←戻る
【紅2150】やる夫たちの普通村 [3925番地]
~あやまちは恐れずに進むあなたを~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon キラーマジンガ
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[村人]
(死亡)
icon 霊夢
 (DarkKnight)
[妖狐]
(死亡)
icon やる夫
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[人狼]
(死亡)
icon 小瀬川白望
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[人狼]
(死亡)
icon ホル・ホース
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[狩人]
(死亡)
icon エンペラー
 (◆
quaAwStKFA)
[霊能者]
(死亡)
icon ぷらずまちゃん
 (U_Q◆
Iitcy9F0l2)
[共有者]
(生存中)
icon ハーミッドパープル
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[村人]
(死亡)
icon やらない子
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[人狼]
(生存中)
icon 鬼灯
 (とこやみ◆
L4/i/NrLmw)
[占い師]
(生存中)
icon あたい
 (12346◆
with5qq2Qg)
[村人]
(死亡)
icon ジョセフ
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[村人]
(死亡)
icon やらない夫
 ((’A`)◆
YueIZdokuo)
[村人]
(死亡)
icon ニンゲン
 (XKR◆
hannariBX.)
[狂人]
(生存中)
icon 球磨川
 (嘘のニート◆
5DYYU5zxeQ)
[共有者]
(死亡)
再投票になりました( 4 回目)
ジョセフ 「ドヤァ…」
エンペラー 「ハ、ハーミッドパープルはジョセフの扱いに対して裏切っただけだし!」
再投票になりました( 3 回目)
球磨川 「『契約不履行だ>GM』
『やり直しを要求するぜッ』」
エンペラー 「人外の組織票で死んでるんだから
・・・・・・あっ

鬼灯 0 票 ジョセフ」
やる夫 「初日で中身見えて両残しとかあほかとおもったおwww」
再投票になりました( 2 回目)
球磨川 「2日目昼
◇球磨川(47)  「『ちなみにさぁ』
『決定者にもなってるんだよね、ぷらずまちゃん』」」
エンペラー 「いやアレは村が悪い<ジョセフ
ジョセフ吊りは村側の意思統一のできなさがダメなんだから」
やる夫 「つーかエンペラーと霊能決め打ち勝負とかごめん被るお」
再投票になりました( 1 回目)
あたい 「これ占ー霊ラインが強かったから引き分けだけど下手すりゃよゆーでひねられてたね」
ジョセフ 「すまんの>エンペラー」
やる夫 「決定者おらん!!」
GM 「え、なに聞こえない>球磨川さん」
ホル・ホース 「ワロタ>決定者」
球磨川 「『って、おい……>GM』
『初日に言ったじゃないか! 決定者はぷらずまちゃんだって、あれはどうしたのさ?』」
やる夫 「危なかったお」
ハーミッドパープル 「やはりニンゲンは吊っておくべきでしたね・・・」
ジョセフ 「何故引き分けれたんじゃろ」
エンペラー 「村の勝てなかった筋はジョセフ吊りかな。」
ホル・ホース 「最近引き分け多いな昨日から続けて三回目か」
キラーマジンガ 「引き分けと」
球磨川 「『ヒューッ』
『いいねいいね、これが見たかったんだよ』」
ジョセフ 「お疲れ様じゃの」
やる夫 「お疲れさまだお」
キラーマジンガ 「お疲れ様」
霊夢 「まぁそうでしょうね」
GM 「お疲れ様でした」
エンペラー 「うお、ニンゲン狂人かやっぱ」
霊夢 「お疲れ」
小瀬川白望 「お疲れ様……。」
ホル・ホース 「お疲れ様です」
ジョセフ 「シーホースはやっぱ神カード」
あたい 「霊能が真狼なら占いが噛まれるって凄い意味がわからなかったけどまあいいや」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
球磨川 「『言ったはずだぜ>マジンガちゃん』
『君はポジティブシンキングにおいても頂点に立つ男になるんだ、ってね?』」
やる夫 「ぶっちゃけ中身見えたんでくっそきっついとおもったお>球磨川
あれに偽で勝たないといけないって拷問にしかならんおwww」
ジョセフ 「共有が悶える様を霊界から悠々見下ろす
吐き気を催す邪悪じゃの…

だがそれがいい」
ホル・ホース 「ニンゲン○だとニンゲンがない子に入れそうだし●でよかったんじゃね?>やる夫」
球磨川 「『特に見どころは、ここでやる夫ちゃんを占った鬼灯ちゃんだよ』
『惚れ惚れするね』
『そして霊能者でありながら的確な助言のできるエンペラーちゃんもだ』」
キラーマジンガ 「最初は村負け濃厚だったんだがなあ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハーミッドパープル 「霊夢を噛んだ場合 → 1死体で占い決め撃ち
鬼灯を噛んだ場合 → 絶望村開始
それ以外を噛んだ場合 → 4人で引き分け確定」
小瀬川白望 「決めたのも、ぷらずまちゃん……。」
あたい 「引き分けもある、ていうか多分にある」
ホル・ホース 「共有者なんてだいきっれえだ」
やる夫 「んーニンゲン○のほうがよかったかお?」
ジョセフ 「あ、引き分けか」
やる夫 「呪殺出ると2Wいっから破綻かお」
球磨川 「『この村はそのために、こういう進行をしたのさ』」
球磨川 「『ほら、見ろよ>チルノちゃん』
『下界でぷらずまちゃんが悩み悶えているだろう?』」
ジョセフ 「銃殺が出りゃ勝ちなんじゃがの」
ホル・ホース 「まぁ霊夢で銃殺が出て―霊夢噛みかな」
球磨川 「『呪殺が出るかどうか、じゃないかな?』
『僕なら出すぜ。毎日呪殺を出してやってもいい』
『だから占い師をやらせてくれよ?』」
やる夫 「狂人いるのは呪殺でればセーフだおね」
小瀬川白望 「霊夢噛みになるかどうか、なのかな……。」
あたい 「今日霊夢噛むかぷらずまちゃん噛むかしだい」
やる夫 「お疲れさまだお」
ジョセフ 「お疲れ様じゃ」
小瀬川白望 「お疲れ様……。」
GM 「お疲れ様でした」
ホル・ホース 「お疲れ様です」
あたい 「あ、ちがうか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あたい 「まあ引き分けなのかなあ?」
球磨川 「『僕にその言葉をインスパイアさせてくれたのは、下界のエンペラーちゃんだけどね』
『これは本当』」
ホル・ホース 「ヒント:リプレイ、第一回>キラー」
GM 「そのうち誰かが教えてくれますよ>キラーマジンガさん」
小瀬川白望 「霊界は平和……ダルくない……。」
球磨川 「『僕の台詞だけど?>ホルホルちゃん』
『知らなかったのかな、ああさっきの「1000戦するまで~」も僕の名言ね』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キラーマジンガ 「エンペラー強いなあ
一体何者なんだ」
あたい 「(/・ω・)/あたい」
ホル・ホース 「お、おめぇ~それは俺のセリフじゃねえかぁッッ!!>球磨川」
球磨川 「『ンッンー、名言だねこれは』
『あ、特に深い意味は無いぜ?』」
球磨川 「『銃は剣より強し』」
ジョセフ 「ギリギリてやっぱグレランとか言われても
時間が足りんのよな」
あたい 「\あたい/>球磨川」
ハーミッドパープル 「というか、やる夫視点だと狼狼-真狼でもない限り
PP開始確定してるはずだからなぁ・・・これ」
球磨川 「『チルノちゃん。こういう言葉を知ってるかな?』」
あたい 「圧倒的に勝てる要素が揃ってから択をとればいいのに
初手なになにしたからだのなんだの、実戦なのに」
ホル・ホース 「いやいやまたまたご冗談を>ジョセフ」
球磨川 「『鬼灯ちゃんを褒めただけなんだけどね』
『何がコードに引っかかるかわかったもんじゃないよ』」
あたい 「なんで霊能ロラしないのかまったくわからないけどいいや」
球磨川 「『おっと。さすがに今の発言は放送コードにひっかかったみたいだ』」
あたい 「あっちゃー」
球磨川
ジョセフ 「嘘つくんじゃねえwww>ホル」
キラーマジンガ 「お疲れ様」
小瀬川白望 「お疲れ様……。」
キラーマジンガ 「その偉い人ヒゲが生えてませんでしたかね・・・」
GM 「お疲れ様でした」
ホル・ホース 「お疲れ様です」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ホル・ホース 「そのうち9割がやらないさんである
つまりやらない讃の総戦績は…つまり…ごくり」
ジョセフ 「1000戦するまで初心者って
偉い人が言ってた」
キラーマジンガ 「俺は雛苺鯖いれて20戦くらいだなあ」
球磨川 「『嘘、僕の戦績……低すぎ……?』」
ジョセフ 「すげえわーやらない夫すげえわー」
ジョセフ 「>マジンガ
早苗鯖が戦績反映されてないから
多分400は回る」
球磨川 「『やらない夫で戦績検索する→2481戦って出たぜ! さすがだね』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キラーマジンガ 「300戦しててワロタ>やらない」
球磨川 「『諦めるな!>エンペラーちゃん』
『生きることから、逃げるんじゃあない!』」
ジョセフ 「なんじゃね?>はぐりん」
ジョセフ 「やる夫…これもう吊れんかの…?
真にすり寄られるのは非常に不味い」
小瀬川白望 「惜しい……。>エンペラー
霊夢●で良かったのかな……。」
ホル・ホース 「いってらっしゃい>ない夫」
球磨川 「『暫定○の人外なんて占い師と狼に任せればいいさ』
『僕のやることは灰の人外を吊る、そうだろう?』」
キラーマジンガ 「やらないさんを戦績検索する→驚愕」
やらない夫 「夕飯食べてくるわ」
ハーミッドパープル 「しかしあれだなぁ
ニンゲンから感じた不穏な気配はやはり人外ではあった」
ホル・ホース 「お疲れ様だぜ」
ジョセフ 「まぁこの村狩人の生存って
もうあんま重要じゃないしの
狼もこれ完璧信用路線じゃし」
GM 「お疲れ様でした」
小瀬川白望 「お疲れ様……。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ホル・ホース 「騙されるなよ!!そいつは初心者騙りだ
俺こそが初心者だ」
ジョセフ 「おうお前さん初心者か、仲間じゃの」
ホル・ホース 「【四日目】
共有護衛だ
ここか俺かニンゲン嚙みだろうよ多分
まぁ俺が死んでそうだがよ…なーんで俺が確定○なんぞに
まさか騙りは俺が狩人であることを見抜いて
俺を確定○にしたって言うのかッ!?


こう書いてるんだけどジョインさんなら普通にありそうだよなぁ…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ホル・ホース 「つーか俺日記にさぁ…」
ジョセフ 「すごいなーあこがれるなー>9行20発言」
球磨川 「『甘えちゃいけない、これは発言数を競うスポーツだぜ』」
キラーマジンガ 「HAHAHA人狼二十数戦して初めてこんな事言われた!
HAHAHA...」
ジョセフ 「これエンペラーが大正解なんじゃが
通らんのじゃよなぁ…」
ホル・ホース 「9行でいい(謙虚)」
ハーミッドパープル 「このハーミッドパープルの方がルックスは上だったということか・・・
いや、実際比較できるもんなのか分からんが、色々な意味で」
球磨川 「『いや、9行にしようぜ』
『それに20発言だ』」
ジョセフ 「初日に一行発言しか無いのは
割と吊られる要因
三行発言が二つはほしいの」
球磨川 「『マジンガちゃんに足りなかったのは、1つだけさ』
『発言の内容。たったそれだけだ』
『あとルックス』
『それにおっぱいも足りないかな』」
ジョセフ 「お疲れ様じゃ」
GM 「お疲れ様でした」
ジョセフ 「まぁ内容寡黙以外に言うんなら
◇キラーマジンガ「霊能ロラしようぜ」と
◇キラーマジンガ「霊能ロラりたいが16人だからなあ」
これがテノヒラクルー過ぎるの」
キラーマジンガ 「お疲れ様」
ホル・ホース 「お疲れさん
やっぱ霊夢ー望であってるじゃねえか」
ハーミッドパープル 「おつかれさま」
球磨川 「『霊能ロラをしよう、それは正しい。(理由も付け加えればもっと良かったね)』
『色んな内訳があり得る、それも正しい。(全部書きだすのは時間の無駄だけどね)』
『霊能に狐混じりを懸念する、それも正しい。(僕が先に言ったけどね)』」
ハーミッドパープル 「真のヘイトとは、2日目が始まった時点で吊りが決まっている
後はその票が満場一致か過半数かの違いだけじゃよ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
球磨川 「『君は正しいことを言った、それは誇っていいんだぜ>マジンガちゃん』
『ただ、それが伝えきれなかっただけさ』」
ジョセフ 「でっていう以外の
《真のヘイト》というのは往々にして
初日生き残る、だって発言多いんじゃもん」
キラーマジンガ 「ぐしゃあ」
球磨川 「『グレランで、16人村で。ただでさえカツカツなこの村で』
『ヘイトを理由に初日吊りができるほど、村人も図太くないんじゃないかな』
『狼と狐は別だぜ?』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川 「『そういうことさ>ジョセフ』
『君が吊られたのは、ヘイトなんかじゃない』
『ヘイトを理由にしちゃいけない、していいのはでっていうと。この僕だけだ』」
ジョセフ 「朝一がヘイトとか言うのなら
お前さんは《ヘイト》というものをなめておる」
キラーマジンガ 「oh...」
ジョセフ 「ヘイトってよりゃ内容寡黙じゃろこれ」
球磨川 「『これのどこがヘイトなのさ!>マジンガちゃん』
『君は何一つヘイトを撒き散らしていないよ』
『ヘイトの権化である僕が言うんだぜ? 間違いない』」
キラーマジンガ 「!?」
球磨川 「『2日目
◇キラーマジンガ「霊能狐とか無いよな・・・無いよな!?」
◇キラーマジンガ「グレランかー」
◇キラーマジンガ「霊能ロラりたいが16人だからなあ」
◇キラーマジンガ「2-2-2 だから真狼 真狂 真狐 狼狂 初日 さあどれでしょう」
◇キラーマジンガ「霊能ロラしようぜ」
◇キラーマジンガ「とか言ったっけやるやら全員○だったでござる」
◇キラーマジンガ「霊夢たんの腋(*´Д`)ハァハァ」』」
GM 「お疲れ様でした」
ハーミッドパープル 「狼ダブルか・・・」
ジョセフ 「お疲れ様」
キラーマジンガ 「お疲れ様」
キラーマジンガ 「そして霊夢どうした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キラーマジンガ 「なにそれこわい」
ジョセフ 「真狂でも初日のグレランに意味はないじゃろ
初手で確実に人外吊れる確約が有るっちゅうんなら別じゃが」
球磨川 「『えっ>マジンガちゃん』」
キラーマジンガ 「えっ」
キラーマジンガ 「ヘイト撒き散らして吊られたって言いたかったんだよチクショー」
球磨川 「『まさか。まさかだとは思うけど』
『初日の自分の発言を、ヘイトだなんて言ってるんじゃあ……ないよねぇ?』
『ハハッ、そんなまさかだろ?』」
球磨川 「『ヘイト? 何が?>マジンガちゃん』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キラーマジンガ 「誤爆った」
キラーマジンガ 「まあ俺もヘイト撒き散らして」
ジョセフ 「そりゃお前一心同体じゃからの」
球磨川 「『なぁに、見てるといいさ』
『僕はポジティブシンキングにおいても頂点に立つ男だと自負している』」
ジョセフ 「ハミパの圧倒的ヘイト感
なんで吊り逃れしたんじゃ…」
キラーマジンガ 「スタンドも帰ってきそうだな>ジョセフ」
球磨川 「『ニンゲンが噛まれるだろう? 霊夢ちゃんが呪殺されるだろう?』
『ほら、吊り数も余って万々歳じゃないか』」
球磨川 「『大丈夫大丈夫』
『ここで小瀬川ちゃんを指定するだろ?』」
ジョセフ 「まぁー勝てんじゃろうな」
GM 「霊真狂で考えるなら霊残しに意味はあります
ただ、今回は霊真狼だったためにこうなっていますが」
キラーマジンガ 「村側の負け濃厚だなあ」
球磨川 「『霊能ローラーをやって、その夜に占い師が噛まれて』
『3昼で占いも霊能も死んだ村なら飽きるほど見たぜ』
『どんな進行にだって正解はあるさ』」
やらない夫 「これとライン戦思考とか最悪の組み合わせだな
キラーマジンガ 「霊能吊れないのがなあ
今回の村側の反省点かもな」
球磨川 「『あれ? ペストを尽くすんだっけ? まぁいいや』
『ところで生駒里奈ちゃんって名前しか知らないんだよね。どんな子なのかな』」
GM 「迷ったらとりあえず霊ロラは無難策ではありますよ>ジョセフさん」
やらない夫 「2騙りか、こいつはファンキーだな」
キラーマジンガ 「お疲れ様」
GM 「お疲れ様でした」
ジョセフ 「吊り一つ無駄にするけど人外一つ確実に潰せるんじゃ…
しかも狩保護も出来る」
球磨川 「『与えられた状況で最大限にベストを尽くす』
『そんなことも忘れてしまったのかい! ああ、嘆かわしい!』」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
キラーマジンガ 「あれは配合だから(震え声)」
球磨川 「『おいおい。霊能ロラよりも先に灰の狼を吊ればいいじゃないか』
『小瀬川ちゃんが吊れたら、狼はお通夜ムードだぜ?』」
ジョセフ 「いいじゃん霊能なんて居なけりゃ居ないで
全然戦えるところなんじゃから…
それに占いもほぼ噛まれなくなるし一石二鳥じゃろ…」
キラーマジンガ 「うん霊能ロラやっといたら人外は吊れるからやっとけって言ったんだがなあ
ついでにヘイトまき散らしたが」
球磨川 「『ほら、僕はもう言ったぜ?』
『フェアに行こうじゃないか、今度はそっちのターンだ』
『キラーマシンにだって性別はあることくらい、ドラクエモンスターズで知ってるんだぜ?』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョセフ 「じゃから霊ロラは安牌なんじゃ…」
球磨川 「『僕はねえ。なんといっても生駒里奈ちゃんかな』
『あのルックスは最高だよね』」
キラーマジンガ 「俺に女子の話とか言われても困る」
球磨川 「『そうそう、好きな女の子の話をしようぜ』
『女子もいないことだしさ』
『僕から? 仕方ないなぁ』」
ジョセフ 「…なんじゃあこりゃあ…」
球磨川 「『嘘だけどね。ダンビラムーチョの方がかっこいいじゃん』」
ジョセフ 「投票ズレとる…」
球磨川 「『一番好きなモンスター?』
『もちろんキラーマシンさ、ロビンもロビン2も愛用していたよ』」
キラーマジンガ 「お疲れ様
球磨川の相手してやってくれ俺は疲れた」
GM 「お疲れ様でした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キラーマジンガ 「・・・」
球磨川 「『嘘だけどね』」
球磨川 「『おいおい冗談はやめてくれよ』
『二言サンコン4トントラック野郎とは僕のことだぜ?』」
キラーマジンガ 「下界で相方さん選択できずにグレランしちまったなあ」
キラーマジンガ 「ですよねー」
キラーマジンガ 「お前は二言ありまくるだろ」
球磨川 「『嘘だけど』」
球磨川 「『なんでもするよ。男に二言はない、約束さ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キラーマジンガ 「えっ」
球磨川 「『ロラはやめてよ!』
『撤回するから! なんでもするからさ!』」
球磨川 「『ちなみに僕はかつて雷様トリオの一員だったこともある男だ』
『高木ブー、仲本工事と組んでブイブイ言わせたものさ』」
キラーマジンガ 「良し鬼ロラしようか」
球磨川 「『対抗鬼CO、破綻だぜ>マジンガちゃん』」
キラーマジンガ 「あ、鬼COで」
球磨川 「『まったくさぁ。マジンガちゃんが狼のはずがないだろう』
『狐でもない』
『なら、霊能結果は蝙蝠だね』」
キラーマジンガ 「人狼に分解されたんだが」
球磨川 「『霊能者CO』
『キラーマジンガちゃんは○だったぜ』
『撤回、共有者CO』
『相方は雷ちゃんだ』
『撤回、霊界CO』」
キラーマジンガ 「お疲れ様 」
GM 「お疲れ様でした」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キラーマジンガ 「真狼-真狼ってロラれたらアウトなのにすごいな」
キラーマジンガ 「お疲れ様 素村の命は尊いんだ 俺は自分からヘイトまき散らしたけど」
GM 「お疲れ様でした」
キラーマジンガ 「霊夢妖狐かよwwww」
キラーマジンガ 「アッー!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2014/01/23 (Thu) 20:13:06