←戻る
【紅2171】やる夫達の普通村 [3962番地]
~歩ぶめど、まだ遠く~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon GM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon 非常識
 (阿修羅◆
vP6s3EUZjtwt)
[共有者]
(死亡)
icon お覇王
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[狂人]
(死亡)
icon 蒼星石
 (零月◆
V.RrOCOnM2)
[村人]
(死亡)
icon 常識人
 (明石焼き◆
RHW5K2Nl8w)
[妖狐]
(死亡)
icon 衛兵
 (◆
WwaIPdl0Z6)
[村人]
(死亡)
icon 良識人
 (r5m◆
r5m21u0gDo)
[村人]
(死亡)
icon 普通の人
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[人狼]
(死亡)
icon 一般人
 (でって)
[村人]
(死亡)
icon
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[村人]
(生存中)
icon 翠星石
 (lion◆
j/NqGsCTAc)
[人狼]
(死亡)
icon 宇宙人
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[狩人]
(死亡)
icon 大魔道師
 (めぐみん◆
ZZQhvypOfk)
[村人]
(生存中)
icon QB
 (ジョー)
[占い師]
(死亡)
icon 原始人
 (とんかつ◆
LEaEgxSrqk)
[人狼]
(死亡)
icon 引きこもり
 (鴨かも◆
MERRY/NCyc)
[村人]
(死亡)
icon ヤス
 (¥1=$2014◆
nXMpvBeEos)
[霊能者]
(死亡)
村作成:2014/02/04 (Tue) 23:00:32
GM 「now loading……」
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「2325開始予定。GMはXKR◇hannariBX.」
GM 「では報告してきます」
非常識 が村の集会場にやってきました
非常識 「よろしくお願いします」
かりんぴっく が村の集会場にやってきました
かりんぴっく 「こんばんわ」
GM 「いらっしゃい」
蒼星石 が村の集会場にやってきました
蒼星石 「どうも」
GM 「いらっしゃい」
蒼星石 「僕がまともに普通の村をやるって、久しぶりかな。」
常識人 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
常識人 「よろしくお願いいたしますよ」
非常識 「常識は投げ捨てるものです」
蒼星石 「……常識を謳う者と非常識を謳うものが揃ったのか」
蒼星石 「まあ、世の中相容れないことの方が多いからね。しょうがないね。」
常識人 「        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ       人狼は常識こそ定石
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ」
衛兵 が村の集会場にやってきました
衛兵 「スタァァァァップ!」
非常識 「常識だけじゃ、勝てないのですよ>常識人」
良識人 が村の集会場にやってきました
良識人 「まともにはじめなさいよっ!」
常識人 「            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、   U   ヽ      まあこんなこといってからいうのもなんですが中の人はレアケ脳です
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\」
非常識 「逆に安定思考です」
常識人 「奇を衒うのは人外だけで十分でしょう?>非常識」
非常識 「・・・何でしょうね 全く噛み合いませんね」
普通の人 が村の集会場にやってきました
蒼星石 「どっちもどっちだよ。それぞれの価値観こそが常識だとは思うよ。」
常識人 「この噛み合わなさ 私たち案外仲良くやっていけるかもしれませんね>非常識」
普通の人 「       _____
    ,任三三ミ、
     |三三三三l
.    ,イ',三三(三ノ、)   よお、常識人
  /|| ',ミ=三=ミ/      相変わらず常識的だな
  !ミ', ',三三ミ《 ,ィ==‐- .,,_
  !ミミv〉三三|,xイ三彡'´
.  r===三三三三三>'´
/三三三三三三三> 、
. (三三三三三三三三三i
゙、三三三三三三三三ヨ
  '|三三三三三三三三ミ、
  \三三三三三三三三!、
   ゙、三三三三三三三ミヘ
かりんぴっく 「かりんぴっく さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんぴっく → お覇王
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4785 (お覇王)」
常識人 「            /\
           /    '、
             /     '、
          /       '、      ちなみに開始時間ぐらいに鍋が終わるっぽいですかね
            / ●   ● '、
        /         '、     その辺で入村一気に来ると予想してます
          〈           〉
        ノ=-       -=彡ヘ
       /  xヘ、___ノ 人
       {/〃 ̄    /_>、 }
       /          厂 }ヽハ
お覇王 「非常識なヤツが相手なら
覇王翔吼拳を使わざるを得ない」
蒼星石 「その常識を打ち砕く……ってかい?」
常識人 「              __
          ,..'"´: : : \
         / : : : : : : : : : \
        j: : : : : : : : : ヽ: : : :\
        ノ: : : : : : : : : : : l :ヽ : :ヽ            おや普通の人ですか そちらも相変わらず普通ですね
       /: : : : : : : : : : : : : : : : :/
      ./: : : : : : : : : : : : : :\: ヘ
      {: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ.
      >ー --- : : : : : : :へ: : ヘ=- 、___
    _/: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : γ´::`:.、
   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : /: : : : : :ヽ
  ./:ヽ : :ヽ: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : /: :j : : : : : l
 /: : : : : : :ヽ: : : : : : : : :/: : : : : : : : :/: :/: : : : : : :|
 |: : : : : : : : : ゝ、: : : :/: : : : : : : : : :/ : : } : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : / : : : : : : :|
 |: : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :/: : : : : : : : |
 |: : : : : : : : :\: : : : : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : :゛'' ‐- ''": : : : : : : :/: : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |」
一般人 が村の集会場にやってきました
普通の人
               、xtーッx、
              ハ/////ハ
             バ////////ハ
             │//////////,
             │/○///〇ノ    おいおい非常識な奴って…
            _ヽ///__人ノ     一人しか居ないじゃないか…?
          , ='´////////ーiノ/i`'= ,
      ,;;r;;'´/////////////////`';;r;;,ヽ    俺達は常識的…
     //////////////////////////;;ハ
    ./////////////////////////////',
    .i゙/////////////////////////////;',_
    j///////////////////////////////;ヘ
   ./////////////////////////////////;ハ
  ///////////////////////////////////ハ
  〈///////////////////////////////////;;〉
.   ヽ////////////////////////////////i"´
   .`i////;;i`ヽ///////////////;;Y´`i////;;l
     .l////;{ .〈////////////////l  .{////ハ
    .l////゙i  .j////////////////',  '/////',
     }////;', ノ//////////////// ', .l/////;}
     '/////','//////////////////;', l/////;l
      '/////',///////////////////', l/////;l
     .l/////////////////////////',l/////j
      ',/////////////////////////',////;;l
      .}/////////////////////////;;',////l
     .ノ//////////////////////////;;r‐=、ノ
     ,'//////////////////////////// i .l.、',
    i゙///////////////////////////j Yl .i 〉〉
    l///////////////////////////;;`! l ,lリ';;',
    l////////////////////////////;;`ヽノ//',
     j//////////////////////////////////;;ヽ
    .l////////////////////////////////////;;\
.     l//////////////////////////////////////;ハ
    l///////////////////////////////////////;;';,
    l////////////////////////////////////////;;';,
.   l/////////////////////////////////////////;;';,
    .l//////////////////////////////////////////;;';,
    .l///////////////////////////////////////////;;';,
    ノ////////////////////////////////////////////;;';,
  〈/////////////////////////////////////////////;;ノ
   .`ー-=,,_///////////;;r,/////r='ヽ////////////////;/
        `ー-= ,,_//////|ノ////;;{   '///////////>='´
                |/////;|!////;;リ   ',///`''ー=‐'´
                |//////////;/    .レ'´
                |/////////;;ノ
一般人 「こんばんはー」
非常識 「価値観一つでこの世紀末を生き抜けるのなら、それほど容易いことはないのですがね>蒼星石」
お覇王 「なんて非常識な奴等だ もっと技を鍛えなくては」
普通の人 「お前ら名前を名乗れよ!」
一般人 「お前らAAでかいなw」
蒼星石 「ここに来た時点で常識なんて捨てているさ!別に変態ではないけど。」
普通の人 「なんて非常識な奴等だ!」
常識人 「                                     ,..'"´`` :.、
                                    /: : : : : : : : : :\
                                   / : : : : : : : : : : : : : :.
                                 /: : : : : : : : : : :_,,..-‐ヽ::.
                                 /: : : : : : : : : /:::::::::::::::::ヘ          まあわれわれ常識組は狙われないでしょうからね
                                /: : : : : : : :/::::::::::::::::::::::::::l
                                /: : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::ノ          心配には及びません
                               ノ: : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::|
                        _ ,,... -‐ '': : : : : : : : (:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      /: - ー - 、: : : : : : : : : : :ゝ、:::::::::::::::::::::::/
                        /´: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : \::::::::::::::::::l\
                    _/: : : : : : : : : : : : :゙;: : : : : : : : : : : : :\:::::::::::/: : :,
                 γ´ニ==―-: : : : : : : : ゙;: : : : ヽ: : : : : : : : :\::/: : : : :,
              _,..-‐'''"~: : : :.,,.._: : : : : : : : : : :゙; : : : :冫: : : : : : : : : }{: : : : : :,
     _ ,,... -‐ '' "´: : : : : : : : : : : : : : : : :`  、: : : : : :| : : : / : : : : : ○:ゞミ彡○: : :,
  ,,.. ''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : l: : : /: : : : : : :[/]: /::::::::[/]: : :,
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : :/: : : : : : : :[/]/::::::::::[/]ヽ: :,」
鬼 が村の集会場にやってきました
普通の人 「ちょっと反省した>シャル般人」
お覇王 「お前も名乗ってないのなら 覇王翔吼拳を
使わざるを得ない >普通の人」
「よろしく」
常識人 「AAでかいのは否定できない(白目)」
蒼星石 「……常識と非常識の波に耐えられるのか、ボク……」
普通の人 「              /:::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::ヽ
            |::::::::::::::::::::::::::::::|
            |      (__人)    当然だな、だってこんなにも常識的で普通なのだから
            |::::::::::::::::::::::::::::ノ
                ヽ:::::::::::::::::::::ノ
             /.:.:::::::::::::::/
           _,r'゙.:.:::::::::::::.:.:.\
       ,.-‐'´.:.::::::::::::::::::::::::::::.:..`ヽ、
      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
_ __ __l.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ _ ____ ___ ____ _
_ _ _  /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
_ ‐ _ ‐/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐
-_-_-/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.L-_-_- -_-_- -_-_- -_-_-
ニ ニ. l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ
二三 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ三 二三 二 三
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
非常識 「その口元・・・○○○○夫ですね>普通の人」
お覇王 「極限流で常識力を鍛えようと宣伝せざるを得ない >蒼星石」
一般人 「普通の人にそんなふぐりはついてない」
普通の人 「AA削ってやってるんだが…
ちょっと削り忘れてしまってな」
お覇王 「開始時間になったのなら 開始投票を
入れざるを得ない」
翠星石 が村の集会場にやってきました
常識人 「                /   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
            /         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /              \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.            おい普通の人 顔が隠しきれてないぞ ちゃんと隠すんだ.
          /        -――   ̄:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        /       / _  ____..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       /     /, " .::::::::::::::::::::::::::::::\::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.      /    //         ::::::::::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.
        !   ///    ̄ ̄``     ::::::::::::::::::::\:.:.::.:..::
     ¦/, くl::::|   ( ◯ )    ( ◯:::):::::|:::\:.:;
      { く::::::::ー─-、_         ...:::::::::::::::::i:::::::ノノ
       > \:::::::::::::::::::::::\::..  ´  ...::::::::::::/::/´. :.
       /    7ニ三ミヽ::::::!::...- ─‐..:::::::::::::_;< :. :. :. :
.      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\::\`_フ:::::::,ィ彡⌒´:.:.\ :. :. :.
     /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:. ヽ、::r‐冖´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ :. :.
.   /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: >不、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.
   /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : 厶  Yヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i 」
普通の人 「お覇王の本名をど忘れしてしまった」
非常識 「あなたも隠しきれてませんね>常識人」
お覇王 「リョウ・サカザキと名乗らざるを得ない >普通の人」
翠星石 「ずっさー!じゃなくて蒼星石!
どうしてこんな所に一人でいるですか!」
宇宙人 が村の集会場にやってきました
めぐみん が村の集会場にやってきました
蒼星石 「闇鍋雑談が終わって無胃から人が来ないのかな?」
非常識 「隠しきれてないっていうか隠す気が感じられませんね>常識人」
一般人 「速報:常識人はハゲだった」
めぐみん 「ずさっと登場、私」
宇宙人 「僕は良い宇宙人だよ」
普通の人
                 _.. -‐ ─- 、
            ,. -‐ ニ¨-‐ ¨  ̄ ̄¨ノ ノ!
            ヽ\        /  l |
                } l〈ヽ ゙丶、..__ ,,. イ   .jノl   ____
            .! i     i  /   ,.ィ::::/¨ ̄   //
            .lヽ、..,,__ノ... -‐:::¨::::::;ノ    ,..ィ/
            _人:::::::::::::::::::::::_;;.. -''"   ,.ィ´./
      -=ニ"¨    ̄¨¨ ¨ ̄  ,. __ /..:i‐'"
           ̄ ̄"|ー─~'_ノ",二, \二;|||
            f !||lニ二(●)Ⅸ(●)二;||
            | `ヾ,.=ニニ,ニ二ニ、ニ=,l    おっと…いかんいかん…
                l    \´ ̄(__人__) ̄`/\     これならどうだ常識人?
            ヽ   /=ニ二二二ニ=/   \
            /三 _∠ヽ、ニ二二ニ_イ 三 、  `ー 、
           √ ,//´ノ' `i三,,ヘ ̄ /| 三三     \
        _ /r ' / /  ノ∠_ ヽ/jl 三三 r=='二_ ´
       ∧ ∨ /  /   '/ ,j  ト‐|'ヽ 三三三ヽ,    ̄`ヾ
      /  l/ ./  /   //  /  .|。i   \.. 三三 l  ロ //
     /   レ /  /   レ'  /    |。i   ヽ. 三'|!   //
    /     V  〃  〆   f 三;   |。i    `! 三   //
蒼星石 「ちなみに僕はごろごろしてたらここの空気を感じた。ただそれだけさ。>翠星石」
非常識 「・・・準備ができた人から投票を済ませて待機を

