←戻る
【紅1748】やる夫達の普通村 [2998番地]
~狼と約束した優しいあの場所まで~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon 戦犯
(生存中)
icon 黒子
(生存中)
icon ロック
(生存中)
icon ルシフェル
(生存中)
icon カモネギ
(生存中)
icon (*´ω`*) 
(生存中)
icon キュゥべえ
(生存中)
icon レイシス
(生存中)
icon 佐倉杏子
(生存中)
icon 紅きヒゲ
(生存中)
村作成:2013/06/09 (Sun) 19:19:37
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「「みじかくまとめ ※ゲーム開始前に前にちゃんと読むように読んでなかった忘れてたダメ絶対
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため入村後に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【やる夫村初参加の方へ】
 RP推奨
 RP(ロールプレイ)とは、キャラを演じるプレイのことです。
 やる夫たちの村では、やる夫・やらない夫などのRPを推奨しています。
 ただし、やる夫系スレに登場しないキャラでも問題ありません。またあくまでも推奨なので、RPしない自由もあります。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。
 
 初日から会話が殺到します。
 それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

 全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

 これができるのはベテランさんだけです。
 というかベテランでも失敗します。
 まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
 誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
GM 「超過前の噛み:なし
昼AA:1日3枚まで」
かりーん さんが村の集会場にやってきました
かりーん 「こんばんわー」
GM 「開始予定は19:40.
9時から特殊村があるようですので、延長はあんまり考えていません。」
GM 「いらっしゃいませ。では報告へ」
戦犯 さんが村の集会場にやってきました
戦犯 「はろーぐっばい、」
GM 「いらっしゃいませ」
戦犯 「ひとりのちからでむらをかえられるなんて、おもっちゃいないけど」
戦犯 「それでもできることはなにかあるんじゃないかなって」
GM 「状況によりけりかもしれませんが」
GM 「何かができるときというのは、何もできないときより頻度が少ない上に
それがプラスに働くかどうかもわからないのかなと」
かりーん 「かりーん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーん → 結月ゆかり
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 4891 (結月ゆかり)」
結月ゆかり 「これにしましょうかね」
GM 「ちなみに開始時間に7人以下なら降りますがそれ以外は降りません。」
黒子 さんが村の集会場にやってきました
黒子 「こんばんはですのー」
GM 「いらっしゃいませ」
ロック さんが村の集会場にやってきました
ロック 「やあ、よろしく頼むよ」
ルシフェル さんが村の集会場にやってきました
ルシフェル 「こんな人数で大丈夫か?」
GM 「いらっしゃいませ」
ルシフェル 「というわけで私も参加しよう
よろしく」
結月ゆかり 「大丈夫じゃない、問題だ」
GM 「38分くらいになったら最大人数が変化+早朝待機がなくなります>ルシフェルさん」
ルシフェル 「まあ、一番いいズサを期待するとしようか
なんだかんだいってあと数人は入ってきそうだからね」
カモネギ さんが村の集会場にやってきました
カモネギ 「クワックワックワッ」
(*´ω`*)  さんが村の集会場にやってきました
キュゥべえ さんが村の集会場にやってきました
レイシス さんが村の集会場にやってきました
キュゥべえ 「やあ!」
GM 「いらっしゃいませ」
佐倉杏子 さんが村の集会場にやってきました
カモネギ 「!?>あんこ」
ルシフェル 「と言っている間にも3人来たか
あと一人二人だな」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)シエンニキマスタ」
レイシス 「よろしくお願いしマス!」
キュゥべえ 「杏子・・・なんて姿になってしまったんだ。」
レイシス 「!?>杏子」
黒子 「あらあら結構来ましたわね」
GM 「いらっしゃいませ」
佐倉杏子 「佐倉杏子 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5714 (波平) → No. 5994 (佐倉杏子3)」
カモネギ 「アレが魔女化した佐倉杏子なのか・・・」
結月ゆかり 「ファッ!?」
佐倉杏子 「あーびっくりした。」
結月ゆかり 「あーびっくりしt」
番長 さんが村の集会場にやってきました
レイシス 「こんな人数で大丈夫カ?と言おうと思ったら
村ができる程度にはなりましたネ!」
黒子 「何事ですの…!?
と思ったら変わりましたわ>杏子」
GM 「いらっしゃいませ。」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) 槍兵さんだー」
ロック
           _  -‐  ̄ ̄   ―- 、
      , <///////////////////> 、
    ///////////////////////////>、
.  ////////////////////////////////,> 、_
 ///////////////////////////////////////ト 、
. i//////////////////////////,'/////////////∧
. l///////////////////////'/////////////////∧
. l//////////>'"⌒∨////////////////,.ィ/////∧
 !'///////// ´ -‐} .}////!'////////'/ !/////ト'ハ
. !'///////∧  ゝ.ノ /'" l/ !///ヽ'/ !/   '/////,l ヽ、
 '/////////,.! r .〉       !'/ ` /、\ l/  /
/>-――‐-' 、 '       l/    ヽ"   ,
ヽ        ,     u. '
 \    / /                     '     …俺のログには何もないな
   \  /  {        -― 、.       ,
.    \            (:::::ヽ- ヽ\   '
.       ヽ    .       \、:::    ´ ´
       、  ヽ       \!
          、_ 、      '
、       ヽ  \ 、__ /
 、       ヽ  \
  、          ヽ  \」
レイシス 「よかった、ナミヘイ姿の響子さんなんていなかったんデス!」
佐倉杏子 「あのままでも面白かったか?」
戦犯 「戦犯 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 7008 (できない子04) → No. 5714 (波平)」
番長 「よろしくダイン!(くわっ」
カモネギ 「◇佐倉杏子 「佐倉杏子 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5714 (波平) → No. 5994 (佐倉杏子3)」

ほれこんなもん>ロック」
キュゥべえ 「ソウルジェムが濁るとみんなあんな感じになるよ。」
戦犯 「忘れえぬ罪の記憶を形として」
ルシフェル 「それじゃあそろそろ始めようか
12人ならいい村になるからな。これ以上増えたら9時の村に間に合わないかもしれない」
レイシス 「と思ったらできない子さんが波平さんニ…!?」
レイシス 「ワタシ絶対魔法少女にはならないと決めマシタ>きゅうべぇ」
ロック
          /////////////        ヽ//ト'//////////////////////、/ヽ
           l'///////////         リl/,} ∨/,lヽ'////////////////∧ヾ',
.           i///////////  ,. '" ̄``== 、 !,リ l!V/! Vl∨/////////////∧ ヾ、
             V/////////       ―-- ヽ i/l  ' V,!===/l////////i////i !
             V,///////     ,. ‐ィ:::ヽヽ,` l'/    l/!,.. ソ- lリ l//l/////l////l !
.            ∨,/////        ̄ ̄-‐ l'      l,l ‘ー-' リ`l//l/////!∨//!
                〉' ヽ'/l            /'       :リ `   l//!////リ V//
            / .^ヽ ヾ            /'        :.     ソ.//////  }//   >カモネギ
           ' / / ヽ           '    、    〉    ' /////イ  l'/
           { 、 ヽ、'                       /イ/イ/, l  ,ソ     何 も な い な
            ヽ   ー                      /'  ヽ; l
                 ヽ '       、__,. --  _        , 丿 .'
              ー, 、      // ̄ ー--   `ー'      , '/
                 ,      //     ―-          /
                 ,  、 //
                   ,  \“'’                , '
                ,.-.l     、             /!
                 /(:::l         、          /, l
               /  \               _  '  / l \
             /     \                  l     \」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
佐倉杏子 「オマエ、そういうこと契約するときにいえよ。>キュゥべえ」
GM 「では投票をおねがいしまーす」
番長 「あれ 人数減らすなら俺抜けるが」
キュゥべえ 「そんなこと言ったら契約してくれなくなるじゃないか!>杏子」
カモネギ 「人間が禿げるのはまだいいじゃん?
鳥獣が禿げると目も当てられないんだぜ」
結月ゆかり 「つ ハゲタカ」
番長 「まあ少人数にするらしいので抜けよう。すまんな」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)かもさんはげちゃうの?」
番長 は 番長 に KICK 投票しました
番長さんは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
GM 「一応、下の方に宣言がありますね>番長さん
でも面倒なのでそのまま参加してくれるとGM的には嬉しいですがまあ、」
佐倉杏子 「当たり前だろ!>キュゥべえ」
レイシス 「あら、番長サンお疲れ様デシタ!
またいつか同村しまショウ」
ロック 「番長はまたな、お疲れ様だ」
カモネギ 「かもさんハゲない>流行る
ハゲタカのアレはみんな剃ってるからハゲじゃない」
キュゥべえ 「都合の悪いことは聞かれるまで話さない、これが契約のコツさ。」
ルシフェル 「ああ、またいつか会おうか>番長」
黒子 「あなたらしいですわね…>キュゥべえ」
戦犯 「戦犯 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5714 (波平) → No. 7008 (できない子04)」
GM 「投票をお願いします」
紅きヒゲ さんが村の集会場にやってきました
戦犯 「戦犯 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 7008 (できない子04) → No. 5024 (鳴上悠(P4U))」
紅きヒゲ 「よろしく」
佐倉杏子 「しってっか?それって詐欺っていうんだ。>キュゥべえ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) そっかー」
カモネギ 「そう言えばリセットされるんだったよね
未だに覚えられないや」
レイシス 「キャーヒゲサーン」
結月ゆかり 「ではカウントしますね」
結月ゆかり 「3」
カモネギ 「あんこ未投票だぜ」
カモネギ 「してた」
結月ゆかり 「2」
紅きヒゲ 「俺のブラフに……惚れるんじゃないぞ?>レイシス」
結月ゆかり 「1」
ルシフェル 「それでは時間も時間だ
そろそろ始めようか」
結月ゆかり 「開始」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)あんこちゃんがまだのような」
ゲーム開始:2013/06/09 (Sun) 19:42:22
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
「◆GM ではがんばって」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GM GMはえるおんとと名乗ることもある置物でした。」
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ロック 「おはよう、役職の人はCOを頼むよ」
キュゥべえ 「おはようみんな! ぼくと契約して魔法少女になってよ!」
カモネギ 「占いCO 紅きヒゲ●」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) おはよーですです」
紅きヒゲ 「馬鹿め!ブラフにひっかかったな!」
レイシス 「おはようございマス!
少人数村でも基本は同じデス
占いは早速COをお願いしマス!」
ルシフェル 「おはよう。そんな占いCOで大丈夫か?」
カモネギ 「立派なヒゲを蓄えてるのでこのネギで剃ることにしました。
ついでに狼が人かも分かってしまいました。
ついでに真下。」
戦犯 「伏せろルイージ。」
結月ゆかり 「おは」
紅きヒゲ 「馬鹿め!ブラフにひっかかったな!
俺は素村だぜ!」
黒子 「おはようございますのー」
キュゥべえ 「こ、これがブラフか。>紅きヒゲ●」
結月ゆかり 「>ヒゲなんだと?」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) なんのぶらふだろう?」
カモネギ 「どんなブラフが来るのやら」
佐倉杏子 「おっす。」
ルシフェル 「それではCOを聞こうか
一番いいCOを期待してみよう」
結月ゆかり 「んじゃ寝よう」
戦犯 「出でよクッパ。」
ロック 「…黒きヒゲになったみたいだな、COを聞いておこうか」
レイシス 「…占い対抗は他に無しデ、1デスカ?
それならヒゲさんにCO聞いて吊りと行きましょうカ
霊能は潜ってクダサイ!」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) じゃーつってみよう」
カモネギ 「うん。ブラフも何も正体見えちゃってるんだ。すまない。」
紅きヒゲ 「ふっ……俺の動きに恐れを成して●を撃ってきたな……」
戦犯 「そんな感じのアレコレ。明日の噛み次第でどーのこーのって伏線でも」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) すむらCOしてるよ? >おひげさん」
ルシフェル 「ブラフ、ブラフか
まあいい、ヒゲのブラフは避けられないからね」
佐倉杏子 「んじゃ投票しておしまいな。
お疲れ様。」
キュゥべえ 「ヒゲは死ぬくらいならぼくと契約していかないかい?」
レイシス 「ヒゲさん、これがブラフなんデスカ…!?
ヒゲの生き様が言葉ではなく、心で理解でキタッ!」
黒子 「ヒゲさんですのねー」
結月ゆかり 「一応超過まで待つのがマナーです」
カモネギ 「発言するネタは用意してたんだけど●だと勢い削げちゃうよね」
紅きヒゲ 「例え俺を倒したところで……第二第三の真占い師と真霊能がお前を駆逐するだろう……(キリッ」
ロック
////////////////////////////////// ヾ/////}    .
///////////////////////>"//////ソ    i////リ    .
///////!/////////////  ./'/ .// ソ   .!////!    :
////// !'//////// .//   // // /'    .l////    .::
/lヽ//! .!//////// ./'     l/  //     _l'//     :.
/! l//! l/!//!l'//   ___!  /'   ,. '"   '/       ヾ
ゝ. V,l   !'/l V-‐  ̄__-::::::::::..    /'rッ ̄ゝ′         :}
.  V!.  V'l. < f_,rッ..) ` ヽ            ,            .:
l,   ゙、   V!                {
         `               、   '         ノ:.     黒きヒゲを吊ってまた明日、だな
ー                        /         .;:
               , - __ ..::::::ノ              ,{        男なら黒に染まれとはよく言ったもんだな
  丶          乂 .ノ   ; `  、'            .::'
    \       ,.-‐ 、`fニァ- ._    ヽ     ........:.:.:.ノ
    :::::...      乂  ノ `  ‐ _` - ._ヽ  .: ´ ̄"゛´
      ::::::::....  r-ゝ、       ` - _7;;ゞ
       :::::/ \ノ  `   、          ノ
      /   .f⌒ヽ        ヽ       ' ヽ
      ..::l /   ヽ   ` 、        /   ',」
戦犯 「カモネギ真と仮定するならだが
狂人が即座にカモネギ●で対応すれば面白いのだけどね」
ルシフェル 「さて、喋る話題が無いが大丈夫か?」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) うらないしそんなにいっぱいいるの?」
紅きヒゲ 「黒きヒゲってなんだ!>ロック
紅だ紅!
黒いブラフなんて撒いてねーよ!」
キュゥべえ 「ねーねー契約しようよ! 契約! 契約!」
カモネギ 「真狼狂霊狩で5-0村>流行る
やりたい?」
レイシス 「とりあえず、今日はヒゲさん吊りで
灰視しておきまショウ
霊能生きていればカモネギさんの真偽分かりますシ」
佐倉杏子 「赤いからって私にいれんなよ。」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) なにそれこわい >かもさん」
紅きヒゲ 「話題は作るものだ!>ルシフェル
占い師が噛まれないように占いブラフ撒こうぜ!」
キュゥべえ 「黒きヒゲの処刑方法は樽に入れて剣を刺すんじゃなかったのかい?」
ロック 「むしろ、ここで黒きヒゲが狂人とかだったりしたらクールなんだけどな
…まあ、そんなこともないんだろう」
ルシフェル 「全吊りで終わるな>カモネギ
終わるのは村の方だが」
レイシス 「これはひどいレアケ>鴨葱」
黒子 「ヒゲさん吊り把握ですのー>レイシス」
紅きヒゲ 「え? なんでおれ黒きヒゲって言われてんの?
いじめ?」
カモネギ 「この秘伝のネギを持たせて煮よう>QB」
戦犯 「黒きひげが狂人なら狩人CO以外に手はあるのか?<ロック」
佐倉杏子 「オマエ契約できるんならなんでもいいのかよ!>キュゥべえ」
カモネギ 「占い結果をさておいてもそのヒゲは黒にしか見えないの>紅」
戦犯 「ただありえそうもない可能性をあげるのはクールとはいえねえな」
キュゥべえ 「なんでもいいよ!>杏子」
紅きヒゲ 「俺紅きヒゲだよ!
黒いのはヒゲだけだ!」
レイシス 「ヒゲさんが波平さんになってもヒゲだから大丈夫デスネ!
ただ、魔法少女のヒゲさんとか絶対見たくないデス!!」
ロック 「そりゃ黒ひげ危機一髪だろう>キュゥべえ
後あれだ、そいつと契約しても魔法少女にはならないと思う」
キュゥべえ 「ぼくの現在の姿を見て違和感を感じなかったのかい?
そう、ぼくはTS技術を手に入れた。
ヒゲのおっさんだろうとぼくの手にかかれば美少女にしてしまえるのさ。」
レイシス 「そもそも少女じゃないデス…」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) くぅぅぅぅるなの?」
紅きヒゲ 「紅に悪い奴はいねえぜ>杏子」
カモネギ 「TF技術じゃなくてTS(トランスセクシャル)技術とな
ほほう」
佐倉杏子 「なん…だと…」
レイシス 「ナニソレスゴイコワイ>きゅうべぇ」
ロック 「この人数なら霊能COがいいような気もするけどな>番長
ありえないことを考えるのが、醍醐味なんじゃないか」
ルシフェル 「そんな技術は大丈夫か?>キュゥべえ」
紅きヒゲ 「俺……ナイフさされて危機一髪されんの?>黒ひげ危機一髪」
キュゥべえ 「男でも! BBAでも! 誰でも受け入れるよ! さあ契約を!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →紅きヒゲ
