←戻る
【紅1751】やる夫達の普通村 [3004番地]
~~早朝待機~~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon GM
 (dummy_boy)
[霊能者]
(死亡)
icon 上条当麻
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[村人]
(死亡)
icon 黒子
 (フレデリカ)
[狂人]
(死亡)
icon 妖夢
 (幻◆
ll6J2md5hg)
[人狼]
(死亡)
icon テルヨフ
 (貧乳派◆
febUSGhU3.)
[村人]
(死亡)
icon ジム
 (道路元標◆
qFi/JlgvP6)
[狩人]
(死亡)
icon できる夫
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[村人]
(死亡)
icon 紅きヒゲ
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[人狼]
(死亡)
icon 佐倉杏子
 (12346◆
with5qq2Qg)
[占い師]
(生存中)
icon スペランカー
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[村人]
(死亡)
icon 握り飯
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[人狼]
(死亡)
icon 斎藤一
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[村人]
(生存中)
icon 弱音ハク
 (ホルスタイン◆
kvW1PFLBDA)
[共有者]
(死亡)
icon 大門
 (白鶴◆
CraneuSLZg)
[妖狐]
(死亡)
icon 鹿目 まどか
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[共有者]
(生存中)
icon 反省
 (反省中◆
quaAwStKFA)
[村人]
(死亡)
icon 御坂美琴
 (小林◆
ND.kA0DuGY)
[村人]
(生存中)
村作成:2013/06/10 (Mon) 19:48:52
GM 「みじかくまとめ
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます
GM 「報告行ってきます」
GM 「報告終了。開始は20:10予定」
GM 「15分ぐらいGM離席してるので。埋まったら前倒しで開始していいよ」
黄瀬涼太 さんが村の集会場にやってきました
黄瀬涼太 「よろしくお願いするッスわ」
黄瀬涼太 「にしてもGMも離席しているあたり大丈夫ッスかね。
マジ人いない気配するッスよこれ!」
GM 「戻り」
黄瀬涼太 「お帰りッスよ!」
GM 「あのふっひゃーはなんだったんだろうか・・・」
黒子 さんが村の集会場にやってきました
黒子 「こんにちはですのー」
GM 「いらっしゃいませー」
黄瀬涼太 「……こんばんはじゃなくてこんにちはッスか?」
黄瀬涼太 「まぁ来てくれたことは感謝ッスよ
と言うかマジでどこいったッスかねヒャッハーした人たちは」
黄瀬涼太 「(普通にヒャッハーしてないッスしねぇ俺)」
GM 「挨拶とかいいじゃないですか。細かいと嫌われますよ>黄瀬さん」
黒子 「あら、いけませんわ、わたくしとしたことが…
こんばんはですの」
GM 「まぁまた5分ほど離席しますけど。」
黄瀬涼太 「別にそこまで細かいつもりもないッスけどねぇ……
そういえばサブタイトルのOPってなんスか?>GM」
GM 「ご飯途中なのですよ・・・」
黄瀬涼太 「GMが忙しすぎる気がするッスわ……」
黄瀬涼太 「素直に飯食ってろッスよ!?」
黒子 「ていうかもしかして…、黒子繋がりでもうおひと方の方にするべきですの?これ
黄瀬さん居ますし」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
黄瀬涼太 「黄瀬涼太 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:黄瀬涼太 → 上条当麻
アイコン:No. 5383 (黄瀬涼太) → No. 2595 (上条当麻 03)」
上条当麻 「ならこっちの方がいいかいっそ?」
黒子 「なん…っ!
来ましたわね!お姉さまは渡しませんわよ!!」
上条当麻 「まぁ肝心の御坂の奴がいるかどうかもわからんけどな!」
黒子 「…って、だから…
まあいいですの…
どうせヒマですし、二人で「仲良く」おしゃべりでもいたしましょう」
妖夢 さんが村の集会場にやってきました
妖夢 「…お邪魔だった?」
黒子 「これでお姉さまがいらっしゃったら敵味方関係無くわたくしは…
って、すみませんですの、いらっしゃいませですわ」
上条当麻 「別に邪魔じゃないからそのまま村にいてほしいけどな。
見ての通り全然いねえしさ>妖夢」
上条当麻 「と言うかどんだけあいつの事引っ張るつもりだよ!?」
妖夢 「まあそこの草刈りしています、ごゆっくり(いそいそ」
黒子 「だってヒマだったんですもの…
わたくしとしては別に黙っててもよろしんですのよ?>当麻さん」
上条当麻 「黙られたら黙られたで相当気まずいけどな……>白井」
妖夢 「というか私もひゃっはーしてないんですけどね。人すくない」
上条当麻 「え、これ誰もヒャッハーした奴きてないの?
マジかよなんてこった」
黒子 「空気読まないで失礼ですけど…ひゃっはーってなんのことですの?」
テルヨフ さんが村の集会場にやってきました
妖夢 「村やりたい人募集するスレがあって、そこで村やりたい人が書込むの。
お隣の幻想系でいうところの点呼」
テルヨフ 「おやすみ。」
上条当麻 「スレに普通村やりたいよーって書き込むんだけど
なぜか普通村やる場合普通ひゃっはーで鍋の場合は鍋ひゃっはーって
書き込むのが通例なんだよな」
上条当麻 「寝る気マンマンじゃねえか!」
妖夢 「で、二つひゃっはー(書き込み)があったのに、それらししい人が来ていないと」
上条当麻 「スレにも書いたけど最弱村とかないからなー……」
黒子 「まあ…、そうだったんですの?
わたくし、アクセス制限で掲示板とか見られないからスレの方はわからないんですのよ…」
上条当麻 「開始時間になって人数5人
そしていないGM……これらが指し示す真実は1つ……」
上条当麻 「これ延長しちゃっていいのかな。
つかGMいないからなんとも言えんが」
妖夢 「まあ平日ですし、めぐり合わせが悪かったのかもしれません」
テルヨフ 「zzz・・・。」
黒子 「もう少し待たないとろくなゲームが出来ないと思いますのー」
上条当麻 「だよなぁ……とりあえずGM戻るまで待つか?」
GM 「あ、はい。戻りました。そして定着」
上条当麻 「……で、どうするGM.
俺からすると5人村とか予想外すぎて笑うんだが。」
黒子 「あらあら…
どういたしましょう?」
ジム さんが村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃいませー」
上条当麻 「病院いけよ!>肩痛ぇ>ジム」
テルヨフ 「五人村って毒入れたら楽しいと思うのよね。毒占狂狂狼。」
ジム 「・・・ったく、寝ようと思ったけど
この惨状は放置できねーわ、支援」
GM 「延長ですね。20:20まで伸ばします」
黒子 「いらっしゃいませですのー」
ジム 「どこのどいつだよ無責任なひゃっはーした奴ぁ・・・」
妖夢 「PP宣言しようにも狼と証明できないと…>テルヨフ」
GM 「おかしい・・・平日にしてもこの人数はどういうことや・・・」
できる夫 さんが村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃいませー」
できる夫 「僭越ながら支援させていただきますねっと。よろしくー」
上条当麻 「最近12村がこっちでたってたからこの時間は村がないって
覚えちゃったんじゃねーかな」
上条当麻 「一昔前はほら。
俺が8時過ぎに普通立ててたけど最近立ててないからな」
ジム 「今隣の鯖で普通村やってたみたいだけどな
なんぼか出かけてたんじゃね?」
GM 「なんというかですね。タイミング逃して建てたら、人いねぇ!?」
妖夢 「今見たら、2008に終了したみたいだから…解散したくさい>隣の鯖の11村」
紅きヒゲ さんが村の集会場にやってきました
上条当麻 「まぁあっちの人たちがこっちに来るかはわからねえけどな。
3分間待つしかあるまいて」
上条当麻 「ヒゲェ!」
紅きヒゲ 「ヒゲ参上!ほら!咽び泣け!」
GM 「いらっしゃいませー」
上条当麻 「むせび泣くから金をくれよヒゲェ!」
佐倉杏子 さんが村の集会場にやってきました
佐倉杏子 「よろしくー」
紅きヒゲ 「おめぇみたいなリア充にやる金はねぇ!」
GM 「濃厚な上条☓ヒゲ劇場をお楽しみください」
スペランカー さんが村の集会場にやってきました
ジム 「つーかマジでスレでひゃっはーしたの来てねーの?
追求すんなっつーならやめるけどよ」
妖夢 「…うちのお嬢様を連想させるようなお人が…」
テルヨフ 「砂被り席予約しとくわね。>GM」
スペランカー 「支援しに来たよ!
ゴンドラから降り……ティウンティウン」
GM 「いらっしゃいませー」
上条当麻 「うるせえいつも冒険でコインもらってることはわかってんだたまにはよこせェ!>ヒゲェ!」
黒子 「あらあら、結構いらっしゃいましたのね」
妖夢 「無茶しないでください>スペランカー先生」
紅きヒゲ 「んだよ、上条のイケ☆メンパワーで女集めてこいよ」
チーズカリー さんが村の集会場にやってきました
ジム 「・・・これで17まで埋まったりしそうだから怖ぇんだよな・・・」
紅きヒゲ 「100枚溜まると1UPするから地味に溜まらんのだけどな!>上条」
斎藤一 さんが村の集会場にやってきました
チーズカリー 「支援に来てやったぜベイベー」
斎藤一 「阿呆が…。」
上条当麻 「貯金できねえ……不幸だー!?>ヒゲ」
GM 「待ってたら17埋まりそうなきもするなぁ」
黒子 「あらあらまあまあ…
そうなりそうですわね?>ジム」
紅きヒゲ 「この村はヒゲ分が足りん!つまりこの村は滅びる!(ドーン」
上条当麻 「とりあえず開始投票するのはいいけどさ」
妖夢 「ああ、何か勢いで投票しちゃった」
上条当麻 「早朝待機外さなくていいのか!
外したら外したで17きそうだけどさ!」
テルヨフ 「働いたら負け。」
上条当麻 「ほんとこの村はツンデレやでぇ!」
紅きヒゲ 「まぁほら、俺は桃姫にやしなってもらえるからな、そんな金いらねぇーし>上条」
妖夢 「虚しく並ぶ早朝待機の文字…」
弱音ハク さんが村の集会場にやってきました
大門 さんが村の集会場にやってきました
テルヨフ 「少人数の早朝待機ってあながち不必要でもないわ。」
できる夫 「あるあるですね。>オプション変えたとたんに埋まる村」
GM 「早朝待機外します」
GM 「あ、はい」
弱音ハク 「よろしくお願いしますね」
上条当麻 「待てやめろ外すんじゃない」
大門 「そんなことよりパズルしようぜ、よろしく」
妖夢 「外さなくていいやこれw」
上条当麻 「14いるなら……埋まる(確信」
チーズカリー 「早朝待機外した瞬間
ズサっと埋まったりして」
ジム 「・・・ケッ、案の定だ」
鹿目 まどか さんが村の集会場にやってきました
鹿目 まどか 「ざっさー」
紅きヒゲ 「14はこれどうすんだ?狼不利だが」
弱音ハク 「弱音ハク さんが登録情報を変更しました。」
妖夢 「これで「14だからゲルトにしよう」って変更した瞬間に埋まるのね、分かるわ」
黒子 「あ、埋まる…かもですわ?」
大門 「坊主、ふてくされるなよ、パズルやろぜ>ジム」
GM 「じゃあもう30分まで待つ!待ってる上条さんと黒子さんはごめんね」
紅きヒゲ 「お、15か」
妖夢 「ああ、14は狼3に変わったから、むしろ村不利>ヒゲ」
GM 「真紅の14は若干狼有利かな?>紅きヒゲ」
チーズカリー 「あ、埋まりそうだな
少人数支援のつもりで入ったんだが
この調子なら大丈夫かな、アイコン変更してこよー」
反省 さんが村の集会場にやってきました
紅きヒゲ 「おお、狼3になったのか・・・
ああ、狐もねーのか?それなら村不利だな」
佐倉杏子 「おーう、まどかー。いらっしゃーい」
GM 「いらっしゃいませー」
チーズカリー 「チーズカリー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:チーズカリー → 握り飯
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 944 (おにぎり)」
握り飯 「煮込めよ」
上条当麻 「ふぅ……」
御坂美琴 さんが村の集会場にやってきました
テルヨフ 「zzz・・・。」
上条当麻 「あれ、できる夫は大丈夫か?」
妖夢 「とりあえず狂人が霊能に出て2-2で機能破壊したら非常にきつかったね、14人」
大門 「16人なら開始でいいじゃね」
弱音ハク 「>握り飯
チーズ入りのお結びじゃないんですか?」
御坂美琴 「ん、よろしくね」
上条当麻 「げぇ!?ビリビリ!?」
紅きヒゲ 「んーわりと少人数になるならって補佐しに来たからなー
これで鍋が始まると目も当てられねーが」
上条当麻 「どっちかっていうと真狼ー真狼が正義だろあれ」
佐倉杏子 「真打登場かな」
紅きヒゲ 「まぁいいか」
黒子 「きゃぁぁあああああ!!!お姉さまぁぁああああああ!!!!」
できる夫 「おにぎり煮込んだらお茶漬けになるというのはあまりに甘い発想ですよ……!」
GM 「らめぇ!握り飯煮込んだら崩れちゃう!こうですかわかりません>握り飯」
握り飯 「16人いれば十分だな
あとは遅くカウントしていけば・・・と思ったら埋まったでござる」
紅きヒゲ 「よーし初日上条吊って不幸って叫ばしてやろうぜー」
GM 「満員御礼!」
大門 「そら、今の14人で狂人やるなら2-2で霊能ロラのが楽だからな」
反省 「遊びに来ました」
握り飯 「わかんねぇよ>GM」
上条当麻 「んじゃーカウント行くぞ!
3」
スペランカー 「そして結局埋まると。
まあよろし……ティウンティウン。」
妖夢 「あと、共有1だからすごく寂しい」
できる夫 「ああ、失礼、埋まったら投票しようと思って>当麻さん」
反省 「ミサカが投票していないよ」
御坂美琴 「何よウニ頭」
上条当麻 「2
あれカウントしていいよなこれ?>GM」
ジム 「・・・ケッ」
大門 「ミカサ投票しようぜ」
上条当麻 「誰がうに頭だ!?>ビリビリ」
弱音ハク 「どうでもいいけど蚊が耳元で飛び回るとすごい五月蝿い」
上条当麻 「1」
反省 「こう思うんですよ。」
紅きヒゲ 「後で配役みとくかぁ」
御坂美琴 「黒子も落ち着きなさいっ!?」
大門 「バルサン炊こうぜ>ハク」
上条当麻 「まぁ開始していいだろうし開始だ!」
ゲーム開始:2013/06/10 (Mon) 20:24:56
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
GMの独り言 「・昼AAは用法用量を守って
・狐遺言は原則禁止。初日呪殺の時のネタ仕込みは書き換え間に合うなら可
・狼視点で詰んだ場合のみ、早噛み許可」
握り飯(人狼) 「よろー」
できる夫の独り言 「……お、おう」
上条当麻の独り言 「村人ェ!」
妖夢(人狼) 「よろしくお願いします」
大門(妖狐) 「き、狐かーwww」
反省の独り言 「村立てありがとうございます<GM」
弱音ハク(共有者) 「よろしくお願いしますね」
鹿目 まどか(共有者) 「よっろー」
紅きヒゲ(人狼) 「狼引きすぎぃ!?」
スペランカーの独り言 「>GM
村建て感謝」
「◆GM ・昼AAは用法用量を守って
・狐遺言は原則禁止。初日呪殺の時のネタ仕込みは書き換え間に合うなら可
・狼視点で詰んだ場合のみ、早噛み許可」
握り飯(人狼) 「支援のつもりで来たのに
狼か、まぁええか」
ジムの独り言 「・・・また狩人かよ
こんな気分の時に狩人とか・・・」
弱音ハク(共有者) 「基本FOしますが、何かやりたいことはありますか?」
妖夢(人狼) 「最近占い騙り出てないから語りたいかなってくらい」
御坂美琴の独り言 「スレの知識だけで飛び込んだけど大丈夫かしらね」
紅きヒゲ(人狼) 「おう、自慢じゃないが潜伏は弱いぞ」
反省の独り言 「感謝の心を忘れずに皆が楽しめるようなプレイングを心がけたいですね」
佐倉杏子の独り言 「あらまー」
鹿目 まどか(共有者) 「なんもないかなー」
黒子の独り言 「う、えええええ…
狂人ですのぉぉおお…?
無理ですのぉぉぉ……
いくらなんでも二回目で狂人は……無理ですのよぉぉお…」
御坂美琴の独り言 「あ、RPが、よ?」
大門(妖狐) 「狩人日記準備するかー」
紅きヒゲ(人狼) 「んじゃまー、ようむっちに任せるわ>騙り」
弱音ハク(共有者) 「ではFOで
ぬーん」
握り飯(人狼) 「占い騙ろうかなと思ってたら
やりたい人がいるようだから任せる」
紅きヒゲ(人狼) 「んでどうするよ」
「◆GM GMはsariel。ローカルルール書いてるうちに始まるとは思わんかったわ」
握り飯(人狼) 「あ、占い2騙りいくか?」
弱音ハク(共有者) 「指揮役と灰視役分けた方がよさそうですけど、どっちか希望はありますか?」
紅きヒゲ(人狼) 「占い対抗即噛み路線でいいか?」
妖夢(人狼) 「囲い欲しいならどうぞ。とりあえず左右と下は対応」
斎藤一の独り言 「感謝する。>GM」
佐倉杏子の独り言 「無様でもなんでも勝つ。
そういう気持ちで行こう。」
鹿目 まどか(共有者) 「分けなくても良いと思うけど、じゃあ灰をみてるよ」
握り飯(人狼) 「対抗即噛み路線なら2騙りしなくていいか」
佐倉杏子の独り言 「さて。」
黒子の独り言 「…と、とりあえず占いCOでお姉さまに?
いえいえ、様子見で霊能COもアリですわ…」
妖夢(人狼) 「お、おう>作戦提案バラバラ」
上条当麻の独り言 「だって……待ちくたびれたんだもん……>GM」
紅きヒゲ(人狼) 「んー俺は騙らんな、なら握りと妖夢が銃殺対応頼むわ」
握り飯(人狼) 「初日囲いいらん
がんばって切り抜ける」
上条当麻の独り言 「長かった……長かったぞGM!
というか君だったのか村立て感謝」
妖夢(人狼) 「即噛み路線いきますか。あと禁書メンバーも対応用意しておきます」
弱音ハク(共有者) 「では私はメインで指揮やりますね」
黒子の独り言 「占いCOでお姉さま白も捨てがたいですわ……
でも、潜伏しておくのもアリと言えばアリ…」
紅きヒゲ(人狼) 「あいよ」
「◆GM せやな。まじすまんかったわ・・・>該当者」
できる夫の独り言 「今日は久しぶりにテーマを決めてきたんですよ。今回のテーマは手札。
手数と言ってもいい。せこせこと使える手札をかき集めることを優先しつつ
動いていこうと思います。」
鹿目 まどか(共有者) 「はーい」
ジムの独り言 「・・・晩飯時なのは分かるけどよ・・・
もうちょい長時間待ってる面子への礼儀くらい見せろよな・・・」
上条当麻の独り言 「最近緑のヒゲとして接するかアリスとして接するか
悩んでますsarielさんは」
握り飯(人狼) 「ん、じゃまぁ任せたぜ」
弱音ハク(共有者) 「個人的に指揮出すのは一人いれば十分と考えているので、
分けたくなってしまうんです 分業なのです」
紅きヒゲ(人狼) 「●貰ったら・・・」
できる夫の独り言 「初日吊り?初日吊りはね。運命なんだ。」
妖夢(人狼) 「145目安で化mう」
黒子の独り言 「…ひとまず潜伏でいきましょうか。
様子見て霊能COで行きますわ。」
反省の独り言 「なんだかはじまっていなかったので入ってみましたが」
弱音ハク(共有者) 「ではお願いします」
紅きヒゲ(人狼) 「まぁ大人しくつられようか」
反省の独り言 「どうせ17人フルなのだからフルで出来たほうが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
佐倉杏子 は できる夫 を占います
妖夢 は GM に狙いをつけました
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
できる夫 「おはようございます。ではでは、占いCOを頼みますね。」
握り飯 「おはよー」
ジム 「オラCOある奴さっさとCOしろ」
反省 「おはようございます。早朝待機ですね。投票は130を目安に気をつけると突然死が無くていいですよ。
本日の流れは初日●、或いは○展開、所によりフルオープン、ないし霊能ローラー展開となるでしょう。
それでは、一日頑張っていきましょう。」
大門 「さぁーパズルタイムの始まりだ」
紅きヒゲ 「おっすオラヒゲ!いっちょ上条吊りやってみっか!」
弱音ハク 「おはD
野球見たいんでさっさと終わらせましょう」
妖夢 「占いCO。テルヨフ◯」
御坂美琴 「おはよ」
スペランカー 「おはよう。
ゴンドラから一歩……ティウンティウン」
鹿目 まどか 「おはよー」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
佐倉杏子 「占いCO!できる夫は○!」
妖夢 「理由
東方つながりです。あと右だし。隅だし。」
斎藤一 「悪・即・斬、それが俺たちがただ一つ共有した真の正義だったはず。」
できる夫 「早寝早起きこそ……!!健康の秘訣っ」
テルヨフ 「おやすみ。>妖夢」
大門 「40」
上条当麻 「占い2でいいのかこれ?」
弱音ハク 「2CO 霊能共有」
佐倉杏子 「理由
夜にプロフィールみたらさ、こいつ無言なんだよ、
無言のできる夫ってこえーじゃん?
不審だから通報もんかなって。」
黒子 「おはようございますの」
握り飯 「占い1人か?
そしてヒゲ朝一で大声出すな」
弱音ハク 「◇佐倉杏子 「占いCO!できる夫は○!」」
紅きヒゲ 「上条頼むよー吊られて遺言でヒゲに吊るされて不幸だー!って書いてくれよー」
ジム 「あんだけ長時間待ってた上条を初日から吊るとか
鬼かテメェは>紅きヒゲ」
反省 「人によってはパズルが好みの人もいればマインスイーパが好みの人も居る
どれだって楽しめればいいと思いますよ<大門さん」
佐倉杏子 「じゃ、霊能共有はよろしく」
スペランカー 「ま、霊能と共有も出れば良いと思うよ。」
大門 「2COで○進行だな、霊能と共有もCO頼むぜ」
上条当麻 「しょっぱなから誘導とかやめよう!なっ!
というわけで俺も全力でおまえに誘導してやるぜふーはははー!>ヒゲ」
握り飯 「杏子、お前は大声出せ」
鹿目 まどか 「もっと大きな声で
だめだめそんなんじゃ聞こえない
もとあつくなれよおおおおおおお>杏子ちゃん」
できる夫 「2CO確認です。杏子さんは大声でしていただけるとありがたいですね」
妖夢 「そう言うとおもった…>テルヨフ
しかし対応の難易度とかからすると隅、それが安定なので」
弱音ハク 「出ますね 共有CO 相方生存」
ジム 「ンで占いは2CO・・・霊能と共有は誰だ?」
御坂美琴 「んー、あの馬鹿を初日から吊ると村が賑やかじゃなくなりそうだから嫌だなー」
斎藤一 「阿呆が、さっさと出るんだな。」
上条当麻 「まぁ霊能と共有出してグレランでいいんじゃね?
2-2なら霊能ロラるけどな。うん。」
鹿目 まどか 「共有CO」
妖夢 「黒でも銃殺でも永眠でしたが」
握り飯 「霊能いないのか?」
反省 「◇できる夫 「YESロリータNOタッチ、それが俺たちがただ一つ共有した真の正義だったはず。」
まったくできる夫ってやつはひどいですね。」
スペランカー 「霊能初日らしいね。」
大門 「まぁーそんなに声のサイズで目くじら立てるなよ(汗」
紅きヒゲ 「上条とヒゲCPが成立してしまうから
そろそろ撤回しとくか?うん?>上条」
上条当麻 「なんというか霊能出てこないあたりが
ものすごく不穏なわけでせうが……?」
妖夢 「…霊能が見当たらない…」
佐倉杏子 「ああ、明日から大声でやるよ。
なんとなく普通文字にした、気分だ」
弱音ハク 「それではグレランしますね」
できる夫 「ホントをワタシを見て欲しいなって。まあ、ただ忘れただけなんですが>杏子さん」
テルヨフ 「狼とか狐とか就職じゃないの・・・お断りよ。>妖夢」
大門 「お、霊能COないならそうだろうなと思うぜ>スペランカー」
上条当麻 「なんて嫌な撤回理由だ……>ヒゲ」
斎藤一 「フン、初日か…。相変わらず無駄な仕事ばかりする。」
スペランカー 「私より先に死ぬとは、なんとも貧弱な奴だ>霊能」
御坂美琴 「熱血キャラの鹿目さんってレアなものみれたわね」
反省 「2-0-2で霊能初日と。占いに真が居て狩人も生きてるならいいんじゃないですかね。
ただ生きていた場合は遺言に仕込んでおいてくださいね<霊能」
紅きヒゲ 「あーんと・・・?見難いが占い3でいいんかこれ?」
ジム 「霊能は出ねえと
初日なら占いは真混じりって考えりゃいい
占いはまあ●なり呪殺なり狙え、こっちはグレランで人外を狙う」
佐倉杏子 「じゃ初日霊能と、無駄占いないし、普通に灰つめてくれな」
妖夢 「まあ狩人生存ならば私を守っていただければ。
従者なのに守ってもらうのもアレですが」
握り飯 「初日霊能の様子だな
それなら占い確定してるのはいいが
村少ないことになるからな」
上条当麻 「佐倉杏子と妖夢だから2じゃね?占いは>ヒゲ」
反省 「今出られても処刑されるので、霊能は出ないでください。頑張って噛まれるかLWになった瞬間に颯爽と名乗り出てください。」
斎藤一 「まあいい、何時だってやることは一つのみだ。」
できる夫 「ちっちっちっ……ロリコンというのはただたまたま好きになった女の子が年下だった
不遇の男性をさす言葉ですよ>反省さん」
黒子 「占いは2では?>ヒゲさん」
紅きヒゲ 「ああ、ハクが大声で言っててくれてるのか
占い2ね、オッケーヒゲ把握しました」
大門 「霊能初日で○進行なら悪くない感じだよな
真狂の場合は囲いないかぎりは真偽ついてないだし」
御坂美琴 「上条×ヒゲ…
逃げ腰の上条をキノコの菌の如くヒゲが増殖して回りこむ!」
スペランカー 「2COだと霊能初日にもメリットがあるけど、村役職が減るというデメリットと併せると、結局良いのか悪いのか微妙なところ。
考えること少なくなるという村の負担が減るってのはあるけどね。」
反省 「斉藤さん。」
佐倉杏子 「というわけでガンガン、人外狙っていいわけだ。
●引いたらキープ路線もありだな、残狼数わかんねーし
ま、私噛まれたら村頑張れ。」
斎藤一 「紅きヒゲ!その首、貰った!」
妖夢 「対抗1らしいので、仮に狂人潜伏ならそこら縄ないように気をつけないと…
全潜伏なら、●弾ける確率あがる」
御坂美琴 「んー、なしね。
即興で作れる人はホント尊敬するわ」
上条当麻 「霊能いないなら占いと狩人が仕事すればいいと思いますですよ俺は
というかそうしてくれなきゃ勝負にならないからな、うん。
つまり役職仕事しろ」
紅きヒゲ 「だって見えなかったし!ハクが占いかと思ったし!>黒子・上条」
斎藤一 「何だ。>反省」
ジム 「・・・なんか霊能に拘るな
今そこまで必要に意識する事か?>反省」
上条当麻 「御坂はいきなり何をいっているんでせうか……」
大門 「○進行ってのが重要だと思うぜ>スペランカー」
握り飯 「対抗狂人かんがえねぇの?>妖夢」
佐倉杏子 「守る守んねーは任せるよ。頼んで護衛してくれるもんでもないしな。
それより生き延びろ、狩人は。」
紅きヒゲ 「せやな>上条

おう、おれのヒゲならくれてやるよ>斉藤」
反省 「◇できる夫 「◇斉藤一 「YESロリータNOタッチ、それが俺たちがただ一つ共有した真の正義だったはず。」
これを、みてください」
できる夫 「初日霊能なら占いに真がいることは確定っと。ならばそのように。噛まれた時は
割と超、超頑張らないといけないですが、なに、意気込みがあれば十分ですよ」
握り飯 「霊能いない以上
そこ考えてもしょうがない
グレランしてこーぜ」
紅きヒゲ 「俺のヒゲはキャストオフできるからな・・・」
大門 「役職に頼り切ってるじゃねーよ>上条」
黒子 「お姉さま…?私の知ってるお姉さまじゃありませんのよ…」
御坂美琴 「むしろ明日以降に言ったほうが怖いと思わない?」
佐倉杏子 「私が抜かれた時、生き延びてる、それだけで随分違う。
生き延びるだけで役に立つのが狩人さ」
妖夢 「ああ、狂人潜伏と全潜伏って別物じゃにあですか>握り飯」
できる夫 「言ってねぇっ!?>反省さん」
握り飯 「クーリングオフはないのか?>ヒゲ」
反省 「村人たちは占いの内訳について考える必要はまだ無いと思います。
なので適度に遊びつつグレーを眺める感じでいいと思いますよ。」
ジム 「・・・あるからな、せっかく狩人生存がほぼ確定してる状況で
初日っから狩人吊りとか
ああいう無念の狩人とか産み出すの、俺はものすげえ嫌だ」
斎藤一 「捏造だろうが、今の今まで見逃していたのは事実だがな。>反省」
御坂美琴 「やーね、貴方の知ってる御坂美琴で間違いないわよ>黒子」
鹿目 まどか は 上条当麻 に処刑投票しました
紅きヒゲ 「茸パワーは上条のそげぶパワーを打ち破る事ができるのか!こうご期待!>御坂」
スペランカー 「◇反省 「◇できる夫 「◇斉藤一 「YESロリータNOタッチ、それが俺たちがただ一つ共有した真の正義だったはず。」
これを、みてください」
ロリータという文学作品を肯定。タッチというマンガを否定。
つまりできる夫はインテリだったんだよ!(キバヤシ風」
反省 「あなたは言ったはずだ<できる夫
◇できる夫 「ちっちっちっ……ロリコンというのはただたまたま好きになった女の子が年下だった
不遇の男性をさす言葉ですよ>反省さん」」
上条当麻 「霊能いない状況で自分の直感を信じると得てして
「自分の中での定義した役職」のムーブに外れた奴から吊り殺す村になるからな。
要するにそれでもいいならそうするけどさ>大門」
妖夢 「まあ粛々と、どうにか噛まれなければ。霊能初日ならば
狩人のプレッシャーは狼にかかります」
ジム 「占いの内訳なんか今日の時点で
即推察できるモンでもねえだろ
明日以降だ、明日以降」
握り飯 「な、なんだって!?>スペランカー」
紅きヒゲ 「返却不可です>握り飯」
佐倉杏子 「対向の中身がなんであれ。対向狐を除外すれば
私の灰にいるのは3W1Kか2W1K1狂だよ」
黒子 「お姉さま…(疑いの目)>美琴お姉さま」
大門 「それ言う奴は狩人を気にしないで投票するぜってことだからな
村目にならないからガンガンつりだ>ジム」
握り飯 「なんだと・・・>ヒゲ」
上条当麻 「人狼より先にロリコンを駆逐するべきじゃないかなこの村は……
あと妄想族。」
斎藤一 「犯罪でないなら、手を出す必要はない。」
テルヨフ 「初日からここまで発言引用が飛び交うことがあるだろうか。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
斎藤一 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
御坂美琴 は 反省 に処刑投票しました
大門 は 上条当麻 に処刑投票しました
弱音ハク は 黒子 に処刑投票しました
握り飯 は 黒子 に処刑投票しました
黒子 は 弱音ハク に処刑投票しました
スペランカー は ジム に処刑投票しました
妖夢 は 黒子 に処刑投票しました
上条当麻 は 御坂美琴 に処刑投票しました
「◆GM あ。投票時間は2:00目処で。まずい場合の延長は対応します」
テルヨフ は スペランカー に処刑投票しました
反省 は ジム に処刑投票しました
ジム は 反省 に処刑投票しました
できる夫 は 大門 に処刑投票しました
紅きヒゲ は 黒子 に処刑投票しました
佐倉杏子 は 大門 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
上条当麻2 票投票先 1 票 →御坂美琴
黒子4 票投票先 1 票 →弱音ハク
妖夢0 票投票先 1 票 →黒子
テルヨフ0 票投票先 1 票 →スペランカー
ジム2 票投票先 1 票 →反省
できる夫0 票投票先 1 票 →大門
紅きヒゲ1 票投票先 1 票 →黒子
佐倉杏子0 票投票先 1 票 →大門
スペランカー1 票投票先 1 票 →ジム
握り飯0 票投票先 1 票 →黒子
斎藤一0 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
弱音ハク1 票投票先 1 票 →黒子
大門2 票投票先 1 票 →上条当麻
鹿目 まどか0 票投票先 1 票 →上条当麻
反省2 票投票先 1 票 →ジム
御坂美琴1 票投票先 1 票 →反省
黒子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
握り飯(人狼) 「なんで0票?」
鹿目 まどか(共有者) 「初日霊能を狩人生存と結びつけたのがグレーに二人
反省と上条当麻


