←戻る
【紅番外】やる夫達の恋色決闘村 [3940番地]
~誰か建てると思ってたけど建たないことも~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3
icon 身代わり君
(生存中)
icon 四季映姫
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon 邪神かがみ
(生存中)
icon ハザマ
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon 大統領
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 支援と化した先輩
(生存中)
icon 弱音ハク
(生存中)
霊夢 「そりゃ自分で恋愛は乞わないって言ってるしねえ…… >咲夜
そういう意味じゃない? 知ってる」
霊夢
.               _,,
     ,- ,,.       f /: \
      '' -,f'' - ,,_   (_''|: : : :.ヽ.
       ('_ヽ: : : :"'' -(_ |: : : : : :.ヽ
       l:/ヽ: : : : : : :.>-‐――-':.、
       |: ''>l: : : : : : l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:."''- ,
       ヘ:<,,_l: : : : : l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
        ヘ: :/l: : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ._
      , -f'''>:y >: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:ム,,.: : : _:.:.:.:', `
   ,,,,m''f"; - '"/;>L/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.;.''"|-リl:.:.:":`:.:.l:l__
  ノ , _,,-''": : :./:.<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ' -‐- ヽ:.ソ/:.:/リ ' ̄`゙''ー- 、
  | -''": : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.r''''''''∧|   rァ‐r'、弋l:|レ'  ,:'       ',
  ヽ: : : : : : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |: : : : | ヽ   ゙ー' ′ 〉!::.     _ ,. '´ }
   ヽ: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |----l.、       __ /:.:ヽ::::...,..ィ´     /    それじゃここらで失礼しようかしら
     ゙/::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.丶- ,,_ _./:.:.:.:.:.ヽ:/      /     同村の皆はお疲れ様よ
   ∠ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}′=; = ,:'
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:/|:.:.:.:.:.:.:.:/\ヽ,,:.:.:.:.:.:.ハ:.:./-‐ァ'―-〈
      レ'ハ/リヽ(, ,:'´\:.:.:.:./'   \ll/Wyリ レ' /---‐''"
          ヽ,/_ :  'レ"    \__!  ':{' /
            /__! `ヽ:           Ll.  ヽ
            |   \:       :/\:  ':,
                |    \:    :/: : : \: .!
            」_._..__j.>、: :/: : : : : :.ヽ;/
            /¨'''==l L_」<"ヽ;/: : :ノ: : : :1
            /  /   丿 |: : : : : : : : : : : :.!
           /    /  .|: : : : : : : : : : : :|
           /     /' ..|: : : : : : : : : : : :!
         ノ    , ' , '   |: : : : : : : : : : :|
       f'''¨   ,  '      |: : : : : : : : : : : |」
十六夜咲夜 「まあ、私もそういう所は嫌いではないわよ。
恋とかそういうのじゃないけど。>霊夢」
霊夢 「妖怪に気にいられる巫女ってのもあれよね、まったく >咲夜
ま、悪い気はそこまでしないけど」
霊夢 「ま、自由だからこそ狼なり暗殺選んでるってだけだけどね >かがみ
私だってエゴ通したい時もあるし そういう時は女神希望するけど」
邪神かがみ 「      /:::/:::/::::::\::::::\::::::::::::::::::ヽ::::::::::\
     /::/::::::::/::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::゙、:::::\::\
     /::/:::::::::::/::::l:::::::::::::ハ::::::::::ハ:::::::::::::::::゙、:::::::ヽ::::ヽ    というわけで私もおやすみするのです・・・ふにゃぁ
   /::::::::::::::::∥::::lハ:::::::::::::i-―-:::L;;;::::::::::::::;:::::::い:::::::、   お疲れ様、また次の夜に新しい恋よ来いと乞いながらおやすみなさい
   !::::::j::::::::::::{::::::l::::l::::::}:::::「 i:::::::::}::::l::::::::::::::i:::::::l:::}:::::::゙,   ハザマさんとの生存勝利できて何よりなのです
   j::::::::l::::::l:::::!l::::::!:::j:::::j::::::j }:::::j::i:::;;レ:::::::::::i::::::l:::::::::::ハ
   !:::l::::l:::l::l:::::l/i::::i::::::::/::::/rノ;z=〒i":::::::l::::::l::::::l::::::::::::::i
  j:::::l::::l::l:::::::::l ゝい~/      ll|:::::::l::::::}::::::l::::::::::::::i
  i::::::i:::::!{:::::::ト|               ll !::::::l:!::::l::::::::!:::::::::::::i
  l:::::::l:::::ヘ:::λ  /∥  ゝ       ll !::::j::l:::j:::::::::l::::::::::::::l
  l::○乂;;;;i\:ゝ,,メノ           ll l:::/::::/::::::::::l::::::::::::::l
  !::l:::::::l:::::::\ 冖゙           ll-‐!/:::/:::::::::::::l::::::::::::::l
 |::l::o::l::::l: :l: {\          / ll/l::::/:::::::::::::::i::::::::::::::l
  j:::::l:::::::::::j: :l: ヘ ヽ       / / !!  !:::::::::::::j:::::j::::::::::::::j
  !::::l::::::::::::l: :l: : :`ー\       ノ   !::::::::::::/::::/:::::::::j::/
 j:::::l:::::::::::::l: : : : : :l: : : :` ー- _/ _/:::::::::ノ}::::/::::::::ノ/
 j::::!l:::::::::::::l : : : : :l : : : /   /ヽ /:::::::/ノ/::;;;/ノ
 l::::l l::::::::::::l : : : : :!l:ノl(       У      ̄ハ-、
 l::::l い::::::l: : : : : l (       /〈 `ト、 __   /  }_`ー- __
  い 乂::::人: : : :トl      ノ ヘ     ̄/\/    ̄} "''ー- __
 人:\ `~ミ、ー-ゝ    /   -――- --rく ニ=    〈    l::::::ト-- 、
     ̄        __ -‐'"   〈    ー-‐j下ミ_   }    l::::::l: : : :
            く::弋      \      / lo\  ̄ ̄\   }:::::}: : : :
        /   ヽ:::\         `ー-r‐'" / い \    /  j::::::l: : : :」
十六夜咲夜 「>霊夢
そりゃあまあ。
そういう所が、お嬢様に気に入られる部分なのでしょうしね。」
邪神かがみ 「            /::::/::::::::ト::\::::::::`ヽ、
      x=ミ-r/:::/::/::::{:::::l:::::::::\:::::::::::\
      ∥::::::::::}/:::::::j::::l:::::::i:::::i:::::::::::::ヽ::::゙、:::::\
      r''" ̄ ̄Y::{::::::{::::{:::::::::::i::i:::::::::i:::::::::::::ヾ:::::::ヽ  /) ,、  /〉
     {      V::l::::l::::::::ト、:::::い::::::::ト:::K:::::::::::::::::ハ  {/ノ/7/ __    そこは自由なのですよ、私が東方RPで入らなかったのも
      !     l:::i::::l:::ト:::l‐ヽ::ト、:::::::} }:l_j_Y:::::::::::::::`く {ノノ/ _//   百合CPにしなかったのも全ては自由の女神の意思なのです
     i     l::::ヾト Lニ二 \ \:j'i沁 》イ::::\::::::::ヽ ⌒ ̄/
      i       l::::ヘY(弋リ}   ..:i    ̄   {:::ヽ::ヽ::::::ヘ--/
        l      l::::::::゙、 "~            lヽ:::V:::゙;:::::ハ    やりたい事を遊ぶのが決闘ですから>霊夢
      {    {::::::::::::::ミ=--  _    j__ハ::::i::::::!::::::i
        i    i:::::::ヽ:::::\ < _ ノ  ノ::::::::::::l::::::}::::::}
         i    V::{::::ト:::::::ヽ      /:::::::::::::::l::::∧:::j
      /:i     いヽ} ヽ::::::L_   //::l::::::::::}L:j:::j }/
      / : i     `ト: : : : \}、  ̄  j、ノ~⌒ ノj/
     / : : V      l: : い : ト、 `ー-、ノ {-、
     /: : : : :ト、   l: : :! :i : i ヽ「::::ヽ  }_二ニー-、__
    /: : : : : :i     } : : : i : i  V:::::ハ-〈::::::::::::ノ   い:ヽ
    / : : : : /i ヽ   ハ: : : : : :l  乂::::::`X::::::::::{    }::}:lハ_
   /: : : : /  i   弋i: : : : : :iミ::\{:::ノ/ }\;;ノ  ノノ:j: /\
   { : : : /   {、  _八 : : : : l: :\/:::::{ {::::::::::::>/:〈: : : : :\
    i : : :!    込ノ: : : : ヽ : : : l: : └--i i-<-∠__: : ハ : : : : : \」
できない子
                   /  l/     /                  ヘ
                   l  il     /                     ヘ
                   ヽ ヽ   /       __  :=- '           i
          /l         ヽ k=≦ァ -‐''"´__ == =-  <            |
          i ヽ     __ ___  ヽ< / /__ _ \  `ヘ  ヽ ヘ           |
          ヽ `=-< --   彡 三《《  == x     ヘ l  ヽ          |
         ,,. '"´     ヽ   // /ハ  ヽヽ   ヽ \     l. -‐‐-l-ハ-   l
       /ィ/   ノ     ヽ / /l l l l l  ヽ     ヽ ヽ    {           /
       // /  //      ヽ/ l l  ll l l  l  ヘ    ヽkヘ::\ トト `ヽ气リ  /
      l/ l./  / /l ノ     ソト l l  l ll ヽ i  ヘ     y y::::lヽヽi      /
         lリ`/-/-リ=-    l llrtヽl  ヘ k  v   k l    ヽ{::::lノヽ ヽ ,      ヘ
         ll //z≠ァl    j  l l ヽ    マ ヽ   l l    ヽi:::::t  リヽ   ノ  ノ
        l/ノ ' ' '/    i  l l ノyk    ヽ ヽ  tl     il:::::lト   `=,-' - '
       i    イノ    ノ ハ.l' l  j  l   lヘk ヘ        l:::::iヽ _ '¨
     .  `,    //    _ノ  h_l ハ l  l il l  l {   ヽl::::::l' \
    .   ヽ-_,,. ‐'/__ィ ./   /  l   ヽ  ヽ l ト l    k\=` 、 ヽ       ,,. -''          どちらかと言うと親子。じゃ、お疲れ様。
      .  '、    /イ_,,. -''=-= ̄  ̄  ̄ ` =` l lハ l {ヽ\`xト   ヽ    ,,. -''"::::::::::
        j l     /   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ ヽV  リ  ソ   k_,,.‐''::::::::::::_,,. -‐'
        /. i __, /   ::::::::::::::::::::::=-- :::::::::::: :::::::::::::::::/\::::::=- -:::::::::::::,, ''"´
       /  =y/  ::::::::::::::::::,  '"´:::::::::_,,. -‐''":::::::::::::::/::::ノ:::::::::::::::_,,. -‐''"´
       /   ヘ::::::::::::::::_,,. ''":::::ノ:::::_,x''":::::::::::::::::__:::=-::::/:::::ヾ :::ヽ   ヘ      
      /     ヘ-- ::::::::::::_, '´/ ::::::::::==---::::---::':::::::::::::::::::ヽ  l   ヘ _,,. -‐''"´
     ./    ヽ< ` -- ィ  /' :::::::::::::::=-:::=:::::__::::::::::__:::::::::::_::::::  l,,. -‐''"´:::::::::::::::
     ./      ヽk\ ___,,. ‐´ ::::::::::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::
    /     \/: : : : > __<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::       __==- __ ̄  ̄
   /      \/::/::r‐<: : : : : 、__  :::::::::::::::::::::::   :::::::_,,. -‐''"´::::::h   ヘ =- 、
   /   =- 、___ \: : ::\ `' -- '  ` -- == ____,,. -‐''"´ヘ :::::::::::::::ヽ  ハヘ  ヽ、
 ../  /  = -   `t=z_: y`==_ _--z         l l ヘ     ヘ:::: - '   ヽヽ    ヽ
 /  l/           `=-x __,,. =          l    l             l ヽ
 k               ` =-: : : : : : ≧z _      l    l              ヽ
  マ                 ヘ: : : : : : : : : ̄ヘ= /    /               \
   V                ` =  x: : : : :_ __: :::ヽ/ - 、_ _              \
   V                    k: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >  _          /
   ヘ/                    ゝ 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :> =   /
  /:;:;:;:;:;:;: ヽ ` 、                  y: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ  `」
霊夢 「つまり私は恋愛するようなタマじゃないと >咲夜
……微妙に合ってるから否定できないじゃないの」
霊夢 「:::::::::/ / ノ>ー _二z_ ー',ア´''::;::::::::/::::/:::::::::::::\:ヽ:::::::::::::`ヽ、 > /,>一
:::::::::l ./''´>       才::::;:::':::::::::/;::/:::::::::::::::::::::::\;:::::::::::::::::::::\j<j
::::r‐'/.l >       /::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::l,./.ノ<、     /:::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::ノァ' >   ヽ ./::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::l /<   _/:::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
/ノ >_,.ィ≦;;::::::''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,t、
レ|__ノi:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::l:::::::::::::::l|',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ヘ
:::::l:::::::;::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::/:::::::::i::::::::::::::::l ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',. ',
::::l::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::/::::::::::::l:::::::::::::::j ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', 1
::::l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::':::::::::::::/l::::::j:::::::l'  ',::::::l;:::::::::::::::::::l::i::::::::i! l
:::::l:::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::l::::::::;'::::::::::::/:::l:::/ ::::::l  |::::::ハ::::::::::::::::::!l:|i:::; :l  j
:::::',::::::::::::::::;:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::l:::::::;::::::::::::/:::::/:::::::::::l.   |:::::レイ:::::::::::::::l l| l::!.l|
:::::ハ:::::::::::::::::;::::::::::::::::l:::::::::::::::::::;::::l::::::;'::::::::::/l::::/i:::::::/::j   |::::j ,.l:::::::::::|:::l .l| l:l l|
::::::iヘ::::::::::::::::r 、::::::::::;:::::::::::::::::::::::l::::フ¨¨¨アァァ十ァ=z:/   |::,rtァ|::::l::::l::::| | l:l |
::::::l::ハ:::::::::::::;'r,>、:::::;:::::::::::::::::::::l::::::ll::::::/__j:/___/i/./j'    .|/ー' .|::::j::ハ:::l | l:i    一応「このキャラならこのキャラと」っていう鉄板は考えてあるわよ?
::::::l:::::ヽ:::::::::l iアlヽヽ:::::::::::::::::::::::|::::::l,jrァ戌ァッ¨V./ /'  、 ノ   .|::/::j.l::::l | l'    ただ、その鉄板が揃ったとして それを相手に押し付けるのはエゴだからね
::::::l:::::::::\:::l、ハ rzi!ヽァ=xtァ__rァti:::lヽ-`=´.´//     ヽ    |/7:ハ:::|
::::::l ::::::::::::::ヽ,ヽ._ヽ ハ_i jハ  l リ|;::| |'              ヽ   .j:,:l  ',:l
::::::l:::::;::::::::::::::l`ヽ;::ヽ、 ,.jっx。。ィi:|.l::| l                 ノ  ./ l   |      ま、自刺しの時しかそんなこと考えてないけど
::::::l::::;::::::::::::::l:::::::::`:::|´ Vム マ;ハ. ';:i            ´   / j
::::::i::::;::::::::::::::l:::::::::::::::l   Vム マ;ハ, ヽ                /
::::::::::;::::::::::::::l:::::::::::::::l     Vム マ;ハ ヽ.          _r,ア、_/
:::::::::;::::::::::::::l:::::::::::::::l    Vム:ム;マ、ー .,_         '´ .\\
:::::::;::::::::::::j::l::::::::/`''ー-、    Vムマiノヽ  >ァxz.,__     ∧,\\ _     /    __
:::::/::::::::::/::j:::::;/    `ヽ、 ,'¨i´l. ヽ_)〉  ,r''´ .└笠Zzt´lノ.  \i:::)   /廴 ∧::::∧
::::/::/::::/:::i::::/        ヽ, lトー'´::::\ノ     .|:::::l::::::::l::|    __    l  ヾ;;/;;フ ハ
::/:/:::/:::::jア       ー-、..ヽV:::::::::::::::ヽ、    |:::::i::::::::l:::|    i 'ヽ   l    ,j;;;/ /
:::/:::/:::/z..,__         ヽハ::::::::::::::::::::ヽ  |::::::::::::::!i::l    ! .i.ヽ寸l、 ./l¨l ,.く
/:::/_//_,r‐lヽ  ̄ーz.,__       ヽ::::::::::::::::::::ヽ l::::::::::::::l l::l   l  ' l フ'rアlァ/lУ .ヽ
::::::::ーァ''´  `¨¨¨¨アフ_ `¨ーz_   \::::::::::::::::::\',::::::::::::| ',:l,.  j   |tzzン1l./   〉
::::::::/           ̄''=´ヾ)`ヽz..,_ヽ、::::::::::::::::::\::::::::| ヾ /    .l,`'Y i/   〉/
:::::::l               `''ヽ__)zxヽヽ::::::::::::::::::::\:::|.   l     iヽ.lノ     i!」
できない子 「お、おう……。>霊夢」
十六夜咲夜 「私は愛を乞うような殺人鬼じゃないし。
霊夢が求愛なんてことをしてきたら、それこそ異変かもしれないわね。」
雪華綺晶 「さて、それではみなさま、ごきげんよう」
できない子 「非女神を希望すれば私が狼にならなくて良い。(迫真)」
四季映姫 「落ちましょう
お疲れ様でした」
邪神かがみ 「まあ今日は気分的に男女CPしたかったから
女神希望通ったらハザマさんにするのは割と既定路せゲフンゲフン」
雪華綺晶 「自刺しならば刺すより刺されたいと願うのは行き過ぎた夢でしょうか」
霊夢 「あー、大丈夫大丈夫 ヤバいもん入ってたらまかり間違って私がヤバいことになるから >できない子」
ハザマ 「私も失礼しましょう
かがみさんのようなお美しい女性に矢をもらえて感謝ですよ
それでは村立て同村ありがとうございました」
邪神かがみ 「.       .′:::::::: | i:::::::::::::l:::::::|:::::::i:::::::::::::::::::|h::::::| |:::::i| |::::::::::::::}:::::::::::
        ..::::::::::i|::i:::::::::::::l::::l::|:::::::i:::::::::::::::::::| |::::_;.斗::::リ 「:::/:::::/::::::::::::
      i::::::::::::::i|:|i::::::::::、∟L|_::::::i::::::::::::::::l | |:::/ ノ:::/ ノイ}:/| ::::::::::::
      |::::::::::::::i|八:::::、::\八 \{\{__jリノイ u斗tFテそ示卜:::::::::::    眠いからこのRPにしたのは内緒なのです
      |:::::::::::::八::::\{\斗tr==ミk     '´  {八  `'r} }|::::::::::::::     にしても霊夢×咲夜が無かったのは
      |::::::::::::::::::::::::::ヽ  {八 `'r}         乂うーシ f|::::::::::::::     私も読みが甘かったなーとか・・・
       j::::::::::::::::::::::::: /ヘ. 乂うーシ             ⌒¨¨´ ,小::::::::::::
      .′:::::::::::::::::::::::::::ハ ⌒¨¨´                  〃|::::::::::::::
.     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧                     ″.|::::::::::::::
     .i:::i::::::::::::::::i:::::::::::::::::∧         、            ;;  |::::::::::::::
     :|:::|::::::::::::::::|i::::::::::::::::::::::.、               i{  |::::::::::::::
     i|:::|i:::::::::::::::|ハ;::::::::::::::::::::::\       _ __         i{  |::::::::::::::
      i|:::|ハ;::::::::::::::::|ハ;:::::::::::::::::::::::`:...、      `      i{/|::::::::::::::
    八::::::|ハ:::::::::::::::::|ハ::::::::::::::::::::::::::个ト         イ{  |::::::::::::::」
できない子 「あながち誤字でもない。(迫真)」
霊夢 「他刺し人数ならいざ知らず
自刺しで女神希望はあまりしないわね……
よっぽど鉄板で繋がりたいのがいれば別だけど >かがみ」
できない子
    r、〈},__
    r≧o≦ー- 、
   <///7Tハ寸、ヽ
   `ミ({ (● ●小| _     読んだかね?>四畳半主義者
      l,ゝ  -' ノ .|で|
    /:::::::⊿:Y  .Ⅱ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
四季映姫 「接点があまりないときは希望はしませんが
引いたときは接点がなくても撃っていたかもです」
でっていう 「そんじゃ、俺様も落ちるかっていう
村建て&同村ありがとうなっていう
先輩…お前という奴はっていう!(ドドド…」
できない子
                     ,ri_nm
       r:、ー,           /ヽ' ̄´
     ={ 「´'λr== 、___rィ´ /
     { { `ミ_,-/ //ミ≧、/_>´     ヤバいもん入ってる気しかしない!>霊夢
     .} \ ,/ ./γ -ヘ
     }ル´.'r! ̄  .i    ヽ
       _/  7~ヽ´/   ヽー、
   _ < _ ノ| |::|.|〈/      ゝ
 __ハ__> ´  | |::|.|/        `ヽ、
≦/      | |::|/           ヽ、
         ~~ハ             ヽ
          i               _}
          〈         , -ー' ̄
            ̄ヽ __ /  .\:::ヽ
              |:::::|      \::ヽ
              .|::::|        \~~ー,
              .}~⌒{         ¨¨¨´
              ´¨¨」
大統領 「それじゃ、お疲れ様&村建て感謝だ。
四畳半主義者説はアニメを見返したくなるほどいい出来だと思った。(小並感」
ハザマ 「よく見ればオシラ遊びが付いてますね
これは危ないところでしたか」
霊夢 「まあ、紫が置いてったやつだから味は保証しないけど(お茶ずずず >できない子」
ハザマ 「しかし吊られたのはでっていうな現実>先輩」
できない子 「私たぶん大統領噛んでたからな。(迫真)」
支援と化した先輩 「じゃあ俺、ギャラ貰って帰るから。
俺とでっていうは幸せなキスをして終了。
村建て同村ありがとナス!」
四季映姫 「私が東方で希望してまで撃つとしたら
小町とかリリーとかですから」
邪神かがみ 「自刺し人数だとよくある事なのです>ハザマ」
でっていう 「先輩からのアタックはすごかったな…っていう>ハザマ」
ハザマ 「最後はできない子さん次第で死んでましたねw」
弱音ハク 「            .イ i|                   \
          / |  {                        ヽ
        :   {   \      __   \       __   :.__
        ′  i    \ :.   ヽ  ̄ ̄ ヽ    |   ` <f⌒
       /  / |  /        :.     :.   「`ヽ   }   支援に来ただけの者は撤退するぞー
      ./  /   }/Ⅹ     :.\   :.     :.  { ヘ、 L......
     // {    X  \   :  ,\  :ヽ     :.   vく ヽ /
          |∧   ハ 〃\ | / ハ\} \}ミ  i  〈 } }(    おつかれさんっ  ありがとーまたねっ
         /  :  : }/小ハ`          `ヽ}   ヽ ノx=━…::;
              : {/        ‐─┐     :       ∨::::::::::::::/
           ∨ 、    ヾ(   ノ    ..ヘ     ∨::::::::::′        __    -=ニニ二二| }
            |. .\             く:::::∧ |\   ∨=く.___  -=ニニ二二二二二二二| |
            | . . . .、` 0o==…:::ぅ   }\::_ヽ¨¨ ≧=ニ二二二二二二二二二二二二二二二  i
            j/\. . .  く::::::::::::::/ i     \  _.」}三三三三ニ二二二二二二二二二二二二| |
                   \. . . \::彡' |    / 〔:::::::::::::::::::ミx ヽニニ二二二二二二二二二二二| i
                    \} -=く /___」   }i/    ヽ::::::::::/     ̄` -=ニニ二二二二二二二二| i
                -=二二ハ } \\ | 」      : `く          <二二二二二二二, / ━…‐-=ミ
            -=二二二=-   /    Y´ }     , \ ー =…━=── ‐  <二二二二//
          /二二二ニ=-   〈    ヽ-く __  イー- `¨¨ -=  _______    ̄ ̄ ̄ ̄
            /二二ニ( ̄       .   , \ \     /                     ̄ ミx
          -=ニ二二}           `¨ヽ   \ `ー - /ー  .             __
        /二二二二|           |     、__}   >'ヽ     /   ̄  ________ ヽ」
十六夜咲夜 「それじゃ、私はこれで。
二時間前でまた会いましょ? 村立て感謝。」
雪華綺晶 「恋は盲目、恋しい相手しか見えないのであるならば
やむをえないでしょう」
ハザマ 「いえいえ 私も内訳は把握してませんでしたので
お互い暗殺されずに生き残れたようで何よりですよ>邪神かがみさん」
邪神かがみ 「東方組は全員非女神は計算外だったのです・・・」
支援と化した先輩 「自分が吊られて他の人を巻き添えにする訳にはいかないと思ってでっていうに刺した女神の鑑がいたからね>ハザマ」
できない子 「うむ、苦しゅうない。>霊夢」
できない子 「ハザマを売らなかったのはせめてもの慈悲である。(すっとぼけ)」
大統領 「イギリス人といったが……
あれはフランス人向けだったかもしれんな。」
ハザマ 「しかしでっていうを吊って恋人が死ぬとはオドロキでしたね」
邪神かがみ 「                 /::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ヾ::::::::::::::::::ヽ
                /:::::::::::::/:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::/::/⌒ヾ::::::⌒:::::::::\
 ̄  ー- 、        /:::::::::::::/:::::/::::::/:::::::/::::::::::::/::::::::/::/:::::::⌒::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        `丶、    /::::::::::::/::/::::::/:::::::/::::::::::::/::::::::::/:::/:::/:::::::::::⌒>::::::::::::::ハ:::::゙;
           >--/::::::::::::://:::::::/::/:::::/:::::::::::::::/::::::::::::/:::::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::l::::::゙,
       -‐''" /⌒:/:::::::::::::/:::::::::/::::/::::::/::::::::::::::/:::/::::::/::::/::::/:::::::::://::l::l::::ト::ト、:::l::::::::i
         /::::::::::/::::::::::::::/:::::::::/::::/::::::/::::::::::::::/:::/::::::/:::/:::/:::::::::::://:::::::::::::l::::l:::::::ヽ::::::::::l
           {::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::/::::::/:::::::::::/::::/::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::/::::::/:::::::::l:::::l:::::::::::::::::::l
         /:::/::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::/::::::::::/ /:::/:::::::/::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::j:::::::::::::i:::::l:::::::::::::::::::}
         /::::/:::::l:::::::::::::::::::/:::::/::::::/::::::::::/ /l::/l:::::l/:::j:::::j:::::::::::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::i::::::l:::::::::::::::::j --~ッ-~    死体結果見たら私達がLCPですね
      {  {:::/:::::::l:::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::/、/ l:l l:::::::l:::::l:::::{:::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:::::::l::::l::::jノ::::i::::::::::{  /    見落としちゃってごめんなさいハザマさん;
        !  l/:::::::::l:::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::/ /\l l:::::::l:::/l::::!l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l::::::l::::::l:::::::::::l::::::::λ
       l  !:::::::::::l::::::/::::/::::::/::::::::::::::::::/,,,∥ l \::::l:j l::::l l::::::::::::::::::::::::::::l::::::l:::::{::::::::l::::::::l:゙、:::::::::゙、
       ハ {/::::::::::l:::/:::::/:::::::j:::::::::::::::::/}Fミト、  l:::::トl l::::l l::::::::::::::::::::::::::l:::::::l:::::l:::::トl::::::::l:i::ヽ::::::i::゙、
       lノ {:::::::::::l::::l:::/:::::::::l::::::::::::::::/ ゙{oi沙x\\l !`l:::::! !:::::::::::::::::::::::::l:::::::}:::::l::::}:::::l::::l::l::::}::::::}::::ヽ
\     l   Y::::l::::::::l:::::/l::::::l::::::::::::::/  ノ `ミシ`㍉ヾ   l::::| l:::::::::{:::::::::::::::l::::::i::::::l::::j::::::}:::::::}::j:::::ノ::::::::} ニ二
\\    lノ _ l斗―┴ '''" ̄ ̄ ̄ `'''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~"ー-  j:::::::::い:::::::::::::::::j:::::::::::j__;;L;;;;;Lノ/:::::::ノ
  ヽ >'''" ̄                              `"'ー-::;;::::::::::>'''"        ̄~"''ー- _
__/                                            ̄ ー-  _
                                                   ̄~ー---  _」
でっていう 「まとめおいておくぞーっていう
四季映姫ー大統領ー雪華綺晶
邪神かがみーハザマ
でっていうー支援と化した先輩」
霊夢 「ま、そういうわけだし
遅れたけど梅昆布茶用意してきたわよ >できない子」
できない子 「そういうこともあるので自主性に任せているんです。(迫真)」
雪華綺晶 「では、生き残った恋人たちに祝福を。」
四季映姫 「お疲れ様でした」
十六夜咲夜 「なるほど。そちらが恋人であれば、仕方ないわね。」
でっていう 「おっつかれーっていう」
ハザマ 「きらきーさんも恋人でしたかかみ殺してしまいましたよ」
支援と化した先輩 「でっていうとの恋人でも勝利できるってはっきりわかんだね」
弱音ハク 「 ,': : : : :゜: : |: : : : : : ト、. . .: : : : : 、: : : : : . Ⅶト、: : : : :.',
 l: o: : : : : :ハ: : : : : :.ヘ\: : : : :__:1: : : .Vf´二、: : :.l
 !: : : : : : : :| ヘ: : : : : :.ィ ´ ̄: : : : :ヘ: !: : : . l/::::::ヾ',: : !
