←戻る
【紅2135】やる夫たちの普通村 [3895番地]
~明日成人式だってさ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 真紅
 (鴨かも◆
MERRY/NCyc)
[霊能者]
(死亡)
icon
 (とうもろこし◆
CLYOevh5CE)
[村人]
(死亡)
icon キシリア・ザビ
 (ジョー@職場)
[村人]
(生存中)
icon 雪華綺晶
 (みんと)
[村人]
(生存中)
icon キレンジャイ
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[狂人]
(生存中)
icon ギレンジャイ
 (こんぶ◆
PZKPFW4ais)
[狩人]
(死亡)
icon キミドレンジャイ
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[人狼]
(死亡)
icon キミドリさんジャイ
 (エビみりん◆
SCg.RfPHUcKb)
[村人]
(生存中)
icon 翠レンジャイ
 (がおー◆
XsFdmUgVis)
[村人]
(生存中)
icon みょんレンジャイ
 (文◆
Aya.SxRI6M)
[人狼]
(死亡)
icon ミコレンジャイ
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[占い師]
(生存中)
村作成:2014/01/12 (Sun) 23:34:16
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、
人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
GM 「・昼AA自由
・狐遺言禁止
・超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合」
GM 「24:00開始予定 それでは報告してきます」
かかり が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
かかり 「ちょっととりあえず入るけどお腹痛いので時間までに戻ってこれなかったらけって(´・ω・`)」
かかり 「戻る前に集まっててもけってくれていいからごめんね」
GM 「あ、はい」
かり が村の集会場にやってきました
ロベルタ が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
かり 「こんばんは」
ロベルタ 「遅くに村があるのはいいことですね」
ロベルタ 「少し用を足して参ります。」
かり 「いてらっしゃい」
かかり 「戻ってこれたー
アイコン選びます」
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
キレンジャイ が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
雪華綺晶 「宜しくお願いします」
キレンジャイ 「キレンジャイ!」
GM 「ここには金糸雀はいないよ>キレンジャイ」
ギレン が村の集会場にやってきました
ギレン 「ギレンジャイ!」
やる太 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
キレンジャイ 「いえ、あのー、僕「ゴレンジャイ」ってチームのメンバーなんですけど>GM」
かり 「いらっしゃい」
やる太 「がしゃこーんがしゃこーん」
キレンジャイ 「知ってます? ゴレンジャイ?」
ギレン 「と、いうわけでよろしく。
ノリでやったからきっとRPは変わる(」
かかり 「かかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かかり → 真紅
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 581 (真紅02)」
GM 「ゴレンジャイって5人揃わないことが有名なあれだよね?>ゴレンジャイ」
キレンジャイ 「世紀末戦隊って言うんですけど
世紀末っていうのはちょうど1990年代に結成したチームなんで世紀末戦隊って」
キュゥべえ が村の集会場にやってきました
キレンジャイ 「キレンジャイ!」
真紅 「     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !: じゃぁ改めてよろしくね
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!: 雪ちゃんもいるし私でいくわ
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.」
キュゥべえ 「いきなり、キレンジャイと言われたよ
わけがわからないよ」
GM 「いらっしゃい」
ギレン 「アカレンジャイ!」
キレンジャイ 「あの、たしかに人数は揃ってませんけど
僕らは足りないメンバーの分まで頑張るって決めてるんで」
真紅 「               _,-- 、
           r冖'::.::.::.:.几、
            r┘::.::.::.::.::.::.::.:しヘ
          _)::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ト、
           {::.::.::.::.::.::.:_,.:-―-、::.〕 `ヽ-、___
         コ::.::.::;: '´/  、ヽ`しヘヽ  )ニヱ、
          └i::.:/ /  /  ヽ ヽ } l | { |ハ_/
.           く::/  l  l   l l l ( | | 〕|:|
            l|   l l l| |   l| | l |,lト、l_| { l:|
           ヾl L,ィ=ト:i、 ノ,ィTkノl}必}| |:|   ゴレンジャイ懐かしいわねぇ
             个tヘ.イtク ` `ピr,ノi:lヒオ| |」
            l |∧`" ' _,   / l|  |_| l||  何年前だったかしら
              |ノ _L>‐、_,ィ^7 /l|   | l||
              / |ヽ:.:.:.:.:.:{爻}/ /:.|ト、   ! ||
            _〉」_∧:.:.:.:.:./|/ /:.:.|j:: \ | l `、
            斗‐- 、\〕ー7|::ヒニ二ニフ::. ヾーi ヽ
           「::.:r‐┴/:.:.:/:.|::| _/,イヽ、::.: `┴‐ヘ.
            〉:;`ヽY¬z__」:ん勹 ノ::.::.:`ー-、::.::∧ \
          `7〈〈:{_::.::.<::.::.::.く <r冖、_,ィ⌒Zノ| ヽ  ヽ
              / /:|l:/: ̄::`:ーr=彳::.::.::.::.|::.::.::.:〉l  |  |
          / / :ハ_::.::.::.::.:ー-'::;:|::.::.::.::.::.ヽ::.∧ ヽ \ ヽ、
         i /′::.::.::.::.::.::.::/::L:_:;::.::.::.く:/ `. `、 ヽ  ヽ、」
キレンジャイ 「とりあえず二人揃ってゴレンジャイ!」
真紅 「        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !    真っ赤な色は主人公の色だからー
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |    なんちて。
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |    アカレンジャイくれるのなら喜んで。
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i」
ギレン 「ギレン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ギレン → 四季映姫
アイコン:No. 1709 (ギレン・ザビその2) → No. 8394 (四季映姫05)」
雪華綺晶 「雪ちゃんは新しいですね」
四季映姫 「時代は白黒ですよ(しれっ >キレンジャイ」
翠レンジャイ が村の集会場にやってきました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 望
アイコン:No. 6 (水色) → No. 452 (太公望)」
翠レンジャイ 「ミドレンジャイ!」
「逞しいのう>れんじゃい」
キレンジャイ 「えっ、ほんまですか?>真紅さん
ちょうど赤が忌引で今いないんですよ」
キレンジャイ 「キレンジャイ!」
真紅 「.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ          あ、嫌だった?>雪ちゃん
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |          妹とは仲良くしたいからまず愛称からかなって。
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'´丁ヾニシ::..`T:ー::-:r'′     `l /  ∧
. /: : : : : : : : : : /´::..::..::.l!::..:| |::..::../::..::..::.\       レ' | / /」
キレンジャイ 「3人揃ってゴレンジャイ!」
GM 「いらっしゃい」
翠レンジャイ 「サンバルカン!」
ロベルタ 「あら、ギレン閣下がお隠れになった」
真紅 「                              __
                        /:.:.:.:.:.:.\
                      ハ   .厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                f 二 イ  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
                  Y:.:.:.:|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                     |:.:.:.:.:、 ゝ:.:..-─‐ 、:.:.:.:./:.:.i
                    ∨:.:.:.キl/ィ | / /  \/:.:.:.:!
                  У / ◯  レ─/| Y:.:.∧_
                  V   /` 、 ◯ И/:.///:.:.:.》
                    |  /   /    / /ジ//:.:xく
                  /⌒ハゝ/   /   u./ /イ薔厶’ |     うごごご
                    ゝイ:.:.:.:.\__/    / ////  |  |     翠姉が流れにのっておられる!?
                 ㍉:.:.:.:.:.:.:.ノ:.「 ̄´   K´_  |  |
                  1:㍉:.:.rオ:.:「 ̄`ヽ 7:.:.才! |  |
                | | У ㍉:ゝ  「 ̄:_:ノ'   |  |
                | |_ 人:¨:.\〉:.¨:.:`ー 、く
                  く    У:.:.:.:ー:.:‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\≧
              r─‐≧/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                 ` ー/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:」
やる太 「やる太 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:やる太 → キミドレンジャイ
アイコン:No. 3620 (やる太2) → No. 2034 (水橋パルスィ03)」
キミドレンジャイ 「キミドレンジャイ!」
雪華綺晶 「レンジャイな姉を持った覚えはありませんが」
キレンジャイ 「……社長も昔、同じ事言ってたな」
真紅 「         _
       _/::::::\__
      r':::::::::::::::::::::::::::::}__
     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
     `i__::::_:::;.-――- 、:::}::\__ /:ヽ
      / ,   ,、     ヾ::::::|;;;|::::::/
     / ./  /ハヽ  \ ヾ::|;;;|::::〈 __
      {  { _i_l_ ヾ__i|, ∨;;;|::::f   ヽ     ま、 うん
     !  ヽ         l  l;;;;;!::∧   i     私アカレンジャイでもいいわよ うん
       }  ̄ ̄   ̄ ゚̄ ヽ/¨`ヾ;;;;li   !
        /             }.}_薔ソ!;;;;!l   ',    …複数人アカレンジャイ来そうだけど
       >、f´ ̄ ̄ ̄`ヽ //:::ヽ `ー!!    ',
      /::::::\ ̄ ̄ l_j ´∠'::::::::::ハ.  レ!   .ム
  __〈::::::::::::::: ̄7'⌒ヽ::::::::\_:::ハ  l    .ト、___
      ヽ:::::::::,r<::::¨¨´::::::::::::::::/:::ハ  l     >
       ` ( __ヽ:-:ヽ__>―^ー‐       \」
翠レンジャイ 「フカミドレンジャイはやく!」
ロベルタ 「レンジャイは仕事ではなく生き方のようで」
四季映姫 「……
(本当は新規RP開拓したい。でもこの流れには……)」
四季映姫 「四季映姫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:四季映姫 → ギレンジャイ
アイコン:No. 8394 (四季映姫05) → No. 1709 (ギレン・ザビその2)」
キュゥべえ 「…なんで緑だらけになるのか、わけがわからないよ」
キレンジャイ 「『これからの時代は白黒や』って
んでたまごっちのパクリ品を大量発注してましたわ」
ギレンジャイ 「抗いがたいンジャイ!」
キレンジャイ 「おかげで僕、職を失って無一文なりましたもん
ほんま腹立つわあの社長」
真紅 「  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 | イッ==ミ、.| |{K!j |    あ、あれ この流れ…(汗
   〈:;小、ヽヽ、T,ッ==ミヽj   U .,| |ァ1 |
    |  \ヽN {            | ト |_|  |
.   |  |   l \ U   ` ァ  ./!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j」
雪華綺晶 「(キュゥべえをじっと見つめる)」
ロベルタ 「壮観壮観」
ギレンジャイ 「私は心を決めたぞッ キシリアー!」
キレンジャイ 「4人揃ってゴレンジャイ!」
ロベルタ 「ふーむ」
キュゥべえ 「…なんか見られてるけどわけがわからないよ」
真紅 「 _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
       !l  トl,イ、.| jノ  代_ノ 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ   雪ちゃんについてくべきか
      l|ヽ ヽi代ハ    xwxwx | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|   翠姉についていくべきか
          lixwx 、     U l |l  !:::/ //  .| !.|    大家族はこれがあるから…。
          l l          .l l |  !//    ! l .|
          | ヽ、 ′`   _//イ  |´       .| l |
         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ      l l .!
         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.      l| !
          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
       /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/  !
       ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |  |」
キレンジャイ 「そこをなんとか>キュウべぇさん」
翠レンジャイ 「種植えちゃうですぅ」
「赤枠がおなごとは、時代も変わったのう」
キュゥべえ 「キュゥべえ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:キュゥべえ → キミドリさんジャイ
アイコン:No. 2390 (キュゥべえ) → No. 1714 (キミドリさん)」
キレンジャイ 「今はグローバル化の時代なんで、はい
女性の社会進出とかあるじゃないですか」
ロベルタ 「ロベルタ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ロベルタ → キシリア・ザビ
アイコン:No. 5678 (ロベルタ) → No. 4802 (バラライカ 3)」
ギレンジャイ 「今なら赤レンジャイ枠が2、清掃員枠が1空いてるぞ>QB」
真紅 「           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、    時代は守られるよりも守るヒロインだって
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |    誰かが言ってたわ!>望
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !」
キレンジャイ 「5人揃ってゴレンジャイ!」
キミドリさんジャイ 「あまりやり過ぎるとわけがわからなくなるのでこれでご勘弁を(ふわふわ)」
「うー耳がしびれる!そんな調子でははげてしまうぞ>ギレン」
キシリア・ザビ 「お久しぶりですね、兄上」
翠レンジャイ 「http://www.kagaya.com/?p=2201 >望」
真紅 「     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´    ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /   ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /     ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'      l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'        !   l . i'"´:: |:.:.:.:.:.!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l       |l     ! ',: : :._:|.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |    l  | l !  ! |  `/ ーァ丶|: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|   ,'| l l | l ,' ,|. /   ).:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト  / !./l/├ /¬∨   7.:.:.:./: ::::::::|    |: ナンテコッタイ
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\/ l/,x=≠弍: /   ./: : :/.:.:.:.::::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \! ,x=ミ、 '′      r.:.:´ .\  /^,-ヘ':::::::}::! |   .!:
.        |   ト、. ∨ .    -‐ ´\ |.:.:.:.:.:.ヽ`7、'>》_ノ" !::l. !   |:        キミドリ増えたァー!?
      |   l l.|. ',    { ´      }.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.〉ニフ  !::l |   |:
       |   / / | ト、   、       /ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    .ヽ:|  |l    !
.      |  / / | |_.> 、 `¨¨¨¨´../ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:|        |.!   |
       !|_ノ' r":.:l l:.:.:.:.:.:.:.:ハィュヘ.:.:.:.:.:.:.:.く.:.:.:.:.:.:.:.:./         . | l   |
    _..'"ィ´  ト、:..! .l:.::/``ヾ.ニンリ.:.:.:.:.:./ ':.ヽ.ュr</、        .! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,''-:.:.:.:.:.::.:`¬´:.``.:./:.:.:.:.:.:.:! !;/: : \       ! l   |」
ギレンジャイ 「ぴいッ!?>キシリア」
翠レンジャイ 「なんですかこのカビの申し子みたいなのは」
ギレンジャイ 「ち、違うんだキシリア。
これは国事行為であって決して遊んでるわけじゃあ……ッ」
キシリア・ザビ 「アイコンがなかったので致し方ありませんね」
キレンジャイ 「あのー、これで人数足りたんで>真紅さん」
キレンジャイ 「ゆくゆくはチームA、チームK、チームBとかに分けていこうかと思います」
真紅 「                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|    よし決めた
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|    私は雪ちゃんについてくわ!
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |、`代::.o.ノ       弋::.o,ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l      翠姉はきっとだいじょうぶよ!
          | :::::| | :::i⌒ l . |`y   ̄    ,     ̄  / l |´⌒|..::||::::: |!      あ、でもアカレンジャイもらったけどね!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧      ,へ―┐     / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! . ,|.  >    i .|__ノ    .<  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,.' , '.L. -―....>| .L_  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|..|::::. .:::::::,-,!  |_,,.. -、/~ 〉  .y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人::::| l::::: :::::::;;/ "´     〉 /.、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , '  ヾ! lに:: '´/   ー<;: { / .::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二‐- l |.::Y::. i′  _,,__ `Y/ :,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |」
キミドリさんジャイ 「…アラレちゃんでも良かったんじゃとか思いますがまぁそれはそれで<キシリア」
ギレンジャイ 「ああ、そういえば翠鯖だか蒼鯖だかには置いておいたが
コッチはまだだったな>キシリアアイコン」
真紅 「.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |         ナニソレコワイ>キレンジャイ
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'´丁ヾニシ::..`T:ー::-:r'′     `l /  ∧
. /: : : : : : : : : : /´::..::..::.l!::..:| |::..::../::..::..::.\       レ' | / /」
キシリア・ザビ 「私は別に兄上が遊びほうけてもかまいませんよ、ジオンが勝利すればそれで良いのです。」
キレンジャイ 「チームを分けることでお互いに高め合ったりできるかなって思うんです」
雪華綺晶 「無理はしなくても…>真紅姉さま」
キシリア・ザビ 「極論、殺露助でもよくなります。>キミドリ」

    /| /|
   /<|/<|
  Yc c ヽ
  | ε  |    ほうほう。邑姜みたいなものかのう>真紅
  ゝ   <
  /     ヘ
   (太) 」
GM 「特に延長考えてないんで24:00開始でー」
ギレンジャイ 「(やべっ ソロモン陥落した)」
真紅 「     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:   あ、うん
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:    そうね>チームを分けることで云々
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:    (なんかハブとかそういうのじゃなくてよかった)
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人           U | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.」
キレンジャイ 「まぁぶっちゃけギャラが増えればなんでもいいかな、って」
キミドリさんジャイ 「あ、そういえばコロスケも中の人同じか…
うーむコロスケなキシリアとか斬新ですね」
キシリア・ザビ 「連休の中日です。皆様きっとお楽しみなのでしょう。
妬ましい。」
仮レンジャイ が村の集会場にやってきました
キミドリさんジャイ 「はっはっは、日曜祝日しか休みがない中の人なので初日だよ(ッグ(何<キシリア」
「      |、   /|  
      |ヘ  /.|   .
      | >-/ .ト、  
      /c   c .ヘ  
    ,、|、__/| .|   
   (__j_)ヽー=~ ̄\ 
  ( ( ( ).7_;;;しゝ  |     ,、 
  / ///_\;;/ /|   ,(__j_)   そなた仙人骨があるのではないか?>キシリア
  (_/ フ\ /(__/_(__j(__j_)__
   /|「、`_/「    .___    .|
   | ~ ̄;;;;;;;;;|    (___)    | 」
仮レンジャイ 「よろしくです」
GM 「いらっしゃい」
仮レンジャイ 「RP探してきます」
キレンジャイ 「僕らゴレンジャイは週1勤務なんですけどね」
真紅 「                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|   だいたいあってる>邑姜
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ//    .| | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ(⌒ヾイf¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ ._    |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/   しかしググったら知り合いの絵師さんの絵がトップにあってびっくりしたわ
       \|  | ::::|.|::|{回}ヽ ヾ代::.o.ノ      z=≠ミ´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l.∧ ∨ ̄    ,        / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| ∧ .マ´/^) ┌―┐      / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|       _厂ヽ ∨ /   ヽ ノ    . <  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,._「 \ ヽj |..>  _  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ |  ̄ヽ_}.イ |:,-―.==、ー-、:::::  ..y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , '  |´ ̄ヽ ′ j::;;;::::({薔}))::`ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , ∧   〉  ∧:::::::::7~'イ:::::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二∧    /  ::::::::/| ::::|ヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |」
キシリア・ザビ 「どちらかというとハマーンの方にあるのではないでしょうか」
真紅 「◇キシリア・ザビ 「連休の中日です。皆様きっとお楽しみなのでしょう。
妬ましい。」


連休のちゅうにちって読んだのは私だけ」
翠レンジャイ 「新年会でろとかいわれたけど風邪ってことにしといたですぅ」
キレンジャイ 「正直ゴレンジャイの給料だけじゃやってけないんで、みんなバイトしてます」
雪華綺晶 「翠の姉さまはあくどいですね」
ギレンジャイ 「私は国家元首だから税金使いたい放題だけどな(ホクホク」
真紅 「翠姉……w」
キシリア・ザビ 「ご安心ください。私はこの週末3連勤務です。週明けの火曜日も勤務です。>キミドリ

兄上が遊んでいる分、こちらに回ってくるのです。」
GM 「さすがにその読みはねーとおもうんだよ>真紅」
「勤勉じゃのう。仙人は俗世を離れておるから気楽じゃぞ
欲望も断たねばならんからワシはならんが>キレンジャイ」
キシリア・ザビ 「(・・・このBlue-rayも経費で落とすつもりですか、兄上。)」
真紅 「   _r<¬‐- 、__
 rJ::.::.::>'´ ̄て::.::ヽ`Y⌒)
  }::.:; '′/   、└ヘ::.Vハ::.:7
. 〔:::/ ,′| l  |  、ヽ:Vハ::.:}/Y^ヽ
 (」 l|l  、 | | >\rヘ::}_/_ノ
  _| l| l ヽ_、ヽ l| /エ=ミ T小ヽ \
 {∧ 、ヽrrーミヽl/ハ::.::.::l| |/ ヽ\
 `Yへ\ヘ::丿   ゙ー'´! }    \ヽ
  |l /|`ヽ、   rっ/7 /__    l |  日本の一部地域の人
    / , / 「 ̄て)′/ /r勹く}  | |
.   /_/ 厶-レ-=介 く_/L7  }   | |  もしくは一部野球チームファンなら仕方ない>GM
  / {二ニラ/_/::.|_く/∧` ̄   ! |
 ! 「77´/::.::.:`⌒´::.:{{__:`ヽ、  /  |
. l l { {/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: ヽ/ / /
||く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.:ノ ̄`く
|/ /7¬rへ::_::_::r~r‐く`ヾ二>、 〉
<_/,厶  仁ニ}   !=彳  >‐=、厂
 └ヘl匸 |lメ/   |テ/  〈/ ̄
      ̄└'    └'」
キレンジャイ 「仙人とか資格いります?>望さん
僕、頭悪いんで勉強苦手なんですよ」
ギレンジャイ 「…………。
(どこでそれを知った。ごめんなさい許してください)」
ミコレンジャイ が村の集会場にやってきました
GM 「仮レンジャイ決まり次第真紅以外投票を。投票を確認したら真紅は任意のタイミングでGO」
ミコレンジャイ 「こんばんわー
よろしくですよ」
GM 「いらっしゃい」
真紅 「                     _
                    /:::::::::`ヽ
                  /::::::::::::::::::::ヾ、
               {::::::: .--- 、:::i\
               .y ´   、 `ヾ:.トr―ヘ
                i i --l  l --、 .!:l l:.:.:.ノ
               ゝハr‐ミ ノ--xル{:l l:.:ハ
                l  ヒj  ヒj Kシィ1 i   「進撃の巨人」
                、""`___ ""l{薔} l  l   ってタイトルも、進撃の巨人↓
                ミ>ゝ __ ノrムラ lj」  i   って発音の仕方が普通だけど
             _く,ラ{、.{薇}  }/:ヽ !    、
            f¨ヾ:.:.:.\〈¨介ー〈7:./:>-.、 〉  進撃の巨人↑
          lニニニニニニニニlニr:人:.;{,ヘノ、7 って発音する某大正義球団ファンはいると思う
            |              l |./:.:.:.:キ:ヽ 〉
            |              l |.:.:.:.i:彡ィ:.:.!′
            |   _____ l |:.:.:.:.:.:..:.:.:′
            | | | | | | | | l l |:.:イ ノ:.r ’
            | | | | | | | | l l |:イ'  ̄´」
ギレンジャイ 「仕方ないからマ・クベの壺勝手に売って国庫に入れておこうそうしよう」
キミドリさんジャイ 「(鬼だこの人)<キシリア」
キレンジャイ 「なんで進撃の猛虎やないんやろ……」
キシリア・ザビ 「あれ鑑定団にだしたら贋作でした。」
キレンジャイ 「おかしいですやん。巨人巨人って巨人ばっかりとかおかしいですやん」
キシリア・ザビ 「仮レンジャイ遅いですね。」

        |\/|          厂 ̄ /
        ヽ `ー--、___/二 ̄/
         く\    \三/フ―<ニ\
  |`ー――----メ    V ∠-―-、__\
   \                     _ニ=、
    `ヽ、__       -、     ,,,-''~l | |
   ー=二フ         \  <_ヽ__/l ゝ、
      /      ヽ、 ∧  \  _ニ=‐ 勹 7
    /  /    卜、|l∠_\  ヽ、≧r‐-、| / |
   /  /    lハl/イ巾 > `ー-、|V「ニヽト、〈  |     うむ、まずは1000年ほど月の光だけを浴びることから始めると良いぞ
 ∠_,イ/   | /i,)   V_ノ      )_ソl |< 〈
    |/|   /|//              乂ヒ/____
     | /  `iヽ              `y ̄ト、ヽ\::::......
     V     ヽ⊂フ            /  L 7ヽ ヽ:::::::
            \    _         /    / | |  ヽ::::::::
              `ー'フ~ /\    /    /  .||   l:::::::::
              /|`―<  〈\ /    /L/ |    |:::::::::
仮レンジャイ 「仮レンジャイ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮レンジャイ → みょんレンジャイ
アイコン:No. 8 (緑) → No. 30 (魂魄 妖夢)」
GM 「マクベますます禿げるじゃねーか>ギレンジャイ」
みょんレンジャイ 「ただいまだみょん」
キレンジャイ 「オール阪神・巨人さんに敬意を払うなら進撃の阪神も作るべきですよ」
真紅 「じゃ出揃ったようね」
ギレンジャイ 「畜生!ドズルの私邸担保に入れて買ったのに!>キシリア」
GM 「じゃあ真紅はカウントどうぞ」
ミコレンジャイ 「アイコンがすごく緑々しいですねw」
真紅 「         _
       _/::::::\__
      r':::::::::::::::::::::::::::::}__
     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
     `i__::::_:::;.-――- 、:::}::\__ /:ヽ
      / ,   ,、     ヾ::::::|;;;|::::::/
     / ./  /ハヽ  \ ヾ::|;;;|::::〈 __
      {  { _i_l_ ヾ__i|, ∨;;;|::::f   ヽ    じゃぁまぁあんまりおそいとなんなので
     !  ヽ         l  l;;;;;!::∧   i
       }  ̄ ̄   ̄ ゚̄ ヽ/¨`ヾ;;;;li   !    早めにカウントするわね  5。
        /             }.}_薔ソ!;;;;!l   ',
       >、f´ ̄ ̄ ̄`ヽ //:::ヽ `ー!!    ',
      /::::::\ ̄ ̄ l_j ´∠'::::::::::ハ.  レ!   .ム
  __〈::::::::::::::: ̄7'⌒ヽ::::::::\_:::ハ  l    .ト、___
      ヽ:::::::::,r<::::¨¨´::::::::::::::::/:::ハ  l     >
       ` ( __ヽ:-:ヽ__>―^ー‐       \」
翠レンジャイ 「目に優しい村ですぅ」
真紅 「          _
          / : : : :`ヽ
        {: :_:_:_: : : : キ
        /     `ヾ{:ヘ
      i / __i  l__ j: :ハ
      ゝy‐ミゝ イミ、 Yニ≧x、
       n / ij  ヒj yiシ: : r‐’
    f ̄  ヽ r―‐ォ ./ 薔}¨|   4!3!2!
   ゝ.__/∧ゝ--く/ /ィ": !
       |:./: : ヾ: : : :ヽ! |  |
     /^ヾミx:_:_:_:_: :ハ |  |
.    {: : /゙: : : : : : : :! i:|  |
     Y: : : : : : : : : | l!|  、
  r‐、_.ィl: : : : : : : : : :| l !   ヽ
   ヽ: : : : : : : : : : : : :\!_. ィ \
     ーrミ:、: : : : : : : : : : : ノ ./
      ∨ ` ̄7弋¨ 7 ̄  /
       /    ∧ ヽ"    /」
キレンジャイ 「1000年きっついわー……10年になりません?>望さん」
真紅 「              _,.___
         ,-‐イ r'¨¨´~し ヘ
        / _   j.       丿
      / 「 └ r― - 、 └ 、
       /  r:ノ ¨¨     \  _」     /\
/`=へ/!  Lイ          \ ヽ   /  /
   /.:::/ __〕 /   /  ヽ 、  ヽフ  \/
ツ.ーl.::::l /! ノ /  ハ    j! .!i  ハ   ___
   l::::::l  L}.リハノ  \ ノ ヽ从.ノ }   |    |    いーち
   ヽ:::ヽ  | | c'⌒`    ⌒゜|       ̄ ̄ ̄
    イハヌl_)| l    ┌-‐ 7 ノ     /\
   | ヘゞこ ヽ\.,__ ヽ _ノイ |       \  \
   :' l:l     >\厂 \ .! |       \/
  _」  l:l   :f{´⌒ヽマ⌒ヾ ! |
./       ∧   Vハ/{{ ̄⌒ヽ
.         ∧  /  ゞ)ノノ)ノ
         ∧    / }
          く丶___/ヾxノ
         ノ´ ̄(_((_人く」
ミコレンジャイ 「半神ならいけるんじゃ似でしょうかね>進撃の」
真紅 「ぜろ。じゃぁよろしく」
翠レンジャイ 「33-4」
ゲーム開始:2014/01/13 (Mon) 00:08:09
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
真紅の独り言 「あららー」
キミドレンジャイ(人狼) 「よろしく」
みょんレンジャイ(人狼) 「みょん!」
キレンジャイの独り言 「狂人引いたわ。引いちゃったわ」
みょんレンジャイ(人狼) 「よろしくだみょん」
ギレンジャイの独り言 「GM村建てありがとう」
キミドリさんジャイの独り言 「…いつも道理素村ですか…本日もまた初日占いなのでしょうね(遠い目」
キミドレンジャイ(人狼) 「久々の狼が12だなんて妬ましいわ」
「◆GM GMはsariel それではどの陣営も勝利目指して頑張ってください」
みょんレンジャイ(人狼) 「少人数だけど、騙りとかするみょん?」
ミコレンジャイの独り言 「あ、はい
占い師ですか…
12にんむらあんまり経験ないんですよね…
鍋、17はあるんですが」
キミドレンジャイ(人狼) 「適当に騙るつもりよ」
雪華綺晶の独り言 「雪華綺晶って何気に妹キャラなんでしょうか。」
キレンジャイの独り言 「1.潜伏。1-0以外ならどれも美味しい。特に2-1は理想的、1-1でも占いが吊れればOK」
の独り言 「さて村人か。頑張るとするかのう」
みょんレンジャイ(人狼) 「じゃぁ、潜伏頑張るみょん」
みょんレンジャイ(人狼) 「初日の噛みは任せるみょん」
キレンジャイの独り言 「2.占いを騙る。2-1という無難な配役。噛まれてもOK、噛まれなくてもOK」
キレンジャイの独り言 「3.霊能を騙る。狼が占いを騙るなら、だけどそれなら2-1の方がマシ」
キレンジャイの独り言 「噛み時間で決めるか。90秒以内なら潜伏、以上なら占いCO」
キミドレンジャイ(人狼) 「初手囲いは居る?」
真紅の独り言 「   _r<¬‐- 、__
 rJ::.::.::>'´ ̄て::.::ヽ`Y⌒)
  }::.:; '′/   、└ヘ::.Vハ::.:7
. 〔:::/ ,′| l  |  、ヽ:Vハ::.:}/Y^ヽ
 (」 l|l  、 | | >\rヘ::}_/_ノ
  _| l| l ヽ_、ヽ l| /エ=ミ T小ヽ \
 {∧ 、ヽrrーミヽl/ハ::.::.::l| |/ ヽ\
 `Yへ\ヘ::丿   ゙ー'´! }    \ヽ    GMは村建てどうもありがと。
  |l /|`ヽ、   rっ/7 /__    l |
    / , / 「 ̄て)′/ /r勹く}  | |
.   /_/ 厶-レ-=介 く_/L7  }   | |
  / {二ニラ/_/::.|_く/∧` ̄   ! |
 ! 「77´/::.::.:`⌒´::.:{{__:`ヽ、  /  |
. l l { {/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: ヽ/ / /
||く_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.:ノ ̄`く
|/ /7¬rへ::_::_::r~r‐く`ヾ二>、 〉
<_/,厶  仁ニ}   !=彳  >‐=、厂
 └ヘl匸 |lメ/   |テ/  〈/ ̄
      ̄└'    └'」
翠レンジャイの独り言 「ぼー」
みょんレンジャイ(人狼) 「大丈夫だと思うみょん
失敗したら後免」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ミコレンジャイ は キミドレンジャイ を占います
キミドレンジャイ は GM に狙いをつけました
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言              、______                       |::;:;:;レ'ゝイ{:;:;:;.
              >``;:;ー=二ニ=‐- ..                |:::;N!   乙;∧_ 〟--─
                 \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>x:;:;:;:;:;:`: .ー-ミx≦广厂 ̄`   И,   Z;:;ハ.:.:.:.:.:.:.:.:./
                  \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>`ヽ、   >ヘァ个'^ー- ーへ=べ、  7:;! !.:.:.:.:.:.:.:/
.              ─-- ...,,,,\:;:;:;:;:;⌒> Z>''".: : :〃 丿.:: : : : : : : : :.ヽ : :\ フ;:| |:.:.:.:.:.:./
.              \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:;:;:;:;:;:Z V: : : : : ://:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : :∧};リ |:.:.:.:/
                 \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:;:;:;:フ′.:.: : : : : : :,′:.: : : : : : : : : : : : : : : :∨ ∧/
           イ.    \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ/.:.:.: : : : : : : : :{:.:.:.: : : : : :i| i: : : : : :i : :∨∨:.:.:\
        /'/し'{.     >- ..._:.:.:.:/: :/ : :': : : : : :i∧:.:.:.: : : : :i| i| i| : :i !|.: : :∨∨.:.:.:.:\
        //////7⌒      /.:.:/: :/: : : : : : :八 il ∧.:.: : : : :リ リ リ: :!i リ:.: : : :∨∨.:.:.:.:.:\
     , '////////       /:.:.:.:.,': :/.: :/.: : : :/_L」j: :ハ:.: : : :/ / /{: :i 厶 : :∨.: : :∨:.:.:.:.:.:.:\
   , '/////////.       /.:.:.:.:.:.:.:| ./: :/.: :/.Ⅳ L」_j`ト从、.:.:.:./j/ァ匕j」LハⅣ V:.: : :∨:.:.:.:.:.:.:.:\
   ///////∧/{.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:{/人从/|: : : :l.{ {rテ升ヘ∧/ .ィrテj´} l: : : :|从人}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.  ////////  Vしト、     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : :{ ゝ`ニ         .`ニィ  }: : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ  昼AA自由
 ////∧//{     \   ( \ .:.:.:.:.:.:.:.:.:>|: ::.:∧::::::.::.:       :::::.:.:.   / : : : |'''''‐‐--── '   超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合
.イ/∧/  V/{       ー=≧ニ==ミ/ ,:| : : : :.\    、__ '__,      / : : : : | : : : : :\      GMはsariel
'// '{   ∨{                    ヽ/:从 : : : : |.>   ヽリ    イ |.: : : :人{\ : : : : :.\
'//       }ハ                  _j: : : :| : : : :l. } >   < {  .|: : : :|     \ : : : : :\
'///                   /´  `ヽ、l : : : :l.イ         >.|: : : :|‐- 、  \ : : : : :\
'////                   /         .| : :.:人        .// / ゝ : :.l   .ヽ     \ : : : : :\
∨///                 `ヽ`ヽ/  _j    ..}/   ノ´ ̄        \{    !    .∧ : : : : : :ヽ
. ∨///             `ヽ>' "´       、          / /       |     | : : : : : : : :
  ∨///              /             :.   ´        Ⅵ/        ,'       .| : : : : : : : :|
.   ∨//            ,「三≧x         /           V        /       .| : : : : : : : :|
   ヽ'/,         ,x个<三ニ≧x     , ′               i        /       | : : : : : : : :|
     \      ///}: : : :` <三爻x  j_ .  -‐=ニ二三j>x. .l         /        .|: : : : : :∧ノ
       \   ////从 : : : : : : `ヽ三ニ≧二三三三三二ニ!ニ三≧x、     /         |: : : :/
        ヽx':////〈ヽヽ: : : : `x≦三三二>''"´: : : : : : : :`ヽ三三≧x   /            !: :/
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
キシリア・ザビ 「おはようございます。朝です、起きてください。」
翠レンジャイ 「占いはうちにきて妹をファ○クしていいでーす」
真紅 「           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、    おはよう。
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、    呪殺も確定でないのだし
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |   狼は噛み早めでもいいのよ
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !   1分超過くらいね。
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !」
ミコレンジャイ 「ミコレンジャイの巫女占いCO
キミドレンジャイは●」
ギレンジャイ 「おはよう」
キミドレンジャイ 「占いCO
雪華綺晶○」
キミドリさんジャイ 「おはようございます、わかるとは思いますが
まぁ間違わないように私のことは風船とでもお呼びください
では、COよろしくお願いします」
キレンジャイ 「キレンジャイ!」
キシリア・ザビ 「2」
キミドレンジャイ 「地球に優しく緑を増やそうをテーマに頑張ってます
ってことで、緑以外を適当に占います
(狐がいないので対した個人特定し無いスタイル)」
みょんレンジャイ 「おはようだみょん」
ギレンジャイ 「ほう。CCOというほどではない、か?」
ミコレンジャイ 「早速狼発見ですよ!!」
翠レンジャイ 「ほう・・・ですぅ」
雪華綺晶 「おはようございます」
「おはようじゃ」
ギレンジャイ 「(というか色ややこしい)」
キレンジャイ 「あの、夜の時間もうちょっと巻きません?」
みょんレンジャイ 「おおう、黒が出ているけど、そこは占いCOしているみょん」
真紅 「    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |   へぇ
         ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
          }  | `- '           |   {ノ´        |    |   じゃぁ潜伏占いいるなら出なさい。
          川 |ヘ             |  |       |    |
         //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |  出ないならグレラン。
          // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
          ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
       // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
     〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:.`=!".:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./-ー=二二〕\   |   |
     / ̄ ___..==':::\_:<}.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ .|   |
    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}:: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\:.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |」
キシリア・ザビ 「十分CCOできる速度でした。
私が断言します。」
キミドレンジャイ 「あ、これ私に?」
雪華綺晶 「キミドさん即吊りで。」
ミコレンジャイ 「って対抗できましたか
あと灰の1W捜すだけですね」
みょんレンジャイ 「◇ギレンジャイ 「(というか色ややこしい)」
やる夫村の宿命だみょん」
キミドリさんジャイ 「ふむ、パルスィさんに●出てますがCCOっぽくはない感じですね
個人的には放置してグレランを希望なので霊能さんに出てほしいものです」
翠レンジャイ 「占いですけど>きらき」
キレンジャイ 「登場シーン、スタンバってる状態を長時間維持するのキツイんで
僕、酸欠になりかけましたもん」
雪華綺晶 は キミドレンジャイ に処刑投票しました
ギレンジャイ 「ネタの魔力って怖いな>みょん」
真紅 「出ないみたいなんで霊能CO」
キミドレンジャイ 「即吊りされて、対抗明日吊って人外2を3吊りでって不安が残るんで1日残してもらえないかな」
翠レンジャイ 「占い3にはなんねーんですね」
真紅 「         _
       _/::::::\__
      r':::::::::::::::::::::::::::::}__
     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
     `i__::::_:::;.-――- 、:::}::\__ /:ヽ
      / ,   ,、     ヾ::::::|;;;|::::::/      で、まぁ
     / ./  /ハヽ  \ ヾ::|;;;|::::〈 __     そういうことなので。
      {  { _i_l_ ヾ__i|, ∨;;;|::::f   ヽ
     !  ヽ         l  l;;;;;!::∧   i    あとよろしく。
       }  ̄ ̄   ̄ ゚̄ ヽ/¨`ヾ;;;;li   !
        /             }.}_薔ソ!;;;;!l   ',
       >、f´ ̄ ̄ ̄`ヽ //:::ヽ `ー!!    ',
      /::::::\ ̄ ̄ l_j ´∠'::::::::::ハ.  レ!   .ム
  __〈::::::::::::::: ̄7'⌒ヽ::::::::\_:::ハ  l    .ト、___
      ヽ:::::::::,r<::::¨¨´::::::::::::::::/:::ハ  l     >
       ` ( __ヽ:-:ヽ__>―^ー‐       \」
キシリア・ザビ 「いえ、CCOはできる速度でした。
しっかりみておりましたから。
だからといって、キミドリの真を即は切らないのでしょうね。」
みょんレンジャイ 「少人数だし、ここは即吊って色見るのがいいかと思うみょん
霊能が初日だと面倒くさいけど」
みょんレンジャイ 「え?
なんででるみょん?>真紅」
キレンジャイ 「キミドレンジャイさん●に投票しようと思ったら占いCOじゃないですか
引きますわ正直」
みょんレンジャイ 「◇ギレンジャイ 「(というか色ややこしい)」
これも世の宿命だみょん」
キミドレンジャイ 「ああ,ありがと>真紅」
キミドリさんジャイ 「2-1把握です、霊能出たのでグレランでいいでしょう
ああ、狩人さんは霊能さん護衛が個人的に好みですが…
まぁそれは任せますか」
ミコレンジャイ 「霊能も了解ですよ
対抗吊らないというなら今日はグレランになりますけど…でちゃうんですか
まあ吊られ回避ですよね」
ギレンジャイ 「グレランでいいのではないかね。
CCOできる速度か否かに関しては……うむ、まあ主観が多く入るからなぁ」
翠レンジャイ 「急いで出た狼占いは身内に○を出すというですぅ(妙な情報」
キレンジャイ 「身内の不祥事とかホントまずいんで
勘弁して下さい、ホントまずいんで」
キミドレンジャイ 「真紅護衛してもらいたいけど、多分そうも行かないんじゃないかなというけだるさ」
真紅 「                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|    ってことでグレランしましょう
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ//    .| | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|    即吊りでもいいけど2COだから
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ(⌒ヾイf¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ ._    |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/    一人残しても私噛まれたときめんどーだし。
       \|  | ::::|.|::|{回}ヽ ヾ代::.o.ノ      z=≠ミ´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l.∧ ∨ ̄    ,        / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| ∧ .マ´/^) ┌―┐      / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|       _厂ヽ ∨ /   ヽ ノ    . <  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,._「 \ ヽj |..>  _  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ |  ̄ヽ_}.イ |:,-―.==、ー-、:::::  ..y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , '  |´ ̄ヽ ′ j::;;;::::({薔}))::`ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , ∧   〉  ∧:::::::::7~'イ:::::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二∧    /  ::::::::/| ::::|ヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |」
キシリア・ザビ 「そうですね。繰り返しますが、●を確認できる速度でしたので。>翠

真が潜ったと言うことはないでしょう。
潜ったとすれば狂潜り、もしくは狂いの●特攻だった。

いい点をつきますね>翠。」
ギレンジャイ 「というわけでキシリアに黒歴史攻撃

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃キシリア様ファーストアルバム //'´ |     ┃
┃                ヽ  | |   |  魔 ...┃
┃          /⌒`'ヽ、   ヽレ  , 、 l  弾  ┃
┃         ム‐--、,,_  \   /ヽ:.:ヽl の  ┃
┃        イ =---e-r--> r`ィ'a-"〉:.:.ハl 射 .┃
┃      /ノ、  ` - ̄-'´ , イ 、` ''´ |ノl;;;リ  手 ┃
┃      /ノノ \    /   l ヽ,/}:. ノ;;;;|   .┃
┃   /:. :. イ\  ` ´      〉  イイ;;;;;;;}   .┃
┃  /:. :.:/ノ           /  |:./;;;;;;;/   .┃
┃"{:. :."// /           j  /";;;;;;;/    ┃
┃;;;{:. :./ イ              /;;;;;;;;;/     .┃
┃;;;ヽ:. :. :.ノ|  \       {  /;;;;;;;;;/      ┃
┃;;;;;;`'‐;,_:;.:|  ヽ ``‐-、    /;公国レコード社┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛」
「狼2じゃし真狂を強く見るぞい」
みょんレンジャイ 「一番安定なのは狩人いるなら霊能堅守でキミドレンジャイを吊りつつ、色を見るのが妥当とみるみょん」
翠レンジャイ 「ミコレンジャイ真だと灰にもう狼いない可能性がそれなりにということですぅ」
キレンジャイ 「あのミコレンジャイさん、理由ちょっと見せてもらっていいですか?
初日なんでぶっちゃけ理由とかあんまりないと思うんですけど」
真紅 「                    ,........    __
                  r―..、 /ヽ:.:.:.:ヽ_/:.:.:.ヽ__
                _/:.ヽ:.:.:.ヽ:‐:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
               /(:::ヽノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(
            /:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
.           /:.:.:.:.:.:.:.:.l'"´ ̄ ̄ ` ' 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(
           /:.:.:.:.:.:.:.:./          ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.)
.      __  /:.:.:.:.:.( ̄   / ヽ ヽ ヽ     ' ,:.:.:.(
    _ ヽ:.`i:.:.:.:.:.:.:._) / /  / ヽ ヽ ヽ    ヘ:.:.:.:)
   (:.:ヽ/:.:.:|:.:.:.:.:.:(  l l |  |  l l l l   l l  ハ、l
  ___フ:.:.:.:r‐|:.:.:.:.:.乙  | | |  |  l l l l   l l l lハ
. ll___イ.:.:.:.:.|ミ|:.:.:.:.:.乙l l| | | ,|  / l l l   l l l  lヽ|   まぁそりゃ?
   l つ:.:.:|ミ|:.:.:.:.:乙 l | ,|ィl´ l / /ヽ|、|  / / /l  l
   | `ヽ:.|ミl:.:.:.乙ヽlr≠≦ミ,lイ、/ ,ィニ=ミ/、/ / l  l    私護衛すればいいんだけど
   |   ト、lミl:.乙  | 了不チ     了不ハ,/,イ l / /    それはそれでそこ確約しちゃうと
   |   | ヽミ/ |  |, 弋zソ      弋zソイ/l l//     占い噛み放題だし。
   |   | //|  | し////////////// | |
   |   |.〈 .〈 ̄|  |ヽ、     △   ,∠、 | |
   |   | \\|  |三三≧rェrェ/⌒!´:.:.:.:.ヽ| |
   |   |  |:.:〉 .〉 |三三三薔,イ  ̄):.:.:.:.:.:lヽ ヽ
   |   | /二ノl  |三三三r'´::|   ̄):..:.:.:./二_〉
   |   |.〈_二ヽ |:.:.:.:.:..:./.:.:.:.:l  )'´.::.:.:.:.:l `ヽ
   |   | l:.ィ_ノ |:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.|二二〉」
ギレンジャイ 「主義の違いは、悲しいな(しれっ」
雪華綺晶 「CCOだろうとなかろうと
12人村の●もらいの占いの信頼は霊能結果○でしか証明できないのです。」
キレンジャイ 「占い師をやるならちゃんと誠意を込めて理由は書け、って親父に教わったんで」
ミコレンジャイ 「対抗は噛まれないから私か真紅護衛でしょう
対抗噛まれたら私破綻になりますが対抗狼なんで破綻しませんから!!」
ギレンジャイ 「そういえばミコレンジャイ理由は?」
みょんレンジャイ 「>真紅
なるほど、そういうことかみょん。」
キミドリさんジャイ 「仮にミコレンジャイさん真なら潜狂が濃厚と…そこは注意しないといけないか」
キシリア・ザビ 「少しでも家計の足しになると思って
以前だしたんです・・・・。>兄上」
「真紅噛むようだったら占いロラかのう」
キレンジャイ 「キミドリの姐さん吊ってもええですけど、それってミコレンジャイさんが本物なら噛まれますよね?」
キシリア・ザビ 「50枚ほど売れました。」
ミコレンジャイ 「理由:初日ですしなんとなくですかね
ミコレンジャイと語呂が似ているミドレンジャイがいないんで
キがついたキミドレンジャイ占いますよ」
真紅 「そこは任せる>私噛まれたら」
翠レンジャイ 「真紅噛みとかできるんですかねこの状況」
ギレンジャイ 「うん……なんかごめん……>キシリア
でも、返品在庫でうちが満杯になったのはいい思い出だな」
キレンジャイ 「僕、そっちの方がきっついんですけど」
ミコレンジャイ 「言われて気が付きましたorz

狼見つけてそっちばかりに目が」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠レンジャイ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
キシリア・ザビ は 翠レンジャイ に処刑投票しました
キミドリさんジャイ は 望 に処刑投票しました
キミドレンジャイ は 望 に処刑投票しました
ギレンジャイ は 望 に処刑投票しました
キレンジャイ は 望 に処刑投票しました
ミコレンジャイ は 望 に処刑投票しました
真紅 は 望 に処刑投票しました
みょんレンジャイ は キレンジャイ に処刑投票しました
望 は キシリア・ザビ に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 1 票 →
6 票投票先 1 票 →キシリア・ザビ
キシリア・ザビ1 票投票先 1 票 →翠レンジャイ
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
キレンジャイ1 票投票先 1 票 →
ギレンジャイ0 票投票先 1 票 →
キミドレンジャイ2 票投票先 1 票 →
キミドリさんジャイ0 票投票先 1 票 →
翠レンジャイ1 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
みょんレンジャイ0 票投票先 1 票 →キレンジャイ
ミコレンジャイ0 票投票先 1 票 →
望 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キミドレンジャイ(人狼) 「こう言うトキの狩人の発言傾向わすれちゃったな」
キシリア・ザビの独り言 「望-。」
翠レンジャイの独り言 「ものっそい偏るですね」
みょんレンジャイ(人狼) 「おう」
キミドレンジャイ(人狼) 「現状、ギレンかキレンのどっちかかなって感じ>狩人」
キレンジャイの独り言
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |   真狼―真の初手●か……
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
キミドレンジャイ(人狼) 「ここから巻き返すのも正直面倒いんで」
みょんレンジャイ(人狼) 「真紅噛むか、ギレンかむか」
ギレンジャイの独り言 「わりとこまる」
キミドリさんジャイの独り言 「んー太公望さんは多分消極的人柱ですかね
私も少し狩り臭く狼に見てもらえるといいのですが…」
キレンジャイの独り言 「望が狼じゃないだろう、とは考えて
今夜は真紅もミコレンジャイも噛みづらい展開だが

強いて言うなら真紅は噛めなくもない」
みょんレンジャイ(人狼) 「私もギレンが一番狩人目」
キミドレンジャイ(人狼) 「真紅噛みに益はないかな」
みょんレンジャイ(人狼) 「やっぱだめか」
キミドレンジャイ(人狼) 「じゃあ、両方一致のギレンを噛んで、チャレンジしてみましょう」
キレンジャイの独り言 「なので真紅を噛むとしても、もう1匹の●が見つかったらアウト
狩人COの用意はしておくか、●食らった時のために」
キミドレンジャイ(人狼) 「あと囲いましょう」
真紅の独り言 「んー」
キミドレンジャイ(人狼) 「最近は、ケアとかあんまり考える人もいないし」
ミコレンジャイの独り言 「狼見つけたことに気を取られ過ぎて日記忘れるとか…」
みょんレンジャイ(人狼) 「あい、じゃ、囲いよろしく
捕捉されたら直につられますが(´・谷・`)」
真紅の独り言 「即吊りでもよかったなぁ
でも私出て即吊りだと私護衛になりそうなのよねぇ」
真紅の独り言 「それだとミコレンジャイ噛み放題なのがなぁ」
キミドリさんジャイの独り言 「ミコレンジャイさんは割りとお仕事終了ですが…
私なら真贋つけるために護衛外しの真紅さん護衛ですかね
噛みにくいようやや真紅護衛を強調したっぽく見せましたが」
真紅の独り言 「出ない状態で吊りできればベストなんだろうけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ミコレンジャイ は 雪華綺晶 を占います
ギレンジャイ は 真紅 の護衛に付きました
キミドレンジャイ は ギレンジャイ に狙いをつけました
ギレンジャイ は無残な姿で発見されました
(ギレンジャイ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言     /| /|
   /<|/<|
  Yc c ヽ
  | ε  |   村人COじゃ
  ゝ   < 
  /     ヘ
   (太)
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
翠レンジャイ 「おはようですぅ

雪華綺晶が必死なのが逆にキミドリ狼に見えるんですけど」
真紅 「霊能CO 望○」
キミドリさんジャイ 「おはようございますではCOよろしくお願いします」
キミドレンジャイ 「占いCO
みょんレンジャイ○」
ミコレンジャイ 「ミコレンジャイの巫女占いCO
雪華綺晶は○」
ミコレンジャイ 「理由:対抗の初日○で囲い候補、且共有もいないので確定○作りです
たとえ狂人であっても狼を把握できないので大丈夫だと思い占います
この後は追っかけ占いでもして○位置増やした方が良さそうと判断しますよ」
キシリア・ザビ 「いい点をつきますね。(投票しないとはいっていない)。
おそらく霊噛みでしょうか。
真噛みは失敗したら終わりなので。」
キミドレンジャイ 「私吊りを灰で最も言っていると見えるので」
雪華綺晶 「決断を遅らせると、破滅が近づく
ある偉人の言葉ですね。」
翠レンジャイ 「灰って」
みょんレンジャイ 「おはようございますみょん」
キレンジャイ 「キレンジャイ!」
キレンジャイ 「僕、占い師噛まれる展開とかめっちゃ嫌いなんです
●1つ見つけて仕事終了、っておかしいやないですか
霊能が噛まれても、占い師が狼見つければ勝てますよね?」
ミコレンジャイ 「灰嚙みですか?」
キシリア・ザビ 「あ、兄上ー(笑)」
キミドリさんジャイ 「ふむ、灰噛むということは狼視点で割りとああなってそうなったんでしょうね
(あえて抽象的にいってます)
となると…真狼濃厚でいいでしょうか」
真紅 「        /.::/       ``ヽ\
       /.::/          \\
     /.::::/   ,.-──‐‐- 、.   〉::ヽ
      〈.:.:.::::.ヽ /         \ /.:.::::〉
     \.:;:ィ7, ィ´.:: ̄ ̄ ̄``ゝ-</^V/
      ,.イ:! i. .:.十ム、トト、 _ノ_ノj_j!:  N
      //|:|トト:::ヽ!r=ュ ヾ:.ノ´,r=ミ、リ:.:./ ト、
     .〃 l|:|`7^Y´辷ソ    辷シ,ィイ〈 l ヽ
       |1| | l 人    _'_    /1 .i |   !      ミコレンジャイの占い方は悪くない
      i  1lノノ> ─-、  ,. -‐< | 1:| | i |      
      |  ||l 1.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.ヽ! |::| | | |      …でまぁ、望ってやっぱり普通に○だったわね…
      |  || _>.-‐::「o´こ`ol;i:.:.:.:l |::| | | |      うーん
      | /二ニ7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l;|.:.:丿ニ二7! 1
      |/<孑<.:.:.:o.:.:.:.:.:.:o|;|.:.:孑-、.:.\ゝ
      /.:.:.:孑.:.:.:.:.:.o.:.:.:.:.:.:ol;;l.:.:.孑´:::.:.:.:.`ヽ、
     ,/.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:)::::::::.::.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.;:ィ⌒ハ
    ,/.:.:.:.:.::::::::::::::::::::.:.:.:.::::/人_.:.:_.:.:.:.:.:.:.:., ィ7:.::::::::::.:.〉
   〈r─y──-、::__.:./    ̄`T´ ̄_ノ.:.:.::::::::.:./
    \/``7.:::i     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L _/.:.:.:::::::::::::::/
    / .:::::.::/    .:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::i `ヽ:::.:.:.:.:./
   ,/ .:.:.::::::/.:.:.:::::.:.:.:.:.  .:.:.:.:.:.::::.:::::人_ノ.:.::::::〈」
みょんレンジャイ 「ギレンジャイ噛み?グレーですね
てっきり占いか、霊能噛みが来ると思ってたのに
これは狩人狙い?」
キミドレンジャイ 「これで、私吊りで色を見せてもいいけど、狩人ちゃんと霊能護衛してくれる?」
キシリア・ザビ 「なんとも判断がむずかしい。日和ったのでしょうか。
しかし望○ならばできなくはない噛みです。」
ミコレンジャイ 「雪華綺晶はは確定○ですね
あって狂人ですし霊能と一緒に村人と見ていいと思います」
雪華綺晶 「翠の姉さまの判断に悩みますね。」
みょんレンジャイ 「望ってただの寡黙系に見えたんだけど」
翠レンジャイ 「この信用差の状況で確定○つくりとかいってるミコ見ると狂狼にみえるんですけど」
キレンジャイ 「これ狩人探しですわ
役職を噛まない辺り、敵さんもマジっすね」
キミドレンジャイ 「霊護衛して欲しいって言ったら、対抗かみたいんだろうとか噛み付かれるんでしょ」
みょんレンジャイ 「一番怖いのが狂狼だけどこの噛みだとなさげかな」
真紅 「んー 村的にどうしたい?」
キシリア・ザビ 「動揺を隠すにしても発言が少なすぎたのでな>雪」
キミドリさんジャイ 「望さんは、消極的人柱だと思いますね
あの場面狩人吊るほうがあれですし<真紅さん」
翠レンジャイ 「いや占い普通に噛めたとおもうんですけどね・・」
ミコレンジャイ 「初日囲いとかもあり得ると思いましたから>翠レンジャイ
確定○作らない方がいいといいますか?」
雪華綺晶 「キミドレンジャイが真ならば」
キミドレンジャイ 「消極的柱じゃなくて,ただ単に寡黙だっただけでしょ」
キレンジャイ 「今日、キミドリさん吊ったとします
狩人さんが霊能を守ったとします、ミコレンジャイさん噛まれたとします」
みょんレンジャイ 「追いかけなのかな、ミコレンジャイの占いって」
翠レンジャイ 「きらきー吊って●かったら大勝利路線でひとつ>真紅レンジャイ」
キシリア・ザビ 「昨日キミドレンジャイ即吊りを言ってないところか。
キミドレンジャイを吊りだな。」
みょんレンジャイ 「◇翠レンジャイ 「きらきー吊って●かったら大勝利路線でひとつ>真紅レンジャイ」
なにそれこわい」
雪華綺晶 「今日吊りすることで、明日ミコレンジャイ吊りの
ノーミス村になるけれどそれを真として許容したいということなのでしょう。」
キレンジャイ 「そこで狩人さんがミコレンジャイさんを護衛できるんならええですよ

だけどミコレンジャイさんが噛まれたり、やっぱりキミドレンジャイさん○だだったりすると最悪なんで
今日も灰吊りがええと思います」
ミコレンジャイ 「雪華綺晶村人判定なのに吊るとか…
無駄図利させたい狂人でしょうかね?>翠レンジャイについて」
キミドリさんジャイ 「あ、私は灰噛みから割りと狂狼という悪夢はないと思いますが
潜狂or初日狂が怖いので占いロラでいいかと<霊能」
翠レンジャイ 「あれ、そんなに無いですかねきらきー吊り」
キレンジャイ 「万が一ってのが僕ホント怖いんですよ
ありえないことってありえないんで」
真紅 「キミドレンジャイ吊っておきましょうか
狩人護衛はお任せ。」
キミドレンジャイ 「お任せじゃ困る」
キシリア・ザビ 「雪とみょんは吊らない。
灰で吊るなら翠レンジャイが役目か。
他二人まで視ることはできなかった。」
みょんレンジャイ 「>翠レンジャイ
一応確定〇ですよ?」
キレンジャイ 「雪華綺晶さんは囲いじゃないと思います
あんなにあやしい発言と行動しませんよ、かえって白いですよ
案の定、結果も○ですし」
翠レンジャイ 「真がいればですけど>みょんレンジャイ」
キミドリさんジャイ 「え、割りと灰噛むのは狼視点で真なので
ほぼ確定村だと私は思っています<翠星石」
キレンジャイ 「これほんま狩人が困るパターンや……!」
真紅 「迷ってもらわないとね
狩人以上に狼に>キミドレンジャイ」
キシリア・ザビ 「兄上が狂人かと思ったが、
翠が狂人か?」
キレンジャイ 「あの、僕。宗教的な理由で票を外していいですか?
一応先輩なんで……はい、すみません」
ミコレンジャイ 「狂狼想定ですか>翠
狂人にも見えますし微妙な線」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠レンジャイ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
キミドレンジャイ は ミコレンジャイ に処刑投票しました
真紅 は キミドレンジャイ に処刑投票しました
キシリア・ザビ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
キミドリさんジャイ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
雪華綺晶 は キミドレンジャイ に処刑投票しました
ミコレンジャイ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
キレンジャイ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
みょんレンジャイ は キミドレンジャイ に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
キシリア・ザビ0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
キレンジャイ0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
キミドレンジャイ8 票投票先 1 票 →ミコレンジャイ
キミドリさんジャイ0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
翠レンジャイ0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
みょんレンジャイ0 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
ミコレンジャイ1 票投票先 1 票 →キミドレンジャイ
キミドレンジャイ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
みょんレンジャイ(人狼) 「うほほーい
LWですよ」
みょんレンジャイ(人狼) 「いがががが」
キミドリさんジャイの独り言 「んー割りとこれ狂狼でも灰噛むっていうのがあると夜になってから気がつく不具合」
翠レンジャイの独り言 「ぼー」
みょんレンジャイ(人狼) 「これ真紅ぐらいしか噛めないような気がする」
キミドリさんジャイの独り言 「なので雪華綺晶さんが噛まれなければ…とか思いましたが
…噛まれるでしょう流石に」
キレンジャイの独り言 「キミドレンジャイに投票しないと言ったな
ありゃあ嘘だ」
みょんレンジャイ(人狼) 「狩人死んでいてくれると助かるのだけど(フラグ」
真紅の独り言 「グレ噛んでくれるなら まぁこんな感じで」
キレンジャイの独り言 「さて、これでミコレンジャイが狼ならどうにでもなる
そうじゃない場合に備えるか」
ミコレンジャイの独り言 「ふう、1W処刑ですね
これで真紅狼や狂で霊能初日なら…最悪ですが
様子見長かったですかね?多分真だと思いますが」
キレンジャイの独り言 「霊能orミコレンジャイ護衛。俺ならミコレンジャイ護衛なので
霊能噛みが妥当ではあるけれど

ミコレンジャイ噛み狙いなら、雪華綺晶噛み」
みょんレンジャイ(人狼) 「 」
キレンジャイの独り言 「雪華綺晶噛みならミコレンジャイ真路線
霊能噛みなら、アンニュイな感じで消極的に柱になろうか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ミコレンジャイ は みょんレンジャイ を占います
みょんレンジャイ は 真紅 に狙いをつけました
真紅 は無残な姿で発見されました
(真紅 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真紅さんの遺言      |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬     霊能者よ
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:     結果はログ参照
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:      で、まぁ私噛みってことは
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:      ミコレンジャイ真狼だと思うわ
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:      私護衛の確率が高い中で
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:      賭けのようにこっち噛んできてるので。
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      あとは外界に任せるけど、
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'      ミコレンジャイ●がここでもう1個出すなら吊りなさい.
キミドレンジャイさんの遺言 雪華綺晶○ みょんレンジャイ○
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
キミドリさんジャイ 「おはようございます
昨日の時点でのグレはどこも同じような感じで
村目にどこも見えないどうしようという感じでした
…まぁ、私もそれの一部ですが、ではCOよろしくお願いします」
キレンジャイ 「紛らわしいわ! 間違えたやないか!>キミドリさんジャイ」
ミコレンジャイ 「ミコレンジャイの巫女占いCO
みょんレンジャイは●」
キシリア・ザビ 「狩人は占いをまもるのではないかな。
自分に●が出ることでも期待して。」
みょんレンジャイ 「おはようだみょん」
翠レンジャイ 「おはようですぅ

噛み見て考えるです し、真紅ー」
ミコレンジャイ 「理由:霊能真と見て雪華綺晶で村2人
ここで○出れば村人判定3人、1人噛まれたとしても灰から狩人出れば村3
残り3吊りで私の灰は結果出せれば4人、狩人引いて3人で吊り足りることになりますよね?」
キシリア・ザビ 「なるほど」
みょんレンジャイ 「うわぁ、これはめんどうくさいみょん
でもって後追いで私に黒投げてきたみょん」
キレンジャイ 「じゃあみょんさん吊って、もしも2W残りならみんなで狼COしましょう」
ミコレンジャイ 「真紅噛まれとか…狩人死亡確定的じゃないですかー!!
ここで私護衛とか無いですよね」
翠レンジャイ 「うーん結果的にロラですか悩ましい」
キミドリさんジャイ 「…おう、これ●つるとかなりリスキーな感じですね」
キシリア・ザビ 「キレンジャイのことばがすてきだな」
キレンジャイ 「ミコレンジャイさんが狂人でも、こっちがちゃんとあわせたらなんとかなると思うんです
そうしましょう、ね?」
キシリア・ザビ 「だがまて、少し考えさせてくれ」
みょんレンジャイ 「◇キレンジャイ 「じゃあみょんさん吊って、もしも2W残りならみんなで狼COしましょう」
えっ?狼COってどういうことだみょん?」
キレンジャイ 「じゃあ明日、朝一で僕とあなたで狼COしましょう>キシリアさん

みんなも二人一組作ってー!」
翠レンジャイ 「ミコ狼の2W残りは無いんですかそれ」
キミドリさんジャイ 「…狼COの準備ですか…その手があったか」
キシリア・ザビ 「ミコレンジャイ狼の場合だと」
雪華綺晶 「みょん●だと悩みますね」
ミコレンジャイ 「これで2W発見なので私の仕事は終了ですね
対抗で1W吊ってますし狂人いても5でみょんレンジャイ吊れば安全です」
キレンジャイ 「だってあなた吊って終わらないなら、明日2W残りじゃないですか>みょんさん
ミコレンジャイさん偽ですよね?
狂人ならPPされちゃうじゃないですか」
キシリア・ザビ 「狂が灰からCOして、雪にあわせると辛いな。」
翠レンジャイ 「狼特攻があるならその提案するキレンジャイが狼くさすぎて困るですけど」
キシリア・ザビ 「巫女→みょんはどうだ?
雪噛まれも狙って>キレンジャイ」
キミドリさんジャイ 「みょんさん吊って終わらなければ最悪PP有りなので
皆で狼COして狂人がどこかわからないからPPできないという高度な作戦
なお、お仲間合わせに失敗すると(村同士が)死ぬという感じの」
ミコレンジャイ 「村がキミドレンジャイ視点も追うというのであれば私処刑が安定だと思いますが
真紅さんがキミドレンジャイさん吊ってくれたように私真で決め打ってくれるならみょんレンジャイ吊りで終了になりますが」
翠レンジャイ 「まあ普通にミコ吊りでいいんじゃないですかね
それからみょん吊りでも間に合う気が」
キレンジャイ 「あー、雪さん投票されてまうわー
あかんあかん、やっぱさっきの作戦無し! 中止ー!」
みょんレンジャイ 「>切れんじゃい
なるほど、でも狼COするより狼狙って吊りあげるべきじゃないですかみょん?
もしくはローラー完遂するのがよいはずだみょん」
翠レンジャイ 「いやキミドレン真だと負けるですか?」
キレンジャイ 「そうですね、吊り数ありますもんね>キシリアさん」
翠レンジャイ 「ミコとみょんの最終日とかもあれですし」
キシリア・ザビ 「でも昨日から翠が狂にみえて
なおかつ占いが3COにならないということばもそれに符合してしまうので」
キミドリさんジャイ 「そんときはキレンジャイさん狂人PRすればいんですよ!!
表合わせられる?知らん!!(投げた<キレンジャイ」
キシリア・ザビ 「みょん吊りは譲れない。」
キレンジャイ 「昨日、キミドリさん吊りとかホント偏った進行じゃないですか>みょんさん
そりゃ僕だって村人なのに狼COとかしたくないですよ」
翠レンジャイ 「それなら翠星石吊る必要ないですよね>キシリアジャイ」
ミコレンジャイ 「残り3吊りですから安定進行としては私>みょんレンジャイ>になりますが
そこで終わりますので灰の殴り合いは無いですから」
キレンジャイ 「うわー、緊張してきた。ほんま緊張してきた……」
キシリア・ザビ 「あしたみょんつりですね>翠レンジャイ」
雪華綺晶 「みょん吊り」
みょんレンジャイ 「◇翠レンジャイ 「それなら翠星石吊る必要ないですよね>キシリアジャイ」
それすりよりですかみょん?!」
キミドリさんジャイ 「…えーでは各人それぞれ思うように投票ということで」
キシリア・ザビ 「そしてだれがキシリアンジャイですか・・・。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ミコレンジャイ は みょんレンジャイ に処刑投票しました
みょんレンジャイ は ミコレンジャイ に処刑投票しました
キミドリさんジャイ は みょんレンジャイ に処刑投票しました
キレンジャイ は ミコレンジャイ に処刑投票しました
キシリア・ザビ は みょんレンジャイ に処刑投票しました
翠レンジャイ は ミコレンジャイ に処刑投票しました
雪華綺晶 は みょんレンジャイ に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
キシリア・ザビ0 票投票先 1 票 →みょんレンジャイ
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →みょんレンジャイ
キレンジャイ0 票投票先 1 票 →ミコレンジャイ
キミドリさんジャイ0 票投票先 1 票 →みょんレンジャイ
翠レンジャイ0 票投票先 1 票 →ミコレンジャイ
みょんレンジャイ4 票投票先 1 票 →ミコレンジャイ
ミコレンジャイ3 票投票先 1 票 →みょんレンジャイ
みょんレンジャイ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
みょんレンジャイさんの遺言
                  /\
             ノ三三\   ___
           /三三三三!´: : : : : : : ::`ヽ、
             ̄>三孑==≡≡=ミヽ : ヽ
.             /: : : : : : : : : /: : : : : : : :ヾヽ : :.
          /:.:/: : : : : : : /!: : : ; : : : : : :ヾj: : :',
           ´ ̄/: : :/: : : :/  |: :.:/|: : : : : ; : :.|: : : ',
            |: : /: : :〃__,,、',:.:/ .l: : : : : |: : : : : : :!
            |: : !: :./イ灯ミ ヽ!`zュx : ノ!: : : : : :.:!
                !: :ハ:/ 辷ソ     ん心 |: : : : : :.:|
                .V: : |///      弋:::ソ .j: : : !: : :.l      狼さんに食べられたんですか!?(意味深
               /: : :.ハ   yー 、 /// /: : :,': : :.:|
              i./!: /ィ:.\  l     j  J ./: :.:イ: : : :.|
                .!/ レ─.>ゝ -‐   ィ./:./ !:.|: : ノ!
                 イ .i` ´ /Y/`ヽj/j/
                  /!:::|  ! /  /:.\
              / 7:::レOO\/:.:.:.:./\
                / /:.:.:////',:.:.:.:.:.:.:./  !
            /  l:.//////∧:.:.:.:.:/  /
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/01/13 (Mon) 00:41:04
みょんレンジャイ 「お疲れ様」
ギレンジャイ 「お疲れ様だ」
翠レンジャイ 「そこかあ」
ミコレンジャイ 「あ、お疲れ様でした」
キミドレンジャイ 「お疲れさま」
「こりゃ終了か?」
みょんレンジャイ 「キレンジャイwwwwwwwwww」
GM 「お疲れさまです」
キミドリさんジャイ 「…キレンジャイさんが狂でしたか
なるほどなるほど
そして普通にミコレンジャイさん真と」
みょんレンジャイ 「ま、狩人当たっていたからいいみょん」
真紅 「           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、     お疲れ様っ
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、     なんか進行的には怪しい進行だったけど
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |     結果おーらいよね!
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !」
翠レンジャイ 「やっぱ囲うんですねえ」
キレンジャイ 「ミコ吊りじゃないんかいッ!(ズビシッ」
ミコレンジャイ 「狼2Wとも発見できましたよ!!(ドヤァ」
「お疲れ様でした。」
みょんレンジャイ 「結果論だけど、囲い失敗だったね」
ギレンジャイ 「見事に打ち抜かれたアカウントがこちらになります。
というわけですまぬ。>村陣営
そしてありがとうミコレンジャイ。攻撃は最大の防御だねッ!」
雪華綺晶 「おつかれさまなのです」
キシリア・ザビ 「確定○が後悔しないのであればそれでいいのです。」
キミドレンジャイ 「囲い失敗したともあんまり思わないかな」
「         |ヽ   ハ
       .| .| . / |
       .,| . |-/. .|、
      / c ″c ヽ  ∩
      | ヘ、_ノ| | . ノ ト、
      ヽ丶―‐.ク' (っソノつ うむ、ナイスじゃったぞ>ミコミコジャイ
        > _ <___丿ノ´
   _  /, /_」_ヽ.―‐'」
キミドリさんジャイ 「終わらなかったら狼CO合戦とか面白いから乗ったまでよ(ドヤァ<キレンジャイ」
ミコレンジャイ 「ぶっちゃけ私も自分が今日吊られると思って遺言書き足そうとか思ってたらwww」
真紅 「              _,.___
         ,-‐イ r'¨¨´~し ヘ
        / _   j.       丿
      / 「 └ r― - 、 └ 、
       /  r:ノ ¨¨     \  _」     /\
/`=へ/!  Lイ          \ ヽ   /  /
   /.:::/ __〕 /   /  ヽ 、  ヽフ  \/
ツ.ーl.::::l /! ノ /  ハ    j! .!i  ハ   ___
   l::::::l  L}.リハノ  \ ノ ヽ从.ノ }   |    |
   ヽ:::ヽ  | | c'⌒`    ⌒゜|       ̄ ̄ ̄   いやーナイス占いだったわ
    イハヌl_)| l    ┌-‐ 7 ノ     /\     銀姉秘蔵のヤクルト10本あげる>ミコレンジャイ
   | ヘゞこ ヽ\.,__ ヽ _ノイ |       \  \
   :' l:l     >\厂 \ .! |       \/
  _」  l:l   :f{´⌒ヽマ⌒ヾ ! |
./       ∧   Vハ/{{ ̄⌒ヽ
.         ∧  /  ゞ)ノノ)ノ
         ∧    / }
          く丶___/ヾxノ
         ノ´ ̄(_((_人く」
翠レンジャイ 「両偽が一番楽しそうなのでそれ路線は捨てきれねーですぅ
あとモスバーガーたべたい」
キミドレンジャイ 「狼勝ちの形が信頼勝負が略成り立たない状態で、真をかむっていう所しかなかったと思うので」
ミコレンジャイ 「ワーイ、ありがたく貰っておきますね>真紅さん
変わりに守矢神社特製のお守りをどうぞ」
みょんレンジャイ 「ミコレンジャイが実直すぎたからぐらいかな、普通この形で後追いしないし
自分が占い確信して信頼も得ていると思わない限り」
ギレンジャイ 「マクドナルドのピクルスを送りつける攻撃>翠」
キシリア・ザビ 「俺の塩(カップ焼きそば)がたべたい。」
キミドレンジャイ 「3日目にグレランしてみょんが吊られるとそれでゲームオーバーだから」
真紅 「          _
          / : : : :`ヽ
        {: :_:_:_: : : : キ
        /     `ヾ{:ヘ
      i / __i  l__ j: :ハ
      ゝy‐ミゝ イミ、 Yニ≧x、
       n / ij  ヒj yiシ: : r‐’
    f ̄  ヽ r―‐ォ ./ 薔}¨|
   ゝ.__/∧ゝ--く/ /ィ": !    あと雪ちゃんも決断GJ!
       |:./: : ヾ: : : :ヽ! |  |
     /^ヾミx:_:_:_:_: :ハ |  |    狂人生きてたし何があるかわか…
.    {: : /゙: : : : : : : :! i:|  |
     Y: : : : : : : : : | l!|  、    まぁ翌日みょん吊りできれば大丈夫だろうけど。
  r‐、_.ィl: : : : : : : : : :| l !   ヽ
   ヽ: : : : : : : : : : : : :\!_. ィ \
     ーrミ:、: : : : : : : : : : : ノ ./
      ∨ ` ̄7弋¨ 7 ̄  /
       /    ∧ ヽ"    /」
キレンジャイ 「ミコ吊って狼COからどさくさ狙ったに決まってるだろう!>キミドリ
霊能噛みのみょん●の時点で8割諦めかけていたけど」
雪華綺晶 「キシリアが視点漏れしたんじゃないかと思ってびくびくした最終日」
キミドレンジャイ 「それ回避+グレランして狩人候補減らし」
翠レンジャイ 「もう数年マックいってねーです>キレンジャイ」
ギレンジャイ 「では失礼するとしよう。
GM村建てありがとう。諸君お疲れ様だ!」
みょんレンジャイ 「ではお疲れ様myおん」
キレンジャイ 「俺もクーポンがイマイチなんでマック行ってねぇな」
翠レンジャイ 「翠狂決め打ちとかそれっぽくて困ったですね>きらきー」
真紅 「        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |    あらどうもご丁寧に>ミコレンジャイ
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |    あとこの内訳で両偽はちょっと対応できないような>いろんな人
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i」
キミドリさんジャイ 「や、だから●吊って終わらなかったら精神でしたよw<キレンジャイ」
ミコレンジャイ 「キレンジャイはドンマイ
まあ、私も村なら狼CO合戦とか面白そうだったんで乗ったかもしれませんが」
キシリア・ザビ 「兄上は狩だから狂人とみてもしょうがない。
翠レンジャイは中身でしょうがない。
キレンジャイは村っぽいから狂人。」
翠レンジャイ 「キレンジャイとキシリアジャイのタッグが2Wあたりで」
雪華綺晶 「両偽のパターンはミコレンジャイ狂特攻のキミド誤爆しかないと思うので
つまりみょん吊っていいという判断。」
真紅 「             ,.- ――― - 、
              /           \
         __/    /  /   ヽ 、 ヽ
       r==='=i  ./ /   ハ    j! .!i  ハ
        《__/ イ{  .!从リハノ \ ノ ヽ从.ノ }
      `7 .//!  | ト! 、__,    、_, | ィ .
      / 厶' l f¨ i l` 、、、  , 、、|/jノ
     ./   / '.ヽ_| |    __   l
     /   /  \! !、          ノ
    ./   /    __.| |≧!    r‐r イ
   /   /   /:::: ! !{: :` ー一^¨⌒}=:、
  ./   / /:::::::::: ! !:㍉: : : : : 8: : }:::::::\     この噛みになって かつミコレンジャイが●発見なら
. /   / 〈::::::::::::::: ! l::::::゙㍉_:_:_:_:_:.ノ::i::::::::/     私噛まれGJともいえるようないえないような!
   /     〉、::::::::::ノ .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
. /      /:::::::::/7 /|::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ    でも元々初手キミドレンジャイ吊りでもよかったわよねコレとかいう話!
       〈:::::::::〈.人'、.!::::::::::::::::::::::::::::::::::! 、::::::::::〉
.\      \::::::>、 __7::::::::::::::::::::::::::::::! /:::::::/
ヽ. \      Y¨ヽ::::::ヾ-ォ::::::::::::::::::::::::::{/:::::::/
ノ   ヽ    > 、_`>::ハ::::::::::::::::::::::::〈¨¨ヾ{
ヾー一’    ヽ〈 .Уrく_ノ::::::::::::::::::::::::::ヽ }リ
. ゝ        ヾ/::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ」
キミドリさんジャイ 「灰噛むってころは狼視点真がいるか
それとも狂狼が見えたから狩人探すかと夜になってから気がついた不具合<真紅

真すぎる噛みは逆に不安になるから困る(最近レケアが普通なので)」
キシリア・ザビ 「初手●は強いな。
さて失礼しようか。」
キレンジャイ 「全員(雪華綺晶含む)狼COからのスタート、見たかったわぁ……」
翠レンジャイ 「4連敗は食い止めれたですぅ ばいばーい」
ミコレンジャイ 「全員狼COからのスタートってそれはそれで面白そうなんですがね>キレンジャイ」
雪華綺晶 「もし、キミドレンジャイ真でミコレンジャイ狂人の場合、4昼の体制で対応できないから
やはり初日につらないとダメ。絶対。」
真紅 「        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ    えーっと…
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ   狼視点真いるか
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ  狂狼見えたから
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|   ってこの2パターンしかなくない?
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!   狂狼見えてなければ狼視点狂狼でも狂は真に見えるでしょうし
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !   狼狼-真っていう狂気の内訳なら別だけど。
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /」
キミドリさんジャイ 「では私はこれにておつかれさまでした」
翠レンジャイ 「狼狼ー真あるとおもいます」
ミコレンジャイ 「お疲れ様でした―
占い無双って気持ちがいいんですね!!」
真紅 「                     _
                    /:::::::::`ヽ
                  /::::::::::::::::::::ヾ、
               {::::::: .--- 、:::i\
               .y ´   、 `ヾ:.トr―ヘ
                i i --l  l --、 .!:l l:.:.:.ノ
               ゝハr‐ミ ノ--xル{:l l:.:ハ
                l  ヒj  ヒj Kシィ1 i
                、""`___ ""l{薔} l  l   そね>雪ちゃん
                ミ>ゝ __ ノrムラ lj」  i   多分私が潜りつつキミドレンジャイ吊りにもっていくのが
             _く,ラ{、.{薇}  }/:ヽ !    、  流れ的にはベストだったと思うわ
            f¨ヾ:.:.:.\〈¨介ー〈7:./:>-.、 〉
          lニニニニニニニニlニr:人:.;{,ヘノ、7
            |              l |./:.:.:.:キ:ヽ 〉
            |              l |.:.:.:.i:彡ィ:.:.!′
            |   _____ l |:.:.:.:.:.:..:.:.:′
            | | | | | | | | l l |:.:イ ノ:.r ’
            | | | | | | | | l l |:イ'  ̄´」
キレンジャイ 「初日に追加で占いCOするべきだったかしら……それで護衛を霊能者に向ける
よし、次はそれやってみよう」
真紅 「なお、3COの場合は潜ってた模様>キレンジャイ」
真紅 「だって3COならキミドレンジャイ吊りになるの見えてたし…」
キレンジャイ 「おいやめろ>真紅
やめろ

そんなこと言うと霊能がCOした後にCOすっぞ!」
翠レンジャイ 「でもそれキミドレンジャイ即死するうえに護衛がミコ鉄板になるような>キレンジャイ」
キレンジャイ 「信用なんてかなぐり捨てて水銀燈○でCOするぞ!」
キミドレンジャイ 「狂人にする事ってあんまりないかな」
キミドレンジャイ 「吊られない噛まれないで後半に残れればそれでいい」
キレンジャイ 「占われることくらいだな>キミドレンジャイ
占いを無駄にする、を狙ったけど占われなかった不具合」
真紅 「     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´    ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /   ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /     ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'      l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'        !   l . i'"´:: |:.:.:.:.:.!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l       |l     ! ',: : : :.|.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |    l  | l !  ! |  `丶; |.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|   ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト  / !./l/├ /¬ ¬、). : :.!.:.:.:.:.,': : : :|    |:   やめたげて!
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\/ l//´ ̄ ミト、|  {:: ::/.:.:.:./: :::::::|    |:
      ヽ|l ',ヽ \!/´ ̄`ヽ '′{{      }  ,ハ: :/.:.:.:./:::::;:::ノ|    !:   呪殺されない銀姉ばかりじゃないのよ!?
.        |   ト、. {{     ノ′ ヽ     八| ! | '^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
      |   l l.|.とつ=        ` て__う l  ! .|/j〈ィ'>》_ノ !::l. !   |:
       |   / / |/    __   ヘ.    | l| |.ヾ ニフ   !::l |   |:
.      |  / / |{    i/      \、  l l ! !/    ヽ:| .|.!   |
       !|_ノ' r":.:l人   └ ---‐   ´    :! !| |           .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:..! .l:.>z,、...   __  z<:.:.:| || |、          .! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,''-:.:.:.:.:.::.:`¬´:.``.:./:.:.:.:.:.::! !| |: \         ! l   |」
雪華綺晶 「キレンジャイは決断を遅延させようという意図が3昼に見えたので
遺言指定先だった。
では、おつかれさま。
少人数村は即断即決。17ほど吊りはない。」
真紅 「         _
       _/::::::\__
      r':::::::::::::::::::::::::::::}__
     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
     `i__::::_:::;.-――- 、:::}::\__ /:ヽ
      / ,   ,、     ヾ::::::|;;;|::::::/     狂人のやれること、ねぇ
     / ./  /ハヽ  \ ヾ::|;;;|::::〈 __
      {  { _i_l_ ヾ__i|, ∨;;;|::::f   ヽ  占われるけど噛まれない
     !  ヽ         l  l;;;;;!::∧   i  がベストではあるけどねぇ
       }  ̄ ̄   ̄ ゚̄ ヽ/¨`ヾ;;;;li   !
        /             }.}_薔ソ!;;;;!l   ', うーん 初手●の時点で仕事探すのきびし。
       >、f´ ̄ ̄ ̄`ヽ //:::ヽ `ー!!    ',はろーわーくはろーわーく。
      /::::::\ ̄ ̄ l_j ´∠'::::::::::ハ.  レ!   .ム
  __〈::::::::::::::: ̄7'⌒ヽ::::::::\_:::ハ  l    .ト、___
      ヽ:::::::::,r<::::¨¨´::::::::::::::::/:::ハ  l     >
       ` ( __ヽ:-:ヽ__>―^ー‐       \」
キレンジャイ 「「占いCO! 水銀燈○!」
「水銀燈いねーよwww」
「騙り乙wwww」

――一方、その頃

村を遠く離れた都会の片隅で

ひそかに水銀燈が呪殺されていたことを知るものは

いない


             ,,.::'" "''::;;;:::''''"'''";;:"∩ *;;:"
               , -‐-、  +   ノ::::|7
              >/   8<. ,ィY:::::/
       ,,,,-‐'''''‐-、_/    ヽ_,,-‐'''''‐-、
      シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ il ,i、  ィヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
      シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_/ ,' /ハヽ 、 ',、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
     .〃ミ-‐'''''"´/{,,ソ,'丿iヽ\ヽ,j:j.`"`'''''‐-ミヾ
      _r=r‐tァくヽ:ヽ></:::/
    r‐' フXハ:::::::::::::|::::ヽ/:::i′
    ~´ゝ斗ム:::::_ノ ゝ:::::::::::::く_
             /:::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::/::::::::::|:::::::::::::\\
          /:::::::::/:::::::::::/\::::::::::::::\\
       /:::::::::イ::::::::::/廴,,入:::::::::::::::〉ム」
真紅 「   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′            マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                Ⅶ :: : :己
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|    l| ', Ⅵ : : :.__7
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| |l  i! | ! l|: : :_:∠,
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| |i  i! i | l}: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | _」L リ| ! | l|__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;从ノマヘⅣ    銀姉…
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l|;:;:;:::-'''"""""'''-:::;;;;;;l l| | |.|    ムチャシヤガッテ…>キレンジャイ
    | i  |   x≧|   |      _     イ .| | |.|
    | l. 八  《ミく   |ゝ、          .イ .|  l | |.|
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦三∧. ',.i| |.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧.ゝl.|」
キレンジャイ 「(´;ω;`)

お疲れ様だろ……水銀燈、無茶しやがって……」
「いつぞやの初日呪殺ブームですか>キレン」
キミドレンジャイ 「望、望」
「狼が狂人に●出したとき狂人が占い騙りに出るのってどうなんでしょう?」
キレンジャイ 「村の中で真紅を見かけたら狐と思え>望
水銀燈を見かけたら狐と思え
探偵村で真紅を見かけたら狼と思え

やる夫村4千年の教え」
真紅 「     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
    /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !                  |  ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:    じゃぁ私もこのあたりでお暇させてもらうわ!
.        |   ト、ト. __,、r' ,   `ヾ==≡| . |/j〈ィ'>》_ノ".!::l !   |:
      |    l l.|. ', ̄            l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l.|   |:     …お腹の調子少しまた悪くなってきたし。
       |   l l| |   r ' ´  ̄ ̄ヽ   | l| |/      ヽ:| |l    !     キョウハアッタカクシテネヨウ…
        |   ./ /| |\  ',       l   l l l l          |.!   |
.      |  / / | |_. >、ヽ、 _ _,ノ   l l .l l           |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:丶.、_  __,.、´::.:.,' .,'::| |          | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、        .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、        ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \      ! l   |
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |」
キミドレンジャイ 「やり始めたばかり見たいだから、今は良いけど
そのうちセオリーだけじゃなくて状況も見る事を覚えたら楽しくなるわよ」
キレンジャイ 「狂人視点、とっても楽しいな>望
霊能COはしない、吊られて結果を見られると破綻するから」
キミドレンジャイ 「気になったのがこれなんだけど
◇望(49) 「狼2じゃし真狂を強く見るぞい」」
真紅 「んー 12人じゃなかった気がしたけど参考ログがあるような>狂●投げられたとき」
キミドレンジャイ 「占いの一人が、もう一人に●を打っている=●を打った占い視点真狼である」
キミドレンジャイ 「というのがあるので、真狂を強く見るという発言はこの村に置いては巫女真をあまり見ていないという事にも繋がって」
真紅 「ああ、これだこれ
ttp://alicegame.dip.jp/suisei/old_log.php?room_no=3656&add_role=on&heaven_talk=on&db_no=4」
「3日目○でるとおいしそうです。>キレン
寡黙吊りはまずかったです…>キミド」
真紅 「11人初日占い 初手狼占い単独COの時点で狼勝利濃厚ですけどね
このログ」
キミドレンジャイ 「結果浮く事になる場合もあるので」
キレンジャイ 「結果的に怪しまれる。多弁であっても、だな>占い2なら真狂」
キレンジャイ 「なお、初日占いは認められない模様>真紅
そんなの反則だろ……! 狼のボーナスゲームじゃないか……! やりなおしッ……!」
真紅 「このログの狂人は笑いが止まらなかった模様

もう私が狂のときは全部初日占いでいいんじゃないですかね。」
キレンジャイ 「12人村で占い師が2人、COしている
17人村で占い師が3人、COしている

前者は真狂が多く、後者なら真狂狼が多い
だけど今回のケースの場合、「占い師Aが占い師Bの結果を●」と宣言しているからな」
キミドレンジャイ 「初日に両方グレーに○とかだったら、別に真狂見ると言ってもそうかですむけど
少なくとも片方視点で真狼であるときに言うと良くない結果になるかもしれないよと」
「狂人特攻が怖いなーと思ってたんです。でもそうですね。>キミド」
キレンジャイ 「占い真狂のケースがありえるのは、占い師Bが真、かつ占い師Aが狂人で●を投げた場合のみ

占い師AとBの両方の真を追う連中からすれば、「占い真狂を強く見る」の「?」なわけだ」
キミドレンジャイ 「狂人特攻が怖いって感じたら狂人特攻が怖いってことも言うのよ」
キレンジャイ 「その時は、「占い師Bさんが真なら、狂人か狼の特攻もありえますね」だな>望
もっとも、その場合は言うまでもなく3日目の朝には占い師Bが死んでいると思っていいだろ」
キミドレンジャイ 「最初は思った事をそのまま言ってれば良いけど、慣れてきたら私の言った事も思い出してちょうだい」
真紅 「そういうときは

「●出し占いは真狂寄り。
真目には見るけど狂人特攻も一応警戒しておこうかな。」
くらい

…これでもちょっと怪しいわね んー。」
キレンジャイ 「その時、思ったことをその場で言えるのは村人の権利
なので「狂人特攻だったらヤだなー」と思ったら、その場で言ってしまえばいいのよ

結果的にあってたら翌日はドヤ顔をしつつ、占い師が噛まれたことを悲しむといいだろ」
真紅 「ああ、そっちの言い方の方がいいわね>キレンジャイ」
キレンジャイ 「あ、「誤解されない」ことが前提だな
発言の意図はちゃんと伝わるようにするとモアベター」
真紅 「言葉足らずで勘違い、よくあるわよねぇ
なるべくそれを減らしましょう という話ね」
「了解です。まだ闇雲にプレイしているだけなんで気づかないミスがあるんですね…」
キレンジャイ 「・おはようございます
・占い2COですね
・占い師の1人に●ですね
・狂人特攻とかだったらヤバイですね
・真紅さんが霊能者だなんて……信じられない!
・こんなんじゃ俺、この村を守りたくなくなっちまうよ……

正直な村人の発言例」
真紅 「…霧が深くなりそうな村人ねそれ…」
真紅 「よし、じゃぁ私は今度こそお疲れ様させてもらうわね
お疲れ様ー」
キレンジャイ 「開始前でも村の中でも霊界でも終了後でもとにかく発言してみるといいだろ

発言をする→誰かの発言を見る→発言をする
これを繰り返していると状況の確認も発言の練習もできるもの
発言が重要なゲームなので発言の練習大事」
「真狂ー狼ルートっぽい?でも真紅さん狼見するのは狂人扱いされそう」
キレンジャイ 「うん、なので霊能をもしも疑う気持ちがなければ「霊能は真目ですね」もしくは「霊能真やな。間違いない」と言い切っちゃってOKだろ>望

少しでも疑う気持ちがあるなら、その理由も添えて言うとモアベター」
「次こそはがんばります。目指せ最終日生存村人!
というわけでオサラバです
丁寧な説明ありがとうございました。>キレンさん」
キレンジャイ 「慣れないうちのミスなんて必要経費だろ、期待しているぜ>望
それじゃあお疲れさんだ」