←戻る
【紅番外】やる夫達のお試し村 [3893番地]
~霊界探偵村~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 右代宮戦人
 (r5m◆
r5m21u0gDo)
[人狼]
(死亡)
icon パチュリー
 (町人B◆
lllllllllA)
[霊能者]
(死亡)
icon シロエ
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[人狼]
(生存中)
icon キリシマ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[村人]
(生存中)
icon 佐々木
 (こんぶ◆
PZKPFW4ais)
[占い師]
(死亡)
icon 霧切響子
 (◆
j/LLggzims)
[村人]
(死亡)
icon モナー
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[村人]
(死亡)
icon 罪袋
 (ふらい)
[村人]
(死亡)
村作成:2014/01/12 (Sun) 19:01:07
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COは例外でOK)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、システム利用(夜投票遅延によるメタ利用など)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ 利敵行為
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO(夜に狼や共有仲間に言うのはOK)
 超過0秒になる前の狼の噛み(詰んだ場合はご自由に)
 昼間のAA(ツールが使いにくくなる、発言引用がしにくくなる)
 GIFアイコン(不快に感じる方も居るので)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 ぬるぽと発言するとGMがCNを配布するかもしれません。
 GMはジョインジョインです
【占い師候補へ】
 占い結果と占い理由は分けて発言するようにお願いします
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「・17人村ですが初日に探偵が霊界に行くので実質16人村です
・霊界から探偵が吊り先を指定→GMが下界に通達→吊り実行を繰り返して行きます
・指定には「指定:」という言葉を使ってください(〜〜吊りかなぁ等はNG)
・霊界から吊り指定するので、死亡後も騙り継続しないとばれるので注意
・ワトソン死亡の場合は、GMが報告します
・霊界でのCOは、下界でしていたCOか人外COのみ。
  例:下界で村人の遺言を残して霊界へ→霊界で狩人CO これはNG
  例:噛まれたときに狩人遺言を残して霊界へ→霊界で狩人CO これはOK
・グレラン権は1回のみ。最終日(3人か4人の昼)に使うのは無し
・指定が間に合わなかった場合のペナルティはワトソンが生きているときにはワトソンを吊ります。死んでた時は翌日の指定権利剥奪(グレラン権が残っていたら自動的にグレラン権を使う)
 例:ワトソン生存、グレラン権未使用→グレラン権発動
・指定は投票時間に入った後の物は無効とします
  例:仮指定でっていう→超過後に本指定やる夫 有効な指定先はでっていう
・最終日の引き分け投票指示はあり。その際は具体的に誰が誰に投票するか決める事
 例:でっていう→紅きヒゲ 緑でっていう→紅きヒゲ 紅きヒゲ→でっていう 緑のヒゲ→でっていう
・人外は探偵の指定にしたがう必要はありません。PPできるのならばしてどうぞ。」
GM 「今回は、このオプションを使って霊界探偵村でございます

探偵村 [Ver. 1.4.0 β10~]

* 「探偵」が登場し、初日の夜に全員に公表されます
* 普通村の場合は、共有者がいれば共有者を、いなければ村人を一人探偵に入れ替えます
* 闇鍋モードの場合は固定枠に探偵が追加されます
* このオプションを使用した場合は、身代わり君が探偵にはなりません
* 「身代わり君は GM」+「霊界で配役を公開しない」オプションと併用すると「霊界探偵モード」になります
* 「霊界探偵モード」はゲーム開始直後に探偵が死亡して、霊界に移動します。指示は GM 経由で行います
GM 「希望制ですが「探偵希望か無し」でお願いします
探偵やりたい人は探偵希望
それ以外の人は無しということで」
GM 「では,報告に行ってきます。入村はご自由にどうぞ
GMはジョインジョインです」
右代宮戦人 が村の集会場にやってきました
右代宮戦人 「あぁ駄目だな。全然駄目だぜ。
お前ら、入村スピードがなっちゃいねぇ」
GM 「いらっしゃいませー」
右代宮戦人 「どんな問題だろうとベアトのやつに比べればマシだろうさ
楽しませてくれよ?」
GM 「日曜の7時ってもっと暇な学生とかおるんちゃうん」
右代宮戦人 「ビビってんじゃねぇの? いっひっひ」
パチュリー が村の集会場にやってきました
パチュリー 「どうも。」
右代宮戦人 「おう、ようやく人が来た」
パチュリー 「パチュリー さんが登録情報を変更しました。」
GM 「いらっしゃりー」
パチュリー 「消極的に参加する姿勢で行くわ」
右代宮戦人 「・指定が間に合わなかった場合のペナルティはワトソンが生きているときにはワトソンを吊ります。死んでた時は翌日の指定権利剥奪(グレラン権が残っていたら自動的にグレラン権を使う)
 例:ワトソン生存、グレラン権未使用→グレラン権発動」
右代宮戦人 「例題だけど、ワトソン生存ならワトソン吊るんじゃねぇの?」
パチュリー 「ああ、そういえば。
逆のような気もするけども」
GM 「なるほど
書き換えましょう」
シロエ が村の集会場にやってきました
シロエ 「やあ、こんばんは。」
右代宮戦人 「おう、腹黒眼鏡!」
GM 「いらっしゃいませー」
シロエ 「いやいやいやいや。」
GM 「・指定が間に合わなかった場合のペナルティはワトソンが生きているときにはワトソンを吊ります。死んでた時は翌日の指定権利剥奪(グレラン権が残っていたら自動的にグレラン権を使う)
 例:ワトソン生存、グレラン権使用済み→ワトソン吊り
 例2:ワトソン生存、グレラン権未使用→グレラン権発動」
シロエ 「シロエ さんが登録情報を変更しました。」
GM 「こんな感じでしょうか」
シロエ 「希望を間違えていたみたいだ。」
キリシマ が村の集会場にやってきました
GM 「あんまりにも埋まらないようだったら、オプション外して普通村にしようかしら……」
佐々木 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃーい」
佐々木 「やあ、こんばんは」
キリシマ 「大戦艦の力、思い知らせてやる」
パチュリー 「まあ、タイミングが悪いって場合は仕方がないわ。
3時間待つ覚悟もできてるわ」
佐々木 「顔出して早々で何だけど、ちょっと再起動してくるね」
シロエ 「(正直なところ、21時からだと思っていたのは黙っておこう。)」
右代宮戦人 「ふむ、優先順位はグレラン権>ワトソンなのか
グレラン使っちまってワトソンも居ねぇなら探偵の負けか? いっひっひ」
GM 「その場合どうしようか考え中>グレラン使っちまってワトソンも居ねぇ」
パチュリー 「その場合村指定吊りでいいのでは?
GMが決めていいとか」
GM 「探偵村だったら、探偵吊りって決まってるけど霊界探偵村だと吊るべき探偵が既に霊界という」
右代宮戦人 「・指定が間に合わなかった場合のペナルティは指定権利剥奪(グレラン権が残っていたら自動的にグレラン権を使う)です。
但しグレラン権を使用していてワトソンが生存している場合はワトソンを吊ります」
パチュリー 「若しくは真役職指定吊り」
右代宮戦人 「個人的には順番逆の方がしっくりくるな」
GM 「村吊りってなると、それはそれで村に情報が入ってしまうので」
シロエ 「完全に自由投票、だとペナルティにならないか。」
キリシマ 「ふーむ」
GM 「では、そのようにしましょう>ばとら」
GM 「ちなみにですが、少人数で探偵村を開始すると、村1→探偵1に変換されます
そして,探偵が初日に霊界に行くのでバランスがマッハ」
右代宮戦人 「おう、なんだかわりぃな」
パチュリー 「バランスは投げ捨てるもの。
致し方が無いがそれもそれでまたよし、ね。
まあ、夜は長いからゆっくり待ちましょう」
佐々木 「ただいま。待たせては……いないようだね。残念」
GM 「普通に探偵村やるよりも、霊界探偵村の方がバランスが良いと思うので、色々試しとる最中です」
GM 「30分か」
GM 「多分、待っても17人まで増える事はないと思うので、もう一人か二人待って普通村にして開始するかどうかかなと思うんですが皆さんどうでしょう?」
佐々木 「ちなみに……例えば、「グレスケ提出して」とかそういう指示も飛ばせるのかな?
それともそういうのはワトソン君が気を利かせる、とか?」
右代宮戦人 「それでいいぜ」
キリシマ 「まあ集まらんのは仕方がないか
私はいつまででも待てるが」
佐々木 「おっと。致し方ないね」
シロエ 「うん、それで構わないよ。」
パチュリー 「それで建て直しっていうのもありかしらね?
めったにこういう村は立たないからやってみたいものではあるし」
GM 「今の所、下界への通達は,吊り先のみです>佐々木
占い先指示や護衛先指示も無しです」
霧切響子 が村の集会場にやってきました
霧切響子 「こんばんは」
GM 「いらっしゃいませー」
GM 「では、探偵村と霊界非表示をはずします
霧切さんが霊界探偵村目的できたのなら申し訳ない」
佐々木 「ありがとう>GM
ではワトソン君は実質的に召使だね。ご主人様が不自由しないように立ち振る舞う、と」
モナー が村の集会場にやってきました
罪袋 が村の集会場にやってきました
罪袋 「霊界探偵と聞いて!」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
モナー 「よろしくモナー」
シロエ 「ワトソンが霊能者CO……うっ、頭が……。」
パチュリー 「…どうやらちょっと遅かったみたいね >罪袋」
GM 「もうしわけねえ……>罪袋」
罪袋 「霊界探偵といえば幽々白書、仙水。
仙水・・・仙人の水・・・華仙ちゃんの黄g」
罪袋 「なん・・・だと・・・」
GM 「人が集まらないので,普通村にしようとなった所です
申し訳ないっす」
パチュリー 「改めて時間ずらして立ててみたら?
需要がないわけでもないし。」
キリシマ 「しかし日曜だと言うに集まりが悪いな」
霧切響子 「私はどちらでも構わないわ。」
モナー 「9時からやるもんだと思って仮眠しようと思ってたら
今立っててびっくりしたモナ」
GM 「うーん」
罪袋 「くっ!霊界から指示が来るたびに「華仙ちゃんの水が振ってきたぞヒャッホーイ!」する計画がっ」
パチュリー 「。。。どうやらみんな9時にやるものだと思ってたみたいでして >GM」
GM 「なんで日曜にやってるかというと、普通村は普通村でやっててほしいからなのよね
他の曜日に立てると、お試し村が立ったら後普通村やれないかなっていう」
シロエ 「やあ、僕もだ。慣れとは怖いものだね。>モナー
……告知をきちんと読んでいないことがバレてしまうな。」
佐々木 「とりあえず出発して9時に再度、でもいいんじゃないかなぁ。
今普通村の需要を消化しちゃえ、ということで」
シロエ 「実に有難い気遣いであると思うよ。」
GM 「うーん」
罪袋 「色々な種類の村があるのがいいと思うんだよね。
強くなるには雑食が一番。
僕の好物は縞パンです。」
GM 「じゃあ、9時にもっかいやりますか」
モナー 「まったくまったく同志がいたモナ>シロエ」
キリシマ 「変更なり告知なりは大々的にすれば、気付かれないという事も無かろう、きっと」
GM 「この村にいなくて9時からって思ってる人もいるかもですし」
パチュリー 「一応告知はしてたんだけどね >キリシマ」
キリシマ 「ほう>九時にもう一度」
キリシマ 「こうAAを使って大大的にババーンと
それで気付かなかったは出ないだろう、うむ」
シロエ 「まあ、これは僕が無精者故だからあまり参考にはならないとは思うんだけどね。
いやあ、夕飯は強敵だったよ。うどんが楽で良い。」
GM 「あ、探偵希望か無しかの制限は無くしますんで,何かやりたい役職があったら今のうちに変更どうぞ」
佐々木 「お巡りさん、不審者です。>罪袋
……くっ 電話が通じない?」
キリシマ 「キリシマ さんが登録情報を変更しました。」
右代宮戦人 「右代宮戦人 さんが登録情報を変更しました。」
霧切響子 「霧切響子 さんが登録情報を変更しました。」
右代宮戦人 「探偵できねぇってのは残念だが。まぁしょうがねぇ」
罪袋 「罪袋 さんが登録情報を変更しました。」
パチュリー 「パチュリー さんが登録情報を変更しました。」
罪袋 「占い3COから3○もらいとかで探偵位置になるんじゃね?>戦人」
モナー 「登録変更多すぎィ!!」
右代宮戦人 「噛まれるじゃねぇか!w」
シロエ 「狂狼狐……うっ、頭が……。」
キリシマ 「       /:./: : : : : |: : \: : : :\: : : :\ヽ
       : : :.: :{ : : : : : |、: : : \: : : ヽ: : : : :ヾ:
     /: :| : :∧ : : : : { \: :_:_:_\: :.‘。: : : : : \
     .′:.|: :/ \: : : :ヘ_,/:、 : : :.\: ゚: : : : : : : :.
     i : : |:_゙_______ヽ : : ∧ 斗-ォ=≪:_:ハ: : : : : i:.:.:.   探偵村ではないのならAAを使っても良いのだろうか?
     | : : | i  -―` \:..:∧弋少     :.:.:i: : :|: :.:i
     | : : レ_ 斗-ォ=ミ  ヽ: :ハ         |: :|: : :|:.:/ト
     |: :..:.∧ 弋少   }   :,:ハ        |: :|: : :|/.:八
     |: : : : ∧    ヽ   :,:}     ∧ |: : / /:.:.:.\
     |: : : : : ∧     、__ /リ      彡イ: / /:.:.:.:.:.:.:.:.
     |: : : :.:\∧ 、           / / /イ /:.:.:.:.:.:.:.:. ト
      乂ハ、: : :ヽハ个: .      /___/{/:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j|
          \: : : : : :ー=ァ }>‐   ´   |⌒ヽ:.:.:.:.:.、.:.:.:八
          \:_( ̄  │Υ   .-=ミ|     つノ ̄`¨⌒
           __,,. --―r┴y‐=彡⌒ン¨¨¨¨ア¨¨´  ̄ `ヽ
           ((二>―‐乂_ノ==彡'"      /         \
       r―…彡 彳 / /       /            :,
        {> ´ ィ'’ {/        /           ′
        ´   //               ′     \       ヽ
    /     {i:i:{               {      /ヽ        、
.   {     {i:i:{                 \_____/   \      \
    :,      イOト              / /      \      \」
パチュリー 「まあ、次のチャンスにかけましょう >戦人」
右代宮戦人 「GM-。カウントしていいかー」
GM 「いいっすよ>戦人」
モナー 「GMの村は基本なしだった時はずモナ>キリシマ」
右代宮戦人 「シンプルに行くぜ。
3」
右代宮戦人 「2」
佐々木 「ではよろしく頼むよ」
右代宮戦人 「1」
キリシマ 「噛まれない気概を見せてみろ>戦人
わざとミスリードして噛む気を無くさせるとかな」
右代宮戦人 「いっひっひ。開始だ」
ゲーム開始:2014/01/12 (Sun) 19:43:10
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 人狼2
キリシマの独り言 「ああ、まあ」
パチュリーの独り言 「ベネ」
キリシマの独り言 「さて」
シロエ(人狼) 「村人希望多すぎないかな。(白目)」
右代宮戦人(人狼) 「いっひっひw 腹黒じゃねぇかw」
キリシマの独り言 「3吊り2人外と」
「◆GM それでは皆さん自陣営の勝利に向かってがんばってください
AAはなしですよ」
モナーの独り言 「素村モナー
占いの無双に期待モナー」
罪袋の独り言 「そういえばうっかり希望に関するテンプレを見てなかった。
あのまま探偵村なら危ないところだった」
佐々木の独り言 「GMの村建てに感謝するよ。
恐ろしい来客が無ければ9時からのそれにも参加させて頂くよ」
右代宮戦人(人狼) 「腹黒さんよー。身内切りしてみねぇ?」
キリシマの独り言 「了解だ>GM」
パチュリーの独り言 「そういえば9人村での霊能のセオリーとか知らないわ私」
モナーの独り言 「ジョインさんはいつも村立て感謝モナー」
シロエ(人狼) 「さて、まあ基本は潜伏で。」
罪袋の独り言 「狩人いないのはなかなか」
パチュリーの独り言 「狩人いないんだから出てもあれね」
佐々木の独り言 「罪袋でいいや」
パチュリーの独り言 「潜りましょう」
シロエ(人狼) 「で、占い師次第で……。」
シロエ(人狼) 「ああ、うん。わかってた、やろうか。」
キリシマの独り言 「しかしやはりこのアイコンは暗いな
夜戦なので仕方ないんだが
これ以外の画像はなんだか微妙なのだよな、困ったな」
右代宮戦人(人狼) 「作戦としては今日は普通にお互い潜り。
明日霊噛み。で身内切りCOで●」
シロエ(人狼) 「どっちがどっちを、そしてプランをどうぞ。」
右代宮戦人(人狼) 「じゃあ、準備はしとくわ。
初日に●出たら作戦中止で。」
シロエ(人狼) 「僕は村人でいいね、占い師でCCOしろと言われればそれはそれでやるよ。」
右代宮戦人(人狼) 「俺がやるよ。言い出しっぺだし。
で、明日は多分占いが出てきて信頼になるから、シロエは俺に投票してくれ」
右代宮戦人(人狼) 「それで俺が吊られたら、占い噛みで勝負になるから」
キリシマの独り言 「かっこいいポーズなら明るいんだが」
シロエ(人狼) 「ただ、都合良く占い師が初日なんてこともないだろうからね。」
右代宮戦人(人狼) 「投票が引き分けたら、シロエが票変えで勝てる」
キリシマの独り言 「かっこいいポーズ……」
パチュリーの独り言 「割と常に鉄火場ってのもひりひりするわね」
シロエ(人狼) 「了解、精々初日に吊られないように頑張ろう。」
右代宮戦人(人狼) 「そういうわけで100だ。よろしく」
シロエ(人狼) 「ああ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
佐々木 は 罪袋 を占います
右代宮戦人 は GM に狙いをつけました
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
シロエ 「おはよう。」
キリシマ 「グレラン村での狼の捜索か
こう、難儀だな」
霧切響子 「この人数って村人8 人狼1でいい気もするわね。」
佐々木 「おはよう」
右代宮戦人 「おはようさん。」
罪袋 「パチュリー!俺だー!
抱っこするからひざの上で本読んでくれー!」
モナー 「おはようモナー…
人狼が紛れ込んでるなんて怖いモナー…
役職のCoは役職に任せるモナー」
佐々木 「まあ役職は吊られるな噛まれるなそして人外を吊れ、というわけで。
意外と優しくないよね、この配役」
キリシマ 「索敵は潜水艦の仕事だろう」
パチュリー 「おはよう。
狩人もいないので占いは○引いたら潜ること。
出てきてもいいが、噛まれる覚悟があるということで見てよろしいかしらね。」
霧切響子 「占いは居ないと。霊能はお願い。」
右代宮戦人 「占い師は出てこねぇなら○引きだろう。
そのまま潜ってていいぜ。

霊能は出た方がいいな」
パチュリー 「やだ。くさそうだし。 >罪袋」
シロエ 「割といじめの気配が漂う気もするね、それ。>霧切響子」
罪袋 「あ、吊りは戦人・シロエ・モナーのどっかからでいいと思いますハイ」
キリシマ 「それなら占い師もいらんな>響子」
佐々木 「……で、COはゼロと。
まあ初日占いじゃないことを祈ろうか」
モナー 「やだなにこの人怖い>罪袋」
モナー 「まぁ役職は出るかどうかは役職に任せるモナー
出る出ないのメリットデメリットはあるんで
出ないんなら吊られないでねぐらい」
キリシマ 「まあ出る出ないは役職に任せる」
佐々木 「見事な変態だね>罪袋
でも悲しいかな、この村には警察は居ないんだ」
シロエ 「まあそうだね、霊能者だけ出るのが安定はするのかな。
噛まれるのがどうしても嫌だと言うなら潜るのも吝かじゃないけど。」
右代宮戦人 「……こりゃ霊能初日かな? いっひっひ
狩人居ねぇ村なら、単純に○が一人減るバッドなニュースだ」
パチュリー 「霊能出る意味は? >戦人」
霧切響子 「疑心暗鬼とはそういうものよ。>シロエ」
罪袋 「スパッといかれたぜ・・・
でもそんな切れ味鋭いぱっちぇさんも素敵(ピクピク)」
霧切響子 「占いが潜る意味はない。」
シロエ 「この素直な誘導、嫌いじゃないね。>罪袋
君が狼でないことを祈るばかりだ。」
パチュリー 「…今日こいつ吊っていいかしら?
なんかこう、個人的にぶった切りたい >罪袋」
罪袋 「霊能COないなら身代わり君かもしれん。
でもそれって占いが身代わり君じゃないってことでもあるからそれはそれで、だな。」
キリシマ 「明日は流石に出るだろうさ、何かしらな」
モナー 「スゲエ露骨モナね
ハーレムでも作るつもりかモナ?
やめておけもナ君じゃ無理もナ>罪袋」
霧切響子 「つまりは初日でいい。
それなら霊能はいるはずだけど…」
佐々木 「無駄にグレーを狭める、と取るか
或いは狼に魔が差すように仕向ける……と取るか。>霊
まあ潜ってていいんじゃないかな」
右代宮戦人 「>パチュリー
出ねぇ意味の方が聞きたいね。
・霊能がうっかりグレランで吊られる事を避けられる
・占いがうっかり霊能を占っちゃうことを避けられる
・狼に対するデコイになる」
シロエ 「まあ、あんまりないね。
素直に灰減らしにご協力頂くのが安定ではあるかな。」
パチュリー 「ふむ。妥当な理由ね。」
キリシマ 「ちょっとよくわからん言い回しだな>罪袋
言わんとする事は少し考えて理解したが」
罪袋 「まー占い師は●引きなら出るから○引きだろ。自分の○が吊れないようにガンガンに誘導しちゃえばいいんじゃないですかねぇ!
パチュリー 「仕方がない。潜ろうと思ったが出ますか
霊能CO」
シロエ 「グレーが減って、無駄ということもあんまりないと思うけどね。」
モナー 「●ぶつけられないかぎりでなくてもいいっていう人もいるしねえ>霊能云々」
罪袋 「モナー、ハーレムっていうのはな・・・
待ってるだけじゃ駄目なんだよ!自分の力で掴み取るのさ!(キラッ」
佐々木 「占う云々はある意味運だと思うんだけどね>ばとら
って出たのか。まあ仕方ないね」
右代宮戦人 「まぁ潜るならパチュリーだよな…
一応聞くけど対抗いるかー?」
シロエ 「普段だったら不安だなあと言うところだけど、
割と村の空気からして真霊能者なんだろうなあという感じがする。」
罪袋 「くそっ!こんな遅くの霊能COなんて信じきれない!
でもパチュリーだから吊りたくない!」
キリシマ 「まあ潜伏ならそこだろうなぁ>パチュリー
私は潜伏にも理解あるので響子の出ないなら初日決めつけがどうにもソリが合わん」
モナー 「潜ったんなら明日の朝一以外でない方がいいんだけどね
出るなら朝一じゃないと意味ないかなーって思うのはモナーだけ?
いやまぁ灰が狭くなるのはいい事だけど」
罪袋 「ということで吊らずに行こうと思いますが異論はないなっ!」
シロエ 「元々が潜伏嗜好なのは見ててわかったからね。」
パチュリー 「みんなはグレランでお願いするわ。
占いは生きてるんなら明日出てきてね」
右代宮戦人 「>キリシマ
おいおい、出ねぇなら初日って言ってたのは俺もだぜ?」
キリシマ 「んー?>罪袋」
霧切響子 「こと、この村において。
占いがすることは狼を引くことではない。灰を減らすことよ。
そうして今日、明日以降のグレランの精度をあげる。>キリシマ」
罪袋 「いいだろう、この罪袋必殺の拳で人狼を打ち抜いてくれるっ」
佐々木 「ま、特にやることが変わるわけでもなく。
グレランというわけだね。くつくつ」
シロエ 「RP的に美味しいよなあ、やっぱり。とは思うけど、同意しておこうか。>罪袋」
モナー 「灰が狭くなったんでありがたいっちゃありがたい
明日は霊能死んでないなら狼が占いに出てくるでしょうて」
右代宮戦人 「パチュリーは信じていいんじゃねぇの?
狼が乗っ取りねらうにしても、こんなタイミングで最後まで残っちゃ違和感バリバリだろ」
キリシマ 「お前は霊能だろう?>戦人
響子は占い師初日と言っている」
モナー 「霊能は真出るなら真でいいし」
佐々木 「乗っ取りならどうせボロが出るという話も」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シロエ は 罪袋 に処刑投票しました
右代宮戦人 は 霧切響子 に処刑投票しました
佐々木 は キリシマ に処刑投票しました
霧切響子 は シロエ に処刑投票しました
パチュリー は 罪袋 に処刑投票しました
モナー は 霧切響子 に処刑投票しました
罪袋 は シロエ に処刑投票しました
キリシマ は 罪袋 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
右代宮戦人0 票投票先 1 票 →霧切響子
パチュリー0 票投票先 1 票 →罪袋
シロエ2 票投票先 1 票 →罪袋
キリシマ1 票投票先 1 票 →罪袋
佐々木0 票投票先 1 票 →キリシマ
霧切響子2 票投票先 1 票 →シロエ
モナー0 票投票先 1 票 →霧切響子
罪袋3 票投票先 1 票 →シロエ
罪袋 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
モナーの独り言 「お、おう」
佐々木の独り言 「あっ」
キリシマの独り言 「ふーむ」
キリシマの独り言 「吠えはどうだろうな」
シロエ(人狼) 「これで二票来るんだから、やっぱり僕はグレランに弱いということになると思うんだよな。」
パチュリーの独り言 「あんまし罪袋の色みたくないなー…
投票してアレだけども」
佐々木の独り言 「ここまで罪袋がヘイト持ってるとは思わなかった」
モナーの独り言 「吠えが230までないなら1w吊れたかもね」
キリシマの独り言 「占い師はいるのかいないのか
あーんー」
シロエ(人狼) 「さて、やるかい?」
シロエ(人狼) 「 」
シロエ(人狼) 「 」
シロエ(人狼) 「準備中ならそれでも良い。」
パチュリーの独り言 「わりと戦人が役持ってそうなんで明日吊れるんならここ吊りたいなーって思う」
右代宮戦人(人狼) 「占いCOだ! パチュリー○ シロエ●

・初日
俺が名探偵こと占い師だ!
パチュリーのブラの色は何色かなっと

・2日目
パチュリー…お前は信じられるぜ…なぜならお前のブラは純白だからな…
とはいえ無駄占いはしたくなかったな。いっひっひ

占いは2票位置だがクロエをチョイス。発言数自体は多いんだが、
全体的に硬い印象を受ける。罪袋から誘導を受けてそのまま投票ってのも、
なんだかな」
シロエ(人狼) 「予定通り、霊能者を噛んで後は流れ通りさ。」
右代宮戦人(人狼) 「パチュリー噛みだ。」
佐々木の独り言 「どうしようこれ」
モナーの独り言 「スゲエ吠えが急に増えたね」
シロエ(人狼) 「了解、と。」
キリシマの独り言 「モナーか響子か」
右代宮戦人(人狼) 「噛みは30。
お互い健闘を祈るぜ? いっひっひ」
キリシマの独り言 「いや円戦人……佐々木……」
シロエ(人狼) 「案外、僕の怪しさ的にそのまま通るかもわからないね。」
右代宮戦人(人狼) 「あぁ、占い初日だったら。
一緒に泣いてくれ」
シロエ(人狼) 「ははは。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
佐々木 は キリシマ を占います
右代宮戦人 は パチュリー に狙いをつけました
パチュリー は無残な姿で発見されました
(パチュリー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
罪袋さんの遺言 今一番悩んでいる事は「モナーが女性登録ならハーレムに加えるべきかどうか」だ。
パチュリーさんの遺言 霊能COよ

罪袋 ○●

え?潜ろうとした理由?
狩人いないのに出てきたところで食われるのがオチでしょ。
って思って潜伏したんだけど結局潜伏あるならここだろってばれたってのが本音
潜伏って難しいわね。うん。

ああ、即私噛むならやったらと私真押してた戦人はだれかちょっと見ておいて。
ここ微妙に気になってるのよ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
シロエ 「おはよう。」
キリシマ 「罪袋がネタにしか走ってないので投票したんだが
やけに吠えが多いな……占い師は居るか?」
右代宮戦人 「占いCOだ! パチュリー○ シロエ●
モナー 「わりーと占いが潜る意味ないって言った
霧切に違和感持ったのはモナーだけ?
そこ占いないだろうし吊っていいかなーって感じだったんだけど
んで昨日の印象では右代宮―シロエ残せばいいんじゃない?って感じだった
そんで佐々木―キリシマがよくわかんないからみんなの意見聞きたいかなぐらい」
佐々木 「僕が占い師だよ。罪袋は○、キリシマは○だったね」
右代宮戦人 「・初日
俺が名探偵になりそこねた占い師だ!
パチュリーのブラの色は何色かなっと

・2日目
パチュリー…お前は信じられるぜ…なぜならお前のブラは純白だからな…
とはいえ無駄占いはしたくなかったな。いっひっひ

で。ここでチェス盤をひっくり返す。初日無駄占いなら、○引きよりも●引き狙いに行きたい。
というわけで占いは2票位置だが怪しめなクロエをチョイス。発言数自体は多いんだが、
全体的に硬い印象を受ける。罪袋から誘導を受けてそのまま投票ってのも、
なんだかな
キリシマ 「おお、お前か>占い師」
佐々木 「気持ち程度の日記
[1日目] まあRP占いでいいよね
[2日目] ここまで罪袋がヘイトを買うとは思わなかった。
     仕方ないから●狙いに変更、狼と刺し違えよう


【罪袋】理由:
誰のパンツがどうこうとか言っていたわけだし、
捜査されても文句は言えないよね?
この村には警察は居ないようだし、自衛ということで

【キリシマ】理由:
◇キリシマ(48) 「まあ潜伏ならそこだろうなぁ>パチュリー
私は潜伏にも理解あるので響子の出ないなら初日決めつけがどうにもソリが合わん」
おそらく挨拶のスピードを見ていたんだろうとは思うけど、
僕には村人がそれを気にする意味は分からないなぁ」
シロエ 「割とまあ、初日に落とすべき位置としては妥当だったとは自負してるんだけど。」
キリシマ 「あれ?>二人」
モナー 「んー」
右代宮戦人 「いっひっひ。そこが狼ならわりと思った通りって感じだな」
シロエ 「村人表記CO。」
キリシマ 「戦人は2W露出」
佐々木 「ヘイトを予測できなかったのは僕の責任だね。
かといって庇ったらバレるからどうしようもない」
シロエ 「占いランが妥当だ、五割で狼を吊れる。」
モナー 「残したい二人のうち一人からCO出て
残したい片方に●打ってるっていう」
佐々木 「僕達が殴りあう、そういうことでいいのかな」
右代宮戦人 「おっと。騙り狼が出てくるのか。意外だが。
まぁシロエ吊りでも佐々木吊りでもどちらでも。
俺吊りはNO THANK YOUだぜ? いっひっひ」
キリシマ 「うーむその二人ならば戦人吊りだろうか、私の判断は」
モナー 「わっかんねえなー…」
右代宮戦人 「俺としてはもう一人は霧切あたりだと思ってたんだがな」
キリシマ 「ああ、占い二択としよう
シロエは昨日村っぽいと思った位置なのだよな」
シロエ 「僕吊りの場合、右代宮戦人-霧切響子もしくはモナーに狼が居た場合即終了だからね。」
佐々木
◇佐々木(34) 「無駄にグレーを狭める、と取るか
或いは狼に魔が差すように仕向ける……と取るか。>霊
まあ潜ってていいんじゃないかな」

霊能潜らせてグレー狭く=僕の生存率UP を狙っていたのはわかってもらえると思う」
右代宮戦人 「>キリシマ
おいおい、どういうことだよ!?」
右代宮戦人 「俺は霊能出して、無駄占いを避けたかった。
肝心要の霊能さんが、パチュリーだったってのは痛い形だがな」
キリシマ 「あと戦人が対抗占い師を囲わないようにしている占い結果に見えん事もないというな」
霧切響子 「そう思うならもっと発言して欲しいのだけど。
貴方が村人なら。残念だけど頑張るところよ。>シロエ」
佐々木 「◇佐々木(21) 「見事な変態だね>罪袋
でも悲しいかな、この村には警察は居ないんだ」

そして自分の○に絡みつつもかばえ無かったこの悲しさを、わかってほしい」
シロエ 「何を以って、僕に●を出してきたかはわからないけれど。
まあ、僕は吊り位置だったんじゃないかなとは思うかな。
占い先に挙げるべき位置じゃない。」
右代宮戦人 「あと、佐々木は初日罪袋占ってたにしては注視が足りねぇんじゃねぇの?
そこは吊れかねない位置だったろ? 

吊れた位置をこれ幸いと占ったことにでもしたんじゃねぇの?」
キリシマ 「うーむ……」
霧切響子 「昨日も散々言ったけど。
出ない占い師に真を見る気はない。
グレーとシロエさんの発言で決めるわ。」
シロエ 「順序立てて示しているとある程度の時間は要るよ。>霧切響子
何故か、焦っているように見えるのは気のせいかな。
昨日の僕投票もよくわからなかったというのもあるしね。」
キリシマ 「ほう……>佐々木」
右代宮戦人 「◇シロエ(28) 「この素直な誘導、嫌いじゃないね。>罪袋
君が狼でないことを祈るばかりだ。」」
佐々木 「対抗については、まあ霊出す云々の話で
「ああ、彼とはきっと理解し合えないんだろうなぁ」とは感じてたけど
占うほどじゃあないと思ったね。主義の違いの問題だと思ったから」
右代宮戦人 「初日から誘導された位置を嫌いじゃないと言っておきながらそこ投票だぜ? シロエは」
シロエ 「どちらかに真は確実に居て、それは佐々木になるんだけれど。>霧切響子」
右代宮戦人 「占いランだな? 佐々木に投票頼むぜ」
キリシマ 「私は決めたぞ佐々木を信じてみよう」
佐々木 「だから、ヘイトを予測できなかったのは僕の責任だと言っているんだよ>戦人」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キリシマ は 右代宮戦人 に処刑投票しました
シロエ は 右代宮戦人 に処刑投票しました
佐々木 は 右代宮戦人 に処刑投票しました
右代宮戦人 は 佐々木 に処刑投票しました
モナー は 右代宮戦人 に処刑投票しました
霧切響子 は 佐々木 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
右代宮戦人4 票投票先 1 票 →佐々木
シロエ0 票投票先 1 票 →右代宮戦人
キリシマ0 票投票先 1 票 →右代宮戦人
佐々木2 票投票先 1 票 →右代宮戦人
霧切響子0 票投票先 1 票 →佐々木
モナー0 票投票先 1 票 →右代宮戦人
右代宮戦人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シロエ(人狼) 「四対二、というぐらいかな。」
キリシマの独り言 「やったのだろうか……」
キリシマの独り言 「響子かモナーか……」
佐々木の独り言 「◇佐々木(34) 「無駄にグレーを狭める、と取るか
或いは狼に魔が差すように仕向ける……と取るか。>霊
まあ潜ってていいんじゃないかな」
霊能潜らせてグレー狭く=僕の生存率UP を狙っていたのはわかってもらえると思う」

グレー狭く→広く の間違えなんだけどきっと分かってくれると信じてた」
モナーの独り言 「んーシロエー戦人で見比べるの大変すぎるんよー」
キリシマの独り言 「ああ、シロエもあったか
しかし身内などせんだろう」
シロエ(人狼) 「佐々木噛み、標的は霧切響子。それで良いはずだけど、どうかな。>右代宮戦人」
キリシマの独り言 「響子……響子な」
霧切響子の独り言 「はてさて。どちらが正しかったのか。」
モナーの独り言 「やべえなー村視してた二人からだもんなきっつー」
キリシマの独り言 「戦人は響子投票ではあるが身内あると言えばあるしな」
佐々木 は 霧切響子 を占います
シロエ(人狼) 「 」
キリシマの独り言 「おい判断役私か……」
佐々木の独り言 「響子が狼だったら
ここからどうひっくり返すかなぁ」
霧切響子の独り言 「即噛みないなら破綻なのかしらね。」
佐々木の独り言 「投票がアレだからなぁ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シロエ は 佐々木 に狙いをつけました
佐々木 は無残な姿で発見されました
(佐々木 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
右代宮戦人さんの遺言 占いだ。
結果は各自で
佐々木さんの遺言 僕が占い師だよ。霧切響子は○●だったね

理由:
まあ係争地に成りうるのはここだけだよね。
多分僕死んでるけど
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
シロエ 「おはよう。」
キリシマ 「よーし、モナーと響子に昨日の投票理由を聞いてみよう」
シロエ 「そうだな、総じて見て霧切響子が狼にしか見えないというのが僕の結論だ。
発言を促す割に、自身の発言は非常に低調。
佐々木吊りで押し切りたかった、という風に見える投票。」
モナー 「モナーが右代宮に投票した理由ここね
パチュリー占った戦人が
◇右代宮戦人(45)
「まぁ潜るならパチュリーだよな…
一応聞くけど対抗いるかー?」
これ言って次にこれ
◇右代宮戦人(60)
「パチュリーは信じていいんじゃねぇの?
狼が乗っ取りねらうにしても、こんなタイミングで最後まで残っちゃ違和感バリバリだろ」」
キリシマ 「流石に戦人とシロエ狼にはなるまい……」
キリシマ 「ほうほう>モナー」
霧切響子 「○の罪袋が吊れてる。以上。 >キリシマ」
シロエ 「後は単純に、僕に●を出させる作戦立案者に該当する。
そして、モナーが身内を切るようにも思えない。それもあの土壇場でだ。」
モナー 「そんで佐々木が偽で罪袋○で出てくるか?ってなったのが気になったからね」
キリシマ 「? ……いやよくわからん>響子
まあモナーの狼要素を上げるなり自分の村要素を上げるなりやってくれ」
霧切響子 「どちらも真を切っていると言ったけど。

占いがすることは狼を引くことではない。灰を減らすことよ。
そうして今日、明日以降のグレランの精度をあげる。>キリシマ

初日のこの発言に基づいたわ。」
シロエ 「○を吊ってしまったのはあるけれど、それを言うなら霊能者○も作れてしまうものだと僕は思うよ。」
モナー 「戦人が身内切ったのが一番怖いよね>キリシマ」
キリシマ 「なら占い吊り切り想定だったのか?>響子」
霧切響子 「極端な話。私が間違えても。他の人が正解を引き当ててればそれでいい。」
シロエ 「そこについては僕から言うべきことはないかな。」
キリシマ 「身内言ってしまうと戦人が響子に投票してるのだよな>モナー」
シロエ 「狙われた、としか思えないしね。」
霧切響子 「いいえ。あくまで一人切るなら。ね。>キリシマ

ただ、両方吊りたかったのは本心よ。」
キリシマ 「まあシロエ狼で●だったら
初日占い師だったどうしたんだという話になるから考えんが」
モナー 「モナー狼なら戦人に「残した位置に挙げた」シロエに●なんて出させない
吊れそうな●信用が取れそうな●位置、つまり霧切なりキリシマなりに出させる」
霧切響子 「私視点で考えてることは当然2つ。
モナーが狼か。
シロエが切られている●か。」
シロエ 「どちらかと言えば、●からの投票よりは●への投票を僕は重視するという姿勢かな。」
キリシマ 「ふーむ」
モナー 「ああミスった残した位置じゃなくて残したい位置ね」
霧切響子 「シロエ 戦人に●を出されている
モナー 戦人を吊っている
私 戦人にグレランで票を受けている」
モナー 「まぁシロエ狼なら狼が上手かったでいいんじゃないのってなるけどね」
霧切響子 「スマートに考えるなら。どこかで身内は起きている。
ないしその確率は高い。」
シロエ 「僕視点でも二つ。
モナーが慎重に右代宮戦人を切った狼か。
霧切響子が押し切ろうとした狼か。

まあ、結論は変わらず。かな。後者だ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キリシマ は 霧切響子 に処刑投票しました
シロエ は 霧切響子 に処刑投票しました
霧切響子 は モナー に処刑投票しました
モナー は 霧切響子 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
シロエ0 票投票先 1 票 →霧切響子
キリシマ0 票投票先 1 票 →霧切響子
霧切響子3 票投票先 1 票 →モナー
モナー1 票投票先 1 票 →霧切響子
霧切響子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キリシマの独り言 「ぎゃああ!?」
モナーの独り言 「まじで!?」
シロエ は モナー に狙いをつけました
モナー は無残な姿で発見されました
(モナー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モナーさんの遺言 素村モナよー
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2014/01/12 (Sun) 20:15:00
モナー 「うわー少人数で身内切りか」
霧切響子 「お疲れ様」
シロエ 「お疲れ様、と。」
キリシマ 「シロエか……お疲れ様だ」
罪袋 「おつかれーい」
モナー 「お疲れ様モナー」
右代宮戦人 「お疲れ様だぜ。いっひっひ」
GM 「おつかれさまでした」
パチュリー 「お疲れ様。いや、潜伏しきれなくて申し訳ない。」
佐々木 「お疲れ様」
罪袋 「やっぱり俺ハーレム展開にすべきだったんだよな!」
キリシマ 「響子はすまんな」
佐々木 「まあ生存中にも言ったけど
ヘイト読んでなくてごめん。うん。それしか言えない」
右代宮戦人 「罪袋吊りが助かったな。
あれなきゃ2灰で勝負だった」
パチュリー 「えーっと、そこの変態を消極的に消し飛ばすにはっと」
シロエ 「9人村で、この提案を先にされた時点で候補者が一人しかいなかったからね。」
GM 「459 :紅きヒゲ:2014/01/12(日) 19:51:18 ID:U5aexgxk
いまの村状況を見て21時から23時まで特殊村枠が空白ということに
気がついたので21時まで4ヒゲッヒャーあれば21時からVSGM村建てます。

なお22:50の時点で終了とし後続の村に負担をかけないようにします。

明日祝日だし・・・いいよね。 」
キリシマ 「シロエの確信めいた動きが狼かもしれんと一瞬思いはしたが……」
モナー 「うわー村に見てた二人が狼かーきっつ」
GM 「こう言う事なので、9時に立て直すの流れそうですお」
キリシマ 「シロエ二重●だったら面白かったのだがな」
モナー 「んー」
キリシマ 「ああ……残念だ>GM」
右代宮戦人 「>シロエ
なんだバレてたか。
ありがとよ。助かった」
パチュリー 「難しいわね…深夜でもいいのよ?」
罪袋 「残り2吊りで2Wが対立しに動いた時点で、「そこローラー」とかほぼ無理だし。
うむ、俺吊りが痛かった。すまねぇ」
シロエ 「村でも僕は突っ込んで負ける気はするのはある。(震え声)」
霧切響子 「シロエを狼視出来ないなら占いを潜らせることはしないほうがいいわ。」
右代宮戦人 「二重●でも、単純に占いの信頼勝負になるだけだからな
5割勝負」
罪袋 「俺めっちゃ村目じゃなかった?(チラチラ >モナー」
GM 「深夜はCN配布村があるので」
シロエ 「それはそれで、占い師信用勝負になるのが妙手だね。>キリシマ」
霧切響子 「かくいう私も占い師の真贋は見抜けてなかったのだけどね…w」
モナー 「マジで霧切さんすまねえモナー
あーそこ2wってマジかへこむわ…
いや狼がスゲエ上手いんだけどんー」
キリシマ 「占い師の真贋ならば佐々木の軍配だったが」
シロエ 「実際のところ、流石にこれ以上まともと言うか安定的な動きは僕には出来ないからなぁ。」
モナー 「村目とか人外とかじゃなくて視界に入ってなかった>罪袋」
GM 「霧切の最後の台詞がこの村の全てと違うかな」
佐々木 「●見つけられない占いの悲しさよ」
右代宮戦人 「>キリシマ
そしたらまぁしゃーねぇよ。
信頼勝負ってのはそんなもんだ」
キリシマ
◇シロエ(24) 「僕吊りの場合、右代宮戦人-霧切響子もしくはモナーに狼が居た場合即終了だからね。」

うーむこの発言か?」
モナー 「だから罪袋吊れたときそこ吊れるんだ…ってなった」
キリシマ 「シロエは戦人の●ですっかり見なくなってしまった
それがいかんな」
パチュリー 「んー。それじゃあ仕方がないわね。
明日もあるし、時間はたくさんあるわ。
やれるときにやりましょう」
シロエ 「うん、まあちょっと危ないとは思った。
右代宮戦人の初手投票で三割返されたなぁ、とは。」
霧切響子 「結局のところ。シロエ吊りも推しきれなかった。
ただただ流されているだけの村人だったわ。」
GM 「鑑みるべきはどの発言が狼くさかったかではなくて,身内●を除外する所であると思いますヨ」
パチュリー 「いえない、割とRP吊りだったっていうのに」
パチュリー 「んー。。。やっぱこれ私2日目に出てきちゃったってのがまずったなーって思った。」
シロエ 「まあ、そこまで考慮していくと範囲が膨大になるのはあるんだけどね。」
GM 「身内はしないだろうって思った瞬間に発言なんか見なくなる」
モナー 「少人数ゆえに身内切りもしくは逆囲いにどちらもシフト可能かー
スゲエ作戦だなこれ」
右代宮戦人 「>シロエ
ありゃ余計だったわ。すまねぇすまねぇ」
霧切響子 「問題ないわ。
さらに言えば好みの問題だもの。 >パチュリー

拙いと思うなら灰視。その一点のみ。」
キリシマ 「これ占い初日だったらどうなっただろうな」
罪袋 「精査したい、って思ったらその分対象は絞りたいんだよぉ・・・
だから「そこはもういいや」ってついつい思っちゃう」
右代宮戦人 「>モナー
本当は8人村用のプランだけどな
霊無い村だと、初日に灰噛んで占い噛めたら両潜伏ができる」
シロエ 「そこは作戦の根本でカバー出来てるからいいんじゃないかな。>右代宮戦人
まあ、乗らせて貰ってありがとうってね。」
佐々木 「村だったら確実にシロエは除外してたから勉強になったよ」
モナー 「じゃあお疲れ様モナー
同村と村立て感謝モナ
いや一瞬考えたけどこれはさすがに吊るの難しいモナ
狼スゲエモナ!!おめでとうモナ!!」
右代宮戦人 「初日だったらシロエ吊って俺が残るけど。
初見じゃ厳しいんじゃねぇの?

罪袋で●吊れて罪袋―戦人なら俺が占いCOする必要性皆無
シロエで●吊れてシロエ―戦人なら意味不明」
シロエ 「僕吊りから右代宮戦人を噛むか噛まざるか。
……噛まなかったり奇矯なことをする者も極々稀にいないでもないね。(遠い目)」
キリシマ 「灰全廃での思考か
精進が足りんな」
モナー 「へースゲエ練られてる作戦モナね
戦人さんスゲエ!!>戦人」
右代宮戦人 「ネタバレした後は若干きびしいけどな」
佐々木 「で、9時からのはお流れか。残念。
まあまたぷらっとお邪魔させてもらうよ、お疲れ様」
右代宮戦人 「>モナー
3ヶ月前くらいにこれやろうとしたら初手●で叩き潰されて絶望だったけどな!」
罪袋 「俺もこれで。
ハーレム展開は実に残念だった。でも途中でモナー吊りはさまないと無理なんだよな・・・」
パチュリー 「だわね。
完全に罪袋全力に吊りに行ってたわ。。。
戦人は夜に発言見返して吊りたかったところだけど
シロエまで届いたかどうかは微妙ね >霧切」
シロエ 「霊能者が出なければ潜伏霊能者身内切りという愉快な作戦もだね……。(チラッ)」
キリシマ 「お疲れ様だ
やはり少人数は苦手だな なんとかしたいが」
シロエ 「叩き潰した女学生……うっ、頭が……。」
右代宮戦人 「じゃ、お疲れ様だ。
やりたかったことを消化できて嬉しいぜ」
シロエ 「それじゃ、お疲れ様。」
パチュリー 「ではお疲れ様。
またの機会を楽しみにするわ。GMはお疲れ様よ。村のみんなも」
GM 「GMも1年くらい前にやろうとしたら相方がひふみでやる必要がなかった」
モナー 「モナーも落ちるモナー」
霧切響子 「結局のところ。
役職が全員出れば狼が吊れる算段は確実に上がる。

占いが噛まれても霊能結果は残る。○も残る。

私はソッチのほうが好き。なだけだけどもね。
あくまで理由やらなにやらつけるなら、という感じかしら。>パチュリー」
パチュリー 「理由としては狩いない状態で霊能者の情報なくなったらまずいわって思ったので
潜ろうと思ったんだけど位置的に潜るならここしかないよねってばれたのが正直悔しい」
霧切響子 「お疲れ様。楽しかったわ。
ふふ、狼を次こそは吊りたいわね。またの機会があったらよろしく。」
GM 「別に霊能は出ていいよ」
GM 「霊能のやる事があんまない」
GM 「1 ラインを見る
この村でも結局3日目に決めうちだったから、ラインを見ている暇がほぼない
初手で●引いてて、そこ吊りだったら見れるけど、見た所で占いはだいたい噛まれてるから、噛まれてる=真だって分るので意味無し」
霧切響子 「2吊りしか無いと思ってたのは内緒。」
GM 「2 グレランして狼が吊れたら分る
最終日がきたら1W吊れたって事だけど,霊能結果が見れなくても、二人吊ったうちのどっちかな訳で、そこまで重要じゃない」
GM 「ので、9人村の霊能はあんまやる事無いです
潜って翌日○でしたーって出てきて鉄火場かどうか教えるかどうかくらい
潜って狼が吊れて初日霊能の可能性もある中で狼は身内しないだろう理論が使えるかどうかそのへんくらい。」