←戻る
【紅2147】やる夫たちの普通村 [3921番地]
~さすがに埋まらないだろう~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5
icon 身代わり君
(生存中)
icon 夜ノ森小紅
(生存中)
icon アナザーブラッド
(生存中)
icon 鑢七実
(生存中)
icon 紅緒
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon ミツヒデ
(生存中)
icon 金剛
(生存中)
icon 霧切響子
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 鬼灯
(生存中)
icon さっきゅん
(生存中)
村作成:2014/01/22 (Wed) 01:03:44
夜ノ森小紅 が村の集会場にやってきました
アナザーブラッド が村の集会場にやってきました
アナザーブラッド 「こんばんは~♪」
夜ノ森小紅 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り、早噛み
初日の噛みは超過1分くらいまでは自重(初日メタ防止用)
 その後は詰みっぽいとこまでは超過時間まで待っていただけると。
 昼間のAA使用は許可します。ただしCOとの併用は禁止です。
 初日夜以降の狐遺言は禁止でお願いします。
 あとは、ヒートアップしすぎてのケンカとかはしないでくださいな
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 基本点呼は取るつもりなので点呼予定時刻には反応できるような状態でいてくれると嬉しいです。
 昼・夜の超過延長は1シフトにつき1回まで行います。
 ただし過信しすぎないように早め早めの投票をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。
【3行まとめ】
・基本的に早噛み禁止
・昼AA使用許可
・初日は超過1分まで噛み自重/初日以外の狐遺言禁止」
夜ノ森小紅 「来るの早っ!?」
アナザーブラッド 「あ、テンプレ前にごめんなさいねぇw」
夜ノ森小紅 「あ、開始時間は1:20だからな
あんまり人数少なかったら考えるけど…。」
アナザーブラッド 「うふふ、じっくりした方がお好きぃ?」
アナザーブラッド 「は~い、それまでにはもろもろ終わらせるわぁ♥」
夜ノ森小紅 「べ、別にそういうわけじゃないが…>じっくり

…って変な意味じゃないぞ!?」
アナザーブラッド 「あ・ら・ぁ、一体どんな意味を想像したのかしらぁ♥
是非ぃ、教えてほしいわねぇ♪」
夜ノ森小紅 「な、なんにも想像してないっ!」
アナザーブラッド 「え~、だめよぉ。ちゃ~んと考えないとぉ♥
……あっ、そ・れ・と・も・ぉ、考えずに実行したい口かしらぁ?♪」
鑢七実 が村の集会場にやってきました
鑢七実 「こんばんは。」
夜ノ森小紅 「な、なんなんだお前は!(汗
うう… 姉様とはまた別のタイプの人だ…!」
アナザーブラッド 「あらぁ、いらっしゃーい♪
七実も混ざるぅ?」
夜ノ森小紅 「あ、いらっしゃい
(助かったー まともそうな人だ)」
鑢七実 「あ、どうぞ続けてください。」
夜ノ森小紅 「いやいやいやいや」
アナザーブラッド 「うふふ、私が何なのかだなんてぇ♪
一体何か確かめて見たらどうかしらぁ♥」
鑢七実 「何でしたっけ。ああ、そうでしたそうでした。

ごゆっくり。」
アナザーブラッド 「んもぉ、ノリが悪いわねぇ。で・も。そういうことなら続き……しましょっか?♥>小紅」
夜ノ森小紅 「いやいやいやいやいやいやいやいや!?」
夜ノ森小紅 「しないからなっ!ぜーったいにしないからなっ!>アナブラ」
アナザーブラッド 「ん~?するよりされる方がいいんだぁ……うふふふふ………♥」
紅緒 が村の集会場にやってきました
夜ノ森小紅 「というかこれ絶対皆様子見してるだろ!?」
紅緒 「ごきげんよう」
アナザーブラッド 「くすくすくす、そういうことならぁ、ちゃ~んとリードさせてもらうからねぇ♥」
夜ノ森小紅 「姉様!
(……なんかややこしくなりそうな悪寒)」
紅緒 「(あと2人。あと2人足りなかったわ…ああ、小紅が遠い!)」
鑢七実 「後二人待てば良かったのでは。」
アナザーブラッド 「あらぁ、いらっしゃーい♪
お義姉様も来たのねぇ♥」
夜ノ森小紅 「(…ああ うん 姉様だ)
えと、姉様、大丈夫ですよ オセロってありますし。
間が遠かろうと。」
紅緒 「遠い、遠すぎるわ…お姉ちゃん凍え死んじゃいそう…」
紅緒 「小紅、暖めて! 銀河の果てまで!(抱キャッ」
夜ノ森小紅 「あ、毛布ありますよ姉様(毛布ポイー」
アナザーブラッド 「やーん、姉妹に挟まれた私はひっくり返されちゃうのねぇ♥」
紅緒 「最愛の妹が困っているのに様子見なんてできるわけないじゃない
できるわけがないじゃない」
アナザーブラッド 「毛布なんかよりぃ、もっと簡単に暖まる手段があるじゃないのぉ♪」
夜ノ森小紅 「そんなこと言ってないだろ

……言ってるなぁ私 >アナブラ」
アナザーブラッド 「(人が来ないのは私のせいじゃないはず、多分きっとメイビー)」
夜ノ森小紅 「さすが姉様
その勢いでこのアナザーブラッドなんとかしてください」
アナザーブラッド 「あぁ、だめっ、だめよぉ♥そんな姉と妹の二人がかりでなんて……♥>小紅」
紅緒 「小紅の匂いがする(スーハースーハー」
紅緒 「小紅の温もりが温い(ゴロゴロゴロ」
夜ノ森小紅 「姉様、毛布によだれたれちゃいますよ 気をつけてくださいね」
紅緒 「うん、満足!」
夜ノ森小紅 「(満足したー!?)」
アナザーブラッド 「あらぁ、毛布だけで満足しちゃうのねぇ♪」
夜ノ森小紅 「だけで、ってなんだよだけで、って…(滝汗 >アナブラ」
ルーミア が村の集会場にやってきました
アナザーブラッド 「うふふふ、それはも・ち・ろ・ん……や~ん♥」
紅緒 「幼女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
ミツヒデ が村の集会場にやってきました
ルーミア 「よろしくなのかー」
金剛 が村の集会場にやってきました
夜ノ森小紅 「姉様、落ち着いて…w」
金剛 「ヨロシクオネガイシマースwwwww」
ミツヒデ 「ログみてはいるかちょっと悩みましたよ・・・」
紅緒 「あら小紅、金髪幼女よ? 金髪幼女?」
夜ノ森小紅 「入っていい 入っていいんだぞ!?>ミツヒデ」
霧切響子 が村の集会場にやってきました
アナザーブラッド 「あらぁ、見てるだけより参加舌方がいいじゃないのぉ♥>ミツヒデ」
霧切響子 「こんばんは」
ミツヒデ 「まあよろしくお願い致します」
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
夜ノ森小紅 「姉様 わかりましたから
まずは深呼吸してからじゃないと逃げられちゃいますよ(諦め」
アナザーブラッド 「入ってイイだなんてぇ……♥>小紅」
ルーミア 「この金剛はヤクやってる香りがするのかー」
雪華綺晶 「よろしくおねがいします」
紅緒 「じー…」
アナザーブラッド 「じゃんじゃん来たわねぇ、皆よろしくぅ♥」
夜ノ森小紅 「20分過ぎてるから投票完了次第開始するからな!」
ミツヒデ 「後鍋のほうが終わったようなのでそちらから少し流れてくるかと」
金剛 「んんんんwwwww>ルーミア
ルーミアもSPEEDしちゃいますカ~?wwww」
夜ノ森小紅 「ん…
じゃぁ少し待つか?>鍋組」
アナザーブラッド 「私はどっちでもいけるわよぉ♪
夜はまだまだこれからですものぉ♥」
ミツヒデ 「まあ待つかどうかはお任せします 投票はしておきますので」
紅緒 「そこそこスタイルは良さそうだけど、可愛げがもう少し欲しいわね>ミツヒデ
眼鏡属性は嫌いじゃないわ」
ルーミア 「人数はどうでもいいのかー」
夜ノ森小紅 「まぁ夜も遅いしカウントしよう」
鬼灯 が村の集会場にやってきました
鬼灯 「こんばんは」
紅緒 「むしろ眼鏡にはぺったんが似合うと思うのよ、絵的に」
夜ノ森小紅 「私の息が切れるまであと5秒」
金剛 「んんんwwww
ヨロシクオネガイシマ~スwwww」
ミツヒデ 「・・・なんの話ですか突然>紅緒」
夜ノ森小紅 「4秒」
さっきゅん が村の集会場にやってきました
夜ノ森小紅 「3秒」
アナザーブラッド 「くすくす、何人でもいいだなんてぇ♪>ルーミア」
紅緒 「おっぱいの話だけど?>ミツヒデ」
夜ノ森小紅 「2秒 ぜーはー…疲れた。」
鬼灯 「13ならもう1人待ちたいですけれどね」
紅緒 「あ、紅緒ニウムが切れてきた」
ミツヒデ 「唐突すぎるでしょう・・・>紅緒」
夜ノ森小紅 「えーっと1秒」
鬼灯 「まあ夜も遅いですので。12人(厳密には11ですが)
集まるだけでも十分なのでしょう」
夜ノ森小紅 「ゼロ。なんかもう息切れしてたけど開始だ。」
紅緒 「補給しなきゃ」
ミツヒデ 「ズサはもうありませんかね 改めてよろしくお願いいたします」
ゲーム開始:2014/01/22 (Wed) 01:25:31
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
紅緒 「ごきげんよう(ニコリ」
霧切響子 「おはよう。占い師から速やかによろしく。」
ミツヒデ 「おはようございます
深夜のテンションは程々にいきましょうね」
鑢七実 「おはようございます。」
夜ノ森小紅 「おはよう
気持ちのいい朝だなっ!」
アナザーブラッド 「おはよ~♪」
鬼灯 「おはようございます。
太陽の光が差し込んでいるところを見ると
どうやらここは現世のようですね。さて、どこで迷い込んでしまったのやら。
現世と地獄を繋ぐ穴に 私が存在を知らぬものなどがあったとは」
金剛 「                   /⌒ヽ
                   (   (_j
                   \
                __/ヽ__\___/`:.、
              _,.ィ.:.:,.∠.:.:.:.-=≧=-:.:.:.:.:.:.:\
              _|.:.,.イ_[//]__[//]__[//|.:.:.:.:.:.:ヽ
      「 ̄ ̄r┴j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:「ヽ___
      |___二/.:.:.:.:/|.:.|.:.:.:.:.:.:|lハ.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:| 〔_
        /⌒:厶:.:.:/\.:|.:.:.:.:.:.:|:斗:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:| 〔 ̄__
.         {.:.:.:/.:.:.:}/  }:/L.:.:.:.:.ノ `⌒ ー|.:.:.:.:.:.:.:L___/.:ヽ.:.
        V/.:.:.:/  \        /   \.:.:.:\(.:`:.、:.ノ_j   オハヨウゴザイマースwwww
        /.:.:.:/:!  /      \   j\.:.:.:./l:.:.:./
        \//:j                /.:.:/ / /‐ '  CO聞いて行きましょうカ~wwww
          {/ /:./ /i/i/  / ̄ ̄| /i/i//.:.:/⌒', /{
        / /.八       | /⌒' |   /.:.:/   ∨.:{
         / /.:.:.:/>: .,, __乂__ノ_ ./.:.:/     ∨{
         }/.:.:.:/ // /| |   ∨/ //.:.:.:{       Ⅵ
         }.:.:.:/ // / :| |   // / {.:.:.:.:{      Ⅵ」
ルーミア 「占いCO さっきゅん○なのかー?」
アナザーブラッド 「あらぁ、占いはどこかしらぁ?」
夜ノ森小紅 「占いいないのか…?」
雪華綺晶 「おはようございます」
紅緒 「いいのよ、お姉ちゃんって呼んでも?」
ルーミア 「紅魔館のメイド長さんなのだー
いつもチルノと遊び行くと美味しいごはんつくってくれるのだ―
とってもいい人なので占うのかー」
ミツヒデ 「霊能COさせていただきます」
霧切響子 「縦読みだと思ったわ。>鬼灯」
紅緒 「いいのよ?>ルーミアちゃん」
アナザーブラッド 「お義姉様ー♪>紅緒」
さっきゅん 「ふぁー」
ミツヒデ 「1-1ですかね」
鬼灯 「様子見の強さから初日占いも考慮するところですが
まあいいでしょう。霊能はどうぞ」
ルーミア 「私だけってのは予想外なのかー」
雪華綺晶 「占い1なら明日●が引けるようご努力ください」
夜ノ森小紅 「1-1とはまた…。
まぁ焦ってもしょうがない グレランだなー」
鑢七実 「随分な重役出勤ですね。
まあ、身代わり君と信用勝負ですかね。」
金剛 「んんんwwww1-1ネーwwww
グレランでいいんじゃないですカーwwwww」
紅緒 「いいわね>アナザーブラッドさん
その調子よ、もっと!(大きな声で!)」
アナザーブラッド 「ん~?1-1なのぉ?
これは意外ねぇ。狩人居るし潜伏なんてやめてほしいのだけどぉ」
さっきゅん 「じゃ占いは結果だせばいいわ」
ミツヒデ 「占い速度については様子見もあるのでなんとも

とりあえずグレランでよろしいのではないでしょうか」
さっきゅん 「別に1-1なんて普通でしょ」
ルーミア 「その場合の進行どう考えてるか聞いてもいいのかー?>雪華綺晶」
霧切響子 「出ている占いは見ていないの?>アナザーブラッド」
紅緒 「(不安に苛まされる小紅。可愛いわぁ…)」
鑢七実 「12人村で潜伏する占い師がいるわけないじゃないですか。」
夜ノ森小紅 「ルーミアの様子見は20秒~30秒くらいだった感じだ
ちょっと様子見すぎではあるけど切る程でもない
そんな感じ」
金剛 「この配役で潜伏する占い師なんていないと思いマースwwww>アナブラ
初日占いかルーミア占い見ていけばいいデースwwww」
アナザーブラッド 「や~ん、皆が居るのにもっと声を出せだなんてぇ♥
お義姉様ってばぁ………♥>紅緒」
さっきゅん 「だって潜伏狂が十分有効な時点で
真占いが必ず初日COするものって考えたらとても起こりやすい」
鑢七実 「そうですよね。」
霧切響子 「グレラン以外にやることはない。
占い、霊能がなんであれ。」
夜ノ森小紅 「姉様、少しは不安に思ってください…(呆れ >紅緒」
紅緒 「あら、狂人は様子見なんてしないと思うけど。するのかしら?」
鬼灯 「私がそのように無意味な嫌がらせをするのは
あの馬鹿と閻魔大王ぐらいの物ですよ。

いや、あの色神獣はともかく閻魔大王に対してそのような真似をすると
業務に差しさわりが……


差しさわりがあるので しませんがね」
アナザーブラッド 「占いが1しか見えないから心配なのよぉ♪>響子」
夜ノ森小紅 「お前、割りと節操ないな…w>アナブラ」
鑢七実 「結局何でもあるんですよ。」
雪華綺晶 「明日●なら吊りますよ。
グレランで狼がつれず7の日までに2W残りであるならば
るーみあさんを吊ります」
ルーミア 「ぶっちゃけ少人数で遅いっての自体はマイナス評価食らうっていうのは知ってるので
その分で評価されないのはこっちの責任だから結果でなんとかしたいのかー」
紅緒 「私にとって不安なことは1つだけよ>小紅」
金剛 「5吊り3人外と考えるナラーwww
ルーミアは偽と考えようと真と考えようと明日までは確実に放置デースwww
そこからどう見てくかデスネーwwww」
さっきゅん 「狼が占い騙りをださないだけで1COが成立して、
もちろん騙りがCOすることをきめてて初日占いでも成立して、
成立する可能性はむしろ激高でしょ」
雪華綺晶 「結局は」
アナザーブラッド 「この人数で様子見ってありなのかしらぁ?
とりあえず出た方がいいと思うのだけどぉ」
霧切響子 「逆にする理由を考えても無いんじゃないかしら。
つまりはそういうこと。>紅緒」
夜ノ森小紅 「元は潜伏しようと思ってた狂人なら様子見しているように見えますよ姉様>紅緒
ソースは私自身。

なのでルーミアは真狂狼 どれでもあると思います」
ルーミア 「中身考えないのかー?>雪華綺晶」
さっきゅん 「どっちかってとむしろ見ること多い気がするわ」
鬼灯 「まあ明日●であれば無条件に吊れるのは
そこの雪華綺晶さんが言っている通りですので。
全力で探してください。そこについては真でも偽でも
●であればとりあえずよいでしょう」
雪華綺晶 「1-1で占いが真であるなら、その信頼は占い自身がなんとかすべきことでしょう」
アナザーブラッド 「あらぁ、嫉妬ぉ?>小紅
だいじょぶよぉ、ちゃ~んと小紅のことも忘れてないからぁ♥」
紅緒 「小紅がもしも狼なら
何で私がそっち側にいないの!? ということ、それ以外に一切の不安なし!」
鑢七実 「まあ、占い師偽なら明日に●は出さないとかそういう見方もあるのかもしれませんね。」
雪華綺晶 「中身がどうかより
グレランで狼が落とせるかですね」
金剛 「占いの話するくらいなら皆グレー見ればいいんじゃないデスカネ~www
占いに触れるの好きですネ~wwwww」
ルーミア 「最悪なのって私吊ったあとにじゃあ囲いだねっていって○吊られることだけなのかー」
ミツヒデ 「まあなんであれ明日の結果に期待しつつグレランでまず結果を出していきたいですね」
夜ノ森小紅 「安心してください姉様
私、村側ですから!
(むしろ姉様が心配ですとはいえない)」
鬼灯 「正直に言って
あまり意味がないと思われます>アナザーブラッドさん
まあ妙な趣味を持っている狩人がいるのではないかとか
そういう危惧をする獄卒であれば意義があるかもしれませんが……」
鑢七実 「目立ちますからね、嫌が応にも。」
アナザーブラッド 「やーん、小紅は毎晩村人を陵辱する獣だったのねぇ♥>お義姉様」
ルーミア 「私吊り自体は最悪考えたらしょうがないけども○吊りだけは御免被りたいのかー」
紅緒 「えー、潜伏を考えるってことはー
つまり占い師が●を出すのが怖い、ってことでしょ?

その手の狂人は基本的に大したことないわよ
こういう展開ならさっくり吊れちゃうわね」
霧切響子 「どういうこと?
偽なら●を出さないって。>鑢七実

●出したら絶対に真なのかしら。」
鬼灯 「(ハッ

いるならば衆合地獄に派遣しましょう」
雪華綺晶 「だから○引きに意味はないでしょう」
さっきゅん 「グレーは見るのではなく感じる、そこぉ!(こんごーにとーひょーしました」
金剛 「まぁ初日から情報出るとも私思ってないデスけどネ~wwww
見えてる情報に気が剥くのはワカリマースwwww」
夜ノ森小紅 「ば、勝手にそういうことにするなー!>アナブラ」
ルーミア 「そこの二人は一生いちゃついてればいいのかペッ」
鑢七実 「別にそんなこともありませんよ。>霧切響子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
夜ノ森小紅1 票投票先 →霧切響子
アナザーブラッド0 票投票先 →鬼灯
鑢七実2 票投票先 →雪華綺晶
紅緒0 票投票先 →金剛
ルーミア0 票投票先 →霧切響子
ミツヒデ0 票投票先 →鑢七実
金剛2 票投票先 →雪華綺晶
霧切響子3 票投票先 →鑢七実
雪華綺晶2 票投票先 →夜ノ森小紅
鬼灯1 票投票先 →霧切響子
さっきゅん0 票投票先 →金剛
霧切響子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
紅緒 「ごきげんよう(ニッコリ

灰は存分に見させて頂きましたわ
ついでに、投票も

たとえば今日占われるのは雪華綺晶ちゃん、あるいは鬼灯さんでしょうし」
さっきゅん 「じゅっじょーぶ!」
鑢七実 「おはようございます。」
ミツヒデ 「霊結果●でした」
金剛
                    ______,.:´:.:.:.:.:.:ヽ
   /                , '"´  ――z‐―匕{ ̄ ̄)/
   `/  /      /  ー=く ̄ ,.斗‐┬―┬=ミく^ヽ
   //  |      ./    /   //匚/_匚]/_匚〉/|.:.:`、
      |   |   /    /   /.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:i!.:.:.`ヽ〈|.:.:.:.:.ト、
    / .| ヽ /  /{    /   /:.:.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:|.:.|.:.:.:.:.|⌒ヽ
          ∧  ィハ   /.:.:.:.从/=ミ、.:.:./x=ミ:.:.:.|.:.|.:.:.:.:.| /⌒ヽ
      _j,.. -┼ ./ ∧_/ ./\ |.::.:.:.:.jl{ ・ }/ { ・ }刈.:.|.:.:.:.:.|{  __/⌒\  雪華綺晶サンはグレランで狼落とす発言からの
     | /\ l|   //〉/  |:.:.:/ ミ=彡二二ミ=彡 l.:.:|.:.:.:.:.|  `Y    \◇雪華綺晶(76) 「だから○引きに意味はないでしょう」
     / ┼  l| .//〉/    从.:.{               厶イ.:.:.:.:.ト-= ^ー――
..     / | ヽ l| //〉/     j八    i⌒ヽ       |.:.:.:.:.:./.:.ヾ.:j.:.:ノ、これが微妙ですネ~
         l| }|」,:′      〃\  └ ┘     .|.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.){く.:.:.:}
.         ┃ l| }「{       l|.:.:.:「≧=‐   -z≦.:|.:.:.:.:.:.\.:.:.).:.:)ノ
.         ┃ l|ノ|」        .l|.:.:.,' `7T }    jト、:|.:.:.:.:.:.:.:.:.\/
.         │ l| 「|        l|:.:/  //〃  / //.:__,,..、.:.:.:.:.:.:\
.         │ l| |」   |      }小 ///l|  / /⌒´ 二二{.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           八「|   人    jハ}/// l| ./∨⌒_,,.、rf^ ̄´ヽ.:.:.:.:.:.:.:V
              \_/   \ /  ///|  l|/ :i   「 /,     ,:.:.:.|.:.:.:.:.:V
                    ̄/// \/  |  | j/    /.:.:.:.|\.:.:.:.〉
                       ///   /  /|  | ∧    / |:.:.:|  ヽ/
                   〃/   /  / l|  |/{´\__/!  L.:.|
                       / /!   ′ .′l|  .//〉\ `7!
                  〈 く 、 {   i  l| //〉  }ハ/人_
                     \ヽ\ハ   、八//〉   〈///}/L/` 、
                       ー=≧ー / //〉    〉///////ハ」
ルーミア 「占いCO 紅緒○なのかー?」
アナザーブラッド 「おはよ~、死体なしなのねぇ。狩人は生存確定っと♪」
鬼灯 「随分と割れましたが とりあえず裁判を受ける段階には来たそうです。
地獄からの直通電話で確認しましたが>霧切さん

地獄の沙汰もなんとやら、合法化せざるを得なかった制度ですが
さて、彼女は無事辿りつけたのやら。
まあ少なくとも賽の河原へは行かずに済むとは思いますが」
夜ノ森小紅 「おはよう
それにしてもさすが姉様だ
得票0とは。
私はまだまだだなー」
ルーミア 「0票占いなのかー?
狂人の動向気にしてるのが狼っぽいのかー」
紅緒 「この平和も、霊能者が2割の占い師が8割といったところね?」
鑢七実 「狩人って凄いですね、護衛成功が出せるのですから。」
ミツヒデ 「私視点LWです」
さっきゅん 「じゃ霊能が灰から指定すればとてもぐっどじゃないかしらね」
アナザーブラッド 「あらぁ、それでいきなり霊能●ー?
ならぁ、そこ投票者は白く見えそうー」
金剛 「ワーオwwwwマジデスかwwwwww」
雪華綺晶 「こう、灰がよくわからないなぁという流れで
死体なしはうれしいですね」
ルーミア 「んじゃさくさくいくのかー」
鬼灯 「はいGJです>狩人
霊能結果●ならばまあとりあえずルーミアさん狼は薄めということで行きましょうか」
紅緒 「あら。私が候補に入っているのは見落としてたわね
紅緒ショック」
夜ノ森小紅 「おー>●結果
じゃぁルーミア真狂の可能性が少し高くなったかな?
身内もないとは言わないが」
鑢七実 「ああ、投票しておけば良かったですね。>霊能結果●
報復投票に取られるのが嫌なので投票しませんでしたが。」
金剛 「霊能●なら投票者は疑わないんでいいデースwwww
身内入れる位置とは正直思わなかったデースwww」
ミツヒデ 「うーん指定ですか?
皆さんはどうしたいですかね」
さっきゅん 「ここでしちゃいけないのはただ1点、狩人に吊りを消費することだけだから

ああ、金剛、きにいったわ貴方は今日は遊んでていい」
雪華綺晶 「霊●ならルーミアを1日先に延ばせますね」
アナザーブラッド 「えーっと、小紅、ルーミア、鬼灯が響子投票者ねぇ♪」
紅緒 「潜伏狂人っぽいところもいないし、ルーミアちゃんが狼もないでしょうし
結局のところ、不安要素は1つだけなのよね」
ルーミア 「じゃあ身内投票つぶしつつ、非投票者吊っていけばいいんじゃないのかー?」
鑢七実 「あ、身内票は見ません。
霧切さんの発言吊られるだろうと見たというのもなさそうですし。」
さっきゅん 「霊能GJなら身内票ない可能性高いから
今日は投票者はずしてーのー」
鬼灯 「しかし話題が無い……」
紅緒 「だけど。最愛の小紅が霧切響子に投票している以上
お姉ちゃんに一点の曇なし!」
アナザーブラッド 「でルーミアは占い、小紅は○貰いかぁ♪
割りといい感じなんじゃないかしらぁ♥」
金剛 「あんまり霊疑ってないネーwwww
狩人の生存が確定なら指定の方がいいね~wwww

GJに関しては占いも霊もどっちもあるんで私からはノーコメネ~wwww」
夜ノ森小紅 「もし仮にルーミアが狂だとしても偶数進行なら問題ない、と
狩人さまさまだなー」
鑢七実 「と、言いつつ夜ノ森小紅さんが真っ先に身内票がないとも言わないと言うのですね。」
ミツヒデ 「ふむ 特に意見もないので指定はなくてもよろしいですかね」
夜ノ森小紅 「姉様…!」
ルーミア 「身内ないって考えるなら私としては鑢七実占えばいいって感じに見えるのか―」
鬼灯 「そうですかね?
まあわざわざ言う事では無いかもしれませんが
私はそこそこ吊れるというか 怪しむに足る要素はあると思って投票してますけれどね>七実さん」
鑢七実 「霧切さん●なら霊能者を疑う気が全くしませんね。
それこそ、狂人が偽を知らしめるためとかでもない限り。」
さっきゅん 「鑢七実とアナブラとこんごーあたりのこして
なおかつ鬼灯と小紅をのこすと誰がつられるのかしら」
雪華綺晶 「鑢七実については霧切が狼なら狼は薄いとみるべきかどうか」
紅緒 「全てが『正義』よ
占い噛みなら、もしかして…? がないわけじゃないけどね?」
さっきゅん 「きらきーになるわね」
夜ノ森小紅 「ルーミアの中身考える上で重要だしな>七実
私自身の身内票はそもそも私が考えることでもなし。」
雪華綺晶 「>さっきゅん
私じゃないですかね」」
アナザーブラッド 「指定ないっぽいし死にそうなら出てねぇってくらいじゃないかしらぁ?
つまりぃ、今日吊れそうなのは私・七実・お義姉様・きらきー・金剛の5人ってとこだと思うしぃ♪」
金剛 「んんんwwww
偶数進行になって吊りが増えてるわけじゃないデースwwww>雪華
半PP見ないなら別ですけど、占い決め打ちはワタシ明日だと思ってますヨ~ww」
さっきゅん 「だよねぇ・・・・(なでなで>きらきー」
鑢七実 「仰る通り怪しかったので。>鬼灯
こう、身内は怖くて私なら出来ませんね。」
紅緒 「そもそも、占い師が1人だけなのに霊能者を騙るのって狂人としてどうなのかしら?
私は疑問に思うわよ、だって対抗がいたらどうしようもないじゃない」
鬼灯 「だからと言って身内票があるとは
あまり思いませんが。

このGJがどちらで発生したとしてもです」
ミツヒデ 「愛称で名前を出されるとわけがわかりませんね・・・
まあ大体わかりますが」
鑢七実 「まあ、なので素直にルーミアさんは真狂だとは思いますよ。」
夜ノ森小紅 「鬼灯はそもそもまだ全然見切れてないのがなぁ
だから身内がどうこうとかはホントにあくまで「ないとはいえない」としか言えない」
さっきゅん 「んんん(古畑の構え」
アナザーブラッド 「まぁ投票者の鬼灯は後にしていいと思うのでそこ意外じゃないかしらぁ♪>占い」
紅緒 「狼が占い乗っ取り成功しているかどうかなんて
狂人にはわからない……そうでしょ?」
雪華綺晶 「LWかつ狩人生存で特にがんばる必要もないですし」
鑢七実 「夜ノ森さん○でした、てへ。」
金剛 「んんんwwww
霧切にルーミアが投票しているなら狼は切ってイイデースwwww」
ルーミア 「あの状況で身内いれるっていうのがないって考えるなら投票されてる鑢七実は白いのかー
ただその場合だらだら残されても困るので占う予定なのかー」
ミツヒデ 「まあグレランで落ちればそれで御の字ですかね
頑張りましょう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
夜ノ森小紅0 票投票先 →アナザーブラッド
アナザーブラッド2 票投票先 →雪華綺晶
鑢七実1 票投票先 →紅緒
紅緒1 票投票先 →雪華綺晶
ルーミア0 票投票先 →雪華綺晶
ミツヒデ0 票投票先 →鑢七実
金剛0 票投票先 →雪華綺晶
雪華綺晶5 票投票先 →鬼灯
鬼灯1 票投票先 →アナザーブラッド
さっきゅん0 票投票先 →雪華綺晶
雪華綺晶 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鑢七実 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鑢七実さんの遺言                               ___
                         . : : : : : : : : : : : : : : : . .
                           /: : : : : : : : : : : : : \: : : : :\
                      /: : : : : : : : : : : ヽ: \: : \: : : : :ヽ
                     ': : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :\: : : : : .
                     /: : : : :|: i: : : : : : : : : : :i: : i : : /: :ヽ.: : : : .
                     : : : : : :|: |: : : : : : : : : : :|: : | V.: : : : : : : : :.
                   i: : : : : :|: |: : : : : : : : : : :| ̄| ̄`、: : : : : : : : :
                   |: : : : : :|:_|_: : : : : : : : ハ:/ ___ : : : : :i: : : : i
                   |: : : :./:.:| \: : : : : : :/xイf示ハ: : : :.|: : : : |
                   |: : : : : :|: |,x≠ミ: : : :/   r'  リ : : : |⌒: : |
                       j|: : : : : :l 〃  r ハー'       ー |: : : :| ノ: : |
                      八: : : : : |人 乂 り   ,        |: : : 从: : :||     よくも(狩人の)私を殺したわね。
                    / ⌒>: : : :|: :∧      r 、    イ: : /: : : :/||
                    / ' /: : :、 : |: : : ゝ   __ ,, r≦ : i: :/: : : :/' ||
              / : //: : : : : :\: : : へ: : :.xヘ ノ== 、: : :.:.|:/: : : :/ ノ'
              i: : i: : :/: : : : : :.\ハ  〉-r '' >、  __)、/: : :.//
              |: : |: /: : : : : : :/(___ イ人 / /≦ニニ}__彡'
                \|/: : : : : /ニ レ \_{二二"''<> '" 二〕
         __ / ̄ \__ ∠ _彡'ニニ,ノ /  / /--r≦ニ= \__
      /:/ ̄V_  /| ̄\  \__〕_/ ̄/ ̄i  ̄ |ニニニ==\ニニ\
     /: :/ /: :{i    \|    \  ヽ   ヽ  /  ,    Vニニニニニ≧=-- \
     i: :{/: : : : \ / __/!     ヽ     >― 人  | iニニニニニニニニ /
     |:/: : : : : : : : /   人       i  人 /   /  \ |八く-- i____ 彡'
     /: : : : : : : : /     \    |    ̄ ̄ ̄   \ |  i `¨´
      i: : : : : : : :./          \    ――r-==-   _  / \
      人: : : : : : :,            __人:. :.i:. :. :. :.y   \
       \: : : : i                 ̄i 、:. :. :. :./__ 彡'
        \: : : >               | \:. :. {
          ̄                      |人ハ:. :.|
                            Ⅵ___7´
                            込∨

1日目夜:-。
2日目夜:ルーミア。(護衛成功)
3日目夜:
4日目夜:
5日目夜:

【護衛理由】

○2日目夜:
◇ルーミア 「最悪なのって私吊ったあとにじゃあ囲いだねっていって○吊られることだけなのかー」
◇ルーミア 「私吊り自体は最悪考えたらしょうがないけども○吊りだけは御免被りたいのかー」

割とこの発言が騙りなら相当強くないと出てこないと思うのと、
占い偽論が表に良く出ているので噛まれると見て占い師護衛にしましょう。
定石は霊能者護衛と聞いたことがありますが、まあ良いのではないでしょうか。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜ノ森小紅 「えーっと
勘違いしてるのがいるみたいだが
昨日○もらったのは姉様だからな>ALL

七実やアナブラあたりは発言から類推するにおもいっきり間違えてると思うが。」
鬼灯 「なんか投票してみておいてなんですが
初日に霧切さんから微妙な触れかたをされているという点において、
アナザーブラッドさんは非狼寄りで見ておくべきなんでしょうかね」
ルーミア 「占いCO 鑢七実○なのかー?」
金剛
   .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ | |\
    .:.:./.:.:.:.:/⌒/   | |∧\
   .:/.:.:.:.:/  〔/)  |_|/∧__〉
   .:.:.:.:.:.:{   /  /´/´.:.:.\
   ⌒Y⌒\〔_/´.:./.:.:.:.:.:|.:.:.ヽ、
   .:.:.:.l.:.:.:.:.{:.ー1.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.}ハ
   `:.、j:/:⌒ヽ/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./ }
     rくヽ.:.:.:./.:.:.:../:|.:.:.: :/.:.:.l.:./ /  oh,SHIT!
   /.:.:.:}.:.:/.:.:.:.:/: :|.:.:.:/.:.:.:.j/     ワタシ占い決め打ち今日とか言ってマシタネ!www
    .:.:.://.:.:.:.:/.:.:. ト、八:.:.:.{    _ 霊から●出ててその霊信じてるしまだ保留できマシタネ~wwww
   :./.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|   `トゝ  .|/
   .:.:.:.:./.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|   |   ノ>
    .:./.:.: :/.:.|.:.:.:.:.:.:|  u ノ  /(  アナブラサン、七実サン、ワタシで詰めてけばいいと思うネ~
    /.:.: :/.:.:.:|.:.:.:.:.:.:| イ    ̄」
紅緒 「ごきげんよう(ホッコリ

憂いを断つのであれば七実さんでも占えばいいのでしょうけど
保証はないので、堅実に村力に期待しましょうか」
ミツヒデ 「○でした」
鬼灯 「恐らくは昨日の吊りは概ねにおいて
【狩人無いしとりあえず吊り】寄りになりますので。
本日が勝負です。
ご機嫌いかが!!」
アナザーブラッド 「おはよう~、なーんか嫌なものが見えてる気がぁw」
ルーミア 「◇鑢七実(22) 「ああ、投票しておけば良かったですね。>霊能結果●
報復投票に取られるのが嫌なので投票しませんでしたが。」
こういう発言が疑われるのは嫌ですって言ってるように見えるのか―」
鬼灯 「知ってます>ミツヒデさん」
ルーミア 「ぐあああああああああああああ」
夜ノ森小紅 「アチャー…>狩人噛み&そこ占い」
紅緒 「そうよね。占い先にそこを選ぶわよね」
鬼灯 「ならまあ 小紅さんは最終日においてはそこそこ見るべき位置にはなるんでしょうね>ルーミアさんGJ」
ルーミア 「一番最悪な結果なのか!!」
さっきゅん 「あっちゃー、そこは保護しようとしてたのに」
ミツヒデ 「正直今後霊結果出す必要ないですよねこれ・・・」
金剛 「・・・oh>狩人遺言
ルーミアの方でGJ起きてたのネ~wwwww」
紅緒 「逆に考えるのよ、小紅
ルーミアさんが何者であれ、真結果じゃない」
アナザーブラッド 「んでもぉ、昨日ルーミアGJだっていうからぁ、ルーミア真狂確定ってことよねぇ♪
でぇ、即噛みに来るなら真っぽいって思うけどぉw」
紅緒 「昨日と、今日は。という注釈は入るけどね?」
ルーミア 「いやむしろあんだけ言っておけば噛み合わせされるだろうから占い外したほうがよかったのか」
アナザーブラッド 「ここで貴女が結果○以外出したらどんな顔すればいいのかしらぁ……w>ミツヒデ」
鬼灯 「狂人がこの結果出す必要あるかとなると 微妙なところなんですがね。
昨日宣言していたというところを考えると
さらに微妙極まるところではあります」
ルーミア 「未熟であるのかー」
夜ノ森小紅 「姉様がそれ言えるなら多分姉様は狼じゃないですね>紅緒
咲夜がいること意識してるはずなのにそれを忘れられてる発言なので」
金剛 「アナブラかワタシ吊りで今日は詰めていけばいいと思うネ~wwww>ALL
即噛みするならほぼ真、少なくともさっきゅんは非狼確定クラスだと思うネ~www」
アナザーブラッド 「まぁこの遺言が本物かどうかなんてぇ、明日の噛みで分かるんじゃないのぉ?」
さっきゅん 「まあ3吊りあるんだから不利でもないわね」
紅緒 「今日の発言、とってもいい感じだからお姉ちゃんは期待しちゃうけど
もうこれで狩人吊りを恐れる必要もないのよね」
ミツヒデ 「しかしどうしましょうか
遺言真見るのでしたらルーミア殿は真目 灰を詰める形になりますか」
ルーミア 「えーと状況は」
金剛 「狂人が狩人遺言残してどうするネ~wwww>アナブラ」
夜ノ森小紅 「そういう意味で、初手占いGJということから考えると
ルーミアはホントに最悪でも真結果でいいと思うな」
紅緒 「当たり前でしょ、お姉ちゃんはいつだってお姉ちゃん>小紅
永久役職よ」
夜ノ森小紅 「よってアナブラ・金剛ラン。」
さっきゅん 「七実が真でルーミア真なら潜伏狂がいる可能性があってーだから
まあ自分を信じて投票ごーごー。自分の信じる自分を信じろね」
ルーミア 「ミツヒデ生存 さっきゅん生存 紅緒生存なんで」
鬼灯 「ご本人の発言だけ見ると
全面的にどことなくあの色情神獣を思い出すアナブラになるんですがね。

初手の霧切さんラインを軸にした場合
そこ非狼になるんですよ悩ましい」
アナザーブラッド 「後3吊りで私・お義姉様・金剛・鬼灯の4人ねぇ
だから誰か一人一番村っぽいのを決めて残せばいいってことだと思うけどぉ
ルーミアの○のさっきゅんと小紅は噛まれると思うしぃ」
金剛 「というか七実が狂人なら逆に問題ないネーwwww
ルーミア狼がほぼ投票で否定されてる状況デスよ~wwww」
ルーミア 「小紅 アナブラ 金剛 鬼灯から1W探すだけなのかー」
紅緒 「1つ、あるとしたら。それは…いえ、この話は後にしておきましょう、ね?」
夜ノ森小紅 「えーっと。
何度も言うけど昨日の○は私じゃなくて姉様な。」
ルーミア 「というわけで一人村打つ作業になるのかー」
さっきゅん 「ぶっちゃけそこ潜伏狂主張する狩人いるなら今日灰からCOしたらルーミア視点
詰めれるけど」
アナザーブラッド 「真狩人と狼を混乱させる高度な作かもしれないわ……!!www>金剛」
紅緒 「霧切さんを助けようという意図の投票をしたかどうか、なのよね>鬼灯さん」
鬼灯 「貴女真なら 結構小紅さんってのが
ありそうな感じになってきました>ルーミアさん
昨日ああ言っておいてなんですが」
夜ノ森小紅 「…はぁ… 大声出したから疲れた。」
アナザーブラッド 「あ、あらぁ……ごめんなさぁいw>小紅」
ミツヒデ 「私とあなたはラインありませんので 念のため>ルーミア」
金剛 「身内突っ込む状況じゃないんでほぼアナブラ狼とはワタシ見てマースね~www
投票と○結果からの考察デースwwww」
さっきゅん 「だから今日でないなら明日以降でた狩人は潜伏狂のほうがありえるけどね」
金剛 「ワーオ~wwwww新しすぎて誰もヤラナイネ~wwww>アナブラ」
鬼灯 「まあ、どの道今日処理する場所では無いんですがね」
紅緒 「霧切さんの発言を見て、「危ない」と思って助け舟を出す狼
出さない狼、むしろ投票を叩き込む狼

私なら叩き込むかな、占いを噛めば霊能結果は出るもの」
ルーミア 「そらそうなのか>ミツヒデ
でも私はあって狂人ってことになってるのかー」
アナザーブラッド 「これが深夜村の魔力なのねぇwww>金剛」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
夜ノ森小紅0 票投票先 →アナザーブラッド
アナザーブラッド3 票投票先 →金剛
紅緒0 票投票先 →金剛
ルーミア0 票投票先 →金剛
ミツヒデ0 票投票先 →アナザーブラッド
金剛5 票投票先 →アナザーブラッド
鬼灯0 票投票先 →金剛
さっきゅん0 票投票先 →金剛
金剛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミツヒデ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
金剛さんの遺言
                       _
                     ,.ィ: : : :≧、
                     ´  ̄`ヽ: : : :ヽ
                   , --、__ ノ: : : :ノ -.、
                 _/: :/'´  二二二二 ヽ\
                ィ/: : : j..ィ: :´i : : : : : :',: : :ヽマ\
              /: /: : : /: : i: : :ハ: : : : : : ', : : : :∨:\
                /: : /,: : :.ハ: : :}: : :{ ',: : : : : ハ: : : i: ∨: :ヽ
         __ i: rく/: : : ': : :_:|_',::斗. ',: : :/、 jハ: :!: : V: : :',-- 、
        {´    ヽ i: : : :|: : {: :{ ヽ从 j/    ̄j/: : : :} : : :',   }
        ` <..__.ィ j: : : :ハ: :', rz==≧、   ィ≦=|: :/j/ト: : : ',イ
          r: :f: V: ; : : :;: :ヽ_:ゝ      ‘    .jイ: : |. ',: : :', 素村ネ~・・・・
          ハ: :j:./: ,: : : /: : : :!       ___    i: : :| }: : :}
         く:_:ノ: {: /: : : ,: : : :.:|    ,ィ_,ィ_i__{__iヽ   }: :.:!_ノ: :;/ 身内票あんまり考慮してないネ~
         /: : /: :/: : : /|: : : : |    ヾー┴‐┴┴'   イ: : :|: : /
           乂イ: :/: : : /: :!: : : : |:..     ` ⌒  /: i: : : |イ  ルーミア真狂と見てさっきゅん非狼は確定でいいと思うネ~
          レ: : :/: : ハ: : : : !} ≧z..   _ ..イ: : : :|!: : :.
           `T : : : : : : ',: : : :',!      i : : : |: : : :.|',: : :', 
              ,: : : : /: : :ハ : : ::}      {__: : :!: : : :.! ',: : :',
             ./ : : : ; : : : : :}: : : !\     } ト .|.: : : :| }: : :}
          /: : : :/: :> '' |: : : |\\    | |ヽ `''< |.: : ;
           /: : : : ,イ    ',: : :.!  \\  | | }   }ヽ}: :/
            / : : :./  ',    ヽト :{    \\ | | |   、i .j∧
         ,: : : : i.   ',      ヾ \.  \ | | |   ヽ  i
         i : : : :|.   ',       ', \.  ヾ| !.     \|
ミツヒデさんの遺言 霊能COです 結果はログで
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
鬼灯 「見れば見るほど小紅さんっぽくなってくるんですが
間違ってた場合同時に凄く私不利な状況になるんですよねそれ。

もしくは3日目に真贋判明+ルーミアさん狂人での
小紅さん狼パターンとかですが。さっきゅんさんよりはそっちっぽいですあるなら」
夜ノ森小紅 「鬼灯の話なんだけど
>霧切さんから微妙な触れかたをされているという点において、
>アナザーブラッドさんは非狼寄りで見ておくべき

これがよくわからなかった。
>◇霧切響子(33)  「出ている占いは見ていないの?>アナザーブラッド」
ここだと思うんだけど。そんなに微妙かなぁって
別にアナブラ疑わない根拠にはならない気がするんだ」
紅緒 「もしも今日、ルーミアちゃんが襲撃されている場合
最終日に小紅、鬼灯さん、さっきゅん、私の形になるのかしら

全員が等しく容疑者ね?」
アナザーブラッド 「………………あらぁ?」
鬼灯 「あ、小紅さんこれちゃうな」
アナザーブラッド 「えっとぉ、占いがルーミアで霊能がミツヒデよねぇ?w」
夜ノ森小紅 「鬼灯はさ
アナブラ非狼目で見過ぎじゃない?」
ルーミア 「占いCO 小紅○なのかー?」
紅緒 「あら。ならさっきゅんは違うのかしら」
ルーミア 「なんで私死んでないのか不思議なのかー」
アナザーブラッド 「これぇ、どういうことかしらぁ?」
鬼灯 「あ、すいません 紅緒さんの間違いです>小紅さん」
ルーミア 「というか噛まれるって思って理由つくってないのかー」
紅緒 「さっきゅんが狼なら、ここはルーミア噛みで盤石の体制を築くのが得策
ではあるのだけど、ねぇ」
さっきゅん 「漂白すれば絶対負けない状況な時点で」
夜ノ森小紅 「ああ ここで私○ならルーミアは狂切れるよ
非狼目のところに●出すところだと思うし」
ルーミア 「でー私視点鬼灯かアナブラ吊っておわるのか」
紅緒 「そう思わない?>さっきゅん
お互いに。そこまで読んだ上で、なら互いに策士よね」
夜ノ森小紅 「>◇鬼灯 「あ、小紅さんこれちゃうな」

えーっとここのこと?>鬼灯」
さっきゅん 「昨日までの結果でルーミアの○にいればさ。
それを理解してない狼かどうかぐらいよね。紅緒が狼のパターンって」
ルーミア 「1,私狂人読みワンチャンスにかけた
2.手滑ってミツヒデポチった」
アナザーブラッド 「鬼灯吊って終わらないとルーミア狂だけど
その場合明日ルーミア狼が私投票で引き分け来ちゃうわねぇ……」
ルーミア 「さぁどっちなのか!?」
さっきゅん 「なのよねー。私なら絶対漂白するわ
超するわ、ぐへぐへ言いながらするわね>紅緒」
鬼灯 「◇霧切響子(33)  「出ている占いは見ていないの?>アナザーブラッド」
まさにそれなんですがね。
全潜伏・真狂不明・1COの狼の傾向として
仲間を殴らせる要素を1つとして作りたくは無いと思うので。

ちなみに私視点ルーミアさん真の場合アナブラさんなんですがね。
一応、私&アナブラさん視点
ルーミアさんはどうせ狂人だとしても 狼位置は分からず+非狼位置なんざわかっちゃいないので
対抗吊って 終わんなけりゃ最終日でも実は特に問題ありません」
アナザーブラッド 「ミツヒデが死んでるからLWは正しいとしてぇ……」
紅緒 「私は結局、「ルーミアは真で見ていい」とは断言できてないのよね>さっきゅん
だって私の他にあなたがいるから

でもこの想定論、結局どっちもありえるし
不毛だからやめておきましょうか? ルーミア真ならもったいないもの」
鬼灯 「なのでまあ ぶっちゃけ私はアナブラさん投票してもいいんですが。
終わらなかった場合 私吊りになりそうですがね!」
ルーミア 「ちなみに付け加えるなら私狂人なら鑢七実死んでるの見たら別な位置に○ぶん投げるのかー」
さっきゅん 「私以上に紅緒は漂白すれば無敵な位置なんだよねー」
夜ノ森小紅 「アナブラ吊って 終わらなかったら皆対等に勝負、じゃないかな
多分
ルーミアはどうせ狂以下確定だし」
アナザーブラッド 「お義様とさっきゅんの場合ルーミアが死ねばそのまま明日残りを噛んで生きて見てるだけでいいものねぇw」
鬼灯 「どの道ルーミアさん処刑はいりません。
ルーミアさん偽を強めに見てのそこの○吊りか
それともそこ真を強めに見ての私orアナブラ吊りです」
紅緒 「そりゃ、小紅のお姉ちゃんですから
だけど、できれば今日で終わらせたいわね
いえ、終わらせねばならない」
夜ノ森小紅 「姉様を疑うなよー
昨日の発言からすれば姉様白いと思うぞー?」
さっきゅん 「だからまあいいや。仮にそこなら昨日の時点でもうつんでたで」
夜ノ森小紅 「咲夜はなおさら疑う位置じゃないよ」
紅緒 「ルーミアちゃんが狂人でも、投票先がないわよねぇ」
紅緒 「うん、安心」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
夜ノ森小紅0 票投票先 →アナザーブラッド
アナザーブラッド5 票投票先 →鬼灯
紅緒0 票投票先 →アナザーブラッド
ルーミア0 票投票先 →アナザーブラッド
鬼灯1 票投票先 →アナザーブラッド
さっきゅん0 票投票先 →アナザーブラッド
アナザーブラッド は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/01/22 (Wed) 02:09:34
金剛
                          | l ./7./7
                          | l_/ ,'/ ,/〉
                           r‐=ミノ __   /
                         > 、 ヽ   /
                __           ‘:.,   ´{
             /:./⌒)               ′   Ⅴ
          /.:..:/    __               ',    Ⅴ_
             \:.、x</、:.`ヾ丶        ∧    ∨_
         ,.ィ´/>.:.:´.:.:\:.:\\   ___, ∧     Vニ_
.         /:.:|/.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:\:.:\{⌒>_/ ∧     V二______
        {.:.:.|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:}ナ}メ:.\:.:\「):.ヽ、  /ト、   ノ二=‐-  ___,ノ
           V.:|.::,.斗、.:.:/ z=ミ',:.:.:\.:.:`:.ー.:.〉 /\ ̄ ̄r―┐ r―┐ r‐‐ / ヘーイ、お疲れ様デース!
.        __';.:|´:.{ __`     ⊂⊃八>┬くノ/|  \    ̄     ̄     /
       /  }.:|\〃´  ' __   ト、:.\ー /| |     ー=二      / 村陣営の皆さん、おめでとうございマース!
       ー‐く|.:|:';.:⊂⊃  (´ }  人:\.:..`::..、| |  ヽ ___,.> ''"´
.           \:.';.:.:.`ト..,,_ / |{^'「\.:.:.:.:`:..、   /.:.:.:.:\
      ______ー\:.:\:.___j    |{ |│ ` <.:.:.:.ヽ/.:.:.\.:.:.:.:.〉
    r‐「Y⌒Y⌒Y´| .\:.:\\   .|{ |│  V{ `ヽ.:.}\.:.:.:.:.:\/
    { `ミ=t‐‐z=彳  ´ヾ:、.:.ヽ \,ノ .|│  ',  | }/.:.:.:.\
    八 二{ イ ̄   ./   } ト、:} ,:′ |│   'ト、|〈.:.:.:.:.:.\〉
     |  |   /   / }}       |│   、 ヾ!\.:.:.:.:.}
.    /|   ノ〉 r‐く\ / 〃   |    、    \j、 .\ノ
   // / ∧ /\ \>{  {{    ',    \\   //ヽ」
鑢七実 「お疲れ様でした。」
ミツヒデ 「お疲れ様でした」
アナザーブラッド 「お疲れ様ぁ、ごめんなさいねぇw」
霧切響子 「お疲れ様」
ルーミア 「お疲れさまなのかー」
紅緒
     /     /  ̄/    /   / / __        /
    /\ ――  \/  / /   / /    / ――  / /
    /        / _/ /_/ / __/    _/ /_/

                 / ̄ ̄\
.              /  「   ヽ\
       /\__.     |  (●)(●) |.      _/ヽ
      /''''''  |     |    |   |      | '''''':::::::\
     |(●),_|_   |   __´_   |    ___|_、(●)、.:| +
       ̄|_ ,,ノ(、|_   |   `ー'´   |  _|_, )ヽ、,,_ .::::| ̄
        |__,rエ|_ヽ        | _|エェ、__.::::::| ̄     +
         \  ̄ヽr |  ヽ     ノ |-rヲ .:::::/ ̄
           ̄,,二.イ__ /ー-..,ノ,、.゙,i -、 ̄i ̄ ̄
           /:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
           /    |  \/゙(__)\,|  i |
          /    >   ヽ. ハ  |   ||」
霧切響子 「すまぬ、すまぬ……」
紅緒 「これが姉妹の絆だッ……!」
雪華綺晶 「私吊りなら金剛村決め打ちするのかと思ってましたが
そうでもないんですね」
金剛 「んんんwwwアナブラさんのランに負けたのは結構悔しいデースwwww」
鬼灯 「誰狼でも結局おかしいことになるんで
まあ吊っとけばいいやってなりました」
ルーミア 「最終日の噛みはなんなのかー?」
さっきゅん 「なるほどねー」
夜ノ森小紅 「普通に終わった………


…って姉様が…憧れの姉様が… うそだーーーーっ!>中身」
ミツヒデ 「まあこの人数で初日狂人は運がなかったというのもあるかと
しかし村のグレランが強いですね」
鑢七実 「望み通り姉妹に揃って乱暴されて良かったじゃないですか。」
アナザーブラッド 「どうせルーミア噛んでも吊られるから違ったことしようという発想!」
紅緒 「鬼灯投票とは無茶をするなw>アナブラ
そこは集まっても1票、吊れる位置ではなかっただろ
霧切との絡みを見ても、除外してたわ……」
ルーミア 「どうせ噛まれるからいいのかーって何も準備してなかったら
普通にミツヒデ死んでて凄い慌てたのかー」
アナザーブラッド 「うぅぅ、乱暴にされちゃったぁ♥>七実」
夜ノ森小紅 「うう 姉様に裏切られた…
陣営的には裏切られてないのにー」
アナザーブラッド 「いや一人だけ男アイコンだから集まるかなーとか思ったのよねぇw>お義姉様」
ルーミア 「七実は護衛ありがとうなのかー」
鬼灯 「逆の逆の逆を読んだ結果
裏の裏の裏をいかれたようです。
おのれ謀ったな」
ミツヒデ 「まあ初霊能は勝利で飾れてよかったですよ 

なにもせずに終わりましたけどね・・・」
紅緒 「アナブラが鬼灯、金剛が雪華綺晶投票で>金剛
発言は「どっちもわかんねぇ!」ので投票先で決めました

なお3日目は「雪華綺晶投票するのは狩人に違いない」で保留した模様」
金剛 「初手で狼吊れたのも村有利に働きマシタネ~wwww
1票差とはいえよく吊れマシタネ」
紅緒 「お前のねーちゃんから「心配だから代わりに行って来い」ってペソで>夜ノ森」
鑢七実 「偶々、ではないかと。」
アナザーブラッド 「ん~、負けたけど人狼やったって感じはするわねぇw
次は勝たないとぉ♪」
雪華綺晶 「人外を捕捉できなければ自分が死ぬということを改めて確認した程度ですね」
夜ノ森小紅 「姉様、真白を追いかけすぎですよ!?(ガガーン >できない夫さん」
紅緒 「鬼灯は吊れないだろ、発言を見ると後回しにしたくなるもの>アナブラ
しかしなるほど……そういう発想だったか。メモしておこう」
霧切響子 「あんまり話すこと無いなーって思ってたからやっぱり発言しなくてよかった。」
ミツヒデ 「というかよく初日から人外見えますよね・・・
私ひたすら狩人吊りに走ってますよ今回・・・」
鬼灯 「霧切さん投票理由

◇霧切響子 [狼] (◇j/LLggzims) 「どういうこと?
偽なら●を出さないって。>鑢七実

●出したら絶対に真なのかしら。」

大体これですね」
金剛 「ナルホドネ~wwww>紅緒
きらきーサン村ならそうなりマースネーwwww」
紅緒 「「COして噛まれるだけの簡単なお仕事です」って募集要項に書いてあった>ミツヒデ」
夜ノ森小紅 「響子に関してはセンサーとしか言い様がないなぁ
占いでも適当にでっち上げて占ってたレベルでセンサーが働いた

特に  理由は   ない。」
アナザーブラッド 「ミツヒデは様子見してないでもっと早く入村してよかったのにぃ♥」
鬼灯 「まあその結果アナブラさんから一気にOBしていったんですが」
鑢七実 「私からするとそれだけで反射的にいっても良かったのですが。
◇霧切響子 「出ている占いは見ていないの?>アナザーブラッド」
これも含めて否定的な発言が目立った、というのがありまして。」
霧切響子 「殺すつもりで突っかかったけど超過でなにも言えなかったわ…>鬼灯

名前読めなくてこぴぺしたのが敗因よ……(キリッ」
ミツヒデ 「少人数だとまさにぼろ雑巾ですねこの役職って・・・>紅緒」
鬼灯 「いえ ●を嫌ったような雰囲気が>霧切さん」
金剛 「人狼's初日の投票早すぎるネ~wwww
島風デスカーwwww」
ミツヒデ 「あの流れですぱっと入村する度胸は私にはありませんよ・・・>アナザーブラッド」
アナザーブラッド 「私が狼やると早いわよぉ♪>金剛」
夜ノ森小紅 「狼2だと割とボロ雑巾かもなぁ>霊能
狼3になると欲しくなるけど。
特にさっきの14な!」
鑢七実 「後は昼発言通りです。
疑われるのは嫌です、草毟りの労力が増えてしまいますから。
私病弱ですし。」
鬼灯 「ではお疲れ様です。
村立感謝、いつかまた地獄でお会いしましょう」
金剛 「少人数だと割と指定になってるの見マースwwww>ミツヒデ
ワタシの考えと違うんですかネ~?」
夜ノ森小紅 「やっぱり姉様とアナブラのせいじゃないかー!w>入村」
霧切響子 「あぁ、私は狼だったから。役持ちには見えたわ。
終始占いについてしか発言してなかったし。
まぁ、結果自分が吊られてるんだけども。>鬼灯」
雪華綺晶 「では。おつかれさまでした」
鑢七実 「なので先陣を切りました。>ミツヒデ」
紅緒 「しかし、その結果が狼を追い詰めることもあるさ>ミツヒデ
逆に利用されることもまた然り

もしも小紅が狼で霧切投票をした上で占いを噛めれば、身内票という追い風に乗ってどこまでも飛んでいけただろうしな」
アナザーブラッド 「んもぉ、これも小紅が悪いのよねぇ♥>ミツヒデ」
夜ノ森小紅 「        |: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :|: : : : : : : : |
       |: :../: : : : : : : : : : : : : /ミy彡ヽ : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : |
       |: :.′: : : : :..:.|: : : : : :.|     |: :|: : : : : |: : : : : :i:|: : : : : : : : |
       |: :i: l: : : : : : :|: : : : : :.|     |: :|: : : : : |: : : : : :|:|: : : : : : : : |
       |: :|: |: : : : :ト |..,,__∧: |     |: :|: : :,,..斗: : : : : |:l: : : : : : : : |
       |: :|/|: : : : :|:八: : :|≧lレ     ぃ斗f:´ : 八!: : : :.入: : : : : : : : :.
         ′ : l: : : : :l━┯━┯       ┯━┯━|: : :..:.トい: : : : : : : : ::.      皆、こんな姉とアナブラでホントにごめんな…
.      /: : : : :∨: :..:ハ  |///l|       |///l|  |: :..:/:| .j:ト : : : : : : : : :.
     /: : : : : : :∨\:ハ. 乂_(ツ       乂_(ツ   ′:/レ' l:| :, : : : : : : : :.
      :′: : : : : / | : : i\〉             厶イ: |_,ノ..|  ′: : : : : : :i
    i: : : : : : :/ 1: : 入             し |: : :..:′:..:.|   i: : : : : : : :|    ←そんなんだから私の遺言これになるんだぞっ!?w
    |: : : : : :/  v: : : 个: . ..    匸  ̄ノ     ィ|: : :/: : :ハ:{   |: : : : : :│|
    |: : : : :/   厶: : :.:|: : : : : ≧=r―- r=≦: : :!: :/: :.:/   │: : : : :/|│
     : : : :│     ∨: |V⌒V⌒ィ}    廴イ:/j ∧/      |: : : / !ノ
      、: :{       \} -=ニ  .|      }   〈/=-      ノ:./   /
      \{     /「\     |_____/     //〉  /ィ
.              /ニゝ \     |    ′   ///ハ
             iニニニ\ \   !   /    ///ニニ}」
アナザーブラッド 「私吊られたら終わるから遺言用意してないわよw」
金剛 「遺言見たかったデスネ~wwww>小紅」
鑢七実 「一回出てオセロさせてあげるのも良いかと思いましたが。
面倒だったのと手が届かない状況を見ているのが思いの他楽しかったので。」
紅緒
     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ.   「   \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   |  |        | |   まったく夜ノ森(姉)はけしからんな>夜ノ森
   {_`__   彡  __´_ノ
    {`ー'´      `ー'´}   今度会ったら文句を言ってやるだろ!
     {      彡     }
     ヽ、    /   ノ
       /    く
       |     \」
ミツヒデ 「狼吊れてなくてGJでたら指定展開になるかもしれませんね という予想ですが」
紅緒 「しかし、初日狂人なのが残念だな。満足できねぇよ……!」
夜ノ森小紅 「お前だお前!
姉様の名を騙ってるお前だーっ!(頬へペチコーン >できない夫さん」
ミツヒデ 「では私はそろそろ床につくとしましょうかね
村立て感謝 全員お疲れ様でした」
紅緒
             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶     えっ>小紅さん
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ」
夜ノ森小紅 「ぜーはーぜーはー」
夜ノ森小紅 「それ私っぽいけど私じゃない人だー!」
夜ノ森小紅 「げほげほっ むせた」
アナザーブラッド 「(私はできない夫をお義姉様って言ってたなんて……)」
霧切響子 「まぁ、村はお見事。お疲れ様。
また機会があったらよろしく。またね。」
夜ノ森小紅 「リアルにむせたんだが(驚愕」
アナザーブラッド 「あらあら、たいへ~ん。お水飲むぅ?>小紅」
鑢七実 「それでは、お疲れ様でした。えっと……そうだ。

今夜はお楽しみでしたね。」
夜ノ森小紅 「手元に伊右衛門あるからそれ飲んでる…w」
金剛

                 \__/.:.:.:.:.:/―┴――=ミ 〈///∧ V.:.:.:.:.:ヽ
               ,.::´:.:.:.:./.:.:.:.:.:/.:.:-―‐-.:.:〃:.:.:.:.:´"'<//〉 V:.:.:.:.:.:.:.
.                /.:.:/:.:/.:.:.:.:.:/.:.:./.:/.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:\  |:.:.:.:.:.:.:.: ̄\
                〈:.:.//:/.:.:.:.:.:厶イ/}/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:メ、:.:.|ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:i    \
.                V.:./.:.:/:.:.:.:.:./{         i.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.|――‐┘
               __ V.:/.:.:.:.:.:/.:.| x===ミ   |.:.:.:.:.:.:/}/|/|/.:.:.:.:.:.:.:l:.:.|i:.|
              /.:(.:./:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:| :::::      |.:.:.:/      /.:.:.:.:.:.:./.:.八|ヽ それじゃあ皆Good night!
           {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:',          ̄  x=ミ 、 /.:.:.:.:.:.:./.:.∧.:.:.:.i お疲れ様ネ~
            /\.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|.:.:.:.:.',     ‐:.、      ヾ/.:.:.:.:.:.:./.:./.:∧:.:.:|
.         /.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:/iYlV:.:.ト   {  ノ     :::::: 厶.:.:.:.:.:.:|//.:∧.:|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:l l !| V.:j.:.:介c。       イノ:|:.:.:.:.:.:.',:.:.:./.:.:У
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:{`|    V`ト、ノ   / ー―=彡:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:\.:.:∠、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   /`、\    `フ⌒7.:.:.:.,ィ//7ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\):.:ヽ
.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ./ヽ_/  `、 \/ //.:/   /.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
 _イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} /: : /   /  `、/ / /⌒ヽ /.:.:.:.:|:.:.:.\.:.:.:.:.:/
   |.:.:.:.:.:.:.,.:イ.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:}/: : /  </   `、 ̄   <\ V.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.T"´
   |.:.:.:./  |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/: : /         `、     Li /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:j
   |.:.:/   |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:./: :.,:' /〉          `、     /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/
    、:{    !:.:.:/ |.:厶イ 〈/          \  {.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/
         、/  /⌒\                   \ {.:.:.:./.:.:.:.:.:./」
アナザーブラッド 「あぁ、お茶飲んでるのねぇw
飲みづらいなら口移ししてあ・げ・る・ぅ♥」
夜ノ森小紅 「楽しんでなんかなーいっ!w

いや人狼は楽しかったけど!」
紅緒 「紅緒のスペックはなかなかイイな……しかし発言精査力が今ひとつ、と(メモメモ
痴女は妙にグレランで白くなるのは興味深いだろ

よし、次は小紅チャレンジだ(ダッ」
アナザーブラッド 「RPがノルとやっぱりやりやすいのはあるわw」
夜ノ森小紅 「今度は私もやるのか…(白目」
アナザーブラッド 「私はぴゅあだけどぉ♥」
アナザーブラッド 「ヤラれちゃうのねぇ……♥」
夜ノ森小紅 「今度姉様(紅緒)RPやる人は要注意だなコレ…(ぉ」
ミツヒデ 「寝る前にログ見たらいきなりルーミア殿が霊界サービスしててお茶吹いた
これ噛まれてたらどんなAA出てきたんですかね・・・・・

では失礼します」
アナザーブラッド 「(あれ、さっき勧められたような?w)」
アナザーブラッド 「お疲れ様よぉ、次はちゃんとすぐ混ざってねぇ♪>ミツヒデ」
夜ノ森小紅 「ハニートラップに要注意だ…!(ぉぃ >アナブラ」
夜ノ森小紅 「         /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ-‐==::::::::‐=ミ
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       .::i::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::.
.     / :::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マニ_:::::::|::::::::::::::::::::::::::::.i
    /::::::iLZ: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨゚/::::|:::::::::::::::::::::::::::::i
    .:::::::::::|  |::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨‐:::|:::::::::::::::::::::::::::::|
    i:::::::::::|  |::∧::::::|:::::: :::|::::::::::::::i:::::::::::: |i::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|
    !::::::: |  |::| _;jI斗==キ千:::::::i:::::::::::::|i::::/!::::::::::::::::::::::::::: |   まぁ、なんだ。
.    ‘;::::::::マT |::| │:|i| /!: [Ni;::::::::::ト、::::::::ト、: ∧::::::::::::::::::::::::: |
.    ‘∧ x'笊;ノ  斗尓尤才:;::::::;:’::::>-‐∨:∧::::::::::::::::::::::::|   村参加どうもホントにありがとな
      \   }:     弋辷ツ ;゚:::::;:’:::::::::| / 八::∧:::::::::::::::::::: |   >アナブラはじめ村参加者皆
        i: ノ      //厶イ::::::::::::::|: /::::::::::::〉:::::::::::::::::: |
        | ∧              |i::::::::::::|´:::::::::::::::::::i::i::::::::::::::: |   正直もっと少ないと思ってたし。
        |:::::::..       u  八:::::::::,’:\::::ト- : | |::::::::::::::: |
        !:::::::\ ‐-  _,,... イ:::::::::::,:’. :  )::| : : | |:::::::::::::::::|
.       ‘;::::::rく⌒¨¨" ̄〉 /::::::::/           リ }::::::::::: |   じゃぁ私も明日朝早いからな
          ‘;::::|      :/ /:::::/             }:::::::/] |  この辺でお暇させてもらうよ
         , =ミ  :/   /:/   .   -‐===‐-ミ  }::::/マ    お疲れ様
           {  V´   {/. .  /       __   マ:::/ ヤ \
            ´'、    . . . . /   .'´    ``ヽヤ゚   |   \
          /    . .   :/   /         _}  │  /
            {. .   . .   /   /          _]   |  {」
夜ノ森小紅 「    |: : : : :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : : :.
    |: :../: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∨〉 : : : : : : : : : : :.
    |/: : : : : : :.i: : : : ハ: : : : : :|: : : : : : : : : : : ∨〉 : : : : : : : : : : :.
     ′: : : : : : : :|ミy彡ヘ: : : :..:.|: : : :..:.:|: : : : : : :.、:,: : : : : : : : : : : :.
    / :/ : : : :|: : |:.l       :, li: :.| |..斗-:|: : : : : : : :\:, : : : : : : : : : : :.
   : :..:i: : : : :.|: : |:.|     |:|l: /|/八:.:|、: : : : :|: ト--ヘ: : : : : : : : : : : :.
   |│| : : : :.:廴:|:.|     ヽ|:|f゙: r斗f宍‐ミ: : :..:.|: l|⌒'.: :, : : : : : : : : : : :.          じゃアナブラもおやすみっ
   |人|│ : : ゝ: {丁¨¨′  j八/  |i//(_ }: : : :ハノ|   |: :ヽ: : : : : : : :..:i:..:.
   |  |│: : : : :f〃示ミy /    弋辷ツ│: :/ : : |  :′: :ト : : : : : : : :|: : :.
     vト: : :\f{  |il/(_         :i::i::|:イ: : : :.|/: : : : い: : : : : : ::|ヽ:.:i
     |:\{\: :\.弋こツ          │: :..:..|: : : : : : :ゝ’ : : : : :.:| ⅵ
     |: : : : :.:\{ハ:i::i::  ′        │: :..:..|:.|: : : : : : :ヽ}: : : : : l  |:|
     |: : : : : :..:.|: ∧     r‐  ̄`ヽ     |/: : /|:.|: : : : : : :「 |: : : : :.′ |:|
     |: : : : : :..:.|: : 个    \     ノ  /j: :.:/ 1ハ: :.|\: :.| 1: : : /  j/
     |: : : : : :..:.| : : : i | 〕>    ̄  /  ′/  |  ∨ヽ ` | .′: /
     |: |: : : : : :| : : : リ }: :.|: : : >‐彳`ヽ//_____      :, |/: /
     | ハ: : : : : |ヽ: :..:l }/\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.ー‐ _;./ィ
     リ  、: :.|  \|     ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.: :. 厂`ヽ
        \:{        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   }
.            \       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     .}
                  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      }」
アナザーブラッド 「や~ん、そんな恐ろしいトラップをしかけるだなんて小紅ってばぁ……♥」
アナザーブラッド 「うふふ、それじゃ私も落ちるわねぇ。
皆お疲れ様ぁ♥」