←戻る
【紅2170】やる夫たちの普通村 [3961番地]
~それはあの日始まった~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon L
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[村人]
(生存中)
icon 苗木誠
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[共有者]
(生存中)
icon ガンダム
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[人狼]
(死亡)
icon リボンズ
 (アトモスフィア◆
WIPbi/qqf2)
[狩人]
(死亡)
icon 折木奉太郎
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[村人]
(死亡)
icon グラハム
 (阿修羅◆
vP6s3EUZjtwt)
[人狼]
(死亡)
icon セイバー
 (dolittle◆
c/63Uw3tVw)
[人狼]
(死亡)
icon 多華宮仄
 (¥1=$2014◆
nXMpvBeEos)
[占い師]
(死亡)
icon 両儀式
 (とこやみ◆
L4/i/NrLmw)
[狂人]
(死亡)
icon シュガーサテラ
 (ぱめるぼ◆
vyJ0qLfYQU)
[村人]
(死亡)
icon ニャル子
 (◆
8LT3HSAnrw)
[村人]
(死亡)
icon 八神はやて
 (ぺったんの中の人)
[妖狐]
(死亡)
icon 犯人
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[霊能者]
(生存中)
icon 魂魄妖忌
 (白珠◆
NQJi97TdkA)
[村人]
(生存中)
icon 名探偵
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[共有者]
(生存中)
折木奉太郎 「そうか、内藤で朝一毒蝙蝠CO……。(錯乱)」
苗木誠 「というわけでそろそろ僕も落ちますね
お疲れ様でした」
苗木誠 「始まる前から飛ばしていたねそういえばw>師匠
でも割とセイバーに投票していない位置だから
じゃなければ役目に見れなくて吊れなかった可能性大だから
やっぱり手ごわいなあと思いました」
ガンダム 「たまに変なRPやるからな俺は>苗木

稀にこんな事がある」
セイバー 「草が不足してるんじゃないですか?>折木」
折木奉太郎 「柔らかい頭が欲しい。じゃ、お疲れ様。

エネルギー消費の大きい生き方に敬礼。」
犯人 「ではお疲れ様だ」
苗木誠 「…占いに出ずに霊能にも普通に出るんじゃ?
って考えている時点でちょっとひふみさんに毒されていたのかなーw>両儀式
そういえば霊能に出るときは信用気味にするときが多いか
両儀式 「まあ1-1を見た狼でやる発言ではあんま無いんで
折木に投げてみたが。自分が潜伏狂人なら
狂人ありそうな行動してるのは村だからな」
魂魄妖忌 「さて、それではお疲れ様じゃよ」
両儀式 「じゃ、お疲れさん。
村立感謝、いつかまた頼むよ」
折木奉太郎 「うっ、頭が……。」
リボンズ 「僕も落ちるとしよう
刹那にグラハムが狼で狩人は僕 村の勝利ならば 僕がこの村を導く定めのようだ
それでは村立て同村ありがとうございました」
折木奉太郎 「初日最後の発言……うっ、頭が……。」
両儀式 「少なくとも 1COで霊能に出る狼はオレは知らんしな>苗木」
セイバー 「お疲れ様でした>ガンダム」
ガンダム 「それでは皆お疲れ様だ

投票が生きて終盤まで進んだ
セイバーだって力になっている」
苗木誠 「そこは味方の問題になるのかなー>両儀式
見ていると偽がありそうなのは
タイミングとか姿勢とかを見ると霊能の方じゃないかなって思っていたし
ここは人それぞれの見方で変わるか」
両儀式 「狼‐真だと目も当てられなくなるし
霊能偽でも占い真なんでどうにでもなる」
セイバー 「とりあえずって言う奴は人外は自分が良いはじめたんですけど
2年の間に浸透してると思いませんでしたよ
最初そんなの解読できるのお前だけだ状態だったのに(´Д`;)」
両儀式 「1-1だとこう 少なくともどっちかは真なんで」
ガンダム 「どうしようもなく楽しみようがない詰みきった作業ゲーになって初めて、狼の負けだ」
ニャル子 「んではまた」
名探偵 「それじゃ私も落ちるのだわ
お疲れ様なのだわ!」
シュガーサテラ 「ではお疲れ様。村はお見事。甘えは無かったわ。」
折木奉太郎 「そんな犯人の霊能者を疑ってばかりいるような……うっ、頭が……。」
魂魄妖忌 「役っぽかったんじゃがなw>ガンダム」
シュガーサテラ 「多華宮狂、両儀式狐だったらどうすんだろうと狼を心配してた私には潜伏狂人の権利がある。」
リボンズ 「しかし 狼も狂人も潜伏で1-1で真ラインとは
面白い経験が出来たよ 楽しかったね」
GM 「組み合わさった結果振り切った感じかなぁ」
ガンダム 「誰かのせいという事はない>グラハム

狼は楽しめればそれで勝ちだ」
折木奉太郎 「良し、一歩進めよう。村だからこそ言う。
なお、犯人は割と理解していたらしい。」
両儀式 「潜伏狂人視点
占いと霊能、どっちのが狼ある?だと前者だから
仮に役職吊るなら霊能にはなるよまあ>苗木」
八神はやて 「多華宮君がいるから火々里さんで入ろうかとおもったけどRP怪しいから辞めた勢
次の機会があったら挑戦しよう。それでは」
折木奉太郎 「思ったことを言ったらすぐさま死ぬ、そんな日々だ。」
ガンダム 「>名探偵、妖忌

俺は狼の時の方が村の益になる推理を昼間に出す

リボンズもやはり吊る位置ではなかった」
シュガーサテラ 「あいつは○○言ったから人外だ、やっぱりそうだった、
いや俺は村でもこう言うぞっていう終了後のやり取りは五千回くらい見た。」
名探偵 「ぶっちゃけそれって言いがかり乙っていって
もっと論理的に殴り返せよふっふー!とかいうべきじゃね?
と思わなくはないのだわ
というか実際言いがかりの気はするし」
犯人 「余りにも長いと見にくさを感じてしまうね>L」
苗木誠 「まあ、ちょっとそこまで想定できなかったから
逆にシュガーの方を潜伏狂人に見ちゃったんだよね>両儀式
折木の方は微妙だったかな。潜伏狂人がするにしても霊能は狙わないでしょうと思っていたし」
両儀式 「銃殺頑張れは別にいいと思うがね。
1-1なら誰でも思うよ正直」
グラハム 「・・・負けたのは、全て私の責任だ。 本当に、すまなかった

村建て同村感謝する・・・一足先に失礼させてもらおう」
名探偵 「銃殺頑張れは私もいうからしょうがないのだわ>セイバー」
シュガーサテラ 「その辺は人それぞれかなあ。>セイバー」
多華宮仄 「それじゃ、お疲れ様&村建て感謝。
EDを見るためにアニメを見る、そういう自由もあっていいじゃないか。」
セイバー 「初日に銃殺頑張れがNGワードになってるとか
とりあえずって言う奴は人外が経験則になってるとか
浦島太郎状態ですよ(´Д⊂」
名探偵 「だからまぁ非投票者全員削って
あとは適当に浮いてる位置削るのがいいかなー的な感じだったのだわ
うん。」
ニャル子 「ガンダム狼はL-リボンズが違うならそーなるしか。」
ガンダム 「うーむ
今回毎回最後に発言呑まれたのが」
名探偵 「ぶっちゃけシュガーサテラあたりは
個人的に非狩人狙いってだけで吊ったけど
問題はシュガーサテラ吊りしたら「あ、これ非投票者全員吊りきるルートだ」って
なんか気づいちゃったから……」
折木奉太郎 「常識……うっ、頭が……。」
両儀式 「あってる>苗木
オレは占いの内訳問わず 1-1なら怪しくていればいいからな。
狼ならオレの行動問わずどっかで吊られるし 真ならオレが怪しいなら信用落ちる」
魂魄妖忌 「しかし、ガンダム狼とはのぅ…そりゃ身内してないの削ればよいわ
とおもっとったが、こう危うく言動に騙されるとこじゃったわw」
シュガーサテラ 「狂人○で占いから護衛外れたなら噛まれた潜伏狂人にもそれなり以上の意味はあった。」
名探偵 「いやだってほら
自分で非投票者吊り殺せって言ってたし……>ガンダム」
リボンズ 「僕は日数が経つと気が変わりやすいんだ
すまないね 次に活かせるように努力するよ>多華宮仄」
苗木誠 「セイバーに投票していなかったしシカタナイネ>ガンダム師匠
うん、中身にびっくり」
名探偵 「リボンズより先にガンダム指定しておけば
もちっと手堅くいけたかなとか思ったのだわ」
セイバー 「2年のブランクは怖いって事で
新しいセオリーをいくつか覚えないといけないようです(´・ω・`)」
ガンダム 「スバルさん&レジィさんのコンビに指定されたと思うと
日頃の行いがインガオホーとしか」
両儀式 「はやてorガンダムでまあ狐は吊れるなあ
ってのが4日目の死体無しへの反応見た感想だった」
折木奉太郎 「誰だ狩人だったら共有護衛しようとか思ってた奴は。」
苗木誠 「よく見るとシュガーの言っていることは正しかったのか
両儀式狂人…」
リボンズ 「まったくだね 失礼な事を言う人も居たものだ>シュガーサテラ」
多華宮仄 「あとリボンズは僕が噛まれから初日に護衛していた霊能偽考えるんならもう少し護衛を考えて、どうぞ。」
ニャル子 「はやてさん吊らないと10人で言ったのはあって狂狐なんで
逆に狐狙う日ならそこ吊るしかないと思います。」
シュガーサテラ 「誰よLリボンズロラとか言ってたやつは。」
L 「実写版デスノートを見るとLは抑揚なく話していたのでそれを表現しようと思い改行しないでいましたみにくかったようですみません>犯人さん」
折木奉太郎 「俺でこれだからな、でっていうなど使っていたら誘導が後大声三発言分くらいは増えているのが困ったものだ。」
ガンダム 「お疲れ様だ」
苗木誠 「やっぱり村に任せて成功だったね!>はやて」
犯人 「はやてへの疑いは正解だった ヽ(`~´)ノ アブナイ!!」
八神はやて 「お疲れ様やでー」
リボンズ 「Lが名探偵に見えたよ」
名探偵 「と言うかめっちゃ苦労したのだわ
途中から冷や汗パネェ状態だったのだわ」
八神はやて 「共有うまく騙せてるし指定進行やらいけると思ったんやけどな」
ニャル子 「ラインできちゃうと全潜伏はどーにもこーにも」
両儀式 「お疲れさん。護衛外れるのに一役は買えたらしいんだがな。
もう1日生き延びていれば……というのはまあ 理想論か。
というかまあ正直無理だな普通は」
魂魄妖忌 「ふむ、そこ狐じゃったか」
ガンダム 「グラハム、何故そこに投票する!?」
多華宮仄 「お疲れ様。村が強くて助かったよ。」
苗木誠 「お疲れ様でしたって
はやて狐だったのかちょっと危なかったかな」
折木奉太郎 「お疲れ様。エネルギー消費の大きい生き方に敬礼。」
GM 「お疲れさま」
八神はやて 「お疲れ様」
魂魄妖忌 「お疲れ様じゃよ」
リボンズ 「お疲れ様でした」
名探偵 「終わったのだわ!お疲れ様なのだわ!」
ニャル子 「おつかれさまでしたー」
セイバー 「お疲れ様でした」
シュガーサテラ 「お疲れ様。」
L 「おつかれさまです」
リボンズ 「決まったようだね」
シュガーサテラ 「犯人投票したい気持ちはわかるけどそこはぐっと押さえておくべきだった。気がする。」
ゲーム終了:2014/02/04 (Tue) 22:07:39
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
グラハムさんの遺言 狼CO ・・・完全敗北だ
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
グラハム は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
L1 票投票先 1 票 →グラハム
苗木誠0 票投票先 1 票 →L
グラハム4 票投票先 1 票 →犯人
犯人1 票投票先 1 票 →グラハム
魂魄妖忌0 票投票先 1 票 →グラハム
名探偵0 票投票先 1 票 →グラハム
名探偵 は グラハム に処刑投票しました
犯人 は グラハム に処刑投票しました
魂魄妖忌 は グラハム に処刑投票しました
グラハム は 犯人 に処刑投票しました
苗木誠 は L に処刑投票しました
L は グラハム に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
魂魄妖忌 「まあ、犯人の初日の挙動で乗っ取りではないと見ておくわい」
魂魄妖忌 「ふーーーむ」
L 「霊能が狐の乗っ取りで出ない限り今日吊らなくても良いはずです」
苗木誠 「好きな所吊ろう」
L 「どうでしょうグラハムさんを吊って終わらなかったら最終日に霊能も灰として扱ってみるというのは今日霊能を吊ったらおそらく私は明日グラハムさんにしか投票できません」
魂魄妖忌 「儂をジジィ扱いするでない>苗木」
苗木誠 「吊らないのなら吊らないでいいか」
名探偵 「まぁ判断はワトソンに投げるのだわ(大事なことなので二回言いました」
犯人 「>L
今日はどっちを吊るすつもりか」
苗木誠 「Lもお爺ちゃんもグラハムLWでいいみたいだし」
グラハム 「霊能を今更吊る選択は取ってはならぬよ

霊能が疑わしいのであれば、もっと早く踏み切っておかなければならなかった」
L 「訳が分からない魂魄妖忌さんはガンダムとの絡みでガンダムー魂魄妖忌の2Wが見えないから霊能真であればグラハムさんLWでほぼ間違いないと思いますが」
名探偵 「というか霊能偽想定させるくらいなら
霊能殴った折木奉太郎吊りしてんじゃねえよって霊界から意見きてそうなのだわ!」
魂魄妖忌 「霊能乗っ取りと見るならばそれもやむなし」
魂魄妖忌 「霊能吊るよりは、ここで灰を潰したほうが良いとは思うがのう」
名探偵 「とりあえずチキンハートな私は判断が出せないのだわ!」
L 「ただ単に勝負をかけたという事だろうかしかしここで狐を噛んで死体無しがでると吊り3灰でかみ合ってしまう」
名探偵 「狐探すためにグレー潰すパターン0じゃないけれどね
ただそれでも普通なら共有噛むけど>L」
犯人 「今更吊るすという選択をするなら
二つ目の時点でするべき」
魂魄妖忌 「うーむ…霊能吊るにしても
そも、ガンダム吊りやらは、霊能結果真で
思考しとったわけじゃからな
霊能偽を考えると非常に推理の根底が崩れおるわ」
グラハム 「・・・私を残せば、勝ちは揺るがないと考えているのだろう

・・・舐められたものだな、私も」
苗木誠 「犯人が真なら問題は狐だけだし」
L 「いや共有→共有と噛み砕けば最終日に霊能が残る事は不自然ではないかとなれば」
名探偵 「いやーうん……ちょっと待つのだわ
シンキングタイムが必要なのだわ>苗木誠」
苗木誠 「霊能吊ってみる?>探偵
僕はそれをしてもいいと思っている」
魂魄妖忌 「わりと、扱いに困るのぅ…」
犯人 「狼は勝負選択したようだ」
名探偵 「グレー噛みって予想外過ぎてやばいのだわ」
L 「これ最終日に灰2になってしまいますよ」
グラハム 「◇犯人 「Next Conan's HINT 「はやて純白」」

それは何の色だァ!!! 答えろォォォォォ!!!!!」
苗木誠 「どうしようかなこれ」
魂魄妖忌 「不思議なもんじゃ」
名探偵 「いや、ぶっちゃけガチで予想外なんだけど」
L 「霊能乗っ取りなんですかね?」
名探偵 「……」
魂魄妖忌 「ふむ?」
犯人 「Next Conan's HINT 「はやて純白」」
L 「おはようございます」
グラハム 「おはよう」
名探偵 「おはようなのだわ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ニャル子さんの遺言 私が選ぶならグラハム吊りでしょうか
八神はやてさんの遺言 村やでー
ニャル子 は無残な姿で発見されました
(ニャル子 は人狼の餌食になったようです)
グラハム は ニャル子 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
犯人の独り言 「グラハムと魂魄妖忌とみたがはたして」
名探偵(共有者) 「しかしまぁ、誰が人外なのかしら
謎が謎を呼ぶ状況ねぇ」
グラハム(人狼) 「本当に・・・すまなかった・・・」
苗木誠(共有者) 「まあ、投票はLにしようかってだけにとどめておこう」
グラハム(人狼) 「セイバー、ガンダム、そしておそらく死んでいったであろう狂人

・・・この敗北は、私のせいだ 私が弱いばかりに、皆の犠牲を無駄にしてしまった」
犯人の独り言 「一周してはやて残そうと決めた矢先の事件」
名探偵(共有者) 「まぁさすがにないわね
そっちがしたいならしてもいいけど、くらい」
苗木誠(共有者) 「L先に吊りたいなぁ
どうしようかな。ここから指定はちょっとカッコ悪いし」
名探偵(共有者) 「グラハム最終日に回すとグラハム吊りにしかならないから
先にグラハム落とすか否かかしら」
グラハム(人狼) 「・・・私を吊りたがっていた八神が、恐らく狐だろう

・・・完全敗北だ 私では、このメンバーに対等な勝負を挑むことさえ、出来なかった」
ニャル子の独り言 「ハムさん吊って最終日ごーかなあ」
名探偵(共有者) 「他の人はグラハムLW考慮して6~4考慮してたけど
はやてだけグラハム吊りたいっていってたから
多分吊られたんじゃないかしら」
魂魄妖忌の独り言 「狐とはわからんもんじゃ」
苗木誠(共有者) 「まあいいか
なんとなく吊らない位置はお爺ちゃん
ニャル子Lグラハムどうしようかな」
犯人の独り言 「なん・・だと・・・」
名探偵(共有者) 「まぁはやてだけだったもの
グラハム吊りたいっていってたの」
Lの独り言 「明日グラハムさん吊りましょうそうしましょう」
魂魄妖忌の独り言 「ふーむ」
苗木誠(共有者) 「おや、はやて吊れるんだびっくり」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
八神はやて は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
L1 票投票先 1 票 →八神はやて
苗木誠0 票投票先 1 票 →L
グラハム1 票投票先 1 票 →八神はやて
ニャル子0 票投票先 1 票 →八神はやて
八神はやて5 票投票先 1 票 →グラハム
犯人0 票投票先 1 票 →魂魄妖忌
魂魄妖忌1 票投票先 1 票 →八神はやて
名探偵0 票投票先 1 票 →八神はやて
グラハム は 八神はやて に処刑投票しました
名探偵 は 八神はやて に処刑投票しました
魂魄妖忌 は 八神はやて に処刑投票しました
苗木誠 は L に処刑投票しました
ニャル子 は 八神はやて に処刑投票しました
八神はやて は グラハム に処刑投票しました
L は 八神はやて に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
犯人 は 魂魄妖忌 に処刑投票しました
ニャル子 「狩人いないしLWCOあっても吊ること考慮する状況になってて何を」
魂魄妖忌 「儂からいえることは、グラハムのみセイバーを吊り殺しにかかっていたわけではない
ということじゃな、LWありえるとすればここではないかと
警戒はしておる」
名探偵 「LWLFって指定ゲーしたい派多いのね
そっちに割りとガチで驚きなのだけど、うん」
グラハム 「LWCO素直にしてくれないなら村は負ける可能性がある、ならグレランでも同じこと

この理屈は、私には到底わからぬよ」
八神はやて 「なら最初から指定なんていらんよ」
魂魄妖忌 「ふーむ」
L 「私としては吊りたい所がそのまま残っていて3〜4日目辺りから一歩も進めていないのです」
八神はやて 「2Wの時点で指定して
LWになってから指定しないとか
意味わからんのやけど>共有」
犯人 「最終日に残したくない人を吊るせばいい」
名探偵 「まぁぶっちゃけ初手狼吊りしてないところ指定しただけだけどね
あんまり仕事したかと言われると微妙なラインねぇ>苗木誠」
魂魄妖忌 「そも、身内しとらんと
この状況おこらんわな>犯人」
グラハム 「私は反対だ」
八神はやて 「Lはグレラン日から一貫してシュガーサテラ残してたがってたし
ああいう位置で吊り消費したがらない当たり村位置やから
あんまり吊りたないなあ」
苗木誠 「狐がLWCOする展開も十分あり得るしね」
魂魄妖忌 「ほぅ?>犯人」
名探偵 「してくれないならどうせ村負けるもの」
苗木誠 「それじゃあグレランしていこうか
LWにしたんだ。共有としての仕事はそこそこやったと思うよ>名探偵」
ニャル子 「グラハムはどっちかっていうとLW位置なんであって明日に回したほうがいいかなと思います」
名探偵 「だってLWがLWCOするとも限らないじゃない?>グラハム」
L 「どうにもどちらも素村に思えないのではやてさんが狐目強めの人外グラハムさんが狼強めの人外という風に見えます」
犯人 「霊能結果が見れる事を踏まえれば
身内を吊るのは不思議ではない」
グラハム 「◇名探偵 「まぁLWであってLFなら無理に指定するのもあれだし
グレランで構わないかしら?

したいならそっちが指定してもいいけど>苗木誠」

LW状態、狐死亡非確定でグレランなどあり得ないぞ・・・事故ったらどうする気だ」
魂魄妖忌 「グラハムのみ、セイバーからの投票
というのを意識しておくと良いぞ」
苗木誠 「じゃあグレランするかい?>グラハム
それはそれでいいと思うのだけど
指定しても狐が吊れることってあんまりないか」
八神はやて 「グラハム吊りたいかな
折木吊りだけは納得いかへんから
そこ誘導してた位置が嫌や」
名探偵 「個人的にはどっちでもいいけれど」
名探偵 「まぁLWであってLFなら無理に指定するのもあれだし
グレランで構わないかしら?

したいならそっちが指定してもいいけど>苗木誠」
L 「ではこうしませんか私が何か妙に疑われていて私で1吊り絶対使うというのならば私を吊りそれで終わりませんから私という村人が疑っていたグラハムさんとはやてさんを吊り切るというのは」
魂魄妖忌 「というよりかは、全潜伏なんぞ
どっか1Wが初手落ちると、崩れるもんじゃ」
グラハム 「◇苗木誠 「うん、最終日は行けると
それじゃあ好き勝手指定してみよう」

間違って狼を吊るし上げようものなら、最終日に行けはしないのだがな・・・」
ニャル子 「感覚としてはそうなるとはやてさんに伸びるんですけど」
苗木誠 「地味にはやてが非狼になっちゃったね
ガンダムに誘導していたし」
名探偵 「役職狙いで指定ってろくな事にならないのだわ」
八神はやて 「LWやな吠え的にも間違いないやろ
なら狐探しやね」
名探偵 「正直指定する順番逆でよかったなと
心底思ったのだわ」
ニャル子 「1手狐狙いしつつかなあ。」
L 「あれで全潜伏にのる狼なんですか」
グラハム 「ガンダム黒か・・・何!?

うどん警報だと・・・まだ狐候補はいくらも残っているではないか・・・」
苗木誠 「うん、最終日は行けると
それじゃあ好き勝手指定してみよう」
名探偵 「ふーむ……」
魂魄妖忌 「ふーむ、儂も耄碌したものよのぅ…」
ニャル子 「んー」
八神はやて 「おはよう」
犯人 「俺がガンダムだ
霊能CO ガンダム●」
苗木誠 「それじゃあ身内票を考えようか」
L 「おはようございます」
名探偵 「おはようなのだわ」
魂魄妖忌 「すまんな、グラハムとガンダムの投票失敗じゃ
許せ

ただのぅ…昨日話した感じ
ガンダムが人外に見えんかったのじゃが…
儂も耄碌したかのぅ?」
グラハム 「おはよう」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
リボンズさんの遺言 狩人日記

二日目 護衛:犯人 噛まれ:多華宮仄

三日目 護衛:苗木 噛まれ:GJ(護衛成功)

四日目 護衛:真紅 噛まれ:両儀式

五日目 護衛:犯人 噛まれ:

六日目 護衛: 噛まれ:


二日目
1-1-2とはね…これはどうしたものかな
占い師が噛まれる可能性もあると思うけど
初日役職にも見えるね 霊能は真だと思うのだけどね
なので霊能の犯人を護衛してみようか

三日目
占い師は噛める役職だったようだね
しかし遺言が一切無し これはどうなんだろうね実際
霊能はもう真なら噛まれて証明してくれれば良い 共有の苗木護衛しよう

四日目
霊能でなく共有を噛んできた
これは霊能乗っ取りも考える必要があるのかなと考えてしまうよ
なので指定役になった名探偵を護衛してみようか

五日目
最後の護衛だろうね 僕が噛まれるのだろうけど
霊能結果が見れれば良いなで犯人護衛さ
リボンズ は無残な姿で発見されました
(リボンズ は人狼の餌食になったようです)
グラハム は リボンズ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
苗木誠(共有者) 「狩人じゃないのならいいよ」
犯人の独り言 「魂魄妖忌 ニャル子」
名探偵(共有者) 「悩みどころねぇ」
苗木誠(共有者) 「気にしない気にしない
どうせ気になって眠れないぐらいになっていたんだからさ」
名探偵(共有者) 「どうしようかしらね
L吊っちゃっていいのかしら」
グラハム(人狼) 「130で噛む」
苗木誠(共有者) 「まあ、L吊ってグラハム吊ってで行ってみようか
ニャル子はやてお爺ちゃんに2wが無ければ最終日行けるし」
グラハム(人狼) 「セイバー、ガンダム すまない、おそらく非常に厳しい試合となるだろう

・・・もし私が指定され、LWCOしなかったとしても その時は許して欲しい」
八神はやて(妖狐) 「LWくさいなー」
名探偵(共有者) 「それ要するに大体ダメってことじゃない?>苗木誠」
苗木誠(共有者) 「僕としてはLニャル子あたりかなーとは思うのだけど
はやてはちょっと微妙だと思う
お爺ちゃんもそうかな」
Lの独り言 「っと反逆票は2票かでは単純に私と同じひねくれ者がいたというだけですか」
グラハム(人狼) 「ふむ・・・Lという鋭い相手を前に、脇の甘い発言をした私の失策だな・・・」
ニャル子の独り言 「はやて狐でL-グラハム2Wあんのかこれ」
名探偵(共有者) 「まぁ最終日○1つ残るから
問題0といえば0なのだけど」
魂魄妖忌の独り言 「今時の若いもんは、名前が横文字4文字でわかりずらいんじゃ」
苗木誠(共有者) 「噛まれたら噛まれたでいいじゃないか
グレランで吊るよりましさ」
名探偵(共有者) 「グラハム残そうとかいってたけど
残そうとしない方がいいかもなーとか変動したくらいかしらね」
八神はやて(妖狐) 「まあ霊能に嫌われててもええやろ
狩人出たから噛まれるで」
グラハム(人狼) 「さて、と 狩人噛むしかないな」
Lの独り言 「3票も反逆票が入るという事はガンダムさんはやはりあまり吊りたくないと言う事でしょうね」
リボンズ は 犯人 の護衛に付きました
リボンズの独り言 「僕の冒険はここで終わりかな」
グラハム(人狼) 「供養」
名探偵(共有者) 「まぁこれでセイバー非投票者全員吊りきったわけで
身内してることが前提論となる、のかしら?」
苗木誠(共有者) 「Lかな次は
L以外で気になるところある?」
グラハム(人狼) 「グラハムの「阿修羅さえも凌駕する」狩人日記

1日目

護衛:私にもできぬことがあるのだ・・・! 犠牲:身代わり君

2日目

護衛:犯人 犠牲:多華宮仄

この占い、信用しきれぬな・・・
真ならば申し訳ないが、噛まれることで身の潔白を証明して欲しいという疑念が拭えない。
セイバーは呪殺を気にしていて人外がある位置だ、霊能を守ってその色をはっきりさせるのも悪くない手だろう。

3日目

護衛:犯人 犠牲:GJ

占い抜かれたか・・・すまない、だが後悔はしていない。
ここで占いを即抜くということは、両儀式はまず白だ。 狐も薄いだろう。
占いが抜かれた以上、霊能鉄板で行かせてもらおう。

4日目

護衛:犯人 犠牲:両儀式

GJ出た以上、霊能鉄板。

5日目:

護衛: 犠牲:

名探偵(共有者) 「良くも悪くも当たるわね直感が」
苗木誠(共有者) 「というわけで」
魂魄妖忌の独り言 「投票ミスったわ」
魂魄妖忌の独り言 「むー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ガンダム は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
L0 票投票先 1 票 →八神はやて
苗木誠0 票投票先 1 票 →ガンダム
ガンダム7 票投票先 1 票 →グラハム
リボンズ0 票投票先 1 票 →ガンダム
グラハム2 票投票先 1 票 →ガンダム
ニャル子0 票投票先 1 票 →ガンダム
八神はやて1 票投票先 1 票 →ガンダム
犯人0 票投票先 1 票 →ガンダム
魂魄妖忌0 票投票先 1 票 →グラハム
名探偵0 票投票先 1 票 →ガンダム
名探偵 は ガンダム に処刑投票しました
八神はやて は ガンダム に処刑投票しました
ガンダム は グラハム に処刑投票しました
リボンズ は ガンダム に処刑投票しました
苗木誠 は ガンダム に処刑投票しました
ニャル子 は ガンダム に処刑投票しました
グラハム は ガンダム に処刑投票しました
犯人 は ガンダム に処刑投票しました
魂魄妖忌 は グラハム に処刑投票しました
L は 八神はやて に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
八神はやて 「霊能に嫌われとるなあ」
L 「いやはやてさんかグラハムさんにしましょうよ」
リボンズ 「霊能はもう噛まれて良いとおもっているのでね」
ガンダム 「だからリボンズは○だと!」
犯人 「はやてあたりをおすすめ」
グラハム 「狩人だと!?

やはりGJだったか・・・」
名探偵 「じゃあ指定ガンダムで
COあるならグレラン」
苗木誠 「んー、じゃあガンダムかLでいいと思う>名探偵」
八神はやて 「指定変更してな」
ガンダム 「なので占い噛みにチャレしなければならない、という意味では得票が多かったグラハム辺りに一人いる筈」
名探偵 「まぁそこが狩人COするのはわかるわけで」
L 「ことごとく共有と趣味が合いませんね」
犯人 「なぜにそこ指定するのか」
魂魄妖忌 「ふーむ、なるほどのぅ
されど、儂と同じ理由のニャル子もおるわ
あの小童をどうみる?>ガンダム」
グラハム 「◇L 「グラハムさんは昨日の反応で人外であると疑惑が深まりました死体無しがどこででたかという推理でGJも狐噛みもあるとどちらも言って情報をだしたくない職業であるように見えますから」

この2回の噛みを見ての、私なりの推理についても考察して貰えると嬉しい」
ニャル子 「と思ったらLも入れてたかまあ身内入れてるところがあるなら
Lかグラハムにはなるんでしょうかって感じはありますが」
苗木誠 「せいぜい初日に気になったところが
一番気になったところが被っていなかっただけかな」
リボンズ 「狩人だよ 苗木でGJ」
リボンズ 「狩人日記

二日目 護衛:犯人 噛まれ:多華宮仄

三日目 護衛:苗木 噛まれ:GJ(護衛成功)

四日目 護衛:真紅 噛まれ:

五日目 護衛: 噛まれ:

六日目 護衛: 噛まれ:


二日目
1-1-2とはね…これはどうしたものかな
占い師が噛まれる可能性もあると思うけど
初日役職にも見えるね 霊能は真だと思うのだけどね
なので霊能の犯人を護衛してみようか

三日目
占い師は噛める役職だったようだね
しかし遺言が一切無し これはどうなんだろうね実際
霊能はもう真なら噛まれて証明してくれれば良い 共有の苗木護衛しよう

四日目
霊能でなく共有を噛んできた
これは霊能乗っ取りも考える必要があるのかなと考えてしまうよ
なので指定役になった名探偵を護衛してみようか」
L 「なのでそろそろ今日からこの二人に手をつけて行くべきかと思います狼っぽいのがどうのと言う状況でもないとおもいますので」
犯人 「Lは改行をしてくれないか 長いと感じる」
苗木誠 「僕も名探偵とあんまり意見が変わらないんだけどなぁw>グラハム」
名探偵 「まぁそれじゃ指定リボンズで」
リボンズ 「犯人が真でセイバー狼ならば 間違いなく身内を切っていると僕は考えるけどね>妖忌
GJが出ても霊能結果で白くなれる 占い噛めればラッキー そんなとこじゃないかな」
八神はやて 「一度指定吊りしたらそのまま続けてくれんと困るで
考えあって指定してるんやろ?
そうじゃなかったら隊長怒るで」
ニャル子 「リボンズさん指定でいいようなそっから狩人CO出るのかなーってのと
あとはガンダムとLどうしよっかなーって
はやてさんは○2つ吊った今吊る気はなくグラハムも投票残し周りでいくんで
残す位置かなってところです」
ガンダム 「その中でもセイバー吊りの理由が理路整然としてた貴方も●に見えない>妖忌」
グラハム 「苗木と相談して指定先決めるのであれば安心だな」
名探偵 「というか一番の謎って今日吊り先提示してるのがはやてだけなことよね(遠い目」
L 「グラハムさんは昨日の反応で人外であると疑惑が深まりました死体無しがどこででたかという推理でGJも狐噛みもあるとどちらも言って情報をだしたくない職業であるように見えますから」
魂魄妖忌 「ふむふむ、それもそうじゃ
ガンダム、リボンズ視点
身内がないとおかしい訳じゃ」
苗木誠 「GJだと思うって意見も多いし
指定に反対する人もいなさそうだしね
というわけで遠慮なくやろうか>名探偵」
名探偵 「まぁ相方との相談通りでいきますか」
ガンダム 「両儀噛みなら昨日はGJかもな、と言った感じか」
魂魄妖忌 「つまるところ、お主視点
2Wはないわけじゃから、身内しとる
ということになるわけじゃな>ガンダム」
名探偵 「んー、まぁ指定してもいいのだけれどね」
リボンズ 「霊能GJだったならばかなり楽にはなるのだけどね
昨日指定をしたのなら今日も指定するしかないんじゃないかな」
グラハム 「ここで白貰いを噛むということは、昨日の平和はおそらくGJだったのだろう。

狩人に防がれて役職噛みが通らないと思い、非役噛みに移行したと推測するのが自然だと私は思う」
魂魄妖忌 「面白い意見じゃ>ガンダム」
八神はやて 「とりあえずガンダム吊らへんか
昨日朝一で考察だしただけで状況に対して反応してへんし
セイバー未投票位置やし残せへんよ」
ニャル子 「普通に普通な万一もなしってのがわかってだからどうした感な噛み」
魂魄妖忌 「ふむ」
苗木誠 「それならそれで
一度指定しちゃった以上このまま行ってみようか>名探偵」
リボンズ 「狩人を探している噛みに見えるね
という事は昨日の平和はほぼGJだったと思うよ」
L 「昨日までに狼を探している気配が無いと言う意味で八神はやてさんが人外であると考えます人外を探さない村人というのはいない事も無いですがそれは占いが生きているときの事です占いが噛まれたらだいたい村人は人外を探します」
魂魄妖忌 「まあ、迷探偵であったかは、いずれわかるじゃろうて>グラハム」
ガンダム 「自分で言うのもなんだが、しかしリボンズは狼に見えない>妖忌」
名探偵 「まぁ漂白じゃないってことかしらね
噛まれるっていうことは>両義式」
犯人 「そこが噛まれたのはありがたく思う」
苗木誠 「○を噛んでくると
GJ避けかな」
グラハム 「シュガーサテラ白、わかっていた・・・くっ」
魂魄妖忌 「と言っておったら、両義式噛まれとったわ…」
ニャル子 「おはようございますー」
リボンズ 「おや そこを噛むんだ?」
魂魄妖忌 「>両義式
そこでじゃ、両義式よ。
狐を探すにあたり、狙うのであれば、この中から選択すればよいのじゃが
まず吊るべきは狼であるというのは夢々忘れるなか」
犯人 「霊能CO シュガーサテラ○」
ガンダム 「また発言が飲まれた……
真 狂潜伏 狼霊騙りはまずあるまい

特に占い1COで狼が騙りやすい役職ではないからな>霊は」
八神はやて 「おはよう」
魂魄妖忌 「セイバー投票を基準に考えれば、リボンズ、ガンダムが無投票者もしくは
票をもらっておらん位置となる…」
L 「おはようございます」
名探偵 「おはようなのだわ」
リボンズ 「おはよう諸君

シュガーサテラの色は興味はあるね
犯人が噛まれてなければ良いのだけども」
グラハム 「おはよう」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シュガーサテラさんの遺言 昼はああ言ったけど狩人が無いと見ての指定だったんじゃないかな。(フォロー)
両儀式さんの遺言
    {i   __ゝ-――=ミV乂\
    乂 _ /::::::::::::::::::::::::::::\:::::}::::\)  / /
     \ヾ::::::::::::::::::::二=‐--:::ゝ:|i::::::::ヽ / /
       >:::::::::::::::-‐=二::::::::::::::八::::::::::i_彡
    -=彡:::::::::::::/::::::::::::::::::::::\::/:::: }::::::Y
   _彡-=:::::::/ ::::::::::::::: :彡</ヽ::ノ|:::::::|
     ⌒ノ::: イ:::::::::::::::::::::::::/ ゞ )メ::从7::::从:、
     /⌒{:::::::::::::::::::::::::ノ    ノ  仞:::::::} \
        ノ:::::::::::::::::/八   _   ' 彡::::,    直死・素村CO。
     /_彡 ⌒> ⌒¨¨¨⌒、 ' / (:/
      / r'   / ̄ ̄\乂イ_    
        〕/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ )  乂___   ま、シュガーサテラについては
        {:i:i:iヽ:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i\    (    実のところ狼とは言いきれんけども。
        |:i:i:i:i:i:Y:i:i:i:i:i:i:i\:i:i:}≧=≦く   役職臭さがどの道強いので
.      _八:i:i:i:i八:i:i:i:i:i:i:i:i:i\\:i:i:i:i:八__   最後まで放っておくのは推奨しないよ
    /:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:\:i:i:i|:i:i:i:i:i:iヽ:\:i:i{:i:i:\
.  /--=ミ:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i\|:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:iⅥ:i:i:i:i:\__
  {:i:i:i:i:i:i:i:\:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:人:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i:i:i/
. 八:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\}:i:i:i:i/:i:i:i:\:i:i:i:|:i:i:i:i人:i:i:i:i:i:/
.  _\:i:i:i:i:i:i:i:i:i-=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ |:i:i/:i:i:i\:/
両儀式 は無残な姿で発見されました
(両儀式 は人狼の餌食になったようです)
グラハム は 両儀式 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
名探偵(共有者) 「1吊り増えるならリボンズ指定してもいいんだけれどね
どうしようかしら」
ガンダム(人狼) 「了解した
130で噛む」
犯人の独り言 「狩人のCO次第か」
グラハム(人狼) 「少し長めに、145でお願いしても良いか?」
名探偵(共有者) 「ガンダムは自分で非投票者ランいう以上は人狼だとしても
役じゃないとかそんなところかしらね」
ガンダム(人狼) 「三日目に占い護衛~云々言っていない位置から、わざとらしく今日霊護衛に触れた位置に更に絞ればおそらく当たる>狩人」
グラハム(人狼) 「では、今日は君に噛みをお願いしたい

私は日記を完成させる」
苗木誠(共有者) 「狐候補もだね」
苗木誠(共有者) 「それならそれでいいんじゃないかな
狼候補が減るだけさ」
リボンズの独り言 「狩人遺言はもう残しておこう」
グラハム(人狼) 「噛み筋があからさまだったとして、私や君が即疑われる位置ではないだろう」
名探偵(共有者) 「リボンズの場合はほぼ狩人COしてきそう
という感じかしら」
名探偵(共有者) 「まぁガンダムあたりは何もなさそう
リボンズあたりはなにかありそう
そんな感じかしら」
グラハム(人狼) 「そうだな ここで冒険して灰を減らす必要性がない」
両儀式の独り言 「となると 霊能GJで日誌作っておけばいいだろう。
オレ狐と思われても 現時点困ることはさほど無い」
苗木誠(共有者) 「取りあえずセイバー投票しているところ以外を吊っていってみようか」
ガンダム(人狼) 「今日はひとまず両儀でいい」
グラハム(人狼) 「当然だろうwwwwww」
魂魄妖忌の独り言 「ふーむ」
苗木誠(共有者) 「まあ、結果次第と言ってみようか
リボンズ指定でいいと思うよ
ガンダムでもいいけど」
グラハム(人狼) 「確かにそうだな 「占い護衛しなかったとわかっている」視点漏れということか」
ガンダム(人狼) 「そこまで名探偵に仕切らせたくないか狩人!」
リボンズの独り言 「僕は名探偵を護衛するよ」
リボンズ は 名探偵 の護衛に付きました
名探偵(共有者) 「RPだからしょうがないんじゃない?
ぶっちゃけこのCN以外ならあそこまで言われないでしょうし、うん」
グラハム(人狼) 「私は狩人日記を仕込んでおく」
苗木誠(共有者) 「多華宮が噛まれていないのならともかく
噛まれているのに」
リボンズの独り言 「なので犯人は噛まれてもらおう
恐らく犯人護衛が正しいのだろうけど」
ガンダム(人狼) 「三日目昼に占い護衛していないの?
と言った位置は狩人候補だな」
両儀式の独り言 「さて 霊能以外GJが一番濃さそう」
グラハム(人狼) 「苗木で防がれた 狩人は、まだ生きている」
名探偵(共有者) 「さて、どうなることやら、ね。
●出る位置かといわれれば疑問手ではあるけども」
リボンズの独り言 「霊能乗っ取りされていると見るのが自然かな」
苗木誠(共有者) 「あそこまで言わなくていいと思うけどなぁ
指定を求めたのは村なのに
というかなんでシュガーそこまで村に見ている人が多いんだろう?」
ニャル子の独り言 「L吊りになるんでしょうかねー
リボンズ除くと」
グラハム(人狼) 「ガンダム、君の狙いは上出来のようだ」
リボンズの独り言 「霊能でなく共有噛み」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シュガーサテラ は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
L1 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
苗木誠0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
ガンダム0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
リボンズ0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
グラハム0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
両儀式0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
シュガーサテラ11 票投票先 1 票 →L
ニャル子0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
八神はやて0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
犯人0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
魂魄妖忌0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
名探偵0 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
両儀式 は シュガーサテラ に処刑投票しました
ガンダム は シュガーサテラ に処刑投票しました
八神はやて は シュガーサテラ に処刑投票しました
苗木誠 は シュガーサテラ に処刑投票しました
名探偵 は シュガーサテラ に処刑投票しました
ニャル子 は シュガーサテラ に処刑投票しました
魂魄妖忌 は シュガーサテラ に処刑投票しました
グラハム は シュガーサテラ に処刑投票しました
L は シュガーサテラ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グラハム 「どう見ても前者だろう・・・>魂魄」
犯人 は シュガーサテラ に処刑投票しました
両儀式 「狐位置も探しておくか 仕方ない」
魂魄妖忌 「迷探偵…かはたまた名探偵か…」
リボンズ は シュガーサテラ に処刑投票しました
両儀式 「ううむ」
グラハム 「Lは泣いていいと私は思うぞ・・・」
シュガーサテラ 「真紅の指定だからRP通りでいいんじゃないかしら。>グラハム」
L 「朝一で良い発言があったと言っている所が指定されると言う事は共有は私の事なんかまったく見ていない言う事なんですかね」
魂魄妖忌 「儂の進言は通らなんだか…無念」
シュガーサテラ 「Lリボンズロラ。両儀式が狐でなければこれでいいと考えている。」
グラハム 「シュガーサテラ? そこは村だろう、私は気が進まんぞ・・・>名探偵」
名探偵 「というわけで吊りなのだわわー」
ガンダム 「指定はしていいだろうさ」
両儀式 「そこ、吊るとLWになるか
もしくはなんかのCOが出てくるかの2択に見えるんだが」
ニャル子 「1W吊れて全潜伏なら中身が見えないところから吊るっていうのが私のスタンスですし>はやてさん」
シュガーサテラ は L に処刑投票しました
シュガーサテラ 「村人。」
L 「私的には、ニャル子さんとガンダムさんは良い意味で指定しないグラハムさんは悪い意味で指定しないという風に考えていますが」
魂魄妖忌 「ふーむ…」
犯人 「リボンズ以外であるなばどこでもよさげと感じている」
リボンズ 「しかし霊能噛みでのGJなら狼全潜伏となるわけか
面白い事をする狼だね」
八神はやて 「LWじゃないし指定進行はする必要を特段感じない
やっちゃいけないわけじゃないけどな>共有」
両儀式 「だからオレも 狂人視で吊ったんだがね>はやて

いるならそこ、ぐらいに目立ち過ぎ。
1-1な以上 いる可能性は十分あるしな」
グラハム 「この死体なし、何でもあり得ると私は考えている

占いを即抜いてくる狼を想定すると、
①占い抜き成功の後、強気に霊能や共有を噛みに行ってGJされた
②占いを抜いた以上、安全策で狐を探している

のどちらもあり得るということだな」
苗木誠 「霊能を疑わなければ
あと1w吊れれば最終日行けるんだし
狼候補をどんどん発言して追い詰めて行ってみようか」
名探偵 「じゃあ……シュガーサテラ、指定するのだわ!」
魂魄妖忌 「儂の主張は昨日と変わらん
それくらいじゃな」
ガンダム 「正直、霊能護衛が一番現実的な状況で死体無しが出たのなら狐噛みなんじゃないか?」
魂魄妖忌 「はっはっは、お主面白いのぅ
逆にお主人外じゃったら、儂も吊れんわ
わっはっはっは>ニャル子」
両儀式 「暫定○がオレ以外だったら
オレ視点でも オレの位置狐ってのは当てはまる位置なんで
それについては何も言わん>シュガーサテラ

位置な以上 オレからはどう云いようも無いしな」
L 「別にしても良いですけどほぼ確実に人外もカウンターで狩人COやなんかしてくると予想されますのでそのへんの対処まで考えておいてください>真紅さん」
名探偵 「マジでいうと死体なし出たから指定して狩人保護以外の
意味ないけれどね、この指定吊り」
ニャル子 「もう1吊り増えに期待しつつのグレー吊り継続
狩人を吊り殺したくないなら指定もあり。というとこ」
八神はやて 「昨日の折木吊りは割合納得行かへんな
あんな目立ってる所後回しでええやん」
リボンズ 「むしろ指定したほうが良いのではないかと思うのだけどね>名探偵」
苗木誠 「だね>名探偵
というわけでどうしようか
僕としては別に困っているわけじゃないし
指定しなくてもいいと思っているよ」
ガンダム 「そして死体無しか」
ガンダム 「狼の心理状態という視点で立った時
二日目夜の噛みで最悪なのは霊能でGJを出される事
そう考えた時に占い噛みは比較的自然

