←戻る
【紅1762】やる夫達の普通 村村 [3019番地]
~希望付 初村立てに付き合ってくれるイケメン募集中~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon やる夫
 (いつも戦犯◆
ic34jrLAnk)
[村人]
(死亡)
icon やらない夫
 (ナタ◆
/oGAAS9DmE)
[村人]
(死亡)
icon 大文字隼
 (巨乳党◆
WSzqsVcSfluT)
[村人]
(死亡)
icon ジョルジュ長岡
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[妖狐]
(死亡)
icon エンジェ
 (フレデリカ◆
NbfpXQBEfc)
[人狼]
(死亡)
icon 緑のヒゲ
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[共有者]
(生存中)
icon 二ッ岩マミゾウ
 (炙り鮭◆
a1F/k7NCbw)
[村人]
(死亡)
icon 東横桃子
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[人狼]
(死亡)
icon 竹中半兵衛
 (砲撃mk2◆
tcNx3fxxbw)
[村人]
(死亡)
icon 魔理沙
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[狂人]
(死亡)
icon 紅きヒゲ
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[村人]
(生存中)
icon ヒロインX
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[人狼]
(死亡)
icon 牧瀬紅莉栖
 (◆
4Zvb4uuKVw)
[占い師]
(死亡)
icon できる夫
 (◆
lXh0gRYUKI)
[共有者]
(死亡)
icon ランサー
 (ちゅるや◆
L4/i/NrLmw)
[霊能者]
(生存中)
icon ヴラド三世
 (平家一門◆
v40Ah.wq0A)
[狩人]
(死亡)
村作成:2013/06/14 (Fri) 21:14:03
やらない さんが村の集会場にやってきました
やらない 「こんばんはだろ。」
やらない 「やらない さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:やらない → やらない夫」
筋肉やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
大文字隼 さんが村の集会場にやってきました
大文字隼 「ティリーン☆」
筋肉やらない夫 「こんばんはだろ、常識的に考えて。」
やらない夫 「建てたGMが居ないらしいがこんばんはだろ」
筋肉やらない夫 「ところで村立てたらルールとか貼っておくといいだろ、JK的に考えて
>もう一人のやらない夫」
ジョルジュ長岡 さんが村の集会場にやってきました
エンジェ さんが村の集会場にやってきました
筋肉やらない夫 「なん……だと……?
お前がGMじゃないときたか>やらない夫」
やらない夫 「立てたの俺じゃないぞ筋肉質な俺」
エンジェ 「こんばんは」
緑のヒゲ さんが村の集会場にやってきました
ジョルジュ長岡 「やあよろしく!!」
やらない夫 「スレの方に立てた人の悲鳴があるだろ……」
gm さんが村の集会場にやってきました
東横桃子 さんが村の集会場にやってきました
ジョルジュ長岡 「GM生きてるー」
東横桃子 「よろしくーっす」
筋肉やらない夫 「一体何をしたというんだGMのほう……
筋肉が足りなかったのか」
gm 「ごめんなさい!村建てはじめてで!」
東横桃子 「もしかして、GM付きで立てたかったんすか?」
緑のヒゲ 「よろしく」
gm 「ログインがなにやら出来ないみたいです」
エンジェ 「GMお帰りなさい」
竹中半兵衛 さんが村の集会場にやってきました
竹中半兵衛 「よろしくお願いします。」
大文字隼 「まあ希望制になっているからいいじゃないか!」
筋肉やらない夫 「よくあるミスだろJK的に考えて>GMオプ忘れ」
ジョルジュ長岡 「ウホ、いい筋肉…>筋肉ない夫」
緑のヒゲ 「おうっと。大丈夫だ。説明できる人が多分いるから気にするな>gm」
やらない夫 「GMおかえりだろ。テンプレ貼れって言われててどうしようかと思ったぞ……
だからテンプレ貼り頼んだろJK」
gm 「いえ スレの方で悲鳴あげるよりこちらであげた方が伝わりやすいかと」
東横桃子 「GMをやりたいんだったら、(仮想 GM が身代わり君としてログインします)にチェックをいれて、パスワード設定しないとだめっすよ」
エンジェ 「←希望制だったことに村人登録で初めて気付いた人」
ジョルジュ長岡 「女の子が二人しかいない…だと…!?」
gm 「「みじかくまとめ ※ゲーム開始前に前にちゃんと読むように読んでなかった忘れてたダメ絶対
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため入村後に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【やる夫村初参加の方へ】
 RP推奨
 RP(ロールプレイ)とは、キャラを演じるプレイのことです。
 やる夫たちの村では、やる夫・やらない夫などのRPを推奨しています。
 ただし、やる夫系スレに登場しないキャラでも問題ありません。またあくまでも推奨なので、RPしない自由もあります。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。
 
 初日から会話が殺到します。
 それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

 全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

 これができるのはベテランさんだけです。
 というかベテランでも失敗します。
 まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
 誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」」
エンジェ 「ちょっと席外すわ」
大文字隼 「それにしても少し眠気がするな
昨日夜遅かったからか」
筋肉やらない夫 「GMありのチェック欄にチェックいれてないと
GMで入れないだろ、常識的に考えて……
とりあえず何とかなってよかっただろ」
緑のヒゲ 「GM付で始める場合は村建てオプションのところで仮想GMで始める。
仮想GMのオプつけたらGMパスワード設定」
やらない夫 「エンジェ離席CO把握しただろ」
gm 「GMありいれてなかったかなぁ…
うーむ 何をミスったんでしょう」
ジョルジュ長岡 「人狼のやり過ぎかい?>ハヤブサ」
緑のヒゲ 「で村建てたら、入ってログインとパワスワードというところあるだろ?」
gm 「……どうしましょう」
筋肉やらない夫 「ところで筋肉質じゃないほうの俺と俺とで
結構ややこしいがどうするべきだろう。
俺は村立て初めてのGMに優しく筋肉を教えてやろうと思って
それを終えたところだしな」
東横桃子 「ほいで、GM設定ができてたら、身代わり君の名前はGMになるっす
この村は身代わり君のままなので、GM設定はされてないっす」
やらない夫 「俺もなぜか眠いだろモニターの見すぎ的に考えて>大文字」
緑のヒゲ 「ログインのところに「dummy_boy」でパスワードにGMパスワードで完了」
大文字隼 「>筋肉
筋肉とバックで呼び分けたらどうだ?」
筋肉やらない夫 「選択肢は二つあるな
1,このままGMも参加者としてやる
2,ヒャア!我慢できねぇ早回しだ!」
ジョルジュ長岡 「GMー、昼AAの方はどうなってる?
禁止かい?」
大文字隼 「このままでいいとは思うぞ
希望制という目的は果たしているんだ」
エンジェ 「ただいま
GM大丈夫?」
やらない夫 「ここは俺がやる夫のやつを呼んでくるだろ紳士的に考えて」
緑のヒゲ 「特に問題はない。GM無しでも村はできる。>GM
投票延長ができないからそこだけ気をつければいい」
魔理沙 さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 「ちょっと待ってな筋肉質な俺」
gm 「昼AA2回まで
狐遺言は2日目のみ許可」
大文字隼 「それにせっかく建てた村を早回しで潰すのは勿体無い」
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:やらない夫 → やru夫」
筋肉やらない夫 「>やらない夫
いやいや、俺がかわりにやる夫になってもいいんだぜ?
お前のほうが先に俺になったからよ」
ジョルジュ長岡 「おk、把握だよ!!>GM」
東横桃子 「gmさんが初めて村たてした人だってメタがちょっと入るので、早回ししてしまった方が良い気もするっすけど」
やru夫 「やru夫 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5567 (やらない夫05) → No. 431 (やる夫)」
エンジェ 「把握したわ>GM」
緑のヒゲ 「得には問題はないから大丈夫だと思うよ>gm」
筋肉やらない夫 「筋肉やらない夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:筋肉やらない夫 → やらない夫」
魔理沙 「こんばんはっと。
んー、希望制な。

ま、何希望するかで悩むだけ悩むってことだぜ」
竹中半兵衛 「はい」
やru夫 「やru夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:やru夫 → やる夫」
ジョルジュ長岡 「あるあるwww>魔理沙」
gm 「・GMのミスのため投票延長が行えません
投票は1:30を目途に2:00までには投票おねがいします」
やる夫 「うっかりミスしたお!ごめんだお!」
やらない夫 「やru夫……
これは斬新な名前だろイングリッシュ的に考えて」
gm 「いや不手際ですみません」
魔理沙 「まあ、そういう時に限って決めた役職が初日だったりなwww>ジョルジュ」
やる夫 「うるさいお!>白長」
東横桃子 「やあーるゆーおさんと読むのかもしれないっすね」
gm 「もう少し勉強すべきでした
早回しするのもなんですんでプレイヤーとして参加します」
魔理沙 「でまあ、GMは村建て感謝。
あまり気にせずに楽しもうぜー。」
ジョルジュ長岡 「あるあるwwww
すげーわかるwww>GM」
やらない夫 「そもそも超過2:00までかかるほうが
手間かけすぎだろと思ってしまうだろ……
村側能力者は超過前までに能力発動、
狼も超過1:30までに噛み、
昼投票も1:30までがベストだろJK」
紅きヒゲ さんが村の集会場にやってきました
緑のヒゲ 「大丈夫だ。俺も初めて村建てたら同じミスしたことがある。
これから覚えていけばいい」
東横桃子 「今度同じ失敗しなきゃいいんすよ
取り返しのつかない失敗でもないっすし」
ヒロインX さんが村の集会場にやってきました
ヒロインX 「よろしくお願いします」
紅きヒゲ 「真上に弟がいた……だと……」
やらない夫 「>GM
あとアンカーをどうするか決めておいたほうがいいだろ。
普段ならやる夫がアンカーだけど、この場合ならGMがなったほうがいい場合もあるしな」
kari さんが村の集会場にやってきました
エンジェ 「結構人来そうね」
できる夫 さんが村の集会場にやってきました
ジョルジュ長岡 「大丈夫だよ!!よくあるミスさ!!>GM」
kari 「こんばんは」
魔理沙 「そういえば今気づいた。
私の上も魔法系だ。」
ランサー さんが村の集会場にやってきました
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 3054 (やらない夫04) → No. 420 (やらない夫)」
緑のヒゲ 「兄さんが下にいる!?下克上だ!」
やる夫 「ひげが二人だお!これは激闘間違いなしだお!」
できる夫 「よろしくお願いします」
紅きヒゲ 「全く関係ないが蚊がいたから叩き潰したら白い壁に血が飛び散ってえらいことになった」
エンジェ 「確かに。よろしくね>魔理沙」
ランサー 「俺は死なぬ!何度でもよみがえるさ!」
やる夫 「自害しろランサー!」
やらない夫 「そういややる夫、
プロフィールが俺になってるだろ」
紅きヒゲ 「ほう、ならば弟から突き落とすべきか!」
gm 「gm さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:gm → 二ッ岩マミゾウ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3445 (二ッ岩マミゾウ)」
ヒロインX 「ああ、はい…そうですね…>ランサー」
かり5 さんが村の集会場にやってきました
魔理沙 「まあなー、よろしく>エンジェ

で、私の下が自害の人なんだが」
ジョルジュ長岡 「ランサーに赤緑のヒゲだって!?
初日の吊先に悩むね!!」
かり5 「よし間に合った」
やる夫 「そういえば直ってなかったお>やらない夫」
緑のヒゲ 「やめるんだ、兄弟は仲良くするべきだろう。
考えなおすんだ兄さん!?」
やる夫 「やる夫 さんが登録情報を変更しました。」
二ッ岩マミゾウ 「く……全ては遠きGMへの理想郷というわけじゃのぅ」
ジョルジュ長岡 「わーい、女の子が増えたよー!!>マミゾウ」
かり5 「なかなか面白そうなアイコンが揃ってるな
ちょっと考える時間plz」
二ッ岩マミゾウ 「満員御礼感謝じゃ!」
エンジェ 「埋まったわね」
できる夫 「ランサーの自害しろといわれる率はすごいですね、それにしても」
エンジェ 「…さっきからなんなの…?ロリコン?>ジョルジュ」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 牧瀬紅莉栖
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2992 (牧瀬紅莉栖)」
緑のヒゲ 「いちおジョルジュも初日吊り候補だからな。
なんで自分だけ抜かしてるんだよ。吊ってやるよ」
紅きヒゲ 「まぁ普通ではそんなにネタにならないとは思うけどなランサーは」
ジョルジュ長岡 「また増えたよ!!>ヒロインX」
やる夫 「ランサーは英霊じゃないお!自害させるものだお!(偏見)」
紅きヒゲ 「鍋は容赦なく吊りや占いや暗殺やらさらいやら吹き飛んでくるから
もうあれは死ねる。マジで死ねる。」
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。」
ジョルジュ長岡 「ヤメルンダァ!!>緑のひげ」
できる夫 「ジョルジュさんはおっぱい星人だと思いましたが・・・>エンジュさん」
ランサー 「ランサー さんが登録情報を変更しました。」
二ッ岩マミゾウ 「ちょいと離席している方もいるが35分を目途にカウントしてくれると助かるのぅ>やらない夫」
緑のヒゲ 「鍋や決闘だけだろ。>ランサー自害」
魔理沙 「ランサーの持つ力。
それは、自害させられる程度の能力だよな?」
紅きヒゲ 「そういえばカウント誰がするんだこれ」
二ッ岩マミゾウ 「おっとわしがカウントするか
わしのせいじゃし!」
ジョルジュ長岡 「ロリコンじゃないよ!!紳士だよ!!>エンジュ」
紅きヒゲ 「マミゾウでいいのか?」
緑のヒゲ 「いや明らかにマミゾウがカウントする流れ・・・」
やらない夫 「マミゾウだろうJK>紅きヒゲ」
魔理沙 「あれ
これマミゾウがアンカーでいいのか?」
エンジェ 「…なるほど、紳士と書いてロリコンと読ませる人種なのね」
かり5 「かり5 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり5 → 黒ランサー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3699 (ヴラド三世)」
やる夫 「マミゾウ頼んだお!」
二ッ岩マミゾウ 「んじゃアイコン決まり次第わしがカウントするのー
不手際であいすまぬ>ALL」
黒ランサー 「あ、性別間違えた」
やらない夫 「AA録がみれない……だと……!?」
二ッ岩マミゾウ 「メスじゃと!?」
黒ランサー 「黒ランサー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:黒ランサー → ヴラド三世」
魔理沙 「真面目な話、ランサーは鍋では自害しろとは言うけど
本当に自害させることはあんまりないぜ」
できる夫 「黒ランサーは自害しろと言われない
アイドル(笑)も言われないはず」
緑のヒゲ 「緑のヒゲ さんが登録情報を変更しました。」
紅きヒゲ 「あ、これランサー2人いるじゃん」
やらない夫
            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l
           | (__人__)  ;;;;;;;;il    筋肉いぇいいぇい……だろ?
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;」
ヴラド三世 「俺は自分から自害してるからな>できる夫」
二ッ岩マミゾウ 「再度通知
・GMのミスのため投票延長が行えません
投票は1:30を目途に2:00までには投票
昼AA2回まで
狐遺言は2日目のみ許可」
ヒロインX 「少々接続しずらいようですね、何度か挑戦するとなんとか開けました>やらない夫」
緑のヒゲ 「でも毒なら容赦しないんだろ?>魔理沙」
二ッ岩マミゾウ 「んじゃカウントいくぞーい」
二ッ岩マミゾウ 「5」
やる夫 「よろしくだお!」
二ッ岩マミゾウ 「4」
魔理沙 「それは誰でも自害させる>緑のヒゲ」
ヴラド三世 「では、謝肉祭の始まりだ」
できる夫 「それでは皆さんよろしくお願いします」
二ッ岩マミゾウ 「3」
紅きヒゲ 「よろしく頼むぜ!」
二ッ岩マミゾウ 「2」
エンジェ 「よろしくね」
ジョルジュ長岡 「よろしくね!!」
大文字隼 「大文字隼 さんが登録情報を変更しました。」
二ッ岩マミゾウ 「1」
ヴラド三世 「戦人も考えたが、言峰よりあえてリソースを増やそうか」
やらない夫 「謝肉祭じゃなくて筋肉祭だろ>ヴラド三世」
二ッ岩マミゾウ 「開始じゃさsぽdj@pmkzdp」
ゲーム開始:2013/06/14 (Fri) 21:34:17
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
緑のヒゲ(共有者) 「やあよろしく」
やる夫の独り言 「素村だお!!!」
二ッ岩マミゾウの独り言 「いやはや恥ずかしいのぅ」
ヴラド三世の独り言 「うむ、希望通りか」
紅きヒゲの独り言 「村人」
ヒロインX(人狼) 「…どういうことですかね、これは」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「ふむ希望は通ったと…」
東横桃子(人狼) 「潜伏占い騙りしたいっす」
紅きヒゲの独り言 「希望通り!」
エンジェ(人狼) 「マミゾウ最後どうしたの…?」
できる夫(共有者) 「おっと、共有ですか
よろしくお願いします 緑仲間ですね」
ヴラド三世の独り言 「では、この村の守護を始めるとしようか」
魔理沙の独り言 「で、狂人希望通ったけど
占い騙るか潜伏するか考えてない」
ランサーの独り言 「はっはっは」
エンジェ(人狼) 「あら、女の子ばっかり」
東横桃子(人狼) 「そして、ステルスモモの独壇場っすよって言いたいっす」
魔理沙の独り言 「一応用意はするか」
ランサーの独り言 「覚悟しやがれあいつら!」
東横桃子(人狼) 「そのあとどうなるのかなんてしったこっちゃないっす」
やらない夫の独り言
           / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
          . | ( ●)(● ) |
          . |  (__人__)  │   役職:筋肉だろ
            |   `⌒ ´   |
          .  |           |
         .  ヽ       /  _ _ ,...,___
           ヽ      /_,. ハ `/ '´   `丶、
              /,...ヽ.._ / ノ/, ′        iヽ
              / ヽ ‐、 / '///           ! ',
           ,.イ  l \   /__ i         ,'   i
          /   !| ., ' ´ ,={          /  亅
     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ       /    ,′
    /  /-     ._ 〃,     ',    _,.イ    /
    /   ハ`     ミ {/      〉   ´  i  !イ{
   i  ,イ`       _,,.t'      /      亅 ノ ! ',
  ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′      .' /  |
    v'  / ヽ     -_込._   {       ' ,   j
  /  丨  \__,,.. ァ'´  { `¨¨¬     /  /  /
  ,′ !   ',  ヘ._,. 个、___,,. }__ー‐'´   v'  /
  {     ',   ハ  ノ    ,、,.-‐'´    )   V//
  ∨  ,ハ.  / ,{  ヽ-‐'/      /     {/」
ヒロインX(人狼) 「ご随意にどうぞ、ですね
ならば私たちは潜伏しましょうか」
やる夫の独り言 「初日から占い2以上が出たら狩ムーブして狩の変わりに噛まれれば少しは役にたてるおね……」
エンジェ(人狼) 「いいと思うわ>桃子
私も潜伏で」
できる夫(共有者) 「共有希望通ったので言っておきます
僕、人狼自体ちょっとまだ不慣れなのでよろしくおねがいしますね」
やる夫の独り言 「頑張ってみるお!」
東横桃子(人狼) 「じゃあ、潜伏占い騙りさせてもらうっす」
ヒロインX(人狼) 「やはり希望制は村人希望以外してはいけませんね、良い教訓になりました」
緑のヒゲ(共有者) 「そうだねー。というわけで、できる夫○で占いCOするんでよろしく。
これは自分の趣味なんで嫌だったらやめるよ」
ヴラド三世の独り言 「               _ ィ  ̄  ヽ
              ,   ̄         ヽ
           /              \
         ∠                 ,
         /  〃         ヽ
         /ィ   / / ./l/lハ     .}   .ト、
          |  {/Vヽ从 !.[ ij}]|       l    初手●はまだいいが
          |  .l[{ij].l     lil ./l/ ヽ   \
          |/ヽ ト  l l     V ;;  /  ヽ― グレランでの吊りは辛いな
            |∧ ,`,,,,,,,,,,;;;;;ヽ ,/ イ    ヽ
               l .∧, - ― - };; /  .|     \ さて、俺の幸運はDだが
           ノィ  .∧,,,,;;;,,,,,,;;,,/   |    ヽ―`
           /   |ヾ-''''''' /  _ - =.T   ヽ いかように働くかそれも見ものだ
            /  .r-!____ -=ニニニニニニ|   .トリ
         ∠r―-|ニニ/ニニニニニニニニニ|   .|
     __ ノ: : : : /ニ /ニニニニニニニニニニヽ  ..|
    〃: : : : : : : : : : /ニ /ニニニニニニニニニニニニニヽヾヽ」
できる夫(共有者) 「基本的に初手FOでいいんでしょうか?」
東横桃子(人狼) 「初日銃殺は、上下左右とできる夫さんでいくっす」
緑のヒゲ(共有者) 「あ、そうなんだ。じゃあ普通にFO(フルオープン)でいこうか」
ヒロインX(人狼) 「潜伏占い師騙りならば初手●の場合はCOなしで吊られましょう」
できる夫(共有者) 「別に構いませんけど
それで2-1になったら挨拶遅いとこ釣りってことで」
エンジェ(人狼) 「いいと思うわ」
ヴラド三世の独り言
                 /l  __
                 | ,´      ̄>
             ,  ´  ̄       ̄ `ヽ
               /               ヽ
           ,                  \
         ∠                   ̄
         /     〃           ヽ  ’
         ̄/  ./^ヽ{   /          }  ’
            /  ヽ 从  //l    .∧   .l  ハ’
         l    ヽ_;;; ヽli沁ヽl ./ヽ/ ,ィ   .l  | }’
         |/i    |;;;  l   }/  ィ゚ノ...イ / /    では、始めようか人狼どもよ
            .|  _ _..|ヽ;      l   ./ }/  /
            .| .|ニニ! .ヽr;;;;;;;;;ヽ_ .l,,,, /   /ヽ{     我が領内に踏み入った罪。
         ノ  .|ニヽ  ヾ;, ヾ==-;/   /
        ̄|.  |ニニニヽ  ヾ;;;;;;;;,;;,/ニ|  ヽ_      その身体にて償ってもらおう
         | rニニニニニニニヽ ゛゛゛/ニ/  | ̄
          Ⅳニニニニニニニニニニニニニ|ュ \
          /ニニニニニニニニニニニニニニニ|ニュ  }
東横桃子(人狼) 「いや、何かカウンターしてほしいっす>初手●」
エンジェ(人狼) 「あ、あと私初心者なのだけど…、吊られたらごめんなさい
努力はするわ」
緑のヒゲ(共有者) 「んーそれは極端かな?挨拶遅い真もいるし。
この鯖様子見主流だよ」
できる夫(共有者) 「はい、わかりました
初手●でも多分僕はCOします(気分で潜るかもですが」
牧瀬紅莉栖 は エンジェ を占います
ヒロインX(人狼) 「では霊能COで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
東横桃子 は 身代わり君 に狙いをつけました
身代わり君 は無残な姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
二ッ岩マミゾウ 「おはようじゃの!色々あったがわしは元気じゃ!もう何も怖くない!
それとすまん!開始前のあれ特になんでもないから心配せんどくれ!
この話もメタいんでよろっとやめるぞ!

んじゃ役職者にCO聞こうかの!」
やる夫 「               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \    もう朝だおね?
            l    ⌒(__人__)⌒    l   今日から本気だすお!
          \     `⌒´     /
          /              \
ヒロインX
               __   ―
           ,x ≦´ニニニ≧s、  Yi
         < ’゚'*ニニニニニニヘ  リ
      /     Y|ニニニニニニiイ
     /       イ-::‐::≠ミ、ニニニi
   ー イ    /   _ /  iヽヾニニヽ       _
    /     ./ i \  { |   | i:!ヘヘiイ        /
.    {  /´i/ ヘ__ ヘ. ――i.  i ′',     /   /
    .{ /   '  ヽ>:’:::::::::::::゚。 iヽ  〉  /  /
   ..:::′ ̄≧ュ、<:’:::::x≠ミ ヾi::::::〉イ /   ./
 /_:::::::>''´ ̄’゚。>':::::>''ヾヽ::イ-:iイ::/-./
    i/   < .:::::>’:::::\:ヾ::ヽ/ニニ/
          > 〈:::::::::::::::::>イ )ー‐ '
            /ニYニニニヽー'
            ヾニ.ヘニニイ
            i /  \ i
            '      `

ヒロインXの エクスカリバー!」
牧瀬紅莉栖 「占い師を宣言。エンジェ●」
大文字隼 「おはよう(ティリーン」
緑のヒゲ 「やあおはよう」
紅きヒゲ 「おはよう!役職はCOを頼む!」
ランサー
           _ ノ::::::::::::::::::::::::::::_)`ヽノ\〉\:::::::::::::::/l/::l/}
          ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::: \::::::/:::|/::::イ
           〉:::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄ ̄`ー ァ=ミ/::::::::::::::::/
.             ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ノ __   /    `l ヽ:::::/{_
              __〉:::::::::::::::::::/   ___ミメ、    |  ∨::/
             \::::::::::::::::/    弋 戈メ㍉ー ,斗ャ''^V
              ∨えヽ:}       `¨¨¨^  { 戈メ /
               〈  rL                〉  {
               {\ ー'             、 /
              |:::{トミ_      、         /    自害自害って馬鹿にしやがって
              人:{|》l人      ー=ニ フ   /
               /、___{|《|                /l}    初日ぐらい楽に切りぬけてやんよ
__,         /:::::::::::::{j_ノ;    > ..    /lノ      まあ見てなって
}   \ _ ....-‐=彡::::::::r‐〔[{__;______≧=f――- 、
____ノ\:::::::::::::::::/「| |ー―‐┐┌――――‐'|: : . .   |
___ノ\::::::::: | :|:| |:/⌒ヽ||: :/ ̄ ̄\ :|: : : : . . |」
ヴラド三世 「朝だ
これよりこの日の出を拝める村人は何人いるだろうか
おぉ、狼よお前がそれを愛だというなら俺も貴様の愛に応え
貴様らを串刺しにしてやろう」
東横桃子 「おはよーっす」
やらない夫
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,       / ̄ ̄ ̄ ̄\
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ,.    /            \
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt  /             |
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ, /                   |
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/       |
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,    /
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'  ./
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| (_'、;;;、);;        /      元気ですかーーーー!!>ALL
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、_)  ::""リ "ニ 
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii」
竹中半兵衛 「おはようございます。」
大文字隼 「また初手●か」
紅きヒゲ 「じゃあ、エンジェにCO聞けばいいんじゃないか?」
二ッ岩マミゾウ 「●じゃー!!!」
やる夫 「●だお!全員伏せるお」
できる夫 「おはようございます」
エンジェ 「おはよう…っていきなり●出し?」
ジョルジュ長岡 「おはよう!!
英霊に魔女っ娘、ヒゲ、獣っ子、謎の美少女となかなか
カオスな村だけどみんな頑張ろうね!!
さぁ、役職はCOしてね!!

ヒロインX 「●のCOをお聞きしましょう、…ランサーではないのですね」
やらない夫 「初手●が出てるだと……!
ワセリンでテカテカだろ」
大文字隼 「CO聞いて後はまあ言うこと花にもあるまい」
緑のヒゲ 「初手●か。エンジェCOある?」
ランサー 「なんか初手●多いよな最近>大文字
真だったり偽だったりはその時々なんだけどよ」
魔理沙 「●か潜れ!」
二ッ岩マミゾウ 「エンジェはまだ挨拶もしてなかった時に●とメモメモ」
できる夫 「初手●でてますねー
じゃあCO聞いておやすみなさい」
ジョルジュ長岡 「ってまた初手●かい!?
最近多いね!!」
やる夫 「エンジェなんかCOないのかお?
ないならエンジェ吊りでいきたいお」
大文字隼 「>やらない夫

                                  ___
                                r :´: : : : : `ヽ
                                   ( : :_:八: : : : : }
                             -=≦r{´ =  ーミ:v'≧=-
                          '      /λ 、_′ /       ≧==ニニ==-  __
                  -===≦           {!{ \__ イ}i}   ___           }} ̄ ≧r‐─‐っ
            -=ニ二                 {!{_{  }__ }i}   /       ̄ ̄ ̄   ‐========彡'´ ̄'
r‐‐──‐‐r=ニ' {{       -==ニニニニニニ=-    圦__   _, ソ   《}
.  ̄`ー─┴──┴=ニ           /_   ≧====‐y‐==彡'/厂\
                      /    `ヽ 、___/ハ《∠ _彡′  \
                      /          ≫‐┴ミ彡゙<         \
                      /         /         `ヽ        \
                      /         /                 ≧ミ_      丶_
                /         /                     \      \
               _/         _/                     \      \
                /         /                             \      \
          /         /                              \      \
          /         /                               \      \
.        /         /                                   \      \
     r‐ミ>、     /                                          \  -≦ 、´-=ミ
    仄ゞ彡゙ \  /                                         ´ \/{ェェ彡ヽ
r=≦  ¨    /ー′                                            {        ̄`ヽ
辷三三三三彡′                                                   ≧==‐------彡」
牧瀬紅莉栖 「そう、いきなり●判定よ。残念なことにね。>エンジェ」
紅きヒゲ 「エンジェの反応が……鈍い。
大丈夫か?」
エンジェ 「狩人COよ」
ヒロインX 「やる夫が明日から本気を出すようです、そんな初日ですね」
ジョルジュ長岡 「エンジュちゃんはCOしてね!!」
二ッ岩マミゾウ 「エンジェCOなさそうかの?」
ヴラド三世 「エンジェに●か
ではCOしてみせよ娘よ」
東横桃子 「ぎょ」
エンジェ 「ごめんなさい、パソコン重くて」
やらない夫 「エンジェのCO待ちで
なければ可哀想だが吊るしかないだろ」
ランサー 「おっふ>狩人CO
んじゃ共有だけ出してグレランしようぜ」
やる夫 「狩CO把握だお」
魔理沙 「で、朝一挨拶がなぜかとんだ
なにこのバグ酷い」
二ッ岩マミゾウ 「ファっ!?」
紅きヒゲ 「狩人……か。
それじゃグレランだしいろいろ引っ張りだしたほうがよくないか?」
竹中半兵衛 「挨拶するまでに自分に●出されていることに気づいており
いまだ何も言わないのならば」
やらない夫 「なん……だと……?>エンジェ狩人CO」
ジョルジュ長岡 「狩り…うど…!?>エンジュ」
ヴラド三世 「ふむ、では、一度そこ放置でよいな>エンジェ狩人CO」
緑のヒゲ 「CO大文字でお願い>エンジェ
ついでに日記ある?」
ヒロインX 「…なんと、ではグレランになりますかね」
大文字隼 「パソコンが重いとはいえ君の思いは受け取ったサ
グレラン」
ランサー 「エンジェ真だった場合
占いも霊能も出したら即死するんで>ヒゲ
共有以外出す必要はねえよ」
魔理沙 「狩人CO?
じゃあ様子見でいいだろう?

そこ噛まれるかどうかで見ればいいさ」
できる夫 「あ、クリスさん一応占い理由ください
別に初日とかどーでもいいと僕はちょー思いますけど」
緑のヒゲ 「共有CO 相方できる夫」
東横桃子 「んじゃ、霊能はもぐったほうがよさそうっす。狩人真だったら、永遠もぐって自分のみの安全は自分で守った方が良いっす
共有はでてもいいっすよ。」
大文字隼 「>緑のヒゲ
日記なんてあるはずないだろ  役職FOしてグレラン」
紅きヒゲ 「というかどうせグレランだし
共有だけでも出すべきだろ。個人的には霊能あたりも出たほうがいいだろうけどな。」
二ッ岩マミゾウ 「んじゃ放置してグレランじゃな
共有と霊能は出るといい 灰つめよう
対向占い師はいたらそやつらの判断にまかせよう」
エンジェ 「ごめんなさい。

狩人COよ!(二回目)」
竹中半兵衛 「少なくとも素村でないというのはわかりますので」
やる夫 「初日だから日記もなにもないおね。
グレランで様子見したいけど皆はどうかお?」
ランサー 「一応他役職、およびエンジェ偽の場合の狩人の潜伏死を危惧すんなら
指定って手もあっけど まあその辺はご自由に」
ジョルジュ長岡 「エンジュちゃんが真ならば占い破綻覚悟で噛んでくるんじゃないかな?」
やらない夫 「とりあえず共有は出てもいいと思うだろJK
他のCOは……
エンジェが真狩人だったらマズイだろ」
ヴラド三世 「つまり、これはグレランでよさそうだな」
ヒロインX 「ふむ、十分アリな選択肢ですね>ランサー
どちらにも対応ができる、そういう手です」
紅きヒゲ 「えっないの?>大文字集

普通狩人ひいたら日記のテンプレ的なもんをちょっとは作らねえ?」
できる夫 「なんだかなーまぁ、いっか
あ、共有です、相方緑のヒゲさん」
魔理沙 「グレランだな」
牧瀬紅莉栖 「客観的な話をしましょうか?
エンジェ真、私偽に備えて役職を潜らせたいというのであれば、
人柱が立つか共有CO者による指定進行でもしなければ埒が明かないわよ。」
大文字隼 「占いは明日朝一で出てもいいぞ
今日出てもいいが潜伏したいなら明日までなら許す」
やる夫 「できる夫ー共有なのかおー?」
ジョルジュ長岡 「共有把握
無駄占いになってもあれだしね
今日は出といたほうがいいね」
エンジェ
一日目
狩人ね。
頑張りましょう


二日目
護衛
ヴラド三世 「まぁ、その覚悟はあるだろうな>ジョルジュ
でなければ、これは手痛い一手だからな」
緑のヒゲ 「狩人日記はつけてるかな?>エンジェ
なきゃないでもいいよ。明日出してもらうことにする」
二ッ岩マミゾウ 「おーい?グレランじゃぞー?
吊られてもしらんぞー まぁ判断に任せるわ」
東横桃子 「ほいで、潜伏占いがいるんだったら、詰みのタイミングとかを考えることっす。
真の●引きでカウンターだったら、あんまり考えることはないっす」
エンジェ 「一応。
これしかないわ。」
竹中半兵衛 「役もちだなってことだけ認識していればいいですよ。」
やる夫 「共有把握したお!」
二ッ岩マミゾウ 「お、おう>狩人日記」
やらない夫 「しかし牧瀬とエンジェ以外のグレランってのも
かなりおっかないだろJK
同じような意味だけど喋ることがないので
繰り返すしかないだろ」
ランサー 「あいよ>ヒゲ
共有は了解、まあお前らは『互いが村だと知っている』
以上の能力では無いからな。指示役としては優秀だが
狩人COがある限りはそれほど重要って訳では」
ランサー 「うっす!というか今書いただろこれ!」
大文字隼 「>紅きヒゲ
俺は作るが個人の好みだな。
二日目夜になってから作る人もいる」
紅きヒゲ 「エンジェ真か騙りかもわからないしエンジェは○○護衛
他に真狩人いるなら別の誰か護衛とか指示出させたほうがいいんじゃないか?>共有」
ジョルジュ長岡 「グレランするなら貴重なおっぱいを守るためにヒゲを吊らないと!!」
ランサー 「別にいいけど。
初日に書く事なんて何もねえし」
ヒロインX 「その点に関しては共有者が意思を示すべき、ですね>牧瀬紅莉栖」
魔理沙 「ま、そこはそれでいいか。
じゃ、進めていこうぜ」
紅きヒゲ 「ごめん、ヒゲってどっち!?>ヴラド」
エンジェ 「いや、本当に書いてあったのだけど。
やらない夫 「なんかランサーの言うことにめちゃ納得できるだろ……
>今書いただろこれ」
緑のヒゲ 「霊能出るかは任せる」
ヴラド三世 「  / l                         /: : : : //   |
. / ./ヽ    .|      |          /  r=====ヽ}   /
/ ./  ヽ   |   .|ヘ  |\   .|\  ....l  /  (: O :)  ) l  /
. / ,----ヽ  l _  .l ヘ  l .\  l  \ ..l  ヽ==== =´i /
/.///////丶{ ヽ l .ヘ .l   .\l   lヽ |  : : : : : : : : : /イ
/l//////////ヽ  ヽl: : :ヽ!: : : : : : : : : .| `                 初手●なることで
/l///////////.ヽ ;;ヽ: : : : : : : : : : : . |
//l///////////.ヽ_{; ;}: : : : : : : : : : .  |                     狩人のCO
///l////////////ヽ; l: : : : : __ ,   _____
////l////////////ヽ;;ヽ 〃; ; ; ; ; ; ヽ_ , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ        神はなんと稀なる試練を与えたもうたのか
//////////////////∧;; {; ;l \_______//; ;ヽ .//
///////////////////∧; ; ;l  `'ー- -――‐ ´ノ  }; ; l///
////////////////////∧; ;ヽ  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ./; ////
/////////////////////∧; ; ;ヽ  ー ―   /; ;/////
//////////////////////∧; ; ; ;; ; ; ;; ; ; ; ; ; ; ; //////
/////////////////////// 乂; ; ; ; ; ; ; ; ; ; 彡´//////
//////////////////////////`゛゛゛゛゛゛゛゛´////////」
やる夫 「できる夫、クリス、エンジェ、緑ひげ 以外は暫定グレーだおね」
二ッ岩マミゾウ 「まぁ共有は指示頼むのぅ」
牧瀬紅莉栖 「なぜならつり先が決まっていない日の潜伏役職っていうのは、
個人の技量であって村の戦略ではないからよ。
潜伏役職が出来る(と少なくとも自分では思ってる)人と、できない人が居るってことくらいは分かるでしょう?」
緑のヒゲ 「出ない場合は吊られないように気をつけて」
大文字隼 「霊能出ないな」
東横桃子 「エンジェちゃんの日記が適当すぎて、偽臭いが溢れ出てて、
実は身内切りで牧瀬紅莉栖さんの信用をあげる為にやってるとか考えちまうっす
あす辺り占い撤回するんじゃねーっすか?」
ヒロインX 「真狩人が別にいた場合、牧瀬紅莉栖護衛で問題ないのではと思いますが」
ヴラド三世 「ぬ?俺がヒゲについて発言したか?>紅きヒゲ

多分、共有COについての発言だと思うが」
二ッ岩マミゾウ 「んあ二人とも出てたか
小文字で気付かんかったわい」
ジョルジュ長岡 「ごめん吊られそう出る
霊能CO」
やる夫 「霊能は自己判断で出るかどうか決めてくれお
吊られないように動いてほしいお」
大文字隼 「まあ指定する暇もないのでグレラン
できる夫 「別にグレランでいいんじゃないです?
初手から指定進行とか素村が超つまんないですし」
紅きヒゲ 「あぁいやなんかおまえが>ヒゲって発言してたように見えたから。
見間違いならすまん>ヴラド」
やる夫 「霊能CO把握したお!」
ヒロインX 「止む無し、でしょうか」
魔理沙 「出ないっていうのはそういうことだろ
吊られないように気をつけろよ、潜伏霊能はな」
やらない夫 「おっと、ジョルジュ霊能把握だろっと」
エンジェ 「…実は前回狩人だった時のコピペ。
ごめんなさい適当で」
ヴラド三世 「共有はできる夫と緑のヒゲだからな>各種人員」
ジョルジュ長岡 「エンジュちゃんは僕護衛で!!」
東横桃子 「真狩人居るんだったら、紅莉栖さんで、エンジェちゃんは共有っしょ」
緑のヒゲ 「エンジェは共有護衛。
他に狩人いたら牧瀬護衛」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
二ッ岩マミゾウ は 竹中半兵衛 に処刑投票しました
エンジェ は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
ジョルジュ長岡 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
大文字隼 は ランサー に処刑投票しました
牧瀬紅莉栖 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
竹中半兵衛 は 東横桃子 に処刑投票しました
やる夫 は 大文字隼 に処刑投票しました
できる夫 は 魔理沙 に処刑投票しました
やらない夫 は 竹中半兵衛 に処刑投票しました
魔理沙 は ヒロインX に処刑投票しました
ヴラド三世 は 竹中半兵衛 に処刑投票しました
東横桃子 は ヒロインX に処刑投票しました
紅きヒゲ は 竹中半兵衛 に処刑投票しました
ヒロインX は 大文字隼 に処刑投票しました
ランサー は ジョルジュ長岡 に処刑投票しました
緑のヒゲ は 紅きヒゲ に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →大文字隼
やらない夫0 票投票先 1 票 →竹中半兵衛
大文字隼2 票投票先 1 票 →ランサー
ジョルジュ長岡1 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
エンジェ0 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
緑のヒゲ0 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
二ッ岩マミゾウ1 票投票先 1 票 →竹中半兵衛
東横桃子1 票投票先 1 票 →ヒロインX
竹中半兵衛4 票投票先 1 票 →東横桃子
魔理沙1 票投票先 1 票 →ヒロインX
紅きヒゲ3 票投票先 1 票 →竹中半兵衛
ヒロインX2 票投票先 1 票 →大文字隼
牧瀬紅莉栖0 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
できる夫0 票投票先 1 票 →魔理沙
ランサー1 票投票先 1 票 →ジョルジュ長岡
ヴラド三世0 票投票先 1 票 →竹中半兵衛
竹中半兵衛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
緑のヒゲ(共有者) 「ふむ。」
エンジェ(人狼) 「…セーフ…」
ヒロインX(人狼) 「実質1票、ですか」
緑のヒゲ(共有者) 「うんまぁ寡黙でそこ死ぬよねってぐらい」
二ッ岩マミゾウの独り言 「あら票がはいらん
半兵衛おつじゃ」
東横桃子(人狼) 「さーて」
やる夫の独り言 「ぐぬぬ……」
東横桃子(人狼) 「どうするっすかねー」
ランサーの独り言 「ギリギリで出られた。死ぬ」
ヴラド三世の独り言 「まぁ、することは一つしかあるまい」
やる夫の独り言 「初日で狩COとかついてないお」
東横桃子(人狼) 「やらない夫が狩人くせーかなとおもうので、そこ噛みかな」
やる夫の独り言 「頑張ってログ分析するしかないおね」
ヒロインX(人狼) 「占霊二択の上、出るなら出てしまってもいいかもしれませんね」
できる夫(共有者) 「素村っぽいですけどね<竹中さん」
魔理沙の独り言 「狼ごめん
占いで出る気だったけど、朝始まる前にPC固まった」
東横桃子(人狼) 「潜伏占い騙りはなし。初日に●引く占いと対戦はあんましたくねーっす」
エンジェ(人狼) 「じゃあ私は共有の…、緑のヒゲ守っておくことにするわ」
ヒロインX(人狼) 「やらない夫であれば特に意義はありませんね」
魔理沙の独り言 「でもまあ、一応正解か。
潜伏占いCOするか。
緑のヒゲ(共有者) 「素村だろうけど。中身的なうんぬんいうといつもあんなかんじ(メタ」
ヒロインX(人狼) 「承知、ではいずれ牧瀬紅莉栖を噛む方針で行きましょう」
二ッ岩マミゾウの独り言 「んまークリスのヒットが役職にあたった感半端ないのぅ てか実際そうじゃが
そうなるとそこ狼っぽくはないのぅ
その後の反応窺っても同様してたように見えぬ」
ランサーの独り言 「一応 俺は見つかってもそれほど痛くないんで
投票で意思は示したけども」
東横桃子(人狼) 「噛めれば噛むのが一番楽。」
エンジェ(人狼) 「そうね、それでいきましょう」
魔理沙の独り言 「もう、潜伏狂人でいいか?
占い用意はするけど」
できる夫(共有者) 「まぁ、エンジュ○でもあんまかまない気もしますけどね
狐かもだし」
緑のヒゲ(共有者) 「エンジェ噛まれてたら牧瀬吊り
噛まれてなかったら飼い進行」
やらない夫の独り言
       / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
     . | し   (__人__)   俺がゼロ票……だと!?
      |     ` ⌒´ノ
     .  |         }
     .  ヽ        }
       ヽ     ノ
  __  _ノノ ヽ、  ,仆---、__
⌒ヽ.        \     / ⌒ヽ
   Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´ ̄ ̄`ヽ   `、
 `ヽ |          |      }    i
   ノ          |      |  丿|
   )、          人   / ̄ ̄``ン
  ヾヽ`ー─── ¬  ̄ ̄´」
東横桃子(人狼) 「では,やらない夫噛みで。
狩人視点、偽狩人が出た場合、そこを真として色々話す傾向があるっす」
東横桃子(人狼) 「該当するのがやらない夫なので」
魔理沙の独り言 「いや無理だログ飛んだ…!
普通で潜伏久しぶりだがやるか」
ヴラド三世の独り言 「では、始めよう!」
緑のヒゲ(共有者) 「狐で死体なしはありえる」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヴラド三世 は 牧瀬紅莉栖 の護衛に付きました
牧瀬紅莉栖 は 魔理沙 を占います
東横桃子 は やらない夫 に狙いをつけました
やらない夫 は無残な姿で発見されました
(やらない夫 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
竹中半兵衛さんの遺言 一歩後退
やらない夫さんの遺言             |       ______
 や        ス  .|    /         \        |
 ら  土 刀  l   .|  /          ’.        |  :   オ
 な ヘ|- 口 パ  | ./            ヘ         |  :   レ
 い   ` ̄ ̄ l   /  .|            |         \     は
 夫        /   .|   __,ノ   ヽ.__   |        \
 だ       /      |  ( ー ) ( ● )  |          /へ__
 !    <._      |   (__,人_,ィ=ァ゙  |             ̄ ̄
___/ ̄ _ ..-―=≦    ` ⌒ "´     ≧=ー- ._
      /      j\             /|      `ヽ
     /        /  \       / {        \
_,..-ャ'´         イ     ヽ_、_/   ヽ         `ァ 、__
   ̄ヽーァ―- ...____ /`ヽ       ____ ...- ――ャ・ ¨フ´ ̄
     `Y          /   厂`ヽ /´ ̄         `Y´
      |        /   _ノ   1                  |
      |     __,ノ´__,.≧´     |                |
     _人_, イ   ̄´   `ヽ     |                人
     /    `ー- .   il    |             イ  ヽ
   /    ヽ.     `ヽ_ノ    |            /`   ノ
__,.イ         `ヽ、   |    _,八          /` ー
          `L_   `辷ノ  /   ヽ、        _ノ
      丶   \   ノ .イ    , 、  `
   _,厶イ´ヽ、 _,ノ`¨´

筋肉モリモリ、マッチョマンの素村だろ。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
牧瀬紅莉栖 「占い結果を宣言。魔理沙○」
エンジェ 「おはよう」
ヒロインX
                      _
            _ -―━・…‐- _ ̄ミ、ヽ
          _/ニニニニニニニ\  } /
     ,ィ   /   `ヽ`iニニニニニニi / ′
   i 、 ', ー'      }ニニニニニニニi               -
     ー '       /  _  i ̄/xニニ\        _  ‐  /
   \ _< ’__ >’ \ i´/  i i!i!\iー'    _  ‐  _ ‐
      ,´/ ̄ .i  \-―`i   / .i! |  _ -._ ‐ /_ ‐
      '´ ̄::::-ヽ*'”:::::::::::ノ' ,':./ ァ', _', ゚/--- ヽ
  _ -―;::::::_ ―― _:: -: ̄:リヽ i-_:. <> _)ー― ´
     /> ’    > ’'´:::>´`/:::::::::::/-'
          /:::::::::::::/::::::::::::`.ニイ
           ̄ ̄i:/〉:::::::::::::::::::〉
             ´ 》‐i三ニー-'
                    〉ニヽニニニニ〉
               i ー^-- T  ̄\
               `´     ≧ー

ヒロインXの エクスカリバー!」
東横桃子 「真面目に、エンジェちゃん撤回占いCOとかするんじゃないっすかね。真か偽に関わらず。
●貰って即噛まれたら危ないのにそういう不安みたいなのが一切無いと言うか」
二ッ岩マミゾウ 「おはようじゃ!
半兵衛投票は消極的柱ぽかったんでの
投票理由はそんだけじゃ あいスマヌ」
ランサー 「時間ギリギリで出られたんで出れんかったが投票で意思は示した。
ジョルジュが噛まれてる狂人でなければ対抗霊能CO 竹中半兵衛○」
ヴラド三世 「                 /l  __
                 | ,´      ̄>
             ,  ´  ̄       ̄ `ヽ
               /               ヽ
           ,                  \
         ∠                   ̄
         /     〃           ヽ  ’
         ̄/  ./^ヽ{   /          }  ’
            /  ヽ 从  //l    .∧   .l  ハ’
         l    ヽ_;;; ヽli沁ヽl ./ヽ/ ,ィ   .l  | }’
         |/i    |;;;  l   }/  ィ゚ノ...イ / /       死体は一つか
            .|  _ _..|ヽ;      l   ./ }/  /
            .| .|ニニ! .ヽr;;;;;;;;;ヽ_ .l,,,, /   /ヽ{       それは狩人のものかまた別のものか
         ノ  .|ニヽ  ヾ;, ヾ==-;/   /
        ̄|.  |ニニニヽ  ヾ;;;;;;;;,;;,/ニ|  ヽ_        その答えを聞こうか
         | rニニニニニニニヽ ゛゛゛/ニ/  | ̄
          Ⅳニニニニニニニニニニニニニ|ュ \
          /ニニニニニニニニニニニニニニニ|ニュ  }」
やる夫 「               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \    初日がすごい事になってたけど
            l    ⌒(__人__)⌒    l   今日もがんばるお!
          \     `⌒´     /
          /              \」
牧瀬紅莉栖 「人狼狙い。魔理沙を人狼として狙った理由は
エンジェの狩人COに対する反応が淡白だったからよ。
潜伏霊能は吊られるなという発言が潜伏占いを見ていないというのも一要素ね。」
ジョルジュ長岡 「○」
ヒロインX 「今日の噛みを見るという状況ですが
まあ、恐らくは村人を吊ったと考えておくのが妥当でしょう」
魔理沙 「おはようって、私占いか?」
大文字隼 「真偽関係なく納得はいく噛みだ」
緑のヒゲ 「はん?灰噛み?」
やる夫 「や、やらない夫ーーー!!!」
できる夫 「はい、おはようございます」
紅きヒゲ 「おはよう!役職はCOを頼む!」
東横桃子 「銃殺GJとかそういうことも無いみたいっすな」
二ッ岩マミゾウ 「やらない夫噛みと 霊能はおらんかの?」
ヴラド三世 「ランサーが霊能COした!」
ランサー 「このひとでなし!」
ヒロインX 「…ふむ、役職は噛みませんか」
紅きヒゲ 「でまぁうん。
ヴラドだが霊能投票ってどうした?
ミスか霊能騙りだと思って投票ぶち込んだのかの
理由は聞きたいが。>ヴラド」
魔理沙 「じゃ、霊能ロラでいいだろ
狩人は放置しとけ」
大文字隼 「ならば一手遅れたがローラーか?」
ランサー 「って何言わすんだてめー!」
ジョルジュ長岡 「え?対抗!?」
紅きヒゲ 「あと今気づいた。
ヒゲって言う時は色もつけてオナシャス!
紅きと緑ので二人いるし!>ランサー」
エンジェ 「ランサー霊能COね?」
緑のヒゲ 「ふーん。霊能二人ね。」
できる夫 「んじゃ霊ロラでー
おやすみなさい
あ、ジョルジュさん占いなら撤回していいですよ」
ヒロインX 「………そんなに自害したかったのですか>ランサー」
魔理沙 「先にランサーを自害させようぜ!」
やる夫 「1-2かお……」
二ッ岩マミゾウ 「あ しておった よかったよかったって二人おるわガハハ」
紅きヒゲ 「とりあえずヴラドとランサー見間違えた!
くそ、fateやってるとこういう時不便だ!」
エンジェ 「霊能ローラーでいいと思うわ」
ジョルジュ長岡 「狐CO!!」
東横桃子 「面倒な
んじゃ、せっかくだから霊能のこさないっすか?
エンジェちゃんがわざと胡散臭くしている気がしているので、牧瀬紅莉栖さん身内切りとかもあるかもっす。
潜伏占いがいないんだったら、霊能のこしてラインみたいっす」
緑のヒゲ 「まぁエンジュは死体無しだしたら信じよう、ってぐらい」
ランサー 「いや うん まあすまんな>ALL
潜った理由については 大体昨日自分で言ってる通り。
後まあ ジョルジュみてえに欲張った場所が出てくる可能性もあるのは
悪くないな」
ヴラド三世 「俺は竹中に投票したはずだが>ヒゲ」
大文字隼 「しかし吊られ間際になって出てくるジョルジュはなんだろうな
占い真ならあそこで霊能COは真目に見えたが」
ランサー 「んじゃ俺真確定で行こうぜ」
紅きヒゲ 「占わせるか吊るかどっちよこれ>ジョルジュ」
大文字隼 「狂人か>ジョルジュ」
やる夫 「狐……CO……?」
ヴラド三世 「ヴラド三世 0 票 投票先 → 竹中半兵衛

>ヒゲ」
魔理沙 「狐?
占い師が占っていいのかこれ?」
緑のヒゲ 「ふぁっ!?」
二ッ岩マミゾウ 「(ランサーっちゅーからヴラドの方みてたのは内緒 そっちの方がイケメンじゃし)」
エンジェ 「狐!?」
東横桃子 「とおもったら、片方吊りで十分っす
占わせるのは、牧瀬紅莉栖さんの真贋に関係なく損っすからどうでもいいっす」
紅きヒゲ 「人外COした以上ランサー残すのは別に問題ないんで。
ジョルジュ即吊りかジョルジュ残して占わせる路線か」
ヒロインX 「…非常に狂人っぽいですね」
二ッ岩マミゾウ 「WHY?」
ジョルジュ長岡 「クリスチャン真なら僕占ったら呪殺だよ」
ランサー 「占わせるか吊るかはどっちでもいいけど
どっちかっつーと狼/狐だとは思ってるな
昨日俺が潜ってる状況から 霊能に出るリスク背負うなら」
大文字隼 「ジョルジュ一旦放置でグレランでいいだろ
占いがいたら占うはずだ 多分狂人目で見ているけど放置でいい」
緑のヒゲ 「じゃあ現状ランサー真で残す。
牧瀬はジョルジュ占って」
ヴラド三世 「基本、SN以外は真名で呼ぶから大丈夫だ>ヒゲ

赤セイバーとキャス狐くらいだろ クラスで呼ばれる他クラスは」
魔理沙 「いいんじゃないか?
狂人臭いし、基礎j子の自称狐吊っちまっても問題ないだろ?」
やる夫 「クリス、真だというならジョルジュ銃殺してくれお。
ランサーは今は信じるしかないと思うお」
緑のヒゲ 「今日はグレラン」
東横桃子 「エンジェちゃんは信じてほしかったら、やらない夫噛みがどういうものかとか、そういう考察がんばるといいっすよ。」
二ッ岩マミゾウ 「ここで狂人でも狼でも狐COする意味少ないしたぶん狐本人な気がするのぅ」
牧瀬紅莉栖 「真にジョルジュが乗っ取り狙いの人外であるなら、
●出されの狩人COを見ての村の動き方が洗練されていないことが
いかに人外にチャンスだと思われているかっていうのが、よく分かるわね。」
エンジェ 「考察…、そうね、頑張るわ」
ジョルジュ長岡 「ランサー君ごめんね!!乗っ取りできるかと思ったんだけど」
ランサー 「エンジェは俺ガンガード。
他に狩人いたらクリス護衛ってのが妥当かね。

潜伏占い主張がいたら 結果2つ(明日も含めて3つ)出る筈なんで
いるなら出すってのも手ではあるっちゃあるが」
魔理沙 「って、占わせるのか
そこ狐じゃなかったら無駄占いになりそうであれだが、それはそれでってやつか」
牧瀬紅莉栖 「謹んでお断りします。>緑のヒゲ」
ヒロインX 「となれば牧瀬紅莉栖の真目は相対的に上がった、と見るのが妥当ですかね」
ヴラド三世 「光りの御子は素晴らしい騎士だ>マミゾウ」
二ッ岩マミゾウ 「んでま昨日の占いへの反応じゃが
んまークリスのヒットが役職にあたった感半端ないのぅ てか実際そうじゃが
そうなるとそこ狼っぽくはないのぅ 真狂じゃろうて
その後の反応窺っても、な

狂なら狼か狐にヒットしたとして動揺してたんじゃなかろうか
真ならあんだけ発言に間空いた理由はわからぬ
長文打ってたようにも見えんしの」
紅きヒゲ 「脳内でおまえもランサーって呼ぶんだよ……
実際ヴラドは竹中投票してたのにおまえがジョルジュ投票してたように
勘違いしてたんだよ俺は……

思い込みって怖いね>ヴラド」
できる夫 「相方が残し派らしいので残しでいっかー
狂だと一応狐COするメリットありますけどね」
紅きヒゲ 「牧瀬紅莉栖がジョルジュ占いを断った件について」
東横桃子 「まあ良いっすけどね。
ほいじゃ、なんか、抑えめで、引いてる感じがするヒロインXさん吊れば良いと思うっす」
緑のヒゲ 「霊能両方残しのメリットは十二分にあるんで。
吊りはしないよ。村なら牧瀬真確定するならおいしいでしょってこと>魔理沙」
エンジェ 「今日はどの辺りを護衛すればいいかしら」
ジョルジュ長岡 「僕吊りたがってるところが呪殺出るとまずい
人たちじゃないかな!!」
やる夫 「マリサと役職持ち以外をラン吊りかお。」
ヒロインX 「となれば、狩人CO者を吊ってしまった方が安定するのではないでしょうか」
ヴラド三世 「ジョルジュ残しでクリスの真証明か>銃殺できるか

となれば、ますます狩人の生存は必要になるな
精々生き足掻くがいい」
東横桃子 「あ」
二ッ岩マミゾウ 「って考えてたんじゃがの
ジョルジュ狐ならちょいと代わるか」
ランサー 「つーかさ」
魔理沙 「ああ、確定で残されてPPできるとかそういうの?>できる夫
いや知らんけど、」
紅きヒゲ 「どうでもいいけど護衛先指示出しとかないとぶれる気がするぞ
エンジェ悩んでるっぽいし>我が弟」
ランサー 「ジョルジュ狂人の場合
俺とローラーどんとこいな筈なんだわ」
ヴラド三世 「思いこみは怖いな>紅きヒゲ」
東横桃子 「エンジェちゃんにジョルジュ護衛させて占わせりゃ良いんじゃないっすか?」
やる夫 「ジョルジュはどっちにしても明日で処理するかできてるはずだお
無視していいお」
緑のヒゲ 「まだ中身わかんないじゃん?>ヒロイン
勿体無い。灰狼もつれるでしょ?」
東横桃子 「どう?」
紅きヒゲ 「いや別にエンジェ真狩人見てるかって言われたら微妙だが
一応そういうところも潰しとくべきじゃねーかな言い訳させないためにも」
牧瀬紅莉栖 「妖狐CO宣言者を占わなければいけないのは、真が切られそうな不安定な境遇に居る占い師であって
唯一の占い師であり、●がカウンターCOした私の役目じゃないわよ。」
ジョルジュ長岡 「それだ!!>桃子ちゃん」
ヴラド三世 「エンジェはランサーでもいいと思うがな
そこ真は確定なのだろう?今のところは」
ヒロインX 「…意味がないような気がします>東横桃子」
大文字隼 「吊りに余裕はあるからまだ狩人COを即吊る必要もない」
魔理沙 「そうだよな、黙っていれば私ランサー吊るし」
二ッ岩マミゾウ 「護衛させる意味あるのか?そこ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
東横桃子 は ヒロインX に処刑投票しました
エンジェ は やる夫 に処刑投票しました
牧瀬紅莉栖 は 大文字隼 に処刑投票しました
ヴラド三世 は ヒロインX に処刑投票しました
魔理沙 は ジョルジュ長岡 に処刑投票しました
できる夫 は 大文字隼 に処刑投票しました
大文字隼 は 東横桃子 に処刑投票しました
二ッ岩マミゾウ は 大文字隼 に処刑投票しました
ヒロインX は 大文字隼 に処刑投票しました
やる夫 は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
ジョルジュ長岡 は 紅きヒゲ に処刑投票しました
緑のヒゲ は 紅きヒゲ に処刑投票しました
紅きヒゲ は 大文字隼 に処刑投票しました
ランサー は やる夫 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
大文字隼5 票投票先 1 票 →東横桃子
ジョルジュ長岡1 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
エンジェ0 票投票先 1 票 →やる夫
緑のヒゲ0 票投票先 1 票 →紅きヒゲ
二ッ岩マミゾウ1 票投票先 1 票 →大文字隼
東横桃子1 票投票先 1 票 →ヒロインX
魔理沙0 票投票先 1 票 →ジョルジュ長岡
紅きヒゲ2 票投票先 1 票 →大文字隼
ヒロインX2 票投票先 1 票 →大文字隼
牧瀬紅莉栖0 票投票先 1 票 →大文字隼
できる夫0 票投票先 1 票 →大文字隼
ランサー0 票投票先 1 票 →やる夫
ヴラド三世0 票投票先 1 票 →ヒロインX
大文字隼 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東横桃子(人狼) 「魔理沙噛むっすかね」
エンジェ(人狼) 「セーフ…」
東横桃子(人狼) 「どっちか発見されるか吊れたらチャレンジっす」
緑のヒゲ(共有者) 「めんどくさいな」
ヴラド三世の独り言 「少々肝が冷えたぞ」
二ッ岩マミゾウの独り言 「わしに何故か投票が入らぬ不具合」
ヒロインX(人狼) 「はてさて、どうしたものやらですがね」
やる夫の独り言 「ログ取りツールが機能しないお……」
緑のヒゲ(共有者) 「牧瀬に拒否されるとか予想外なんだけど」
二ッ岩マミゾウの独り言 「大文字は乙じゃー」
できる夫(共有者) 「クリスの言い分がとてもとてもスマートなので
明日占ってなくても別に真切らない感じ」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「狼はごめんね!!
でも僕狐だから自由にするよ!!」
ヴラド三世の独り言 「護衛は継続か」
東横桃子(人狼) 「ジリジリいくっす」
魔理沙の独り言 「どうしよう、私○って嫌すぎる。
投票で狂アピしたから噛まれないと信じたい」
ヒロインX(人狼) 「共有片方の方がいい気がしますね、まず護衛はないでしょう」
エンジェ(人狼) 「じゃあ私はランサー護衛で行くわね」
できる夫(共有者) 「灰で吊りたいとこありますか?」
緑のヒゲ(共有者) 「狂人だろうが狐だろうがそこ占わせて処理できるなら吊り得じゃん」
ヒロインX(人狼) 「二択なら外しても然程影響は少ないでしょう」
東横桃子(人狼) 「狩人どっかで噛まないといけないので」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「んー占いにスライドするべきだったね…」
魔理沙の独り言 「まあ、あれだ。
狂人COは早めにだな、うん。

狩人日記書くか」
東横桃子(人狼) 「候補は減らしておくっす。
魔理沙噛みでいくっす」
ヒロインX(人狼) 「ふむ、狩人の期待値を追いますか」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「まあいいや実験しゅうりょ―う」
緑のヒゲ(共有者) 「ヒロインと紅きヒゲ
東横は残せる。魔理沙も村目」
東横桃子(人狼) 「共有かんでもジリ貧っす」
エンジェ(人狼) 「そうね、それでじわじわと村人陣営を減らして行く、と」
ヒロインX(人狼) 「承知、グレラン勝負の停滞戦ですね」
ヴラド三世の独り言 「                       _ ヽ` y ´ ノ_
                     <_         _z
                       ィ´        ヽ ’
                  ∠_  i ii .i i i从   }  ’
                    /ィ {/从乂ノィェァイ lヽ  ’
                    / .|ィ∧`゚l    } /ソ  .ト、
                ___  .| .∧,`._;ヽ |イ   .|   _       しかし実に面白い村だ
              r///////ヽ_ |___∧;ゝ=イl/ l_  ..| //
            //////////ヽ//ヽ ヾ-''''´__ ≦7// / ./---ァィ  初手●狩人CO,霊能は狐CO
           ∠/////ヽ//////ヽ/// ヽ-=ニニニ/ /_////// ヽ
           /∧//////ヽ////// ヽ/////ヽ//.r==-==ヽ//   |-.イ これほど愉快な村は早々見つかるまい
            / / ヽ//////ヽ////////>ー// /ミミ-彡ミ } \       |-、 どのように転ぶのか実に楽しみだ
         l./    ヽ///////////////////(_=-l ∧  l///// ̄ ̄///ヽ
        _ ./ヽl-―<  ヽ////////////////∧  ll ∧ l//////////////
    ト_/ ヽ ヽ  /-/ -.//ヽ////////////////\ll  ∧///////////////ヽ
    ∧ _ヽo //  <.ヽ: :_|.ヽ/////////////////|ミ彡 |//////////////./
 {ヽ_/ / ヽ o/ <    ヽ: tlニ=-―――-=ニ     ヽ=.ノ://////////////
.__l   >-o∠__{´        l`ヽ    |         / x:ヽ////////////ヽ
.\ー ´  >  \        .l  ヽ  |     ---- x7: : : x: : .ヽ .}/L/__// il///
  .\   ./ ヽ〃⌒ヽ     /、   |   /    /x: : : .x: : : : .ヽ  o ヽ/l/:l
   ヽ―  /   .}`ヽ    /、   ll===ll      ´〕: xxx: : : :.T l_ _ - - - ´ ..!
できる夫(共有者) 「狂人だと無駄占いでて積み遠くなるんで
クリスに禁止で潜伏占いいるなら占うことがスマートでしたかね
なかなか昼にそこまで頭回りませんでしたが」
緑のヒゲ(共有者) 「いちお牧瀬狂人での真潜伏も視野にいれてるからね」
ヴラド三世の独り言 「そうは思わぬか?>霊界」
ヴラド三世 は 牧瀬紅莉栖 の護衛に付きました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
東横桃子 は 魔理沙 に狙いをつけました
牧瀬紅莉栖 は ヴラド三世 を占います
魔理沙 は無残な姿で発見されました
(魔理沙 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
魔理沙さんの遺言 素村だぜー!
大文字隼さんの遺言
                                  ___
                                r :´: : : : : `ヽ
                                   ( : :_:八: : : : : }
                             -=≦r{´ =  ーミ:v'≧=-
                          '      /λ 、_′ /       ≧==ニニ==-  __
                  -===≦           {!{ \__ イ}i}   ___           }} ̄ ≧r‐─‐っ
            -=ニ二                 {!{_{  }__ }i}   /       ̄ ̄ ̄   ‐========彡'´ ̄'
r‐‐──‐‐r=ニ' {{       -==ニニニニニニ=-    圦__   _, ソ   《}
.  ̄`ー─┴──┴=ニ           /_   ≧====‐y‐==彡'/厂\
                      /    `ヽ 、___/ハ《∠ _彡′  \
                      /          ≫‐┴ミ彡゙<         \
                      /         /         `ヽ        \
                      /         /                 ≧ミ_      丶_
                /         /                     \      \
               _/         _/                     \      \
                /         /                             \      \
          /         /                              \      \
          /         /                               \      \
.        /         /                                   \      \
     r‐ミ>、     /                                          \  -≦ 、´-=ミ
    仄ゞ彡゙ \  /                                         ´ \/{ェェ彡ヽ
r=≦  ¨    /ー′                                            {        ̄`ヽ
辷三三三三彡′                                                   ≧==‐------彡
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ヴラド三世 「                       _ ヽ` y ´ ノ_
                     <_         _z
                       ィ´        ヽ ’
                  ∠_  i ii .i i i从   }  ’
                    /ィ {/从乂ノィェァイ lヽ  ’
                    / .|ィ∧`゚l    } /ソ   ト、        今日がどのようになるか
                ___  .| .∧,`,,,,.;;;ヽ |イ   .|   _
              r///////ヽ_ |___∧;; ̄´;;l/ l_ ...| //        実に楽しみだ
            //////////ヽ//ヽ ヾ-''''´__ ≦7// / ./---ァィ
           ∠/////ヽ//////ヽ/// ヽ-=ニニニ/ /_////// ヽ
           /∧//////ヽ////// ヽ/////ヽ//.r==-==ヽ//   |-.イ
            / / ヽ//////ヽ////////>ー// /ミミ-彡ミ } \       |-、
         l./    ヽ///////////////////(_=-l ∧  l///// ̄ ̄///ヽ
        _ ./ヽl-―<  ヽ////////////////∧  ll ∧ l//////////////
    ト_/ ヽ ヽ  /-/ -.//ヽ////////////////\ll  ∧///////////////ヽ
    ∧ _ヽo //  <.ヽ: :_|.ヽ/////////////////|ミ彡 |//////////////./
 {ヽ_/ / ヽ o/ <    ヽ: tlニ=-―――-=ニ     ヽ=.ノ://////////////
.__l   >-o∠__{´        l`ヽ    |         / x:ヽ////////////ヽ
.\ー ´  >  \        .l  ヽ  |     ---- x7: : : x: : .ヽ .}/L/__// il///
  .\   ./ ヽ〃⌒ヽ     /、   |   /    /x: : : .x: : : : .ヽ  o ヽ/l/:l
   ヽ―  /   .}`ヽ    /、   ll===ll      ´〕: xxx: : : :.T l_ _ - - - ´ ..!」
エンジェ 「おはよう」
牧瀬紅莉栖 「占い結果を宣言。ヴラド3世は○」
二ッ岩マミゾウ 「おはようじゃの
わしに投票が入らない不具合が発生しちょる」
紅きヒゲ 「おはよう!役職はCOを頼む!」
やる夫 「         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \    昨日はよくわからないまま投票してしまったお
      |    ` ⌒´      |    申し訳ないお
      \           /
        /         \    しかもログ取りツールがなんか機能してないから
       |   ・    ・     )   すごく焦ってたお
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
ランサー 「その心臓──貰い受ける!大文字隼の心臓は○!」
ヒロインX
                      _
            _ -―━・…‐- _ ̄ミ、ヽ
          _/ニニニニニニニ\  } /
     ,ィ   /   `ヽ`iニニニニニニi / ′
   i 、 ', ー'      }ニニニニニニニi               -
     ー '       /  _  i ̄/xニニ\        _  ‐  /
   \ _< ’__ >’ \ i´/  i i!i!\iー'    _  ‐  _ ‐
      ,´/ ̄ .i  \-―`i   / .i! |  _ -._ ‐ /_ ‐
      '´ ̄::::-ヽ*'”:::::::::::ノ' ,':./ ァ', _', ゚/--- ヽ
  _ -―;::::::_ ―― _:: -: ̄:リヽ i-_:. <> _)ー― ´
     /> ’    > ’'´:::>´`/:::::::::::/-'
          /:::::::::::::/::::::::::::`.ニイ
           ̄ ̄i:/〉:::::::::::::::::::〉
             ´ 》‐i三ニー-'
                    〉ニヽニニニニ〉
               i ー^-- T  ̄\
               `´     ≧ー

ヒロインXの エクスカリバー!」
東横桃子 「良くわかる解説
ジョルジュが狐で、エンジェに護衛させて占わせれば、
噛み合わせがあって、死体が1だけだったとしても、溶けた場合、エンジェ完全に偽ってわかるっす(護衛した所が死んでいるなら破綻)」
牧瀬紅莉栖 「占い理由はギリギリ村人狙い。初手で●引かなかったからね。
特に村認定する要素も人外認定する要素もないから占い、そういうところ。
一番方針が見えにくいからね。」
ヒロインX 「占わせるなら吊らない、占わせないなら吊る
そうすべきだったとは思います
ただ、発言の落としぶりからある程度●であるという期待はしていますが」
ランサー 「うん じゃあ今日はジョルジュ占っとくといいんじゃない>クリス」
紅きヒゲ 「やらない夫が潜伏占いありえる位置か?といわれると
よくわからんので(少なくとも狩人探し100%な噛みではない)
面倒だから仮に潜伏とかいるなら今日出りゃいいんじゃね
出ないなら初日か牧瀬のどっちか真で見りゃいいや。

というか霊能軸にできるから初日でもなんとかなるレベルではあるが。」
ヴラド三世 「何故、ジョルジュを占っていない>クリス」
二ッ岩マミゾウ 「昨日の最期のアレじゃが
そこ護衛させると牧瀬紅莉栖真なら即噛まれることになろうて
ならば護衛すべきって牧瀬紅莉栖じゃないのかのぅ?
わしグレラン村いやじゃぞ
んにゃま明日エンジェ残しといたら銃殺GJって絶対言うけどのぅ

……ここまで書いて気付いたんじゃがあれってエンジェへの指示か!
なるへそクリス真路線で真狩人いるんならその方針でいいんじゃの!グリーンじゃの!」
紅きヒゲ 「ぶっちゃけ護衛先は共有がめんどいんでちゃっちゃと言っといたほうがいいだろうし
言わないとぶれると思うぞ(主にグレーの奴らがテケトーにガンガン意見いうという意味で。
あと牧瀬紅莉栖が占わない宣言している以上
他の占いいるならもうジョルジュ占えばいいんじゃねと
ふと思いましたはい。」
ランサー 「後対抗占いいるなら出て来ていいよもう」
できる夫 「はい、おはようございます」
ジョルジュ長岡 「お、おう…占わないんだ…」
東横桃子 「ってことで、ジョルジュ護衛→占いで色々よかったと思うんすけどこれ。」
緑のヒゲ 「まぁそういうことだね>東横」
二ッ岩マミゾウ 「ジョルジュなんで占ってないんじゃ?」
ランサー 「結果随分あんだろ」
できる夫 「自称占いいるなら出ていいですよ」
牧瀬紅莉栖 「東横桃子、貴方が主張するべきはそこではなく
>占わせるのは、牧瀬紅莉栖さんの真贋に関係なく損っすからどうでもいいっす
という発言と、そこ占いとの整合性についてよ。」
紅きヒゲ 「よくわかんねーけど牧瀬以外に占いいるならジョルジュ占ってCOするだろ
昨日牧瀬は占わないって明言してたし。」
ヒロインX 「○噛みですか、あまり情報は増えませんね
精々、護衛成功を避けたいという噛みであるぐらいです」
やる夫 「クリスなぜジョルジュを占ってないお。
説明しないなら偽と見るお」
二ッ岩マミゾウ 「占い理由にも明記されておん」
紅きヒゲ 「ぶっちゃけそういうわけで
多分潜伏占いはいない、牧瀬真か初日真
そう思っているヒゲである」
ヴラド三世 「狐COを占えば貴様の心象はよくなったはずだ
それを占わないとするならば・・・・疑われてもいいのだろうな?メイガス>クリス」
東横桃子 「エンジェちゃんの真贋はわかるってメリットが発生しているので、そこを重視した結果っす>牧瀬紅莉栖」
ヒロインX 「例え、真偽がどちらでも出ないでしょう>潜伏占い師」
緑のヒゲ 「んじゃあ狼一匹も吊れてないんで真だったらごめんねってことで。
エンジェ吊り」
できる夫 「機能超絶スマートな占わない理由出してたから
別に占ってなくても全く僕はクリス偽に見ませんが」
牧瀬紅莉栖 「無駄だから。>マミゾウ
ジョルジュ狐私偽を想定するなら両方残せばいい。
私視点、十分な結果が溜まったら占ってもいいけれど今はまだその時じゃないわ。」
エンジェ 「私視点でクリスは偽。
狐を占わないあたりからしても偽なんじゃないの?」
ランサー 「んじゃ潜伏いないな。
初日かクリス真で進めるから
クリスはジョルジュ占ってくれ いやマジで。
今日までにもう1個●引ければ別だったけども」
ジョルジュ長岡 「いや僕狂人ならランサーと一緒にローラーされた方が狼に有利に
なるよね?」
エンジェ 「ああ、自称狐だけど」
東横桃子 「素占いだったら,噛み合わせとかされても損っす
で、エンジェに護衛させればって言う話っすよ>牧瀬紅莉栖」
緑のヒゲ 「今日はさすがに牧瀬にジョルジュ占ってって指示だしとくよ」
紅きヒゲ 「と言うか牧瀬昨日ジョルジュ占いしない理由言ってるよな?


◇牧瀬紅莉栖(98)  「妖狐CO宣言者を占わなければいけないのは、真が切られそうな不安定な境遇に居る占い師であって
唯一の占い師であり、●がカウンターCOした私の役目じゃないわよ。」」
ヒロインX 「占い師に占う気がない以上、人外CO者吊りです
…随分と村人カウントを減らしてしまったようですからね」
ランサー 「だからお前狂人じゃないよな
って思ってる訳だ>ジョルジュ

●でも銃殺でも 真ならそれほど悪くない」
二ッ岩マミゾウ 「んにゃ自分視点じゃなくて村視点で真を確定してもらいたいんじゃが>クリス」
ヴラド三世 「いや、吊るなら、先にジョルジュからだ>緑
流石に狐COは見逃せまい」
紅きヒゲ 「だからまぁうん。
そんな糾弾されることか?とは思うぞ俺は。
んなフルボッコにされることねーだろ」
二ッ岩マミゾウ 「ああなるへそ>ヒゲ」
やる夫 「ぶっちゃけログ取りに失敗したからありがたいお>ひげ
クリスすまないお」
緑のヒゲ 「十分結果は残ってるけどね。>牧瀬
噛み筋的に牧瀬真の噛みでしょ?」
ランサー 「というか 銃殺出した場合、実質上吊り増加するんでな」
東横桃子 「ただ、ヒゲの言うことがもっともっす。潜伏占いは居ないって思っていいっす。
紅莉栖さんの○が噛まれてて、紅莉栖さん真だっていう感じになってるのがこわいっす。」
牧瀬紅莉栖 「ジョルジュが狂人で私がそこを噛み合わせる偽占い、
なんていう想定をするのかしら?私が仮に狼だったとして、
狐COが狂人かもしれないから噛んで銃殺を演出してみよう、なんて考えるとは思えないけど。
貴方だったら考えるのかしら。」
エンジェ 「…私は共有の指示に従うわ。どんな指示であれ」
紅きヒゲ 「ヒゲです。
マミゾウの>ヒゲという文章を読んでどっちやねん!
俺か弟のどっちやねん!そう思いました、ヒゲです」
ヴラド三世 「どちらにせよ、昨日までの時点では不安定であるのは間違いあるまい?>ヒゲ

だからこそ、占うべきだと俺は思うのだがな」
二ッ岩マミゾウ 「まぁこんだけ自由に動くってこった真じゃとは思うがの
噛み筋みるにそうじゃし」
ランサー 「ジョルジュ吊ってさー ○だとさー」
ジョルジュ長岡 「んー、これは僕どうしようか?」
ヒロインX 「昨日しなかった以上、今日もグレランするのは危険と考えます
狐CO者の占いを拒否した以上、それ以外の結果で信用を得る自信があると思いますので」
緑のヒゲ 「牧瀬偽見てる数が一定数以上いる以上は自分の真証明を、
村にも見える形でしてもらいたい>牧瀬」
二ッ岩マミゾウ 「紅きって変換すんの面倒じゃし……(目そらし>紅きヒゲ」
ランサー 「ジョルジュが狂人はねえとしか思えねえがな俺は。
そこ狂人の場合 わざわざ狐COなんかせずに
俺と一緒にローラーさせた方が 狂人視点楽だろ単純に」
東横桃子 「笑えば良いと思うっす>ジョルジュ」
牧瀬紅莉栖 「私がいう十分な結果というのはね。
牧瀬紅莉栖を真だと決め打った場合、村は勝てる(少なくとも灰を全部つれる)
という程度の結果のことよ。>緑のヒゲ」
二ッ岩マミゾウ 「真だと思いたいって願望にすぎんしの
現状」
緑のヒゲ 「今日はエンジェ吊り」
紅きヒゲ 「というか魔理沙噛まれるあたり
素直に今日チャレくるんじゃねーのって思ってましたはい。ヒゲです。>東横桃子

でも結構牧瀬さんジョルジュ占いしないのなんでっすかwwwww
とか言われてるから噛まれない可能性も増えてきたねこれ」
ヴラド三世 「どちらせによランサーの時点で○が二回引きだ
ならば、噛まれないエンジェ吊りが妥当なのではないか?
噛まれない狩人も放置するわけにはいくまい?>指定するなら」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
二ッ岩マミゾウ は エンジェ に処刑投票しました
ヴラド三世 は エンジェ に処刑投票しました
緑のヒゲ は エンジェ に処刑投票しました
ランサー は エンジェ に処刑投票しました
紅きヒゲ は エンジェ に処刑投票しました
ジョルジュ長岡 は エンジェ に処刑投票しました
東横桃子 は エンジェ に処刑投票しました
ヒロインX は ジョルジュ長岡 に処刑投票しました
できる夫 は エンジェ に処刑投票しました
牧瀬紅莉栖 は エンジェ に処刑投票しました
エンジェ は ジョルジュ長岡 に処刑投票しました
やる夫 は エンジェ に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →エンジェ
ジョルジュ長岡2 票投票先 1 票 →エンジェ
エンジェ10 票投票先 1 票 →ジョルジュ長岡
緑のヒゲ0 票投票先 1 票 →エンジェ
二ッ岩マミゾウ0 票投票先 1 票 →エンジェ
東横桃子0 票投票先 1 票 →エンジェ
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →エンジェ
ヒロインX0 票投票先 1 票 →ジョルジュ長岡
牧瀬紅莉栖0 票投票先 1 票 →エンジェ
できる夫0 票投票先 1 票 →エンジェ
ランサー0 票投票先 1 票 →エンジェ
ヴラド三世0 票投票先 1 票 →エンジェ
エンジェ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東横桃子(人狼) 「グレ6で吊り4
限界きたんでチャレンジっすかね」
二ッ岩マミゾウの独り言 「エンジェ乙」
やる夫の独り言 「(あかん)」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「えー…」
ヒロインX(人狼) 「さて、どうなるものやら」
緑のヒゲ(共有者) 「さて考え方が違う以上どうしようもないな」
ヴラド三世の独り言 「明日は俺死体か」
ヒロインX(人狼) 「 」
ヒロインX(人狼) 「 」
二ッ岩マミゾウの独り言 「ふっつーにクリス真な気がする」
ヒロインX(人狼) 「エンジェはお疲れ様です」
東横桃子(人狼) 「一応、ウラド噛みはできるっすけど、そこを噛むと流石にグレー狭いっす

あ、エンジェお疲れっす」
緑のヒゲ(共有者) 「ジョルジュ狐って言ってる以上吊らないよ
絶対吊らない。引き分け残るし」
ヴラド三世の独り言 「共有2、霊能1、銃殺出すならそれでよしだが」
できる夫(共有者) 「まりさ噛みすんならクリス真っぽいですけどねー」
ヒロインX(人狼) 「ですかね、やらない夫が狩人であることを祈りましょう」
ヴラド三世の独り言 「ない場合
やる夫、マミゾウ、桃子、ヒロインXあたりに2Wか」
二ッ岩マミゾウの独り言 「すっと狂人とかどこいったの状態じゃな」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「せっかく遺言も用意してたのに…
死ぬ準備万端だったのに…」
緑のヒゲ(共有者) 「クリスは真想定でいいとおもうよ
で紅きとヒロインで2Wなんじゃないの?っていうのが」
やる夫の独り言 「ログとれねーお……どうなってるんだお……」
東横桃子(人狼) 「さーてと」
東横桃子(人狼) 「ジョルジュで一回は吊り稼げる訳で」
二ッ岩マミゾウの独り言 「ランサーの真偽はええて
ジョルジュ狐じゃろうし」
ヒロインX(人狼) 「今日あたり私が占われてそうですがね」
東横桃子(人狼) 「あ、これで抜けて狐質とかやりだしたら、乗らないで死のうっす」
ヴラド三世の独り言 「まぁ、牧瀬は真であっても吊らねばなるまい>占わないなら

自分に自信はあるようだが、それでも初日占いがある以上
それだけは疑えようがない」
二ッ岩マミゾウの独り言 「3日目朝にCO出来るほど狼が気張ることもなかろうて」
東横桃子(人狼) 「さすがにやってらんないんで」
できる夫(共有者) 「やる夫くんは多分吊るだろうなーこのままだとと思う」
ヒロインX(人狼) 「私はジョルジュ長岡吊りと言いましたので」
ヒロインX(人狼) 「乗る気はありませんね」
緑のヒゲ(共有者) 「灰詰め云々じゃなくて●引いて、って話なんだけどな」
二ッ岩マミゾウの独り言 「んでそうなると狼ありそうなのってヴラドヒロインあたりなんじゃよね」
二ッ岩マミゾウの独り言 「どうじゃろかなぁ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヴラド三世 は 牧瀬紅莉栖 の護衛に付きました
東横桃子 は 牧瀬紅莉栖 に狙いをつけました
牧瀬紅莉栖 は 紅きヒゲ を占います
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エンジェさんの遺言
一日目
狩人ね。
頑張りましょう


二日目
護衛先→緑のヒゲ
理由:共有守れって言われたし。
時間切れ間際で色々言われたけどやっぱり共有は安定。

三日目
護衛先→ランサー
理由:◇ヴラド三世(100) 「エンジェはランサーでもいいと思うがな
そこ真は確定なのだろう?今のところは」
あと、ランサー本人のガンガードよろしくとのことだったので。
共有からの指示がないと見てランサー護衛ね。



吊られるのは不本意だけど、仕方ないわ。
それじゃ、頑張って。
霊界から応援してるから。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
東横桃子 「おととい、グレー投票しておいて、昨日ジョルジュさんに投票する理由はなんなんすかね?>ヒロインXさん」
牧瀬紅莉栖 「占い結果を宣言。紅きヒゲ○」
二ッ岩マミゾウ 「おはようじゃのー
たぶん今日で真偽つくじゃろ」
ランサー 「その心臓──貰い受ける!霊能CO、エンジェは●だ」
ヒロインX
            _ -―━・…‐- _ ̄ミ、ヽ
          _/ニニニニニニニ\  } /
     ,ィ   /   `ヽ`iニニニニニニi / ′
   i 、 ', ー'      }ニニニニニニニi               -
     ー '       /  _  i ̄/xニニ\        _  ‐  /
   \ _< ’__ >’ \ i´/  i i!i!\iー'    _  ‐  _ ‐
      ,´/ ̄ .i  \-―`i   / .i! |  _ -._ ‐ /_ ‐
      '´ ̄::::-ヽ*'”:::::::::::ノ' ,':./ ァ', _', ゚/--- ヽ
  _ -―;::::::_ ―― _:: -: ̄:リヽ i-_:. <> _)ー― ´
     /> ’    > ’'´:::>´`/:::::::::::/-'
          /:::::::::::::/::::::::::::`.ニイ
           ̄ ̄i:/〉:::::::::::::::::::〉
             ´ 》‐i三ニー-'
                    〉ニヽニニニニ〉
               i ー^-- T  ̄\
               `´     ≧ー

ヒロインXの エクスカリバー!」
牧瀬紅莉栖 「占い理由はジョルジュ以外の妖狐狙い。
パターンとして最も危険なのはランサーが噛まれ、かつジョルジュが溶けない役である場合。
その場合の溶ける位置っていうのがあるなら、ジョルジュ占い拒否にクレームは付けないと思うから。」
ヒロインX 「素直に村vs狼にしとくべきだと思ったのですがね
…致し方ありませんか」
東横桃子 「んじゃ、何も考えないで良さそうっす。」
できる夫 「ジョルジュ噛むわけないんでエンジュは●ですかね」
ランサー 「確かにライン繋がったけど
多分クリス視点これGJなんで いい加減占ってくれねえ?>クリス」
ヴラド三世
                       _ ヽ` y ´ ノ_
                     <_         _z
                       ィ´          ’
                  ∠_             ’
                    /ィ      l l     ’
                   / .lィ  l   l l   l l  .ト、
                ___    l   l   l  l   l l  .l   _
              r///////ヽ_ |   l .l  l   li  | //          今回の村は面妖だ
            //////////ヽl    i l    l  .l  .l/ ̄/.---ィ
           ∠/////ヽ//////             l///// } .l      では、CO頼む
           /∧//////ヽ/// {            li  .l/////.リr-= イ
            / / ヽ//////ヽ//.l  /l         l ヽ///|///|>ー/ヽ
         l./    ヽ////////i}/ {         l///|//|///!//////.|
        _ ./ヽl-―<  ヽ/////////l         l///.|//|//.|///////ヽ
    ト_/ ヽ ヽ  /-/ -.///////////.l  il   /l l////|////.|/////////}
    ∧ _ヽ //  <.ヽ///////////l  {   / .l l////|////|/////////
 {ヽ_/ / ヽ  ./ <     ヽ/////////l /ヽ .///|ヽl/// |////|////////ヽ
.__l   >- .∠__{´        l`ヽ//////l///ヽ///.|//////!///|//////////
.\ー ´  >  \       .l----------------|//////|// |//}     イ
  .\   ./ ヽ〃⌒ヽ     /、-------------- |//////|//|/// --- ´  l_イ
   ヽ―  /   .}`ヽ    /、               |/}ヽ///|/  |___./ |」
二ッ岩マミゾウ 「エンジェ●ならもうええわ
クリスはそれでもうええ」
やる夫 「おはようだお。今日からは死ぬまで推理にふけてるお」
ジョルジュ長岡 「初日占い師だと僕騙った意味がなくて泣きそう…」
紅きヒゲ 「おはよう!役職はCOを頼む!」
ヴラド三世 「死体なしか」
ヒロインX 「なら、このままグレーを詰めるというのが妥当のようですね」
紅きヒゲ 「ぶっちゃけていうと牧瀬紅莉栖が嫌がったのは
4昼に自分がジョルジュ占いして銃殺>同時に潜伏占いがCOして銃殺主張>
村が「こ、これはどっちが真なんだ……!?わからん!」
的な進行嫌がったんだろ。

4昼に牧瀬が占わない>4昼に占いがCOしない>
村が「じゃあ牧瀬か初日真でいいな」って思わせること。
これを好んだんじゃねーの?>ヴラド」
紅きヒゲ 「で、やる夫に右ストレート打ち込もうと思ったら
やる夫の発言読んで気分的に打ち込めなくなりました
ヒゲです。
ログ忘れって言われたらしょうがないな(拳引っ込めて」
東横桃子 「これで、狐噛みでGJ演出とかだったら、狩人二人でてくるっすよ。」
ヴラド三世 「・・・・霊能と占いのラインは繋がるのか」
緑のヒゲ 「まぁジョルジュは吊りません。」
紅きヒゲ 「……」
牧瀬紅莉栖 「やる夫、ジョルジュ、
桃子、マミゾウ、ヒロイン で5灰5吊り。
潜伏狂人を占っているか、ランサーが偽でない限り、という条件付きで
私視点私真を決め撃ってもらえれば詰みといえる状況ね。」
二ッ岩マミゾウ 「そうすっと今日占わない理由ない気がするが>紅きヒゲ」
ランサー 「ジョルジュが●でも銃殺でも クリス視点でそれほど問題ねえべ今。
とりあえず灰指定吊りでよろしく>共有」
緑のヒゲ 「死体無しか。今気づいたわ・・・」
やる夫 「ごめん……ごめんお……>赤きひげ」
ヴラド三世 「だが、いつまでも人外を放置させるわけにはいくまい>緑」
紅きヒゲ 「うーんとあれだ。
この死体なしってジョルジュ噛み合わせにいこうとして死体なしか
素直に牧瀬紅莉栖GJしかないよなこれ?」
ジョルジュ長岡 「んーと噛まれたかどうかは言わないよ
狼は狼で考えてそうだし」
紅きヒゲ 「霊能でGJとかもないわけじゃないが
まぁそれだったら遺言残せ狩人は。マジで。」
東横桃子 「え?なんで?>ジョルジュ吊らない」
ヒロインX 「ただ、問題は死体なしは偽装できる点ですか」
牧瀬紅莉栖 「狩人が私かランサーで護衛成功を出したと考えるべきで、
そうである以上指定つりを行うべきよ。確実な勝利ってそういう事。」
緑のヒゲ 「◇やる夫 ◇ヒロインX◇二ッ岩マミゾウ ◇東横桃子
これが牧瀬の完全灰ね」
ヴラド三世 「今日死体がないとするなら、霊能か共有あたりだろうか

牧瀬噛みは狼としても美味しくあるまい>吊らせる位置だろうし」
紅きヒゲ 「霊能真決め打ちからのLWになってから吊ろうぜばーかばーか!
ってことじゃねーか?>東横桃子」
東横桃子 「もういま吊る方が良いっすよ。
これで、今日狼を吊って、明日霊能●とか面倒っす。
ジョルジュ狼を捨ててる訳でもないので」
緑のヒゲ 「ジュルジュはもう少ししたら吊ろうかなってはなし>東横」
二ッ岩マミゾウ 「うん 先日もいったがクリスは合って真狂じゃの
狩人削るの嫌ならジョルジュ吊りじゃの
まさかジョルジュ噛まんじゃろう」
ヴラド三世 「その中からなら、ヒロインXあたりか>緑

桃子は薄すぎるし、マミゾウは次点
となれば、ヒロインXが気になるな」
二ッ岩マミゾウ 「んまどっちにしろ指定はいると思うの」
できる夫 「指定した方がいいです?>クリスさん」
やる夫 「クリスが真ならクリスGJだおね。
ランサーはぶっちゃけ死んでいても問題なかったと思うお
あっ霊能真だった場合でもだお 間違ってるかもしれないけど」
ランサー 「牧瀬噛みじゃねえなら 狼視点牧瀬偽が分かってるか
もしくはジョルジュが溶けねえって知ってるかのどっちかしかねえだろ。
後者の場合ジョルジュ狼だけどよ」
紅きヒゲ 「よくわからんがここでジョルジュ噛み(妖狐噛み)なら牧瀬真だろ。
牧瀬狼でジョルジュ噛む意味ねーし(牧瀬狼でジョルジュ以外が狐想定するのか?)」
ヒロインX 「囲いが判明するとしてヴラド三世では、その可能性は低いでしょう
なので、真偽関係なく灰にいるのは間違いないでしょうからね」
ジョルジュ長岡 「狼ー狂だと村絶望だね!!
頑張ってね!!まぁそれはないか…
初日役職は1人だけだし両偽なんてそうそうないよ」
牧瀬紅莉栖 「私個人の意見を言うなら東横桃子とヒロインXは人外目に見えるからこそ、占い対象じゃなかった。
やる夫とマミゾウはどちらでもある位置。
そういう2と2ね。」
東横桃子 「私薄いんすかね」
ランサー 「死体無し出てるんで普通にしとけ>できる夫
しないならクリスか俺がすっから」
緑のヒゲ 「5吊りあるし。灰詰めるよ。」
二ッ岩マミゾウ 「わしのほうが薄いもん!>ヴラド」
ヴラド三世 「ジョルジュ占いを恐れて、ジョルジュ噛み合わせか?>マミゾウ

それもあり得るといえばあり得るが」
牧瀬紅莉栖 「いいわよ。狩人生存を前提に考えるなら。」
できる夫 「やる夫くんCOどーぞ」
紅きヒゲ 「というわけで牧瀬紅莉栖噛みが起きる=牧瀬真
ジョルジュ噛みが起きる=牧瀬真濃厚
霊能あたりでGJだった=面倒くせえ!

でいいだろこれ」
ヒロインX 「出ない、というのなら灰にはいないのではないですかね」
二ッ岩マミゾウ 「んにゃ?」
ヴラド三世 「獣の匂いが強すぎる
もう少し匂いを隠せ>マミゾウ」
やる夫 「初日占いだと村は半分詰んでるお。
でも赤きひげも昨日言ってたからクリスは真と見るお」
紅きヒゲ 「指定遅すぎるが大丈夫か?」
やる夫 「COできないお」
ヒロインX 「二つ目の場合は言い切れませんね>紅きヒゲ」
紅きヒゲ 「できない……?」
できる夫 「狩りCOあったらグレランで」
紅きヒゲ 「狩人とかあんのか?これ」
ヴラド三世 「COできない?ならば吊るしかないが>やる夫」
ジョルジュ長岡 「COできない?」
二ッ岩マミゾウ 「しどい!毎日薬湯で洗っとるのに>ヴラド」
ランサー 「初日占いの場合 俺は真なんで
1W吊れてて、かつジョルジュで1確定。
初日占いの場合はクリスも露出。それほど追い詰められてる訳では無いな」
二ッ岩マミゾウ 「わし柱!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
東横桃子 は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
紅きヒゲ は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
牧瀬紅莉栖 は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
ヒロインX は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
二ッ岩マミゾウ は ジョルジュ長岡 に処刑投票しました
ジョルジュ長岡 は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
ランサー は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
やる夫 は 東横桃子 に処刑投票しました
できる夫 は やる夫 に処刑投票しました
緑のヒゲ は やる夫 に処刑投票しました
ヴラド三世 は 二ッ岩マミゾウ に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 1 票 →東横桃子
ジョルジュ長岡1 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
緑のヒゲ0 票投票先 1 票 →やる夫
二ッ岩マミゾウ7 票投票先 1 票 →ジョルジュ長岡
東横桃子1 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
ヒロインX0 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
牧瀬紅莉栖0 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
できる夫0 票投票先 1 票 →やる夫
ランサー0 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
ヴラド三世0 票投票先 1 票 →二ッ岩マミゾウ
二ッ岩マミゾウ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東横桃子(人狼) 「信頼勝負するにしても、ジョルジュが居るんじゃ成立しないし、最初から負けるって言うむらだったんすかね」
ランサーの独り言 「まあ○だろ」
やる夫の独り言 「柱つるのかお……」
緑のヒゲ(共有者) 「今日のログとってる?とりそこねた」
ヒロインX(人狼) 「ジョルジュ長岡狩人だったりしませんよね」
東横桃子(人狼) 「んじゃ、手っ取り早く噛むっすかね
狩人探せないでご免って言う話で」
ヴラド三世の独り言 「やる夫、ヒロインor桃子で詰みか」
牧瀬紅莉栖の独り言 「やる夫が狩人であるとは思いづらいけれどね。」
やる夫の独り言 「ステルス気味だったから一応桃子にいれたけど明日で説明したほうがいいおね……」
東横桃子(人狼) 「ちがうでしょ>ジョルジュ狩人」
できる夫(共有者) 「あ・・・おんなじこときこうかと」
緑のヒゲ(共有者) 「COできないってのが狩人なのかどうかって話なんだよな」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「どうも死なない狐のジョルジュです」
緑のヒゲ(共有者) 「あ、はい。先とってればよかったなぁ」
牧瀬紅莉栖 は ジョルジュ長岡 を占います
ジョルジュ長岡(妖狐) 「真面目に村に味方しようとしたら
真証明しない占い師でした」
ヒロインX(人狼) 「…ないですかね、筋が見当たりません」
できる夫(共有者) 「柱にも入れず、COできないっていうやる夫くんは別に吊っても良かったと思うんですけどねー」
緑のヒゲ(共有者) 「うん明日ジョルジュ吊ってでいいんじゃないですかね?」
ヴラド三世の独り言 「ヒロインor桃子→ジョルジュ→やる夫
ギリギリ足りるか」
東横桃子(人狼) 「初手で狩人噛むしかないっすね。」
東横桃子(人狼) 「勝ち筋は。」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「でもさすがに奇数展開なら僕占うよね?」
緑のヒゲ(共有者) 「そうなんだよねー」
ヴラド三世の独り言 「・・・ならば俺の仕事は終わりだ
あとは己がなすがままなすがよい」
東横桃子(人狼) 「ま、引分けがあればイイなくらいっすよ。」
ヒロインX(人狼) 「二ッ岩マミゾウでもなかったので、私としてはどちらにしてもですが」
ジョルジュ長岡(妖狐) 「PPもあるし死体2なら偶数に戻るし」
緑のヒゲ(共有者) 「ヒロインー東横で2Wかなってはなしかな」
東横桃子 は ヴラド三世 に狙いをつけました
できる夫(共有者) 「一応潜狂があった時にクリスさん真でも積んでない、のかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヴラド三世 は 牧瀬紅莉栖 の護衛に付きました
ジョルジュ長岡 は無残な姿で発見されました
(ジョルジュ長岡 は占い師に呪い殺されたようです)
ヴラド三世 は無残な姿で発見されました
(ヴラド三世 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
二ッ岩マミゾウさんの遺言 ヴラド○じゃぬぇか!
ヴラド三世さんの遺言                     | ̄ \
                , ―― } __ヽ   , イ
                 /    /    `ヽ/  l
                /    , '           .L
             ./    ∠___イ       /
         /    /  /   /           ヽ
        /    /   '    {___イ    .} ’
       /    /    '         | /  /   ’
   _ -     /       .′         {.イ  /    .’
―       ./       |         l     {/     ’
       ∠___> { |      l    /\ /       /
__            /l |       /ヽ  ./ト, /./ /   ./
: : : : : \r===-ヽ/  .ヽ从   ./   ヽ/ ヘ:i}./ / l  /      狩人COだ クリス→クリス→クリス(GJ)→クリス
: : : : : : : \//////\     ヽ从/        /イ ll / 
: : : : : : : : : \//////ヽ     ./            {/ l/  
: : : : : : : : : : : \//////ヽ        _       l          
: : : : : : : : : : : : : ヽ//////.\  /;;;;;;;;;;_;;;;;;ヽ   .l          やる夫→ジョルジュ→ヒロインor桃子で終わる
: : : : : : : : : : : : : : :V//////.∧ ヽ;;;;;;,;;;;;;;;;ヽ、 >―´
: : : : : : : : : : : : : : : V///////∧ ヽ;;;;;;;;;;;;;;/
: : : : : : : : : : : : : : : : V///////∧_ ヽ;;;;;;/
: : : : : : : : : : : : : : : : : V///////∧ `ヽシ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : V////////}-,
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : V//////: : i
ジョルジュ長岡さんの遺言 _  ∩                                                       
  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
  (  ⊂彡  僕は素村さ!!狼に噛まれたんだよ!!(棒)                                                     
   | 建前|                                               
___し ⌒J____                  
   ∩_∩                                   
   | 本音|                       
  (  ⊂ミ                      
  ( 。A。)ミ おっぱい!おっぱい!  おっぱい!おっぱい!                  おっぱい!おっぱい!おっぱい!おっぱい!      
   ~  ∪        おっぱい!おっぱいおっぱい!おっぱい!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
牧瀬紅莉栖 「占い結果を宣言。ジョルジュ長岡○」
やる夫 「皆おはようだお。
共有からCOなしって確認されたのになぜやる夫じゃなくて柱を吊ったのかちょっと判らないお。
ちなみに昨日の投票は桃子がステルス気味だったお。
吠えの数的に考えてそこがLWでステ逃げする可能性も捨てられないはずだお。」
ヒロインX
                  _
                 /_ ‐_゚'*
                 _'__  ', i
              。<ニニ≧ノ'_
            /ニニニ< ’ニニニ>
           /ニニニ/>,― ̄ ゚̄'*。ニi
        < ̄/ニニ> / , /\  / ヽ-'
      /    iニ/   i/,イ i! i! ヽ/ヽ /
      i    |イ__i  ´ |i i! i    ','     おはようございます
      |    i ヽ _ /|   |  `'    ヾ
      |    ヽ   { i!  .|   -- , /ヘ
      |      \__i   .|  ,' ,―ヽ |i,'
      i       /  iヘ .i| ̄i __iニニiiヘ
      ヽ/ヽ  /./   |i::ヽ:ヽヘ _ iニ/ヽ、
             \ }i,'   iヾー-',ヽ:/i::ヽ:ii/
                   /::`ニ― ':ヾ::ヽ´
               〈::::::::::::::::::::::::〉〉::〉
                {:::::::::::::::::::::i i::}
                    /ニニニニニニヽ
               /ニニニニニニニニi」
ランサー 「まあ○だわ」
ランサー 「まあ灰吊り切ろうや」
やる夫 「銃殺きたお!
クリス、疑っててごめんだお」
紅きヒゲ 「おはよう!役職はCOを頼む!」
東横桃子 「べつに、やる夫君狩人でなくても、灰は吊りきれるっす」
ランサー 「俺狼疑うならまだ詰んでねえけど」
できる夫 「潜狂あると微妙に積んでないんですかね」
牧瀬紅莉栖 「もう一手占うのを遅らせるべきだったのは理解しているわ。
ただこの程度でもういいか、という心境になったので占った。」
緑のヒゲ 「はい、クリスティーナおめでとう」
紅きヒゲ 「牧瀬真だけど一応狼あるんじゃねとか
考えていたら見事に銃殺出していた件について」
ヒロインX 「特に意義を挟める状況でもないので、お任せしましょう」
牧瀬紅莉栖 は ヒロインX に処刑投票しました
東横桃子 「対抗で出てくる意味はあんまりないと思うんで>ランサー」
ランサー 「潜伏狂人ってか ヒゲだな。
赤きヒゲが狂人じゃねえなら吊り切れる」
緑のヒゲ 「じゃあ3択で人気投票しようか」
紅きヒゲ 「んー、俺狂人じゃねえからなぁ。
(というか俺視点ランサー狂人だったらとかレアケース考えるレベル)」
東横桃子 「エンジェ●引かれて、占い騙るならまだしも対抗霊能で狼が騙る意味がないとおもうっす」
紅きヒゲ 「大体そんな感じなヒゲです」
やる夫 「共有に全部任せるお。」
できる夫 「紅ヒゲはあんま潜狂に見えないんで
灰吊りでいっかなーと思う系できる夫」
ランサー 「わざわざ1日開けて対抗でねえさ>ヒゲ」
ヒロインX 「ガタッ>人気投票」
緑のヒゲ 「ヒロインー東横ーやる夫から選択ね」
ランサー 「おすわり!>ヒロインX」
東横桃子 は やる夫 に処刑投票しました
紅きヒゲ 「おまえが奇しくもいっていたとおり
ジョルジュギリギリだったからーとかな。
まぁそれ除外しても吊りきれれば問題ないんだけどさ>ランサー」
できる夫 「ヒロインと桃子とやる夫に狩人いるならCOどうぞーなんだけど」
紅きヒゲ 「と言うか百歩譲ってランサーなり俺が潜伏狂人想定するなら
圧倒的にやる夫胡散臭く見えるのは仕様ですか!」
ヒロインX 「そ、そうですか。
意外な正体ですので、みなさん、
たいへん驚くこと請け合いなのですが……」
紅きヒゲ 「……」
東横桃子 「潜伏狂人考慮するんだったら、今日明日で狼吊りきりたいっす
というより、自分以外どっちも狼っすけどねこれ」
緑のヒゲ 「ヴラド狩人は想定してたんで、はい」
紅きヒゲ 「ヴラドの狩人遺言のスルーされっぷりとは一体」
紅きヒゲ 「見てやれよ!」
ランサー 「ヴラドが死んだ!」
紅きヒゲ 「いや確かにあいつもランサーだけどおまえが言うな!>ランサー」
できる夫 「あ、遺言見てなかった」
やる夫 「一応自分の意見を出しとくお
やる夫もひどいけど桃子はそれ以上のステルスぶりでなんか怪しく感じるお
吊りが足りてるからあまり意味ないだろうけど桃子吊りを先にしてほしいお」
緑のヒゲ 「ヴラドが狩人COしてる>できる夫」
緑のヒゲ 「じゃあ今日はヒロインXさん吊ろうか」
できる夫 「AAあると見逃すんですよねー」
東横桃子 「私結構意見だしてたつもりだけど、二人くらいからステルスって言われている辺り、ステルスモモの独壇場なんすかね」
緑のヒゲ 「ヒロインX・・・一体だれなんだ・・・」
やる夫 「ヴィドさん狩だったのかお……」
ランサー 「ヒロインX……一体何トリアなんだ……」
ヒロインX
                           __
                          -―━‐ ` 、      ` 、
                  ―― __ < ’ -     <ニ゚'*。 ノ'
                >:::::::―::、:::::::::::__:: ̄:-―_,. ´ニニニニi
                >_::::::::::::::< > ’゚'-。__  i.`、’<ニニ.i
                   > ’ ヽ>::::::::’>_≧/ イイヾヽ     こんな村にいられません!私は衛宮家に戻らせていただきます!
                 > ’  < ’ ̄ ̄≧s、:::::::::i .> ≧、. ′
                 ゚。 __/       /:::::`ヽ:i ::::: ヘ
                  ー'       ./:::::::::::::::{i::::: イi      -
                     _/::`ヽ:::::::::::::::::::ヾ/::::ヾ`ヽ_ ,升  i
                   <ニヘ:::::::::::::::::::::::::::::イイ\:::::::::::::/ 弌ー´
                  iニニニヘ:::::::::::::イイ     \::::::ヽ_/
                  イニニニ.ヘ::イイ         ー―'
               _,\ヘニ> ’ \
              ,'ニニ`ヽ\ヽ     ヽ
            Yニニニニニ≧s、丶    ∨
            >’¨゛ ¨<'*。ニニ>’--  ∨
          /   /    ’<>/   ヽ. ∨
         /   /         >。. _ , ′
         /ヽ ./
     ./ニニ<
  -‐ニニ< ’
  iニニ< ’
  /ニ/
 .iニ/
  ¨」
東横桃子 「もう投票しちまってるっす。ごめんっす。」
ランサー は ヒロインX に処刑投票しました
できる夫 「桃子が意見出てないとかなんぞ?と思う系できる夫」
やる夫 「ヴラドだったおヴィドって誰だお……」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヒロインX は やる夫 に処刑投票しました
紅きヒゲ は ヒロインX に処刑投票しました
やる夫 は ヒロインX に処刑投票しました
緑のヒゲ は ヒロインX に処刑投票しました
できる夫 は ヒロインX に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 1 票 →ヒロインX
緑のヒゲ0 票投票先 1 票 →ヒロインX
東横桃子0 票投票先 1 票 →やる夫
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →ヒロインX
ヒロインX6 票投票先 1 票 →やる夫
牧瀬紅莉栖0 票投票先 1 票 →ヒロインX
できる夫0 票投票先 1 票 →ヒロインX
ランサー0 票投票先 1 票 →ヒロインX
ヒロインX は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
牧瀬紅莉栖 は やる夫 を占います
東横桃子 は 牧瀬紅莉栖 に狙いをつけました
牧瀬紅莉栖 は無残な姿で発見されました
(牧瀬紅莉栖 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヒロインXさんの遺言               _ -―‐- _
           ゝニ/ニニニ∨ニ\, -
           /ニニ/ニニニニiニニニヽ \
            /ニニ/ニニニニニiニニニニiヽ  \_        イ
        _ ‐Sニニ-ニニニニiニニニ} \ ヽ-  ̄ニ―/:::::::`ー/
      /ニ,'ヽニニヾ`ヽニニニニイヽ//iヽ. \ヽ≧s、<::’::::::::> ’
      \./i i i- ニニニ.斗=ミ、  iヽ /ヽ\        \-´
       i i! i ix=ミゞ ヘ 仍刈   iノ'/_ 〉 i:\ヾ    ヽ _ ヘ          村人ですね
       i i iヘ仍ハ   〃 i/  ヽ::::i/::::`:::::/`ニ=‐ ヘヽi___
        ヽiヽi ハ  __    <ヘ ヽ\::〃/::::::::::::::::::::::::ヽ.'::::::::::::::::
        /  i!`ヽ  ` 〃::::::::::〉,-.._ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | ハ ヘ //`/::::::::::/::/::::〃`ヽ::ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ:::
        |/ ヽi` 〉-´::::::::::/::/::::::/:::::::::ヾヽ:\          `
             ノ' / ヽ^- ̄イ:〃:::::〃::::::::::::::::::\\\_
            /:\:::::> ’::::::::/:::::`ヽ:::::::::ヽ:::\\:::::|_
              〈.....:::::::::::::::::::::: /:::::::::::::/::i`ヽ::ヘ:::: \`ヽ:ヽ__
            >。._ ,.  ´::::::::::::::::::::::|  \ヽ:::::::`ヽヽ:::::::::::i
              i::::::i i::::::::::::::::::::::::::::::::}    ヽ― 、:::::::::::`ヽ/\
               {::::::i i::::::::::::::::::::::::::::::::}       \::::::::::/::::/
              ヽ:::ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::iヽ        `ヽ:::i::::::i_
                  \:ヘヘ::::::::::::::::::::::::i!::: ̄ヽ         ̄ ̄
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ランサー 「うん ●」
紅きヒゲ 「ま、まきせー!」
紅きヒゲ 「なんか順当にLW臭いな噛み的に」
できる夫 「じゃあやる夫くんバイバイですかね」
緑のヒゲ 「じゃあ2択続行」
東横桃子 は やる夫 に処刑投票しました
紅きヒゲ は やる夫 に処刑投票しました
ランサー 「やっべ 今日決めねえと 俺が死んだ!このひとでなし!される」
東横桃子 「ちょっとまつっす」
紅きヒゲ 「やる夫投票しちゃったヒゲです」
やる夫 「役に立てなくてすまんお皆」
東横桃子 「えーと」
緑のヒゲ 「やる夫かなぁ。潜伏狂人いたら引き分けだけど
追えないからなぁ」
できる夫 「待ちました>ステルスモモ」
紅きヒゲ 「と言うかうん。
やる夫村人ならCOできないお発言は控えたほうがよかったんじゃないか?」
緑のヒゲ 「東横さんなんですか?」
東横桃子 「そもそも、クリスさん真だったら、詰んでいる状態で私がステルスLWで逃げ切るっていう想定がおかしいよねって言う殴り文を書く暇がっすね」
やる夫 は 東横桃子 に処刑投票しました
ランサー は やる夫 に処刑投票しました
紅きヒゲ 「COなしならともかくできないだと
変な可能性見ちまうから」
緑のヒゲ は やる夫 に処刑投票しました
できる夫 は やる夫 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
やる夫5 票投票先 1 票 →東横桃子
緑のヒゲ0 票投票先 1 票 →やる夫
東横桃子1 票投票先 1 票 →やる夫
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →やる夫
できる夫0 票投票先 1 票 →やる夫
ランサー0 票投票先 1 票 →やる夫
やる夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東横桃子 は できる夫 に狙いをつけました
できる夫 は無残な姿で発見されました
(できる夫 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫さんの遺言 共有者COです
相方は緑のヒゲさんです
やる夫さんの遺言                    ,,  、、 ,
                  、、 ゛  __  ' ,
                 ,'   /^ ≡^\  丶
                  ;  /(@)≡(@ ) \  ;
                 ; /::⌒(__人__)⌒:::\ ;    村の皆ごめんだお……
            ,'  | u  |r┬-|    u | _    ログ取りすらまともにできてないからたぶん何の役にも立ててないお
               ;  /´ ̄``゛)- .‐    /  '、,
                ;  |   ̄ ̄        ̄)  、
             ; |            | ̄ ̄    ;
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
緑のヒゲ は 東横桃子 に処刑投票しました
東横桃子 「で、狂人はいるんすかね?」
ランサー は 東横桃子 に処刑投票しました
ランサー 「……」
緑のヒゲ 「東横じゃねーか!!」
東横桃子 「狂人居たら、緑のヒゲに投票」
ランサー 「あのネタ振りは一体……」
紅きヒゲ 「外したらしい」
東横桃子 「で、お願いと」
紅きヒゲ 「東横LWとかこの海のリハクの目を持ってしても(ry」
東横桃子 「あんた狂人の可能性があるんだったら、噛む分けないっす>ランサー」
紅きヒゲ 「……」
東横桃子 は 緑のヒゲ に処刑投票しました
緑のヒゲ 「やる夫村だろうなとはおもってたんだよ!」
紅きヒゲ 「なぁ我が弟よ。東横に投票ぶち込んでいいか?」
緑のヒゲ 「いいよ」
東横桃子 「潜伏狂人がいるんだったら」
緑のヒゲ 「もう投票済みである」
東横桃子 「緑のヒゲ投票」
紅きヒゲ 「まぁランサー人狼想定は皆ねーよwwwww
って言ってたからスルーでいいな」
東横桃子 「もう私は投票したっすよ」
ランサー 「投票済み」
紅きヒゲ は 東横桃子 に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
緑のヒゲ1 票投票先 1 票 →東横桃子
東横桃子3 票投票先 1 票 →緑のヒゲ
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →東横桃子
ランサー0 票投票先 1 票 →東横桃子
東横桃子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2013/06/14 (Fri) 22:33:38
エンジェ 「初勝利はまたの日に、ってとこね…
ま、楽しませてもらったけど」
ヒロインX 「お疲れ様です」
東横桃子 「おつかれっす」
ジョルジュ長岡 「お疲れ様!!」
紅きヒゲ 「というわけでお疲れ様だ!」
牧瀬紅莉栖 「おつかれさま。」
竹中半兵衛 「お疲れ様でした。」
ランサー 「お疲れさん。俺が生き伸びた!このひとであり!」
できる夫 「おつかれさまでしたー」
ヴラド三世 「お疲れ様だ」
二ッ岩マミゾウ 「お疲れ様じゃ!」
エンジェ 「お疲れ様。
色々とヒヤヒヤしたけど楽しかったわ。」
やらない夫
                                 _
                                 /| r、
                          __  } ,! !| }
                            ヽ.`<ー-、. |
                               ヽr ''ーィ'
                             ノ   i
                           i´,'    }
                  _        ∨   リ
                /´、__`ヽ     / } /Y     お疲れ様だろ
                  | ,) (●)\     ,! } ノ{    美味しかったかい……俺の筋肉
                  ヽ(●〉ト-'  ヽ /´! ', ' }
                     \`´   ,ハ、リ ヽ_} _,ィ'
                   ヽ、‐-イ〈,y' ´ ! ゙!:::ヽ
    ,-'`ー--、____,,......_  ____ ,.. --、人≫Y       !::}::}i
   } ', y ,ノ ` 、 _ `´  `ヽ、r'"´    ',    リ^ィ::|
   ヽ、(ン⌒ヽ、.    ,.>、_  ーヽ ..    ',  ,./ ヽ}リ
          `¨¨´ ``ヽ、__>ート、._   ,ノ<´ 、._ノ.ヘ、
                    \{.``´ ,r '´  ∧リヽ、
                      ``ー、-'、 ノヽ´_ハ .{::ヽ
                         `ヽヽ.ノ ヽ  }/::::i_
                          ヽ、.‐-、‐-〈.、::::::゙i
                               \. 、_ヽ>ヽ::ヽ
                             ``''''ヽ.__,::.ゞニ、
                                       ヽ、_,)」
緑のヒゲ 「うん。ほぼ想定通りではあった」
紅きヒゲ 「なんだ狂人魔理沙か……」
二ッ岩マミゾウ 「ランサーが死んでない!」
緑のヒゲ 「お疲れ様」
ジョルジュ長岡 「いやー、ごめんね乗っ取れたと思って油断しちゃったよ!!」
やる夫 「お疲れ様でした……
100回くらい観戦してから次にいくとするお……」
東横桃子 「もう1日噛みを待てばって話っすけど」
エンジェ 「…あら?霊界で発言したはずなのに…
誤爆ね」
二ッ岩マミゾウ 「ウホ>やらない夫」
東横桃子 「ギリッギリすぎるんすわ」
やらない夫 「>やる夫
「COできない」ではなくて
「COは無い」か「村人CO」のほうが誤解がなくていいと思うだろ
次から気をつけてな」
牧瀬紅莉栖 「習うより慣れろ、でいいのよ。>やる夫」
紅きヒゲ 「ヴラドが3昼の○にいるかヴラドグレランで落ちてたら
村滅んでた可能性はあるな」
できる夫 「もーちょっと綺麗な進行があるような気もしつつ
じゃあどうしたらいいんだろうーの名案が浮かばない」
緑のヒゲ 「狐で占いはまだしも、霊能騙りはほぼ自殺なんで。
○進行で初日でねーの?ってばあいだけだよ>ジョルジュ」
紅きヒゲ 「むしろ牧瀬フルボッコが途中発生してなんで俺こんな頑張って擁護しているんだろう
そう思ったヒゲである」
二ッ岩マミゾウ 「いっつも思うがの
やる夫の中の人は妙に反省しすぎじゃ
というか過剰に」
ヴラド三世 「               _ ィ  ̄  ヽ
              ,   ̄         ヽ
           /              \
         ∠                 ,
         /  〃         ヽ
         /ィ   / / ./l/lハ     .}   .ト、
          |  {/Vヽ从 !.[ ij}]|       l
          |  .l[{ij].l     lil ./l/ ヽ   \       なかなか肝を冷やす村だったな
          |/ヽ ト  l l     V ;;  /  ヽ―
            |∧ ,`,,,,,,,,,,;;;;;ヽ ,/ イ    ヽ       初日占いは俺でも疑いたくなったぞ>狂の誤爆?身内切り?
               l .∧, - ― - };; /  .|     \
           ノィ  .∧,,,,;;;,,,,,,;;,,/   |    ヽ―`
           /   |ヾ-''''''' /  _ - =.T   ヽ
            /  .r-!____ -=ニニニニニニ|   .トリ
         ∠r―-|ニニ/ニニニニニニニニニ|   .|
     __ ノ: : : : /ニ /ニニニニニニニニニニヽ  ..|
    〃: : : : : : : : : : /ニ /ニニニニニニニニニニニニニヽヾヽ」
やる夫 「了解だお、そしてありがとうございます>やらない夫」
エンジェ 「うーん…、難しいわね…」
やらない夫 「むしろ役持ちを匂わせる言葉だから、
言葉の綾ではあるが注意したほうがいいかもしれないだろ。
また参加してきてもいいんだぜ>やる夫」
ヒロインX
                  _
                 /_ ‐_゚'*
                 _'__  ', i
              。<ニニ≧ノ'_
            /ニニニ< ’ニニニ>
           /ニニニ/>,― ̄ ゚̄'*。ニi
        < ̄/ニニ> / , /\  / ヽ-'
      /    iニ/   i/,イ i! i! ヽ/ヽ /
      i    |イ__i  ´ |i i! i    ','     ヴラド三世狩人は見えませんでしたね
      |    i ヽ _ /|   |  `'    ヾ
      |    ヽ   { i!  .|   -- , /ヘ
      |      \__i   .|  ,' ,―ヽ |i,'
      i       /  iヘ .i| ̄i __iニニiiヘ
      ヽ/ヽ  /./   |i::ヽ:ヽヘ _ iニ/ヽ、
             \ }i,'   iヾー-',ヽ:/i::ヽ:ii/
                   /::`ニ― ':ヾ::ヽ´
               〈::::::::::::::::::::::::〉〉::〉
                {:::::::::::::::::::::i i::}
                    /ニニニニニニヽ
               /ニニニニニニニニi」
紅きヒゲ 「めんどくさかった。
すげーめんどくさかった。もっと素直に魔理沙噛まれた時点で牧瀬真っすねwwwww
くらいいってニートろうぜ!」
ヴラド三世 「まぁ、俺も流石に死ぬだろうとは思った>紅きヒゲ
幸運がDでよかったEなら死んでた」
緑のヒゲ 「観戦するぐらいなら1日1回ログ読めばいい>やる夫
参戦することが大事」
東横桃子 「勝負の土台に立つ方法が、狩人を噛むか吊るかしかないという」
ジョルジュ長岡 「いやー、僕が進行をめちゃくちゃにしちゃったからね…
共有に落ち度はないよ>できる夫」
二ッ岩マミゾウ 「ヒゲはイケメンじゃったな
クリスの発言あんときまだ拾ってんかったわい>紅きヒゲ」
できる夫 「全く吊られそうに見えないのに吊られそうだからーとか言ってるジョルジュは結構乗っとり見ましたけど
乗っとり考える人ー!って聞く前にランサーがCOしたので引っ込めた系共有できる夫のアカウントがこちらです」
ジョルジュ長岡 「でも狐で一回暴れてみたかったんだ!!」
緑のヒゲ 「兄さん女の子の擁護大好きだからな>中の人補正のあれやそれ」
紅きヒゲ 「ぶっちゃけていうと
3だか4昼に牧瀬が占わないって明言したのを見たからな。
あれ見てなかったら多分俺も敵視してたんじゃね>マミゾウ」
やる夫 「昨日だとまだ機能してたのにログ取りツールェ……」
紅きヒゲ 「ち が う>弟」
ヴラド三世
            〃  ―― -
          _{{/       `ヽ
          ..:´             ヽ
.        /                ’
        /:/                 ’
.      /:                   Y
.       /     _:         /|      |
      / {   i:{f i{     /ー.!       |
.     { {   从、i     代ijぇ!    }  ..!
     / }    `i     .| ーl ∧ / ハ .|      発言自体は普通で内容も薄かったからな>赤き竜
     /  i:} i{   八  l   |   |/  Ⅵ/ !/
   .∠ 从八  / ;;;\{\ :! ,,,,,,,,,7¨        逆に、グレランの日で吊られないかそれでも肝を冷やした
   〃 |ニ-| 、;;;;   }ノ ;;´ ̄′
   /  .|ニ三ニ\ \:;;;;;;;;;;;,,,,/ヽ
  ,  .|ニ三三三 \ ー‐/7  ヽ          発言自体は、他より劣るからな
  |  .!三三三三ニ  \/ニ三三|  Y
  |  l|三三三三三三三三三三三|.ノ」
紅きヒゲ 「それならエンジェ全力で擁護したわ!」
やらない夫 「それと、俺にやらない夫RP譲ってくれてありがとうだろ……
友達思いのいいやつだろ>やる夫」
二ッ岩マミゾウ 「わしも今回やらかしたし!失敗を糧に改めて頑張ればええんじゃよ!
先輩の胸を借りるのじゃ!たくましい胸を!>やる夫