この二人を吊りたいけど黒子吊りになってるだろうね」
反省の独り言 「仲良く2票貰いっと。ジムさんとらぶらぶですね。黒子さんはお疲れ様でした」
スペランカーの独り言 「寡黙吊ったーってことは、これ役職だよりの手段だなー、と。」
妖夢(人狼) 「んー。銃殺対応文作るので、噛み先とうはお二人で」
反省の独り言 「2 日目 ( 1 回目)
上条当麻 2 票 投票先 → 御坂美琴
黒子 4 票 投票先 → 弱音ハク
妖夢 0 票 投票先 → 黒子
テルヨフ 0 票 投票先 → スペランカー
ジム 2 票 投票先 → 反省
できる夫 0 票 投票先 → 大門
紅きヒゲ 1 票 投票先 → 黒子
佐倉杏子 0 票 投票先 → 大門
スペランカー 1 票 投票先 → ジム
握り飯 0 票 投票先 → 黒子
斎藤一 0 票 投票先 → 紅きヒゲ
弱音ハク 1 票 投票先 → 黒子
大門 2 票 投票先 → 上条当麻
鹿目 まどか 0 票 投票先 → 上条当麻
反省 2 票 投票先 → ジム
御坂美琴 1 票 投票先 → 反省」
握り飯(人狼) 「これは役目見られて占い噛んだら
俺吊りになる流れだな」
弱音ハク(共有者) 「御坂美琴が霊能に全く突っ込んでないなー」
大門(妖狐) 「おーこいつは票割れしてるな」
紅きヒゲ(人狼) 「圧倒的ヒゲ力、これは楽しい」
鹿目 まどか(共有者) 「たぶんほぼ素村吊り」
御坂美琴の独り言 「黒子ぉー!?」
反省の独り言 「霊界にいる黒子さんの為に今日は投票の見方を解説します」
弱音ハク(共有者) 「黒子は単純に薄いですからね
霊能見れないなら頑張って人外吊りにいって狩人だったーってのも悲しいし」
御坂美琴の独り言 「あんたが私より先に逝っちゃだめでしょう…」
鹿目 まどか(共有者) 「狐か潜狂はあるかもくらいだね」
紅きヒゲ(人狼) 「役職ねぇ・・・まぁ妥当に上条辺りかんどきゃって気もするが」
反省の独り言 「まず、霊能が居ない場合に特に注意すべき点は占い師の投票先と暫定○の投票先です」
紅きヒゲ(人狼) 「まーあれか、対抗噛み行けるかねー」
佐倉杏子の独り言 「ふーん」
弱音ハク(共有者) 「人外吊れた期待はしていない」
握り飯(人狼) 「いったん共有抜くか?
それとも灰広いことで対抗即噛み?」
反省の独り言 「理由として、占い候補に狼が居た場合にその投票材料になりえること。同様に暫定○に囲われ狼が居た場合の材料にもなるので、」
弱音ハク(共有者) 「後個人的に霊能初日即言えるならスペランカーは放置でいいかと」
握り飯(人狼) 「まぁ、妖夢が信用勝負したいとかあるなら
俺はかまわねぇけどな」
妖夢(人狼) 「噛み案、後半担当の貴方方の意志にしたいがいますから」
弱音ハク(共有者) 「反省はなんか持っていそうなので占いが気になるところです」
鹿目 まどか(共有者) 「ともあれ、反省と上条当麻は殺そう」
紅きヒゲ(人狼) 「んー銃殺ださなきゃ、別段対抗噛みじゃなくてもいけそうだが」
ジム は 佐倉杏子 の護衛に付きました
佐倉杏子 は 握り飯 を占います
御坂美琴の独り言 「上条当麻 2 票 投票先 → 御坂美琴

あと、この馬鹿は許しちゃだめでしょ」
鹿目 まどか(共有者) 「出来るだけ苦しむような方法で殺そう」
大門(妖狐) 「これー微妙だな」
スペランカーの独り言 「んー、グレーそれっぽいのなぁ。
大門とかジム辺りは見ないとなぁ。」
紅きヒゲ(人狼) 「霊能いねぇからな・・・
共有噛みでもいいぜ>霊夢」
弱音ハク(共有者) 「何この娘怖い」
反省の独り言 「妖夢 0 票 投票先 → 黒子
佐倉杏子 0 票 投票先 → 大門
できる夫 0 票 投票先 → 大門
テルヨフ 0 票 投票先 → スペランカー

よーむは狩人を生かそうとしているので無役狙い吊り。
一方の佐倉は発言をしているところも積極的に狙ってますね。」
握り飯(人狼) 「誰が役目とかわかんねぇな」
紅きヒゲ(人狼) 「それがいやなら上条辺りかな」
大門(妖狐) 「妖夢と杏子で真あるとすると」
握り飯(人狼) 「霊夢ちゃうぞ>ヒゲ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
妖夢 は 弱音ハク に狙いをつけました
弱音ハク は無残な姿で発見されました
(弱音ハク は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
弱音ハクさんの遺言 共有CO相方鹿目まどか。

この相方怖いんですけど
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
鹿目 まどか 「美琴ちゃんに投票する上条さんとかつってしまえばいいとおもいまーす」
斎藤一 「住居不法侵入、軽犯罪法違反、迷惑防止条例違反、そんなところだろう。

上条当麻 2 票 投票先 → 御坂美琴
これをどう見るかだが…、発言からある程度納得ではあるか。」
佐倉杏子 「占いCO!握り飯は●!
できる夫 「グッドモーニング。冤罪を被せられる方、できる夫です。」
大門 「◇佐倉杏子(111)  「対向の中身がなんであれ。対向狐を除外すれば
私の灰にいるのは3W1Kか2W1K1狂だよ」

この発言が偽っぽいかなって思うだよな、無理やりひねり出す的な感じがするだ」
テルヨフ 「zzz・・・。」
スペランカー 「おはよう。」
ジム 「さってとー 今日は呪殺なり●なり出てるんかねーっと?

読み返してみたら黒子は・・・まあ吊られる感じではあったな」
御坂美琴 「おはよ」
反省 「紅きヒゲさんと上条の絡みがちょっと不審ですね。
大門ー紅きヒゲラインか上条ージムラインでしょうか。」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
紅きヒゲ 「ヒゲよう!これは新しく考えたヒゲ用語だ!しっかり使うがいい!」
佐倉杏子 「理由
握り飯(64)  「初日霊能の様子だな
それなら占い確定してるのはいいが村少ないことになるからな」
確定○が少ないってだけだな、というツッコミとともに
対向狂人考えないの?って自分でツッコんで
即つぎの発言でそこ考えねーのって何かなと」
妖夢 「占いCO。大門◯」
握り飯 「おはよー
上条に2票入ってるのかが謎だな
そこ即吊りにいっていい位置とはおもえねぇな

杏真見難いかな、この状況だと
護衛ほしがるもんだろ、偽目だな

と考えてたら共有噛まれてるのか」
御坂美琴 「これについて申し開きはあるかしら?

上条当麻 2 票 投票先 → 御坂美琴」
スペランカー 「信頼やりたいって噛みですねー>共有噛み」
上条当麻 「内訳に関してだけど真混じり想定だろ?
霊能は初日臭いからな。
でまぁ即噛みなら両方あり得るが4昼くらいまで
放置されるなら真狼想定で見るかなぁ。

と言うかむしろ信用勝負してくれる方が楽なんだけどな。
どっちが真か、で見極めればいいからさ。
銃殺出た時の速度なり理由なりも考慮できるし。
占い即抜きだと真狂だったら?とか発言だけで真贋見極めるのだるいし。」
妖夢 「理由
◇大門(71)「霊能初日で○進行なら悪くない感じだよな
真狂の場合は囲いないかぎりは真偽ついてないだし
割かし、役もちに見えましたね。視点漏れの類の。
あと、発言稼ぎっぽいのが多めと見受けられました
2票ですが、ばらけてますし、占います。」
鹿目 まどか 「吊る吊る。握り飯超吊る」
佐倉杏子 「ま、占い理由のまんまだよな、キープでもいいぜ?」
斎藤一 「…ほう、仕掛けるなら佐倉杏子側と見るがな。」
上条当麻 「でまぁ白井吊りは……霊能いないからわからんが
あんまり期待できる吊りじゃないとは思うぞ共有投票してるし。
役ないけど人外ない位置だろそこ。

村人は遊んでいていいという論述から
自分が一番遊んでいるから村に見ろという高度な村アピなのか
もしかして反省の言いたいことは……。
正直遊んでるから村論理を大幅に適用すると見ていて虚しい村になるぞうん>反省」
握り飯 「COないで~」
大門 「え、俺とヒゲラインってヒゲは上条殴ってたけども
投票してないぞ>反省」
佐倉杏子 「そこ狼超納得いくべ?>まどか」
紅きヒゲ 「はーふん、●っと
んじゃCO聞いて今日もさくさくっとね」
鹿目 まどか は 握り飯 に処刑投票しました
ジム 「って、いきなり共有噛み?
随分と弱気な噛みじゃねえか
占いを噛みにも来ない、狩人探しの噛みでも無い」
できる夫 「占いが噛まれないならまあそこでしょうねーと思いきや。●、●ですよみなさん。
これはCOを問う感じですね。」
鹿目 まどか 「皆で握り飯食べるよー」
スペランカー 「握り飯のCOないらしいんで、吊って明日行きましょう。」
上条当麻 「でなんか●出てCOなしいうなら
バランス理論で●吊りすればいいんじゃねーか?
真混じり確定(霊能初日理論)なわけで」
妖夢 「霊能がいないと知るやいなら●投げですか…
COはないらしいので、すいませんが」
御坂美琴 「海苔に包まれた握り飯をぱくぱくむしゃむしゃもぐもぐしましょう」
反省 「すいません、こういうラインのことです<大門
ヒゲ×大門
上条×ジム」
テルヨフ 「美味しくないとやだから。」
できる夫 「わーい^^。私は塩おにぎり派です」
ジム 「晩飯さっき食ったばっかなんだけどなー(棒>まどか」
大門 「いやいや、キープの意味ないだろう、狐候補が黒子だけだし
ここは●吊りおせよ>杏子」
佐倉杏子 「灰の狼数わかんねー状態だけど
共有噛みなら対向狼だといいなー」
紅きヒゲ 「んぁ?別段俺は上条殴ってるわけじゃねーけどな?
ただ単にじゃれあってるだけであって・・・これが恋の予感!?」
握り飯 「共有噛んでるのが謎いけどな」
反省 「順序って大事な点だと思いますね。
それで握り飯●は狂人だと打ち辛いので佐倉真狼想定へ格上げ」
佐倉杏子 「だってさー。」
上条当麻 「正直反省のいうラインってホモォ的な意味か殴り合い的な意味か判断できねえ……」
大門 「なぐるぞwww物理的にwww>反省」
ジム 「×って表現使うんじゃねえよ!!!>反省」
鹿目 まどか 「大丈夫だよ>杏子ちゃん>KP」
妖夢 「噛みは共有。私が銃殺出すの怖くないんですかね」
紅きヒゲ 「え?俺大門となんかあったっけ?>反省」
スペランカー 「占い噛まれるまで詰めて行けば良いとしか思わないしなぁ。」
反省 「恋の鞘当として大門を間にはさんで見ました<紅きヒゲ」
佐倉杏子 「別に信用で負ける気ないもの。>大門」
上条当麻 「ほんとやめて!
なんか御坂が2昼から暴れたせいかそういうふうに見えるんだけど!

