←戻る
【紅2156】やる夫たちの普通村 [3938番地]
~LOVE&PEACE~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon GM
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon めぐみん
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon モノクマ
(生存中)
icon りゅか
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon アンゼロット
(生存中)
icon トンヌラ
(生存中)
icon 五月雨
(生存中)
icon 小悪魔
(生存中)
icon 枢木
(生存中)
icon アレックス
(生存中)
icon 球磨
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon できない子
(生存中)
村作成:2014/01/26 (Sun) 23:10:08
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください


全部読む→上手い返事を考える→実際に書く


これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「ローカルルール
昼AA禁止
2夜以降早噛み許可
2夜以降狐遺言禁止」
GM 「開始予定は23:30です」
真紅 が村の集会場にやってきました
めぐみん が村の集会場にやってきました
真紅 「よろしくね」
めぐみん 「私、参上」
GM 「予測検索でlove&peace&moneyって出たんですけど」
GM 「いっらしゃーい」
めぐみん 「ラブアンドピースまではいいことを言っているのに、金が絡むと一気に生臭くなりますね?」
比叡 が村の集会場にやってきました
比叡 「気合!入れて!吊ります!!」
GM 「ベビー服のブランドらしい。
金が入るときな臭くなるんだよなぁ」
GM 「いらっしゃい。」
やらない子 が村の集会場にやってきました
めぐみん 「ベビーの頃からマネーとか・・・さては米国ですね?」
やらない子 「よろしくでしょ」
GM 「いらっしゃい。」
モノクマ が村の集会場にやってきました
モノクマ 「Love&Peace」
真紅 「ドラえもん、狼を簡単に見つける機だしてちょうだい」
モノクマ 「はい、初日うらないし~ >真紅」
GM 「あら、パンダかしら。」
りゅか が村の集会場にやってきました
りゅか 「よろしくー」
めぐみん 「夢もキボーもありゃしませんね」
kkkrrr が村の集会場にやってきました
古明地さとり が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
kkkrrr 「よろしく」
kari3 が村の集会場にやってきました
古明地さとり 「…ふむふむ、宜しくお願いしますね」
かりい が村の集会場にやってきました
五月雨 が村の集会場にやってきました
小悪魔 が村の集会場にやってきました
kari3 「なんか思ったよりも埋まりそう」
小悪魔 「こんばんは!」
五月雨 「よろしくお願いします!」
GM 「いらっしぃ」
小悪魔 「小悪魔 さんが登録情報を変更しました。」
モノクマ 「サクサクっと埋まりそうだね」
かりーーー が村の集会場にやってきました
小悪魔 「小悪魔 さんが登録情報を変更しました。」
かりーーー 「よろしく」
kari3 「kari3 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari3 → アンゼロット
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2862 (アンゼロット)」
古明地さとり 「古明地さとり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:古明地さとり → ルーミア
アイコン:No. 7485 (古明地さとり7) → No. 1992 (ルーミア2)」
kkkrrr 「kkkrrr さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kkkrrr → やらない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2458 (やらない夫02)」
ルーミア 「やっぱりこっちなのかー」
めぐみん 「ドーナツをよこしなさい。さもなくば爆裂魔法で塵に還るがいいのです」
アレックス が村の集会場にやってきました
アレックス 「よろしく頼む」
球磨 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「ドーナッツっておいしいのか?>めぐみん」
ルーミア 「球磨は食べてもいいクマー?」
球磨 「意外に優秀な球磨ちゃんって呼ばれるクマ!
よろしくま!」
比叡 「所要で失敬」
GM 「いらっしゃい」
比叡 は 比叡 に KICK 投票しました
比叡は席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
球磨 「ところでりゅか君、その手に持つきれいな多摩を見せてくれないクマか?」
かりーーー 「かりーーー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーーー → 枢木
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 8383 (枢木スザク2)」
ルーミア 「比叡、いってらっしゃーい!!」
五月雨 「また遊びましょうね!」
めぐみん 「ドーナツとは童菜津と書き、子供でも美味しく食べられる野菜として有名なのですよ>ルーミア」
めぐみん 「おさらばです>比叡」
めぐみん 「(カーンカーンカーン」
ルーミア 「そーなのかー!!私もそれ食べたいー!!>めぐみん」
かりい 「かりい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりい → トンヌラ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8088 (リュカ)」
アンゼロット 「なぜかアレックスとスザクは同類に見える」
GM 「おつかれー>比叡」
ルーミア 「那珂ちゃんが解体されたのかー?」
球磨 「その民明書房みたいな変換はやめるクマ!」
十六夜 咲夜 が村の集会場にやってきました
トンヌラ 「リュカよりアベル派です」
できない子 が村の集会場にやってきました
やらない夫 「嘘教えてやんなよ>めぐみん」
ルーミア 「…Σうそなのか!?」
めぐみん 「私も食べたいのです。
球磨、遠征で印度とかから取ってくる気はありませんか」
GM 「いらしゃーい」
できない子 「ん、と。よろしく。」
トンヌラ 「タバサって世界観的に実際どうなの」
枢木 「誰が裏切りで成り上がってるって証拠だよ>微チチアンゼ」
モノクマ 「えくすとりーむ」
アンゼロット 「主人公の名前以外は割りと普通の名前が居ますし問題ないのでは」
やらない子 「埋まりー」
アレックス 「彼と同類と思われたくはないな」
十六夜 咲夜 「十六夜 咲夜 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:十六夜 咲夜 → 雪華綺晶
アイコン:No. 19 (十六夜 咲夜) → No. 5528 (雪華綺晶05)」
アンゼロット 「私はなぜそこまで言われなければならないのでしょうねぇウザク」
めぐみん 「テンとソラの兄妹よりはマッチしているんじゃありませんかね>タバサ
でも私はあの漫画版好きですよ?」
トンヌラ 「まぁやっぱ一番はパパスだと思う」
アンゼロット 「ふふふ誰が微チチなのか
というよりも思うのですけど多分私姿可変ですよね
どこぞのぽんこつのごとく」
五月雨 「パパのパパスさん!」
トンヌラ 「テンとソラは好きだな」
できない子 「やらない子も、やらない夫さんもいるんだ。」
アンゼロット 「掲載誌がころころかわりましたよね」
球磨 「ああ懐かしのドラクエ4コマ」
枢木 「ポンコツと巫女には需要あるけど・・・あなたは>アンゼ」
めぐみん 「叔父のオジロンさんとかも素敵ですよ」
トンヌラ 「マーサじゃなくてママスだと思ってました(迫真」
真紅 「開始してもよろしくて?>GM」
雪華綺晶 「祝、連載完結」
球磨 「エニックスお家騒動の煽りクマよね~>天空物語」
GM 「いいとも~>真紅」
モノクマ 「この村は・・・くまが銃殺される村になると読んだね」
アンゼロット 「客観的な人気ランキングだと
ぽんこつ>灯さん>私>くれはさんになりそうなんですが」
ルーミア 「宵闇の妖怪だけど、スザクとアンゼロットのほうが黒いのかー」
真紅 「では、カウント」
めぐみん 「似たもの夫婦ってレベルじゃありませんねそれwww>トンヌラ」
真紅 「3」
球磨 「エニッkスウドラクエといえばやっぱり三剣もとか!
これとアレだけは譲らない!」
五月雨 「いいとも!」
アレックス 「ドラクエ4コマと言えば新山たかし」
真紅 「2」
やらない夫 「ローゼンメイデンすげートビトビでしか読んでないんだよなぁ」
トンヌラ 「もしかしてお爺さんはジジスだったりするのだろうか(真顔)」
枢木 「えー>アンゼ」
真紅 「1」
真紅 「開始」
アンゼロット 「オジジでは?」
ゲーム開始:2014/01/26 (Sun) 23:28:58
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
「◆GM 僕の親父が20年後、HENRYの部下になるらしいので初村建てです。GMは円高」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 俺に言われても…>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM 気のせい気のせい。大丈夫だって、安心しろよ~。>該当者」
「◆GM わからなくなった時は、愛を語るといい。なんとかなるんじゃない?」
GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
モノクマ 「おはよう

それじゃ占いCOを聞くとしようか」
ルーミア 「おはようなのかー!!」
球磨 「モノクマー、コアクマー、アレックマー、よろしクマー!
とまぁ、クマ業界ならではの挨拶をするクマー。

占い師もCOするといいクマー。
○進行なら霊能者もCOするといクマー。
共有者も出てくるといいクマー。」
アレックス 「おはよう
気をつけろ 狼が潜入している
それと人を惑わす狐もな」
真紅 「紅茶を入れてちょうだい」
五月雨 「占いです! モノクマ◯」
雪華綺晶 「おはようございます
ソレではCOをお願いします」
小悪魔 「おはよーございます」
やらない子 「おはようでしょ」
できない子 「おはよう。人外見つけるなんてできないよ……」
枢木 「15」
めぐみん 「我が紅魔の瞳に見通せぬ悪はありません。
小悪魔○」
五月雨 「理由
何か開始前に溶けるとか言ってましたし、
一番右上なら対応もされにくいほうと考えました!
溶けないなら知らない!」
トンヌラ 「愛ってなんだー
躊躇わないことさ!
はい、おはよう
じゃあ先ずは占いCOを聞こうか」
やらない夫 「さーて役職はとっととCOしてほしいだろ。
時間は有限だからな。無駄に使う必要は全く無いだろ」
めぐみん 「初日:小悪魔
悪魔と名の付く者を放置しては冒険者の名折れ。
我が爆裂魔法のサビとなるがいいのです!」
アンゼロット 「おはようございます」
りゅか 「霊能CO」
できない子 「ん、寝坊したけどまだ占い1人?」
枢木 「占いは2COか」
モノクマ 「露骨に銃殺狙われていた・・・!?」
やらない夫 「2COっぽいな」
五月雨 「溶けはしなかったです! フラグは折れた模様!」
トンヌラ 「占い二人
霊能どうぞ」
アレックス 「ここまでのようだな
占い師のCOはな」
ルーミア 「モノクマと小悪魔は食べちゃいけないのかー…」
りゅか 「じゃあとは頑張ってね」
できない子 「と思ったら2-1と。
共有も出てきてね」
枢木 「霊能は2COじゃないのー(ちんちん」
やらない子 「共有CO」
アンゼロット 「二人に増えてましたね
目一杯様子見するのは良い傾向だと思います
中身にかかわらず」
やらない夫 「んじゃ霊能と共有もでてグレランするっきゃない」
枢木 「ボクも共有CO」
球磨 「クマ業界二人がもうすでに暫定○クマね。
それじゃあとあと続々出てくるといいクマ。」
アンゼロット 「枢木さんセクハラ発言ボッシュート」
トンヌラ 「じゃあ共有どうぞ」
真紅 「五月雨の占い理由が私の想像したのと違った
なんかこう、白黒付けてやるぜとか、そういうのだと思った」
小悪魔 「小悪魔は最早悪魔を超えて大天使となっていることを
さっそくめぐみんさんには見ぬかれてしまったみたいですね」
枢木 「グレランで」
めぐみん 「ふむ、対抗は一人ですか。
狼が潜ったか、狂人が潜ったか・・・狂人初日というのは考えてもしかたありませんね」
トンヌラ 「よし、やることなくなったね!」
五月雨 「それでは、昼の戦いに改めて入りましょう!
無駄占いもせずに済みましたし!」
モノクマ 「ぼくは学園長だからね
食べても美味しくないよ」
アンゼロット 「(おのれ共有。おのれPHP)」
できない子 「共有だなんて流石やらない子。頼りにしてるね。」
雪華綺晶 「2COですか」
枢木 「◇アンゼロット 「枢木さんセクハラ発言ボッシュート」

( ´,_ゝ`)プッ」
ルーミア 「2-1なのかー、共有初日だとある意味楽だったけど
そうじゃなかったのかー…」
やらない子 「2-1-2で打ち止め。グレランでゴー」
やらない夫 「マイシスターが共有なら安心できるな。この村のことは頼んだだろ」
真紅 「枢木かやらない子が霊能なんでしょ
しってるしってる」
球磨 「ルーミア>むしろ狼からしたら食べていい存在なんだろうけどねw」
アレックス 「霊能の数は1 2-1コース展開
こんな時 俺は霊を軸に考える事にしている」
トンヌラ 「【本日の議題】
キラーパンサーの名前」
小悪魔 「よかったじゃないですか
まだ食べていい球磨さんが一人残っていますよ>ルーミアさん」
できない子 「それに比べてやらない夫さんは……
いや、ここに来てもいないうちの兄貴よりマシだけど」
アンゼロット 「……………(ピキィッ>枢木ウザ」
やらない夫 「ウザクだなこの枢木卿」
枢木 「お兄さん、同居している枢木です(キリッ>やらない夫」
めぐみん 「なにかセクハラ発言してたんですかあなた>枢木」
トンヌラ 「僕はゲレゲレだった
あいつセンス無いんだもん」
ルーミア 「食べられる狼が羨ましいのかー…(ぐ~)>球磨」
雪華綺晶 「で、霊共有出たと
グレランですね」
やらない夫 「ボンゴレ一択に決まってんだろ>トンヌラ
ゲレゲレはねーわ」
できない子 「>真紅
どっちも共有みたいだよ」
五月雨 「朝きて一分ほどの出だしは静かでしたが、もっともっと盛り上げていってください!」
アレックス 「初プレイ ボロンゴだったよ」
めぐみん 「ゲレゲレ1択ですね。テリーのワンダーランドを先にやっていたので。」
できない子 「キラーパンサーって何?」
五月雨 「あと、ボロンゴ一択ですよ!>トンヌラさん」
雪華綺晶 「ゲレゲレ>トンヌラ」
真紅 「私的に、初日が狂人か真で2−1になったのならば、霊能真ということで、2−1の真って割合信じられる。」
やらない子 「ネーミングセンスないから任せた」
枢木 「俺には何のことさっぱりなんだよ
アンゼロットさんはきっと結婚適齢が>めぐみん」
ルーミア 「ところで占い2だと、初日の食べられたGMがなんかもってたのか
それとも、潜伏してるのかー?
どっちにしろ、GM美味しく食べられた狼に嫉妬なのか」
球磨 「プックルがいいクマー。
リボン食べる展開がよかったクマー。」
アンゼロット 「とはいえ狂人どーとか初日どーとか何かが潜ったとか
そういう定型文くらいしか発生しにくいというのも初日という出だし」
やらない夫 「狼は初手枢木を噛め!どうせあとで噛むんだ!順番の問題だろ!!」
できない子 「ああ、えっとドラクエだっけ。
私ゲームとかできないから……」
アレックス 「>五月雨
気が合うようだね
君は最後まで生き残って欲しいな」
枢木 「ヒジョウショク 今のドラクエならいける!」
モノクマ 「これだと灰が狭いから
完グレ減らしていくコースがいいのかな
真占い居るなら狼が噛むはずだろうしって意味でも」
トンヌラ 「ボロンゴとかなんか嫌だった>ボロンゴ派
最低限プックルだろこれは譲れない」
雪華綺晶 「紅薔薇のお姉様が意外にフランクな件に関して」
真紅 「キラーパンサーにリボンを使うという発想が無くて一生殴り続けた思いで。」
ルーミア 「チロルチョコににてるからチロルにした人はいないのかー…(しょぼーん)」
めぐみん 「その2-1の真の真って霊能にかかる真であってます?>真紅」
アンゼロット 「あ。それいいですね
霊能や共有よりも先にそこの枢木ウザク卿をがぶりとやっちゃってください
きっと狩人も護衛しませんよ」
アンゼロット 「文字数オーバーしてません?>ヒジョウショク」
ルーミア 「スザクって美味しくなさそうなのかー>やらない夫」
やらない夫 「俺はお前とマイシスターの交際を認めたわけじゃねぇ。
何勝手に同居発言してやがる・・・!
野郎・・・ぶっ殺してやる!」
トンヌラ 「君とは良い酒が呑める>きらきー」
球磨 「ルーミアがなんだかすごく頑張ってる子に見えるクマね。」
五月雨 「別に初日占いと初日狂人と初日霊能は確率で言えば同じですよ?>真紅さん
霊能は1COならあんま偽みないです元々。占いと割れれば霊能が信じられる。」
小悪魔 「だからこそ定型文しか発生しにくい初日に自らテーマを投げかけていくトンヌラさんは勇者の親の鑑というわけですね」
枢木 「俺は生きなくちゃいけないんだぁぁ?!>やらない夫 ナンデロット」
できない子 「2-1とかのCO数よりも出るタイミングその他から判断すべきだと思うんだけど>真紅の霊能云々
そもそもなんで言ってるんだろうというかそんなこと」
ルーミア 「そう思うなら、球磨食べてもいい?>球磨」
めぐみん 「いつリボンを手に入れたのか困惑していた覚えがありますねー。
あれってゴールドオーブと入れ替わりだったんですかね?」
アンゼロット 「誰かギアスキャンセラーをお持ちの方―」
雪華綺晶 「なんというかこうも雑談が飛び交う初日も珍しいですね」
真紅 「ええそうよ。
分りにくかったわね、ごめんなさい。>めぐみん」
トンヌラ 「おい今ゲレゲレのこと非常食つったやつ誰だ
表出ろ」
枢木 「10ならいけるいける、現代っ子の常識さ>アンゼロット」
小悪魔 「初日占いと初日狂人と初日霊能は確率で言えば同じ、でも
人外が占いを騙る可能性と霊能を騙る可能性は違うのです」
やらない夫 「まぁ基本2-1なら明日の噛みみて判断するっきゃねぇ。
真狼本線見といて噛みで真狂なりそれ以外なり考えりゃいいよ」
アンゼロット 「そこのウザクです>トンヌラさん」
球磨 「ルーミア>あんた狼?」
トンヌラ 「ゲレゲレをしばき倒したのは僕だけじゃないはず」
アレックス 「キラーパンサーよりガンドフのほうが可愛い」
できない子 「その上で別に私は乗っ取りっぽくないし疑うとかないから特に議題にも出してないけど、真紅にはそれをする理由があったのかなあみたいなね。」
雪華綺晶 「御相伴預かりましてよ>トンヌラ」
ルーミア 「ちょっと、名前が美味しくなさそう…>トンヌラ」
りゅか 「名前が思い出せない>キラーパンサー」
モノクマ 「はい、ギアスキャンセラー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
真紅2 票投票先 →アレックス
めぐみん0 票投票先 →やらない夫
やらない子0 票投票先 →アレックス
モノクマ0 票投票先 →アレックス
りゅか0 票投票先 →真紅
やらない夫2 票投票先 →アレックス
ルーミア1 票投票先 →やらない夫
アンゼロット0 票投票先 →球磨
トンヌラ2 票投票先 →枢木
五月雨0 票投票先 →ルーミア
小悪魔0 票投票先 →アレックス
枢木1 票投票先 →トンヌラ
アレックス5 票投票先 →球磨
球磨3 票投票先 →トンヌラ
雪華綺晶0 票投票先 →球磨
できない子0 票投票先 →真紅
アレックス は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
五月雨 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
五月雨さんの遺言                        ,....-:―:-.....
                   /::::::::::::::::::::::::::`:...
                      .:::::/::::::::::\:::::::、:::::::\
                     /:::::'::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ:::::::::.
                  /::::::i:::::′ `  ::::::::::::::::‘::::::::i
                 .::::::::|::|::_L._    `ヽ}_、::::|:::::::|
               ハ:::::|i:「   `   ´     V}:::::::|
               ′ }::::| だヽ     だヽ  |:::::::|
              {  |::::l 込,ソ    .込,ソ  |:::::::|
                 ノ::八 , , ,  '    , , , |::::::リ
                  .'::/ }::::..、        ,. .イ:::/    占いでーす
                  / .:::::::::::>....` ´ _..<::::リ:/
            /   /:::::::::::::/  ̄   }\/___
               /::::::> ´ { /i:i:i,  /,>_, ` </∧_
              .:::r ´,。</|.´:i:i:i:i:i:v//////>' 寸/∧
               /::::::|r7'////,|` ー 7'//////'   V/∧
.            /::::::::::::|∨ ////|    ///////    ∨'∧
アレックスさんの遺言 村人だ

占い師はめぐみんがやや狼的だと思う
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
真紅 「紅茶を入れてちょうだい。」
めぐみん 「我が爆裂魔法の前に栄える悪はありません。
モノクマ○」
トンヌラ 「◇枢木 「ヒジョウショク 今のドラクエならいける!」

貴 様 は コ ロ ス …
共有?知るか!!!」
ルーミア 「トンヌラが投票ミスなのか
余裕のないのか…はたまたネタなのかー…」
モノクマ 「おはよう

さぁ、占い結果を聞きましょうか
霊能は・・・まぁ体感6割で●ってところじゃないかな」
雪華綺晶 「初日球磨鍋できなかった絶望」
できない子 「おはよう。人外見つけるなんてできないよ……」
りゅか 「○」
めぐみん 「2夜:モノクマ○
2-1なら交換占いをしていいんじゃないかと思うんですよ。
共有の意見を聞き忘れていましたが、溶ければいいのです。」
アンゼロット 「>できない子さん

それに比べてやらない夫さんは
まだ彼が狩人だったり人外だったり潜伏占いだったりする可能性はありますよ多分
まだ無職だと決め付けるのは可哀想です。無職だったら蔑みましょう」
球磨 「◇アレックス 「>五月雨
気が合うようだね
君は最後まで生き残って欲しいな」

投票理由コレクマかねぇ・・・w

ルーミアが噛み噛みいっててあんまり好きじゃない。
今日も続けるようなら多分投票するクマよ。
エンジンかかって名推理とか仕出してもこれがほんとイヤすぎる。

トンヌラが共有投票?
あんた何しにきたクマかー。」
小悪魔 「おはようございましたー」
やらない子 「おはようでしょ」
できない子 「あれ、そっち噛まれるんだ」
ルーミア 「ほむ」
トンヌラ 「一応分かってるとは思うけど
ウザク投票はネタだから、分かってるから共有だって

この辺ツッコんでくる人って割と人外に見れたりするよ
殴るとこ必死になって探して
一番簡単なとこに手出しちゃうってやつさ」
枢木 「めぐみんの色見たい人?」
やらない夫 「即噛みあるならどっちもあるパターンなんで噛み切りあんのか
共有噛み入るのかみて残った占い判断する。
死体なしでるならまー問題ない。

霊能噛みなり共有噛みなら狼混じり。確定でみていいだろ」
アンゼロット 「正直な所霊軸と発現するアレックスさんは余り吊りたくないのが本意だったのですが」
ルーミア 「やらない夫(106)
「まぁ基本2-1なら明日の噛みみて判断するっきゃねぇ。
真狼本線見といて噛みで真狂なりそれ以外なり考えりゃいいよ」

わりと、噛みで見えることもあるけど
占い噛まれたら、真狂でも真狼でも、狂狼でも何でも噛むきがするのかー
其の上で、霊能が噛まれた場合どうかんがえるのか??」
真紅 「なら、めぐみんの寿命は、10までだから、真ならそれまで銃殺をどうのという事でしかないわね」
めぐみん 「ふむ、対抗噛み。
狼は全潜伏ですか、●探しが熱くなりますね」
モノクマ 「見た目こんなだけど真っ白になったよ」
雪華綺晶 「球磨鍋食べたいから投票しました
反省はしている」
真紅 「きらきーとトンヌラが今日何を話してくれるのかなって言う程度。」
小悪魔 「狼は残念ながらプックル派だったみたいですね
ボロンゴは役割持てないですから仕方ないでしょう」
ルーミア 「別に占い噛みでも狼混じりは普通にあるのかー>やらない夫」
トンヌラ 「フラグは建てた上でやったことだから>ウザク投票」
やらない子 「私はどっちでもいい」
やらない夫 「即吊りやりたきゃどうぞって感じ」
できない子 「>アンゼロット
昨日何か言われたのかと思ったけど違ったね
ああそうだね、無職だったら思いっきり蔑むの楽しみにしてる
アンゼロット 「やらない子さんが同じことを言ってくだされば

占い師見てなかったのでよくわかりませんと回答できるんですが
ウザクさんだしなあ……」
球磨 「雪華綺晶>やめてくれクマー・・・意義と優秀クマよ~・・・。

あと占いが噛まれてるクマね。
次の占い先とかそういうn書いて欲しかったクマね。」
ルーミア 「パンダにならないのか…見た目はそんなんなのに>モノクマ」
できない子 「>共有
私はそこまでは」
真紅 「モノクマを占って○な以上、急ぐ必要があるとは思わないわね>枢木」
枢木 「吊りたきゃとやめてくださいwwwお兄さんwww>やらない夫」
モノクマ 「真狂だと思うよ
そうなると、むしろ小悪魔が真贋把握位置になりうるね
ベグかどうか様子を見てもいいんじゃないかな」
りゅか 「ちょい残してみたいかな」
めぐみん 「即吊りははっきり拒否しますが、グレラン村がやりたいというのなら霊界からのんびり眺めるブンには嫌いではありません」
やらない夫 「あるよ>ルーミア
だから噛み切りあるまで見るか、共有噛まれるまで判断保留でもいい」
ルーミア 「気に入ったのかー、吊るのは最後にしてやるとかっていう
どっかのメトリクス大佐がふと頭をよぎったのかー>トンヌラ」
雪華綺晶 「んー
囲いあると見るならまぁ、即吊りもあり


真を追うなら10人まで
真はあまり考えていないなら12人まで
ですかね」
できない子 「なんか割と真紅さんについて話してたけどそこまで反応が無くて寂しいかな」
やらない子 「めぐみんの反応が●探し>>銃殺であるなら
別に吊ってもいい気はするでしょ」
球磨 「それよりもさ、朝イチと昨日のアレでトンヌラ吊りたいクマよね。>共有」
小悪魔 「このリアクションの薄さ、皆様占いに対して現代的に冷め切っておられますね
なおこあくまは放置して良いと思います。理由は真狼っぽい占い方してるからです」
アンゼロット 「意見を有さない私以外の皆さんの意見が残す方に大勢が傾いているようですね」
トンヌラ 「即吊りもありではあるけども
ベグってこともあるしうーん…

いや、実際吊らないで真見えるかというと更に微妙だし…
銃殺期待するなら残し
無いなら即吊って真想定のまま吊りってのもありかな」
りゅか 「めぐみの初手○をそんなに吊りたいと思わないしね」
枢木 「囲いがあると思うならどっちかな?>キラキー」
ルーミア 「ふーむ>やらない夫」
できない子 「ああ、モノクマ追いかけてるんだ。」
枢木 「ぐぬぬぬ>ナンデロッタ」
真紅 「話してたいなら自由に話せば良いじゃない。このアリスについて。>できない子」
やらない夫 「ただ、10まで残すってなるならどれかは諦めなきゃ吊りたりねーんで
人外しっかり吊るって見るなら12でいいかなって感じ」
やらない子 「しかしそれは今日狼吊れなかったらのほうがいいとも思ってるでしょ」
小悪魔 「真狼っぽいというよりはめぐみんが狂人ならモノクマ○は役割持てないというだけのロジックですけどね」
ルーミア 「では、私の見解をいうのかー
やらない夫に着目したのは、噛みを重視している点
これは、結構噛みに関係してるのかな?って疑問があったのか>やらない夫」
雪華綺晶 「議題

桃薔薇のお姉様はどこから食べてしまうか
性的に」
アンゼロット 「雪華綺晶さん的にはどうなのでしょうか?>真を見るか見ないか
進行論としては妥当ですが。真を見れるなら極論別に10で吊らなくてもいいわけですし」
めぐみん 「狐はグレランで吊ればいいのです。
っていうか3W灰に居ると思うと滾りません?>やらない子」
トンヌラ 「それ途中で殺すフラグだよね>ルーミア
かかってこい元奴隷の俺に敵うもんか!」
枢木 「いやー呪殺頼みたい>めぐみん」
真紅 「なんで、そんな事話すの?という事に関して反応が欲しいのならば
別に思った事を言っただけで深い意味なんて無いわよとしか答えられないけどね」
球磨 「正直そんなに占いに優劣ついてたクマかね?>ALL

10までは(でいいのか?)残していいんじゃないクマかね。」
できない子 「うん?」
球磨 「めぐみん>いや、解かせクマよw」
めぐみん 「桃薔薇・・・雛苺? あれって姉枠だったんですか?>雪華綺晶」
枢木 「アンゼロット、君はいい位置するな>アンゼロット」
やらない子 「むしろ狼をグレランで吊って狐を銃殺するもんじゃないの?」
モノクマ 「今のところ、予想通りなら小悪魔も○で真狂のベグだろうね
片方を噛めばもう片方も吊れるというプランだと思うよ」
やらない夫 「まぁ基本的に噛み切りするかどうかってのも狼次第なんで。
ただ感じ的には真狂だとは思わんからなぁッて感じ」
ルーミア 「なぜなら、噛みを観て考えようっていうのは、ある意味噛みに対する意識が有る=何かしらの役なんじゃないのかー
そうルーミアはかんがえたのか…」
雪華綺晶 「クッ、私の体さえ保てばアリスは私でしたのに」
めぐみん 「・・・あ、偶数でした。
なんで溶かすと吊りが減ると思ったんですか私?」
できない子 「ああ、いいのか。なんか間違ってた。
五月雨噛みがベグってうーん?って思ったけど私の頭のなかがなんか真狼になってたみたい」
小悪魔 「実際真狼枠だということに(私の中で)なっためぐみんさんが
●引いてその●を吊ってもらえると思っているならそれは大きな間違いですよ?」
やらない夫 「むしろ2-1で噛み見ないで中身判別できるん?>ルーミア」
トンヌラ 「ネタにマジレス>球磨
余裕の無い人外ですね(ニッコリ)」
雪華綺晶 「私の姉です>めぐみ」
アンゼロット 「>ウザク

下々の者のように慌てないものです。貴方と違って」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
真紅3 票投票先 →球磨
めぐみん0 票投票先 →真紅
やらない子0 票投票先 →球磨
モノクマ0 票投票先 →ルーミア
りゅか0 票投票先 →球磨
やらない夫0 票投票先 →球磨
ルーミア1 票投票先 →真紅
アンゼロット0 票投票先 →球磨
トンヌラ3 票投票先 →球磨
小悪魔0 票投票先 →球磨
枢木0 票投票先 →トンヌラ
球磨7 票投票先 →トンヌラ
雪華綺晶0 票投票先 →真紅
できない子0 票投票先 →トンヌラ
球磨 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない子 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
真紅 「紅茶を入れてちょうだい」
モノクマ 「おはよう

意外と噛まれなかった・・・
まぁ占いと霊能聞こうか」
トンヌラ 「んールーミアがネタに染まりっきりで
結局自分の考えを言ってない感はあるかなー

やらない夫に自分の考えを言うってより
やらない夫の考察を上げてるって感じだったしね

後、やらない夫への殴りにちょっと迷いが無いように感じた
これ割と重要」
りゅか 「●」
できない子 「おはよう。人外なんて探せないよ……」
雪華綺晶 「アリスに嫉妬して投票しました
反省はしていません

球磨鍋さんは占いに対する考え方的に狩狐目だったんじゃないかなーで投票外しました


めぐみ>七体姉妹の七番目が私なのです
桃薔薇のお姉様は六番目なのですが基本、末っ子気質なので見た目もあって一番幼く見られてますね
黄薔薇のお姉様はなんだかんだで姉枠を確固たるものにされてましたが」
アンゼロット 「>めぐみん「即吊りははっきり拒否しますが、グレラン村がやりたいというのなら
霊界からのんびり眺めるブンには嫌いではありません」

これが発言できる人狼は居ないのではないかと思いました」
ルーミア 「ほむ?」
小悪魔 「おはようございマスタング」
めぐみん 「我が爆裂魔法の前にひれ伏すがいいのです。
アンゼロット●」
できない子 「なんか夜遅いよね」
真紅 「ふむ」
めぐみん 「3夜:アンゼロット
3日目の(10)をみて、占いたくなったのです。
「つまりやらない夫をどうしたいの? もしかして狼のSG狙い?」とかよぎりました。」
やらない夫 「ルーミア放っぽといていい感じ。
アンゼロットはアレックスの霊軸発言で残そうって思ってたみたいだけど
どういう理由か聞いてもいい?」
りゅか 「じゃアンゼ吊ろうか」
ルーミア 「球磨は食べてもいい球磨だったのかー」
トンヌラ 「イエース」
枢木 「アンゼロットに●か悪い無いね」
アンゼロット 「吠えを増やし気味の割には霊噛まずですか>霊結果黑」
できない子 「やらない子……
私の、友達を」
めぐみん 「ほう、球磨は●ですか。ではアンゼ飼いでいきましょう」
真紅 「球磨が狼であるのならば、めぐみん狼じゃないの」
ルーミア 「なんというか、露骨なのかー」
やらない夫 「マイシスター・・・安らかに眠るがいい」
できない子 「よし。
で、狼1人吊れてめぐみんの●と。」
モノクマ 「悪くない位置だね
後は真狂狼のどれと判断するか・・・だけど」
雪華綺晶 「球磨鍋さん●なのはちょっと意外

残された占い擁護とかしちゃうんだっていうか」
ルーミア 「やらない夫(79)
「むしろ2-1で噛み見ないで中身判別できるん?>ルーミア」

占いの判別は、初日はそんなに焦る必要はないようなきがするのかー
噛みだけで判断しなくても、占いは真を証明できる役職なのかー
だから、噛みだけに着目する意味はあんまりないのかー」
アンゼロット 「>できない子さん

まず初日の開始時点の昼2-1の段階で霊軸に誘導できる発言ができる人狼はいないと感じました
さりとて素村でも発言しにくい
ここまで言えばなんとなくわかってもらえるかと」
めぐみん 「ん? あれ、私間違えてる?」
りゅか 「吊っていいよ、非狼位置のあたりはついてるし
仮にアンゼ狼でもどにでもなる」
やらない夫 「んーアンゼって●なぁ」
真紅 「球磨はトンヌラに誘導してたけど
あの誘導の仕方だと、トンヌラ潜伏狂人になりそうなの。球磨の推理状。」
トンヌラ 「噛めないでしょ>アンゼ
護衛的に考えて、その辺君自身どうお考え?」
小悪魔 「球磨さん狼で共有噛みなら7票も入っているから帰ってどうとでもなると思っているのでしょうか
だがその幻想をぶち壊す!」
アンゼロット 「ちなみに私初日からずっと球磨に投票していますけどね
まあ身内票見るというのは止はしませんが」
めぐみん 「1W吊れたら●飼いでいいんですよね・・・?」
りゅか 「まあどうみても身内いれてるんじゃないのな票数だけどw」
枢木 「いいんじゃないかなーめぐみん狼あると思ってるし
潜伏狂人候補にも●出してくれてありがたい」
ルーミア 「一応、噛みだけで内訳云々については、私はこう思ってるのか
噛みはひとつの要因程度にしかみないのかー」
できない子 「真紅は反応とか昨日見るに投票し続けなくていいかなって思った。
外したのはそれが理由ね」
やらない夫 「そら7票も入って狼吊れて、身内はいってねーってケースはねーよ>りゅか」
アンゼロット 「>トンヌラ

私自身は噛みますよ。それが致命的であるならば
初手の球磨投票は見ればわかると思いますけど」
りゅか 「こんだけ票いれてるのに霊能結果見せてもいいって判断してるんだから

身内はそりゃーいれてるぐらいにかんがえるべきだし」
真紅 「推理上ね。
でも、球磨はそういう事は言ってなかった。トンヌラ潜伏狂人だというとめぐみん狼であると推理しないと行けないから,言えなかった。
そういう風に思えるわ。」
雪華綺晶 「噛み筋と占いの結果次第ですかね>アンゼロット


仮にめぐみが狼なら何らかのアプローチはあるでしょうから」
やらない夫 「むしろ入ってなかったらびっくりだろ」
ルーミア 「身内してるから霊能を噛まなかったと魅せるためにあえて霊能を噛まなかったという
考えもあるのか」
モノクマ 「まぁアンゼ飼えばいいんじゃないかな
そこ狐だった場合だけが怖いけどね(フラグ」
小悪魔 「具体的に言うとトンヌラさんが狼だったら私もビビる。
あとは、誰でしょうね」
りゅか 「そそそ>やらなーい」
アンゼロット 「すくなくとも雪華綺晶 アレックス そして私が初日に3人球磨に投票しています」
トンヌラ 「なんで球磨の誘導が僕狂という想定に繋がるのか>真紅
なに君そんなに僕吊りたいの?
狼から強誘導食らった僕を」
アンゼロット 「その内のアレックスはつられてしまいましたがね」
ルーミア 「真紅(25)
「きらきーとトンヌラが今日何を話してくれるのかなって言う程度。」

結局のところ、どうだったのかー?
この二人が何をいったらいいと思ったのかな??」
できない子 「>アンゼロット
まさかの方向から返事が帰って来てびっくり。
なるほどね。話題作りにもちょっと見えちゃったんだ。その時は」
ルーミア 「ふーむ」
枢木 「アンゼロット、COあるかい?」
やらない夫 「むしろ明らかに霊能チャレンジとか蛮勇なんだが
身内入れてわざと霊能噛みしても吊れる候補少ねーからってのはありそうなんかな」
雪華綺晶 「球磨鍋を提唱したきらきーを褒めてもいいんですよ?(チラッ」
真紅 「噛み切られてもいないし、めぐみん狼だとおもうから、小悪魔までラン対象にいれてって感じじゃないかしらね。」
アンゼロット 「ありませんよ>枢木スザク」
ルーミア 「それじゃ、球磨投票してないの轢き潰して、身内やっぱりしてたんだねとか
それとも、狼の策かってはっきりさせたほうがいいんじゃないのかー??」
できない子 「あ、結局CO聞くって吊るの。
残す流れなのかと思った。」
やらない夫 「真贋はっきりさせるって言うならまー悪くはなさそうだが
狩人はさすがになかろ」
小悪魔 「シンクさんに投票している方が球磨を吊らない場合の票先として妥当なのやらどうなのやらですが
七票だから路線としては無意味でしょうね。でもめぐみんさんは真紅投票だった
ここだけは後でこあくまの正しさを証明するために記憶しておきましょう」
りゅか 「今日霊能はある程度噛めるよ。
GJ狙う狩人ならモノクマ共有護衛&噛み切り警戒するだろうし」
アンゼロット 「少なくとも私はアレックスがそれなりに狩人であった可能性を考慮しています
そういう発言をしている私にCOなどあろうものですか」
真紅 「とんぬらは、特にどうでもいい。
きらきーは、マーク対象よ
話し始めた内容がきらきーのほうがまだ薄いという意味でね>ルーミア」
モノクマ 「これで狩人なら、むしろ無敵モードなんだよね」
雪華綺晶 「初日の会話も含めてなので

今日はどんなネタを飛び交わすのか、ぐらいの意ではないでしょうか>ルーミア」
めぐみん 「え、待ってください、本当にそこ吊っていいんですか?
・・・あ、明日10だから私吊るつもりなんですねわかります。
いや、狐どうするのかっていうのは変わらないんですが!」
枢木 「アンゼロット吊りで」
やらない夫 「きらきーくっそあざといなぁ。あざといやつ殺すマンなんだけど
きらきー好みだから最後にしてやるわ」
ルーミア 「私が思うに、鉄火場で身内かそうじゃないか、とかより
はっきりさせるのもある意味一つの進行なのかー」
トンヌラ 「球磨狼がバレて困るのって僕がほぼ吊れなくなるくらいと思うけど>アンゼ
霊能護衛が鉄板的状況なら割とめぐみんとか噛まれるとか思ってたけど」
枢木 「明日以降の指示は残すので
モノクマ、ボクが噛まれたらその指示に従うか選んでくれ>モノクマ」
トンヌラ 「噛めるとこなら」
アンゼロット 「ではおめでとうおやすみなさい
遺言は禁止されているかもしれませんけど私は妖狐ですので
後は狼を殲滅するだけですね」
小悪魔 「昨日それは大きな間違いだと言っていたことがそのままスルーされてしまう現実に
為す術もないのは涙をのむ他ありませんが!」
できない子 「対抗噛まれた占いって時点でめぐみんには一層銃殺が求められてるっていうか、それが無いと決め打つのはできないから。
よろしくね。明日霊見れれば変わるかもだけどさ」
モノクマ 「あいよ」
やらない夫 「出せるなら呪殺だしゃいいじゃん
狐候補アレックスだけなんだし>めぐみん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 →アンゼロット
めぐみん0 票投票先 →やらない夫
モノクマ0 票投票先 →アンゼロット
りゅか0 票投票先 →アンゼロット
やらない夫1 票投票先 →アンゼロット
ルーミア0 票投票先 →アンゼロット
アンゼロット10 票投票先 →枢木
トンヌラ0 票投票先 →アンゼロット
小悪魔0 票投票先 →アンゼロット
枢木1 票投票先 →アンゼロット
雪華綺晶0 票投票先 →アンゼロット
できない子0 票投票先 →アンゼロット
アンゼロット は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
枢木 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
枢木さんの遺言 呪殺なしの霊能から○なら占い吊ってね
トランヌが狂人くさいで奇数になったら吊りした方がいいと思う

できない子 真紅残しでいけば最終的は来ると思う
アンゼロットさんの遺言 懐かしきキツネロット
語れば良かったかなとも思いつつ
しかし騙るのも面倒くさい

ああ一定程度霊偽はありますよ。それ自体を判断するのは生き残った人の仕事ですが
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
りゅか 「○」
雪華綺晶 「ありがとうございます
貴方気に入りましたわ
ウチに来て姉を××××してかまいません事よ?

睡眠○という一ジャンルとして定着しておりますから需要はあるでしょうし
球体関節フェチにピグマリオン
何かと需要はあるようですし

ね、紅薔薇のお姉様」
真紅 「紅茶を入れてちょうだい」
モノクマ 「おはよう

アンゼロットが終わり際に狐COをしてたけど
そうなると必然的に霊能噛みになるんじゃないかな?
本当に狐だとしてもまぁやることはほぼ変わらないよね」
できない子 「おはよう」
真紅 「◇トンヌラ(53) 「なんで球磨の誘導が僕狂という想定に繋がるのか>真紅
なに君そんなに僕吊りたいの?
狼から強誘導食らった僕を」

あなたを吊りたいと言っている訳ではないわ
球磨は、あなたの共有投票に目をつけていて、吊りたいと言っていた=「球磨は」あなたは潜伏狂人であると思っていたと推測する。
こう言う事よ」
めぐみん 「我が爆裂魔法で灰になりなさい!
ルーミア○」
ルーミア 「共有全滅なのかー…」
小悪魔 「おはようございマスキスユーフラテス文明」
やらない夫 「【議題】あの狐CO信じるかどうか
信じるんならめぐみんまでグッバイでいいかな」
りゅか 「じゃあそのままめぐみんバイバイで」
めぐみん 「溶かせそうな所を占います。
発言力が高く、話題提供が上手だから会話を多くしている。」
できない子 「じゃあえーとめぐみんバイバイでいいよね」
真紅 「そこか球磨の推理から(多分潜伏狂人と思って居たであろうに)トンヌラ潜伏狂人の考察が抜けていた
めぐみん狼であると見えているから、潜伏狂人がグレーに居るとは切り言えなかったのではないか。
こう言う推理をしているのよ。」
やらない夫 「そりゃ今日は霊能張り付きだろうて。いない可能性もあるにゃーあるが」
モノクマ 「えぇっと結果が割れてるので占いを吊りましょうか」
雪華綺晶 「潜伏狂人がああいうCOはしませんね>霊結果○なら」
できない子 「うん?狐CO?>やらない夫さん」
ルーミア 「めぐみん…ドーナッツ、どーなっつ?」
めぐみん 「まさか狼全潜伏の初日霊能、狐の乗っ取りですか・・・
さすがに霊能とか占いませんし・・・」
トンヌラ 「結局君僕の質問に答えてくれてないよね>真紅
なんで狼の球磨の推理とか当てにしてるわけ?

なんで球磨が誘導してたら僕狂になるわけ?」
小悪魔 「めぐみんさん処刑に後悔なんてあるわけないのはひとえにアンゼロットさんの慈愛のなせる仕業といったところでしょうか
奇跡も、魔法もあるんだよ」
できない子 「!?!?」
トンヌラ 「ものすごい寝坊した」
やらない夫 「で狂人の狐COって狼が嫌うってレベルじゃないんで切っていいや
ルーミア 「トンヌラ(3)
「んールーミアがネタに染まりっきりで
結局自分の考えを言ってない感はあるかなー
やらない夫に自分の考えを言うってより
やらない夫の考察を上げてるって感じだったしね
後、やらない夫への殴りにちょっと迷いが無いように感じた
これ割と重要」

ほむ?私の発言全部見た上でいってるのかー?」
トンヌラ 「進行ってだけで球磨非投票者吊りって言うルーミアは
あまり信用したくない感じ

球磨投票者よりは吊り理由が
ワンポイント高いくらいと思うけど」
雪華綺晶 「霊結果的には信じていいかと>やらない夫」
ルーミア 「真紅(69)
「とんぬらは、特にどうでもいい。
きらきーは、マーク対象よ
話し始めた内容がきらきーのほうがまだ薄いという意味でね>ルーミア」

んー…つまりトンヌラは優先すべきとこじゃないって感じなのかー
私も、昨日の朝まではそんな感じだったけど
なんか、妙に昨日が生きたがりにみえたのかー…
それについて真紅の意見をききたいのかー 」
やらない夫 「なんで潜伏狂人探す必要あんの?狼吊ればいいじゃん」
真紅 「要するに、トンヌラ自体派どうでもよく、球磨の発言からめぐみんの中身を考えたという発言ね
アンゼが潜伏狂人かどうかは、潜伏狂人が狐を騙るメリットがあんまりないからめぐみん吊って良いわ」
モノクマ 「とはいえ狐が潰せたのはほぼ確実っぽく見えるね
狂人があの言い方をすると狼が不利になるだけだからね」
めぐみん 「・・・2日目以降の狐遺言って禁止ですがね。」
できない子 「アンゼ最期にそんなこと言ってたんだ……(
人外カウント減ったってことでいんじゃない?どうせめぐみんは騙りだし」
ルーミア 「狂人が狐COする意味はなさすぎるのかー」
トンヌラ 「ある程度>ルーミア
反論あるならガンガン言っておくれ」
ルーミア 「遺言はアウトだけど
昼の狐COは狐生存を賭けたギャンブルなのか」
小悪魔 「アンゼロットさんは菩薩のようなオーラを放っているのでまさかそんな
●を撃たれたくらいでテロルに及ぶような方ではないでしょうよ
こあくまの推測が正しければこの村、明日にもゲームセットになるでしょう
まぁ見てなw」
雪華綺晶 「アンゼさんが狐COしてます>できない個」
めぐみん 「霊能は狐です、明日吊ってください。
そうでないとノーミスですから」
できない子 「気付いてても吊ったと思うけど。」
トンヌラ 「ここ狐遺言禁止じゃ無いのか」
ルーミア 「見た上でそれ言ってるなら、何言ってもだめなのかー>トンヌラ」
小悪魔 「今からその推測とやらをでっち上げますから」
やらない夫 「俺的には狂人の狐COにメリット全く感じないんで切っていいかな
霊能結果的にも狐死亡9割でみていいや

狂人で狐COやる奴もいるにはいるから1割ぐらいは考える」
できない子 「>雪華綺晶
うん、今気付いた。ありがとう。」
真紅 「初日はネタをやったけど、次の日から真面目にやる感じが出てきたから、別にどうでも良いわね
狐なら怖いとは思うけど、現状あまり気にしないでも良いので>ルーミア」
モノクマ 「めぐみん吊って霊能●だった場合、指揮は霊能の方がいいよね?
内訳的に考えて、僕が狂人って可能性は完全には否定できないし」
りゅか 「明日までに吊りが増えなければ狩人は6人朝時点にCO
吊りふえたら即CO明日COも超有り」
りゅか 「吊られそうなら即COで」
りゅか 「そんだけ。がんばって」
真紅 「昼間に狐COしてたからいいんじゃない
要するに銃殺の時に噛み先対応がどうのこうのってルールだから>狐遺言」
やらない夫 「んでー、身内ぶっこんでるって言うなら球磨投票者からそれっぽいやつピンポイントで抜く作業になるんで目星つけとこうかな」
トンヌラ 「いや、分からない>真紅
狼の想定を当てにするとか
一番分からない」
りゅか 「それ以後は問答無用でつるから」
めぐみん 「私に●をだしたらそれこそケアだと思いますがねー>モノクマ」
小悪魔 「吊られそうな人をこっちで作れというありがたい宣言」
できない子 「狐に関しては遺言にしか決まってないよ>たくさんの人達」
真紅 「狼があなたを潜伏狂人と思っていたとおもうから、私も潜伏狂人だと思うなんて思ってないわよ?>トンヌラ」
モノクマ 「頑張ってGJ出さないとだねぇ」
雪華綺晶 「ところで

コリンヌが忘れ去られてなくてホッとしてるのは私だけじゃない筈

そしてドールズ人間化はされなかったのでトゥモエにもワンチャンありますね」
トンヌラ 「じゃあもう一回見直そう>ルーミア
それでも変わらないなら相手をしてもらおうか」
ルーミア 「ルーミアとしては、狼のようには見えないから、優先して吊らないという感じにみえたのか>真紅」
りゅか 「指定しないよ、助けないからよろしく>狩人 」
やらない夫 「どっちでもいいよ>モノクマ
それ言えんならってのは好きじゃねーけど、どうみても狼死にそうで
その位置狂人収まってるなら指揮ぶんどるだろうし」
できない子 「霊能結果は見せてきた、になると思うなあ」
モノクマ 「あぁうん、狩人がね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
真紅1 票投票先 →めぐみん
めぐみん8 票投票先 →りゅか
モノクマ0 票投票先 →めぐみん
りゅか1 票投票先 →めぐみん
やらない夫0 票投票先 →めぐみん
ルーミア0 票投票先 →めぐみん
トンヌラ0 票投票先 →真紅
小悪魔0 票投票先 →めぐみん
雪華綺晶0 票投票先 →めぐみん
できない子0 票投票先 →めぐみん
めぐみん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モノクマ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
めぐみんさんの遺言 占い師ですよ『エクスプロージョン』ッ!
焦げ目の付き方:小悪魔○>モノクマ○>アンゼ●>ルーミア○
モノクマさんの遺言 うぷぷぷ~、素村だよぉ

まぁ噛まれるよねぇ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
できない子 「おはよう。」
ルーミア 「おはようなのかー!!」
りゅか 「○」
雪華綺晶 「トンヌラさん狂人なら素直に殴り負ければよくね?な進行状況なので
狂人に見えるなら別の場所に吊り使ったらいいんじゃないでしょうか感

紅薔薇のお姉様を疑うならは初日から順に投票理由聞いて言ったらいいんじゃないでしょうか(小並感」
真紅 「紅茶を入れてちょうだい」
りゅか 「なんだ、真狂なのか」
真紅 「私の推理は
1 球磨はおそらくトンヌラを潜伏狂人だと思っていた
2 でも、その事ははっきり言っていない
3 めぐみんが狼でその事が見えているから、はっきり言えなかったのではないか

これで、なんで私があなたを疑っている事になるの?>トンヌラ
私は、球磨の発言から、「めぐみん−球磨の2W」と考えただけで「狼が潜伏狂人だと言って居たから潜伏狂人だ」なんて一言もいってないわよ?」
トンヌラ 「あ、やべ
投票早まっちゃった
けどまあいいや」
ルーミア 「トンヌラ(62)
「じゃあもう一回見直そう>ルーミア
それでも変わらないなら相手をしてもらおうか」

不思議なのかー
結局のところ、あの日の私に対する感想は
私をどうしたかったのかー?

相手をしてもらうというくらいなら、投票で吊り意志を示せばいいのに
あの感想に、何の意味があったのかー??」
トンヌラ 「うんごめんねルーミア
やっぱ君ネタかやらない夫に付きっきりで絡んでる印象しかない
それもやらない夫の噛み想定が役目くさい

というのを長く喋ってる印象
それとやらない夫への拳の振り切り感

村ならある違ってたらどうしよう…が無いと思う」
やらない夫 「俺と真紅とトンヌラと小悪魔が球磨投票者。球磨から投票貰ってるのはトンヌラ
なんで一番身内入れたと仮定した場合狼くせーのはトンヌラ
ただ投票理由はトンヌラあるっぽいんでどうすっかなってとこかな

俺的にはそれっぽいからで球磨投票したわけだけど」
小悪魔 「答えは見えましたよ。
ずばりやらない夫さん。
貴方を、犯人です。 と思います!」
雪華綺晶 「マジですか?>○
小細工とかじゃなくて」
ルーミア 「ふーむ」
できない子 「うん、最後の方狼って感じじゃなかったね>めぐみん
(真狼視からの手のひら返し)」
トンヌラ 「○なのかー」
真紅 「私がトンヌラを潜伏狂人だと思うから吊ろうとか言っている発言でも見つけてきたらそこから会話を再開させましょう
○だったから、私が滑稽なだけだったみたいだけどね」
ルーミア 「となると2wなのか…」
やらない夫 「うん?真狂なん?割りと霊能偽どうすっかなぁって感じもあるが」
りゅか 「じゃあ指定しないとだめかなー」
できない子 「で、ここから大グレラン村というわけで。
2W。指定はしないらしいから組織票も警戒するわけで村が頑張らないといけないね」
やらない夫 「それならそれで先に狼くせーの吊ってからでいいや」
小悪魔 「具体的に言うとアンゼ狂人があるかどうかを昼間まで議論しようとする貴方が
同時にアンゼ狼の可能性を考慮していないのはおかしいのでは?」
りゅか 「明日○なら指定するから今日はグレラン」
ルーミア 「霊能偽ねー…となると、そもそも球磨●ってのも怪しくなっちゃうのか
それ考え出したら>やらない夫」
真紅 「トンヌラがなぜか絡んでくるから灰を見る時間が少なくなっちゃったわ
やらない夫が【議題】と言いつつ、別にどうでも良さそうで,身内から吊ろうと安易な誘導してるから狼でしょってくらい。」
トンヌラ 「うーん僕的に村要素を身内、>やらない夫
の一言で片付けられると君に対しては
どうしようもないんだよね」
雪華綺晶 「んー
面倒というか
何か違和感というか
真狂でああいう噛みって度胸があるとかそういうレベルじゃないなぁという」
できない子 「意外とめぐみん狼説が大きくなってた。
結果の出し方と噛みが違うかなーって思ったんだけど」
やらない夫 「で、真紅とトンヌラと小悪魔って球磨投票になんか理由あった?」
真紅 「でまあ、小悪魔ものこしよ
真狂で、小悪魔狼だったら噛み切るでしょ。」
ルーミア 「というよりは、トンヌラはそう思うなら
なんで、私投票しなかったのか??
思考の変遷がないなら、質問しても吊りに動くものじゃないのかー??」
できない子 「ここで霊能偽を言い出されたら対応できないよ……」
小悪魔 「後昨日の身内票入れてる位置を探します宣言がすごく狼っぽい流れですよね
と思いました。こあくまのことは忘れましょう。」
りゅか 「全潜伏選ぶ狼だから3昼に球磨切るのは想定内でしょ」
トンヌラ 「あの日は君より球磨だった>ルーミア
そして現状は君より真紅
次点で君」
やらない夫 「狼吊ったってのは武器だけど、相互投票って白くならんってだけだな>トンヌラ」
真紅 「いままで、さんっざん話してきてた理由で、球磨吊って●ならめぐみん狼じゃないのって思って色を見たかったから>やらない夫」
ルーミア 「つまるところ、質問することによって
ルーミアから何を引き出したく、その質問が何をもって
そういう考えになったのかー??>トンヌラ」
小悪魔 「バカにしないで下さい。怪しかったから投票したに決まっているじゃないですか!>やらない夫さん」
トンヌラ 「君と同時に真紅に誘導してる
投票と発言を見るんだ!」
やらない夫 「ただあんまそこ狼はみないんで、他削って考える感じ>トンヌラ」
雪華綺晶 「初日小悪魔で真贋ついたがありえるのかなぁとは若干

噛み方がどう考えても狩人探してないし
候補がアレックスと初日のみの流れで」
真紅 「トンヌラは理解してくれたのかしらね?
正直これでまだ私があなたを潜伏狂人であると思っていると思うのならば説明のしようがないのだけど。」
りゅか 「指定しないよ」
やらない夫 「あ、はい>小悪魔」
ルーミア 「そも、誘導するより
その誘導により、何を見出したいのか?>トンヌラ」
できない子 「う、うーん。
割と小悪魔の言ってることは納得できちゃうかな。」
トンヌラ 「君のやらない夫ひとりに対する振り切り感に不信感を覚えた」
トンヌラ 「人外目>ルーミア」
小悪魔 「あと話は飛びますができない子さんの醸し出してる儚げなオーラが狼のそれだったらすごいと思いませんか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
真紅1 票投票先 →やらない夫
りゅか0 票投票先 →やらない夫
やらない夫4 票投票先 →真紅
ルーミア1 票投票先 →トンヌラ
トンヌラ1 票投票先 →ルーミア
小悪魔1 票投票先 →やらない夫
雪華綺晶0 票投票先 →小悪魔
できない子0 票投票先 →やらない夫
やらない夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
雪華綺晶 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ルーミア 「ほむ?」
りゅか 「○と」
真紅 「紅茶を入れてちょうだい」
できない子 「狩人CO」
真紅 「ルーミアとトンヌラの殴り合いが村−村にみえるから、仲直りしたら?とかおもうのだけど
きらきーか出来ない子にlWでしょ。」
ルーミア 「ふーむ??」
トンヌラ 「◇ルーミア 「そも、誘導するより その誘導により、何を見出したいのか?>トンヌラ」

そもそも何を見出すかというより
ここ吊らない?という殴りだったわけだよ」
ルーミア 「トンヌラ(49)
「君のやらない夫ひとりに対する振り切り感に不信感を覚えた」

それもそうなのかー、だって私の初手投票は
やらない夫に対するあの発言から考えての人外ありえるかも
っという初日思考だったからなのかー

其の上で、発言みてふーむ?考えてるようだし
狩人もありえるからおいておくかー
そういう思考なのかー」
できない子 「           _彡'     ,..-──‐</ / ヘ    ヘ 、\
        __,ノ /   . へ、 / ̄`  . `ヽ.  ',│   V) ノ
.          ̄ ¨フ  /           ` 、ノl | |     '.′
         / , /                  \ノ/.    八
          / /                  Vム       \
          ノ {′     /    |            Vj     ト 、\
.        |  |  /  ,ハ    |\      }    }   │  }ゝ ` `
         | | |  小: |≧ミ\  | ‐ -ヘ.ー-/ヽ.   /    ∧ ノ(
        Ⅵ. |. l |ィ=≠=ァ-`,j.  ィ=≠=ァ-} ノ  /| レ'  ヽ     できない子の狩人ワンポイント講座
         ヽj、 l |`弋;;;;ソ.       弋;;;;ソ j/|  /リi     |
           ヽ 小                 j//j/ ハ    ,'
        fヽ    lヽゝ    ヽ          /イ ハ|ノ|.::|  j! /       護衛:できない>めぐみん>りゅか>りゅか>りゅか>りゅか
        | |    |ハ                   イ:::| |:::| 八(
        | |       \   -二ー     ,. ´レ |:::| |:::|/  ヽ
        | │       >; ._     <::ト;ー:八::し':ノ
    ノ⌒`(  ̄ヽ. , ‐ ¨::::::::::L::_:: ̄::::´::::::_ソ::::::::::::::::ヾ= 、
   /  `ヽ T  V:::::::::::::::::::::::::::::::~::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    {  `ヽ ヽノ  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::';
   ヽ ゝ _)‐'  /j::::::::::::/ー -- _ ;;;;;;;;:::::::::::::丿::::::::::::::::::∧


初日:護衛できない  死体:GM

私に狩人なんてできるわけないじゃない……
というお決まりのテンプレを残しつつ、今日はすることないので適当にAAでも探しましょう
きっと初日銃殺で鉄板です、そうに決まってるという暗示を自分にかけましょう
大体裏切られます

2日目 護衛:めぐみん 死体:五月雨
CO数2-1の狩人とかできないよ……
あ、私凄く占われそう。あっあっ。
こほん。この場合占いか霊能か、好みで別れると思ってる。
個人的に占い護衛が好きなのとアレックスで狼死んだ感があまりないから
占いかな……
で、五月雨の最後の発言が真っぽくないのでめぐみん護衛。

3日目 護衛:りゅか 死体:やらない子
あれー?噛まれてる……
だからできないって言ったのに。
まあいいか、ワンポイント講座なのにいきなり占い候補抜かれてるけど
細かいことは気にしちゃダメだよ。
はい、こういう場合の狩人のすることは霊能護衛かGJ狙いかと思います。
しかーし私にGJ狙いなんてできません。
ここは抜かれたら指針がなくなるのでりゅか護衛です。

4日目 護衛:りゅか 死体:朽木スザク
うーんと、まありゅか鉄板だよ。
●を吊った以上はね。
球磨●を見せてきたっていうのは不気味ではあるけども。
あっ、ワンポイント講座的に言えば村の軸が霊能になってるから鉄板です。
特にここで抜かれたら死にます。

5日目 護衛:りゅか 死体:モノクマ
はいはい共有噛み共有噛み
GJ狙うべきだったんだろうけど。
私にはそこまで勇敢なことはできないよ……霊界でお説教受けてくるね。
ところで信じて送り出した霊能が超ドSなんですが。が。
ぐすん。もう講座はいいや……

6日目 護衛:りゅか 死体:
◇小悪魔 「あと話は飛びますができない子さんの醸し出してる儚げなオーラが狼のそれだったらすごいと思いませんか」
儚げ……美少女……!(きらーん
ここテストに出ますよー!見てもらってたー!
じゃなくてここまできたらそんな誘導されずにひっそりとしてたかったんですけど。
というわけでここしか守るところがないので鉄板。
トンヌラ 「じゃあ君もう特に僕を怪しんでたとかじゃ無いんだね!>真紅
めぐみん怪しむ要素として球磨の発を例にしたと言うことだね!
じゃあそれはもういいや!知るか!そんな事より他だ他!」
小悪魔 「うぐぐぐ」
できない子 「ん、ラグった」
りゅか 「おっけいありがと>できない子」
できない子 「りゅか、指定よろしく」
真紅 「じゃあ、できない子除いてランだけど、やらない夫○だと、相当色々想定が崩れるというか」
小悪魔 「なんといやみったらしい」
ルーミア 「思考の違いなのかー、投票で吊りを示し、吊らないなら
人外なのかどうか、それを聞き出すのが質問なのかー>トンヌラ」
真紅 「そういう事よ>トンヌラ」
できない子 「やらない夫さん○か……本当に無職だったっぽいね」
ルーミア 「なんか、無職っていわれると
やらない夫が不憫なのか…」
真紅 「出来ない子真なら、トンヌラールーミアのどっちかに狼が混じっているらしい
村ー村と言った私涙目」
できない子 「今は亡きアンゼロットとの約束>やらない夫さんを蔑もう」
ルーミア 「ん?」
トンヌラ 「なるほど、僕は昼の発言で矛先を示し
投票で特に吊りたいところに入れる
こういうスタンスでね」
りゅか 「指定 真紅」
ルーミア 「どっちかというなら、今日は真紅視点小悪魔吊りを誘導するんじゃないのかー??>真紅」
小悪魔 「真紅ルーミアトンヌラで狼の組み合わせを考えろと
できない子さん狼はないとあるいは明日が来ると信じて」
真紅 「小悪魔狼で噛み切らないって言う路線だったの?」
できない子 「真紅の中では小悪魔狼確定なの?」
真紅 「いやよ」
トンヌラ 「狼さん組織あるんで指定オナシャス」
りゅか 「変更はないから、負けたらごめんね。以上」
ルーミア 「ほむ」
できない子 「私は儚げで病弱な美少女キャラだって小悪魔が言ってくれて嬉しかった」
真紅 「それよりだったら小悪魔
村−村とみて、両方狼だったというのはないと思うから、小悪魔狼だと思う」
真紅 「いや。拒否。」
トンヌラ 「吊れて続けば…僕の村度は盤石になるんだ…ッ!
頼む…頼む!」
できない子 「あ、そこなら問題無い、と、思う。信じる>りゅか」
真紅 「私の事村だって思ってくれる人が居るんだったら小悪魔に投票お願い」
ルーミア 「つまり、昨日の真紅の主張をみると
小悪魔が狼だから、占いを噛み切らなかった」
トンヌラ 「小悪魔?
見てねえよ!」
ルーミア 「そういう主張なのかー」
真紅 「せめてランにして>りゅか」
小悪魔 「どっちとも繋がれるのがルーミアさんの組み合わせに見えてしまいますね
真紅トンヌラが一番ありえないんじゃないですか」
トンヌラ 「まぁ真紅村だったら
僕のせいで灰視出来なかったらしいので僕恨んでください」
ルーミア 「じゃあ、なんでやらない夫投票?」
トンヌラ 「狼だったら?
やったね!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
真紅5 票投票先 →小悪魔
りゅか0 票投票先 →真紅
ルーミア0 票投票先 →真紅
トンヌラ0 票投票先 →真紅
小悪魔1 票投票先 →真紅
できない子0 票投票先 →真紅
真紅 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言            _彡'     ,..-──‐</ / ヘ    ヘ 、\
        __,ノ /   . へ、 / ̄`  . `ヽ.  ',│   V) ノ
.          ̄ ¨フ  /           ` 、ノl | |     '.′
         / , /                  \ノ/.    八
          / /                  Vム       \
          ノ {′     /    |            Vj     ト 、\
.        |  |  /  ,ハ    |\      }    }   │  }ゝ ` `
         | | |  小: |≧ミ\  | ‐ -ヘ.ー-/ヽ.   /    ∧ ノ(
        Ⅵ. |. l |ィ=≠=ァ-`,j.  ィ=≠=ァ-} ノ  /| レ'  ヽ     できない子の狩人ワンポイント講座
         ヽj、 l |`弋;;;;ソ.       弋;;;;ソ j/|  /リi     |
           ヽ 小                 j//j/ ハ    ,'
        fヽ    lヽゝ    ヽ          /イ ハ|ノ|.::|  j! /       護衛:できない>めぐみん>りゅか>りゅか>りゅか>りゅか
        | |    |ハ                   イ:::| |:::| 八(
        | |       \   -二ー     ,. ´レ |:::| |:::|/  ヽ
        | │       >; ._     <::ト;ー:八::し':ノ
    ノ⌒`(  ̄ヽ. , ‐ ¨::::::::::L::_:: ̄::::´::::::_ソ::::::::::::::::ヾ= 、
   /  `ヽ T  V:::::::::::::::::::::::::::::::~::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    {  `ヽ ヽノ  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::';
   ヽ ゝ _)‐'  /j::::::::::::/ー -- _ ;;;;;;;;:::::::::::::丿::::::::::::::::::∧


初日:護衛できない  死体:GM

私に狩人なんてできるわけないじゃない……
というお決まりのテンプレを残しつつ、今日はすることないので適当にAAでも探しましょう
きっと初日銃殺で鉄板です、そうに決まってるという暗示を自分にかけましょう
大体裏切られます

2日目 護衛:めぐみん 死体:五月雨
CO数2-1の狩人とかできないよ……
あ、私凄く占われそう。あっあっ。
こほん。この場合占いか霊能か、好みで別れると思ってる。
個人的に占い護衛が好きなのとアレックスで狼死んだ感があまりないから
占いかな……
で、五月雨の最後の発言が真っぽくないのでめぐみん護衛。

3日目 護衛:りゅか 死体:やらない子
あれー?噛まれてる……
だからできないって言ったのに。
まあいいか、ワンポイント講座なのにいきなり占い候補抜かれてるけど
細かいことは気にしちゃダメだよ。
はい、こういう場合の狩人のすることは霊能護衛かGJ狙いかと思います。
しかーし私にGJ狙いなんてできません。
ここは抜かれたら指針がなくなるのでりゅか護衛です。

4日目 護衛:りゅか 死体:朽木スザク
うーんと、まありゅか鉄板だよ。
●を吊った以上はね。
球磨●を見せてきたっていうのは不気味ではあるけども。
あっ、ワンポイント講座的に言えば村の軸が霊能になってるから鉄板です。
特にここで抜かれたら死にます。

5日目 護衛:りゅか 死体:モノクマ
はいはい共有噛み共有噛み
GJ狙うべきだったんだろうけど。
私にはそこまで勇敢なことはできないよ……霊界でお説教受けてくるね。
ところで信じて送り出した霊能が超ドSなんですが。が。
ぐすん。もう講座はいいや……

6日目 護衛:りゅか 死体:雪華綺晶
◇小悪魔 「あと話は飛びますができない子さんの醸し出してる儚げなオーラが狼のそれだったらすごいと思いませんか」
儚げ……美少女……!(きらーん
ここテストに出ますよー!見てもらってたー!
じゃなくてここまできたらそんな誘導されずにひっそりとしてたかったんですけど。
というわけでここしか守るところがないので鉄板。

7日目 護衛:りゅか 死体:多分私
COできたので後は噛まれるお仕事。
皆頑張ってね。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ルーミア 「ふーむ」
トンヌラ 「さて、ルーミアが僕狼として殴りかかってくるのでしょうか
そんな事ばかり考えてます、トンヌラです」
りゅか 「●と」
トンヌラ 「ファイ!」
ルーミア 「ふーむ」
ルーミア 「ファイ言うのって人外の法則」
小悪魔 「流れを見る限りでは、」
トンヌラ 「ええ、これで球磨に殴り殴られ
真紅へ誘導した村人が出来上がるわけです」
小悪魔 「今日が来る前提で狼の真紅さんが→狼の球磨さんがトンヌラ狂人だと思っていた
と発言しているなら、トンヌラさんが狼ではたしてありえるのかなぁという
そんな風に思ってしまうのですがそこら辺はいかがお考えでしょうか>ルーミアさん」
ルーミア 「小悪魔の誘導が正しいのであればやらない夫は狼のはずなのかー
でもちがったのかー」
トンヌラ 「これで仲間二人ぶっ殺したLWとかで吊られたらもうね」
小悪魔 「こあくまはうそつきではないのです
まちがいをするだけなのです」
りゅか 「正直小悪魔ールーミアの勝負なんだろうけど」
トンヌラ 「さあやり合えやり合え」
ルーミア 「そもそも、ルーミアは球磨身内してるかどうかはっきりさせるために
してないの、つまりルーミア含めて吊れそういう主張だったのか」
小悪魔 「そういう言葉は聞きたくないですよ>りゅかさん
だって最終日ですからね」
トンヌラ 「僕的にはルーミアがやらない夫殴りが
云々というこれまでの話」
ルーミア 「真紅の誘導よりは、トンヌラの生きたがりの誘導に着目したのか>小悪魔」
ルーミア 「そもそも、真紅が言っていたことは
半分事実だったんじゃないのかなって思うのか」
トンヌラ 「それと、小悪魔はあんまり
周りを殴ってない印象だね」
ルーミア 「五月雨が噛まれて、なぜめぐみんが残ったか」
ルーミア 「殴りというか質問したのか」
トンヌラ 「でも今日まで誘導してないんなら小悪魔ってそういう子なんじゃないかなって」
ルーミア 「それいうなら、ルーミアの投票もみていってるのか?>トンヌラ」
トンヌラ 「そういう言葉って言うなら>小悪魔
僕誘導するよね君」
ルーミア 「小悪魔の位置で真贋がついた、これは
小悪魔が逆に吊られたら真紅の武器になる
そういう布陣をひいたようにもとらえられるのか」
小悪魔 「こあくまは華麗な誘導によってやらない夫さんを吊り上げた実績がありますよ
それと、結局、放棄するんですね。トンヌラさんのことは。それでいいんですね。」
トンヌラ 「喋らないならもうそうするしかねえわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
りゅか0 票投票先 →小悪魔
ルーミア1 票投票先 →小悪魔
トンヌラ0 票投票先 →小悪魔
小悪魔3 票投票先 →ルーミア
小悪魔 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/01/27 (Mon) 00:49:11
やらない夫 「ちなみに前それで死んだ記憶あるんで二度と言わないようにしてる」
やらない夫 「お疲れさまだろ」
枢木 「お疲れ様」
りゅか 「ふー久しぶりに迷った」
真紅 「お疲れさま」
アレックス 「お疲れ様」
めぐみん 「くっ。
お疲れさまでしたー」
トンヌラ 「決して妄想ともう、そうするしかを
かけたわけではない」
ルーミア 「ふー…ありがとうなのかー>りゅか、トンヌラ」
アンゼロット 「ひきわけになればよかったものを」
できない子 「お疲れ様。GJなんてできないよ。」
モノクマ 「おつかれさま」
五月雨 「お疲れ様ですよ!」
小悪魔 「おつかれさまでした。」
りゅか 「きらきーナイス、マジナイス」
トンヌラ 「イエス」
やらない子 「おっと」
GM 「お疲れ様。」
真紅 「最終日の村人の言う事が何も理解できなかった」
やらない子 「終わってた」
雪華綺晶 「お疲れ様ですわ」
りゅか 「真面目にきらきーが噛まれた理由だけが推理材料だった」
球磨 「おつかれさま~。
トンヌラに殴り負けt球磨が悪い球磨ね。
(身内2票トンヌラでもまけてる。)

トンヌラ>ああいうのマジやめてw」
トンヌラ 「ごめんね殴ってさ>ルーミア
最終日、君は限りなく村人だったよ」
ルーミア 「真紅が本当のことを言っていたってルーミア思ったのか>真紅」
できない子 「やっぱり初日の勘は大事にしようと思った(その後真紅見るどころじゃなかったけど)」
りゅか 「今回きらきーほんとMVPだとおもった程度」
アンゼロット 「>りゅか

しかし霊能から見るときらきー普通に噛まれ位置ではありませんか?
それをぬいても初手○ではありますが>小悪魔が」
雪華綺晶 「ありがとうございますわ>りゅか
助けになれたのなら何よりです」
ルーミア 「たぶん、あの動きは自分の考えに準じてる猪突猛進な村にみえたのかー>トンヌラ」
めぐみん 「狐に●をぶつけたから満足です」
アンゼロット 「多分●貰わなきゃ勝ってましたよ(まけおしみ」
トンヌラ 「三日目の朝一でも言ったけど>球磨
ネタ含めたガチの人外あぶり出し策

本気で嫌がってるならごめん今後はやめるよ」
雪華綺晶 「やはり初日クマ鍋は正義ですわね」
りゅか 「小悪魔のほうがね、噛み切りや漂白ない分白くみえる>アンゼ
あと小悪魔投票で噛まれてったから」
GM 「●なしだと狐勝ちに全財産賭けるとこだった」
できない子 「GJを指せるポイントは多分霊界から見ればたくさんあったんだろうけど
経験が足りない、は言い訳になるとして、どこだったかなあ。きらきー?共有?」
やらない夫 「共有次第でそれ死ぬから微妙だろ>トンヌラ」
りゅか 「ありがと、最後マジわかんなかったから噛まれた人間にのったw>きらきー
るーみあも小悪魔も票だけなら狼要素同程度だから」
小悪魔 「やっぱり最後まで回り切らないですねぇ」
りゅか 「てか小悪魔の発言がいちいち非狼っぽいのもあるけど」
アンゼロット 「>りゅか
私としてはアレックスが村である点
初手の配役としての初日身内票が首を傾げる(直感)なので
きらきー狼だけはないな多分噛まれますね私もかまれそーだなー
いやだなー
という感覚でした
それだけに●もらった時はガッツポーズしたのですがまさか潜伏狂人みられるとは」
枢木 「アンゼに○だったら トンヌラ→ アンゼ or 占い吊り 
アンゼ残ったら残しだろうな」
りゅか 「楽しかったかな。最終日まで
ありがと、村建て同村感謝」
トンヌラ 「小悪魔へ最終日は殴る先は
決めておいた方がいいよ
僕を人外だと想うなら本気で僕に殴りかかるべきだった」
雪華綺晶 「今回は吊られる位置じゃなかった、で村に貢献してるかと>できない子

余裕のない村で生存狩人は時としてGJ並みに価値があります」
アンゼロット 「一応の所●出された日にもいいましたけど
自分吊りをああいう風にちゃかせる人狼って居ないと思うので
ああ真狂かなとは」
ルーミア 「いや、殴る先決めてたのかー
ルーミアvs小悪魔になってたのかー>トンヌラ」
球磨 「トンヌラ>風通に共有から狂人だと思われてたみたいだし、
あんまり正着手じゃないんじゃない?
ああいうつられ方されたら絶対狩人遺言出すしw

本気でイヤだけど、プレイスタイルのあれだから変えたりしないでいいよ。
ただ、今回俺が素村だたら空気悪くなるぐらい愚痴りまくってたのは事実w」
りゅか 「まあ運がわるいw>アンゼ
発言はよかったとおもったけど」
GM 「トンヌラくんに関しては発言とか関わらずにそっと投票して吊るのがいいんじゃない?
誘導がいいように見られないって感じする」
りゅか 「であであw」
小悪魔 「最終日は最終日なんだから殴りとかじゃなくて誰が狼かをもう一度見つめなおす日にしたい
そういう理想像があるのです」
アンゼロット 「それではまた何れ
待ち人来たらず。お疲れ様でした」
トンヌラ 「初日のネタオンリーで吊られるってのは>やらない夫
果てしなく抗議するよ
初日とか人外吊れる見込みなんて殆どないんだから
ネタに走ったって良いじゃない!」
やらない子 「途中から別作業しながらだらだら見てたけど」
雪華綺晶 「お疲れ様でした>りゅか」
五月雨 「私も最終日、ぶっちゃけ発言できず自分の整理に時間つかうことは多々ですね
というかリアルタイムで殴り合い下手なのです」
やらない子 「割合私には白黒難しい村だったなって」
できない子 「>きらきー
昔、狩人はGJ出す>生きてCOする>噛まれて遺言出す>吊られる
の順で仕事したって言えるって聞いたことある気がする」
球磨 「トンヌラ>その理念には真っ向向かってぶつかるなぁ。
初日が一番わかるよね。
3w生存確定なんだし。」
モノクマ 「最終日は、自分の推理が正しいかどうか朗読みたいな感じだなぁ
その推理に賛同してもらえるならそこ吊れるだろうしって」
やらない夫 「その一票で吊れるケースあんだから全力だすべきだろといいつつ村吊ったからなぁ、なんもいえんわ>トンヌラ」
めぐみん 「では、私も落ちますね。
お疲れさまでしたー」
トンヌラ 「小悪魔小悪魔>ルーミア
喋らないこともそうだけど
◇小悪魔 「こあくまは華麗な誘導によってやらない夫さんを吊り上げた実績がありますよ
それと、結局、放棄するんですね。トンヌラさんのことは。それでいいんですね。」

これで投票決めきった」
GM 「最終日に特定の人物を確信を持って殴ることのできないメンタルの弱さよ。僕です。」
やらない子 「アンぜさんは微妙に村っぽいようなそうでもないよな>噛まれる前の印象」
球磨 「あ、初日だけで一番わかるんじゃなくて、最終日に初日見返したりしない?」
枢木 「アンゼは吊りだよ>やらない子」
枢木 「あー噛まれる前ってない子か」
トンヌラ 「僕初日の人外吊りは天運って考えだから」
ルーミア 「やらない子が噛まれた日という意味じゃないのかー?>スザク」
やらない子 「初日の会話で真紅-小悪魔での2Wをどこまで想定できるかか」
やらない夫 「まぁ霊界視点それはないわって思った>トンヌラ」
できない子 「GMがメンタル弱いとか嘘です><怖いので吊りたいです!」
雪華綺晶 「それと、グレラン見越した噛みでもあるので
霊鉄板はGJ出ませんでしたが村には良い材料だったと思いますよ
狼全潜伏からの流れでしたし>できない子

ケース バイ ケースですが
GJより抜かれたらマズイ場所を鉄板の方が村有利ですから」
やらない子 「そんな幹事でお疲れ様」
五月雨 「情報量の差っていう観点では初日が一番みどころがあるって、えらいひとが言ってました!」
球磨 「トンヌラ>その天運理論全員が持ってきて、初日共有吊りとかあったらどうすんのさ。」
枢木 「俺もおちる、お疲れギアス!」
できない子 「初日は天運なんかじゃない、最大の推理要素だと思ってるけど
吊れたにしろ吊れなかったにしろ」
GM 「僕は初日に人外吊る気でいつもいます。
最近は意識はしないんだけれども初日の情報はあてにしてるよ」
トンヌラ 「あ、やっべ…そういうこと全く考えてなかったなぁ…>球磨
でもこれ地味に僕の鉄板作戦何だよなぁ…
う、うーん…」
ルーミア 「個人的にはやらない夫を吊ったことが、ひっかかったのかー
村なら村を吊って其の推理の間違いになにかしら後ろめたさがでそうなのか
それが見えなかったのかー」
ルーミア 「ということで、お疲れ様なのかー」
やらない夫 「狩人吊っても勝てる時は勝てるし(震え声」
GM 「嘘じゃありません。ぴゅあだから嘘はついたことはないのです。」
できない子 「>きらきー
うん。自分でもびっくりするくらい吊られなかったからよかったかな。
私も基本的にそう思ってるけどGJ狙いの護衛って手段を持ってる方ができる事は増えるからね」
球磨 「んで、その天運理論を持ってるのに、共有投票した理由は?
t言いたいけど、あえて自分が怪しく振る舞って球磨釣り上げたもんだからご立派、とは褒めておくよ。
お疲れ様でした。」
雪華綺晶 「そこまでできたら完全に仕事した、と言えますが。現実そこまで完遂する狩人ってあまりいませんからね>できない子
まぁ、考え方は人それぞれですし」
トンヌラ 「ネタ>球磨」
やらない夫 「狙って狩人吊る事が多々ありますが、精度が全てであるので変える理屈はないわな」
できない子 「>GM
その発言が嘘なことについてはどう考えてる?」
トンヌラ 「あれだよ?
別に毎回やる訳じゃないよ?
30回に一回くらいやるかやらないかだよ?」
できない子 「>きらきー
だねwできたら凄い。
ほら、儚げな美少女でもヒーローになってみたい欲を持つときはあるんだよ……(キリッ」
GM 「僕はトムが嫌いです。僕のパソコンを使って嘘をつくのだから。」
トンヌラ 「それじゃ、うん
お疲れさま、割と久々に勝てた気がするよ」
できない子 「トムの出現頻度高すぎないかな。」
できない子 「さて、1時過ぎたし私も落ちないと。
お疲れ様。村建て同村感謝。久々に来ると色んな人に会えるのが楽しいね。では。」
やらない夫 「それじゃあお疲れさんだろ」
GM 「トムは親友なのです。ホウセイくんと宇宙人の関係といえばわかりやすいでしょう。」
雪華綺晶 「GJ狙う護衛ですか?


今回、極端に狩人候補が序盤は狭かったですよね?
アンゼさん吊った段階でアレックスさん、初日の二名
かつ、めぐみさんを村全体が偽視」
できない子 「エンダカマイフレンド」
できない子 「っと、きらきーの話を聞いてから落ちます(正座」
トンヌラ 「ぐう畜じゃないか>ホウセイフレンド」
GM 「つまり、時にはトムを見捨て蝶野さんにビンタされるのを、ただただ見守るのみなのです。」
五月雨 「それではお疲れ様なのです!
あ、口調が移っちゃいました みんなありがとう!」
トンヌラ 「去年は史上最悪の
田中タイキックが一番面白かった」
できない子 「子供は卑怯だと思うんだ」
雪華綺晶 「となると狩人視点から狼の心理を推測し

『鉄板護衛であろう霊は噛みにくい』
『めぐみ偽でアンゼ狐の場合、めぐみを元々切る予定なので霊結果を見せて不都合はない』
『霊よりも確定○位置の共有を今日噛めばGJされるかどうかの賭けを後半する必要はない―1GJで吊りが増える』

と推測して、残った共用をアンゼさん吊った日に護衛できるかどうかではないでしょうか>GJ狙う護衛」
雪華綺晶 「お引き留めしてしまいすみません>できない子」
GM 「フレンドリー・ファイアだ、許せ。」
GM 「占い騙りの狼がLWになった時、LWCOで信用えれるように霊能噛まないって油断してたら霊能噛まれました……」
できない子 「>きらきー
狐COを見逃してたてとは言えない雰囲気!
というのは置いておいて、そこで霊能噛みはないだろうに踏み切れるか、か。
なるほど。冷静に狼視点に立たないといけないね
いえいえこちらこそ態々ありがとう。わかりやすかった。」
雪華綺晶 「皆様落ちられるようですね
それでは私もこれで
皆様お疲れ様でした」
できない子 「というわけで本当にお疲れ様。ありがとう。」
GM 「それじゃ、お疲れ様&来村感謝。」
トンヌラ 「うん予想以上にヘイト集めてたわねこれ
封印指定確定
ごめんね」
トンヌラ 「おい…おいッ>報告」