←戻る
【紅番外】やる夫達の恋色決闘村 [3926番地]
~我が剣は原初の情熱にして、剣戟の音は宙巡る星の如く。~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[掃除屋]
(死亡)
icon 永森やまと
 (八櫛◆
uUv2e60xdE)
[静狼]
(生存中)
icon 八意永琳
 (ken◆
BEAR/bWlng)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 魂魄妖夢
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[夢求愛者]
[恋人]
[共鳴者]
[熱病]
(死亡)
icon ギルガメッシュ
 (ナタ◆
/oGAAS9DmE)
[静狼]
(生存中)
icon キリクマ
 (影なし◆
KageStu09k)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon クマーボウ
 (ルカエバ◆
eyndF0VEv.)
[風神]
(死亡)
icon クマトリア・ベアドラゴン
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 咲夜
 (DarkKnight)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon モノクマ
 (とある旅人◆
pIVThl1L4M)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 多華宮仄
 (¥1=$2014◆
nXMpvBeEos)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon 先代巫女
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[おしら様]
(死亡)
村作成:2014/01/24 (Fri) 01:14:19
永森やまと が村の集会場にやってきました
永森やまと 「…村建て完了。
開始は30分くらいでできればいいわね…」
八意永琳 が村の集会場にやってきました
永森やまと 「という事で入ってらっしゃい。
魂魄妖夢 が村の集会場にやってきました
八意永琳
                 ______
         _ ィ二 ̄/////////////\
         \///////////// | ̄|/////\
          \/////////| ̄   ̄|/////\
            \///////  ̄|_| ̄///////i\
                /`ー─- 、___//////////\
            /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::` <___/
              /:::::/.ヽ::::::::/|::::::::: /::::/:::::::|
          /::/ :::::::: \´ .|:::::/::::/::::::i::::::!
            / ´/:::::::::/三三 {/三三|:::::::::}:::::|         ハローエヴリヴァディ
           |:::: /|    __   .|:::::::人:八
           |/\j\   (_ノ   .人::::::::/\ヽ       元気な夜をお過ごしかしら?
.         厂 ̄ ̄::::::__{ ̄`>─一<|/|::: /  `ゞ
       |:::::::::::::::/   \   ̄{ ̄,∧__|/            夜更かしはお肌にも健康にも悪いからしちゃダメよ。
       |::::::::::::/    i   \___|/:.:.:.:.:.:.:.\  ̄ ̄`ヽ ./¨)__
       |:::::::::: |     |/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.\  ̄`ヽ /  ノ 三)
.    _ノ:< ̄    /  .0===|====0.:.:.:.:.:.:_`>   {   /
  ,ィ ´::::::::::::::/\_|___.〈     ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\   ./ /
. /::::::::::::::::::::::|  〈::::::::::::ヽ0=====|=====0:/\.  \/ /
/:::::::::::::::::::::::: \  \::::::::::.\  ,/.:.:.:.:.:.:.:./.   \   /」
ギルガメッシュ が村の集会場にやってきました
ギルガメッシュ 「フハハハハハ!!
ここが決闘場か!!」
永森やまと 「いらっしゃい>3名

…何もないけれど、ゆっくりしていってね」
魂魄妖夢 「プロフィールは関係ありませんが
よろしくお願いします」
八意永琳
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八             えっ、今は夜だからハローじゃないって?
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \          いいのよ。なんかそれっぽく聞こえれば勝ちなの。
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄          綺麗な英語なんて話そうとしちゃダメよ。
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
ギルガメッシュ 「なんと。
ろくに観客もおらぬではないか。
そこな雑種、さっさと呼んでこい!」
キリクマ が村の集会場にやってきました
八意永琳
        _________
      ///////////////////!
     ///////| ̄|///////////|
    ///////| ̄    ̄|:i////////
  /i//////// ̄|_| ̄-──一'"\
. ////////////,/:::::::::::::::::::::::::i:::ヽ:::::`>- ,_
////////////:::::::::∧:::::::::::::::/\:::\::::::::::::::::::::`≫
|____,/::i::::::::::/ノ∨::::::::/し'"\:::\/ ̄ ̄
.     |:::/::::: |:::::::/\ ∨:::/   / .:::::::\          うるさーい!
.     ∨::: :: |::::: |  ≫| ;/ ∠__ 〉:::::::::!
.     /::::::/!:: : |,/  .|/__,    ./::::\::|          こんな夜中にそんな大声出したら人が起きちゃうでしょ!
    /:::/\|::::: ト、   |::::::|   イ:::::::::::|/
.   // __|ヾ:::|:::\  乂ノ イ\|\:::::::!           周囲のことも考えなさいよ!
      /:::::::ヽ::リ___`>─一z_) ∨ '
    く::::::::::::::::::\::::::::::/\  ∧   ∨
     \:::::::::::::::: /::: /;;;;;; \//ハ
.   __入::::::::: /:::::/;;;;;;;;ー==-/∧
   (:::::::::::::::::`::::::/:::::/;;;;;;;;;;;;;;;;|///j∧
    \:::::::::::::::: /:::::/;;;;;;;;;;;;ー===-//∧」
キリクマ 「よろしく頼むぞ」
ギルガメッシュ 「おい、そこの雑種よ>八意永琳
せめて歌でも歌ってみせよ。開始までの余興だ」
魂魄妖夢 「月がすり替わった異変だか
夜が終わらない異変だかを思い出しますねぇ」
クマーボウ が村の集会場にやってきました
永森やまと 「…ああ、このサブタイトルは今日があのネロ皇帝が即位した日
だかららしいわ…」
クマトリア・ベアドラゴン が村の集会場にやってきました
キリクマ 「…時間、5分3分に見えるんだが、大丈夫か?」
クマトリア・ベアドラゴン 「よろしクマってよく見たら5-3」
八意永琳
            /////////////////////≧z_
          ///////////_| ̄|_/////////≧z_
         く////////////|_  ._|/////////////¨≫
          \////////////|_|///////////////
            \_,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`∨///////,/
               /\::::::::::::::::::|\::::::::::::::` ̄ ̄ ̄¨i
                /::::::::\::::::::::: |  \:::::::::::::::::::i:::::::::::.
            /l::::::::::: /\:::::::|    \:::::::::::: |:::::::::::::.          ……最近の熊って喋るのねぇ。
              /:::|:::::::: / ̄´\::!  `ー─::::::::: |:::::::::::::::.
          /:::::八:::::三三   `  三三ヲ!:::::::::|:::::::::::::::;'         ないすとぅーみぃとぅー?
            /::::::/::::!:::|             .| :::::: | ::::/::::/
        /:::/i::::::Ⅵ     3      .| ::::::/ ::/::::〈          未知との遭遇?
         //  |::::::::::廴______ノ`Ⅳ:/ ::::::::\
           |:::: //   /    /|::::::/|::::::::::::::::::::\
           |/ く  ∠___,///|///j::::::::::::::::::::::::::〉
                   ` ̄ ̄入_//////////\__::::::::::::<_
                 /:: :::|////////////_ィ´ ̄ ̄`ヽ::::`ヽ
                     /:: :: ////////////         ∧:::::::::\」
クマーボウ 「よろしクマー!」
ギルガメッシュ 「うん……?
おい、よく見たら時間が普通村基準ではないか」
魂魄妖夢 「5-3決闘・・・誘導ゲーですね?わかります」
咲夜 が村の集会場にやってきました
クマトリア・ベアドラゴン 「夜は3でいいから 昼来たら即投票かねクマ」
咲夜 「よろしくお願いします」
キリクマ 「なんでクマが2人もどっと来るんだろうね…」
八意永琳
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\          >ギルがメッシュ
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>       このおばかさん。
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)       夜に歌を歌ったら蛇がよってくるからダメって教わらなかったの!
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /        え、あれは口笛?
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉        いいのよ似たようなものよ。
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
永森やまと 「大丈夫じゃないわね…>5-3

えーっと、内部で変えられたはず…だからちょっと弄ってくるわ…」
クマトリア・ベアドラゴン 「クマがいない決闘など決闘といえるのかクマ? >キリクマ」
ギルガメッシュ 「蛇が寄るだと……?

あの忌々しい蛇め!! おびき寄せて蒲焼きにしてくれるわッ!!」
キリクマ 「私はキリシマだからな…
今はこのぬいぐるみでいるが、いつかは…!>永琳」
魂魄妖夢 「オプション変更はGMじゃないとダメじゃないですか?」
ギルガメッシュ 「仮GMの身で変えられたものだったかな?>設定」
八意永琳
             _ -=ニ二二ニ=- _
       _r≦´//////////////`≧z_
    _r≦´/////////////////////////≧z_
    \////////////_| ̄|_.////////////
      \///////// |_   _|//////////
.      /\//////////|_|//////////i
      ′ ::\_________/ ::∧
.      /:::/::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::::: l:::::::\ :∧
     | :/::::::::: /::::::::::\:/|::::::::::::::::人/::::::::ヽ八          クマーボウって熊の毛皮が使われた弓なのかな。
      ∨::::::::::/:::::::::::::/\|::::::::::://\::::::ハ ::\
      /::::::::::/:::::::::::丁 ̄} !:::::/丁 ̄} |::::::::人::::: \       それとも熊レベルの筋力じゃないと引けない弓ってことかしら。
.    /:::::::/:::::::/|.乂_ノ |/  .乂_ノ l:::::::::::: }\::::::\
.    /:: /i:::: /:::: |                |::::::::::::;′ `ミ_>     謎は深まるばかりね。
..  //|:::::|::∧::::::: |\    ─    _ノ!:::::::::/
. _____):: |/::人::::::|_> __.  <}:::::|::::: /
(::::::::::::::::::::::/ ̄ヽ:::!\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ |:::::|::::/
._):::::::::::::::::/.     ∨  〉____人 |:::/∨」
キリクマ 「それ、GMだけだと思うぞ…一応だが>内部で変えられる
すまないが」
永森やまと 「あ…」
キリクマ 「よろしくな>咲夜」
クマトリア・ベアドラゴン 「決闘でGMって基本ないからなあークマー」
ギルガメッシュ 「これだけ集まったのならしょうがあるまい
昼は即投票する勢いでやるほかあるまい。>やまと」
咲夜 「即投票すれば問題でしょう」
魂魄妖夢 「変更できないとしたら
そのままやるか建てなおすか考えないとですねぇ」
八意永琳
          ////////_///////////////////
.           ///////__|  |_////////////////
       /////////|_   _|///////////////
      ///////////// |__|/////////////////
     く///////////////////////////////////
      \///////////__>───────一
       \// イ´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.           Ⅵ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::
          /::|:::::::::::\::::::::::::::::::::: !\:::::::::::::::\::::::::::::::
.        / .::!:::::::::::::::|\.ノ::::::::::::|ヽ \:::::::::::::::\:::::::::         >キリクマ
.         / .::::| :::::::::::: |/\:::::::::: !  \\:::::::::::::::\:::::
         ′:::::| :::::::::::: |    \::::::| 三三三:::::::::::::::::\         え、それキグルミ? 
        /.::::::::::{::::::::::::::三三三 \|     |\::::::::::::::::::
.       /.:::::::::::人 :::::::::: |   、___  ////|:::: \:::::::::::::         いいじゃない可愛しいし、そのままでいなさいよ。
     / .::::::/  | ::::::::: |///  |::::::::::::}    .|::::::::人::::::::::
.    / .:::/   | ::::::::: |_____.乂_ノ__,ノ::::::/:::::\::::::         ほら、いわゆるゆるキャラ?
..   / ,/    /\:::::: |`ヽ__|   |__//::::/___,\
.  //       /  /ヽ:: |、 |.:\ ̄`ヽ / //´///////         クマモンとかもはやってるし。いけるいける。
.          /  /_,∨ Ⅵ:: :: \   .|    ////////
        /  /:: :: :: :: :: :: :: ::(二二二二二)////////
         /  ∧:: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :\_///////////
.       /  / ヘ:: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: |/////////////」
クマトリア・ベアドラゴン 「昼に即投票でいいでしょクマ」
クマーボウ 「昼が来たら即投票を心がければ問題ないクマーね」
クマトリア・ベアドラゴン 「どうせ決闘で話すことなど余り無し」
ギルガメッシュ 「雑種らの時間では今は深夜であろう。
これ以上愚泥共も寄る可能性もおそらくあるまい。
ささっと始めるのが良い。」
キリクマ 「そういう時もあるだろう
次はないさ>やまと」
ギルガメッシュ 「しかし、ある意味では矛盾してるわな。
決闘村とはRPする場所
されど昼はRPせずにちゃちゃっと投票!!
はたしていつRPしているというのだか」
八意永琳
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八             昼に即投票、
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \          といってもこの人数だと恋人が大多数をしめそうだし、
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄          割と初日から恋人PPをくらいそうよね。
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /        怖いわ、怖いわ。夜は恋人の時間なのね。
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
魂魄妖夢 「時間もギリギリですしたてなおしはgdgdしそうですねぇ
そのままやります?」
クマーボウ 「そりゃあ夜にイチャイチャするんだクマー>ギルガメッシュ」
永森やまと 「…パスワード設定し忘れてたわ…(こめかみ押さえ

えーっと、ごめんなさいね。即投票か建てなおしがどっちがいいかしら?」
モノクマ が村の集会場にやってきました
魂魄妖夢 「時間がアレですし即投票に1票」
ギルガメッシュ 「即投票だな。

でなければ我は帰るぞッ!」
多華宮仄 が村の集会場にやってきました
クマーボウ 「即投票でいいと思うクマ」
八意永琳
                 ______
         _ ィ二 ̄/////////////\
         \///////////// | ̄|/////\
          \/////////| ̄   ̄|/////\
            \///////  ̄|_| ̄///////i\
                /`ー─- 、___//////////\
            /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::` <___/
              /:::::/.ヽ::::::::/|::::::::: /::::/:::::::|
          /::/ :::::::: \´ .|:::::/::::/::::::i::::::!
            / ´/:::::::::/三三 {/三三|:::::::::}:::::|            そのままでいいじゃない。
           |:::: /|    __   .|:::::::人:八
           |/\j\   (_ノ   .人::::::::/\ヽ           なぁに、決闘村設定なら問題ないわよ。
.         厂 ̄ ̄::::::__{ ̄`>─一<|/|::: /  `ゞ
       |:::::::::::::::/   \   ̄{ ̄,∧__|/               夜時間の方が長かったらちょっと面倒だけどね。
       |::::::::::::/    i   \___|/:.:.:.:.:.:.:.\  ̄ ̄`ヽ ./¨)__
       |:::::::::: |     |/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.\  ̄`ヽ /  ノ 三)
.    _ノ:< ̄    /  .0===|====0.:.:.:.:.:.:_`>   {   /
  ,ィ ´::::::::::::::/\_|___.〈     ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\   ./ /
. /::::::::::::::::::::::|  〈::::::::::::ヽ0=====|=====0:/\.  \/ /
/:::::::::::::::::::::::: \  \::::::::::.\  ,/.:.:.:.:.:.:.:./.   \   /」
咲夜 「今から立て直しても面倒なので即投票の形でよろしいかと」
モノクマ 「うぷぷ、よろしくだよ
即でも問題ないよ」
多華宮仄 「よろしくお願いします。」
キリクマ 「始めて良いと思うぞ>やまと
よろしくな>モノクマ」
ギルガメッシュ 「GMとかいう雑種よ
早く決断せねば烏合の衆がまとわりついてくるぞ
まぁよろしくとだけ言っておこう」
クマトリア・ベアドラゴン 「で、開始時間にもなったしカウントでいいんじゃねクマー」
永森やまと 「と、思ったら即投票が多いみたいね…ならその方向で。
何か足りないとは思ってたのよね…」
先代巫女 が村の集会場にやってきました
先代巫女 「や。」
八意永琳
            /////////////////////≧z_
          ///////////_| ̄|_/////////≧z_
         く////////////|_  ._|/////////////¨≫
          \////////////|_|///////////////
            \_,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`∨///////,/
               /\::::::::::::::::::|\::::::::::::::` ̄ ̄ ̄¨i
                /::::::::\::::::::::: |  \:::::::::::::::::::i:::::::::::.
            /l::::::::::: /\:::::::|    \:::::::::::: |:::::::::::::.          あらやだまたクマのぬいぐるみが増えたわ。
              /:::|:::::::: / ̄´\::!  `ー─::::::::: |:::::::::::::::.
          /:::::八:::::三三   `  三三ヲ!:::::::::|:::::::::::::::;'         最近流行ってるのかしら。
            /::::::/::::!:::|             .| :::::: | ::::/::::/
        /:::/i::::::Ⅵ     3      .| ::::::/ ::/::::〈           クマモンも大人気だもんね。
         //  |::::::::::廴______ノ`Ⅳ:/ ::::::::\
           |:::: //   /    /|::::::/|::::::::::::::::::::\
           |/ く  ∠___,///|///j::::::::::::::::::::::::::〉
                   ` ̄ ̄入_//////////\__::::::::::::<_
                 /:: :::|////////////_ィ´ ̄ ̄`ヽ::::`ヽ
                     /:: :: ////////////         ∧:::::::::\」
永森やまと 「それじゃ…カウント」
永森やまと 「5」
永森やまと 「4」
モノクマ 「          {     , ´               '; : : : : : : : : : :\ : : ;'
           ',  /              '; : : : : : : : : : : : ヽ/
           〉′                   ; : : : : : : : : : : : : : ',
                            i : : : : : : : : : : : : : ::',
          /                   i : : : : : ;、 : : : : _,/: :',
                   , ⌒ヽ       i : : : : ,仆≧≦ク/: : : ',
         . ,'             ゝ ノ        !:: :: :/´⌒Y ̄`': : : : : .      では、今回の学級裁判を始めるよー
        {.                -‐    ̄  ‐- : : : : : : : : : : : : }
        !             /     ///ハ   ヽ    j!: : : : i
        i  _ _          /      `Y´          / ! : : : i
      γ´     `ヽ       {        i      }, イ レ′ : : ;
     -‐{        ト、.      丶      人      ィ  .レ′ : : : ,'
   /  !         i ヽ     `fー‐、'''  i  ーf´  ! / : : : : : /
  /     .ゝ __ _   ノ  i       、   `ー'―-'‐ ナ : : : : : ::,〈
  i                         ー-   - - イ : : : : : : : : :∧
  i              i            i : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  .丶                ノ            i: : : : : : : : : : : : :i: : : :: ',」
キリクマ 「よろしく頼む>仄、巫女」
永森やまと 「3」
永森やまと 「2」
永森やまと 「1」
ギルガメッシュ 「裁判だと?
我の判決こそが真実ッ!!」
八意永琳
                 ______
         _ ィ二 ̄/////////////\
         \///////////// | ̄|/////\
          \/////////| ̄   ̄|/////\
            \///////  ̄|_| ̄///////i\
                /`ー─- 、___//////////\
            /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::` <___/
              /:::::/.ヽ::::::::/|::::::::: /::::/:::::::|
          /::/ :::::::: \´ .|:::::/::::/::::::i::::::!          へーい、そんじゃよろしくねエヴィヴァディ
            / ´/:::::::::/三三 {/三三|:::::::::}:::::|
           |:::: /|    __   .|:::::::人:八          クラッシュ&くらーっしゅ!
           |/\j\   (_ノ   .人::::::::/\ヽ
.         厂 ̄ ̄::::::__{ ̄`>─一<|/|::: /  `ゞ
       |:::::::::::::::/   \   ̄{ ̄,∧__|/
       |::::::::::::/    i   \___|/:.:.:.:.:.:.:.\  ̄ ̄`ヽ ./¨)__
       |:::::::::: |     |/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.\  ̄`ヽ /  ノ 三)
.    _ノ:< ̄    /  .0===|====0.:.:.:.:.:.:_`>   {   /
  ,ィ ´::::::::::::::/\_|___.〈     ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\   ./ /
. /::::::::::::::::::::::|  〈::::::::::::ヽ0=====|=====0:/\.  \/ /
/:::::::::::::::::::::::: \  \::::::::::.\  ,/.:.:.:.:.:.:.:./.   \   /」
永森やまと 「0、…さぁ、開始よ」
ゲーム開始:2014/01/24 (Fri) 01:32:05
出現役職:おしら様2 風神1 掃除屋1 静狼3 女神4 夢求愛者1
魂魄妖夢 は 魂魄妖夢 咲夜 に愛の矢を放ちました
クマトリア・ベアドラゴンの独り言 「女神ったクマー」
モノクマ(人狼) 「うぷぷ、よろしくね」
クマトリア・ベアドラゴン は クマトリア・ベアドラゴン モノクマ に愛の矢を放ちました
咲夜の独り言 「女神ですか」
キリクマ は キリクマ 多華宮仄 に愛の矢を放ちました
咲夜 は 魂魄妖夢 咲夜 に愛の矢を放ちました
ギルガメッシュ(人狼) 「フハハハハハハ!!
そうか、貴様らが我のサーヴァントか!!」
先代巫女の独り言 「昼も夜も即投票してもう寝よう。」
魂魄妖夢の独り言 「まともな人もいないですし」
キリクマの独り言 「強い魔力を感じる・・・」
クマトリア・ベアドラゴンの独り言 「こっちのクマはうまいのかなクマー」
クマーボウの独り言 「ま、これでQP引いていたら大惨事だったけど
さすがにね~クマ」
多華宮仄の独り言 「お、おう」
魂魄妖夢の独り言 「どうせ夢ですし」
モノクマ(人狼) 「わっくわくでドッキドキの学級裁判を始めようか!!」
八意永琳の独り言
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\          こういう所でしっかり女神を引く辺り、
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>       私の運命力は完璧のようね。
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)      んんww
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /      
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
永森やまと(人狼) 「…一人言でちょっと反省しようと思ったら嫌な予感したけれど
やっぱり狼だったわ…」
八意永琳 は 八意永琳 咲夜 に愛の矢を放ちました
咲夜の独り言 「あら、増えますか」
ギルガメッシュ(人狼) 「我の手を煩わせるのは許さんぞ?
噛みは貴様らに任せる。
昼投票をくれぐれも忘れぬようにな」
永森やまと(人狼) 「と、いう事でよろしくね…

えーっと…サーヴァントはあなたの方じゃないかしら…?>ギル」
モノクマ(人狼) 「        フ⌒     イ:::::::::`
        イ  ヽ― Y:::::::::::::::::::)
         x      ゞ::::::::::::::ゞ
      イ ツイ   ≡  イ::::::::::::イ
     イ  ゝ ト ::::::: 〃▼`エイ::::i   まあ、気にすること無いよ
      ヽ  ヽi     、_,_, ェェ/:::::|  誰だってそういうことはあるさ>やまと
          ゞ      f千::::::::
       ヽ        !::::::::::::::ヽ
       ノ         !::::::::::::::::::ヽ
                  !:::::::::::::::::::::ヽ
                  i::::::::::::::::::::::`:
      i        '''"¨ ̄丶:::::::ヽ::::::::ヽ_
      i       イ     ハ::::::i ゞ:::::::::::、
      、      l        l::::::i  ゞ::::::,.'
       ト     ト       ノ::::|     ̄
                X) イ::::イ
       ゞ     \ _-=f::::〃
        `    イ::::::::::::::::::ノ
        ノ   ソ::::::::::::::::::::イ
        l  l   ̄l:::::::::l
       ソ  ノ    l:::::イ
      (   )    ト::::ヽ
               (::::::::) 」
先代巫女の独り言 「恋人の矢は四本あるわけだけど。」
八意永琳の独り言
                 ______
         _ ィ二 ̄/////////////\
         \///////////// | ̄|/////\
          \/////////| ̄   ̄|/////\
            \///////  ̄|_| ̄///////i\
                /`ー─- 、___//////////\
            /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::` <___/
              /:::::/.ヽ::::::::/|::::::::: /::::/:::::::|
          /::/ :::::::: \´ .|:::::/::::/::::::i::::::!
            / ´/:::::::::/三三 {/三三|:::::::::}:::::|             とゆーわけで以前ウチに攻め込んできたメイド
           |:::: /|    __   .|:::::::人:八
           |/\j\   (_ノ   .人::::::::/\ヽ            私の相手なさいな。
.         厂 ̄ ̄::::::__{ ̄`>─一<|/|::: /  `ゞ
       |:::::::::::::::/   \   ̄{ ̄,∧__|/                まだみょんみょん言ってるほうより話題ありそうだし。
       |::::::::::::/    i   \___|/:.:.:.:.:.:.:.\  ̄ ̄`ヽ ./¨)__
       |:::::::::: |     |/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.\  ̄`ヽ /  ノ 三)
.    _ノ:< ̄    /  .0===|====0.:.:.:.:.:.:_`>   {   /
  ,ィ ´::::::::::::::/\_|___.〈     ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\   ./ /
. /::::::::::::::::::::::|  〈::::::::::::ヽ0=====|=====0:/\.  \/ /
/:::::::::::::::::::::::: \  \::::::::::.\  ,/.:.:.:.:.:.:.:./.   \   /」
キリクマの独り言 「まあ、楽しい戦いの時間だ
どうなるだろうなあ」
モノクマ(人狼) 「僕は聖杯ね」
多華宮仄の独り言 「今期はほぼチェックしてるけど前期はあんま見てなかったんだよな・・・」
ギルガメッシュ(人狼) 「無礼者!!
貴様如き雑種が我をサーヴァントにするなど厚顔無恥よなぁ!!」
魂魄妖夢の独り言 「5ボスなおかつ人間というのは自機になる法則もありますし」
八意永琳の独り言
            /////////////////////≧z_
          ///////////_| ̄|_/////////≧z_
         く////////////|_  ._|/////////////¨≫
          \////////////|_|///////////////
            \_,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`∨///////,/
               /\::::::::::::::::::|\::::::::::::::` ̄ ̄ ̄¨i
                /::::::::\::::::::::: |  \:::::::::::::::::::i:::::::::::.
            /l::::::::::: /\:::::::|    \:::::::::::: |:::::::::::::.
              /:::|:::::::: / ̄´\::!  `ー─::::::::: |:::::::::::::::.         あらやだ凄い静かね。
          /:::::八:::::三三   `  三三ヲ!:::::::::|:::::::::::::::;'
            /::::::/::::!:::|             .| :::::: | ::::/::::/          恋人会話しやすいためかもしれないけど、
        /:::/i::::::Ⅵ     3      .| ::::::/ ::/::::〈
         //  |::::::::::廴______ノ`Ⅳ:/ ::::::::\         微妙にさびしいわこれ。
           |:::: //   /    /|::::::/|::::::::::::::::::::\
           |/ く  ∠___,///|///j::::::::::::::::::::::::::〉
                   ` ̄ ̄入_//////////\__::::::::::::<_
                 /:: :::|////////////_ィ´ ̄ ̄`ヽ::::`ヽ
                     /:: :: ////////////         ∧:::::::::」
ギルガメッシュ(人狼) 「この英雄の王たる我、サーヴァントの一人や二人所持できるわ!!
たわけッ!!」
魂魄妖夢の独り言 「物部さんも本編ワンチャンあるんでしょうか?」
永森やまと(人狼) 「何度かはこういう村建て見たことがあったのだけれど
まさか自分がやると思わなくて内心かなりばたばたしてるわ…ありがとう>モノクマ」
モノクマ(人狼) 「中身真っ黒の泥っどろだよwww
うぷぷぷぷ」
ギルガメッシュ(人狼) 「では、やろうか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ は 身代わり君 に狙いをつけました
身代わり君 は無残な姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
クマトリア・ベアドラゴン 「アーチャー(クマーボウ) 勝負クマーーーー」
先代巫女 は クマトリア・ベアドラゴン に処刑投票しました
咲夜 「おはようございます
クマ鍋の用意をするので少々お待ちを」
多華宮仄 「おはよう。」
魂魄妖夢 「おはようございます」
クマトリア・ベアドラゴン は クマーボウ に処刑投票しました
魂魄妖夢 は モノクマ に処刑投票しました
クマーボウ 「さあどのクマが一番人気か決めるクマ!」
モノクマ 「               , 、
                /  \
                <      \ ,─、
                >     /i   ―――  ―
         - ─-//\/ /          /:::::::::::::::ヽ´::::ヽ
       | i´_ .//.     /   (::::::)__/ ノ`ヽ,:::::::\ノ
       (_(    <   /    / r::┐ ヽ⌒ヽ ̄ノ:::|
         ヽ    \  |    ./    ::::   }:::::::⌒::::::::|   それじゃあ、今回の学級裁判をはっじめーるよー
             \    \|..     |\___人.__|:::::::::::::::::::::|
              \..  |    ゝ、::::I I  I  I  I/::::|
               \...|      \__>── イ::::::::::|
                 「       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                 /          .|:::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /     ,. -─-  、::::::::::::::::::::::::|__
               /   /        \:::::::::::::::::::::::::\
                /    /             `、::::::::::::::::::::::::::\_
            /    l_ , -──- 、 _ . l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              |   ,´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ` 、:::::::::::::::i⌒ヽ:::::::::::::::::::::::)
.           _ -┴ 、l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; l::::::::;...┴....、┌───┐
        /     \  |////////|:::::::::::::::/:::::::::::::::: └───┘
..         |       ヽ...|////////|::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::| |   |
.          丶       |...|////////|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|...|   |
.          \___ノ . |////////|:::::::::::ゝ、::::::::::::::::::ノ . |   |」
キリクマ 「おはよう、戦いの時間だ…!」
クマーボウ は クマトリア・ベアドラゴン に処刑投票しました
先代巫女 「クマ鍋とクマ鍋で引き分けになる、まで見えたわ。」
ギルガメッシュ 「我は投票を済ませたぞ、雑種!!」
クマトリア・ベアドラゴン 「さくっと投票クマクマ」
魂魄妖夢 「裁判する時間すらないですし」
ギルガメッシュ は クマトリア・ベアドラゴン に処刑投票しました
八意永琳 「ぐっもーにーん」
永森やまと 「クマ鍋ね…
それじゃ、えっと…速めの投票お願いするわ…」
八意永琳 は ギルガメッシュ に処刑投票しました
魂魄妖夢 「この村に学級裁判は必要ありません!」
咲夜 「弓矢なのでアーチャーではないのでしょうか>クマトリア」
多華宮仄 は モノクマ に処刑投票しました
永森やまと は クマトリア・ベアドラゴン に処刑投票しました
モノクマ 「        フ⌒     イ:::::::::`
        イ  ヽ― Y:::::::::::::::::::)
         x      ゞ::::::::::::::ゞ
      イ ツイ   ≡  イ::::::::::::イ
     イ  ゝ ト ::::::: 〃▼`エイ::::i   くまの人気投票だなんて照れるなぁ
      ヽ  ヽi     、_,_, ェェ/:::::|  
          ゞ      f千::::::::
       ヽ        !::::::::::::::ヽ
       ノ         !::::::::::::::::::ヽ
                  !:::::::::::::::::::::ヽ
                  i::::::::::::::::::::::`:
      i        '''"¨ ̄丶:::::::ヽ::::::::ヽ_
      i       イ     ハ::::::i ゞ:::::::::::、
      、      l        l::::::i  ゞ::::::,.'
       ト     ト       ノ::::|     ̄
                X) イ::::イ
       ゞ     \ _-=f::::〃
        `    イ::::::::::::::::::ノ
        ノ   ソ::::::::::::::::::::イ
        l  l   ̄l:::::::::l
       ソ  ノ    l:::::イ
      (   )    ト::::ヽ
               (::::::::) 」
咲夜 は クマトリア・ベアドラゴン に処刑投票しました
クマーボウ 「さあ来いクマトリア!実はクマーボウは一度吊られただけで死ぬぞクマー!」
キリクマ 「クマーボウ…一体何で出来ているんだ…」
先代巫女 「(本来なら)超過時間です。」
キリクマ は クマーボウ に処刑投票しました
多華宮仄 「アーチャー(弓を使うとはいっていない」
ギルガメッシュ 「貴様如きがセイバーの名を辱めるとは
我の逆鱗に触れたぞ!!」
クマトリア・ベアドラゴン 「弓使うアーチャーのほうが少ない気がするクマ」
モノクマ は クマーボウ に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
永森やまと0 票投票先 1 票 →クマトリア・ベアドラゴン
八意永琳0 票投票先 1 票 →ギルガメッシュ
魂魄妖夢0 票投票先 1 票 →モノクマ
ギルガメッシュ1 票投票先 1 票 →クマトリア・ベアドラゴン
キリクマ0 票投票先 1 票 →クマーボウ
クマーボウ3 票投票先 1 票 →クマトリア・ベアドラゴン
クマトリア・ベアドラゴン5 票投票先 1 票 →クマーボウ
咲夜0 票投票先 1 票 →クマトリア・ベアドラゴン
モノクマ2 票投票先 1 票 →クマーボウ
多華宮仄0 票投票先 1 票 →モノクマ
先代巫女0 票投票先 1 票 →クマトリア・ベアドラゴン
クマトリア・ベアドラゴン は投票の結果処刑されました
モノクマ は恋人の後を追い自殺しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマトリア・ベアドラゴン 「ウボァー」
咲夜の独り言 「そこ恋人でしたか」
先代巫女 は暗殺を行いませんでした
八意永琳の独り言
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\            グッイブニーン
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>         じゃかじゃかじゃかじゃかじゃーんん! とゆーわけでウチに以前攻め込んできたメイド
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)        公正な抽選の結果、私の話し相手は貴方に決まったわー。
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /         おめでとー! はい拍手ー!
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
ギルガメッシュ(人狼) 「フハハハハハ!!
そうか、貴様も凡愚だったか」
先代巫女の独り言 「これがロスタイム……。」
クマーボウ は 永森やまと 八意永琳 魂魄妖夢 ギルガメッシュ に狙いをつけました
キリクマの独り言 「お、おう…」
魂魄妖夢の独り言 「(夢)求愛者で共鳴するなんて・・・
よろしくお願いします」
モノクマ 「お疲れ様クマ、ごめんごめん遺言書いてたら遅くなっちゃったよ」
咲夜の独り言 「私は妖夢に刺した女神です>妖夢・永琳」
多華宮仄の独り言 「どこにドラゴン要素があったのだろうか…と今思い返して思った」
クマーボウの独り言 「人気投票に負けたクマ・・・だと・・・」
八意永琳の独り言
                 ______
         _ ィ二 ̄/////////////\
         \///////////// | ̄|/////\
          \/////////| ̄   ̄|/////\
            \///////  ̄|_| ̄///////i\
                /`ー─- 、___//////////\
            /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::` <___/
              /:::::/.ヽ::::::::/|::::::::: /::::/:::::::|
          /::/ :::::::: \´ .|:::::/::::/::::::i::::::!
            / ´/:::::::::/三三 {/三三|:::::::::}:::::|             うんまぁそこ恋人でもある程度仕方ないわね。
           |:::: /|    __   .|:::::::人:八
           |/\j\   (_ノ   .人::::::::/\ヽ            運命というものはつくづく残酷だわ。
.         厂 ̄ ̄::::::__{ ̄`>─一<|/|::: /  `ゞ
       |:::::::::::::::/   \   ̄{ ̄,∧__|/                へいメイド。お茶いれてお茶。
       |::::::::::::/    i   \___|/:.:.:.:.:.:.:.\  ̄ ̄`ヽ ./¨)__
       |:::::::::: |     |/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.\  ̄`ヽ /  ノ 三)
.    _ノ:< ̄    /  .0===|====0.:.:.:.:.:.:_`>   {   /
  ,ィ ´::::::::::::::/\_|___.〈     ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\   ./ /
. /::::::::::::::::::::::|  〈::::::::::::ヽ0=====|=====0:/\.  \/ /
/:::::::::::::::::::::::: \  \::::::::::.\  ,/.:.:.:.:.:.:.:./.   \   /」
キリクマの独り言 「これ…喜んで良いのかわからないな
生き残ったのは嬉しいが」
ギルガメッシュ(人狼) 「む?
声が聞こえなくなったぞ。
我のぴーしーという機械が壊れたとでもいうのか?」
多華宮仄の独り言 「キリクマさんはよろしくね。」
先代巫女の独り言 「こうして数々のドラマが生まれるのね……。」
咲夜の独り言 「あら、役職よく見てませんでしたので
夢求愛者がいるとは思いませんでした>妖夢」
モノクマ 「それにしてもクマーボウより票をもらうなんて人気者だったね>クマトリア
ウププププ」
キリクマの独り言 「というわけで、女神だ
…勝利を与えられるようにはなりたいが…どうなるか」
ギルガメッシュ(人狼) 「いや、それはない
貴様らの回線状況が悪いだけだ
さっさとギルガメッシュドットコムにつなぐが良い」
永森やまと(人狼) 「         -―――――- 、 _  _
        '":: :: :: :/.!: : : : !ヽ: :ヽ: :<;;;ヽ
    /: : : : :|:: :/|. |: : : : ! ヽ: : ヽ::!: ヽ;;;ヽ
   /: : : : : :: :|: l | .|: : : : ! ヽ: : : :|:: ::|ヽ;;ハ
  .//|: : |: : :: :|: |__|_.|::: :: ::ト __ヽ__: :|:: ::|: :|;;;;ハ
  |/ .!: : !: :: :: !: ! ! ヽ: :: ::!ヽ ヽヽ.|:: ::|:: :!ヽ;ハ
    .|: /!: : : :|∨ ! ヽ:: : !   ヽ |:: ::|: : | ヽ!    …それ言うなら雑種をサーヴァントにするより別の呼んだ方がよかったと思うのだけれど。
    .|/. !: : :ィテチ㍉  ヽ: :! ィテテチア: : |: : :|
      |: : ;トヽヒ::::」   ヽ! トヒ:::::|ノ: : :!:: :: !     ほら、貴方ならエンキドゥとか…まぁいいわ。ならよろしくね、マスター>ギル
      |: :|. ',              |: |: : !): : :|
      |: :ト、',     __     |: | : !: : : :: !
      |: :|: : : > 、 ____ , イ |/|::∧: :: :: :|
      |: :|, - イ´ <l_   ,lノ `ト- -!::!、|: : :: : :|」
咲夜の独り言 「わかりました、少々お待ちを>永琳」
魂魄妖夢の独り言 「自機経験者ですしねぇ」
永森やまと(人狼) 「ああ、えーっと今いるわ…モノクマ…繋がってたのね」
クマーボウの独り言 「(多分今頃イチャイチャしまくってるんだろうな― ファッキン!)」
八意永琳の独り言
        _________
      ///////////////////!
     ///////| ̄|///////////|
    ///////| ̄    ̄|:i////////
  /i//////// ̄|_| ̄-──一'"\
. ////////////,/:::::::::::::::::::::::::i:::ヽ:::::`>- ,_
////////////:::::::::∧:::::::::::::::/\:::\::::::::::::::::::::`≫
|____,/::i::::::::::/ノ∨::::::::/し'"\:::\/ ̄ ̄
.     |:::/::::: |:::::::/\ ∨:::/   / .:::::::\
.     ∨::: :: |::::: |  ≫| ;/ ∠__ 〉:::::::::!
.     /::::::/!:: : |,/  .|/__,    ./::::\::|     ほほーい!
    /:::/\|::::: ト、   |::::::|   イ:::::::::::|/
.   // __|ヾ:::|:::\  乂ノ イ\|\:::::::!      じゃあ私が妖夢に刺してもメイドにさしてもあんまりかわらなかったわね!
      /:::::::ヽ::リ___`>─一z_) ∨ '
    く::::::::::::::::::\::::::::::/\  ∧   ∨       東方勢で先代巫女だけがはぶられてそうでやーね
     \:::::::::::::::: /::: /;;;;;; \//ハ
.   __入::::::::: /:::::/;;;;;;;;ー==-/∧          二人組つくりなさーいって言ったら三人組できて一人あぶれるみたいな。
   (:::::::::::::::::`::::::/:::::/;;;;;;;;;;;;;;;;|///j∧
    \:::::::::::::::: /:::::/;;;;;;;;;;;;ー===-//∧」
ギルガメッシュ(人狼) 「身の程をわきまえるほどにはなったか
よいぞ。腹踊りをしてみせよ」
キリクマの独り言 「仄…というのか?
お前からは何か強い魔力を感じる、一体何なんだ…」
多華宮仄の独り言 「勝利じゃない女神もいるからね…神話系は無知なんだけれども」
クマトリア・ベアドラゴン 「貫禄の人気投票一位ってわけですね >モノクマ」
咲夜の独り言 「どうぞ っお茶>永琳」
八意永琳の独り言
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\           お願いね。私ダージリンがいいわ。
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>        なんかね。名前がオシャンティーでしょ。
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
ギルガメッシュ(人狼) 「我の一票は宝具の一振りと同価値と知るがよいッ!!」
多華宮仄の独り言 「えっ僕は感じない・・・んだけど?魔力ってなんだ?ぐらいで」
モノクマ 「ボクも2票もらいだけど3番目かぁ
残念w」
永森やまと(人狼) 「ところで、内訳確認してないからあれなのだけど。
この投票って貴方、熱もらってたりしないわよね…>ギル」
魂魄妖夢の独り言 「お茶もらいましょう」
多華宮仄の独り言 「一応魔女の弟子だけども」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
多華宮仄 は暗殺を行いませんでした
ギルガメッシュ は 八意永琳 に狙いをつけました
咲夜 は恋人の後を追い自殺しました
魂魄妖夢 は恋人の後を追い自殺しました
八意永琳 は無残な姿で発見されました
(八意永琳 は人狼の餌食になったようです)
永森やまと 八意永琳 魂魄妖夢 ギルガメッシュ で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モノクマさんの遺言           {     , ´               '; : : : : : : : : : :\ : : ;'
           ',  /              '; : : : : : : : : : : : ヽ/
           〉′                   ; : : : : : : : : : : : : : ',
                            i : : : : : : : : : : : : : ::',
          /                   i : : : : : ;、 : : : : _,/: :',
                   , ⌒ヽ       i : : : : ,仆≧≦ク/: : : ',
         . ,'             ゝ ノ        !:: :: :/´⌒Y ̄`': : : : : .      では、今回の学級裁判を始めるよー
        {.                -‐    ̄  ‐- : : : : : : : : : : : : }     ちなみに恋人、クマトリアよろしくね
        !             /     ///ハ   ヽ    j!: : : : i
        i  _ _          /      `Y´          / ! : : : i
      γ´     `ヽ       {        i      }, イ レ′ : : ;
     -‐{        ト、.      丶      人      ィ  .レ′ : : : ,'
   /  !         i ヽ     `fー‐、'''  i  ーf´  ! / : : : : : /
  /     .ゝ __ _   ノ  i       、   `ー'―-'‐ ナ : : : : : ::,〈
  i                         ー-   - - イ : : : : : : : : :∧
  i              i            i : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  .丶                ノ            i: : : : : : : : : : : : :i: : : :: ',
クマトリア・ベアドラゴンさんの遺言 リア獣になったっていいじゃない
いきものだもの  せいばあ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
先代巫女 は クマーボウ に処刑投票しました
咲夜 「お疲れ様です」
クマーボウ 「ヒャッハー!かかってこいだクマー!」
先代巫女 「票が割れたのが痛かったわね。」
モノクマ 「お疲れ様だよ、うぷぷぷぷ」
クマトリア・ベアドラゴン 「乙クマ 一気に飛んだ」
クマーボウ は キリクマ に処刑投票しました
魂魄妖夢 「遺言残す暇がなかったです」
八意永琳 「ぐわわー。お疲れ様ーん。」
キリクマ 「おはよう、さあ…今日も戦いだ…!」
ギルガメッシュ 「フハハハ!!
さぁ裁定の時だ、雑種!!」
ギルガメッシュ は クマーボウ に処刑投票しました
先代巫女 「なお、恋人はあと一組います。」
多華宮仄 「音が・・・」
キリクマ 「クマーボウ、覚悟はいいか…!」
永森やまと 「…足音がよく聞こえる日ね」
クマーボウ 「後一組どこだクマー! リア充は死ねクマー!」
永森やまと は クマーボウ に処刑投票しました
多華宮仄 は クマーボウ に処刑投票しました
魂魄妖夢 「お疲れ様でした」
キリクマ は クマーボウ に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
永森やまと0 票投票先 1 票 →クマーボウ
ギルガメッシュ0 票投票先 1 票 →クマーボウ
キリクマ1 票投票先 1 票 →クマーボウ
クマーボウ5 票投票先 1 票 →キリクマ
多華宮仄0 票投票先 1 票 →クマーボウ
先代巫女0 票投票先 1 票 →クマーボウ
クマーボウ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマトリア・ベアドラゴン 「乙クマ」
先代巫女の独り言 「クマーボウ-キリクマという可能性が。」
クマーボウ 「お疲れ様だクマー」
魂魄妖夢 「超過時間って大切なんですね」
咲夜 「お疲れ様です」
先代巫女の独り言 「なかった。」
八意永琳 「お疲れ様よー。」
モノクマ 「お疲れ様、これは狼勝ちが濃厚だね」
キリクマの独り言 「…くっ、最後の恋人…ということか…!」
ギルガメッシュ(人狼) 「もし貴様が恋人であったのなら
我が殺されてるはずであろうからな」
先代巫女の独り言 「ゲルトでは、ない。」
多華宮仄の独り言 「しかしみんなにも聞こえるほど大きな足音を立てるというのは夜に行動しなくてもいいんじゃないか?」
永森やまと(人狼) 「腹踊りはする気はないわね…
それとも、そういう事への隠喩?だったりするの?>ギル」
クマトリア・ベアドラゴン 「処刑、噛みともに立派なクマ鍋クマね
どうせならキリクマ噛んでクマローラー完遂を」
多華宮仄の独り言 「(きっとシャイなんだろう)」
八意永琳 「狼が三分の一をかみ砕けばまだ恋人勝ちよー。へーい狼ー。巫女かみましょー。」
ギルガメッシュ(人狼) 「さて、2/3か
たまには賽の目に運命を委ねるのも悪くなかろう」
先代巫女の独り言 「多華宮仄-ギルガメッシュに花京院の魂を賭けるわ。」
キリクマの独り言 「風神が熱病をばらまこうとしたんだな>音
何も起こらなかったようだが」
多華宮仄の独り言 「最後の恋人、か。
映画とかならばキリリって活躍してハッピーエンドだろうけど」
ギルガメッシュ(人狼) 「ええい、裸踊りに訂正するぞ!!
見せねば殺す、見せなくても殺す!!>やまと」
永森やまと(人狼) 「ええ、私は一応貴方の物よ。マスター…
だから、いるとしたらあの3名のどれか、ね。自打ちだからどれもありえるわ…」
キリクマの独り言 「正々堂々と行動を表わして、戦う
良い度胸じゃねえか」
モノクマ 「巫女噛んでかつおしらが狼に飛んでも…飽和しないかな?
おしらって即発動だっけ?」
クマーボウ 「正確には妖夢には付いたクマ>風神の熱病 なお」
魂魄妖夢 「3分の2を外すともいう>永琳さん
外せコールするんですけどね」
永森やまと(人狼) 「でも強いて言うなら多華…って子かしら。
男性…?みたい」
多華宮仄の独り言 「風神はクマーボウか先代巫女さんだね。」
八意永琳 「>妖夢
いえすいえす。外せこーる!」
八意永琳 「>モノクマ
しないわねー。おしらは時間差暗殺だから。」
魂魄妖夢 「外せ!外せ!」
キリクマの独り言 「敵はどこに…そして、何を起こすのだろうな…」
ギルガメッシュ(人狼) 「キリシマが男に撃つのも見えぬ
逆に、先代巫女はどのようにして恋人一組いるとわかったろうな?」
ギルガメッシュ(人狼) 「さぁ、勝負だ雑種!!」
多華宮仄の独り言 「正々堂々と戦ってギルガメッシュくんに勝てそうにない・・・」
永森やまと(人狼) 「どっちにしてもそれは尊厳というものの死を招くからことわるわ…
令呪でもいやね…>ギル」
キリクマの独り言 「明日もまた…戦おうな…」
八意永琳 「巫女の方が高いでしょっ。だから巫女かみましょ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ は 先代巫女 に狙いをつけました
多華宮仄 は暗殺を行いませんでした
八意永琳 「よっし!」
先代巫女 は暗殺を行いませんでした
先代巫女 は無残な姿で発見されました
(先代巫女 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
先代巫女さんの遺言             , -   ,-、
.        /  `〈仆 ヽ_
       {     l`lハ _ヽ
          〕   l fゞ=vヘ」i
       ヽ   } l
        i   ィ「 i
        イ〔 i | | 」_
      〈ヽ / ̄ ̄ .)
      √´      ∧
      〈.      / /
      ヽ....   / /ヽ     _
       i       i    〃⌒`
       |        |   i{   _
.        'l|i       |    >'⌒`: :ヽ
        j.|.     l__/: : : : : : : : : :\ヽ
        ゝ、     ∨/: : ;/l: : l、: : : : : ヽ\
         'ヽ     Ⅵ: :/. l: : :{ \_ヽ:.}: iヽ }
         } \....   Ⅵ:ト、 Ⅵ: :lz瓮、}:.v、:.i: i
         ゝ 、ヽ   i:代苡 ,\{ゞ' ゙ l: Ⅵ:l: |
          i l ヽ    ;: {  丶     从: : |:ノ
          | |     l:iヽr┬^个r、イ: i: : ∧
          |       |:∨{ {. 抖{ 〈《{_l: l/i: :,
          ,.|       |、:\ ̄ ̄`〈 ̄}: 「_ヽ:.。
.         /'.|.        l ヽ{       j/ `.i: ,
     __r‐'、...l       |              l: レ、_
   r‐┴__ 、ヽ::::|        |      个 i 、  /: L i /ヽ
.  /r、ヘ、 ヽ...:::ノ       |  ー=≦ 《 ヽl イ: :/ 、_V, }
  レ' _.ヽj } `L/.i        |   ̄ ̄_ l「 ヽ人__ ). }ゝ'ノ
 ノ  、_)./'´/: : :|.        |/ -―‐≧ミ、_ レi ゝrrイ
  ` ー^´. /: : : ハ       ,zzzzzzzzzく  〈  ゝ┴ク
.     /: : :i: : l       ,、  ヽ ノ ヽ 》zzノ  ./}
     /: : : :|: :∧.       i ト、   '   i、 ー.ヽ  /
.     //: : : :|: :i '.       | iヽ\   j ヽⅦ__,.イ
    //: : ハ: |: :l.          | | ヽ \ l/ /i: : :.|
   ; i: : :/: l:.|: : ,          l / \ヽj./: : :l: : :.|
   i |: : i: : |:.l: : :ヽ      /-―  \〉: : :.八: : ゚
   l |: : |: : ヽ{: : : :\ ,       ヽ ミ ノ: : : : : : ヽ:',
...  ,: :.l: : : : : : : : : :|        ヽ.ソ: : : : : : : : : ::.
   ';: : : : : : : : : : : : l         ヽ: : : : : : : : : : :\
.   ∨: : : : : ,イ: : : 八         ノ: : : : : : : 〕、: : : ≧=‐
   /: : /l: : / i: : : : : :'.          {: : :/i: l: : : | \: l
.   /イ/ l: : ′,: : : : :ハ.         i: :/. }ハ: : i    `i
.   /   i: i{  \: : : :l ゚,.         |:/   ': : l    j
      ヽ{     `YⅤ ’.         |′   ヽ{
                  i.        |
                  |.        i
                  |.        |
                   |          |
                    l  ヽ   xx|
                八.   ト メ  l
                i、.  || .i  ′
                |l  | |.  |
                } 、   乂. i
                  | l    ^^'
                l       。
                    ',      '
                iヽ      ,
                l.       }
                 '.       |
                   i ――, 〈
                   j _/  i
                /        人
                ヽ   /⌒'〈
                 \/У /-≧x__
                   `{//r― _r‐ h
                     ̄ゝ---ゝ'´^
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
ゲーム終了:2014/01/24 (Fri) 01:44:18
クマトリア・ベアドラゴン 「乙クマー 流石慢心王」
咲夜 「お疲れ様です」
魂魄妖夢 「お疲れ様でした」
クマーボウ 「お疲れ様だクマー」
八意永琳
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \        はぁい。お疲れ様エヴィヴァディ
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄        メイドは夜あっりがとー。
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /       勝利はわれわれ恋人のものだー!
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
先代巫女 「危ない危ない、お疲れ様。」
ギルガメッシュ 「己ェェェェェェ!!!!」
モノクマ 「お疲れ様
うぷぷぷぷ、飽和しちゃったね」
キリクマ 「お疲れ…勝ったようだな…!」
多華宮仄 「お疲れ様。」
咲夜 「どういたしまして>永琳」
モノクマ 「               , 、
                /  \
                <      \ ,─、
                >     /i   ―――  ―
         - ─-//\/ /          /:::::::::::::::ヽ´::::ヽ
       | i´_ .//.     /   (::::::)__/ ノ`ヽ,:::::::\ノ
       (_(    <   /    / r::┐ ヽ⌒ヽ ̄ノ:::|
         ヽ    \  |    ./    ::::   }:::::::⌒::::::::|   恒例のおっしおっきターイム
             \    \|..     |\___人.__|:::::::::::::::::::::|
              \..  |    ゝ、::::I I  I  I  I/::::|
               \...|      \__>── イ::::::::::|
                 「       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                 /          .|:::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /     ,. -─-  、::::::::::::::::::::::::|__
               /   /        \:::::::::::::::::::::::::\
                /    /             `、::::::::::::::::::::::::::\_
            /    l_ , -──- 、 _ . l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              |   ,´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ` 、:::::::::::::::i⌒ヽ:::::::::::::::::::::::)
.           _ -┴ 、l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; l::::::::;...┴....、┌───┐
        /     \  |////////|:::::::::::::::/:::::::::::::::: └───┘
..         |       ヽ...|////////|::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::| |   |
.          丶       |...|////////|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|...|   |
.          \___ノ . |////////|:::::::::::ゝ、::::::::::::::::::ノ . |   |」
多華宮仄 「遠回りなハッピーエンド?」
クマトリア・ベアドラゴン 「クマ吊り→クマ噛み→クマ吊りと来たんだから
正解はクマ噛みだったというオチ」
先代巫女 「惜しい。」
八意永琳
                 ______
         _ ィ二 ̄/////////////\
         \///////////// | ̄|/////\
          \/////////| ̄   ̄|/////\
            \///////  ̄|_| ̄///////i\
                /`ー─- 、___//////////\
            /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::` <___/
              /:::::/.ヽ::::::::/|::::::::: /::::/:::::::|
          /::/ :::::::: \´ .|:::::/::::/::::::i::::::!
            / ´/:::::::::/三三 {/三三|:::::::::}:::::|
           |:::: /|    __   .|:::::::人:八           我々は確信していた……。
           |/\j\   (_ノ   .人::::::::/\ヽ
.         厂 ̄ ̄::::::__{ ̄`>─一<|/|::: /  `ゞ          何か先代巫女は恋人っぽいから噛まれそうだと……。
       |:::::::::::::::/   \   ̄{ ̄,∧__|/
       |::::::::::::/    i   \___|/:.:.:.:.:.:.:.\  ̄ ̄`ヽ ./¨)__
       |:::::::::: |     |/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.\  ̄`ヽ /  ノ 三)
.    _ノ:< ̄    /  .0===|====0.:.:.:.:.:.:_`>   {   /
  ,ィ ´::::::::::::::/\_|___.〈     ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\   ./ /
. /::::::::::::::::::::::|  〈::::::::::::ヽ0=====|=====0:/\.  \/ /
/:::::::::::::::::::::::: \  \::::::::::.\  ,/.:.:.:.:.:.:.:./.   \   /」
モノクマ 「そういえば飽和で終わるんだったよね、うっかりw」
先代巫女 「クマ噛み……あっ。(察し)

◇八意永琳
 (ken◇
BEAR/bWlng)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)」
ギルガメッシュ 「ええい、我が勝てんなどありえぬ!!
今日は寝るぞ!!

おやすみだ雑種共」
モノクマ 「うぷぷぷぷ、お疲れ様だね>慢心王」
八意永琳
            /////////////////////≧z_
          ///////////_| ̄|_/////////≧z_
         く////////////|_  ._|/////////////¨≫
          \////////////|_|///////////////
            \_,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`∨///////,/
               /\::::::::::::::::::|\::::::::::::::` ̄ ̄ ̄¨i
                /::::::::\::::::::::: |  \:::::::::::::::::::i:::::::::::.
            /l::::::::::: /\:::::::|    \:::::::::::: |:::::::::::::.          >クマトリア
              /:::|:::::::: / ̄´\::!  `ー─::::::::: |:::::::::::::::.
          /:::::八:::::三三   `  三三ヲ!:::::::::|:::::::::::::::;'         のーのー。私はただの通りすがりの医者でーす。
            /::::::/::::!:::|             .| :::::: | ::::/::::/
        /:::/i::::::Ⅵ     3      .| ::::::/ ::/::::〈          熊じゃありませーん。
         //  |::::::::::廴______ノ`Ⅳ:/ ::::::::\
           |:::: //   /    /|::::::/|::::::::::::::::::::\
           |/ く  ∠___,///|///j::::::::::::::::::::::::::〉
                   ` ̄ ̄入_//////////\__::::::::::::<_
                 /:: :::|////////////_ィ´ ̄ ̄`ヽ::::`ヽ
                     /:: :: ////////////         ∧:::::::::\」
永森やまと
         -―――――- 、 _  _
        '":: :: :: :/.!: : : : !ヽ: :ヽ: :<;;;ヽ
    /: : : : :|:: :/|. |: : : : ! ヽ: : ヽ::!: ヽ;;;ヽ
   /: : : : : :: :|: l | .|: : : : ! ヽ: : : :|:: ::|ヽ;;ハ
  .//|: : |: : :: :|: |__|_.|::: :: ::ト __ヽ__: :|:: ::|: :|;;;;ハ   …恋人が一組、っていうのは多分最初の配役からもう一組いてもおかしくない…って意味でしょうね
  |/ .!: : !: :: :: !: ! ! ヽ: :: ::!ヽ ヽヽ.|:: ::|:: :!ヽ;ハ
    .|: /!: : : :|∨ ! ヽ:: : !   ヽ |:: ::|: : | ヽ!      お疲れ様…ご協力ありがとうね>早投票
    .|/. !: : :ィテチ㍉  ヽ: :! ィテテチア: : |: : :|
      |: : ;トヽヒ::::」   ヽ! トヒ:::::|ノ: : :!:: :: !        恋人はおめでとう
      |: :|. ',              |: |: : !): : :|
      |: :ト、',     __     |: | : !: : : :: !
      |: :|: : : > 、 ____ , イ |/|::∧: :: :: :|
      |: :|, - イ´ <l_   ,lノ `ト- -!::!、|: : :: : :|」
クマーボウ 「それじゃお疲れ様だクマ
おやすみなさい」
先代巫女 「クマトリアにも袖にされているギルガメッシュの明日はどっちかしら。」
クマトリア・ベアドラゴン 「ゲルト君モードじゃないからGMがQPはあるけどねー
じゃ、こっちもお疲れ様クマー」
魂魄妖夢 「kenさんはクマー多かったのは過去と言えそうですが
トリップにBEARは(もらいものだとしても)アレですねぇ・・・」
モノクマ 「うぷぷぷ、同じ狼でもクマトリアの恋人は僕だったからねw」
八意永琳
        _________
      ///////////////////!
     ///////| ̄|///////////|
    ///////| ̄    ̄|:i////////
  /i//////// ̄|_| ̄-──一'"\
. ////////////,/:::::::::::::::::::::::::i:::ヽ:::::`>- ,_
////////////:::::::::∧:::::::::::::::/\:::\::::::::::::::::::::`≫
|____,/::i::::::::::/ノ∨::::::::/し'"\:::\/ ̄ ̄
.     |:::/::::: |:::::::/\ ∨:::/   / .:::::::\         ギルがメッシュおっつかれー!
.     ∨::: :: |::::: |  ≫| ;/ ∠__ 〉:::::::::!
.     /::::::/!:: : |,/  .|/__,    ./::::\::| 
    /:::/\|::::: ト、   |::::::|   イ:::::::::::|/          >先代巫女
.   // __|ヾ:::|:::\  乂ノ イ\|\:::::::!
      /:::::::ヽ::リ___`>─一z_) ∨ '           そしてなによその察しはー!
    く::::::::::::::::::\::::::::::/\  ∧   ∨
     \:::::::::::::::: /::: /;;;;;; \//ハ                人のプライベートをのぞき見ちゃいけないのよー!
.   __入::::::::: /:::::/;;;;;;;;ー==-/∧
   (:::::::::::::::::`::::::/:::::/;;;;;;;;;;;;;;;;|///j∧
    \:::::::::::::::: /:::::/;;;;;;;;;;;;ー===-//∧」
永森やまと 「お休み、ええ…そんな気がしてたわ
ありがとう>ギル

あら、久々にクマ見てる気がするわね…鍋る?>八意」
キリクマ 「まとめ、置いておくぞ
魂魄妖夢ー咲夜ー八意永琳
キリクマー多華宮仄
クマトリア・ベアドラゴンーモノクマ」
咲夜 「お疲れ様」
先代巫女 「やだ……深夜……。>八意永琳」
八意永琳
            _ -=ニ二二二二ニ=- _
         _x≦´///////////////////≧z_
     _x≦´////////////_| ̄|_//////////\
    く//////////////// |_   _|.//////////
     \//////////////// |_|./////////
       \_____________,/
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::\
        ′/::::::::::::::::::::::::ヽ::/|::::::::::::::::::/\:::::\
.        |/:::::::::/:::::::::::::::/\|::::::::::::::::人:::::\ : :\
.     /:::::::::::::/:::::::::: ::ィ弋才|:::::::::::/三!:::::::::`ミ_>         >妖夢
.    ∠_ x=ァ彡::::::::イ   ̄  .!:::::/三三|\:::::::::}
       |:::::::/::::/:::|       |/一y'   |:::::} :::: ′           いえ自分で見つけたわ(グッ
       人::: |:::/::::::: !     乂__.ノ  ノ:::: |::::/
 ____/::::::ヽ:!∧ ::::: |>  __   <´::::::::∧/             記念村やった時辺りに区切りよくしようと思って。
/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::\ :ム ̄ ̄`ヾ \::: 人::::::/
|:::::::::::rく:::::::::::/  ̄厂\|____,|〉 .)/  |: /
.):::::::::::\::::::/    |  (_)──一' ̄〈   |/
|i:::::::::: ::: ヾ/   ヽ|   \───/\
|l:::::::::::::::::: |       \.   \_/|:::::::::〉  _
|::::::::::::::::::: |/   /        \|:::::::!::::::/   {  )
:::::::::::::::::/   .〈   /       |::::: |::::/\ / ̄ ̄`ヽ
:::::::::::::::::\     ヽ .∧ (_)二ニ{::::::::::/:::: /.ノ     |」
先代巫女 「さ、寝ましょう。お休みなさい。」
モノクマ 「うぷぷ、鍋民はどこにでもいる…
忘れちゃいけないよ」
キリクマ 「…しかし、勝てて良かった…
もし死んでいたらと思ったら、お前に申し訳なかったからな…>仄」
八意永琳
.            _x≦ ̄¨≧z_
         _x≦////////////≧z_
   _ ィ´/////////_厂|_/////`≧z___
   \/////////// |_  _|///////////
     \////////////|__|///////////
.       i\/////_>──────一'ヽ
.       |:::/` ̄ ̄::::::::::/}:::::::::::::::::/::ヘ:::|
.       |:/ :::::/::\:::/  |:::::::::: //:::::|八
.       |' :::::/::::::::::\  .|:::::://\::::::!:::::\            >先代巫女
.       /::::::/:::::/三三  |/ 三三ヲ|:: 人::::::: \
     /:::/|/ ::/    ___,    .|:/:::: \::::::::;>         私はテンションが乗ってるときは深夜じゃなくてもこんなのだったわ。
.    //|∨:/:::∧   (_/    ノ::::::::::::/` ̄
     _|::∨::/::::|>───一 ´,|:::::/!::::/   ,ィ⌒)        ふふ……怖いか?
.  ,ィ´::::::::::::∨\:|  ̄`ヽ__ノ ̄}.|/ |/   ./  /
  |::::::::::::::::::/  〈`ーz  /___,ノ::::::\    |   /
  |::::::::::::::::/     \  ̄丁 ,//::::::::::::::ヘ厂∨ ̄`ヽ
  |:::::::::::: /_ノ .i  \  | ,/::::::::::::::::::::::::|  i     .〉
.  〉::::::厂     /   \|/::::::::::::::::::::::::: |  |    /
. /:::::::::レ一i  ./ 0============0:::::::::.乂 `ー /」
多華宮仄 「それじゃ、お疲れ様&村建て感謝と。
可愛いものしりとりは流行りそうにないな。」
モノクマ 「          {     , ´               '; : : : : : : : : : :\ : : ;'
           ',  /              '; : : : : : : : : : : : ヽ/
           〉′                   ; : : : : : : : : : : : : : ',
                            i : : : : : : : : : : : : : ::',
          /                   i : : : : : ;、 : : : : _,/: :',
                   , ⌒ヽ       i : : : : ,仆≧≦ク/: : : ',      じゃあ、僕はもう行くからね
         . ,'             ゝ ノ        !:: :: :/´⌒Y ̄`': : : : : .      次の学級裁判を楽しみにしててねー
        {.                -‐    ̄  ‐- : : : : : : : : : : : : }     
        !             /     ///ハ   ヽ    j!: : : : i     うぷぷぷ、お疲れ様
        i  _ _          /      `Y´          / ! : : : i
      γ´     `ヽ       {        i      }, イ レ′ : : ;
     -‐{        ト、.      丶      人      ィ  .レ′ : : : ,'
   /  !         i ヽ     `fー‐、'''  i  ーf´  ! / : : : : : /
  /     .ゝ __ _   ノ  i       、   `ー'―-'‐ ナ : : : : : ::,〈
  i                         ー-   - - イ : : : : : : : : :∧
  i              i            i : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  .丶                ノ            i: : : : : : : : : : : : :i: : : :: ',」
八意永琳
          ////////_///////////////////
.           ///////__|  |_////////////////
       /////////|_   _|///////////////
      ///////////// |__|/////////////////
     く///////////////////////////////////
      \///////////__>───────一
       \// イ´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.           Ⅵ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::      それじゃー私もおちましょ!
          /::|:::::::::::\::::::::::::::::::::: !\:::::::::::::::\::::::::::::::
.        / .::!:::::::::::::::|\.ノ::::::::::::|ヽ \:::::::::::::::\:::::::::      村建て感謝、皆もありがと!
.         / .::::| :::::::::::: |/\:::::::::: !  \\:::::::::::::::\:::::
         ′:::::| :::::::::::: |    \::::::| 三三三:::::::::::::::::\      しーゆーあげいん!
        /.::::::::::{::::::::::::::三三三 \|     |\::::::::::::::::::
.       /.:::::::::::人 :::::::::: |   、___  ////|:::: \:::::::::::::
     / .::::::/  | ::::::::: |///  |::::::::::::}    .|::::::::人::::::::::
.    / .:::/   | ::::::::: |_____.乂_ノ__,ノ::::::/:::::\::::::
..   / ,/    /\:::::: |`ヽ__|   |__//::::/___,\
.  //       /  /ヽ:: |、 |.:\ ̄`ヽ / //´///////
.          /  /_,∨ Ⅵ:: :: \   .|    ////////
        /  /:: :: :: :: :: :: :: ::(二二二二二)////////
         /  ∧:: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :\_///////////
.       /  / ヘ:: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: |/////////////」
キリクマ 「こんな真夜中にハイテンション…無理はするなよ…?>永琳」
八意永琳 「>キリクマ
大丈夫よ、ありがとうね!
ではでは!」
キリクマ 「そんじゃ、私も落ちるぞ
村建て&同村ありがとう
仄は一緒に話せてよかった…」
魂魄妖夢 「私(さなちょむ)はHN村でのイメージは早苗さんだと思います
諏訪子様?別人ということにしてください
洩矢じゃなくて守矢です」
永森やまと 「それじゃ、報告に…
因果の交差路でまたあいましょ…」
キリクマ 「やまと、次は大丈夫だ!」
魂魄妖夢 「落ちましょう
お疲れ様でした」