←戻る
【紅2185】やる夫達の普通村 [3988番地]
~風のような凛々しさで~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 森野夜
 (砂糖細工◆
sugar/WlNg)
[村人]
(死亡)
icon 紫木一姫
 (かな◆
X7kkkkkkkk)
[霊能者]
(死亡)
icon ちくわ
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[共有者]
(生存中)
icon 小悪魔
 (12346◆
with5qq2Qg)
[人狼]
(生存中)
icon 零崎曲識
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[共有者]
(死亡)
icon お空
 (ぷらずま◆
u.uEbg6cNY)
[人狼]
(死亡)
icon 暁美ほむら
 (◆
BRbol1g3cw)
[妖狐]
(生存中)
icon 比那名居天子
 (ジョー)
[狩人]
(死亡)
icon 初音ミク
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[人狼]
(死亡)
icon コーラサワー
 (とんかつ◆
LEaEgxSrqk)
[村人]
(死亡)
icon 艦隊のアイドル
 (ないあ)
[村人]
(死亡)
icon 乙女座の大尉
 (阿修羅◆
vP6s3EUZjtwt)
[占い師]
(死亡)
icon 豊聡耳神子
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[村人]
(死亡)
icon 蒼星石
 (◆
l3LathiyRE)
[狂人]
(死亡)
icon できない子
 (道路元標◆
qFi/JlgvP6)
[村人]
(死亡)
icon 糸色望先生
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[村人]
(生存中)
村作成:2014/02/11 (Tue) 13:20:54
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください


全部読む→上手い返事を考える→実際に書く


これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「ローカルルール
AAあり
初日以降の早噛みあり
狐CO遺言禁止」
GM 「開始予定は13:45です。」
かり が村の集会場にやってきました
かり 「よろしく」
GM 「いらしゃい。」
紫木一姫 が村の集会場にやってきました
紫木一姫 「よろしくですー」
GM 「いらしゃい。」
ちくわ が村の集会場にやってきました
ちくわ 「ちくわしか持ってねぇ・・・」
karikari が村の集会場にやってきました
零崎曲識 が村の集会場にやってきました
karikari 「よろしく」
お空 が村の集会場にやってきました
お空 「うにゅっほーい。」
GM 「僕は今ちくわ必要じゃないです・・・」
GM 「いらしゃい。」
暁美ほむら が村の集会場にやってきました
零崎曲識 「シグナルイエローがいるなら、僕で入るのも悪くない」
暁美ほむら 「よろしく」
お空 「(ちくわ大明神)」
比那名居天子 が村の集会場にやってきました
初音ミク が村の集会場にやってきました
初音ミク 「よろしくですよー」
コーラサワー が村の集会場にやってきました
GM 「いらしゃい。」
コーラサワー 「お前ら待たせたな!
AEUのエース、パトリック・コーラサワー様だ!」
零崎曲識 「それにしてもこの村は僕の様な殺人鬼には目の毒だな
可憐な少女が多すぎる」
艦隊のアイドル が村の集会場にやってきました
紫木一姫 「あはは…………曲識さん。またあなた好みのキャラを演じて欲しいですかね。
なんにせよお久しぶりですよ」
GM 「投票先が増えていいことじゃない?>ボトルキープ」
kari が村の集会場にやってきました
艦隊のアイドル 「艦隊のアイドル!
那珂ちゃんだよー!」
コーラサワー 「確かに可愛い娘は多いけど、俺の大佐ほどじゃぁないな」
kari 「間に合った」
GM 「いらしゃい。」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 森野夜
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 5124 (森野夜)」
ミスト が村の集会場にやってきました
豊聡耳神子 が村の集会場にやってきました
蒼星石 が村の集会場にやってきました
できない子 が村の集会場にやってきました
蒼星石 「よろしくね」
森野夜 「そう。埋まるのね。」
豊聡耳神子 「やあ、こんにちは。」
お空 「満員うにゅうにゅ。」
艦隊のアイドル 「うまっちゃった!
すっごーい」
GM 「いらしゃい。」
できない子 「ん…間に合った
ズサとかできないと思ってた」
零崎曲識 「実際、自称ではなくジンクスに乗った途端ガンダムと対等に戦えた辺りなかなかの腕前なのだが
性格が残念すぎてそんな印象を持たれないコーラサワーはメタルギアのジョニィ的なボジション」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 乙女座の大尉
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4199 (グラハム・エーカー)」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → 小悪魔
アイコン:No. 8 (緑) → No. 8489 (小悪魔06)」
乙女座の大尉 「会いたかったぞ、ガンダムゥゥゥゥ!!!!!>コーラサワー」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃんジンクスって何かわっかんなーい
おまじないのことー?」
乙女座の大尉 「もう一人の・・・ガンダムだと!?>ミスト」
零崎曲識 「森野夜アイコンがあるとは驚きだ」
コーラサワー 「ガンダムは敵だぜ!
大佐が味方だっていうんなら味方でもいいけどな!>公」
比那名居天子 「さむいー。」
森野夜 「殺人鬼に知られているとは光栄ね」
乙女座の大尉 「そうか。 ならば、AEUとの同盟を申し込もう!>コーラサワー」
森野夜 「投票確認次第カウント」
乙女座の大尉 「一緒にミストガンダムを倒すぞ! コーラサワー少佐!!!」
零崎曲識 「というか、あの落ち着きのなさで三十代だったはず>コーラサワー」
お空 「ミストさん喋ってないけど大丈夫かな?」
コーラサワー 「俺はどっちでも構わないぜ
小難しいことはお偉いさんが考えてくれる
俺らに必要なのは、付いていくお偉いさんを決めることさ>公」
乙女座の大尉 「ガンダムの霊圧が・・・消えた・・・!?」
零崎曲識 「ハードカバー、文庫、漫画、一通り揃えてある>夜」
コーラサワー 「お、落ち着きがないくらいいいだろ!>零崎」
できない子 「ん…ミストさん発言できない? 大丈夫かな」
ちくわ 「ちくわ さんが登録情報を変更しました。」
暁美ほむら 「席外しているのかしら」
ちくわ が「異議」を申し立てました
お空 「女性…だと…。」
ちくわ 「異議鳴らしたら気付くかなと思った」
艦隊のアイドル 「ちくわさんが、女の子・・・?」
森野夜 「>零崎
じゃあ、もしもの時は期待しているわ。
こういうクローズドサークルじゃ、神山君に殺されてはあげられないでしょうし。」
乙女座の大尉 「乙女座代表として、ちくわを吊ると宣言しよう!!!」
零崎曲識 「君が一番腕の良いパイロットだったAEUには同情を禁じえない>コーラサワー」
GM 「時間までまとうか。」
森野夜 「やっている意味は理解するけど。
一般的に、入村の挨拶より先に音をonにする人は少ないと思うわ」
できない子 「ん…ごめん、ちょっとだけ離席」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃん今までオンにしてなかったから、気付かなかったー(てへぺろこつん」
森野夜 「それじゃ、今のうちに縄を探して来ましょうか。
死体を吊るす縄、夜には借りて行きたいし。」
乙女座の大尉 「乙女座の大尉 さんが登録情報を変更しました。」
コーラサワー 「ハッ!
なんと言われようが、大佐の部下としてアロウズとも戦って
ELSとの戦いでも地球生存に貢献した男だぜ俺は?>零崎」
艦隊のアイドル 「あ、大尉の会いたかったずってわざとじゃなかったんだ・・・」
零崎曲識 「あいにく、探偵役ではないので期待に応えられるかはわからないがね>夜」
乙女座の大尉 「気づかれていただと・・・(震え声」
艦隊のアイドル 「言及した方がよかったのかな?>大尉」
コーラサワー 「なぜ俺にGN-XⅣが支給されたか、よく考えるべきだな!」
できない子 「ん…戻り まだみたいだね」
乙女座の大尉 「少佐の活躍は、私も聞き及んでいる。

最後に、君の帰還を見ることができなかったのは、少し心残りではあったがな>コーラサワー」
零崎曲識 「実際腕前だけは確かだからね>コーラサワー」
お空 「おかえりー。」
比那名居天子 「もうそろそろいいんじゃない?」
初音ミク 「コーラサワー絶対どこかで死ぬって思ってたんですけどね
なんで勝ち組になってますかね」
森野夜 「あと5分だしのんびり本でも読んで待ちましょう。」
乙女座の大尉 「だが、私に後悔はない。

あの少年に、ガンダムに人類の希望を託したのだからな」
艦隊のアイドル 「まぁ、人が死ぬよりは生きてる方がいいよ」
比那名居天子 「まつのねー」
艦隊のアイドル 「あと3分だねー
カップラーメンができ・・・最近のカップラーメンって3分じゃできないのも結構あるよね」
GM 「みんながいいんだったらGM的には構わんで。
当初の予定時間まで時間あるからそれに沿ったほうがいいかなーと」
コーラサワー 「俺も上級大尉の生存は見てみたかったけどな
しかしあの生き様は素直に尊敬するぜ」
森野夜 「>零崎君
犯人役だものね。痛ましい話だわ。」
コーラサワー 「スタッフに愛されたからな俺は!>ミク」
できない子 「ん…GM判断に任せる主義」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃんはー
みんなのアイドルだからー
みんなにまかせるよー」
暁美ほむら 「そう言ってる間に時間だけれど」
コーラサワー 「俺は上の命令には従う主義だからな
GMが待つのなら待つ」
乙女座の大尉 「ミストガンダムは、GN粒子が底を尽きたのか?」
豊聡耳神子 「GMがいるならせめて一撃で、というぐらいでしょう。」
GM 「ではミスト君、また会おう!」
GM は ミスト に KICK 投票しました
ミストは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
零崎曲識 「そういう意味では時に探偵役もこなす人識は神山に近いものがあるのかもしれない>夜
僕は犯人役オンリーだが」
糸色望先生 が村の集会場にやってきました
森野夜 「また遊びましょう。>ミスト
殺人事件から逃れられたのは、幸運かもしれないけれど。」
糸色望先生 「漏れたので待機してました」
乙女座の大尉 「ガンダムの代わりに絶望が訪れた・・・だと・・・」
比那名居天子 「さすがジャンキーはずさが早いわね」
糸色望先生 「ではよろしくお願いします」
GM 「いつもの感じで開始に一票入れてしまった」
紫木一姫 「ではではまたまたですー!>ミスト」
ちくわ 「ミスト 霧散」
できない子 「ん…流石の空き待ち」
豊聡耳神子 「清々しいな。」
森野夜 「投票はリセットされているから気を付けて。」
森野夜 「じゃあカウント。」
艦隊のアイドル 「霧だけに、ってね!>ちくわ」
コーラサワー 「おっと、そろそろ始まるな」
森野夜 「凄惨な死体が5つ。」
できない子 「ん…改めて宜しく」
森野夜 「うち刺殺が4。」
森野夜 「他殺は3。」
森野夜 「殺人鬼が2。」
乙女座の大尉 「・・・そこの少女、浮かない顔をしているが大丈夫か?>できない子」
森野夜 「自殺は1。」
お空 「死体がいっぱいらんらんらーん。」
森野夜 「開始。」
ゲーム開始:2014/02/11 (Tue) 13:47:41
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
小悪魔(人狼) 「っし」
お空(人狼) 「よろしくねー。」
できない子の独り言 「ん…素村か」
糸色望先生の独り言 「ふむ素村いい感じですね」
「◆GM スカートの下にスパッツをはくのは邪道だと思うので初村建てです。GMは円高」
艦隊のアイドルの独り言 「素村のアイドル!
那珂ちゃんだよー!」
小悪魔(人狼) 「占いに出る球磨」
紫木一姫の独り言 「あーおもんねー霊能かよ」
初音ミク(人狼) 「よろしくおねがいします」
暁美ほむら(妖狐) 「次は自分が初日銃殺かしら」
比那名居天子の独り言 「うっそ。超苦手。」
豊聡耳神子の独り言 「村人。」
ちくわ(共有者) 「ちくわしか持ってきてねぇ」
零崎曲識(共有者) 「共有者も悪くない」
小悪魔(人狼) 「ちょっとだれか潜伏占い用意しておいてくれないかなあ」
糸色望先生の独り言 「Gmは村立て感謝です
空き待ちのズザですがよろしくお願いしますね」
コーラサワーの独り言 「いいだろうがスパッツ!>GM」
森野夜の独り言 「初村建ての法則が崩れる。」
初音ミク(人狼) 「ではお任せしましょうか」
小悪魔(人狼) 「4昼にCOで私が●ぶん投げるから」
お空(人狼) 「じゃあ私が準備するー。 >潜伏占い」
紫木一姫の独り言 「円高さぁあああああああああああん!!!
円高さんの1000戦村はまだですかー!!!!!!」
豊聡耳神子の独り言 「騙りだ、吊ろう。>GM」
小悪魔(人狼) 「大した量の日記じゃなくていいよ」
小悪魔(人狼) 「お空まかせた」
ちくわ(共有者) 「じゃあ・・・占い騙りでも言っとくか」
できない子の独り言 「      /           /
      .′          /  /                   ム 弋
      .′:/         / ./                  、 /.ム  \
      l .,イ        .イ ./ .|       .、.   \      .V .ム 、__ニ-
      |/|       ./ | ./  |        \.   \     .∀.ノ| .|
      l  |    r 、 ./ヽ}./  |   i      .ト、    \     V ,|  |
         l    j ' .{  }'    |   |      .ィf´\.   }    V.,  .|   ん…最近占いとか本当できないなあ
        .l   .i  .i i 〈 、   l   .|    ー´ i x===x、.  }    .|´ ル   素村も鍛えないといけないとは言え
        ト  l   { |l .i `ー 从 |     if:ニニニ:V}  !   ハ/  ノ
        | i  .l    リ  辷ミx/  )' ノ`  |.゙ 弋三ノ | /i   /| .' イ
        レヘ : |', .} /  ヽ__,/ .i! /  ノ ,'       .リ.从 リ    |
           ヽ| ヽ /`ヽ     .L/  ,´ル'       / )ノ 从 .l
          /从\          /           , f´\从i  `ノ
       _/三三L ヽ         |       /::l .=;|ー'、
      》三三三三=ヽ          j t っ   ´  ,ノ .=/三三'__
     ./\三三三三三\        |ー-- ´ __/ =/三三《三\」
零崎曲識(共有者) 「うちのレンみたいな事を言う>スパッツは邪道」
初音ミク(人狼) 「じゃあLWをお空さんに・・・ちぃ・・・!」
小悪魔(人狼) 「3昼の呪殺対応だけはごめんね、基本無理」
コーラサワーの独り言 「なんでスパッツをはくのか
それは「活発に動きたいけどぱんつは見せたくない」という乙女心があるからだ」
初音ミク(人狼) 「では狩人日記書きますかね」
お空(人狼) 「いつもの感じで日記かいとくねー。」
小悪魔(人狼) 「じゃいってみよーかー」
零崎曲識(共有者) 「別に構わないが
すぐに撤回するのか?>ちくわ」
豊聡耳神子の独り言 「http://www12.atpages.jp/yaruo/jinro/log/4.html
何故かこんな物を捜索していたらしい昨日の私。」
初音ミク(人狼) 「全力で初日に狐臭いところに投票をシューッでいいでしょう」
艦隊のアイドルの独り言 「那珂ちゃん村人久しぶりーぃ
もうこれは初心者って言っても良いレベルだよね!
近代化改修しなきゃ>GM」
コーラサワーの独り言 「分かるか?
スパッツ単品萌えや、反スパッツという思想もあるが
そもそもスパッツを身に着けているという行為そのものに萌えるべきだんだよ」
ちくわ(共有者) 「2COだったら、ひたすら信用落とすように発言していくが
3COだったら撤回だな」
零崎曲識(共有者) 「個人的にはオススメしないが
君がやりたいなら占い騙りも悪くない」
できない子の独り言 「      __ィヘヽ ,イ ̄ ㍉
     /     `ヽ} Y  イ=ヽ
   ∠ ,ォ――-_ __ミ、 \
    イ  /´/ / /  丶 ` ミヽヽ
  ./ , - /  /            ヽ
 / イ  /i /              ヽ   ん…共有の囁きが微妙な数?
イ' ,{ / '   i   ィ          ヽ
  / }イ i   |  /.| ./|   ,  ノ .i   i
. / { i .|  | . | ./ |/ .|   ィ  ィ  |   l
/イ 7ヘ リ  | .イ /__'  |./ |./_| ./  ィ .|
'  /  >,i  |/.|/ |:::::::::| '  「::'::::| |/  / }/
 /-イヽ{  { ,  乂_ノ   乂 ノ ! ./
   | ./|  |ヽ、     _    ノ /
   |/ .| .∧ |ぅr-,、-r 、 <イ /
      l/  ヽl /`" ム  ヽ/ |/
         イ    i
           |    |
           |    |」
コーラサワーの独り言 「それに、スパッツをはいてるなら自然と動きもアクティブになるだろうし
そういう姿を観察するのもまた一興だろ」
ちくわ(共有者) 「4COだったら、交換占いさせてみるといいだろう
一番信用できないのと俺を交換させて●出すか見てみたい」
初音ミク(人狼) 「●もらいの場合って霊能or狩人or黙って、
お好みは?」
零崎曲識(共有者) 「正直、村に色々言われると思うがね」
豊聡耳神子の独り言 「このアイコンはそう、宝塚の雰囲気。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM お、そうだな。>該当者」
小悪魔 は GM に狙いをつけました
乙女座の大尉 は コーラサワー を占います
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
比那名居天子 「グッドモーニング娘。」
できない子 「ん…おはよう
初日から朝になるのがなんか遅い…」
糸色望先生 「おはようございます
絶望したぁ!!この村に人外が
紛れ込んでいることに絶望したぁ!!」
お空 「朝うにゅ。」
ちくわ 「占いCO
コーラサワー○」
初音ミク 「世界の歌姫とは!この!初音ミクのことです!(ドヤァ」
比那名居天子 「よる長い」
艦隊のアイドル 「人狼村のアイドル!
那珂ちゃんだよー!
よっろしくーぅ!」
暁美ほむら 「おはよう」
乙女座の大尉 「占いCO コーラサワー○だ」
小悪魔 「占いCO【ほむらは○】」
ちくわ 「ちくわと言ったらコーラだろ
それ以外の理由なんて存在しねぇ・・・
ぶっちゃけちくわしか持ってねぇ」
森野夜 「最も悲惨な殺害とは、黙殺だと思うの。」
紫木一姫 「霊能COですー」
乙女座の大尉 「占いCO コーラサワー○だ」
コーラサワー 「ヒィーヤッハー!
大佐のキッスはいただきだー!」
蒼星石 「おはよ」
比那名居天子 「ほむ?」
豊聡耳神子 「おはよう。」
小悪魔 「理由
悪魔の仲間になれそうないい顔してるから
おっとこれ以上はネタバレだから
口をつぐまないとね。といってもネトゲでイベントしまくってるから
もう隠すいみあんまりないけど」
乙女座の大尉 「20面ダイスを振り、2~17を採用することにした。(1,18~20は振り直し)

結果は11・・・奇しくも、RP占いと同じ占い先になったな。」
森野夜 「これから私達は、狼を探して殺し合いを行う訳だけれど。その前に一つお願いがあるわ。

吊りで使った縄、借りていっては駄目かしら? 私、首を縄で締められていないと安眠出来ない体質なの。」
糸色望先生 「ふむ……占い師3は人ですか
では〇進行ですし霊能と共有もCOどうぞ
主なCOが終わればグレランと行きましょうか」
小悪魔 「あさおっそ、きをつけるといいよ」
比那名居天子 「コラに◎」
コーラサワー 「俺様の人気者っぷり!」
紫木一姫 「対抗いないですかー?」
お空 「あら、3-1なんて珍しいね。」
糸色望先生 「おや?霊能が出ませんね」
初音ミク 「では霊能と共有もさくさくでましょうそうしましょう」
紫木一姫 「はーい。じゃあ霊能初日ですー。
撤回共有CO」
蒼星石 「一瞬4COかと思ったけど3COで問題ないようだね。」
コーラサワー 「ま、当然の結果だな」
できない子 「ん…占い3CO?

霊能COは大文字じゃないと見落とすよ>一姫」
豊聡耳神子 「カーンカーンカーン。>艦隊のアイドル」
暁美ほむら 「あとは共有まで出てのグレランね」
乙女座の大尉 「対抗は、狂狼というところだろうな」
比那名居天子 「そしてコラが無情の共有COね
わかります」
艦隊のアイドル 「コーラがすっごい○いね!
あと姫っちは大文字で宣言しなおすといいんじゃないかな!」
GM 「早速初日占い否定という情報が狼に渡ったな」
小悪魔 「どうしてだろう、那珂ちゃんの挨拶だけで吊りたくなるのは
共霊はよろしく」
森野夜 「3-1ではないようだけどね。
どこが珍しいのかも分からないけれど>空」
お空 「あちゃ、霊能初日かぁ。
それは厄介だね。」
比那名居天子 「うん?」
紫木一姫 「相方は意志に任せるですー」
小悪魔 「ファインプレイ>姫ちゃん」
艦隊のアイドル 「な、何をするのー!?>神子」
できない子 「ん…撤回共有CO?
どっちみちグレランしかない展開だけど」
蒼星石 「超高速の撤回共有で、そもそもそこが霊COしていたことにさえ、なんたらってやつだね。」
比那名居天子 「まず霊能COがあったことを見逃していたわ」
コーラサワー 「安心しろ
流石に俺が指揮官ってのはないぜ?>天子」
初音ミク 「霊能初日ってのはめんどくさいですけどもそれはそれです」
暁美ほむら 「と思ったら霊能いないのは面倒ね」
乙女座の大尉 「・・・ふむ 今すぐ霊能が出てくるのであれば、私は信じるぞ?」
艦隊のアイドル 「なんだ、霊能初日なんだ」
糸色望先生 「ああ普通文字でCOしてましたかって
って撤回入りましたね
とういか重くありません?」
零崎曲識 「共有CO」
豊聡耳神子 「出方が良いのに対抗の存在を聞くとはこれ如何に、とは思ったが。
そういうことなら納得以外の何物でもないな。」
お空 「相方も出てグレランがいいと思うよー。」
森野夜 「CO抑制の騙りをするなら、大声でやらないと意味が無いと思うわ。」
紫木一姫 「>蒼星石
兵はなんたらを尊ぶってやつですー」
乙女座の大尉 「出ないということは、霊能初日という判断で良いとみなす」
ちくわ 「じゃあ相方も出してグレランだろうな」
できない子 「ん…真霊能が普通文字のCO見落としてるかと思ったけど
それも無いっぽいか」
お空 「原作ペアで共有かぁ。」
小悪魔 「じゃでないなら無駄占いしてる可能性もあると
なら噛まれてもいいなんて流石にいえないか
同様の理由で灰占いするよー(コーラサワーは避ける)」
コーラサワー 「抑制じゃなくてまわりくどいトラップだろ?」
豊聡耳神子 「今のところそこまででもないように私には思える。>糸色望先生」
比那名居天子 「相方出さないの?
まぁ霊能いないから対抗○占う人もいないだろうけど
って灰にいたんだ」
初音ミク 「じゃあ艦隊のアイドル解体する作業に入りますか
2-4-11から解体資材量も増えたことですしね」
紫木一姫 「相方零崎さんであってるですよー
零崎一のベジタリアンと共有だなんて姫ちゃんどきどきですー」
コーラサワー 「出てるぜ?
時差でもあんのか?>天子」
GM 「1000戦村は来年できるかもしれませんね…
レジさんおめでとう!」
糸色望先生 「霊能初日なら明日から●が乱舞するんでしょうね…
絶望したぁ!!人外に好き勝手される未来が見えるのに絶望したぁ!!」
蒼星石 「紙切れのような霊能の命が初日であるということが判明したことで
占いの真の担保になると思えばまあとんとんかな」
お空 「霊能の場合抑制っていうより潜伏させないように引っ張り出しって感じするけどね。 >夜」
艦隊のアイドル 「ところでELSに浸食されかけたところをさ、助けられて宇宙に放り出されたパイロットってさ
生きてるの?
見捨てられたりしてないの?」
ちくわ 「ってこたぁ、真狂狼の霊能初日ってとこか
面倒なことになっちまったな・・・」
艦隊のアイドル 「あ、戯言繋がりだ、すっごーい」
零崎曲識 「というかまぁ、できすぎな展開すぎる>シグナルイエローと共有」
比那名居天子 「書き込んでる間に出た
だから文章追加した>コラ」
できない子 「ん…まあコーラサワーが初手から二重囲いは無さそうかな
自分◎に驚いてる様子も無いし」
初音ミク 「アイドルは!二人もいらないんですよぉ!
女郎!ぶっころしてやらぁああああああああ!!
那珂ちゃんに投票をシューッ!!」
糸色望先生 「それならそれでいいのですが
突然死とかがないといいですねえ>神子さん」
小悪魔 「じゃあまだ2人外みつけただけで
○も最悪ない可能性があるから
今日噛まれるのはさすがに不味いらしいので
狩人ちゃんには期待しておこっと(ちらちら
お空 「もしくは霊共交換のフラグか。」
艦隊のアイドル 「と、みせかけて本音は?>絶望先生」
豊聡耳神子 「共有者の霊能者COの用途は大きく分けて二つあると思われる。
一つは霊共交換によるアーマー。
一つは潜伏霊能者を引っ張り出す。」
蒼星石 「あんまり、初日から占いの内訳を固定して考えるのはお勧めしない>ちくわ」
乙女座の大尉 「◇お空 「あら、3-1なんて珍しいね。」

何が珍しいのかわからないのだがな。 他人事に見えるので、今日ここを吊って良いと思う。 ここが狩人は、まずないだろう」
小悪魔 「あら、ならどうしよ、コーラサワーも範囲内とだけいっておこ」
森野夜 「単純に白が少なくて不利、というのは言うまでもないことだけれど。
それ以上に、GJの機会が減るのは問題よね。」
できない子 「ん…いいんじゃない?
RP的な組み合わせの共有とか楽しくなるじゃん」
小悪魔 「占い先いっていいことないしね」
初音ミク 「そこの共有って一週間一つ屋根の下でにらみ合いしてたんですよね」
コーラサワー 「確か設定じゃちゃんと助けてたと思うんだがな>那珂」
紫木一姫 「ちなみにシグナルイエローって名称は姫ちゃんのあだ名ですー。
その昔はその道で結構ならしていたですー」
零崎曲識 「今日はグレラン」
比那名居天子 は お空 に処刑投票しました
ちくわ 「どこ占おうかなぁ」
豊聡耳神子 「そういえばそうだったな。>零崎曲識」
糸色望先生 「本音もクソもありませんよ>那珂ちゃん」
初音ミク 「それってまさに相思相愛でリア充ッて感じですね
しねばいいのに」
お空 「最近2-1ばっかだったからねー。 >大尉」
艦隊のアイドル 「ふふーん、その挑戦!
受けて立つよ!
第四水雷戦隊旗艦、第二水雷戦隊旗艦も務めたこの那珂ちゃんに勝てるかな!?>ミク」
初音ミク は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
コーラサワー 「俺確○にしてくれてもいいんだぜ?
噛まれて死んだら昼飯だ!」
森野夜 「>空
その場合「引っ張りだした霊能を真で決め打たねばならない」って話もあるけどね。」
できない子 「ん…神子がなんか気になった」
糸色望先生 「ちくわさんの元ネタって確か追剥に
身ぐるみはがされそうになったらちくわしか持ってなかった
って奴ですがちくわを常備しておけば人狼に襲われても助かる可能性が
微レ存…?」
紫木一姫 「那珂ちゃんがうるさいので那珂ちゃんのファンやめるですー」
比那名居天子 「しかないでしょ>グレラン
いや、初っぱなから指定も悪いとは言わないけど
答え合わせ(霊結果)できないとね」
零崎曲識 「その通り>ミク
その縁でアイコンを選んだらご覧の通りだ」
森野夜 「犯人が共有者なんて、出来過ぎだわ。」
初音ミク 「ぽっとでのアイドルに負けるほどこの初音ミク落ちぶれてはいないんですよおおおおおお!!」
艦隊のアイドル 「だってあれだけの人を一人も見落とさずに助けるって大変じゃない?>コーラ

そっかぁ(しょんぼり>絶望先生」
蒼星石 「盛大なフラグお疲れ様>コーラサワー」
乙女座の大尉 「◇お空 「最近2-1ばっかだったからねー。 >大尉」

なるほど。 ふむ、占う位置ではないな。 非狩目で今日吊るか、灰に残すか」
できない子 「んー…この発言
◇豊聡耳神子 「共有者の霊能者COの用途は大きく分けて二つあると思われる。
一つは霊共交換によるアーマー。
一つは潜伏霊能者を引っ張り出す。」

別に今こんな解説する必要無いと思うんだけど」
小悪魔 「初日ってさ、狼って2重○に対してなんか引き気味ってあるよね
私の灰はただの灰だから◎でも別にしろくないよー」
糸色望先生 「那珂ちゃんが大佐でミクさんがベネットって
ミクさんこの時点で負けフラグたってますよね」
コーラサワー 「いや、流石に通信機とかセンサーくらい持ってるだろ>那珂」
艦隊のアイドル 「でも艦これの人気今はすごいもんね!
負けないよ!>ミク」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
豊聡耳神子 は 乙女座の大尉 に処刑投票しました
乙女座の大尉 は お空 に処刑投票しました
蒼星石 は 森野夜 に処刑投票しました
コーラサワー は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
ちくわ は お空 に処刑投票しました
お空 は 蒼星石 に処刑投票しました
できない子 は 糸色望先生 に処刑投票しました
小悪魔 は できない子 に処刑投票しました
森野夜 は お空 に処刑投票しました
艦隊のアイドル は 初音ミク に処刑投票しました
零崎曲識 は 森野夜 に処刑投票しました
紫木一姫 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
糸色望先生 は お空 に処刑投票しました
暁美ほむら は 蒼星石 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
森野夜2 票投票先 1 票 →お空
紫木一姫0 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
ちくわ0 票投票先 1 票 →お空
小悪魔0 票投票先 1 票 →できない子
零崎曲識0 票投票先 1 票 →森野夜
お空5 票投票先 1 票 →蒼星石
暁美ほむら0 票投票先 1 票 →蒼星石
比那名居天子0 票投票先 1 票 →お空
初音ミク1 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
コーラサワー0 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
艦隊のアイドル2 票投票先 1 票 →初音ミク
乙女座の大尉1 票投票先 1 票 →お空
豊聡耳神子1 票投票先 1 票 →乙女座の大尉
蒼星石2 票投票先 1 票 →森野夜
できない子1 票投票先 1 票 →糸色望先生
糸色望先生1 票投票先 1 票 →お空
お空 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
乙女座の大尉の独り言 「すまない>GM」
GM 「お疲れ様」
紫木一姫の独り言 「素直にとじこ吊りでいいと思うですけどねー」
ちくわ(共有者) 「霊能アーマーだなんて聞いてないぞ、どうすんだこれ・・・」
森野夜の独り言 「素敵。」
豊聡耳神子の独り言 「うむ、投票間違えた。」
乙女座の大尉の独り言 「そして村建て感謝する」
できない子の独り言 「ん…大尉の誘導?」
比那名居天子の独り言 「小悪魔か大尉って感じだけど」
紫木一姫の独り言 「ま」
初音ミク(人狼) 「これは非常にあれなそれ」
ちくわ(共有者) 「とりあえず遺言は遺した・・・」
初音ミク(人狼) 「吠え稼ぎは頑張りますね」
お空 「あちゃーごめんねー。」
紫木一姫の独り言 「よく見てる狼なら姫ちゃん即噛みくらいワケないと思うですー」
蒼星石の独り言 「狐騙りか、2騙りか。面倒なことこの上ないね。」
小悪魔(人狼) 「はいはい」
初音ミク(人狼) 「吠え落としてもいいですけども」
できない子の独り言 「ん…ちくわまでお空投票、非狩目と見ての投票?」
小悪魔(人狼) 「んじゃ信用勝負だね、」
小悪魔(人狼) 「 」
初音ミク(人狼) 「基本は信頼コースで」
零崎曲識(共有者) 「どうすんだ?
共有が占い騙りしてる時点で頭が痛いがね」
小悪魔(人狼) 「潜伏霊能がありそだから」
小悪魔(人狼) 「ほむら噛みではいる明日呪殺ならごめんね」
コーラサワーの独り言 「できない子と、アイドル
ここら辺か」
紫木一姫の独り言 「また共有初日ならこの作戦は、
3 - 1で共有初日のメリットをぶっけすものなんで」
蒼星石の独り言 「噛み時間から何かしてくるかと思って
COを遅らせたのは正解だったか過ちだったか。」
乙女座の大尉 は 初音ミク を占います
初音ミク(人狼) 「私がある程度どこまで耐えれるか勝負」
小悪魔(人狼) 「 」
紫木一姫の独り言 「完璧姫ちゃんの趣味な動き、
メリット度外視狼かく乱っていう動きですー」
初音ミク(人狼) 「了解です。○ならまぁ潜伏ありますし」
できない子の独り言 「              __
            __>  ヽ/⌒ヽ _
         -<_ヽ ̄ヽ      ―<⌒`
          /   ̄⌒  }-==ミ   ヽ
        /            ヽヽ    ヽ
.         /.  /    {     \   \
.       /   /           ヽ  ヽ ̄   ,
.     /イ  //  /   |   | ヽ  }   ハ  _ヽ   ん…でも狼吊れた感じじゃないかなあ
    イイ     {  |   |   |  /∨  |   , ヽ  ̄
      |    斗ァ七     T寸7ヽ   |   }  i
     リ   l  {∨ ヘ...  / | / |/.    | ハ!  |
     i. ∧|   ャぅ云 ヽ/ィぅ云.|    リ'    |
     |/  }   |弋ソ     弋ソj/   /    N
       {   |         /   / ヽ     }
        ヽ . l { ヽ   -   イ  //   \  リ
        ヽ! ヽ{ ∨><{  /l/.      ∨
         _, rァ‐<⌒}{⌒}>/"、ヽ
         r< 〃  「⌒只⌒}./ || /`¨ヽ」
ちくわ(共有者) 「役職噛まれた時点で撤回しかないだろう
というか、明日霊能がどう動くかによるが」
初音ミク(人狼) 「抜くって言うならコーラもありますが」
GM 「霊共交換フラグが狼視点に見えた(こなみ」
暁美ほむら(妖狐) 「どっち真だろう」
初音ミク(人狼) 「さsがに露骨ですかね」
コーラサワーの独り言 「お空は役あっても人外はなさそうだ
万が一狩人だったら吊った村が悪いでいい」
零崎曲識(共有者) 「とりあえず遺言は占い継続で
占いに対する扱いが面倒だから霊能活かした方がまだマシだ>進行的に」
小悪魔(人狼) 「あさおそいの占いだから」
比那名居天子 は 乙女座の大尉 の護衛に付きました
初音ミク(人狼) 「ふむ」
小悪魔(人狼) 「多分ちくわのほうが遅いやつっぽい」
初音ミク(人狼) 「 」
初音ミク(人狼) 「 」
初音ミク(人狼) 「でしょうねぇ」
初音ミク(人狼) 「 」
初音ミク(人狼) 「 」
初音ミク(人狼) 「 」
初音ミク(人狼) 「 」
できない子の独り言 「ん…占い真混じりとは言え…どうなるかなあ」
初音ミク(人狼) 「 」
零崎曲識(共有者) 「そもそも共有が変な動きをすればそりゃカオスになるさ」
ちくわ(共有者) 「俺護衛だけはないはずだが・・・
とりあえず信用を捨てていく」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「ひめちゃん噛めないなら村ペースだなぁ」
小悪魔 は 暁美ほむら に狙いをつけました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
お空さんの遺言 潜伏占いCO、暁美ほむら○


お空の潜伏占い日記

一日目夜
占いひいたー。
最近占いだと即噛みされて面白くないから潜伏する事にしました。
私あたまいい。
あ、人外引いたり吊られそうなら出るねー。
ここまで長々書いて疲れたので占い先は隣占いでほむら。
占い:ほむら○

私吊られたらローラー路線だったって事でお願いね。

投票先は蒼星石。
4COに見えたっていうのが潜伏してる私からすると臭い。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
豊聡耳神子 「おはよう。

>できない子
必要があるかどうかは評価の分かれるところだろうが発言に関してはまあ、趣味だね。
気になる、と言うからてっきり投票されるものだと思っていたがね。

そしてやけに無理な誘導をしている者がいるから投票したら占い師を宣言していた、これは悪いことをした。」
乙女座の大尉 「占いCO 初音ミク●だ」
比那名居天子 「吠え多いわね」
暁美ほむら 「おはよう」
小悪魔 「占いCO【できない子は○】」
比那名居天子 「あん?」
ちくわ 「占いCO
コーラサワー○>ほむら○」
蒼星石 「おはよ」
森野夜 「返答が無かったから、勝手に死体の首から縄は借りて行ったわよ。
程よく絞まって快眠出来たわ。

できない子 1 票 投票先 → 糸色望先生

理由があればどうぞ。」
GM 「お疲れ様」
乙女座の大尉 「◇初音ミク 「霊能初日ってのはめんどくさいですけどもそれはそれです」

この発言が、ただのポーズ(不安感の演出)に見えて仕方なかったのでな。 他の発言を見ると思考開示を一切していないのに、ここだけぽつりとしているのも気にかかった。」
紫木一姫 「うーん」
ちくわ 「初手囲いかどうかの確認だ
いっそ初手で囲ってくれてたら面白いな
そうじゃなくても狐が出たりしてな?
今の俺はちくわしか持ってねぇ・・・」
コーラサワー 「おはようさん!
さぁって、俺の獲物はどいつだー?」
糸色望先生 「おはようございます
まぁ霊能初日なんで対抗占いするなら
占い3だろうが早目にやっておいた方がいいかと思いますよ
あと狼が騙りに自信あるなら今日は共有死んでるんじゃないでしょうかね?」
できない子 「ん…絶望先生の騙りが●出し放題ってのがなんか引っ掛かった
そんなの灰が考える事じゃないのに

あとミクが生存欲ある感じ?」
比那名居天子 「なんかでたー>?遺言」
お空 「狐把握かぁ。」
小悪魔 「理由
投票先占いってのもあるけど
昨日の私の発言がほぼ大まかな理由
初日に◎ってだけで狼はないとかいっちゃうのは
少し村っぽくないのと票が発言の割に入ってないのが違和感」
艦隊のアイドル 「おっはよー!
ってあれあれ、遺言が何かひどいことになってるよ?」
豊聡耳神子 「非常にこう、判断に困る遺言ですね。」
暁美ほむら 「なんかワロスな遺言が見える」
GM 「あ、いねえや」
小悪魔 「おっけい!」
初音ミク 「そこに投票集まるっていうのは発言見るとわかるんで納得なんですが>お空5票
でもそんなことはどうでもいいんです!私は那珂ちゃんを解体したい!!

でコーラサワー狼っていう微妙なのはないと思いますのでそこ非狼でいいでしょうね」
糸色望先生 「意味が分からない」
蒼星石 「なにか変な遺言が見えてるのは気のせいかな。」
森野夜 「誘導された段階でCOしましょうね、ってことで。」
紫木一姫 「まあ無視でいいと思うですよー」
比那名居天子 「霊結果ないのが辛いよねー」
初音ミク 「なんかいやな遺言見えてますね」
糸色望先生 「あと蒼星石さんはこれ言うなら村狼っぽいんで
狩人なさそうだなーって思いましたんで灰に置いといて
いいんじゃないですかで占うほどでもない気がします」
できない子 「ん…小悪魔は私占い?
コーラサワー交換してないんだ」
乙女座の大尉 「ふむ、狼だったか。 あの単発が、非常に浮いて見えたが、当たりだったな」
ちくわ 「潜伏占いCOだと・・・?
むしろ真主張なら出て対抗占いさせるべきじゃね」
コーラサワー 「オイオイ…
まぁ仮にお空真占いだとしたら、そこ吊ったほうが悪いでいいさ」
できない子 「ん…潜伏占い遺言?」
小悪魔 「んー狼が潜伏占い遺言残すかってと微妙かなー?
狐とか残しそうだけど」
初音ミク 「でこれCOすべきですかね」
豊聡耳神子 「この遺言が出ている以上、確かに占い師を轢いてしまえば三人の人外を吊ることにはなる。」
糸色望先生 「3-1霊能初日で潜る意味が私にはよくわかんないんですけど」
紫木一姫 「めんどいんでミク吊りごーでいいと思うですー。
死体なし出てますしのんびり構えていくですー」
艦隊のアイドル 「信じるかどうかだよねー
真を見ないなら今日はミクにCO聞くし、真の可能性を考えるならどう進行するのかなーって感じ」
蒼星石 「こんなとき霊がいれば狼の苦し紛れの何かかどうかがすぐにわかるのに。
まあ、たとえ霊がいたとしても何となく○が出てくる気はするけど」
紫木一姫 「というわけでミクさんCOあるですかー」
比那名居天子 「ミク吊りはさけられないんじゃない?」
森野夜 「ミクはそんなにあからさまに黒くはない位置。
狂っぽい、または狼っぽい●という印象はない。」
暁美ほむら 「若干悩むわね」
コーラサワー 「個人的にはできない子とアイドルが気になるんだよな
俺が死ぬまえに吊っておきたいもんだぜ」
艦隊のアイドル 「ひとまず言えるのはお空は素村じゃない何かってことだよね」
零崎曲識 「ミク吊り」
比那名居天子 「1W吊れたと考えるなら
占いを最終日にロラってんかんじかな?」
蒼星石 「むしろ、今日吊られない可能性を見てるの、と>ミク>COすべき」
初音ミク 「霊能初日に見える+対抗3人見えるのに出ないのって微妙ですよね」
小悪魔 「狂が一番そういうの残さないかな
なら狐狼?まあなんであれ灰狼見つければいいし
3人外GETと」
初音ミク 「COはないです」
できない子 「ん…ミクは役持ち目っぽいって昨日感じてたけど
CO無いのなら吊りでいいと思う、ただ狩人0じゃない感じだけど」
零崎曲識 「COがあるなら聞く」
豊聡耳神子 「最初から潜るつもりだった、という言自体に間違いはないとは思うけどね。」
紫木一姫 「じゃあミク吊りですー」
暁美ほむら 「ミクはそこまで見てない。昨日は
できない子がああいったなら神子は占いさせること希望なのかなくらいだったし」
糸色望先生 「ミクさんって特筆見てるような所でもなかったので
まぁ死体なし出てるんでCOないなら程度ですかね」
比那名居天子 は 初音ミク に処刑投票しました
小悪魔 「ミクはCOないならつっていいよー私の灰だし」
コーラサワー 「俺はお空素村というか、最低限村側だと思ってたんだよな>アイドル」
艦隊のアイドル 「んー、気になるって言うのはさ
何か理由をつけて言ってくれないと弁明も説得もできないんじゃない?>コーラ」
ちくわ 「まぁ狂人特攻もあるだろうよ
霊能初日なんだから霊能結果見ないだろうしな

まぁ、それでも一姫噛んできたらそういうことだと思うぜ」
コーラサワー 「CO出し惜しみする奴は吊っちまえ」
初音ミク 「今日の死体なし発生場所がどこかというのはあるので」
できない子 「ん…お空の遺言もほむら○か」
森野夜 「まあお空は真狐なんじゃない。
少なくとも狼には見えない。狂は有りうる範囲だけど、他2つに比べるとやや落ちる。」
比那名居天子 「ああ、うん」
乙女座の大尉 「私は残り1人外(遺言占い騙り含めた、対抗3を除く)を探す

まだ隠れているもう1匹を見つければ、私の仕事は完遂だからな」
初音ミク 「狩人は日記を残して置くといいと思いますが」
比那名居天子 「占いの内訳はともかく
コーラは村だわ」
艦隊のアイドル 「村側っていうのは村陣営的な意味で?それとも狂人狐も含めて○が出る結果的な意味で?>コーラ」
小悪魔 「なんであれ灰占い継続っと、狩人は死体情報よろしく
狐噛みあるなら対向占えばいいし、その情報でるまでは灰占い師しかしないよー」
蒼星石 「まあ、さすがに出ている占い3の中に真がいることを前提とする進行をしていくべきかな
今日の死体なしを見る限りだと、占い即チャレっぽい雰囲気を感じるし」
コーラサワー 「素村なら静かに潔く死んだほうが印象いいぜ?
今のミクは乙女座の信用度を上げてる」
できない子 「ん…昨日の発言見るとお空は朝一の挨拶が結構早めだな
となると最初から潜伏するつもりだった?」
森野夜 「少なくとも昨日のCO数に対する反応は、紛れも無く占いCOの伏線のつもりだったはずだから」
豊聡耳神子 「まあ、それならそれで良いのだろうね。
潜伏占い師をするなら吊られる者が悪い、という厳しい考え方だね。」
蒼星石 「真でないとするなら狂の方が濃い目と思ったけど>森野夜>お空」
ちくわ 「占い即チャレはあるだろうな
まぁお空が真なら、占い噛んで狐噛みもありえるがな」
糸色望先生 「共有か占いじゃないですかね?
お空さんの遺言考慮するなら占いに狐混じりで
狐嚙みもあるかもしれませんが>ミクさん」
小悪魔 「まあ偽遺言だけど囲いしてないのはいいこと、良い子良い子」
比那名居天子 「昨日なんか話持ちかけられて
こいつから誘導されると死にそうって感じるくらい村だわ」
初音ミク 「大尉が私に●撃ってくるっていうのは感じ的には非狼目といえるので
狂人なんでしょうねぇ。
となると小悪魔orちくわでどっちが真なんだろうなぁと」
ちくわ 「村視点で、ってことな >お空が真なら」
艦隊のアイドル 「ただ、霊能初日で対抗3人いるのに出ないっていうのはなんとも変な感じするよね>できない子」
蒼星石 「(そりゃ小悪魔視点はそうだよねという顔」
できない子 「ん…そう言えば死体無しか
今頃気付く私のダメっぷり…」
豊聡耳神子 「それについては否、かな。>コーラサワー
偽に対しての抵抗はある程度必要にも思えるね。」
比那名居天子 「ちくわは何を言ってるんだ?>」
森野夜 「>蒼星石
狂人があの遺言を残すメリットをあまり感じないかな。
狐混じり知らせるくらいだけれど」
初音ミク 「潜伏役職は得てして吊られるのが悪いという認識でいいです
なので考えないでいい」
豊聡耳神子 は 初音ミク に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コーラサワー は 初音ミク に処刑投票しました
お空 「あぁ、できない子が狩人に見える。」
乙女座の大尉 は 比那名居天子 に処刑投票しました
初音ミク は 乙女座の大尉 に処刑投票しました
小悪魔 は 初音ミク に処刑投票しました
零崎曲識 は 初音ミク に処刑投票しました
森野夜 は 初音ミク に処刑投票しました
暁美ほむら は 初音ミク に処刑投票しました
紫木一姫 は 初音ミク に処刑投票しました
蒼星石 は 初音ミク に処刑投票しました
艦隊のアイドル は 初音ミク に処刑投票しました
ちくわ は 零崎曲識 に処刑投票しました
糸色望先生 は 初音ミク に処刑投票しました
できない子 は 初音ミク に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
森野夜0 票投票先 1 票 →初音ミク
紫木一姫0 票投票先 1 票 →初音ミク
ちくわ0 票投票先 1 票 →零崎曲識
小悪魔0 票投票先 1 票 →初音ミク
零崎曲識1 票投票先 1 票 →初音ミク
暁美ほむら0 票投票先 1 票 →初音ミク
比那名居天子1 票投票先 1 票 →初音ミク
初音ミク12 票投票先 1 票 →乙女座の大尉
コーラサワー0 票投票先 1 票 →初音ミク
艦隊のアイドル0 票投票先 1 票 →初音ミク
乙女座の大尉1 票投票先 1 票 →比那名居天子
豊聡耳神子0 票投票先 1 票 →初音ミク
蒼星石0 票投票先 1 票 →初音ミク
できない子0 票投票先 1 票 →初音ミク
糸色望先生0 票投票先 1 票 →初音ミク
初音ミク は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
お空 「お疲れ様ー。」
小悪魔(人狼) 「 」
小悪魔(人狼) 「 」
GM 「お疲れ様」
小悪魔(人狼) 「ちょっ、それは予想外」
紫木一姫の独り言 「ひゃあああああ!!!
狼吊りです!!!」
零崎曲識(共有者) 「役職が皆変な事しかしていない
もうダメだ」
暁美ほむら(妖狐) 「私視点占いローラーで終わるのだけど(震え声)」
ちくわ(共有者) 「これもう明日解除でいいだろ・・・というかもう限界だ」
初音ミク 「お疲れさまです」
小悪魔(人狼) 「別に今回はいいけど潜伏占い遺言はのこしちゃだめえええ」
できない子の独り言 「ん…なんか回線重いなあ」
小悪魔(人狼) 「 」
初音ミク 「うわそれは見えない」
小悪魔(人狼) 「というわけで」
小悪魔(人狼) 「 」
小悪魔(人狼) 「引き分け路線」
初音ミク 「相変わらず面倒なことやってくれますねぇ」
豊聡耳神子の独り言 「死体なしが出ていることと霊能者初日を考えるとこうもなるのでしょうね。」
小悪魔(人狼) 「 」
お空 「ダメかなぁ?
霊能初日ならいいかなって思ったんだけども。」
零崎曲識(共有者) 「空は推定、真狂のいずれか
狐の可能性はどれくらいあるか、といった感じ」
小悪魔(人狼) 「んー大尉噛みのー」
ちくわ(共有者) 「頭が痛くなるな・・・潜伏真占いとか居ないと思いたいが」
艦隊のアイドルの独り言 「んー、ちくわの占い方が狂人のそれじゃない気がするな」
小悪魔(人狼) 「呪殺がおきた時ロラスイッチはいっちゃうから勝ち目無し」
初音ミク 「じゃない可能性もあるので」
蒼星石の独り言 「一番真っぽいのは小悪魔で、狼騙りがちくわで、大尉狐が本命」
小悪魔(人狼) 「12>10>8 うんたりない」
艦隊のアイドルの独り言 「ここで●出すのは狼はないと思うので大尉は非狼で良いと思う」
ちくわ(共有者) 「狐はないな、狂人だと思いたい
真占いなら出てきて銃殺主張だろう

とはいえ、対抗占いを銃殺して登場ってプランはありえるが」
零崎曲識(共有者) 「悪いが、一姫の霊結果次第だ

というか解除するぐらいなら最初からしなければいいという話になる」
小悪魔(人狼) 「灰噛みのーなんのーとかかんがえるとLWCOしかできないよねこれ」
できない子の独り言 「          /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧  ん…ほむらとコーラはまあ放置でいいとして
         |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
           j: /!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
            |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
            |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
            l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
             ∧: ∨ ゞ-:::ノ '  ヽ:j  ゞ-:::ノノ/:./イ
            /: ∧:_\  ̄        ̄ ∠:イ::.|
.            !:/;;/|:∧       ;      /: |ヽj
              l |' /;\    _ _     イヽ:| 〉〉
.                l!;L./;ム};;>        .. イ;∧ニニノ
                i゙`;,,|. i `ー ' ´ _;..'-',!
                r゙!:.!;,;;i゙、|. .:;.-‐_''"-‐ ''´l,
              _,..-'--゙ート,゙!:.,' /´:::.::::.:.._;;ノ゙┐
          _,,..-''"     r 'イl.,' ,' _.:.. -:.:'.:. :::::::`ヽ、
           ,! ,'       ゞ_ソ'=!゙:.:... . ...       \」
蒼星石の独り言 「対抗が、お空真・ちくわ狼・小悪魔狼・大尉狐」
乙女座の大尉 は 比那名居天子 を占います
暁美ほむら(妖狐) 「しっかりと占いがしてればまず村勝って
間違えれば私がいけるかな。って程度ね」
コーラサワーの独り言 「お空真なんじゃないかなぁ」
初音ミク 「2手目に補足されてるのは面倒ですねぇ」
ちくわ(共有者) 「さすがに一姫も解除するだろ」
蒼星石の独り言 「いずれにしても、占いロラでLWは確定と。」
ちくわ(共有者) 「解除したら俺も解除するわ・・・」
蒼星石の独り言 「きっついきっつい」
GM 「吊られ真見られは難しい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
お空 「というか一番ダメなのは私が吊られた事なんだよね…うにゅ。」
比那名居天子 は 暁美ほむら の護衛に付きました
初音ミク 「ちょっとあれで占われたとするとんーもう少し中身出すべきですか」
小悪魔 は 乙女座の大尉 に狙いをつけました
乙女座の大尉 は無残な姿で発見されました
(乙女座の大尉 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
乙女座の大尉さんの遺言 占いCO コーラサワー○ 初音ミク● 比那名居天子○●だ

1日目:コーラサワー

20面ダイスを振り、2~17を採用することにした。(1,18~20は振り直し)

結果は11・・・奇しくも、RP占いと同じ占い先になったな。

2日目:初音ミク

◇初音ミク 「霊能初日ってのはめんどくさいですけどもそれはそれです」

この発言が、ただのポーズ(不安感の演出)に見えて仕方なかったのでな。 他の発言を見ると思考開示を一切していないのに、ここだけぽつりとしているのも気にかかった。

3日目:天子

◇比那名居天子 「1W吊れたと考えるなら
占いを最終日にロラってんかんじかな?」

なぜ、「お空が狼だとわかっている」のだ? 自分が狐で、潜伏しているからではないのか?
狐と見て、今日はここを占わせてもらう。
初音ミクさんの遺言                       .。oS゚                  \
                    .。oS゚                      ゚。
               .。oS゚                  .- ── -  、
       .。oS゚         .  ─ … … ‐ - ¨<三三三三三ヽ
   .。oS゚              /. - ._     _ _     ` 、 \三三ミ- 、
oS゚                /´     ... ´         ¨  ‐-、 ヽ      \
                  /        .  ´ ̄ ̄ ̄ `ヽl          \
                     / .-‐  …              i 。         ∧
                     ,'/  . ´             /   ゚。 __    ヽ
               > .l ./     、           /  /   | .|三三ヽ
               > ´/  _./   __.〃ミ      .  ´  / / | .|三三三 、 ._ ',
          > ´   .!/ l . ´/ r'リ ` …  ´    _ /  ./ /三三三三三=ヽ.!_
              .  ̄ /´l' .//  沙 ヽ _  - ´ /   /  '三三=オ´ ̄ ̄ ̄`三、
     . ´    /    / / /            /   / , 三三オ´三三三三三ヽ三、
           /       l ./  _.i         、 -=二_  ' / /三三'三三三:/    ` \
/          l       ヽ ´ l         ミ竓ミx    / /三三'三三三/l
         V     /     l ヽ       ん苡:iヾ ./ , 三三'三三三/ l
             V  ./      、        乂辷ン i} ´   l三三l三三::/   l
            \.l     /´, -ヽ     -=─ ¨  / l三三l三三/     .l
            \    i ./    ` - /` -   ´   .l三三l三ニ/     l
                  。oS゚    ..<´   ー二´ __ |三三|三/      .ll
            -‐ ´ヽ、 _..<´         /.   ¨ ̄l三:/       .l:l
        .。oS゚      \            /  '.     V∨        lニl
        /        , ´` <      . ´    ',     ∨      l三:,
      '           /  .>'  ` -  ´        l     l        l:三:',
.       '       , '   .>´               .- ヽ    l        .l三ニ:',
      |    , '  >´     _ ..       /     ゚。   .l      | ̄ ̄。
     ゚。 ./ . ´      ¨  ̄                。  .l       |
      〉' /                     '            l           |    ∨
.       / ./                   /  i          .         |     ′
      / .                  /-‐  l       l    ∨    .|       ∨
.     / ./l.                  ,          l               ′     。      ′
    / ./ .| 、                /     '      .l         .     ∨    。       ∨
.   / ./  | \            /       .´' .        l      ′    ',、       ′
  / ./  .l  |` -  _  .  '       ′ / '  l              ∨     ゚So。   ∨
. / ./     .|              '‐ ´ '     .l      l         ′       ゚So。 ′
/ ./    l  .|              /      .l       l          \         ゚So。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
小悪魔 「LWCO」
コーラサワー 「おはようさん
平和は俺噛みだと予測してるぜ

あと占いは全員が怪しいな
普通にお空真想定で行ってもいいと思うぜ俺は」
比那名居天子 「おはようじょ」
艦隊のアイドル 「お空の発言強度で真占いっていう感じはしないから那珂ちゃんはお空は見なくてもいいかなーって感じかな
ちくわの占い方が狂人のそれじゃない気がするかなー。狂人ならもっと灰を占って狼を囲うようにするんじゃないかな
そして死体無しが出て●を出すのは狼っぽくはないから大尉は非狼目で見る
って感じ!」
お空 「お疲れ様ー。」
紫木一姫 「はーい霊能COですー」
豊聡耳神子 「おはよう。
一つ確かなことはどうやら呪殺に期待してはいけない、ということかしら。
どの占い師が真であっても呪殺が出る状況とは思えませんからね。
まあ、占い師の処遇については指揮者に任せるのが良いでしょう。」
比那名居天子 「ふむ?」
糸色望先生 「おはようございます
おくうさん真で騙りの●なら鉄火場ですがね
舵取りは共有に任せて灰を見てます

コーラ&ほむらについては狼視点占いに
狐交じりが見えてない限り噛み入ると思うんですよね
なので狩人の日記次第ですが今生存している占い
に真がいなくてもそこもは放置」
初音ミク 「お疲れさまです」
小悪魔 「ちくわは狂人ならCOおねがい違うなら詰んでる」
比那名居天子 「なんですって」
紫木一姫 「ありゃ」
暁美ほむら 「おはよう」
できない子 「ん…ちくわの真切っていいでしょこれ
ここで共有に投票はミスだとしてもどーかと

ん…コーラとほむらは放置でいいとして…気になるのは変わらず絶望先生か」
乙女座の大尉 「あー・・・しまった。 狩人だったか・・・その可能性も考えはしたが・・・」
艦隊のアイドル 「・・・んー・・・」
ちくわ 「占いCO
コーラサワー○>ほむら○>できない子○」
森野夜 「んー?」
糸色望先生 「へ?」
GM 「お疲れ様」
零崎曲識 「まぁ、大尉真だったのだろうなという」
紫木一姫 「お空とミクは狼ですー」
蒼星石 「……なんか、朝一から変なCOが見えた」
ちくわ 「引き続き追いかけ占いだ
ぶっちゃけ追いかけてたら●引けると思ってる」
比那名居天子 「ふーむ」
森野夜 「ああ、ローラーされるから信用勝負が成り立たないって理屈かしら」
できない子 「ん…LWCO??」
小悪魔 「ああよかったマジないす>姫ちゃん」
森野夜 「割りと信用して良さそう」
暁美ほむら 「うん」
比那名居天子 「小悪魔狼は信じるとして」
コーラサワー 「俺の灰視ダメダメじゃねーか!」
糸色望先生 「え?共有初日?」
ちくわ 「あ、撤回するのな
じゃあ俺も撤回するわ 共有だ」
小悪魔 「で狐は把握してるから」
紫木一姫 「なので小悪魔キープの狐狩り始めるですよー」
艦隊のアイドル 「お、おう・・・?」
森野夜 「ああ、そういうこと>霊の共有撤回」
乙女座の大尉 「そしてすまない、初日は占ったつもりになってた 夜が遅いなと思って見直したら、私が占っていなかった>GM」
森野夜 「えっ」
小悪魔 「げっ。そこ狂じゃないんだ」
豊聡耳神子 「それだけで切る気はしなかったがね。>できない子」
零崎曲識 「小悪魔 ちくわ以外からグレラン」
できない子 「ん…零崎、相方初日?
…って思ったら、ちくわ共有!?」
比那名居天子 「えん?」
初音ミク 「蒼星石が粘ればなんとかなりますかね」
暁美ほむら 「なら信じていいのかしらね。」
ちくわ 「というか霊能アーマーだなんて聞いてなかったわ
撤回しようとしたら誰か居座ってた・・・」
森野夜 「…………それはやめましょう。やめましょう。>占い騙り続行」
蒼星石 「ああ、そこで共有。」
糸色望先生 「お、おう>共有の占い騙り」
小悪魔 「昨日狐噛みだしなんでも協力するから最後までのこしてもらっていい?>姫ちゃん

吠え数とかもちゃんと指定どうりにする」
コーラサワー 「俺も含めんのか?>零崎」
紫木一姫 「え、本当ですー?>零崎>ちくわ」
比那名居天子 「狐把握してんだ
って狐噛みだったの?昨日。」
豊聡耳神子 「ふむ、合っているのか。」
森野夜 「まあ信じて良いでしょ普通に。昨日どこを噛むかって話になるけれど」
暁美ほむら 「あれ、そこなの」
できない子 「…真共狼狼-真!?」
コーラサワー 「あ、結果撤廃すんのかとかそういう意味な」
艦隊のアイドル 「えーと、つまりどういうことなの?
ジグザグが霊能、ちくわとロリコンが共有?」
ちくわ 「つまりだ・・・お空が狼で、真狼-真 
狂人と狐が恐らく生存ってことだな」
GM 「無事だったんだから大丈夫やで>大尉」
零崎曲識 「真狂狐で小悪魔狐、があるかどうかか」
小悪魔 「じゃあとりあえず呪殺はないね。なら引き分けいけるでしょ」
比那名居天子 「そりゃ灰で噛む場所って
コーラほむらしかいないでしょ」
乙女座の大尉 「そうか、そしてお空は狼の遺言騙りか

私を含めて4COになったので、狐が混じっているとばかり思っていた」
森野夜 「初日狐噛み。
恐らくは呪殺対応の噛みだったはずだから」
糸色望先生 「灰を見ると言ってもなんか灰がつかみづらいんですよね
占いロラるって言ってる神子さんが狐目
できない子さんが死体なしに気が付くのが遅かったのが素村っぽいぐらいしか

ってきのうの夜書いてたのにあんまり役に立たないことに絶望したぁ!!」
蒼星石 「まあ、じゃ、コーラサワーと共有・霊除いて全灰ランでいいんじゃない」
初音ミク 「ひとまずご飯食べてきます」
豊聡耳神子 「また素晴らしい内訳になったものだね。」
紫木一姫 「>小悪魔
協力すると言うなら狐の位置を教えるですー」
小悪魔 「がんばれww超グレランがんばれ」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ>初音」
零崎曲識 「大尉の○は含めない」
できない子 「ん…じゃ、大尉は真で見ていいんじゃないかな
つまりコーラは村と」
糸色望先生 「え?初手から灰噛み?」
比那名居天子 「小悪魔狐なら
お空狼まで見抜いて
即LWCOするかなって話」
小悪魔 「姫ちゃんのCO前に朝一番LW告げた私が」
ちくわ 「いや、あれ共有GJだろ?
ぶっちゃけ一姫」
豊聡耳神子 「それは協力とは言わないと思うが。>紫木一姫」
蒼星石 「え? この状況で大尉偽の場合ってあるの>大尉の○を含めない」
乙女座の大尉 「合格点の仕事は、できたと思って良いだろうか?」
艦隊のアイドル 「狐探すのしんどいよねー(だるーん」
コーラサワー 「ならほむらあたりか?
灰ならできない子かアイドル吊りてーけど」
小悪魔 「それいったらゲームにならないでしょ>姫ちゃん
後で狐の恨み事検討会で聞きたいならおしえてもいいけど」
紫木一姫 「>とじこ
強力な協力を要請するですー」
暁美ほむら 「さすがに本当のLW以外無理でしょ」
できない子 「ん…小悪魔はLWで問題無いとして」
艦隊のアイドル 「グレランなんだからグレーランダムだよねぇ」
比那名居天子 「ちくわは狂なら
狂COした方が狼のためなんだけど」
小悪魔 「多分それしたら狐ガン切れするとおもうからどうしようかなー」
糸色望先生 「大尉狂人誤爆しかない気がしますが
というか大尉が狐囲ってるなら小悪魔さんが噛むでしょう」
零崎曲識 「個人的には撤回せず、最終日ちくわ 小悪魔 僕を目指したい所だったが」
森野夜 「ほむら噛みか。有り得なくはないけど発言位置の低さをどう見るか」
小悪魔 「いや、大尉真だよ」
蒼星石 「それこそ、コーラを狂人として見るキリリくらいな感じだと思うけどね
>コーラ吊るなんて言い出したら」
艦隊のアイドル 「大尉の○がグレーじゃあないと思うよ、うん」
森野夜 「ああ、いやないわ。
小悪魔の○なのに噛む意味がない」
GM 「1w吊って1w見つけた占いが落ちる試験あるんですかね…」
ちくわ 「なので
小悪魔(LW) 零先 一姫 コーラサワーを除いてグレランだ」
小悪魔 「大尉能力発動おそかったもん」
森野夜 「なのでそこは恐らく村」
コーラサワー 「オイオイ、まるで俺様が途中で死んでいるかのような発言だな?>零崎」
豊聡耳神子 「真占い師の該当者が乙女座の大尉以外にないので、コーラサワーはあって狂人になるね。」
できない子 「ん…狐探しゲー、ねえ…」
糸色望先生 「大尉の○ってコーラでしょう?」
ちくわ 「あ、俺も除いてくれ頼む」
森野夜 「昨日灰を噛むってことは、即ち占いを噛まないってことだから」
零崎曲識 「まぁ、大尉誤爆も一応は視野だが」
小悪魔 「まだ狩人いるからなー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
乙女座の大尉 「欲を言えばきりがないからな。

今日呪殺を確定できればなおベターであったとか、色々」
紫木一姫 は 蒼星石 に処刑投票しました
比那名居天子 は 暁美ほむら に処刑投票しました
コーラサワー は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
小悪魔 は コーラサワー に処刑投票しました
森野夜 は 糸色望先生 に処刑投票しました
暁美ほむら は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
艦隊のアイドル は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
蒼星石 は 暁美ほむら に処刑投票しました
乙女座の大尉 「・・・そして、今気づいたが 共有の占い騙り、霊能の共有騙りか」
糸色望先生 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
ちくわ は 暁美ほむら に処刑投票しました
豊聡耳神子 は できない子 に処刑投票しました
零崎曲識 は 糸色望先生 に処刑投票しました
できない子 は 森野夜 に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
乙女座の大尉 「面白い戦術を取ってくるものだ、自分が盲信されてさえしまわなければ悪くはないと思う」
比那名居天子 は 暁美ほむら に処刑投票しました
できない子 は 森野夜 に処刑投票しました
コーラサワー は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
豊聡耳神子 は できない子 に処刑投票しました
ちくわ は 暁美ほむら に処刑投票しました
森野夜 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
小悪魔 は 暁美ほむら に処刑投票しました
蒼星石 は 暁美ほむら に処刑投票しました
艦隊のアイドル は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
暁美ほむら は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
紫木一姫 は 蒼星石 に処刑投票しました
糸色望先生 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
お空 「狐吊り殺すのかー、面白い。」
乙女座の大尉 「私が落ちた以上、狐は吊るしかないからな。

私真で進行するなら、狐狙いの投票は、自然だと思う」
お空 「いや引き分け狙いだからね、これ。」
零崎曲識 は 糸色望先生 に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「昨日の曲識くんの反応は面白かった。>おもしろい戦術」
コーラサワー は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
比那名居天子 は 暁美ほむら に処刑投票しました
暁美ほむら は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
艦隊のアイドル は 暁美ほむら に処刑投票しました
豊聡耳神子 は できない子 に処刑投票しました
お空 「おー賭けに勝った形。」
乙女座の大尉 「なるほど、ログを見てみるとしよう>零崎の反応」
紫木一姫 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
ちくわ は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
糸色望先生 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
できない子 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
森野夜 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
蒼星石 は 豊聡耳神子 に処刑投票しました
乙女座の大尉 「ああ、狼が狐を吊りに行っているという話か。 ようやく理解した>お空」
小悪魔 は 紫木一姫 に処刑投票しました
零崎曲識 は 糸色望先生 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
森野夜1 票投票先 1 票 →糸色望先生
紫木一姫0 票投票先 1 票 →蒼星石
ちくわ0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
小悪魔0 票投票先 1 票 →コーラサワー
零崎曲識0 票投票先 1 票 →糸色望先生
暁美ほむら3 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
比那名居天子0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
コーラサワー1 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
艦隊のアイドル1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
豊聡耳神子3 票投票先 1 票 →できない子
蒼星石1 票投票先 1 票 →暁美ほむら
できない子1 票投票先 1 票 →森野夜
糸色望先生2 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
4 日目 (2 回目)
森野夜1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
紫木一姫0 票投票先 1 票 →蒼星石
ちくわ0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
小悪魔0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
零崎曲識0 票投票先 1 票 →糸色望先生
暁美ほむら4 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
比那名居天子0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
コーラサワー0 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
艦隊のアイドル1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
豊聡耳神子4 票投票先 1 票 →できない子
蒼星石1 票投票先 1 票 →暁美ほむら
できない子1 票投票先 1 票 →森野夜
糸色望先生1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
4 日目 (3 回目)
森野夜0 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
紫木一姫1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
ちくわ0 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
小悪魔0 票投票先 1 票 →紫木一姫
零崎曲識0 票投票先 1 票 →糸色望先生
暁美ほむら2 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
比那名居天子0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
コーラサワー0 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
艦隊のアイドル1 票投票先 1 票 →暁美ほむら
豊聡耳神子7 票投票先 1 票 →できない子
蒼星石0 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
できない子1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
糸色望先生1 票投票先 1 票 →豊聡耳神子
豊聡耳神子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
豊聡耳神子 「ちくわ狐かと一瞬考えたが、共有者視点意味がなさそうでした。」
お空 「そうそう。 >大尉」
お空 「お疲れ様ー。」
小悪魔(人狼) 「うふふ、魔法の始まり始まり」
零崎曲識(共有者) 「ぶっちゃけ
霊能も信用できない

小悪魔のLWCO→霊能CO→空とミク狼」
比那名居天子 は 紫木一姫 の護衛に付きました
暁美ほむら(妖狐) 「潜狂に期待するなよ」
暁美ほむら(妖狐) 「吹いたわ」
豊聡耳神子 「お疲れ様でした。」
GM 「お疲れ様」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ 小悪魔はひたすらノイズをまいて、狐を生存させる役といったところか」
小悪魔(人狼) 「さて、この難題を村はとけるかなー」
蒼星石の独り言 「……」
ちくわ(共有者) 「小悪魔がほむらに変えたのでほむら狐はないと考えた」
紫木一姫の独り言 「でもなー」
糸色望先生の独り言
  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::!
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l `
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l        私気が付いたんですけど
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l        占い初日の狂誤爆とかありませんかね!?
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|         つまりこの村の内訳は狂狼共ー真だったんですよ!!
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l     __       な、なんだってー!!!???>ΩΩΩ
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ>r‐ 、
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /」
比那名居天子の独り言 「たいいはごめんええええええええええ
霊結果見えてたら護衛してたよ」
小悪魔(人狼) 「ほむらちゃんがガン白になったのでー」
紫木一姫の独り言 「初手でとじこ噛むかって言われるとなー」
できない子の独り言 「ん…? なんだろうこの票の変遷」
小悪魔(人狼) 「まず引き分けの可能性まで担保」
紫木一姫の独り言 「ほむほむもきな臭くなったしひき潰してー」
零崎曲識(共有者) 「なので可能ならケア吊りしたいが占い死亡で無理だしなぁ」
蒼星石の独り言 「僕にできたことがどこか適当なところに初手特攻しておくくらいかな。」
小悪魔(人狼) 「ほんとは狐吊って潜伏狂とPPしたいんだけどー」
ちくわ(共有者) 「とはいえ、一姫が狼なら真狼-真狼上等ってことだからなぁ」
小悪魔(人狼) 「ま、ここは妥協してあげるわ」
乙女座の大尉 「・・・ふむ 狼は既に狐を見つけているか これは駆け引きが楽しみだな」
紫木一姫の独り言 「初手で噛むって意味ならできない子くさいけれども」
豊聡耳神子 「なので、明日コーラサワーを噛んで欲しいと気づいたのが超過後だったね。>糸色望先生」
糸色望先生の独り言 「あとズザのせいで昼AAありかどうか確認し忘れた!!
絶望したぁ!!」
紫木一姫の独り言 「もしくは蒼星石か絶望先生」
紫木一姫の独り言 「てんこと那珂ちゃんかー」
ちくわ(共有者) 「2Wあるかどうか・・・か」
豊聡耳神子 「明日狐死ぬとも思いますね。」
ちくわ(共有者) 「2Wありえたら真狂-狼もあるが、小悪魔視点で狂人俺しかありえんしなぁ」
蒼星石の独り言 「僕も最終日に残る位置ではなく。
むしろ、狼が必要としているのは僕ではなく狐というのが何とも悲しく。」
零崎曲識(共有者) 「一姫は真狼
お空が一姫共有を信じたか
一姫狼で霊不在を確信してああいう遺言を残したか」
暁美ほむら(妖狐) 「ま、つきあってあげるわ。
ここまできてくれた狼なんだから」
できない子の独り言 「              .     ,イ
                . / .l
          、..,,_,,..、 .{  .', .,⊿´
           `'<__,.ィiヽ!   Y .i'>=.,   んー…狐候補は天子と絶望先生かなあ
           ,.ィ" _,〃---'゙ミ=、ヘ,_`'=.,
          / ,イ´ /     ', `㍉.',ベ=ヘ、
         ,∠/            ',}.ヽ,ヘ .)
        〆'   ,' .,' ,'   ', . ', .!  ', ',
        ./,' ,' l  l ,'    ', ',. ', .', . ', ',
        /.,'  l .l  .! ,'    i l .l ',.! .',  l ',
        ,' .l  ! .',  l !   . l!.l. l, lソ . ! i ',、',
      . l.i l .,  .i, l, ',l,     ,'l l,'ソⅥ l  l l.',Nヽ
   .     |.|从!  」,Lエ、 ',.',   .,'T丁T‐! l .l l .l.} `ヽ、
.         Ⅳl l',  .l _,V,,,_ヾ\,ノ ,=f乍┐ / /,',' !l
      . l| .ll 'ト, .',". 込} `    Vソ, / /.,'.,' .リ,
         l! .',ヘ'、 ''¨  、   ¨´ノ,イ ,' ,' ./ ヘ
           ', l >._   __   ,ィ",' ,'./X ∠~''=、
            'l .lヽヽT= ....' .i' ,'l ///: 〉’ : : : : : ゙',
           ,=',.l‐ヘヘ|、    l ,' l,'〃: : / : : : : : : : : ',
          /: : :',!: : l ,,_   ,,... /: : : : : :.{.; : : : : : : : : :',
          ,': : : : : : :.ヘ、   ./: : : : : : : : ゙l : : : : : : : : :',
            l : : : :,': : : : :`l==r": : : : : :.l : : ヽ; : : : : : : : :',」
ちくわ(共有者) 「真狼-狂な」
できない子の独り言 「霊能偽で狐?ないでしょ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小悪魔 は コーラサワー に狙いをつけました
コーラサワー は無残な姿で発見されました
(コーラサワー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
コーラサワーさんの遺言 おはようさん
平和は俺噛みだと予測してるぜ

あと占いは全員が怪しいな
普通にお空真想定で行ってもいいと思うぜ俺は
豊聡耳神子さんの遺言 村人だね。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
比那名居天子 「潜狂考えると残り2で吊りかな。」
小悪魔 「ちぇっ」
GM 「普通はこう考える。うん。
◇ちくわ(共有者) 「小悪魔がほむらに変えたのでほむら狐はないと考えた」 」
森野夜 「おはよう。

ほむら・できない子は村決め打っていいわね。」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
暁美ほむら 「おはよう」
比那名居天子 「おおかみ早い
狼はやい」
GM 「お疲れ様」
糸色望先生 「おはようございます
絶望した!!
村と狐の区別がつかなくて絶望した!!」
艦隊のアイドル 「初日に噛まれそうなところ、だよねぇ
よっぽど役職臭い人なんだろーなぁ。
神子かなーって思ったら引き分けで吊れちゃったー
あとは誰かなー」
蒼星石 「GJを避けつつ、そこ狂人ならCOしとけよ、的な噛み。」
ちくわ 「おはよう

ってかコーラサワー噛むのかよ」
コーラサワー 「これっぽっちも当たってなくてお笑いだっぜ!」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ」
紫木一姫 「てんこ、絶望先生、那珂ちゃんかなーって思うよ」
できない子 「ん…ほむらに小悪魔が票変えしてるならなおさらほむら狐は無いよね?」
豊聡耳神子 「普通……うっ、頭が……。」
比那名居天子 「コラ狩じゃないのか」
森野夜 「前者は投票と噛みから明白だと思うので割愛。
後者は、狐を噛んでそこに○撃つほど小悪魔は愚かではないので」
糸色望先生 「先にコーラ噛む…じゃなくてコーラ飲むんですね」
小悪魔 「どうしよ、なら6人夜時に狐生存時噛みしてあげるから
狩人だしてくれない?>共有」
暁美ほむら 「狐噛みだったていうならできない子はあって狂人位置」
お空 「お疲れ様ー。」
艦隊のアイドル 「んー」
小悪魔 「そうすれば残り2で吊りもないでしょ」
比那名居天子 「え、小悪魔がほむらに票替えしてるから、ほむら狐でしょ」
暁美ほむら 「アイドルも多分違うわね。
昨日の票変えは狐がやるものじゃない」
ちくわ 「できない子は分からんが
ほむらは狐薄いと思うぜ
引き分け材料を吊ろうとするのは考えにくい」
森野夜 「糸色先生吊りして、艦隊のアイドルか天子のどちらかで悩む感じ」
乙女座の大尉 「・・・昨日の状況見てお空の真を見られると、私としては非常に悲しいのだが・・・>コーラサワー」
糸色望先生 「ああ私もできない子村うちは賛成ですね>森谷さん」
蒼星石 「まあ、小悪魔の投票を素直に考えるならほむら狐は薄いかな。
そう考えることすら逆手にとって(2度目も引き分けになると読んで)、
ほむら投票しました、って可能性は今考える段階ではないかなと」
できない子 「◇比那名居天子 「ちくわは狂なら
狂COした方が狼のためなんだけど」

ん…ちくわの撤回共有CO見落として狂人の可能性触れてるのが
すごい残したくない、大尉の遺言の占い先なのも含めて」
零崎曲識 「霊能噛んでくれると精神衛生上、ありがたい」
小悪魔 「天子のいうことは理解するから」
糸色望先生 「あと私気が付いたんですけど
占い初日の狂誤爆とかありませんかね!?
つまりこの村の内訳は狂狼共ー真だったんですよ!!
な、なんだってー!!!???>ΩΩΩ」
豊聡耳神子 「なら、私が吊られてはならなかったのでしょう。」
小悪魔 「どう>姫ちゃん」
艦隊のアイドル 「そうかな、最後決戦になりそうになった辺りで票少なくしてるしなー
ずっと続けるならともかくとは思うけど
どうなんだろうねこれ」
蒼星石 「え、小悪魔的にいえば狐には残ってほしいものだと思ってたんだけど>天子」
森野夜 「…………?
ほむら吊れないと見るからこそ票変え?>天子」
糸色望先生 「あと昼AAありかどうかわからなくて絶望したぁ!!」
できない子 「ん…蒼星石が狐は薄いかなって思う
というか天使と絶望先生が本筋」
小悪魔 「そこの方針はおしえてほしいんだ。
残り2で吊るなら狐噛みも真面目にしていいよ」
比那名居天子 「え?なんであの投票でほむら狐一気に薄れるのかわかんない
この噛みでコラ狐(大尉狂の狐囲い誤爆)ないなら」
紫木一姫 「>小悪魔
私としては狩人に張り切ってバリバリGJ出してもらいたいですからねー」
GM 「小悪魔が賭けに勝ったともいう。まぁ吊るすき満々だった気もするけど(潜伏狂いるし」
乙女座の大尉 「この前の霊乗っ取りの際にも思ったが、小悪魔の中の人は胆力が半端ではないな・・・」
ちくわ 「狂人誤爆でコーラサワー狐も俺は考えたが
ぶっちゃけ噛まれてるから大尉は真でいい
真狂どっちでも真結果ならどうでもいい」
艦隊のアイドル 「それはおかしい
さらにもう一人狼いるっぽいけど
小悪魔の言うこと信じるならね>絶望先生」
コーラサワー 「いや、ミクの態度で大尉真に見えてきたからいいだろ>公」
比那名居天子 「ほむらは相対的に3日目の噛み位置だよ」
できない子 「ん? 昼AAありだよ?>絶望先生」
小悪魔 「いや、方針がわからないと6夜に噛むべきかわかんない」
豊聡耳神子 「順序が逆、かしら。できない子と暁美ほむらの。」
森野夜 「昼AAは許可だったはずよ」
糸色望先生 「(票の動きとか正直見てなかった……)」
乙女座の大尉 「ならせめて遺言書き換えておいてくれw 心臓に悪い>コーラサワー」
艦隊のアイドル 「狂人残りに賭けるってこと?>小悪魔」
小悪魔 「でもなーどうだろ。狐に勝ちゆずってもいいかーこれ」
紫木一姫 「まあいいか。狩人にCO求めるですよ>共有」
比那名居天子 「あの1票でその位置ってことを
そう簡単にゆらせちゃだめでしょ、でしょ」
紫木一姫 「しょーじき」
暁美ほむら 「んー」
小悪魔 「そーじゃなくてさー」
糸色望先生 「え?お空さんとミクさん狼ですよね?>那珂ちゃん」
紫木一姫 「で、6人夜奇数のままなら噛んでもらうです」
ちくわ 「まだ早いだろ、狩人CO求めるのは」
蒼星石 「ほむらは初手小悪魔の○→そこで囲って呪殺が出たら一気に死亡→絶好の噛み先
でも、小悪魔の2度目の票かえを見る限りだと、その線はとりあえず切っておくべきという考え>一応説明しておくと」
森野夜 「ああ、なるほど。狐噛みで生存確認して告発、そこから潜狂目当てと。
村としては出来ない訳ではないけれど。」
豊聡耳神子 「いける、と判断したかな。」
糸色望先生 「あ、ありがとうございます>昼AAあり」
艦隊のアイドル 「お空も一応占いCOしてたっしょー>絶望先生」
小悪魔 「狩人がそもそもいないぎわく」
紫木一姫 「いやまあ、正直、灰が広すぎてヤリ辛いのもあるんで」
できない子 「ん…森野と那珂ちゃんがちょっとまだ判断しきれてない
初日に大尉と同じでお空攻めてたのが森野の引っ掛かる部分、くらいで」
暁美ほむら 「狩人出てもらう日には早いわよ」
蒼星石 「狩人はー。んー。まあ、吊られそうなくらいなら出ておいてって感じなのかなあ。」
コーラサワー 「あぁ忘れてたぜ
すまんすまん>公」
比那名居天子 「だったら狼視点ありがたいんじゃないのかなって」
小悪魔 「GJでたら流石に狐噛みできないんだよねー」
糸色望先生
                         ハ/////////////////////////////////\
                       i!////////////////////////////////////\
                         i!////////| \//////////////////////∧<./ヽ
                          |l////////{  `ヾ//∧`ヾ/////////////ヾヘ `ヾハ
                          |lⅧ//.{///| `ヽ ヾ//ハ `ヾ///////////ハ }   ヾ}     みんなAA使わないからAA禁止だと思ってましたよ
                          | Ⅷf^メ!//fr z 、\ 寸/ハ / \//////////}
                       Ⅶ  Ⅶ乂_込乃、 Ⅳ/} ,ィf迩ツⅣ//ハl}///i!
                          从  ハ}|( ` ¨ ´ )=Ⅵ ` =彡)`寸刈∨/|
                          _ ....}ーz从   ̄     ` ー‐ ´  ム寸/∨i!
                    ,........´ ̄ ̄................刈ヘ              刈//{′.....
              /........./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ _  ` ´      ∧ }/八................`....
              ............./  、         \ヽ }、 ‐- 、   /  刈|.................................`
            /...../ `ヽ          、 ヽ ヽ刈       ´/  / } l.........',.........................
              ム..く    \ ,.へ  ー__ノゝ 〉 ノ ー ´  ./ ./ /  !......................................
         ,......´/..........`...、    〈.............7..|......に__.ムイ  ヽ     ´ /  }.............}........................
      /..../........................\ ○ ヽ....../... l.............| \ `「  ̄         ,′........ }.........................
      .ム.......................................〉.、__/... ,′...|.............|   ` t_○ _ ´     ,′...........,.......................
.    /........................................./.............. ,′.....|.............l      〉 ̄        /.............../............................」
艦隊のアイドル 「あぁ、そっか
3回目でほむらからはずしてるんじゃなくて2回目でほむらに入れてるんだ」
森野夜 「小悪魔は狐把握している→乙女座即噛み出来たことから真実

なら何故灰を噛んだの? 囲われ狂噛みではないのに→呪殺が出た時、噛み先に○を投げることで対応する為

って理論。>ほむら村主張」
乙女座の大尉 「あー、これ私がほむら占えなかったのが、アキレス腱になりそうだな・・・

最後の最後で詰めを誤るとは、私も大甘だな・・・」
艦隊のアイドル 「それなら狐ないかなーってなるね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
比那名居天子 は 暁美ほむら に処刑投票しました
小悪魔 は 紫木一姫 に処刑投票しました
豊聡耳神子 「やっぱりこう、頭に霧が掛かったのが間違いでした。
こんなんじゃ私、村を守りたくなくなってしまいますよ……。」
できない子 は 比那名居天子 に処刑投票しました
紫木一姫 は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
蒼星石 は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
暁美ほむら は 蒼星石 に処刑投票しました
零崎曲識 は 糸色望先生 に処刑投票しました
森野夜 は 糸色望先生 に処刑投票しました
糸色望先生 は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
ちくわ は 艦隊のアイドル に処刑投票しました
艦隊のアイドル は 比那名居天子 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
森野夜0 票投票先 1 票 →糸色望先生
紫木一姫1 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
ちくわ0 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
小悪魔0 票投票先 1 票 →紫木一姫
零崎曲識0 票投票先 1 票 →糸色望先生
暁美ほむら1 票投票先 1 票 →蒼星石
比那名居天子2 票投票先 1 票 →暁美ほむら
艦隊のアイドル4 票投票先 1 票 →比那名居天子
蒼星石1 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
できない子0 票投票先 1 票 →比那名居天子
糸色望先生2 票投票先 1 票 →艦隊のアイドル
艦隊のアイドル は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
乙女座の大尉 「・・・なるほど、今ならわかる。 天子が、なぜ「狼が落ちた」と確信できたのか。

天子は、「あの平和がGJでないと知っていた」からだ」
お空 「お疲れ様ー。」
コーラサワー 「お疲れ様だぜ」
紫木一姫の独り言 「や、まー」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ」
小悪魔(人狼) 「てんこちゃんせーかい」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
比那名居天子 は 紫木一姫 の護衛に付きました
紫木一姫の独り言 「GJ2回出してもらえるならそれでいいんですけど」
小悪魔(人狼) 「 」
艦隊のアイドル 「おや、まさかほむら狐なんだ
やるねぇ、小悪魔
おつかれさまー」
GM 「お疲れ様」
小悪魔(人狼) 「魔法にかからない偉い子はがぶがぶしてあげてもいいんだけど」
紫木一姫の独り言 「多分、出て1個なんですよね>GJ」
零崎曲識(共有者) 「小悪魔のLWCOが早かったのがやはり気にかかる」
できない子の独り言 「ん…狩人あるかもな位置吊った…」
蒼星石の独り言 「……僕のやってることって意味あるのかな……」
小悪魔(人狼) 「ちょっとGJ欲しいかな」
ちくわ(共有者) 「さてさて・・・ぶっちゃけどうしたものか」
糸色望先生の独り言
     ,...-―一―-、
   ,..::´:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   フ:::::::::::::::/);/l/};ハl        あんれー?
  ∠_::::::::::::l/ ニ  ニ lノ        何で私死んでないんですか?
   /::::::::::/ー(_)-(__)!        
   Z::::::;/     '  /
    レ;ンl`ー- _ ̄/
   / #`ヽ  /lヽ
  / #  * ヽー/# ヘ
.  !   */  # y' * l l
  l #  l *  / .# l# l

紫木一姫の独り言 「で、その場合で偶数最終日行くと、小悪魔吊るしかなくなるんで」
暁美ほむら(妖狐) 「おねーさんの得意技なのに(メタ)」
小悪魔(人狼) 「 」
森野夜の独り言 「天子の視点は狐っぽくはない」
小悪魔(人狼) 「 」
ちくわ(共有者) 「一姫と2Wってことか?」
小悪魔(人狼) 「 」
紫木一姫の独り言 「若しくは、
小悪魔「あいつが狐です!!!」
あいつ「いやいや俺狐じゃねーし!!!」になると、勝てる勝負でも引き分けちゃうというか」
小悪魔(人狼) 「紫ちゃんが一番こう交渉ができそうだから」
小悪魔(人狼) 「共有がぶがぶ」
紫木一姫の独り言 「その可能性追った場合、引き分ける勝負でも負けちゃうというか」
蒼星石の独り言 「小悪魔が5ないし6で吊られる路線だと、僕っていらない子……」
ちくわ(共有者) 「お空真で大尉狂人、俺を狐だと思ってたならどうだろうな・・・」
艦隊のアイドル 「ふーん、この投票の仕方は勉強になるなぁ。」
糸色望先生の独り言 「天子吊って―蒼星石吊って―ですかね」
零崎曲識(共有者) 「霊不在と見て、グラハムも噛まずちくわ―ぐらはむ―小悪魔の信用勝負にいけた筈なのに

引き分け上等な戦術だからなぁ」
紫木一姫の独り言 「せやから奇数進行を強制して6人夜で噛んでもらう方がよくね? みたいな?」
ちくわ(共有者) 「大尉噛んでLWCOで誤魔化せるってことになるか?」
乙女座の大尉 「・・・狐噛みで、狩人の手ごたえがなかったという可能性を、見落としていた。

そうだ・・・自分で以前言ったではないか、「噛み筋の情報を持っているのは、狼か狩人である」と。 それをわかっていながら、天子狩を見抜けないようでは、な・・・」
豊聡耳神子 「流石に狐噛み狐○はなかったですね。」
紫木一姫の独り言 「けどまーいっか」
小悪魔(人狼) 「狩人が出ない意味はあんまりない」
紫木一姫の独り言 「GJ2回出る可能性もあるんだし」
できない子の独り言 「               /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ  ん…一姫偽、あるのか?
            /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧    だとしたら見事すぎるけど…薄すぎるんだよね
            |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
              j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
               |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
               |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
                :ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .:/
                  ∧: ∨ ゞ-:::ノ  ' ヽ:j ゞ-:::ノリノ/:.
                /: ∧:_\  ̄        ̄ ∠:イ::.|
                 !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
                 };l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉
                   |/;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
                        ∧:|:!\    |_ \ハ
                   //∧:!  `  、  ∨ /∨ハ`ヽ
                    |//////ヘ     ∧ ∨  Vハ  '、
               /"`ヾ,/////ヘ   /ヾ\_j:  ∨ハ :. ヽ
                У      \////ヘ  /   `ヾo、  Vハ、:.:. j、」
蒼星石の独り言 「……め、めげないよ。共有噛み砕いてくれれば、まさかの最終日がくる……
そこに僕が立っていることが前提とか……」
零崎曲識(共有者) 「その場合、一姫偽だしLWじゃない」
蒼星石の独り言 「ふ、ふふふ」
豊聡耳神子 「ブラフ……うっ、頭が……。」
初音ミク 「ふうごちそうさまでした」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
お空 「ちくわ狂人なら出来ない投票・・・かな、多分。
潜伏狂人が居るって保障がないと。」
小悪魔 は 零崎曲識 に狙いをつけました
零崎曲識 は無残な姿で発見されました
(零崎曲識 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
艦隊のアイドルさんの遺言 素村のアイドル!
那珂ちゃんだよー!
よっろしくーぅ!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
小悪魔 「狩人いないの?」
糸色望先生
     ,...-―一―-、
   ,..::´:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   フ:::::::::::::::/);/l/};ハl        あんれー?
  ∠_::::::::::::l/ ニ  ニ lノ        何で私死んでないんですか?
   /::::::::::/ー(_)-(__)!        えらい誘導来てたから流れに任せてたのに……
   Z::::::;/     '  /
    レ;ンl`ー- _ ̄/
   / #`ヽ  /lヽ
  / #  * ヽー/# ヘ
.  !   */  # y' * l l
  l #  l *  / .# l# l
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
ちくわ 「おはよう」
比那名居天子 「あ、共有しんだ」
乙女座の大尉 「最後の最後に、一番やってはならぬ占い方をしていたということか。

私の、今回の大きな反省点の1つだな」
GM 「お疲れ様」
紫木一姫 「んー」
比那名居天子 「ちくわしか残ってねぇ」
暁美ほむら 「おはよう」
コーラサワー 「お疲れ様だぜ」
豊聡耳神子 「思考時間を奪いに掛かりました。」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ」
初音ミク 「お疲れさまです」
ちくわ 「えーっと・・・相方と話し合ったんだが」
艦隊のアイドル 「おっつかれーぃ」
できない子 「ん…なんか怖くなった
吠えが妙に多い…小悪魔1人で稼いでる感じじゃない印象が…」
小悪魔 「狩人出して欲しい、いないならいないで
ちゃんと狐いきてたら噛むから」
蒼星石 「小悪魔が1/3の賭けに勝った、ということでいいや」
ちくわ 「相方ーーー」
お空 「お疲れ様ー。」
紫木一姫 「GJ出ると最高引き分けなんですよねえ」
森野夜 「おはよう。」
初音ミク 「そもそも3分で全てできるならば」
比那名居天子 「ふーん」
初音ミク 「超過即でいいんですよ」
紫木一姫 「2回出るなら最高だけど」
蒼星石 「その場合、紫木が偽になるけど>できない子」
ちくわ 「一姫偽の可能性があるんじゃね?ってことで
ケア吊りしておこうかって空気になってた」
暁美ほむら 「それ霊偽になるわよ>できない子」
森野夜 「天子の昨日の思考はやや狐らしくはない、かな。」
初音ミク 「考えさせる時間与えると気づく可能性でてくるので」
比那名居天子 「できない子の意見
私も昨日考えた
だからそれも良いかなっては思う」
零崎曲識 「お疲れ様だ」
できない子 「ん…ものすごく0に近いけど、一瞬思い浮かんじゃったんだ>蒼星石」
コーラサワー 「>◇比那名居天子 「ちくわしか残ってねぇ」

ツボったw」
艦隊のアイドル 「ほんとにね>ミク」
比那名居天子 「霊ケア。ありです!」
小悪魔 「共有、別に狩人かくしていいことないよー。
私交渉の約束やぶらないから>ちくわ」
紫木一姫 「>ちくわ
別に吊ってもいいですけど、
それって私の意見をちゃんと理解しようとせずに「なんとなく偽!」って程度の話だからはあ、なんだけど、まあいいんじゃないですかねー」
森野夜 「小悪魔―紫木で両偽の可能性?」
乙女座の大尉 「私が生きている間に超過即されなくて、本当に良かったな・・・

遺言や占い理由含めて、超過までに全部完了していた日は、1度もなかった」
比那名居天子 「というよりは」
蒼星石 「その場合って小悪魔ー紫木の2Wって線が濃厚になるけど
あんまり追う気はしない、ってのが僕の素直な感想」
紫木一姫 「実際霊能狐でまける村とかもあるんで。
推理の上でそう思うならいいんじゃない?」
できない子 「ん…天子どうなんだろうなあ、ここでほむら投票に固執してるってのが
逆に狐っぽくなくなってきたっていうか…」
ちくわ 「小悪魔のLWCOが余りにも早かったことと
霊能初日なら、大尉残して信用勝負できたはずってこと
それらを加味すると一姫と連携取れてたことになるので

一姫-小悪魔で2Wありえるか?ってことらしい」
森野夜 「個人的には反対」
比那名居天子 「小悪魔あの段階で、まだ戦えたとおもうのよね」
暁美ほむら 「あの流れを偽霊でできるかって気はしないし
それできて一姫-小悪魔の2Wになるし(LWCOから)」
小悪魔 「じゃあいいよ」
初音ミク 「ちなみに私は相談に結構使ったあとそこから色々始めるので余裕で200すぎます(真顔」
紫木一姫 「んーw」
糸色望先生 「普通に狩人に共有守っとけでいいと思うんですけどね>霊能偽」
蒼星石 「ああ、なるほど。
まあ、その発想には同意できる>天子」
艦隊のアイドル 「割となんとかなるなる
占い師でそれができなかったら銃殺対応なんてできないしね>大尉」
小悪魔 「だから6の夜に生きてたら狐かんであげるってはなしをきけええええwwwww」
紫木一姫 「そういう推理に殉じるのも経験だしいいんじゃない」
比那名居天子 「戦えないというなら、それは○に狐かなって思う
んでないならやっぱ霊騙りか」
ちくわ 「というわけで、すまんが一姫吊らせてくれ」
小悪魔 「おまいらあwwwwwwww」
できない子 「ん…まあ狩人生き残ってるならちくわ護衛でいい場面だよね、これ?」
森野夜 「ふむ。お空が潜伏占い遺言残してたから、ローラーになっちゃって駄目ってことかなーって解釈したけど」
糸色望先生 「え?霊能吊るんですか?」
コーラサワー 「なるほど、本当に場の運び方が上手いなぁ」
蒼星石 「ただまあ、狐把握してるというのなら、
狐位置を保護しつつの引き分け路線にシフトした、って考えもできるので」
紫木一姫 「>小悪魔
私からのお願い。このまま奇数進行なら6人夜で狐噛んであげてw」
ちくわ 「6の日だろ?どうぞ
狩人出るのどうせ明日だから問題ないだろ」
小悪魔 「明日共有噛んでGJでてー」
乙女座の大尉 「私は、占い理由を書くのが遅くてな・・・

あの程度の分量でも、占い先を決めてから書き終えるまでに、超過してしまうのだよ>アイドル」
できない子 「ん…つまり狐は今日の時点でまだ生きてるのは確定、と」
紫木一姫 「狩人はCOしてやってね!」
蒼星石 「え、ホントに吊るんだ。
まあ、確かにそうすれば面倒な憂いはなくなるけど……」
暁美ほむら 「え、本当につるの?」
小悪魔 「そんときめんどいでしょー」
初音ミク 「あ、なんかワンチャンスきたこれ」
零崎曲識 「狐は吊れそうにないな」
森野夜 「小悪魔―お空で2Wなら確かに、LWになるのは既定路線ではあるはず」
紫木一姫 「やー」
ちくわ 「グレランで1W吊れて2W残りだと俺は信じてる・・・信じてる」
紫木一姫 「だからGJ出たら無理なんだってw」
糸色望先生 「普通に噛めなりなんなりでいいでしょうに
霊能偽なら占い4COで大尉偽でとかなるんですけど」
比那名居天子 「ふんす。
ほむらさえ吊れてれば良かったんだけどね。」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃんもあんまり得意じゃないよ!
だから発言引用もしないにゅあんすな占い理由が多いよ!>大尉」
初音ミク 「遅くていいので狼占うのはやめましょう」
森野夜 「そね。天子の意見に納得したので霊吊り反対は取り下げるわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小悪魔 は ちくわ に処刑投票しました
蒼星石 は 紫木一姫 に処刑投票しました
紫木一姫 は 糸色望先生 に処刑投票しました
比那名居天子 は 紫木一姫 に処刑投票しました
初音ミク 「占い理由?全部勘で済まして納得してくれるならそれが一番いいです」
乙女座の大尉 「占い師が人外避けて占ってどうするwwwww

真確定の圧殺ゲーならまだしも>ミク」
ちくわ は 紫木一姫 に処刑投票しました
艦隊のアイドル 「死体無しの日の●は非狼目
やっぱり割と使える気がするなー」
初音ミク 「納得してくれない人がみんな噛まれて死ねばいいんですよ」
できない子 は 紫木一姫 に処刑投票しました
初音ミク 「楽しい楽しい信頼勝負しましょうよ」
暁美ほむら は 紫木一姫 に処刑投票しました
艦隊のアイドル 「あ、那珂ちゃんは人外狙う気あんまりないかな。
気になったところの色を純粋に見たいだけーって感じの」
初音ミク 「50%で勝てるようになるんですよ!」
乙女座の大尉 「まあ、私の占い理由は、そもそも感覚によるところが大きいのだが>アイドル」
糸色望先生 は 森野夜 に処刑投票しました
乙女座の大尉 「誘導かける時もそうだが」
森野夜 は 紫木一姫 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
森野夜1 票投票先 1 票 →紫木一姫
紫木一姫6 票投票先 1 票 →糸色望先生
ちくわ1 票投票先 1 票 →紫木一姫
小悪魔0 票投票先 1 票 →ちくわ
暁美ほむら0 票投票先 1 票 →紫木一姫
比那名居天子0 票投票先 1 票 →紫木一姫
蒼星石0 票投票先 1 票 →紫木一姫
できない子0 票投票先 1 票 →紫木一姫
糸色望先生1 票投票先 1 票 →森野夜
紫木一姫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
コーラサワー 「お疲れ様だぜ」
お空 「お疲れ様ー。」
紫木一姫 「お疲れ様」
森野夜の独り言 「投票したつもりになっていたわ。危ない。」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
小悪魔(人狼) 「こう・・・・姫ちゃん、約束は極力守ったげる(ほろり」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ すまなかった・・・私が信用を取り切れぬばかりに」
GM 「ひめちゃんがわざわざ小悪魔LWにするのはないんじゃね。騙りで」
初音ミク 「狼的にも狐排除できて最低50%保証される信頼勝負は悪くないのでもっと増えていいと思います」
糸色望先生の独り言 「天子狂人に見えるのはきっと気のせい」
紫木一姫 「まあなんとゆーか」
零崎曲識 「真実に近づいた人間が一人>○に狐だから戦えないと判断した」
艦隊のアイドル 「なんかー、この人こんなこと言ってた気がするから占うよー
って感じかな>大尉」
小悪魔(人狼) 「あのさー、どういう推理よまじで」
GM 「お疲れ様」
糸色望先生の独り言 「んー…霊偽…?」
艦隊のアイドル 「あれ、ジグザグが吊れてるー」
紫木一姫 「いいんじゃない?」
初音ミク 「あ、お疲れさまです。霊能引いた時のかなさんくさい動きが見えてない時点であまあまでした」
蒼星石の独り言 「いっそ狂人COもありかなーいやないなー」
糸色望先生の独り言 「んーよくわかんないですが」
できない子の独り言 「ん…お空と大尉で真狂は確定、でいいかな」
小悪魔(人狼) 「いやいいんだけどーw」
零崎曲識 「お疲れ様」
ちくわ(共有者) 「残り3吊りか・・・
7>5>3>1」
できない子の独り言 「ん…いや違う
大尉真のお空狼も充分ある」
小悪魔(人狼) 「てんこ狂じゃないのかしら」
紫木一姫 「まあいいんじゃないかなあ」
森野夜の独り言 「んーっと。まあ狩人は出しても良かったのかもしれないけど」
蒼星石の独り言 「いや、引き分け路線目指すならありなのかなー」
できない子の独り言 「むしろそっちが本筋か」
小悪魔(人狼) 「5で吊りっていうのは超非狂要素だけど」
できない子の独り言 「昨日小悪魔がここで霊能吊らせるために
ああいう吠えをしてた可能性もあるけど」
乙女座の大尉 「今回の反省点でもまとめておくとするか・・・時間はたっぷりあることだ」
小悪魔(人狼) 「初日狩人かコーラサワー狩人以外いきてるし
蒼星石狩人じゃないの?」
暁美ほむら(妖狐) 「天子と森野の発想がいちいち視点が村よね。
私が一切考えられないこと」
蒼星石の独り言 「7で僕吊5で狐目吊ったけど村吊り→狐生きてれば噛みで4引き分け」
できない子の独り言 「振り回されてるのなら一姫にはごめん」
ちくわ(共有者) 「小悪魔 狼
ほむら 狼
一姫 狐
できない子 狼

最悪でこんなところだろう
森野と天子が狩人あるかな?ってところか」
暁美ほむら(妖狐) 「少なくとも小悪魔戦えたってのは納得だけど」
蒼星石の独り言 「狐目吊り2連よりはーんー」
初音ミク 「こっちとしては内容触れないでアイドル決戦挑んでおけば占われなかったので」
零崎曲識 「というかまぁ
占いいないからケア吊り無理だから噛んでくれると精神衛生上楽という話だったのに
何故か吊るという話になってたからなぁ」
ちくわ(共有者) 「違った、一姫狼でほむら狐、か」
小悪魔(人狼) 「蒼狩人っぽいんだけどー」
比那名居天子 は ちくわ の護衛に付きました
糸色望先生の独り言 「大尉真で霊偽なら…狂人か狐は死んでる」
初音ミク 「そこ反省ですかね。確かに言われてみると浮いてるんで怪しくはみえますか」
森野夜の独り言 「霊乗っ取りならできない子狼はある」
ちくわ(共有者) 「まぁ、俺死ぬだろうな
GJはないだろう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小悪魔 は ちくわ に狙いをつけました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
紫木一姫さんの遺言
霊能結果。
お空●、ミク○●

霊能COですー。
うん? このムーブのメリット?
姫ちゃんがこの退屈な役職から楽しさを感じられることですー

ってーことでお空完璧偽 + お空投票者(森野夜 , ちくわ , 比那名居天子 , 乙女座の大尉 , 糸色望先生)
そしてお空の投票先の蒼星石は非狼目、
更にはおとめ座視点で2W吊りということを念頭に頑張って欲しいですー
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
紫木一姫 「森野がどうしよーもなく村で、
てんこが次点で村で」
森野夜 「どっち噛み?」
乙女座の大尉 「確かに、あの単発がなければ、素通りしていたと思う」
糸色望先生 「おはようございます」
紫木一姫 「あーあーGJ出ちゃった」
比那名居天子 「狩人日記
2夜
護衛 乙女座の大尉 死体 狐噛み

小悪魔の発言量はたしかに真っぽいんだけど
どの占いもそれなりに危機感がないというか
一個あるとすれば、狩ないからお空吊ろうっていう
大尉の発言くらいなんだよね

3夜
護衛 ほむら 死体 大尉

うわぁ。狐噛み。ってことは大尉非狐は確定。
んで噛まれそうなところっていうと小悪魔しかないかな。
ほかコーラ狐。ほむら狐。はあるけど。やっぱ可能性低いよ。
真吊ったとして、灰護衛
小悪魔噛まれたとみて、ほむら護衛

4夜 護衛 柴木 死体

大尉はごめん!霊結果みえてたら護衛してた
潜狂考えると実は余裕ないよね。

5夜=以下略

6夜 小悪魔
コーラサワー 「さてさて」
暁美ほむら 「どっちよ」
森野夜 「狐かGJか」
蒼星石 「ちくわ噛みだと思うので、狩人はCOしたらいいと思うよ」
小悪魔 「はい、共有かんであげたよ」
比那名居天子 「共有噛み」
できない子 「ん…死体無し?」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃん狼の投票に踊らされちゃったなー
投票見るのもあんまり良くないねぇ。騙されちゃうよ。」
初音ミク 「狩人チェック」
紫木一姫 「偶数最終日どうすんだ」
糸色望先生 「じゃあ天子さんは小悪魔さん護衛でゴーゴー」
比那名居天子 「んじゃ明日小悪魔吊るとして
今日をがんばろう」
ちくわ 「えっと。。。狩人はCO頼む」
蒼星石 「じゃ天子除いてラン」
小悪魔 「おっけ、じゃあ今晩狩人噛みで6狐いきてたらもっかい噛みしてあげてもいいかな」
森野夜 「んー? 狼主張と天子の狩人日記が咬み合わない」
できない子 「ん…天子狩人?
…ごめん、途中で思いっきり疑ってた」
紫木一姫 「てんこ吊り。4灰2吊りで2人外」
小悪魔 「だーーーーかーーーーーーーらーーーーー」
ちくわ 「うん、天子狩人だよな・・・うん」
暁美ほむら 「明日吊る意味はないわよ」
森野夜 「小悪魔は共有噛みって言ってるけど、天子は小悪魔護衛でGJ出ない護衛してるわよね」
比那名居天子 「今日共有護衛だ
小悪魔は理由の書きかけ」
糸色望先生 「え?狐嚙みになってますが>森の」
比那名居天子 「めんご!」
小悪魔 「だからださないと狐証明できないってんでしょ」
できない子 「ん…ここで天子狐で小悪魔がそこ噛んだ可能性?」
糸色望先生 「ああ理由の方ですか」
紫木一姫 「だいぶ小悪魔の良心に頼る感じになっちゃうけれど、うんー」
蒼星石 「ああ、ほんとだ>日記」
森野夜 「ああ、まあ朝一で共有噛みって言ってるからまあ信用していいかな」
小悪魔 「昨日の姫狐なわけないでしょ
真吊りよ」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃん久しぶりの素村楽しかったー
でも素村だとなんか狐見られちゃうねぇ」
森野夜 「◇比那名居天子 「共有噛み」」
ちくわ 「いやもう、ぶっちゃけるとだな
村視点で狐居るかどうかは問題じゃないんだ
吊れなかったら俺らが未熟だったってことでな」
小悪魔 「ちくわー、ちゃんと方針いってよ」
艦隊のアイドル 「そういえばコーラはどうして那珂ちゃん狙いだったんだろ?」
できない子 「ん…となると、森野か絶望先生…かなあ」
初音ミク 「というよりあっこでLWCOするなら信じてもいいんですけどね」
蒼星石 「天子噛みー? ないと思うけど。
だとしたら、ここでさすがに対抗が出てくるべきだと思うんだ僕」
暁美ほむら 「本当に共有でいいのよね」
小悪魔 「これだけ協力体制ひいててなんでわざわざ自滅するの?
はっきりいって狐生きてるから多分まけるよ>ちくわ」
コーラサワー 「なんかうさんくせぇ
以上>那珂」
蒼星石 「……いや、狐いるかどうかが問題なんでしょ>ちくわ」
初音ミク 「まぁなんか2Wいるのに4日めにLWCOしてた時もありましたけど」
ちくわ 「で、このままGJ出ずに4の最終日に狐が残ってたら
小悪魔が告発して引き分けにすればいいってこと」
暁美ほむら 「天子狐だというなら共有護衛させといて最終日抜かれたら狐だったって考えればいいのよ」
比那名居天子 「本当に共有で良いよ
共有噛まれると
狐候補に私も入って、結局灰が多くなるだけだし」
紫木一姫 「いやまあ、小悪魔狼でLWCO早過ぎね?ってのは理解できる」
糸色望先生 「なんか村が役職疑いすぎてて怖いです
私が楽観的なだけでしょうか?」
小悪魔 「明日てんこ噛まないは灰護衛で非狐われちゃって積むからできないんだよー」
艦隊のアイドル 「なんだ、理由だけど理由じゃないんだね・・・」
森野夜 「今日灰吊り。
明日奇数になったら灰吊り続行。」
GM 「番長がLW騙りしてるの見たことあるぞ」
できない子 「ん…初日から噛まれる位置、となると
森野の方か?」
比那名居天子 「狂人いるかのうせいあるんだよ>4最終日」
紫木一姫 「理解できるけど、
そういう考え方もあるって以上の理解を示せないので納得できるお話じゃない」
比那名居天子 「だから明日」
艦隊のアイドル 「まぁ、那珂ちゃんも理解できるかなー
占い吊る辺りで良いとは思うし」
森野夜 「んー?」
小悪魔 「明日吊らないでよ?それさえ保証すればもっかい噛みしたげるから>ちくわ
5の夜に」
糸色望先生 「あー小悪魔護衛よりもそっちの方がいいですね>ほむら」
蒼星石 「んー……? よくわかんない。要は今日も狐目吊りってことでしょ。
問題は、明日をどうするかってことで、その辺の方針に違いがあるとは全く思ってないんだけども」
できない子 「んー…絶望先生が狐なら初手から噛まれるかっていうと微妙…」
小悪魔 「私だって勝ち狙ってるんだから」
比那名居天子 「小悪魔の○どっちかでいいよ、もう」
艦隊のアイドル 「でもするってことは何かしらのメリットがあるんだろうな、嘘でもホントでもって感じはするから
一応ホントで考えてみる感じ」
森野夜 「そうね。天子共有護衛。
狼には今日狐噛んで貰って、奇数にして貰う」
糸色望先生 「別に負けないよりはいいと思いますけどね>最終日狂人いて引き分け」
ちくわ 「ううむ・・・分かった
天子は小悪魔か俺護衛で」
初音ミク 「そもそも狐残ってるかどうかでしかないから」
ちくわ 「○ランしとこうか、小悪魔の」
できない子 「…なら、森野か蒼星石が狐、かなあ」
小悪魔 「昨日姫が非狐なのは理屈でわかるよね?
昨日の吊りって私と姫の狼狼主張で

狐はあんなLWCOつげにくるかーw」
比那名居天子 は できない子 に処刑投票しました
森野夜 「そのまま連噛みで偶数になれば引き分け
これでいいでしょ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
紫木一姫 「一週回って正解か!!」
小悪魔 は 比那名居天子 に処刑投票しました
蒼星石 は できない子 に処刑投票しました
ちくわ は 暁美ほむら に処刑投票しました
初音ミク 「でもどうなのかなー吊れるのかなー」
糸色望先生 は できない子 に処刑投票しました
紫木一姫 「ああ吊れねーくさい」
暁美ほむら は 蒼星石 に処刑投票しました
艦隊のアイドル 「○ランなら噛んでからの○よりは噛まれる前の○な気がするかなぁって那珂ちゃんは思う」
初音ミク 「天子噛んで」
お空 「そう簡単には吊れないよね、あんな投票見せられたら。」
紫木一姫 「常識的に狐に○出す狼いないもんね。そりゃそうだ>アイドル」
GM 「流石にできない子狐で噛んで○ださんしょ・・・」
初音ミク 「噛んで○撃って呪殺対応箇所増やすテクニック・・・」
豊聡耳神子 「うっ……、頭の中に霧が……。」
艦隊のアイドル 「どーなるのかなっ(わくわく」
森野夜 は 蒼星石 に処刑投票しました
できない子 は 暁美ほむら に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
森野夜0 票投票先 1 票 →蒼星石
ちくわ0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
小悪魔0 票投票先 1 票 →比那名居天子
暁美ほむら2 票投票先 1 票 →蒼星石
比那名居天子1 票投票先 1 票 →できない子
蒼星石2 票投票先 1 票 →できない子
できない子3 票投票先 1 票 →暁美ほむら
糸色望先生0 票投票先 1 票 →できない子
できない子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
艦隊のアイドル 「それ効率的じゃないと思うよ・・・>ミク」
お空 「お疲れ様ー。」
紫木一姫 「小悪魔が票読めるプレイヤーかどうかの話でしかないしな>投票」
コーラサワー 「お疲れ様だぜ」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
できない子 「ん…お疲れ様」
GM 「お疲れ様」
比那名居天子 は ちくわ の護衛に付きました
初音ミク 「私もそうおもう>那珂ちゃん」
艦隊のアイドル 「おっつかれー」
できない子 「…ごめん、ちょっと怒った」
初音ミク 「お疲れさま」
森野夜の独り言 「小悪魔の○ランの理由が分からない。
いや天子がほむら吊りたいのは別に良いけど」
紫木一姫 「お疲れ様」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ・・・引き分け以下だな」
森野夜の独り言 「なんで狐噛んでできない子囲いしてるのって話で」
蒼星石の独り言 「まあまだ狐が残ってるならほむらとしか思わないんだけどね」
森野夜の独り言 「うーん」
小悪魔(人狼) 「わたしこれ狐にかたせよ」
森野夜の独り言 「負けそう」
小悪魔(人狼) 「なめすぎ、交渉」
紫木一姫 「でいいと思うよ>小悪魔」
艦隊のアイドル 「いや、効率悪いのが奇策だけど
それってちょっと奇策すぎるよねって那珂ちゃん思っちゃう>ミク」
できない子 「ん…一応遺言には書いたけど」
森野夜の独り言 「一応できない子吊りは、霊偽ケースの3匹目ではあるんだけど」
暁美ほむら(妖狐) 「なんでだろう>できない子吊り」
糸色望先生の独り言 「みすったなーできない子狐で噛んだなら○じゃなくて
●打つよなー」
蒼星石の独り言 「どうしたものかなあ。」
小悪魔(人狼) 「ごめん、お仲間、私ちょっと無理だわ、この交渉する人たちと
仲良くするの」
森野夜の独り言 「狐狙い釣りでできない子行ってるなら違う気がする」
糸色望先生の独り言 「投票してから気が付いた」
ちくわ(共有者) 「狐探しをサポートすると提案するくらいなら告発すればいいんじゃね?
ってのは言っちゃダメなんかな・・・」
乙女座の大尉 「・・・負けるか。 私がほむらを占えていれば良かった。

これに関してだけは、「どうしたらそうできたか」はわからないが・・・」
森野夜の独り言 「弱ったわ。」
蒼星石の独り言 「狼の意思に全面的に従うって姿勢しか取れないわけだけど」
できない子 「…絶望先生は気付いたか」
お空 「私は初日落ちたから何も言えないうにゅ。」
糸色望先生の独り言 「いや待てうっかり狐嚙みで狐に○投げちゃったとか?」
初音ミク 「まーねー。ただ露骨すぎるとすぐバレちゃうしねー難しいよね―」
艦隊のアイドル 「いやぁ、それだったらほら、ミク吊れてなさげだしね>大尉」
糸色望先生の独り言 「んー紫木さんが人外であそこから撤回するかなー
よくわかんない」
小悪魔(人狼) 「っとくればーくればー」
ちくわ(共有者) 「初手狐噛み・・・狩人狙いで狐ヒット?
そうなると初期に狩人気配があったところが狐?」
豊聡耳神子 「小悪魔の発言がそのうっかりをするとは思えなかったのはある、が。」
小悪魔(人狼) 「深呼吸。さて、どうしようかな。一旦おちついて
零崎曲識 「お疲れ様」
紫木一姫 「私と小悪魔の2Wって成立しないでしょ」
ちくわ(共有者) 「森野とかになるが、届かないな」
小悪魔(人狼) 「とりあえずこうしよう」
糸色望先生の独り言 「森野ー翠星石吊吊りたいんだけど通らないよなー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
紫木一姫 「ミク○出しゃいいんだもん」
艦隊のアイドル 「ぷらずまさんが初日に落ちるってなんか珍しいよねー」
乙女座の大尉 「いや、天子を占った日だ>アイドル

天子占いは100%私のミスだから、その日に何としてでもほむらを占うことができれば」
小悪魔 は 比那名居天子 に狙いをつけました
比那名居天子 は無残な姿で発見されました
(比那名居天子 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言           __    _
           ̄ヽ、`Y´/ _`-―-、
         / ̄ヾ、 } レ ___\
       /, ィニニ大 ヾ‐-、    ヾ`
       ,イ ´          ヽ\   \    ん…村人CO
     /             、 }ヽ `ト、ヽ
.    /   ,       :ト        i ヽ} `ヽ`
.    ,'  f: :i    :| ヽ :|、   |   ヽ :}
    i   l  :ト     |  | | ヽ   |    } ヽ
    | i、 {  :| \  :|  !/  ヽ |   :/ト_ヽ
    | ハ ヽ |.┃ \|  ┃  }ハ  l/ \ `
    レ  ヽ : :ト┃       ┃   } :| )イ、 \   …あのさ、私が狐で初手に噛まれたなら
       \{         " イ  ト {   ̄   霊能初日と見える状況私に小悪魔が●出して
      ,.-‐l .iヽ _  -  . イ.ー} ノ‐-、   吊らせにかかるでしょ?
        }=- !ノ_    ¬‐-=ニ三|/三三i    普通そう思わない?
     /三三三三≧=-_    ̄ー=三゙、
.     /_ ̄ー=三三三三三三≧=-___ヽ
   /==` 、  ̄ーニ三三三三三三三三ミ、
  {/ ̄ ̄ ̄ `ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ヽ
比那名居天子さんの遺言 ちくわしか守ってねぇ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
初音ミク 「私も思った」
小悪魔 「狐生きてるけど吊っていいよ
昨日のでもう交渉する気が失せたから噛んであげないっぽい」
比那名居天子 「うわあ最悪」
紫木一姫 「お疲れ様」
GM 「お疲れ様」
お空 「私が村人遺言ならまだしも、占い遺言だものね。
一姫=小悪魔はないない。」
糸色望先生 「昨日投票して気が付きました>できない子さん」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
暁美ほむら 「私もそう思ったわ>できない子の遺言」
お空 「お疲れ様。」
コーラサワー 「更新されねぇ」
できない子 「ん…お疲れ様

ああ、霊能はごめん、変な邪推しちゃって」
蒼星石 「ちくわの方針がどちらなのか、ということ。」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ すまない、最後に君を占ったのは私がいけない。

君は、狩人であることを教えてくれていたのにな」
ちくわ 「だよなぁ・・・できない子が狐なら●食らってるよな」
初音ミク 「狐噛んで●投げると非常に狐暴れるから投げないよ>できない子」
小悪魔 「普通に推理できる人なら姫ーできない子の吊りで狐つれてるわけないって
わかるだろうけど、なんかもーいいや」
蒼星石 「いろいろ考えた結果一周回った気がするけど謝らない>できない子遺言」
コーラサワー 「重!なんかすんげー重!」
森野夜 「まあ姫・できない子吊りは狼狙いの吊りよね」
ちくわ 「いやぶっちゃけ、狼から狐サポート貰うくらいなら
狼は告発すればいいんじゃないの?って思うわけでな」
できない子 「んー? そこは狐次第ってのもあるからなんとも>ミク」
小悪魔 「明日噛んであげれる自信がない。だって厳しいもんもっかい
狐が生き残るの」
紫木一姫 「最悪っつーか。ありうる内訳と推理を混同して、狼舐めすぎた結果じゃろ」
暁美ほむら 「なんで正直吊った狐候補って神子とアイドルで
そこで吊れてなきゃどぼん」
コーラサワー 「あぁやっと見れた」
比那名居天子 「あーもう。ぶれた私が悪い。
ほむら狐もっとおせばよかった!もう!くやしいな!”」
小悪魔 「まあ多分こんなこといいつつ噛んであげるけど 」
艦隊のアイドル 「ほむらが気になったならほむら占いはありうるけど
早い段階で対抗の○占いはあまり歓迎されない物でもあるから、違和感がない限りはほんとただのIFっぽい>大尉」
糸色望先生 「え?今日小悪魔吊るんですか?」
蒼星石 「狐生存してるとなると、一度は切ったほむら狐路線しか出てこないんだけども
というより、ほむらが生存している状態で小悪魔吊りは割とギャンブルだと思う」
暁美ほむら 「正直怖すぎるんで吊りたくない」
小悪魔 「確実に狐勝つよ>今日私吊り」
森野夜 「正直な話をすると」
初音ミク 「噛まれて●は殺しにかかってるからそれなら狐抵抗してもいいと思ってる
噛まないで●なら褒めてそのまま沈んでもいい
なお特攻された場合はry」
ちくわ 「ううむ・・・今日が最後のグレランで
明日子悪魔吊るしかない」
できない子 「ん…でも蒼星石潜狂は読めなかったな」
森野夜 「潜狂残ってるなら引き分けで良いのではないかという気がしてきたわ」
乙女座の大尉 「もちろん、ほむら占いはIFでしかないし、絶対占えたとはとても言えない。

ただ、天子以外を占うことは十分できた、という話であって>アイドル」
蒼星石 「最悪引き分けを覚悟してでもほむら吊りを目指すべきかなあやっぱ。」
糸色望先生 「ぶっちゃけ霊能偽ならお空さん真で大尉偽でとかなるんで
大尉偽で囲いがサワーしかないのに大尉噛みませんよ」
小悪魔 「昨日てんこが共有以外護衛する可能性がある時点で
私狐噛めないっての。護衛指示聞く玉かあいつ」
森野夜 「ほむら狐はほむら噛みの理由が私には分からないので」
初音ミク 「というより」
ちくわ 「指定していいなら指定しとくが」
森野夜 「蒼星石はそこ吊りたいならその点説得してね。」
森野夜 「指定は別に要らない。」
できない子 「んー、むしろ狐狙いのグレランでなんで那珂ちゃんが
吊れたのかって方が疑問だったなあ」
艦隊のアイドル 「なるほど、それなら良いけど
多分ほむらは占ってなかったんじゃないかな
良くて那珂ちゃんか神子を占ってのこの二人のどっちかの吊り回避ってところじゃないかなぁ>大尉」
小悪魔 「いきのびろよーwがんばれきつねw」
暁美ほむら 「どうしても吊りたいとこがあるならとしかならないわね」
零崎曲識 「僕的にはそれで一姫偽の可能性も追う事はできる、ではあるが
だからと言って決断的に吊ろうと言い切った訳でもないのでなんとも言えない>一姫」
糸色望先生 「ほむらサンるって霊能吊った意味なくないですか」
蒼星石 「4日目、5日目あたりで一度説明したけど。
ほむらは初手小悪魔の○→そこで囲って呪殺が出たら一気に死亡→絶好の噛み先>森野」
初音ミク 「すでに狼いない状況だからどこ占ってもいいんじゃないかな
そりゃ生きてた場合に狩人占ってるのはマイナスなんで修正できればってとこは反省点かもだけどね」
艦隊のアイドル 「あれれ?那珂ちゃん狐に見られてなかったの?
うさんくさいって言われたのに>できない子」
蒼星石 「なのかなあ>絶望先生」
森野夜 「>蒼星石
噛み先対応すれば別に呪殺出ても死なないでしょ」
ちくわ 「まぁグレランで頑張るしかないな
村3居るならきっといけるだろ」
蒼星石 「でも、まだ生存している灰で、2日目夜に噛まれる先ってもうそこしか残ってないでしょこれ」
森野夜 「あの時点では霊能初日に見えていたのだし」
コーラサワー 「那珂ちゃんは存在がうっさんくさいんだけど
どの陣営ともいいきれない胡散臭さなんだよな」
糸色望先生 「ぶっちゃけ霊能が偽であそこで撤回する意味がちょっとよくわかんないですね>蒼星石」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
比那名居天子 「ちょっとへこんでくる」
できない子 「ん、私視点だと天子と絶望先生へのロックがちょっと外れてなくてね>那珂ちゃん」
小悪魔 は ちくわ に処刑投票しました
GM 「オイル漏れてたんじゃない?>うさんくさい」
初音ミク 「まぁ確かに」
蒼星石 は 暁美ほむら に処刑投票しました
艦隊のアイドル 「それいつもの那珂ちゃんの動きだからどーしようもないね」
豊聡耳神子 「解体しなくては……。(使命感)」
艦隊のアイドル 「あ、アイドルはオイルなんか漏らさないんだから!」
紫木一姫 「>零崎
まあなんともいえへんよなあ」
初音ミク 「私も狩人なら「うん共有護衛する^^」っていってシレっと灰護衛してるかな」
零崎曲識 「それと、個人的に引っ掛かったのは撤回霊能COと結果が分けられてた事かな」
ちくわ は 蒼星石 に処刑投票しました
暁美ほむら は 蒼星石 に処刑投票しました
コーラサワー 「この鯖まだ慣れてなくてな
村民のスタイルがまだ把握しきれてねーんだよ」
お空 「狂人吊りの方が難易度高いなぁ。」
艦隊のアイドル 「まぁ、天子吊るよりは那珂ちゃん吊れる方が良かったんじゃないかなぁ
普段の村では>できない子」
糸色望先生 は 森野夜 に処刑投票しました
初音ミク 「狐の代わりに狂人が」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃん1年ぶりくらいだから村民って言えるのかどうかかなー」
森野夜 は 蒼星石 に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
森野夜1 票投票先 1 票 →蒼星石
ちくわ1 票投票先 1 票 →蒼星石
小悪魔0 票投票先 1 票 →ちくわ
暁美ほむら1 票投票先 1 票 →蒼星石
蒼星石3 票投票先 1 票 →暁美ほむら
糸色望先生0 票投票先 1 票 →森野夜
蒼星石 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紫木一姫 「見難いかな、っていうのと、
LW速報伝えるためやね>分けた」
お空 「お疲れ様ー。」
初音ミク 「割りとかわらないよ>コーラサワー」
コーラサワー 「お疲れ様だぜ」
紫木一姫 「お疲れ様」
蒼星石 「よし。引き分け。」
小悪魔(人狼) 「さて、噛んであげようか」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ」
艦隊のアイドル 「ありゃりゃ、狂人お疲れ様」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
初音ミク 「お疲れさま」
森野夜の独り言 「糸色は単純な狐っぽさで言えば一番だけど」
できない子 「ん、お疲れ様」
小悪魔(人狼) 「村のためじゃない」
蒼星石 「お疲れ様。」
小悪魔(人狼) 「私が勝つため。」
GM 「お疲れ様」
小悪魔(人狼) 「というわけでほむら明日投票しよっと」
暁美ほむら(妖狐) 「ちくわ噛むなら勝つけど
灰噛むなら引き分けにしてあげる>小悪魔」
紫木一姫 「これでなあ。小悪魔が狐噛んでくれるならって感じ」
コーラサワー 「俺なんかそもそもここ今日で丁度10回目だからな
まだ雰囲気わかんねーぜ!」
小悪魔(人狼) 「(うそです」
糸色望先生の独り言 「んーわからん」
森野夜の独り言 「初日だけ見ればね」
糸色望先生の独り言 「吠え多くてコワス」
蒼星石 「ってあれー。>狐噛むの」
森野夜の独り言 「ただここでの私投票とか見ると違うのかもなあって」
小悪魔(人狼) 「明日ほむらが吊れたら潜伏狂といきのびればよくて」
小悪魔(人狼) 「ほむらがいきてたら引き分け保証の」
糸色望先生の独り言 「お空真ならほむら非狼
大尉真なら1w吊れてる」
小悪魔(人狼) 「狂が勝てばいいと」
できない子 「んー、ちょっとgdgdすぎたなあ」
豊聡耳神子 「潜伏狂人候補がこう、狭いような。」
小悪魔(人狼) 「私は狼陣営だから自陣営の勝ちしかめざさないわ」
艦隊のアイドル 「てきとーでいいんじゃないかな
どんな人も大概受け入れてくれるし>コーラ」
紫木一姫 「すっげー、これ、村負けた方がいいんじゃねえの的展開だけど、
うーん…………」
小悪魔(人狼) 「あおーん!」
糸色望先生の独り言 「そして紫木が偽なら狼狐狂人のどれかは吊れてる」
小悪魔(人狼) 「ただできない子とアイドルと蒼で狂しんでそw」
糸色望先生の独り言 「うわぁ村人をビビらせに来てる……」
コーラサワー 「そのてきとーで真っ先に気になったのは那珂ちゃんとできない子だけどな!
お空は村打ちしてたし」
森野夜の独り言 「霊乗っ取りがどこまであるか」
乙女座の大尉 「しかし、また占い引いて負けるのか・・・」
ちくわ(共有者) 「・・・嫌な予感しかしない」
蒼星石 「あー。んー。吊られに行ったの失敗か、その路線だと。」
ちくわ(共有者) 「ち く わ」
森野夜の独り言 「ほむら―小悪魔であの投票が出来るか、という話に戻るけど」
小悪魔(人狼) 「明日ははや噛みするわね」
零崎曲識 「というかまぁ
あって狼、という読みだったので
最終的にケア入れるなら残り5or6で小悪魔吊って対処という話だと思ってた」
初音ミク 「住民傾向的にはロジックよりってのはよく言われてるね
パズルハメてくみたいなやりかた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小悪魔 は 暁美ほむら に狙いをつけました
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
コーラサワー 「ちげーわ、空気が全然
だから感覚が狂う
富士の樹海ってこんなカンジなんだろーな」
小悪魔 「ファイッ」
糸色望先生 「いるのか…」
ちくわ 「・・・狐残ってるのか」
暁美ほむら 「ハズレでしたと」
できない子 「ん…貴方のせいじゃない
占い師としては灰狼を1人吊って1人引き当てた
あとは私達の甘さだよ>大尉」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃん村っぽくても占われなさそうなところはひとまずしね!って感じで投票ぶっこむ>コーラ」
暁美ほむら 「今日だけは指定のほうがいいでしょう」
小悪魔 「あんたあれだけ非狐って推理でわかるとこつっておいて
意外そうにしてるのにわたしはびっくりよ・・・・?>ちくわ」
乙女座の大尉 「すまないな・・・前に金糸雀で占い引いた時の負け方がトラウマでね・・・>できない子」
豊聡耳神子 「同じ国でも人が違うとまた空気がどうこう。」
ちくわ 「ラス1分で指定する」
零崎曲識 「お疲れ様」
森野夜 「○確認の為の狐噛み、というのは話としては聞くけれど。
うーん。やっぱり私糸色狐だと思うわ」
糸色望先生 「森野さんの反応ないんですが」
蒼星石 「村の路線は別に霊吊りは楽させてありがとうってだけだったけどね」
できない子 「ん…ちくわにほむらが指定できるとはあまり思えないんだけど」
小悪魔 「狐つってね、狂とPPして勝つから」
小悪魔 「私最初から勝利しか目指してないから」
暁美ほむら 「銃殺対応考えて噛む場合どっちになるかってことよね」
蒼星石 「あとはべつに普通じゃないの」
森野夜 「昨日小悪魔吊りたがらない所とか。
狂人の可能性はそこありそうだけど」
艦隊のアイドル 「そういえば昔やる夫村のカナリアンを急増させたプレイヤーがいたらしいぜ>大尉
2,3年前に」
糸色望先生 「狂人のこりとかやめて怖い」
森野夜 「狐の動きかと言われるとそうではない。」
できない子 「んー、レアケ脳に囚われすぎた;」
初音ミク 「私は狼っぽい、非村っぽい、感覚あわないっぽいが投票基準かな
感覚合わない人のこってそこがこっち疑ってると死ぬから」
森野夜 「糸色狐に関しては、初日の生存欲という部分が全て。」
零崎曲識 「今回はあんまりに小悪魔のLWCOが早すぎたので僕は余計な勘繰りを入れてしまった感じかな>一姫」
乙女座の大尉 「リプレイには、よくカナリアンの話題が出てきていたが、その辺とも関係がありそうだな>アイドル」
ちくわ 「噛み先知ってる狼は実は銃殺対応不要だったりするがな
大尉噛む時点まで村役を噛んでないから」
小悪魔 「ランでもいいけどねーわたしちくわ投票だし」
糸色望先生 「狐の動きとか言われても村人と大差なくてわかんないです(ないです」
豊聡耳神子 「答え③、現実は非情である。」
小悪魔 「でも霊能つったのは焦った」
森野夜 「ざざーっと発言見て、一番眼が滑ったのがここなので」
小悪魔 「あれなんで釣ったの?」
小悪魔 「ごめんねーキツイ勝負つきあわせて>狐」
艦隊のアイドル 「なんか気になるっぽい
発言が村勝ちに向いてるように見えないっぽい
話が合わないっぽい
最後吊れそうにないor最後絶対に残りそうっぽい

この辺りかな、那珂ちゃんの投票基準」
コーラサワー 「つか一番の違いは、村人の思考がまず理解できてねーんだよな俺
「こいう場面はこう!」「吊るんならこう!」
そんな空気がな
これ掴めねーと俺まず思考するにすら至れねーきがするぜ!」
糸色望先生 「あそこで霊能吊る意味がよくわかんなかったです>小悪魔」
ちくわ 「え? 霊能偽で小悪魔と組んでる可能性アルト思った」
艦隊のアイドル 「リプレイは大体そのさらに数年前だぜ>大尉」
小悪魔 「まあ頑張れ。ここがお互い正念場っと、あとはや噛みするよ」
ちくわ 「指定 森野
違ったらすまんな」
小悪魔 「今晩はや噛みするからねー」
暁美ほむら 「霊への触れ方みると割りと対照的」
森野夜 「霊吊りは後悔はしてない。
できない子吊りは頭抱えたけど」
豊聡耳神子 「勘。(キリッ)」
糸色望先生 「ここでブースト入れるなら森野さんじゃないんですか」
GM 「LWCOは早くてなんぼじゃない?霊能結果あとにLWCOはちょっとな・・・
大尉噛みって潜伏霊能いるだろうっていうのだし」
できない子 「やっぱそこ指定飛んだか…私のせいもあるけど」
糸色望先生 「狂人のこってませんように」
紫木一姫 「>零崎
でもまー、緋色さんやとそれ推理のとっかかりで、推理そのものやあらへんやろ」
蒼星石 「おけおけ」
乙女座の大尉 「私は、その4つのうち、上2つを投票根拠にしているな>アイドル

あとは、「村の発想に見えない発言をしている」あたりか。 まあ、この理由で誘導すると、しょっちゅう外れるのだが・・・」
森野夜 「私狐で小悪魔残し主張する必要がない、と言っておくわ。」
紫木一姫 「森野ー」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃんはそういうときは「何故ここを噛んだのか」って考えるかなー
今回は「初手で噛まれそうな狐」で探してたんだよね>コーラ」
小悪魔 「狂人のこってますように」
ちくわ 「理由は初日狩人狙いの噛みなら
印象が狩人に近いところが噛まれると思ったからだ
絶望はまぁ・・・ないだろ」
紫木一姫 「そこすっげえ村だったように思うんだけどな」
森野夜 「変更よろしく。
無理ならまあ引き分けで。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 「僕のやったことがあんまりに無意味すぎてどうしようかと思ってたけど
最終的に報われるみたいでちょっとだけうれしい」
森野夜 は 糸色望先生 に処刑投票しました
初音ミク 「潜伏霊能はたぶんいるっていうのが2夜の狼の一致した意見」
小悪魔 は ちくわ に処刑投票しました
暁美ほむら は 森野夜 に処刑投票しました
ちくわ は 森野夜 に処刑投票しました
糸色望先生 は 森野夜 に処刑投票しました
9 日目 (1 回目)
森野夜3 票投票先 1 票 →糸色望先生
ちくわ1 票投票先 1 票 →森野夜
小悪魔0 票投票先 1 票 →ちくわ
暁美ほむら0 票投票先 1 票 →森野夜
糸色望先生1 票投票先 1 票 →森野夜
森野夜 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
艦隊のアイドル 「那珂ちゃんも森野疑う気なかったなー
ほーむ」
コーラサワー 「まず俺GJだと思ってたからな俺!>那珂」
紫木一姫 「お疲れ様」
小悪魔 は 暁美ほむら に狙いをつけました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
森野夜さんの遺言 少なくとも狐把握しているのが本当ならば、暁美ほむらは非狐で決め打てるはずよ。
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
初音ミク 「そこ吊るセンスはないなぁ」
コーラサワー 「お疲れ様だぜ」
小悪魔 「ほむら狐
私とほむら相互
共有とそこは」
糸色望先生 「ぐぬぬ」
暁美ほむら 「ちくわ、あなたが小悪魔に入れること」
森野夜 「そっち狐かー。ごめんね。」
できない子 「ん、お疲れ様」
小悪魔 「じゃあ引き分け処理おねがいね」
初音ミク 「光速の噛み」
お空 「お疲れ様ー。」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
GM 「お疲れ様」
艦隊のアイドル 「森野おっつかれーぃ!」
零崎曲識 「あれ
とんかつさんは鉄鯖の人ですか?

見かけた事がある様な」
暁美ほむら 「絶望先生が私、あなたが潜伏狂人の可能性考える場合これが最善」
紫木一姫 「あーあ。だいぶ狼の良心に頼ってこうやもんな」
小悪魔 は 暁美ほむら に処刑投票しました
小悪魔 「ほむらに投票済」
暁美ほむら は 小悪魔 に処刑投票しました
ちくわ 「結局こういうオチか・・・」
コーラサワー 「早苗のほうだぜ俺は>緋色
鉄はここよりも少ねー気がする」
小悪魔 「ほらー処理はっきりして、私もガチャガチャで勝つ気ないから>ちくわ」
暁美ほむら 「一応改めて支持出しておくといいわ」
糸色望先生 「でしょうね共有は絶対狼投票が引き分けの鉄則でしょうし」
小悪魔 「私はほむらに投票すんでる」
零崎曲識 「お疲れ様」
糸色望先生 は 暁美ほむら に処刑投票しました
初音ミク 「早苗民だよ>ボルトキープ」
できない子 「んー、なんか申し訳ない」
蒼星石 「まあ、うん。
最初にほむら投票した私が言うのもなんだけど、ほむらしかあの日の噛み先なかったよねこれ」
ちくわ 「俺と小悪魔 → ほむら
ほむらと絶望 → 小悪魔

すまんな・・・」
暁美ほむら 「私の提案が双方にとって最適なものなのは理解してると思うから」
蒼星石 「>灰で死体なしなら」
暁美ほむら 「違う」
小悪魔 「そそそ」
小悪魔 「慌てない慌てない」
豊聡耳神子 「(頭に霧が掛かって)済まんな。」
森野夜 「初手○噛みをやる必要はないかなって思ったけど。ちょっと凝り固まり過ぎていたみたい。」
ちくわ 「ん、俺と絶望逆か」
GM 「共有が狐投票はアカンでwwwwwwww」
暁美ほむら 「それは絶望先生狂人のとき狼が勝つ」
糸色望先生 「え・わたしもうほむらに入れましたよ?」
初音ミク 「その支持潜伏狂人残ってるとだめなんだけど」
糸色望先生 「そうそう>ちくわ」
零崎曲識 「ああ、早苗でか>見かけたの」
艦隊のアイドル 「お、おう・・・?」
小悪魔 「ちくわはほむらでしょ?」
できない子 「…引分処理の仕方、知らないのか」
ちくわ 「絶望と小悪魔 → ほむら
ほむらと俺 → 小悪魔

絶望が狂人の可能性あったな・・・すまん」
暁美ほむら 「違ってそうだけどね」
初音ミク 「ほーらいさんその辺怪しいと思う」
小悪魔 「狂じゃないよね>絶望」
小悪魔 「はやくやろー」
糸色望先生 「違います>小悪魔」
ちくわ は 小悪魔 に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
艦隊のアイドル 「那珂ちゃん引き分け処理したことないから実はとっさにでたとしてちゃんとできるかわからないんだよねぇ」
初音ミク 「というかちゃんと引き分け処理出来る人ってあんまいないとおもうけど」
ちくわ は 小悪魔 に処刑投票しました
小悪魔 は 暁美ほむら に処刑投票しました
糸色望先生 は 暁美ほむら に処刑投票しました
暁美ほむら 「一応昨日絶望先生か森野噛んで私狐訴えても引き分けには応じたでしょう」
暁美ほむら は 小悪魔 に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
初音ミク 「私も若干怪しいし」
糸色望先生 は 暁美ほむら に処刑投票しました
暁美ほむら は 小悪魔 に処刑投票しました
小悪魔 は 暁美ほむら に処刑投票しました
豊聡耳神子 「私も怪しい。(震え声)」
ちくわ 「これでいいんだな・・・
ほむら狐は逆にないと思ったのが間違いだったか」
GM 「ぼくひきわけしょりできないんでしょしんしゃ」
ちくわ は 小悪魔 に処刑投票しました
再投票になりました( 3 回目)
暁美ほむら 「3夜にあまりに狼が不憫で」
ちくわ は 小悪魔 に処刑投票しました
糸色望先生 は 暁美ほむら に処刑投票しました
暁美ほむら は 小悪魔 に処刑投票しました
小悪魔 は 暁美ほむら に処刑投票しました
再投票になりました( 4 回目)
10 日目 (1 回目)
ちくわ0 票投票先 1 票 →小悪魔
小悪魔2 票投票先 1 票 →暁美ほむら
暁美ほむら2 票投票先 1 票 →小悪魔
糸色望先生0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
10 日目 (2 回目)
ちくわ0 票投票先 1 票 →小悪魔
小悪魔2 票投票先 1 票 →暁美ほむら
暁美ほむら2 票投票先 1 票 →小悪魔
糸色望先生0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
10 日目 (3 回目)
ちくわ0 票投票先 1 票 →小悪魔
小悪魔2 票投票先 1 票 →暁美ほむら
暁美ほむら2 票投票先 1 票 →小悪魔
糸色望先生0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
10 日目 (4 回目)
ちくわ0 票投票先 1 票 →小悪魔
小悪魔2 票投票先 1 票 →暁美ほむら
暁美ほむら2 票投票先 1 票 →小悪魔
糸色望先生0 票投票先 1 票 →暁美ほむら
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2014/02/11 (Tue) 15:17:00
初音ミク 「うるせーだまってろ>GM」
できない子 「ん、お疲れ様」
豊聡耳神子 「お疲れ様です。」
森野夜 「お疲れ様。」
蒼星石 「お疲れ様ー。
狼は最後まで残れないでごめんねー。」
紫木一姫 「おつかれ」
初音ミク 「お疲れさまー。おねーさんすまぬーすまぬー」
お空 「お疲れ様ー、初日吊られごめんねー。」
GM 「お疲れ様」
コーラサワー 「お疲れ様?ってとこだな」
糸色望先生 「お疲れ様です」
艦隊のアイドル 「お疲れ様ー」
ちくわ 「すまねぇ・・・」
小悪魔 「おっけいおっけい」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ。 ・・・村の皆には、すまないな」
できない子 「…なんか狼にも狐にもごめん
霊能吊りは変なレアケに囚われすぎた」
比那名居天子 「霊吊りは問題ない
もう一つの可能性つぶさなかったのがほんと×
へこむ」
艦隊のアイドル 「GMに比べたら那珂ちゃんとか完全初心者!」
暁美ほむら 「まあそうよねえ>蒼星石狂人」
乙女座の大尉 「今回の反省点

①初日に、占い先投票忘れで超過し、狼に占い欠けなしを悟られる

→投票は、せめて超過入る前にもう一度目視確認しよう。

②最後、狩人を占ってしまった

→「噛み筋の情報を知っているのは狼か狩人」、この原則に乗っ取れば
 「お空が狼」と断言できるのは、狐生存を知っている狼か狩人。
 だとすれば、天子は非狐目であり、狼でなければ狩人ということになる。

 この結論に、占う前にたどり着けばこのミスは回避できた」
零崎曲識 「お疲れ様」
紫木一姫 「>ちくわ
もーちょいあれだよ。
「こういう内訳がある」っていうのと、「こういう内訳だ!」っていうのを分けて考えて」
初音ミク 「狩人COすべきかどうか迷って即COできんかった」
糸色望先生 「森野さんは申し訳ない
狐と見てしまいました>森野さん」
蒼星石 「6の日は」
コーラサワー 「俺なら護衛してたぜ
ミク●の後からだけどな!>大尉」
森野夜 「霊吊りは今考えても理解出来るので後悔はしない。
できない子の日にほむら吊れないのはごめんね。」
豊聡耳神子 「本日の反省点、頭に霧が掛かった。(真顔)」
紫木一姫 「>てんこ
小悪魔のLWCOが早過ぎるってんならさ」
森野夜 「>糸色
貴方視点だと攻撃してくる私殴るのは正しいので問題ないわ。
こちらこそごめんなさい。」
比那名居天子 「霊は
撤回してほしかった
くらいかな。
狩としては。」
乙女座の大尉 「ほむら占いが出来たかどうかについても考えたが、これは本当にIFの世界である上に、

3昼までの発言を見て「多分できなかった」と判断したので反省点からは外した」
小悪魔 「というか普通に交渉できないのは問題あると思うけど」
できない子 「正直、小悪魔の○ランって言われた時に
私吊れたのは本気で「は?」だった」
紫木一姫 「2パターン考えられるじゃん」
艦隊のアイドル 「那珂ちゃんは小悪魔にすっかりだまされたよー
あの投票すっごいよね、かっこいいー>小悪魔」
ちくわ 「狩人っぽい奴は狐の法則で
森野が狩人狙いで噛まれた狐だと思ったわ」
零崎曲識 「なんというかまぁ
スタンダートが一番だなという村だったと思う」
暁美ほむら 「3日目フリーズしたわ」
コーラサワー 「小悪魔が上手に引っ掻き回した、でいいんじゃねーの?
交渉したいんなら寧ろ黙ってりゃいいわけだし」
糸色望先生 「いえやはり
あなたの言うとおりできない子吊の日ですねやはり…>森野」
紫木一姫 「まず村が追った私偽。
もう一つ。信用勝負で『絶対勝てないっぽい』可能性。
それが今回じゃない?>初手○狐」
小悪魔 「違う違う」
小悪魔 「狐が生きてる時点で今まさに負けようとしてる陣営という意味で
村と狼対等なのわかってないっていうかー」
森野夜 「初手○狐が勝てないとは私は思わないので」
比那名居天子 「そ、その可能性も言ってたよ
それつぶせなかったのが心残り

6日目
◇比那名居天子(61) 「ふんす。
ほむらさえ吊れてれば良かったんだけどね。」
◇比那名居天子(41) 「戦えないというなら、それは○に狐かなって思う
んでないならやっぱ霊騙りか」
◇比那名居天子(33) 「小悪魔あの段階で、まだ戦えたとおもうのよね」
GM 「潜伏狂人がいると思うんなら狐狙いより狂人狙いだけどね。>5の日」
小悪魔 「ぐっ!>アイドル」
できない子 「天子が狩人COした時に小悪魔のほむらへの票変えの
トリックの可能性は少し浮かんだんだけど…
森野吊っちゃってたかもなあと思うと…」
小悪魔 「そこら辺ちゃんと交渉しないと無駄負け増えるよマジで」
紫木一姫 「ならいよいよできない子投票が、っていうんで凹んでたんか」
初音ミク 「普通に初手灰噛むよりは○噛む可能性のほうが高いけどね
初日霊能っぽいなら○に霊能いる可能性は見るし>ちくわ」
紫木一姫 「なるなる」
コーラサワー 「いや小悪魔嘘ついてる可能性でも見たんじゃね?」
小悪魔 「だいたいそこを理解しないで交渉決裂してお揚げになりがち。LWCOは投降じゃないもの、単に技術だから」
小悪魔 「ま、魔法成功と>票変え」
コーラサワー 「信用できる狼は死んだ狼くらいなもんだ
まぁ俺は正直に話すけどな
そのほうが村が勝手に混乱してくれるし」
艦隊のアイドル 「というか、片方が有利な条件出してもう片方が腐らず会話続けるわけないよねーって感じかな
那珂ちゃん狐噛むことを交渉するときは共有吊りだって視野にいれるしー(ぽえぽえ>小悪魔」
比那名居天子 「そゆこと
みんながそこまでいうなら

もう一個というかかすかな可能性
「うっかり狐に○あげちゃった」が浮かんで

7日目
◇比那名居天子(53) 「小悪魔の○どっちかでいいよ、も

となる」
ちくわ 「狐を引き分け交渉に使うなら
ぶっちゃけ狐は吊らないだろうなという考えだった」
小悪魔 「ほむらは楽しかったでしょw」
暁美ほむら 「よくやるわおねーさんと思ったわ>小悪魔」
紫木一姫 「んー。相手がそういうことする人に見えるかどうか、ってのは見るべきかなあ」
初音ミク 「まぁ実際2W残ってて勝ち目指してLWCOもするからそのへんは見極めかな。
でも一姫出てきてLWCOあるなら信じていいよ
一姫偽ってすごい微妙だし」
小悪魔 「うふふw>ほむら
ナイスムーブ、あなたがいたおかげで楽しいゲームできたわ」
糸色望先生 「ではお疲れ様です
同村と村立て感謝です
いやはやんー投票前にちゃんと気が付いてればほむらさん吊れたのになぁ…
んー申し訳ないです」
できない子 「んー、真の○が出ない限りは、か…
ほむらをさっさと視界外に追いたのは猛反省モノだなあ」
小悪魔 「というわけで引き分けだけどとっても面白いゲームだったから
同村者に感謝。まったねー」
暁美ほむら 「じゃお疲れ様」
比那名居天子 「理詰めもできてたし。
あそこで大声控えたのもこころのこり
役職表示が殴りにじゃまだああああああ」
コーラサワー 「まった狼は見事だと思ったぜ
ここまで村を混乱させられるのは尊敬する」
森野夜 「一応私はほむら吊りたくないとは言ってたので。票変えそのものは理解は出来るけれど。
後はなー。これをもうちょい考えるべきだったかもしれないわねとごく個人的な反省。


◇小悪魔(10) 「明日噛んであげれる自信がない。だって厳しいもんもっかい
狐が生き残るの」」
小悪魔 「ありがとね!>コーラサワー」
小悪魔 「そういってくれると嬉しいwんじゃねーw」
ちくわ 「それじゃおつかれさま」
紫木一姫 「そいではおっつー。村建てどもっした」
零崎曲識 「どうだろう
狩人出すのと伏せておくの、どっちがメリットあるかは考えてはいたけど
灰が狭まるという意味ではGJ2つよりは期待できそうな気はしたけど
んー」
豊聡耳神子 「落ち着け……そんな挑発に乗るな……。
私は太子……私は太子……。
うおおおおお、お疲れ様でした。」
できない子 「ん…これもまた次回活かしかな、
それじゃお疲れ様。また次回の村で」
艦隊のアイドル 「お空が素村じゃない何か
それで死体無しの日に大尉が●
これだけでほぼ狼二吊りは見えたかなーって感じかもしれない。
まぁ、その後で霊能と共有が入れ替わったり占いが共有だったりしてすごく焦ったけどさ。」
森野夜 「後はまあ、LWCO時の狼の発言は細かに見ておくと。交渉含め」
比那名居天子 「nuts!
やっぱほむ吊り、小悪魔吊りがモアベターだったよ」
コーラサワー 「狼は村ぐっちゃぐちゃにしてナンボだろ?

そんじゃお疲れ様
村立同村感謝するぜ
あーあ、これじゃ大佐のキッスはお預けだなー…」
比那名居天子 「たどり着けた推理だったよー。がっくりだー、」
零崎曲識 「落ちる人はお疲れ様」
初音ミク 「それじゃあお疲れさま」
小悪魔 「小悪魔(9) 「ちくわは狂人ならCOおねがい違うなら詰んでる」

この発言でほむら非狐とかんがえてくれるととかは少しかんがえてた。
さいごにぽろっと感想(でもあんまり効果なかったみたい)」
小悪魔 「であであw」
乙女座の大尉 「ほむら狐要素って、どこら辺になるだろうか

私では見れなかったので、教えて欲しい>天子」
森野夜 「じゃあ、村建てありがとう。
お疲れ様。」
比那名居天子 「君が噛まれた後だから、占いには使えない
というか狐噛み確信している。占いしてんのはなしだから。」
比那名居天子 「3日目噛む位置+小悪魔があきらめる狐位置」
乙女座の大尉 「ああ、今回使えなかったかどうかはさておき

後学のために、是非」
比那名居天子 「ってだけ。狼の小細工はもっと見抜かないとなー。
このnuts」
乙女座の大尉 「なるほど・・・確かに、ほむらは小悪魔の初手白だったな。

それを加味すれば、占えた「かもしれない」 あくまで、「かも」だが」
乙女座の大尉 「視野は広く取るのが大事ということだな・・・狐噛み平和を、見落としていた」
比那名居天子 「狼視点はGJ考えたら良いよ」
乙女座の大尉 「?」
比那名居天子 「間違った
占い視点は」
乙女座の大尉 「狼視点を考えるのであれば、「これがGJであるかどうか」を考えれば良いということか?」
比那名居天子 「今回は比較的レアだから」
乙女座の大尉 「あれ、違った 占い視点はGJ想定しても仕方ないと言いたいのか」
比那名居天子 「この展開で狐噛み濃いってなったら
毎回対抗占うはめぬなる」
乙女座の大尉 「なるほど」
比那名居天子 「まあそれはともかく
今日の大佐の占い理由は
いやらしくて真っぽかったよ」
比那名居天子 「じゃ、」
比那名居天子 「あー。くやしー。」
乙女座の大尉 「占い引いて真視取るのは割とできたりする

今回も、勝てなかったがな」
乙女座の大尉 「お疲れ様だ ありがとう」
乙女座の大尉 「私も、帰還するとしよう。

村建て同村、感謝する」
GM 「お疲れ様&来村感謝」