 |: : l: : : : ,+-─- : : : : ', __\: : ___:l:|: : : : |{:::::::::::}:!: :!   お疲れ様
 l: : |: : : : :l l  ヽ\: : : イ;=≠示寸ハ!: : : : !ヾ:::::::ノl: :!
 l: : ト、: : : :|⊥二_\\ ´! V::::::::::リ l: : : . |\二ノ:./      _ .-┐
 ヘ: :l ヽ: : :!ヾ'、 :::',    ` ` ゝ一'っ. l: : : . lミ彡´:./  ,>. . :´: : : : : : !
  ヽ{ 丶: :lハ cー' ,          :/!: : : .i、: : :/:/{/: : : : : : : : : : : /
    \ \八            ;ィ|: : : ハト、:/_/: : : : : : : : : : : : /  鈍ったわ
        |`ゞ、   、っ   /。 !: : /、ィ_´: :!:_:_:_:_:_:_:_:_: : :-─!
        |: : : | `> -イ\   !: / ノノ\.{、.-.-.-.-.一: :´ ̄l
        l: : : !        丶  l://´: : : :ヽ\、: : : : : : : : : :l
        ∧: :ノ       _/: :} /: : : : : : /: :_\:丶、 _:_:_:_:__!
         V   ア  //: : 「r´: : : : : : :./:/´  `  . `丶、_
           _//´`ヽ ヽ,ヘ: : :!,ヘ: : : : : : /: :i      ヽ:、: : :`:ー<__
        ./´| (_/l } /i: /\|}:/\: : : /: : :l       V\: : : : :/
.       /´| ! |二二|ト、 レ: :|::|:/::/:\: l: : : !        ト\\/
      〈  | {_ソ ̄f⌒ー} : : f´::ゞ': : : : :ヽ!: : .ハ       l ヽ/」
大統領 「ハザマがナプキンを取るとはな。」
邪神かがみ 「ふにゃぁ・・・お疲れ様なのです」
霊夢 「と、いうわけね
お疲れ様よ」
できない子 「できるわけがない。」
支援と化した先輩 「お疲れナス!」
大統領 「お疲れ様。」
ハザマ 「お疲れ様でした」
ゲーム終了:2014/01/28 (Tue) 00:43:18
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
十六夜咲夜 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
できない子1 票投票先 →邪神かがみ
邪神かがみ1 票投票先 →十六夜咲夜
ハザマ1 票投票先 →十六夜咲夜
十六夜咲夜2 票投票先 →ハザマ
弱音ハク0 票投票先 →できない子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
十六夜咲夜 「では、ハザマさんを死体へと。」
できない子 「ふにゃあに集めよう。(迫真)」
弱音ハク 「   o      _ ........ _
     °。,イ: : : : : : : `: : .、  rェ
.      /: : : : : : : i: : : : : : :ヾ.//
      /!: : : /:.:./|: : : :/: : :.:Ⅵ
.     {_{: : :/:/`ヽ, : ; '_|: : : : :!
    ([|: :,'  ○ j/´ .|: /: :iノ
      ゞ、ハ ""    ○ j/.:.:.:/
.  ,'⌒\V ヽ <i  ""//!/
.  ゝ へ ヽr/{≧=‐rr=' '  ̄'i   そういうこともあるさー
    \ \,'ヾ、/i::{:ヾ: :{、  ノ
.     `ーゝ_ノミ,ヘ´::}: :! ゝ'
.       (`Tゝ、レ';!:ハ
.      `i||  i´ };: : : ',
        ||| }| .}И/: }」
ハザマ 「十六夜さんがリア充でしょうか」
弱音ハク 「              |` ー- ..,, __       __,,.. -- ´|
     r ⌒ヽ      |           ̄ ̄ ̄            |
     レ^ヽ } ,. -―― ァ                         |
       }/´   ニニ ミ、                       ,,ノ|
     ,.ィ´     ー-、  ̄`ヽ           ___,,.. --- ''´ ..|
      / {!        ヾ { ̄`       | ̄ ̄           |   飲んで~ 飲んで~
    ,: {i!   ト..メ `ヽ、}マォヽ         |               |
    !  ミ!.  |´,..ィ、   __ }       | iヽ  (ー-----一イ.  !
    |  ヾミ.  !"マ沙  レ' /       .| ゝノ   `¨} { ̄ } {´ ..ィ..|
     ',  `{ミ、 |、   ,..ィ三ヽ⌒)    .| i`ヽ | ̄   ̄   ̄ !.!
    ,.-≧ ゞ≧ >-.{三三ニゞ´     .| ゝノ | |¨! |  ̄| | ̄! | !   飲まれて~ 飲んで~
   {三彡-ァニハ(´__ヾニ イ´       .|  r 、. ! !ノノ   乂コ| |.|
    ー- 、/三/三',.   、_ノ          | ノ  ! |. ニニニニニ |.|
       `¨j. ! ) ̄ ̄{        .| ヽ_ノ...|└-------┘|.!
       /   }/ニ||ニ||コ!- =-- 、  _.  !      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !
        /,'  ノ{三三ミ、三三三ニ>´ } .|               |
      { ' ./ ゞ三三ィヘ三三/ /.. |               |
      |   {        |  ヾニソー '   |      ___,,.. --- ''´ |
      ヽ  ヽ       |          ̄ ̄              |
        `ー-ミ、     |                           |」
十六夜咲夜 「さて、死体は回収してよろしいかしら?
お嬢様への手土産に。」
できない子 「LCPですな。(迫真)」
邪神かがみ 「これ、恋人PPですか?」
できない子 「ほう。」
ハザマ 「これはひどいですね」
邪神かがみ 「ふにゃあ・・・?」
できない子
    r、〈},__
    r≧o≦ー- 、
   <///7Tハ寸、ヽ
   `ミ({ (● ●小| _     後、二回なんだ。>十六夜咲夜
      l,ゝ  -' ノ .|で|
    /:::::::⊿:Y  .Ⅱ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
支援と化した先輩さんの遺言                 / /;/  __        ゞ;::::〉
__,--──‐--、       ( ノ゙"   ! ゙゙ヾ;、        〉:::{
        `ヽ、       /     `、、., ヾ;      /:::}
             `ー‐‐-r'     _.,^'´ ^ヽ、,==、, /:ノ
          `i    |     ノ:: ゝ;  r' 、.._, /;ノ でっていうの事が、好きだったんだよ!!(迫真)
            ヽ   {     ,ィ,.:.:.゙=、__) `´ /
            ;:   ヽ.   ´!`‐=、;、:.:´`  /
     _,-    ‐'    ヽ:.   `゙ー-‐'^`_,/
      /'        `、.  ヽ、:.:.:.:. :.,ノ'´
    ,/             ;   `ー-ァ'
  ノ´          ,ノ´ ;/´,'〈゙
‐<_           γ-    (__ ヽ,
   ``ー‐-、__     ノ      ,-‐〈_ |i! |i!|i!
        ``ー‐--‐‐--'"´⌒   `゙ー-、|i!
    `ー‐-、 __  ,      `) `i、  ヾ 〈
                   ヽ. ヽ  〉 〉|i!
    __,、__       ;人 ヽ ヽ  v/ _,‐'´`ヽ、
 ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::: ̄``ー、___,ノ  丿 ,) / ,/     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー--イ ノ ノ_/        `l、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'´ /            〉
霊夢さんの遺言
:::::::::/ / ノ>ー _二z_ ー',ア´''::;::::::::/::::/:::::::::::::\:ヽ:::::::::::::`ヽ、 > /,>一
:::::::::l ./''´>       才::::;:::':::::::::/;::/:::::::::::::::::::::::\;:::::::::::::::::::::\j<j
::::r‐'/.l >       /::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::l,./.ノ<、     /:::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::ノァ' >   ヽ ./::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::l /<   _/:::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
/ノ >_,.ィ≦;;::::::''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,t、
レ|__ノi:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::l:::::::::::::::l|',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ヘ
:::::l:::::::;::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::/:::::::::i::::::::::::::::l ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',. ',
::::l::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::/::::::::::::l:::::::::::::::j ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', 1
::::l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::':::::::::::::/l::::::j:::::::l'  ',::::::l;:::::::::::::::::::l::i::::::::i! l
:::::l:::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::l::::::::;'::::::::::::/:::l:::/ ::::::l  |::::::ハ::::::::::::::::::!l:|i:::; :l  j
:::::',::::::::::::::::;:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::l:::::::;::::::::::::/:::::/:::::::::::l.   |:::::レイ:::::::::::::::l l| l::!.l|
:::::ハ:::::::::::::::::;::::::::::::::::l:::::::::::::::::::;::::l::::::;'::::::::::/l::::/i:::::::/::j   |::::j ,.l:::::::::::|:::l .l| l:l l|
::::::iヘ::::::::::::::::r 、::::::::::;:::::::::::::::::::::::l::::フ¨¨¨アァァ十ァ=z:/   |::,rtァ|::::l::::l::::| | l:l |
::::::l::ハ:::::::::::::;'r,>、:::::;:::::::::::::::::::::l::::::ll::::::/__j:/___/i/./j'    .|/ー' .|::::j::ハ:::l | l:i
::::::l:::::ヽ:::::::::l iアlヽヽ:::::::::::::::::::::::|::::::l,jrァ戌ァッ¨V./ /'  、 ノ   .|::/::j.l::::l | l'
::::::l:::::::::\:::l、ハ rzi!ヽァ=xtァ__rァti:::lヽ-`=´.´//     ヽ    |/7:ハ:::|
::::::l ::::::::::::::ヽ,ヽ._ヽ ハ_i jハ  l リ|;::| |'              ヽ   .j:,:l  ',:l
::::::l:::::;::::::::::::::l`ヽ;::ヽ、 ,.jっx。。ィi:|.l::| l                 ノ  ./ l   |
::::::l::::;::::::::::::::l:::::::::`:::|´ Vム マ;ハ. ';:i            ´   / j
::::::i::::;::::::::::::::l:::::::::::::::l   Vム マ;ハ, ヽ                /
::::::::::;::::::::::::::l:::::::::::::::l     Vム マ;ハ ヽ.          _r,ア、_/
:::::::::;::::::::::::::l:::::::::::::::l    Vム:ム;マ、ー .,_         '´ .\\
:::::::;::::::::::::j::l::::::::/`''ー-、    Vムマiノヽ  >ァxz.,__     ∧,\\ _     /    __
:::::/::::::::::/::j:::::;/    `ヽ、 ,'¨i´l. ヽ_)〉  ,r''´ .└笠Zzt´lノ.  \i:::)   /廴 ∧::::∧
::::/::/::::/:::i::::/        ヽ, lトー'´::::\ノ     .|:::::l::::::::l::|    __    l  ヾ;;/;;フ ハ  煙草は20歳から
::/:/:::/:::::jア       ー-、..ヽV:::::::::::::::ヽ、    |:::::i::::::::l:::|    i 'ヽ   l    ,j;;;/ /
:::/:::/:::/z..,__         ヽハ::::::::::::::::::::ヽ  |::::::::::::::!i::l    ! .i.ヽ寸l、 ./l¨l ,.く
/:::/_//_,r‐lヽ  ̄ーz.,__       ヽ::::::::::::::::::::ヽ l::::::::::::::l l::l   l  ' l フ'rアlァ/lУ .ヽ
::::::::ーァ''´  `¨¨¨¨アフ_ `¨ーz_   \::::::::::::::::::\',::::::::::::| ',:l,.  j   |tzzン1l./   〉
::::::::/           ̄''=´ヾ)`ヽz..,_ヽ、::::::::::::::::::\::::::::| ヾ /    .l,`'Y i/   〉/
:::::::l               `''ヽ__)zxヽヽ::::::::::::::::::::\:::|.   l     iヽ.lノ     i!
四季映姫さんの遺言 大統領はよろしくお願いします
四季映姫 は恋人の後を追い自殺しました
大統領 は恋人の後を追い自殺しました
雪華綺晶 は無残な姿で発見されました
霊夢 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていう は投票の結果処刑されました
支援と化した先輩 は恋人の後を追い自殺しました
2 日目 (1 回目)
四季映姫0 票投票先 →でっていう
できない子0 票投票先 →でっていう
邪神かがみ0 票投票先 →でっていう
ハザマ1 票投票先 →でっていう
霊夢0 票投票先 →でっていう
でっていう9 票投票先 →支援と化した先輩
大統領0 票投票先 →でっていう
十六夜咲夜0 票投票先 →ハザマ
雪華綺晶0 票投票先 →でっていう
支援と化した先輩1 票投票先 →でっていう
弱音ハク0 票投票先 →でっていう
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハザマ 「でっていうさんが女神ならば
この人数だと自刺しですし恋人を吊れますし」
でっていう 「ああ、行こうかっていう」
弱音ハク 「.  /: : o: : : l: : : : : : !: : : : :   . . 。:  ヾ心: : : : : :.',
 ,': : : : :゜: : |: : : : : : ト、. . .: : : : : 、: : : : : . Ⅶト、: : : : :.',
 l: o: : : : : :ハ: : : : : :.ヘ\: : : : :__:1: : : .Vf´二、: : :.l
 !: : : : : : : :| ヘ: : : : : :.ィ ´ ̄: : : : :ヘ: !: : : . l/::::::ヾ',: : !    酒と男と女と鍋だー
 |: : l: : : : ,+-─- : : : : ', __\: : ___:l:|: : : : |{:::::::::::}:!: :!
 l: : |: : : : :l l  ヽ\: : : イ;=≠示寸ハ!: : : : !ヾ:::::::ノl: :!
 l: : ト、: : : :|⊥二_\\: ´! V、_⊂リ l: : : . |\二ノ:./      _ .-┐
 ヘ: :l ヽ: : :!ヾVuハ   ` ` ゝ一'  l: : : . lミ彡´:./  ,>. . :´: : : : : : !
  ヽ{ 丶: :lハ `ー' ,     //////::/!: : : .i、: : :/:/{/: : : : : : : : : : : /
    \ \八l;//          ;ィ|: : : ハト、:/_/: : : : : : : : : : : : /
        |`ゞ、   ー ´  /。 !: : /、ィ_´: :!:_:_:_:_:_:_:_:_: : :-─!
        |: : : | `> -イ\   !: / ノノ\.{、.-.-.-.-.一: :´ ̄l
        l: _//´`ヽ     丶  l://´: : : :ヽ\、: : : : : : : : : :l
       ./´| (_/l }   _/: :} /: : : : : : /: :_\:丶、 _:_:_:_:__!
       /´| ! |二二|ト、//: : 「r´: : : : : : :./:/´  `  . `丶、_
      〈  | {_ソ ̄f⌒ー}ヽヘ: : :!,ヘ: : : : : : /: :i      ヽ:、: : :`:ー<__
       ヽ ヽ_)    \丿.i: /\|}:/\: : : /: : :l       V\: : : : :/
.         \ノ  ー‐r'´  レ: :|::|:/::/:\: l: : : !        ト\\/」
霊夢 「蜥蜴の肉って美味しいのかしら……?」
支援と化した先輩 「                       -=竺三三 竺≧=-
                 ィ竺三==          三ミ
                  ィ竺三=                 =ミ
                竺三=                  =彡
             竺三                       . : =ミ
             竺三                 . : : : : 从
            竺ミ                   r=≦¨¨´ ̄∨
            竺                       =彡      :.
               i{                   =彡       、
            、                       =彡    __    〉
            爪                -=彡¨    ─==ミ /
            }ミ: .        斗…ミ≧ : : : : i{            i{     初日吊られるかもしれないからね、仕方ないね
             ミ: : : : . .   /  -=ミ  ミ::=彡'     r伝そ '
              三ミ : : : : i{ {  〔_   =彡'        ¨´     :.
               =ミ : : : : ∨ ¨⌒Y                     ∨
                从三 =彡\                 i{r、__ 丿
          __  -=≦「 ̄¨    `¨´                   ¨Τ
    x≦     \  ∨                       ‐─‐=う 、
  /             }i  ∨           八           、¨¨フ  \
  ′ /               ∨,            \         Τ′     \
                  、         . :\         ′         、
                   \       . : : : : ≧=─=≦          ∨
               \    ≧=─  …==≦                     }i」
できない子 「あっ(察し)。」
十六夜咲夜 「>できない子
『三回』よ。三回、心から言いなさい」
できない子 「熊がいない、非常事態だ。」
邪神かがみ 「       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
      /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::i
      !::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        !::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::l::::::::::l
      j::::::::::::l:::::l::::::!l:::::::::::::::::::l:::l::::::::::::::::}::::::::::}
      l::::::::::::l:::::l::::::l l:::::::::::::::::!l、l_::::l::::::j::::::::::l     蜥蜴鍋? ともあれやるしかないのかな・・・
      l:::::::::::::ト::{辷;l"トい:::::::ノ l/j:: ̄从:ノ::::::::::l
        i:::::::::::::lィFた示`  ̄   示芳~>::::::::::::j
      l:::::::::::::l  ゞシ        ゞシ l::::::::::::;
     _ l:::::::::::::l ;:;:;:;:        ;:;:;:;:; !:::::::::/ _
    /: l V::::::::::ト、      `     /:::::::::/l } : /l
    j: : :l lV::::::::::i l\   -,,,-  //:::::::::/ j j /: :i
    l: : : 、  ヽ:::::::゙、  > __  イ  /:::::/ ///: : :}
    l: : : :゙、  \::::\~ `┐r~/:;;/  /// : : ノ
   /l : : : :`、く   ̄  -‐{ }   ̄   ノ //:/: : : /{
   {: : : : : : :\ヽ    //「lヽ   / // /: : : /: }
   ヽ: :\: :ヽ l:ヽ廴/ /、lol \__ノヽ/:l/: : : :/: /
    ト、: :\: :l:: : 〈__/ミ \彡ヽ___〉 :/: : : :/: :/
    l: ヽ: : :ヽl: : : : : : : :/ ̄ ̄::ヽ: : : : : :l: : : : : :/l
   「二ニ ̄\}_: : : : /:::::○:::〆: : : : ┌j/: : / j
   「      /::::/`ー/_::::/::::::\: : : l/: : : /: :ノ
   {     j::::::l: : : : : \ ̄~"''ー---「{: : : : : :/
   ヽ _ ノl::::::l: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : :l」
四季映姫 「おはようございます
トカゲに罪はありませんが」
でっていう 「先輩…お前って奴はっていう…」
支援と化した先輩 「       | | ̄ ̄ ̄ー-----__     | |  | |      |
       | |               ̄ ̄ ̄.| |  | |      |
       | |                  | |  ├┤      |
       | |                  | |  | |      |
       | |                  | |  | |      |
       | |       /⌒ヽ   ..゙゙゙゙""ヽ..| | .├┤      |
       | |       lj''=''='ii)  /_~j    j| |  | |      |
       | |       ゙、ニ j、 ム、ヾヽ、 j| |  .| |      | 入って、どうぞ!
       | |     _-‐´ヽ-‐'  ̄⊆    Yi |  .├┤      |
       | |     i       ,ー`ー-‐'  ヽ、 | |      |
       | |    j   | ̄|/   | |     ヽ .|      |
       | |┓   ゝ、 j_-‐ヽ ISL| |      ヽ      |
       | | ┃ξ^  ̄ __/`i  | |DERS   ヽ.     |
       | | ┃ ノ.フ ̄|     |  \\    _/i     |
       | |ξ´/  |     j    \\ |´i   j.     |
       | |┛´    |‐-___j      .\\.. i  i.     |
       | |      .|    ノ        | ーi  l.     |
       | |      |   |ヽ、_      |  |  l     |」
十六夜咲夜
               rzイ⌒ヒ~iーz_
             i⌒ゝィ'く ̄ミヽく ノ廴
            」⌒,ィ'"! ∨   ヽヽ \ ) \
           ム /  j! l   、ヽヽ ヾ .∧      おはよう。
               ∨ ! ム l  、 ̄` 、 l l ∨∧
              /  l/l  V、  ヽ lムミ! l V ヾ      朝食を作り過ぎたから、良ければ食べていって。
              / l l l ィ-弌 、 V_マ_j`! !V、ヽ\
              // Vハヾ弋少\iヾ    レ'ヾ {、lヽ、     ロクな物を食べていない子もいるでしょうし、ね。……誰とは言わないけれど。
          /イ/レ\ゝ   ′   /( V./i!
           レi})ヾ}ーi、   ー '   ,イ ( Υ) ,、
          /`ー'}∨Yレi>,..  _, イ|'レ'Y VY' ゝ┐
          (ヽ  .ゞV〈  {`ー┬‐ 'ヘ_ ゞV〈イー~l
           j/ー-,ゞV〈了、 ̄`∨ ̄`7iゞV〈-二 人
         } ヽイー〉V〈:j  ゝ  ハ  く l〉⊥)_-ー ハ
          </i´┌ゝ∠l \  l l / {、人ノー}' ∧
       r '´  `ニヽイヽn._{ T o T }_l::l  )ニノ    \
       V     ヽ|l∠エ≧:: ̄ ̄ ̄:::::::::'lハハ{´    /
        `トー-- r =ト、 l l ハ /7:::::::::::::::::::::::::l-―― 'l
        `iー‐ l l / , l .l  V j::::::::::::::::::::::::::/ '  ̄ `i
         l   \! ! l l  .Vi::::::::::::__:::::/ ヽ    l
       __.ィ、l_ ,_r<))  .l ! ' // ̄ヾ  `ヽ――‐ヘ_}-v-、_
    ( ̄ー‐< '〃 ゝ_ゝ-).⊥_l / ヽ __ノー-‐' ) .<⌒ヽヾ>ゝ-'‐`ヽ
   く` ー 7'/ 凵= ´ー--‐゙` ー======三≦ ---ゝ、__ヽ`r‐ '" >
    .L`二/)――――――――――――――――――{ヽニ ̄!
     ー<__ /:::/ニ{ \_____/ l ニ〉:::\\__ >―'´」
霊夢 「とりあえずそこの蜥蜴には食料になってもらうわよ」
大統領 「試練は『供えもの』だ…立派であるほど良い。」
弱音ハク 「[SPLIT]
/                 丶
                  \
         i   i        ヽ
   i   l   |  .|  l     i   ',
   l  ,|   /l  /l   | l.  l    |
.   | r-i- / ..|_/ |  l ,|  .|    !   ん? 鍋?
. |  ! | .=--_'` .l ./r/‐!‐/
. l   !.| 三三三 //三.ミ./   / /
., |   l 、、、       ̄ ̄ ヽ / /
-,l   .|      _____ . ``` l /
:::::l   l      l|| ||「´ ,.イ. |.... ズルズルズルルルル
 ̄ ,__ ,!へヽ.、   || ll|,.イ´   l
...'".::.:く \\   r| ||ト、:|.    |.... ズズ
゙:/.:ヽ/⌒ヽ.\_T.|| l| !.l    l... (   )
゙;__,/  、 \`ヽ,\ ||| |イヽ   |
゙:.:/ ヽ、\ノ、ノ\\ | ::. i (  )
.゙::ト、 ヽ、ソ!匸{〈\|\>::. ( )
....ト、`'´ ,l |ーゞー ||| |〉::.::(^ヽ、ヽ,
:.::ヽ  ̄7 / .:「二二二二二i ヽ, |
. ___二_レ' .::.::i .白い力餅 /  i .|
..... / .::.::.::.::.:.ヽ、二二二/  ノイ.ソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ハザマ 「でっていうさんを吊りましょうか」
支援と化した先輩 「       ,,,,....-‐..... 、...                                         .n
     /       ヾ                ,...-‐'''´"` 、                  / /
     ,|      j-‐'''ヽ               ットijシト    ヽ     コ↑コ↓      / つ-┐
     |      ノ  --ヽ             /    )     i     コ↑コ↓     j  } 三|
     ヽ  i⌒ヽj  -=・_ゝ            <━、  ヾ.. ゞ⌒i ,j               丿   ノ
     ヽ ゝ  `   _j            ノ ・-   ヽ!   j i            ...-‐'   /
      `j  ‐-、 __〒            ⊆ ヽ        ij_...,、__...、,-‐、__, -‐'     /
    _ -‐'´ヽ     j´`ヽ..          乙___ノ    /          ノ       /
 ,_..ー´    `ー-‐‐'´   `ヽ        _.-´\  \___ノ          ノ     ,-‐'
,/                 ヽ     ,-´    .\  \          /   -ー'
                   ヽ   _,.'        \/\     ,-‐、/-‐ ̄´
                     、  /          \  \   j´
   ヾ            i    i  i    ヽ       \ .\  i
    j            j    i  i     i   I S L A N\ \ }」
できない子 「できるわけがない。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現役職:村人1 おしら様2 掃除屋1 迷い人1 静狼3 女神4
ゲーム開始:2014/01/28 (Tue) 00:33:43
四季映姫 「開始」
支援と化した先輩 「                   ___
                    ,.:::::::::::::::ヽ
                {:::::::r‐、::::::}
                    ゛^´  ト= ^ー-
                    、 ´         ̄ ̄   、
                    /  ,  _           \ トカゲが人間様に勝てるつもりですかね……
                  /  /^⌒
   }二二二l后]`E _,/  /   /   、__      r
    ̄ ̄ ̄`ーrェヘfぅ  ノ´   / /   ` 廴_ 厂      i
           └:┘   ./^ ノ            /        |
    }二二二l后]`E __/ /          /       ′
     ̄ ̄ ̄`ーrェヘ乂__ァ ´            /         /
            └:┘            /        /
                           /      /
                         ′    イ
                          {    く  |
                            \    \!
                             \    ヽ
                            _ヽ   l
                             ー―ヘ   、
                             )
                             / _ ノ」
四季映姫 「0」
大統領 「ホモは嘘吐き。」
でっていう 「おう、かかってこいよっていう(威圧>先輩」
弱音ハク 「はいよー」
邪神かがみ 「|_  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ̄l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
|_  l::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
    ̄l::::::::::::::::::/::/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::、
|_  l::::::::::::::::/::/::::/:::::::::::::::::i::::::::::::i::::::i
    ̄l:::::::::::::/l/:::::/l:::::::::::::::::::}::::::::::::l:::::::!
|_  l:::::::::::::ト{::::::i j l:::::::::::::::ノl::::::::::::l:::::::l   ふにゃぁ? ズサそこそこいますね
    ̄l::::::::::::lミx\{ { {::::::::::::/ j::::::}::::::::::::::i
|_  l:::::::::::l沙ヾ   \::メ、 /:::::j::::::::::::::::!   多いならそれに越した事は無いのです
    ̄l:::::::::::l        兊x、\:/::::::::::::::::}
|_  l:::::::::::l      {沙シ≫/~/:::::::::j
    ̄l:::::::::::l   "   `" /:.i:::::::::::::::::j
|_  l::::::::::::l _      /:.:.:.:.:l:::::::::::::::;
    ̄l::::::::::::l ``  _ イ:.:.:.:.:.:.:.:i:::::::::::::/
|_  ト、::::::::lーァ''"~く.:.:.:.:./.:.:.;::::::/::/
    ̄l \::::l/`ト、   \/:.:.:/:::::/:/
|_  l ̄ヽ\l  l  \   ヽ/::/ノ
    ̄|  /7" ̄`'''< `ー 、/
|_  l  /^{        \ } ┐
    ̄l/o 入     / / :j
|_  l ヽ/ l\   /  /://
    ̄l/   l \_メ、 / //」
かりーさん 「かりーさん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーさん → 弱音ハク
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 3410 (弱音ハク2)」
でっていう 「はやめになっていう>かりーさん」
できない子 「でっていうの明日はどっちだ。」
ハザマ 「男に興味はありませんねぇ」
霊夢 「誰がネコよ誰が >咲夜
第一神社に炬燵無いわよ」
支援と化した先輩 「                          x≦¨::::::::::::;;;;,,,
                           ノ:::::::::::::::::::::::::::::::≧x
                       ,:':ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミx
                         }::/´^テソ^ヾ::::::::::::::::::::::::::{{
                          |:′       ^ヾv:::::::::::::::{{
                          リ=ミ      . :1:::::::::::シ
                      / rュ、    -=x : : |:::::::::/ は?(威圧)>でっていう
                         ′ ̄ } :/rテュ    :V⌒i
                      i    ノ :〈  ̄´ . : : }ろ
                        〉=チ     . : 爪_ノ
                      ',  -ェぇ    . :/: ′
                --   __  ー '   . :ノ: :廴 _
           /         ̄ > -- . : : :_ ノ´: :ー= ´ ̄ ̄   、
          /              ー=-‐  ⌒: : : : : . .       \
         ′              . : テr     : : : : : : . .       ヽ
        /    :、          . : : }       : : : : : : : : : : _
       ノ       :1          : : :八        : : : : : : :T´: .
       ′       |    :ッ:                  .:ッ:. : : : ハ : : :
     /      :/|          __          . : : : : : : !: : : : .
    ./       :/ V        ´  : : `T. : : : ヽ : : : : : : : : : : :|」
四季映姫 「STOP」
かりーさん 「ちょっと待ってね」
四季映姫 「0」
支援と化した先輩 「よろしくオナシャス!」
でっていう 「誰も待ってないなっていう>先輩」
かりーさん が村の集会場にやってきました
霊夢 「まあ、勝ったのに涙を飲む なんてのが無かったならいいんじゃないかしらね >かがみ」
四季映姫 「1」
十六夜咲夜 「でしょうね。
頭が浮いてて飛び回ってるような貴女は、炬燵で丸くなっているのが似合い出し。>霊夢」
でっていう 「おっすっていう>雪華綺晶、先輩」
大統領 「誰も待ってない。いやハザマが待っていたか」
四季映姫 「2」
四季映姫 「3」
邪神かがみ 「偶数でPPまで生き残って最後に噛まれたみたいなのです>霊夢」
支援と化した先輩 「お 待 た せ」
支援と化した先輩 が村の集会場にやってきました
四季映姫 「4」
雪華綺晶 「よろしくおねがいします」
四季映姫 「5」
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
できない子 「破戒僧か何かかな?(すっとぼけ)」
霊夢 「あー、うん、遠慮しとくわ >咲夜
おちおちのんびり出来そうにないし」
霊夢 「殉教者って餓狼や雛狼に噛まれても能力発現するのよね
殉教したんじゃないのかと」
できない子 「殉教者の癖に生意気だ。」
十六夜咲夜 「3秒が限界よ。霊夢も私の時間、体験してみる?」
邪神かがみ 「              ..:::''" ̄`::::::::::::::`ヽ、
              /:::/:::/⌒><⌒::::\
           /:/:::::::/::::/::::::ハ::::\::::::::ヽ
              /:/:/:::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ハ
   o  ○   //:/:::/:::::::/ l::::/:l:::::::::::::::l::::::i::::::;:::i   殉教者が噛まれ勝利してるのですね
       o  j:/:/:::::i::::::/ i:::/l::l:::::::l:::::::}::::::}:::::i::::i   いいPPだったみたいですねー・・・
         l:::::!::::::l:::/{{‐-l::{_l::l:::::::l::l::::l::::::j:::::j::l::i
          l::{l::l:::l:::L___ ト:「い::::::l::|:::j:::::ノ::::ノ::l::l
           l:::::l::::::l::l~{笊気ヽ`~┘l;;;;;メノ:::/::/::!
          l:::::l::::::l::l `ゞシ      云ニ,,_`イ:/::::j
         l:::::i:l:::::::l           ゞ沙ノ7l::::::::::i  ○
            い:::l::::::l      ノ:.      /::l::O::::!
          ヽ::::i::::::l  ゝ..__      /::::l:::::::::j
           \い:l \    ̄ _,..イ:::l::::::l::::::::;'
             >/ゞ乂  ー K"-j;;;:::::i::l:::j::::::/
       >'"  l  ヘ    l Y\ヽノノ}ノ::::/
     rく     {   \  ノ  }  `ーノ;;;/
    f^\ ヽ    L___/^〈__j_  / /}:ヽ
    }: : : ヘ ヽ  〈:::::::::::::::フHミ:::::::::::::} / /:l: : i
    !: : : : :\ \  ヽ::::::::ノ::l {::\:::::/ / : l: : :i」
でっていう 「おっすっていう>咲夜」
でっていう 「おっし、30分だなーっていう
待つぞっていう」
霊夢 「三分どころか三時間だろうが待てそうなのが来たわね……」
できない子 「目ガァー。」
十六夜咲夜 「お邪魔致します。」
十六夜咲夜 が村の集会場にやってきました
霊夢 「バルス」
できない子 「3分間待ってやる。」
四季映姫 「0:30まで延長します」
四季映姫 「と思ったら手動更新でした」
四季映姫 「決着はついたようですが
超過前噛みはしないようなので」
でっていう 「俺様は出しているつもりだけれど、なんか消える魔法がかかってしまったかっていう>かがみ」
できない子 「PPにより終了した模様。」
邪神かがみ 「鍋が終わるのを待つと10分くらいと見込むのです
終了して即こっちに流れて来るかは微妙かな・・・」
ハザマ 「でっていうを吊り
大統領を吊れば勝ちですね」
霊夢 「延長関連は任せるわ」
大統領 「私が基本だ。」
できない子 「どちらでも構わないでござる。」
でっていう 「おっすっていう>大統領」
できない子 「エロい人だ。」
邪神かがみ 「.       .′:::::::: | i:::::::::::::l:::::::|:::::::i:::::::::::::::::::|h::::::| |:::::i| |::::::::::::::}:::::::::::
        ..::::::::::i|::i:::::::::::::l::::l::|:::::::i:::::::::::::::::::| |::::_;.斗::::リ 「:::/:::::/::::::::::::
      i::::::::::::::i|:|i::::::::::、∟L|_::::::i::::::::::::::::l | |:::/ ノ:::/ ノイ}:/| ::::::::::::
      |::::::::::::::i|八:::::、::\八 \{\{__jリノイ u斗tFテそ示卜:::::::::::
      |:::::::::::::八::::\{\斗tr==ミk     '´  {八  `'r} }|::::::::::::::   珍しく草を生やさない蜥蜴なのです
      |::::::::::::::::::::::::::ヽ  {八 `'r}         乂うーシ f|::::::::::::::    今夜の決闘は静かになりそうですね・・・
       j::::::::::::::::::::::::: /ヘ. 乂うーシ             ⌒¨¨´ ,小::::::::::::
      .′:::::::::::::::::::::::::::ハ ⌒¨¨´                  〃|::::::::::::::
.     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧                     ″.|::::::::::::::
     .i:::i::::::::::::::::i:::::::::::::::::∧         、            ;;  |::::::::::::::
     :|:::|::::::::::::::::|i::::::::::::::::::::::.、               i{  |::::::::::::::
     i|:::|i:::::::::::::::|ハ;::::::::::::::::::::::\       _ __         i{  |::::::::::::::
      i|:::|ハ;::::::::::::::::|ハ;:::::::::::::::::::::::`:...、      `      i{/|::::::::::::::
    八::::::|ハ:::::::::::::::::|ハ::::::::::::::::::::::::::个ト         イ{  |::::::::::::::」
でっていう 「俺様は大丈夫だがなっていう」
ハザマ 「私は開始で良いと思いますよ」
大統領
                   ̄ ̄ ̄)                              { V´l,. -,
       レl l ニ l l   | / ‐┬ァ          ‐-         ___/ / / /
       (_  _/ ヤ_/     ,ノ´ あ あ あ~~~ __/ ┌「`Y´\    ノ 二ニ⊃
              ,.ィ、─、                      У⌒V |__,∠つ
             //__ \、\                   V⌒ヽレ' 〉
             / //rtry ftト、 \.      r=ニ、ヽ.      /  l/∨
.    \.     | //   `フ │\\__レ' i| l}       厶-‐、|
      \.   .|_l」 l   く__)  |_:::::ヽ \___ /     /    |
    \  _\. (_ヘ_|  ー一 /ノ::::::_∨ | ̄ \      /      !
