←戻る
【紅2157】やる夫たちの普通村 [3939番地]
~それはあの日に始まった~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon リリーホワイト
 (◆
SDKOKtjJ3k)
[共有者]
(死亡)
icon 阿良々木暦
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[妖狐]
(死亡)
icon 阿良々木火憐
 (かな◆
X7kkkkkkkk)
[人狼]
(死亡)
icon ギャラない夫
 (ジョー)
[村人]
(生存中)
icon 守屋ひより
 (hiyowa◆
FKHzEy7fJRwF)
[霊能者]
(死亡)
icon 大妖精
 (aosaki)
[狩人]
(死亡)
icon 阿良々木月火
 (◆
quaAwStKFA)
[村人]
(生存中)
icon パパ
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[人狼]
(死亡)
icon 吹雪
 (12346◆
with5qq2Qg)
[村人]
(死亡)
icon 金剛
 (kai774◆
Silver/s7.)
[村人]
(死亡)
icon ヒトラー
 (こんぶ◆
PZKPFW4ais)
[占い師]
(生存中)
icon タオカカ
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[村人]
(死亡)
icon 長谷川現
 (¥1=$2014◆
nXMpvBeEos)
[狂人]
(死亡)
icon 戦場ヶ原ひたぎ
 (白珠◆
NQJi97TdkA)
[人狼]
(死亡)
icon ルーミア
 (Fide◆
hDtIEnxuP8L1)
[村人]
(生存中)
icon 今泉影非狼
 (ぱめるぼ◆
vyJ0qLfYQU)
[共有者]
(生存中)
ゲーム開始:2014/01/27 (Mon) 21:47:08
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
GM 「さて噛まれたが」
GM 「残念!阿良々木暦の冒険は終わってしまった!!
あの位置は真死なない限りは占われるし、真狂保証されちゃったから護衛ヒトラーつきやすいし」
GM 「ヒトラー噛みは通りそうなんだよなぁ」
GM 「共有と同じタイミングが遅いという話があってな?」
GM 「占い→霊能→共有が普通のタイミングであり占いが遅くて引っ張られるってのはあるけど」
GM 「基本的には潜るきないなら即座に出ていいので(遅い●?知らない)
遅いと微妙な扱いになる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「まぁ基本的に初日は霊能護衛なかろうって見える」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「お疲れさま」
パパ 「はははそんな気はしてたよちくしょうめ」
パパ 「あーこれほんと申し訳ない」
GM 「ほー」
GM 「珍しい護衛するなぁ」
パパ 「出るの遅いのだ
共有より遅いとか気にしないけど
それ抜きに遅いのだ」
パパ 「割と噛まれ濃厚ではあるのだ」
GM 「占い2見えたら出るかな」
GM 「占い様子見強い場合に引っ張られるけど」
GM 「まぁそれでも30秒ぐらいなんでギリギリかな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パパ 「狂人に手を噛まれてたのだ」
GM 「まぁよくある」
パパ 「占い二人見えたら出るなー」
GM 「なんか占い出るの遅過ぎたら潜る気はする」
パパ 「とりあえずこれ死体なし出される最悪パターンありそうなのだ」
パパ 「33-4」
GM 「ビハインドってレベルじゃなくなったな」
パパ 「これ置いとくのだ」
GM 「なんでや!阪神関係ないやろ!!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
パパ 「【悲報】狼ンゴまたも炎上【笑う村ニキ】」
パパ 「ファッキュー占い」
GM 「狼引いて10回に一回こういうのあるからなぁ」
パパ 「狼で三回くらい連続でなんかこんなんなんですがそれは」
GM 「反動きっとあるし(震え声」
パパ 「ただこれわしの方は純粋に力不足だったのだ
本当にすまん」
GM 「阿良々木さん3人おるなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パパ 「仲間を月火と火燐
誤認してたのだ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
パパ 「Q、勝ち目ありますか
A、狼には無い」
戦場ヶ原ひたぎ 「んー」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様」
パパ 「お疲れさま」
戦場ヶ原ひたぎ 「霊能護衛とはね…」
パパ 「さて、とりあえず土下座からでいいかな?」
GM 「お疲れさま」
GM 「割りと考える」
戦場ヶ原ひたぎ 「狩人COだったかしらね」
パパ 「まぁ狩視点
霊能ほぼ真で一人仕事終了なら霊能守るわな
俺多分他の占い候補守るけど」
戦場ヶ原ひたぎ 「ああ、別に初手狼が落ちるのは別に」
パパ 「オプションで焼き土下座もありますが」
GM 「俺もそうかっていって占い守りそう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「あー信頼いくしかないから霊能噛むしかないのか」
戦場ヶ原ひたぎ 「焼き土下は阿良々木くんしかいないわ」
GM 「俺だと他の占いパックリ逝って引分けしようかっていいそう」
パパ 「銃殺されたら焼くのだ」
戦場ヶ原ひたぎ 「霊能護衛あるなら、ヒトラー噛み殺しになるのかしらね」
GM 「なんだろう西尾ローラーで人外死ぬな」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
パパ 「ヒトラー噛んで
引き分けにしよう!な!っていう」
戦場ヶ原ひたぎ 「偏ったわね」
GM 「絶望の霊能鉄板である」
GM 「ヒトラーかんできつねぇ!いきのこれよおお!!って叫んで引き分け目指す」
パパ 「そういや霊能信用低かったな感」
GM 「まぁあのタイミングは即吊りされても文句はいえん」
GM 「狩人死なないで呪殺でればいい村だから」
パパ 「霊界視点だから忘れてたのだ」
戦場ヶ原ひたぎ 「んー」
パパ 「狩視点的にもうヒトラー守しかねえわな的な」
GM 「昨日の狩人COはかれんちゃんが気合で大妖精に●投げるしかないんでちょっときついかなって印象>がはらさん」
パパ 「そもそも信用落とした
霊能ってどうやって信用回復させられるのか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「誰かあのわた吹雪さんどうにかしてあげてよ」
戦場ヶ原ひたぎ 「ただ、可能性は残るわね…
その可能性がないのが、失敗だったかな・・・とね>GM」
パパ 「手遅れです」
戦場ヶ原ひたぎ 「ほっときなさい、あとで吹雪には燃料の代わりにお酒でも上げればいいのよ>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様」
パパ 「お疲れさまなのだ」
守屋ひより 「おつー
まあ十分でしょう」
GM 「お疲れさま」
GM 「霊能の出るタイミングは30秒以内を目安にすればよい」
パパ 「進行的にはありだけど
これ満足したらあかんよ君」
GM 「30秒過ぎると基本真でも吊りっていう意見がでる」
GM 「占いCO目安が10~20以内と仮定した場合のデッドラインが30なんで」
戦場ヶ原ひたぎ 「火憐ちゃん頑張ってるわね…」
パパ 「すげえ…まだ勝ち目探ってる…
それひより狼でライン繋げる意味ないと思うけど」
GM 「朝出遅れたッて思ったら直接霊能COでもよいよ」
守屋ひより 「了解>霊能タイミング」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パパ 「時間はあんまり見んが
占い二人が○持ってきたの見えたらCOするようにすりゃいいと思う
更新は手動連打で」
GM 「んだね」
守屋ひより 「手動連打に関しては抵抗があるなぁ
それで悪影響が出たら怖い」
GM 「一人朝1近くで出てるなら出揃うの待ってもいいぐらい」
パパ 「●出てたら即座に
●出てますね霊能伏せてくださいとか言っときゃいける」
GM 「あとなんか言われるかもだけど最悪そこまで影響しないのが朝1霊能CO」
守屋ひより 「ああ 挨拶せずにいきなり霊能COッスか」
戦場ヶ原ひたぎ 「朝1は●出た時に面倒ってだけね
主に狩人が」
GM 「初手●で霊能噛んでるなら占い死なないしってのもある」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
守屋ひより 「おつー」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様」
パパ 「そこまで鯖柔じゃないとは思うが」
GM 「どうせ占い護衛すれば勝てるゲームである」
GM 「お疲れさま」
パパ 「いや夜明けと同時のCOなのだ」
戦場ヶ原ひたぎ 「火憐ちゃんww」
GM 「まぁ連打はやるときはやるけど、やらないほうがいいよねって話はよく聞く」
GM 「すげぇ!狼が狐殺しにいったぞ!!」
パパ 「連打つっても
高橋名人みたいなことするわけじゃないからね?」
守屋ひより 「随分前の占い結果を騙りCOするのな」
パパ 「いや殺せんでしょ」
GM 「あれで占い遠くなるのかな」
GM 「ぶっちゃけ狩人じゃないなら吊っていいです」
戦場ヶ原ひたぎ 「というより、ヒトラー真なら灰に●居る可能性すごくないので
ヒトラーが阿良々木くんを占うかどうかなだけであって
普通に阿良々木君は●としてではなく釣られる対象だとおもうけどね」
守屋ひより 「暦吊れたら楽になるね」
パパ 「風呂行ってくるのだ」
守屋ひより 「おつなのだー>パパ」
戦場ヶ原ひたぎ 「いってらっしゃーい」
GM 「狩人じゃないなら全員吊っていい村である
GM 「いてらし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パパ 「ガハラさんに再度謝罪と
火燐ちゃんと狂人さんにもごめんなさいと」
戦場ヶ原ひたぎ 「気にしなくていいわよ>パパ」
GM 「あのわた吹雪さんノリノリやな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様ー」
吹雪 「ああ、頑張る狩人だったか」
守屋ひより 「おつー」
守屋ひより 「しかし現はなぜ自分視点○の暦に投票しているの?」
吹雪 「おつー!」
戦場ヶ原ひたぎ 「ごめんね、ごめんね火憐ちゃん」
リリーホワイト 「順当にいつ狐が死ぬって感じですけど」
GM 「お疲れさま」
守屋ひより 「その見立ては甘いw>LW」
吹雪 「COは最初の一人目の占いCOの結果○が見えてから即>霊能
最初はね、だんだんタイミングをずらしてみるといいよ」
吹雪 「あくまで基本だし、慣れてくるとわざとおそくして村と人外に嫌がらせをしてもいいけど」
GM 「いつも30秒付近ですいません」
守屋ひより 「はーい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
吹雪 「私も乗っ取り手前ギリギリタイミングでCOして乗っ取る練習よくするし」
GM 「まぁ発言でどうみてもこいつ真って見られれば問題ないがね」
吹雪 「そこら辺のタイミングは好み、霊能潜伏は場所によってはものすごいバッシング
うけることもあるから気をつけたほうがいいかもね。でもやってもいい。」
吹雪 「ぶっちゃけ自由だよ」
GM 「30~40が個人差もあるけどデッドラインで45超えるとまぁOUTに近くなるという経験則」
守屋ひより 「まあ今回はお役御免で吊られたので問題なし(結果論)
ということでダメでしょうか?」
吹雪 「ああ、あれで霊能護衛初手されると狼はキツイね。」
GM 「結果論で成功したからいいやってのは甘えるから」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
GM 「反省材料は常に探しておくといい」
守屋ひより 「おつー」
戦場ヶ原ひたぎ 「わりと、あれで霊能護衛はない+初手狼落ちなのもあって
火憐が信頼もいける仲間とみてだったんだけど>吹雪」
長谷川現 「お疲れ様」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様」
GM 「お疲れさま」
吹雪 「けっこ最初の頃COタイミングわからないで吊られるのは珍しくないから
いいんじゃないかな。あそこら辺のCOタイミングはあぶないよーぐらいで」
守屋ひより 「あー 狂人噛まれか」
GM 「狩人が上手かったかなという印象」
吹雪 「私もかなちゃん占い騙り出してたらかなちゃんで勝負するからね
しゃーない>ひたぎ」
長谷川現 「狂人で勝ちたい……」
吹雪 「ちょっち狩人との相性がわるかったぐらいのはなし」
GM 「14人村だな>長谷川」
吹雪 「さて、ちょい落ち、またねー」
戦場ヶ原ひたぎ 「うん…中身みて、あちゃーという感じだったわ
あとは、私が1手占い回避できたらだったかしらね…
私占われで完全に死んじゃった感じ…>吹雪」
GM 「お疲れさまー>吹雪」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様ー」
長谷川現 「17村で勝ちたいんです…」
守屋ひより 「おつー>吹雪」
GM 「展開次第でどうにもならんのがなぁ」
守屋ひより 「あとは狐吊りor銃殺が間に合うか否か、だね」
GM 「うん?金剛吊り挟むと」
GM 「狐勝ちワンチャンス出てくるけど大丈夫か?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
