←戻る
【紅番外】やる夫達のお試し村 [3893番地]
~霊界探偵村~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 右代宮戦人
 (r5m◆
r5m21u0gDo)
[人狼]
(死亡)
icon パチュリー
 (町人B◆
lllllllllA)
[霊能者]
(死亡)
icon シロエ
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[人狼]
(生存中)
icon キリシマ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[村人]
(生存中)
icon 佐々木
 (こんぶ◆
PZKPFW4ais)
[占い師]
(死亡)
icon 霧切響子
 (◆
j/LLggzims)
[村人]
(死亡)
icon モナー
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[村人]
(死亡)
icon 罪袋
 (ふらい)
[村人]
(死亡)
ゲーム開始:2014/01/12 (Sun) 19:43:10
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 人狼2
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「おつん」
罪袋 「・・・マジそこ2Wじゃねーか!?」
罪袋 「そんなに俺のハーレムが嫌かっ!
うおおおおおん!!!」
罪袋 「この形だと霊能かんで占いCO
グレー噛んで占い遺言が無ければ占いCO
どっちかかねぇ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM 「霊能かんで身内切りの予定らしいけど
霊能噛まない方が良いと思う」
罪袋 「初手俺占いか・・・これは吊られたのは申し訳ないなー」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
パチュリー 「お疲れ様。」
罪袋 「お疲れ様。村は苦しいなぁこれ。」
パチュリー 「うーむ。これは村視点まずいっていうのがなー。
というか身内切りですか >戦人」
罪袋 「シロエ吊って続けばシロエ狼以外ないんだろ、オレ狼だと佐々木偽になるしな
つまり戦人真か」
罪袋 「戦人吊ってからシロエ吊りはまずないし、シロエ吊ったら明日が来るのでどう見ても戦人真・・・という流れだと思う。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
パチュリー 「まあ、どっち信用できるかどうか?だよね
佐々木信じるか、戦人信じるか
だからこそこのシロエ●が意外と重いわね。
佐々木が占ったらそこでフィニッシュだけども」
パチュリー 「…逆に佐々木死ぬか。」
罪袋 「でも佐々木としては、狼占い師の●占うくらいならモナーと響子の片方占って確定させたいよなぁ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「おゆ」
右代宮戦人 「お疲れ様っと」
罪袋 「お疲れ様。ここまでは狼の計算通りか。」
パチュリー 「お疲れ様よ
まあ、まず狼は確定したわね」
右代宮戦人 「ここまでは作戦通りで。明日シロエが逃げ切れるかだな」
パチュリー 「さて、ここからが本番よ
狼身内切りあるかないか。それを見ればシロエ吊れるわ」
右代宮戦人 「>シロエ
行って来い。グッドラック」
右代宮戦人 「霧切投票が余計だったなホント」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
佐々木 「お疲れ様」
右代宮戦人 「お疲れ様だぜ? いっひっひ」
パチュリー 「お疲れ様。」
罪袋 「お疲れ様だ!」
佐々木 「あれ。これ結構厳しい気がする」
罪袋 「シロエ吊らないと思うしきっついよなぁ
オレなら絶対響子・モナーどっちかしか見ない」
右代宮戦人 「>佐々木
いっひっひ。楽しんでくれれば何よりだぜ?」
パチュリー 「うむ。むしろこれ私潜伏した方がよかった気がするわ」
佐々木 「うん、楽しませてもらったよ>戦人
罪袋が発言するごとに「やめて!」って心の叫びが、もうね……」
佐々木 「後半からは諦めてもう楽しくなってきてたよ」
パチュリー 「なんというか、しょっぱな私が罪袋ロックオンしたのがあれね。うむ。」
罪袋 「推理もしてるつもりだった(キリリリ」
佐々木 「不幸な事故だったのさ……>罪袋・パチェ」
罪袋 「つまり・・・
「キリシマー!俺だー!
俺の46cm三連装砲を搭載してくれー!」
こっちを朝一挨拶にするのが正解だったと。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
右代宮戦人 「「シロエ 戦人に●を出されている
モナー 戦人を吊っている
私 戦人にグレランで票を受けている」

ずいぶん面白い形になったなぁ、いっひっひ」
佐々木 「(無言で殴りつける)>罪袋」
パチュリー 「(無言で蹴り飛ばす) >罪袋」
右代宮戦人 「分けは確保と」
罪袋 「2夜の占いでシロエヒット、シロエに2●が出る展開でもない限り村勝ちはきつかったかねぇ。
いや初日吊られて申し訳ない」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐々木 「お疲れ様」
罪袋 「初日夜に必死こいて4人分の挨拶書いたのに酷くない!?>パチュリー佐々木」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました