←戻る
【紅2187】やる夫達の普通村 [3990番地]
~100回記念初心者鍋はもうすぐ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon おおさかGM
 (dummy_boy)
[霊能者]
(死亡)
icon やる夫
 (sariel◆
2D1Rvo7Fr3aD)
[村人]
(生存中)
icon 守屋ひより
 (hiyowa◆
FKHzEy7fJRwF)
[村人]
(死亡)
icon ギャル夫
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[狂人]
(生存中)
icon クマー
 (カラス◆
kOk67gZbD6)
[共有者]
(死亡)
icon 園崎詩音
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[人狼]
(生存中)
icon サンレッド
 (絶望◆
JqzIh/uU2g)
[人狼]
(生存中)
icon 球磨川禊
 (入村業者◆
74NVkNXezo)
[共有者]
(死亡)
icon キタロー
 (とこやみ◆
L4/i/NrLmw)
[狩人]
(死亡)
icon 射命丸 文
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[占い師]
(死亡)
icon 黒神めだか
 (かな◆
X7kkkkkkkk)
[妖狐]
(死亡)
icon モーデル
 (奉夜)
[村人]
(死亡)
icon 八雲藍
 (昆布)
[村人]
(死亡)
icon 夜ノ森小紅
 (円高)
[村人]
(死亡)
icon IA
 (すがり◆
R555//ylUA)
[人狼]
(死亡)
icon 紅きヒゲ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[村人]
(死亡)
icon オルガ
 (とんかつ◆
LEaEgxSrqk)
[村人]
(死亡)
村作成:2014/02/11 (Tue) 19:46:21
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → おおさかGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 610 (おおさか2)」
おおさかGM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください


全部読む→上手い返事を考える→実際に書く


これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
おおさかGM 「ローカルルール
AAあり
初日以降の早噛みあり
狐CO遺言禁止」
おおさかGM 「20:10開始予定や 報告してくるんよー」
おおさかGM 「報告完了や」
やる夫 が村の集会場にやってきました
やる夫 「よろしくだお」
おおさかGM 「よろしくやー」
守屋ひより が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
おおさかGM 「いらっしゃい 今回も、じゃっくって呼べばええんかなー?>ひより」
守屋ひより 「おっけー>おおさかさん」
おおさかGM 「他の人たちが混乱してへんとええけどねーw」
守屋ひより 「ありそうだw」
ギャル夫 が村の集会場にやってきました
ギャル夫 「           ト VVVVVVV_ノ\    *
  ☆        \           \     ☆
         * . ハ            \      +
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   *
 +   .*     彡  〆     \ \ ヽ    ☆
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |       +
 *      .   ル从§ (● ) (<)ヾ  |    *
    *     乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ     ウィッシュ ☆ミ
      ☆     \   ∩ `ー´   /   +
   +         / ⊂  \∩ィつ ヽ
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´」
おおさかGM 「いらっしゃい キャラ濃い人が来たんよー」
守屋ひより 「こんばんわ」
ギャル夫 「お、何か見知った顔がいるっすねぇ」
やる夫 「ギャル夫は相変わらずチャラいおね
もうちょっと落ち着いてもいいと思うお」
おおさかGM 「あと、今回は基本的に20:10には開始するんよ

後ろに記念初心者鍋が控えてるから、あまり迷惑はかけたくないんよ」
クマー が村の集会場にやってきました
おおさかGM 「いらっしゃい」
クマー 「よろしクマー!」
守屋ひより 「こんばんわ
今回はAA多いなw」
園崎詩音 が村の集会場にやってきました
おおさかGM 「いらっしゃい」
ギャル夫 「それが俺のIKI☆ZAMAっすからねぇ>やる夫」
園崎詩音 「はろろ〜ん」
守屋ひより 「こんばんわ」
ギャル夫 「あ、俺っちとデートどうすっか?
色々楽しめるっすよぉ?>ひより」
サンレッド が村の集会場にやってきました
サンレッド 「うーっす」
守屋ひより 「体力的な意味で無理>ギャル夫」
おおさかGM 「じゃっくはうちと買い物の予定が入っとるから、めっ、やよー>ギャル夫」
守屋ひより 「こんばんわ」
おおさかGM 「いらっしゃい 正義の(超絶ヒモ)ヒーローさんやねー」
クマー 「なんか怖そうな人来たクマー・・・
かよわいクマーはぶるぶる震えてるクマー」
球磨川禊 が村の集会場にやってきました
球磨川禊 「『よろしくね!』」
おおさかGM 「決闘やったら速攻で鍋の具材にするんやけどねー(ボソッ>クマ」
ギャル夫 「なら一緒にどうっすかねぇ?
ダチも呼ぶっすよ?>GM」
守屋ひより 「こんばんわ」
おおさかGM 「うち、誠実な人がええんよねー そこのやる夫みたいに>ギャル夫」
(仮) が村の集会場にやってきました
おおさかGM 「いらっしゃい」
(仮) 「よろしく」
守屋ひより 「こんばんわ」
守屋ひより 「ダチってギャラない夫だよね?
奴は黒髪が好きだから…>ギャル夫」
クマー 「なんか仲良くなれそうな名前クマー>球磨川」
ギャル夫 「え・・・?ちょっと何いってるか良く聞き取れなかったっす
やる夫が誠実・・・?ありえねーっすね、割と>GM」
おおさかGM 「うふふふふー>ギャル夫」
射命丸 文 が村の集会場にやってきました
おおさかGM 「いらっしゃい」
ギャル夫 「俺っちは範囲内ならなんでもOKっすよ!ウィッシュ☆>ひより」
守屋ひより 「こんばんわ」
射命丸 文 「こんばんは、よろしくおねがいしますね」
黒神めだか が村の集会場にやってきました
おおさかGM 「いらっしゃい」
守屋ひより 「今日は取材?GMならあちらに」
守屋ひより 「こんばんわ」
やる夫 「ギャル夫になんか言われたけど聞き流すお」
黒神めだか 「めだかちゃんと呼ぶがよいッ!!」
かりた が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「こんばんわ」
八雲藍 が村の集会場にやってきました
かりた 「こんばんは」
(仮) 「(仮) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:(仮) → キタロー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3898 (キタロー)」
おおさかGM 「ほんなら、うちはあえて「黒神さん」って呼び続けるねーw>めだか」
おおさかGM 「いらっしゃい」
八雲藍 「こんばんは。」
kariっ が村の集会場にやってきました
仮武 が村の集会場にやってきました
守屋ひより 「私は「池乃さん」とでも呼ぼうかな?w」
紅きヒゲ が村の集会場にやってきました
オルガ が村の集会場にやってきました
ギャル夫 「自覚してねぇのも中々あれっすねぇ>やる夫」
守屋ひより 「こんばんわ」
仮武 「よろしくお願いします」
紅きヒゲ 「よろしくな。」
球磨川禊
三≦二zzzz_
洲州州州州州三三三フ'
州洲州州州州州洲州弋一
州州洲州州州洲州州洲ヘ
州州州洲州洲州洲州州トヽ>
州州洲州洲州州州洲州ト ヽ
州洲州州州洲州洲州州寸
洲州洲州州州州州州从 ||
州洲州洲州从{ 州T寸|不|
洲州洲州洲f', { W| !V '
州洲州洲州| 」  ' | !
从从从从j ` l    j     『うわあ……。』
ー-くく/  !   、 u. /
\三ト、>、  :::..  /
三\三>、\― イ
三三\三/>、>
三三三><三〃
三三三三三>弋、
三三三三イ三三三>
三三三レ三三三三|
三三三|三三三三三」
黒神めだか 「いい度胸だな貴様…………名を聞こうッ!!(凜っ!!」
オルガ 「よろしく頼むぜ」
kariっ 「よろ」
守屋ひより 「埋まったね
仮系統の人々は変更よろしく
準備できたら開始投票もね」
射命丸 文 「めだかちゃんさん、と」
キタロー
        __,,,,....,,,,__
      ,. '"::::::::::::::::::::::`ヽ.
   /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::',
  /::::::::::::::::::::::::/'ヽ::::!::::::::::::!
  ノ:::::/::::::;':::::::/ _二ヘ:::::i:::::::!
  イ:::::i:::::::i::::::// r'i__リ'!::{l_)::::!   にア 改めてよろしく
  .!:::::i::::::::!:::/ .     /::!/;::/       アイギスがいない村に未来はねえ!
  i::::/ハ:!V  __   ´i/ヘレ'        どうでもいい
  レ'  V>.、,.__ ,.イ、/!/
      ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
       /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ.
       !:::::i:/ i  ./i:::/::::i:::::::::::',
       ';:::7、 .! / レ'::::::ハ:::::::::::」
黒神めだか 「>ひより
そのめだかは身長が低い方であろうがッ!!!」
かりた 「かりた さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりた → モーデル
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 7202 (モーデル)」
紅きヒゲ 「オイ、俺が入ろうとした時には文までだったはずだが」
おおさかGM 「いらっしゃい 満員御礼や」
クマー 「埋まったクマー!」
ギャル夫 「あ、俺っちはギャル夫っす!今度一緒にお茶でもどうっすかね?ウィッシュ☆>めだか」
キタロー 「キタロー さんが登録情報を変更しました。」
守屋ひより 「え?あんた背は高いの?w」
やる夫 「めだか-球磨川共有で意見割れまくりまで見えたお」
サンレッド 「あん?いつの間にか埋まってやがるな」
黒神めだか 「>射命丸
フン…………めだかちゃんさんなんて呼ばれも悲しくないわ…………(しょんッ」
紅きヒゲ 「>やる夫
めだかが球磨川を初日銃殺して「また勝てなかった」という展開じゃないだろうか。」
おおさかGM 「やる夫以外は、準備出来次第投票お願いやー」
kariっ 「kariっ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariっ → 夜ノ森小紅
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8522 (夜ノ森小紅)」
球磨川禊
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ     『何?』『エリザベスちゃんのパンツくれるって?』
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ」
仮武 「仮武 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮武 → IA
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5008 (IAさん)」
やる夫 「そっちのほうがおいしいおね>ヒゲ」
守屋ひより 「紅ヒーロー同盟ができたな>サンレッド&紅いヒゲ」
クマー 「クマクママー」
オルガ 「お、ギャル夫か
某話で霊能だったのが印象的だった
ちなみにやる夫は狐だったが」
黒神めだか 「>ギャル夫
情熱的なお誘い、感謝感激雨嵐と言ったところだが、
私には生憎と将来を誓った相手がいてな。
それでもよければ付き合うぞ!(凜ッ!」
夜ノ森小紅 「よろしくだぞ。」
IA 「らめぇ そんなところいじらないでぇ」
モーデル
                  __
               _,..-´  ヾ\
           _,.ィ: :´: : : : : : : : : l: ヽ
       _,. ィ: :´: : : : : : : : :_:_:_:_:_:_/: : ハ      より働け、大公の為に……
      _ノ: : : : : : : :_,.> ´    rA、ヽ : ',
    /: : : : : :,ィニ´ぅ _, _ -ー::´:: ̄::`ヾ:ハ
    /: : : : :/二ィ:.´    >、:::::::::::::::::::\
    ∨レ彡ィ´      ,.| . :;\::::::::::::::`、::\
      }ィ´    ´    ル 丿V、ト - - 、::__::,ゝ
      ;'  {´       /レ/rァr'、! ! .|
     ハ 、!    !   ´Y   !' !  ! r }
       V !   j  ,乂  , `´ノ !//
       ヾi |  rヾ /        ,.レ
        {ヘ乂  Y    ´   ノ
         ゞ`i. 、 ,    _,.イ
          ィ{`ヽ廴`"T"
        /:::::\  ̄`7ハ
        ,ノ  ::::::\ / {{∨\
      ノうミ、     ::\ |∨:: ト 
     /__  //\      7ヽ  |ヽ》、
    /´  ̄ `〈 ヽ \    / {{ ハ_} {ハ
    {     ∧ 、 >‐ '  ∨; { {{ '. 」
やる夫 「んじゃさっくりカウントするお」
おおさかGM 「それ、『やる夫たちと人狼の村』やね、うちも大好きなんよ>オルガ」
黒神めだか 「フん…………」
サンレッド 「あー?何で俺がこんなヒゲのおっさんと同盟なんて
組まなきゃなんねーんだよ>ひより」
紅きヒゲ 「確かに俺は主人公だがあんなヒモと一緒にするな>ひより」
やる夫 「不在の人いないおね?」
黒神めだか 「して、球磨川。私に何か言うことはないのか?」
やる夫 「3」
やる夫 「2」
やる夫 「1」
キタロー
        /: : : : : : : : : : : : : l\: : : : : : : : :i
        l: : : : : : : : : : : : : :l  ヽ: : : :i: : : l
        l: i: : : : : : :∧: : : リ / i: : : :l: : : !
      _ -‐i:∧: : ; : :‐」-l: : / rfi=寸 : :ノヽ从
   r '    レ ヘ: ; : : : l リ:/  ゞー'イ: ,イ /'        へ、変態だー!?
   l__,ィ―' 丁)}\l: : l`´      ハ: :ー'         あ゛?ザベッさん渡すわけねえだろうが!
   └/   ̄t‐'   ヘ:ト、  ー‐ ,イ/リ        にアどうでもいい
   /    ヽj       `>=‐┴t、_
.  |     イ'    r―‐/ /ハ /  >ー、
  fi\ 丁<   _/  _>フハ∧7.  `>  `> 、
  |\ `┴イ   ノ  i 」/〃 l Yl: /  /   }
  l  \_,/l, -‐'   リ }‐// i ト、_.l /r=t  {   !
  l    ├、    /  l/ /! l !/ i./ ゞ='' i___j_
  l     )   イi  l_/i イ ! {     l     |」
やる夫 「開始だお」
守屋ひより 「それ「やる夫と人狼の遊戯」じゃないかな?>おおさかさん」
球磨川禊 「『言いたいこと』『ねぇ──』」
サンレッド 「あ?誰が紐だって?>ヒゲ」
ゲーム開始:2014/02/11 (Tue) 20:11:13
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
園崎詩音(人狼) 「ふむ」
球磨川禊(共有者) 「『別にないけど。』」
紅きヒゲの独り言 「素村か。」
サンレッド(人狼) 「おーよろしくな」
IA(人狼) 「らめえええええええええ」
ギャル夫の独り言 「んー」
クマー(共有者) 「宜しくクマ」
守屋ひよりの独り言 「村建て感謝>GM」
IA(人狼) 「よろしく」
黒神めだか(妖狐) 「ッファー!!!!!」
球磨川禊(共有者) 「>クマー
『週刊少年ジャンプから転校して来ました球磨川禊です』
『名門やる夫村のみなさん』『よろしく仲良くしてくださいっ!』」
クマー(共有者) 「クマーコンビかクマwww」
紅きヒゲの独り言 「即大声・・・クマーか?」
黒神めだか(妖狐) 「これは!! 勝てないッ!!!!!」
夜ノ森小紅の独り言 「素村ならRPの練習としようか。」
「◆おおさかGM GMは、『おおさかの人』を襲名したい阿修羅◇vP6s3EUZjtwtでお送りするんよー

各陣営、健闘を祈るんよー」
園崎詩音(人狼) 「よろしくお願いします。
趣味は信頼勝負を人にやらせる事です」
黒神めだか(妖狐) 「(凜ッ!!!!」
守屋ひよりの独り言 「       _ノ´:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:;::.:.:.:.:::.:.::;;.;:.:.:.:.::.:.:.:.:.:..:.:.:`ヽ、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::::iヘ、:.:,ィ´;;;|:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:ハ
.     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::λ::|`"゛"'i´"|::.:.:j.::::.:.:.:.:.:.:.:.::i:.:.::.:}
     |:.:.:.:.:.:.:.:::|:γi⌒ト:|    |  |:⌒ト、:.:.:.:|::.:.:.:.:|:..:.:.:|
     j:.:.:.:.:.:.:.:/|:.::リ  |::|   |  |:.:/ |.:.:.:.:.メ:.:|:.:..:|:.:.:.::|
     }:.:.:.:.:.:,イ .|:/ __.|:|_   ! _|/__ |:.:.:./i:.:.|:.:.:.|::.:.:.::|
     j:.:.:.:.:.:ハ リ示テ:zリ    示テヰ:/テ|:.:.:|:.:.:.|;;:::.:.:.|
     /:.:/::./:.:| {::゚リ  j 、  ,  {::゚リ レ' ,ノ|: ;リ.:.:.:| ):.:.::|
    /:.:;/|:.:.i:..{:} `~  ´  }⌒{  `~   ´ .|:;/.:.:..:|ノ:.:.:.::|
  /:;//|:.:.i.:.:ゝ ⊂⊃  ノ  丶   ⊂⊃,./.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.::|
  '" / |:..i:.:.:.:`、‐-‐ ´  --‐' `ー-‐ ´/:.::.:.:.:..:|:.:.:.:.:.:.:|
    i  |:.:.:.λ::|.:`>‐- ァ-  t-‐<´ノ:::,r‐--、|_::.:.:.:|
      |:.:.:.|:.|:|,イ´::::::〈 ,j   i 〉::;_,r'´~ ニフー"_,ソ.:.::|
      |:.: ::|::リ _::::::::::::ヽ、   /`ヽ、 γ´,f´フ `ヽ、:|
      〉ヽ::|`ヽ、::\:::::::::\,r'´;::\::::::\--‐'´:::::ノ:::,ノ}
      |:.:.|` 、 \:::\:::/::::\::::::\::::::\:::::/::/ |
      |:.::|   ヽ、 `ヽ,ィ´\:::::::::\::::::\:::::`>::/ i/ |
      |:.:.|    ヽ ,ノ   \:::::::::\::::::`::/´}  |' |

さてさて此度の連敗記録はどこまで伸びるッスかねぇ?w」
IA(人狼) 「あ うんよかった軽い」
紅きヒゲの独り言 「>GM
村建て感謝」
球磨川禊(共有者) 「『笑うな。』」
クマー(共有者) 「初心者COしておくクマー。基本FOで良いクマ?」
サンレッド(人狼) 「俺騙り上手くねーんだけど」
守屋ひよりの独り言 「笑い事じゃねぇ>ひよりん」
ギャル夫の独り言 「占いとかめんどうなんでサボりたいっすけどねぇ」
IA(人狼) 「んー」
IA(人狼) 「占いいくよー」
黒神めだか(妖狐) 「(凜ッ!!!!!!」
射命丸 文 は 八雲藍 を占います
クマー(共有者) 「プークスクス>球磨川」
球磨川禊(共有者) 「『人の冗談を笑うなんて』『人として最低だぞお前たち!』」
IA(人狼) 「信用するかどうかは状況次第」
園崎詩音(人狼) 「私がやっても何かダメっぽいので人に勝ってもらうのが一番効率的っぽいです」
サンレッド(人狼) 「大声多すぎだろ>共有」
園崎詩音(人狼) 「じゃあ、IAさんお願いします」
黒神めだか(妖狐) 「チッ…………」
黒神めだか(妖狐) 「まあよかろ」
サンレッド(人狼) 「ああそりゃありがてえ頼むわ>IA」
球磨川禊(共有者)
                    /h
                   _」 |i
                   ゝ-rヘ八
                    、<彡ハ
             __xzz三三ミ=\/∧
             , 不洲州州州州h !三ゝ
             洲州州州ユ与リノ三7
             |´从| 5|  5 州ヘ//∨     『えー!』『クマーちゃんが初心者だったなんて!』
             ! / ヘ  r==r /| 乂イ
              _/-ゝ+= イ/乂  ソ       『今までずっと僕を騙していたんだねこの裏切り者!』
           X=三=>」ヘ|_」/////`
           く三三<<|_∋/////
           ` ̄ ̄リ//o///V
              ノ//o////{
     /三三三三ヘ三三>三三ハ
    /三三三三三ヘ三三∨三三ハ」
黒神めだか(妖狐) 「ここ最近、霊能共有と置物展開でつまんない思いをしてばっかだ」
IA(人狼) 「んー」
クマー(共有者) 「初対面だろーがクマーwww」
「◆おおさかGM 昼間の投票延長は、1日1回までが基本や

せやけど、延長を当てにした投票遅延は、めっ、なんよ?」
黒神めだか(妖狐) 「それに比べりゃあ、全然マシさね」
IA(人狼) 「どこ○うとっかなー」
紅きヒゲの独り言 「あ、ツール用意してねえ。」
球磨川禊(共有者) 「『やだなあ。』
『前世で僕たちは親友だったじゃないか。』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IA は おおさかGM に狙いをつけました
おおさかGM は無残な姿で発見されました
(おおさかGM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
おおさかGMさんの遺言 今まで黙ってたけど。 うち、実はNINJA一族の末裔やったんよ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『具体的には開始前ぐらいに。』>クマー

『え――』『モブキャラのみなさんおはようございます。』」
夜ノ森小紅 「おはようだぞ。
寝坊するなよ。」
園崎詩音 「おはようございます。
共有の囁きに大声が多かったので、クマーが共有になってるとかですかね。
何となく,大声だしそうなのがそこくらいという。」
オルガ 「さぁってと
取り敢えず手当たり次第にブッ殺せばいいんだろ?」
射命丸 文 「あややや!八雲藍さんを取材した所○でしたよ!」
キタロー 「来い……オルフェウス!」
IA 「占いCO クマー○」
クマー 「おはようだクマー」
守屋ひより 「おはさむよう」
八雲藍 「おはよう。」
オルガ 「そういや昨日言ってたスレのネタ、割と知られてるみてえだな
ゲームに物語性を付与するのは割と"アリ"だぜ?
そのためのRPでもあるしな」
紅きヒゲ 「朝だっ、起きろっ!」           俺は寝る!」
サンレッド 「おはよーさん
ったく、人狼とか狐だとかいうのあれだろ?
どーせヴァンプん所の怪人だろうが俺がしばいてやるよ」
やる夫 「おはようだお」
ギャル夫 「占い☆ウィッシュ! 球磨川○」
黒神めだか 「めだかちゃんと呼ぶがよいッ!!!(凜っ!!」
IA 「私がにゅうそんしたときにクマーって言って返してくれたのが彼。
イアーーーとクマーーーって似てるよね
園崎詩音 「例えばそう,クマーと球磨が共有とか」
射命丸 文 「初日:八雲藍

占い…と言う名の突撃取材!
初日は「八雲の狐は占われると溶けてしまうのかっ!」でお送りいたします!」
夜ノ森小紅 「寝るな!>ヒゲ」
モーデル 「諸君、静聴せよ」
サンレッド 「占いだぁ?うさんくせえな
しかも2にんだとぉ?ったっく霊能者だ占い師だ、
こんな所で怪人退治してねえでおとなしくテレビにでも出てろよなー」
クマー 「役職はCOよろしくクマー」
ギャル夫 「理由:
とりあえずこのイケメンオーラ出てそうな所を占ってみるっすよ!
饒舌系男子なんで俺っちとも気が合いそうなんで!ウィッシュ☆!」
キタロー
          ,.. . . :-── . ..、
        /: : : : : : : : : : : : : :ヽ
.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.
        i: : :/:/: /: : : : : : : : : : : : :.
       !: /V+v十: : : : : : : : : : : ::.
.        Ⅶ }厂 !:A: : : : : : : : : : : /--==、     ……>GMの遺言
          ノ   ノ' _}!: : : : : : : : /====/
       ` 、 _    }/!: : : : :/  ゝ¥⊂ヽ
            i_,... 、  ,iiノ!ノ`i _    }三 }i
             >=-=彡 ̄!   ヾi__,|!、       な、なんだってー
               /_,ィ==--─|   | ̄ ̄.i      ザベスさんにメギドラオンされたい
            //::::::::::::::::::::::::::ヽ、 |::::::::::::|    にアどうでもいい
          /__/_:::::::::::::::::::::::::::::::::\!::::::::::::|
        /:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::}:::::::::::::\:::::::|
         i::,::-ニ=-::::i::::::::::::::::::::!:::::::i:::::::::iヽ:::
          〈____ !:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::!
          |───-\:::::::::::::::::://::::::::::::::::|
         ノ|EES __/:::::::::::::::::/   >:、_/
        / /i ̄ ̄ ̄.!:::::::::::::::: /
.       / /:::|::::::::::::::::|:::::::::::::::/」
夜ノ森小紅 「霊能いないのか?」
IA 「イアアアアアアアアアアアアアアアアア(嬌声」
紅きヒゲ 「占い三人と。んじゃ霊能と共有を待ってなんたら。」
園崎詩音 「占いの人たちは,別にそういう予想はしなかったという。」
オルガ 「ギャル夫が占い候補の一人か
これも運命ってやつかね?
俺は信じねえが」
黒神めだか 「50秒」
球磨川禊 「『僕なんだよね。』>共有者」
射命丸 文 「残念!八雲の式は頑丈でしたね!」
やる夫 「ギャル夫がすげー遅いのはまぁギリギリ友達の好で許容範囲だお」
クマー 「占い3クマ?」
守屋ひより 「3○ね
霊能と共有でてきて」
サンレッド 「霊能者いねえのか?」
黒神めだか 「60秒」
モーデル 「霊能者はどうやらいないようだな。
では共有にも出頭を願おう」
IA 「ギャル夫がなんか察して出た狼っぽいって感想(適当」
園崎詩音 「あたりました(えっへん)>球磨川禊」
やる夫 「霊能初日っぽい雰囲気でてるおね」
紅きヒゲ 「ドン☆マイ>ギャル夫」
球磨川禊 「『クマーちゃんも共有者なのは事実だけどね。』」
射命丸 文 「れーのーはいないんですか?」
黒神めだか 「霊能締め切り、占いに真はいるが、3COでは美味しくない。
共有、さっさとFOをするがよい」
サンレッド 「アイエエエエエエエエエエエ!?
って言えばいいのか?>遺言」
オルガ 「フラグ立てんじゃねぇよ>園崎」
夜ノ森小紅 「負けたな…>球磨川共有」
キタロー
        /: : : : : : : : : : : : : l\: : : : : : : : :i
        l: : : : : : : : : : : : : :l  ヽ: : : :i: : : l
        l: i: : : : : : :∧: : : リ / i: : : :l: : : !
      _ -‐i:∧: : ; : :‐」-l: : / rfi=寸 : :ノヽ从
   r '    レ ヘ: ; : : : l リ:/  ゞー'イ: ,イ /'     3CO、霊能は……不在か?
   l__,ィ―' 丁)}\l: : l`´      ハ: :ー'
   └/   ̄t‐'   ヘ:ト、  ー‐ ,イ/リ       にアどちらにせよ共有はFOでグレランだ
   /    ヽj       `>=‐┴t、_            テメェ共有かよォ!
.  |     イ'    r―‐/ /ハ /  >ー、         どうでもいい
  fi\ 丁<   _/  _>フハ∧7.  `>  `> 、
  |\ `┴イ   ノ  i 」/〃 l Yl: /  /   }
  l  \_,/l, -‐'   リ }‐// i ト、_.l /r=t  {   !
  l    ├、    /  l/ /! l !/ i./ ゞ='' i___j_」
IA 「霊能いないとか面倒だよね
色々面倒よね」
ギャル夫 「ふんふんっと、んじゃ霊能共有に出てもらって
極限まで灰を減らしていきたいとこっすね」
守屋ひより 「うーん ギャル夫は無駄占い、かぁ」
紅きヒゲ 「霊能が見えないからこそ共有初日ねーかな。」
射命丸 文 「まぁ、仕方ないですね!
私は私の仕事をしまっしょー!」
黒神めだか 「『あーあ』『こんな村やめちゃおう』『また勝てなかった』」
やる夫 「んじゃ相方だしていいんじゃないかお>球磨川
出さない理由は全くないお」
IA 「本気を出すしかないのか(重い尻を上げる」
ギャル夫 「あー・・・うん、まぁそんな事もあるっすよ>共有占い」
モーデル 「もし霊能者がいたとしても、その人物は出頭する気がないということだろう。
ならばいないものとして進めればよろしい」
紅きヒゲ 「無かった。○が藍だけじゃねえか。」
八雲藍 「占いとは呪いだったとしても、その程度の呪いで溶けているようでは
とても式など務まらんさ。」
サンレッド 「これあれじゃね?
共有初日で霊能潜ってるとかそんなんじゃね?>共有1」
園崎詩音 「まあ,乗っ取られなくてよかったんじゃないですかね>初日霊臭い
霊能居るとして暫定○とかで噛まれてて欲しいなって言う感想なので居るのならば噛まれてくださいな。」
オルガ 「いいじゃねーか
霊能不在だっつんなら、逆を言えば確実に占いに真がいるってことの担保でもあるんだぜ?」
守屋ひより 「3-0-1
グレラン以外ないわなこれ」
黒神めだか 「…………とは言わせんぞ? 球磨川。
私は!! 貴様に!! 期待するッ!!!(凜っ!!」
夜ノ森小紅 「>IA
なら狼は元々全潜伏予定ということか?
早い挨拶位置が狼だ急げ!」
やる夫 「霊能見えなくて初日共有とかもう浪漫あふれる進行だおね」
クマー 「グレランでいいんじゃねーのかクマ」
球磨川禊 「『おいおい。』『霊能者初日ぐらいで最初から諦めるなよ。』」
IA 「んー」
紅きヒゲ 「なんでお前と発想が被るのか>サンレッド
いくらヒモでもパクリはいけないと思うんだ。」
IA 「占い先決まった」
クマー 「あれ、霊能いねークマ?」
ギャル夫 「まぁ仕方ないっすけどね
できれば相方は出してほしいというか
共有出る順番としては逆なんじゃないかと思ったりするっすけどね」
守屋ひより 「おいヒゲ クマーはどこいったよw」
キタロー
      _ -‐ -‐、 _
     /.: .: .: .: .: .: .: .: \
    /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \
   /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ヽ
  /.: .: .: .: .: .: .: .: /ハ/、l.: .: l.: .:}
  l.: .: .: .: .: ,イ.: ./-‐__ リ.: .: l∧i     3COで霊能初日は……
  l.: .: l.: .: /_l / イi_リ /.: .:/Ll!      正直、嬉しくない。
  l.: .: l.: .rt、l /    /.: .:/ l ノ
  ヽ.: .!: lヾ' l!    リ// イ_            にアところでなんで○から共有が出てもう1人出ないんだ
   \ヽ:\  ` _,  // {_               これ書いてる間に出るかもしれんけど
     \、、,ヘ、 _  イ    }ヽ              どうでもいい
            l rニハ   i  `ー―――、
          //」l l l  /i:: :: :: :: :: :: :: :: i
      _.-‐´ /〃リ i l !/ !\:: :: :: :: :: :: :: l
     {:: ::/:: ::/ {i li : l l V:: :: \:: :: :: :: :: ::ヽ,
     l:/:: :: / // : i lヽ'l:: :: ニニ>:: :: :: :: :: :: {_
      〉:: :: / // :  l l i:: :: :: /_\:: ::_ -=== l
      !:: : / 〈/: : !_l l!:: :: /r―、、// l二  !_
      l:: :/   : :   /:: /i / l/} l! /ゝ-、ヽ- ==ヽ」
オルガ 「狩人が真っぽいの見抜いて徹底的に護衛してりゃぁ寝てても勝てる
もっとも、殺しあった方が楽しいけどな」
夜ノ森小紅 「球磨川共有だから諦めていいですか?>球磨川」
クマー 「共有COだクマ、相方は球磨川だクマ」
キタロー 「ってあ クマーか>相方」
射命丸 文 「展開には目をつぶりつつ、人外を見つけ出す不思議なカメラで突撃取材
そんな感じですね!」
やる夫 「霊能初日は面倒だから嫌いだお。占い一人即死してるだけで途端にやる気なくなるお>球磨川」
園崎詩音 「明言されてないっぽいですけど、クマーか八雲藍が共有ですかね?
暫定○から先に球磨川さんが出てくる意味がそこが共有相方くらいしかないと思うんですが」
紅きヒゲ 「>ひより
え、共有じゃねえの?
◇球磨川禊 「『クマーちゃんも共有者なのは事実だけどね。』」」
IA 「ということで投票対象は適当にしてっと」
園崎詩音 「◇園崎詩音 「例えばそう,クマーと球磨が共有とか」」
サンレッド 「いいんじゃね?霊能吊られねえ位置にいるならおもしれえと思うけどなこれ
共有が潜ってるなら●乱舞抑制にもなるし>やる夫」
オルガ 「てめぇ本当にフラグ立てんじゃねぇよ!>園崎」
モーデル
     /                 \
.    〃        /             ヽ
    /'       l  /         ヽ  ',   ヘ
   ′      l ./         i    l  | ', !    相方について、我々がどうこう言うのは筋違いだろう。
  j  ,       l/        |    l ハ '|  ', l
  |  i      l.         /     '/ ', |   ',}    共有者には共有者の戦略がある以上、騒ぎ立てる必要はない。
  l  |      l       /  //  | |   |
  }  l      l   ,  |  / /`/ー─i |   |    指揮を執るのは共有者なのだから。
  ',  !       |   |  |.ノ    ,ィラ≠ホ|   |
   ヽ l      |   ト.  |     弋ン' |  .| l
    ゙ヽ     l   | \|      :.:.: '| /l {
       \    ',   |        '    / j / j/
        \丶 ',\|      __   イ ' /
         r \', >     ´  <
         ノ:::ヽ  ̄`丶/≧´
       /:::::::::::>...、 / 八`丶
      /、::::::::::::::::::::::::::> ヘ }::::::\
   _,.イ <> \:::::::::::::::::::::::::::/L.l'\:::::ハ≧..、
  i´::::\  /::::丶:::::::::::::::::::/:::|:::::}::::\::|::::::::} 」
IA 「イアアアアアアアアアアアアアアアアアアア>クマー共有」
守屋ひより 「見落としてた ごめん」
やる夫 「クマーコンビで共有とかなんの冗談なんだお?」
園崎詩音 「どどどどどどどどやややややややややぁ」
球磨川禊
        ー‐=zz、
  _,...ィzzzzzzzzzz≧ミ、
,il州州リイィイl〉州州Ⅶ州il≦三ニ=-、
li|!;'ィ',ィil'.,ィイ,!,i!l州州li,ヽⅦ`ミiミム、
,ilリ',ムイi.liリ,i!.i|!.l州l|州ム.、マ!ムマム'li、
lil,ムマ,i|!.l.,il| il|!.l州li.li.Ⅶl,.li,.、l|li,Ⅶ.マli、
州リ'l,州 li|l.li|i!.l州州l,Ⅶl!Ⅶl州l.Ⅶ,l|i!
州|!|i州l |li|.l州.l州州li.Ⅷl l州州i.li州!
州! l州li!.l州州li|Ⅶ州|!.Ⅶ!l州li州li州!
|li!! Ⅶ州州!Ⅶli!.Ⅶl|__!州,il州州州l|!
l'´ ̄.',li|.Ⅶl|!|! Ⅶ'´刈 .l|`l州州州州!
!',   ヾ!.Ⅶ!` '.,  ヽ  l州州!Ⅶli|l
      _  ヾ!、 、__  ,.,.l州!.li!`l.}lハヽ、
ミ=三=彡     .ミ=三彡,liリ',ィ リ/ミ、     『キラークイーンは既にドアノブに触れている……。』
       }       .,リ'./_,ィiⅦ  `
       |      / /l州リ`ヽ
ハ               / リ'リ′.:;′」
射命丸 文 「笑いすぎてお腹痛いのもあります、ハハッ」
IA 「かくして欲しかった」
夜ノ森小紅 「なんとなくそんな感じはしてたけれどもやっぱ負けだな(諦念」
IA 「イアまあね」
ギャル夫 「うーん・・・
まぁ別にいいんっすけどねぇ
さて、占い方針はどうするっすかねぇ
霊能居ない場合は銃殺狙った方がいいっすよね、割と」
紅きヒゲ 「エスパーだな。魂の占い師を名乗っても良いぞ。>園崎」
守屋ひより 「そして村終了のお知らせ?」
モーデル 「と思ってたら出てた。
しかも最悪の位置から」
キタロー
        __,,,,....,,,,__
      ,. '"::::::::::::::::::::::`ヽ.
   /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::',
  /::::::::::::::::::::::::/'ヽ::::!::::::::::::!
  ノ:::::/::::::;':::::::/ _二ヘ:::::i:::::::!   ──またクマ鍋ができなかった……
  イ:::::i:::::::i::::::// r'i__リ'!::{l_)::::!
  .!:::::i::::::::!:::/ .     /::!/;::/    にアクマナベイベー!!
  i::::/ハ:!V  __   ´i/ヘレ'        クマナベイベー!!!
  レ'  V>.、,.__ ,.イ、/!/          どうでも……クマナベイベー!
      ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
       /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ.
       !:::::i:/ i  ./i:::/::::i:::::::::::',
       ';:::7、 .! / レ'::::::ハ:::::::::::」
園崎詩音 「ああ、球磨川さんが小声で相方言ってましたか」
IA 「明日死ににくくなったってところはちょいと安心なんだけどさ
バランス思考の狩人ならイアのところにも来るよね的な」
守屋ひより 「私は何連敗すれば許されるのかw」
やる夫 「霊能潜伏してるって言うならそのまま潜伏しとけばええお
露出するなら2連続で●2個引いたとかそういう時ぐらいだおね」
オルガ 「文だけじゃねーか
無駄がねえの」
球磨川禊 「『あーあ。』『バラしちゃった。』『合ってるよ。』>クマー共有者」
サンレッド 「あー?発想ぱくってんのはそっちだろうがよ
つーかヒゲはでっていうとイチャイチャでもしてろよ
俺は佳代子がいるからよぉ(ゲラゲラゲラ>ヒゲ」
クマー 「3-0-2なら霊能初日見るかクマー」
守屋ひより 「2/3共有占いとかもうね」
IA 「>キタロー
ツル予定だったのかい?私の○およぉ!」
キタロー 「いや まあ確実に灰に狼がいる
って事自体は悪すぎる訳では無いが>モーデル」
モーデル 「有効な○は藍だけか。」
ギャル夫 「共有出すの逆だったらトラップも期待できたと思うんすけどねぇ・・・
俺っち的にはそっち利用してもらえるんで、ちょっと複雑な気分っすね>クマー」
黒神めだか 「フン、村は終了してなどおらん。
むしろ今から始まったのだ、今、このとき、貴様が終わりを自覚したときに、
この村は初めて始まったと言っても過言ではない、いくぞ、ひより!!!>ひより」
夜ノ森小紅 「文的には笑うどころの話じゃないんじゃない?
護衛付きにくいし。
私はそんなんで判断はしないけど」
紅きヒゲ 「>ギャル夫
霊能がいても銃殺を出した方が証明という意味では楽だが。
霊能の有無で占い方変えるのなら好きにすればいいんじゃね。」
キタロー 「いや 君が偽なら
いずれ吊れる可能性あったじゃない?>IA」
クマー 「バラしたのお前だろくまーwww>球磨川」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
おおさかGM 「うち個人的には、クマーの頑張りに大いに期待したいところやねー」
射命丸 文 は モーデル に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は 黒神めだか に処刑投票しました
クマー は やる夫 に処刑投票しました
球磨川禊 は 園崎詩音 に処刑投票しました
守屋ひより は モーデル に処刑投票しました
「◆おおさかGM 処刑投票は、なるべく130以内に済ませてなー。

遅くとも、200までには投票するんよー、うちとの約束やよ?」
サンレッド は 守屋ひより に処刑投票しました
紅きヒゲ は やる夫 に処刑投票しました
IA は キタロー に処刑投票しました
園崎詩音 は キタロー に処刑投票しました
黒神めだか は モーデル に処刑投票しました
キタロー は 守屋ひより に処刑投票しました
やる夫 は サンレッド に処刑投票しました
オルガ は 黒神めだか に処刑投票しました
ギャル夫 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
モーデル は 守屋ひより に処刑投票しました
八雲藍 は サンレッド に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IA は キタロー に処刑投票しました
オルガ は 黒神めだか に処刑投票しました
守屋ひより は モーデル に処刑投票しました
射命丸 文 は モーデル に処刑投票しました
黒神めだか は モーデル に処刑投票しました
園崎詩音 は キタロー に処刑投票しました
球磨川禊 は 園崎詩音 に処刑投票しました
キタロー は 守屋ひより に処刑投票しました
やる夫 は サンレッド に処刑投票しました
サンレッド は 守屋ひより に処刑投票しました
八雲藍 は サンレッド に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は 黒神めだか に処刑投票しました
モーデル は 守屋ひより に処刑投票しました
紅きヒゲ は やる夫 に処刑投票しました
クマー は モーデル に処刑投票しました
ギャル夫 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 1 票 →サンレッド
守屋ひより3 票投票先 1 票 →モーデル
ギャル夫0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
クマー0 票投票先 1 票 →やる夫
園崎詩音1 票投票先 1 票 →キタロー
サンレッド2 票投票先 1 票 →守屋ひより
球磨川禊0 票投票先 1 票 →園崎詩音
キタロー2 票投票先 1 票 →守屋ひより
射命丸 文0 票投票先 1 票 →モーデル
黒神めだか2 票投票先 1 票 →モーデル
モーデル3 票投票先 1 票 →守屋ひより
八雲藍0 票投票先 1 票 →サンレッド
夜ノ森小紅1 票投票先 1 票 →黒神めだか
IA0 票投票先 1 票 →キタロー
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →やる夫
オルガ0 票投票先 1 票 →黒神めだか
2 日目 (2 回目)
やる夫1 票投票先 1 票 →サンレッド
守屋ひより3 票投票先 1 票 →モーデル
ギャル夫0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
クマー0 票投票先 1 票 →モーデル
園崎詩音1 票投票先 1 票 →キタロー
サンレッド2 票投票先 1 票 →守屋ひより
球磨川禊0 票投票先 1 票 →園崎詩音
キタロー2 票投票先 1 票 →守屋ひより
射命丸 文0 票投票先 1 票 →モーデル
黒神めだか2 票投票先 1 票 →モーデル
モーデル4 票投票先 1 票 →守屋ひより
八雲藍0 票投票先 1 票 →サンレッド
夜ノ森小紅1 票投票先 1 票 →黒神めだか
IA0 票投票先 1 票 →キタロー
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →やる夫
オルガ0 票投票先 1 票 →黒神めだか
モーデル は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
IA(人狼) 「んー 」
おおさかGM 「お疲れ様やー」
IA(人狼) 「オルガって中身なんだと思う? 」
キタローの独り言 「ん?なんか妙なずれ方したな」
球磨川禊(共有者) 「『酷いなあ。』」
園崎詩音(人狼) 「あの共有コンビは本物」
モーデル 「ご苦労」
園崎詩音(人狼) 「霊能が混じっている事はないと思われます」
守屋ひよりの独り言 「       _ノ´:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:;::.:.:.:.:::.:.::;;.;:.:.:.:.::.:.:.:.:.:..:.:.:`ヽ、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::::iヘ、:.:,ィ´;;;|:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:ハ
.     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::λ::|`"゛"'i´"|::.:.:j.::::.:.:.:.:.:.:.:.::i:.:.::.:}
     |:.:.:.:.:.:.:.:::|:γi⌒ト:|    |  |:⌒ト、:.:.:.:|::.:.:.:.:|:..:.:.:|
     j:.:.:.:.:.:.:.:/|:.::リ  |::|   |  |:.:/ |.:.:.:.:.メ:.:|:.:..:|:.:.:.::|
     }:.:.:.:.:.:,イ .|:/ __.|:|_   ! _|/__ |:.:.:./i:.:.|:.:.:.|::.:.:.::|
     j:.:.:.:.:.:ハ リ示テ:zリ    示テヰ:/テ|:.:.:|:.:.:.|;;:::.:.:.|
     /:.:/::./:.:| {::゚リ  j 、  ,  {::゚リ レ' ,ノ|: ;リ.:.:.:| ):.:.::|
    /:.:;/|:.:.i:..{:} `~  ´  }⌒{  `~   ´ .|:;/.:.:..:|ノ:.:.:.::|
  /:;//|:.:.i.:.:ゝ ⊂⊃  ノ  丶   ⊂⊃,./.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.::|
  '" / |:..i:.:.:.:`、‐-‐ ´  --‐' `ー-‐ ´/:.::.:.:.:..:|:.:.:.:.:.:.:|
    i  |:.:.:.λ::|.:`>‐- ァ-  t-‐<´ノ:::,r‐--、|_::.:.:.:|
      |:.:.:.|:.|:|,イ´::::::〈 ,j   i 〉::;_,r'´~ ニフー"_,ソ.:.::|
      |:.: ::|::リ _::::::::::::ヽ、   /`ヽ、 γ´,f´フ `ヽ、:|
      〉ヽ::|`ヽ、::\:::::::::\,r'´;::\::::::\--‐'´:::::ノ:::,ノ}
      |:.:.|` 、 \:::\:::/::::\::::::\::::::\:::::/::/ |
      |:.::|   ヽ、 `ヽ,ィ´\:::::::::\::::::\:::::`>::/ i/ |
      |:.:.|    ヽ ,ノ   \:::::::::\::::::`::/´}  |' |

惜しい(ボソッ」
IA(人狼) 「じゃあ共有噛みいれちゃっていいかな?」
球磨川禊(共有者) 「『吊り逃れも出来ない弱っちい奴を寄って集って絞首刑』『なんてさ。』」
サンレッド(人狼) 「嚙みは任せる」
園崎詩音(人狼) 「◇オルガ(65) 「いいじゃねーか
霊能不在だっつんなら、逆を言えば確実に占いに真がいるってことの担保でもあるんだぜ?」」
やる夫の独り言 「共有が即かえてるおね」
守屋ひよりの独り言 「ひでぇ>ひよりん」
クマー(共有者) 「射命丸以外無駄占いクマーwww
まあ、囲いがないとも言えるけど」
キタロー は ギャル夫 の護衛に付きました
球磨川禊(共有者) 「『さて』『付いて来れてるかいクマーちゃん。』」
園崎詩音(人狼) 「これ言う人って,正直村っぽくはないです
占いが3人いるときに言う台詞じゃない」
夜ノ森小紅の独り言 「狩人っぽい発言で票もらわなかったのかな?」
キタローの独り言 「まあいいか」
紅きヒゲの独り言 「消去法でいくとギャル夫が真っぽいアレコレ。」
守屋ひよりの独り言 「えーと 票変えたのは…クマー(共有)か」
IA(人狼) 「ギャル夫が護衛ブラシにやってきた狂人いうならしゃめいまるぬくけど」
園崎詩音(人狼) 「ってことで、狐か狩人として銃殺対応だけしておけばいいかと
○は面倒なので打たなくて良いです」
球磨川禊(共有者) 「『僕はまだだけどね。』」
IA(人狼) 「んじゃ●いくよ>オルガ」
IA(人狼) 「ああ外しておけってことね」
園崎詩音(人狼) 「八雲藍が微妙なので」
球磨川禊(共有者) 「『まあ』『何事もなければ12人ぐらいのときに占い師でも切ればいいんじゃないかな。』」
クマー(共有者) 「無理くまーwww」
園崎詩音(人狼) 「噛むのならばギャル夫かなと
狐を漂白してしまう可能性があります」
射命丸 文 は 黒神めだか を占います
園崎詩音(人狼) 「ただ,信頼行けそうな雰囲気なので行ければ生きたいですね」
球磨川禊(共有者) 「『占い師が噛まれていたらやっぱり同じだろうさ。』」
おおさかGM 「お、さっそく呪殺やねー」
IA(人狼) 「ギャル夫噛み了解 1:3」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
おおさかGM 「そして噛みはギャル夫 これ、だいぶ村有利な展開になりそやねー」
IA は ギャル夫 に狙いをつけました
黒神めだか は無残な姿で発見されました
(黒神めだか は占い師に呪い殺されたようです)
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
キタロー
        __,,,,....,,,,__
      ,. '"::::::::::::::::::::::`ヽ.
   /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::',
  /::::::::::::::::::::::::/'ヽ::::!::::::::::::!   初手から吊り逃れ・吊られ許容を見ずに
  ノ:::::/::::::;':::::::/ _二ヘ:::::i:::::::!   (まあ候補2人とも逃れられない状況だけど)
  イ:::::i:::::::i::::::// r'i__リ'!::{l_)::::!   即共有変更で処刑とは珍しい。
  .!:::::i::::::::!:::/ .     /::!/;::/
  i::::/ハ:!V  __   ´i/ヘレ'     にア いや、まあいいけどね
  レ'  V>.、,.__ ,.イ、/!/          『票を見る』事にあまり意味がないし今
      ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、         どうでもいい
       /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ.
       !:::::i:/ i  ./i:::/::::i:::::::::::',」
IA 「占いCO 守屋ひより○」
守屋ひより 「おはよう」
サンレッド 「おはよーさん
霊能いねえからどうせ●乱舞じゃねーのって感じ
まぁ狼が騙りに自信あるなら共有とか死んでそうだけどなこれ
つーかモーデルがなんであんなに票集まったのかが
意味わかんねえんだけどなー
まぁひよりーやる夫吊っとけばいいんじゃね?」
園崎詩音 「キタローさんとオルガさん吊り切りですよ
そこは、占わないで吊った方が良いです」
オルガ 「おはようさん
相互に入れてんなら共有が即票変えしても問題ねーか
万が一狩人だったらお笑いだがな」
射命丸 文 「あややや!黒神めだかさんを取材した所○でしたよ!」
ギャル夫 「占い☆ウィッシュ! 紅きヒゲ○」
夜ノ森小紅 「わ、私の投票先が死んでる…!」
キタロー
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        ,イ : : : : : : : : : : : : : : : ,ィ :/ : : : : : : : : : : :',
.       /: : : : : : : : : :/: : : : : : :/ !:ハ: : : : : ヽ: : : : :ハ
      /: : : : : : : : : :/: : : : : : :,f‐ナ'  i : : : : : : : : : : :ハ
.      i : : : : : : : : : /i : : : : : /   _ _. i : : : : : : : : : : :ハ
.      l : : : : : : : : / i: : : : : /´rf´:ハ `j i: : : : : :i: : : : : : i
.      l : : : : : : : /_. i : : ,イ/  i弋_ソ ' .i: : : : : ir‐、 : : : i
.      i : : : : : : ,イ!:`i : :/ '        i , : : : } '` i: : :ハj   灰は全体的に濃いが……
.      i : : : : : :,'、`-'!: /          !'i: : : ,';   j: :/
       i !、: : : :{    i,'  、          i: : /  /,:,'    詩音は『球磨川‐めだか』では無く
.        i:! ∨: : :',               jイ/ r ': :/ i!    『球磨川‐クマー』である発想に
.      i! . ∨:、: ',     r =‐-、     ' /j: : :/      何か理由あるだろうか>園崎
           ヽ iヽ\    `ー‐ '    / .'´i:/
         .  `i. ヽi\         /    i      にア 元ネタ繋がり知らなかったとかそういうの
              `  ` 、     ,/     _ _i_         そうでない場合、【知ってた】可能性も見るんだけど
                   ` ヽ r‐ " ̄   `i_        どうでもいい
                      i´i!:! `i       i::ヽ」
球磨川禊 「『僕は悪くない。』」
八雲藍 「サンレッドの人外らしさは、占いとか霊能とか進行にひと通り触れてから
改めて遺言に反応を示すところだと思ったよ。」
紅きヒゲ 「朝だっ、起きろっ!」           俺は起きた!」
射命丸 文 「2日目:黒神めだか

んー、皆さん共有に対しての反応が遅い…というか突出して敏感に反応してる位置がないんですよね…
割りとそういう位置は人外っぽいので参考にしたかったのですが…残念です
逆に共有二人○について何にも反応してないここ、占いますね」
IA 「◇守屋ひより(114)  「2/3共有占いとかもうね」


傍観して位置。
特にこの台詞なんかあせっている感じ
ギャル夫 「理由:
俺ッちとしては女の子占いたいんすけどねぇ
発言が生き生きしてる此処占いっすかねー?
銃殺狙いは・・・うーんちょっと狐目があれなんで
まぁ得票0でかつサンレッドと息が合ってるここかなぁ?って感じっすね
サンレッドと2Wはないっぽいんで、ウィッシュ☆」
クマー 「おはようクマー」
サンレッド 「あとは占い位置ならオルガーヒゲ占っとけば
●出ようが呪殺出ようが〇出ようが損はねえと思うんだけど
めだかー園崎―キタローがよくわかんねえ感じ」
やる夫 「文狼なら小紅狼ってのは邪推なんかね。
サンレッドが死ねばやる夫ハーレム目指せるおとかそういうの思って投票したわけじゃあねーお
信じてくれお!!
ちなみに発言傾向みるならば、サンレッドも赤きヒゲも非狼くさいんで悲しみを背負ったお」
園崎詩音 「呪殺GJだったらどうのこうので」
黒神めだか 「ええ、まあ霊能初日な次点で見えますけどね。ええ!」
射命丸 文 「ん?んあー?」
黒神めだか 「お疲れ様」
サンレッド 「んー?>めだか死体」
紅きヒゲ 「灰噛み、文がそこ○。
銃殺GJなら云々。」
オルガ 「死んでるぜ?>文

まぁあれだな
これで3占いの生存○数が平等になったってことだ」
IA 「灰噛みっとね」
おおさかGM 「お 狐噛みやね これはまだわからないんよ」
紅きヒゲ 「所でサンレッドが「俺には加世子がいるからでっていうと仲良くしろ」と言うのなら
俺も「俺にはピーチがいるからヴァンプ将軍と仲良くな」と言える気がするが
俺は大人なので可哀想な奴を死体蹴りするような真似はしない」
守屋ひより 「へ?私占い位置か?
自分で言うのもなんだが釣り位置だと思ってたのさ」
IA 「変なところが噛まれているなーって印象」
やる夫 「灰が死んでるっていうなら狩人がどうだったか知っておけばいいんじゃねーかお?」
キタロー
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
      _ノィ'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
       /: : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : :ハ
       ,': : : : : :/: : : : : / : : : : : : イ: : : : : : : :,イ : : : :}
.      { : : : : : !: : : : : : : : : : : : :/ ! : : : : : : /__! : : : i
       i: : : : : :!: : : ,: : : : : : : :ナ 十: : : : : /_ _ i: : : :,'
       、 : : : :i : : i: : : : : : :∠._  ! : : : : /イ ::i`! : :/  銃殺GJならうんたららん。
       `i!: : :i : : i: : : : : :/:::リ ` i: : : :j/. 弋丿'j :/
         jヽ: : : : i: : : : :/`‐'  j : /     /:i'    にア そうでない場合初手灰噛み、狼の筋は?
          \ : :!: : : :,'    ./' ´      ´ !         朝言ってた事が早速否定された
              ヽ i : : i          ′ .,'          どうでもいい
              /`!ヽi ` 、      _ __ ,  /
           /i::::i `ヽ. 丶、       /ー- 、
          /:::i::::i    \  `, ‐- '::::::::::::::::::i」
夜ノ森小紅 「まぁいいや。昨日思ったのはキタローモーデルとかあるかなぁと思ったことぐらいだ。
架空の上の空想を積み上げてな」
黒神めだか 「や、ギャル夫で銃殺GJ」
オルガ 「おもしれーじゃねーか
狼サンはよっぽど公平な勝負をお望みらしい」
モーデル 「いや普通にGJだが」
サンレッド 「つーかひより○ぅ?」
ギャル夫 「んー、ここが○と
と、なるとサンレッド吊ってみたいんすけどねぇ
ヒゲと二人で狼あるとなるとそっちなんで」
おおさかGM 「お疲れ様や」
射命丸 文 「銃殺なら嬉しい、という話で
ま、これで平等に○1ですよハハッ」
IA 「誰ならそこ噛めるんだろうか といいつつグレランで詰めていく」
射命丸 文 「昨日の話への返答ですが
『クマーちゃんも共有者なのは事実だけどね。』
この発言見た時から「あ、笑うしかないですねこれ(白目」ってなってたのではい>小紅さん」
球磨川禊 「『ふうん。』『グレランするしかないんじゃないかな。』
『指定とかはしないから狩人は遺言でも残して死ねば良いと思うよ。』」
園崎詩音 「キタローさんは、なんかこう。クマ鍋出来なかったかというのが吊り先が減った人外臭いって言う感じ
オルガさんはこう、霊能初日=占いに真が居るって言う発想するのが臭いです」
守屋ひより 「むしろ昨日0票だった灰(オルガかヒゲ)あたりのほうが占い位置だったと思う」
紅きヒゲ 「んでサンレッドが●乱舞を言う理由を知りたいかね。
そんなん霊能噛まれてれば同じ状況だし、なんか●乱舞を期待してるようにみえるが」
クマー 「灰噛みクマー?」
八雲藍 「IAは自分以外の占いがモーデルに投票していることに対して
少しくらい感想があっても良さそうなものだ」
サンレッド 「つーか俺には佳代子がいるからハーレムとか興味ねえんだけど>やる夫」
おおさかGM 「あ、せや GJやね

ボーっと見てたから、護衛先気づいてなかったんよw」
やる夫 「んー。そこは気になるけど、そういう占い方する占いは一定数いるんで問題ねーお。
やる夫的にはちいと気に食わないとかそんな感じだお」
ギャル夫 「ふーん?良く解らないっすね>噛み先」
オルガ 「ぶっちゃけお前より俺とか占うべきだとは思うがな>ひより
加えて、理由も正直どうとでもとれる」
クマー 「と、射命丸の○か、死んでるけど」
射命丸 文 「結局のところ私がすべきは人外あぶり出すだけなんで-
結果に関しちゃ特に、と」
夜ノ森小紅 「ひよりーモーデルは投票的にないからモーデルで1w落ちたのでLW落ちたらシャレならんので囲いしたってのはないと思うぞ」
守屋ひより 「灰噛みは狩人探しでしょどうせ
んで今日もグレランなのもまず間違いなさそう」
キタロー
        __,,,,....,,,,__
      ,. '"::::::::::::::::::::::`ヽ.
   /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::',
  /::::::::::::::::::::::::/'ヽ::::!::::::::::::!
  ノ:::::/::::::;':::::::/ _二ヘ:::::i:::::::!    どちらにせよできる事は
  イ:::::i:::::::i::::::// r'i__リ'!::{l_)::::!   現状ではグレランのみだ。
  .!:::::i::::::::!:::/ .     /::!/;::/
  i::::/ハ:!V  __   ´i/ヘレ'     にア ひより○に今気付いた
  レ'  V>.、,.__ ,.イ、/!/          仮にIA狼でも 保護というよりはSG位置に見える
      ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、         つまり今気にする必要が思いつかない
       /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ.
       !:::::i:/ i  ./i:::/::::i:::::::::::',
       ';:::7、 .! / レ'::::::ハ:::::::::::」
園崎詩音 「占いが3人居るんですよ。3人。
だったら、基本占いに真って居るじゃないですか。
それで,霊能初日=占いに真が居るからって言うのは正直微妙というか発想として村っぽくない。」
紅きヒゲ 「なんでギャル夫は俺とサンレッドでサンレッドに狼があるというのに俺占ってんだ。」
IA 「>八雲藍
私の投票理由はキタロー狩人なさそう+なんか私の○狙っていたからってこと」
ギャル夫 「まぁ昨日共有云々言って夜見返したら
対抗がクマー占ってたっすね☆見逃しウィッシュ☆」
やる夫 「そこって気にする必要あるかお?>八雲藍
ぶっちゃけ自分さえ生きてればって話と、霊能不在で狼吊れたかわからんから判断しようがねーお」
IA 「なんだけどどうにもね」
夜ノ森小紅 「>球磨川
おいおいおい共有が狩人しぬ前提ではなすんじゃにー」
サンレッド 「ぶっちゃけー霊能初日って霊能嚙み状態で始まってるようなもんだし
騙りならヒャッホー!!●投げ放題だぜえ!!って思ってたんだけど
拍子抜けッツーかなんか意外だな>ヒゲ」
クマー 「占いは頑張ってほしいクマー
狩人も超頑張ってくれクマー」
黒神めだか 「つまんねえー!! 射命丸噛みならなぁー!!」
IA 「>八雲藍
んじゃモーデルただの影の薄い村なんじゃないの?って感想ぐらいしかでてこないから
もう少しとか言われても困る」
オルガ 「ここでひよりを暫定○に置くくらいなら
全員占っちまえばいいんじゃねぇかって感想だ
ベストはIAが放置だったんだろーけどな」
やる夫 「クマ鍋ってやる夫民の嗜みッて聞いたお>IA
共有だろうが真占いだろうが鍋にするのが儀式だお」
守屋ひより 「で現在の灰は6人か
この中に人外が何人いるかな?」
園崎詩音 「って感じですね。
占いに関しては,信頼行ってくれるんだったら楽で良いし、銃殺であるのならばそのうち狩人が知らせてくれるので、どうでも良いです。」
紅きヒゲ 「別にひより囲うのならどっか●撃った方が早い気もするがな。
狼目の占い方にはみえん。」
ギャル夫 「理由見てもらえばいいっすけどね
そこで2Wないだろうけど、とりあえず占い先としては妥当程度っすよ
なもんで、占って○ならば、占ってない方吊りも悪くねぇかなぁって所っすね>ヒゲ」
キタロー 「狩人探しだとしたら……
めだかに何かしらの狩人要素を、狼が見たことになる>ひより

その場合、そこ投票の2人に1はいるのか、
それとも狼は狩人を投票では無く噛みで処理するつもりだったのか、
というところかな……噛みである場合はね」
サンレッド 「いやーでもヒゲ占いは俺いいと思うぜひより占うくらいなら
お前さん占ってくれてる方がよっぽどありがてえぜ>ヒゲ」
守屋ひより 「もしかして…狐に見られた?」
八雲藍 「占い師としての立場からの思考を見せないということは
占い師としての立場から考えていないのではないか、と邪推を受ける余地があるということだよ。」
球磨川禊 「『僕の遺言どうしようかな。』
『やっぱり死ぬなら格好良く死にたいよね!』」
黒神めだか 「現状ちょーっと狼が不利って感じやけどなあー」
やる夫 「ひより狼って見るなら占えばよくて、非狼ってみるならば占う必要がねーお>オルガ
結果残すこと考えたら灰占いのほうが効率的だお」
夜ノ森小紅 「>やる夫
それなら共有のクマーに目をつける奴は狼ってことで良くない…いい?」
クマー 「ふざけんなクマwwww>やる夫」
おおさかGM 「残念やったねー、まあ、仕方ないんよ。

狐は真占いに占われたら、基本的に終わりなんやから>めだか」
IA 「>やる夫
わかってはいるんだけどノリでも言われるとうーんとはなる

そんなところ占ったのが悪いとか言われればそれまでだけど」
ギャル夫 「ま、とりあえずは発言じっくり見させてもらうっすかね
噛まれたらあれっすけど」
紅きヒゲ 「>サンレッド
●投げられるから投げるって感覚が俺には理解できないっぽいな。」
サンレッド 「つーか霊欠けの状態で初手から狩人探しの嚙み見るくらいなら
普通に呪殺GJの方があり得そうだけどな」
キタロー 「大体ヒゲが言ってた」
やる夫 「無理無理かたつむりだお>球磨川>かっこ良く死ぬ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
園崎詩音 は オルガ に処刑投票しました
球磨川禊 は やる夫 に処刑投票しました
黒神めだか 「サンレッドが失言したか」
守屋ひより は オルガ に処刑投票しました
クマー は キタロー に処刑投票しました
サンレッド は やる夫 に処刑投票しました
おおさかGM 「あー、確かにこれ視点漏れと取られてもおかしないねー>呪殺GJありそう発言」
ギャル夫 は サンレッド に処刑投票しました
射命丸 文 は 園崎詩音 に処刑投票しました
オルガ は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
IA は キタロー に処刑投票しました
やる夫 は 園崎詩音 に処刑投票しました
紅きヒゲ は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は キタロー に処刑投票しました
キタロー は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
八雲藍 は サンレッド に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
射命丸 文 は 園崎詩音 に処刑投票しました
黒神めだか 「んんんー」
キタロー は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は キタロー に処刑投票しました
IA は キタロー に処刑投票しました
オルガ は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
クマー は キタロー に処刑投票しました
園崎詩音 は オルガ に処刑投票しました
やる夫 は 園崎詩音 に処刑投票しました
サンレッド は やる夫 に処刑投票しました
守屋ひより は オルガ に処刑投票しました
紅きヒゲ は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
黒神めだか 「キタロー吊れたら狼場やね」
八雲藍 は オルガ に処刑投票しました
球磨川禊 は キタロー に処刑投票しました
ギャル夫 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
黒神めだか 「あー」
キタロー は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
IA は キタロー に処刑投票しました
オルガ は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
ギャル夫 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
黒神めだか 「あかんか」
射命丸 文 は 園崎詩音 に処刑投票しました
守屋ひより は オルガ に処刑投票しました
球磨川禊 は キタロー に処刑投票しました
園崎詩音 は キタロー に処刑投票しました
クマー は キタロー に処刑投票しました
八雲藍 は オルガ に処刑投票しました
紅きヒゲ は キタロー に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は キタロー に処刑投票しました
サンレッド は やる夫 に処刑投票しました
やる夫 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
やる夫2 票投票先 1 票 →園崎詩音
守屋ひより0 票投票先 1 票 →オルガ
ギャル夫0 票投票先 1 票 →サンレッド
クマー0 票投票先 1 票 →キタロー
園崎詩音2 票投票先 1 票 →オルガ
サンレッド2 票投票先 1 票 →やる夫
球磨川禊0 票投票先 1 票 →やる夫
キタロー3 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
射命丸 文0 票投票先 1 票 →園崎詩音
八雲藍0 票投票先 1 票 →サンレッド
夜ノ森小紅3 票投票先 1 票 →キタロー
IA0 票投票先 1 票 →キタロー
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
オルガ2 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
3 日目 (2 回目)
やる夫1 票投票先 1 票 →園崎詩音
守屋ひより0 票投票先 1 票 →オルガ
ギャル夫0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
クマー0 票投票先 1 票 →キタロー
園崎詩音2 票投票先 1 票 →オルガ
サンレッド0 票投票先 1 票 →やる夫
球磨川禊0 票投票先 1 票 →キタロー
キタロー4 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
射命丸 文0 票投票先 1 票 →園崎詩音
八雲藍0 票投票先 1 票 →オルガ
夜ノ森小紅4 票投票先 1 票 →キタロー
IA0 票投票先 1 票 →キタロー
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
オルガ3 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
3 日目 (3 回目)
やる夫1 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
守屋ひより0 票投票先 1 票 →オルガ
ギャル夫0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
クマー0 票投票先 1 票 →キタロー
園崎詩音1 票投票先 1 票 →キタロー
サンレッド0 票投票先 1 票 →やる夫
球磨川禊0 票投票先 1 票 →キタロー
キタロー6 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
射命丸 文0 票投票先 1 票 →園崎詩音
八雲藍0 票投票先 1 票 →オルガ
夜ノ森小紅4 票投票先 1 票 →キタロー
IA0 票投票先 1 票 →キタロー
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →キタロー
オルガ2 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
キタロー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊(共有者) 「>ギャル夫 0 票 投票先 → サンレッド
>ギャル夫 0 票 投票先 → 夜ノ森小紅

『どう思う?』」
やる夫の独り言 「そっち吊るかお」
キタロー 「なんで彼ら 即票変更するんだ」
黒神めだか 「狼がへましなけりゃ狼勝ちっぽいなあ。お疲れ様」
IA(人狼) 「銃殺GJですまない」
球磨川禊(共有者) 「『で、どうしたい?』」
園崎詩音(人狼) 「私が狩人日記捏造します」
園崎詩音(人狼) 「大丈夫。」
園崎詩音(人狼) 「八雲藍噛み合わせして」
クマー(共有者) 「IAの真めっちゃきりてえ」
射命丸 文の独り言 「オルガさんはちょっと即は危ないですね」
IA(人狼) 「じゃあシオン○でいい?」
サンレッド(人狼) 「んじゃ真あややか」
園崎詩音(人狼) 「それで,私が狩人日記捏造します。」
黒神めだか 「こういう場面に遭遇したことないからじゃない、としか」
守屋ひよりの独り言 「票変えは…共有と占いが先、ヒゲが後か…」
黒神めだか 「遺言残しとるん?」
園崎詩音(人狼) 「違う。八雲藍噛み合わせ。
それで、私がそこで銃殺GJでたって言うから」
サンレッド(人狼) 「頼む>詩音
あとギャル夫は俺に●投げてくると思うから黙って吊られるがいいか?」
キタロー 「残してるよそりゃ」
IA(人狼) 「占いCO 園崎詩音○
吊り誘導 それそのものの理由は筋が通ったものだが、
発言の最後に強く占いを意識しているあたり今日の死体を知っているのではないだろうか
クマー(共有者) 「んー、なんともいえねえクマー」
球磨川禊(共有者) 「『いいんじゃない?』
『こんな村だ。』『楽しくやろうぜ。』」
IA(人狼) 「OK 藍○」
キタロー 「霊能初日・狂人GJ・銃殺 流石に残さない理由が欠片も無かった」
やる夫の独り言 「んー暫定で呪殺起きたと仮定して」
夜ノ森小紅の独り言 「ヒゲ村目でいいかなぁ正直分かんね。村っぽいとは思ってるけど」
園崎詩音(人狼) 「ひより狩人は,もうケアできないので」
サンレッド(人狼) 「それとも俺も日記作るか?」
射命丸 文 は やる夫 を占います
IA(人狼) 「今度はちゃんと1:30にカム」
黒神めだか 「んじゃジョイン次第かあ。勿体ねえ」
園崎詩音(人狼) 「噛み合わせね?
そこは間違えないで。」
守屋ひよりの独り言 「               _,..-‐::─::─::─::‐-:.、_
           ,.ィ´:.:.:.:.:.:.iヘ:.::.:.:;ィ:i:.::.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /...:.:;':.:.:.:;|:.:|゛`゛"´"|:.:|:::.:.:.::i:.:.:.:.:\
        ,ィ´:: : : :.|:/.:/|:.:|     |:.:||:::.:..::|::..:.:.:.....ハ
       //:.:::i:.:.:.:.:|'::/ |::|     |:.:||V: : :|: : : : ::.:.:}
       /:.::::::|.:.:.:.:.|:.:|  |::|     |::| |∨::||:.:.:.....i.:.:.:|
        /:.::::::::|.:.:.:.:.|:.:|‐-ヽ|-'   ーj/-|‐∨|:.:.:.:.:.|:.:.:.|
     /:.::::;イ:::|.:.:.:.:.|: |___    ____ |:.:.:.:.:.|:.:.;:|
     |://|::::|.:.:.:.:.|::|‐━┳    ┳━‐ |:.:.:.:.:.|::/:|
       / |:::|.:.:.:.:.|:|ヽ.__,,ノ }-{  ヽ.__,,ノ |:.:.:.:.:|;'::::|
          |:::|.:.:.:.:.|:}、___,,ノ , ヽ、____,,ノ|:.:.:.:.:|::i::|
         |:::|:.:i.:..|::!:、     _,..-‐┐  ,|:.:..: :|::|::|
         |:::;|::|:.::|:l:::::>‐-l____,,l-‐:'":|:.:.:.:.|:::|:|
         |/|:レ|:.:.|:::;r-‐'´ {‐'  `;} `ー-:|:.:.:::|::::|j
          |:::::ヽ:|/ヽ、   |___/   //:.:.:/、:::λ
          |::::::::;/   \  |  / / /:;/ ハ:::∧
          |:::;ノ"  `/  ヽ、|_//   '"、i    }:::::ハ
          〈´   .::::/  / ゛ \     |   `〉::::::}

詩音さんも後で替えてるッスよ」
守屋ひよりの独り言 「あ、ホントだ」
園崎詩音(人狼) 「ともあれ、今は私で良い>サンレッド」
球磨川禊(共有者) 「『どうせ』『詰め切ることは不可能だろうからね。』」
サンレッド(人狼) 「わかった」
クマー(共有者) 「ちなみに相方は切るとしたら誰?」
キタロー 「まあ僕が狩人遺言無以上小紅は処刑されるんで
オルガとヒゲが仕留め切れるかどうかじゃないかな」
球磨川禊(共有者) 「『分の悪い賭けを始めようじゃないか。』」
キタロー 「やる夫○なら」
クマー(共有者) 「そだね」
球磨川禊(共有者) 「『君と同じさ。』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モーデル 「村人なんてみんな無能な生き物なんで信用しちゃあかんよ。」
キタロー 「別に無能とかなんとか言うつもりは無いが

単に小紅は吊られる」
IA は 八雲藍 に狙いをつけました
八雲藍 は無残な姿で発見されました
(八雲藍 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キタローさんの遺言
                 __,,,,....,,,,__
               ,. '"::::::::::::::::::::::`ヽ
            /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::',
             /::::::::::::::::::::::::/'ヽ::::!::::::::::::!   すまない……狩人だ……
           ノ:::::/::::::;':::::::/ -- ヘ:::::i:::::::::!    __
/W\_ へ_ イ:::::i:::::::i::::::/ ‐‐   !::{l_)::匚二二  〉
          .!:::::i::::::::!:::/ |     /::!/;::/   下ヽ ヽ
            i::::/ハ:!V  __   ´i/ヘレ'   /:: ̄丿
           レ'  V>.、,.__ ,.イ、/!/_/::::::::::/
             /i::::!ム!ヽ!/::://::::::::::::::/

ギャル夫GJ+銃殺。狂人GJ出してしまった。
射命丸真、ギャル夫狂人、IA狼だ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
キタロー 「僕が狩人で 小紅は僕と決戦投票をして
そしてIAに助けられてるからだ」
射命丸 文 「あややや!やる夫さんを取材した所○でしたよ!」
IA 「占いCO 八雲藍○」
サンレッド 「キタロー吊るんだな
俺的にはそこもうチョイ喋れせても面白かったと思うが
まぁ進行論や噛みについてしか喋ってねえから
吊ろうとするやつ多そうだなーって思ったけどよぉ
それなら発言伸びねえ夜ノ森吊らねえ?とか思ったけどな」
球磨川禊 「『僕は争い事があったときは善悪問わずに一番弱い者の味方に付くと決めているのさ。』
『僕の次に弱い奴なんて一人しか知らないけどね。』」
黒神めだか 「お疲れ様」
キタロー 「お疲れ様。すまないな」
オルガ 「朝だな
薬はまだかよ?」
園崎詩音 「あとまあ、オルガさんでしょう」
クマー 「おはクマー」
紅きヒゲ 「朝だっ、起きろっ!」           俺は起きていた!」
ギャル夫 「占い☆ウィッシュ! サンレッド○」
射命丸 文 「3日目:やる夫
「んー。そこは気になるけど、そういう占い方する占いは一定数いるんで問題ねーお。
やる夫的にはちいと気に食わないとかそんな感じだお」
はてな?なんだか主語が欠けててどうとでも取れる感じの発言
占いの反応を引き出して見てみたいっていうんなら村目ではありますが、単に占いヘイトを加速させてるだけにも取れるんですよね
その後に繋がった発言がない分余計に臭いです!」
IA 「対抗の○占い
彼女を選択した理由は
・発言が少ない
・それでいて占いと対立軸を作る気配する

で囲われ狼のやることではない
一見すると村っぽいが、こういうところに後から●が出てきたとしても非常に吊りにくくなると思う
守屋ひより 「おはよう」
やる夫 「呪殺だったらあややが真で、出てない場合はギャル夫の占い先が好みで、ちいと真低いのがIA
ただ●判断でひっくり返るのは普通にあるお」
園崎詩音 「げっ」
夜ノ森小紅 「自虐系狐というジャンルは開拓されているか」
オルガ 「どう思うよ?>遺言」
八雲藍 「おつかれさま。」
IA 「うわ」
紅きヒゲ 「あ、はい>狩人遺言で銃殺GJ」
球磨川禊 「『あーあ。』『やっぱりやっちゃったよ。』」
クマー 「はあ?>遺言」
サンレッド 「あーはい>キタロー狩人」
射命丸 文 「ちょっとぉー!?>キタローさん」
IA 「なんだよこの遺言」
夜ノ森小紅 「あ、まじごめん。狩人ねーと思ってた」
やる夫 「そこやっぱ狩人あるおね!!」
ギャル夫 「ウィッシュ☆」
IA 「んーんー」
園崎詩音 「わっ私悪くないですし(きょどきょど)
逆に役職見抜いてるってことですし(きょどきょど)」
球磨川禊 「『じゃあ。』『IAちゃん吊ろうか。』」
紅きヒゲ 「対抗狩人COを募る、無視して灰指定
やや真を考えつつIA吊ってみる。こんくらい?」
モーデル 「有能な村人なんて生き物は見たことがない。」
オルガ 「そう言うんなら指定しときな>球磨川」
夜ノ森小紅 「票を変えたら負けというのは悲しきかな」
IA 「ねえねえ1日だけおいてくれていい?」
やる夫 「IA吊ってグレラン勝負だお」
サンレッド 「俺そこ残そうとか思ってたし!!」
紅きヒゲ 「特に藍噛みという想定はわかるので、銃殺GJあるのか確認も込めて。」
射命丸 文 「6人3吊り頑張ってください(白目」
守屋ひより 「えーと つまり天狗が真?」
IA 「遺言は私視点では人外」
ギャル夫 「狐狼狂人ギドラCOウィッシュ☆」
園崎詩音 「んじゃもう、占いを吊るので,キタロー人外ですって狩人いたらどうぞ。
ギャル夫吊るかは明日考えりゃ良い事であって」
やる夫 「ついでに言うとこの噛みするなら昨日時点で真贋ついてねーんで
吊るとしてもIAの○だけでよさそうだお!」
サンレッド 「んじゃ偶数だしさぁIA吊ってギャル夫残しでいいと思うんだけど」
射命丸 文 「真のブンヤ、新聞や!デス!」
球磨川禊 「『パンツを見せてくれるかそれに足る理由を言ってくれるなら考えてもいいぜ。』>IA」
IA 「この遺言が真であるなら、次は私が噛まれるはず」
キタロー 「ただこう IAに真無いって言うんであれば
そこの投票先の僕に入れないで欲しいんだ……」
IA 「いや違った天狗がだ」
守屋ひより 「ギャル夫が先かIAが先か、だねぇ」
紅きヒゲ 「発言で言うと夜ノ森だったけど
ギャル夫が投票してるし、共有が両方キタローだし
別段キタロー残したい程でもないので変えました(真顔)」
八雲藍 「オルガに投票したのは3票をもう一人作ってあげようという私なりの優しさの表現だったのだけれど
仕方ないね。」
サンレッド 「んで灰詰めればいいと思うぜ」
クマー 「うん、バイバイクマ>IA」
オルガ 「狩人が吊りたがってた夜ノ森あたり吊ればいいんじゃねーの?」
IA 「でもね、あの遺言が仮に」
夜ノ森小紅 「ああ駄目だ言い訳しか浮かんでこね。まぁごめんねてへぺろりんこ☆」
園崎詩音 「呪殺GJだったら、昨日の時点で真贋ついてますよ?>やる夫くん」
サンレッド 「偶数でギャル夫吊るぐらいならIA吊でいいよ>ひより」
球磨川禊 「『じゃあ人外COしてるギャル夫ちゃんからでいいか。』」
IA 「その、私視点の人外だとしたら単純に私吊りからの共有噛み千切りでしかない」
紅きヒゲ 「ギャル夫から人外COあるんなら
そっち吊ってもどうせ吊り順だしいいんじゃねとは思う。」
キタロー 「3-3-3になってりゃ
オルガに逃げられるんだけどね>藍」
ギャル夫 「じゃあ特に言うことなんで、寝てるっすわー」
IA 「んー」
IA 「ギャル夫狼」
黒神めだか 「あー」
やる夫 「昨日っていうか3日め朝の時点だったお・・・」
園崎詩音 「この場合狂人残した方がよくないですかね?>球磨川君」
ギャル夫 「アザーッス!ウィッシュ☆>球磨川」
守屋ひより 「共有の指示を優先するのさ」
夜ノ森小紅 「>ヒゲ
私が共有投票すべきだったからまぁあれだ、ヒゲは逞しく生きてくれ!」
紅きヒゲ 「んで昨日話した話をすると。」
ギャル夫 「           ト VVVVVVV_ノ\    *
  ☆        \           \     ☆
         * . ハ            \      +
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   *
 +   .*     彡  〆     \ \ ヽ    ☆
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |       +
 *      .   ル从§ (● ) (<)ヾ  |    *
    *     乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ     ウィッシュ ☆ミ
      ☆     \   ∩ `ー´   /   +
   +         / ⊂  \∩ィつ ヽ
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´」
黒神めだか 「んー」
キタロー 「なんでギャル夫狂人だって残したのに
ギャル夫吊るって話になってるのだろうか。

アレか。僕をそこまで信じてないのか」
守屋ひより は ギャル夫 に処刑投票しました
IA 「となるともう占い先は決まったようなもんだけど、いやだなぁもう」
黒神めだか 「霊能いないししょーがないのか」
紅きヒゲ 「ギャル夫、或いはIAが狂人の場合確定で囲えていないし
文が狂人でもいいけど、とりあえず偽アピールするために●を撃つ。
狼が●撃つ場合は狼が吊れそうか、●位置に何かしらの感覚を持った。」
サンレッド 「奇数でもねえしそこ残そうぜ狐もねえんだしさ>球磨川」
オルガ 「遺言信じるんならどっちから吊ってもいいぜ?
遺言疑うんなら順番には気をつけな」
やる夫 「人外COっていうか」
IA 「今度こそかみ合わせられるじゃないの」
クマー 「クソワロタwwww>ギャル夫」
紅きヒゲ 「まあ●が出るには出るだけの意味が有るわけで
単純に霊能がいないから、狼は仲間は吊られそうにないけど●出すかも。
霊能がいないから、ただそれだけで狂人が●出すかも。
というのは、やや●が出て欲しい。或いは出るだろうと考えていた何かの様に見える。」
やる夫 「狂人吊る意味ねーからIA先吊りでいいお!!」
球磨川禊 「『偶数だしね。』『じゃあ好きな方でいいよ。』」
守屋ひより 「やる夫には第3の共有として頑張ってほしいね」
IA 「明日私を吊るなとは言わない」
紅きヒゲ 「というサンレッドへの返答を真面目に書いたら疲れた。」
園崎詩音 「遺言信じれば、ギャル夫狂人で、狂人吊るすよりも、グレー吊った方が建設的です。」
クマー 「相方
>これ確実に狂人だぜくまー」
やる夫 は IA に処刑投票しました
IA 「明日華麗に私視点の狩人が出てくるはずだから」
ギャル夫 「まぁ残してくれるならいいっすけどね
というか俺がいうのもなんっすけど
狂人残しても割と微妙だと思うんすけどね」
射命丸 文 「やっぱオルガさんが怪しいですねぇ」
サンレッド 「遺言信じる信じない以前に狩人のこってるなら
まずキタローの遺言の話になった時点で出るから」
オルガ 「ギャル夫が狂人っぽい振る舞いの狼とは考えねーんだな
両方吊り殺しゃいいのによ」
IA 「それが出てこなかったら初日吊られたモーデルってことでいいよ」
IA 「もしくはめだかが狩人で私吊ってもいいよ」
球磨川禊 「『但し、キタローちゃんが真の保証もなければ。』
『盲信している村人がこれだけ多いって話にもなるしね。』」
IA 「だから明日狩人いたら出てきて」
守屋ひより 「しかし●の出ない展開だな」
サンレッド 「んあ?ああ興味もったらみるわ>ヒゲ」
球磨川禊 「『僕は悪くない。』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
射命丸 文 は IA に処刑投票しました
園崎詩音 は IA に処刑投票しました
ギャル夫 は クマー に処刑投票しました
クマー は IA に処刑投票しました
サンレッド は IA に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は IA に処刑投票しました
オルガ は ギャル夫 に処刑投票しました
キタロー 「序盤グレランで死んだの久々だな……」
球磨川禊 は ギャル夫 に処刑投票しました
紅きヒゲ は ギャル夫 に処刑投票しました
おおさかGM 「うーん・・・うちは、この遺言信じられると思うんやけどねー。 下界にいても。

占い3やし、即抜き狙いは何も不思議じゃあらへんと思うんよ」
IA は ギャル夫 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →IA
守屋ひより0 票投票先 1 票 →ギャル夫
ギャル夫5 票投票先 1 票 →クマー
クマー1 票投票先 1 票 →IA
園崎詩音0 票投票先 1 票 →IA
サンレッド0 票投票先 1 票 →IA
球磨川禊0 票投票先 1 票 →ギャル夫
射命丸 文0 票投票先 1 票 →IA
夜ノ森小紅0 票投票先 1 票 →IA
IA6 票投票先 1 票 →ギャル夫
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →ギャル夫
オルガ0 票投票先 1 票 →ギャル夫
IA は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
黒神めだか 「お疲れ様」
キタロー 「お疲れ様」
おおさかGM 「そしてお疲れ様や。 ごめんなー、言い忘れとった」
IA 「んー」
夜ノ森小紅の独り言 「てへぺろりんこ☆」
園崎詩音(人狼) 「計画変更。IAお疲れさま。
んで、真噛む方向で」
クマー(共有者) 「ギャル夫でもよかったかクマ」
射命丸 文 は 園崎詩音 を占います
紅きヒゲの独り言 「11で文噛み」
サンレッド(人狼) 「お疲れ様です」
クマー(共有者) 「ごめんクマ、相方」
IA 「お疲れ様
狩人を早く落とせたからよかったかな にしてもひより占いもっとまともな理由あるだろ」
ギャル夫の独り言 「さ、仕事終わったんで寝てるっすかね」
おおさかGM 「お疲れ様やー」
球磨川禊(共有者) 「『じゃあギャル夫ちゃんは嫌がらせのように残し続けようか。』」
やる夫の独り言 「んーキタローと決戦って時点で投票変えるべきだったおね
あれ役もってる音餅さんにしかみえねーお」
夜ノ森小紅の独り言 「やべーこのことばやべー
めっちゃヘイト貰える気がする」
守屋ひよりの独り言 「まあこれはどっちが先でも良いや」
サンレッド(人狼) 「嚙みよろしくお願いします」
紅きヒゲの独り言 「9>7>5で噛んで。」
園崎詩音(人狼) 「というか,村視点だったら、今日はグレランして,その上で明日噛みが入るかどうか見るって言うのが適切だと思うので私が村に見られるか不安という」
紅きヒゲの独り言 「4の朝に○一つ。」
キタロー 「あ、はい 役持ってるとこやみさんです>やる夫」
球磨川禊(共有者) 「『いいさ。』『皆の言うことは何時だって大筋間違っちゃいない。』」
やる夫の独り言 「狂人が囲ってるかどうかなんだけど」
八雲藍 「めだかちゃんが少なくともぱっと見、噛まれそうな位置ではない以上
銃殺GJである可能性は考慮しておくべきところではあるからね」
ギャル夫の独り言 「 NVVVVVVV\
 \          \
 <         `ヽ、
 </ /"" \ .ノヽ. \
  //, '〆     )  \ ヽ
 〃 {_{   ノ    ─  .│i|
 レ!小§ (●)  (●)  | イ
  レ §  (__人__)    |ノ
    \    `ー'´   ,ノ
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'
    l           l

まーどうせ後で吊るすなら、連続で吊ればいいと思うんすけどねぇ」
守屋ひよりの独り言 「で、明日はほぼ間違いなく射命丸が噛まれるからギャル夫吊りでその後どうするかだね」
やる夫の独り言 「そこどう考えるかだおね」
射命丸 文の独り言 「なーんでこうなるんですかねぇ(白目」
クマー(共有者) 「いいねそれwww>いやがらせ」
IA 「にしても面白いこと思いついたなー
占い真狼狐で自分狂人限定だけど、同じシチュエーション再現できそう」
紅きヒゲの独り言 「いつも思うけど。」
ギャル夫の独り言 「おっと、AAがでかくなっちまったっす
まぁ夜なんで別にいいっすけどね」
紅きヒゲの独り言 「こう計算って正しいか不安になるよな。」
球磨川禊(共有者) 「『まあ最終日前には吊るんだろうけどね。』」
IA 「リアルに狂っているテンションないとできそうにないけどね」
夜ノ森小紅の独り言 「IA狼でひより○だしって優雅な位置に狼おるんかー?」
キタロー 「その状況だと
何故か狩人遺言あるのに真噛まれないって言う
凄い妙な状況になるので>IA

主張するの厳しいと思うけどね」
射命丸 文の独り言 「やめてください!銃殺だした瞬間狩人飛んだりバッチリ対応されて信用負けたり!」
おおさかGM 「どんなのを思いついたん? 気になるなあ、うちは>IA」
クマー(共有者) 「まあ、あとひよりは残せねーと思うクマ」
射命丸 文の独り言 「泣いてる占い師もいるんですよ!」
キタロー 「狂人位置に狐入れちゃった場合 もう狼勝てなくなるってのもある」
園崎詩音(人狼) 「130で」
ギャル夫の独り言 「  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─  .│i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ
   レ §  (__人__)   .|ノ
     \    `ー'´   ノ
    /⌒ヽ゜。     。゜ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

まーどうするっすかねー、割とやる事ねぇーんで
クマーに投票するだけで、後は村の戦いを見守る作業っすね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
黒神めだか 「おっふろー。村建てどもっした!」
おおさかGM 「お疲れ様やー>めだか」
IA 「>おおさか
さっきの前提に三日目朝に灰噛み発生した場合のみ。

その日のグレランとかでうまく吊られて遺言に狩人日記的なもんを残す。
もちろん真狩人は出てくるだろうけど、面白いことになりそう」
IA 「実際有用かどうかはわからないけど面白い具合に混乱するっかなーとは思う」
園崎詩音 は 射命丸 文 に狙いをつけました
射命丸 文 は無残な姿で発見されました
(射命丸 文 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんの遺言 遺言は狐知らせにきた狂人
んで嘘の日記使って適当に占い潰しにきた鋭い奴だから、私視点の狩人ならいるはず
いなかったらモーデルかめだかってことであきらめるから、私の○つりはちょっと考えて
射命丸 文さんの遺言 あややや!園崎詩音さんを取材した所○●でしたよ!

初日:八雲藍

占い…と言う名の突撃取材!
初日は「八雲の狐は占われると溶けてしまうのかっ!」でお送りいたします!

2日目:黒神めだか

んー、皆さん共有に対しての反応が遅い…というか突出して敏感に反応してる位置がないんですよね…
割りとそういう位置は人外っぽいので参考にしたかったのですが…残念です
逆に共有二人○について何にも反応してないここ、占いますね

3日目:やる夫
「んー。そこは気になるけど、そういう占い方する占いは一定数いるんで問題ねーお。
やる夫的にはちいと気に食わないとかそんな感じだお」
はてな?なんだか主語が欠けててどうとでも取れる感じの発言
占いの反応を引き出して見てみたいっていうんなら村目ではありますが、単に占いヘイトを加速させてるだけにも取れるんですよね
その後に繋がった発言がない分余計に臭いです!

4日目:園崎詩音

白黒つけたい位置はここです、まぁここはっきりさせれば
後はヒゲサンレッドで2wは無いでしょうし詰めれる気がします、はい
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
キタロー 「お疲れ様。吊られてしまいすまないな」
ギャル夫 「 NVVVVVVV\
 \          \
 <         `ヽ、
 </ /"" \ .ノヽ. \
  //, '〆     )  \ ヽ
 〃 {_{   ノ    ─  .│i|
 レ!小§ (●)  (●)  | イ    割りとやる事ねーんで、村の戦いを見守るっすよ
  レ §  (__人__)    |ノ
    \    `ー'´   ,ノ
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'
    l           l」
園崎詩音 「おはようございます」
紅きヒゲ 「朝だっ、起きろっ!」           俺は寝たい!」
クマー 「おはクマー」
夜ノ森小紅 「◇守屋ひより(51)
「灰噛みは狩人探しでしょどうせ
んで今日もグレランなのもまず間違いなさそう」
あんまりこの言葉が狼に見えない、んで、IA狼だとするとひよりに○投げれる位置に狼がいるって言うことになるんだけど
狼はバカンス中か何か?」
守屋ひより 「おはよう
やはりそうなるよね」
オルガ 「俺ぁこう見えて慎重派だからぎゃる夫吊りを提言しとくは
聞く耳持たねーだろーけどな」
射命丸 文 「お疲れ様でしたー、はい」
サンレッド 「あー今気が付いたら文の〇やる夫だけなのなー……
ひより狼で囲いってのはさすがに目立つよなー……
けどさぁあそこで狂人目吊る意味マジでねえべ
あとヒゲの長文については●打つのにも意味を持った
●を出すってことね」
クマー 「はい>噛み先」
おおさかGM 「なるほど、そういうことやね。 確かに面白いなあ、どう転ぶかわからへん戦術やけど」
紅きヒゲ 「まぁ噛むよねよしか。」
球磨川禊 「『対抗狩人出せば良かったけど。』

『それでも僕は悪くない。』」
モーデル 「あんまり狂人残しは好きじゃないんだがな、私は」
園崎詩音 「共有の指示待ち人間って言う意味でひよりさん。
初日から臭くて、その上で村っぽい挽回の無いオルガさん。
この二人に1Wはいるかと。」
紅きヒゲ 「文が真で計算があっていた場合最終日に○が残るはずなんだが。
全灰ならまだしも最終日に引き分け確定で狂人残さなくても良いと思うんだ。」
サンレッド 「黒髪死んでる時点でそうだろ>嚙み」
やる夫 「んじゃ本格的にギャル夫吊らなくていいんでギャル夫は漫才でもしときゃあいいお」
おおさかGM 「お疲れ様やー 惜しかったんよ、最後の占い先は見事に狼やね>文」
守屋ひより 「どうせ今日はギャル夫吊りでしょ?>共有」
紅きヒゲ 「なお間違っていた場合謝罪は行う構え。」
クマー 「当然、ギャル夫とIAの○は灰戻しクマー」
ギャル夫 「いや、俺がいうのもなんすけど
灰吊りで勝てるみこみねーんなら、俺っち吊りが妥当だとは思うんすけどね>オルガ」
やる夫 「ヒゲとサンレッドが現状残せそうな感じには見えるお」
サンレッド 「ヒゲ―詩音残しつつで良いんでね?って感じ
詩音狼で狂人で無駄吊できるのにそれ止めるってのはよくわかんねえよ
んでひよりに囲いあるか見る感じで
夜ノ吊ってーで良いと思う
つーか霊能いねえから投票のこしてなかったわ」
夜ノ森小紅 「まあひより●投げしようと思ったらGJ銃殺で動揺して削り間違えとかもなくはないけど」
園崎詩音 「灰吊った方が良いって言う主張は変えませんので灰吊りましょうそうしましょう。」
守屋ひより 「違うの?自由に入れていいのね?」
射命丸 文 「後は村に任せて寝ます!」
球磨川禊 「『じゃあ。』『4吊6灰のグレランと洒落込もうか。』」
サンレッド 「なんでそんなギャル夫吊たがんの?>ひより」
オルガ 「誰だったっけ、めだか投票のどっちかに狼いるだろとか言ってた奴」
キタロー 「今回の場合
キタローの遺言は『もうぜってえ奇数にならない』なので
狂人残して最終日あって引き分けにされるのと
狂人吊って狼吊れずに負けるのは 吊り数消費一緒。
なら引き分け>負けで考えるなら別に吊らないでいいよね、ってところ>モーデル」
ギャル夫 「逆に灰吊りで勝てそうなら
俺っちのこしでもいいんじゃないっすかね?
最終日までもってくのか、その前に吊るのかは不明っすけど>オルガ」
IA 「うまく嵌れば強制的に狩人が出てくるだろうし、狼サポート
失敗すれば?そのまま狼吊っちゃうかも」
夜ノ森小紅 「サンレッドオルガあるかなーぐらい。詩音は誰か構うでしょ」
紅きヒゲ 「>やる夫
なんで俺はヒモと仲良くせんといかんのだ。これ何度目か知らんが。」
IA 「お疲れ様ー」
クマー 「これでギャル夫狼なら笑うクマーwww」
やる夫 「小紅とひより吊ればいいんじゃねーのかお?」
射命丸 文 「詩音さんは狐っぽくて即占うのはトラウマ喚起されるから避けた結果がこれですよ!」
守屋ひより 「狂人の振りした狼の可能性…」
キタロー 「ギャル夫吊りで勝てるなら
ギャル夫残しても勝てるからね。吊り数の上では」
園崎詩音 「◇オルガ(63) 「ここでひよりを暫定○に置くくらいなら
全員占っちまえばいいんじゃねぇかって感想だ
ベストはIAが放置だったんだろーけどな」

逆にオルガさんと、ひよりさんで2Wかって言うと、この発言からして微妙なんですがね」
球磨川禊 「>守屋ひより
『偶数なら。』『恐らく狂人だろうギャル夫ちゃんはそう脅威にはならないからね。』
『嫌がらせのように残せてやろうぜってクマーちゃんが言ってた。』」
紅きヒゲ 「>クマー
その場合ギャル夫GJ出したらしいキタロー偽か。」
サンレッド 「真狼狼とか想定するなら吊だけど
狂人GJ出てる以上吊る意味ねえよ」
おおさかGM 「せやねー、今回の狂残し理由は多分それやろうね>キタロー」
園崎詩音 「かまうって何ですか。」
オルガ 「すまん、キタローだったな
なんの参考にもなんねーや」
やる夫 「昨日狼の仕事って狩人臭い位置に投票いれるだろうってことで
キタロー投票者洗っていけばいいとおもうお」
夜ノ森小紅 「正直狐狙いでめだか投票しました
と言うかあんなの投票しろって言ってるようなもんでしょ」
ギャル夫 「あーオルガっすかー割とそこと詩音悩んだんすよねー
なんかありそうで」
サンレッド 「やる夫の想定と被りすぎてビビる」
八雲藍 「私は狐なのでなお占わなくて良いだろう。>文」
クマー 「そうだったクマwww>ヒゲ」
紅きヒゲ 「実際ギャル夫吊りと思ってそこまで灰視しているわけではないが。」
園崎詩音 「実は、夜ノ森小紅さんの事はあんまり見れていないのです。
こう言うとあれですけど、夜ノ森小紅さんは誰かかまってください。」
おおさかGM 「文wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
守屋ひより 「個人的灰雑感としてはやっぱりオルガかなぁ>怪しい」
やる夫 「ついでにこの状況で灰に狩人いるんだったら出てしかるべきで、出ない以上はキタロー真でいいお」
夜ノ森小紅 「>詩音
ヒゲと恋人になっちゃいなYO!」
球磨川禊 「『まあその場合キタローちゃんが狂狼狐のどれかだからさ。』

『灰の狼を螺子伏せちまえばいいのさ。』」
守屋ひより 「単純に発言が薄い傾向にある」
オルガ 「俺が票入れてたが>夜ノ森について
あと狩人も票入れてたろ」
園崎詩音 「私年上は好みじゃないので……同級生の子犬のような男の子がいいです。>夜ノ森小紅」
ギャル夫 「ところで何で俺ッちはこうも村に意見してるんすかね?
いやまぁ暇なんでいいんすけど」
紅きヒゲ 「中立演じてたオルガやひよりよか
吊られ遺言をまず信じたやる夫吊って見たいかね。」
守屋ひより 「指定ある?>共有」
球磨川禊 「『世の中には身代わり君って便利な奴もいるらしいぜ。』」
射命丸 文 「初日はネタに決まってるでしょう!」
キタロー 「ヒゲとオルガが吊られそうなので……
ちょっと無理かなーって感じの」
球磨川禊 「『ない。』」
サンレッド 「ぶっちゃけー狂人のこせばどっか○一つは残るor
○が残らないなら最終日の狂人に存在価値がなくなるのどっちだから吊る意味ねえよ」
やる夫 「それたぶんブーメランだと思うけどおどう思うお?>ひより
で薄さ比べるとひよりのほうが薄いんでそれでオルガに誘導かけるならひよりは吊るお」
夜ノ森小紅 「まぁキタロー吊ったんで贖罪の意味でこれくらい頑張りましたオシマイ。」
クマー 「昨日でねー狩人とかいやすぎるクマwww>やる夫」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
園崎詩音 は オルガ に処刑投票しました
オルガ は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
クマー は 守屋ひより に処刑投票しました
やる夫 は 守屋ひより に処刑投票しました
サンレッド は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
ギャル夫 は クマー に処刑投票しました
守屋ひより は オルガ に処刑投票しました
夜ノ森小紅 は オルガ に処刑投票しました
球磨川禊 は サンレッド に処刑投票しました
モーデル 「ま、ちょっと落ちよう。
お疲れ」
紅きヒゲ は やる夫 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
やる夫1 票投票先 1 票 →守屋ひより
守屋ひより2 票投票先 1 票 →オルガ
ギャル夫0 票投票先 1 票 →クマー
クマー1 票投票先 1 票 →守屋ひより
園崎詩音0 票投票先 1 票 →オルガ
サンレッド1 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
球磨川禊0 票投票先 1 票 →サンレッド
夜ノ森小紅2 票投票先 1 票 →オルガ
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →やる夫
オルガ3 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
オルガ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キタロー 「お疲れ様。君には正直すまんかった」
球磨川禊(共有者) 「『重ぇよ。』」
射命丸 文 「お疲れ様でしたー」
ギャル夫の独り言 「ヒゲは・・・まぁいいっすかね」
クマー(共有者) 「そこかクマ」
園崎詩音(人狼) 「うーん」
紅きヒゲの独り言 「あれだよね。」
オルガ 「お疲れだ
吊られ素村なんて白くなれねーのが悪いからな
仕方ねぇ」
紅きヒゲの独り言 「ひよりを明日吊るか、6で吊るか、吊らないか。」
園崎詩音(人狼) 「ちがう!今日はオルガに投票して日和ちゃんが吊れれば最高だった!」
クマー(共有者) 「そして完全にクマー達お弁当クマーwww」
守屋ひよりの独り言 「オルガより私の方が薄い、ねぇ
確定○じゃなかったら怪しんでるところだぞ」
サンレッド(人狼) 「球磨川嚙みかね
どっちでもいいけど」
やる夫の独り言 「オルガ吊る位置じゃなくねーかお」
ギャル夫の独り言 「オルガ狼だと・・・
夜の森か詩音すかねぇ?>狼」
球磨川禊(共有者) 「『どうせ僕たちは死ぬだろうから好きな奴を明日吊ろうぜ。』」
やる夫の独り言 「そしてヒゲどうすんべなぁ」
園崎詩音(人狼) 「うーん」
サンレッド(人狼) 「嚙みはオナシャス!!」
紅きヒゲの独り言 「に、なると思うんだけど。」
園崎詩音(人狼) 「まあ,指定はクマーにやらせた方が日和ちゃん指定になりそうという意味で球磨川禊噛みでしょうね」
園崎詩音(人狼) 「では、球磨川禊噛み
130〜200で」
守屋ひよりの独り言 「残りのグレスケ考えようか
詩音>小紅>ヒゲ>レッド」
ギャル夫の独り言 「まぁ噛みは大体決まってるんで
共有→共有→やる夫 ここでヒゲが暴走村を演じてる狼なら
ちょっと村きついっすかね」
夜ノ森小紅の独り言 「(・ω<)りんこ☆」
おおさかGM 「お疲れ様やー」
クマー(共有者) 「ひよりはブッ吊りしてークマ、あれは残せん」
球磨川禊(共有者) 「『だから僕が死んでたら明日指定していいぜ。』」
夜ノ森小紅の独り言 「これは単にキモいだけだな」
サンレッド(人狼) 「おk」
ギャル夫の独り言 「まー素っぽいんで村目かなぁって気もするっすけど
あれ素でやれる狼なら大物って感じっすね」
サンレッド(人狼) 「 」
サンレッド(人狼) 「 」
キタロー 「ひよりはこう発言だけ見るとアレなんだけど

IA狼で銃殺GJってこと踏まえると 非狼にしか見えんかった>3日目」
サンレッド(人狼) 「 」
クマー(共有者) 「相方はサンレッド疑いクマ?」
ギャル夫の独り言 「ま、2Wはいるかなぁーって感じっすね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
園崎詩音 は 球磨川禊 に狙いをつけました
球磨川禊 は無残な姿で発見されました
(球磨川禊 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
球磨川禊さんの遺言                         ゝヽ __
                    -≦州洲州洲从
               ー=≦州洲州洲州洲州’
                /州洲州洲州洲州洲州’
               'イ州洲州ト州洲マ州洲州洲、
              / i}州洲从―マ从´ ̄ 从州从ゝ
              ,  i}州洲从rt ォヾムrt ォ’从〈ゝ        ノ ン .フィクション
                ,州洲州从´  l  ´ /〈 ト _     『虚数大嘘憑き』!
                    斗| , ー=- ,   リ |::::::::::::::::::l
                  ィi::::| 、l ―   ' ,:':::::::::::::::::::     『とりあえずはそう名付けているんだけどね…』
                   f:::::::::::::人  _  //:::::::::::::::::::::::ヽ
                   |::::::::::::::::::::≧=x Y 〔::::::::::::::::::::::::::::::::’
                  ネ::::::::::::::::::::::::::ー古<::::::::_::::::::::::::::::::::::::.、
              ノ::::::::::≧=::::::::::::::::::::rv 〈〈  ハ〔:::::::::::::::::::::::\
             /::::/ ⊥::::::::::::rv-〈〈  、 `  、 ' ^`ヽ::::::::::::::::::::
           ≦::::ィテ/  ヽ「l  、  、  、   々   \::::::::::::::::::. 、
          /γ〈 |;;| | {  、  、  、z ≦:::{      、:::::::::::::::::::..
           〈::人μ ,;;, 、  、  、 ー<::o::::´:::::::::::、      ::::::::::::::::::::. 、
              V:〈 ゝ 、;、 、   r´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    、:::::::::::::::::::
           、〉μ)\\   ノ:::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::      :::::::::::::::o:::::>
            ¨ ーμ) >´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      ,:::::::::::::::o
               ⌒`´:::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::〈       _ 、∧
                 フ∧:::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::/::::.,         }  ,
                  /::::::::∨:::::::::/::::::::::::\::::::::::::::,:':::::::::\       、 l  ,
オルガさんの遺言 流石にねーよ
キタロー投票者でも指定したほうがマシだぜ?
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
おおさかGM 「お疲れ様や」
紅きヒゲ 「朝だっ、起きろっ!」           俺は寝させろ!」
ギャル夫 「            /VVVVVVVⅥ
           /        /
         r'´         >
       / /ヽ/ ゛゛\  \>
      / /  (     ゝ'   ,ミ
      |i│ ─。   ─   }_}  ヾ       うーっす、今日は共有噛みっすかね
  ((  ト |. (●)  (●)  §小!、ゝ
      (,|   (__人__)    § 、ゝ  | |
      /     ∩ノ ⊃ 。/l    ノノ
     (  \ / _ノ  |. |
     .\ “∞∞/__ノ  |
       \。/____ノ」
クマー 「おはクマー」
園崎詩音 「おはようございます」
キタロー 「お疲れ様」
園崎詩音 「夜ノ森小紅ちゃんは、ひよりちゃん残そうって言うだけで他にどこが狼って言う強い推理が無いって言うのが、ひよりー夜ノ森小紅あるかなって思わせます
オルガーひよりで、1Wあるかなって思って、夜ノ森小紅ーひよりで2Wあるかなって思うので、ひよりちゃん吊りたいです」
夜ノ森小紅 「>やる夫
ひよりーIAあるなら囲うより●出すと思うんですけど霊能いないし

まぁひより私ロラされると真面目に困るんで庇う構え」
球磨川禊 「『うん。』『経験経験。』『お疲れ様。』」
クマー 「相方ああああああああ」
サンレッド 「おはよーさん
ヒゲ―オルガあるかないかぐらいだし
ヒゲ吊る気ねえしオルガがいまいちわかんねえって感じ
とか思ってたらオルガ吊るの?
そこ吊るぐらいなら夜ノ吊らねえ?って思ったわ」
守屋ひより 「おはよう」
ギャル夫 「まぁ明日はクマ肉になってるっすねぇ」
紅きヒゲ 「なんでオルガ吊れているんだろうというか
投票者が灰3の時点で察するしかない結果だよ。」
やる夫 「◇紅きヒゲ(55) 「中立演じてたオルガやひよりよか
吊られ遺言をまず信じたやる夫吊って見たいかね。」
なんで噛まれ占いのやる夫吊りとかいうわけわかんないこと言ってるんだお?」
射命丸 文 「お疲れ様ですよー」
サンレッド 「まぁ噛みぬいてくんだろどうせ>共有嚙み」
紅きヒゲ 「サンレッドは良いこと言ったから残ればいいや。
○狂灰灰になったら票投げてみる感じ。」
サンレッド 「んでーひよりがさぁ……
位置的には狼ないんだよな
あそこで日和囲うとなるとすげえ目立つから
でも発言的にはすげえ臭いんだよなぁ……
まぁ依然ヒゲ―詩音吊る気ねえんだけど
つーか詩音とヒゲは狩人遺言見えた日がすげえ
俺の思考と被ってるんだよね」
夜ノ森小紅 「IAが●打たなかったかーという推理からだけど」
ギャル夫 「まぁ後ヒゲに突っ込むのがいるかどうかが
俺っちちょっと気になる所っすけどね」
球磨川禊 「『重すぎてサンレッドちゃんについて言えなかったのが悔やまれるぜ。』」
キタロー 「即票変更で吊り殺しにかかられると
票で役職COできないんで
もう1回待ってくれると助かる>球磨川」
紅きヒゲ 「あれ?>やる夫」
園崎詩音 「ヒゲに言う事は、やる夫吊りたい(漂白噛みIA真)として、もうちょっとちゃんと押さないと無駄ですよって言う事ですよ」
守屋ひより
◇紅きヒゲ(55) 「中立演じてたオルガやひよりよか
吊られ遺言をまず信じたやる夫吊って見たいかね。」

対抗狩人出ないし真で良いと思うけど
んでこれが真ならやる夫は確定○だよね?吊ってどうすんのさ?」
球磨川禊 「『ごめんね☆』>キタロー」
サンレッド 「まぁもう狂人について云々言う必要はねえんだけどな>ヒゲ」
ギャル夫 「ですよねー>やる夫」
やる夫 「ぶっちゃけ小紅-ひよりロラは昨日オルガ吊ったんでNO
なんでより狼くせー位置吊ってく感じだお」
紅きヒゲ 「・・・なんで詩音○じゃねえの?」
夜ノ森小紅 「>ヒゲ
◇射命丸 文(1)
「あややや!やる夫さんを取材した所○でしたよ!」 」
キタロー 「八雲が機転を利かせてくれたんだが……」
園崎詩音 「サンレッドとヒゲ残して良いってどっかで見ましたけど、お互いセットで見れて2Wないので、確かに残して良いかと。」
紅きヒゲ 「まあアレだ、ブラフブラフ。メモミス。」
クマー 「指定いるー?>ALL」
やる夫 「お前誰がどこに○出してるのか把握してねーのかお!!>ヒゲ」
サンレッド 「やる夫○だぞ>ヒゲ」
紅きヒゲ 「んで流して続き言うけどひより狼ならとは言ったはず。
IA狼とは思ってなかったけど言うことは同じのハズ。」
夜ノ森小紅 「それでヒゲ誘導すんのはなんだかなーとは思うぞ」
ギャル夫 「そういや冬季オリンピック誰もメダルとってないんすよねぇ
開始前あれだけメダル取れる取れる言ってた気もするんすけど
銅も取れないのはどうかと思うっすねぇ割と」
園崎詩音 「勘違いしてたんですか?」
守屋ひより 「となると残る灰は私含めて4人か、何Wいるかな?1だと信じたい」
やる夫 「ヒゲとサンレッド残しになるお」
守屋ひより 「任せる>クマー」
紅きヒゲ 「>クマー
オルガで吊れてないだろうし、指定しておくに越したことないんじゃね。」
やる夫 「ひよりが余裕ありすぎるんで吊るお」
夜ノ森小紅 「>共有
なんか自信なくなってきた。
していしてい」
クマー 「指定:ひよりクマー」
ギャル夫 「日本の冬季って何が強かったかちょっと思い出せないんすよねぇ
通常のオリンピックなら柔道とか印象にあるんすけど」
園崎詩音 「やる夫君も言ってますけど、ひよりちゃんの余裕って、ひよりちゃん狼だったら2W残ってるって言う感じですよね。」
守屋ひより 「そりゃ余裕あるさ 後ろ暗いところなんてないんだからさ>やる夫」
オルガ 「なんかクッソ重いんだけどよぉ?」
サンレッド 「2wみるなら指定でいいと思うけど
どこどどこで2wいるかみづれえんだよなー
単体なら怪しいところあるけど」
夜ノ森小紅 「ねーぞ」
守屋ひより 「もちろんCOもないよ」
球磨川禊 「『何か小紅ちゃんを残したくなっちゃったからつい。』」
サンレッド 「つーかクソ重い」
キタロー 「ひよりはなー 発言だけ見ると
凄い吊り位置なんだけど 発言以外見ると全てが非狼なんだよなあ」
園崎詩音 「とすれば」
紅きヒゲ 「>詩音
普通にお前○だと思ってたわ。んでそこ○なら助かると思ってた。」
やる夫 「なんで小紅がねーぞっていってるのか聞いていいかお?」
ギャル夫 「いやー、先日雪かきしたっすけど
クロスカントリーもあれ大変そうっすよねぇ」
夜ノ森小紅 「私かと思った(うっかり」
サンレッド 「あったらびびる」
クマー 「まあ、明日クマーかやる夫噛まれてるクマ。村はグレラン頑張ってクマ」
園崎詩音 「すなおに、小紅ーひよりなのか、サンレッドーヒゲに1W潜んでるかですね」
やる夫 は 守屋ひより に処刑投票しました
ギャル夫 「射撃も入るのがクロスカントリーでしたっけ?
ちょっとルールでも検索するっすかねぇ~」
球磨川禊 「『まあうん。』『難しいよね!』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
おおさかGM 「クマーとしては ひより吊らへんと先進めへんやろから、仕方ないん思うなー」
園崎詩音 は 守屋ひより に処刑投票しました
サンレッド は 守屋ひより に処刑投票しました
クマー は 守屋ひより に処刑投票しました
キタロー 「まあ 分かるが>小紅結構狩人に見える」
守屋ひより は サンレッド に処刑投票しました
ギャル夫 は クマー に処刑投票しました
キタロー 「発言で狩人が死ぬ前提で話すなって言ってて
更に吊り許容する気配0なら
狩人に見えるわ」
夜ノ森小紅 は 守屋ひより に処刑投票しました
球磨川禊 「『そんなとこだね。』『だから僕は悪くない!』」
紅きヒゲ は 守屋ひより に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 1 票 →守屋ひより
守屋ひより6 票投票先 1 票 →サンレッド
ギャル夫0 票投票先 1 票 →クマー
クマー1 票投票先 1 票 →守屋ひより
園崎詩音0 票投票先 1 票 →守屋ひより
サンレッド1 票投票先 1 票 →守屋ひより
夜ノ森小紅0 票投票先 1 票 →守屋ひより
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →守屋ひより
守屋ひより は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
園崎詩音(人狼) 「路線決まった。クマー噛みやる夫君のこし。」
キタロー 「お疲れ様。IA狼なら非狼に見えたんだけどな」
おおさかGM 「お疲れ様や」
射命丸 文 「お疲れ様ー」
夜ノ森小紅の独り言 「ひよりと小紅を混同するミスディレクションが起きてるな…
女性RP慣れしてねえからこれだから困る」
園崎詩音(人狼) 「私はやる夫君だまくらかして、小紅吊り誘導します」
守屋ひより 「おつー」
オルガ 「お疲れさん」
サンレッド(人狼) 「おk以降だまる」
ギャル夫の独り言 「さて、本当に狼だったのか
それとも村だったのかは終了後っすね」
クマー(共有者) 「まあこれでひより村なら涙目なんだけどねクマ」
やる夫の独り言 「さてここからだお」
紅きヒゲの独り言 「ギャル夫-俺-サンレッド-詩音」
守屋ひより 「なんとまぁ2Wか
これはアカンぽいな」
園崎詩音(人狼) 「そっちは別に普通に今まで通りで良いです。」
夜ノ森小紅の独り言 「てへろりんこ☆」
紅きヒゲの独り言 「夜ノ森吊りはねーな。うん。(自己保身)」
球磨川禊 「『やばい。』『初心者鍋に呼ばれた気がする!』」
園崎詩音(人狼) 「そっちは,今まで通りでいいです。」
クマー(共有者) 「あとはー、サンレッド吊っとくかクマ?」
やる夫の独り言 「まぁ狂人残してるんだからギリギリをおうべきだお」
ギャル夫の独り言 「吠えがどうなるかで多少はメタも晴れるっすけど
この場合2Wみさせるより1Wで指定させない方がいいっすよねー
2W居るなら自分がクマー投票なんでそれに合わせれば
結構楽に勝てると思うっすよ」
クマー(共有者) 「そして超噛まれてえクマ」
おおさかGM 「お疲れ様や>球磨川」
ギャル夫の独り言 「1Wだと・・・
夜の森が狼だときつい感じっすかねー」
球磨川禊 「『いや、もう少し居ようかなって。』
『そう何度も行ったり来たりじゃ悪いからね!』」
ギャル夫の独り言 「詩音が狼ならセーフティエリア
後の二人が狼だとちょっと読めない感じっすねぇ」
紅きヒゲの独り言 「詩音みかえしてくっかー・・・。」
夜ノ森小紅の独り言 「◇紅きヒゲ(23)
「灰噛み、文がそこ○。
銃殺GJなら云々。」
◇園崎詩音(20)
「呪殺GJだったらどうのこうので」
◇サンレッド(22)
「んー?>めだか死体」 」
守屋ひより 「風呂いってきます」
ギャル夫の独り言 「詩音狼に一点張りしてみるっすかね?」
球磨川禊 「『OPがさ。』『酷い物が見えてね。』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
おおさかGM 「まあ、修羅枠開くんはまだまだ先やろうし、ゆっくりしててもええんと思うよ>球磨川」
おおさかGM 「いってらーや>じゃっく」
球磨川禊 「◇園崎詩音(人狼) 「まあ,指定はクマーにやらせた方が日和ちゃん指定になりそうという意味で球磨川禊噛みでしょうね」
『後付けの負け犬遠吠えをしようか。』『僕が生きてたら君を指定していたと。』」
射命丸 文 「生きてたら占ってましたよ(白目」
園崎詩音 は クマー に狙いをつけました
クマー は無残な姿で発見されました
(クマー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
守屋ひよりさんの遺言 シオン<小紅<ヒゲ<レッド これが私視点のグレスケ
クマーさんの遺言 共有COクマー
相方は球磨川だクマー
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
園崎詩音 「おはようございます。」
ギャル夫 「                /レVVVVVVVV イ
               /           /
        . : . : : . /         ∠
       .:.:.:.:.:/ /ヽ/^^\   x≦⌒
         ):::::::)/  (     〆  ミ
       (:::::::( ′_ノ   ヽ_     ム  ヾ
         \:::ヽ(―) (― )  §从 ゝ   なんつーか誰も絡んでこないのも寂しいっすね
            ヽ::| (__人__)    §ル′
              ・━( ヽ f i    o ゚ ヽ    多分クマ肉か、白饅頭になってると思うんで>噛み
            | ゝ_ \     }
            | l___\ `´  /      そこらのご冥福でも祈るっすかねぇ
                \____\__/」
サンレッド 「ぶっちゃけオルガ非狼
かつひよりが狼なら詩音―夜ノに1wいるんじゃねーの
って思うけど詩音―夜乃単品で見ると
夜ノが圧倒的に臭いんだけどね」
射命丸 文 「お疲れ様です!」
クマー 「お疲れクマ」
球磨川禊 「『オルガちゃん吊りはやり過ぎたんじゃないかなぁ。』『って話さ。』」
夜ノ森小紅 「2w見るんなら詩音を吊っていただきたい。
めだか銃殺の時の反応が一番サンレッドが素直かなと思いつつヒゲ狼なら余裕ありすぎじゃないか?と思うぐらいなんで
あとは根拠ないけど狼は似る理論?
◇紅きヒゲ(23)「灰噛み、文がそこ○。
銃殺GJなら云々。」
◇園崎詩音(20)「呪殺GJだったらどうのこうので」
◇サンレッド(22)「んー?>めだか死体」」
紅きヒゲ 「朝だっ、起きろっ!」           飽きた」
サンレッド 「まぁヒゲ―詩音がくっそ白いって言うか
ヒゲ―詩音2wであの「え?おまえ○じゃねーの?
気が付かなかったわ―」
っていうのやるか?ってなったら多分ないと思うぜ
だからそこ持って行けばいいんじゃねーの
そこで2wねえだろ」
キタロー 「お疲れ様。ところで一つだけ聞かせて欲しい事があるんだ」
園崎詩音 「◇夜ノ森小紅(53) 「私かと思った(うっかり」
◇夜ノ森小紅(46) 「ねーぞ」
これ、ひよりー小紅の2Wだったんじゃないですかね?割とマジで。

調べたんですけど、夜ノ森小紅は「よのもり こべに」って読むので、ひよりとはかすりもしないです。

だから、お仲間指定されて自分が指定されたっていう事だと思うんですよ。」
クマー 「ひより村かー、ごめんクマー」
球磨川禊 「『お疲れ様だぜ。』」
やる夫 「サンレッドと園崎と紅きヒゲと小紅で2W見た場合
サンレッド、園崎、紅きヒゲで2Wは見えないお
なんでやっぱ今日吊るなら小紅しかならんとおもうお」
サンレッド 「ああくっそおめえな」
キタロー 「IA偽と強く考えており かつ霊能初日、という状況において
IAの投票先な僕への投票、およびそれの継続

そこだけすげえ気になってたんだ……>クマー」
ギャル夫 「なんすかね、この重さは」
紅きヒゲ 「個人的には夜ノ森残らねーかなーくらいの。」
夜ノ森小紅 「しるかw私もなんで反応したかわかんねーんだからな!」
園崎詩音 「結構これ自身あります。
やる夫君、今日指定するのやる夫君だと思うんですけど、小紅指定しましょう。」
やる夫 「指定はしないのと。狂人吊る気ないんで」
キタロー 「IAを偽としても狂人で見ており
かつ僕を狼に見ていた場合は分かるんだけども。

そういうことだったんだろうか」
紅きヒゲ 「2Wなら明らか捨て駒な扱いなので。俺以外が。」
球磨川禊 「『うん。』『IAちゃんの投票は見た。』
『IAちゃんが狂人だと思ったから切っちゃった。』『てへ☆』」
夜ノ森小紅 「というか私狼ならやる夫残さねーし噛むっツーの」
サンレッド 「そらヒゲー詩音ー夜ノなら夜ノ落とすわ>ヒゲ、詩音」
ギャル夫 「アリーッス☆>やる夫」
紅きヒゲ 「んでサンレッドに質問なんだけど
狩人遺言見えた日って思考被ったか?俺とお前。」
園崎詩音 「狂人がいるので、今日決着付けたいんですよ。
明日やる夫君が残って最低引分けにされますからね。
まあ、狂人吊って吊りが足りなくて負けよりは引分けの方が良いのでギャル夫残ししてるんですが。」
おおさかGM 「お疲れ様やー」
やる夫 「指定してもグレランしてもなんか3票以上入る位置あると思うんだけどお>園崎」
夜ノ森小紅 「推薦状は下に書いたんで詩音だ。」
IA 「キタロー投票の理由は「あ、こいつ俺の○につっかかってやがる」程度のもんで、後々の信用勝負に邪魔になりそうだったから
真でも狼でもやる人はやる思考」
球磨川禊 「『それにしても僕をクマーちゃんと間違えるなんて酷いじゃないか!』」
紅きヒゲ 「お前と詩音が狂人残し言ったのはわかるけど
俺敵対して狂人吊り言ってるはずだよな?というか言ったよな?」
やる夫 「そもそも吊り足りなくなってる原因ってオルガ吊ってる気がするんだけどおね」
サンレッド 「◇紅きヒゲ(30)
「対抗狩人COを募る、無視して灰指定
やや真を考えつつIA吊ってみる。こんくらい?」
ここな
◇サンレッド(88)
「遺言信じる信じない以前に狩人のこってるなら
まずキタローの遺言の話になった時点で出るから」 」
ギャル夫 「いやぁ、でも正直俺が今日灰投票して狼じゃないとこいれたら
そっちつれる可能性もあるんすよねぇ、安全策はやる夫投票なんすけど」
キタロー 「IAの投票理由は別にまあどうでもいいんだけどね……

ぶっちゃけ仲間以外吊れたらどうでもよかったと思うし あの時の狼」
園崎詩音 「昨日、やる夫君は小紅吊る気がないみたいな事言ってたので、やる夫君説得しないと吊れないかもって>やる夫」
紅きヒゲ 「(なんか詩音がLW確信した発言している事には突っ込まない方がいいんだろうか)」
サンレッド 「◇サンレッド(21)
「あーはい>キタロー狩人」
これと◇紅きヒゲ(18)
「あ、はい>狩人遺言で銃殺GJ」
これから」
IA 「投票継続理由は「別に投票変えるほどの理由なくね?」これいったく」
IA 「かなー クマー」
ギャル夫 「つーことで狼はない!と思ったところに入れるのも
俺っち的には面白いっすねー、割と今死に体なんで」
夜ノ森小紅 「重く手前が見えねえ。
サンレッドはひより非狼とか言ってたんであと素直ってのも見て村で見たい
つまりこっちくんな」
サンレッド 「狩人を募らせるっていうのが非常に村っぽく思った>ヒゲ」
園崎詩音 「ちがうちがう>ヒゲ」
クマー 「あー、ごめん
ぶっちゃけ狐かと思ってたクマ
GJ銃殺とかほとんど考えてなかったクマ>キタロー」
紅きヒゲ 「んーまぁ、なるほど>サンレッド」
園崎詩音 「今日で決着付けられないんだったら、狂人が残っているから最終日に不具合がって言う話してるんです」
球磨川禊 「『僕視点では情報が集まっていくら当たっても僕が死んだら意味ないよね!』
『しかも相方に何も言えなかったからね。』『そりゃそうだ。』」
サンレッド 「あと詩音については偶数進行で狂人云々な」
園崎詩音 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
キタロー 「真紅鯖だと3日目朝の灰死体は
7割がた銃殺GJかなってのと

後こう 狐吊る必要は別にないよ。あのタイミング 偶数だ」
紅きヒゲ 「今日決着つく発想がLW確信というのでは無いだろうか。」
ギャル夫 「まーあれっすね、初手やる夫投票で様子見っすかね
麻雀で言うならケンに回るってところっすね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キタロー 「別にアレ灰噛みだとしても
占い生きてりゃどっかで勝手に死ぬしね>狐」
球磨川禊 「『じゃ、席を狙って来るよ。』『お疲れ様。』『ごめんね☆』」
サンレッド は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
ギャル夫 は やる夫 に処刑投票しました
キタロー 「もう一つあった。狐と狩人って 凄い動き似るんだ……
『噛まれたくない・吊られたくない・真に占われたくない』
って条件が全部同じだから……」
夜ノ森小紅 は 園崎詩音 に処刑投票しました
やる夫 は 夜ノ森小紅 に処刑投票しました
紅きヒゲ は 園崎詩音 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
やる夫1 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
ギャル夫0 票投票先 1 票 →やる夫
園崎詩音2 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
サンレッド0 票投票先 1 票 →夜ノ森小紅
夜ノ森小紅3 票投票先 1 票 →園崎詩音
紅きヒゲ0 票投票先 1 票 →園崎詩音
夜ノ森小紅 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊 「『無理。』」
サンレッド(人狼) 「ゲッハッハッハッハッハ!!」
紅きヒゲの独り言 「知ってた。」
サンレッド(人狼) 「ゲッハッハッハッハッハ!!」
夜ノ森小紅 「くっそおめえwwwwwwてへぺろりんこ☆」
キタロー 「お疲れ様。
まあうん 僕のところで代わりに死んでくれれば
凄い助かったが…… まあごめんね」
サンレッド(人狼) 「ゲッハッハッハッハッハ!!」
園崎詩音(人狼) 「勝った!第3部完!」
キタロー 「僕が吊りになった段階で
君はどっかで処刑される未来しか見えなかったが」
園崎詩音(人狼) 「ウイニングバイトどうぞ」
サンレッド(人狼) 「ジョインさんつえーわー」
紅きヒゲの独り言 「早噛みかね。」
サンレッド(人狼) 「え?俺でいいんですか?」
やる夫の独り言 「2Wいたっぽいのかおね」
球磨川禊 「『お疲れ様。』
『タイミングが被っちゃったからね。』」
おおさかGM 「お疲れ様や 狼の完全勝利やねー」
園崎詩音(人狼) 「私のどこがジョインさんって証拠ですか」
ギャル夫の独り言 「はて、どうなったんすかねぇ」
サンレッド(人狼) 「なら」
夜ノ森小紅 「しょーじきひより狼とか見るやる夫おるんなっr無理」
ギャル夫の独り言 「勝利の大声なのか
最終日きて喜びの大声なのか」
サンレッド は 紅きヒゲ に狙いをつけました
紅きヒゲ は無残な姿で発見されました
(紅きヒゲ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
夜ノ森小紅さんの遺言 ひよりーIAあるなら囲うより●出すと思うんですけど

今期アニメ《未確認で進行形》
見とけよ見とけよ~
紅きヒゲさんの遺言 素村だ。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2014/02/11 (Tue) 21:26:25
キタロー 「        __,,,,....,,,,__
      ,. '"::::::::::::::::::::::`ヽ.
   /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::',
  /::::::::::::::::::::::::/'ヽ::::!::::::::::::!
  ノ:::::/::::::;':::::::/ _二ヘ:::::i:::::::!   お疲れ様。いや正直すまんかった。
  イ:::::i:::::::i::::::// r'i__リ'!::{l_)::::!
  .!:::::i::::::::!:::/ .     /::!/;::/    僕視点小紅狼・ひより非狼って感じの3日目。
  i::::/ハ:!V  __   ´i/ヘレ'     こう 吊られたくないんで死んでくださいお願いします
  レ'  V>.、,.__ ,.イ、/!/       って投票した上でなおこっちに突っ込んでくるんだもの……
      ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
       /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ.
       !:::::i:/ i  ./i:::/::::i:::::::::::',
       ';:::7、 .! / レ'::::::ハ:::::::::::」
球磨川禊 「『それも違う。』『懲罰されるべきは間違えた村人じゃなくて間違えた狼であるべきだからね!』」
サンレッド 「お疲れ様です」
園崎詩音 「お疲れさまです」
夜ノ森小紅 「お疲れ様」
八雲藍 「おつかれさま。」
射命丸 文 「お疲れ様でしたー」
紅きヒゲ 「お疲れ様」
おおさかGM 「お疲れ様や みんな、参加ありがとうなんよー」
クマー 「お疲れ様クマー」
やる夫 「そこの2Wかお」
ギャル夫 「やる夫投票で吊り勝利がちょっと見たかった感じっすねー
まぁ勝利のウィッシュ☆」
球磨川禊 「『――また勝てなかった。』」
サンレッド 「おもいいいいいい」
クマー 「反省はキタロー投票継続とひより指定だなクマー
サンレッドにしときゃよかったクマ」
ギャル夫 「園崎狼までは読めたっすけどねー
まぁサンレッド吊りは合ってたっすね」
黒神めだか 「お。お疲れ様」
紅きヒゲ 「まだ村に見てたオルガ>ひよりと吊られると俺はどうしようも。
まずメモミスする時点で説得力が落ちるんだが。」
サンレッド 「ぶっちゃけIAと詩音が全部やってくれた」
夜ノ森小紅 「あーくっそおめえ」
射命丸 文 「重いのでちょっと感想も言いづらい!1
お疲れ様でしたー」
クマー 「しかしクソ重えクマ」
キタロー 「ひよりはなあ 僕視点すげえ非狼だったからなあ>ヒゲ」
球磨川禊
                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!     『地味にひよりちゃんをグレラン対象外にしたIAちゃんも上手かったと思うぜ?』
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ」
やる夫 「ひより狼だとすると○やりすぎだけど残せないので必要経費で
問題は小紅まで吊ったことになるおね」
ギャル夫 「いや、俺っち的にはあれを計算づくでできる狼いたらすげぇなんで
割とヒゲは村目に見てたっすね>ヒゲ」
おおさかGM 「報告終了やー」
キタロー 「こう IA狼でギャル夫噛みしようとして失敗してて 灰●じゃなくひより○

ってなると 終盤に落とす為に○にしたようにしか見えなんだ」
夜ノ森小紅 「ひより非狼は分かってくれ。IA狼でひより○だすってことは非狼だっつーぐらいわかろう」
キタロー 「僕が吊られたことが決定打で
地味にすげえ決まってたのがオルガ吊りだと思う」
ギャル夫 「夜ノ森と園崎で狼悩むところっすけど
それは正直オルガ吊りのところでやるべきっすねー
しかも割と狂人関与してないんで」
夜ノ森小紅 「んで、ひより○出す余裕あるとこが狼→サンレッド詩音ってことになるけどな!すぐわかるか!」
やる夫 「ただそれだけで非狼決め打てる感じじゃないんでやっぱ無理だお>小紅
ついでにいうとオルガ吊ってるのが印象悪すぎるお」
サンレッド 「んじゃお疲れさん
同村と村立て感謝するぜー
IAと詩音、あとギャル夫はありがとなー
最近負け続きだからいいリフレッシュになったぜ」
紅きヒゲ 「んで俺が言えるけど言ったら死ぬ話題として」
ギャル夫 「ヒゲ-サンレッドでどっちか1Wはあるって俺っち最初から言ってたんすけどねー>夜の森」
クマー 「裏読み過ぎたクマ>小紅
IAの○とは言えあれくらい票もらってたらあの時点での囲いはあるかなと思ったクマー」
球磨川禊 「◇守屋ひより 「へ?私占い位置か?
自分で言うのもなんだが釣り位置だと思ってたのさ」

『僕は割とこの発言がお気に入りでね。』
『二人村打ちすればいいんだからどうにかなったと言っても負け犬の遠吠えさ。』」
キタロー 「ひよりはともかく 小紅はこう
3日目銃殺GJ出てて・引く気配無くて・狩人遺言あって 更にIAの投票先がキタローだと

もうどっかで死ぬ未来しか無い」
夜ノ森小紅 「>やる夫
こっちはオルガがこっち来るんで吊るんだよ。
オルガサンレッド想定だったが吊れる方に投票するだろ」
ギャル夫 「まぁ吊りを灰に回して負けてるんで
普通に狼が強かったでいいっすね、ウィッシュ☆」
やる夫 「ああ、それはしゃーないお>小紅」
紅きヒゲ 「狼吊れそうなら●出せるのにひより○ならグレラン強いだろうって言われてるのに
吊られてるのはIA-ギャル夫ランの日にギャル夫投票=吊りを稼ぎたい側なんだよな。」
ギャル夫 「それじゃあ重いんでログ読んで落ちるっすよ」
夜ノ森小紅 「キタローが狼っぽかったから引いたら負けだと思った。すまんな。」
球磨川禊 「『まあ。』『IAちゃんが狼なら信用勝負で今回は負けることはなかっただろうからやっぱりキタローちゃん吊りは僕は悪くない。』」
紅きヒゲ 「ただひよりはまだしもオルガ吊られた後に言っても既に遅いし
これ言うと俺の狼目が鰻登りなんで黙るしかなかった。」
クマー 「キタローは投票継続ゴメンクマー
ひよりも指定して済まんかったクマー
落ちるクマー
GMは村建てありがとうクマー。狼陣営おめでとうクマー」
キタロー 「別にそれが悪いとかそういうわけじゃなく」
キタロー 「結果的にそうなってるんで
小紅はどっかで死ぬ 多分ひよりが死ぬよりも前提だったんじゃないかと思う」
IA 「ずっと固まってた」
IA 「お疲れ様
そしてありがとうみんな」
キタロー 「どの辺で狼視喰らったかは知らないけども」
球磨川禊
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ   『狩人を吊ったのは詩音ちゃんも同じさ。』
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ     『だから小紅ちゃん、君は悪くない。』
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ」
夜ノ森小紅 「俺は最終日行くぐらいの気持ちだったんだがな。
あと1票足りんかったぐらいには思ってる」
キタロー 「4昼にその辺りの説明が必要だったんじゃないかな……
僕を狼視して吊られたらやばい って思ったのであれば……」
紅きヒゲ 「んじゃお疲れさま。」
夜ノ森小紅 「>やる夫
しゃーないとかいっても俺はちゃんとオルガサンレッドいうとるからなぁ
釣れない位置に狼いるぐらいなら指定求めりゃ関係なく動けるけど」
キタロー 「実際 投票周りだけ見ると小紅は狼の要素しかない訳で……

投票狼要素しかないなら その投票から村の要素を出さんと死ぬと思う」
守屋ひより 「ただいま」
夜ノ森小紅 「キタロー投票が狼要素だったら俺村してねえぜ。」
守屋ひより 「やっぱり負けか
完全にノイズで申し訳ない」
キタロー 「ちゃうねん さっき言った通り
3昼はGJ銃殺・まるで引く様子無し・かつ狩人遺言出てて
更にIAの投票先はキタロー。

投票周りの要素だけ見ると小紅が狼の要素しか抽出されないんだから
自分がどの発言を見てキタローを狼と思ったのか説明しないと
狼である要素しか村には与えられへんねん」
オルガ 「やっと見れたと思ったら村終わってた
お疲れさん」
球磨川禊
        ー‐=zz、
  _,...ィzzzzzzzzzz≧ミ、
,il州州リイィイl〉州州Ⅶ州il≦三ニ=-、
li|!;'ィ',ィil'.,ィイ,!,i!l州州li,ヽⅦ`ミiミム、
,ilリ',ムイi.liリ,i!.i|!.l州l|州ム.、マ!ムマム'li、
lil,ムマ,i|!.l.,il| il|!.l州li.li.Ⅶl,.li,.、l|li,Ⅶ.マli、
州リ'l,州 li|l.li|i!.l州州l,Ⅶl!Ⅶl州l.Ⅶ,l|i!
州|!|i州l |li|.l州.l州州li.Ⅷl l州州i.li州!
州! l州li!.l州州li|Ⅶ州|!.Ⅶ!l州li州li州!
|li!! Ⅶ州州!Ⅶli!.Ⅶl|__!州,il州州州l|!
l'´ ̄.',li|.Ⅶl|!|! Ⅶ'´刈 .l|`l州州州州!
!',   ヾ!.Ⅶ!` '.,  ヽ  l州州!Ⅶli|l    『こんな修羅ばかりの村にいるのだから無理もないさ。』
      _  ヾ!、 、__  ,.,.l州!.li!`l.}lハヽ、
ミ=三=彡     .ミ=三彡,liリ',ィ リ/ミ、     『だからやっぱり僕は悪くない。』
       }       .,リ'./_,ィiⅦ  `
       |      / /l州リ`ヽ
ハ               / リ'リ′.:;′」
夜ノ森小紅 「キタローに継続投票したのは狼だと思ったから
ならキタローがなぜ狼だと思ったかの説明なら一理あるけど。

言い訳にしか聞こえんから見苦しかったしな」
オルガ 「まったくだな>球磨川」
守屋ひより 「修羅じゃないし>私」
夜ノ森小紅 「逃げてる感じしかなかったからな。」
オルガ 「まぁ次はもっと白くなれるよう振舞いたいもんだな
お疲れさん
村立同村感謝」
ギャル夫 「そういや割とガンスルーされるのも・・・
あれ?実はいい?」
球磨川禊 「『と、まあどちらの言い分も拾い上げてだ。』
『詩音ちゃん-小紅ちゃんの二択と。』
『サンレッドちゃん-紅きヒゲちゃんないしオルガちゃんの二択をしようかなって気分だったのさ。』」
守屋ひより 「せめて私吊りの状態で1Wならまだ目はあったのだけどね
状況を楽観視しすぎた」
キタロー 「云わなければプラスに入る要素もマイナスに入る要素も無いわけで」
守屋ひより 「今回は反省点多いな
・発言が怪しすぎる
・挙動が不振すぎる
・村でも要らん

うーんこの」
球磨川禊 「『まあ、先に死んで楽になった奴の戯言さ。』
『聞き流してくれるといいよ。』」
守屋ひより 「というわけで落ちます
同村感謝 連敗街道どこまで続く おつー」
球磨川禊 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営6 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 神話マニア陣営3

   州洲州洲州洲州 〈 Ⅵ|   Ⅵ洲州洲州―冊冊ミ冊洲州洲州洲州洲州洲州洲 |
  ィ洲州洲州洲州三三`ミⅤ   Ⅵ洲州洲N  Ⅴ Ⅴ洲><洲州洲州洲州洲州洲 |
/ |∧洲洲Ⅵ| Ⅴ洲l炒  l::::≧x  .Ⅵ洲州 N   Ⅴ Ⅹ洲州 洲州洲州洲州洲州洲 !
  ' 洲州 Ⅵ 从洲 `ヾ...!:::::::::::入  , Ⅵ洲  、  ’ ' ⅥⅤ| lil 洲州洲州洲州洲州 |
  | 洲V  乂ィ洲ハ     ̄    /V洲 ___   Ⅴ マ リ 洲州洲州洲州洲洲'
  ' 洲/ ./ヘ/州|l!’              Ⅴ’ """"::::::::>x |  , 洲州洲州洲州洲 ,
    Ⅴ     /洲州 ’     /`- 、 V   `-x:::::::::::::::::::≧x  ,'洲州洲州洲州洲/
     、   '" ' 从 ヘ    ム/、  /       ` ---―≦ /洲州洲州/洲州V     『………』
      、    ´ 从   、   i:.:                   /洲州洲州∧洲州i!
       、     V  /    '                    /// |∧洲 }Ⅹ’ヾ
             V./   、                ' '  '-<’_ Ⅵ/i  ’
              ヽ    ヽ こ 、___        ~、_z≦洲`ヽ
              < <\       ̄           x≦ {洲州、洲 \}」
夜ノ森小紅 「やー気持ちの問題なんだよ、自分の。言い訳したらずっとそれに縛られるっていうのが見えてな。
切り替えて狼探した方が前向いてる。そんなのだ。」
キタロー 「僕の発言が悪かった、というのは絶対要因に入ってくるんだから
それ説明すればいいんだよ。言い訳でいいじゃない」
キタロー 「というかこう 言い訳せずに怪しまれ続けるのと
言い訳してああ、なるほど。それ見たなら分かるわー/んー?少なくとも納得いかないけどまあ理由あんのは分かった
って思われるんだったら 後者の方がプラスに偏る可能性ある分得だと思うんだけどね……

自分の為だけじゃなく 村の為にも」
球磨川禊
::::::::┼-::ミ:::::/|::!. Ⅵ:::i:::::::::::::::\
::::i:::::|:::/ |:: フミ|/ィ }:l::::|::::::ヽ:::マ ̄ ̄
::::|::: |/ u.|/    ,ハl::::|:!::::::ム::ム
::i:|::: |_xzzz=ミx / .|:::八::::::ハ:ム
::|:|::::| ヾ< マモドx .|/:::::::Ⅵ  マl
::|:|:::::!   ミx!   }:::::::x::::{  .}!
::| !:::::l  ...     .∧爪:: 八 ./
:::!::::::∧  ::::::.  /::.. ママ| ̄V
:::::::::::|∧ :::::: i     〉}! /     初心者鍋楽しそうだなあ……。
、:ト、::|\! :::: .し    .{ .|!
..ヽ ヽ!  \::      ノ !
   .\     _  イ
 J        ´  ノ
 _xそ7   ::   /
¨´  :::¨7 ::  .{
.      〈:::..:::::.. ノ≠= ヲ
ー::ミ   ヾ、 ̄    /
::::::::::::\   ーv~、 ムァ」
キタロー 「えーと その考え方であるなら、
オルガ吊った理由が狼探した結果であるならそれでいいと思うけど

向かってくるから吊ったって言ってた気がするんだが……」
キタロー 「まあ うん。お疲れ様。
村は吊られて正直すまんかった。

村立感謝、いつかまた頼むよ」
おおさかGM 「それじゃ、うちは鉄鯖に出張してくるんよー

みんなお疲れ様やー」
球磨川禊
                ,x==ヽ_
             ヲ州从州从ヽ
             不从州从州〈     『ま、良い村だったと思うぜ。』『特にめだかちゃんと揃って負けてるあたり最高だね。』
             ,' 以ヘ州洲从リ、
              ' ' 'ゝ<⌒>      『――また勝てなかった。』『負けるのだけは何時まで経っても慣れないなあ……。』
             __.人こここニニヘ
             |ヽニニニニニニ'ニ':、
               八ハニニニニニ/ニニ\
            /ニフ.Vニニニニ, ⌒>ニ\
            γニニ{  }ニニニV     \ニ\
          ヽニニヽノニニニニ、     \ニ\
              \ニУニニニニニ>.     ヽニ北
                ヽ/ニニニ>ニニニ>     ー,ヽヽ
                 /ニニ><ニニ|/        ゝ\>
                 `ヽニニTニニイ
               Vニニ.|ニニ |
               ,ニニ!ニニ !
               |ニニ.|ニニ |
               |ニニ.|ニニ |
               |ニニ.|ニニ |
               |ニニ.|ニニ |
               |ニニ.|ニニ |」
夜ノ森小紅 「そうだなぁ村のためにもするべきだったな。
まぁ聞いてくれるか分からんがやるべきだったな。」
夜ノ森小紅 「オルガは狼探した結果だな。向かってくるし一石二鳥のつもりだ。外れ引いたけどあそこでサンレッド投票しとけばーっつうのはまぁ吊れやすきに入れるからな」
夜ノ森小紅 「まぁ2wみるなら6に私つるなよーたのむよ~
ひより吊り省いて狼吊るってのもできんのならそれぐらい願ってもええやろ。」
夜ノ森小紅 「あとヒゲは信じてくれてサンキュ。
んじゃ、お疲れさん&村建て感謝」