アンカーは、このわたしが非常識に執り行います」
お覇王 「宇宙人が相手なら 覇王翔吼拳を
使わざるを得ない」
鬼灯 が村の集会場にやってきました
鬼灯 「む」
原始人 が村の集会場にやってきました
普通の人 「埋まるんじゃねえかな常識的…
普通に考えて」
原始人 「コンバンハ」
鬼灯 「アイコン変えますか」
引きこもり が村の集会場にやってきました
お覇王 「15人まで揃ったのなら @1くらい待たざるを得ない」
原始人 「オレサマ
マンモス
マルカジリ」
常識人 「: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,:‐'" ̄ ̄ ̄`ヽ:::::::
                             /         |ヽ._:::::::......
                           /            ´   ヽ:::::::......
                       l              |:::::::......             ・・・・・だめみたいですね>普通の人
                       / _,、_.-、,、_         イ:::::::......
                        l  |゙´''゛`'´'´''゛`ヽ      \:::::::......
                        | ノ  ,    ̄`  \     ヽ:::::::......
                          / .,ヘ/    \  ..:::ノ     ノ:::::::......
                    /  l .::\ -  _i   ,.\     `ヽ:::::::......
                      l   \:::::`''―  ....':::::::::::〉       |:::::::......
                    ヽ.___`ー―、――――´___/:::::::......
                        /             `ヽ:::::::......
                      /                |:::::::......
                     /   ,        _        \:::::::......
                    /|    |      /         ヽ:::::::......
: : : : : : : : : : : : . . . . . .       /  ヽ    |        |               |:::::::......」
翠星石 「蒼星石が1人でどこかに言ってしまったから翠星石はとっても心配したですぅ
……って、なんなんですかこの変な名前の村は!」
ヤス が村の集会場にやってきました
めぐみん 「めぐみん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:めぐみん → 大魔道師」
「うん?」
非常識 「揃いましたね 皆さん、サクッと投票を済ませてください」
引きこもり 「よろー。」
良識人 「あら、埋まったわね」
翠星石 「11人にするつもりで来たら埋まるとは翠星石にはわからねーですよ……!」
鬼灯 「鬼灯 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:鬼灯 → QB
アイコン:No. 5861 (鬼灯) → No. 2390 (キュゥべえ)」
お覇王 「ズサが多すぎると言わざるを得ない
犯人はヤスと言わざるを得ない」
ヤス 「よろしくと。」
蒼星石 「変、普通、さてね。僕からすれば「闇」も「普通」も同じくらいに、混沌だよ。Nのフィールドのようにね。」
常識人 「埋まりましたか では改めてよろしくお願いしますね
昼はAA使わないのでその辺はご安心を」
原始人 「どういう変更なんだ…>鬼灯→QB」
QB 「きゅっぷい」
QB 「鬼がかぶっちゃったからね」
原始人 「豚汁となんかで豚がかぶるみたいな?」
蒼星石 「お手柔らかに。」
ヤス 「オチは俺かと思ったけど、そうじゃなかっとことあるある」
お覇王 「出荷と言わざるを得ない」
「すまんね、」
大魔道師 「あのひと基本的に注文っていうかメニュー構成下手ですよね。」
引きこもり 「とりあえず犯人はヤスとかQBとか言っておけば多分当たるんじゃない?
めんどくさいしそれでいいや」
翠星石 「っていうかやらない夫っぽいのとできる夫っぽいのがいるのにやる夫っぽいのがいないってどーゆうことですか!」
原始人 「(´・ω・`)そんなー」
非常識 「では、カウントします」
QB 「メイドとスク水が重なると胃もたれするでしょ?
そういうことだよ」
非常識 「五穀豊穣」
お覇王 「人外が相手なら 覇王翔吼拳を使わざるを得ない」
非常識 「四方聖獣」
非常識 「三国無双」
蒼星石 「文明に触らない原始人は出荷だよー」
非常識 「二律背反」
大魔道師 「そもそも水着なのに水場じゃない所にいるのがおかしいのです>スクミズ」
原始人 「それはむしろ相乗効果で素晴らしくなるだろ!>QB」
非常識 「唯一絶対」
普通の人 「そこの宇宙人がやr…ゲフンゲフン>翠星石
ナンデモナイヨー…」
QB 「エロざる・・・」
非常識 「・・・零、神の降臨だ」
ゲーム開始:2014/02/04 (Tue) 23:31:36
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
蒼星石の独り言 「普通の村人か……」
引きこもりの独り言 「よし寝よう」
QBの独り言 「・・・く」
原始人(人狼) 「あら狼か
よろしく」
大魔道師の独り言 「素村ですか」
普通の人(人狼) 「なんとお…」
非常識(共有者) 「共有者ですか・・・ファッ!?」
翠星石(人狼) 「おっと、よろしくですよ」
お覇王の独り言 「狂人とか非常識と言わざるを得ない」
一般人の独り言 「よし素村」
普通の人(人狼) 「よろしく頼むわ」
宇宙人の独り言 「狩人だ」
衛兵の独り言 「昔はお前のような役職者だったが、膝に矢を受けてしまってな・・・」
常識人(妖狐) 「あの ちょっと占いよけるのが困難なんですが・・・」
QBの独り言 「ちょっとGM!ぼくこのRPでしか占い引けないんだけど」
翠星石(人狼) 「誰か占いとかやりたい人はいねーですか?」
一般人の独り言 「狂人か狐ならやってもよかったけどな」
ヤスの独り言 「あぁ^~」
普通の人(人狼) 「さて、どうしましょ」
QBの独り言 「せいいっぱい遊ぶか」
衛兵の独り言 「村建て感謝する!」
お覇王の独り言 「狂人の占い騙りは苦手なので潜伏したいと言わざるを得ない」
原始人(人狼) 「募集するんならやる」
ヤスの独り言 「●貰ったときように狩人日記を書いておこう」
蒼星石の独り言 「ここ最近の闇鍋率から察するに、素村でも引くのかと思っていた。マジで引いた。翠星石が敵陣営じゃないといいな……やる夫とかは、別にいいや。」
普通の人(人狼) 「よし、任せた」
大魔道師の独り言 「よし、酒とってこよう!」
常識人(妖狐) 「うーんいっそ占い騙りましょうか」
翠星石(人狼) 「じゃ、頼んだですよ>原始人
やりたい人がやりたいことをやるのが一番ですぅ」
お覇王の独り言 「でも共有初日っぽいから何か出たほうが良さそうと
言わざるを得ない」
普通の人(人狼) 「さぁてちょっと久しぶりにやるからお手柔らかに頼むな」
翠星石(人狼) 「蒼星石は対応しますけど他も要望あれば位置占い程度は」
大魔道師の独り言 「グレフルハイってわけでもないですが、グレフル割で」
原始人(人狼) 「○をQBに
囲いはいつからすっかね…」
原始人(人狼) 「噛みは2:00でいいかい?」
大魔道師の独り言 「あー、むしろウィスキーとかブランデーとかにしますか。グレフル割で。」
普通の人(人狼) 「まぁ何とか初日は乗り切る」
QB は 一般人 を占います
普通の人(人狼) 「了解>噛み」
翠星石(人狼) 「おっと、翠星石だって慣れてるわけじゃねーですがそのために狼仲間がいるんですからね。
なんとかなるですよ」
翠星石(人狼) 「騙り役に任せるですよ>噛み時間」
普通の人(人狼) 「悪いが対応とか苦手なんだ」
蒼星石の独り言 「……そして、夜は明ける。か。」
普通の人(人狼) 「すまぬ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原始人 は GM に狙いをつけました
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
非常識 「おはようございます COはサクサクお願いしますよ」
大魔道師 「『エクスプロージョン』ッ!!」
引きこもり 「犯人はヤス 異論は許さない」
宇宙人 「僕は良い宇宙人 悪い宇宙人はQBだよ」
「おはよう」
普通の人 「ホウセイ・マイ・フレンド(挨拶
それじゃ占いはCO頼むぞ

趣味潜伏とかしたら訴訟起こしてやるからな」
ヤス 「あくしろよ」
原始人 「占いCO
QBは○」
常識人 「おはようございます 夜長いですね」
良識人 「おはようございます」
QB 「僕と契約してAV女優になってよ! 一般人さんは○」
衛兵 「スタァァァァップ!
お覇王 「占いを引いたのなら COせざるを得ない
大魔道師○と 言わざるを得ない」
一般人 「おはよう、おらでろ」
非常識 「占い1ですね」
QB 「やふー!久々の占いだ!スカウトしまくるよ!
さっそく町でスカウト開始だ!まずは上にいる一般人さんからだね。
ねぇ君。君を一般の人たちから注目される【アイドル】にしてあげるよ!」
翠星石 「おっはよーですよ」
ヤス 「霊能だ」
蒼星石 「……朝が来たようだね。なかなかじらしてくれる。」
お覇王 「占い理由
武器を持ったやつ…それっぽいのがいないと言わざるを得ない
ならば魔法とか言う怪しい力を調べてみると
言わざるを得ない」
原始人 「理由:見てくださいこの邪悪そうな顔!
ここが○なはずがありません!
割とマジで」
非常識 「占い3ですね」
大魔道師 「それにしてもなんですか・・・もう夜も遅いというのに投票遅くないですか・・・!」
引きこもり 「占い3で○進行なので霊よろしく」
良識人 「○進行みたいね。
霊能共有もCOよろしく」
QB 「しまった、○なら潜れば良かったな。」
「3-1、普通」
常識人 「3-1でしょうか 共有がでてグレランがよろしいかと」
一般人 「3-1、後は共有が出てグレランかな」
翠星石 「おおう、割とさくさく出るんですねえ、好みですぅ」
非常識 「3-1ですね 共有COです 相方はそこのGMです」
宇宙人 「原始人さんからはQB狂人 お覇王さん狼だね」
普通の人 「占い三人
うん普通で常識的だな」
良識人 「まともな村になりそうでよかった…」
ヤス 「せっかちしかたないね」
引きこもり 「なんだと。>ヤス>霊能
3-2になる系なのかしら」
大魔道師 「ふむ、原始人視点QB狂人と」
非常識 「今日はグレランです」
衛兵 「QBはこの形ならCOしても問題なかったと思うぞ」
一般人 「あぁ初日GM、役欠けはなしと」
引きこもり 「なんだと。>3-1


なん…だと…」
原始人 「君はどう見ても普通じゃないということに気付こうか>普通の人」
お覇王 「○だったと言わざるを得ない
魔法って便利なのか 聞かざるを得ない」
QB 「原始人を男優にスカウトしていたらどうなったろ。
●だったら楽だったけど。」
良識人 「なんとなくそう思ってたわ。
共有囁き一回だけだったものね>非常識」
「原始人視点内訳ほぼ判明
GMは知ってたからどうでも」
原始人 「占いは自由で構わんね?」
宇宙人 「あとは霊能と共有がでればいいと思うんだ」
蒼星石 「占い3人がCO、すべて白――か。初日占いに期待はしていないから、こんなものか。」
常識人 「ふむ つまり役欠けはなし
悪い情報ではないと思いますね」
引きこもり 「なん…………だと…>初日相方

ちょっと ヤス犯人じゃなくなったじゃないどうしてくれるのよ」
翠星石 「QBがその発言出るのって割と好みだったりしますけど
ともかく形としてはグレランですねえ。原始人視点云々ってやつです」
普通の人 「霊能は真確定
占いも真混じり確定
…な、訳だが残念ながら3-1であった」
お覇王 「共有初日了解と言わざるを得ない
●を引けなかったのなら グレランをせざるを得ない」
蒼星石 「霊能も1、あと出ていないのは共有ぐらいかな?」
ヤス 「>引きこもり
3-2の方が楽でいいよなー」
QB 「きゅっぷい
灰に女性ばかりでうれしいよ。
男優はそんなに多くいらないからね。」
一般人 「遅くならない限り好きにすればいいだろ
というか初日で200越えとか遅すぎるぞ」
「夜が遅かったんでそれなりに頑張ってる奴が狼だろ>占い」
良識人 「非常識が共有なのにスライドCOも何もやっていないなんて…」
翠星石 「3-1で共有相方って欠片も美味しくねーですね」
大魔道師 「役職は全生存っと。んじゃ、占いのどこが噛まれるかを見てーですか。
まあ灰噛み来そうな気がしますが。」
宇宙人 「初日GMなら役欠けはないということだね
QBは別にCOしても良かったんじゃないかな」
非常識 「そういえばわたし、1回しか夜発言しませんでしたね

発言稼ぐの忘れてました、すいません」
蒼星石 「……え?共有相方?それはひどい。」
一般人 「きっと非常識に相方を騙ってたりすることを期待するしかない>良識」
引きこもり 「貴方偽だろー!やっぱ犯人だったー!
ってやりたかったのに>ヤス」
良識人 「今から占いの狼候補探してもしょうがないんじゃない? とは思うけれどね」
非常識 「わたしとGMが共有ですよ>蒼星石」
翠星石 「ところで蒼星石、スコーン食べるですか?
昔みたいに焼いて来たですよ」
大魔道師 「共有の初減数とか数えませんよ、鍋じゃああるまいし・・・」
普通の人 「止めろよ潜るとか言うなよ>QB
潜伏嫌いなんだよ!」
ヤス 「アニメ的には征服する側だし犯人という扱いが普通だけどな。」
衛兵 「翠星石は共有欠けの話題についての反応が妙に遅い気がするな」
お覇王 「多分出るゲームが違うと言わざるを得ない >引きこもり
でも言いだしっぺは自分だと言わざるを得ない」
宇宙人 「犯人はヤス!って一度してみたかったのに
霊能者さんなんだね
ちょっとがっくし」
「非常識に霊にでて共有が一切でないとかやればよかったのに
なお共有が出ないということはロラだろと普通解釈される」
QB 「うーん。
霊の噛み率が上がるなら
比較的信用をとりづらい(アイコンやRPでね)とりづらい僕には
たまーにメリットになるよ。まぁ僕噛んでくるだろうけど>翠」
蒼星石 「それ、ジュン君に食べさせる用の試作品だよね?君が作った物なら僕に拒否する理由はないかな。>翠星石」
原始人 「QBは狂人だし覇王は狼
あとはもう呪殺出して残りの2wを灰から探すだけ
私が生きてれば勝てる
それだけの話」
引きこもり 「まぁ、3-1なら占い抜かれない&真占い間違えない限りは勝てるんじゃないの

当たり前だけど。」
大魔道師 「仮に潜っていたら狂人扱い待ったなしだったとおもいますがね」
常識人 「個人的には変な役欠けでのレアケ想定よりも真がいるとわかってるほうが好きなのですがね
まあこの辺は趣味の問題でしょうしこれ以上は」
良識人 「村の首がしまってるじゃないwwwww>鬼」
お覇王 「ホウセイ マイ フレンド の精神を忘れないでと
言わざるを得ない >宇宙人」
一般人 「占いの内約なんぞこれからの発言と結果で見てけばいいんじゃないの?
今考えても○しかないわけだし囲ってるかどうか位だろ
で今日はグレランだから後回し後回し」
翠星石 「>衛兵
更新タイミングが合わなくて見えませんでしたね。
リスト下げるです」
良識人 「ホウセイ マイ フレンド はアカン…」
「非常識だからそれぐらいは、ね?>良識人」
GM 「今起きた」
衛兵 「原始人は護衛しなくてもいいんじゃないか」
普通の人 「…あれ…おかしいな…常識人とかが
思ってたより絡んでくれない」
大魔道師 「でも「マイフレンド」って言ってたわりにホウセイのことかばってませんよね>ホウセイマイフレンド」
引きこもり 「そういえばこれの元ネタってたけしのアレよねぇ>お覇王」
宇宙人 「その辺は趣味の領域になるね
ただレアケは燃える」
蒼星石 「しっかり狐も居るわけだし、占いは全力で頑張ってもらいたいね。」
一般人 「E・Tって指触れ合わせるのと自転車が空を飛ぶのしか覚えてないや
グレイは左右から掴まってる姿」
常識人 「まあそれゆえ霊能者真の見極めゲーですので それ以上のことはとくには」
普通の人 「おい、普通の人は寂しいと孤独死しちゃうんだぞ!」
宇宙人 「>常識人」
「ジョウシキ マイ フレンド」
原始人 「いやそれ私死ぬじゃん>衛兵」
翠星石 「>蒼星石
やったあ、沢山食べるですよー。
他の人には無いですから、全部蒼星石のですよ」
ヤス 「友達の輪は繋がっている!だから僕もホウセイ。
いいとも?テレフォンショッキング?そんなのありましたね」
非常識 「安定思考ですから>鬼」
良識人 「>普通の人
だってあなた言ってること普通すぎて…」
「理由をいいなよ>傭兵」
一般人 「大丈夫跳ね返した>原始人」
蒼星石 「原作の方で長いこと出番が無くて僕も孤独だったんだけどね……」
お覇王 「ネタばれ厳禁といわざるを得ない >引きこもり
強敵とかいて ともと呼ばざるを得ない >大魔道師」
大魔道師 「うさぎですかあなたは・・・>普通のぼっち」
常識人 「レアケは非常識故好みませんぬな
私常識人なので>ウチュウジン」
衛兵 「死なへん死なへん>原始人」
QB 「あんま大きな理由のない潜伏は僕も嫌いというかできないけどさ
対抗に○もらったんなら原始人狼なら噛まれるし、狂いでも真がついてないってこといになるからさ>嫌いって言ってた人」
宇宙人 「>一般人
それを言っちゃうと年がばれてしまいますよ
おそらくは」
普通の人 「あれは至上最悪の田中タイキックが一番面白かったと思うの」
引きこもり 「未知との遭遇とE.T.を混ぜて覚えてしまったことがあるのよね
いーーてぃー」
宇宙人 「いーーてぃーごーごー」
一般人 「未知との遭遇ってどんなだっけ?」
「常識にとらわれない進行はどこに言った>非常識」
蒼星石 「夜が、来る!」
衛兵 「原始人真見えるならQB先噛まれるんじゃね?」
大魔道師 「「お前を倒すのは・・・」とかいいましょうよwww>おはおう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM 寝落ちしてましたすいません許してください!なんでもしますから!!
AA自由 狐遺言禁止で!」
一般人 は 宇宙人 に処刑投票しました
非常識 は 翠星石 に処刑投票しました
良識人 は 常識人 に処刑投票しました
QB は 宇宙人 に処刑投票しました
宇宙人 は 普通の人 に処刑投票しました
鬼 は 衛兵 に処刑投票しました
ヤス は 一般人 に処刑投票しました
蒼星石 は 良識人 に処刑投票しました
翠星石 は 引きこもり に処刑投票しました
引きこもり は 常識人 に処刑投票しました
原始人 は 鬼 に処刑投票しました
お覇王 は 衛兵 に処刑投票しました
大魔道師 は 衛兵 に処刑投票しました
衛兵 は 引きこもり に処刑投票しました
常識人 は 衛兵 に処刑投票しました
普通の人 は 衛兵 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
非常識0 票投票先 1 票 →翠星石
お覇王0 票投票先 1 票 →衛兵
蒼星石0 票投票先 1 票 →良識人
常識人2 票投票先 1 票 →衛兵
衛兵5 票投票先 1 票 →引きこもり
良識人1 票投票先 1 票 →常識人
普通の人1 票投票先 1 票 →衛兵
一般人1 票投票先 1 票 →宇宙人
1 票投票先 1 票 →衛兵
翠星石1 票投票先 1 票 →引きこもり
宇宙人2 票投票先 1 票 →普通の人
大魔道師0 票投票先 1 票 →衛兵
QB0 票投票先 1 票 →宇宙人
原始人0 票投票先 1 票 →
引きこもり2 票投票先 1 票 →常識人
ヤス0 票投票先 1 票 →一般人
衛兵 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヤスの独り言 「ん?今なんでもするって言ったよね。
ヨツンヴァインになるんだよ。あくしろよ。」
GM 「おつかれさまでした」
衛兵 「お疲れ様ー」
普通の人(人狼) 「地味に狩人抜けてたらなぁ…的な」
蒼星石の独り言 「遺言と普通の発言間違えた。」
翠星石(人狼) 「さて、さてQBの真っぽさがマッハに見えるんですがどーですかね」
普通の人(人狼) 「抜けてたつーか吊れてたら」
引きこもりの独り言 「吊れたんじゃないの?」
常識人(妖狐) 「以外と票きませんでしたね
むしろ占い位置から外れるので悪くはないかと」
ヤスの独り言 「GMがホモってことは非常識もホモなんですかね……?(小さな疑問)」
お覇王の独り言 「どうみてもQB真だと言わざるを得ない」
引きこもりの独り言 「あー 微妙」
一般人の独り言 「ボクは!まだ!若い!!>宇宙人の野郎」
宇宙人 は お覇王 の護衛に付きました
常識人(妖狐) 「真偽ついてるのでしたら狼が占い処理に動くでしょうか」
非常識(共有者) 「翠星石、衛兵 このあたりは狩人なさそうな位置ですね

狩人が落ちてしまった可能性は、あまり考えなくて良いでしょう」
引きこもりの独り言 「まぁ、霊抜かれるなら問題ない
占い抜かれるといろいろ考えなきゃいけないけど霊●ならいいなぁって感じ」
普通の人(人狼) 「潜れば良かった発言?
あれ狂アピにも真アピにもなるから
当てにしない方がいい」
ヤスの独り言 「衛兵吊りってなんだかなぁふつうのコト言ってんじゃん。
投票者から漁ってくるか。」
翠星石(人狼) 「狩人は確実にいるんで、今日はどこ噛むか」
原始人(人狼) 「次結果どーすっかねーっと」
大魔道師の独り言 「【悲報】ブランデーの風味、グレフルに完全敗北」
原始人(人狼) 「霊能・共有・対抗」
普通の人(人狼) 「霊能噛んでみたい感はある」
翠星石(人狼) 「2人はどっちが真だと思うです?」
大魔道師の独り言 「これなら素直に焼酎でも割れば良かったorz」
普通の人(人狼) 「結果はお好きに」
原始人(人狼) 「噛みは指示しとくれ
今占い理由セコセコ作ってるので」
QB は 良識人 を占います
蒼星石の独り言 「現状だと全く判断材料が無いので、誰が怪しいかというのは見当もつかない。」
大魔道師の独り言 「明日何もなければ蒼投票で」
原始人(人狼) 「GJ出されても戦える位置はQB」
蒼星石の独り言 「でも個人的には一番COの遅い占い師が信用ないんだけどね。」
翠星石(人狼) 「ほう。噛むというなら付き合います
結果は自分が真なら占うところでいいですよ」
蒼星石の独り言 「そのあたりは、考えよう。さあ、朝だ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原始人 は QB に狙いをつけました
QB は無残な姿で発見されました
(QB は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
QBさんの遺言 護衛は普通にもらえなかったみたいだね。許すよ。
村がんばってね。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
引きこもり 「客観的に見て2票貰いとはいえ私を占うのならお覇王以外なら評価する
お覇王と私よく絡んでたしこの二人で2W見ての占い方ならホントに理解できる

逆にいうと同じ理由で衛兵●なら原始人●じゃないの?という予想。」
宇宙人 「ホウセイ・マイ・フレンド(挨拶」
常識人 「おはようございます
さてどうなってますかね」
お覇王 「占いを引いたなら COせざるを得ない
普通の人●と 言わざるを得ない」
大魔道師 「◇蒼星石(65) 「……え?共有相方?それはひどい。」
気になりますね。占いが入るのかどうかも含めて。
ここを占うかどうかも見たい感じです。」
普通の人 「ホウセイ・マイ・フレンド」
蒼星石 「朝が来た。」
「実際の所頑張り具合は
原始人>QB>お覇王かね、前者二人に狼っぽくはあるんじゃないの

傭兵はまぁ、残す位置じゃァ無かったね」
一般人 「おはよう、おせぇ」
非常識 「おはようございます やはりQB真でしたか」
ヤス 「○」
原始人 「占いCO
鬼は○」
QB 「あいた」
お覇王 「占い理由
正直ここ 把握系と常識ネタ発言しかしてないだろと
言わざるを得ない 発言が普通を言うか 意見が薄いというか
無いっぽいと言わざるを得ない
正直常識人とか宇宙人とか引きこもりより票貰わないのは
妙な位置と言わざるを得ない」
GM 「おつかれさまでした」
良識人 「信頼でもやるんじゃないかってくらい遅いわりに普通に占い噛むのね」

共有初日で灰が狭いだの狩確定だのそういう話になるかと思ったらならなかった変な日だった
そういう話に触れてたのはひきこもりと緑いのだけ」
翠星石 「おはよーございます。
原始人 「理由:ものっそい力抜けてるって印象から
ここは○だろうなと
圧殺目標ならまぁここいらかね
共有がロラで~的発言も、余裕ある村側の言葉と受け取った」
翠星石 「そこ吊っちゃうんですかって感じだったんですけども
割と票のバラけるグレランだったんでsね」
非常識 「普通の人 COはありますか?」
GM 「誤爆とな」
QB 「おう、誤爆」
普通の人 「COは無いが」
引きこもり 「ああ、○なのか残念>霊結果」
良識人 「破綻がないなら普通吊りしかないんじゃないかしら?」
ヤス 「衛兵吊りするのって無駄釣りとしか思わなかった以上」
大魔道師 「ほう、QB噛みですか。
破綻は誰もしないですが」
宇宙人 「QB真なのかね
●のCO聞くところ」
常識人 「占い候補の一人が噛まれ
そして●がでましたね」
非常識 「では、今日は普通の人吊りです」
お覇王 「●引いたので吊って欲しいと言わざるを得ない」
ヤス 「実際QB死んどるしな。」
「まぁ色みてこうして」
翠星石 「●出てCO無いなら吊るしかねーですよ」
蒼星石 「黒進行だね。了解。」
一般人 「占い1落ちで●、とりあえずCO聞いてーからの
なければ吊り、あればそっからって奴じゃない」
QB 「まず男優をスカウト委するべきだったか
お風呂入ってくる」
良識人 「初手グレランで●狙いに行くなら衛兵よりも常識人だったと思うんだけどね
そこ、発言固いわりに狩人っぽくないもの」
原始人 「狐COでも無い限りはどこが吊れてもかまわんというスタンス」
常識人 「●がでて霊能は○

吊って真偽確認が妥当かと」
引きこもり 「んー
まぁCO無いなら吊るすけど
真抜かれたかもしれないわねぇ
●タイミングと打ちどころから言うと
まぁ霊結果で。」
一般人 「あ、COなかった
じゃ吊って色見て、つながればよし、繋がらなければ死すべし
初日なんで霊偽もなし」
ヤス 「普通の人も衛兵投票だから吊るなぁ。
もしかしたら残せる可能性があった位置だけれど」
「と言う話、原始人は昨日村で圧殺するとか言ってなかったけどねと無駄に突っつくだけ」
GM 「うーんこの淫獣最低や。いってらっしゃい」
翠星石 「んで、QB噛まれなら一応そこ真見しちゃうのが人情ですよね
明日繋がるかどうかは見れると思うんで」
お覇王 「衛兵○はちょっと驚きと言わざるを得ない
衛兵(121)  「原始人真見えるならQB先噛まれるんじゃね?」
この辺ちょっと何言ってるんだ?とか思わざるを得ないので」
引きこもり 「◇原始人 「狐COでも無い限りはどこが吊れてもかまわんというスタンス」

貴方視点狼の●でヘタすると狩人もあるとこなんだけどそれでいいんだ…?」
蒼星石 「狼の占い噛みで占い2-霊能1と相成った。じわじわ。」
大魔道師 「んー・・・まあ、霊能○ならお覇王狼のぐれラン村になるだけだから今考える意味もないですか」
良識人 「衛生投票じゃなくても今日の●って吊ると思うけれど」
大魔道師 「(明日の話」
普通の人 「吊られて村証明するほか無い

原始人はどうかな…真あるか分かりづらい感
正直噛まれるならこっちと思ってはいたが」
原始人 「狩人あってCOしないとかまず有り得ないだろ>引きこもり」
良識人 「>大魔導師
霊結果○だとお覇王狼なの?」
宇宙人 「真噛みの場合 お覇王は●を出してきた何となるのが一番妥当か」
ヤス 「>良識人
●じゃなかったら残せたかもっていう話」
「あって狂だと思ってたお覇王のほうが今日頑張ってたきもするが
その場合だと対抗噛んで●だしてかみぬき路線かね」
常識人 「◇原始人 「狐COでも無い限りはどこが吊れてもかまわんというスタンス」
原始人殿のこの発言は凶目に移りますね
本当にどこ連れてもいいような」
引きこもり 「この日にちならCOしないこともあるし
そもそも、狐以外だったらほぼ村なんだけど>原始人」
蒼星石 「まあ、この結果的には朝を待つしかないだろう。身代わり共有ということは現状だと役職あるし、真が抜かれるということはまずないでしょ。」
大魔道師 「霊能結果が見えるってことはほぼ占い噛み切りに来るってことだと思いますが?良識持ち」
原始人 「いや真紅がそういう風潮ならそうなのか、としか言えんけどな
でも普通は有り得んと思う」
一般人 「衛兵が狩人でない限りまだ狩人生きてるし今夜良ければ明日結果見れるだろ」
常識人 「このタイミングでCOすれば噛み先は自由
かえって厳しくなると思うのですがね>原始人」
翠星石 「狂人でも出しやすい位置だとは思うんですけどねー>票数的に>宇宙人
バラけてて狼騙りが●を早急に打たないといけないほどどこかが吊れそうって感じでもなし」
普通の人 「狩人には霊能守ってほしくはある
お覇王狂なら噛み抜きももうないし」
原始人 「>この日にちならCOしないこともあるし
そうなのか?
私なら●貰って狩人COしないとか絶対無理だ」
お覇王 「できれば霊能守って欲しいと言わざるを得ない
俺噛まれたら原始人飼い進行でいいから」
引きこもり 「ま、いいや
お覇王のこの●で霊結果見れば原始人も大体正体つかめるでしょうし
霊●ならお覇王真狂で原始人狼
○ならお覇王狂狼で原始人に薄く真の目が残る、と」
原始人 「あと初日吊られても狩人遺言は残す」
宇宙人 「占い噛み切り お覇王真なら2W
そうでないなら1は釣れる計算ね」
翠星石 「●もらったら狩人なら言うですよ」
「実際狩人がCO、するかどうかなんて知らん
私ならするだろうね」
翠星石 「普通」
引きこもり 「ま、狩人の趣味次第ではあるけどね>原始人
私なら黙って吊られるかな」
常識人 「まあ明日の情報を待ちますかね
噛み切りでもされれば楽ではありますが」
大魔道師 「すでに1占いかまれている、というのもありますから>原始人
ただ初日吊りで狩人遺言は「馬鹿じゃねーの」ですが」
良識人 「>大魔導師
原始人が狼でお覇王が狂人。
狂人が狂アピで●打ちしたケースだと、噛まれるのはGJリスクある霊じゃなくて、
共有か一般人だと思うわ」
蒼星石 「狼は確定村に目を付けるか、灰噛んでくるか どっちだろう。」
普通の人 「俺って●出す位置としてはどうなんだろうね的な」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一般人 は 普通の人 に処刑投票しました
原始人 は 普通の人 に処刑投票しました
非常識 は 普通の人 に処刑投票しました
引きこもり は 普通の人 に処刑投票しました
良識人 は 普通の人 に処刑投票しました
常識人 は 普通の人 に処刑投票しました
宇宙人 は 普通の人 に処刑投票しました
ヤス は 普通の人 に処刑投票しました
鬼 は 普通の人 に処刑投票しました
蒼星石 は 普通の人 に処刑投票しました
お覇王 は 普通の人 に処刑投票しました
翠星石 は 普通の人 に処刑投票しました
大魔道師 は 普通の人 に処刑投票しました
普通の人 は 引きこもり に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
非常識0 票投票先 1 票 →普通の人
お覇王0 票投票先 1 票 →普通の人
蒼星石0 票投票先 1 票 →普通の人
常識人0 票投票先 1 票 →普通の人
良識人0 票投票先 1 票 →普通の人
普通の人13 票投票先 1 票 →引きこもり
一般人0 票投票先 1 票 →普通の人
0 票投票先 1 票 →普通の人
翠星石0 票投票先 1 票 →普通の人
宇宙人0 票投票先 1 票 →普通の人
大魔道師0 票投票先 1 票 →普通の人
原始人0 票投票先 1 票 →普通の人
引きこもり1 票投票先 1 票 →普通の人
ヤス0 票投票先 1 票 →普通の人
普通の人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
翠星石(人狼) 「さてさて」
蒼星石の独り言 「夜が来たね。」
原始人(人狼) 「いっやーキビシイねぇ」
普通の人 「うっわあ…」
GM 「おつかれさまでした」
お覇王の独り言 「誤爆を恐れず ●を出さざるを得ない」
翠星石(人狼) 「どーしたいです? 噛み抜きならおめーは」
常識人(妖狐) 「まずいですね
タイプの遅さから引きこもりに乗ったみたいになってますね」
の独り言 「 「まあ、この結果的には朝を待つしかないだろう。身代わり共有ということは現状だと役職あるし、真が抜かれるということはまずないでしょ。」」
引きこもりの独り言 「ああ、私?
ごっめん それ天然狼臭って奴ね うん>普通の人」
翠星石(人狼) 「確定狼として飼われます」
宇宙人 は ヤス の護衛に付きました
の独り言 「?」
原始人(人狼) 「まぁ2択だね
コイン投げて表か裏か、のほうがまだ当たりそう」
一般人の独り言 「狩人のCOねぇ、ボクはするかな
吊られたらしない、噛まれてもこのタイミングだとまだしない」
大魔道師の独り言 「蒼Wは案外有るんじゃないか説。
お覇王Wなら、W庇いありえますよ」
宇宙人の独り言 「安定派狩人」
翠星石(人狼) 「でも衛兵以外に狩人抜けてるタイミング無いんで」
蒼星石の独り言 「疑われるべき発言を掘りあてて、そのあとに「そいつ占って真偽をつけろ」
僕が狼なら騙りで黒出しちゃう場面ではあるね。」
原始人(人狼) 「飼われるのはかまわんけどね
噛み抜けるかが問題なだけで」
翠星石(人狼) 「結局は読み合いですねー」
非常識(共有者) 「QBは、昨日の「○貰いなら潜りたかった」発言と、投票が真でした

安定進行派ですが、割とQB真に寄った想定はしています」
大魔道師の独り言 「何時だって ブランク~♪」
翠星石(人狼) 「翠星石は」
大魔道師の独り言 「・・・あ、これWじゃなくてOOOだ!」
翠星石(人狼) 「真占い外してるんで」
蒼星石の独り言 「そうなる意味でも僕は次の日占われてパンダになりそうな気がする。
さっきの発言を鑑みるなら灰噛みの候補には、入れてくれないだろう?」
大魔道師の独り言 「まあいいです、ふわふわして気持ちいいですしお酒追加でいきましょう」
翠星石(人狼) 「どっちがいいか決めてほしーです>霊能か噛みぬきか」
衛兵 「占い噛み切りだとありがたいがどうなるだろうな」
翠星石(人狼) 「 」
常識人(妖狐) 「QB普通に真でしょうかね
明日原始人が偽なら私に●が飛んでくるでしょうし」
原始人(人狼) 「コイントスで覇王抜き、だな」
蒼星石の独り言 「別にさっさと噛まれても構わないが、また翠星石を置いて行くのはちょっと。
彼女が人狼だったとしても僕ならば甘んじて受け入れるさ。」
翠星石(人狼) 「 」
翠星石(人狼) 「おっけーわかったです。
噛めなかったらその時はその時です」
宇宙人の独り言 「QBか」
常識人(妖狐) 「とはいえ昨日の発言をした手前ですしね
狩人COはする必要はないでしょうね」
GM 「飲酒人狼拳……眠気にさえ打ち勝てば発言がノる拳法だけど……」
普通の人 「おうふ…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「覇王抜きが通るねーこれ」
原始人 は お覇王 に狙いをつけました
お覇王 は無残な姿で発見されました
(お覇王 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
普通の人さんの遺言                 、xtーッx、
               ハ/////ハ
              バ////////ハ
              │//////////,
              │/○///〇ノ
             _ヽ///__人ノ
        _ , ='´////////ーiノ/i`'= ,    普通の人CO
      ,;;ヽ、丿 \///////////////`ヽ
     /////ヽ、.:.:ヘ;;//////:::,,.、//////;;ハ
    ./////////\:.i/ ,:,ィ"´   `////////',    こんなに普通の人なのに…
    .i゙////////;//メ;/ ,ィ‐‐:、  ////////;',_
    ;゙ヘ―-、//////// ,;'::、:::::::ヽ ハ/////////;ヘ
   .////`ー、弋メ、:///. !:::::ヽ::::ノ メ/////////;ハ
  ////////` ̄´//ii  ゙ゝ=‐'.メ////////////ハ
  〈//////////////i::. ..:. ,,ィ'´/////////////;;〉
.   ヽ////////////;i:.:.:..:,ィ;'//////////////i"´
   .`i////;;i`ヽ///;゙;;;'"////////;;Y´`i////;;l
     .l////;{ .〈//////:,:-‐‐―-._//l  .{////ハ
    .l////゙i  .j//,ゝ'´ 〇_;メ´///',  '/////',
     }////;', ノ/´ ̄ ̄//////_メハ', .l/////;}
     '/////','//////////メ(´`) ノ./;', l/////;l
      '/////',//////_ノ''´__,,,/////', l/////;l
     .l、;///////////////////////',l/////j
      '! `ヽ、///;____////////////',////;;l
      .}、_O`ヽi/`ヾ.:  `ヽ、////////;',////l
     .ノ///`ー‐'//ヽ、   `ヾ、////////;;r‐=、ノ
    イ)二ニ=‐///////ヽ、  ①ヽ////// i .l.、',
    i゙////////////////`;;;‐-、_ゝ///j Yl .i 〉〉
    l///////////////////////////;;`! l ,lリ';;',
    l////////////////////////////;;`ヽノ//',
     j//////////////////////////////////;;ヽ
    `ー-= ,,_//////|ノ////;;{   '///////////>='´
お覇王さんの遺言 r================、
|| 「覇王翔吼拳」を. ||
|| 使わざるを得ない ||
ゞ===============彳
                         ,ィz=、
               rl        fた、ス  占い結果はログを参照して貰わざるを得ない
                j」 _     __ァくこ、
            _ 斤夭f批`}_)¬<_ノハ  〉
           〔_7 7{ f⌒ヽ<ニミー个z≦升/
           /i/ィ.人   /    ̄`ヾアr‐' ̄ ̄l__
      _r≦ニ∨/f∧Vな≧{  /> ミ辷ノ r――こi〕ト、
     /∠V⌒7 /`ヽ l ト毛vノ __l-( >--ィ\三ニ三ト、ハ
      {イ{ 〕C// 〉ifハ (⌒Y´`{/=)ニ≧ニニ{‐{≧===ヽ} 〉
.      Vト个-く シイ/`fこrヘ>イ==〉⇔ムV{斗z∠ ノイ/
        `<ニ> '  ` ー==` ー‐===' <ニニ> '
                              ̄
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
引きこもり 「原始人はそういうタイプの人だということで納得をした
いろいろ見てみないフリもしつつ、
この発言がゆえに狂目、とは断じることは出来ないわね私は。」
非常識 「おはようございます」
原始人 「占いCO
蒼星石は○」
「常識と蒼いのは残したくないという雑感」
良識人 「あーらら。」
宇宙人 「僕は良い宇宙人」
一般人 「おはよう、覇王死んだ」
大魔道師 「霊能結果が○なら蒼が狼なくはないんじゃないか説。
まあ、狼による狼庇いとかどれくらい有るって? と言われたら引き下がる程度ですが。
ってお覇王噛まれてるし!?」
蒼星石 「朝が来たよ。」
お覇王 「常識人狐まで見えたのにと思わざるを得ない」
普通の人 「よう真占い
笑えよ、笑 え よ」
GM 「おつかれさまでした」
翠星石 「おはよーですよ」
ヤス 「●」
原始人 「理由:
最後の発言がな、狩人誘導とかその辺に見えるんだよ私は
そういうパターンが多いです的発言だったらスマンです程度
尚○圧殺は昨日であっさり断念した模様」
非常識 「噛み切り、ですか」
「ああ、はい」
引きこもり 「あららじゃぁ霊結果は●?」
常識人 「おはようございます
視点の似ているひきこもりさんは私視点割と村目ですね
残っていただきたい位置ではありますね」
蒼星石 「……覇王噛まれたね。そして、僕に○。」
翠星石 「って」
宇宙人 「じゃー●ね」
良識人 「プラスに考えれば吊り1浮いたわね
噛み切りだし」
GM 「煽っていくゥー!>普通」
翠星石 「噛み抜きされるですかー」
引きこもり 「じゃ、まぁ一般人と大魔導師は放置ってことで」
常識人 「霊結果●でお覇王噛まれ
そういうことでしょうね」
「知ってた、昨日から理由に違和感しか無かったし」
原始人 「噛みきりなら私まであるんかね…
つかあれか、もしかしてQBって狩人か何かか?」
一般人 「じゃそこの残ったの飼いながら進めてけばいいんじゃないかな」
翠星石 「んじゃ原始人は飼いでいいとして、と。」
宇宙人 「原始人は放置してと」
大魔道師 「まあ原始人ばいばいで囲いの有無を・・・いや、飼った方がいいのか?」
引きこもり 「で、まぁ原始人飼いつつグレランじゃない?」
良識人 「狩人は霊鉄板。
グレランで●引けば狼終了のお知らせよ」
ヤス 「俺の感性は残せるかもしれない位置に狼がいるってことだろうかねと」
引きこもり 「狼1吊れてるからね
ここで吊るもんじゃないわ>大魔導師」
非常識 「原始人は狼濃厚と見て飼います

原始人を吊るタイミングは、わたしから改めてアナウンスします」
「ならなおさら蒼いのは残せんってだけなんでなんとも」
普通の人 「これくらい許されてもいいと思うの(血涙>GM」
原始人 「いや対抗2人死んだからって私の真が無くなるわけじゃないだろうに」
お覇王 「霊能●見えたなら常識人●予定だったのに と言わざるを得ない」
一般人 「囲い、あるかな?
まぁ初期の○が最後まで残りそうな時に考えればいいんじゃない」
大魔道師 「だね、うん。>引きこもり」
「「まあ、この結果的には朝を待つしかないだろう。身代わり共有ということは現状だと役職あるし、真が抜かれるということはまずないでしょ。」

既に占い一人抜かれてからのこの発言である」
引きこもり 「真狂狩-真の狼全潜伏とかない限り貴方の真無いから…>原始人」
宇宙人 「といっても8~6くらいでしょうと
アナウンスの先を読んでみた」
蒼星石 「狼1吊れて、あと2。銃殺はまだ見えないから、狐はまだ居るか。」
良識人 「鬼って囲いだから吊るってだけで吊るような位置にも思えないから、
灰に戻してってだけで良いと思うわ」
翠星石 「宇宙人は自分の言ってることとその後の話があんまりつながってる感じがしねーんですよね」
大魔道師 「対抗に○打っているわけでもないのに両方無惨だった時点で、枠がないでしょう>原始人」
非常識 「1黒吊れたので、今日はグレランとします」
良識人 「まともに考えれば6でしょ」
常識人 「私は指定でも問題ないとは思いますがね
狩人生存の可能性はそれなりに高いわけですし」
原始人 「それこそ、実は共有が占い騙りやってたとか
狩人出てたとか
真霊能が実は占いやってたとかありうるだろ!」
蒼星石 「あはは、自分の発言はとことん嚙み付かれるなあ。これでも真面目なんだけどね。」
ヤス 「原始人?え、きみ狂人二人いるの?」
GM 「それ飼ってしまうパターンや……>覇王」
一般人 「戯言に反応しても仕方ないだろうに、ノイズは無視して考えないと」
大魔道師 「「グレ」の範囲は? 全撤回、それとも原始人だけ撤回、あるいは撤回なし?>非常識」
原始人 「とか言っててもだーれも耳を傾けないとは思うので、明日からも粛々と役目をこなす所存」
引きこもり 「まぁ、6か8かな
最後にLWを2吊りで探すなら8
1吊りで狙うなら6」
良識人 「まぁ私としては初日から意見変わらず常識人吊りたいわね。
今日まで見てきたけど残したいような要素が見えないもの」
非常識 「ただし、鬼は灰扱いで構いません 書き忘れました」
ヤス 「俺がボケんでも勝手にボケてくれた。いいやつだなぁ。」
「後常識人か、そこは原始人が●だからどうなるか
露骨にヘイトぶん投げるのも噛み抜きならありかどうか」
宇宙人 「>一般人
そういうのは最後に悩むか
今決断しちゃうかになる ただこのタイミングで
LW囲うのはないのではと考えるよ」
常識人 「・・・まあ共有がそういうならグレランでもいいでしょうが
個人的には狩人保護してもいいって程度の意見ですし」
お覇王 「2夜に護衛取れてたのが以外だったと言わざるを得ない
どうみても共有初日だったから仕方なくでたCoだったんだが」
普通の人 「破綻した騙りの振り切った感
俺好きよ」
「正直SGにされた臭いとしか思ってないんでそれでいい>戻し」
原始人 「私が真占いなんだから、囲いとかあるわけがない!」
翠星石 「真紙の場合何が妥当か、とか出しつつなんか発言同士が繋がってないです」
お覇王 「原始人も狼想定で進めて後で吊ればいい >GM」
引きこもり 「まぁ、ベストは霊生きてる間に狼吊れて
@6で念のため原始人吊って狐吊れてたよかったねコースかな」
良識人 「騙り狼確定の人間が喋るのはノイズよねぇ。」
常識人 「占い噛んでくる路線なら鬼が囲い位置っていうのは私はみませんね
こうなったとき詰みますし」
普通の人 「飼わんだろ>GM
占いに狼出てるんだから」
大魔道師 「まあ、そこは「私たちが狼狐を吊ることを期待されてる!」って思いましょうよ>常識人
指定しても、狐が狩人COする可能性もあるわけですし」
翠星石 「ああ、そーですね。でもまあどっちが真かっていうかどっちも真結果なんだろうなと>QBと覇王」
引きこもり 「大きな発言を脳内NGすればおk>良識人」
一般人 「というかそれに反応されると見づらい>良識
スルースキル鍛えようよと言いたい」
常識人 「正直原始人はせめて大声は自重していただきたいですね
まあ人外にそれいっても仕方ありませんが」
原始人 「君のほうがノイズだろう!?
私が真占いなのに、それを否定するような発言は!>良識人」
翠星石 「>良識人
気にすることねーですよ、そんなの」
宇宙人 「こんな時残りそうな狼というのは決まって発言が強そうなイメージ
引きこもりさんとかね」
蒼星石 「狐はもがなきゃ(使命感」
良識人 「ん。2日目に鬼囲うプランなら原始人の初手鬼投票おかしいと思うわ」
ヤス 「原始人は確定狼ってのは確実じゃないんで。
まぁだいたい狼だろうぐらいだろ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鬼 は 常識人 に処刑投票しました
GM 「あ、そっか。飼わないか」
お覇王 「どうせなら原始人の占い理由でも貼り付けようと思ったが
長文になるので終了後にせざるを得ない」
一般人 は 引きこもり に処刑投票しました
お覇王 「原始人じゃなかった 常識人」
原始人 は 良識人 に処刑投票しました
引きこもり は 常識人 に処刑投票しました
良識人 は 常識人 に処刑投票しました
GM 「もちろん●だよね?(期待)」
翠星石 は 宇宙人 に処刑投票しました
宇宙人 は 引きこもり に処刑投票しました
お覇王 「生き残ってたら当然●で狂アピと言わざるを得ない >GM」
ヤス は 鬼 に処刑投票しました
蒼星石 は 常識人 に処刑投票しました
非常識 は 常識人 に処刑投票しました
常識人 は 良識人 に処刑投票しました
大魔道師 は 一般人 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
非常識0 票投票先 1 票 →常識人
蒼星石0 票投票先 1 票 →常識人
常識人5 票投票先 1 票 →良識人
良識人2 票投票先 1 票 →常識人
一般人1 票投票先 1 票 →引きこもり
1 票投票先 1 票 →常識人
翠星石0 票投票先 1 票 →宇宙人
宇宙人1 票投票先 1 票 →引きこもり
大魔道師0 票投票先 1 票 →一般人
原始人0 票投票先 1 票 →良識人
引きこもり2 票投票先 1 票 →常識人
ヤス0 票投票先 1 票 →
常識人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
お覇王 「狐お疲れと言わざるを得ない
ものすごく3昼が狐だったと 言わざるを得ない」
翠星石(人狼) 「 」
常識人 「まあそんなものでしょうかね
お疲れ様でした」
原始人(人狼) 「さてさて」
大魔道師の独り言 「宇宙人と一般人を間違えるスタイル」
翠星石(人狼) 「 」
蒼星石の独り言 「翠星石は宇宙人投票か。」
引きこもりの独り言 「まぁ、吊る。」
翠星石(人狼) 「狩人探し、はっじまっるよー」
普通の人 「それに霊能結果限り無く見れるしな
お覇王視点ほぼ仕事は終了、守る必要がない

原始人視点でも2w見えてるから
まあ、ほっとける、そもそも真見辛くなるしな
お覇王のラインが繋がる」
翠星石(人狼) 「 」
原始人(人狼) 「狩人生きてる前提なら、1回目の読み合いには勝ったと
まぁコイントスだけど」
常識人 「あれ お覇王狂人・・・?」
原始人(人狼) 「どこかなぁ狩人」
宇宙人 は 非常識 の護衛に付きました
一般人の独り言 「よく見たらボク○じゃねぇか」
普通の人 「お疲れ様」
蒼星石の独り言 「2Wと仮定してみて、占いが偽だとすればちょっと怖いかな。」
翠星石(人狼) 「ですねえ。GJでなくてラッキーです」
原始人(人狼) 「マジで傭兵だった?
まさかな…」
大魔道師の独り言 「違うんですよ、良識人と宇宙人で迷ったあげくのこれです」
ヤスの独り言 「◇お覇王(42)
「衛兵○はちょっと驚きと言わざるを得ない
衛兵(121)  「原始人真見えるならQB先噛まれるんじゃね?」
この辺ちょっと何言ってるんだ?とか思わざるを得ないので」

これの発言だけどお覇王視点衛兵が原始人護衛外してくれるという意味で
◇衛兵(90)「原始人は護衛しなくてもいいんじゃないか」
この発言もしてたんだから、衛兵が怪しいというのは違うと思うぞー」
非常識(共有者) 「この展開で面倒なのは 一般人か大魔導士が囲われた狐であるパターンですね

ただし、狼としてはこの白貰いは噛まざるを得ないでしょう 下手に灰を削ると自分の潜伏枠が削れますからね」
お覇王 「どうみてもQB真だったので 誤爆恐れず●予定だったと
言わざるを得ない
ライン繋がったら 常識人●予定だったと言わざるを得ない」
大魔道師の独り言 「あかーん!」
翠星石(人狼) 「いやまあそれはラッキーですよw
どこ噛みたいです?」
蒼星石の独り言 「といっても昨日の結果を見るにそんな感じとは誰かが言っていた気がするが。
こういう展開は気付かぬうちに狐が吊られて無いと本当に漁夫の利で終わるから困る。」
普通の人 「誤☆爆>常識人」
原始人(人狼) 「ヤスは放置すべきか否か」
宇宙人の独り言 「噛まれたからには狐とLWさがさないとねー」
翠星石(人狼) 「狩人いるなら今日までヤスじゃねーですかねえ」
翠星石(人狼) 「>護衛」
お覇王 「正直ただの発言稼ぎと言わざるを得ない
違和感感じたのは確かだが 短文だらけだしま、素村かあって狐だろうと
>ヤス」
蒼星石の独り言 「翠星石の目線はわりと追従したいから、宇宙人も一応視野に入れておく。
そのあたりが狩人だったら思考は楽なんだけどね。」
原始人(人狼) 「うーん、当たり障りの無い場所なら…大魔道師?」
非常識(共有者) 「なので、平和出たら白に狐混じりを考える程度です」
常識人 「狂人は村カウントですからね・・・(白目)
私そんなに狐狐してましたかー うーん」
宇宙人の独り言 「引きこもりへにきたのは一般人だけかー」
翠星石(人狼) 「だから共有狩人の2択か、狩人自身あるならそこ噛みしていいです」
ヤスの独り言 「衛兵の心はしらんけど原始人真を見てたからの発言じゃなく
原始人は噛まれんだろうという目線で話してたんじゃろ?」
非常識(共有者) 「引きこもりは、早めに指定しておきたいですね」
原始人(人狼) 「まぁ、コイントスで役持ち噛みでもいいな」
翠星石(人狼) 「蒼星石は吊れる位置だとは」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛兵 「>ヤス
そんな感じだったな」
普通の人 「>衛兵
分かってたけど投じた
だって狼なんだもの」
お覇王 「自分の占い理由は長文になるので わかりやすく上げると
①原始人には触れてあまり自分に触れてない=触れたくないとも見えた
②そもそもグレーが噛み切りを『望む』ってのは
万一にも占われたくないと思わざるを得ない >常識人」
普通の人 「普通に素村だったら
絶対入れてない系のあれだった」
原始人 は 非常識 に狙いをつけました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
常識人さんの遺言 素村COでございますね
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
大魔道師 「宇宙人と一般人を間違えました! ごめんなさい!>投票」
引きこもり 「なんか宇宙人から「発言強いからアンタ狼だろ!」って言われた引きこもりです。
どうぞお殴りください。
ただし、その理由だけで私吊りたいというのなら貴方吊るべきだと思うけどね。
私が怪しい理由を持ってきてくれればその疑問になんでも答えたい。

ああ、もちろん一般人もね。」
非常識 「おはようございます 平和ですね」
ヤス 「○」
原始人 「占いCO
大魔道師は○」
宇宙人 「僕は良い宇宙人だよ
引きこもりさんへの問いかけにきたのは
○の一般人だけだったなぁ」
翠星石 「おはよーですよ」
蒼星石 「朝だね。GJか、狐か。」
「おはよう」
原始人 「理由:
なんというか、発言が当たり障りないというか…
狩人云々は私と単に考えが違うということでスルーしるとしても
霊能結果見えてどうこうの部分はとても気になる」
お覇王 「共有GJはきついなと言わざるを得ない」
一般人 「おはよー、おぉ死体なし」
良識人 「へぇー」
翠星石 「っと吊り増えたですね。よしよし」
引きこもり 「いい死体なしね
狐にしろGJにしろ吊り増えたし」
「GJだといいね、という位」
原始人 「私護衛でGJだろ?
それくらい分かる」
蒼星石 「吊りが増えたのは大きいね。」
翠星石 「すげー言いたくないんですよ。言いたくないんですけど」
普通の人 「内容薄いなの悪目立ちしてる感はあるなこれ>常識人」
一般人 「GJだとしたら仕事した狩人保護するために指定でもいいんじゃないかな位」
良識人 「霊○で死体無し出るなら狐かしらね
って考えると、常識人は狐でもなかったかぁー って感じ」
蒼星石 「霊能は○、と。」
原始人 「狩人は引き続き私護衛でいいぞ!」
衛兵 「200%ぐらいの力で必死に発言したんだがな
グレランは難しい
引きこもり 「えーっと問いかけられてないわよ
一般人からは何も>宇宙人」
良識人 「そこで●出ないと結構この村難しいなぁーって思う」
翠星石 「これまでの言動と今朝の発言から蒼星石吊らない未来があんまり見えねーです」
大魔道師 「GJだったとしても原始人狼として勝利につながるのか、って考えると狐噛みかしらねーと」
「蒼いのは吊って、宇宙人とひきこもり殴り合わせとけばいいんじゃないくらい」
宇宙人 「>引きこもり
@6で念のため原始人吊って狐吊れてたよかったねコースかな

狐気にしてるあたり狼っぽいのよねぇと」
原始人 「狼って君じゃないのか?>良識人」
常識人 「うーんグレランは苦手ですね
正直指定展開のがありがたかったのですがね」
良識人 「はいはいわろすわろす」
大魔道師 「いや、なんか言い方がおかしいけど言いたいことは伝わると信じて」
宇宙人 「死体なしはよきかなよきかな」
引きこもり 「現状宇宙人と蒼星石削るとこかなという感想だけど
宇宙人は若干保留中
私への殴り方がよければ評価改める」
お覇王 「COに対する把握や 発言の厚さを
1発言2行くらいにするだけでも大分違うと言わざるを得ない >衛兵」
良識人 「削る的な思考で申し訳ないけど、蒼吊りかなぁそうすると」
原始人 「蒼は私の○だろうが!>鬼」
非常識 「今日から指定します

@150で指定しますので、発言をどうぞ」
原始人 「確定村を吊るとか正気か!」
「良識人の昨日の私への触れ方も気になるっちゃ気になるが
別段強く疑えるものでは無さそう」
常識人 「私も気持ち割増で発言してたんですけどね
確かに変な発言になってたってのはありますねー」
翠星石 「宇宙人に関して昨日言いたかったことは、QB噛まれの普通の人●の日の発言が全然振るってないんですよねえ。
議題提起だけして、発言がスムーズじゃないっていうか」
大魔道師 「正直蒼も灰で扱っていいのか迷わなければ昨日蒼投票でした>翠」
良識人 「あぁあと、昨日の私の発言について。二日目に鬼囲うつもりと仮定して。

その場合初手鬼投票することで、鬼に得票が集まった場合に囲えなくなるから、
そういうことはしないんじゃない? って趣旨だったけど。」
引きこもり 「◇大魔道師(68)  「まあ、そこは「私たちが狼狐を吊ることを期待されてる!」って思いましょうよ>常識人
指定しても、狐が狩人COする可能性もあるわけですし」
◇蒼星石(42)  「狼1吊れて、あと2。銃殺はまだ見えないから、狐はまだ居るか。」

今ざっと見ただけで狐気にしてるの他にもいたわよ>宇宙人」
非常識 「指定 蒼星石 COはありますか?」
原始人 「これむしろ私が指定したほうがいいんじゃないか?」
宇宙人 「>まぁ、6か8かな
>最後にLWを2吊りで探すなら8
>1吊りで狙うなら6
こう吊りを気にしてるところがちょっと他と違うのではってね
「冒険するならそっちかね、と」
大魔道師 「@150とはなんだったのか・・・」
原始人 「そこ私の○だろ!
反対反対!」
普通の人 「初日のあれは割と人外の良い的になると思うと言わざるを得ない
割と素村からも飛んでくるし」
蒼星石 「村人だよ。」
良識人 「よくよく考えたら「最初身内票したけど1票だったから囲うことにした」
センは消えないから撤回するわ。だから鬼が狼って言いたい訳じゃないからそこはあしからず」
一般人 「まぁ流れ的にも今日吊れるとこだよね」
翠星石 「>大魔導師
昨日灰で扱っていいって言ってなかったです?」
非常識 「◇大魔道師 「@150とはなんだったのか・・・」

残り150と書き間違えました」
一般人 「狩人以外に命の価値はないのだった、南無」
引きこもり 「なのでこの蒼星石指定は宇宙人も納得ということでいいかしら?
狐気にしてたところだしね」
衛兵 「発言の見栄えを良くしようってことか
ありがとう」
「1分50秒だろう」
蒼星石 「○出されてるのに、吊り指定か。」
非常識 「では 本指定 蒼星石 変更なしです」
宇宙人 「蒼星石は状況的に白いって思うの
でもCOないならさよなら!さよなら!さよなら!」
一般人 は 蒼星石 に処刑投票しました
ヤス 「銃殺出せっていう意味だろ>原始人
狐候補は吊らないからなっていう」
大魔道師 「狐気にしているって言われると「・・・一応狐気にしてるにはいるんかな」程度ですが、私霊能とラインつながったのの○な件については>引きこもり」
引きこもり 「吊り計算は普通じゃない?
そもそもこの原始人どこで吊るかの話だし>宇宙人」
「誰の白丸かをちょっと見なおしてきなさい」
良識人 「原始人の○なんてものに一ミクロンの価値もないのよ」
翠星石 「指定しなくても吊れたと思うですぅ
蒼星石を吊るなんて本当はしたくねーですよ。だから狩人であって欲しかったです。納得行きますから」
お覇王 「んー、これはグレー的に厳しいなと言わざるを得ない」
原始人 「うーっむむむ…
そういう意味ならまぁ、ギリ構わんけど…>ヤス」
蒼星石 「僕目線だとまだ狐は吊れていない。んでもって正直これから先銃殺出る気がしない。」
翠星石 「蒼星石、銃殺は出ねーんですよ、もう」
引きこもり 「まぁ、狐気にしてるのお前だけだろ的な言い方されたので
他にもいたような気がしたけどなぁ
と思って雑多に抜き出しただけだしね>大魔導師

あんまり他意はないわ 私にとっては。」
ヤス 「ところで○に狐とかいると思う?>原始人」
蒼星石 「……宇宙人、怪しいんだろうなあ。」
普通の人 「まぁ順当に村が勝つかな的な」
大魔道師 「150を「1分50」と捉えていた私がずれていたんですね、わかります>非常識・鬼」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大魔道師 は 蒼星石 に処刑投票しました
原始人 は 良識人 に処刑投票しました
蒼星石 は 宇宙人 に処刑投票しました
良識人 は 蒼星石 に処刑投票しました
宇宙人 は 蒼星石 に処刑投票しました
常識人 「村が強いですね まあこれは順当に村勝ちでしょうか
なお狐2回目なもよう」
翠星石 は 蒼星石 に処刑投票しました
鬼 は 蒼星石 に処刑投票しました
引きこもり は 蒼星石 に処刑投票しました
ヤス は 蒼星石 に処刑投票しました
非常識 は 蒼星石 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
非常識0 票投票先 1 票 →蒼星石
蒼星石9 票投票先 1 票 →宇宙人
良識人1 票投票先 1 票 →蒼星石
一般人0 票投票先 1 票 →蒼星石
0 票投票先 1 票 →蒼星石
翠星石0 票投票先 1 票 →蒼星石
宇宙人1 票投票先 1 票 →蒼星石
大魔道師0 票投票先 1 票 →蒼星石
原始人0 票投票先 1 票 →良識人
引きこもり0 票投票先 1 票 →蒼星石
ヤス0 票投票先 1 票 →蒼星石
蒼星石 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原始人(人狼) 「非常識でgj」
翠星石(人狼) 「どっち噛みました?」
普通の人 「お疲れ様」
非常識(共有者) 「しまった、ログを取得し損ねました」
原始人(人狼) 「狩人やっぱ生きてるか」
翠星石(人狼) 「ちっ。すまねーです」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
蒼星石 「はい、お疲れ様。」
ヤスの独り言 「◇蒼星石(67)
「僕目線だとまだ狐は吊れていない。んでもって正直これから先銃殺出る気がしない。」

占い候補無残になった二人の内訳を考えるんだ」
原始人(人狼) 「いやいいよ
そもそも運任せだったしね」
翠星石(人狼) 「いや生きてるですよーw
となるとどこですかねー?」
お覇王 「ここ最近 全く狐を引いてないと言わざるを得ない」
蒼星石 「なーんだ、翠星石人狼か。」
一般人の独り言 「このまま続くと仮定すると9>7>5>3
5で原子吊りか」
蒼星石 「狐死んでるし、ポンコツドールは吊られて正解だったかーww」
宇宙人の独り言 「吊り数増えたしヤス護衛鉄板コースにしておこう」
原始人(人狼) 「単に吊れない位置なら鬼
演技まで考えるならヤス」
引きこもりの独り言 「蒼星石・宇宙人に狼いないと厳しい村だなぁって」
宇宙人 は ヤス の護衛に付きました
翠星石(人狼) 「GJは次出しても吊りは増えないですね。っていうか厳しいなあw」
常識人 「と 失礼鍋の支援にいってきますゆえこれにて
村立てありがとうございました」
翠星石(人狼) 「演技?っていうかヤスは霊能ですよね?」
原始人(人狼) 「純粋に狩人っぽいのは引きこもりだけど…
吊れないとこから吊るのが理想かねー」
普通の人 「引きこもり>衛兵≧宇宙人
くらいで狩人見てたんだが」
大魔道師の独り言 「宇宙人吊りの未来な気がする。私的には問題ないですが」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない >常識人」
原始人(人狼) 「あ、そうだったそうだった
じゃぁなんで鬼に入れたんだろ?」
蒼星石 「お疲れ様。」
翠星石(人狼) 「えーとあと4吊り」
普通の人 「狐も占いも2ヶ月くらい来てないな」
非常識(共有者) 「さて・・・そろそろ、難しくなってきましたね」
原始人(人狼) 「さて、今日はどこ噛むかな…」
翠星石(人狼) 「おめーの○だからですよ」
蒼星石 「普通村だとだいたい素村か人狼かな……」
翠星石(人狼) 「えっと狩人目を」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
普通の人 「安西先生…
素村か占いか狐がいいです…っ!」
お覇王 「狩人の駆け引きが面白いと言わざるを得ない」
普通の人 「あー狩人もやりたいなー
なお初日吊られる模様」
蒼星石 「どこで翠星石が疑われるかかなー。」
蒼星石 「どっちの陣営でも敵視されるような発言しかできないのがなんとも言えないからもうちょっと修行すべきか。」
お覇王 「よし、占い騙ろうと悪の道に誘い込まざるを得ない >普通の人」
原始人 は 宇宙人 に狙いをつけました
宇宙人 は無残な姿で発見されました
(宇宙人 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石さんの遺言 疑うべきは一体誰か。ひよひよしていて誰が狼か真偽の付かない村人、蒼星石がお送りいたしました。
宇宙人さんの遺言 狩人CO

護衛 お覇王
占い護衛2択 原始人? あれは狂人みえる
最後まで悩んで護衛を選んでみる

護衛 ヤス
安定思考なのでお覇王真ならLWはこちらでなーと

護衛 非常識 護衛成功
噛まれたからには狐とLWさがさないとねー
だがしかし 霊鉄板と思うはず
共有護衛でGJ狙いまーす

護衛 ヤス
鉄板でーす
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
「引きこもりVS宇宙人で狼狐見ないとすれば
そこ残して、一般人大魔導師以外を潰して原始人>でタイマン最終日になるんじゃない
とは思った」
原始人 「占いCO
一般人は○」
蒼星石 「ていうか嚙み長い。」
翠星石 「おはよーですよ」
ヤス 「○」
大魔道師 「私が引きこもりと視点が近いっていうのもあるかもしれませんが、
宇宙人の視点がずれているように感じるのです。
蒼が状況的に白い、とか。」
良識人 「はや」
お覇王 「宇宙人一発抜き見事と言わざるを得ない」
原始人 「理由:っていうか、もう私が真だし理由いらなくね?」
非常識 「おはようございます・・・狩人遺言ですか」
蒼星石 「わー宇宙人抜かれたーww」
GM 「おつかれさまでした」
引きこもり 「うわっちゃ マジか>宇宙人遺言」
蒼星石 「お疲れ様。」
一般人 「おはよー、おいGJだったのかどうか残せw>宇宙人」
大魔道師 「えっ>○の宇宙人噛み」
「ああ、はい
即座に想定がおじゃんですね?」
翠星石 「ってうええ>遺言
そこですか、そこですか。凄い殴りかかってたです」
宇宙人 「あれー噛まれてしまったのかー」
ヤス 「狐噛みじゃないのかー」
大魔道師 「共有GJか・・・」
原始人 「これあれだな
宇宙人叩いてた奴が怪しい」
「GJて書いてますよ」
引きこもり 「今のところは宇宙人削りに躊躇はないんだけど
私疑い理由はこんなとこで打ち止め?
まだ納得できてないとこあったら答えるけど。
そもそも昨日の答えで納得できてるか知らないけど

って書いてたけど全部破棄ねコレ」
翠星石 「うん?残ってるですよ>非常識でGJ」
良識人 「共有GJだと常識人で狐吊れた説あるかなーってワンチャン思うけど。
でもまぁ最大限考えるべきよね」
蒼星石 「わーい僕のせいで翠星石が余計疑われないよー!(白目)」
非常識 「◇一般人 「おはよー、おいGJだったのかどうか残せw>宇宙人」

護衛成功と遺言には書いてあります」
原始人 「っていうか、宇宙人は私護衛しなさいよ!」
引きこもり 「共有噛みGJはあんまり情報増えないわね
まぁしゃーない」
普通の人 「お疲れ様」
良識人 「ていうか思うんだけどさ。なんで一般人も大魔導師も生きてるの?」
大魔道師 「切り替え! 切り替えるのです私!」
普通の人 「お見事」
「じゃそもそも全員ひきつぶせにしかならんかな」
一般人 「あぁ、共有GJか」
原始人 「あーあ
明日私噛まれるわー
間違いないわー」
翠星石 「良識人と原始人が絡みすぎてて辛いですが茶番でも無いとは思うですぅ」
お覇王 「んー、グレー的にこれは負けたかな?と思わざるを得ない」
良識人 「共有噛みGJ貰ったにしても、完灰よりは噛みたいんじゃないかしらね?」
非常識 「残り230になったら指定をします 2分30秒のことですよ」
蒼星石 「戦犯だーwwww(白目」
翠星石 「昨日のこれ
◇大魔道師 「GJだったとしても原始人狼として勝利につながるのか、って考えると狐噛みかしらねーと」
は、つまりGJでも勝てるから狐噛みだった時にどこだか考えましょうってはなしですよねわかります」
「大魔導師、一般人見ないならではあるが
そもそこ二人は狼たりえんだろう、という噛みなわけだし」
ヤス 「>原始人
でも2wだったら灰噛めないんじゃね狭くなるし
宇宙人噛める位置ってどこになるんだろ」
引きこもり 「んーというかさぁ
○残すのね 噛みで。
割かし大魔導師は疑ってない方だけど
一般人の発言もうちょっとやってくれないと考えるんだけど。」
GM 「ちょっとワクワク」
宇宙人 「誤爆だったとw」
翠星石 「ん?指定するですか?狩人死んでますけど>共有」
大魔道師 「一般人の方は知りませんが、私はお覇王(霊能とつながった方)の○ですが>良識人
・・・あ、灰噛むなら○噛めって話ですか。それはたしかに」
GM 「非常識は人外を見つけられるのか!?」
一般人 「狼の組織票警戒じゃないの」
良識人 「なんか私が想定する最終日に送りたい候補が今のところ鬼と翠と大魔導師だからさ

一般人がこれから先も残るんだと凄く嫌なんだけれど」
お覇王 「人狼に戦犯など無いと言わざるを得ない
ミスリーは人狼の華と言わざるを得ない」
非常識 「指定 翠星石 COは聞きません」
翠星石 「まあ好みではあるんですけどね。」
「そこ二人狐なら噛め、って話
結局大魔導一般以外という結論」
原始人 「>◇良識人(50)  「よくよく考えたら「最初身内票したけど1票だったから囲うことにした」
>センは消えないから撤回するわ。だから鬼が狼って言いたい訳じゃないからそこはあしからず」
私の○をイチャモンつけて殴るとか、ここ絶対狼だな
占わなくてもわかる
なんで吊れないのか不思議」
翠星石 「COねーです(聞かれなくても言う)」
GM 「え?」
引きこもり 「指定するの?
2W票集め警戒?
まぁいいけど」
お覇王 「非常識に負けたなと言わざるを得ない」
良識人 「うへぇ」
普通の人 「割と翠星石自体は疑われると思う
発言が一行発言なのが多いし
踏み込まずにジャブだけ打ってる感じに見えるし」
蒼星石 「あっ、翠星石wwwwww吊られるwwwwwwwwようwwwこそwww」
非常識 「本指定 翠星石 変更なしです」
宇宙人 「おーいいよー」
一般人 「あったらびびるw>CO」
普通の人 「おうふ」
蒼星石 「僕はwwww信じてたよwwww君のwwwwことwwww(白目)」
原始人 「そこより良識人吊ろうよ!」
「なんのCOが出てくるのか…狐?」
大魔道師 「まあ、「偶数で引き分け最終日狙い」とかそういう噛みっぽいなって気はします」
引きこもり 「そこなのかー…
そこは昨日の発言傾向悪くなかったんだけどねぇ」
良識人 「んー。早くもプラン崩れた」
非常識 は 翠星石 に処刑投票しました
ヤス 「今更だけど良識人のアイコンで草」
原始人 「ならプランBだ!」
翠星石 「っていうか翠星石吊ってる場合じゃねーとは思うんですが」
良識人 「なっなんでよ!?」
GM 「あ、ごめんなんか原始人が灰で翠星石が騙りだと思ってた……」
蒼星石 「これでLWになるわけか。……狼無理ゲだよね、これ」
大魔道師 「超今更なうえにそこまで草なアイコンですかね」
翠星石 「まあGJ出ててよかったですね。」
「うーん」
引きこもり 「まぁとりあえず一般人は誰か怪しいところの怪しい場所拾ってきてよ
発言の中身なくて判断つかない」
原始人 「誰かノってこいよ!」
良識人 「じょーきょーせいり
一般人 QBの○
鬼 原始人のニ手目○
大魔導師 お覇王の○
引きこもり 灰
私 灰」
GM 「そ、蒼星石ィー!!!しっかりしろー!!」
ヤス 「常識人と混ざってたんだよ。まぁ、名前似てるし多少はね」
翠星石 「怪しいとこは残しとくです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
お覇王 「まさか本当に噛み切られるとは と言わざるを得ない
いや、誤爆しなければいい話なんだが」
鬼 は 翠星石 に処刑投票しました
宇宙人 「一般人 「あったらびびるw>CO」
外山恒一の政見放送を思い出した」
蒼星石 「霊能抜かれても騙りってバレてるし、しょうがないね。」
普通の人 「ぶっちゃけ無理>蒼星石」
引きこもり は 翠星石 に処刑投票しました
原始人 は 良識人 に処刑投票しました
一般人 は 翠星石 に処刑投票しました
良識人 は 翠星石 に処刑投票しました
蒼星石 「僕はいつだって正常さ!(わきわき」
ヤス は 翠星石 に処刑投票しました
お覇王 「スクラップスクラップにせざるを得ない」
大魔道師 は 翠星石 に処刑投票しました
蒼星石 「ポンコツな僕が言うのもなんだけど今回は村強い。(真顔」
翠星石 は 一般人 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
非常識0 票投票先 1 票 →翠星石
良識人1 票投票先 1 票 →翠星石
一般人1 票投票先 1 票 →翠星石
0 票投票先 1 票 →翠星石
翠星石7 票投票先 1 票 →一般人
大魔道師0 票投票先 1 票 →翠星石
原始人0 票投票先 1 票 →良識人
引きこもり0 票投票先 1 票 →翠星石
ヤス0 票投票先 1 票 →翠星石
翠星石 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原始人(人狼) 「詰みもうした!」
GM 「おつかれ」
原始人(人狼) 「詰みもうした!」
蒼星石 「はい、翠星石はお疲れ様。スコーン……血の味がしたよ……?」
原始人(人狼) 「殿中でござる!」
翠星石 「お疲れ様です」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない
誤爆はすまんと言わざるを得ない」
普通の人 「お疲れ様」
引きこもりの独り言 「アイコンもあいまって
残せwってとこがでってさんオーバーラップなのよね
あの一般人。」
原始人(人狼) 「さぁーてと」
一般人の独り言 「霊>共>大魔導師
おぉ、ボク残るぞw」
ヤスの独り言 「宇宙人噛めるって真面目にすげーよな」
非常識(共有者) 「明日は原始人吊りです もう一度平和が出ることがなければ、ですが」
原始人(人狼) 「引き分け狙うんなら」
非常識(共有者) 「もう一度平和が出たら、6人で吊ります」
翠星石 「指定されたことよりも噛みプランを提示できず負けルートにしちゃったのが本当に申し訳なかったですね」
原始人(人狼) 「僅かな可能性にかけてヤス残しの非常識噛み」
大魔道師の独り言 「引きこもりが狼なら負ける。狐でも負ける。」
翠星石 「ってGOBAKU☆ですか」
宇宙人 「引きこもりの独り言 「アイコンもあいまって
残せwってとこがでってさんオーバーラップなのよね
あの一般人。」
◇一般人
 (でって)←」
普通の人 「おい待てこのやろう
俺には直接謝ってねえぞこのやろう」
原始人(人狼) 「だが…
うーん…」
蒼星石 「共有嚙みに行くのかーw」
お覇王 「常識人●予定はあったんだが グレランで吊れてるなら
それも大した意味ないしなあと言わざるを得ない」
原始人(人狼) 「あ、まぁそれでいっか」
大魔道師の独り言 「引きこもりのグレラン投票は・・・両方常識人か。」
原始人(人狼) 「いるかどうかも分からん狐に頭悩ませてもらおう」
ヤスの独り言 「良識人鬼引きこもり 灰
一般人大魔導師   ○」
非常識(共有者) 「5まで引っ張ると、最悪の場合飽和して終わってしまいますので」
原始人(人狼) 「そんで最終日私吊り~とかでいいんじゃね?」
大魔道師の独り言 「まあ、彼女は村と私は決め打った系ですし」
引きこもりの独り言 「◇鬼(33)  「大魔導師、一般人見ないならではあるが
そもそこ二人は狼たりえんだろう、という噛みなわけだし」

んー この噛みをしている狼なら初日囲い疑いでどっちか吊ってほしいとか思いがちだけど…」
引きこもりの独り言 「んー どっちかにゃ。」
お覇王 「まあどうあっても狼は詰んだと言わざるを得ない」
ヤスの独り言 「お覇王狂で大魔導師狼っていうのはすっげー可能性追うみたいな感じだが」
原始人(人狼) 「鬼狐もありうるかもだしー」
翠星石 「指定なかったらもう少し粘れたとは思うんですけどねー……。
うう、重ね重ねすまんですぅ」
原始人(人狼) 「せいぜいあがいてみせろや!(私が」
ヤスの独り言 「大魔導師って名前とアイコンのコンタクトあってないよな(小並感」
原始人(人狼) 「ナッハッハッハ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「詰んでたですね。これ以上ない詰みっぷりですね。」
蒼星石 「しょーじき翠星石狼って見てなかった(ポンコツ並の感想)」
お覇王 「結構普通に吊れる所狙って●だったんだがなんー」
普通の人 「まぁ最終日に狐生きてたらおめでとう吊りするよな」
翠星石 「宇宙人を殴ったのが失敗でしたかね。」
普通の人 「狼苦手なんでな
元々エンジンかかるの遅い方だし」
原始人 は 非常識 に狙いをつけました
非常識 は無残な姿で発見されました
(非常識 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
非常識さんの遺言 共有CO 相方は、すぐ左にいるGMです
翠星石さんの遺言 素村ですよ。
一般人はどんどん元気なくなってるんで狩人いないなら普通に注目すべき位置。
引きこもりはどんどん村目を獲得してる位置ですね(翠星石調べ)
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
原始人 「占いCO
良識人は○」
ヤス 「●だー!!」
引きこもり 「残り3吊りで明日原始人吊るとして
今日は最終日持って行きたくない勢人気投票でいいと思う

私なら今日発言復帰しなければ一般人だけど。」
一般人 「おはよー、霊より共有先なんだ」
良識人 「おはよー」
大魔道師 「ふむ」
「○じゃ無くて宇宙人が噛まれる、という点に立脚して疑いが増すのかね…?

まぁ、灰なら良識>引きこもり、○はしらん
5日目にわざわざ補足している意見がそもそも補足いるような意見には見えんし、微妙」
引きこもり 「おっとっと!」
原始人 「…あれ?
○結果…?」
一般人 「あぁ、これを見せるために」
非常識 「お疲れ様でした お、勝ち確定ですね 良かったです」
GM 「おつかれ」
翠星石 「お疲れ様ですぅ」
蒼星石 「共有もぐもぐ」
良識人 「昨日まで考えてきたことが」
ヤス 「じゃあ、最終日までに狐狩りだな」
「あん?見せるのかい」
原始人 「あ、理由ね

理由:なんでここ吊らないかなぁ…?
いっちゃん怪しいのってここでしょうが!
理解できない!
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
一般人 「それじゃ原子最終日で今日から狐狙いの2日間」
良識人 「一瞬で無に帰した結果である」
大魔道師 「まあ●はですよねーですし、本日は削る所削る感じですが」
引きこもり 「失敬 失敬
じゃぁ漂白噛みはなかったわけだ」
原始人 「えー…
っていうか、霊能真ならLWどこよ?」
良識人 「そっかー翠かー。ごめんねー。灰視全然だったわ…」
ヤス 「原始人!最終日いきは決まったぞ!
最終日までに勝てる陣形を作るぞ!」
「ん、ないない」
原始人 「おうよ!>ヤス」
宇宙人 「お疲れ様だ」
「そういえば共有初日だった」
ヤス 「え?原始人って全部占ったっけ。」
普通の人 「一行発言多かったし>翠星石
宇宙人殴りってより他は?的なあれがって印象

後個人的に狼特有の灰視が少ない的なのも」
一般人 「じゃ全員吊りたいとこねらうグレランでいいんじゃない
指定権持ってるのはヤスだけど使いたいか?w」
引きこもり 「んでまぁ、原始人最終日で吊るか明日吊るかなんだけど
原始人狼決め打ちできる人いる?>ALL」
大魔道師 「原始人(狼目) QB○>鬼○>蒼○>一般人○>良識○」
良識人 「ワンチャンもう狐死んでるんじゃね? あるレベルなんだけど。
じゃあ誰削るかという話で。漂白無いならお覇王真の大魔導師は村決め打ちでいいか」
「○…はこうなると噛まれはせんのかね、と言う形ではあるが」
翠星石 「良識人に狼見られないならやったぜと言いたいとこでしたがそれ以前がぐーぬー。
もうちっと噛みは勉強しないとですねえ」
原始人 「あと引きこもりだけだったかな…?
あ、じゃぁ私的に引きこもりかヤスのどっちかじゃん!>LW」
ヤス 「原始人視点引きこもり狼だぜ。>原始人」
大魔道師 「確定はしませんがかなり狼目だと思いますよ>引きこもり」
良識人 「私視点は、鬼と一般人と引きこもりのうちの誰かという話
ちょっと時間頂戴ね」
一般人 「真狂狐より真狂狼でいいと思うけど
ここで5で原子吊るほうが怖い>引きこもり」
「削りたいって意味では良識人ではあるかね
意見をどうとでも持っていける形」
引きこもり 「原始人視点とか考えてなかったわ…
貴方たち暇ねぇw」
普通の人 「割とこうなったらGMからのお達しとか
ありと思うんだけどその辺」
お覇王 「正直2夜→3昼は同じ占い理由で翠星石●と普通の人●とで
少し迷ったとか言えないと思わざるを得ない」
GM 「んー……」
ヤス 「お、おい俺を疑うなよ!
俺達の仲だろ!ゲンシジン マイ フレンド」
「引きこもりは宇宙人に対する対応者であるから、其のへんの視線が見えなかったというのはあるが」
引きこもり 「じゃ、最終日にしましょっか>原始人
私の趣味なら明日吊りなんだけど。」
翠星石 「ねーですよ。あったら狐あるかどうかがGMのアナウンスでわかっちゃうです>アナウンス」
普通の人 「○でも…良かったのよ?」
一般人 「猿と人の友情(虚構)>ヤス」
原始人 「友情はなくとも、愛情はある!」
「真狂狐…は一応あるのか
じゃなんで狐残して噛みぬいたかってなるけど」
翠星石 「>お覇王
てへぺろ」
大魔道師 「私は引きこもりを村だと思っていますし、割と良識>一般とかそんなんでいいんじゃないかと思っています。
まあ一般狐だったら○を噛まなかった狼に責任をなすりつければいい的な」
良識人 「>鬼
まぁぶっちゃけ私全然振るってないからねぇ。
私視点私吊りは狐候補減らないからもちろん拒否はするけど」
普通の人 「いや、だってこれ村勝ち確定してるし」
ヤス 「猿の惑星かな?>一般人」
翠星石 「それは霊界視点ですぅ>普通の人」
一般人 「ヤス×原始人、そういうのもあるのか!」
原始人 「ヤス マイ フレンド」
「冒険すぎやしないかね>初手狐噛んでいきなり狐噛みとかあるわけで」
お覇王 「GJあったっぽいなら○だったんだがな
QB(どうみても真)死んだんで●撃って吊り稼ごうと
思わざるを得ない」
GM 「えーっとね。これお達しとか出すといろいろ面倒くさくなるんだよね」
原始人 「オニ マイ ワイフ」
引きこもり 「じゃ それを踏まえて後は狐っぽいとこ削りなんだけど
…私正直狐っぽいとこ見抜くの苦手なので
働きたくないわ。
あと一般人吊れば怪しいと思ったとこないと思ってたけど
今日ほんの少し頑張り傾向だし彼女。」
蒼星石 「会話見る限りぶっちゃけ最終日吊り確定してると思うけどね……」
原始人 「イッパンジン イズ アザトイ」
良識人 「鬼がニ手目に囲われて原始人偽見えた狐って感じはあんまりしないなぁ。
初手○のくせに9発言で宇宙人投票した一般人と、初日があんまりよくないひきこもりを吊り切りたいかな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原始人 は 引きこもり に処刑投票しました
非常識 「下界視点は狐生存があり得ますので、GMからのアナウンスはNGです」
一般人 は 引きこもり に処刑投票しました
引きこもり は 一般人 に処刑投票しました
良識人 は 一般人 に処刑投票しました
普通の人 「まー下界視点じゃ
確定はしてないかー」
大魔道師 は 良識人 に処刑投票しました
ヤス は 一般人 に処刑投票しました
鬼 は 良識人 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
良識人2 票投票先 1 票 →一般人
一般人3 票投票先 1 票 →引きこもり
0 票投票先 1 票 →良識人
大魔道師0 票投票先 1 票 →良識人
原始人0 票投票先 1 票 →引きこもり
引きこもり2 票投票先 1 票 →一般人
ヤス0 票投票先 1 票 →一般人
一般人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
翠星石 「お疲れ様です」
原始人(人狼) 「よなか喋んのめんどくなってきた」
蒼星石 「はい、お疲れ様。」
非常識 「お疲れ様です」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
の独り言 「狐ねぇ」
引きこもりの独り言 「一般人に殴り勝ったということにしておこう」
一般人 「お疲れ様ー、狐そこか」
普通の人 「(もう…休んでもいいんや…)>原始人」
翠星石 「今はいいですが、ここでアナウンスしちゃうとアナウンスがあるから狐いない、アナウンスが無いなら狐いるって推理になっちまうですよ>普通の人」
一般人 「まさかバレてたのか>引きこもり」
原始人(人狼) 「ISはシャルロットばかりに人気が集中してるうえに
そもそも原作者までひいきにしてるのは問題なのではないだろうか?」
大魔道師の独り言 「ん。まあいいんじゃないかな、一般人先でも」
ヤスの独り言 「ちょっと残したら噛みそうはあった位置なんだけどな」
お覇王 「常識人は狐見えたから●撃ちたかったと
言わざるを得ない >一般人」
大魔道師の独り言 「引きこもりが狐だったら、とは思いますが、私は私のカンを信じますよ・・・」
普通の人 「そういや原始人狐とかあるじゃん」
ヤスの独り言 「でも噛むの最終日か。あんまかんけーねーか」
原始人(人狼) 「私はですね、魔法少女リリカルなのはだとセインさんが好きです」
原始人(人狼) 「でも一番好きなのはサニーミルクです
これは譲れない」
ヤスの独り言 「ところで原始人のマイワイフ鬼らしいんですけど」
ヤスの独り言 「◇原始人(42)
「友情はなくとも、愛情はある!」 」
普通の人 「ああ、そうかそういう事にもなるのか>翠星石
すまん思慮が足りんかった」
ヤスの独り言 「俺いつの間にかふられたのか……?」
原始人(人狼) 「サニー>衣玖さん>雷鼓さん≧ヤマメさん≧影狼さん≧美鈴
とかかなぁ?
嫌いなキャラはいないけど、好きなキャラは多いんでそこら辺難しい」
一般人 「来ると思って参加してよかったw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「蒼星石が霊界で草生やしてたのでちょっと逝ってくるです……(泣」
普通の人 「内を統一させろよ>原始人」
非常識 「つハンカチ>翠星石」
原始人 は ヤス に狙いをつけました
ヤス は無残な姿で発見されました
(ヤス は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
一般人さんの遺言 素村CO
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
原始人 「占いCO
引きこもりは●」
原始人 「理由:ここしか残ってなす!」
「おはよう」
一般人 「おつかれー」
良識人 「二人の発言を見比べたわ」
大魔道師 「ん? 確定村人噛むのですか?」
GM 「おつかれ」
蒼星石 「ボケーっとしてたら朝ですぅ!(ミスティカ入れ替え)」
翠星石 「お疲れ様です」
ヤス 「お疲れ様」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
引きこもり 「良識人に初日あまりよくない評価をされたので
何発言したっけと振り返ったらいーーてぃーしてた私がいた。
これはひどい。

鬼と良識人のどっちか狐なら私には怪しいところ見つけられなかったので
むしろ教えてほしい
と思ったら鬼が良識人の怪しいところ言ってくれていた」
原始人 「よし、最終日は引きこもりを天国に送るぞー!」
良識人 「鬼は、お覇王が死んだその日から蒼殴りはじめてるのよね」
蒼星石 「そんなわけでお疲れ様。」
非常識 「お疲れ様です」
ヤス 「うむうむ勝ちだな。」
翠星石 「ど、どうして僕が翠星石に!?」
「 「客観的に見て2票貰いとはいえ私を占うのならお覇王以外なら評価する
お覇王と私よく絡んでたしこの二人で2W見ての占い方ならホントに理解できる
逆にいうと同じ理由で衛兵●なら原始人●じゃないの?という予想。」

さて、引きこもりが狐なら方針のわからん3日目朝にこれは危険球すぎるかな」
原始人 「ほーたーるのひーかーありー」
良識人 「狐が本気出すのって占いが死んでからだと思うの。
占いが死んだその日のうちに灰殴りにブーストかけてるのは、狐にしちゃ早いと思うわ」
「それだけ」
蒼星石 「乙女のボディは融通が利くのですー♪」
大魔道師 「良識人を吊るつもりだったので良識人の話を聞くスタイル」
原始人 「じーつーはーLーEーDー♪」
普通の人 「乗るんやな」
引きこもり 「で、鬼の怪しいところは良識人が見つけてくれた系?
助かるわー
じゃぁ私働かなくていい?」
良識人 「>引きこもり
というかあなた自分でこういう風に言ってたじゃないw
「客観的に見て2票貰いとはいえ私を占うのならお覇王以外なら評価する」」
お覇王 「蒼ってやる夫スレじゃ男扱いも多いよなと
言わざるを得ない」
蒼星石 「(僕基本的にわりとポンコツだったのに優しいなあw)」
普通の人 「最近のホタルは進んでんな」
良識人 「で、引きこもりの発言でこんなんあるのよね。4昼だけど
◇引きこもり(65) 「まぁ、ベストは霊生きてる間に狼吊れて
@6で念のため原始人吊って狐吊れてたよかったねコースかな」」
「そりゃ実際、その日の前日に怪しい発言してるんだから
翌日から殴るのは当然であるのじゃないかね」
ヤス 「お覇王狂人やんけ(今気づいた」
引きこもり 「うん>良識人

お覇王と私がよく絡んでいたことからライン疑いで占うのは
お覇王以外の二人の占い方なら非常に理解できるなという話」
大魔道師 「・・・最終日に「ファイッ!」って言いたかったけど
よく考えたら言うべき日は今日だった」
蒼星石 「LWがはっちゃけてるですぅー。あ、ちょ、何処触っt」
翠星石 「真占いだよ(迫真」
良識人 「霊生きてるうちに2W目を吊って、念のために6で原始人を吊る進行?
3-1のうえに共有相方初日なのに?」
普通の人 「男装の女の子って扱いが一番多いと思わざるを得ない>お覇王」
原始人 「ファイとか言う位置は人外
はっきりわかんだね」
お覇王 「うむ、翠●か普通●で迷って
どっちもアウトだったと言わざるを得ない
尚、占い理由はほぼ同じ感じだった模様 >ヤス」
蒼星石 「ヤケクソ感が凄いですぅー♪」
「しかも村VS狼じゃなくて村VS狐だしね、今日は」
原始人 「これは割と素で思ってる
最終日にそんなこと言ったら二重○でも吊るよ」
引きこもり 「それは昨日言った>良識人
私の趣味ならここで原始人吊り
なぜなら万が一の狐騙りがもしかしたらあるかもしれないから」
良識人 「…ぶっちゃけもう吊れてるんじゃないかなと思うんだけどね。狐。
それでも私個人のベストを尽くすためにひきこもりを吊るわ。私。」
大魔道師 「あれ? 原始人私占ってませんでしたっけ?」
引きこもり 「だけどそれは受け入れられないようなので取り下げました
というのが昨日」
普通の人 「おい最近の普通村
真占いが二人居るぞどうなってんだ」
大魔道師 「ませんでした」
ヤス 「やっぱ衛兵投票者人外ばっかじゃねーか!」
良識人 「今日私吊られて狐残ってたら絶対後悔するもの」
翠星石 「照れるな……>お覇王」
「良識人(47)「まともに考えれば6でしょ」
と、言ってないかね」
引きこもり 「昨日説明したんだけど
それじゃぁ理解してもらえなかったのかしら」
原始人 「私が素村で君が二重○とかいう仮定の話ね>大なんとか」
蒼星石 「狂人が真占いやらかすのって結構普通だと思ってましたけど……」
原始人 「あらそえ・・・もっとあらそえ・・・」
「良識人(31)「狩人は霊鉄板。
グレランで●引けば狼終了のお知らせよ」

こうも言ってるが、意見的に対立が見えんね」
良識人 「原始人狐に見る要素を持ちだしてそれを唱えるのなら納得するわ」
蒼星石 「実際私はそんな感じで●出しまくってたら負けたことあるですし。」
引きこもり 「たたかえ… たたかえ…」
良識人 「それをまだ見ていないもの私」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原始人 は 良識人 に処刑投票しました
大魔道師 は 良識人 に処刑投票しました
普通の人 「狂人になったら真の○にしか●打ちませんし」
鬼 は 良識人 に処刑投票しました
引きこもり は 良識人 に処刑投票しました
お覇王 「キルヒアイスはどこにでもいると言わざるを得ない」
普通の人 「一番好きなのは潜狂だし」
良識人 は 引きこもり に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
良識人4 票投票先 1 票 →引きこもり
0 票投票先 1 票 →良識人
大魔道師0 票投票先 1 票 →良識人
原始人0 票投票先 1 票 →良識人
引きこもり1 票投票先 1 票 →良識人
良識人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
翠星石 「お疲れ様です」
非常識 「キルヒアイスは伝説過ぎるでしょう(白目」
原始人(人狼) 「さてと、どーしょかね」
良識人 「まぁ死んでるわよね。
良かった良かった」
引きこもりの独り言 「鬼がいいとこ見つけてきたなぁという印象」
非常識 「お疲れ様です」
GM 「おつかれ」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
原始人(人狼) 「狐いないだろ、割とマジで」
蒼星石 「お疲れですぅー」
一般人 「おつかれー、悲しい2日間だった」
の独り言 「後は知らぬ」
原始人(人狼) 「早噛みってどうだったっけ?」
蒼星石 「なんでこんなことに(白目」
ヤス 「ヤニカスヤスのアイコン欲しいな。ガスマスク装着じゃパチンコにも行けん。」
引きこもりの独り言 「あの発言してるなら良識人狐もあるかもわからんね
8割村だと思うけど」
良識人 「おはおう狂人かよ!?」
お覇王 「潜伏狂人したかったが どう考えても囁きが共有初日だったので
やむを得ず占霊どっちかCOしようと決めざるを得ない」
原始人(人狼) 「まぁいいや
超過即でいいかな」
の独り言 「実際問題、当人も言ってたとおり別に狐見て同行ではなかったのだろう」
原始人(人狼) 「って書くと、超加速みたい」
普通の人 「血を吐きながら続けるマラソン
なお狼はリタイア」
大魔道師の独り言 「んー」
お覇王 「霊界で皆に驚かれてどないやと思わざるを得ない(え」
大魔道師の独り言 「まあ、いけるっしょ」
大魔道師の独り言 「いけるよね?」
原始人(人狼) 「理論上は亜光速まで加速できる猿」
非常識 「そりゃあQB真ですよ。 「○貰いなら潜れば良かった」発言がすっと出てくるところ、宇宙人投票 まず真です」
原始人(人狼) 「あぁそうそう、私って下半身フェチなのよね」
大魔道師の独り言 「引きこもりは村だと判断したのは私、鬼についてはんだんしたのは料理鬼人。
大丈夫だ、自分を信じろ」
大魔道師の独り言 「・・・料理鬼人・・・」
原始人(人狼) 「だから衣玖さんとか雷鼓さんみたいな
下半身に魅力が詰まってそうなキャラって大好き」
ヤス 「発言で衛兵の話ぶり返してるとこなんだろなーと思ってたからなぁ
強いていうならそこぐらい?」
お覇王 「宇宙人はちょっとグレラン位置には見えなかったな
それこそ何でもありそうで」
翠星石 「QB真はそれなりに自信があったので衝撃が大きかったですよ(」
普通の人 「宇宙人投票ってなんで真に繋がるんや工藤」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原始人 は 引きこもり に狙いをつけました
引きこもり は無残な姿で発見されました
(引きこもり は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
引きこもりさんの遺言          , - ...、       _, ‐-‐― 、
        /    ::':,      ヽ_...  ,へ.._.ノ
         |    ::::::l        ̄     _
   l´: ̄"-‐`l_ ....::::ノ         , -‐ '":::::::::"':...、
    `‐´ ̄ ´   ̄           / :::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /::...:.__::/i::/::::::::::::i::::::::::::ヽ
                      /::::::::ト-( l::ハー-:::l:::::::::::::::':,
 今日できる事は        ,'/|:::::/!:::ハi -メ=ァム::::i:::::::::::|
   明日でもできる       ! !:::i⊃'   !:::c'リ::::::/:::::::::/
                         `'ハ   _  `⊂/::::/ノ:::::/
  だから明日やれば         ,'::::>ェ_ _ ノ::::/::::::::::/
        いいよね…     ,'::::::::::/フV `メ!:::/::::::::::::i
                     ,':::::::/>ノハノ i|:::(、:::::::::::l
                      /:::/`< ∞  ::ハ::ハi::::::::::::|
     蓬莱山輝夜       .i/,..'"~!ー-―^ト` ',\:::::!
                 r</ :::/::::::::::::::::l   '、 `ヘ
                r-ハ   /  :::::::::::|       トァ_
                   `、 |       ::::::ト、_  _ _.ノノ r ´
                     i_.`ー--、  ..::::::::::::::::__,..-'"/
                   ̄ヽ.  `、_...-―'""~ .メー、ノ
                     `ー^ヽ、_/~ヽ/
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
GM 「おつかれ」
お覇王 「どうみてもQB真だったんで噛まれたなら吊り稼ごうと
●撃ったのが裏目ったと言わざるを得ない」
蒼星石 「お疲れ様ー」
「おはよう」
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
翠星石 「お疲れ様です」
良識人 「おつかれさまー」
原始人 「誰も気付いてなかったと思うが
狼CO!」
「そしてお休み」
ヤス 「お疲れ様」
原始人 は 鬼 に処刑投票しました
非常識 「鬼や衛兵が人外に見えなかったというのも、QBが相対的に真に見える一因ではあります」
引きこもり 「あららそんなとこで死んでたのね>狐
そして一般人はやはりでってさんだった」
大魔道師 「うん、じゃあ」
大魔道師 「投票しますね?」
引きこもり 「お疲れ様」
鬼 は 原始人 に処刑投票しました
大魔道師 は 原始人 に処刑投票しました
9 日目 (1 回目)
1 票投票先 1 票 →原始人
大魔道師0 票投票先 1 票 →原始人
原始人2 票投票先 1 票 →
原始人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/02/05 (Wed) 00:55:21
お覇王 「お疲れ様と言わざるを得ない」
GM 「おつかれさまでした」
大魔道師 「お疲れさまでしたー」
蒼星石 「はい、お疲れさま。ミスティカは返してもらったよ。」
普通の人 「お疲れ様」
原始人 「おつかれいむ」
翠星石 「お疲れ様です。狼陣営にはすまねーことしたですね。」
衛兵 「スタァァァァップ!」
一般人 「おつかれさまー」
「いろんな人が居たが、最後にたつのは鬼であった、お疲れ様」
良識人 「発言びみょかったし勝てないとは思ったけどやっぱり吊られたわ>6のグレラン」
大魔道師 「ミスティカというと、ザールブルグとかに生えているハーブですね」
引きこもり 「お疲れ様ー」
ヤス 「オイ…フレンド原始人!!」
原始人 「指定はしゃーねーです>翠」
非常識 「◇普通の人(やらない◇e2rIbqsAds) 「宇宙人投票ってなんで真に繋がるんや工藤」

役持ちがあり得る位置だったからです。 鬼や衛兵は、まず役持ちの発言じゃなかったですから」
一般人 「おのれ、ひきこもり!w」
宇宙人 「お疲れ様」
ヤス 「お疲れ様」
蒼星石 「ミスリードしすぎで非常に恥ずかしいや……」
GM 「報告完了。おやすみー」
原始人 「フレンドとか言ったな
あれは嘘だ>ヤス」
引きこもり 「鬼が見つけてきた発言の齟齬がでかかったんじゃない?>良識人吊り」
「うん、共有GJかね>翠指定」
一般人 「狐狙いで吊られるとはw」
お覇王 「どう考えても役職は同意せざるを得ない >宇宙人
むしろ狩人避けたいので外しもまあ普通にあるんじゃないか?と思わざるを得ない」
翠星石 「狩人チャレンジが遅いですかね。うーん。
結果というよりもっと戦えたとは思うんですけど」
ヤス 「うわあああああああああん>原始人




焼きそばパン買ってこいや(一転攻勢)」
非常識 「お疲れ様でした。 グレランで狐が吊れたのが非常に大きかったですね」
原始人 「くっ、もっと早く宇宙人を抜けていれば…!」
お覇王 「せっかくなので4昼の占いCO予定供養

占いを引いたなら COせざるを得ない
常識人● →霊能結果●の場合 あるいは霊能噛まれた場合
常識人○ →破綻した場合


占い理由
◇常識人(60)  「このタイミングでCOすれば噛み先は自由
かえって厳しくなると思うのですがね>原始人」
◇常識人(54)  「◇原始人 「狐COでも無い限りはどこが吊れてもかまわんというスタンス」
原始人殿のこの発言は凶目に移りますね
本当にどこ連れてもいいような」

原始人には触れてるが 自分には触れてないあたり
触れたくないのかと思わざるを得ない


◇常識人(72)  「まあ明日の情報を待ちますかね
噛み切りでもされれば楽ではありますが」

噛み切りを『希望』している所に少々狐を見ざるを得ない
噛み切り希望=万一にも占われたくないと言う感じで」
大魔道師 「それは確かにありました>「鬼が見つけてきた発言の齟齬」」
引きこもり 「◇引きこもりの独り言 「アイコンもあいまって
残せwってとこがでってさんオーバーラップなのよね
あの一般人。」

6夜でようやくあれ、でってさんっぽいじゃんとか気づいたCO」
良識人 「>引きこもり
(グレランで●吊れてなければ)まともに考えて6でしょ
ってつもりだったんだけど、大分言葉足らずだったわね」
普通の人 「真なら占うと思うんや工藤>工d…非常識」
原始人 「バナナやるからこれでも食ってろ!>ヤス」
一般人 「まさか気づかれていたとはーw
ボクはなんとなくそれっぽいとどっかの発言で思ったんだよなー>引きこもり」
宇宙人 「まさか引きこもりと殴り合いをしようとしてるほうを噛んでくるとは
思いもよらなかったよ!」
ヤス 「お覇王真で衛兵投票もなんだかなー?っていうのが違和感で
というか衛兵の発言が「もし自分が狩人だったら」と考えると普通の村の発言なんだよなぁってなった」
大魔道師 「じっさい宇宙人噛まれて「ああ、んじゃあとは吊る所吊っていけばいいか」って思いました」
一般人 「あったあった、5日目のこれだ
引きこもり(33)  「現状宇宙人と蒼星石削るとこかなという感想だけど
宇宙人は若干保留中
私への殴り方がよければ評価改める」」
引きこもり 「>万が一の狐騙りがもしかしたらあるかもしれないから
って言ってる以上、別に根拠も何もなしに
「中身が分からないのを最終日に、しかも奇数日に残すの嫌」って話なのよね
説明しきれてなかったけど>良識人

だから「趣味」」
原始人 「私が狩人を噛める時は実質場が詰んでいる
はっきり(ジンクスで)分かるんだね」
一般人 「(あ、エロエロさんっぽい)
って思ったのここー>引きこもり」
ヤス 「これ・・・まだ青いじゃねーか!(もぐもぐ>原始人」
「衛兵は何かここ最近の傾向から残しては置けないと…うん」
非常識 「◇お覇王 「どう考えても役職は同意せざるを得ない >宇宙人
むしろ狩人避けたいので外しもまあ普通にあるんじゃないか?と思わざるを得ない」

村の初手の吊りとしては狩保護で良いと思うのですが、占いの視点としては役持ちを恐れずに人外を狙う方が良いというのはあります。 投票が予告や遺言代わりに見られることもありますから」
引きこもり 「宇宙人は吊るとこだと思ってたので噛まれて
しかも狩人で、はビックリしたわね」
お覇王 「ま、多分真でもステには変わりないし
そこまでそこ狩人に見なかったんで入れたと思うが >ヤス
初日の吊りは村でも人外でも そこまで役は狙わない主義なんで」
原始人 「でもぶっちゃけ私は若干青いくらいが歯ごたえあって好きなんだよね>ヤス
熟しすぎてるのは苦手」
良識人 「>引きこもり
ごめん正直無理やり殴ってた感はある」
「めんどくさい位置のこしてよかった試しが無いから」
大魔道師 「・・・・・・あれ>よく見たら覇王狂人」
普通の人 「衛兵?村側だったら投票してなかったくらいには村だと思う」
引きこもり 「うーん、確かにそこ私臭いかも>一般人
殴ってこいやこらー ってとことかw」
原始人 「覇王狂人かよ!」
良識人 「二人共狐要素見えなくてでも自分視点最善手は他吊りとか辛いわ!」
一般人 「そうそうーw>引きこもり」
お覇王 「お前らみんな驚きすぎだろと言わざるを得ない」
非常識 「QB真の理由はわたしなりに色々書いてみたので、興味があったらログを読んでみてください。 毎回同じようなことしか書いてませんが」
引きこもり 「真の○を狐疑いで吊ったけど まぁそれはそれ!(今更」
衛兵 「なんか次はグレラン乗り越えられる気がする(無根拠)」
翠星石 「狼の相談がそこまで話せてない感じはあったんですから、こうすべきをもっと考えるべきでした。
プラン考えるってことをやってこなかったのがあれですねえ。」
良識人 「じゃあおつかれさまー。寝るわ
同村感謝」
ヤス 「あれめっちゃ村い発言じゃろ。原始人とかお覇王がすっげー真ぽい発言して護衛外そうとかじゃねーなら」
一般人 「あの2日間に狐は居なかった、居なかったんだ!」
引きこもり 「や、私も正直鬼も良識人も殴れるところ見いだせなかったから
殴ってきたら防御防御しかないなぁと思ってた。お見事。
鬼が発言齟齬見つけてなかったら吊られたのは私だったかも>良識人」
普通の人 「予定してた結果全部限り無く真じゃねえか>お覇王」
原始人 「すんごいガクッと力が抜けた…
お疲れ様
村立同村感謝
お仲間はすまんね
もうちょいやれたと思うんだが…噛みが甘かったべ」
「狐が居ないから吊りはめんどくさくなるね、殴る臭さが村だから薄いし」
宇宙人 「>引きこもり
狩人だって殴りにくることもある
殴った先が村なのはご愛嬌」
非常識 「それでは、一足先に失礼します。 勝てる盤面を作る手伝いが、少しは出来たかなと思います。

村建て同村ありがとうございました。 おやすみなさい」
衛兵 「村建て同村感謝する
警備に戻らねば」
ヤス 「めんどくさい位置じゃねえでしょ。ちゃんと理由も出しとる。
今考えると衛兵の翠への発言が狼当てとるしな。」
翠星石 「騙り任せた以上翠星石達がもっと周り見なきゃいけなかったですよ。お疲れ様です。
次はぜってー勝つですよ>原始人」
一般人 「いつぶりの普通村だっけなー?w」
お覇王 「狩人は自分吊れなければ 殴り強いのはいいことだと
言わざるを得ない」
引きこもり 「私はよく狩人殴る。
そのくせ人外見抜かないのはご愛嬌通り越して焼き土下座>宇宙人」
普通の人 「だってあの段階なら投票しても怪しまれないし>ヤス
残したら多分村目獲得するタイプだし」
一般人 「的確に人外を殴れるなんて幻想なんだ!」
引きこもり 「しかしまぁ大魔導師が白かった
お覇王の漂白とか絶対ないな、ってレベルで。」
普通の人 「自分が吊られなかったら勝てるんだから
村人が村人吊ってもいいんだよ!」
ヤス 「>普通の人
俺は投票者怪しみました(半ギレ」
引きこもり 「だから一般人吊りはしょうがないと思うんよ(小声」
一般人 「QBの○だけど狐疑いで吊られました……(遠い目」
お覇王 「まー、正直宇宙人、常識人より衛兵とか普通とかに
もっと偏らないのなんでとは思ったがなー
そこは俺的にはどう考えても初日吊る位置じゃなかった」
一般人 「皆はしょうがないね、でも引きこもりは許さぬ(にこっ」
普通の人 「そこで殴られたら
えっいや、初日だから適当に入れたんだけど…?
見たいな」
引きこもり 「でってさんだし仕方ない。」
一般人 「気づいてなかったくせにw」
大魔道師 「覇王の○だぜーっていうのを強調しすぎた感はありますが」
「初日から護衛に触れたりするとどうしても心象はよろしくなくなってしまうね
まぁ、最近そんな位置が狼ってパターンが多かったから」
翠星石 「初日の吊りってすげー情報にはなるですけどどういう人を吊るべきかっていうのは人に依るんで答えが出ねー問題だなあとは思うですね」
ヤス 「適当に入れたのは自分が吊られなきゃいいだろの発想だな(棍棒持ちながら」
引きこもり 「6日目にはそれっぽいと思ったので気づいてからは吊りにいった!」
一般人 「貴様ーーー!!wwwww」
引きこもり 「…というのは4割くらいあるかもしんない!」
お覇王 「違和感はあったが短文多目だし多弁でもないなら
まあいいかで入れる 狩人とか狼じゃないならどうでもいい
初手狩人吊りはそれはそれでって気もするんで >衛兵の位置」
翠星石 「その上で言いますけどd初日だから適当に入れたわーで衛兵みたいな場所なら翠星石の印象は下がるですねえw」
普通の人 「おいおい、俺はネタになるなら共有にだって投票する男だぜ?>ヤス」
一般人 「HAHAHAHA、こやつめ
所で風邪大丈夫かーい?」
翠星石 「>ヤス
そんな感じですね」
引きこもり 「現在進行形であんまりだいじょうぶじゃない!(ずびし」
ヤス 「自分が狩人として原始人護衛しないでしょ、とそれ言ったまでだ(と思う)
俺が狩人だったとして考えても原始人の役がなんであれそこまで積極的に護衛行かんだろうしな」
翠星石 「ところで隣が甘々です砂糖吐きそうです」
引きこもり 「鼻水じゅるじゅるだしのど痛いし咳ごほごほだし
熱ないけど。」
一般人 「うぉい、ちゃんと休むのも大事だよw(インフル治療中の奴のセリフ)」
大魔道師 「私は初日は常識人と衛兵で2択でしたねぇ。衛兵の方が護衛に関する発言が好みに合わず入れました」
お覇王 「だが正直狂人狂人していた自覚はあったんで
護衛取れてたのが正直驚いたと言わざるを得ない >ヤス」
引きこもり 「>(インフル治療中の奴のセリフ)

貴方の方が症状重いじゃないのー!?(ガガーン」
普通の人 「ぶっちゃけ初日の投票は
役職、○、吊りたくないとこ、
以外からダイスで選んだりする時もある
因みに衛兵は村なら吊りたくないとこに該当してたりする」
一般人 「ボクは熱があった、後喉が真っ赤」
ヤス 「>普通の人
だいたいそのネタ通じるの中身知ってなきゃ分からんだろ!」
大魔道師 「私は空咳が出ますね」
引きこもり 「まぁ、お互い寝ましょうか うん(提案」
一般人 「今日で出勤停止終わって明日からまた仕事ー」
ヤス 「え?真占いでしょ?(棒読み)」
蒼星石 「インフル患者が思いっきり人狼していいのか……(畏怖」
お覇王 「ま、お疲れ様と言わざるを得ない
翠●と一般人●とで迷ってどっちでもダメか うーむ」
一般人 「そうだねw 久しぶりに会えたけどムリはさせられないしよくなったらまたゆっくり話そw
それじゃおやすみ、愛してるよ♡>鴨かもさん」
引きこもり 「じゃ一般人含めてお体はお大事に>皆

私も大事にしつつおやすみなさいするわ じゃねー」
お覇王 「一般人じゃなかった 普通の人」
普通の人 「じゃダイスで選んだって正直に言うよ>ヤス」
翠星石 「体調悪い時は人狼してる場合じゃねーですよwww
お大事にしてください!」
「お疲れ様」
大魔道師 「大丈夫、全盛期のクマー伝説からして問題ないのです>蒼」
普通の人 「俺やったよ?>インフルで人狼」
蒼星石 「まあ僕も1月半ばから2週間ほど薬漬けだったけどさ……」
翠星石 「お覇王は狼無いと思っての●じゃなくて吊れるとこに●なんですよね?ならこー今日はずっとダメダメですねえ」
普通の人 「これは薬やってますわ…」
蒼星石 「それにしてもこんだけ熱のこもった終了トーク。やっぱ濃いなー」
普通の人 「初日なんて何時も吊られる位置である」
ヤス 「>普通の人
いや俺らからしたらそのダイスで選んだっていうのが本当かどうか分からんだろ
ダイスフッた状況を発言で言われてもそれがホントか分かるって無理じゃない。発言の壁はある」
普通の人 「初日の投票に理由なんて無いさ!
どこ吊れても良いって?どこにも投票しないって選択肢が無いじゃない!」
大魔道師 「一方私は酒を呑んでいた(過去形>蒼」
蒼星石 「薬が切れたのでようやくお酒は解禁したけど、まあ。控えめにしなきゃまた倒れるし……」
普通の人 「ぶっちゃけ相当ミスった発言でも無いなら狙ったりしないし
初日は吊りたいより吊りたくないを探す方だし」
翠星石 「ヤスが言ってるのは
それを言うのは自由だけど信じてもらえるかは別だって話だと思うですね」
普通の人 「ああ、そういう」
ヤス 「それでいいじゃん。消去法でって言えば。
投票理由はできたぞ。」
普通の人 「いや、まぁ実際今回は狙って投票したんやけどね
村視点吊りたくないところ
狼視点吊りたいところ」
普通の人 「ネタは全てに置いて優先される…>ヤス」
大魔道師 「お酒を飲みたいと思える幸せを私は風邪をひいている間に理解しました」
翠星石 「お酒飲んで人狼とか怖いですぅ」
普通の人 「よし、ねる!
お疲れ様、仲間は色々すまぬ、すまぬ」
ヤス 「(俺は弱いので飲ま)ないです。力水おいしい!」
翠星石 「こっちこそごめんです。おめーが吊られた時にはまだ勝ちは消えてなかったですからね
お疲れ様です、次やる時は一緒に勝つですよ>普通の人」
大魔道師 「お酒を飲むと発言が捗ります
なお分解されてきたときは()」
翠星石 「まあ軽く入ってる時に決闘に行ったことが無いとは言わねーですが
普段そこまで酔っ払わないですからね」
翠星石 「勝ちは消えてはいなかったですけど、どうするべきでしたかねえ。」
ヤス 「そんじゃ、お疲れ様&村建て感謝。
眼帯姉貴かわいい。メシマズだけど。」
大魔道師 「私だってたいした量じゃないですよ、ビア350mlとブランデーおよそ45mlと焼酎およそ30ml」
翠星石 「翠星石も落ちるですかね、お疲れ様でした。
お仲間には本当ごめんですぅ。次に同陣営になる時はもうちっと強くなってるですよ。
村建て同村に感謝してやらねーこともないです。では。」
大魔道師 「それじゃあ、私も落ちます。お疲れさまでした、楽しい村でしたよ!」
翠星石 「それは大した量に見えるですね……」
翠星石 「サッ」
蒼星石 「僕も落ちるか。おやすみなさい。」