そういうのもういやなの!と言うかおまえも乗ってんじゃねえ!
そんな恋はありえねえから!>ヒゲ」
斎藤一 「握り飯の発言は追っていない、よって判断は任せる。
上条当麻投票者は共有者とその他一名。
吊り難いのは十分承知なはずだ、そこまでの疑いどころではない。」
御坂美琴 「んー。ヒゲ×大門?
大門のことよく知らないからなんとも言えないなぁ」
佐倉杏子 「問題はつりきっちゃうのが怖いだけでー」
スペランカー 「昨日の寡黙の黒子吊りってのも役職仕事させようの一環だと思うし。」
反省 「目と目が合う~」
紅きヒゲ 「上条さん割と中心に話してたから
大門みてなかったわー、わりと見て無かったわー(棒」
妖夢 「まあ今日の反応をみて、なんとか探しましょう…」
反省 「瞬間~」
鹿目 まどか 「相方噛みってことは、信頼勝負っぽい。だからKPとか不要。
仮に真狂で様子見って言う選択肢だとしても、狼が初日に吊れてたら余裕がありすぎる」
御坂美琴 「というか私、あの馬鹿に信じてもらえなかったのと、黒子がつられちゃったのでショックだわー」
ジム 「まあさておき今日の吊りは握り飯で確定・・・と
他の連中もきちっと見ていかねえとな」
大門 「今日、霊能COもないから霊能初日確定で共有噛みだからな>杏子」
斎藤一 「そう考えると握り飯の朝一発言は胡散臭くはある、か。」
できる夫 「まあ、ぶっちゃけそういう感じですよね。もしも、占いが噛まれたりしたら
今まで考えていたことで殴り合う村に変貌しますが>スペンラカー」
紅きヒゲ 「おい、挟むなよ
挟むならカラシレンコンにしてくれ>反省」
上条当麻 「ちなみにヒゲに関しては2昼に勢いで誘導されたから投票するつもりだったけど
本人が誘導やめるって明言したし投票しなくていいかって思って投票変えた。

腐った妄想する御坂が怖かったので投票した、反省はしていない。
大体こんなとこだぞ。」
佐倉杏子 「じゃあようやくすると
占いA
占いBといました

占いBに対して握り飯は
握り飯(85)  「対抗狂人かんがえねぇの?>妖夢」
こういいました」
鹿目 まどか 「だから、まだ3W生存か、杏子ちゃん視点で対抗狼っぽいからKPとかする必要なんか無いよ」
御坂美琴 「目と目が遭う瞬間隙ありだときづーいたー」
反省 「狼初日吊りは無いと思うよ<まどか
だって妖夢と握り飯とヒゲが投票してるから」
妖夢 「喋って喋って。そして人外はボロを出して切られて。」
ジム 「んーまあ、杏子の占い理由は納得いくしな」
佐倉杏子 「つぎの発言がこうです」
佐倉杏子 「握り飯(90)  「霊能いない以上
そこ考えてもしょうがない
グレランしてこーぜ」」
反省 「ケツからカラシを入れろ、か。さすがヒゲだ。上級者過ぎてついていけねぇよ」
上条当麻 「でまぁちなみにこうなると占い真狼っぽくて
反省が潜伏狂人有りそうだなとかふと思った(小並感」
握り飯 「俺見てないのに
俺の朝一胡散臭いとか
もうちょっと見てくれよ>斉藤」
佐倉杏子 「考えてもしょうがないことを訝しむって変でしょう。と」
紅きヒゲ 「まぁ●吊ってGOじゃね?
霊能真なら占いどっちか真なんだろうし
銃殺期待って事でな(ホジホジ」
斎藤一 「ただ、灰との繋がりが見えるかと言われればそうでもないか。」
御坂美琴 「謎理論の応酬で頭痛いので、私はスペランカー×上条を推し進めることにします」
上条当麻 「真狂で共有噛み……あるかなぁ。7:3で狼混じり想定してるんだが。
とか適当にいっておこう。」
佐倉杏子 「というわけで霊能いないので○作りとか考えないでひたすら狙います
ひたすら狙うのです」
大門 「杏子が的確だな」
反省 「その点反省さんは素晴らしいと思います。
◇反省(67) 「今出られても処刑されるので、霊能は出ないでください。頑張って噛まれるかLWになった瞬間に颯爽と名乗り出てください。」
◇反省(60) 「2-0-2で霊能初日と。占いに真が居て狩人も生きてるならいいんじゃないですかね。
ただ生きていた場合は遺言に仕込んでおいてくださいね<霊能」
潜伏霊能の可能性を踏まえた上でそれを封殺しにかかっているので。」
握り飯 「あと杏ないわ~
君視点俺狼なのに今も殴ってるとかないわ~」
テルヨフ 「言葉に牙でいぶかしむ・・・そこまで強い言葉かしら?」
紅きヒゲ 「とりま寡黙目吊りって所だろ?>黒子吊り

つーか上条初手投票とか面白そうなんけどね!」
できる夫 「信頼勝負って考えるのも早計だと思いますけどね。」
鹿目 まどか 「上条当麻君と反省君が人外だと思いまーす」
ジム 「霊能真なら、じゃなくて
霊能不在なら、の間違いだろ・・・>ヒゲ」
上条当麻 「誰か御坂止めて!マジで止めて!ほんと止めて!」
斎藤一 「阿呆が…。>反省」
妖夢 「そりゃあ責めるつもりで●出ししたのでしょうに。
的確というか」
紅きヒゲ 「自我自賛!?>反省」
上条当麻 「俺とスペランカーとか誰得だよマジで!」
反省 「握り飯狼ベースならほぼ真狼だからあと一つ探せばいいので<御坂」
佐倉杏子 「そっかーないかーそっかー」
握り飯 「上条がんば」
大門 「腐海って広がるだぜ>上条」
紅きヒゲ 「んぁ?」
できる夫 「そこを超えてこそ……真実の愛が」
反省 「ドヤァ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
斎藤一 は 握り飯 に処刑投票しました
佐倉杏子 は 握り飯 に処刑投票しました
ジム は 握り飯 に処刑投票しました
大門 は 握り飯 に処刑投票しました
スペランカー は 握り飯 に処刑投票しました
テルヨフ は 握り飯 に処刑投票しました
妖夢 は 握り飯 に処刑投票しました
上条当麻 は 握り飯 に処刑投票しました
反省 は 握り飯 に処刑投票しました
握り飯 は 佐倉杏子 に処刑投票しました
できる夫 は 握り飯 に処刑投票しました
御坂美琴 は 握り飯 に処刑投票しました
紅きヒゲ は 握り飯 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
上条当麻0 票投票先 1 票 →握り飯
妖夢0 票投票先 1 票 →握り飯
テルヨフ0 票投票先 1 票 →握り飯
ジム0 票投票先 1 票 →握り飯
できる夫0 票投票先 1 票 →握り飯
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →握り飯
佐倉杏子1 票投票先 1 票 →握り飯
スペランカー0 票投票先 1 票 →握り飯
握り飯13 票投票先 1 票 →佐倉杏子
斎藤一0 票投票先 1 票 →握り飯
大門0 票投票先 1 票 →握り飯
鹿目 まどか0 票投票先 1 票 →握り飯
反省0 票投票先 1 票 →握り飯
御坂美琴0 票投票先 1 票 →握り飯
握り飯 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅きヒゲ(人狼) 「んー、これ占い噛めなくなったなぁ」
妖夢(人狼) 「ちと占いの目がいいな」
鹿目 まどか(共有者) 「杏子ちゃん真にしか見えないんだけどどうしよう」
妖夢(人狼) 「握り飯さんはお疲れ様です」
斎藤一の独り言 「ジムは吊るか。」
鹿目 まどか(共有者) 「みょんちゃん真のケースで取り返しがつかないぞこれ」
ジムの独り言 「・・・んー・・・」
紅きヒゲ(人狼) 「狂人が潜伏なのかね?
これで明日霊能出たら、わりと狂人初日だけどもさ」
御坂美琴の独り言 「杏子は真っぽいとは思うけど信用はしたくない」
反省の独り言 「スペランカーは一旦放置かな。グレラン展開なら吊るし上げるけど」
妖夢(人狼) 「うーん。狂人潜伏dすかね」
反省の独り言 「こーなると真狂のよーむ狂人か真狼の佐倉狼かとなるわけだけど。」
ジム は 佐倉杏子 の護衛に付きました
佐倉杏子 は ジム を占います
御坂美琴の独り言 「ただ、妖夢が真っぽいか?と言われれば極めて疑問符」
鹿目 まどか(共有者) 「スペランカーはいいや」
妖夢(人狼) 「まあスペランカー●投げ…で」
御坂美琴の独り言 「狂狐だな(確信)」
紅きヒゲ(人狼) 「わっかんね、ただ明日霊能が出ないなら
狂人潜伏って程度だな、まぁそこはどうでもいいや」
妖夢(人狼) 「というか吠えオチすぎて」
紅きヒゲ(人狼) 「ういよ、まぁ○投げてもいいし
好きにしたらええねん、俺●が来たら
対抗視点で飼いやろしな」
紅きヒゲ(人狼) 「 
反省の独り言 「あ、この辺の想定は適当です」
紅きヒゲ(人狼) 「霊能居ないから、押さえって考えもあるんじゃね?噛みは任せる」
ジムの独り言 「日記書いてると発言読み返すヒマが無くて困る
決断力が足らんな・・・」
反省の独り言 「共有噛み=信頼勝負に見せたい狼?
に見せかけた護衛外しも見えるので」
紅きヒゲ(人狼) 「役目がわからん・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
妖夢 は テルヨフ に狙いをつけました
テルヨフ は無残な姿で発見されました
(テルヨフ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
テルヨフさんの遺言 杏子の真が揺らぐ。
共有が噛まれなかったことに触れず、信頼勝負前提の狼騙りのように見える。
妖夢はそれにくらべると自信がなさそうに見える。信頼前提なら狼っぽくない。
私は村人。就職なんて絶対にしないわ。
握り飯さんの遺言 煮込めよ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
大門 「なんだろな、●への反応が薄い連中多くて判断しにくいな

ジム スペランカー てるよ 吊ればって感じだな」
斎藤一 「随分といい●だ、情報がほぼ出ない。
それでいて説得力はある程度ある、そういう結果だ。

だが、それ以外の○が然程妙な発言はしていない。
囲いの可能性は少なく、人外悪は灰にいるんだろう。」
佐倉杏子 「占いCO!ジムは○!」
御坂美琴 「おはよ」
妖夢 「占いCO。スペランカー●」
ジム 「・・・俺的に、占いは杏子のがやや真寄りってトコかね。
妖夢の発言はなんかこう、どことなくわざとらしいっつーか
◇妖夢 「噛みは共有。私が銃殺出すの怖くないんですかね」
◇妖夢 「喋って喋って。そして人外はボロを出して切られて。」
ここいらの謎アピール感が胡散臭い・・・」
御坂美琴 「すぐにライフが減るスペランカーと不死身の如く上条の相性は抜群!
スペランカーは生命力の源を知るために、上条尻に襲いかかるのであった…
イマイチ。25点ね」
できる夫 「グーテンダーク。ロリコンではない年下好きなほう。できる夫です。」
スペランカー 「おはよう。」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
斎藤一 「そうだろうな。」
紅きヒゲ 「ヒゲよう!上条は・・・ウニよう!?」
妖夢
理由
初手で票あんまもらってない位置で、
◇スペランカー 「昨日の寡黙の黒子吊りってのも役職仕事させようの一環だと思うし。」
割りと共有噛みに関して、信頼勝負?という発想が早めに出てきて、
前の吊りに言及多めで。」
佐倉杏子 「理由
初日に比べての発現量、質の低下
ついでに夜見てた内容が吊られた人
ジム(65)  「まあさておき今日の吊りは握り飯で確定・・・と
他の連中もきちっと見ていかねえとな」
吊り先だけきにして、本気で灰を探したいように見えない」
鹿目 まどか 「じゃあ,スペランカーさんつりでも良いや」
スペランカー 「COないです。」
反省 「割と真狂に見えるんですけどね。」
紅きヒゲ 「あー・・・占い真と霊能初日が脳内で混じったくさいな
って事で昨日の突っ込みたいしてはその程度でオナシャス>ジム」
上条当麻 「握り飯の投票を見たがまぁ白井投票と
白井が非狼ってくらいしかわからんな、佐倉杏子視点だとさ。
というか多分妖夢視点でもそこ非狼だろうし本当に増えないな情報は。

とりあえず真混じりな以上バランス理論で吊っておけばいいはず。
というか●出るならの話だが。出ないならグレー吊りでいいでせうこれは。」
スペランカー 「じゃあ、私吊って明日。」
大門 「てるよ噛みのジムに○、そんでスペランカーに●ってなんだこれ」
できる夫 「とりあえず昨日の状況で推察できることは。
テルヨフさんが囲い、という可能性はまず消えるでしょうね。
そしたら即チャレか狩人狙いの灰噛みを選択するでしょうし。
って言ってたら噛まれるというね。」
ジム 「・・・テルヨフ噛み?
んで今度は妖夢の方から●か」
上条当麻 「まーあれだ。気にかかるのはジムかな?
ジムの思考だと「占いを探さず、狩人探しでもない噛みは弱い」
という発想だろうけどさ。
信用勝負したいから確定○削りにきたって発想はないのか?
少なくとも俺は共有削りでそう捉えたんだが>ジム」
鹿目 まどか は スペランカー に処刑投票しました
斎藤一 「気に入らないな、非常に気に入らない。」
反省 「グレランで処刑される場所に●出す辺りとか」
スペランカー 「ティウンティウン!」
佐倉杏子 「それだと強い占いは真否定って話になるけどなー>テルヨフ」
鹿目 まどか 「自動で進行しておりまーす」
妖夢 「私の◯噛みしてきますか。ここで。」
反省 は スペランカー に処刑投票しました
紅きヒゲ 「すっごい霊能が居ないから●出しました感なんですがそれは・・・」
上条当麻 「この発言でジム○か……。
素直にジム囲いしてきたのかジム村で佐倉杏子が真占いなのかどっちなんだろうなこれ。」
大門 「COないなら吊りでいいわな、初日霊能で狩人候補が
黒子とテルヨだけだし」
御坂美琴 「折角結びつけたのにすぐ霊界に行くなんてスペランカーさんマジスペランカー」
反省 「それ、3日目に出せばいい話ですよね<ヒゲ」
ジム 「これでスペランカー吊りで両方の視点で1W吊れる事になるか」
斎藤一 「>大門
テルヨフが暫定○だと知った上で吊り候補に挙げたのかだけは問おう。
わかっているのならいい。」
紅きヒゲ 「んぁ?グレランで処刑される位置なん?>スペ先生>反省」
佐倉杏子 「ほんじゃスペランカーはCOない
みたいだから吊られてくれな
対向考えるに非狼だろうから狼保護してくれ」
大門 「なぁー上条、占いの内訳どうみるだ?>上条」
スペランカー 「こー、特に言うことないんですけどねー。
潜狂に気をつけて決め打ちの日をミスらないでぐらいしか。」
上条当麻 「というか占いはどうやら俺の着眼点とは全然違う感じで占ってきたっぽいな。
まぁいいけど。
昨日いった通り潜伏狂人位置は反省だろうとかテケトーに見てるし
基本そこ以外ならいいや(適当」
反省 「両占い視点●一つずつ出揃ったんで確定○作りながらグレラン展開でいいと思いますけどどんなもんですかね。」
妖夢 「とりえあず1W発見。対抗狼なら灰にWL担当がいるはず」
できる夫 「スペランカーさんはまあ、ご本人の言ってた通り詰めていく感じでそのままっと
了解です。自動進行は言いえて妙すぎますよっ」
反省 「上条さんは占いのどちらを狼に見ていますか?」
スペランカー 「まあ、私占いどっちもどっちだなぁ、と見てたので特に叩くこともなす。」
大門 「あーテルヨって、初日○だったかわりぃ確認みすだ>斎藤」
ジム 「んー・・・この噛みだと占いは真狼の可能性が上がるわな
昨日今日とそれぞれから●が出てるのがそれっぽいしよ>上条」
上条当麻 「真狼じゃね?真狂なら多分今日噛まれてる気はする。
単純に真狂全然見ないからって理由もあるがね>大門」
御坂美琴 「両方の真の目を追っていけば勝負になりそうね
決め打つタイミングとラインを間違わないようにしないと」
妖夢 「そしてこの噛みなら、私噛みってしなさげですかね」
反省 「それと上条さんはヒゲにカラシを塗るほうですか?塗られるほうですか?」
紅きヒゲ 「昨日杏子だけならあれやけどね、次に妖夢が●だすと
どうも勘ぐりたくなるじゃーん?(じゃーん)>反省」
佐倉杏子 「ちなみに私が狼の噛み役だったとき、対向の信頼をあげるような
テルヨフ噛みは対応噛み位置ではぜったにないね。
両方の灰噛みなら安心してすすめられるもの」
大門 「じゃー狼の噛み筋で狼あるならどっちよ?>上条」
斎藤一 「妖夢にジムを占わせるというのはどうだ。>上条当麻
仮にジムが村人で噛み合わせられても一向に構わないだろう。」
ジム 「つーか反省がフリーダムすぎてどーしたもんか」
スペランカー 「まあ杏子は大門占えば結果出るんじゃないの? って噛みと結果から思うかな。」
紅きヒゲ 「是非塗るほうでオナシャス>反省」
御坂美琴 「上条のウニに辛子を塗りたい」
スペランカー 「ここでテルヨフ噛みって、狐囲ってた場合に致命傷だから確かめた。
そういうことでしょ。」
佐倉杏子 「なんとか自分の○を噛んで信頼あげたいというのは
理解する、がんばってんなー>妖夢」
反省 「私の何処がフリーダムですか。
噛み筋から見て占い真狂臭いから狼位置を探る為に会話をしている善良な私の何処が<ジム」
妖夢 「どうにか銃殺出したい。結果で有無を言わさずいきたい」
できる夫 「というかスペさんも握り飯さんも投票してないし投票されてないから
すごくなんというか……見えないっすね。スペさん投票されているのテルヨフさんだけです
し……だけねぇ」
上条当麻 「えっとまだあんまり見てないけど佐倉杏子の方が俺の好みではある。
(ジム占いするって観点から、だが)

