←戻る
【紅1757】やる夫達の普通村 [3011番地]
~あまりみない霊界非公開設定で~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制霊界で配役を公開しない埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon GM奈落っていう
(生存中)
icon 緑のヒゲ
(生存中)
icon 紅きヒゲ
(生存中)
icon 弱音ハク
(生存中)
icon 白いヒゲ
(生存中)
icon シーナ
(生存中)
icon IA
(生存中)
icon 影クマー
(生存中)
icon 山門武
(生存中)
icon 海のヒゲ
(生存中)
icon 同志スターリン
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon ジン
(生存中)
icon ようかんマン
(生存中)
icon ちょびヒゲ
(生存中)
icon 今泉影狼
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
白いヒゲ 「              -――-  _
          /          `
         ,               ヽ
.         /                  '.
         /
       ′           __      ハ
      {   ー- ―==彡´ ー-=ミ    i
        〉          _ , _j{⌒i ∨  {
      乂__三二ニ==゛ /圦j ┐ .!i  /          それじゃおっちゃん落ちるわ
       { 八   f彡 _/    ゝ 八 i{
        ゝヽ  ノ//\{       {\ーミz          GMは村立お疲れさん
          ≧x 乂_/ー-      ′ `<}\
           乂} fー-  _ ヽ  '    ,  \- 、    まぁ機会あったら家で作ったハンバーガーに胡椒かけてみたら
             |_ノr-=ミオ⌒  .: : : : :/   /   〉、 
             八rrイ    /. : ::/   /  /. \  ええんちゃう?
                , ⌒vハ _ノ. ::/   /   '       ヽ
             /   //从´_/    '     /     _ハ
               /   人.(イハハ.    ,      /    /   \
            {_丿 /  /:i:,ハi:i{\_/     /    '         ヽ
白いヒゲ 「そして延々と残して狩人露出させたりorz>海ヒゲ
おっちゃん胃が痛くなってきたわ」
海のヒゲ 「ああっ強い共有から噛まれて三日目ぼっちに うっ胃が>白きヒゲ」
山門武 「ではお疲れ様でした。」
白いヒゲ 「それもまたジャスティス>霊夢

好きなRPするんが一番や」
霊夢 「アカギヒゲアイコンで入ろうかと思ったけど入らなかった>白いの」
白いヒゲ 「もしくは、早く共有が噛まれてボッチにw>海ヒゲ」
白いヒゲ 「ヒゲヒゲ団とか
ヒゲヒゲZとかステキやん?>霊夢」
海のヒゲ 「でもカイジ、胃が弱いの…そんな時にぼっち共有>白きヒゲ」
白いヒゲ 「あ、それはごめん>影クマー
占い書くのに手間取ってもうた」
霊夢 「おつかれさまヒゲ
ってすごい語呂が悪いヒゲ」
GM奈落っていう 「まあそんなんでおつかれ」
白いヒゲ 「ライン線久しくやってないからやりたいな>ヒゲ

最近はロラ安定やからちょっと悲しいわ」
GM奈落っていう 「私意見いってないだけなんだけど…って感じなのに
適当にそれっぽいのを適時タイプしてるだけだけど」
海のヒゲ 「非公開設定だと…ログが楽しみなカイジ…!
みんなありがとう!この村…!サイッコー!!!」
ちょびヒゲ 「村立てありがとう。
相方にもありがとう。

それじゃあ、お疲れ。」
影クマー 「あぁあと白いヒゲ・・・初日に噛みより遅いのは勘弁だクマ(涙」
白いヒゲ 「             ,、__
            /ヽ   ``ヽ
           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.
            | ̄,.レ,..、  )7       あ、でも流れとめたんやったらごめんな?>後から来た人
            ! ''===i  /'.
.              ヽ `! !' ,//\_      みんな好きなヒゲ蓄えてもええねんで?
         _,―イ>`'´‐< /  \_
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、 そのキャラにヒゲがない?
      _/ |i   |  ///' /  !_      \ 名前にヒゲ付けたり語尾につければええねん
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
ジン 「そんじゃーおちるぜーおつかれさまー」
IA 「後はまかせた(ぽん>GM」
GM奈落っていう 「LWはそれなりにやるけど
なんでか毎回仲間が吊り位置になって私が残るハメになるのよ」
海のヒゲ 「ライン戦……サイッコー!!!>白ヒゲ」
IA 「じゃあおつかれさまいあー」
影クマー 「そんじゃお疲れ様、狼仲間も狂人もスマンクマ
占い噛んで、狩人噛んで、そこまでして狼狐のランで負けちゃいかんわ」
白いヒゲ 「中身われなかったな!」
海のヒゲ 「そう、カイジも●で占いCCOしたけどLw展開で苦しんだメモリー…>ジン」
白いヒゲ 「なんというか、殴り合いたい
お互い殴る資料がある状態で
思いっきり殴り合いたい。

信用勝負も好きやけど」
紅きヒゲ 「中身われなかったし!!」
IA 「ヒゲと山門とジンはまあ。大体分かる」
ジン 「この間、俺もwww騙り占いでLwやったけどwww
つらいわーwww土俵ができないときついwwww」
白いヒゲ 「中身とか、全然わからんよ>GM
ヒゲが「あ、多分本人だろうな」ってぐらいだし」
山門武 「割とマジで。」
影クマー 「がー、正直17のLW勝利したくて2騙りに乗ったけど
やっぱ負けると駄目だわ、もっと白くならんと

具体的には紅きヒゲ騙すようなのを増やしたい」
IA 「それは村側が読むべきそうすべき>白ヒゲ」
山門武 「ちょびヒゲさんは
中尉さんだと思いました」
ようかんマン 「気合入れて狐を噛むのがバレバレのLW騙りの基本行動かなーっと
居なかったら諦める」
白いヒゲ 「            __,,,,,
             / _  ``ヽ、
          /// ̄' ̄`ヽ. l
            `i ./,_, i.i ,_,i_}
           Vj {=ニ/ヽニ=/f]        占い2騙りで相互●で信用負けしたことあんねんで?>GM
             ヽ_ ̄F-イ、_ 7
            l ヾ===イ ,j         しかも、狼同士で●だしやで?ホンマ狼は鬼畜やわぁ
            `! `笊´//\__
           /`><´./ /   /`ヽ、
          //>/介./ :/   :/    ハ
        / :/// i<__;/   :/、三   }
       /  :/´ :/:/ii  /   :/iヾ、ー-  ト,
         l  :l   :/ .ii /  /: }i::..       ヽ,
       ,|`i :|  / /   ´   .';ミミ       ハ
      /::}: j :l .//        ∧ミ      }
     .{::::|./  l/´          ∧ミ三     i
海のヒゲ 「ここからあとに出る霊能はあって占いに出遅れた狂人だよ。というアピール…
けどカイジ失敗、アドバイス…サイッコー!>ジン」
IA 「なんかちょびヒゲは全然見てなかった」
ちょびヒゲ 「だって別に狼が他より強いわけでもない今の私が中身隠す必要なんて感じないし」
白いヒゲ 「                    ,、__
                   ハ___ ヽ
                 〈△ △ | 〉
                 曰~曰~|6)
                 |'六ー`.ハ、_     今泉ちゃん真やった場合一番困るけど
            /弓ロ巨/ /  `ヽ
           / .| |八 / /__ /  |  もし、そこ真やったら逆に潜ってた方がええな
              ,|っト、 l. // n__,}=:、 |
           {.彡 V   ミ_|___||ノ  2-2展開でのローラーで伏せれるしな
            `l. / 。 。   / |||
            | | 。 。  /┃.l||
緑のヒゲ 「共有噛みはまじ助かった、生きてたら指定で死ぬ未来しかみえねー」
GM奈落っていう 「霊界非公開だから検討会で気がつくか
とはいえちょびヒゲは中身かなり出してる感じしかなかったが」
ジン 「◇ジン 「海のは初日にもツッコミいれたけど、霊能なら占い結果見てから出たほうが
この霊能、占いの結果みるつもりねーな? 結果で●見てからのが心象いいぜ>海のヒゲ」

訂正文
◇ジン 「海のは初日にもツッコミいれたけど、霊能なら占い結果見てから出たほうが
この霊能、占いの結果みるつもりねーな? とか思われないから
結果で●見てからのが心象いいぜ>海のヒゲ」

くそwww文章がおかしいwwwってことで訂正>海の宛」
海のヒゲ 「うーん影クマーと今泉、そしてスターリンには思いっきり負担かけっちゃったね…
カイジ反省。3-2になったら真狂狼-真狼のほうが真狼狐-真狂より見れるから方吊りも出来ないね」
IA 「まあスターリンLWなら ジンとか噛まないといけないかなーというのは
ちょっとあるかもしれない。もしくは山門とか」
影クマー 「>影狼
あの日吊れなければロラ入るから、最終日は死体無しが出ないならいけるやん
ハクから指定はないかなーっと思ってたら完灰ラン言われるのが予想外だっただけ」
ちょびヒゲ 「どっちもどっちってことでいいや……
考えるだけ虚しい……」
紅きヒゲ 「それはなwwww>スターリンLWで共有噛み」
IA 「というか本人いたー!>ちょびヒゲ」
緑のヒゲ 「それじゃあお疲れ様。GMは村建て感謝する。」
ちょびヒゲ 「スターリン実際LWで共有噛むのも大概酷い動きなので」
今泉影狼 「というわけでたまに占い騙りを狂人でやると面白いです。
怖いわー、狐こわいわー
おつかれさまでした。」
ちょびヒゲ 「ただまぁ」
ジン 「海のは初日にもツッコミいれたけど、霊能なら占い結果見てから出たほうが
この霊能、占いの結果みるつもりねーな? 結果で●見てからのが心象いいぜ>海のヒゲ」
GM奈落っていう 「勝ったことあるしなあ2騙りでも」
緑のヒゲ 「2騙りで灰狼死ぬとほぼOUTだしなー。
運がよかったかな」
渋谷凛 「あー。
まあいいやごめんね。」
山門武 「スターリン視点として素直に狼COするのは村にとってはうれしいけど
別にそこまでしてくれなくても村は判断しなきゃ」
IA 「いあは蛇さんほど強くないし
蛇さんほど殴り合いに強くも無いさ>ヒゲ」
IA 「しかし 思ってたよりいあを素村視はされていなかった模様」
今泉影狼 「ぶっちゃけますと
今日の形の2騙りで勝つなら影クマーが最後まで残らないといけない。
そういう村」
緑のヒゲ 「始めIAスネークさんだとおもっててやべぇ人に目つけられた。
でちょびヒゲ共有COして、あ。こっちじゃん!で死を覚悟した」
影クマー 「霊界でスターリンが狐で影-灰-どっか説があがってたけど
それってクマーが残さなくても占いロラってくれるじゃん」
IA 「2騙りでの勝ちルートは
LWが死ぬ気で逃げ切るか 騙り狼が死ぬ気で信用勝利しか無いというか
まあいつもと同じ。違うのは駒1つを霊能情報と相打ちにさせてるとこ」
紅きヒゲ 「ちょびヒゲへの心証もよくなかったかもしれんな。
あとから出てきたわけだから、それが悪いという意味じゃないが」
白いヒゲ 「共有だと思っても殴ってもええねんで?>IA

灰にいるときやからこそ、殴り具合で判別つくこともあるんやし」
ようかんマン 「自分も落ちるとしよう
もうちょっと発言頑張りたいなぁ、お疲れ様!」
海のヒゲ 「2騙りで勝つにはどうしたら…
カイジで霊能ロラ、占いもロラ…そして共有はこの場合HOで狩人は占い候補護衛
妖狐銃殺対応が難しいか……」
弱音ハク 「スターリン狐見れないなら吊る必要なかったとだけ」
影クマー 「>渋谷
少なくとも3-2は確定で、クマーが狼で狐吊り目的で
んじゃ内訳はどうなってるんだクマ?」
GM奈落っていう 「3-2だし…ねえ>潜伏狂人
これで潜伏狂人いた配置は1回か2回あるかどうかくらい」
IA 「共有だとばかり思ってて あんまツッコミ入れられなかった。
今は反省している」
白いヒゲ 「影クマー狐でスターリン真を視ての支援か狼も道連れじゃー!ならアリだと思う>影クマー狐

でも、狼なら、素直にあれは受け取っていいと思うな」
ジン 「あー狐遺言って狐CO遺言じゃなくて、吊り もしくは 呪殺で役職騙りなしってことなのか勘違いした>紅きヒゲ」
IA 「緑のヒゲはなー」
緑のヒゲ 「いちお影クマーの遺言見て。ああこれLW初心者さんだろうなと。」
IA 「だってそんな スターリン真見る!
とかそういうつもり村に無いでしょ?正直」
紅きヒゲ 「ちなみに俺が生きてても緑のヒゲ見つけられる気がしないから
どちらにせよこの結果になったと思うぜ!」
影クマー 「狐で負けが確定しているんなら、どっち勝たせる為の人外COはせんよ
潜伏狂人がいるかもしれないから、遺言残すことで引き分けの目が・・・まで行くんなら別だけど今夏いないし」
紅きヒゲ 「ああ、それはたしかにあるな>GM」
紅きヒゲ 「狐遺言禁止ってのもあるし、
もし影クマーが混乱させてなんのメリットが有る?というあれだな>ジン」
IA 「まあ ふつうにメリットあるしね>GM
自分が影クマーの立場ならどうする?
って考えればふつうに理解できる」
渋谷凛 「狼の狐吊りかな、と。>影クマー」
GM奈落っていう 「理解不能☓で理解する気がない○に見える」
紅きヒゲ 「引き分け狙いならちゃんと狼COする。
そうすれば最終日もらえるよ!>スターリン」
ジン 「あれぇーそうなるのか、狐COしてないから混乱狙いとかなって>ヒゲ」
ちょびヒゲ 「だって村人が負ける方が道連れが増えるじゃん、というのは横道なので置いといて」
ちょびヒゲ 「別に影クマー狐で狼勝たせるためにスターリン支援するのは有りだと思うよ」
白いヒゲ 「意外とみられないよね>遺言の考察>紅ヒゲ」
同志スターリン 「いや引き分け狙いだったんだけどね。一応最終日には残るだろうと思っていたら>紅」
紅きヒゲ 「影クマー狐なら利敵行為だからないんだよ>ジン」
影クマー 「>渋谷
理解不能なら、あの遺言がなにに見えたクマ?
狼二騙りの占いLWだから勝てないの認めただけだけど」
IA 「スターリンが認めてたら
普通にスターリン最終日なんだけどねー
認めないとなると ちょっと話別になっちゃうんだよねー」
ちょびヒゲ 「スターリン狐説は影クマーが遺言する意味が1ミクロンもないので、云々」
紅きヒゲ 「共有の言い分見てないからじゃね?>簡単な推理」
紅きヒゲ 「むしろスターリンが狐であの時点で狼COしないメリットってなによ
まあ狼でもしないメリットないんですけどね。」
ジン 「影クマーは人外ってだけ見てて、狐なら死に際のって感じだったからな
中身は狼っぽいなこれで見てた>しぶりん」
IA 「あの状況で影クマーがLW担当なら
あの遺言無いと最終日前にぜってえ吊る。
だから遺言でLWなの示して引き分け狙い」
山門武 「僕が理解できてたことなのだからあなたにも理解できるようになってほしい。」
ちょびヒゲ 「2残り考えてスターリン吊るならなんで共有が前日そう言った時に案出さないの?」
弱音ハク 「ちなみに対抗占いに関しては別に文句言ったわけでもない」
GM奈落っていう 「狼の親切心を
村人が完全に踏みにじったという」
白いヒゲ 「まぁ、抜かれて困るやったら今泉やし
しゃあない>霊夢」
影クマー 「シーナの時に囲って貰うべきだったか、もしくは。
狼やってると囲われることが浮かばないから困る」
ちょびヒゲ 「正直なことを言おう」
IA 「いや ふつーに引き分け狙いだよ>しぶりん」
海のヒゲ 「カイジも正直すまんかった>クマ」
渋谷凛 「結局影クマーの遺言が理解不能だったかな、と。」
紅きヒゲ 「スターリンは引き分け狙うべきやで>スターリン」
緑のヒゲ 「途中まで狩人日記書いてたんだよ。尽く噛みで使い物にならなくなるwww」
同志スターリン 「正直すまんかった>クマ」
ジン 「決断力ねーな俺wwww」
白いヒゲ 「7 日目 ( 1 回目)
緑のヒゲ 1 票 投票先 1 票 → 同志スターリン
シーナ 0 票 投票先 1 票 → 同志スターリン
山門武 1 票 投票先 1 票 → 渋谷凛
同志スターリン 3 票 投票先 1 票 → 山門武
渋谷凛 1 票 投票先 1 票 → 同志スターリン
ジン 0 票 投票先 1 票 → 緑のヒゲ

LWCOの遺言を信じるか信じないかやなこの投票は」
今泉影狼 「影クマーを囲えるかどうかかー」
ようかんマン 「霊界で見てても狐は影狼だと思ってたでござる
最終日の空気見てあ、これ狐生きてるって思い直したけど」
ちょびヒゲ 「内訳どうこう以前にそれで影クマーがスターリン残させる意味がない」
渋谷凛 「真狼狐ー真狂」
影クマー 「ただスターリンは緑にいれてくれクマwwww」
IA 「真狂狐―真狼>赤きヒゲ」
ジン 「よく狼は初手で白ヒゲ噛みしたな」
緑のヒゲ 「流れ的にスターリン吊れそうだからな・・・
このビックウェーブに乗るしか無い!」
紅きヒゲ 「スターリンが狐って内訳ナニよと思うヒゲ」
霊夢 「白いのごめんねー」
IA 「違った」
影クマー 「そっち吊れたら占いロラって最終日いけたっぽいし」
IA 「でも共有だろうなー って思ってた」
ジン 「緑は最終的の発言がコピーだったから超過に臭い気づいた」
IA 「◇緑のヒゲ(96)「共有はこの場合トラップは十分期待できる。出る必要はないかな」
これで大体共有じゃないなら吊ろうって思った>緑ヒゲ」
白いヒゲ 「このロッテの回し物!」
弱音ハク 「お疲れ様です」
紅きヒゲ 「村がなんか狼吊ってくれる楽な展開でしたね
そこ狐はみえねえわ>緑のヒゲ」
影クマー 「んー・・・クマーが弱かったか、緑が狐なら」
ジン 「くそwww緑吊れると思ったらが無理かwww」
白いヒゲ 「緑緑ヒゲ狐か」
ようかんマン 「2票確定してますからのう」
ちょびヒゲ 「(スターリン以外で)自由にやれと書いたつもりがそう受け取られていなかったことに戦慄した」
IA
                     ,     /    /           ヽ
                   /     /{    {ヽ   :.       '.
                 /    __/ {    {  '.   {       '.
                       ´ ' `{     {   '  ̄{`        '.
                 , '  ,′  {    {    \!
              {/   :{,.ィ=ミ、ヽ{   { ≧==ミt|ヽ       }
             /     :{  {tハ  {  :{  ぅ:::::゙} |   } ヽ  :
.            .  ´    { :{  Vツ  ヽ  {  Vzツ |   }   \ }
          <..__,./ { ヽ {        \{    |   ; \   丶
             /  {ハ  :ト{          \     |   /   }`^ー- `ゝ
               /  {:∧ {: :,v^!/ ̄ヽ{       |  ,/   :}  {     もっくもっくもっく>白ひげ
.              {   {:  ヽ /}ノ.:':::::::::ハ::::}ヽ   /{ /}     }  '.
.              {   {: _/}:'::::::::::iヘ{ Vt‐=ニ/   !/} }    } }   '.
         ( (  ` r‐ァ' /:::::::::::iヘ '. ヽ::::::::{   ,′} }     }/   '.
            / { {  {:'⌒ヽ:〈ヾ、ヽ `  V::∧   j/   ノ`ヽ  ∧
.             /,/  \乂__}ハ   , -┴、::{    ' r‐ ´   V
.           / {       \_{ ヽ::::{ /     ';ハ j __ノ         }'.
           / ,/\         }:_У       Y  }:::::.\      : '.
        //.:::::::.\     /.:{         ヽノ.::::::::::.\    ∧ '.
.      / /.:::::::::::::::::.ヽ   /:::::{    ,,...-‐=ニ〈::::::::::::::::::::.\ /^ヽヽ
.      /   /.::::::::::::::::::::::::::`T::::::::::{___,,..::´::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::`ー-}
    /    /.::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/」
緑のヒゲ 「いやー初めて狐で勝たせてもらいました。
まじうれしい」
白いヒゲ 「おつかれー」
シーナ 「あー」
GM奈落っていう
◇シーナ 「んーこれ先にスターリン吊らない?
すごい狐っぽい発言だって自覚してるけど」

◇渋谷凛 「いやまあ、それは気づいてる。
だから今日スターリンさん吊りたいって昨日から主張してるのが私。>山門さん」

そら入れるわなという」
白いヒゲ 「IAちゃん、食べカスのこっとるよ(ごしごし>IA
ちゃんとお手手もふかんときたのぅなるで」
同志スターリン 「あー緑か……」
山門武 「ヒゲの方だったか」
渋谷凛 「ごめんね。」
紅きヒゲ 「だが緑のヒゲはみえなかったwwww」
海のヒゲ 「妖狐…サイッコー!! そしてお疲れ様」
緑のヒゲ 「お疲れ様!」
IA 「お疲れ様。なんだ 緑であってた」
ジン 「なんでースターリンつってるだー!」
霊夢 「おお疲れ様よー」
渋谷凛 「あ、そこ」
ようかんマン 「お疲れ様!」
GM奈落っていう 「なぜか吊れたスターリン」
紅きヒゲ 「おつかれ、そりゃそだろwwww」
影クマー 「お疲れクマ」
ゲーム終了:2013/06/12 (Wed) 23:22:25
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
同志スターリンさんの遺言 占いCO ちょびヒゲ○IA○シーナ○霊夢○
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
同志スターリン は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
緑のヒゲ1 票投票先 →同志スターリン
シーナ0 票投票先 →同志スターリン
山門武1 票投票先 →渋谷凛
同志スターリン3 票投票先 →山門武
渋谷凛1 票投票先 →同志スターリン
ジン0 票投票先 →緑のヒゲ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
緑のヒゲ 「ないだろそれ・・・」
ジン 「うっわーすげー面倒な視点だな>スターリン」
シーナ 「んーこれ先にスターリン吊らない?
すごい狐っぽい発言だって自覚してるけど」
同志スターリン 「緑のヒゲか渋谷凛が狼>ジン」
緑のヒゲ 「スターリン視点の内訳がどうなってるかだよなぁ」
渋谷凛 「いやまあ、それは気づいてる。
だから今日スターリンさん吊りたいって昨日から主張してるのが私。>山門さん」
緑のヒゲ 「相互っていうか。俺の場合消去法でそこしか吊る位置なかったんだよ>ジン」
山門武 「僕は五日目言った通り二騙り想定してるから
灰に投票するよ」
ジン 「ぶっちゃけーお前さん視点どうなってる?>スターリン

もうグレーないなら、自分で影狼の偽証明する場面だが」
シーナ 「最終日まで灰狼が生きれる位置に居るなら十分価値があるよ>山門」
緑のヒゲ 「ただ、ないよね。素直に狼遺言信じるのもあれかなーってのはある」
山門武 「これくらいのこと渋谷にしろシーナにしろ
村なら気づかない訳がないと思う」
シーナ 「なんだかなー。影クマーが吊れる日に緑のヒゲと相互してたのが胡散臭いんだけど
この場合緑のヒゲ狐疑惑で吊れちゃう可能性もあるし。策としては微妙っていう」
同志スターリン 「いやいやいや山門粛清してよ。」
渋谷凛 「2騙りで最終日まで持っていって引き分けの展開は真占い師噛んでるとちょっと辛いんじゃないかなあ。」
緑のヒゲ 「スターリン狐も、あるっちゃあるか。
まぁ怖いとこだよなぁ。」
ジン 「スターリンが狼なら山門は噛まれないからなこれ」
山門武 「単純に

今泉狼 スタ狐 白ヒゲ真で 霊真狂として灰にまだ1Wいる感じで


最終日にスタ吊れば勝てるからね」
ジン 「スターリン狐ってどんなトンデモなきがするだよな」
緑のヒゲ 「山門は判断つかないんで噛んで欲しい感じ。」
渋谷凛 「個人的にはジンさん狼もないかなって思う。」
緑のヒゲ 「それはあるんだよなぁ。2騙りってなら真狼狼ー真狂?かな」
渋谷凛 「うん。
要するに今日スターリンさんを吊るかどうかじゃないかな?」
シーナ 「あ、スターリン狐があるか」
ジン 「で、どうする山門吊って 明日かスターリン吊ってみて明日がくるの確認するか?