リボンズの噛みに対する考察はそういう推理を経た村人=思考ルートが村側と見て残すべき位置だと思う」
魂魄妖忌 「犯人はあんだけ言われといた、護衛するくらいなら
噛みで真みせるようなきもするがのう」
名探偵 「え?指定していいの?(ちらっちらっ」
犯人 「この死体なし
共有噛みGJ ○噛みGJ 狐噛み
この三つの可能性が浮上」
名探偵 「まぁ今告発するバカもいないとは思うけれどね
するとしても遺言でしそうよね>苗木誠」
リボンズ 「なので狩人生存と見ての指定展開が良いんじゃないかなと思うよ」
ニャル子 「>魂魄妖忌
同じとこ見過ぎてて初日の発言と合わせてあなたは吊る気がなくなりました」
両儀式 「これだけ○位置が多い事を考えると
どちらかというとGJ。
オレ襲撃の場合 狼がオレ狐と錯覚する事もあるかもな。
以上の事は何も無いな。 いやまあオレ護衛する必要どこにも無いので
普通に考えたら吊り増えないからで霊能噛みなんだが」
苗木誠 「狐噛みならそれはそれで
告発してくれるのならそのほうがいいよ>名探偵」
グラハム 「ふむ、白か まあ、黒出るよりは白出る確率の方が高いと思っていた

だからこそ、うどん心配せずに吊れたというのもある」
L 「狼がまだ生きているのに平和も何もあった物じゃないと思いますがこの死体無しが狐噛みならば両儀式さんが狐である可能性が非常に高いので狩人さんは遺言をお願いします役職で護衛成功ならばどうでもいいです」
シュガーサテラ 「狐噛みだとしたら一つ当てはある。護衛成功だとしたらどこでもいい。」
リボンズ 「GJか狐噛みか
狐噛みなら噛まれる場所は両儀か犯人
GJなら共有か霊能の犯人か そんなとこかな」
ニャル子 「2W吊りの大声感はごまかしでしたと」
苗木誠 「ナイス死体無し
まあ、吊りは増えないのだけどね
でも狼にプレッシャーを加えることができるから良し」
名探偵 「どう見てもGJとしか言い様がないのだわ
というか狐噛みならどうしようくらい」
八神はやて 「ただ吊り増えへんからなあ
16はやっぱり厳しいわ」
魂魄妖忌 「ほう?」
両儀式 「シュガーサテラは 7、2W吊れた霊能結果が出たら5で吊っておきたいな。
死体無し、いい事だ」
魂魄妖忌 「ニャル子(45)
「セイバーが狼なら同じような銃殺発言をしてたリボンズまで狼かどうか
ってのが今のところの灰視」

なんじゃい?お主も儂と同じ考えじゃったか?」
犯人 「 “驚異の部屋(ヴァンダー・カンマー)”をご案内します
霊能CO 折木奉太郎は○」
リボンズ 「平和だね」
八神はやて 「おはよう」
シュガーサテラ 「良いことね。」
グラハム 「おはよう 平和だな」
名探偵 「おはようなのだわ」
L 「◇シュガーサテラ(61) 「狼として残せ、という意見があっても人柱は絶対にしてやらない。」

はい非常に良い発言です私がシュガーサテラさんを疑ったのは初日に3発言の人ならば騙らないで全潜伏になんとなく同意するかなと言う程度の事なのでこう言う発言があると吊らなくていいかなと思います」
リボンズ 「おはよう諸君

さて判りやすい狼なら素直な噛みをしてくると思うのだけどね
ここで両儀を噛まなければあからさま過ぎるとは思うけど」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
折木奉太郎さんの遺言     /: :: /: : : |: /: : /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : |: : : \: : |: : : : : ∨
   /⌒7.: : : : : : :|/:./ : : : : : : :/: : : /: : : : : : : : : : :!: : : : : : : !: : : : : : ∨
.    ー令: : : : : : !l: : : : : : /: :./: : : : /: : |: : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : :∨
     /: : : : : : : :|/: : : :.:/: : : : /: : : /: : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_,
.    |: : : : : : : :.:|: : : : : : : : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | ̄
.    |: : : : : : _/!|: : : : : : : : /: : : : :/ .!: :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
    _入: : : : 7..l: : : : : : : : :/ |: : : :/`ヽj: : |: : : : : : : : :ーl|: : : : : : : :|: : : : :\ ,
.     |Ⅵ::7 .!: : : : : : : :,' . |: /-―:∧: : : : : : : : :.:リ |:∧: : : : : l: : : : :| ̄
       j/〈   !: : : : : : :,' . ァ|/ュ.、__j/  Ⅵ: : : : : ::/_―|  Ⅵ: : : :|: : : : :!
        ヽ |へ: : : :〈 .   !:._弋ん``  |: : : : : : :|弋歹 7 j: : ::八/ \{_,
       ーィ∧  ヽ: ::ハ    `¨¨`   j/`寸: :.∧    .イ: :レ \
.      _/  }ヘー |ハ{         /  ノj/j   /1り' {  .:|'.,
     < /:!ニニ', .∧                       / _/   / .〉     働かない動かない、俺。
<ニニニ/ニ|ニニ::',   、           ,:’      //   ./ ′
ニニニ:/ニ.lニニニ:',   \                _.:`     //> .
ニニニニニ!ニニニ:',     \   _  - ―/  .   ´`      /ニニニ> .
ニニニニニ',ニニニニ>、    \         ,   ´        , ュニニニニニ,ニ',
ニニニニニニ、ニニニニ>、    ` 、 _/          /ニニニニニ /ニ ',
ニニニニニニ\ニニニニ>、   ァ' /´         /ニニニニニニ/ニニ ',
グラハム は 苗木誠 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グラハム(人狼) 「わかった ガンダム、私は君を信じよう

私が苗木を噛む 130で噛むぞ」
名探偵(共有者) 「吊りたい先がニャル子ガンダムシュガーサテラといるから
なんとなく指定先に悩むのよね
今無理にやってもー感もあるし

どうしたものかしら」
苗木誠(共有者) 「ちなみに投票していなかったところはガンダムリボンズ両儀式シュガー犯人かな」
ガンダム(人狼) 「具体的には
指示役を名探偵にさせよう」
グラハム(人狼) 「その覚悟はあるか?」
犯人の独り言 「Next Conan's HINT 「吠え数」」
名探偵(共有者) 「占い除外すれば5人だけど」
苗木誠(共有者) 「吊れなかったら指定してみていいと思うよ」
グラハム(人狼) 「苗木か GJ出される可能性はある位置だぞ?」
名探偵(共有者) 「6人投票してたものね
候補多いわよね、という」
魂魄妖忌の独り言 「だが、占い1なれば
人外とは占いと狂人いずれか初日
そう思えば、霊能にロラされにいくとは思えんのじゃよ」
ガンダム(人狼) 「結果的にはグラハムのセイバー投票は正解だった>どちらにせよ吊られたのなら」
八神はやて(妖狐) 「霊能噛んでええんやで」
グラハム(人狼) 「灰を削りたくないという狼像は、この中の誰でも当てはまり得る

そして、式が囲われ狐というケースにも対応可能だ」
苗木誠(共有者) 「いっそ吊るのも有りと思うけどね>シュガー」
八神はやて(妖狐) 「LWあるな」
苗木誠(共有者) 「セイバーに投票していたところはLグラハムニャル子はやておじいちゃんか」
八神はやて(妖狐) 「これは狼始末路線やなあ
LWになったら指定祭りになりそうやけど」
名探偵(共有者) 「シュガーサテラ狐なら面倒臭すぎるし
噛まれろってところかしらね個人的には」
ガンダム(人狼) 「提案·苗木を噛もう」
魂魄妖忌の独り言 「犯人が乗っ取りおったか」
グラハム(人狼) 「さて、次はどこを噛みたい

私としては、式噛みで良いと思っている」
犯人の独り言 「そこ吊るの7くらいにして欲しかったな」
シュガーサテラの独り言 「それとも狩人ブラフか。」
魂魄妖忌の独り言 「占い即死となれば」
リボンズの独り言 「もう犯人は噛まれて真証明で良い」
名探偵(共有者) 「まぁこう全潜伏路線なら身内0ってないから
その意味だとガンダム吊りたいくらいだったのだけれど」
シュガーサテラの独り言 「妖忌が狩人か?」
ニャル子の独り言 「これで2W吊りだったら大笑いするぞ」
リボンズ は 苗木誠 の護衛に付きました
Lの独り言 「3票から0票になったがこれは狼として残されているという事にも繋がるのであまり良い状況ではないな」
グラハム(人狼) 「私とガンダムのラインは少なくとも見られていないだろう」
名探偵(共有者) 「グレランで自分の想定外の位置が落ちると
不思議ね、まぁ●出ても○出ても困るけれど」
魂魄妖忌の独り言 「どっちでもよいわ」
苗木誠(共有者) 「さてどうしようかな
ここで占い噛みと護衛無しはちょっと困るや」
グラハム(人狼) 「良い流れだな」
魂魄妖忌の独り言 「ふーむ」
リボンズの独り言 「さて どうしようかな」
両儀式の独り言 「さて こっからオレを無視って共有噛んでくれないかな。
潜伏狂人っぽさを考慮して」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
折木奉太郎 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
L0 票投票先 1 票 →八神はやて
苗木誠0 票投票先 1 票 →リボンズ
ガンダム1 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
リボンズ3 票投票先 1 票 →折木奉太郎
折木奉太郎4 票投票先 1 票 →ニャル子
グラハム0 票投票先 1 票 →折木奉太郎
両儀式0 票投票先 1 票 →折木奉太郎
シュガーサテラ2 票投票先 1 票 →リボンズ
ニャル子1 票投票先 1 票 →折木奉太郎
八神はやて2 票投票先 1 票 →シュガーサテラ
犯人0 票投票先 1 票 →八神はやて
魂魄妖忌0 票投票先 1 票 →リボンズ
名探偵0 票投票先 1 票 →ガンダム
ニャル子 は 折木奉太郎 に処刑投票しました
折木奉太郎 は ニャル子 に処刑投票しました
ガンダム は シュガーサテラ に処刑投票しました
L は 八神はやて に処刑投票しました
八神はやて は シュガーサテラ に処刑投票しました
名探偵 は ガンダム に処刑投票しました
苗木誠 は リボンズ に処刑投票しました
魂魄妖忌 は リボンズ に処刑投票しました
グラハム は 折木奉太郎 に処刑投票しました
両儀式 は 折木奉太郎 に処刑投票しました
リボンズ は 折木奉太郎 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
犯人 「折木あたりは今はまだ残せる位置だと思う」
グラハム 「潜伏狂人という言葉に対するこの敏感な反応。 折木人外、高まったな」
折木奉太郎 「ああ、グラハムの発言ではないのか。それは悪かった。」
ニャル子 「あとは銃殺とかではなく囲ってない○がほしいといってた
魂魄妖忌は今日の感じも村じゃないかなと」
シュガーサテラ は リボンズ に処刑投票しました
折木奉太郎 「ふむ。>シュガーサテラ
考慮の時間が欲しい。」
犯人 「予想では身内1はしてそうだとみる」
八神はやて 「霊真だと思うなら、真霊を初日からディスって
吊りたがってる人なんて村人目やろ
そんな勇気のある人外そうそうお目にかかれへんよ」
グラハム 「◇折木奉太郎 「>グラハム
潜伏狂人、なあ。真面目にどの辺りがと聞きたいぐらいだが。
少なくともこの役職者たちを俺は全く信用できんぞ。」

私は潜伏「狂人」目だとは一言も言っていないぞ。 よく読みなすと良い」
L 「おそらくそこに1Wは潜んでいると思いますので安易な狐勝ち阻止の為にそこは残して後半吊るというのが良いと思います特にグラハムさんは霊能が居ないから初日霊能=占い真とまで思考していたのに霊能がでてきたらわりとあっさり霊能を受け入れていたので素村ではないかと」
シュガーサテラ 「狼として残せ、という意見があっても人柱は絶対にしてやらない。」
両儀式 「1-1から速攻決め打ちしたがってる
お前よりは信用したいな>折木」
ガンダム 「なので、非セイバー投票者から吊っていって狼が吊れなかったら身内あったのか、の方が狼は吊れると思う」
リボンズ 「僕もそう思うよ 噛みに関してはね>ガンダム」
魂魄妖忌 「そういった意味で、リボンズの銃殺期待という発言も
儂は気になっておる」
折木奉太郎 「>グラハム
潜伏狂人、なあ。真面目にどの辺りがと聞きたいぐらいだが。
少なくともこの役職者たちを俺は全く信用できんぞ。」
シュガーサテラ 「霊能の出の遅さに一切触れず、占いが真か騙りかを重視して1-1を話したこと。>折木」
両儀式 「主に多華宮護衛を外す方向性の発言があるところだな>グラハム
そこだけ見ると
霊能吊りを1-1から押してきた折木と同じく
潜伏狂人というのはある可能性はあるが 吊りの誘導でなく護衛の誘導であるならば
どちらかというと狼だ>グラハム」
犯人 は 八神はやて に処刑投票しました
魂魄妖忌 「ふむ、儂はセイバーに目を付けたのは
銃殺を期待しとったところじゃ、偽占いと見るなら銃殺なんぞではせんわ
それを踏まえて、偽占いかもしれん占いに銃殺なんぞ期待するより
囲いじゃないような占いをしてもらったほうが
よっぽど有意義じゃて」
リボンズ 「なので グレランをするしかないと思うよ
ハッキリ言って狐目なんかわからないのでね
村人ではないのでは? という場所を吊るしか無いと思っている」
グラハム 「折木吊りは私も賛成だ。 霊能を排除したがっていたし、潜伏人外はあり得る位置だ」
苗木誠 「まあいいや
霊能も噛まれたら真見ればいいだけだし

占いの信用を落として言っているのに村に見えるの?ってことだと思うよ>グラハム」
八神はやて 「霊結果信用するも何も
霊結果がどうだろうが占候補いない時点で情報価値ほとんど無いし
犯人吊ってる暇あらへんから関係ないんよ」
L 「初日に狼が吊れたという事は誰も騙りたがらないでgdgdのまま全潜伏を選んだという可能性が大なのでそういう感じの人を今は残しておく感じでしょうか具体的に言うとシュガーサテラさんとグラハムさんです」
ガンダム 「狼が初手で連れたなら、形振り構わず占いを噛みにいった可能性もないか>リボンズ

潜伏占いがいない前提だが」
両儀式 「霊能結果を隠すつもりは欠片も無かったというところから
あっても不思議では無い、とは思っている。

ただし 身内があったとしても
今最大2Wな以上、無理に身内だけ見ている必然性もあまりない」
ニャル子 「セイバーが狼なら同じような銃殺発言をしてたリボンズまで狼かどうか
ってのが今のところの灰視」
折木奉太郎 「シュガーサテラには是非参考として両儀式の村っぽくない発言について聞かせてほしい、ぐらいか。」
リボンズ 「漂白噛みには見えないというのが正直な感想ではあるね
狼視点結果が真だったから真だろうか狂人だろうが 噛めるなら噛んだ
そう見えるのだけどね」
グラハム 「◇両儀式 「のであれば シュガーサテラは一旦後回しかな。
本日の襲撃先が占いになるのであれば
そこ狼の目がそこそこ強くなる。

その上で 折木が潜伏狂人相当ありそうに見えるんで
そこ優先的に吊っておきたいがどうだろうか」

ふむ、どのあたりからその結論を導き出したのだ? 私には、昨日のシュガーサテラは村に見えて仕方なかったがな」
犯人 「セイバーは6票
L グラハム ニャル子 はやて」
魂魄妖忌 「多華がセイバー投票しとるわ
霊能結果真なれば、どっちにしろ占い噛みせんわけには
行かんじゃろ?狼でないのであればなおのことよ」
両儀式 「身内云々については」
名探偵 「まぁグレランしとくしかないのだわ
LWになったら指定あるかもねくらいね
多分しないけど」
苗木誠 「犯人の遅さを見て占いを護衛してくれなかったのは残念だな」
両儀式 「のであれば シュガーサテラは一旦後回しかな。
本日の襲撃先が占いになるのであれば
そこ狼の目がそこそこ強くなる。

その上で 折木が潜伏狂人相当ありそうに見えるんで
そこ優先的に吊っておきたいがどうだろうか」
ニャル子 「なんつーかこう。勇敢というか
1-1の即噛みって割合通ること多いんだなあって感想の噛みと
セイバー●は急がなきゃならなかったってことかーって感じで」
ガンダム 「まぁ、霊結果は信用していい
となると霊を軸にすべきか
具体的には身内があったかどうか」
八神はやて 「初日のCO数から言って狩人おらへんわけ無いと思うんやけどな
まあグレラン村やで」
リボンズ 「そして霊能結果を見せる噛みをした
ならば 身内を切った狼が居ると見て良いかもしれないね」
L 「仮に漂白噛み等があったとしても最終日までに両儀式さんが残るということは大変不自然な事なので別段脅威ではありません」
折木奉太郎 「漂白まで疑い、霊能結果までも信じる気がしない。
で、灰視まで気が回っていないのが今だ。」
シュガーサテラ 「両儀式狼でとりあえず噛んでみた、とか無い限りは狐勝つんじゃないかしら。」
魂魄妖忌 「霊能護衛というのはありえることじゃて>はやて」
犯人 「占いを護衛せずとな・・・!
だが狼1は落とせた」
グラハム 「霊結果黒、か あそこは呪殺を気にしている節があったから、黒でも不思議ではないな」
リボンズ 「セイバー●か
なるほど 霊能が真なら初日狼吊り」
名探偵 「なんというか2つの意味で予想外なのだわ……>霊能結果と占い噛まれ」
ガンダム 「いきなり抜かれているだとΣ」
魂魄妖忌 「ふーむ」
両儀式 「そして霊能結果●だった」
L 「非常に残念な結果ですね」
八神はやて 「なんでそこ抜かれるんや・・・」
折木奉太郎 「結論だが、呪殺が出ないなら多華宮仄は期限に吊る。10の日だな。
初日に吊らなかったのなら犯人は泳がせる、という扱いだな。
仮に噛まれずに最終日になった場合などはもう、略。」
魂魄妖忌 「ほうほう」
両儀式 「と、言っている間に死んでいた」
苗木誠 「占い護衛してくれなかったと」
ニャル子 「おはようございますー」
名探偵 「これはひどいのだわ
いやガチで」
リボンズ 「おや 占い師を噛むんだね」
八神はやて 「おはよう」
犯人 「真実はいつも一つ
霊能CO セイバー●」
折木奉太郎 「かつ、何の用意もないが正しいか。
犯人が真で多華宮仄偽、つまり初日真の場合だが。
俺にはどうしたら良いかわからないな。」
魂魄妖忌 「ふむ」
L 「おはようございます」
両儀式 「多華宮仄 0 票 投票先 → セイバー
1-1である現状を考慮する場合 ●なら真狂の目が非常に強くなる、と。
さて、遺言の準備は出来たか人外。生きているのなら、神様だって殺して見せる──!

村を滅ぼすつもりか貴様>名探偵」
名探偵 「おはようなのだわ」
シュガーサテラ 「不思議なことが起こった。」
ガンダム 「それでは結果を頼む」
リボンズ 「おはよう諸君

なんだろうねこの感じは 占い師も霊能も微妙に疑わしい感じ
凄く噛み合っていない感じがするよ」
グラハム 「おはよう」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
セイバーさんの遺言 村人COです
                    /'    / / ,.イ  ヽ 、 ヽ  ぃ
                      〃 / ' i ,イ ,!l !¦ ヽ ヽ.l   i 〉
                   i { l¦i.| l !,ハ|  、{ヽ. ! l、| |   !{
                       い.!⊥!Ll|__!  \斗七i|   !′
                     \Vr'Ti宀、    '〔「 ,}!〉 |
                     |i. ト、 iヒリ     tこソ ! !¦    お
                        ∥ l', ´   ,      | l|     か
                        li  |ヘ     -‐    ,_'l l. !     わ
                      | | ,> 、     /!、|li ト、     り
                        !. レ:.:.;.ィ:l` -'´ _,.レ'|!| !、:.:>     !
                        、 |//,.ヘ! , -‐'´   リ_:.〈
                         _!..イ_∠ゝ._ ____/ > ―-、
                    ,.-‐ ´,. -┴ ¨´ ̄      ̄¨¨ ‐-_,、`、
                  /   r'{`丁T冖-―--―-冖¨; ̄ : / ヽ
                   丨 V ,.(ヽ」.⊥_ : : :| | |: : : : : : :/ /: :/´)i ノ
                       !  〃:.ハ.ヽ  ヽ :|| !: __ : : / / //、〈
                   | /L__{  } \ \! ! .く  `ヽ_'/ ,イ 丨ヘ.
                     l ′   `\ ヽ ^ヽこ\.  〈 / ,}}  ! ノ
                   ,! i{       |`ーt\  ` }  ノУリ  ∨
多華宮仄 は無残な姿で発見されました
(多華宮仄 は人狼の餌食になったようです)
グラハム は 多華宮仄 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
苗木誠(共有者) 「ニャル子はちょっと微妙と思うけどなあ」
ガンダム(人狼) 「占い噛みなら最悪、霊結果見せていい=身内も疑わせられる」
多華宮仄 は リボンズ を占います
名探偵(共有者) 「あー、そういうことね
まぁ0じゃないかしら>潜伏狂人」
グラハム(人狼) 「私が占いを噛もう 130でいくぞ」
八神はやて(妖狐) 「もうちょっと票貰えるように動かんとな
とはいえブランクありすぎてそこまで出来へんわな」
苗木誠(共有者) 「非狼目だからお目こぼしするけど…
狩人を吊りたくないってときには吊ったほうがいいね」
名探偵(共有者) 「まぁ私としてはニャル子とかかしらね
吊りたくない位置はグラハムで
相対的に落ちなさそうなのは魂魄妖忌とかリボンズあたり」
グラハム(人狼) 「正直、呪殺を気にしてしまったからな

あれは、私が村でも狼狙いで投票している」
犯人の独り言 「八神はやてにも注視していくべき そうすべき」
ガンダム(人狼) 「占い噛み了解した
それでは任せる」
苗木誠(共有者) 「いや、割と役目はあると思うよ
というか潜伏狂人あると思う。占の信用を落としに来ているならね」
ガンダム(人狼) 「仕方あるまい
村の何かに障ったのだろう>セイバーは」
グラハム(人狼) 「白貰いはまだ式1人 噛むなら、今だろう

正直、この占いに狩人がついてる感覚は 私はあまりしないな おそらく霊能護衛だろう」
シュガーサテラの独り言 「sarielさんGMをやると就職率がかなり高かっ・・・考えないようにしようっと。」
両儀式の独り言 「なんか咆えがまずいな」
名探偵(共有者) 「絶対そこ非役だろうなぁ的な
死体なし出たら指定するかもくらい>シュガーサテラ

絶対狩人ないから」
リボンズ は 犯人 の護衛に付きました
ニャル子の独り言 「リボンズまで吊るかどうかだな」
ガンダム(人狼) 「占い即噛みか霊噛みか

最悪のケースは霊でGJ出される事」
苗木誠(共有者) 「発言は8発言だったけど
全部1行だったからね。たぶん、薄いと思われたんじゃないかな」
犯人の独り言 「リボンズ ガンダム 魂魄妖忌
気になるのはここ

折木奉太郎はあって狂人」
グラハム(人狼) 「占い噛みが良い

万が一の狐がないかどうかも確認でき、噛んでも狂噛みを疑わせられる」
名探偵(共有者) 「あとは……まぁシュガーサテラあたりが
無風なのが興味深いって感じかしら」
シュガーサテラの独り言 「さて、難しい村になりそうね。」
名探偵(共有者) 「ぶっちゃけグラハムあたりが人外なら面倒臭いとかそんな感じなのだわ」
苗木誠(共有者) 「役に関しては霊能は微妙
占いのほうが真目があるってぐらい
16人なら狼全潜伏はあり得る」
リボンズの独り言 「なんだ…この占いと霊能を護衛したくない感じは…」
八神はやて(妖狐) 「0票とかやめて欲しいで・・・」
名探偵(共有者) 「全く見てない位置が死んだのだわ」
ニャル子の独り言 「とりあえずは村を俯瞰してる感じがしてたここからと」
グラハム(人狼) 「いやちょ、マジでそこ死ぬの」
両儀式の独り言 「潜伏したはいいんだが
どっちだ。真‐真か。狼‐真か」
リボンズの独り言 「・・・・」
ガンダム(人狼) 「いきなり狼吊れたな

