←戻る
【紅番外】やる夫達のお試し村 [3937番地]
~背徳者入り~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)背徳者登場 (8人~)
1 2 3 4 5
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 翠星石
 (ぼっち◆
quaAwStKFA)
[人狼]
(死亡)
icon 阿部高和
 (ちゅるや◆
L4/i/NrLmw)
[村人]
(死亡)
icon 守屋ひより
 (hiyowa◆
FKHzEy7fJRwF)
[村人]
(死亡)
icon ペンギン
 (円高◆
nXMpvBeEos)
[占い師]
(死亡)
icon 大銀醸
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[村人]
(死亡)
icon カラス
 (◆
WwaIPdl0Z6)
[背徳者]
(生存中)
icon Lily
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[村人]
(生存中)
icon 鑢七実
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[霊能者]
(生存中)
icon ランサー
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[狂人]
(死亡)
icon 隼鷹
 (かな◆
X7kkkkkkkk)
[狩人]
(生存中)
icon 輿水幸子
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[人狼]
(死亡)
翠星石 「大体翌日になると村立ってるんだよな 知ってる」
翠星石 「普通村宣言も撤回してきたし寝るとしよう」
鑢七実 「後はこう、素直に輿水幸子さん狼視で良いようなとだけ言い残して。
それでは、お疲れ様でした。」
翠星石 「12か13の狐入りだねえ
17は重すぎる」
鑢七実 「導入時の村は15人だったみたいですね。」
GM 「どうだろうなぁ。13人とかでならアリかも」
GM 「足音村するとしたらグレラン村になると思うから」
鑢七実 「最大数が少なめのほうが良いのかもしれませんね。」
鑢七実 「ああ、単独の背徳者宣言者の扱いは悩むことになるかと。」
翠星石 「狼側がそれを道連れにするかどうかは感情論だから別。」
翠星石 「カラス視点はCOした方が早いよ
だって騙り吊るしたら勝ちだからね」
翠星石 「足音村・・・はもっと来ないか」
カラス 「COの必要あったのかはもうちょい考えてみるぜ
村建て同村ありがとうな」
GM 「次回はどうしよう
12Bかなぁ」
翠星石 「って感じだった」
鑢七実 「5人2Wの状況ぐらいではないでしょうか。」
翠星石 「多少味方が減ってもPP出来ればいいからねぇ。」
Lily 「その結果決め打ちミスっているのでなんとも言えない
ごめんなさい(土下座」
ペンギン 「そんじゃ、お疲れ様&村建て感謝」
ランサー 「駄目だな、味方が減る。
そんじゃお疲れ様。」
大銀醸 「それじゃあお疲れさまね」
ランサー 「●打つならどうするかなぁ。多分Lilyになると思う。」
翠星石 「それじゃお疲れ様
次は全員揃うといいね」
ペンギン 「しょうがないね(レ)」
翠星石 「誤爆構わず村へ的確に●投げられる狂人は素敵だと思うよ?<ランサー」
ペンギン 「というか初日の発言俺の中で自己完結してるだけなんだよなぁ。言い争いなんてないから(P平和主義)」
ランサー 「>翠星石
怪しい所○は撃てても、怪しくない所●は撃てない。
説得力もそうだし、なにより誤爆恐いチキンだから。」
翠星石 「PP回避時とかないもんねあんまり<七実」
Lily 「占いは結果で語って、どうぞ派のなもので…仕方ないですね(くわっ>ペンギン」
翠星石 「噛みあわないことはよくあるし吊られた僕らが悪いんだけどね今回。」
鑢七実 「結果騙りが有効そうなときに中々出会わないですね、残念ながら。」
隼鷹 「霊能からの動きかあ。そこらへんまテストしてみんとわからんやw

そんな感じ。GMさん村建てどもっしたー。同村感謝!
おっつおっつ!」
翠星石 「背徳者の位置はあってたっぽいし●欲しかったかな?<ランサー」
Lily 「お疲れ様
今回なら幸子吊った色語りすれば背徳者は露出した…かも知れない?」
ランサー 「輿水●が見えたから翠星石○にしたけど、そのまま輿水占い主張・・・
その場合囲われ狼にしか見られないだろうって予想だったけど。」
ペンギン 「>Lily
こっちが手を付けられないんですが…」
翠星石 「ひより●で背徳者アピールはどうだろうね今回。<阿部さん」
鑢七実 「村人にも団結力があると信じてました、はい。」
GM 「世紀末鯖でよくあった>霊能結果騙り」
阿部高和 「今回その必要はまるで無かったけど」
翠星石 「闇鍋みたいな感覚で臨んじゃ駄目だね。
もっと理詰めだコレ」
阿部高和 「霊能結果を偽るのもアリかもしれんね>霊能関連」
阿部高和 「じゃ、お疲れさんじゃないの。
村立感謝、いつかまたよろしく頼むぜ」
ランサー 「Lilyこっち、隼鷹あっちまでしか見えてなかったから
誰か一人こねぇかなあと期待したが予想道理だった>ランの日」
隼鷹 「どーだろう。PP意識云々かんぬん考えると、霊能の出す色ってちょっとやっかいかもわからん」
ペンギン 「>大銀醸
主語に(隼鷹が占いロラを提案していることに関して)ってつければ客観的にわかると思う」
カラス 「占い真狂じゃねーかなと思いつつも、狂人からPPコール出るまでは
絶対こっちからPP呼びかけはできなかった気がする」
Lily 「質問するなら占いより灰にしたいのでこー
あんまり占い突いたって真なら邪魔にしかならない、偽なら説得誘導される」
輿水幸子 「うーん、あと1票位こっち側に来ると思ったんだがな>阿部
初日で躓いたか」
隼鷹 「霊能護衛すべきかどうか、だなあ」
鑢七実 「優しくはなかったのでこちらもこう。見極めは任せていいかな、と。」
大銀醸 「ペンギンが真っぽいときのエンダカさんに見えたから信用した」
GM 「質問してもよくわかんなかったんじゃない?」
翠星石 「あまりPP位意識せずに占い抜いて勝ち進むのが楽な感じだね」
阿部高和 「背徳者から呼びかけは無理だな正直。
万一にも真狼だったりしたら自分死ぬわ」
ペンギン 「理解しないのに偽見られるのはやめちくり~
わからないなら質問して、どうぞ」
Lily 「背徳者混じりのPPは背徳者から呼びかけないといけない…と考えると
正直あんまり危惧する必要はないのかもしれない?進行次第?」
大銀醸 「おう・・・>ランサー」
輿水幸子 「吊れたら大分楽になっていたとはいえ」
阿部高和 「まあ、全てはぺんぎんvs幸子でぺんぎんが勝ったことだわな。
そこで負けてりゃそのままPPだったので」
輿水幸子 「初手でランサーの誘導にあと1票あれば、ってのは贅沢だな
こっちも隼が吊れるとは思っていなかっただろ」
翠星石 「内枠が真狂固定化されやすいからね
12のテストケースが少ないのもある」
大銀醸 「だいぶな部分ごっそり抜けてるじゃないの・・・>ペンギン」
隼鷹 「んーそう考えると若干蝙蝠を扱い切れてないんか。むずいな」
鑢七実 「占い師が噛まれるなら、●を吊る余裕はあったと判断できたかどうかはわかりませんね。」
ランサー 「>大銀醸
占い結果が輿水○(本線)と翠星石○(予備)の二つだったんだが(真顔)」
隼鷹 「>阿部
今ログ読んでて該当発言の場所見て、「あっ、それすげえいいな!」ってなった。
うん、めっちゃありだと思うw」
Lily 「うん、私目線混同したからノイズとして見ないことにしてスルーしたよ」
翠星石 「混同するように見せる時点でダメだと思うよ。伝える気無いって事だし」
GM 「2回村吊って狂人背徳者が生き残ってればPPならば、GJでない噛みも有り
今回は裏目になったというだけで」
阿部高和 「初手吊られなければ 割とどこ噛んでも自由っぽいな>GM
背徳者さえいてくれればどうにでもなるって意味では
まあ役職噛みがやっぱ安定はするのかもしれんが。噛めれば」
鑢七実 「隼鷹さんを除いて、ざっと見てみると何となく浮いていた酔っ払いがいたのでそちらに。」
翠星石 「最初から勝ち筋を考えるならランサー噛みペンギン吊りでグレラン勝利かな」
守屋ひより 「まあ勝てたのでこちら視点では全く問題なしです
というわけで落ちます
同村感謝 お仲間に多謝 おつー」
輿水幸子 「ペンギン村……?」
カラス 「悪いミスった」
カラス

鑢七実 「こちら視点ですと視界の遠くのほうでペンギンさんと輿水幸子さんが言い争ってますね、という感じでした。」
GM 「狼的に、役職噛む必要はあんまりないので」
ペンギン 「俺は混同してないから。主語と目的語と動詞抜けてただけだし」
大銀醸 「誤爆覚悟で3日め●投げるしかないのかな」
翠星石 「蝙蝠視点での正答でもやっぱ翌日殺してるかな、蝙蝠。」
阿部高和 「まあランサー噛みなら
とりあえずペンギン吊って1日後回しするわ多分」
輿水幸子 「んー。それとも占い即抜きかね>翠星石
霊能護衛はど安定だしな、初手だけど」
大銀醸 「その辺は考え方だから>ランサー」
阿部高和 「カラス護衛!って言っておいて
カラスに媚を売るとかどうだろう>隼鷹」
翠星石 「ランサー噛みペンギン吊りが正着かな」
守屋ひより 「まああの状態だと妥当な判断だったと思いますよ>私吊り」
ペンギン 「あれ初日吊りで十分でしょ(無慈悲)>なんとか流」
Lily 「占いがすっごい誘導してる所に入れたくない感
根拠もあんまり見えないというか準鷹と混同してる感じがしたし」
翠星石 「えーとなると。」
翠星石 「12蝙蝠だと枠埋まってるから騙りようもないしダメか。」
翠星石 「蝙蝠は扱いが難しいのもあるのだよな」
鑢七実 「票の集まり方として好みでないのはわかります。>ペンギン」
大銀醸 「まぁひより投票は安易だったかな」
隼鷹 「んーどうだろ」
GM 「次回からは,時間までに集まらなかったら12Bにするってルールにしようかしら」
ランサー 「>阿部
COして翠星石吊り終了になってない時点で
噛んでも問題ないと思うゲスが俺だけど、どうだろうか」
Lily 「ルートとしてはほぼ勝ち確定っぽいのをずらすかどうかと言われると
配役でこういう展開になりうる…というだけならわざわざ見せしめる必要は感じないような」
阿部高和 「強いて言えば道連れ噛みをされる可能性があるので、
背徳者が出るのは翌日でもよかったと思うよ。

ぶっちゃけそれでも カラスだろ、信じられるの」
鑢七実 「お好み、ではないでしょうか。>翠星石
私ですと見せしめ以前に大喜利にして恩を着せて勝たせてもらいましたが。」
ペンギン 「俺しか投票してなかったのは嬉しさ反面悲しかったゾ・・・」
輿水幸子 「蝙蝠が対抗で出るなんて(震え)」
守屋ひより 「マイナスだったならゴメン」
隼鷹 「>翠星石
そんな完成された進行や護衛だったとも思わないし、これでいんじゃないと思う」
阿部高和 「背徳視点 でない場合:2吊り3噛み全部回避しないといけない
でる場合:1回だけ吊りで信用されればいける

なので出た方が勝ち目的にはかなり上がるから
背徳者視点では正答としか言えないんじゃなかろうか>翠星石」
ペンギン 「初日に幸子投票、しよう!」
守屋ひより 「初日吊られたのは結果的に村にプラスだったのかな?>私」
カラス 「お疲れー」
ペンギン 「お疲れ様」
ランサー 「お疲れ様」
阿部高和 「お疲れさんじゃないの」
隼鷹 「や、まあ背徳者入り始めてだけどなんとかなるもんやなw」
翠星石 「見せしめにすべきだったかどうか<ALL」
ランサー 「>大銀醸
勝ち目は俺吊ってお前吊らせて翠星石vsLilyしか見えなかったな。」
GM 「おつおつ」
守屋ひより 「おつー」
鑢七実 「お疲れ様でした。」
大銀醸 「お疲れさま」
Lily 「お疲れ様」
隼鷹 「お疲れ様」
翠星石 「まあそうなる。」
守屋ひより 「おわたかなこれは」
ゲーム終了:2014/01/26 (Sun) 22:22:08
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
翠星石 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
翠星石4 票投票先 1 票 →隼鷹
カラス0 票投票先 1 票 →翠星石
Lily0 票投票先 1 票 →翠星石
鑢七実0 票投票先 1 票 →翠星石
隼鷹1 票投票先 1 票 →翠星石
鑢七実 は 翠星石 に処刑投票しました
Lily は 翠星石 に処刑投票しました
隼鷹 は 翠星石 に処刑投票しました
カラス は 翠星石 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「と、言うかですね。
私を吊ると村負けますよ?
背徳者なので」
Lily 「どういうことになるんだろうね
背徳狼騙り、狼背徳語り交換になるし
厳しいよねっていう」
翠星石 「隼鷹を吊れば終わります。<カラス」
鑢七実 「背徳者の狩人宣言と、狼の背徳者宣言まではまああるのでしょうしね。」
カラス 「一体どっちにつけば安心できるのか」
翠星石 「カラス吊りで確実な最終日を、と思ったんですけどね」
隼鷹 「翠星石吊って明日がもし来たら多分私喋れないわ」
Lily 「だって枠埋まってるし」
翠星石 は 隼鷹 に処刑投票しました
隼鷹 「>リリー
それ嫌だなあ」
翠星石 「それなのにカラスが生きてる時点で、隼鷹狼ですよ
私を吊ってもあなた明日噛まれる可能性あるんで隼鷹吊りません?<カラス」
隼鷹 「だからできれば勝たせてあげたいって思うしね」
Lily 「それで万が一終わらなかったとして
カラスと準鷹のVSが万が一あるなら準鷹に入れるってだけだから」
隼鷹 「私は昨日、君が素直に背徳者COしてくれたのに感謝してる」
翠星石 「いえ、昨日出た時点で私が狼ならあなた死んでますよ?勝ち筋潰されてるんですから<カラス」
鑢七実 「醍醐味ですよ、これが。>カラス」
隼鷹 「>カラス
んーまあ勝ち確定だと思うよ」
Lily 「いや、吊りは普通に翠星石優先だよ?>準鷹」
翠星石 「噛まれないようにと思って策を巡らせたものの出てしまいましたからね<カラス」
カラス 「村がその気になりゃ殺されかねない状況なのかこれ
勝ち確定かと思ってたぜ」
鑢七実 「特に今回は害になっていないので。」
隼鷹 「ここまで相当村陣営に尽くしてきたつもりだけれどダメかな」
翠星石 「占いローラーを言い続けてた隼鷹吊りですよ。」
Lily 「じゃ、狩人ロラるよね」
隼鷹 「昨日の私の説得通らないかな」
隼鷹 「>リリー
へーい」
翠星石 「流石にそこまで情の通わない事は出来ないので。」
Lily 「真狂ー狼(幸)
残るのは狼背徳真狩人
対立してるの狩人二人」
隼鷹 「どちらの陣営がより蝙蝠に『勝たせてあげたい!』って思わせられるかなのだ」
鑢七実 「蝙蝠陣営に厳しいか優しいかで言えば、私は優しいですよ。」
翠星石 「テストケースの積み重ねって観点で言うなら今日カラスを見せしめで殺すべきなんでしょうが」
隼鷹 「最終日に大喜利合戦だ」
翠星石 「んー、まあなんですかね。」
隼鷹 「PP? それは違うな」
Lily 「まぁ単純に狩人二人を優先しつつ
ねぇ、と言う思考」
隼鷹 「だからまー何?」
翠星石 「現在5人なのでカラスをここで吊るか隼鷹を吊るかしないとPPなんですよ」
鑢七実 「まあこう、大体投票先は固定されてると思いますので。」
隼鷹 「どちらにしろ騙ってる翠星石吊りで安定っしょ」
翠星石 「えー、では説明していきますか。」
隼鷹 「げはは」
カラス 「おはよう」
隼鷹 「【四日:護衛→鑢】

リリーor大吟醸or鑢しかいないんだけども、
鑢は私を残してくれそうだから護衛する。」
鑢七実 「○ですね。」
Lily 「ふぅん」
翠星石 「護衛先:lily」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ランサーさんの遺言 占いCO 大銀醸○●

占い理由
◇大銀醸(28)  「むしろ占い噛まれたら吊るから阿部護衛もあるかもねぐらいだったから」

輿水投票者で考えると、霊能と対抗は別として
カラスは少なすぎてどっちでもどうでもいい。
隼鷹はずっと占うのではなく吊る位置。
ということで消去法、一応護衛先への視点の異常さもあげるけど。
大銀醸さんの遺言                        l゜゜゜ヽ
                      __| r丶 \-
                        __ィ゛´::::| l  ヽ | ::::`     ― 、、__
                 _   {匀〉:::::z     :::::::::::ヽ \_/   ヽ\ヽ
               t`ー;-/::::::〆   ≧=≦  \ >f二Y     |! V!
                   マr、:::f/  ヘ \  \ヽ /__/'∨:′    '  j.|
                  }|:::f/  ヽ  \ > ― ヽ丁 ∧|    | /∧
                  }|f/  ヽ \ へ. >‐┬i|厶イ     | // k ¬;、
                 {|'ヽ \\ \ ハ:: ノ' || ||     |Y/   厂 / /i
                 | ヽ\ ヘ≧ー   '"  | ||     |〈      ' ィ
                    ヽ \\ ヘ:: 〉    、/| ||     |ヘ\___´ノ,. ―
                 ≪\ \ヽ ゙ ' _,.ィ  ^ | l/|     | ト ミ ー―彡 ―‐
               ー―‐' lハ `下  _ ゚_,.ィ__| //′    |∧   ̄ ̄
       __    二ニ ー- ⊥ |  !|_j_jkヘjl |// i      Κ_ヘ_,∠
      / -―  ̄>'" ̄::::::::::::::ノ__八     ヽ∨lア ∧   }:} | |:::::::=ニ二
     /´,   ´ ̄/:::::::::::::::::_> ´ ̄ ̄ヽ\   -―< | \_ノノノ| /::::::::::::::::::::::::::....
      /  ―‐// ̄∠二i'           y ´     \   ̄ / /ー、::ヽ\ ̄ 、::::
    /〃   ィ二 ̄   |        i′ ´'     ト .   //\ \ \ ー \
    {{    /    ` 、_\        ヘ        ;! ー'/ ト   ヽ ヽ ', ヽ
       〈   ,. -―一< > _/イ ̄\      /   /l/     ノ   | i| | i
          > < <´      ` <     __>ー―<   / /     / ノ jノ リ | l
       / /  >\          >  ̄  ー< ̄「   イ| {   / イ  ´    川
        ヽ{   | /\、           __\-、ヽ|  イ{乂 \ {          / ′
             ヽ{    ̄ ̄/ ̄ `ー―ヘ ヽ\ヽ `'| /
                    イ    /    || `′ |′
                 /;′    ゙′   `′ , ―|、
                 イ l |            / / ヽ\
              / /_| |         / /     ' \
         /  / ⌒ヽ.l        / / ,. ― 、 i //
         \. /    ll        / /     ヽイ/|
          ト\     ヾ        / :′    /   〈
          亅  \     ヽ     //    /    /〕
             ト`ー‐ ` ー-  \―ー'/_,. イ       /l、
大銀醸 は無残な姿で発見されました
(大銀醸 は人狼の餌食になったようです)
翠星石 は 大銀醸 に狙いをつけました
カラスの独り言 「今なら空も飛べる気がする」
翠星石(人狼) 「それもまた仕方ない事ですね。
さて、それでは。」
カラスの独り言 「いやでもこれ役職ロラで終わるよな
でも狼的に最後の希望は蝙蝠と力合わせてPPになるんだろうから俺は噛まれない」
Lilyの独り言 「単純に3COで
狩人騙り2
背徳者1なら、狩人日記用意してないほうが真背徳者でしょうという」
翠星石(人狼) 「蝙蝠で偽蝙蝠が出ているなら黙って居れば良いんですよ
それでPPに乗れるんですから。
大体助けた時点であなた背徳者を決め打っていたと言うのに。<カラス」
隼鷹 は 鑢七実 の護衛に付きました
鑢七実の独り言 「まあ、大体翠星石さん吊りで終わりそうではありますね。」
隼鷹の独り言 「んーまあ内訳とらえ間違えてたっぽいけど、
大吟醸とリリーの素村っぽさに救われたかな」
カラスの独り言 「(反応してしまった)」
Lilyの独り言 「出方はそうなんだけどさ」
翠星石(人狼) 「わざわざ見逃してやった命を粗末にするとは<カラス
テストケースの積み重ねが足りませんね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ランサー は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
翠星石2 票投票先 1 票 →ランサー
大銀醸0 票投票先 1 票 →ランサー
カラス0 票投票先 1 票 →翠星石
Lily0 票投票先 1 票 →ランサー
鑢七実0 票投票先 1 票 →ランサー
ランサー5 票投票先 1 票 →翠星石
隼鷹0 票投票先 1 票 →ランサー
大銀醸 は ランサー に処刑投票しました
カラス は 翠星石 に処刑投票しました
ランサー は 翠星石 に処刑投票しました
鑢七実 は ランサー に処刑投票しました
Lily は ランサー に処刑投票しました
隼鷹 は ランサー に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ランサー 「普通に翠星石吊って終わらせて良いよ。」
Lily 「なんでさ?」
隼鷹 「私騙りだとしてここで出る意味ないっしょ」
翠星石 は ランサー に処刑投票しました
鑢七実 「ランサーさん吊りでお茶でも濁しましょうか。」
隼鷹 「>リリー
ないよ」
カラス 「助かってない!?」
大銀醸 「じゃあランサー吊ってどうしましょうかな」
Lily 「ランサー>狩り二人、かなこれ」
翠星石 「ではランサー→カラスで決め打ちですね。<隼鷹と私」
隼鷹 「はーい。んじゃ翠星石とカラスローラーでよろしく」
鑢七実 「まあ、狼混じりの可能性はそれなりにあるので。」
Lily 「だから言わないでおいたのに…ふぁっ」
カラス 「助かった…」
隼鷹 「【狩人日記】

二日目 護衛→鑢七実 無残→阿部
三日目 護衛→カラス 無残→
四日目 護衛→ 無残→

【二日】
占いロラして楽に行きたかったんだけどな。
まあ考察として、
幸子の行きたがり、ランサーの攻撃性はチェックしておくべきかと思う。
さて、噛みの予想はする意味がないね。
阿部と鑢の2択でしかない。
勿論占い護衛は考えていない。それが私の主張さね。
ま! 安定していくか。鑢護衛

【三日】
思考ルートとして、狼吊ってる場合のことは考えない。
なぜならその場合ペンギン噛み以外がねーから。
したがって狼吊ってない場合を考えるんだけど、
その場合背徳まっしぐらな翠星石は護衛したくないし、
幸子投票してないリリーも護衛したくない。
よって大吟醸orカラスの、非狼であれば噛まれそうなカラス護衛。

ま、あれだよ。
変態護衛と思ってくれていいよ。」
Lily 「あ、はいわかってた>翠星石狩人」
大銀醸 「へぇ・・・」
翠星石 「狩人CO
2日目:ランサー
ペンギンは占いローラー発言に関して勘違いをしている。
その上で輿水投票を継続しているので狂人に見える。
霊能護衛でもよかったのだろうけど、少しでも結果が欲しいのでこちらから。
3日目:七実
えー。二択。決め打ってはいないので」
隼鷹 「ごめんそれ来週からなんですよ。狩人CO」
大銀醸 「狂人死ぬなら最後背徳者のご機嫌取りするしかないわえぇ」
隼鷹 「いえーい。後は背徳者が勝つか勝たないかだけだぜ」
翠星石 「撤回狩人CO」
隼鷹 「おっけー。ローラー」
ランサー 「>Lily
強いて言うなら大銀醸を先に吊れって言わない辺りで真を主張するが。」
隼鷹 「>翠星石
流石に出ないかーw」
カラス 「背徳者だ」
Lily 「それでPPなんてものは消えるからね
背徳者露出?LWだからいいよどうでも、最終日がご機嫌取りになるだけだもん」
鑢七実 「背徳者騙りが出てこられると中々、大変ではありますね。」
翠星石 「でません。騙りででたとしてもロラされますからね。<隼鷹」
カラス 「昨日の時点じゃランサーの○からペンギン吊り推してる翠星石が怪しく見えるな」
大銀醸 「狩人いるなら私視点2択になって凄い楽なんだけども」
翠星石 「大銀醸については誤爆見るかどうかだと思いますよ」
ランサー 「まぁいいや。無駄占ってても狼引いたから充分だ。」
隼鷹 「おっけー。もう一人背徳者いるなら出てこいよ」
大銀醸 「むしろそこから背徳者でるならば」
鑢七実 「背徳者が生きていても、最終日に大喜利大会するだけですしね。」
Lily 「狼一匹連れてるならPPは…ああ、ランサーの方狂もあるから、の
ランサー>大吟醸最終日すればいいか」
ランサー 「・・・」
大銀醸 「誤爆はないから安心なさい」
翠星石 「では、背徳者を宣言させてもらいますね」
ランサー 「狂誤爆が入るならそれでいい。
上手いことに囲いも無い事は二重に証明済みだ。」
隼鷹 「どう見てもランサー狂人だからどうでもいいよ」
Lily 「真狂の狂誤爆まで見るなら大吟醸でもあれだけどね、別に」
大銀醸 「純粋にこのあとは私視点4択なのかな」
鑢七実 「そのお二人なら順序は逆でも構いませんが。」
翠星石 「そう言っておいて吊るでしょう?<隼鷹」
隼鷹 「現状村人の方が有利だしね」
隼鷹 「灰を狭くしたいし」
隼鷹 「っつか翠星石背徳者なら、
もう言ってくれていいよ」
ランサー 「んで続行するから大銀醸吊り。それで終わる。」
カラス 「ランサー吊りでいいと思うぜ」
翠星石 「そういうことですよね<ペンギンさんが死ぬ
ランサーさん処刑で。大銀醸さんはCOしなくていいです。」
鑢七実 「あら。」
Lily 「その上で霊ド安定だから、少なくともPPは薄そうどうこう」
隼鷹 「んじゃランサー吊るかリリー吊るか翠星石吊るかじゃない」
大銀醸 「じゃあランサーさようなら」
ランサー 「あぁ、んじゃいいや。俺吊り。」
隼鷹 「幸子狼だったか」
カラス 「おはよう」
ランサー 「占い理由
◇大銀醸(28)  「むしろ占い噛まれたら吊るから阿部護衛もあるかもねぐらいだったから」

輿水投票者で考えると、霊能と対抗は別として
カラスは少なすぎてどっちでもどうでもいい。
隼鷹はずっと占うのではなく吊る位置。
ということで消去法、一応護衛先への視点の異常さもあげるけど。」
隼鷹 「はーん」
翠星石 「答えなくていいです」
ランサー 「占いCO 大銀醸●」
鑢七実 「●でした。」
大銀醸 「判決を聞きましょう?」
翠星石 「ペンギンさんは隼鷹さんを吊りたくないと思った根拠を出してください。
輿水さんを吊りたいと言うことを言うためだけに私の発言を引用したようにしか見えないので。」
Lily 「霊結果が○なら背徳側から宣言があるんだろうけど
霊隠れてたりしたらそもそもPPにすらならないね、ということに気づく深夜」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言
                    ,. . . -―-. . . _
              , '" .>: : : ̄: : : : : : : : : : >: .、
             /   /:/: .ヽ、: : : : : : : :,:イ´:`ヽ: :>、         ┼l┐
           〃  〃:./: /⌒ヽ: : :/: : : : : : :イ^ヽ: :.‘:,:ヽ          |
  ┼l┐   .../   /: : ; :./ : : ; : : イ: : : : : : j: : : : :‘,: :.i: : ‘,       l_」_
  |     /    ,: : :/: : : : :.イ: : ,'!:.j: : : : :..:ト、: : : : ;: : :i: : : :,       (乂 )
  l_」_     . ,′   ,: /:.i: :.,': : :/l: :./j:.:ト: : : :_: :| ヽ: : : :;: : :i: :, :,       /
  (乂 )    .l    //: :jⅩ!:,イ:,' l:.:厶j:.Ⅳ: :´ :`ト 、ヽ: :..:l: : : !: ‘,.:,.     o
  ニ|ニ    ..| _彡イ: : j: : Ll斗七!´ !:| ヽ.: : :,リ____`マ!ー: :ト:、: \`ー-
  (ナヽ        . /: : :.|: : |/,z=== |:! 丶 : |ア¨ ヾ ̄:|: :..:ト; :`ミ、:_、.      ー
  |       .-=彡イ 7!: : ト´  (  ) リ   \! ゝ- '  j: :..:.|.}: :j _ ̄ .   、_
  .、_ノ      ._   j |: : :lヽ.//`¨´         // |: : :|ノ: j|     ) .   ,- 、
   よ    .(_    | |.: .:.Ⅵ           u し  ノ: : :|: Ⅵー一 ´.... (ノ  )
  _.ニ、        ̄  レヘ.: :.八    ┌―――┐  ,∠!: : : !:/ j        ≧ 壬
  ._ノ              Ⅳ.: .:.l:>- ._ ̄ ̄ ̄ ̄<:ィ:/l:j: : :j′.         □ L」
  _l‐            | V: :ム\:ヽ ;ノ } ̄  ハx/j/_从!:.j!|         ┼l┐
 (_ノヽ              V: ムイ、く´ ̄`「v'}'. ̄`77イj:./x|、          |
  / /              .i「ム:.rマ:.||.j  ´リrz、 ̄ λニニリニ=ハ         l_」_
 o o            |l=ニニjニ|/L..ノ,イム \ノヽニニニニ={         (乂 )
                |l=ニニ|ニ|「ヽ__」ニニム__ム||二ニニニ=j         /
                  jlニ二|ニ!!○ニ二二ニ○||二ニニ=l|.          o
                   r Y v Yニ||ニニニ二ニニニニ||:「.Y^YY」
                  | i ! ! .v.||○ニ二二二○「 | | | l .Y
                 | | ! ! l i||ニニニニ二二ニニ} .!  ' .' |
                 ト   /  {||○ニ二二ニ○ム ヽ.   |
ペンギンさんの遺言 ホ モ は 世 界 を 救 う !
ペンギン は無残な姿で発見されました
(ペンギン は人狼の餌食になったようです)
隼鷹 は カラス の護衛に付きました
ペンギン は Lily を占います
翠星石 は ペンギン に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石(人狼) 「カラス死亡」
隼鷹の独り言 「リリーは護衛したくない」
Lilyの独り言 「別にランサー噛ませていいわけだ」
隼鷹の独り言 「っつーわけで、
背徳まっしぐらな翠星石は噛まないでしょーし」
翠星石(人狼) 「ランサー死亡」
Lilyの独り言 「霊ド安定かな」
隼鷹の独り言 「or霊能。まあ、ペンギン噛みが自然だな」
翠星石(人狼) 「超過即実行」
隼鷹の独り言 「ペンギン噛みか」
ペンギンの独り言 「翠かLilyでも占おうぜ~」
隼鷹の独り言 「んーんーんー」
隼鷹の独り言 「狼吊ってるなら、えーと」
鑢七実の独り言 「●が別の方ならば、考えたのかもしれませんが。」
隼鷹の独り言 「今日狼吊ってないなら、灰噛み」
Lilyの独り言 「4灰2吊りになる」
隼鷹の独り言 「思考のルートとして」
大銀醸の独り言 「さてどうでるか」
鑢七実の独り言 「ランサーさんと、ペンギンさんとではそう大きな違いもなく。」
隼鷹の独り言 「どうすっかなあ」
隼鷹の独り言 「んーじゃここでGJ必須」
Lilyの独り言 「これで白丸なら背徳側から宣言がある
無いなら単にペンギン偽ということ」
カラスの独り言 「いや○なら騙りが吊れるorPPか」
翠星石(人狼) 「二つに一つと行きますか」
鑢七実の独り言 「決め打ちと、●吊りは相反し。」
ランサーの独り言 「翠星石のあの庇い方を見れば、囲ってる感じがする」
ペンギンの独り言 「つか狐いないのに占い理由とか要らないじゃん」
カラスの独り言 「どうすっかな…
霊結果○でも狂人が生きてる保障がねえし」
鑢七実の独り言 「さて、どちらに転ぶかですが。」
翠星石(人狼) 「なるほど、それでは。」
ペンギンの独り言 「こわいこわい」
Lilyの独り言 「んー」
ランサーの独り言 「やっぱ一票足らないか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
翠星石0 票投票先 1 票 →ペンギン
ペンギン4 票投票先 1 票 →輿水幸子
大銀醸0 票投票先 1 票 →輿水幸子
カラス0 票投票先 1 票 →輿水幸子
Lily0 票投票先 1 票 →ペンギン
鑢七実0 票投票先 1 票 →輿水幸子
ランサー0 票投票先 1 票 →ペンギン
隼鷹0 票投票先 1 票 →輿水幸子
輿水幸子5 票投票先 1 票 →ペンギン
大銀醸 は 輿水幸子 に処刑投票しました
隼鷹 は 輿水幸子 に処刑投票しました
ランサー は ペンギン に処刑投票しました
カラス は 輿水幸子 に処刑投票しました
ペンギン は 輿水幸子 に処刑投票しました
輿水幸子 は ペンギン に処刑投票しました
鑢七実 は 輿水幸子 に処刑投票しました
Lily は ペンギン に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ランサー 「輿水狼要素をあげられないからな」
隼鷹 「>ランサー
一々灰の意見見るとか面倒臭いことしてるのか」
翠星石 「私はペンギンさん処刑しかないと思いますがね」
輿水幸子 「昨日の発言をそのまま返しただけですよ、ペンギンさん
それにあなた視点ではボク、村じゃないから構わないですよね?」
ランサー 「そもそもさ、その対抗が俺の偽要素をあげる時点でアウトなんだよ。」
隼鷹 「ま、票が分散するよりマシだあなー」
Lily 「霊が決め打つと言うても無くはない」
輿水幸子 「むしろこれはランサーさんとペンギンさんで比べた方が解りやすいですよ」
大銀醸 「外した時点で終わる可能性ある道を選択したのは私達なんだし」
ペンギン 「理由出してくれると俺を吊らない?
それ村のセリフじゃないって言われてるから気をつけたほうがいいよ」
翠星石 は ペンギン に処刑投票しました
鑢七実 「狼有利にはなるでしょうが。」
翠星石 「隼鷹さんの発言に対してでなく輿水さんへの発言に還しているように見えるので。」
ランサー 「>隼鷹
少なくとも俺は昨日対抗吊りには賛成したし、その後俺吊りも考えはした。
占い結果を見ていないなんて発言さえ無ければな。」
大銀醸 「妥当なところね」
隼鷹 「確実に村不利な提案だけどな。
人外票が確実2個は乗っかるけど」
Lily 「安倍噛まれてるんなら特に決め打ちで問題はないかな、と言う話」
輿水幸子 「れに見合う理由くれないと君を吊っちゃいますよ?」
ペンギン 「やめろ>霊能」
翠星石 「◇ペンギン 「>幸子
占いロラしたいの?
なんで、というのがないんなら真占い釣りたいだけになるでしょ」
それで?」
ペンギン 「鷹の人理由あるからいっかな~
ヘイト巻く人人外じゃないっしょ(最強理論」
隼鷹 「幸子かペンギンでラン」
鑢七実 「ペンギンさん-輿水幸子さんで勝負して頂いて構いません。
と、いうことにしましょうか。」
Lily 「ま、そりゃそうだね
だから狂決め打つ感じの」
ランサー 「>ペンギン
少なくとも俺はあの日の隼鷹が村には見えなかったね。」
隼鷹 「最低限選択肢として、
すげえー狼有利な提案してやるよ」
輿水幸子 「で、何でボクに対して「ロラしたいの?」って言ったんですか?>ペンギンさん」
大銀醸 「基本的には明日PP回避って言うならば狩人が気合でGJ出せってことだけどね」
ペンギン 「いや、俺鷹の人に対してロラの発言したんですけど?」
隼鷹 「今日になって7人時PPが~とか言うなら占いロラっとけよ。な?」
輿水幸子 「答えてくださいよ、ペンギンさん
昨日、誰が占いロラしようって言ったんですか?

ボクですか? それともペンギンさんの想像の中のボクですか?」
隼鷹 「あんさ」
鑢七実 「背徳者候補が少なくとも三人、ないし四人はこれで死ぬことになりますし。」
ランサー 「7人でPPってのは、お前らが言っていた言葉だよな?」
翠星石 「ペンギンさん、占い理由ないので。」
ペンギン 「ランサーが昨日鷹の人のこと背徳者あるかもしんねとか言ってるので信用されるってそれ一番悲しいから」
大銀醸 「むしろ占い噛まれたら吊るから阿部護衛もあるかもねぐらいだったから」
輿水幸子 「だけど、そのことについて一切触れていないのは
どう考えてもおかしいですよね? ペンギンさん」
鑢七実 「まあ、明日PPになるのであれば。
それはもうそれでいいのかな、とは思いますが。」
翠星石 「うん、私はペンギンさん吊りますけどね」
輿水幸子 「ペンギンさんの意図が「理由もなしに占いロラしようは怪しい」

完全に言いがかりですよ
ボクの発言と隼鷹さんの発言を勘違いしていた」
ランサー 「拒否、ペンギンしかないのでランとは言うぞ。」
翠星石 「狩人COとか出ないんですか?<輿水」
ペンギン 「Foo~↑」
Lily 「はぁ、まぁ
其の二人で決めろと言われたらペンギンになるかなぁ」
カラス 「●吊りでいいんじゃねーの
幸子狼って線は十分あると思うしよ」
隼鷹 「幸子吊りで」
ランサー 「妥当すぎてどうでもいい死体。」
輿水幸子 「当然ですが村人COですよ、騙りさん」
翠星石 「あまりに狂人と背徳者を考えて居なかったので<ひより吊り」
ペンギン 「ぶっちゃけ昨日から幸子狼見えてたんですけどみんな投票しないっすね」
大銀醸 「幸子が●と」
鑢七実 「決め打ち、ですか。」
輿水幸子 「ペンギンさん。ボク、怒っていいですよね…?」
ランサー 「占い理由
◇ペンギン(86)  「俺も俺も!>翠
今すっげー幸子吊りたい」

0票かつこのペンギンの便乗する動きが気になったね。
対抗の中身もわからないままこんなのがあればノイズでしかない。
ちゃっちゃと確認させて貰う。」
隼鷹 「背徳候補が翠星石。
狼候補がカラス、輿水ってな感じに見えるけれど」
ペンギン 「ジャケン吊りましょうね~」
大銀醸 「翠星石の投票変え理由次第。」
ランサー 「占いCO 翠星石○」
Lily 「まぁ、妥当な所連れたよねって二人

占いに関してはペンギンに真は見たくないかな、そんな感じ」
カラス 「おはよう」
鑢七実 「○でした。」
ペンギン 「占いCO 輿水幸子●」
輿水幸子 「◇隼鷹「占いロラしない?」
◇ペンギン「>幸子
占いロラしたいの?
なんで、というのがないんなら真占い釣りたいだけになるでしょ」

やっとワカりましたよ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
阿部高和さんの遺言
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     素 村 C O
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、  今日死体がある場合
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.  かつ霊能結果○の場合は
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i  早速だが決め打ちタイムだ。頑張れ
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|
阿部高和 は無残な姿で発見されました
(阿部高和 は人狼の餌食になったようです)
翠星石 は 阿部高和 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石(人狼) 「噛まないですよ」
隼鷹の独り言 「翠星石背徳、小清水狼、後はどうだろう」
隼鷹の独り言 「んー」
隼鷹 は 鑢七実 の護衛に付きました
Lilyの独り言 「多分寝ぼけてるね」
輿水幸子(人狼) 「ボクが狩人COしても、背徳者の可能性が残りますけどね
占い師は噛まない予定ですか?」
Lilyの独り言 「安倍さん二重○見えたところで釣りたかった(根拠のあまりない予想」
カラスの独り言 「明日COしてもPP要因として排除されるよなあ
このままじゃ明日●が出ないと吊られちまう」
ランサーの独り言 「翠星石の理由も書いておくか」
輿水幸子(人狼) 「カウンターで狩人COするにしても、阿部さんが狩人だと厄介ですし」
阿部高和の独り言 「明日指定の場合 ランサー指定しちまいそうだな俺の場合」
輿水幸子(人狼) 「Lillyさんを噛めば、カラスさん投票者が減ります
そのくらいですね」
翠星石(人狼) 「では阿部を噛みます」
阿部高和の独り言 「んー」
ランサーの独り言 「輿水をメインとして」
鑢七実の独り言 「時間を掛けてもあまり変わりませんでしたね。」
輿水幸子(人狼) 「阿部さんは村人でしょう、決まってるじゃないですか」
翠星石(人狼) 「霊抜きでもいいんですけどね。GJ出ると面倒なので。」
ランサーの独り言 「ふむ、確定で真狂-真と見ていいかな。
少なくとも狼視点区別はついていない。」
輿水幸子(人狼) 「大変です! 占い師さんがどっちも胡散臭いですよ」
大銀醸の独り言 「ふーん?」
Lilyの独り言 「さぁ、まぁどっちかというとペンギンに真見たくないのが本音」
隼鷹の独り言 「狂人に負けねえ狩人日記作らねーと始まらん」
翠星石(人狼) 「lily or 阿部」
隼鷹の独り言 「さーてこっからだな」
隼鷹の独り言 「お疲れさん>ひより」
阿部高和の独り言 「理想は霊能結果●。
……どちらにせよ。霊能軸には変わりないなこの村。
占い噛まれても 漂白が無いの確定な以上 ロラって7の日、とできる」
ペンギン は 輿水幸子 を占います
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
守屋ひより は投票の結果処刑されました
2 日目 (2 回目)
翠星石0 票投票先 1 票 →守屋ひより
阿部高和0 票投票先 1 票 →守屋ひより
守屋ひより4 票投票先 1 票 →カラス
ペンギン0 票投票先 1 票 →輿水幸子
大銀醸1 票投票先 1 票 →守屋ひより
カラス2 票投票先 1 票 →守屋ひより
Lily0 票投票先 1 票 →カラス
鑢七実0 票投票先 1 票 →大銀醸
ランサー1 票投票先 1 票 →隼鷹
隼鷹2 票投票先 1 票 →ランサー
輿水幸子1 票投票先 1 票 →隼鷹
2 日目 (1 回目)
翠星石0 票投票先 1 票 →カラス
阿部高和0 票投票先 1 票 →守屋ひより
守屋ひより3 票投票先 1 票 →カラス
ペンギン0 票投票先 1 票 →輿水幸子
大銀醸1 票投票先 1 票 →守屋ひより
カラス3 票投票先 1 票 →守屋ひより
Lily0 票投票先 1 票 →カラス
鑢七実0 票投票先 1 票 →大銀醸
ランサー1 票投票先 1 票 →隼鷹
隼鷹2 票投票先 1 票 →ランサー
輿水幸子1 票投票先 1 票 →隼鷹
ペンギン は 輿水幸子 に処刑投票しました
輿水幸子 は 隼鷹 に処刑投票しました
カラス は 守屋ひより に処刑投票しました
翠星石 は 守屋ひより に処刑投票しました
鑢七実 は 大銀醸 に処刑投票しました
隼鷹 は ランサー に処刑投票しました
ランサー は 隼鷹 に処刑投票しました
守屋ひより は カラス に処刑投票しました
Lily は カラス に処刑投票しました
阿部高和 は 守屋ひより に処刑投票しました
大銀醸 は 守屋ひより に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
大銀醸 は 守屋ひより に処刑投票しました
鑢七実 は 大銀醸 に処刑投票しました
輿水幸子 は 隼鷹 に処刑投票しました
カラス は 守屋ひより に処刑投票しました
Lily は カラス に処刑投票しました
隼鷹 は ランサー に処刑投票しました
守屋ひより は カラス に処刑投票しました
ランサー は 隼鷹 に処刑投票しました
阿部高和 は 守屋ひより に処刑投票しました
翠星石 は カラス に処刑投票しました
ペンギン は 輿水幸子 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
輿水幸子 「蝙蝠相当の背徳者が占いに混じっているともボクは思いませんし」
隼鷹 「そこを突かれてもな」
ランサー 「単純に言葉を労して真の俺を吊りたいか、単純に生き延びたい背徳者にしか見えない。」
カラス 「確定○って形忘れてただけじゃねーのか?
初日追ってるようには見えねーけど
誘導だってんなら強引に見えるぜ>>翠石星」
鑢七実 「普通にやろうと決めましてですね。」
隼鷹 「昨日の晩からロラを決めて掛かってる相手の占い結果なんざ見てないねw」
ペンギン 「俺も俺も!>翠
今すっげー幸子吊りたい」
翠星石 「◇守屋ひより 「5回中2回で狼吊れればおk
背徳者や狂人無視するならわりと余裕ありそうだと思うけど」
7人でPPと言うのを分かってます?」
大銀醸 「隼鷹さすがに狼でここまでうっかりするかっていうと微妙なんで除外」
ランサー 「結果見てない。それこそ占いロラを言っているのにもかかわらず。」
輿水幸子 「・背徳者にCOさせよう
・COしたら吊ろう(狩人保護にもなりますし)

で、どうして占いロラに繋がるんでしょうか
疑問なので返答お願いしますよ」
隼鷹 「少なくとも、私の主張はこんな感じ」
鑢七実 「とまあ、狐がいないので取り返しは付かないのが問題ではありますが。」
翠星石 「隼鷹をあまり吊ろうとは思えないですね」
守屋ひより 「まあ今日はグレランでしょうな
票の入り方も情報になると考えればベターな選択じゃないかなと」
隼鷹 「ま、いいや」
大銀醸 「むしろ背徳者混じり見えてるんなら占いロラ引き伸ばして決め打ち誘導するでしょう?」
隼鷹 「あ、本当だ阿部2重丸じゃん!!!」
Lily 「一回グレランするなら白丸被ってる今日しかない、とは
思うけどね」
隼鷹 「占い初日なんざ見てねーな」
阿部高和 「この村で騙る背徳者は
文字通り自殺志願者だとしか思えんね>ペンギン」
ペンギン 「まぁ背徳者が騙るとは考えにくいけどランサー背徳者って似合いすぎんよぉ~」
輿水幸子 「……ペンギンさん、何を言ってるんでしょうかね?」
ランサー 「隼鷹吊りでいいや。
狂狼の初手囲いなんて巫山戯た理論で吊られるのはまっぴらゴメンだ」
翠星石 「阿部は確定○ですよ?<隼鷹
初日占いも見てるですか?」
阿部高和 「ロラ完遂だろ>大銀醸
その翌日は●・○ガン無視して 俺or霊能の指定路線になる。
霊能結果●が出た場合、狂狼での俺狼はあり得るんで 俺に指揮権任せるかどうかは変わるだろうが」
大銀醸 「それ2COなら初日占いしかないわよ>隼鷹」
隼鷹 「明日誰が死んでるかは知ったこっちゃあ、ないね」
ペンギン 「背徳者騙ってるっていう可能性もなくはないから狂人視点占いロラでも問題ないからなぁ」
鑢七実 「今回の場合だと、両偽になりますね。」
隼鷹 「>ランサー
いいよ、対抗吊ってやってもいい」
Lily 「あーはん…明日の色次第でグレランできないと」
輿水幸子 「ランサーさん! 言っちゃ駄目ですよ!
ボクの完璧な作戦が!」
ランサー 「>隼鷹
対抗吊りかつ霊能死亡でも構わないのなら考えてやるが(するとはいってない)」
隼鷹 「でもまあ、可能性として、
狼が狼を囲ってる、つまり、グレランしても狼を吊る可能性が〇っていう可能性もあるのさ」
守屋ひより 「5回中2回で狼吊れればおk
背徳者や狂人無視するならわりと余裕ありそうだと思うけど」
ペンギン 「>幸子
占いロラしたいの?
なんで、というのがないんなら真占い釣りたいだけになるでしょ」
輿水幸子 「あ」
カラス 「グレー吊りしていっていつまでも占い噛まれない展開なら
7人当たりで占い決め打ちとかでいいだろ」
大銀醸 「まぁPP対策で占い初手ロラはありだけど、翌日●投げられたらどうするか?とかあるのかしら?」
輿水幸子 「そのくらい、自分で考えるべきですね!
甘ったれないでください」
Lily 「11>9>7>5>3>1
狼2の狂2と考えて」
隼鷹 「そらー今日人外が吊れたらめっちゃ楽なんだよね」
翠星石 「そして同時に今日村人を吊る事も」
ペンギン 「ポジとか…やめちくり~」
大銀醸 「背徳者は考える必要がないわ。
デッドラインが7ってぐらいだけど。
それまでに狼一匹吊っておけばだいぶ楽になる」
輿水幸子 「へー、狂人ですか>ペンギンさん
じゃあ対抗さんは狼さんですね? で、理由欲しいですか?」
カラス 「占いロラは真狂だった場合
大量のグレーが残って困るとかになりそうだけどな
ランサー 「>翠星石
出て貰えれば吊れるじゃないか
(確定非狼なのは確かだし、無駄占いの観点からも出て欲しいな)」
隼鷹 「7人時にするか、って感じ」
翠星石 「ああ、明日偽の●を吊ることを恐れてるんですね<隼鷹」
隼鷹 「その一回を、
もっとも情報の少ない今日するか」
鑢七実 「まあ、なくもないというのはわかります。>隼鷹」
Lily 「狼をさっさと釣り上げればいいんだよ
そのための投票じゃないか」
阿部高和 「アリっちゃアリだがな>占いロラ
ちょっとそれやると俺視点の範囲が死ぬほど広いんで
俺視点ではあんまやりたくないってところか。

噛まれてくれれば1手節約できるしな」
ペンギン 「ランサーが狼ってのもありえるから」
隼鷹 「>リリー
グレランできんのは、最低一回なのよ」
守屋ひより 「共有いなかったよね確か?なら阿部さんがそのポジかなぁ」
輿水幸子 「カワイイボクがいるのに、真っ先に阿部さんを占うとか…
ちょっとよくわからないですよ、納得行かないですね」
ペンギン 「それに見合う理由くれないと君狂人見て吊っちゃうよ」
Lily 「why?>準鷹」
大銀醸 「それじゃあグレランでいい。」
ランサー 「なんで俺ペンギンにホモ扱いされなければ?」
隼鷹 「とりあえずそれでデッドラインの7人時PPは防げるんだけど」
大銀醸 「あら2COか」
カラス 「2-1でグレランってとこだな」
輿水幸子 「えー…>占い師さん達」
翠星石 「仮に出てもPP要員になるからと言う理由で吊られるのに出そうと言うんですか?<輿水」
守屋ひより 「阿部さんが驚きの白さw」
ペンギン 「興味ないです>幸子」
隼鷹 「占いロラしない?」
阿部高和 「お、おう……>占い候補
嬉しいことやってくれるじゃないの。
もっと喜ばせてやるからな」
Lily 「2ー1、と」
ランサー 「チッ・・・噛まれろ(笑顔)>阿部
そうすれば俺が生き延びる。」
大銀醸 「1COと」
ペンギン 「ランサーもホモだったのかたまげたなぁ・・・」
鑢七実 「霊能者を宣言します。」
翠星石 「阿部が確定〇なのでそこ軸で。」
Lily 「そんなことを考えながら、どうやら夜が明けたみたい
おはよう」
輿水幸子 「今日いっぱい、受け付けますよ!」
隼鷹 「おっけおっけ。私村陣営だけどこれものっそい不利だね。
とりあえず占い師が三人出たらロラ確定。
二人でもローラーが安定するように思うよ」
大銀醸 「どちらかの陣営が有利になるまで背徳者は放置でいいわ」
ランサー 「占い理由
貞操の危機を感じるので(真顔)
狼なら問題ない、吊れ。
そうじゃない場合は噛まれろ。以上だ。」
阿部高和 「んー、まあGJ出なかったら デッドラインは7人とかなり早い事は覚えておくべきだな。
LWにさえすりゃ最悪大喜利にできるが。

なんにせよ、イイ占い師にはCOよろしく頼もうじゃないの」
守屋ひより 「おはさむよう」
カラス 「おはよう」
鑢七実 「おはようございます。」
輿水幸子 「カワイイボクからのお願いですよ!>背徳者さん
もしも生きていらっしゃるなら、COしてもらえませんか?」
ペンギン 「占いCO ホモ(阿部高和)○」
ランサー 「占いCO 阿部高和○」
翠星石 「おはようございます」
Lily 「村視点から見れば背徳者は対して問題ない、かな
狼2なんだから正直、一匹吊っちゃえば脅しが成立しないから」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
輿水幸子 は GM に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
輿水幸子(人狼) 「60秒でいいですよね?」
輿水幸子(人狼) 「よし、明日。もしも背徳者がCOしたら、吊り提言しちゃいますよボク!」
守屋ひよりの独り言 「今回は蝙蝠1なので自分の死=敗北 のようだね」
翠星石(人狼) 「もし輿水さんが●なら私は」
隼鷹の独り言 「占いロラ鉄板じゃねえかなあ、この内訳」
輿水幸子(人狼) 「背徳者が素直にCOするんでしょうかねぇ…
ボク、ちょっと疑問ですよ」
翠星石(人狼) 「そうですね
●を貰ったらカウンターで霊能COしましょうか」
カラスの独り言 「蝙蝠COした場合吊られはしないだろうけど、噛み対象にはなるか?
隼鷹の独り言 「ふむ」
隼鷹の独り言 「最低7人時でPPがありえるんだ」
隼鷹の独り言 「結構厄介だな」
輿水幸子(人狼) 「あ、でもカワイすぎるので占われるかもしれませんね
カウンターで霊能者CO、してほしかったらしてあげてもいいんですよ?」
ランサーの独り言 「自分が狂人の時は狼に騙らせるってのも違うだろう。」
Lilyの独り言 「…一匹さえ吊っちゃえば一方的にPPは避けられるんだよね」
翠星石(人狼) 「この構成なら7人でPP可能ですので」
ペンギン は 阿部高和 を占います
守屋ひよりの独り言 「さっきの説明だと村または狼勝利に勝者側に含まれる、って認識でいいと思う」
カラスの独り言 「危うく占い騙るところだったぜ」
ランサーの独り言 「基本的に俺は狼の時に狂人に騙りを任せているわけで。」
翠星石(人狼) 「アイドル:輿水
仮面:翠星石
狂人:???
背徳者:???」
Lilyの独り言 「村無双展開もありえるから初手から背徳は出ないだろうし
そうなるとあんまり考えても仕方ないかな、そもそも狼2」
隼鷹の独り言 「そう聞くとアレだな」
輿水幸子(人狼) 「え、当然生き残るに決まってるじゃないですか
ボク、カワイイですから。死ぬとかありえないですし」
隼鷹の独り言 「あー」
「◆GM 概要

1. 自分が生き残ったら勝利、死んだら敗北となる特殊陣営です。
2. 他の蝙蝠がいても誰か分かりません。

勝利条件

1. ゲーム終了時に自分が生存している事。
2. 他陣営の勝敗とは競合しない。
例) 村人陣営 + 生き残った蝙蝠が勝利
3. 自分以外の蝙蝠の生死と勝敗は無関係。

こう言う感じになってます」
鑢七実の独り言 「何でしょう、この。」
守屋ひよりの独り言 「.: .│ .: .: .: .: .: .:|.: .: .::ト;:| _゙、 .: .: .: ハ
.: .: | .: .: .: : : : : |: .: .: レ|⌒ !: .: .: .: ハ
: : : i.: .: .: .: .: .: :| .: .: i! l|   !.: .: .:.l、ハ
: : : :i.: .: .: .: .: .: | : : : |  |   │ .: .: lkハ
: : : : i.: .: .: .: .: .::l: : :│     |.: .: | :|ヘ.:|
.: .: .: :i .: .: .: .: .: .l.: : :|   ∩ !.: .: |k:| リ
.: .: : .: i .: .: .: .: .: i! .: |  |│ |.: .: | l:|
.: .: /⌒;: .: .: .: .: |ハ: |   U {! : .:| |
.:. .:{  ∨.: .: .: .: | ヽ:|  i!  j、: :j
.: .: .\__,∨.: .: .: .|  ヾ  弋ノノ /
.: .: .: .: .:ノ ∨.: .: .:|   ( フ /: /
: : : : ::/   ∨.: .: |._  イ:: : /
.: .: : √≧、_ |∨ .: |     ∨:/
.: .: :/_     ̄∨ :|     ∨
.: ./  ̄\    ヾ;|

蝙蝠…もし蝙蝠が勝ったら単独勝利ではないんですよね?」
カラスの独り言 「ああそうか主人はいないんだったな」
隼鷹の独り言 「2日目昼時で11人スタート。
吊り数が5の人外相当が4人中、3人が吊り必須と」
ランサーの独り言 「まぁ騙るかな。」
ペンギンの独り言 「狼特攻からの手順を考えてたんだけどなぁ」
輿水幸子(人狼) 「…って、冗談じゃないですよ!?
何でボクが狼なんですか!?」
翠星石(人狼) 「7人まで生き延びてください」
Lilyの独り言 「5吊り4と考えるとちょっとキツイけど」
ランサーの独り言 「選択肢1:占い騙り
選択肢2:潜伏
選択肢3:背徳者騙り」
鑢七実の独り言 「村建てありがとうございます。」
鑢七実の独り言 「こう、霊能者ですね。」
隼鷹の独り言 「えーと」
守屋ひよりの独り言 「村建て感謝>GM」
輿水幸子(人狼) 「え、あ。はい」
ペンギンの独り言 「もう始まってる!」
カラスの独り言 「5吊り」
阿部高和の独り言 「LWにすれば最悪大喜利」
隼鷹の独り言 「ほむ。狩人」
大銀醸の独り言 「素村ね」
カラスの独り言 「お、いいもん貰ったぜ」
ランサーの独り言 「お、おう。」
「◆GM それでは皆さん自陣営の勝利に向かってがんばってください
狐がいないので、背徳者は蝙蝠相当です
要するに、生き残れば勝ちです。」
阿部高和の独り言 「素村、か」
ランサーの独り言 「(チラッ」
翠星石(人狼) 「あ、どうも。」
ペンギンの独り言 「11>9>7>5>3」
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1 背徳者1
ゲーム開始:2014/01/26 (Sun) 21:40:39
翠星石 「はじめましょうか」
輿水幸子 「え? あ、はい>翠星石さん」
鑢七実 「舞台の最後を飾る、というのは並の方には出来ませんからね。」
翠星石 「いいですか?<輿水」
輿水幸子 「ドーン!と! ドーン!とですよ!?」
翠星石 「1」
GM 「輿水さんが、蝙蝠入りの12人でも良いのならば開始で」
守屋ひより 「スルースキル高すぎワロタ」
翠星石 「2」
翠星石 「3」
ランサー 「(ファンを呼んでおきながら閉め出すとか・・・このアイドル、出来る!)」
翠星石 「ではカウントを」
輿水幸子 「ここからドーン!とファンのみんなが来るに決まってるじゃないですか!」
ランサー 「主役は遅れてという事か。」
輿水幸子 「いえいえいえいえ違うんです、そういう意味じゃなくて!」
鑢七実 「確かに、満席ですね。」
輿水幸子 「あれ?」
GM 「では,この人数で開始という事で」
輿水幸子 「見ていてください
こんなちっぽけな村、あっという間に満席ですよ満席」
GM 「いらっしゃいませ>輿水さん」
守屋ひより 「そしてGMが背もっていくところまでが様式美w」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
輿水幸子 「仕方ないですねぇ、カワイイボクが来てあげましたよ!」
守屋ひより 「こんばんわ」
阿部高和 「実質蝙蝠増加か……」
輿水幸子 が村の集会場にやってきました
GM 「ってことでちょっとオプション弄ります」
GM 「2か3の方が多いので、12人背徳者入りにしましょう」
GM 「んー、それじゃあー」
Lily 「2,3でしばらく待ち…かな?」
鑢七実 「12Cですね、今勝手に作りましたけれど。」
守屋ひより 「多数派に従う」
阿部高和 「まあどれでも構わんよ俺は」
大銀醸 「2か3でいいとおもうわ」
GM 「12人を蝙蝠入りにしてバランスを取るという方法も無くはないなと」
隼鷹 「お任せ」
カラス 「強いて言うなら3希望だな
ランサー 「>GM
折角だし背徳者は見たいので2か3。」
守屋ひより 「ああ 村人カウントなのね了解」
守屋ひより 「③は無理でしょう
12Bがいいんじゃないかな」
鑢七実 「どうしましょう。」
翠星石 「翠星石 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 6168 (翠星石 07) → No. 1379 (翠星石04)」
翠星石 「12Bでいいですよ?」
翠星石 「ちょっと違う<ひより
蝙蝠は村人カウント。」
ランサー 「蝙蝠は蝙蝠で好きなんだよなぁ。
あの「なんでもしますから助けて下さい!村(狼)の味方しますんで!」というあの平身低頭さ。」
GM 「どうしませう?
12B(12人狐入り)にして、もう一人待つかGMが降りて開始
12人背徳者(蝙蝠相当)で開始する
意地でも18人まで待つ」
阿部高和 「11人だと 2W1K蝙蝠1か……」
守屋ひより 「つまり噛まれると死ぬ狐、ただしぼっちではない ということね」
ランサー 「>ひより
蝙蝠=生き残れば勝利、死ねば敗北。村でもどこが勝ちでもどうでもいい。
んで背徳者は妖狐がいなければ蝙蝠相当になるって聞いたから、確認の為。」
鑢七実 「お疲れ様でした、で良いのでしょうか。」
ペンギン 「蝙蝠は自身の生存非生存が勝利条件に入る
狐は仲間が生きてればおk
確かこんな感じ」
GM 「おや残念。またいつの日か>雛さん」
翠星石 「狐=噛まれて死なない
背徳者=狐が居ないと蝙蝠。
蝙蝠=第三陣営、生存だけが勝利条件の人。人狼にも村人にもつける。噛まれると死ぬ、吊られると死ぬ」
Lily 「またね」
ランサー 「お疲れ様、またな。>雛」
GM 「そういう事になると思われ>ランサー」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
鍵山雛は席をあけわたし、村から去りました
鍵山雛 は 鍵山雛 に KICK 投票しました
守屋ひより 「蝙蝠と狐の違いについてkwsk」
鍵山雛 「ふーむ。ごめん。ちょっと落ちます」
GM 「早苗の初心者村も、制限解除されても埋まってないから、今日は人が少ないのかな」
阿部高和 「村に当たりやすいどころか 概ね飛ぶ先村だからなあ>誘毒
連毒と同時に出現する事もそうそう無いんで」
ランサー 「所で仮にこの人数で開始した場合、蝙蝠1追加という認識でいいか?
流石に狐まで登場はしないだろう。」
ランサー 「誘毒は連毒だけが存在意義だからなぁ・・・。
一度機会こそあったが発動は見られなかったのが残念。」
翠星石 「6か」
阿部高和 「場所によっては投票者からランダムとかもあるとか聞いたことはあるがな。
鍋の毒系の中には範囲狭いものもある。
誘毒についてはちょっとアレはこう 擁護しづらい」
守屋ひより 「つまりランダム毒で死体2、ということもあるわけか」
GM 「毒を吊った場合は狐が死ぬ事もある」
翠星石 「例外はいくつかあるけど普通村じゃ出ないですう」
翠星石 「吊られ毒は皆等しく死ぬ。」
ランサー 「>阿部
LW担当が飛べば目も当てられないからな。
鍋だと特に。」
守屋ひより 「ランダム毒で狐死んだりする?
背徳者もそれで死んだりする?」
大銀醸 「ランダム死は騙り狼の毒死という確定破綻があるからえ」
翠星石 「気になるあの子と二人で生存勝利する為に仲間を見殺しにする覚悟を固めたこともあったですよ。しなかったですけど。」
阿部高和 「ランダムだと計算が狂いまくるんだよなあ」
守屋ひより 「しかし埋毒者が病死すると誰かに呪いが飛んで…」
翠星石 「実装当初は噛んだ狼が死ぬんでなくランダムで死ぬ仕様だったからねえ」
ランサー 「以来初日に毒を噛んだ狼は埋毒者になってしまう呪い的泉と・・・。
あれ、村からすれば平和じゃね?」
大銀醸 「悲しい事件ね」
阿部高和 「身代り君・GM無しでは発生しうるが」
阿部高和 「回避不可能すぎるな>GM」
守屋ひより 「悲劇的伝説が残されているアルねw」
GM 「初日に噛んだ狼が道連れになったという」
ランサー 「まぁこの村は18人で埋毒は20からだけどな。
おかげさまで「毒を噛んで自害」なんて言われなさそうで助かるが。」
GM 「むかし、初日が毒になるという痛ましい事件があってね」
守屋ひより 「ふむふむ 勉強になるわ」
ランサー 「なお俺の知識が間違っていても責任は取らない(真顔)」
阿部高和 「厳密には 噛まれる事で仕事したりする役職は
初日にならなかったり能力無効だったりで
仕事できない、か」
阿部高和 「そうだっけな>初日にならない」
守屋ひより 「かまれる役職は全て初日あり得る、って話だったからあるのかと思ってた」
ランサー 「猫又でも同様だな。
「毒無効」ではなく「初日にならない」
つまり登場すれば生存は確定される。」
隼鷹 「ぷはーっ! よっろしくう!」
GM 「いらっしゃい」
翠星石 「同様<守屋」
守屋ひより 「こんばんわ」
隼鷹 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「へーそうなんだ
猫又でも同様?」
大銀醸 「初日毒もないわよ」
阿部高和 「ああ 埋毒は初日だと無効だ>ひより」
Lily 「初日毒は無いよ(震え声」
守屋ひより 「これでさらに埋毒者がいて
初日毒、銃殺、後追い で死体4とかあったら笑うよねw」
鍵山雛 「鍵山雛 さんが登録情報を変更しました。」
阿部高和 「おお マジか>後追い」
ペンギン 「後追いルールには
6.身代わり君・恋人・愛人だった場合は後追いしない。
って書いてる」
ランサー 「>阿部
狼吊り狐噛みでも村勝ちがあり得ない。これが本当の絶望村・・・。」
守屋ひより 「いや、村2に狩人が混じっていればまだなんとかw」
GM 「いらっしゃーい」
守屋ひより 「こんばんわ」
鍵山雛 「よろしくね」
鍵山雛 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「了解であります」
ランサー 「>阿部
背徳とQP入りはそういう理由で非推奨らしいな。」
阿部高和 「絶望村だがな!>ひより」
GM 「基本ルール

1. 生存カウントは「村人」。
2. 妖狐系・子狐系が全滅すると自分も死亡する (後追い)。
4. 呪殺されず、人狼に襲撃されると死亡する。

この村で覚えるべきはこの辺かな」
阿部高和 「後追いする狂人……
恋人になったら面白い事になりそうだな」
GM 「下に背徳者の基本ルールを張っているので見ていただければ」
守屋ひより 「つまり村2、狼2、狐、背徳者 だと飽和にはならないのね」
翠星石 「ではないのか。
村カウントなのね。」
GM 「村カウント」
翠星石 「狐カウント<守屋」
阿部高和 「確か村カウントだ>ひより」
ランサー 「>ひより
村カウントのはずだ。後追いする狂人相当だからな。」
阿部高和 「可能性としては まず16人以上になりつつ 更に十何分の1をくぐり抜けたうえで
更に狐が生きてる間に銃殺ってならんといかんが」
ランサー 「はいはい、背徳者になる事を祈っておけ。
俺はそんな奴じゃないからあり得ないけどな。」
守屋ひより 「因みに背徳者は村カウント?ノーカウント?」
鑢七実 「初日呪殺から自害なされると楽しそうですね。」
守屋ひより 「このひとでなしー と続くべき?w」
阿部高和 「それはそうと今回 後追いあるから
自害する可能性はあるな実際>ランサー」
阿部高和 「なんてこった、ランサーが死んじまった!」
大銀醸 「大丈夫この村にQPはでないわ」
GM 「らしゃいませー」
守屋ひより 「こんばんわ」
ランサー 「よぉ。」
守屋ひより 「圧倒的女性率…阿部さんのストレスがマッハ」
ランサー が村の集会場にやってきました
Lily 「別のところでは初日占い師による銃殺がありうるって聞いたとこがあるわね」
GM 「いらっしゃりー」
守屋ひより 「こんばんわ」
鑢七実 「こんばんは。」
鑢七実 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「まあそうなんだけどね>考慮の余地」
Lily 「いない背徳者に怯える狼や村っていうのも楽しいものだと思うけどね」
翠星石 「ありましたねぇ。<阿部
初日犠牲者がしゃべる、投票する。
初日犠牲者「やぁ」」
阿部高和 「狐と同じで いるかもしれないってのが大事な役職だからな>背徳者
どちらかというと狼よりも村に利する存在だとは思うが。
GJ銃殺だの噛みあわせで銃殺隠しだのが通用しなくなっちまう」
GM 「背徳者が居るかもって可能性を考えながら進行する事になるので台無しって事は無いかと
ちょっと残念ではあるけどね」
大銀醸 「狼狐以外はすべからく初日の可能性はあるわ」
阿部高和 「某所では初日狐になる可能性とかあったらしいんだがな。
当然狼視点心の底から死ぬ」
守屋ひより 「もしそうだったら色々台無しな予感w」
GM 「あると思われ>初日背徳者」
阿部高和 「『噛まれる可能性のある役職』が初日の候補なので
ありえる筈だ>ひより」
GM 「らっしゃいー」
守屋ひより 「初日狂人はあるけど、初日背徳者はあるのでしょうかね?」
守屋ひより 「こんばんわ」
Lily 「よろしく」
Lily が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「初日に死体3つとか素敵やん」
GM 「狼の噛み先+銃殺+背徳者の後追いで死体が3でる可能性があります」
阿部高和 「今は狐がいない時は蝙蝠相当だったな。
そのせいか合戦村では登場しないんだぜ」
GM 「しかし,このたび「狐がいないときに出てきたら蝙蝠相当になる」という事で導入されました」
カラス 「よろしくな」
ペンギン 「よろすー。」
GM 「いらっしゃいませー」
守屋ひより 「こんばんわ」
大銀醸 「よろしく・・・ヒック」
守屋ひより 「背徳者か…子狐よりはましかなぁ」
カラス が村の集会場にやってきました
大銀醸 が村の集会場にやってきました
ペンギン が村の集会場にやってきました
GM 「PHPでも、かつては世紀末鯖という所では背徳者が居たんですが
こっちの方だと「鍋に狐がいないときに出現したら勝ち目が無い」という事で長らく導入されませんでした」
阿部高和 「や ら な い か>GM」
守屋ひより 「こんばんわ」
守屋ひより が村の集会場にやってきました
GM 「うほっいい男」
GM 「背徳者入りは、19人で狂人を狂信者にするとかいうのも聞いたんですが
良くわかんなかったので、狂信者はなしで18人にしました。」
阿部高和 「よろしくな」
阿部高和 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃいませー」
翠星石 「よろしくですぅ」
GM 「別に、入村許可はないよ
鍋と間違えて入っちゃったとかかもしれないけど」
翠星石 が村の集会場にやってきました
GM 「という事で、今回は背徳者村です
要するに、狐陣営の狂信者ですね。
では、報告に行ってきます。入村はご自由にどうぞ」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
翠星石は席をあけわたし、村から去りました
翠星石 は 翠星石 に KICK 投票しました
翠星石 「あっと・・・・」
翠星石 が村の集会場にやってきました
GM 「基本ルール

1. 生存カウントは「村人」。
2. 妖狐系・子狐系が全滅すると自分も死亡する (後追い)。
3. 妖狐系・子狐系が出現していなかった場合に限り、自分自身の生存が勝利条件となる。
4. 呪殺されず、人狼に襲撃されると死亡する。
5. 蘇生不可。
6. 反魂無効。
GM 「背徳者登場 [Ver. 2.3.0 β1~]

* 妖狐陣営の狂人相当です。妖狐陣営が全滅すると後追い自殺します [村人1→背徳者1] (村の人口が8人以上)
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COは例外でOK)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、システム利用(夜投票遅延によるメタ利用など)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ 利敵行為
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO(夜に狼や共有仲間に言うのはOK)
 超過0秒になる前の狼の噛み(詰んだ場合はご自由に)
 昼間のAA(ツールが使いにくくなる、発言引用がしにくくなる)
 GIFアイコン(不快に感じる方も居るので)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 ぬるぽと発言するとGMがCNを配布するかもしれません。
 GMはジョインジョインです
【占い師候補へ】
 占い結果と占い理由は分けて発言するようにお願いします
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
村作成:2014/01/26 (Sun) 20:58:45