←戻る
【紅番外】やる夫たちの恋色決闘村 [4790番地]
~24時前後のけっひゃーカウントは悩む~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 伊890
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[風神]
(死亡)
icon 伊398
 (恋のキューピッド)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 伊909
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[悲恋]
(死亡)
icon 伊29
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 伊963
 (狂三◆
PsX35IuMC3GQ)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
[悲恋]
(死亡)
icon 伊773
 (midori◆
BogydxC6G2)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ロボ
 (下手の横好き◆
AkfSxMMyhg)
[恋妖精]
(生存中)
icon 伊U2
 (支柱◆
UtAzS.e2pA)
[掃除屋]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon ハクメン
 (ill◆
QKPoD/ZI7E)
[静狼]
(死亡)
icon てゐ
 (影なし◆
KageStu09k)
[静狼]
(死亡)
icon 聖提督
 (ヒゲ◆
AswCYQnXS2)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon 伊10
 (crescent◆
paTche.IL.)
[静狼]
(死亡)
icon 伊460
 (えんだか)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
伊963 「同村村建てありがとうございました
頭痛い」
聖提督 「ま、ノリと勢いとRPあっての決闘村だ。
そこまで気にせずまたいつでも来るといいぞ!>ロボ

村建て同村感謝する、U2は指輪を受け取ってくれて感謝するぞ
ではこれで俺も落ちよう、お疲れさまだな!」
伊460 「それじゃ、おつかれーおつかれー&村建て感謝
最終はバサカ戦なんで楽しみにしてる(クオリティ最後まで持つかな…)」
伊U2
                  ..ィ'´! |           | i.T:::ーn
                   r i´:::: | ||           | | |:::::::| |
              ヽ|::::::::| || _..   --  .._ | | |:::::::|/
             -―-ミン⌒ヽj/::::/::::::ヽ:::::::`(⌒丶,/-―‐- 、
                {/////{   /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::\   \/////}
            V///人_,/:::::: /:::|::::::::::::::::::::|:::::ヽ:::::\__ノ/////
             ヽ二彡/::::::::::|:::::| :::::::: | :::: |::::::::::';:::::::ヽ:::ミニン
             /:::::::::/:::/:::::|:|:::::| :::::::: |:::::::j::::: |::::::::::::::::;::::::::,
               /:::::::::/:::/ ::::::|:|、/|::::{::::::|:::: ハ::::|;: |::::: |:::|::::::::::、   それじゃ、お疲れ様。
           /::::::::: |::: {:::::::: |ハ|`|ーハ::::||::/-‐j'∧ |::::: |l::|:::::|:::::::.
           , ':::::/::::::|:::∧:::::::ヤT癶ミ ヽ:|j/ ィノア卞:j/::::j:l:l::::::l::::::::ヽ  矢をくれた提督には感謝と、最大限の愛を。
         /::::::/:::::/:|/:::∧::::: V/ソ     V/ソっ ::::/::||::::::::;:::ヽ:::\
       /::::::::/:::::/:::::j::::::::ハ{ヾxxx    ,   xxx/イ:∧: j::::::::::ヽ::::\:::\
      /::::::::::/::::::::/:::::〃::_/:::::::∧          /:/イ:::::ヽ:::::::::::ヽ\::::\:::\
   //::::::::::_. -‐ /::::://::// :::: /`ーヽ、  ´ `  , '‐ ''^ヽ:::::::\:::::::::\\:::::\::`ヽ
  /::::::{:::::/´   /:::::::://:: {/::::/      }  ‐  {      \:::::::\:::::::::ヽ}\:::::}::::/
  {:::::::ヽ::{  /:::::::::: //::/:/     `丶、    ,. '´     \:::::::\:::::::;:::::}::/::/
  \::: ヾー{::/:::::::/:/:::::∧  :、      `   '´       ,:   ハ\::::: ヽ:::} /::{::/
    ヽ::::} \::::::/:::{::::: イ::::ハ   :,             /   /::::}::::ノヽ::::}:::/::∧{」
てゐ 「それじゃあ、私も帰るとするウサ
村建て&同村ありがとうウサよー」
伊890 「落ちるわ。おつかれいむ
「ノリと勢い」がこんなに恐ろしいものとは」
ロボ 「それでは村立て、同村の皆さんありがとうございました。」
ハクメン 「              ,. - ―― - 、
            /         \
           /  _,. - ――-、   ヽ
            ト./        ヽ   ',
         /77八          ',   !
         ◇ヘ _二''ー- 、       !   |  村立て同村そして仲間2人に感謝を
        └;'´` ー-、~`ヾ、ヽ      |  ;!  では失礼する
         f : :.i!: : :: : ヽ  iノ    / /
      /ラ_,.rく  }: : : : : : ⌒く    / /
     f二_,. -イ|´7ラ≡''": : :├'   ///
    〈r=ソ   |,レ' /=== 、: : : \ / _,. - 、
    /:/    ,.1 {:::::::::l::::\: : : :ー'´: : : : :ヘ
    /:/ ,. - '"ノ.-っ、:::::::l!:::::::ヾ、_: :: : : : : : :',
    /:/::::::::::::〈 トミ)ヽ〉:::::ll!::::::::ヽ   ̄` ''ーミ:ヽ
  ./:/:::::::::::::::::ヾ):::::::::::::::l!!!:::::::::::\」
ロボ 「なんだか迷惑かけたみたいですみませんでした;
今後気をつけるので、またいつか参加したいですね。」
聖提督 「いやいや、本来はネタ要素の方が強いしこの通り気にせん人間の方が多いしで
あまり気にすることはないぞ?>ロボ」
伊460 「>鍋四天王は来年から
じゃあ単品でお願いします。目の前にある伊909さんでお願いします///」
伊773 「うん、いっぱい色んな人の矢をもらって嬉しかった、かな。
またふらりとくるからその時は同村よろしくね。おつかれさま。」
伊909 「お疲れ様でした!でした!」
ロボ 「あ~、発言ですか、それは元ネタ知らずに使ってたこちらの落ち度ですね。
済みませんでした;」
伊29 「なに、決闘村はノリと勢いだけの産物でちよ!>ロボ」
伊10
    /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : :|: : /|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /_ |: : :,/|: : /ヽ: : :.|.: : : ト、:|  ま、楽しんでくれたなら何よりだっつーことで
   |: : |: : : : /!/´  |: :/ |:./ ̄`'V: |.: : : | V
  < : _: : : /.     |/  レ   }|:./ヽ: : :|   俺はとりあえずすき焼きの余りで牛丼でも作って寝ますわ。
  <:: |. 小{   ≡≡    ≡≡ レ{: :|ヽ:|           そんじゃおつかれ。同村同狼サンキューな!
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ
        ヽ    ー==‐   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ」
伊460 「なんだって!?>トラウマメーカー
クマ鍋と他の鍋を繋げることぐらいしかでき兄じゃないか!!」
ハクメン 「              ,. - ―― - 、
            /         \
           /  _,. - ――-、   ヽ
            ト./        ヽ   ',
         /77八          ',   !
         ◇ヘ _二''ー- 、       !   |  気にするな、その場の勢いだ>ロボ
        └;'´` ー-、~`ヾ、ヽ      |  ;!
         f : :.i!: : :: : ヽ  iノ    / /
      /ラ_,.rく  }: : : : : : ⌒く    / /
     f二_,. -イ|´7ラ≡''": : :├'   ///
    〈r=ソ   |,レ' /=== 、: : : \ / _,. - 、
    /:/    ,.1 {:::::::::l::::\: : : :ー'´: : : : :ヘ
    /:/ ,. - '"ノ.-っ、:::::::l!:::::::ヾ、_: :: : : : : : :',
    /:/::::::::::::〈 トミ)ヽ〉:::::ll!::::::::ヽ   ̄` ''ーミ:ヽ
  ./:/:::::::::::::::::ヾ):::::::::::::::l!!!:::::::::::\」
伊U2 「どちらかというとトラウマなのは発言の方?>ロボ」
聖提督 「あいや、その役職の方じゃなくセリフの元ネタの方だな。>ロボ」
伊909 「残念ですね、それ来年からなんですよ>鍋四天王>460」
てゐ 「…ま、負けたウサ…(吐血>伊29>まとめ
※競合がいた時はこうした方がいいと電波が届いた」
ロボ 「そうなのか、妖精希望したら恋妖精になっただけなんだけど・・・・なんかトラウマメイカーだったのか;」
伊909 「(ハクメンも心の中で29×460を望んでいた可能性が・・・?)」
伊10
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ .|:/  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{                   レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、       {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /  `t   /  うっかり令呪全部使いきって脱落してくれませんかねえ…まったく…(ペッ
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、」
伊460 「オレはただの鍋には興味ありません。鍋四天王レベルじゃないとな。>伊909」
ロボ 「ハクメンにはなにか悪いことした覚えないんですけど!?」
聖提督 「なんかそれ一部の人間にはトラウマらしいかた使うときは注意だぞ>ロボ

…まああとほら、メシだし勝手にバラすのもねえ?」
伊460 「フッ、今作の藤ねえは可愛いぞ?オレも正直戸惑ってるぐらいに。>伊10」
伊909 「失望したのも鍋も狼です!ロボを入れるべきです!>伊460」
ハクメン 「                   二二二"'''-;;,`ー、
                ,,,;;-'''" ̄ ̄ ̄ `ー、    \
              / /彡彡ミミミミ≧ `ー、   ゙i
            / /彡彡三三三ミミミミミミ `、 |
           / /,,,;;-'''"        ゙゙゙゙ ミ゙ミミミミ/ ヽ
         / ∠/             ≫/ //  ゙V/
  \ __/ /             ∧  彡| | |     |
   丶___/              /-;,,─., |\ ヽ   |  ∧  介錯はしてやろう>ロボ
                       |   \ \i \\__/ ̄ ゙̄;
                       ∨ ̄\\ |\》∨/〉 ,,/| |
                      / \__  | |::::::::|》≡《ヾ:::::└┘"'''-;;,,,,_        /|/ノ/ノ
                      \---\/::::::::::::::::::::::::::::::∠゙i::::::::::::::::::::::::::""''';;;___/ . ∠
               ⊂≡≡≡≡≡≡≡〉〉〉〉〉≡l=======================
                           """":::::::::>、\//:::::/         ̄ ̄ ̄
                           |:::::::::::::ii  | i:::::i'
                           |::::::::::::::|  | |::::|
                           | ̄| ゙̄i   | |
                           ! |   |/\| |
                          / ミ   |、  .| 彡
                          /  i   | ゙.ll".|  ヽ
                         /,,,;;-'''\/\__/\  \
                       /  /   |         \
                     /  /  / ゙i    / \ .   \
                    /l  /  /   l__/   \   \
                   /::::゙i /  /    / :::::::\    \   ゙i゙;.,
                  /:::::::::゙i /     /::::/\::::::\    \.  |:::::゙i
                /::::::::::::::::\___/::::/   .\::::::::"'''-;;,,   |:::::::::゙i
                |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \::::::::::::::::: ̄ ̄:::::::::::゙i
                l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          .\:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
               /\:::::::::::::::::::::::::/            \:::::::::::::::::::::::::::::/
              /  /\   /                \::::::::::::,,,;;-''i"
             l  /    ̄ ̄                     ̄ ゙̄;  ▽〉
            / \l                              \_∧
           /  /                                 \  \
          ∧ /゙;                                   \∧/\
          └┘─┘                                   └┘゙ ┘」
伊U2
                    r::::::i'Viヽ
                    r i::::::i| |::i |              f'7''7ー‐..、
                    | :::::::|_|ム...-:――‐:.....     | V::::::::://}
              人(≫:"::.::.::.::.::.::.::.::__::.::.::.`:.:...   i|::::::::///
             r'二..::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.`::.::.::.::.:.ヽ| i|:::::::{//、
             |/::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.V rテ示ー―― 、
            /:..:..:..:..:.::.::i::.::.::.::.::.::.::.::i::.::.::.::.:.:.:.:..\:ハ(::::::::):)ー―.....V
               /::./::.::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.Vゝt彡:::::::::::::::::/
              .::.::.::.::.::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.ii::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/ヘー― V
           i::.::ii::.::.::i|::./ ::.::.::.::.::.::.::jハ::.:.i::.::i|::.::.::.::.::.:::::.::.::\___,,人    狼鍋はー……そのー……ゴメンね?
