←戻る
【紅番外】やる夫たちの恋色決闘村 [4885番地]
~撃って撃たれて噛まれて暗殺されて~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon フランドール
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[掃除屋]
[恋人]
[共鳴者]
[オシラ遊び]
(生存中)
icon トビ
 (えんだか)
[門番]
(死亡)
icon ナズーリン
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[静狼]
(生存中)
icon クマ鍋
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ジルニトラ
 (ill◆
QKPoD/ZI7E)
[おしら様]
(死亡)
icon レミリア
 (道路元標◆
qFi/JlgvP6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon コックリさん
 (影なし◆
KageStu09k)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 大妖精
 (@I◆
A5RXZ.QSk.)
[風神]
(死亡)
icon 狗神
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon レモンティー
 (九六丸◆
QWQ960/HcM)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon チルノ
 (れーちゃん◆
V.RrOCOnM2)
[静狼]
(生存中)
icon 市松こひな
 (lion◆
Lion/lb/II)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ハーレクイン
 (カラス◆
kOk67gZbD6)
[静狼]
(死亡)
コックリさん 「狗神もこひなもお疲れ様だ
…さあ、俺も落ちるか
村建て&同村ありがとう、また今度会おうな」
コックリさん 「朝は朝でしっかり作るからな!?>こひな
お、おう>狗神」
狗神 「はい、ふとんに入らず枕の隣でずっと付き添っております我が君
それでは私も我が君のお供をせねばなりませんので
これにて失礼いたします……皆様お疲れ様でした」
市松こひな
                   ______
               _ -‐          ヽ
           ,  ´        /     \
          /  /        l     /  ヽ
            / __ /    ______、___/      `
        〈/ r' , -‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-..    .
           7::::::::::::!::::::::::l::::::::::::::!:::::::::::::::::::::\ _ j
           /::::::::|:__|!___j -‐‐┴‐┐:::::::::::::::::::::ヽ
           !_i:::::::!  __    r‐- 、 l:::::::::::::::::::::::::::i        市松も電源をオフにしてスリープモードに入りませう
              |::::::|  |::_i    fニ   V::::::::::/ヽ:::::::::::}
              |:::::::ヽ l:__!   ` ‐、  i:::::/ /::::::/
             └--〈    o   l  l_´ -‐' -‐'゙          人形はエネルギーの無駄は致しません
               ` ー- --t‐rl   ! ヽ、
                  /  V/!  |、  }
                , イ  i    |  ヽV l             コックリさん、起きたら目覚めのかぷめん一杯お願いするのです
          /  ̄ ̄` ー-、/    、_/ノ l
    _____ /           \          !_____    
, -‐'゙    r/-‐'゙ ー-        \        |        ‐-、__  狗神さんは布団に入ってこないでください
  _   -‐'゙         \     \      |      // } ヽ
 ̄                \     \   l     / / /    それではお疲れ様なのです」
狗神 「狐殿には関係のない事です(ぷいっ)」
市松こひな 「狗神さんには何を言ってもだめだめです」
コックリさん 「おい、狗神、あまりこひなにちょっかいを出すなよ?」
狗神 「では我が君の匂いを嗅ぐだけにとどめておきましょう(はぁはぁ)」
市松こひな 「市松は舐められたくはないのです」
狗神 「大丈夫です、私は我が君舐めるだけでも幸せですので>我が君」
市松こひな 「市松は人形なので、食べ物ではないのです>狗神さん」
コックリさん 「公認だったのか…はっ!?
(また知らないことを言ってしまった…!?)」
狗神 「狗神はこひな様」
市松こひな 「はいなのです>作者公認の略称
それを聞いた時は目が落っこち……目からうろこが落ちたのです」
市松こひな 「市松はかぷめん」
市松こひな
       , ..::::¨ ̄ ̄:::ヽ、
       '::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::!::::::|::::|l:::::::::::::丶
   , -;::::::::::::i┴‐┴'┴―!:::::::::!
    、 !::::::::::::! 「:!    「:! !::::/
     \‐--┘l'」  _ ヒj jィ´          >狗神さん
      \ { ` y‐z-<
        ヽ _ハィ介'゙{ ヽ、
          l:::::::::::::!  >          素晴らしきかな文明の利器……
          !:::::::::::::!-< \
            l:::::::::::::::ヽ \ \__
          ;:::::::::::::::::::::\`ー‐'       都合の悪いことを忘れる悪い大人の誤魔化しもこれでは通用しますまい
           /::::::::::::::::、:::::::::\
       ∠ -、::::::::::::i, ‐r-- '
          | r‐‐'゙ ! i
           ! l   i l
         i___l   |__|
          {_}   {_}
         〈__ノ   、__〉」
コックリさん 「カップ麺はまた明日な
帰ったら、栄養たっぷりの食事作っておくからな!>こひな」
狗神 「作者殿公認の略称にございますよ>狐殿」
コックリさん 「なんか嫌な略称だな…>ggrks」
狗神 「はっはっはっ、何の事だか記憶にございませぬ我が君>我が君」
コックリさん 「レミリアとフランドールもお疲れ様だ」
市松こひな 「あと3かぷめんでお腹いっぱいなのです」
市松こひな
                       ___
                ...:::::::::::::::::::::::::::`丶
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
               :::::::::::::|::::|::::|::::::::::::: |::::|:::::::::::::
            ::::::::::::├┴┴──┴┤::::|:::::|
             |:::::|::: │ 「::l     「::l |::::::|:::l」
             L:∧::: | ヒ)l     ヒ)l レr广    >狗神さん
   ┌────┐c、 ̄`ー:、     ‐   '‐′
   │       |{ノ(ハ.    ≧=y‐‐ァ≦        しかしそれは演技だと以前のggrks(繰繰れ!コックリさん)で暴露されていたのです
   │   n     | \,___ ̄「| 《レト》 /゙ヽ
   │  (て    |      └‐1|」」∨  ∧       
   │         L      |  7二7 |
   └=- __    |#≧=‐- (こ^二.ノ  │
        ¬=- _|##L三ニ==┘   \_ │
            ̄             )`〉
                        イ仁入_
                 __.  <|  l |ー'ー'’
フランドール 「ボクも落ちよう
お疲れ様でした」
コックリさん 「…そういや、こひな、お腹いっぱいになったか?」
レミリア 「          ____  ,...ィ
          |::}ヽ:\/:/∧
          |:::| |:::::::\:::::>-――-- ...._
         r、__}:::| |:::::,  ´              `丶、
        |::{ {\_l/                  \
        }:::} }:::::{  ___                  ヽ
        /ィ- 、―-{ ̄ヽ`ヽ / ̄ヽ ̄`ヽ          ',
         \⌒ヽ  /{   }/⌒〉 ,.ィミ,イ´ ̄`ヽ   }
         〉 イ:` 7: :/:\_/:/: : :{/__{、   /-―'-、    ま、その一長一短まで楽しむのも決闘なんだけどね
           /  |: :/: /-|:-ミ{、:|: : : /: ム斗:l:|:\,/   /⌒ヽ
          ̄|: :|: :{: :{て≧、{: :./ }/__}/,:|: : :||:\_」 、_ノ    というわけでまた次の夜に新しい恋遊びといきましょうか…
             八: {:八: {弋iツ 乂{ ´てi:ル'アl : /:|: |: :|  〉
      _,.ィ    \}: l\〉   '    `¨´}': }イ : |: |: :|¨´    そこの私達とは違う次元の妖達にも、平穏な夜のあらん事を
    /´ イ_.   /:∧ |: :込、 ` ‐    ィ:| : : |: : !: !: :!
      / r-r ´  {:/ }:{: : : |: :>,.-=≦ ':.| : : |: :ノ: |: 八  おやすみなさい、それじゃ…フラン、館に帰るわよ
   / '/⌒ー;ァ / r'-从: :{´  ヽ     { ,: :./}ィ}: :}/
   /   r⌒ヽ、   / 匸乂、    \- / 、{:イ ||匸}ヽ
   {   /イ `´  ,{   匸乂、   /}ィハ} \ ,||匸} ヽ、
   {  イ   _/     匸乂、/ /::Y::、 ∨!乂     `ヽ、
.       {  {          / {_イ /::::/::::::\ Y_ノ       }
   :  ∨´:ヽ      {:.   /::::{⌒ヽ::::_〉|{       /_,.ィ7
.    l   ∨::::{=ミ 、   ,」ヽ.  {_/      }L_   _,...イ乂ィ::」
    {    ∨_/  }ヾ イ_ ∨      /   :∧/:::::::7 }  \_ノ:::7
    ,    ヽ ー'}__〉::::::::::∨   /  '    / ヽ:::::/__|_ノ__ T
     、    } /、_ノ:::::::::::::{ /   __   、 }:::〉  /´  ,'」
狗神 「クゥンクゥン>我が君」
市松こひな
                  /                        丶
              /    ′   /  /  /                ヽ
.             /    /    仁⌒ /
            /         /-‐-ミメ  〈/  /
             ⌒y′i圦  | : : : : : :    ^⌒y′     八     |         >狗神さん
             \| k\|人辷⌒       __   /  /      |
               人_                 -=ミ   〈/       ||
                   小           . : : : : )\/       八         ――――――………
                   八     - 、′  V辷^  人    /V
              ‐‐-ミ_人                 __彡'     / 八
.         ´       人  \\         フ=-      /⌒ヽ
..        ^ニ=‐ ミ     \   Y ァ=‐--  ≦ニ=- ミ   /八/
     /  /     ヽ      ¨アTT               `Y(
.    (   /        v|  {ニニ7ハ 八
     \/        ハ|   /(__j ∧
    ン       |ソ   / | /
    〃         |  / /|i /   |
フランドール 「狼が鉄板向きだと思うけど狼の用途の多さがうーん
鉄板相手が村陣営(だいたい暗殺系)じゃなければ
だいたい会話できるとはいえ」
狗神 「我が君以外は全て嫌いにございます
この世に生まれ出でてより好きという感情を向けられた事が無い故に……
もしかしたら……我が君から好きという感情をお教えいただければ……
この世界も輝いて見えるのでございましょうか……?(チラッ)」
コックリさん 「こひなから来るのは…嬉しいけれどな」
コックリさん 「…こひなから来てどうするか悩んだんだよ>狗神
打ち返すのも…なんだかな」
市松こひな 「狗神さんのコックリさん嫌いは凄まじいのです」
ナズーリン 「ともあれ、村立て同村、お疲れ様だったね」
コックリさん 「お疲れ様だ>ジルニトラ
…希望しても…いいんだぞ?」
フランドール 「暗殺が恋人向き:恋人会話がバレるバレない
狼が恋人向き:希望一致で同陣営になったときに会話できるかどうか

どっちにもメリットあるんだよなぁ」
狗神 「我が君ならばいざ知らず
狐殿から矢が来るとか……はぁぁぁぁ(深い溜息)」
レミリア 「そこら辺の読み合いも難しいのよねえ…」
ジルニトラ 「          __  _     l!
      l!  ,ィ≦´: : : :〃´: : :`丶 ,'|!   ,ィ
    r、 ,'| /: : : :V: : : :': : : : : ヽ: :.V i!  //
    j X: : : : : : ∧ヘ: : : : : : : : : ∨, レ'  ,
   〃/: : : : : : : :l‐Y |: : : : : : l: : : :X |   ,
  / /::/: : : : |: |!|,个、i!: : i!: : :!: : : : :゚。|  ,'
  ' .//::!: : : : :j:/!j{Φ}}:!: i!:i!: : jl:: : :: :: !!  ,'
  〃|:i!: : : ::|'从:|. Y リV斗从j:ニ: : : : レ7
  |! j:ノ!:: :: ::KfF芯  '弋叮屮: : : : :}ニニニ====ァ
  r≦从: :: :: ! ゝ''┘,    ー¨'〃: : |: :リニニニ彡'´
   /://介:: :八、   _  彡':: ::/リ: }!: :}!:ハ:   それじゃおつかれ
  〃/// .|:、/小、> ´__ <ノ:,イ:/:ノ|:i!!::|}:!ハ:、  村立て同村感謝
 // {{  Ⅵ从!弋ニマ|  ,.../ノ、=、〃 リ |リ l!ハ:}   風の女神なのに風神も女神も引かない不具合
 |!   i!  /´  //{´`}7= ヽゝ_ソ `丶、レノノ |:!  
 i!  ゝ ,'  .ノ ィ=ァゝ=' `ヽソ      ゚。   リ
 '   ,ィヨ、_/〃´¨レ´∨、    、    |   '
    //´//{: : : : : : :,: : : ヽ   .,rfV^trv'^、
   レレ´レV|:、: : :i!: ::i: :: : : :.、ノ !| }l ! } }!
     /!: : :!:: ヽ:}!: : :、...:::::. :| ∧/∨、ハリ
    ,: :i: : :{: :: :: :: :: : ゝ::::ノ}レ':: |: :: : : ::|
     .: : : ::∧:: : : :: : : 、_: : :fjヘ: :!:: : :: :/|
    ,: ::>イ: :ゝ: : :: : :: : :: : リ-、ゝ: : : : : :!. 、....___
   fv^V:::::ゝフ: : : :<¨)ー==彡'} |: : : : : :|: : 丶、 `ー‐-...._
   レV7:i::::r=': : : : : : ゝ'::::::::::r'::t}V^VY^Ⅵ: : : : ヽ、   `ヽ.
  ,'レ^/:i!::/: :: : : : : :: : :`ヽ:::::!、::::V| 〉、/〉!:: :: :: : : ::\   ゚ 。
  KV::::i!:,: : : : : : : :: : : : ::}:::::|;;\::|∧V Ⅵ \: : : : : : ::ヽ   ゚。
  |/ ,::/:,: : : : : : : : : : : : : |:::::!;;;;;;;ヽヽ. YV|  丶: :: :: : :: :゚。   }!
  (ニ7:/::;: : :: :: :: ∧: :: : :: ::i!:::i;;;;;;;;;;;;} V__j!   丶: :: : :: : :}!  リ
  V7:,;l::i: : : : : : :} {: : : : : : }:::;;;;;;;;;;;;|ゝニニソ!    ゚。: : : : h:l   ノ
  V/;!:i!: : : :: ,イ´  ` ヽ: :: :l::::{;;;;;;;/`ヽ( 0 }、    Vリ: : ||:j 」
市松こひな 「>狗神さん
狗神さんRPをするには形がコロコロ変わるのがいいのですが、AAが無くて難しいのです」
コックリさん 「あんまりあの姿にはなりたくないんだがな…>こひな
こう…なんだ…うん」
狗神 「我が君のAAさえあればそれだけで幸せにございます」
市松こひな 「狗神さんは5歳なのです。コックリさんが反応しないのは防衛反応なのか耳が遠くなったのかどちらでせう……」
トビ

        _,,.. --- 、
       /::.::.::.::.::.::.::.::.::..  、
        l::.:/>ー 、::.::.::.::.::.::.. \
       l::;/ /二 \::.::.::.::.::.::.::.\
      //|{ /-― 、 ヽ\::.::.::.::.::.::.::.ヽ
      |:| |ヽ(;;;)`ヽヽ  ト、::.::.::.::.::.::.::|        それじゃ、お疲れ様&村建て感謝。
       |:| |二ノ} | || | |ヘ::.::.::.::.::.::|
       |:| ヘ__,ノ / / / , /.:|.::.::.::.::.::〈        オレオは犠牲になったのだ。
       |:l   ヽ// 厶イ::.::/.::.::.::.::.::ノー 、
      l::.、  >.::'´::.::.::.::/.::.::.::.:/.::.::.::.::\
      ヽ::.ヽ〈::.::.::.::.::.::.::/::.::.::/.::.::.::.::.::.::.::.::\
       \::.\::.::.::.::.:/:.::./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
         ヽ::.:ヽーイ::/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.',
        /::.::.::.::ヽ/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
          /::.::.::.::.::.E}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
       /::.::.::.::.::.::.{ヨ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
       .′::.::.::.::.::.{ヨ '⌒ ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
      , ::.::.::,,==タ{ 卩 }}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
       l ::.::.〃 _ {ヨト=='' 〃::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
     l ::.::r{{__'ノ 〃    }}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
     l ::.::.::》   {ヨ    ノイ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
.    l ::.::.::{{    >、、 fr'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l
     lイ::.::.::ゞ、_/::.::.\《::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
   /::.::.::.:_,-‐'::.::.::.::.::.::.:\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l」
フランドール 「かといって自撃ち人数でQP-QPになるのもアレだけどね>お姉さま」
狗神 「我が君に需要があるのでしたらいつでもあの姿に>こひな様」
レモンティー 「ともあれ落ちるの構えのことでます。
同村、村立て感謝ーのー。」
レミリア 「      ,..:,.ィ ̄:ヽ  ,..  ´  ̄ ̄ `  ー-- 、
      {//:::::::::: | /      _ __,.--ィ^}__>-、
      \:::::::::::}' __,..- 、 ´_}/: : ̄: :-- 、/ ,イ
       _,.`-rイノ/⌒\__/,. . ': : /: : : : ,: :ヽ:\}__,
    ..:::´::::::::::::/__r {/: : :/: :/: : /-_,...イ: : : |: |: .´     どうやら最近は赤帯恋人鉄板も簡単に狙えそうに無いみたいね
   /:::::::::::::::::://⌒/: : :/:/:/: :./イ__  }: : /:|: |: ::.
   イ}==== / {_/: : :/:':{/: {: : { 赱jオ/: ,イ: :.}:∧: }   というか生存してるの綺麗に東方面子だけだし…
     ` ̄´ /_イ: : :./{: /|: :从:.|   /´ ヽ: :/': :,}:/
             /: : /: j/:.:|: : :.Ⅳ   _  イ: :} ∨ '
          {: :,イ:/{: /从:/、> 、_..イ:j: : }
        /´ / /i/   /  `> 、 /:イ
              ,..'/____,..イ    ヽ
            /  {    ,      ',
           _,.」   |     {         ,
         {       :.    |         ヽ
        ∧      ,   {         __,}
        /{::::\____,.}    {_  /:::::`Y}:::∧
        {/、`ー'乂'  ヽ   {匸乂__ノ ∨ }
            ヽ    ヽ  {-::/ ̄::`ヽ{__ノ¨´∨
             \  ∨}__/:::::::}:::::::}八    ヽ
             ヽ{::::/::::::::::::/:::::イ  \    ',
                /::::{::::::::::::/:/       ヽ    ,」
トビ 「小6で人狼とは…ぴゅあだな>狗神」
市松こひな 「狗神さんのAAも女verどころか人AA無いですけどね」
狗神 「ハーレクインリアル17歳(以下)なのでございますか……
震えが止まりませぬ……」
コックリさん 「落ちる人はみんなお疲れ様だぞ
…ナズーリン…お、おう…これは…やられるな>の鼠たちの餌になってもらったよ」
市松こひな 「じめ子さんや山本君もあるので良い傾向なのです>コックリさん、狗神さん
コックリさん(人)のAAは女体化の方が先だったのです」
狗神 「二つも出来ているのが納得いきませぬ>我が君」
レミリア 「   ト     ,.イ::|
   |::\  //:::::{         _  --- 、_
   |:::||`\}、::::::::|       ,  ´          、_
   |:::||::::::::\:::::::::. / ´ ̄/         ,..  ´ /{ 、
   |:::||::::::::::::::\:::/           / /  /  ヽヽ
   |:::||:r-=、_ ̄ ̄` | ̄ ̄  \__,イ=_/   '     |/
   |:::||:::.    \   {       , |  \     |     / ̄ ̄>、
    マム::::,    {   \   /__|_,---、___/---、 /   , ´  |    そろそろ狼希望の「安定」というのも考え直した方が
    |::}}::::〉,  / \__//: : : ://: :/:/|: /: : :|: : |: :\_/  /    いいのかもしれないわね…>フラン
    |_||::/__〉´  . ': :.,: : :|: :|: : : | |-/-、 j/: : : :|: : |: : :|: : :\<
      \_/: :, : |: : :|: :|: : : | }'_|/ / |: : :/|:-,'、:.:.:|: :、: :、\}
        ,.':/: /: :.:|: : :|:八 : : {てi::示ミ {: :/ }/イ|: : |: :.|}: :|- '
        /:/: /: : : |: : :|:、{: 、: :|弋zソ  ∨ イ示;.|: :/: / |:/
          {/|: :|: : : :.|: : :|: ,: : \i      , 弋ソ/:|:/:|}'r、/
         '八: ! 、: : {、 : |: ∨: : :}、   ,.,   人/ : |とニ 、
            \ \:| \}、:.}: : : | `      イ: :{: : /{、r-- :.
              r-、 ∨>:.|、  `¨l、:_:/|: :j: :/ { r'ニ ヽ!
             r//|`Y', / `> 、`ヽl |:/--、 |   ' ∧
             |/ ∧⌒}:.      // r=ミ ヽ__l∧_ イ` /
              _/,:    |_\    /∧:{{:::::} |乂\_Y_,イ
        ,ィ、/´     匸_,.∧   //  |乂ノ!、 }__」 }:::::::|-ァ_
        {:{ /}      |{_ \//  j:::::::::::{\}_)/`¨¨\__}
        |:∨::::,        }' |  /'   /:::::::::::::\l∨{_/_^∨
        /:Y-::/      /.  \_{   /:::::|:::,.-\:::\イ{    :.」
レモンティー 「ほむん。なるほど。>レミリア
いやまあ、そっこうで刺さったからワタクシこう邪念が出ただけでもあるのでうんw」
フランドール 「次は赤帯狙う?>お姉さま
ボクはこの狼面子を見て諦めた」
狗神 「実際以下は通じませぬ>トビ殿
いや、12年でしたか
600話くらいしていたような?」
大妖精 「待ってよチルノちゃん! あ、でもまだ一回休みから戻ってこれてませんでした……
自動追尾でチルノちゃんのところに復活するぞー! おー!

というわけでお疲れ様でした!」
コックリさん 「…もうそのAAあるのか…(白目>こひな」
市松こひな 「>狗神さん
ここが良いのです
ttp://seesaawiki.jp/asciiart/d/%B7%AB%B7%AB%A4%EC%A1%AA%A5%B3%A5%C3%A5%AF%A5%EA%A4%B5%A4%F3」
トビ 「NARUTOが連載したの俺の生まれる前ってのはさすがに通じんか。」
レミリア 「この鯖だと決闘は連鎖拡大よりも鉄板愛好派の方が多い…と思うわ>レモンティー」
コックリさん 「まとめとしてはこうだな
狗神ーコックリさん
 \  |
  市松こひな
クマ鍋ーレモンティー
フランドールーレミリア」
狗神 「それは無理にございます我が君ぃぃぃぃ(血涙)>我が君
そしてAAできるの早過ぎるでしょうそれぇ!」
狗神 「えっ、若っ!?>ハーレクイン殿」
レモンティー 「よく考えたら連鎖増やすためにQP希望しとけばよかった(こなみ」
市松こひな 「二人を見てからPC立ち上げて入村余裕なのです」
レミリア 「実はすわちょむさんとレミフラ鉄板で生存勝利するのはこれが初めてだったりする」
クマ鍋 「んじゃ、お疲れクマ」
市松こひな

           |: : : : : } : y'゙:::::::::::::::::::\   /: : : : ヽ
           l: : : : : :トZ:::f=、┴--y::::::.  /: : : : : : : : i
            l: : : : : :l:.!::::j []  [] /::::::::::V: : : : : : : l: : l
           l: : : :/ >T ,  イ::::/)::::/: : : : : : : :j :ノ
            、/ /  ! 0   ¨ fイ/: : : : : : : : f´
              / 〃  f ト--‐=ニ7/./: : : : : : : : :/
           / 〃 __of-‐‐  イ// : : : : : : : : /
             / ∥ {l_, 介、l}    //ハ: : : : : :: : /
         イ   !l   ∥ !|   / /: : i: : : : : : :/
           { 、__,!l-ヘ∥ || ./ /: : : :!: : : : /
          i、__, -‐ヘ==' /: : : : : : : : //                    またおじさんに变化してもらいませう……>狗神さん
          l : : : : : : :  ̄ ̄__ノ: : : : : : ://
      __  l : : : : : : : : : : : : : : : : : : /            .. -‐-
     /   `┴- : : : : : : 、: : : : : : : /           /:::::::::::::::::::::::\
    i    /     ‐-: : :\: : : : /              テ┴--</::::::::::::ヽ
     〉、     l     \ : : : -〈            ∠__/./〉  \/:::::::::.
     !      ヽ       Y: : : : :ヽ          f: :r' 〈/  /¨7>:::::::::::::l
     l        i     l :ヽ:\: : .、         ヘ: ト、 ‐  〈_ イ^ヽ::::::::::l
     、 ,     , ; l     l: : :i: : : : : :i          Y,,\ ___/: :/ノ__ハ!
     ヽ'   ; , ; .l     l: : : : : : : :/            |ll __/_  ll: /
   , -‐ヘ ; ' ; ' .!      /: : : : : : :/           |ll `介' ∥/
  /: : : : : ヘ ; '; '; ; l   /: : : : : : :/           `¨´ヘ-‐'゙:\」
チルノ 「それじゃ、お疲れ様だー!
村たてかんしゃ、こいびとは勝利おめでとうよ!

今回はレミリアの中身がそっちだったかー、というかんそーさ!
じゃ、またどこかであおーぜ!」
フランドール 「狼3なら赤帯狙えると思ったら掃除屋と女神って・・・
もう赤帯狙いやめようかな?」
トビ 「トビが出てきたのちょうど俺が生まれてきた頃だから思い入れある(大嘘」
狗神 「我が君入村を見てからQP希望余裕でございました」
コックリさん 「こう、ナズーリンとつなげるか悩んだが、狗神が恋人じゃねえ時は俺とこひながやられると思ったからな…」
ハーレクイン 「そんじゃあお疲れさんっすよ
鼠のチュウチュウ尻尾にかけて」
チルノ 「んじゃこんどからそーする! >クマ」
狗神 「年齢がばれますね>ハーレクイン殿」
ナズーリン 「それから、こひなには私の鼠たちの餌になってもらったよ
これでまぁ多少は餌の節約にもなってくれたということだね。
助かるということで感謝しておこうか。」
ハーレクイン 「からくりサーカスって連載されてたの結構昔なんすねえ
オレっちが生まれる前なんだ連載始まったの」
大妖精 「うん、私も愛してる!」
チルノ 「勝ちを狙いにいける感じはあったけど
何よりも大ちゃんあいしてる」
レミリア 「見事。>こひな達一同」
トビ 「大した自己犠牲だ…>大妖精」
クマ鍋 「QP希望すればいいんじゃないか?>チルノ
希望なしや狼希望に女神回るくらいだし」
ジルニトラ 「どー考えても繋がってる、ならば狙うしかない>狗神」
狗神 「我がハウスは貴女様にございます(くぅんくぅんすりすり)>こひな様」
大妖精 「QP希望? 暗殺好きなのでするわけ無いじゃないですか」
レミリア 「狗神 [女神] (コルクマリー◇gBUKEBS0Ok) は 狗神 市松こひな に愛の矢を放ちました
市松こひな [女神鳴恋] (lion◇Lion/lb/II) は コックリさん 市松こひな に愛の矢を放ちました
コックリさん [女神鳴恋] (影なし◇KageStu09k) は コックリさん 狗神 に愛の矢を放ちました」
コックリさん 「チルノ…お前…」
レモンティー 「狼に一人として裏切りのないこの義理堅さ。」
狗神 「狗神→我が君→狐殿→私
とはまさかの三角関係にございます」
チルノ 「というわけで大ちゃんだいすきあいしてる」
市松こひな 「狗神さん、ステイ。
ハウス、ハウス」
チルノ 「げーっはっはっは
QPをひけなかったあたいのうんめいりょくはいつもどおりだ」
ナズーリン 「そりゃあこひなに決まってるじゃないか
それとも、君の目はそんなことすらも見えない位にポンコツなのかな?>狗神」
狗神 「我が君におしらを付けたのはお前かああああああああ!!>ジルニトラ殿」
大妖精 「私はチルノちゃんに食べられちゃったからつまり今の私はチルノちゃんと一体化!
故に大チル同陣営と言っても過言じゃないんです! >トビ」
レミリア 「鉄板しかいないのはいつもの事」
市松こひな 「市松的にはかぷめんをいつもより多く貰えたのでOKなのです」
ハーレクイン 「お疲れさまっす
ええ、そりゃあもうロックンローラーのギターにかけて」
狗神 「鼠殿貴様誰に投票してるんですか、ああ!?」
クマ鍋 「チルノ は 大妖精 に狙いをつけました
◇チルノ 「大ちゃんが死んだ!この人でなし!!」
◇チルノ 「許さん!絶対に許さんぞ大ちゃんを殺したやつめ!!」」
チルノ 「でも大ちゃんはあたいの手で噛まないといけなかったねん」
トビ 「お疲れだ。」
ナズーリン 「お疲れ様だ
結局、どちらを噛んでもという形だったか」
フランドール 「ファッキンナズーリン!」
コックリさん 「というわけでお疲れ様」
トビ 「大チル別陣営は別に犠牲じゃない>大妖精」
市松こひな 「お疲れ様なのです。」
レミリア 「お疲れ様」
大妖精 「お疲れ様でしたー」
ジルニトラ 「お疲れ様」
チルノ 「飽和じゃないかー!!」
レモンティー 「お疲れ。」
狗神 「お疲れ様です我が君ぃ!!」
フランドール 「お疲れ様」
クマ鍋 「乙」
コックリさん 「栄養とらねえとダメなんだよ!」
ゲーム終了:2014/11/21 (Fri) 00:36:57
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジルニトラさんの遺言                            |.、ト    -‐           、 ト    .ィ/
                           | .|:.。/             ヾ| i   / /
                           l. / /               、iレ  /
                          ,'       ハv   :. .      ∨ /
                            / /  { !  ;' ^"ヘ  i ! i      /
                             / ;' /  i  { 《゚》} j ! i   }  } /
                        ,'     Vル`x   ノ v リ>-‐   | V_ _                     ⌒ ミ
                      r 二 て{ { {  fテz≧   ィチ示卞V  ! 厂-‐   ¨ フ             / γ⌒ヽ ヽ
                          /乂vヘ  从 匕ツ   匕:ツ ノ/ リ jニニニー
                        /  /{  ヘ ゝ ゝ、   、    //   ハ                  ⌒ミ i     } |    原作で風の女神だから、どうせなら風神を引きたかった
                        /{ / v /{v / > _  ー _ イ /   / 从                   / /⌒ヽ |      j
                   ,'    v    レ /  >γ::::ア゚_ヘル/(こ>..ー...... ̄>zーrz ーへ- γ. (         ノ ノ
                   {/           ∨(γ⌒y-゚゜⌒レ彡 こ>........;..........<><><{{    Y .j .j二フ ノ 八 彡
                          _...-‐゚゜.....` ̄..{ノ        こ>.......ゝ.......z<><>ゞ ー㌧ .j .ノ.ノへ二彡
                           /:.............................}   λ ーー ゞー ⌒  ̄ _-二- 〈 ゝ_レ¨フ⌒
                           /::::......{:::.................  ,.:  " 八      _-ニ二ニ― ̄ ー ̄
                            /..............、:::::::::.:::::;'    /    _-ニ二ニ― ̄
                       〈../...................::::::/   イ  _-ニ二ニ― ̄
                        j..................∧..........i   イ>ニ二ニ― ̄
                          /........;j.......................,' /二ニ― ̄  ミ\
                      _-ニ/............./....................V <
                    _-ニイミ...................................../ゝ   ミ    ー       ̄ 二二=ー―  、
                イニ¨/ミ/_ フ.........__.................ヘ   ミ  二二=ー   _
         ,-ー<⌒《ニ/ミ/..................人 ン三三三彡》   ̄    __      二二=ーミ     ヽ
          / ン-㌧  //,/................................スへ三zへ
    fヘミゝ厂ニ-/ /仄//...................................../  V三三三≧
  fヘ{ ンイ  jノ〈ノ/< ..................................../    V三三三三≧                      )    }
ゝミンゝ彡     <......>v ⌒ヽ........................../      V三三三三三≧
       <......../三V    )......................./      V三三三三三三≧                /   /
    <..............≦ニ三V _ ノ................>"        ∨三三三三三三三≧
  /..........イ三三ニ< ̄......................>イヘ..ヽ          ∨三三三三三三三三≧         /  /
//   /ニ>...............>  ̄       /  v...           ∨三三三三三三三三{   ー=ニ 彡
   _....-‐..........z≦三7           /   i...∧           \三三三三三三三≧
/<...≦三三三三三7         /    }....∧          、\三三三三三三三三
狗神さんの遺言                       -―─-
                   /:::::::::::::::::::::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /:::::::i_l_l!_l_l__!:::::i::::::i
                   7::::::l r┐  r┐|:::::l:::::::!
                  i__::::l |:::!   |:::! l__, 、::::;!
                   ヽ!└  _ └  _ノ ¨
                     ` r‐、r ィ<
                      l //ヽ::::| ヽ、  /7==、
                      l:V\ \// ヽ//   |l
                       |::::::::::\ ` ‐‐ベ     l|
                      /::::::::::::::::`ー‐=i゙ l       |l
                       /::::::::::::::::::::::ヽfjニ∪⊃   l|
                    /::::::::::::::::::::::::::::::、         |!     さあ!
                      /:::::::::::::::l::::::::::::::::::::>        l|
                    ̄ヽ __/__ -r‐'        |l      さあ私めをぶってください我が君!!
              __        | |   | !        l|
             ) j        l l    ! !          |l
        , -‐‐-=、⌒ヽ         l__|    l__!         l|
        O::::::ヘ:::::::;;;;;;;;;;}      {___}   {___}        |l、_
       !::::::l o \};;;;;y'       └┘   └┘       `ー'
       ト、_l_Aノ/
       `¨   `
コックリさんさんの遺言 …まあ、こんな日々もいいものだな…
市松こひなさんの遺言   /:/ l   l    __」-┴|   |-、   l
/::::/ | |  l|___」-┘_,=r'テ|   |:ヽヽ l l
:::::::l  |__」-┘-   イマ/|   |ソ / | |
::::| l  |、 _,rテ,t       /  | r' --┴┘
:/|   |ヽ マ/  .     ノ/ // /        汚らしい駄犬は目障りなのです
 |  l | 〈ヽ    、_.、    ///'
 |  | |l >ゝ、        /| /        
 |_||_l_「    ‐- _// ̄|
           -l  /    ヽ- _         コックリさんはかぷめんの補給をお願いしませう
           _ヽ\/        \
        -‐   __          ヽ
      /   /ィ:::ト:\         ヽ
     /    /:/ l::l|::|\:ヽ        l
狗神 は無残な負け犬の姿で発見されました
(狗神 は人狼の餌食になったようです)
市松こひな は無残な負け犬の姿で発見されました
(市松こひな は天に帰ったようです)
コックリさん は恋人の後を追い自殺しました
ジルニトラ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ジルニトラ は暗殺されたようです)
フランドール は ジルニトラ に狙いをつけました
ナズーリン は 狗神 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
市松こひなの独り言 「狗神さんは」
チルノ(人狼) 「あたい氷しか用意できないんだなー……ネズミのえさはちょっともってこれねえや」
フランドールの独り言 「そうするー
ジルニトラにレーヴァテイン!」
市松こひなの独り言 「コックリさんはこういうところが好きなのです(ずるずる」
狗神の独り言 「焼きそば、日清、ラ王、よりどりみどりでございますよ我が君!」
ナズーリン(人狼) 「というわけで、今日は噛ませてもらうよ。」
レミリアの独り言 「既にこれ自体が遊びなんだけどねえ」
市松こひなの独り言 「ぎぶみー、かぷめん」
コックリさんの独り言 「ああ、わかったよ
カップ麺、お湯入れておいたぞ>こひな」
レミリアの独り言 「                                  |\       __
                               ____!| | \,  ´    ` .、
                            _\\\_\i⌒            \
                    -―――- i \> ´:::::::::::` 、    _       \
                   ,  ´            ∨/\:::: /⌒ヾ、_}:::::::ヽ       ヽ
                 /              ∨/〈/: : : : : : : : : : : : : :\ _       i
             i==/ __ ミ==== /___、=〉/(:(: /トx(: : :!:iヽ: : : : : : }:::ヽ    ト、
               ∠ (:::Y´i ヾ)__(:Y´l| | lУー7ヾ:|「j:::ミヽノlノ )'ヽ: : : : : : i     ヽ
             ヾ_:::/´l| | | i|   |l ll | i| l//:从ゞソ    ィ≠ミx: : : : : :Y     ノ
            //i l| | ィr=ミ ヽノ'!/r=ミュ! /(: :( :}  '    ヒ:l::ソノ: : : : : :.!__く
              ̄`} l| | { ij::l::!    ij::l::! }///\:八  、     ´/: : : : : : : i:::::::::::::)
              / |lル从ゞ‐''  ,   ゞ-''从「 ̄!ノ人\    //: : : : : : : :ヽ:::::て,
                /人li ! 小.    、    /l| !  l|`ヾ )' ` ユ(: (: (: :/: : /):.) ̄
                   l八リi个:.../ )  ,.イi八| | | !   /  /iヽノ)' (´.ノイ∧'´    一応ジルトニラかしらねえ暗殺するなら
                  __/ / ´〔___.| |ノ |   /ー//|{{__{{__{{__{{_!/∧
                  ,jf i:i: / /ヽ    〉 iノ ノ i | /´  ///!       |//∧
           /^\ /⌒jf |:| i  /ヽ ー/ ( ( ノ.ノ/  ////|      |///∧
.        //^\/  jf |:| |   /ヽ. /   ヽノ(´ ./   ////.人     ノ////∧
..     //:∧  / :   jf |:|ノ  /イ /===jf   く  .////////ヽ   ///////∧」
市松こひなの独り言 「ハンバーグは普通に美味しいので駄目です。かぷめんのあの栄養にならなそうなチープなクオリティがたまらないのです(けろっ」
フランドールの独り言 「といってもどうやって遊ぶか決まってないんだよなぁ」
ナズーリン(人狼) 「いささか、鼠たちの餌にも困ってるものでね
少々何か食べさせないといけないさ」
チルノ(人狼) 「んじゃそっちでれっつごーごー!がんばれナズ!!」
コックリさんの独り言 「…」
狗神の独り言 「ささっ、どうぞこちらに>我が君
全シュ取り揃えております(かぷめん)」
大妖精 「私達は犠牲になったのです……
古くから続いてるか分かりませんが狼か恋人の犠牲に」
コックリさんの独り言 「おい、こひな!大丈夫か!こひな!?」
ナズーリン(人狼) 「どちらでも構わないが、昨日の発言的にこっちを吊って来そうな、狗神噛みをしようかと思っているよ」
市松こひなの独り言 「チラッチラッ」
チルノ(人狼) 「おうよ、せっかくだからがぶがぶとやっていこうじぇ!」
市松こひなの独り言 「あ、いえ

うっっっ…………!苦しい…………これはかぷめんを補給しないと治りませぬ…………」
レミリアの独り言 「掃除屋? フランだけでしょ?」
コックリさんの独り言 「…おしらか…おしらを治す術は…くそっ!」
狗神の独り言 「我が君におしらを付けた輩に死を!(呪詛)」
レミリアの独り言 「          f⌒ヽ.
          | /   \
          | /    \  ,. -──-、
          | /    く  >' ´ ̄ ̄` ヽ ̄ ` 、
       _/ ̄ ̄ ̄,  ´/ /    \    \    ああ、悪かったわね
       \    /  ,  '      /   ヽ  \ ヽ    久々だからついガッチガチになっちゃって
        ヽ  /     ハ      i      、 ヽ  .
            !  /,イ   ! /十,    k‐    i   N !
         乂ノイ !   | ,' __|ハ     | \\ l !  .|  |
         ヽ.  l ! 从'⌒ハ \  .!ラ≠ミ、 |   ,ハ j
           i N !/ `杙リ   \|. 弋リ ,ノ.|  /个ヽ
             乂从 \ ゝ、、  '    、、ノイ /  / .|   )
          __   ノ   个 、  、    ィ´,′l/ .八
    ,. -‐ 7/∧/  ハハ ヘ、ト、 >--‐ ´ } /(  ( .ハノ
  ////////(|      リ   >─‐}_,. ィ^_、\ハノ      ___
. //////////∧       ,'´  ー-、`‐z,ハj.´ `ー 、        \ ノ7ァ-.、
 〆⌒ヾ///////\   {\     ´ ̄    ノ、          }'//////,\
      |///⌒ヾ//>v′ ` ̄ヽr───一 ´  \      ノ////////∧
      レ'       ̄ フー、  。/\        く⌒ヽ-‐ 7////////////∧
                 ヽ  \。/ () ヽ 。  /ヽ--'    `<⌒ヾ////⌒ヾ'///,∧
            ,、    !`ー、 Y /父   i 。 / {       〉  \/    \//ハ
      r──く/)--イ    、 .父  | /   ヽ、     /          \/ハ
      l   く/ )、_     ハ 父   ´      リ`ヽ   ´\               ヽリ
     ノ ノ   {_/! j. Y ヽ /ノ 父        (   i     \
    ( (  /// `ーゝ!`´ } }'{丶           )\ | ヽ   ノ\
     ) )/////  |  r‐'′         /   `.l、    ′   `丶、
.     乂 ////   | ./  ハ丶   / /  '    \_,ノ      r'
    /,ヽ///   |/     `ー一'′  /   l     \       /
   / ´ l___,ノ            /    |       \ 厂´」
フランドールの独り言 「オシラなし

大チル狼で同陣営ならこの死体はありえないだろうし
掃除屋いくつだっけ?」
狗神の独り言 「では最後の一時まで、この狗神めがおそばについておりまする」
ナズーリン(人狼) 「ま、犬神周辺噛んでおけばまとめて飛ぶだろう。
レミフラもそうだろうけどな」
コックリさんの独り言 「ほら、ハンバーグだ
熱いうちに食べるんだ!>こひな」
ジルニトラの独り言 「ここ……かな」
市松こひなの独り言 「おしらを喰らいましたが外傷はありません」
チルノ(人狼) 「あ、当然の権利のようにレミフラを噛んであたいの傷心をうめていくスタンスがいいかなとおもいます
ナズの噛みたいとこがあるならそこ狙ってもいいよ!」
レミリアの独り言 「ああ、オシラは無いわよ
そっちは?」
フランドールの独り言 「戦略的なアレばっかりでもねぇ」
ジルニトラ は フランドール に狙いをつけました
ジルニトラの独り言 「さて、どうするか」
狗神の独り言 「な……我が君ぃ!!」
市松こひなの独り言 「市松は人形市松は人形市松は人形市松は人形(トラウマ)」
コックリさんの独り言 「ナズーリン…アピールがすごいぞ…」
レミリアの独り言 「ナズは風神じゃないわねあの発言」
トビ 「犠牲が増えたな…お疲れだ。」
レモンティー 「お疲れー。」
狗神の独り言 「我が君に投票するとは良い度胸でございますね鼠殿!!」
ナズーリン(人狼) 「ふむ、そこが逝ったか」
ハーレクイン 「お疲れ様っす」
フランドールの独り言 「うーん」
チルノ(人狼) 「ふっ……おまえはいいやつだったぜ……!!」
大妖精 「お疲れ様です」
クマ鍋 「お疲れだ」
市松こひなの独り言 「おしらになったのです。ぬーん」
狗神の独り言

              :r'⌒>-─- 、
              :/::__:::::::::::::::::\_, -、            , --、____
             :/::/ l:::::::::::::::::::::::::_ 二ニ=====ニー---─‐'゙:::::::::___ ヽ、:
            :i/()  ヽ:::::::::::::::::::::::`ー-------―‐':::::::::::::_  -‐'゙     () ̄iヽ:
            :|  o   \:::::::::::::::::::::::::::::r-―--、:::::::,  ´         _o l:::i:   過去の私を捨て
            :、  ヘ     ヽ :::::::::::::::::::::: ̄ ̄::::::/             / /::::|:
            :ヽ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               /:::::::l_:    新しき私を……
              :\       ー─────────-       /::::::::/ノ:
               :ヽ、_─────⊂二二二つ ̄ \        /:::::::::/:
                       ̄ ̄/\/<>、/;;;;;;;;;;;;;| >ry-、-=ニ二 ___ /:
                        :/;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\<∥;;;;i:
                    :/_,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;!:
                        :〉、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ` J:
                      :i  ¨! ̄ ̄ ̄ ̄i¨´ }:
                      :ヽ__ノ      ヽ __ノ:
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ハーレクイン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
フランドール0 票投票先 1 票 →ハーレクイン
ナズーリン0 票投票先 1 票 →市松こひな
ジルニトラ0 票投票先 1 票 →レミリア
レミリア1 票投票先 1 票 →ハーレクイン
コックリさん0 票投票先 1 票 →ハーレクイン
狗神1 票投票先 1 票 →ハーレクイン
チルノ0 票投票先 1 票 →狗神
市松こひな2 票投票先 1 票 →ハーレクイン
ハーレクイン5 票投票先 1 票 →市松こひな
フランドール は ハーレクイン に処刑投票しました
ジルニトラ は レミリア に処刑投票しました
チルノ は 狗神 に処刑投票しました
レモンティー 「やだ大変に愛が深い>大妖精」
大妖精 「一回休みになるだけだし……(ぼそっ」
レミリア は ハーレクイン に処刑投票しました
コックリさん は ハーレクイン に処刑投票しました
ハーレクイン は 市松こひな に処刑投票しました
トビ 「大妖精護衛の方だったか……犠牲になったな……」
ナズーリン は 市松こひな に処刑投票しました
大妖精 「多分チルノちゃんだよね私を食べたの
でもいいのそれがチルノちゃんの望みなら」
狗神 は ハーレクイン に処刑投票しました
市松こひな は ハーレクイン に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コックリさん 「…それはさすがに…強引じゃねえか?>狗神」
ナズーリン 「とりあえず間違いなく矢がつながってそうなこひなはどうにかしておきたいかな」
チルノ 「やべえ全員大ちゃん殺したやつに見える!どうしよう!!!」
狗神 「きっとそこの目の怖いハーレクイン殿に違いありません>チルノ殿」
ジルニトラ 「妥当なところだった>レミリア」
クマ鍋 「この自演っぷりである」
ハーレクイン 「オレッチ人形っすよ?
……これが恋ってやつっすかね!?」
市松こひな 「塩を撒きます。岩塩コミコミで。」
レミリア 「大チルじゃない…だと…!?」
クマ鍋 「チルノ は 大妖精 に狙いをつけました
◇チルノ 「大ちゃんが死んだ!この人でなし!!」」
チルノ 「許さん!絶対に許さんぞ大ちゃんを殺したやつめ!!」
狗神 「我が君が怖がってるでしょう!!
そこの目の黒い自動人形めが!!」
レミリア 「          //: : : : : : ヽ: ::77     -――――-- 、
          {:{ : : : : : : : : ゞ:リ'´               \
           }}:____rく________        \
           〃 ̄ ̄ ̄`ヽ.   ̄ ̄`ー'´ ̄ ̄`ヽ、     \
          {:{      入        /    \___     ヽ
             ゞ\:    / /`ヽ  __ノ´ ̄ ̄`ヾ:.、`丶   
            /\、 / /  /    /    {    ヽ}  \  }
          /    }}/ /  ,′   〃  、 八     {   ̄ ̄___.7
.           /'´  ̄ ̄,′,イ _{_{_   ハ  }ソ__.ヽ、}   ヽ._,ィ´ .  /
.         \    : / | ノ八:.、` {  } リ ヽ `ヽ|!   / ,' リ  | /
           `ー―l ハ} イ ハrt=、ヽ厶イ rtテ=ァ}   ′/ /  | 〈
                八.{ 〉ヽ{八:{ ゞリ      ゞ:ツ リ  .'  /〃 / j ! ヽ
               ヽ.l  ヽ、ゝ :::: ,    ::::: 厶ィ′ /′ /  ハ  〉  まあクマとレモンティー繋がってるならしょうがないわね
                  { 人 八   _ _      リ′ ,:' 〃/ / ノ ._/
                  八{  ノ  }` 、  .  , イ´/ イ 八{ ´ ̄ ̄
           ______  ノイ八{`T    { 人 八 ′ヽ.
      ,.....:::.::::´::::::::::::::::::::::::::/ ______r‐、'フj __ヽ} >=-、
  ,....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(  r'ソ ̄ r='´ノ ´    , ': :/ : : :`ヽ     、. ___
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::>'       `´ ̄ノ  /: : /: :/: : : : }      、::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄
           ):: ´ ̄ ̄{      _ ( ̄__/: : : :/: :/ : : : : :|       )::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /    /   r‐=': : : :ゝ' : : : : : : : : : /: : : : : : |____ノ:::::::::::::::::::::::::::::/ ̄
                ,ィ′   :: : : : : : : : : : : : : : : : : 〈: : : : : : : |:::::::::::::::::::::::::/ ̄`ヽ::::::::/
              く:/    l| : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉: : : : : :. ! ̄ ̄`ヽ:/     \/」
ナズーリン 「さておはよう
そして、ここまで恋人が逝ってないのはなかなかに不気味だね……」
市松こひな 「おはようございます。お帰り下さい>ハーレクイン」
大妖精 「あふん お疲れ様です」
コックリさん 「さあ、今日も朝だぞー!」
トビ 「お疲れだ。」
レモンティー 「お疲れ様。」
ハーレクイン 「クマ鍋に、レモンティーを添えて
いやあ美味かった、ばあさんの安楽椅子にかけて」
チルノ 「大ちゃんが死んだ!この人でなし!!」
狗神 「ハーーレクイン殿貴様!
なんて目で我が君を見てるんですかワレェ!!」
ジルニトラ 「おはよう」
クマ鍋 「お疲れ」
フランドール 「おはよう」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
トビさんの遺言           {\       イ             気
          {  \_____/ /              が
          乂ノ ´  ヽY              つ
.             /   ,__ ., }           い
.            {  r‐く::>‐、‘,             た
.            ゚。 `¨¨¨´               か
             }__   /               :
          x≦心≫x'              :
.         //////ハ//∧
.          ///////ハ///‘,
         {/////////{ろ、/ヘ
         {/////////i戈,. ニ=ミ
         {/// \////////ノム
         {////// \/////// }
         {//////// ヽ,<「¨¨¨´
         {//////////// {
.          V////////////\
.          V/////////////i\____
.          V/////////////////}
.        ///////////////////\
レモンティーさんの遺言                         , ,
                   ,.ァ==' , ==ゞ彡
                   ´ ヾ=三/
                   、ヾ二二イ
                  ミ〆。 。 。マ=、
                r‐シ,' ゚ , --、 ゚ ',`♀=、         (移動方法)
                iイニ,' o i ○ i o ',=〆ノ
               r' ̄シ   `ー´   ヾミリ
               ゞリ=,=,=,=,=,=,=,=,=,=,=リソ
                  ○ii ii□ ┳━┳□─ii○
                  ○ii ii□ ┣━┫□  ii○
      _       _  ○ii├‐|.┃  ┃.| ̄| ii○    _       _
{二||ニi゙liソニニニニニi゙l:iソニニニ〔i┬┬┬─┬┬┬i〕ニニニi゙liソニニニニニi゙l:iソニ||二}
    ヾ} ゞ,    ヾ} ゞ,   "(二ゝ'、三ノ(二ゞi    ヾ} ゞ,    ヾ} ゞ,
    `l ∪     `l ∪   i`i゙ア´   i`i゙ア'    `l ∪     `l ∪
    ノ、 i     ノ、 i   i/‐--,--、 i/‐--,--、 ノ、 i     ノ、 i
     iイ´ヽ.ヽ.__  iイ´ヽ.ヽ.__ ゙ー─‐┴、 | ゙ー─‐┴、 | iイ´ヽ.ヽ.__  iイ´ヽ.ヽ.__
    ,} }  ーゞノ ,} }  ーゞノ              ,} }  ーゞノ ,} }  ーゞノ
   ー゙´   ` ー゙´   `                  ー゙´   ` ー゙´   `
フランドール トビ ナズーリン で足音が聞こえた…
大妖精 は無残な負け犬の姿で発見されました
(大妖精 は人狼の餌食になったようです)
トビ は無残な負け犬の姿で発見されました
(トビ は暗殺されたようです)
フランドール は トビ に狙いをつけました
チルノ は 大妖精 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
市松こひなの独り言 「狗神さんは性別が安定していないのでホモではなかったのです」
チルノ(人狼) 「もう取られてそうだけどね」
レミリアの独り言 「         |.:ヽ、      /           、     \
    ___   ト.:.:.:.`.:.、/     ∠ -― ¬‐→ 、    \
    ヽ_.:.:.:.:`ー、」_.:.:.:.:.:.:`:、   /ー―ァフ ̄¨', ',¨`ヽ、ヽ、    `ー 、
     ヽ、__.:.:.:.:`>.:.:.:.:.:.:.:`ー<<_/‐-、_/」_, r~L ィ'¨´ヽ>`>     }
       \.:.:.:.:_`.:ヽ.:.:.:.:.:j:::/ / |/ / /  l ヽノ  ', `ヽ.    ,'
         ̄,.ィ2_ ヒュ-.:.:./ / ,イ l ト、 人 ヽ   } ヽ ',   /
        , <∠人_.:.:.:|.:.:.l / / ト、 i_」_ ` | _,斗‐ト ル リリ /
      ん'^ マ¨フ'/l.:.:人.:∧|  | f'爪Ⅵミv、 ト升z仆=≦/从''
      〈 ヘ`>' / 7.:.:.:i|.:.:.:ヽ、i、`汽~℡ァ、ミ t~_メシイ//仆、ミー-z___    ま、こっちが女神に回っただけマシってものよ
     〈 `V、 / んっy__.:.:.: 入_`≧`¨´     ノ' /从ゝ‐- 、 、  `ヽ    それじゃぼっち風神に耐えられるよう祈ってるわ
     、」∨ヘィYy/ f f _,フ⌒,)´  ))ぇ _ `ー'_ ,イ  i i、ゝ-   ヽ、__  j
     \   /ゝ、_, '´  ( (__ ヒ〃 {=_ ̄テ i_ (  )      `-く_
      _〕二´!  i{  ,.:1  `ーzヲ、)  ア=<´  /7ヨ )'´ t.:.:-、_    /.:|
        j `¨ ヘ N  /.:.:|    i|ニl_/((_))ヽ、//ニj    ヽ、.:.:.:.`z'.:.:.:.:/
     /,ノ!    i{.:.:`ロ.:.:.ト    /`´  ((_))  \テ´i     ヽ.:.:.:ん-、.:j_`ヽ
.      '´ !∨`ヘijレ'´ヲヨ┤    |   ((_))     ,' ト、    /「Y >、ノ::::ア
       |    ',`< /`!ーt_」!   )x(     , '   〉、_/_|jル、´  `ヽ
       |!    i  `>L__]_」 イ     l          ∧   {::::::_~ノ.:>;' ´   )
         ',    ,.r ´   _/ 1     !         イ.:.:.ヽ__,ィー'.:/    /
      /.:.ゝ_ ィ'`ー―='「.:.  〈 ___j___   /.:.:.:.:  / `´^"7 _,/.:\
     /.:.:   i:i      _〕.:!_ノ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄フ|_,,rメーフ、    `ーァ:i   」
コックリさんの独り言 「ああ!わかった!今料理作るから、待ってろ!>こひな」
狗神の独り言 「ささっ(かぷめん)>我が君」
ハーレクイン(人狼) 「人形なんて目じゃないっすよ」
チルノ(人狼) 「大ちゃんはあたいに優しくしてくれたから
他に取られる位なら全力で阻止するよ!」
ナズーリン(人狼) 「私はどちらかというとミルクティー派だね。
からあげにはレモンをかけるが」
市松こひなの独り言 「何を言ってもダメダメです」
ハーレクイン(人狼) 「これが寝取られってやつっすかね
いやあ人間は業が深い」
市松こひなの独り言 「狗神さんの耳は自分に都合のいいことしか通さないのです」
狗神の独り言 「いえ、私はこひな殿に矢を刺しましたので
私に矢を刺してきたのは狐殿ですので……ぺっ」
コックリさんの独り言 「ホモじゃねええええええええ!!!」
市松こひなの独り言 「ピーーー エネルギーを補給して下さい>コックリさん」
レミリアの独り言 「掃除屋なら話が速いわ
大チルとこひな周辺を残して暗殺すればいいわ
具体的にはコックリと狗神は避けて」
チルノ(人狼) 「レモンティーはうまかったけど
あたいは紅茶ストレート派よ
もちろんアイスでね」
トビの独り言 「我愛羅vs君麻呂見終わったら寝るか。」
ハーレクイン(人狼) 「ええ、大根の葉っぱにかけて」
コックリさんの独り言 「まあ、これはトライアングルということで…気になっただけだ>狗神」
フランドールの独り言 「赤帯狙い以外にも狼希望って用途いろいろあるからねぇ」
ナズーリン(人狼) 「まぁ任せるよ
もし明日夜明けても死んでなければ噛ませてもらうが」
狗神の独り言 「ああ、これはうっかりでございます>我が君」
市松こひなの独り言 「これが噂のほm……」
ハーレクイン(人狼) 「チルノさんが踏み込んだ矢先は大妖精と恋人の甘い蜜月の最中っすよ?」
チルノ(人狼) 「そういうわけで全力で大ちゃん噛まなきゃ(使命感)」
市松こひなの独り言 「はっ。もしや」
フランドールの独り言 「狼でも刺さるならどうせバレバレでしょ?」
市松こひなの独り言 「コックリさんと狗神さんも繋がっているのですか?」
チルノ(人狼) 「恋人ぶっ殺したいにしてもたぶん王道ばっかりだとあたいおもう!」
コックリさんの独り言 「…カップ麺は1日1食です!>こひな」
大妖精 は フランドール トビ ナズーリン に狙いをつけました
狗神の独り言 「まさかコックリ殿と我が君も恋人などと言いだしは……」
市松こひなの独り言 「今日は狐殿ではなくコックリ殿と呼ぶのですね。もしやデレ期到来」
トビの独り言 「門番の説明文ってこんなんだっけ。>あなたの仕事は狼を倒すことではありません。護るべき人を護る仕事を全うしましょう。」
クマ鍋 「ついでに大チル別陣営フラグも消化と」
ジルニトラの独り言 「CP候補が多すぎる……面倒な」
ハーレクイン(人狼) 「クマ鍋に、レモンティーを添えて
いやあ風流っすね
おいら人形なんで風流わかんねえけど。キリンのながーい首かけて」
フランドールの独り言 「同じ発想で掃除屋とか
別陣営フラグも蹴られたんだね」
レミリアの独り言 「というわけで私の名をさらっと出すなら暗殺系よね」
狗神の独り言 「でははふはふしながらクンカクンカいたします我が君!」
コックリさんの独り言 「ま、まあ…俺の声が聞こえないと何があるかわからないからな…って
聞こえるのか!?>狗神」
レモンティー 「見事に狼に刺さってないなあw」
市松こひなの独り言 「事実を勝手に変えないでほしいのです>狗神さん」
ナズーリン(人狼) 「自らレモンティーは自ら鍋に入りに行った位だからな」
チルノ(人狼) 「大ちゃん噛んで良い?
あたいと繋がってないならもうかむしかない(げすかお」
大妖精の独り言 「クマ肉とレモンティーの相性とは……」
ジルニトラの独り言 「そこ…まぁ納得」
狗神の独り言 「あ、コックリ殿は見えない聞こえないでございます」
レミリアの独り言 「            _,..   ´  ̄ ̄ ̄ `   、
     __     _,.  ´                `ヽ、
   /::::\ r´                       \
    |:::::::::::::ヽ,...-― 、 /  ____  /           ヽ
    |:::::::::_/     ヽ==/    ∨_/⌒\⌒ ー-、 \     狼希望が蹴られるなんて思ってもみなかったわ
    |::::::::\ ̄`ヽ、/   /_____}  ̄  |__\_    \'
   }:::::::::::/\/: : {    \| : : |\/    {: : \ /  _,...イ
    ':::::::< ̄/: : /:\_/: : : |\:\__/ : |: : :.T: Ⅵ<
   |::::::::::://:/: :|: : /__',: : : : :.:|_ヽ: ∨: : :.:|: : :.:|: :.|_ノ
   {__,..イ:: /イ: : :|: :.| _ `\: : : |  _\|: : ;: :|: : :.:|: :.|
     /::::::: /|:|: 人:下芹斥\: | ´斥i芹7:.:/: : : :|: :.|
     \::::/::|:{,: : : :{ 弋ツ   `{  込ソ': /: : : }/: : ::.
       ∨:::j: \: : \    、    /:イ: : : :/': : ト、:ゝ
      ∨イ:::::}:,: :ム           ィ: : : :/:∧:.:|
       `\/イ: :}: :>  .. ´_`  </: : : /: :{ \
           从' \}_,ノ\,...- ´/:.イ{/\:|
          _,匸//   /-{   ' /`ー 、`,.ィ
         / 匸{/  //  }}!    /´匸乂
        /   匸」! / ム__乂|   /乂_フ   ヽ
         /    匸{_//:::::/:::::| ', /___フ         :.
      /     /::::::/:::::: | {∨__乂 /     }
        {    /::::::イ::::::::::::∧|__ノ  ,:'       |」
市松こひなの独り言 「             ___
              ..::::::::::::::::::::::::`丶
            ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
         ,::::::::::::!::::|:::::::::::::::| ::::::|::::::::::::,
       ,::::::: |:::L/L/|::::_|_:::L|:::::|:::::::
        |::::::: | :| 「::|    「::|│:::| :::::|     コックリさんは市松のかぷめんを奪わないで下さい
        レL::::|八. ヒJ    ヒJ厶ィ]::::::」
             ̄ー、''   -  ''ィー' ̄
              ア文ス           狗神さんはクンカクンカしながらはふはふしないで下さい
            /|《人》、|\
             <\7 |」 |」八/>
           /∨|     ∨\ 」
ハーレクイン(人狼) 「愛っすねえ……>死体」
ナズーリン(人狼) 「さて、そこがつながってたようだね
ともあれ1/5を消化したようだ」
コックリさんの独り言 「おいぃ!恋人かよぉ!?>クマー」
トビ は チルノ の護衛に付きました
フランドールの独り言 「                _,,,,........,,,_,.へ  __
              ,. '"      》:::::`y';;/|
            iヽ〈 、 __  __, L::`γヽ、
            'r-'、._r'-、ノ⌒ヽ、_r-Yi .,ヘ, ))     お姉さまは矢ありがとう!
     ((  ,ヘ,  `γフラン/λチャンiウ人l/ /   ./|    お姉さま大好き!
         '、 '.、くi. ハi ○   ○ .λフフ /    V
    <>、  ヽ、ソ弋 ""r-‐‐v,""イレ/__/   ./<>
      /| ̄\(   ヽゝヽ、__,ノ_ノ」   )  /へ
      |/  /l弋r,., _i.r; /L」_/ノ.`  .ム_,.ノ ̄´
         レ  /|弋〈!;;レ'iニi\/ノ-イ   |ヽ
            V ゝ:::く/ヽ」;;;λ  |ヽ  ヽl
              く;r‐'ー--、:;::_> V
              /::::::::::::::::: ::::;;ト、」
レモンティー 「\よくやった/」
ジルニトラ は 市松こひな に狙いをつけました
クマ鍋 「むあく」
狗神の独り言 「                       -―─-
                   /:::::::::::::::::::::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /:::::::i_l_l!_l_l__!:::::i::::::i
                   7::::::l r┐  r┐|:::::l:::::::!
                  i__::::l |:::!   |:::! l__, 、::::;!
                   ヽ!└  _ └  _ノ ¨
                     ` r‐、r ィ<
                      l //ヽ::::| ヽ、  /7==、
                      l:V\ \// ヽ//   |l
                       |::::::::::\ ` ‐‐ベ     l|
                      /::::::::::::::::`ー‐=i゙ l       |l
                       /::::::::::::::::::::::ヽfjニ∪⊃   l|
                    /::::::::::::::::::::::::::::::、         |!     さあ!
                      /:::::::::::::::l::::::::::::::::::::>        l|
                    ̄ヽ __/__ -r‐'        |l      さあ私めをぶってください我が君!!
              __        | |   | !        l|
             ) j        l l    ! !          |l
        , -‐‐-=、⌒ヽ         l__|    l__!         l|
        O::::::ヘ:::::::;;;;;;;;;;}      {___}   {___}        |l、_
       !::::::l o \};;;;;y'       └┘   └┘       `ー'
       ト、_l_Aノ/
       `¨   `」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマ鍋 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
レモンティー は恋人の後を追い自殺しました
2 日目 (1 回目)
フランドール0 票投票先 1 票 →クマ鍋
トビ0 票投票先 1 票 →クマ鍋
ナズーリン0 票投票先 1 票 →クマ鍋
クマ鍋12 票投票先 1 票 →狗神
ジルニトラ0 票投票先 1 票 →クマ鍋
レミリア0 票投票先 1 票 →クマ鍋
コックリさん0 票投票先 1 票 →クマ鍋
大妖精0 票投票先 1 票 →クマ鍋
狗神1 票投票先 1 票 →クマ鍋
レモンティー0 票投票先 1 票 →クマ鍋
チルノ0 票投票先 1 票 →クマ鍋
市松こひな0 票投票先 1 票 →クマ鍋
ハーレクイン0 票投票先 1 票 →クマ鍋
狗神 は クマ鍋 に処刑投票しました
コックリさん は クマ鍋 に処刑投票しました
市松こひな は クマ鍋 に処刑投票しました
大妖精 は クマ鍋 に処刑投票しました
ジルニトラ は クマ鍋 に処刑投票しました
ハーレクイン は クマ鍋 に処刑投票しました
ナズーリン は クマ鍋 に処刑投票しました
レミリア は クマ鍋 に処刑投票しました
フランドール は クマ鍋 に処刑投票しました
レモンティー は クマ鍋 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狗神 「何故そこに私が居ないのですか我が君……!!>こひな様」
チルノ は クマ鍋 に処刑投票しました
レモンティー 「ではクマ鍋とともに皆様ご歓談くださいませ。
イエーハー。」
大妖精 「さすがチルノちゃん!」
レミリア 「              _,.  ─   ̄ ̄ ̄     、
       {\  / ̄                ヽ_
       ヽ:::\'                    }/ ̄\
    --、/∨::::\            ,. - 三三'´ ̄\--- 、
   / ,:|_  |:ll:::::::::\___,.-- 三三/ ̄ ̄ \    \ /
   l /l|  \|:ll::::::::::::::::::/_,.---、  ̄\  \     \__/
   ∨_,{   |:ll::::__ / /    \__\/\_/: 、
     \_{:l/_/ ̄/ \__/:∨: ヽ: : :ヽ: : : :ヽ: ::.
      〈: : /: /: : /:|: |: : | : : |: : : : :|:|: : :!:.! : |: : :、: :{: : }
         、:.{ : |: :.:.|: |:∧>、: :{: : : :/}ム斗'|: /: ': : }:.:|:∨
        |:\{、 : |: l/不≧、}∧: :/ ,ィ≦下}/:/:/: : :.:|: |
        |: : :|: :、:}:ム 弋zソ  ∨ 弋zソ ,|:/}':|: : : :|: |
        |: : :,: :/リ: ム      、      ,:}': |: ,: : :∧:|    さて、それじゃ今日のクマ鍋は紅茶が合うか否か…ってところかしらね
        /: :イ{:/: : /: /: .、   ー ‐ '   ィ:.|: :{:/: : :{ リ
        {:/: |/: : :,: :/: :.|: |:`: l - l: ´: |:.:.|: :/: : : :|
       / /从: {:/-、_从!イ/    ∨、j!:/}:/ }从:/
          / 匸/{    {/ \/  ̄! !乂、 '
            /   匸{ |∴___\ /_∴| |_ノ ヽ
           ,    匸!_,イ:::::::::><:::::::>、/_〉    、
        /       ∨  ̄ { {:.:.:} } ̄ /       }
         {       ∨  ,乂ニノ   ,'        ∧
        〈       :. } /::::;::::::::\ { ,.--、__    }
          \__\_}/ /::::/::::: |:::::::}、/⌒ーァ'___/
             }三三三{、`¨ ー ::::::::::::| 〉'二`ァ三 {
        //_,.-、_/ヽ、      ̄ ` ー⌒´l_}、\
         {,/T /      `ヽ、        ヽ   }ー '」
市松こひな 「熊はかぷめんのトッピングにしたら美味しいのでせうか」
チルノ 「なべにいれれば勝手に溶けるからあたいってば天才ね!」
クマ鍋 は 狗神 に処刑投票しました
コックリさん 「まあ、まずはクマーか…
しっかり火を通さないとな」
狗神 「我が君と食べるクマ鍋……至福にございます……」
市松こひな
             -‐‐‐‐
.            /:::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.           / ::::::::::: /:::::| ::::: |::::::::::::.
           :::::::::::::|:::|ー┴--'L::」::|:::|
        レ|:::::::/|:::| 「|   i┐7::j::リ ./゙|>、
            `⌒l、|N. ┘ _ L|厶イ  ,′| _)、__,,...ィフ!            もふもふでござる
            \≧=r-  '′   {/      〈 |
                /| マ{.))、      ノ-、     (。) ゙ リ
            / |ヒ'Ⅵ__>、   〈::ニ (・ ‐¬   j/  
            ,゙  ̄\`ヽヽ\r。_\ ^   二::: ノ/⌒⌒^7
           ,゙       ト----ヘ_>冖=t‐t‐ァ'´/⌒⌒⌒し|
            j.  \  |.     (Ω\)<>| ヽ{      |
           /     _>、      ーr'゙<> し       ,ノ
             Zうニニ二´ \)      乂___,ノ、____彡'"
                   ̄ 」
ジルニトラ 「まずはクマ鍋? 了解」
チルノ 「そこのクマを凍らせておいたわ!
これでしんせんな鮮度を保ったままたべられるってものよ!」
レモンティー 「合わせて飲み物も皆さんに配るの構え。」
大妖精 「そういえばどうして人型に化けるようになるんでしょうか?」
ハーレクイン 「おはようっす
ええ、鍋っすよね
鍋の具にかけて」
クマ鍋 「さあ来いクマー」
フランドール 「おはよう
まずはクマ鍋?」
トビ は クマ鍋 に処刑投票しました
コックリさん 「ほら、朝だぞー!起きろー」
ナズーリン 「さておはよう
とりあえずクマ鍋にしようじゃないか」
狗神 「我が君いいいいいいいいい!!
共に熊鍋でも食しませんか我が君いいいいいいい!!!」
トビ
 
                / 犠  ク \
       ,ヘ..∧ /l  /   .牲  マ  |
    _ゞ:::::::::::::::::::::::::::/     に │  |
    \::::::::::::::::::::::::::::::|     な  は  |
    <_::::::::::::::::::::::::::<      っ      .|
   ムト、`v::::::::::::::::::::_::::|    た      .|
    ト、ヘ∨\iヾ'/// l     の     |
    ト、! .l |////////;\   だ    /
    ト、l l |////////////ー──‐ ´
    |::}ll l |///////////;;|
.     レ/l l |///////──;|
     ソノ l ├──Уニニニ℡,_
     ヽ,ノ |ニニ/ニニニニニニ7z、_
      \_ノ-,<ニニニニニニニニニニニ\___
    __,ィ升ニニヾ=三∧三三二二ニニ|ニ介z
  /ニニニ|ニニニ/       \二ニニ|ニニニ
 /ニ二二|ニニ/. そ  初 古  |=ニニ|ニニニ
./ニニ二二|ニニ|   の .日. く   |ニニニニ|ニニニ
|ニニニニ二|=ニl   犠.  :  か   |ニ二二|ニニニ
!ニニニニニ/ニニ |  牲.  :  ら  |ニニニ二lニニニ
!ニ二二/=ニニ|  に.  :  続   |二二ニ〉ニニ
|ニニ二伝二ニ|  な      く  |ニニニニ/ニlニニ」
チルノ 「\あたい最強/」
ジルニトラ 「おはよう…」
レモンティー 「美味しく食べてあげるといいと思います!!(真顔)」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
チルノ は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハーレクイン(人狼) 「あの決闘シーン良いッすよねえ」
コックリさんの独り言 「放っておくと何するかわからないからな
こうしておけば…いいだろう…」
チルノ(人狼) 「あたいはルシールが好きよ」
ハーレクイン(人狼) 「あの爺さんにはしてやられたっすねえ、ええ
年寄りの入れ歯にかけて」
市松こひなの独り言 「人形はココロなどないので寂しくはないのですが」
レミリアの独り言 「             _/               `ヽ、
          r‐'' ´ /                        \
          |                         `ヽ
          { _ |                            ',
        /´ 、/ / ̄\   __                l ヽ
        \  <___   \////\_/`\_ __      /   ',
         \/: : /:\___/-- 、////     ∨//\    \  }
            /: : /!: : ::/l::7      r 7TT、  \////>、_,..- ;'、    まあこっちが女神引いたからいいようなものの…
         |: :/ |: : / {/ \__,. ィ'、'::::::;{;\_ \_//-- 、//_}     15秒待ってフランから矢が飛んで来ないなら向こうが女神は無いでしょうし
         {:/  ,|: :'ハ{「`i‐-ニ_{: ::::|イ´ヽ;::} ̄マ>   \..__ \/ ´
           /  /:{/:∨ 弋zソ ∨:::! `T ‐- _l㍉ァ}:-、_,イl: :Tー'
             /: : : .:リ 〃   , ∨ 弋z_ソ|刈//:}: :/: : }リ: :|
          /: : : : : :{          〃  {ソ/: :l /: : /: : .:!
            {/{: : : : /,\   t--‐┐   u //: : j/: : /l: : : |
          ' マ: ::// : .:丶  `ー '    /: ': : : : : : :/: j/ : :|
            Ⅳ {: :/ / :`i ー-‐ ' T-テ'|アー-'-,-‐-、: : : |
.              ヽ、:}/  `!`  、    /    |オ'   /   ヽ、;!
             `/  {オ|    、  /    ,!フ  /       \
         ,-―‐ ´   |{オ、_,..-‐,V、    /x'  ,        ` ヽ、
         _ /       {ー''゙´/:.:.ヽ}-'ニ-イ7   l           ',
      / l           }  {:.:.:0:.!|         、          l
        {_ ヽ__     ,'   .ト、:.://        、   }        ___ ,ノ
        }  /ヾ、   l_,/:.ー:.'!       ヽ /     /:.:イ  `ー,
        人__,-、,r:.:r、 ̄:.:.:.:./:.:.:.:.|        /     / ̄´ 〉 //
      /    ',ヽ:.!l:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.::.:,        `ヽ、_ {i! ,/V_/ \」
チルノ(人狼) 「まさるは後半なんかつよくなりすぎたきがする」
大妖精の独り言 「ところで真下の人がすごく怖いんですが……」
市松こひなの独り言 「コックリさんがいなくても全然問題はないのですが」
ジルニトラの独り言 「さて」
ハーレクイン(人狼) 「ありゃりゃ
おいらみたいな道化師しってくれてるなんて嬉しい事この上ないっす
ええ、親父の目ん玉かけて」
コックリさん は コックリさん 狗神 に愛の矢を放ちました
フランドールの独り言 「お姉さまが同じ考えで狼だったらと考えた場合に
一番引きたくない役職だったんだけど
刺さるなら狼じゃないほうがいいかも?」
狗神の独り言 「わあああああああがあああああああああ
きいいいいいいいいみいいいいいいいいいいいいいいいい!!!」
ナズーリン(人狼) 「(←パンタローネ好き)」
コックリさんの独り言 「…あー…まあ、いいか」
狗神の独り言 「こひな様の匂いくぅんくぅん」
ハーレクイン(人狼) 「オレッチぼっちな狼狼!ま、お仲間さん二人はモテそうな面子っすね!
こりゃオイラぼっち狼かな、ええ。くるみ割り人形の斧欠けて」
チルノ(人狼) 「途中までしかよんでないなーサーカス……」
大妖精の独り言 「……はっ」
チルノ(人狼) 「QP希望返せ」
ナズーリン(人狼) 「それにしても、からくりサーカスとは懐かしいね」
クマ鍋の独り言 「そろそろ希望なし→狼希望に変えるべきかねえ」
レモンティーの独り言 「くそうよくやった!」
狗神の独り言 「我が君が私を求めてこの村に来てくださった……
ああ……恐悦至極にございます……」
コックリさんの独り言 「お、おおお…繋がるか…」
レモンティーの独り言 「違う、自撃ちだからこれ完全にセット販売だ!」
市松こひなの独り言 「希望なしでも女神を引く。日頃の行いなのです。」
ハーレクイン(人狼) 「人狼っすかああああ
オレッチにぴったりっすね、ええ
トカゲのしっぽにかけて」
レミリア は フランドール レミリア に愛の矢を放ちました
レミリアの独り言 「狼希望蹴られるってどういう事よ!!」
チルノ(人狼) 「結ばれないなら噛むまでよ!」
ナズーリン(人狼) 「さて、よろしくお願いするよ
恐らく私に矢は飛んでこないだろうけどね」
フランドールの独り言 「狼希望→掃除屋」
市松こひな は コックリさん 市松こひな に愛の矢を放ちました
レモンティーの独り言 「あ、ですよね。」
狗神の独り言 「はああああああああああああ!!!
我が君いいいいいいいいいいいい!!!!」
チルノ(人狼) 「っしゃあ大ちゃん噛み殺そう」
レモンティーの独り言 「いぇーい>おしら」
市松こひなの独り言 「早い」
クマ鍋 は クマ鍋 レモンティー に愛の矢を放ちました
狗神 は 狗神 市松こひな に愛の矢を放ちました
出現役職:村人1 門番1 おしら様2 風神1 掃除屋1 静狼3 女神5
ゲーム開始:2014/11/21 (Fri) 00:24:02
レモンティー 「譲ってくださいからのシームレスな強奪発言である。」
チルノ 「くらえ必殺のあいしくるふぉーる」
フランドール 「開始」
コックリさん 「いや、場所は関係ないだろう!?」
市松こひな 「ぬーん」
レミリア 「               ,..、
              r-、//::ヽ
               {:::://:::::::::\   ,.  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
             ヽ{/_:、::::::::ヽ'              \
                |:-,::ll:::\:::::∧               ヽ
                }:::|::||::::::::>--、- 、_l´ ̄ ̄ヽ        ̄`ヽ
            /:::/:/::::/´   / ヽ | , ⌒ヽ |= 、_         :.
               ̄ ,-、_{    ,:乂__|/: :/: : :|   `ヽィ-、    }   あらあら、面白い事になってきたじゃない?
              {  }_」_/: : : /:/{: イ: :/: :/ー:'´: \ |    ;      楽しい夜になりそうね… クスクス…
              |     ': /: : :!:\∨: /:ィ,ム斗: :|: : | }、__/ニニニ、
          ,.ィチニニニ ̄{_ /:/:{: :.下≧、{:/ ,.ィr:;:ォァ: :/: ; | /  \〉ニニニ \
      /ニニニニ /ニニ,.イ: :从: {弋ソ ,  込zソ: /: イ: :、___/イニニニニニ
     /ニニニニニ/ニニ /:イ:/:{: ト、  、__,  /: :{/: : : |ニニ} /ニニニニニ
  .  // ̄ ̄ヽ、ニ/ニニニニ\{: :从:}>.`二´イ: :/-、从!ニニ|'ニニニニニ
    /         ∨ニニニニ二/}' リ{ ∨//{:/   }ニニニ/ニニニニニ
            ´ ̄ ̄r、/ ̄   / ∨{::::}イノ{    `ヽ`ヽ´/ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 {/ } ヽ    {   /-、}  乂,.--、- <、 ∨
.r -、__r 、__r、,_......._/ 乂∧  | /三=ミ|  /__/^}__/_)〉
 `ー:、 乂|:.:.:.:.:.}-'    ;  /}_/} ̄;  `T ̄ ` /  |  |
  /   /}---'乂}------ '  _   /  /r,___/r、_.}..  }__
 /7.r, r {         /⌒\ }\  /乂}:.:.:.:}__)    |///\
./ ,'{ |{ |ゝ'       r--'      `!  ∨  /}ノ-r-'_ノ----- '/////\
ー' }' ´        //       ,(  { 、、:ム_ `ヽ  \/////////\
          {/       /_\ ー`ー'   \ \   \/////////}
         「/     /   `}\      }  } ̄`ヽ\| ̄ ̄ ̄ |」
フランドール 「0」
狗神 「狗神 さんが登録情報を変更しました。」
コックリさん 「よ、よろしく頼むぞ>チルノ、ハーレクイン」
ハーレクイン 「いやあよろしくお願いするっす
ええ、ムカデのげじげじかけて」
狗神 「コックリ殿そこ代わってください!
殺してでも奪い取ります!!」
市松こひな 「コックリさんと狗神さんがいるなんて聞いてないのです」
フランドール 「1」
ナズーリン 「ふむ、狗神が暴走しそうだな」
フランドール 「フランドール さんが登録情報を変更しました。」
チルノ 「ヒャッハー大ちゃん以外は消毒だあああ!!!」
市松こひな 「夜中に一人起きてかぷめんを食す……
いけない市松なのです」
レモンティー 「ネタ戦車と見せかけて特化すると思いもよらずの強さを発揮する辺り大好きだったりする>ナズーリン
SE型でした、名前忘れたが。」
フランドール 「2」
コックリさん 「なっ!?こひなぁ!?」
ハーレクイン が村の集会場にやってきました
狗神 「我が君ーーー!!!」
フランドール 「3」
コックリさん 「まあ、変化できないわけではないからな>大妖精

…ああ、お前はいつも通りだな…>狗神」
市松こひな が村の集会場にやってきました
狗神 「一人だけ人型になって動物じゃないアピール
恥ずかしくないのでございましょうか?
そこまでして鍋になりたくないと? なんと浅間しい……」
大妖精 「チルノちゃん!」
ナズーリン 「土星バーストを限界まで超改造するくらいにはやり込んだね、メタルマックス3は」
チルノ 「ガラッ」
フランドール 「4」
チルノ が村の集会場にやってきました
フランドール 「5」
ナズーリン 「メタルマックス3かな?>レモンティー」
狗神 「闇鍋は美味しい物を皆で持ち寄るもの
そこにケーキだの殻付きのウニだのを投入するのは
何がしたいのか理解に苦しみます」
レモンティー 「(ソイヤウォーカー的足)」
フランドール 「時間だよ」
コックリさん 「(ぼふん)」
大妖精 「化けた!?」
大妖精 「あ、いえ、そういうわけではないですので問題ないですはい >コックリさん」
コックリさん 「コックリさん さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 9408 (コックリさん03) → No. 9384 (コックリさん)」
レミリア 「   〈   ___|⌒\      }  \       \  /
 __ -‐ァ'⌒¨|\  \    }    )    _____∨{
{  /    \{    \  .ノ  .. -=ニ   |: /:i \
{ /      / i   `ー‐=彡}:  /  i  :|/   \\
 〉 .  <⌒ー'′.ノ  /     / /ト  |   :L.. ___  ∨、
.〈く: : : /    /  /  /}r勿トミ | .ノ / /ヽ.  ニ=‐ァ
 \/´        /   / / V(  〉 ./ /j i  \_/    レモンティー? 血と相性良くないからあまり好きじゃないのよね
.   ′    У/{: j/Y  i      {/ (ン/.ノ    }
  {_〉   〈 {   /   | 八__ノ}     ノ \   _,/   ストレートなら手をつけるところなんだけど
 /  /   /  ′   ハ  <        / ,`⌒ (
. {´{ 〈  {   { 、 ′ } i⌒´  ´’ イ /   {〉ハ
  \ `ー八   \ 〉 .∧! __  <./|/∧   {_.ノ
    `⌒¨¨ \   )/ ノ'′: : : : :/ノ /  \ 〉}
    /     `ニ=-<´ ∧〉≧=‐―‐‐'′ /´/
    〉 .           }::i:|   \、__   ゝ{
.   〈  \\       /:/{{⌒ヽ__ }:::| =- .
   /     \\    /:/ \__ノ:::::::...、  ∧
.  /        \\_/:/  }:::::::.\::::::::.\ ∧
  ′       \::/   ′::::::::::.\::::::::.\ー‐ァ
           ∨/  |::::::i::::::::::::::::::::::::::::::.Y、」
大妖精 「果ては右上に熊、左上は鳶……ってこれは違いますね >ナズーリン」
コックリさん 「よろしくな>レモンティー
レモンティーが歩いてる…」
レモンティー 「いやー劇物鍋がー>クマ」
コックリさん 「ああ…動物だといけなかったか?>大妖精」
レモンティー 「(ぶっちゃけビールとか入れようかと思ったけど探すのがメンドかった)」
狗神 「我が君を求めて西から東へ放浪の旅の途上でございます>コックリ殿」
クマ鍋 「ついでに時間」
ナズーリン 「犬狐鼠と囲まれてるようだ
ある意味ではネコいらず、いや、ネコおらずかな?>大妖精」
クマ鍋 「ふむ、鍋に入れる水代わりにするかクマ >レモンティー」
狗神 「鍋にレモンティー?
闇鍋でもやらない組み合わせにございます」
コックリさん 「なっ、んなわけあるか!
お、お前こそ、こんなところに何しに来たんだよ!>狗神」
大妖精 「あの……私の周囲動物ばかりなんですけど……」
レモンティー 「ともあれよろしくー。」
狗神 「大丈夫でございます
我が君は常に我が心に……妄想パゥワーを我が手に!!」
レモンティー 「熊鍋に飲み物を合わせてどうぞとばかりの」
レモンティー が村の集会場にやってきました
コックリさん 「残念だが、こひなはここにいないぞ?
来るかもしれないが…>狗神」
ジルニトラ 「格ゲーキャラはいろいろ事情がある、仕方ない>クマー」
狗神 「おやおやコックリ殿
おやおやおやおやコックリ殿
こんな所でどうなさったのですか? 狐鍋にでもなりに来たのですか?」
レミリア 「                 _ ,.. -─ ´  ̄ ‐- _,.. _
                , ー--<´               `ヽ.
          /                    -一 、   ヽ
          //           /     、  \  \   ヽ
       ,/./           /       i    ヽ   ヽ   \
    ‐=彡/             /      l     ',   ヽ    ',   ああフラン、部屋の鍵かけてきた?
      / /      ,   / /      |        \`、   ヽ    今日は咲夜もう寝てる筈だから何かあっても責任取らないわよ?
      / /      , / _,⊥_/| /    .斗-‐┼十ー-マ  j ``ー-   ',
     / /!´  ,  / j  /'レ `l .l ト.     ノ  ノイ ハj }、 ト,       {
      | ./ l|   i! i   i ,/ _.._ { i l ハ  /  / _.,レ;,_ } ,ハ' }ヽ      ',
     レ' ll  /l l   j y'ィ´lノ`!ヽレ' ノi./ _,.イ´!°::::`》/ }  | ',、   ヽ
     ヽ il ハ  {!  l∧ハ !::l:j   ノ '´   |ノ::::l:::::厶,  | /   l     ',
       ノ /ノ 八 { ∧ ヽゝ"      _,ゝ . _,.ノ j   レ'    〉      \
      ノ ´/ /  ヽi  }   ´           ノ    |   /   |  ヽ_`ー-ノ
       .ノ/|      |          ´" ‐=彡     /   !   ノ     〉 ̄´
       '´   /   / ,人    っ       ノ´  //   |,  ィ ヽ  }
            / / , | {  | ヽ、        /    /  |    |   i \ ヽ l
         //')/V /ヽ { , } `ヽ -‐ T ´   |,/  /   ノ   ハ   |   ヽ ,'
       ノ´ ,ノ´ |/  }/|,' .,ノ | 从 / _,. 、 {ハ /i  人  / ヽ {   Y
           ´   j   i )人,/ノ川ノ/    } l, !/ /\/  \!
                       ,_ , / /       レ'ゞ', /
                     _.,∠、ゝ /         Y´    ,、     ,」
大妖精 「色々……色々あるんですね」
狗神 「我が君がいない……はあ」
コックリさん 「よろし…なっ!?
狗神!!?」
狗神 「我が君……我が君はいずこか!!」
コックリさん 「まあな、ちょっと色々あるんだよ>大妖精」
フランドール 「元ネタというか発想のもとが鍋のタイトルだから
吊られても勝てるかも?
囲われ噛まれて勝利・・・やっぱり狐?」
ナズーリン 「寧ろ鼠は夜行性の方がメインだったりするよ>レミリア」
狗神 が村の集会場にやってきました
クマ鍋 「普通の女の子って聞くと スト2で戻る言ってたのに
延々戻る気配が無い某女性格闘家をなんとなく・・・」
大妖精 「化けてない狐さんですかね……珍しい」
コックリさん 「よろしくな>大妖精」
レミリア 「   ト     ,.イ::|
   |::\  //:::::{         _  --- 、_
   |:::||`\}、::::::::|       ,  ´          、_
   |:::||::::::::\:::::::::. / ´ ̄/         ,..  ´ /{ 、     夜は吸血鬼の時間だもの
   |:::||::::::::::::::\:::/           / /  /  ヽヽ     そう言えば鼠って夜行性なのもいたっけ?>ナズ
   |:::||:r-=、_ ̄ ̄` | ̄ ̄  \__,イ=_/   '     |/
   |:::||:::.    \   {       , |  \     |     / ̄ ̄>、
    マム::::,    {   \   /__|_,---、___/---、 /   , ´  |
    |::}}::::〉,  / \__//: : : ://: :/:/|: /: : :|: : |: :\_/  /
    |_||::/__〉´  . ': :.,: : :|: :|: : : | |-/-、 j/: : : :|: : |: : :|: : :\<
      \_/: :, : |: : :|: :|: : : | }'_|/ / |: : :/|:-,'、:.:.:|: :、: :、\}
        ,.':/: /: :.:|: : :|:八 : : {てi::示ミ {: :/ }/イ|: : |: :.|}: :|- '
        /:/: /: : : |: : :|:、{: 、: :|弋zソ  ∨ イ示;.|: :/: / |:/
          {/|: :|: : : :.|: : :|: ,: : \i      , 弋ソ/:|:/:|}'r、/
         '八: ! 、: : {、 : |: ∨: : :}、   ,.,   人/ : |とニ 、
            \ \:| \}、:.}: : : | `      イ: :{: : /{、r-- :.
              r-、 ∨>:.|、  `¨l、:_:/|: :j: :/ { r'ニ ヽ!
             r//|`Y', / `> 、`ヽl |:/--、 |   ' ∧
             |/ ∧⌒}:.      // r=ミ ヽ__l∧_ イ` /
              _/,:    |_\    /∧:{{:::::} |乂\_Y_,イ
        ,ィ、/´     匸_,.∧   //  |乂ノ!、 }__」 }:::::::|-ァ_
        {:{ /}      |{_ \//  j:::::::::::{\}_)/`¨¨\__}
        |:∨::::,        }' |  /'   /:::::::::::::\l∨{_/_^∨」
コックリさん 「…ふむ、普通の女の子では…ないようだな>レミリア
こひなとは違うが…」
大妖精 「あ、どうもこんばんは」
大妖精 が村の集会場にやってきました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → フランドール
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5998 (フランドール03)」
コックリさん 「そんなにクマ鍋されたいのか…>クマ鍋」
クマ鍋 「普通村に+して狐か背徳か子狐増やして狐2村も面白いとは思うんだけどねクマ」
ナズーリン 「おや、どこぞの館の吸血鬼もやってきたようだね」
コックリさん 「よろしく頼むぞ」
レミリア 「    /:://::/       l               ;     / /
    /:://:::'     、   :.         __/_,..ィ三三∨
   _,'__/_'     \  \,.--==三三=--、>--、三三{-、
   |::||::::::::{        _/{⌒\ __/_     /:ヽ 〉  {_〉
   |::||:::::::::>--≧、´ ̄ /  \/: 7:∧: :|:Trー' : : |\_ノ: : 、
   |::|!::::/  /  \_, - r-': /'´ __}/从|: ; : : : |: : |: : :∨: \
   {::ll::〈⌒ /:\   /:.:.|: : : |: : :{ / ,..ィ7}: /: : : : ': : |: : : |: : : : \
   \∧/ |: :{: :`T´: :-|--:、: 、: :\伐(ソ/イ: : : : /: : ;: : : :,|: : : : 、: :\   さて、今夜も遊ぶとしましょうか
      {八: :、: : |: :、:下瓧ォミ、\: }   /: : : イ: : :/: : :.:/|:/: : : : :、: :.}
          ∧: }:从: : \:}    ,  `   /:イ: : /: イ : :./: ∧: : : :/ }:/
         /: :}/:/: :\: 、:\   ー  ´ ,.:'/:/寸/: :/从/ ;: : :/ /
       ,: :.从:{: :|\:}: : : :}≧=―--く {/  /: ,.'、/ '  ,: : ,'
       {: :{  \{  '| : : /|/: : : : : /_},/'  /: イ \   {: /
      人: ヽ   \ j: :./ / }:/: , ´      {/    `ヽ /
          \}    {:./  /:イ ,'             :.                 \
             乂  }'  {     :::.  ;      :.                   } \
             __     ∧     :::  {  rミ、ミ、' l           ∧    〈///\
             {:::::::::::::〉=ミノ  .         |  乂/\\:.          〈/∧    }//// \
             >-:::匸ノl{   ::.       |  /  ,`<> 、_         /}/| _,..イ///∧、/\
            /::::::::/匸_)}\ ノ:,      | '   /l    ,、/> 、__/,.---////¨ー-、/∧ 、 /\
           /:::::;:::::/:::|匸_ノ  \}       {  / ,' l|     l \//////////////.: : : : : :.∨/|: :\/ \
           \/:::/::::∧ 〉)  〈\    |∨ |  \  ', \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`.: : : : : :. :. :.∨|.: : : :.、//\
              ∨:/::::/  、{乂   |、 \   ! \ |   \ /∧  }.: : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.//|: : : : : : ̄! ∧
             ∨、::{   } \   / \ \ |  \    `  \|.: : : : : : : : : : : : : : : :. :. :./イ/.: : : : : :. :.}//l!」
コックリさん が村の集会場にやってきました
かり 「吊られたら狐勝利はないだろうから」
ジルニトラ 「          __  _     l!
      l!  ,ィ≦´: : : :〃´: : :`丶 ,'|!   ,ィ
    r、 ,'| /: : : :V: : : :': : : : : ヽ: :.V i!  //
    j X: : : : : : ∧ヘ: : : : : : : : : ∨, レ'  ,
   〃/: : : : : : : :l‐Y |: : : : : : l: : : :X |   ,
  / /::/: : : : |: |!|,个、i!: : i!: : :!: : : : :゚。|  ,'
  ' .//::!: : : : :j:/!j{Φ}}:!: i!:i!: : jl:: : :: :: !!  ,'
  〃|:i!: : : ::|'从:|. Y リV斗从j:ニ: : : : レ7
  |! j:ノ!:: :: ::KfF芯  '弋叮屮: : : : :}ニニニ====ァ
  r≦从: :: :: ! ゝ''┘,    ー¨'〃: : |: :リニニニ彡'´
   /://介:: :八、   _  彡':: ::/リ: }!: :}!:ハ:   よろしく
  〃/// .|:、/小、> ´__ <ノ:,イ:/:ノ|:i!!::|}:!ハ:、  
 // {{  Ⅵ从!弋ニマ|  ,.../ノ、=、〃 リ |リ l!ハ:}  
 |!   i!  /´  //{´`}7= ヽゝ_ソ `丶、レノノ |:!  
 i!  ゝ ,'  .ノ ィ=ァゝ=' `ヽソ      ゚。   リ
 '   ,ィヨ、_/〃´¨レ´∨、    、    |   '
    //´//{: : : : : : :,: : : ヽ   .,rfV^trv'^、
   レレ´レV|:、: : :i!: ::i: :: : : :.、ノ !| }l ! } }!
     /!: : :!:: ヽ:}!: : :、...:::::. :| ∧/∨、ハリ
    ,: :i: : :{: :: :: :: :: : ゝ::::ノ}レ':: |: :: : : ::|
     .: : : ::∧:: : : :: : : 、_: : :fjヘ: :!:: : :: :/|
    ,: ::>イ: :ゝ: : :: : :: : :: : リ-、ゝ: : : : : :!. 、....___
   fv^V:::::ゝフ: : : :<¨)ー==彡'} |: : : : : :|: : 丶、 `ー‐-...._
   レV7:i::::r=': : : : : : ゝ'::::::::::r'::t}V^VY^Ⅵ: : : : ヽ、   `ヽ.
  ,'レ^/:i!::/: :: : : : : :: : :`ヽ:::::!、::::V| 〉、/〉!:: :: :: : : ::\   ゚ 。
  KV::::i!:,: : : : : : : :: : : : ::}:::::|;;\::|∧V Ⅵ \: : : : : : ::ヽ   ゚。
  |/ ,::/:,: : : : : : : : : : : : : |:::::!;;;;;;;ヽヽ. YV|  丶: :: :: : :: :゚。   }!
  (ニ7:/::;: : :: :: :: ∧: :: : :: ::i!:::i;;;;;;;;;;;;} V__j!   丶: :: : :: : :}!  リ
  V7:,;l::i: : : : : : :} {: : : : : : }:::;;;;;;;;;;;;|ゝニニソ!    ゚。: : : : h:l   ノ
  V/;!:i!: : : :: ,イ´  ` ヽ: :: :l::::{;;;;;;;/`ヽ( 0 }、    Vリ: : ||:j 」
レミリア が村の集会場にやってきました
ジルニトラ が村の集会場にやってきました
クマ鍋 「クマ鍋されて がサブタイに無い訴訟(言いがかり」
かり 「さて10分前」
クマ鍋 が村の集会場にやってきました
ナズーリン 「さて、よろしくお願いするよ」
ナズーリン が村の集会場にやってきました
かり 「いらっしゃい」
トビ 「よろしくな。」
トビ が村の集会場にやってきました
かり 「0:20開始予定です」
かり が村の集会場にやってきました
村作成:2014/11/21 (Fri) 00:02:33