霊か占いか、か」
八神はやて(妖狐) 「セイバーさんお疲れ様や」
グラハム(人狼) 「えっ」
苗木誠(共有者) 「Lはちょっと怪しいかな」
魂魄妖忌の独り言 「ふーむ」
両儀式の独り言 「んーむ」
折木奉太郎の独り言 「恒例行事になっているような気もする。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
セイバー は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
L3 票投票先 1 票 →セイバー
苗木誠0 票投票先 1 票 →L
ガンダム0 票投票先 1 票 →L
リボンズ1 票投票先 1 票 →L
折木奉太郎1 票投票先 1 票 →犯人
グラハム2 票投票先 1 票 →セイバー
セイバー6 票投票先 1 票 →グラハム
多華宮仄0 票投票先 1 票 →セイバー
両儀式0 票投票先 1 票 →折木奉太郎
シュガーサテラ0 票投票先 1 票 →リボンズ
ニャル子1 票投票先 1 票 →セイバー
八神はやて0 票投票先 1 票 →セイバー
犯人1 票投票先 1 票 →グラハム
魂魄妖忌0 票投票先 1 票 →セイバー
名探偵0 票投票先 1 票 →ニャル子
ガンダム は L に処刑投票しました
シュガーサテラ は リボンズ に処刑投票しました
名探偵 は ニャル子 に処刑投票しました
苗木誠 は L に処刑投票しました
両儀式 は 折木奉太郎 に処刑投票しました
セイバー は グラハム に処刑投票しました
リボンズ は L に処刑投票しました
魂魄妖忌 は セイバー に処刑投票しました
ニャル子 は セイバー に処刑投票しました
八神はやて は セイバー に処刑投票しました
多華宮仄 は セイバー に処刑投票しました
L は セイバー に処刑投票しました
犯人 は グラハム に処刑投票しました
グラハム は セイバー に処刑投票しました
折木奉太郎 は 犯人 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
多華宮仄 「今までの業績・・・gふんげふん>リオンズ」
魂魄妖忌 「銃殺でんかったら、どうせ機嫌で此奴吊りおろう?」
名探偵 「まぁ潜伏占いがいたらそいつこそ結果出すのだわ
いやふりじゃなくて。」
リボンズ 「僕は名探偵には期待しているのだけどね
楽しそうじゃないか」
ガンダム 「まぁ、真面目な話
必ず人外のうち何かは潜伏している
そういう意味では潜伏気味な場所を根絶やしでいいんじゃないか」
折木奉太郎 「潜伏占い師がいる、までは見ても良いが。
役職を吊りたい、のではなく残しておけないが正しいな。」
セイバー 「苗木と真紅はどちらが主導権を握るか決めてるのですか?」
L 「私的に霊能は潜っていいと言っていたのに出てきたら信用に関わるからどうのと言っている占いさんの方が気にかかりますしね」
魂魄妖忌 「占い1に置いて、儂は銃殺よりは
囲っておらんそういうところを
占ってほしいものじゃな、なぜか
銃殺をこの広い中から期限内でやれ…というのは
酷なのでな」
ニャル子 「まあがんばれーや(人ごと風)>名探偵」
多華宮仄 「おっ大丈夫か>名探偵」
グラハム 「◇名探偵 「ひどいことをいうのだわ!
指定ゲームになったら私が指定するのだわ!だわわ!」

おいやめろくださいwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
犯人 「「噛んだ」をつかているじゃないか>妖忌」
両儀式 「現状は『少なくとも占いor霊能、どちらかは真』が前提である以上
何かしらが起こらない限り こちらからの行動はできん」
苗木誠 「わけがわからないよ(´・ω・`)」
グラハム 「◇シュガーサテラ 「犯人残し。理由は両儀式の発言が村臭くないため。」

1-1で欠け考慮、で止まるだけでなく 周囲の動きから次の推理へつなげている。 シュガーサテラは、吊りも占いも当面は不要だと私は考える」
名探偵 「ひどいことをいうのだわ!
指定ゲームになったら私が指定するのだわ!だわわ!」
リボンズ 「おやおや 皆は名探偵を信用していないのかい?」
魂魄妖忌 「ふーむ」
魂魄妖忌 「いや、お主犯人って名乗っておろう!?>犯人」
L 「占いが3人居るのならば出方の遅い霊能を即吊るのは賛成しますがこの状況であるのならば反対です純粋に出方が怪しかった霊能を吊り初日占いの場合に取り返しがつかないからです」
八神はやて 「初日から役職の信用について云々いうてもしかたないやろ
そのうち見えてくんで?
もっと他のことに目を向けや」
多華宮仄 「>リボンズ
積極的には狙いたいところだけれども
16だから吊りが減るのでそこまで旨味はないかなぁと思っている。」
セイバー 「多華宮仄は頑張って銃殺を出してください」
ガンダム 「この世界線は
苗木×腐川ルートだったんだ」
名探偵 「つまり人類は滅亡する!

とか言い出すんじゃないでしょうね?>ガンダム」
リボンズ 「霊能も遅いのでどうしたものか そう思うのは仕方が無いと思うけどね
しかしグレランをするしかないさ」
折木奉太郎 「占い師の出方が遅かったので、霊能者が潜伏しているならむしろ引っ張り出したかったところだが。
霊能者の出方がはっきり言って遅すぎる。」
犯人 「>魂魄妖忌
犯人扱いするなんてひどいな!」
両儀式 「いいか苗木。指定(探偵)する時はお前がやるんだ。
絶対だぞ?フリじゃないからな?」
ニャル子 「いきなり霊能の発言をとりあげて信頼語るの
どうなんだろうなあ」
苗木誠 「な、なんだい?>ガンダム」
魂魄妖忌 「初日役職…ふむ
たしかにそれを思考はするが
儂は、狂人狼ともに潜った可能性があるのでな
そればかりにとは思わんのじゃ>リボンズ」
多華宮仄 「>犯人さん
配役で占いは1、まぁ鍋じゃないしね。」
シュガーサテラ 「犯人残し。理由は両儀式の発言が村臭くないため。」
ガンダム 「そうか、わかったぞ
苗木誠」
L 「こう言う場合占いか霊能のどちらかは真というのがセオリーですがどちらも出方が遅くて非常に不安な立ち上がりですねできればらくをして勝ちたい物ですが」
リボンズ 「占い師は銃殺でも出してくれるとありがたいね」
両儀式 「夜が来て 最初の共有の囁きが大声だった辺りとか
どう見てもそうとしか思えんかった」
グラハム 「これは村滅びたな(白目」
セイバー 「GMが役職を持って行ったかもしれない事を考慮するべきかもしれませんね」
ガンダム 「共有者も把握した」
両儀式 「あ、うん 知ってた>名探偵共有」
グラハム 「◇折木奉太郎 「良し、犯人を吊るそう。
それ以外の感想を俺は見出せなかった。」

さすがに早計だな。 役職を急いで吊りたい事情があるのかと思ってしまうぞ?」
多華宮仄 「まぁ狩人は僕を護衛してくれればそれでいいけれども
え、もしかして僕に護衛渡すためにわざと・・・?」
八神はやて 「1-1-2
CO少なすぎるのは大変やな
気張ってかんと」
リボンズ 「1-1-2 正直に言って嫌な内訳だ
初日役職しか考えれなくなる」
犯人 「まさか占いが1とはこの犯人の目をもってしても
見抜けなかったわ」
苗木誠 「変換があれだけど
僕と彼女はそういう関係じゃないから…!」
両儀式 「霊能了解、1-1らしいので
占いには『霊能が生きている間の●』もしくは『銃殺』をお願いしたい。
後者は偶数になり 前者はお前が狼でないことに関する証明にラグがある。
どちらもどちらだな」
名探偵 「相方あってるのだわ」
魂魄妖忌 「なんと!?
こやつが、GMを噛んだ犯人ではないのか!?>犯人」
セイバー 「1-1-2ですかこれはまた・・・」
ガンダム 「まぁ霊能はいるよな>占い1なら」
多華宮仄 「◇犯人 「霊能をCOするぞ」

いや・・・君の信用が僕の信用につながるってことも普通になるんで遅すぎない?」
苗木誠 「というわけで愛方は名探偵であっているよ」
グラハム 「1-1-2 FO、把握した」
八神はやて 「犯人が霊能者とはこれまたいかに
いや、死体を見慣れとるということやろか」
ニャル子 「大声はやっぱそれか」
折木奉太郎 「良し、犯人を吊るそう。
それ以外の感想を俺は見出せなかった。」
リボンズ 「犯人が霊能かな?
COは念の為大声で頼むよ>犯人」
セイバー 「犯人霊能COなんですか?」
L 「おやでてましたねいっそ初日霊能ならばと思いましたが犯人さんがCOしているのでそうもいきませんか」
グラハム 「1-1だな 欠けを頭の片隅に入れつつ、今日はグレランが安定だ」
苗木誠 「共有CO」
魂魄妖忌 「霊能でないのであれば、霊能初日とみようぞ」
名探偵 「この私が名探偵……もとい共有COするのだわ!
ワトソン(相方)生存よ」
犯人 「霊能をCO」
魂魄妖忌 「霊能と共有の宣言を所望する」
リボンズ 「これは…嫌な予感がするね」
セイバー 「共有COはありますか?」
ニャル子 「これがスロウリィというやつか」
犯人 「霊能をCOするぞ」
多華宮仄 「じゃあ、霊能は伏せで頼みたいな。
共有が全部指定で。」
グラハム 「霊能欠けだな 占いは真認定して進行するべきだ」
ガンダム 「占い1COか?」
両儀式 「1COか……霊能を潜らせておく理由はあまりないな。
共有も含め 全員出ていいぞ」
リボンズ 「霊能と共有も急ぎたまえ」
L 「占いがでませんね潜伏しているのならばまだマシですが16人村で初日占いというのは中々きびしいものが」
犯人 「占い師が1だと・・・」
シュガーサテラ 「生きてるうちから言い訳を考えるのもやめた。」
八神はやて 「1COとは難儀やなあ
霊脳もCOしてや」
苗木誠 「何か占いが少なくないかな!」
セイバー 「占い1COですか?」
折木奉太郎 「酷く遅い。」
名探偵 「占い遅いわね
というか霊能も遅いけど」
魂魄妖忌 「ほう、占いが1とな面妖な」
リボンズ 「占い1CO…だと?」
グラハム 「霊能と共有も出るといい」
ニャル子 「ここまで占いが出ない不思議」
多華宮仄 「神様が生きているかはどうかはともかく好戦的な人なのかな…?
犯人=犯人説は推理小説ではミスリーを誘う常套手段だし
ここは乗らないでいこう。」
シュガーサテラ 「甘えはもう捨ててきたの。」
グラハム 「占いは1か?」
犯人 「なんてことだ こんなひどい事を」
八神はやて 「おはようやで」
苗木誠 「おはよう」
リボンズ 「占い師はCOしても良いんだよ」
両儀式 「20」
ガンダム 「刹那·F·セイエイ
未来を切り開く!

割りとグラハムと名探偵吊れば狼吊れる気がする」
多華宮仄 「占い師CO両儀式○」
名探偵 「おはようなのだわ」
セイバー 「おはようございますCOお願いします」
折木奉太郎 「やらなくてもいいことなら、やらない。
やらなければいけないことなら手短に。」
魂魄妖忌 「お主か!?>犯人」
ニャル子 「おはようございます」
両儀式 「──生きているのなら、神様だって殺してみせる。
さあ……殺し合おう!」
L 「おはようございます」
グラハム 「さて、COはサクサク頼むぞ」
リボンズ 「おはよう諸君

さぁ村を導いていこうじゃないか
まずは初日狼を吊りたいね それこそがこの村を救う方法なんだよ」
グラハム 「おはよう」
魂魄妖忌 「朝の鍛錬は欠かしてはいけぬ
例え、いかな状況であろうとな」
犯人 「この中にGMを噛んだものがいる!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言               /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : :\: : : : :}
           /: : :/: : : : / : : : : : : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : \: /
.          /:/: / : : : /:, '!: : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : ヾミ=ー'
.          // /: /:/: : :/:/ |: |: : : : : : : |: : : :i: : : : : :ヽ : : : : :, : : : : : :i :\
          〃  ': : i: |: : :':/  |: |: : : : : : /|: : : :| : : : : : : | : : : :|: : : : :|:!: :ミ=-
          |i   i: : :|: |_i_|_,,/|: | : : : : / |: : : :| : : : : : : | : : : :|: : : | : | :|:|ハ|  昼AA自由
          |l   |: : :|: |: 八|   |: |: : : : ' \|: i : :|、:\: : : ! : : : : | :_人_:|:|   狐遺言禁止
            |: : :|: |:i、、___ Vヘ: : : |  Vヘー|-\-ヽ:|: : : : |: : :`Y´:|八!   超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合
            |: : :|: |:|⌒下ィ:k、  ': :| ___ヾ、 ヽ:|: | : : : :|: : : |: リ  }   GMはsariel
             ‘ : :|:,从^ゝとxり    V| '⌒下ィ笊ミx、ノ∨: : : :|: |ヽ: : : /
             ヽ|: i{ .:.:.:.:.:.   '       ゝとうxり 》/: /: __人__|: :′
             |: |:.           .:.:.:.:.:.:.:.:.´/: /: : : `Y´ |: i
             |: |: ;> ― 、_              /: /: : : : : :'| . ': : :!
             |:/ ー一く }  !>         //: : : : : :// |: : :|
            ノ{   `⌒\}':> . __   〃 : : : : : :/:´_人_:|
           〃ハ /⌒V }⌒ンク-ノ    /' i: : : : : :/: | : : `Y´: : |
             /'/ /{   .ィ }ノ ' /     /  .|:|: : : /: : :|: : : : |i : :|
            / { .′:,   し'} ./| |`ヽ   -―/,|:| : / ! : :リ : : : ハ: :八
           ∧   |`T´ ,ハ{ :| |V⌒V^ン' / |:l: :i |: :ハ: : /  |/
            ,ノ   | l   /} :| |   //  从: |'´|/   V
          /   `ー   イ/⌒`_ </   /ハ|       :,
.         {           |⌒/||ヽ、`> ´     ,.  ´  }
.          ‘,       | 〃 || }}ヽ}     ,  ´     /
         ‘、      ノ {{__ノハ_,リ /   /         /
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
グラハム は GM に狙いをつけました
「◆GM 投票目安は130~200を目処に。不慮のトラブルに対するリセットは1回のみです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グラハム(人狼) 「すまないな 気を遣わせて」
苗木誠(共有者) 「そこは任せたよ。君がしそうだなというのに合わせる」
名探偵(共有者) 「ふっ、この私に任せるのだわ!」
グラハム(人狼) 「145で俺が噛む」
ガンダム(人狼) 「今宵の俺は名探偵をも凌駕するぞ!」
セイバー(人狼) 「いえネタですから気にしないでください<大声で返すところまで」
名探偵(共有者) 「まぁ初手●進行のときはちょっと小細工するかもしれないとはいっておくのだわ
共有COタイミング見計らう的な意味で」
八神はやて(妖狐) 「久々にはやてやったけどはやてと言うより猛虎弁になるきしかしないんやけど」
グラハム(人狼) 「すまん忘れてた」
苗木誠(共有者) 「それじゃあ普通にFOにしよっか
指示役は任せたよ。探偵らしく頑張ってね!」
ガンダム(人狼) 「俺はそれでかまわない>全潜伏」
魂魄妖忌の独り言 「さて、やるか」
多華宮仄 は 両儀式 を占います
八神はやて(妖狐) 「まあ1人陣営だから気楽にいくで」
魂魄妖忌の独り言 「ふー…」
セイバー(人狼) 「叫ばないでくださいメタられます!!」
グラハム(人狼) 「全潜伏で構わないぞ」
名探偵(共有者) 「と言うか初手囁き大文字で多分メタで私共有ひいたとか
見破られてそうだしね

まぁ適当にFOでいいと思うわ」
魂魄妖忌の独り言 「素になるとダメだよねw」
ニャル子の独り言 「色々と面倒なことになるのが16村ですけどね」
グラハム(人狼) 「あえて言おう、私は潜らせてもらうと!」
苗木誠(共有者) 「具体的には初手から指定する
まあ、反発が大きそうだけどね」
ガンダム(人狼) 「乙女座の俺は運命を感じずにはいられないぞ!」
八神はやて(妖狐) 「狼がベグってくれますように、っと」
名探偵(共有者) 「まぁやってもいいけど不評買いそうだしやめておくのだわ>探偵っぽく」
魂魄妖忌の独り言 「というか、こう
老人RPってやってみたかったけど
なんかちょっと不慣れというか」
セイバー(人狼) 「初日対応だけして全潜伏でもしますか?」
グラハム(人狼) 「会いたかったぞ! ガンダァムゥゥゥ!!!!!「(同陣営的な意味で)」
八神はやて(妖狐) 「狐の時狩人日記書いて有効に使えた試しないんよな・・・」
苗木誠(共有者) 「というわけでよろしく
何かしたいことはあるかい?
というか突発的に探偵村みたいにする?w」
魂魄妖忌の独り言 「いつもGMありがとうじゃよ>サリエルさん」
ニャル子の独り言 「どれかでしょう」
ガンダム(人狼) 「騙りは任せる」
多華宮仄の独り言 「うーん、誰を選ぶかねぇ・・・」
犯人の独り言 「さて・・・どうするか
とりあえず○もらったら潜伏しよう」
グラハム(人狼) 「おっとっと」
名探偵(共有者) 「あ、生きてたのだわ
改めてよろしくね」
ニャル子の独り言 「初日共有
犯人が共有
名探偵が共有」
両儀式の独り言 「そして どうやら名探偵が共有を引いたらしい>夜一大声」
名探偵(共有者) 「ワトソンの霊圧が……消えた……?」
ガンダム(人狼) 「なん……だと…」
「◆GM GMはsariel それではどの陣営も頑張ってください」
苗木誠(共有者) 「おや、本当に探偵役になったねw」
リボンズの独り言 「僕が世界(占い)を導く神になるんだよ!」
両儀式の独り言 「む……なんか久々に引いたな」
名探偵(共有者) 「というわけでフラグ完遂ね」
折木奉太郎の独り言 「……良し、寝るか。」
八神はやて(妖狐) 「狐かー
私は狸やねんけどね

って誰が狸やねん!」
セイバー(人狼) 「これは」
名探偵(共有者) 「共有者……つまり私が名探偵なのだわ!」
犯人の独り言 「霊能者か」
魂魄妖忌の独り言 「ふむ、村か」
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2014/02/04 (Tue) 21:01:53
L 「私結構強いですよ?>真紅さん」
L 「では、15秒後にスタート」
セイバー 「ヒロイン!!己が身を呈して姉妹を救ったヒロインではないか!!>名探偵」
ガンダム 「そんな事はない。武力介入を繰り返せば抑止力となりガンダムは新世代の神となる
その時こそ俺は人々に語り継がれガンダムになる
真に善なる世界へ導きさえすれば、人は過ちを繰り返す事はない>リボンズ」
GM 「16人なのでどうぞ>L」
名探偵 「Lにも推理で負ける気はないのだわ!」
多華宮仄 「他にも探偵はいるから・・・」
L 「では開始してよろしいでしょうか?>GM」
折木奉太郎 「個性的な面子だな。」
シュガーサテラ 「よろしく。」
八神はやて 「この村は滅びる運命やったんやな・・・」
犯人 「世界の歪みを狙い撃つぜ!」
ニャル子 「おっと」
両儀式 「残念だ。この事件、迷宮入りか……」
GM 「それじゃあ投票よろしく」
名探偵 「誰が不人気ジャンクなのだわ!>グラハム」
魂魄妖忌 「迷探偵がどうかしたのかのぅ?>真紅」
リボンズ 「16人なら開始でも問題なさそうだね」
グラハム 「不人気ジャンク乙」
名探偵 「満を持して名探偵の登場なのだわ!」
魂魄妖忌 「魂魄妖忌 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 8533 (魂魄妖忌03) → No. 8532 (魂魄妖忌02)」
グラハム 「すまない、今戻った」
八神はやて 「せめて16欲しい所や
ズサー歓迎やね」
名探偵 が村の集会場にやってきました
苗木誠 「あと二人ぐらいならすぐに来そうだけどね」
L 「一人か二人ならばすぐに来るでしょう15人村なら待ちたいですね」
八神はやて 「15なら少し待ちたいやねえ」
魂魄妖忌 「是非もなし>セイバー」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → ニャル子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5146 (ニャル子2)」
GM 「15人なんで延長するかどうかだなー」
セイバー 「後2人で埋まるんですが残念ですね」
リボンズ 「君では世界を導けないよ刹那」
リボンズ 「そろそろ時間だったかな」
シュガーサテラ 「シュガーサテラ さんが登録情報を変更しました。」
ガンダム 「人々を新世界に導くのは俺だ!>リボンズ」
魂魄妖忌 「犯人か…切り捨てればわかることよ>犯人」
犯人 「犯人を決め付ける人物
そんな輩は流れ的に殺されてしまう」
ガンダム 「クッ、名前も顔も解らない>犯人」
魂魄妖忌 「宜しく頼むとするか」
魂魄妖忌 が村の集会場にやってきました
犯人 「Next Conan's HINT 「黒タイツ」」
八神はやて 「分かったで、きっと私の右隣の奴が人狼や!」
犯人 が村の集会場にやってきました
八神はやて 「よろしゅうおねがいします」
karikari 「よろしく」
八神はやて が村の集会場にやってきました
karikari が村の集会場にやってきました
苗木誠 「よろしくね」
karisuto 「karisuto さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karisuto → 苗木誠
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 2242 (苗木誠)」
シュガーサテラ 「よろしく。」
シュガーサテラ が村の集会場にやってきました
両儀式 「さあ、殺し合おうか」
両儀式 が村の集会場にやってきました
多華宮仄 「や。よろしく。」
リボンズ 「僕が導くとするよ」
多華宮仄 が村の集会場にやってきました
ヴィルヘルム 「ヴィルヘルム さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ヴィルヘルム → リボンズ
アイコン:No. 7643 (ヴィルヘルム) → No. 5596 (リボンズ・アルマーク)」
ガンダム 「貴様は犯罪者ではない!>グラハム」
セイバー 「こんばんは、よろしくお願いします」
グラハム 「すまない 少し離席する 21時までには必ず戻るようにする」
セイバー が村の集会場にやってきました
ガンダム 「今日はX3に乗っていないのか?>L
俺達の手段は間違っているのだろう
だからこそ最後には俺達も消える
それこそが世界のあるべき姿だ」
GM 「いらっしゃい」
グラハム 「ガンダムゥゥゥ!!!!!」
グラハム が村の集会場にやってきました
L 「犯罪者は法で裁くべきであって武力介入などするものではありませんよ」
GM 「このせっちゃんやけに武闘派だぞ・・・・・・」
ガンダム 「見つけた
世界の歪(ハンザイシャ)」
折木奉太郎 「…よろしく。」
折木奉太郎 が村の集会場にやってきました
ガンダム 「よろしく頼む」
ヴィルヘルム 「よう」
ヴィルヘルム が村の集会場にやってきました
ガンダム 「こちら刹那·F·セイエイ
これより犯罪者へ武力介入(サバキ)を始める」
GM 「いらっしゃい」
ガンダム が村の集会場にやってきました
karisuto 「よろしく」
karisuto が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
L 「よろしくおねがいします。」
L が村の集会場にやってきました
GM 「21:00開始予定 埋まり次第前倒し それでは報告してきます」
GM 「・昼AA自由
・狐遺言禁止
・超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合」
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、
人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
村作成:2014/02/04 (Tue) 20:35:27