.          /|::.::i|::.::.::ij/\|:i::.::.::.::.::.:::; 斗云ミ:.:.::.::.::.::.::i::::::.::.::.:八::.::.::.:.
         ,..:.:i|::.::i|::.::.:;ァ=ミxjハ::.::.::./:::/___j/ハ::::|.::.::.::.::.::|::::::::.::.::.::.:.ヽ::.::.i    食材を暗殺する訳にもいかないし……
         /:.::.:::|::.::i|::.::.{{ r::芯 ::::::/ j/fj芹示ミ:V:.:.::.::ii::.:::::::::::.::.::.::.::.::.\|
      ..:.:.:.::.::.:::リ::.::i|::.::.ii v:::リ  V   r{:::::刈j/::.::.::.::_::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
     i:.:.:.::.:::/::.::.八:::人:::......       v:::ン.:::/::.::./ }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:...
     |::..::.::/::.::.::./ ハ::.、   ′    u 厶イ::.::.イ_,ノ:j/::.::.::.::.::.::.\::.::.::.:.:.:.:
     |::.::.::.::.::.::./ /::.:::Vヘ   V:::::)     /:/.:i|:::::/::::.::.::.::i::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.:
     |::.::,::.::.::.   .::.::.:::::i::.::.:.:..  `¨    ...:z≦i::.::.::|:::::::::::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:.:
     |::.::i::.::./ /::.::.:::::.::.::.::/⌒≧=:::≦   /::|::.::.::|::::::::::i:::.::.:.八::.::.::.::.::.::.::.::.:
      j::.::.::.: /:::.::.::::/::.::./   У}::∧‐‐::::::::::::|::.::.::|ー―― 、::.\::.::.::.::.::.::.:
    /::.::.:./,.::.::.::.:::::::::::.::.::.:   j_/:::{O:';::::::::::::::j|::.::.::|´      v::.::.::.::.::.::.::.::.:
    .::.::.::.::'人:.::.::.::.V::.::.::.:.:  | j_i:/iV∧::::::/i|::.::.::|         '::.::.::.::.::.:::::.:.:
    i::.::.. ′ ヽ::.::.::.)::.::.::.::i  〉  _,人::::∧,_,,/|::.::.:i|        '::.::.::.::.:.:..\
.     \/     )::.::.::.::.::.::/| ′/:::::::::::::::::::ヽ  |::.:j八           '::.::.::.::.::.:.:.:」
ロボ 「仕方ないじゃん、そう役職なんだものwww
僕は悪くねぇ、僕は悪くねぇ!」
てゐ 「いやいや、自分は気にしてねーウサ>伊10
楽しい夜を2人と過ごせたのがうれしかったウサよ>ハクメン、伊10」
伊460 「こっちこそ失望しました狐鍋します。鍋だ入れるぞオラァァ!!>伊909」
伊773 「……関係ないけど、最初に配役見たときには提督と460、909とU2の
組合せだって何の根拠もなく考えてた……なんでかな?」
伊29 「今回の鍋は肉と兎入りでち!
……野菜がないでち!?」
伊10
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V
      \_!   ) ) _ ' ( (   !
        ヽ  ( ( /   `t ) ) /
      ___,r| \  {    / /  うるせー!お前なんかとっととタイガー道場にでもぶち込まれてしまえ!>士郎
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!」
伊909 「制裁を!
狼鍋は・・・ほら、残念でしたね・・・」
聖提督 「じゃ、ちょっと焼き土下座いっとこうか(ガラガラガラ)>ロボ」
伊963 「                        __,、_           .' ,Ⅳ
                     ィア二ヱ__ミx       .' ,Ⅳ
                -- ミ . 'r^ >'"二二二二 ≧x-―-、_  ' ,Ⅳ
            ,,'":::::::::::::::::::「  '二二ニ>7<^7ニ心、:::::::::`7 ,Ⅳ
          /::::::::::::::::::::::___[ .'二ニ>ニノ:::::ー':::`ーへ、}:::::::::;'/^lV:::、
   rz、_    /:::::::::::; <`<≧=-r、_ノ^:::::::::::::::::::}::::;:::::::;:Ⅵ7::;'、 V=ミ:\
   '-ミヽヽ .ノ:::::::::; '"    ̄ アムい:::::≧x、:::::::::/::∧::::::Ⅵ {〈ニ} {/r、}}:::::\
   {{_}} l iく:::::::; '     _/く_ノノ:::ヤ了rオ―zイ_丁7::::::} }イ YL/^!Lレ、:::::::\
  .i`L「  l l `'く       ̄⌒ー7::::::{ ゞ-'   ー' ./イ/ }} L|__! {ニL/7,、:::::::\
   l    l l {  ` .        .{:::::: {>、  _'_  ん::::::l    ‘. `,ニ`≧x,,_::::::: \     乙女の純情を踏みにじったロボには制裁を
   .l   .l l 、  } ` .       {::i:::::{ l > .`ー' イ }:::::ハ!     r^}  `<二ニ/7:::::::::::::ヽ
    l   l l_   ー'zx、` . r、  _.Ⅵ、::{アィ彡7チ、  }::/    くミxー-^≧=.イ:::::::::::::::::::':,
   L -=≧-_-l二=≧x\\、   ヾ`^~ }} {{ーr- }/      `7二二>'" '、::::::::::::::::::':,
    ~ -=ニ二=-~二ニr―-寸┐!ニL    ヾ ll ヾ、ヾ  ` .     ん二f    ‘ ::::::::::::::::::',
       ',`''<ニ>'" ̄ ニユ 寸心    廴    ヾ_ `  .,__{二二L、、    '.:::::,:::::::::::::,
        ヽ:::{  ̄ア「「「 ̄ア`1.}`7ハ rア二二≧xイ二ア  んニ、二ニア三ユ_, :,:::::::,::::::::::::,
         \  r'r≧=---┐! {:.{ニj /二_r'^ 「二:只ミ:.}_ハ  L、二二,L_」}}⌒ヾ>l::::::::::,:::::::::i
            {:`!:.{ー― フニl,}」7イ二r:.:.:}-}`イ介}}:.:.jリノ` .,≧x二二>"    l::::::::ハ:::::: l
             7Lア-<二ニ}/イ二>":.:.:.{-{:::::{ハ}L7/      ̄⌒     .l::::::::::::::,::::::l
             `'<ニ!二l>">」 ‘,:.:.:.:`:.:.{-}:.:.}_!x{}:{{7             .'::::::/}::::::}:::::l
                L二ン L!  `}:.:.:.:.:.:{-{:.:{_}x{{:{{{             /:::イ l:::::/l:::::l
                      .イ:.:.:.:.:.::jリ:.:.{_}x}{:.}}{  _r、ノ⌒!_     ./, '  }::/ .l:::::l
                   r--<::::.:.:.:.x≧=---土=--<}二Y7゚゚゚゚゚゚゚゚メ   イ   }/ .l::::;′
             _..斗---寸二>xく:.:.:._r=彡^7ヤ:ヾx:.:.:`7ニ{ミ  。゚  /二>、     :l::;'」
てゐ 「狼鍋は…うん、残念だったウサね…(白目>伊10」
ロボ 「・・・・・・許してヒヤシンス>伊909」
伊29 「おっと、悲恋を忘れてたでち!」
伊10 「      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !
    .′:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    .′:::; イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   }:::::/ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;′
   |: /  :|::::::::::::::::n、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   |/    V::::::::::::| |.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
   |    ヽ:::::::八 !  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ヾ::::::::}ヽ  {\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          Yへ! ‘._ノ  `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′ あとてゐはすまない。
            ヘ         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
             ヽ       ‘.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 \      ‘._  ==-――イ   ハクメンが死んでるとわかってたら強引にも狼鍋にしてた
                \  i            {
                 ゝ.._}    _  -― 二二ユ_
                   _} - .二 -‐:::::´:::::::::::::::::::::ヽ
                  /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /¨´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\」
伊U2 「あれはね……最低でも3/5のCPが逝ってるんだから、言葉に詰まると言うか……」
伊909 「貴方のおほ(〇)達はそんなものですか!失望しました!>伊460」
ハクメン 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ   守りに回らなければ強キャラゆえに>聖帝
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊460 「まぁ、これが主人公力の差ってやつかな(どや。>伊10」
てゐ 「まとめウサね
恋妖精の矢が本当だったらやばかったウサ

伊U2ー聖提督
伊460ー伊909(ー)伊963ー伊773ー伊29
                     |
                    伊398」
伊398 「それで合ってるわ>伊29」
伊890 「個人戦陣営の勝敗は書かない主義なので」
伊29 「963-773-29
   |
   398
聖-U2
909-460
でちかね?」
ロボ 「・・・・・・実は自分でも非恋当てた相手間違えてたCO」
聖提督 「あと初日のアレは正直かたまったと言わざるをえんね」
伊909 「でも私の落胆、分かってくれると思うんです(」
伊10 「:::::::::::::::f           _..  =====へ:::::::::::::::::::: | \:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|       > ´ ,..........、    V`ヾ x::::::::|  \:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::|      /   ,イ圭圭ヨ     V::::::`ヾア|    ヽ::::::::::
:::::::::::::::|     〃   弋圭圭ヲ        V:::::::::::::|     V:::::::::  仕方ないだろ…刺される気が全然しない嫌われ者ばかりだからさあ… >肉
:::::::::::::::|    /                ヽ:::::::::::!     V::::::::
:::::::::::::::|                    r -ヘ:::::::|       V:::::::::
:::::::::::::::|    〈              >へr、 V:::|         V::::::::::::
::::::::::::::::!              _><     ヘ:∧        V::::::::::
::::::::::::::::|     と二つー--=<          .{ヽヽ        V::::::::
:::::::::::::::::!      | |                 ', '.       }::::::::
:::::::::::::::::|      | |                  } }       |::::::::
::::::::::::::::::!      :| |                  | |       |::::::::
、::::::::::::::::|       :| |                  | |       |::::::::
. \:::::::::::!      | |                  | |       |::::::::」
伊460 「そんなものはないのだ。>伊909」
ハクメン 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ   重ならぬ時はとことん重ならんのもまた恋色決闘だ>773
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
ロボ 「ここで終わると思ってなくて勝てないかと思いました(小並感)」
伊909 「ああん、ごめんなさい!」
伊398 「そして肉鍋=自殺とか聞いてないんですけどォー!!!」
伊909
           ,. ─..'.." ̄ ̄`"`ヽ
        □◇:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : `ヽ       ヾー 、
      △▽●□△:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\      \ ′
      ◇●□●□:: :: :: :: :: :: }:: :: :: :: :: :: ::}        (:)
      〟 □●▽:: :: :: ::/i:: :: :: } :: }:: :: :: :: :: ',   / / / /
    ,; ´〟´ ,□◇:: ::ハ:,'-、',:: :: :ハ:: ,'-、:: :: :: :.ヽ ////      同士ロボ・・・貴方でしたか・・・
   ´   / ,/i {  }:: { |;;;;| ゙ヘノ レ|;;;;| !:: :: :: ヘ ゝ / / /
      レ' :: i ; i:: ::{ |;;;;|      |;;;;| !:: :: :: } __/ / /
     ,':: :: :.ヽヘ」:: ::{ ` ´ 、  _ , ` ´ノノ:: ::リ〃  ヽヲ
     〈::,ハ:: :: :: :: :: ::ゝ,, _ `´ `_ , -<;: :: :/ ゝ _ ノコ       私に幽かな期待を持たせたのは・・・!だましてくれたのは・・・
.      ` .人::从\::ヽ ゝ, , ̄、 人  `/// /_,,...-..-..、
      /:: :: /    /: : : : : (Y) : : : ヽ/// / i :: :: :: :: :.ヽ
   〟":: :: ::/    /i: : : : : く人ゝ: : :/ / / ♪∂′─ `",:: ::ヽ
  /:: :: ::/ {    マ│: : : : : : : : : :////∂‐-‐-‐ー-=、',:: ::ヽ
 |:: :: :/   \    \_: ;‐ ‐‐ ////∂ : : : : : : : : : : r´ツ:: :: ゝ
 ',:: :: ',     \     ノヮ  / / / /∂: : : : : : : : : : : :,'  ク ',:: ::i
  〉;: :: ヽ     ,∟  rソ ヽ♪ ///∂ : : : : : : : : : : :/ モ ヽ.: ::|
. "i:: ;; ;;リ介"'/  └ ^、   ノ/// `: : : : : : : : : : : ;ノ ベ   ヽ!
  ,' ;; ;;i {: : : |     ////  '': : : : : : : /.`⌒  ン
  i:: ;/ `、: :、    ////   '': : : : : : : : ノ  入ベ
  ノノ `了 {: : : 、////    '': : へノ`ー ヽ ン  \
 ´    了 {: : :ノ ノ ♪ノ_,,  '': : : ソ      ,, ' ヽ   ヽ」
聖提督 「イチゴ味風味になるはずがこれじゃただの綺麗な聖帝や!
どうしてこうなった!どうしてこうなった!」
伊U2 「地味に恋妖精が勝利してる!」
伊398 「自打ちだと案外重ならないものよ」
伊460 「恋妖精も勝ちだろこれwww」
伊773 「恋色決闘なら矢が重なるのも普通かなって思ったんだけど
案外そうじゃなかったかな?」
聖提督 「なんだろう!」
ロボ 「はっはっは、実は狼じゃなくて恋妖精でした☆」
てゐ 「お疲れ様ウサよー」
伊29 「そして狼は総ボッチでちね!」
伊398 「肉鍋提案したら手の込んだ自殺だったなんて聞いてないわよ!!!」
伊963 「もう何故かPCが硬直して書き込みできなかったし、何故か死ぬしで、気付いたら勝ってましたわよwww」
伊909 「提督×460はっ!無いのですかっ!(バンバン」
聖提督 「ハァーッハッハッハッハァッ!」
聖提督 「………フハハハハ」
ハクメン 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ   お疲れ様ズェァ
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
聖提督 「…」
伊10 「狼鍋までさせろよーーーーーーーーーーーーーッ!(涙目)」
ロボ 「お疲れ様でした」
伊773 「お疲れ様。狼暗殺だね。」
伊460 「お疲れ様!」
伊890 「                    _,,-‐≦⌒''Y},
                 __,∠,, __;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',}
            __,,,_.‐..'´:.:.:.:.:.:.,:.:.:.`.ヽ、:;:;:;:;!}
         rt‐:;´:;:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:..:.:\:;:;:i!}
            {,i:;:;:;:/:.:.:.:.:i:.:.l:.:!ヽ_,,_:.:.',:.:.:.:.i:.:.:.ヽ:;',}、
         ゝ;:;:i:.:.:.:..!:|', V´レ__,,_ヽi:.:.:.:}:.:.:.:.:!:;:,l}     お疲れ様
           ヾ,:iイ:.:.:レ‐ヽ:.:ヽ 代。iリヽ:.:./_入´};:;:〉
 _           {;;!i:'、i rzェ,ヽゝ`゙''´ !ノ:;/ミ !}:.',:;}カ     やっとAA見つかったわ
´ーニ、`.,.,ー.、_   ゞ.:;:ヽ,ヾツ ,     /:;:;:/-'/:.:.:!.y'
   ヾ,ヽ,:;:;:;:;:;:;`'"´‐-;>´:;:',   _,  /:;:;//´;:.:.:.:.}.i.!
    `ヾ=,>‐--_,/く:;:/:\ ´  /`:k.,':.:.:!:.i:.:.:.!|.!',
      ,-=ニ,´-‐:.:.:.ソ:.:ィ:.:.:/:ヽ-.ィ:.:.:.| !:.:i:.イ:.:.:j;レ;!.,
       ( /:.:_-r‐/:.;, ‐‐-.t-..,_!_.!::.:.:.! Vi:.i.j:.:.イ;,;,ノ;,i
       /:r!:{_, .{:/レ/    ',::::!.` !:.:.:,| ‐ レi-;ニ!ノ:;:;:;}
       ヽ!`´  !. {     i::::ヽ, ',:.:.i!   |::::! `ヽ:;/
             i     ! |:::::::ヽ}:/   j:::::ヽ; i゙
               !     ト,}:::::`ー":::`ヽ'´::::::::::\|
             !   i./,ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::`,
             |   |';;;',;;;;\:::::,,,,;;;;;;;;;;;;;,,,,,;l´;}
             |   |;;;;;;\;;;;);;;;;;;;;  ;;;;;;;;;!;/
                !    !;;;;;;;;;;;;;;i; ::::::::::::::::::::: !
              !   .!、;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::::::::::|}
              !   .|.ヽ;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::i!
              |   ',.{;;;;;::::::}:::::::::::::::::::::::::::i!
                 ',   y;;::::::::{::::::::::::::::::::::::::::i}
              ヽ  ./;:::::::::,::::::::::::::::::,,::::::::::゙}
               ゙V´:::::::::::i::::::::::::::::::{!:::::::::::':',
               /:;;;;::::::::::!:::::::::::::::::::':::::::::::,:l::!
              /:;;;;;;:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::,;::|::',
                /;;;;;;;;::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::,,;;:::!:::!
             /;;;;;;;;;:::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::,,,;;;::::!:::|
               jr‐'´ ̄` 、!:::::::::::::::::,,,,,;;;;;;;__,,ノ-.}
               {       `ヽ,ー──''/    |
              !            K‐‐ '´     |
             ',           i !       |」
伊909 「か、勝った!第一部完!(死亡済」
伊U2 「……提督!私達勝ったわ!」
伊963 「おつかれさまでしたー」
伊29 「お疲れ様でち!
愛の勝利でち!」
伊398 「お疲れ様」
伊963 「なお生き延びたらオシラ様つけるつもりだった、伊10に」
伊29 「あ、狼暗殺でち!」
ゲーム終了:2014/10/20 (Mon) 01:08:23
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
伊10さんの遺言         __, -──- ,_  ,へ
      /::::::::::::::::::::::::::::::γへ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./::::/::::::::::::://://::::::::/ヘ:::::::::ヘ
   .|:::::|::::::/:::/_.// /::::::::/ ヘ:::::::::::|
 ._|:::::|::::∧/ |/_.|/.|:::/ _.|/|:|ヘ| 、   あ、どうでもいい豆知識だけど、
  \::::::|:::/.|/  " ̄`゙ .|/ " ̄`゙||/  `ヽ  史実における伊10潜水艦は帝国海軍所属の潜水艦のなかで
  .Σ_|/            ヘ    .|  もっとも多くの敵艦を沈めた武勲艦なんだぜ?
     \           ./    /
       >────┬'"´,,>─ ' "
      /:::::::::::|::::\介./Y'"´       だから…はやく実装してくださいオナシャス!
    ィ´  ̄ヾ::::|::::::::\/:::|
   /     ヾ:|:::::::::::::|:::::|
   |      ||:::::::::::::|:::::|
てゐさんの遺言 月に走る…ウサ
伊460 は無残な負け犬の姿で発見されました
(伊460 は人狼の餌食になったようです)
伊909 は恋人の後を追い自殺しました
伊10 は無残な負け犬の姿で発見されました
(伊10 は暗殺されたようです)
伊10 は 伊460 に狙いをつけました
伊398 「あ、終わったわね」
伊773 「うん、一緒になれると幸せだよね。
捕食は……いざとなれば必要ないよ。ずっと一緒に入れる方法はあるよ>伊29」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
伊U2 は 伊10 に狙いをつけました
伊460の独り言 「そういう熱い男だったか・・・?」
伊29 「時折、掃除屋と仕事人がこんがらがるでち」
伊U2の独り言 「ずっと一緒にいて、提督……」
ロボの独り言 「人狼じゃなくて恋妖精でした☆」
伊10(人狼) 「これなら狼鍋先にすべきだった…」
伊U2の独り言 「だから……そう、思いは一緒ね。」
てゐ 「恋妖精ラストスタンディングがあるかないかじゃねーかウサ?」
伊29 「掃除屋が誠排除できるかどうかでちね!」
伊909の独り言 「多分そんな思考の持ち主なのですよ
きっとたぶん、メイビー」
伊460 は 聖提督 に狙いをつけました
伊U2の独り言 「でも、それでも私は、提督のために最後まで働くわ。
大好きな提督の為ですもの。」
伊10(人狼)
         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::| 一\十\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\/ /.: oヽ  \》::::lミヽ::::\___
 l::::/|::::::::::::::::::::::::::::::l/ \:::::::|   {:::::::0 )    |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ/| r:oヽ \.|   ヾ:::::::ン  。  j∧  ノ  \  ハクメン死んでるとか聞いてないです
 |  |::::::::::::::::::/  {lィ{o:::::::}       ::TT..  u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|   ヾ:::ソ      : :::| |:: :    \ノ´ ̄`¨ヽ
    ヽl llゝ::|ヽ u::::TT..   l~`丶 ::| |:::     弋_,.,ィー-、
       lV_ 人  :::| |::;   ^    :| |: ノ ̄ ̄ iつ \__
           丶、 | |         ,♂      i 彡,,_
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\」
伊909の独り言 「伊10さんはほら、男はタイマンで蹴散らすべしみたいな」
伊963 「んー、掃除屋がどう動くかですわね」
聖提督の独り言 「……俺は、お前と、U2と共にあろう。
お前が望む限り共にあろうじゃないか」
ハクメン 「どの道PPになる気がするな」
伊10(人狼)
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  ゚ |/  レ  ゚ ..}|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V って俺LWじゃねえか!!!!
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!」
伊773 「噛み次第だと恋人PPになるけど、でも、ロボ噛まないよね。」
伊460の独り言 「伊10が狼とかなら噛んでくると思ったんだがな」
ロボの独り言 「クソ、次生き残れる気がしねえwwww」
伊909の独り言 「令呪の力では?)すっとぼけ」
伊U2の独り言 「…………そう、かぁ。」
聖提督の独り言 「だが、俺が言えるとすれば、俺はお前たちの犠牲の上の勝利など望まん。」
伊909の独り言 「2929しいチャンプルーですわね」
伊10(人狼) 「まあいいや。明日狼も鍋にぶちこんで終わりにしようぜwwwwwwwwwww」
伊460の独り言 「ああ・・・なぜ生き残ったかマジでわかんねえ・・・」
ハクメン 「お疲れ様だ」
ロボの独り言 「狼かボッチか」
聖提督の独り言 「……分からん、なぁ。
明日は我が身ともいうし何時何が起きても不思議ではない」
てゐ 「やー、お疲れ様ウサ」
伊460の独り言 「ゴーヤチャンプルにしては豪華だな?!>伊29」
伊10(人狼) 「QPって何人いたっけ?」
伊909の独り言
          , -――――- 、 
         品           ヽ
       .川    人  .ト、     i    何故か生き残ったのですが
        i   ./  ヽ .!  ヽ    |
       /   / ●   リ ● ヽ   ヽ    多分LCP
       >レヽi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/レ<
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           __  ♪
    ∬     / i::::::i \
    旦 i三三三三三三三三三三三三i
.       ♪  ヽ i::::::i /
            ̄ ̄」
伊963 「おつかれさまでしたー」
伊10(人狼) 「すまない。ちょっと考えさせてくれないか。」
伊773 「お疲れ様。」
伊U2の独り言 「提督……私達、生き残れるよね……?」
伊29 「おつかれさまでち!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
てゐ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
伊9090 票投票先 1 票 →聖提督
ロボ2 票投票先 1 票 →てゐ
伊U20 票投票先 1 票 →ロボ
てゐ4 票投票先 1 票 →ロボ
聖提督1 票投票先 1 票 →てゐ
伊100 票投票先 1 票 →てゐ
伊4600 票投票先 1 票 →てゐ
伊10 は てゐ に処刑投票しました
てゐ は ロボ に処刑投票しました
ロボ は てゐ に処刑投票しました
伊29 「773さんと一緒……アレ?捕食? まぁ気にしないでち! 一緒になれるなら幸せでち!」
伊460 は てゐ に処刑投票しました
伊773 「お疲れ様」
聖提督 は てゐ に処刑投票しました
伊U2 は ロボ に処刑投票しました
伊909 は 聖提督 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
伊909 「オリョクルゥゥゥゥゥゥゥ」
伊460 「でも僕はオリーブオイル!!」
伊10 「俺の心は昨晩これしか出てこなかったぜ…」
伊963 「おつかれさまでした」
ロボ 「いや、ウサギ鍋でよくね?」
伊909 「ですわ」
伊U2 「すっごい飛んでったけど……」
伊773 「うん、夜になったら伝えられたんだけど……ま、こういうのがあるからこそだしさ。
ほら、霊界でこうやって一緒に話せるの、それもいいなって思うの。」
てゐ 「狼鍋か私鍋かじゃねーの?」
伊460 「ロボだからオイル鍋?」
伊909 「提督に反旗を翻すか
兎駆除か」
伊29 「ハクメンのポロリに驚きでち!」
聖提督 「さて、次こそ狼か?それともウサギ、かな?(チラッ」
伊10 「     /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 ○ |/  レ ○ }|:./ヽ: : | ━━┓┃┃
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     ┃   ━━━━━━━━
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((    ┃               ┃┃┃
      \_!     ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
        ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
      ___,r| \。≧         三 ==-
    /:/::::| \  -ァ,          ≧=- 。
  /::::::/::::::|  \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
/:::::::::::/::::::::|     ≦`Vヾ        ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・」
ハクメン 「        __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  お疲れ様ズェァ
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
てゐ 「おいすーウサ」
伊460 「朝だ!!」
ロボ 「おはよう」
伊U2 「さて次は狼鍋?」
伊963 「伊号ケアとかうとうとしたのに、クソPCがフリーズって弱く発言が選べなかったっていう悲劇

というか、昼の時間だけなんでフリーズするんですかぁ!他の村でもそれが起こりましたわよ!」
聖提督 「むう……」
伊29 「おつかれさまでち!」
伊890 「おつかれいむ」
伊909 「あっはい」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
伊29さんの遺言


       ゴ ー ヤ 1 / 2 で ち !


伊773さんの遺言
                          __
                > ´        `
               /                   \
                                     \
             /                           \
.              ' /                      ゚.,
              ′ '                    \.    ゚,
            ′    /.          ',  ‐‐-     x
             '      ′  |.      | \   ヽ </ ヽ
                 l   ! l.     |   ', '  ',      ',
           |   |     |.  | |.     |.  }__|}__ l      | |
           |   |     |,  | |.     / 斗斧芋芋ミl    |、\
           |   |     |乂.├__ー‐‐ '´   辷ー'ッ.  !.   |.、\
          |   l ',... |,ィ斧于                 |     |ノ /
.            |     人,ィ之. ー'ノ    ,        /|.    从
           从. |    |‐―‐,            ー彡.|   /\{       好きって気持ちは分からないけど
.           人./} |   |. rーく            '    /|.  /  `Y
    ({   ー=彡 ( く!. ト、.  V.\   } ー        ー彡,' . /.    |       一緒にいたい、なら分かるかな……
.     \ー‐彡 \ Ⅵ∧.. ∨.个xノノ.       / イ/ ,,イ   /
.       ̄{乂_ノ/「 乂 \ \   ≧=ー、 ―r< . /イ.             ねぇ、ずっと一緒にいよう
.           ア´  ∨ . \ー‐‐'/.    \ニー=≦´    /!
.          /     ∨    ー '        } {.        /_|         ……今だけはそういわせて、伊963・伊398・伊29のみんな
         {.     \   ,斗ト     ノ} ∨≧=-=<   |
.          ∧.       \}    ≧==≦. /  \/      人
           ∧       |         |.   ',           \
          |        /.          |.    ',
          ∧      /           |      ',
.           ∧  /             '|       ',
             | /            /.       ',       .
             |./            ∧__{__}__ノ}
ハクメンさんの遺言                     _,. -‐ェ‐- . ,._
                     ,.イ. /i ∧: . : ...`ヽ,
                   イri  ,.' 、/レ': . ゝレ'| ,: . ハ,
            / イi |. ,イ/|'/: . : ...ト,/i: ./.iヘ
              /: ./: . | i/|.゙ヾ}'..     レ'フイヘ
         ,イ: . :/,: . :.|. |   _,,.ィ-  ' ‐- ト,,  ,<-z',
          ,イ ,: . /,'..  l. |イ:´.     : . : . :.  ヽ  ̄フ,、
        /. ,イ: .,' 、   ,|. i . , '..   : . : . : ',:  V  ハ、
      / /,': . :.   /i::.| ,'     : . : . ;: . :.',: . :. V. ,'ノ\
       ,' /. i: . : ;: . : ,' . |::i. ,'....   : . : ': . : ..i: . : ',  z_ `ヽ   ぽろりもあるよ
.  ,ィェ.、  ,'  |: . :.|: . <.,>!.|. ハ.    : . :ハ. _,',: . :.. トニ'´ ヘ、
. i ,-x. |. i  i!.  |: ._廴}::|/ レ Xヤ.  /‐弋'、ト..!: . |V >....ヘ
. ! (; ;' ,!.! |.  ハ: . :| `ヽ>トト弋ゝ.tッ.トV / ィ tッ.ァi |,:i.....゙i,z''":/ . i   _
  込 ̄イリ /. 人. | ',: .-=斗≫i..',  ゙´     !イ|:ト、i.... i:   i!.  \`゛'‐. ,,_
  ヤキイ彡../  マi  '、|/'レヽ. ト、!  `    イ.i/∧!.: . ': /ハ.     V  _,..-‐ーー┐
   ヤキイ/イ: . :: ..゙゙〈: . '、.||∧ヾ.リ 、 ー _-  , イ'|..///,'.|',. イ:..,'.∧   ン'´         ',
   ヤキイ∧.,': . :,: . : . : ..iヽ、'//..,iミ;ゝ、_, ィ;';'彡|、//.,'ニ',: . : .i: ..∧. /            ',
    ヤキイ∧/,'.: . : . : .ノミミゝ斗|ミ:':':':':':':':':'彡| レ.,イ彡ト,:ェ斗孑ラ ,,.. ''".          i
    ヤキイ∧. ゙i,.-‐'´/ミミ圦弋'ミ;':':':':':':':':彡'.イ/彡彡'少少ヲ' ,イ'´  ,ィ个、  _ ,, 、. |
  ,. '' ヤキイ∧. ヽ、 /キミミ圦マ.、ヽ;';':':';';':イノ//彡彡シ少ヲ' /イ   ,イ彡| ヽ'´`Ⅵ. ,'
イ'.     ヤキイ∧ ´  iキキミミミ圦マ,\丶'´ィ';'ヲ'/彡彡シ少ヲ' /'.  /彡彡ュ.、  ド、.,'
.゙マ    ヤキイ∧    ',キキ、ミミ圦マ巛`´州ヲ'/彡彡シ少ニ,i. /   iニシ彡彡彡ュ 丶∨
 ∧、.   ヤキイ∧   マキキュミヽ圦マ丈ilヲ',イzィ-シ'少ニニヲ/    |シ彡彡彡彡'ヘ__\
. ,': :ヘ\_ ヤキイ∧    マキキキュ\ュマヲ'イ',イ/シ'彡二二二ュ _,,..ェェ≧><'´ ̄   >ュ、
.i : : , ヘ. `¬ヤキイ∧ニニ二二二二ニヘ/´ニ二二二二二≫<>イ'´          `¬i
.! . /.:.:.ヘ.   ヤキイ∧ニニ二二二二ニニlニニ二二二≫<>イ'´                  ,!
i: :.i: : : :.トヘ  ヤキイ∧¬ュ、ニ二二二ニ!ニニ二≫<,ィ'´                   ノ
',: :ハ: : :.ヘ, . ヽ√`¬'´丶; ; \二二ニ>ィ ' ´  ̄´                   ,. '´
.゙, i ∨: : ,'゙  >ー;';';';';'; / ̄ ̄ ̄`´           _ ,,... -‐  _ ,, ュ-‐ '' "´
. i ! V: /    >¬; ; /         _ ,,... -‐ '' "´  _ ,, . ィ''ラ彡彡ヲ
ロボ 伊U2 ハクメン で足音が聞こえた…
ハクメン は無残な負け犬の姿で発見されました
(ハクメン は暗殺されたようです)
伊890 は無残な負け犬の姿で発見されました
(伊890 は人狼の餌食になったようです)
伊U2 は ハクメン に狙いをつけました
伊460 は暗殺を行いませんでした
ハクメン は 伊890 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
伊460の独り言 「カーチャンへ

こんなことならセイバー呼べばよかった」
伊29 「773さんもてもてでち!」
伊U2の独り言 「ありがとう……!大好き……!!」
伊909の独り言 「(至言」
てゐ(人狼) 「まあ、任せるウサ」
伊909の独り言
           ,. ─..'.." ̄ ̄`"`ヽ
        □◇:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : `ヽ       ヾー 、
      △▽●□△:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\      \ ′
      ◇●□●□:: :: :: :: :: :: }:: :: :: :: :: :: ::}        (:)
      〟 □●▽:: :: :: ::/i:: :: :: } :: }:: :: :: :: :: ',   / / / /
    ,; ´〟´ ,□◇:: ::ハ:,'-、',:: :: :ハ:: ,'-、:: :: :: :.ヽ ////      困惑する2人の愛い愛いしいはんのうは
   ´   / ,/i {  }:: { |;;;;| ゙ヘノ レ|;;;;| !:: :: :: ヘ ゝ / / /
      レ' :: i ; i:: ::{ |;;;;|      |;;;;| !:: :: :: } __/ / /
     ,':: :: :.ヽヘ」:: ::{ ` ´ 、  _ , ` ´ノノ:: ::リ〃  ヽヲ
     〈::,ハ:: :: :: :: :: ::ゝ,, _ `´ `_ , -<;: :: :/ ゝ _ ノコ        見てて面白いと思いますわ
.      ` .人::从\::ヽ ゝ, , ̄、 人  `/// /_,,...-..-..、
      /:: :: /    /: : : : : (Y) : : : ヽ/// / i :: :: :: :: :.ヽ
   〟":: :: ::/    /i: : : : : く人ゝ: : :/ / / ♪∂′─ `",:: ::ヽ
  /:: :: ::/ {    マ│: : : : : : : : : :////∂‐-‐-‐ー-=、',:: ::ヽ
 |:: :: :/   \    \_: ;‐ ‐‐ ////∂ : : : : : : : : : : r´ツ:: :: ゝ
 ',:: :: ',     \     ノヮ  / / / /∂: : : : : : : : : : : :,'  ク ',:: ::i
  〉;: :: ヽ     ,∟  rソ ヽ♪ ///∂ : : : : : : : : : : :/ モ ヽ.: ::|
. "i:: ;; ;;リ介"'/  └ ^、   ノ/// `: : : : : : : : : : : ;ノ ベ   ヽ!
  ,' ;; ;;i {: : : |     ////  '': : : : : : : /.`⌒  ン
  i:: ;/ `、: :、    ////   '': : : : : : : : ノ  入ベ
  ノノ `了 {: : : 、////    '': : へノ`ー ヽ ン  \
 ´    了 {: : :ノ ノ ♪ノ_,,  '': : : ソ      ,, ' ヽ   ヽ」
伊U2の独り言 「……提督。」
てゐ(人狼) 「PCに飲み物吹いてないウサか?
吹いたら大変ウサ>伊10」
伊398 「ごめんなさい伊773・・・伊29が恋刺さってるなんて思わなくて・・・」
伊29 「これだから恋色決闘は面白いでち!
場合によっては恋噛みで終わるでち!」
伊U2の独り言 「……」
伊773 「私が、伊398と伊29と伊963の恋人」
ハクメン(人狼) 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  それはそれで暗殺か噛みの的だがな
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
聖提督の独り言 「……この指輪、受け取ってはくれんか」
ロボの独り言 「ガチで恋人だったのかw」
伊U2の独り言 「……そうね、99……これも提督のおかげよ。」
伊10(人狼) 「:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::| ま、すき焼きの具材が増えたことだしいいんじゃね?(ゲス顔)
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\」
聖提督の独り言 「お前が望まんというのなら俺も潔く身を引こう…」
伊460の独り言 「そ、そんなはずは・・・というか見て何が面白いんですかね!?(素朴な疑問」
伊398 「29-773-398 773-963 こうでしたか・・・」
伊773 「あ、全部私だよ」
伊909の独り言 「わ、わたくしのむちむちCOはどこに行ったのです!(血涙!」
伊773 「私の恋人の伊29を吊りにかかる伊398を見たときの私の絶望は……
まぁ、恋色決闘だし別に絶望しなかったけどね」
聖提督の独り言 「……さて、このたびお前はレベル99となったな。」
伊10(人狼)
           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ::i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ近::}::::/:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐"::://};;;;{′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/  # };;;{.′ };;;{ 、 };;;;{∧!/
             \|\ };;;{ ___  __ U /  ′
             _{i    uヽ _ ノ  /  まさにこのAAの通りでしかないという…だな…
            // `\ \     /
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_」
聖提督の独り言 「……いや、俺は女神だからな。お前にしか矢はうてんし
打たれてもいない。」
伊29 「自分は773と繋がってたでち!」
伊U2の独り言 「(座る)」
てゐ(人狼) 「恋人だって言っておけば…吊らずに済んだかもしれないウサ…
ま、おつかれウサ」
伊909の独り言
               ,. -―――- .,
           /        \
            ‰           ヽ
         .川     / ̄ヽ      ヽ
          ,'  ∨∨∨   ∨∨∨  l    ・・・・おんなじことをかんがえるひとは多かったみたいですわね?(棒
          /  | ●       ● |   ヽ
          | | |⊂⊃┌―┐⊂⊃| | .|
         ', .',.人     、___ノ    人 | /
         .>iヽノ>rrrrryrrrrr<iノノ.<
       / ノ /  .__>-<__  \ヽ ヽ
       / ./⊂|__.ノ.{:::::::::ハ::::::::}ヽ_|⊃ i
     <_ノ   ./⌒ヾ::::::::::::::::7⌒ヽ  ヽ_>
           |   .|::::::::::::::::|.   |
            ヽ___ノニニニ.ヽ___ノ」
伊963 「狼は毒男でしたわねww」
伊U2の独り言 「え、あ、はい!」
伊460の独り言 「なんでさ!?>騙した」
聖提督の独り言 「ともあれまあ、U2よ。そこに座るがいい」
伊398 「29と誰が繋がってたのかしら?」
伊29 「そしてボッチ狼でちね!」
ロボの独り言 「あと非恋にした二人がいきなり死んだんだがwww」
ハクメン(人狼) 「        __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  衝撃のあまりミスってしまったではないか
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊10(人狼) 「     /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 ○ |/  レ ○ }|:./ヽ: : | ━━┓┃┃
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     ┃   ━━━━━━━━
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((    ┃               ┃┃┃
      \_!     ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
        ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
      ___,r| \。≧         三 ==-
    /:/::::| \  -ァ,          ≧=- 。
  /::::::/::::::|  \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
/:::::::::::/::::::::|     ≦`Vヾ        ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・」
伊U2の独り言 「他に刺さってたりする?>聖提督」
伊460の独り言 「おれはおしらだからな・・・
あと初日に死ぬから絶対見れないな」
伊909の独り言 「だましてくれたぁぁぁぁぁぁぁ!」
伊U2の独り言 「3/5が死んでいるような……」
聖提督の独り言 「………おいなんであと2組しかないねん」
伊890の独り言 「AA探す作業を始めてるわ」
伊909の独り言 「よくも・・・!よくもだましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
伊963 「なんですのよ、もう!!」
伊29 「そしてびっくり大連鎖でち!」
伊398 「あんた恋人かよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?」
伊773 「うん、まぁ……こうなるんだよね。」
伊10(人狼) 「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ハクメン(人狼) 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  ズェァ!?
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊460の独り言 「めっちゃ飛んだぞ!?」
ロボの独り言 「地味にあぶねえwww」
伊963 「あー!もう!!なんかPCフリーズしまくって発言も遺言も出来てないし!!」
伊29 「お疲れ様でち!」
てゐ(人狼) 「あ、これはひでーウサ」
伊890 は ロボ 伊U2 ハクメン に狙いをつけました
伊U2の独り言 「掃除屋よー
……って、あれ?これ……」
伊909の独り言
          , -――――- 、 
         品           ヽ
       .川    人  .ト、     i    460ちゃんに刺せば29ちゃんとのイチャイチャが見れると聞いて
        i   ./  ヽ .!  ヽ    |
       /   / ●   リ ● ヽ   ヽ
       >レヽi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/レ<
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           __  ♪
    ∬     / i::::::i \
    旦 i三三三三三三三三三三三三i
.       ♪  ヽ i::::::i /」
伊460の独り言

                     ___  -=彡∠彡ー- 、
                        r ´ 、_ハ:::::〃´::::::::::::::::::::::≧=ー
                    /  ___ 〉ヽ::::::::::::::::: 二ニ=-=彡
                     |  ー- ./〉 /=ミ:::::::::::::::::::::::ー=ニ ノ
                     l  、  ヾУイヽ:::::::::::::::::  ̄二ニ=- く
                     ,ィ/   Y _//:::::::::::::::::::::::::\ ー = <
                 /    `/__ >:::::、.\\\\\:::::::::::彡
                /〈    //::ヽヽ:::\\\\\ヽミ <         カーチャンへ
                /: : : :\__/_.∧ :: ヽト、\ ヽ ヽ ヽ//|/从ハ
          / : : : : : : : : :.:/:.〈V:::::::ゝー ‐=ミ 〉 ヽ彡' ! ./ !ヽ      ぼくはこんなかっこしても
          /. : : : : : : : : :./.:: : ::{\ :ゞー==彡   ∨ / ./: : ': : :l
         ., : : : : : : : : : : :/:\ : \!:::.`::ゝ、     __ ィ //: : /: : : !      恋人ができました。
       / : : : : : : : : ::∠: : : : :ヽ: : :ヽ : : : : >   こノ / : : :/: : : : l
        /: : : : : : : : : ⊂ニ ヽ: : : : : : :ハ: : : : {    `ー ´.: :/: : : : : : :l      恵まれた世界になりました。
      .〈: : : : : : : : : : :〉-=ミ  . ̄ ̄ ヽ:: : : ∧  ヽ r ´//: : : : : : : : :l
       ー― ´ ̄ ⊂ニニ}  ハ _  ∨: : :∧  {{ ,: : : : : : : : : : : :.}
              r‐、__) /: : : : ヽ ∨: : :∧   {: : : : : : : :
                \  /: : : : : : : :} .∨: : :∧   .!: : : : : :
                   ー|: : : : : : : :/  ∨: : :∧ー=|: : : : :」
伊398 「うわああああああああああああああああああ!?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
伊773 は恋人の後を追い自殺しました
伊29 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
伊963 は恋人の後を追い自殺しました
伊398 は恋人の後を追い自殺しました
2 日目 (1 回目)
伊8900 票投票先 1 票 →伊29
伊3980 票投票先 1 票 →伊29
伊9090 票投票先 1 票 →てゐ
伊299 票投票先 1 票 →ロボ
伊9630 票投票先 1 票 →伊29
伊7730 票投票先 1 票 →てゐ
ロボ2 票投票先 1 票 →伊29
伊U20 票投票先 1 票 →伊29
ハクメン0 票投票先 1 票 →伊29
てゐ2 票投票先 1 票 →伊29
聖提督0 票投票先 1 票 →ロボ
伊100 票投票先 1 票 →伊29
伊4600 票投票先 1 票 →伊29
伊963 は 伊29 に処刑投票しました
伊10 は 伊29 に処刑投票しました
伊773 は てゐ に処刑投票しました
聖提督 は ロボ に処刑投票しました
てゐ は 伊29 に処刑投票しました
伊U2 は 伊29 に処刑投票しました
ロボ は 伊29 に処刑投票しました
ハクメン は 伊29 に処刑投票しました
伊29 は ロボ に処刑投票しました
伊398 は 伊29 に処刑投票しました
伊890 は 伊29 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
伊460 は 伊29 に処刑投票しました
伊10 「:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|  すき焼きの時間だあああああああああああああああー!
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\」
伊909 「数字があるのはいい潜水艦
筋が無いのはよく訓練された潜水艦!!」
聖提督 「さて、火をくべとこ」
伊U2 「流石提督ね!>聖提督」
伊398 「代わりに肉があるじゃありませんか」
ハクメン 「        __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  今日は肉に気分だな
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊29 「クマが居ないから狼鍋でち!
昨日萌えてたでち!!」
伊U2 「だから肉鍋か、開始前に萌えたロボ?」
伊773 「おはよう。それじゃあがんば……Zzz」
てゐ 「…肉をたべようじゃないかウサ?」
聖提督 「とりあえず食料的にこの俺自ら鍋を用意してやったぞ!」
伊398 「ニック鍋! ニック鍋!!!」
伊909 「もーぐもぐですわぁ」
伊460
                           ,.ィ  ___
                         /:/ /.:.:.:.:/
                  _l:.:.:l/.:.:.:.:∠,_.へ
                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ.:.:.:.:.:.:.:\
               ∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              /,.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                  7.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:ィ.:.:.:.:.:.:.ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:l
              l.:.:.:.:.:.:l/レ’l/l / l:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:リlレ'
                   l〉rャ.:.:/ ≧rュ.レ' l.:.:/:l.:.:.イil.:.:/:l
                 (.:.:.:.i/  i 叱ソi ヾ' レ' .ィlイ≦レ' ァ'
               iヘ'λ  `ー一’  .ィ 刋リ, /レ´
               レイlハ       l: ` ‐-ィ'
                     l ヽ.    __'   ノ
                 l .   、   l_./ /
              __   ノ  ',   \   .ィ           クマ吉がいないのが意外に思う!
         _ .,rへ.:.:.:Y´          ̄/
    ,.,-‐<.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム    ',   ∧ュ
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ       ハヘ `ーュ、
   ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ、=-  -‐i..:.:.:.:.:>ュ、_
.  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム.:.:.:.:,.-‐'´`ヽ、`丶.   //`丶.:.:.:.:.:.:≧ュ
.   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム.:.:i     `丶. ヽィ'/_ .‐-、Ⅵ.:.:.:.:.:.:i ',
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨        \/´.イ  i¨'lー,.:.:.:.:.l.:ム
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/           r'´ ,リ  .l l h.:.:.:.l.:.:ム
.   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈           l  ノ   ノ .リ i l  i.:.:.:ム
   ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ 丿         l      '.  j l   l.:.:.:.ム
   マ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ /      _j        リ  リ.:.:.:.:.:l
    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム      /ハリ        ./  ,'.:.:.:.:.:.:.l!
.     ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ     /.:.:.:〈        /   i.:.:.:.:.:.:.:.l
    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ,r=":.:.:.:ム    /ヘ    !:.:.:.:.:.:.::l
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:h._.ィ’.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム /:.:.:.:l    j.:.:.:.:.:.:.::l
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'.:.:.:.:.:ノ    リ.:.:.:.:.:.:.:l」
伊10 「                  ___
              ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
          _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
             j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
            |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
         、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
.         フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
          ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl
               j、八i  ´  j〉   爪i   ッおおおおおおおおおッ!!!
               jヽ、  f=ァ .ィ
            __//| ヽ_ー_'// |\       肉ッ!!!食わずにはいられないッ!!!
     ,...-',,⌒ゞミ、::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_  
    /::/.:::::::::::::..ヽ :::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
    |:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヽ、、丱// ヽ/|::::::::_ノ⌒ ー - ,,,__  _
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヽ.、  ,r‐'゙           //   ヽ
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"       `ー - ,,,__  _∠
     ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l                //   ヽ
      ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ヽ、          l /    l
       ヽ、:::::::::::::::::::::::::| l i´        `ー - ,,,_  __ /
        .|`ヽ;::::::::::::::::::::| | |       、         //   ヽ:::::`ヽ,
          |::::::::\∩:::::::::| l\         ` ー 、    l /    l/⌒ーー 、
          |::::::::::::::\∩:/  | ヽ、        ` ー - ,,,_ ノ i (⌒  ,ヽ
          |:::::::::::::::::| \:!`ー、  ,,=ヽ、      //   ヽ`ヽ,:::::ヽ_( ̄ ̄  ,)
          |::::::::::::::::::|  ヽ_;;ァ'~   .| ` ー 、   l /   /   `ヽi (_ ̄_   ノ
                             `ー-,,,___ ノ      (____ノ」
ロボ 「おはよう」
ハクメン 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ   ズェァ
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊909 は てゐ に処刑投票しました
伊U2 「あー、そう言えばクマがいないわ。」
伊890 「おはよう
29もぐもぐ」
てゐ 「おはよーウサよ」
伊398 「肉鍋ですわあああああああああああああああああああああああああああ」
伊909
           ,. ─..'.." ̄ ̄`"`ヽ
        □◇:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : `ヽ       ヾー 、
      △▽●□△:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\      \ ′
      ◇●□●□:: :: :: :: :: :: }:: :: :: :: :: :: ::}        (:)
      〟 □●▽:: :: :: ::/i:: :: :: } :: }:: :: :: :: :: ',   / / / /
    ,; ´〟´ ,□◇:: ::ハ:,'-、',:: :: :ハ:: ,'-、:: :: :: :.ヽ ////      おはよう>鎮守府
   ´   / ,/i {  }:: { |;;;;| ゙ヘノ レ|;;;;| !:: :: :: ヘ ゝ / / /
      レ' :: i ; i:: ::{ |;;;;|      |;;;;| !:: :: :: } __/ / /
     ,':: :: :.ヽヘ」:: ::{ ` ´ 、  _ , ` ´ノノ:: ::リ〃  ヽヲ
     〈::,ハ:: :: :: :: :: ::ゝ,, _ `´ `_ , -<;: :: :/ ゝ _ ノコ        まずは兎鍋かしらん
.      ` .人::从\::ヽ ゝ, , ̄、 人  `/// /_,,...-..-..、
      /:: :: /    /: : : : : (Y) : : : ヽ/// / i :: :: :: :: :.ヽ
   〟":: :: ::/    /i: : : : : く人ゝ: : :/ / / ♪∂′─ `",:: ::ヽ
  /:: :: ::/ {    マ│: : : : : : : : : :////∂‐-‐-‐ー-=、',:: ::ヽ
 |:: :: :/   \    \_: ;‐ ‐‐ ////∂ : : : : : : : : : : r´ツ:: :: ゝ
 ',:: :: ',     \     ノヮ  / / / /∂: : : : : : : : : : : :,'  ク ',:: ::i
  〉;: :: ヽ     ,∟  rソ ヽ♪ ///∂ : : : : : : : : : : :/ モ ヽ.: ::|
. "i:: ;; ;;リ介"'/  └ ^、   ノ/// `: : : : : : : : : : : ;ノ ベ   ヽ!
  ,' ;; ;;i {: : : |     ////  '': : : : : : : /.`⌒  ン
  i:: ;/ `、: :、    ////   '': : : : : : : : ノ  入ベ
  ノノ `了 {: : : 、////    '': : へノ`ー ヽ ン  \
 ´    了 {: : :ノ ノ ♪ノ_,,  '': : : ソ      ,, ' ヽ   ヽ」
伊29 「昨日萌え発言の有ったロボを吊るでち!
あれは人外でち!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
聖提督 は 伊U2 聖提督 に愛の矢を放ちました
ハクメン は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
伊10(人狼)
:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::| 適当に肉食ってぱーっとやるか!
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\」
伊29の独り言 「ロボ吊りに行くでち!」
伊10(人狼)
         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </   さすがに俺にぶっさしてくる酔狂なQPはいないでしょ
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\」
ロボの独り言 「そして自分は安定のボッチ枠か・・・・・・・問題ないな、ホモにされるよりは!!」
伊963の独り言 「増えたぁwww」
伊890の独り言 「とりあえずハクメンの列は殺す」
てゐ(人狼) 「お前もか…ウサ…>伊10」
ハクメン(人狼) 「まぁ、我も繋がるとは思えぬな」
伊29の独り言 「肉鍋? 知らないでち!」
伊773 は 伊963 伊773 に愛の矢を放ちました
てゐ(人狼) 「ぶっちゃけ、私は繋がると思ってないから、気ままにやるウサ
…即死にそうなのもあるけれどウサ」
伊890の独り言 「この役職ならラストスタンドも狙えそうね」
伊10(人狼)
     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : :|: : /|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /_ |: : :,/|: : /ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/´  |: :/ |:./ ̄`'V: |.: : : | V
  < : _: : : /.     |/  レ   }|:./ヽ: : :|  あ、好きにしてていいよ。どうせ俺嫌われてるっぽいし
  <:: |. 小{   ≡≡    ≡≡ レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ
        ヽ    ー==‐   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ」
伊773の独り言 「……どんどん増えていくね。」
伊29の独り言 「というわけで、刺したでちよ!」
伊U2の独り言 「ふふ、銃の腕前には自信あるからねー♪
やってやろうじゃないの!」
聖提督の独り言 「まあ運、この中で一番話せば分かりそうなのは……」
ロボの独り言 「通りで静かだと思った。」
伊29 は 伊29 伊773 に愛の矢を放ちました
伊29の独り言 「さくっと刺すでちかね」
伊909の独り言 「ですわ?」
ロボの独り言 「ああ、狼の遠吠え聞こえない狼なのねw」
伊909の独り言
          , -――――- 、 
         品           ヽ
       .川    人  .ト、     i    460ちゃんに刺せば29ちゃんとのイチャイチャが見れると聞いて
        i   ./  ヽ .!  ヽ    |
       /   / ●   リ ● ヽ   ヽ
       >レヽi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/レ<
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           __  ♪
    ∬     / i::::::i \
    旦 i三三三三三三三三三三三三i
.       ♪  ヽ i::::::i /
            ̄ ̄」
伊29の独り言 「さて、女神でち!」
伊773の独り言 「あ、ささった。」
伊460の独り言 「なぜか刺さったぞ」
伊963の独り言 「わぁおwwww」
聖提督の独り言 「……ヤバイ、この俺が最大のピンチだ」
伊U2の独り言 「たった一人の、即殺系暗殺者……か。」
伊398の独り言 「準備完了ですわね」
ロボの独り言 「まあ、なんか適当でいいだろうw」
伊10(人狼)
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
                /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
                /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
                |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
                |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
               < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
               <:: |. 小{   `゙''''''       ‐-\ \ \_
                厶ヘ ハ        、 r--‐-、 >、    `ヽ まあこうなるとは思った
                  \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
              _, r´:/ : :| ヽ   'ー―--   /\         `、
          _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \         /ヽ :`ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   ! ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/     |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ」
伊460の独り言 「このアイコン作ったやつ絶対酔ってたろ・・・」
伊773の独り言 「ん……なってみはたいいけど、誰にしようかな。」
ロボ は 伊909 伊963 に悪戯します
てゐ(人狼) 「まー、うん、よろしくウサ」
聖提督の独り言 「しかも人数的に自打ちじゃないか」
伊398 は 伊398 伊773 に愛の矢を放ちました
ハクメン(人狼) 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  ふむ、よろしく頼む
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊909 は 伊909 伊460 に愛の矢を放ちました
伊U2の独り言 「掃除屋……スイーパー。」
伊963の独り言 「よし、暗殺者系ゲット」
聖提督の独り言 「やりづらくねこれ?」
聖提督の独り言 「………」
出現役職:村人1 おしら様2 風神1 掃除屋1 静狼3 女神5 恋妖精1
ゲーム開始:2014/10/20 (Mon) 00:53:29
ロボ 「アオオオオーン」
伊890 「演習開始」
てゐ 「それは良心ウサか…?>伊909」
伊398 「伊773は危ないから伊10に近づいてはいけませんわ」
伊U2 「あと今更Uってドイツの潜水艦じゃないかと」
伊909 「喜べ少年、君の願いはようやくかなう・・・>29ちゃんと460ちゃんの矢被りみつつ」
伊890 「1」
伊10
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ .|:/  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{                   レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V  さすがに好きな女の子を調教するとかは俺の趣味じゃないんで>提督になればよかった
      \_!          '    !
        ヽ      ∠7   /
      ___,r| \      ´ヽ '´ ペッ
    /:/::::| \ ヽ `_   ィ ´ \
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、 ヾ)
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、」
伊890 「2」
伊773 「……攻略対象をクリアするってのは楽しいのは分かるよ。
それをどれだけ同時に出来るかってのは縛りプレイみたいな楽しさもあるよね。」
伊890 「3」
伊29 「それはひどいでち!>伊909」
伊U2 「変身後の格好は露出高いけど……
まぁそこまで徹底しなくても良いよね、お姉ちゃんならしそうだけど……」
伊890 「4」
伊890 「5」
てゐ 「よろしくウサよ>伊460」
伊909 「むちむち29ちゃんには460ちゃんをあてがいましょう(良心」
伊890 「提督は複数いるものでしょ?
演習とかあるし」
聖提督 「だって、さ?(ドヤァ」
伊10
   /: : /: : : : :|: : /|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ :
   |: : |: : : : : |: /_ |: : :,/|: : /ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/´  |: :/ |:./ ̄`'V: |.: : : | V
  < : _: : : /.     |/  レ   }|:./ヽ: : :|  女の子目線で話すけど、
  <:: |. 小{   -‐''"´     `''ー レ{: :.|ヽ:|  攻略できる男全員と何の禍根もなくイチャイチャできるハッピーエンド、って楽しくないか?>伊773
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ
        ヽ.    ー――    /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ」
伊460 「よろしくな!」
伊29 「29ちゃんむーちむち!」
伊460 が村の集会場にやってきました
伊29 「提督枠も、すでに聖提督に取られてるからね……」
聖提督 「うんなんというかそれは言ってやるな>伊U2」
伊909 「29ちゃんもいい肉付きですしね」
伊890 「投票よろしく」
伊398 「私が伊10になびくことはあり得ないから問題がないわね」
てゐ 「どっちもすごい格好だとは思うウサ>伊890、伊398」
ロボ 「そもそもハーレムって誰もかれも平等に接して、
なおかつお互いにいがみ合い発生させないようにしなくちゃいけないんだから、
そこまでやってのけるくらいの気概がないなら言わない方がいいと思うの」
伊U2
                    r::::::i'Viヽ
                    r i::::::i| |::i |              f'7''7ー‐..、
                    | :::::::|_|ム...-:――‐:.....     | V::::::::://}
              人(≫:"::.::.::.::.::.::.::.::__::.::.::.`:.:...   i|::::::::///
             r'二..::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.`::.::.::.::.:.ヽ| i|:::::::{//、
             |/::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.V rテ示ー―― 、
            /:..:..:..:..:.::.::i::.::.::.::.::.::.::.::i::.::.::.::.:.:.:.:..\:ハ(::::::::):)ー―.....V
               /::./::.::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.Vゝt彡:::::::::::::::::/
              .::.::.::.::.::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.ii::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/ヘー― V
           i::.::ii::.::.::i|::./ ::.::.::.::.::.::.::jハ::.:.i::.::i|::.::.::.::.::.:::::.::.::\___,,人
.          /|::.::i|::.::.::ij/\|:i::.::.::.::.::.:::; 斗云ミ:.:.::.::.::.::.::i::::::.::.::.:八::.::.::.:.   (ハーレム目指すなら提督の方にすればよかったんじゃないかなぁ……)
         ,..:.:i|::.::i|::.::.:;ァ=ミxjハ::.::.::./:::/___j/ハ::::|.::.::.::.::.::|::::::::.::.::.::.:.ヽ::.::.i
         /:.::.:::|::.::i|::.::.{{ r::芯 ::::::/ j/fj芹示ミ:V:.:.::.::ii::.:::::::::::.::.::.::.::.::.\|
      ..:.:.:.::.::.:::リ::.::i|::.::.ii v:::リ  V   r{:::::刈j/::.::.::.::_::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
     i:.:.:.::.:::/::.::.八:::人:::......       v:::ン.:::/::.::./ }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:...
     |::..::.::/::.::.::./ ハ::.、   ′    :::...厶イ::.::.イ_,ノ:j/::.::.::.::.::.::.\::.::.::.:.:.:.:
     |::.::.::.::.::.::./ /::.:::Vヘ   V:::::)     /:/.:i|:::::/::::.::.::.::i::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.:
     |::.::,::.::.::.   .::.::.:::::i::.::.:.:..  `¨    ...:z≦i::.::.::|:::::::::::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:.:
     |::.::i::.::./ /::.::.:::::.::.::.::/⌒≧=:::≦   /::|::.::.::|::::::::::i:::.::.:.八::.::.::.::.::.::.::.::.:
      j::.::.::.: /:::.::.::::/::.::./   У}::∧‐‐::::::::::::|::.::.::|ー―― 、::.\::.::.::.::.::.::.:
    /::.::.:./,.::.::.::.:::::::::::.::.::.:   j_/:::{O:';::::::::::::::j|::.::.::|´      v::.::.::.::.::.::.::.::.:
    .::.::.::.::'人:.::.::.::.V::.::.::.:.:  | j_i:/iV∧::::::/i|::.::.::|         '::.::.::.::.::.:::::.:.:」
伊29 「ともあれ、そろそろ時間ですね」
伊29 「もちろん伊10視点でね」
伊10
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ そもそも潜水艦ごっこができない奴が来る可能性を買ってに排除してた…
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、   俺としたことが…
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l」
伊29 「一応、伊って付けてるキャラは全員女の子っぽい感じがするね」
てゐ 「てゐ さんが登録情報を変更しました。」
伊909 「ハーレムエンド、それは桃源郷・・・もしくは都合のいい妄想ですわ」
てゐ 「知っているウサか?
ハーレムは掴み取るものウサよ>伊10」
伊773 「……ハーレムエンドとかってたまにあるけど
あれってよく意味が分からないんだよね。……伊藤くんは知ってるの?」
伊909 「ロボは♂ですし万一雌の可能性も会有りますから!」
伊890 「ちくしょうwww」
伊10
:::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l:
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/:
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/,"::::::::::"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    // ヾ\:::::::/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/:
//'., ' , ∨     /  u::::::::゜ミメ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ       ::::::::::::::::::::::::::::/::/i //:::/ /:/   /:
     ヘ     U      /´   ',///´:
                     '、
             ij       _ゝ:
、               _ _ / ´
;;',   /` 、        ´ , ̄′: 可愛い女の子が潜水艦ごっこしてるから俺ならこれですんなり溶け込めると思ってたんだ…(震え声)
;;;;', /     `` 、   , ":
;;;;;ヾi           `´:
;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;;;;∧ \」
聖提督 「あーうん、狼は色々セーフなんじゃない?>ロボ」
伊398 「破廉恥言われてますわねwwwwwNDK?NDK?」
ロボ 「そもそも俺いる時点でハーレム無理なんじゃ・・・・・」
てゐ 「まー、よろしくウサよ>聖提督、伊10」
伊963 「プギャーm9 >伊10」
ハクメン 「                     |ヽ
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     | |
                     /三
                    / | |
               ,,,;;- ̄"''''''-;;| |
          ,,,;;-'''"   <二ミ \
          /    / ___  \
         /    ,,,;;-'''"∧== \/イ__     流れに乗ることも考えたが、89でそこの破廉恥な格好の巫女と被るのでやめた
        /  //   ┌ | | ==\ |:::::::::/
       /  //     / | |/l||||||l / ̄ ゙̄i
      /  /        ̄!|||\| |┌-┐ 。/
      / /          ||| || | |  /!,,,/
     / /           |||__| | ||__/:::::|
     / /            |||\::| !,:::::::::::|
     | |               ||| |┘└─;;|
     ゙i               |||/"     |
     |             |||       !,
      '         .      |||      /゙i
                 /|||     /\  i
                  / |||∧__∧  ヽ/ヽ
                / ,,|||::::::::::::::::::::\   ゙i
                 //:::|||:::::::::─\:::::::"'''-,,゙i
               /:::::::::::|||:::::::/   !,::::::::::::::::::゙i,
              ,/::::::::::::::|||::::/    !,:::::::::::::::::::゙i,
              |::::::::::::::::|||/     !,::::::::::::::::::::゙i
              \::::::::::::|||      !,::::::::::::::::::::|
               三ミ -|||       \_,,,, /
              /::::/.  |||         ≦||i
              |::::|   |||          !:::|>
              |::::|\ .凵          |:::::\」
伊U2 「呂号に波号潜水艦。
これ使えばまだネタは増えるんじゃない?」
伊909 「ハーレム(鉄の塊)」
聖提督 「……たまにはバシクルもええんやで?>伊398」
伊398 「残念でしたね>伊10」
聖提督 「フハハハ!オリョクルなど貴様らの仕事にすぎん!
だが疲労見えたり中大破したらドックにゆっくり入れてくれる!>伊29」
伊10
.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ | :/. |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /   ハーレムになってない…だと…
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!」
伊U2 「伊号潜水艦にロ号潜水艦にハ号潜水艦だっけ?」
伊890 「そういえば深海棲艦ネタはやらないのかしら?」
伊29 「夏の夕暮れ>ハクメン」
伊909 「我が鎮守府はオリョクルオンリーとなります>提督
X-5?イベント?何それおいしいの?ですわ」
伊U2 「潜水艦だらけの艦隊って相性差凄そうね……」
ハクメン 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  バイド化はせぬようにな>聖提督
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
伊29 「呂B0でロボってやるくらいでちかね?」
伊10 が村の集会場にやってきました
聖提督 「…ところでこの鎮守府潜水艦(?)ばかりなんだがなんだこれは」
伊963 「一応伊号潜水艦が有名ですが、呂号とかあった記憶もありますからねぇ
そっち系の名前とかあれば面白いのですが」
伊909 「!!おおっと!!」
てゐ 「肉に言われたくはねーウサ>伊29」
伊29 「地味に聖提督が優しいでち!
でもやることはオリョクルでち……」
伊890 「隣の鍋を見たらそういうのもいたわね>U2>伊N09」
聖提督 「フハハハハ!着任してきたぞ!」
伊909 「68・・・はロバね・・・8930・・・ハクミン・・・ダメ
102・・・?」
伊773 「キミは伊号を名乗ってもいいし名乗らなくてもいい、って奴だよ」
てゐ 「よろしくウサよー」
伊U2 「伊U2 さんが登録情報を変更しました。」
聖提督 が村の集会場にやってきました
伊29 「兎鍋でちね!」
てゐ が村の集会場にやってきました
ロボ 「うん、なんかハクメンさんも来たし、このままでいい気がしてきた。」
伊909
           ,. ─..'.." ̄ ̄`"`ヽ
        □◇:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : `ヽ       ヾー 、
      △▽●□△:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\      \ ′
      ◇●□●□:: :: :: :: :: :: }:: :: :: :: :: :: ::}        (:)
      〟 □●▽:: :: :: ::/i:: :: :: } :: }:: :: :: :: :: ',   / / / /
    ,; ´〟´ ,□◇:: ::ハ:,'-、',:: :: :ハ:: ,'-、:: :: :: :.ヽ ////      深夜の謎のノリだから乗る必要は無いわ!>ロボ
   ´   / ,/i {  }:: { |;;;;| ゙ヘノ レ|;;;;| !:: :: :: ヘ ゝ / / /
      レ' :: i ; i:: ::{ |;;;;|      |;;;;| !:: :: :: } __/ / /
     ,':: :: :.ヽヘ」:: ::{ ` ´ 、  _ , ` ´ノノ:: ::リ〃  ヽヲ
     〈::,ハ:: :: :: :: :: ::ゝ,, _ `´ `_ , -<;: :: :/ ゝ _ ノコ        潜水艦何て私にもわからない
.      ` .人::从\::ヽ ゝ, , ̄、 人  `/// /_,,...-..-..、
      /:: :: /    /: : : : : (Y) : : : ヽ/// / i :: :: :: :: :.ヽ
   〟":: :: ::/    /i: : : : : く人ゝ: : :/ / / ♪∂′─ `",:: ::ヽ
  /:: :: ::/ {    マ│: : : : : : : : : :////∂‐-‐-‐ー-=、',:: ::ヽ
 |:: :: :/   \    \_: ;‐ ‐‐ ////∂ : : : : : : : : : : r´ツ:: :: ゝ
 ',:: :: ',     \     ノヮ  / / / /∂: : : : : : : : : : : :,'  ク ',:: ::i
  〉;: :: ヽ     ,∟  rソ ヽ♪ ///∂ : : : : : : : : : : :/ モ ヽ.: ::|
. "i:: ;; ;;リ介"'/  └ ^、   ノ/// `: : : : : : : : : : : ;ノ ベ   ヽ!
  ,' ;; ;;i {: : : |     ////  '': : : : : : : /.`⌒  ン
  i:: ;/ `、: :、    ////   '': : : : : : : : ノ  入ベ
  ノノ `了 {: : : 、////    '': : へノ`ー ヽ ン  \
 ´    了 {: : :ノ ノ ♪ノ_,,  '': : : ソ      ,, ' ヽ   ヽ
ハクメン 「       __|\
        >  N
       /〃 .:y´\
       フ  ,リ《\._ノ  邪魔をす……ズェァ!?
      イ ,,く゚ ,ヾ.Vメ_゚〉
======[○=○D
      リ´ 〈、,,└┘,,〉
         し ´⌒`J」
ロボ 「そうなのか・・・・・>潜水艦」
伊U2 「伊N09がOKならこれもOKよね?」
伊398 「(誰一人として潜水艦じゃない件について)」
伊963 「気にしなくて大丈夫かと >ロボさん」
ロボ 「あ~、そういうのでもいいんですね。じゃあちょっと変えて来ようか」
伊890 「流れに逆らうのもいいんじゃない?>ロボ」
伊29 「それっぽくしてもいいし、気にせず自分の道を貫いてもいいでち!」
ハクメン が村の集会場にやってきました
伊U2 が村の集会場にやってきました
伊398 「なるほど」
伊29 「くるみ、でちね」
ロボ 「アレ、名前そろえなきゃダメ? どうしよう、潜水艦わからない;」
伊29 「狼鍋でち!」
伊398 「963の元ネタがわかりませんわ」
伊909 「ロボ!狼王ロボ!」
伊773 「こんばんは、えっと、名前はこれでよかったっけ?」
伊909 「001さんはダメだわ・・・北上さんのせい分に飢えている」
ロボ が村の集会場にやってきました
伊963 「さて、AAの準備でもいたしましょうか。」
伊29 「よろしくでち!」
伊890 「東方と艦これを混ぜるなら
空母ム級とか伊⑨とか?」
伊29 「誤字なのに間違ってない感じがするでち……」
伊773 が村の集会場にやってきました
伊29 「肉食系男子、大井でち!」
伊963 が村の集会場にやってきました
伊398 「退路など最初から断てば良いのです」
伊909 「ふふふ・・・私達三人で退路はふさいで置いたわ
これで博麗の巫女のただの潜水艦ね」
伊890 「開始前の鍋を見て語呂合わせと水着アイコンならいけると思ったけど
流れに乗られると退路がなくなるというか」
伊909 「でち!」
伊398 「今回の初日は肉鍋で決まりね」
伊29 「よろしくでち!」
伊909 「     ,,.. -- .、
    品     `,
    i  ノ' 'ヽ .)  自分の信じり道を行くのよ
    >ルi ゚ ヮ゚ノノ.)
    / i./ ,介、l,〉つ
    i/(ン'´---`ヽ
     ^^.i_ソi_ソ^^」
伊398 「乗るしかないわね、このビッグウェーブに」
伊29 が村の集会場にやってきました
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 伊398
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1995 (咲夜(水着))」
伊890 「このままやれってこと?>909」
「何だ・・・このビッグウェーブは・・・」
伊909
          , -――――- 、 
         品           ヽ
       .川    人  .ト、     i    つまりこういう事よね
        i   ./  ヽ .!  ヽ    |
       /   / ●   リ ● ヽ   ヽ
       >レヽi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/レ<
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           __  ♪
    ∬     / i::::::i \
    旦 i三三三三三三三三三三三三i
.       ♪  ヽ i::::::i /
            ̄ ̄」
伊909 が村の集会場にやってきました
「(選択が既に滑ってるなんて言えないな・・・)」
「考え中」
仮 が村の集会場にやってきました
伊890 「(ネタがすべったら普通の博麗に戻るつもり」
伊890 「0:50開始予定よ」
伊890 が村の集会場にやってきました
村作成:2014/10/20 (Mon) 00:28:50