まぁ佐倉杏子がこれからも人外狙いで占うなら佐倉杏子真主張しそうだぞ俺は。
占いの発言自体は全然読んでないからこんなしょぼい意見だが>反省」
大門 「俺ならー斎藤噛むわ>スペランカー」
佐倉杏子 「潜伏狂人位置はうらなわねーよ。
あたりまえだけど」
反省 「だからどっちが狼だと聞いてるんですよ<上条」
スペランカー 「で、発言抑えてたテルヨフを先に噛んだ理由があるとするなら、大門噛めない狼がしっくり来るかなー、とかちょっと思う。」
斎藤一 「ただそうだな、敢えてそこに置かないというのもあるだろうな。」
ジム 「なんかまあ俺に○が物議をかもしだしてるようだが・・・
明日妖夢は俺を占うならそれでも構わねえけどよ」
上条当麻 「そこまでわかるかー!?
というのが本音だな。でも真狂じゃねーだろこれ……という感じはするが>大門」
スペランカー 「>大門
君が村ならまあ私の推理大はずれだから、ゴンドラから落ちてしまったわけだ。」
反省 「何か凄くいまいちですね上条さん。
自分で言ったじゃないですか。」
斎藤一 「>妖夢
呪殺対応される可能性は十分あるからあまり勧めはできんがな。」
紅きヒゲ 「んーまぁ割と吊り先探してる感じの話し方でもあるかなーとヒゲ思ったり
ちょっと便乗なんであれだけどな>反省」
妖夢 「自分でそういうこと言うのですか。ふむ…」
大門 「占いの発言強度差とかみないのか?>上条」
反省 「◇上条当麻(107) 「霊能いない状況で自分の直感を信じると得てして
「自分の中での定義した役職」のムーブに外れた奴から吊り殺す村になるからな。
要するにそれでもいいならそうするけどさ>大門」」
上条当麻 「ジム、大門、反省の3人から質問攻めされるのに疲れてきたんだけど俺どうすりゃいいんだよ!」
佐倉杏子 「別に大門狼ならそれでいいよ、
占わないでキープできるじゃん>スペランカー」
御坂美琴 「杏子は対抗狼想定、と
妖夢はまだ考えてないかなーというけど自分噛みなしとかいうなら対抗狼だよなあ」
反省 「私をそうやって狂人扱いするのって、この発言と矛盾しません?
だから上条さんは処刑されてカラシ塗られてください。」
上条当麻 「グレーしか見てないじゃん!
実際占いの発言全然見てないよ俺!>大門」
大門 「もっと働けよ>上条」
ジム 「人気者ってこったろ?>上条」
スペランカー 「まあ、この吊りしてる以上、明日○しか出ないならグレ吊りになるし。
まどかは指定先考えておけばいいんじゃないかな。」
上条当麻 「だが断る>大門」
スペランカー 「と言うわけで後頑張って!」
反省 「カラシを。」
大門 「ほう?>グレーしか>上条」
紅きヒゲ 「上条は不幸だから・・・」
スペランカー 「ティウンティウン」
できる夫 「実はわたし……最近………年上もいいかなって。(唐突」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
斎藤一 は スペランカー に処刑投票しました
佐倉杏子 は 大門 に処刑投票しました
大門 は スペランカー に処刑投票しました
上条当麻 は スペランカー に処刑投票しました
スペランカー は 妖夢 に処刑投票しました
御坂美琴 は スペランカー に処刑投票しました
ジム は スペランカー に処刑投票しました
できる夫 は スペランカー に処刑投票しました
妖夢 は スペランカー に処刑投票しました
紅きヒゲ は スペランカー に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
上条当麻0 票投票先 1 票 →スペランカー
妖夢1 票投票先 1 票 →スペランカー
ジム0 票投票先 1 票 →スペランカー
できる夫0 票投票先 1 票 →スペランカー
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →スペランカー
佐倉杏子0 票投票先 1 票 →大門
スペランカー10 票投票先 1 票 →妖夢
斎藤一0 票投票先 1 票 →スペランカー
大門1 票投票先 1 票 →スペランカー
鹿目 まどか0 票投票先 1 票 →スペランカー
反省0 票投票先 1 票 →スペランカー
御坂美琴0 票投票先 1 票 →スペランカー
スペランカー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鹿目 まどか(共有者) 「村っぽさ スペランカー>>>握り飯
真っぽさ 杏子>>>>みょん

私の中ではもう勝負ついてるからって感じ」
鹿目 まどか(共有者) 「大門何者だろう?狩人かなにか?
役職ワードをぽろぽろ漏らしているのだけど。」
妖夢(人狼) 「発言のらなくてすいません…」
紅きヒゲ(人狼) 「んー・・・どないすっか」
佐倉杏子の独り言 「うん、必死になる、必死。余裕ぶるなよ、私」
紅きヒゲ(人狼) 「いやええねん、銃殺でなけりゃ明日から占い吊りやろっと」
反省の独り言 「佐倉から大門●が出るイメージしかわかないんですがそれは」
妖夢(人狼) 「信頼続行でしょう。できる夫噛みで噛み合わせできないかなと」
紅きヒゲ(人狼) 「となると・・・
これ狩人居たら共有護衛だよなぁ
狼的に占い噛みしない流れだもんなぁ」
斎藤一の独り言 「◇佐倉杏子 「ま、占い理由のまんまだよな、キープでもいいぜ?」
合わんな、合わん。」
ジムの独り言 「さてどうする」
紅きヒゲ(人狼) 「んー・・・」
ジムの独り言 「明日妖夢が俺に●が充分にあり得る」
佐倉杏子の独り言 「斎藤か、御坂か」
紅きヒゲ(人狼) 「やべーなこれ悩む」
ジム は 佐倉杏子 の護衛に付きました
反省の独り言 「テルヨフ噛みがそう見えるんですがねぇ」
佐倉杏子 は 斎藤一 を占います
紅きヒゲ(人狼) 「かみ合わせくらいだな、正直
それでなければ共有噛みか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
妖夢 は できる夫 に狙いをつけました
できる夫 は無残な姿で発見されました
(できる夫 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
スペランカーさんの遺言 村……ティウンティウン
できる夫さんの遺言            ____
         /     \           素村です
        / _,ノ  ⌒ \
      /   (●)  (●)   \        
      |     、 ´       |  (( ∩))
       \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
       /          \
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
紅きヒゲ 「ヒゲよう!んじゃまぁ今日も楽しくいくかい!」
大門 「上条と反省 吊りでいいじゃねの ヒゲは占い受けてるだろうし

斎藤を村に見てる」
斎藤一 「現状の灰がこの五名。
◇上条当麻◇紅きヒゲ◇斎藤一◇反省◇御坂美琴

それぞれがそれぞれに思うことはあるようだな。
この中に決定的な要素を持っている者はいない。」
御坂美琴 「おはよ」
佐倉杏子 「占いCO!斎藤一は○!」
ジム 「◇妖夢 「とりえあず1W発見。対抗狼なら灰にWL担当がいるはず」

黒子で狼が吊れた可能性は? 握り飯が狂人誤爆や身内切りの可能性は?
・・・こういう発言してる辺り、ちょいとねえ・・・」
反省 「大方佐倉から大門●が出てジム確定○になるような展開だと思いますよ。
それなら佐倉処刑してしまいましょう(ニッコリ」
妖夢 「占いCO。反省◯」
佐倉杏子 「理由
結構私真見てる人がおおいので敵の戦況を考えるに
残りの灰狼は素直に妖夢の援護に
入らないと押し切られて勝負に
ならないんじゃないかとそういう意味で気に入らないとか
なんとかいいながら少しずつスライドしてる斎藤さん」
大門 「初日の○噛みきりって、どうみても俺吊らせる噛みだろうw」
反省 「あ、でなかったですね。」
妖夢 「理由
ネタ発言多くて動きもフリーダムなんですよね。
怖い位置というか。発言厚い上条当麻への辛味多い。
色見ておきたい位置です。」
鹿目 まどか 「上条さん吊ろっか」
斎藤一 「順当な噛みだな。」
ジム 「今度は杏子の○噛みか・・・
でもって、妖夢は入れを占って来なかった、と」
反省 「そう思ったんですけどねー<大門」
鹿目 まどか 「何か指定しろってことらしいし」
御坂美琴 「まあ噛みはそんな気がした
初日○に狼いないと踏んでバランス噛み(キリッ」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
紅きヒゲ 「はーふん?できる夫噛みと、誰かそこ見てた人どういう可能性なのかプリーズ」
佐倉杏子 「おっけ、なら反省か大門どっちかだろ、狼、
流石に今日灰でのこさねーだろなーと」
上条当麻 「ぶっちゃけていうと占いの発言読んでないよ俺?
少なくとも3昼や4昼にどっちの占いの発言が優れてる、とか
ぜーんぜん言ってないじゃん。
噛みから真狼っぽいとかグレーの位置のこいつ占うからどうとか
そういうことはいってるけどさ。
(少なくともジム占って○が出るのはどうとかそういう観点でな)>大門」
反省 「辛味じゃなくてカラシです。間違えないでください<妖夢」
上条当麻 「でまぁスペランカーの投票先はジムだから
スペランカーが人狼ならジムも非狼じゃねーの?
少なくとも妖夢視点でそこって銃殺狙わない限りはびみょいぞ。
霊能いる状況で身内するかとかまで考えるなら知らんが。

んじゃまぁ逆に聞くけど
真狂って見るならそっちはどう見てるんだ?
自分だけ意見言わずに質問攻めして答えられないから吊りっていうのは
あーんまりフェアじゃねえとは俺は思うぜ?>反省

あとついでに言うならこの村って俗にいう無双村じゃないでせう?
例えば占い即噛み>狩人が占い護衛成功>村人はテケトーに狩人保護してーって村じゃない。
となると結局はさ、人外に見える発言とか、自分にとって村ならこういう発言はしない
そういう位置に吊り誘導かます展開にしかならない。

まぁ銃殺出りゃ話は変わるが。
俺はそうみてるが>反省」
ジム 「・・・どうした上条、えらい第一声が遅いけど
何かトラブルでもあったか?」
妖夢 「スペランカーの初手投票先なんで、占うべきか悩んで>ジム
怖い所先にいきました」
佐倉杏子 「呪殺狙うべきかどうか」
上条当麻 「で、なに、俺吊りたいの?
だとしたら今書いた長文意味ねーよワロスってなるんだが>まどか」
反省 「真狂なら妖夢狂人で真狼なら佐倉狼です。」
斎藤一 「まあ、お前視点ではそうもなるか。>佐倉杏子
だがな、俺を占うのはいい。ジムを占うのはやりすぎだ。」
上条当麻 「長文書いてたら遅れた>ジム」
御坂美琴 「この状態で二人とも灰占いってのがちょっとふしぎ遊戯」
佐倉杏子 「上条さんの死にたくなさそうさがすごいけど」
大門 「明日から対抗の○占いに移行でいいじゃねって思うだ」
反省 「そういう●の打ち方じゃないです?」
鹿目 まどか 「灰が狭いから指定っていうだけだよ>上条=サン」
紅きヒゲ 「上条さんねぇ・・・?
んー喋ってるなかじゃ反省と上条じゃん?(じゃん?)
まぁここで1Wはあるかもやけども・・・
上条吊りの理由はなんぞ?>まどか」
上条当麻 「反省が!俺に無駄に殴りかかるから!
一応誠意込めて対応したらこれだよ!
しかも○もらってるから殴る意味ねえよ!ちくしょう!」
反省 「ヒゲ×上条×御坂」
紅きヒゲ 「あっはい>共有」
御坂美琴 「一番吊りたいのは大門だけど○貰ってるから吊れないので上条吊りやむなし」
反省 「3グレーなんですけどコレなら上条さん確定○にしてヒゲ処刑しませんか。」
ジム 「今んトコ両方視点での完灰は上条とヒゲ・御坂の3人か」
紅きヒゲ 「男男女!女を真ん中へもっていってさしあげろ!>反省」
妖夢 「んー。できる夫噛まれで、ジムはあんま占う気が起こらなくて…」
大門 「ミカサーこの噛みして俺になんの特があるってのだ>御坂」
紅きヒゲ 「せやな>ジム」
佐倉杏子 「残り人外数考えたら明日決め打ちになるのかな」
上条当麻 「ぶっちゃけ進行的に言うと白井は非狐だろうし
●もらいも人狼と村人だと思う(狐混じりみるならわからんが)から
俺吊りして銃殺出せよハゲって進行したいならご自由にかなぁ」
斎藤一 「>上条当麻
逆はあるだろう、ジムが人狼ならスペランカーは非狼とな。」
佐倉杏子 「反省が潜伏狂っぽい?どーだろ。
素直に狼なのか」
反省 「4吊り最大4人外なんで」
上条当麻 「おめージム狼でスペランカー非狼って内訳は
どの占い視点でもねーぞ>斎藤一」
御坂美琴 「噛みではなく発言で怪しんでるだけだし>大門
というか損にもならないでしょ」
佐倉杏子 「とっとと呪殺出すのが一番だからなー。
ふーむ。迷う、今晩の占い先は迷う」
妖夢 「残り灰狭いならばー…まあ気が進まないけど、2個ある対抗の◯のをいくべきか」
斎藤一 「となれば、結果が伴っていない。そういう意味だ。」
大門 「信用路線勝負するなら杏子の方だとは思うだけど
共有→初日○連続ってなんだよって話」
反省 「潜伏狂まで見るなら今日決め打ちでもって所ですね。
外すと負けますけど」
ジム 「・・・しっかしこの噛み、あれだな
占いが真狼だとするとあくまで真を残して万一呪殺出た時に
きっちり対応できる自信あるってようにも見える
ついでに言うなら狩人にGJを出させないようにしているようにも見える」
紅きヒゲ 「まー割と、反省が噛まれないなら
人外あるんじゃねーんすかねーって感じはあるけどね
上条と比べるならって感じだけどさ」
反省 「できる夫噛みは銃殺恐れての物だと思いますけどね」
大門 「なんだよって話は噛みのことな」
斎藤一 「そこがおかしいと言っている。>上条当麻」
ジム 「だが真狼だとすると初日霊能である以上
潜伏狂人は何処に・・・?」
反省 「佐倉狼前提で放しますけど。」
上条当麻 「あと俺が潜伏狂人なら今までギャーギャー潜伏狂人がどうたらとかいって
村に決め打ち早めることしねーぞ多分。

つーか俺まだ占いの発言見てないもん!決め打ちそろそろらしいのに!
どうしよう!」
御坂美琴 「出来れば決め打たなくていい展開になってほしいんだけどなー
無理そうだなー」
佐倉杏子 「じゃあ握り飯見ればいいんじゃね>私狼と思う人」
上条当麻 「だからまぁ生きてるなら占いの発言読んでくるわ
終わり」
反省 「むしろ握り飯狂人説」
鹿目 まどか は 上条当麻 に処刑投票しました
大門 「両方の占い視点の●釣られて俺吊られたら狼どうなるのって話だ>御坂」
反省 「駄目ですかね?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
大門 は 上条当麻 に処刑投票しました
反省 は 上条当麻 に処刑投票しました
御坂美琴 は 大門 に処刑投票しました
佐倉杏子 は 鹿目 まどか に処刑投票しました
ジム は 上条当麻 に処刑投票しました
妖夢 は 上条当麻 に処刑投票しました
斎藤一 は 上条当麻 に処刑投票しました
紅きヒゲ は 上条当麻 に処刑投票しました
上条当麻 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
上条当麻7 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
妖夢0 票投票先 1 票 →上条当麻
ジム0 票投票先 1 票 →上条当麻
紅きヒゲ1 票投票先 1 票 →上条当麻
佐倉杏子0 票投票先 1 票 →鹿目 まどか
斎藤一0 票投票先 1 票 →上条当麻
大門1 票投票先 1 票 →上条当麻
鹿目 まどか1 票投票先 1 票 →上条当麻
反省0 票投票先 1 票 →上条当麻
御坂美琴0 票投票先 1 票 →大門
上条当麻 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鹿目 まどか(共有者) 「これ、何をどういう風に考えたら、みょんちゃんが勝つんだろう」
鹿目 まどか(共有者) 「なんでやねんな>私投票」
紅きヒゲ(人狼) 「んーどうするよ」
佐倉杏子の独り言 「じゃあヒゲかなー狐」
妖夢(人狼) 「ふへぇ。できる夫噛み合わせは私狼MAXなのでやめちゃいました」
大門(妖狐) 「潜伏狂人はジムかなー」
反省の独り言 「霊界の上条さんへ。
上条当麻 7 票 投票先 → 紅きヒゲ
紅きヒゲ 【1 】票 投票先 → 上条当麻
NDK」
鹿目 まどか(共有者) 「メタいはなしをするのならば遅れてたのが杏子ちゃんで,あわてて投票したとかだろうけど」
佐倉杏子 は 御坂美琴 を占います
大門(妖狐) 「上条?狼あると思います」
御坂美琴の独り言 「当麻狐なんじゃないの」
紅きヒゲ(人狼) 「ういういっと、反省占うと思う?>杏子」
反省の独り言 「霊界サービスと称して上条さんへの敬礼も忘れない私はきっと素村の鑑ですね」
鹿目 まどか(共有者) 「よくぼうもーれべるあげればー」
鹿目 まどか(共有者) 「ちょっとやそっとじゃみたせなくなるーよー」
妖夢(人狼) 「斎藤が初手ヒゲ投票なので、そこ●でLW路線とるか」
ジムの独り言 「狩人日記

1日目:護衛不可 GM噛み
 ・・・こんな気分の時に狩人なんか寄越すんじゃねえよ・・・ったく

2日目:杏子護衛 ハク噛み
 ふむ、初日霊能と決め打つなら占いは真混じり。初日2COの○で潜る奴なんか
 いねぇと見る・・・でもって、占い2COの中身的に・・・そうだな
 俺の印象としては杏子の方がやや上だ。こっち護衛で行く

3日目:杏子護衛 テルヨフ噛み
 どーも発言を比較してみても妖夢の真っぽさがイマイチ感じられねぇんだよな
 言葉の節々にわざとらしさが見える、真狼だとすると杏子噛みに来るかは分からんが
 ・・・現状、他に護衛したい位置無ぇしな

4日目:杏子護衛 できる夫噛み
 迷うな・・・しょうがねえ、もう1日だけ杏子護衛で。妖夢が俺に○と●
 どっちを出すかは気になるトコではあるんだがな
 ただ昨日の発言を見るにやっぱ真はこっちっぽいんだよなァ・・・

5日目:まどか護衛 噛み
 ここまで来たらもう占いは流石に真狼、でもって対抗は噛みに来ねえな
 だったら方向転換で共有護衛に切り替える。この分だと今夜俺が噛まれる可能性は
 0たぁ言えねえが・・・まあ真占が噛まれねえなら交換で○確は残るだろうしな
 共有にゃ悪いがここで遺言は残させてもらう」
妖夢(人狼) 「ありえますねえ。自分で言うのもアレですが、囲っちまった感は」
御坂美琴の独り言 「今日はヒゲ噛みかなぁ
できる夫で狩抜けたと読むなら共有」
ジムの独り言 「誤爆ったああああああああああああ!?!?!?」
鹿目 まどか(共有者) 「うーんうーんうーん」
妖夢(人狼) 「反省噛みするのもありか」
紅きヒゲ(人狼) 「ってか杏子さん、共有投票なんすけどねー反対の意思かなこれ」
反省の独り言 「まあ、しかし双方占い師がここで対抗○占いに動かないのは違和感が残るんですが」
斎藤一の独り言 「佐倉杏子:
妖夢-握り飯-?、?、?

妖夢:
佐倉杏子-スペランカー-?、?、?」
御坂美琴の独り言 「一番恐れることはここで1吊り増えることだと思うんだ
なので、灰のどっちかを噛むと思う」
御坂美琴の独り言 「あ、別に○でいいじゃん 終了」
紅きヒゲ(人狼) 「反省噛みでいいんじゃね?
まぁあれだそれ以外が狐だと正直解らんね」
反省の独り言 「さすがに初日占い霊能潜伏は」
反省の独り言 「無いので。」
妖夢(人狼) 「ふむ。それで行きましょう」
斎藤一の独り言 「◇紅きヒゲ◇御坂美琴

妖夢:斎藤一、ジム

佐倉杏子:大門、反省」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジム は 鹿目 まどか の護衛に付きました
妖夢 は 反省 に狙いをつけました
反省 は無残な姿で発見されました
(反省 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
上条当麻さんの遺言 いやまぁぶっちゃけていうと
ジムって非狼確定だと思うんだけどな
反省さんの遺言 村人COです。
問題は●出され先の発言と組み合わせだと思うので、その辺踏まえて考えましょう。
真狼想定でいいとは思います。●が黒いのは佐倉、ただ佐倉がガン攻め過ぎたのが揺らぐ要因ですかね
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
大門 「◇大門 「両方の占い視点の●釣られて俺吊られたら狼どうなるのって話だ>御坂」

この発言は、占いの●をどっちも吊りしてるだ
俺が狼の場合、俺が吊られるような噛みしてなんの特があるのって意味な>御坂」
紅きヒゲ 「ヒゲよう!では結果をオナシャス!」
ジム 「さて流石に今日は対抗の○占いの流れになってると思うが
・・・つーのは楽観的すぎるかね、後半戦だし身長に行こう

◇反省 「むしろ握り飯狂人説」
・・・ちょいと面白い発想だな、妖夢が真なら案外あるかもしれねえ」
御坂美琴 「おはよ」
斎藤一 「結果次第で本日決め打ち、そういう日だろう。」
佐倉杏子 「占いCO!御坂は○!」
妖夢 「占いCO。斎藤一●」
御坂美琴 「>大門
狼が全員残る必要ないじゃない。
ここにきて真狂見てるの?」
佐倉杏子 「理由
ひたすらに呪殺狙い
灰占いをされるのを嫌がってる可能性
御坂美琴(32)  「この状態で二人
とも灰占いってのがちょっとふしぎ遊戯」
穿ち過ぎかもしれないけどね
まどか噛まれて対向がジムや斎藤
に○だせばジム確定○
●なら実質斎藤か御坂が○とおなじだろうと」
鹿目 まどか 「ふんふんふん」
妖夢 「理由
対抗の◯から選択。
ジムは自分うらなえばぁ?あたりからの流れが囲い狼かというと。
ならばこっち。」
紅きヒゲ 「あれ?反省噛まれるの?まじで?」
佐倉杏子 「大門と投票まちがえちったw」
斎藤一 「阿呆が…。」
佐倉杏子 「まあじでぇ!?反省噛み」
ジム 「反省噛み? こいつぁ予想外だな・・・」
大門 「なんで、そんな解釈になる、真狼の場合の潜伏の数考えろよ>御坂」
鹿目 まどか 「ヒゲさんつって明日かな」
斎藤一 「進行を任せる。」
佐倉杏子 「正直な―握り飯狼に全く見えない人、いる?」
佐倉杏子 「決め打ちだよー>まどか」
紅きヒゲ 「えっと・・・割とそこ人外あると思ってただけにヒゲどうしよう
とりあえず占い残し進行なのか、吊るのか共有の意見を聞こう!」
佐倉杏子 「潜伏狂舐めるなーと」
紅きヒゲ 「マジスカー」
御坂美琴 「真狼なら騙りの狼が生き残ればいいじゃん>大門」
斎藤一 「俺視点では見ないわけにはいかなくなった。>佐倉杏子」
鹿目 まどか 「両視点の灰詰め灰詰め」
ジム 「◇握り飯 「共有噛んでるのが謎いけどな」

・・・謎いって言い方は確かに気に入らんけどな>杏子」
御坂美琴 「杏子と妖夢の残り灰って誰だっけ」
紅きヒゲ 「ヒゲ悲しい・・・」
佐倉杏子 「握り飯が人外に見えないっていうなら
私にはどうしようもないからなー

斎藤個人をどうみてるかはしらーん」
妖夢 「明日6か7(あまりなさげだけど)なので…やめてほしい。偶数とはいえ」
鹿目 まどか 「え?みょんちゃん吊って狐勝ちとかそういうことになるかもだよ?>杏子ちゃん」
斎藤一 「反省が噛まれたところを見るに、潜伏狂人の脅威は減ったとも思われるがな。」
佐倉杏子 「まどかーーーなんでそういうことすんの?」
御坂美琴 「まあヒゲ吊る意味は薄い
それなら斎藤吊るほうがマシ」
大門 「占いの真狼の場合どっちで真でみるだ?>御坂」
鹿目 まどか 「んー?」
斎藤一 「――来い、お前の全てを否定してやる。>妖夢」
紅きヒゲ 「まぁあれか、完グレだから俺狐目進行か
なら仕方ないかこれ」
大門 「斎藤吊りたくないぞー」
鹿目 まどか 「みょんちゃん吊って欲しいの?>杏子ちゃん」
佐倉杏子 「そら理屈ではあるけどなー。
でも上条狼にはみえねーぞ?>まどか」
佐倉杏子 「なら大門にしようぜ>まどか」
御坂美琴 「あんた狼で見るなら杏子真だけど>大門」
妖夢 「完全灰にいるとは思えないんでえすよね。狐がすりぬけたケースはありえますえkど」
ジム 「ぶっちゃけるとヒゲよか斎藤吊る方が安定手ではあるんだけどよ・・・」
佐倉杏子 「それなら受け入れる」
斎藤一 「言うなら、狂狼がどの程度あるかだがな。」
鹿目 まどか 「私、上条=サン狼に結構見える」
紅きヒゲ 「あんずこ・・・(感激の目)」
大門 「はぁ、なんでこっちくるだよ>杏子」
佐倉杏子 「まあじでぇ?>まどか
それでなら、まああれなんだけど」
斎藤一 「…フン、バラバラだな。」
鹿目 まどか 「じゃあ、大門=サン吊りで、明日ヒゲ占い」
佐倉杏子 「別に私の灰で囲い候補だし」
ジム 「もう2W吊れてるっていう想定なのか? 共有は」
佐倉杏子 「ありがとー!>まどか」
大門 「狩人日記

初日、お、狩人か5日目まで生き残ってGJ出してやんよ

2日目 護衛:妖夢 無残:ハク

◇佐倉杏子(111)  「対向の中身がなんであれ。対向狐を除外すれば
私の灰にいるのは3W1Kか2W1K1狂だよ」

この発言が偽っぽいかなって思うだよな、無理やりひねり出す的な感じがするだ
つーわけで、妖夢護衛だ

3日目 護衛:杏子 無残 てるよ

霊能初日も確定したし、杏子が2日目で一気に信用したくなった的確すぎるぜ
これすげー護衛するわ
ただ、占いが真狼の信用路線だと杏子のが狼目あるのが怖い

4日目 護衛:杏子 無残 スペランカー

共有噛みからグレー噛みって露骨な狩人探ししてんな
これなら杏子護衛一択だけども

5日目 護衛 まどか 無残

グレーの感じからもう占い噛まれないから
今日から共有の護衛に移行」
妖夢 「そう来ますか。いい目です。受けてたちましょう>斎藤」
大門 「狩人CO!」
鹿目 まどか 「でも、たぶんそこ狩人だとおもうんだけど」
斎藤一 「そこも人外には見えん。」
佐倉杏子 「対向狩人いる?」
鹿目 まどか 「ほらね」
ジム 「対抗狩人CO」
佐倉杏子 「ほら」
紅きヒゲ 「おっけー、完グレだしな、いたし方無しやな>共有」
ジム 「狩人日記

1日目:護衛不可 GM噛み
 ・・・こんな気分の時に狩人なんか寄越すんじゃねえよ・・・ったく

2日目:杏子護衛 ハク噛み
 ふむ、初日霊能と決め打つなら占いは真混じり。初日2COの○で潜る奴なんか
 いねぇと見る・・・でもって、占い2COの中身的に・・・そうだな
 俺の印象としては杏子の方がやや上だ。こっち護衛で行く

3日目:杏子護衛 テルヨフ噛み
 どーも発言を比較してみても妖夢の真っぽさがイマイチ感じられねぇんだよな
 言葉の節々にわざとらしさが見える、真狼だとすると杏子噛みに来るかは分からんが
 ・・・現状、他に護衛したい位置無ぇしな

4日目:杏子護衛 できる夫噛み
 迷うな・・・しょうがねえ、もう1日だけ杏子護衛で。妖夢が俺に○と●
 どっちを出すかは気になるトコではあるんだがな
 ただ昨日の発言を見るにやっぱ真はこっちっぽいんだよなァ・・・

5日目:まどか護衛 噛み
 ここまで来たらもう占いは流石に真狼、でもって対抗は噛みに来ねえな
 だったら方向転換で共有護衛に切り替える。この分だと今夜俺が噛まれる可能性は
 0たぁ言えねえが・・・まあ真占が噛まれねえなら交換で○確は残るだろうしな
 共有にゃ悪いがここで遺言は残させてもらう」
鹿目 まどか 「まあいいや。じゃあ,ヒゲ吊り続行」
佐倉杏子 「じゃあヒゲ吊ってそこ占いでいいかい?」
紅きヒゲ 「ファッ!?」
大門 「ヒゲつりで!」
妖夢 「これ、明日次第…ですね」
佐倉杏子 「潜伏狂こええなー」
御坂美琴 「ヒゲ吊るなら斎藤じゃね、としか思わん」
妖夢 「ぐっ」
紅きヒゲ 「狩人CO!まってちょうだい!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鹿目 まどか は 紅きヒゲ に処刑投票しました
大門 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
ジム は 紅きヒゲ に処刑投票しました
斎藤一 は 妖夢 に処刑投票しました
紅きヒゲ は 大門 に処刑投票しました
御坂美琴 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
佐倉杏子 は 大門 に処刑投票しました
妖夢 は ジム に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
妖夢1 票投票先 1 票 →ジム
ジム1 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
紅きヒゲ4 票投票先 1 票 →大門
佐倉杏子0 票投票先 1 票 →大門
斎藤一0 票投票先 1 票 →妖夢
大門2 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
鹿目 まどか0 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
御坂美琴0 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
紅きヒゲ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鹿目 まどか(共有者) 「待った無し。慈悲は無い。ハイクを詠め>紅きヒゲ」
妖夢(人狼) 「えーっと…」
大門(妖狐) 「あ、スペランカー噛みになってるね(テペペロ」
妖夢(人狼) 「あんこースペランカーー斎藤
ジムー大門ーヒゲに狩人ー狐ー狂人」
鹿目 まどか(共有者) 「大門吊って、ヒゲ占いの方がよかったなぁこれ。失敗しちゃったや。」
ジムの独り言 「やべえ!!ログ取り損ねた!!」
妖夢(人狼) 「これ…どうなるのかな…」
佐倉杏子 は 大門 を占います
妖夢(人狼) 「最後まで戦いましょう」
佐倉杏子の独り言 「潜伏狂だるいなー斎藤も御坂も否定しきれねー」
妖夢(人狼) 「視点崩れている気がしますが」
佐倉杏子の独り言 「斎藤一 0 票 投票先 → 妖夢」
佐倉杏子の独り言 「おけ
ここはちがう」
佐倉杏子の独り言 「御坂か」
ジム は 鹿目 まどか の護衛に付きました
大門(妖狐) 「いやー狩人生存じゃつらいわーwww」
佐倉杏子の独り言 「大門に占い使うわけにいかねーしなー。」
御坂美琴の独り言 「私噛みかー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
妖夢 は ジム に狙いをつけました
ジム は無残な姿で発見されました
(ジム は人狼の餌食になったようです)
大門 は無残な姿で発見されました
(大門 は占い師に呪い殺されたようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジムさんの遺言 狩人日記

1日目:護衛不可 GM噛み
 ・・・こんな気分の時に狩人なんか寄越すんじゃねえよ・・・ったく

2日目:杏子護衛 ハク噛み
 ふむ、初日霊能と決め打つなら占いは真混じり。初日2COの○で潜る奴なんか
 いねぇと見る・・・でもって、占い2COの中身的に・・・そうだな
 俺の印象としては杏子の方がやや上だ。こっち護衛で行く

3日目:杏子護衛 テルヨフ噛み
 どーも発言を比較してみても妖夢の真っぽさがイマイチ感じられねぇんだよな
 言葉の節々にわざとらしさが見える、真狼だとすると杏子噛みに来るかは分からんが
 ・・・現状、他に護衛したい位置無ぇしな

4日目:杏子護衛 できる夫噛み
 迷うな・・・しょうがねえ、もう1日だけ杏子護衛で。妖夢が俺に○と●
 どっちを出すかは気になるトコではあるんだがな
 ただ昨日の発言を見るにやっぱ真はこっちっぽいんだよなァ・・・

5日目:まどか護衛 反省噛み
 ここまで来たらもう占いは流石に真狼、でもって対抗は噛みに来ねえな
 だったら方向転換で共有護衛に切り替える。この分だと今夜俺が噛まれる可能性は
 0たぁ言えねえが・・・まあ真占が噛まれねえなら交換で○確は残るだろうしな
 共有にゃ悪いがここで遺言は残させてもらう

6日目:まどか護衛 噛み
 マジかよ対抗狩人2COって!! やべえ・・・こういう場合どこを護衛するのが
 最善だ? ・・・わっかんねえ・・・いや、迂闊に御坂あたり護衛して
 まどか噛まれちまったらどうにもならん、何しろまどか以外の○確が
 結局1人もいねえんだ・・・だったらこれしか手が無い!
大門さんの遺言 狩人日記

初日、お、狩人か5日目まで生き残ってGJ出してやんよ

2日目 護衛:妖夢 無残:ハク

◇佐倉杏子(111)  「対向の中身がなんであれ。対向狐を除外すれば
私の灰にいるのは3W1Kか2W1K1狂だよ」

この発言が偽っぽいかなって思うだよな、無理やりひねり出す的な感じがするだ
つーわけで、妖夢護衛だ

3日目 護衛:杏子 無残 てるよ

霊能初日も確定したし、杏子が2日目で一気に信用したくなった的確すぎるぜ
これすげー護衛するわ
ただ、占いが真狼の信用路線だと杏子のが狼目あるのが怖い

4日目 護衛:杏子 無残 スペランカー

共有噛みからグレー噛みって露骨な狩人探ししてんな
これなら杏子護衛一択だけども

5日目 護衛 まどか 無残

グレーの感じからもう占い噛まれないから
今日から共有の護衛に移行
紅きヒゲさんの遺言 日記がぁー!
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
佐倉杏子 「占いCO!大門は○!」
鹿目 まどか 「占いローラーしよっか」
斎藤一 「妖夢の偽要素だがな。
そもそもが真足る要素が「佐倉杏子に信用勝負を仕掛けられた」という以外にない。

後はスペランカー占い時の理由が薄い。
>割りと共有噛みに関して、信頼勝負?という発想が早めに出てきて、前の吊りに言及多めで。
◇斎藤一 「…ほう、仕掛けるなら佐倉杏子側と見るがな。」
ならばこれを見逃すのか、お前視点の●である俺の発言を。

ここまで見れば一目瞭然、「佐倉杏子に信用勝負を仕掛けられた」をいうことを盾にしている以外ない。
スペランカー●、俺●はそういうことだろう。」
妖夢 「占いCO。ジム◯」
妖夢 「理由
完全灰ケア恐れたヒゲ占いたかったんですが…。
まあジム一択でしょう。もう視点人外出揃ってますが」
佐倉杏子 「理由
ラスト
多分ヒゲ狐だから
大門吊りでヒゲ占いなら
狂人いてもおkだろうけどーみたいな」
御坂美琴 「ロラはできへんで」
佐倉杏子 「じゃあヒゲ狼だったのか」
鹿目 まどか 「ローラーっていうか。」
佐倉杏子 「もしくは潜伏狂ってあっかなー?ヒゲ」
斎藤一 「不必要だ、妖夢吊りで終わるだろう。」
鹿目 まどか 「まあ、決めうちだよね」
妖夢 「ロラは困ります」
佐倉杏子 は 妖夢 に処刑投票しました
御坂美琴 「占いどっちか吊り、でいいの?」
鹿目 まどか 「一応、斉藤さん吊りで明日って方法は無くもないけど」
斎藤一 「真混じり確定で、その必要はどこにもない。」
佐倉杏子 「ちなみに私視点べつに大門噛みってしなくていいからな、これ味噌な」
妖夢 「ええ。それで明日は来ます。
その間に考えてくだされば」
佐倉杏子 「あ、しなきゃだめか」
斎藤一 「その場合、御坂美琴が潜伏狂人でないことを祈るんだな。」
佐倉杏子 「で、昨日狐が対向狩人COするの?」
鹿目 まどか 「どーしよーかなー」
佐倉杏子 「これでいいよね?」
御坂美琴 「ひよって斎藤さん吊りはありっちゃあり」
佐倉杏子 「「対向」だよ」
鹿目 まどか 「美琴ちゃんは、明日考えたい?」
佐倉杏子 「やだよ、潜伏狂御坂ありえるし。
村なら今日ガツンと、きめちゃいなYO>御坂」
斎藤一 「あながち、ないわけでもないと思うがな。>御坂美琴潜伏狂人
昨日にいきなり俺吊りに向いてきたことを考えるとな。」
佐倉杏子 「妖夢 1 票 投票先 → ジム」
鹿目 まどか 「私の心ってもう実はほぼ決まってるから、美琴ちゃんが考えたいかどうかでしかないよ」
妖夢 「真見てもらってーの生き残りを賭けたのでしょう。
ヒゲ占いたかったのもそういう感じでしたが」
佐倉杏子 「ヒゲのがしてるんだぜ?」
御坂美琴 「私は私が狂人じゃないとわかってるからなー」
佐倉杏子 「投票でヒゲのがしててー
ジムが狩人COでー」
斎藤一 「>妖夢
勝利の前に一度正悪に目を向けてみろ、
そうすれば負け戦とてそれなりには楽しめる。」
御坂美琴 「んまあ、占い吊りでいいんじゃないかとしか思ってないよ」
佐倉杏子 「対向COでー


その上でまだバランスすんの?」
斎藤一 「…フン。」
佐倉杏子 「勝てる時に勝つのってすごい大事だとおもうぜ?私」
妖夢 「く、2Wの余裕とはこれかっ…」
斎藤一 「阿呆が…。>紅きヒゲ」
佐倉杏子 「なんでわざわざ内心真私だとおもってても
「進行」のカセにとらわれて負ける方法とるの?」
鹿目 まどか 「美琴ちゃんが、明日考えたいんだったら斉藤さん吊りで
別にどうでも良いって思ってるんだったら、占い吊りだよ?」
佐倉杏子 「私、それ違うと思うな」
妖夢 「今そういう空気操作されてます。冷静に」
斎藤一 「――どうした?
これしきでもう笑えんのか。
勝ち戦でしか笑えん奴の軽口にこれ以上付きあい切れん、終わりだ。」
佐倉杏子 「しかも潜伏狂人ありえる人の意見きくの?>まどか
バシッと指定しちゃいなよ」
斎藤一 「お前を斬る、そういう操作をしている。>妖夢」
佐倉杏子 「その上でなら恨まない」
妖夢 「5人中二人が狼。この空気に流されないで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鹿目 まどか は 妖夢 に処刑投票しました
斎藤一 は 妖夢 に処刑投票しました
妖夢 は 斎藤一 に処刑投票しました
御坂美琴 は 斎藤一 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
妖夢3 票投票先 1 票 →斎藤一
佐倉杏子0 票投票先 1 票 →妖夢
斎藤一2 票投票先 1 票 →妖夢
鹿目 まどか0 票投票先 1 票 →妖夢
御坂美琴0 票投票先 1 票 →斎藤一
妖夢 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
妖夢さんの遺言 ふがないLWで申し訳ありませんでした、お仲間がた…
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2013/06/10 (Mon) 21:36:55
大門 「ぬが?」
紅きヒゲ 「んー俺に○を撃ってもらうべきだったか」
大門 「おつかれさまー」
斎藤一 「犬は餌で飼える。
人は金で飼える。

だが壬生の狼を飼う事は何人にも出来ん。」
鹿目 まどか 「お疲れさま」
佐倉杏子 「ん、お疲れ様」
上条当麻 「お疲れ様っと」
スペランカー 「お疲れさま。」
御坂美琴 「おっつおっつ」
紅きヒゲ 「御疲れさんっと」
ジム 「ほいお疲れさんと」
テルヨフ 「お疲れ様。」
反省 「お疲れ様でした」
GM 「お疲れ様です。」
妖夢 「お疲れ様です…」
できる夫 「お疲れ様―」
黒子 「お疲れさまでしたのー」
佐倉杏子 「ま、私の精進が足りないなって」
紅きヒゲ 「しゃーないね>妖夢」
テルヨフ 「斎藤が狼COした。吊ろう。」
御坂美琴 「あら、黒子狂人だったのね」
佐倉杏子 「そんな感じ、あ、上条さんおつかれさまっすー」
鹿目 まどか 「3日目くらいでだいたい心が決まってた」
上条当麻 「なかなか楽しめたんじゃないかな!(適当」
大門 「壬生の狼だからな斎藤は」
上条当麻 「あんこェ……」
紅きヒゲ 「やっぱ共有噛み抜きかなぁー」
斎藤一 「阿呆が、働け。>テルヨフ」
佐倉杏子 「信じてたよ?>かみじょーさん」
ジム 「やれやれ、杏子が普通に真で助かった
4日目の俺○には感謝する、狩人的にはそこいらまでに○入ってないと
厳しくなるからな・・・」
妖夢 「囲いいれるべきでしたね…完全灰ケアバシッとされて押されました」
大門 「噛み抜きしても状況変わらないと思うわ>ヒゲ」
できる夫 「壬生の狼なら仕方ない。」
紅きヒゲ 「あーね」
上条当麻 「ぶっちゃけ狐落とすタイミングが
グレラン>●>●>指定な以上ないしねそりゃ
銃殺対応するか●出さないで4昼グレランさせるかの二択くらいしかねえ

でも4昼は俺指定吹き飛ぶ気はするが」
黒子 「うう…
狂人って難しいですのよ…」
ジム 「つーかまどかと杏子は共存勝利してんだからちったぁ喜べ!w」
紅きヒゲ 「村も霊能オチだけど
こっちも狂人いねぇ状態だからなぁ・・・w
こらきつい」
御坂美琴 「杏子が真っぽいけど信じたくないなー状態が続いてた
斎藤投票したよ!」
テルヨフ 「騙ろう。楽しいから。私は働かないけど。>黒子」
佐倉杏子 「いやー超狐だとおもってなんていなかったしー」
上条当麻 「だから今回の村ってあんこが大門占いして
そこにうまく対応するかとか
そういうゲームじゃねえの?多分」
妖夢 「視点人外詰まったのでどうすべきか非常に悩んだ」
反省 「黒子へ。
迷ったら霊能COが安定するよ。
けど慣れたら占いがいいよ。」
大門 「杏子が狼の場合が村だったら怖いな」
反省 「と、上条さんが言ってましたよ」
GM 「報告終了」
上条当麻 「いってねえ!」
佐倉杏子 「なぜ信じたくないんだ・・・・・・・」
スペランカー 「しっかし久々に信頼で●撃たれた気がする。
特にこの村では何もしてなかったけど、だからこそ撃たれたのかね。」
上条当麻 「おめー狐で何が嬉しくて朝に長文20行書かなきゃいけないんだ!>あんこ」
できる夫 「狂人なら霊能か占いを騙ったほうが手っ取り早いですよ。
というか潜伏狂人はなかなか高難易度なアレですし。」
妖夢 「投票の絡みでヒゲ非狼にできないかなと>スペランカー先生」
佐倉杏子 「スペランカーさん、私が真の時●よくうたれるよね・・・>スペランカー」
斎藤一 「●を出されたか否かの差だろうな。>御坂美琴」
紅きヒゲ 「とっさに狩人COしちゃったけど
まぁ他吊れても狐かまんとあかんから
どっちにしろきついやね>妖夢」
反省 「だって黒子初心者なのですから。
霊能者に出てローラーする展開なら狼次第で狩人抜き占いぬきでも信頼勝負でもどちらでも、
慣れてきたら占い騙り役にシフトがいいのかなと。
あとはまあ趣味のレベルなので」
テルヨフ 「狐でも狼でも村でいる時と同じ事をしなさい。私は働かないけど。>上条」
佐倉杏子 「その行動が狐くさいといっているんだ!>朝に二十行

信頼路線は力ぬいていいんでないw?」
黒子 「霊能COしようとしたら出なくていいみたいな流れになって結果的に潜伏になってしまいましたのよ(テヘ♡」
反省 「狐で一日20発言して翌日死体で発見された人なら知ってますけど<上条さん」
御坂美琴 「言ってる事は真だけど、説得はされてないと感じたなあ」
ジム 「今回はGJ出せなかった事よりゃ
前半の発言がスッカスカになりすぎた事のが問題だったな
3日目に●出てなかったら俺の方が内容寡黙で確実に吊られてただろうし」
妖夢 「強い占い師相手は怖い(ガクブル」
上条当麻 「占いの発言から真贋見極めると
好みの発言している方を真にしか見なくなるからなぁ>佐倉杏子」
佐倉杏子 「真っぽさ、もうちょい鍛えなおさないとなー」
御坂美琴 「三日目から言ってるw>斎藤」
紅きヒゲ 「わりとこー狼だとやっぱだめやなー
序盤はふざけてりゃなんとかいけるんだが」
テルヨフ 「けっこう勝ち目はあったと思うのよね。>妖夢」
大門 「初手噛みが共有だったから狼軌道修正しにくかったろうなと見てた」
佐倉杏子 「あったあった>勝ち目>妖夢
けっこうあった」
ジム 「じゅーぶん真に見てたから安心しろw
証拠に今回、俺の護衛は前半全部そっちだったんだから>杏子」
テルヨフ 「どうしようもなく負けたという村ではないわ。」
佐倉杏子 「ありがとありがとw>ジム」
紅きヒゲ 「んーまー役目がさっぱりだったからね、ひよったね
霊能もいぬぇし>大門」
スペランカー 「さて、それじゃあ私はお先に失礼するね。
村建て感謝、お疲れさま。」
佐倉杏子 「うん、私超本気だったよ>妖夢
今日は絶対油断しないってきめてたし」
妖夢 「夜忙しいと昼の発言がおざなりになるんが。
騙り視点の狼位置にするとして、投票のつながりの指摘とかされなさげな人…とか考えると頭ぱーんですね」
反省 「佐倉真でしか見て無かったですよ。
大門●出さない限り<佐倉」
上条当麻 「勝ち目っつーか修正するべき点はヒゲ吊り回避するとか
ジム噛むべきとか占いがさっさと大門占うとかそのへんかねー?」
佐倉杏子 「んじゃまたwであであw」
斎藤一 「●を出されるまで俺も同じように思っていた。>御坂美琴」
佐倉杏子 「昼だけみるとこいつ・・・私を殺る気だってw>反省さん」
大門 「こんなにも、生存意欲満載の俺が●なんて出るわけがない>反省」
妖夢 「うーん。勝ち目ある、と行ってもらえるならば多少は救われ…ますか」
テルヨフ 「がっちり決め打ってるまどかをどこかで噛む。共有連噛みでいくか、ハクより先に噛むか。
あとはテルヨフを残す。」
佐倉杏子 「であw」
御坂美琴 「真ぽさなら杏子>>妖夢は超同意するよ」
反省 「おかしいな・・・真狂と主張して妖夢狂人っぽいといってたから佐倉真主張のつもりだったんですが」
GM 「黒子さんは遠慮なく質問するといいですよ。
皆さん丁寧に教えてくれますし」
大門 「俺占いとか確定○作りにシフトでもしないと無理だろ>上条」
ジム 「まあ一応「COするまで生き残る」
狩人の最低目標は果たせただけでもヨシとするかね・・・

んじゃお疲れさん、また次回宜しく頼むわ」
テルヨフ 「大門○はできれば避ける・・・できれば。」
紅きヒゲ 「せやね、まどかじゃなくてハクだったらいけてた部分もあるかもね」
反省 「いや、それ余計に出されますから<●」
大門 「腹が痛いからトイレついでに落ち!おつかれwwww」
テルヨフ 「真狼と見て佐倉騙り主張してるのかと思ったわ。>反省」
上条当麻 「んじゃ、おつかれさまっと」
反省 「大門でなく肛門だったか、所詮狐よ」
妖夢 「上条さん吊らせるならまどか残しかなあと思いましたが。
中身見てこりゃ怖い人たちが相手だったなと」
反省 「それならテルヨフ噛みの翌日に大門●だろ!と思ってたので
そうじゃなかったのでそこから軌道修正ですね」
黒子 「わかりましたのー。ありがとうございますわ>GMさん
ええっと…、とりあえず、一日目に吊られなさそうに振る舞うにはどうすればよろしいんですの?
ことごとく早めに吊られるんですのよ…」
できる夫 「それじゃ、私もお疲れ様―、同村ありがとうございましたー」
弱音ハク 「戻り」
紅きヒゲ 「こーあれね、対抗もちょっと噛めそうにないし
困ったもんだね>妖夢」
反省 「こういう発言をすればいいって上条さんが言ってたよ」
テルヨフ 「大門○をヒゲ○にして、ヒゲが全ての人に「こいつ村だわ・・・勝てねえ・・・」と思わせる。
これでいきましょう。」
紅きヒゲ 「ヒゲムーブに注目せよ!>黒子」
弱音ハク 「勝ったようですね
ニート勝利おいしいです」
反省 「グレラン時の生存について。
・占いや霊能共有のCOを促す
・CO数の確認をする
斎藤一 「同村に感謝する。」
妖夢 「●だしのタイミングと位置が少々よろしくなかったですね。
たくさんいる人から対応文制作する→多かれ少なかれ何かを感じた
ということで」
紅きヒゲ 「割と、ヒゲの発言で1表とか可笑しいとヒゲ思います」
GM 「単純な話であれば10発言していれば初日は抜けれます>黒子さん
寡黙吊り多弁占いってのが基本なので」
弱音ハク 「ではお疲れ様です」
テルヨフ 「二十発言してて吊られたでっていうもいます。」
反省 「例
はいおはよう、占いでてね。○進行なら霊能も出て数確認かな。

3-1?じゃあ共有も出してフルオープンでいいよ。グレランしてこうか

2-0?じゃあ霊能初日なのかな?狩人も占いも生きてるってことでいいね。」
紅きヒゲ 「つまり・・・ヒゲになれば吊られないんだよ!」
紅きヒゲ 「な、なんだってー!?」
GM 「それアイコン吊りじゃないですかやだー>テルヨフ」
妖夢 「黒子さんは不慣れな方だったのですね。容赦なく票いれてすいません」
テルヨフ 「誰かこのヒゲでっていう村に投げこんできなさいよ。」
反省 「ただ発言の水増ししても2日目抜けても翌日死ぬだけなので、」
妖夢 「な、なんだってー(某」
GM 「2戦目だそうで。」
紅きヒゲ 「でもわりとヒゲ中身のある内容話してないしね」
できる夫 「えーと、多弁がよしとされるのは
村人は嘘をつかなくていい、って強みがあるからな
どれだけ喋っても視点漏れをすることがない、人外は言葉を選ばなきゃいけないからだ
って某できない夫さんに教えて頂きましたね。」
黒子 「なるほど、やはり喋っておいた方がいいんですのよね…
ただ、今回はもう…、会話を追いきれなくて…
絡みにも行けなかったんですのよ…
お姉さまに甘えてればよかったですの…」
反省 「内訳考察はあまりやらないほうがいいかな。準備しないと突っ込まれるから面倒。
数だけ確認して、それともう一つ自分なりに付け加えるといい」
反省 「狂人については吊られるのも仕事だから霊能巻き添えにして死ねる霊能騙りとか
占い師の護衛を外せるかもしれない占い騙りがメジャー」
テルヨフ 「会話追い切れないのははじめたばかりの内は仕方ない。
ある程度ロックオンして会話するといいわ。この村ならそげぶとか御坂とか。」
御坂美琴 「初日のグレランを抜けるには、まずは色々発言してみましょう>黒子
把握発言なら5~7は行けます(もちろんこれだけだと吊られる可能性が大いにあります)
慣れてきたら私みたいにカップリング談義したり、カレーのレシピをひたすら書いたりとかでもOK」
GM 「会話は追う必要はあまりないかな?慣れてからじゃないとパンクします。
ツールって使っています?>黒子さん」
反省 「たとえば御坂に対して甘える発言をするだけでも一日は生きながらえるかもしれないしね。」
テルヨフ 「RPで絡んで自然に発言数増やせるしね。」
妖夢 「他の人に絡めなくても、RPで上条さんに絡んでいれば面白いから残されるかなーと」
GM 「http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/jinrosiki_tool.html」
御坂美琴 「初日は他人の発言を見なくてもいいわよ
今回、私は当麻と黒子の発言しか見てないしね」
紅きヒゲ 「まー慣れないうちは、霊能騙りか
占い騙って○投げかねぇ・・・まぁそうなるとこの村だと
護衛奪えるかはわからんけどもさ」
GM 「これが真紅鯖で使える発言収集用ツールなので。
便利ですよー」
黒子 「次回で狂人に当たったら霊能騙ってやりますの…>反省さん
上条さんと話そうとしたら会話追えない原因の一人でしたので画面の前でパニックになって終わってしまいましたわ…>テルヨフさん
結論、お姉さまと愛の逃避行をしておけばよかったんですのね!」
紅きヒゲ 「あるある>パニック」
GM 「挨拶して、占いCO促して、霊能共有促して。
あとは今回なら御坂さんと百合百合してれば大丈夫です」
テルヨフ 「上条のせいかー。なるほどなー。発言多くて厚いもんなー。」
紅きヒゲ 「自分も昔ツール使わないでわかめてチャレンジしたら
共有と猫又占ったっけ・・・(遠い目)」
反省 「使い方は~日目の朝が来ましたから採集発言までをコピーしてペーストしてログ登録。」
御坂美琴 「黒子に私から絡んでいけばよかったかな、と今になって後悔」
妖夢 「占いに出ると真でも偽でも固まりますねえ。
灰でも初日は話すことがでてこなくて」
反省 「わかめてはタブ使えばいいから楽でいいけどね。」
黒子 「あらあらまあまあ…
ちょっと使い方諸々チェックしておきますの…!>GMさん」
テルヨフ 「タブ増えすぎると重いのよね。」
GM 「で翌日以降は目星つけたひとの発言と。
どういう視点からどちらの占いが真っぽいのか。
推理落としながら、ですね。」
紅きヒゲ 「紙でやってる人は尊敬の域やな、真面目に」
妖夢 「タブの整理が最近やりきれなくなっていて困る今日このごろ」
GM 「いまだにツール使わないと無理ですね。
まとめとかはテキストで個別に作りましたけど」
紅きヒゲ 「俺はメモ張も併用してるかな」
紅きヒゲ 「発言はツールで
内訳はメモで」
妖夢 「COまとめ・他人の発言メモ・自分用の発言メモを別個に開いているのもごちゃつく原因だなと」
紅きヒゲ 「【占い師】

(妖夢)/テルヨフ◯>大門◯>スペラン●>反省◯>斎藤一●
【////】
◇ジム ◇御坂美琴 ◇紅きヒゲ
-----------------------------------------------------------

(佐倉杏子)/できる夫は○>握り飯は●>ジム○>斎藤一○>御坂は○
【////】
◇反省 ◇大門 ◇紅きヒゲ
-----------------------------------------------------------

【霊能者】
()/黒子
-----------------------------------------------------------

【共有者】
(弱音ハク)/(鹿目 まどか)
-----------------------------------------------------------
【噛み】
GM/弱音ハク/テルヨフ/できる夫/
-----------------------------------------------------------
【吊り】
黒子/握り飯/スペラン/上条/
-----------------------------------------------------------
【灰色(占い師候補に占われず役職の名乗り出も無い人)】
◇できる夫 ◇テルヨフ ◇上条当麻
◇反省 ◇妖夢 ◇御坂美琴 ◇握り飯 ◇斎藤一 ◇紅きヒゲ 」
紅きヒゲ 「こーんな感じで」
テルヨフ 「それじゃみんなお疲れ。村立てと鯖管さんありがとう。働かずに勝ったわ・・・。」
御坂美琴 「発言はツール内訳はメモ帳
ついでにメモ帳もう1個開いて置いて狩人日記用or銃殺対応用、AA用」
紅きヒゲ 「まぁ解り易く整理しとくといいよね」
GM 「推理が間違ってるか合ってるかはさほど気にする必要は無いです。
中身見えないのですから、間違っていても当然なので」
反省 「メモ帳ツール併用すると楽でいいね。」
御坂美琴 「【占い】
妖夢 テルヨフ○ 大門○スペ●戦犯○斎藤●
杏子 できる夫○握り飯●ジム○斎藤○御坂○
【霊能】
【共有】弱音ハク - 鹿目まどか
【無残】初日 ハク テルヨフ できる夫 反省
【吊り】黒子 握り飯 ジム  上条当麻 ヒゲ
【完グレ】
◇御坂美琴

【死体】
◇ジム ◇大門
◇斎藤一 」
反省 「上条さんは言ってたよ。
「ミスリードはしたヤツが悪いんじゃねえ、させたヤツが上手いんだ」って」
御坂美琴 「私のはこんな感じ」
GM 「狼のときがきついかな。
まとめ、推理、狩人日記で忙しい」
御坂美琴 「狼の時は推理してないやと思ったけど村でもほとんどしてなかったわ」
反省 「さて、反省中の身なれば次村建てるのもやぶさかじゃないけど誰か必要かい?」
紅きヒゲ 「俺はやっぱり考えられる村がいいねぇ
狼はちょっと殴りが弱くなるねー」
GM 「黒子さんは今は場数ですかねー。どんどん参戦していくといいですよ。
初心者COは原則禁止ですけど。相談できる役職なら言ってもいいので。」
黒子 「なるほど…
やはりまだまだ修行が足りませんわね…
次回からはちゃんとツールとかメモ帳とか使いますわ!」
紅きヒゲ 「鍋あったら鍋食べたい!>反省」
紅きヒゲ 「まー頑張ってこー」
紅きヒゲ 「って事で俺も落ち!お仲間ありがとさん!」
反省 「今なべたってるからなぁ」
黒子 「そうなんですのよね…
で、大抵は霊界に行ってから初心者COしてみてこうして教えてもらう、と…>GMさん」
反省 「おつかれさま。
残り17人も居る・・・」
妖夢 「場数ふめばとりえあず雰囲気つかめますよー
最初のうちは参戦と上手さ(慣れ)比例しまししー」
反省 「最初はそんなもんだとおもうよ、だれでもね」
御坂美琴 「進行中の村じゃなければ、聞けば誰かしらは答えてくれるしね
霊界でも、検討会でも、スレでもどこでも」
GM 「土曜日の定期初心者村は参加したほうがお勧めですね。
戦績近い人もいますし。ベテランの方からも教えてもらえますので」
反省 「って上条さんが言ってたよ」
妖夢 「まあヘタレどころでで頭打ちな私みたいなのもいますが」
反省 「同村と村建てに感謝しつつ、失礼します」
妖夢 「では、村立て同村失礼。ありがとうございました」
反省 「それからー。
妖夢さん、昨日はすいませんでした」
御坂美琴 「失敗しないと、そのことが失敗だとわからない
私はそう思ってるので、何回も失敗して成功を見つけてほしいな」
黒子 「まあ…、初心者村って土曜日だったんですのね…
行ってみますわ>GMさん
ありがとうございますのー>妖夢さん
はいですの!次からはもう少し終えるようになりますわ!>お姉さま
上条さんシリーズ多いんですのねww>反省さん」
GM 「それではお疲れ様です。来村された皆様がたありがとうございました」
反省 「反省中の私の言葉はどんな言葉だってみそっかすだからね。
その点上条さんのせいにしとけばだいたいおっけーなんだよ」
GM 「あ。初心者村は四条鯖や真紅鯖、早苗鯖にもあるので。
ドンドン参加してくださいね」
黒子 「はい、ありがとうございますわ>GMさん
まあ、上条さんってそういうとこありますものねぇ…>反省さん
さて、わたくしはそろそろ課題をやるので失礼いたしますわ。
みなさま、お世話になりましたの。
またどこかでお会いしたらその時はよろしくお願いいたしますの!」
御坂美琴 「初心者村もだけど、普通村に入っちゃだめってことじゃないからね。むしろいっぱい入っていっぱいあそぼう!」
御坂美琴 「じゃ、私も落ちるわね、お疲れ様」