そして開始前に不手際でご迷惑をお掛けしました。申し訳ございません。」
エンジェ 「初日●は焦った…
吊られる間際まで手元震えてたもの…
心臓ばっくばくだったわ…」
緑のヒゲ 「割りと想定通りの進行だったけどね。牧瀬偽もみつつ、で」
やらない夫 「ttp://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/sasuga_test.html
これとか使うといいかもだぞ>やる夫
IEじゃなくてfirefoxとか使うのもいいらしいが」
ジョルジュ長岡 「くそう…乗っ取れたと思ったのに…
やらない夫

        / ̄`` ー 、
       ノ,' 〃,リ   ヽ         / ̄ ̄\
      /./ '〈 !ゝ-,イ         /      ノ
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´            {       (       ,..._
      /i : :  !ハ            {        i)   /,.-‐‐ ``ヽ、
    / ! ','  ; ハ             i、          }  .〉、⊃!、  ノ  !
   i  ',  } ,リ  i___             |ハ     ',. /   `ー--'¨¨! ,  ',
   { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、     i ヽ    ∨           ノ,}' 、ヘ
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ _,.! '     ; ゙  ',        }'  ハ, ',
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、     、  \--、     ,'    ハ.}
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´  ヽ'⌒ヽ'''''ヽ、.    ゙!
         `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ .ゝ、  ノ \、    {       Y-、. Y´ `ヽ,.  |
            ヽ、_ー、___,.,.-‐'"¨`ー 、_,.へ ヽ,   ト   ,..ノ`   〉-- <_ ,/
             ̄  ハ、_      {   リ  〉   /´: `ヽ / ヽ / ' ノ
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {.  ト-.ァ' ヘ.__, ,.- '´   もっと筋肉見せびらかしたかっただろ……
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  } !_  _/
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` . ゝイ /  ̄
               {ハ  {       ,/′   ヘ._,.ノ
                   |'ヘ  ',ヽ   /├-`ヽ  /
                 ! ゝ、_ ', `¬´ ̄ ', ‐-、. /
               ! ノ  ``  ;   ',   ∨
               ∨ ,.. _...=- ...__ ハ  ,{
                    ', ,./ ̄``ヽ、 `>‐- ム」
緑のヒゲ 「まぁエンジェは中の人わかったから残しておいたというあれやそれ
普通の人だったら即日記出ない次点で吊るw」
紅きヒゲ 「まぁエンジェが狩人Coすることで反応を読めたり
グレランして狩候補落ちる可能性考えればそこまで最悪じゃないだろ
(逆説的に言うと2~3昼のグレランで仲間が落ちたりすることもあるしそうだったら絶望しかねないが)」
できる夫 「狐で霊のっとっても勝てないですけどね、ぶっちゃけ
狼で霊のっとれば完勝できますが」
二ッ岩マミゾウ 「エンジェは初日というよりもその後がいかんかった気がする
誤爆にしろ狼にぶちあたった気が激臭ぷんぷん丸じゃった>エンジェ」
ジョルジュ長岡 「明日初心者村があるからいくといいと思うよ!!
あとエンジュの中の人も初心者だから君の同期だよ!!
やったね!!>やる夫」
やる夫 「実は三年前くらいに共有で思考放棄して戦犯になった事があったんだお……
それでトラウマになってて離れたんだけど昨日からまだやり始めた
反省してもあまりよくならないけど何もしないよりはマシだと思ってるお>マミゾウ」
ヴラド三世
               _ ィ  ̄  ヽ
              ,   ̄         ヽ
           /              \
         ∠                 ,
         /  〃         ヽ
         /ィ   / / ./l/lハ     .}   .ト、          やる夫はCOできないと言っていたな
          |  {/Vヽ从 !.[ ij}]|       l
          |  .l[{ij].l     lil ./l/ ヽ   \         この場合、死体なしでGJか狐噛みがありえるから
          |/ヽ ト  l l     V ;;  /  ヽ―
            |∧ ,`,,,,,,,,,,;;;;;ヽ ,/ イ    ヽ          それをどう受け取るかにもよるが
               l .∧, - ― - };; /  .|     \
           ノィ  .∧,,,,;;;,,,,,,;;,,/   |    ヽ―`       自身が吊られたら、不味い!と思うのであれば
           /   |ヾ-''''''' /  _ - =.T   ヽ         COできない理由を言うといい
            /  .r-!____ -=ニニニニニニ|   .トリ
         ∠r―-|ニニ/ニニニニニニニニニ|   .|         何もないのであれば「やる夫は狩人だから察してほしいお!」
     __ ノ: : : : /ニ /ニニニニニニニニニニヽ  ..|         という風にも村人には聞こえるからな
    〃: : : : : : : : : : /ニ /ニニニニニニニニニニニニニヽヾヽ」
紅きヒゲ 「黙って吊られたら……どうすっかね。
路線的に牧瀬騙り見せるよりかは牧瀬抜きだろうな感はあったけど」
エンジェ 「ああ、見覚えあると思ったわ…>緑のヒゲ」
やらない夫 「正直狩人疑いで噛まれるとは思わなかっただろ、常識的に考えて。
ではお疲れさんだろ。
また別のところで筋肉だ!!」
二ッ岩マミゾウ 「ジョルジュはせつないのぅ……ログみると」
できる夫 「まぁ、僕慣れてないんでよくわかりませんけど」
紅きヒゲ 「そもそも真昼間に狐COが起きる村とか普通見ないからなあんまり」
緑のヒゲ 「思考放棄は別に罪じゃないさ。>やる夫
いままでの積み重ねて吊れなかった、次頑張ろうでいいんだよ」
紅きヒゲ 「(とか言いながら最近そんな村ばっかりのような
2村だけだが)」
エンジェ 「明日の初心者村…
用事あるから間に合えば是非参加したいわ…」
やる夫 「>ttp://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/sasuga_test.html
これを使ってたけどログが何故取れなかったんだお 昨日の二戦はできてたのに」
紅きヒゲ 「経験積んで強くなるからそれでいいんじゃねーか?
経験つまないで強くなれる奴はいねーしな。」
ヒロインX 「気のせいでしょう、HAHAHA>紅きヒゲ」
紅きヒゲ 「原因ェ!>ヒロインX」
二ッ岩マミゾウ 「人違いじゃったらすまぬが逃亡村の時も妙にかしこまって反省してたよの?
もうちょい周りの人の意見ききいれるべき、とわしは思うよ
責める人がいないのであればそこにとがめられるべき咎なぞないんじゃよ>やる夫」
緑のヒゲ 「21:00に村建つから21:10ぐらいなら入れると思う。
できるだけ初心者or準初心者ではいるとよい」
エンジェ 「それじゃ、そろそろ私は失礼するわね
今日も楽しかったわ。ありがとう
ただ…、次回こそは勝利に貢献したい…!」
ジョルジュ長岡 「占い偽じゃね?
狼2人吊れたらLWCOしてやるぜ!!って思ってたら
これだよ!!>マミゾウ」
緑のヒゲ 「ヒロインX狐ひきすぎじゃね?
かれこれ5回ぐらいひいてない?」
やらない夫 「俺は発言の部分だけをコピーしてるように使ってるな>やる夫
コマンドAでオールコピーだと村人一覧の名前取得で重複しちゃうかもしれないんだ
俺も我流な使い方してるせいで説明しきれないけどよ」
紅きヒゲ 「というわけでお疲れ様だ!」
ヒロインX 「それでは失礼しましょう、思った以上に発言出来なかったような気がします
…やはり希望制の村は村人希望に限りますね
村建てと同村に感謝を、お疲れ様です」
やる夫 「エンジェはやる夫から見ていいノイズだったお!
これからも頑張って欲しいお やる夫と違ってぐんぐん上達するだろうとは思うお」
ヴラド三世
                 /l  __
                 | ,´      ̄>
             ,  ´  ̄       ̄ `ヽ
               /               ヽ
           ,                  \
         ∠                   ̄
         /     〃           ヽ  ’
         ̄/  ./^ヽ{   /          }  ’
            /  ヽ 从  //l    .∧   .l  ハ’
         l    ヽ_;;; ヽli沁ヽl ./ヽ/ ,ィ   .l  | }’     フレデリカは新しい人かな?
         |/i    |;;;  l   }/  ィ゚ノ...イ / /     ならばお節介程度にいっておこう
            .|  _ _..|ヽ;      l   ./ }/  /
            .| .|ニニ! .ヽr;;;;;;;;;ヽ_ .l,,,, /   /ヽ{
         ノ  .|ニヽ  ヾ;, ヾ==-;/   /        初手狩人COは対抗を真とみさせる動きになってしまうことがある
        ̄|.  |ニニニヽ  ヾ;;;;;;;;,;;,/ニ|  ヽ_        吊り数的に勝てる数であればそれでもいけるが村に余裕がある村なら
         | rニニニニニニニヽ ゛゛゛/ニ/  | ̄
          Ⅳニニニニニニニニニニニニニ|ュ \        吊られて、仲間に託すこともありだ
          /ニニニニニニニニニニニニニニニ|ニュ  }       それで、残りの狼は、灰チャレ{狩人探しなり}や狼の身内切りもできるからな
二ッ岩マミゾウ 「じゃから妙に自分を戦犯戦犯いってかしこまるのはよろしくない、とわしは思うの!先輩にもうちょい甘えてもいいんじゃよ(チラ

なんか今回やらかしたわしが言うのもなんじゃけど!>やる夫」
二ッ岩マミゾウ 「狐霊能はロマンじゃ……!
そこをわかっとるとは流石じゃ!>ジョルジュ」
ヒロインX 「一回引いて初日呪殺されて、間を開けて三連続で引きました>緑のヒゲ」
やる夫 「人違いだお!>マミゾウ
普通村しかやってないお」
やらない夫 「諦めないことが村人の唯一の戦い方だろ、常識的に考えて。」
緑のヒゲ 「柱COはやる夫狩人に見えたならわるくないんじゃない?>マミゾウ」
ヒロインX 「それでは失礼、改めてお疲れ様です」
二ッ岩マミゾウ 「あいすまぬ>やる夫」
緑のヒゲ 「HNが若干かぶってるからね。俺も昨日勘違いしたし」
できる夫 「特攻で狩●の時に、エンジュつってもジョルジュいるから狐質すればいっかーでやっぱあそこでつるでいいのかな~
その場合当然霊噛みでーそのあとどーするかっていう話で
でも、ジョルジュ狐COでクリス偽の時にまりさ噛まないかなーんー・・・
狂に囲えてねーぞ!とっとと囲えやおらー!っていうために○かみはあるんですかねー」
二ッ岩マミゾウ 「んまーわしグレーじゃったしの
残ってもわし占う気おきんかったじゃろうし>緑のヒゲ」
ヴラド三世 「ttp://www.petitnoir.net/zinro/sasuga.html
こっちのほうを使ってみてはどうだ>やる夫」
やらない夫 「では改めてお疲れ様だろ
マミゾウは次は村GMでも誤爆しないようにな
ジョルジュが狐とはちっとも思わなかっただろ……」
やる夫 「狩に見えたからマミゾウ柱COだったのかお……
本当にすまなかったお、これからはCOする時の発言をも気にかけるお」
できる夫 「占いが全部やってくれるとあんまり反省するところがなくなるのがあれですね」
ジョルジュ長岡 「僕正直者だから!!>ない夫」
緑のヒゲ 「ジュルジュ狐は牧瀬真確定にする要素だから吊る気はなかった>できる夫
なんかヒゲ狼で考えてたのはまずいかなぁ」
二ッ岩マミゾウ 「ヴラド公も指摘しておったがそうじゃの>やる夫
できない=役持ち
無し=役なしという固定観念をもっとったわしの独善じゃ しゃーない」
ジョルジュ長岡 「ではお疲れ様!!
今度こそは勝ちたいね!!
じゃあ同村と村立て感謝だよ!!」
緑のヒゲ 「あ。やる夫、HNが若干かぶってる人いるから、別のほうがいいかも。」
緑のヒゲ 「それじゃあお疲れ様。マミゾウは村建て感謝」
二ッ岩マミゾウ 「ヒゲ狼じゃったら占いの肩もつ必要ないしそれはないじゃろうとわしは思っとったのぅ>緑のヒゲ

はっ!まさか兄を疑わずにはおれぬアイコンの呪い!」
二ッ岩マミゾウ 「んじゃまみなさんお疲れ様じゃー
わしのGMへの夢はいまで遠い」
やる夫 「了解した>緑のひげ
昨日もなんか「ぼっちさん」?の別HNと勘違いされてたおそういえば」
緑のヒゲ 「ああ。マミゾウ、村建ての流れは大丈夫?」
やる夫 「お疲れ様でした!」
ヴラド三世 「やる夫があのまま吊られたくないなら

「COなしだお!
 でも、やる夫が吊られたら村は危ないお
 だから、ちゃんとクリス吊りも考慮入れてほしいお」

とかかな?>言えるとしたら

この場合、牧瀬偽でランサー真になるから
最低でも引き分けまでなら持っていける

牧瀬偽なら 牧瀬-エンジェ-灰狼 狐 ジョルジュとわかってるからな」
二ッ岩マミゾウ 「してくれると非常に助かるのぅ
惚れる」
ジョルジュ長岡 「あ、そうか炙り鮭さんが村立てしてくれたんだった…
すっかり忘れてたやる夫が建てたものだと思ってた…」
緑のヒゲ 「そんな感じだね、狼には見えなかったから吊る気まったくなかったけど」
二ッ岩マミゾウ 「GM今回が初めてでのう 結構勉強した気ではいたが駄目じゃった」
ヴラド三世 「あぁ、やる夫が村立てしたのではなく、マミゾウだったのか>村立」
二ッ岩マミゾウ 「(自分でもHNで呼ばれると誰それ?ってなる不具合)>ジョルジュ」
緑のヒゲ 「身代わり君ありはGMなし。これは普通に入村していい。
で入村したらテンプレ貼ればおk。ただオプションはいじれない」
二ッ岩マミゾウ 「本当は身代り君の中に入ってやるつもりじゃったのよ
あ、報告わすれておったしてこぬと」
ヴラド三世 「よし、炙り鮭さんが自分のHNわかるようにあだ名を考えるのはどうだ?(下種顔」
ジョルジュ長岡 「覚えておこうよ自分のくらいwwww>マミゾウ」
二ッ岩マミゾウ 「というか板の方にも書いておらんかったわ
焦りすぎじゃの」
二ッ岩マミゾウ 「やめよう(迫真)>ヴラド」
緑のヒゲ 「で自分がGMで村建てるときは仮想GMのチェックをつける。
でGMログインパスワードを決めて入力。
ここは決まりがないから自分の好きなものでいい」
できる夫 「>緑のヒゲさん
あーそれはそれとして、共有が占い騙るってのは人外の語り抑制のためなので
それで2-1になったら真混じり進行して初日の挨拶遅いとこ(3CO見て潜った人外とみて)全滅させないと意味ないです
そういうことする気ないなら騙るだけ無駄」
ジョルジュ長岡 「鮭さん(真顔)」
やらない夫 「突発で村立て講座でも書いちゃおうかなやんじゃうだろ……」
ヴラド三世 「サーモン」
ジョルジュ長岡 「乗っ取りしてもいいんだよ?>ない夫」
二ッ岩マミゾウ 「ヒゲは説明サンクスじゃ!」
ジョルジュ長岡 「あぶりん(真顔)」
緑のヒゲ 「入村したらユーザー名のところに「dummy_boy」
パスワードはGMパスワードを入力。これでGMになる。
あとはGMなしの場合と同じでいい」
ヴラド三世 「村立口座するなら

普通、鍋、決闘は欲しいかな>ない夫」
ヴラド三世 「あっかみーん(迫り顔」
ジョルジュ長岡 「NOTTORI!!NOTTORI!!」
二ッ岩マミゾウ 「おのれ!鮭関連しかでてこんわ!
そしたらわしは絶望さんを鮭呼ばわりじゃ!
ヴラド公は下半身讃美じゃ!」
ジョルジュ長岡 「あっちゃん(真顔)」
緑のヒゲ 「ああ。発言での反応あぶり出しが目的だから。>できる夫
けっこう4COとかになったら反応変わるんだよ」
やらない夫 「>ヴラド
そこまでは面倒だからやめておこうかな……
俺闇鍋建てたこと無いし」
ヴラド三世 「キャストオフしろと?>下半身賛美」
二ッ岩マミゾウ 「出身地的に塩の方がいいかの」
緑のヒゲ 「CO抑制して潜らせるってのはあまりメリット感じてないから。
単純に発言みるためにしてるだけ。」
ジョルジュ長岡 「やってもいいのよ?(チラッチラッ>三世」
ヴラド三世 「俺も、闇鍋がネックでな>ない夫

初心者の人が増えてきたし、村立考えたが
どうも、鍋で説明が詰まる

やる夫村でよく見る三村の説明とかあったら楽かなと思ってな」
ジョルジュ長岡 「そういえば明日は都道府県決闘村だね>マミゾウ」
二ッ岩マミゾウ 「普通村でも下半身露出!さすがうっかり亭!」
できる夫 「あんま変わんないと思いますけどね
素村も変な反応するし」
緑のヒゲ 「この辺は個人個人で意見違うから。
発言傾向からの灰視向上目的だからねぇ」
ヴラド三世 「                      _ _    _  -ァ
                  __ _ミ    `-´   ̄ ̄ミ__
                  \                /
                 ,ィ´                \
                -==/                =,=-
                     /              \   ,
                      / l .{           }   \  ,
                  /_l.从 l  l l l l  .l从   ̄下, ̄
                   | ト从从从从从斗-.|    l ,        ごめーん
                    | 下 x=ュ   x=ュ |    ,  ,
                      | .∧   l       リ  .∧  .,      無辜の怪物スキルのせいで
                  | /!∧_,l _  l_   乂/ ヽ  ,
                    /  | .∧;;;_;;;__;;;;;_;;;;;;ヽ  .!_ - 、 \ ,    鎧の下見せられないわ―超みせられないわ―>ジョルジュ
                   _⊥|.∧;; ー - ;;;;:l/.l///l   .\,
          r―――‐―. .´/.:.:.ヽ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;///////l___\/l_/\
        /ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.{>`゙゙"""´////////L.:.:.:.:.:.:/  /.:.:.:.:.:.:.`..y∧
       /.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:l///>v</////////.:.:.:/  ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:///∧
   厂.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\\// Y//////> ´.:.:.:./   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.://///.∧
   /.:.:.:.:.:.:ヽ _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.\ |///>´.:.:.:.:.:.:/    /_.:.:.:.:.:.:.:.:////////∧
 _ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` - 、.:.:.:.:/三ミヽ, /三ミヽ.:.:.:.//////////.∧ /l
∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`  、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../三三ミУ彡Ξミヽ//////////////|
|.:.:V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./三三ミミ∧彡三ミミl///////////..}//.|
|.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`  _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/三ミミミ/.:.:.:V彡三ミ}///////////|///|:.ヽ
|.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.    /.:.:.:.:.:.ヽ   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
\.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    /.:.:.:lヽ.:.:.:ヽ   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l」
二ッ岩マミゾウ 「あ。明日か
この前先週とかいってたから騙されたわ!おのれ!>ジョルジュ」
緑のヒゲ 「けっこう違いは出ると思うケドね。>できる夫
反応おかしいところに目星つけて絞っていくのが好き。
まぁあまりしないけどね」
やらない夫
             / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、_ \
.           | ( ●)(● ) |
.           |  (__人__)  │
           |   `⌒ ´   |
.           |           |
.           ヽ       /            【やらない夫の超簡単!筋肉村立て講座】
             iヽ      / i
            |  ー-―'  _|
   ,,,,,,,....  _,,. -‐''"´  ゞ   `゛''‐- .,,_ __....,,,,,,,    村を立てたくなったとき、
 /   /""  ー‐---、  /ー‐---  "''ヽ   ~ヽ、    GM(筋肉)として村を眺めたい人、
./ ヘ /  ソゞ       Y        ゝヘ  ヾ  ii
i ミ Y   〆ミ       ミ|彡       三ヽ  ソ /i    そんな時にはオプションでGM機能を使うといいだろ
ヽ  人   入___      水         》  ノヽ/
¦ 丶ヘー ヽ_三    __彡|ゞ,,__      /ゝ'   | |
|ヽ  ||    |ー―┬ーー''""''''''ー┬ー--‐/|   ヽ、 |
|   |   |ミ< ヽ、___::;;::_ ノ  彡 /     |/|」
二ッ岩マミゾウ 「ヒューヒュー」
ヴラド三世
  /    ∧ ィi ,、 >
..∠   i| /__,V'、|l_j ソ
  llr:l  l -ー   -、 レヘ!
  |l l .|    |  | l
  |`ーi |   ,,,,,,'   ,N   あれ、慢心王
  |.  | `ー'' ̄'' / 
  | ,,rへ、_ ` 〔´/|    俺、ヴラド。おk?>マミゾウ
/\: : : : : : : : :/N-、
: : : : \: : : : : : : :目: \
.: :.>': : ヽ: : : : : :W: : : : ヽ
やらない夫
          / ̄ ̄`ヽ
        /       ヽ
         {   ー-       \
         )  (●)    ', \
         (●)  -、    }  .` - 、 __
         \(_,ト-'   リ   ',    `ヽ._
           >--、/´).ハ  リ_,.>-''、⌒``ヽ、    初心者講座といいながら
         /´  ヽ' ./´  },. -'/´    `     ハ    まったく初心者に優しくなく省略するだろ
        /! ヽ     }`,¨´   i          ::.   }
        / ,/ }   ;  ,ノ /  ヾ.{        ;    ハ  まずスレを見る
       {   ,ゝ. -'  ヘ./     〉‐- 、__.._ _,. -‐ イ,  }      ↓
      {  、 }ヘ、    \    /´ .;        ヒ'" !   ヒャッハーを確認する
     ,/ゝ-、 _{  ',     ヽ.__{  ::   :'       } ,!   ↓
      /     ゝ、ヘ ',     (´  ``ヽ    :       ! !     ダチョウ倶楽部や被りが起こらないようにしながら
    { ,... _:    ``〉', 、   ヽ、      ',     / /    村立てをする
    }'"  `ー‐- 、..⊿ムヽ ヽ、  `     ,} ゝ ,/ /
     {    _,. -‐'´   ヘ.  `、.___   ノ  メ、, ;/ 
      }'  ´ ̄     ,..._ゝ、、ヽ、`¨¨´ ./゙Y′i'     まずここまでは抑えておくべきだろ
     ',ヽ     _,. '´/  ゝ、.___  ,/二)´  |      筋肉があれば大丈夫だ、常識的に考えて。
     ゝ-<二_メ'´        `¨`ー'    .リ
               }  ,.、      ',    ,/)ヽ
            /,ハ、`'′       ;   ,./ ,/ヽ∧」
ジョルジュ長岡 「ああ先週のおにぎり村で間違えてたねぼくがwww>マミゾウ」
できる夫 「なにか始まってる」
緑のヒゲ 「あと人外潜らせて初日狩人でした、ってなったら
飼い狼いないのが面倒に思えちゃうんだよなぁ」
緑のヒゲ 「それじゃあお疲れ様。」
二ッ岩マミゾウ 「おk>ヴラド
まぁ終了後のお遊びというやつじゃよ
というかヴラド公結構AAあるの!」
ジョルジュ長岡 「中の人が一緒だし変わらないよ
前ハサンでうっかりしてたしね>三世」
二ッ岩マミゾウ 「緑のヒゲは解説ありがとうのー!」
ジョルジュ長岡 「wktk!!」
ジョルジュ長岡 「お疲れ様!!>緑のヒゲ」
二ッ岩マミゾウ 「これはwikiに乗る(迫真)」
できる夫 「僕も落ちときましょう
マミゾウさんは村立てありがとうございました
同村した方々はまたどこかの村出逢ったらよろしくお願いします
不慣れなんで優しくしてくれたら嬉しいです」
やらない夫

               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)
             |     (__人__)
              |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        } 
              ,ノ.ヽ、.,__ __ノヽ
            /_\::  ヽ ノ  .:::/ `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ヾ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \     そしたら「【紅ほにゃらら】やる夫達の普通村」みたいな感じで
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ    村名を記入するだろ、
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、     ほにゃららは前の村の番号を確認しつつな。
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l   番地とは違うので注意だ。
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |    そして人数オプションとかそういうのもやっておいて、筋肉で。
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ」
ジョルジュ長岡 「お疲れ様だよ!
いや貴方ベテランだと思ってましたよ…>できる夫」
二ッ岩マミゾウ 「いやはやわしよりよっぽど熟練者じゃったよ!お疲れ様!コンゴトモヨロシコ!>できる夫」
二ッ岩マミゾウ 「あ 今回村村になっておったわ
わしのテンパリ具合がみてとれるな」
ジョルジュ長岡 「(…わざとだと思ってた)>マミ」
二ッ岩マミゾウ 「おkおk!村立てするには筋肉と(メモメモ」
二ッ岩マミゾウ 「そしたら某GMとかムッキムキじゃろうなーすごいぞーかっこういいぞー!」
できる夫 「>マミゾウさん、ジョルジュくん
いや、3年くらい前にちょこっとやってただけなんで
ログは読んでたけどそれだけですよ」
ヴラド三世 「まぁ、それだけの数を用意したからな>マミゾウ」
二ッ岩マミゾウ 「んにゃまGMやりたかったのと今回みたくおりるのとはちゃうの
まずはそこら辺理解せんとなぁ」
二ッ岩マミゾウ 「おお!同期じゃ!わしも三年くらい前にちょこちょこやって最近復帰組!>できる夫」
ジョルジュ長岡 「すわち●むさんとか筋肉もりもりだろうね!!>マミ」
ヴラド三世 「牧瀬偽とみた場合 
牧瀬-ヒロイン
牧瀬真とした場合
やる夫-ヒロイン
ぐらいでマミゾウが村というよりヒロインが怪しかった感じだな>マミゾウ

やる夫は俺視点狩人COなら偽とわかってるからこうなるが」
二ッ岩マミゾウ 「早苗鯖の方の某GMも更新するたびにムッキムキじゃな!>ジョルジュ」
やらない夫
               ,ヘ
             /'ノ
           / ,}{     普通村でつけるべきオプションは
           /ゝ,',.⊃     ・リアルタイム制
          / , '/´        これは必須だろ、なかったら一々発言しないと夜も朝もこなくなってしまう。
       /' ,. ' /        普段は触らなくてもオンになってるが、昼5分の夜3分ぐらいがベストだろ、わからなかったらノータッチでいい。
      / :′,.. /
    i´ 、},....,/         ・役職希望制
    { 'ヽ-' (     ,-‐ノ 、_    これを触ると入村時にある程度なりたい役職を希望できる
   .ハ. ,. ゙ヽ. /  (●) ヽ         i.| // ,、      100%じゃなくて抽選だし気をつけろよ
    |   ` ',   } |    (_人)        / ' 〈ノノ,、
   .!    ヽ,ヘ.〉 ヽ      }     r‐- '′ヽ '/      ・早朝待機制
    ',  ,.、 }  \' ヽr ‐/       ̄ヽ、 ,. 、 ノ        朝の時間に15秒発言できない時間ができる
    ∨´,.)イ     ヽ ノ }           }  {     人外なら銃殺対応ができるからスリリングな村をお求めの時だな
    /´   |       ゙v,.ノ--- 、     |   |
     |   /!       }       >‐‐、.ノ',   ハ      ・天啓封印は狩人GJや狐噛みが見えなくなるってところだ
     ∨  i、_` ヽ     リ 、    ノ-、   }、 .   }     とりあえず下の3つは好きなようにすればいい
     }  ノー-'、_,`ー-‐'、    ,イ、   ー-'八 ヽ ,!
    .| ,' ヾヽ 、 `ヽ..ィ `¨''、'ノ 人   ヽ__,,.゙-‐'
    {,ハ   ヘ.   /`゙r<ノ),/   ̄ ̄
     /    ヽ `¨ メ-、_,.ィ /′
   ,ノ゙ヽー''' } ー、6  r"/
ジョルジュ長岡 「サーモンさんの同期が見つかってよかった…
いつも同期が見つからないって悲しんでたから…」
二ッ岩マミゾウ 「ああヴラド公疑ってたの そういやわし
あれ役職臭してからじゃったんじゃよ……どうしてそうなったかは覚えてらんが」
ジョルジュ長岡 「メモメモ>ない夫」
できる夫 「マミゾウさんはあんまり人外見てなかったですかねー
竹中さん投票の理由が素晴らしく素村っぽかったので
代わりにクリスさんにいちゃもんつけたの見て何いってんだ、こいつと思いましたが」
二ッ岩マミゾウ 「だってわしの同期皆いなくなってるか修羅枠なんじゃもん(震え声)>ジョルジュ」
やらない夫
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,       / ̄ ̄ ̄ ̄\
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ,.    /            \
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt  /             |
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ, /                   |
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/       |
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,    /
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'  ./   そしてここからが本題の「GMとして入るには?」だ!
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| (_'、;;;、);;        /
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、_)  ::""リ "ニ    身代わり君設定の項目に「(仮想 GM が身代わり君としてログインします)」があるので
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、    それにチェックを入れろ!
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,   そして忘れずにログインパスワードも入力だ!
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}   これを適当にすると自分が入れなくなっちゃうぞ
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii」
ジョルジュ長岡 「サーモンさんなら1か月もあれば追いつけるよ>修羅枠」
二ッ岩マミゾウ 「クリスは真狂と見てたがの
そうするとジョルジュ占わないのがひっかかってたが紅きヒゲがフォローしてくれたおかげで真寄りとみれた>できる夫」
ジョルジュ長岡 「ふむふむ」
二ッ岩マミゾウ 「その呼び名はやめよう(迫真)>ジョルジュ」
二ッ岩マミゾウ 「ログインパスメモったつもりでいての
それで今回入れなかったからやらかしたと思っとった>やらない夫」
できる夫 「サーモンにはマヨネーズと玉ねぎ」
ジョルジュ長岡 「なんか打ちやすいんですよwwww
すぐにやめますwww」
二ッ岩マミゾウ 「そしたらOP自体が違ったという」
ジョルジュ長岡 「お腹すいてくるね!!>できる夫」
二ッ岩マミゾウ 「あれは旨いの!料理名忘れた!>できる夫」
ヴラド三世
  /    ∧ ィi ,、 >
..∠   i| /__,V'、|l_j ソ
  llr:l  l -ー   -、 レヘ!
  |l l .|    |  | l    村立初心者のやるうっかりは
  |`ーi |   ,,,,,,'   ,N
  |.  | `ー'' ̄'' /     GMで入力したのに入れない!→実はダミーボーイが全角で入力してたがある
  | ,,rへ、_ ` 〔´/| 
/\: : : : : : : : :/N-、    ちゃんとGMで入村するときは半角で入力しよう
: : : : \: : : : : : : :目: \
.: :.>': : ヽ: : : : : :W: : : : ヽ
ヴラド三世 「カルパッチョじゃなかったっけ?>マミゾウ」
やらない夫
                     _,,..-‐‐-..,,
                   / ヽ    ヽ              __,,..∠
-..,,_                / (-)   ‐‐ .l         ,,..-''"~´
  `ヽ、                / ''''   (-) /        _/        /      そしてスレのほうにある村作成パスワードを入力して
     ' , ___.         / (⌒   '''' /.    _,,..-‐''"/        /        「作成する」のボタンを押せば
      ヽ    `ヽ、.      ',   ̄ヽ__) /  ./..   /       /      ようやく村が立つ。
       ヽ     ',-‐''´~/. ゝ..__,,../ |,,__/.      /      /
\_      .l、_,,..-‐" ̄゛''‐..,, | | /__..,,.-┴┴ 、   /    ,,-''"    ,,-''´       だが終わるのは早いぞ。
   ̄ヽ二二レ´        `.y'~´         ヽ/ ,,-‐''"/_,,..-‐''"´        村にはいったらGMでログインする必要がある。
    ゝ,,__/         ヽ/            ',/   ,,イ  /     /
    ヽ、{          _/´                } -イ´ .|   l _,,..-''"     左上のほうに入力項目があるから、
"'''-..,,__  .l         _,'-             /  /   |  /´         ログインユーザーに「dummy_boy」と打ち込んで
      ~l.',         ∧               / ./    .|/          ログインパスワードを打ち込む。
      ヽ\      _,.-'"/  ヽ、          ,〈 / l   ./
      .'y' `''‐‐'"   {    .`''‐..,,____.,,-´ .}  |   /           これでGMとして入れる。
      .l    _,,..-‐‐,-‐..,,_       )   _,,イ   .| /           あとはテンプレを貼って参加者を待つ感じだな。
       .|    /   /   ヽ     ./  /   |   ./」
二ッ岩マミゾウ 「炙り鮭は確かに面倒じゃな(棒)
わしも一発で変換できん 特にシャケあたり」
ジョルジュ長岡 「素晴らしいフォローである>三世」
やらない夫 「まさにヴラド公が言ってるとおりだな」
二ッ岩マミゾウ 「いえすだでぃ!>ヴラド
あ、それじゃカルパッチョ
カール.P.アッチョ」
ジョルジュ長岡 「ない夫さん講座お疲れ様だよ!!」
できる夫 「大昔に村立てた時に使ってたテンプレPC変えた時にどっかいってしまった」
ジョルジュ長岡 「植木の法則だべ!!>マミ」
二ッ岩マミゾウ 「ログインの……それが難関じゃな
わしよく打ち間違いするからパス入れる時は慎重にせぬと」
ジョルジュ長岡 「できる夫さん村立てもしてたのか…」
二ッ岩マミゾウ 「新連載が休載から帰ってこない(泣)>ジョルジュ」
やらない夫
            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、     
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|     村を立てる前にスレを見て書き込む
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l     村がたったらそれをスレに書き込む
           | (__人__)  ;;;;;;;;il     あとはGM発言で下界に内訳誤爆しないように気をつけながら見守り
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ    村終了したら終了報告をスレに書き込む
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、    GMのやることはこんなところだな。
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_    
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;」
ヴラド三世
               _ ィ  ̄  ヽ
              ,   ̄         ヽ
           /              \
         ∠                 ,
         /  〃         ヽ
         /ィ   / / ./l/lハ     .}   .ト、
          |  {/Vヽ从 !.[ ij}]|       l
          |  .l[{ij].l     lil ./l/ ヽ   \        よし、この流れでも俺も決闘村について説明しよう
          |/ヽ ト  l l     V ;;  /  ヽ―
            |∧ ,`,,,,,,,,,,;;;;;ヽ ,/ イ    ヽ
               l .∧, - ― - };; /  .|     \
           ノィ  .∧,,,,;;;,,,,,,;;,,/   |    ヽ―`
           /   |ヾ-''''''' /  _ - =.T   ヽ
            /  .r-!____ -=ニニニニニニ|   .トリ
         ∠r―-|ニニ/ニニニニニニニニニ|   .|
     __ ノ: : : : /ニ /ニニニニニニニニニニヽ  ..|
    〃: : : : : : : : : : /ニ /ニニニニニニニニニニニニニヽヾヽ」
できる夫 「20村くらいは立ててたよーな記憶があるよーなないよーな」
ジョルジュ長岡 「おー!!(パチパチ>三世」
二ッ岩マミゾウ 「まぁもうちょい落ち着いたから村立できるようにするの!
今回は慌てすぎじゃ!」
ヴラド三世
                         _ヽ- 、
                     _ /     ヽ-z
                     >          \
                        l             ヽ  _ヽ
                   ∠ .il  l.l  /ヽ,    _ヽ
                    | .|.{ l从乂} ‐。、 l_ ヽ
                    /__l .rl `゚´l  `¨´}V }  }- 、              決闘村で注意するべき点は
                   r ´| ヽ ,,, l ,,,,,,,,,,,, /.!./   ヽ
                 r ´   川.lヽ;; ヽ=' ;;;/ |ヽ|.|     ヽ_
             __/    / l.l l_ |ヽ;;;;,,,ノ .|_ .|          >      1、人数
             ヽ         从ノ ̄\/ ̄.|..|__乂      >´
            _-=<      / ./  ̄\l/ ̄T.|/      >´//\      2、時間
            /////<     l ./ \  .|  _/     >´//////∧
           ///////>    l/\  \..|/    >´///////////∧     3、特殊設定
           ////////////ヽ l    ̄ ∠_ - - ´////////////// ∧
             ///////////0============0//////////////////////.∧    の三点だ
        r-/////////> l l///   l//// l l///////////////////////∧
      __|/////>  \ l l///ニニl//// l l////////////////////////∧
      ////> o/    .イ l//------l////l l//////////////////////// ∧
 {\   l/ ̄o> -, >::::::::l l |\____l///l l/////////////////////////∧
 |   ̄ >-/__ >:::::::::::::::::l l_|\___ol// l  l/////////////////////////.∧
 _ヽ__/ o.\  \::::::::::::::l .l| ̄\   l///l  l//////////////////////////∧
 \_     /\  .|:::::::::::::l  l|_   \ ol///l  l///////////////////////////∧」
二ッ岩マミゾウ 「ベテランじゃないかい!>できる夫」
やらない夫
                 /             ヽ              _
                  ,'                   ヽ        _ , <
                  i                 ト    ヽ_,/
                {                 i   { ─ < __ _ ,
                 ',       '`ー-- 、_人_{         /
                 {   ,_ノ    ィ´● )' .Y   | キランッ!!/
                    ヽ. (. ●)    'ー " . .!  /          ,-、
                    ',  ̄´        、     ノ|           ,-'、 }
                      , ∧   r   ',     }    ノ        /  }/
                  _/. . \. '、_ノ=-- '′   / !     ./ .,-、'/i
              _/       >、             l i   / ./  } /    後は自分で確認してみてくれ!
            / .         ヘ`ヽ         ./ / //  /ヽ     それじゃお疲れさん! 
          ´  ,          ヘ         //  ./  /.i  !、     筋肉があればいいGMになれるさ!!
                 ー - '⌒ ー.    ヽ、`ヽ.    /    i'. _ ノ ' ヽ   Y
                           \ 丶     l    , /  .,!

おしまい」
ジョルジュ長岡 「アナグモールでしたっけ?>マミ」
二ッ岩マミゾウ 「決闘村は楽しいのぅ
普通村で会えぬ人と会える

そして修羅がたまに妙なRPやってて草回避」
ジョルジュ長岡 「お疲れ様
素晴らしい講座だったよ!!>ない夫」
ヴラド三世 「                 /l  __
                 | ,´      ̄>
             ,  ´  ̄       ̄ `ヽ
               /               ヽ
           ,                  \
         ∠                   ̄
         /     〃           ヽ  ’
         ̄/  ./^ヽ{   /          }  ’     決闘村では、自分も参加したいという人もいるから
            /  ヽ 从  //l    .∧   .l  ハ’
         l    ヽ_;;; ヽli沁ヽl ./ヽ/ ,ィ   .l  | }’ GMは仮GMでいいわけだ。そのあたりはやらない夫が説明している項目を見てくれ
         |/i    |;;;  l   }/  ィ゚ノ...イ / /
            .|  _ _..|ヽ;      l   ./ }/  /
            .| .|ニニ! .ヽr;;;;;;;;;ヽ_ .l,,,, /   /ヽ{
         ノ  .|ニヽ  ヾ;, ヾ==-;/   /
        ̄|.  |ニニニヽ  ヾ;;;;;;;;,;;,/ニ|  ヽ_
         | rニニニニニニニヽ ゛゛゛/ニ/  | ̄
          Ⅳニニニニニニニニニニニニニ|ュ \
          /ニニニニニニニニニニニニニニニ|ニュ  }」
二ッ岩マミゾウ 「やらない夫はありがとうのー!
次回に活かせるよう気張るわ!」
ヴラド三世 「お疲れ様です>ない夫」
二ッ岩マミゾウ 「それそれ>ジョルジュ」
できる夫 「間違えたら廃村にすればいいって偉人が言ってました(僕も潰したこと2回くらいあるし)
今だと、GMならその場で設定かえれるんでしたっけ?なら別にこまんないですけど
こういうシステム面が確実に進化してるのはいいですよねー」
二ッ岩マミゾウ 「もったいないからmltにこれ登録しておこうかの」
ヴラド三世 「            〃  ―― -
          _{{/       `ヽ
          ..:´             ヽ
.        /                ’
        /:/                 ’
.      /:                   Y
.       /     _:         /|      |
      / {   i:{f i{     /ー.!       |
.     { {   从、i     代ijぇ!    }  ..!    次にタイトルでは 【紅番外】か【雛番外】を入れてくれ
     / }    `i     .| ーl ∧ / ハ .|
     /  i:} i{   八  l   |   |/  Ⅵ/ !/     決闘では基本ナンバリングではなく番外として扱うからな
   .∠ 从八  / ;;;\{\ :! ,,,,,,,,,7¨
   〃 |ニ-| 、;;;;   }ノ ;;´ ̄′
   /  .|ニ三ニ\ \:;;;;;;;;;;;,,,,/ヽ
  ,  .|ニ三三三 \ ー‐/7  ヽ
  |  .!三三三三ニ  \/ニ三三|  Y
  |  l|三三三三三三三三三三三|.ノ」
ジョルジュ長岡 「三年前だとまだ流石兄弟の頃ですか?
自分はまだ3か月ほどなので3年前は分かりませんが…」
できる夫 「>マミゾウさん
3年もやってなかったらまーったく喋れなくなってるんで
ベテランでもなんでもないですよw
夜中にログ全然おえてないし」
二ッ岩マミゾウ 「そうじゃの!システム周りがかなり充実してるのは返ってきてからおどろいたわ!鯖強化やシステム周りを改善してくれた村の参加者や各GMたちのおかげじゃのー」
ヴラド三世 「                       _ ヽ` y ´ ノ_
                     <_         _z
                       ィ´        ヽ ’
                  ∠_  i ii .i i i从   }  ’
                    /ィ {/从乂ノィェァイ lヽ  ’
                    / .|ィ∧`゚l    } /ソ   ト、        では次に人数だ
                ___  .| .∧,`,,,,.;;;ヽ |イ   .|   _
              r///////ヽ_ |___∧;; ̄´;;l/ l_ ...| //     決闘では普通や鍋と違って多くの村が入りやすい村だ
            //////////ヽ//ヽ ヾ-''''´__ ≦7// / ./---ァィ
           ∠/////ヽ//////ヽ/// ヽ-=ニニニ/ /_////// ヽ  なので、人数としては50あたりを目安にするといいだろう
           /∧//////ヽ////// ヽ/////ヽ//.r==-==ヽ//   |-.イ
            / / ヽ//////ヽ////////>ー// /ミミ-彡ミ } \       |-、
         l./    ヽ///////////////////(_=-l ∧  l///// ̄ ̄///ヽ
        _ ./ヽl-―<  ヽ////////////////∧  ll ∧ l//////////////
    ト_/ ヽ ヽ  /-/ -.//ヽ////////////////\ll  ∧///////////////ヽ
    ∧ _ヽo //  <.ヽ: :_|.ヽ/////////////////|ミ彡 |//////////////./
 {ヽ_/ / ヽ o/ <    ヽ: tlニ=-―――-=ニ     ヽ=.ノ://////////////
.__l   >-o∠__{´        l`ヽ    |         / x:ヽ////////////ヽ
.\ー ´  >  \        .l  ヽ  |     ---- x7: : : x: : .ヽ .}/L/__// il///
  .\   ./ ヽ〃⌒ヽ     /、   |   /    /x: : : .x: : : : .ヽ  o ヽ/l/:l
   ヽ―  /   .}`ヽ    /、   ll===ll      ´〕: xxx: : : :.T l_ _ - - - ´ ..!」
ジョルジュ長岡 「平家さんって2年くらいでしたっけ?」
二ッ岩マミゾウ 「決闘村も建てたことないんじゃよね
こんなんで憑狼村かダンガンロンパ村建てよう思っとったからお笑い草じゃ」
できる夫 「>ジョルジュくん
翠星石鯖と流石弟の頃ですかねー
兄でも2村?3村くらいやってたよ~な気もしますけど
蒼星石鯖で鍋もやってましたけど、今の役職見て冗談抜きに5倍くらいに増えててこれは無理だと思いました」
ジョルジュ長岡 「建ててもいいのよ?>チラチラ」
二ッ岩マミゾウ 「50決闘かー
素敵じゃのー」
ジョルジュ長岡 「鍋の方は400くらいあるらしいですからねー
今は>できる夫さん」
二ッ岩マミゾウ 「憑狼村はなれたら建てる気でいる
ダンガンロンパ村はもうちょいシステム周り理解してからじゃな
一応tweetでまとめてたの発見したが>ジョルジュ」
ヴラド三世 「  / l                         /: : : : //   |
. / ./ヽ    .|      |          / : : : : : : : : : : : .}   /
/ ./  ヽ   |   .|ヘ  |\   .|\  ....l : : : : : : : : : : : :l  /
. / ,----ヽ  l _  .l ヘ  l .\  l  \ ..l  : : : : : : : : : : : i /
/.///////丶{ ヽ l .ヘ .l   .\l   lヽ |  : : : : : : : : : /イ     そして注意すべきなのが「時間」だ
/l//////////ヽ  ヽl: : :ヽ!: : : : : : : : : .| `
/l///////////.ヽ ;;ヽ: : : : : : : : : : : . |                  決闘村は、他の村と違って
//l///////////.ヽ_{; ;}: : : : : : : : : : .  |
///l////////////ヽ; l: : : : : __ ,   _____          昼時間はそこまでいらない
////l////////////ヽ;;ヽ 〃; ; ; ; ; ; ヽ_ , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
//////////////////∧;; {; ;l \_______//; ;ヽ .//   なので、昼時間の項目を
///////////////////∧; ; ;l  `'ー- -――‐ ´ノ  }; ; l///
////////////////////∧; ;ヽ  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ./; ////     「5」→「1」にするといい
/////////////////////∧; ; ;ヽ  ー ―   /; ;/////
//////////////////////∧; ; ; ;; ; ; ;; ; ; ; ; ; ; ; //////     因みに、俺はよくこのミスをしていくつか廃村にしてしまったことがある
/////////////////////// 乂; ; ; ; ; ; ; ; ; ; 彡´//////
//////////////////////////`゛゛゛゛゛゛゛゛´////////」
二ッ岩マミゾウ 「50フルはあんまりやったことないかもしれん
配役とかはすわちょむさんに今度聞いてみるかのー」
ジョルジュ長岡 「自分決闘はほとんど行きませんからねー」
二ッ岩マミゾウ 「決闘で昼5分はそれはそれで楽しそうじゃけど
あらかじめ理解しとらんとたるそうじゃしね」
できる夫 「>ジュルジュ
吸血鬼と鬼って何!?という感じですw
蝙蝠はいたんですけどねー(妖精はいなかったけど」
ヴラド三世 「                    | ̄ \
                , ―― } __ヽ   , イ
                 /    /    `ヽ/  l
                /    , '           .L
             ./    ∠___イ       /
         /    /  /   /           ヽ
        /    /   '    {___イ    .} ’
       /    /    '         | /  /   ’
   _ -     /       .′         {.イ  /    .’
―       ./       |         l     {/     ’
       ∠___> { |      l    /\ /       /
__            /l |       /ヽ  ./ト, /./ /   ./
: : : : : \r===-ヽ/  .ヽ从   ./   ヽ/ ヘ:i}./ / l  /
: : : : : : : \//////\     ヽ从/        /イ ll /   後は特殊配役モードの処を
: : : : : : : : : \//////ヽ     ./            {/ l/
: : : : : : : : : : : \//////ヽ        _       l
: : : : : : : : : : : : : ヽ//////.\  /;;;;;;;;;;_;;;;;;ヽ   .l       決闘村にすれば完了だ
: : : : : : : : : : : : : : :V//////.∧ ヽ;;;;;;,;;;;;;;;;ヽ、 >―´
: : : : : : : : : : : : : : : V///////∧ ヽ;;;;;;;;;;;;;;/
: : : : : : : : : : : : : : : : V///////∧_ ヽ;;;;;;/
: : : : : : : : : : : : : : : : : V///////∧ `ヽシ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : V////////}-,
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : V//////: : i」
二ッ岩マミゾウ 「あれHN絶望でやってたよね?ぐふふふ」
二ッ岩マミゾウ 「鍋は怖い(迫真)」
ジョルジュ長岡 「片手で足りるくらいですよwwww>マミ」
二ッ岩マミゾウ 「ヴラド公はありがとうのー!突発決闘村とかも結構楽しそうじゃし!」
できる夫 「昔はもっと超絶緩かった気がするけど
いつの間にあんなにカチカチになったんだろう鍋は、と思ってログだけ読んでる系できる夫」
ジョルジュ長岡 「陣営多いですよねーwww
そんでその中でいっぱい別れてますからねえ>できる夫」
ヴラド三世
            〃  ―― -
          _{{/       `ヽ
          ..:´             ヽ
.        /                ’
        /:/                 ’
.      /:                   Y
.       /     _:         /|      |
      / {   i:{f i{     /ー.!       |  あぁ、あと雛と紅で「配られる役職」が違う
.     { {   从、i     代ijぇ!    }  ..!
     / }    `i     .| ーl ∧ / ハ .|   紅だと、「恋妖精、銀狼、狼、女神、求愛、夢求愛、門番、村、おしら様」と多いが
     /  i:} i{   八  l   |   |/  Ⅵ/ !/
   .∠ 从八  / ;;;\{\ :! ,,,,,,,,,7¨        雛だと「狼、掃除屋、女神」と三役だけになっている
   〃 |ニ-| 、;;;;   }ノ ;;´ ̄′
   /  .|ニ三ニ\ \:;;;;;;;;;;;,,,,/ヽ         雛の方がスピーディーに終わるな
  ,  .|ニ三三三 \ ー‐/7  ヽ
  |  .!三三三三ニ  \/ニ三三|  Y
  |  l|三三三三三三三三三三三|.ノ」
二ッ岩マミゾウ 「21時くらいに決闘とかも楽しそうなんじゃよね
早苗の方の夕方決闘村とか楽しいしのぅ」
ジョルジュ長岡 「早苗では夕方に決闘あるんですか
へー」
二ッ岩マミゾウ 「おしらじゃと昼に死ぬから投票にいくまでがあれじゃったりするんじゃよね
そういう意味では雛の方が配役わかりやすくてええと思う」
ジョルジュ長岡 「普通村行こうか悩む…」
ヴラド三世
               _ ィ  ̄  ヽ
              ,   ̄         ヽ
           /              \
         ∠                 ,
         /  〃         ヽ
         /ィ   / / ./l/lハ     .}   .ト、
          |  {/Vヽ从 !.[ ij}]|       l
          |  .l[{ij].l     lil ./l/ ヽ   \     最後に、やる夫村や決闘村で慣れていない人のために一つ
          |/ヽ ト  l l     V ;;  /  ヽ―
            |∧ ,`,,,,,,,,,,;;;;;ヽ ,/ イ    ヽ     決闘村では、ヘイトアイコンなるものがある
               l .∧, - ― - };; /  .|     \
           ノィ  .∧,,,,;;;,,,,,,;;,,/   |    ヽ―`   いわゆる、「クマー」や「でっていう」がそれに該当する
           /   |ヾ-''''''' /  _ - =.T   ヽ 
            /  .r-!____ -=ニニニニニニ|   .トリ    やる夫村では、本当の意味でヘイトではなく
         ∠r―-|ニニ/ニニニニニニニニニ|   .|     吊られやすいアイコンという意味だ
     __ ノ: : : : /ニ /ニニニニニニニニニニヽ  ..|
    〃: : : : : : : : : : /ニ /ニニニニニニニニニニニニニヽヾヽ   それゆえに、初日はクマーやでっていうがこのんで吊られる <別名クマ鍋、でっていう鍋」
二ッ岩マミゾウ 「あー常にあるわけではないぞ?
たまーにじゃたまに
今日は20時くらいに突発的に立っておった>ジョルジュ」
二ッ岩マミゾウ 「カモ鍋の普及はまだ遠い……」
ジョルジュ長岡 「なるほど…突発が多いんですねえ
早苗の方が」
ヴラド三世 「: : : /シVミ ヽ /彡彡ミl: : : : : : :<
: : : l彡シVヽ: :{彡彡ミミ}: : : : : : : : : : <
: : : :ヽ彡ミ,  \-、ミミ/: : : : : : : : : : : : : : `ヽ
: : : : :ヽ彡ミ_  \ ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
: : : : : : : ヽ二=---´: : : : >=====-_ヽ: :_: : : : \     だから、初日に吊られたくない人はクマーやでっていうアイコンは避けるといい
: : : : : : : : : : : : : : : : ://///////iiiiiiiiiv ´ }: : : : : :\
: : : : : : : : : : : : : : : //////// ∨ ゛゛゛゛,,  `}- 、: : : \   あと、女神はクマーやでっていうアイコンを繋げるのは避けてあげてくれ
: : : : : : : : : : : : : ://///////∨∧_斗´        \: : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : //////////{/l               \: : : : ヽ  え?クマーだが求愛者になった?他のクマーかでっていうと繋がろう
: : : : : : : : : : : : {////////  l .l               ∧: : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : _\_///// __ ゝ              .∧: : : : : : :}=- そして鍋になろう
: : : : : : : : : : \    ̄ \                       ∧: : : : : :lニニニニ=-
: : : : : : : : : : : : \__  ヽ                      \: : : lニニニニニニニニ=-
: : : : : : : :_: ――\    ̄ ̄\ ∠___            \:.lニニニニニニニニニニニニ=-
: : : : : : : \     \                        /: lニニニニニニニニニニニニニニニニ=-」
二ッ岩マミゾウ 「悩むくらいなら行くべきじゃろう!>ジョルジュ
わしはもうちょいGMについて学んどるわ」
できる夫 「習うより慣れろというか、一度頭打ちするまではとにかく参加するのが一番上達する・・・気がする」
やらない夫 「いつの間にか続いていただろ……
11時から見るべきものを見逃してしまったが、
これで村立てできる後続を教育できるならしょうがない
今度こそお疲れ様だろ」
二ッ岩マミゾウ 「ヘイトアイコンと矢つなぐと結構怒るかたもいるしそこら辺注意じゃな>ヴラド」
ジョルジュ長岡 「まあ時間ありますしもうチョイここにいますよ」
ジョルジュ長岡 「お疲れ様だよ!!>ない夫」
二ッ岩マミゾウ 「やらない夫はありがとうのー!
wikiに乗せるかもしれん()」
ヴラド三世
                                         ィ
                                     //
                    lヽ_ィ―― ミ         ∠ /
                    ___>    γ  `ヽ_     /  / 
              イ: : : :z-´   / >__    ヽ-- '   /
                  |: : : : l: V    i  --ヽ   \   \
              /l: : : : l: : :V    _____   \- _ \  ̄
                /ニl: : : : l:: : :.V     _ヽ へ_.ゝ: : ヽ_\
            ヘニ∧: : : :l: : : .V__  _ヽ/ニ=-<:/: : : : : \
        __ /ニヘニ∧: : : :l: : : : : ヽ--´: : : : : : /: : : : : : : : :\
       _}ニニニニニ==- >-、: : \: : : : : : : : /`ヽ: : : : : : :>イ ̄
       ヽニニニニニニニ=-l  ヽ: : : : _: : : /シ,へ }: : :>ニニニl        では、オレから説明できるのはこのあたりか
        ヽニニニニニ=-7  .V: : : : : : ./シミ∧ミ彡∠ニニニニニL_
        lニニニニニニ=-l   -ヽ: : : : : :l_ /l !=./: : : : : : : : : : l        説明に捕捉とかあれば誰か頼む
        Vニ\ニニニ=-l __ヽ ヽ__ _ / Ⅵ/: : : : : : : : : : :孑
         lニニニ\ニ=-l l   ヽ  __\: : l/: : :|ニ=-- _: :_:._|
         .lニ>=´\=-l     \lニニニニニニイニニニニニV       決闘は他2村に比べて立てやすいから練習がてら
         /ニニニニニ\>   __ /ニ=´ニニニニニヽニニニV
        /ニニニニニニヽ( ゝ /   <ニニニニヽニニニヽニニニ{           に立ててみるのはどうだろうか?
        ヽニニニニニニニヾヽ)-ヘイニニニニニニニニヽニニニヽニニ
        γヽニ=-/ \ソニニニヘニニニニニニニニニニヽニニニニ=-          では、これにて俺の講座は終了だ
       トニニ.r-、_ヽ/ニニニニニヽニニニニニニニ≧=--7 ̄
       lニニ.l__>ニニニニニニニニニヽニニ≧ニニニニニニl
        ヽ//丈__ニ=-  ̄lニニニニニニニニニイ
       //ニニニニフ       .lニニニニニニニニニ.l
      //ニニニニフ         lニニニニニニニニニニl
    //ニニニニ/           lニニニニニニニニニニL」
二ッ岩マミゾウ 「じゃわしもとにかく村立てして満足するしかねえ!>ジョルジュ」
二ッ岩マミゾウ 「「
       ハ
     //ム
.    ////,i
..   /////,i
...  〈/////,i                 -――- ミ__
    ∧////,!             ´. . . . . . . . . . . . . . .` 、   、
    {'////,八     ___ / . . . . . . . . . . ´ ´ . . . . . . . .ヽ ___,))
.   ト{///////ヽ__,  ´   .::::.. . . . . : ::::// . .::.. . . . . . . . . . ゞー '       よくわかる大喜利村
  八//////∧.       /::::::::::::::::::::::.., , ...::::::::/: :./ .: . .: . . ..ム
   マ//////,}.    -=/:::::::::::::_____,ノ ./..:::::-/‐-/j:::::::::::::::.. . . .,
    ∨/////}     /:::::::::::::::`ー, . :/:::::∠ァ≠ミ、  i:::::::::::::ノ:: . . .}        1.DEGAWAになる
.     ∨///〈 / /::::::::::::::::::::::: ′;′:::::7'V ハ  ,ノ::::::/}:: . . . ;
    -―‐- ミ  .,.::::::::ノ:::::i::::::: {  {::::::::::i. ` ' ∠ イ`,ノ::::人. {         2.昼にお題に答える
  ´ -―― ミ `ー==彡':::::,.:::::::人:人::::::人.     , 以´::::/::( ヾ
  (     \/>-===彳::::/, ⌒ マ:::::`ヽヾ〉 、 _  ,ハ:::::( `ヾ          3.夜にお題を貰う
        / _,. イ:::::::::://     ヽ::::::::)'、    ノ:::乂:::ー'ノ
   _  ‐七爪::::::::::::::::::/ ′     V:::::ヽ个=≦::::::::::::ゞ≦='}          4.2日目、3日目はAA非推奨
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ       )::::::ハ__〈、:::::::::::::::::` . <
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ´        '::::::::丿 ⌒( ̄`、、::::::::::::)
   :::::::::::::::::::::::::::::::::/        .人:::::(_____,  > __):::::::::/
    :::::::::::::::::::::::::::::人.           〉ー一´    ヽ` 、八
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ r≦三三≧, /\        i  ::::)
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{三三三三i}ハ⌒ヽ  ゝ     l  }''´
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂7´ ̄ `ヽ}∧       ー‐,'  '
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    i7/          i  i
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l∧          |  }」」
二ッ岩マミゾウ 「大喜利村の説明おわり(棒)」
ジョルジュ長岡 「はやっww>マミ」
ヴラド三世 「凄いわかりやすい!(棒」
二ッ岩マミゾウ 「決闘村で村立て勉強してみっかのー」
ジョルジュ長岡 「講座お疲れ様でした!!
面白かったですよー>三世」
二ッ岩マミゾウ 「みんなでいこう大喜利村!新人募集中!」
できる夫 「それじゃあ改めて僕もこのへんで
お疲れ様でした」
ヴラド三世 「ありがとう>ジョルジュ」
ヴラド三世 「おつかれー>できる夫」
ジョルジュ長岡 「じゃお疲れ様だよ!!
僕は普通村言って来るね!!」
二ッ岩マミゾウ 「ヴラド公はありがとうの!
村立てに慣れるためにも決闘村で村立練習何回かしてみるわ!
そして最後のAAそんなシーンなかった気がするから改変じゃな!きっと!」
ヴラド三世 「碌にない?載ってないだけだ>マミゾウ
あと、これはちゃんと原作でもあるw」
二ッ岩マミゾウ 「げ マジか
やっぱりランサーは自害するものなのかのぅ……」
ヴラド三世 「あぁ、碌にもあった>自害するAA
見逃していただけか」
二ッ岩マミゾウ 「ウサギは寂しいと死ぬ
ランサーは自害しないと死ぬ
いい俗説じゃ!」
ヴラド三世 「ヴラド三世は自分から自害するランサーとまで呼ばれたからな>マミゾウ」
ヴラド三世 「アポクリファのカルナとヴラドは自害するかどうかだな
EXTRAの俺は死因としては自害してないしな」
二ッ岩マミゾウ 「ぐー読むべきじゃったなぁ
ヴラド公かなりチート臭かったから今回こそランサー勢が無双するもんじゃと」
二ッ岩マミゾウ 「ランサー陣営はもうちょっとこうなんというか優遇されて欲しいのぅ
優遇されたかと思ったらランチャーになっておったりするし」
二ッ岩マミゾウ 「しかしヴラド公はあいすまなんだ
村終了後も長く突き合わせてからに」
ヴラド三世 「ランチャーになったからランサーの呪いから逃げれたともいえるな>マミゾウ

というか、アポヴラドは宝具からして自害か自滅しか考え付かない」
ヴラド三世 「いや、俺も村のことで話すのは楽しいからな>マミゾウ

新しい人や戻ってくる人がいるというだけでも喜ばしいことよ
この村は人の需要と供給で成り立ってるからな」
二ッ岩マミゾウ 「ひどいのぅ
ライダー陣営の優遇っぷりをもうちょい分けてほしいわ」
二ッ岩マミゾウ 「そうじゃのー
こんだけ盛況なのにプレイ中に身内臭が強くない村ってなかなかないしのぅ
プレイ環境としては最上じゃとわしは思う」
二ッ岩マミゾウ 「プレイしてる人のマナーもええしな
突然死がこんだけ少ないのって人狼じゃ珍しい気もする」
ヴラド三世 「ルーラーのあやつの人気に押されてるからな>マミゾウ
まさか自分の人気を邪魔するのは男だとは思うまいて」
二ッ岩マミゾウ 「一回某所の初心者村いってみたら中身メタ同然で推理が行われててな
それ以降入りづらくてしょうがなかったのぅ」
ヴラド三世 「あぁ、それは確かに辛いな>メタあり推理

HN村なら兎も角、普通の村でそれをされるのはな
身内村とか書いてあるならいいかもしれんが」
二ッ岩マミゾウ 「ジャンヌは……その……なんじゃ」
二ッ岩マミゾウ 「なんか○○は毒希望!だから噛まない!
○○は狐希望!だから占わない!んでそれが実がブラフだのなんだのを起点に推理始まってたからついていきようがなかったのぅ」
ヴラド三世 「まぁ、俺も鍋村でミカタさんがいたら

「あぁまた敵陣営なんだろうな・・・いやでもその思考は駄目だ!」
その結果、終了後
「やっぱり敵陣営だったよwww」とかあるからこれが怖い
メタが入ってきてしまうと思考が鈍る」
二ッ岩マミゾウ 「わし2年近く日本離れてたから帰ってきたときは驚いたのぅ
ここの鯖がいまだに盛況で」
ヴラド三世 「つまり、俺と入れ替わりかな>二年離れてた
俺が入ったのは丁度二年前だし」
二ッ岩マミゾウ 「メタ推理はゲーム中はやめておくべきじゃな
いうとしても夜の独り言の中においてでやるべきじゃ
昼にいったら周りの人から見ればなんだそれじゃし」
二ッ岩マミゾウ 「というかメタ推理して後悔しなかったことがわしはないのぅ
二年前に参加かーちょうどわしが抜けたときにご来民か
おしかったのぅ」
ヴラド三世 「言っても夜だと思うのだが・・・
それを前提に推理するなら
人狼ではなくPHPとの確率論の戦いになるような」
ヴラド三世 「いや、PHPというよりシステムのが正しいか
PHPがなんの意味がよくわかってないし俺」
二ッ岩マミゾウ 「PHP……
えーとわしの認識じゃ確か役職分類するシステムじゃった気が」
二ッ岩マミゾウ 「まぁ適当なこというのもあれじゃしわからんときっぱり言っておこう!」
ヴラド三世 「そうだな、丁度二年前に一気に人が増えてな>マミゾウ

4~6月に入ってきた人は春組とか呼ばれたりしたな
あの頃が懐かしい・・・・もう二年もたったのかorz」
二ッ岩マミゾウ 「うーんそうすっと2010年春か いや2011年かの?
やる夫と人狼の遊戯ってそこらじゃっけ?」
二ッ岩マミゾウ 「あれ以降新規民増えたというのは聞いたのぅ」
二ッ岩マミゾウ 「あ2011年の3月じゃの>やる夫と人狼の遊戯」
ヴラド三世 「そのあたりですね>マミゾウ

丁度、人狼の遊戯もその頃より少し前に投下されましたね」
二ッ岩マミゾウ 「そういえばヴラド公はどういったきっかけで入村はじめたんじゃ?」
ヴラド三世 「私もある夫さんの人狼の遊戯で興味を持って
それからその年の2月?くらいわかめてでやってたんです」
二ッ岩マミゾウ 「わしはもろにアル夫さんのリプレイ世代じゃったんでの
新規民やそれ以降の人がどういうきっかけで入村するかは気になる
宣伝の指向性がわかれるし」
二ッ岩マミゾウ 「あ~やっぱり人狼の遊戯で興味もつひと多かったんじゃの」
ヴラド三世 「それから、ある程度やってから
同村者の方といざこざがあって村に入るのは控えようと思ったんです

それで、我慢できずに他のところがないかなと思ってたところに
アル夫さんのリプレイであった翠星石鯖を思い出してこちらの方に移住しました」
二ッ岩マミゾウ 「あれスゴイ評判ええしの わしも大好きじゃ」
二ッ岩マミゾウ 「わかめてはのぅ……
わしはちょっと苦手」
二ッ岩マミゾウ 「ストレートにこっちの鯖に来たってわけじゃないんじゃな?ふむ」
ヴラド三世 「こちらの方だとRPメインで
初心者村も初心者に優しかったので凄く楽しかったです

あとは私と同期に入村した人との交流ですね
リプレイ作者であるアル夫さんや、その中で輝かしい働きを残した皆様方
さらに、てとり足とり教えてくれた先輩方や一緒に入った仲間たちのおかげで
今も楽しく続けられています」
二ッ岩マミゾウ 「わりと新規民増えてほしい勢なんで宣伝頑張りたいとか思っててのぅ
人増えすぎてマナーとか悪くなる可能性もあるが、それでも の」
二ッ岩マミゾウ 「やっぱり繋がりじゃのー
ベテランが優しいってのは大きいとわしも思うのぅ!」
ヴラド三世 「えぇ、わかめての方が一番先に来たので>検索した結果

あとは、リプレイでもわかめてのがよく目にした覚えがあるので」
二ッ岩マミゾウ 「2年ぶりに帰ってきて入村してゲーム終了後に
12346さんから炙り鮭さんお久しぶりって言われたときは嬉しかったわ」
ヴラド三世 「私の場合、同期に入村した人が多かったのも大きいですね>マミゾウ

他の方の話を聞くと「自分の月は入った人が少なかったから一緒に話せる人がいなくてさみしかった」
とも聞きますので」
二ッ岩マミゾウ 「わしもいつかベテランになったらああいう風に教えたいのぅ>修羅枠
NGyさんやもくずさん、先輩方には随分とお世話になった」
二ッ岩マミゾウ 「ああやっぱりそうじゃのぅ……
どうしても同期いないと寂しい面はある
わしも結構寂しがりじゃし
というか該当する人がすくなすぎる」
二ッ岩マミゾウ 「でもそれでも初心者村いけば入村数で同期の人がいるしの!
同期作りやすい環境が定期的にもたらせるというのもここの鯖のいいところじゃ!」
二ッ岩マミゾウ 「いやはや話が長くなってすまなんだ
そしていつのまにか敬語になってるのにこっちはRP発言ですまぬ」
ヴラド三世 「初心者村も今でも毎週やれてますし凄いですね」
二ッ岩マミゾウ 「一時期ヒロさんもやっておったがの!
あれはカオスじゃった!今いそがしいからできないみたいじゃが」
ヴラド三世 「いえいえ、オキニナサラズに
RP発言してても、途中でRP抜けるとかもありますのでw」
ヴラド三世 「ヒゲの初心者村ですねw

誰もがヒゲのHNをみて「ブラフの人ですか?」「いえ、それ僕じゃないんです」
というやり取りを視た気がするw」
二ッ岩マミゾウ 「しかし平家一門さん今まで早苗鯖民じゃと思っとたなぁ
誰と勘違いしてたんじゃろう……謎じゃ」
二ッ岩マミゾウ 「さっきまで大声だして推理いってたのが急に普通に発言しだすと草回避じゃ>ヒゲ村」
二ッ岩マミゾウ 「不可避じゃな」
二ッ岩マミゾウ 「紅きヒゲは色んな中身が合っておもろい
普通村じゃと大体ベテランが入ってる気がするが」
ヴラド三世 「誰でしょうねw

ヒゲアイコンする人は何人かいるけど
ヒゲみると、ヒゲかな?って思っちゃう
それぐらいヒゲのイメージは強い」
二ッ岩マミゾウ 「でもそうすると他のアイコンで入村してたりする不思議」
二ッ岩マミゾウ 「スバルさんのヒゲはすげえ冷静で面白かったのぅ
個人的にマリーさんのヒゲが本家に似てて素敵」
ヴラド三世 「ヒゲのブラフ臭はまだ私には出せない」
二ッ岩マミゾウ 「とりあえず霊能疑えばいいんじゃそして撤回(震え声)」
ヴラド三世 「あとはヒゲのせいとか言ってればおkという
ヒゲの自由さが凄い」
二ッ岩マミゾウ 「ああいうふうに わしもなりたい まみぞう」
ヴラド三世 「ブレナイってのは素晴らしいですよね」
二ッ岩マミゾウ 「案外はっちゃけたRPの方が喋れるから初心者におすすめという
一時期のキバヤシRPと一緒じゃな」
ヴラド三世 「やる夫とかやらない夫とかもメジャーで話しやすいからいいですよね」
二ッ岩マミゾウ 「ティリーン!思いついた!
サム村もこの前あったしヒゲ村を開催してみるわ!」
ヴラド三世 「さて、それでは俺も刻限だ

名残惜しいが、村を去るとしよう
話につきあってくれたマミゾウには感謝する」
ヴラド三世 「ありだwwww>ヒゲ村」
ヴラド三世 「この村は長いログとなっています
ログを視る際は、お気を付けください
現在時間0:16分」
二ッ岩マミゾウ 「そうじゃのー初心者が一番つまらなく感じるのって
昼会話ついてけない→初手吊り→わけわからんつまらん!ってやつじゃしなー
その分ここの鯖はGMの霊界会話でフォローできとる」
二ッ岩マミゾウ 「おっと失礼した
長引いてすまんの!
同村した際はよろしくのー!>ヴラド」
ヴラド三世 「その時はよろしくお願いします>同村した時
では改めてノシ」
二ッ岩マミゾウ 「んじゃま閉めるかぃ
入村者に感謝を!ここの情報を見て中身考察とかしちゃダメよ☆

んじゃま皆の衆ありがとうの!さらば!」