそうって感じ」
星奈 「すると霊狐とか?
2騙りでこの噛みするっていうのは。」
ユキメノコ 「常…?
なら真狂(狐)狼ー真狼で占い即抜きは絶対に無いって言い切れるの…?
言い切れる理屈がわからない…>エリー」
IA 「指定したほうがいいよ」
くとぅるふ 「                  , r ====. . . . _
              ,x≦ : : : : : : : / i l i{_
             ,rく二_:_:_:_: : : _: : i l i l i l ≧x、
.            ,x≦´: : : :/ : : : : : :`ゞ=`ミ 、i l i l
           /: : :{! : : : :{! : : : : : : i} : : : ヾ i l i l !}
            `/ゞ, ==== ゞ====='ミヾ : : :/: `ヾ三!  おはよー
            ///             //`トx、: : : : : :i}
.           {// ・       ・    //〕iト : .;
           \,,    ´¨¨` 、     ///}/,彡'  占い師見たけど 星奈以外の二人が
        ,r//   r      、___/i x、
.        {//   ,.イ    l   }//// l i l i l i }  エンジンかけてきたねー
.        {i lゝ=..' i.{、  ,∧彡' i l i l i l i l i彡'/\
          ヾ=== ニ`二´i_l_i_l_i_l_i_lrセ,彡'´ ∨::::::r=`‐- めどいさんは噛まれるの怖い
          / ///           /     ゞ'ヾ\   ぼくかわいい!は僕を信用してくれますよね村人さん!
            / ///          ゝ '    }         }‘,
            ` ´{//             //ミx      / } ってな感じ?
              \__            __  //   ヽ ,彡'  ,
            {三≧=‐--‐=≦三三}'´      V    /
.              ` ̄ ̄T´ `! ̄ ̄ / \         /
             {  /    {   ,イ   `  ̄ ̄ ̄´
                 `¨´     `¨¨ ´」
ルーミィ(ロリ) 「意外な噛みね…?」
IA 「昨日占い噛めなかったから別の占い噛んだって感じ」
フレンダ 「            r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ミ:...、
         /   _,,.........,,_,,.......,,,_:.:.:.:.:.ヽ
         /....:.:/           `ヽ:.:.:∧
         {:.:.,:'             ヽ.:.∧
        ∨   /  /ハ  丶ヾ!  ゙,:.:..}
        〃   /-ァ-、 、 ヽ; ,.-、 l   l:/
       ./ /  /;ィ'=ミヾ /、;, ヽ!    l
       / ./  /´l|   |l   li´ `l.ト,l  │ 
       / ,'   l'  `''='"  ヾ、__ノノ |   !
      { l   (|   ,.ー- ...._  ̄´  !    |、
     l  l  .ハ  /       ̄!  .,'|   ゙、            占い師候補の一人がー!?
      ノ:!   l:.:.:.:.:.ヾ、     ノ/:.:.!  l l  `ヽ.
     /  |  !:.:.:.:.:.:_,.〕- ..__,...ィ'゙´:.:l:.:.l  !:...丶
     !   l  l _,r‐'´,イ     l‐-、ノ:.:.!   l:.:... ヽ   l
    乂 人  ヽ! l! l   ,..-‐''´  `ー,:|   l:.'' ヽ、 ヽ /
  ノ //  ヽ  \! |  / -ー'' __,,....,_゙、  、 、 l  ト、
  / l  /ヽ   \/_,.. - '_,. -‐- 、ヽ‐-、 l ノ  │`ヽ
  {   冫/:.:.:.:.:〉,   )r-一 '''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,   ヽ }  ハ  !
  ゝ、 /./:.:,.:.:〃!  ノハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゙、:.  リ /  l /
    `//.:.:,'/.:〃 l //} |i V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l:. ゙、 ;- '´ //
   //.:.::,'.:.:`゙ /ノ' !|l 、 V.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:l!.:.:.:゙、」
シオニー 「おはよう」
めどいさん 「王泥喜法介(81)  「霊狼混じり…の場合に
狼が占いにも交じるか否かってところでしょうか?」
王泥喜法介(73)  「うーん、さて
対抗占いに関しては占い諸氏の力に任せればいいのではないでしょうか、と」
この2つの発言が非常に占い先に対して曖昧に見えたので
対向が対向占いっていってるのも考慮してここがいいのかなと」
ヤギ=サン 「幸子さまが噛まれましたか
そこは以外と言えば以外でしょうか」
王泥喜法介 「幸子さんかまれ…ですか」
IA 「って対抗占いでもないか
なんというかスライド噛みっぽいねこれ」
めどいさん 「どーも占い師になりました、王泥喜法介は村人です」
セイバー 「あんまりそこ護衛貰ってそうな気はしませんでしたが今日死ぬんですね。」
星奈 「あら、そこ狂人だったの。」
ヤギ=サン 「おはようございます」
王泥喜法介 「霊真(狂ー狐)の場合の考察…?
考えてたら夜が明けてしまいました」
IA 「幸子が死んだ」
めどいさん 「失礼、飲まれました」
Ellie 「おはようございます。霊能がいなくなったのでここからが勝負ですね?
ひとまず気になったのはこれですね。
◇ユキメノコ(74) 「>真狂狼ー真狼で占いチャレンジはしないでしょう?
これには…同意するけど…
言いきれはしない、かな……
言い切れないって実際どうなのかなと。こういう場合信用勝負に持って行こうとするのが常だと思います?>ユキメノコさん」
ルーミィ(ロリ) 「おはようなの」
セイバー 「おはようございます。」
王泥喜法介 「さて、昨日の死体なしを占い噛みのGJor狐噛みと仮定すると
噛めた場合に占いは残り全部切られる可能性のほうが高い、と考えます 露出役数的に
霊真狼であるならばその時点でLWが確定してしまう、これは中々の冒険…
つまり真狂狐、等の方が占い噛みにためらいが発生しづらいもの…と考えます! 
真偽ついてなくても通れば残り全体の信用が落ちる>釣りやすいってことですからね!」
星奈 「まず、初日の護衛は占いだと思うのね。
で、狼2騙りで占い即噛みするとは考えられない。
よって狐騙りと考えるわ。
グレー噛み狐ヒットはしょうがないけれど…。
で、次どっちを占うか。
初日さくっと出た幸子よりも様子見してたこっちの方が狐あると思うのでめどいさんをチョイス。」
フレンダ 「おっはよー」
めどいさん 「どーも占い師になりました、王泥喜法介は村人です」
IA 「おはよう」
ユキメノコ 「おはよう…」
星奈 「占いCO、めどいさん●」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
パチュリーさんの遺言 れーのーれーのー。
輿水幸子さんの遺言 カワイイボクの占い師ですよ!

結果はカワイイログをみてくださいね!
輿水幸子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「じゃあいけるとこまで。よろしくおねがいします。」
Ellie 「メタな話中身透けてるような気もしないでもないです?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「ここから信用勝負ですね。 なんかドキドキしてきましたよ?
いや、私もそこそこ経験はあるのですがこうも心強いのがいると?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「いいですか髪筋と吊り筋
しっかりコピーしてくださいね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「普通でいいです、迷走しないで」
Ellie 「お、おっけーです? では今まで通り迷走村人頑張って続けてみますね?」
めどいさん 「今日幸子噛めれば絶対勝てます」
めどいさん 「いや、最高ですよこれ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「ま、まさか噛んじゃったんですか?狐?」
めどいさん 「噛み筋をメモしておいてください
今日幸子さん噛みで明日フレンダさんかセイバーさん
噛み、くとぅるふが狐なのでそこは吊りで
フレンダさんセイバーさん噛みのあと」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
パチュリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
ルーミィ(ロリ)0 票投票先 →パチュリー
IA0 票投票先 →パチュリー
Ellie0 票投票先 →パチュリー
くとぅるふ0 票投票先 →パチュリー
パチュリー13 票投票先 →輿水幸子
王泥喜法介0 票投票先 →パチュリー
星奈0 票投票先 →パチュリー
ユキメノコ0 票投票先 →パチュリー
フレンダ0 票投票先 →パチュリー
めどいさん0 票投票先 →パチュリー
ヤギ=サン0 票投票先 →パチュリー
セイバー0 票投票先 →パチュリー
輿水幸子1 票投票先 →パチュリー
シオニー0 票投票先 →パチュリー
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フレンダ 「ナイナイ>IA」
パチュリー 「あ、ログ見ればわかると思うけど
めどいさんのCOに気付いたのはCO後よ
一応ね。それじゃあ」
王泥喜法介 「霊狼混じり…の場合に
狼が占いにも交じるか否かってところでしょうか?」
フレンダ 「結局、村人のやることは人外共を駆逐するってわけ。そのために必要犠牲、私以外なら幾らでも払っちゃっていいって感じ」
セイバー 「実際問題として。対抗占いを論ずる前提の上では占い候補の中に狐が居る可能性が一定以上ある内訳だとした上で話しますが。

白進行だろうと黒進行だろうと、日付が進むごとに狼からは占いの
真と狂/狐との区別はつきやすくなるので、それだけいざ対抗占いしても真噛まれて無意味、ってなりやすいので。

凄く早くやらせるのはアレですけど今日はちょうどいいと思いますよ。」
めどいさん 「するとしたら相当LWが強い位置、ということだとおもいます>ユキメノコ」
輿水幸子 「ボクはカワイイですので狐が一番ありえる人を狙えばいいんですね?
…と思ったけど積極的に狙わなくてもいいかなぁ」
IA 「>フレンダ
え?アイドルってクトゥルフじゃないの?」
ユキメノコ 「>真狂狼ー真狼で占いチャレンジはしないでしょう?
これには…同意するけど…
言いきれはしない、かな……」
くとぅるふ 「だから対抗占いとかは無駄になりそうだから
グレーガンガン占う方向でいくとおもうよー
僕は狼2ガタリにオールイン!全部賭けるよ!よ!」
王泥喜法介 「うーん、さて
対抗占いに関しては占い諸氏の力に任せればいいのではないでしょうか、と」
フレンダ 「過ぎたこと言いすぎてもあんまりよろしくないって思うわけよ~>IA

ほらアイドルの座はこのわたしがその間にとっちゃうってわけよ!」
シオニー 「>ヤギ
狂人初日の真狐狼―真狼ならあるやもしれんが。
基本路線は狼二騙りだ。私の中では」
ヤギ=サン 「今のところ占い先は被っていないですしね>星奈
対抗で占うなら慎重であり、かつ確証があればよろしいかと

お嬢様の判断に任させますが」
ルーミィ(ロリ) 「個人の考え、占った結果に伴う死体位置等でまた見るわ」
Ellie 「ま、まあ今日パチュリーさん吊るのでその意見が参考になるかどうかはわかりませんが。
問題はその先にあるのであまり霊能絡み役職絡みの話は早目に打ち切ってしまいたい気分です?」
星奈 「OK、ありがと。」
めどいさん 「真狂狐ー真狼ありそうな気もします占いチャレンジじゃないと
そうそう死体なしでないとおもいますし
真狂狼ー真狼で占いチャレンジはしないでしょう?」
くとぅるふ 「んー・・・・パチェの●だけど結構信憑性あるかなってキュウ支配者思うの
朝も言ったことの繰り返しになるけど、狐混じりにしては
発言強度が低高度かなーって占い師が」
輿水幸子 「対抗狐構想なんですね!
カワイイボクはちょこっとだけ考慮してましたけど、ちょこっと過ぎて考えるのをやめてしまいました!」
ルーミィ(ロリ) 「んー…。吊り減りないし、対抗占い師占い許可。
もちろん灰占いも可」
シオニー 「霊能真狼なら狐混じってると一概にも言えんので、対抗占いはやはりする必要がないな。
今日死体無しがでている事も、基本的には狩人が生きている所作であろうから、
対抗占いして○●を引くリスクを負う必要もあるまい」
IA 「占い狐じゃなかったら2騙りか霊能に狐でパチュリー狐なんだけどさ」
IA 「>ルーミィ
そこらへん個人の裁量に任せてよかった気がする
信用とれるかどうかは本人の責任になるだし」
フレンダ 「                         l|
                  __.-‐=ミ       厂_〉
               /:./ !_/ヽ>,   ./{__ フ
                  Y  |/= __=、 /:::::/i !
                |  ! | ヽ_ノイ:::::/丶          いぇーい! 結局日頃の行いが運命を左右するってわけよ~♪
              /(__/ //!厶':::::_/)、
           〉  l// {:::::::厶 ト、{::::..、  ,   //
             / / // !l∧::::∠」::|' `ヽ::::メ、/_///
              ゝ{/ l l .!|  }:::::::::::::!   `ヽ:://r_)
            、_) ) ゝ, ト==!:::::::::::::::.   〃ヽ{/
           `ー ' ノ^ー/乂:::::://ミx=、
                {//TT==く-/: : : : }
               〈/ =イ|ヽ /:.,イ: :./
                  ∨ ||_!_/:.7 {: :/
                  `¨ !: : :' i: :′
                      l: : :' ./.:′
                       |:.:/_/:./
                    /: /.{{: :{
                   {: :/ ゞ=!
                  ,: :/  `¨
                  ノ:./
                {{: :.!
                   ゞ={」
ユキメノコ 「>エリー
昨日の時点でパチュリーは狐騙りに言及してる」
ヤギ=サン 「おや、シオニー様は占い狐を考えないのですか?>シオニー」
星奈 「グレー○2なら対抗占ってもいいんだけど、どうしよっかなー。
今夜悩みたいから許可貰える? >共有」
王泥喜法介 「パチュリーさんに関してはめどいさん把握してなかった可能性が大ですけどね
機能の発現見返す限り」
めどいさん 「今日の死体なしを占いチャレンジと過程すると」
IA 「つってもぶっちゃけ銃殺による真証明とか期待できないんで、
禁止する意味あいがあんまりって感じ」
ルーミィ(ロリ) 「ええ。対抗を占っても旨みが薄めなので昨日はやめてね、と指示しました>IA」
めどいさん 「この場合パチュリーさん信じ気味の私としては
真狂狐ー真狼か真狂狼ー真狼にみえるんですが」
くとぅるふ 「         /\
        /   \
      /      \
     /         \
   /おおかみ出没注意\
  /    ,r'" ̄ ̄ ̄`ヽ    \
/     ,'  \三/  ',    \
\   ,イ  i.  ○三三○ i ト、  /
  \ / ゝ、( ( ( ( ( ( ( ( ( ( (ノ /
   \   ) ) ) ) ) ) ) ) ) ) )/ 字が読めないけど、怖い動物がいるんだって。
     \         /     きっとおれなんか一呑みだよ
      \      /           怖いねー
        \   / ゙゙̄ヽ   , -─-、
         \/ノ  ヽ, ヽ /    \
          | |●   ● i'゙   ,r'⌒ヽ}
          | |) ) ) ) ) ) ) )   (
          | | ( ( ( ( ( ( (ヽ   ヽ
          | {ヽ,__   )  )    }
          | | ヽ    //   ,ノ」
輿水幸子 「対抗○は許可なんか取らずに占いますけどね!
ボクはカワイイですので!」
シオニー 「パチュリー視点はそうすると狼二騙りなのだろうな。
真狼狂―真狼。

パチュリーが狂だとしたら、狂アピの●撃ちという話になるのだろうが。
どうせ吊られる状況下でそれをやっても意味もあるまい。

パチュリーが真なら対抗●。偽なら狼で自身が●。そういうことなのだろうな」
フレンダ 「                . ..--、            /)
              〈: : : :./ヽ       / {ィ
             _   {`¨¨´!  ハ   , -=ニ>='
            ,--(∨(_ノ/{ | / }-=ニ>'"  -=ミ
         V⌒ ,-‐〃 (_/-'_ノ:::/       ノノ
           ゝ-(/l  人{//::::::::::::::::l7        /
        〈`´}-へ!〈{::/(乂ヽ:::::::::::|_               さらにはわたしも上半身と下半身くっついてるってわけよ~♪
        `¨ ̄ ̄ ̄     }:::::::::::::{
        /      r--{:::::::::::::人
       〃(      く´  ヽ==彳丁!
        ゝ---―   `く// / !| .|/
                 |: :.7‐‐r':.::7
                 !::./   !:.::/
                    /:./  /:.:/
                〃У   ,:.:.:′
                  「 :{  /:.:/
                 `¨  '.:./
                  /.:/
                    人/
                 {--し,
ユキメノコ 「>めどいさん
あなたの占い結果を見てパチュリーがCOしてるとは限らない」
Ellie 「パチュリーさん視点対抗は●ですか?
だとすればそこ視点狐騙りあるかどうかどう見てるかだけ聞いておきたいですね?>パチュリーさん」
ヤギ=サン 「パチュリー様視点対抗狼ですか

ならば、真狐狼より真狐狂のがありえますか
これはこれで狼を探すのは骨が折れそうだ」
王泥喜法介 「で、霊結果は●…
あの速度で乗っ取りを図る狼…があるとするなら占いに狼混じってない?とか考えましたけど
占いの数を把握してなかった可能性がはて」
IA 「>めどいさん
なら仕方ない」
輿水幸子 「え?対抗占い師を占う案があるんですか?
それまったくかわいくないんですけど」
めどいさん 「禁止されちゃいましたから>IAさん」
ルーミィ(ロリ) 「もちっと様子みたいなか」
フレンダ 「           -++-、

          __. --=ミ
     /     }:_: : : : : :.ヽ
   十       / ハ`ーr―へ、_)Yl_
   十       l〈- \ト、 -=ミ   ⌒!
    ヽ       V= =` >==-ミ\  し,
           f⌒V⌒く/:::::::::} }  く__ノ
          `Yゝ__/_〉:::/:ノ,イ l ゝ='
           |:::::|ヽ:::∨:::::/:〈 )ノ           死体がない素晴らしい日ってわけよ~♪
           `ー'`''ヘ:::::_:イ:::::Y!
               _ ノトミ===イへ
                〈/ / /!T´    }
               /∨.// .! l| l _l/
                / : :/7--Lノ´
            〈: : 〈/: : :/
            ヽ: :.{: : 〈
              \:ヽ: :'.
               ヽ:\: .
               イ}}='ヘ: :,
                 `¨´ ∧: 〉
                 〈{{ツ」
めどいさん 「3COみて○もらいから人外が霊能COってするんでしょうか?
ということを考えれば今日呪殺だせればのこしてもらえたかもしれないんですが」
くとぅるふ 「おーう、まあいっかー>霊能●」
IA 「めどいさん昨日対抗占い考慮していたんだけど、
結局しなかったのか」
星奈 「霊●はよくわかんないけどとりあえずローラー完遂ね。」
パチュリー 「GJが出た、もしくは
占いに出ている狐を噛んだ。
まぁ、どちらにせよ結構なことだわ。それじゃああと頑張ってね」
セイバー 「もう1回死体なし出てほしいなって期待するなら今日も禁止のままの方が良いでしょうが。」
ルーミィ(ロリ) 「ふむ…銃殺出てもとりあえず吊りは減らない形、と」
ユキメノコ 「へぇ…>パチュリー視点霊真狼」
Ellie 「死体が無かったようで。これは何処かでGJがあったに違いないです?
これはすごくうれしい情報だと私は思います。」
輿水幸子 「死体がないとかカワイイです!
ボクGJだとさらにカワイイです!ボク以外GJでもカワイイです!」
IA 「ならパチュリー真狂だろうね」
王泥喜法介 「死体なし…これはGJ目というところでしょうか?
灰噛むタイミング…でしたっけ?」
くとぅるふ 「あー、死体なしだー
やったー」
IA 「パチュリーまだー?」
星奈 「よーしよくやったわ狩人!(多分)」
めどいさん 「これは少し安心していいのかな」
フレンダ 「キタキタキタキター!」
セイバー 「狩人が護衛先変えないなら対抗占い解禁していいんじゃないですかね。」
ヤギ=サン 「おはようございます
こよいは死体のないアサですね

