←戻る
【紅1751】やる夫達の普通村 [3004番地]
~~早朝待機~~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon GM
 (dummy_boy)
[霊能者]
(死亡)
icon 上条当麻
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[村人]
(死亡)
icon 黒子
 (フレデリカ)
[狂人]
(死亡)
icon 妖夢
 (幻◆
ll6J2md5hg)
[人狼]
(死亡)
icon テルヨフ
 (貧乳派◆
febUSGhU3.)
[村人]
(死亡)
icon ジム
 (道路元標◆
qFi/JlgvP6)
[狩人]
(死亡)
icon できる夫
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[村人]
(死亡)
icon 紅きヒゲ
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[人狼]
(死亡)
icon 佐倉杏子
 (12346◆
with5qq2Qg)
[占い師]
(生存中)
icon スペランカー
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[村人]
(死亡)
icon 握り飯
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[人狼]
(死亡)
icon 斎藤一
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[村人]
(生存中)
icon 弱音ハク
 (ホルスタイン◆
kvW1PFLBDA)
[共有者]
(死亡)
icon 大門
 (白鶴◆
CraneuSLZg)
[妖狐]
(死亡)
icon 鹿目 まどか
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[共有者]
(生存中)
icon 反省
 (反省中◆
quaAwStKFA)
[村人]
(死亡)
icon 御坂美琴
 (小林◆
ND.kA0DuGY)
[村人]
(生存中)
ゲーム開始:2013/06/10 (Mon) 20:24:56
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
GM 「おう。噛まれたわ」
GM 「霊能就職これで3回めか?引きすぎ笑えないwwwwwww」
GM 「黒子さんが2回めで狂人はちょっときつそうかな?
そして洗礼を受けそう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「さてどうなりますか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「お疲れ様です。」
黒子 「ま…、ですわよねーーー……
お疲れ様ですのー」
GM 「夜会話見た限り2回めですよね?
会話の流れの速さについていけなかった感じですか?>黒子さん」
黒子 「うう…、せめて…場を荒らすくらいはしてみたかったんですが…
ちょっと度胸が足りませんでしたの…」
GM 「度胸決めて霊能COも噛まれる可能性ありますからねぇ。」
GM 「禁書キャラいるんでどんどん絡んでいけば初日は抜けれたかな?
とは思います」
黒子 「それなんですのー
うう…なんというか…修行が足りませんわ…」
GM 「投票割れているので、面白いから残そうって思ってもらえれば大丈夫かと」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「私も初回のうちはさっぱり喋れませんでしたからねー」
黒子 「昨日は村人だったので、騙ることを考えずに喋れたんですが…
さすがに狂人は立ち回りが難しいですのよ…」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
GM 「挨拶。占いCOの確認。霊能共有への促しと確認。で4発言程度」
弱音ハク 「お疲れ様です」
弱音ハク 「まあ霊能いないなら順当な噛みじゃないかと」
GM 「素村っぽく振る舞えばいいですよ。」
GM 「お疲れ様です」
黒子 「お疲れ様ですのー」
弱音ハク 「目をつけたところが全員素村
いかんなぁ」
GM 「潜伏狂人は難易度は一番高いですからね。
始めのうちに狂人引いたら霊能COが安定です。
真霊能巻き込めれば十分仕事はできますし」
黒子 「これはヘタすると妖孤勝つかもしれませんわね…」
弱音ハク 「潜伏狂人はなれると普通の狂人の仕事ができずに狼苦しめるってのが怖い」
GM 「いや、大丈夫でしょう。狩人が真占い護衛してますし。
で狼騙りが狐囲ったので、そこ占われたらまずいですね」
弱音ハク 「こう、CO抑えて1-1や1-0にしちゃっつり」
GM 「誘導先がすべて狼でした、とかありますからね・・・>潜伏狂人」
黒子 「うう…
難しいですのー」
GM 「あと黒子さん。HNだけっぽいのでトリップつけることおすすめしておきます。」
GM 「土曜日の21:00から初心者村建っているのですけど。
そこトリップ必須なので。」
弱音ハク 「狂人は占い騙って誤爆なしで出した●を吊らせるもの、だと考えればいいですよ
潜伏狂人はその仕事が大体できてるな感じるようになってからでも遅くないと思います」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「始めのうちは場数こなした方がいいですねー。
何人かに目をつけて、どういう発言しているのか見るのも勉強になりますよ」
黒子 「ああっ!?
そうでしたの!
トリップ…付けてないですのぉぉぉおお>GMさん
なるほど…、確かに…。勉強になりますわ>ハクさん
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
握り飯 「ああ、黒子狂人だったのか」
GM 「お疲れ様です」
弱音ハク 「おつーん」
握り飯 「そして杏護衛されてたのか」
GM 「霊界に来た人に質問すればいいですよ。>黒子さん
私なんかより戦績上のかたばかりですし」
弱音ハク 「というかこの前占いで狂人騙ったら見事に連続で誤爆やらかしてましたよええ」
黒子 「お疲れ様ですのー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「キルヒアイスェ・・・」
弱音ハク 「真占い師になりきった結果がこれだよ!」
GM 「狼全潜伏なら良かったですね。最後の一匹囲えたら100%勝ちですよ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
テルヨフ 「お疲れ様。」
握り飯 「おつかれ」
GM 「お疲れ様です」
黒子 「お疲れ様ですのー」
テルヨフ 「狂人吊りの狐囲いかあ。」
弱音ハク 「お疲れ様です」
GM 「いずれ大門に占い飛ぶでしょうね。囲い位置ですし」
テルヨフ 「狼位置だから占い避けそうな気がしなくもない。」
GM 「さて、反省が狐にとって死刑宣告の提案を・・・
反省 「両占い視点●一つずつ出揃ったんで確定○作りながらグレラン展開でいいと思いますけどどんなもんですかね。」」
GM 「順当にいけば村勝ちそうですけどねー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「あ、ピクシブのがんばれレンくんが更新されている 見よう」
テルヨフ 「私が発言してなかったから仕方ないけど、
噛まないでいてくれれば精一杯妖夢真を押して潜伏狂人の代わりに働いてやったのに。」
弱音ハク 「占い残しの進行の時点で狐の未来はあまり」
握り飯 「あ、これ大門占われる流れだわ>大門投票」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「真から死刑宣告入りました。
残念!大門の冒険はここで終わってしまった!」
握り飯 「おつかれ」
スペランカー 「お疲れさま。」
テルヨフ 「共有噛みさえしなければ大門で銃殺が出ても対応はできる。」
弱音ハク 「お疲れ様です」
GM 「お疲れ様です」
弱音ハク 「まあ噛み合わせが無難でしょうね」
テルヨフ 「お疲れ様。」
黒子 「お疲れ様ですのー」
スペランカー 「うーん、グレ視当たってないなぁ。
ジム役職目しかあってねぇ。」
握り飯 「大門危機一髪」
テルヨフ 「大門狼と見て占わないなら狐勝ちあるかもね。
潜伏狂人警戒で一日決め打ち早めればいける。」
GM 「噛み合わせなら戦えますけど。共有の中で決め打ちっぽくなってるんですよね」
テルヨフ 「テルヨフ噛みって大門狼っぽく見えるはずだもの。」
握り飯 「共有かんじゃえ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「さてどこを噛むか」
握り飯 「でもジムは噛めないだろうな」
黒子 「噛みがどこに行くかで結構流れ変わりますわね?」
握り飯 「対抗ならほぼ詰み
できる夫ならワンちゃん
ジムは狐の流れ」
GM 「ジムは●打つ場所ですからねぇ。噛む場所ではないきはします」
握り飯 「共有噛まれてほしいんだよな」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
握り飯 「おつかれ」
テルヨフ 「お疲れ様。」
スペランカー 「お疲れさま。」
GM 「共有噛まないと決め打たれてENDですからねぇ」
GM 「お疲れ様です」
黒子 「お疲れ様ですのー」
弱音ハク 「おつ」
できる夫 「お疲れ様でーす」
テルヨフ 「まどかが禁書全員霊界に送ろうとしてる。」
GM 「まどマギにしたいらしい」
握り飯 「大門は占われる前に吊られてほしい」
できる夫 「円環の理(物理)」
テルヨフ 「妖夢が○出してるからね。暫定○指定って共有によってはやるけどどうかな。私はやる。」
GM 「私だと占い処理かなぁ。占いの手間減らすなら暫定○指定もありですね」
黒子 「狐は早めに消してほしいですね…
できたら吊りで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
握り飯 「なんで俺が狂人になるんだよwww>反省」
GM 「狼的に呪殺が途中ででると死ねるので。
吊られてください、というのが本音。
狐囲いで真生存で騙り先吊りとかもう駄目駄目ですからね」
握り飯 「杏ぇ・・・>投票先共有」
テルヨフ 「妖夢真に見てて握り飯が人外っぽいと考える人はそういう内訳になるわね。」
GM 「想定がわからない・・・>握り飯狂人説」
GM 「謎の共有投票。まぁここまで来たらどうでもいいか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
握り飯 「狼がこんな投票するかで真見られたら笑うけどな」
できる夫 「お疲れ様でーす」
スペランカー 「お疲れさま。」
握り飯 「おつかれ」
テルヨフ 「お疲れ様。」
上条当麻 「お疲れ様と。
まぁそこ人狼だよなぁやっぱり」
GM 「というか先に御坂さん送ってあげましょうよ、黒子さん寂しがってるのに」
GM 「お疲れ様です」
黒子 「お疲れ様ですのー」
握り飯 「ヒゲ占いならまだワンちゃんあるな」
黒子 「それですのー
お姉さま…お姉さまが足りませんのよぉ…>GM」
GM 「あ、御坂さん占ってるので噛まれない限り来ないですね。」
テルヨフ 「反省噛み斉藤●は狼勝ちが遠ざかる~。」
弱音ハク 「おつー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
黒子 「ですわよねー……
それなら妖狐の大門さん吊りでお願いしたいですわ…」
握り飯 「反省噛みはいいとしても
斉藤●撃つくらいなら上条狼仕立て上げたほうがいいと思うけど
超霊能視点の狼の言い分だけど」
GM 「霊能潜伏ってどこの鯖でもまずきついですよね。」
GM 「斎藤●ってまずきつくないですか?」
上条当麻 「俺狼ならめんどいから囲いもらうけどなぁ
共有からヘイトもらうわけだし

ないしは身内切りするかなぁ」
テルヨフ 「反省噛みはしない方がいいぜよ。信頼なら味方になってくれる人は大切にしないと。」
上条当麻 「単純にグレーにおくのが一番つまんねえ気がする」
握り飯 「その前にヒゲ完グレだし
詰むぞ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
握り飯 「おつかれ」
テルヨフ 「お疲れ様。」
上条当麻 「お疲れ様」
GM 「お疲れ様です」
スペランカー 「お疲れさま。」
反省 「大門占わないのかいといった点が少し。」
できる夫 「お疲れ様-」
黒子 「お疲れ様ですのー」
反省 「お疲れ様でした。」
テルヨフ 「妖夢破綻してたのにwww>大門と投票間違えた」
反省 「大門狐でしたか。上条さんは霊界でひげと濃厚なカラシ祭りですね」
上条当麻 「反省○投げれば銃殺噛み合わせ魅せられて得だったんじゃねーかなと
いおうと思ったらそもそも妖夢は反省○投げてたわ」
握り飯 「この状況で勝つビジョン考えたが
・・・無理ぽ」
弱音ハク 「お風呂あいってきます」
反省 「うーん、妖夢さんは反省○の日にヒゲ○がいいと思いました。」
GM 「妖夢破綻?」
テルヨフ 「ヒゲ吊って、ジムか美琴噛んで、できればジム噛んで、斉藤吊って、まどか噛む。」
反省 「銃殺が起こっていたら破綻でしたね<GM」
GM 「ああ。なるほど」
テルヨフ 「まだまだ勝てるよ。霊界から応援するんだ。私は寝てるから。>握り飯」
上条当麻 「朝の長文を自分で読んだが
20行も書いたのか、我ながら暇だ」
握り飯 「よっしゃ!>大門吊り」
テルヨフ 「最悪に近い。」
握り飯 「って狩人COかよ」
GM 「よくかけますねー。私無理ですよ。
長文書いても自分で読んでもなにこれ?ってレベルですし」
上条当麻 「これなら99%かつな」
スペランカー 「ヒゲ吊り狩人占いさせればいい。狩人は相互護衛。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「狼終了のお知らせが」
テルヨフ 「ヒゲェ・・・。」
反省 「長文を書いても読まれないことが多いので<上条さん」
黒子 「あっちょっ大門さん吊り!ですの!
あうぅぅう…」
反省 「間違えました。<GM」
GM 「妖夢ジム占ってないならワンチャンスあるか」
握り飯 「いや、ジム噛み大門銃殺ならまだわんちゃん」
上条当麻 「長文が5昼に占いどっちが真かいったけど
4昼には自分ではどっちが真か意見言わないで俺に質問攻めするから
ちゃんと先にそっちが言えよ!
って意味を込めて書いたらなんか20行突破してた」
反省 「あ、上条さんの長文はちゃんと読みましたよ。だからヒゲ処刑を提案したんですがくっそー!やはり私の説得では足りなかったなー!!」
テルヨフ 「妖夢視点全露出した。」
上条当麻 「まーうん。俺も潜伏狂人言いまくったのは悪かったけど
真狂で見るならどっち真で見るかいってくれるとありがたいかな。

という相互理解を測ってみる>反省」
反省 「占いの真贋は真狂で妖夢偽、真狼で佐倉狼を前面に押した佐倉真押しでした。」
GM 「上条さん律儀だから質問すれば答えてくれるから質問しちゃう」
反省 「言っていたつもりではあったのですが」
上条当麻 「佐倉杏子はジム占いが好感を抱いたけど
そもそも占い理由が全く違ったから泣きたくなった」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
反省 「◇反省(43) 「順序って大事な点だと思いますね。
それで握り飯●は狂人だと打ち辛いので佐倉真狼想定へ格上げ」」
紅きヒゲ 「ですよね」
上条当麻 「4昼はいってなくね?5昼にはいってたと思ったが。
それとも俺が気づかなかっただけかもだが>反省」
テルヨフ 「お疲れ様。」
できる夫 「お疲れ様―」
反省 「◇反省(26) 「グレランで処刑される場所に●出す辺りとか」
◇反省(17) 「割と真狂に見えるんですけどね。」
これで、妖夢狂人説を上げてます。」
スペランカー 「お疲れさま。」
GM 「お疲れ様です」
テルヨフ 「厳しい。」
紅きヒゲ 「御疲れっした」
反省 「3昼と4昼で実は占いの内訳についていっていたのです。

お疲れ様でした」
黒子 「来た銃殺!」
上条当麻 「ぐぬぬ」
黒子 「あ、お疲れさまでしたのー」
上条当麻 「まぁ銃殺出るならいいか」
GM 「大門狩人日記スペランカー噛みバロスwwwww」
テルヨフ 「ああ、本当だ。スペランカー無惨になってる。」
紅きヒゲ 「えーと・・・ジム噛んで・・・
あっこれ詰んだか」
反省 「上条さん処刑になったのは想定外でしたけどね。
話してみて生かせそうだと思ったのでヒゲ提案をしたんですが。
あ、コレは本当ですよ?」
テルヨフ 「狐囲ったのは狼のミスではあるが、それにしても気の毒な。」
反省 「意外と勢いで押せば気づかれないこともありますから」
紅きヒゲ 「なんで上条やったんやろね?」
上条当麻 「むしろ俺おまえとしか会話してないのに
他のやつからフルボッコらしくて吹いたけどな!>反省」
テルヨフ 「ジム噛んで斉藤吊りで最終日。詰んではいない。」
反省 「さ、どうぞヒゲさん。カラシでもお一つ。」
上条当麻 「お前から殴られるならほら、会話しているからいいけど
他の奴らあれじゃん、遠距離からちまちま攻撃するだけやん!
ずっこい!」
GM 「けっこう騙りの狩人日記ってよく読むと破綻してることあるんですよね」
できる夫 「銃殺フィニッシュって気持ちいいですよね。」
上条当麻 「なんかそんな感想」
反省 「Q.なんで上条さん死んでまうん?
