←戻る
【紅2132】やる夫たちの普通村 [3885番地]
~雪降り過ぎじゃあないですかねぇ?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon GM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon 十六夜 咲夜
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[占い師]
(死亡)
icon 真紅
 (阿修羅◆
vP6s3EUZjtwt)
[人狼]
(死亡)
icon 鈴仙
 (シルク◆
Jvv0i0XZTs)
[村人]
(生存中)
icon 雪華綺晶
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[霊能者]
(死亡)
icon ラインハルト
 (アトモスフィア◆
WIPbi/qqf2)
[村人]
(死亡)
icon 金糸雀
 (U_Q◆
Iitcy9F0l2)
[妖狐]
(死亡)
icon やらない夫
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[人狼]
(死亡)
icon 守屋ひより
 (hiyowa◆
FKHzEy7fJRwF)
[狩人]
(死亡)
icon 発条サメ
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[共有者]
(死亡)
icon できない子
 (crippled◆
u8EXFHad7cCR)
[村人]
(死亡)
icon アリス
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[人狼]
(生存中)
icon やる実
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[村人]
(死亡)
icon 折木奉太郎
 (¥1=$2014◆
nXMpvBeEos)
[村人]
(死亡)
icon 葉隠康比呂
 (crescent◆
paTche.IL.)
[村人]
(死亡)
icon ナズーリン
 (シンファクシ)
[狂人]
(死亡)
icon 宮小路瑞穂
 (XKR◆
hannariBX.)
[村人]
(死亡)
村作成:2014/01/10 (Fri) 19:54:34
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、
人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
GM 「・昼AA自由
・狐遺言禁止
・超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合」
GM 「20:30開始予定 埋まり次第前倒し それじゃあ報告してきます」
十六夜 咲夜 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
十六夜 咲夜 「よろしくお願いしますわ」
真紅 が村の集会場にやってきました
真紅 「よろしくお願いするのだわ」
GM 「いらっしゃい」
鈴仙 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
鈴仙 「よろしく…お願いします」
十六夜 咲夜 「よろしく
同じCV沢城繋がりだし、紅茶でも御馳走しようかしら」
十六夜 咲夜 「あら、いつだかの妖怪兎
まだ食べられてなかったのね」
闇野闇子 が村の集会場にやってきました
鈴仙 「変な薬とかいろいろ飲まされてますからね
嫌がって食べないのかも」
真紅 「同じ沢城?・・・ああ、同人アニメのことね>咲夜」
闇野闇子 「よろしく頼むぞ」
GM 「いらっしゃい」
ラインハルト が村の集会場にやってきました
ラインハルト 「よろしく」
GM 「いらしー」
闇野闇子 「お葬式はいつがいい?」
金糸雀 が村の集会場にやってきました
真紅 「ドールRP3回目なのだわ」
金糸雀 「ただいま参上かしら!」
GM 「いらしー」
GM 「遺言作ってるから暫く無反応」
真紅 「金糸雀、久しぶりなのだわ」
十六夜 咲夜 「こんばんは各種

紅魔城Ⅱで沢城さんが担当してくださってるのよね>真紅

なんだか生体濃縮が起きてそうね>鈴仙」
金糸雀 「全てカナにまかせておけばいいかしらー>真紅」
かりい が村の集会場にやってきました
十六夜 咲夜 「ちなみに
真紅は最初期のドラマCDだと堀江さんが担当していたので
一人で神原後輩と羽川先輩ができるのだわだわ」
守屋ひより が村の集会場にやってきました
かりい 「おいっすー」
守屋ひより 「こんばんわ」
発条サメ が村の集会場にやってきました
発条サメ 「よろしっくーな」
守屋ひより 「こんばんわ」
真紅 「紅魔郷2・・・わからないのだわ

東方作品には疎いけど、二次創作は大好きで応援してるのだわ>咲夜」
闇野闇子 「そうだな……」
かりい 「真紅って本編じゃだわだわ言わないと聞いたが
本編見てないから知らんが」
できない子 が村の集会場にやってきました
アリス が村の集会場にやってきました
アリス 「こんばんは。」
できない子 「こんばんは。」
守屋ひより 「こんばんわ」
やる実 が村の集会場にやってきました
かりい 「ここに来るまで東方がシューティングと知らんかった」
やる実 「だお」
真紅 「そう、じゃあ少しRPを切り替えようかしら

・・・できない子ォォォ!!!!!」
守屋ひより 「こんばんわ」
kari が村の集会場にやってきました
真紅 「わたしと愛の巣作りよ!!!」
葉隠康比呂 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
ナズーリン が村の集会場にやってきました
できない子 「えっ、怖い。」
かりー が村の集会場にやってきました
kari 「こんばんは。」
金糸雀 「何故か矛先ができない子に飛んだー!?」
葉隠康比呂 「よろしくおねがいするべ」
守屋ひより 「こんばんわ」
かりー 「こんばんは」
ナズーリン 「こんばんは」
闇野闇子 「やはり日の光は私には辛いぞ……」
GM 「戻ったら真紅のネジぶっとんでた件
どうしてこうなった!」
かりい 「どうしてそうなった」
真紅 「・・・少し、取り乱してしまったわね」
できない子 「少し?」
GM 「埋まったみたいな―」
ナズーリン 「13番目くらいだと思ったが存外埋まっていたのか」
闇野闇子 「闇野闇子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:闇野闇子 → 雪華綺晶
アイコン:No. 8418 (闇野闇子) → No. 583 (雪華綺晶02)」
金糸雀 「(これダメな方の真紅かしら)」
十六夜 咲夜 「殆どいわないわね>だわだわ
水銀燈も乳酸菌ジャンキーじゃないし」
守屋ひより 「仮系の人は変更よろ」
雪華綺晶 「よろしくお願い致しますは、お姉様方」
GM 「それじゃあ各員のアイコンが決定と投票を確認次第咲夜さんは任意のタイミングでカウントどうぞ」
ラインハルト 「おや もう埋まっていたのか」
十六夜 咲夜 「この真紅……納屋でブスリと刺す真紅ね……」
かりい 「んーんー」
かりい 「かりい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりい → やらない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 420 (やらない夫)」
金糸雀 「きらきーも来てたかしら。ここをドールズ村にするかしら」
やらない夫 「久しぶりにやろう」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 宮小路瑞穂
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1730 (宮小路瑞穂02)」
やらない夫 「しかし統一感ねえなAA勢」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 折木奉太郎
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5912 (折木奉太郎2)」
鈴仙 「師匠のとんでもない薬、ちゃんと処分したはずなのに
どうして服用しちゃったらしき人がこんなにいるの…」
真紅 「わたしが味方になれば勝利は安泰だから安心しなさい

(で、ででできない子ハァハァ)」
葉隠康比呂 「悲しいことにどんだけドールを集めてもこの村でアリスは決まらない、と俺の占いがそう告げてるべ>金糸雀」
雪華綺晶 「Ring-a-Ring-o' Roses,♪
A pocket full of posies,♪
Atishoo♪ Atishoo♪
We all fall down.♪」
ラインハルト 「銃殺された真紅が居た」
やらない夫 「あかん」
十六夜 咲夜 「全員アイコン決めたみたいね
それじゃカウントを始めるわ」
金糸雀 「7割外れそうで安心したかしら>葉隠」
できない子 「どう接していいのかむずかしいものだね。」
発条サメ 「そんじゃ全員準備できたみたいだなゼンゼン」
やる実 「さあ、はじまるざますお」
十六夜 咲夜 「3」
十六夜 咲夜 「2」
雪華綺晶 「さあさあ、楽しい楽しいお茶会ですわよ?」
GM 「ゆくでがんす」
ラインハルト 「楽しもうではないか」
葉隠康比呂 「お、らき☆すたの時間だべか?」
やらない夫 「ふんがー」
できない子 「ふんがー。」
十六夜 咲夜 「1」
雪華綺晶 「ふんがー>康比呂様」
できない子 「くそっ! かぶった!」
十六夜 咲夜 「紅魔館当主レミリア·スカーレットの名に誓い
全ての人狼に鉄槌を!」
雪華綺晶 「発想は皆同じ♪」
ナズーリン 「まともに始めたまえ」
やらない夫 「俺の勝ちだな」
ゲーム開始:2014/01/10 (Fri) 20:19:36
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
雪華綺晶の独り言 「あらあらまあまあ♪」
ラインハルトの独り言 「ほう」
発条サメ(共有者) 「わーい」
GM(共有者) 「やあぼくsariel」
やらない夫(人狼) 「リップバーンだっけか?」
折木奉太郎の独り言 「ブラクラじゃねえか」
できない子の独り言 「ふむ。こういうことね。」
葉隠康比呂の独り言 「うーん、この圧倒的素村率・・」
金糸雀(妖狐) 「おー。希望でも全然なれなかった狐かしら!」
GM(共有者) 「それでは頑張ってね」
やらない夫(人狼) 「はいよろしく」
アリス(人狼) 「どうも、一回を除き七連続人狼陣営の私です。」
ナズーリンの独り言 「信用をとれない騙りをするか」
雪華綺晶の独り言 「RPでただただ踊り狂えばそれで満足♪」
発条サメ(共有者) 「というわけで初日GMか
一日だけだがよろしっくゼンゼン」
金糸雀(妖狐) 「何か面白いことやりたいかしら」
ラインハルトの独り言 「また人外になると思ったが」
十六夜 咲夜の独り言 「フーム
真面目にやってる時に限って占い師がきますか」
アリス(人狼) 「ロベルタっぽいのよね。」
やらない夫(人狼) 「お、おう」
守屋ひよりの独り言 「村建て感謝>GM」
雪華綺晶の独り言 「そうだったのに、これは何?」
「◆GM GMはsariel それではどの陣営も勝利目指して頑張って欲しい」
真紅(人狼) 「おおう 狼は苦手なのよ・・・」
やらない夫(人狼) 「ああせやせやロベルタや」
ラインハルトの独り言 「久しぶりの村人だな」
守屋ひよりの独り言 「             __,..-‐:─::─::─::─-:.、_
           ,ィ´:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヘ.:.:.:.:.:.::.;;ヘ::.:、:.::.:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:./:.:.::i:.:|.::|`゛``"'|`"´'|:.:|::::.:i.:.:.:ヽ、::.\
        /:.:.:.:.:.j:.:.:.::|:.:|i.:|    |   |:.:|:::.::|:.:.:.::.:.ヘ ̄`
       j:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.::|:.:||-|‐-、  |  -|‐-::::::|:::.:.:.:.::∧
        |:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:||::|レ'     /  j:/'|::::/:i:.:.:.:.:.:.:.ハ
       |:.:.:.:.:.:..|:.:.:.::||/___ 、  , ____ |:/::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       ∨:.:..::::|.:.:.:.:|=≡≡ }‐‐{ ≡≡ ´ハ:::!::_::.:.:.ハ:.:l
        ∨:.:.( |:.:.:.λ   ,ノ   、     {:::::{´ |:::.:| j/
        ∨:.:.`|:.:.:.:∧‐-‐" r-┐`ー-",ィ|:::::j ィ'^ヽ、
          〉:.:.r-ヽ:.:.:ヘヽ、 __V,ノ__,....イ:::!|:::( {二 〉
        /:.:.:/   \::.:\   λ `ヽ、|::::|:::::{ {-- }

狩人も久しぶりッスねぇ」
できない子の独り言 「阿修羅さんが個人的に「できない子」が好きということでいいんだろうか。」
発条サメ(共有者) 「お前だったのか(真顔ゼン」
アリス(人狼) 「ちなみに勝ったのは占い師を騙った一回だけです。」
守屋ひよりの独り言 「さてどうなりますやら」
金糸雀(妖狐) 「あ。一応確認かしら!
狐遺言は初日だけだったかしらー?>GM」
できない子の独り言 「はいよー。〉GM」
十六夜 咲夜の独り言 「占い師になるなら!
ロリコン咲夜さんになればよかった!」
やらない夫(人狼) 「俺もだ狼超苦手」
アリス(人狼) 「ですが何の用意もありません。(真顔)」
やらない夫(人狼) 「初日死んでも怒んないでね☆」
葉隠康比呂の独り言 「素村COだべ

良かったな俺に何の役職も与えなくて
さすがに3割しか正解しないようなものに村を預けるのは心もとないもんな」
ナズーリンの独り言 「呪殺以外は出る」
「◆GM 投票目安は130~200 投票時間リセットは1回のみ」
発条サメ(共有者) 「まあ、初手呪殺とか出てきてくれたらあれなんだけど
出てきてくれないのならなぁ
初手●でもいいけどゼン」
葉隠康比呂の独り言 「おっと遺言誤爆。」
できない子の独り言 「真紅とできない子が絡むやる夫系ストーリーとか無かったよな。」
真紅(人狼) 「わたしは潜るのだわ」
やらない夫(人狼) 「騙りどうする?
俺は潜る」
アリス(人狼) 「苦手ではないけど勝てるわけではないわ。(真顔)」
アリス(人狼) 「ペロッ、これは全潜伏。」
「◆GM 変え忘れなきゃいいよ。変え忘れたらいろいろ悲しみを背負う>該当者」
発条サメ(共有者) 「とりあえずゼンマイシャークは
調べれば調べるほどぶっ壊れ性能
だけどゼンマイ自体がそれほどなので規制緩和されてもいいと思うゼン」
ラインハルトの独り言 「Dieser Mann wohnte in den Gruften, und niemand konnte ihm keine mehr,」
やらない夫(人狼) 「            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l  負けて元々気楽にやろーぜ
           | (__人__)  ;;;;;;;;il
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
金糸雀(妖狐) 「おっけー了解」
アリス(人狼) 「狩人日記を全員で書いて狩人3COにしてやりましょう。」
葉隠康比呂の独り言 「狐が今頃面白い遺言を書いてるべか・・・」
GM(共有者) 「mtgだっけ遊戯王だっけ?」
ラインハルトの独り言 「ははは ははははははは」
アリス(人狼) 「90秒で私が噛むわ。」
やらない夫(人狼) 「じゃあ全潜伏ルートで好き勝手やるで」
真紅(人狼) 「全潜伏把握よ 3COwwwwwwwwww」
やらない夫(人狼) 「高度ななんちゃら」
発条サメ(共有者) 「遊戯王ゼン」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
十六夜 咲夜 は 雪華綺晶 を占います
アリス は GM に狙いをつけました
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言       _                 />.、_ ノミx--=<.
     .// __   ,ィ≠  /: : : : ト、       =≦ ̄} _ _
     //イ   \  _.≧x ´〃`ー 个.、 > ,   \ .≧x: : : : :|_
    ./  , -=≦ ̄ ̄ / /::/     i|  ヽ   ≧x   ヽ  \ : |ヾ ̄
   / ./フ      ./, < /         /   \ |i   \ーr―‐┐
   | |/    , =≦    /         ∨     \ト、    \:.:.:.:. | _  /
   ¨./     |       i|                       \    ≧=<_ノ八
     |    //     i|   |    ト、   ‘,    ハ   \       /  \ |
\   |    ∨      |   |    |ハ   .∧、    ヽ ./. \    ,′   ソ
/≧=ヾ  /|     | i|   |    |. ヾ ./ | \    ∨  ̄ /   ∧  
       X .八   ト、  | i| .八    |≧彡\ | 、_≧=ァ、_ ≧= /   /  \     昼AA自由
    ./  {  ヽ i|ハ | i|   |\ .八///.  ヾl  ヾ≠    i| /   /.    \   狐遺言禁止
   〃   i|   | ト、∧ji 八  ト、.∧.     ,   // //   /l./   /        |ヾ  超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合
   {{         | ト、ヽ∧   ヽ | i|ヾ ヘ   r,    ーzイ  ,/イ}   /        i| }}  GMはsariel
   | |i       八{ \ :ヘ  ‘,i| {ヾ.\     イ . /ー=彡 |:|i  / ./       リ
   | 八      ヾ. {: \‘, .ト、{.八≧x.`ー< >//  ,.イ:j /} /      /
i |     ヽ      \: :{::::lヾ i|:∧  \: : .x< : :./'   /:.:|\: : ∨     ./
i |     \     ./: :|:八:.ヾ{:.:.}   〉': : : : :/  /:.:. |:::::〉: : 〉     ./ ノ
八         \    / 〉、|::::::ヽ:.:.ノヽ  / : : : : /  , イ}:.:.:.:.:リ:::/: :/  _ / ̄: `ヽ
  \          ̄ /{{_jj::::::::::::〈  .r、/\:/ ヾ/彡イ:.:./:::/: :/-=≦ /: : : : : : :
八  \       / 八¨ヽ:::::::::::ヽ >_|__}  _ノ::::::::::{{_jj     /: : : : : :: : :
: : \       /     ∧::::::::::{ヽ三三三三彡≦三三≧.イ__ /: : : : : :: : : :
: : :. :.\_r‐= ≦-、≧=:-:∧:‘,::::::ヽノ::::::∧::::::::ノ|:/三三彡〉: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : /:.:.:.:.:\: : /: :〉: :〉::::::::∧¨: : : ¨ : : /:::::::::::/:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : :./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:./:/∧:::::::::‘,: : : : : /:::::::::::/|:.ハ: : :/:.:≧=-:..: : : : : :
: : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.∧:::::::::: ト、:_:_:_:.;::::::::::::/:八:.::}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: : : :
: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:. /:.∧::::::::|:.:|:::::|:,':::::::::: /:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__
: :<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.: /:.∧:::::ハ:j::::::l:::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:
二ト、:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::: ト、:/::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:
: : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-、/}:::::〉.| 〉://{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.::./
: : : : : :.≧=--=≦:.:.:.ヽ  ̄ T: : : : : : : : :∨ l'/ : : |_ _ _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.::./
≧=-r-=二:.:_:.:.:.:.:.:.:.:./  ∧: : : : : : : : :.∨'ト.;′: : : : : :.|\:.:.::≧=-:.:_/:.:.:.:.:.:./\
  ./      ̄ ̄,    ト、:ヽ: : : : : : : : }ノ .l: : : : : : : :.ト、 \:.:.:.:.:.:.:.:.:x≦ ̄   /
   \      /|__/  ヽ:ヽ: : : : : : :|  i|: : : : : : :/: :/\/`ヽ:.:./ ̄ ̄ ̄ ̄
    \  ./        ハ: : : : : : : リ   |: : : : : :": :/       ¨
      \/          \: : : : :/  八: : : : : :/
                       `ー '    `ー ´
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ラインハルト 「グーテンモルゲン

そうだなこの村は初日銃殺から始まると予言しようか」
やらない夫 「おはよーございますだろー
占いはCOしてくれよー
常識的にな常識的に
潜伏とか止めろください」
雪華綺晶 「♪」
葉隠康比呂 「とりあえずAA勢がまともに始める気ナッシングだってのは分かった
まあそれが分かったところで何も変わらないけどな。
というわけでさっさと占い師とかはCOするべ!」
アリス 「おはよう。」
やる実 「おはよさんだお」
折木奉太郎 「スタンド使いは互いに『惹かれ』合うらしい。
そういう視点でジョジョを見てはいけない(戒め)」
金糸雀 「おはようかしら!
ドールズが全員村であると思いたいのかしら!
でも真紅が共有だと以下略」
ナズーリン 「占い師CO 折木奉太郎〇だよ」
真紅 「おはよう 」
発条サメ 「おはようゼン」
宮小路瑞穂 「ごきげんよう」
ナズーリン 「占い師CO 折木奉太郎〇だよ

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」
という考え方は嫌いじゃない。
私は古典部シリーズを読んだことがないのでどんな人物だか知らないがね。」
ラインハルト 「死体が1つとはな 興醒めだぞ」
守屋ひより 「おはさむよう」
できない子 「おはよう。」
雪華綺晶 「空から舞い降る星のよう♪
私の瞳は霊能者♪
あなたの真実、聞かせて頂戴?」
十六夜 咲夜 「私の占いは3.5割り当たる
雪華綺晶 ○」
やらない夫 「占いー?」
鈴仙 「おはよー」
十六夜 咲夜 「理由
折角ですから一番好きなドールを
貴女の狂気的な笑顔が
貴女の末妹としての悲哀が
全て報われますように」
ラインハルト 「ふむ」
鈴仙 「寝坊した。んで2-1?」
金糸雀 「>葉隠
お前占いじゃないのかしら!」
発条サメ 「共有COゼン」
葉隠康比呂 「占いは2人か。ま、ナズはちょっと信用ならんのではよ銃殺だせってことで。」
やる実 「ここで初日共有を告げる知らせとかあっても罰はあたらんはずだお」
宮小路瑞穂 「ふむ、2-1ですね」
真紅 「2-1ね グレラン安定よ」
雪華綺晶 「Ring-a-Ring-o' Roses♪」
ナズーリン 「削ってそのまま貼り付けたが気にするな」
鈴仙 「ナズ咲って珍しいわね」
やらない夫 「きらきーは霊能だよな」
雪華綺晶 「A pocket full of posies♪」
ラインハルト 「十六夜の占いCOの遅さが気にかかるのが本音 と言っておこうか」
金糸雀 「2-1で○進行なのかしら?」
真紅 「共有も把握したわ グレランね」
アリス
                ---  、
                / _  r 、 ヽ
              / l ´ __i ‘ , \
           /l l/ l l ヽ } i   \
           i/ /l_廴l ┼ 7ヽi l 、 ヽヾ、
           / { ヽ\ l ,イ7 l/  l ‘,     AAがありだったという事実に基づき以下略。
           ,′/{ ヽ伐   ゞ', /ヽ  l', }
            i  i八ヽ ヘ - /,'{ l∧l }ノ      別に普通の展開だった。
          ', /  ヽlルヽ/7/l { ∧l ヽ
.        - 、   ヽ  r′/ 7/==ヽ |   i
       l::::l:::::7ヽ、  // /l/    ヽ  l ヽ」
雪華綺晶 「Atishoo! Atishoo! ♪」
十六夜 咲夜 「ふむ、対抗一人ですか
狼目かしらね」
できない子 「騙りがテキトーに結果出すだけでも三割五分くらいは当たるんじゃないか。」
守屋ひより 「ゼンて誰?」
雪華綺晶 「We all fall down♪」
発条サメ 「ちなみに相方はそこの死体
オラ喜べ。2-1の時に合って欲しい相方初日ゼン」
ラインハルト 「共有はFOでよかろうよ」
折木奉太郎 「さて、僕に出来る事はRPすることでもなく
しゃべりに徹することでもなく、ただ傍観に務めることだろう。」
葉隠康比呂 「始まる前から俺に占いが来ないことは俺の占いが伝えてた・・・(震え声>金糸雀」
金糸雀 「>ラインハルト
言うほど遅いかしら・・・?」
折木奉太郎 「なにしろめんどくさい。」
ナズーリン 「私の○が共有や霊能出ないのなら最低限の仕事はした
追いかけしろというならそうしよう。」
やらない夫 「2-1でさくやが無駄占いか」
宮小路瑞穂 「もう葉隠さん要らないんじゃないんですかね>できない子さん」
ラインハルト 「ほう ならば霊能は真確定
占い師もどちらかが真というわけか」
やる実 「咲夜の遅さが気になるんだったら、折木奉太郎だけ気にしてりゃ良いからべつにどうでもいいお」
十六夜 咲夜 「無駄占い、と
嫌になるわね」
できない子 「そこの死体? ああ、やらない夫のことを指摘に表現したのかな。」
アリス 「寒いので発言が捗らないという言い訳を添えていくスタイル。」
雪華綺晶 「あらあらあらあら>サメ様
まさか真逆の潜伏霊能♪ 許されました?♪」
やる実 「わーい>初日共有」
葉隠康比呂 「お、共有初日か。これはツイてるべ。
あとは交換して圧殺すりゃどうにかなるんじゃないの?」
やらない夫 「やったね真混じりと霊能真確定」
できない子 「元々必要無いという説がある。〉瑞穂」
真紅 「真混じり+真霊、狩人生存も確定

最高ね」
雪華綺晶 「薔薇の花輪だ♪ 手を繋ぎましょう♪」
守屋ひより 「まあ初日はムダ占いはしょうがないさ
それよりグレランなんだから共有FOお願い」
宮小路瑞穂 「この展開で初日共有は美味しいですね。」
ラインハルト 「霊能より遅い というよりも同時というのか様子見をしすぎでは無いかね?>金糸雀」
雪華綺晶 「ポケットに花束刺して♪」
金糸雀 「共有初日なら真混じり確定かしらー!
これって結構美味しいかしら? 交換占いで灰圧殺とかいいんじゃないかしら!」
鈴仙 「すると完全グレーは11名」
雪華綺晶 「ハックション! ハックション! ♪」
ナズーリン 「最近共有初日でもあまり喜べないが、占い視点で言えば喜んでおこうか」
アリス 「占い師が遅いのは別にその占い師の信用度が下がってしまうだけと言えばだけなのでという喧嘩を売っていくスタイル。」
発条サメ 「というわけでグレランだ
占い噛まれたら一気にまずくなるから気張るゼン」
守屋ひより 「ああ 初日共有なのね」
十六夜 咲夜 「あと、遅いという意見もあるけどCOから理由までのスパンは短いから
その辺りも考慮してほしいわね>遅い早い気にする人は」
やらない夫 「誰が死体じゃ>できない子」
鈴仙 「守屋ひよりちゃんが反応遅くてかわいいかわいいなでなで」
雪華綺晶 「みぃんな ころぼ♪」
ラインハルト 「では狩人も居るので期待しようか
狼が全潜伏というのは考えにくいぞ
なので潜伏狂人もいるのだろうと考えて損はなさそうだと私は思う」
宮小路瑞穂 「やはり体験版の時のように最初の被害者にしておくべきでしたか>できない子さん」
やる実 「じゃあ,さっき言った事も大して気にしないで良いお
ナズーリン狂人で折木奉太郎が狼で初日占いっぽいかなと思ってCO数増やしたかどうかって事だからお」
守屋ひより 「ごめん ゼンの意味がわからなかったよ」
やらない夫 「            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l   そういやここって昼AAありだったよね!
           | (__人__)  ;;;;;;;;il
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
真紅 「葉隠、ラインハルトが怪しいわね。

いきなり占いの信用を落とすなんて、村の動きではないわ」
ラインハルト 「灰は広いが
十六夜の占いに囲いは無いというのは1つの情報だとは思うがね」
アリス
                 _,..-― ―- .._
               ,  ´          ` 、
              /    _rァ=ーrァニ, \.  \
               / /  r)''´   _   ヾi ヽ .l l
           ,.' i   i'´ _,.-ァ)='''''''=ァz、_ l  ヽ l .l
              l   j  レィフィ /      ',`ヾ  `ヽハ
           l /   ,' ./i ,イ    ヽ l ヽ    \
           |./ i  ,' _A十ハ._   -ハ=ノ、. ヽ、    ハヽ
          /' ./ .l ,.rzi jニ、ヽ   ノ|___ヽ,. 、ヽ、  ヽ.j`ヾz、     共有初日は喜んでおくべきである。
.           /,' ,rァi‐i¨.j / .トz:::j `ヽi' 弋ニソ .j ハ j lヽヽ、ハヽヽ ヽ、
         i i ,'|i     l ヽ.ヾ='  ノ    ./iヽ i!∧`ヽハヽ i /  ノ     しかし素直に喜ばない捻くれた者が私であり、○が一つ足りないのであった。
.           i!ヽ∨   ./  ヽ __       ,.' l ゙ー=≧ミト ソ
          ヽ lヽ  ー┬、 7_ ‐- ,.ィf   ァ、ー-、 l) i!/
            `ァ>  ./ ∨ |` ー ´ |  \ |  ヽ/ヽ!i| /
               /   j―=トニ___>ー''フ=―、         _,..-'''フ
           ,./    ハヽ  i!   i!イ ノ´    \      _,.-'''/,' /`ヽ
           ,.'/    .,'   `ヾ,.i!___i!rイ´/ヽ ̄ ̄ ̄¨\‐''¨   i i  `ヽr'´
         , '_/    ,'    /〉|   ヽ /   ./\     `¨>、.i i  ,r‐<
         _, '‐/    .,ヽ.   //ハ  // _,...-''    \  _/´  l. l. > _l」」
金糸雀 「>ラインハルト
まあナズーリンに比べれば遅いかもだけど、
それだけで信用が落としたくはないかしら。発言としては咲夜悪くなさそうかしら」
十六夜 咲夜 「個人的にはまぁ
うーんという>初日共有
無駄占いしてるのが響くなぁっていう」
鈴仙 「みんなルナチャイルドになっちゃったら誰がまともに歩けると言うんです>雪華綺晶」
雪華綺晶 「だれ~が殺した駒鳥さん?」
発条サメ 「ゼンマイで変換してみるとということゼン>ひより」
できない子 「あいつが一番仕事したのって○○○さん孕ませた時だよね。〉瑞穂」
宮小路瑞穂 「占いの早い遅い程度なら発言と結果でカバーできるので、私はあんまり気にしないですね」
葉隠康比呂 「共有初日なのかどうかって占い視点のメンタリティと関係あるべ?>ナズーリン」
ラインハルト 「占い師の感想を言って何か悪いかね?>真紅」
アリス 「私がちゃんと前例を示しておいたわよ。(キリッ)>やらない夫」
守屋ひより 「灰11人か…最悪狩人釣らないように気をつけないといかんね」
ナズーリン 「発条」
ナズーリン 「ぜんまいだな」
葉隠康比呂 「っ[ナズーリンの占い理由]>真紅」
やらない夫 「  ヽ _
、_ ノ    ̄ ''        / ̄ ̄\
 | \         /  ヽ、_  \
 |   ヽ       (  )(  )   |
 l            (__人__)     |
 l               (`⌒ ´     |
 !           {           |       じゃあ遊ぶか!
 .             {        ノ        全裸で何が悪い!!キャホォォォォォィ
                ヽ      > ̄ ̄ ̄ `ヽ、
                ヽ !/      _   \
                   / '´       /┬-、   `ヽ、
                / ,'     ,'   j   \   \
                  { !     /   /`ヽ、,、 `ヽ   \
                | 、  ★/   }─-、j,}   \   \
                l `''      ヽ        \  ヽ、
                   ゙、      /   |          \  `ヽ、
                 ヽ     /  ヽ             `i    |
                  \ヽ      \          l_ヽ、〉ノ
                        ヽ,`    /  \           ゙ヾソ
               _,, --─''´ ̄ ̄ ̄`   ヽ
            _,, -─''' ̄                }、
        /                     / ヽ
        {     \              _,,     \
          !      \ ̄ ̄''''''───‐''''ヾ        ヽ
           ヽ     ヽ            \       \
            \     ゙、             ヽ      ヽ
              ヽ    ゙、               \     ゙、
              \   ヽ                \     \
                 \   \                \      ヽ
                   \   \_                 \     \
                \    `ヽ               \     ゙、
                  \     |                \   ヽ
                   |     /                 \  `i-、
                   |    !                 ゙、    ヽ
                        |    }                   i.    |
                  〈/l゙///                       |    |
                      ̄`´                       |    l
                                         l     |
                                             j l l l | ノ
                                              ```゙`゙´
十六夜 咲夜 「まぁいいわ
初日共有なら好きにやらせてもらおうかしら」
金糸雀 「まあちゃんと様子見してた理由上げてるから出遅れって感じはしないのかしら」
鈴仙 「こんだけいれば狩人なさそうな人ひとりくらい検討つくでしょ>ひよりちゃん」
発条サメ 「ちなみにばねで変換してみると面白かもゼン」
やる実 「遅くでるって、村はそれなりに不安になるから,遅く出た占いがうーんとかあんまいわんでほしいお」
できない子 「目の前で延々と自分の悪口が流れていく中、意外にも葉隠これをスルー。」
真紅 「瑞穂も怪しい

今日はこの3人から吊ると良いと思うわ」
やらない夫 「時間が…時間が足りない!」
守屋ひより 「真偽-真 てことだよねこれ?」
アリス 「そしてこう、狩人がまた三択を強いられているのね。(棒)」
ラインハルト 「あぁ なるほど 確定○を作る占いか
面白そうだなあまり見た事がないが」
鈴仙 「黄色い救急車お願いします」
やる実 は 真紅 に処刑投票しました
宮小路瑞穂 「超過直前誘導してくる方に言われても」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 金糸雀 に処刑投票しました
折木奉太郎 は 真紅 に処刑投票しました
ラインハルト は 真紅 に処刑投票しました
ナズーリン は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
宮小路瑞穂 は やらない夫 に処刑投票しました
できない子 は 鈴仙 に処刑投票しました
発条サメ は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
守屋ひより は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
やらない夫 は 真紅 に処刑投票しました
真紅 は ラインハルト に処刑投票しました
鈴仙 は アリス に処刑投票しました
雪華綺晶 は やらない夫 に処刑投票しました
金糸雀 は 真紅 に処刑投票しました
十六夜 咲夜 は できない子 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は 金糸雀 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
十六夜 咲夜0 票投票先 1 票 →できない子
真紅5 票投票先 1 票 →ラインハルト
鈴仙1 票投票先 1 票 →アリス
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →やらない夫
ラインハルト1 票投票先 1 票 →真紅
金糸雀2 票投票先 1 票 →真紅
やらない夫2 票投票先 1 票 →真紅
守屋ひより0 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
発条サメ0 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
できない子1 票投票先 1 票 →鈴仙
アリス1 票投票先 1 票 →金糸雀
やる実0 票投票先 1 票 →真紅
折木奉太郎0 票投票先 1 票 →真紅
葉隠康比呂3 票投票先 1 票 →金糸雀
ナズーリン0 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
宮小路瑞穂0 票投票先 1 票 →やらない夫
真紅 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリス(人狼) 「 」
アリス(人狼) 「 」
アリス(人狼) 「 」
アリス(人狼) 「 」
アリス(人狼) 「真紅はお疲れ様。」
やる実の独り言 「あとは、ひよりかな」
やらない夫(人狼) 「すまん真紅」
ナズーリンの独り言 「(削り忘れてそのまま張ってしまった)」
アリス(人狼) 「さ、霊能者噛みましょうか。」
雪華綺晶の独り言 「あらあら」
金糸雀(妖狐) 「すまんのかしらー」
やる実の独り言 「あれを純粋な視点漏れと見るべきかどうかってはなしなんだがお」
できない子の独り言 「狩人なら咲夜護衛。というか咲夜真だろう。」
雪華綺晶の独り言 「あらあらあらあら」
ラインハルトの独り言 「まぁ 村人だと思うが」
アリス(人狼) 「そこで護衛成功が出るなら、やらない夫は生き残るわ。」
折木奉太郎の独り言 「喜んでる風に見えなかったから入れた。狼だといいな。」
雪華綺晶の独り言 「真紅お姉様が脱落してしまわれましたわ」
金糸雀(妖狐) 「初手から誘導するようなのはまあ非役職って感じで」
発条サメ(共有者) 「真紅がかなり投票されているか
そこを見ていこうかゼン」
やらない夫(人狼) 「俺かお前が吊られるヴィジョンしかうがばんかった」
アリス(人狼) 「で、いずれ占い師まで噛み切ってしまう。」
やらない夫(人狼) 「せやな」
守屋ひよりの独り言 「とりあえず霊能護衛かな
博打は好かん」
金糸雀(妖狐) 「しかしこれ霊能噛まれて信用戦に突入されたらヤバいのかしら」
宮小路瑞穂の独り言 「俺メモ:せっかくロリババアがいるのに全然活用しない東方おねショタ部には絶望した」
やらない夫(人狼) 「抜けりゃ抜けたで美味しいしな」
アリス(人狼) 「 」
やらない夫(人狼) 「全潜伏の時に限って
共有初日よ」
アリス(人狼) 「基本的に●に対して狩人日記は出さない。」
守屋ひよりの独り言 「               _,..-‐::─::─::─::‐-:.、_
           ,.ィ´:.:.:.:.:.:.iヘ:.::.:.:;ィ:i:.::.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /...:.:;':.:.:.:;|:.:|゛`゛"´"|:.:|:::.:.:.::i:.:.:.:.:\
        ,ィ´:: : : :.|:/.:/|:.:|     |:.:||:::.:..::|::..:.:.:.....ハ
       //:.:::i:.:.:.:.:|'::/ |::|     |:.:||V: : :|: : : : ::.:.:}
       /:.::::::|.:.:.:.:.|:.:|  |::|     |::| |∨::||:.:.:.....i.:.:.:|
        /:.::::::::|.:.:.:.:.|:.:|‐-ヽ|-'   ーj/-|‐∨|:.:.:.:.:.|:.:.:.|
     /:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
     |://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|
       / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|
          |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|
         |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|
         |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|
         |/|:レ|:.:.|:::;r-‐'´ {‐'  `;} `ー-:|:.:.:::|::::|j
          |:::::ヽ:|/ヽ、   |___/   //:.:.:/、:::λ
          |::::::::;/   \  |  / / /:;/ ハ:::∧
          |:::;ノ"  `/  ヽ、|_//   '"、i    }:::::ハ
          〈´   .::::/  / ゛ \     |   `〉::::::}

時には賭けに出る勇気も必要だと思いますがね」
アリス(人狼) 「私が狼だもの、初手●や呪殺でないだけマシね。」
できない子の独り言 「咲夜護衛さえしてくれれば寝てても勝てる村のはず。それくらい咲夜が真。」
守屋ひより は 雪華綺晶 の護衛に付きました
発条サメ(共有者) 「ナズーリンは葉隠
咲夜はできない子」
できない子の独り言 「咲夜真が無いなら潜伏趣味占いがいるか。」
アリス(人狼) 「 」
できない子の独り言 「でもそれは村人が考えなくていいことだろう。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
十六夜 咲夜 は 折木奉太郎 を占います
アリス は 雪華綺晶 に狙いをつけました
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
やる実 「初日に狩人の事気にした真紅ひよりハルトの3人をコキャッっとしていく感じじゃねーかお」
ラインハルト 「グーテンモルゲン

真紅が何を持って怪しいと言ったのか
理由を見れば役持ち臭いからと思うのだが
初日共有で2-1ならば初日は村人を吊って良いと私は思う
経費吊りと言えば良いのか 役持ちを狙ってそこが狩人だと困るからな」
アリス 「おはよう。」
発条サメ 「おはようゼン」
雪華綺晶 「人形遊びに終わりは付き物♪
もう大人になったの? お姉様?
真紅お姉様は●ですわ♪」
鈴仙 「死体がなければいいんだけど」
できない子 「おはよう。」
やらない夫 「おはよー
初日から誘導かけまくってる真紅投票ー

んで気になるのはラインハルトだな、霊能が早かったから相対的に
さくや遅く見えるが、十分様子見のレベルだろ
真紅じゃないが気になるだろ
真紅吊ったけどな!真紅吊ったけどな!」
金糸雀 「おはようかしら!
真紅吊りはまあ非役というか、まず狩人はなさそうな位置だったからかしら。
あんな誘導かけるような場所、村狼でしかないかしら」
葉隠康比呂 「おはようだべ。
不本意ながら見た目がヘイトすぎるAA勢がどれも人外臭くなさそうなので(一人変態だけど)そこ放置で詰めてきゃいいんじゃね?って思ったべ。
ナズーリンは銃殺出したいなら守屋とかラインハルトとか占ってりゃいいんじゃないべか?」
ナズーリン 「占い師CO 葉隠康比呂〇だよ」
鈴仙 「おや?」
アリス
                               ''"       ミ
                       /      ‐-     \
                        ‰rfテ幵幵幵ム        ヽ
                     /f7i!扛へしヘ厂∧       i
                     ‰ iア    Ⅵ ヽ__',  i
                         ハ  ! 从.   ハ Х八ハ.  iL   ',
                   / ! { -‐|\   } ィ竓斥i  | .}   ゚。
                   /   从   i_ ヾ ト 弋zツ } .iィ' !  ハ
                  ,.′   ./ !.    !弌}!      /  .!i! リ  \ }     これが大人気なのね、わかるわ。
                    /    / {.    N ′   〃{ 从/   .}、ヽ
                 {     { 八i   !i {介:..  ‐_./ヾrf|x、}八/        ちな、○としか思えない模様。
                ヽ      {! ト|i从ヽi!√i!rf^}}厂r~^℡o。,   _
                        >o。. i!ヽ} / ̄f7.:ノ}^´    /二二ニヽ
                        < i  ヽ ミュ。_‰ r㌘.:/}′   /「::::: ∨  〉
                      〉!  く___,r㌘.::ξ〕  ./iヽ/::::   〉./i」
十六夜 咲夜 「折木 ○」
宮小路瑞穂 「ごきげんよう。あら……死体無しですね」
ラインハルト 「占いGJまったなし というわけだな」
雪華綺晶 「あらあらまあまあ♪
狼さん♪」
できない子 「へえー。〉真紅●」
やらない夫 「ナイス死体無し」
守屋ひより 「おはよう
平和?」
折木奉太郎 「やったぜ。>真紅●」
ナズーリン 「 何故初日から誘導をする位置を削っていくのかわかりかねるが
真紅の言い分を借りるなら信用落としが露骨な位置から。
初日の理由を気にしているのもあるしな。
ああ、あまり票貰いという事は考えずに占ったが
むしろ吊れなかったから占ったと解釈してくれ。」
十六夜 咲夜 「理由
真混じり確定
ならばひとまずはナズーリン狼だった場合への牽制として交換占いを入れて牽制しておく
仮にパンダになるなら霊能と繋がれば真証明になる展開だし
灰を狭めていくのはソレからかしらね」
発条サメ 「よっし
占いGJなら狩人は遺言を残していいゼン」
金糸雀 「おーっと平和。しかも真紅●かしら!」
鈴仙 「死体がないのはいいことなんだけど霊能いきなり●なのは驚いた」
ラインハルト 「ほう 真紅が狼か それは以外な事だ」
雪華綺晶 「トゥィードルダムとトゥィードルディーが♪」
宮小路瑞穂 「意外な結果ですね……>真紅さん●」
雪華綺晶 「大喧嘩を始めた訳は♪」
アリス 「ラインハルト、金糸雀、やらない夫、やる実、折木奉太郎。」
葉隠康比呂 「真紅●とか空気読まないPHPにしてはできすぎだべwww」
ナズーリン 「真紅が黒なら私の理由は気にするなっ」
雪華綺晶 「トゥィードルディーがトゥィードルダムの♪」
ラインハルト 「狼吊りでの死体無し
GJ濃厚 はは 素晴らしい」
十六夜 咲夜 「あら、そこ狼だったんだ
狩狐かしらと思ったんだけど>真紅」
折木奉太郎 「狙って狼を吊った時の感動は何者にも代えがたいのであった。」
守屋ひより 「そしていきなり●吊りか 幸先良いね」
雪華綺晶 「おもちゃを壊したからだといいます♪」
鈴仙 「んで3票もらってるところ占いなのねえ…」
金糸雀 「まあこの平和は占いか霊能のGJと見たいかしらー」
やらない夫 「ほーほー真紅●
幸先いいな
なら葉隠とラインハルト
宮…宮…さんも放置でいいな昨日真紅が殴ってた」
発条サメ 「霊能GJなら別に残さなくてもいい
というわけでグレラン続行ゼン」
雪華綺晶 「そこへ酒樽のようにまるまる太った♪」
アリス 「何ということでしょう。(真顔)
身内票ということがあり得るのでしょうか。(迫真)」
雪華綺晶 「大きなカラスがやってきました♪」
葉隠康比呂 「まあそもそも初日占いなんで仮に真紅○だろうがやることは変わらんからなーとだけ。」
雪華綺晶 「二人はそれこそびっくり仰天♪」
宮小路瑞穂 「「みやのこうじ」です!>やらない夫さん」
守屋ひより 「今日もグレランかな
この村グレラン力強そうだからなんか安心感」
金糸雀 「>咲夜
あんな露骨に誘導かけるような位置が狩人か狐とかないのかしら・・・」
雪華綺晶 「喧嘩などしてる場合じゃありません♪」
ラインハルト 「さて 身内切りを疑うかね?
もっとも真紅が狼で私に誘導する意味は何かとなるが」
やらない夫 「葉隠占いなんかー」
ナズーリン 「あまり狩人狩人言ってもいいことはない」
十六夜 咲夜 「結果論だと沢城繋がりの隣占いしなくて正解だったわね……
きらきー占いが正解だった訳でもないけど」
アリス
    , ----- 、
  , ´ ___  `ヽ、
 ,'´ ´ ̄ ⌒  ̄ ヽ   i
 iノルノ__イリヽ__イ入人..i     折木奉太郎が狂人だった場合……うっ、頭が……。
  i|Yイ`Li´ ´Lイ`i リ)レ
  リ' i , ` _   iイノイリ     いやいやいや、まさか。
  イノレ`'、-, イレル´´
     _イY「_/`ヽ,
   /⌒`、=/    ヽ
  /「i,_イ ̄「|||´~~~~~ゝ」
できない子 「投票先だからというのを加えればそこまで不自然ではないだろう、と思ったが
本人の占い理由にそういったことはないみたいね。〉鈴仙」
やる実 「ねてよ」
鈴仙 「グレランでいくの?
真紅投票してない…アリスでも指名してみない?」
やらない夫 「んーしかし票貰いとかその辺分かって占ってんのか」
金糸雀 「身内切るような投票なら、今日の死体なしは恐らく占いGJかしら
身内切っているなら霊能噛みがおかしいってことになるし」
ラインハルト 「さて では吊りも増えたのだ
役持ちっぽいのに投票は避ければ良いと思うよ」
鈴仙 「・狩人っぽくない
・真紅と投票からんでない
このグレーへ指名してみたほうがいいわ」
アリス 「まあうん、死体なしの内訳なんてものは別にいいんじゃないかしらね。」
守屋ひより 「しかし○しか出ないのもなんか不気味
まあ霊能いるから迂闊に●出せないのかもだけど とくに騙りは」
宮小路瑞穂 「あ……ごめんなさいもうあなたに投票しちゃいました……>鈴仙さん」
やらない夫 「サンクス>宮の小路」
十六夜 咲夜 「そう?
積極的に吊り殺して生き残りに走る系の役職者かと思ったけど
そういう意味では狼も該当しなくはないけど>神奈川」
折木奉太郎 「真紅の誘導先は3人であり、その中で身内誘導があった/なかったを検討するのには人数が多すぎる。」
ナズーリン 「灰が寝るんじゃない」
葉隠康比呂 「確定○なんてたとえそこが狂人だたっとしてもいずれ噛まれるべよ。
吊りが増えてる以上噛まれずに逃げ延びる方法なんてないべ>アリス」
アリス 「村狙いで光栄でございます。(真顔)
だが、断る。>鈴仙」
宮小路瑞穂 「惜しい!>やらない夫さん」
発条サメ 「ここから指定ゲーはこちらの負担が大きいからあんまりやりたくないゼン」
守屋ひより 「灰で真紅に入れてないのは3人、か」
金糸雀 「アリス?
アリスは逆に何か持ってそうで占って欲しい位置だと思うのかしら」
雪華綺晶 「ところでところで黄金の獣様♪>ラインハルト
真紅お姉様を何で見て吊りました♪
●結果が意外そう♪」
ラインハルト 「潜伏狂人を考えるか>アリス
なるほど占いを真狼で考えるわけか
そうなると今日の噛みは霊能GJと考えるのかな?」
鈴仙 「真紅と絡んでないグレー:
私、守屋ひより、できない子、アリス、宮小路瑞穂
ここから指名でしょ」
やらない夫 「それ真紅に絡んでないくらいしか吊る理由にならんくね>れいせん」
折木奉太郎 「チョットツツイて投票はしない、が出来る範囲だからね。3人いれば。」
できない子 「神奈川? アンタイブディズムブラックメタルバンドかな?」
ラインハルト 「朝イチで理由は述べてあるさ>きらきー」
十六夜 咲夜 「そんなフラグ立てるアリスが狂人もありえ……う、頭が」
アリス 「むしろ割と平然と身内票を疑っていく所存。
ほら、金糸雀とか金糸雀とか金糸雀とか。(迫真)
昨日の最後の発言とか反応とかがどうこう。」
鈴仙 「え?<3人>守屋ひより」
守屋ひより 「氏名かグレランかは共有の判断に任せる」
宮小路瑞穂 「正直5票も入っているのであれば投票はそんなに気にしなくていいかなと」
アリス 「うっ、頭が……。」
折木奉太郎 は 守屋ひより に処刑投票しました
宮小路瑞穂 「割と不自然な位置が吊れたので」
守屋ひより 「あれ?5人かすまない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 宮小路瑞穂 に処刑投票しました
宮小路瑞穂 は 鈴仙 に処刑投票しました
やる実 は やらない夫 に処刑投票しました
発条サメ は アリス に処刑投票しました
十六夜 咲夜 は 金糸雀 に処刑投票しました
雪華綺晶 は 金糸雀 に処刑投票しました
ナズーリン は 守屋ひより に処刑投票しました
守屋ひより は できない子 に処刑投票しました
やらない夫 は 鈴仙 に処刑投票しました
金糸雀 は 宮小路瑞穂 に処刑投票しました
ラインハルト は アリス に処刑投票しました
鈴仙 は 宮小路瑞穂 に処刑投票しました
できない子 は 宮小路瑞穂 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は 宮小路瑞穂 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
十六夜 咲夜0 票投票先 1 票 →金糸雀
鈴仙2 票投票先 1 票 →宮小路瑞穂
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →金糸雀
ラインハルト0 票投票先 1 票 →アリス
金糸雀2 票投票先 1 票 →宮小路瑞穂
やらない夫1 票投票先 1 票 →鈴仙
守屋ひより2 票投票先 1 票 →できない子
発条サメ0 票投票先 1 票 →アリス
できない子1 票投票先 1 票 →宮小路瑞穂
アリス2 票投票先 1 票 →宮小路瑞穂
やる実0 票投票先 1 票 →やらない夫
折木奉太郎0 票投票先 1 票 →守屋ひより
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →宮小路瑞穂
ナズーリン0 票投票先 1 票 →守屋ひより
宮小路瑞穂5 票投票先 1 票 →鈴仙
宮小路瑞穂 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる実の独り言 「えええええええええ」
ラインハルトの独り言 「ふむ」
アリス(人狼) 「死ぬかと思ったわ。(真顔)」
やらない夫(人狼) 「お、おう」
やる実の独り言 「人の親切をなんで無にするかお」
金糸雀(妖狐) 「あー。また吊ってしまった
整理吊りでヤバいことになりそう」
鈴仙の独り言 「私、守屋ひより、できない子、アリス、宮小路瑞穂」
雪華綺晶の独り言 「だァれが殺した駒鳥さん♪」
やらない夫(人狼) 「そこ吊るんだ」
やる実の独り言 「楽してかつなって事かお?」
アリス(人狼) 「どっちの占い師を噛むべきだと思うかしら。」
やる実の独り言 「いやだお
私は楽して勝ちたいんだお」
守屋ひよりの独り言 「この段階ではまだ真贋つかないんだよね>占い」
やらない夫(人狼) 「アリスかれいせんが死ぬと踏んでたんだが」
できない子の独り言 「やる実0票できない子一票とか強気なグレランすること。」
発条サメ(共有者) 「咲夜は金糸雀投票
そしてナズーリンは瑞穂投票、ゼン」
ナズーリンの独り言 「ラインが切れて対抗盲信ルートは厳しすぎて下手に●が投げれないんだが」
やらない夫(人狼) 「さくやを推す」
発条サメ(共有者) 「アリスは何か持っているな
持っていなかったら吊ろうゼン」
アリス(人狼) 「私も大分私が死ぬと思ってたんだけどね。」
できない子の独り言 「鈴仙狩人あるかもで方向転換した私はひよったのだろうか。」
アリス(人狼) 「そうよね、私も同意見よ。」
アリス(人狼) 「狩人日記はナズーリンGJになってることだし。」
やらない夫(人狼) 「多票占いは狂アピあるかもしれん」
守屋ひよりの独り言 「.: .│ .: .: .: .: .: .:|.: :ハ ト;:| _゙、 .: .: .: ハ
.: .: | .: .: .: : : : : |: .:U レ|⌒ !: .: .: .: ハ
: : : i.: .: .: .: .: .: :| .: .: i! l|   !.: .: .:.l、ハ
: : : :i.: .: .: .: .: .: | : : : |  |   │ .: .: lkハ
: : : : i.: .: .: .: .: .::l: : :│ヽ|   |.: .: | :|ヘ.:|
.: .: .: :i .: .: .: .: .: .l.: : :|     !.: .: |k:| リ
.: .: : .: i .: .: .: .: .: i! .: |__  |.: .: | l:|
.: .: /⌒;: .: .: .: .: |ハ: |〓〓 .{! : .:| |
.:. .:{  ∨.: .: .: .: | ヽ:|  i!  j、: :j
.: .: .\__,∨.: .: .: .|  ヾ  弋ノノ /
.: .: .: .: .:ノ ∨.: .: .:|   | フ /: /
: : : : ::/   ∨.: .: |._´.イ:: : /
.: .: : √≧、_ |∨ .: |    ∨:/
.: .: :/_     ̄∨ :|     ∨
.: ./  ̄\    ヾ;|

無難に霊能護衛でいいんじゃないッスかねぇ
狼がバカ正直に同じところ狙うか否かは不明ですが」
発条サメ(共有者) 「金糸雀もだな
さーて、ラインハルトがとぼけた狼狐があり得るかどうかゼン」
ラインハルトの独り言 「明日銃殺が出そうだな」
守屋ひより は 雪華綺晶 の護衛に付きました
やらない夫(人狼) 「かいつ…狩人日記を作ってる…だと…」
アリス(人狼) 「じゃ、その方針で。」
葉隠康比呂の独り言 「まあ狼としてはいかんせん分が悪すぎる戦いになるべ。」
発条サメ(共有者) 「できない子やる実葉隠は放っておく位置
鈴仙ひよりやらない夫は状況によってみていく位置ゼン」
やらない夫(人狼) 「んじー朝一作成に入る」
アリス(人狼) 「LW頑張ってね!(笑顔)」
ラインハルトの独り言 「できない子辺りを占って欲しいが」
葉隠康比呂の独り言 「占いに狼がいるのかそれとも灰に2Wなのかは知らないが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
十六夜 咲夜 は やらない夫 を占います
アリス は 十六夜 咲夜 に狙いをつけました
十六夜 咲夜 は無残な姿で発見されました
(十六夜 咲夜 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
十六夜 咲夜さんの遺言 占い師でしたわ

真紅 ○
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
やる実 「私は親切のつもりでやったんだお」
アリス 「おはよう。」
雪華綺晶 「綺麗にお粧し(おめかし)♪ みんなを虜に♪
華麗に装う♪ あなたの名前は?
宮小路瑞穂様は○ですわ♪」
ラインハルト 「グーテンモルゲン

昨日のでは言葉足らずかもしれないな>雪華綺晶
追記となるが初日共有からの村役全生存確定
この状況で初日から役目を狙おうとしているのが引っかかったのだよ真紅に関しては」
できない子 「おはよう。」
葉隠康比呂 「まずもって占い護衛からの占いGJ。俺はそう見ている。対抗を噛まないと信用が厳しいだろうしな。
俺はナズーリンを最初から信用していないのでそういうバイアスかけて見てはいるが、十六夜偽だとしても論理的には殆ど同じだべ。」
鈴仙 「ぐえ」
やらない夫 「そもお前も真紅に絡んでねえじゃんとか>れいせん

誘導するのはまぁ良いとして人外要素じゃなくて
狩人なさげだからって理由で吊りかかるってのはどうなんだろうか

殴りも他は真紅に絡んでないってだけだし

後そこ吊れるのは地味に予想外デス
初日真紅が絡んでんじゃん」
金糸雀 「おはようかしら!
また吊りたいとこが吊れたかしら。
不自然な位置が吊れたという割には鈴仙投票とかよく分かんないこと言ってるので吊ったかしら。
身内見たいなら真紅投票者から選べばいいのに」
アリス 「お、おう……。」
できない子 「騙りじゃん。〉遺言」
ナズーリン 「占い師CO ラインハルト〇だよ」
発条サメ 「おはようゼン」
雪華綺晶 「ん?>咲夜様の遺言」
守屋ひより 「おはよう」
ラインハルト 「なるほど霊能GJだったと見るか」
やる実 「真狂だったとかそういうことかお?」
ナズーリン 「「理由を見れば役持ち臭いからと思うのだが
初日共有で2-1ならば初日は村人を吊って良いと私は思う」
経費吊りを許容する発言が2回もあってね。
現状の推理らしい推理はないが狼の理由のない誘導先だ。
吊るよりは占っておかなければいけないんじゃないかい。」
折木奉太郎 「おはよう。」
守屋ひより 「占い噛み、か」
できない子 「じゃあナズー真でいいね。」
発条サメ 「遺言があれなのがあれゼン」
雪華綺晶 「これは酷いわ給仕さん♪」
ラインハルト 「ん? 十六夜の遺言はなんだ」
やる実 「おっおう>遺言」
ナズーリン 「対抗が勝手に破綻したから私が寝ていいかい?」
やらない夫 「お、おう>遺言」
金糸雀 「あ、咲夜噛まれてる。しかもこの遺言とは」
アリス
     _ , -´ ̄` - 、
   ,-´  _ _,----、 `ヽ、
  , ´´_= -´ 、, ̄`ゝ `ヽ
 /   i  、   ハ/,_、ヽハ  i、
 ルイ ´ヽ_,ヽiヽi (ヽ,_) i イノレ     発条サメとかラインハルトとか鈴仙とかは別にいいんだけど。
  `ヽiヽ (ヽ)   "  レ人ヽノ
    ,イ人"   _   /ノイノ´       疑い振って、宮小路瑞穂にいかれて吊りたい所を吊ったと言われると……。
    ヽレル`i -- イ/ヽヽ
        _イY「_/⌒`ヽ,
     /⌒`つ /     ヽ
    /「i,_イ ̄「|||/´~~~~~ゝ」
雪華綺晶 「ナズナズリンリン♪ ナズリンリン♪」
できない子 「咲夜さん真盲信でいいやって思ってたんだけどなー。がっかり。まあ真狂でスライド噛みしたんじゃねーの。」
守屋ひより 「咲夜さんの占い遺言に激しく違和感」
ラインハルト 「これはこれは
ナズーリンが真で 以外や以外占い師は真狂かね」
やらない夫 「いいんじゃないかな>ナズ」
葉隠康比呂 「また7割の方かよ!(バンバン」
発条サメ 「グレラン続行ゼン
遺言のこともあるから占いは見ていく」
鈴仙 「ああほんとですね
真狂の狂襲撃でいい、と」
雪華綺晶 「風が東寄りに吹いてるときは♪」
ラインハルト 「ふむ できない子を占って欲しかったのだがね」
アリス 「遺言ね、別にこれで真を切る気が私には一切ないのであった。」
やる実 「私はいつも、このミスが真のやる事であるのならばどういうミスかって言うのはある程度考えるんだけど
この遺言は真なら一体なんであるのか皆目見当がつかんお」
金糸雀 「じゃあこれスライドと見ていいのかしら?
占い真狂だとするとあり得そうな話かしらー」
雪華綺晶 「人にも獣にもいいことがない♪」
鈴仙 「咲夜の遺言があまりにおかしい>発条ザメ」
雪華綺晶 「風が北寄りに吹いてるときは♪」
やらない夫 「完璧で瀟洒なメイドとはいったい…」
守屋ひより 「となると狼全潜伏かなこれは?」
葉隠康比呂 「じゃあ明日から結果隠しのナズーリンが指定でいいんじゃね?」
ナズーリン 「葉隠に対して私はいい顔で相対しなければなるまい」
雪華綺晶 「腕利きの漁師も漁をしない♪」
折木奉太郎 「占いCO文が初日と昨日で変わっていたから死体無しでガッカリした狼と思ってたけど、噛まれたね。」
雪華綺晶 「風が南寄りに吹いてるときは♪」
やる実 「カナリアとか、狼か狩人だと思うから今日吊るかんじじゃねーお」
金糸雀 「まあ普通に霊能噛めなくて今度は噛めそうな占いに、ということもなくはなさそうだけど」
雪華綺晶 「魚でさえ餌を吹き飛ばされる♪」
鈴仙 「同感
真がやる類のミスじゃない>やる実」
アリス 「結構ね、メモ的な物がうっかり遺言に紛れ込むことがあることを私は知っている。」
雪華綺晶 「風が西寄りに吹いてるときは♪」
発条サメ 「だけど噛まれたことは事実だ>鈴仙
どんな真でもいるから呪殺が出るまでは安心しないゼン」
やらない夫 「人外に何だろう吹いている確実に
圧倒的不利に…逆風が…」
雪華綺晶 「誰にとっても万々歳♪」
金糸雀 「>やる実
昨日と誘導がまるで違うんですがそれは」
守屋ひより 「いや真紅は初回に吊られてるし霊能結果●なのになぜ遺言で○なのかと
これで本物だったらリアル狂人だと思う」
ラインハルト 「いや 結果を隠すと村の灰視がしにくくなるが
占い師がそうしたいのならば私はニート村人となろうか」
葉隠康比呂 「とはいえ狼全潜伏だったのは判明。
だとしたら普通に身内考えるレベルにはなったべな。」
アリス 「ごめんなさい。真でやるミスじゃないミスを積み重ねて積み重ねて今に至るわ。」
やる実 「そら、昨日私は寝てたから、誘導がまるで違うのは当たり前だのクラッカーだお>金糸雀」
やらない夫 「GJの先とか非常にどうでもいい感」
鈴仙 「宮小路瑞穂と真紅のかけあいとか全然見てなかった
昨日の発言見てもらえば察してもらえると思うけど、投票でしか考えてなかったから>誰か…誰だっけ」
雪華綺晶 「真占い師の村人遺言……とはこれはまた違いますわね♪」
金糸雀 「◇やる実(1) 「初日に狩人の事気にした真紅ひよりハルトの3人をコキャッっとしていく感じじゃねーかお」
これかしら>やる実の誘導」
守屋ひより 「というか昨日のやる実は発言数がひどいことに」
金糸雀 「>やる実
じゃあ矛先を変えた理由をプリーズ!」
アリス 「金糸雀狼でも、2W目でこう村全体としては狼全潜伏らしいからいいんじゃないかしら。」
折木奉太郎 は 守屋ひより に処刑投票しました
やらない夫 「多分俺>れいせん」
やる実 「真紅吊れたハルト○貰ったひより別に吊っても良いけどそこの枠に金糸雀が追加された」
できない子 「真占い師の村人遺言は開始前のものをそのままにしていたとか理由づけはできるさ。
狼○の占い遺言をセットする真占い師は存在しない。なぜなら行動理由が誰にも説明できないから。」
守屋ひより 「この大事なときに寝るなw>やる実」
やる実 「って言う程度だお」
鈴仙 「やる実は真紅投票者だったからチェック怠ってしまったという」
やらない夫 「何となく理解はしただろ>れいせん」
発条サメ 「幸いなことにナズーリンの占い結果はかなりある
ナズーリンの真を追うのに苦労しないゼン
霊能が噛まれても1w吊れているから何とかなる」
ラインハルト 「まぁ ここで気を抜いたら敗北するだろう
気を引き締めていこうではないか」
やる実 「大事なときだから寝るんだお」
アリス 「ミスの類としては別に、なのよね。」
葉隠康比呂 「だって考えてもみやがれ。昨日は真紅吊りに関わらなかったとこを吊っていった。占いに狼がいる以上囲いなりなんなりすれば保護できるからな。
しかし狼が3匹灰に板なら別だべ。どうやって身内は身内を守る?」
アリス 「狩人じゃありませんよアピール的な何かにしか見えなかった昨日。」
金糸雀 「やる実が胡散臭いかしら・・・」
守屋ひより 「これはひどい>やる実」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 鈴仙 に処刑投票しました
やる実 は 守屋ひより に処刑投票しました
ナズーリン は やる実 に処刑投票しました
発条サメ は やらない夫 に処刑投票しました
雪華綺晶 は 鈴仙 に処刑投票しました
鈴仙 は アリス に処刑投票しました
守屋ひより は やる実 に処刑投票しました
ラインハルト は できない子 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は 金糸雀 に処刑投票しました
金糸雀 は 守屋ひより に処刑投票しました
できない子 は アリス に処刑投票しました
やらない夫 は 鈴仙 に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鈴仙 は アリス に処刑投票しました
ナズーリン は やる実 に処刑投票しました
やる実 は 守屋ひより に処刑投票しました
アリス は 鈴仙 に処刑投票しました
折木奉太郎 は 守屋ひより に処刑投票しました
やらない夫 は 鈴仙 に処刑投票しました
できない子 は アリス に処刑投票しました
金糸雀 は 守屋ひより に処刑投票しました
葉隠康比呂 は 金糸雀 に処刑投票しました
守屋ひより は やる実 に処刑投票しました
発条サメ は やらない夫 に処刑投票しました
ラインハルト は できない子 に処刑投票しました
雪華綺晶 は 鈴仙 に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫 は 鈴仙 に処刑投票しました
やる実 は 守屋ひより に処刑投票しました
鈴仙 は アリス に処刑投票しました
雪華綺晶 は 鈴仙 に処刑投票しました
金糸雀 は 守屋ひより に処刑投票しました
発条サメ は 守屋ひより に処刑投票しました
守屋ひより は やる実 に処刑投票しました
ラインハルト は 守屋ひより に処刑投票しました
折木奉太郎 は 守屋ひより に処刑投票しました
ナズーリン は やる実 に処刑投票しました
アリス は 鈴仙 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は 金糸雀 に処刑投票しました
できない子 は 鈴仙 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
鈴仙3 票投票先 1 票 →アリス
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →鈴仙
ラインハルト0 票投票先 1 票 →できない子
金糸雀1 票投票先 1 票 →守屋ひより
やらない夫1 票投票先 1 票 →鈴仙
守屋ひより3 票投票先 1 票 →やる実
発条サメ0 票投票先 1 票 →やらない夫
できない子1 票投票先 1 票 →アリス
アリス2 票投票先 1 票 →鈴仙
やる実2 票投票先 1 票 →守屋ひより
折木奉太郎0 票投票先 1 票 →守屋ひより
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →金糸雀
ナズーリン0 票投票先 1 票 →やる実
4 日目 (2 回目)
鈴仙3 票投票先 1 票 →アリス
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →鈴仙
ラインハルト0 票投票先 1 票 →できない子
金糸雀1 票投票先 1 票 →守屋ひより
やらない夫1 票投票先 1 票 →鈴仙
守屋ひより3 票投票先 1 票 →やる実
発条サメ0 票投票先 1 票 →やらない夫
できない子1 票投票先 1 票 →アリス
アリス2 票投票先 1 票 →鈴仙
やる実2 票投票先 1 票 →守屋ひより
折木奉太郎0 票投票先 1 票 →守屋ひより
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →金糸雀
ナズーリン0 票投票先 1 票 →やる実
4 日目 (3 回目)
鈴仙4 票投票先 1 票 →アリス
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →鈴仙
ラインハルト0 票投票先 1 票 →守屋ひより
金糸雀1 票投票先 1 票 →守屋ひより
やらない夫0 票投票先 1 票 →鈴仙
守屋ひより5 票投票先 1 票 →やる実
発条サメ0 票投票先 1 票 →守屋ひより
できない子0 票投票先 1 票 →鈴仙
アリス1 票投票先 1 票 →鈴仙
やる実2 票投票先 1 票 →守屋ひより
折木奉太郎0 票投票先 1 票 →守屋ひより
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →金糸雀
ナズーリン0 票投票先 1 票 →やる実
守屋ひより は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ナズーリンの独り言 「潜伏占いが呪殺を出したのか……?」
やる実の独り言 「まったく、親切でやったというのに」
やる実の独り言 「ぷんすかだお」
金糸雀(妖狐) 「うーんこの」
発条サメ(共有者) 「ふーむ、困るねいろいろと」
ナズーリンの独り言 「いやいや」
やらない夫(人狼) 「[悲報]銃殺も無いのに真確定」
金糸雀(妖狐) 「しにそう」
できない子の独り言 「うーむ。」
アリス(人狼) 「まあ、折木奉太郎噛みになるのかしらね。」
できない子の独り言 「二日目夜が早くも黒歴史になってしまった。」
ラインハルトの独り言 「ひよりの色でやる実を見る」
金糸雀(妖狐) 「そろそろ呪殺されるー」
やらない夫(人狼) 「[続報]共有に目付けられた」
アリス(人狼) 「別に確定はさせないので、良いわ。」
ナズーリンの独り言 「折木奉太郎〇結果だけなら私は破綻してもいいだろうか」
発条サメ(共有者) 「咲夜のほうが噛まれるが
この遺言がほんと不自然すぎて困るゼン
真が残すとは考えられないが」
葉隠康比呂の独り言 「さてこうなるとどうなるのかね」
アリス(人狼) 「うん、共有者が先か。」
ナズーリンの独り言 「どんとこい●誤爆」
アリス(人狼) 「じゃあ、それで。」
やらない夫(人狼) 「これもう俺も狩人日記作ろうか」
アリス(人狼) 「狩人日記は霊能者護衛で書いているので。」
やらない夫(人狼) 「しんどいから止めとこう」
葉隠康比呂の独り言 「守屋とか狐のほうだろと逆に考えるレベルだったしな」
発条サメ(共有者) 「残してしまった可能性を考えるのも共有だ
ナズーリンがあって狂なら残せるからな
ずっと灰を詰めさせればいいだけゼン」
ナズーリンの独り言 「やらない夫でいいか」
できない子の独り言 「潜伏占いもいないだろ。灰は狭いし○から出ればナズーリン破綻するし。」
できない子の独り言 「つまりナズーリン真ってことですよ奥さん。」
葉隠康比呂の独り言 「やる実があれで人外だったら大した度胸だべ」
発条サメ(共有者) 「ナズーリンの灰は鈴仙金糸雀やらない夫できない子アリスやる実の6人
やる実は明日吊ろう。指定で」
やらない夫(人狼) 「葉隠とラインハルトを狙おうと思ってたからナズ真でやられるとスッゴい困る」
ラインハルトの独り言 「十六夜は真であの遺言はさすがになかろう」
雪華綺晶の独り言 「あらあらまあまあ♪」
葉隠康比呂の独り言 「となれば金糸雀アリス鈴仙か。」
やらない夫(人狼) 「ぶっちゃけさくや真にできねえから」
アリス(人狼) 「もう噛まなくて良いんじゃないかしらね、とも。」
折木奉太郎の独り言 「咲夜狩人の可能性ってどれぐらいあんだろな」
ナズーリンの独り言 「潜伏は考えなくて…いいか」
やらない夫(人狼) 「狩人狙ってチャレンジしたほうがいくね?」
雪華綺晶の独り言 「咲夜様は、騙りも偽でもうっかりさん♪
遺言大事♪ 噛まれます♪」
折木奉太郎の独り言 「正直狂人も狼も騙らないってのは考えれんが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 折木奉太郎 に狙いをつけました
折木奉太郎 は無残な姿で発見されました
(折木奉太郎 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
守屋ひよりさんの遺言 ひよわ狩人紀行
初日 護衛:不可能 死体:GM
果たしてうまく護衛できるか自信は無い

2日目:護衛:雪華綺晶 死体:なし
博打は好かん
とりあえず真確定ぽい霊能護衛

3日目:護衛:雪華綺晶
GJ出たし護衛継続
折木奉太郎さんの遺言         /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       .'::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::.  ..::ヽ
      /:::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::'、
.     /::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  ー=≠::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
.   /イ:::::::::::::::i:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    激しい『喜び』はいらない… 
    /:::::::::::::::i|::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::..
.    /::::::::::::::::::l|::::::::::::::i{::::::::::::::、::::::::::::::::::::::}::::::l|::::::::::::::::{ヽ{    その代わり、深い『絶望』もない…
   /イ::/  ̄ ̄ ヽ:::::{::::::::、::::::::::::i::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    >' ´ ̄ ヽ }:::::∨}イ \:::::::|::::::::::::::::::::/'\{:::::::::::ィ{        『植物の心』のような人生を…  
   } _ ィ 、∨::::::::| -trッ7:/ \::::::::::::/   }::::::::/
   「 ___  l /}イ::::::|    }イ   /::∧イ i   /:::/           そんな『平穏な生活』こそ、俺の目標だったのに…
  /     }._」' V/\{        厶イ r‐  イ:::∧
.  {   Tく. 」    ',               /     ∨  \
      ヽ   i ヽ - 、               ヘ } 〉.イヽ
  .∧        /   \_     /        zイ /::::::i|
. r‐=イ}       イ ___,≧ァz 、     r=‐'':::::::::::::::::::|ト...、
/::::{ \ =-   {:::::::::::::::::::::::::::::i\、 「 ̄i:::::r.:y::::::::::::::/::::::::\
::::::::\ \____.ム::::::::::::::::::::::::::::|  | |  l|:::::Yリ:::::::::/::::::::::::::::`::...、
::::::::::::::\ >-イ::::}::::::::::::::::::::::::::|  | |  l|::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\

霊能結果から1w吊りということで霊能噛みよりも占い噛み(ナズーリン噛み?)だったという可能性は見える。
そこは狩人に任せるとしても潜伏狂人を深く考えないのであればナズーリンは5まで残せる。
銃殺出してくれれば一番楽なのだけれども咲夜真が万が一にもありえるので。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
鈴仙 「まあひよりさんに票を変えても良かったんですが…と
呪殺でも出ませんかね…」
ラインハルト 「グーテンモルゲン

ひよりの色でやる実は判断でよかろう
今日占いが生きていればほぼ圧殺だな
灰に狩人が居るならCOでよかろうよ」
アリス 「おはよう。」
やる実 「まあ,油断はせずにいくお」
できない子 「おはよう。」
金糸雀 「おはようかしら。
誘導かけてきたやる実はひより投票、ってことはカナを指定で吊らせる位置と見たのかしら?
カナ自体はやる実の動きは狩人臭くはないと見てるので村か狼か見ようか迷ってるかしら。
今日の反応で考えたいかしら」
雪華綺晶 「風に吹かれて飛ばされる♪
歩く事すら儘ならない♪ 私を助けて♪
守屋ひより様は○ですわ♪」
鈴仙 「ぶ」
やらない夫 「理解と納得は別的なあれ
初日の絡み見てなかったらしいが
それと人外狙いでもない非狩人狙ってのは微妙」
ナズーリン 「やらない夫●だよ」
葉隠康比呂 「もうやる実は村打ちしてていいんじゃないべかと思ったぐらいかね。
初日に身内をした上に翌日が消極的柱まがいとか人外にしてはあまりにも肝が座り過ぎてる。

なんで他から人外探す感じになると思うんだべ。」
アリス 「霊能結果、即で。」
できない子 「あーあ。〉遺言」
金糸雀 「うわあ>ひより遺言」
鈴仙 「狩人なら私に票移してという」
葉隠康比呂 「狩人死んでるべ・・・」
やる実 「わたしはわるくねーお(目そらし」
アリス 「真狂狐か。」
やらない夫 「お、おう>ひより遺言」
発条サメ 「いや、吊りのがれしてほしかったゼン」
ナズーリン 「霊能護衛だったか 」
雪華綺晶 「……………………>遺言」
アリス
    ,. -―‐-_、
  ./// ̄`ヽ''" ヽ
  / !/,.   i| !  ,〈
./!  yi´イ ,,..ト,ノハ ノ ヽ   全体的にズレの少ない守屋ひよりよりはそろそろ鈴仙を落としておきたかったこの感覚。
i r'´( ,  i'ヒ.'ノ` fjハ' )'
' ' ,ソノ ,. イ  、_', ノ y´     お分かり頂けるかしら。なお、金糸雀については狩人もあったのね的なブレーキ。
(ハイ  y ヘi`ェ--イノ'' __
  `>ヾ、tコフ''" ̄ノ=、
 /   7 | iヽ、 /=` ィ、」
発条サメ 「それじゃあ指定やらない夫
COがあるのならどうぞゼン」
ラインハルト 「狩人なら吊り逃れをするだろうに
吊り逃れをしないから票を変えたのだがな」
やらない夫 「お、おう>俺●
おう!?」
できない子 「灰5、吊り5+やらない夫。1足りねえ。」
雪華綺晶 「ですから私は鈴仙様♪ 投票していたのですけど♪」
鈴仙 「ねえ…>ラインハルト」
できない子 「そのやらない夫吊り待った!」
金糸雀 「そして●引き。これはどうしたものか」
ナズーリン 「ちなみに理由は考えてなかったと言っておく」
やらない夫 「COは無し」
アリス 「ふむ。真っぽいとかで良いのかしらね。」
やる実 「これ、真の日記だとナズ真の噛みとは到底思えんっっちゅー話で」
できない子 「灰削ろう。」
雪華綺晶 「飼いも飼いでも良いのでは?>共有様」
金糸雀 「いややらない夫吊りは待つかしら!」
アリス 「その心は。>できない子」
発条サメ 「ああ、そういえばそうだった
駄目だね。1wにする必要があれこれかゼン」
ナズーリン 「私が噛まれるとLWLFになる」
やらない夫 「ナズ偽なん…さくやさん何しとん…?」
ナズーリン 「残り2吊りまでまつのは手だよ」
葉隠康比呂 「まあこれは言っておくべきだったと思うが、守屋ラインハルトに狩狐目見てたんでナズは信用するなら溶かす気で占え、と補足しときゃ良かったべかねえ・・・」
やらない夫 「いや待て吊れ」
できない子 「だってあぶねーじゃん。ここで狼吊ったらLWじゃん。狐吊れたなんて保障どこにもないじゃん。」
やる実 「ない夫吊らないんだったらない夫に指定させるとかそういうレベルじゃねーかお?」
ラインハルト 「飼いだな」
アリス 「判断付けるにも吊ってしまう以外にない気がするんだけど。」
ナズーリン 「狂人はもう噛まれていないからね」
雪華綺晶 「やらない夫様を吊るとLWです御愛嬌♪
もしも真なる狩人が♪ おりますならばナズーリン様護衛です♪」
発条サメ 「COが無いのならよし
グレラン続行。狩人を吊ってしまった今
指定で守るところはないゼン」
やらない夫 「さくやさん真を理解させるには俺を吊ってくれ」
金糸雀 「もし狐生存(ひより真狩)なら、LWLFのチキチキチキンレースかしら!
飼うべきかしら!」
やらない夫 「ひよりアアアアアアアアアア!!!!!」
葉隠康比呂 「対抗いてもCOすべきではない場面だと思うべ。」
雪華綺晶 「しかし初日の投票の♪ 私の目には♪ 狂い無く♪」
やる実 「ない夫さん吊った所でナズ偽だったら霊能結果なんざみれねーお」
鈴仙 「ひよりさんと競っていて一回様子見たのに票を移さないから…
いやまてよ、狐で人外遺言残したってことなら票を変えない理由も説明つくけど…」
ラインハルト 「やらない夫 まさか十六夜が真だとでも?」
ナズーリン 「狐に譲られても困る」
金糸雀 「ああ、と思ったらCOの有無見たかっただけなのかしら」
アリス 「あんまり好みではないのであった。(真顔)」
鈴仙 「ひよりちゃん狐でありますように ひよりちゃん狐でありますように ひよりちゃん狐でありますように ……」
ラインハルト 「霊能結果が見れんのだ どうしようもなかろう」
やらない夫 「待て…常識的に考えるんだ…
真紅占いしようとしてたんだよさくやさんは」
アリス 「ないじゃない、とは思ってて。
やらない夫が●ならそれはそれで、守屋ひよりが偽の説もないじゃないし。」
雪華綺晶 「♪ ♪ ♪」
葉隠康比呂 「あー確かにな。ここでの飼いは妥当だべ。
ならば他を当たるのがいいか。」
発条サメ 「鈴仙非狼でいいなやらない夫狼だと」
できない子 「村が度を越した失敗をすればそれは負けるものとして割り切る
騙りが騙りであることを露見させただけなのに
「村が失敗しただけなんじゃ?」と考えることで騙りに失敗する余地は与えない。」
発条サメ 「金糸雀アリスやる実を吊って考えていくことになりそうだ」
ラインハルト 「その時すでに真紅は死んでいる>やらない夫」
金糸雀 「◇アリス 「真狂狐か。」
ところでこれ。ひよりの中身のこと言ってるんだろうけど
狂人候補に上げてるけど、だったら占いの内訳どうなるのかしら・・・?」
やる実 「しかし、私の目は役職をとらえているという事で金糸雀もやっぱ人外なんじゃねーかお」
雪華綺晶 「ひより様♪ ひより様♪
狩人ならば♪ 吊り逃れ♪ してくれないと、厳しいですのよ?」
鈴仙 「ひよりちゃん狐の場合だと他処刑すると狩人にぶち当たってしまう危険があるんですがそれは」
アリス 「それでも狐は見て普通に吊るのだけれど。>発条サメ」
やらない夫 「十分あり得るぞ真紅占いは
銃殺狙い的に考えて
対応が恐いから取りやめたとかな」
ラインハルト 「その3人に狩人が居るのならCOするわな>サメ」
やらない夫 「時間が…時間がたりぬえ!」
アリス 「咲夜真-ナズーリン狼。>金糸雀」
雪華綺晶 「やらない夫様♪ 真紅お姉様投票♪>サメ様
非狼? ほんとに? 考慮する事ありません♪」
葉隠康比呂 「その時はその時だべ。指定された狩人が悪いべ。>鈴仙」
金糸雀 「やる実から朝一発言に対する反応がなくて悲しい
いいやもう、アリスやる実の二択で考えよう」
鈴仙 「○●ではなく○としか書いてなかった的な<咲夜さんの遺言」
アリス 「だから狩人が真かどうかは大事。」
金糸雀 「あ、真面目に見てるんだ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 金糸雀 に処刑投票しました
やる実 は 金糸雀 に処刑投票しました
発条サメ は やる実 に処刑投票しました
ナズーリン は アリス に処刑投票しました
鈴仙 は アリス に処刑投票しました
ラインハルト は できない子 に処刑投票しました
できない子 は 鈴仙 に処刑投票しました
金糸雀 は やる実 に処刑投票しました
やらない夫 は ラインハルト に処刑投票しました
雪華綺晶 は 鈴仙 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は 金糸雀 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
鈴仙2 票投票先 1 票 →アリス
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →鈴仙
ラインハルト1 票投票先 1 票 →できない子
金糸雀3 票投票先 1 票 →やる実
やらない夫0 票投票先 1 票 →ラインハルト
発条サメ0 票投票先 1 票 →やる実
できない子1 票投票先 1 票 →鈴仙
アリス2 票投票先 1 票 →金糸雀
やる実2 票投票先 1 票 →金糸雀
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →金糸雀
ナズーリン0 票投票先 1 票 →アリス
金糸雀 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ナズーリンの独り言 「〇に狐がいたら」
アリス(人狼) 「鈴仙までは吊って、と。」
ナズーリンの独り言 「すまんな」
アリス(人狼) 「どうしようかしら。」
やる実の独り言 「もう、消極的柱ってやるだけ損する世の中なのかお?」
やらない夫(人狼) 「おのれ…」
葉隠康比呂の独り言 「咲夜真なー・・・」
できない子の独り言 「実は咲夜さん真は誰よりも考慮してる。」
できない子の独り言 「だが昼は真を切った風に言う。」
やらない夫(人狼) 「吊れるか?俺が誘導してたんだぞ?」
アリス(人狼) 「呪殺出ても、なお空くか。」
できない子の独り言 「これで狼の噛みがコントロールできないかな的な。」
発条サメ(共有者) 「ナズーリン噛むのならそれはそれで
雪華綺晶噛みなら狼は詰んでいるからいいや」
ナズーリンの独り言 「やらない夫狼という不運がない限りは私偽は伝わったはずなので」
アリス(人狼) 「ナズーリン真を確定させなければ。」
雪華綺晶の独り言 「                   ,.ィィi/⌒i,,ii,_`7/
                  .i.i i //.{往ヨ}i'l‐=''三 ̄`''‐‐--,__
                  .}!' '' 7'.ミl彡’           `ゝ、_   ,_,,__
                .// i-/__-) ) i              .! !''-!..=_ ))_ヾ、ゝ
               iνl  ∥ / .i′/             -=彡) K包ミi''i' i 、
               ..}/ //i ///  i  i  ,    .i            .!ニ=彡i il ii`i
          __  __ / ./ .i i/  ii   /    i         ,.. -、___,))i=〃 .il.|
         i'i'' ̄// /  i /   /i   /   i  i .i  i .i    i l l i`ii / /!-,-/i.|
         !!////./i   /il   ii /i   | | | .|  i| il il ) | i | | Y// /|  .|||
      iイ ノ / / ι‐'´/ //  |i l (( /'''``!)) .|i.| | .| ! .i | //  | | .| |,/ il .i| ! | |
    ___,_/,/,/ i  |  / .i ! ii ハ | | !^}.Y笹ョ iヽ| |i ! | !,,ハ__//i / il | Y ./ i |∧ .! i
  ./, ‐‐=7 / /  ,ノ / /i |.|i | ゝl{ Y i廻ト/'' < !! l l レl ,_ `''=-/l./ |/ / / i/ }.i ! l   決戦投票♪ 吊り候補♪
  l ./,-イィ ./  / /,, /i l `ii`''-i !\,ミ=-=彳,,|    灯不気,  il  .|i ..// i l / |\
  l l / / ⌒  /,,ィイ彡 ,!/  }ii| ,} i  i iゞ-'``'"′    ^ゞニ汐´“/i  | / / ./ / ) iヽ!   あなたを襲う、その縄を♪
..i'' i i i   /´´ ,,ィ''"′ // !、ゝ、 i入 ))  ,_  '         // ,. .|// / /i i }|
..|  | ! i|  .ii i / ,-'とイ ¥===-、,ヽヾ、ヽゝ、 .ヾミ_=zュ-     / / /  |Y ,..ィ'iiイ//i .i  },l  逃れて逃げて♪ よろしいの♪>ひより様
..|  i ! i|  i ! | ./  /i  >_";,tェ ,___>、 iヽ、ゞヽヽ  ´´    ,/ / / / ii i''i  (( ii l .|| !ィ´´
..\ ii |i  \\| i {| ,-' '`'"⌒''' ''->=l | i ) )ハ、._  -‐''.フ/// / l l l |i__, - 、.{ { ヽ! !
  i \ \ \\| .|.{ .フ ,,'''     - 、..ゞi.l  |i | i y^Y ´`l,,l / i  li | \彡=、 .゛l \ Y\
   ゝ ヽ.\\, ! .| .|: ..,,-、,_  ,,ii''' .、.}/  |ヾ=/ メ i`Y, ///i i .! \__/''___ i |、 \\\
    } |  `i \ i i 'i/ , - -     /  i 几 _>/, i´´ ..ll / i i !____ / /-ミi ! \\\ヽゝ
    .! |  .l ! \ii!l  l''´`,''> ,- ;;、../ /i 丶丶/` __ | ! | .l l  / ,/-‐i i、 \  \ ` !
/ |i  ./ !i  !/.!!`'i´''' _,, -‐''_'-、i //! ./f、'-、_/!/\.| !  ._//  /./ !! = ` iゝ、、 .`i
___,/  !  /,/ |i  ! ! .|,, /, -‐'⌒ `''.! .!/ .! /、^ .x x',´ィ´ | lヽ_``_/  l / !、\、``'`'、!.! .l
---_ィイ_,,/  / i ゝゝ !//´.../   ,i'''.lλ! / >,´<''´`' 、'、 | l、-``′  / .!  ヽ、ゝ__ヾ,,, __! !_,,__
≠/─- .,- イ , | i ヽ < /:i'''    !、! . y /-`>,\!´ ,χ!⌒/ / __, !_,, -‐≠ニ´-‐‐‐v、‐ i -_`.、
''´-=〒´,,-- ィ/ / } | .! l /_,    ..,.}  | ` !  ! '´/     i_,/  ./-''_´<''''i´´´ii `ii li   } } | `
´´ /´´{ /''i--/ ././  .)/,/   ,_/i ! ./_          ./   /,_ .} } .l l / / il|} i   .| !/    __, 、__
 /´_  ! .! .l i /´  // ___/''i´`''i !、```゙゙''ー--,,- - ''´  /``'.>`_'-、__/,, ././ l . / !_∧-‐',,,v ``i \
//,-Vー-、_`_'_''_' !   / , =, l´ `!,-|  .ll !、::::::::::::::::/ ''-、   ../ ,-‐'´/ `v-=`、_''=_- -‐_^_'',"==イ'´-= ,,/''l  |
!! l ( !.! .li !iiゝ_-=、 /' `! `i!  i'‐'!,,.、| !::::::\:::::::::l .i'''--'   ,/ ..!///  i |ii  |  .i  ```` \       / /  } |
-! !、,__!!__`'ーi、'\\i.{ .i.`!,、-.!,-,! ,,,!、,' .\,,/``.!.li i    ./  !Yl | i ..! .!, i \ `''-、_=--- ≧-、__ ,,./ / /''´
_ _.}, /''i `i  ii /i ! } .!、_'ュ`´`'′ ,   !! .., -'/ !   /!  ! | l l ..\ \\, "'- 、_''``'\i, `''-=,=≠ィ-''´
_´ __,,./ ,/ ,/ / .! | '、 `.i´..  ,/   .゙゙フ'´ ,/.! .'! __,,,!  'ーiλ , ゝ, 、、>=`' `''i、  `' 、`i\==__, ,=''''
^!,,, -‐'^´_,,!,,,//.//  `''i .``'ー-- 、,,,,.. -′ i''′ .!__ i -''' i'′ヽ_-__`'-、''_' i `i .i`i`i   ii`i l ``''ー- 、,,,
\,`'-、__   ,, __,/_, ! `'--.、, `'``'´´! /'i    '!、_ 、 .,-′-i `ー-i`''-i /! !! /i || i ! /
  ..!,-.、_''_゙''゙´ .'"_ i''″    .}    { `'''´^!,__    ,i''、    }  .}  }i/ ! ./ ./i /
     ``゙゙゙"""゙'″      {_    ! .    .!.`i--'゙i, '!’   /  ./,--'' _,/i ! .! ! !.,,___
                  ``゙゙''!、__!    .!-! .ヾ,!`′/  ./_,,-=''``   ````'''‐‐.、`''i」
やる実の独り言 「消極的柱が残ったんだったらそういう人外もあるかもしれないから考慮するって言う人だったらそもそも3日目のときに投票しとけよって話で」
葉隠康比呂の独り言 「真紅占いましょうか。
→あ、やっぱきらきーで
→(朝が来て夜が来てまた朝が来てまた夜が来ました)
→あ、遺言忘れてたぜ」
ラインハルトの独り言 「ふむ やらない夫は狼で良いか」
葉隠康比呂の独り言 「ねーな。」
できない子の独り言 「まあナズー真なら問題なく噛まれるだろうし、私が余計なことするまでもなかろうが。」
アリス(人狼) 「霊能噛み、ふむ。」
やる実の独り言 「しかし、占い先的には、さくやん真なんだお」
やらない夫(人狼) 「占い噛んで孤軍奮闘ルートか

俺飼いルートのさくやさん真押しルートか」
葉隠康比呂の独り言 「まあナズチャレが来るのは必至なんで」
やる実の独り言 「真と言うか、狂人のそれっぽくはない
初日に霊能→対抗の○に○っていうのは」
アリス(人狼) 「呪殺さえ出さなければ、そのままいけそうな気はしないでもないんだけど。」
発条サメ(共有者) 「違うか
ナズーリン狼のことも一応頭に入れておかないといけないのかゼン」
やらない夫(人狼) 「銃殺が出た場合色々終わるがな」
やらない夫(人狼) 「俺は諦めんぞ」
アリス(人狼) 「後者一択、LWLFだと私は勝てないから。基本的に。」
できない子の独り言 「どっちにしろラインハルト狼には触れにくいんだよなぁ。狼でなけりゃいいが。」
ナズーリンの独り言 「潜伏占いが怖いんだが? 」
アリス(人狼) 「諦める理由が何一つないわ。」
葉隠康比呂の独り言 「あと4吊り」
アリス(人狼) 「霊能。」
雪華綺晶の独り言 「速攻、即刻吊り逃れ♪
本当ほんとにお願いしますわ♪」
葉隠康比呂の独り言 「○がナズ含めて」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 雪華綺晶 に狙いをつけました
雪華綺晶 は無残な姿で発見されました
(雪華綺晶 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
金糸雀さんの遺言          -――-
      , ヽ  \ \ ヽ
       / /ヘ 、 , _‐_-、, -_-、
     ,. /  ヽ  { l , rー┐、!}
     | l    \ く 人_人 >    かりうどー
     l l .    . | |l |/!
      {!|_______ L!L!.ノ}
      |ヽ.L.. ____ 」 ノ{_.」
      「二}  ,.「∞ ト、   {_}
      〔二!. ´| │′ {._」
             `⌒′



しゃきーん! カナの狩人日記


初日:護衛なし
まあ誰もできないのは仕方ないかしら。カナのために死んでくれなのかしら

2夜:護衛ナズーリン
バランス護衛するなら咲夜なんだけど、出の遅さから見て咲夜自体は真狼気味なのかしらー
こっちの方が真狂ってことで護衛する価値があると見るのかしら!
護衛するかしら! ばっちりGJ出してやるかしらー!

3夜:護衛ナズーリン 死体なし(GJ!)
GJかしらーやったかしらー!
ってことは霊能結果自体は見せに来たってことで、身内票あるのかしら・・・?
やる実、やらない夫、ラインハルトあたりがどうなるかって感じなのかしら。
占い真狼なら囲わなさそうだけど、真狂だったらどうしようか

4夜:護衛ナズーリン 死体咲夜
咲夜噛まれたかしら。でもまあ発言的に真っぽくないオーラだったからこれで良かったかしら
ここ守ってれば勝手に勝てる予感。咲夜真だったら霊界でごめんなさい
雪華綺晶さんの遺言                _ __     ((
          ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
         //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
     / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
    i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧      あなたの骸は何処に在る?
    l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,     風に吹かれてゆぅらりゆらり♪
    l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l     何処を彷徨うゆぅらりゆらり♪
.  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
. /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ   小鳥さんが、見ているわ♪
/   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l
l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l
l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l    私の瞳は霊能者♪
.l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ   あなたの真実、聞かせて頂戴?
..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ
. l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
/   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
   /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ   真紅お姉様●>宮小路瑞穂様○>守屋ひより様○
   /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
   /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l
.  / /        〈,、ゝ' ゝ.〈  ̄ノ ,_ヽ'´〈.  l      \
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
できない子 「おはよう。」
ラインハルト 「グーテンモルゲン

やらない夫狼で良さそうだな
鈴仙は狼では無いと見て良いか」
やる実 「ナズが死んでりゃ手っ取り早いお」
アリス 「おはよう。」
葉隠康比呂 「あと4吊り。
それまでに噛むべき村位置が占霊共○2つ。

狐噛みには期待できないべか。ならば最終日にやらない夫を吊るす方針で●が出るまで狼狙いがいいだべな。」
やらない夫 「◇ラインハルト 「その時すでに真紅は死んでいる>やらない夫」

あれ初日の占い場所だろ
れいせんの言う○しかないは…
流石に分からん!

んでだなナズ偽ならばラインハルトも葉隠もそれぞれ気になるってかヤバいってか」
ナズーリン 「アリス〇」
鈴仙 「おいいいいい」
ラインハルト 「だそうだ」
アリス
                 _,..-― ―- .._
               ,  ´          ` 、
              /    _rァ=ーrァニ, \.  \
               / /  r)''´   _   ヾi ヽ .l l
           ,.' i   i'´ _,.-ァ)='''''''=ァz、_ l  ヽ l .l
              l   j  レィフィ /      ',`ヾ  `ヽハ
           l /   ,' ./i ,イ    ヽ l ヽ    \
           |./ i  ,' _A十ハ._   -ハ=ノ、. ヽ、    ハヽ
          /' ./ .l ,.rzi jニ、ヽ   ノ|___ヽ,. 、ヽ、  ヽ.j`ヾz、     鈴仙吊るわよ、例え何であろうとも。
.           /,' ,rァi‐i¨.j / .トz:::j `ヽi' 弋ニソ .j ハ j lヽヽ、ハヽヽ ヽ、
         i i ,'|i     l ヽ.ヾ='  ノ    ./iヽ i!∧`ヽハヽ i /  ノ     金糸雀は脊髄反射したけど昨日の時点でまず鈴仙落としておきたかったし。
.           i!ヽ∨   ./  ヽ __       ,.' l ゙ー=≧ミト ソ
          ヽ lヽ  ー┬、 7_ ‐- ,.ィf   ァ、ー-、 l) i!/
            `ァ>  ./ ∨ |` ー ´ |  \ |  ヽ/ヽ!i| /
               /   j―=トニ___>ー''フ=―、         _,..-'''フ
           ,./    ハヽ  i!   i!イ ノ´    \      _,.-'''/,' /`ヽ
           ,.'/    .,'   `ヾ,.i!___i!rイ´/ヽ ̄ ̄ ̄¨\‐''¨   i i  `ヽr'´
         , '_/    ,'    /〉|   ヽ /   ./\     `¨>、.i i  ,r‐<
         _, '‐/    .,ヽ.   //ハ  // _,...-''    \  _/´  l. l. > _l」」
発条サメ 「なぜそうなるのだろうか」
葉隠康比呂 「まーた狩人吊れてるんですがこれ・・・」
やる実 「やっぱり私の目は役職をとらえてるお(震え声」
できない子 「もうめちゃくちゃやね。〉狩人遺言」
アリス 「もはや意味がわからないのだけれど。」
やらない夫 「狐死んでんのかよ>金糸雀狩遺言」
ラインハルト 「やる実は狩人遺言を残すのを吊るのが上手いな」
やる実 「◇できない子 ◇やらない夫 ◇やる実 ◇アリス ◇鈴仙

昨日の夜の時点で、ナズのグレーはここ」
ナズーリン 「どうあがいても狩狐が死んでいる」
発条サメ 「うん、指定したほうが良かったあれこれ
後悔後先絶たずなので今からでも指定しておこうかやる実指定」
やらない夫 「あ、やべえクソ鉄火場じゃねえか
さくやさんよぉ…」
できない子 「やらない夫視点って金糸雀狐より金糸雀潜伏狂人の方が通りいいんじゃない?〉やらない夫」
アリス 「どっちの狩人が真かと言われれば、筋としては守屋ひより真に見えるわね。」
鈴仙 「やらない夫だけはグレーではなく確定●ですね」
葉隠康比呂 「だがこれもう決まったも同然だろ
ナズーリン真決め打つなら吊りはもう足りてるべ」
ラインハルト 「そもそも 霊能GJで遺言を残すとも思えん
つまり霊能噛みではなかったのだろう」
アリス 「そっちより鈴仙にしたい。としか。」
ナズーリン 「ちなみに金糸雀が狼で私を噛まない理由がないぞ」
鈴仙 「金糸雀がLW担当の場合以外だけは狩狐が落ちている」
やる実 「ラインハルトか、葉隠康比呂吊りするのをお薦めするがお」
やらない夫 「ナズ吊らねえと負ける
こいつが狼か狂か分からんが」
できない子 「よし、やる実指定反対で。」
アリス 「結果として外している者よりは、意見の見えない者を吊りたいわ。」
発条サメ 「やらない夫狼見ているのなら非狼になると思うが違うと思うのかゼン?>アリス」
ラインハルト 「今更ナズーリンを噛んでも真確定で詰むからと考えれる」
葉隠康比呂 「というか誰が狼だろうが占いに向くはずなんだが・・・>ナズーリン」
やる実 「んー」
やる実 「いやまて」
やらない夫 「思考停止のナズ盲信は止めろって
いや、俺もやってたから分かるが」
できない子 「やる実からラインハルトか葉隠吊り言えるならやる実は吊るべきではない。」
やる実 「んじゃさ」
鈴仙 「ただ金糸雀がLW担当だとその日記でナズーリンの立場が一層強くなりやらない夫が吊られるのでこれは不可解」
アリス 「そも、ナズーリンが身内票を主張している以上。
その理屈は砂上の楼閣と化していると思うのだけど。>発条サメ」
やる実 「せめてナズーやらない夫を5>3でロラ」
発条サメ 「ナズーリンが噛まれたら襲いではないか
というわけで灰を減らすゼン」
できない子 「灰から吊るにしても鈴仙にすべき。○から吊るというのは灰の人外にできるものではない。」
やらない夫 「そもそもこいつが死んでないのは何でだよ

少なくともナズ真俺狼で噛まない理由が全くないぞ」
やる実 「ナズーカナリアの2Wだとするのならば、この遺言もありうると思うし」
ラインハルト 「十六夜の真も考えてはいたのだがな
では初日に真紅を占おうと思ったとして 何故○が残るのか?>やらない夫」
アリス 「盲信しているつもりもなければ、即切るつもりもない。
だから、判断と昨日は言ったのに。」
発条サメ 「ナズーリンが噛まれなかった時はその時で
考えればいいだけゼン」
ナズーリン 「私を噛まないなら私視点で詰ませるだけなので、寝ているよ」
鈴仙 「なので狩狐死亡でいいと思う
だからやらない夫…ではなく指定役いるならそこが先に指定でまわったほうがいいのか?
いらないと思うけど○…」
やる実 「いっちばん警戒するべきは、カナリア潜伏狂人で、もう1Wナズの○に居るかもしれないってこと」
葉隠康比呂 「1日目夜
「真紅占おうか(遺言書き書き」
「あ、やっぱきらきーにしよう」

これで3夜まで遺言を追加しないのはさておき、真紅からきらきーに修正しないとかどう考えてるべ?>やらない夫」
鈴仙 「おっと○リストアップしそうになった
しないほうがいいのかな」
やらない夫 「冷静に考えてくれマジで
俺狼ナズ真ならば俺を生け贄にして戦うのが正道じゃねえか!?」
ナズーリン 「今やらない夫を吊らないのは薄い金糸雀狼を追っているからにすぎん」
できない子 「ナズーリン騙りでラインハルト非狼なら大抵はラインハルト噛まないといけないゲームだ。」
アリス 「金糸雀狼か、ないじゃないんだけどね。狙ってはいたし。
でもこう、今持ち出してくるのは結構嫌なのよね。」
やる実 「◇ナズーリン 「今やらない夫を吊らないのは薄い金糸雀狼を追っているからにすぎん」

カナリア狼じゃないんだったら、ひよりの遺言と合わせて何と考えてるのかと」
ナズーリン 「狩狐だろう」
やらない夫 「初日にとりあえず遺言を残しておき>葉隠れ
時間がねえ」
鈴仙 「金糸雀LW担当だったら咲夜強化の遺言書くはず」
葉隠康比呂 「じゃあ俺とラインハルトを吊ってその間に全部占えばいい、そう言いたいべか?

明日ナズ噛まれてたら後悔するしかないべそれ>やる実」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 鈴仙 に処刑投票しました
発条サメ は やる実 に処刑投票しました
鈴仙 は やる実 に処刑投票しました
やる実 は ラインハルト に処刑投票しました
ナズーリン は やる実 に処刑投票しました
できない子 は 鈴仙 に処刑投票しました
ラインハルト は やる実 に処刑投票しました
やらない夫 は ナズーリン に処刑投票しました
葉隠康比呂 は やる実 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
鈴仙2 票投票先 1 票 →やる実
ラインハルト1 票投票先 1 票 →やる実
やらない夫0 票投票先 1 票 →ナズーリン
発条サメ0 票投票先 1 票 →やる実
できない子0 票投票先 1 票 →鈴仙
アリス0 票投票先 1 票 →鈴仙
やる実5 票投票先 1 票 →ラインハルト
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →やる実
ナズーリン1 票投票先 1 票 →やる実
やる実 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ラインハルトの独り言 「やる実が村ならば」
アリス(人狼) 「どう見ても結果騙りなので、これでナズーリンを噛む筋は消滅ね。」
発条サメ(共有者) 「そうだねえ。どうしようか」
できない子の独り言 「いいだな! あんたのこと信じるぞ!〉咲夜」
ナズーリンの独り言 「さすがに私が○を投げれば私が破綻する以上もう潜伏占いは考えないぞ」
ラインハルトの独り言 「ナズ狼=○吊り に至るのもわかるが」
やらない夫(人狼) 「ふー…ふー…」
アリス(人狼) 「げ。」
発条サメ(共有者) 「できない子占って○ならラインハルトか葉隠吊り
してから鈴仙占わせようか」
アリス(人狼) 「ナズーリン狐が。」
ラインハルトの独り言 「逆にナズが真ならば ナズと○を吊るしかない」
できない子の独り言 「ナズーはこっちに○寄越せ。○の中から言わんとナズー吊りは通らん。」
やらない夫(人狼) 「ログ忘れてたァ…ッ!」
アリス(人狼) 「なら吊るまでか。」
ラインハルトの独り言 「そうにも見えるので困ったものだ」
ナズーリンの独り言 「やらない夫を吊る前に狼が吊切られさえしなければそれでよい」
アリス(人狼) 「流石に狩人日記はもう要らないとは思うのだけれど。」
できない子の独り言 「ナズーラインハルトで狼なのかそれ以外か。」
ナズーリンの独り言 「狩狐が落ちたなら憂いもない(金糸雀狼ならその限りでない)」
アリス(人狼) 「うん、面倒だから発条サメを噛んでしまいましょう。」
アリス(人狼) 「金糸雀が狐なら、呪殺は出ない。」
ラインハルトの独り言 「仮にナズを今日噛んでいたら灰3で吊り4」
アリス(人狼) 「その場合、結果騙りを後悔してもらうわ。」
できない子の独り言 「やる実は村でいい。」
ナズーリンの独り言 「ただ狼を吊った気がしないから大丈夫だろう(根拠のない慢心)」
ラインハルトの独り言 「最後にやらない夫となる」
できない子の独り言 「くそ! 咲夜真追っても聞いてくれる人間はいるのかいないのか!」
ラインハルトの独り言 「と 思ったが 鈴仙占ってないじゃん」
できない子の独り言 「すごく説明しにくい。」
発条サメ(共有者) 「葉隠だな」
できない子の独り言 「マジで。」
アリス(人狼) 「どっか見落としてそうだけど。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 発条サメ に狙いをつけました
発条サメ は無残な姿で発見されました
(発条サメ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる実さんの遺言 せめて、ナズの○吊ってナズやらない夫ロラするほうがいいお

ナズの灰が5で吊りが4だから、ナズ真なら噛まれてるお
発条サメさんの遺言     l\       _
    l : :\      \ `ヽ
   l : : : \       \ \
.    l: : : : : :\      \ }
    l : : : : : : \        }ー`ヽ
.    l : : : : : : : :\     /  弋
    l: : : : : : : : : :\   弋    ̄`ヽ
.    l: : : : : : : : : : : \   {  r    ヽ\    /}
..    l: : : : : : : : : : : : :\  |/  `ヽ  ', \   / /
      l : : : : : : : : : : : : : \     〈}/l\ ヽ/ /
     ` < : : : : : : : : : : : :|l      /-/ヽ   lノ      共有だ。相方初日だな
        ` < : : : : : : : : :|l-、_ イ ノ | |   l
          ` <_/´ ̄ ̄ /::::| |    l       というわけで狂人もいるからそこも頭に入れて頑張るゼン
            /l`ヽー-=ニ __|      l  /〉
           /{oヽ::o    {O/     _ / / /   こちらを先に噛んでいたら葉隠を吊ってできない子か鈴仙を占って欲しい
         /  ゝl:::::〉-、__ノ ̄     、 ーイ.   \
        / /´|/∨wv:::∨`ーV、__ -‐‐`ー、  ノ __.\ ラインハルトは真紅との初日の動きが非狼とみるゼン
        | /      〉::::::::::::::::::::\  /  `ヽ    | ̄
        |/    ∧从_∧__ハ__从-‐/     \  |   そうしたら5人の日に灰が全部埋まるからナズーリンを吊ってもいいし
             乂  \}  ,, -''"         \|
              ` ー─''"                やらない夫を吊ってもよし
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ラインハルト 「グーテンモルゲン

なるほど やらない夫の言い分も然り
ナズが真ならば昨日噛まないのは違和感しかない
噛まない理由はナズーリンでGJが出たからかね
ひよりの日記が噛み合わなかったからか」
アリス 「おはよう。」
できない子 「おはよう。」
やらない夫 「◇葉隠康比呂

「1日目夜 「真紅占おうか(遺言書き書き」 「あ、やっぱきらきーにしよう」

これで3夜まで遺言を追加しないのはさておき、真紅からきらきーに修正しないとかどう考えて るべ?>やらない夫

初日から遺言を残しておき、そのまま遺しちまうってのは
実際あるとは思わんか?
真紅からきらきーへ移したのは
真紅はネタ的に銃殺対応される可能性ってのは
中々高いだろ

つーか俺だってさくやさんに怒りてえんだよ
おかげですげえ不利とかそんなレベルじゃなくなってるよ!」
ナズーリン 「鈴仙〇だそうだ」
アリス
                 _,..-― ―- .._
               ,  ´          ` 、
              /    _rァ=ーrァニ, \.  \
               / /  r)''´   _   ヾi ヽ .l l
           ,.' i   i'´ _,.-ァ)='''''''=ァz、_ l  ヽ l .l
              l   j  レィフィ /      ',`ヾ  `ヽハ
           l /   ,' ./i ,イ    ヽ l ヽ    \
           |./ i  ,' _A十ハ._   -ハ=ノ、. ヽ、    ハヽ
          /' ./ .l ,.rzi jニ、ヽ   ノ|___ヽ,. 、ヽ、  ヽ.j`ヾz、     ◇やる実 「せめてナズーやらない夫を5>3でロラ」
.           /,' ,rァi‐i¨.j / .トz:::j `ヽi' 弋ニソ .j ハ j lヽヽ、ハヽヽ ヽ、
         i i ,'|i     l ヽ.ヾ='  ノ    ./iヽ i!∧`ヽハヽ i /  ノ     ナズーリンが噛まれてないなら、どっちかと言うと今日からじゃないかしら。
.           i!ヽ∨   ./  ヽ __       ,.' l ゙ー=≧ミト ソ
          ヽ lヽ  ー┬、 7_ ‐- ,.ィf   ァ、ー-、 l) i!/
            `ァ>  ./ ∨ |` ー ´ |  \ |  ヽ/ヽ!i| /
               /   j―=トニ___>ー''フ=―、         _,..-'''フ
           ,./    ハヽ  i!   i!イ ノ´    \      _,.-'''/,' /`ヽ
           ,.'/    .,'   `ヾ,.i!___i!rイ´/ヽ ̄ ̄ ̄¨\‐''¨   i i  `ヽr'´
         , '_/    ,'    /〉|   ヽ /   ./\     `¨>、.i i  ,r‐<
         _, '‐/    .,ヽ.   //ハ  // _,...-''    \  _/´  l. l. > _l」」
葉隠康比呂 「どうせ噛まれないのならば明後日には仕事終わってるんで明後日ナズーリン吊りで問題ないべな。そこまで咲夜の真を追わせたいならば。
そうなると初手真紅で狼吊れてるんで俺吊りすりゃフラットにはなるべか。ラインハルト、アリスを見るにしてもそこまで囲ったタイミングと呼べそうな雰囲気はかったしな。」
アリス 「狩人の確定死亡が決定した、と。」
ラインハルト 「なるほど そしていよいよ今日噛んだら詰みか」
鈴仙 「おはよう」
できない子 「じゃあナズー真ならナズー吊っても問題ないね。〉鈴仙○」
アリス 「で、噛まれないのならナズーリンを吊って。
やらない夫を判断しつつ、どうなるかになるのだけれど。」
ナズーリン 「アリス-できない子-最後にやらない夫で私視点は詰んでいるわけだ」
ラインハルト 「ではナズーリン視点できない子とやらない夫が狼と」
できない子 「ん?」
ラインハルト 「まぁ できない子が狼なのかどうかはわからんがね」
ナズーリン 「アリスは○であった」
アリス 「貴女昨日私○出してるわよね。」
ナズーリン 「もう寝ているよ」
やらない夫 「因みにナズ偽の場合葉隠とラインハルトは初日疑いから
ナズの即囲い的にすげえ臭い

特に葉隠はすっげえ高みの見物してる感が半端じゃない」
できない子 「アリス占ってるでしょ。冗談はいいっこなしよ。〉ナズーリン」
葉隠康比呂 「吊りは明日でも問題ないべ?
それよりもナズーリンが偽だったときの囲いの有無を見るのがお前さんのやるべきことではないかね?>できない子」
やらない夫 「加えて言うなら
ナズの占いに対する姿勢だろ
さくやさん死んだと同時に占い理由も書いてねえじゃねえかよ」
鈴仙 「真狩人が金糸雀かひよりかはともかく、ナズーリン真でしょ
やらない夫処刑して終わらなかったらはじめて善後策かんがえるでいい」
ナズーリン 「そら(そら共有初日で対抗が遺言破綻していたら)そうなるよ」
アリス 「咲夜噛みのタイミングを考えると、えっと。」
ラインハルト 「真紅と私が狼での初日にメリットが何かあるのかねと思うが>やらない夫」
葉隠康比呂 「そりゃ真打ちでいいだろとなりゃ理由はなくてもどうにかなるべ。
あれか?銃殺出した占いに理由を求めろってか?>やらない夫」
鈴仙 「葉隠は最初はひより狐の場合に狩人じゃないかって思ってたんだけど」
ラインハルト 「ふむ」
アリス 「狐勝ちを阻止するためにやらない夫を残したんじゃなかったのかしら。
私の残さないという方針は何処かに放り投げられたのだけど。」
やらない夫 「身内切りの利点はそこの葉隠が散々言ってたじゃん>ラインハルト

因みに臭いとは言ったが俺は
ラインハルト<葉隠って印象だから」
葉隠康比呂 「まああとは共有が遺言で大体言ってることを言ってるので
俺でも吊るのがベターだとは思うが。」
ラインハルト 「やらない夫の言い分もわかるといえばわかるだけにな
十六夜のミスもあると考える必要があるか否か」
アリス 「葉隠康比呂か。何処か確か大きく動いていた時期があったのよね。」
できない子 「たとえばラインハルト吊ってからできない子占わせてナズーリン吊ってーとかやると
ラインハルト村の時の損がちょっとリカバーきかない形だと思うんだがね。」
鈴仙 「あ、ほんとだ把握しそこねてた<昨日ナズーリンがアリス○出してた」
ナズーリン 「私視点吊りはあまっているんだ 私をケアしようが出来ない子とやらない夫で構わないんさ」
やらない夫 「実際銃殺出ねえだろ>葉隠」
アリス 「◇葉隠康比呂 「だがこれもう決まったも同然だろ
ナズーリン真決め打つなら吊りはもう足りてるべ」

お、おう……。」
やらない夫 「真濃厚じゃなく
さくやさん偽濃厚になってただけだ」
やらない夫 「ナズ真確定してたわけではにい」
できない子 「やらない夫はラインハルト吊りたい、でいいのね?」
やらない夫 「ブロント語になった」
葉隠康比呂 「誰がここでの話だと言ったべ>やらない夫」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は ナズーリン に処刑投票しました
ナズーリン は できない子 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は できない子 に処刑投票しました
ラインハルト は できない子 に処刑投票しました
鈴仙 は できない子 に処刑投票しました
やらない夫 は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
できない子 は ナズーリン に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
鈴仙0 票投票先 1 票 →できない子
ラインハルト0 票投票先 1 票 →できない子
やらない夫0 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
できない子4 票投票先 1 票 →ナズーリン
アリス0 票投票先 1 票 →ナズーリン
葉隠康比呂1 票投票先 1 票 →できない子
ナズーリン2 票投票先 1 票 →できない子
できない子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリス(人狼) 「えっ。」
やらない夫(人狼) 「お、おう」
アリス(人狼) 「 」
ラインハルトの独り言 「十六夜が真ならば」
ナズーリンの独り言 「やらない夫の立場になったらわたしはどうするだろうか」
ラインハルトの独り言 「このまま負ければ良い」
やらない夫(人狼) 「な、何が起きているんだ!?」
ナズーリンの独り言 「そういうことを昼に考えている程度には寝ている」
ラインハルトの独り言 「真での遺言ミスを考えてなど根本が揺らぐ」
アリス(人狼) 「人はここまで盲信できるものなのね。」
やらない夫(人狼) 「とりあえず俺すっげ頑張ってると思うの」
ラインハルトの独り言 「負けて反省すれば良いと思うがね」
ナズーリンの独り言 「狩狐が吊れて2WならPPのお誘いがあるだろう」
アリス(人狼) 「流石にこれで結果騙りで負けたら流石に、とは思うのだけれど。」
やらない夫(人狼) 「ナズ狂じゃね?」
ナズーリンの独り言 「そうでないなら粛々と」
アリス(人狼) 「うん、もちろんわかってるわ。」
アリス(人狼) 「でもPPとかには乗らないわよ、信じられないから。」
やらない夫(人狼) 「それもっと盛大に言えよ>結果騙り
真でこんなことすると思うのかって」
アリス(人狼) 「鈴仙かラインハルト噛み、になるわよね。」
やらない夫(人狼) 「ラインハルト噛もう」
アリス(人狼) 「明日来たらその瞬間に吊り殺すわ。」
アリス(人狼) 「そうよね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は ラインハルト に狙いをつけました
ラインハルト は無残な姿で発見されました
(ラインハルト は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言 ナズーリンLWなら大抵それでも問題はないけどね。
今日はナズーリン吊り。村人CO。
ラインハルトさんの遺言                         _ ,.. -, _ -―ァ
                     ,. '", ‐  ̄. -‐  ̄/- _ 、
                    " / ,. ,. '"   /     ,._ {
                      / ,. /  /,. /   ,/´   ;ゞ=- 、
                    / /// / ,.'./ , /  / ィ ,ィヾヽ`ヽ
                '" // '  / ,/,/ ' / / '///,.'! i ヽ
            / ,./ //  / // //   ,/.'"´'/ヽ',l ト. ヽ       村人に過ぎんよ
.            /,."/ '"/  /  ,. イ/ //,〃'" // // /,ィ,l !}l }
         _. -‐二 _  ,.  / ,. '_,// //_/_` .、'/ ,イ"/' リ/; ノ'} .l
      ,. ‐_´ ,. ' ,.-‐ ‐ '"   _,.-i'ヽ /, ' .{ `゛'-ヽ/' ,ィ‐/.イ./! l./
.    ,.ィ/´ /,. '-‐´_,..-_,. ̄/,.:'" ゝ'/! ! .i|     '    !,/' l/ .! ,}!     
.  ,イ/  / , ' ,. -ァ'",-‐//  /゙、.! ! .ll.      /! //  ./
 ,'./   / /,.-'/ ,.//二二二ニニl`! .l .l !. 、_   ' i  /         
. { :.'、 /.'"/ / ,. ' ノ /'"二二二ニニl .! ! l '、 ` ー'´ イーl. ! {_
 ` 、.`ー '_ /    ,ィニニ-‐'"⌒、ニニl .!, .l l \   ,.仁ニ!  l!'" l
  /,.ー-ニ二.(⌒゙''''"´⌒\、  ヽニl |. ', l.l   i.、'二ニニl、l.l;;;;;;|
. / ,. '" / ,(⌒゙'''''''''¬ヽ   ヾ  \ !マ '、 !ー,ノ. !ニニニl ト. l.l`ー ._
" /  /_ィニ‐''―‐-、.  \.  ヽ.__\ヽl !',  l l、二二.! .l ヽ.ヽ.  \-_
'/ , '_ィ_// /∠'_ lヽ.    r'マ‐=ニ‐''ゝ、}ト、 l ! \ニ! .!、. ヽヽ     \ニ-._
 '"/ニニL_-ゝ二. ̄._  ゙̄"    マム. {i\、ヽ, \i'} l l  .\ !;;;;;;;;,ヽヽ     \ニヽ
/二二二二ニ-_'二ニニー、.    マゝ、ー\!、 ヽ=' '- 、  ヽ;;;;;;;;;;;', ヽ、       \.ト、_
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
アリス 「おはよう。」
やらない夫 「◇葉隠康比呂 「誰がここでの話だと言ったべ>やらない夫」

俺はここでの話をしている

起きていないことを話して何になると言うのか
ナズーリン 「ラインハルトは〇しかでないよ」
アリス
     _ , -´ ̄` - 、
   ,-´  _ _,----、 `ヽ、
  , ´´_= -´ 、, ̄`ゝ `ヽ
 /   i  、   ハ/,_、ヽハ  i、
 ルイ ´ヽ_,ヽiヽi (ヽ,_) i イノレ     結論として、位置関係の都合上の葉隠康比呂か。やらない夫の扱いについて行ったり来たりしていて、
  `ヽiヽ (ヽ)   "  レ人ヽノ
    ,イ人"   _   /ノイノ´       かつ私誘導の理由が狩人がないというだけの鈴仙のどちらかになるのだけれど。
    ヽレル`i -- イ/ヽヽ
        _イY「_/⌒`ヽ,
     /⌒`つ /     ヽ
    /「i,_イ ̄「|||/´~~~~~ゝ」
鈴仙 「やらない夫吊りしか考えてないけれども」
アリス 「で、昨日ナズーリンを吊らなかった理由を心から問うのだけれど。
ナズーリン狼、私切ってないから今日であっても吊るわよ。」
やらない夫 「それにこいつ色々喋っている様に見えて
その実ナズ真から
発言が動いてねえんだよ」
ナズーリン 「私をケアするのは時間がもったいないがケアしていくのが人狼という遊戯さ」
鈴仙 「ただ真紅身内してないのよね…」
アリス 「それなら昨日吊れば良かったじゃない。>鈴仙」
ナズーリン 「ま、私はやらない夫を吊って寝るがね」
アリス 「あそこで灰吊り、つまりできない子吊りはどう考えてもおかしいのだけれど。」
やらない夫 「葉隠吊りしか考えてねえ
ナズ吊ってくれるってんなら明日葉隠と殴り合うつもりではある」
アリス 「葉隠、起きてるかしら。」
葉隠康比呂 「あれ、なんで俺生きてるべ?
昨日俺吊りじゃないのはなぜだ?」
鈴仙 「やらない夫に入れる人が誰もいなさそうなのに?」
やらない夫 「ただ流されるままに俺を吊らないでくれ頼む>れいせん」
アリス 「昨日はナズーリン吊るか、やらない夫吊るかの日で私の中であったから。」
葉隠康比呂 「吊られたと思ってトイレ行ってたべよ...」
ナズーリン 「今日いなくても明日吊るのなら問題がない>鈴仙」
やらない夫 「実際若干俺に耳を傾けていたラインハルトは
噛まれているんだ」
アリス 「そりゃね、誤爆でもない限りそっち先にはならないでしょうね。>鈴仙」
やらない夫 「俺を吊って終わらせようとしているとしか考えられんだろ」
アリス 「お、おう……。」
ナズーリン 「ああアリス宛か」
やらない夫 「加えて言うなら
ナズ真なら噛まれてないのがどう考えてもおかしいだろ」
鈴仙 「万が一の咲夜さんが真ならアリスがわりと狼だと思うんですよね真紅投票してないし‥」
葉隠康比呂 「俺吊って咲夜の真ケアをするタイミングは昨日がリミットだったべよ?
それをしなかったっつーことは本気で決め打ったってことか?>all」
やらない夫 「ナズ偽が見えたから
さくやさん噛み
ナズ偽が見えたからナズ放置」
やらない夫 「ナズに入れる」
アリス 「ナズーリンが狂だとして、2W生存なら。
引っ張り過ぎ、というのが結論ね。」
鈴仙 「まあ普通に行こうと思います」
ナズーリン は やらない夫 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は ナズーリン に処刑投票しました
鈴仙 は やらない夫 に処刑投票しました
やらない夫 は ナズーリン に処刑投票しました
葉隠康比呂 は やらない夫 に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
鈴仙0 票投票先 1 票 →やらない夫
やらない夫3 票投票先 1 票 →ナズーリン
アリス0 票投票先 1 票 →ナズーリン
葉隠康比呂0 票投票先 1 票 →やらない夫
ナズーリン2 票投票先 1 票 →やらない夫
やらない夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリス(人狼) 「 」
ナズーリンの独り言 「やめてくれないか」
葉隠康比呂の独り言 「えー...」
アリス(人狼) 「ナズーリン次第で確定負け。」
ナズーリンの独り言 「私が間違えたら負けというのは」
鈴仙の独り言 「あのミス、どうやったらできるのか…」
アリス(人狼) 「いっそのこと噛むか、というぐらい。」
鈴仙の独り言 「…ちょっとわからないな」
アリス(人狼) 「この場合ならその方がまだ勝算があるか。」
葉隠康比呂の独り言 「だから吊れと言ったのによう...」
ナズーリンの独り言 「私を狼で見ている村人はいたか?」
鈴仙の独り言 「ナズーリンは騙り、これは間違いない
狩人真騙で落ちてる、これも間違いない」
鈴仙の独り言 「金糸雀真、ひより狐、ナズーリン狂かな
葉隠よりアリス狼のほうがありそうだけど」
葉隠康比呂の独り言 「こうなると俺吊りしかないべ...」
鈴仙の独り言 「問題は狼合戦ということ」
ナズーリンの独り言 「アリスは吊りたくないと思っているんだが」
アリス(人狼) 「噛んで遺言出されてもまあ、いいか。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は ナズーリン に狙いをつけました
ナズーリン は無残な姿で発見されました
(ナズーリン は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ナズーリンさんの遺言 占い師CO 折木奉太郎〇だよ

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」
という考え方は嫌いじゃない。
私は古典部シリーズを読んだことがないのでどんな人物だか知らないがね。

占い師CO 葉隠康比呂〇だよ

 何故初日から誘導をする位置を削っていくのかわかりかねるが
真紅の言い分を借りるなら信用落としが露骨な位置から。
初日の理由を気にしているのもあるしな。
ああ、あまり票貰いという事は考えずに占ったが
むしろ吊れなかったから占ったと解釈してくれ。


占い師CO ラインハルト〇だよ

もう理由張らなくていいかい?

やらない夫●だったね



やらない夫さんの遺言                             , ノ 、ヽ
          `ヽ、ハ.              l(● ●)|
            ヽ {                 | (_人_) |
             } i              ヽ 「| ノヒ=''"´ ̄` >
              i  i       .ノ 、ヽ   ,.-‐''´ハ ̄ニ--,‐‐―''"
               |  i     ● ●) l  /  //`´   !
             !  }、._   (人__) !  .i / /´     /
       , ,.ノ 、 ヽ、  ``ー-ヽ  ノ  {/  ノ       /
       l (● ●川i ``‐、.   `  \_ `ーイ      /
       | (__人)||''''|    ≧ヽ     ヽ ノ       〈
       ヽ,-‐'"ヽ ノ     ヾ!    ハ   ノ´ . ,    }
       /y|  ,.-‐〈       !      /    7   ノ      すむらー
      ノ/{ ヽ    ヽ      ヽ       i   ,〃  /
      {_,人    ∧     ,.ゝ'"`ヽ {,/ /  /
         \    ヽ、_,,.-'"  ,'   }  {  {  (
          ヽ    .ノ 、ヽイ __,.レ〃 ̄)ヽ.  ヽ.
           ヽ   ● ●) l≡ー''",..-‐'´  ヽ  ヽ.
            {   (人__) |彡ー,'" .,∧  ,.-―‐‐---‐⌒≡、
             ! /ヽ  ノ   }  \ ', {  ィ-、--,―,ノ、 ̄`
             ,.y'´  _       !ヽ.   `< !  ! `Y  (●
          /ノ  ,,.‐个、    人/\  \!  ヽ |  (__ノ)
        / / /|  } 〉     ``く\   !   `´ヽ  ノ\
       / / /   }  ν'   ,..-、._   `\. ヽ ,'  `  `ヽ i
     /  / /   / /  / ヽ. }`E、 _人>、 !        ハ'´
  ,..-‐''"  ノ´/    |/  /    〈 } ``ヽ-'   ',      ! ヽ.
 `ー'⌒`彡,,,/    / 、_/      `´        ヽ      {ヽ. ヽ.、
     〃`  /´   /´!                 }    {  `ヽ \
         / ,,.‐'´{   !                 }     ゝ.  \ ヽ.
       / /    !  !                 |  ,    }    \ ヽ、_,
     _/ /    !  {                     !/   ノ      `ヽ='´
    i´ /      |  \__               /  /|
   / /         `'''ヽ---'              /  /  |
   !__ノ                              /  /i  |
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
アリス 「おはよう。」
アリス 「あ、はい。」
鈴仙 「はい?」
葉隠康比呂 「まあこういうことだったのでナズーリンがLWだったかどうかなのだが、
ナズーリン狂なら漂白とかなんとかで噛んでたほうがおいしいタイミングでの狩人死亡なのでそれはないなと見る」
アリス 「鈴仙吊り、というのが結論なのだけれど。」
葉隠康比呂 「って狂人かよおい!(バンバン」
アリス 「真紅以外の狼が誰かは終ぞわからなかったけど。」
鈴仙 「…ああ、ナズーリン狐を警戒して念の為に襲ったんですか
私が狼ならひより狐にかけてグレー食ってPPですよもちろん」
アリス 「真紅に対する身内票をしていないのは自分もなのにそれを理由に私に来たこと。」
鈴仙 「アリスも葉隠もどちらも2日目は真紅ではなく金糸雀投票で揃ってるとか…」
葉隠康比呂 「じゃあアリスか鈴仙かってわけだが、そうなるとあれ?一気にわからんくなってきたし...」
アリス 「そして昨日のやらない夫吊りが普通である、とは私には到底思えないしね。」
鈴仙 「というか!ナズーリン狂人でPP来ると思ってたら狼語り用意してたのに狼の(ぴー)」
鈴仙 「ナズーリン、ご苦労様
アリス襲撃っと
ナズーリン、ご苦労様
葉隠襲撃っと

2パターン襲撃して素早くアクションしようとしていた私の努力返してよ」
葉隠康比呂 「ナズーリン真で行こうとしてたのならどっちが自分にとって楽にこの村を滅ぼせるかだよなあ。」
鈴仙 「2つの襲撃パターン、ですね
あーもう焦ってわけわからないことに」
アリス 「票だけで見る思考しかしていない、というのが狼要素でもあるのよね。
そして、ナズーリン狂人とわかっているなら噛む狼像にも値する。」
葉隠康比呂 「改めて聞く。
一昨日俺を吊らなかった理由はあるか?>all」
アリス 「その必要のない用意を示すことに村人たる要素があるとは私は信じないし認めない。」
鈴仙 「ナズーリン真しか考えてなかったので
葉隠処刑という思考が全くなかったし
だから共有遺言見てなかった」
アリス 「ナズーリンを吊ろうと決意していたから。>葉隠康比呂
真であっても偽であっても。」
アリス 「偽だったけど。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス は 鈴仙 に処刑投票しました
鈴仙 は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は アリス に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鈴仙 は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
葉隠康比呂 は アリス に処刑投票しました
アリス は 葉隠康比呂 に処刑投票しました
9 日目 (1 回目)
鈴仙1 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
アリス1 票投票先 1 票 →鈴仙
葉隠康比呂1 票投票先 1 票 →アリス
9 日目 (2 回目)
鈴仙0 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
アリス1 票投票先 1 票 →葉隠康比呂
葉隠康比呂2 票投票先 1 票 →アリス
葉隠康比呂 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
葉隠康比呂さんの遺言 素村COだべ

良かったな俺に何の役職も与えなくて
さすがに3割しか正解しないようなものに村を預けるのは心もとないもんな
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2014/01/10 (Fri) 21:56:38
ナズーリン 「やらない夫が村だと信じていた(純粋な目)」
鈴仙 「ぐわ」
雪華綺晶 「                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ     それでは皆様御機嫌よう♪
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、     楽しい遊戯もこれにて終演♪
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
             /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____    また次の演目でお会いしましょう♪
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/ 鍋の世界へいざ行かん♪
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ   咲夜様は、どんまいですわ♪ でも村のミスは人外に利用されますわよ♪
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ  ひより様も♪ もっと生き汚くてよろしくて?
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /   指定はきっと♪ 大事です♪
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八」
やる実 「おつかれさま」
できない子 「お疲れ。」
アリス
                 _,..-― ―- .._
               ,  ´          ` 、
              /    _rァ=ーrァニ, \.  \
               / /  r)''´   _   ヾi ヽ .l l
           ,.' i   i'´ _,.-ァ)='''''''=ァz、_ l  ヽ l .l
              l   j  レィフィ /      ',`ヾ  `ヽハ
           l /   ,' ./i ,イ    ヽ l ヽ    \
           |./ i  ,' _A十ハ._   -ハ=ノ、. ヽ、    ハヽ
          /' ./ .l ,.rzi jニ、ヽ   ノ|___ヽ,. 、ヽ、  ヽ.j`ヾz、     お疲れ様。
.           /,' ,rァi‐i¨.j / .トz:::j `ヽi' 弋ニソ .j ハ j lヽヽ、ハヽヽ ヽ、
         i i ,'|i     l ヽ.ヾ='  ノ    ./iヽ i!∧`ヽハヽ i /  ノ     どっちに転ぶとしても、良い経験にはなったんじゃないかしら。
.           i!ヽ∨   ./  ヽ __       ,.' l ゙ー=≧ミト ソ
          ヽ lヽ  ー┬、 7_ ‐- ,.ィf   ァ、ー-、 l) i!/
            `ァ>  ./ ∨ |` ー ´ |  \ |  ヽ/ヽ!i| /
               /   j―=トニ___>ー''フ=―、         _,..-'''フ
           ,./    ハヽ  i!   i!イ ノ´    \      _,.-'''/,' /`ヽ
           ,.'/    .,'   `ヾ,.i!___i!rイ´/ヽ ̄ ̄ ̄¨\‐''¨   i i  `ヽr'´
         , '_/    ,'    /〉|   ヽ /   ./\     `¨>、.i i  ,r‐<
         _, '‐/    .,ヽ.   //ハ  // _,...-''    \  _/´  l. l. > _l」」
宮小路瑞穂 「おつかれー」
鈴仙 「やーらーれーたー」
ラインハルト 「お疲れ様でした」
折木奉太郎 「お疲れ様」
雪華綺晶 「村建て同村♪ 感謝します♪」
やらない夫 「ヤッタアアアアアアアアアア!!!」
守屋ひより 「おつー」
GM 「お疲れさま」
葉隠康比呂 「ぐは...」
宮小路瑞穂 「風呂るの風」
ナズーリン 「お疲れ様だね」
守屋ひより 「とりあえず
みんな本当に申し訳ない」
ラインハルト 「面白い最終日だったと思う」
折木奉太郎 「投票見て狼分かるんなら苦労せん」
アリス 「これを利用した、とは思えないのよね。
最後の最後までナズーリンの結果騙りまでは考えていたから。」
できない子 「最後までとらえどころのない村だった。」
金糸雀 「お疲れ様ーかしらー
後1吊り逃れられればいいとこまで行けたのかしらー・・・
残念だったかしら」
発条サメ 「お疲れ様でした
うーん、指定しなかったのが悪かったゼン」
鈴仙 「咲夜さんは変な遺言残さないでくださいー
ひよりはあれなら票をかえてくださいー
しくしく」
できない子 「ではお疲れ様。」
ナズーリン 「吊数を増やして霊能を守った狩人が誤ることもないだろう」
守屋ひより 「速攻でグレラン吊り食らうなんて狩人の名折れ
迷惑かけた」
やらない夫 「ありがとうアリス!!!」
十六夜 咲夜 「お疲れ様
村はごめんなさいね」
GM 「いろいろ巡り巡ってまぁいいんじゃね?」
折木奉太郎 「釣り増やしてそれを自分釣りで消費するんなら意味ねーから」
葉隠康比呂 「吊り逃れはあるべきだったと思う。
まあ次以降は云々で。>守屋」
鈴仙 「最終日、最初からアリスに入れておけば勝ってた…」
やらない夫 「吊り逃れは覚えとくべきだな>ひより」
ラインハルト 「狩人はあからさまに吊り逃れをして良いと思うよ>ひより」
アリス 「二回目の票読みは怖かったわ。」
守屋ひより 「過去の経験が仇となってしまった…
以前に何があったかはログにてw」
発条サメ 「狩人は吊りのがれしていいゼン>ひより
狩人にとって吊られないことが一番村の為になる
噛まれなくてもGJ出していた以上非狼以外なりえないからな狩人COしたら」
ナズーリン 「まーそれはそうなんだが>折木」
十六夜 咲夜 「理由
できない子の返しが面白いので除外。アイエエエ、ヘッズ!?ヘッズなんで!?

葉隠も除外
わざわざそこ囲いとかしないでしょうというか
GJ出た位置を私と仮定した場合は私噛みつつ囲いとか吊られかねない位置
狂人が○出すには博打すぎる箇所
個人的に発言強度も高いし放置で充分と判断

AA発言多目で精査に時間が掛かったり、票貰いの数を気にしてここを先に処理
そこに触れた割りには金糸雀とナズーリンの具体的な役職には触れていなかったので


これでやらない夫占えてれば、かしらね」
鈴仙 「ナズーリンが葉隠に○だして狼が把握したルートと割りと状況一致するかなあと思ったら
アリスがかなり遅くまでナズーリン真と思っていたルートだった
やらない夫狼とか…」
ラインハルト 「前日の流れから卿はアリスに投票だろうなと思っていたけどね
最終日は何が起きるのかわからないものだと思ったよ>鈴仙」
十六夜 咲夜 「あ、レジィさんはお久しぶりです
ボチボチ復帰しはじめました」
アリス 「ナズーリンを残したとしても、奇数最終日の狂人残しはうっ……頭が……。」
発条サメ 「赴くままに指定していったほうが良かったのだろうけど
うーん、となる時点でなぁ。せめてアリスを吊れていればだったゼン」
葉隠康比呂 「初日自体は圧倒的に咲夜真でいいんじゃね?と思ってたとこはあるからなあ...
さすがにあれが真だったと修正するのが遅すぎたべ。>咲夜」
折木奉太郎 「じゃあ、お疲れ様&村建て感謝。半端村って印象。」
鈴仙 「確定狂人が無残になった朝は一瞬頭がフリーズした…」
やらない夫 「狩人は一回吊り増やしたらお仕事終了的な風潮がある>ひより
もう一回増やせるなら勿論その方がいいが
吊りを増やしたなら今度は吊られないようにだな」
十六夜 咲夜 「占いの方に全力傾けすぎちゃって>葉隠」
発条サメ 「またぼちぼち同村よろしくお願いしますゼン>師匠
なんだかうっかり属性も付いてしまったので早めにこそぎ落とせるよう
たくさん村に参加しないといけないですね!(真顔」
十六夜 咲夜 「落ちる人はお疲れ様」
守屋ひより 「というわけでログ見ながら落ちます
同村感謝 狼に祝福を
…それにしてもあまりに無様、あまりに暗愚>私 おつー」
アリス
    ,. -―‐-_、
  ./// ̄`ヽ''" ヽ
  / !/,.   i| !  ,〈
./!  yi´イ ,,..ト,ノハ ノ ヽ   お礼を言われるようなことは何もしてないのよね。
i r'´( ,  i'ヒ.'ノ` fjハ' )'
' ' ,ソノ ,. イ  、_', ノ y´     こうして、すっきりしない泥仕合を終えたのであった。
(ハイ  y ヘi`ェ--イノ'' __
  `>ヾ、tコフ''" ̄ノ=、
 /   7 | iヽ、 /=` ィ、」
やらない夫 「吊り増やしたんだからそんなに気負う必要無いと思うが」
葉隠康比呂 「つーか鈴仙が村すぎんだよな最終日だけ見るにしても。
アリスのほうがナズーリン偽露出に耐えうる動きをしてたし。」
十六夜 咲夜 「うっかりは割りと前からあった気もするわね……
それもここぞという時に発動する遠坂体質で」
鈴仙 「あまりにも予想外の連続でわけがわからない…
みなさんありがとうございました
この村、私にはちょっと高度過ぎですよぅ…」
やらない夫 「うんまぁ…泥仕合…だよなぁ…」
ラインハルト 「では私も失礼しよう
村立て同村ありがとうございました」
アリス 「狩人で吊り逃れをしなくても良い、自由とは以下略。」
葉隠康比呂 「というか本気で咲夜の真ケアをするならできない子の時に俺吊りでしかないんだわ。
なぜか生きててこっちが驚きだよと。」
葉隠康比呂 「つーか鈴仙が村すぎんだよな最終日だけ見るにしても。
アリスのほうがナズーリン偽露出に耐えうる動きをしてたし。」
アリス 「じゃ、お疲れ様ということで一つ……。(震え声)」
金糸雀 「カナも落ちるー
お疲れ様だったかしら!」
葉隠康比呂 「あ、コピペミスったw」
やらない夫 「              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',             なぁアリス…
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,            なんで俺達アリス○出てんのに結果騙りとか考えてたのかなぁ…
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶.
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '
葉隠康比呂 「アリスももう少しスマートにはできたんじゃないかね?
仮に最終日狼CO合戦になっても勝てたべよ。あんな出来すぎたLW早々いるもんじゃないし。」
アリス 「両面に対応できるように。>やらない夫」
発条サメ 「それじゃあ俺も落ちようか
お疲れ様でしたゼン」
葉隠康比呂 「空気がそうさせたんじゃね?>やらない夫」
アリス 「私はスマートとは縁遠いのよ、ナズーリン残して狼CO合戦でも四割私に来そうな気がしてたわ。」
ナズーリン 「結果騙りが考えられているとはつゆと思っていなかったわけだ」
折木奉太郎 「やらない夫●が出た時点で、ナズ真ケアは絶対するからやらない夫は生きれない。
普通に、ナズ噛んでアリスLW勝利で良かったんじゃね」
十六夜 咲夜 「それでは皆様お疲れ様でした
次は気をつけるわ。ごめんなさいね」
折木奉太郎 「だから半端なんだけどサ」
葉隠康比呂 「結果騙りとか要らないよなあんな空気だと...>ナズーリン」
アリス 「ナズーリン噛んで、結果騙り私●が来て終わるのが一番怖かったのよね。」
ナズーリン 「私が噛まれない時点でやらない夫非狼ないし囲えていると思っていたからなぁ」
アリス 「ああ、やらない夫●時点の話だと……趣味ね。(震え声)」
アリス 「誤爆は悲劇しか生まないわ、……うん。(涙目)」
折木奉太郎 「アリスがギャンブラーってだけでしょ。」
葉隠康比呂 「そんな真占いいたら狼に同情してやりたいくらいだべ...>アリス」
やらない夫 「俺●に特に理由がなかった
また泣いた」
アリス 「想定に入れるくらいには、うん。(遠い目)>葉隠康比呂

いいえ、ただの臆病者です。(震え声)>折木奉太郎」
ナズーリン 「―特に理由のない●誤爆がやらない夫を襲う―」
アリス 「や、やらない夫で誤爆じゃなかったら私だって草生やしてたし……。(迫真)」
折木奉太郎 「臆病者なら石橋叩く。咲夜真に賭けたり、銃殺出ないことに賭けたりしない。」
葉隠康比呂 「つーことでお疲れ様だべ。
まあポカミスには気を付けようってのと、ケアできるタイミングを逸するなってとこだべな。
最終日俺じゃなくできない子だったら...ぐぬぬ...」
アリス 「呪殺に関しては割と狐目吊った説はあった、はず。(震え声)
その、ナズーリン噛んでLWで勝ち抜ける絵がどうしても見えなかったから……。(涙目)」
折木奉太郎 「男は石橋、帝京魂。タカ・タナカの戦いは今日も続く。じゃ乙。」
アリス 「賭けたのは、たぶんナズーリン真で吊るすこと。
人、それを蛮勇と呼ぶ。結局吊るせない現実をまた目の当たりに。」
折木奉太郎 「今日、最終日に勝ってんだからナズ噛んでも勝ててたよ。
3人最終日で勝てるのは実力なのさ。」
アリス 「実力……うっ、頭が……。
こ、こんな村に居られないわ!私は森に戻らせてもらうわ!」