戦場ヶ原ひたぎ 「ん?狩人と占い生存なら問題ないでしょ?」
GM 「大妖精占ってるから」
守屋ひより 「金剛よりヒトラーの灰吊るべきだと思った」
GM 「狩人視点で詰み遅れるけど、間に合うか」
長谷川現 「 ◇タオカカ ◇ルーミア ◇阿良々木暦 ◇阿良々木火憐 」
GM 「まぁ長谷川噛まれてるんで、そっちの灰詰め優先なんかな」
GM 「足りてるね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
守屋ひより 「おつー」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様ー」
GM 「お疲れさま」
長谷川現 「お疲れ様」
金剛 「お疲れ様デース! ok、悪くないですネー」
金剛 「……修羅ばかりの中に初心者を混ぜないで下サーイ!」
守屋ひより 「修羅違うもん>私」
長谷川現 「ホントだよなぁ>修羅の中に初心者」
GM 「全く初心者に優しくすべし」
戦場ヶ原ひたぎ 「ツッコミ役不在の恐怖」
GM 「さぁタイミングはいまです!」
守屋ひより 「ヒワイトw」
GM 「・・・あれ?初心者CO飛び交わねぇ」
金剛 「……ヒトラー真、長谷川狂人、火燐狼があっていたので○としておきまショー」
守屋ひより 「初心者じゃなくて準初心者だもん>私」
戦場ヶ原ひたぎ 「面白そうだから、私は生暖かく見守ってるわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
長谷川現 「ヒトラーが暦占うタイミングで○出したつもりなんだけど2,3先を行ってしまったようだ」
金剛 「私よりも普通村の参戦数が多い人は皆修羅デース!」
GM 「まだ1年経ってないから初心者COが許される可能性が微レ存」
守屋ひより 「多分少ないと思う」
金剛 「ユーだけは無いですヨー!>GM」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
守屋ひより 「1年どころか2カ月と経ってないわいw」
長谷川現 「11戦目。」
守屋ひより 「おつー」
GM 「お疲れさま」
タオカカ 「お疲れ様ニャス」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様」
長谷川現 「お疲れさん」
金剛 「お疲れ様デース! 本当に久々すぎて発言全く乗りませんでしたネー……」
タオカカ 「言い方の問題ニャスよw>大妖精
そしてこれは狐勝ちにかニャ…
火燐吊りになるのならどうしようもないニャス」
GM 「それ2014になってからだよね?>長谷川11戦目」
金剛 「何を言っているんですかネー?>長谷川」
長谷川現 「俺のHN検索で導かれた結果だ。戦績は嘘をつかない。」
GM 「じゃあトリップのほうで検索してくるから待ってろ」
守屋ひより 「アホかとw>LW」
タオカカ 「なんで狩人出ているニャス?」
金剛 「長谷川はトリップだけでは引っ掛からない村も多いと思いますけどネー」
GM 「でていいんじゃね?」
リリーホワイト 「ほむほむ」
守屋ひより 「私狼とか出たからじゃないかなと>狩人」
タオカカ 「えんだかでも検索するといいニャス
きっと合計で1000近く言っているニャス!」
長谷川現 「別ネー使おうかと思うけど中々チャンスないよな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「3種類しかHNはないのぅ」
長谷川現 「1,000は行ってねえよwジャンキーじゃねえから」
守屋ひより 「狐吊れたな」
金剛 「トリップなら色々と変えていますけどネー。メインで使っているのは2つデース。」
GM 「狐落ちる」
戦場ヶ原ひたぎ 「コレで銃殺はなくなったわけだけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
タオカカ 「あるニャスよ!>長谷川
だって同じくらいやっているニャスし
タオはペース落ちているけど長谷川はどんな季節も変わらずニャ!」
GM 「銃殺消えたけど、かれんちゃん吊らない未来が見えない」
長谷川現 「お疲れさん。」
守屋ひより 「あとはヒトラーがルーミア占って終わりじゃない?」
GM 「お疲れ様」
守屋ひより 「おつー」
タオカカ 「お疲れニャス」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様、ああ、阿良々木君
ここで、力尽きてしまうなんて」
阿良々木暦 「お疲れ様」
金剛 「お疲れ様デース!明日はLW目狙い吊りで火燐吊りだと思いますけどネー」
長谷川現 「えんだかさんは100戦で疲れたんだよ!
正直平日キツイっす」
GM 「この展開は狐ノーチャンスだからなぁ」
阿良々木暦 「僕にしては頑張った方だよ?>ひたぎさん」
守屋ひより 「それにしても見事に3兄妹バラバラの陣営になったなw」
戦場ヶ原ひたぎ 「ええ、そうね
情けないって言おうかと思ったけど、発言から
抜いたわ…>阿良々木くん」
戦場ヶ原ひたぎ 「月火ちゃん…あれでいいのかしら」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
タオカカ 「チャンスは大きくあったニャスよ?>GM
火燐吊りになっていたら勝ちだったニャス
占われる優先順位は低かったしワンチャンだったニャ」
阿良々木暦 「まぁ、パパ吊れた夜にヒトラーにチャレあるかどうかだけど
その場合戦場ヶ原が大変だからなぁ」
長谷川現 「俺が初日に大妖精投票できれば…。
まったくみてなかったです」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
タオカカ 「お疲れニャス!」
長谷川現 「お疲れさん。」
阿良々木暦 「それ今言ったら意味ないよね!?>ガハラさん」
大妖精 「お疲れ様でした。勝ち、と。お疲れ様です。」
戦場ヶ原ひたぎ 「長谷川がパパ吊り殺してるから、そこも吊るに吊れない
まあ、私ソロ勝負で行く気概の問題かしらね>阿良々木くん」
守屋ひより 「おつー」
大妖精 「あれ、二回言った。」
戦場ヶ原ひたぎ 「お疲れ様よ」
GM 「たぶん順番的にかれんちゃん吊りって相当ないとおもうがなぁ>タオカカ」
阿良々木暦 「お疲れ様」
大妖精 「わあ、緋色さんだ!」
戦場ヶ原ひたぎ 「え?ダメだったの?
それなら普通に阿良々木君は妹に欲情する
ド変態だと、伝えることにするわ>阿良々木君」
タオカカ 「どちらの真を追うかというとヒトラーニャス>GM
火燐の動きもあれニャスけどね。どちらか迷うとするとー
火燐の方を吊ってーってなる可能性も今日次第であったニャス

ちなみに私だったらヒトラー吊っていたニャス(真顔」
大妖精 「いやま、ともかく2GJ決まったので、このまま順当に勝てば文句はないですね。」
長谷川現 「俺吊られるためには死体に●うちますよ!」
阿良々木暦 「火憐ちゃん吊りに行くルートがないよ>仆

少なくとも●二つの霊結果が出てしまうと」
守屋ひより 「あ、破綻だわこれ>かりん」
金剛 「占い師と狩人が凄く頑張った村でしたネー……」
守屋ひより 「長谷川狐だと銃殺してるはずだもん」
大妖精 「狐ケアの段階でしょうね。なれば、私視点では人狼確定なカリンちゃんは吊らせません。
もしそんな流れになってたらCOして全力で止めてました。」
GM 「噛み合わせがな?」
戦場ヶ原ひたぎ 「火憐ちゃんは、長谷川○だしてるわよ?>ひより」
長谷川現 「噛み合わせで銃殺隠し」
守屋ひより 「しかし狩人がGJ出してない」
金剛 「噛み合わせなら別に何の問題ないですけどねー?」
阿良々木暦 「なでさ!?>ガハラさん


お久し振りです、でいいのかな>大妖精」
GM 「確定破綻と破綻っぽい内訳は違うので」
タオカカ 「霊能GJ情報があるのなら別ニャスよw>師匠
表ではああいっていたニャスけど偽にも備えニャス
だから確信がない限りは占いは最終日に持って行くのは怖かったニャ」
金剛 「「噛み先が狐だったけど呪殺で死亡」なら問題ないデース」
守屋ひより 「ああ、噛み合わせがあったか」
戦場ヶ原ひたぎ 「阿良々木君だから?>阿良々木君」
大妖精 「改名してますが、元mainです。お久しぶりですー。>暦さん」
GM 「ぎりぎり可能性としては残ってるけど、そんな可能性追ってられないので知らないって感じになる」
阿良々木暦 「後は長谷川噛まれちゃうとどうしようもないんだよなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「長谷川吊りあるんよなぁ」
GM 「噛まないで気合で残して呪殺出れば諦めるコース」
長谷川現 「俺は阿良々木狐と思って○を出した優しい狂人
(銃殺出たら終わりだし、ま多少はね?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました