←戻る
【紅2174】やる夫達の普通村 [3969番地]
~2月に降る雪、一面の銀世界~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 津田タカトシ
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[村人]
(死亡)
icon 萩村スズ
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[妖狐]
(死亡)
icon 守屋ひより
 (hiyowa◆
FKHzEy7fJRwF)
[村人]
(死亡)
icon リリーホワイト
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[人狼]
(死亡)
icon セイバー
 (dolittle◆
c/63Uw3tVw)
[人狼]
(死亡)
icon シーナ
 (kai774◆
Silver/s7.)
[共有者]
(死亡)
icon 黒タイツ
 (ぱめるぼ◆
vyJ0qLfYQU)
[狩人]
(死亡)
icon ルーミア
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[村人]
(生存中)
icon ゆっくり
 (花鳥風月◆
j/HMAiRsUc)
[狂人]
(死亡)
icon 毛利元就
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[占い師]
(死亡)
icon 魂魄妖夢
 (白珠◆
NQJi97TdkA)
[村人]
(死亡)
icon サーヴァント・カンパー
 (◆
LazwardZiQ)
[人狼]
(死亡)
icon らん豚
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[村人]
(死亡)
icon ニカ・ロバノフ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[村人]
(生存中)
icon こあくま
 (w-s-m-h)
[共有者]
(生存中)
icon ラインハルト
 (アトモスフィア◆
WIPbi/qqf2)
[霊能者]
(死亡)
魂魄妖夢 「では、お疲れ様ですよ」
魂魄妖夢 「一応最後に、殴り=吊り殺すではなく
私は、殴りでその人が何を考えてるのかを引き出したいというのがあるので
殴り=吊りという思考ではないのですよね」
魂魄妖夢 「狐がはっきりと出てないとわかるのは、当の本人か
仲間が2騙りしてるのを知ってる狼という推理
もしくは、村が霊能と占いに狼出てるかどうかを分析してるかじゃないですかね
で、ひよりさんとセイバーさんには2騙りとみるに何をもって見ているのかが
狐が騙るわけがない、というだけだったので、つっついたわけですよ」
セイバー 「それではお疲れ様でした、また別の村で」
ゆっくり 「それではお先に失礼します。お疲れ様でした。
黒タイツが開始前にあんなの言わなかったら初手狩人に○だったんだけどなー。やはりPHPは鬼ですわ。」
魂魄妖夢 「つまるところそれですよ。
狐が出ないのであれば、占いと霊能に両方に狼がでてるのか
それとも、占いに2なのか
では、なぜそうみたのか?それをやるメリットはなにか
なぜ狐がでないのか、これが狐が騙るわけがないというのは
根拠がないのですよ>ひよりさん」
毛利元就 「それではお疲れさま」
ラインハルト 「では私も失礼しよう
狐吊りなどは見事と思った 楽しかったね
村立て同村ありがとうございました」
リリーホワイト 「それじゃあ私もそろそろ落ちるねー
お疲れ様でした」
シーナ 「それじゃお疲れ様。」
セイバー 「狐で占いとか霊能に出るのってよほどのことが無いと
鍋なら複数狐出るからしょっちゅう有るけど(´・ω・`)」
守屋ひより 「さてそろそろログ見ながら落ちます
同村感謝 お味方に多謝 おつー」
シーナ 「まぁ、私もまだこれで普通村60戦だから何とも言えないかな。」
萩村スズ 「やっぱり潜伏霊能者身内切りですよ。(キリッ)
それでは、お疲れ様でした。」
守屋ひより 「まあ実際今回は狐は語りに出てなかったわけですがw」
リリーホワイト 「やっぱりちゃんと打ち合わせしておかないとダメダネ
○から霊能COはそりゃあ疑う
○投げるから霊能COやらないでね―ぐらいは
前もって言っておくべきだったか。乗っ取りできたかもしれないとはいえ」
守屋ひより 「おつー>ロバやん」
魂魄妖夢 「そういった意味で、狼2騙りを想定するなら
どこに出ているかと、其の意味を考えていくと
狐が騙っている可能性をあんまり考えてない、ひよりさんとセイバーさんに
目が行ったというわけですね>ひより」
シーナ 「私が【普通村で】共有をやった時の初日狩人率は半分を超えているから……>ニカ」
ニカ・ロバノフ 「村建て同村ありがとな!」
守屋ひより 「おつー>出荷」
ニカ・ロバノフ 「それじゃお疲れー
俺は早苗鯖に行ってくるぜ」
守屋ひより 「うん、考察の幅を広げるのも今後の課題ですな」
らん豚 「(´・ω・`)さて、それじゃあらんらんこれで失礼するわね。
(´・ω・`)村建てありがとう、お疲れさまなの。」
ニカ・ロバノフ 「え、なにそれ>シーナ
多分それ村勝ってるだろ」
ラインハルト 「人狼というゲームは可能性は無限にあるものと思う
なので色々な考え方をすると良いと思うよ>ひより」
シーナ 「霊界でも行っているけど、詰み進行でない限りは素村で自吊りは止めてほしいかなと。」
シーナ 「なんか、狩人で狼や狐交じりは良く見られるらしいんだけどさ。
私が共有やっていると何時も狩人に狂人交じりしかないし、それにニカだし>ニカ」
毛利元就 「そういう位置 占うの好きかな
ただ占い師としての信用が低すぎる時はやらないが>セイバー」
守屋ひより 「まああのままノイズで残るぐらいなら吊られても良かったかなとは思った
正直考察による内訳はある程度当たってたので良しとしたい」
萩村スズ 「●を出した狂人を噛むとそれはそれで愉快なことにはなったようなそうでもないような。」
ニカ・ロバノフ 「ああ、それは面白そうだな>シーナ」
らん豚 「>ラインハルト
(´・ω・`)そんなー」
魂魄妖夢 「霊能に狐も、まあなくもないんですが(やった事自体ありますし)
ロラされにでる狐というのは可能性が薄く
かと言って、占いに狼2出すのと狐が占いに飛び出るのって
どっちかというと、占いに狼2出すほうが可能性はそんなに見ないかなと
いえ、どれも私見てますけどね>ひより」
シーナ 「なので、占いロラの一歩手前辺りで吊ろうかなぁって考えてたら初手で噛まれてた」
黒タイツ 「それではお疲れ様・・・ふふふふ。」
シーナ 「真狼狐-真狼で、狩人がグレーから出てきたら対抗でてくる感じの>ニカ」
黒タイツ 「あそこでゆっくり噛むのがおかしいとかそういうことは置いておく。」
ラインハルト 「(´・ω・`)出荷よー」
黒タイツ 「ゆっくりあたりが狐で狐噛み発生だと潜伏狂人がありえるからな。」
らん豚 「(´・ω・`)戻ってきたら終わってたの。
(´・ω・`)お疲れさまなのよー。」
セイバー 「内藤「俺様占うとwww信用落ちるよwww」
な場所なのに(´・ω・`)」
守屋ひより 「出ても占い側だと思ってたので…
まあこの辺は経験則からの見方しかできなかった(その経験が少ない)ので申し訳なかったであります」
シーナ 「狐騙りを考慮しない辺りが凄く狐の視点漏れに見えたなぁと>ひより」
リリーホワイト 「早めに噛めたらよかったけど
あの場面じゃないと毛利が噛めないからなぁ
どうしてもきつくなる」
ニカ・ロバノフ 「どういう内訳何だよ……>シーナ」
ゆっくり 「占い死なない以上いつかは占うしかないんですよねこればかりは>セイバー」
ニカ・ロバノフ 「良い占い先だったぜ>元就」
萩村スズ 「内訳さえなければ囲い候補に……うっ、頭が……。」
シーナ 「ニカに3○だったら真狼狐での潜伏狂人もあり得るから吊ろうか(真顔」
ニカ・ロバノフ 「あの速度なら仮に霊能と占い師が切れても霊能の方疑うわ」
魂魄妖夢 「狐が騙りにでないかというと
そうでもないので>ひより」
守屋ひより 「こっちは妖夢とルーミアはあの動きでむしろ村に見えてたから説得に苦労したよ…」
毛利元就 「票をもらっていようが
気になる位置は占っておかなけれなね>リリーホワイト」
ゆっくり 「霊ロラなかったらいけなくもなかったですかねー...うーん...」
ニカ・ロバノフ 「ふざけんなよGM!!>GM」
セイバー 「吊り位置に完全に入ってた私を占うとか(´・ω・`)」
萩村スズ 「私は大人しいので大人しくしてました。(迫真)」
リリーホワイト 「出ないほうがいいですよ!>カンパーさん
霊能乗っ取りできても負けるときは負けますから
潜っていることもあるのでししれっと潜伏してくださいね!今度から!」
ニカ・ロバノフ 「何がゴキブリだよ!
DTBはロシアで繰り広げられる学生達のラブコメアニメだっ!!」
ラインハルト 「○を貰ったので様子を見たのだが
勝利に繋がった今回は正解だったかな」
GM 「ちょっとニカに○出しちゃダメでしょ!そこなんであってもケア吊りする位置でしょ!」
シーナ 「観戦スレや懺悔スレにも書いてないから不安だなぁ>津田さん」
守屋ひより 「今後の参考にしたいので教えてください」
リリーホワイト 「本音を言うとカンパーさんの独断の霊能COと
タカトシさんの突然死とってもきつかったですはい
まさかセイバーさん占うとはナァ」
黒タイツ 「くっくっくっくっく。」
ゆっくり 「お疲れ様でした。」
ルーミア 「村の中で言ってる>ひより」
サーヴァント・カンパー 「いやーあたいの出方が悪くてごめんね!」
シーナ 「あ、ログ見ればわかるけど私も初日の夜から疑ってたよ>ひより」
サーヴァント・カンパー 「お疲れ様ー」
毛利元就 「お疲れさまでしたと」
ニカ・ロバノフ 「フラグなんかへし折ってやったぜうおおおおおおおおおおお!!!」
GM 「津田タカトシは完全にトラブルっぽいんで。復帰もまだしとらん」
ラインハルト 「面白い展開だった」
セイバー 「弱いLW候補で申し訳ありません>狼」
守屋ひより 「妖夢とルーミアに質問
私相当疑われたようだけど、どの発言が問題だったか教えて」
毛利元就 「共有騙りか、懐かしいな」
シーナ 「お疲れ様。ただ、初日に霊ロラ指示出して噛まれただけのお仕事」
GM 「お疲れさま」
リリーホワイト 「お疲れ様でしたー
まあ、そううまくいくことなんてあんまりなく」
萩村スズ 「お疲れ様でした。」
こあくま 「おつかれさまでした。」
セイバー 「お疲れ様でした」
GM 「こっちだと静寂つけないとなぁ」
ルーミア 「お疲れさま」
魂魄妖夢 「お疲れ様ですよ」
黒タイツ 「ふっふっふっふっふ・・・お疲れ。」
ニカ・ロバノフ 「お疲れ様……やったよターニャ……」
ラインハルト 「お疲れ様でした」
守屋ひより 「おつー」
ゲーム終了:2014/02/07 (Fri) 21:34:40
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
リリーホワイト は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
リリーホワイト3 票投票先 1 票 →ルーミア
ルーミア1 票投票先 1 票 →リリーホワイト
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →リリーホワイト
こあくま0 票投票先 1 票 →リリーホワイト
リリーホワイト は ルーミア に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニカ・ロバノフ は リリーホワイト に処刑投票しました
こあくま 「信じられるのは自分だけです」
ニカ・ロバノフ 「おう全部怪しいよ!>ルーミア」
ルーミア 「スズ吊って、ひより狐じゃなかったら良くてわたし気にならないのが嘘になるって全部疑ってるんじゃん」
こあくま 「というよりそれこそゆっくりさん吊った日に灰吊りでも(黒タイツ狐がケアできないこと以外)良かったわけですしね」
ニカ・ロバノフ 「ルーミアが気にならなかったと言えば嘘になる
そこを通せなかった俺の弱さだ」
リリーホワイト 「指示してくれないのなら
まあ、突然死してしまっているタカトシが悪いということでいいですか」
ニカ・ロバノフ 「ルーミア狐だとしたらすまん」
リリーホワイト 「そもそも狐っぽいところ囲いませんよw」
こあくま 「いつか、本当にそんなアイデアが実行されることがあったら素敵だなって思います」
リリーホワイト 「ニカ噛みだと疑われちゃいますしで
まあ、私の言うことを疑うのならしょうがないですね」
ルーミア 「狐囲い確認でしょ」
こあくま 「こあくまの言った作戦を熱弁すべきはこあくまでなく狼ではなくてはならないので
つまり狐を噛むぞ!と狐を脅して、狐に狐COさせるという作戦なので」
ニカ・ロバノフ 「俺は黒タイツを信じた、それだけだ」
リリーホワイト 「ちなみにスズ噛みってあり得ないですよ?
呪殺対応できないじゃないですか!○出してるところですよ?」
ニカ・ロバノフ 「ああ、なんだひより狐じゃねえんだなら良いや」
ルーミア 「こんなにかわいいルーミアちゃんが狐だなんて口が裂けてもいえないはずよ
リリーは口が裂けてるから言えるのよ。」
ニカ・ロバノフ 「あれ?>ひより噛み」
こあくま 「ございます」
ニカ・ロバノフ 「おはよう」
こあくま は リリーホワイト に処刑投票しました
リリーホワイト 「別に深いこと考えなくても良かったんですねー」
ルーミア 「狐吊ってたよ
やったねたえちゃん!」
リリーホワイト 「という訳で引き分けしましょうか」
ルーミア 「わあ」
ルーミア は リリーホワイト に処刑投票しました
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩村スズさんの遺言                                               r┐      _            -‐ = ‐- 、
                                   //〉           |/l,x=ァ  //}            /          \
            ,,,、                     //厶ィァ      |//// .///り          ' /`` ´'~厶    ',
           <ミ/\                 ,,,ィ//≫ ´      ///|フ/l/{/{         / />,,、    { | }
  〈Vハ        \//ヽ             V彡ァ//      __   `´/////   {/{     <,′/ {シ′  >,,、| l }
  ∨∧            ヾ//\             ///   ,x<///)   ///ィ      V∧ . < >| ,イ       {シ  ! ,' 人
.   ∨∧             \/ハ            /// <≫ ´ <ツ  ///|/|     ∨ハ > ´  | 八          | /今x \
    ∨∧          ヾシ            ///             /// {/!     , V∧___   レ   >  _  ィ|/>'   \
.     ∨∧              ,,,,-‐=x.  ///             ///  |/|     /´ ヾ:辷三}   /_ゝ `⌒´  ノ\
      ∨∧丿}         ////)/〉〈//   ト廴_   〈シ  {/{                  ̄  /      /\
        v'//,り           ヾ彡 " ///  V    ` ミ三≧=ァ     `′<\                 |    > ´ ` ̄
        ヾ/V                 ヾ"                  ,xヽ   \/\             / フ ´
        `′                 _               ≪/ヾ/\  ヾシ            ‘´
                           ,x≪//           ≪///  \/ミ>   /〉                 ハ7
                       ,x≪/>//        ≪> ///    `´  /厶イ〉            ///
  .-‐ v'⌒ y‐- 、           ,x≪/> ´ //     , ≪> ´ ///       ≪/> ´               〈//〉
 /   ノ-‐く   ノ        _イ/> ´     //     彡      ///     彡/ィ厶-‐ - 、           ///
 廴 /rヘ }ヽ⌒ヽ      彡 ´       //             ///        ノ/≫ ⌒ヾ:ハ          ///        r‐x
/  У 廴_ ノ }-‐’               //             ////ヽ      ”´       ∨} 〈ハ       //∧         }/}
廴_{     丿、               /,、≫ .         ///\//≫              ノ丿ヘ.〉ハ,. ‐x //∧/ヽ     ,///
  / ヽ._ .ィ  丿   _           // ` <≫ .     ///   ヾ///≫    __ // 〉/≫vつノ///  \/>-≠///
  ヽ _ ノ `〈  /   }       //       ` <≫  ///      \////≫ ` ー‐ "  彡ヘハ    ///    ` ー--‐ ’
      _ V    丿       //          ` <//         `”′           Vハ  {シ
   ヽ ̄   `廴_/        //           〈シ                       }り
     ` ー=             〈/
守屋ひよりさんの遺言 素村じゃ
守屋ひより は無残な姿で発見されました
(守屋ひより は人狼の餌食になったようです)
リリーホワイト は 守屋ひより に狙いをつけました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩村スズ は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
萩村スズ4 票投票先 1 票 →ルーミア
守屋ひより0 票投票先 1 票 →萩村スズ
リリーホワイト0 票投票先 1 票 →ルーミア
ルーミア2 票投票先 1 票 →萩村スズ
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →萩村スズ
こあくま0 票投票先 1 票 →萩村スズ
リリーホワイト は ルーミア に処刑投票しました
こあくま は 萩村スズ に処刑投票しました
ルーミア は 萩村スズ に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は 萩村スズ に処刑投票しました
守屋ひより は 萩村スズ に処刑投票しました
萩村スズ は ルーミア に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニカ・ロバノフ 「んー?」
ルーミア 「絶対噛むわけないから今日狐っぽいの一本吊り」
守屋ひより 「最終指示お願い」
ルーミア 「いや、狐候補吊ってないから、噛まないで引分けしようで通るから」
リリーホワイト 「こあくまかニカ吊ってくれるなら噛みますよそりゃあ!」
リリーホワイト 「吊っていいの!?
なら噛むー」
萩村スズ 「というより狐噛み自体はほぼ事実なら、噛む意味がないと思いますが。」
ルーミア 「うん、自分で言っててアホだと思うくらいにないね。」
こあくま 「だから今日吊られなかったら狼に噛ませるのです
狼だって今日狐CO(投票で)してくれない狐を大切にする義理はないでしょう、
という巧妙な心理誘導をですね!」
リリーホワイト 「こあくま吊りなら噛む」
守屋ひより 「その発言…狐を把握している、と?」
ルーミア 「小悪魔吊り上げた所で狐噛まないでしょ?>リリー」
リリーホワイト 「ああ、はっきりと言っておきましょうね
狐吊れなくても狐噛みませんよ」
萩村スズ 「で、まあ仕舞い込んでいる誘導を……うっ。」
ルーミア 「狐としても、今日吊られたら明日狐が生きているかもしれないと思ったら引分けがあるかも
今日吊られなかったらほぼ勝ちって状況で狐COの投票なんかしないよ。」
ニカ・ロバノフ 「多分狐は潜ったまんまだろうな>こあくま
だから今日狐吊って、明日リリホワ吊りだ」
萩村スズ 「まあ、嘘が入ったら狐勝ちになるだけのような気はしますが。」
こあくま 「狐の人はこあくまに投票して狐COすれば最終日引分けできる
こあくまに投票しないで、狐COしないと狼に噛まれて負ける可能性がある
メリット・デメリットを考えればなりたってもおかしくないのではと(力説)」
守屋ひより 「つまりどうすればいいの?」
リリーホワイト 「勝てるんだったら狐はそんなめんどくさいことはしないよ」
リリーホワイト 「面倒だから私が言ったことが本当かどうかを
信じるかどうかじゃないかな」
ルーミア 「狼は狐噛むとかしないと思うからパス」
萩村スズ 「いいんじゃないでしょうか。>こあくま」
萩村スズ 「おい、カメラ止めろ。>ニカ・ロバノフ」
ルーミア 「それどういう方法なの?>こあくま」
ニカ・ロバノフ 「ルーミア、もーり」
リリーホワイト 「村としてはそこ狐の保証がないから悩むでしょう?
なんでちょっと狐にはすまないとは思っている
でも謝らない」
守屋ひより 「スズだと思うけど>狐
まあ共有とロバやんに任せるのさ」
こあくま 「つまり、
①こあくまが吊り指定を入れて、狐候補の方を吊ります。
②狐候補の方は、こあくまに投票することによって狐COして下さい。
③投票による狐COをしなかったら狼が狐を噛んで吊りを増やすぞ!
という3つの手順によって成立する脅迫なのです!」
萩村スズ 「やたら狙われていたんで飛び出してきた当人の可能性を結構見たんですけど。」
ニカ・ロバノフ 「どの変にスズ?」
こあくま 「こあくまが考えた素敵な引き分け狙い方法があるのですが
投票による狐COをいかして狐噛みを行わずに、引き分けにするという提案です」
ニカ・ロバノフ 「おはよう」
リリーホワイト 「それじゃあドキドキの狐吊れるかどうかの時間だね
引き分け狙っていくけど」
萩村スズ 「あれ、真だった。」
ルーミア 「天王山」
守屋ひより 「おはよう
黒タイツは真だったようだね」
萩村スズ 「おはようございます。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゆっくりさんの遺言     __   _____   ______
   ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
    'r ´          ヽ、ン、
  ,'==─-      -─==', i
  i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
  レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .|| 占いCO
   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .| 萩村スズ○ニカ・ロバノフ○らん豚●セイバー○黒タイツ○
    | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´

理由貼りそこねてたね。
まあ完グレはあと3人なんだけど、ここにきて一番のらりくらりしてる守屋に狐はもうない。むしろ狼目だと思うんでそこは後回し。
だとすると黒タイツかルーミアではあるけれど、占い位置を言い出したってことはやっぱり占い気になるんだって感じだったので黒タイツから。
黒タイツさんの遺言 最後に小悪魔を護衛。スズ吊りでいこうか。
黒タイツ は無残な姿で発見されました
(黒タイツ は人狼の餌食になったようです)
リリーホワイト は 黒タイツ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
萩村スズ(妖狐) 「視点漏れしちゃったかもしれない。」
黒タイツの独り言 「ふふっ、呼んでみただけ。」
黒タイツの独り言 「蘭ねーちゃーん!」
守屋ひよりの独り言 「あれだけ吊り誘導されまくってればねぇ」
ルーミアの独り言 「でも、噛まれるとしてなーうーん」
守屋ひよりの独り言 「.: .│ .: .: .: .: .: .:|.: :ハ ト;:| _゙、 .: .: .: ハ
.: .: | .: .: .: : : : : |: .:U レ|⌒ !: .: .: .: ハ
: : : i.: .: .: .: .: .: :| .: .: i! l|   !.: .: .:.l、ハ
: : : :i.: .: .: .: .: .: | : : : |  |   │ .: .: lkハ
: : : : i.: .: .: .: .: .::l: : :│ヽ|   |.: .: | :|ヘ.:|
.: .: .: :i .: .: .: .: .: .l.: : :|     !.: .: |k:| リ
.: .: : .: i .: .: .: .: .: i! .: |__  |.: .: | l:|
.: .: /⌒;: .: .: .: .: |ハ: |〓〓 .{! : .:| |
.:. .:{  ∨.: .: .: .: | ヽ:|  i!  j、: :j
.: .: .\__,∨.: .: .: .|  ヾ  弋ノノ /
.: .: .: .: .:ノ ∨.: .: .:|   | フ /: /
: : : : ::/   ∨.: .: |._´.イ:: : /
.: .: : √≧、_ |∨ .: |    ∨:/
.: .: :/_     ̄∨ :|     ∨
.: ./  ̄\    ヾ;|

途中グレランあったら吊られた可能性大だったッスねぇ…」
ルーミアの独り言 「五分五分」
守屋ひよりの独り言 「スズ→リリー の順で吊る以外ないよねこれ」
黒タイツ は こあくま の護衛に付きました
萩村スズ(妖狐) 「頑張ってるなあ……。」
ニカ・ロバノフの独り言 「スズ、スズね、ふーん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゆっくり は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
萩村スズ2 票投票先 1 票 →ルーミア
守屋ひより0 票投票先 1 票 →ゆっくり
リリーホワイト1 票投票先 1 票 →萩村スズ
黒タイツ0 票投票先 1 票 →萩村スズ
ルーミア1 票投票先 1 票 →ゆっくり
ゆっくり4 票投票先 1 票 →リリーホワイト
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →ゆっくり
こあくま0 票投票先 1 票 →ゆっくり
ゆっくり は リリーホワイト に処刑投票しました
リリーホワイト は 萩村スズ に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は ゆっくり に処刑投票しました
黒タイツ は 萩村スズ に処刑投票しました
萩村スズ は ルーミア に処刑投票しました
こあくま は ゆっくり に処刑投票しました
ルーミア は ゆっくり に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
守屋ひより は ゆっくり に処刑投票しました
黒タイツ 「スズ→ゆっくり→リリーだろう。」
リリーホワイト 「もう一回吊り増やす?
冗談でしょうという。タカトが突然死していなかったら
もう一度死体無しを出せたんだけどね」
ゆっくり 「リリー吊って明日詰めて私の処分をどうするかどうかはお任せでいいんじゃないかな」
ルーミア 「だから、ほんとに狐一本吊りして村勝ちか、外して狐勝ちかしかないんじゃないかな」
こあくま 「最大利益を求めるのは私の義務です。
じゃあ、ゆっくりさん吊りで」
黒タイツ 「護衛外したけど蘭さんを僕にください。>毛利」
萩村スズ 「物凄く言いたいんですけど、私の立場から言って良いのかと悩む今です。」
ニカ・ロバノフ 「狐なぁ」
黒タイツ 「毛利噛まれたらスズ吊るという前提に基づいて毛利から護衛外してるわけだし。」
守屋ひより 「今日は共有に一任」
ルーミア 「狼的に五人の夜に狐を噛んで引分けにするみたいな事はもうしないと思う。
そういう体力残ってないでしょ。」
ゆっくり 「君のほうが狼だったので今狼数考えてるけど私が狂人だとしても引き分けにはならないよ。>ホワイト」
リリーホワイト 「どうせゆっくり吊ってもタイツ噛みにしかならないよ?」
リリーホワイト 「タイツとルーミアがスズ吊ろうって言っているから
スズ吊ろうや>ニカ」
ルーミア 「ただし」
こあくま 「ゆっくりさんを吊って
ゆっくり考えていってね!ですかー?」
ルーミア 「まああり>ゆっくり吊り」
萩村スズ 「リリーホワイトさん視点、狐吊っちゃいけないんじゃ……。」
リリーホワイト 「その場合は村が何とかするしかないね」
守屋ひより 「狐ちゃうで」
ニカ・ロバノフ 「一回ゆっくりを吊って考えるか」
ルーミア 「ひより狐だったとして引分けにならないと思うけど」
リリーホワイト 「私、ゆっくり狐
まあ、狐が協力してくれないというのなら知らない」
萩村スズ 「割と思いました。>こあくま」
ニカ・ロバノフ 「元就の灰噛みでどこ噛むかだな」
萩村スズ 「お、おう……。>リリーホワイト」
リリーホワイト 「ゆっくりを吊らないでくれるなら
明日引き分けできるし」
ニカ・ロバノフ 「狐噛みか、ふむ」
守屋ひより 「それが妥当かな>吊り順番」
ルーミア 「ひよりは噛まないと思うし。多分。おそらく。」
萩村スズ 「ああ、位置的にはそんな感じですか。」
ニカ・ロバノフ 「あ、噛まれるのか>元就」
こあくま 「ああ、黒タイツさんの狩人COなのですね
黒タイツさんが告発するってどういう内訳なのだと
考えて、しまいました」
リリーホワイト 「それでいこうか>タイツ」
ニカ・ロバノフ 「元就が銃殺GJだって狩人が居るなら出て来て良い
理由は銃殺GJが確定すれば後は元就以外吊りで終わるからだ
 
真狂狼ー真狼なら灰狼で1匹霊能で1匹、残る人外は狼と狂人占い師だけだぞ?
 」
ルーミア 「黒タイツが真であるのならば、ほぼ同意見>スズ吊りから占いロラ」
萩村スズ 「お、おう……。>狐噛み」
黒タイツ 「ひよりやルーミア噛むとも思えん。」
ゆっくり 「占いCO 黒タイツ○」
黒タイツ 「萩村吊りから占いロラでいいのではないかと考えている。」
萩村スズ 「何かこう、考え中に朝になってました。」
こあくま 「おはよーございまーす」
守屋ひより 「ふむ リリー狼確定、と」
ルーミア 「んじゃ、リリーLWなのかな」
リリーホワイト 「というわけですまんね>ゆっくり
ここからは引き分けタイムだ」
黒タイツ 「死体無しは狐噛み。」
萩村スズ 「おはようございます。」
守屋ひより 「おはよう」
黒タイツ 「ネタ吊りされる気もするし、特攻される気もするが、それもまた自由。
そしていつ何時であろうとも狩人遺言を残す自由もまたあるのだ。村は頑張れよ。

<護衛・・・毛利元就>
リリー以外で選択。わざわざラインハルトに狼を見るなどと言うゆっくりから護衛を外す。
毛利さん、蘭さんを僕にください。

<護衛・・・毛利元就(銃殺GJではない。妖夢は噛まれた)>
共有が一人噛まれたところでぶらしにかかっている噛みであるという可能性を否定できない。
やることは昨日と同じだ。毛利さん、蘭さんを僕にください。

<護衛・・・毛利元就(死体無しは狐噛み)>
今晩までは占い護衛でいいだろう。元就の占い先増えなかったということでもあるしな。
ゆっくりが一匹見つけたことも含め、護衛は元就でいく。リリーは噛まれてもいい。蘭さんをください。

<護衛・・・ニカ・ロバノフ>
毛利真の狐位置としては萩村でいいだろう。ゆっくりについては難しい。灰か。リリーならゆっくり狐まである。
毛利噛まれたら萩村から占いロラで。他は別に噛まれてもいい。確定○二択でいこう。」
リリーホワイト 「良かった噛めた」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
毛利元就さんの遺言 占いCO セイバー

理由
魂魄妖夢が銃殺ではなく噛まれた場合
彼女が気にしていた人物 セイバーとひより
気になる優先度としては前者
セイバーさんの遺言 村人COです。
                    /'    / / ,.イ  ヽ 、 ヽ  ぃ
                      〃 / ' i ,イ ,!l !¦ ヽ ヽ.l   i 〉
                   i { l¦i.| l !,ハ|  、{ヽ. ! l、| |   !{
                       い.!⊥!Ll|__!  \斗七i|   !′
                     \Vr'Ti宀、    '〔「 ,}!〉 |
                     |i. ト、 iヒリ     tこソ ! !¦    お
                        ∥ l', ´   ,      | l|     か
                        li  |ヘ     -‐    ,_'l l. !     わ
                      | | ,> 、     /!、|li ト、     り
                        !. レ:.:.;.ィ:l` -'´ _,.レ'|!| !、:.:>     !
                        、 |//,.ヘ! , -‐'´   リ_:.〈
                         _!..イ_∠ゝ._ ____/ > ―-、
                    ,.-‐ ´,. -┴ ¨´ ̄      ̄¨¨ ‐-_,、`、
                  /   r'{`丁T冖-―--―-冖¨; ̄ : / ヽ
                   丨 V ,.(ヽ」.⊥_ : : :| | |: : : : : : :/ /: :/´)i ノ
                       !  〃:.ハ.ヽ  ヽ :|| !: __ : : / / //、〈
                   | /L__{  } \ \! ! .く  `ヽ_'/ ,イ 丨ヘ.
                     l ′   `\ ヽ ^ヽこ\.  〈 / ,}}  ! ノ
                   ,! i{       |`ーt\  ` }  ノУリ  ∨
毛利元就 は無残な姿で発見されました
(毛利元就 は人狼の餌食になったようです)
リリーホワイト は 毛利元就 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
毛利元就 は 萩村スズ を占います
毛利元就の独り言 「このタイミングなら問題ないかな」
萩村スズ(妖狐) 「毛利さん噛んでのLWCOとかなら、まあ頑張ろう。」
ニカ・ロバノフの独り言 「残り3吊り」
黒タイツ は ニカ・ロバノフ の護衛に付きました
萩村スズ(妖狐) 「少なくともどう動けばいいのか今わからない。」
萩村スズ(妖狐) 「気がする。」
リリーホワイト(人狼) 「狩人が元就護衛は無いと思う
狐噛みを把握しているのなら、なおさら」
ニカ・ロバノフの独り言 「狐勝利でな」
萩村スズ(妖狐) 「私はこう、位置的に動けない。」
毛利元就の独り言 「残り4人の中で誰からいくべきか
守屋ひよりの独り言 「責めるつもりはないよ>ひよりん
誰にだって事故はあるものさ」
ニカ・ロバノフの独り言 「だって元就吊ってそこ狼なら終わるぞ」
リリーホワイト(人狼) 「せめて引き分けには持って行かないとね」
こあくま(共有者) 「小さくて見えませんでした>スズさん」
ルーミアの独り言 「まあ、リリー真見る気がカケラも無いんだったらセイバーでもいいけど」
黒タイツの独り言 「増やした吊り、ではなく増えた吊りだから減るのも早い。」
ニカ・ロバノフの独り言 「ゆっくり視点さ
銃殺出てないのに対抗投票っておかしいんじゃないかね?」
こあくま(共有者) 「黒タイツ、ひより、ルーミア
スズ」
守屋ひよりの独り言 「.: .│ .: .: .: .: .: .:|.: :ハ ト;:| _゙、 .: .: .: ハ
.: .: | .: .: .: : : : : |: .:U レ|⌒ !: .: .: .: ハ
: : : i.: .: .: .: .: .: :| .: .: i! l|   !.: .: .:.l、ハ
: : : :i.: .: .: .: .: .: | : : : |  |   │ .: .: lkハ
: : : : i.: .: .: .: .: .::l: : :│ヽ|   |.: .: | :|ヘ.:|
.: .: .: :i .: .: .: .: .: .l.: : :|     !.: .: |k:| リ
.: .: : .: i .: .: .: .: .: i! .: |__  |.: .: | l:|
.: .: /⌒;: .: .: .: .: |ハ: |〓〓 .{! : .:| |
.:. .:{  ∨.: .: .: .: | ヽ:|  i!  j、: :j
.: .: .\__,∨.: .: .: .|  ヾ  弋ノノ /
.: .: .: .: .:ノ ∨.: .: .:|   | フ /: /
: : : : ::/   ∨.: .: |._´.イ:: : /
.: .: : √≧、_ |∨ .: |    ∨:/
.: .: :/_     ̄∨ :|     ∨
.: ./  ̄\    ヾ;|

守屋さんも前にやっちゃいましたよね…」
リリーホワイト(人狼) 「やるしかないかぁ」
ルーミアの独り言 「占い決めうちするんじゃないの?吊り減ったんだし」
リリーホワイト(人狼) 「これならどうしようもない
灰が4」
ルーミアの独り言 「あれ?」
守屋ひよりの独り言 「むぅ GJ分が相殺されてしまったな」
萩村スズ(妖狐) 「あの辺に津田、とかはこう不謹慎だけど思いついてしまう私が憎い。」
ゆっくりの独り言 「しょーじきノーゲームでいいような気もしないでもない」
ニカ・ロバノフの独り言 「危なくね?>元就に3票も入ってる」
こあくま(共有者) 「釣りが減ってしまいましたー
ということは占い結果も同時に減るということなのです」
リリーホワイト(人狼) 「引き分け仕様とセイバー●の時から思っていたんだけど」
リリーホワイト(人狼) 「どうしろと?」
萩村スズ(妖狐) 「私噛んでる場合じゃないと思う……。(遠い目)>狼

津田は無事かなぁ……。」
リリーホワイト(人狼) 「 」
リリーホワイト(人狼) 「 」
リリーホワイト(人狼) 「 」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
津田タカトシ は突然お亡くなりになられました
セイバー は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
萩村スズ0 票投票先 1 票 →セイバー
守屋ひより0 票投票先 1 票 →セイバー
リリーホワイト1 票投票先 1 票 →毛利元就
セイバー6 票投票先 1 票 →毛利元就
黒タイツ0 票投票先 1 票 →セイバー
ルーミア0 票投票先 1 票 →リリーホワイト
ゆっくり0 票投票先 1 票 →毛利元就
毛利元就3 票投票先 1 票 →セイバー
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →セイバー
こあくま0 票投票先 1 票 →セイバー
ゆっくり は 毛利元就 に処刑投票しました
毛利元就 は セイバー に処刑投票しました
黒タイツ は セイバー に処刑投票しました
セイバー は 毛利元就 に処刑投票しました
守屋ひより は セイバー に処刑投票しました
こあくま は セイバー に処刑投票しました
ルーミア は リリーホワイト に処刑投票しました
リリーホワイト は 毛利元就 に処刑投票しました
萩村スズ は セイバー に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は セイバー に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
<投票がリセットされました 再度投票してください>
津田タカトシ は突然お亡くなりになられました
「◆GM トラブルっぽいので再投票に各自備えてください」
「◆GM 津田タカトシー投票ー」
「◆GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
ゆっくり は 毛利元就 に処刑投票しました
黒タイツ は セイバー に処刑投票しました
守屋ひより は セイバー に処刑投票しました
リリーホワイト は 毛利元就 に処刑投票しました
毛利元就 は セイバー に処刑投票しました
セイバー は 毛利元就 に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は セイバー に処刑投票しました
ルーミア は セイバー に処刑投票しました
こあくま は セイバー に処刑投票しました
萩村スズ は セイバー に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
萩村スズ 「でも、●本人ェ……。」
ニカ・ロバノフ 「銃殺出たら占いロラろうぜ
昨日のが銃殺GJなら元就視点詰みな」
萩村スズ 「ああ、そう考えると割とらん豚●の謎が解けるような。>セイバー」
守屋ひより 「現在の完グレは私含め4人、ですな」
黒タイツ 「ふむ・・・ところで蘭さんを僕にください。>毛利」
こあくま 「もう五日も立つのにグレーな人ばっかりなのは
悲しいところではありますが
これも仕方ないことではあるのですね」
毛利元就 「>黒タイツ
占う位置なのさ
こんな状況になるのならね」
黒タイツ 「死体無しで役目に●というのは狼ならそれなりのリスクを背負った行為ではあると思うが。
真ならば関係ない。狂人なら好きにやりそうだ。狐混じりなら? それもまた好きにやる。」
ルーミア 「占いの二人が占ってる時点で占うべき位置じゃないって事は無いんじゃないの>黒タイツ」
セイバー 「りりーは狂人か有っても狐でしょ」
守屋ひより 「現時点では一番真がなさそうなのはリリーでしょうかね」
ルーミア 「ともあれ、グレランじゃなくて、各占い視点の詰めに入ってるから別に後回しでも良くなってはきてるよ>ひより」
ニカ・ロバノフ 「偽が●出す位置にも見えねえな>黒タイツ
放っておけば吊れる位置だし」
萩村スズ 「昨日吊っておけば、みたいな気分にならなくもないです。」
リリーホワイト 「どこだろう?
ラインハルトで1wと思うけど
残りの狼がわからない」
黒タイツ 「●が出て納得の位置と考えるのか。
本来占うべき位置ではないのではと考えるか。」
セイバー 「ゆっくりが真だと思います
ゆっくりを残せば勝てるんじゃないでしょうか?」
ゆっくり 「セイバーにCOないなら狩人保護のための吊りで別にいい。あと4吊りのうち対抗に2つで灰に2つなら問題ないんで。
毛利からも彼女を飼う理由なんてないでしょ?私かリリーが狼なんだしさ。」
守屋ひより 「そっか その時点で相違があるならしょうがないね
でもどちらも村の考え方だと思うんだけどどうかな?>ルーミア」
黒タイツ 「ふむ。」
ニカ・ロバノフ 「ゆっくりと元就で真狼なのかなぁ」
ルーミア 「ちがいない>黒タイツ」
セイバー 「そうですか了解しました
村頑張ってくださいね」
ニカ・ロバノフ 「セイバー吊るってなるとな
リリホワは5人の時に確実に吊っての占い師の殴り合いになると思うんだ」
毛利元就 「セイバーを飼って対抗を吊るすという選択があるよ」
リリーホワイト 「セイバー、噛むかどうか
噛まないか。じゃあいいや。セイバー吊り
でもどうだろう?役目見ている人が多かったからって感じか」
萩村スズ 「まあ、はい。らん豚よりは嬉々として吊りますね。」
黒タイツ 「セイバーを喜々として吊るようなやつって
セイバーを残しリリホワを喜々として吊る気がする。>ルーミア」
ルーミア 「まずそうね
私は狐の霊能騙りは普通だと思っているという所からして音楽性が合う事は3年はなさそうね。>ひより」
こあくま 「で、そこに昨日●投げたゆっくりさん○って出来過ぎですよ
吊ります>セイバーさん」
ニカ・ロバノフ 「ターニャ……見ててくれ……」
津田タカトシ 「おはよう
結果は?」
守屋ひより 「でニカはほぼ○だねこれ」
黒タイツ 「共有が一人増えたのも、吊りが一つ増えたのも、良い事良い事。」
毛利元就 「うん 当たりのようだね」
萩村スズ 「おや、死体なし。狩人は偉いと思います。
狐噛みとかはその……知らない子ですので……。」
こあくま 「妥当すぎるんですよね
セイバーさんって、ラインハルトさん吊った日4票もらってた人じゃないですか」
リリーホワイト 「ニカでGJじゃなければ
狐噛み濃厚かな」
ニカ・ロバノフ 「リリホワ吊らね? そこ狂人か狼かわかんねえだろ?」
ルーミア 「多分、セイバー●はみんな嬉々として吊るでしょう。」
セイバー 「私パンダですか?こあくまどうしますか?」
守屋ひより 「て平和でたね
よきかなよきかな」
リリーホワイト 「死体無し」
毛利元就 「由
魂魄妖夢が銃殺ではなく噛まれた場合
彼女が気にしていた人物 セイバーとひより
気になる優先度としては前者」
黒タイツ 「ほう、良いことじゃあないか。」
ルーミア 「がつがつ吊って行こう」
ゆっくり 「今更リリーに攻撃してきてるのが凄く気になった。
リリー偽だろ議論なんてとっくに終わってるものだろうと思ってたのになんかズレてるの。」
こあくま 「おはようございまーす」
ニカ・ロバノフ 「セイバー●は超納得」
リリーホワイト 「理由
それじゃあ元就真目に見ている対抗の○占いから
ここだけは、呪殺対応しきれない位置
流石に2連続灰噛み死体○投げされると怪しまないといけないでしょう?
私吊りに動いている点から言っても私真見ている人外位置が、あり得る
だからこそ、占うわ」
セイバー 「おはようございます、COありますか?
占いCOが吊ってくれとか行ってる意味が分かりませんよ」
ニカ・ロバノフ 「●吊ると占いに手を掛けられなくなんねえか?
昨日はリリホワ吊りだと思うんだよ俺
説得できなかった俺も悪いか」
リリーホワイト 「占い春がCOい ニカ・ロバノフ○」
毛利元就 「占いCO セイバー●」
黒タイツ 「ふっふっふっふっふ。」
ニカ・ロバノフ 「おはよう」
萩村スズ 「おはようございます。
ゆっくり視点の飼い狼をらん豚にして、
その間に占い師に呪殺を出すか●を見つけるかという感じでしたね。
リリーホワイトさんについては、本人の意向を最大限尊重する形で。」
ゆっくり 「占いCO セイバー○」
守屋ひより 「おはよう
ルーミアの発言読み返してきたよ

◇ルーミア(102) 「ひよりの狐を考えていない3−2の内訳予想が視点漏れである可能性があると思うから占わないで吊ろう」(2日目)
◇ルーミア(4) 「狐がアグレッシブに騙ったか、狼がアグレッシブに2騙りしたかでしかないので、
どちらか片方に限定する理由はないと思うかな>ひより」(4日目)

私吊りに関する発言はこの2つかな?
別に狐騙りの可能性を完全に消したわけじゃないよ
単独行動しかできない上に自分吊られ=負けの狐より、団体行動できて自分が吊られても勝ち目の残る狼のほうが騙りに出やすいと思っただけ

まだ納得いかないようなら吊っても構わんよ
縄が無駄になるだけだけどね」
ルーミア 「◇萩村スズ(68) 「狐だったら、両偽……。>ルーミア」

だから、あれで狼なぁという感想が漏れるのに繋がる。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
らん豚さんの遺言
○  ―                むら
    \                らん
| \                 がら
                     あん
      (´・ω・`)          るし
      へ(   <ヽ         。 た
           \           い
    {^`::、
_,,..(⌒ー、::::::-、           ,:~`::
(__;;;;;_,,}___})          !  ::)ー,
   }_,...;;;;;...ノ::ノア        > ..,,,,ノ::,,
                 __,::'  :::;;;..`)`

                 村豚
       をかける ----------------
  とき ---------- THROUGH TIME
------  WHO LEAPT
 THE PORK
リリーホワイト は 萩村スズ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
こあくま(共有者) 「ということになるんですよね」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
黒タイツ は 毛利元就 の護衛に付きました
セイバー(人狼) 「 」
こあくま(共有者) 「リリホワさんが仰るように毛利元就さんが狼だとして、
りりホワさんの○に●ぶつけるゆっくりさんとは一体何のたぐいの人外なのでしょう」
セイバー(人狼) 「すず噛みですね了解」
ニカ・ロバノフの独り言 「これで村人二回吊ったノーミス村とするか」
毛利元就の独り言 「銃殺GJなら狩人がいれば問題ない
それ以外噛まれただけなら・・・」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
ニカ・ロバノフの独り言 「くっそしくった」
セイバー(人狼) 「 」
ゆっくりの独り言 「まああとは銃殺でないことを祈るのみではあるわけですが。」
ニカ・ロバノフの独り言 「いやリリホワ狂人か」
リリーホワイト(人狼) 「なので噛みどころはスズ
呪殺対応は噛みに頼れない」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
ニカ・ロバノフの独り言 「らん豚吊ったならリリホワ吊れねえんだけどな」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「おねがいします」
毛利元就の独り言 「あるならここかな
ひよりはどっちだろう」
リリーホワイト(人狼) 「呪殺されたらここで終わり」
リリーホワイト(人狼) 「というわけで吠え増やしお願い
噛みは私がちゃんとするから」
萩村スズ(妖狐) 「酷いことを言ってしまうとですね。
毛利さん噛みが通らない限り狼勝利はまずないです。」
黒タイツの独り言 「今晩までは占い護衛か。」
リリーホワイト(人狼) 「には見えないでしょう?」
セイバー(人狼) 「噛み決めてください200で噛みます」
毛利元就 は セイバー を占います
リリーホワイト(人狼) 「信用する狼」
リリーホワイト(人狼) 「今のところいい」
リリーホワイト(人狼) 「動きとしては」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
らん豚 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
津田タカトシ0 票投票先 1 票 →らん豚
萩村スズ0 票投票先 1 票 →リリーホワイト
守屋ひより0 票投票先 1 票 →らん豚
リリーホワイト3 票投票先 1 票 →毛利元就
セイバー0 票投票先 1 票 →らん豚
黒タイツ0 票投票先 1 票 →らん豚
ルーミア0 票投票先 1 票 →らん豚
ゆっくり1 票投票先 1 票 →らん豚
毛利元就1 票投票先 1 票 →らん豚
らん豚7 票投票先 1 票 →ゆっくり
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →リリーホワイト
こあくま0 票投票先 1 票 →リリーホワイト
こあくま は リリーホワイト に処刑投票しました
リリーホワイト は 毛利元就 に処刑投票しました
ゆっくり は らん豚 に処刑投票しました
セイバー は らん豚 に処刑投票しました
萩村スズ は リリーホワイト に処刑投票しました
らん豚 は ゆっくり に処刑投票しました
ルーミア は らん豚 に処刑投票しました
守屋ひより は らん豚 に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は リリーホワイト に処刑投票しました
津田タカトシ は らん豚 に処刑投票しました
毛利元就 は らん豚 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーホワイト 「この場面で呪殺されて
対応されたらあなたたちは向こうの方を信じるでしょう?」
セイバー 「なんで占いCOが仕事を放棄して柱になろうとしてるのですか?」
黒タイツ は らん豚 に処刑投票しました
ルーミア 「全然偽COじゃないと思うけど」
ゆっくり 「毛利狼想定なんでらん豚吊りでいいです>ニカ」
萩村スズ 「殴って教育しましょう。>ニカ・ロバノフ」
守屋ひより 「楽観的に見てないだけ>黒タイツ」
萩村スズ 「狐だったら、両偽……。>ルーミア」
こあくま 「彼女はああおっしゃっておられますがどう思います?らんぶたさん」
ルーミア 「散々言ってる>ひより」
セイバー 「?それは偽COと取って良いのですか?>リリー」
ゆっくり 「そりゃ銃殺出せないから破綻する前に死んだほうが得だよね君の場合
真だったららん豚出荷させてでも銃殺狙う場面だよ?>リリーホワイト」
リリーホワイト 「ええ、らん豚まで吊られるくらいならね>こあくま」
守屋ひより 「一応私吊りたい理由聞こうか?>ルーミア」
黒タイツ 「バッカおめーwwww
コナンが新一とかそんなわけねーだろwwwwww>らん豚」
萩村スズ 「じゃあまあ、それでも良いような気もしますが。
なるべく本人の希望には沿ってあげるのが良いような。」
ニカ・ロバノフ 「スズに教育して貰えよ……>津田」
ルーミア 「◇萩村スズ 「おはようございます。
単純に、ルーミアさんが何故狼の霊能者騙りを見ていないのかがというがちょっとあったので。
あれで、と言うとお粗末という意味なんでしょうけど。素直に見ると狼じゃないですかね。」

2騙りするんだったら、最初から霊能にでるって決めてると思うからラインハルト視点だったら,狐の方がしっくりきたかな。」
毛利元就 「それを言っちゃおしまいさ
人は希望を持ちたいんだ>ひより」
こあくま 「いっそ吊ってもらったほうがいいんですか?」
黒タイツ 「ほう、そう考える根拠はなんだ。>ひより」
らん豚 「>黒タイツ
(´・ω・`)コナン=新一
(´・ω・`)これを知ってらんらんは豚になる魔法をかけられたの。」
セイバー 「●は吊るのですね?>こあくま」
津田タカトシ 「うむ
サッパリわかららん>状況が」
リリーホワイト 「そうしたほうが狼が困るわ
狐処理にきゅうきゅうしないといけない」
ニカ・ロバノフ 「ゆっくり視点らん豚飼いのリリホワ吊りでも良いんだぜ?」
らん豚 「(´・ω・`)えーとね、毛利真ならぶっちゃけどうとでもなるわ。
(´・ω・`)リリー真なら占い先指定するか、自分から先に名言しておきなさい。
(´・ω・`)まあ後は頑張ってね。」
ゆっくり 「狼(多分毛利-ラインハルトなんだろうけれど)が信用仕掛けているんで、占いなんて噛ませておけの共有護衛してるんじゃないの?
だから銃殺GJではない。というかここで共有抜かせる狩人なんて生きてても必要ない」
ルーミア 「あす銃殺だして他二人が対応できなかったりしたら一発逆転で吊りも足りるからファイトー>リリーホワイト」
守屋ひより 「単なる「占い先を噛まれただけ」じゃないかなこれは」
リリーホワイト 「それやるくらいなら、いっそ私を吊ったらいいじゃない」
セイバー 「銃殺GJか狼噛みあわせのどちらしか無いのですね」
黒タイツ 「ところで毛利蘭さんとは知り合いかね? らんと名乗っているようだが。>らん豚」
ニカ・ロバノフ 「仮に銃殺GJじゃなくても狩人遺言残すのが良いけどな
偽が『これは銃殺GJ!』って出てくるのを防げるって意味で
まあ俺は元就真目に見てる」
萩村スズ 「なかったら、人外寄りかなあとは思いますね。>らん豚」
リリーホワイト 「その場合本格的に私真切り」
こあくま 「まぁいいでしょう
吊りましょう
ゆっくりさんの真ケアで(意味深)」
らん豚 「(´・ω・`)村豚だよ。これから焼き豚になるけどね。
(´・ω・`)それとも生ポークいただくの?」
リリーホワイト 「らん豚まで吊ることないわよね」
守屋ひより 「どうしても吊りたいならそれでも構わんよ>私」
ルーミア 「ひよりへの対応が遅れてしまうのが唯一気に入らない所ではあるけど。」
津田タカトシ 「おはよう
結果は?」
萩村スズ 「割と狂人とかでは出せない●には見えますね。
ただ、らん豚は初日の視点構築が良かった気がするので●だったら強い狼ということになるような。」
らん豚 「(´・ω・`)まあグレーならセイバーには何かしらのCOあるんじゃない?
(´・ω・`)どの発言がっ、ってより全体の印象としてだけど。」
毛利元就 「こちらとしては対抗の囲い位置グレー
吊って問題ないところなのさ」
黒タイツ 「銃殺GJなら狩人がその内教えてくれるだろ。」
リリーホワイト 「呪殺対応噛みでしょう?
ラインハルト真目に見られている
ということはこうやってやっても、普通に呪殺に見られるし」
セイバー 「それはCO無しということですか?>らん豚」
守屋ひより 「確認したけど返答が得られなかった
少なくとも支持は大声でお願い」
ニカ・ロバノフ 「妖夢噛みかあと思ってたら元就の占い先じゃん」
らん豚 「(´・ω・`)毛利のグレーだし、リリーの○だし(真なら銃殺出せの意)」
黒タイツ 「リリーとゆっくりのパンダでかつゆっくり側からの●ならCOを聞くべきそうすべき。」
ゆっくり 「◇らん豚(83) 「(´・ω・`)攻めるよりらんらん守りの姿勢の方が好きよ。
(´・ω・`)この場合、毛利視点霊ロラっておけば狩人落ちる危険が減る。
(´・ω・`)他真なら偽or偽かもしれない霊吊れるって意味で。」
妙に毛利に寄った発言をしてる。対抗の○ではあるけれどもここで占っておくべきなんじゃないかって思った。じゃないと一生生かされてるしかないように思える」
ルーミア 「ひより吊りたいけどがつがつ●吊って行こう」
こあくま 「ラインハルトさんをつろうとした5票に、グレランしようとした9票が敗れる
これぞ民主主義政治の敗北といえるでしょう
こあくまはけして独裁者ではありません!」
ニカ・ロバノフ 「共有指示はグレランだったと思うんだけど>ひより
お前グレランか霊能吊りか? って共有に聞いてたよな?
確認してなかったのか?」
リリーホワイト 「どうしてこうなるんだろう
まあ、これで毛利のほうが、狼目というのはよくわかった」
萩村スズ 「呪殺なんですかね、割と視界に入ってなかった人なんですよね。魂魄さん。」
セイバー 「元就の○の妖夢が死んでますね?」
毛利元就 「銃殺GJだとありがたいのだけどね」
らん豚 「(´・ω・`)らんらん、豚なんで吊ればいいよ。」
黒タイツ 「ほう、ほう。」
毛利元就 「理由
初日二日目と一番見えている位置ではないな
真狂狼ー真狼と霊能潰し等等
霊真狂路線を切っているよね」
リリーホワイト 「理由
ではあえてラインハルトに投票しなかったところ
狐なら、ラインハルトよりも灰を減らしたほうがいいと考える
そのほうが飽和が早くなるからね。その点で見ると
昨日の朝一から吊りどころを話している萩村は怪しいと思うの
なので占う」
守屋ひより 「おはよう

私に投票あった妖夢、昨日の説明で
納得できないようだったので改めて説明するね

まず、霊能には少なくとも狐が騙りに来る可能性は低い、というのはわかるよね?

次に
◇守屋ひより(117) 「真狼狼か真狼狐でしょ?前者の可能性が高いんじゃね?」
これは
◇リリーホワイト(107) 「霊能真狂なら占いの内訳どうなっているのかな
ってことになるんだよ!>ひより」
これに対する回答だからね
別に霊能真狼の可能性を否定してるわけじゃないよ

で改めて可能性について考察
①真狂狼-真狼
②真狂狐-真狼
③真狼狼-真狂
④真狼狐-真狂
⑤真狼狐-真狼

私は①≒③>②≒④>>⑤だと思う」
らん豚
  │
(´・ω・`)らんらん達の目覚め。
(´・ω・`)説得失敗したなら指示に従うべきだ、とらんらん思ってたの。
(´・ω・`)なのに結果がこれだよ。団子三兄弟になっちゃうよ? らんらん。
  │」
ゆっくり 「占いCO らん豚●」
リリーホワイト 「占い春がCOい 萩村スズ○
毛利元就 「占いCO 魂魄妖夢○」
ニカ・ロバノフ 「こあくまの指示はグレランだったと思うけど……
まああれか、きっちり指示通りに村を動かしたいなら>こあくま
大声をしっかり使うしかないんじゃねえかな……」
セイバー 「おはようござます
何かCOありますか?」
ルーミア 「狐がアグレッシブに騙ったか、狼がアグレッシブに2騙りしたかでしかないので、
どちらか片方に限定する理由はないと思うかな>ひより」
萩村スズ 「おはようございます。
単純に、ルーミアさんが何故狼の霊能者騙りを見ていないのかがというがちょっとあったので。
あれで、と言うとお粗末という意味なんでしょうけど。素直に見ると狼じゃないですかね。」
黒タイツ 「くっくっくっく。」
ニカ・ロバノフ 「おはよう」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ラインハルトさんの遺言                 -=ニニ __ ミ
                     \\
                       ヽ\
                       /〉〉
              /  ヽ   / .//ヽ
           _ニ=ィ     ',iヽ≧=彡へ }
  ',‐-=ニ.___ゞ‐-/         } .!=i    \
   ',      /   /    ィ ,i  i | .ハ  \ミ=-
   ',    /    /  /// / i ! |/ } 、  ヽ     貫禄のある霊能者
    〉 -=≦    /  ./●//  }/ ●  i |\  ',
  <   / ///i. /   (__人__)    |/  \i
  /   // .'/ ∨            |   | >
 /    /   / .!   {            /イ   iゝ
.//}   > /\| !  iニニニ{三三三}ニニニi i/  }‐-、
  / , }////ハ{!  iム  \    /  i    i、 /
  //i ///////ハ.i  iマム、____\/  -‐/ .   / }
    i/////////|.i  i マム、 ∠____ニ=-//i //∧
   //////////i i/\{  マム、       // |///∧
  .///////////! .i三三三三三三三三三ニニ|////∧
  ////////////ニi    |              |////,∧
  \/////////___/     |             |//////
   \////// ̄ニ=======!_____ニ=--‐ァ彡|////'
     \///   ' ,    /      ' ,   /   }//'
             ' __/         ' ,__/
魂魄妖夢さんの遺言 素村CO
魂魄妖夢 は無残な姿で発見されました
(魂魄妖夢 は人狼の餌食になったようです)
セイバー は 魂魄妖夢 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーホワイト(人狼) 「別にそれはそれでいい」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)はまじは。」
リリーホワイト(人狼) 「こあくま加味したほうがいいかどうか」
セイバー(人狼) 「狩人が現存する時点で●貰って狩人COしてもロラされるだけじゃ?」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)カンパが狼である。リリホワも狼。
(´・ω・`)カンパが非狼である。対抗占いでボッシュート。」
リリーホワイト(人狼) 「まあ、するときは指定されたときでいいんだけど」
こあくま(共有者) 「既に自己矛盾を起こしてしまっていますね」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)正直、リリーの真を考えてあげるなら占い先指定必須なのよね。」
魂魄妖夢の独り言 「其の結果がどうであれ、やりたいならやればいいんじゃないですかね?」
毛利元就の独り言 「らん豚くんもまだ早い
それ以外だろうね
リリーホワイト(人狼) 「いや、狩人COの準備」
リリーホワイト(人狼) 「そこを何とかするのが、私だ
でも、どうしようかな…」
魂魄妖夢の独り言 「毛利-ラインハルトライン盲信でいきたいなら」
黒タイツ は 毛利元就 の護衛に付きました
セイバー(人狼) 「●出しますか?」
こあくま(共有者) 「まさに、完璧なコントロールといえるでしょう
しかしラインハルトさんが生き残ればなおよかったのですが」
黒タイツの独り言 「ふっふっふっふっふ。」
リリーホワイト(人狼) 「それはしょがないさ」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)まあ吊るなら吊るで別に良いけどね、ぐらいのノリだしね、ラインハルトは。」
セイバー(人狼) 「弱いですね私」
リリーホワイト(人狼) 「どうしようかな」
萩村スズ(妖狐) 「やっぱり津田は殴ろう。」
リリーホワイト(人狼) 「 」
毛利元就の独り言 「あとはこの位置かな」
こあくま(共有者) 「これはこあくまなりの高度なテクニックですよ
村人に霊能を吊らせつつ、更にグレー投票者の投票先という情報を得られる」
ニカ・ロバノフの独り言 「おう?>ラインハルト吊り」
らん豚の独り言 「            テレッテレーレー テレッテレーレー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡⌒ ミ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ―――― と(´・ω・`)        ̄ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄  ――――‐/  ⊂_ノ    ―――__    ――
      ――     ./ /⌒ソ
     ̄ ̄       -'´       ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            U S U G E M A N」
ゆっくりの独り言 「なんかリリホワ真のような気がしてならないんですよねーこれ。」
リリーホワイト(人狼) 「厳しいね
やっぱり欲を言うとカンパーに霊能COしてほしくなかった
するのなら、もっと早めにだね」
毛利元就 は 魂魄妖夢 を占います
セイバー(人狼) 「妖夢噛みが妥当ですか?」
魂魄妖夢の独り言 「共有がやりたいようにやらせればいいんじゃないですかね」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)そしてこのセイバー率である。」
萩村スズ(妖狐) 「灰ならルーミアさんかセイバーさん。
で、ニカさんが囲われた可能性も結構あるんじゃないかな。
まあ、そうなるとラインハルトさんまで偽になるんだけど。」
リリーホワイト(人狼) 「そしてセイバーに投票されるという」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ラインハルト は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
津田タカトシ2 票投票先 1 票 →ルーミア
萩村スズ0 票投票先 1 票 →ルーミア
守屋ひより1 票投票先 1 票 →ラインハルト
リリーホワイト0 票投票先 1 票 →ラインハルト
セイバー4 票投票先 1 票 →ラインハルト
黒タイツ0 票投票先 1 票 →セイバー
ルーミア2 票投票先 1 票 →ラインハルト
ゆっくり0 票投票先 1 票 →ラインハルト
毛利元就0 票投票先 1 票 →セイバー
魂魄妖夢0 票投票先 1 票 →守屋ひより
らん豚0 票投票先 1 票 →セイバー
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →セイバー
こあくま0 票投票先 1 票 →津田タカトシ
ラインハルト5 票投票先 1 票 →津田タカトシ
こあくま は 津田タカトシ に処刑投票しました
津田タカトシ は ルーミア に処刑投票しました
ラインハルト は 津田タカトシ に処刑投票しました
守屋ひより は ラインハルト に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は セイバー に処刑投票しました
らん豚 は セイバー に処刑投票しました
魂魄妖夢 は 守屋ひより に処刑投票しました
毛利元就 は セイバー に処刑投票しました
セイバー は ラインハルト に処刑投票しました
リリーホワイト は ラインハルト に処刑投票しました
ゆっくり は ラインハルト に処刑投票しました
萩村スズ は ルーミア に処刑投票しました
黒タイツ は セイバー に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
らん豚 「(´・ω・`)ま、グレランするなら全視点詰められるようにがんばりましょ。」
黒タイツ 「見えたな。」
セイバー 「占い3COで狐が霊能に出てくるはずが無い
次に狐が占いに出てないと想定したら
高確率で狼に2騙りでは?>妖夢」
津田タカトシ 「いや別にそこまで積極的にグレランしたい訳じゃないんだが」
ラインハルト 「私は残るならば結果を張るだけだ
今日吊らないなら決めうちをしろと言っておくよ」
毛利元就 「攻め 守り
この二つは好みによるからね」
リリーホワイト 「こうなっている共有を説得するのは
疲れますね」
こあくま 「ラインハルトさんを何想定で内訳何だと思います?>リリーさん」
魂魄妖夢 「霊能に狐が出るとするならば
其のリスクは大きいでしょう、では占いに真狼狼と予想するのであらえば
霊能は真狂という見立てでよいと?>ひよりさん」
ニカ・ロバノフ 「元就とゆっくりが●引き、つまり飼い狼位置を発見したら
リリホワは吊りたいなぁ」
守屋ひより 「共有指示お願い
グレラン?霊ロラ完遂?」
萩村スズ 「狐騙りについての意見で以って結構、性格が出るような気はしますね。」
リリーホワイト 「はぁ」
らん豚 「(´・ω・`)デメリットないのよねぇ。」
ルーミア 「正直、真狂狐みて暫定○から霊能騙ろうと思う狼が居るのかっておもうと、2騙りか霊狐なんじゃないのって言う感じ。」
らん豚 「(´・ω・`)攻めるよりらんらん守りの姿勢の方が好きよ。
(´・ω・`)この場合、毛利視点霊ロラっておけば狩人落ちる危険が減る。
(´・ω・`)他真なら偽or偽かもしれない霊吊れるって意味で。」
毛利元就 「グレランを選ぶ
それはもっと働けって事なんだろうね
まったく老人は労ろうよ」
黒タイツ 「リスクを好む狐は多いからなんとも言えぬ。
いつの世にもヒーローになりたがるやつは多いものさ。>ひより」
津田タカトシ 「割合、後半手順が面倒になりそうな予感も正直するが」
リリーホワイト 「呪殺を出せと言うならば
狐候補を減らしてしまうグレランは嫌なのですが>こあくま」
こあくま 「ラインハルトさん視点に立ってみれば、狼1釣れててリリホワさんを今吊るす妥当性はないわけですし」
ニカ・ロバノフ 「ああ、そっか>らん豚
出荷しないでもっと越え太らせてやろう(飼料ぱらぱら)」
魂魄妖夢 「真狂という主張もだせるけど
なんで、ラインハルト視点狼しか出せないとおもいました?」
ラインハルト 「ゆっくり 君の発言は本当に真占い師に見えないね」
セイバー 「なにか?>妖夢」
守屋ひより 「なぜ狐目?
単独でしか動けない狐が語りで動くリスクって大きいと思う、それだけ」
魂魄妖夢 「セイバーさん、セイバーさん」
ルーミア 「グレランしろって言われても、既にラインハルトに投票済み系ルーミア」
ラインハルト 「グレランで攻めるのならそれはそれで良いと思うよ>こあくま」
ニカ・ロバノフ 「グレランするくらいならリリホワ吊りじゃないか?>津田
だってラインハルト残しってラインハルト真に見るって事だし」
セイバー 「貴方の私情なんて知ったことではないです>ニカ」
魂魄妖夢 「ふーむ??」
リリーホワイト 「それを吊らないというのは私を真見る気が無い
ということじゃないですか?」
黒タイツ 「元就視点そうなるな。ところで蘭さんを僕にください。>毛利」
魂魄妖夢 「>ひよりさん」
こあくま 「生きてるんだから銃殺出せばいいんじゃないでしょうか?>リリーさん」
萩村スズ 「共有者噛みだとあまり狩人に活躍の機会がなさそうなんですよね。>ラインハルト」
魂魄妖夢 「ん?読みましたけど
狐目?」
ゆっくり 「ラインハルト盲信したいならそれでもいいけど、正直盲信したくないのといつまでも霊能の話題を村の人たちにさせたくないんでロラ完遂でいいです>こあくま」
ラインハルト 「リリホワは高確率で狼だ 吊ったらLWの可能性が非常に高い>ニカ」
毛利元就 「ここでのラインハルト吊りは狩人保護という事しかないからね」
らん豚 「>ニカ
(´・ω・`)気持ちはわかるけど吊っちゃダメなのよ。
(´・ω・`)狼だった場合、狐さんが喜ぶだけだもの。」
セイバー 「ラインハルトの霊能結果は●
当然ですね貴方はそういうしかないでしょうし」
リリーホワイト 「私の真を切るというのならそう言ってください
カンパー●という結果を出したラインハルトは私視点偽確定ですので」
守屋ひより 「●ならロラ続行でいいと思う」
津田タカトシ 「グレラン?」
萩村スズ 「いやあ、私もうっかりしそうだなあ。仕方ないわよね。」
ラインハルト 「狩人保護という意味ではローラー安定だと思うがね>こあくま」
ニカ・ロバノフ 「俺は……ターニャ一筋だ!>セイバー」
魂魄妖夢 「それ、リリーさん真切るのに等しいと思いますが>こあくま」
こあくま 「霊初日に言及してるような人が複数出てるような状況での霊COで
ローラーを敢行してくれると思うのは大きな間違いだって、そう思い知らせてやりますよ
ラインハルトさんの偽の可能性はありえますが、カンパーさんの真はありえない──それがこあくまの結論です」
ルーミア 「狼なぁ。あれで狼。うーん」
ニカ・ロバノフ 「正直リリホワ吊らない? って俺は思うんだけどね
カンパーの出方がもの凄く霊能乗っ取りっぽく見えてさ」
守屋ひより 「一応その辺については今日回答してるよ>妖夢」
津田タカトシ 「共有噛みね
ま、ならローラー続行なんだが」
リリーホワイト 「なんでですか?>こあくま」
黒タイツ 「ほう、セイバーの噛みに対する感想は狩人探す気ない、か。」
セイバー 「ニカロバノフ大人気ですね羨ましい」
萩村スズ 「あ、ですよね。」
ラインハルト 「共有が噛まれたが狩人は生きているだろう
毛利の結果が残れば良い では霊能ローラーをしたまえ」
ルーミア 「シーナの共有COを見逃していたから。以上>ニカ・ロバノフ」
魂魄妖夢 「ん?グレランですか?」
らん豚 「(´・ω・`)まあロラって明日考えようでいいわよね。」
リリーホワイト 「まあ、ラインハルトとしては●を出さないと
昨日自分で言った内訳が分からなくなりますからね
そして共有噛みですか」
萩村スズ 「とても妥当なのでラインハルトさんを残しても良いかなぁと思わなくもないですが、
そこはまあ厳しくいきましょうか。」
こあくま 「じゃあ、グレランしましょうか?」
ゆっくり 「やっぱり信用しにきたか」
毛利元就 「なるほど霊能の対抗は●であると」
ルーミア は ラインハルト に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ 「ルーミアと黒タイツに関しては霊能2COに共有のお遊びとか言ってたのが気になった
そのくらい」
こあくま 「おや、こあくまの独断と暴走を止めてくれる人が死んでしまいました」
ラインハルト 「そしてゆっくりの昨日の発言
真には見えない 狂人であろう 毛利真で良い」
セイバー 「共有噛みですか、狼狩人探す気有りませんね」
魂魄妖夢 「前日の主張どおり、ラインハルトさんからは●と」
津田タカトシ 「いやついウッカリ>萩村」
らん豚 「(´・ω・`)共有噛みとからんらんの頭はげ上がりそうよ。」
黒タイツ 「くっくっくっくっく。」
ルーミア 「そういう訳でもかなったらしい。」
ゆっくり 「個人的にはラインハルトのほうが狼だと思ってるんで霊能潰して信用勝負になった時にラインハルトと対応してるとこに狼いると思う。そうなると次の発言が擦り寄りに見えてくるんだよねーこれ。
◇ニカ・ロバノフ(86) 「ゆっくりか毛利で詰めて行きたいな、俺
ラインハルトの出方は真狂っぽいし」」
リリーホワイト 「理由
乗っ取り狙ってきたと見れるのが気になりましたね
ラインハルトに投票うんぬんは場所が多いのでしょうがないですが
乗っ取り狙いだと何でわかったのでしょう?
対抗が二人いて、というのでちょっと霊能2騙りは考えにくいものですが
何か知っているのならそこかなと」
毛利元就 「理由
狐が動いている 2W騙り
どちらにしても狼を見つけることが急務だろうね
グレーの中で生き残りを目指していると感じるのはここだ
霊能関連の発言で少しそれを感じる」
らん豚 「            テレッテレーレー テレッテレーレー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡⌒ ミ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ―――― と(´・ω・`)        ̄ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄  ――――‐/  ⊂_ノ    ―――__    ――
      ――     ./ /⌒ソ
     ̄ ̄       -'´       ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            U S U G E M A N」
魂魄妖夢 「守屋ひより(117)
「真狼狼か真狼狐でしょ?前者の可能性が高いんじゃね?」

なぜ、前者の方が高いと思ったのですか??」
ラインハルト 「リリー狼で見て良いぞ」
こあくま 「おはよーございまーす」
ニカ・ロバノフ 「ルーミア、セイバー、黒タイツがなんとなく気になった感じかな
セイバーはチルノは名前で確認してるのにラインハルトはただ霊能って言うのが
なぁんか、チルノを何か見えていたように見えた」
魂魄妖夢 「ふむ」
津田タカトシ 「おはよう
結果は?」
守屋ひより 「おはよう

まず津田、霊ロラだって言ってるのに何故スズに投票してるの?

それとルーミア、狐がアグレッシブに騙りで出てる可能性と潜伏してる可能性を比べるとどっちが高いと思う?
狐の可能性を見てなかったのは別に視点漏れとかじゃないと思うのだが?」
ルーミア 「2騙りすると決めてたにしては出方がちょい微妙だから、サーヴァント・カンパー狐目、ラインハルト真目っぽい感じに思える
サーヴァント・カンパーが初手で○を貰い、初手囲い疑いになるかも+霊能がいない気がすると思って霊能を乗っ取りにでたという風に見えるから。」
リリーホワイト 「占い春がCOい らん豚○」
セイバー 「おはようございます
COお願いします」
毛利元就 「占いCO ニカ・ロバノフ○」
萩村スズ 「おはようございます。
津田が死にたいらしいので占って●を出した占い師を信用すれば良いかな、
と少し思いました。」
ゆっくり 「占いCO ニカ・ロバノフ○」
ニカ・ロバノフ 「おはよう」
黒タイツ 「ふっふっふっふっふ。」
ラインハルト 「霊能CO サーヴァント・カンパーの魂の色は ●だ」
らん豚 「(´・ω・`)らんらん♪ らんらん♪ らんらん!?」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シーナさんの遺言  ,.-''":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\,,,,_
.'´,:::::::::::,::::::::::;;:::::::::::::::::::::',"""''ヾ'''
//:::,::/:/::iヽ;;i::,:::, ::::::::::::i:::::/ : ,-
:/ ,.',./:/:::i''"`l::l::;;i .i:::ヽ::i /:::i:::i',.      共有者だよ。
/ //:/ i l::|  i:;i:::--..,,,_|:::l::i::/ :::l;
/::i::i:,.-tT'、  ','i::i:,..- 、::T'l :i..::::::i::: 
,'::::i::i:::i '゙い /' iハ i::: ツ、::l:├、.;i::
l::i、i::::::', `     '、''´ i,'::::iヲ,':,':::.
i::iヽ:i',:::',  ,:::       /イ:::i '::ヽ__     相方はこあくまさん
ヾ、 i ヾ,:ヽ、 __     'イ.::::l::/::: :
    /:::,:::丶、   ,.-'ノ.::/i::::::: ::.
    /:::/i:::::| i┌ ''´/:/ヲi:::::: : i
.  /::/ |i',:::| ト"''/,,/ 彡イ : : : /
  i::,'  リ丶V"/:,.'-─ヾ ")、::: : :i
.  i::i   ,.-i,i,.i:i  :::::::::ヽ,i : i\
  i:i  ,i,,;;, ,',-':::: ___:::::\',::i::i. \ 
サーヴァント・カンパーさんの遺言 れいのーCO

占いだけ見るなら、発言をざっとしか見れてないけど
内訳確定気味のゆっくりが妙に悪い印象に思えるよ
シーナ は無残な姿で発見されました
(シーナ は人狼の餌食になったようです)
リリーホワイト は シーナ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー(人狼) 「意外と見てる人が居ますからタイミングはずらさないとね」
ルーミアの独り言 「にしても、ちょいチルノが真っぽく見えない感」
シーナ(共有者) 「ラインハルト自体は霊能初日かどうかとは言ってないしね。
まぁ、明日吊るんだけど」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「 」
リリーホワイト(人狼) 「変に気張らず
思ったことを言うだけでいいですよ
でも狩人日記は用意しておいてください」
セイバー(人狼) 「 」
魂魄妖夢の独り言 「どちらかというと、狼がでてきてるという主張の
ラインハルトが何を出すかに興味がわきますね」
セイバー(人狼) 「 」
セイバー(人狼) 「了解」
ラインハルトの独り言 「ゆっくりは真に見えない」
萩村スズ(妖狐) 「狩人日記、良いかなぁ……。寒いし。」
リリーホワイト(人狼) 「ッちょっと吠エ増やしお願いします」
セイバー(人狼) 「そうですね」
こあくま(共有者) 「霊能初日を唱えた人が、こあくま以外にもいる状況での霊COですから
ほぼ乗っ取り狙いのそれであると見て疑いを差し挟む余地はないかと」
シーナ(共有者) 「ふむふむ、それはちょっと頼もしかったり、面白かったり>本気と書いてマジと読む」
リリーホワイト(人狼) 「共有を一人減らしつつ
狐対応しつつ、その上で狐狩人を囲わないよう○投げ」
黒タイツ は 毛利元就 の護衛に付きました
魂魄妖夢の独り言 「まあ、ならラインハルト吊りでよかったんですがね」
ゆっくりの独り言 「まあ呪殺出なけりゃいいけど」
ゆっくりの独り言 「地味にめんどい」
シーナ(共有者) 「霊能初日で霊両方偽あるんじゃないかなぁとやや期待しながら明日を待つ」
毛利元就 は ニカ・ロバノフ を占います
守屋ひよりの独り言 「.: .│ .: .: .: .: .: .:|.: :ハ ト;:| _゙、 .: .: .: ハ
.: .: | .: .: .: : : : : |: .:U レ|⌒ !: .: .: .: ハ
: : : i.: .: .: .: .: .: :| .: .: i! l|   !.: .: .:.l、ハ
: : : :i.: .: .: .: .: .: | : : : |  |   │ .: .: lkハ
: : : : i.: .: .: .: .: .::l: : :│ヽ|   |.: .: | :|ヘ.:|
.: .: .: :i .: .: .: .: .: .l.: : :|     !.: .: |k:| リ
.: .: : .: i .: .: .: .: .: i! .: |__  |.: .: | l:|
.: .: /⌒;: .: .: .: .: |ハ: |〓〓 .{! : .:| |
.:. .:{  ∨.: .: .: .: | ヽ:|  i!  j、: :j
.: .: .\__,∨.: .: .: .|  ヾ  弋ノノ /
.: .: .: .: .:ノ ∨.: .: .:|   | フ /: /
: : : : ::/   ∨.: .: |._´.イ:: : /
.: .: : √≧、_ |∨ .: |    ∨:/
.: .: :/_     ̄∨ :|     ∨
.: ./  ̄\    ヾ;|

霊ロラだって言ってるのに…」
リリーホワイト(人狼) 「別にそういうのは考えなくていいですよ
なんかおかしくないですかと言い張るだけでいいです」
ルーミアの独り言 「2騙りをするつもり、もしくは霊能を乗っ取るつもりで初手で囲ってそこから霊能COするつもりであったとすると」
守屋ひよりの独り言 「津田ェ…」
こあくま(共有者) 「こあくまはいつだって本気と書いてマジと読みますからね」
魂魄妖夢の独り言 「そもそも、真霊能があの速度で霊能カウンターCOするとは思えないというのがひとつ」
リリーホワイト(人狼) 「吊りはラインハルトまで決まっているので」
セイバー(人狼) 「さて投票理由でも考えて頑張りますか」
ルーミアの独り言 「ラインハルトの出方はさほど真目の行動にはならない」
リリーホワイト(人狼) 「 」
毛利元就の独り言 「さて…LW位置を探してみよう」
リリーホワイト(人狼) 「久しぶりに信用行きますか」
魂魄妖夢の独り言 「ラインハルトはどっちかというと、狂人ですね」
ラインハルトの独り言 「さて サーヴァントは何色だろうね」
リリーホワイト(人狼) 「うん、何でできちゃいましたかと言いたいですが
まあ、しょうがないですね」
萩村スズ(妖狐) 「後、津田は殴る。」
ルーミアの独り言 「最初から2騙りをするつもりであったとするのならば」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)そんな印象。」
シーナ(共有者) 「ローラーしたら、ひよりを吊りたいなという気分。
狐交じりを最初考えないどころか、狼2騙りの方が濃厚という辺りがハテナ気味。」
魂魄妖夢の独り言 「狼足りえるはサーヴァント」
セイバー(人狼) 「私が発見されたらおしまいですねこれ」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)セイバー吊ればグレー人外吊れるんじゃない?」
魂魄妖夢の独り言 「ふーむ」
萩村スズ(妖狐) 「真狂狼-真狼狐とか真狼狼-真狂狐とかにすれば良かった!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
サーヴァント・カンパー は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
津田タカトシ0 票投票先 1 票 →萩村スズ
萩村スズ1 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
守屋ひより0 票投票先 1 票 →ラインハルト
リリーホワイト0 票投票先 1 票 →ラインハルト
セイバー0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
シーナ0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
黒タイツ0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
ルーミア0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
ゆっくり0 票投票先 1 票 →ラインハルト
毛利元就0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
魂魄妖夢0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
サーヴァント・カンパー11 票投票先 1 票 →ラインハルト
らん豚0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
ニカ・ロバノフ0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
こあくま0 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
ラインハルト4 票投票先 1 票 →サーヴァント・カンパー
サーヴァント・カンパー は ラインハルト に処刑投票しました
リリーホワイト は ラインハルト に処刑投票しました
津田タカトシ は 萩村スズ に処刑投票しました
ニカ・ロバノフ は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
ゆっくり は ラインハルト に処刑投票しました
ラインハルト は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
セイバー は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
守屋ひより は ラインハルト に処刑投票しました
魂魄妖夢 は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
毛利元就 は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
シーナ は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
ルーミア は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
らん豚 は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
萩村スズ は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
黒タイツ は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
守屋ひより 「真狼狼か真狼狐でしょ?前者の可能性が高いんじゃね?」
ゆっくり 「リリーが遅すぎるんで乗っ取り狙いは多分薄いような気がするな。むしろ霊能潰したくて出た気がする。その場合霊能真狼。ラインハルトのほうを狼に見たい。」
魂魄妖夢 「ただし、私としてはコレやるくらいなら噛み殺すとおもうので、ないかな…」
ラインハルト 「初日霊能と思っての狐の乗っ取り狙いはありえると私は見ているよ>タカトシ」
津田タカトシ 「どれでもあるはあるさ
真狼で見るなら、占い初手囲いだったんだって話だが>萩村」
サーヴァント・カンパー 「対抗占いで呪殺確定って結構難しいし
一応呪殺出ても偶数だから吊りは減らないけど」
らん豚 「(´・ω・`)いずれにせよ霊ロラ終わった時点でどうなってるかね。」
魂魄妖夢 「真狼狂-真狼」
守屋ひより 「狐あるなら霊能じゃなくて占い側だろう
それでも可能性は低いと思うけどね」
毛利元就 「狐混じりか それ以外か」
リリーホワイト 「霊能真狂なら占いの内訳どうなっているのかな
ってことになるんだよ!>ひより」
魂魄妖夢 「いえ、乗っ取りではなく
どちらかというと、霊能を潰しにきた
という見方もできます。其の場合、霊能を除去してからの
占い信用勝負という選択を取った狼という推測ができます>ルーミア」
サーヴァント・カンパー 「ただ占い妖狐混じりの場合を見ても
対抗占いはおすすめしないよ>占い師」
ニカ・ロバノフ 「んーと……ラインハルトは共有先に出させようとしたのか
まあ○ならそういう動きしても俺としては許容範囲ではあるけど」
ラインハルト 「なので どちらにせよ リリーの真は限りなく薄いと思うよ」
ルーミア 「ひよりの狐を考えていない3−2の内訳予想が視点漏れである可能性があると思うから占わないで吊ろう」
黒タイツ 「いや、名字が毛利だから聞いたのさ。>毛利」
萩村スズ 「むしろ二重○からでも……うっ、頭が……。」
守屋ひより 「霊能が真狂ならどっちも○で不自然ではない」
津田タカトシ 「狼初手囲い、って事になるのか?>占い視点

狐が霊騙りでこういう出方しないだろうし」
セイバー 「暫定○貰ってる2人はどちらも潜っていることが出来た位置なんですけどね
どちらかが狼の可能性が高いのは否めませんね」
毛利元就 「>黒タイツ
頭がとんがってるからそれを聞いたのかい?」
萩村スズ 「二重○からでもない限り、内訳はどれでもあると思うわよ。>津田タカトシ」
ラインハルト 「まぁ サーヴァントの色を見れば良いのだ
○ならば狐だろう 狂人が○を貰って霊能するメリットは無いに等しい」
シーナ 「しかし、3-2かぁ」
こあくま 「明日占い噛まれてたらー?
ラインハルトさんのほう真決め撃ってー?
残しちゃおうっかなぁー?(狼に対するアピール)」
らん豚 「(´・ω・`)3-2ってさ、狼2騙りか狐混じりかー、だけど。
(´・ω・`)乗っ取り狙って2騙りになった系な気がする。」
魂魄妖夢 「思うに、霊能真狂であるなら
ルーミアがいうように狐がでてきたことを
教えるために霊能にでてきたという見解ができます」
サーヴァント・カンパー 「対抗でCOしてきたラインハルトが狂人の方が濃いだろうから
ラインハルト視点では私狐か狼ってところだろうけどね」
守屋ひより 「3-2-2 か
真狼狼-真狂 か真狂狼-真狼 か」
リリーホワイト 「共有じゃなければ霊能ロラで
狼混じり、よりも狐混じりのほうが高いですかね?
少なくともカンパーは、あれですけど○結果出ていましたし」
ニカ・ロバノフ 「ゆっくりか毛利で詰めて行きたいな、俺
ラインハルトの出方は真狂っぽいし」
ルーミア 「狼が初手で○貰って乗っ取りに霊能にでたりするのだろうかという疑問」
萩村スズ 「即実行に一票を投じかけた私を止めてくれたのはラインハルトさんでした。」
毛利元就 「メモミスしてたようだね」
ラインハルト 「もしくは 初日霊能と思って乗っ取れると思った狐か否か」
魂魄妖夢 「ふーむ」
津田タカトシ 「ちょっと待て

暫定○二ヶ所から霊能?
内訳どうなってるんだ」
魂魄妖夢 「というより、着目すべきは
占い3にたいしてい霊能2ということですね」
黒タイツ 「俺は純粋極まりない黒タイツだ。共有ではない。
ところで君の親戚か何かに髪が尖っていて空手の強い女子高生がいないかね?>毛利」
セイバー 「シーナとこあくまが共有っと」
シーナ 「もっかいいうけど相方はこあくまさん。それじゃ、霊ロラ」
ゆっくり 「3-2で霊能共有混じらずっすか。もしかして対抗に狐でも混じってる?」
リリーホワイト 「呪殺もでもよかったし●でも良かった
でも吊っても良かったけど占いできるのなら
やらないとあれじゃないですか!>ルーミア」
こあくま は サーヴァント・カンパー に処刑投票しました
らん豚 「(´・ω・`)霊CO自体は遅かったのでさっくりロラした方が後顧の憂いが残らないわ。」
サーヴァント・カンパー 「共有がすでに二人いるから占い妖狐混じりとかも多少考えるかなって所」
守屋ひより 「霊能ロラかな
ハルトは潜伏するつもりだったのかね?>出方」
ラインハルト 「リリーとサーヴァントの2Wと思うよ」
ニカ・ロバノフ 「うん?>霊能二人
ああ、乗っ取りに出て来たんだろ片方は
多分カンパーが狼じゃないかなってそういう風に見える」
魂魄妖夢 「なんというか、不思議な光景をみた
両○より霊能CO」
こあくま 「サーヴァントカンパーさんを即吊するかどうか考える回を発足しようとした直後に
その設立意義が失われてしまいました。悲しいですね」
ルーミア 「と思ったら違ったでござるの巻き」
セイバー 「対抗霊能COってロラじゃないですかこれ」
萩村スズ 「まあ、遠慮なく轢きましょう。」
らん豚 「(´・ω・`)そして元就の○から対抗COが来ると。」
ルーミア 「共有のお遊びでしょ>霊能2」
サーヴァント・カンパー 「\それお互いさまだよ!/>ラインハルト」
黒タイツ 「\違った/」
毛利元就 「黒タイツは共有ではないのかな」
ゆっくり 「対抗の○が霊能とか微妙。私の中味は大して美味しくないんでお察しくださいな。」
シーナ 「相方はこあくまさんであっているよ。
それじゃぁ、後はそういうことで。」
セイバー 「霊能COはチルのですね」
魂魄妖夢 「んー?そうです?
様子見した占いって普通にあるとおも…
ってなんか霊能2に見えるんですけど」
ラインハルト 「霊能ローラーで良いぞ
対抗が狼の可能性が高い」
ルーミア 「むしろ「溶けそう」という意味で●よりも銃殺でしょう>リリーホワイト」
津田タカトシ 「で、霊能出ないと
面倒だな」
シーナ 「霊能は初日かと思ったら凄く遅くなって出てきた・・・けど、占い師の○に収まっているならまぁ納得」
ニカ・ロバノフ 「カンパーが遅いよターニャ……
こんな時俺はどうすれば良いんだ……」
らん豚 「(´・ω・`)リリホワの○から霊能が出てくるのね。」
守屋ひより 「うーん>霊能の出方」
黒タイツ 「どうせお前が共有なんだろ。俺には分かる。>サーヴァント」
リリーホワイト 「そして霊能でした、だと…!?」
毛利元就 「あとは霊・共に出てもらってもいいかな
早めに出てくれるとありがたい」
こあくま 「共有COします」
ラインハルト 「はい残念賞 対抗霊能CO」
萩村スズ 「うわぁ……。」
セイバー 「あ、3COですね
元就とゆっくりとリリー」
ニカ・ロバノフ 「霊能初日、と
占い師で詰めて行くか」
シーナ 「共有COだよ。」
ルーミア 「若干遅めで、占い2なら占いに出よう的な狐かもなっていうかんじだったから」
萩村スズ 「あれですか、潜伏霊能者とかいるんですか。」
守屋ひより 「霊能と共有もはよ」
魂魄妖夢 「やや時間差で占い3COですね>セイバー」
津田タカトシ 「萩村占われてるのか」
サーヴァント・カンパー 「/霊能CO\」
黒タイツ 「どうやら身代わり霊能らしいな。」
ニカ・ロバノフ 「霊能が居ないっぽいかこれ?」
こあくま 「おや霊能初日ですね」
ラインハルト 「では共有は出るが良い」
リリーホワイト 「そして○だった時のことを考えていなかったですよガッデム!」
らん豚 「(´・ω・`)霊能と共有もCOはよ。告知遅い運営は嫌われるわよ。」
シーナ 「占いは3で○進行と」
魂魄妖夢 「霊能さんも共有もどうぞ」
ルーミア 「リリーホワイトが狐かどうかくらい」
セイバー 「占い2COですか?」
毛利元就 「理由
君が農民のやる夫スレは面白かったんだ」
ゆっくり 「ほんとは彼女のおでこより下が欲しかったんで8番目狙ってたのに黒タイツに奪われました。訴訟。
仕返しに占おうかと思ったけど「急募特攻」なんて言われたら仮に占って●出た時困るので却下。仕方ないんでおでこ頂きます。」
ラインハルト 「占い3COだな」
ニカ・ロバノフ 「3占い師だな」
リリーホワイト 「理由
貴様がいるせいで気温が上がらないんだぁー!
というわけで初手占うのならここしかないですね
隣占いとかやっている暇なんてない!」
黒タイツ 「おはようございます、黒タイツです。
好きな女性のタイプは髪の一部が鋭く尖っていて空手が得意な人です。」
シーナ 「おはよう」
らん豚 「(´・ω・`)ここが新しい豚小屋ね。」
リリーホワイト 「占い春がCOい 寒波もといサーヴァント・カンパー○」
魂魄妖夢 「斬ればわかる!!
おはようございます」
ルーミア 「そーなのかー」
セイバー 「おはようございます何かCOありますか?」
こあくま 「おはよーございます」
ニカ・ロバノフ 「ふんふふーん♪
明日ターニャに会う時どの服来て行こうかなー♪」
黒タイツ 「ふっふっふっふっふ。」
ゆっくり 「占いCO 萩村スズ○」
サーヴァント・カンパー 「\さむい/」
毛利元就 「占いCO ラインハルト○」
ラインハルト 「グーテンモルゲン」
津田タカトシ 「おはよう
結果は?」
守屋ひより 「おはさむよう」
萩村スズ 「おはようございます。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言                    __ ,-―――‐--、   __
          __ 、_∠ ̄`ヽヽ二二``ヽヽ `ヾ|┌一'`ヽ
            /:::::::l l:::::>  ̄            ヽ',  .! !::::::::::::::ヘ―-、
         /::::::::/// //     |        l/  ヽ\::::::::::::ヘ   `ヽ、
.        /:::::::://   / / /     |           ヽ.、ヽ、:::::::l  \ \
.         |::::// / / / /     l  .!  \ ヽ     ヘ:ヽゝ'`ヽ!、   \ ヽ、
___, -――!:::ゝ',イ / / !      .!  | ヽ  ヽ ',    .l::::'|::::::::l| \   `  \
        ―!::::'::::::!/ /  | /  ∧  ', l  ト、\ ヽ ∨/   |::::l:::::::::|  `ヽ、     `ヽ、 昼AA自由、超過前噛みは狼に続行の意志がない場合
>/  /  |::::::[]:|   !   !lV ./  ヽ V  | , -=\l/l/   .!::::!}:::::::!\   \  \    \ GMはsarielです
/         '!::::::::::|   l   l! ,>==、ヽ   .! 弋-'ソイ   !.l !::/:::::::/   \   \  \    \
   /  ,、 ヘ:::::::::|/ /    ヽ弋ゝソ \ |   ̄,,,,,,l  ///:::::::::l |     ヽ      \   \
_/  ./}:| ./ `ー/ .l  / ヘ  ヽ'''''   、       ////:::::[]::::i |       \        \   `ー――-、_
      / ,'::!/   //vl ./\ ト--ゝ           ∠ -‐'(二)、::::::l |     ___\       \
´ / / /:::|,∧ /イl |.l/:::l | V   \   <二フ   ,イ/`∨ヘヽ-'/  、┴、-、一<-、___    \      ―-
/  ! l::/} ',  ゝ=/ ̄ ̄`ヽ、`      ̄  / .!/ ̄`il ` ̄     ヽ \ヽ__>_〉、‐一'      \
.   |/ ,イ|  ',   /        ',}ヽ\>-<   |    l.!       \ `ー- 、 ー-、ヽ  \     \
.   / /ー!.!〉 !  l        .!/` \-,ニニニヽ、_!|`ー、--- 、   \    \ .,'-、\  \
  / /ー ./   !   |         | /    ,_\ァ__       ヽ、,、,、/`ー、ヽ_   `ヽ>一'´::::::ヽ__ヽ   \
/ ',  ',  /   |  |       ,>!< ヽ |―l | ヾァ `ヽ      ̄ ̄ ̄`ヽ `ー、 /=、ヽ:::::::::::::::::ヘ \  `ー-
   l. ヘ `  /  .!      〈  /    .!::::::l」  ヾァ  ヽ           V  !、l::::::l」_ l|:::::/Τ::::::',  \
   .!  ヘ_ /   l      ∨.!     !:::::::::|   ヾァ   ',         lV .! .!::::::::://:::/::::l|:::::::::|    \
.  __|_ノ::::::ヽ、   ',       ヘ.!     !::::::::::!    ヘォ  l ヽ、        |ヘ l |::::::/´!:::::::::::l|:::::::::l       \
 /:/ヽ:::::::,-‐-、:\  ヘ ,-―一'`ヾ   |::::::::::|     ヘォ ,'    、      | ヘ| .|::::/:,-|::::::::::::l|::::::/
./:/  |::::::|::::::::::ヽ::ヘ  〈::::::::::::::::::::::ヽ   !::::::::::|       乂_    `>    V l! .!:/:l:l !:::::::::::::::::::|
{:::l  /:::::/::::::::::::::ヽ:|  V::(二ニ,-、::〉、_|:::::::::::!== <  ヘ'         ̄V V|'::!ヘゝ!:::::::::::::::::::|
. `ゝ'::::::/!、::::::::::::::::ヽ/:.|::::::::::::::ヽ、\ l:::::::::::|_      ヘァ          V ',!/:::::V::::/:::::::::l::::|
  ` ̄|::|ゞ、:::::::::::::::::\ .!:::::::::::::::::::ヽノ、〉一'::::::::::〉、      ヘァ        V V`>/:::/::::::::::::!::::!
     ',:Vノヽ:::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::::::::! ヽ:ヽ〉:::/ ヘ      ',ァ         V V:/:::/::::::::::::/:::::!
     V:::::::入:::::::::::::::::::::::::`ヽ、、:::::::|   |/:::::/   ヘ     ',ァ        ', !|::::l::::::::::::/::::::/
        ゝ-' \:::::::::::::::::::::::::::::: \:::!  .!:::::::|   〈      |>        l', .!!::::::::::::ノ:::::::/
            ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |:::::::ヘ  /ヽ     ',>           | l l|:::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::::::l  |::::::/〉'   |      |>        | l l|`ヽ::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::/ /::::::| /          |>         ∨l|   ̄ ̄
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
リリーホワイト は GM に狙いをつけました
「◆GM 投票目安は200を目処に早めにしてくれるとありがたい
トラブルなどの対応のリセットは1回のみ」
「◆GM あ、ちなみに少人数だと思って遺言に狐遺言禁止の文言入ってないけど
狐遺言禁止なんで狐引いた人気をつけてね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サーヴァント・カンパー(人狼) 「あたい●見たらあたい●にしてCOしてもいいよ」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「はいはーい」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「信用路線頑張って!
\さむい/」
守屋ひよりの独り言 「引くわぁ>GM」
リリーホワイト(人狼) 「というわけで200に噛みますね」
シーナ(共有者) 「だね。初日に呪殺が起きて占い1だったら楽だなと思って待っていようかな」
黒タイツの独り言 「実にそそられるGMだ。村を立ててくれたことに感謝するぞ。」
セイバー(人狼) 「信頼やるなら霊能噛みですね
早めに狩人を見つけないと」
リリーホワイト(人狼) 「即噛み路線でもいいですし
信用路線でも面白そうですよね!」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「だがそれがいい>真狂―真狼ロラ」
黒タイツの独り言 「ほう・・・やるじゃないか!>GM」
ニカ・ロバノフの独り言 「村建てありがとう!>GM」
「◆GM 紫の金ラメ入りって答えたらどうする?>該当者」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「じゃありりほわ騙りに出して信頼やったり占い噛みしたり狐探ししたりして
セイバーがLWで」
こあくま(共有者) 「なるようになれ、ですよ」
ゆっくりの独り言 「騙りなんて鍋含めても滅茶苦茶久々なんで」
萩村スズ(妖狐) 「津田に特攻……うっ、頭が……。」
セイバー(人狼) 「それ霊能ロラされるだけじゃ無いですか?>2-2」
守屋ひよりの独り言 「気楽に行こうかね」
萩村スズ(妖狐) 「村建てありがとうございます。>GM」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「\りりーかたるのか! あたししょてまる!/」
シーナ(共有者) 「私自身は特にやることもなく初日はFOしたいなと思うだけとは」
黒タイツの独り言 「パンツの色は?>GM」
リリーホワイト(人狼) 「カンパーを占わずにはいられない!」
守屋ひよりの独り言 「役職当たることが多かったからねぇ」
萩村スズ(妖狐) 「狂人で霊能者騙りしようとしてたんだけど。」
セイバー(人狼) 「誰が語りに出ますか?」
黒タイツの独り言 「ネタ吊りされる気がしてならない。」
「◆GM GMはsariel それではどの陣営も勝利目指して頑張ってください」
ゆっくりの独り言 「そんじゃ普通に破綻しに行けばいいでしょうかね」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「なんとなく霊騙りして2-2にして占いべーぐるとかどーう?」
リリーホワイト(人狼) 「私が○を投げるので
セイバーはLW役頑張りましょう!」
毛利元就 は ラインハルト を占います
セイバー(人狼) 「妖精繋がりとサーバント繋がりですね」
守屋ひよりの独り言 「.: .│ .: .: .: .: .: .:|.: .: .::ト;:| _゙、 .: .: .: ハ
.: .: | .: .: .: : : : : |: .: .: レ|⌒ !: .: .: .: ハ
: : : i.: .: .: .: .: .: :| .: .: i! l|   !.: .: .:.l、ハ
: : : :i.: .: .: .: .: .: | : : : |  |   │ .: .: lkハ
: : : : i.: .: .: .: .: .::l: : :│     |.: .: | :|ヘ.:|
.: .: .: :i .: .: .: .: .: .l.: : :|   ∩ !.: .: |k:| リ
.: .: : .: i .: .: .: .: .: i! .: |  |│ |.: .: | l:|
.: .: /⌒;: .: .: .: .: |ハ: |   U {! : .:| |
.:. .:{  ∨.: .: .: .: | ヽ:|  i!  j、: :j
.: .: .\__,∨.: .: .: .|  ヾ  弋ノノ /
.: .: .: .: .:ノ ∨.: .: .:|   ( フ /: /
: : : : ::/   ∨.: .: |._  イ:: : /
.: .: : √≧、_ |∨ .: |     ∨:/
.: .: :/_     ̄∨ :|     ∨
.: ./  ̄\    ヾ;|

なんか素村も久しぶりッスねぇ>守屋さん」
黒タイツの独り言 「ふっふっふっふっふ。」
こあくま(共有者) 「よろしくおねがいしまーす」
毛利元就の独り言 「おや?
のんびりしようと思ったのに働けというのかい」
らん豚の独り言 「(´・ω・`)村建てありがとうなの。」
萩村スズ(妖狐) 「狂人が良かったんだけどね。>狐」
セイバー(人狼) 「よろしく」
サーヴァント・カンパー(人狼) 「\なんかつながってる/」
こあくま(共有者) 「およよ」
魂魄妖夢の独り言 「狼という気分ではないので、ちょっと安堵」
ラインハルトの独り言 「また霊能か」
リリーホワイト(人狼) 「なんですと」
守屋ひよりの独り言 「村建て感謝>GM」
シーナ(共有者) 「共有と。よろしくね」
ニカ・ロバノフの独り言 「素村、だな」
魂魄妖夢の独り言 「ふー」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2014/02/07 (Fri) 20:17:00
津田タカトシ 「開始」
津田タカトシ 「1」
津田タカトシ 「2」
魂魄妖夢 「…死亡フラグに見えるのは気のせいでしょうか>ロバノフ」
サーヴァント・カンパー 「とおう
あんたがあたいのはるか!」
黒タイツ 「急募特攻。」
津田タカトシ 「改めて
3」
寒波 「寒波 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:寒波 → サーヴァント・カンパー」
ニカ・ロバノフ 「俺……ターニャって恋人ができたんだ……へへ///」
ニカ・ロバノフ 「よいしょっと」
らん豚 「(´・ω・`)カウント始めたらズザーが増える。
(´・ω・`)やる夫村あるあるね。」
GM 「それでは各員さっくり投票どうぞ」
ラインハルト 「おや 小人数なので軽くやろうと思ったが最後だったか」
毛利元就 「埋まったようだね
コタツでのんびりやろう」
セイバー 「丁度埋まりましたね」
魂魄妖夢 「埋まりましたねw」
守屋ひより 「こんばんわ」
ゆっくり 「結局埋まるんかい!」
セイバー 「あと一人で埋まりますね」
こあくま 「よいしょっと」
ラインハルト が村の集会場にやってきました
ニカ・ロバノフ 「ニカ・ロバノフ さんが登録情報を変更しました。」
ゆっくり 「15なら待つべき」
津田タカトシ 「っと
よろしくな」
こあくま が村の集会場にやってきました
GM 「入るならお早めにどうぞ>観戦者」
リリーホワイト 「あっと一人!あっと一人!」
守屋ひより 「こんばんわ」
GM 「15か」
津田タカトシ 「じゃカウント
3」
ニカ・ロバノフ 「よろしくー」
GM 「ではカウントどうぞ」
らん豚 「(´・ω・`)お待たせしたわ。準備できたの。」
ニカ・ロバノフ が村の集会場にやってきました
シーナ 「あ、本当だ。真闇だけど建つんだね>探偵鍋」
GM 「14人なら勝負になるし」
寒波 「\あたいうぃんたー/」
ゆっくり 「それじゃサクっと始めよっか。15人目来たら待とう」
守屋ひより 「こんばんわ」
GM 「ただまぁ22時の鍋探偵行きたい人もいるだろうし開始でいいと思われる」
守屋ひより 「テトリス側の攻撃でおじゃまぷよが降ってきて
ぷよぷよ側の攻撃で下から上がってくるんじゃないかなぁ」
リリーホワイト 「貴様のせいかぁー!>寒波」
寒波 「\さむい/」
GM 「いらっしゃい」
リリーホワイト 「あと3人ぐらいなら埋まりそうですね」
魂魄妖夢 「魂魄妖夢 さんが登録情報を変更しました。」
セイバー 「ぷよぷよが連鎖したら相手におじゃまぷよ
テトリスがブロック消したら相手のブロックがせり上がる?」
らん豚 「(´・ω・`)らんらん♪」
らん豚 が村の集会場にやってきました
寒波 が村の集会場にやってきました
黒タイツ 「はっはっはっはっはっは。」
ゆっくり 「それ連鎖した時どーすんの・・・>テトリスvsぷよぷよ」
GM 「それ勝負になんのか?>片方テトリス片方ぷよぷよ」
津田タカトシ 「テトリスの時間中はテトリスブロックが
ぷよぷよの時間中はぷよが降ってくるらしい>セイバー」
魂魄妖夢 「こんばんは」
守屋ひより 「こんばんわ」
魂魄妖夢 が村の集会場にやってきました
シーナ 「いや、「テトリス形式のとぷよぷよ形式」ので対戦できるという奴。」
守屋ひより 「こんばんわ」
守屋ひより 「違うw
対戦で片方がテトリス、もう片方がぷよぷよ」
毛利元就 「よろしくね」
GM 「じゃあ津田くんは任意のタイミングでカウントどうぞ」
リリーホワイト 「暖かくないと春じゃねえ」
毛利元就 が村の集会場にやってきました
リリーホワイト 「それは春が来始めますよーってだけですから…>ひより」
津田タカトシ 「123を春とした時もあったとかなかったとか。
だから新年になると新春と呼ぶらしい」
セイバー 「テトリスブロックとぷよぷよが交互に落ちてくるのですか?」
ゆっくり 「遅かったか。よろしく。」
シーナ 「マネーエクスチェンジャーってのもあったなぁ……」
守屋ひより 「いや立春は過ぎてるよ?>リリー」
セイバー 「後2人は欲しいですね」
守屋ひより 「こんばんわ」
守屋ひより 「そうそう なんか「ぱずるだまVSとっかえだま」みたいなw」
リリーホワイト 「旧暦でもまだ冬なんですが…>ひより
2月までは冬だね」
ゆっくり が村の集会場にやってきました
シーナ 「うん、そうだね>津田さん」
GM 「いらっしゃい」
ルーミア 「そーなのかー」
黒タイツ 「ふっふっふっふっふ。」
津田タカトシ 「今度テトリスとコラボするんだっけか>ぷよぷよ」
ルーミア が村の集会場にやってきました
黒タイツ が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「レティに伝えといて、暦の上ではもう春だから暴れるなって>リリー」
リリーホワイト 「紅茶が温い
まだ人が集まりませんねー。やっぱり寒いせいか」
シーナ 「「ぷよぷよ」もその例だよね。原作の「魔導物語」を元にしたパズルゲームだったんだけど」
シーナ 「ん、よろしく。・・・本当に寒い季節だね」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → シーナ
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 7447 (シーナ2)」
守屋ひより 「あるある」
GM 「8人未満なら降りようかなぐらい。延長はしない予定でござる」
GM 「人気出て単品で出るっていうのはよくある話である」
津田タカトシ 「まあ当たらずも遠からず>ひより」
守屋ひより 「あずまんがドンジャラみたいな、か?>実際に単体発売」
津田タカトシ 「こんばんは」
津田タカトシ 「>ひより
作中のミニゲームだな
あんまりに人気すぎて一回、単体で発売されてる」
セイバー 「こんばんは」
守屋ひより 「こんばんわ」
kari 「こんばんはっと」
守屋ひより 「花札ねぇ…あの手のグッズってなかなか使う機会が無いよね
うちにあるマリオh名札とかモンハン花札みたいに」
セイバー 「普通のゲーム買ってもやる暇が有りませんね(´・ω・`)」
GM 「いらっしゃい」
GM 「花札だけあれば十分って意見もないわけじゃない」
kari が村の集会場にやってきました
津田タカトシ 「アヴェンジャーとカレンに声がつくだけで俺的には買いなんだがな
花札もDLできるらしいし」
萩村スズ 「Heaven's Feelとかどうなんですかね。」
津田タカトシ 「同じく>ノーコメント」
守屋ひより 「ホロウときくとブリーチが先に思いつく…」
GM 「イリヤルートあるの?ないの?それだけで考えるわ」
GM 「今更ホロウもなぁ」
守屋ひより 「そういう話に拒否反応しめすのが一人、やたら弱いのが一人…」
津田タカトシ 「そういえば色々新しくなって発売されてたな>フェイト

ホロウもようやく家庭用に移植されるし」
萩村スズ 「ノーコメントで。私たちの周りは参考になりませんし。」
GM 「むしろこの手の話は男子より女子のほうがあれってのは聞くけど実際どうなん?」
守屋ひより 「×まっかり ○ばっかり」
萩村スズ 「……忘れてるけど。」
守屋ひより 「そうかいね
私の周りでは女の子まっかりの集まりが普通なのでそういう系統の話にはならんね」
萩村スズ 「アイドルの漫画もあったわね。
アニメの主題歌はそのユニットが歌ってることになってるアレ。」
津田タカトシ 「棒、穴掘る、で変に反応されないってのは気が楽だな」
守屋ひより 「ああ、別名「破壊神」さんのことかw」
GM 「いらっしゃい」
リリーホワイト 「むしろ春が来い
早く春ですよーと言いたい…!」
GM 「普通に生徒会役員共の世界だと女のほうが積極的に反応するんや>ひより」
セイバー 「こんばんはよろしくお願いします」
守屋ひより 「こんばんわ」
津田タカトシ 「ああ、悪い萩村。某穴掘るアイドルと間違えた」
萩村スズ 「会長たちがいないだけそういう意味じゃマシよね。」
セイバー が村の集会場にやってきました
リリーホワイト 「さむい。早く雪が解けてほしい
よろしく」
守屋ひより 「こんばんわ」
GM 「いらっしゃい」
守屋ひより 「いうても女性ばっかりだし>周囲」
リリーホワイト が村の集会場にやってきました
津田タカトシ 「ツッコム、で変な反応されないだけでこの村はマシと思える俺の感性もかなり毒されだしてる気がしなくもない」
守屋ひより 「同じおかずでご飯何杯もいけるみたいなもんだもんね」
萩村スズ 「磯野、名前名前。」
GM 「同じネタだけでいけるってやっぱすごいよね」
津田タカトシ 「いや、単なる事実だそ萩原。除雪車が脇に追いやった雪が頭上を越える壁になってる様は結構圧巻だよ
萩村スズ 「>10年間下ネタのみで生き残ってきた、稀有な漫画家である。
ェ……。」
萩村スズ 「今調べたらアレ、作者のデビュー作でした。>GM
初期の絵とか結構懐かしいですよね。」
守屋ひより 「ツンデレ気候…」
津田タカトシ 「正直、俺の個性なんてツッコミ以外だとごくごく普通の男子高校生ってぐらいしかないからRPすることなんて特にないしな>GM」
GM 「お、ツンデレか?」
萩村スズ 「そんなに蹴られたいか津田、そうかそうか。」
守屋ひより 「アイコン?私などは私以外誰も使っておりませぬが」
津田タカトシ 「別に萩原でなくても人が埋まるぐらい降る地域は降るもんだ」
GM 「二期やってるからなんとかなるんじゃない?
同じ作者だと「妹は思春期」のほうが好きだったけど」
萩村スズ 「畑さんが偶にエ○同人みたいにとか言うぐらいじゃない?」
津田タカトシ 「それは雪国だった、だ」
津田タカトシ 「っと。こんばんは」
守屋ひより 「あれでしょ
「トンネルを抜けるとそこは向こう側だった」って始まり方の」
津田タカトシ 「どうでもいいが、俺達のアイコンあんなにあってもあまり使われないだろ」
萩村スズ 「雪国は大変そうですよね。」
GM 「いらっしゃい」
守屋ひより 「こんばんわ」
守屋ひより が村の集会場にやってきました
萩村スズ 「わあ、蹴りたい……。」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 津田タカトシ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3537 (津田タカトシ)」
GM 「ちなみにスズ埋まりそうなぐらい雪振ったらやばいからね?」
萩村スズ 「認めない、雪に埋まりそうとか絶対に認めませんからね!」
萩村スズ 「台付きって何なんですか、ちゃんとアイコンあったでしょう。」
GM 「ここにスズ↓」
萩村スズ 「おい、カメラ止めろ。」
萩村スズ が村の集会場にやってきました
「こんばんは」
GM 「いらっしゃい」
仮 が村の集会場にやってきました
GM 「20:10開始予定埋まり次第前倒し それでは報告してきます」
GM 「・昼AA自由
・狐遺言禁止
・超過前噛みは狼側に続行の意志がない場合」
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、
人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
村作成:2014/02/07 (Fri) 19:42:30