←戻る
【紅2179】やる夫達の普通村 [3977番地]
~漏れたのではない。修羅と遊びたくなっただけだ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する静寂村
1 2 3 4 5 6 7 8
icon ボコボコ@GM
 (dummy_boy)
[村人]
[爆睡者]
(死亡)
icon めぐみん
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[霊能者]
[爆睡者]
(生存中)
icon 十六夜咲夜
 (かな◆
X7kkkkkkkk)
[村人]
[爆睡者]
(死亡)
icon 雪華綺晶
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[村人]
[爆睡者]
(生存中)
icon 薔薇水晶
 (すがり◆
R555//ylUA)
[人狼]
[爆睡者]
(死亡)
icon ジュン
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[村人]
[爆睡者]
(死亡)
icon 水銀燈
 (◆
LazwardZiQ)
[狂人]
[爆睡者]
(死亡)
icon 宇佐見蓮子
 (◆
URvTWjrI3g)
[村人]
[爆睡者]
(生存中)
icon 蒼星石
 (平家一門◆
v40Ah.wq0A)
[共有者]
[爆睡者]
(死亡)
icon 津田タカトシ
 (¥1=$2014◆
nXMpvBeEos)
[妖狐]
[爆睡者]
(死亡)
icon 金糸雀
 (lion◆
j/NqGsCTAc)
[村人]
[爆睡者]
(死亡)
icon 禿
 (町人B◆
lllllllllA)
[狩人]
[爆睡者]
(死亡)
icon ALICE
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[占い師]
[爆睡者]
(死亡)
icon 鍵山雛
 (◆
Y1/ZARD/7U)
[人狼]
[爆睡者]
(死亡)
icon セイバー
 (Fide◆
hDtIEnxuP8L1)
[村人]
[爆睡者]
(死亡)
icon ザビ子
 (由◆
VyD0jc/qCs)
[人狼]
[爆睡者]
(死亡)
icon 妖夢
 (12346◆
with5qq2Qg)
[共有者]
[爆睡者]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
妖夢 「かったかな?」
禿 「おう、ありがとう <ザビ子」
ジュン 「2−1−1で狼決まりそうな気がする」
水銀燈 「あら
ザビ子さんってもしかして昔ヴィクトリカのぉ?」
津田タカトシ 「これ引き分けになる気しないんですけど
悲しいなぁ・・・」
妖夢 「最後身内いれてたらなー」
金糸雀 「流石に1000もうすぐ行く人がそれは>十六夜」
ALICE 「なおそこの十六夜はそれに加えて札幌ドームにもいた模様」
蒼星石 「マジ可>ザビ子
風見さん喜ぶと思うよ
物凄いリスペクトしてたと思うし・・・2年か3年前のことだけど」
ALICE 「東京ドームと名古屋ドームとヤフーBBスタジアムで同時に見かけたことだってあるからな、薔薇水晶を」
十六夜咲夜 「かなさんは初心者やけえ、まだまだメキメキ上達するから(震え声」
金糸雀 「久々の方がなんか残れる」
ジュン 「ホルスタインさん>ばらしー」
ザビ子 「禿さんのトリップがなんか面白くて好きだ」
水銀燈 「私なんてこの2ヶ月で5回くらいしか村に入ってないわぁ」
十六夜咲夜
禿 「私は上達を半分あきらめかけてる」
蒼星石 「そういえばすがりさんって初めて見る人だね」
金糸雀 「最近また村に入るようになったけどどんどん動けなくなってる気がする」
ザビ子 「いやそれが、私は割と頻繁に村に出入りしているorz>蒼星石」
ALICE 「場数が違うのよ>ザビ子
薔薇水晶は全盛期の衣笠選手ばりに出場しているもの」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「久しぶりだもん仕方ないよ>ザビ子
私もちょっと間が空いてこれだもん
感覚なんか取り戻すぐらいどっぷり入らないとなかなか難しいわ」
津田タカトシ 「俺も俺も!>上達できる気がしない」
妖夢 「前はこう、いつもドタバタしてるっておもったけどうん。悪くない気がすこしする」
ALICE 「薔薇水晶は初日から一貫しているからな。あそこは手強いだろ、最後までわからなかった」
妖夢 「すがりさん見ててなんとなく、うん、わりとわるくない>発言」
ザビ子 「すごいな。私は全く上達できている気がしない」
ALICE 「『ごめんなさいね、逃げ切っちゃって。でもこれが正史だから』って真紅さんから伝言が>水銀燈
俺はただのメッセンジャーよ」
蒼星石 「ひゅっー!>アリス」
妖夢 「でもばらしー発言悪くないな。少し上手になったきがする」
津田タカトシ 「今年は全然食べてないゾ>ミカン
そういえばそういう統計が出てたような気もしなくもない」
蒼星石 「そもそもこの村自体が既に異質のアリスゲームだしねw>カナリヤ
終幕もこの対決ならまたアリスゲームだわさ」
ザビ子 「卵……アリーナにあったか? 桜迷宮にはないだろうけど」
水銀燈 「あなた漫画がおわったからって調子のってるんじゃないわよぉ?>真紅」
ALICE 「任せておけ、こんなこともあろうと炊いておいた>蒼星石」
鍵山雛 「頑張ってー頑張ってー薔薇水晶ー」
蒼星石 「最近のみかん美味しくない感じがするよーうー>タカトシ
・・・まさかすっぱいものが欲しい理由って!!!

ちょっとアリス赤飯よ!赤飯の準備だわさ!タカトシにプレゼントしてあげなきゃ」
金糸雀 「投げるなら卵焼きにしてほしいかしらー(しれっ>ザビ子」
鍵山雛 「そういえば、私が狼の時は初手●ばっかりだったけど、
今回は狼の●特攻だったわね…。」
ザビ子 「とりあえず金糸雀に麻婆豆腐を投げつけたい欲求が半端じゃないんだが」
ALICE 「ごめんなさい、もう真紅は殿堂入りだから……>水銀燈」
蒼星石 「なんとなく思った
きらきー、かなりテンパってるだろこれwwww」
十六夜咲夜 「ALICEにイメージ押し付けちゃったか。もうちょい素直に見ることやな」
妖夢 「マタマモレナカッタはもうやなのよ・・・・・・(迫真」
鍵山雛 「ファィッって言ってないね、そういえば。」
津田タカトシ 「集英社いけば貰えるかもしれない・・・>蒼星石
でも雪降ってるし僕はコタツでミカンという人類の偉業を・・・」
金糸雀 「なんて見たくないきらばら対決なんだ」
妖夢 「私も・・・・」
十六夜咲夜 「>妖夢
うーむ」
ALICE 「耐えろ、狼陣営なんて野獣先輩だぞ……>妖夢」
妖夢 「あのでっていうにすべてを託すなんて・・・・うっ・・・」
蒼星石 「できれば最終日に雌雄を決したいRPとかあるよねw>ザビ子
RPに殉じるのもまた一興」
水銀燈 「ところで薔薇水晶が勝つとエンジュメイデンに敗北する本家……?」
ALICE 「雪華綺晶vs薔薇水晶……ファイッ」
セイバー 「おおう。>余が噛まれ」
十六夜咲夜 「お疲れ様」
妖夢 「どうだろ。きらきーしだいwwwwいやーっww」
鍵山雛 「勝ってよー頑張ってよー薔薇水晶ーお願いよー」
津田タカトシ 「おつかれさま」
ALICE 「せ……セイヴァー!」
禿 「お疲れ様ー」
金糸雀 「お疲れ様」
水銀燈 「お疲れ様よぉ」
蒼星石 「タカトシ知ってるか?場所によっては今日発売しているということを>タカトシ」
金糸雀 「>真紅
ああ、その日か。なるほど」
水銀燈 「当たり外れなんて気分次第だもの」
ザビ子 「おつかれさまセイバー。」
鍵山雛 「お疲れ様ー」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ザビ子 「まあ、ネタはある。私も今日は絶対にセイバーに投票しないつもりだった>蒼星石」
妖夢 「なんだろね。まあ別に外すこと自体はわるいこっちゃないよー>昨夜
普段灰見いいし。ただまあ、真紅そのものはあんまわるくなかったよー
っていいたいだけで。」
ALICE 「ザビ子が正しかったのは、占いランで鍵山に投票した日な>金糸雀
金糸雀も経験があるだろう? 自分が●をもらって吊られる時、なんかやたら庇ってくれる灰の村人
津田タカトシ 「>蒼星石
あと一日待ってください。最新号をお届けしますよ」
蒼星石 「正直「先輩・・・これあげます///」的なネタで殆ど投票したが
ネタとかって結構あたるもんなんだなぁとしみじみと感じたよ>ザビ子」
ザビ子 「うっかり見逃していた>タカトシ」
水銀燈 「私は潜伏狂人という立場としては最大限仕事したからねぇ」
鍵山雛 「最終日なら、指定の意味は無いですよね…。」
妖夢 「2昼からいうとめっちゃ誘導されるときあるからあんまいわないけど
大抵の狼が潜伏狂計算にいれないけど入れるとものすごく強いから」
金糸雀 「えっ>真紅
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「はぇえよホセ>アリス」
ザビ子 「しかしいきなり狐を吊っていたのは驚きだ」
津田タカトシ 「>ザビ子
めぐみんが投票先宣言してるんだから雪華綺晶投票でいいんじゃない?」
蒼星石 「おぅ、ジャンプ勝ってこいよ>タカトシ」
金糸雀 「いや、雛は薔薇水晶に●を出していなかったか」
ALICE 「///>金糸雀」
十六夜咲夜 「>妖夢
多分そこ、ALICEを低く見積もっちゃったのかなーって思うや。
思考と理由を分けられない的な、喋るのに精一杯になるタイプ?って感じで」
妖夢 「正味な話をいうと初日から潜伏狂警戒しまくりたいのが私
なんでかっていうと自分が狼なら利用しまくるから>潜伏狂」
ALICE 「さて、これで明日が来る
ザビ子投票者は薔薇水晶と霊能以外の全員だ」
ザビ子 「そんなに疑わしかったか、私は。」
鍵山雛 「勝ってよ…勝ってよ…勝ってよ…もう狼で負け続けるのイヤなのよ…。」
津田タカトシ 「この村は役職軽視の傾向があるんじゃないですかねぇ…よし!明日は薔薇水晶と雪華綺晶で引き分けだな!」
禿 「うーん…GJさえ出せれば…厳しいか」
金糸雀 「ちなみにあの日って何日目の話をしているんだろう」
水銀燈 「こうでなくちゃ面白く無いわぁ>ALICE」
ALICE 「逆囲いは関係ないだろ、だってあの時点で鍵山は破綻しているもの
純粋にザビ子を疑った村の力だと思うぜ」
蒼星石 「これが・・・・EX-sガンダム>アリス」
ザビ子 「あと1日。頼んだ薔薇水晶。」
蒼星石 「村のグレラン力強いなぁ」
ALICE 「夜の間に急に変化があった? それなら日中にフォローがあって然るべきだ
あの時、あの瞬間だけ正しいとなりゃ。それは正解を知っている狼だからさ

どうやら首の皮はつながったみたいだな? 水銀燈」
鍵山雛 「こうなると、下手な逆囲いしなきゃよかったなー、ってちょっと思います…。」
妖夢 「あれ?まだ負けてない」
金糸雀 「吊れるのか。凄いな。」
妖夢 「なんていうのかな?非狼のなんか目的意識ありそうな人間が狂狐っぽい?
まあそこはひとにもよるのかも」
ザビ子 「うん、大体予想の範囲外。何でここまで生き延びた私。」
水銀燈 「面白くなってきたわぁ
お疲れ様よぉ」
禿 「お疲れ様だよ」
津田タカトシ 「・・・お、おう。おつかれさま」
十六夜咲夜 「これ勝ったんじゃなかろうか」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよ。」
金糸雀 「お疲れ様」
十六夜咲夜 「うん」
鍵山雛 「お疲れ様でした。」
妖夢 「潜伏狂っていい方に関してはねー
なんだろ非狼って言われてるぐらいにおもうといいかも
潜伏狂の怖さをしってるから初日から警戒するのは別に役関係ないから>昨夜」
鍵山雛 「むむむむ」
津田タカトシ 「引き分けねえかなぁ(願望」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鍵山雛 「あーそういうことでしたか>ALICEさん」
ALICE 「不自然なんだよ。あの日だけ、ザビ子は正しかった」
十六夜咲夜 「あー」
ALICE 「前日、前々日にそういう主張があればな>鍵山
だけどザビ子にはなかった。薔薇水晶にはあった、その違いだろ」
十六夜咲夜 「>妖夢
なんとゆーか、良い発言は作れるしなーっていう。アカン」
金糸雀 「それとは別にザビ子は発言が素直に見えた。というのはあったが。」
鍵山雛 「おや、霊能の消極的な指定…というか、願望?」
ALICE 「お前が得た教訓は、「赤い服を来た女を簡単に信じるな」だ>水銀燈」
妖夢 「まあいいか。」
鍵山雛 「んー。そうでしょうか…?
私なら、狼への投票、という事実を重くみると思います」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
水銀燈 「究極ってだけじゃいくらでもとれるじゃないのぉ!?」
妖夢 「指定しないの?」
ALICE 「嘘だけどな」
金糸雀 「共有指定が入った日に従ったからと言って村目にはならん気が」
水銀燈 「…………」
水銀燈 「そうねぇ
だからまあ狼あるかなーと少し思いつつ真紅吊りを終了直前に押したわけだしぃ」
ALICE 「俺が一番最初だ>水銀燈
俺のプロフィールにもそうかいてある」
十六夜咲夜 「不自然な正解って感じ。初日の投票と一緒で正解を知ってからムーブがいいように見える」
妖夢 「わりと後で発言見返してみるといいかも
少なくとも真紅はわりと発言そのものは凄いいいよ>昨夜」
鍵山雛 「なんですかね?>私投票
共有指示なら、素直に従うと思うのですが。悩んでいるのならば特に。」
水銀燈 「私のネタとるんじゃないわよぉ!」
禿 「身内票が一番疑われる余地があるってね
っていうかこれ共有護衛できれば割と勝てたじゃないか…」
ALICE 「Ex-Sガンダムかっけぇ……(うっとり)」
十六夜咲夜 「あの状況で雛投票って方が不自然におもふ」
妖夢 「指定しないのはないけど」
水銀燈 「どちらにせよ今日吊りミスったら 終 わ り ねぇ?
ALICE(笑)」
鍵山雛 「ザビ子さんは私投票という武器を持っているんですが…どうだろう?」
ALICE 「――だが、でっていうだ(絶望)」
蒼星石 「鼻血と歯茎から血がでそうね>アリス
コアラのマーチかぁ…チョコもいいけどんー>ヒナ」
ALICE 「この村は雪華綺晶が吊られるかどうか、だと思うだろ
吊られなきゃ村が勝つかもだし、吊られたら負け」
禿 「ザビ子が露骨に生存欲だしたのでそっち先に吊りたいなぁとは…」
蒼星石 「ばらしーVSきらきー
セイバーVSザビ子
になりそうな感じ?
まさにFateね」
鍵山雛 「ココアはここあ(ここだ)なんちて」
ALICE 「カカオの実を丸かじりがワイルドでいいね」
鍵山雛 「指定ですかね?」
蒼星石 「ねぇ、ココアって何すれば美味しいかしら?
マシュマロと一緒に食べると美味しいとは聞いたけど」
水銀燈 「面白くなってきたわよぉ」
水銀燈 「お疲れ様よぉ」
禿 「やっぱりな。
お疲れ様ー」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
水銀燈 「PEッ」
金糸雀 「お疲れ様」
津田タカトシ 「おつかれさま」
鍵山雛 「お疲れ様でしたー」
十六夜咲夜 「お疲れ様」
ALICE 「水銀燈! お前は俺の右腕だったはず!」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
鍵山雛 「私ならですが…。禿さんに○を打ったのは痛恨の極みですけども。
噛み候補は禿さん・セイバーさんかな?
初手ジュンさんを噛んだのは、下界で言ってますけど、村目で残したくなかっただけでしたし…。」
ALICE 「それにしても、だ」
水銀燈 「というよりも薔薇水晶とザビ子だと灰が噛めないわねぇ」
ALICE 「狼視点、狐候補は3人。明日で狐を吊るすつもりなんじゃないかしら
ここまでに吊れた面々と比べても」
蒼星石 「狐いないとみたか
狐いるならそいつは吊れると踏んだかになるわね

この場合、セイバーあたりに目を付けてる?」
水銀燈 「私吊られは結構雪華綺晶ぽーいフラグがたってるけどねぇ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鍵山雛 「おや、狐探しじゃなくて、◎噛みなんだ。」
鍵山雛 「雪華綺晶さんと、蓮子さんと、セイバーさんと、ザビ子さんと、薔薇水晶さんの5灰。
霊能か禿さんは最終日噛み予定だとすると…
GJ出なきゃいいんだけどね…。」
蒼星石 「流石はローゼンメイデンの人気者ね
格が違ったわ>アリス」
ALICE 「もしも俺がでっていうだったら、即吊りされても……うん、不思議じゃなかったと思うだろ>蒼星石
アリスに感謝しないとな」
妖夢 「ちょっと残りそうだなー発言って意味ではザビ子は多少まだ
票抜きで多少捕らえられそうな気も」
十六夜咲夜 「だから偶数吊り増えた状況ーって感じ。
その場合、4吊りで水銀燈、れんこ、雪華綺晶、薔薇水晶、セイバー、ザビ子…………あれ6灰4吊り?」
水銀燈 「まぁ私吊っても○しかでないから
そういう意味では雪華綺晶ばぁいばぁぃになるのだけどぉ」
妖夢 「薔薇水晶が正直少し発言そのものが序盤いい」
蒼星石 「あの状況から即吊りされたらむしろビック利だわ>アリス
最近また村の動き変わったの?
久しぶりだから感覚とかも鈍ってるわ」
津田タカトシ 「おつかれさま」
鍵山雛 「よし、あとは灰噛みの時間だー」
水銀燈 「お疲れ様ぁ」
鍵山雛 「お疲れ様ー」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
金糸雀 「お疲れ様」
十六夜咲夜 「>タカトシ
よな」
十六夜咲夜 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
津田タカトシ 「真紅噛むんじゃない?雛霊能結果●きついし」
ALICE 「むしろ初日に即吊りされなかっただけ、俺はツイていたさ」
妖夢 「正直このケースは潜伏狂のほうがこわいからいいよ、これはこれで
一番希望がある」
蒼星石 「首の皮は繋がったわね」
鍵山雛 「狂人4票かー。」
ALICE 「鍵山を吊って霊能結果を見てもらって、俺がザビ子●引いてー
さて、どうだろうな? それはまた、別のお話だ」
十六夜咲夜 「よっし来た」
妖夢 「あ、すこしだけ、少しだけ希望が」
鍵山雛 「霊能鉄板護衛ですし、私先吊りですと、割とALICEさん残されてたような…。」
十六夜咲夜 「んー、多分、村がばたばたしてるのがアカンと思う>雛」
妖夢 「水銀燈吊れるかなあ?今日吊れて吊りが増えればワンチャン」
津田タカトシ 「先に雛つりだったら変わったかもしれませんね(てきとう」
鍵山雛 「もし狼が勝つとして、狼の勝因…というのかな?
やっぱりALICEさん先吊りしたこと(出来たこと)なんでしょうか?
偶然に遅めの●特攻が真にHITしただけなんですけど」
蒼星石 「あぁ、そういうのあるかも>ありす
見えてるからこそのってのがあるのかな?
それで結果が正しいなら自分の信用も稼げるし」
ALICE 「なお薔薇水晶もまた正しいことを連発しているけど
こっちは3日目からそうなので考慮の対象外だった模様、今日も正論ティーが捗っているな」
妖夢 「どうして私が共有の時はこう・・・スロウリィなの・・・神様わたしきらいでしょ・・・」
十六夜咲夜 「雪華綺晶を必要経費と割り切って、吊り増えればワンチャン」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
妖夢 「わーんwちょっと負けっぽいぃいw」
十六夜咲夜 「雪華綺晶だけだな」
金糸雀 「凄い我が言うのもなんなんだけどアレをきらきーと呼ぶのは辛いものがある」
妖夢 「結論 だめっぽいwwwwww」
鍵山雛 「でっていうアイコンですしねぇ…」
ALICE 「覚えておけ。村人が●貰いが吊られる日、やけに庇うのはいつだって狼だ
そういう奴は決まって翌日霊能○結果に対して「自分は正しかった」と力説するんだ」
蒼星石 「きらきーが物凄い暴走機関車になってる
これはアレか・・・トーマスの仕業か」
ALICE 「前日までの発言と、当日の発言
明らかにあの日だけ、発言が鋭く正しい。となりゃ、正解を知っている狼さ」
妖夢 「一応狂狼見ればワンチャン吊れるけど
無理しないとおもわれ」
金糸雀 「吊れないわ、◎だった」
妖夢 「あ、ハゲ確定○位置だからまああれか狂ロラはされないか」
金糸雀 「禿が吊れなければGJワンチャンだが。ザビ子見てる人がいなさそうな感じ」
ALICE 「ノン>蒼星石
俺の遺言にも書いたが、ああいう状況で正しいことをいうのは狼だ」
妖夢 「きらきーは吊られそうかなーこれ」
蒼星石 「あー、これ不味いな
ザビ子ヒナ投票してるから意外と見られにくいかも?>非狼に」
鍵山雛 「残り3吊りで2W、狐生存も見えるところ…。
これで吊り逃れできれば、勝利の目もある…!
久しぶりの狼勝利、欲しいよ…。」
蒼星石 「◇雪華綺晶 「んーwwwwwまwwwwwそこはやっぱ素直にねえよなっていうwwwww」

おいwwwwwちょっとアリスの日の投票みてみようかwwww」
十六夜咲夜 「>雛
ALICEの○な上狼ピンポイントで当ててるし、プレッシャーやろ」
金糸雀 「お疲れ様」
ALICE 「十六夜を噛むと、次の○である禿は護衛対象になる
だから噛みづらいのさ」
妖夢 「おつー」
ALICE 「ここでの十六夜噛み、そして灰吊りで狩人候補を殺す
んで霊能チャレンジと見るぜ」
鍵山雛 「まぁ十六夜咲夜さん噛みでもいいけど、禿さん噛みはしないのかな…?」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
蒼星石 「私もよくするけど
噛み合わせで銃殺主張するのは凄く偽っぽいよねw>ヒナ」
津田タカトシ 「おつかれさまー」
十六夜咲夜 「お、あってるあってる」
ALICE 「今日は十六夜噛み、明日がおそらく霊能噛みと見るだろ」
十六夜咲夜 「お疲れ様」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
鍵山雛 「霊能噛みは駄目ー!>下界の相方s
霊能結果は村に見せてもいいものなのー」
金糸雀 「GJは出なさそう」
ALICE 「残り8人で●1つ、○2つ。下界は楽しいことになりそうだろ」
蒼星石 「今日GJ出たらザビ子に届くかな?
もしくは薔薇水晶をどう扱うかもか」
鍵山雛 「やwっwぱwりw霊w能w鉄w板w護w衛w
そんな気がしてた。マジでしてた。霊能噛みしなくて本当に良かった…。」
妖夢 「まずいなー、とーってもまずい」
ALICE 「水銀燈が狂人なら、初日のランで票を変えない理由がないということで1つ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
妖夢 「狂が狩人COしてロラまで行かれそうかも最悪うぐぐ」
鍵山雛 「いえ、貴方は私の生存のための生贄になったのよ…>タカトシさん」
妖夢 「やばい」
蒼星石 「ローザミスティカ取られて、髪の毛真っ白だからね
思考能力が低下してるのだわさ>アリス」
津田タカトシ 「僕も助けて!>雛」
蒼星石 「ザビ子は怪しいと言うより違和感ぐらい
発言からじゃなくて何かもってそうな感じ
禿も人外よりというかそこらへんの理由もあるかも」
ALICE 「アブラマシマシカタメ>妖夢」
ALICE 「鍵山を吊れば●が出ると言ったはずだッ!>蒼星石
その場合に十六夜がものっそい潜伏狂人っぽかったのがアレなのだけど」
妖夢 「推理力高メデスカ?>真紅」
鍵山雛 「今回は、すっごい吊りに助けられた気分。
金糸雀さんに突っ込まれて泣きそうになったし、
私先吊り言われて泣きそうになったし。
私、騙り占いやらない方がいいんじゃないか、ってな気分…。」
妖夢 「おっつー」
ALICE 「誰よりも早く鍵山の偽を見抜く、それがALICEってやつよ
ガンダムにも搭載されている模様」
蒼星石 「ヒナの発言自体はアウトだけど>妖夢

村人は両偽を考えてフォローできる形に持っていったが正解だと思う
下界にいた時両方とも吊る。けどどうせ○がでる雛よりアリスだ!って感じたし」
津田タカトシ 「おつかれさまー」
金糸雀 「お疲れ様」
鍵山雛 「お疲れ様でした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
妖夢 「ソウデスネ>真紅」
金糸雀 「ヒゲ噛み辺りの発言は普通に偽っぽかったと思うのだが」
蒼星石 「ヒナはちゃんとわかってるのにその割にちぐはぐなのよね
妖夢にいわれて改めて実感できた」
妖夢 「ま、でもしてやられてるしね、後半戦に期待っと」
ALICE 「俺も俺も>妖夢」
妖夢 「そう?発言は私夜言ってるとうりOUTにしかみてなかった。>蒼星石
ALICE 「美しさは罪――!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
金糸雀 「雛の発言……うーーん」
蒼星石 「伊勢かぁ>タカトシ

伊勢って真珠とかのイメージあるなぁ」
妖夢 「エッ・・・ソウダネソウデスネ?>真紅」
蒼星石 「かぶせのアレより鍵山の発言で信用もぎ取ったって感じじゃない?>妖夢
村側も、鍵山は狂人だから両偽考えてアリスからと考えれば
まぁ鍵山吊りはできてもアリス釣りには持っていきにくいと感じたなら
それはそれで納得」
津田タカトシ 「伊勢やな。土産や。」
妖夢 「まあ、いいよこっからは第二ステージ。
村のグレラン力勝負だし。セイバー昨夜は占いの真贋はともかく
灰ラン強いしね」
ALICE 「至高の少女への妬みね、仕方ないのだわ。有名税ってやつよ>妖夢」
蒼星石 「あかふくって見栄だっけ?京都だっけ?>タカトシ」
妖夢 「まあしょうがない、ね
ちょっと被せの●であそこまで村が信用傾くのはなー、ちょっち
んーwだけどんーw>蒼星石」
津田タカトシ 「ぼくあかふくたべるー。
おいしかった(こなみ」
蒼星石 「おつかれー、まさかの結果に笑ったわw>妖夢
これは私三日目に出て吊るべきだったわねごめんね」
ALICE 「セイバーが狩人なら翠星石をエステに通わせて声も姿も別人に変えてくれるだろ」
妖夢 「おっと、相方お疲れ様だよ」
蒼星石 「うん、ゴディバのチョコおいしかった////>タカトシ」
妖夢 「吊りが増えないと厳しいね、なんにせよ。
水銀燈がいるから」
蒼星石 「セイバーあたりが狩人かと思ったが違うのか―」
ジュン 「咲夜護衛で吊りが増えるかどうかな感じ」
津田タカトシ 「僕の財布に5000円しかなくなってたのは君のせいか・・・!」
金糸雀 「お疲れ様」
蒼星石 「あぁ、うんなんとなく君狐だと思ったよ>タカトシ」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
津田タカトシ 「お疲れ様」
蒼星石 「おつかれー」
妖夢 「初手●に村が弱いのはいつも騙す側としてもこういうときつらいにぇ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ALICE 「ま、仕方ないさ」
ALICE 「鍵山を吊って霊能結果が●が出れば
もう1日くらいは余裕ができる、その間にザビ子●は引いておくつもりだったのだけど」
金糸雀 「水銀燈吊れるチャンスだったからなあ>妖夢」
妖夢 「ぶっちゃけ真にすごく見えただけに、ちょっともったいない」
金糸雀 「>真紅
いやこうあの時点で真……真??みたいになってたから変な発言して悪かったな!」
妖夢 「金糸雀吊りがいたいなー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ALICE 「当然>津田
票貰いに興味など無い」
津田タカトシ 「いやぁ僕が生き残ってても占わなかったでしょー?」
妖夢 「1吊りふえないときびしいなー潜伏狂が痛い」
金糸雀 「蒼星石……ぶわっ」
ALICE 「にしても金糸雀が狐じゃなくて津田が狐だなんて
あんまりにもあんまりじゃないかしら」
津田タカトシ 「>蒼星石
それは人外がよく言うセリフですね…騙りだな(キリ」
ALICE 「ザビ子は逃がさん……お前も連れて行く……!」
金糸雀 「お疲れ様。雛の方が偽っぽいと思ってはいたが我は吊り逃れられてないしな(」
津田タカトシ 「お疲れ様」
ALICE 「ウボァー」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
津田タカトシ 「真紅先吊りならわからんな。
まぁ共有指示はきこうぜ(他人事」
ジュン 「おつかれさん」
ジュン 「7票入ってる。確定だな」
金糸雀 「というかこのCN出落ちだったから話しにくい。とっても。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
妖夢 「んーだめかー」
金糸雀 「ザビ子がひょっとかっさらうビジョンが見えなくもないのだが」
津田タカトシ 「残りの狼的に村勝ちそうですよ…
初手水銀燈投票できなかったのが悔やまれますね……」
ジュン 「五票
危ないな」
妖夢 「まあそれはしょうがないね」
金糸雀 「ってあれ」
金糸雀 「雛●は見えるとして。そこからどうなるか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
妖夢 「霊能噛まれてても雛から指定だからそこはいいけど」
妖夢 「おっつー!」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
金糸雀 「お疲れ様」
津田タカトシ 「お疲れ様」
妖夢 「あー偽でいいんだ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
金糸雀 「しかしばらしーとの2択だったけど別に票変えようが我が吊られるのが避けられたわけでは無いか。」
津田タカトシ 「真贋把握用に水銀燈吊りましょう」
金糸雀 「まあだよねと>蒼星石共有
津田が妖狐はラッキー」
津田タカトシ 「お疲れ様。あと22村とかジャンキーすぎぃ!」
金糸雀 「お疲れ様」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
ジュン 「おっつ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
津田タカトシ 「吊った人のこと言っても建設的ではありませんよ…>めぐみん、蓮子
まぁ今日は自分でくっせえなと思いながら発言してたので潜伏役鍛えんとなぁ」
ジュン 「22人村じゃねえぞ
22個の村が立ってた。やべえ。」
ジュン 「いま、ちょっとるる鯖覗いてみたら22村立ってた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジュン 「ははっ全て外したぜ」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
津田タカトシ 「お疲れ様」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
津田タカトシ 「投票の時アイコンで誰に投票する予定だったか一瞬わからなくなった(言い訳)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボコボコ@GM 「禿を吊っていれれば人外有利確定ではあったね。」
津田タカトシ 「水銀燈が灰だったとは・・・うわーん」
ボコボコ@GM 「お疲れさまなんよー。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボコボコ@GM 「おっと投票の注意が遅れちゃった。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1 (爆睡者17)
ゲーム開始:2014/02/08 (Sat) 21:59:35