実にすばらしい」
くとぅるふ 「                  ___   r―‐ 、
                ,.´   ハ `ヽヾ.: : : :ヽ
    __          ノ― 、  i  !  ム: :ェ、: :.ハ
   .': : :`ヽ.     ∧.   \|___!__./  )| ヽ: :.  いやー3-2とか珍しい物みたねー
   |: : : : : :\_  { `●       ●ノ  i: : i
   l: : : __,.--≧ー/ 、 ` ̄ ̄ ̄ ̄´ \.  !: : ! ・・・狐まじりとみたいけど
   ヽ: f   ヽ.   { i! i  i  i  i iヘ }\l: : |
    ヽ!     i  / /| j! .|  |  | :、 Y―‐`>、 狐まじってるにしては幸子以外やるきなさそうなんだよねー
     ∨   ヽ{  ヾ ノ|  !  !  !  ソ!     i  \
.     \     ト、__人j  |  |  |   }′(  }   ヽr'⌒ヽー、
      f \__ノ`y´ ̄`ヽ.! _ノ!_.ノ! /!  i  ノ  /    .) /
      {    /     |!   ./{ノ(_ゝ-^¨\     _ノノ
.       ∨  / ` ̄ ̄´ !‐一 ’           ` ̄ ̄´
        ` ー{ :     }
             \` ̄ ̄ i
             ヽ._.ノ」
シオニー 「これは良い死体無し。
16だから吊りは増えんがな」
ユキメノコ 「おはよう…」
めどいさん 「理由
村視点3-2という考えることが
多い内訳のなか、内訳にふれないように
してるように見えました喋らないところを
占う方が占われないように喋らない
狐がいる場合いいのかもしれませんがそれはそれで村のときこわいので」
王泥喜法介 「パチュリーさん先投票理由は発言を見て、ですね
○確認して遅く出た、と言うならわかりますが パチュリーさん自体めどいさんを見逃している
3-2の現状、吊り増やしに出た狂目、という目線が大きいと思ったもので」
パチュリー 「シツジ=サン●ー。これはビックリね。」
ルーミィ(ロリ) 「おふ、死体なし?」
IA 「死体なし
狩人の情報がほしいね」
王泥喜法介 「見返すと大分ズタボロですね…俺の発言
シオニーさんとEllieさんも混同してますよ、そりゃぁどっちもアイドルでしたけど…」
輿水幸子 「霊占いに関しての言及はカワイイですけど、それを触れるのが遅いですね
というかボクは投票まで気づかなかったので、ひと目で気づけるのは
なにか持ってるんじゃないかとおもうんですよ。カワイイですし!」
フレンダ 「おはよー」
星奈 「◇王泥喜法介「うん? あれ?
星奈さんと幸子さんと…後一人」
◇王泥喜法介「あ! 」
◇王泥喜法介「ホントですね…見逃していました…」
把握に3発言費やしてる所。
人外狙いで占い。」
Ellie 「お、おはようございます。
霊能ロラってことで今日の吊り先はもう決まっているので特に喋るべきことが見当たらないんですよね。
あとはどこが噛まれているかぐらいですか?」
めどいさん 「どーも占い師になりました、セイバーは村人です」
セイバー 「おはようございます。」
輿水幸子 「カワイイボクが占い師ですよ! フレンダさんは○カワイイ!」
IA 「>◇星奈(88)  「即対抗占いとかする気ないわ。
>初日の噛み見てからって気分。」

対抗狐混じりの可能性大きいのにこれって占う気ないのだろうか」
星奈 「占いCO、王泥喜法介○」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シツジ=サンさんの遺言 霊能です
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「でもまさか意図せず意図した事態になるとは想定外だったです?
まあ予定通り頑張れる限り頑張ってみますね?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「漂白噛みですよ
大丈夫」
Ellie 「あ、わかりました。銃殺対応頑張ってください?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「うーん。真贋は既についてるので星奈に護衛あるかどうかですよねこれ?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「もう灰見発言だけがんばってください、噛みはやります」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「今日は灰を噛みして呪殺対応です」
Ellie 「あ・・・そっちが吊れちゃったですね?」
めどいさん 「さて」
めどいさん 「なんで」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「 」
めどいさん 「 」
めどいさん 「 」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シツジ=サン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
ルーミィ(ロリ)0 票投票先 →シツジ=サン
IA0 票投票先 →シツジ=サン
Ellie0 票投票先 →パチュリー
くとぅるふ0 票投票先 →シツジ=サン
パチュリー5 票投票先 →シツジ=サン
シツジ=サン10 票投票先 →パチュリー
王泥喜法介0 票投票先 →パチュリー
星奈0 票投票先 →シツジ=サン
ユキメノコ0 票投票先 →シツジ=サン
フレンダ0 票投票先 →パチュリー
めどいさん0 票投票先 →シツジ=サン
ヤギ=サン0 票投票先 →シツジ=サン
セイバー0 票投票先 →シツジ=サン
輿水幸子0 票投票先 →パチュリー
シオニー0 票投票先 →シツジ=サン
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フレンダ 「ナイナイ>幸子」
シオニー 「>めどい
真狐狼―真狂で狐を占えた場合
・狐噛みと狐銃殺が重なる>村視点狂噛みの狼視点狐ケア完了
・自分噛み>どうせ狐吊れる
・他の所噛み>唯一銃殺

狐を占えてもリターン少ないですよ」
パチュリー 「でも、占いからわざとらしさを感じないから多分狐交じり。
感だけどね。
ま、あと頑張ってね。」
ルーミィ(ロリ) 「対抗の占い師は今晩は占わないでください>占い師たち」
Ellie 「しょ、正直ライン戦とか一歩間違えたら死ぬだけだと思うので怖いです?」
ヤギ=サン 「ライン線も人狼の華でございます
灰を削るという意味ならそれもよしですが
見えている人外を削るというのもまた一つの手

狩人保護にするべきかなやましいところですね>ご主人様」
くとぅるふ 「               . ´ ̄ ̄ ̄ `  .
             /            //\
          /           ///∧
         . ⊂⊃       ⊂⊃ ///ハ
         レ                  //}  ・・・・ヤギ=サンとシツジ=サンを混同してた
        /   /   i   ヽ   ヽ. //
.        {    {   ¦     }   ∨ ___ どおりでなにかかみ合わないと
       r‐‐ゝ    _ 人 __ 人___ ハ   \
       /    i⌒ヽ     /        }/V⌒ヽ.〉
.     レヘ.ハ八__.)    /       ノ{⌒ヽ
.       /  、     `7´ ̄ ̄   /// ∧
       /    ヽ.    /     ///  .//i
.      {____ >…={.     //厶  .///}
                /´ ̄ ̄ ̄  }}  /リ
                  ん   ___ _ノ_ 彡’
                  {/ ̄」
フレンダ 「あ、占い1人が霊占ってるんだ。
でもまぁ遅いかなー。ちょっと今更感があるってわけよね」
輿水幸子 「3-2でライン戦ってどうなんでしょうね?
カワイイボクでも混乱してしまいます!」
王泥喜法介 「ライン戦より見えてる人外潰すほうが有益ではあると思いますが、ね
狩人保護にもなるって寸法ですよ!」
めどいさん 「どうでしょう?真と仮定して
パチュリーさんの明日の
霊能結果が●の場合対向に狐はいますか?○の場合いますか?○の場合多分いない?かな?」
パチュリー 「狐の霊能乗っ取りというのは明らかに自爆であるので排除、
加えて狼が霊能に出るケースの薄さを考慮すると
真狐狼ー真狂もしくは真狼狼が濃厚?」
IA 「ライン戦とか共有が最後まで残る前提じゃないと厳しいと思うよ」
輿水幸子 「>フレンダさん
ボクのほうがカワイイですよ!フレ ンダさんもカワイイですけど!」
星奈 「即対抗占いとかする気ないわ。
初日の噛み見てからって気分。」
Ellie 「そういう空気を読めるスキルがあったらもっと早く外の世界に出れたかな?
気づかないふりをしていたほうがよかったのならごめんなさい?>セイバーさん」
ルーミィ(ロリ) 「ライン戦自体は面白そうだけど、うーむ」
IA 「結果残せずといってもうーん」
王泥喜法介 「うぐぐ… 発声練習に気を取られてすっかり見逃してましたよ
霊能2で占い多いならローラーが安定ですね!」
セイバー 「と一瞬妄想しましたけどやっぱないよね。
こんな益体もないことを考えるのもお腹が空いたせいです。

これもシオニーがホットドッグを分けてくれないから悪いんです!」
めどいさん 「○もらいからでてる時点で正直真だとおもうので」
くとぅるふ 「                      -‐…・・・・…‐-
                  /                 ``丶、
                       /                 \
              _/     ∥                 \
             //                 γ⌒    丶
         / ′     ;             ___,ノ
            (丿       i |†          \   γ ヽ       ;
          __{        i:| |;            }   {i ; }       i  めどいさんに気づいてない人が多数・・・・
        Г※…┯━乢ノし━━┯━━く  _彡′    |
.         |i ; {r ー┐ Ξ三 { r ー┐ } /   γ ヽ.      ¦まったく村人君はあわてんぼうだなあ(CV;ノブ代
       八 ’、  ̄丿 ‐Ξ‐ 、   ̄丿 ,:′   {i ; }     ;
         ア  ¨¨¨‰´    `ヽ¨¨¨¨´   ψ ___彡′    ′
        /       ′         ;   ヒ          /
      / / /   ;    i    i   ¦  \ \_____/ ___
        {/   /   i   |    |   |     `、 \       } \
..    /   ,′  |   |     |   ; \   }   _____,ノ   \
           /    八  ,!   :│   ∧   \,丿            \
    /  / /   /    ;    |   / \   、    ¦      /⌒
.   { /    / /  /  。   !  ′  \  }   |Y⌒Y⌒\(
    { / イ  / /    ′  ; {      \}   |
    \   i |  ′        \ 。        丿    |
         | | {          \\        |    |
         | |                 `¨    ノヘ   |
        しヘ、                   し‐┘」
フレンダ 「                 . .-―――――- . .
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
.              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
              {: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
              ∨-≠…テ¨ ̄ ̄‘, -=ミ:: : : : : i
               / / __/     __∨    \:: :/
             / /  /`    ´  ∨    ヽ{
           -≠彡  イiィ芹ミ   ィ芹刃ア     \
          〃    //∧ Vツ     V少 i      \   しかし一番かわいいわたしが占い師じゃないってどういうわけよ!
          {{   / ///∧  '      ∧ i i i   }   この鯖、何かエラーでも起きてるんじゃないかしら
         __〉 / ---、/}/ 込、 -    . イノ リ リ リ   i
       /   / ̄`ヽ__〉∨  个ト   i〔 /  / / /     リ
        {  /i - 、\∨} }  i|ノ}   _}ハ_/_/_/    /
.       )ノ〉i ヽ 〉 〉/ /  __/ ハ´   /:i: : :/: :.i    ヾ
        /_j__ }/_/' / /: :i: V⌒iヽ/: :i:/: : : :.   \ \
       / /:/__/{ / /:i:〃//{ ∨: : :/: : : : : : :.    \ \
        / /: : : : : : :厶イ/: /:∨-/∧___〉:/{: : : : : : : :| ト、   \ \
.      / /: : : : : : :/  /: /: :/ { /: : :./: |: : : : : : : :| i \   !   '.
     {/{: : : : : : :/ /: : i: : i/:! !: /: : :.:|: : : : : : : :| i   }  i   i」
めどいさん 「この場合対向占いしていいんでしょうか?
いや、パチュリーさんの出す霊能結果をみてからでもいいのかな」
ヤギ=サン 「共有
ヤギ-ルーミィ
占い
幸子 ellie○
めどい パチュリー○
星奈 シオニー○
霊能
シツジ=サン
パチュリー

