←戻る
【紅2184】やる夫達の普通村 [3986番地]
~開始予定時刻:22:50~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon GM
(生存中)
icon クマー
(生存中)
icon めぐみん
(生存中)
icon ロースおじさん
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon おおさか
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon こあ
(生存中)
icon チェルシー
(生存中)
icon 翡翠
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon ゼの字
(生存中)
icon 魂魄妖夢
(生存中)
icon 川内
(生存中)
icon 琥珀
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
ゼの字 「弟子はそろそろ帰る時間ッス! それじゃ同村・村建ありがとうございました!」
おおさか 「・・・返事なさそうなので、やめときます」
おおさか 「・・・少人数覚悟でも良いなら、立ててみますけど・・・」
川内 「夜戦・・・」
おおさか 「それでは、お疲れ様でした」
おおさか 「それ・・・HENTAI石ルート一直線の気が・・・」
蒼星石 「んじゃ」
蒼星石 「生徒会役員共*と、妹は思春期と、神様のいうとおり
が僕の蒼星石RPの教科書」
魂魄妖夢 「現実……うっ、頭が……。

ダッ。(逃走)」
おおさか 「確かに、普通の空気から突如下ネタがさらっと出てくる作品でしたね」
蒼星石 「アニメの方が好き
声優さんに何言わせてるんだって妄想が捗るけど

じっさい女性はそんなに下ネタに抵抗ない現実」
おおさか 「あ、4コマを何個か見たことある気がします」
魂魄妖夢 「上……品……?」
魂魄妖夢 「あっ(察し)。」
蒼星石 「上品な下ネタが好きならね」
おおさか 「津田アイコンとか、すずアイコンとかがそうでしたっけ」
魂魄妖夢 「漫画で良いですかね……。」
蒼星石 「すずアイコン使われててほっこり」
おおさか 「あれ、面白いんですか?」
蒼星石 「生徒会役員共*見ようや・・・」
川内 「夜戦ー・・」
おおさか 「集まりそうなら、建てるのですが

多分、ふっひゃが見えない現状だと集まらないと思います」
魂魄妖夢 「最近だと鍋になりそうなそうでもないような。」
チェルシー 「眠るのです・・・」
川内 「次村まだかな?」
チェルシー 「村としては拮抗してて楽しい村だったと思うんだ
出来れば生きてゐたかった。」
おおさか 「長々と、引き止めたみたいになってしまってすいませんでした

ありがとうございました 村建て同村感謝です」
チェルシー 「みんなここの一員だと思うけどねえ
俺以外は」
魂魄妖夢 「RPを解除した紳士的な姿勢で臨めば良いような。名案ですね。(キリッ)」
おおさか 「・・・芸風って言われると言葉に詰まりますけど、今は何も反論できないです

いつか、本当にここの一員と数えてもらえるように、頑張ります」
川内 「中の人とか考えたこと無いから全然おぼえてない
地元の鉄のむらでも全然中身見えないし できない夫さん以外」
魂魄妖夢 「なん……だと……。」
蒼星石 「それ巨乳
私も間違えてたけど
別人」
魂魄妖夢 「ホルスタインさんはすがりさんになっているような……うっ、頭が……。」
チェルシー 「なぎ倒すような勝利じゃなくてすり抜けるような人外勝利を望みたいんや・・・」
川内 「次村で夜戦かな?」
蒼星石 「よし。もう1時も過ぎたし」
魂魄妖夢 「―――相撲、じゃないですかね。(キリッ)」
蒼星石 「生きるようにしか生きられないって」
蒼星石 「人生あきらめが肝心」
蒼星石 「良いことばがあるよ>ちぇるしー」
チェルシー 「ついで程度に聞くけど」
川内 「まず夜戦したらいいとおもうし」
チェルシー 「もうちょっとマイルドと言うかスマートに静穏に生きたいんだけどどうすりゃいいのかな」
川内 「モチベ自体が無いわけじゃないみたいだし深く考えなくてもよさそうだよね」
蒼星石 「その思いが形になることをいのってるよー>おおさか」
やる夫 「おおさかのは、そういう芸風だから深く考えなくても良いお」
おおさか 「・・・えっと、結論?まとめ? に関しては 特にそれに異論とかないです

やる気が~の話に関しては、自分が甘っちょろいのがいけないとやっぱり思ってます」
蒼星石 「始めた頃に思い出深いのは
円高、気象庁、ほるすたいん、かなぁ
ほるすたいんも最近見てない。」
蒼星石 「まぁじでぇ
割と会いたかったからまぁ事実ならいいや。
別に会いたいだけで仲良かったわけでもないし。うん。」
やる夫 「やる夫が努力だけじゃどうしようもないと思った天才は4.5人だけどお」
チェルシー 「きっちりRPしないと見抜かれるレベルで中身メタ張られるぐらいには狭い界隈だから」
川内 「蒼星石ってそんなやってんだ」
やる夫 「8割型同一人物」
おおさか 「・・・この小悪魔の方、そんなすごい方だったのですか

何度か、普通村でお会いしましたが・・・」
蒼星石 「発言が○くなってない?」
やる夫 「プレイスタイルがまんまだけど」
蒼星石 「え、うそ」
やる夫 「この村のこあだろうお>気象庁」
蒼星石 「おおさかの返事もないっぽいんで今度こそ」
蒼星石 「天才の考えると
私の世代には、気象庁、ってひとがそれっぽかったな
いまもういないけど」
川内 「夜ん夜ん?」
蒼星石 「相撲しようや・・・>川内」
蒼星石 「僕は「やる気が足りない」って怒られても
「んじゃそれ伸ばすにはどうすんすかね」ってきれる
若人だから、なおそう思うのかもね」
川内 「夜戦してきた」
チェルシー 「自分がダメだって言っちゃうも相手がダメだって言っちゃうのも同じだと思うの。」
蒼星石 「対応力は経験ないと確かに辛いねぇ」
蒼星石 「なんでせめて
自分の才能のをずっと恨むよりはさ
努力の方向を正しくしたらいいんじゃない?という意見でまとめよう」
チェルシー 「人狼を見抜ける見抜けないは結果論でしかないって言ったっていいと思うの
ケースごとの対応力とかその辺は成長の範囲で。」
蒼星石 「ああいっちゃった。おこがましい。」
蒼星石 「努力で成長できる範囲にいると思うよ
昔はしらんけど」
蒼星石 「いない。まぁさっきの話と矛盾するけど、
届かない人はいない。狼を絶対に見抜けない人はいない」
蒼星石 「天才、はいない」
蒼星石 「いっちゃっていいのかな」
蒼星石 「たかがゲームの
そしてたかがこの真紅鯖でさ」
おおさか 「リアルの批判は、今関係ないと思うんですが・・・」
チェルシー 「戦績重ねようが初手特攻で狂人トラップ喰らった挙句呪殺を同時に出されてる事もあるし」
蒼星石 「阿修羅さんにはどう見えてるか知らないけど」
おおさか 「・・・これでも社会人ですけど」
蒼星石 「んで人の成長見て悔しがるのも分からんでもないけど
そこ嘆いて現実逃避してもなお辛いだけだから

とりあえず就職してバイトでも何でも良いから金稼げと」
おおさか 「雑魚は雑魚として、分を弁えて現実を見ろという解釈で良いのでしょうか」
蒼星石 「それがもう自分の実力よ
もっとうまくできたら、じゃなくて
うまくできない今の自分がもうその実力」
蒼星石 「というか」
おおさか 「・・・本来伸びるべき時期に 伸びないまま来てしまったということでしょうか

始めたばかりの初心者の方が、どう見てもわたしより強い現状を見ると」
蒼星石 「それ積み重ねるしかないんじゃない?」
蒼星石 「もう努力で成長できる範囲って、まぁゲームの話だけど、すっごく小さいと思うから」
蒼星石 「なんていうか。」
蒼星石 「まぁその自己愛ワールドが
言い方きつくすれば、自分の思っているじょうに実力をだせない
ほんとはもっとできるんだけど。嗚呼僕はなんてだめなんだ。
ああ、ここで悔しがっている僕。もっと成長できるはずの僕かっこいい

的な自己愛が続いてる間は
自分の実力見定められないから

いっそ完膚なきまでに破壊されてもいいんじゃないかって思う」
チェルシー 「チームプレイである以上、価値観の押し付けにしかならんのよ」
おおさか 「若輩って、試合数の意味です・・・」
チェルシー 「妥協せずにやった時期もあったけどさー」
おおさか 「・・・妥協したら、成長が止まってしまう気がして」
蒼星石 「と。年齢は関係ないだろ年齢は」
チェルシー 「――空中戦である。」
チェルシー 「そこに行けてる人なんていないんだから
理想と現状のグレーゾーンでいいんじゃあないのかな」
魂魄妖夢 「あ、違いますか。これは失礼しました……。(すっとぼけ)」
チェルシー 「人狼に限らずこうあるべきだーって理想像があって」
魂魄妖夢
               _ _
              (´ `)) _
               -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
             /, ' /\ー、ゞfニ薔ニヲ
            //, ' /    `ー-=ヘ、/メ
            { l! / ノ    `ヽ l i|
            (,キ | ●     ● l| i
            ゙i| ゙i⊂⊃ 、_,、_,  ⊂l|´
           ,..-‐- 、   (_.ノ   ノi|
        ┌、. /     ヽ、 ,__ 、 <
         ヽ.X、- 、   ,ノi      ハ
      ⊂>'">┐ヽノ〃     / ヘ
       入 ´// ノ        } ,..,.._',.-ァ
      /   `ー''"´      ,'  c〈〈〈っ<
     /          __,,..ノ ,ノヽー'"ノ
      {          ´    /  ``¨´
     /´¨`'''‐、._        ,'\l.
      ∨´     `ヽ、     ノ   ゙ヽ.
       ∨      ヽ _,,..-'"    `ヽ
      ∨       〈-=、.__       }
       ヽ、     } !|!゙``7‐-.  /
           ヽ     リ゙!|!l|l/′  ノ
           /′  , {...!|!゙/   /
         {     !1!.....,ノ  ,/′
           !    /.1!.゙/   `‐-、
         !   ,/ !1!..゙ー''' ー---'゙|
           ',  /..|l!1!|!l|l!1!|!l |
         {   } |l!1!|!l|l!1!|!l |!
            ゙Y `ヽ、 !|!l|l!1!|!l |!
             ゙ー--‐'゙!|!l|l!1!|!l |!    ―――バシュウウウウウウウウウウウウ!!
            || |l!1!|!l|l!1!|!l |!,
.        i    i.|| |l!1!|!l|l!1!|!l |!i
.        l    l:|| |l!1!|!l|l!1!|!l |!l
.        l    l:|| |l!1!|!l|l!1!|!l |!l
.        l    l:|| |l!1!|!l|l!1!|!l |!l
        l|.i  .l:|| |l!1!|!l|l!1!|!l |!|.i
        l|l|   il:|| |l!1!|!l|l!1!|!l |!|.|
      ,,.   (´'" ;:"' `~;、 ,,;:・;;   ,,)"'
~"⌒ヽ  (,,  ζ;;, ゙;`(´⌒;;:⌒∵⌒`),,  ;:    ,,; ゙ ゙"
、,; ,,;;`゙゙' (´:(´;⌒;从;;人;;;⌒`),゙. :::''" .,,, ;; ''""  .,,;;'" ,,
    ゙;"(´⌒;(´∴人;;ノ;⌒`)",.;・;;:ζ,,;;"' ∵'""..,,,,,; ;, '" .,,;;
   (,,;;:";;: (´⌒;;:(´⌒;人;;从;;;;:人;;:.`)";
   `(´(´⌒;;从;;ノ;;⌒`);";⌒`)`)⌒゚:;"''」
おおさか 「もちろん・・・お二人に比べたら、全然若輩ですけど・・・」
蒼星石 「確かに空中戦だ」
チェルシー 「エドモンド・H」
蒼星石 「E。本田?」
チェルシー 「え?」
おおさか 「発言と推理に慣れる、なんて段階じゃ 本来あるべきじゃないのですけどね・・・

この有様じゃ、何を言われても仕方ないですね」
蒼星石 「え?」
チェルシー 「相撲ってのは空中戦だよね?」
チェルシー 「人狼以外のたとえ話でやろうか」
蒼星石 「というお話」
おおさか 「・・・さすがに、もう落ち着いてるつもりなのですが」
蒼星石 「んじゃそれ0.2くらいにしたら?
発言と推理になれてきた頃合いじゃないの?
いや、まぁ当初のぶっ飛んだ推理も近頃ないみたいだし」
蒼星石 「つーか今の阿修羅さんに話は通じないとおもってるけど
冷静じゃないし」
おおさか 「見てる部分、要素がごく限定的過ぎると言われたと解釈してるので、

たとえば周囲を見てる割合は0.01程度、とか そういう話だと思ってます」
蒼星石 「頭が固い?>おおさか」
蒼星石 「はっけよい」
やる夫 「だからもう相撲で決着付けようお」
おおさか 「1か0って、どういうことでしょうか」
蒼星石 「んでまぁ違いないって思うならそこらへん変えたら少しは今回のようなこと減るんじゃないの?」
蒼星石 「ていうかそのあと自己愛ワールドに言ってたから流止まんなかっただけなんだけど」
蒼星石 「それ1か0って言い方じゃん?」
おおさか 「それ、さっきわたしが自分で言った「見たいものしか~」と、どう違うのでしょうか」
蒼星石 「あー。納得>中身」
やる夫 「相撲で決着付けようって事だお>蒼星石のいいたいこと」
蒼星石 「そだねー。
周りの人の意見や空気にこころを配る、比率、をあげたら
的な?」
チェルシー 「本当だったら1001うんちゃらかんちゃらってトリップが出る筈だったんだけど出なかったからまあ素でやろうかってぐらいの。
たまには許されると思いたい。」
おおさか 「だとしたら、ジョーさんが何を言いたいのか、今のわたしにはわからないです」
おおさか 「あの時も、それまでの投票すら振り返らずに、狼から2票貰っていた狩人を殴り続けていました」
蒼星石 「言ってないんだけど
少なくとも今は自分責め責め自己愛ワールドにいるとは思うけど」
おおさか 「・・・そうかもしれないです。 以前、別の方に言われました。

「お前は見たいものしか見ていない、吊りたいところを吊ろうとしているだけだ」と」
蒼星石 「いってないよー」
おおさか 「・・・わたしが、周囲の発言を全く見ていないって、ジョーさんは言いたいのですか?」
川内 「それじゃおやすみなさい ちょっと夜戦してくる
狼めー次は負けないぞー」
蒼星石 「まー自分責めるだけ責めたら
気合いなんてそんな不確定で、育て方もよく分からないものに集中するより

ログで一人一人の発言見直すとか
周りの発言をのほうにこころを【傾ける】とかやってみれば?」
川内 「夜戦したら元気になるかも」
川内 「クラインフィールドを突破できそうにない」
蒼星石 「うん、なんとなく
少なくとも今は
話通じる精神状態じゃないみたい」
おおさか 「・・・何も、言いません 人を責めることは、自分の落ち度から逃げることですから」
チェルシー 「昔使ってたトリップ引っ張り出したらそのままにならんくてね。<やる夫
また元に戻すよ」
蒼星石 「んじゃーさ、話ずれるかもしれないけど

阿修羅の人は
今回のでっていうの立場があなたで
他の人が「同じようなミス」したらなんていうの?」
おおさか 「みんな、勝つために色々なリソース費やして参加してる

なら・・・心構えができてないなんてことは、本来あってはならないと思ってます」
やる夫 「チェルシーまたHNかえたのかお?」
川内 「いやまあ漫画読んでて昼の後半見てなかったとかなら責める」
おおさか 「気合いしか、自分の心構え一つしか ないじゃないですか

最後の方の更新部分を見てなかったことだって、結局「心構えがなってなかった」ということでしかないですから」
蒼星石 「まぁ確かに>たかがゲーム
まぁでも重くとらえたい人はお好きにという感じ
自分責めたい人も
人責めるんはあかんけど」
チェルシー 「RP的には・・・依存心が強くて思いを寄せる相手に自分の血を浴びせて呪いをかける魔女・・・だったかな・・・?」
川内 「そっかぁ・・夜戦する?」
チェルシー 「中の人の素・・・ですから・・・<川内さん」
川内 「村の時から思ってたけどチェルシーってこんなキャラだったんだ」
おおさか 「でっていうさんのあの発言を見落としていなければ、でっていうさんを抜かせることもなかったです 潜りたかった発言は、どう見ても真の視点でしたから」
蒼星石 「んじゃ今度も不注意するから同じミスするん?
不注意だったら同じミスしても仕方ないん?
カバーする方法はなにかないん?」
チェルシー 「たかがゲームを重くとらえ過ぎだろうが
戦犯なんて言葉は気に入らない相手に投げつけるものでしかねえんだぞ」
川内 「だから夜戦しよう」
おおさか 「・・・ただの不注意以外に、あり得るわけないじゃないですか

でっていうさんの出方が悪かったわけじゃない、現に他の人たちは全員気づいていた 太文字で発言もしてました

だとしたら・・・わたしの不注意としか、言いようがないじゃないですか」
蒼星石 「年取ると説教くさくなるね
んじゃこんどこそ」
川内 「視野が狩人になって狭くなってるから失敗するわけで
落ち着いてでっていうでも殴れば世界はこんなに広い」
蒼星石 「気合いで何でもできるわきゃないんだよ
わきゃわきゃ」
川内 「あと多分それらの失敗点があったとしても
発言がんばって生存さえするならそれで許されるし
そっちがんばったほうがいいんじゃない」
蒼星石 「勘違いしたことじゃない

なんで勘違いしたかの理由が反省点」
GM 「それではGMもこの辺で、改めてお疲れ様でした。
3人で夜が来た時は今後通知しないでおきましょう」
魂魄妖夢 「平穏な暮らしが欲しいです。それでは、お疲れ様でした。」
蒼星石 「見逃したこと、じゃない

なんで見逃してしまったのかの理由が反省点」
おおさか 「ただ・・・それを踏まえた上で、それでも今回のミスは、許されるものじゃない

許されちゃいけないと、思うんです・・・」
めぐみん 「では、反省点をふまえつつ落ちますねー。
お疲れさまでしたー。」
チェルシー 「おう、ならそれで終わりだな。よかったな。
次はミスしない<おおさか」
川内 「なんとなくで占い2だから霊まわったけどそういえば進行どうするんだろうみたいな」
蒼星石 「ちゃうねん>おおさか」
ロースおじさん 「お疲れさまなんやでー
狼はおめでとうやで!!
んじゃ同村と村立て感謝やで
まぁ大阪はあんまり自分を責めんときや
そんで自分責めるより皆からどこが悪かったか聞いた方が建設的やで」
おおさか 「占いを見落としたこと、占い先をちゃんと見てなかったこと

そして、占い1COと勘違いせず、狩人COして吊りを無駄にしないこと

・・・反省点がわからないほど、不慣れじゃないですよ」
川内 「そうだよ多分初日の共有のほうが存外ひどいよ」
蒼星石 「んじゃ」
翡翠 「狐自体は割りと知らぬ知らぬで通しましたが結構ギリだったんですねえ
では、お疲れ様でした これより帰還します」
めぐみん 「途中から「何を言えばいいのかわからない」としか言っていた覚えがない。
・・・まあ、深く悩むより眠りましょう。鍋探偵あるし」
蒼星石 「割とひどいことをいうようだけど
このくらいのミスなんてまだまだ序の口だからね?
人狼界にはもっとひどいCOして、それでもやってる人ばっかだからね」
琥珀 「では、私も落ちますね、お疲れ様でした
てややぁ~」
魂魄妖夢 「最終日前夜に死を悟る村もあります。」
翡翠 「だけど吊れたので どう考えても吊れないチェルシー噛みした云々」
蒼星石 「疑われるから噛まれず残るんだよ
その才能を伸ばせば最終日アハ体験連続だよ
僕のように>めぐみん」
でっていう
            ∩_
            〈〈〈 ヽ
           〈⊃  }
     /ニYニヽ   .|   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !
  /::::⌒`´⌒::::\|  /    さてと、それじゃあ俺様この辺で失礼するっていうwww
  | ,-)___(-,| /     村建て感謝、お疲れさまっていうwww
  、  |-┬-|  /
 / _ `ー'´ /
 (___)  /
__  |    |
   ノ    /
―- (   ̄`) ノ
   ` ̄7 //
 ̄ ̄ ̄ /| /
―- /,|(
  (〈 丶ヽ」
ロースおじさん 「まれによくある>めぐみん」
翡翠 「おおさか さんは機を見て噛むつもりはありましたが
あの票変えと疑い方が察しますから 4昼にも言いましたが」
魂魄妖夢
                  ,.z≦7
                _ _r,イニニ/
          ∠ニニ/ニニそ
              |二二/二二二) ____
             |ニニム二二/__   `  、
           Ⅶi仁二∠ニニニ≧ュ、    \
           〉<二>───<二心、   \
            /  `´           >ミx〉     ヽ
              i   / ,'  ト、   /r- 、      .ヘ
             !   {  { ℡| ヽ_ 廴_ ` <   ハ ゝ
             l  λ j 代!   ´芹沁 }`ヽ }   iリ
           λ_ヽハ リ ヾj    込シノ.r/__/  /     ふっ……二連続最終日吊りの私に勝てると思いでか!(ドヤッ)
               ',ヽ _  r─ 、 /「 \{シ´
                  ヽッ、l ̄,イ√V::::|  j    _
          ,xzzァ-√}─‐=〈_,ノ升j:::::7 ̄       ̄`ヽ
            ゞ=ィ'-廴_}::::::::::::::::::::__ゝ、 ___  .ノ
               廴_}:::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::`ヽ. ̄ ̄
                廴}、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y了
                ゝ辷‐ュ、_::::_::::::::::r-イ_{
                  ` <ノ-、ヽ-ノ_」¬´
                     _jzァl  ̄
                       λ少′」
川内 「めぐみん噛んでほしいから村だ村だって言い続けるつもりだったのに
なんかいつのまにか忘れててやってなかった件」
めぐみん 「なんで疑われているまま最後まで生き残っちゃったんでしょうね・・・」
やる夫 「狼的にああいう出方をして狂アピできてない狂人とかすっげー扱いにくいお>でっていう」
琥珀 「私も、まー余裕なくてでっていうあれででてくんなら…噛まれろッて感じで噛みましたしね
真狂でみてもらえればいいかなとか思いましたがまぁ、甘くはなかったです<でっていう」
蒼星石 「でっていうは撤回しなくても吊られなかったと思うよ
○でも発言あったし
噛まれたかもしれんけど」
ロースおじさん 「おじさんはすぐに票変えたで(キリッ
(なお大阪に投票しなかったら大阪狩人ばれはなかった模様)>川内」
こあ 「次に狂人引いた時騙り共有に○もらって撤回されるパターン、っていうのはいつくるんでしょうね>でっていうさん」
魂魄妖夢 「あ、あれ……。おかしいな……。(五日目夜)>翡翠
始まる前はちゃんと気付いてたんですよ、メカの方だ!って。(震え声)」
翡翠 「正直めぐみんなんで疑われてるの?とは本気で思ったので
狼が助け舟 >こあさん」
めぐみん 「戦犯ていう言葉は好きじゃないですねー、私は。
これを糧に、すンばらしい狩人に成長できるかもしれないじゃないですか。
具体的には占いをしっかり見る、とか、大声はとりあえずチェックしておく、とか>おおさか」
蒼星石 「あ、こらちぇるしー
僕の台詞をとるんじゃない」
ロースおじさん 「でっていうカワイソスwwwww>蒼星石」
真紅 「めぐみんはすっごいソロって感じはするから早めに吊ろうとは思わなかったけど村決め打てなかったのよねー。
狼でも琥珀が吊られ確定してる以上ソロになっちゃうし」
チェルシー 「戦犯って言葉は便利だよな
何が悪いのか反省せずに一言で終われっから。」
琥珀 「いやいや、自分を追い込むのはノーですよ
初日狩りでも初日占いでも村勝つときは勝ちますし
自分一人のせいではないですよ<おおさかさん」
川内 「まあそこの時点でおおさかさん吊られるよりはよかったのかな>おじさん」
こあ 「そう考えるとめぐみんさん投票は自己満足でしか無いですね
駄目だなぁ」
蒼星石 「つまり、あれだ
でっていうが悪いって理解した。」
GM 「眠いのなら寝るのが宜しいかと……>めぐみん
今日貴方の探偵鍋があるじゃないですか」
翡翠 「正直なんで話題に上がらないのかは不思議でした >妖夢さん」
おおさか 「本当に・・・申し訳ありませんでした・・・」
蒼星石 「狩人は残り2吊りになったらCOするし
たぶn」
魂魄妖夢 「反省点はあれです、翡翠の存在に気付くのが……。(目そらし)」
めぐみん 「ロースおじさんが●投票者だっていうのを見落としていた事以外はどう改善したものか・・・
というか眠い」
でっていう
                      r‐ ' _ノ
             /ニYニヽ     _ ) (_
          / (0)(0)ヽ   (⊂ニニ⊃)
         / ⌒`´⌒ \  `二⊃ノ
        | ,-)    (-、.|  ((  ̄
        | l  ヽ__ ノー┼¬U    しっかしこのパターンで真狼見して貰えるなら今度狂人でやろうかなっていうwww
         \ ` ⌒´   /       狐? 吊ればいいんだよ! っていうwww
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |」
ロースおじさん 「まぁおじさんが黒かったから吊られたわけで
おじさん吊に関して別に村に落ち度はないと思うで>川内」
おおさか 「・・・占いCOも、占い先も把握せず

勘違いで疑われて吊り逃れ、挙句最後まで勘違いで黙って死んで吊り無駄にする狩人とか、最初からいない方が良かったんです。 わたしは・・・紛れもなく戦犯です」
こあ 「どうせ吊れないめぐみんさんに投票してそこ村で負けるくらいなら
翡翠ー妖夢2択にしかならないなら2択しろよーって言う話でありますか」
蒼星石 「こんな感じ
目ぐみん狼狐わからなかったし」
翡翠 「人外というか役目とまとめてもいいと思いますけどね >蒼星石さん
狩人とかも人によっては忙しくて誘導どころじゃない人もいますし」
真紅 「私も多分妖夢は吊らなかったわ。やる夫つってめぐみんとヒスイで悩むと思う」
蒼星石 「ようむは村うった
こあも村うった

めぐみん噛まれてほしかった」
魂魄妖夢 「いやもう村全体からこう……、殴る人がおかしいでしょうぐらいのですね。(キリッ)>ロースおじさん」
川内 「おおさかさん指定すれば初日狩人かどうかもわかるなあとかもあったりなかったり>琥珀」
蒼星石 「残り2吊りから積極的誘導を始めるのは人外」
ロースおじさん 「蒼星石にはされてたやんwww>妖夢」
蒼星石 「んじゃあれだ、てんてき的狼パターンにもう一つ加えよう」
川内 「琥珀いるなら狼狙えばいいじゃんって感じだけど別に狐目殺してもいいよね
とかいった記憶ある分強くいえない>おじさん」
ゼの字 「弟子はそろそろ帰る時間ッス! それじゃ同村・村建ありがとうございました!」
琥珀 「いや、あれならもしかして不慣れな狩人の護衛引きつけれてるかなとかも思いましたし(目を逸らしながら<川内さん」
魂魄妖夢
                  ,.z≦7
                _ _r,イニニ/
          ∠ニニ/ニニそ
              |二二/二二二) ____
             |ニニム二二/__   `  、
           Ⅶi仁二∠ニニニ≧ュ、    \
           〉<二>───<二心、   \
            /  `´           >ミx〉     ヽ
              i   / ,'  ト、   /r- 、      .ヘ
             !   {  { ℡| ヽ_ 廴_ ` <   ハ ゝ
             l  λ j 代!   ´芹沁 }`ヽ }   iリ
           λ_ヽハ リ ヾj    込シノ.r/__/  /     そろそろ村打ちされるべき段階だと思うんですよ!(キリッ)
               ',ヽ _  r─ 、 /「 \{シ´
                  ヽッ、l ̄,イ√V::::|  j    _
          ,xzzァ-√}─‐=〈_,ノ升j:::::7 ̄       ̄`ヽ
            ゞ=ィ'-廴_}::::::::::::::::::::__ゝ、 ___  .ノ
               廴_}:::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::`ヽ. ̄ ̄
                廴}、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y了
                ゝ辷‐ュ、_::::_::::::::::r-イ_{
                  ` <ノ-、ヽ-ノ_」¬´
                     _jzァl  ̄
                       λ少′」
翡翠 「なんかよくわからないけど終盤まで
話題にも上らなかったのが強みだったのか
混乱してる状況のほうが色々私はやりやすいタイプなのかもしれませんね」
蒼星石 「もうでっていうは閉まってしまっても良いんじゃないかな」
でっていう
        /::`´`´ヽ            r‐ ' _ノ
        /:::.:.:.   ヽ          _ ) (_
      /::::::.:.      \      (⊂ニニ⊃)
     |::::::::::.:.:.:.:.:.     |         `二⊃ノ    んー、俺様の反省点はやっぱ潜ると決めたら度胸決めとけよぐらいかなっていうwww
     l::::::::::.:.:.:.:.:.:.     |       ((  ̄      あと2夜のグレ視が全然だったこともっていうwww
     `r'ニニヽ__    /       ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く./           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/」
おおさか 「最後は・・・わたしが落ちたと知れ渡って琥珀が即噛みされるのを恐れて、COを伏せました」
ロースおじさん 「●吊ったイコール非狼であっても人外でないってわけじゃないから
狐目で吊られたんやと思うで>川内」
やる夫 「分んなかったって言うんだったら、そりゃしかたねーけどお」
GM 「いや、3人での夜ですね。」
川内 「字面そのもので酷いw>混乱して抜けそう」
翡翠 「でっていう狂人なら潜りますよね どう考えても真で
で、初手狼落ちで本気で頭抱えてました >蒼星石さん」
やる夫 「遺言とか、他の人の発言で分ると思うんだけどお」
真紅 「なんていうか吊りたいとこが吊れなくて、もやもやーってずっとしてたなー。
やっぱ灰がいいのだわ、自由にやれる」
おおさか 「でっていうが占いCOで抜かれていることにも気づかず琥珀を鉄板護衛し続け、その○の薔薇水晶を占い先の勘違いで殴り続けたことに気づき、吊られそうになって、狐だと思ったところに慌てて投票変えて吊り逃れし」
GM 「報告終了。
来村感謝です。やっぱり3人最終日の際も通知は無しのままの方がよさそうですね。」
琥珀 「私だってよく分かんなくてとりあえずでっていう真ならやばい
今なら混乱して抜けそう(主観)で抜きに行ったぐらいですから<蒼星石さん」
川内 「うう、久しぶりに人外吊ってないよ悲しい」
ロースおじさん 「いやぁwwww役職CO者全員疑わしくてなぁwwww
もちろんどこか偽ならどこか真はおると分かっててもでっていう
死ぬならなぁwwww>蒼星石」
やる夫 「でっていうの占いCO見逃してたとしてさ」
蒼星石 「でっていうかわいそうだよね
あのCOがあって、噛まれたのにも関わらず」
めぐみん 「私、呪殺狙いはどっちかというと銀ちゃん派なんで・・・>琥珀」
蒼星石 「つまりでっていうが全く見えてなかったと」
こあ 「こあくまには後1吊り足りないんですよ(震え声)」
川内 「それにしたって●投票者が即死する意味がわかんないなあ>おじさん」
翡翠 「おおさかさんは票変えで察しました
そりゃ自分視点役職は殴りますよね」
蒼星石 「ああ」
真紅 「ないわ―言ってたのは狐と狼だから別に占っていいと思うけどね、おおさか」
めぐみん 「正直翡翠は完全に村だと思ってました。
私には無理です」
琥珀 「いや、今回は囲わないというのは有りましたが…
となりが真紅さんなら…銃殺狙いません?え、狙わない?
…そうですか…<めぐみんさん」
蒼星石 「むしろすごく信頼する>川内」
ロースおじさん 「わし生きとってもゼノ字吊ってもあの日に三票入るなら生きとってもなー
いつか死んどったと思うし>川内」
蒼星石 「謝罪する意味はあんまりなんじゃない?
理由を述べるんじゃないのかなって」
翡翠 「初手囲いは人にもよるでしょうから特に関係ないかと」
川内 「自分で吊ったとこに●出してる霊能ってなんか怪しくない>蒼星石」
おおさか 「わたしの意味不明な行動の理由は・・・

①でっていうのCOを見落とし、占い1だと思い込んだ
②琥珀の薔薇水晶○を、おおさか○と勘違いした
③占い1COだと思っていたので、狩人落ちが露見して占い噛まれるのを避けようとした

・・・以上です。」
チェルシー 「ただ狩人なら指定貰ってたら出たほうが良いってだけだろ
そんだけの話じゃねえの?」
魂魄妖夢
                  r====,
              , ---- {///<__
            /// ̄ ̄ ̄\
           / //         \
          ,' i         \\{
           i  | \      \ } ル
          l  \ \  \  ハ i/     私の想定だと狐勝利でしたので。(震え声)
          |/ヽ r――― 、 \ i /
             入 / ヽ`}`ヽ、
              /:|∨{:   Y:.:.:.l:.l ヽ
           /:.:.L__ У  ‘,:.l:.|/
           {:.:.:.:.:.:/   ノ:.:.:|:.|
      {≧ュ、  |:.:.:.:    /:.:.:.:.:}:,'
        ・<ll⌒}/  /:.:/:.:.:./{
  __r ≠r≠X/   ∠ /___i_____________
. {三三| | | | | {{   {圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
   ̄ ̄ ̄L イ__ゝ≠¨:.:.:.\ ̄\二二7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /:.:.:ゝ--:.:\//\\
           ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\//\`ヽ、
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\//\:.:.:`ヽ、」
めぐみん 「翡翠&琥珀で翡翠が占われていない・・・うーん」
琥珀 「や、割とあそこは本気で狐狙いと狩り保護行ったんですけど
村にはないわー的な空気がまじで!?となりました、はい」
やる夫 「一人の動きで勝敗が決まるほど他の参加者は無能だと言いたいなら続けるがいいお>おおさか」
蒼星石 「だっておじさん
ゼノ字●だってのに僕疑うんだよ?」
チェルシー 「お疲れさん
別に村負けとおおさかの行動に直接の関係性はねえよ
4灰最終日でLWだけなんだから勝負出来てるっつーの
最終日の勝負を馬鹿にするんじゃねえよ」
ロースおじさん 「悪さした狼さんたちはおじさんが成敗しとくから大丈夫やで!!
もちろんベッドの上でな!!>ALL」
翡翠 「一人、疑われてるのを 村認定するだけの簡単なお仕事です
…いや、本気でめぐみん吊れない位置だろ思ったら疑い多くて
謎だったけど」
でっていう
          ./ \Yノヽ  キリッ
         / (0)(―)ヽ
        /  ⌒`´⌒ \
        | , -)    (-、.|     狂人噛ませればいいやだったのに俺様が噛まれてたというwww
        l   ヽ__ ノ  l |     でっていうは人気者だからね、仕方ないねっていうwww
   .     \        /
         /   ,    /
        / l  ;'   / :|
        | |  |  /|  |
        / | / ,:'"  'i |
       /  | |/    | |
     /   .| |`;、    | |
      l   /| |  l    | |
     |   | | |  |    | |
     |  / | |  |   | |
     l  /  刈  l   刈
     / /    〉 〉
    / /    / /
    | |       | |
    |.|     |.|
    |. |      |. |
    L>    L>」
川内 「おおさかさん指定はもったいないとは思うけど何回やっても指定するから、うんまあいいや
それよりおじさん吊りがかなしかった」
GM 「では、報告してきますね」
蒼星石 「やる夫は中の人らしくないほどに曖昧模糊してなかった?」
クマー 「おつかれさま」
おおさか 「・・・お疲れ様でした。

まず、負けたのはわたしが意味不明な行動を繰り返したせいです・・・村の皆さんには、本当に申し訳ありませんでした。」
真紅 「お疲れさま」
やる夫 「やる夫を残してくれたら翡翠に投票したのにお」
琥珀 「お疲れ様でした
いやー久々に狼引いて勝利しましたよ(素村に飽きていた奴)」
翡翠 「…オオサカ・サンは何で死んだのですか?」
でっていう 「お疲れさまっていうwww」
こあ 「おつかれさまでした。」
めぐみん 「お疲れ様でしたー」
ゼの字 「翡翠さん、マジGJッス!」
魂魄妖夢 「お疲れ様でした。」
ロースおじさん 「お疲れ様です」
GM 「お疲れ様です。」
ゼの字 「お疲れ様ッス!」
蒼星石 「オツカレ」
やる夫 「おつかれさんだお」
川内 「おつかれさまー」
翡翠 「オツカレ・サマ」
蒼星石 「これ残りたかったなぁ
勝てたから」
ゲーム終了:2014/02/11 (Tue) 00:06:58
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
魂魄妖夢さんの遺言                             ___)、
                 r‐、   r‐‐、__z≦::::>‐─┤,、
               ⌒ヽ≧ァ≦r≦ヽニ) ̄}ー≦::::::|=、r、  _
                r、ノ ノ::::::::::::::::≧-.、;;;;;;;;;;;::::::::::::::!=/、::>‐<::ハ}
                 〉彡'⌒ヽ≧;;;;;;;;;:::::\;;;;;ヽ::::::::::∨`ー─ァ、>
                \:\ -=<;;;;;;;;;;;::::::::ヽ;;;;;;≧、::::゙.;;;;;/`"
                  `ヾ   >、;;;;;::::::::::>、;;;;;;≧};/≧-..._
                   .,..r≦    `ーァー''"´::>─''ホTr─rヽ、
                  .ィチ     /:  /;;;;;;;.ィ/´   /  |ヽ \ \
                /, '      '.   /;;;;/:./         ゙.    \
               /' /  /  /.    /;/  .'.     !:    | | !   ゙.  ヽ
             /'  /  '   /     /´//: !     |:.  /| | !   l  !: ゙.
                 /  /   /   /イ/ /  !     ! :.  /`|:.:ハ|    ! |:、ハ
                 ,  :/   /  //  / /.: .:|     |l rxァzx|/ミ|  :. l |:.゙.∧
                ,  /    '   /:.:.:/ イ   :|     || 癶 f戈ヽy、 :. |:| l :| |l
                 |,'/|  ' :/ ,'  /:.:.:/ ハ|  :.:|     |´ ` しリ ハ ヽ  !: !ヽ||!|
                 |リ|/ / | l    | ∧j    |     |   `''     \FVニ|:! !ハl
  -=ニ≧─-≧=-.._   |,' イ  l j     :|/`ー!  :.|:.  | |          rァチX-| |:| i!
     7 ::::≧=-、ニニニニ‐┴-|  | |:  ! .:|  :|  :.|   l i!          Vノ'’:.:| |:| ヽ
≧< ̄ ̄ ̄≧ニニ≧ニニニニニ|  | |、 |、   :|:  :|、  |l从     ___   ノ !!:.:.:.:|リ!|     斬れぬものなど、あんまりない!
ニニニ≧=-:::::三≧ニニニニニニニハ、..|..!ニ、|::、  、 ヽ 从 \!ヽ \  (  ̄`y’   八:.:.:.|| |!
:\ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ\!ニヽニ\ \_.ゝ`\ \      ` ‐'  /| |:.∧リ|
::::::>──≦二二≧≦二/ヽニニニヽニニヽ::,' ー‐      丶      /:.::ハ!:| |!
_ノ        ヽ::::::::::::::〈::::::}ヽニニニヽニニ\        /≧z-....__..イ:./:.:/ニ//≧        ..ィ
              rz≦リ:::/:::|::ヽニニニヽニニ≧=──‐≦ニニニ≦ニ\:///ニニ'≧、      _..-≦7
          <:{_/{::::/::::ノ:∧|ニニニニニニニニニニニニニイ/ニニニ彡'ニハ≧=-≧ニ}___/ニニチ'
           ノ:⌒l:::|:::/:/:::: ト、ニニニニニニニニニニ/≦ニニニニニ/ニニニヽニニニニソニニニニ≧''"´
./ ̄ ̄\ r、,、 ⌒i{>ア/::/  \≧=-≦彡"´ニニニニニイ ̄ニ彡'⌒ヽ:ヽニr‐チニニニ{/    _
|        \:::::\/ヽ‐ァ/く.:/     \ニニニニニニニニニ≦ニニニ彡":::::__:::::::ヽY⌒ヽr、≧=-、__//
|        \r、:::::〈 /:::::/        ヽニニニニニア─''"´':::::/:::/::::::::::_ミ、
ヽ       /Z7 ゝ /:::∨           V:::/:::::::::/:::,'::'::::::/:::::::::::::::| };ヽヽ
 |      /Z7 }_/::::::(            ,イ::'::::::::::;rク::::,':/::/;rァ≦チ'⌒'⌒):/、
../       /Z7-/‐┐:/       '  /ノ:::::::::::_ヌ´::::,':/:/:::::::}   .' ::;;;;Y;;;;;≧===─=-、
"    ___/ZZ/   V、       :  ´Y:::::::::::::/_{:::::::}':/:::::>チ  /;;Y⌒|;;;;;:ソ´ ̄//
  ,r‘    ,'      _`T ─''"   .  /:::::::::r‐''"´’ヽ::::/::::::::≧-’  /;;;;;{へ:|ニ、_//
ヽr'      、 _....-≦;;;;;;;;、      丶/⌒⌒´    /!/:::::::::ノ    /⌒l;;7Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ--─
;;;;7      /≧、;;ヽ;;;;;;;;;;;;、      ` .._ ..  ´ ノ:::::_/‐ァ  / .ノ;/ ´ ̄ニ=-';;;;;;;;:::
;;;;ハーfZ>, /;;;;;;;;;;;;;;;;\\;;;;;;;;,              }::r':::彡〈  /、´⌒ヾ_r≦:::::::::::::::::::::::::
;r=='Z7‐彡;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;>─‐ハ            ,r':::彡ニニ=-.';;;≧-;;;_:::::::::::::::{ ̄ ̄ ̄
;;ヽr、iiiiヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;/;{;;;r''  ゙.           ヾr'     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>’
;;;;/_/ ̄;;;;;;;;;;;;;;;>、;;;;>、;;;;≧-、 `           ノ'      /;;ノヽ、;;;;;;;;-=ニ二
;;//::::::::::::::::::::;;;;;;/⌒ヽ;;;;;≧ー-≧=-.、  `’     ´ ,' ,     /ノ、;;;;;;;;;≧=─-、:::::::....
;'/:::::::::::::::;;;;;;;;/:::::::r─、:≧-、;;;;\;;; ̄;ヾヽ  _...-≦ ノ    }´/ーr───────、
,';;;;;;;;;;;;;/ ̄::::::::三 ̄ ̄ミ:::::::ヽ;;;;;;;≧=─‐≧"─≦7´      .|´;;/::::ノ;;;;;;;;;,,::::::::::::::::::::::::::::::≧、
こあさんの遺言 こあくまはめぐみんさん村決め打ちに賛同したりはしない、
それだけは確かなことです
こあ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
魂魄妖夢 は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
めぐみん1 票投票先 →魂魄妖夢
こあ0 票投票先 →めぐみん
翡翠1 票投票先 →魂魄妖夢
魂魄妖夢2 票投票先 →翡翠
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
めぐみん 「誘導はできないんですよ、一回にんていしyたったし」
めぐみん 「私と殴り合いしていたかったんですか・・・それはすまないことを>こあ」
こあ 「めぐみんさんが村であった場合自信を持って誘導が出来る位置なんでしょうか
今日は」
魂魄妖夢 「武士道とは、以下略。下の句はありません。」
翡翠 「こぁさんは途中から発言は落ちてますが
考え方はぶれてないというか わかりやすいところもあって」
魂魄妖夢 「じゃあはい、ふらつきません。翡翠LWで集団戦法の先駆けして死にます。」
めぐみん 「蒼がなんで妖夢を村認定したのかを書いて置いて欲しかった・・・」
こあ 「それで、凹むのはいいんですけどそのまま落ち着きすぎちゃった感じがあるんですよね>めぐみんさん」
翡翠 「結構前から思っていたんですが」
翡翠 「やっぱり妖夢さんがふらついている感じはあるんですよね」
魂魄妖夢 「いやこう、単純にやる夫とめぐみんだとめぐみんになりませんかね……。
私の感覚がおかしいのでしょうか、ロースおじさんといい……。」
こあ 「で、単純に噛み遅いわけじゃないですか。
これはまぁ伝わるなら伝われーでよく分かんないなら特に、質問もしなくていいです。」
魂魄妖夢 「まあ、狼については前述の理由から翡翠だと思いたいのでそこは良いでしょう。
絶望村に関しては仕方ない、ということで。」
こあ 「翡翠さんがめぐみんさんを最終日に吊る挙動ではないのは確かなので、
やる夫さんがその誘導で処刑されるのは割りと人外目だと思ったので妥当なので」
めぐみん 「ヒスイは村と決め打ちました。
こあが村認定されたから発言減らしていいか」的な思考の狼じゃなければ妖夢吊りでいけると思うんです」
魂魄妖夢 「やる夫吊りの時点でこう、狐が残っているようにしか見えないという恐怖がですね。
最終日ですが敢えて言いますが。具体的に言うとめぐみんなんですが。」
翡翠 「妖夢さん本命に私は戻します
よく考えたら私見てなかったことと 村狼どうこうは関係ないです
こぁさんも気になる点はありますがもう届かない状況」
こあ 「いいえ、今だからこそ、後に引く時ですね。
結論を出しているわけではありませんが。」
魂魄妖夢 「◇翡翠 「狐とか 探す時間は とうに過ぎてると思いますが >やる夫さん
もう人外っぽいのを全部吊る時間です」

霊能結果●を見てこの発言だと狐っぽくもなるんですが、
わかっててやった狼もありそうだなぁという結論に達しつつありますね。」
めぐみん 「やる夫を吊って終わらなかったから囲いについての考えを改めます。
改めると妖夢吊りたい、になるんですが」
魂魄妖夢 「◇翡翠 「琥珀●なら入れますかねあそこまで」

この場合、つまり身内票を考えない場合。
私視点の該当者が翡翠のみになるんですよね。」
翡翠 「割と終わらないことに驚きつつ
いまさらめぐみん村決めうちは後には引けません
引かぬ、媚びぬ、省みぬ です」
魂魄妖夢 「おはようございます。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 昨日の挙動を見ると,翡翠なのかなって言う
めぐみんを最終日に残して良いよって言うのが,最終日に残してSGにしようみたいな空気に見えるからお

めぐみんを村で見ている=明日吊らないという言葉は違うと思う
めぐみん狼で見ている=みょん狐と見ているとなるけど、本命って言葉は狼に使うんじゃねーかお?
蒼星石さんの遺言 もう狐噛んじゃえ
→ひゃっはー、狼位置わからんから人柱で引き分けだー
→狼さまぶちぎれ


あかん

ようむを村認定
蒼星石 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
めぐみん2 票投票先 →やる夫
蒼星石0 票投票先 →やる夫
やる夫4 票投票先 →めぐみん
こあ0 票投票先 →やる夫
翡翠0 票投票先 →やる夫
魂魄妖夢0 票投票先 →めぐみん
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翡翠 「私の主張は終始それですけど」
めぐみん 「今居る分から削る、という程度で同列に並べただけですが>妖夢」
魂魄妖夢 「疑って悪いと言われてもどうしようもですね。>翡翠」
翡翠 「ドクターが」
翡翠 「琥珀●なら入れますかねあそこまで」
蒼星石 「みんなこうやって誘導してるけど
ぜんぶうそです」
魂魄妖夢 「琥珀を削る、というのがこう。」
翡翠 「なら狐おめでとうで >霊能
ってめぐみんさんあなたも疑うのですか
>妖夢さん」
やる夫 「みょんはやっぱこう、なんか初日のぞくと外しになって、こあも吊る気がおきなくて、
翡翠とめぐみんで良いのか?ほんとに良いのか?っていうそういう構え」
魂魄妖夢
◇めぐみん 「やる夫と妖夢と琥珀を削れば勝てる気がするけど、それ全部削るためには自分が吊られちゃ駄目だと気がついた絶望。
生き残れる気がしないし、回り視点生かす必要がないし」

ここ、でしょうか。違和感があるのは。」
こあ 「もう1吊り増えて
めぐみんさんとやる夫さんを吊って
終わらないぞ、最終日だ、みたいなそんな」
蒼星石 「割と狐勝ちあり得る
っていうか狐いそうなんだよね
○○灰灰にしてくれても良いのに」
めぐみん 「妖夢が囲われている気がしない、ということはすなわち、私が吊りたいのがやる夫に固定されるという事なのですが、
何を言えばいいんですかね。」
翡翠 「やる夫さんも結構めぐみんさん ことあるごとに上げてました >こあさん
結構それとなくあげるのが 私的には嫌らしくも」
魂魄妖夢 「やる夫もまあ、お互い様という感じでそこまで変なことを言っている覚えもないので外してですね。」
蒼星石 「夜遅いから
みんな思考が疲れ果ててていすするから」
やる夫 「なんだお?>魂魄妖夢」
魂魄妖夢 「な、何故でしょう……。>蒼星石」
やる夫 「明日吊る気はおきない基本って言葉は村と見てる人に使うのかなっておもうんだがお」
こあ 「めぐみんさん人外にこだわってたのはやる夫さんよりこあくまの方に
流れだと見えそうなものですがどうでしょう>翡翠さん」
魂魄妖夢 「めぐみん、やる夫、翡翠。」
蒼星石 「お。良いとこつくね。
今日狼吊らないと確かに明日コア死ぬんじゃない?」
翡翠 「ええ、昨日までは正直 >やる夫さん」
魂魄妖夢 「まあ、私の懸念が合っている場合やはり初日にということになりますのでそこは諦めましょうか。」
翡翠 「なので私はめぐみんさん村決め撃って そこから考えたい感じなのです」
やる夫 「んじゃ、めぐみん村と見てみょんが狼本命だったと言う推理だったってことかお?>翡翠」
めぐみん 「あんまり琥珀が妖夢を囲っている気はしないんですよね。
囲うには遅いんじゃないか、とか」
こあ 「この夜明けの遅さが大変いやらしいと思うんですよね」
蒼星石 「でっていう死んでる時点で初日でしょ」
魂魄妖夢 「●なら、こあへの身内票は切らざるを得ないのだろうという感じですね。」
翡翠 「狐とか 探す時間は とうに過ぎてると思いますが >やる夫さん
もう人外っぽいのを全部吊る時間です」
やる夫 「っていうかんじで
狩人はいるんだったら自主的にでるお
指定されてからはみとめねーお」
蒼星石 「コーンスープおいしい」
こあ 「正直、」
魂魄妖夢 「大変いなさそうという気配ですが。」
やる夫 「めぐみんを村で見ている=明日吊らないという言葉は違うと思う
めぐみん狼で見ている=みょん狐と見ているとなるけど、本命って言葉は狼に使うんじゃねーかお?」
めぐみん 「●ですか」
魂魄妖夢 「狩人どうぞ。」
翡翠 「んー、やはりめぐみんさんに人外 特に狼には
あまり見えないのでそこに拘ってるやる夫吊りたいって気分ですねえ
そこ狐で見るにしても 狼も狐探してる感じしないし
今まで○吊り連打 狐見る時間はとうに過ぎてると思いますし」
やる夫 「昨日の挙動を見ると,翡翠なのかなって言う
めぐみんを最終日に残して良いよって言うのが,最終日に残してSGにしようみたいな空気に見えるからお」
魂魄妖夢 「おはようございます。
発言を見返しているとこあがめぐみんに投票しないと嘘のように思えるので、
ここの決着を付けるのが良いのでしょうかと思ったりしています。
なお、この発言も見返してみると吊り先を欲しがっているように見えなくもないんでしょうかという懸念がですね。」
蒼星石 「●だった」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
琥珀さんの遺言

                 ,. :'.: : ̄ : :` ´: : ̄: : :`ヽ
             /:,: -―- 、: : : : , -―- 、 : ヽ
            /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : \
            //: : ,: :: : : :_: : : : : : : : : : :_:: : :`:、: ,ヘ
      , --―一/,:': : /: : : /: : : : : : 、: :.- 、: : : : : ソ.:/,{ー―- 、
      ヽ 三三 !:|: : :/: : :/: :/:., : ,ヘ: : |: 、、: \: :_/.:/.:/|三三三 i
       |三三 {:.|: :/: : :/: :/:./.:./ i.: :|: :|: :\: :.ヽ :/.:/.:,|/三三 !
       l三三 !:.| :/|: :/|: ,+十-|   l: :|-十-、\:.ヽ':/.:,:l三三三/
       ,! 三三〉|/: レ':.l: :!.: :| :|   |: :j: : | : |ヽ: :.Y {/.:!ヽ、三 {    占いCO結果略で
       .| 三三|: :|: : : :,禾万卞、 レ ' ,禾万卞、:i: :|ー:t三三三!
       .l 三三!: :|: :.|: :{ |.{琥!      |.{琥! }: :|: :|: : :l`ー- 一'
        ゙‐'''"`i: :!: :!: :.| 弋:n」      Ln:ソ '|: :l: :|: : :!
          /|: :!: :.|: :|  , ,    ,    , ,  ,!: :|: :!: : :|ヽ、
          i三l :!: : ! :ト、    ー -一   /!:レ' : : : : |三i
          |三l :l: : : :|:::iヽ、        /!:::|: i: :,' : : !三|
          !三l:/ト、: :|:::|::::| ` 、_  ,イ:::!::|::::l: !/| : :/三 l
    ,- 、_ _|三三j ヽ |/-‐|        |‐-,_ |/::j/三三{ _, -‐ - 、
  _ |  !  `ー !、三 ンl'¨¨ヽ \     /  ./:::::l`ー- 、,..一'     /-,
  i T|  i、_   `广:::::\  \  \ / /:::::::::l    | , -ー一广、} /
  ヽ ヽ、ゝ   ̄` }:::::::::::::::\  \ / /::::::::::::::{   /` ,-一' / /
川内さんの遺言 夜戦・・ぐふっ
川内 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
琥珀 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →琥珀
蒼星石0 票投票先 →琥珀
やる夫1 票投票先 →琥珀
こあ0 票投票先 →琥珀
翡翠0 票投票先 →琥珀
魂魄妖夢0 票投票先 →琥珀
川内0 票投票先 →琥珀
琥珀7 票投票先 →やる夫
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「狩はもし生きてんなら
割と共有守ってほしい
ほら、僕狂人あるかもしれないじゃん?
ていうか指定とかしたくない」
めぐみん 「何かを言わないとならないのに何を言えばいいのかわからない。
こあ非狼っぽい理由は昨日も言ったとおり私への誘導の仕方、
ヒスイ非狼っぽい理由は昨日の悩み方が村っぽく見えたから。
でも「どこが」っていうのを言えないんですよ」
翡翠 「でもめぐみんさん明日吊る気はやっぱ起きませんね基本的に
明日の霊能結果にもよりますが」
魂魄妖夢 「○でしたが。」
川内 「指定しまくりだし狐候補多分おおさかさんくらいだよね
おじさん狐は無いかなあ」
魂魄妖夢 「思うのはこう、やる夫が離れていったので所在なさげなのが私です。
吊り先を探している、という印象については私からはどうしようもありませんが薔薇水晶は見返すと三日目にロースおじさんより吊りたくなってましたね。」
琥珀 「8→6→4だから…狩人狐探さない限りは共有と霊能に行くと思いますが…
まぁ…本当にそう行くかは知りませんが<蒼星石さん」
やる夫 「いままで、みょんだろうなって言うのが強かったけど、昨日と昨日の夜で何か印象が変わったからお」
蒼星石 「いつの間にか僕がアリスだ」
翡翠 「私的にはめぐみんさん最終日に残していいで
本命妖夢さん…と考えてたのですが ちょっともう一回全部見直します」
川内 「というわけで琥珀さん吊りだー!夜戦だー!」
蒼星石 「あ」
琥珀 「フィーバーってなんですか!!化け猫でも寄せ集めればいいんですか!!<翡翠ちゃん」
蒼星石 「明日灰噛み灰噛み
狼も狐怖いもんね」
琥珀 「いやまぁ、はい銃殺でないなら村視点では昨日釣られる覚悟だったんですけども
…っていうか残り2Wが濃厚だから…明日○でたら私視点では詰みですか(狐が居ても)」
魂魄妖夢 「本当にごめんなさい!>翡翠」
川内 「まあ琥珀吊りで狩人絶対に死なないしいいかなって」
翡翠 「狂人とかどうでもいいです 狼吊り切れば置物です >蒼さん」
やる夫 「やる夫は,一晩考えたいお>蒼星石」
蒼星石 「え?空気いち翡翠やる夫に二者だから
最終日どっちかつりでしょ」
魂魄妖夢 「残りの吊り数から考えると妥当かと。」
こあ 「確かに、翡翠さん的なツッコミを(こあくまにたいして)入れてくるのは
それなりに非狼要素っぽくあるのは確かだと思いました」
蒼星石 「そっかなー。おおさか狂で素直にみていいんじゃない?」
翡翠 「…ドクター 死ぬ前に私の存在をフィーバーする
装置の製作を」
やる夫 「とすると、めぐみんか翡翠というはなしに
こあは違うんじゃねって言う風におもってるからお」
川内 「次○出たら琥珀吊ろうって真紅がいってたしね」
魂魄妖夢 「薔薇水晶との紫の罠に掛かってしまったのです。」
川内 「いやなんか狂だぜ狂だぜーって言ってる感じにみえるしさ>蒼星石」
蒼星石 「ん?今日吊るの
明日吊るくらいならそれでいいよ」
魂魄妖夢 「存在に昨日初めて気づきました。」
翡翠 「どうぞ >妖夢さん」
めぐみん 「やる夫と妖夢と琥珀を削れば勝てる気がするけど、それ全部削るためには自分が吊られちゃ駄目だと気がついた絶望。
生き残れる気がしないし、回り視点生かす必要がないし」
琥珀 「…ぐむぅ…ついにここまでか…ていうかもう流石に銃殺出る気がしない…」
やる夫 「で、なんか、そこ疑う所と思われてなかったです的な雰囲気見ると狼ではないのかなって言う気はしてきたお。」
蒼星石 「明日琥珀さん吊るなら最終日まで残そうよ」
魂魄妖夢 「正直なことを言って良いでしょうか。>翡翠」
川内 「んじゃ琥珀さん吊りでノーミスかな」
琥珀 「んーこれもう…狐残ってる気がしない…
さて、残ったメンツでコアさんーやる夫さん割りと人外っぽくない
翡翠ちゃん…んー狼ワンちゃん?あるかも?まぁ、村狼‥?
ってことで残ったこの人を」
こあ 「おはよーございました」
蒼星石 「ふやぁ」
川内 「し、真紅ー!」
翡翠 「どうも妖夢さんは吊り先を探しているイメージが
少々…3日目発言ガタ落ちといいますが
薔薇水晶さんほどでは無いですが私も結構
ゼの人●に驚いて落としていたのですが…
その割りに私には触れてない感じで…」
琥珀 「占いCOめぐみんさん○」
蒼星石 「○」
魂魄妖夢 「おはようございます。
翡翠への返答が薔薇水晶への返答になってしまってましたがまあ。
要チェック、ぐらいなら流しても良いのかなと思いました。」
やる夫 「新しい要素をと言われて、ともかく、初日の事は取っ払ってみょんの事をみて見ると
うん、まあ、別にそんなここ怪しいぜー!って思うような事はねえお。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
薔薇水晶さんの遺言
 /ヽ/メ|\ミ===/    ` ̄       \
.//=彡|ノ:!                  ミヽ
′/ ∧:::|                  ー =
イ  /: ∨   /       l|  :′    ヽ   ‘,
/  :/::    /         l|  |       ',   '.
  .:′     ′     :| :l|  l|  :!      |   |   :|
        {!   ll ー|=||ミハ :| _,r :!   !    :|
       .:|   :l|从八从 ヽ! | ⌒7 :|   |   :|
      :八 :! :l|Ⅵ斧刈从| :l|   {! 从  :!    :|
  /   :/ :|:.ゝト从 {っ::!:抃ミ V八从f=≠ミ从   |   むら
 :/   :/ : :|: l :!   V辷ソ `   {:.:./:!:rf>ォイ   :}
.:/   :/ : :/|: l :!    ´¨¨`       V{:::::Y:彡}!  /    残すべきはやる夫にこあor妖夢
:′ .:/ : :/ :|レ从          〉{:.ゝイrヘノ从レ
 ..:/ : :/ : :|、::::.           ゞ=/¨    !      真紅はどこかで噛まれてくれると信じてる
:/ : : :/⌒f({ヽrヘ:.      - 、  (_,ノ     |
: : : : :/:>イ⌒ヽ. . .):..    ::   ィ |     :|
: : : :// : : :ヽ: くr~ァ>ヘr~<}: : :! |     :|
: : :/ :`>=ミ:\ヽ:廴;_. . ({/./: : .:! |     :|
真紅さんの遺言 ::::::::::     ☆                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::  ☆                           :::::::::::::::::::::::::::
::::::        ☆                       ::::::::::::::::::::
:::::     ☆                            :::::::::::::
              ( 今夜はやけに星が輝いて見える・・・ )
::::       ☆             o               ::::
::::::      、 ,              ゚               ::
::::::       ★ ☆            ∧_∧         :::::::::
::::::      ´ `   ☆         ( ::真;;:)       ::::::::::::::::
:::::::                     /⌒:紅;;ヽ     ::::::::::::::::::::::::
::::::::::                    / / ::;;;;;;:::| |   :::::::::::::::::::::::::::::::
:::             ニニニニニ と./ゝ_;_;_ノヽつニニニニニニニ
真紅 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
薔薇水晶 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
めぐみん2 票投票先 →薔薇水晶
蒼星石0 票投票先 →翡翠
薔薇水晶7 票投票先 →めぐみん
やる夫0 票投票先 →薔薇水晶
こあ0 票投票先 →薔薇水晶
翡翠1 票投票先 →薔薇水晶
魂魄妖夢0 票投票先 →薔薇水晶
川内0 票投票先 →薔薇水晶
琥珀0 票投票先 →めぐみん
真紅0 票投票先 →薔薇水晶
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
川内 「ああ、薔薇水晶さん琥珀さんの○だっけまあいいや妖夢さん吊ろうかなとか思ってたし」
魂魄妖夢 「で、ここに来てまだ外さないならやる夫は新しい要素をですね。」
翡翠 「身内とかはいいんですよ >こあさん
あってもまず あるかないかの確認で 他削るという感じで」
こあ 「死してなおチェルシーさんの支配下にある村というそんな呪いじみた雰囲気を感じなくもないですね」
蒼星石 「あとごめん。僕は今日朝1でESP投票を済ませている。
○に狼いる気がしなくってさ。」
薔薇水晶 「やる夫とこあか妖夢を残して進めていく感じで行けばよいかと」
やる夫 「そのへんに関しては了解したお
これ以上そこでいろいろごちゃごちゃ言ってても多分先に進まないんだろうなって言うのはやる夫も感じてるお>魂魄妖夢」
琥珀 「こう、こう、せめて私を吊ってくれませんかね
ええ、私が怪しいのは仕方ないですけども…
私の○は信じて欲しいです…」
魂魄妖夢 「私がロースおじさんについて投票を外したのもその辺りからですしね。」
こあ 「めぐみんさんがこあくまを殴っているかというと
誘導してて吊り先作りたい狐っぽい、だけのなので
イマイチ良きにしろ悪きにしろ望んだ反応ではないな、という感じですが
そんなに俯瞰しなくてもいいのよ。>やる夫」
薔薇水晶 「チェルシー噛みするならチェルシーが殴ってた所にいるんだろうなーと思ってた程度でしょうね」
魂魄妖夢 「>こあ
蒼星石が振りをしてから噛まれる、というのが個人的には割と嫌ですね。」
めぐみん 「それをしたいが為だけに「やる夫ハーレム」とか言い出したんですね、わかります>蒼」
真紅 「今残ってるメンツの意見を言わせるべきって話なんだけど・・・まぁいいわ。>川内
明日霊能結果○なら琥珀吊りも考えるとこね」
蒼星石 「さぁ勝負だやる夫=サン
先に死ぬのはどっちかな?」
翡翠 「んー、そこはおおさかさん○だからんー
私の色眼鏡とったほうがいいのでしょうか おおさかさん○だと
一回村目に見てしまうと どうしても こう」
やる夫 「やる夫はみょんとロースおじさんつるっていってるお>めぐみん
みょんが怪しいと思う理由も昨日かおとついいってるお」
めぐみん 「なんかこあ村っぽい殴り方だなぁと思ってから何言ったもんかおもいつかない」
川内 「ではそのようにー!」
蒼星石 「よしよし」
蒼星石 が「異議」を申し立てました
琥珀 「あっぶな、ブラウザ固まってた…って薔薇水晶さん釣り何ですか!?
…ぐむむむむ」
蒼星石 「はっ、これ、はっ」
川内 「え、チェルシーさんが薔薇水晶さんっていってたよ>真紅」
魂魄妖夢 「一応まあ、前文の部分をどうぞ。>やる夫
あの時点ではどちらかの共有者が相方初日と言い出すかもというのもありましたので。」
やる夫 「新世界のハーレムの神にやる夫はなったお」
蒼星石 「ゼの字吊って、でっていう噛んで、ロース吊って、クマー噛んで・・・」
こあ 「ドクターって多分琥珀さんだという前提でついでにそこ狼前提でお答えしますけど
身内表くらい誰だってするでしょう?
ロースおじさんが3日目で吊られる村でそんなこと言ってたら流れにはついていけません」
やる夫 「はた>蒼星石」
薔薇水晶 「CO無し」
翡翠 「その発想はありませんでした >やる夫さんハーレム」
真紅 「一人が独走する仕事じゃないから、共有って。
だから意見も聞いてみなさい」
やる夫 「こあーめぐみんの殴り合いだったら、こあのほう残すお」
薔薇水晶 「そうなると残したくないなというのがめぐみんかな
と思ってます」
川内 「というわけで薔薇水晶=サン指定」
蒼星石 「いつの間にかやる夫ハーレムだ」
魂魄妖夢 「初日に発言数11を叩き出して、三日目にがた落ちされてしまうとどうしてもですね。>薔薇水晶
○を出されて安心した、と解釈してしまいがちです。」
真紅 「指定するなら村に吊りたいとこ言わせなさい」
めぐみん 「やる夫が「怪しい所を吊るべき」といっていた日に妖夢投票というのが気になった感じはします」
翡翠 「薔薇水晶さんもこあさんと同じようにめぐみんさんを疑いで
見てましたが…ただ私は薔薇水晶かおおさかか で
薔薇水晶村よりに一回見てしまったので…まだ色眼鏡がとれません」
蒼星石 「あれ?」
やる夫 「どうしてそこであきらめるんだお!
いけるいけるできるできるもっと熱くなれおおおおおお!>魂魄妖夢」
蒼星石 「まぁ相方でもいいと思うんだ
いい人だったよ
死んだ人は皆いい人だ」
川内 「んー指定したほうがいいよね一回したし」
こあ 「吊れないという気がしている、という場所が噛まれましたが
嫌な死体だったでしょうか>妖夢さん」
琥珀 「んーこう…銃殺でないか…で…残り4釣りと考えると…グフ…ここまでか…」
やる夫 「チェルシーが死んでてもまったく普通でどうでも良い」
川内 「チェルシーさん噛むんだ、すっごい怖い位置だったのに」
薔薇水晶 「やる夫は残したいなと思い、チェルシーもそうだと考えていたけど
チェルシーは噛まれててさようなら」
めぐみん 「無意味に脅かさないで貰えませんかねぇ>川内」
翡翠 「少し薔薇水晶ーおおさかさん見すぎてて
他の人が疎かになってきたので再見

3日目
◇魂魄妖夢(73)  「注意喚起の意味も兼ねて薔薇水晶さんの○だけ解除というのもあり、というぐらいでしょうか。

何かグレー広げることで自分を避けたい という感じが
やや見受けられる傾向 要チェック

こあさんも少々気になりますね
ドクターほぼ偽前提で進めるこの村で めぐみんさん疑い
何故継続し続けるのかと たしかグレランのドクターの投票先で
一回分けた位置ですが」
翡翠 「○ ですか
で、チェルシーさん死亡 まあゼの人誘導筆頭位置でしたが」
魂魄妖夢 「非常にこう、嫌な死体としか言い様がないですね。」
めぐみん 「・・・あ?>川内」
蒼星石 「割トスゴクいしょっく」
こあ 「おはよーございまっす」
琥珀 「◇魂魄妖夢(65) 「おおさかが狐だとするなら、呪殺で真主張はもう不可能なので良いのではとも思います。」
ふむ、割りともう銃殺が出ないとわかってる?ってことは逆に考えて狐…ですかね?
他の方はざっと見た感じあんまりピンとこなかったというのは有りますが
というわけでラスチャンスと考えてここに行きます
真紅 「まさか噛んでくれると思ってなかった」
やる夫 「琥珀狼だったら、翡翠初手囲いを避けたとかあるんじゃないかと思いつつ翡翠の発言を眺める夜
でも、わりかし好みの発言なんで関係無さそうかなという」
川内 「いや嘘だけど」
薔薇水晶 「おはようございます朝です」
翡翠 「まずは霊能結果を」
川内 「あ、相方ー!」
琥珀 「占いCO妖夢さん○
蒼星石 「おおさかさんの、あの場所は真っ○」
魂魄妖夢 「おはようございます。

>やる夫
普通自主的に言う、というのがクマーを見て当てはまるかと言われるとですね。
そして、私の二日目の発言を見て稼いでいると言われるとどうにも返答のしようがないので諦めて良いでしょうか。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
おおさかさんの遺言 村人COやね
チェルシー は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
おおさか は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
めぐみん0 票投票先 →おおさか
蒼星石0 票投票先 →おおさか
薔薇水晶1 票投票先 →おおさか
おおさか8 票投票先 →チェルシー
やる夫1 票投票先 →おおさか
こあ1 票投票先 →おおさか
チェルシー1 票投票先 →薔薇水晶
翡翠0 票投票先 →おおさか
魂魄妖夢0 票投票先 →おおさか
川内0 票投票先 →おおさか
琥珀0 票投票先 →こあ
真紅0 票投票先 →やる夫
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
めぐみん 「出なければ→出ないなら のほうがただしいですかね」
真紅 「精々非狩人でしょうね」
こあ 「どうつまりになるんですかっ
めぐみん狼なら、琥珀も狼っぽいよね
めぐみん○なら?琥珀とは関係ないね
それだけ。」
チェルシー 「占いの内訳は真狼だと考えていることも昨日言った。
後は分かるな?」
川内 「ぶっちゃけおおさかさん狩りなら朝相方死んでないし>琥珀さん」
真紅 「捨て票=非狐確定なわけは無いわよ。」
チェルシー 「身内票があるならロースおじさんのみ。そしてロースおじさんは狐見で吊った<薔薇水晶」
蒼星石 「少ししかね>川内」
めぐみん 「正直、対抗(それも出方的にけっこう真目)が噛まれた占いなんて「呪殺が出なければ中身はどうでもいい。そのまま死ね」というかんじですし。>こあ
つまり琥珀は私はどうでもいい」
やる夫 「でっていうにかんしての事だとこあの方がなんか共感できるお。」
魂魄妖夢 「私に関しては多少、違いますとだけ。」
川内 「まあまさかおおさかさん狼で囲いにいったとかいう可能性は考えてないよ」
チェルシー 「ロースおじさんが捨て票でゼの字●だが?<真紅
霊能狂でも見たか」
薔薇水晶 「チェルシーはロースおじさん吊ってるんですよね
身内票はないかもな程度とか言ってるのに」
魂魄妖夢 「おおさかが狐だとするなら、呪殺で真主張はもう不可能なので良いのではとも思います。」
蒼星石 「もうビンビンに感じる。ビンビンに感じる。今。」
チェルシー 「私は魔女ですから・・・毒を持っているかもしれませんよ?<蒼星石」
琥珀 「うーむ…こう…狩り保護も兼ねての占いだったんですけども
いや、よく考えると噛まれる可能性もあったとかそう言われれば何も反論できないんですけども
…うーむ…狐どこだろう…」
真紅 「いや、しんでるかもしれないけど?」
こあ 「あと、琥珀さんってタイプするたびにコハク酸に変換されて
こあくまは大変億劫なのです」
チェルシー 「それは〇を投げる必要が無い<川内」
蒼星石 「チェルシー噛まれろ」
魂魄妖夢 「>やる夫
聞かない、というのは私には出来ませんでしたね。
明らかに主張があの時点では割れていましたので。」
こあ 「めぐみんさんが反論すべきはですね、琥珀さん動向でなく、
そもそも私が琥珀さんを狼だと想うその理由自体。
つまり、役欠け濃厚とかこいつはメチャ怪しいよなぁ~という部分なので」
チェルシー 「琥珀は喜ぶべきだ。
狐が絶対に死んでないんだぞ?」
蒼星石 「まぁみんなの心は今、一つだよね」
川内 「琥珀さんがおおさかさん狐とみたけど噛むのもなんだなーってとこじゃないかな」
やる夫 「みょんへの返答の続き

共有が偽だった場合、対抗がでてくるか合ってないと自主的に普通言うから合ってるか合ってないかわざわざ聞くのが何か発言稼いでいるようにすげーみえるからだお」
翡翠 「ってCO無いんですか あの攻めるグレスケ
実は狩人視点だったとかで見間違えたかなと思ってたのですが」
蒼星石 「んまぁ2wつれても狂狐考えれば余裕はあんまりないんだけどね」
チェルシー 「おおさか処刑は狐見が強い。
そこよりは薔薇水晶処刑で良いと思ったが」
魂魄妖夢 「発言を見返してみるとロースおじさんは村っぽかったような気がしたので。
即で誘導したチェルシーをどう見るかなんですけど、ロースおじさんを吊った以上吊れないという気がしています。」
川内 「いやいいよCOないらしいし>チェルシー」
おおさか 「◇チェルシー 「待て共有
おおさかは10人処刑で良い。」

うちにCO言わせた以上・・・今日処刑せな、あかんよ」
こあ 「琥珀さんがそこ占う理由は全くないっていうか噛まれる可能性だいなのにってわけですが
まぁそれはどうでもよろしいでしょう」
やる夫 「ないならいいや。」
薔薇水晶 「で、そうなるとめぐみんかおおさかでそこ二人は残しておけません」
蒼星石 「狼だったらいいな
僕が楽できるから」
真紅 「そこ別に吊り逃れなんて見なくていいと思うのにな」
めぐみん 「つまりあなたは私を狼決め打っている、と。>こあ」
翡翠 「しかもそこを」
琥珀 「…おう、こう、完全にあれですね、私信用されてませんね
いや、はい、仕方ないですけども」
翡翠 「あの時点で吊り逃れで察するといいますか
死体なしも無いのにこの段階で指定ですか?」
蒼星石 「お、チェルシー実は共有だね?」
やる夫 「攻めるな」
真紅 「えぇー」
チェルシー 「待て共有
おおさかは10人処刑で良い。」
やる夫 「共有に相方合ってるかどうか初日に聞いてたからだお>魂魄妖夢」
おおさか 「・・・COなしや」
こあ 「めぐみんさんが狼なら→琥珀さんも狼っぽいですねという意見に対して
○だったら?というのは何の関係もないですよ 無関係です
だって狼は狼の位置を知ってるからそういうこと言っているんですものね」
おおさか 「◇やる夫 「あとまあ、おおさかは薔薇水晶狼だと思っているらしいけど、
琥珀の○に気がついているのかいないのかというのは聞いておくお」

昨日、うちに白やと勝手に勘違いしてたんよ・・・」
川内 「指定おおさかさん」
薔薇水晶 「個人的に2日目のあの投票は身内無いだろうから
ロースおじさんやチェルシー吊っても意味ないと思うのですよね
だからこそロースおじさん投票者は胡散臭いなぁと思います」
琥珀 「ふーむ…こう…溶けなかった方おい感じがヒシヒシと…
まぁ…こう、あれですよね、あれですよねと期待しつつ…グレ噛まないで共有に行きますか…」
魂魄妖夢 「どちらにしてもおおさかを吊る、ということはありませんので。
グレラン続行で、明日までに呪殺が出ないなら琥珀吊りで良いかと。」
チェルシー 「いや、薔薇水晶か」
真紅 「占うとこでいいんじゃないの。」
蒼星石 「まぁいいんじゃない?おおさかさん吊り。」
やる夫 「ビックリするくらいそこは無いと言う占い先」
真紅 「狼目・・・熊鍋をするとはガッテム!」
蒼星石 「責めるなぁ」
翡翠 「おおさかさん占うようならドクターは偽でいいでしょう
投票見る限り占い位置じゃないですそこ」
チェルシー 「おおさか吊り。」
やる夫 「あとまあ、おおさかは薔薇水晶狼だと思っているらしいけど、
琥珀の○に気がついているのかいないのかというのは聞いておくお」
薔薇水晶 「え、えええええ、おおさか占っちゃうんですか」
おおさか 「あああ・・・本当に、無駄占いさせてしまったんよ・・・」
琥珀 「◇おおさか(80) 「うちは薔薇水晶を狼、ロースおじさんを狐で見とるんよ
だから琥珀に、ロースおじさんを占うように提案しとるんや」
割りとこうロースおじさん占い押しておいてそれ+釣り逃れってどういうことなんでしょう?
これは割りと溶ける気もします、溶けなくても割りと…ってことで占います
めぐみん 「◇こあ(77)「(前略)めぐみんさん吊って●出たら琥珀さんも狼(後略)」
で、私に霊能結果○が出たら琥珀を何で見るんですかね?
けっこう「吊れる所を作りたい」系の動きに見えること、
ゼの字へ自分が投票していないことを自分で言っちゃう所。狐目で見てしまいたい。」
こあ 「どうせ死ぬなら、前のめりになって死ねッ…!」
やる夫 「ロースおじさんを占わせたいと言いつつ、速攻でロースおじさんに投票変えしたおおさかは、まあ、10とか8とかそのへんでCOきくだろうお
めぐみんに投票を変えてロースおじさん占わせるっていうのがおおさかの思考としては自然っぽいからお
8で琥珀を吊って6で聞くって言う感じもあるかもだけどお。」
翡翠 「薔薇水晶狼、ロース狐と見てるから
占って欲しいといいますがドクターは既に
薔薇水晶○出してるのにとか何か思いながら入れましたが
吊り逃れ…ああ、もしかしてそういうことなのでしょうか?

というかロースさんゼの字投票者なのに集まるものですね
●投票者は後に持ち越す というのは古いのでしょうか?」
真紅 「ロース、ロース、ロースをねら~え~」
川内 「あ、あいかたー!」
薔薇水晶 「おはようございます朝です」
蒼星石 「狼2連続で吊ってたら僕はお役御免なんだけどな、ロースおじさんは○」
やる夫 「おはよ−だお」
琥珀 「占いCOおおさかさん○
魂魄妖夢 「おはようございます。
でっていうが真狼である、まで意見が一致していて何故私に投票し続けるのかわからない。
というのがやる夫に対しての返答でしょうか。」
おおさか 「おはようや

・・・あかん、昨日の占い先、薔薇水晶やのうて、うちやと勘違いしてたんや・・・
せやから、薔薇水晶吊り誘導取り下げなかったんよ・・・

本当に、みんなには申し訳ないんよ・・・ごめんなさい、や・・・」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クマーさんの遺言 共有クマ
ロースおじさんさんの遺言 ぶひひ美女に誘導されたでぶひひひひ
あおじさんの中身?そ、む、ら☆
クマー は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロースおじさん は投票の結果処刑されました
3 日目 (2 回目)
クマー0 票投票先 →めぐみん
めぐみん3 票投票先 →ロースおじさん
ロースおじさん4 票投票先 →川内
蒼星石0 票投票先 →ロースおじさん
薔薇水晶1 票投票先 →おおさか
おおさか2 票投票先 →ロースおじさん
やる夫0 票投票先 →魂魄妖夢
こあ1 票投票先 →めぐみん
チェルシー0 票投票先 →ロースおじさん
翡翠0 票投票先 →おおさか
魂魄妖夢2 票投票先 →薔薇水晶
川内1 票投票先 →こあ
琥珀0 票投票先 →めぐみん
真紅0 票投票先 →魂魄妖夢
3 日目 (1 回目)
クマー0 票投票先 →めぐみん
めぐみん3 票投票先 →ロースおじさん
ロースおじさん3 票投票先 →おおさか
蒼星石0 票投票先 →ロースおじさん
薔薇水晶2 票投票先 →おおさか
おおさか3 票投票先 →薔薇水晶
やる夫0 票投票先 →魂魄妖夢
こあ1 票投票先 →めぐみん
チェルシー0 票投票先 →ロースおじさん
翡翠0 票投票先 →おおさか
魂魄妖夢2 票投票先 →薔薇水晶
川内0 票投票先 →こあ
琥珀0 票投票先 →めぐみん
真紅0 票投票先 →魂魄妖夢
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
めぐみん 「●の色を見るくらいなら灰のまま発言見ればいいじゃないですか>豚肉」
クマー 「いやぁ、まぁ俺も相方を人外だと思ってたし仕方ないな、うん」
蒼星石 「んじゃなんのためにチェルシー占わせるの?
さらに僕疑うの?あのCOで」
おおさか 「うちは薔薇水晶を狼、ロースおじさんを狐で見とるんよ

だから琥珀に、ロースおじさんを占うように提案しとるんや」
ロースおじさん 「機密やのうて君やね」
真紅 「占って欲しいというか、頑張って銃殺狙ってねでいいんじゃないのだわ」
やる夫 「暫定○を解除して吊ろうって交渉をする労力がどうのこうので」
こあ 「こあくまが信じるこあくまの灰視を信じて
めぐみんさん吊って●出たら琥珀さんも狼
これはナイスアイデアなのでは?」
めぐみん 「>蒼」
めぐみん 「なるほど。
抜ける方ーという意味では私も同意見ですが、真狂で見るのならむしろ放置するだろうなーという風に私は思っています。
まあ結局真狼なんだろうなという所に落ち着いただけですね」
チェルシー 「とはいえ片方噛まれた占い候補にどこを占って欲しいだの言っているロースおじさんは処刑していいか。」
魂魄妖夢 「注意喚起の意味も兼ねて薔薇水晶さんの○だけ解除というのもあり、というぐらいでしょうか。」
川内 「まあそうだね 狐狙っても別に構わない感じ」
ロースおじさん 「機密が吊りたくないんやったら
●やったら飼いって名目でとっておいて発言で黒いか白いか見ればよくない?
というかきみCO速度のせいでそんなに安定な位置でもないで?>蒼星石」
やる夫 「いや、ちゃうちゃう>おおさか」
翡翠 「占って欲しいという意見がありますが…
でっていう噛まれを狂人と見ているのでしょうかその方たちは
いえ、まだドクター偽者と決まったわけではありませんが」
蒼星石 「なんか(Q)急に(B)豚を(K)けりたくなったので>YYM」
琥珀 「や、正直占い先に関しては怪しさよりも残せる場所優先で占いました
こう、大荒れだったので思考半停止状態だったので
信じてもらえるかどうかは分かりませんが…うーむ…銃殺出さないとヤバイな…」
薔薇水晶 「共有が二人出てきて
片方霊にいたのに霊ロラ指示したのを見て敵対ラインだと思わずに
それを突っついた人を人外だと言えてしまうのは正直困ります」
真紅 「私を噛むのね!エロ同人みたいに!エロ同人みたいに!」
こあ 「つまり占いはどうでもいいんですよ
ゼの字さんだってこあくまにとってはどうせそこ吊れるから
吊れるところに投票しないことによる村アピを図ろう!と思う程度の位置でしか無いのです」
やる夫 「今は、怪しいと思う所は吊る方が良い状況だお
琥珀が真であってもだお」
おおさか 「その時は、その時や 誘導が外れてたとして? ごめんなさい、でええんよ>やる夫」
チェルシー 「三日目にもなって未だに共有に拘り続けるめぐみんからは発言稼ぎの匂いがする。」
クマー 「なので、確定真とは言えないが琥珀は残してグレランクマよ
真紅も残しておくクマ どうせ噛まれるだろうし」
魂魄妖夢 「大声で言う程のことかと言われると困ってはしまいますが。」
蒼星石 「真狂だとしたら。ね。>めぐみん。」
薔薇水晶 「まあ2-1なら占い狂狼も考えられますが
というかロースおじさん吊るよりもおおさか吊った方がいいでしょう」
やる夫 「琥珀にここ占って欲しいって言っている人は、そこ占って○だったらどうすんだお?」
真紅 「最終日はちょっと怖いから前日で頼むのだわ>川内」
こあ 「むしろでっていう真なんてありえて当然なんじゃないですかね、っていうのと
でっていうが噛まれてて、でっていう真だと思ってたことはむしろ狼要素だっていうか」
翡翠 「チェルシーさんはゼの字さん●なら一旦疑いは取り下げましょう
結構時間ギリギリにここ吊ろうってのは 私的にはどうとも思ったのですが」
蒼星石 「そんなとこ占うよりもっと人外くさいとこ占わせないと。ね?」
ロースおじさん 「豚肉って誰の!?
ってやっぱおじさん以外にもCO役職が胡散臭いって思ってる人おるんやね
よかったよかった>めぐみん」
めぐみん 「その「ベグするなら」っていうのは抜けそうな方っていう意味で?>蒼」
魂魄妖夢 「チェルシーから即座に身内票を仕掛ける、というのは今考える段階ではないと思いますので。
そういう意味ではチェルシーの誘導に自覚的に乗っても良いかなと思ってます。」
おおさか 「◇翡翠 「おや、薔薇水晶さんに随分突っかかってたのが
いきなり随分変わりましたね >おおさかさん」

薔薇水晶は、もう捕捉できたからええんよ。 1人見つけたら、さらに次の人外を見つけに行くんが、うちのやり方や」
琥珀 「ほんで持ってゼの字さんが狼と…ふむふむ…
どうしよう、銃殺出す以外に割りと私真要素って噛みから言い出せないのが困る」
蒼星石 「チェルシー占って●だったらどうするつもり?>ロースおじさん
ぼくそれだけじゃ吊らないよ?」
川内 「琥珀さん最終日ないしその前日吊りだね」
やる夫 「●が吊れているのならば、琥珀は8までは残せて、その間に魂魄妖夢とロースおじさんつればなんとかなるんじゃねーかお」
チェルシー 「俺は後者を取る。ロースおじさん処刑だ。」
チェルシー 「真狂か真狼かでそれは変わってくる。<おおさか」
薔薇水晶 「狼が出ないというのは少ないとしても
1-1になるようであれば狼として見るよりも真狂どっちかって見たほうがいいですよ>琥珀」
蒼星石 「んまぁでっていうは危機感の覚え方的に真だったよね。うん。
んでべぐするなら琥珀さんか僕咬みそうだから。琥珀さん狼でいいと思うな。」
ロースおじさん 「んじゃ余計にチェルシーうらなっといてほしいかな
あとはそこ以外やったらやる夫ぐらいかな」
めぐみん 「確定○って言っても2COだった時点で役欠けみるべきなんだからー云々。
まあそのへんは表現の差と言って言えなくもない程度ですが>豚肉」
クマー 「というか、でっていう狂人だと思ってるし・・・
俺が人外だったらいつ潜伏解除するの?って話だろ」
翡翠 「おや、薔薇水晶さんに随分突っかかってたのが
いきなり随分変わりましたね >おおさかさん」
川内 「めぐみん狼とは思えないかなー
でっていう真もあるよねーって感じだったし」
おおさか 「ロースおじさんを占ったら、色々見えてくると、うちは思うなー>琥珀」
魂魄妖夢 「では、琥珀を残して噛まれるかどうかではないでしょうか。」
真紅 「初手●つり初手占い噛みならどっちかと言えば占い真狂かなーとも思うのだわ>蒼
まぁ飼うという意見に対してね」
やる夫 「正直、やる夫でっていうが噛まれて死んでいるのならば,でっていう真よりで琥珀信じる気はほぼないお」
チェルシー 「そもそもゼの字に組織票を見るまでも無い。
霊共確定○と3票だ。
しいて言うならロースおじさんを処刑しても構わないぐらいだが。」
こあ 「でっていうはそれなり以上に真らしい行動だと(騙りでとっさにするムーブ勝って言うと微妙)思うので
この死体は大変残念ですね」
琥珀 「ほむ、いきなり対抗抜いてくるとか…
うーむ、割とこれあれだ
私の信用がマッハでヤバイパターンだ」
クマー 「琥珀? まぁしばらく残すクマよ
真狼だろうけど、急ぐ必要ないし」
翡翠 「そっち噛まれて 霊能は●ですか
結構チェルシーさんの誘導 ギリギリ&いきなりだったんで
かなり気になってたのですが」
蒼星石 「琥珀さんを・・・飼えるんだ・・・
そうまききゅーのように」
魂魄妖夢 「誘導に便乗した人外の可能性はある程度見ますね。>おおさか」
チェルシー 「◇ゼの字 「騙るとか言ってる時点で問題多いッス>蒼星石さん」
共有騙りに対して混乱をしているように見えていたが霊能への対応に余裕が見えた。
だから、アウトなのだが」
ロースおじさん 「チェルシーー妖夢を確定○にしておけばええんちゃう?
そこ占っといてくれてるとありがたい
そこ二人は混乱せずに初日から足が地面についてるイメージやったから

ほー>霊結果●」
薔薇水晶 「霊結果では狼吊れと
でっていう噛み」
おおさか 「霊能信じるなら、狼1落ちやね」
真紅 「でっていう・・・あなたも強敵だった・・・」
めぐみん 「まじでか>ゼの字●」
蒼星石 「んじゃ琥珀飼いかな」
琥珀 「さて…もう何がなんだか分かんないですけどもとりあえず初日かなり大荒れしてるのに
◇薔薇水晶(114) 「1-1で役欠けしてるとみていいですね
占いか狂人が欠けてて狼は全潜伏と見ましょう」
ほむ、いや、私が真or狂という感じはいいとして違いますけど私が狼ではないという保証はないのに
割とこれ出してくるのはどうなんでしょうというのと、あの展開で冷静に行けるのなら残して大丈夫そうというので占います
狐?明日意向でお願いします」
やる夫 「まあ、共有が何らかの理由(おもに騙り抑制で)騙るんだったら、相方に○打っとけよってはなしじゃねえかお?
でっていうは、基本狂人はあんまり無さそう
理由としては,あれだけ時間がたっぷりあって、琥珀と同じ所に○は狂人では無さそうだからお


でっていうの行動は真狼として、琥珀がなんなのかって村じゃねえかお


と書いていたらでっていうが死んでいるという
度胸あるな狼」
ロースおじさん 「でっていう死ぬんか…」
川内 「●吊りかー」
やる夫 「おはよーさんだお」
めぐみん 「◇川内(115) 「大体こんなのどっちか共有じゃなくても共有って言うし確認とか意味ないよね」
クマーのでっていう○が「でっていうが相方」という意味だったら充分に意味がありますが?
っていうか私、ロラ指示もあってそういう事なんだと思ってました。」
こあ 「◇めぐみん(61) 「お、おう>共有の占い騙り
役欠け本線ですかねこれは」
◇めぐみん(65) 「・・・いやちがう、私は何をいっているんですかね」

めぐみんさんが共有の撤回COを見て、琥珀さんが狼だと知っているがゆえに
つい占い初日前提の発言をしてしまって慌てて撤回する狼くさい…くさくないですか?
こあくまはそう思いました!」
琥珀 「占いCO薔薇水晶○」
翡翠 「おおさかさんが薔薇水晶さん何か持ってるで
投票してますが 何かドサクサ紛れで役狙ってる感も
するんですよね 共有に関してとかすごい割れ&荒れてたのに

チェルシーさんは何がどうアウトなのか それで随分
票が集まったようにも見えるこれまた誘導位置
この辺占いとかありませんかね」
クマー 「おはようクマ

でっていうが潜伏した理由が全く分からないが・・・
もし俺が人外だったら、いつ出てくるつもりだったんだ?
ってのを考えると・・・すまないが信用は薄いクマね

でっていうだし、○貰って騙りキャンセルした狼なんじゃない?」
薔薇水晶 「おはようございます朝です」
真紅 「ふふっ星がきれいなのだわ。北斗七星のとなりの小さな星まで見える」
蒼星石 「くっそー!生きてるし!ゼの字は●」
「◆GM 投票確認お願いしますね」
ロースおじさん 「割と霊能死んでくれてるとありがたいかなー
乗っ取り臭いそして占いがどっちも臭い
つまりCO役職が全部臭い
おう占いは呪殺出しやあくしろよ
つーかおじさんが初日に死なへんってもうそれだけで伝説ちゃう?」
魂魄妖夢 「おはようございます。
琥珀真狂のどちらか、でっていう真狼のどちらかで両偽はあまりなさそうな印象を受けます。
ゼの字吊りに関しては、霊能結果と主な誘導者のチェルシーを見ていくで良さそうでしょうか。」
おおさか 「おはようやー。

◇ロースおじさん 「1-1ならさっさと●か呪殺引いてね?」

呪殺に言及するのは、狐目なんよー。

◇ロースおじさん 「1-1で●引いて割れるようなら●撤廃のグレランが望ましいけど
まずその前に絶対占いか霊能死んでる罠」

占霊のどっちかが騙りで役欠けという可能性を、見ていないように映るんやけど。 こういう、「視点漏れ」するっていうんは、立派な人外ポイントなんよー。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうさんの遺言              ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄ ´    ., -──--、,!
.        /       ./ 占    ,!
.         /  _    .i   っ  だ ,!
       / /  ` v ―i   て  が ,!
.      // ..―、 :i;:.  ヽ  い    ,!
.       /:/´ @ ヽ;;ッ― 、.〉 う.__,.,!
     /:::|     :i!  @/,イ~',   ,!
      /:-ヾ、    ハ   "  };; 'i  ,!         結果ログでなっていうwww
.    /: ''"⌒''‐"ヾ rヽ、  ノ;;. `ヽ,!
   /ヽ.         ''゙⌒ ''‐'';  ,!
.   /:::::i:::          .:,.  .: ,:' ,!
  /~.フ、:::         .::/~  ;; ,!
. / : : : i~``―-、_  ..::::i ―.;;ヾ,!
/: : : : f__ _     ~―┬ヾ ;; },!
ヽ、: : :{   `ヾ,._,,..,,.._ !   .;; ,!
   ``ヽ.、_  ,:''    /   .;; ,!
       ``ヽ.、..  ノ   ,:'' ,!
             ``ヾ、  ノ,!
                 ``ヽ,!
でっていう は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゼの字 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
クマー0 票投票先 →薔薇水晶
めぐみん2 票投票先 →やる夫
ロースおじさん1 票投票先 →ゼの字
蒼星石0 票投票先 →ゼの字
薔薇水晶2 票投票先 →おおさか
おおさか2 票投票先 →薔薇水晶
やる夫1 票投票先 →魂魄妖夢
こあ1 票投票先 →めぐみん
チェルシー0 票投票先 →ゼの字
翡翠0 票投票先 →おおさか
でっていう0 票投票先 →魂魄妖夢
ゼの字5 票投票先 →ロースおじさん
魂魄妖夢2 票投票先 →めぐみん
川内0 票投票先 →ゼの字
琥珀0 票投票先 →こあ
真紅0 票投票先 →ゼの字
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
めぐみん 「しゃーない>潜り」
チェルシー 「ゼの字がアウトかな」
おおさか 「◇薔薇水晶 「1-1で役欠けしてるとみていいですね
占いか狂人が欠けてて狼は全潜伏と見ましょう」

この発言もそうや。 薔薇水晶、内訳が見える情報を持っとるとしか思えへんよー」
めぐみん 「なんかでっていうも出てきて真紅が◎になった」
琥珀 「…え!?いや、まぁ村視点からしたら私の真偽わからないと思いますけど…
残すんですか霊能2を!?」
ロースおじさん 「ああん?」
でっていう 「クマーが俺様○投げたの見えたから潜ったらこのザマだよっていうwww
笑えよベジータwww」
こあ 「クマーさんがローラーとかいえばそらそうなるよですよ
つまり占いを騙って人外の騙りを抑制しよう!なんて発想は、
最早毒だと言っても過言ではないのです」
薔薇水晶 「は?
なんで共有相方が霊能に出てるのにロラ指示するんですか?>おおさか
クマーがうっかりミスってただけですがそのまま指示続行だったら敵対してるでしょうに」
やる夫 「ほんじゃ、どっちか真、あわよくばどっちも真だったら良いね路線だお」
ゼの字 「2-1かつ真紅が両○ッスか」
翡翠 「ロラをクマーが言い出したことが原因かと >おおさか」
クマー 「じゃ、動揺したとこ狙ってね どうぞ」
ロースおじさん 「1-1で●引いて割れるようなら●撤廃のグレランが望ましいけど
まずその前に絶対占いか霊能死んでる罠」
でっていう 「1日目:真紅
うっは! 占いっていうwwwwwww
初日は真紅占うっていうwwwwwwwww
ここ狐だろwwww 対応される? うっは望むところだっていうwwwwww」
めぐみん 「まあ状況はすっきりしましたし、月並みに呪殺がんばれーとでも言っておきますか」
魂魄妖夢 「打ち合わせなしでかつ、見間違えたで良いのでしょうね。」
でっていう 「あー、うん。
普通に1-1になるのね。
済まんが吊られそうだから出るわっていうwww
占いCO 真紅○っていうwww」
翡翠 「しかし、毎回普通村にいると思うのですが
3-1が一番安心できて 2-1や1-1で色々不安がるって
何か根本的におかしいですよね 本来は」
ゼの字 「つーか共有がそろって騙りとか勘弁してくれッス。驚きすぎてついていけなくなりそうだったッス」
チェルシー 「共有の確認について促した位置は現状放置。
真紅、妖夢辺りはまだいい」
蒼星石 「お父様はお父様だよ、GOD、即ち天だね」
川内 「大体こんなのどっちか共有じゃなくても共有って言うし確認とか意味ないよね」
薔薇水晶 「1-1で役欠けしてるとみていいですね
占いか狂人が欠けてて狼は全潜伏と見ましょう」
やる夫 「ああ、霊能まで騙りにでてたの見逃してたお」
琥珀 「えーっと…うん、まぁ…は私仕事はグレを狭めるんでいいんですよね
とりあえず残したくない所を占うよりも銃殺重視のほうが良さそうと
なんかもう…すでに混乱気味ですけど、霊ロラでいいんですよね?これ?」
クマー 「相方と同じ名前の霊能がいるなぁって思ってたら相方だった」
おおさか 「◇薔薇水晶 「結局1-1の共有敵対ライン」

何で「敵対ライン」って言えるんよ? どっちかが「騙りである」って、知ってるみたいやねー、まるで」
ゼの字 「どんなお父さんッスか>蒼星石」
チェルシー 「それすら出来ないのなら、ただ指をくわえていろ。
ここから先は、俺達の戦場だ」
ロースおじさん 「囁きっていうシステムがあるのに共有ロラって何さ」
真紅 「むしろそれなのにロラ指示したことが困るのだわ……
まぁ了解グレランしましょう」
でっていう
           /ニY二ヽ
          ./(0)(0 ) ヽ
            / ⌒`´⌒  \
          | ,-)    (-、 .|
  ζ      | l  ヽ__ ノ l |   ζ    ま、あれだwww
 [ ̄]'E    \  ` ⌒´   /  [ ̄]'E   もっと草生やしていこうぜっていうwww
 ⊂⌒ヾ  ./⌒         ⌒i /⌒つ
    \\/ /i        i  レ / ̄
     \__/ .i        L___/」
蒼星石 「でも僕が狩人ならさ
こんな混乱展開でもつられることのない素晴らしい位置なんだよね
噛まれるけど」
クマー 「ごめん、グレランで」
魂魄妖夢 「ならいいです、グレランで良いでしょう。」
やる夫 「霊能ろらって、銃殺が出りゃ良いけど,出ない場合琥珀と初日の信用勝負
残してラインが見れたら、ラインが切れた方との信頼勝負的なあれそれ」
翡翠 「紛らわしい…
では、1-1ですね こういうことをされると混乱するので
以後はご自重のほどを」
チェルシー 「余計な事をするからそう言われるのだと自覚を持て<共有者
貴様らが村人の力を信じず己の手で奇策を起こすのなら、せめて収拾をつけろ」
めぐみん 「相方混じりなのにロラ指示とか・・・」
クマー 「あ、1-1なってたのか
お前も騙りに出てたとは・・・」
こあ 「共有が展開をほぼ決定したあとに出されるグレランしたい発言とか
村の進行に影響をあたえる気がないのがまるわかりでまるで人外要素じゃないですか、
ってことですよね」
真紅 「指揮系統が信用できないとまとまる村もまとまらないのだわ、しっかりして頂戴」
薔薇水晶 「グレラン安定じゃなくて共有ロラのがむしろいいです>おおさか

は?>クマー」
魂魄妖夢 「そうでない可能性がこちら視点では見えましたので。」
ロースおじさん 「1-1ならさっさと●か呪殺引いてね?」
蒼星石 「なんかこう、村の流れに乗っときなさいってお父様が>ゼの字」
翡翠 「クマー川内で真共有ってなら 霊能ロラとか言わないと思うのですが」
やる夫 「琥珀が真ならそれでいいけど、偽だったときのフォローが聞きにくいという意味で」
川内 「そりゃあ相方クマーさんだよ」
クマー 「相方 川内だよ
というかそれ以外だったら困るだろ」
薔薇水晶 「霊ロラって言ってるんだから共有敵対ラインでしょう?>チェルシー
相方が出ててかつ霊能が出てるのにロラはおかしい」
おおさか 「グレラン安定やね 少し驚いたけど、ただ1-1-2になるより、役職の信用は高めやと思うよ」
真紅 「共有はあってるかどうかの確認だけしなさいなのだわ」
こあ 「とりあえず、ひとつ言えることは」
でっていう 「共有が相方を確認していないっていうwww
これは伝説のクマーが占いからの共有撤回と見せかけた真占いwwwwwww
ないと思いますっていうwwwwwww」
めぐみん 「・・・相方いいなさいよあなた方>自称共有共」
ゼの字 「騙るとか言ってる時点で問題多いッス>蒼星石さん」
やる夫 「これ、霊能のこした方がいいんじゃねえかお?」
チェルシー 「クマーは確認をしてください」
翡翠 「と、あれ?何か共有者で割れてませんか?」
クマー 「つまり、こういうことだ
占い守っとけ」
琥珀 「…え?2-1-2なんですかこれ?わーお…対抗居ないとか…逆に困る展開ですねこれ
いや、はい、頑張りますけども主に銃殺とかを」
ゼの字 「共有が霊能騙ってCO促すのはよく聞くッスけど、まさか占いとは
弟子、驚きッス!」
魂魄妖夢 「相方についての明言をお願いします。」
川内 「グレランでいいよ!早く夜行って夜戦ー!」
蒼星石 「これは僕が狩人を騙る展開だろうか」
薔薇水晶 「結局1-1の共有敵対ライン」
真紅 「あれよね、川内が対抗共有だと思ったパターンよね?」
やる夫 「いや、霊能から撤回があると思ったんだお>クマー」
ロースおじさん 「どっちにしろ吊れへんやんけ!!>クマー共有」
こあ 「2-2ならこあくまはいつだってグレラン推奨派です
ちなみにこのいつだって、と言うのはただし●CCO霊能だとか
出るタイミングが異様におそかったとか、そういうパターンを無意識のうちに除外した場合の
いつだってなのでお間違えなく」
めぐみん 「・・・いやちがう、私は何をいっているんですかね」
おおさか 「1-1-2!? どういうことやの・・・」
翡翠 「え?そこから撤回ですか? >クマー
1-2とか斬新すぎて聞いたことありませんよ」
魂魄妖夢 「もう一度、詳細にCOをお願いします。」
めぐみん 「お、おう>共有の占い騙り
役欠け本線ですかねこれは」
蒼星石 「えん?」
チェルシー 「◇クマー 「あ、撤回共有CO

霊能ロラでどうぞ」
◇川内 「じゃじゃーん!私は共有でしたー!夜戦ー!」
共有の間で意見の相違があるようですが」
やる夫 「撤回はあったけど意外な所からあったお」
薔薇水晶 「おう?」
ゼの字 「と思ったらまさかの1-2展開?!」
でっていう 「霊能二人っていうwww
じゃロラって明後日っていうwww」
クマー 「何故分かったwwww >やる夫」
蒼星石 「あ、対抗いる。
ちっくしょ、ロラになったら僕働いちゃうじゃないか。」
おおさか 「1-2になるんやねー どっちにしても霊ロラやー」
川内 「ファッ!?」
翡翠 「2-2 霊能共有交じりで無いなら霊能ローラーを推奨します
混じりの場合はもう片方共有出て 撤回無用のグレランを」
真紅 「え、そこから撤回なの!?」
チェルシー 「ならもう一人出してください<クマー」
琥珀 「あら、2-2ってことは…撤回がなければ霊ロラでいいと思います
対抗は何かは今のところ不明とふむふむ」
魂魄妖夢 「でっていうと真紅に○というのは嘆かわしいですが、霊能者を轢いてしまって構わないみたいですね。」
薔薇水晶 「撤回が無ければローラー
とある理由が無ければローラー」
川内 「じゃじゃーん!私は共有でしたー!夜戦ー!」
めぐみん 「霊能2COですか。
共有撤回とかがなければロラですが」
ゼの字 「霊能も2COッスか?! これ、ロラっすかねえ」
クマー 「あ、撤回共有CO

霊能ロラでどうぞ」
やる夫 「(どうせ撤回共有COがあるんだろうなという顔」
蒼星石 「もうとりあえずでっていうに投票しよう。○だけど。」
薔薇水晶 「と思ったら占い2COでしたか
どちらにしても霊能の数はどうでしょう
と思ったらしっかりと2CO」
真紅 「私を占うなんてよくわかってるのだわ。ジョニーライデン専用高機動ザクのプラモを買う権利をあげるのだわ」
おおさか 「2-2やね 共有伏せて霊能ローラーでええよー」
でっていう
        /::`´`´ヽ            r‐ ' _ノ
        /:::.:.:.   ヽ          _ ) (_
      /::::::.:.      \      (⊂ニニ⊃)
     |::::::::::.:.:.:.:.:.     |         `二⊃ノ   おい、クマー、俺様に媚び売ってんじゃねーよっていうwww
     l::::::::::.:.:.:.:.:.:.     |       ((  ̄
     `r'ニニヽ__    /       ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く./           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/」
川内 「2-2かあ」
ロースおじさん 「とりあえず僕はでっていうとクマー吊ればええと思うで
女の子のこそかってああん!!??>クマー」
ゼの字 「ん? 目だたないけど2COッスか」
おおさか 「霊能と共有もお願いやー」
こあ 「おはよーございます」
翡翠 「占いの方は少しはやめの2COでしょうか?
霊能共有もCOをお願いします」
琥珀 「さー占いですよ占い裏があるから占い師とどうでもいいこと喋ってますが
初日で隣なので占いますよ、メカ翡翠ちゃん占うのと迷うましたが…
隣が真紅さんだったので占いました…他意はないですよ、ええ、無いですよ(大事な(」
やる夫 「クマーとでっていうで2Wで囲ったんじゃないかとかそういうあれそれ」
川内 「霊能CO!」
蒼星石 「霊能CO、働きたくない」
チェルシー 「丁度占い師も2名で止まっていますし、どうでしょうか?」
めぐみん 「2COのようですね」
薔薇水晶 「占い1COですね
霊能の数を見たいところ」
琥珀 「占いCO真紅さん○

すいませんミスしましたもう一度」
ゼの字 「おはようございます! 体育会系の朝は挨拶が第一です!」
魂魄妖夢 「おはようございます。」
でっていう 「ででででっていうwwwwwww」
蒼星石 「囲いかな?」
おおさか 「占い2やね」
薔薇水晶 「ほう?」
やる夫 「おはようさんだお」
蒼星石 「はや」
ロースおじさん 「おはようなんやで
ぶひひ!!おじさんと楽しいことせえへん?
ぶひひそこにちょうどええ茂みあるでぶひひ」
クマー 「このヘイト力・・・ただものじゃないクマ
仕方ないので覚醒する前に銃殺しておくクマよ
今こそ超ヘイト玉を使うときが来てるんだクマ
村のみんな、俺にちょっとずつ票を入れてくれ!!」
おおさか 「おはようやー COはサクサク頼むんよー」
チェルシー 「2-1,2における共有片COを提言します
1-,3-展開であるならば全てFOでいいのではないでしょうか。
ですが、占い師が2名のみであるのなら、●打ち抑制を狙ってもいいと思うのです。」
川内 「艦隊が帰投したね。戦果はどうかな?」
琥珀 「占いCO真紅さん○
薔薇水晶 「おはようございます朝です」
蒼星石 「おはよう。僕、働かない。
誰か●だしてよ!僕以外に!」
クマー 「占いCO
でっていう○」
翡翠 「デハ ウラナイシノ COうぇrtっゆ…
??『言語機能アップデート 通常発生モードに変更します』

…では、占い師の方はCOをどうぞ」
めぐみん 「『エクスプロージョン』ッ!」
真紅 「どいつもこいつもシャアシャア!なぜやつを認めて私を認めないのだわ!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言                            ,∠←…―-ミ./``丶、
                     ,:*'"Ζ二二二  /     ヽ
                      ,.:゙        \__亥゙'*:,  .ハ     ・AAは霊界以外ではご自由に
                   ,:゙   /      /        \ ,N,
                  ,.:゙    {/  /{ ./   ./   ,      ′
                 /  /  ./| ー-=L,/   ./   / }:}   i    ・「狐遺言」は禁止
                 ∠ ィ /   i个トミ:|,ハ /ー-=L.,_jリ    .|
                 厶イ  /:代,しリ;ハ jノ ,x仆ミ.,_/j     |    ・投票の延長は各回毎に原則1度のみ
                 / イ :从 ´¨       弋しソ,灯 ./   |
        (( / }     ⌒7 :/ 从     i    `¨ ´ ,ノ /    !|
             | |   ./ ) ))  /  |:\  、 _  ,zユニ∠.,_   从   GMは「kai774」。
             | |  / / / .:,'   :| l ^ト。.,__,,.ィ^      `ヽ  |
             | | ./ / /   .i   j从:|  | / 八 〈^ヽ   〃∨|
          ,.」∧ノ / /  厶|  |._  |/  _ヽ仆ー-=ィ"  Vヽ   ……「Last Dance」、何時になったら解禁出来るかしらねぇ
         {^i´ {  マ:{./*'゚´  |  |  \!/     じ┘ l |.   ∨ \
        しし' ヘ,  ヾ     .|  トミ  _,人,,_  ,rく:|    .|    %   \
.        廴.,_ ( _ノ     И { ::::≧ァ'⌒ヽ≦:::::::|    .|     %   \
          |    |     ヾリ \{>::::弋  ノ::::< И∧/:|.     %`ヽ  /
.         〈|    | ヽ     f"/\\:::::::`¨´:::::://\  :|     %.   /
GM は無残な姿で発見されました
「◆GM 投票の延長につきましては原則各回ごとに1度なので注意をお願いしますね」
「◆GM か、騙りじゃないですよ。めっそうもない!>該当者」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM こちらこそ、どうもありがとうございます>複数の該当者

深夜鍋では1度ありますが、普通村は今回が始めてですね>該当者」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM アッハイ、僕です>該当者」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM GMは、音ゲーの解禁が終わる見込みのない「kai774」です。
語尾に「>GM」とでも付けて言って下さったら、何か適当に反応するかもしれません。」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2014/02/10 (Mon) 22:42:10
琥珀 「ジョニー・ライデンですか…真紅の稲妻ですけども
あの方…割りと三倍早い人の…いえ皆までは言いませんが(何<真紅さん」
クマー 「銃殺 どうぞ」
川内 「やったー!夜戦だー!」
クマー 「1っていう」
真紅 「とりあえず豚カツから行きましょう」
蒼星石 「その名前言いづらいからジローラモにしようよ>真紅」
クマー 「2くまー」
ロースおじさん 「知っているのですかライデン=サン!!>真紅」
こあ 「ちょっと精神統一していましたすみません」
クマー 「3くまー」
翡翠 「ピピ ナンジハ ジンロウナリヤ ノ ルールニノットリ
目ノ前ノ 存在ヲ 鏖殺スル デストロイモードヘ移行シマス」
クマー 「それじゃカウントするよ」
こあ 「おっと」
ゼの字 「こあさんも投票するッス!>こあさん」
川内 「夜戦するの!?するする!>おじさん」
蒼星石 「え>蒼星石と真紅とヤル?(幻聴>薔薇水晶」
チェルシー 「私は誰に話しかけていたの?」
ロースおじさん 「さよかならおじさんとやろか>川内」
川内 「ねえねえ!夜戦しようよ!」
真紅 「またの名をジョニーライデンというのだわ」
チェルシー 「左隣と言っても誰もいない」
チェルシー 「左隣の使い魔さん。」
川内 「や
夜るよ」
ロースおじさん 「え?ヤル?(難聴>チェルシー」
蒼星石 「こっちの顔のほうが馴染む、馴染むぞお」
琥珀 「ああ~もお終わっちゃったんですねうーむ、さすがメカ翡翠ちゃん
冗談のような動力で本当によく動いてくれますね☆」
薔薇水晶 「蒼星石と真紅と」
チェルシー 「や
殺らないの?」
蒼星石 「蒼星石 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 4010 (蒼星石06) → No. 580 (蒼星石02)」
チェルシー 「ねえ、ところで」
GM 「満員御礼っと。
では、クマーさんは自分以外の全員の投票が確認次第カウントをどうぞ」
蒼星石 「そりゃもうクマ吉くんなみに」
真紅 「最後に1枠残されたのは私のための枠・・・そう理解したのだわ」
でっていう
     /ニYニヽ
    /(●)(●)ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   >ロース
  | ,-)___(-、|   で? っていうwww
  | l  mj |┬-|  l |
   \〈__ノー'´ /
    ノ  ノ」
ロースおじさん 「やだこいつら……ヘイト力なんて競ってる…」
翡翠 「マスター(駄目猫)退治ナラ スデニアリマノ
オジョウサマガ スマセテマシタ」
クマー 「ついに天元突破しやがった・・・」
真紅 が村の集会場にやってきました
琥珀 「私は元から可愛いですよーと言っておけばあざといですかね~<薔薇水晶さん」
川内 「夜戦しよー!」
薔薇水晶 「             . .-―‐-. .   . . .-――- . .
               /. : : : : : : : . `´. : : : -====ミヽ、
          __/. : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . `ヽ、
.        /´./ /. :/ :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . \
      / . . /:/.: : :/. :ハ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
.    / . . . ./ :'. : : '{ : { : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
  /. . . . ィ./.:il{ : : { { : .'. : : :У. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      \
.  {. . . // i : |l:{: : : :{ : . ヽ :/. : : : /. : : /            ヽ    \
  }. . .レ ./|: : : : 、: : : : : : :/. : :  '   /          . . ヽ. \. . .ヽ. .ヽ
  }__./ .|: : ヾ:、ヽ: :.ヽ: :'   ,'   / :/. . . / . . . : } : : : .ヽ: : : : : : : : : : : :'.
.  {. . . . . . .{ : : : : : :   y    /. : : : ;' :/. : : /. : :ハ: :ト、: '. : :.'. : ':, : : ', : : : ',: '.
  \ . . . . '. : :     ' . : : /. : : : :,' /. : : /.: .:/  }: :} }: :i : : '; : .'; : : i: :l: :.',: :.'.
   / \. . . '.  \ . : : :i:. : : ; : : : : :;l;'. : : :/. : /   }:.:} |: :ト、: : ト、: ': : :|: :l : :|: : '
.  / . . . }. . . }、: : : : ー-|: : : l: : : : : lil : : : '.: .:ムィ  }:.:} |: :|ニ': :.'ニ| |: : | : | : |、: :!
 〈. . . . . . . .ハヽ : : : : : | : : :|: : : : :ili|:.: :/|: :/^´   }:.:} |: :|  ! } | |: : | : | : | :.|
.  ヽ. . . . .イ. . .} :\ : : : |: : : |!:. : : :l ,| :彡|:/      ,':,'  |: :l, -|:.}ニミ:|: : | : } : ; }.}
   \. . . . . . } i : : :‐=:|: : : |! : : : |' |,'  {!..ィニ   /:/   |: 爪r|/タ | }: : !: ;. : ; ,}′
.     >、__}:{: : :{: : :{:. :. :{ : : : :|,ィ!{爪{cタ´  / '   j/ヒぅjr' j/} : : / : ム=j.、
.    /. . . . . . .|:{: : :{: : : : : : : : : : :|イjレーとう  /   { /  '. ;   /. : //.: : : : .`ヽ、
   /.. . . . ./..| ', : :',:. : : : : :{: : : :.とう ¨´        '.    i } , -‐ ´ ̄ヽ\: : : : : .\
.  /. . . ./.{. . .|: : ',: : : : : : : : : : : :| i,'           /    ; ; /  __,!     \ヽ : : : : . \
  /. . . ./. . .} . . }: : :ハ: i : : : : :li: : : :| i!     _    . ィ  ///  / /      } } : : : : : : . \
. /. . . ./.../. . . ,'.::/. :|:.|i : : : : li: : : :| {:.、 (    ̄ }У ,/イ八   .Y   {   | |: : : : : : : : : :.\
/. . . .// . . . ./.:./. : :! }l: : ', : : : : : :| ヽ.j、       .<: :l{.  \_,{   ,/   ,| |: : : : : : : : : : : :.\
. . . . ' . . . . . .//. : : :|:八: : .、 : : : : :|V∧ `  ‐-t_ァチ,'. :○:l{\   ,ト、_./   / | | : : : : : : : : : : : : . ヽ
. . . . . . . . . / . : : : : j: : :l\: ヽ: : : :.!: V∧     ,' ,'. : : : :jヘ \/ |: }ヽ     | |: : : : : : : : : : : : : : : '.
. . . . . ._../. : : : : : : : : .:.:∧:.ヽ:.}\: :|: . V∧   / ,'. : : : : : :/l\  ! ;  `T{_.ム.!:. : : : : : : : : : : : : : : '.
.-‐  / . : : : : : : : : : : : : ∧ : !}:. :.ヽ|: : . V∧  / /. : : : : : /. :∨:ヽ| ′  |  // . : : : : : : : : : : : : : : : '.
  /. : : : : : : : : : : : : : : .: .:∧:j' : : : i|: : : :.V∧/ /. : : : : : /. : : {:. : :|    |  // . : : : : : : : : : : : : : : : : :'.
.,/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\: : : l! : : : . ∨ /. : : : : : /. : : : :i : : i'     |: //. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.
'. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ: :}:. : : : : .∨. : О : /. : : : : : : : :|     :|〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.


この琥珀さんのAAが凄くかわいい」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 川内
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 7686 (軽巡「川内」)」
クマー 「え?俺がイケメンに見えるって? >蒼星石」
ゼの字 「なんと! 弟子はこんなにも健康的な瞳の輝きをしていると言うのに!」
ロースおじさん 「でっていう早く女体化してでってガールはよ>でっていう」
でっていう
          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o
        /:::::::⌒`´⌒:\                    >クマー
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ           天元突破してる俺様のヘイト力に勝てるわけねーだろっていうwww
/⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/      ン
|     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ
ヽ    /      `ー'´     /    /     ン
 |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
琥珀 「あらら、メカ翡翠ちゃんじゃないですかうーむ、化け猫退治に繰り出したはずなんですけども…」
蒼星石 「変態の他になんか目が病んでる人多くない?」
めぐみん 「かわいい人形・・・?(でっていうとロースおじさんを見ながら)」
薔薇水晶 「最近、琥珀さんの泣き顔のAAを見て凄い可愛いと思いました
ので泣いてください>琥珀さん」
翡翠 「ピピ ゴメイレイヲ ドクター」
ゼの字 「おお! かわいい人形がいっぱいッス!」
さいたま 「さいたま さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:さいたま → 翡翠
アイコン:No. 1708 (さいたま) → No. 7789 (メカヒスイ)」
かり 「こばー」
蒼星石 「変態RPなんかに負けたりしない!」
めぐみん 「黄色から蒼に」
クマー 「さぁ、でっていう
どっちが銃殺されるか勝負クマ
俺ら2人なら何故かダブル銃殺もありえる」
ウッドストック 「ウッドストック さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ウッドストック → 蒼星石
アイコン:No. 8089 (ウッドストック) → No. 4010 (蒼星石06)」
琥珀 「ギリギリセーフですね、よろしくお願いします」
琥珀 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃいませー、後お二人ですね」
ロースおじさん 「1+1は(ry>クマー」
クマー 「でっていう(最終形態)のヘイト力・・・1億(推定)」
かり が村の集会場にやってきました
薔薇水晶 「アイドルが消えた……」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → ゼの字
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 4958 (弟子ゼロ号)」
クマー 「なら俺は会心ダブルで200票クマ
10倍だぞ10倍」
めぐみん 「本編、あらすじだけだと普通でしたからねー。
ところでなんで書籍化で私ロリらされたんですかね」
チェルシー 「あらあら・・・」
輿水幸子 「輿水幸子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:輿水幸子 → チェルシー
アイコン:No. 8588 (輿水幸子03) → No. 4859 (チェルシー)」
ロースおじさん 「100票分の腹パンだと…!?>幸子」
魂魄妖夢 「こんばんは。」
ロースおじさん 「本編は書籍化する前に全部読むことができたけど
書籍化版読んでないからなー
最初は地雷かと思ったけどそこそこ面白かったわ>めぐみん」
魂魄妖夢 が村の集会場にやってきました
kari 「アイコン探してきます」
kari が村の集会場にやってきました
輿水幸子 「そんなことを言っていていいんですか?本気出しちゃいますよ・・・?」
でっていう
                      /ニYニヽ
                     / (0)(0)ヽ
                    / ⌒`´⌒ \
                   | ,-)    (-、.|           /\  /ヽ
                   | l  ヽ__ ノ l |      ヽ、 lヽ'   ` ´   \/l
                    \ ` ⌒´   /      ヽ `'          /
                 /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ     |  __||    l
                { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l     .l    γ   で  |
                '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ      l    ヽ    ・   |
                 ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/     ヽ           ・   .|
                  `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'       |    つ    ・    レ
                    ,ノ  ヾ  ,, ''";l         |  __       l
                   ./        ;ヽ       .|.    γ       l
                  .l   ヽ,,  ,/   ;;;l       |    ヽ       |
                  |    ,ヽ,, /    ;;;|      .|   l   、       |
                  |   ,' ;;;l l ;;'i,   ;|      |.   レ  ノ       |
                  li   /  / l `'ヽ, 、;|      /              l
                 l jヾノ ,ノ  ヽ  l  ,i|     /    ヽ         ヽ
                 l`'''" ヽ    `l: `''"`i     `l   ー-、        l
                 .l ,. i,'  }     li '、 ;;' |       |     ノ        ヽ
                  l ; j / _, -― ' ̄ ̄`ー‐-、_   |   ´         /´
           ,, .--、,,__,,-' ̄;;"`´ ;; __  __, -―- 、;; ̄`l ┌┐┌┐       |
        , '" ;;  ,__   ;;'    r ' ´;;; ヽ_ゝ_;;|    lヽ, / .| | .| |       |
      /l ;;, -‐Y´| l  __  /`'| |   | l  l;|     l ヽ l └┘└┘      /
     /|;;;;ヽ/  .| | |.;;l_,-'l | V | |.l .|   .|    l  i i   | ;lヽ| ○  〇      l
     |;;;|;;;i | /|.| ''.|/ l  |;;;| | | | ;|  |   | ;l l| i ;;;; l | l     _/ヽ  /」
ロースおじさん 「その程度なんか…おじさんが本気出したら本来普通村にはない
痛恨が発動して100票もらう程度の能力でるけどな>クマー」
めぐみん 「ダクネスの方はともかく、アクアの方はカズマと会うまでは普通にお仕事してただけでしょうからねー>豚肉」
でっていう が村の集会場にやってきました
GM 「今の時点で11人なら確りと集まりそうですね」
クマー 「ちなみに俺のヘイト力は53万クマ
まぁ、精々15票くらいしか貰わないだろうと油断しておくクマ」
ロースおじさん 「めぐみんだけスピンオフあるのってなんか不公平やね
あのドM騎士と残念女神も出番上げた方がいいと思うねん」
薔薇水晶 「では天使らしく空から降りてくる形、でしょうか?>幸子」
さいたま 「さいたまさいたまー(よろしく)」
おおさか 「・・・はっ! 今、何かうちの体、言うこと聞かへんかった気がするんよ・・・」
さいたま が村の集会場にやってきました
輿水幸子 「やだなぁ、冗談はやめてくださいよ<薔薇水晶さん」
めぐみん 「アル?」
おおさか 「腹パンは引っ込んでるアル>幸子」
クマー 「ロースおじさんのヘイト力が
1800・・・2200・・・3000・・・まだ上がるだと!?」
めぐみん 「~豚肉の利点~
①ビタミンB1が豊富
②ビタミンB12が豊富
③うまいよ!」
薔薇水晶 「特に理由のない腹パンが幸子を襲う?」
やる夫 「饅頭じゃねえお!やる夫はやる夫だお!>おおさか」
輿水幸子 「ボクの出番ですね?」
クマー 「あ、こあクマだ」
こあ 「よっろーです」
輿水幸子 が村の集会場にやってきました
薔薇水晶 「最近はゼウシとかいう牛肉マスコットもいますね」
おおさか 「あ、この前のお饅頭さんやー(ぷにぷに>やる夫」
やる夫 「よっろーだお」
クマー 「前代未聞の初手銃殺される宣言クマ」
こあ が村の集会場にやってきました
やる夫 が村の集会場にやってきました
おおさか 「よろしくやー」
おおさか が村の集会場にやってきました
ロースおじさん 「ぶひひwwwwそりゃおじさん大人気やからな
おじさんにヘイト力なんていらへんねん>クマー」
薔薇水晶 「……食材村?」
ウッドストック 「!!!」
GM 「了解しました、ではこのままにしますね」
薔薇水晶 「こんばんわ」
クマー 「むしろ翌朝まで生きてない」
薔薇水晶 が村の集会場にやってきました
めぐみん 「いやらしい豚ですね、去勢しましょう」
クマー 「早朝待機いらないクマ」
ウッドストック が村の集会場にやってきました
クマー 「ヘイト力たったの5か・・・」
GM 「あ、アンカーであるクマ―さんは早朝待機の有無を決めることが出来ますが、いかがいたしましょうか」
ロースおじさん 「ぶひひひwwww美少女の隣ゲットやで!!」
ロースおじさん が村の集会場にやってきました
めぐみん 「私、参上」
めぐみん が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい。」
クマー 「ヘイ!クマ鍋いっちょう!!」
クマー が村の集会場にやってきました
GM 「開始予定時刻はサブタイトル通りに22:50。では、報告してきます」
GM 「【ローカルルール】
・AAの使用は霊界以外は自由。使用時は小声にしてください
・狐遺言禁止
・超過前噛みは「狼側に続行の意思がない時」or「下界全体で早噛み進行が容認された時」に許可します
 原則、GMからは能動的に許可を出しませんので、ご注意を。」
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※共有及び狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
村作成:2014/02/10 (Mon) 22:23:58