  ___/ ̄ ,ィァ' \ | l |`トく_ ̄У\/ |l l|    /> 、  /ヽ__,ィ|
.   /  _`'--─ | lハ   ヽ _/ /|l l|   ヽ/    >l       ,'
.  _{  〈ヲ l / , , \ソ二{ ̄___/(::ソノリ   /\  l'´ ヽ /  /
.     \__ |  / ./ / .〉  ̄ ̄  /八___/   _/  丶、ヽ  ∨  /
.     `ーヽ__//      /   ヽ , '´    、__/` <__ヽ_/
.       _」_ /        /    / \        \_,x-─────==ニニ二 ̄\
        `ヽ._─-=ミ、  /  /    \__   ̄/ノ
       厶- |     Yー‐- '/  /    |  ` < ̄    ̄ ̄¨   …ー---
       / : : : ∨/\ |--、__ノ  ,'     |      ` <                / ̄ ̄
.      {: : : : __|'    |   \  i     |    / / l ` <             / _
       ヽ:/ ̄ | / ̄ヽ|    `丶、  \_j |   〈L/  |  _ ` <        / ̄  \
         |´  |' _  │        \_ ヽ|  /7   l /    ̄`ヽ|` <___/
          レ'  |/  \.|          | l | ,ィ_/   { /  / ̄ヽ l \     \
         ! ./      l           | l l|/    _|   /     |ノ  \
         │| /     |         | l l|   ̄` | -┘ __/ヽ    \
         l.//ヽ   /             | l l |       |  __/ \  \   \
         ノ ̄   l /          |  │!\   |⌒ヽ   /   丶、 ヽ
      /__  、  /             |   l |  ヽ__八   \|      \            /
    イl´ ̄ヽ\/            │  l l    \. \___/       | \─- 、    /
   〈__人__/  ∨               |  │ l|.    \ \  `ヽ.   |  丶、 \ /
    ノ  \ |                │ │ l|        \ \____   |    \.  \
    | \_ヽ}                   |  l|  |       丶、\  ヽj、     ト、   \
.     !   / /|                |   |  |          ̄ 丶、  \    | \__
     ヽ//l. |                 |   |  |                 ` < 丶、_j/  /ヽ-
.     (/|ヽ{_ |               └─┴ ┴く    \    __/  ` <_ノ
      (,ノ// /                        )     / ̄ ̄          \__ /
      〈/_/                          /    /                   ヽ-く
                              〈    /」
大統領 が村の集会場にやってきました
でっていう 「時間だが、大丈夫かっていう?」
四季映姫 「時間ですが鍋6人・・・
延長すべきか悩みますねぇ・・・」
ハザマ 「そろそろ時間ですね」
霊夢 「食料ね」
できない子 「でっていうだ。」
でっていう 「おいすっていう」
でっていう が村の集会場にやってきました
霊夢 「働かなくていいなら働かないでいいじゃない」
できない子 「労働なんてできないよ。(棒)」
邪神かがみ 「        /::/::::::::/:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::\
       /:::/:::::::/:::::/::::::ハ:::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
      /:::/::::::::::/:::::::::::::::::/::::::i::::::::゙、:::::::ハ::::::::::::::::、
       /::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::、:::::::::i::::::::::::::::、
     /:::/:::::::::::/::::::::/:::::/::::::::::::::l:::::::::::i:::::::::i:::::::::::::::::!
    /::/:::::::::::/l:::::::/::::::/::::::::::::::::!l::::::::::i:::::::::}::::::::::::::::}
    /:::{:::::::::::/ l::::::/l:::::/l::::::::::::::::l l::::::::::}:::::::j::::::l::::::::::l
   j::::::ト、;;;:::::{-{:::::{_l:::::{ i::{:::::::::::::! }:::::::::i:::::::;:::::/::::::::::i
   i:::::::::::::/二,,_ ̄ ~i い::::::::::ノ j:::::::/l:::::/:::/::::::::::::!
   !:::::::::::::{ 、_{{兊ミ    `~/`メ::::/_j:::/::::/:::::::::l:::!
   l:::::::::::l:{}  `゙`"     -ミx,,__ ̄ /:::::::/::::::::::::l:j
   l::l::::::::l:::l            、_ゞ芯癶::::::///::::::::l:l
   l::l::::::::l:λ     }        ̄~ノ:::::::::::/::{::::::::l:l{   働けるなら働いた方が後々の幸福に繋がるのです・・・
   l::l:::::::i::::::ヘ - 、_       /::::::::::/::::::i::{::::l::i   人生降伏したらおしまいですよ>できない子
    !l:::::::{:::::::::\   `~-、,, /:::::::::>-―-く::い::}::}
     i:::::::l:{У ̄~''-、__ //:::::::/: : : : : : : :Y:::ノ:ノ
    人:⊂__∠>-‐ \:} {;;{:::/{( : : : : : : : : : : i''"
   }^ヽ У⌒'''ー-   ∧ ノト{: : : : :/: : : : : : :}
   l へ_L∠>‐   /-r< __j : : /: : : : : : : : :ノ
  /  {____    /Lメ、:{ ┴''": : : : : : : : : : /
/ / / ヽ}}    //l:{::/: : : : / : : : : : : : /l
{   / / 弋   /┐{:/ : : /: : : : : : : : / l
乂  / /ー┘ 斗彡l/: :/: : : : : : : : :/ : : l
  ヽ    {`< /: //: : : : : : : : : /: : : : :i
  { \    ハ: :/: : : : : : : : : : /: : : : : : :i
  弋ー-ミ__ノ }: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : i」
四季映姫 「働くのは義務じゃないですか?」
できない子 「何でや、限りなく黒に近いグレーやろ。(真顔)」
四季映姫 「その考えは黒です>できない子>働きたくない」
霊夢 「不死はある意味重罪だと思うって誰かが言ってた気がしないでもないけどどうだったかしら?
さておきよろしく頼むわね」
霊夢 が村の集会場にやってきました
できない子 「働きたくないでござる。」
ハザマ 「寝る前に軽く遊ばさせてもらいましょう」
四季映姫 「自由には責任があるとかないとか」
ハザマ が村の集会場にやってきました
邪神かがみ 「.            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',   ふにゃぁ・・・? 自由でいいんじゃないんですかね
           ′ : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : | : : ',
         |: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : | : : : .
         |: : : : : : : : : |: :|: : |:: : : :}: : l : : : :| : : : :
         |: : : : : : : : : |: :|\N\/}/|____/i| : : : :!
         |: : : : : : : : : 「  ̄       匕苅ネ : : : }
         |: : : : : : : : :_}≧=''冖         !: : : :,
         |: : : : :, <_ ィヽ \    ,     .从: :/
         ',: : /  ー‐}  ̄         /: : :/
             ',/    \ト    c==つ . イ}: : /-   ___
          /    /^i }  \≧=‐イ  |j: :,′   }i:i}
        rく    /: : :J', _>ォr'′ 厶イ     /i:/` 、
       /\ \∠} くi\ ̄{ ̄  [ ] ̄ ̄ .}   /i:/
         {i:i:i:i\_厶  、:\!   /ハ、   / /i:i/ /   i
        ,^\i:i:i:i:i:i:i:i/  \i{ー‐'/ }゚{} \_ノィi:i/
       ,′  ー‐ / |     \./\く{_/_i/    /
      ,′   O ,′|      }i:○i}         V      !
      ,′     ,′        }i:i:i:i:}          }      |
      ,′     ,′ ',      ,i:i:i:i:i}         ノ|     .! 」
できない子 「笑えば良いと思うんだ。」
四季映姫 「どうせ暗殺するなら犯罪者っぽいのを狙いたいところですが
そういうのが少ない場合はどうしましょう?」
村建て 「村建て さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:村建て → 四季映姫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 47 (四季映姫)」
邪神かがみ 「.        .′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      :::::::::::::::::::|:::::i::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::.   決闘ですかぁ・・・眠いけど遊んで行くのです
       |::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::、::::|::::::/|:::::::|i :::::::|
       |::::::::::::::::::|:::小斗vヘ::ハ:/}厶_抖ミ :::::|
       |::::::::::::::::::|:::::|、_,二、    チ‐'升 ::::i|
       |/:::::::::::i:::|::斗㌃⌒つ      i| :::::i|
      '/:::::::::::レ′二Y´     '    八:::::リ
.        ∨:::/  -v゙   ___,. - xi|::::::::/,_
        ∨     ハ_j≧=- __ ィi  |:::、/ ⌒'トミ
       rv′  /::::::∧  \__,ノ   ノ:冫  / / 、
      f|ヘ、 イ、\:::::r<二⊇nく⌒'<  //   〉
.      八 \ノハ\\〉   /7J   ///     .′
      ∧ \___ ノ   〈____/ /o|\__∧     ′ |
.    /  \o__/     └‐‐ヘ.ハ,_/    /    |」
邪神かがみ が村の集会場にやってきました
できない子 「できるわけがない。」
できない子 が村の集会場にやってきました
村建て 「0:20開始予定」
村建て が村の集会場にやってきました
村作成:2014/01/28 (Tue) 00:01:51