←戻る
【紅1769】やる夫達の普通村 [3016番地]
~感謝~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6
icon カタパル子
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 村紗水蜜
 (◆
sUZ8wR30zc)
[村人]
(死亡)
icon 木山春生
 (ちゅるや◆
L4/i/NrLmw)
[村人]
(死亡)
icon エンジェ
 (フレデリカ◆
NbfpXQBEfc)
[狩人]
(死亡)
icon 黄のラピカ
 (kai774◆
WBvUnaSXHw)
[人狼]
(生存中)
icon マスクマン
 (Nikolai◆
Xf.oAxnM9k)
[霊能者]
(生存中)
icon カラス
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[村人]
(死亡)
icon 秦こころ
 (すてら)
[人狼]
(死亡)
icon 大ちゃん
 (貧乳派◆
febUSGhU3.)
[占い師]
(死亡)
icon 結月ゆかり
 (ユノミ◆
UFJ9tXBoHk)
[村人]
(死亡)
icon でっていう
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[狂人]
(死亡)
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
村紗水蜜 「とゆーか3-1でGJ出せるわけがどーのこーの」
カラス 「お疲れさんクカカカカ」
でっていう 「おkwwwwwwww」
エンジェ 「お疲れ様」
でっていう 「まぁ初めての役職で狩人はきつい
詰み計算もあるからなwwww
おいおい覚えていけば良いwwwwww」
エンジェ 「なるほどね。確かにその通りだわ…>こころ」
木山春生 「お疲れ様」
木山春生 「まあ勝ちはあるまい」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
秦こころ 「(少人数の狩人はGJ出すことよりも「吊られずに灰を狭くすること」の方にセンスが求められる)」
エンジェ 「投票、どうなるかしらね」
でっていう 「うむwwwいきてたらカラスに○投げるところだったwwww」
でっていう 「マスクマン次第だなwwwww」
エンジェ 「…はあ……、本当、出れば良かった。」
秦こころ 「(最終的にこの形になった時に狂人が狼殺す場合は常にあるしね)」
でっていう 「吊り切れるっていうことは確定勝ちなんでwwwwww」
でっていう 「で俺様ゆかりに○出したんでそこはほぼ○なんだよ。
で昨日エンジェ出てればカラスーラピカで1W確定で吊り切れる」
エンジェ 「…まあ、揺らぎかけているみたいだけど」
村紗水蜜 「真贋ついてないだけじゃん」
木山春生 「真狂だから吊る理由は
ゆかり狼以外無いよね ぐらいの感じだったと思うけども」
エンジェ 「わかってる。私も真だとばかり思ってた。>でっていう」
木山春生 「でっていう真ってよりは」
でっていう 「うんまぁ外界視点俺様真濃厚って雰囲気わかるよな?>エンジェ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
秦こころ 「(でっていう○位置で私吊りになるのが確定だったから頑張った)
(霊能占いがラッキー)(ぐっ)」
エンジェ 「うう…、そうね、確かに。出れば良かった。本当に出れば良かった。>でっていう」
木山春生 「一応、身内票が妙に多い傾向があるってのは知ってるんで
見てはいた。見てはいたけど
それを参考に推理する前に噛まれた」
でっていう 「え?まじでwwwwww」
村紗水蜜 「一切見てなかった>投票」
でっていう 「あーいう場合はでていいぞ。狩人吊りとか無駄吊り以外の何物でもない。
大ちゃん吊れたのは嬉しかったがなwwwww」
カタパル子 「理由の説明は任せたよ<でって」
秦こころ 「灰○うてるから囲うかは考えたんだけどね」
カタパル子 「6人ででるとよい」
でっていう 「真見られてたんならしらんけどwwww」
エンジェ 「狩人COするタイミング見失ったのがいけなかったわ…」
でっていう 「というかこころさん囲ってくださいwwwwwww
遠慮なくそこに○かぶせるんでwwwwwwwww」
エンジェ 「ありがとう>でっていう」
でっていう 「おk.エンジェは頑張ったわwwwwwww
●ぶん投げようかと思ったぐらいwwwwwww」
木山春生 「でっていう割と初日に偽のしっぽは出してたかな。
詳しくは下の方に>でっていう」
エンジェ 「お疲れ様」
でっていう 「あーしくじったわwwwwwwラピカ囲うんだったわwwwwww」
カタパル子 「おつかれさまだよ」
でっていう 「あぶねぇwwwwwwwwカラスに○なげるとこだったわwwwwww」
木山春生 「お疲れ様」
エンジェ 「…まあ、確かにそれもそうね>こころ」
村紗水蜜 「凄まじく完結にLW位置伝えてるのにエンジェ吊りになってるし」
エンジェ 「そう?ま、それならいいんだけど
ただ、それを盾にラピカがまた生き残ったりすると嫌だわ…>木山」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
秦こころ 「(遺言が読まれるならエンジェが吊られるわけがない)」
木山春生 「あー大丈夫
遺言はどうせ読まれん」
秦こころ 「(ただ、ラピカの発言傾向的には噛まない方が幸せ)」
エンジェ 「半分読み当たってて半分大外れだもの」
秦こころ 「(私もでっていう噛むね)」
エンジェ 「…遺言まずったかしらねー」
木山春生 「真でも偽でも怖くて残せん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
エンジェ 「カタパルトが村人でよかったわ、とりあえず」
木山春生 「まあ私がその位置いたら噛むな>でっていう」
村紗水蜜 「噛みそうだがね>でっていう」
秦こころ 「(案外でっていう噛み)」
エンジェ 「でっていう狂人…」
木山春生 「狼視点ちょっと無理だな」
木山春生 「狂人視点で尤もありがたいのは
ゆかり噛みなんだろうが」
村紗水蜜 「どーせ増えた吊りはでっていう吊りに使うしな」
エンジェ 「まさか四回も投票するなんて…」
カタパル子 「おつかれさまだよ」
秦こころ 「(吊り増えがなくなるので狼としてはありがたい、と。おつかれさま)」
エンジェ 「お疲れ様」
木山春生 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
木山春生 「まあでっていうの思考は多分
狼が騙りに出ておいてもう1Wが寡黙な訳が無い
というところになりそうかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
村紗水蜜 「まーなんかエンジェ吊ったらでっていうはカラスに○出しそーだけど」
木山春生 「ゆかりが転ぶ気配無いな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
木山春生 「エンジェは灰見る限り 今日COした方がよかったかもしれんね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
秦こころ 「(霊界からムラサ噛めーという念が相方に通じてよかった)」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
木山春生 「霊界来てすぐの発言で
でっていう偽視した理由は書いた」
村紗水蜜 「でっていうに誘導かけたのに吊ってくれなかったんで
指定に合わせたのが本音である」
木山春生 「微妙だね 弛緩しすぎてる。
こういう状況は危ない」
木山春生 「んー」
カタパル子 「お疲れ様」
木山春生 「お疲れ様」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カタパル子 「おつかれさま」
秦こころ 「(素直にエンジェ狩人かー)」
木山春生 「お疲れ様」
木山春生 「しかしまあ この人数の狼は
身内大好きだな。やっぱり」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
木山春生 「傾向としてだけどな」
木山春生 「◇でっていう(50)「だって大ちゃん騙りじゃんwwwwwwww
俺様大正義wwwwwwww」
真の出す発言は 「大ちゃん狂人」であって「大ちゃん騙り」じゃない」
カタパル子 「おつかれさまだよ」
木山春生 「まあこころ狂人、でって狼と思ってたので
そこは逆だったけども」
木山春生 「一番真っぽい場所だったんだがな
というかでっていうが全然真に見えんかった」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カタパル子 「おつかれさま<だいちゃん」
大ちゃん 「お先に落ちます。皆さんお疲れ様、GMと鯖管さんありがとうございました。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
ゲーム開始:2013/06/13 (Thu) 23:11:25