←戻る
【紅2155】やる夫たちの普通村 [3936番地]
~花よ花よ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5
icon オディオ
(生存中)
icon 千石撫子
(生存中)
icon 池田華菜
(生存中)
icon ミカサ
(生存中)
icon フウロ
(生存中)
icon エレン
(生存中)
icon ヴィルヘルム
(生存中)
icon イリス
(生存中)
icon アルミン
(生存中)
icon 無双竜機ボルバルザーク
(生存中)
icon 浅上藤乃
(生存中)
icon 求導師
(生存中)
icon ヨハン
(生存中)
icon 鈴谷
(生存中)
icon ジャン
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
icon
(生存中)
村作成:2014/01/26 (Sun) 12:19:33
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください


全部読む→上手い返事を考える→実際に書く


これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「ローカルルール
昼AA禁止
2夜以降早噛み許可
2夜以降狐遺言禁止
昼夜問わず130までの投票を行う事」
千石撫子 が村の集会場にやってきました
kariban が村の集会場にやってきました
kariban 「よろしく」
千石撫子 「よろしくねっ」
GM 「ようこそ」
ターニャ が村の集会場にやってきました
ターニャ 「よろしくね」
エレン が村の集会場にやってきました
ターニャ 「あ、でもAA禁止なんだ」
エレン 「よろしく
狼退治には慣れているものでね、ちょっと遊ばせてもらうわ」
GM 「ようこそ」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 魔王オルステッド
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1975 (オルステッド)」
魔王オルステッド 「遺言だけにとどめておいてほしいと言う所だな<AA」
kariban 「kariban さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariban → 池田華菜
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3347 (池田華菜)」
魔王オルステッド 「魔王オルステッド さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:魔王オルステッド → 魔王オディオ」
ストレイボウ が村の集会場にやってきました
ストレイボウ 「このストレイツォ、容赦せん!!」
ヴィルヘルム が村の集会場にやってきました
ヴィルヘルム 「よぉ」
ターニャ 「ターニャ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ターニャ → ミカサ
アイコン:No. 8501 (ターニャ・アクロウ02) → No. 7661 (ミカサ02)」
魔王オディオ 「よう」
ストレイボウ 「(一発芸で何の突っ込みもないとちょっとさびしいよね)」
ミカサ 「エレン」
ストレイボウ 「なんというか、ハッピーバースディを祝うためにクラッカー引っ張ったのに
紐だけスッポ抜けて何にも爆発がおきないとかそんな感じで」
ヴィルヘルム 「あの世で詫び続けてないからだな」
イリス が村の集会場にやってきました
イリス 「よろしく。」
魔王オディオ 「一発ネタに対しては厳しいやる夫村だった」
ミカサ 「? ……エレンじゃ……ない……?」
ストレイボウ 「ということでRP変えるとしよう」
アルミン が村の集会場にやってきました
ミカサ 「ストレイツォかストレイボウか知らないけど>ストレイボウ
エレンじゃないなら興味はない」
アルミン 「ミカサ! それエレンだけどエレンじゃないから!」
エレン 「いやまあ人違いだし>ミカサ」
ミカサ 「アルミン、あなたも来たの」
千石撫子 「(言えない そのネタを知らないなんて言えない」
無双竜機ボルバルザーク が村の集会場にやってきました
無双竜機ボルバルザーク 「よう」
ミカサ 「じゃあ……エレンは……どこ?」
cary が村の集会場にやってきました
ミカサ 「エレン」
池田華菜 「そもそもミカサ違いにみえるし」
アルミン 「ミカサがあんまりなボケをかましてたから思わず入っちゃったよ」
ストレイボウ 「ストレイボウ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ストレイボウ → ジャン
アイコン:No. 6923 (ストレイツォ) → No. 7393 (ジャン)」
あ が村の集会場にやってきました
「よろ」
ジャン 「\ジャーンジャーン/」
エレン 「こう、やみ始めているしちょっとお暇させていただこうかなーって」
アルミン 「あっ馬面だ」
ミカサ 「エレンじゃない>ジャン」
魔王オディオ 「よう」
無双竜機ボルバルザーク 「げぇ!!ジャン>ジャン」
イリス 「ぎゃんぎゃぎゃーん。」
ジャン 「そもそもイェーガーって苗字自体気取り過ぎなんだよアイツは」
アルミン 「よく考えたらロマサガの世界にも巨人っているんだよね」
ヨハン が村の集会場にやってきました
鈴谷 が村の集会場にやってきました
ヨハン 「よろしくー」
かりい が村の集会場にやってきました
かりい 「何村だろうか」
かりかり が村の集会場にやってきました
鈴谷 「鈴谷だよ!よろしくね!」
「あ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:あ → 求導師
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 737 (牧野慶)」
かりい 「中途半端に進撃村だろうか」
無双竜機ボルバルザーク 「一気に来たな」
求導師 「ウォール教の改宗したかもしれません」
エレン 「エレン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:エレン → フウロ
アイコン:No. 7450 (エレン(ロマサガ3)) → No. 7759 (フウロ)」
魔王オディオ 「よう」
フウロ 「代発」
ミカサ 「(ピクッ)エレンの事を侮辱するの?>ジャン
エレン・イェーガーは素晴らしい名前
イェーガー家の人達は私に良くしてくれた恩人」
アルミン 「そう? イェーガーって発音するとなんとも言えない脱力感がある気がしない?」
猫 が村の集会場にやってきました
アルミン 「癒し系というか」
「やあ。」
ジャン 「お、ちょうどいい。
俺はちょっくらアイツと交代させてもらうぜ」
フウロ 「ロマサガ人口少なさそうなんで、私に代わりました」
鈴谷 「家ーがー」
ジャン 「ジャン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ジャン → エレン
アイコン:No. 7393 (ジャン) → No. 7451 (エレン Ⅱ)」
ミカサ 「偽エレンも消えた」
ミカサ 「エレン!!!」
求導師 「変装を説いたと…」
ヨハン 「……わお、エレンが来た途端にこの叫びよう。ユニークだな。」
ミカサ 「この村は勝利したも同然」
フウロ 「無事に元のエレンさんと出会えたそうで何よりです
偽とかいうなし」
魔王オディオ 「準備でき次第カウントだ」
エレン 「ジャンに勝手に席押し付けられたんだよ……」
cary 「cary さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:cary → 浅上藤乃
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 3147 (浅上藤乃)」
かりい 「こいつジャンじゃ…」
ヴィルヘルム 「おっと 埋まってたか」
イリス 「エレンを噛むと巨人化する…?」
アルミン 「エレンとミカサは別陣営だって天の声が聞こえた」
鈴谷 「(ミカサヒゲ生えてるおっさんに見えた)」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → パチュリー
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 8423 (パチュリー08)」
アルミン 「アルミン さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 7670 (アルミン02) → No. 8123 (ゲスミン(アルミン))」
エレン 「ちょっとまってくれ。私用を済ましてくる」
パチュリー 「どうしようか考えたけどこれで。」
ヨハン 「やべえよ……進撃勢やべえよ……。」
浅上藤乃 「………申し訳無い、遅くなりました。」
アルミン 「今の気分的にこっちのアイコンのがいい気がした」
鈴谷 「てらしゃー>エレン」
ヴィルヘルム 「お アルミン おめぇ良い顔になったじゃねぇか」
鈴谷 「うわぁ>ゲスミン」
ヨハン 「奇策成功して「ざまあwwwwww」って言いそうな顔>アルミン」
ミカサ 「私のエレンは一人だけ>フウロ」
池田華菜 「アルミンもヒロイン枠からゲス枠に変わってるし。
かなちゃん目離したスキに何が起こったし」
パチュリー 「進撃の巨人勢>ヨハン」
ミカサ 「ゲスミン」
ヨハン 「ヨハン さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 451 (ヨハン) → No. 1588 (ヨハン(ユベル憑依))」
ヨハン 「もうどうにでもなーれ☆」
アルミン 「勝てばいい、どんな手を使おうが!」
かりい 「かりい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりい → ジャン
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7393 (ジャン)」
鈴谷 「重巡ですが村の人々がどんどん混沌化していきます。」
ヨハン 「最後に勝つのは愛なのさ!!」
ジャン 「帰ってきたジャン」
エレン 「ちゃんとマフラー巻いとけよ>ミカサ」
ミカサ 「何か戻ってきた>ジャン」
パチュリー 「革ジャン着たジャン似合わないじゃん」
魔王オディオ 「魔王オディオ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1975 (オルステッド) → No. 1976 (ストレイボウ)」
エレン 「おいテメー!
俺に席譲っといてお前も座るのか!!>ジャン」
魔王オディオ 「魔王オディオ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:魔王オディオ → オディオ」
ジャン 「お、お前…その…なんだ…>アルミン
ふいんき変わったな…」
オディオ 「開始宣言だ!」
千石撫子 「じゃカウントするよー!」
千石撫子 「さーん」
ヨハン 「はははっ、さあ闇のデュエルの始まりだ!!」
求導師 「よろしくお願い致します」
千石撫子 「にー」
千石撫子 「いーち」
ジャン 「なにこの扱い」
エレン 「人狼を……駆逐してやる!!
一匹残らず!!」
千石撫子 「開始だよっ」
浅上藤乃 「進撃以外が…素晴らしく脈絡無いですね、この面子。」
ゲーム開始:2014/01/26 (Sun) 12:45:48
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆オディオ GM=ぼっち
各陣営頑張れ
以下ローカルルール
昼AA禁止
2夜以降早噛み許可
2夜以降狐遺言禁止」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
オディオ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オディオさんの遺言                     / ̄ ̄ ¨二ニ=ー
       ー=ニ   ̄ ̄ ̄ ̄}/ ̄ ̄ ̄}ハ/
.           >‐一 // ,/    |厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.         /   /'〈// ,/   /|  l⌒\           \
      /___/   // i|  //__ 」  |   \    <  ̄ ̄
     /´  /   //|  i| ,// θ |  |ヽ|       丶、
        | ,/{/rー| /|// ^¨:;.゙|  |;::| |  |  |        \
        | / | ′} レ_    ,.:;八 |;:;| |  |\|        \
        レ 八_i r---―   7   }/.,::| |  |{\\    \ー―一
               | |二二ニニ/  :;.   |/} 八_,ハ }      \
               | |      /  :;   ノ}/r=ミ, |        \
              ー―‐r,:′ ,:   {/__)ノ/レ′   _____\
             八 _   :;  ..;:    /^ ー<_        \
            `丶、: : : . ‐-‐=≦      <         \
.        -―‐…… ヘ、 : : : : : :    . : { ̄「 ̄ 「 ̄ ̄ ̄
             / /:::} : : : :       . : /::::::| |  |\厂 ̄}-―‐…  …―‐-
/           / /|:::{::::ヽ : : : : : . . . : /::::::::::::| |  |i /  /
           | ̄|  ::::\_}____/::::::::::::::::八|  |/  /
           |  |  | \:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:::: |  |   /
  ,:    :,     |  | i⌒厂}::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/ 7   .:;
      :':;.    /|  |八 \\::::::::::: 彡::::::::::::ノ⌒):/ /|  |
      ,:   / ,|  |  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ,// //|  |  ::;:..
           / / /  \ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ 〈 〈  |  |   ; .:,
______/ / /    \_________  \,\|  |  .;'
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
浅上藤乃 「―――この村の終わりはどこにある?」
エレン 「人外を……駆逐してやる!!!
一匹残らずだ!!
おはよう!!」
ミカサ 「エレン」
ヨハン 「おはよう!さあ、共に愛を語り合おうじゃないか!!
僕の愛、君に感じることができるかい?」
千石撫子 「おっはよー!」
求導師 「私は…失敗なんてしてません…
人狼の召喚だなんて…」
無双竜機ボルバルザーク 「音すらぶっちぎり。

襲撃者エグゼドライブ
ヴィルヘルム 「おはようさん」
ミカサ 「おはようエレン」
アルミン 「おはよう」
「吾輩は以下略。」
ジャン 「おうおはよう
んじゃとりあえず占いはCOしてくれ
エレンは吊るとりあえず吊る」
パチュリー 「2,3,7曜。
占いCO ヴィルヘルム○」
フウロ 「どっかーん!」
イリス 「朝。
今日も天井を見ている。」
池田華菜 「ニャアアアアアア!」
エレン 「ああ、おはようミカサ」
求導師 「占い…1COですか?」
鈴谷 「おっはよー
12時だよぉ 今日もカレーが食べたいなっと」
パチュリー 「とりあえず呪殺出た時対応されると心象で負けそうな巨人勢いは排除
この村改めて見るとこの村私と接点ある位置がひとつもないわね
少し強引だけど紫いろ繋がりでヴィルヘルム占い」
フウロ 「遅れた」
ヴィルヘルム 「占い1なん?」
池田華菜 「それじゃあ気合入れてくし」
千石撫子 「あ、占い1COだね、わかるよ」
アルミン 「あっこれ挨拶的に進撃勢から占いCOとかなさそう」
ジャン 「えっやだ占い一人?」
エレン 「占いは1COだけか?
随分少ないな」
ヨハン 「占い1COだって……。」
「霊能者CO。」
フウロ 「じゃあ霊能共有出してグレランでいいと思うよー」
無双竜機ボルバルザーク 「その拳、エンドレス

無限掌
バカな…俺が遅いだと…音よりも早いこいつらは一体なんだ…!?」
ヴィルヘルム 「くっそ怪しいな」
ミカサ 「占い師は一人
霊能COは遅め」
パチュリー 「私しか出てこないわね。
まあいいわ。それならそれで有難い。」
鈴谷 「占い1?少ないね?」
アルミン 「占い1…?」
池田華菜 「じゃあ霊能の数見てどうするか決めるし」
イリス 「共有CO」
求導師 「霊能と共有はFOで。」
エレン 「対抗霊能を……COしてやる!!」
ヴィルヘルム 「しかも1-1」
ヨハン 「共有CO相方イリス!」
フウロ 「1COってそれつまり明日以降で判断してもごもご」
ミカサ 「1-1ならどちらか、又はどちらも真」
浅上藤乃 「占い1CO、どうせ潜伏いるんでしょう?
初日共有ミエミエの囁き数で占い1COだなんて……。」
鈴谷 「で、1-1かー、こういう場合って共有出てもらっていいんだっけ?」
ミカサ 「エレン盲信」
無双竜機ボルバルザーク 「竜が唯一友とする。 ――コッコ・ルピア――

ふむ占い師のカードが場に1枚か…不吉な
じゃあ霊能者と共有のカードも手札から召喚してくれ!!
それが終わればデュエルだなって1-2」
千石撫子 「わぁ。1-1展開。真ー真展開だよね、わかるよっ」
鈴谷 「って霊能増えたし」
アルミン 「1-2か。珍しい形だね」
ヴィルヘルム 「対抗霊能出るの?
共有撤回あったりする?」
イリス 「相方合ってる。」
ジャン 「よし、じゃあ占いは潜ってるなら結果出せよ
趣味潜伏ならそれは義務だぞ」
エレン 「エレン・イェーガーの霊能日記

1日目
俺が霊能者……処刑した人間が、人狼か村人かを判別できる……
ここで表に出るのは危険だ……いや、危険じゃないかもしれないが。
人狼に勝つためには時にはアグレッシブにならなくちゃならないんだ!!
ということで潜伏しておこう。対抗が出たらCOするけどな。
日記を記しておこう

結局潜伏出来なかったよ!!」
アルミン 「エレン! 霊能だったのかい!?」
池田華菜 「1-2なんで方針任せるし」
「つっこみ所は多々あるが、まあ扱いは任せよう。」
ヴィルヘルム 「1-2-2かよ」
求導師 「1-2で、エレンさんが対抗霊能CO?
共有のタイミング的には割りとエレンさん真目ですが」
ミカサ 「猫が共有という訳ではないらしい」
ヨハン 「さあ、皆で愛を……といいたいことだけど
こんな場面じゃまともに笑っていられない。」
池田華菜 「具体的には占い真贋見るきあるなら霊能ロラっていくし」
千石撫子 「と思ったら1-2展開はちょっと不思議な感じがするけど
パチュリーの真目が若干上がったとかなんとかそんな感じ」
アルミン 「潜伏するような霊能なんて・・・吊る(ゲス顔)」
フウロ 「1-2ってこの速度差だと真狂見るんだけど、
正直ここで狂人が霊能COしたって足かせにしかならんような
でもそれって狼でも同じだしつまるところローラー」
ミカサ 「素晴らしい>エレン
これはどう見てもエレンが真」
鈴谷 「1-1-2ってことは霊能に共有いるってわけじゃなさそうだし、これってどーする?ロラる?」
エレン 「ああ……
どうせなら占い師のほうがよかったぜ>アルミン
人狼を直接駆逐できるんだからよ」
浅上藤乃 「―――ああ、囁き削ってたんですか………。」
ヴィルヘルム 「霊能ローラーからかねぇ 確実に人外はヤれるぜ」
ジャン 「ヒャッハー!エレンを合法的にぶっ殺せるぜええええええ!」
エレン 「アルミィィィィン?!」
パチュリー 「あんまり初日か、潜伏選んだか
少なくとも狼はこの昼下がり率先して働きに行くのを放棄したようね
共有は出ないの?出ないなら最低限グレランで吊られるな、最低限共有っぽい発言をしてだけど」
イリス 「霊能吊りがいいと思う。 >相方」
池田華菜 「情報最大限に絞ってからって言うなら残り5吊りまで霊能残すし」
ミカサ 「(ギロッ)>ジャン」
求導師 「占いと霊能両方残ししたとして、だ」
浅上藤乃 「1-2で占師が偽とか考えたくありません。」
鈴谷 「エレンまじ不憫。」
池田華菜 「やりたい進行選べばいいし」
フウロ 「正直私は偽霊能の結果まで見て判断できる気しないから」
千石撫子 「えっと、えっとえっとミカサのお兄ちゃんはあれなの? いわゆる腐ってるってやつなの?」
エレン 「服が伸びちゃうだろうが!!>ジャン」
無双竜機ボルバルザーク 「得た物の価値は、手にした者にしかわからない
――東風の賢者ギュルカス――

1-2なら占い師は即●もしくは呪殺を引くことをお勧めする
そして●ならつながった方を吊ってつながらなかった方を残して
○を撤廃してグレランもしくは指定が望ましい」
ヨハン 「今日は霊ロラだよ!!
愛のあるほうに投票してね!」
求導師 「霊能は片方が最低でも偽ですから、占いとラインが切れる諸々みてもあまり」
ヴィルヘルム 「パチュリーの理由みたけど
紫色繋がりって俺の何処に紫があんだよw」
イリス 「ありがと。」
「まあ、占い師に護衛が行きだね。
かつ占い師が真であればそれで問題はなかろうよ。」
ジャン 「ただまぁ正直エレンは信用出来ねえぞこれ

【対抗】霊能COなんだろ?」
アルミン 「>エレン
どちらにしろ霊能は真証明のしようがないしね。
狩人の保護も考えたいし・・・その・・・ヒヒヒヒ」
浅上藤乃 「進行は共有に任せます。」
パチュリー 「速さが足りない。>共有2出る
霊能2ね。半端に占いでなかったからとりあえず霊能対抗って予感がひしひし」
池田華菜 「んじゃ呪殺期待しとくし」
フウロ 「ただ真面目に考えると、エレンがどうして対抗COしたのか考えた方がいいかなとは思う」
ミカサ 「エレンは最初から潜伏するつもりだった
対して猫は遅い霊能に対して欠けと見て乗っ取りに来た人外に見える
つまり猫だけを吊れば良い」
鈴谷 「霊ロラりょーかーいっと。
真偽判別できる自信無いし助かるわー。」
無双竜機ボルバルザーク 「身を守る楯にこそ、心を砕く刃が眠る

ソウル・アドバンテージ
ん?霊ロラするのか?まぁその場合共有の舵取りがしんどいかもしれんが頑張れ」
フウロ 「ところで占い1COなのに潜伏しようと思ったの?>エレン」
イリス 「パチュリーには○よりも人外発見を優先してお願いしたい。」
ミカサ 「伸びた服は私が直す>エレン」
求導師 「そうですか? 占い1COでエレンさんが偽で対抗として飛び出す意味ってあまりなさそうですが>ジャン」
池田華菜 「ちなみに占い自体の判断は真あるっていうなら最後まで持っていけばいいし
ないって言うなら10でどうするか考えればいいし」
アルミン 「まあエレン自体はあんな長文残してたんだし、
中身がどうであれ、潜るつもりだったのは間違いなさそうだよ」
鈴谷 「対抗って言って出てくるのってそんなに変なの?」
エレン 「3-1で噛まれるよりか3-0で
「霊能生き残ってみろよッ、占い護衛してろよ」ゲームみたいなのも
やってみたかったんだがな

まさか1COだけとは思わなかったぜ>フウロ」
ヴィルヘルム 「エレンを吊ったほうが明日のミカサの態度面白くなりそうだなぁ」
パチュリー 「まぁそのケースほぼ吊れて狂人でしょうけどもね>ミカサ
こっちとしてはグレランで狩人が死なないからありがたいわ」
ジャン 「この形で霊能遺す意味ねえだろ>求道師」
千石撫子 「はいはーい
つまり人気投票だよね。撫子人気投票だーいすき!」
無双竜機ボルバルザーク 「空回り。もはや、それが人生の哲学。-ルナ・リボルバーホイール
このようなフレイバーテキストのようなことにならないといいが…
まぁいい『ゴット』に祈るとしよう」
鈴谷 「占い1だからタイミング逃してそのままーってかんじありそうだなーと思うんだけど。」
ヨハン 「霊結果の真偽はまあ気にならないわけじゃないけど
個人的な見解としては真ー真狂かなーって思うところはある。
そこまで重要じゃないけど。」
浅上藤乃 「霊ロラですか…、まあ1-2なら
パチュリー真で見ていいとは思うのですが…明日辺り
何か起きる予感しかしませんね…。」
フウロ 「1COで潜伏ってさらに灰を広げるだけだし、自分も処刑候補にはいるから
リターンがあまり感じられないんだけど」
アルミン 「ジャンがエレンに突っ込むのはRPだろうし放置」
ミカサ 「愛のある方へ投票……これは巧妙にエレンに投票させようとする罠>ヨハン」
求導師 「潜るつもりだったらしい、というところに焦点を当てているか、否かの認識の差でしょうか」
パチュリー 「そうやってホイホイ見つけられたら苦労しないのだけどね>入巣」
フウロ 「んー」
アルミン 「灰見始めたあたりからジャンの本質を見る」
ヨハン 「吊った人は僕が責任をもって処理しとくからね!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
千石撫子0 票投票先 →
池田華菜0 票投票先 →
ミカサ0 票投票先 →
フウロ0 票投票先 →
エレン7 票投票先 →
ヴィルヘルム0 票投票先 →エレン
イリス0 票投票先 →
アルミン0 票投票先 →エレン
無双竜機ボルバルザーク0 票投票先 →エレン
浅上藤乃0 票投票先 →
求導師0 票投票先 →
ヨハン0 票投票先 →
鈴谷0 票投票先 →エレン
ジャン0 票投票先 →エレン
パチュリー0 票投票先 →エレン
9 票投票先 →エレン
猫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イリス は無残な姿で発見されました
千石撫子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
イリスさんの遺言 共有CO、相方ヨハン
さんの遺言                _,.................._
            ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::;::、::::::::::::::::::::::::ヽ
            j::::;::::::::'::/::';:::::::::::::::::::::::::'
         ト-::::::::::::::::::::i:::;:::'::::::::::::::::::';     霊能猫である、名前はまだない。
          ヽ::::::::::::::::/:j:::::::::::::::::::::;:::::;
            ` r`ー-‐':::`ー:::'"::::;:イ
            ー------‐
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ヴィルヘルム 「おはようさん

ミカサがエレンに投票してないとか
愛が無い証拠だな こいつ…まさかミカサの皮被った人外じゃねぇの」
エレン 「霊能で……駆逐してやる!!
猫は●だ!」
浅上藤乃 「―――凶がりゆく未来しか視えない。」
アルミン 「おはよう」
ヨハン 「おはよう」
鈴谷 「もう1時だねぇ 金曜じゃなくてもカレーだよねぇ、艦娘の数だけカレーがあるんだぁ」
求導師 「猫ぉー! おぉーい! 吊りましたけどー!」
ミカサ 「ヴィルヘルム、アルミン、ボルバルザーク
鈴谷、ジャン、パチュリー、誰に投票している?」
ヴィルヘルム 「完全勝利したパチュリーUC」
ジャン 「占い一人の霊能二人
十中八九霊能真狂だろうから
占いは真濃厚だな

吊るなら対抗COしたエレンからだと
思ったんだが…
後アルミンはなんでいきなり俺にだけ突っかかってきたのか」
池田華菜 「2-1で占い両偽あるなら1-2でも占い偽あるし
考えたくないってのは理由にならんし>ふじのん
というより考えないと仕方ないんで考えろし」
パチュリー 「1.10.100.1000。
占いCOサンダー。 千石撫子○」
無双竜機ボルバルザーク 「そこだ! ――スパイラル・ゲート
やれやれめんどくさいことになったものだな
まぁ霊能ロラッたんだなら占いの真偽又切る時期は共有に任せよう
そして灰の私たちは灰を見るとしよう…
まぁ吊るのは明日以降になるわけだがね」
アルミン 「共有噛むんだ」
浅上藤乃 「呪殺おめでとう。狩人は頑張って生き延びて。」
無双竜機ボルバルザーク 「素晴らしい」
鈴谷 「いやごめん、そりゃないわ>エレン」
ミカサ 「パチュリー鉄板護衛」
パチュリー 「どやぁ」
エレン 「超パーフェクトじゃねえか!!>銃殺
やるじゃねえか、パチュリー!!」
ヨハン 「これは……。」
池田華菜 「普通に真だったんで狩人いるなら鉄板しろし」
求導師 「2死体出ましたと。真決定コース」
ヴィルヘルム 「うぃーっす 俺ニートしてて良いか?」
フウロ 「エレン吊って明日的な」
ヨハン 「もう君1人でいいんじゃないかな?>パチュリー」
鈴谷 「って呪殺でてるし」
ミカサ 「となると藤乃は非狼」
池田華菜 「じゃあ粛々とロラ完遂でいいし」
パチュリー 「ただ●のが欲しかった。
粛々と霊能潰していいんじゃない?」
ヨハン 「さあロラ継続だよ!!」
無双竜機ボルバルザーク 「ぱっくり もぐもぐ
-----デス・スモーク-------
まぁ灰に関してはジャンのあれがRPか素なのかだが
まぁRPっぽいので放置で良いかな
発言が今日以降伸びるのならなおよし
まぁ天敵がいなくなたんだ発言が伸びることに期待しよう

って書いてたんだが呪殺が出るならRPに集中するとしよう」
アルミン 「そんでもって呪殺も確定してたんだ」
エレン 「ということは
初日狂人か潜伏狂人かがいるのはちょいと心配だけど
あと2Wで、しかも真占い確定してるし
憂いはないな」
ヴィルヘルム 「んじゃ念の為エレン吊っておくか
ケア+居るかどうかわかんねぇ狩人保護だ」
ミカサ 「エレンは残して良い」
求導師 「それでは、占い初日パターンも杞憂だったようなので霊能ロラ継続で」
ジャン 「はい真確定ゲーです本当お疲れさまでした
では狩保護でエレン君吊られてください(ニッコリ」
浅上藤乃 「貴方が潜狂で無い限りは何も問題無いし
寝てていいんじゃないんです?>ヴィルヘルム」
鈴谷 「んじゃロラしててきとーに占いつつ潰しつつーでばんばんざーいだね~」
ミカサ 「エレンを吊るなら私を吊れば良い
エレンが狼であんな出方をする訳がない」
フウロ 「一番焦っていそうな人はダレかなー ダレかなー」
ヴィルヘルム 「いやね 俺は最初からパチュリー信じてたんだよ
初日に俺占うとか見る目あるじゃんって思ってわ
いやマジで真占いだわぁって思ってたわ」
ヨハン 「念のため、狩人はパチュリー護衛。
パチュリーが噛まれた場合、狩人がいないものとして考える!」
鈴谷 「そのエレン偽物じゃない?>ミカサ」
アルミン 「なら明日から結果伏せてのパチュリーが指定でいいんじゃないかなと。
狩人は初日以外候補いないし噛まれないようにしてね」
ジャン 「狩保護だっつってんだら言わせんな恥ずかしい>ミカサ」
エレン 「GM以外に狩人候補はいないし
ここは保護で吊られるほうがマシではあるな。
人狼駆逐に貢献できなかったのが残念だけどよ」
池田華菜 「んーミカサも言ってるようにパチュリー偽の場合にふじのん狼ありうるけど
パチュリー真の場合は非狼みてもいいかもしれんし」
ヨハン 「相方死んで内心ヒヤヒヤしてる人だっているんですよ!>フウロ」
無双竜機ボルバルザーク 「危機を乗り越える勇気が君にはあるか?

逆転のオーロラ
いいフレイバーテキストが見つかったよ
これを狼に送るとしよう」
ミカサ 「藤乃は非狼だと思う>パチュリー
○を狙うなら藤乃
狙わないならそこ以外を占うべき」
浅上藤乃 「じゃ昨日のログでも読んで来ますか。」
求導師 「狼であの出方、というんは同意ですがそれエレン狂人説はないのですか?>ミカサ」
エレン 「俺は自分が死ぬことには異論はない。」
アルミン 「>ミカサ
・・・それ実質柱COだと見るけど」
ヴィルヘルム 「池田ァ! 銃殺見てないのかァ!」
フウロ 「エレン吊りに拒否するならミカサ吊ればいいと思うよ」
池田華菜 「念のためっていうかこれで狩人がパチュリー鉄板しない理由は全くないし」
ジャン 「エレンの真贋とかもうどうでもいいからなこれ
狩人が如何に死なないかってゲーム」
ミカサ 「藤乃が狼なら占い騙りを用意していると思うから」
パチュリー 「ぷ、プレッシャーで動悸が(ゼェゼェ」
無双竜機ボルバルザーク 「空に漂う黄金の雲は優しき平穏の印。
風撃の求道者ラ・バイル

夜気が付いたんだが求道者がいるんだな
字は違うが…彼はきっと光文明なんだろう」
求導師 「エレン真目は見てましたが、想定だけ少々ひっかかる」
池田華菜 「そもそも初日にふじのんがパチュリー真しか見てないってのは言ってるし>ヴィルヘルム」
エレン 「ただ、「猫が人狼であった」ということは
信じてくれ……!
昨日の投票見れば狼見えそうだしな」
ヨハン 「大丈夫さ!君がいればなんとかなる。
僕が死んだら後は任せたよ!>パチュリー」
アルミン 「>求導師
どういう想定?」
鈴谷 「想定って言うとー?>求導師」
ヨハン 「まあしばらく死なないと思うけどね!」
エレン 「俺何か想定してたか?>求導師」
ヴィルヘルム 「すまん ふじのんって誰かわからんかった>池田」
ミカサ 「つまりエレン投票者引き潰し、任せて>エレン」
池田華菜 「で今日銃殺出してるんでパチュリー真確定だし
なら狼であそこまで擦り寄る必要ないかなって感じだし」
フウロ 「んーんーんー」
浅上藤乃 「はて、私ですか?
占われて困る身でもありませんが…。>ミカサ」
パチュリー 「私よりあなたが先に噛まれる展開ってよっぽど出ない限り無いと思うけども>ヨハン」
求導師 「いや、エレンを真狂(非狼)決め打ちでっていうんならいいですが
狼みない一点ばりが気になったという話です」
鈴谷 「いやちょっと、狼で霊能COしてくるのはちょっと信じろって言われても難しいんだけど…>エレン」
池田華菜 「ああ浅上藤乃だし>ヴィルヘルム」
フウロ 「初日が怖いけど明日から少しずつ詰めていけばいいかな」
求導師 「>レス大量」
エレン 「何かを犠牲にできる人間こそが
何かをつかめるんだ……

がんばれよ、ミカサ、アルミン、ジャン。」
ヨハン 「多分、それは人は奇跡って呼ぶんじゃないかな>先に僕噛み>パチュリー」
無双竜機ボルバルザーク 「「つまらん。やつを戦場に出したら、一方的に勝つに決まっている。」
――覇王ブラック・モナーク

今の村の状態はこんな感じかな?
ザガーンはあんまり強いイメージがないが
フレイバーテキストはカッコいいよね」
浅上藤乃 「いずれにしても、結果を提示すか隠すかはパチュリーさんにお任せしましょう。」
アルミン 「僕はエレンに・・・投票してる・・・あわわわわ(ミカサを見ながら)」
池田華菜 「ちなみに明日から結果隠しでいいし」
ミカサ 「あの遅さなら乗っ取りに来る>鈴谷」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
池田華菜0 票投票先 →エレン
ミカサ0 票投票先 →鈴谷
フウロ0 票投票先 →エレン
エレン11 票投票先 →鈴谷
ヴィルヘルム0 票投票先 →エレン
アルミン0 票投票先 →エレン
無双竜機ボルバルザーク0 票投票先 →エレン
浅上藤乃0 票投票先 →エレン
求導師0 票投票先 →エレン
ヨハン0 票投票先 →エレン
鈴谷2 票投票先 →エレン
ジャン0 票投票先 →エレン
パチュリー0 票投票先 →エレン
エレン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
フウロ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エレンさんの遺言 霊能CO
猫は人狼だった!

俺が残せる情報はそれくらいだ。
真占い生存の2W討伐、がんばれよ!!
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジャン 「んじゃとりあえず結果隠して
パチュリーが指定でいいな
とりあえずミカサ吊っときゃいいんじゃねえかな
狩ねえよあれ」
求導師 「偶然が続きますね(●引きへの期待」
浅上藤乃 「―――凶がれ、狼どもの未来よ。」
池田華菜 「ボルバルザークの灰見るっていうのはまー理解できるし
で見た結果が2人しかも出てないのが気になるし
なお増えないようなら遠慮無く墓地に破棄してやるし

なおヴィルヘルム噛まれて明日から灰噛み一発入れてチャレンジって想定するし
アルミン 「おはよう」
ミカサ 「私とエレンは魂レベルで繋がっている>投票を見つつ」
ヴィルヘルム 「おはようございますパチュリー様

今日もお姿を見れて嬉しく思います
朝食に焼きたてのスコーンとセイロンティーをご用意致しました」
鈴谷 「鈴谷が朝イチバンではないけどてきとーに朝をお知らせしまーす!」
池田華菜 「え?いきなり灰噛みかし?」
無双竜機ボルバルザーク 「燃えさかる業火ですら、その闘争本能の激しさには及ばない。
メテオレイジ・リザード

ふむまぁ役目なしを狙うのならばミカサー鈴谷を狙えばいいのではないかね?
あとは霊能はロラする以上どっちが真かなんて関係なく
もう考察も必要はないのに未だ引っ張っていた求道者が引っ掛かった感じかね」
ミカサ 「つまり鈴谷吊り
そうでしょエレン」
ヨハン 「おはよう。……吊ろうと思ってたとこが噛まれた。」
パチュリー 「どう見ても灰のあれ探すあれ」
求導師 「重役出勤ならばきっと◯引きでしょうか(がっかり」
池田華菜 「あ、ちなみに人外で柱ムーブかまして非狼狙いっていうあざとい動きするやついるし
なんでミカサとっとと占っておくといいし」
鈴谷 「向けられたこっちはたまったもんじゃないわー!?>ミカサ」
ミカサ 「鈴谷に指定しよう>パチュリー」
アルミン 「まあ結果伏せて普通にパチュリー指定でいいんだけど。
ミカサが昨日実質柱COみたいなことしてたんでそこ吊っていいんじゃないかな」
無双竜機ボルバルザーク 「控えよ!神に叛きし者どもよ!

雷鳴の守護者ミスト・リエス
そりゃあ灰噛むだろうに>カナ」
鈴谷 「あれ、占い結果は?」
パチュリー 「一応様子見してるけど出したほうがいいの?
伏せた方がいいの?」
ヴィルヘルム 「ミカサは昨日柱COだろ
占ってるとは思えないし
まぁ今日はパチュリー様の指定で良いだろうよ」
ジャン 「フウロって狩人っぽかったかなぁって」
ミカサ 「昨日の鈴谷の動きがどうやっても霊能吊りで吊りを稼ぎたい人外に見えた」
ジャン 「伏せて>パチュリー
んで指定頼む」
アルミン 「そこ狩人だったらなんであんなこと言ったのと問い詰めるよ僕は」
求導師 「柱というかRP込みのブラフもありえるよう思えましたけどね」
浅上藤乃 「フウロ噛みって、そこ狩人に見えたんですかねえ?
昨日を見る限りそうは思えないんですけど。」
池田華菜 「灰残数自体はいれても問題ないってとこかし・・・」
ヨハン 「パチュリー結果伏せてもらって構わない。」
鈴谷 「そこまで押すかー!?>ミカサ」
無双竜機ボルバルザーク 「アクア・スナイパー

我は…破壊する。我が飢えを満たさんがために。
潜伏狂人占ってもばからしいのでそこは潔く吊っといたほうがいいと思うがね>カナ」
鈴谷 「あ、結果伏せりょうかーい」
ヨハン 「後指定頼むよ!(ブン投げ>パチュリー」
パチュリー 「じゃあ冴えない顔のジャン。何かあるじゃん?」
求導師 「まあ彼女の聡明さをみるに、今日このように言われるのも見える感じですか」
ミカサ 「あなたの好きなようにすればいい>パチュリー
ただ伏せるならあなたによる指定は必須」
池田華菜 「出す意味そこまでないんで伏せていいし>パチュリー
遺言書き忘れとかしなけりゃ問題ないし」
ヴィルヘルム 「おいおい おめぇら
パチュリー様だろうが ちゃんと様をつけて名前を呼ぼうぜ」
ジャン 「俺の中でミカサヘイトがガンガン上がってゆく…」
ヨハン 「共有がただの人になった瞬間」
ミカサ 「ジャン、あなたはエレンに投票した
それが敗因」
アルミン 「ミカサの熱すぎる誘導・・・
鈴谷ってそんな何かあったっけ」
ヨハン 「RPでもしてようかな。」
無双竜機ボルバルザーク 「今日のテーマはやるせなさ
――バイバイ・アメーバ――
指定が入った以上このフレイバーテキストがよく似合う」
ジャン 「CO無し」
パチュリー 「・・・反応ないと怖いんだけど」
アルミン 「ジャン指定か
役狙いの指定っぽいんだけど」
ヴィルヘルム 「じゃーん じゃーん じゃーん」
浅上藤乃 「進撃勢が荒れてますねえ…。」
池田華菜 「ジャン!COないじゃん!!」
求導師 「自分の村の出身者の特定の人物くらいしか様付けしないのです>ヴィルヘルム
あれ、でも今の私はこの村の十雨人…」
鈴谷 「んーじゃーあんたは霊能真偽判別できるのー??>ミカサ」
パチュリー 「ジャンジャン吊るジャン。
豆板醤」
池田華菜 「いってやったし、いってやったし」
鈴谷 「ボッシュート>池田ァ!」
ヨハン 「いいじゃん!COなしでも!
……嫌いじゃないさ、さあそういうわけで直ぐ楽にしてあげるよ!」
ヴィルヘルム 「パチュリー様が噛まれたら頑張ろうぜ
俺も頑張るわ>ヨハン」
ミカサ
◇鈴谷(68)「1-1-2ってことは霊能に共有いるってわけじゃなさそうだし、これってどーする?ロラる?」
 
これとか狼仲間が霊能に居るから真霊能であるエレンは一人
という想定から霊能の部分を1にしてしまった……と推理する」
池田華菜 「かなちゃんまた叩かれるの・・・?>鈴谷」
アルミン 「>藤乃
ミカサはエレンが死んで落ち込んでるんだ。
そっとしておいてあげてよ」
ジャン 「んじゃ寝る」
鈴谷 「猫は発言数少ないしエレンは霊能日記書いてるのがなんか不審だし。」
ヨハン 「ああそうだね。大正義パチュリー様がいる限り楽できる。
でもやっぱがんばらないとね>ヴィルヘルム」
求導師 「占い師の占い先方針込みでの指定でありますから、それ役目狙いかどうか気にする必要はないよう思います>アルミン」
ヴィルヘルム 「おいおい
村なら灰視落としていってくれよジャン」
ミカサ 「猫のCOが遅い>鈴谷
そしてエレンには潜る意思があった
この違いは大きい」
無双竜機ボルバルザーク 「彼女達は、今暫くの傍観を決め込む事にした。
ローザ・ロッサ

進撃組を傍観するのも楽しけり
こうしてジャン君は初恋を散らすのでしたまる」
池田華菜 「むしろ潜伏予定でした、で日記ないほうが微妙だし>鈴谷」
浅上藤乃 「そう言われると納得できるのがなんとも。>アルミン」
ヨハン 「僕だって、ここに十代がいればミカサと同じことしたのに……。」
アルミン 「ああ、鈴谷は霊能両偽見てたのか。
でもそれって人外要素・・・?」
ジャン 「占い一人に困惑してたんじゃねえかな猫」
ヨハン 「今日のテーマは、やるせなさ。」
求導師 「とくにりゆうのないひじてつがじゃんをおそう。ライナーでしたっけこれ。」
ミカサ 「エレン」
鈴谷 「あ、やばい、納得して言い返せない。
単純にミスっただけだけどやばい、頭いいね>ミカサ」
ミカサ 「エレン、私が勝利をあなたに……」
池田華菜 「霊能両方偽って人外目もあてられないし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
池田華菜0 票投票先 →ジャン
ミカサ1 票投票先 →ジャン
ヴィルヘルム0 票投票先 →ジャン
アルミン0 票投票先 →ジャン
無双竜機ボルバルザーク0 票投票先 →ジャン
浅上藤乃0 票投票先 →ジャン
求導師0 票投票先 →ジャン
ヨハン0 票投票先 →ジャン
鈴谷0 票投票先 →ジャン
ジャン10 票投票先 →ミカサ
パチュリー0 票投票先 →ジャン
ジャン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジャンさんの遺言 素村

ジャンのAAどこにもないじゃん…
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ミカサ 「エレン」
ヴィルヘルム 「おはようございますパチュリー様

今日もお姿を見れる事を願っています
その場合指定は早急になさり 後はお体に障るのでお休み下さいませ」
無双竜機ボルバルザーク 「来たれ我が竜族よ!今こそ決着の時だ!
超竜ヴァルキリアス
アルミンー池田を占っといて欲しいぐらいかな
ミカサー鈴谷―求道者あたりから指定が一番望ましいね
さて今日チャレンジなのかそうではないのか」
求導師 「やだ、昨日のセリフ、私のじゃない…」
ミカサ 「おはようエレン」
浅上藤乃 「―――行く末はまだ分からない。」
パチュリー 「挑戦っぽい」
ヴィルヘルム 「おぉ グローリア」
アルミン 「おはよー、っと」
ヨハン 「特に理由もない暴力がジャンを襲っておはようございます!」
無双竜機ボルバルザーク 「おや狩人生存だね」
浅上藤乃 「はい狩人生存確定、お見事。」
鈴谷 「鈴谷が朝イチバンではないけどてきとーの朝をお知らせしまーす!」
池田華菜 「ヨハン求道者アルミン鈴谷ボルバルザークならやっぱ先にボルバルザーク吊りにしかならんし
灰見てない印象するし」
ヨハン 「――GJ か……」
鈴谷 「>アルミン 「ああ、鈴谷は霊能両偽見てたのか。
でもそれって人外要素・・・?」
ちっがーう!どっちが本物わかんなかったんだってば!

>ミカサ(67) 「猫のCOが遅い>鈴谷
そしてエレンには潜る意思があった
この違いは大きい」
潜る意思って言われてもー、それって後出しにする言い訳にできるわけじゃん?
なんか納得できないー。
あーでも狂人として潜るなら狩人日記の方選ぶっかー、うーんうーん。」
求導師 「華麗なる死体なしですね」
ミカサ 「鈴谷を吊ろう(提案)」
池田華菜 「気早すぎだし」
アルミン 「死体ないね
フウロ一点読みってなんとまあ」
ヴィルヘルム 「ヨハーン!
俺ら隅っこでサー キャッチボールでしようぜー!>ヨハン」
ヨハン 「なんでその中に僕が含まれてるのかな!?>池田」
鈴谷 「ジャンAA無いんだ…」
無双竜機ボルバルザーク 「血も肉も魂も、死者の飢餓を癒せはしない。
――スケルトン・バイス――
まぁ一番灰に置いておいてほしくないのが池田
そこが〇ならすこぶる安心する
狂人?そんなもんは知らないね」
鈴谷 「押しすぎぃ!?>ミカサ」
池田華菜 「あれ?共有だったし」
ミカサ
◇鈴谷(77)「あ、やばい、納得して言い返せない。
単純にミスっただけだけどやばい、頭いいね>ミカサ」
 
言い返すだけなら『間違えた』の一言で十分
なのに言い返せないと言う事は認めたも同然」
求導師 「よほど自信があったorもしかしたら初日かも、という噛みでしょうね>アルミン」
アルミン 「占ってないんなら鈴谷-ミカサでいいような気がする>吊り」
ヨハン 「よし、僕は君を殺す気でボール投げるよ!>ヴィルヘルム」
ヨハン 「ついに共有扱いされなくなった共有」
無双竜機ボルバルザーク 「想像するだけで、痛い。
拘束の影メリコミ・タマタマ
おや意外だねジャンってAAないんだね
あんなに動画では人気なのに」
浅上藤乃 「まずはパチュリーの指定待ち。
個人的に気になってるのはボルバル。
昨日の潜狂占っても、の一言が霊能真狼で潜狂いる事を見据えてる印象。」
池田華菜 「まぁどんどん指定しときゃあいいし」
ヴィルヘルム 「かかってこいや! ちょっとやそっとで俺は死なねぇぜ!>ヨハン」
ミカサ 「エレンに投票したのだから当然>ジャンのAAが無い」
パチュリー 「ゲスミン感の上にアルミン感さんはどうかしら」
求導師 「こういう手筋をとるなら、いきなり灰噛むの?と先日に言った池田華菜が」
池田華菜 「潜伏狂人考えても仕方ないしで、狼狙えばいいし」
ミカサ 「さよならゲスミン
あなたはエレンを裏切った」
ヨハン 「燃える魔球!>ヴィルヘルム」
池田華菜 「進撃ローラー始まったし!!」
浅上藤乃 「あと求導師がよく分からない。」
アルミン 「先に聞いておきたいんだけど>パチュリー」
無双竜機ボルバルザーク 「無駄無駄無駄無駄無駄、無駄をLOVE!必要ないって、それはタブー!無駄の良さわからんって、そいつはバツ!とにかくとまらん、無駄のラッシュ!きっといつかは役に立つ!ホントかウソかは謎である。メインじゃなくても愛せと、サブ!なんにしたって、愛は勝つ!

偉大なる無駄(グレート・ムダ)」
ヴィルヘルム 「ほー ミカサが狩人保護には良いとおもったけどなぁ」
池田華菜 「駆逐されていくし!!」
求導師 「わりと浮くというか、あざとい狼か村人か判断できればな」
鈴谷 「間違えただけだと単なる言い訳にしかならなくない?
で、結局そのイメージ拭えないじゃん?>ミカサ」
アルミン 「僕占った? ジャンも?」
ヨハン 「やっぱり愛無き者から先に死んでいくんだね!!
ははは!僕みたいに正直に生きないと!」
パチュリー 「灰計算は苦手よ>アルミン」
無双竜機ボルバルザーク 「思ったよりも長いなグレート無駄」
池田華菜 「ミカサのムーブはどっちもあるから占うほうがいいし>ヴィルヘルム」
ミカサ 「狼COが来た>ゲスミン」
ヴィルヘルム 「おぉう 火はちょっとあちーじゃねーの>ヨハン」
アルミン 「そうか、灰指定か」
アルミン 「降参。33-4」
無双竜機ボルバルザーク 「それ狼COかい?>アルミン」
ヨハン 「進撃のパチュリー
後退の巨人 だね>池田」
池田華菜 「ボルバルザークがすげー外してるからやっぱ墓地送るし」
パチュリー 「何のことだかわからないじゃん(すっとぼけ
まあその反応ビンゴっぽいわね」
ヴィルヘルム 「これってエレン真なら終わりか?」
鈴谷 「なんでや阪神>アルミン」
求導師 「LWCOときましたか」
ヨハン 「なんでや!阪神(ry」
浅上藤乃 「私非狼を3日目にやけに唱えてた池田とミカサは
占っていてくれてると嬉しいな、と。」
池田華菜 「あ、そこだったし」
ミカサ 「ゲスミンもジャンも裏切り者
エレン投票者だからその結末は当然」
ヴィルヘルム 「ヨハンよ 俺らってなんだったんだろうな しゃべる置物ってやつか?」
浅上藤乃 「―――え、アルミンLW?」
無双竜機ボルバルザーク 「「何故、人は目の前にある絶望に目をつむるのだ?」
――絶望の魔黒ジャックバイパー

悪魔の契約」
アルミン 「呪殺の上にジャン→僕とか精度おかしいだろ!!!」
パチュリー 「エレンも狼だったってオチ
最高だと思わない?」
池田華菜 「さすがに狼であんな擦り寄りできるなら露骨だし」
鈴谷 「え?まじLW?」
求導師 「幼なじみ3人組がかくも、あの世で会えることもなく」
ヨハン 「喋るだけの機械>ヴィルヘルム」
池田華菜 「エレンよりは猫じゃねって印象だし」
鈴谷 「お、おう・・・」
ミカサ 「残り4吊り
噛みや吊りでボルバルザークやヴィルヘルム、パチュリー、鈴谷を処理すれば
エレン投票者は全滅する」
求導師 「ミカサ生存終了と」
無双竜機ボルバルザーク 「「死が動きだし、世界を滅ぼさんとす。」
ダーク・スクエアで発見され解読された予言は、最悪の形で現実となった。
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
池田華菜0 票投票先 →アルミン
ミカサ1 票投票先 →アルミン
ヴィルヘルム0 票投票先 →アルミン
アルミン9 票投票先 →ミカサ
無双竜機ボルバルザーク0 票投票先 →アルミン
浅上藤乃0 票投票先 →アルミン
求導師0 票投票先 →アルミン
ヨハン0 票投票先 →アルミン
鈴谷0 票投票先 →アルミン
パチュリー0 票投票先 →アルミン
アルミン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アルミンさんの遺言 たのしいじんろう おわり
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/01/26 (Sun) 13:28:34
ジャン 「33-4」
鈴谷 「な、なんというか、どんまい。」
「お疲れ様だね。」
イリス 「お疲れ様。」
ヴィルヘルム 「お疲れ様でした」
フウロ 「お疲れ様」
パチュリー 「サムズアップ!」
無双竜機ボルバルザーク 「「この世の果てで、また会いましょう。だから、今は笑って」
―――雪渓妖精マルル」
求導師 「いやあ役に立たない狂人で申し訳ない(まがお
お疲れ様でした」
ミカサ 「       , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
.       ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ' !:.:.:.:. ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.     ':.:.:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, '   }:.:.:.:,':| ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
..     ,':.:.:.:. /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /    !:.:./:,'-‐=ニリ:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
    ,':.:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /'´  ,':.:/:/  ___Ⅵ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
    !:.:.:.:/:.,'!:.:.:.:.:.:.:.:i:.|!:i____, /:./:/  二ェェzァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
    i:.:.:/:./ !:.:.:.:.:. _:iⅥ,...zzxムイ}/  ´ Ⅵ::゚cソ.`: ハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ',     お疲れ様エレン
    |:./:./!: |:.:.:.: : |ハxぐ::::゚c..` !リ     `¨¨⌒ムイヽハイ:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
    |,' |:{ {:.:|:.:.:.:.:/! .|ヽゞ'.,イ¨7Y.::レ     ,=イ¨¨ヽ ハヽ ヽ:.:. /!       
    || .!:| |: |:.:.: / } !=-./.ノ´/      `¨¨ ∨ ハ .i !/:.: /!:{
    リ .!:| |: |:.:.:,' | ',:.:/./ .,'    ,--z_,   _,/   ' i .|: : / レ       
     ',| i:.:ト、:.\|. У/  ,'    ´こ´  , <      ソ: /
      ', ヾ} ヾ:{ヽ. `   `ヽ.      /   、  /ムイ
     , ==---=,r='/ヽ      \   |    `<´7__
.   /i:i:i`ヽi:i:i:i:i:i:∨//\.     〉. ´}       _',==┐
  /i:i:i:i:i:i:i:i ハi:i:i:i:i:i|/// / }`__   ,'777 ヽ x<i:i:i:i:i:i:i ',
  ,'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: ハi:i:i:i |/,fi:i:i:i:i:i:i:i:>、,///// <´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
 ,'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: ハi:i // |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>///// \i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iヽ」
ヨハン 「お疲れ様ー」
エレン 「駆逐成功!」
「済まないね。>アルミン
単純に失敗だったよ。」
無双竜機ボルバルザーク 「お疲れ様です」
オディオ 「お疲れ様だ」
池田華菜 「ああ。狩人の方かし」
アルミン 「うわー、2択外してたのか・・・」
浅上藤乃 「お疲れ様。潜狂そこか。
ボルバルの役目は狩人の方か…ごめん。」
ヨハン 「完全勝利した村人UC」
フウロ 「重い荷物をー 枕にしたらー
深呼吸、あおぞーらになるー」
イリス 「それだけじゃないけれどね。 >猫
猫の出方があまりにも乗っ取り狙いっぽかった相対評価がある。」
「ああ、求導師も。」
池田華菜 「お疲れさまだし」
ヴィルヘルム 「まぁ…ざっとこんなもんよ…」
ジャン 「千石役目には見えたんや!
見えたんや!!噛めるかああああああああああ!!!」
パチュリー 「狂人だった(ふるえごえ」
ミカサ 「二択……危ない所だった」
アルミン 「ボルバルザーク噛んでおけばなぁ」
鈴谷 「殴り合いに専念してて灰とか全く見ない村ダッタ」
フウロ 「>アルミン
狩人カモフラージュのかいがあった(ドヤァ」
求導師 「狼ー真狼のボーナスゲー到来を期待したいのですがね…w>猫」
「まあ、初めから想定していたわけではないからそうかもしれないね。>イリス」
浅上藤乃 「ジャン指定は●引きかー、そんな感じはしてたけど。」
エレン 「                      _/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧=-
               /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
              /ァi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ |i:i:ト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ   ミカサの愛が重い
               /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:, イi:/ミ、 Ⅵ! ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
             イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/: { ̄ r芍㍉、`  }i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
             |i:i:i:i:i:,ミi:i:i:i:i:イ: 乂 ゞ' `   ,z云=-i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
             厶i:i:i/=、|从/ : :     ̄´     { Q } |i:i:i:i:i:i:|ヾ!
             |i:i:i:{: l:::{: : : : u:           ヽ- イ/i:i:i:i:|ヾ!
             |ハi:ハ: ゞ、: : : : :          ´ ノ  |:i:|\| i
              }ハi:ヽ__; : : : :   ∠ニニ 、   /V
                  Vi:i:i:ハ: : : :  /: : : : : : `ィ   /
                  Vi:i:|: ヽ : : . ヽニニニニ、/  ′
             __ ji从: : :>..: .  -....    /
              }-、: : ヽ|: : : : : ::::::>..   /‐┐
              /::::| : : : |: l : : : : : : ::::::>イ: /ヽ:|
              ./:::::::| : : : |: :l : : : : : : :   /:./:::::∧
              /::::::::::|: : : /: : l : : : : : /  ' : {:::::::::∧`ー- ===-―ァ==ミ
           /:::::::::::::|: : /: : : : : : : :    .} : ′: : :::::ヽ : : : : : : :/: : : : : :ヽ
       _ ......::Z=-――|: / ̄ ̄ `: :   ´ ̄/: /:::::.. : : : : : : : : : : :/: : :|ニニニハ
   .....イ::::::::::::::::::::: : : : :|/ ̄ ̄ `ト、_,,. イ ̄|: :  ̄ ̄ ̄/: : : : : : :/: : : :| | \||/ハ
  /::::::::|:::::::::::::::::::::: : : : :|    ./.|/ >/ i . |: : : : : : : /: : : : : : :/: : : : :| | ̄/|\´}」
池田華菜 「灰見るっていってあんま見てないようだとちと気になるんだし
素直に謝っとくし>ボルバルザーク」
アルミン 「狂人はお願いですから柱COしてください・・・w」
ミカサ 「エレンに勝利を」
パチュリー 「やばい。ちょっと出来過ぎてた
目をつけた位置全部人外だった(ふるえごえ」
無双竜機ボルバルザーク 「いやーDMで村入ると役引いてロクにRPできないって嘆いてたんだけど
こんな展開だとRPに集中できていいね!!
次も頼むよ!!」
「後あったのは初手パチュリー占いの潜伏占い師日記ぐらいだね。(震え声)>求導師」
ミカサ 「素晴らしい>パチュリー
ただしエレン投票はギルティ」
ヴィルヘルム 「パチュリー様さまっすわ」
ジャン 「騙らなかった惰弱がこの結果という気が…
うーん、この狼」
浅上藤乃 「呪殺出てなかったら吊り位置だった筈なのになー私(棒読み」
パチュリー 「占わなければ間違えなくジャン指定してたわ>ふじの」
求導師 「チャンスあるとしたら、占いの◯→抜けた後に狂人COしかなかったと思いまして…>アルミン」
フウロ 「狂人はまあ」
イリス 「初日あれだけ囁き減らしたのによく騙らなかったなぁ。」
無双竜機ボルバルザーク 「だって狩人だからてけーとな所に誘導してたもん
自分さえつられなけりゃいいやって感じで>カナ」
フウロ 「しゃあない」
「占われているだけで十分であろうとも言えるかな、狂人は。」
池田華菜 「柱COしても結果変わらんし>アルミン
狩人抜いてチャレンジしかないし」
アルミン 「目は間違ってなかったんだけどなぁ
後ヴィルヘルムがとても潜伏狂に見えて噛むつもりがかけらもありませんでした」
求導師 「結局、狩人潰せないことにはむしろ非狩人確定の吊りになるので」
ジャン 「あーそうかこういう展開の狩人は
誘導かけまくるか」
エレン 「あれをみて潜伏しようと思った霊能がいる>イリス」
浅上藤乃 「怪しんでた位置が狩狂だった私よりマシじゃないかなって。>パチュリー」
イリス 「ああ、なるほどそれで。 >エレン
気持ちはわかる。」
ヴィルヘルム 「やる事ねーわーな村人やで>アルミン」
ヨハン 「2日目:共有か、気楽にやろう
3日目:銃殺出た!勝ったわ
4日目:共有とは一体
5日目:勝った
大体こんな感じ。」
「狼を引いて共有者の囁きを確認するかと言われれば否だね。(真顔)>イリス」
池田華菜 「自分以外吊って問題ない展開だし」
ミカサ 「ヴィルヘルムは怪しい、わかる>アルミン」
無双竜機ボルバルザーク 「浅上って人いるの今気が付いた」
イリス 「がっかり。 >猫」
パチュリー 「狂人ならまだいいわよ>ふじの
あーほんとにもうね。ほんとにもうね!?
信頼勝負とはまた別の意味で苦手なのよ」
アルミン 「>池田
1吊り稼いでくれるだけで大きかったから。
もし夜迎えてたら池田-ボルバルザークで2択してチャレンジだったかなあ」
無双竜機ボルバルザーク 「うわびっくりした
ログ読んで夜の独り言見て気が付いたわ
マジでいるのわからんかった」
池田華菜 「どんだけ灰計算してない狩人だし・・・」
浅上藤乃 「―――凶げるぞ?>ボルバル」
ジャン 「囁き見て騙りとか考えませんて」
無双竜機ボルバルザーク 「はいけいさん??>カナ」
ヴィルヘルム 「2日目:村人か 気楽にやろう
3日目:銃殺出た! ニートだ!
4日目:パチュリー様を拝む
5日目:勝った
俺はこんな感じだった」
求導師 「たまーに初日共有読みで潜る真霊能は…
それで真占いとライン形成して人外駆逐コースでしたね」
エレン 「時々完全に意識から消える人っているよね>ボルバルザーク」
ヨハン 「……僕、共有だけど何を共有してたのか分からないよ。」
無双竜機ボルバルザーク 「すごいよ!!たぶん人外だったら半端なかったよ!!
だって気が付いたのが村が終わってからってwww>浅上」
池田華菜 「適当に村位置探してくゲームだし」
ジャン 「初日 狼だ絶望した
二日目 なん…だと…
三日目 なん…だと…
四日目 なん…だと…」
鈴谷 「ミカサの夜ログ怖っ」
エレン 「ただちょっとメタメタしいから好みじゃないんだよな>共有の囁きで読む
最初から潜伏しようとして、その後付け材料程度ぐらいかなって」
浅上藤乃 「言えない………村入るまでRP決まらなくて
目に付いたアイコン適当に選んだせいで夜ずっと
RPサンプル追いかけてたなんて言えない………。」
ヨハン 「後今思ったけど
◇アルミン(46)  「なら明日から結果伏せてのパチュリーが指定でいいんじゃないかなと。
狩人は初日以外候補いないし噛まれないようにしてね」
◇アルミン(33)  「そんでもって呪殺も確定してたんだ」
◇アルミン(14)  「共有噛むんだ」
◇アルミン(4)  「おはよう」
この辺で人外臭いっておもうべきだったのかもしれない。」
求導師 「2日目:狂人か、初めて潜伏してみよう。
3日目:銃殺出た! 狼ー真狼でもなかったのかよ!?
4日目:最大2Wなのよなあ
5日目:\(^o^)/」
無双竜機ボルバルザーク 「いるよね(便乗)>エレン」
アルミン 「ヴィルヘルムはミカサ柱CO視してたのが狂人っぽかったかなあって」
浅上藤乃 「3日目に池田とミカサがあんだけ私非狼目って言ってたじゃないですかやだー!!>ボルバル」
エレン 「浅上藤乃ってどちらかといえば紫色のイメージだから
グリーンだと印象変わって見えるよな」
池田華菜 「ミカサはあのムーブは非狼よりの占い回避でしかないし
浅上藤乃は狼であそこまで真偽不明の占いにすりよらんし
ならあと適当に潰してけば間に合うし」
フウロ 「おつーん」
無双竜機ボルバルザーク 「初日:役引いたRPさせてよ
二日目:1-2とかめんどくせ
三日目:RPができる!!
4日目:楽だわー
5日目:GJ出た勝った」
イリス 「お疲れ様。
村建てありがとう。」
パチュリー 「初日 占いかー千石占いたいけど外しておこ。あえて紫っぽいのヴィルしかいないしそこでいいか
2日目 うーん。まあ○でるなら良い位置かなぁ→呪殺
3日目 お、おう。じゃあ○でるならそっちのがいいしジャンでいいかな→●
4日目 ・・・求導師とアルミン二択で占わなかった方指定でいいよね。あの発言だとアルミン狩なさそうだし求導師で・・・→ゲームセット」
求導師 「ヴィルか紫っぽいというイメージは初でしたね」
ヨハン 「ミカサは正直吊るところではあった。狩人保護になるしね。
あのムーブで狩人はまずないと思う。」
「初日、食後30秒で狼。知ってた。
二日目、いけるな。(確信)
三日目、潜伏霊能者身内切りすれば良かったな。
四日目、ゴロゴロ。

こうだね。(迫真)」
浅上藤乃 「………3日目呪殺は強い、はっきりわかんだね。

それじゃお疲れ様、また次回の村で。
最近素村だとニート勝利ばっかりだけど気にしないでおく。」
無双竜機ボルバルザーク 「んじゃお疲れ様です
さてともうちょいフレイバーテキスト増やして
場に応じたやつが出せれるといいな
同村と村立て感謝です」
ジャン 「素村がやりたい」
ジャン 「飯食ってくるかな
お疲れさま」
パチュリー 「ミカサはほぼ非狩発言だし詰み一歩てまえくらいで吊っておけばいいかなと」
鈴谷 「初日:霊能ロラだうぇーい!
2日目:エレン偽なのかなうぇーい!
3日目:なんか殴られてるうぇーい!
4日目:なんか(ry
5日目:(ry」
求導師 「1-1で3日目銃殺は、即狩人殺せれば狼ゲー、そうでなければ村ゲーですね」
ミカサ 「初日 エレン
二日目 エレン投票者絶許
三日目 エレン……
四日目 エレン」
パチュリー 「じゃあお疲れ様
とりあえず勝ててよかった」
「狼でも良いがもう少し派手に失敗したいね。
仲間たちはすまないね、それではお疲れ様だよ。」
アルミン 「うーん、指定かけられるならLWとしては結局生き残れるか怪しかったなー。
お仲間はごめんね!」
ヴィルヘルム 「しかしまぁ 楽させてもらったわ
占いと狩人に感謝だな それじゃお疲れ様だ
村立て同村ありがとうございました」
エレン 「それじゃあお疲れ様
GM村建て乙、参加者おつかれ。
アルミンとジャンは裏切ってたけど、ミカサだけは信じてよかった……
また別の村で会おう」
ヨハン 「そういうわけで、お疲れ様ー」
鈴谷 「んじゃー鈴谷もしつれーしまーすっと、おっつかれさーん!」
池田華菜 「それじゃあお疲れさまだし!!」
ミカサ 「あなたと私が同陣営は当然>エレン
またねエレン。次は共に生存勝利をしよう」
アルミン 「っていうかミカサ狩人ならエレン護衛だと思ってました!(RP並感)」
求導師 「占い騙っていれば真狂ー真か真狂ー真狼。
千石さんの銃殺対応なー、作れれたかというと分からない。
霊能に狼出るなら占い狼かしらと思って、パチュリー護衛日記つくりはしたけど灰見てなかったんで。」
求導師 「それでは失礼します。
そろそろ撃たれそうなので」
ミカサ 「多分こうなる>ゲスミン
 
【ミカサの狩人日記】
 
【一日目】
エレン
私があなたを守ってみせる
 
【二日目】パチュリー護衛
エレン……」
ミカサ 「          /   / ̄`
       /{  〈{   . <   ̄ ̄ :.. .` ー― - . _
      { 乂_ヽ/      `ヽ. :::::::::::::::.... `ー - ニ=-
       `ーァ‐       :..    丶:::::::::.. \::::::::...\
       //    、ヽ ::::.. 、   \::::::.. :::>-==--
.      //″  i   : {\ト、::::::..\   丶::::... \:::::::::::::..ヽ
      '/ ′ i |   :.. {  \<、::::.\:...、  \:::. . \::::::::.. :.、
     〃 ′ : i:ト、 ::::.{ /,ィ'テモ气圦i:..、\::....ヽ::::.. ヽ:::::::::...ヽ
      '  j   :.ト、、\::::.\ ′辷彡  |:: ヽ.\寸:::::::... ヽ::::ト、:.   お疲れ様エレン
      { /, :. :::::弋三、<:.\       |::i  i::レヽ::::...、:::... ヽ! 
     : ,' ハ ::.. :::::Vん::}j  ̄ ̄     八  ::i::::ヽト、:::.ヽ:::..、‘,    ついでに村建て同村感謝する
.      ソ.,゜ ! :::.、ヽ:` `´ 丶      _ノ |:レ>┴、::リ:::|ヽト、::::ト、 !
     i :{  . :::i:.、 心    '。⌒   /|-=ニ三Ⅵ:::{ ヽ ヽ! ソ
     | :{  '. ::!ヽ:..\:>       ,|;i=ヽ-=ニ三\:ゝ          エレンに勝利を
.    八::.、 ‘.、::  \::.\:.>  _ <ヘ;!-=ニ三ニ=/三=- ..
       `ヽ  ヽ:.   \::.\::::/*+*+*」\-=ニ//-=ニ三ニ=ミ
          \   ⌒i|ハ了*Γ-=三.>//-=ニ三三ニ=-
               ̄ ___ノ,;;;「'*+|i-=三/ニ/' -=ニ三三三ニ=-
     _ .*+*+*+*+*+*+*+*>―ヽ.-=/∠-=ニ三三三三ニ=-
  ,.*+*+*+*+*ァ―┬r―../"    }ニ/>ー ⌒ー-、-=三ニ=-/
_/*+*+*+*+*'   /∠ニ=イ    / ̄、  i  .   }______∠、
>、+*+*+*+*/ . < ̄  / _{r==┐_,′ /!   !  i  !;;};;;;;;;;;;};;;;;)
/>、*+*+*/ /    >‐┴=彡イ;{  ヘ;!_,ハ.  !_ノT勹フ⌒´
 ̄ ̄/  ̄ ̄/ ̄ ̄/ミ/ ̄,.-=≪辷ニニニユ二´--イ∠、
==== ====== =====ゝイf三三三三彡<二フト-==彳==┘
    <人〈/ハ. i 、    |(_)|      Ⅴ\-=ニ三ニ=/='、
    く/ヽ>=ム.!    : |        V-=\=ニ三/ニ=〈
    /-=ニ三三} ヽ  i  |     、   \-= \-=\ニ-ヽ
.   / -=ニ三三{   \ l  |     \   \-=/-=ニ \=-\
  /-=ニ三三三}    l(_)|     \\   \-=ニ」
無双竜機ボルバルザーク 「来たれ我が竜族よ!今こそ決着の時だ!
超竜ヴァルキリアス

ログ読んできたけど
このフレイバーテキストを最終日に使えてよかったと思った(小波感)」
無双竜機ボルバルザーク 「ミ」