ぶっちゃけーシーナか緑のヒゲ吊りのが優先な気もするだが
しぶりんか山門噛ませたいわ」
同志スターリン 「あと、なんか割りとすんなり影クマーの遺言が信じられててビックリなんだが、狼じゃないからな!」
山門武
あるいは狐交じりの

真狂狐―真狼か 真狼狐―真狂 真狼狂―真狐で

スタ公が狂ないし狐で
最終日に吊らせるコースか。

狐灰にいるなら渋谷かシーナだとは思う」
山門武 「普通に2騙りで狼露出でせめて引き分けさせてくださいお願いしますって
ことじゃないのかな」
緑のヒゲ 「あ、はい。スターリンは落ち着いておこうか。」
同志スターリン 「放っておいても吊れるだろうと思いながらここまでズルズル……
このまま残られると非常にいやだ。」
山門武 「おはよう」
シーナ 「正直告発の意味がわからない
スターリンー緑ー影くらいじゃないと狼にメリットがない」
渋谷凛 「私はさ、グレランで狼が吊られて仲間を自白することってかなり異常なことだと思うんだよね。
有るとしたら最終日に狼以外を吊らせたい意図じゃないかなって。
じゃあこの場合、なぜ占い師候補なのかって思うと、狐の可能性があるからじゃないかな?」
同志スターリン 「占いCO 山門武●!」
緑のヒゲ 「昨日も言ったがジンと山門は吊る気が起きない。
ただ狐残り考えると山門少し怖いんだよね。
ステルスっぽい位置でさ。」
ジン 「狼狼真ー真狼 影クマー狂or狐

まで考慮していいと思うぜ、緑のヒゲとシーナランくらいだ
山門は判断できないわ、噛みしてほしいレベル」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
今泉影狼さんの遺言 狂人:白いヒゲ
狼:スターリン・ようかんマン・霊能 → 紅きヒゲ真
狐:影クマー

というところではないでしょうか。
それならジン信じて占っておけばよかったですね。
ようかんマンと2択はずした感じです…怖いわー、村人怖いわー。
ちょびヒゲさんの遺言 ムード見るに狐が物好きなことやってるとか潜伏狂のあれとかってのは薄そうなので、皆自由に投票すればいいよ。

>渋谷凛
二騙り+影クマー潜伏狼の場合、
どうせ騙り狼は吊られるので狼勝利は全くない。

スターリン狼であることを示せば狐探しからの引き分けを望みうる。
ちょびヒゲ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今泉影狼 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
緑のヒゲ1 票投票先 →今泉影狼
シーナ0 票投票先 →今泉影狼
山門武0 票投票先 →今泉影狼
同志スターリン1 票投票先 →緑のヒゲ
渋谷凛0 票投票先 →今泉影狼
ジン0 票投票先 →今泉影狼
ちょびヒゲ0 票投票先 →今泉影狼
今泉影狼6 票投票先 →同志スターリン
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
山門武 「狼の嫌がらせなら知らないよ」
緑のヒゲ 「狼2残りはみえないんだよな。狼臭いのがいないっていみでさ>ちょびひげ」
渋谷凛 「んーと、あの遺言って狼に何か意味あるの?
影クマーぐらい物を考えててあの遺言はちょっと…。」
シーナ 「んあー意味がわからない。スターリン真の場合最終日まで残す遺言なんか出さないし」
ちょびヒゲ 「これが国家社会主義の敗北か……」
緑のヒゲ 「スターリンはよく頑張ったよ。」
ちょびヒゲ 「何故か明日を見越した指示は無視されている」
ジン 「うわーそれすごい狐に見えて困るw>しぶりん
つっても、今日の視野外も気になるから困るだw」
緑のヒゲ 「じゃあ今泉吊ってどこ削るかかんがえようか。」
渋谷凛 「まあ、今泉さん吊ってスターリンさん釣ってもいいんじゃないかな?」
ジン 「占い
スターリン ちょびヒゲ○(共有
白ひげ   ハク○(共有
影狼    しぶりん○」
同志スターリン 「一応言っておくけど狼じゃないぞ。なんだあれ。」
ちょびヒゲ 「大昔提唱したものの、結局私がグレラン死とかしなかったから活かす機会が全くなかったこの遺言狼COが
私と全く関係ない形だろうが実現しているのは少し嬉しい」
今泉影狼 「で、まあ、スターリンはどうせ最終日に吊るでしょうから
今日は私吊りでかまいませんよ。」
緑のヒゲ 「影クマーの遺言に今気づいたわ。まぁ吊りたい位置が狼でよかったかな」
ジン 「やっぱり真偽ついてなくての噛みだったのかこれ」
シーナ 「影狼ちゃんの信用落としがあるからなぁ。と思ったけどやる意味ないっぽいんだよね」
同志スターリン 「……はい?>影クマー」
渋谷凛 「う、うーん。」
山門武 「誰が共有かなんて具体的に考えてなかった。」
今泉影狼 「私視点、人外でそろいましたので。
クマーが人外遺言残しているなら人外が
霊能-白ヒゲ(狂)-スターリン(狼)-ようかんマン(狼)-クマー
で3W1K1Fが出揃います。」
ジン 「影クマーの遺言がひでぇなおい!」
渋谷凛 「ちがうよ。
そう思われるとは思ってたけどね。>ジンさん」
ちょびヒゲ 「明日は2残り考えて遺言で指定を行うので
明日誰を吊りたいかを皆発言しておくように」
緑のヒゲ 「ああ。山門の方に見てました。灰視腐ってるわ>ちょびヒゲ」
シーナ 「で、スターリン遺言についてコメントある?」
山門武 「対抗共有いたらどうぞ」
ジン 「あれぇーしぶりんじゃねのーか>相方」
渋谷凛 「おはよ。」
ちょびヒゲ 「取り敢えず今泉が完璧に仕事終わってるのでさようなら」
ジン 「共有の遺言で占いきりって、影狼しかつれねーだけど」
緑のヒゲ 「相方まだ伏せるのか。辛抱強いな」
同志スターリン 「対抗狐っぽい気がするので悩んだが……
誘導強すぎるし狼まだ見つけてないのでジン」
ちょびヒゲ 「狐探しの邪魔しても悪いし」
今泉影狼 「仕事しゅーりょー」
ちょびヒゲ 「相方CO」
今泉影狼 「あーあーあー」
ジン 「伏せか、相方さんはCO判断任せるぜ」
緑のヒゲ 「ジンは非常に村に見える。山門も吊る気が起きない。
で昨日の今泉のスターリン●が狂人アピっぽいので。
スターリンかっていけばいいんじゃないですかね?
○撤廃はあり。」
今泉影狼 「理由:
影クマーへの占い誘導がひどいところ。
発言を考えて私の占い方針に対して理解ができない人だとは思いませんが。
そういう意味では占い避けに必死なのかな、ということで完灰の中では狐目筆頭か。」
シーナ 「あ、センサーが外れてたよかった」
山門武 「そりゃそうだよね。」
ちょびヒゲ 「ふーむ」
今泉影狼 「占いCO:ジン ○」
同志スターリン 「占いCO ジン○だ!」
山門武 「おはよう」
ジン 「緑のヒゲ吊れるだろって思ってたからシーナ投票だ
残ってるメンツで影クマー吊られたら、山門抜いた位置が判断しにくいからな

影クマーは残った占いに占いさせたかったんだよ
今の占いに狼まじりなら狐が怖い位置って影クマーくらいだからな」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
弱音ハクさんの遺言 共有CO
相方伏せます

今日は占い1人切ってください
影クマーさんの遺言 狼CO、お仲間は海のヒゲとスターリン
スターリン残して今泉吊って、狐探しさせてくれクマ
弱音ハク は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
影クマー は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
緑のヒゲ3 票投票先 →影クマー
弱音ハク0 票投票先 →緑のヒゲ
シーナ1 票投票先 →緑のヒゲ
影クマー4 票投票先 →緑のヒゲ
山門武0 票投票先 →影クマー
同志スターリン0 票投票先 →ジン
渋谷凛0 票投票先 →影クマー
ジン2 票投票先 →シーナ
ちょびヒゲ0 票投票先 →影クマー
今泉影狼0 票投票先 →ジン
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「遅かった」
弱音ハク 「あったら日記とか無視してグレランするので」
弱音ハク 「んじゃ緑はCOあるならいいですよ」
緑のヒゲ 「まぁ山門は見えないんで保留しておきたい。
というわけで俺としては影クマーなんだよな」
渋谷凛 「あ、うーん。困った。
指定じゃないのか。」
影クマー 「しかもシーナと山門が逆になってた模様
駄目駄目クマね」
ちょびヒゲ 「そんなこと言ったら緑だったらしい」
シーナ 「理由:消去法」
ジン 「山門はグレーの身として投票できねーから
判断は○の連中か役職でって感じだ」
影クマー 「あれ?
なんかいつのまにか消えてたクマ>緑のヒゲ

マジ空気薄いクマね」
渋谷凛 「その中だったら緑のヒゲさんを指定してほしいかな。」
緑のヒゲ 「兄さんの印象が強いからって素で忘れられてるとすごいショックなんだけど。
影クマーお前覚えてろよ・・・」
ちょびヒゲ 「IA人外で見てたってならみどヒゲを然程人外に見てはいなさそうだし、
あまり思考を窺える発言がないが」
シーナ 「緑>ちょび髭」
シーナ 「真狂狐で白ヒゲ狂の時に備えての○潰しじゃない?>緑ヒゲ
と思ったけど●出てるんだから真偽ついてるはずだよねぇ」
今泉影狼 「紅きヒゲ狐みないなら私視点だと狼でそろったので後は狐だけです。」
山門武 「不規則だったのは霊能の方に思えたから
占いは普通に真狂狼で霊能が真狼ないし真狐って印象はかわらない。」
弱音ハク 「いや、票見てもいいと判断 グレラン」
影クマー 「あれ・・・?>ジン」
渋谷凛 「ちょっとよくわかんないかな。>影クマーの印象」
緑のヒゲ 「◇ジン ◇山門武 ◇影クマー ◇緑のヒゲ
完全灰はこの4人」
ジン 「緑のどこいったよ>影クマー」
ちょびヒゲ 「あれ?じゃあシーナどこ吊りたいの」
影クマー 「シーナとクマーとジンでしょ、クマどっちも吊りたくない」
今泉影狼 「狂人が噛まれた以上、3-2の内訳騙り枠の残りは狼狼か狼狐、なんです。
そのうち1が死んで灰から1W吊った以上
対抗占って銃殺出るならよし、狼ならそこをkpして灰吊り、なわけなので

私が対抗を占うことに文句がある人はなぜ昨日ようかんを吊ったのですか。」
同志スターリン 「ここで私に●出し?」
緑のヒゲ 「IA噛んで霊夢噛みってのがどうなんだろうな。
よくわからない。噛み筋読むってのが苦手なんだよね」
ジン 「悪いけどー影クマーは残ってる占いに占いさせる位置だと思ってるから
吊りは反対だわ>ちょびヒゲ」
ちょびヒゲ 「別にそれが悪いという気は全くないが、
私も入れるし、
何か影クマーが自発的に言いたいことがあれば言っておけという位の」
シーナ 「だよねー>ちょび髭
なんでそんなにクマーにヘイト溜まってるんだろうか」
弱音ハク 「文句言っているわけでもないんですけどまー」
渋谷凛 「うん、大丈夫だと思うけど。
もしGJなら狩人さんには遺言を残してほしいかな。」
影クマー 「>ハク
○撤廃しないなら指定でいいんじゃね派だクマ
今完灰吊りたいのいないし」
ちょびヒゲ 「グレランすると非常に高い可能性で影クマーが鍋にされるように見える」
弱音ハク 「>今泉
別にそれ自体は文句言いませんよ これは結果としてしか見ません」
緑のヒゲ 「グレランでも問題ないね。」
山門武 「3-2って結構見ない内訳だけど
僕は初日占い3人に対してそんな違和感は感じなかったよ」
影クマー 「>影狼
あそこで出る狐は自殺願望があるか
海を共有と信じた出方だクマね、多分ないクマよ」
ちょびヒゲ 「するって言ってたしな>ハク」
ジン 「自分の視点を疑うような発言はよくねーな>影狼」
渋谷凛 「3-2の●後だから対抗は行くと思うよ。>ハクさん」
緑のヒゲ 「自分の感覚的にジンは非常に村目かな。
灰だと影クマーがきになるところ。シーナとの絡みが少し気になる」
ちょびヒゲ 「流石に自殺過ぎてあんまり考える気にならない>影狼」
今泉影狼 「>ハク
私が対抗占いすることに対して
とやかく言われる筋合いはまったくないわけです。」
弱音ハク 「グレランで問題ない人」
シーナ 「つまり対抗残ししたいと>かげろうちゃん」
影クマー 「霊夢噛まれと・・・三日目の○噛むのって
なんでだろうかクマ、片方は狼の○だし噛む予定だった?」
ジン 「今日はグレー削りでいこうや>ハク」
山門武 「真でもそう動くんだろうなとは思うよ。」
渋谷凛 「?」
今泉影狼 「紅きヒゲ狐ってあると思います?」
弱音ハク 「うーん」
弱音ハク 「対抗占いですか」
ジン 「GJ呪殺ならCOよろしくってレベルだ」
同志スターリン 「発言数稼ぎっぽいのが多いのと、もし囲うならここかなという。」
影クマー 「占い狼狐で狼吊りが恐いんだけど
ロラの時影狼から吊りなら吊り切りもないのかクマ、恐かったクマ

それに占い噛まれているんだから
キープ狼とかキープ出来ないのにねクマ、ハハッ」
今泉影狼 「理由:
ようかんマン吊ったら結局ここの色を確定させないと
いけないので。」
渋谷凛 「こんなイメージなんだけど。」
シーナ 「ああそっか。真狐狼ー真狂でも
真狂狼ー真狐でも狼目線一緒なんだ
じゃあ影クマーの言うとおりチャレンジしたっぽいねこれ
もしくは赤きヒゲ真の真狂狐ー真狼」
緑のヒゲ 「おはようさん」
ちょびヒゲ 「貴殿の脇は素晴らしかった(敬礼」
同志スターリン 「占いCO 霊夢○だ!」
影クマー 「おはようだクマー
役職はCOして欲しいクマ」
山門武 「おはよう」
今泉影狼 「占いCO:同志スターリン ●」
渋谷凛 「シーナさん:保留
山門さん:村
チョビヒゲさん:村
緑のヒゲさん:潜伏気味
霊夢:噛まれ占い師の○
ジンさん:保留
影クマー:保留」
ジン 「影クマーさすがに占ってるよな(チラッチラッ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ようかんマンさんの遺言 村人CO

噛みどころっつってもIAは誘導しすぎで吊るすしかない場所だもんよ
〇狭めならハク噛んだ方がよっぽど良い

だからと言ってそこが誘導してた緑のヒゲ狼とか言うつもりはありませんがね
でも灰見れていないと口に出すのはどうかとようかん思うの
霊夢 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ようかんマン は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
緑のヒゲ1 票投票先 →ようかんマン
弱音ハク0 票投票先 →ようかんマン
シーナ0 票投票先 →ようかんマン
影クマー0 票投票先 →ようかんマン
山門武0 票投票先 →ようかんマン
同志スターリン0 票投票先 →今泉影狼
渋谷凛0 票投票先 →ようかんマン
ジン0 票投票先 →ようかんマン
ようかんマン10 票投票先 →緑のヒゲ
ちょびヒゲ0 票投票先 →ようかんマン
今泉影狼1 票投票先 →ようかんマン
霊夢0 票投票先 →ようかんマン
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
影クマー 「>ジン
スライド出来る分、どうなんだろ>真偽ついてる」
ジン 「狐混じり前提で真偽ついてての噛みなら2騙りねーよな」
緑のヒゲ 「まぁ了解。それほど灰見れてないんだよなぁ」
影クマー 「え、あるよ。●吊り駄目」
山門武 「ようかんマンはIAが噛まれてるのを不思議がってるけど
じゃあどこが噛まれると思ってたのかなってのが見えなかったから
いやな気がした。」
シーナ 「んー……経験薄いから断言できないかやっぱり。全部推測になっちゃう」
今泉影狼 「変に噛み合わせされたりしてもあれなんで
「占うぞ占うぞー」て言っておいて狼にプレッシャーかけてるんですけど
…まあ、いいか。」
影クマー 「>ジン
ヒゲが偽なら狂の出方だクマ、真なら真狼だクマ
んじゃ2騙りと狐騙りどっち噛むかって話だけど、面白いかクマ?」
ようかんマン 「っつーか自分吊る流れだと思ってるんだけども
しかし影狼が狐ならここで●出すと思う、占い狼交じりならスタ公狼で」
同志スターリン 「わたし視点対抗は狼か狐なのであまり吊りたくない>●
まあわたしのグレーではあるのだが。」
霊夢 「思いのほか狐交じりで考えてるのが多いのね」
ジン 「狐混じり前提で噛むのってさ

ちょびヒゲ か しぶりん で真偽ついてのときだけだと思うだよな>影クマー」
渋谷凛 「んー、ようかんマンのスターリンさん評をどう見るか、かな。
私は…吊る派かな。」
緑のヒゲ 「チキンレースは嫌いなんで残してもいいとは思ってる。>ハク
ただ素村COが少しネック」
シーナ 「その場合だとすごく噛み的にスターリン狐のかげろうちゃん狼だね>クマー」
弱音ハク 「反論もないようなので●吊り」
霊夢 「●吊りに異論はあんまりない」
弱音ハク 「ふむ」
ジン 「狐混じり前提で噛むって面白いな>影クマー」
今泉影狼 「紅きヒゲ真なら1W吊れてます。
その場合、対抗が何かによりますけど、対抗が狐でようかん吊ってだと

と、書いてて明日対抗占えばいいと気づいたわけですけど
ここでようかん吊ると明日対抗占い確定なわけなんですけどね。」
影クマー 「無いなクマ>異論
素村CO出れば充分」
シーナ 「特段吊りたい位置居ないし任せる。>ハクちゃん」
ちょびヒゲ 「【余裕で抜けられる】との発言からどうも山門共有でなかったらしいことに衝撃を隠せない総統」
緑のヒゲ 「いちお霊能結果信じるならばここでの●は吊るのは勇気いるんだよね。>ジン」
ジン 「俺はなし>●つり」
影クマー 「>シーナ>続き
なら真狼狐-真狂の形だと
真抜ければ狐吊れる分、賭けてる気もするんだよなクマー」
弱音ハク 「んじゃ●吊りに異論ある人います?」
渋谷凛 「まあとりあえず山門さんは釣りたくないかな。」
ようかんマン 「もしグレランするにしても自分混ぜたほうがえーねん
自分見たいな場所中途半端に残してもノイジィになりかねん」
弱音ハク 「今泉の場合ー」
緑のヒゲ 「人外とはみてなかったからってのはあってね>ジン
あそこまで突っ込めるなら村なんじゃないかなっておもってたよ」
シーナ 「うん無駄。だから多分狐交じりだよこれ>クマー」
ちょびヒゲ 「グレランするなら相方出した方が良くないってのと、
今泉のしごと殆ど終わってないか?これ。

残す理由何かある?」
影クマー 「あぁ・・・なんか察しつつグレラン了解クマ」
今泉影狼 「>ちょびヒゲ
私の発言みてたらとてもそんな発言はでないと思いますけど。

ただ、灰噛みですか。
となると対抗狐あるかもですね。」
ジン 「ここは●つりでいいじゃね?
初日の真偽位置ってしぶりんとちょびヒゲだぜ>ハク」
霊夢 「村人COを村狼で決め打ちってことなのかしら」
渋谷凛 「えーっと、ようかんまんは混ぜなくていいの?>ハクさん」
影クマー 「>シーナ
じゃあ真狂狼-真狼って狼2が無駄じゃねって思うクマよ」
緑のヒゲ 「ハクが共有で、相方はまだ潜伏させるのね?
●抑制かな?」
ちょびヒゲ 「おおう?」
同志スターリン 「共有把握した。」
弱音ハク 「私の相方はこの程度のグレラン簡単に抜けられるので どうぞ」
ようかんマン 「なんでIA噛まれてるんよ
グレー減らしたくない?って噛みにはあんまり見えない位置なんだけど」
ジン 「自分のチェック先噛まれてそんなに嫌か?>緑の」
渋谷凛 「む。」
弱音ハク 「じゃあグレラン」
ちょびヒゲ 「ところで君等対抗占いするって発想欠片もないんだな」
シーナ 「真狼狐の形で、占い即噛みってする?>クマー」
山門武 「暫定○が役もちっぽいなとは思ったけどそういうのもあるんだよなぁ」
影クマー 「IA噛みー・・・?
そこ○だけど噛み場所かクマ?

んでようかんマンに●出てるクマね、CO聞こうかクマ」
今泉影狼 「ああ、うん。
ですか。
なら●はkpで。」
緑のヒゲ 「なんかすごいとこ噛まれてるな。意味が少しわからない」
同志スターリン 「ちょっと内訳見えてるような発言が多くて気になった。」
ちょびヒゲ 「とでもしとこう」
ジン 「そっちに●だすのか、明日、影クマーの占いもよろ>影狼」
弱音ハク 「ようかんマンはなんだろう」
霊夢 「噛まれ占いの○とかやーだー」
ちょびヒゲ 「貴君の歌声は全世界的誇りとなるであろう!
同盟国日本の技術を讃えよ!」
ようかんマン 「あらやだ、お腹の中が餡子だからって●○も黒いと思ったんでしょうか
村人CO」
弱音ハク 「共有CO 相方生存」
影クマー 「シーナの霊能真狂が微妙=占い即噛みってどういう理屈だクマ?
真狂だと占い真狼狐だろうで、噛まない的なあれそれかなクマ」
渋谷凛 「おはよ。」
シーナ 「すごい意外な所が噛まれてる、普通に人外で見てた」
ちょびヒゲ 「さらばだ、
えー……

いや、手先じゃなくて褒める方向の方がいいか」
今泉影狼 「理由:
初日に「真占いは銃殺を頑張ってね」という発言。
暗に灰に狐がいることを示唆してますね。
つまり、狼2騙りが見えている位置。狼狐両方ある位置と見ます。」
同志スターリン 「占いCO シーナ○だ!」
影クマー 「おはようだクマー
役職はCOして欲しいクマ」
緑のヒゲ 「やあ。おはよう」
霊夢 「ほとんどの人間がローラー言っているからこの村はローラー教徒が乗っ取った」
今泉影狼 「占いCO:ようかんマン ●」
ようかんマン 「おはようかん!と言う挨拶を流行らせたい
具体的にはグッドモーニング娘と同じくらい」
山門武 「おはよう」
弱音ハク 「IA-!」
ジン 「ようかんと影クマーが占いどころだと思うだけど
影クマー占いしてる占いいたら信用いいだけども?(チラッ

狼が2騙りなら占い噛みして役職ロラしやすい形なら
のんびりできていいだけどなー」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんの遺言
.          /                   \
       /                 }      \      ) )
      /              /    }\  :、    \______
.      ′      /  ___/_j{     -}―Χ-\     <
      j/     :{: { // /,ハ     ノ 斗ャ=ミ ヽ   \ `'ー――ァ
、__/     /{: {  斗ャ=ミi{   / 斤ーハ⌒ハ∨   \ }、   /
. \____,     / :{: { 芹z‐Vハ{ /   {/{:::}/} { :   ヽ   V⌒ ̄
  乂__    /  {: {,/ハi/{::::}/}{ :{   乂ーシ { :  :i } }
  \_____/   {  V 乂ーシ 乂  、  ̄  { :   :i } .ハ     すむら。
      「  {.   { :从    ̄     ′    ,ハ,} : :} }/ハ
     |  ハ   {    \         _   / i} : :} }   }
.     i| :|: \  \    ヽ.、    ´  / { /./ :} }   } 
.      j| ;L、 \  \  \≧=‐-‐=チー‐<∨/  / / /
     / !/   \  \  \   ヽ三彑/     〉′./ {,/:}
.    / j{    \____    Y   }     _/ / / / /   ノ
   / /∧________ノ{、⌒′ ノヽ }\___________} /イ乂{ /}
紅きヒゲさんの遺言
         _    ,、-‐'' "ニ=_-
      -=ニ.._   \/       \
       ,、- '´                ヽ
     /                       l
    /                     |
.  /  ィ      /| ∧ i、 lヽ           |    霊能CO!
  ///      〈 .レ ヽl > ´        |
    / // /\\  il´ ,、へN\       |    海のヒゲ(偽霊能) ● 紅きヒゲ(真霊能) ○
   レ / /| /|==`。!  ´===。‐ラ | |⌒i  |
.    レ レ lゝ -/   ゝ -‐ ´ | |う |  |    本当のカイジってやつを見せてやりますよ!
.        |/        / | |ヲノ  .|
      (ニ乂__  --‐=ニニ) |j |.|"   |
.        辷_ニニニニニニニrォ /|    |
         丶`ー^ーく`ア´ ノ/  l  ∧ ',
         |l      /   ィ  /"´ヽ ヽ
         | ',    .イ  / l / ,.、-ヽ ヽ
         │ ヽ_/ │/  リ//    ヽ.ヽ
.          リリ   /    l/       ヽヽ
IA は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅きヒゲ は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
緑のヒゲ0 票投票先 →紅きヒゲ
紅きヒゲ13 票投票先 →渋谷凛
弱音ハク0 票投票先 →紅きヒゲ
シーナ0 票投票先 →紅きヒゲ
IA0 票投票先 →紅きヒゲ
影クマー0 票投票先 →紅きヒゲ
山門武0 票投票先 →紅きヒゲ
同志スターリン0 票投票先 →紅きヒゲ
渋谷凛1 票投票先 →紅きヒゲ
ジン0 票投票先 →紅きヒゲ
ようかんマン0 票投票先 →紅きヒゲ
ちょびヒゲ0 票投票先 →紅きヒゲ
今泉影狼0 票投票先 →紅きヒゲ
霊夢0 票投票先 →紅きヒゲ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
今泉影狼 「言うのが遅くなってしまったのもあれですけれど。
灰狭めてくれた方がいいんで。
明日にはお願いします。
今日はなんとか頑張ってみますので、占い避け。」
紅きヒゲ 「あれ?なんか足がひっぱられる!
きさまでっていう!!!」
シーナ 「占い即噛みから見て微妙>ハクちゃん」
IA 「占い候補1死んでから出るなら
初日に出とけよという感想しか無いんで出ないでいいよ」
緑のヒゲ 「ひどい因縁つけられたきがする。まぁひとまずは放置で。
いますぐ吊る気はこちらにはないんで」
影クマー 「んー・・・そうなると>シーナ>真狐
紅きヒゲが対抗COした狐になるから、それはないと思うクマ」
ジン 「狼は信用路線を選んでない噛みだからなー
占いに狼いんならLwにはしやすいじゃねってだけだな」
シーナ 「別にあってもおかしくないけど>はっちゃけ
それがどう推理に繋がるか」
弱音ハク 「>シーナー
霊能真狂に見れない理由とかありますか?」
渋谷凛 「うん、なんとなくそれであってると思います。>ジンさん」
ちょびヒゲ 「何やら2人があり得るな、と考えているのであればきっと意味のある考えなのだろう。

国家社会主義は共産主義と違って人民の意見を大切にする!」
今泉影狼 「灰から銃殺が出せるか、あるいは対抗を占いも示唆しておきますね。
霊真なら灰から●引きでもありはあり。

で、個人的には狂人噛まれたなら共有出てほしいんですが。」
弱音ハク 「なんかヒゲが連続で死んでいるから明日緑のヒゲが噛まれているんじゃないかと」
シーナ 「真狂狼ー真狐
真狂狐ー真狼
どっちかかなぁこれ」
緑のヒゲ 「まぁ共有は考えあるんだろうし、任せておこうか」
霊夢 「はっちゃけられる身にもなりなさいという主人公視点」
IA 「仮にそう見えるのであれば
あからさまに共有か人外発言してる
緑のヒゲのせいであるといあ主張>緑のヒゲ」
ちょびヒゲ 「霊界非表示とはっちゃけの因果関係が全くわからないが」
紅きヒゲ 「まー俺の発言も一応みといてねってくらい。
あとは生きてる村人に託すとしよう」
影クマー 「ボケというな、大まじめだクマ>紅きヒゲ」
緑のヒゲ 「共有は一人は出てもいい気はするんだよね。」
ようかんマン 「そう考えるとぱっとみ一番噛みやすそうなスターリンちゃんが噛まれてないのか」
ジン 「ちなみに、共有は明日COでいいだぞ>ヒゲ」
渋谷凛 「ああ、山門さんの考えはすごくありそう。>霊界非公開のためはっちゃけ」
弱音ハク 「2騙りもある以上そりゃすぐに真切れない」
紅きヒゲ 「とりあえず俺視点海のヒゲと繋がってなさそうな人の発言

◇影クマー(39)「対抗?
海のヒゲが共有なら撤回してくれクマー」

このボケは海のヒゲの中身が見えてるなら出来なさそう。


◇渋谷凛(63)「ん、霊能ロラなんだね。」

いきなり霊ローラーを発言。
霊ローラーになることが見えてそう。」
ちょびヒゲ 「>緑のヒゲ
二騙りであんまり占い噛まないだろって考えたら狐混じりっぽくて、
じゃあもう殆ど真占いの生存に期待できないだろう?

全吊りを前提とした上で、ならばどこ占おうがどうせ信じないのだから無駄で、
唯一意味があるのは銃殺のみ。」
ジン 「占いロラは別にいいだけよ、まだあとでだよな>しぶりn」
影クマー 「>ジン
つくつかないというか
ついてないなら真いるかもって言われても、だからってだけだクマー」
紅きヒゲ 「あと共有は流石に今日でといたほういいと思うぞ
無駄占い覚悟してでも潜伏する勇気があるなら応援しておく」
緑のヒゲ 「いきなり吊り先探してるIAはチェックしておこう。
ほかはシーナが発言抑えてる感じで気になったかな?

これが昨日の雑感だね」
弱音ハク 「すぐに占いローラーはまあない
霊能狼混じりをすぐに肯定できませんし」
今泉影狼 「ただ、霊が真なら残ってる対抗は狐狼として。
私が噛み切られるかどうかでしょうね。」
同志スターリン 「とりあえず今日はローラー完遂だな。」
霊夢 「緑がとても心苦しそうには見えない」
紅きヒゲ 「まー狩人さんは俺が吊れる分生き残って頑張ってくれ」
渋谷凛 「まあ明日占いはどうするか決めようよ。
ローラーで狂人を含む人外が1人吊られるわけだし。」
緑のヒゲ 「兄さん吊るのは心苦しいけど。仕方ないね。
じゃあとっとと吊ろうか!」
ようかんマン 「ここで真っ先に噛まれるのなら霊能に狼が居るってパターンも有るのかも
真狼弧だとどっち噛めばいいか悩むかもだけど真狂狐ならどこ噛んでも損はしにくいじゃない」
影クマー 「占い噛みはいいけど山門占うなら
別にいいかーくらいの>遺言」
弱音ハク 「>ちょびヒゲ陛下
一般的には見られない進行ですしね」
ジン 「なんでだ?共有二人が占い受けてる場合ってよ?
真偽つかないパターンあんぞ?>影クマー」
山門武 「霊界非表示だからなにかしらの役がはっちゃけたんでしょ 」
霊夢 「霊能真狼主張なら2騙りもあるかもしれないけど、ヒゲの結果を気にするならだけどね」
紅きヒゲ 「あと俺吊るなら占いはちょっと置いておけよ。
占いに狼がいるなら吊った時点でLWだ」
シーナ 「あーでも占い即噛みするなら2騙りなんてもったいないことするかなぁ」
今泉影狼 「霊能●で占い噛み。
2騙りで霊潰して占い噛みますでしょうか。
真霊なら紅きヒゲだと思いましたけど。」
同志スターリン 「おっと、白いヒゲが狂人だったか。」
緑のヒゲ 「占いに霊能占えってけっこう無駄じゃねーの?>ちょびヒゲ」
影クマー 「それは面白いじゃなくて笑えないだと思うクマー>ジン」
シーナ 「とりあえず完遂」
IA 「赤ひげ視点 多分真狂狼―真狼側。
赤ひげ視点では 銃殺に期待できるかもね」
弱音ハク 「まあローラー完遂には違いない」
渋谷凛 「うーん、占い噛みなんだね。」
同志スターリン 「理由
発言多いが共有のことを気にし過ぎでちょっと偏ってる。」
紅きヒゲ 「俺視点はそのまま俺吊っても構わんぞ。
とりあえず1W露出してるからな」
ちょびヒゲ 「が通ったことは一回もない」
ちょびヒゲ 「こういう時霊能候補遺して占い候補残った1人吊って、
んで占いに霊占えよってやりたくなる」
シーナ 「一応真狂狼ー真狼と言われても信じれる噛みだから
別におかしくない結果かな>霊結果」
ようかんマン 「霊能が●、と
まぁローラー完遂なんですけど」
弱音ハク 「占いに狐混じり?
うーん 狼の2騙りをすぐに考慮しないのかなー」
影クマー 「あれー、霊能●?
紅きヒゲ視点霊狼で占い噛みかクマ」
ジン 「そんで、共有二人が○にいるとすげー面白いと思うだけどどうよ
いるん?

占い噛まれるなら出てほしいぜ」
紅きヒゲ 「あいつナニしに出てきたんだ?」
緑のヒゲ 「白いが噛まれている件。わりと真みれそうなとこだったのに・・・」
霊夢 「あのヒゲが噛まれるならスターリンはあんまりねという」
IA 「ロラかんすい」
今泉影狼 「ふむ。狂人噛み。」
渋谷凛 「おはよ。」
影クマー 「>ハク
海のヒゲが共有で意地でも撤回しない事はあるからね
そうなら指示必要だけど、そうじゃないなら出さなくてもいいかと

ただ良く見ているんでクマポイントを一つあげるクマ」
山門武 「おはよう」
弱音ハク 「おはようございまする」
ジン 「 ◇今泉影狼(70)  「無駄占いの可能性があるのは嫌ですけど
この場合狐が役職に出ているかどうかが問題ですね」

この発言の無駄占いってのが、初日共有じゃない場合だと
二人の共有が潜ってる場合だと

「共有二人を占ってて真偽ついてない可能性があるヒゲ」 

とか言ってくれたほうが受けよかったな(キリッ

ミスw」
影クマー 「占い噛みと、なら狐混じりのほうかクマ?」
シーナ 「おはよう」
今泉影狼 「理由:
私の占い理由をよく見ている位置ですね。
海のヒゲへの発言を考えると非共有と見ます。
初手からしっかり占い理由に目を通してるのは役目、と見えますので。」
IA 「緑のヒゲ共有じゃないなら
占えばなんか出るけど 共有なんだろうなーという顔」
ちょびヒゲ 「さらばだ米国帝国主義の手先よ!」
紅きヒゲ 「ほうほう・・・なるほどな」
緑のヒゲ 「やあおはよう」
同志スターリン 「占いCO IA○だ!」
紅きヒゲ 「霊能COっていうwww 海のヒゲ ●」
今泉影狼 「占いCO:霊夢 ○」
ようかんマン 「おはようかん!!」
ジン 「◇今泉影狼(70)  「無駄占いの可能性があるのは嫌ですけど
この場合狐が役職に出ているかどうかが問題ですね」」
弱音ハク 「白ヒゲー!」
影クマー 「おはようだクマー
役職はCOして欲しいクマ」
霊夢 「ツモ!ヒゲオールの2本場よ」
IA 「まあどっちみちロラ先なんで
占い結果は出しても出さなくてもいいけど

どうせ狂人はほぼ確実にCOしに来るんで、真が結果伏せる必然性はあんま無いかもね。
占った先がやっべー○だよ……どう見ても役職なのに○ってことはアレだよ……
頭にかがつくアレだよ……という場合除く」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
海のヒゲさんの遺言                          _.. -─- 、
                          ,.  ´  _,. -   丶
                    / . : ,:ィ.:´.: : : : : .   \
                   /. .: :/,. -‐====- 、: :. ヽ
                 , ' .: .: .:/´二ィ´  ̄ ̄ヽ- 、丶.: : j
                  / .: : : :/ ,.ィ´ {! _、  ,_ }  `、ヽ:.,'
                 、: .: .: :iィ ,L.-ヘ ′ ^-ソー-、 j|:V
                 、: .: .:i:l.'´rfソ´'′ ,' ´'^ヾゝ' i.:j`\
                    丶:rヾ!      i:.       '^!ヽ /
                   `! ゝ      .. j:.      .:!jー'´     霊能CO、最っ高!!!
                     \_,    _,.‐  ー、_  .,_/
                          ハ  'ー'´二二`ー'  /
                       ゞj 、        ィ
                  ,. -‐.;´:!i. ヽ      , '´j!
                 /.:.:/.::;」丶 `ー‐一  j)、
                   /: .:.:/.:/}   ̄ ー一  ̄  |\_
   __r‐r‐r─────一'´ ̄ ,ヘ._        _,ノ!  \  ̄  ー──‐┬‐┬、____
/´/   ! !:::|                i      ̄ ̄ ̄   |             |:::::::! |     !`\
  i   | |::::!            |               |             l:::::::| j    }
白いヒゲさんの遺言             __,,,,,
             / _  ``ヽ、
          /// ̄' ̄`ヽ. l
            `i ./,_, i.i ,_,i_}
           Vj {=ニ/ヽニ=/f]
             ヽ_ ̄F-イ、_ 7         おっちゃんが占い師や
            l ヾ===イ ,j
            `! `笊´//\__    ハク○山門○●
           /`><´./ /   /`ヽ、
          //>/介./ :/   :/    ハ
        / :/// i<__;/   :/、三   }
       /  :/´ :/:/ii  /   :/iヾ、ー-  ト,
         l  :l   :/ .ii /  /: }i::..       ヽ,
       ,|`i :|  / /   ´   .';ミミ       ハ
      /::}: j :l .//        ∧ミ      }
     .{::::|./  l/´          ∧ミ三     i
白いヒゲ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
海のヒゲ は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
緑のヒゲ0 票投票先 →海のヒゲ
紅きヒゲ5 票投票先 →海のヒゲ
弱音ハク0 票投票先 →海のヒゲ
白いヒゲ0 票投票先 →紅きヒゲ
シーナ0 票投票先 →紅きヒゲ
IA0 票投票先 →海のヒゲ
影クマー0 票投票先 →海のヒゲ
山門武0 票投票先 →海のヒゲ
海のヒゲ11 票投票先 →紅きヒゲ
同志スターリン0 票投票先 →海のヒゲ
渋谷凛0 票投票先 →紅きヒゲ
ジン0 票投票先 →紅きヒゲ
ようかんマン0 票投票先 →海のヒゲ
ちょびヒゲ0 票投票先 →海のヒゲ
今泉影狼0 票投票先 →海のヒゲ
霊夢0 票投票先 →海のヒゲ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
白いヒゲ 「クマ鍋最高!」
シーナ 「ZAPZAPZAP……」
IA 「いあ いあ」
影クマー 「まー海のヒゲが偽なら狼狐で
紅きヒゲが偽なら3COに驚いた狂人じゃねって思うんで

海のヒゲから吊りたいクマ
紅きヒゲ吊っても●はまず出ないでしょ、霊能がどうでも」
海のヒゲ 「マック、サイッコー!!!」
渋谷凛 「ファーストフードは人気だからね。>スターリンさん」
ようかんマン 「占いは本人次第だけど真なら呪殺頑張ってって位かね
共有にも気合で当てないように頑張って!!」
緑のヒゲ 「コミーはおとなしく衰退していればいい>スターリン」
今泉影狼 「その前に…無駄占いだったりしてませんように。」
海のヒゲ 「3-2ならいいと思う…けど早めの対抗占いはおすすめできないね>緑のヒゲ」
霊夢 「トラップのメリット無駄占いのデメリット
そういうの考えて潜っているんでしょ潜ってるんだから」
IA 「緑のヒゲは共有じゃなかったら吊るから
占わないでいいと思うかな」
白いヒゲ 「まぁおっちゃん信じてたら勝てるから
嬢ちゃん信じてくれへんか?>ハク

終わったら、吉野家で牛丼くおか」
ジン 「共有は隠れるなら、そのまま隠れ続けていいわ
そっちのが後々楽だ」
弱音ハク 「>影クマー
さっきといっていたことが150度ぐらい違いますね」
同志スターリン 「どいつもこいつもファストフードの話ばかり……この村にまで資本主義の魔の手が!」
緑のヒゲ 「共有はこの場合トラップは十分期待できる。
出る必要はないかな」
渋谷凛 「ああ、そういうことなのかな?
まあ霊能ロラでいいと思うけど。」
弱音ハク 「んじゃ共有潜るのは勝手ですけど明日ぐらいには出てきてくれればうれしいかと」
IA 「後は シーナとか 影クマーとかその辺」
今泉影狼 「無駄占い避けについては努力しますが。」
紅きヒゲ 「わざわざグレー狩人の幅を狭める必要無いしな」
白いヒゲ 「いや、なんかロッテのみやったな>緑のヒゲ」
ジン 「狼2騙りの方が占いが呪殺出せるから楽でいいな」
海のヒゲ 「おぉう…今のカイジは海のヒゲ…ソーリー?>ジン」
影クマー 「潜るって決めた共有を無理に出すメリットはないと思うクマ」
緑のヒゲ 「狼2騙りはありそうだね。狐混じりも当然みておこう」
紅きヒゲ 「共有は出なくてもいいぞ
占われそうなら出るくらいでいい」
弱音ハク 「ヒゲが全員村だという希望はなかったんですね」
白いヒゲ 「なんか、やけに高いバーガーうってたやろ?>紅ヒゲ
あれな?友達のドナルドに言われてやってみてんな?
自宅でコショーぶっかけたバーガーやったらあの味なった」
今泉影狼 「だから犬じゃありません!
狼…は狼だしワーウルフですけど!」
ちょびヒゲ 「>ジン
>カイジ
海のヒゲのこと(多分)」
紅きヒゲ 「まあ霊能者ってのはたいていうさんくさい仕事だからな。
なんか昨日もでっていうのゴーストに奈落に落ちろって囁かれたし」
海のヒゲ 「カイジ共有出ておいたほうがいいと思うの
けど…いいよねマック、安いのがいい…」
IA 「なんで出るつもりが無いのかはいあ知らぬ。
ということで 共有じゃない発言してる場所占うといいよ
いあとか>占い候補s」
霊夢 「みにくいヒゲの潰しあいか」
影クマー 「そうなると狼2騙りか狐騙りクマねー
多分浮くのは海のヒゲだけど、占いは平たいし」
緑のヒゲ 「な・・・なんだって!>白い
それはどこのバーガーでもいいのかい!?」
ちょびヒゲ 「グレラン指示もないのか。ならば懐かしき3-2の調べ。
さらばだ自称霊能者どもよ!」
山門武 「吊りきろうか。」
ジン 「あーカイジって誰よ?」
渋谷凛 「犬だからちがうよ。>霊夢」
今泉影狼 「無駄占いの可能性があるのは嫌ですけど
この場合狐が役職に出ているかどうかが問題ですね」
IA 「まあ 普通に3-2なら共有出ない理由特に無いけど」
ようかんマン 「ヒゲまみれのなか影狼ちゃんが凄い勢いで清涼剤になっている」
紅きヒゲ 「まじでか!すっげー!>白いヒゲ」
緑のヒゲ 「比較的珍しい展開だけど。まぁ霊能ローラーが無難かな」
紅きヒゲ 「ローラーされるのはしかたねえな
まあ狩人保護だと思って割り切るか」
海のヒゲ 「撤回もないなら…カイジ出るの早めたけど撤回ないのなら…ヒゲで争うことになるね」
渋谷凛 「ん、霊能ロラなんだね。」
影クマー 「◇海のヒゲ 「あぁん…こんな時に対抗…カイジ思うの、対抗出てきた以上ロラするのが安全かなって」

あ、はい察したクマ。
んじゃローラーするクマ」
白いヒゲ 「ロッテリアはなぁ・・・バーガーにコショーぶっかけたら
あの味再現できたぜ?>紅ヒゲ」
霊夢 「占い理由で影狼が狼COしているように見えるわよ
知らない人間が見たらね」
ようかんマン 「でっていうの霊ってそれ呪われてね?
撤回CO無しならロラって本日の営業は終了が一番なんだけど」
弱音ハク 「>ちょびヒゲ
ローラーでいいと思いますよ陛下」
同志スターリン 「撤回ないのかね?それならまずは霊能を大粛清だ!」
シーナ 「……珍しいなぁ。ならロラで」
緑のヒゲ 「ロッテリアはないだろ>兄さん」
ジン 「撤回なしなら霊能ロラで」
IA 「割と予想外だった系いあの顔。
じゃあ粛々とろーらぁー」
影クマー 「あれ、共有が出ないのはなぜだクマ」
今泉影狼 「共有が潜るならそのまま霊能ロラでいいと思います。」
弱音ハク 「出ないみたいですね
じゃあローラーでいいでyそう」
ちょびヒゲ 「で、今どうなってるのかね」
緑のヒゲ 「共有まじりはないのかな?撤回があるならしてほしい。
そうでないのならば悲しみながら兄さんを吊らなければならない」
白いヒゲ 「3-2やったら霊ロラで終わりやろ

霊能に共有がおらんかったらロラロラや」
ちょびヒゲ 「そうはさせん!諸君、筆髭の独裁を許してはいけない!
民族の力を結集して共産主義を撃滅しよう!」
IA 「あれ 撤回も 相方のCOも無いの?」
海のヒゲ 「あぁん…こんな時に対抗…カイジ思うの、対抗出てきた以上ロラするのが安全かなって
紅きヒゲ 「いや、ロッテリアさ>白いヒゲ」
渋谷凛 「猛進しよっと。
お手。>影狼」
ジン 「海のほうは共有だったりするなら撤回だぞ、霊能としては早すぎるからな」
シーナ 「色々察したよ。ロラせずグレランでも共有撤回でも好きな方をどうぞ」
影クマー 「対抗?
海のヒゲが共有なら撤回してくれクマー」
霊夢 「朝一が撤回しないならローラーしちゃうわよ」
ようかんマン 「わぁい!
3-2だね!共有が騙りに行ってるのなら撤回よろしくね!」
白いヒゲ 「つまりモスやな>紅ヒゲ」
ちょびヒゲ 「貴様……私を狼に咬ませることで国家社会主義の消滅を狙っているな!」
同志スターリン 「おっと、3-2かね?」
IA 「まあどーせ共有まじりなんだろうなーとか
そんないあの顔」
今泉影狼 「3-2?
共有撤回があればどうぞです。」
ジン 「3-1と○進行で被りもなし、あとは共有占いしてるかどうかか」
紅きヒゲ 「馬鹿めかかったな!
でっていうの霊に憑かれた俺が本当の霊能さ!」
緑のヒゲ 「3-2かい?これはめずらしい」
弱音ハク 「共有いないならローラー」
海のヒゲ 「ふぅー、3-1かな?」
影クマー 「占いは三人かクマ?
そして海のヒゲは早いクマね」
山門武 「おはよう」
霊夢 「占い師に被り無し。共有も出ちゃいなさいな」
シーナ 「3-1だね。共有どうぞ」
渋谷凛 「おはよ。」
ようかんマン 「でも別に僕のお顔をお食べよとは言ったりしませんが
だって顔しかないですし!ですし!」
紅きヒゲ 「対抗霊能CO!」
弱音ハク 「霊能COが早いような」
今泉影狼 「理由:
開始前に私のことをイヌとか言ってましたが
狼です。人狼です。ルーガルーです。」
ジン 「霊能出るのはえーなおい」
同志スターリン 「おのれファシストめ!粛清してくれるわ!」
緑のヒゲ 「やあおはよう」
白いヒゲ 「初日
まぁ、ヒゲの坊主ども占うのもありやけど
牛丼はすき家やからな?とりあえず
座っとこうか?」
IA 「いあー」
今泉影狼 「占いCO:渋谷凛 ○」
シーナ 「私らしいBGMでも流そうと思ったけど
特に思いつかなかったからミリオンゴッドの曲を流してる」
ちょびヒゲ 「Deutschland über alles!!!」
影クマー 「おはようだクマー
占い師は出て欲しいクマ」
海のヒゲ 「霊能CO サイッコー!!!
同志スターリン 「占いCO ちょびヒゲ○だ!」
霊夢 「炎々羅を夜に使えば村人襲うために家を空けている狼の家燃えるんじゃない?
ヒゲ全員燃えそうだからこの案は駄目か、おはよう」
ようかんマン 「殺伐とした普通村に鋼の救世主が!」
白いヒゲ 「占いCOや ハク○」
ジン 「おっすーおめらぇ、朝だ、仕事あるやつはCOしな
ハンターはしなくていいぞ」
紅きヒゲ 「おはよ~っす!
そいじゃあいくぜ!
ヒゲパレード開幕!そしてヒゲへ」
弱音ハク 「おはようございます」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GM奈落っていうさんの遺言 霊界非公開設定なので霊界でも自分は村側と思いながら動きましょう

昼AA許可
早噛みは狼の判断
狐遺言基本禁止

突然死対策延長は基本1回
GMは夜空の星
GM奈落っていう は無残な姿で発見されました
「◆GM奈落っていう 
運営といっても霊界からは突然死延長をするくらいですが
あんましたくないんで確認してくれると嬉しい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM奈落っていう ではどの陣営もふぁいとおーで」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2013/06/12 (Wed) 22:11:50
緑のヒゲ 「開始するよ!」
シーナ 「まぁ見聞録かシルエットノートか。ご想像にお任せ。でいいかな」
海のヒゲ 「海ッサイッコー!!」
渋谷凛 「犬はダメ。>霊夢」
緑のヒゲ 「そしてヒゲはいなくなった!」
霊夢 「ヒゲなの!?」
白いヒゲ 「おい・・・・マジでヒゲPPできるやないか・・・・」
影クマー 「中央にいるのはヒゲではない!このクマーだクマ!>ようかん」
ようかんマン 「抜け毛ですな」
緑のヒゲ 「ヒゲが1」
緑のヒゲ 「ヒゲが2」
ジン 「ヒゲだぜ?>霊夢」
白いヒゲ 「ヒゲは七人やな」
同志スターリン 「えっ>カウント」
緑のヒゲ 「ヒゲが3」
シーナ 「(っていうか私学院物語に出てたっけ。
エシュター君のインパクトが強すぎて思い出せないや)」
ようかんマン 「ふとリストを見てみると中央にヒゲが居ない」
緑のヒゲ 「ヒゲが4」
GM奈落っていう 「学園物語ももー2年くらい前だしな」
霊夢 「ダメなの」
緑のヒゲ 「ヒゲが5」
渋谷凛 「ダメ。>霊夢」
海のヒゲ 「これも海のヒゲ、吸引力だね」
紅きヒゲ 「かばってるじゃないかおもいっきり」
緑のヒゲ 「じゃあ全員投票確認したからカウントするよ>ALL」
白いヒゲ 「まぁ、お店のカレーやなって感じの味やったで>影クマー
そこまでしていく必要もないが」
ちょびヒゲ 「あれ?違ったらしい
適当なこと言ってすまんな」
同志スターリン 「というわけでまずはそこのファシストから吊るのだ!」
シーナ 「んー……他シリーズというとあとは学院物語しかないけど。
アレあんまりやりこんでないんだよね……>GM」
同志スターリン 「埋まったな。それもこれもコミュニズムの偉大な理想に諸君が共感してくれたおかげである!」
白いヒゲ 「でっていうは犠牲になったのだ
ヒゲ村の犠牲。その犠牲になた」
影クマー 「わからんかったかクマ>白いヒゲ
なら出来ても行かなくてもいいかなー」
ようかんマン 「おー、埋まった」
緑のヒゲ 「そこは少しだけでもいいから庇ってくれないかな?>兄さん」
霊夢 「影狼のこと詳しく知らないんだけど、退治しちゃっていいのよね?」
弱音ハク 「あれ?違った
ありがとうございます>GM」
シーナ 「違うよ!?>ハクちゃん」
渋谷凛 「すき屋のカレーってちょっと水っぽくて好みじゃないかな。>影クマー」
GM奈落っていう 「埋まったなら好きに始めていーよ」
影クマー 「これも全部でっていうって奴のせいなんだクマ!」
白いヒゲ 「おっちゃんとこ、最近ココイチできてな?
くってみたけど、あんまりよさわからんかったわ>影クマー

あぁいうのは、個人店のがおいしいで?」
弱音ハク 「ELENAみたいですね ありがとうございます>独裁ヒゲ」
GM奈落っていう 「シーナはシルフェイド見聞録だったけど
そのアイコンはシリーズの別のかな」
霊夢 「よろしく」
紅きヒゲ 「はぁん?>弟」
霊夢 さんが村の集会場にやってきました
シーナ 「シルフェイドシリーズ>ハク」
緑のヒゲ 「僕のせいじゃないからな。そこは勘違いしないで欲しい>ALL」
影クマー 「それはクマーが聞きたい>紅きヒゲ>どうしてこうなった」
ちょびヒゲ 「>ハク
>シーナについて
確かなんかのフリゲ」
白いヒゲ 「お年寄りに席を譲ろう
すべてはそれから始まったんや>紅ヒゲ」
紅きヒゲ 「それ俺初日に死ぬフラグじゃないっすかー!
やだー!」
影クマー 「カレー屋じゃない所のカレーって美味しくないかクマ?>白いヒゲ
COCOとかが近くにないんだけど」
弱音ハク 「シーナってどこのキャラだろう」
紅きヒゲ 「あえていおう、どうしてこうなった」
ようかんマン 「ようかんに毛ってカビてるじゃないですかー!やだー!<白ヒゲ」
GM奈落っていう 「GMアイコンはこれにした」
海のヒゲ 「グッドッ…!ヒゲPP!」
白いヒゲ 「初日ヒゲは場合によっては吊る>緑の
安易に便乗する奴はヒゲの口上にものせられへんやつや」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GM奈落っていう
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 614 (奈落)」
今泉影狼 「狼です!」
サブウェイ派 「サブウェイ派 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:サブウェイ派 → シーナ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7447 (シーナ2)」
渋谷凛 「いぬ…」
白いヒゲ 「GM村やったら、場合によってはヒゲ付けられるからのぉ>ようかんマン

ようかんチャンもきいつけや?」
今泉影狼 「え、ヒゲじゃないです…」
ジン 「今泉影狼、狼ってくらいだからヒゲだな」
渋谷凛 「松屋は肝心のお米がちょっとね。」
緑のヒゲ 「とりあえずヒゲPPしていけばいいんじゃないかな?
最後に裏切り者吊れば勝てるだろ(フラグ」
今泉影狼 「よろしくです」
白いヒゲ 「オーケー>海穂ヒゲ」
今泉影狼 さんが村の集会場にやってきました
海のヒゲ 「ヒゲって伝染するんだね……」
ようかんマン 「ヒゲ……圧倒的ヒゲっ………」
白いヒゲ 「カレーやったら、カレー屋でくえばええやん?>影クマー

松屋は、味噌汁ついてるのがええな>緑の
前までなかうやったけど、すき家に落ち着いたわ」
ようかんマン 「赤の他人だけに」
海のヒゲ 「そう、今のカイジは海のヒゲ。ソーリー?>白いヒゲ」
ようかんマン 「自分とそこの赤い人位には他人だよ!だよ!<緑のヒゲ」
同志スターリン 「おのれ反革命のファシストめ!>ちょびヒゲ」
ちょびヒゲ 「赤い熊ごときが大きな顔をしているとはちょこざいな。
一蹴してくれよう」
白いヒゲ 「おいwwwwwwwwwwww>紅ヒゲ」
白いヒゲ 「せやな、じいちゃんもメタれる要素ないな>紅ヒゲ
やっぱ、ヒゲは素晴らしいな

あんちゃんカイジやのうて海ヒゲやろ・…>海の歩下」
緑のヒゲ 「最近すき家だなぁ。豚丼主流の時は松屋だったけど>白い」
影クマー 「すき家ってまだカレーのほうが・・・」
弱音ハク 「>ヒゲ
すき屋は牛丼以外を食べるときにはよく行きます」
ちょびヒゲ 「ちょびヒゲ さんが登録情報を変更しました。」
紅きヒゲ
                :::::::::::::::::::::::/l:::::::/     l:::::::::::::::ヾ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::/ l:::::/ヘ    "l::::::::;;;;;;;;:ヾ::ヽ‐ヾl:::::::::::::::::::::::::
                :::::::,、:::::::::/-t::::l::::::::〉,   ヾ/    ヾl-‐ '''""ヾ:::::::::::::::::::
                :::::/l:::::::::/:::::l::::l:::/     u  ,,.-‐'"      ヽ:::::::::::::::::::
                :::/'l::::::::/::,-ヘ::/         /     O   / l:::::::::::::::::::
                / l::::::/〈 _,.-キ''"¨゙"'ー-、            ノ  l:::::::::::::::::::
                  l::::::{  l      O /     ヽ、  .,.-‐'" ,/ l::::::::::::::やめろよっ・・・・!
                .  l::::l  l ヽ、    / ,'      ゙""゙´  ,.イ'  ',:::::::::::::::::::
                  ∨   l  `'ー--/ ,' u     !l   ノ/   ',:::::::::::::::::::
                       l    / ,'        u /'  u  l:::::::::::::::::::
                       l   ,/ ,' u     ) /  ,.‐-、_  l:::::::::::::::::::
                        { r'^\  i/ ,x≦三二ミミー‐--‐≦彡::::::::::::::::::
                         乂彡ミミー彡彡三三三三二二二三三::::::::::::::::::
                      ,.≦彡ニ三ミ;Ⅵ巛三三三三三三三三三ニ::::::::::
           i\      ,.<二三三三三ミミj.Ⅶミミ三三三三三三三三ニ:::::::
           iミミヽ _斗<二三三三三三三彡爻i  ヾミミ二三三二二三彡'´
           .iミミミ三三三三三三三三三l ヽ、,. -‐'""         /
            ∨ミ三三三三三三三ニィ'´
             ヾ、ミ二二二二二>'´
               ` ー-― '〝」
(仮) 「(仮) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:(仮) → ちょびヒゲ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6975 (ヒトラー②)」
白いヒゲ 「いいから、座ってろ嬢ちゃん>ハク

牛丼はすき家やから」
緑のヒゲ 「赤の他人だよね?>ようかんまん」
海のヒゲ 「ヒゲって深いよ…カイジ思う>白いヒゲ」
影クマー 「まだ耳が痛くないクマーは平気クマね>サブウェイ>辞めれるか」
同志スターリン 「ソビエトロシアでは、村人が人狼を喰い殺す!」
ようかんマン 「ぷるぷる、ぼくわるいようかんじゃないよ<ジン
それはきっと遠縁の親戚の親戚的なサムシング」
ジン 「ここはサーティワンにしようぜ」
弱音ハク 「>サブウェイ
そんじゃまだシブトク続けましょうかね」
緑のヒゲ 「スタバもドトールもない地方ものは死ねというのか!>渋谷
ちくしょう!ちくしょう!」
白いヒゲ 「カイジはなぁ・・・あいつヒゲ蓄えとらんからまだまだ半人前やしなぁ>海のヒゲ」
海のヒゲ 「ヒゲの流れに颯爽とようかんマンが!」
(仮) さんが村の集会場にやってきました
ジン 「おまわりさん、隣に犯罪者っぽい生物がいるですぐに」
サブウェイ派 「人狼はやめるかやめないかじゃないよ。
辞めれるか辞めれないかのどっちかしか無いよ」
ようかんマン 「ファーストフードの話題と聞いて!」
白いヒゲ 「あぁ、そういえば、じいちゃん
持ちかえりしてへんな>紅ヒゲ

大体店内で食べるし」
影クマー 「>サブウェイ
ヒゲガンダムいないかなとか
その時にランバ・ラル見つけて(青いヒゲ・・・?)とか色々考えて諦めたクマ」
ようかんマン さんが村の集会場にやってきました
弱音ハク 「吉野家でしょ」
紅きヒゲ 「メタとかあきませんわ。
まあ俺メタられる要素ないんですけどね」
弱音ハク 「メタにならんしこれぐらいは愚痴っていいやと思ったところでこれ以上はやばいんでやめる」
渋谷凛 「別にスタバでよくない?」
海のヒゲ 「カイジなんかさ…遊泳してたらこの村にながれついたよ>白いヒゲ」
緑のヒゲ 「それはひどいな。。。サービス業であるまじき失態じゃないか>兄さん」
白いヒゲ 「あと、あれや
朝マックあるやろ?

あれ、グラドル?やったか?甘すぎてじいちゃんには重すぎたわ
朝マックのマフィンは認めてる。>緑の」
影クマー 「影クマー さんが登録情報を変更しました。」
弱音ハク 「初心者の峠は越えたはずなんですがね」
サブウェイ派 「(あ、やっぱり入りにくかったんだ)>クマー」
紅きヒゲ 「考えなきゃいいじゃないか(真顔」
弱音ハク 「>ヒゲ
なんか基本的な思考すらできなくなっているんですよ
向いてないんじゃないかって思うぐらい」
ジン 「おう、よろしくな」
紅きヒゲ 「そことっくの昔につぶれたんでもういいんすけどね。
それ以来モスで持ち帰りはしなくなったった>白いヒゲ」
同志スターリン 「諸君、労働は素晴らしいな!」
緑のヒゲ 「100円マック減ったのはたしかに許せないね>白い
そこは同意しておこう」
白いヒゲ 「海ヒゲ・・・!貴様生きとかったんかいな!>海ヒゲ」
GM 「続くよ続く流れは続く」
渋谷凛 「よろしく。」
紅きヒゲ 「人狼の腕が腐っただと!!
腐狼!!なんだその新種!」
ジン さんが村の集会場にやってきました
渋谷凛 さんが村の集会場にやってきました
同志スターリン さんが村の集会場にやってきました
白いヒゲ 「OK,それは許せねェな>紅ヒゲ

ちゃんと消費者センターにいうとき
それは怒ってええ」
山門武 「よろしく」
影クマー 「続いていた・・・だと」
海のヒゲ 「いいね…ヒゲ…」
弱音ハク 「なんか最近人狼の腕がとことん腐っている」
影クマー 「いやぁ・・・ヒゲの流れは強敵だったクマね(入れないという意味で)
サブウェイとIAに感謝だクマー」
海のヒゲ さんが村の集会場にやってきました
白いヒゲ 「チープさでいうなら、100円マック減ってへん?
お店によっては、種類がないから寂しいわ>緑の」
山門武 さんが村の集会場にやってきました
影クマー 「こんばんはだクマー」
紅きヒゲ 「持ち帰りで家に持って帰ったら、ハンバーガー入ってなかった
電話すると取りに来れば渡してやるよbyモスまで片道一時間>白いヒゲ」
影クマー さんが村の集会場にやってきました
白いヒゲ 「ヒゲは三人もおるからなぁ・・・・>ヒゲ
みんな、素敵なおヒゲ蓄えとるそれでええやん?」
緑のヒゲ 「チープな味を食べるために行くんで、旨さとかどうでもいいです>白い」
白いヒゲ 「なんや、最近悪いサービスあったんか?
白爺にいうてみ?じいちゃん聞いたるから>紅ヒゲ」
緑のヒゲ 「おい待つんだ。それ俺のせいっていうんじゃないだろうな・・・>白い」
白いヒゲ 「グランドポテトは実質M2つとか詐欺野郎が!>緑の

それと、モスは高いのは認めるが、あんまり肉ばっかりは身体に悪いやろ
せやから、時々くうんやったらおいしいバーガーくいたいやん?」
IA 「                  (ヽ
             >--)ノ- 、
             /  :{      :、
         < / /\ ハ   \  あ ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう
          `∨ ´ ∀}`∨  r一
            (`从、___(⌒ヽハ{      いあ     いあ
      ((   [二]三三[ヽ_人 :,   ハ,_,ハ   ハ,_,ハ
              ノ {三三∠{三く{ |  ';´∀`':  ';´∀`':
          フ´___    __`くV   c  c.ミ' c  c.ミ'
              ̄し  ̄ ̄丶_)´     u''゙"J  u''゙"J


              (ヽ
               ,. -)ノ-- 、
           /       }  \
          /   ハ /\ ヽ >  それ  るるいえ うがふなぐる ふたぐん
           ー‐t  ∨´{∀ ` ∨´
           }:γ⌒)_____,从´)     いあ    いあ
       ( (   ,: 人_ィ_]三三[二]     ハ,_,ハ    ハ,_,ハ
          | }/三)\三三}_ゝ  ,:' ´∀`';  ,:' ´∀`';
              V/´__ ⌒   ___\   :: っ ,っ  :: っ ,っ
            `(_/ ̄ ̄ し ̄   ι''"゙''u    ι''"゙''u」
紅きヒゲ 「サンドイッチ回避するから」
IA さんが村の集会場にやってきました
緑のヒゲ 「ファーストフードで旨さとかどうでもいい。
ただ最近マック遅い・・・」
白いヒゲ 「それもこれも、全部ヒゲってやつのせいじゃね?>流れ」
紅きヒゲ 「モスのうまさは認める、だがサービスは許せん」
緑のヒゲ 「値段あがってもモスより安いだろいい加減しろ!>白い」
白いヒゲ 「モスのうまさをわからない紅ヒゲにはクーポン送りつけたるからな

ウェンディーは東京もんにはあるらしいで>緑の」
緑のヒゲ 「濃すぎて回避濃厚です。
どうみてもGMいじめです。本当に有難うございました。」
サブウェイ派 「野菜取ろうよ」
GM 「GMはだらだらと時間まで待ってます」
サブウェイ派 さんが村の集会場にやってきました
白いヒゲ 「マック値段あがるやろうが!>緑の
あとじいちゃんにアレはこいねん>K○C」
弱音ハク 「モスともうす(もす)をかけた洒落とかじゃなくてよかったです」
紅きヒゲ 「だれだよこの埋まらない流れ作った奴wwww」
緑のヒゲ 「ウェンディねーんだよなぁ・・・」
紅きヒゲ 「モス派は潰す。
それがヒゲ流ってやつだ」
白いヒゲ 「こいや紅ヒゲ!
じいちゃんの恐ろしさおもいしらせたらぁ!>紅きヒゲ」
弱音ハク 「なんかモスとか申すとか聞こえたんだけど気のせいですよね」
緑のヒゲ 「モスとか高いんだよ!マックで十分だろ!
あと自分のとこの商品プッシュしろよ!>白いヒゲ」
白いヒゲ 「やっぱ時代はモスやろ>紅きヒゲ

あ、でもウェンディもみとめてもええで?」
弱音ハク 「なにかいいました?>紅きヒゲ」
紅きヒゲ 「よろしいならば戦争だ」
紅きヒゲ 「貴様、モスと申すか」
弱音ハク 「ヒゲのおじさんにサンドイッチにされました 男女男 です」
緑のヒゲ 「どのみちハクさんはヒゲサンドからは逃げられなかったということで」
白いヒゲ 「馬鹿野郎!今モスは新しいパティで熱いんだよ!>翠」
紅きヒゲ 「モスだと・・・?」
白いヒゲ 「やっぱ、あれやな
マックよりモスやな」
緑のヒゲ 「ケンタッキーでも食ってろよ>白いヒゲ」
緑のヒゲ 「ヒゲサンドを回避したかもしれないだろ!>兄さん
セクハラ扱いはやめるんだ!」
白いヒゲ 「よぉ」
GM 「クッパもあったな失礼」
白いヒゲ さんが村の集会場にやってきました
GM 「ちなみに今の並びからGMは
でっていう、ヨッシー、ピーチ姫からGMCNを選びましょう」
弱音ハク 「兄弟は仲良くないといけませんからね 好きな色は・・・・・・」
紅きヒゲ 「俺がお前をこの緑のヒゲからまもってやるぜ!>ハク」
緑のヒゲ 「その発想はなかった>並べるために離脱」
紅きヒゲ 「なんか緑のヒゲがハクにセクハラしたから出て行ったみたいな
かんじになってるだろ!!」
弱音ハク さんが村の集会場にやってきました
緑のヒゲ 「兄さん!?何故ここに!」
GM 「並べるために離脱かいw」
紅きヒゲ 「おい!」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
弱音ハクさんは席をあけわたし、村から去りました
弱音ハク は 弱音ハク に KICK 投票しました
弱音ハク 「!?」
紅きヒゲ 「つまりこれで行こう。」
紅きヒゲ さんが村の集会場にやってきました
緑のヒゲ 「久しぶりにこれで行こう。」
karisu 「karisu さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karisu → 緑のヒゲ
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 6688 (緑のヒゲ2)」
GM 「いらっしゃいませ」
弱音ハク 「よろしくお願いします」
karisu 「よろしくー」
弱音ハク さんが村の集会場にやってきました
karisu さんが村の集会場にやってきました
GM 「開始時刻は22:15と30分後に設定」
GM 「注意事項
霊界にいっても役職が公開されません。」
GM 「昼AA許可
早噛みは狼の判断で
狐遺言基本禁止」
GM 「みじかくまとめ
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます
村作成:2013/06/12 (Wed) 21:42:49