←戻る
【紅2179】やる夫達の普通村 [3977番地]
~漏れたのではない。修羅と遊びたくなっただけだ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する静寂村
1 2 3 4 5 6 7 8
icon ボコボコ@GM
(生存中)
icon めぐみん
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon ジュン
(生存中)
icon 水銀燈
(生存中)
icon 宇佐見蓮子
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 津田タカトシ
(生存中)
icon 金糸雀
(生存中)
icon 禿
(生存中)
icon ALICE
(生存中)
icon 鍵山雛
(生存中)
icon セイバー
(生存中)
icon ザビ子
(生存中)
icon 妖夢
(生存中)
村作成:2014/02/08 (Sat) 21:36:17
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ボコボコ@GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2577 (ボコボコ02)」
ボコボコ@GM 「                 ((  ) z
              ____( )) z
      ∧_∧   /__ o、 |、       ようこそやる夫村へ。
     ( ・ω・)   | ・ \ノ        このお茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しいんよ。
     旦  o)    | ・  |     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| うん、「初心者村の裏の普通村」なんよ。済まない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ 裏村は修羅村とも言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    旦. 旦 旦 旦 旦 旦 /./|   でも、この村を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
                  / / .|   「ヒャッハー! 普通村だー!」みたいなものを感じてくれたと思うんよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/   |   混沌としたやる夫村で、そういう気持ちを忘れないで欲しいんよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |   そう思って、この村を立てたんよ。
   (⊆⊇) (⊆⊇) (⊆⊇)      |
     ||    ||    .||       |   それでは集まるのを待つんよ。
   ./|\  /|\  /|\


【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php

 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は、やる夫村では
 禁止されています。※共有や狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」」」
ボコボコ@GM 「『昼AA有り・狐遺言有り・2夜以降の早噛み有り』のローカルルールでお送りするんよ。
開始予定は22:00時。」
ボコボコ@GM
      _________
     /  ∧_∧ // . ||.||
     |_( ・ω・ )//_||.||    それじゃ報告行ってくるんよ。
    /_  ̄ ̄_ |    |.||
    ◎====◎   |    |.|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
    |___     |    |.||    |    |    |    |    |
    ヽ -―ヽ\    |    |.||__|__|__|__|__|   三;;::('⌒;;:⌒
    / / // ヽ_\__|__/―――| |/ /   ヽ
  || し |         |w|│(_|w| | O |   三     ;;::('⌒ ;;:⌒
   ヽヽ___ノ          ヽヽ___ノ ヽヽ___ノ 三≡ (´⌒(´⌒;:」
めぐみん が村の集会場にやってきました
めぐみん 「私、参上」
十六夜咲夜 が村の集会場にやってきました
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
十六夜咲夜 「お嬢様のためならば死ねる…………」
雪華綺晶 「俺様参上ですわっていうwwwww」
めぐみん 「濃ゆっ!」
雪華綺晶 「せめてwwwww裏村らしく(キリッっていうwwwww
うはwwwwwよwwwwwろwwwwwしwwwwwくwwwwwっていうwwwww」
アリス が村の集会場にやってきました
ボコボコ@GM
   /     /     /      /  /  / /
/     /     /     /     /   /
             ビュー   ,.、 ,.、    /   /
    /    /       ∠二二、ヽ    / /
  /    /   /   (( ・ω・ ))           ただいま。
               / ~~ :~~~〈   /        そして、入村が順調になるかどうか、
       /    / ノ   : _,,..ゝ   /        ちょっと田んぼの様子みてくる。
    /    /     (,,..,)二i_,∠  /    /」
雪華綺晶 「ちなみに俺様はボタン押しが認識されてなかったため漏れました(遠い目っていうwwwww」
アリス 「こんばんはー」
めぐみん 「いつから田んぼがまだ無事だと思っていた・・・?」
ボコボコ@GM
      ∧_∧D
      ( ・ω・)○    ___     もしもし特上寿司を17人前お願いするんよ。
      U   |D……/◎\    支払い? ローゼンさん家の雪華綺晶さん宛てで。
=============================」
ジュン が村の集会場にやってきました
雪華綺晶 「田んぼェっていうwwwww」
ジュン 「よろしく頼むぜ」
雪華綺晶 「ざっけろwwwwwwwwwwっていうwwwww>ヒゲ」
十六夜咲夜 「ふう…………」
十六夜咲夜 「幼女が不足している………………」
めぐみん 「そこのアリスだけでは不満ですか>咲夜」
雪華綺晶 「やだwwwwwお隣の人が怖い(震え声っていうwwwww」
十六夜咲夜 「>めぐみん
ええ」
雪華綺晶 「業が深すぎワロスっていうwwwww」
十六夜咲夜 「勿論アリスは、アリス独特の雰囲気で私を満たしてくれています」
ジュン 「こっちの台詞だぜ!今すぐ消し炭にしてやろうか!>雪華綺晶」
十六夜咲夜 「ですが足りませんね…………」
ボコボコ@GM 「                 ((  ) z
              ____( )) z
      ∧_∧   /__ o、 |、
     ( ・ω・)   | ・ \ノ     人数調整とか怠いからさっくり17人埋まって欲しいところ。
     旦  o)    | ・  |      まあ微妙人数で止まったら降りるけどさぁ。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
雪華綺晶 「来いよヒゲwwwwwヒゲなんて捨ててかかって来いっていうwwwww」
水銀燈 が村の集会場にやってきました
十六夜咲夜 「なんで幼女じゃありませんか!!>逆ギレ」
雪華綺晶 「二文字しか合ってないんですけど(驚愕っていうwwwww」
アリス 「アリス さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アリス → ユーミル
アイコン:No. 4781 (門を開くもの アリス) → No. 5001 (鋼鉄姫 ユーミル)」
ユーミル 「やっぱこっちじゃな」
水銀燈 「ヤクルトがほしい。狂おしいほどに」
めぐみん 「・・・ほら、ローゼンメイデンですよ。喜んではどうですか>咲夜」
ユーミル 「んー」
ボコボコ@GM
   ∧_∧
   ( ・ω・)    お題「こんなローゼンメイデンは嫌だ」
    ( つとノ     な、村じゃないんよ? ここ、普通村だぜ、たぶんメイビーきっとIf。
     u-u」
ジュン 「けっきさまの受精卵を破壊し尽くしてくれるわ!>雪華綺晶」
宇佐見蓮子 が村の集会場にやってきました
雪華綺晶 「雛苺と薔薇水晶が空いてるぞ(迫真っていうwwwww」
十六夜咲夜 「>めぐみん
これを喜ぶのは難しいですね…………」
宇佐見蓮子 「よろしくー。」
ジャック が村の集会場にやってきました
めぐみん 「Ifってそれ「もしも」じゃないでせうか」
十六夜咲夜 「ああ…………幼女が増えないままに席が減っていく…………!!」
ジャック 「ジュン・・・この下着着心地いいね」
津田タカトシ が村の集会場にやってきました
ジャック 「おいタカトシちょっとジャンプしろよ」
ジュン 「うむ、俺様お手製のシルクの下着だぜ!>ジャックバウワー」
津田タカトシ 「入って早々カツアゲやめーや。」
雪華綺晶 「ジャックのキャラが何一つ掴めねえっていうwwwww」
十六夜咲夜 「くっ!」
金糸雀 が村の集会場にやってきました
十六夜咲夜 「そこ幼女枠ぅ!!>金糸雀」
ジャック 「マジで?思わず頭かぶりそうだったわ帽子と間違えそうだったわ>ジュン」
ボコボコ@GM 「        |        /   /
          ,イ
         / |              --'''''''
  ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ     -  ̄
  ゙l            ゙、_
  .j´   ∧_∧  (.         
─ {    (゚ω゚ )   /─        早くズザーしろ! 埋まっても知らんぞ!
  ).  c/   ,つ  て          
  ノ   く  . {    (
  ゝ  lノ ヽ,)   ノ」
めぐみん 「どうみても幼女(きりっ」
津田タカトシ 「ちょっと離席。」
水銀燈 「あらぁ金糸雀じゃないの。
今日もおでこが眩しいのねぇ」
ジャック 「何言ってんだよきらきー
どうみてもセクシャルバイオレットピュアキラーだろ?あたい>きらきー」
禿 が村の集会場にやってきました
十六夜咲夜 「もはやあなただけが支えです舐めさせて下さい>めぐみん」
ALICE が村の集会場にやってきました
禿 「よろしくおねがいします」
雪華綺晶 「華がwwwwwねえ(驚愕っていうwwwww」
金糸雀 「                         ___
                            /)彡  ´ー-===ァ
                        / l /,   ニ=-<
                         Ν {/∠二ニ-=ミ `ヽ
                     VⅥ'   __ ≦ ニ二__く_
                         '≧  ´tェァ `ヽ-=ニ ヲ
                       }I)          ノ-/
                         〈    ,    {__}∧
                          ∧ ̄   イ -―≦====―‐ 、        待たせたかしらー
                          `ー< ./  /
                      / ̄/__ ./  /     -――-  ヽ
                       / ̄ ̄∨ /  ./  /          }     雪華綺晶も水銀燈もいるからおr……カナもつい来ちゃったかしらー
                 /     /.:/   / ,              /
                     /` .     /.:/ _ -=={.                 /
                 {   \ ./ /〃   |      __ -=ニ二二〈
                     ∨    '/米 ==== \ __ ニ    / ̄ ̄丁
                   ∨   |   \       ヽ_____/(:::)     |
                 /二ニ∧   \       |::|       |
                /_/}  \   ヽ       V:`ー==__   |
                 厂{::::::::::/ヽ   \        __ ―V:::::::::::::;:ー==′
               八.├===!  \  \  __ ==へ{=====┤   〉
                 V:::/二/▽ハ ̄/V ̄ ̄ ̄ ̄ /::::::::::::::::∨ /
                 〈 ./ ./ ̄Vハ /V ̄ ̄ ̄ ̄ /-―――ミV
                     ∨ / ̄ ̄',ハ∨ ̄ ̄,r―‐/━━━ 、 /」
ALICE 「アリスがここを通ってまーす
はい、アリスが今ここを通ってまーす」
ユーミル 「ユーミル さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ユーミル → 薔薇水晶
アイコン:No. 5001 (鋼鉄姫 ユーミル) → No. 4026 (野獣先輩)」
ジャック 「おぅ、ジャンプいってもズボンの中で上下しなくてもいいからな?
それぐらいの乙女は持参してるから大丈夫だぜ?>タカトシ」
薔薇水晶 「  ::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
  /   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
     /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
    / i!ハ ! ト-トミLi__ハ l ハ i  :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /
      i ;'シ      `゛''ミミ:;,. / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!
      !_ノ:'     `ヾェュ、, :::::, {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,
      i::::, :           //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/
      ノ:::::::           ′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ
   _/i:::::       .r    i:  ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7
    !:: i::: :      , ´`っ   ,!    ` ーァfイ .::::::j′
     :::! ::    ,ィ、._:::::i´;ヾ~´     , '
      ', :   ´ ヾー`ニ_、y`   /
    `、  ':,      `ー =; '  ,/
     ヽ  \::::       , '
         `ヾ ニ二,=イ,
      ヽ /    ̄゛ 人」
十六夜咲夜 「ぐっ………………」
雪華綺晶 「ぐわああああああああああっていうwwwwwwwww」
禿 「なんかよくわからないけど、なにかがおかしいきがします」
ALICE 「勝ち組オブ勝ち組のアリスがここを通ってまーす」
鍵山雛 が村の集会場にやってきました
鍵山雛 「よろしくね」
十六夜咲夜 「やっと幼女が…………!!>ALICE
けど名前から察するに図々しい…………!!」
薔薇水晶 「  ::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
  /   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
     /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
    / i!ハ ! ト-トミLi__ハ l ハ i  :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /
      i ;'シ      `゛''ミミ:;,. / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!
      !_ノ:'     `ヾェュ、, :::::, {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,
      i::::, :           //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/
      ノ:::::::           ′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ    真のアリスを決めましょうかねぇ・・・・・・
   _/i:::::       .r    i:  ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7
    !:: i::: :      , ´`っ   ,!    ` ーァfイ .::::::j′
     :::! ::    ,ィ、._:::::i´;ヾ~´     , '
      ', :   ´ ヾー`ニ_、y`   /
    `、  ':,      `ー =; '  ,/
     ヽ  \::::       , '
         `ヾ ニ二,=イ,
      ヽ /    ̄゛ 人」
セイバー が村の集会場にやってきました
水銀燈 「ポリタン苦ったら少し気が早いんじゃないかしらぁ?」
金糸雀 「>十六夜
――――――ほう。このおr……
カナが来るのがそんなに不満なのかしら?」
雪華綺晶 「しかも何かAA合成されてるっていうwwwww
これは酷いっていうwwwww」
ボコボコ@GM 「>禿
入村祝いだ!

    ノノ
  ∧_∧∩ ブチ!ブチ!
 ( ・ω・)ノ⌒ ミ
 ヽ⊂彡(´・ω・`)」
セイバー 「うむ、よろしく頼むとしようか」
ALICE 「ごきげんよう、負け犬さん達」
雪華綺晶 「止めて差し上げろっていうwwwww>ボコボコ@GM」
水銀燈 「そんな結末は認めないわぁ!」
禿 「やめて! >GM」
ジャック 「なぁ。今気付いたんだがあたし蒼星石なんじゃね?ボブカットだし」
十六夜咲夜 「>金糸雀
我と書いてオレっていいそうになってますやん!!!
君絶対偽もんやろ!!!」
かり が村の集会場にやってきました
鍵山雛 「なんか酷い捏造村って感じね…。」
かり 「間に合った!」
雪華綺晶 「最終回付近の感動を台無しにしないで貰えませんかねえ(真顔っていうwwwww>ALICE」
十六夜咲夜 「>GM
殺生な!!」
ALICE 「あら、ソーリーソーリー」
めぐみん 「早く名前を変えるのです! 間に合わなくなってもしりませんよ!>ジャアク」
ボコボコ@GM 「                 ((  ) z
              ____( )) z
      ∧_∧   /__ o、 |、
     ( ・ω・)   | ・ \ノ    じゃ訓練されたズザーならすぐ埋めてくると思うので準備よろしく。
     旦  o)    | ・  |     
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ッッ が村の集会場にやってきました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ザビ子
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 3637 (女主人公)」
金糸雀 「                           、  ト..、 i、
                           、}:.ヽ!:::::ヾ::Vi
                          、j .::::::::::::::::::: レ,
                           `ミ :::::::::::::::::::: /
                       ____  ヾ:::::::::::::::::::ノ
                     _,.ィ ,:::::::::::ミ:.、::::::::::::::リ   ___
                     /.::::::::::::::::::::、:::::`:..-..:イ{__ ,,..ィ::::::ミー.、
                    i ::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::!:::j:::::::::::::::::::.. ヽ
                   ', '::::::::::::::::::::::::::::::`ミ:::::::::::::::::::/::::::::::::::::}     >真紅
                      ヽ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'/
                    }/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミi      負け犬―――ほう。誰の許可を得て発言している?
                    ゝイ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミi
                           レへ ::::::{/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ      よりによってこのおr……カナを犬と。
                           \ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
                               ,ゝ ::::::::::::::::::::::::::::/` ー- '
                          / .:::::::::::::::::::::::::::::::::{
                            / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                         / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                        / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                         / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                     / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                       / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   〈 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                   //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
                    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',」
ジャック 「わりぃなセイバー!
この村はローゼン村だったんだ」
めぐみん 「あっ」
十六夜咲夜 「>ジャック
いやここは私が…………!!」
ッッ 「ッッ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ッッ → 妖夢
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 8530 (魂魄妖夢07)」
宇佐見蓮子 「個性的な村ね……」
ALICE 「この世は結果がすべてだからしょうがないわよね
貴方達も頑張ったのだけど、しょがないわよね?」
ジャック 「ジャック さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ジャック → 蒼星石」
セイバー 「む、奏者か。」
妖夢 「よろしく」
禿 「なんやかんやでそろったみたいだね」
めぐみん 「ご、ごめんなさい」
薔薇水晶 「                                          /
                            / /〃,L斗≦/ i /i:|/
     _________          {/fチrレくyr/xう}く.イ′!
        ̄`ー、_   l::::::::}ヽ       l l /!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ
             `ー┴‐'"´        l l ′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ
                           l l  ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7
                           l l   ` ーァfイ .::::::j′
                            l l           l
                            l l         ,'
                   /         ヽ ヽ       ,'
                 ./{            } }         ,'
                   ヽ、 __    ノ ノ      /
                      ¨¨¨` ーテ ´       /
                        /   l        /
                        ゝ、 j          /
                     ,. -‐'"   ̄ `ヽ      /____
                 _,.-‐'" -‐┬‐┬‐┬ュ、_,,    /       ` ー─-、
                      ̄ `ー┴‐┴‐‐'"゙ ̄    /               ̄`ー-、
                            _ ノ  /                   `ー-、 」
十六夜咲夜 「妖夢っ! 妖夢っ!
幼女と字面が似ている妖夢!」
金糸雀 「>十六夜
し、知らないかしらー」
鍵山雛 「ここで言う個性は、貴方の言っている個性とはかなり違うと思う>蓮子」
津田タカトシ 「戻ったらすげーメンツになってるんですが」
雪華綺晶 「この英雄王のAA良いバランスだなあっていうwwwww」
水銀燈 「私が開幕のベルを鳴らす役目を拝謁しましょう」
ALICE 「あら。1位になれなかった金糸雀じゃない」
十六夜咲夜 「>金糸雀
かつてこんなに似合わないかしらがあっただろうか。いや、ない!!」
ALICE 「ごめんなさいね。でも2位じゃ駄目かしら?>金糸雀」
雪華綺晶 「やめろや(良心っていうwwwwwwwwww>薔薇水晶」
薔薇水晶
 /ヽ/メ|\ミ===/    ` ̄       \
.//=彡|ノ:!                  ミヽ
′/ ∧:::|                  ー =
イ  /: ∨   /       l|  :′    ヽ   ‘,
/  :/::    /         l|  |       ',   '.
  .:′     ′     :| :l|  l|  :!      |   |   :|
        {!   ll ー|=||ミハ :| _,r :!   !    :|
       .:|   :l|从八从 ヽ! | ⌒7 :|   |   :|
      :八 :! :l|Ⅵ斧刈从| :l|   {! 从  :!    :|
  /   :/ :|:.ゝト从 {っ::!:抃ミ V八从f=≠ミ从   |
 :/   :/ : :|: l :!   V辷ソ `   {:.:./:!:rf>ォイ   :}
.:/   :/ : :/|: l :!    ´¨¨`       V{:::::Y:彡}!  /
:′ .:/ : :/ :|レ从          〉{:.ゝイrヘノ从レ
 ..:/ : :/ : :|、::::.           ゞ=/¨    !
:/ : : :/⌒f({ヽrヘ:.      - 、  (_,ノ     |
: : : : :/:>イ⌒ヽ. . .):..    ::   ィ |     :|
: : : :// : : :ヽ: くr~ァ>ヘr~<}: : :! |     :|
: : :/ :`>=ミ:\ヽ:廴;_. . ({/./: : .:! |     :|



                       /
    ______        ,. -;‐;ァ;|
    ``丶、__l::::}ゝ    i i 、`-┴'ノ ',
          ̄´      l l \ ̄   |
                 l l  `    |
            ,      ヽヽ     ,'
          イ       ノ }    /
            ` ==;-チ‐′  /
              〈 |     /
          _,. -‐__二二ヽ  /___
         ‐´‐<工工工ン‐' /      ̄` - 、
                一' /            `丶


完全に一致」
蒼星石 「蒼星石ってあれだろ?刃物が二つで「自殺志願」っていうナイフのはさみだろ?
ほらあたし蒼星石じゃん」
ザビ子 「なんだこのアイコン詐欺村は」
禿 「いろいろあれよね。なんかもうすべてを身にゆだねたほうがいいって感じるときがあるよね >津田」
雪華綺晶 「ねえよっていうwwwwwwwwww>薔薇水晶」
ALICE 「貴方は2位で私が1位。それでも悪くはないでしょう?」
宇佐見蓮子 「……特異な村ね?>雛」
ザビ子 「セイバーだけは安心してセイバーだけど」
津田タカトシ 「は?(威圧)>薔薇水晶」
金糸雀 「>十六夜
この世の全ては等しくお、カナのものだから、口調が似合わない訳がないかしら」
ボコボコ@GM
   *``・*。
   |   `*。
 。∩∧__∧ *
 + (・ω・ )*+゚    へーい! 準備はできたんよ?
 `*。 ヽ つ*゚*    ローカルルールは昼AA有り・狐遺言有り・2夜以降の早噛み有りなんよ。
  `・+。*・`゚⊃ +゚   マナー守れば基本ありありルールだから、楽しんでいってくれ。
  ☆ ∪~ 。*゚
  `・+。*・ ゚」
蒼星石 「心配すんなよおじいさん
あたしはたかしじゃねぇからさ>タカトシ」
鍵山雛 「世の中の特異点というのがあれば、この村ね>蓮子」
水銀燈 「順位を決めるなんて穢れた大人がすることよぉ?>真苦ぅ」
ザビ子 「そしてなんだこの麻婆豆腐を突きつけたくなる金糸雀は」
ボコボコ@GM
 〃  三 .Λ_Λ 三=≡_Λ‐ ─
 。・。・。 (ω・;≡・ω=; ・ω) =。・。       アンカーは
ヽニニフ━oc三 ─ ニフ  三 ニフ
       ゙ミ 三  =- 彡    〃
         - ≡三彡


  〃 Λ_Λ ミ  ブン!!
    ( ・ω・)         -=≡ 。・。・。   水銀燈、君に決めた!
    /  oo━       -=≡ ヽニニフ
 \_, (  、 > 彡'
 `)  ヽ,_)′
 ⌒`」
ALICE 「水銀燈? 野良ローゼンの彼女は出世競争から外れた存在だから……ごめんなさいね?」
十六夜咲夜 「>金糸雀
でもCV関智一なんでしょう?」
宇佐見蓮子 「特異なる黒ずんだ重力ホールの中心がこの村なのかもね>雛」
薔薇水晶 「 /ヽ/メ|\ミ===/    ` ̄       \
.//=彡|ノ:!                  ミヽ
′/ ∧:::|                  ー =
イ  /: ∨   /       l|  :′    ヽ   ‘,
/  :/::    /         l|  |       ',   '.
  .:′     ′     :| :l|  l|  :!      |   |   :|
        {!   ll ー|=||ミハ :| _,r :!   !    :|
       .:|   :l|从八从 ヽ! | ⌒7 :|   |   :|
                     {! 从  :!    :|
       ______      八从f=≠ミ从   |
       ``丶、__l::::}ゝ    i i {:.:./:!:rf>ォイ   :}
             ̄´      l l V{:::::Y:彡}!  /   はじめましょうかね(真剣
                   l 〉{:.ゝイrヘノ从レ
               ,      ヽ ゞ=/¨    !
             イ       (_,ノ     |
              ` ==;- ィ  |     :|
                 〈  : :! |     :|
             _,. -‐__二 : .:! |     :|_
            ‐´‐<工工工ン‐' /      ̄` - 、
                   一' /            `丶」
蒼星石 「きっと甘口なんだろうさまだ子供なんだよべいべー>ザビ子」
鍵山雛 「まぁ占いになったら、大抵●が当たりそうな気がするわね、この村w」
金糸雀 「口を慎め雑種。誰の許しで貴様が生きてると思ってい―――るのかしら!>真紅」
鍵山雛 「あら?」
蒼星石 「仕事はぇえよwwww>ばらしー」
宇佐見蓮子 「不思議を探しに来たのに何かもうお腹いっぱいなんだけどどうしましょうね?」
鍵山雛 「水銀燈がアンカー?」
ALICE 「貴方は自由でいいのよ、水銀燈
夜の校舎に侵入して思うがままに窓ガラスを割っているといいのだわ」
水銀燈 「腰の重い王様がまだ着席していないよおねぇ」
禿 「初日●乱舞不可避だね >雛」
セイバー 「うむ、当然だ。余は自称ローゼンメイデンではないからな>奏者」
津田タカトシ 「たかしだったら心配だったのか!?」
金糸雀 「>ザビ子
卵焼きをお願いするかしら!

>十六夜
何か問題でも?」
セイバー 「と、すまぬな。」
水銀燈 「ではこれよりグランギ……アリス・ゲームを再演するわぁ」
ザビ子 「うんうん。やっぱりセイバーはかわいい>セイバー」
ボコボコ@GM
      ∧_∧
     (  ・ω・)  __         じゃカウントよろしゅう。
| ̄ ̄|\/ つ¶つ¶/  / |
\(((\\ ̄◎ ̄◎|/ /
 /  // /≡_/ ̄// \     。・゚・⌒)
 ◎) ̄ ̄/ヨ| || ̄ \◎≡ニ━ニニフ))
 |ニ__/ヨ\●\
    ┏◎) ////
   / ̄ / ̄ ̄\ \
  ◎)/~|    ◎)/~|
 〔|||~| /    〔|||~| /
 【◎】ニヨヨ   【◎】ニヨヨ」
蒼星石 「え?タカ&トシがなんだって?>タカトシ」
ALICE 「え? 私の生きる理由? 私だから――だけど?>金糸雀」
鍵山雛 「占い:占いCO「●」
狂人:占いCO「●」
狼A:占いCO「●」
狼B:占いCO「●」
狼C:占いCO「●」
妖狐:占いCO「●」」
水銀燈 「この普通村はありきたりだけどぉ
役者がいい……至高と信じているわよぉ……」
禿 「え?これは私もアリスになれるのかな?」
雪華綺晶 「もうやだこの村っていうwwwww」
蒼星石 「とりあえずはらわたをぶちまければいいんだろ?」
禿 「どうしたらいいのかわからない… >雛」
津田タカトシ 「最近欧米かって言ってくれなくて寂しいね。>蒼星石」
薔薇水晶 「AA合成するの飽きましたねぇ」
水銀燈 「故に……きっと、面白くなると思うわぁ……?

それじゃあ貴方たち、準備はいいかしらぁ?
開演のベルは唐突に
足踏みしてたら遅れちゃうわよぉ……?」
鍵山雛 「占いロラでいいじゃない」
禿
ザビ子 「とりあえず雪華なんちゃらの名前が変換できなくて辛い」
めぐみん 「>雛
共有:占いCO「●」
共有:ロラで」
ALICE 「だってアリスになったんだもの。光り輝いて当然でしょう?」
蒼星石 「ギリギリ足りるのが恐ろしいな>ヒナ」
薔薇水晶 「なら私が壊してあげましょう(迫真」
水銀燈 「それでは、よいゲームを」
ゲーム開始:2014/02/08 (Sat) 21:59:35
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1 (爆睡者17)
「◆ボコボコ@GM 
    //   カパッ
  / /
  / ∩∧_∧___    GMはボコボコ。えっ、知ってたって? マジで? でお送りします。
 //|(・ω・ ) /   何かあれば>GMまで。
  ̄ ̄ ̄ ∪ ̄     苦情は『倍返しだぁあ!』@シローアマダになります。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆ボコボコ@GM 
      ∧_∧D          >該当者達
      ( ・ω・)○    ___    クレームセンターなんてやりたくないんよ。
      U   |D……/◎\
=============================


      .
  <⌒/ヽ-、___     だから苦情は放置プレイへ。
/<_/____/ 」
ボコボコ@GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ボコボコ@GMさんの遺言
 ドン、ドンッ  (⌒;;)
    ____〆(⌒;;)    ここから始まるヤンヨのでんせ……あ、あかないんよ!
   /     /        【昼AA有り・狐遺言有り・2夜以降の早噛み有り】
  " ̄ ̄ ̄ ̄" (⌒;;)
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「◆ボコボコ@GM 
            ∧_∧
           ( ・ω・)     投票は1分半目安の、2分までにはお願いね。
       ____(____)___
      / \       ___\
     .<\※ \____|\____ヽ
        ヽ\ ※ ※ ※| |====B=|<お前に足りないものはー! ……
        \`ー──-.|\|___l__◎..|ヽ
          ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄|
               \|        |~」
薔薇水晶 「おはようございますねぇ」
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
ローゼン勢(笑に●を出した占い師盲信でいこうそうしよう(迫真っていうwwwww
○を出したら騙り認定の方向で(キリッっていうwwwww」
十六夜咲夜 「ザ・ワールド!!
私は幼女の『時を止めた』…………!!

幼女が……幼女がいれば…………ぐふっ」
禿 「おはよー。」
ALICE 「究極の少女は占いもこなす。蒼星石、貴方は○よ」
津田タカトシ 「おはようございます。
寝坊して申し訳ありませんでした。
(寝坊前提の挨拶文)」
金糸雀 「遅い―――
このおr……カナを待たせた罪、万死に値するかしら!」
蒼星石 「                      ̄ ̄  ≫x
                  x≪            \
               /                    ヽ ヽ
              /                  ', ',
          ー‐.´/       |        i
                      |l      } .|l } 
                   ハ从      }-从ハ .|   |   ',
               i i   //__∨    // 〃 ∨   l ヽ
.            ,'  ',   {{ 芹笊', 、 /芹f苅ヽ}      ',\i       お前らチョコ欲しいんだろ?
          /ハ  ',  ',弋zツ \{∨ .弋zツ./   / i  i
              レ{ハト、 ∧     '   }} ./  .∧ |\}     正直に言えよ。言ったらタカとしが作ってやるからさ
             レ'{/从 {乂   っ    , 彡イハ从リ
               ヽ}ヾ从≧ュ  x≦}从  ル'
                  x≪ノ    ≫x             おら、タカとしジャンプしろジャンプ。馬鹿野郎それはサンデーだ
                   ,ィf ´  》(  ',  /__ / `  、
.                 /ノ}  / ∨{{二}}、/ i    /∧
               { ノ  // 〔>ーヽ 〕 } }   l l .}
              |´  //:::::::::::::::,':::::::::::} ', .i 乂__}」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ!」
宇佐見蓮子 「―――ん、午前7時丁度。おはよー」
ザビ子 「おはよう。」
セイバー 「朝だぞそなたら!
さあさっさとCOするが良い、この余のために!」
鍵山雛 「占いCO ALICE●」
ジュン 「おはよう!
素村のくせに爆睡オプみて何か役職貰ったかと思うヤツの前世は昆虫らしいぜ!」
ALICE 「あら、蒼星石じゃない。一番最初にアリスゲームから脱落した蒼星石じゃない
その後もなんやかんやと復活したりまた死んだりした蒼星石じゃない
まぁ私のおかげで全部が元通りだけど? 取り立てはキッチリ行うべきよね

意訳:貴方のローザミスティカちょっと貸して頂戴」
金糸雀 「おそ……くない!?>真紅」
水銀燈 「あらぁ
もう、朝ぁ……?」
鍵山雛 「占い理由
隣占いよ」
ザビ子 「あー、咲夜のそれは別にCOとかじゃないんだな?」
雪華綺晶 「うっわ面倒っていうwwwwwwwwww」
禿 「おや?占い2で…雛は対抗●引き?」
ジュン 「後出しなんで吊らねえぞ?」
津田タカトシ 「じゃあALICEさん吊りになると思うんですけど」
十六夜咲夜 「んー」
めぐみん 「ハハッ>ALICE最速&そこに●」
セイバー 「占いに●とか出ておるな。」
ALICE 「遅いッ>鍵山」
蒼星石 「あー、んじゃあまぁ共有でるでいいんじゃないかね?」
鍵山雛 「発言飲み込まれた…ってか、占いCOしてるのね、貴方…>ALICE」
妖夢 「霊能CO」
宇佐見蓮子 「地味に見てない子もいる、と」
十六夜咲夜 「雛が遅くなけりゃ即吊り提唱するんですがね」
薔薇水晶 「いきなり占いに●が飛んできましたねぇ
しかしALICEは早すぎる 彼女は様子見しないスタイルなんでしょうか(深慮」
水銀燈 「ALICE……
あなた占いCOしてるけどきっと狼よね真苦ぅ!」
金糸雀 「―――ほう、この遅さで対抗に●とな?ふざけたことを。
共有は出ると良いのではないか?」
津田タカトシ 「あー占いCOしていたと。
じゃあグレランですね。」
妖夢 「霊能CO」
蒼星石 「まぁ、真紅噛まれたら破綻でいいだろこれ」
宇佐見蓮子 「妖夢が出てるなら残そっか」
妖夢 「グレランで」
薔薇水晶 「速度でいえば●の方も遅すぎるってぐらいなんですが」
ザビ子 「占い●か。いきなり熱い展開だな」
十六夜咲夜 「雛が遅いんで残してゴーゴー。
霊能も出たしグレランド安定ですわ」
セイバー 「把握。
まぁ、こうなったのなら共有も出れば良いのではないか?」
禿 「おそいけど鍵山真の場合は内訳が確定だね。」
ALICE 「あまりに遅すぎてあくびが出るのだわ
嫉妬に狂った人外共が私を妬むことは想定済み
よって今回は潜伏ではなく、こうして堂々とCOしたというのに」
めぐみん 「後出しとは言っても、そもそもALICEが最速で出なければどうせCCO状態だったであろうことは確定的に明らか>ジュン」
雪華綺晶 「これさあwwwwwむしろ真紅吊っていいんじゃねえの?(真顔っていうwwwww
何かそれで良いような気がwwwwwぐわあああああっていうwwwww」
ジュン 「これ吊ってたら、流石に様子見して対抗に●被せるのが安定になっちまうからな!
ってことで、霊能も共有もでやがれやー」
めぐみん 「霊能COです」
ALICE 「あまりに遅すぎるのだわ、鍵山雛
それが貴方の限界ね」
鍵山雛 「早朝待機で1秒ズラしたのに…」
禿 「霊能確認。共有は…いるのだろうか」
ジュン 「大事な事だからな>妖夢」
津田タカトシ 「>ALICE
いやいやいや遅いっていうのはなんか違うと思うんですけど!?」
十六夜咲夜 「おん?」
薔薇水晶 「グレランで問題ないですかね
と思ったら霊能2COになって面倒です」
妖夢 「撤回共有CO
んじゃグレランで」
十六夜咲夜 「共有混じっているのかしら」
宇佐見蓮子 「霊残しで2-2維持したままグレランしたいなー、これ」
水銀燈 「●出てるから吊ってあげたいけれど
鍵山雛のCOが遅めだから気が進まないし見逃してあげるわぁ

泣いて感謝しなさい?」
セイバー 「なんだかんだで●の方も10秒ぐらいでは出しておるのよな。」
雪華綺晶 「いや待てwwwwwまだ霊能護衛確定させての真紅吊りもあるでっていうwwwww」
ザビ子 「共有は出てほしい。情報は少しでも多くほしいから」
金糸雀 「ああ、そうであろうと思った>妖夢」
ALICE 「ノン>水銀燈
この私は誰よりも美しく、そして聡明な占い師の真紅ちゃん。ALICEよ」
妖夢 「どっちにしてもあの速度で即吊りはないからまあいいわ」
蒼星石 「相方でないのかい?>妖夢」
鍵山雛 「霊能2人なら、霊能真狂ね。」
十六夜咲夜 「ま、そらそうか。
ならアーマーでもよかった気がする。
ではではやはり、グレランで」
めぐみん 「なんで対抗がいるんですかね(憤怒
狂人が出遅れた系の状況に見えますので、対抗は狂人目・・・ってあれー」
禿 「君の相方は? >妖夢」
セイバー 「多分そうなんだろうなぁ感。」
津田タカトシ 「2-2になったと。
(共有混じりだと思うんですけれども」
雪華綺晶 「はぁん?wwwww」
薔薇水晶 「ああそういう意図でしたか 失礼(ペコリ」
蒼星石 「撤回で2-1の展開と」
宇佐見蓮子 「撤回CO入ってくるとめぐみん遅くなーい?ってなるんだけど、まいっか」
ザビ子 「っと、なんだ共有トラップか。霊ロラかと思った」
妖夢 「相方はもぐりたいんだと」
鍵山雛 「共有も把握よ。
2-1-2ね。」
ジュン 「真紅が様子見したとしても雛も遅かったからせいぜい同時くらいだろうな>めぐみん」
セイバー 「霊能引っ張り出してグレランやるぞ、の合図であろう。
これ以上構っても仕方あるまい」
金糸雀 「ならばグレランなのであろう。
あっ、カナもそう思うかしらー」
めぐみん 「私が遅い、私がスロウリィ」
雪華綺晶 「禿の言う通り相方出すのは必須事項ですがそれはっていうwwwww」
水銀燈 「どちらにせよこれ以上タッチすることではないかしらねえ
あのタイミングで霊CCOするなら騙りあって狂人でしょうしぃ?」
十六夜咲夜 「んー」
鍵山雛 「え?>共有
相方出して欲しいんだけど。
無駄占いしたくないから」
禿 「共有ガードのほうがしっくりくるんじゃないのか…? >ザビ子」
ALICE 「どうせなら初手●か呪殺でも手土産にCOしたかったけれど
しょうがないわね、蒼星石では私を満足させることはできなかったのだわ」
蒼星石 「マジかよ
引きこもりはいけないって相方に言っといてやれよ?>妖夢」
十六夜咲夜 「まあいいか。潜りたいなら任せる」
ザビ子 「べつにめぐみんがおそいのはおかしくない気がする。●が出ている以上、潜っているのは普通ダル>蓮子」
ジュン 「こう言う場合、霊能が潜るって言うのも手段の一つであると思うんで、引っ張りだすような共有の騙りはどうかと思うぞ」
鍵山雛 「あ、そういうことなら、灰占いしておくわ。
追っかけ占いなんてやらなくていいでしょうからね。」
めぐみん 「ジュンへの発言を書いている間に出てこられたのだからふぁっきん。>蓮子
半分以上書けてからって一番ダルいタイミングじゃないですか」
津田タカトシ 「>雪華綺晶
護衛確定させて吊る意味ってないんじゃないですか?
真紅狼で、雛さん無残なら全く意味無いですしお寿司」
ザビ子 「いや、なんか霊能が複数出たらロラが基本かと思った>禿」
十六夜咲夜 「その上で、明日から指定も考えといてちょーだい的なサムシング」
金糸雀 「>水銀燈
あって狂人というか偽を見るなら今日吊るのであると思う―――かしら?」
雪華綺晶 「面倒だなあwwwwwこれwwwww
グレランして吊られてもあんま知らんっていうwwwww」
禿 「というより相方が出ないと君を信用できないのだが
まあ、夜発言で確認とかである程度確認はできるが…」
水銀燈 「真苦ぅ
いいことを教えてあげるわぁ……」
雪華綺晶 「ちょいある可能性を見て今日だけ黙っといてやんよ(真顔っていうwwwww」
宇佐見蓮子 「村の流れ的に占い吊りないでしょって頭からそうだったし、対抗が出てる霊って立場で考えると遅い>ザビ子」
十六夜咲夜 「>禿
ニア 爆睡者」
薔薇水晶 「もう考えなくていいんじゃないんですかねぇ(すっとぼけ」
セイバー 「それをするなと共有が言いたかっただけであろう。>ジュン」
水銀燈 「>金糸雀

狼から見たら真偽不確かであるから噛ませたら儲けものかもしれないわぁ」
ALICE 「大体、隣占いって何かしら?>鍵山
貴方の隣ってセイバー私真上に蒼星石もいるのに

貴方、そんな理由で呪殺対応大丈夫なの?
真紅ちゃん、ちょっと心配」
ザビ子 「そうか、爆睡だから共有のささやき回数で証明とかは不可だった」
雪華綺晶 「大変良くわかるがwwwww明日まで見て判断してやろうっていうwwwww>禿」
金糸雀 「めぐみんは●見て潜って対抗が出たから出た、という形に見て問題は無いと思う……思ったかしら」
ジュン 「相方が出なかったとしても、対抗で共有がでてこなきゃ信用できないもクソも無いだろ>禿」
ALICE 「あらそうなの。水銀燈、ありがとうね」
津田タカトシ 「>薔薇水晶
おっそうだな。」
禿 「基本ではあるっちゃあるけど、単純に決め打ちたくないからってのもあるけどね
霊能ロラは。今回みたいに共有が霊能で出る場合もあるだろうし
一概に全部ロラすりゃいいってもんでもない >ザビ子」
ザビ子 「む、そう言うものか?>蓮子」
蒼星石 「まぁ、出るか出ないかなんてその時次第でいいんじゃね?
あんまりそればっかりの発言だと稼ぎにも思えてくるし」
水銀燈 「あなたは私が妖狐であることにかけてるかもしれないけどぉ
私は妖狐じゃないから占っても呪殺できないわぁ
ふふっざぁんねんでしたぁ」
雪華綺晶 「あwwwww爆睡かwwwww無理wwwww
相方出せっていうwwwww」
めぐみん 「あー? 私正直ALICE吊れば●でると思ってましたよ?>蓮子
そういう内容で話してたとおもいますがね」
十六夜咲夜 「いやいや」
禿 「そういやそうじゃないかすっかり忘れてた >咲夜」
宇佐見蓮子 「まあ、ままあるタイミングが悪かったでいっかなー、とは思ってるから吊りとか言うつもりないからファイトっ!ってなっちゃうわね>めぐみん」
津田タカトシ 「遺言に相方書いとけばいいんじゃないです?
爆睡村でも」
妖夢 「今日対向が出てない時点で真証明って必要だとおもうのかー」
鍵山雛 「いや、●狙いなら隣の貴方占いよ?
セイバー占っても○だろうし。」
禿 「妖夢ー!はよ相方だせー!出すんだー!」
十六夜咲夜 「まあ、反応に困る的な。
共有対抗いないやん」
セイバー 「ぶっちゃけ証明不能であるから
妖夢噛まれてから色々面倒を背負い込みたくないなら出ておけ、ぐらいで。>共有相方」
ALICE 「え? ごめんなさい、よく聞こえなかったわ>水銀燈」
雪華綺晶 「動きが不可解なのでwwwww信用度の話直結はある系っていうwwwww」
金糸雀 「>水銀燈
噛ませる、と。その場合占いに真混じってて生きてないと厳しくはなるが。ほう。」
蒼星石 「遺言あるじゃん>きらきー」
ジュン 「爆睡だからとかは関係ないだろう
遺言に相方の名前をかくだけでいい」
鍵山雛 「いや、一応遺言だけはお願いね>共有」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆ボコボコ@GM 
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(((+ω;)  ログに注意喚起ぶち込んじゃってゴメンね。
      ̄U       と言うわけでGMをボコボコにしてもいいから早めにね。」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →宇佐見蓮子
十六夜咲夜0 票投票先 →津田タカトシ
雪華綺晶0 票投票先 →水銀燈
薔薇水晶1 票投票先 →セイバー
ジュン1 票投票先 →禿
水銀燈3 票投票先 →宇佐見蓮子
宇佐見蓮子2 票投票先 →ジュン
蒼星石0 票投票先 →津田タカトシ
津田タカトシ3 票投票先 →セイバー
金糸雀1 票投票先 →津田タカトシ
禿2 票投票先 →水銀燈
ALICE0 票投票先 →セイバー
鍵山雛0 票投票先 →禿
セイバー3 票投票先 →水銀燈
ザビ子0 票投票先 →薔薇水晶
妖夢0 票投票先 →金糸雀
2 日目 (2 回目)
めぐみん0 票投票先 →宇佐見蓮子
十六夜咲夜0 票投票先 →津田タカトシ
雪華綺晶0 票投票先 →水銀燈
薔薇水晶1 票投票先 →セイバー
ジュン1 票投票先 →禿
水銀燈3 票投票先 →宇佐見蓮子
宇佐見蓮子2 票投票先 →ジュン
蒼星石0 票投票先 →津田タカトシ
津田タカトシ4 票投票先 →セイバー
金糸雀0 票投票先 →津田タカトシ
禿2 票投票先 →水銀燈
ALICE0 票投票先 →セイバー
鍵山雛0 票投票先 →禿
セイバー3 票投票先 →水銀燈
ザビ子0 票投票先 →薔薇水晶
妖夢0 票投票先 →津田タカトシ
津田タカトシ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジュン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジュンさんの遺言 禿ときらきっていうが人外臭い
爆睡と共有相方をだす関連性が無い。ずれてる。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
宇佐見蓮子 「午前8時21分、今日はちょっと遅かったわね。おはよー。」
ALICE 「究極の少女は占いもこなす。十六夜咲夜、貴方は○よ」
ザビ子 「おはよう。グレー噛みか」
金糸雀 「朝か。何か言うことがあるのなら宣言しておけ、雑種
かしらー」
鍵山雛 「占いCO ジュン○」
薔薇水晶 「おはようございますねぇ」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ! 爆裂魔法で火葬した結果、
タカトシはケシズミ(○)です!」
十六夜咲夜 「うーん」
禿 「おはよー。」
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
個人的好みの話wwwww霊能引っ張り出す状況じゃないと思いました(真顔っていうwwwww
でwwwww多少思ったのが妖夢潜伏占い師ないしその騙りっていうwwwww
特に水銀燈○持ちのっていうwwwww
だからこうwwwww相方出せじゃなくてwwwww対抗出ろってのが共有についちゃ正しいと見たっていうwwwww」
水銀燈 「くるおしいほどにヤクルトが欲しいわぁ」
セイバー 「朝だぞそなたら!
さあさっさとCOするが良い、この余のために!」
ALICE 「挨拶が鍵山雛より遅かったところにでも狼いるんじゃないかと思ったけど
水銀燈くらいしかいない上に、水銀燈を占うと私の輝かしい経歴に傷がつくのだわ
占うべきは津田投票者、かつ「んー」とか「ま、」とかアイマイミーで指定に触れる十六夜咲夜その人よ

後出しジャンケンで色々やりそうなタイプよね彼女
潜伏狂人だったらごめんなさいね」
宇佐見蓮子 「>めぐみん
全体として雛の●だしが遅いだろ、という意見が出た直後から多く、妖夢のCOも見えてる。
それを考慮した場合にALICEを即吊りするとは到底思い難いかな。結果はどうだとしてもね」
鍵山雛 「占い理由
挨拶遅いところで、しかも返答が早かった。私の●を見てから。
◇ジュン 「後出しなんで吊らねえぞ?」
これは、ALICE狼を知っている、ということね。
銃殺狙いというよりは●狙いになるけど、吊って霊能結果を見ることもできるわ」
十六夜咲夜 「アリスが最高にイマイチ」
金糸雀 「ほう、そこを噛んでくるか」
セイバー 「何か灰が死んでおるでござる。」
ALICE 「遅いッ>夜時間」
宇佐見蓮子 「>ザビ子
これそんなに具体的に関係する話でもないから斜め読みでいいんだけど

例えばあのタイミングで霊2COの形になった時にあんまりにも遅いと評価が傾いてしまうじゃない?
そういう事まで考えたら出来るだけ早く対抗に出たくなるのが真霊能的な心理じゃないかなあと思うのよね。
下手に評価が傾きすぎて自分だけ片吊りになるとかそんなの御免だし。
「そんなのないでしょ」って言い切れるものでもないから。」
鍵山雛 「どうして噛まれてるの…OTL」
蒼星石 「ジューン!まだあんたから下着貰ってないのに―!」
十六夜咲夜 「◇ALICE 「挨拶が鍵山雛より遅かったところにでも狼いるんじゃないかと思ったけど
水銀燈くらいしかいない上に、水銀燈を占うと私の輝かしい経歴に傷がつくのだわ
占うべきは津田投票者、かつ「んー」とか「ま、」とかアイマイミーで指定に触れる十六夜咲夜その人よ

後出しジャンケンで色々やりそうなタイプよね彼女
潜伏狂人だったらごめんなさいね」」
雪華綺晶 「多少ズレてたのは認めるがwwwww妖夢共有ちょい無理よっていうwwwww>ヒゲ」
水銀燈 「どっちか一人でも私かセイバー占っていたら偽乙で終わるのだけどねぇ」
薔薇水晶 「雛が一手損した感じですが・・・・・・これは(ドン引き」
禿 「グレーが死体でそこが雛占いか…」
ALICE 「鍵山雛が狼で呪殺対応を頑張っているのではないかと思うレベル」
金糸雀 「と、そこに○が出ていると。」
十六夜咲夜
後出しジャンケンで色々やりそうなタイプよね彼女
潜伏狂人だったらごめんなさいね」」
妖夢 「なんだろね。まグレラン」
ザビ子 「めぐみん、ケシズミが○なら●は何になる?>めぐみん」
宇佐見蓮子 「あれ、津田さんって○なんだ、ちょっと意外」
十六夜咲夜 「○出すこと前提の占い理由じゃない?」
蒼星石 「タカトシ・・・ごめんね
ちゃんとへそくりのチョコ私が食べておくからね♪」
めぐみん 「何故かっていう程の状況ですか?>セイバー
正直私噛みか灰噛みの2択じゃないかとおもいますよ、あの状況」
ザビ子 「ありがとう。参考にする>蓮子」
ALICE 「実際の所、どうなのかしらそこんとこ>十六夜咲夜
自覚はあると思うのだけど?」
禿 「あと遺言に突っ込むけどもさすがに昨日のアレで妖夢即共有信じるってのもつらいわwwww >ジュン遺言」
雪華綺晶 「共有であることを認めるまではいくかもだがっていうwwwww
指揮権預けんのめっちゃ怖い系っていうwwwww」
めぐみん 「もちろん黒こげです>ザビ子」
セイバー 「個人的に思う所において言うならば
共有相方を遺言COとかそれ潜る意味ないよね感が酷いのだが
まぁノーコメントである。」
金糸雀 「それで噛まれてるの……になるわけか>雛」
十六夜咲夜 「まあいいや」
薔薇水晶 「ここで灰噛みというのはまあ後ほど考えましょう
今言うと色々勘ぐられる気がしますからねぇ(狼【ホモ】は嘘吐き」
禿 「即っていうか。相方が不自然に出てこないってのがね。いろいろと。」
ザビ子 「なるほど、理解した>めぐみん」
セイバー 「まぁ、ALICEチャレンジないのな、じゃあそういうことかな程度である。>めぐみん」
宇佐見蓮子 「言っても仕方ない事よ>セイバー」
水銀燈 「霊能の結果は蓋を開けてみなければいろいろわからないしぃ
私達は順当に投票とか眺めながら敗者の屍を日々つみあげていくのよぉ」
ザビ子 「共有の相方を隠すメリット……
騙りのあぶり出しとか、か?」
ALICE 「●がでたらさよならバイバイ、○ならば貴方は生き残る>十六夜咲夜
その上で潜伏狂人ならば生き残してしまうのは私のミス」
蒼星石 「まぁ出ない=狂有しかないじゃん>禿げ、きらきー」
鍵山雛 「割とそこ狼は自信あったんですけど…>金糸雀」
ALICE 「だけど結果的に噛ませてしまえばオーライでもある」
禿 「相方共有吊った段階で正直遺言で出た瞬間割とどうしようもない気持ちになるしね >セイバー」
雪華綺晶 「もの凄く狂狼臭いって発言乗せていいっすかね?っていうwwwww
まあぶっちゃけwwwww出方的にめぐみん盲信するっきゃねえぐらいっていうwwwww」
めぐみん 「蓮子はタカトシを●だと思っていたのですか。
どのあたりからそう思いました?」
宇佐見蓮子 「一日はあまりにも短すぎて共有潜伏のメリット・デメリットを語り合うほどの時間はないの」
薔薇水晶 「共有隠しはデメリットメリットわかっているならいいです
というかそれであんまり発言稼がれたくないです(真顔」
十六夜咲夜 「>アリス
いやいや」
蒼星石 「きっとあれだよ・・・ニートな郷有なんだぜ?>ザビ子」
禿 「それもそうだけどねー…
流石に出ないのであれば相方は潜伏継続するっていうことだと思う >蒼星石」
金糸雀 「仮に初日であるのなら考えることが減るからさっさと出て欲しいとは思って入るが
そのくらいのデメリットはわかっているだろう」
ザビ子 「それで、今日もグレランなのか?」
雪華綺晶 「両偽見てのトラップ仕掛けなんですかねえっていうwwwww
まあwwwww今言っても詮無きことだがっていうwwwww」
ALICE 「この3手先まで見通した真紅ちゃんの慧眼
実際の所、結果を出せるとも思ってなかったから遺言にはくどくどと書いていたのだけどね」
十六夜咲夜 「これから占う相手に対して潜伏狂人ならごめんなさい、って相当おかしいでしょ」
セイバー 「相方は死にましぇーんってことではないのだろうか要するに。」
妖夢 「狩人は遺言残しておくこと 」
宇佐見蓮子 「発言のテンポがちょーっとトロいのと動きがなんかぎこちないように見えたから人外あるかなー、吊った人やるじゃーんって思ってた感じ>めぐみん」
蒼星石 「んで今日は○だけどさ
グラランでいいんだよな?

私得意だぜ?マカロニとか入れるんだろ?」
ALICE 「謝辞は貴方に対して、ではなくてよ?>十六夜咲夜」
鍵山雛 「いや共有はお察しなんじゃ?
だから占って無いんだけど…。」
薔薇水晶 「にしてもチャレンジねぇ>セイバー」
十六夜咲夜 「●ならどうとか、○ならどうとか、
グダグダ言っておりますけれど」
金糸雀 「>雛
呪殺噛み合わせやGJなどよりも噛まれが先に口に出る、というのは少し疑問を感じたかしらー」
水銀燈 「例えば視覚的に一ついい指標があるわぁ>ザビ子

私と津田とセイバーが昨日同票で決戦になってたわよねぇ
そして妖夢が投票的に私とセイバーを守った、ともとれるわよね?

じゃあもしそれを受けて今日私達二人を占った占いが居たら、それは
共有が共有を守るように見える投票をした=二人のどちらかが共有である可能性が高いのに占った=騙りに見える

とかそういう指針にはなるわねえ」
雪華綺晶 「あwwwwwそうそうwwwww水銀燈なら出せよっていうwwwww
そこ死にかけてるんでっていうwwwww
後はこうwwwww真紅周りに対する発言ちょいブレてるんでっていうwwwww」
ALICE 「むしろ貴方に対して言うべきことは1つ」
めぐみん 「え、あれって村に対して「狂人囲っちゃったらごめーんね♪」って意味じゃないんですか>咲夜」
十六夜咲夜 「あなた、今、●もらいの占い。OK?」
薔薇水晶 「と思ったけどここらへん素直に受け取るべきか否か」
禿 「というならばよっぽど自信があるのだろう。
まあこれ以上言うのは不毛だし、大体なんとなく出ない理由が察してきたので切り上げるとしよう」
蒼星石 「ジュンがかみ合わせ出ない限りは噛み死体だけどさ
ジュンのどこに噛む要素があったかだよなぁと」
宇佐見蓮子 「具体的に言うならALICE吊りへの言及とか、共有潜伏への固執とか。割とざっくりした印象論だけどねん。」
ザビ子 「そこまでわかるのか。勉強になる>水銀燈」
ALICE 「あら、そうだったかしら>●貰い
鍵山があまりにすっとろいのでそんなこと忘れていたのだわ」
十六夜咲夜 「占った先が潜伏狂人だとかそんなことに思考割く余裕あるの?
私が真でその状況なら、そう思わないけれどね」
鍵山雛 「ジュン妖狐は流石に無いよね、ってこと>金糸雀
●狙い流石! ってことばっかり思い込んでた。」
水銀燈 「>雪華綺晶

今日の私が昨日までと同じだと思わないことねぇ
ふふっ。みてなさぁい
今日のグレランも余裕で生き残ってアリス・ゲームの勝者になるわぁ」
雪華綺晶 「まあwwwwwそれだったとしたら霊能護衛誘導以外の意味はあんまなさげっていうwwwww」
めぐみん 「ぎこちなさはともかくトロい方は狼臭っていうより不慣れ臭じゃないですかねぇ・・・>蓮子
まあ感想は人それぞれですが」
セイバー 「うむ。どっちがどっちかわからぬからな。>薔薇水晶」
ALICE 「私ならその余裕くらい、ある」
金糸雀 「正直言語からはこの2人に対する真要素を見いだせない以上、真いるなら疾く証明せよとしか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →禿
十六夜咲夜0 票投票先 →金糸雀
雪華綺晶1 票投票先 →水銀燈
薔薇水晶0 票投票先 →セイバー
水銀燈3 票投票先 →宇佐見蓮子
宇佐見蓮子2 票投票先 →金糸雀
蒼星石0 票投票先 →禿
金糸雀4 票投票先 →宇佐見蓮子
禿2 票投票先 →水銀燈
ALICE0 票投票先 →セイバー
鍵山雛0 票投票先 →金糸雀
セイバー2 票投票先 →金糸雀
ザビ子0 票投票先 →水銀燈
妖夢0 票投票先 →雪華綺晶
金糸雀 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
妖夢 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
妖夢さんの遺言 相方蒼星石 私噛まれてたら指定雛から吊り
金糸雀さんの遺言        _ >-‐            `ヽ从   \    i   } -‐ァ
      _ >        _    - ‐  ≦´  \丶 丶 :l   /;/
  <                   _ ∠_    丶トミ 丶l:l /´
     \   丶   - ‐    ̄ / ̄´  \_     \从/
      _丶   ー =  彡ミ /     ヽー-ミ丶   , l
.     \    ー=ミんヘ,〉          \沁、ヽ 」 l{
      _丶     }l rー〈              `` `´ ノフ
.       \      八 ヽ _}               {7´
.        丶      ミー-b     ト_、    _ ',       このおr……カナに素村なぞ持ってこさせよって!
          ハ   ノl ̄ ̄ ̄|   \ `ー-_、 ヽ ... _,>
    `丶、/ フ} ノ l三三三l       \`ヽr>/
.      \/  厂     }  \       二´..イ
        マニ=ミ  }  }   \      /::::|
         丶   `丶、 }     丶、  /¨¨´
              \    丶、     r――'
             }\    \  /_\ー―――=ミ
              ノ   \    ∨ /Λ\       ノ\_
         /     }、    V//Λ )rーミ/    }``丶、
          /         } \    V⌒マV |  |     /     \
.       /        }  \  マ::ム∧|  |   /       \
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
単純に投票だけ見るならwwwww十六夜咲夜が大変囲いっぽいっていうwwwww
津田と金糸雀両方吊ってるところから考えるにっていうwwwww
たぶんこれ俺様金糸雀霊能結果○出ると思うんでっていうwwwww
真紅の占い理由に言及してたけどwwwww狼-狼なら遠慮なくライン切れるよなという考察っていうwwwww」
ALICE 「究極の少女は占いもこなす。禿は○よ」
十六夜咲夜 「まあ概ね昨日言った理由 +
『余裕がある』と言ったALICEが、の割に、

◇ALICE(111)  「大体、隣占いって何かしら?>鍵山
貴方の隣ってセイバー私真上に蒼星石もいるのに
貴方、そんな理由で呪殺対応大丈夫なの?
真紅ちゃん、ちょっと心配」

初日に必死こいて対抗叩いているのを見て複雑な感情。
いや、なんかまーこれ、真要素でもあるんだけど。
偽要素でもあるなー的な。総合評価結局マイナスだけどイインダろーか」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ! 爆裂魔法で火葬した結果、
金糸雀はケシズミ(○)です!」
宇佐見蓮子 「午前8時っ、おはよー」
薔薇水晶 「セイバーは
雛チャレあるかという思想
→ALICE狼だという思想に固定
→狂人による特攻だったら即噛みがある分、すぐALICE非狼という発想には至らない。しかし

→ちょっと遅い●→狼が様子見含めた●という発想がない

というわけでーと思ったけど、

>◇セイバー(48)  「まぁ、ALICEチャレンジないのな、じゃあそういうことかな程度である。>めぐみん」

うん、台詞把握ミスってたね(白目」
禿 「おはよー」
ザビ子 「おはよう。なるほど、○もらいだから潜っていたのか」
鍵山雛 「占いCO 禿○」
水銀燈 「禿も雪華綺晶も二人共人外でも私驚かないわぁ」
ALICE 「金糸雀は最後の発言で狐候補として取っておくつもりだったのに
大体、鍵山(狼?)が何で禿からそっちに票を移すのかしら、昨日の投票は身内票だったりする?
ありえるわね、ジュンも蒼星石も禿が怪しいと言っている。私自身も一昨日、鍵山が投票していなければ投票していた」
宇佐見蓮子 「>めぐみん
>◇めぐみん(92)
その辺は言語化の問題っていうか、灰視に関する話になってくるから
ちょっと本題からズレるし、言っても時間はあんまりないから割愛するわね
気になったら聞いてくれれば検討会辺りで話すわ。」
セイバー 「朝だぞそなたら!
さあさっさとCOするが良い、この余のために!」
蒼星石 「そうです私が共有です」
雪華綺晶 「逆で良いような気もすっけどロラ自体に異議はないんでいいやっていうwwwww>妖夢」
ALICE 「おーのーれー>禿」
鍵山雛 「占い理由
昨日も言ってたけど。2日目だけど。
◇禿 「共有ガードのほうがしっくりくるんじゃないのか…? >ザビ子」
これ、占い護衛してほしくない、ってことよね…。妖狐狙いの銃殺狙いよ。」
薔薇水晶 「無理にセイバーに執着しすぎる必要もなかったね(白目」
セイバー 「まぁ、そらそうだなぁという。」
鍵山雛 「ですよね>蒼星石
だもんで占わなかった。」
禿 「唐突に禿に○が重なる事案」
宇佐見蓮子 「んで、共有噛み」
雪華綺晶 「というか単純な話wwwww真紅吊って霊能結果見たいっていうwwwww」
ザビ子 「遺言だと雛吊りか」
めぐみん 「む、遺言指定は雛からですか?
ALICE吊った方が●引けそうですが、護衛固定とか狙ってるんですかね」
十六夜咲夜 「んんー」
ALICE 「水銀燈は水銀燈のくせにこしゃくにも白い、それは認める」
水銀燈 「どうみてもあって初手○共有でしょう?
まあいいけどねぇ

禿○2つぅ……?」
十六夜咲夜 「真紅吊りでいいんじゃない?」
めぐみん 「頭光ってますね>ハゲ」
雪華綺晶 「禿狐とかで二重囲いは俺様追える気がまるでしないのでっていうwwwww
噛めっていうwwwww以上っていうwwwww」
十六夜咲夜 「えーと」
鍵山雛 「ごめんwww
禿が光ったwwwで何故か笑ってる私がいるwww」
蒼星石 「んじゃ遺言どおり雛指定

昨日の日でGJ出た狩人いるならナイトになるのもいいんじゃない?」
禿 「余計なことは言うんじゃない >めぐみん」
水銀燈 「>ALICE

少なくとも今日明日にもつられてしまうあなたよりかは万倍白いわねぇ(ドヤッ」
ALICE 「認めるからこそ、水銀燈に継続投票の禿には手応えを感じていた
というのに」
十六夜咲夜 「まあ単純に真紅吊りで二人の真贋が一気に計れるので」
セイバー 「●引くというか
結果多い方から吊るか少ない方から吊るかであるな。」
薔薇水晶 「ローラーするなら今からだけど、
初日真だとするならALICE非狼という推論が必要になる」
十六夜咲夜 「そっちのが効率的」
ザビ子 「それは本当にALICEが占い師だったら痛いぞ>雪華綺晶」
宇佐見蓮子 「んま、指定展開ならどーこー言わない。雛から吊るなら吊り切るつもりなんだろーし」
鍵山雛 「ちょっと待ってよ!
私の○禿しかいないじゃない!」
雪華綺晶 「でwwwwwどうすっかなんだよなあっていうwwwww
真紅○なら話は早いんだけどっていうwwwww」
十六夜咲夜 「雛から吊りなあ」
ALICE 「うっさいのだわ!>水銀燈
見てるといいわよ、金糸雀が狐じゃなきゃいくらでもどうにでもなるから」
蒼星石 「禿げが吊るぴ神の○とかマジきついわ
これ両偽だったら私の胃がマッハじゃないか」
鍵山雛 「先に真紅吊りでしょ?」
薔薇水晶 「ALICE非狼とするには、昨日の○出す前提の占い理由を考慮するとまだ決めかねぬので、ローラーは気が向かない」
水銀燈 「例えばALICEが非狼で噛まれないならそれは鍵山雛が狼の時……というのが一般的なのだけどね?」
十六夜咲夜 「●ならいいけど」
鍵山雛 「まだ1Wも吊れて無いのに、私が吊られるわけにはいかないじゃない!」
宇佐見蓮子 「強いて言うなら両真見たら○のバランス悪くない?ってくらい」
ザビ子 「一応、共有はあなたを先にしているし>雛」
セイバー 「そうしないということは真混じりか否かは関係なく吊りきるということ。」
雪華綺晶 「>ザビ子
それならwwwww昨日十六夜咲夜が言ったことがそのまんま真紅に跳ね返りますっていうwwwww」
蒼星石 「大丈夫!丸禿げでも河童じゃないから!>ヒナ」
十六夜咲夜 「○なら本当にだるい」
ALICE 「こういう展開には慣れているもの
パワプロで言えば逆境○持ちの真紅ちゃんにとっては、この状況はむしろチャンスなのだわ」
めぐみん 「それだと狼が初日から特攻したってことになるのですが、そのあたりについてはコメントは有りますか>薔薇水晶」
水銀燈 「鍵山雛が真苦ぅを噛みに行けるかどうかというと
初日は色々運ゲーみたいな感じよねぇ」
薔薇水晶 「そもそも吊り数考えると明日からローラーしても狐狼は吊りきれるので
今日吊る必要はない」
セイバー 「余的には真紅から吊ったほうがなんぼかマシではないか、とは思うが。」
蒼星石 「というわけで誰もいないな
よし、雛吊り!」
禿 「なんか俺の扱いがどんどんひどくなる事案
こんなんじゃストレスで髪がうすくなっちまうよ…」
十六夜咲夜 「真紅吊ろうよー」
薔薇水晶 「よって今日までグレランを挟みたいという感想」
宇佐見蓮子 「狼であのタイミングで初手●合わせて出ないでしょー」
ALICE 「鍵山雛が狂人なら夜時間はもっとサクサク使ってくれているわよ
呪殺対応バリバリしているからこその夜更かしでしょ」
ザビ子 「ローラーは致し方なし、ただし狐に勝ちをかっさらわれる可能性は考えつつ、か。」
雪華綺晶 「鍵山がwwwww狼にゃちょい見えんってのもあるっていうwwwww
●合わせた狂人なのかと思わなくもないんだがwwwww
そう考えるとヒゲ○がなあっていうwwwww」
鍵山雛 「流石に反対よ!
ここで黙って吊られるわけには行かない!」
水銀燈 「だから正直な所鍵山雛吊ってもし○が出るなら
多分鍵山雛が真なんだけど
それを試せるほど鍵山雛に○はあるのかしらぁ?
(という小理屈をつけて真苦ぅをアリス・ゲームから脱退させたい)」
ALICE 「よって明日の霊能結果で皆の驚く顔が見れるのよ」
蒼星石 「あー真紅はまぁ信用下がってるからこれ以上は頑張れ
あたしからはそれしか言えん」
薔薇水晶 「なんだけどどうしてローラーに話が進んでいるんでしょうかねぇ(真顔」
十六夜咲夜 「共有の意志は固い。まあいいか。
一応、状況証拠で○と噛みが被ってるし」
めぐみん 「今日までグレラン? それだと遅すぎませんか>薔薇水晶」
雪華綺晶 「まあwwwww反対票投じてもたぶん鍵山吊られんだろっていうwwwww」
ALICE 「水銀燈、残念だけど――私、もうアリスゲームに勝ってるから」
宇佐見蓮子 「正直それはある>雪華綺晶」
セイバー 「まぁ余は反対票ぶん投げる。」
十六夜咲夜 「>薔薇水晶
なんとなく両方とも真っぽくないし」
蒼星石 「吊られる理由としては相方に聞いて来て頂戴>雛

納得いかなくても「そういうのもあるのか」と思うところはあるから」
禿 「さすがにグレランにゃぁちょいと遅いと思うが…
どっちか切るべきだとは思うが」
ALICE 「大丈夫よ、蒼星石
弾は1発あれば十分だから」
薔薇水晶 「>めぐみん
理由は言ったけど狂人吊りまで考慮入れてますか?
偶数だけど」
鍵山雛 「納得できるわけないでしょ!」
ザビ子 「狼かどうかといえば、あって狂人の気はするが<雛」
宇佐見蓮子 「決め打つつもりなら今日残した方がいいんじゃないの>薔薇水晶」
雪華綺晶 「逆で一日見るwwwwwが俺様の出せる譲歩かなあっていうwwwww
占い師に関しちゃっていうwwwww>薔薇水晶」
ALICE 「死ぬ間際になるとね、冴えるのよ
今日の発言で全部見えたわ」
水銀燈 「ピキィッ

いまよ!
パチモンメイデンのちからを結集して
あのEx-sガンダムに搭載されてそうな名前の赤いやつを吊るすのよぉ!」
禿 「まあ、雛偽なら囲いはないよねってことで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →鍵山雛
十六夜咲夜0 票投票先 →ALICE
雪華綺晶0 票投票先 →ALICE
薔薇水晶0 票投票先 →ALICE
水銀燈0 票投票先 →ALICE
宇佐見蓮子0 票投票先 →ALICE
蒼星石0 票投票先 →鍵山雛
禿0 票投票先 →ALICE
ALICE8 票投票先 →鍵山雛
鍵山雛4 票投票先 →ALICE
セイバー0 票投票先 →ALICE
ザビ子0 票投票先 →鍵山雛
ALICE は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石さんの遺言                       ̄ ̄  ≫x
                  x≪            \
               /                    ヽ ヽ
              /                  ', ',
          ー‐.´/       |        i
                      |l      } .|l } 
                   ハ从      }-从ハ .|   |   ',
               i i   //__∨    // 〃 ∨   l ヽ
.            ,'  ',   {{ 芹笊', 、 /芹f苅ヽ}      ',\i
          /ハ  ',  ',弋zツ \{∨ .弋zツ./   / i  i        津田くん実は私あなたの・・・財布でチョコ買ったんです
              レ{ハト、 ∧     '   }} ./  .∧ |\}
             レ'{/从 {乂   っ    , 彡イハ从リ
               ヽ}ヾ从≧ュ  x≦}从  ル'            妖夢が「お腹減ったから買ってきて」って頼まれたんだ
                  x≪ノ    ≫x               そう、私が相方。共有COだ
                   ,ィf ´  》(  ',  /__ / `  、
.                 /ノ}  / ∨{{二}}、/ i    /∧
               { ノ  // 〔>ーヽ 〕 } }   l l .}
              |´  //:::::::::::::::,':::::::::::} ', .i 乂__}
             f}_//_:::::┌―‐┐::::::}:::ヽ.|
               〔〕ーレ´ }::::::∨__ ノ::::::i⌒ヽハ    }
ALICEさんの遺言 占い師CO
蒼星石○>十六夜咲夜○>禿○>


こういう時に誰よりも正しいことを言えるのは村人ではなく。狼のケースが多い
そうでしょうザビ子さん


                   ,..----r____
            _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
          {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
         ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
       (⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}
      .r-、∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ
     /て ) Y.:! lイl li \lト、/lレ/|从〈
      ( _ノ  フ. :i {薔}川|   ( ●)(●)
     ゝ、 〈  :| ゞ! |       ||     狩人はドンマイ
     / ハ ヽ :! .  |      _´__ノ
     /〃 ヘ  \.ヽ:|ヽ     `ー'´}      蒼星石がどこかで噛まれそうになったら護衛してGJよろしくだろ
    i !   \  ` ーヽ       }
    丶丶   _ >   ヽ    ノ、
        ゝ'´- 、_  y-、       \
      〈      ̄  う       /、  ヽ
          `ー― ¬、__ノ     |  >  /
              |      r'^ヽ'´ _/
               |      `く__ノ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
宇佐見蓮子 「午前8時ね、おはよん」
セイバー 「朝だぞそなたら!
さあさっさとCOするが良い、この余のために!」
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
真紅●ならwwwww十六夜咲夜が三日目に真紅に構いすぎてるような気がするのよなっていうwwwww
ここの見解を割と広く問いたいっていうwwwww
真紅○ならまあwwwww囲いはないと見て一旦外そうかなってぐらいやなっていうwwwww」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ! 爆裂魔法で火葬した結果、
ALICEはケシズミ(○)です!」
薔薇水晶 「ほんとはグレランやりたいけど
ローラーに話が進んでいるから普通に信用低い方を吊る 仕方ないね(すっとぼけ」
鍵山雛 「占いCO 薔薇水晶●」
禿 「おはよー」
ザビ子 「おはよう」
鍵山雛 「占い理由
ごめん、昨日のログ飛ばした…。
3日目のログだけど、村視しているセイバーに突っかかっているのが薔薇水晶だったわ。
正直、あたるかどうか分からないけど…ゴメン。」
水銀燈 「気持ちのいい朝ねぇ」
鍵山雛 「霊能偽?」
薔薇水晶 「ファ!?>霊能結果」
雪華綺晶 「まあwwwww噛みが吊らせに来てるのは理解したっていうwwwww」
十六夜咲夜 「じゃあ雛吊り固定」
めぐみん 「>薔薇水晶
狼狐は吊りきれる(狼狐を吊れるとは言っていない)」
セイバー 「ふむ。何かほんとに済まぬ。」
宇佐見蓮子 「雛ばいばいしつつ」
ザビ子 「雛破綻、あるいは実は初日霊能?
まあ普通に破綻か」
鍵山雛 「初日霊能ってどういうことよぉぉぉぉ!!!!」
めぐみん 「正直予想外だった>ALICE○」
雪華綺晶 「鍵山狼であんのかねえっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「灰噛みから共有2枚抜くんだなーっていうか」
水銀燈 「ばいばぁい鍵山雛
大丈夫よきっと狂狼―真だから
真紅ぅが真占いなわけないでしょぉう?」
薔薇水晶 「じゃあ雛狼だね しかもかなり臆病なタイプと来た
雛はホモだね(迫真」
禿 「なら雛吊りだな。
えーっとALICEの○って俺と咲夜だっけか」
雪華綺晶 「初日霊能は俺様追えないと初日だか三日目だかに宣言してるんでっていうwwwww」
十六夜咲夜 「>禿
そ」
鍵山雛 「ちょっと待ってよ!
ここで吊られるわけにはいかないのよ!
霊能偽なんだから!」
セイバー 「であるな。>ハゲと咲夜」
宇佐見蓮子 「とりあえず感覚的に薔薇水晶は吊らなくていいかなとは思う、あっても最終日。」
薔薇水晶 「雛視点霊能狂or狐かねーっと」
禿 「じゃあALICEで○でるんなら咲夜非狼じゃないの?って思った >セイバー」
水銀燈 「仮に霊能が偽だとしても
一昨日から共有2連打の噛みならば
津田の時点で狼連れてての霊狂人くらいだけどぉ?
そしたらLWうんぬんねぇ」
十六夜咲夜 「雛視点の霊能初日はちょっと面白過ぎるんで」
雪華綺晶 「おっけwwwww十六夜咲夜据え置きっていうwwwww
そこまではほぼ決めたっていうwwwww
囲われてたらまあwwwww知らんwwwww非狼なら噛めっていうwwwww」
めぐみん 「今日呪殺を出せなかった時点で、あなたが真だったとしても吊り不可避です。>雛
まああなたが騙りなので結局占いロラだったねですが」
鍵山雛 「1日だけ頂戴。そこの霊能が狐なら一発でひっくり返るから!」
十六夜咲夜 「放置」
宇佐見蓮子 「でも最終日考えられる灰数じゃないから多分超スルーしそー」
ザビ子 「初日霊能は私もちょっと言ってみただけだ
可能性はあまり高くないと思っている」
薔薇水晶 「まあいまさら霊能偽おっかける度胸ないし、
なら普通に雛吊りでいいとは思いますけどね」
薔薇水晶 「(震え声」
水銀燈 「あのスロウリィなタイミングで
対抗霊能COする霊能が妖狐ォ?
ヤクルトで阪神が33-4よぉ」
薔薇水晶 「霊能偽?」
雪華綺晶 「後は全灰なんでっていうwwwww
おkっていうwwwww」
十六夜咲夜 「現状、私から見て役職っぽいのが薔薇水晶、ザビ子なのね」
鍵山雛 「真狼ー狂本命だけど!
真狼ー狐なら逆転できるのよ!」
薔薇水晶 「お前初日考えてみろよ
共有が体張って引き出したんだぞ?」
水銀燈 「それならまだ灰に妖狐が居るというほうが説得力はあるわぁ?」
雪華綺晶 「酷いこと言っていい?っていうwwwww>鍵山雛」
ザビ子 「私が?>咲夜」
セイバー 「流石にあの霊能が狐とかちょっとわろすわろすである。」
十六夜咲夜 「真狼 - 狐かあ」
鍵山雛 「大体、狂人なら霊能ロラに出てきてもいい場面じゃない!」
めぐみん 「で、明日私に噛みが来ないとは誰が保証してくれるんですかね?>雛」
禿 「じゃあきくけど、めぐみん狼だったらどうするのよ? >雛」
薔薇水晶 「ちょっと考え直せば、あそこで出てくる霊能は乗っ取りないね
狐狼にできる芸当ではない」
宇佐見蓮子 「兎にも角にもこの噛みやってくるのはさて何処じゃろね?みたいな問題になりそうではあるんだけど」
十六夜咲夜 「狼様の噛みに期待すれば、っていう感じ」
薔薇水晶 「よってあって狂人 ならば放置」
十六夜咲夜 「>ザビ子
うん」
セイバー 「だからと言って
そなたの真だけ追いかける訳には行かぬのでせめて自分の○がどれだけ白いのかでもアピールしてから死んでくれ。」
雪華綺晶 「許可を取らずに言うけどっていうwwwww
割と霊能引っ張り出したトコに問題が以下略ってうwwwww」
薔薇水晶 「ということで雛吊って明日でいいとは思います」
ザビ子 「なんでまた。理由を聞いていいか?>咲夜」
十六夜咲夜 「昨日の投票、初日の投票」
鍵山雛 「保障できない!
だけど霊能妖狐なら一発よ!」
禿 「というか雛の○って俺しかいないんだけどな >セイバー」
めぐみん 「そもそも共有による騙りでなければ霊能ロラだったわけですし私狐とか面白すぎるでしょうっていう」
宇佐見蓮子 「セイバーがなんかぬるぬるしてる」
雪華綺晶 「出来ないとは言わないけどっていうwwwww
それならまあwwwww三日目に出しても変わらんのでっていうwwwww」
水銀燈 「ともあれ真紅ぅが仮定真でも偽だとしても
○に二人も人狼を囲っている事はないでしょうしぃ
そこ二人残しつつかしらねえ
狼狐とかならしらないけどぉ」
十六夜咲夜 「そこらへんをみた感じ、
『自分の推理とは別』で、
『村人が良いムーブと思いそうなムーブ』に沿って動いてるように見える」
十六夜咲夜 「聞いてもいい?」
十六夜咲夜 「初日の薔薇水晶の投票理由」
鍵山雛 「スリーサイズは秘密ぅ!」
雪華綺晶 「禿なあwwwwwそこ最終日なのは間違いないんだがっていうwwwww
勝てってかなあっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「多分雛視点での最悪はジュン狐の霊狼形だと思うんだけどね」
セイバー 「ぬるぬる。」
薔薇水晶 「>雛
興味ない(真顔」
鍵山雛 「初日投票は適当よ!」
ザビ子 「発言数。決め手がなかったからそれだけ>咲夜」
鍵山雛 「占い先」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →鍵山雛
十六夜咲夜0 票投票先 →鍵山雛
雪華綺晶0 票投票先 →鍵山雛
薔薇水晶1 票投票先 →鍵山雛
水銀燈0 票投票先 →鍵山雛
宇佐見蓮子0 票投票先 →鍵山雛
禿0 票投票先 →鍵山雛
鍵山雛9 票投票先 →薔薇水晶
セイバー0 票投票先 →鍵山雛
ザビ子0 票投票先 →鍵山雛
鍵山雛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
十六夜咲夜 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鍵山雛さんの遺言 占いCOよ 結果はログで
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
宇佐見蓮子 「午前7時、おはよー!」
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
灰眺めるとやっぱこうwwwww
おつまみ感覚で水銀燈吊っとこうって気分になっちまうんだがどうしようっていうwwwww
霊能偽で津田狼ってのがこう感覚として合わんのよねっていうwwwww
水銀燈確か津田に投票してねえような気がするしっていうwwwww」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ! 爆裂魔法で火葬した結果、
雛は黒コゲ(●)です!」
禿 「おはよー。」
薔薇水晶 「>◇十六夜咲夜(75)  「初日の薔薇水晶の投票理由」

◇セイバー(83)  「霊能引っ張り出してグレランやるぞ、の合図であろう。
これ以上構っても仕方あるまい」

これ言ったのにやたら共有の話して発言稼いでいるなぁって(小並感
水銀燈 「ごきげんよぉ」
雪華綺晶 「んーwwwwwまwwwwwそこはやっぱ素直にねえよなっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「雪華綺晶吊ってすっごい悩みそうみたいな。」
セイバー 「朝だぞそなたら!
さあさっさとCOするが良い、この余のために!」
ザビ子 「おはよう。グレーだらけだな」
セイバー 「Oh。>本当に●とな」
薔薇水晶 「これ以上共有の話しないでね?→共有は~だから ~なので

お、おう>初日のセイバー」
宇佐見蓮子 「咲夜と水銀燈が等価な位置にいるから悩む。きついね。
薔薇水晶は昨日言った通り仮に考えても最終日かなみたいな。基本私はいいやー。
ザビ子とセイバーの二択がどうするかなのよね」
雪華綺晶 「●で合わせられんのかっていうwwwww
まあwwwww初日の占い理由見れば納得はするっていうwwwww」
薔薇水晶 「ああ臆病な狼ね」
水銀燈 「>雪華綺晶

奇遇ねえ
私としては草に隠れてわからないけど
”普通何も言わずともわかるのに”共有COを私に促して
そのまま私を吊るすことしか考えてなさそうな貴方は人外だったとしても驚かないわぁ」
ザビ子 「とりあえず1Wは吊れた、と」
セイバー 「余は何か霊信じたくなくなってきたぞ奏者……
まぁ言っても詮無き吊りしておるから信じるのだが。」
雪華綺晶 「普通に拒否っていうwwwww>宇佐見蓮子
余裕でノーミス状況っぽいんでっていうwwwww」
めぐみん 「占い真狂ならもっと早く私噛んでたと思うんですよ>セイバー
ただこうなると私噛まれないですよね」
薔薇水晶 「多分初日潜伏している占い狙って噛みたかったんじゃないかなぁと思いつつ
同じく縮こまっていそうな人考えるよ」
宇佐見蓮子 「もし霊偽をどうしても考えたいなら頑張って薔薇水晶吊って見るといいんじゃないかな>セイバー」
雪華綺晶 「でwwwww割と今までこっちに来てなかった覚えあるんですがその理由を聞こうかっていうwwwww>宇佐見蓮子」
禿 「雛狼か。
1Wは吊れた…吊れたけど最悪2W1Fあるんだよなぁコレ。
一歩間違ったら即絶望村だしなぁ」
水銀燈 「>セイバー

霊能は騙りあって狂人ねぇ
そして仮に狂人だとして噛まれないのはなぜということになるのだけどぉ?
それは津田が狼だった場合ということになるのかしら?

でもねぇ
その場合でも霊能が妖狐である可能性は狼視点失われないのよぉ?>ALL」
宇佐見蓮子 「いやまあ、割と相対的に見てだから凄い自信があるわけじゃないんだけどね>雪華綺晶」
禿 「霊能吊りは正直もうどうにもならん >セイバー」
セイバー 「まぁ、自動的に禿も放置位置に突っ込まれたので
昨日の遺言とか思うには奏者グッバイになるのかこれは。余の吊り方ではないな。」
雪華綺晶 「薔薇水晶はなあwwwww逆囲いでない限りなんだけどっていうwwwww
否定はあんま出きんのよねっていうwwwwwタイミング的にっていうwwwww」
薔薇水晶 「んー そうなるとレンコあたりは雛に関してまともに推理しているから

◇宇佐見蓮子(78)  「多分雛視点での最悪はジュン狐の霊狼形だと思うんだけどね」

そこまで狼なさそうな感覚」
セイバー 「考えても仕方なさそうだからいいかなって。>レンコ」
雪華綺晶 「ただまあwwwww驚き方は素直だったんかね?っていう印象が残ってるぐらいやなっていうwwwww」
ザビ子 「私吊りか? そろそろ2W1Fだった場合、後がなくなるから正直勘弁してほしいんだが」
宇佐見蓮子 「ザビ子は緩いんだけど真っ先に吊り放り込みたくなるかっていうと何か違うように見える」
水銀燈 「まああのタイミングでロラられにくる妖狐も人狼もいないとおもうからぁ?
少なくとも今日の十六夜は鍵山雛の○ではない……しかも
禿噛みではないということだけでも真実ねぇ」
薔薇水晶 「霊能は無視していいよ 初日の出方でアレ狼狐いえる?」
宇佐見蓮子 「セイバーもちょっと、ううん、もうちょっと見てたいっていうか」
雪華綺晶 「というわけでまあwwwww水銀燈吊って考えるかなあっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「薔薇水晶は言った通り。」
水銀燈 「普通こういう形だと○2つの禿を先に噛みそうなものだもの

つまり哀しいことだけど、占いに真はいたのでしょうね。少なくとも、狼視点では」
薔薇水晶 「んで昨夜って蟻巣の○だから普通に蟻巣真で雛○撤廃でいいよ」
雪華綺晶 「ザビ子セイバーは割とこうwwwww安定してんのかねえ?っていうwwwww」
セイバー 「それ言えるなら薔薇水晶は凄い村かなーって思うのだが、うーむ。>初日潜伏占いっぽい村人噛みたかったんじゃね?
というか余がこれ、余挨拶タイミングとかすっげー潜伏占いっぽくね?とかそういうこと考えてただけとも言う。
でもこれ客観的に見て狼臭いので何とも言えない。たまたま思考がフィールしただけであるし。」
禿 「少なくとも私からは。みんなグレラン頑張れとしか言えない…」
ザビ子 「セイバーは個人的に村目で見ている。薔薇水晶は逆囲いだとしたら最終日にたたけばいい。
となるとそれ以外か」
雪華綺晶 「序盤の動き見る限り禿人外追えんのだよなっていうwwwww」
めぐみん 「狂人が潜伏して、狼が対抗に●なげちゃったー、っていう状況が一番ありそうですがね>水銀燈」
水銀燈 「潜伏占いっぽい村人位置っていうならぁ
私が挨拶一番遅いのだけどねぇ……

まぁ、吊り逃れ投票してないから、ないとみられたのだけどぉ」
禿 「ただ、セイバーに関していえば、役はもってそうなので即吊りはあんましたくはない」
雪華綺晶 「俺様が狭量なだけなんかね?っていうwwwww」
水銀燈 「>めぐみん

まあ、普通に考えるとそれか、初日狂人だった、かしらねぇ」
めぐみん 「初日真とどっちが濃いかっていう差でしか有りませんが」
セイバー 「そして
余は全然潜伏占いっぽくなかったので死ぬ。スイーツ。」
宇佐見蓮子 「ザビ子セイバーはあと何か残しときたいみたいな欲があるのは否定しない!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →水銀燈
雪華綺晶2 票投票先 →水銀燈
薔薇水晶0 票投票先 →雪華綺晶
水銀燈5 票投票先 →雪華綺晶
宇佐見蓮子0 票投票先 →水銀燈
禿0 票投票先 →ザビ子
セイバー0 票投票先 →水銀燈
ザビ子1 票投票先 →水銀燈
水銀燈 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
禿 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水銀燈さんの遺言 この普通村はありきたりだけどぉ
役者がいい。至高と信ずるわぁ

だからきっと、面白くなると思うわよぉ?
禿さんの遺言 村だ。
きらきー、セイバー、ザビ子つりゃ終わりそうな気もする
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
薔薇水晶 「>◇雪華綺晶(46)  「序盤の動き見る限り禿人外追えんのだよなっていうwwwww」

ALICE狂人だとしても禿は噛まれるので
禿狼ぐらいしか追うレアケがないが、彼は禿狼疑うところあったのだろうか
この状況でいきなり触れ始めたので一気に吊り上げたくなりました
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
投票を見る感じ吊れてねえっていうwwwwwでwwwww思考整理なんだがっていうwwwww
禿ですがwwwww鍵山が初日投票してるんでwwwwwwまずないで確定させたいっていうwwwww
特にまあヒゲの言うことじゃねえけどwwwww俺様同様浮いてたのは間違いないんで死ぬ可能性は普通にあったことを見るとっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「午前7時、おはよー。」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ! 爆裂魔法で火葬した結果、
水銀燈はケシズミ(○)です!」
セイバー 「朝だぞそなたら!
さあさっさとCOするが良い、この余のために!」
宇佐見蓮子 「きらきーを何か反応見て1手残してみよっかなって気になったので
咲夜を噛む位置から推測しつつ、配置的に浮いてる銀ちゃんを吊る。」
ザビ子 「おはよう。○もらい噛みか。」
雪華綺晶 「でwwwww宇佐見蓮子に習って感覚の話をすっとだなっていうwwwww
金糸雀吊りってのがもの凄く俺様の感覚と違うんよねっていうwwwww
でwwwwwまあwwwww昨日の水銀燈吊りに明確な理由があったかどうかで判断なんかねって感じっていうwwwww」
セイバー 「ぐふぅ。」
宇佐見蓮子 「今日ザビ子セイバーの選択するのー?うーんみたいなように見えるから
やっぱり今日雪華綺晶になりそうな気がするのがつらたん。
でも、もし選択して、分かつならザビ子なのかな、みたいな」
雪華綺晶 「大概ないって言ってると思うんだがっていうwwwww>薔薇水晶」
薔薇水晶 「おいおいおいおい>○」
宇佐見蓮子 「あ、今ちょっと私現代っ子っぽい用語使ったかしら!」
セイバー 「2吊り5灰であるな。(確信」
ザビ子 「私がセイバーに投票するわけがないだろう。サーヴァントなのに>蓮子」
宇佐見蓮子 「で、ふむう」
薔薇水晶 「こうね、こいつ超吊りたい狼だろ(迫真 って雰囲気で突っ込めなくなった結果>○」
雪華綺晶 「俺様の発言見てくれるとわかるがっていうwwwww
禿人外は追えないって一貫してるんですがそれはっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「うん、分かってるよ。でも分かつべきならば分かつの。私は貴方達の絆は知らないから>ザビ子」
雪華綺晶 「投票から吊れてねえのはわかるんでっていうwwwww
問題はこっからなんよねっていうwwwww」
薔薇水晶 「>雪華綺晶
姉妹だからって舐めてるんじゃねえぞ?

発言一貫していても、あの状況で言い出し始めるかってのが問題」
ザビ子 「役持ちっぽいかなとなんとなく印象で思ったし、狩人にしては目立ちすぎるから狐狼だったら嫌だと思って投票したんだが……<水銀燈」
宇佐見蓮子 「割と揺れそうな程度には悩んでる」
雪華綺晶 「まあwwwww薔薇水晶以外になっちまうのかなってのが今っていうwwwww」
セイバー 「今本格的に悩んではおる。」
雪華綺晶 「そこ一点で突っ掛かられてもどうにもならんよっていうwwwww>薔薇水晶」
セイバー 「水銀燈死んでる!>奏者」
ザビ子 「わかっている。狩人だったらごめんなさいだ>セイバー」
宇佐見蓮子 「大真面目な話すると多分指定しない気がするから投票合わせないといけないのでー」
薔薇水晶 「>雪華綺晶
んじゃ「今日いい天気っすねー」ってノリで言っただけなん?(問答」
宇佐見蓮子 「その意志を統一しなきゃならないんだけども」
めぐみん 「逆噴射系に悩んでる気がするなあ、私」
ザビ子 「狩人はあえて遺言を残さないとも聞いているし」
セイバー 「金糸雀への投票理由云々言ってたから一応返事しておくとあれだな。
噛み確信してたのが気になって
投票してから「……あ、これ狩あるんじゃね?」とか思ったが何か文句あるか!あるか!」
雪華綺晶 「まあwwwww普通に考えるならっていうwwwww
ザビ子-セイバーは相応以上にあるんだがっていうwwwww
発言から拾いにくいので困っているのとwwwwwそれ以上には宇佐見のふわふわっぷりが気になるっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「女の子ってふわふわなんだよ、知ってた?>雪華綺晶」
雪華綺晶 「不安の表れwwwwwが正しいかねっていうwwwww>薔薇水晶
見ててわかると思うが俺様意見ズレてっらしいから人外と意見合ってる可能性が怖かったっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「って遊んでる場合じゃない」
薔薇水晶 「んー」
雪華綺晶 「こやつめwwwwwHAHAHAっていうwwwww>宇佐見蓮子」
薔薇水晶 「でっていうはホモでないというジンクスを信じるべきか否か」
めぐみん 「雪華綺晶に投票する(宣言」
ザビ子 「そもそも私とセイバーが共有になれないなんてそんなまさか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →雪華綺晶
雪華綺晶1 票投票先 →ザビ子
薔薇水晶0 票投票先 →セイバー
宇佐見蓮子1 票投票先 →ザビ子
セイバー1 票投票先 →ザビ子
ザビ子3 票投票先 →宇佐見蓮子
ザビ子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ザビ子さんの遺言 素村COだ。
セイバーはなんか村な気がする。
人狼はないだろう。そうならもっと視点を広く持っていそうだ
セイバーさんの遺言 負けなら済まぬな。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
雪華綺晶 「でででっていうwwwwでででででっていうwwww
捉えたとwwwww思うっていうwwwww
今日が来るならwwwwwようやく捉えたと思うっていうwwwww
でwwwww投票見る限りwwwwwセイバーっぽくなるんですがどうかっていうwwwww」
薔薇水晶 「昨日雪華綺晶見たんだが、俺の質問自体に対する応答は非常に村っぽいね
ということで全体見渡すと草を除いて発言自体は迷走している村目っぽかったので村うち
よって投票時間過ぎてしまったので初日の直感かけてセイバーに投票したのですよ(真顔
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ! 爆裂魔法で火葬した結果、
ザビ子は黒コゲ(●)です!」
宇佐見蓮子 「おはよう。8時過ぎね」
薔薇水晶 「えーと朝が来たということはザビ子狼ということですかね?」
雪華綺晶 「なおwwwww投票だけがポイントではなくっていうwwwww
宇佐見蓮子が俺様外してザビ子いきそうだった点とザビ子が俺様に便乗しようとしてた可能性を考慮するとっていうwwwww
宇佐見があって狐にwwwwwぐわあああああっていうwwwww」
めぐみん 「昨日私は雪華綺晶-蓮子かと思いました」
宇佐見蓮子 「セイバー噛まれるなら薔薇水晶まで考える」
雪華綺晶 「あの時点で宇佐見が身内投げるの?っていうwwwww」
薔薇水晶 「んでセイバーも死体になっているので、
一旦印象のみをリセットする」
雪華綺晶 「指定呼びかけなくて良かったわっていうwwwww>めぐみん
最後の発言見て死んだかと思ったぞっていうwwwww」
めぐみん 「一応、狐残りを警戒するなら可能性としては有るんじゃないかと>雪華綺晶」
雪華綺晶 「たぶんしれっと俺様投げてりゃ俺様死んでたべ?っていうwwwww」
めぐみん 「蓮子は基本ふわふわしてるんですよ」
薔薇水晶 「ということは狼は昨日俺視点では身内したことになり、
あの時点で切り離す選択をできたのはきらきーの方だと思ったけど」
宇佐見蓮子 「初日の動向と流れを見なきゃいけない、一番今日動いているのはそこ」
雪華綺晶 「だったらwwwwwセイバーじゃなくて俺様噛みそうな気がしなくもないっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「だから!こんな事言ってる場合じゃないけどふわふわしてるもんなの!女の子なの!>めぐみん」
雪華綺晶 「初日の身内と逆囲いなあっていうwwwww
割と俺様にターゲッティングして来てる感じからありそうではあるんだがっていうwwwww」
薔薇水晶 「ただ、連子狼の場合は相互票をとっている
しかしザビ子狼で相互票して生き延びるよりは、昨日それなりに疑いが溜まっていたきらきーに行くと思うので、評価そのものはフェアだとは思う」
雪華綺晶 「宇佐見が身内切れる狼は切ってねえよっていうwwwww
お前らの俺様への意見と同様にっていうwwwww」
宇佐見蓮子 「割と本気な話すっごい悩む。」
めぐみん 「ちなみに私はあたまがふわふわしています(風邪風)>蓮子」
宇佐見蓮子 「セイバー噛みじゃなくて私噛みなら雪華綺晶だと思うけど、そうじゃない」
雪華綺晶 「ザビ子が生き残るタイプにゃ確かに見えねえっていうwwwww
となるとwwwww大変逆囲いが真実味を帯びることにっていうwwwww」
薔薇水晶 「んー」
宇佐見蓮子 「逆噴射してるかっていうと多分違う」
雪華綺晶 「鍵山周りの発言と状況見返したいんだがwwwwwそれは超過後に失礼っていうwwwww」
薔薇水晶 「◇雪華綺晶(29)  「薔薇水晶はなあwwwww逆囲いでない限りなんだけどっていうwwwww
否定はあんま出きんのよねっていうwwwwwタイミング的にっていうwwwww」

これを狼が自分から発言できるかtって」
宇佐見蓮子 「それは熱があるんじゃないかと思うんですけど(名推理)>めぐみん」
雪華綺晶 「セイバーを噛む狼wwwwwなあっていうwwwww」
薔薇水晶 「昨日おれが突っ込んだアレは気軽に言えるもんかもしれないけど
逆囲いいうのは俺なら怖い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →薔薇水晶
雪華綺晶0 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶3 票投票先 →宇佐見蓮子
宇佐見蓮子1 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
薔薇水晶さんの遺言
AA合成破棄した図
 
 / /   /::/  /::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
イ/    /'´   |::/   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
イ            /    /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
.         /     / i!ハ ! ト-ト、__     :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /
.         / /   / i′! | ト、 |゙ミ三三仝 x i! / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!
      / /    イ  ,イi∧| 小.z  __   `゙卞ヾi∨ {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,
.    / /   / /  / |/ 〉:∧    下=ァト、 、ヾⅥ //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/
  / /   /  /  / ∧ /::/ ∧     ̄´´  }ハ/}′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ
イ /   /   /  / / .У:/ /::∧       ,.:      〈  :ミ辷} ̄フ:/イ7
_彡   /    /  / / 〃::/ /::/::圦    /(...._    ヽ ` ーァfイ .::::::j′
.   /      /  / /  /:/ /::/:::::::/|\     ..:::::::::::''''''‐'''''′ィ.;:イ_ノ:):::::,′ /
 /       /  / /  /:/ /::// ::/ !:三ヽ.     __ __  〔《〈_  .イ::::::::/  /::
彡'       /  /:′ ,':/ /::// ::/  .}`ヾヽ.>.    ー   `>ミ辷彡チ≠==
        /  /   ;イ .:://::::/ 才::::::∧ ヽ}三≧x. ___ .._彡チ" /::::::厶、/:::::
.       /  /    〃 .://::::/   ヾ:::::::::∧    `ヾ::ィ:´    /::::::::::::://::::::::
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/02/08 (Sat) 23:25:25
水銀燈 「お疲れ様よぉ」
めぐみん 「お疲れさまです」
妖夢 「おっつー、凄い狼惜しかった」
鍵山雛 「あー」
宇佐見蓮子 「うん、お疲れ様。」
金糸雀 「お疲れ様」
雪華綺晶 「シャオラっていうwwwwwwwwww」
水銀燈 「私結果○から雪華綺晶押し込めたらよかったわねぇ」
鍵山雛 「また負けた…OTL」
ザビ子 「おつかれさま。」
津田タカトシ 「おつかれさま」
禿 「お疲れ様(ファッサー」
ジュン 「おっつ」
蒼星石 「上達というか、勝ちに拘ることをやめたら色んなプレイができるようになった
勝ちにいかないわけじゃないけどこれはこれでとても貴重な体験だと思ってる>禿げさん」
ボコボコ@GM 「+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',
       =  {o:::::::::( ・ω・)::}   お疲れさまなんよー。
         ':,:::::::::::つ:::::::つ    報告してくるんよ。
      =   ヽ、__;;;;::/
           し"~(__)」
鍵山雛 「ごめんよ…。」
十六夜咲夜 「お疲れ様!」
蒼星石 「乙!」
薔薇水晶 「うーん残念」
ザビ子 「ああ、私は普段は金糸雀かカブを使っている>水銀燈」
十六夜咲夜 「んー、ALICEにはごめんちゃいしつつ」
妖夢 「さて、面白いゲームだったしまたね!
ほんと狼側はメイクよかったとおもう。であであ 」
薔薇水晶 「セイバー噛みでミスったかねー」
蒼星石 「アリス吊りの日で正直ヤバいと思ってましたwwww」
十六夜咲夜 「どーだろう。村の頑張りって感じ」
宇佐見蓮子 「雪華綺晶のが初日の流れが自然なのよねっていうのと」
めぐみん 「最終日、薔薇水晶は雪華綺晶と蓮子のどちらも疑っているといいませんでした。
というか、狼っぽくない理由を両方に挙げていました。
・・・そういうのは狼です」
禿 「あと、狩人に唐突に○2つとかやめてください
毛が抜けてしまいます」
鍵山雛 「どうして勝てないのかなぁ…」
雪華綺晶 「凄えしんどいwwwwwマジで勘弁してください(震え声っていうwwwww」
宇佐見蓮子 「あの残り方だと薔薇水晶噛みが一番自然じゃないかなっていうのが最終的な判断」
ALICE 「~雪華綺晶が幸せなキスをして終了~

                                                 /
                 /⌒フ薔}r -  ─ -─-                   /   /
            /  ≫'"               \((r-r── 、 ..ト、/ / 人
           ./  / /              {斤心}   ハ |  ー-'   i
  ト、 _ ∧  ....{ / /               辷炒、   : |        ヘ
  l  ´   ...\  ./  /  /   .|  |           ノハヽ     l         \
 j  | .き こ ..\.......′ .|    |  |      | | .   | ..|    / な  お  初
/  |  ら の.   > .| | | |  ..|  |  |  } .| | .   | |   <   い 姉  め
   .|  き      l..!{ トミ、i,Vl_/,〃 ftッ/     ..ニ | | l ./   ッ 様  て
   .|  .|       ヽ Vミ必刈}ニヘミ ´二´彡    .L | | l .\  ! で  の
   .|  だ       .|.i忙Y彡/_ _ ヾ            | | l...rl     は  相
   ッ ッ       .> .| | ヽ- '   _,、           rl .| l ...|         手
ヽ    !      / ..//..l  トニ二 -ー7       l. | .| l .ノ        は
.ノ           /./ /  l,  ヽ  / ̄,′      / ノ...| l . ーァヘ
.   . ヽ     厂./ / / . l l. i   }_⊥_,/       / ーァ| l  .| ._,>      /
          .--、/ /  .// .ヽ ー‐ '         / / | l   .|   〉    _/
.    / ̄ Y   l 、  //    ヽ` ̄´     ,  '´ ,.' ´ ̄           .ヽ /l
/ ̄i   |.   l. l/ /. , -- 、i    / _,. ´        ̄
、  |   |    ! 、_,/     _,}T  ̄´ /                」- '´ ̄
. l   l    |、 ノ/  {   ,イl  |_,/       _,.-― ´ ̄
 l、 ノー- ' -‐'   ヽ / | |厂      -‐ ´  <二、 _
-'     /       /   レ'       /        /」
セイバー 「お疲れ様ー。」
薔薇水晶 「 /ヽ/メ|\ミ===/    ` ̄       \
.//=彡|ノ:!                  ミヽ
′/ ∧:::|                  ー =
イ  /: ∨   /       l|  :′    ヽ   ‘,
/  :/::    /         l|  |       ',   '.
  .:′     ′     :| :l|  l|  :!      |   |   :|
        {!   ll ー|=||ミハ :| _,r :!   !    :|
       .:|   :l|从八从 ヽ! | ⌒7 :|   |   :|
                     {! 从  :!    :|
       ______      八从f=≠ミ从   |
       ``丶、__l::::}ゝ    i i {:.:./:!:rf>ォイ   :}
             ̄´      l l V{:::::Y:彡}!  /   すまんな(平謝り
                   l 〉{:.ゝイrヘノ从レ
               ,      ヽ ゞ=/¨    !
             イ       (_,ノ     |
              ` ==;- ィ  |     :|
                 〈  : :! |     :|
             _,. -‐__二 : .:! |     :|_
            ‐´‐<工工工ン‐' /      ̄` - 、
                   一' /            `丶」
金糸雀 「負けてたらマジ我吊りが無駄だったなって村だと思ったが。
下界凄く強いなと思った。」
めぐみん 「光れよ>禿」
禿 「うん。ALICEはごめんなのだよ
俺視点だと雛囲い無い分そっち様子見したいって気持ちが」
蒼星石 「真占い吊ってヒナ吊りのローラーまではするとしても
村のグレラン力は強かったね>咲夜

水銀燈→ザビ子→ばらしーとミスなしだし」
ザビ子 「いや、私も逃げるのが下手だった>薔薇水晶」
ボコボコ@GM
      ∧_∧D
      ( ・ω・)○    ___     大佐、やる夫村に潜入した……ら終わってた。
      U   |D……/◎\    報告終了なんよー。
=============================」
十六夜咲夜 「>雛
狼サイドの運び方としては、かなり良かったと思うの」
薔薇水晶 「んー」
津田タカトシ 「僕最終日に誰が狼かあやふやな人です…。
超過後に決めるのだいたい失敗してるんだけどなー俺もなー」
宇佐見蓮子 「ザビ子-セイバーの悲しい最終日が見たかった気がするんだけど、薔薇水晶先吊りはちょっと無理筋」
薔薇水晶 「最後どこ噛みがよかったんすかねー」
禿 「いろんなプレーをするっていいことだよね
自分もそれらしいことをやりたいんだけどなかなかうまくいかなくて >蒼星石」
雪華綺晶 「途中の思考もはやあんま覚えてねえわ(震え声っていうwwwww」
蒼星石 「カナリヤ吊りは個人的に違和感だった>カナリヤ

発言としてはいいこと言ってるのになんで吊られるんだ?って思った」
薔薇水晶 「きらきーとセイバーって対立できっか?ってなるとびみょん」
十六夜咲夜 「だから進行上のベター、もしかしたらベストを通ってるし、
後は地力って感じ。それにしても村が凄かった」
セイバー 「多分きらきー噛まれるんだろーなーって思ってたのでかなり」
禿 「私の頭髪はまっ黒な世界に覆われてます >めぐみん」
金糸雀 「>蒼星石
最後のあれが余計だったんじゃないかと思ってる。
あと凄くしゃべりにくかったこのRP(迫真」
ALICE 「占い師や霊能者を吊る時は、結果よりも発言や行動などを考慮すると幸せになれるかもしれない>禿

そうして頂けると我々人外にとってはご褒美です」
鍵山雛 「吊りに助けられて、これ以上無い展開だったのに…狼サイドで勝てない…。
どうしてなんだろう…。」
ザビ子 「実は吊られてほっとしている。あの流れでセイバーと戦うはめになったら私は泣く」
ボコボコ@GM
    __,____
   /// |ヽヽ\
   ^^^^^.|^^^^^^
      |∧_∧   >禿
      | ・ω・ )   変態護衛とかお勧め。
      0と   )    ただし毛根の保証はしないんよ。
        し─J」
宇佐見蓮子 「一番自然なのが薔薇水晶で次点がどーだろね」
薔薇水晶 「>サクヤ
痔力 まさにそれっすわぁ」
十六夜咲夜 「>蒼星石
ミスが金糸雀だけやけえ、相当凄い!」
セイバー 「ふはは済まぬな奏者よ!(さくっと吊った人」
薔薇水晶 「きらきー噛み」
禿 「いやまあ、うん。GJ狙いに行けなかったから負けたらどうしようと思ってた
吊り増えないからすごくつらかった」
薔薇水晶 「ここらへんっすかね」
金糸雀 「という感じであろう>我投票者
発言は全然振るっていなかったしな」
雪華綺晶 「宇佐見よりはあると思ったwwwwwがwwwww死んでいたっていうwwwww>薔薇水晶
朝一文出した瞬間また死んだと思ったわ(白目っていうwwwww」
十六夜咲夜 「>薔薇水晶
(アカン」
蒼星石 「私は、ネタプレイとか日記とか時々作るけど
そのおかげかわからないけど、動けるようにはなったよ>禿

ネタしすぎて頭回らなかったことあるけどw」
ALICE 「残り8人からの雪華綺晶の確変がどう考えてもおかしいだろ……!
でっていうは序盤で叩き潰さないとこれだから……!」
薔薇水晶 「狼側はすまんな(シュッ」
めぐみん 「とりあえず薬を飲んできましょう」
鍵山雛 「霊能鉄板護衛の予感はしてたんですよね。割と。
そこだけなのかなぁ…良かったことというか、何というか。」
十六夜咲夜 「そいではおっつー。村建てどもっした。同村感謝!」
蒼星石 「真で吊られたアリスもいるんですよ!>咲夜

アリスェ・・・」
禿 「いやまあ、咲夜護衛とか考えたけどALICE狂って考えたら護衛できないし
セイバーとかその辺噛みにいかねえだろうしで護衛できるところすくないんよ >GM」
薔薇水晶 「お疲れ様っすわぁ
こうね、連子つりのムーブにもってくればよかったすね」
鍵山雛 「勝ちたいなぁ…狼で…。」
津田タカトシ 「>めぐみん
サッー!(迫真)」
薔薇水晶 「きらきー噛み 連子吊りのムーブ これっすわ」
金糸雀 「我ほぼ村票で吊られているし、後に狂狼吊った面々が我吊り不可避だったと思うなら吊られるべきだったのだろうな」
ALICE 「村が強かったのよ>鍵山
お前さんは十分、仕事を果たしただろ。残り8人の時点では最高の形だった

だけどそこのでっていうが素直に吊られずに粘るからこんなことになった
相手が悪かったのよ」
宇佐見蓮子 「6日目の雪華綺晶の発言の流れが凄い理想的だったんでありがとーって村」
水銀燈 「そこのALICEが勝たせてくれるわぁ」
薔薇水晶 「いやきらきー噛みをするならセイバー釣り誘導かな」
十六夜咲夜 「>蒼星石
アレはかなさんの暴走やけえ………………(山彦」
雪華綺晶 「紛うかたなき修羅村に初心者入れ込むのはやめてもらえませんかねえ(憤慨っていうwwwww
割とミスと酷えこと言いまくった記憶しかねえ(白目wwwwwすまぬ…すまぬ…」
ザビ子 「私の発言、不自然だったのか? 「いきなり正しくなった」みたいに取られているみたいだが」
薔薇水晶 「ま、面白いゲームになったようでよかった(ニッコリ」
津田タカトシ 「それじゃ、お疲れ様&村建て感謝
騙り以外に勝ち目ざさんと・・・」
ALICE 「俺の存在は負けフラグだとウィキペディアに書いてあるから諦めろ>水銀燈」
ボコボコ@GM
   /     /     /      /  /  / /
/     /     /     /     /   /
             ビュー   ,.、 ,.、    /   /
    /    /       ∠二二、ヽ    / /
  /    /   /   (( ・ω・ ))         じゃGMはこの辺で失礼。腹の調子がびみょうなんよね。
               / ~~ :~~~〈   /      来村に感謝、お疲れさまなんよ。
       /    / ノ   : _,,..ゝ   /
    /    /     (,,..,)二i_,∠  /    /」
セイバー 「うむ、ではお疲れ様と言っておくぞ。余は落ちる!」
蒼星石 「我様RPって物凄い喋りやすいのだが>カナリヤ
最後の一文って
◇金糸雀(96)「正直言語からはこの2人に対する真要素を見いだせない以上、真いるなら疾く証明せよとしか」
これだよね。これってお前らいつまでも話してねぇぜ探そうぜ!って感じで村よりにみれて好きだったンが駄目だったか」
禿 「雛に関しては俺も真かなとは思ってたんでそこまで気にしなくていいと思うんだよ
勝てない勝てないとか思いつめちゃだめだよ
おいちゃんのあたまみてごらん?こんなあたまになりたくないだろう? >雛」
薔薇水晶 「>ザビ子>不自然
ぶっちゃけ村に合わないだけ。 俺は今回村に合っていたから結構残っただけ」
宇佐見蓮子 「やっぱり位置見るより流れを見るのが大事ねって痛感しちゃうかな」
雪華綺晶 「もう全然覚えてねえわ(白目っていうwwwww」
鍵山雛 「300戦超えて、そろそろ中級者なんでしょうけど…。
村人狂人人狼で勝てない…妖狐は元から勝てないんで諦められますけど。」
水銀燈 「おー」
金糸雀 「>蒼星石
ほら無理に金糸雀を混ぜちゃったから……これ出落ちCNだから……
まあ、投票した者にしかわからないな、これはw」
水銀燈 「いいわねぇいいわねぇ
隣の初心者村、見慣れない名前がたくさぁんあるわぁ」
ザビ子 「村に合わない? 空気を読めてないと言うことなら空気を読む能力は母親の体内に置き忘れてきた(キリッ」
水銀燈 「人が増えることはいいことよぉ」
蒼星石 「きらきーは吊られると思ってたから予想外のファイティングだったw
結構中盤から危ない場面だったのに巻き返すとはでっていうは凄かった」
鍵山雛 「お疲れ様でした。私も落ちますね。
勝ちにこだわらなくてもいいじゃない、って言うかもしれませんけど、狼でほとんど勝てないんですよね…結構厳しい…」
水銀燈 「今回そうねぇ」
ALICE 「うん、この2つの発言>ザビ子

◇ザビ子(71)  「ローラーは致し方なし、ただし狐に勝ちをかっさらわれる可能性は考えつつ、か。」
◇ザビ子(42)  「それは本当にALICEが占い師だったら痛いぞ>雪華綺晶」

特に雪華綺晶への発言
ここで急にものっそい正しいことを言ってるんだわ
あの日、あのタイミングで言ってたのはお前さんだけじゃないかしら」
雪華綺晶 「何か変だとは思った占い師回りっていうwwwww
狂狐が●で合わせたって印象なのにジュン噛み合わせが疑問符点火っていうwwwww
ただ十六夜咲夜を占い位置かと言われるとおぎゃあああああってなった感っていうwwwww」
水銀燈 「8人当たりで人狼の誰かが

雪華綺晶は水銀燈吊って○なら吊りしようって提案できたらいいわねえ
そこに付随して私の村っぽさを強めに主張する感じ」
禿 「いいねえいいねえ。みんなたのしく人狼したいねぇ。
まけたら切り替えて次に進めればいいのだよー」
蒼星石 「おかぁさぁあん>ザビ子」
水銀燈 「狼は誰が狼じゃないかわかるというのが利点で
村が間違えた方向に誘導しているならそれにのっかかって上手く煽ったりするといいのよぉ」
雪華綺晶 「なおwwwww妖夢の指示は一点の誤りもねえというね(白目っていうwwwww
HAHAHAwwwwwすまぬwwwwwすまぬっていうwwwww」
ALICE 「あの時点で一人だけだったからこそ、目立ったと思うだろ
村との温度差があった

前日まで「いやALICE真ありえるよね?」的な前振りがあったのなら、違和感はないけれど」
水銀燈 「私なら
水銀燈はこうこうこういう理由で村だと思うけど
雪華綺晶はどうしてそんなに水銀燈を吊りたいのかという風に問いかけて

その後中盤過ぎたところで、じゃあ今日はお前の言うとおり水銀燈を吊ることになるけど結果○なら覚悟しろよ?(意訳)という感じで押しこむかしら」
ザビ子 「どっちかわからないから迂闊に手を出すのが怖がるのが普段の私だったものだからつい>ALICE」
雪華綺晶 「やられたら金糸雀吊ってんじゃねえよで返す感じかねえっていうwwwww>水銀燈」
蒼星石 「相方が優秀だとニートできるぜー!ふーはははは>きらきー」
禿 「それじゃあおいちゃんも毛のために離れるよリアップ買いにいかないとね」
ザビ子 「やはり狼は難しい、というか人外が難しい」
水銀燈 「間違えたのは同じよねぇ?という話しね>雪華綺晶

少なくともザビ子も薔薇水晶も金糸雀には投票してないしぃ」
金糸雀 「>雪華綺晶
我村と雛からしか吊られてないから……(」
禿 「禿の狩人日記 供養

護衛記録

1日目 護衛できないよ → GM無残
2日目 めぐみん護衛 → ジュン無残(GJなし)
3日目 めぐみん護衛 → 妖夢無残
4日目 めぐみん護衛 → 蒼星石無残
5日目 めぐみん護衛 → 咲夜護衛
6日目 めぐみん護衛 →

護衛日記

1日目 どうやら私が狩人らしい。
   光り輝く狩人オーラがばれないかどうか心配だなー…
   まずはグレランをいきのこるstyleで頑張ろう。
   あ、そうだ。植毛剤の予備買わないと。
2日目 ふむ。雛視点で内訳が確定と。
   両方真を見るっていうのは難しいだろうし。ALICE護衛もちょっと冒険しすぎな気がする
   なので占いおよび共有は噛まないとみた。なので素直に霊能護衛するよ
   もっとも、このパターンで初手役噛む可能性は薄いとは思うけども…
   ああ、昨日買い足したリアップの効き目はいいね。心が安らぐよ。
3日目 ALICE即噛みがない。というのならば雛は護衛はしない
   噛んだ段階で破綻するから占い護衛は必要ないだろう。
   妖夢噛みはありうるだろうけど、現状真役職として確信できる位置がここしかないので
   引き続き霊能護衛とさせていただくよ。
   最近のアデランスはすごいらしいよ?一目だとかつらだと気が付かない技術があるみたいだ。
4日目 【悲報】禿に○が重なる。
   まあ、僕視点両方真あるかもしれないし、ないかもしれないということはわかった。
   ただ、霊能偽までは面倒見切れないんだよなぁ…
   今日は結果がほしいので霊能護衛。吊り1増やせれば上等だ。
   雛狼なら私噛まれるかもしれないけどな。
5日目 共有2連ヌキ…だと!?ああ。なんかこれ咲夜囲ってるくっさいけど
   めぐみんALICE○出したしなぁ…霊能狼狐はもう追えないから雛の結果だけは出さないとな。
   共有2連犠牲で狩人いない狼側が見ればいいのだがな。
   もっとも。今日たぶん私噛まれるんじゃなかろうかと。
6日目 おい狼、デュエルしろよ。もうちょっとお前狩人頭髪ケア入念すぎでしょう?
   変態護衛する気にもなれんのでめぐみんと心中するつもりである。
   吊りさえふえればー吊りさえ増えれば―
   ああ、私の頭髪に光が満ちる…」
雪華綺晶 「おっまwwwwwこっち死ぬかと思ったんだぞっていうwwwww>蒼星石」
ALICE 「その場合でも、共有指示なら従うと明言したり、あるいはそれまでの印象からALICE吊りを提言するのがたぶん今回の村では正解>ザビ子
そうでなきゃ「占いはまだわからないからグレランしたいです!」と大声で言う

だけどこれは自分が狩人じゃない村人くらいしか言えないと思うだろ
グレランを主張すれば、狩人じゃないと思われて吊られかねないしな
水銀燈 「ちなみに私も金糸雀には投票してないわぁ

つまり前のめりになっている村は上手く飼いならすのよぉ
例えばALICE吊りの時のように」
禿 「GJ出してないし、狩人出る場面もなさそうだから狩人遺言は残さなかったよ
GJ出せたらもーちょっと楽になったのかなぁと。
そんなわけでお疲れ様ー」
雪華綺晶 「どうだろうなあwwwww水銀燈だと要素挙げられたかどうかかねっていうwwwww」
蒼星石 「ざまぁwwww>きらきー
それなら雛吊り強力してくださいよー
雛連れてなかった時びっくりしたよwwww」
水銀燈 「ほそぼそと

鍵山雛○少ないALICE○2つあるかつ●貰いだからALICE吊ればいいんじゃなぁい
みたいな理屈を積み上げる感じね」
ザビ子 「ああ、なるほど。「まだわからない」を明言する必要があったのか>ALICE」
金糸雀 「では落ちようか。
村建て同村大儀である。かしらー」
水銀燈 「共有が正しくても投票は多数決だから
数の暴力を押しこむように意見を扇動するみたいなぁ」
蒼星石 「人外はどうしても村寄り情報量多いからね>ザビ子
誤魔化そうとするのも必死だわさ」
水銀燈 「その辺りを意識してみるといいんじゃないかしら
それじゃあ私、物語の海に沈むわねぇ」
薔薇水晶 「ぶっちゃけさ」
雪華綺晶 「狂狐の●当たったんじゃね?が抜けなかった(キリッっていうwwwww>蒼星石
○の数とかはあんま考慮してなかったわwwwww両偽スイッチ入ってたからっていうwwwww」
薔薇水晶 「雛は自分の仕事ちゃんとしたんだから、
最後吊られた俺を思いっきり罵ってもいいと思うよ」
蒼星石 「共有が間違ってて村人が正しいってのもあるけどねw>水銀燈

アリス釣れた時そっちでありますようにって願った」
ALICE 「そう。だから村人になったら無駄でもいいから発言するとアピールが捗るだろ>ザビ子
挨拶を挟むくらいならその手の印象をどんどん口にすると、その後の行動にも説得力が出るぜ」
雪華綺晶 「まあwwwww割とこう言えるのはwwwww
ある意味じゃ初日に津田吊ったのが良かったのかもしれないっていうwwwww
んじゃwwwwwお疲れっていうwwwww」
ザビ子 「印象か……怖いがやってみるか」
蒼星石 「両偽入る理由はわかるし見れる情報ならそりゃアリスからみたいわよね>きらきー
私もその気持ちはわかるわ」
ザビ子 「では、私もそろそろ落ちる。村建・同村・指導に感謝だ。」
薔薇水晶 「んじゃまお疲れ
楽しかったからいいんじゃん?(戦犯」
ALICE 「・(Aが怪しいと思う)→(Aに○を出した占い師は怪しい)→だから占いランならその占いを吊る
・「Aが怪しいと思います」→「A○は囲いもあると思います、占う位置じゃないので」→だから占いランならその占いを吊る

結果的に処刑投票先が同じ占い師でも、ちゃんと印象や理由を口にしていると不自然ではなくなるだろ>ザビ子
結果として間違えていても、「あの時はああ考えていたから」という理由があれば周囲も納得すると思うんだ」
ALICE 「占い師は理由を書くのも、村人が発言をするのと同じことだと思うだろ
占い理由もなしに変なところを占えば怪しまれるし、理由次第では納得させられる

なので村人の発言は大事だと思います
とりあえず20発言しようぜ」
蒼星石 「ち










残り10発言か」
宇佐見蓮子 「あと一欠片の整合性があったのならもっと悩んだと思う」
宇佐見蓮子 「それじゃあ、お疲れ様。村立てありがとーう」
蒼星石 「それじゃ私も落ちるよ
GM村立お疲れ様

ちくわ大明神の加護はまいったなぁ」