戦犯0 票投票先 →紅きヒゲ
黒子0 票投票先 →紅きヒゲ
ロック0 票投票先 →紅きヒゲ
ルシフェル0 票投票先 →紅きヒゲ
カモネギ1 票投票先 →紅きヒゲ
(*´ω`*) 0 票投票先 →紅きヒゲ
キュゥべえ0 票投票先 →紅きヒゲ
レイシス0 票投票先 →紅きヒゲ
佐倉杏子0 票投票先 →紅きヒゲ
紅きヒゲ10 票投票先 →カモネギ
紅きヒゲ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
紅きヒゲさんの遺言 /: :: :: :: :: :: :: :: :: :{ | ̄V ̄| }: :: :: :: :: :: :: :\
:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :':, |_|^V^|_| ,': :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽ   i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`
:.:: :: :: :: :: :: :: :_: : -‐`≧=≦´‐-: :_: :: :: :: :: :: :: :: :',  !  嫌  好
:.:.:. : :: :: ,>:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::<:.:.: :: : .:.:.:.:i |.   い  き
:.:.:.:.:.:./:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\:.:.:.:.:.:.:.:| |.   な  な
:.:.:.::./ミー- .:.:.______:.:.:.:.:.:.:.:.:.____: :.-‐彡:.:.:.:.:.:.:.:! |  色  色
: :: /ミミ7´ァ-‐==ミュ、  ̄ ̄ ,≧=-‐ヾ、彡l:.:.:.:.:.:/ ..|  は  は
>、i三ミ!  ̄>-=≧ュ、:j   /ゞ,-‐=≦、``ミミl:.:.:.:./   .|  幺.ヨ  と
ヽi三ミ': : :弋ゞニ夕__}、: ::  l: : 7乂_夕 >: : ミリ´ヽ   .|  小水  く
.i^`{彡: : : :  `¨¨´-‐': ::  | '‐`¨  ¨´  :iミ/〉 }__ノ  で.   に
..〈ヽミ: : : :       . : : ;,.. {: :       |::/::/ \    す.  な
∨ヽiミ: : : :     〈__(  )_,〉        ト'::/   \.  ね  い
 ゝ-i: : : : .  ,.イ升三ゝ=;"三≧ュ、   .l`´       |      で
   '; : : : : : /彡爻ミ戈爻丈ミミミ㍉: : : ,'        |      す
__/:∧: : : : : : :  `≦二ニ二≧: : : : : : /        |       ゚
: :: :{ i ;\: : : : :   ゞー::/i ̄ ̄ ̄`\ ̄ヽ        |
: :: ::i i ∨:\: : : .   /il ̄ ̄ ̄ミ、: : \.: :',ー-..   !、_____,
: :: : i i  ∨//:'; ...; /jl ̄ ̄ ̄ミ、: : 丶,ヾ,`: :i: :: :: :ミ!`ー-ュ、_
: :: :∧ヽ ヽ/////〈 ゝ ̄ ̄`ヽ: : : : : : : : : : |: :: :: : |/////|:.:.`ヽ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
カモネギ 「占いCO レイシス○」
結月ゆかり 「霊能CO 紅きヒゲのヒゲの色は●
なんか存在が自己矛盾起こしてますね」
キュゥべえ 「おはよう!」
ルシフェル 「おはよう。そんな占いCOで大丈夫か?
まあ、噛みを見てみようか」
黒子 「まだですのー?
もーーー」
ロック 「おはよう、役職の人はCOを頼むよ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)おはよーですです」
レイシス 「おはようございマス!
さて、霊能と占いの結果はどうデスカネ?」
カモネギ 「一発で人狼当てたいけどだからって発言少なめな所占うのもどうかと思う
つーわけで戦術に触れ気味な所行きます。
霊能潜伏を出すタイミングが微妙に遅かった(しかも発言の最終行)レイシスさんで。」
キュゥべえ 「なん・・・だと・・・?」
黒子 「あら、誤爆ですわ
おはようございますの」
ルシフェル 「ああ、霊能だったか」
結月ゆかり 「普通に占い護衛でしょうかね」
レイシス 「ほー、死体無しですカ」
カモネギ 「カモがネギしょって占い師なのに食われてない!」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)したいないねー」
ロック 「全体的に発言が低調だったので噛みと結果を見て考えようと思ってた
そうしたら割と普通だった、そんな感じだな」
佐倉杏子 「お、おう…」
ルシフェル 「狩人の確認をしたんだろうね
初日ならいいし、そうじゃなくてもということだろうさ
つまり狩人は別に遺言を残さなくてもいい」
黒子 「狩人GJですのね?」
カモネギ 「そして対抗出てこないなら狂人が信頼を捨てた形ですかな。
欠けてたらそれはそれでいいので」
キュゥべえ 「どういう経緯で死体無しが出るのかよくわからないけどまあいいや。
霊能と繋がるならなおのこと。」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)きつねさんいないよ?」
結月ゆかり 「順当にあれです、柱がいいんでしょうけど、反対意見多いのでグレランでしょう」
レイシス 「そして、霊能も1COデスネ
対抗も出てこないデスシ、1-1デスカ
狂人がどこに行ったのかが気になりますガ…」
佐倉杏子 「なんだか知らんけど狼に同情するわ。」
カモネギ 「俺GJ以外でGJ出てたらやだわー
狐いないからいいんだけどいやだわー」
ロック 「ま、カモネギが真狂なのはほぼ断定していいな
グレランしていけばいいだろう」
ルシフェル 「狐がいないからね
柱何て必要ないさ。君視点でもあと1w吊ればいいだけ何だろう?>ゆかり」
キュゥべえ 「灰を削るにやぶさかではないけど、ここで出た死体無しがあえて出したものだとするのであれば、
今日グレランをするよりかは霊能の指定にした方がいいとぼくは主張させてもらうよ。」
戦犯 「分かりやすい形ではある」
佐倉杏子 「実は身内切りとかねーかな?」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)どうしてはしらいるのです?」
戦犯 「しいていえば、佐倉か」
結月ゆかり 「>ルシフェル
まあそんな感じ」
カモネギ 「そう言えば村視点俺真と決まったわけではなかったよねー」
ロック 「詰めるという考え方よりは、LWを吊ると考える方が前向きなのは間違いないな」
黒子 「うーん…
グレランくらいしか考えられませんの…」
佐倉杏子 「GJで宝だろ」
戦犯 「死体なしを説明するのに何処で出たのだ<佐倉」
レイシス 「まあ、霊能も占いのどちらの視点でも残り1wですからネ
杏子さんは、身内切り疑いデスカ?」
キュゥべえ 「灰で変態護衛成功してたら意図も何もなく狩人が見事で、そんな見事な狩人なら吊られやしないはずさ。
でも占いで護衛成功で、狼がわざとそれをやっているんだとしたら、反応を見てるんじゃないかな。」
結月ゆかり 「身内切りとかそんなファンタスティックなことやるんだったら面白い」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)ああ、かりうどさんですか」
レイシス 「身内切りだとしタラ、杏子さんは今日の死体どう見ますカ?
灰GJが出たことを見ると…」
ロック 「ある意味じゃ最後まで行ければ勝ちではあるよな、身内切り
ただ、どうしても死体なしの説明がつかなくなるけどな」
ルシフェル 「それならゆかりGJかな>身内切なら
まあ、レアケだったら遺言を残してほしいし
カモっネギでGJなら別に残さなくてもいい」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)灰でGJならでてるとおもうよ?」
佐倉杏子 「さあ?>戦犯」
黒子 「カモネギさんってば地味にメタなことを…」
キュゥべえ 「11人村ならともかく12人村は死体状況抜きにしても身内切りは薄いだろう。」
ルシフェル 「それぐらいかな
狩人が吊られたり噛まれたりしたのを狼がわかると不都合だからね」
ロック 「昨日の時点で露出してないからな、難しいだろう>ルシフェル」
キュゥべえ 「じゃあ杏子を吊ろう。」
佐倉杏子 「まてまて、私は身内切りなら面白いんじゃねーのかって話しかしてないんだよ。」
結月ゆかり 「てか狂人初日とかじゃないんですかねこれ
ラインぶったぎらねえな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →佐倉杏子
戦犯1 票投票先 →佐倉杏子
黒子1 票投票先 →キュゥべえ
ロック0 票投票先 →佐倉杏子
ルシフェル1 票投票先 →黒子
カモネギ0 票投票先 →ルシフェル
(*´ω`*) 0 票投票先 →キュゥべえ
キュゥべえ3 票投票先 →佐倉杏子
レイシス0 票投票先 →戦犯
佐倉杏子4 票投票先 →キュゥべえ
佐倉杏子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ルシフェル は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
佐倉杏子さんの遺言                                         ト、_        ∧
                                 __∠  ̄ マ//7ァ ⌒ヽ//,ハ
                        (              /⌒ ̄ /⌒: :ミマ////Υ////,|
                ────-  \          /   -=ニ>-: :У/:  ̄: 7 ヽ///∧
         / ―=≧ : : : : : : : : : \             //: :/∠イ: :/: : : :∨/ 人
         /        ⌒\: :`ヽ、: : : : ー-=ニ二: :⌒7: : _ヘ  7T:_:イ /: :/: :/L ヽ
              _      \: : :.`ヽ、: : : : : : : : : : : : :./イ /スツ   てツ 7: :ィ/八 ヽ }}
            ///\     \、: : : :ー―: : ―――: :|/〈       /広フ: :/: :/: : V/
          ///////,\: : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : :.八 ヘ ー一' _∠ノ/: :/: : : :「
            l/////////,\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : ヽー∠ :_:_:_:_:_:_ /: : :.イノ    まっこんなところだね。
            |////ヽ 双///ハ、 ⌒/⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ _ _))//⌒ヽ「: : /: :.八「
           |/////ハ 双'///∧: : : : : : : :_:_:_:_:_:_:_:_: : : :広∠//       }: :/:/
          r┴──‐┐双'///∧ ___> -=ニ ∠二彡=/ 、    / /           /
         「マ、     | 双'////∧: : : : : : : : /三=-ニニニニニ{ ├=== l /      r┐/ /
          | マ、      | 双'/////∧: : : : : :.:/三三三三三ミ =| |     |′    r―' ∠r‐┐
          マ、lマ、    l,双/////  〉: : : : /三三三三三ミ ニニー|    ′ r―イ r_\_У´
          マ「 \、_/|ー=‐     /∧: : /三三三三ミ ニニ/:| ∠└‐┤  〈/〉_ノ
             lニニ| |ニl∧       / _入く三三三三ミ ニニ/: : : :|厂     ;| / /
            'ニニ| |ニ| ∧    /  \了\三三三ミ ニ/: : : : : 人_ // /
      ___'ニニ|_|ニ|∠ \_ \ _〈  \ 三ミ ニ;/  ̄ ̄: : :|: : : :/ /
   ///// ' ' /////////////ハ  {_ 《ミ乂У三 ニ/: : : : : : : :イ: :/ /|ヽ
  く双'/////////////////////,}    〉 ⌒乂|三 ニV: : : :_∠: :/ /  |: :}
  / ∨'/////////////////////   /    乂Lニニニ|_: : : :.:/ /    ノ: :|
     ∨/厂 ̄丁 T -=///////'   /   ∠Уニニニ| < :/ /__/: : :ノ
      }/    ノ  |ニニ乂t‐=く__ |   ∠_Уニニニノ / /  ⌒> : : /
ヽ    ノ      ̄ 〉彡ニ|乂(ニニニニニ「_У厂ニニ// /     ⌒ ̄
 \/        /ニニノ乂'ニニニニ∠Уー ― イ/ /
ニ/           /ニニ/ 乂'ニニニ∠Уニニ>―/ /
-             ヽ/  乂'ニニニ∠Уニ/⌒'/ /
              乂'ニニ乂厂L/  / /
              乂Lニr乂厂   / /
              ヽ乂乂厂   / /
ルシフェルさんの遺言 まあ、占い霊能どちらにも狼はいないと思うから安心して灰を狭めてみようか
私的一押しは黒子だね。私が噛まれていたら見ておくといい

                人ノ/ヽ〈\            そ
             |\/〈: :Y: : : : : :ノ/|
     大      l   ` ̄ ̄〉ヽ厂´  |        ん
                〉              \
     丈       /     \   /    ヽ      な
             '       ==   ==     ;
     夫     |         Y         │    す
            l    :::::   `T ^T´  :::::   l
     か       ヽ      └ー'        /      む
              丶...     `      /
     ?        厂: : >ー----‐ イ∧       ら
             /|: : : / /     /: : | :ヽ
              /. :\/: :|    l\: ノ: : : ',     で
             ;: : : : : : : :ヽ    | : : : : : : : :'.
              |: : : : : : : : : |   |: : : : : : : : :|
              |: : : : : : : : : :ヽ  |: : : : : : : : :|

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
::::::::::::::::::::::::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄:::::::::::::::::;:'
─────‐{   Continue     :::::::::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ.________,,...:::::::::::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Title Menu::::::::::::::::::::::::::;:'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     神は言っている、ここで死ぬ定めだと
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '       This is your appointed time to die
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
キュゥべえ 「いやあ全くどこの誰だろうね杏子を吊ろうなんて言ったやつは。」
カモネギ 「占いCO ロック○」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) おはよーですです」
ロック 「おはよう、役職の人はCOを頼むよ」
カモネギ 「俺真決まってないのに柱に踏み切れる結月さんかと思ったけど霊能でした。
発言的にはルシ/ロック/流行るのどっかだと思うんよねー
ルシだと予告票気味になってイヤなのでロック。
村の状況からの推理の量に対して、みんなの発言に応答する方向性の発言が多いのが気にかかる。」
結月ゆかり 「両方村ならいいです」
レイシス 「おはようございマス
それじゃあ、役職の人はCOお願いしマス」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)つ 鏡」
カモネギ 「やはりルシ占いを外して正解だったというか鬼なる」
黒子 「おはようございますですの…」
キュゥべえ 「ロック○レイシス○ 霊能ゆかり 灰が四人なんでカモネギ真なら狩人COあれば詰み。」
レイシス 「ここで、灰噛みデスネ
狩人探そうとしてるんデスヨネ」
ロック 「キュゥべえに投票が集まっているのが意外だな
発言の数も質も悪くないと思うんだけどな
強いて言うなら最後の最後に佐倉杏子誘導があったのが気になるぐらいだけどな」
戦犯 「霊能カモネギ両方真での詰みじゃないかね<QB」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)狩人探しじゃない?」
カモネギ 「いつのまにか4人になってたね、灰>QB」
ロック 「…こりゃルシフェル狩人だったかな」
戦犯 「誰も言わないからいうけど」
戦犯 「占い初日狂誤爆GJの可能性について。」
カモネギ 「ロック狩人じゃない?(震え声)」
キュゥべえ 「灰占いで灰噛みで噛みが被らなかったからね。>カモネギ
で、レイシスを見たけど身内切り説に対する反応が全くもって囲われた狼に見えない。」
戦犯 「どう思う?<レイシス」
黒子 「確かにルシフェルさん狩人かもですわねー…>ロック」
ロック 「ないとは言わないが、その後に囲えたとも考えにくいんだよな>戦犯」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)霊視点でも1Wなのでどうでもいいです >戦犯さん」
戦犯 「なら、黒子じゃないかな。」
ロック 「そういう意味じゃまだ詰んでない、か」
黒子 「えええええ!!??
そ、そこでわたくしですの!?」
キュゥべえ 「寝て勝てる村だと聞いてたんだけど。」
黒子 「あ、戦犯さんってやるの忘れてましたわ」
カモネギ 「多分いまの会話で見えたっぽいのだけど>LW」
レイシス 「その根拠ってどの辺りから来ていますカネ?>戦犯
ワタシはそのケースはレアケすぎて考えてなかったのデスガ…」
戦犯 「ロック処刑したかったけどこの空気じゃ無理だしね」
ロック 「…どうやら雲行きが怪しくなってきたみたいだな」
カモネギ 「そう思ってきて占って外してるからなぁ」
戦犯 「レイシスロック疑い<レイシス」
戦犯 「の上でのゆさぶりってところで。」
キュゥべえ 「あ、戦犯潜伏狂か。」
カモネギ 「ふーん?>QB」
レイシス 「ああ、私とロックさんのどちらかに囲いがあると見ているという事ですカ?>戦犯」
ロック 「まあ、非常に苦しい主張ではあるな
わからなくはないが、こう」
戦犯 「なに、初日見ない限り簡単に黒子QB流行るを処刑していけばいいんだろ?」
黒子 「ふむ…、まあ無駄吊りだとしてもあまんじて受けますけど…
投票まではあがきたいですわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →黒子
戦犯4 票投票先 →キュゥべえ
黒子2 票投票先 →戦犯
ロック0 票投票先 →戦犯
カモネギ0 票投票先 →戦犯
(*´ω`*) 0 票投票先 →キュゥべえ
キュゥべえ2 票投票先 →黒子
レイシス0 票投票先 →戦犯
戦犯 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ロック 「おはよう、役職の人はCOを頼むよ」
カモネギ 「占いCO (*´ω`*)○」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)おはよー」
キュゥべえ 「狩人生きてるじゃないか!」
結月ゆかり 「ああ、うん・・・・・・」
カモネギ 「んーそこでも外すし。
黒子もQBも白目に打ってるので消去法的にここ。」
ロック
           _  -‐  ̄ ̄   ―- 、
      , <///////////////////> 、
    ///////////////////////////>、
.  ////////////////////////////////,> 、_
 ///////////////////////////////////////ト 、
. i//////////////////////////,'/////////////∧
. l///////////////////////'/////////////////∧
. l//////////>'"⌒∨////////////////,.ィ/////∧
 !'///////// ´ -‐} .}////!'////////'/ !/////ト'ハ
. !'///////∧  ゝ.ノ /'" l/ !///ヽ'/ !/   '/////,l ヽ、
 '/////////,.! r .〉       !'/ ` /、\ l/  /
/>-――‐-' 、 '       l/    ヽ"   ,
ヽ        ,     u. '
 \    / /                     '     (*´ω`*)の存在が完全に頭から抜けてたんだけど…、昨日…
   \  /  {        -― 、.       ,
.    \            (:::::ヽ- ヽ\   '
.       ヽ    .       \、:::    ´ ´
       、  ヽ       \!
          、_ 、      '
、       ヽ  \ 、__ /
 、       ヽ  \
  、          ヽ  \」
レイシス 「…死体無しデス」
カモネギ 「んでもって死ぬと思ってたよMAJIで」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)かりうどさんすごい」
結月ゆかり 「それでは黒子さん吊りますけど狩人ならCOしてもいいですよ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)ひどいです >ろっくさん」
ロック 「…どうなんだろうな、これは
もちろん、狩人が生きてるのは朗報なんだけど」
キュゥべえ 「うーむ。」
結月ゆかり 「朗報というか、狼の心がボッキボキに折れている気がします」
キュゥべえ 「自分が生き残るゲーのスタートだと見て色々考えたりぐちゃぐちゃしたのが無駄だったらしい。」
黒子 「おはようございますですの…
正直昨日で吊られると思ってましたわ」
結月ゆかり 「黒子さんの反応がない」
カモネギ 「反応がないのう」
キュゥべえ 「投了?」
ロック 「番長吊って終わらなかった以上、彼の昨日の意見を考える必要があるのかと思ったりもする」
カモネギ 「狩人さんが昨日出なかったのは俺が偽に備えてのことなんだろうね」
レイシス 「あれ、これ狼視点詰んでないデスカ?
灰吊りきれマスヨネ?」
黒子 「COしたいところですが何もありませんわ>結月ゆかりさん」
ロック 「そう、だからここでの死体なしは妙なんだよな」
結月ゆかり 「おk」
結月ゆかり 「黒子さん吊り」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)とうりょうないなら囲いありと見せたい?」
結月ゆかり 「単純に灰に狼いて占いチャレンジだとは思いますけど」
カモネギ 「イヤな予感がしてるけどこの予感は外れてくれるといいなぁって」
ロック 「むしろ、逆にしてもいいかもしれないな
ここで○の誰かを吊ってケアをし、明日カモネギに灰を占わせる」
結月ゆかり 「あるいは○GJ そんな感じ」
キュゥべえ 「黒子、死ぬ前にぼくと契約して魔法少女になってくれないか。」
レイシス 「黒子さん吊って終わらなかったら、きゅうべぇ吊る
で、それでも終わらなかった時の事考えるト…うーん…」
結月ゆかり 「まあ狩人さんは遺言作っててください」
ロック 「その場合はレイシスになるんだが」
カモネギ 「初手のは大体自分でGJだろうしここで○噛むよりはまっすぐこっちにくるんじゃないかなぁ>ゆかりん」
黒子 「お断りですの。私は風紀委員で充分ですわ>キュゥべえさん」
カモネギ 「霊占っていい?」
キュゥべえ 「なぜこの村の人たちはぼくと契約を結んでくれないのだろう・・・。」
カモネギ 「いやもうどっちでもいいか」
ロック 「霊GJは…、ないか」
レイシス 「カモネギさん真狂考えないなら、
三日目の死体なしが誰か、デスヨネ
灰噛みを当てたかどうか」
結月ゆかり 「まあ漂白も考えられますけどね
こう 微妙」
キュゥべえ 「コーヒーのCMに出てくる異星人の気持ちになるよね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
結月ゆかり1 票投票先 →黒子
黒子6 票投票先 →結月ゆかり
ロック0 票投票先 →黒子
カモネギ0 票投票先 →黒子
(*´ω`*) 0 票投票先 →黒子
キュゥべえ0 票投票先 →黒子
レイシス0 票投票先 →黒子
黒子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
レイシス は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒子さんの遺言 …黒子は村人ですの。
それでは、天国でお姉さまを愛でていますわね。
              _
              `ヽ\ __    _
              /: : : : : : : : :`く∨ /_,
                _{∨ : : : {: : : : : : : : :ヽ ̄>: :\
            _厶/:/: |ノ∧: : |\ト、: : : ∨\: : :ヽ  お姉さまぁ~~ん♥
            ":\|イ: :.i_,'_\| / ヽ: : ト: : :ヽ: : :.、
         / : : /:|:i: /|/ /   ̄`//}/リ人: : :'、: :ヽ
          ,′ :/: :八{:从/// T^ヽ   / )  }: : :}\ : \
.       {: : /{ : { \:.{(\  、_ノ イ゙V   ノ: :.ノ   〉: ノ
        '、{八: ∨ >:〉\匸l下{/n ∨  〈:<   く:<
        _>〉、\{_ (:(    ∨  _>   \〉   ):)
           \乙     <Z工厶_>      `´
                    ヽ し′
                     `┘
レイシスさんの遺言    ∧ モグモグ
   /´。 `ーァ
   {○々゚0l´
  / っ゚д゚ )狩人COアッー!
  |    / ヽノヽ
  >> >>

狩人COデス!

初日:護衛できない 死体:GM
狩人デスヨ!
はわわ、頑張っちゃいマスw

二日目:カモネギ 死体:なし>護衛成功!
カモネギさん真なら、カモネギさん噛むことはないと思うんですがネ。
多分狩人探すで灰噛みに行くでショウ。
そこで問題は灰噛みで噛み先当てるか、カモネギさん護衛するカ
噛み先当てるのも難しそうデスシネ
一応カモネギさん護衛で行きますカ

三日目:カモネギ 死体:ルシフェル
GJ出ましたよ!やりましたよ!
ワタシ占いデスカ!私視点それきついデス!
とりあえず続けてカモネギさん護衛デス
確定白もいませんシ

四日目:カモネギ 死体:なし>護衛成功!
もう狩人遺言残していいデスヨネ?
ロックさん噛みならいいんですケド、
多分〇噛みマスよネ…
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
カモネギ 「占いCO キュゥべえ●」
ロック 「おはよう、役職の人はCOを頼むよ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*) おはよーですです」
キュゥべえ 「あばばばばばばばばばばばば。」
カモネギ 「○が出たらやだなぁ」
キュゥべえ 「狼じゃないことをCOする。」
結月ゆかり 「おk」
ロック 「…そこだよな、納得した」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)あ… >狩人遺言」
結月ゆかり 「カモネギ狼じゃない それがわかっただけでも」
カモネギ 「まーまー片っ端から目を外してたわけで狩人さんに感謝」
ロック 「仮にカモネギで狂GJだとした場合
今日カモネギを吊らないと間に合わないな
奇数の三人最終日ならPPになる」
結月ゆかり 「ぬーん」
キュゥべえ 「カモネギ護衛成功。
両方そうか。身内切りではない。カモネギ狂人。」
結月ゆかり 「QB吊って終わらなかったら村負けなんですよねこれ」
キュゥべえ 「質問があるんだけど、カモネギ吊って明日になったらぼくを吊るかい?」
ロック 「で、正直キュゥべえ●が俺の想定外なんだよな」
キュゥべえ 「もしそうだとしたら今日ぼくに指定をさせてほしい。」
結月ゆかり 「ごめん、カモネギ吊りとかやってみていい?」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)うん」
カモネギ 「カモネギ吊って明日になった所で、俺とQBのどっちが人外陣営か分からないわけで。
それだったらもう今日決め打ってくださいって話」
結月ゆかり 「ちょっとQB吊って終わらなかったら私明日吊られるわ」
ロック 「おそらく吊らない、あくまで今日カモネギ吊りの場合はだが>キュゥべえ」
結月ゆかり 「仮指定カモネギ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)ろっくさんよりおおかみっぽいし」
カモネギ 「つーわけでその吊りをするなら明日QBを吊らない系の話になるわけです>霊能」
結月ゆかり 「うーん」
キュゥべえ 「ぼくが狼でカモネギが真ならそれでいいだろう。違うけどね。
で、ぼくが村人でカモネギが狂でもそれがベストになるはずだよ。
なぜなら明日ぼくを吊ることが確定しているというのなら、
カモネギを吊らせる意味がなく、
カモネギを吊らずにぼくを吊るならPPが確定するからだ。」
ロック 「正直怖い、あまりにも話が美味すぎる」
カモネギ 「村が思った以上に初日占を疑わなかったからねー>ロック
拍子抜けしてたツケが今日って感じ」
ロック 「で、(*´ω`*)の視界外っぷりとその後の発言の落としぶりを考えるとだな」
キュゥべえ 「カモネギ吊って明日ぼく吊りじゃ結局負ける。
カモネギ真でぼく狼でも村が勝ち、
ぼくが二択を当てれば村が勝つ。こっちでいいだろう?」
結月ゆかり 「>カモネギ
すいません、恐怖しているんです貴女偽が」
結月ゆかり 「んじゃQBの吊りたいところは?ッ手話」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)ぼくいっつもこんなかんじです >ろっくさん」
結月ゆかり 「いやQB狼の場合、そこつって吊らない方間で私吊られるので」
ロック 「○●の結果が逆なら今、こうはなってない」
カモネギ 「3分余計にQB人狼かどうか考えるって意味で保留吊りで吊るならいいよ>ゆかりん
ただなんとなく俺狂ならQB吊ったら負けだからってのなら無意味だよ、と」
キュゥべえ 「明日になってカモネギケアで吊ったけど真だろうからキュゥべえ吊ろうって言われるんじゃ村が勝てない。」
結月ゆかり 「すいません、カモネギ吊りでお願いします
LW当てられる自信ない」
結月ゆかり 「LW吊れなかったらどのみち私吊られますし」
キュゥべえ 「それは逃げだよ。」
カモネギ 「まあ俺がQB人狼を見抜ければ話は早かったわけで。
がんばって」
ロック 「それはない、決め打ちだから>キュゥべえ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
結月ゆかり0 票投票先 →カモネギ
ロック0 票投票先 →カモネギ
カモネギ3 票投票先 →キュゥべえ
(*´ω`*) 1 票投票先 →カモネギ
キュゥべえ1 票投票先 →(*´ω`*) 
カモネギ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
結月ゆかり は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
カモネギさんの遺言 占いCO:紅きヒゲ●→レイシス○→ロック○→(*´ω`*)○→キュゥべえ●○

カモがネギ背負ってしかも占い師とか絶対食われるじゃないですかー! やだー!

占いCO 紅きヒゲ●

立派なヒゲを蓄えてるのでこのネギで剃ることにしました。
ついでに狼が人かも分かってしまいました。
ついでに真下。

占いCO レイシス○
一発で人狼当てたいけどだからって発言少なめな所占うのもどうかと思う
つーわけで戦術に触れ気味な所行きます。
霊能潜伏を出すタイミングが微妙に遅かった(しかも発言の最終行)レイシスさんで。

占いCO ロック○
俺真決まってないのに柱に踏み切れる結月さんかと思ったけど霊能でした。
発言的にはルシ/ロック/流行るのどっかだと思うんよねー
ルシだと予告票気味になってイヤなのでロック。
村の状況からの推理の量に対して、みんなの発言に応答する方向性の発言が多いのが気にかかる。

占いCO (*´ω`*)○
んーそこでも外すし。
黒子もQBも白目に打ってるので消去法的にここ。

占いCO キュゥべえ●○
○が出たらやだなぁ
結月ゆかりさんの遺言 三日目
◇(*´ω`*) (48)  「(*´ω`*)灰でGJならでてるとおもうよ?」

◇キュゥべえ(22)  「どういう経緯で死体無しが出るのかよくわからないけどまあいいや。
霊能と繋がるならなおのこと。」

◇ロック(25)  「そう、だからここでの死体なしは妙なんだよな」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ロック 「おはよう、役職の人はCOを頼むよ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)おはよー」
キュゥべえ 「わけがわからないよ。」
ロック
           _  -‐  ̄ ̄   ―- 、
      , <///////////////////> 、
    ///////////////////////////>、
.  ////////////////////////////////,> 、_
 ///////////////////////////////////////ト 、
. i//////////////////////////,'/////////////∧
. l///////////////////////'/////////////////∧
. l//////////>'"⌒∨////////////////,.ィ/////∧
 !'///////// ´ -‐} .}////!'////////'/ !/////ト'ハ
. !'///////∧  ゝ.ノ /'" l/ !///ヽ'/ !/   '/////,l ヽ、
 '/////////,.! r .〉       !'/ ` /、\ l/  /
/>-――‐-' 、 '       l/    ヽ"   ,
ヽ        ,     u. '
 \    / /                     '     …やってみるもんだよな
   \  /  {        -― 、.       ,
.    \            (:::::ヽ- ヽ\   '
.       ヽ    .       \、:::    ´ ´
       、  ヽ       \!
          、_ 、      '
、       ヽ  \ 、__ /
 、       ヽ  \
  、          ヽ  \」
ロック 「狂人CO」
キュゥべえ 「ですよね。信じてた。」
ロック 「内訳は完全に見えている、どうあったってPPだ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)…」
ロック 「よく賭けたな、感謝してるぜ」
キュゥべえ 「投票済み。」
ロック 「(*´ω`*)投票ということで、最後の最後で手が震えてるよ」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)きゅーさんは割と早いうちから目星付いたけどろっくさんがなー」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)いちおーちょうかごまでまつけい」
ロック 「悪いな、投票済みだ」
キュゥべえ 「昨日の夜ぼくが思い悩んだことはね。
ロックが狂人なのかレアケ好きなだけの村人なのか、どっちだろうかということさ。」
ロック 「どちらでもあって、どちらでもない
今回は「たまたま」、俺が狂人だっただけだ」
キュゥべえ 「流行る指定して真占いにPP狙ってたんだけどまあこっちでもいいね。」
ロック 「だから、こんなギャンブルは二度とオススメしないぜ?」
ロック 「結月ゆかりの指定がカモネギなら合わせるのが得策だろう、それだけだな」
キュゥべえ 「ギャンブルというのとは違う。
狩人を見誤った結果、こうするしかなくなっただけさ・・・。」
キュゥべえ 「ルシフェル狩人自信あったのになぁ。」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)まあこんかいはろっくさんがすごいということでひとつ」
ロック 「レアケ好きの村人、ってのも間違ってはないさ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
ロック0 票投票先 →(*´ω`*) 
(*´ω`*) 2 票投票先 →キュゥべえ
キュゥべえ1 票投票先 →(*´ω`*) 
(*´ω`*)  を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
(*´ω`*) さんの遺言 (*´ω`*)むらむら
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2013/06/09 (Sun) 20:42:55
紅きヒゲ 「               -‐-
              /: :: :: :: :: :: : ヽ              〈\
            {: :: :: :(M) : :: :: :/               \.\
            ゝ≦_ >´7、           _  \ \
             ヘ'.  j_  ミl/、         / ,r-‐)-、ヽ i: : ',
             ` ',:彡ミ≧ / ノ>ーュ、__  ///  `¨´゚ヽ}i: : .: '.
            ,.ィニ: ゝ ¨ .イ, '/: : |ニ|〃 //  {`i    ノ,' |:: : : :.    乗りこなしてやるさ……
         <`: ::|ニ|: ::ヽ: : /∠-‐:|ニ|//: :: :ヽ ヽゝ‐-‐´ノ l::.: : : ;
     ____/ァ-‐- <`ー---‐ ヽ: :: : >/: :: :: :: :: : ト、  ̄    .i:.: : : : i   この俺の……そう俺達のブラフでな……
     \: :/,o⌒ヽ. `: : : :__ }>´/ヽ  ,r'  ̄: : -‐-、     !: : : : : l
    ≦¨ / `ー- 彡  〆^^^^^<´|ニ|: : ` {: :: : /  彡∨   !:.: : : : :|
     \/: : :,ィ=‐---イ,、,、,、ィ≦フ: :: :|ニ|: : /ヽ: :i_ ,.. -‐  ∨  |:: : : : : :|   キュゥべえ……ロック……ありがとう
   <´ 7: : :./〈  / ̄ ̄: : :/ニニ[O]<:ニ三} /ミ  / ∨ .|: : : : : : |
    .>{:.: : :{   ̄       /ニニニニニニニニ二三i/ミ /  /  !::.: : : : : |     
   /: :.ヽ: : ヽ.      /} ニニニニニニニニ二三/ミ   /    i:::.:. : : : : |
    ̄ ̄ iヽ.: : i     //iヽ ニニニニニニニ_〆、  , '"      ,':: : : : : : : |
        |/ゝ i   / メ 〉 ニニニ__/: :: :: :ヾ,,く         /::.: : : : : : : |
          `{ーュ-‐‐≦ヽ_/ヽ、/ -{ i l i ,_ノ´└‐ヽ    /:::.:. : : : : : : |
        └┴[回]< ii |ヽ//\-ミ、  / }ニニニニヽ  /:::.:.:. : : : : : : i
           |_{ i {i__!}   li i./ {>.二二ニノ//ニニニi! ̄¨ ‐-: :_: : : : :.i
         l .l   ̄    |i/_ノ: : : :.:ト―‐/三二ニニl!:..: : : : : : :.:ヽ: :i
            l: :',        |: : : :∧: :: :|三二ニニニニl: : ::-‐-: :,: : :.i
          l: :∨       |:.: : ,'l i: :: : |三二ニニニニl´:..: : : : : : :',:i
         / : :.:∨       丿: : ! | i: :: : |三二ニニニニ:l::.: : : : : : : :.{
        /: :/ {∨   /: : :.丿乂二ニ!ニニニニニニニl:.:.: : : : : : : :}
       /: : i.   !ニ∨ / _./"´       !ニニニニニニニl::.:.:. : : : : : :i
      / i! i!、ヽ  lニニ:/: : :.〈         Ⅷニニニニニ|::.:.:. : : : : : ,'
      〈/ |/ \〉 lニニ:! !! {\〉        Ⅷニニニニニ|≧ー<:: /
               !、 〈/ i/  ` ー- - - -― Ⅷニニニニニニニニニニ≧ー-v‐ュ、_
キュゥべえ 「お疲れ様ー。」
カモネギ 「お疲れ様」
レイシス 「お疲れ様デシタ!」
結月ゆかり 「ごめんなさい」
GM 「お疲れ様」
(*´ω`*)  「おつかれさまー」
ロック 「お疲れ様だ」
紅きヒゲ
     /≧ ヽ             ___
    / 二か〉,|              /´      ゙\
    | ≦ヽ匕7          /   __(M)_    入     , ━┓
    |  Y /           /  ∠ _____戈、  ヽ  ┗┓┃  ┏┓┏┓  ┏━━┓
    /ト、__ィイ   __      / /'"⌒`、  '⌒ヽ∨  〉   ┃┃┐┃┃┃┃┐┃┣━┃┐
   ヽ、___ ノ  ./.:. ..::X⌒ヽ { { | ,ィア_i } z,アュ  ト.  }    ┃┃│┃┃┃┃│┃┏━┛│
   .|  ハ     廴_::γ⌒ヽ ゝ、| k〃__rふ、__〃ャ|r-、/     ┃┃│┃┃┃┃│┃┃┌─┘
   |  i∧      ゝ.::.:乂 {ゆ| 廴_ィェェェ、_ ノ |わ}      .┃┃│┃┗┛┃│┃┃│       お疲れ様だぜええええ!!
   .i   l ヘ  _      .丈{   |f ^Y^ r| u. } シ      ┗┯┛ ┗┯━┛│┗┛│
   |   !  } ̄  ゙ 弋=ー-、__ヽu. ヽ===ノ   /        └─┘ └──┘  └┘      いいいいやっふううううう!!!
  ヘ    ノ      \   ∨/\i  ̄ j, /\
   ` ー‐-=、     >、ヾ   仆 ∧  ̄ / / y>ー-.
          ̄`ー-、  キ  // /ヽゝ丶ノ斗r  f     `>-.
               ` ! / f 7  >y<  f   l ヤ   孑  ` `><⌒>x、 ___r vニ千ニΞ孑ヤ
                Y {  |    {     i   i キ ∠                } .i  七_' ´
                ト メ  L. ____|__,i  |  ∨ 、 __ ,...斗-‐<, __,..斗ヤt.ノ--‐一-`
                ∨ ( )      ( ) ><_/
                  Ⅵ、 _          i i .|
                  l    ニニニ三ニ= ノ i ハ,
    イ.| __ .__  _______    ∨     `゛ ̄ ̄゜ ̄  入,ゝ、,
     | | | | | | | ェ‐ュ |    Y           // jーj  `ヽ
     | | | | | | | r‐‐┘    |\            ∨v~ヽ、  \
    r__ュ弋__'ノ . |_|         !                 / 7 / } ゞ   `、
                    ∨                / / / !/ j/' i
                    ヽ           / / / /∠/ | .   }        _
                       \           /∠  //  / |   |       /= ヽ\
                       ヽ、  斗匕   / / ,   |   |゙`ー 、._f^ニ`メ   ヾーへ、
                          `、  ャ' "ー,! /     |.  !ヽ   ,_____,. .ヾ,、_   \ヽ
                           ` <_.   !/     |  i            |.-‐ヽ、_ /
                                ≦{ ,/    |   i,__,...- "´  ̄
ルシフェル 「お疲れ様だよ」
キュゥべえ 「             _     __    _ _ _   ∧.
           /∧'.  /__||-‐ . : . : . : . : . : . : `丶 》  xへ
           }| ヘV//.::}}: . : . : . : . : . : . : . : . : ..`丶/}.|
          >'´: . \: : /,': . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : \}.|
         /: . : . : . : :.V/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . ヽ:\
        /: . : . : . : . : . :∨: . : . : :|: : : :|: : |: : : :ヘ: : : : : . : . : .\丶、__
      /7: /: . : . : . : . : . :V: . : : :l:|: : :/|: :八: : : :.|ヽ: : |: . : !: . : :丶 ̄`ヽ
     / /: . !: . : . : . : . : . : .iヽ: |: .l:::| :/:^}: / ヽ: : :|  .: :!: : :.|: . : . : .\:.ヽ
     /:/i: |: . : . : :.l: . : . : .l: . :l:..厂「`ト.|/    \:!.斗匕..l: :|: . l\ト-、\    全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい。
     /:/ |: . :i: . : . :|: . :八: V: :| ィチう^「      fうトミ i: :|: . |:ヽ}: . :l`ヽ
      l:/ |: . ∧: . : .l: . : . :\:ヽ| ト r'.:::リ         }ノ゚.::ハ 八|: . |: .\:.:.|       全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で!
      |   |: . | V: . :|:丶: . : .!\i.V辷ツ        ヒrソ : i:.|\j: . :ハヽ!
.        |: ./  ∨:.:|ヽ:ト、: . |: . ハ                  : l人: . lヽ: .|
.        |:/  八: .| |i \l、: . :|        ′     ': .|: :|ヽ:.ヘ:. :|
.        |′   }/  }   ヽV: | 、      ‐-     ィ |: .lハ:| \ヽi!
            |        .Ⅵ__ >      <   |:/
                 __ノミ  `丶_j≧、.      li
              r─=='\\丶     / 人___
             /     \ヽ-‐──、__x─‐..、 ヽ





        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V    そんな祈りが叶うとするならそれは時間干渉なんてレベルじゃない。
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八     因果律そのものに対する反逆だ!君は本当に神になるつもりかい?
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__




                __        __  __
        ___    /∧l_ -‐―-―!!\V∧i
       ((ヽ\__.|.{/|.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽii
        > '´.:.:.:.:ヽl,l.:.:.:.:.:.:../|.:..:.:ハ.::.::..ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i_/  .l.:.:/ `V i.:.:.:.l
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. ○ |/  ○ Vl.:.:!:!
        //|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:..:.|           l\i.:|
        i.:.:.:.:.:.:.:.:.:A:.:.:l        u !.:/.:リ
        .l.:.:.:.:∧:/ l:.:l    _     ノ/::/    ・・・なんかきつそうだから、その役目をキュウべぇが担当するってことで。
         Vl::/ `  .l:/ _`iーt  ' V/ヽ '
          `      _l  __|| ==、、
              /   `,:::::::ハ::::::l \
                /    i -イi=i|` '.   `i
             /     !   || ||.  i  ./
             \,   /  ` `  .|  /
              |   l   ..:::::.. |  |
              |   |        |  |
              |   |        |  |




        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V 
.       i{ ○      ○ }i     えっ
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',_




こうしてキュゥべえは魔法少女になったのでした。TSって怖いね。」
カモネギ 「んー負ける運命の流れに乗ってるくさいよなー自分」
佐倉杏子 「おつかれさん。」
キュゥべえ 「ヒゲのフラグ回収ぶりが異常過ぎる。」
黒子 「おつかれさまでしたのー」
結月ゆかり 「休む
考えたのに考えてないいわれたんだから、私の思考なんて考えていないと同じことなんだろう」
紅きヒゲ 「お前が魔法少女だ!>QB」
戦犯 「おつかれさま。」
佐倉杏子 「まー帰るか。じゃーなー。」
ルシフェル 「まあ、少ない可能性、かもしれないを悪い方悪い方に考え始めると泥沼だからね
それが先入観になってしまってまっすぐに村を見れなくなってしまう
というか最近の私ってだいたいそうだからさてどうしようか…」
戦犯 「言い方の問題?落ち着いて?」
ロック 「いいや、考えていたからこその結論だろう」
紅きヒゲ 「なんか……占われる予感だけひしひしと感じていたんだ」
結月ゆかり 「考えたのに空回り 考えても無理
もうネル」
戦犯 「うーん、でも5人でLWなのに最悪狂人吊るすのは分からないから
やっぱり言い換えられない」
紅きヒゲ 「俺のブラフは……フラグを回収するんだぜ?(キリッ」
黒子 「とりあえず、みなさんありがとうございました。
今回初参加でしたが、黒子はとっても楽しかったですの!」
ルシフェル 「考えたというよりも考え過ぎさ>ゆかり
気を楽にして考えたほうがいいこともある
占い初日で狂人誤爆、その上狼が吊り増えるかもしれないけど漂白しよう!
って考えるかーって思うかな?とかね」
キュゥべえ 「君のブラフは因果律への干渉だよ。」
結月ゆかり 「・潜伏狂人をそこまで考慮しなかった
・占い狂人の場合の連噛みするメリットとデメリットをもっと考慮するべきだった
・後は最終日前日にQB吊らないなら○吊りが安定」
ロック 「「PPの可能性がある」というのがこっちの交渉カードだったな」
キュゥべえ 「初参加の人には見えなかったよ。魔法少女になればいいと思うな。>黒子」
紅きヒゲ 「最後までよくぞがんばってくれた……>キュゥべえ、ロック
最初に吊られてごめんねえええええ!!」
結月ゆかり 「2GJ出して負かせたんだったら間違いなく戦犯ですよ
ちょっと休みますね 時間置かないと落ち着けないので」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)そーなの? >黒子ちゃん」
カモネギ 「ぶっちゃけホクロちゃんはどっかで夜発言が昼に漏れたのでメタ白視しちゃってた」
黒子 「ありがとうございますですの。ですが魔法少女の件はお断りいたしますわ>キュゥべえさん」
ロック 「キュゥべえが村なら最終日に俺か(*´ω`*)と勝負できる
どっちつかずが一番悪い選択肢で、今回は毒が裏返ったってだけだろうさ」
紅きヒゲ 「初参加……だと……?>黒子
また来てくれよな!」
黒子 「ですのよー>(*´ω`*)さん
それは…その…てへぺろってやつですの!>カモネギさん」
紅きヒゲ 「それじゃ! お疲れ様!
馬鹿め!ブラフにひっかかったな!」
キュゥべえ 「ただそのHNは変えた方が無難かもしれない。被ってるからね。>黒子」
黒子 「もちろんですのー>紅きヒゲさん」
結月ゆかり 「QB吊って終わらなかったら○の囲いがもう一つの○噛んで霊能吊られるだろっていう
んじゃQBの言うとおり○吊っておくのがどの内訳でも対応できる・・・・・・できないよ」
カモネギ 「うんうん。結局みんなはそこを材料に拾ってなかったから結果オーライ
村は負けたけど」
紅きヒゲ 「ああ、ベルンカステルさんって見た事あるなって思ったんだけど
被ってたのか」
ルシフェル 「カモネギ狂というのはそれくらいしか可能性が無いのさ
でも、君はそれが大きく見えた。考え過ぎてあれこれ考えちゃうと
実物よりも虚像のほうが大きくなることはよくあることさ>ゆかり

まあ、だからあそこまで来たら割り切るか狼と思うところを吊ったほうがいい
って言うのはみんなが言って言うとおりなんだけどね」
黒子 「あー…、ですわよねぇー…
次回からは適当に変えておきますわ>キュゥべえさん」
キュゥべえ 「キュゥべえ狼、カモネギが結果真の狂人には対応できないね。>ゆかり」
カモネギ 「ベノレソ力ステノレでどよ>ホクロ」
結月ゆかり 「んじゃ○吊りでもロック吊れなかったらQB-ロックでPPで占い吊れるし」
結月ゆかり 「んじゃどうするかっていうとカモネギ吊りに走ったわけですけど、
これも今回狂人余っていたから最悪のパターンになったわけで」
レイシス 「うーん、私はワタシは、狼が狂人2回噛みに行ってカモネギ狂見るのかなー、と思っていたのデスガ、
でもカモネギさん偽を見るなら間違ってないと思いマス…
…ちょっとうまく言えなくてゴメンナサイ」
黒子 「それ採用で行きますわwwww>カモネギさん」
結月ゆかり 「>QB
カモネギが狂人COしたら終わり。
○から狂人CO出ても終わり」
結月ゆかり 「QB狼に見えなかったんですよね正直」
黒子 「黒子もいつか皆さんのようにちゃんと推理とかできるようになりたいですわ…
それまでは修行あるのみですわね」
カモネギ 「(採用された・・・悪いことしちゃったかなぁ)」
キュゥべえ 「カモネギ狂の場合は○吊りが一番いいと思う。
カモネギ真ならやっぱり○吊りでいいんじゃないかなって思う。
カモネギ真結果の狂には○吊りだとちょっと対応できない。」
キュゥべえ 「(悪いことっていう自覚あったのか・・・)」
レイシス 「黒子さんは初参加だと思わなかったデスネー
よければまたどこかの村で同村しまショウ♪」
ルシフェル 「まあ、悩むくらいならキュゥべえを吊っちゃいなさいとは言っておくよ>ゆかり
占い初日狂人初手誤爆狼囲い狼じゃないところ●うちだなんて
ことを狂人がやってのけたというのならそれはもう褒めてあげるレベルさ
割り切って可能性を諦めるというのも大切なことだよ。特に吊りに余裕がないときはね」
ロック
////////////////////////////////// ヾ/////}    .
///////////////////////>"//////ソ    i////リ    .
///////!/////////////  ./'/ .// ソ   .!////!    :
////// !'//////// .//   // // /'    .l////    .::
/lヽ//! .!//////// ./'     l/  //     _l'//     :.
/! l//! l/!//!l'//   ___!  /'   ,. '"   '/       ヾ
ゝ. V,l   !'/l V-‐  ̄__-::::::::::..    /'rッ ̄ゝ′         :}
.  V!.  V'l. < f_,rッ..) ` ヽ            ,            .:
l,   ゙、   V!                {
         `               、   '         ノ:.     白と黒の境界はあまりにも薄くて、容易くひっくり返っちまうもんなんだろう
ー                        /         .;:
               , - __ ..::::::ノ              ,{        性には合ってるんだがやっぱり好みじゃないという話になる
  丶          乂 .ノ   ; `  、'            .::'
    \       ,.-‐ 、`fニァ- ._    ヽ     ........:.:.:.ノ
    :::::...      乂  ノ `  ‐ _` - ._ヽ  .: ´ ̄"゛´
      ::::::::....  r-ゝ、       ` - _7;;ゞ
       :::::/ \ノ  `   、          ノ
      /   .f⌒ヽ        ヽ       ' ヽ
      ..::l /   ヽ   ` 、        /   ',」
黒子 「ようはネタで構わないのですから。個人的にはもうベルンであればなんでもいいのですわ>カモネギさん」
ロック
           _  -‐  ̄ ̄   ―- 、
      , <///////////////////> 、
    ///////////////////////////>、
.  ////////////////////////////////,> 、_
 ///////////////////////////////////////ト 、
. i//////////////////////////,'/////////////∧
. l///////////////////////'/////////////////∧
. l//////////>'"⌒∨////////////////,.ィ/////∧
 !'///////// ´ -‐} .}////!'////////'/ !/////ト'ハ
. !'///////∧  ゝ.ノ /'" l/ !///ヽ'/ !/   '/////,l ヽ、
 '/////////,.! r .〉       !'/ ` /、\ l/  /
/>-――‐-' 、 '       l/    ヽ"   ,
ヽ        ,     u. '
 \    / /                     '     …胃が痛いからあまりやりたくはないというのもある
   \  /  {        -― 、.       ,
.    \            (:::::ヽ- ヽ\   '        それじゃ村建て&同村感謝、お疲れ様だ
.       ヽ    .       \、:::    ´ ´
       、  ヽ       \!
          、_ 、      '
、       ヽ  \ 、__ /
 、       ヽ  \
  、          ヽ  \」
黒子 「ありがとうございますの。精進しますわ>レイシスさん」
カモネギ 「まあおつかれ。逆噴射で勝ったパターンがあるからその反動ってことにしようそうしよう。
GM村建てありがとう またどこかで」
キュゥべえ 「○の二人を見比べてより怪しい方を吊る。」
ルシフェル 「参加していたら誰だってそこのロックみたいにはなれるさ>黒子
人狼は慣れればある程度は誰だってうまくなれると信じているからね

まあ、そこから先がちょっと躓いている途中なのだが…
紅きヒゲ 「ベルンカステラでどうだろう(ボソッ」
キュゥべえ 「それじゃみんなお疲れ様。村立てと鯖管さんにありがとう。」
結月ゆかり 「んじゃ○吊りたって怪しい方本当こっちであっているのかよ
三日目の反応で黒子LWかと思ったけど黒子外したし灰視に自信もてなくてんで狼連れなかったらやべーやべーってなって」
レイシス 「ロックさん狂人っぽいなーとは思ったんですガ、
灰詰めれば終わるかなーと思ったので特に考えてなかったんデスヨネ…
もし、下界にいて〇吊りするならロックさん吊ったかなト
ああ、でも流行るさんにぶれる可能性も…
うーん、カモネギ真追えば詰められるって気が抜けてた気がします…」
黒子 「ハッ!それもありですわね…>紅きヒゲさん
頑張りますわー!>ルシフェルさん」
レイシス 「言いたい事混乱してきたのでログ読んできマス!
同村してくれた皆さんお疲れ様でシター!」
結月ゆかり 「んでQB吊ろうにもそこ狼に見えなくてもし終わらなかったら明日私死ぬこと確定でしたから、
色々考えてカモネギ吊りに走ってしまってうーん」
黒子 「では、わたくしそろそろ明日までの課題をやらなくてはなので…
みなさん、お疲れさまでした。
本当にありがとうございましたですの!」
結月ゆかり 「となるとやっぱり狼っぽいところを吊れということでしたから、
やっぱQBつれなくて」
ルシフェル 「まあ、ほんと正解しないと負ける吊りのことを考えると嫌になるね>ゆかり
最終日安定!ってなるけど今回はそれがたまたま狂人が生き残っていたってことだから
狂人がいないということを考えれば実のところ悪い判断ではない>カモネギ吊り
でも、その後のことを考えるとやっぱりすっぱり吊ってしまったほうが
今回みたいに後悔しないんだよね」
結月ゆかり 「もうツルペタロリータに目覚めつつあるってことでいいや」
結月ゆかり 「>ルシフェル
妄信して負けた経験が足を引っ張ってました」
結月ゆかり 「QB狼に見えなかっただけ
んじゃ怪しい○を吊れってだけ こんだけ それがベター」
ルシフェル 「狩人が噛まれた以上君噛みは確定で
キュゥべえが村でもロックキュゥべえ流行るの最終日になる>ゆかり
それでキュゥべえが狼じゃなかったときに狼を吊れるか?となると
私はあんまり期待できない、って判断しちゃうから吊る」
結月ゆかり 「うーん」
ルシフェル 「そこまで狂人が頑張っていたのならしょうがないほめたたえよう
吊られなかった狼もえらい!というふうに諦めちゃうようになってしまったからねw
まあ、本当に考えていたことそのまんまな内訳になったこともあるから
やっぱり初日と占いCOした人との戦いなんだよね」
結月ゆかり 「私の思考はあまり考えてないものらしいので」
(*´ω`*)  「(*´ω`*)ケントウカイチュウミタイダカラコソーリカエルヨ オツカレサマー」
結月ゆかり 「○吊りにすべきでしたよね
QB狼に見えないなら  やっぱり考えてないと判断されても仕方ない」
ルシフェル 「考えていないんじゃない、考えすぎなんだよ
考えて考えてキュゥべえ吊りするのも○を吊るのも怖くなったんだろう?>ゆかり
結月ゆかり 「>ルシフェル
ええ、割り切れなかったんですよ」
結月ゆかり 「QBはつりたくなかった」
ルシフェル 「だから確実に中身が何であろうといけるカモネギ吊りにした
まあ、ちょっと弱腰だなぁっていうのなってしまうが
それでも悪手でも最善でもないが下界視点ベターを検索した結果
そうなっただけだかね」
結月ゆかり 「ずっとQB村目で見ていたからそこはつりたくなかった
となると怪しい○をもっと見るべきで、そこ囲いだと踏み切るべきだった
結局のところ色々可能性ばかりを展開させすぎて、ベターな選択を選べなかった」
結月ゆかり 「>ルシフェル
ですね 潜伏狂人を完全に考慮してませんでした」
ルシフェル 「だから次こういう機会があったら今度は考え方を変えてみるといいさ
占い初日で狂人誤爆の可能性、あと発言が狂アピしているかどうかってね

別に一回負けたぐらいはなんてことないよ。悔しいのは悔しいけどねw」
結月ゆかり 「カモネギ自体は真目だったけど、QB釣りたくなかったともいう」
結月ゆかり 「まあ怪しい○吊る選択に踏み切れなかったのがミスで」
ルシフェル 「カモネギ吊りがベターだったのさ
カモネギの真を追いつつ狂だとしたらヤバい、だからね
まあ、ロック狂は下界視点わからないというか潜伏狂人想定なんて
17人でも難しいから12人だとなおさらさ。上からは悪手だったというだけで
下界ではカモネギ吊りが必ず最終日で勝負できるという手だった」
結月ゆかり 「ですかね」
ルシフェル 「まあ、やっぱりそこは○を貰いつつ噛まれなかったロックがお見事
としか言いようがないんだけどね」
結月ゆかり 「まあ○吊りを強く考えるケースが見つかったということでよしとしましょう」
結月ゆかり 「ということでルシフェルさんありがとうございました」
結月ゆかり 「それでは改めてお疲れ様です」
ルシフェル 「まあ、可能性を追うのは悪いことじゃない。そうじゃないと狐ケアとかが成り立たないからね
でも、吊りが足りない時や流れをひっくり返せないと思ったのなら
諦めて割り切ることも必要になってくるってことも覚えてほしいかな
レアケなんてめったにないからレアケなんだ。毎回は考えなくてもいいのさ」
ルシフェル 「おっと、つい語ってしまったね。まあ、私も最近いいところが無いから
ゆかりに言いつつ自分にも言っている感じになってしまったかなぁ
それでは私もそろそろ落ちようか。お疲れ様だ」
結月ゆかり 「>◇戦犯 「うーん、でも5人でLWなのに最悪狂人吊るすのは分からないから
>やっぱり言い換えられない」
吊った理由は逃げ
狼が顔文字決めうちって理屈がよくわかりません」
結月ゆかり 「この先どれだけ考えても彼女からは考えてない人扱いされるんでしょうね」
結月ゆかり 「ということで落ちる」
結月ゆかり 「それはないか」
結月ゆかり 「理にかなった行動をもっとできるようになりたい」
結月ゆかり 「最悪狂人を釣る理由って狼吊るのミスったら負ける可能性が大きいってことですよと」
結月ゆかり 「そんでQB狼かどうかはもう一日考えるということは、机上の空論でしかないんですかね」
結月ゆかり 「ただまあ頑張って考えたことを考えてないと真っ向から否定されたから本当にきつかったってだけ もうこれ以上言わない 落ちる」