←戻る
【紅2137】やる夫たちの普通村 [3899番地]
~充電されてると思ったらされてなかったとき~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon ヒュウガGM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 本多・正純
 (かな◆
X7kkkkkkkk)
[妖狐]
(死亡)
icon 守屋ひより
 (hiyowa◆
FKHzEy7fJRwF)
[狩人]
(死亡)
icon やらない夫
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[人狼]
(死亡)
icon 沢嶋雄一
 (ジョー@職場)
[村人]
(死亡)
icon 黒服
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[共有者]
(死亡)
icon カイジ
 (千風(仮)◆
AUfwXHRykU)
[人狼]
(死亡)
icon キラーマジンガ
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[共有者]
(生存中)
icon 西行寺幽々子
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[村人]
(生存中)
icon シャア
 (こんぶ◆
PZKPFW4ais)
[村人]
(死亡)
icon デモニカ
 (バッパラ◆
enBbjKggDI)
[狂人]
(死亡)
icon おにぎり
 (とうもろこし◆
CLYOevh5CE)
[占い師]
(死亡)
icon られっか代
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[村人]
(生存中)
icon 一条
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[人狼]
(死亡)
icon 絹旗最愛
 (12346◆
with5qq2Qg)
[霊能者]
(死亡)
icon やらない子
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[村人]
(死亡)
icon 月詠小萌
 (wWw)
[村人]
(死亡)
村作成:2014/01/13 (Mon) 23:08:03
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ヒュウガGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8413 (大戦艦ヒュウガ)」
ヒュウガGM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り、早噛み
初日の噛みは超過1分くらいまでは自重(初日メタ防止用)
 その後は詰みっぽいとこまでは超過時間まで待っていただけると。
 昼間のAA使用は3回まで許可します。ただしCOとの併用は禁止です。
 初日夜以降の狐遺言は禁止でお願いします。
 あとは、ヒートアップしすぎてのケンカとかはしないでくださいな
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 基本点呼は取るつもりなので点呼予定時刻には反応できるような状態でいてくれると嬉しいです。
 なお、GMは鴨かもです。
 昼・夜の超過延長は1シフトにつき1回まで行います。
 ただし過信しすぎないように早め早めの投票をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。
【3行まとめ】
・基本的に早噛み禁止
・昼AA3回使用許可
・初日は超過1分まで噛み自重/初日以外の狐遺言禁止」
ヒュウガGM 「イオナ姉様の頼みならば仕方ないわね!

ということで普通村建てたわ。23:35頃点呼させてもらうわね」
ヒュウガGM 「しかしこう
ずいぶんと気温が低いわね そんな今日このごろ。」
ヒュウガGM 「ああ!それにしても放置プレイとはまたイオナ姉様の愛を感じますわ!
あ、でもイオナ姉様以外は普通に入ってきて構わないのよ」
本多・正純 が村の集会場にやってきました
本多・正純 「よろしく頼む」
ヒュウガGM 「はい いらっしゃい
まぁ適当に過ごしててちょうだいな」
守屋ひより が村の集会場にやってきました
kari123 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ
久しぶりの参戦やで」
kari123 「よろしく」
ヒュウガGM 「ああ、暇ならイオナ姉様の武勇伝でも語ってあげましょうか

…と思ったけどどう考えても35分までに終わらない
ああさすがイオナ姉様 武勇伝がおありすぎますぅ!」
kkk が村の集会場にやってきました
ヒュウガGM 「後からきた二人もいらっしゃい。
ゆっくりしていきなさいな」
守屋ひより 「こんばんわ」
ヒュウガGM 「3人になった
…どうしてこう人狼ジャンキーって湧いて出てくるのかしら」
kkk 「こんばんわ」
kkk 「ひさしぶり(中1日)とかでしょう」
ヒュウガGM 「10人以下なら私も参戦させてもらうつもりなのだけど
そういうの嫌な人はいるかしら?」
守屋ひより 「なぜバレたしw」
守屋ひより 「んー、私は全然問題ないと思う」
kkk 「たぶん埋まる」
kari123 「別段気にせんから問題ないよ>GM」
ヒュウガGM 「人間は私たち「霧」の予想演算を超えてくる結果を残す
…今回もそういうことかしら?>たぶん埋まる」
ヒュウガGM 「…ま、嫌な人がいるならいつでもいってちょうだい
イオナ姉様のご命令の次くらいの優先度にはしといてあげるわ」
kari123 「kari123 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari123 → やらない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2458 (やらない夫02)」
ヒュウガGM 「ふむ」
かりい が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
かりい 「ばんわー」
ヒュウガGM 「これで6人、と
お姉様のクルーの人数とかんがえるならそりゃこれだけあれば大丈夫
という感じなのだけど
普通村となるともう少し必要ね」
かりい 「年明けってのはどうにも調子が悪い」
カイジ が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
ヒュウガGM 「始動の開始というものはそういうものよ
モノも、ヒトも、ね>かりい」
カイジ 「人が足りねぇみたいだな……来たぜ……」
ヒュウガGM 「いらっしゃい
歓迎するわ」
かりい 「ざわざわしてきたな」
かりい 「誰だ藤原竜也作った奴」
ヒュウガGM 「心なしかフォントが変わってきた気さえするわね
これが人間 これが勝負師。

実に興味深いわね」
キラーマジンガ が村の集会場にやってきました
キラーマジンガ 「よろしく頼む」
カイジ 「ここでカイジ痛恨のミス・・・・・・!!
ズザーのつもりが10分前に到着・・・・・・!!」
西行寺幽々子 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
西行寺幽々子 「こんばんは。」
ヒュウガGM 「……ああ イオナ姉様、モニターの前で待機されずとも
このヒュウガ、いつまでも貴方をお待ちしております

ですので、いつ入って頂いても結構なんですよ!」
かりい 「何故わざわざズサを狙うのか」
やらない夫 「平和ボケしすぎだろ。もっかい地下いくか?うん?>カイジ」
ヒュウガGM 「狙うというよりも少人数なら参加ということではないかしら」
k.a.r.i. が村の集会場にやってきました
デモニカ が村の集会場にやってきました
おにぎり が村の集会場にやってきました
k.a.r.i. 「へいほー」
デモニカ 「よろしくお願いします」
られっか代 が村の集会場にやってきました
られっか代 「よろしくーっす」
守屋ひより 「こんばんわ」
かりい 「こいつ帝愛の職員だわ>やらない夫」
おにぎり 「おじゃまーこんばんは」
一条 が村の集会場にやってきました
ヒュウガGM 「これだけ来るなら私は降りる必要はなさそうね
むしろやりたかったけど」
守屋ひより 「こんばんわ」
一条 「いらっしゃいませ
当村は誰でもウェルカム!」
かりかりか が村の集会場にやってきました
デモニカ 「帝愛の職員が着ましたな」
やらない子 が村の集会場にやってきました
月詠小萌 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
月詠小萌 「よろしくおねがいしますよー」
やらない子 「ズサーってのはこうやるのよ」
カイジ 「一条・・・・・・!?なぜここに・・・・・・!?

あ、最近地下から戻ったらしいなお前。」
守屋ひより 「揃ったね
仮系統の人たちは変更よろ」
k.a.r.i. 「うえーい、アイコン登録してる暇がぬえ!」
かりい 「かりい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりい → 黒服
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3913 (黒服)」
おにぎり 「おお埋まった」
k.a.r.i. 「k.a.r.i. さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:k.a.r.i. → シャア
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1141 (シャア・アズナブル)」
かりかりか 「かりかりか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりか → 絹旗最愛
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 2308 (絹旗最愛)」
ヒュウガGM 「狐遺言は初日以外禁止
基本的に早噛み禁止(GMに許可を求めてGMが許可すればその限りではない)
AAは昼3回まで」
絹旗最愛 「超よろしくですよ」
kkk 「kkk さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kkk → 沢嶋雄一
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 8441 (要潤)」
黒服 「 ..   _________________
..    \                        \
.     \             一へ         .|
      \/\      ,─  ̄  :::::\       .|
.         /   \_ -‐ ̄        :::::::::\     |
..     /                _ ─‐:::::::::\   .|
..    /─_           ─    :::::::::/     |
.    |    ‐    -‐ ̄     ::::::/       |
    ┏━━━━━━━━━━━┳━ /⌒i   |
    |llllllllli:::  |━━|llllllllllllli::    |:::::| :|⌒l |   . |
     |lllllllii:::  /,::::::: |llllllllllllllii:::  ノ:::::| :|⌒|:|   .|   これはもうやるしかないと思いました
      \lllliii::/,::::::::::: \llllllllllllii:::ノ::::::::|::|⌒|:|    |
        |. ̄/,:::::::::::::    ̄ ̄ ̄::::::::::::|:| ノ丿   .|
.       | /,::::::::::::_::)      :::::::::::/l :<´   .|
       (::: '______  :::::::::::/: :\     |\
       | \        ) :::::::::/::  :\    |:::::\
        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::::::/::    \   |::::::::::\
        |    __    :::::/::     \ |:::::::::::::::\
       /|    ::::::::    ::::/::      ::\|::::::::::::::::::::\
     /:::::::::|         ::/::        /|::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::l______/:::       /  |:::::::::::::::::::
 /:::::::::::::::::::::::::| \:::::::::::      /   |:::::::::::::::::
沢嶋雄一 「えー」
月詠小萌 「先生が真のズザー勢だというのは世界の理なのですよ」
キラーマジンガ 「鍋が終わった模様」
おにぎり 「     /■\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ( ´∀`)    < さあ、おれのかおを食えよ
    /     ̄ ̄|   \
  /  |     |_」     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |__|    |
     |_____|
      (_)(_) 」
シャア 「(ざわ・・・・)
……なんだこの感覚は?ニュータイプが居るのか?」
カイジ 「なんだこの村はっ……!?
まともな奴が女しかいない……!!」
沢嶋雄一 「どうやら侵入に成功したみたいですね。」
本多・正純 「よーしそれじゃ始めるぞー」
沢嶋雄一 「この村の人々にとって私は時空を超えた存在となります。えー、彼らにとって私は宇宙人のような存在です。」
デモニカ 「俺も人間だぞ
こいつはパワードスーツだ>>カイジ」
ヒュウガGM 「イオナ姉様がいないのは非常に

ひっじょおおおおおに残念なのだけど!(血涙

正純は全員の投票終了見計らってカウントダウンよろしく。」
キラーマジンガ 「生物ですら無いのが居るんだが」
沢嶋雄一 「えー、彼らに接触するには細心の注意が必要です。私自身の介在によって、この歴史が変わることがありうるからです。」
黒服 「       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : : : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
/ ;;;i      ヽ    ヽ ~'''''イ    おいお前・・・っ!>シャア
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /      何をやっている・・・っ!
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /       勝手に制服を赤く改造するんじゃない・・・っ!
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、
本多・正純 「犯罪者や法スレスレのことをしているヤツらが多いので五時間ほど説教しようと思ったが」
一条 「さてカイジ、覚悟はできてるか?
負けたら地下労働1050年だ」
沢嶋雄一 「えー、彼らに取材を許してもらうためには特殊な交渉術を用います。それは極秘事項となっており、お見せすることはできませんが、今回も無事、密着取材することに成功しました。」
おにぎり 「つ鏡>マジンガー」
ヒュウガGM 「そんなユニットあったかしら…>ニュータイプ」
本多・正純 「まあめんどいのでこれにて省略!!
いざ開始!!」
やらない子 「月刊ニュータイプってまだ発刊してるのかしら」
シャア 「馬鹿な・・・っ
軍機違反・・・っ!?
この私が・・・!?」
月詠小萌 「悪い子ちゃんは先生許しませんからねー」
守屋ひより 「あんたもな>マジンガ」
デモニカ 「魔術生物だから問題ないだろう>>キラーマジンガ」
ゲーム開始:2014/01/13 (Mon) 23:35:29
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
本多・正純(妖狐) 「あー」
キラーマジンガ(共有者) 「oh」
沢嶋雄一の独り言 「えー、それでは、コードレッド
ナンバー2137、開始します。」
カイジ(人狼) 「……おう。」
黒服(共有者) 「ファ!?」
本多・正純(妖狐) 「新年になってから狐しか引いてないんだけど」
月詠小萌の独り言 「安心安定の村人なのですよー」
本多・正純(妖狐) 「お前、しかもさー」
一条(人狼) 「ざわ・・・ざわ・・・」
やらない子の独り言 「すむらっ」
沢嶋雄一の独り言 「と、すでによるでしたか。」
西行寺幽々子の独り言 「二連続村人って奇跡か何かじゃないかしら。」
デモニカの独り言 「ちょwww
また狂人wwww」
月詠小萌の独り言 「ということでヒュウガちゃんは村立てありがとうなのですよ」
やらない夫(人狼) 「んーよろしくだろ」
カイジ(人狼) 「なんだこの男臭さ・・・・・・!?」
絹旗最愛の独り言 「えーw一番暇なものをw

 」
黒服(共有者) 「いやだあああああ!死にたくなああああああい!死にたくなああああああい!」
シャアの独り言 「GM村建てありがとう。
WoTで衝角戦術研究してて、ふと見たら村があったのだ」
守屋ひよりの独り言 「               _,..-‐::─::─::─::‐-:.、_
           ,.ィ´:.:.:.:.:.:.iヘ:.::.:.:;ィ:i:.::.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /...:.:;':.:.:.:;|:.:|゛`゛"´"|:.:|:::.:.:.::i:.:.:.:.:\
        ,ィ´:: : : :.|:/.:/|:.:|     |:.:||:::.:..::|::..:.:.:.....ハ
       //:.:::i:.:.:.:.:|'::/ |::|     |:.:||V: : :|: : : : ::.:.:}
       /:.::::::|.:.:.:.:.|:.:|  |::|     |::| |∨::||:.:.:.....i.:.:.:|
        /:.::::::::|.:.:.:.:.|:.:|‐-ヽ|-'   ーj/-|‐∨|:.:.:.:.:.|:.:.:.|
     /:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
     |://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|
       / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|
          |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|
         |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|
         |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|
         |/|:レ|:.:.|:::;r-‐'´ {‐'  `;} `ー-:|:.:.:::|::::|j
          |:::::ヽ:|/ヽ、   |___/   //:.:.:/、:::λ
          |::::::::;/   \  |  / / /:;/ ハ:::∧
          |:::;ノ"  `/  ヽ、|_//   '"、i    }:::::ハ
          〈´   .::::/  / ゛ \     |   `〉::::::}

なんか最近狩人多いッスねぇ」
やらない子の独り言 「探偵村で頭を使いすぎたので、ここいらで自由にのびのびと素村を堪能させてもらうだろ」
キラーマジンガ(共有者) 「初心者なんだ よろしく頼む」
「◆ヒュウガGM GMは前日テンプレ参照
じゃぁ 皆頑張りなさいな
イオナ姉様のために!(←ここ重要)」
絹旗最愛の独り言 「しかしまあいいか」
一条(人狼) 「黒服が占い師なら即座にLW」
守屋ひよりの独り言 「村建て感謝>GM」
本多・正純(妖狐) 「こんな成人式明けの浮かれた脳味噌で狐で戦えると思ってんの?
戦えへんなあ!!!!」
月詠小萌の独り言 「先生は急いで遺言のAAを探してくるとしますね」
キラーマジンガ(共有者) 「2連続共有とかマジ勘弁」
やらない子の独り言 「ナーに、難しいことじゃない

1.占われず
2.吊られず
3.3日以内に噛まれればいい」
絹旗最愛の独り言 「潜伏霊能してもいいけどー」
黒服(共有者) 「なん・・・だと・・・っ!」
やらない夫(人狼) 「騙りとかどうすっかねぇ」
一条(人狼) 「ところがどっこい、これが現実・・・現実なのです!」
やらない夫(人狼) 「男女比どうしようもねーしなぁ」
守屋ひよりの独り言 「良いんじゃね?
経験積める訳で」
月詠小萌の独り言 「潜水艦ちゃんは出荷されちゃいましたよー」
おにぎり は デモニカ を占います
黒服(共有者) 「灰視・・・っ!
灰視は出来るか・・・っ!」
本多・正純(妖狐) 「ちっくしょ、政治家の実力マジなめんな。見とけよ畜生。PHPは本当に地獄が大好きだなテメー」
一条(人狼) 「俺が騙るならカイジ○しかないな・・・」
やらない子の独り言 「1.真占い師の邪魔をしない
2.自分が吊られる=人外が吊れない
3.役職の盾になる

今回のノルマはこれにするだろ」
やらない夫(人狼) 「まぁそりゃそうだ」
カイジ(人狼) 「……俺がいきなり一条囲うか?」
西行寺幽々子の独り言 「村建てありがとね。>ヒュウガGM
……読んでないとかそういうのは気にしたら負けよ。」
一条(人狼) 「黒服○で即噛みいくか?」
キラーマジンガ(共有者) 「まあ一応は グレランなったら出る方針」
カイジ(人狼) 「同じ思考・・・・・・!!」
黒服(共有者) 「進行は俺が取る・・・っ!
俺が死んだ後は・・・っ!
自分の考えを通せ・・・っ!」
やらない夫(人狼) 「いくならどうぞどうぞだし、いかねーなら行く感じ」
一条(人狼) 「まぁ俺が騙りに出るとするよ」
キラーマジンガ(共有者) 「わかった 機械に考えとかあるのかは知らんが」
黒服(共有者) 「馬鹿・・・っ!
FOだ・・・っ!」
守屋ひよりの独り言 「                  _
            ,. ‐ ''"´:::::::::::: ̄` ' ‐ 、
       ,. -‐/:::::::::i^ヽ、:::::::::::,. 1:::::::::::::::丶
     /   /::::::::::|:::|-ー-ー-‐ーー|:::::|::::::::::::::::ヽ
       , '::::::,::::::::::l:::|        |:::::l::::::::l:::::::::::ヽ
        /:::::::::|::::::::::,!::|         |::::ハ::::::::!::::::::l::::i
      /:::::/:::::!::::::::ハ:!          !:/ ,i::::::|:::::::::l::::l
      , ':::::/::::::::!:::::,'丶リ、    、  ,l/,/ i:::::!:::::::::|::::|
   /::/オ::::::::|:::::l ,. ,=、`     `^,=、 、 !:::l::::::::::|::::|
  ー´‐'" /'|:::!:::::!::::!/ ハ_ノi      l、__ハヽ!:/::::::::::|::::|
     / ヽ|::::::!:::|{. N::::l.| 、  , N:::::} ! }イ:::::::::::;!::::!
          |:::::::ヽ! 弋z.ソ ,}⌒{ 弋.z,ソ , |:::::::::/!::::l
         |::::i::::::ト 、_ ノ   ヽ、 __,ノ !::::::/.'.i::/
         |:::ハ:::::ゝ,、  r ' ´ ̄ `i   ,. イ::::/::::::リ
.           |::| ヽ::::::!/ ` ー ̄,二 ̄‐'7". . .|::,ヘ:::::::|
        ヽ! ハ::::!、 . . . . ├―‐-/ . . . .l/ , ヘ::::l
            !::ヾ、|、ヽ . . . .|   ,/ . . . . // 〉::l
             !:::::|ヽ \\. . !  ,/. . . .// / i::::l

今回はちゃんと吊り逃れすること いいッスね?
それから序盤での遺言COも避けたほうがいいと思うッス」
やらない子の独り言 「2は明らかに狩人の生存が見えたら妥協するけど」
一条(人狼) 「黒服○ 130で銃殺あったらすまん・・・」
守屋ひよりの独り言 「ういー>ひよりん」
やらない夫(人狼) 「●投げられたらまぁなんかCCO」
キラーマジンガ(共有者) 「おk FOな」
カイジ(人狼) 「一条・・・・・・お前が好きな時間に噛め・・・・・・!!
それが開始の合図…・・!!」
黒服(共有者) 「初心者が・・・下手な進行考えてもろくなことにはならない・・っ!」
「◆ヒュウガGM 出荷!?>該当者
…イオナ姉様が箱詰め…!

…10億で買ったわ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆ヒュウガGM テンプレに関しては基本的には当たり障りないことしか書いてない

AAは昼3回
狐遺言は初日のみ

…あんどそーおん。」
一条 は ヒュウガGM に狙いをつけました
ヒュウガGM は無残な姿で発見されました
(ヒュウガGM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヒュウガGMさんの遺言                    ___
                 ´:.ィ:.:.:.:.:.:.:.\
                 /:.:/ |l:.:.:.:.:〈マ:.:ヽ
              /:.:.:./一 ||:.ー:.:.|/:.:. ∧
                /:.〃⌒ヽ ||:.:.:l:.:.ハ:.:.:.:.:.∧
            ':.:.{ l 廿 }  廿  |:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.乂__ノ 、    |:.:.:.:.:.:.:.:
              /:.:.:.:.|込.    ト     ィ|:.:.:.:.:.:.:.:     これだけの人数が来てくれるのなら
           ′:.:.:⌒父ト └  イ刈:.:.:.:.:.:.:.:.
          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)ヽ:_:l:_:l〃⌒:.:.:.:(:.:.:.:.:    イオナ姉様もさぞお喜びでしょうね!
          |:.:.:(:.:.:.:.:イ:.:.:.:): : 人:_:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           乂:.:.:.:.:.:.:.:.:./l: : {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ    まぁ、じゃぁ見せてみなさい
           / ¬==彡 : ∨/\:.:.:.:.:.:.:/       人類の可能性とやらを。
             {   У|: : : : 「|: : : :「 ̄/
              \,/| |: : : : |」: : : :| ,ハ
            │ ∨: : : : : : : : : | /'¨└:彳       …ああイオナ姉様!私も今そちらへ参りますわ!
            |  |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_|ハ    |
            |  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| 廴 _.ノ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
デモニカ 「占い師CO
おにぎり○」
シャア 「見せてもらおうか、連邦軍の占い師の性能とやらを!」
西行寺幽々子 「じゅるり。>おにぎり」
沢嶋雄一 「えー、この世界では人狼という遊技が行われています。
詳細は後に述べますが、狼や村人が狐を執拗なまでに迫害し続けるのが特徴とのことです。」
やらない子 「パース>兄さん

っ            ≡おにぎり」
絹旗最愛 「超おはよーですよ」
一条 「占いCO
黒服○」
おにぎり 「おはよう 占いCO! デモニカ○!」
守屋ひより 「おはさむよう」
黒服 「それでは占いはCOしてくれ」
カイジ 「おはようだ。
このきな臭い村を生き残る……!!
村人全員で……!!」
本多・正純 「まあアレだ。なんかお前ら、いいから私に楽させろ」
られっか代 「おはよーっす」
キラーマジンガ 「おはよう」
一条 「まずはカイジを・・・といきたいところだが
身内に裏切り者が居たらどうしようもないからな
先に黒服を占って確認してからカイジを仕留めるとしよう
この勝負、地下労働1050年がかかっているからな」
沢嶋雄一 「と、会話ができない時間帯がありましたね。」
やらない夫 「おはようだろ」
シャア 「速い!?
通常の3倍のスピードか!?>デモニカ」
本多・正純 「占い3つだぞ。霊能よろしく」
絹旗最愛 「様子見ということをしっておいたほうがいい霊能CO」
月詠小萌 「みなさーん、おはようございます
今日も一日元気にお勉強しましょうねー」
られっか代 「おにぎり狂人じゃないっすかね」
黒服 「早いなお前>デモニカ」
ヒュウガGM 「あら相互○
一条はちょっと不利ね」
キラーマジンガ 「占い3か 真狂狼かな」
西行寺幽々子 「生憎と私人類じゃありませんの。
奇妙な一致を見せたそこの食糧同様に。」
やらない子 「仲がいいわね……w>デモニカさん&おにぎりさん
相互○じゃない」
おにぎり 「理由:
とりあえず左。あと口がないから」
シャア 「ほう、これは>デモニカ-おにぎり」
守屋ひより 「いきなり相互占いかいw」
沢嶋雄一 「占い師と言われる存在が交互に○をだしているようです。
これはまさか・・・」
黒服 「共有CO」
絹旗最愛 「失礼超大文字にしそこねました
霊能COです」
られっか代 「まあ理由見てからって言うのはあるけどっす」
月詠小萌 「占い師ちゃんは3人ですねー
ほかにCOする生徒はいますかー?」
デモニカ 「待機時間というものですな」
やらない夫 「すげーなこれ。一条両者狼主張されてんなぁ」
やらない子 「すみません、うちの兄が寝坊しまして」
おにぎり 「占い同士の○w」
シャア 「一条即吊りでも面白いのではないか?」
ヒュウガGM 「ああ、ただ共有占いなのはアドかしら

しかし灰がだだっぴろい初日ね」
月詠小萌 「霊能と共有1も出てきましたね
もういませんか?」
やらない夫 「んで共有と霊能もサクサク出てんのな」
一条 「これは・・・対抗2人が既に破綻しているようだな、面白い」
デモニカ 「コレで一条が狼になったわけだな」
本多・正純 「デモニカの判断が面倒という言葉の行ったく+一条が無駄占いなんで、
総合計的に占い一人吊るのは面倒だから冷静に行こうか」
黒服 「◇絹旗最愛 「様子見ということをしっておいたほうがいい霊能CO」

大声を出せ・・・っ!」
絹旗最愛 「むしろ真狼狼での相互もあるでしょうし
狐混じりとかもありますから即吊りするならロラですよ」
カイジ 「白進行・・・・・・!!
共有もでるか・・・・・・って黒服・・・・・・!?
一条・・・・・・無駄占い・・・・・・!!」
守屋ひより 「そして残り一人が共有占いとかもうね…」
キラーマジンガ 「あっと共有COだ 相方は黒服」
デモニカ 「共有潜伏?」
本多・正純 「絹旗凄いな。愛してるぞ」
西行寺幽々子 「○が一つもないじゃないと言っておくだけ言ってみましょう。」
やらない子 「一条さんが真のケースは、3分の1で結局同じよね
確率的に考えて

発言と占い先、それから投票も見て行きましょう」
月詠小萌 「占い同士で赤い糸で結ばれているのですよー」
沢嶋雄一 「共有者の相互○・・・かと思いましたが違うようです。
狼の相互○の可能性もありますが、にしてはデモニカさんがつたない様子です。」
おにぎり 「共有指示よろ」
守屋ひより 「情報が…少ないです…」
カイジ 「共有FOか・・・・・・ならグレラン・・・・・・!!
それしかない……!!」
黒服 「相方・・・っ!
引きずり出す・・・っ!キラーマジンガだ・・っ!」
シャア 「ふむ、霊能は出てしまったか。
伏せて一条吊り、というのはそれなりに面白い手ではあったのだが
出てしまっては狩人に負担がかかるだけだな」
本多・正純 「黒服とキラーマジンガが共有だな。わかった。
じゃあお前らグレランの時間だな。頑張れ。応援している」
デモニカ 「グレランしかあるまいな」
られっか代 「おにぎりの理由は速攻ででっち上げたと言っても納得できるんで,
デモニカに○貰ったのを見て○被せてみましたって言う感じの狂人あるんじゃないっすかね
対抗に○って3COだったら、ニブイチで狂アピできるっす
沢嶋雄一 「これはいわゆる3-1-2、という形でよろしいのでしょうか?」
月詠小萌 「フルオープンみたいですね
先生安心です」
守屋ひより 「というかグレラン以外の選択肢あるかなこれ?」
やらない子 「あれ、本多さんって絹旗さんのお知り合いだっけ……?
……ま、いいか」
一条 「どっちも黒い姿じゃないか・・・
黒服より先にカイジが正解だったか」
西行寺幽々子 「空気が一条を吊らない感じよね。」
黒服 「本日はグレラン・・・っ!
圧倒的グレラン・・・っ!」
やらない夫 「たまーに、極たまーに相互○出して真噛もうぜってのはあるわけだが
大抵4COになったりするんで、どうなんだろうな。
あんま見ない感じ」
守屋ひより 「まあ一般的な3-1-2の○進行だねぇ」
られっか代 「逆に狼だったら、対抗に○は見てから変えた方が良いんで薄いかなくらい」
本多・正純 「>やならい子
世の中には一目ぼれがあってつまりなんか好みだからキスしたいマジで的な純情」
沢嶋雄一 「いえ、相互○はかなり大きな情報です。
もちろん狼にとってはそれ以上の情報になり得ますが>ひよりさん。」
キラーマジンガ 「まあグレランだわな」
月詠小萌 「共有と占いしか占われてませんしねー
グレランしかないんじゃないでしょうか?」
やらない子 「一条さんの○が共有者だしね>幽々子さん
○が灰でも、結局今日は吊らないと思う

霊能結果を見る、ってことは残る占い師が噛まれる可能性も高くなるわけだし」
ヒュウガGM 「はっはっは>やらない夫

…前やったわねそれ
そして4COになった」
デモニカ 「一条つらないんか
まぁ飼い狼にする手もあるな」
シャア 「◇黒服 「本日はグレラン・・・っ!
圧倒的グレラン・・・っ!」
……不本意ながら、確かに"圧倒的"なグレランの空気ではあるな」
黒服 「           ────-,
          | /ヽ_ノく
          | ]ヽ   /|
          |6=■=■
          |/ |  └┘|__    えーこの村の処刑法として・・・っ!
      __/ヽ |_ ̄ j::::::::::|\    こちら・・・焼き土下座を用意しております・・・っ!
    /⌒丶::::::::::::::::|  .x ̄|:::::::::::|::::::\   頑張って生き残ってください・・・っ!
    |::::::::::|::::::::::::::::::|/只 |::::::::::::|:::::::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::::|   |::::::::::::|\::::::::::::)
    |::::::::::|::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::| /::::::::::/
    |::::::::::\::::::::::::::::::::V:::::::::::::::|/::::::::/
    ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/
    === ( ⌒j===========(⌒ )====
      |\\:::::::::::::::::::::::::::::::::|^^^\\
      -::::\\ 二二二二二二二 \\
       |:::::::\\:::::::::::::::::::|      > >
       |::::::::::::ヽ  ────┐__| |
        |::::::::::::::ヽ────┐ |__| |     ) ジジジ・・・
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |    | |    (
      |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄\
ジュワ・・・|  \=========( =================( ========= \
      |   \======= )============================= \
      |     \==== ( =============================== \
            ジュワ・・・
られっか代 「◇やらない夫 「たまーに、極たまーに相互○出して真噛もうぜってのはあるわけだが
大抵4COになったりするんで、どうなんだろうな。
あんま見ない感じ」

ほぼいみないっすねそれ」
西行寺幽々子 「優しい叔父様、私に焼き肉を奢ってくださらないかしら。」
カイジ 「占いが相互で○と共有占い・・・・・・!!
暫定白が共有と霊能のみ……・!!」
絹旗最愛 「今られっかがいったことがすごいあるから
形だけで占い切るのはないですねーそれするなら今日直感で
私がニセと思った占い指定しますけど 」
おにぎり 「グレランOK。狐炙りがんばるぞ」
本多・正純 「>>幽々子
一条吊って○だった場合の扱いが面倒だから」
沢嶋雄一 「ご覧ください。
人や人に似せた機械、はてまた食物もこの世界では会話を行います。
その物体に精神、いわば思考がそれぞれ宿っているようです。」
やらない夫 「それよりは真狂での相互○か狼狂での相互○が普通に考えられるってとこだけども」
守屋ひより 「まあそうなんだけどね
灰が広すぎるのがなんとも、さ」
一条 「この流れ・・・何かが起こる

   ざわ・・・
ざわ・・・」
月詠小萌 「今日のところは様子を見るほかなさそうなのですよー
明日以降の動きに注視しましょう」
やらない子 「一条さんが○のリスク、残る占い師が噛まれるリスク
両方を加味すると、よほど一条さんがミスでもやらかしていない限り今日吊るのは「お断りします」」
デモニカ 「…ソロモンリング装備しとこう」
西行寺幽々子 「ざわ……ざわ……。」
キラーマジンガ 「俺は原作でも普通に喋るがな>沢嶋雄一」
シャア 「そしてこれは逆に見ると
おにぎりとデモニカは「がっついて」いない。そういう風に取れるな」
やらない夫 「別にそれって気にするとこか?>ひより>灰が広い」
られっか代 「形的に一条さんは真狼になったというだけで、狼目が高くなる理由はほぼ存在しないっす」
本多・正純 「追い誰か沢嶋吊るせ。長文キャラが被ると面倒だ。
私のキャラが薄れる」
デモニカ 「人に似せて機会って何や?>>沢嶋雄一」
カイジ 「相互占いは真狂濃厚・・・・・・そうすると一条、圧倒的狼・・・・・・!!
そう考えるのが自然・・・・・・!!」
沢嶋雄一 「この黒服さんの魂が揺らめいているのを感じます。
どう演じていいのか分からないからとりあえずカイジさんのまねをしておこう、みたいな」
ヒュウガGM 「護衛ほぼ外れるから多少なりと意味あるのよねぇ
3COなら。あくまで3COなら。
そしてグレ狼強いこと条件だけど。>られっか代」
守屋ひより 「DQ6だねわかります>マジンガ」
月詠小萌 「うーん、やっぱり考えても何も判断材料が出てきませんねー」
黒服 「吊れるか・・・っ!一条様を・・・っ!
リスクが高すぎる・・・っ!吊れないそこだけは・・・っ!」
沢嶋雄一 「とりあえず5万円くれればいいと思います>黒服さん」
やらない子 「狼の2騙りでも困るなぁ、何が困るかって言うと色々と困るし
灰を削るのは保留じゃなくて前向きな妥協でしょ、削るわけだし」
シャア 「灰が広いのはいたしかたあるまい。
そこはニュータイプ的えんぴつ転がしで」
一条 「俺を吊って○の場合? 当然○が出るが初手から占いロラってことになるなwww」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
絹旗最愛 は シャア に処刑投票しました
られっか代 は やらない夫 に処刑投票しました
一条 は やらない子 に処刑投票しました
守屋ひより は カイジ に処刑投票しました
キラーマジンガ は 絹旗最愛 に処刑投票しました
西行寺幽々子 は られっか代 に処刑投票しました
沢嶋雄一 は 西行寺幽々子 に処刑投票しました
おにぎり は キラーマジンガ に処刑投票しました
「◆ヒュウガGM 超重力砲の斉射を浴びて凸死したくなかったら
夜戦突入してから一息つくことね。

…言葉的におかしいけどこれ。」
月詠小萌 は やらない子 に処刑投票しました
カイジ は 西行寺幽々子 に処刑投票しました
やらない夫 は 守屋ひより に処刑投票しました
デモニカ は 沢嶋雄一 に処刑投票しました
シャア は 月詠小萌 に処刑投票しました
本多・正純 は カイジ に処刑投票しました
やらない子 は 本多・正純 に処刑投票しました
黒服 は やらない夫 に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
絹旗最愛 は シャア に処刑投票しました
守屋ひより は カイジ に処刑投票しました
やらない夫 は 守屋ひより に処刑投票しました
西行寺幽々子 は られっか代 に処刑投票しました
デモニカ は 沢嶋雄一 に処刑投票しました
シャア は 月詠小萌 に処刑投票しました
本多・正純 は カイジ に処刑投票しました
られっか代 は やらない夫 に処刑投票しました
沢嶋雄一 は 西行寺幽々子 に処刑投票しました
一条 は やらない子 に処刑投票しました
「◆ヒュウガGM 再投票よ
凸死しようともナノマテリアルの補充なんてしてあげないんだから
せいぜい死なないようにしなさい」
黒服 は やらない夫 に処刑投票しました
おにぎり は カイジ に処刑投票しました
キラーマジンガ は 絹旗最愛 に処刑投票しました
カイジ は 西行寺幽々子 に処刑投票しました
やらない子 は 本多・正純 に処刑投票しました
月詠小萌 は やらない子 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
本多・正純1 票投票先 1 票 →カイジ
守屋ひより1 票投票先 1 票 →カイジ
やらない夫2 票投票先 1 票 →守屋ひより
沢嶋雄一1 票投票先 1 票 →西行寺幽々子
黒服0 票投票先 1 票 →やらない夫
カイジ2 票投票先 1 票 →西行寺幽々子
キラーマジンガ1 票投票先 1 票 →絹旗最愛
西行寺幽々子2 票投票先 1 票 →られっか代
シャア1 票投票先 1 票 →月詠小萌
デモニカ0 票投票先 1 票 →沢嶋雄一
おにぎり0 票投票先 1 票 →キラーマジンガ
られっか代1 票投票先 1 票 →やらない夫
一条0 票投票先 1 票 →やらない子
絹旗最愛1 票投票先 1 票 →シャア
やらない子2 票投票先 1 票 →本多・正純
月詠小萌1 票投票先 1 票 →やらない子
2 日目 (2 回目)
本多・正純1 票投票先 1 票 →カイジ
守屋ひより1 票投票先 1 票 →カイジ
やらない夫2 票投票先 1 票 →守屋ひより
沢嶋雄一1 票投票先 1 票 →西行寺幽々子
黒服0 票投票先 1 票 →やらない夫
カイジ3 票投票先 1 票 →西行寺幽々子
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →絹旗最愛
西行寺幽々子2 票投票先 1 票 →られっか代
シャア1 票投票先 1 票 →月詠小萌
デモニカ0 票投票先 1 票 →沢嶋雄一
おにぎり0 票投票先 1 票 →カイジ
られっか代1 票投票先 1 票 →やらない夫
一条0 票投票先 1 票 →やらない子
絹旗最愛1 票投票先 1 票 →シャア
やらない子2 票投票先 1 票 →本多・正純
月詠小萌1 票投票先 1 票 →やらない子
カイジ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆ヒュウガGM おーい」
本多・正純(妖狐) 「ひゃっふwwwwwww」
られっか代の独り言 「うん、ないっすわ」
本多・正純(妖狐) 「んでんでんでー!!!wwww」
られっか代の独り言 「おにぎりさん、そんな小細工する人に見えないっす
狼でも狂人でもさっさと夜に用意した結果だす人っす
真なら言わずもがなっす」
本多・正純(妖狐) 「にゃーんでwwww」
やらない夫(人狼) 「ひっじょうにめんどうくせぇ」
シャアの独り言 「ほぉ>おにぎり」
黒服(共有者) 「デモニカ一>条>おにぎり
こんな状況」
カイジ 「やっちまった・・・・・・!!」
本多・正純(妖狐) 「かまってかまってほしいのぉーwwwww」
西行寺幽々子の独り言 「あまりにもあっさり星屑になってしまったわ。」
やらない夫(人狼) 「投票よみ間違えてるし」
られっか代の独り言 「むしろ、キラーマシンがと愛さん入れ替わってんじゃないっすかね」
本多・正純(妖狐) 「いいこじゃないwwwときのわたしwwwww」
月詠小萌の独り言 「カイジちゃんはおしおきされちゃいましたね」
守屋ひよりの独り言 「おにぎりは何をやっているんだろう…」
キラーマジンガ(共有者) 「おにぎり 0 票 投票先 → キラーマジンガ
?」
「◆ヒュウガGM まったく イオナ姉様に無用な心配をさせないようにしなさいな…
次遅かったら名指しで言うわよ」
一条(人狼) 「真狂不明すぎて泣きそうだ」
やらない夫(人狼) 「どうすっかなぁ」
キラーマジンガ(共有者) 「まあ投票ミスだろうが」
デモニカの独り言 「一条噛み=仕事終了?
しかしおにぎり真もありうる」
やらない夫(人狼) 「ベグしかあんめーよ」
西行寺幽々子の独り言 「発言が伸びないから困っちゃうのよね。」
おにぎりの独り言 「あーまずったこりゃ疑われるな」
黒服(共有者) 「一条は状況的に狼の可能性が高い
が、偽なら一番に噛まれる位置と言える」
られっか代の独り言 「あ、ないか」
やらない子の独り言 「ヒュー。ギリギリセーフか
しかしおにぎりがカイジに票変え、ね……」
月詠小萌の独り言 「でも先生悪くないです
師匠が、師匠がやれって!」
られっか代の独り言 「引きずり出してるっすし」
一条(人狼) 「占い即噛みでいいか?」
やらない夫(人狼) 「霊能噛んでここから信頼なんぞ無理」
おにぎりの独り言 「初回なぜ共有さしたのか>よく読んでないせい」
守屋ひよりの独り言 「                  _
            ,. ‐ ''"´:::::::::::: ̄` ' ‐ 、
       ,. -‐/:::::::::i^ヽ、:::::::::::,. 1:::::::::::::::丶
     /   /::::::::::|:::|-ー-ー-‐ーー|:::::|::::::::::::::::ヽ
       , '::::::,::::::::::l:::|        |:::::l::::::::l:::::::::::ヽ
        /:::::::::|::::::::::,!::|         |::::ハ::::::::!::::::::l::::i
      /:::::/:::::!::::::::ハ:!          !:/ ,i::::::|:::::::::l::::l
      , ':::::/::::::::!:::::,'丶リ、    、  ,l/,/ i:::::!:::::::::|::::|
   /::/オ::::::::|:::::l ,. ,=、`     `^,=、 、 !:::l::::::::::|::::|
  ー´‐'" /'|:::!:::::!::::!/ ハ_ノi      l、__ハヽ!:/::::::::::|::::|
     / ヽ|::::::!:::|{. N::::l.| 、  , N:::::} ! }イ:::::::::::;!::::!
          |:::::::ヽ! 弋z.ソ ,}⌒{ 弋.z,ソ , |:::::::::/!::::l
         |::::i::::::ト 、_ ノ   ヽ、 __,ノ !::::::/.'.i::/
         |:::ハ:::::ゝ,、  r ' ´ ̄ `i   ,. イ::::/::::::リ
.           |::| ヽ::::::!/ ` ー ̄,二 ̄‐'7". . .|::,ヘ:::::::|
        ヽ! ハ::::!、 . . . . ├―‐-/ . . . .l/ , ヘ::::l
            !::ヾ、|、ヽ . . . .|   ,/ . . . . // 〉::l
             !:::::|ヽ \\. . !  ,/. . . .// / i::::l

マジンガの霊能投票も意味がわからないッス」
絹旗最愛の独り言 「ずいぶんばらけましたね。
いやいいですけど」
キラーマジンガ(共有者) 「明日噛まれたなら狂人として噛まれなければ狼でみると」
本多・正純(妖狐) 「化し間違えたじゃねえかくたばれふぁっく政治家(←私」
一条(人狼) 「おにぎりいっとくわ」
やらない夫(人狼) 「どっちもどっちで護衛微妙なんだよなぁ」
やらない夫(人狼) 「あいよ」
守屋ひより は 絹旗最愛 の護衛に付きました
黒服(共有者) 「おそらくそうだろうが・・・
明日必死扱いて弁明せんなら・・・狂アピということもありえる」
やらない夫(人狼) 「吠え稼ぎは」
一条(人狼) 「小萌とシャアの理由だけ作った」
本多・正純(妖狐) 「わぁたぁしぃわぁ!!」
やらない夫(人狼) 「適当にこっちでしとくわ」
本多・正純(妖狐) 「わぁたぁしぃのぉ!!!」
やらない夫(人狼) 「ういうい」
黒服(共有者) 「すまん間違えた真ならだ
一条真なら噛まれる」
やらない子の独り言 「幽々子投票者を見ておくか、もしもカイジが○なら」
やらない夫(人狼) 「まぁがんばろうや」
本多・正純(妖狐) 「のぉじゃなくてとぉですね。うるせえ今気付いたわクソが!!!」
おにぎり は やらない子 を占います
キラーマジンガ(共有者) 「あっそうなの」
カイジ 「とりあえずの狩人日記・・・・・・!!
だが適当・・・・・・!!投票中の空き時間に作った程度・・・・・・!!
あまりにも粗すぎる……!!」
黒服(共有者) 「一条真なら狼は真贋判明しているからな」
やらない夫(人狼) 「こっちもこっちでやべ0けど」
黒服(共有者) 「気楽に」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヒュウガGM 「うーん
最近初手霊能護衛が多いような気がする
狩人的には妥協の一手だと思うのだけど

まぁここ最近霊初手抜き流行ってたからこそ というのもあるのかしら」
ヒュウガGM 「どんまいどんまい>カイジ
なぁにまだ2Wもいるじゃないの」
ヒュウガGM 「ここで真占い抜けるなら十二分に勝機はあるわ」
カイジ 「狩人初手護衛は守りの一手・・・・・・!!
だが万能の一手では無い・・・・・・!!」
一条 は おにぎり に狙いをつけました
おにぎり は無残な姿で発見されました
(おにぎり は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
おにぎりさんの遺言
     /■\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ( ´∀`)    < 占いCO
    /     ̄ ̄|   \
  /  |     |_」     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |__|    |
     |_____|
      (_)(_)
2日め:デモニカ
理由:とりあえず左。あと口がないので
カイジさんの遺言    /:,ィ::::/:::/:::!:::/ / ,>:、ヽ::、 ヽ、:::::::::::::::l
.  // /::/:::::l:::/l:/、 ,.:'/。 ̄,``   !::r- 、::::::!
 /' ,'::/|::::/|,'>。y  ゙<ゝ-‐'´    |::| l }::::::l
   i'´ |:/ ヘ`/             |::| ノノ:::::::ヽ
      i'  ∠. _  -   _,..-、     |::レ'::::::::::!:::::\   狩人CO……!!圧倒的狩人CO……!!
         ヽ`rr'ニ´ー' ̄´ ヽ   !:|::::::::::::ト、:::::::ヽ、
          ヽヾ  __‐,'ニ、`〉  /'!::::::::::::| `ヽ-、_ヽ_
           ヘヽニ'-‐'―''´  / !::::::::::::|    ヽ. ヾ    ̄`
            ヽ -‐‐   /  l:::::::::::::l    ∨
             〉、   /   |:::::::::::::l      、
            ,/:::;ヘ / ,、    !::::::::::::j        ヽ
         ,.'´ !::::l:::::: ̄l/ iヽ  ,'::::;イ::/|       ヽ.
        /   /|:::::!:::::::/     /イ/ |/ !        l
       /    / l:::/!:::ハi     ノ'  '   !         !

カイジの圧倒的狩人日記

1日目 護衛不可
きたっ……狩人……!!
やる……全力でやるしかない……!!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
西行寺幽々子 「おはよう。」
デモニカ 「占い師CО
シャア○」
一条 「占いCO
黒服○>小萌○」
本多・正純 「よくわからんがカイジ吊れたし、
カイジ狼なら私非狼陣営確定でいいんじゃないだろーかさすが私」
西行寺幽々子 「凄いわ、占い師候補と黒服以外全員が投票されてるじゃない。
おにぎりが投票変更してカイジが星屑になったんだけど、どうなのかしら。」
られっか代 「占い全員よくわかんねーっす。はははー
そして嫌なもんがみえるっす」
やらない子 「カイジさんに集まるかな、と思ったけど2票はちょっと意外

そこが狼なら
→当然、庇いに行くために票を集める。昨日の灰を見る限り、幽々子さんorひよりさん

狼じゃないのなら
→狼占い師が投票しないだけのグレラン力が残りの2匹にある、ということ


デモニカ 0 票 投票先 → 沢嶋雄一
一条 0 票 投票先 → やらない子
おにぎり 0 票 投票先 → キラーマジンガ

ちなみにこれが1回目の占い師の投票先ね
……嫌な予感、当たったかも」
シャア 「おはよう」
沢嶋雄一 「投票について説明していませんでした。
この世界では、表面上、狼を排除する動きがあります。
その狼を数の力で追い出す、それが昼の投票という者です。」
絹旗最愛 「●」
守屋ひより 「おはよう」
デモニカ 「占い師CО
シャア○」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!」
一条 「>月詠小萌 「今日のところは様子を見るほかなさそうなのですよー
>明日以降の動きに注視しましょう」
明日以降になれば何か動きが見えるということか?
それとも、この状況で何か仕掛けてくるということか
いずれにせよ村の発言とは考えにくい、狼っぽいが占っておく」
やらない夫 「おはようだろ」
月詠小萌 「お、おにぎちちゃんがたべられちゃってます」
黒服 「なん・・・だと・・・っ!?」
キラーマジンガ 「おはよう 遺言が絶望的なんだが」
られっか代 「●ならいいっすけどね」
シャア 「……。
それは残さなくてよい日記だ!>カイジ」
本多・正純 「はーいスルーでめんどいめんどい」
ヒュウガGM 「お疲れ様」
やらない子 「良かった、外れた>予感」
沢嶋雄一 「もちろん人に扮した狼自身、また狼の味方になろうとする者もいるので
精度は決して高くはありませんが。村が狼に打ち勝てる唯一の手段です。

さて、最悪の結果が出たようですね。」
絹旗最愛 「まあとりあえずグレランで。占いに手をつけるとLWになりそうだし」
デモニカ 「占い理由 
◇シャア(60)「ふむ、霊能は出てしまったか。
伏せて一条吊り、というのはそれなりに面白い手ではあったのだが
出てしまっては狩人に負担がかかるだけだな」
この考えが出るのが人外だと思ったから占った」
一条 「カイジ●だと!? 占っておけばよかった・・・」
西行寺幽々子 「仮に、霊能者が噛まれていれば面白かったかもしれないわね。」
本多・正純 「おっけさすが私>絹旗」
キラーマジンガ 「あっなんだ●か びっくりした」
やらない夫 「なんか狩人日記みえてっけど霊能●だしいいや」
デモニカ 「狂人が食べられたか」
黒服 「お、おう」
おにぎり 「お疲れ様でした。なぜ初回マジンガ投票してしまったのか」
沢嶋雄一 「なんと?狼でしょうか?
昨日つり上げたのは狼だったようです!」
月詠小萌 「いきなり●吊っちゃいましたかー
幸先いいですねー」
シャア 「そして真見ていなかった占いその1が死に、
その2から○を貰うと。
皮肉なものだな?ララァ、私はどうすればよいのだ」
デモニカ 「霊能●だしニセだな」
守屋ひより 「えーと、デモニカ良いかな?
昨日グレランなのになぜ霊能に投票したの?」
本多・正純 「つまりなんとゆーか、
絹旗は私のセフレなんだな百合プレイのでまあ言葉濁すのめんどいしこのままで行くか。
じゃあグレランよろしく」
やらない夫 「んじゃ一条ずっと飼っていけばいいんじゃねーかな」
ヒュウガGM 「メモしっかりと、ってことね
特に真役職なら>おにぎり」
西行寺幽々子 「占い師の誰も破綻しない噛みだし、それで良いんじゃないかしら。」
シャア 「霊能●か。ならば問題あるまい」
一条 「で、何故狂人漂白されたのか・・・だが
まぁ俺を吊ろうとしているんだろうな」
やらない子 「……そっか、カイジさん狼なんだ
うん、となると昨日の投票で庇った位置が浮いてくるかも

デモニカも一条さんも投票しないのは、単にそういうタイプってことよね」
デモニカ 「間違い>>ひより」
守屋ひより 「おにぎりの最初共有に投票したのは多分操作ミス…だと思うけど」
月詠小萌 「えーっと、狼が3匹ですから
あと1匹グレーから見つけないといけないんですね」
られっか代 「うんじゃあ、デモニカの真ケア考えつつっすよ
狼1つれて判別ついた狂人噛む意味がないっすから,一条さん狼デモニカ真狂っす」
絹旗最愛 「まあここでランする効率あんまよくないけどまあいっか
そーですね超がんばです>ホンダマツダ日産」
ヒュウガGM 「霊投票したのはマジンガ>ひより」
守屋ひより 「2回も間違い繰り返すなw」
沢嶋雄一 「デモニカさんは私投票では?」
キラーマジンガ 「おにぎり 0 票 投票先 → キラーマジンガ
これか まあ操作ミスだろう 噛まれたんだし」
やらない夫 「うん?デモニカって昨日霊能に投票してんの?>ひより」
黒服 「気が・・・気がつかなかった・・・っ!
相方・・・そこは霊能だ・・・」
やらない子 「おにぎりさんが真なら、デモニカさん狂人
おにぎりさん狂人なら、デモニカさん狼

今のところ、まだ確率では2分の1だよね>兄さん
あえての漂白、って相手が占い師候補ならあんまり意味はないけど」
絹旗最愛 「デモニカ吊ってーそっからランランでもいいけど別に
まあ反発高いだろうし。狩人吊られないようにね。」
沢嶋雄一 「投票していたのはキラーマジンガさんです。
あなたはなぜ霊能に投票を?しかも連続で。偽を疑ったのでしょうか。」
本多・正純 「まーこんなん言うとあれだがひよりが身内票すると思えんので、
超ぴゅあな私除いて、カイジ投票者に狼いねーだろ。さすが私」
デモニカ 「よーし一条吊ろうか
しかし飼うのもありだと思うぞ」
守屋ひより 「ごめんマジンガだったわ」
絹旗最愛 「というわけでグレラン」
本多・正純 「んー?」
カイジ 「狩人日記・・・・・・!!
これ明らか人外だろ・・・・・・
いやこれただのドジっ子真だと思わせる戦略・・・・・・!!
けっして中の人のドジではない・・・・・・!!では・・・・・・ない・・・・・・!!」
られっか代 「霊能投票したのは共有で
共有投票したのはそこで無惨な姿になってるっすね」
黒服 「えーカイジは狼として戦います
本日もグレラン」
ヒュウガGM 「……で、なんでデモニカは
◇デモニカ 「間違い>>ひより」

なんて言ってるのよ!?w貴方投票してないわよ!?w」
シャア 「小萌>守屋 の順で吊りたく思う。
両者とも傍観位置だ。あれだけの情報が出たのにな。
後者は単純に日和ってるだけのようにも見えるが」
キラーマジンガ 「ああああ霊能に票入れてた
すまん」
本多・正純 「>デモニカ
待った。吊るな一条」
月詠小萌 「噛まれなかった両方とも真ではないケースと
狂人を噛んでしまったケースとで考えておきましょう」
沢嶋雄一 「デモニカさん真も、一条さん真も捨てませんが」
やらない夫 「漂白ってケースはどうなんだろうなぁ>やらない子」
西行寺幽々子 「案外、一条が本当に狼で判別が付かなくて狼吊ったおにぎりをとりあえず噛んでおこうみたいなこともあるかもしれないわよね。」
られっか代 「なにをいうとんねん」
絹旗最愛 「ここで一条吊ろうというデモニカの信用は今すごい勢いで
ふっとんでるから○も解放していいよ」
やらない子 「おにぎりさんは役職COをまとめる余裕が無かったみたいね」
デモニカ 「霊能偽だったらやってらんねーしな」
守屋ひより 「デモニカごめんね
単純に名前間違えたよ」
一条 「むしろ、デモニカを吊るべきだと思うぞ」
絹旗最愛 「デモニカ狐臭いんだよね正直」
やらない夫 「なんでこの村把握間違い大量に発生してんの?」
沢嶋雄一 「この発言をどう見るかですね
真占いならば狼つりを急がないとは思うのですが」
シャア 「占いは放置でいいさ。
10人から始末していくが」
デモニカ 「一条飼うのか」
絹旗最愛 「狂狼狐だと結構まじめにおもってるもしくは真狂狐」
黒服 「相方が霊能に投票したんだ・・・ほっとけ・・・っ!
我々は確定村なのだから・・・っ!」
やらない子 「デモニカさん、あなた視点だと一条さんを吊るとLWだよ
狩人でも狐でもないのは確かだけど、でもそれだけ」
月詠小萌 「霊能ちゃんが生きてるうちはこの路線でいいんじゃないでしょうか?」
守屋ひより 「深夜だからかなぁ」
絹旗最愛 「だから一条はデモニカ占っていいよ」
やらない夫 「一条吊る意味は殆ど無いよ」
られっか代 「そこ狐だとして、一条真か初日占いってことになっちまうっすね>絹旗最愛」
本多・正純 「>絹旗
わーい百合せっくす百合せっくす。私タチでいいぞ」
西行寺幽々子 「占い師としては、一条●出して生き残るというのも中々あるんじゃないかしらね。
真狂の占い師って恐ろしいぐらいに残されちゃうものだし。」
キラーマジンガ 「正直すまなかった」
沢嶋雄一 「大量には発生はしていません。
2.3名です。そんなに大声で騒ぐことではないと思います。」
一条 「この状況でおにぎりを噛めば俺が吊られる
仮にGJになっても俺吊りになるだろう
つまり、そこ噛んでメリットがあるのはデモニカだ

狼の作戦に騙されるんじゃない・・・!!」
やらない子 「……私、まとめやろうかな」
カイジ 「◇やらない夫 「なんでこの村把握間違い大量に発生してんの?」
言うな・・・・・・!!言うな・・・・・・!!」
ヒュウガGM 「私、これ外界にいたら
「投票で間違えて投票するのならわかるけど
間違えて投票してないのに
他の人の発言だけで間違えて投票したと勘違いするってことは
霊能、つまり村役職把握してないってこと」
「そんな占いっている?」
っていいたい」
おにぎり 「狐はそこかー。吊れるかどうなんだ」
本多・正純 「………………よくわからんが」
シャア 「やめろ、まだ0時まで2分あるのだ!>本多」
黒服 「まだ・・・っ!
真切れてないだろうが・・・っ!」
守屋ひより 「10人?7人じゃないの?>完全灰」
やらない子 「霊能者は絹旗さん
共有者は黒服さんとマジンガさん

以上ね!
ミスったら容赦なくえぐるんでよろしく」
絹旗最愛 「そそそ、だからむしろ噛まれていいんじゃないかぐらい>占い>られっか」
やらない夫 「ちなみに一条非狼なら昨日ほぼ間違いなく死んでるんでそれならそれで噛み切り来るかどうかまで見てもいい」
られっか代 「狂狼狐だったら、そもそも、おにぎりが狼囲う前に噛まれているので盤面的にはさほど影響しないっす」
月詠小萌 「そういえばキツネの存在があったんでしたね
どこに紛れ込んでるかも考えておかないとです」
本多・正純 「つまりられっか代は私と気まずい関係にある第三者なのだろうか!!!!」
沢嶋雄一 「まとめ役は・・・人外
ということわざがありましたね。」
西行寺幽々子 「まあ、狂狼狐でも一人噛まれてるしね。」
やらない夫 「来なかったらもうそこは確定狼レベルで扱っていいと思ってる」
守屋ひより 「狂人噛みの可能性はあるかもね」
絹旗最愛 「一条はもういっかいいうけどデモニカ占っていいよ」
一条 「俺視点、デモニカを占っても●しか出ないだろうが・・・」
カイジ 「うん占いやるなら少なくとも霊能はしっかり確認するわな・・・・・・。>GM」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
西行寺幽々子 は 本多・正純 に処刑投票しました
一条 は デモニカ に処刑投票しました
られっか代 は やらない夫 に処刑投票しました
ヒュウガGM 「昼の間の投票ならいざしらず 夜投票踏まえても把握してないのはねぇ>カイジ」
キラーマジンガ は られっか代 に処刑投票しました
やらない夫 は 守屋ひより に処刑投票しました
守屋ひより は シャア に処刑投票しました
沢嶋雄一 は られっか代 に処刑投票しました
シャア は 守屋ひより に処刑投票しました
本多・正純 は られっか代 に処刑投票しました
絹旗最愛 は 守屋ひより に処刑投票しました
月詠小萌 は 守屋ひより に処刑投票しました
黒服 は やらない夫 に処刑投票しました
やらない子 は 沢嶋雄一 に処刑投票しました
デモニカ は 本多・正純 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
本多・正純2 票投票先 1 票 →られっか代
守屋ひより4 票投票先 1 票 →シャア
やらない夫2 票投票先 1 票 →守屋ひより
沢嶋雄一1 票投票先 1 票 →られっか代
黒服0 票投票先 1 票 →やらない夫
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →られっか代
西行寺幽々子0 票投票先 1 票 →本多・正純
シャア1 票投票先 1 票 →守屋ひより
デモニカ1 票投票先 1 票 →本多・正純
られっか代3 票投票先 1 票 →やらない夫
一条0 票投票先 1 票 →デモニカ
絹旗最愛0 票投票先 1 票 →守屋ひより
やらない子0 票投票先 1 票 →沢嶋雄一
月詠小萌0 票投票先 1 票 →守屋ひより
守屋ひより は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヒュウガGM 「ありゃ 狩人が。
お疲れ様」
キラーマジンガ(共有者) 「まさか霊能に投票してるとは まあ吊れなかったしいいか」
西行寺幽々子の独り言 「ちょっと嫌な予感、霊能偽。
ただ見てなかった上に今からじゃ恐らく無理っぽいのよね。」
守屋ひより 「おつー
あーあ 狩人吊っちまいやがったよ」
デモニカの独り言 「いいにくいんだけど俺狂人なんだよね
よく真当てたね狼」
本多・正純(妖狐) 「んー」
やらない夫(人狼) 「さてどうすっかなー」
られっか代の独り言 「正直、こういう遺言残す狼が身内とかするか疑問なんで幽々子非狼かな」
やらない夫(人狼) 「囲ってもいいよ」
西行寺幽々子の独り言 「おにぎり噛めれば●、噛めなければ○。」
一条(人狼) 「狩人探しでどこか噛んで後は頼むってところか・・・」
本多・正純(妖狐) 「私視点すげー非狼なんだけどな、ひより」
黒服(共有者) 「一条狼を起点として戦う」
やらない子の独り言 「ジャーック!」
カイジ 「真狩人・・・・・・!?まさかの吊り死・・・・・・!?
お、お疲れ様だ……!!」
絹旗最愛の独り言 「身内票に対する意識が高いですね、超なんでしょう」
月詠小萌の独り言 「キツネっぽい?においがしたような感じがしたので吊ってしまいました」
黒服(共有者) 「気にするな・・・っ!我々は・・・吊られないのだから・・・っ!」
ヒュウガGM 「1個1個の発言がほそかったからかしらね>ひより吊り」
やらない夫(人狼) 「噛み切ってもいいっちゃいいけどそれは多分俺が耐えらんねーんで」
一条(人狼) 「デモニカ占って●しかないだろう
まぁなるようになる」
守屋ひより 「吊り逃れすら出来なかったよ今回」
やらない夫(人狼) 「灰噛まないでいいよ」
おにぎり 「お疲れさまでした。
黒服(共有者) 「そーれなりに気になる位置としてやらない夫」
西行寺幽々子の独り言 「挨拶文に、霊能COだけ足す感じかしら。」
デモニカの独り言 「つまり
カイジー一条ー誰かの3wなんだよね」
やらない夫(人狼) 「共有いっちゃっていい」
一条(人狼) 「ふむ・・・」
一条(人狼) 「あぁ共有いくか」
キラーマジンガ(共有者) 「ない夫はたしかに気になった」
ヒュウガGM 「まぁ、そもそも吊り逃れできるケースの方が少ないしね」
やらない夫(人狼) 「デモニカ真だったら諦める感じでどーだろうか」
一条(人狼) 「霊能という手もあるか?」
やらない子の独り言 「……守屋、カイジに投票しているんだけどな」
シャアの独り言 「ふーむ」
やらない夫(人狼) 「まぁどっちかだな」
やらない夫(人狼) 「任せる」
やらない子の独り言 「そして一条が狼なら
あえてカイジを囲わず、俺に投票か……んー、不自然」
シャアの独り言 「凄い勢いで小萌吊りたいな」
黒服(共有者) 「二人目沢嶋」
絹旗最愛の独り言 「やらない子みたいなー」
カイジ 「小萌の方が先に吊られると思ったが・・・・・・
まさかの0票とはな……。」
黒服(共有者) 「進行は任せろ
死んだら頼むぞ」
られっか代の独り言 「シャア狩人かな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
守屋ひより 「まあ今回は無理ゲーかもわからんね
しかし昨日カイジに投票した中には狼はいない、とは何だったのか」
ヒュウガGM 「無理ゲーにするのは早過ぎるわね
LWLF吊れば実質勝ちも当然
吊りは狂狼騙り吊ってもまだ3ある」
ヒュウガGM 「この時点でカイジ死んでなければかなり人外に傾いているけどね」
一条 は 絹旗最愛 に狙いをつけました
絹旗最愛 は無残な姿で発見されました
(絹旗最愛 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
絹旗最愛さんの遺言 霊能CO
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
守屋ひより 「何より空しいのが護衛対象だった霊能に票を入れられたこと
恩を仇で、ってレベルじゃねぇw」
ヒュウガGM 「お疲れ様」
守屋ひより 「おつー」
カイジ 「まぁ良くも悪くも狐次第・・・・・・!!」
やらない子 「……急に票数が変動するとバランス感覚が失われるのだけど

幽々子さん→カイジさんの投票先、わかる
本多さん→カイジ投票者、わかる
守屋さん→カイジさん投票者、……あれ?

私に関しては、一条さんからの投票以外でめぼしい収穫はあったかしら?>月萌さん


霊能結果はシロね、たぶん」
西行寺幽々子 「おはよう。」
シャア 「ふむ?」
られっか代 「ああいう遺言のこす狼が身内するかどうかは疑問符しかでないんで、幽々子は非狼でいいんじゃないっすかね」
本多・正純 「やらない夫、シャア、小萌(ひより投票者)、
幽々子(私投票者)、デモニカ(おにぎりの○兼私投票者)を吊りゃ人外枠飛ぶんじゃねーの、の感。
私のせふれである絹旗もひより投票してっけどなんかまあ百合せっくすのパートナーだし偽考慮するほどじゃねーな、って感じ」
一条 「占いCO
黒服○>小萌○>デモニカ●」
沢嶋雄一 「占
おにぎり>デモニカ○
デモニカ>おにぎり○、シャア○
一条>黒服○、小萌○



絹旗最愛

共有
黒服ーキラーマジンガ」
デモニカ 「占い師CО
やらない子●」
月詠小萌 「みなさーん、おはようございます
ひよりちゃんは遠心分離機実験でラードになっちゃいました」
西行寺幽々子 「切実に呪殺出ないかしらね、割とデモニカには期待したいのだけど。」
一条 「霊能が占えと言うのなら占っておくが
●しか出ないのは分かりきったことだが
この指示に一体何の意味があることやら・・・」
キラーマジンガ 「霊能が噛まれたか これ狩人居るのか?」
デモニカ 「占い理由
まとめをやる人は人外だと思うから占ってみた
やらない夫 「占い死んでるかどうかで考える感じになった。
灰だと本田は残していいんじゃないだろうかって雑感」
本多・正純 「んー」
絹旗最愛 「おつかれさまー」
シャア 「ローラーしても構わない。
そう言いたいのか?>霊能噛み」
西行寺幽々子 「物凄く困ってしまうのだけど。」
月詠小萌 「モアイちゃんがしんでるんですけど!」
やらない子 「仲間が吊られて、もしも騙りLWならここで霊能を噛んでも生き残れない
占いに狼がいる前提だけど」
やらない夫 「なんで霊能死んでるかな」
黒服 「ひより非狼で行くぞー」
一条 「で、霊能噛みな・・・
こうなるオチしかしなかったから嫌だったんだよ」
ヒュウガGM 「まぁ、今回のケースを次回に活かせればいいんじゃないかしら>ひより」
やらない子 「はい、村人COよ>デモニカさん」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!」
シャア 「以後決してLWCOは受け付けない。そういうことになるが」
沢嶋雄一 「デモニカ狐さんならば、られっか代さんの言うとおり、狂狼狐が濃い
それならば狼つりもあり余裕はかなりあります。

それを踏まえてデモニカが一条を吊りたいというのであれば
真残りもあるかもしれません。」
デモニカ 「狐疑いじゃない?>>一条」
られっか代 「んじゃ、やらない子吊って、8>6でロラッて最終日来るなら来い路線っす」
本多・正純 「一条吊りゃいいだろ」
おにぎり 「狩人なしだと狐が勝ちそうな…」
やらない子 「狩人に見えたのなら、残念
狼じゃないってのは当たってるわよ」
やらない夫 「不退転の覚悟ってやつだな>シャア」
おにぎり 「お疲れ様でした。」
デモニカ 「狼でもそういうでしょ>>やらない子」
黒服 「デモニカ視点は狼全露か」
絹旗最愛 「あー狩人かー灰の広さ気にすると基本死ぬゲームだっておぼえておくといいよー」
沢嶋雄一 「いえ」
西行寺幽々子 「LWCOとかよりまず、その状況になるのかどうかという所からかしら。」
シャア 「微妙な所だな。>やらない子
一条吊りに反対しつつ2騙り考慮するあたりは役職臭いと思ったが」
本多・正純 「こーゆー噛みするならデモニカが狼枠でFAでいいよ」
月詠小萌 「本当にカイジちゃんが狩人だった、なんてことはないと思うので
ひよりちゃん辺りだったりしませんか?」
やらない夫 「デモニカ視点は狼全露出なんでそれはそれでいい」
黒服 「あーこれどうしよ」
本多・正純 「だから6人地点でデモニカを吊る作業。
狼は灰噛めよゴルァ」
沢嶋雄一 「ここでやらない子さんを吊る場合
占いロラが入るならばデモニカさんからと言うことになります。」
やらない子 「言うわけないじゃない>デモニカ
私を誰だと思ってるのよ」
やらない夫 「カイジ狩人って霊能どうなってんの?>小萌せんせ」
月詠小萌 「遺言がないので知る由もなし、ですね」
西行寺幽々子 「●含めてグレランで、10>8で良いような気がするわ。」
られっか代 「昨日一条を吊りたがったデモニカは、普通に狐目あると思うんで,残しとかはしねーっすよ
デモニカ非狼として、昨日までは真結果だしてたんじゃないっすかね」
守屋ひより 「いや誰でも気にする
占い情報の最大の利点は灰を狭める事だと思うから」
デモニカ 「カイジ真狩人だったらとか噛まれた以上ないよな多分」
本多・正純 「テメーで狐は勝手に処理してくんな、って感じ。
んじゃ一条吊って灰ラン続行しようぜ」
本多・正純 「あ?」
絹旗最愛 「そかー、ならいいやー」
デモニカ 「狼>>やらない子」
一条 「私は噛めないだろうな
そもそも噛めば俺の代わりに確○ができるのだから
狂人漂白した上で霊能噛み+●出し・・・まさに露骨」
られっか代 「シャアが狼だったら,多分霊能噛むよりも噛み切り行くんじゃないかなって思うのもあるっす」
本多・正純 「やらない子はアレだろーが」
シャア 「グレランする=やらない子吊らない
のであれば、一条の○も●もグレーに戻して欲しいものだがな」
西行寺幽々子 「呪殺が出なければ、だけど。」
月詠小萌 「とりあえず、占い結果と占い師の処遇ですねー」
やらない子 「生憎と素村だし、2騙りに関しては兄さんの発言からの受け売り>シャア

一条さん初手吊りに反対する理由は初日に言ったとおり
護衛を霊能に固定させたくないから」
黒服 「あーやらない子吊り

んで8>6で占いロラ」
ヒュウガGM 「正純ってこんなキャラだったかしら(汗」
本多・正純 「なんか頭よさそうなこと言ってる割に沢嶋様に投票してるよくわからん枠だから放置で」
やらない夫 「安定すんのは8→6で占い吊りなんでそのへんは共有に進行はぶん投げる」
沢嶋雄一 「デモニカさん真信じるならばともかく
まだ一条さんを僕には吊れません。>本多さん」
西行寺幽々子 「8>6だとちょっと怖くないかしら。」
デモニカ 「了解>>共有」
守屋ひより 「アドバイスは有難いけどね
メタとしてはそれぐらいしか話せる内容が無かったというのもある」
シャア 「私狼だったら全潜伏するさ。
RPに合わせてな>られっか代」
カイジ 「同じことを考えていたか・・・・・・!!>GM」
本多・正純 「>沢嶋
霊噛みってさー」
本多・正純 「銃殺対応ぶんなげてんのよ」
沢嶋雄一 「はい>本多さん」
やらない子 「◇デモニカ 「カイジ真狩人だったらとか噛まれた以上ないよな多分」

●のカイジさんは狼、でしょ?
発言の意図を私、間違えているかしら」
黒服 「狐狩・・・っ!
圧倒的狐狩・・・っ!」
一条 「狼の●だから正直素村だと思うんだが・・・そこ」
られっか代 「だから,シャアさんと幽々子さん残して行きゃ狼には負けないと思うっす」
本多・正純 「真贋判定つかずに、霊噛みならまだいいよ?」
やらない夫 「霊能で色見えねーもん>幽々子
今からロラするか8→6でロラすっかどっちかだとおもうけど>」
西行寺幽々子 「単純におにぎり真とかだったりすると足りないような気がするわ。」
月詠小萌 「先生としても自分に白を出した占いをホイホイ簡単に切れないのでそっちの方が無難ですね」
やらない子 「決め打っている可能性が、ないわけじゃないわね>本多さん
んじゃ。最後に少しでも何か残しておくわ」
沢嶋雄一 「そうですね。でも霊結果がないので、狼の吊りきりが僕には怖いです。」
シャア 「それは結局逃げだと思うのだがなぁ。
さっさと真切ればいいものを」
本多・正純 「けどまー、三日目の噛みじゃん?」
西行寺幽々子 「色は別に期待してないのよね。
8>6って、やらない子が相当数●である想定に思えるのだけど。」
やらない夫 「ん?真贋ついてる説押すのか?>本多」
本多・正純 「十二分に真贋判定ついてるくさいし、
霊噛みって、なんかこー、すっげーやばそうな感じがする」
一条 「それより狼確定のデモニカを先に吊ってほしいな
相談能力を削ることのほうがメリットは大きいはずだ」
やらない子 「1.カイジさんが狼。一条さんが騙り狼の場合、明らかに援護射撃の投票をしていない
だけどもう1Wに関しては別、その場合の投票先として幽々子さんや守屋さんは妥当

2.昨日の投票に関して守屋さん投票は不自然、狼狙いではない」
本多・正純 「>やらない夫
可能性としては、
もう一度言うけど三日目だから否定しきれねーのよね」
やらない子 「このへんね。じゃあね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
沢嶋雄一 は やらない子 に処刑投票しました
キラーマジンガ は やらない子 に処刑投票しました
西行寺幽々子 は やらない子 に処刑投票しました
月詠小萌 は やらない子 に処刑投票しました
られっか代 は やらない子 に処刑投票しました
黒服 は やらない子 に処刑投票しました
デモニカ は やらない子 に処刑投票しました
やらない夫 は やらない子 に処刑投票しました
シャア は やらない子 に処刑投票しました
本多・正純 は やらない子 に処刑投票しました
一条 は デモニカ に処刑投票しました
「◆ヒュウガGM なんか前にも言ったんだけどさ
…タカオ アンタのAAホント多いわ
私なんて一つしかないのに一体何個あるのよ…
もっとイオナ姉様のAAの数増えなさいよ 某ローゼンくらい!」
やらない子 は デモニカ に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
本多・正純0 票投票先 1 票 →やらない子
やらない夫0 票投票先 1 票 →やらない子
沢嶋雄一0 票投票先 1 票 →やらない子
黒服0 票投票先 1 票 →やらない子
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →やらない子
西行寺幽々子0 票投票先 1 票 →やらない子
シャア0 票投票先 1 票 →やらない子
デモニカ2 票投票先 1 票 →やらない子
られっか代0 票投票先 1 票 →やらない子
一条0 票投票先 1 票 →デモニカ
やらない子10 票投票先 1 票 →デモニカ
月詠小萌0 票投票先 1 票 →やらない子
やらない子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヒュウガGM 「お疲れ様ー」
守屋ひより 「おつー」
西行寺幽々子の独り言 「守屋ひよりで狼を吊った、という想定なのかしら。」
絹旗最愛 「おつー」
キラーマジンガ(共有者) 「さて」
やらない子 「ウボァー」
月詠小萌の独り言 「やらない子ちゃんが人外の場合
残しておくと苦戦を強いられるような気はしていました
ゲーム的にはいてもらったほうがよいのでしょうけど」
黒服(共有者) 「まず元ネタが分からん>GM」
一条(人狼) 「んじゃ、最後の仕上げだな・・・」
シャアの独り言 「ふむ」
おにぎり 「お疲れ様ー」
デモニカの独り言 「…これ一条狐あるんじゃない?
まさかね」
守屋ひより 「多分コレ無理
狂人無視できる状況じゃないので鉄火場」
一条(人狼) 「共有噛み+シャア○、これでいきたい」
シャアの独り言 「どうでもいいが」
「◆ヒュウガGM 知らないのなら知らなくてもいいと思うわー
ただ単に私の魂の叫びだからして>該当者」
やらない子 「うん、カイジに投票するってことはそういうことだよな、お前さん>守屋」
西行寺幽々子の独り言 「LWCOに期待をしてはいないけれど、吊り切ってしまったらか。ふむ。」
やらない夫(人狼) 「んじゃ共有噛み2択通せるといけそうだあな」
黒服(共有者) 「正純が何言ってるか分からない」
やらない子 「村人を既に2回吊っているが、なーにまだ2ストライクさ」
月詠小萌の独り言 「狩人不在、というのが痛いですねー
死体見るからにヒュウガちゃんかひよりちゃん、でしょうか」
デモニカの独り言 「AA製作者になれば作り放題だよ>>GM」
シャアの独り言 「◇月詠小萌(15) 「お、おにぎちちゃんがたべられちゃってます」

おち○ち○ちゃん に見えたのは秘密だ」
シャアの独り言 「故に小萌は残せない」
やらない夫(人狼) 「俺○でも別にいいけど露骨かね」
ヒュウガGM 「まだ追い込まれただけ。
ここからの村の逆転に期待しなきゃ損損>ひより」
黒服(共有者) 「やれやれ・・・っ!
狐狩とか一番苦手なのに・・・っ!」
一条(人狼) 「キラーマジンガ・・・か」
守屋ひより 「残り4吊りで2W1F1狂 吊りきれると思うかい?」
やらない夫(人狼) 「本多あたりはあとで噛むことになりそうだけど」
キラーマジンガ(共有者) 「カイジ真狩人だとすると霊能噛まれだから狂だが占いが真狼狐となるそしたら相互投票での○同士が両者騙りになるそしておにぎりが噛まれたから残ってるのが人外しか居ない」
一条(人狼) 「おにぎり真とした場合に、シャア囲い疑惑を持たせる為だ」
デモニカの独り言 「銃殺は出ません」
月詠小萌の独り言 「この先死体なしが出て狩人が出てきたとしたら
信用は低いかもですね」
やらない夫(人狼) 「GJ狙う狩人ならそっち護衛するから黒服でいいよ」
守屋ひより 「流石にそこまで楽天的じゃないよ
占い噛み→狩人吊り→霊能噛み これでどうやってw」
キラーマジンガ(共有者) 「狐狩
この一言で推論ちゃぶ台返し」
一条(人狼) 「キラーマジンガ噛むとしよう 130で」
やらない子 「・パーフェクトに吊り上げれば、問題ない
・狐噛みが入れば、1吊り増える

死んじまった以上、下界のことは下界の連中に任せて高みの見物だろ」
ヒュウガGM 「数字の上では吊りきれるじゃない」
やらない夫(人狼) 「共有護衛してるっていうならGJ狙いだし」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カイジ 「狼の狐噛みに期待…・・・。だな。>ひより」
絹旗最愛 「本多が噛まれるっぽさはあるかな、もしくは沢嶋か」
おにぎり 「狐噛みあれば…さすがに狩人COならなぜ霊能護衛しないのかって>ひより」
やらない子 「できる。できなかったわけじゃない>残り4吊りで2W1F1狂」
ヒュウガGM 「というか実際ここから勝つ村なんて腐るほど見てきたしねぇ」
「◆ヒュウガGM ナノマテリアルでAAって作れないかしら…
できたらお手軽なんだけど>該当者」
やらない子 「◇やらない夫(人狼) 「本多あたりはあとで噛むことになりそうだけど」

フラグも建ってるしな?」
絹旗最愛 「狼には勝てそうだけど狐に負けそうかな。」
一条 は 黒服 に狙いをつけました
黒服 は無残な姿で発見されました
(黒服 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒服さんの遺言   ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
  ヽ/ヽ_,,-''川川 |
  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |         共有CO相方キラーマジンガ
 i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
  {≡  '''二'''≡ ,イi  )
  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ       3万ある・・・・・!
   iヽ cUっ  r l レ |
   .i r==≡=='''ヽ 人 |         見逃してくださいっ・・・・!
   i L二エ二,,フ/ i |
    | u 平   /  i |
    L___ /__,-''',''ヽ、
      \__,,-''' / ≡ヽ
      K~  /≡≡≡≡ヽ
      |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
      |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ
      /≡ /  '≡≡ ヽ≡ i
     /≡≡≡r''~~~~~'''-,,, i≡ i
やらない子さんの遺言 村人CO

だいたい言うことは昼間に言っただろ
狩人ではないことは強調しておくぜ

られっか代、やらない夫、この辺に期待しておくだろ


                 ../ ̄ ̄\
                /  ヽ    \
               (●)(● )    |
                | |       |
                |__`_       |
                {`ー'´     /
                 {        /
                 \     / ⌒ヽ、
                / / ハ  // | i   i
                l Y L __ / ヽ!   !___
                ∨     |  | | |
 ______       /     ,.   !   ! | |
 l        l       ヾ、..:::..  `. ..::: _L  l | |
  l        l         _.|`    `,. - ´  .ノ | |
  l        l   __∠-┴- 、‐ ´  _ -ッ ´┬┴ ┘
   l        l_イ|/r‐ィ三 ___ - ´   \|
__l二二二二二l二二二l"´/_______ ,ゞ
______::______) ヽ   __-二´ ̄ヾ
        |  | _ - ´|  | _,. ゝ ''´         i
        |  l'´    |  |            i_
        |  l  / |  |           ノ/ |
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
やらない子 「俺を誰だと思っている、できない夫だぞ?
俺が死んだ以上、残る連中ができる可能性はいくらでもあるさ

俺が残ってたら? やらない夫とられっか代を延々と残すな、守屋投票でやらない夫は狩人だと思ったけど」
西行寺幽々子 「おはよう。」
守屋ひより 「おつー」
月詠小萌 「みなさーん、おはようございます
やらない子ちゃんはトランスポート実験中に宇宙人と合体してしまいましたよー」
一条 「占いCO
黒服○>小萌○>デモニカ●>シャア○」
沢嶋雄一 「現在圧倒的に狼に視られているのが一条氏です。
おそらく今日は灰吊りか一条氏の○の小萌さんに票が集まりそうな気がします。」
られっか代 「昨日言った通りで、シャアさんと幽々子さんじゃないっすかね」
デモニカ 「占い師CО
月詠小萌○」
ヒュウガGM 「まぁなんというか
自分吊られて若干もやもやしてるのわかるのだけど
最後まで応援くらいはしましょうよ>ひより」
本多・正純 「>やらない夫

デモニカ - おにぎり、真狂、一条が狼の可能性がすっげー濃いっぽい初日の上で、
片方が噛まれたのが二日目夜の噛み(おにぎり噛み)。
ここまでだと『恐らく多分きっと真贋判定つかずの噛みかなー』ってなるっしょ。
けどまー、一条が狼として、三日目夜の噛み選択の時に、
『霊能を噛んで』『銃殺が出たとき』ほぼ『対応ができない』じゃん?

っつーことは真贋判定がついた、と見るのが妥当なわけで、
その上で濃厚なんがシャアなわけですよ。

んじゃー、まあ最終日地点でシャアを吊るのを確定しつつ、
そうじゃない場合に備えて、お揚げの可能性を恐れながらも、
一条吊ってりゃ狩人候補落ちないんでデモニカ護衛されるはずだから、
そっち視点でゴーゴーゴーするのが面白そうって感じ」
キラーマジンガ 「おはよう 相方噛まれた」
西行寺幽々子 「守屋ひよりかやらない子で●吊った想定、なのかしらね。
霊能噛みだと真偽はさっぱり闇の中なのよね。
ただ、霊能を噛む狼に狐探しを期待するのは難しいんじゃないかしら。」
一条 「案の定、デモニカは狐ではなかった
狼確定した奴が○を出した相手ということは
状況的に囲いの可能性が高いと考えられる
>私狼だったら全潜伏するさ。
加えてこの発言・・・「もし俺が狼なら」
これを言う奴は大抵人外というのが相場だ」
シャア 「クソッ 騙された!>やらない子
私もニュータイプのはずだが!?」
やらない夫 「方針的には変わらん。霊能噛まれている以上8→6でロラ路線でしかねぇ。
その場合一条の○は完全に無視する。ついでにいうならデモニカの○も無視してもいいんじゃねーか系」
おにぎり 「おつかれさまでしたー」
ヒュウガGM 「お疲れ様」
西行寺幽々子 「まあ、○解除は前提として明言してくれると良いわ。」
デモニカ 「占い理由 
狼の○に狐が要るってあるんじゃないかと思ったから占った」
一条 「囲いだと思ったのに・・・くそっ」
られっか代 「本多さんは、どこまで全偽考慮してるんすか?」
沢嶋雄一 「小萌さん◎
そしてシャアさんも◎ですね。」
黒服 「グハッ・・・っ!」
月詠小萌 「共有の黒服ちゃんが抜かれてますね
本格的に狩人不在でよさそうなのですよ」
本多・正純 「んんー」
カイジ 「とりあえずGMよぉ・・・・・・霊界に話しかけすぎだぜ・・・・・・。
村の連中の集中がとぎれちまうよ・・・・・・ただでさえ深夜村だっていうのに・・・・・・。
AA作成はできないが改変くらいならやってやるから・・・・・・!!」
やらない夫 「やめろよ!!お前のこと信じてたじゃねーか!!>やらない子」
本多・正純 「余裕がねーな」
られっか代 「そこを聞きたいっす」
沢嶋雄一 「整理しておきましょう

おにぎり>デモニカ○
デモニカ>おにぎり○、シャア○、やらない子●>小萌○
一条>黒服○、小萌○、デモニカ●>シャア○」
シャア 「私は依然として小萌吊りを推すぞ。
狐目ならな」
キラーマジンガ 「黒服が言った通り8>6で占いロラ」
月詠小萌 「二重○もらってもおにぎりちゃん噛まれてるので
先生あんまり信用はしませんよー」
られっか代 「聞きたいっす」
やらない子 「しかし、カイジ投票者の守屋吊りで「狼が吊れた」と期待するのはちと楽観的すぎるな
そもそもカイジ、守屋で2Wなら霊能なんて噛んでる場合じゃないだろ」
デモニカ 「マジンガ守ってたもあるんじゃない
俺もいないと思うけど>>月詠小萌」
やらない夫 「まぁ灰吊り続行する感じ」
西行寺幽々子 「で、やらない子本人の言う通り。
やらない子が●でない限り、カイジ関連で守屋ひよりで●が吊れたとは思わないのだけれど。」
ヒュウガGM 「なるべく会話は邪魔しないようにしてたつもりだけど
失礼したわ>カイジ」
西行寺幽々子 「嫌。」
黒服 「今日の俺中々いい目してたんじゃなかろうか」
本多・正純 「おにぎり真の場合死ぬほどおっちんちん。
っつーか霊能死亡霊能死亡ってびびっていたとおり、
絹旗の百合せっくすぱーとなーが落ちててがちしょんぼりちんでんまる」
沢嶋雄一 「今日は○解除はしないのでしょうか。
おそらくしないのでしょうね。」
本多・正純 「灰吊るん?」
本多・正純 「>共有」
られっか代 「◇本多・正純(40) 「だから6人地点でデモニカを吊る作業。
狼は灰噛めよゴルァ」
◇本多・正純(36) 「こーゆー噛みするならデモニカが狼枠でFAでいいよ」
◇本多・正純(28) 「一条吊りゃいいだろ」」
西行寺幽々子 「LWが確定していると私は思わないので今日から轢くわ。」
られっか代 「これ」
本多・正純 「なら占いローラーとかアホラシイことやめようぜ」
一条 「>本多
シャアで真贋どころではない、おにぎり-デモニカで相互○だ
狼が自分と相互○をする相手など狂人以外にまずないだろう

つまり、初日から既に真贋把握して狂人漂白にきてんだよ」
やらない夫 「割りと霊能抜かれてるっていうなら護衛としては黒服安定に見えるんで
狩人いねーくせーなぁ」
られっか代 「全偽考えてないんだったら、デモニカ狼枠=おにぎり偽=一条真
こう言うのがあるはずなんすけど、一条真見ないで、一条吊りっていうのは思考が分断されてるっす」
デモニカ 「初日狩人ってのもあるかも知れんな」
本多・正純 「一条最終日でいいよ」
シャア 「本来ならばもう少し狼に灰を噛ませてから行うべきだと思うのだがな。>狐吊り」
キラーマジンガ 「いや占いロラ>本多・正純」
黒服 「あ、ダメだ正純吊れぬ・・・っ!
今日吊ろうかとか思ってたのに・・・っ!」
カイジ 「とりあえず占いロラしてよかったんじゃないのか・・・・・・?
そして俺は圧倒的狼だ……!!>黒服」
月詠小萌 「正純ちゃんがふりょうになっちゃいましたよー?!」
られっか代 「デモニカ狼枠だと思うのはいいんすよ
それで、一条吊れば良いって発言が出るのはおかしいと思うっす」
守屋ひより 「狐噛みか狂人噛みがないと無理ぽいけどね
4/10×3/8×2/6×1/4=24/1920
1.25%ですってよ 素敵な数字だね」
本多・正純 「>られっか代
常に進化する私の思考を褒めるべきそうすべきお前とは百合ぱーとなー嫌だな」
西行寺幽々子 「真証明の機会自体は十分にあったはずだもの。」
月詠小萌 「予定通り占いをすりつぶしましょう」
シャア 「共有が固まってしまったようなので
コレ以上は言わんが」
沢嶋雄一 「本多・正純さんの言っていることも分かります。
真を切るか、真と信じるが
2択に一つであるべきだと。」
デモニカ 「今日は占いロラになるのね?>>共有」
やらない夫 「その辺は昨日もいったけど共有にぶん投げる>占いどこで吊るか」
やらない子 「大丈夫よ、きっと狼が噛んでくれるわ>黒服
それよりジェンガしようぜジェンガ」
黒服 「いいぞられっか代・・・っ!」
られっか代 「本多さん吊って、占いロラでいいとおもうっすよ」
キラーマジンガ 「占いロラだが一条から吊りたい」
沢嶋雄一 「狼の吊りきりが怖いというのであれば、最後まで行けと。
違いますでしょうか。」
絹旗最愛 「よくわからないけど狩人はつられないことが仕事だから
まあ次頑張ればいいとおもうけど、そんな悲観的にならなくても」
本多・正純 「>マジンガ
おにぎり真見るなら一条狼だろーし最終日でよくね?
吊り順考えるの超面倒。私そんなに器用じゃねえよ」
られっか代 「やなこった」
一条 「デモニカ狼を考えながら全偽か・・・
ならば俺吊って○を見たとき、狐だったとでも言うつもりかな?」
キラーマジンガ 「まあ今言うのはあれだが」
シャア 「ん?
……結局どうするのだ>共有
開始日時を言わんと混乱するぞ」
西行寺幽々子 「シャアと月詠小萌を占う、というのもね。」
沢嶋雄一 「それは今日からでしょうか?
デモニカを何とみてでしょうか。」
月詠小萌 「キツネを狙うのならグレー吊りでもいいですけど」
デモニカ 「一条最終日に送ってまで狐探してもいいと思うぞ
ロラするべきだろうが」
おにぎり 「3日目のグレラン指定は疑問に思った。一条釣りじゃまずい?>黒服」
絹旗最愛 「あそこで吊られるなら遺言はどうだろう?あったほうがよかったかな?」
やらない子 「数字で考えずに、こう考えるんだ>守屋

「グレランで吊れるのが村人>人外」なら村が勝つ、そうじゃないなら村が負ける
吊り数が足りている内はな。足りなくなったら狐噛みでも祈ればいいさ」
守屋ひより 「共有や霊能に投票されたら終わるしw」
本多・正純 「あー」
やらない夫 「どの進行でもメリットは十分にはあると思うんで。
占い吊るんだったら、あぁ一条からでも文句はない」
沢嶋雄一 「ああ、明日からですね。」
カイジ 「られっか代が強いかな。
ここそこそこ残して途中で噛めばいい感じなんだが……。」
キラーマジンガ 「今日は指定 本多・正純 
占いロラは8>6の時に開始」
本多・正純 「面倒だな。んじゃいいよ明日から占いロラで」
られっか代 「質問はぐらかした感じだし、本多さん人外っすって」
黒服 「確率論とか人狼で一番当てにならん・・・っ!
捨てろそんなもん・・・っ!」
西行寺幽々子 「ごめんなさいね、私はやっぱり逆になっちゃうのよね。>キラーマジンガ
一条のほうが狼っぽいような気がするから。」
絹旗最愛 「おっけい、でもこれで吊りが増えなくなった」
沢嶋雄一 「狩ならCOを」
一条 「正直、本多を吊りたい
デモニカはまだ飼えるからな」
やらない夫 「そこ指定なぁ」
デモニカ 「今9人だから厳しくないか?」
黒服 「惚れた」
られっか代 「共有が私の意見を聞いてくれてるっす」
本多・正純 「本気?>共有」
シャア 「私と小萌が噛まれることに期待する」
沢嶋雄一 「10人です。」
西行寺幽々子 「別にそこ吊りが否とは言わないけれど。」
デモニカ 「指定把握」
おにぎり 「おお、マジンガいけるか?」
絹旗最愛 「ここで狩人COかな?」
カイジ 「キラーマジンガ・・・・・・英断……!!
圧倒的英断・・・・・・!!」
西行寺幽々子 「前述の理由によって。」
キラーマジンガ 「本気だ」
本多・正純 「狩人CO」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない子 「一条吊りの場合>おにぎり

・既にカイジが吊れている
・一条を吊ればさらに●吊り
・翌日以降、グレランをやってLWが吊れれば狐に負ける

こうなるわけだ
「狩人吊りのリスク」を考えなければ、3日目は灰吊りがリスクとリターン的にベターだろ」
られっか代 は やらない夫 に処刑投票しました
絹旗最愛 「まあするよね。で噛みがなければ村の負けと。」
西行寺幽々子 は デモニカ に処刑投票しました
本多・正純 は 沢嶋雄一 に処刑投票しました
ヒュウガGM 「これで最終日確定
つまり勝率25%まで上がったわ

人間は数字の上で成り立つものじゃない
だからこそ人狼は楽しい」
月詠小萌 は 本多・正純 に処刑投票しました
キラーマジンガ は やらない夫 に処刑投票しました
ヒュウガGM 「…と思ったけど正純も粘るわね」
カイジ 「あ、これは吊られるパターンだわ。
正純。先に理由はらなアカン。」
やらない子 「もしも3日目に狼が吊れた場合。狩人は霊能を守る、霊能結果は見れる
●2個め、占いに狼混じりならもはや狼に負けることはない

もしも村人が吊れても、初日にカイジが吊れている以上はミスの余裕はある
狐が吊れれば尚更美味しい」
シャア は 月詠小萌 に処刑投票しました
やらない夫 は シャア に処刑投票しました
絹旗最愛 「噛まないルートもあるかな。吊るルートもあるし」
沢嶋雄一 は 西行寺幽々子 に処刑投票しました
守屋ひより 「本当にそうかな?
最後の狩人COによって票が散らばってるよ」
絹旗最愛 「ここでやらない夫がつられちゃうとワンちゃん狐勝てるし」
ヒュウガGM 「ただ、これはおそらく噛まれる
噛まなかったら狼が強い そしておそらく狼が勝つわね」
一条 は デモニカ に処刑投票しました
デモニカ は やらない夫 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
本多・正純1 票投票先 1 票 →沢嶋雄一
やらない夫3 票投票先 1 票 →シャア
沢嶋雄一1 票投票先 1 票 →西行寺幽々子
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →やらない夫
西行寺幽々子1 票投票先 1 票 →デモニカ
シャア1 票投票先 1 票 →月詠小萌
デモニカ2 票投票先 1 票 →やらない夫
られっか代0 票投票先 1 票 →やらない夫
一条0 票投票先 1 票 →デモニカ
月詠小萌1 票投票先 1 票 →本多・正純
やらない夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
黒服 「なんだ・・・これは・・・どうなっているんだ・・・っ!」
られっか代の独り言 「うっそくせーっす」
カイジ 「や、やらないおー!?」
守屋ひより 「おつー」
やらない子 「ヒューッ」
ヒュウガGM 「あーあ
これはまた。」
られっか代の独り言 「こんなに信じたくないのははじめてっす」
絹旗最愛 「あちゃー、つられちゃったか。なら狐勝つかなこれ」
やらない子 「ジェンガやろうぜ>やらない夫」
キラーマジンガ(共有者) 「投票時間寸前にCOやめてくれよ(絶望)」
やらない夫 「あまじで?」
られっか代の独り言 「マジで」
られっか代の独り言 「冗談抜きで」
シャアの独り言 「面倒な」
月詠小萌の独り言 「さすがにあの状況で狩人COは苦しすぎるのですよ
よくしゃべる人は狼、先生そういう傾向あると思うのですよ」
おにぎり 「ひぇー。お疲れ様でした。」
やらない夫 「うっわーこれはすまん」
ヒュウガGM 「こうなると… 狩人逆に噛めない、かも?」
一条(人狼) 「・・・ちょ・・・」
キラーマジンガ(共有者) 「ありがとう・・・っ!!
優しいおじさん・・・っ!!!」
ヒュウガGM 「お疲れ様」
西行寺幽々子の独り言 「うん、深夜ね。深夜っぽい。夜は良いわね。」
一条(人狼) 「どうしてこうなったwww」
本多・正純(妖狐) 「いっまっかっらっ!!
狩人日記の偽造が始めるぜひゃあああああああああああ!!!!」
シャアの独り言 「まあ、指定は2分までに。ということだな」
キラーマジンガ(共有者) 「これない夫には申し訳ない」
西行寺幽々子の独り言 「どちらかと言うとやらない夫は狼っぽいとして。」
られっか代の独り言 「つっぱらっても良かったけど、そうすると私の最終日がちょいきびしいっす」
デモニカの独り言 「しかし
コレで勝てるか?
開幕真抜けたのはでかいけど」
やらない子 「それともウノにするか?>これない夫」
月詠小萌の独り言 「明日の死体次第でしょうか」
やらない夫 「どうすっかなぁ」
やらない夫 「本多狐はまぁ見えるけど」
一条(人狼) 「 」
一条(人狼) 「 」
絹旗最愛 「村か狐か。ふむふむ
られっかあたりなら最終日一条吊りに変更提案できそうだけど」
やらない夫 「それでこっち投票されんのはあれやなぁ」
守屋ひより 「多分正純噛まれる…よね?」
カイジ 「正純・・・・・・外道・・・・・・!!
圧倒的外道・・・・・・!!
今から作成とは・・・・・・!!いや潜伏狐なら作ってていいでしょ。やることないし。」
デモニカの独り言 「あと狼は本多噛んで真証明しろ」
黒服 「日記先張りしない・・・
この状況下で霊能と俺が抜かれる・・・
そんな狩人が何故・・・何故・・・っ!」
キラーマジンガ(共有者) 「占いロラが明日明後日だからその間に残りを考えなければ」
一条(人狼) 「 」
ヒュウガGM 「噛めばね>やらない夫
噛まないと狼に見えちゃいそ。
…それでも大丈夫か 一条いるし。」
守屋ひより 「明日明後日で占いロラしたら狐勝ちで終了」
やらない夫 「噛まないよ」
やらない子 「お前さんが一条の立場だとする>守屋
今が残り9人、明日は残り8人

ここから勝つルートは……無いよな、うん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヒュウガGM 「んー」
黒服 「8>6でロラに入る・・・っ!
正純は吊れるか・・・いや無理だ・・・
噛め・・・噛むんだ・・・噛んでくれっ・・・!」
絹旗最愛 「村が優秀ってことでもあるよ、役目ばっか吊ってるんだから
さて、後は吊り順」
守屋ひより 「狼に勝ち目は無いと思う
しかし狐は勝ち目のほうが多いと思う」
やらない子 「勝つルートはない、じゃあ引き分け狙いだ
その場合は狐を探すしか無いわけだが

本多なんて噛んで死体無しを出したら、一発で狐候補がバレそうだな」
ヒュウガGM 「一条次第だけど
デモニカ先吊りになれば正純噛まれない違和感でまだ可能性は残る
明日一条吊りならもちろん終わり」
一条 は シャア に狙いをつけました
シャア は無残な姿で発見されました
(シャア は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言                       , -‐- 、
                    / ノ ヽ、 ヽ
                     |(●) (●)|
              _,...ィ|. (_人_) |
            ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、
          /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、
          ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ
      ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }
      /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧
      ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ
      i/´`-‐-、_,.ノ、      ,!    ,ィ   r'  ∧.i
      {ヽ \._ ``ヽ、ミ`=-,=<_ー-‐''"7ヽ、... --、.  |
     >- 、. ``   >-/  ー=ミ..、_∠/---‐‐、 _リ
    /´ ',    `> 、._ リ    ニニ> ∠ソ`¬'"_,..ノ
   .{ィ'⌒ ヽ_,..-―- 、 ̄ヽ、....、二メ-‐‐''''''''''''"´ ` `ヽ
    ノ、, ; ノヘ(_ _  ノ  Y  Y´..__  ヽ、.   `ヽ ハ
   i ハ ,ノ   Y´.._゙ ´ ´ ̄{  リ´-‐'"    ヽ-,.. - '.∨
   {  {   ト、.__ `__,.. -'ー<_   ,.. -‐ァ‐‐'" ヽ ゝ/
   .Y′!  ,ノ    ̄       ``¨¨¨¨´ 〉 、 _ノ' ,/
    .i  :  i´                   / ,/ /
   .|  ; ,!                ノ '" /
    }._ノ .リ                  {   `ヽ.
  /´ヾ、 {                ゝ- 、  _゙=っ
と..、_r‐ ,.._ノ                   `¬-'´
     ̄
シャアさんの遺言 【沢嶋雄一】   面白いから残すべきだ(提案) 状況を把握しつつ意見を出さないのは気になるが
【本多・正純】  .明確な一条吊り反対派だな。
5d/n追記:    .狐であの発言が出るのなら大したものだが……
【月詠小萌】   傍観位置だな。吊るべきだ。
5d/n追記:    今度は占いローラーに賛成か。少し狐目ダウンだな。
【られっか代】  明確に、役職持ち臭いな。当分放置。
【やらない夫】  村目。
【幽々子】    .一条吊り賛成派。当分放置。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やらない夫 「だから噛まないよ」
やらない子 「一条の立場で考えるんだ>守屋
この状況で、お前さんならどうするか? ってな
そうすりゃ、下界にいる時に思考が捗るだろ」
られっか代 「噛まれてたら嬉しいレベルで信用できないっす」
沢嶋雄一 「昨日急転直下のできごとがありました。
灰にありながらややぶっきらぼうな口調で共有とやりあってきた本多・正純氏。
彼女(?)から村の生命線でもある役職が告げられたのです。
デモニカ 「占い師CО
れっか代○」
月詠小萌 「みなさーん、おはようございます
先生あのタイミングで霊能ちゃん噛ませちゃった狩人が吊り逃れしても信用ないと思うのですよ
でもよくよく考えるとあのタイミングでCOして噛まれなければ吊ればいいだけだったのですよ」
一条 「占いCO
黒服○>小萌○>デモニカ●>シャア○>幽々子●」
西行寺幽々子 「おはよう。」
おにぎり 「おつかれさまでした」
やらない夫 「お疲れさん」
守屋ひより 「おつー」
られっか代 「こうなると」
キラーマジンガ 「おはよう」
デモニカ 「占い理由 
れっか代(48)「デモニカ狼枠だと思うのはいいんすよ
それで、一条吊れば良いって発言が出るのはおかしいと思うっす」
俺を吊りたがるのは銃殺出されたくない狼だと思ったから占った」
黒服 「キラー噛んでくれてもいい・・・そうすれば・・・られっか代が気づいてくれるかも知れん」
一条 「突然の狩人CO・・・
ここが真なら噛まれるし、偽なら生存
つまりどちらであっても占う必要はないな
幽々子、または沢嶋から二択か
これで銃殺できればいいんだがな・・・」
シャア 「お疲れ様だ」
本多・正純 「【狩人日記】

初日 護衛→さぼり 無残→GM
二日 護衛→一条 無残→おにぎり
三日 護衛→デモニカ 無残→絹旗
四日 護衛→キラーマジンガ 無残→黒服
五日 護衛→キラーマジンガ 無残→

【二日】
CO状況 + 発言が好みってんで、一発かけて一条護衛。
やっぱりまあイケメンが好きだよね世の中イケメンが全て。

【三日】
んじゃーこっち。ならベーグルだろ。
スライドされて抜かれても癪だし、
シャアが狼じゃない限りこういう噛みしないっぽいしな。
っつーことでデモニカ護衛。

【四日】
ぴゃあああああああああああ!!!!!
マイワイフKI - NU - HA - TAが落ちたァあああああああああ!!!!
護衛すりゃよかった、へんに気張らない方が幸せだった!!!
クソが、ふぁっく、マジファあああああああああっく!!!!!
もういいよ共有で。なんかのゲームん時にお世話んなったからこっち護衛。

【五日】
おーきーどーきー!!!
うんち!!うんこ!!百合!!!
いいんじゃねもう適当で。もう無理やろwwwwわろたwwwwwwww」
西行寺幽々子 「おはよう。

仮に、本多・正純が偽だった場合に困るのは狐だった場合かしら。
吊るタイミングがない上に狼次第で軽く絶望村にされてしまうか、もしくは占い師で吊り切っての狐勝ち。
逆に狼であるなら噛まれないことで見極めが付いて吊れば良い。」
沢嶋雄一 「日記は?」
守屋ひより 「私なら?マジンガ噛みですかね」
一条 「狩人偽なら2W1Fか・・・」
本多・正純 「私占ってねー時点で占い偽だろ吊れよ」
られっか代 「本多>一条と吊って、デモニカ狂人だったら、まあ狂人でなんとかしよう路線か」
シャア 「うむ。
清々しいほどのミスリードだな」
月詠小萌 「キツネか狼かわかりませんけど
正純ちゃん吊っておけば確実なのはわかりますよー」
キラーマジンガ 「終了間際狩人COやめてくれよ(絶望)」
ヒュウガGM 「一条、その占い結果は辛いと思うわ
正純狩狐になる」
やらない子 「狐が勝つとか、村が勝つとかじゃなく
「この時、狼ならどうするか?」って思考ができると、意外と狼に辿り着けたりするだろ
シャア、お疲れさんだ」
西行寺幽々子 「じゃあまあ、予定通りで遅いくらいだけど。」
デモニカ 「先に一条吊ろう」
沢嶋雄一 「この狩日記ははあまり信じられませんね」
本多・正純 「>マジンガ
あんな時間で指定されりゃそうなる」
沢嶋雄一 「問題は彼女が狼か、それとも狐かという点です。」
られっか代 「デモニカ>本多と吊って一条LWになりますように路線のどっちかじゃないっすかね」
デモニカ 「終了間際狩人COはどうかと思うけどな」
本多・正純 「>沢嶋
具体的にどのへんが?」
一条 「既に2W1Fだ、俺を吊ると絶望村確定する」
西行寺幽々子 「別に、おかしい部分はあんまりなさそうではあるのよね。」
キラーマジンガ 「ぐうの音も出ない
>本多・正純」
やらない夫 「あの狂人は何考えてるんだろうなぁ」
本多・正純 「ただ共有2択一外しただけでしょーが」
られっか代 「本多狐かんがえろっす>デモニカ」
西行寺幽々子 「指定が多少遅れ気味だったような気もするし。」
絹旗最愛 「うん、られっかはやっぱそこら辺ちゃんと提案するよね」
沢嶋雄一 「護衛理由が薄すぎます。
悩みの痕跡もみられない。」
デモニカ 「一回したいなし出せよ狼そしたら両方釣ってやる」
やらない子 「その場合、粛々と占いローラーだな>守屋
8でデモニカ吊り、6人の時点でLWCOをしても、信じてもらえず吊られちまう
6になるまでに狐を噛んで死体無しを出すのが、おそらく一番の正解だろ」
られっか代 「2W1狂1狐だったら、もう村勝ち目がないっす」
西行寺幽々子 「それが一番困るのよね。
ただもう、ルートには乗っちゃってるから。」
月詠小萌 「縄は3本なのですよねえ
わかりきっているところを残すか
わからないところを残すか迷いますね」
沢嶋雄一 「護衛先ではなく、護衛理由なんです。>本多さん」
シャア 「全く考えてなかったなぁ>人外がどう動くか」
本多・正純 「>沢嶋
そら初日以外悩んでねーし」
られっか代 「昨日本多つっぱらっちまえばよかったっす」
やらない子 「えっ>シャア」
一条 「幽々子見つけて全人外露出したので
幽々子>本多>デモニカの順でいいはずだ」
本多・正純 「それ以降は自分のルールに従って、即決よ」
沢嶋雄一 「なんかのゲームん時にお世話んなったからこっち護衛。」
やらない夫 「今回狼陣営に不幸が重なりすぎなんだよなぁ」
られっか代 「一条LW本多狐っていうのが、最も限りなくやばいっす」
守屋ひより 「うーん
私なら狼勝ちが見えなくなった時点で村殲滅の方を選ぶかもですね」
黒服 「いいぞ沢嶋・・・行けるぞられっか代・・・っ!
吊れ・・・吊れ・・・吊れ・・・っ!」
月詠小萌 「キツネと狩人の動きは似るとかいいますよねー
まねる?というのがただしいでしょうか?」
本多・正純 「いや、まあさあw」
一条 「本多は狩人かどうか分からんが・・・
それは明日生きてたら考えることにしよう」
デモニカ 「今日一条吊ろうぜ」
西行寺幽々子 「まあ、たぶん真でも偽でも同じ書き方したとは思うけれど。」
本多・正純 「共有2択に理由なんざ求めんなよwwwwww」
本多・正純 「占いの初日の理由くらいどうでもいいわwwwwwww」
シャア 「発言精査に全力を注いでたらむしろ視野が狭くなりました☆」
沢嶋雄一 「んじゃーこっち。ならベーグルだろ。

ぴゃあああああああああああ!!!!!
マイワイフKI - NU - HA - TAが落ちたァあああああああああ!!!!」
られっか代 「◇られっか代 「デモニカ>本多と吊って一条LWになりますように路線のどっちかじゃないっすかね」
◇られっか代 「本多>一条と吊って、デモニカ狂人だったら、まあ狂人でなんとかしよう路線か」

だから、このどっちかっす
デモニカ狐は不本意ながらすてるしかねーっす!」
西行寺幽々子 「一条狼、デモニカ狐。どのくらいあるかしら。」
カイジ 「られっか代・・・・・・押せっ・・・・・・!!押せっ・・・・・・!!押せっ・・・・・・!!」
やらない夫 「初日:共有投票してた占いの投票変えで狼吊られ
5日目:狐の狩人COの煽りでLW吊られ」
デモニカ 「共有2択だから選択間違えると大変だぜ」
本多・正純 「初手の形で一条が落ちないってこたあ」
やらない子 「うん、そういう狼がいるのも自由だろ>守屋
「どうせ勝てないから狐に勝ちを譲る」で死ぬ狼もいる、その場合は仕方ない
「引き分けを目指す狼」の場合は、狐を探すんじゃないかなぁと」
ヒュウガGM 「デモニカの発言が狐臭くて狐臭くて…w」
キラーマジンガ 「指定 デモニカ」
西行寺幽々子 「別に捨てずに先に吊れば良いわ。」
本多・正純 「狼視点、真贋がついてねえ」
沢嶋雄一 「一応つながりはあったんですよね
なのに彼女よりデモニカさんをを守ったにしては理由が薄いです。」
ヒュウガGM 「次善>マジンガ」
やらない子 「一条が初手でカイジを囲っていればな……w」
デモニカ 「していないと人外の組織票来るぜ」
守屋ひより 「まあデモニカ先ならなんとか…」
本多・正純 「ならベーグル。
っつーことは自動的にデモニカ護衛になるわな」
一条 「幽々子残して狼勝ちになるオチしかないだろ・・・
本多が狐でないことを祈るばかりだが」
デモニカ 「さらば下界」
西行寺幽々子 「その場合、おにぎり狂になるけど。」
黒服 「キラー・・・すまぬ・・・すまぬっ・・・!」
月詠小萌 「指定入っちゃいましたね
当たってることを祈りつつ投票なのですよー」
やらない夫 「それはあったがなぁ」
本多・正純 「そっちのが期待がたけえ」
られっか代 「じゃあもう一条LWか本多一条に賭ける感じっすかね
真ならもう噛まれとくれっす」
やらない夫 「それはそれで俺死にそうなんだよなぁ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
おにぎり 「うわーうわーうわー
あとやらない子さん遅ればせながら解説thanx>3日目」
キラーマジンガ は デモニカ に処刑投票しました
ヒュウガGM 「デモニカの発言からすると狐臭もするので
下界視点一番安全かもしれない
ただしデモニカ狐だと2W1狂残りの可能性は否定できないけど。」
デモニカ は 一条 に処刑投票しました
西行寺幽々子 は デモニカ に処刑投票しました
られっか代 は デモニカ に処刑投票しました
一条 は デモニカ に処刑投票しました
カイジ 「だが黒服占い師だと俺らが詰む・・・・・・!!>やらない子」
沢嶋雄一 は デモニカ に処刑投票しました
月詠小萌 は デモニカ に処刑投票しました
やらない子 「そういう時のための組織票さ>やらない夫
一条がカイジと投票先を揃えていたら、3票で幽々子が吊れたぜ」
シャア 「というより狼の進行を理解してないので
読みきれないというのが実情だな。4年の間何も考えずに過ごしてたのは伊達ではない(キリッ」
絹旗最愛 「こんどは狼がどこ噛むかマジンガ噛みの時に本多から吊れるかなっと
死体なし出れば問題ないけど。もしくは沢島ーコモエー幽々子から噛みか」
本多・正純 は デモニカ に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
本多・正純0 票投票先 1 票 →デモニカ
沢嶋雄一0 票投票先 1 票 →デモニカ
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →デモニカ
西行寺幽々子0 票投票先 1 票 →デモニカ
デモニカ7 票投票先 1 票 →一条
られっか代0 票投票先 1 票 →デモニカ
一条1 票投票先 1 票 →デモニカ
月詠小萌0 票投票先 1 票 →デモニカ
デモニカ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない夫 「そこは俺もミス>やらない子
投票読みしくじった」
本多・正純(妖狐) 「くっ!!!」
やらない夫 「お疲れさん」
デモニカ 「お疲れ様」
シャア 「お疲れ様だ」
守屋ひより 「おつー」
本多・正純(妖狐) 「狩人日記に矢を受けてしまってな…………!!!」
キラーマジンガ(共有者) 「・・・」
おにぎり 「おつかれさまでした。」
ヒュウガGM 「お疲れ様」
やらない子 「その時はその時だ、初手●なんて8割諦めりゃいいのさ>カイジ

初手カイジ●が出たら、カイジが霊能COでもすればいい
初手一条●が出たら、別にそれはカイジ自身の信頼にはさほど関係無いもの」
西行寺幽々子の独り言 「さて、どうしたものかしらね。」
デモニカ 「今きずいたが本田釣らせたいからシャア噛みだったな」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!」
やらない子 「これから毎日狼を希望しようぜ>シャア
お前さん、狼の時の動きがさっぱり読めないから怖いんだがな……w」
絹旗最愛 「吠えで結構気がついてる村人は多そうな気がする。」
デモニカ 「これは負けましたわ…」
黒服 「(キラー・・・聞こえているか・・・今お前の頭に直接話しかけている・・・)」
やらない夫 「あと黒服から●ありそうっておもってるなら>カイジ
黒服●用意しときゃいいよ」
月詠小萌の独り言 「先生そろそろ霊界に行く頃合になりませんか」
西行寺幽々子の独り言 「先に本多・正純吊りだと狼っぽいのがもう一人居る以上危ないのよね。」
やらない子 「(ファミチキください……)」
黒服 「(ファミチキ食べたい・・・っ!)」
シャア 「常に「初心者狼は何をするか分からない」状態だからな>やらない子
うん……頑張る……」
やらない夫 「昨日なー耐えれたらまーなんとかなんだけどなー」
キラーマジンガ(共有者) 「相互投票で片方が本物か両方偽か おにぎりが本物か?」
ヒュウガGM 「(イオナ姉様のプロマイドください……)」
やらない子 「それいいな>やらない夫
●を貰ったら●で返す、結果として占い4COになっても狼同士の茶番に見えて黒服が噛めるかもな?」
カイジ 「(ファミチキもいいがからあげクンだよな・・・・・・!!)」
キラーマジンガ(共有者) 「もう占いはいい 残ったのを考えなければ」
黒服 「不正はしない・・・っ!(迫真)」
シャア 「キシリア様のプロマイドを差し上げよう>GM」
守屋ひより 「イオナときいて某小学校教師を思い出すのは私だけかな?」
やらない子 「(騙されたと思ってスパイシーチキン頼んでみろ……!)」
デモニカ 「(だれかファミチキかってきてくれ…)」
やらない夫 「割りと用意自体はするようにはしてる」
絹旗最愛 「後まあ、ちょっとだけひとりごとをいうと、灰の広さを気にすることが正しいか
間違ってるかで死ぬんじゃなくて、灰の広さを気にしたことを人に見られたから死ぬんだよっと」
一条(人狼) 「 」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫 「あとは適当に灰に●ぶん投げる用意」
やらない子 「(骨なしフライドチキンも捨て難いな……)」
デモニカ 「何も考えてないから狂人なのさ」
シャア 「(無言でチキンにレモンをかける作業)」
黒服 「吠え0・・・っ!
LW・・・っ!圧倒的LW・・・っ!」
ヒュウガGM 「スピリッツだかにあったような…なかったような
うーん 実際に読んだことないからわからないわね」
守屋ひより 「ああ それはあるかも
たださっきもメタ発言したけどあの状況だと話せる内容が他に思いつかなかった
残念な思考能力が憎いでござる」
黒服 「(それをやったら・・・戦争だろうが・・・っ!)」
ヒュウガGM 「イオナ姉様のもののみ受け付けるわ>シャア」
カイジ 「(戦争だっ・・・・・・!!)>シャア」
一条 は 月詠小萌 に狙いをつけました
月詠小萌 は無残な姿で発見されました
(月詠小萌 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
月詠小萌さんの遺言                                       ,. ‐''" ̄` >:- 、
                                     /  ,,-''"´  ¬:、\
                                 ;/ / /′ ,  i!   ヽ ゙:、
                                    / / l i _,∠イ /!ハ i |   ゙:,
                               /ィ.:/ !レ'シ// リ !゙ト、!||N
                                 l/j::{ ハ.| ≡'" ′ /l/l / , l! l
                                イィリ! ハ| ""     ≡ jイノイハl
                                '゛V!ト、     "" /":|  先生、村人でした
                                     /⌒゙ト、 °  _, イ/V
                                    /     !、`√「ヽ
                                  ∧_゙;、   l ゙゙′l/ }
                               ,/:::::::::|   l::. ..::l /
                            r'": : :::::::::!  .l::...:::/ i
                     ,..-===fΥ゙、  : : :::|  :l::::::/  i
                   /ッr''''¬―- j! i ゙:、  : :|   :レ'!   i
                  くT'゛ ヽ  ノr''"j゙:、:、 \  :::!  { |  l
                    /|   У |::.,r''::ヽ.\,,_,>‐'゙|   :i |   !
                       ヽ|   「  .j/:::::;ノ´,r`'''´  j  :| l   !
    _,,,,_       _,ィ-ッ,,_  j    ゙;、__/`::::::!:::::ヾ    l  l :! |
 ,,.-‐'゙  /''''ーッ,,_r''"く_,,、'゛ /ア|    K;;_:;:-v';;;;;:::ム,   l  :i  | └:、
/′ i!i!8人,r i′  ̄`゙゙゙゙``丶<」,    i ̄ ̄`丶、  ヽ   | | ヽ、、_三ュ
゙ -‐''"´   ``′`丶 、           /,,_     `  l.   | !   `''′
              ` 丶 、    /  ``丶 .. __ ノ   〈   、ヘュ
                  ` ー- '              └L!」∪
デモニカさんの遺言 占い師CO
おにぎり○>シャア○>やらない子●>月詠小萌○>れっか代○
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
やらない夫 「ひより粘着投票は灰気にしすぎたんで役目だとおもいました(KONAMI
本多はかなさんっぽさを感じつつあの状態のかなさん高確率で人外だと思ってました」
守屋ひより 「おつー」
シャア 「お疲れ様だ」
デモニカ 「お疲れ様」
ヒュウガGM 「お疲れ様
お望み通りの霊界よー」
られっか代 「やだなぁすごく」
西行寺幽々子 「おはよう。」
本多・正純 「護衛→られっか代 無残→

【六日】
私がいる状況で共有噛まねーと思う、
+ 沢嶋が無闇に私殴ってるっていう観点上人外くせーな、っていう思考で、
護衛先が3択(そら一条抜きますわ)。で、
小萌先生がなんか私をかばってるけど投票してたし良いイメージがないので、幽々子orられっか代護衛。
後はサイコロにまかせたの巻!!」
一条 「占いCO
黒服○>小萌○>デモニカ●>シャア○>幽々子●>られっか代○」
月詠小萌 「おつかれさまですよー」
やらない子 「イオナ (漫画)
『イオナ』は、澤井健による日本の漫画
『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。単行本は全9巻(小学館)
青年誌にしては珍しく、露骨な性描写が無い」
沢嶋雄一 「本多・正純氏が真狩人の場合、共有護衛しかできないでしょう。
たとえその増えた一吊りが、自分に使われるとしても。」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!」
やらない夫 「お疲れさん」
デモニカ 「引き分け√やな」
一条 「られっか代が完全に視界の外だった・・・
ならば沢嶋と小萌の二択になるな
状況的には今夜本多を占うしかないのだが
真狩人噛み合わされて狐見逃し、これだけが怖い
ならば完グレの狐候補が最少になる方を選ぶぞ
昨日と同じく二択・・・やや沢嶋が村っぽいか?」
キラーマジンガ 「おはよう 」
本多・正純 「はい2択ー!!!また外したよォー!!!!」
おにぎり 「お疲れ様でした。」
デモニカ 「見間違い
5人追ったな」
西行寺幽々子 「囲いなしなら、そのまま一条吊りで続行。」
られっか代 「本多>一条で」
本多・正純 「>沢嶋
あん?」
シャア 「(かかってくるが良い……私は一般人とのフェンシングで致命傷を負うレベルの実力だぞ……!)」
ヒュウガGM 「それかな>やらない子」
やらない夫 「引き分けはねーとおもうけどなー」
月詠小萌 「一条ちゃん狼でしたかー」
沢嶋雄一 「月詠小萌さんが噛まれましたか。」
本多・正純 「共有護衛、しねーなァ!!!」
られっか代 「本多狐で一条LWって言うのが一番嫌な負けっす」
黒服 「吠え・・・っ!誰か見てる奴は・・・っ!」
カイジ 「これは本多吊っていいだろ(迫真)」
ヒュウガGM 「狐勝ちか村勝ちだと思うわ」
一条 「ん?何故2択なんだ」
本多・正純 「GJ出さんと負けるしなァ!!!」
西行寺幽々子 「狐かあ、狐。
沢嶋雄一狼私切れないのよ。>られっか代」
絹旗最愛 「ぶっちゃけられっかが正しい進行指摘しててもキラーマジンガが
それを理解しないと本多はつれない。でちょい初心者っぽい?から
負けっぽい」
られっか代 「本多狐で2W残りならどのみちかてねーっすし」
月詠小萌 「正純ちゃん吊らないとだめですよー」
沢嶋雄一 「共有が抜かれたら、あなたは狐として吊られてしまったと思います>本多さん。」
本多・正純 「それで共有護衛なんざしねーなァ!!!」
やらない子 「本多と一条、どちらかにLWというのはみんな見ていると思うだろ
問題はどっちを吊るか、なんだ

一条がLWも、本多がLWも等しくありえる」
本多・正純 「>沢嶋
ほう。そういうことを言うか」
絹旗最愛 「でわりとここでられっかの言ってることを理解するのは多分結構
慣れてる人じゃないときびしいっぽい」
本多・正純 「なら逆に聞くぜ」
られっか代 「私は、本多さんを狼と見るか狐と見るかしか考えて無いっすもん」
本多・正純 「私が偽でこんな、今日の狩人日記出すか?」
西行寺幽々子 「だから優先度としては本多・正純を残して一条吊りでもしかしたら絶望村。」
沢嶋雄一 「どうぞ。逆インタビューですね。」
本多・正純 「出さへんなァ!!!」
一条 「繰り返し言っておくが、本多が狐かどうかまでは分からん
だが、LWの作戦は恐らく本多と俺を吊っての逃げ切りだ
LWで幽々子見つけたが、俺偽を強く押せば逃げ切れると踏んでるだろうからな」
沢嶋雄一 「えー。」
本多・正純 「無難に共有護衛の日記出すなァ!!!」
黒服 「られっか代・・・っ!
頼む・・・っ!引っ張ってくれ・・・っ!
村を・・・相方を・・・っ!」
絹旗最愛 「安定のろらしちゃうんじゃないかなーとそこは責められないね」
西行寺幽々子 「出すわね、極自然に。」
沢嶋雄一 「すいません。もっと楽しい会話を期待していました。」
ヒュウガGM 「一条狼はほぼ濃厚
正純狼かはわからない

両方吊るというのなら順番は後者から、となるのがロジックだけど
あとはマジンガに期待
初心者だから とかそういうのはなしなし。」
やらない子 「ただ、本多がカイジ投票者である、ということを考えると
一条狼にたどりつくんじゃないかしら。身内票の可能性は決してゼロじゃないとしても」
本多・正純 「これは私の、本当に本気の、村陣営の勝利を目指しての護衛日記ととらえて欲しい」
やらない夫 「というより本多がくっそ怪しいんで」
一条 「つまり俺としては本多>幽々子の順以外に村勝利はない
それだけは断言しておこう」
西行寺幽々子 「キラーマジンガ、指定は確実になさい。」
本多・正純 「共有抜かれりゃ批判もらうのわかってんだよ」
守屋ひより 「ただ3-1進行で狐が占い騙りに出てる可能性
どこまであるか、ですな」
月詠小萌 「LWって言っちゃってますねー」
キラーマジンガ 「10秒くれ」
本多・正純 「わかってっけど、GJ出さなきゃどっちみち負けだろ」
やらない夫 「状況的に一条狼見るなら本多吊りにしかならんけどどうだろ」
西行寺幽々子 「誰を吊っても構わないけれど、票がどう考えても割れるから。」
られっか代 「一条さん吊ると狐が勝ちそうな気しかしねーっす」
沢嶋雄一 「そう・・・ですね。
3日ほど前から感じていたことですが。」
本多・正純 「なら賭けるわ。2択に」
黒服 「ギリギリだよ!」
やらない夫 「あるっちゃあるよ」
本多・正純 「それが狩人だろ」
やらない子 「10、9、8……」
られっか代 「40秒でしたくしな!」
絹旗最愛 「そこら辺はキラーマジンガしかわからないさー>どうなんだろ」
やらない子 「ヒャア! がまんできねぇ、0だ!」
西行寺幽々子 「私は一条吊りで本多・正純が狐ならおめでとう、を推すわ。」
月詠小萌 「ママ、おちるぅ~」
ヒュウガGM 「こういう経験がマジンガを強くする。」
沢嶋雄一 「たぶん、思ってるだけではダメなんだと思います。
ことばにして、形にしないと。
共有や村に伝えないと。」
キラーマジンガ 「ごめん本多指定 信じられない」
黒服 「乗っ取る場合かァーーーーーッ!」
絹旗最愛 「おーすばらしい」
カイジ 「マジンガああああああああああ!!!!」
シャア 「素晴らしい!」
ヒュウガGM 「こういう経験は初心者だというのなら早めにしておくべき。
成功でも失敗でもね」
やらない子 「ベネ(よし)」
西行寺幽々子 「それに対処するなら10人時点でのやらない夫吊りが無駄だった。」
月詠小萌 「マジンガちゃんナイスですよー!」
ヒュウガGM 「お見事。」
守屋ひより 「おお英断」
一条 「そもそも幽々子との二択ってのがありえないだろう?
幽々子がLWだから噛まれることはないし
俺が偽だと思うなら、尚更幽々子は噛まれることはない」
デモニカ 「まぁマジンガさんにはがんばってほしいよね」
本多・正純 「>マジンガ
後1日でいいからくれ」
黒服 「キラーアアアアアアアアアアアア!!!!!
エンダアアアアアアアアアアイヤアアアアアアアアアアア!!!!!」
おにぎり 「お見事」
やらない夫 「まぁだろうなぁ」
絹旗最愛 「すごいね~慣れてない共有は狩人に頼りがちだから残すかとおもったけど
おみごと」
られっか代 「デモニカもそもそも、私視点囲いなしなので真だった可能性も」
沢嶋雄一 「デモニカのこしもありえたと思います。
たらればですが。」
西行寺幽々子 「2Wだったら、それはそれね。
良いわ、擁護する気はないから。」
沢嶋雄一 は 本多・正純 に処刑投票しました
本多・正純 「2択2回外して吊られてちゃ狩人やってられん」
西行寺幽々子 「ないわね。」
一条 「つまり、本多視点で俺は何なんだ?ってことになるな」
西行寺幽々子 「真でも吊るわ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヒュウガGM 「マジンガにとってはこの経験はホントにいい経験になったと思う
そういう村のGMになれて光栄」
やらない夫 「で最終日まぁマジンガ残して幽々子狼あるかどうか悩んでもらうかんじだな」
られっか代 は 本多・正純 に処刑投票しました
西行寺幽々子 は 本多・正純 に処刑投票しました
キラーマジンガ は 本多・正純 に処刑投票しました
月詠小萌 「占霊共抜かせて2日も噛まれない狩人は吊るしかないのですよ」
一条 は 本多・正純 に処刑投票しました
やらない子 「……ま。わかんねーもんだろ、村の勝ち筋ってのは>守屋
今回は黒服とマジンガ、それに村人たちが正解してくれたおかげだな」
やらない夫 「あーのこってりゃあなぁ」
やらない夫 「いやそもそも」
デモニカ 「頑張れマジンガ
そして失敗してくれ」
カイジ 「これられっか噛みしかねぇよ狼・・・・・・w」
やらない夫 「共有指定されて一拍挟んでる時点で吊るよ」
守屋ひより 「ですねぇ
普通はやらない夫が残ってて終わりそうなものでしたが」
やらない子 「いやぁ、しかしイイモノを見させてもらったぜ
ちょうどBGMにガンダムUCかけてるんだ」
本多・正純 は 沢嶋雄一 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
本多・正純5 票投票先 1 票 →沢嶋雄一
沢嶋雄一1 票投票先 1 票 →本多・正純
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →本多・正純
西行寺幽々子0 票投票先 1 票 →本多・正純
られっか代0 票投票先 1 票 →本多・正純
一条0 票投票先 1 票 →本多・正純
本多・正純 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キラーマジンガ(共有者) 「・・・」
ヒュウガGM 「まぁ、そういうことよね>やらない子
諦めたら終わりなのはどんなことでも一緒

今度同じケースになったら信じてみて
…今日みたいになるかも。>ひより」
シャア 「お疲れ様だ」
られっか代の独り言 「クッ」
本多・正純 「っくくあー!!」
守屋ひより 「おつー」
おにぎり 「お疲れ様でした。」
やらない夫 「お疲れさん」
デモニカ 「お疲れ様」
ヒュウガGM 「お疲れ様
暴れるだけ暴れたわねー」
西行寺幽々子の独り言 「さて。」
キラーマジンガ(共有者) 「2wだったらほぼオワタ
LWであると願いたい」
本多・正純 「おつかれさま!一歩及ばずかあwwwww」
月詠小萌 「おつかれさまですよー」
られっか代の独り言 「くっ殺せっす!」
一条(人狼) 「さて、奇策の時間だな・・・」
絹旗最愛 「おつーいい狐だったよー、がんばた」
やらない夫 「正純のガワかぶったなにかにしかみえねー」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!
そしてナイスガッツ・・・・・・!!」
黒服 「感動した!良くやってくれた!
キラーお前俺なんかより全然強いよ!」
キラーマジンガ(共有者) 「られっか代死体で見てた やばい」
シャア 「本多?ああ……ネタ枠として除外してたよ……」
られっか代の独り言 「この、2Wかもって思う瞬間」
西行寺幽々子の独り言 「案外、LW担当は落ちていて正解だったりしたのかしらね。」
られっか代の独り言 「たまんねーっす」
やらない子 「やらない夫吊りには、狂人のデモニカも絡んでたか
「狂人には狼がわからない」ってのがうまいこと村に利した形だな」
黒服 「お前のRPは何だったんだ」
カイジ 「◇一条「さて、奇策の時間だな・・・」
一条・・・・・・お前何をやる気だ・・・・・・!?」
やらない子 「◇キラーマジンガ(共有者) 「られっか代死体で見てた やばい」

www」
一条(人狼) 「残る占い先は沢嶋しかないが・・・
られっか代噛み+銃殺によって、俺が真証明したならば
その時点で幽々子吊りは確定することになる・・・」
ヒュウガGM 「プランBしかないわね>カイジ」
やらない夫 「そこがなぁマジ勘弁してくださいというあれ」
月詠小萌 「先生なにがおこるかちょっとわくわくしますよ」
守屋ひより 「仰りようは理解できます>GM
自分が下界にいる状態であればそうするでしょう
しかし霊界では手の施しようが無いです」
やらない夫 「あるわ」
ヒュウガGM 「ははわろす>マジンガ
でもそういうこともあるわ」
やらない夫 「られっかとねらうおマジで死んでるように見える時がある」
カイジ 「マジンガwww」
キラーマジンガ(共有者) 「幽々子●か? 一条は信じたくないが」
一条(人狼) 「つまり、幽々子LW視点では沢嶋に噛み合わせしかなくなるわけだ
そうなると逆にそれを読んでということならばどうか?」
本多・正純 「>GM、絹旗
そもそも基礎の力がねえからこんな枠に…………!!
ありがとー!本当ありがとう!w」
絹旗最愛 「というより最終日にしないと勝率村が稼げないゲームだから
残り4吊りパーフェクト自体はとてもふつー」
やらない子 「霊界にいるときは高みの見物をすりゃいいのさ>守屋
下界のことは下界の連中に任せてファミチキでも食おうぜ」
ヒュウガGM 「ええ、もちろん
だからこそ願うんじゃない
だからこそ祈るんじゃない

下界にいたら自分が頑張ればいいのよ それこそ、ね>ひより」
黒服 「自力で吊りに言ったというのか・・・っ!
キラー・・・恐ろしい子・・・っ!」
西行寺幽々子の独り言 「狂狼狐、デモニカ狼-本多・正純真のパターンだけ一条狐があるで良いはずよね。」
月詠小萌 「マジンガちゃん…」
キラーマジンガ(共有者) 「●は自分に●出したやつは噛まないよな 身内切りあり得るが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
守屋ひより 「なるほどねぇ>絹旗最愛」
やらない子 「ただし下界にいる間は最後まで諦めない
村人でも狼でも諦めずにやれば、意外となんとかなるもんだろ」
ヒュウガGM 「◇キラーマジンガ(共有者) 「幽々子●か? 一条は信じたくないが」

アレ。なにか雲行きが」
絹旗最愛 「単純な話6人で狼を吊り切ってゲームが終わるということは吊りが増えないゲーム
の場合において狐をいつつってるんですか?という話になるので」
守屋ひより 「私はファミチキよりからあげ君派ですかね
チーズ味は私のジャスティス」
黒服 「ちょっまっ落ち着け・・・っ!
深呼吸・・・そうまずは深呼吸だ・・・っ!」
やらない夫 「狐って左手で薙ぎ払えば消えてるって教わった」
黒服 「ヒッヒッフー!ヒッヒッフー!」
一条 は 沢嶋雄一 に狙いをつけました
沢嶋雄一 は無残な姿で発見されました
(沢嶋雄一 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
沢嶋雄一さんの遺言 さて、最終日。ですね。
到着したと言うことはLW。

一条狂の可能性→なし。(おにぎり真でデモニカ狼狐)
一条狐の可能性→あり。しかし絶望
一条狼の時→吊るしかない。
一条真の可能性→あり、ゆゆこ狼

今回は素村の役で潜入してみました。
えー、以上、コードレッド、ナンバー2137、アウトします。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
やらない子 「からあげ君、もう少し安くならない?>守屋
120円くらいなら週1で買うのだけど」
守屋ひより 「妊婦さんかw>黒服」
カイジ 「ラマーズ法・・・・・・!?>黒服」
守屋ひより 「おつー」
月詠小萌 「おつかれさまですよー」
西行寺幽々子 「おはよう。」
られっか代 「くっ!殺せっす!」
デモニカ 「役持ちってグレランで吊れたは甘えって教わった」
西行寺幽々子 「共有者が正解だったみたいだから、最後まで預けてみようかしら。」
一条 「占いCO
黒服○>小萌○>デモニカ●>シャア○>幽々子●>られっか代○
>キラーマジンガ○」
絹旗最愛 「狼としても残り4人-3人の最終日にしたいし、吊りは増やしたいぐらいの勢い
だしね。狐なんてケアれるだけケアらないと死なないし」
ヒュウガGM 「お疲れ様」
おにぎり 「お疲れ様でした。」
本多・正純 「お疲れ様。自宅に帰ってやれよwww」
やらない夫 「お疲れさん」
一条 「残りの狐候補は沢嶋のみだが、俺の占い先はそこしかなく
られっか代or共有噛み+銃殺なら俺が真証明になる
ということは、幽々子が沢嶋を噛むしかないのは確定だろう
狐ならば死体なしの吊り切り、死体ならば村確定
どちらにしろ占う必要がない状況ということになるな
つまり、あえて占いを外すという選択をさせてもらうぞ」
キラーマジンガ 「おはよう」
デモニカ 「お疲れさま」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!」
やらない子 「違うぞ黒服、呼吸法はこうだ

コオオオォォォォォ……!」
守屋ひより 「おいマジンガ占うなよw」
キラーマジンガ 「正解だったか」
黒服 「お前なら突っ込んでくれると思ってた>ひより」
シャア 「お疲れ様だ」
沢嶋雄一 「く、噛まれてしまいましたか。」
一条 「ううむ・・・あえて外したが失敗か」
西行寺幽々子 「えっと、流石に。
一条の偽要素を挙げろと言われると、全てが偽としか言えないのだけれど。」
やらない夫 「なんでマジンガ占ってるんだよ」
ヒュウガGM 「ほー>一条

面白い 面白いけど そこまで見てくれるかしら」
黒服 「波あ、あれはっ!は、波紋!」
やらない子 「刻むぞビート! ……えーと、なんとかのヒート!」
られっか代 「こんな生き恥を晒すくらいなら
くっ 殺せっす」
キラーマジンガ 「ごめん 悩む」
一条 「まぁいずれにせよ沢嶋は死んだということで
幽々子LW 狐なしの状況が確定したわけだな」
デモニカ 「そこしか占う予定ないから>>やらない夫」
やらない夫 「マジンガぶれてくんねーかなぁ」
ヒュウガGM 「なんというか 凝りすぎて失敗するとかいう
私のよくやる失敗っぽくて
凄い親近感」
守屋ひより 「マジンガェ…」
西行寺幽々子 「むしろ、狂狼狐で一条狐のられっか代狼の絶望を考えるまで行くのだけれど。」
月詠小萌 「なやまないで?!」
本多・正純 「なんか橙色のヒートや!」
カイジ 「一条マジガンガレ。マジ殴れ。」
デモニカ 「ぶれろ
ぶれろ」
られっか代 「なやむっていうか一条つるすっすけどね私は」
西行寺幽々子 「ただ、投票は一条固定するわよ。確実に。」
やらない子 「素直ヒート!」
おにぎり 「なにを悩む」
沢嶋雄一 「ジョインさんよりさきに噛まれたのは初めてかもしれない」
ヒュウガGM 「いや、沢嶋が自分のグレで残ってた>デモニカ
でもあえて占わないということして真アピに使った

だからおもしろい」
られっか代 「幽々子残しって言う風に考えてて」
西行寺幽々子 「悩むと言うなら、要素は挙げるべく努めるけれど。」
守屋ひより 「ああ これ狼よくて引き分けだわ」
黒服 「待て悩むな」
カイジ 「俺クール派なんだよな・・・・・・。>やらない子」
一条 「昨日も言ったが、おにぎりで漂白した時点から
俺を偽として吊るという作戦だったのは確実だな」
シャア 「自分の推理と身中するのだ>マジンガ
今はそれをしてもよい時だ!」
られっか代 「それ覆すくらいのなんかは無かったっす」
本多・正純 「狐の勝利はどこに…………」
やらない子 「人生……かな>おにぎり

いや、可能性としてはあるのよ、一条真だって
一応な? 破綻していないわけだし、だから悩むのは正しい」
西行寺幽々子 「今の今まで噛まれていない、とか。
一条が真なら三日目の時点で噛まれている、とか。

これは確か相当数の人が言っていたはずよね。」
ヒュウガGM 「この状況で引き分けに持っていけるなら一条は勝利といっても過言ではないけど
マジンガは果たしてどうするのかしら」
黒服 「震えるぞハート燃え尽きるほどヒート」
キラーマジンガ 「一条は偽と見ているが幽々子も人外っぽい」
守屋ひより 「真なら共有なんて占わない ミスじゃない限り」
守屋ひより 「ですよね先生方?」
本多・正純 「うーん」
やらない子 「むしろ「はいはいどうせ一条さん狼っすねチョリーッス」で思考放棄すると、落とし穴にハマることもあるだろ
最終日に早投票した結果が敗北、なんてのはザラだもの」
沢嶋雄一 「共有の指定がみごとでしたね
本多吊りに踏み出すには、僕らはもう一歩勇気が足りなかった。」
られっか代 「正直2回本多占ってないっちゅーのは
あと、デモニカ占い薦められてデモニカ狼しか無いだろうって言っているのもまた」
西行寺幽々子 「六日目の発言、私を吊らないと絶望村と言っていて吊らなかったとか。」
絹旗最愛 「私ここまで飼い狼の形で狼が真狂狐を主張して勝ったのは見たことないかな。
ないよね?ない」
やらない夫 「悩んでくれそうです」
一条 「そうだな、噛まれなかった理由も結局のところ
俺を噛めば、俺の真が確定するからな
だから噛まなかったというより「噛めなかった」のだろうよ」
やらない子 「だから悩めばいいんだよ、一条と幽々子を比べて
そのために時間があるのだから

あ、迷ったら信頼している村人に丸投げな」
黒服 「キラー落ち着け・・・っ!
有り得ない・・・一条が噛まれないと言うことは・・・
真なら・・・初日の段階で・・・っ!」
やらない夫 「まず勝てんよ」
られっか代 「真狂狐で、おにぎりがベグられたっちゅー可能性が一条視点であったかなっていう」
西行寺幽々子 「指定に対する説得も弱ければ投票で意を示すことすらしなかったとか。」
キラーマジンガ 「一条指定 悩んだ結果だ」
月詠小萌 「られっか代ちゃんいいつっこみですよー」
やらない夫 「つうてもたぶん初日の占い見たら俺一条護衛するぞ」
一条 「狼はデモニカと幽々子で確定している
かつ、共有の指定はデモニカ吊りだった、だからデモニカを吊った >幽々子」
守屋ひより 「終わり」
られっか代 「別に指定する必要は無いっすよ
最終日っすから」
本多・正純 「いいなー」
一条 「ほう、最後の最後で選択ミスか・・・」
ヒュウガGM 「まぁ普通は>ひより
だけど狼騙りでもここは噛み合わせなのが普通なので
あえて占い外したということを真アピに使うパターンは初めて見るので
通用するかどうか興味深い」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
西行寺幽々子 は 一条 に処刑投票しました
本多・正純 「楽しそう」
られっか代 は 一条 に処刑投票しました
キラーマジンガ は 一条 に処刑投票しました
デモニカ 「占い守りにいこうぜ>>ひより」
やらない子 「そこなんだが>守屋
今回に限り、「呪殺を出さないために」……

……うーん?
一応、沢嶋が狐の場合に吊り数が増える可能性がワンチャン……?」
本多・正純 「決定か」
カイジ 「さて・・・・・・焼き土下座するか……。」
一条 は 西行寺幽々子 に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
キラーマジンガ0 票投票先 1 票 →一条
西行寺幽々子1 票投票先 1 票 →一条
られっか代0 票投票先 1 票 →一条
一条3 票投票先 1 票 →西行寺幽々子
一条 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
一条さんの遺言 あたり
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/01/14 (Tue) 00:57:47
月詠小萌 「やりましたよー!
まじんがちゃんはなまるあげちゃいます」
一条 「まぁ無理だよ、これwww」
キラーマジンガ 「お疲れ様だ」
られっか代 「おつかれっす」
シャア 「お疲れ様だ」
黒服 「いや、この理由であるならば納得するかも知れん>ひより
問題はそれ以前で真は見てないんだがね」
本多・正純 「お疲れ様」
ヒュウガGM 「マジンガぐっじょぶ。」
キラーマジンガ 「胃がやばい」
沢嶋雄一 「えー、決着がついたようです。
結果は・・・・村勝利!村の勝利です!」
デモニカ 「お疲れ様マジンガさん」
守屋ひより 「おつ」
本多・正純 「まあ無理だなwww>一条」
絹旗最愛 「おつかれさまー共有はがんばったというか村ががんばった」
やらない夫 「すまん。お疲れさまだろ」
西行寺幽々子 「村っぽかったことは一度としてないから、負けたらそれはそれで楽しかったでしょうね。
お疲れ様。」
黒服 「                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
             |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,-=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      完走おめでとう・・・・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    z-..,〃、             ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /    ミ              1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl  |   刀、ミ           _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/  |  ノ= ∠i         /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   __/ (ll ー゜\|ヽ.       /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|  l|. ll7| ヽu=/l二ll二l'''ヽ  /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|  | | llヽ|w-ヽ/Nヽll  |  | /≡:::/≡≡≡≡≡≡
シャア 「そうだな、私が言えるのはこれだな

勝利の栄光を、君に>キラーマジンガ」
月詠小萌 「みなさんおつかれさまですよー」
られっか代 「◇デモニカ
 (バッパラ◇
enBbjKggDI)
[狂人]
(死亡)
◇られっか代(51) 「デモニカもそもそも、私視点囲いなしなので真だった可能性も」

くっ殺せっす!」
やらない子 「でも、それなら本多を先に占うと思うんだ……うん

お、お疲れさん
見事だったろ」
カイジ 「お疲れ・・・・・・!!圧倒的お疲れ・・・・・・!!
一条……初日に吊られてしまってすまない・・・・・・!!」
おにぎり 「お疲れ様でした!マジンガお疲れ!」
絹旗最愛 「んじゃまたどこかで。」
カイジ
 カイジ、焼き土下座1050年の刑……!!

  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_  
  /三三j='rー、\_>、)_℡, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎」
やらない夫 「狩人CO出た時残れるといいんだがそれまでであかんかったくせぇ」
キラーマジンガ 「ありがとう・・・!!!
優しいおじさん・・・!!!」
シャア 「占いローラーでLW確定だし狐探そう!
……ヒャッホウ傍観位置が二人もいるぞ!ひより!小萌!待ってろォ!


◇守屋ひより   ◇月詠小萌
  [狩人]       [村人]

: : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄
        シャア          ララァ」
沢嶋雄一 「それでは今日のMVPにインタビューしてみましょう
見事狐をつりあげた、キラーマジンガさんです!!!

今のお気持ちを・・・・・すでに述べていましたね。」
ヒュウガGM 「胃がやばくなった代わりに気分はどうかしら
とてつもない疲労感と、ちょっぴりくらい以上の達成感があると思うのだけど>マジンガ」
守屋ひより 「正直残り吊り4の時点での勝率計算したら
1.25%という素敵な数字が出て絶望してました」
やらない子
                 ../ ̄ ̄\
                /  ヽ    \
               (●)(● )    |
                | |       |    デモニカ? 俺に●の時点でどう見ても偽だろうよ!>られっか代
                |__`_       |
                {`ー'´     /
                 {        /
                 \     / ⌒ヽ、
                / / ハ  // | i   i
                l Y L __ / ヽ!   !___
                ∨     |  | | |
 ______       /     ,.   !   ! | |
 l        l       ヾ、..:::..  `. ..::: _L  l | |」
本多・正純 「畜生……畜生…………!!」
シャア
               /l
            /´l ヽ,-,_/l
           / __,,,\l i iイ
         ∠'''ニ/⊂⊃, r.,::l  うん……
        <;;;;l:::ノ  .__ ノ`t'::l
       彡 >  , (``l) /:::::ゝ   済まなかった……>ひより・小萌
      /   \l .`-二-'
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.」
デモニカ 「一条は吊ろうとしてごめんね」
本多・正純 「初日から狐と狩に票が飛ぶ村がおかしいねん…………!!!
クソっ…………!!!」
西行寺幽々子 「本多・正純吊りが正着で、案外慣れちゃうとこれ出来ないのよね。
キラーマジンガがお見事だったわね。」
一条 「む、お前は黒服・・・やめろ、地下労働はいやだーーー」
キラーマジンガ 「達成感やばい 2択問題だったのに」
絹旗最愛 「それは計算式が間違ってる>ひより」
やらない子 「うん、先に……狼を吊ろうぜ!>シャア
身内票を考えるなら、もちろん守屋も狼候補ではあるけれど」
月詠小萌 「シャアちゃん…」
黒服 「誇っていい・・・このむらのMVPはお前・・・っ!>キラー
間違い無く・・・っ!誰が何と言おうと・・・っ!」
ヒュウガGM 「でも、数字じゃなかったでしょ>ひより
確率なんて飾りってことよね」
やらない夫 「られっか女騎士目指してんの?
られっか代は女騎士を目指すようですっていうスレ誰か書く予定ある?
守屋ひより 「まず真占い噛み→狩人吊り→霊能噛み
この流れで勝てる村って希少価値だと思うのじゃ」
西行寺幽々子 「身内切り……うっ、頭が……。」
やらない子 「2択でも10択でも、正解は正解だろ>マジンガ
お前さんは見事に正解したんだ、すげぇだろ

村もやらない夫吊りから、本多指定のアシストとお見事
下界にいないのが惜しまれるだろ、いややっぱ俺霊界でいいや」
本多・正純 「だー!!
もうなんというか共有お見事!!
私指定もお見事だし、再指定もお見事、
内訳の整理もよくできてた!!もげろ!!!」
カイジ 「られっか代はTAS代だろ?>やらない夫」
沢嶋雄一 「ちなみに私自身、投票で誰もつり上げていません。
大きな影響を及ぼさないですみそうです。」
シャア 「うん……そうする……>やらない子」
ヒュウガGM 「真占い噛み→狩人吊りの間に狼吊ってるので
ぶっちゃけそうでもないと思うけど>ひより

狼吊れてないならうわぁって言ってもいいかもだけど」
一条 「作戦
本多狐扱い→俺ケア→終わらない、やはり幽々子が狼か!

現実
やらない夫が吹っ飛んだ」
月詠小萌 「死んでなきゃおかしい人がいつまでも残ってることに気が付けば
もう少し気持ちが楽だったと思いますよー」
本多・正純 「そいでは失敬、村建てありがとうございます、同村感謝!!
お疲れ様でしたー!!」
デモニカ 「狼二人で相互○出しとかすごい面白い戦法
こんどやって見よう」
キラーマジンガ 「ない夫人狼だったのかよ 一人グレランしてた
狩人COのせいで」
やらない子 「初手で狼が吊れたからな>守屋
初手狩人吊り→占い噛み→狂人が村に●で吊り→霊能噛み→

こんな村でも、村が勝つときは勝つだろ」
一条 「ところがどっこい、現実なのです、これが現実・・・!!」
おにぎり 「初日狼吊りじゃなかったらアウトだった。狩人は仕事してたよ>ひより」
シャア 「ではログ読んで落ちるとしよう。
諸君、お疲れ様だ」
守屋ひより 「そこ以外に救いが無かった、というのが正直な見解ですね>GM」
やらない夫 「これなぁ狼残ってるかどうかが全てでしかないんよなぁ
そこで残れてないんで単純に力負けですはい」
デモニカ 「そういやなんで狼はおにぎり噛んだの?」
西行寺幽々子 「やっぱり狩人の見極めと灰狼残りは難しいわね。
やらない夫狼はあると思ってたけど、天川太……沢嶋雄一狼がどうしてもね。」
ヒュウガGM 「やったけど
結局狂が潜ってくれて3COにならないとイマイチよ>デモニカ」
おにぎり 「やめてっ!>デモニカ」
月詠小萌 「それじゃ、先生も帰りますよー
今日はありがとうございますなんですよー」
守屋ひより 「うーん
まだまだ先生方までの道は遠いなぁ」
カイジ
 いやまじでそうだよなー。>現実>一条

  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_  
  /三三j='rー、\_>、)_℡, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎」
ヒュウガGM 「だけど、それこそが最大の勝機だったのよね
カイジ吊ったのがホントに大きかったし
さらにやらない夫吊ったのも大きかった>ひより」
沢嶋雄一 「えー、では、コードレッド、ナンバー2137、
キャラクターネーム沢嶋雄一、アウトします。」
黒服 「       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : : : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,    暴れるな貴様等・・・っ!>カイジ一条やらない夫
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/    さっさと来い・・・っ!
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    地下労働千年だ・・・っ!
/ ;;;i      ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、
やらない子
     / ̄ ̄\
   /     「 \
   |      ( ●)
   |        |   そういえば初日の本多、狼狙いで投票したな……
   |      __´ノ
   |      `ーソ    カイジ投票者だから一旦保留したけど、やっぱり人外じゃないですか……
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
やらない子 「もしかして:お腹が空いてたから?>おにぎり噛み」
一条 「イヤダーシニタクナーイ」
絹旗最愛 「狼の初日相互○だしはね、やればわかるけど。ま、やってみるといいよw」
守屋ひより 「正直やらない夫吊りは「どうしてそうなった」としか言えない状態でした」
デモニカ 「マジンガは誇っていいぞこの村勝ったこと」
一条 「いや、おにぎり真がほぼ見えてた」
カイジ 「ヤメロー!シニタクナーイ! >黒服」
キラーマジンガ
      \       ※       ※               / チャモロ ミレーユ |
  , --、∧\       || tvj  |゙i || tvj  |゙i        /0   30    0 |
  |.| † |.| ||  \    .(叭回づ|:| .(叭回づ|:|     /───────┘
  |.!、_.i.!.||    \      夂~叨   夂~叨     /※     ※
  i|i、゚-゚.ノ!.||     \.   〆     .〆      / || tvj   || tvj  |゙i
  /ゞ玉ソづ       \──────────‐/  (叭回づ. (叭回づ|:|
──────────\ベギラゴンをとなえた!/  <ニ已彡   夂~叨
宝が欲しければわたしを \ひかりのかべに  /      〆    .〆
l>はい             人人人人人人人人人/──────────
─────────<             >はメタルぎりをはなった!
  ※          < 全滅する予感!! >──────────
  || tvj          <             >      ____
  (叭回づ         / Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\      /::::::─三三─\
 <ニ已彡       /     |;ヽ    / |   \   /:::::::: ( ○)三(○)\
    〆           /|       |;, |彡三ミ| ,;|   ,., \|::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
────────./ミノ i\,--、|;, |三三| ,;|,--//   \:::::::::   |r┬-|  /
うけながしそこねた/___) /::::  /l;, `'''''''´,;/ヽ:  ヽ  |;|\::::::::::: `ー'´  ヽ
はしんでしまった!/ \ ヽ!ヽ, .:i  i;,____,;| `!;;. ,;|   || ,;|\:::::::       ヽ
            ./   `ー-^-:;;;;;<二|| O ||二>l;;;;イ、∠二_ゝ \\  ___  }
──────/ではいくぞ! ~ゝ;;;;|`- -'|;;;;;∠\;;;;;(彡| ,:|   \ つ    ミ丿
        /          ,,,>! ヽニニ/||<_  ̄ |;;|ノ.,;|    \`ー' ̄`ー′
         /      -=ニ...:::ii::\ー' / !!;::...ニ=<ニノ       \」
西行寺幽々子 「まあ、本多・正純三日目に落として良かったわよね。(迫真)」
キラーマジンガ 「誤爆った」
やらない夫 「デモニカ真にみえんので>デモニカ
まぁデモニカ自体は真でもあんま真にみえんけどな」
黒服 「   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ    お前にこの言葉を贈ろう・・・)ひより
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7     勝てば良かろうなのだ
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\
カイジ 「小文字に、しよう。>マジンガ」
やらない子 「でもカイジ投票者だし……>西行寺」
守屋ひより 「ところでやらない先生&できない先生
私が吊られた最大の理由ってどこにあったのでしょうか?」
キラーマジンガ 「さてログを見てこようか」
守屋ひより 「おつー>おちる方々」
西行寺幽々子 「LWLFを避けるためという立派な理由があるってことに最近気づかされたのよ、便利ね。>やらない子」
一条 「相互○で固まって理由を出さない挙句、別の話題をはじめる
こんな真が居たら吊っていいわ」
やらない子 「狐狙いじゃね?>守屋
やらない夫はそれで投票しただろうし、シャアも投票理由は多分狐だろう

俺はお前さんに関してはカイジ投票で保留
カイジが狼なら、狼からの投票はお前さんか幽々子に票が集まるだろう、と思ってたな」
デモニカ 「寡黙じゃない?>>ひより」
おにぎり 「あーっ、なるほど。>一条」
黒服 「個人的に言えば>ひより
微妙な把握ミスの上(ここだけで大分マイナスされる)
そこから発言が動いて無かったことが上げられると思う」
やらない夫 「狼視点でいうと灰広いのを嫌がってるのが自分吊りの可能性みてる役目>ひより
あと役職投票気にしてんのに把握してねーってのも倍率ドンなんで吊りに行った」
守屋ひより 「寡黙…そんなに寡黙でしたか私?
前の日の投票に関する違和感とか懸命に話してたと自分では思ってましたけど」
西行寺幽々子 「割と割れてるのも原因の一つなのかもしれないわね。」
守屋ひより 「ああ 把握ミスは確かにマイナスでしたね>黒服」
やらない子 「で、改めてお前さんの3日目の発言を見ると>守屋

・投票したカイジの遺言への反応
・カイジ●への反応
・他の灰への視点

この辺が無かったのが、投票される理由かもな?
自分の1票でカイジを吊ったのなら、素直に喜んでいいもの
その日1日はドヤ顔していいぞドヤ顔」
やらない夫 「割りと本多とひよりで狩狐は見てたんで投票はほぼそこ固定だなぁ」
黒服 「俺の方見てみ>ひより
因みにあの日キラーが霊能投票だったわけだ
お前のあれは凄まじく不毛だったわけだ」
やらない夫 「寡黙ってあれよ」
ヒュウガGM 「◇守屋ひより(108)  「狂人噛みの可能性はあるかもね」
◇守屋ひより(98)  「10人?7人じゃないの?>完全灰」
◇守屋ひより(85)  「深夜だからかなぁ」
◇守屋ひより(74)  「デモニカごめんね
単純に名前間違えたよ」
◇守屋ひより(58)  「ごめんマジンガだったわ」
◇守屋ひより(48)  「2回も間違い繰り返すなw」
◇守屋ひより(44)  「おにぎりの最初共有に投票したのは多分操作ミス…だと思うけど」
◇守屋ひより(36)  「えーと、デモニカ良いかな?
昨日グレランなのになぜ霊能に投票したの?」
◇守屋ひより(11)  「おはよう」

このうち、謝罪とか挨拶とかぬくと
◇守屋ひより(108)  「狂人噛みの可能性はあるかもね」
◇守屋ひより(98)  「10人?7人じゃないの?>完全灰」
◇守屋ひより(44)  「おにぎりの最初共有に投票したのは多分操作ミス…だと思うけど」
◇守屋ひより(36)  「えーと、デモニカ良いかな?
昨日グレランなのになぜ霊能に投票したの?」

これだけになるので ちょっと発言が細いかな とは思うわね」
やらない夫 「始めのうちは勘違いすると思うけど寡黙≠発言数だよ>ひより」
黒服 「寡黙にも二種あってな>ひより
普通に寡黙なのと
内容寡黙だ今回のお前は内容寡黙に該当すると思う」
カイジ
       _,,. -―-- 、 /"" ̄
        _,,二ニ=-:::::::::"...:::::"~゙゙'''... 、
      ,, ''"::::::::::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::::ヽヽ
    /;; ニ-::::: ..::::::::::::::::::::.  :::::::::::::::::::ヽ
  /" , "::::::::: ::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::i
   /::::;/:::::::  ::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::i
  /:;::/:::::::::::::..  ::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::|
  //. /:::::;::::::::::::::::::::::::::::::::、::::\:::::::::::::::::::::::::::!- ,,_
 /" ./::::;/:::::::::::Y:::::i:::::::、::::ヽ、::::\ヽ、_:::::, -.、::ヽ==―-、_
   Y::::〃::::i:::::::|:::/|::::/ \::::ヽ \;メi   7::i"i i:::\_;;:::-= ヽ       お疲れ様だ……!!
   i::::/i:::::::|:::::/|::/|::/    ヾ、;\//",- |:::|ニi.|::::::\;;_;;;;;;;;;::::-:\     俺は絶対に戻ってくるぞ!!
  .|::/ |::::/|:::::ド!/、|;!       //// i:::|ノ,!:::::i:::::::::::::::::::::;;::::- "\,,   見ていやがれっー!!
  i/  |::/ |::::ヘ.!-‐i|、\、 、// ゚ノ   !|ノ:::::::ト-― ''"i": : : : : : : : :゙''
.  !  |:! .i:::!、\\_ ゚>, !~"'''"    |!:::::::::::|     |: : : : : : : : : : :
      !|  i:|i゙ヽ\    | !       | |:::::::::::|     .|: : : : : : : : : : :
      !   .!|! : ヾ\   | !         ! |:::::::::::|     |; ; : : : : : : : : :         ほらいくぞ!!>黒服
         〉、: :゙i\ | !    _, -、./ |:::::::::::|     .|: : 〉, 、: : : : : : :
         /: :\ | \L/==-ー'/ i:::::::::::!      |: : : : : :゙ヽ、: : :
        ノ: : : : : :!  |::\ ==  / .i::i::i::::;!      .|: : : : : : : : 〉" :   ヤメロー!シニタクナーイ!
      .(: : : : : : : :゙''..-!;:::::i\  /、、,/:;!::i|::;!      |: : : : : : : :/ : : : 
      ノ、: : : : : : :/.i::|::/,ヘ、゙.-":::::://!::i|::;!゙、.     .!: : : : : : :i : : : :
   , -^"!、_゙'' -― ''" / !:;/!: i|:\:::::/' .//|:;!  >-、,,,..ノ: : : : : : : :| : : : :
   ヽ _  "フ"     /\!: i|:::::\:::::/ ! ヽ、 !(⌒ 、ヽ: : ; : : : : : :| : : : :
    ゙''-/ /'"         ヽ: :i|:::::::: ソ、.,  .|i ヾ、  ))i" \: : : : : : : :
守屋ひより 「なるほど…
カイジ遺言については「はいはい偽乙」としか思ってなかったので口にしませんでした
口にすると「なぜそこまで言い切れるの?」って返されそうだったので」
やらない夫 「内容が間違いつついてそれで終わってるんで中身がない
つまりはそこからの推理が見えないんで投票されやすい」
ヒュウガGM 「把握ミスに関しては私は村でもするミスだと思うので
マイナスには感じない

私がひよりに入れるとしたら非狩人と見ての寡黙・占いにくいとこ狙い吊り
かな
まだ3日目なのもあって。」
やらない子 「1.おはようございます
2.え、ちょま>狩人遺言
3.カイジ、●やないか!
4.ところで私、カイジ投票してるんですよね。ええ、最初から(チラッ
5.私を褒めろ、讃えろ、今日と言う日を国民の祝日にしろ!
6.ところでデモニカ。なんで霊能投票しとるん?
7.うわ、デモニカじゃなくてマジンガやないかーい!
8.すみません穴掘って埋まってますわ……

ここまで発言してたら、多分0票だな間違いない」
やらない夫 「いやだってそれは霊能●出てっからハハワロスでいいよ>ひより>カイジ狩人遺言」
ヒュウガGM 「まぁ、実際狩人なのはごめんなさいするけどね もちろん」
やらない夫 「露骨すぎるので噛みますね>やらない子」
黒服 「     __________
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::/ ̄\:::::::::::/\/
   |::::::::::::::/ __. \_:/ _|
   |:::::::::::|::|___\_,/_|
   |:::::l⌒|::| .|__/::::::|;;;;|_/:::::::|
   |:::::\.|:|  ヽ‐─┘:.\─/    前も言ったと思うが・・・>ひより
   |::::::/||        :.\|   自分の考えは他人に話して初めて意味をなす
   |∠|  \   <ニニニニ|
  /:::::|\.  \     ー |
 :::::::::::::|  \.  \____,|
 ::::::::::::::|    \     /\
デモニカ 「お疲れ様でした
又どこかの村で会いましょう」
カイジ 「それこそ霊能黒理由に「はいはい嘘乙」でよかったんじゃないか?
ぶっちゃけあの狩人遺言で出るのはルーキーくらいなもんだろ。>ひより」
西行寺幽々子 「あ、何か吠えについては気付いて「吠えなしのほうがまだ良かったわね。」と言おうとして何故かやめていたらしいわ。(言い訳)」
やらない子 「おう、噛んで来い!>やらない夫
だが忘れるな、その噛みは決して村にとってマイナスではないことを……!
自分が噛まれる=他の役職は噛まれないのだ、ふははは……

がふっ」
守屋ひより 「うーむ
正直あの状況での灰雑感とか出せる気が全くしなかったんですよね
それからカイジ●は単なる偶然だと思ってた(票が散らばりすぎて)のでコメントできませんでした」
黒服 「はっきり言おう>ひより
村ならば変な考えはいらん!
思った事を全て吐き出せ!」
西行寺幽々子 「●吊って自分が白いと言ったら投票するわ。(ニッコリ)」
一条 「仮に霊能結果がなかったとしても
初手狩人遺言はほぼ偽だと思っていい

村視点、狩人死亡の情報をそこで残すメリットがないからな
真占いも霊能も噛み放題ですよと初手で宣言する・・・あるわけがない」
黒服 「今はまだそう言う時期だ>ひより
二百を越えた辺りで実感出来る
自分がどれだけ変わったか・・・自分の戦い方が・・・」
守屋ひより 「自分の考えを出す上で一番怖いのが
「それによって村に致命的ミスリードを呼ぶ危険がある」
なんですよね」
やらない夫 「たまにいるんだよなぁ」
やらない子 「でも、お前さんの1票で吊ったんだ>守屋
それは紛れもない事実だろ

もしも「すみません狼吊れるとは思ってなかったんです」と思ったのなら
それも正直に言えばいいのさ。言っちゃいけないことなんてないもの」
守屋ひより 「それを恐れずに前に踏み出せ、ですか
勉強になります」
ヒュウガGM 「逆に考えましょう
散らばってるなら身内票の可能性も少ない

それを言うって手もあるって。

例をあげるなら
「カイジ●…ねぇ
 昨日の投票者は正純・私・おにぎりでおにぎり噛みなら
正純は非狼じゃないかな」
とか言えるわね」
やらない夫 「怖がらないでいいよ。ミスリー怖がってたら何も言えんよ」
黒服 「構わん>ひより
修羅でもやらかすよそんなもん」
やらない夫 「自分から狼吊ってるんだけどって連日言ってるなら身内見て吊るなぁ」
西行寺幽々子 「あ、それ考えたことなかったわね……。(震え声)>ヒュウガGM」
ヒュウガGM 「ミスリードは人狼の華

むしろミスリードしない人の方が少数だから気にしないでどんどこ発言なさい
ぶっちゃけミスリードの量では私負ける気しないし」
やらない夫 「あとひより吊りは灰吊ってLWねー位置ってのもあるかもな」
一条 「さて、それじゃおつかれさまだ」
黒服 「それ怖がってたらなんも喋れなくなる」
やらない子
         ____
    .   /     \
      /   _ノ '' ⌒\     そんな1票程度では吊れない……かもしれないぜ?>西行寺
    /    (● ) (● ) \
    |    :::::⌒,  ゝ ⌒::::|
     \      `ー=-'  /
 ⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
   \ ヽ  /       ヽ    /
    \_,,ノ        |、_ノ」
守屋ひより 「了解です
まあ素村なら今でもそんな感じな部分割とあるんですが
いかんせんCOできない役職である狩人だと自分釣られ=村の損失と考えて萎縮してしまいますね」
西行寺幽々子 「安心なさい、全力で村人を吊ってさっきの村を狐勝ちにしたのは私だし。
この村でも諦めて狐に勝ちを譲ろうとしたのも私よ。

……あれ。(震え声)」
黒服 「何度も言うが>ひより
今はとにかく考えて喋れ」
本多・正純 「こー相手が私の意図を汲んでくれてねーな、って思ったら、
相手が誤解しているのを理解した上で反論してあげる感じ」
西行寺幽々子 「私、投票先が吊れることって10回に1回あるかどうかよ。(真顔)」
ヒュウガGM 「「固まってるから身内票あるんじゃないか」

「散らばってるから身内票の可能性低いんじゃないか」
は表裏一体だしね
もちろん、『そうとは限らない』ことはお忘れなく。>幽々子」
守屋ひより 「はーい
とりあえず落ちます
同村感謝 お味方に多謝 先生方に敬意を おつですー」
黒服 「間違ってたら間違ってたで良いんだよ今は」
やらない子 「村人が欲しいのは正解じゃなくて、その人の思考だからな
思いっきりミスリードしてても、共感できればむしろ疑えなくなるだろ

村人は「正解」するのが目的じゃなくて、「自分の考え」を相手に伝えるのが一番の仕事だと思うの
村人一人がミスリードしたくらいで村が傾くことはないさ」
キラーマジンガ 「本多さん指定時の霊界の盛り上がりに笑った」
ヒュウガGM 「むしろ対話の中で相互理解が生まれることも多々あるわね>正純」
本多・正純 「『あ、この人私の言ったこと誤解してる!』
『訂正すんのも面倒だしそういう風に理解して生きて行ってください』
『ところで私は○○についてこう言う風に思うんですよー!』って」
やらない夫 「あんまよくねー方法だけど数日生きるってだけなら
後乗しときゃあいいよ」
おにぎり 「勉強になるなあと傍観しつつ
わたしも退出します。GM、みなさん、ありがとうございました。」
西行寺幽々子 「どんな可笑しなことでも起こり得るというか起こしているから……。(震え声)>ヒュウガGM」
黒服 「正直凄かったぞ>キラー
二回ともな」
やらない夫 「いやそこ指定できるっていうのはマジンガの力なんで誇っていいよ>マジンガ」
ヒュウガGM 「というか 村の勝利は村全体の勝利
村の敗北は村全体の敗北

一人がミスリードしたからって
その人だけの責任では絶対ないわ。」
やらない子
              ____
             / ノ '' ヽ\    (おもっくそ外しても、いざとなったら「忘れろビーム」で忘れさせればOK……だろ?)
           /u ( - ) (- )\
         / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\
          |      `ー=-'     |
         \  ⊂、ヽ、_∩   /
.     , -‐  ´  \  '、   ヽ   ! ` ー-、
    /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.    〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ」
本多・正純 「>マジンガ
うぅ……どいつもこいつも私のことをバカにしやがって…………!!
次はぶったおす!!」
西行寺幽々子 「信用できない、と切る勇気への賞賛だったのではないかしら。>キラーマジンガ」
キラーマジンガ 「そしてない夫が吊れたあたりの霊界にまた笑った」
やらない夫 「おにぎりもどんどん参加するといいだろ。始めたばっかなんだしな」
やらない子 「ということで、この村のことは覚えておくべきだけど

俺がやらない子の代役を務めたことは忘れろビーム☆」
ヒュウガGM 「もし、それを一人の責任に押し付けてしまうような奴がいたら
場合によっては「暴言」とみなしてテンプレ違反とさせてもらう
私GMならそうさせてもらう…かもね

かつていないけど。」
黒服 「因みに正純指定したのってどういう理由だったんだ?」
やらない子
             ____
.              / ― '' ー\
          / ( ●) ( ●)\    (本多はきっと思考が突飛過ぎたから疑われたんだよな……)
         / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\
          |      `ー=-'     |   (本人は迷走村人を装ったのかもしれないけど)
         \  ⊂、ヽ、_∩   /
.     , -‐  ´  \  '、   ヽ   ! ` ー-、
    /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.    〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ」
本多・正純 「>ヒュウガ
相互理解って大事!!
殴りあった挙句ふと相手が村だと悟ったら、向こうもなんか振り上げた拳をすっと降ろしてるとごめんなさいしたくなる!」
ヒュウガGM 「あれはカッコ良かったわね
イオナ姉様ほどじゃなかったけど>信用出来ない」
黒服 「ミスリーで負けた?
信じた村も悪いよね
一人のミスリー信じて進行したんだから」
本多・正純 「(デモニカと一条が脳内で入れ替わった挙句指定されたとかいえない…………悲しい…………)」
ヒュウガGM 「「なんか殴ってみたけど反応が村っぽいから今はやっぱいいわ」
あるあるある
でもそのまま殴ることもあるある…w>正純」
キラーマジンガ 「指定した理由は1つ目は黒服さんと霊能抜かれたから
2つ目は日記の内容
3つ目は感」
やらない子
             ____
.               / ― '' ー\
          / ( ●) ( ●)\      (あ、はい……>本多)
         /        ゝ    \
          | U     ー=-     |    (……素だったのね)
         \  ⊂、ヽ、_∩   /
.     , -‐  ´  \  '、   ヽ   ! ` ー-、
    /  __    ヽ   ー、  \ |   ∧
.    〃 ,. --ミヽ    ヽ   \  ヽ |/ハ」
黒服 「ところでなんでドヤが夫なんだろうか」
西行寺幽々子 「だって残ってること自体が面倒……うっ、頭が……。」
黒服 「いや、一回目の方」
キラーマジンガ 「一回目の方は人外みたいに目立っていたから あと感」
ヒュウガGM 「ただまぁ
一つだけ不満があるのよ この村」
本多・正純 「ごめんねできない夫さん…………!!
俺はまだ天然を装えるほど上手なプレイヤーじゃないんや!!アカン!!」
キラーマジンガ 「察した>GM」
ヒュウガGM 「…私参加したかった(ホロリ」
ヒュウガGM 「イオナ姉様が来ないことは我慢できても村できないのはくやしー!
こんな楽しげな村ならなおさら!」
キラーマジンガ 「なんか本多さんは余裕が出た狐にしか見えなかった」
西行寺幽々子 「23:10分まで待ってくれれば建てようかな……。(遠い目)
用意に5分はかかるのよ。(迫真)」
黒服 「こいつ・・・既に修羅のオーラを纏っている・・・っ!」
ヒュウガGM 「23:05まで待って誰も建てないなら建てようと思ってたら
まさかの…!>幽々子」
本多・正純 「余裕かー。余裕な。確かに狼狙って一枚落として浮かれてた感がある」
西行寺幽々子 「気付いたら建ってたわ。(言い訳)」
西行寺幽々子 「恐ろしく人外っぽかったけど三日目に以下略。(白目)」
キラーマジンガ 「あとなんだろいろんな人に否定的だった
で指定したら合ってた」
黒服 「よし寝よう
ありがとうキラーお前がナンバーワンだ」
キラーマジンガ 「ありがとう・・・黒服さん・・・それしか言う言葉が見つからないよ・・・」
ヒュウガGM 「そこまで合理的に【違和感】を説明できるのなら

それは立派な修羅よ うん」
ヒュウガGM 「私なんて未だに【なんとなくでやんす】だったりするし」
西行寺幽々子 「必要なもの、忍耐。
までわかったところで私も寝ましょう、お疲れ様。
でも、おやつを我慢するのは嫌です。」
キラーマジンガ 「(狐は沢嶋さんか本多さんの2択だった)」
キラーマジンガ 「私もログ見終わりましたし寝ましょうかね
おやすみなさいGMさん村建て感謝です」
ヒュウガGM 「じゃ、まぁそんなわけでお暇させてもらうわ
村参加どうもありがと。お疲れ様ー。」
やらない夫 「さすがに普通村やってねーんでふひゃった」
やらない夫 「基本この時間なら建てること多いけどな。
んじゃおつかれさんだろ」