現在このようになっております」
シツジ=サン 「結果残せずにローラーされるのは残念だと思いまして>>IAさん」
IA 「>シオニー
いや占い2だと思っていたんで」
輿水幸子 「ドジっ子のボクもカワイイですね!
プロデューサーもそういう戦略で可愛さをアピールしてくれていいのに!」
パチュリー 「まぁ、ローラーでもアグレッシブなライン戦でも。
3-2ということは最低人外が3出ているわけだから、残り人外は2。
この場合狐が出ているのか、というのが問題よね」
ルーミィ(ロリ) 「霊能ローラーで」
王泥喜法介 「それでめどいさんが霊能に白丸出し…
役職占いが多いですねこの村は」
IA 「>星奈
狩人保護は大事だね」
シオニー 「共有にツッコミを入れてもしょうがないでしょう! 土下座なさい!>IA」
Ellie 「えーっと……共有混じってなかった……?
だったらローラーしちゃえばいいわけです? 確実に1人外吊れるわけですし。」
シツジ=サン 「3-2ですか これは霊能ローラーされても文句言えない展開ですね」
めどいさん 「この場合私視点になりますが
狼が二匹か狐がでてます。どちらかというとシツジさんが乗っ取りムーブなので」
セイバー 「ひょっとしてこういう時、気づいていても皆で2-2ですね!と唱和した方が
めどいさんが非狼の時に狼からも存在を忘れられて
護衛なしでも噛まれないという素敵状況になるのでは」
星奈 「ってめどいが対抗なの?
3-2なら…やっぱりロラよね。」
輿水幸子 「おっと、3-2でしたか、これはうっかり八兵衛
でもロラは変わらないですしボクの可愛さも変わりません!」
くとぅるふ 「         _,. -ァ――‐-- 、
        /: : : : : : : : : : : : `丶、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
    ,l: : : : : : : : : : : _,:,,:,,:,:,,:,,:,:,,:,,:,:,,:,,: : l
    {: : : : : : : : : : :,´ ヽ.」 L__/ヘ }: : :}  いいなー、幼女にまたがれるとかいいなー
     {: :.,ヘ : : : : {,〉 ●___   ●リ : }
      {:.{  \: : {       ` ̄ く:ノ ,、 僕も頭に幼女のせたい>シツジサン
      ソ .!ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
      | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
      ,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
   /:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
  ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
 <::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
 ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
      } ヽヾ::l ゝノ::::::::{ E ヾ:::', ハ::::::::::::::::;;ハ
      レ@' }::| O |:::::::::::゙i )' |::::ゝ' ゙}_r<フl_ノ´
          ハ:', A ',::::::::::| ゙r |::::::|
         ):::| )' |:::::::::::゙i  ゙i:::/
         ,<:r'_,.-'-‐π‐'--、!/>、
        (_人_ノヽノ ゙ヽ=、ノ._ )__ヽ
                  `  `」
IA 「◇めどいさん 「どーも占い師になりました、パチュリーは村人です」」
王泥喜法介 「ホントですね…見逃していました…」
フレンダ 「3-2ならローラーっていのうが安定な気もするわけよ」
IA 「>シツジサン
何が残念なの?」
シオニー 「悩ましいが。ローラー以外に選択肢はないのだろうな。
いや、私個人としてはそのまま霊決め打ち路線に持って行っても良いのだが」
王泥喜法介 「あ! 」
ルーミィ(ロリ) 「あれ、ほんとだ、3-2なのね。
めどいさん、輿水幸子、星奈の三人」
星奈 「無駄占いしてないみたいで結構。
ローラーが普通でいいと思うわ、狩人保護にもなるし。」
輿水幸子 「2-2ならロラ…
んー、占い師視点ではライン戦したいですけど、カワイイボクはカワイイ村の意向で霊ロラすることもやぶさかではありません!」
IA 「あ、めどいさんでていた 」
王泥喜法介 「うん? あれ?
星奈さんと幸子さんと…後一人」
ユキメノコ 「めどい…さん……>王泥喜法介」
シツジ=サン 「2-2ですか
ローラーになってしまいますかこれは残念ですが」
めどいさん 「パチュリーさん真狂なのでシツジさんが何者か。」
Ellie 「さ、3-2ですか? ちょっと撤回あったらさっさとやってくれないとちょっときついかもです?」
ルーミィ(ロリ) 「はい! 私のしもべ合ってます(共有CO」
パチュリー 「あら?3-2なの?
めどいさんCOは大声でね」
セイバー 「おや?じゃあ純粋に3-2なんですね、久しぶりです」
シオニー 「3-2か。共有混じりだろうからグレランだなそのまま…
うん? 混ざって無いのか?」
IA 「占い2で霊能に出る共有はないと思うよ」
フレンダ 「と思ったら3-2だった。
撤回あるのかなー」
星奈 「あら、久しぶりに見たわね2-2」
王泥喜法介 「3-1ですか・・?>ユキメノコさん
2-2に見えるんですが・・・」
ルーミィ(ロリ) 「ふむ…16で霊能ロラせざるを得ないアレかしら…」
セイバー 「撤回待ちとか撤回しなくてもいいよとかもうめんどくさいのであれこれ」
ユキメノコ 「3-2に……なった……」
ヤギ=サン 「我が主はルーミィ様でございます

ではお嬢様。どうぞ皆様がお待ちかねです」
輿水幸子 「おおっと、カワイイボクのニセモノはカワイイ星奈さんですね!
可愛さ対決でも人狼でもボクは負けませんよ!」
フレンダ 「へぇ、2-2」
パチュリー 「あっ。これはローラーされる流れ。」
くとぅるふ 「           __    、
           > \  〉\
   |\      /     l| > /   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  、
   |   、    ̄Ζ   |--≠ /             \
          ̄ ̄./Z  |    ′               ヽ 占い師さんは三人でたみたいだねー
    \       /   ⌒Ⅵ   |                   o   }  
      、  /        |       o       ""/⌒l じゃ、霊能さんと共有さんは何か面白い事か生け贄だして
      \         八       ""       、⌒ヽ.ノ
        }           ─/⌒l  ヽ  \   \  )でてきてー
       /                 ノ、  }   }\_ノ ̄
      ー‐ヘ        >====彡   ̄乂__.ノ
             ̄ ̄ ̄ ̄」
IA 「霊能2CO おけ」
めどいさん 「共有撤回あればどうぞ」
Ellie 「3COですね? 幸子さんは初手占いありがとうございます。
じゃあ霊能と共有も?」
王泥喜法介 「ふむ、2-1 対抗占いと」
シオニー 「                         /{
                i!   /  L ___
                i!  / /L __ /
   zー―――=ミト、    i! / /     //
    > ´  ̄ ̄ ̄ ` <⌒V∠、⌒ヽ   〃
ニ=-≦   , ⌒>―=ミ  ー 、ヽ ハ {{__
  ´       /             } }  }ヽ`V
       /            、 〃/ /  ハ
     /           | / /   }
__ . イ          イ  }Ⅵ イ /   乂
      /  __ x≦ !  メ、 _ムイ     } ヒッ
    イ  ´ ,. ィ斥ミ、}/ / ィ斥ミ`   ヽ  |
  / /  {′弋ン `ン / 弋ン  }イ  ト、\
/  ./    とつ- / /  、 ー⊂ぅハ|| \ ヽ
   / /   /   / /  , 冫  イ ノ '  | ヽ }
  ./ / ー=ニ´_ イ           ノイ /   ! 乂ノ
  l / /ー 、  ( 二ニニマ  / レ   八
_ |′´   ハ ヽ、      /   人〈
  l lト、  ヽ |  >  _.. イ    // ヽ
 !i  ! '.  `ト==彡    トミ==イ ノWVVーw、
ユキメノコ 「いや。3ー1・・・>IA」
星奈 「ちっ村か。」
セイバー 「というわけでそのホットドッグください。>シオニー」
ルーミィ(ロリ) 「2COね。霊能出てぇ」
パチュリー 「ん、それじゃあ霊能CO。
死霊術は得意じゃないんだけど…まぁやってみるわ」
ヤギ=サン 「では、出ましょう共有CO 我が主は生存しています」
セイバー 「おはようございます。」
王泥喜法介 「朝の挨拶は元気にですよね!
では、さくっとCO確認しましょうか!」
シツジ=サン 「○進行ですね 霊能COです」
IA 「2-1-2になるいあね」
星奈 「占い理由:バンッ」
パチュリー 「はぁ。おはよ。
で、だれが死んだの?」
ユキメノコ 「おはよう…」
輿水幸子 「偽名を使うなんてカワイイことするじゃないですか絵里さん。
ボクの可愛さには勝てませんけどね!」
シオニー 「役職はCOしつつ土下座なさい!」
星奈 「占いCO、シオニー○」
めどいさん 「どーも占い師になりました、パチュリーは村人です」
シツジ=サン 「おはようございます」
くとぅるふ 「               . ´ ̄ ̄ ̄ `  .
             /            //\
          /           ///∧
         . ⊂⊃       ⊂⊃ ///ハ はろーぐっもーにん
         レ                  //}
        /   /   i   ヽ   ヽ. // くとぅるふラジオの時間じゃないよ
.        {    {   ¦     }   ∨ ___
       r‐‐ゝ    _ 人 __ 人___ ハ   \
       /    i⌒ヽ     /        }/V⌒ヽ.〉
.     レヘ.ハ八__.)    /       ノ{⌒ヽ
.       /  、     `7´ ̄ ̄   /// ∧
       /    ヽ.    /     ///  .//i
.      {____ >…={.     //厶  .///}
                /´ ̄ ̄ ̄  }}  /リ
                  ん   ___ _ノ_ 彡’
                  {/ ̄」
ルーミィ(ロリ) 「ええい、この銀のロッドで狼のしんぞーを貫く!」
フレンダ 「おはよー」
輿水幸子 「カワイイボクが占い師ですよ! Ellieさんは○カワイイ!」
王泥喜法介 「おはようございます!」
ヤギ=サン 「おはようございます
このたびは司会を務めさせていただきますヤギ=デス

では、皆々様。しばしご歓談を」
Ellie 「お、おはようございます?
16人といえばいつもと比べて村が1人減った感じでしたっけ。でもあんまり気負う必要は多分ないと……思いますよ?
それではCOあったらどうぞよろしくお願いしますね?」
IA 「おはよう
くとぅるふの朝は早い」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
Ellie 「あ、私LW役…がんばります?」
シツジ=サン 「わかりました」
めどいさん 「あ、やめとこうか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「じゃあやれるだけやってみましょうか? ただ最大限の考慮をすべきではないかとは思います。特に狐とか?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「シツジさんに○出すから」
めどいさん 「2,3CO確認したらすぐでお願い」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シツジ=サン 「はい 霊能COしますね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「じゃあシツジさん霊能COおねがいしていいかな?」
Ellie 「2騙りは経験無いですね?>めどいさん」
めどいさん 「私がシツジさん占いは結構ありなんだよね」
シツジ=サン 「私は最近始めたばかりなので10かそこらですね経験は」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
めどいさん 「あ、なら。どうしよう。」
Ellie 「ただ単に自信がないだけです。一応経験はそこそこありますが?>めどいさん」
めどいさん 「割りとにかたりありかなーって」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シツジ=サン 「グレラン苦手ですから騙るべきなんでしょうかね私は 霊能にでもでますかね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
Ellie 「しかしなんでしょうかねこのコンビ芸?これは結構ありかもしれませんね?」
めどいさん 「んー、二人共割と経験浅め?」
シツジ=サン 「キャラ設定通りの役職になっちゃいましたね私」
Ellie 「あ、噛み殺す側ですか?よろしくです?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シツジ=サン 「よろしくお願いします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2013/06/09 (Sun) 10:42:27
ルーミィ(ロリ) 「よろしく!」
ルーミィ(ロリ) 「1」
ルーミィ(ロリ) 「2」
輿水幸子 「輿水幸子 さんが登録情報を変更しました。」
ルーミィ(ロリ) 「3」
くとぅるふ 「そして一人は触手付き女の子だね!>IA
ついでにエラもいらないかな?かな?」
ルーミィ(ロリ) 「4」
シツジ=サン 「皆様よろしくお願いします」
ルーミィ(ロリ) 「5」
星奈 「よろしくー。」
ルーミィ(ロリ) 「6」
Ellie 「はは、相変わらず幸子さんったら可愛いんだから?」
王泥喜法介 「では、よろしくお願いします!」
ルーミィ(ロリ) 「7」
輿水幸子 「バンッ」
シツジ=サン 「お任せします>>ルーミィさん」
ルーミィ(ロリ) 「ざっと見た感じ離席中の人もいないっぽい(たぶん)なのでー
カウントいきまーす」
パチュリー 「まぁカウントダウンしてる間に滑り込んでくる気もするしね」
バクマン 「バクマン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:バクマン → シオニー
アイコン:No. 1854 (パクマンさん) → No. 7141 (シオニー・レジス3)」
IA 「>くとぅるふ
子供は女の子3人と触手1人の予定です」
輿水幸子 「ボクは開始しても構わないとおもいますよ。ボクはカワイイので!」
ユキメノコ 「いいよ…>ルーミィ」
ヤギ=サン 「お世話ロボット・・・・まさに盲点・・・>クトゥルフ」
セイバー 「良いのではないでしょうかね」
フレンダ 「            r ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ミ:...、
         /   _,,.........,,_,,.......,,,_:.:.:.:.:.ヽ
         /....:.:/           `ヽ:.:.:∧
         {:.:.,:'             ヽ.:.∧
        ∨   /  /ハ  丶ヾ!  ゙,:.:..}
        〃   /-ァ-、 、 ヽ; ,.-、 l   l:/
       ./ /  /;ィ'=ミヾ /、;, ヽ!    l
       / ./  /´l|   |l   li´ `l.ト,l  │
       / ,'   l'  `''='"  ヾ、__ノノ |   !
      { l   (|   ,.ー- ...._  ̄´  !    |、         こんなやつが仕えたらそれはめっちゃ困るってわけよ!
     l  l  .ハ  /       ̄!  .,'|   ゙、         却下却下大却下!
      ノ:!   l:.:.:.:.:.ヾ、     ノ/:.:.!  l l  `ヽ.
     /  |  !:.:.:.:.:.:_,.〕- ..__,...ィ'゙´:.:l:.:.l  !:...丶
     !   l  l _,r‐'´,イ     l‐-、ノ:.:.!   l:.:... ヽ   l
    乂 人  ヽ! l! l   ,..-‐''´  `ー,:|   l:.'' ヽ、 ヽ /
  ノ //  ヽ  \! |  / -ー'' __,,....,_゙、  、 、 l  ト、
  / l  /ヽ   \/_,.. - '_,. -‐- 、ヽ‐-、 l ノ  │`ヽ
  {   冫/:.:.:.:.:〉,   )r-一 '''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,   ヽ }  ハ  !
  ゝ、 /./:.:,.:.:〃!  ノハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゙、:.  リ /  l /
    `//.:.:,'/.:〃 l //} |i V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l:. ゙、 ;- '´ //
   //.:.::,'.:.:`゙ /ノ' !|l 、 V.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:l!.:.:.:゙、」
輿水幸子 「ごめんなさい!競争するつもりはなかったんです!>絵里さん
ボクが可愛すぎるだけでした!」
くとぅるふ 「どらえもん!>やぎ=さん」
ルーミィ(ロリ) 「んー。10分延長と言っちゃったけど、
16揃っているならゆっくりめにカウントスタートしていいかしら?>AALL」
ヤギ=サン 「意外と執事キャラって思いつかない・・・」
シツジ=サン 「バレてしまいましたね>フレンダさん」
くとぅるふ 「ふえたー、やろうはやくやろー」
Ellie 「別に可愛い競争しにきたんじゃないですので?>幸子さん」
ルーミィ(ロリ) 「早朝待機ついてないのでー、占い師及びその騙りを予定している人たちはお気をつけを」
フレンダ 「   ___l___   /、`二// .....     ,.. ≦.:. ̄ ̄ ̄.:.:.ミ:...、
   ノ l Jヽ   レ/::/ /   .   /.:.:.;.:.:..---.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    ノヌ     レ  /     /.:::/,..  -‐zァ一- ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
    / ヽ、_      /  ..   {:.// /´ {      `i 、:\.:.:.:..ヽ
   ム ヒ       /  ....   ∨ //  u    {   l| i \丶:.:.:∧
   月 ヒ      /   ..   / //_   \ヽ. ヽ l!  i i丶:ヽ.:.∧
   ノ l ヽヽノ    /    .    i  /´ ̄ミ`   ≦キ ト i }| ヽ.:::.:.:.}
      ̄ ̄    /     .    | ,イ,ァ──、   ´,z==ミノ .′  i ∨::/
   __|_ ヽヽ   ///   ...    |/,}ヘ.       ´   V  { | Y
    | ー      /         }/.| ,,,` ̄   u  ー' チ  |  ∨l|
    | ヽー     /    .   ノ | :::::: ′    lllll′  il   V{              >シツジ=サン
     |       /  ,.イ /i 人   _人_  し { i  リ | ヽ
     |      /,、-'´/./ .イ {..{..\  V     ,Ⅵ ,′ |  廴
     |        / ( イ.人. |..|/..:::丶    _ . イ } / {   { ヽ  ヽ
     |       /  .. { {/ ハ.{...、....::N..:二「     廴} i{ 乂  '. }i i }
     |      /    ∨ ,..::ト...:V斗く  i    /l 人 ヽ ミ Vノ }′
     |      ``‐-、._. {   i...::} V´ノイ:.〉 /}   / {′/\\  \ノ
     |      _,、-‐'"´ 乂 {...::|ハ.:.:.:.:.く .′ ーム ハ/.:.:.:.:.\ヽ  \
   | | | |    \      ヽ:.リト }.:.:.:.:.{ }|/´ブ__,} { {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} 〉.   ヽ
   | | | |        .....  ノ}:ノ:}ノ:.:/.:.:.V7≦__ 人人廴..:/.:.:.:|/..}    }
輿水幸子 「絵里さんおはようございます!今日もカワイイですね!
ボクには負けますけど!」
くとぅるふ 「         ィ─‐ y── 、
         {__/{__/ 1
            l l |  l l |
            |__l_|_|__l_|
            /       \
.         /             \
       |               |      結婚式!結婚式ー>IA
       |  ●       ●  |
      r─‐⊂⊃       ⊂⊃─‐┐   仲人やるよー、一族がふえるのー
   r─ゝ…一         ー…ィ^ヽ
   {  \___ノ  ∧  ゝ.___ノ  }
    >─‐:// 〈__///ヽ._〉//.:──く
   /    |////////////////|    ヽ
.  /     .∧ //////////////∧     ∧
  |_/\/  \ ̄\//// ̄/. \/\_|
            ー一^ー一」
ヤギ=サン 「この村はメイドの多い村ですね
実にすばらしい。奉仕活動のしがいがあるというものです」
Ellie 「あ、幸子さんだ。おはようございます?」
フレンダ 「              /二二二二二二二ニ=、
         /二二二二二二二二二ニ\
        /二二二二二二二二二二二ニヽ
        /二二二二二二二二二二二二ニ〉
         {二二二二二二二二二二二二ニ/ヽ
         ∧ニ二二二二二二二二二二>''゚  ',
      /  `<二二二二二二二>'< ヽ ヽ .
      .′/     ̄ ̄ ̄ ̄ /  /   \ |i | |
      |       |  / // /__,  、__\- | i
      |       i  /ー/// ̄      ∨ }
      |     i --v' /_,/芹芹ミァ    f芹ミァ.  i
       ‘.     i{〈∨ / /〈{ _}刈      {刈 ∧i /{
       ∧    |ヽ/ / //! 癶ツ      ¨´,,{ } /∧_)〉
      / ∧i   | / /// | '''       〉  ┴ 、  「{            何やら外野が騒いでるけど
    /イ /i|  リ ///i l|       /__    ∨}〈            結局、そいつらは単なる演出、脇役ってわけよ
    { 〈 i/ lリ i/ / ハ l八丶. __ -/   } }/   iハi
  、_〉/  / 厶厶-〈  \ }〉/ __〈_   イ /    ,' ノ'
   〃  / /:.:.:.:.:.:.:.:}    / /     //   /〈
  /   〃.:.:.:.:.:./.:.∧   / /        ,′   /、 ̄\
 〈   //:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:∧ / /  - 、   !   /  }ヽ.  \
 ノ  //{:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ {   、×,   i   / ‐v'  ∨  ∧
/  i///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.ヽ ヽ_、     ゝ- ' 、=ノ   ∨  ∧
}    {.:.:.:.:/.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´ ̄`ヽ\/ \/ イ    }   }
シツジ=サン 「幸子さんに仕えますわ意地でも仕えますわ」
ルーミィ(ロリ) 「ずっと待ってくれている人も、今来てくれた人たちもありがとーなのー」
パチュリー 「なっ?」
ヤギ=サン 「すみません、私魔女の下僕ですので>星奈」
バクマン 「よいしょっと」
ルーミィ(ロリ) 「あいどる来たの!英雄も!」
バクマン さんが村の集会場にやってきました
輿水幸子 「カワイイボクがやってきましたよ!皆さん褒めてください!」
星奈 「は?何言ってる訳?
お嬢様に相応しいのは私以外に居ないでしょ!? >フレンダ」
IA 「>くとぅるふ
~三日後~






                          γ  ̄ ヽ
                 ∨ "   ,    |  ・ |         ノ┐ 刀
                し  X⌒)     |  ・ |           |王|ノr‐
               __   \    |  ・  j            丿 j.┼
              ´        >、   乂  〈   ((
.          /        / /⌒丶    ̄ ̄   >ー─‐-       ┼┼
          /         / /          ´            \  └─
.         /       / /        i /             、ヽ
         ′/     / /    >、 } |/        `ヽ      、   >   l⊥
         ′   γ^V  ′/´ ヽ}  i|    >、            >  ハ  (Уc)       私たち、結婚しました
         i     i   |    /γj´ / /|   〈 γ >、     ̄`ヽ\
         |     人__ノi λ i {丿/<  ィ     r彳< \         \ i!    ・
         |    // //| ∧{、、/  〉 ∧ 人  \\)  Y      | `从     ・
             / /_| i  ィ_, /, / 丶    ) ̄  ""从   ∧ノ     丶    ・
        ′    /三ヨ l ≧=rく  /     \゚八   ._ /    ィ=i        \
      /      /´   ヽ.从  i| , /     ゚  |   `ー─{ //⌒ヽ        \
.     /      イ     i\ 人 / ▲゚    八      ζ く             \
    /    / | } -=ニニニニニ=-<⌒ヽ.  `ー‐>:rく : : \   |               \
.   //   /  }三三三三二二二ニニニヽ ∧、 /:::::r': : \ : : \从             \
    ′       }三三二二二二二二二二У }::\::::::}: : : : : : : : : :》            `ヽ
  / / ′     }三二ニ ──────rヘ ノ:::::::::\丶、 : : : : : :/:|               }   }
. /  /       }ヨ ∠二二二二二ニ7  〈:::ヽ\:::::::`〈:\ヽ : :/.:::}          /   丿
 ′         ∠r<二二二二二二ニ7    \:::ヽ\::::::::::::У<厂         /」
ヤギ=サン 「ワタシ、ヤギ
ニンジャはイナイ。イイネ?>クトルゥフ」
ルーミィ(ロリ) 「よし!10分延長!
45分まで待ちます!」
輿水幸子 さんが村の集会場にやってきました
シツジ=サン 「ニンジャなんて存在しませんよ いいですね?>くとぅるふさん」
セイバー 「よいしょ、お待たせしました」
(仮) 「(仮) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:(仮) → セイバー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 776 (セイバー)」
ヤギ=サン 「っと、私より後の片が来ましたか
それなら、待たせて貰いますか」
フレンダ 「      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: . 、
     /::::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      {:::::::::::::::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
     ∨::::::::::::::::::::::::::::::::..: : : : : : : : : : : : : : :i
     /`丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. : : : : : ノ ̄\
    ./    `/ー-::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::._: イ{     \
   / /  //   / ̄/ ̄ / ̄ ̄{  ∨リ∧     ',
  ./ /  //   厶/   /     |  ‘  i     '.
  / /  /⌒   //ー<        l   |  |
/}/  /{  i   /_彡'   i       i_ |  |
/ /  /∧ |  , ィテ斥ト、      / ∨ `|  |      , お嬢様に相応しいのはこのわたしってわけよ!
i/  // /∧! ,′__}刈 i       __,  ∨リ   ,       |
'  // /厂 | !  、`ー゚'       〃⌒ヾ//           |
///_/イ ,ノ| !  ´´      {    //   /       i
// / /イi分、   、_     ′   //   //         ,
/    /  ノ i \  ゝニエフ   , イ/  //         /
  / i   '   |   ,、___  -=≦{∨  //       /
i /i  | /  リ  /    /     /   i/-、    __/
/:.:! il / / /  '   ,イ   _ / | |.:.:.:}   ̄`丶
:.:.:.:. {′/ /    // /く:.:.:∨ |l | {:.:./      \
.:.:.:.∨ / /       / /  〉 :.:| |i | ∨          \
くとぅるふ 「このヤギ・・・ニンジャ!?>八木=さん」
パチュリー 「だからまてというにー」
(仮) さんが村の集会場にやってきました
星奈 「OKよ。
私は気長だからね!」
Ellie 「おk>ルーミィさん」
王泥喜法介 「俺はどちらでも構いませんよ!」
ヤギ=サン 「それでは、ヤギは大人しく猿としましょう
またどこかの村で会いましょう。オタッシャジュウテン」
めどいさん 「それよりカウントしてればなるようになるかとおもいますが」
シツジ=サン 「延長等などは村の皆様にお任せします」
IA 「>ルーミィ
いいy-」
ルーミィ(ロリ) 「多数決ってってやつで」
ユキメノコ 「お好きに…どうぞ」
ルーミィ(ロリ) 「えと、10分延長OKなら延長して待つかしら?>ALL」
ヤギ=サン 「この時間からだとまだ時間かかりそうですし
一旦抜けたほうがよさそうですね>パチュ理ー」
Ellie 「そういやこの間こちらでは14の内訳が変わったみたいですし、好きなようにするといいと思います?>ルーミィさん」
くとぅるふ 「           __    、
           > \  〉\
   |\      /     l| > /   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  、
   |   、    ̄Ζ   |--≠ /             \
          ̄ ̄./Z  |    ′               ヽ
    \       /   ⌒Ⅵ   |                   o   }   よーしわかった>IA
      、  /        |       o       ""/⌒l
      \         八       ""       、⌒ヽ.ノ  それじゃあルルイエの名誉会員バッジを発行するねー
        }           ─/⌒l  ヽ  \   \  )
       /                 ノ、  }   }\_ノ ̄  ここにくればモテモテだよー
      ー‐ヘ        >====彡   ̄乂__.ノ
             ̄ ̄ ̄ ̄」
IA 「10分ぐらい待っていいと思ういあ」
シツジ=サン 「迷うところですねレイチェル様のような愛らしい方が理想ですが
星名様のような活発な方も仕え甲斐があります故」
ルーミィ(ロリ) 「う、うぬぬ…せっかく来てもらえたのに…」
パチュリー 「17行けるんじゃない?」
ヤギ=サン 「あ、人数不味いなら抜けるので大丈夫ですよ>ルーミィ」
フレンダ 「シツジ!? はいはーい、私に仕えてもいいわよー!(挙手」
ルーミィ(ロリ) 「あっ、これ、延長して17まで待ったほうがいいのかな?」
ヤギ=サン 「人数的に大丈夫?>ルーみぃ」
フレンダ 「じゃぁじよじゃぁじ。あなたが着るものなんてぜぅぇーんぶじゃぁじよ」
くとぅるふ 「おいしいのー、そのままだとツナだけどー>パチェ」
ヤギ=サン 「どうもヤギです」
IA 「>くとぅるふ
                   __
               ,、__( ̄_ .. -‐ ⌒ 、
              /       ⌒ヽ    \
         /            :,       ー-=ァ
          ∠/       i     i   \: . ,__/
          ′        :i\  l     \ \
         i :     :|  ハi⌒\| :  :   \⌒
.          ノ i  : /j  /  ^笊ぃ: i  i 、   \
.       ∠イ |   :ィ笊(/   弋ソ | :ハ  :i  \   \    金!女!水!
        ,:八  ハ弋ソ '     |:/  :′:   \ \)
.       / :/∨八/   、   ア /V  :/  i :   \ \
      / /i :  /ゝ .  `   //  /   :i  :  :、 \  :,
.      ,/ / : /    :|≧r /  /''" ̄`ヽ :  \   ヽ ′
.    /  / : /   /-┴7 /    /       _}_:   \ ノ }
       {  : ,:  /   / {/   / ,. -‐=ニニニ}:     \ノ
      /乂__{:  /ニニf⌒ヽ{∨ /≦ニニニニニニ}:  i   ヽ
      ,    {ニ{V }/⌒{ニ <\{ニニニニニニニ{ : :i   :,  ,
.     /    〈ニ{v ,ノ ニ{_r、 :{\>_ニニニニニニハ. :  i   :i  ′
    / /   }-[二{  ノ┘ニ\} {ニ≧xニニニニニ} : ¦   |   i
.   / :′ /},ノ ,ノ´ ̄}ニニニ{/} {ニニニ\‐¬冖マノ :  :i   i  |
  :  i / //\_ノニニニ{__乂\ニニニー-ニニ}/  ′  :   :|
  i /, //二二/ニ/ニニニニ) \ニニニニニリ  .′  , /  :
  |/ / //乂二/ニニ|ニニニ∠.ノ^\\ー---=彳 /   //  ,′
  ′/ //   /|ニニ/\ニニニニ/: :\:\\:_:_:_:/_ /   /'′ /
 ,′/ / ′ /: /:|二/: : : i\ニニ/\: : :\:`ー--ァ¬=ミx:/  /
. ′.′ / //: /: :|/:i : : : 、: :\/、: : : :,_:_:_:_:_: / ., ′ :/\(
┼┼=彳://: /: : :i: : :|: : : : :\: : : : :ー-: : : :_://  /   )
┼┼=彡'/: :' : : : |: : : 、: : : : : : :ー-: : : :_: //  /
人 :、 ./: : i: : : : :、: : :\: : : : : : : : : : /∠ -‐ '゙
.  \\\: | : : : : :\: : : :\: : : : : ;. -‐ '"」
ルーミィ(ロリ) 「開始予定時刻なったし、12人いるので投票たのぬのー」
ヤギ=サン さんが村の集会場にやってきました
パチュリー 「幻想郷には海はないんだけど。
あら?じゃあお味噌汁に入ってる出汁はどこからとってるのかしら?」
シツジ=サン 「3日前から冷凍しとけばなんとかなりそうですけどね刺身」
星奈 「あら私に仕えてくれるの?
良い心がけね! >シツジ=サン」
ルーミィ(ロリ) 「おめえちゃんだー」
パチュリー 「古くなったマグロのお刺身って竜田揚げにしたりステーキにしたりすると結構おいしいわよね」
めどいさん 「よろしく。」
シツジ=サン 「仕えたくなるお嬢様が多い村で嬉しいですね」
パチュリー 「ジャージじゃなくてガウンの一種だしー。」
めどいさん さんが村の集会場にやってきました
IA 「ジャイロゼッターみるー」
くとぅるふ 「火はとおしたから大丈夫ー   な、はず>るーみぃ、せいな」
フレンダ 「ちょっとそこの紫ジャージもやし、静かにしなさいってわけよ」
くとぅるふ 「          ヾ二二二二二二二フ
              }={ {三三三三<´
           川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
            /  ヽ」 L__/ヘ.
      ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
       ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {  生け贄は受け取った―
      | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
      ,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'  何が欲しいのー?えら?>IA
   /:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
  ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
 <::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
 ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
      } ヽヾ::l ゝノ::::::::{ E ヾ:::', ハ::::::::::::::::;;ハ
      レ@' }::| O |:::::::::::゙i )' |::::ゝ' ゙}_r<フl_ノ´
          ハ:', A ',::::::::::| ゙r |::::::|
         ):::| )' |:::::::::::゙i  ゙i:::/
         ,<:r'_,.-'-‐π‐'--、!/>、
        (_人_ノヽノ ゙ヽ=、ノ._ )__ヽ」
星奈 「三日前のお刺身はまずいと思うの…。」
シツジ=サン 「おはようございます」
Ellie 「ネ、ネタバレはよくないと思います?>パチュリーさん」
パチュリー 「そして見た目のわりにお腹弱いのねー」
ルーミィ(ロリ) 「くとぅるふ、リアルにトイレ等大丈夫?>腹痛」
王泥喜法介 「よろしくお願いします!>星奈さん、ユキメノコさん、フレンダさん

初見で呼ばれたことはあんまりないですね…>ELLIEさん」
フレンダ 「キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
IA 「>くとぅるふ
            .  ニ二  ̄`ヽ  -――-
       /´     `'^´  =-     `ヽ、
             _/   '  \  ヽ、  \ \
.           / ,   /  j   ヽ   \      丶
.         /  ,/     {    :.      V  \   ィ
            /  :i    ;{    |ハ     ∨: V  、 _`彡'
.          j/′   |   :/{     L.∨   V  V  \
.      / ,|   :|  /-‐V   |  ∨    }: |ヽ、 `ー-‐ァ'’
  、_  ´ /i|   :レ'   ∨  |   \  :j  |   \ ̄
   `ー-‐ ´ , {   :i{'      ∨ :| ィ=ミ`Y:.   :!\   ヽ
.          / ハ   |ト. ィ=ミ V {       { !  レ /ヽ   }
.       /,/i:∧   :ドハ       >\ ┐  ハ| j/:/!  }   }
      /, {|{∧ !:人   く: : : : : :メ、イ:.| l |:{{ ,′ :,'\    いい食いっぷりだ!
.     //| | | :{ ∧ {:{:i: :}> .    ̄ .イl\ | l |:{ ∨   :/ ヽヽ
...    〃 | | | V:∧ ∨: ハ|: : : :.}  ̄   |: : :l j ト :V   /  |:|
    /   !Vゝ..`¨~\V : { : : :ノミニヒュニヲ\:;  /、_厶_,..イ:.\  } :|
        У ,/  ̄,,7j\> ´lil_  ′_,//`'( Ljt\ \: ヽ' j
.        '′ /  :/八Yノ \ |i|  `  ´ /li|   {Y} V:ヽ: ヽ V
..  、__ノ/  :′ /ニ:{亟}\  |i|         |i|  {亟:} |  }: : } {
   `ー-/  /  {ニ三| ト、三≠=-.... _.:._ノ厶rtrt| |=-j :ハ :| :
.       {  /i  :|ニ三| l :}三三三三三三ニニl_jl_j| |//=/: :| |」
パチュリー 「あっ、上下に分割の人」
くとぅるふ 「・・・あ、三日前のお刺身食べたせいかおなか痛い」
ルーミィ(ロリ) 「わーい、11人ー」
ルーミィ(ロリ) 「の、呪われているの…?>プロフ」
フレンダ さんが村の集会場にやってきました
ユキメノコ 「…よろしく」
ルーミィ(ロリ) 「おはよー(ニコニコ」
ユキメノコ さんが村の集会場にやってきました
星奈 「おはよー。」
星奈 さんが村の集会場にやってきました
Ellie 「へー、おどろきさんって言うんだ?いかにも珍しい名前って感じだったよ?」
くとぅるふ 「                  __,, --- ,,__
               , -'"´       ´~` 、
               /                \
             /    _         _.   \
                /    /::Oヽ      /c \  ヽ
               j   / i::::cし|        .|:::c入| }   ',
           |   | cし ' ノ         弋ヽ:ノ |.   i   うどん~>IA
      , ー――| ///` ー ′ ,     、  `ー ´/// |
      /, ー‐- 、 .|:::::::. /  /   i    ヘ  \ ..:::::::人____
    /         ハ:::::::::i   |    .|     ',    }::::::/  __ `ヽ
    !rく⌒ヽ、  /ー,\:::{   |   .人    |   ノ::ノ , -"/   `ヽ \
        `i/   `レ >`ー‐´ヽ,__ノ  \__ノレ-´/:::く  / ̄ ̄ヽ  `ヽ\
        └―-、/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    / ヽ, -'"´
            |    /:::::::::::         ::::,、:::::::::\,.-┴‐′
    <ニー- 、_.  ヘ    |_:::::::           :', `‐、::::::',
      \   ゙"``弌_   ~):::           |::|  〈ヽ ::〉
        \    /\__ノ::            /::|   ´¨´
         \::::::::|   \           / :/
           \:::{     \      _,.-'"  /|
            ``ヽ、   ::::´~"''‐i'""~     //
               ´~"ヽ:::::,'、:::::::|    //
                  `´  ¨i~´  r‐’<
                        ヽ-一´」
ルーミィ(ロリ) 「ちょっとしたお茶目よー」
王泥喜法介 「山椒の木…ですか?」
ルーミィ(ロリ) 「オドロキ桃の木ー」
王泥喜法介 「ダブル主人公ですから…>パチュリーさん

王泥喜法介(おどろき ほうすけ)と言います!よろしくお願いします!>Ellieさん
IA 「>くとぅるふ
                _
                {( - ‐― - .、
             /_ゝ`ー´ ̄ 丶\
            //         ヽ .、    
            ノ , ','  メ、    ハ ト、', ヾ\
            ´7/ i/‐- ヽ  , '-iナヽj   !「`
           ,'/,ィ |ィ仡ミ、 }/ ,ィ芯メ.} iヘ!i
           {' i  !ゝV_ソ    V_ソイ | }
             i l  i           i  ! ハ
            i ヘ ト 、   o    .イ / ,' {
              ハ ヽ!ノ_,≧=ュ=≦、/イ ,/  ',    , -、
             ,' i、ヽ,〉::`ト::‐--::、__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,ヽ
             i 〈ソノ::}:::::::::::::::::::::::::l  う ど ん  {ニノ
        r―「 ̄〈ソ〉く::::::::::::::::::::::::::::ゝ         ;ノ´
         `Z_ゝ、[ニ] / `メ=- :::::::::::_:ト-`!ニニ二ニニ!
           / )/レヘ、    ̄ __.>、/ )  ノ
          ノ/〈 | i `r ' ´ヽ ノ/,> {
              {八`∟l  i    ヽ , ィルヽ )
               ソl__`T^⌒ー‐ヘ. ヽ  ソ
                 |::::::|      ヽ__ヽ,
                lこソ       lこソ」
くとぅるふ 「                                   お
              __  _                い  な
           . . :´: : : : : : : : :ミ: .           け  .か
          /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ      ち  に  .す
         /ァ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .     ょ  え  .い
      r、_/´: : : : : : : : : rュ、: : : : : : : : : !     .う       .た
      Y: : / ; /´: : :_: : : `ー゙__: : : : : : :ノ      だ        l
      人: : V: {: : : /: : : : ; : {: ヽ:_彡´  _   l
       ヽ: )、:ヽ: :{: : : :イ: 八: : ヽ:トー: ´: : : :>い
     (_ノ `Y: :ソ): イ:jヽ:_:_:ァ: : : : : : :ヾ-r‐、/ヽ{
        ノ: : : : : : : : : : : : :/: :,: : : : ::.
       .: : : : : : : : : : : : : : ー': : : : : : !
       {: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : :人
       ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         `ー‐ミ_: : : : : : : : : :_:_;ノ」
Ellie 「お、おうどろよしさん…? よろしくです。」
IA 「 
.          /                   \
       /                 }      \      ) )
      /              /    }\  :、    \______
.      ′      /  ___/_j{     -}―Χ-\     <
      j/     :{: { // /,ハ     ノ 斗ャ=ミ ヽ   \ `'ー――ァ
、__/     /{: {  斗ャ=ミi{   / 斤ーハ⌒ハ∨   \ }、   /
. \____,     / :{: { 芹z‐Vハ{ /   {/{:::}/} { :   ヽ   V⌒ ̄      こいつとなら世界を取れる・・・・・・!
  乂__    /  {: {,/ハi/{::::}/}{ :{   乂ーシ { :  :i } }
  \_____/   {  V 乂ーシ 乂  、  ̄  { :   :i } .ハ     い
      「  {.   { :从    ̄     ′    ,ハ,} : :} }/ハ   .あ
     |  ハ   {    \         _   / i} : :} }   }   l
.     i| :|: \  \    ヽ.、    ´  / { /./ :} }   }    :
.      j| ;L、 \  \  \≧=‐-‐=チー‐<∨/  / / /
     / !/   \  \  \   ヽ三彑/     〉′./ {,/:}
.    / j{    \____    Y   }     _/ / / / /   ノ
   / /∧________ノ{、⌒′ ノヽ }\___________} /イ乂{ /}」
ルーミィ(ロリ) 「と言ってたらふぁんたじーでない人来たー」
パチュリー 「あっ、主人公降板させられたオドロキくん」
王泥喜法介 「おはようございます!」
ルーミィ(ロリ) 「中々ふぁんたじーな人たちなのよー」
くとぅるふ 「                                                              _____
                                                           x≦⌒≪´
                                              ,イ         x≦_,.斗*==- ”≧=- .,
                                                / ′__      / /^ヽ      `ヽ、  \
        ..,,______    -=ミ*、                          / └く⌒_,.斗*''“ _,,イ`ー-‐′C      ノ } `ー=-‐`
     〃 _,.斗*=‐- ”¨''''¬''”ヽ`ヽ、                       .′ r≦=  -=ニ''”  ,., -‐=‐- ミ、 rく ..}
     / r㍉ `´ 乂,,_,,..,  -‐=彡\                        /⌒¨''*、   ̄ ̄  _,., -‐=ミ、 ≧x”´ヽ
.    / 八  `ー=ァ _,.斗*-=-‐ r 、 ∧ ;Ⅵ                    ト、/   ′\   `ヽ、 r㍉_//⌒ヽ \   ヽノ
   / イ  }  ,/ /V´廴,,___  ≫''” }}  }                    {  {⌒ヽ ヽ    乂_,,/ __,,,..ノ   _ヽ
   .{´  ) { / ,/     x≦   .斗*''“ソ   ′                   ∨  {    V  ≧s,.   (   } rC   / / \__〉
     {  / /  x≦ 斗*'“    /                         ∨ .{     }   ,rf   ”≧s,′ `   {_,ト、
     {. / /   }   {/^!  ./ ./            ___             ∨ ヽ   .}   乂     ハ ”≧s,   }
       /,/   /  /  ノ /   /         /´⌒ヽ、          .∨ }   \_   { ̄“''′`''*、_____  ′
          /  /   ⌒Y    {         .′   r ',_,.斗*-=-ミ、   }      } \ ノ             \〉
            { /     {    ,∧    /⌒>、{__,,.   .{´.          \,/      .}  V
                 {⌒ヽ ,,., -‐==-く   / /''⌒''*、 ̄\   _,.斗*==‐- ミ、. .乂
               \/         /イ -‐=‐- ヽ  トx≦             \\
                /   ,.斗*==-‐ァハ`ー=ニ ..,,__,,.. ニ=‐ァ \}  .斗*''“⌒“''*、   ヽ ヽ
                 .′ /´  x≦”i{ ({\_     _,/ }  }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ
                   i   ´   __廴 ヽ __Y''⌒'Y 〉  .}  }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ    ;,
              i    ./   /i:i:i:{ \_r㍉ ヽ / , ′/ ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ   }  \ ごごごごごご・・・・>IA
              {  /   /i:i:i:i:i:i乂 ,込㌫ト、V ,/㌫j} )´i:i:i:i:i:i:i:ト、i:i:i:r{i:i:i:i:i:__,,i:i:}   }    .\
   __            .{ /   ,イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ ,ィ⌒V W/⌒´ .{i:i:i:i:i:i:i:i:i:\〉i:∧i:i:i:i\ ./  /\     ヽ
  〃⌒ヽ \  ト、    /    /i:i:i:i:乂i:i:i:i:i:i∧′) -‐=≦ {i: Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ、__)i:)、i:i:i:{   {   ヽ
  {{    \   ヽ.   /    /i:i:i:/⌒´ ̄ ̄  } ≧=‐-  / Ⅵi:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:{   /  /
  廴     \  } }´.′ /i:i:i:/     __,,,,...ィ} {  r  rv {.  Ⅵi:i/i:i:i:i:/i:i:i:ヽ /   ∧
          ` .} }/   /i:i:i:i:i:.′ x≦i:i:i:i:i:i:i{ i} .{i:  i}i;  ',   }/i:i:i:i:i:/ : : :   ′ .′ ヽ
            } }  .{i:i:i:i:i/   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂.′ }i:  li;   }  .}i:i:i:i:i:i:i/ : : :   ;{   .′\
           } }   .{i:i:i:i/_,, -=ミ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{   }i:  :i:i, ! /i:i:i:i:i:i/ : : :   人 .{   ) )
             .} }  /i:i:i:i:≫''”⌒ヽ ヽi:i:i:i:i:i:i:i{   }i:  i:i:}  } {i:i:i:i:i: ′   : /   \ヽ.//
             .Ⅵ /i:i:i:i:i{      `ヽ、i:i:i:i:i: ',  {i} .{i:i}  }  ≧x/ : :    ′ .′/ \\
             乂{i:i:i:i:i:i:i:\       ≫=‐}  l{  {i:i}  }≧=-/ : :   {  /./    `ー=ミ、
                 \i:i:i: : : : :≧x,,,__,,.イi:i:i:i/ ,イ!  {i:i}  }i:i:i:i:)^) : :      ./  / /
                 \ : : : : : ゝ-<i:i:i:iY´ /i:i乂 .i八. `''”/ヽ ;____ ,,..イ    i /
            _,.斗*''“\ : : : :≧=‐\i:i\ Ⅵく // `¨¨´        ,/      \
         x≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ : : : : : く⌒≧xヽ ̄ ,ノ     ト、_,.斗*''“        ヽ」
王泥喜法介 さんが村の集会場にやってきました
ルーミィ 「ルーミィ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ルーミィ → ルーミィ(ロリ)」
IA 「 
                  (ヽ
             >--)ノ- 、
             /  :{      :、
         < / /\ ハ   \  あ ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう
          `∨ ´ ∀}`∨  r一
            (`从、___(⌒ヽハ{      いあ     いあ
      ((   [二]三三[ヽ_人 :,   ハ,_,ハ   ハ,_,ハ
              ノ {三三∠{三く{ |  ';´∀`':  ';´∀`':
          フ´___    __`くV   c  c.ミ' c  c.ミ'
              ̄し  ̄ ̄丶_)´     u''゙"J  u''゙"J
 
 
              (ヽ
               ,. -)ノ-- 、
           /       }  \
          /   ハ /\ ヽ >  それ  るるいえ うがふなぐる ふたぐん
           ー‐t  ∨´{∀ ` ∨´
           }:γ⌒)_____,从´)     いあ    いあ
       ( (   ,: 人_ィ_]三三[二]     ハ,_,ハ    ハ,_,ハ
          | }/三)\三三}_ゝ  ,:' ´∀`';  ,:' ´∀`';
              V/´__ ⌒   ___\   :: っ ,っ  :: っ ,っ
            `(_/ ̄ ̄ し ̄   ι''"゙''u    ι''"゙''u」
ルーミィ 「お喉にわるいのよー」
Ellie 「そんな大声出すと喉が枯れるよ?>パチュリーさん」
IA 「>くとぅるふ
祈りが届いた・・・・・・」
くとぅるふ 「人間じゃなくできるよー」
ルーミィ 「おじちゃんもよろしくぅー」
パチュリー 「あれ?大文字に。まあいいわ。」
シツジ=サン 「おはようございます皆様」
シツジ=サン さんが村の集会場にやってきました
パチュリー 「ずいぶんと珍しいキャラがいるわね」
ルーミィ 「いらっちゃい」
パチュリー さんが村の集会場にやってきました
ルーミィ 「にんげんじゃないのよ、るーみぃ」
ルーミィ 「<新12巻時点でのデータ>
身長114cm、体重21kg

ちっちゃい!」
Ellie 「なんか人間じゃないのがいっぱい?」
くとぅるふ 「あ、「ルーミィだお!」というセリフが脳内を」
ルーミィ 「(エルフのロリ少女、と)」
ルーミィ 「■誕生日:不明
■種族:エルフ族
■出身:不明
■職業:魔法使い
■髪:シルバーブロンド
■目:ブルーアイ(眉毛は薄め)
ちょっととがった耳をもつエルフ族の子供。
普通のエルフは縦に長く細い耳を持っているが、ルーミィは横に長く丸みを帯びた耳をしているため、その辺りにも出生の秘密あり!?
視力はあまりよくない。
一族が全滅に近い状態になっている中でパステルと出会い、以後
行動を共にしている。
言葉も完全ではないため、一族のこと、本人のこと、全て不明。
ちなみにパステルのことは「ぱーるぅ」、クレイは「くりぇい」、トラップは
「とりゃー」、シロちゃんは「しおちゃん」と呼ぶ。
小さな体の割にはものすごーく食いしん坊。
だが、パーティの中で唯一攻撃魔法を使えるので、意外と戦闘シーンでの
活躍も多い」
Ellie 「よ、よろしく…」
ルーミィ 「ちわちわ」
IA 「フォーチューンクエストのキャラみたいだね>1818」
くとぅるふ 「なんか呼ぶ声がきこえたきがして、こんにちは」
くとぅるふ さんが村の集会場にやってきました
アイコン1818 「アイコン1818 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アイコン1818 → ルーミィ」
Ellie さんが村の集会場にやってきました
アイコン1818 「誰だこのキャラ…」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → アイコン1818
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1818 (ルーミィ)」
かり 「いあいあ」
かり 「よろしうー」
IA 「よろしくいあ」
IA さんが村の集会場にやってきました
かり 「RP何にしようかな」
かり 「10:30開始予定」
かり 「昼AA自由
2日目夜以降の超過前噛み可
(狐が出る人数なら)狐遺言は初日のみ」
かり 「みじかくまとめ ※ゲーム開始前に前にちゃんと読むように読んでなかった忘れてたダメ絶対
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため入村後に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【やる夫村初参加の方へ】
 RP推奨
 RP(ロールプレイ)とは、キャラを演じるプレイのことです。
 やる夫たちの村では、やる夫・やらない夫などのRPを推奨しています。
 ただし、やる夫系スレに登場しないキャラでも問題ありません。またあくまでも推奨なので、RPしない自由もあります。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。
 
 初日から会話が殺到します。
 それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

 全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

 これができるのはベテランさんだけです。
 というかベテランでも失敗します。
 まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
 誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
かり さんが村の集会場にやってきました
村作成:2013/06/09 (Sun) 10:05:26