←戻る
【へっぽこ実験】やる夫たちの暗殺恋人村 [3892番地]
~見えない自由が欲しくて~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する暗殺者登場 (22人~)天狼登場 (8人~)キューピッド登場 (16人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 八九寺真宵
 (◆
e596wfOJqI)
[村人]
(死亡)
icon 妖夢
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[妖狐]
(死亡)
icon ぼっち
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[天狼]
[恋人]
(死亡)
icon 主任
 (黒羽◆
Minus2u9jI)
[村人]
(死亡)
icon 糸色望先生
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[共有者]
(死亡)
icon 阿良々木暦
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[村人]
(生存中)
icon 魔理沙
 (町人B◆
lllllllllA)
[キューピッド]
(死亡)
icon 愛の堕天使
 (ライテウス◆
QbFmVxyP7c)
[村人]
(死亡)
icon 式符「橙」
 (Mt-B◆
tyenGM1uBY)
[人狼]
(死亡)
icon リア充
 (1001◆
1001chlqro)
[占い師]
(生存中)
icon 弱音ハク
 (サリエル◆
sari/38/TE)
[共有者]
(死亡)
icon 戦場原 ひたぎ
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[狩人]
(生存中)
icon 緑のヒゲ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[人狼]
(死亡)
icon 土方歳三
 (みんと)
[人狼]
(死亡)
icon 古明地こいし
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[霊能者]
(死亡)
icon 輿水幸子
 (小毬◆
Komarig90c)
[村人]
(生存中)
icon 闇野闇子
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[狂人]
(死亡)
icon 田舎農民
 (うるさい忍者)
[村人]
(死亡)
icon チルノ
 (スパーク◆
FjOpeTE2Ts)
[村人]
(死亡)
icon 刹那・F・セイエイ
 (オノサス◆
ELjOFJXjTU)
[村人]
(死亡)
icon ドラゴンサム
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[人狼]
(死亡)
icon シテヤンヨ
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[暗殺者]
[恋人]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
闇野闇子 「ぼっち真だと3騙りになるのかー
じゃあ3騙りしようよー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「そういえば22人で5Wも翠鯖時代あったんでしたっけ?」
式符「橙」 「一応提案したのはあの日に確定○噛んで、指示役いなくなったところに
妖夢さんに組織票ぶっこみなんだけど、○噛めないだろって流れになってお流れに」
闇野闇子 「むーむむむ」
愛の堕天使 「それ考えるとやばかったな>飽和」
式符「橙」 「私吊りの日は逆に、私つらない理由がないのわかってるから絶望するしかなかったのですよー」
田舎農民 「今日で終わりだな
AAの準備でもするか」
GM 「あの時点で灰もまだ残っていたので、交換占いではなく灰占いという選択肢はありましたし」
妖夢 「あそこで橙●無かったら…飽和の可能性も」
愛の堕天使 「サムの日は灰削る選択あったけど橙の日は橙でいいだろ」
GM 「占い師から●がでなければ、グレランや灰指定もありえましたね>橙さん
そこも含めて占い師が強かったんじゃないでしょうか」
愛の堕天使 「橙吊りの日は橙でいいだろう」
式符「橙」 「問題はですね。
私つりが手順上の大安定手なので私つりしない理由がなかったんですよあの日。」
妖夢 「私も吊られるんじゃないかと思ったんですがね>橙吊りの日」
GM 「暗殺者のいる村は暗殺者次第です
この村では暗殺者が早期に落ちたので、あとは狼と村の勝負ですが
占い師と狩人がタッグを組むと人外は死ぬしか無いんですよね」
式符「橙」 「私つりの日に妖夢吊りを言ってもよかったんですよ?」
古明地こいし 「おつかれー」
闇野闇子 「お疲れ様なーのらー」
式符「橙」 「おつかれさまー」
愛の堕天使 「やはり妖夢狐・・・」
弱音ハク 「お疲れさまです」
ぼっち 「お疲れ様。」
田舎農民 「お疲れだぜぇ」
弱音ハク 「飽和との戦いだけどね>妖夢」
妖夢 「お疲れ様です」
愛の堕天使 「おつかれさん」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
妖夢 「初めはそれを期待したんですがね>GM
まさか開始早々暗殺落ちるとは…」
GM 「占い師さえいなければこの村、狐はそれなりに有利ですからねw>妖夢さん
暗殺が的確に村だけ殺せば、狼飽和もそれなりにありえますので」
妖夢 「狩人噛んでいてくれたら私としては非常にうれしかったんですがね」
GM 「狩人日記の結果をわかりやすく提示するのは大事ですよ、ええ
以前なんかのリプレイで水銀燈さんが失敗してましたけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
土方歳三 「リア充噛みが狩人殺せてるor護衛が幸子に行ってるでの勝負だから
その勝負に負けた時点で特には何もないよ。
ひたぎは噛めたな、というくらいか。」
闇野闇子 「うーむむむ」
式符「橙」 「いや、一応狩人に押し付けられるか」
式符「橙」 「これ相互視点占いLWになってきれいな詰みパターンになるんじゃ」
土方歳三 「ひたぎを初日に見たはずなんだがな。」
式符「橙」 「あれ」
弱音ハク 「お疲れさまです」
闇野闇子 「お疲れ様だ!
くっ……」
GM 「単に今日の結果を書いてないだけだと思いますw」
田舎農民 「お疲れだぜぇ」
妖夢 「お疲れ様です」
式符「橙」 「おつー」
ぼっち 「お疲れ様。」
式符「橙」 「純粋に書き忘れな気がする。
灰計算に手一杯で、そこ書く時間なかったとか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「狂人に見せるなら幸子GJっていうでしょw>ハク」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「狂人に見せて噛み回避ですかね?」
ぼっち 「初手にドラゴンサムを生贄に捧げて……。(迫真)」
チルノ 「? 今日もGJなのになんで言わないんだろう」
GM 「◇輿水幸子 「ここは阿良々木さんに恋人という名の相方指定するかっこいい場面なのでは…?」
◇輿水幸子「ボク、あららぎさんとひたぎさんのこと信じてました!」

テノヒラクルー
弱音ハク 「狼5の灰管理で信頼とか大っ嫌いです」
妖夢 「私も狩人日記書いてたとしても…無理ですよねー」
式符「橙」 「残り灰を見るタイプの灰計算しないと狼5だと面倒くさい」
田舎農民 「Coming outしたか」
ドラゴンサム 「土方が即対抗COできれば」
GM 「灰の計算をしていたと思います。この村、狼が多いので」
チルノ 「あ、出た」
田舎農民 「もう狩人出ても良いんじゃないか」
チルノ 「ひたぎはなんで出ないんだろ?」
闇野闇子 「お疲れ様ー
リア充吊れてもどんどこどーん」
田舎農民 「お疲れだぜぇ」
妖夢 「まあ、しょうがないですよね
飽和も厳しいですし」
弱音ハク 「お疲れさまです」
GM 「占い師が生きてると狐は死ぬ。お疲れ様でした」
弱音ハク 「非常に呪殺GJな?」
ぼっち 「お疲れ様。」
妖夢 「あ、遂に死にましたか、お疲れ様です」
GM 「大抵は狩人狙いで占い師の○や、あるいは霊能者噛みになったりすると思います」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
弱音ハク 「ここで連続噛みすると順番ですかね。でもヒゲ最後に回しますか」
GM 「実際、普通村で初手占いGJ
そこから占いを連続で噛むのは、吊りが増えないとしてもあまり選ばれませんし」
GM 「連続噛みはなかなかありませんからね>護衛
なら確定○を守る、というのは選択肢ではないでしょうか」
ドラゴンサム 「昨日狩人COしたとてもきついな」
ぼっち 「そして愛に走る狩人がいた。」
闇野闇子 「お、おう?>阿良々木護衛」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
闇野闇子 「土方は日記を用意するタイプではないからな」
チルノ 「土方は狩人日記用意してないみたいね」
弱音ハク 「あー会話見る限り日記用意してないパターンですか」
GM 「妖夢の頭上に死兆星が……」
弱音ハク 「これで明日6人なんで。でも鉄火場というあれ」
古明地こいし 「お疲れ―」
チルノ 「あ、やっと妖夢に安らぎが」
闇野闇子 「う、うむ、お疲れ様だ」
田舎農民 「あ、銃殺」
ドラゴンサム 「んーひだぎかぁ」
式符「橙」 「おっつー」
田舎農民 「お疲れだぜぇ」
ぼっち 「お疲れ様。」
弱音ハク 「お疲れさまです」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「テンパりすぎて誤字ってますね」
田舎農民 「間違えた 残り4吊り
リア充グレー ひたぎ 妖夢 土方」
式符「橙」 「あららららぎさん確定○だから、それで指示投げてーって言ってるんじゃないかと」
弱音ハク 「阿良々木占ってません?」
GM 「一応、過去に
「村人が蝙蝠の暗殺恋人村」「村人が逃亡者の暗殺恋人村」はやりましたが

普通村+αくらいがちょうどいいかな、と思いました」
田舎農民 「残り4吊り
リア充グレー ひたぎ 妖夢 土方 阿良々木」
チルノ 「輿水幸子 「>土方さん
まあ、GJ出そうなとこボクしかないですよね
ついでに言うと狐はさすがにいないはず(いたら両偽になりそうですし」
だが腹パン」
ぼっち 「それはそれで地獄を見そうね……狩人三人とか……。」
GM 「やめてください狼がしんでしまいます><」
魔理沙 「磯野―、村役全員上級役で暗殺恋人村やろうぜー」
GM 「耐え切れなかったんですね……>狩人GJ」
GM 「狂信者×暗殺者のカップルができた日には狼終了のお知らせ
狂信者×狩人のカップルでも狼に●しか出さない占い師爆誕ですからね、ええ」
魔理沙 「吊り増えたんでフィニッシュ。
あとはひたぎがCOすりゃ終わりだな」
弱音ハク 「これは死ぬ。このGJは出してはいけないGJ」
田舎農民 「あ、終わりだな」
チルノ 「あ、GJ出た」
闇野闇子 「ぎゃー!>GJ」
式符「橙」 「できないだろうけれど、指揮官いないならできそうかなーと。
それに、完全灰だしにゃあ。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
GM 「女神の共鳴能力は強すぎるんですよw>魔理沙
狼に刺したりすると、狼全把握できちゃいますからね」
魔理沙 「あー。。。闇鍋いってねえから忘れて困る >闇野」
ぼっち 「こう、もうちょっと暗殺対象とか伝えたかったのはあったんだけど怖かったので出来なかったというのはあった。」
チルノ 「リア充かめっ!」
闇野闇子 「天使じゃないぞー女神だぞー>魔理沙」
弱音ハク 「まぁこの段階でグレランとか絶対しませんよ」
田舎農民 「どっち噛む気だ?」
魔理沙 「正直これは天使で会話みたかったなw
天狼とか読めなかったぜマジメに」
闇野闇子 「おお、そっちか」
式符「橙」 「指揮官噛んで票ばらけたところに組織票。
よくあるやつですん」
GM 「ガンダムはガンダムですよ、ええ>輿水」
式符「橙」 「あ、幸子さん噛みのことですん。
それで組織票するのが一番楽そうだったので。」
闇野闇子 「うん? ずっとリア充護衛じゃないか……?>橙
CO前は護衛入ってないけど」
式符「橙」 「狐呪殺されなければOK。
といってもにゃあ…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「それがQPというものですね、ええ>魔理沙さん
QP村や闇鍋村で恋人が死んだ後のQPは、そりゃもう切ないもんですよ」
田舎農民 「お、●三つ目」
式符「橙」 「まだ大丈夫。
妖夢さんを吊らないとダメなのだが…」
魔理沙 「おおう、どんどん狼が見つかっていく」
田舎農民 「ラインは生きてるけど
一回でも吊りミスしたら終わりだから
そこが怖い」
ぼっち 「引き分け要員……うっ、頭が……。」
式符「橙」 「ああ、噛み行けたのか。
なら勝負言っておけばよかった」
チルノ 「これ戦場ヶ原の胃も相当傷んでるでしょうねぇ」
魔理沙 「勝利確定がなくなったQPは暇だしな。
適当にかき混ぜるくらいしかできなかったぜ」
闇野闇子 「お疲れ様だぞ!
くっ……これからどうなろうか」
式符「橙」 「狂人特攻だったのかー」
GM 「村人の胃痛がほんの少しだけ和らぐかもしれません>魔理沙」
式符「橙」 「狩人は無理かなー。
多分噛めなかった。」
魔理沙 「んー。思ったんだが私QPCOしたら面白いことになったか?」
チルノ 「農民吊りもまぁ村吊りだけどね」
魔理沙 「お疲れ様だぜっ」
GM 「23人村でも4Wで良かったかもしれませんね
5Wにするなら25人村くらいが妥当でしょうか」
式符「橙」 「おつかれさまー。
妖夢さんが狐と。」
ぼっち 「お疲れ様。」
弱音ハク 「お疲れさまです」
弱音ハク 「無駄吊りはたぶんこいし吊りだけしかない状況」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「呪殺が出た日に占いラン、村4票狼3票で一人でもリア充に入れればリア充吊りになりますから」
ぼっち 「意外とそういうときに村がブレなくて、狼が合わせられないのがどうこう。(震え声)」
田舎農民 「あんまり無駄吊りしてなくても暗殺やQPで余裕がねえのな」
魔理沙 「そんときゃヒゲ吊ればいい
問題はその間にひたぎが噛まれそうなんだよなぁ… >ハク」
GM 「狼の狙いもそれでしょうね>ハクさん
今の時点でも、村が1票でもブレると危険が危ないので」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「呪殺でて7だと凄い鉄火場」
弱音ハク 「狼これでも3残りなんで」
弱音ハク 「というか」
GM 「やめて!?>魔理沙
それなら一思いにやってあげて!?」
魔理沙 「え?こういう狐はやさしくしたのちに最終日呪殺がベターだろ?」
GM 「一応、鉄火場ではありますが
呪殺に怯える狐がかわいそうなので誰か助けてあげてくれませんか」
チルノ 「というか地味に飽和間近なのね…」
チルノ 「おつかれさまっ」
魔理沙 「おつかれだぜー」
田舎農民 「お疲れだぜぇ」
弱音ハク 「お疲れさまです」
田舎農民 「人外自体は多いが占い狩人ラインが生きてるのは
良い感じだな」
チルノ 「まぁだいたい想定通り」
ぼっち 「お疲れ様。」
闇野闇子 「ああ、お疲れ様だ!」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ぼっち 「うごごごごご……。」
GM 「ポケモンで3割ひるみを3回連続食らいました」
闇野闇子 「ちっ>リア充護衛」
闇野闇子 「3/16だ何も不思議じゃない>ぼっち」
魔理沙 「橙●なら吊っていい位置だな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「既に3匹目ですね>占いの●」
魔理沙 「しかし縦3列目がきれーに役職全部違うんだなって思った」
ぼっち 「実質四連続はおかしい。(真顔)」
闇野闇子 「ふむ、お疲れ様だ
そしてちぇーーん!!>占われ」
田舎農民 「とりあえず真占いは狼一匹見つけたか」
魔理沙 「お疲れ様だぜー」
GM 「◇PHP「新春キャンペーンで狼おまけしときますね^^」>ぼっち」
弱音ハク 「お疲れさまです>絶望先生」
ぼっち 「お疲れ様。>糸色望先生」
ぼっち 「そろそろ狼はやめてください。(真顔)」
田舎農民 「お、式符「橙」狼は当たりか
でもまだ狼多いな」
糸色望先生 「んー私も落ちますね
同村と村立て感謝です
珍しい(?)人と共有が組めたので楽しかったですよ相方はありがとうございました
ではお疲れ様です」
GM 「ま、まぁ……次のチャンスがありますよ、きっと!>ぼっち
QP村ならバーボンハウス鯖でよく立ちますし、ええ」
弱音ハク 「お疲れさま」
魔理沙 「お疲れ様だぜ」
糸色望先生 「お疲れ様です」
ぼっち 「お疲れ様。」
ぼっち 「お疲れ様。>シテヤンヨ
下手打ってごめんね、矢ありがとう。
愛してるけど、灰占い師護衛成功は許さないわ。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
弱音ハク 「お疲れさまです」
ぼっち 「流れを見る限り、真なら出るべきな気もする。」
GM 「あいにくと芸人気質の狂人はここにいますね」
シテヤンヨ 「んにゃー、眠いんで先に落ちるねー。
村建てありがとう。良い夢見させて貰ったんよー。
んじゃ、お疲れさまー。」
GM 「今が12人、吊りで11人、噛みで10人
呪殺が出て、かつ潜伏狂人なんかが生きてたりするとワンチャンありますが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
弱音ハク 「一匹落としておくべきか」
弱音ハク 「んー」
闇野闇子 「11>10
この時に銃殺が出るとどうなるんだろうな
ひたぎ噛みは……うーん、多分入らん」
糸色望先生 「土方ーチェンかどっちも残そうとしてましたね
危ない危ない」
魔理沙 「お疲れ様ー」
闇野闇子 「お疲れ様だぞ!」
シテヤンヨ 「お疲れさまー。」
糸色望先生 「お疲れ様です」
GM 「おかげでいい報告用のAAとシチュエーションがいただけましたよ……!」
弱音ハク 「お疲れさまです」
ぼっち 「お疲れ様。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ぼっち 「実質狩人日記持ちの飽和狙いが精々ね。」
ぼっち 「おい、カメラ止めろ。」
魔理沙 「まー、そもそもリア充が初手ぼっち占いじゃぁ割とどうしようもねえしな」
闇野闇子 「http://alicegame.dip.jp/hina/old_log.php?room_no=1231&db_no=2&add_role=on&heaven_talk=on&icon=on
あったあったこれだこれだ>天狼LW勝利
初日っから天狼が半覚醒状態でな! 笑うしかなかったなあっはっはっはっは!
ちなみに占い師は初日だ」
ぼっち 「おかしい。(迫真)」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ぼっち 「惜しむらくは狼陣営に協力要請し忘れたのと、初手●の想定が以下略!」
闇野闇子 「お疲れ様だ!」
弱音ハク 「しません(真顔」
弱音ハク 「ちなみに飛んだときはふぁっ?ってなりました」
ぼっち 「完全残しで霊能信用勝負狙いでした。(真顔)」
魔理沙 「いやー。なんで霊能COしてるんですかね(白目」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様」
魔理沙 「おい、暗殺天狼って(白目」
GM 「最後のQP陣営、堕つ……!」
シテヤンヨ 「お疲れさまー。」
ぼっち 「ごめんね魔理沙☆」
弱音ハク 「お疲れさまです」
魔理沙 「お疲れ様だー」
ぼっち 「お疲れ様。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「狼は多いので占い騙りを3Wくらい出してもいいんですよね
天狼が能力を発動する前に流れを持っていけば有利ですし」
闇野闇子 「たーしーかー
どこだったかなー(ガサゴソ)」
闇野闇子 「そこは占い師がCOする前に噛むしかないさー>刹那」
GM 「(他の誰かに汚されるくらいなら自分の手で)と嫉妬に走った可能性が微粒子レベルで>刹那」
刹那・F・セイエイ 「>闇子
護衛を突破したころには真の占い結果が溜まってるんじゃないのか?」
弱音ハク 「ちなみに4W残ってるので結構鉄火場ですか」
GM 「暗殺者がいる間は死体が2つになりますからね
ただしどちらが暗殺されたかはわかりません、闇鍋でよく見るケース」
刹那・F・セイエイ 「そして八九寺が噛まれたということはアララギは非狼!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
刹那・F・セイエイ 「遺言とか関係なく噛まれたのが八九寺で暗殺されたのが主任だと分かったな」
GM 「……あ、狩人の護衛を強引に突破できるよ! やったね!」
闇野闇子 「まあ抗毒化と狩人突破能力は強いとも言える
天狼LWで狩人を吊ったのを私は見た(護衛先を噛んで狩人偽にした)」
GM 「~天狼の覚醒~

・白狼になる→なる前に占われる
・毒無効→いません
・暗殺反射→暗殺者が恋人相手なので」
弱音ハク 「ヒゲがこいし真霊能盲信したあたりで速攻吊る勇気」
闇野闇子 「天狼か? 弱いぞ凄く弱い
特にLWで白狼になってもそれまでに占い師が結果溜めこんでるから意味ないんだよ!!」
ぼっち 「仕様書読んでみたけど白狼化の無意味感が、うん。」
刹那・F・セイエイ 「キュ、QPがここから意地を見せてくれるんだよ!!」
闇野闇子 「チチデブ!>ハク」
弱音ハク 「まぁぶっちゃけこいし残してヒゲ吊っても良いレベルではあったんですが」
闇野闇子 「お疲れ様だ!」
GM 「え? 恋人陣営の冒険はもう終了しているじゃないですか>刹那」
弱音ハク 「深夜ですから!」
刹那・F・セイエイ 「>GM
まだ終わってないだろ!!」
GM 「えろーい!>遺言」
ぼっち 「運命。(真顔)」
GM 「……よし、終了報告完成!」
弱音ハク 「なんでぼっちさん天狼ひいてますかねぇ・・・」
弱音ハク 「お疲れさまです」
弱音ハク 「噛まれましたか」
古明地こいし 「お疲れ様―」
シテヤンヨ 「お疲れさまー。」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様」
ぼっち 「お疲れ様。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ぼっち 「そんな感じっぽいわね。>シテヤンヨ
●引かれ想定してなかったのが緩みであった。(すっとぼけ)」
刹那・F・セイエイ 「覚醒狙いならCOしては駄目だろうw」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様」
GM 「覚醒すれば強いんですけどね……w」
ぼっち 「お疲れ様。」
シテヤンヨ 「狩人CCOして、だらだらしてる間に飽和狙えばってところじゃね?>●引かれ」
ぼっち 「恋人でないならやるけど、うん。」
GM 「天狼は特殊狼の中では大したことがないので、結果は●になります」
古明地こいし 「お疲れ―」
闇野闇子 「お疲れ様だ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ぼっち 「暗殺でも遺言で残ってた場合よっぽど狂QPでない限り、かしらね。」
シテヤンヨ 「ヒゲ視点というかリア充視点、こいしが真霊能確定なんだからこいしから霊結果出れば破綻ってのは間違ってないんじゃね?」
闇野闇子 「これは先にぼっちがリア充に●を出さなきゃ!」
刹那・F・セイエイ 「なんだ判別できないのか」
ぼっち 「現実●結果になってる、はず。」
刹那・F・セイエイ 「天狼は霊能結果:天狼と出るんじゃないのか?」
GM 「ぼっちが霊能COする→ロラ→死ぬ
ぼっちが霊能COしない→占いがCOをする→死ぬ

ど う あ が い て も 絶 望」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ぼっち 「霊能は確か白だったような。」
ぼっち 「どっちにしてもこう、私●引かれてるとですね。
……ライン戦?(震え声)」
GM 「終了報告用にいいAAが遺言にありますね、もらっておこう」
GM 「そうそう、ピストルで;y=ー( ゚д゚)・∵. ターンって>刹那」
刹那・F・セイエイ 「>GM
それは、つまり…俺が銃殺されたと!?」
GM 「刹那は犠牲となったのだ……潜伏する占い師、その犠牲にな……」
刹那・F・セイエイ 「あーあ、天狼持って逝ってるじゃないか」
シテヤンヨ 「お疲れさまー。」
刹那・F・セイエイ 「な!?俺が噛まれるだと!?」
シテヤンヨ 「ま、しゃーない。
こういう賭けにうって出るのも人狼の醍醐味だしねー。
失敗したらそれはそれで。」
ぼっち 「お疲れ様。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ぼっち 「○なあ、○なら残したのかしらね。」
GM 「こうしてまた1つ、新しいセオリーが生まれるのですよ
QP村でよく恋人占い師が素直にCOすることもありますが、基本的に死にますね、ええ」
ぼっち 「暗殺の動向と霊能者残しの関係……うっ、頭が……。」
主任 「残念だけど、オレ達には味方なんていないんだ……
そう、いないんだよ味方も、そして敵もね」
ぼっち 「まあ、物凄く先走っているのは事実だから合ってないのは。
うん、ごめんね☆」
GM 「指揮系統があると、それに習いますからね
普通村でも共有者の指定ほど厄介なものはありませんよ、ええ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八九寺真宵 「狼撲滅か飽和かで方針が変わるので」
闇野闇子 「暗殺は共有を暗殺しちゃえば良いんじゃないかい? へーい!」
ぼっち 「あ、それは考慮してなかったわね。>リア充が私●引き」
シテヤンヨ 「んー、共有さくさくやって指揮役削り切ってからスタートでよかったかなぁ。」
GM 「共有者次第ですからねw>ぼっち
今回は村の意見も半々でしたが、やはり潜伏役職保護は強かった」
闇野闇子 「どう見ても狂QPの特攻だものなあ
まあだから私は狼で特攻するんだが」
ぼっち 「割と普通に残されると思いました、まる。」
八九寺真宵 「狼側で潜伏占いCOしてないとまずいですよ」
GM 「はい、ということで普通村スタート!
儚い命でしたねぇ(しみじみ)」
八九寺真宵 「どうも、真占いがぼっち●引いてるらしいので」
GM 「イヤァアアアアアアアアアアアアアアアア
ウィルオオオオオルウェイズラアアブユウウウウウウウウ」
ぼっち 「お疲れ様、と。」
八九寺真宵 「お疲れさまです」
闇野闇子 「お疲れ様だな!」
シテヤンヨ 「へい、お疲れさまー。」
八九寺真宵 「かなりいきなり普通の村になりますね」
ぼっち 「ん、シテヤンヨとQPは素直にごめんね。
いやまさかここまできっちりローラーに来るとは。(白目)」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「圧倒的……!
圧倒的ぼっち投票……!」
GM 「さて、恋人が死ぬと占い師も解禁状態となります
占い師を狙って噛めるのは今日明日が最後となりますが」
闇野闇子 「多分、残されればという魂胆だろうが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「ほとばしる熱いパトスが止められなかったのでしょうね」
八九寺真宵 「なんででしょうねぇ」
闇野闇子 「ぼっち……どうして霊能で出た……」
GM 「行ったァー!」
主任 「残される事になったら厄介だが、どうなるかね。
見せてもらおうか、可能性ってヤツを」
闇野闇子 「くう、リア充に特攻だったか……」
GM 「一生懸命庇ってます、庇ってます
あとは共有者の胸先三寸ですが」
闇野闇子 「ローラーとなるか残しとなるかの二択だな」
GM 「恋人のシテヤンヨの心境やいかにw」
八九寺真宵 「お疲れさまです」
GM 「なんか でた >霊能者」
主任 「これだから面白いんだ、人間ってヤツは……」
闇野闇子 「お疲れ様だな!」
闇野闇子 「シンター!?」
GM 「ツー、ツー、ツー」
GM 「◇日名田信太「マイネームイズマイケル(ガチャッ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
闇野闇子 「シンタか! 私はここだぞ! さあお前もこっちに来るが良い!」
GM 「◇日名田信太「ハロー?」
闇野闇子 「あの世でシンタの結ばれるのだ……ふふふふふ」
GM 「それではここで日名田信太さんに電話がつながっています」
闇野闇子 「違うぞ! 私は新妻だ! 幼な妻だ!」
GM 「えっ、芸人じゃ……ないんですか……?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「リア充を噛むと占い遺言で恋人が飛ぶんですけどね……w」
闇野闇子 「誰が芸人か!?」
闇野闇子 「リア充は噛めるだろうか
がんばれよ狼!」
GM 「なお、恋人はご覧のとおりでございます」
闇野闇子 「お義母様とのお付き合いは大事だな、うむ」
GM 「芸人基質だそうですよ、褒められたね! やったねたえちゃん!」
GM 「お、お袋ーーーー!」
闇野闇子 「お疲れ様だ!」
闇野闇子 「くそう! なんという事だ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「胃袋はともかくお袋って新婚生活に大切なの……?」
GM 「共有が両方出ると、暗殺者候補がちょっぴり狭まる
この辺りは普通村とおなじ感覚ですね」
GM 「いい仕事してますねぇ(しみじみ)
占い師が初手で恋人狼を補足したりと波瀾万丈の展開になりそうです」
GM 「いきなり共有特攻w」
GM 「ウギャアアアア」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
出現役職:村人9 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 暗殺者1 人狼4 天狼1 狂人1 妖狐1 キューピッド1
ゲーム開始:2014/01/12 (Sun) 00:28:57