A.それはなぜ空が青いのか聞くようなものだよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
紅きヒゲ 「ああ、そうか一応最終日にはいけるのか
しかしジムを噛まないとあかんのね」
GM 「今まで見た中だとひどいのが。
・狩人日記で狐CO
・護衛先が次の日無残」
反省 「あの日に私が○に入りましたからね。
しいてKMP(上条マイナスポイント)をあげるなら潜伏狂ばかり言い続けて狼探さなかった点ですかね」
テルヨフ 「あの位置で狩人COしたら狼もろとも地獄に落ちる未来余裕で見えるし、
せめて破綻しない日記書いてやってほしいのよ。」
上条当麻 「狼探すっていうかなんというか
なんだろうなぁ。」
紅きヒゲ 「そして狂人一本吊りかー」
上条当麻 「ジム疑ったらジム○いったからなぁ。
○なかったらジムにボディーブローぶっぱしてた」
反省 「後自分で黒子人外言うてはりますのに潜伏狂人考えないのはどうなのかと。
そう思いました」
紅きヒゲ 「霊能に出れば良かった・・・(震え声)」
上条当麻 「んー、黒子人外は見てないよ?」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
反省 「◇上条当麻(23) 「でまぁ白井吊りは……霊能いないからわからんが
あんまり期待できる吊りじゃないとは思うぞ共有投票してるし。
役ないけど人外ない位置だろそこ。」
握り飯 「おつかれ」
反省 「え?なんだって?」
GM 「上条さんって人外探すか殴りあってるかのどちらかしか印象がない。
という勝手なGMのすばるん像」
テルヨフ 「お疲れ様。」
上条当麻 「黒子人外で見るならそもそも寡黙だから投票ぶっぱしてるしなぁ。
狂人だとは思わなかったけどさ。」
スペランカー 「お疲れさま。」
できる夫 「お疲れ様―」
紅きヒゲ 「おっかれちゃーん」
大門 「ふぅー」
ジム 「お疲れさんっと
まあその手を選ぶよな妖夢は」
黒子 「お疲れ様ですのー」
上条当麻 「お疲れ様」
反省 「お疲れ様でした。」
GM 「お疲れ様です」
大門 「き、きつぜwww」
反省 「もっと早い段階で死ぬと思ってたんですけどね、大門狐なら。」
テルヨフ 「ライナもっと真面目に日記書け。」
上条当麻 「ジム殴ろうと思ったらジム○出て
反省からちまちま北から反省への文章書いてたら他を見る暇がなかった感じだなぁ。」
反省 「ちゅーか上条さんはあれなんです。律儀なんです。」
大門 「杏子が狂人目みるなら占い受けない!→あれぇー狼さん信用勝負すっかwww

という無理ポだぜ」
上条当麻 「だって他人からの殴り文章スルーするのって人外よくするからなぁ。
スルーしたくないじゃん」
反省 「長文を書いても読まれにくいのに長文書いてみたり、自分の意見を出したと思ったらそれをひっくり返す発言してみたり
その場その場で考えつつやってることの裏返しだと思います」
紅きヒゲ 「霊能が出ないとねぇ
ちょっと杏子噛みはきつかった>大門」
ジム 「悪ぃな上条、狩人的にいろいろ考え込みすぎて
発言があまりに貧相になりすぎたわ今回」
大門 「スペランカーのあれはwww吊りの表示と噛まれのところ見間違いっすよ>てるよ」
GM 「信用勝負に巻き込まれた狐死にますからね。
しかも序盤の○ってケアと言う名目で吊りますし」
上条当麻 「んーいやほら。
共有噛み=信用あるんじゃねって思ったから弱い噛みって言われて?だったからさ。
それがなきゃ別にスルーしてたよ?>ジム」
反省 「暫定○という安定位置からの一方的な攻撃はスルーするのが吉です。」
紅きヒゲ 「俺狐なら、まぁあそこで吊られなかったら勝ちやんな」
テルヨフ 「見間違いかー。」
上条当麻 「一応今回は早朝待機ある関係上、死ぬ気で銃殺対応すれば3昼に共有噛むのはあるからな。
そういう時に限って対応してない位置に銃殺出るんだが」
大門 「あ、ちなみにズサーしたのは13人になったら決めてた(キリッ」
上条当麻 「大門ェ」
大門 「ケラケラッ>上条」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
上条当麻 「屋上>大門」
テルヨフ 「終わったー。」
紅きヒゲ 「んーだめか」
ジム 「初日の時点だとまだ真狂か真狼か判断付けきれなかったからなー
しっかしここまで護衛無視した噛みの流れになるとやっぱきついわ
共有どころか○噛みすら候補皆無だからな・・・」
黒子 「…終わりましたかねー…」
握り飯 「終わったか、飯食ってくるんでおつかれ」
上条当麻 「ただまぁ俺はジムを佐倉杏子とは別の観点から怪しいって思ってたし
だからこそそこ占い自体は納得いったとかいろいろあるんだけどさーあっはっは」
テルヨフ 「なぜ村勝ちなのにこんなに悲しいんだろうか。」
大門 「3日目で占いが圧倒的に真目に見えたからな杏子」
上条当麻 「3投票入りゃ勝つな」
紅きヒゲ 「狼視点じゃ狩人の護衛は読みやすいんだけどね」
GM 「お疲れ様です>握り飯さん」
テルヨフ 「せめて最終日までいってほしかった。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました