←戻る
【紅番外】やる夫達の恋色決闘村 [3924番地]
~大寒「私を忘れたのか・・・!」~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4
icon 身代わり君
(生存中)
icon レティ
(生存中)
icon リリーW
(生存中)
icon 猫(マオ)
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon 神原駿河
(生存中)
icon ちとせ
(生存中)
icon ナズーリン
(生存中)
icon クマー
(生存中)
icon ロースおじさん
(生存中)
icon 蓬莱人形
(生存中)
icon ハム太郎
(生存中)
村作成:2014/01/23 (Thu) 00:26:41
レティ が村の集会場にやってきました
レティ 「45分に開始でいいかしら…ね」
レティ 「寒い時はやはりアイスね・・・」
レティ 「バニラがおいしいわ」
リリーW が村の集会場にやってきました
レティ 「いらっしゃい
まだ早いんじゃないかしら?>リリーW」
リリーW 「まだ早いですねー」
リリーW 「暦ですら春になってないですよー」
レティ 「時間までまだあるから、ゆっくりしてらっしゃい
アイスしかないけれど、良いかしら?」
リリーW 「1週間とちょっと耐えれば春になるですよー」
リリーW 「アイスもぐもぐですよー」
猫(マオ) が村の集会場にやってきました
猫(マオ) 「よろしくなーっと。」
レティ 「・・・あと1週間かしら・・・」
レティ 「いらっしゃいね>猫」
レティ 「猫・・・こんなところにいて、大丈夫のかしら?
寒いのよ」
リリーW 「30、31、02/01、02、03、04・・・
2週間のほうが近いようなきがしてきたですよー」
大妖精 が村の集会場にやってきました
大妖精 「こんばんは」
リリーW 「リリーW さんが登録情報を変更しました。」
猫(マオ) 「本体はこたつにいる!ということだ。」
リリーW 「リアル冷蔵庫からアイスをリアルもぐもぐ」
大妖精 「冬眠すれば体感明日ですね>春」
大妖精 「よくアイスなんて食べられるね(ホットココアをコクコク)>リリーW」
レティ 「ああ、あと1週間と4日ね
でも、まだまだ私は元気よ…!」
リリーW 「悲報:アイス食べ終わってない」
レティ 「よろしくね>大妖精
あなたは・・・大丈夫そうね>大妖精」
大妖精 「>リリー
三割程食べさせて下さい(ニッコリ」
リリーW 「片手でもタイピングはできるのですが・・・」
レティ 「それじゃ、そのまま開始していいかしら・・・?」
神原駿河 が村の集会場にやってきました
ちとせ が村の集会場にやってきました
ナズーリン が村の集会場にやってきました
ちとせ 「                  r‐' 'oヾ,--、
               i ̄` ニ'ー 、⊂, l
              /'   l。゚,.}!|レ) oY´ ̄ ̄`ヽ、___
                 く´_  `(/'7|` o/::.::,::.::.::、::ヽ`ヽ
        rー- 、  /o o `oー-‐' /::.::.::|::.::.::,::.i:l:ヾ. i\
         ̄`ヽ.\|o      ゚,'7::.::_l!_/!::/|il斗|l::.l::!|  ここに来ると
           _>、  ,ィ'´// lニィ=zレ'´' 彳j|!l/ l!
          そ_,,. -‐''´//'´ l| |!lヒ_ソ  __ ヾソ::|!   お友達ができると聴いて!
        , _'´::.::.::.::.::.::.://::.::.::.`ヽ!>‐-、!ノ,. '´ニ、_
       ´/::._::.::.::.::.::.::.//:/::.::.::/::|_|l ハ´ム┴-、 }
        '´/::.::.::.::.::.:///::.::.::.::/::ハ_/  `` `!l レ'
         ヽ::.::.::.:_::.:,',/::.::.::.::/::/   `ヽ、_,. -i!/
          ト=/'´ /::/l::.::/::/r‐=、_ /」
ナズーリン 「           _____         ガチャ   ____
         ./::::::::::::::::::::::::::\              /    \\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \         /          \\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      /             \\
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \    /              ', ',
  /:::::::::::::::::::::::::::::y'''"´"'' 、::::::::::,.-‐‐-、::\ ./               ', ',
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::| r‐‐、 i::::::::/ . ‐、 .i:: : | |                | |
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ ノ‐'´ ̄`‐( ノ:ノ:: : | |                | |
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::/Y´      `<´::::: : |_|                      | |
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::|/i   i、  |、  .l:::::::: ||_|                | |
  |::::::::::::::::::::::::::::/i  ゝァテ:::i‐'^テ:::iハノ::::::::::||_|          ◎          | |
  |::::::::::::::::::::::::::::| ヽ/Y `‐'__,_,`‐' 、\:::::::::| |                | |
  |::::::::::::::::::::::::::::\i、__ `i_└'___ノ_,ノ、>::: | |              _   .| |    むらに たどりついたぞ!!
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`' `>く `ヽ____:::| |/ヽ           |_|i)  .| |
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、__/ <>ヽ∠,,_  `iTつ ノ                   | |
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::::::|:::::::::::`"‐'" ̄´  |` " '' ─ -  ,,     | |
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |''───''\::::::::::::::::| |    .|` " '' ─ -  ,l     | |
  |::::::::::::::::::::::::::::::/>=<::::::::::::::::::::::::::\:::::::: |_|     ` " '' ─ -  ,,!    .| |
  |:::::::::::::::::::::::::::/:::::|_ァ'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::||_|                | |
  |::::::::::::::::::::::::/>_::::::::_::::::::_::::::::_::::〉 ||_|                | |
  |:::::::::::::::::::::::ヽ`ニ´‐`二´‐`二´‐`ニ´':: : | |                | |
_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__|;;;;;;;;;|__| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |_|                | |___
            ノ‐‐!  .ト‐ヽ、        ` " '' ─ -  ,,        | |
            ゝ-‐''   `''ー''                 ` " '' ─ - ,,i__,!」
クマー が村の集会場にやってきました
神原駿河 「やあやあ。ここには愛くるしい少女が多いようだね。」
レティ 「駿河、ちとせ、ナズーリンはいらっしゃい」
クマー 「クマ鍋を忘れるとは何事かクマ」
大妖精 「皆さん遅刻ギリギリですよ?
寒いからって布団にこもってはいけません。こもるのは私です。」
ナズーリン 「……猫!?」
ちとせ 「あと鍋が最終日なんで5分待つと来るかもしれないし来ないかもしれません  >レティ」
リリーW 「間に合ったですよー」
レティ 「ま、始めていいでしょう
行くわよ・・・」
猫(マオ) 「猫(マオ) さんが登録情報を変更しました。」
ナズーリン 「ままま待て落ち着くんだ私
そうだ、こういう時は素数を数えればばば」
クマー 「それくらいなら再ひゃっはー集まるかみたほうがいい気も
しなくもないクマ >ちとせ」
レティ 「…53分開始で
ごめんなさいね」
ナズーリン 「君もこもっているじゃあないか!>大妖精」
大妖精 「>ナズーリン
2.4.6.8.10……」
リリーW 「2,3,5,7,11,13,17,19,23,29...」
レティ 「クマーもいらっしゃい」
ナズーリン 「1,2,3,5,8……(ブツブツ」
ちとせ 「         ∨::::::::::/:::::::::::::::::::::::::: |
         /::::::::::::|::::::::::::|:::::::::|::::::|
       .::l:::::l::l从:::::::::::|:::l:::::ト:::::|  アイコンは猫耳つきなのに
        |∧:::l:ハl_.:::::;ハj_l/l_l:::|
        |l Vハ┰‐V   ┰‐|/|     猫耳つきのAAは無いという…
            |:::八   ,    厂 ̄)
            |:::::::_\  ─っ  厂 ̄)
            ト:::/i:i:i:i:i:〕iト .イ「厂 ̄)    これは何かの陰謀かしら?
         /:/i:i:i:i:i:i:i:// ̄ヾハ _「
        .::::|i:i:i:i:i:i:i//     ∨i|」
ナズーリン 「それは偶数だろう(ぺしっ>大妖精」
大妖精 「>ナズーリン
私「も」こもるんじゃないです。
私「が」布団にこもるんです。わかります?」
神原駿河 「>大妖精
よし、ならば私も籠もるとしよう。
君の隣にな。」
クマー 「1,10,100,1000,10000,100000・・・」
ナズーリン 「あぁ、ちゃんと素数を数えられる妖精もいるのだな……」
ロースおじさん が村の集会場にやってきました
猫(マオ) 「8が素数なんですかね・・・?」
猫(マオ) 「オイ豚ぁ!」
ロースおじさん 「よろしくなんよ」
神原駿河 「猫耳! シンプルでありながらそれは即ちネコであるという事実を示す記号的な部位である。
うむうむ実に素晴らしい」
ナズーリン 「>大妖精
すまない、ちょっと耳にくるみが詰まっていてね……」
大妖精 「>神原
チルノちゃん人形がいるので涼しいですが、それでもいいのなら

3.141592653……>ナズーリン」
クマー 「あら、最終日なんてなかったわクマ」
リリーW 「if(a^(n-1)%n!=1)
・・・ってなんでしたっけ?」
ちとせ 「             ,ノ::l∠´__
         /:::::::::::::::::::::::::``ヽ、
          , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::\   左隣が…猿?(プロフ参照
       /::::::::::::;::;:::;::::、:::::::ヽヽゝ::::::ヽ
        ,'::::::::::::::{::{:::l::;:Lヽ::::::l ,ィ{ヘ;;ト;!   つまり、猿・猫・鼠・熊・豚の
    /`ヽj:::::::::::{::::ヽX ,ゞ、ヽ\j ヾヽ
   ,ゝ iイ=ニ彡ヘ:::::`ぐ;;`ヘ,   ヽ }     動物揃いの二段目ってことになるわねっ
  l´ハ〔_ l:!::::::l:::::::lヽ:::\¨´   //
  ! j  ン7!:i:::::::!::::::!:::ヽ::::\  __/
. │l__/,イ!l::i:::::::l::::::l::::l::ヽ::::::\|::::{        l`i   /j
  `ァ r‐イ:::i:::::::l::::::!:::l::::ハ::::::::;マi:ヽ      | | //
   { j  l::::i:::::::l::::::l::::l:::l:::::ト'´  ̄ヾ     | レ /
   ヽj  j::::i:::::::l:::::::l::::l:::l::く      \     l ' 'ー¬
    !!ノl:::::!::::::l:::::::l::::l::∧::`ー-- 、_ ヽ  {   ",¨}
  /{{ ノ::::i:::::::l:::::::l:::::l/ヽヽ::ヾ ̄` ー‐ァニユ  l    fノ」
ナズーリン 「ここは動物の森か何かだろうか>住人」
リリーW 「しまった・・・べき乗演算子はC言語になかったですよーorz」
神原駿河 「ロースおじさん×クマー……なるほど。
そういえばロースおじさんはコックのような帽子を被っているように見えるな。

「ぐへへクマーを夜の鍋にしてやるんよ」という展開だな! 許せる!」
ナズーリン 「>大妖精
……君は本当に妖精なのか!?」
ロースおじさん 「豚ってどこかの宗教では神聖らしいんよ
だから猫も豚に小学4年生でもささげるべきだよねぇ・・・>猫」
神原駿河 「うん? 獣姦がどうしたって?」
レティ 「ロースもいらっしゃい
肉肉しいのが多くなって来たわね」
神原駿河 「>大妖精
問題ない。私達の体温で暖めてやろうじゃないかHAHAHA」
猫(マオ) 「>ロースおじさん
イスラム教徒「」」
ナズーリン 「……私は美味しくないぞ!?」
ちとせ 「                   /:::/:::/::/:::::::/:::::::::::::::l:::l::::::i:::::::::::::::::::::::::V }(花三ん<{
               /::/:::/:::/:::::::/:::l::::::::::::::l:::l::::::l、:::::、:::::::::::::::::ヽ、 ≧≦ /ノ
                 /:/::::/:::/:::::::/:::/i::::::::::::::::/i::::i__i:l、:ヽ:::::ヽ::::::::::}      ノ   >「ぐへへクマーを夜の鍋にしてやるんよ」という展開だな!
                 //;:::/i:::/::::::/:::::l__l:::::::::::::/ l:::/__l:l ヽ,、:::::::::::::::::::``⌒‐'´、
              ( 、:l l/l::::/l/ニニ_l::::::::/  l/ ≧==、iヽ、;:::ヽ、i::::::::::::::::.::、
              /\  lV }イi:::::cリ、/    ´ l:::::::c//:::::::::| ヽ___:::::::::::::.::、
             /:::::::::::\|/::::::l弋zノ      弋zノ/::::::::::_|ノ| ヽヽ:∧::::::.:、
            /:::::::::::::::::::::/::::::::::::l xxx 、    xxxxxx/:::::::/::l.ヽ | l 、l .l::::::::::、   昼の鍋と夜の鍋についての違いを、詳しくっ
          < \:::::::::::::::::/_::::/:::::::>、   、--、    ./::::://::::l  l! .l  l .l:::::::::::::、
          /\ \:::::::::::::/_///li li >、 `ニ'    /_::://:::::/  l / / /ソ:::::::::::::::、
         /    .\ \::::::::::::::::/=--/::>,__イ  i//=-/  /    /'´::::::::::::::::::::
        /      .\ \:::::/≦::/::/:ノ T  ニニニニ/      /:::::::l:::::::::::::::::::
.     /          >、./≧x/::/彡エ| ___|::::::::::/      /::Y:::::l:::::::::::::::::::」
大妖精 「妖精と動物とだけ括れば普通の森っぽいですね。」
蓬莱人形 が村の集会場にやってきました
ロースおじさん 「割とそれおじさんも具にされる未来しかみえないんよ
美味しくはないんよ、いや本気出したら美味しいけど>神原」
大妖精 「>ナズーリン
あれ、私のどこかに妖精らしくない所でも?」
蓬莱人形 「……(どうやら間に合ったらしい
……(よろしく頼むよ」
神原駿河 「……!」
ナズーリン 「人外率が高い……のはいつものことだったな(納得」
猫(マオ) 「でも身代わり君はいっつもそう言って食べられているぞ
まずけりゃ食べられんはずだわな」
神原駿河 「そうか、私達は今まで、とんでもない勘違いをしていた――。」
レティ 「蓬莱人形もいらっしゃい
寒い中、よく集まるわね・・・それがいいのだけれど」
大妖精 「むしろ普通の人間がいる方が珍しいですよね(お茶ズズー」
ちとせ 「                /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
       .   ─====/::::::::::/::::::::/::::/::::/:::::::::::::::::. :::::::::\
     /        //::::::′::::::l l:/ Χ:::::|::l:::::::::::}::::::::::::::::.
    { {      ///::::::::l/\:::| 扞示、|∧::::: /:/:::l::l:::::::ト
     \   「 /}::::::::/⌒:::::::::∧  乂_ソ`  V/}厶斗:l:::::::|    妖精さん…私知ってます!
       、 ///}:::::: |  |:::::::::l:::::.        |刈 |/V::/
       ∨/  ,::::::::: ゝ. |:::::::::l::::::|       /`  ト. l::′
       //  /::::::::::::::::∧:::::::j::::::|    / )   从   働き者の靴屋のお爺さんが
      .//  /::/:::::::::::::;:::::「 ̄  ̄    /  ∨  イ:::::|
     //  /::/:::::::::::::/::::::j_       廴./ /::::l::::::|   キャラ崩壊させてサボって寝てる時に
    .//  /::/:::::::::::::/ ̄/i:i:|     、___ イ ̄ ̄ ̄
    '/  /::/⌒ヾ::::::|i:i:/i:i:i |    /i:i:i:i:i:i:i/i:i:|__   代わりに手伝ってくれる人たちのことですよねっ
   .   /::/  ⌒ヽ:: !i/i:i:i:i:i|‐┬~~┬ベ':i:i:/:i:i:\
.  // ./イ    ⌒ヽ:i:i:i:i:i:i:i{ l| (` ー─┴厂ド:i:i:i≧=、」
レティ 「さ、カウント始めましょうか
・・・行くわよ」
クマー 「鍋も終わったしそのままカウントでいいんじゃねクマ」
ナズーリン 「>大妖精
妖精と言えば⑨のようなものばかりだと思っていたのだが
私の知識不足か何かなのだろうか……」
レティ 「10」
蓬莱人形 「……(人形に寒さは あまり関係ないからね >レティ
……(年中震えてるのもいるけど」
ロースおじさん 「食物的な意味で美味しくなくても需要って怖いよね>美味しくない>ナズーリン

我をあがめよ…猫より高貴っぽい我をあがめよ…>猫」
ハム太郎 が村の集会場にやってきました
ナズーリン 「>猫
ほら、生贄的な何かだと考えれば(震え声」
ハム太郎
    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽミ   .ll
    / /て^ヽ   ::::::::::::::::;;;;;;;:::::ヽ  ,.ノ
    /  |o ゝ,_ノ|     ::/^'ヽヽ::::::l'^~
  ‐/-,, ヽ( )_,,ノ      |ゝ.,_ノ o.|:::::l    へけっ♪
   l  ~^''     `‐'   ヽ..,,_( )ノ  :l    よろしくなのだ。
  '''l^^~~~   (         -‐‐‐--l-
   ヽ、 ,,,,   `'''''^''''~    ~^'‐..,,_/
    / (:::::}         ,,,,   イ~''
    l:  ~~         {:::::)  ::l
   l:              ~~   l
   l、                 l>
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~」
レティ 「9」
神原駿河 「>ちとせ
夜の鍋とは、即ち“ロースおじさんが鍋にされる”ことだったのだ。

クマー「いつも鍋にされると思ったら大間違いクマー、肉食動物の夜の動き、みせてやるクマ!」
といって鍋にされるのが夜のおじさんなのだ」
レティ 「8」
レティ 「7」
ちとせ 「                     __ _
                 ,. ´:::::::::::::::::::::::`:..、      +
        +       イ:i:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\     +
             / ,ハl::/:::ィ:/::/l:::::|:::::::::::|::::::::::ヽ
                /  /::::::::l::/廾¬:ト.::::::::::ム::!:::::::::゚,
            /  ′::::::lハ Y芥ハ` \::≠ミ1:::::::ハl +
           {{   .::::::::::r|::::ヽ.込ソ    込刈:::V   隣の鍋が終わった…  ズサに期待ねっ
     +      \.′:::从|:::::::i     __′ 从「
             //:::::::::::|::L:::::|   |  /  イ:::::|
        +   //:::::::::::: l::::::T父ト. ゝ .イ:::l:::::」   +
           //::::イ:i:i:i:\::::l:i:i:i:i片刊::::::|::::「
             //:::/:i:i:i:i:i:i:i:iハ::l==(ム厂`X:::!:i:iヽ
         //:::/:i:i:i:i:ix=== V─ | (ムイ Ⅵi:i ∧
           //:::/===彡'  ̄ ̄}   |  |⌒|::|==ミ∧」
ナズーリン 「ね、猫のえs……げふん、鼠が来たぞー!」
レティ 「ハム太郎もいらっしゃい」
大妖精 「違いますね>ちとせ
妖精というのは危険な粉を服用するか
数日間不眠の人々の前に現れる素晴らしい小人のことです」
神原駿河 「鍋(意味深)というわけだな。」
レティ 「6」
レティ 「5」
ハム太郎 「人間に妖精、猫さんにネズ太郎や熊に豚……
動物さんがいっぱいなのだ」
レティ 「4」
レティ 「3」
ナズーリン 「小さいおじさん……?>大妖精」
レティ 「2」
クマー 「森の妖精ってのが実にムキムキであんかけチャーハンって
聞いたクマ」
ちとせ 「       |::/::::/::::::':::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       |:l::::/::::/:::::'::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::ハ
       |廾トl:ハ:::i:::::::::::/::/:::;::::::::::::::::::: i
       |7芯t、 Ⅵ::::::::/}ィl:::/:::::::/::::::::::::!
       |匕zタ`  ヽ/ 斗‐==:::/:::::::::::|::|   なるほど…
       |          イ笊芥ァ'::::/:::::/l:/
       |、    /   匕zタ イ!):':::::イ   鍋の世界も攻守いろいろあるのね…!
       |i:\  - 、    /::::|::::::::::|
       |i:i:父ト  . -‐=≦:::::::::|::::::::::|
       |i:i:i爿才´i:i/ }:::::从::_::|::::::::::|   >駿河
       |i:i:///:i:i:i:/ /::/i:i:i:i:i:i:i:i`ヽ!
       |\Yi:i:i:i:/ /:イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゚,」
レティ 「1」
ロースおじさん 「Q:テレビで鍋にほうりこんで100度で煮たいのは?

A:ハム太郎とこうしくん>ハム太郎」
レティ 「0 開始よ」
ゲーム開始:2014/01/23 (Thu) 00:55:39
出現役職:魂の占い師1 おしら様2 風神1 掃除屋1 静狼3 女神4
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
クマー 「あー、うん鍋ればいいんじゃねクマ」
ハム太郎
                  _,..-‐‐-..,,_
    _,,.-‐‐-..,,,        ,r':::::::::::::::::::::ヽ
  ,r':::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ./::_;;;::;;;_::::::::::::::::;;l//-‐-‐;l;;::::::::::::::;;:-‐‐--:;;l
 l/~   ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r'彡     l
 l     ヾ/   :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /
 ゝ    /      ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,,-''
  ~'‐.,,,,,_l /て^ヽ      ,;;r=i≦;;:::ヽ'~
      l |o ゝ,_ノ|     ''~      _l.
     .l ヽ( )_,,.ノ  `'      _,,.-‐''',,,l,
     l_,,,,,,_   (__人__ノ    __,,,,,r'::::::l   おはようなのだ!
     ̄l_,,,.    ヽ:::::::l     ,r'~ ゝ;ノ   今日も頑張って遊ぶのだ!
     -''ゝ、 ,,,   ゝノ        /
        ''r':::ヽ           /
        ゝ;;ノ          ヽ
        /             'l
        l              l
        ゝ             ./
        /^'‐-t''''^~ ̄ ̄~^''''t-‐^ヽ
        ~‐‐'~         ~'‐‐~」
レティ 「ふふ、おはよう・・・」
大妖精 「クマーだって・・・クマーだって生きているんですよ!」
リリーW 「鍋ですかー?」
ナズーリン 「やあ、おはよう」
猫(マオ) 「こうしくんの不人気さよ。」
ちとせ 「                  ,.- i -、
                   `ト--イ
                _,. --l ニl-ッ 、
                ,.ィ´ヽ.:.:.:.<L二」>:.:.:.:.:>、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`T´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            ,.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /.:,.:.:/.:.:.//:イ.:.:.{:.:.{:.:.:.:.:.:}.i:.:、.:、.:、.:.、:.:',    つまり今からは昼の鍋ですね?
          l:/!.:.:l:.:.:.:l_l:ハ.:.:ハ.:.l、:.:.:.:.l:l l:ハ:ハ:,l:.:.l.:.:.l
        ,.イ!ヘ.:.l.:.:ハl リ二込 ヽ!ヽ;.:ノリィヱ.]:ハ:ノ.:.:.ト、
       / ′,VVヘ '´  ┃`   '´┃  `/.:.:.i.:.| ヽ
      ヽ   /.:./:.:ハ. , , , , ___  , , ,. ハ.:.:.l.:.|   〉    私、一人じゃない鍋って初めてですっ
        ゝ、/.:./:.:/.:.:ヽ   /'´   `ヘ  ノ.:.:i:}.:.:.l.:.|/
        ゝ、ヽレヘ.:.:.:.:`:ト1      l,イ.:.:.:.:.i.}´ ̄``ヽ、
     ,、/  ン′ヽ ヽヘ;.j {____}L「 ̄「´  ___ヽ、
 ィニ二_v─イ   ー-、Xヽ、 ,.r'"゙"゙'"゙"ヽ川:.:.:.:{ /ニニニニ}
/     >  { ヽニづ´ `ゝ' _____ ヾrう.:.V,'/   _ ノ
     {    `フ´___ヾ´.:.:.:.:.:.:.t'´`ュ`ン/ー┴、  ,. '´ \
ヽ  ___ヽ  /ムニニニニヾ`ュ:.:.:.:.とニフ    }ー─'⌒` \
  ̄   |:.:.`'´:l:.{      ` ̄``iニニ`三- 〉   <        ヽ
       |.:.:l:.:.:.l.:.:ヽ         l l l `zァ'ー─--ヘ、        }」
蓬莱人形 「……(おはよう
……(やることは手短にすませようか」
ハム太郎 「そんなこと言っちゃダメなのだ!
もっと熱くなるのだ!>クマー」
レティ 「クマー、この寒さに耐えられるかしらね?」
リリーW 「どうするですかー?」
大妖精 「なんでそんな事がわからないんですか!」
ナズーリン 「この世は弱肉強食だからね、仕方ないね>大妖精」
ロースおじさん 「クマーしすべし!小学4年生を我にささげるんよ」
クマー 「ちょっと夜でSAN値持ってかれたクマ >ハム太郎」
ナズーリン 「クマーが弱いかと言われれば首をかしげたくなるが」
ちとせ 「                     __ _
                 ,. ´:::::::::::::::::::::::`:..、      +
        +       イ:i:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\     +
             / ,ハl::/:::ィ:/::/l:::::|:::::::::::|::::::::::ヽ  大勢でつつく鍋…
                /  /::::::::l::/廾¬:ト.::::::::::ム::!:::::::::゚,
            /  ′::::::lハ Y芥ハ` \::≠ミ1:::::::ハl +    いったいどんな味がするんでしょう?
           {{   .::::::::::r|::::ヽ.込ソ    込刈:::V
     +      \.′:::从|:::::::i     __′ 从「
             //:::::::::::|::L:::::|   |  /  イ:::::|
        +   //:::::::::::: l::::::T父ト. ゝ .イ:::l:::::」   +
           //::::イ:i:i:i:\::::l:i:i:i:i片刊::::::|::::「
             //:::/:i:i:i:i:i:i:i:iハ::l==(ム厂`X:::!:i:iヽ
         //:::/:i:i:i:i:ix=== V─ | (ムイ Ⅵi:i ∧
           //:::/===彡'  ̄ ̄}   |  |⌒|::|==ミ∧
      +   //:::∧ ̄      / /|  |  |/   ヾ}
         //::::;::::::〕iト.    彡イ:i:i:i≧:1=彡、  イ」
神原駿河 「遊ぶ……そうか。なるほど、ハム太郎に弄ばれるマオという展開だな」
ハム太郎 「焼肉定食……あっ(察し」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
レティ0 票投票先 →クマー
リリーW0 票投票先 →ロースおじさん
猫(マオ)0 票投票先 →クマー
大妖精0 票投票先 →ロースおじさん
神原駿河0 票投票先 →クマー
ちとせ0 票投票先 →クマー
ナズーリン0 票投票先 →クマー
クマー8 票投票先 →ロースおじさん
ロースおじさん3 票投票先 →クマー
蓬莱人形0 票投票先 →クマー
ハム太郎0 票投票先 →クマー
クマー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ナズーリン は恋人の後を追い自殺しました
ハム太郎 は無残な姿で発見されました
レティ リリーW 猫(マオ) 大妖精 で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ナズーリンさんの遺言                        __
                    ///〃゙ ̄`ヽ
                     ||||||{{:. ℃=◯   ~
                   ,. -―-、||||、ゝ___ノ-、
               / /⌒' , '三三三フ⌒', ',
                { {   } .}ミ==≦|.{  } .}
                    ', ', ,. =ァ=―--┴`‐くノ
                    ,.\/o/            \
                 /  /o/             ヽ
                 ,'   .ヒ|   / .,  /l   l     ',
             {   |:::| ./  .j メ、|   厶   |
                 /   |:::| |   〃f心l/l.沁 ∨  j
                ,′   |:::| l/|{ Vソ  {ソ ,' イ|/
            i ,  ,ハ:::l ,.  ゝ   _ '  j  |       ダウジングで至高の熊鍋を探すのだ……!
             | / ' ,ハ:レ' レ´ヽ ( _ノ  イ  |ゝ
            l八  {  |人ヽ   >、-</| jハ       あ、ハム太郎君はよろしくお願いするよ
              \>´ ̄`ヽ、{、Y,∨⌒レヘ__>
               /         川 \
             /           //l l  l
               /  /      / //l 从   !
            /  /      / //:::レ':ヾヽ `、
              ム-┬、_,、_,イ_ム'::::〈〉::::::Ll__j
               ,′::} :::::::::::::::| :::::::::::::::::::::l::| r──────_─ュ______
           /::::::::{;::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::リ | | ̄ ̄ ̄ ̄ 「r────────┘
             /::::::::::::l::::::::⌒/⌒ー一'^><xt_j一'^ト-r'⌒}┴,
         /:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/ /   } :::::::| | し= /
         \:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::|_ト、_,ノ ::::::| _,ト、{二ノ
             /`ヽ、:::::`ー--──..''¨´:::::::::| └' ̄ ̄   └'
         /::::::::::::` ̄`..ー---―――-r'
.           ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
クマーさんの遺言 クマーです 仲間狼がある意味酷過ぎるとです
クマーです せめて仲間狼は刺さっていて別陣営であってほしいとです
クマーです クマーです 鍋ーです・・・
ハム太郎さんの遺言                   _,..-‐‐-..,,_
    _,,.-‐‐-..,,,        ,r':::::::::::::::::::::ヽ
  ,r':::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ./::_;;;::;;;_::::::::::::::::;;l//-‐-‐;l;;::::::::::::::;;:-‐‐--:;;l
 l/~   ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r'彡     l
 l     ヾ/   :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /
 ゝ    /      ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,,-''
  ~'‐.,,,,,_l /て^ヽ      ,;;r=i≦;;:::ヽ'~
      l |o ゝ,_ノ|     ''~      _l.
     .l ヽ( )_,,.ノ  `'      _,,.-‐''',,,l,
     l_,,,,,,_   (__人__ノ    __,,,,,r'::::::l   ナズ太郎とお友達になったのだ
     ̄l_,,,.    ヽ:::::::l     ,r'~ ゝ;ノ   これできっと勝てるのだ!
     -''ゝ、 ,,,   ゝノ        /
        ''r':::ヽ           /
        ゝ;;ノ          ヽ
        /             'l
        l              l
        ゝ             ./
        /^'‐-t''''^~ ̄ ̄~^''''t-‐^ヽ
        ~‐‐'~         ~'‐‐~
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
神原駿河 「やあやあ、おはよう。」
ロースおじさん 「ハム太郎女神だったけど関係なかったんよ」
レティ 「おはよう・・・ふふ」
ちとせ 「     /        、       '、 '、
    /        i  i  |/! lヽl ハ
   /         ハ. li  !;;;;;! 厂iヾ  i
  ′    l   ! ! j イ /;;;;;;j /  l i }  ',   夜の鍋は夜の鍋なのかしら?
 i       | !、   ll レ'  l/  ;;;ル   l' i   ヽ
 レi |  __!_l__ヽ_ l_,/;;;    ノl    レ    ヽ
  l .トュ;´;;;   ;;;;;;`i'` ー一__  !   l! l    ヽ
  ` !ヾ}>ャ、   ノ  //`Yト‐' ` !    ヽ    つまり朝には残ってないと…
       l `{¨   く/_,. ィ,.┴-┤l     ヽ
         ! ` ー -ェ-- ゥ ':::::::::::::::::| |
        l ハ  ト、/ /:::::::::::::::::::::::| !
.        l! ー' ィ |::::::::::::::::::::::;。‐| |
              '` `  : '´ ̄  ′`」
神原駿河 「では、ロースおじさんを愛するクマーの元に送ってやろうじゃないか。」
リリーW 「大ちゃんが投票していたので豚肉食べるですよー」
猫(マオ) 「豚ぁ!」
大妖精 「熱病とは、空気を読まない風神ですね。風なのに。」
蓬莱人形 「……(うーん、おはよう
……(とりあえず手短に済ませようか」
レティ 「ロースおじさん、行ってみましょうか?」
リリーW 「熱病ですよー」
ちとせ 「               ─━━
            /:::::::::::::::::::::::::::::::\ミ、
            /:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::ヽ \
         !::::://::::::{{::::::Vl::/::}:::::}:::゚, 〉〉
           .∧::::l::レ=彳∨/≧≠::::::l:::∧.//
              乂|::V以     以 V::::l)::::::∨
                |::ハ   ′   |:::::|::::::::::゚,
                |::::::ゝ (  ) ィj:::/!::::::::::::゚,
            ¨/::|:::≧=≦彡7::::ト ===ミ   ナズ太郎って…
               /i:i:i|:::|_/i:i||i:i:i[|::::::|i:i:i:i:i:i::i:i:\
             イ:i:i:i:i/::/」:i:(O):i:il|::::::|x===ミ:i:i:i:i:゚,
         /== ミY:::∧:i:i//:i:i:i:i|::::::|    \ .ノ」
ロースおじさん 「という事でおじさん残すとあれよ、魂しれるよ」
神原駿河 「夜は薄暗いからね。闇鍋かと思えばカラダごと調理されていたなんてことも」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーW はショック死しました
大妖精 はショック死しました
3 日目 (1 回目)
レティ0 票投票先 →ロースおじさん
リリーW1 票投票先 →ロースおじさん
猫(マオ)0 票投票先 →ロースおじさん
大妖精0 票投票先 →ロースおじさん
神原駿河0 票投票先 →ロースおじさん
ちとせ0 票投票先 →ロースおじさん
ロースおじさん7 票投票先 →リリーW
蓬莱人形0 票投票先 →ロースおじさん
リリーW はショック死しました
ロースおじさん は投票の結果処刑されました
大妖精 はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
猫(マオ) は無残な姿で発見されました
ちとせ は無残な姿で発見されました
蓬莱人形 は無残な姿で発見されました
神原駿河 ちとせ で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ロースおじさんさんの遺言 ハム太郎の太郎はわかるけどハムってなんなの?
リリーWさんの遺言    i 、                          /|
    ! \          /\          /  ,ノ
    l    \       /    \       /   ,/    大ちゃんはよろしくですよー
   l       \   /-―――‐-\    /    ,/
    \     ヽ  〉'^ ^'i^i`'、` 、-、/  /      /
      \.      ∨   i l. ! 丶 ヽ. ', /    ,/
       \    l|  l l\Nヽ,/、l l'    /       _
  ‐-   __  \ ry-、. N>   < l//く) /  __  -‐ ''"/
  \    `''ー``!   ヽ, ヽフ ノ"   }'-‐ ''"      /
    \        L._    ヽ,又,/    ,.イ        /
     \___,ヽ i` ┐     r '"_./ー‐-----‐'
         ,. '' ´ヽ!ヽ,>-――- く_{ `'' 、
       /      / ` ̄ ̄ ̄ヽ.__)、    \
      /       /               \.    \
    /  /l  ,く             , へ i、 i, \
    / /  l/  `' t-、     ,,. イ"     `' ヽl \.ヽ
    l/         `´ `'ー-‐'" `´         ヽ,!
ちとせさんの遺言                 イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ _
                /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ〕iト.
             /:::::/::::/:::/:::::|::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::iハヾ
               /:::::/::::/:::ハ:::::|::::::::::::|::::l:::::l::::|::::::::|:::::゚,
            И:::|:::::|::厶斗匕::::::::/l::/::::/::::|::::::::|:::::∧
              |:/|:::::N    ゝ::/ :l:厂' ̄`メ::/!:::::::::   猫耳AAがない…!?
                ∧::::〉{{ ○      ○ }} |/:::::ト::::::::
               ./:::::::::i  ///////// /:::::::: | l::::::
              /|:::|::l:::|              |:::::::::::|’::::::
                  |:::|::l::::ゝ    _ __   |::l:::::彡::::::::   ダメよちとせ、いい女は慌てない…
                7¨::::/⌒ヽ (/____}.イ::7::::::7:::::::::::
                 _/:::::ノ ∠二/ )ー─≦ =1:::::::::/:::::::::::::
           ィ:i:i:i:i:/  ---、У:i:i:片トく ̄`ヽ::厶:::::x==
          /:i:i:i:i:i:i/  -- 、ノ:i:i:i:Y⌒X⌒ ̄ V/ У:i:i:i:
大妖精さんの遺言
                   ト、     /|
                    i  ':, /  i
                   | ,i Y ,  /
             _,,.. --─-' .!,_ | / /- 、
          ,. :'"´         `''<7  ':,
          , '´   /´       、   ´`ヾ. ,i,.. -‐ァ
        /   ,:'   ,:' /     i  !   Y-___/
         ,'    /   /  !,./!   /!  ,'     ', i
       i   .,:'  / !,.-''"、, ! / !メ、/!ハ   i |>
        i  ∠_ ,'  イ ,:'  レ'  |/ヽ,!/i / i
   ,   ',  ヽ、iハ  !ハ/           !i レ' i |
   /i   .!   /'! レヘ  //////// ! ハ. ! !     変態に囲まれてどうしようかと・・・ありがとう
  / |i.   |   ,' i  ',           ,!/|  ! |
 ,' |.!   !   i  ',  ト.、.,  r―--ュ  ,. イ ',   ! |/!
 i  ',',  ,'  ハ  ヽ. ! i_`i` ーrァ'"´i ! | ,ハ |' i
 |  ':', .i  ,/i ',  /V>く´\_ i`7'、 !/ヽ,i / ', !. !
 ',   \,レ'  |ヘレ'ァ'´ `ヽ;::\_/ムン:::i ヽ.  ,:レ'| /i/ ,'
  ヽ. 、,__)'`ヽ.  /     ';::::::/ iハ::',. Y/ レ'  /
   `' 、.,   `k' 、  ,   ,Y/ _」 i::::i  i'   /
       `'' ー '^'ヘ-'^ー-r'::::7´ _`ii´`ヽン-‐ '"
           ハ    ':,::イ   -{)´  i
          /::::':,  -'‐'   ,.ィ^'ァ-r'
蓬莱人形さんの遺言 ……(悪い風を捕まえるって言い回しがあるけど
……(そんなことはないようにしよう
猫(マオ)さんの遺言 恋人で猫は意味深すぎるよぉ!
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
ゲーム終了:2014/01/23 (Thu) 01:08:48
クマー 「乙クマ」
ナズーリン 「>ハム太郎
一応これでも毘沙門天の部下だから(震え声」
ハム太郎
                  _,..-‐‐-..,,_      ◇▽★○▲。
    _,,.-‐‐-..,,,        ,r':::::::::::::::::::::ヽ   ☆◇◎。Υ.O★○。
  ,r':::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ, ◎O★。◇●。▽☆。
 ./::_;;;::;;;_::::::::::::::::;;l//-‐-‐;l;;::::::::::::::;;:-‐‐--:;。○。●∂r:★O☆■◇
 l/~   ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r'彡    / ◎:b★:O。::i△:★:◎
 l     ヾ/   :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /  ★○▼◎。◇★▽■
 ゝ    /      ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,/    ☆。○:i:●。◇。☆
  ~'‐.,,,,,_l /て^ヽ      ,;;r=i≦;;:::ヽ'~/      ◎:□。i○★。
      l |o ゝ,_ノ|     ''~      _l/          _,,,..-‐''~
     .l ヽ( )_,,.ノ  `'      _,,.-‐'''/      _,,..-‐''^~
     l_,,,,,,_   (__人__ノ    __,,,,,r''::ヽ,,,..-‐''^~
     ̄l_,,,.    ヽ:::::::l     ,r'~ ゝ;ノ
     -''ゝ、 ,,,   ゝノ        /  おつかれさまなのだ!
        ''r':::ヽ           /
        ゝ;;ノ          ヽ   ナズ太郎に花束を(タイトル風に
        /             'l
        l              l
        ゝ             ./
        /^'‐-t''''^~ ̄ ̄~^''''t-‐^ヽ」
大妖精 「お疲れ様です」
猫(マオ) 「お疲れ様」
神原駿河 「そちらだったか。
お疲れ様だよ。」
ナズーリン 「お疲れ様ーっと」
ちとせ 「        {l  ′::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         ∨::::::::::/:::::::::::::::::::::::::: |
         /::::::::::::|::::::::::::|:::::::::|::::::|
       .::l:::::l::l从:::::::::::|:::l:::::ト:::::|
        |∧:::l:ハl_.:::::;ハj_l/l_l:::|   おつかれさまでした
        |l Vハ┰‐V   ┰‐|/|
            |:::八   ,    厂 ̄)
            |:::::::_\  ─っ  厂 ̄)
            ト:::/i:i:i:i:i:〕iト .イ「厂 ̄)   神様なんていなかった…?
         /:/i:i:i:i:i:i:i:// ̄ヾハ _「
        .::::|i:i:i:i:i:i:i//     ∨i|
         |::::|i:i:i:i:i://    /i:i:|」
リリーW 「お疲れ様ですよー」
クマー 「おー、掃除屋ピンポイント」
レティ 「あら・・・お疲れさまよ」
ロースおじさん 「お疲れ様なんよ」
ナズーリン 「それ私死んじゃう!?>ハム太郎」
ハム太郎 「毘沙門天……戦の神様だったかな?なのだ…
納得…なのだ>ナズ太郎」
大妖精 「>ハム太郎
それ最終的に記憶がなくなるパターンじゃないですかヤダー」
蓬莱人形 「……(うーん、運が良ければまとめて落とせたのか
……(まあ、高望みか お疲れ様」
ちとせ 「           / イ ,r'":::::::::::::::   ::::::::::::::   :::::::::ヽ
         // l / r" /:::  :::::l::::  ::::l:::::::::    ::ハ
        ム   l l ::::::ハ| ノ|ハ\人:::: ::::ハトNヽ:::: リl::::::l
         ´'ヘy,| l::::::::i  ̄ ̄   ゝ / ´ ´ ̄ l :::::l:::::l   狼陣営クマだけとか…
           > | ::ヘ::::l  ̄f::::::::リ     ゙f::::::::リハノ::::/
         // l ::::/::::|   ゙'''''"       ゙"´ l::::レ:|
        / /   .| l::::::::l        、      l::::::|:|   厳しすぎませんかね
        |ィ    | ゝメメハ       ´     人メメ::|
             l :::::::::i:::::l゙' ,.    n    ,、'::::|::::::::|
            .l ::::::::::l:::::l:::::゙ヽ、,    ,、r'":::|:::::|::::::::|
            / :::/:::::l:::::|:::::::lヽ、,,゙ ' '"、イ|::::::|::::::|::::::::::|_,、、,
          ∠´゙::\,r l::::::|-‐ヘ、、,_干,、.'"ハ‐ |::::::|‐フ´: : : : : \」
リリーW 「入刀イデありえたですかー?」
ナズーリン 「でもよく考えたら村でも死んでたな(」
猫(マオ) 「GO!GO!
まぁ女神はいたけど」
ハム太郎 「大丈夫なのだ
…実際死んでるのだ!でも元気なのだ!>ナズ太郎」
クマー 「この狼共と同陣営で無かったなら割といいかなーとは
>ちとせ

変態共の会話でSAN値削れてたので」
ハム太郎 「>大妖精
そのあと記憶を取り戻してハッピーエンドなのだ!」
レティ 「まとめ置いておくわね…
猫(マオ)ーちとせ
ナズーリンーハム太郎
レティー神原駿河
リリーWー大妖精」
ちとせ 「               ─━━
            /:::::::::::::::::::::::::::::::\ミ、
            /:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::ヽ \
         !::::://::::::{{::::::Vl::/::}:::::}:::゚, 〉〉
           .∧::::l::レ=彳∨/≧≠::::::l:::∧.//    そこの鼠は仕事ほっぽって
              乂|::V以     以 V::::l)::::::∨
                |::ハ   ′   |:::::|::::::::::゚,
                |::::::ゝ (  ) ィj:::/!::::::::::::゚,  何恋人鼠とイチャついてるんですかね
            ¨/::|:::≧=≦彡7::::ト ===ミ
               /i:i:i|:::|_/i:i||i:i:i[|::::::|i:i:i:i:i:i::i:i:\
             イ:i:i:i:i/::/」:i:(O):i:il|::::::|x===ミ:i:i:i:i:゚,    >おハム
         /== ミY:::∧:i:i//:i:i:i:i|::::::|    \ .ノ」
大妖精 「私達の日にレティさんにも熱病だと狼全滅で恋勝利
猫にも熱病だと蓬莱噛み確定。しかし三組ともにつけていればLSと。」
リリーW 「風神とタワーの相性ってどうなるんですかー?
「まとめて処分できる(される)」と考えることも
「他の恋人を巻き込まない」と考えることも」
レティ 「風神は強敵よね・・・
生きていたら、死んでいたわ・・・>蓬莱人形」
蓬莱人形 「……(それにしてもこの足音能力
……(面倒だけどなんとも言えない快感があるね」
ナズーリン 「>ハム太郎
そ、そういうことだね(真顔

まあ、死んでても元気なら……良いのだろうか?w」
ハム太郎 「                  _,..-‐‐-..,,_    /ヽ
    _,,.-‐‐-..,,,        ,r':::::::::::::::::::::ヽ  ./ / ̄~^'‐-...,,,______,,,..-‐'^~ ̄/
  ,r':::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ,/ /  __    _     ./
 ./::_;;;::;;;_::::::::::::::::;;l//-‐-‐;l;;::::::::::::::;;:-‐‐--:;/ / /:::::::\ ./::::::\   ./
 l/~   ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r'彡    / / /:::/''7:::/ /:::/''7;;;/  /
 l     ヾ/   :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    / / /::::: ̄::::/ /::::: ̄\  ./
 ゝ    /      ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,/ / /:::/''7:::/ /:::/''7:::/  ./
  ~'‐.,,,,,_l /て^ヽ      ,;;r=i≦;;:::ヽ'~/ /  \ ̄/ \ ̄:/  /
      l |o ゝ,_ノ|     ''~      _l/ /     ̄     ̄   /
     .l ヽ( )_,,.ノ  `'      _,,.-‐'''/,,/ ̄~^'‐-...,,,______,,,..-‐'^~ ̄
     l_,,,,,,_   (__人__ノ    __,,,,,r'':::::l
     ̄l_,,,.    ヽ:::::::l     ,r'~ ゝ;ノ   >ちとせ
     -''ゝ、     ゝノ        /    恋人と遊ぶ時間…それは何者にも代え難い時間なのだ
        ''r'~'ヽ           /      (キリッ
        ゝ;;ノ          ヽ
        /             'l
        l              l
        ゝ             ./
        /^'‐-t''''^~ ̄ ̄~^''''t-‐^ヽ
        ~‐‐'~         ~'‐‐~」
大妖精 「>クマー
そこの変態猿と一纏めにしないで下さい(憤慨)」
クマー 「風神入れるなら土蜘蛛もセットで入れると更に混乱するかなクマ」
ハム太郎 「>ナズ太郎
なのだ!きっと死んでもドラゴン○ールがあれば生きかえれるのだ!」
ちとせ 「          ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::/∧  、:.:\
          /::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::///::ハ   \:.:.
         ./::::/::::::::/::::::::::::′::::::::::::::::::::l:::::|:::::::i::::::::::|///::/::::    ヽ:
       .′/:::::|::::|::::::::::从:::::::::::::::::::}::ハ::::|:l:::::|::::::::::|//::/::::::::l\  l}′   >変態共の会話でSAN値削れてたので
       |::::|l::::::|::::|:::::|:::|::∧::::::::::::::// l:::|:l:::::|::::::::::|/::/::::::::::::.\ヽ./
       |:::ハ::: !:: |:::::ⅣV ノ、::::::::// ー!/┼‐|::/:::::ル1:::::::::::::::∨Χ
        乂 ∨|::ハ:::{  ̄   \.′      .イ:::::::::::|イ:::::::::::::::: !∧:.:.、
             l::::::::. ====      ====彡|::::::::::::|:|::::::::::::::::::|  \     (ログを見て、黙ってそっと閉じる…)
             |:::::::∧      、         |:::::::::::从:::::::::::::::: !
             |::::::::::::ゝ.    _ノ⌒ヽ   |::::::::/::::l::::::::::::::::::|
             |:::::::::l:::::|父ト  ∨____ノ .イL::::/::::: |::::::::::::::::_|__    心中、お察しいたします  お疲れ様でした  >クマ
        /⌒V \  ─‐v/:::::::≧=-- ≦i:i:i:i:i「:::::::::::ト ィi〔:i:i:i:i:i:i\
          {    く:i:i:i:i:i:i:/::::::::::/i:i:i:| | |i:i:i:i:i:i:i|::::::::::::| |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
        ゝ ___ノi:i:i:i:i:i/::::::::::/i:iγ⌒ヽi:i:i:i:i:i|::::::::::::| |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:」
蓬莱人形 「……(まあ、流石に2/5^3は狙うものじゃないしね
……(起きたらすごいものではあるんだけど」
神原駿河 「おいおいよしてくれよ。興奮するだろう?>クマー・大妖精」
クマー 「◇大妖精(人狼) 「>神原
そこの獣とお別れの獣姦をどうぞ。
私は録画しているので」
◇大妖精(人狼) 「いつクマーが雄だって証拠ですか!(バンッ>神原」

この時点でそっちも同類クマ」
ナズーリン 「魂の占い師は引くと楽しいのだろうが
実用的な面ではどうなんだろうなぁ」
大妖精 「そして足跡がなってないのについている熱病・・・あっ(察し)>土蜘蛛
実際あれはあれで好きですが。」
猫(マオ) 「決闘だと音が鳴ってないとこが風神という風に推理はできないことはないのか」
ハム太郎 「へ、変態がいるのだ……
変態が編隊を組んで…いや恋人だったのだ」
リリーW 「土蜘蛛は今でもランダムで出るですよー
(現時点ではガチャ枠、暗殺枠も検討)」
ちとせ 「             ,ノ::l∠´__
         /:::::::::::::::::::::::::``ヽ、
          , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::\  まぁ我々も猫(耳)CPだったんで
       /::::::::::::;::;:::;::::、:::::::ヽヽゝ::::::ヽ
        ,'::::::::::::::{::{:::l::;:Lヽ::::::l ,ィ{ヘ;;ト;!   おあいこですけどね
    /`ヽj:::::::::::{::::ヽX ,ゞ、ヽ\j ヾヽ
   ,ゝ iイ=ニ彡ヘ:::::`ぐ;;`ヘ,   ヽ }
  l´ハ〔_ l:!::::::l:::::::lヽ:::\¨´   //    猫耳が無い? AAの都合です アイコンにはあります
  ! j  ン7!:i:::::::!::::::!:::ヽ::::\  __/
. │l__/,イ!l::i:::::::l::::::l::::l::ヽ::::::\|::::{        l`i   /j
  `ァ r‐イ:::i:::::::l::::::!:::l::::ハ::::::::;マi:ヽ      | | //
   { j  l::::i:::::::l::::::l::::l:::l:::::ト'´  ̄ヾ     | レ /    >おハム
   ヽj  j::::i:::::::l:::::::l::::l:::l::く      \     l ' 'ー¬
    !!ノl:::::!::::::l:::::::l::::l::∧::`ー-- 、_ ヽ  {   ",¨}
  /{{ ノ::::i:::::::l:::::::l:::::l/ヽヽ::ヾ ̄` ー‐ァニユ  l    fノ」
大妖精 「>クマー
いや録画しておくって言っておけば巻き込まれないじゃないですか。
流石に私も貞操は守りたいですよ?」
レティ 「・・・そんなことを・・・?>駿河
ああ・・・(納得」
蓬莱人形 「……(一応 自分にも投票できるんだよねこれが >マオ
……(まあ まず自殺にしかならないけど」
ナズーリン 「>ハム太郎
ドラゴンボ○ール……随分と命が軽いな!w」
ロースおじさん 「クマーとおじさんが繋がって何が楽しいのか…謎は深まるばかりなんよ
と、因果の交差路でまたなのねん」
猫(マオ) 「ナズが太郎だとハム太郎はホモ」
ハム太郎 「>ちとせ
皆仲良しでいいことなのだ!
耳?細かいことは誰も気にしないのだ!ドラえもんだってそういうのだ!」
リリーW 「風神は「期待値では1.4-1.6人くらい殺せる」
それだけ覚えておけばいいですよー」
ちとせ 「       |::/::::/::::::':::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       |:l::::/::::/:::::'::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::ハ
       |廾トl:ハ:::i:::::::::::/::/:::;::::::::::::::::::: i
       |7芯t、 Ⅵ::::::::/}ィl:::/:::::::/::::::::::::!   まぁ途中、猫さんの反応が遅れたりしてて
       |匕zタ`  ヽ/ 斗‐==:::/:::::::::::|::|
       |          イ笊芥ァ'::::/:::::/l:/   何かあったのかと気になったりはしてたのですが
       |、    /   匕zタ イ!):':::::イ
       |i:\  - 、    /::::|::::::::::|    無事終われたようで何よりです
       |i:i:父ト  . -‐=≦:::::::::|::::::::::|
       |i:i:i爿才´i:i/ }:::::从::_::|::::::::::|
       |i:i:///:i:i:i:/ /::/i:i:i:i:i:i:i:i`ヽ!
       |\Yi:i:i:i:/ /:イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゚,」
ハム太郎 「>猫
ナズ太郎とは恋人と書いて友達と読むのだ!
性別なんて関係ないのだ(きりっ」
ナズーリン 「>猫
そういえばスルーしてたが私は一応「少女」だからな!」
クマー 「ま、この辺で乙とするクマ」
神原駿河 「>レティ
そ、そんな目で私を見るんじゃない!
いや、その目はその目でゾクゾクするのだが……」
ナズーリン 「ハム太郎ー!?Σ」
神原駿河 「それじゃ、村立て感謝するよ。
お疲れ様だ。」
猫(マオ) 「>蓬莱人形
被害者を装った犯人は推理小説では普通だな!」
蓬莱人形 「……(確率と期待値は信用するなって言うのが
……(TRPGの鉄則ではあるけどね

……(にしてもあれだね 恋人が仲良く風邪を引くとか」
ハム太郎 「>ナズ太郎
(少……かはともかく女なのは知ってたけど太郎のがゴロがいいので気にしないのだ)」
リリーW 「終盤スカスカだと0.85人ですが
狼という1人ずつ処理できる役職があるのでgdgdしても大丈夫でしょう」
大妖精 「二人で風邪をひく(意味深)

あ、いま少しゾクッってしましたぁ・・・」
ハム太郎
    __           ,,..-‐-..,,,
      /          /::::::::::::::::::ヽ
    /          /;;-‐‐-:;;::::::::::;;l_,,,,,,,,__    ,.r''^~~^''-.,,
     ̄ ̄ _      l:l   ヾ:::::::::::::::::::::::::::~^'-,/::::::::::::::::::::::ヽ
        /      ヽ  /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.-'^~~^'‐;l
         ̄       ゝ'      ::      :::::::::ミ    l
            Z  ,,,_/ '^~~~~^'           :ヽ  ,,,ノ
               /~''      `‐'    ~~^'''-,,  ::::l''^~
              ,,,l‐''~    (__人__ノ      ,,,,__ :::l  それじゃお疲れ様なのだ
              ,,ゝ,,,,     ゝノ       ''-.,,''''l-
             ,(;;;;;;;;;;)~~~~^^'''‐‐-..,,,_,,,,,,,,,,    '+,,   任務に戻るのだ(きりっ
             (_,,,,...--‐‐‐‐---..,,,,,,, (;;;;;;;;;;),,  ノ
             /    ,r'^~ヽ,r'^~ヽ~^'''‐,,,,_  ~''く   ナズ太郎は今度うちに来て皆と遊ぶのだ
         ___,,,,/     ゝ._,ノ ゝ._,.ノ     ヽ,  ヽ   ♂かどうか?それは秘密にしておくのだ
       ,r''^~:::::;rl                   ヽ l」
蓬莱人形 「……(当てる範囲増やさないと 装うを行き過ぎて死ぬから困り者だけどね >マオ
……(で、増やすと増やすで熱病撒けないし そういう意味では結構難儀だよ

……(隠蔽工作しなければいいだけの話なんだけどね」
猫(マオ) 「それじゃ、お疲れ様&村建て感謝。
恋人と書いて友達…あっふーん。」
ちとせ 「                     __ _
                 ,. ´:::::::::::::::::::::::`:..、      +
        +       イ:i:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\     +
             / ,ハl::/:::ィ:/::/l:::::|:::::::::::|::::::::::ヽ
                /  /::::::::l::/廾¬:ト.::::::::::ム::!:::::::::゚,   > 猫(マオ)ーちとせ
            /  ′::::::lハ Y芥ハ` \::≠ミ1:::::::ハl +     > ナズーリンーハム太郎
           {{   .::::::::::r|::::ヽ.込ソ    込刈:::V     > レティー神原駿河
     +      \.′:::从|:::::::i     __′ 从「       > リリーWー大妖精
             //:::::::::::|::L:::::|   |  /  イ:::::|     > クマーロース
        +   //:::::::::::: l::::::T父ト. ゝ .イ:::l:::::」   +   > 身代わりー蓬莱
           //::::イ:i:i:i:\::::l:i:i:i:i片刊::::::|::::「
             //:::/:i:i:i:i:i:i:i:iハ::l==(ム厂`X:::!:i:iヽ
         //:::/:i:i:i:i:ix=== V─ | (ムイ Ⅵi:i ∧    こうすれば皆しあわせですねっ
           //:::/===彡'  ̄ ̄}   |  |⌒|::|==ミ∧
      +   //:::∧ ̄      / /|  |  |/   ヾ}
         //::::;::::::〕iト.    彡イ:i:i:i≧:1=彡、  イ」
レティ 「嫌じゃないならいいんじゃない?(にやにや>駿河」
ナズーリン 「>ハム太郎
まぁ、実年齢は……(ゲフンゲフン
ナズ太郎でもナズ次郎でも好きに呼ぶといいんじゃないかな……w」
ちとせ 「              ,. -‐ー‐- .,
            , '´    、  、\   いくつか変なのが混じってる?
          /      iヽ iヽ ヽ
       r==イ  /  ハ、 i  i  |  メ    気にしたら負けです(
      〃  i _」 ├二.,_ ハ ハニレ /
        《  i  不 iヽ__ソ レ' ゝソ!レ'                     ,.-‐ァ
       ヾ_イ  L! ヽ   __’   ! ヽ              __ _ _/,.rく´
       /7 / ∧_〉     / iリ             /;.;.;.;.;./ ノ j )) )
        //i ,' ,';i i | `__ー i |゙゙          , -‐  ̄|.;.;.;.;.;.;|  ´フ'´´
      / /r‐‐-v| |  ̄ }{゙ヽ 」V´ ̄`'‐- __ ,.-‐ '´     |.;.;.;.;.;.;`;T ´
     /: : /; ; ; ; ; i i 〉` Y^Y´ ;| ヽ  / ,.       _,. ┴-‐ー┘
    i:.:/.  __  ;| i_〉 ゝ.ノ  ヽ ヽ      ,.  ̄
     l〈_,.     ` }| i、  ;i;   ヽ ヽ   /
    | ヘ      / ! i`ヘ_;j;; イ´ i i__ ノ」
レティ 「まあ、運を天に任せて、一網打尽に出来たらいいんじゃないかしら?>蓬莱人形
・・・ちとせを誤解していたのが私のいけないところだったけれど・・・」
蓬莱人形 「……(それじゃお疲れ様だよ
……(この季節 風邪だけじゃなく他の病気にも気をつけるように 流行性感冒とかね」
リリーW 「矢は40%(切り捨て)しかないので
みんなハッピーにはならないですよー」
大妖精 「熱病が流行るのなら仙人がいても仕事がありそうな。
耐性自体は噛みのみの恋人になると不発という微妙さですが。

それじゃあお疲れ様でした。」
ナズーリン 「                     -=ニ._=‐ 、
                    `ヾハ
             /::`ヽ    i } /`ヽ
            /:::::::::::::::',   |i/ /::::::::::::',
              {::::::::::::::::::} ̄ ̄` く::::::::::::::::!
                ',:::::::>'´     、  ヽ:::::::::::l
               /7´/       '.   ,:::::ノ
            i   l       i   |´
            |ハ/           `ヽ
                  {  i           ハノ
             乂ハ、__ト、__\i イイ
               /⌒ ー<  ̄ハ
               .′         ∧         さて、それでは私もお暇するとしよう
                /      _,.. '´  '、
             rく___ ̄_  -─一、       村建てと同村に感謝、お疲れ様だよ
                ` r‐r───=ニハ ̄「
                |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\|
               _∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>        ハム太郎にはぜひ妙蓮寺の方にも来て欲しいものだな
            く\/:.:.:,∠:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.く\,.、
            \_:./ / \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´/      ……あと私は♂じゃなくて♀だからな!┌(┌^o^)┐ではないぞ!
               / /!   l i\__,.. イ
              / /  |' ̄`| |   |
           / /    .} ,.ニ、}.{`ーイ
             {  {    i/,⌒i| } ー |
           \ '.   人二.ノ.{`¨ ´}
               ``..::::::::::::::::::::ゞ-イ::.
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::::::::::::」
ちとせ 「       / ̄ ̄\
    ,.-ァ′     Yヘ
  〈. l7 rvvヘ,ハrv、 }コ 〉  そこのおハム腐ってるから
   `'l ハ ┃  ┃ハ. K´
   ,.イ !_ヽ、_-_,ノ_」 ヽヽ   今さらじゃないかしらねぇ…   >ナズ太郎
   ノ,リ ∠!l 0 !l\   ', Y
  〈//  〉, lj Y lj 〈  |ノ」
リリーW 「落ちるですよー
お疲れ様でした」
レティ 「それじゃ、私も落ちるかしらね・・・
駿河は一緒になってくれてありがとうね
世界にはいろいろな人間がいるのね・・・」
レティ 「ハム太郎は、無理はしないようにするのよ」
ちとせ 「大妖精 [静狼鳴恋] (いわいた◇xL6tH0hQsI) は ハム太郎 に狙いをつけました
猫(マオ) [掃鳴恋] (¥1=$2014◇nXMpvBeEos) は ハム太郎 に狙いをつけました
ロースおじさん [魂] (八櫛◇uUv2e60xdE) は ハム太郎 を占います

なんですかこの大人気」
ちとせ 「       |::::::′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚,
       |::/::::/::::::':::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       |:l::::/::::/:::::'::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::ハ
       |廾トl:ハ:::i:::::::::::/::/:::;::::::::::::::::::: i   では私も失礼して
       |7芯t、 Ⅵ::::::::/}ィl:::/:::::::/::::::::::::!
       |匕zタ`  ヽ/ 斗‐==:::/:::::::::::|::|    村立・同村に感謝です
       |          イ笊芥ァ'::::/:::::/l:/
       |、    /   匕zタ イ!):':::::イ
       |i:\  - 、    /::::|::::::::::|     少人数の割には夜のログとか賑やかで見ごたえありますね
       |i:i:父ト  . -‐=≦:::::::::|::::::::::|
       |i:i:i爿才´i:i/ }:::::从::_::|::::::::::|
       |i:i:///:i:i:i:/ /::/i:i:i:i:i:i:i:i`ヽ!    あと、恋人が猫でも別にいいじゃないですか  …もうぼっちじゃないもん
       |\Yi:i:i:i:/ /:イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゚,
       ト、 }ji:i:i:/才:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ」