←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [4986番地]
~今年も死亡フラグしかなかった、どうしてこうなった~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 不幸なGM
(生存中)
icon 姫子
(生存中)
icon 秦こころ
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
icon ハルパゴス
(生存中)
icon 水上由岐
(生存中)
icon オプーナ
(生存中)
icon 言峰綺礼
(生存中)
icon できる子
(生存中)
icon カスメ
(生存中)
icon お麺
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 美遊
(生存中)
icon キョン子
(生存中)
icon 音無小鳥
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
村作成:2014/12/27 (Sat) 21:05:49
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 不幸なGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2595 (上条当麻 03)」
不幸なGM
┌───────────┐
│やる夫達の初心者村  ....│
└───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『◇4aIgIjbj8.』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
不幸なGM
    _iー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
不幸なGM 「建てるのおくれたし
15分に準初心者、25分に全員入村許可だ
初心者枠入村許可!」
姫子 が村の集会場にやってきました
姫子 「ふふふ、よろしくお願いします!」
不幸なGM 「はい、よろしくな」
かり が村の集会場にやってきました
かり 「こんばんはございます」
やらない夫 が村の集会場にやってきました
姫子 「今日の私はボウケンシャーではなくシレンジャーです。シレンやったことないけど。」
姫子 「よろしくお願いしますね、お二人様?」
不幸なGM 「やったことないのか」
やらない夫 「FFF団で入ろうとしたがさすがにピーク過ぎてるので思いとどまっただろ…
よろしくな」
やらない夫 「シレンはやったことないな。ポケモンのダンジョン世代なんだ俺…」
かりです が村の集会場にやってきました
かりです 「こんばんは」
不幸なGM 「準初心者入村許可」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 秦こころ
アイコン:No. 6 (水色) → No. 7424 (秦こころ)」
姫子 「私は取る猫勢なので>GMさん」
秦こころ 「(ディアボロの大冒険という表情)」
姫子 「腐ったパンやら雑草を貪ることになるんでしょうけど
ボウケンシャーたるもの、そこらへんに生えてる木の実やキノコに始まり海の幸やモンスター料理や廃墟で毎日配善される暖かいスープとパンや赤いぶよぶよまで食べてきたので今更恐れるものも何もありませんね」
kari が村の集会場にやってきました
kari 「お邪魔します」
秦こころ 「お面勢PPの予感!」
姫子 「最近初心者枠少ないように見受けられたから今日みたいに多いのはありがたいですね」
不幸なGM 「…」
不幸なGM 「■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下」
姫子 「全員別陣営になる未来が見えるのです…>こころさん」
やらない夫 「俺もお面つけなきゃ(義務感)」
不幸なGM 「……準初心者だっけか?kariは」
kari 「ごめんなさい、素で間違えた」
kari は kari に KICK 投票しました
kariは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
不幸なGM 「シロマェ……」
姫子 「いやー!初心者枠が騙りだったー!?」
姫子 「その白い顔は覆面ではないのですか?>ないおさん」
秦こころ 「>やらない夫
そのアイコンのっぺらぼうのお面とかじゃないの?正面向いてるんじゃないの?」
秦こころ 「ピシガシグッグッ」
姫子 「(かりかりべりべり」
やらない夫 「なんだ…ハサン先生にしようと思ったが、変えない方がお面っぽいからそのままにするぜ!」
不幸なGM 「じゃカウントいくぞ
3」
不幸なGM 「2」
不幸なGM 「1」
やらない夫 「ガッ」
姫子 「ハサン先生とか私と特技が被ってますね…命拾いしましたね、ふふふ?>ないおさん」
不幸なGM 「全員入村許可」
ハルパゴス が村の集会場にやってきました
水上由岐 が村の集会場にやってきました
オプーナ が村の集会場にやってきました
言峰綺礼 が村の集会場にやってきました
できる子 が村の集会場にやってきました
カスメ が村の集会場にやってきました
お麺 が村の集会場にやってきました
オプーナ 「            / ̄\
              |    |
            \_/
              |
           /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
        /  .<●>::::::<●>  \   キッ!
        |    (__人__)     |
       \    ` ⌒´     /
.         /           \
.        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
      _(,,) オプーナ     (,,)_
      /  | 現在 ¥20      |  \
    /    |________.|   \」
水上由岐 「や。」
できる子 「よろしくなのだぁ」
ハルパゴス 「アッラララララ~~~~~イ」
カスメ 「入村間違いは・・・なかった・・・ いいね・・・?」
お麺 「よろしく」
オプーナ 「助けると思って買ってくれ!」
ハルパゴス 「12人じゃねえの!?」
姫子 「カメ子ちゃん!一緒にせかダン参戦内定してるカメ子ちゃんじゃない!」
言峰綺礼 「心に仮面をつけし者よ。愉しむがいい。」
やる夫 が村の集会場にやってきました
美遊 が村の集会場にやってきました
水上由岐 「まだ値段付くんですなぁ……。」
お麺 「決してお面被ってるキャラが思い浮かばなくて変化球で来たとかそういうわけではない」
やる夫 「やる夫がきたお」
キョン子 が村の集会場にやってきました
やらない夫 「アッハイ」
かりった が村の集会場にやってきました
美遊 「よろしく…あ、ラーメン屋台のおじさん」
かりです 「かりです さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりです → パチュリー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 707 (パチュリー03)」
かり が村の集会場にやってきました
姫子 「その発想はなかった>お麺」
カスメ 「2だと・・・出番なかったしね・・・>姫子」
キョン子 「よろしくな」
パチュリー 「…よろしく」
お麺 「これどうやってRPすればいいのという疑問は残るが致し方ない」
やらない夫 「俺が左にいけばやる夫系スロットそろったな…」
オプーナ 「何か言ったかな?>水上由岐」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 高垣楓
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6530 (高垣楓)」
秦こころ 「お面ではなく麺類がくるとは、この秦こころの目をもってしても見抜けなかった…(モグモグ)」
水上由岐 「オプーナとして売り出すより盟主として売り出したほうが良いんじゃない?>オプーナ」
できる子 「>麺
大丈夫なのだぁなんとかなるのだぁ」
カスメ 「・・・食べられる・・・>お麺」
お麺 「グワァー>秦こころ」
高垣楓 「お麺のお面ですか?」
ハルパゴス 「埋まったんじゃねえの?!」
かりった 「かりった さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりった → 音無小鳥
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1384 (音無小鳥03)」
オプーナ 「盟主は知らんのだよなぁ>由岐」
不幸なGM 「んじゃ、皆投票頼む」
水上由岐 「私も実はあんまり知らないんだけどね。」
姫子 「ふふふ、シノビとしての私の新たな力存分にお見せしましょう!楽しみにしててくださいね>カスメちゃん」
言峰綺礼 「はて…私のことをラーメン屋とほざく者がいるようだが…
私は決して作る側ではない。食す側だ。」
美遊 「小鳥さん…馬鹿な…薄い本奪取作戦のための出撃準備に余念がないはずなのに」
姫子 「お麺とオプーナの売れ残り戦線、ふぁいっ!」
できる子 「【占い】

【霊能】

【共有】 -

【無残】

【吊り】

【完グレ】◇お麺 ◇できる子 ◇やらない夫 ◇やる夫 ◇オプーナ ◇カスメ ◇キョン子 ◇ハルパゴス ◇パチュリー ◇不幸なGM ◇姫子 ◇水上由岐 ◇秦こころ ◇美遊 ◇言峰綺礼 ◇音無小鳥 ◇高垣楓

【死体】
音無小鳥 「今年も性夜にならなかった件に関して」
カスメ 「わたしも・・・がんばる・・・>姫子」
お麺 「ふっ、ワゴン入りのゲーム機などに負ける気はしない」
できる子 「必要ないかもしれないけど張っておくのだぁ」
高垣楓 「お酒のあとにはお麺はいいですね」
美遊 「もうP押し倒すしか…>小鳥さん」
水上由岐 「目を血走らせてはいけないということではないでしょうか、はい。」
不幸なGM 「諦めろ……後カウント頼む」
やらない夫 「クリスマス?なにそれおいしいの?」
秦こころ 「ねえねえこれが聖夜に明石家さんましか見るものが無い人の表情」
できる子 「麻婆ラーメンはお好きなのだぁ?>言峰」
音無小鳥 「私十月生まれなので
誕生日にデキ婚の計画が!
水泡に!!」
言峰綺礼 「これだから宗教に無頓着な日本人は…」
姫子 「サテ、カウント行きます!」
オプーナ 「そんな表情は忘れてしまえ>こころ」
ハルパゴス 「始まるんじゃねえの!?」
カスメ 「ごはん・・・どうしよ・・・」
やらない夫 「サテンサァン!」
できる子 「隣にあるのだぁ>カスメ」
秦こころ 「宗教戦争ならよく見る」
姫子 「ちょっと待って児童更新で※ランまで更新されるのこれ」
高垣楓 「宗教の終わりは今日ですか。終教なんて・・・」
お麺 「僕の顔をお食べ>カスメ」
言峰綺礼 「麻婆豆腐が嫌いかとな?笑止。>できる子」
音無小鳥 「ううう……八月のアバンチュールで六月にデキジューンブライドの計画も駄目だったし……
後はもうどうせれば」
美遊 「神父さんもそうだと思うけど、信仰心的な意味で。
神裏切って邪神信仰まっしぐらじゃん」
カスメ 「(器以外全部ずぞぞぞ>お麺、できる子」
できる子 「私はすきだよぉ>言峰」
お麺 「器も食え食え>カスメ」
オプーナ 「自動更新で発言欄は更新はされんはず>姫子」
ハルパゴス 「自動更新は15秒くらいをクリックしておくと良いんじゃねえの?」
姫子 「ごめんなんか変ちょっと待って!」
姫子 「ごめんなんか変ちょっと待って!」
言峰綺礼 「むしろあれを好きになれない人種がいるらしいという事実が私は悲しい>できるこ」
音無小鳥 「あ、麻婆焼きそばって知ってます?>神父さん」
できる子 「ぁいぁいだよ>姫子」
ハルパゴス 「【手動】に合わせるとクリックしねえと更新しねえので気をつけるんじゃねえの?」
オプーナ 「小鳥さんは何度目のループなのかな?」
水上由岐 「こちらだけ愛してるのに……相手にはその思いが届かない……とか、そういう経験はあるよね……。」
お麺 「落ち着いてゆっくりカウントしていってね!」
ハルパゴス 「トラブルじゃねえの!?」
やらない夫 「分身の術か…卑怯なじゅつを…」
秦こころ 「これが三日目で騙りLWルートが決定した時の表情」
できる子 「嘘ぉ・・・あんなに美味しいのにねぇ♪>言峰」
美遊 「小鳥さんはサザエさん時空だから大丈夫だよ」
水上由岐 「大丈夫、死んでも穢土転生がある。」
音無小鳥 「あ、それはそれで準備はしてるから>美遊ちゃん」
言峰綺礼 「麻婆ラーメンと何が違うんだ>小鳥」
オプーナ 「やめろ。その展開はトラウマだ。やめろ>こころ」
姫子 「うん、直ったたぶん
改めてカウント行きます!」
カスメ 「麻婆茄子は・・・麻婆豆腐の仲間に・・・ 入りますか・・・」
ハルパゴス 「卑劣な術じゃねえの!?>水上」
姫子 「お麺ができるまであと5分」
水上由岐 「良い子だからやめようか。>秦こころ」
美遊 「アルコールを盛って寝かせたあとに前立腺を刺激までは常識ですよね>小鳥さん」
姫子 「オプーナのオークション終了まであと4分」
姫子 「こころちゃんの仮面があと3枚」
音無小鳥 「ループっそんな
ゲームのキャラクターじゃあるまいし」
できる子 「こころが人の心を折りに来てるのだぁ」
姫子 「ぱっちぇさんの本が残り2冊」
秦こころ 「希望の面はぽいーで」
水上由岐 「あ、どうもゲームのキャラクターです。」
オプーナ 「         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\
    |         (__人__)|    おいまじで売れ残るのか?
     \    u   .` ⌒/
     /       __|___
    |   l..   /l´Opoona  `l
    ヽ  丶-.,/  |______Phone__|
    /`ー、_ノ /      /」
高垣楓 「オークションで置くクッション?」
言峰綺礼 「ギリギリ入れてやってもいいが…やはり豆腐には勝てまい>カスメ」
姫子 「GMさんの嫁が残り1人」
言峰綺礼 「GM……」
美遊 「入札キャンセル入りましたー」
姫子 「冒険者は全滅した…
開始です!」
やらない夫 「始まり始まりー」
ゲーム開始:2014/12/27 (Sat) 21:35:03
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
カスメ 「よろしくー・・・」
できる子 「あぅ・・・狼なのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「よろだお」
できる子 「よろしくなのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「騙りとか・・・どーする・・・?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「やる夫は潜るお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「得意じゃないのだぁ」
「◆不幸なGM んじゃGMはスバルだ
頑張れ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「では私が・・・ 騙る・・・

早めに・・・占い噛んで・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「私が・・・残り130で噛むから・・・」
できる子 「噛める展開になるといいのだぁ」
やる夫 「じゃあ、任せたお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「即噛み路線なら初日の理由を無駄に厚くしときゃいいお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「●もらったら霊脳カウンターでもするお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「●は霊能COなのだぁ
OKなのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
不幸なGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
不幸なGMさんの遺言 パチュリーと姫子
俺はどっちも好きだがよく考えたらパチュリーの中の人とプレイヤーとして
同村したことがないことに気づいた

しにてぇ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
言峰綺礼 「ここに第……あーえっと……

ふん、まあいい。初心者村の開幕を宣言する。」
できる子 「おはようなのだぁ
麻婆豆腐は美味しいのだぁ(露骨な宣伝なのだぁ
それじゃあみんなで頑張るのだぁ」
姫子 「はい、それでは楽しい楽しいミッションの時間ですよっと
狼と村人、狩られるのはいったいどっちでしょうねぇ?
あ、狐さんは適当に噛まれて吊り増やしたあと呪われてフェードアウトお願いします」
やる夫 「ちょっとやる夫の話し聞いてもらっていいかお」
お麺 「おはよう」
オプーナ 「ではオプーナを購入する権利を全員に与えよう。
遠慮無く受け取ってくれたまえ。」
高垣楓 「おっはー」
音無小鳥 「麻婆トコロテンね解るわ>美遊ちゃん

焼そばに麻婆豆腐が掛かっている仙台発の新感覚グルメですよ>麻婆焼そば

一見漫画みたいな食べ物ではあるが
PLの知るある中華飯店が考案したこの食べ物は、『B級グルメ流行ってるならいっそ言い張ってみようか』という試みがローカルラジオを介する条件もとに実在する!(バキ風ナレーション)」
ハルパゴス 「占~~~いじゃねえの!?
水上由岐は●じゃねえの!?」
秦こころ 「(初日に占い4COくらいしないかなという表情)
(しかも占い初日でという表情)
(ついげきの共有乗っ取りでダメージは更に加速した表情)」
パチュリー 「占い師よ
秦こころは○よ」
やらない夫 「もーういーくつねーるーとーおーしょーおーがーつー
GMは永遠にねむったようです」
水上由岐 「やっぱり……良い女には、煙草と屋上と……そしてヒラヒラ服だわね……。」
カスメ 「おはよう・・・」
キョン子 「よぉ」
美遊 「おはようございます。

用意する飲み物は今年のお米で作った大吟醸と
ルヴィアさんのワインセラーからギってきたワインでいいですよね

ソフトドリンクは現金問屋からコンテナ買いしてきました
やる夫 「真理に気がついたお」
姫子 「霊能伏せてー」
ハルパゴス 「アッラララララララーーーイ!!!
占いとか将軍に合わねえ役職じゃねえの!?
隣にアラララララーーーイするんじゃねえの!?
てかこいつ誰じゃねえの!?
知らねえやつなんだけどじゃねえの!?
じゃねえの言いまくってゲシュタルト崩壊するんじゃねえの!?」
パチュリー 「幻想郷の住人を占っておくわね
…その程度よね、初日占い理由なんて」
水上由岐 「COないよ。」
キョン子 「パチュリーはがんばれ」
秦こころ 「(●進行の舞)」
やらない夫 「●か、役職潜れよー」
できる子 「●なのだぁ霊能さんは潜るのだぁ
共有さんは好きにするのだぁ」
音無小鳥 「あれ、占い出ないわね」
お麺 「おいやめろ>こころ
そして●だー伏せろー」
ハルパゴス 「狼じゃねえの!?」
オプーナ 「では由岐にCOを聞く」
高垣楓 「●を吊るべし。つーるつる」
キョン子 「おやすみ。」
言峰綺礼 「ほう、いきなり狼判定とはずいぶんと景気の良いことをするではないか
では水上由岐のCOを聞こう。」
カスメ 「CO聞いて・・・●吊って・・・終わり・・・」
できる子 「って、パチェさんがでちゃってるのだぁ」
美遊 「じゃあ、みんなで呑んだくれながら●吊りでいいですね」
ハルパゴス 「そんな事より息子食おうぜ」
やる夫 「もっかいやってーって意味で、アンコールってあるだろうお
「アンコール!アンコール!アンコール!」っていうやつだお」
水上由岐 「うん、頑張れ。>パチュリー
GMもGMの遺言もそう言ってる。」
パチュリー 「…様子見の意味無いじゃない
騙りがここまで遅いと…ね」
姫子 「…なんか残念なことになってますけどぱっちぇさん!真なら死ぬ気で噛みよけてください!」
秦こころ 「じゃあ私は麺類でも食べてよう(ズルズル)」
高垣楓 「息子を蒸す子?」
ハルパゴス 「ムシャムシャ」
オプーナ 「カニバリズムはNG>ハルパゴス」
カスメ 「一瞬で喋ることが・・・無くなった・・・どうしよう・・・」
やる夫 「でも、帰れコールは
「帰れ!帰れ!帰れ!」だお」
言峰綺礼 「プッ…こんな寒いギャグで…」
ハルパゴス 「息子の肉がうめえかって?」
できる子 「GMの遺言なんていうかGMっぽいのだぁ」
音無小鳥 「なんていうかこう……
なんていうか

初心者に優しくないわね」
秦こころ 「勧められたので息子も食べておこう(パクパク)」
ハルパゴス 「オロロロロロロロロロ」
お麺 「●を吊るべし
さて、2-1展開である
COが若干遅かったような気もするがまあ気にならない範囲」
水上由岐 「ゴーストが囁かなくても狂特攻という予想は付くよね。」
やらない夫 「共有は出ても出なくてもどっちでもだな」
カスメ 「・・・息子・・・意味深・・・」
やる夫 「つまり、アンコールっていうのは
「アン!アン!アン!」これが正しいすがたなんじゃねーかお!?
とっても大好きドラえもんだお」
パチュリー 「20秒は待ったはずよ
これ以上待つと色々まずいじゃないの…」
お麺 「こころは雑食なんだな(ずるられ」
できる子 「楓ちゃん>おもしろいのだそれ!!」
カスメ 「霊能・・・出てたっけ・・?>お麺」
美遊 「私は…お麺さんは昔の謎肉のほうが好きだなあ」
姫子 「●が出た、そこ吊りだ、までは実に普通でよろしいんですけど他の人があまり話さなくなってしまいやすいのが初日●なんですよね…寂しいです…」
言峰綺礼 「こほん。COがないようなので本日は吊るわけだが…
パチュリーは…ああもう大体の感想を述べてはいるのか」
オプーナ 「共有が出るかどうかは任せよう。
ハルパゴスが真だと思うなら出ればいい。
偽だと思うならでなくてもいい。」
高垣楓 「だいぶ寒くなってきましたね。誰かか寒さを呼んでいる?
コールだけに……」
ハルパゴス 「息子を食う時は何と言うかね……一人静かに食わなきゃならないんだ……誰にも邪魔をされずに、一人静かに……」
やる夫 「だれも反応してくれねーお……
これが「孤独」かお……」
できる子 「麺さん>霊能いないよ」
美遊 「やる夫さんがアン!アン!言ってるとエッチな動画見てるみたいですね
相手いないオーラしてますし」
やらない夫 「あぶねえ…なんか異次元に飲まれかけただろ…
お面四天王であるこころが逝ったか…だがこころはわが四天王の中でも最弱…」
音無小鳥 「息子肉団子
息子ハンバーグ

封神演技……うっ、頭が」
水上由岐 「慣れた人は、私の挨拶の遅さを見て私が騙り役の狼だとしたらパチュリーが出るのは変だということに気付くとか思ったけど。
でも、そもそも私が潜伏役の狼の可能性があるからどうしようもないよね。」
お麺 「ここで問題だ
カップヌードルを創ったのは誰でしょう」
ハルパゴス 「(親子丼!そう言うのもあるのか……!!)」
姫子 「2-1?>お麺さん
霊能が一人しか出ないとは限らないし占いが追加で増えないとも限りませんよ?」
カスメ 「あん・・・あん・・・ ?」
高垣楓 「孤独だから子退く? >やる夫」
やる夫 「誰かが寒さを呼んでるとしたら、きっと低音の響きだお>高垣楓」
水上由岐 「あ、そうだ。」
言峰綺礼 「奇遇だな。私も麻婆豆腐を食すときは一人で静かに一心不乱に掻き込みたいタイプなものでな>ハルバゴス」
オプーナ 「大勢でわいわいってどこの時代でもありえんだろ>ハルパゴス
封神演義でももう少し落ち着いてたぞ」
水上由岐 「言いたいことがあった。」
秦こころ 「霊能は噛まれないように気を付けろー気を付けるんだー絶対に噛まれちゃ駄目だぞーいいか絶対にだーこの鬼気迫る表情が全てを物語っているー」
やらない夫 「反応を見て楽しんでんだよ、いわせんなはずかしい>やる夫」
姫子 「明日のCOの話なら、ってことです」
高垣楓 「親子を焼こう……?」
やる夫 「そして、コーラス(凍らす)で呼んでるお」
水上由岐 「幸福に生きよ!」
お麺 「正解は工場だ」
カスメ 「えぇと・・・霊能・・・誰ですか・・・」
言峰綺礼 「言いたいことがあるなら急げ。時間がない。>水上由岐」
ハルパゴス 「うおおおん俺は今人間マケドニア機関車だ>言峰」
パチュリー 「CO全容が分からないから言うことも無いし…
本当になんなのよ」
秦こころ 「一番面白いこと言った人に投票すればいいのかな?」
水上由岐 「人よ、幸福たれ!」
美遊 「兄妹丼もいいと思います!(イリヤとシロウさんとか)」
姫子 「審議拒否>やるおさん」
カスメ 「大喜利・・・>パチュリー」
オプーナ 「由岐が騙り狼だとして、パチュリー狂人はあるだろう。>由岐」
水上由岐 「これが満足気な表情。」
やる夫 「ひえ~>姫子」
お麺 「まあ役職は噛まれるなよ、頼んだぞとだけ
狩人とか霊能にプレッシャーをかける構え」
オプーナ 「だから出ているのがおかしいというのにはならないよ」
高垣楓 「あんあんあんーとっても大好きーセッ……げふげふ」
やらない夫 「見つけようとしないで(白目)>カスメ」
言峰綺礼 「なんだ。ただの断末魔ではないか。期待するだけ無駄だったな。」
できる子 「美遊さんも士郎さんが・・・(名前出てたっけ?なのだ」
カスメ 「布団が・・・ふっとんだ・・・」
お麺 「しかし駄洒落が多いな全く」
水上由岐 「つまり、非狼だから護衛する価値は出るんじゃないかな。>オプーナ」
姫子 「そうか、ここは大喜利村だったのですね…!」
美遊 「楓さん…酔ってますね?飲み過ぎですよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
姫子0 票投票先 →水上由岐
秦こころ0 票投票先 →水上由岐
やらない夫0 票投票先 →水上由岐
パチュリー0 票投票先 →お麺
ハルパゴス1 票投票先 →水上由岐
水上由岐14 票投票先 →ハルパゴス
オプーナ0 票投票先 →水上由岐
言峰綺礼0 票投票先 →水上由岐
できる子0 票投票先 →水上由岐
カスメ0 票投票先 →水上由岐
お麺1 票投票先 →水上由岐
やる夫0 票投票先 →水上由岐
美遊0 票投票先 →水上由岐
キョン子0 票投票先 →水上由岐
音無小鳥0 票投票先 →水上由岐
高垣楓0 票投票先 →水上由岐
水上由岐 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「んじゃ、プラン発表
パチュリー即噛み
噛めたらそのままグレラン
噛めなかったら、霊脳にでて、ラインを形成
その上で、パルパゴス護衛成功の狩人日記作成」
カスメ 「●見えたから・・・潜ってしまった・・・」
できる子 「パチェ噛める?」
やる夫 「挨拶が早いところが霊脳を騙ったほうが良いお
できる子かやる夫だお」
やる夫 「ナイス判断だお>カスメ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「んじゃ、霊能COするのだ」
やる夫 「噛めるかどうかじゃなくて噛むしかねえお」
カスメ 「パチェ噛みチャレンジ・・・
私は・・・狩人日記でも書く・・・」
できる子 「●でいいかな」
やる夫 「んじゃ、噛めたらそのままグレラン
噛めなかったらできる子が霊脳騙っておくれお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「>2 日目(生存者 15 人)
できる子はここみとけお」
できる子 「噛めなかったらCO
噛めたらそのまま潜るのだぁ」
カスメ 「噛みは・・・騙りのできる子・・・お願い・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「ここを見て、15だったら霊脳語り
14だったら潜伏に切り替えるお
霊脳結果は●でいいお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「130にパチェ加味するのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「13だったら銃殺だけど、13で銃殺はねえ配置だお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「潜伏占師がいることになるのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「潜伏占いいてもパルパゴスやパチュリーうらなわねえお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パチュリー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
パチュリーさんの遺言 占い師よ
秦こころは○
水上由岐さんの遺言 死に際くらい美しくありたいじゃない、人間だもの。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
やる夫 「霊脳が複数でるっていうのが一番面倒だお」
カスメ 「おはよう・・・」
姫子 「おはようございます!
情報少なくてどうしようもないから狼さんの噛みと霊能さんや潜った占いさんがどれだけ出てくるのか期待って感じ。それでは張り切ってまいりましょう」
できる子
おはようなのだぁ
昨日はなんか怖い話ししか出てなかったのだぁ
今日は霊能者さんのCO聞くのだぁ
そこから全ては始まるのだぁ」
オプーナ 「単純な話、信用するか占いを噛むか?だ。
霊能がどの程度出てくるかみておけばいいだろう。」
美遊 「おはようございましゅ。

らいたいれすねー
なんで初日から大人みんなして投げやりだったり酔ってるんれすか?
わらしはよってないれすよ
ファンタと間違えてスパークリングワインをコップ半分飲んじゃっただけれすよ

へくちっ」
言峰綺礼 「霊能者を宣言する。
水上由岐は○、つまり人間だ。」
ハルパゴス 「占~~~いじゃねえの!?
お麺は〇じゃねえの!?」
秦こころ 「おはよう
水上さんにハルパゴスへの敵意が無くて礼儀正しく吊られててうしろめたいことがあるような気がしたから狼でいいや

あとパチュリーが抜け駆けしててずるい!私も麺類食べたい!(パチュリーの麺類投票について)」
音無小鳥 「お互い親友同士だと思っていた美遊ちゃんとイリヤちゃん

だけどフト瞬間、それが友情ではなく愛情だと悟ってしまう

そんな二人の微妙な距離感の変化に気づいたシロちゃんは……」
やる夫 「うーん」
やらない夫 「おっはよーん」
姫子 「うわあ…>ぱっちぇさん死体」
カスメ 「◇やらない夫「見つけようとしないで(白目)>カスメ」
 2-1って・・・言っている人が何人かいたから・・・
 てっきり・・・COした人がいるのかな・・・って・・・」
お麺
まあおはよう
パチュリーは真狼目
ハルパゴスは真狂目という印象である
今のところはパチェ真ハルパゴス特攻かなって
でもまあわからん」
ハルパゴス 「◇お麺「まあ役職は噛まれるなよ、頼んだぞとだけ
狩人とか霊能にプレッシャーをかける構え」

こういう明日の噛みとかに発言する奴って個人的にくせえんじゃねえの!?
明日に関して、俺噛みが通る事祈る人外に見えるんじゃねえの!?
狩人も霊能もねえし、無駄占い嫌なら占うべきじゃねえの!?」
できる子 「ぁう・・・パチェが噛まれてるのだぁ」
やる夫 「んじゃ、共有はいまは潜れお」
言峰綺礼 「そういうことだ。」
やらない夫 「め、めんどくせえ遺言…」
ハルパゴス 「いやこれよ」
美遊 「ハルパゴスさん偽確定ですか。ヒック…。でも狂人っぽいんですよねえ、そこ。」
できる子 「で、霊能結果はわかれたのだぁ・・・」
オプーナ 「ではハルパゴス吊ってでいいかな。」
音無小鳥 「アッハイ
パチュリーちゃんはお疲れ様」
キョン子 「じゃ、ハルパゴス吊ればいいよ」
姫子 「うん、これなら狂特攻臭い
狼さんがそこ見捨てたって形でしょうかね?」
カスメ 「これは・・・わかりやすいというか・・・
素直に・・・見て・・・よさそう・・・」
秦こころ 「霊能1。特攻濃厚。ば~っかじゃねえのとか村に思ってそうなハルなんとかさん!」
ハルパゴス 「狂人噛まれで霊能乗っ取りとかよ」
お麺 「ふむ、パチュリーかまれで霊能も○と
まあハルパゴス吊ってグレラン地赤いだな」
やる夫 「護衛先を増やすことはねえお」
ハルパゴス 「ば~~~~~っかじゃねえの!?」
言峰綺礼 「なぜ私が本物だと確信してるのだね?>美遊」
カスメ 「ついでに・・・こころが・・・村っぽい・・・?」
キョン子 「こころ○が残ってるなら最悪ではないわな」
やらない夫 「ハルなんたら吊りでいいな。
噛まれ真で見たいな俺は」
オプーナ 「別段狂人でも構わん>美遊」
秦こころ 「>カスメ なんで?」
美遊 「でもグレランで死んじゃ意味ないんじゃないれすか?>やる夫さん」
音無小鳥 「できる子>割れてたかしら」
ハルパゴス 「これ俺どうやって主張すれば良いんじゃねえの!?」
できる子 「素直に見たら言峰真なのだぁ
でもでも、ハルパゴス偽ってスグわかるのだぁ?」
姫子 「狼なら狼吊りきりおうどん警戒でキープするのもありでしょうけど狂目ならさよならばいばいしていいかと。狩人保護にもなりますし狂人残していいことなんてありはしません」
美遊 「狂人だとキープ用にならないじゃないですか。
これに首輪と犬耳ヘアバンドつけるのはどっちみち拷問ですけど>オプーナさん」
やらない夫 「共有は潜ってくれな。やらない夫との約束だぞっ★」
できる子 「生きてる占師と割れてる>小鳥」
高垣楓 「……はっ。
寝坊したんで慌ててきたのですが、朝食食べてなくてちょーショック。」
ハルパゴス 「言峰にずっと噛みが来ない違和感云々?
「どうせ霊能鉄板だし」の一言で片づけられそうじゃねえの?」
キョン子 「むしろ言峰偽を考えながら進行してたら可能性を追うばかりで話が進まねえんじゃねえかな?>言峰」
お麺 「ハルパゴスは狂人ぽいので。
さよならばいばいだ」
カスメ 「本番は・・・明日から・・・
・・・寝る・・・」
オプーナ 「乗っ取り自体はある。但し、真を噛んで尚の事霊能に出る意味は薄いと思うが>ハルパゴス」
お麺 「【カップヌードル豆知識】
カップヌードルを甘く見ると死ぬ」
やる夫 「今グレランしねーからお
ハルパゴス吊りなんだから、出る意味ねーお>美遊」
秦こころ 「ハルバゴスの首は柱に吊るされるのがお似合いだ!(パパパパパウアードドン)」
言峰綺礼 「頑張って狼が私以外の全員を騙し切ることだな
まあ不可能だと言っておこう>ハルパゴス」
やらない夫 「むしろ占いは吊ってしまいたいな
霊能の色次第だが」
美遊 「あれ、霊能1じゃないの?>外道神父」
キョン子 「言峰自身が昨日の朝一発言+「いきなり狼判定」という言い回しからして、そこの霊真は信用がおけるだろ」
ハルパゴス 「村視点でパチュリー真で見ても俺吊る必要なくね?」
カスメ 「ZZZ・・・・・・」
姫子 「初日霊のハルパゴス狼で狂人綺麗が割りに行ったってケースもあるか」
お麺 「乗っ取りの可能性もあるが乗っ取り狙ったCO速度ではないし
真噛んで狼が出て行くのはないだろうと思うし」
音無小鳥 「霊能結果っていう言い回しが気になったのよね>できる子ちゃん

んー
まぁそういう意味って言われたらそれまでだけど」
やらない夫 「いや、なんかCOメモ間違ってることに築いた
いそいでなおしとく」
できる子 「ぁう・・・まあ、村全体が言峰真でみてハル偽ってみての進行するって言うならしかたないんのだぁ
可能性はあるけど捨てるのだぁ?」
キョン子 「という辺りであたしはパルパゴス偽しか見ない。パチュリー死亡の状況と合わせてな」
言峰綺礼 「お前は賢いな。そう今考えるべきことではない。それが正解だ。>キョン子」
ハルパゴス 「俺は10人まで放置で良いだろう?
ちょっと呪殺チャンスくれ。初日と3日目の2回だけとか勘弁」
やる夫 「ハルパゴス視点、パチュリーが狂人だお>姫子」
できる子 「ぁう・・・>小鳥
紛らわし言い方でごめんねなのだぁ」
オプーナ 「ハルパゴス視点で言うと霊能乗っ取りで2W1Kがだいたい露出している形だな。
狩人が吊り増やした場合はある程度は考慮はしよう」
秦こころ 「麺類食べたい」
カスメ 「ややこしいこと考えると・・・
妙な逆囲いしていて・・・狂人噛み・・・
さらに割るために・・・霊能に狼が出て・・・ってあるけど・・・

我ながら・・・考えすぎ・・・」
やらない夫 「霊能と違ってる時点でなぁ
霊初日はあんまりみなくてもいいだろ、2-1だし
あとなんかあやしいし」
姫子 「きれいさんは挨拶早い位置だったからそこは●見て潜った狼っていうのはなさそうですしあって狂、でぱっちぇさん死体できてるのならどのみちハルさん吊りでいいと思うのです」
高垣楓 「果たして。ハルパゴスさん真として。
パチュリーさんを噛んで霊能に割りに来るのか。」
音無小鳥 「やっぱり初心者に優しくないわよねこの村」
ハルパゴス 「どうせ明日以降のグレランで狼吊れねえなら俺吊ろうが吊るまいが負けるんだ
頼む、グレランで」
お麺 「それだと内訳が合わんしな、
どちらにせよ可能性は切る」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
姫子0 票投票先 →ハルパゴス
秦こころ0 票投票先 →ハルパゴス
やらない夫0 票投票先 →ハルパゴス
ハルパゴス13 票投票先 →オプーナ
オプーナ1 票投票先 →ハルパゴス
言峰綺礼0 票投票先 →ハルパゴス
できる子0 票投票先 →ハルパゴス
カスメ0 票投票先 →ハルパゴス
お麺0 票投票先 →ハルパゴス
やる夫0 票投票先 →ハルパゴス
美遊0 票投票先 →ハルパゴス
キョン子0 票投票先 →ハルパゴス
音無小鳥0 票投票先 →ハルパゴス
高垣楓0 票投票先 →ハルパゴス
ハルパゴス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「さて」
カスメ 「潜伏占い日記・・・書くよー・・・」
やる夫 「んじゃ、オプーナとかどうだお?>噛み先」
カスメ 「・・・いらない・・・かもしれない・・・

狩人っぽいのは・・・ちょっとわからない・・・」
できる子 「ぁう・・・あれでよかったのだ?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「いらんいらん>潜伏占い日記」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「楓さんが・・・共有っぽい・・・気がする・・・けど・・・」
やる夫 「よかったお。良い判断だお>できるこ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「もう、占いは不要なのだぁ」
カスメ 「・・・おっけー・・・こっから・・・ばりーとーど・・・(日記捨て捨て」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「オプーナは狩人っぽい気がすんだお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「・・・オプーナは・・・噛む価値ありそう・・・」
できる子 「◇キョン子 「じゃ、ハルパゴス吊ればいいよ」
イチバン早い指示だったのだ」
やる夫 「まあ、適当に灰殴る感じにシフトでいいお
共有はどの道そのうち出てくると思うお」
できる子 「オプナ噛みはOKなのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「んじゃ、130でオプーナいくお」
カスメ 「・・・明日に備えて・・・寝る・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「頼むのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
オプーナ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ハルパゴスさんの遺言 占いじゃねえの!?
結果はログでじゃねえの!?
オプーナさんの遺言                                   |. `|  |  l  l.  |
                / ̄\      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
               |     |.      |           ヽ_j  / //     |
                \_/      |   購入権利書ヽ_ハ/′    │
                  |        |                    |
              /  ̄  ̄ \    |     オ  プ  ー  ナ       |
             /  \ /  \..  |     ・・・ ・・・ ・・・       |
           /  <●>::::::<●>  \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |   とりあえず何も言わずにいいからサインだ!!
           |    (__人__)     |/|                    |
           \    ` ⌒´    /l|.| :::::::::::::::::::::::: |
           ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |
             >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|
           ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     |
          /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  .|             〃.  `ヾ    |
          /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l 光 ||..   |
        /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l 栄 l|..   |
       ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ     |
      / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!               ̄´    |
      l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─────────────┘
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
カスメ 「おはようございます・・・」
やる夫 「霊脳とこころの談合で指定吊りってことも考えるので共有はまだでなくていいお」
言峰綺礼 「霊能者を宣言する。
ハルパゴスは○、つまり…」
美遊 「おはようございます。

2-1自体が優しくないですけど、それ以上に察しろ進行が優しくないですね。
霊能が真確定な編成じゃないからって進行指示放棄した中でもみんな一致したから良かったですけど。」
できる子 「おはようなのだぁ
それじゃあ、ハルバゴス真はきってかんがえるのだぁ
霊能さんの結果重視で行くのだぁ
霊能さんかまれないよね・・・なのだ」
秦こころ 「おはよう。ハルバゴスが狂人ならカスメとキョン子があいさつ遅いので残せない」
やる夫 「オプーナは」
お麺 「おはよう
姫子は残していい位置、
で、できる子がハルパゴス残そうとしてたんで
どっちつかずな人外ありそうだなって」
やらない夫 「おれの発言ポンコツ度合いがひろがる現状、
俺はもうニューやらない夫となったのでそんなそそうはしないぜ!」
姫子 「お、オプーナが売れた…!?」
音無小鳥 「おはよう」
キョン子 「へー。」
美遊 「うん、グレランで3Wシメなきゃいけないんですね…>ハルパゴスは○」
言峰綺礼 「まあその後は察しろ。
で、どうするつもりだね諸君らは」
高垣楓 「共有CO」
お麺 「オプーナが売れた!
で、霊能とこころで指定するか共有出してグレランするかだが。」
秦こころ 「オプーナ……狩人狙いか?」
美遊 「あ、本当だ…オプーナさんが売れてる。あしたは真夏日ですか?
音無小鳥 「やるやら、かな」
やらない夫 「今日がCO言うタイミングなので共有COだろ」
姫子 「まあですよねーって感じ>霊能○」
カスメ 「・・・大殴り合い・・・開催・・・
共有は・・・出てほしい・・・全員・・・」
やる夫 「初日に●より早くに挨拶してるお
狼特攻だったら、挨拶遅めのところが噛まれると思うお」
できる子 「ハルちゃん○なのだぁそうしたらまだ3W居るのだぁ」
キョン子 「着眼点は悪くねえと思うけど初日の挨拶だけですべて決めるのはつまんねえな。>こころ」
やらない夫 「相方あってるな」
キョン子 「あれ。やらない夫共有か。吊る気満々だった。」
姫子 「おお、二人とも完灰じゃないですか!素晴らしい!>共有」
美遊 「毎晩お楽しみのようですね>やらない夫さん」
カスメ 「まだ・・・売れてない・・・んじゃないかな・・・
遺言的に・・・」
音無小鳥 「やっぱりその二人が鉄板よね」
できる子 「そうなのだぁ?>姫子
霊能○」
やらない夫 「まあ、話し合えーってかんじだな」
お麺 「了解した。グレランタイムだ!
【カップヌードル豆知識】
カップヌードルを創るために多くの血が流された」
やる夫 「言峰の○結果とも符合するお

ところで、やらない夫はやる夫のはなしは聞いてくれなかったのかお
かなしいお>やらない夫」
できる子 「なるほどなのだぁ!>共有二人」
言峰綺礼 「ならばグレランだな。なに、まだ3匹全員残っている。
この濃度で狼が吊れないわけもなし」
姫子 「挨拶遅い位置
◇美遊 「おはようございます。

用意する飲み物は今年のお米で作った大吟醸と
ルヴィアさんのワインセラーからギってきたワインでいいですよね

ソフトドリンクは現金問屋からコンテナ買いしてきました

◇キョン子 「よぉ」
◇カスメ 「おはよう・・・」
◇水上由岐 「やっぱり……良い女には、煙草と屋上と……そしてヒラヒラ服だわね……。」
◇やらない夫 「もーういーくつねーるーとーおーしょーおーがーつー
GMは永遠にねむったようです 」
キョン子 「7灰5吊りならまあ悪かねえか。」
やらない夫 「知ってた、ミスしまくってたしな>キョン子」
カスメ 「霊能結果は・・・まぁうん・・・
残り5吊りで・・・3~4人外ってことで・・・」
秦こころ 「この二人の夜会話を盗聴し思春期から一皮剥けたい十代の表情」
音無小鳥 「馬鹿な、貴方の恋人(みぎうで)はやる夫の筈」
美遊 「やる夫さんは…結局ぼっちなんですね。
きっとそのうち良い相手が見つかりますよ。」
姫子 「ハルさん○なら潜った狼間違いなくいそうなんで狼目狙うんならこの辺ですかね」
やる夫 「潜った狼がいるとして、簡単な挨拶のキョン子とカスメ」
カスメ 「その中から・・・吊りたい・・・と・・・?>姫子」
やらない夫 「よく見てみろ、反応はしている!>やる夫」
秦こころ 「ただの灰勝負になりました。占い噛んだんなら狼さん狐探しがんばってください応援してます」
キョン子 「姫子は見方が素直だからあんまり吊りたくねえなっていう」
お麺 「朝一はある程度情報になるかもしれんがそれをソースにしすぎるのはよくないかな
ちなみにカップヌードルソース味はない やきそばを買え」
美遊 「確かに見えて騙りからスライドしてそうなのは何人かいますねえ」
やる夫 「まあいいお
やらない夫はよく見てるが良いお
やる夫は今日この村で主役になるお>やらない夫」
音無小鳥 「挨拶遅い位置、二日目やら何やらで結構変動していない?」
キョン子 「できる子・小鳥は場に追従する動きが強いから、カスメ以上に吊りたい位置。」
やらない夫 「や、役職に見せるためにおそかったんだし(震え声)>姫子」
美遊 「あんまり調理法にうるさいと、牛乳注ぎますよ>お麺
言峰綺礼 「3W残り。灰を噛む余裕がずいぶんとあるんだなあという気しかせんな。
まあ私以外に役職はCOしていなかった以上そうするしかなかったのだろうがな」
できる子 「姫子がよくわからないのだぁ>キョン子
釣りたい位置は素直だけど
霊能○はそうですねってなんでなんかできる子はわからないのだぁ」
カスメ 「挨拶について・・・言い始めたのは・・・

・・・こころか・・・ここはすでにパチュリー○・・・」
姫子 「だってー、狼特攻やるなら霊他で割りにいくとかなんか色々凝ったことやりそうじゃないですかー?>できる子
これで狼ならただの狼の使い捨てって感じです、実にもったいないと思いません?」
お麺 「おま、匂いがつくだろやめろ>美遊」
音無小鳥 「やる夫に反応している(意味深)」
やらない夫 「おう、よくみておこう、お前の生きざまをな>やる夫」
美遊 「そういえば、こう吊って噛まれてってことは…
今頃霊界は小鳥さんの持ってる薄い本みたいな展開に(///)」
秦こころ 「あいさつ位置でカスメとキョン子の二択だが狩人あるほうはまだ吊りたくない
ならカスメからだろうか」
カスメ 「ヒメコが・・・そこから重ねて・・・リストアップ・・・と・・・」
やる夫 「音無小鳥は明日以降だお」
高垣楓 「狼 狼 狼 狐 狩 村 村

になりますね。素直に考えると。」
秦こころ 「キョン子の初日発言が噛まれ回避に見える」
美遊 「シーフード味に牛乳は正義です!>お麺」
姫子 「言峰狼だとしてもハルさん狂目かなって」
お麺 「その中で騙りスライドがいるかもしれんが見分ける自身はにい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
姫子1 票投票先 →カスメ
秦こころ0 票投票先 →カスメ
やらない夫0 票投票先 →美遊
言峰綺礼0 票投票先 →美遊
できる子3 票投票先 →姫子
カスメ2 票投票先 →美遊
お麺2 票投票先 →できる子
やる夫0 票投票先 →キョン子
美遊3 票投票先 →お麺
キョン子1 票投票先 →できる子
音無小鳥0 票投票先 →できる子
高垣楓0 票投票先 →お麺
4 日目 (2 回目)
姫子1 票投票先 →カスメ
秦こころ0 票投票先 →カスメ
やらない夫0 票投票先 →美遊
言峰綺礼0 票投票先 →美遊
できる子3 票投票先 →姫子
カスメ2 票投票先 →美遊
お麺1 票投票先 →できる子
やる夫0 票投票先 →キョン子
美遊4 票投票先 →お麺
キョン子1 票投票先 →できる子
音無小鳥0 票投票先 →できる子
高垣楓0 票投票先 →美遊
美遊 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「こっからは○噛みだお
こころや共有で」
やる夫 「値千金!」
できる子 「あぶなかったのだぁ」
やる夫 「ここで生き残ったのはでけーお」
カスメ 「共有・・・狙う・・・?
こころは・・・護衛あるところ・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「うーん」
カスメ 「霊能護るとか・・・○護る狩人は多いけど・・・
共有護る狩人は・・・少ない・・・      ・・・と・・・いいなぁ・・・」
やる夫 「共有で」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「狩人いるとして、今はたぶん共有2択じゃなくて、共有は代わりがいるからとこころ護衛してそうだお」
カスメ 「狩人っぽいのは・・・キョン子・・・?
姫子は・・・狐はあるかも・・・だけど・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「共有1噛みの後は共有護衛鉄板する人が多そうなのだぁ」
カスメ 「お麺も・・・指定ほしがってたし・・・
なにか持ってるかもね・・・?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「それは・・・霊能ちゃんす・・・>できる子」
やる夫 「できる子は明日狩人COも考えて良いお
日記はすげー簡潔でいいからお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「ハル→キレイ護衛日記」
カスメ 「あおぉーーん・・・」
やる夫 「130で共有噛むお」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
高垣楓 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
美遊さんの遺言                   /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\
                    /:::::::::::::/::::::;:::::::::::::::::::::::::::::i:::',::::::ヽ::::::::::::::::, -、
                /:::::::::::::::{:::::::i:::::::::i:::::::i::::::::::::|::::}zミ:::::,:::',:::::::{  ',
                  /:::::::::::/::イ::::::::!::::::::!:::::::|::::::::::::|::::| `^マ',:::',:::r ヽ  }__
                  ,:::::::::::::j/ |::i:::::|::::::::i::::::::!:::i::::::::|::::!    !:::|:::{     }
                    i::::::::::::::i  .|::|:::::|::::::::!:::::::|:::|::ー-|::::| _   .!:::!::::、_,  、_ノ
               i:::i::::::::::|   !斗:::!:::::::|:::::::l:::ハ:::::::|::::!  `  i!::|::::::::(___)
               |:::|::::i:::::!/ |::!::::ト :::::|:::::ハ{ }:::::ハ:{    |::i!:::::::::::::::::i
               |:::|::::|::::'!  ',ハ:::', ',:::}::::i 乂/ __    |::i!⌒マ::::::::|         ・・・・・
               !:::|:::::!::::!   __从', ',:从{   ,ィf孑竺Zミー  |::|´  }::::::::!
               ',:::;:::::!:::!  ,ィfZ弍ミ     /////, |::!  八:::::;′
               ',:::',::',::|’〃//// ,   ///// .|::!イ:::|:::::::
                    ',:::::::',{ ハ ///  __       _ /j/:_:::::|::::::{       [小鳥さんの蔵書閲覧中]
                    ',:::::::j::/}.ィ.    v ´     }    { V:::i {::::!::::::i
                 v-v' / }/ヽ  ヽ.     ノ .イヽ ,.:!  i::′!::::|:::ハ{
                    i j / ./ ノ         {  ',.i } .j'  从:!::{ ヽ
                 ハ { i  i  { }> ..     ,..:}  } リ /  / }:::从
                     ヾ j .|  ', ヽ::ノ ≧ =≦  j  j/ ′ /イー― -- 、
                   _',  j  ヽ ', /  }    /       / ./ / /    ヽ
                   / ヽ      } __    /     / ./ / /     ',
                /   { \     i!  `  ´{     .// / /
                .′   ∨/}    ハ乂___,.:     i ./ /       i
                i      /   / }:::::::::;::::::::i     |  /           }
高垣楓さんの遺言     _n_  _r、_,:z  ___
    |「米 || 三][三  ̄./    o_                 ト、∧∧/|/|
    ===人=== 壬┼`  ⌒))     o... >´......>.   _ywWWwx_ト、|        レ1
   </  \>.、| 乂 `=彡 /........./............\.....  ≧rュ[ロ] ≦          Z_
.      n               ,、,、...._ _...................ヽ.. ≧ネ儿 第2回 選抜総選挙<
    =||==;┐ =====  ===`’`’ノタ又' 「| 「| .....゜.. ^ キャラクター人気投票  /
    〃 // _||_ ==ォ==......... =ォ=  ゞ j !...........ヽ     > 結果発表///  \
       `   ̄ ̄ ̄ 〃.. /.... 〃j|ヾ...... </ ............i....゛.  ̄Z/ ̄\   ゚ ゚ ゚ \ 本 た キ キ
                j/.イ.........!=/=ミ!|.........ィ.!==-i..|......乂  /      ∨∨\「 ̄ 当  く  ャ ミ
               ノ'.../.......豸fテミ、ヽト- ,ィテ尨...リ...........ヽ| あ み|     に  さ  ラ の
             /ノ.....i.....レ.ハ ゝー'     ヽ='.ムイ..ノ...  | り  ん |     あ  ん は お
┏━━━━━━━━━━━┓..゙、    ,     ハイ...... <.. が な|    り  の 何 気
┃第6位   高垣楓   301票.┃.. ァ、 ー_‐'  ィ......ハ.......i....ノ..゙| と    .|    が 投 位 に
┃第7位   高垣楓   258票.┃..゙⌒`¬._ ィ二 ̄`<...ノイ. ∧ う   ./    と  票. だ 入
┃第8位   高垣楓   199票.┃... __,-、ゝ'/ィTヽ.__  Y\  \_/     う ___  っ り
┃第9位   高垣楓   176票.┃ > ´第 1 位 ` <..|_,ノ.          ::::///:::::::::::::た の
┃第10位  高垣楓    89票┃(    高垣楓      )         /.::::: ゚ ゚ ゚ \::::: か ヾ;
┗━━━━━━━━━━━┛、゙> ..507100票..< ,      /.:::::::::::i:::::::::::::::::、な :::::‘:ゝ
′.: i:.:.:.:.i:.ト、:.:.:.\:.:.>、:.:.:.:.ヽ:.\ \......〉  ヽ   |ィ. r'Vゝ.     ::: /.:::: i::::|::::::::::::i::: ?|:::::::::}人
.:.:.:.:.|:.:._壬:辷、:.:.、夊三,ハ:.:.: / ̄\..゙)〈 ヾ.... > ´第 2 位 ` <.゙::::::::|::::!:::::::::: |:::::l::::|::::::::ハ、゜
:. : 八:.:.抃zノ`  ヘzソ灯.:!:゙/      ∨.゙廴,, ゙.゙(    高垣楓      )..::i∧::ヽ:::::::_l:::::ハ::|:::∠t-、!ノ
:.: i:.:.:.ヽ:.{"゛   ,  ゙.ハ:.:.:| 感 フ .|゙)゙_,二>..> .. 3072票 . .<゙斗芋圦::ト、::ィf云zj:l::::i:::::匕\
:.八:.:.:.:.:.:≧  _. 、,  イ.:.:.:.:| 謝 ァ...|.゙气_、 と. ̄\__, i /.::: /.::::|::::ハゝゞ'     ゞ'.1:::::|::::::「辷〔
:. :.个=‐匕、  ‐ ∠ :.:.:.<   し ン|.   ,二厂二ヽ\(ーァ{:::::::ト、:::乂::ハ    '     ノ::::/ .::: しく
:.:.:. ゝ:.:.:.:.: ゝ.... r-、 / | ま に..|:..`:..゙¨¨`^ヽ \_ノア 人:::::しヽ::::ゝ::::.   ‐_‐ ≦-.:イ:::::/ ̄\
. 气:.:.、_ノ}:.ーァ  寸∨...゚ . ∧ す   /.\: :`:...  心个_ノ    ̄(::ハ::.\:::::.r 、_ イ:::::::ノ.:::: |  ふ |
ゝ-..> ´第 3 位 ` <   \_/.:.: : :\: : :.   rノ、_廴>   /  ̄`≦~、Y~´{廴:>.<   ふ |
r...(    高垣楓      ).._7/: : : : :ヽ: : :丶: : :  ヽ_}_ノ   , ゜       `. _,ゝ 、_\ <::: |  っ .|
..゙'/ > .. 1802票 . .<.゙<:i: : : : : 、: : : . : : ヽ: : :..゙゜ |   /  v_r~t_.゙´⌒  \`ヽ - .\_/
 //人ヽV Ⅴ    /: : : : : : |: : : : ! :\: : ヽ: : :i: : : .丶_|  . ゜   〃Y. ´  ,   > ´第 5 位 ` <
....>^ ニ| i |ニニニニニ. ィ : : : : :i: ト、: : : \-==-} :、_ノー‐ァ..ヽ\  /{.. ′  /  (    高垣楓      )
ニニニニ.| |」.\_人/{゙: i: : i、≦二、ゝ'´,ィfテ尨:_) す (.゙゙/ ̄ ̄\ /  , .|::.  > .. 514票 . .<
ニニニニ !」ニ )ス 素\_: :トΚ弋j゙  ″ゞ'゙ノ: :.) っ (:.:| 順 順 |.:゜ /.: :ハ:::..i .   |:.、 ヽ    \ー=、
ニニニニ   <. テ 敵 (..\: ヽ"´ ,   , ∠_:. ⌒Y^⌒:.:| 位 当 |:: /.;::i-!‐、::!::ヽ:‐::!-::. .:i.  ヽ  \   ゙::
ニニ._∠=..._丿 ッ な (...: : :>ゝ_, ー/\∠ィ: : :ノく´ . | で な >. ::Vォモrミ^ー`ィモヵz::|:    ト、:..:::.ヽ リ
....‰ヽ/ ) キ   (⌒ . ― 、:ノ>/:i:i:i:iⅩ` ̄´  ∨.| す   |: {:::.\トゞ'    ゞ'ノ゙ ソ ,   |:::i:::ヽ::::V
x゜⌒圦_゙⌒) :   廴.    i 、/:i:i:i:i:i:i/ く.    r=、| ね    |:. ヽ:::.. ≧ァ  、   ゜イ/.::::::/.:::!::::::}:::リ
|゙ ,:√しJ/^V⌒ヽ厂.. > ´第 4 位 ` <.  ⌒ハ..\__/゙ヽ)ー、:イ:、 ー_‐  ィ≦::イ:/.::ノ.::::ノ:ノ
レ゜  Υfメ┐ ノ大. (    高垣楓      ) n∠ゝΚ⌒◯<)厶く<::::ゝィ|><|、:::/.::´.::::::/}ノ´
 ┐ニ= ーしく\⌒てZ...> .. 721票 . .< ー=ニ{,' 人__)儿小く⌒)从ノ´\(Xxxx)\ー<_/ /
 丨/ニ_______,_\\⌒¨とゝ兀ゞ)..|....i.\} ⊂ニ⊃rゝィ〔,イ>ヘ个f⌒∩ゞハ  r┴、「    >、_
  レニ.`゙ー-‐'^~ \\-、_∨∪ Ⅵ....l.匕}   ,斗r≦ア‐‐ュ{r'⌒Y人>J斗∧ 「二ヽY //;';';';'\
  {ニニニニニニニニニ..rハ`ヽjJ∨.  Ⅵ..l../`  〔\廴ゞ⌒Y⌒)〈>斗ミ、||ノ).∧とニヽ | /ー=、;';';';';'ハ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
姫子 「カスメちゃん投票理由
・初日挨拶位置遅い場所であること。
・◇カスメ 「一瞬で喋ることが・・・無くなった・・・どうしよう・・・」
わざわざ言う辺りあざとい。本当に話すことなかったら初日だし別に黙りこくっててもいいはず。後々導思われるかに関しても無駄話してても同じようなもんだし
・なんか狩人はなさそうかなって思った
以上」
やる夫 「ここは村にきまっとんじゃおらあああああって人があんまいねーお……
その中では姫子がちゃんと自分で考えてるっぽくて村っぽいお」
できる子 「おはようなのだぁ」
言峰綺礼 「霊能者を宣言する。
美遊は○、つまり人間だ。」
キョン子 「できる子吊りたかったけど姫子投票するならカスメ優先でいいやくらいの心持ち」
お麺 「おはよう
投票はできる子、
素直な村人というよりは目立ちたくない人外臭がするのでな
一言で言えばぶりっ子だな(違う)」
音無小鳥 「美遊ちゃん
どっちかって言ったら村狐なような

仮に霊噛まれてなくて●なら
身内切りだろーなーぐらいの話」
できる子
◇姫子 「だってー、狼特攻やるなら霊他で割りにいくとかなんか色々凝ったことやりそうじゃないですかー?>できる子
これで狼ならただの狼の使い捨てって感じです、実にもったいないと思いません?」
姫子>例えばそれ狙いでの狼●の可能性もあるのだぁ
思考から直に排除できるのがよくわからないのだぁ
例えば、何かしらの情報を持ってるならわかるのだぁ・・・」
秦こころ 「お麺感情吊りしたい(食欲)」
カスメ 「おはようございます・・・」
姫子 「…(ドン引き)>二人の遺言」
やらない夫 「おっはーだ」
カスメ 「寡黙は・・・少しでも・・・早めに吊っておきたい・・・
◇美遊「確かに見えて騙りからスライドしてそうなのは何人かいますねえ」
実質・・・この発言だけ・・・内容寡黙・・・
・・・小鳥もそうだったけど・・・ね・・・

◇音無小鳥「挨拶遅い位置、二日目やら何やらで結構変動していない?」
 それは・・・騙り諦めた・・・とか・・・で・・・
 変わるのでは・・・?」
やる夫 「アイマスの遺言ならべたかったのかお?>噛み」
やらない夫 「あ、相方ダイーン!」
キョン子 「美遊投票している灰がカスメだけっていうこの。」
秦こころ 「じりじりひんひん」
お麺 「○、か
やめい、どんだけ食う気だ>こころ」
やらない夫 「それをみるとボーボボをおもいだすだろ…」
言峰綺礼 「それはギャグで言ってるのか…()

しかしまずいことになった。かなり自信を持ったつもりではあったが」
カスメ 「・・・鉄火場・・・の・・・可能性・・・

・・・狙うなら・・・」
キョン子 「小鳥もなー、なんだかんだ私と見ている方向が同じって言うのがどうにも悩む」
やらない夫 「あ、指定は2分程度にするのでよろしくたのむだろ」
秦こころ 「キョン子が似たようなアイサツの境遇でカスメ殺しに行ってて役目」
お麺 「遺言はニアそっとしておこう」
やる夫 「小鳥さんがこう
灰見とかがまったく見えない人で今日からちゃんとして暮れねーとすげーこまったちゃんだお
いま、ただでさえキョン子ーカスメに何もおらんかったら負けるっていう村になりそうなのにお」
お麺 「キョン子からそこはかとなくただよう役持ち臭
まあ狩ありそうなんで吊るのにちょっと躊躇してしまいそうなところではある」
秦こころ 「じゃあ今からお湯を入れないと間に合わないな >二分後」
姫子 「うーん…ナチュラルに排除したっていうか状況的に考えてそうっぽい!って思ったんで>できる子さん」
できる子 「姫子は直に頭の切り替えできた理由ってあるのだ?
あと、ハル○最初から考えていたのが微妙なのだ」
カスメ 「そういえば・・・キョン子が・・・
「できる子と小鳥が『追従』してる」って言ってたけど・・・

できる子はともかく・・・小鳥は・・・追従してた・・・?」
やる夫 「寡黙に目をつけて、なんで小鳥さんに目が行かんのかお>カスメ」
音無小鳥 「いや、別に初日が遅かったかどうかそれなら姫子ちゃんの意見もそこまで参考になるの?っていう話>カスメ」
キョン子 「3日目の4発言目あたり>カスメ」
秦こころ 「カスメとキョン子両方は最終日には残せない。キョン子は狼じゃなければどっかで自然死してそうという表情」
やらない夫 「では指定お麺」
カスメ 「言ったし・・・迷った・・・
朝一・・・見て・・・>やる夫」
キョン子 「狩人云々言うくらいならば、さくっと誘導すべきとは思うけどね>お麺」
お麺 「私のカロリーは53万です
残せるのは姫子と・・・後やる夫は殴りあいできそうなんで最終日まで持っていっていい」
やらない夫 「COあるか?」
カスメ 「ありがと・・・見てみる・・・>キョン子」
お麺 「Coはない」
できる子 「状況的ってことなのだぁ・・・
なるほどなのだぁ、ただ姫子がそこまで考えられるのに
こっちの状況考えないっていうのが変って思ってるのだけは残しておくのだ」
姫子 「狂特攻っぽいって思ってたんで○で納得するのは普通だと思いません?>できる子さん
狼特攻疑ってて○だったりして私の発言だったらおかしいですけどー」
やる夫 「それはもう、初日の挨拶とかもう抜きにして全力で怪しい発言で狼見つけろってことかお?>やらない夫」
カスメ 「参考には・・・できるんじゃないかな・・・
決定打には・・・できないけど・・・ >小鳥」
音無小鳥 「というか
疑いだけ挙げて結論が出ない辺り
内容が寡黙なのはカスメ子ちゃんも変わらない気がするわよ」
やらない夫 「んじゃそのまま吊りで、さよならだろ。
俺が焼きそば派だったことを恨むがいい」
秦こころ 「お面は姫子残しでできる子吊りに行ってたな。色が見れるなら参考にしよう」
できる子 「狂人特攻だと思った理由はあるのだぁ?>姫子」
姫子 「あ、○撤廃してよかったんですか」
やる夫 「◇カスメ 「おはようございます・・・」

挨拶みんのかお」
カスメ 「ほほぅ・・・私が怪しいと申すか・・・>小鳥

気に入りました・・・貴方は最後にしてあげましょう・・・」
秦こころ 「お麺食べたい」
キョン子 「やる夫は初日のギャグってくらいにしか感じなかったわ。まー、動き的には狼かっていうとなんか違う気がするという所感」
お麺 「3wありそうなのは
できる子ーカスメー小鳥あたりか
小鳥が寡黙な村もあるかもしれんがそこまでは手がまわらん」
秦こころ 「ズルズルムシャムシャ」
やらない夫 「黙秘します>やる夫」
カスメ 「・・・朝ニで・・・>やる夫」
音無小鳥 「参考から発展させなければ寡黙と同じよ>カスメ子」
やる夫 「ちなみにカップやきそばに卵黄を入れるとこの世の極楽ってくらいにうめえお」
お麺 「くそっ!ぺヤングアイコンにしておくべきだったか!」
キョン子 「ごめん、吊った占いの○に対してその反応はちょっとない>姫子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
姫子0 票投票先 →お麺
秦こころ0 票投票先 →お麺
やらない夫0 票投票先 →お麺
言峰綺礼0 票投票先 →お麺
できる子1 票投票先 →お麺
カスメ1 票投票先 →お麺
お麺8 票投票先 →できる子
やる夫0 票投票先 →カスメ
キョン子0 票投票先 →お麺
音無小鳥0 票投票先 →お麺
お麺 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「なんか、すごく自然に投票ミスってるお」
できる子 「大丈夫なのだぁ(多分」
やる夫 「どどどどどどうしようお
もうこころかやらない夫の初心者2択しねえといけねえお」
カスメ 「畏れよ・・・我を・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「まあいいや
隣だったからでなんとかごまかすお」
カスメ 「さて・・・ 小鳥の反応が・・・
過剰反応気味かなとは思う・・・」
できる子 「仕方ないのだ・・・>状況的に」
やる夫 「キョン子、小鳥、姫子の誰か吊る作業だお」
できる子 「できる子の狩人日記
1日目
できる子狩人なのだぁ
頑張ってみんなを守るのだぁ

2日目 護衛 ハルパゴス
初手●なのだぁ・・・
●だしが噛まれることが多いと思うのだ
だからこっちを護衛するのだぁ

3日目 護衛 言峰
逆だったのだ・・・
村の方向性から考えて
霊能鉄板で行くのだ

4日目 護衛 言峰
鉄板なのだぁ
ここ噛まないだろうけどできる子は安全に行くのだぁ

5日目 護衛 言峰
ぁうぁう共有なのだ共有噛まれたのだ
でも、こっち鉄板のほうがいいとお思うのだぁ」
カスメ 「姫子は・・・やっぱ素村じゃないかな・・・とは・・・

・・・私の目は・・・宛にするな・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「一応用意してあるのだぁ」
やる夫 「狐候補2だから、まあしゃーねーかお
って事で明日指定で非狼に刺さってもそのままな方向でいくお」
やる夫 「んじゃ、こころ噛みでいいかお?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「姫子は殴り続けるのだぁ>初心者に対して殴るできる子」
できる子 「いいのだ!」
カスメ 「吊るなら・・・小鳥か・・・キョン子・・・?」
できる子 「私指定なら、普通にCOするのだぁ」
カスメ 「ちょっと・・・殴り文・・・書く・・・

その内・・・吊られそうだけど・・・」
カスメ 「・・・柱・・・したほうがいい・・・?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「・・・告発先がいない・・・」
できる子 「いらないのだぁ」
やる夫 「柱は別にいらんお」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
秦こころ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秦こころさんの遺言
  \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
\                               /
.  \        す   む  ら  で  す      
..   \         ,ィ    -‐…‐-ミ ト、        -‐
              {乂´          `ヽY ア       --
ー           ー=イ乂 `¨           `ヽ    = 二
 __         /                     :.      _  ̄
     二   /       /          ヽ|   ヽ   :.     _
   ̄.     /       i     |   .:|    |  i     ―
    -‐  ムイ     . : A   . .:i A . :| . :|   .:}  }      = -
   -      |   . .:ト{ ヽ .: .:.ト{ ゝト、│  .:/   ′      _
  ー =    jィ   . : | TT\ . :| TT  /  .:/   i{      -
 _         人ト、人:{ ∪  乂{. ∪ ムイ:イ   八   ‐-    ニ
    _        .| }   '      │! .:|             - 
   -           .|人   -      | ..:′            - _
    /       .| .:| 〕j : . _ ,..   ´,′,′ヽ
         /  ./| .:|// //. : }   / .:/   \    丶     \
    /      ./ :| .:|/ //.:/j  . '/ .:/ \_     丶     \
   /  /  /  ./ :/| ├''"´/  / / .:/xr≦⌒`ヽ    丶     \
 /  /  /  ../ ://| .:|   / / ./ .://         Y     丶     \
お麺さんの遺言     ,.‐‐、       ,.-‐-、
    く__,.ヘヽ.    / ,ー、 〉
      \ ', !-─‐-i / /´
       /`ー'    L//`ヽ、
      /  /,  /|  ,  ,    ',
    イ  / /-‐/ i L_ ハ ヽ!  i
     レ ヘ 7(ヒ_]   ヒ_ン )ト、!|  |
      !,/7"" ,___,  ""iソ|   |
      |.从  ヽ _ン   / |./   | 何見てんだよ
      レ'| i>.、,,__ _,.イ /  .i  |
   |------------------------:|
   |------------------------:|
.    | !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!:|
    |      /~O 7 .TT ̄)     .|
    |     (   |   ||O~     |
.    |     ヽ-'丶-' |      ::|
     |   T T O丶OTヽT T~丶 ::|
    |   |\(  (  |  | |┤  .::|
    |  ┴ ヽ-' ヽ┴'┴┴-'  ::|
.     |   (カップヌードル)  ..:::|
     |!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!|
     lニニニニニニニニニニニl

【カップヌードル豆知識】
カップヌードルは7分たつとその短い生涯を終える
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やる夫 「隣同士だからか、すげー自然と投票ミスってたお
今まで投票間違ったことのない人だけやる夫に石を投げるといいお」
言峰綺礼 「霊能者を宣言する。
お麺は○、つまり人間だ。」
やらない夫 「おはようだろ」
音無小鳥 「五日目昼時点で
10人3W
仮に狼の場合は狐位置吊りたい、という意味で
(吊り位置を削る)引き算より
(自身の村目位置を)足し算を優先したやる夫君は狼っぽくはないという印象なので

余程失言ない限りは
狼吊れてない限りは吊ってる場合じゃない位置ね


ちなみに私は掛け算優先」
できる子 「おはようなのだぁ」
姫子 「なんかハルさんから信用しよう!とか護衛貰おう!って感じがしなかった>できる子さん
あーならこれ狼に全部丸投げした狂人みたいだなーって

ぶっちゃけ初日の2-1言い出してるとことか何COするか打ち合わせしてたのかな?って思ったのがぬぐえなかったので吊りたかったんですけど一応○貰ってるから除外したほうがいいのかなって思ってただけです
前吊った占いのだから投票していいよねって指示待たず独断で突っ込んだら怒られたので…>キョン子さん」
カスメ 「おはようございます・・・」
音無小鳥 「カスメ子ちゃんはとりあえず、朝一でどれぐらい意見出せるか次第


吊り自体はキョン子orできる子かなって話

できる子ちゃんは個人的にはやはり霊能割れてる、が気になるし>占いが真狂なら」
できる子 「キョン子に乗っかってるってまた見られるけどいうのだぁ
◇姫子  「あ、○撤廃してよかったんですか」
>村の相違として偽としてハルちゃん吊ったのだ
で、しかもなのだ、姫子はそれ普通に賛成してたのだ+今でもそういう発言してるのだ
っていう中でのこの発言はおかしいのだ」
カスメ 「◇音無小鳥「参考から発展させなければ寡黙と同じよ>カスメ子」
 怒られたので・・・頑張る・・・
 キョン子から教えてもらった件の発言・・・
 ◇音無小鳥「霊能結果っていう言い回しが気になったのよね>できる子ちゃん
         んー
         まぁそういう意味って言われたらそれまでだけど」
 これかな・・・?違ってたらごめん・・・
 ・・・私には・・・追従ってほどには・・・見えないかな・・・
 あと・・・昨日から・・・すごいしゃべりだしたので・・・指定か放置・・・ポジション・・・
 ランとかで・・・吊りたくない・・・」
言峰綺礼 「残念だが1匹たりとも死んでいない」
姫子 「えー…>お麺○」
やらない夫 「なるほどなー>○」
やる夫 「発言のみで決めろよっていうんだったら、姫子殴りに無理があるできる子と危機感が感じられない小鳥さんになるお」
できる子 「○なのだぁ・・・」
やらない夫 「指定しかないじゃないか(絶望)」
やる夫 「指定先が狩人COしてもそのまま吊ることをかんがえるお>やらない夫」
音無小鳥 「ぶっちゃけ
内容的にはカスメ子ちゃんも私とドッコイなのよね」
姫子 「キョン子さんへの返信参照で>できる子さん」
カスメ 「時間が・・・足りない・・・

雑感だけど・・やる夫・・・姫子は・・・吊りたくない・・・ぐらいかな・・・

できなる子と・・・キョン子は・・・ごめん・・・」
やる夫 「1吊り逃げられたら負けるって状況だからお」
できる子 「無理あるかお?>やる夫
知らない情報持ってそうだから話し聞いてるのだ」
キョン子 「んー。」
言峰綺礼 「仮にやらない夫が噛まれてた場合真っ先に指定しようと思っていた場所ならあるが、
これは開示してもよいものか?」
やらない夫 「いわれなくてもそのつもりだろ>やる夫」
キョン子 「姫子はせいぜい狐目」
カスメ 「・・・消去法になるけど・・・
できる子と・・・キョン子から・・・かな・・・」
音無小鳥 「そりゃ
そこに触れたの私だけだし>できる子ちゃんの言い回し」
姫子 「カスメさんは三昼にこころさん村っぽいって言っただけでそのまま寝てましたけどどの辺がそれっぽいと思ったのか教えてもらってもいいですか?」
やる夫 「◇できる子 「
◇姫子 「だってー、狼特攻やるなら霊他で割りにいくとかなんか色々凝ったことやりそうじゃないですかー?>できる子
これで狼ならただの狼の使い捨てって感じです、実にもったいないと思いません?」
姫子>例えばそれ狙いでの狼●の可能性もあるのだぁ
思考から直に排除できるのがよくわからないのだぁ

これで、この可能性を排除したからなんだっていうことしか思わんのだお
やる夫は
>できる子」
キョン子 「このうち3Wあるならやはりカスメ・できる子・(やる夫or小鳥)という感覚」
できる子 「別のRPが混ざったのだ(///」
やる夫 「もっというと、やる夫が秘め子を村だと思っているという灰見していて
そこを殴っているからということもあるんだがお」
やらない夫 「ふむむ…」
言峰綺礼 「しかし想定が大甘すぎた。
いや大甘故に見えるものもあるとはいうが」
姫子 「うーん…狼っぽいというかやけに突っかかってくるできる子さんは気になるけどそれよりカスメちゃんのほうが気になる…」
カスメ 「噛まれた・・・占いの・・・○・・・>姫子」
キョン子 「カスメが私とできる子を候補に挙げている辺りからすると、
できる子狼・私狐だったらいいなーという感覚で推している感はぬぐえない。」
できる子 「排除するには情報があると思うのだ
なんの情報もなく排除することはできないのだ>やる夫」
やらない夫 「キョン子吊りで」
やらない夫 「一応COきいとくが」
カスメ 「畏れよ・・・我を・・・・・・>姫子」
音無小鳥 「まぁ、できる子ちゃんからこれ以上意見が出ないなら吊りたい位置から変動はないわね」
キョン子 「じゃ、私吊に反対したい人はカスメに入れてね。COはないから。」
やる夫 「キョン子を今日吊るンだったら」
キョン子 「私を吊ったら村は負ける。それだけのことを私は知っている。」
できる子 「できる子が突っかかる理由は基本的に”納得してない”これに限るのだ>姫子」
カスメ 「そこ吊りなら・・・よし・・・」
言峰綺礼 「そうか。そういう選択か。」
やらない夫 「んじゃつりこめー♬」
やる夫 「カスメとセットでロラしたかったお」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
姫子0 票投票先 →キョン子
やらない夫0 票投票先 →キョン子
言峰綺礼0 票投票先 →キョン子
できる子0 票投票先 →キョン子
カスメ1 票投票先 →キョン子
やる夫0 票投票先 →キョン子
キョン子7 票投票先 →カスメ
音無小鳥0 票投票先 →キョン子
キョン子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「それが世界の選択かお……」
できる子 「これどうするのだ・・・」
やる夫 「はい、黙って
んじゃ、姫子噛みで護衛成功がでたらやる夫が狩人COするお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
カスメ 「例え100人に怪しまれても・・・
有権者ひとりに疑われなければいい・・・」
できる子 「小鳥と姫子二択なのだ・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「姫子で護衛成功がでるってことは、小鳥しか狩人がおらんお
だから、やる夫と小鳥の対決になるお」
できる子 「狩人日記はポイするのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆不幸なGM ふぅ……霊界からいっていいって言われたし
早かみしちゃっていいぜ」
やる夫 「じゃあ、ウイニングバイトしたい人どうぞだお」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できる子 「どうぞなのだぁ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
やる夫 「どうぞどうぞどうぞ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
姫子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョン子さんの遺言 言峰偽はそこそこ考えてはいたよ
姫子さんの遺言 なんかハルさんから信用しよう!とか護衛貰おう!って感じがしなかった>できる子さん
あーならこれ狼に全部丸投げした狂人みたいだなーって

ぶっちゃけ初日の2-1言い出してるとことか何COするか打ち合わせしてたのかな?って思ったのがぬぐえなかったので吊りたかったんですけど一応○貰ってるから除外したほうがいいのかなって思ってただけです
前吊った占いのだから投票していいよねって指示待たず独断で突っ込んだら怒られたので…>キョン子さん
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2014/12/27 (Sat) 22:43:03
水上由岐 「お疲れ様。」
キョン子 「おつかれさま。」
美遊 「お疲れ様ー」
不幸なGM 「おっつおっつ」
やる夫 「おつかれさんだお」
お麺 「お疲れ様ー」
ハルパゴス 「お疲れ様じゃねえの!?」
できる子 「おつかれさまなのだぁ」
秦こころ 「お疲れ様の舞」
言峰綺礼 「お疲れ様だ。」
美遊 「問題は、やる×やらなのかやら×やるなのか…」
やらない夫 「おつかれちゃん すまんな」
オプーナ 「お疲れさん。狼達にはオプーナを100万本買ってもらうぞ」
カスメ 「お疲れ様・・・
お仲間におんぶにだっこ・・・」
音無小鳥 「お疲れ様」
パチュリー 「…おつかれ」
やる夫 「お麺
おまえだったのか」
ハルパゴス 「まああれだ、悪いのは初日じゃねえの!?」
水上由岐 「そういや、人狼オールスター最終戦⑦のお蔭でBGMがLuminous Swordになりました。」
高垣楓 「お疲れ様です」
言峰綺礼 「まあパーフェクトおめでとうと言っておこうかまずは。」
できる子 「麺だったのだぁ・・・・」
オプーナ 「さて殺しにいくか、で噛まれたしなぁ。」
カスメ 「狐・・・そこだったのか・・・」
音無小鳥 「う~ん
やる夫君は最終日じゃないと無理かなぁ」
やらない夫 「カスメできる子はイケるがやる夫はむりだろ…」
できる子 「おなじくなのだ>カスメ」
姫子 「うわあ…やっぱり…
お疲れ様でした」
お麺 「カップヌードルのパッケージからは青い煙が出ていましたとさ>やる夫」
カスメ 「優秀な仲間がいると・・・楽だね・・・(ダメ人間>できる子」
言峰綺礼 「私が強引に介入しても良かったのならばお麺指定からやめさせてはいた
私の責任は多少あってもいいと思うがな>ハルパゴス」
音無小鳥 「ちょっとギアがトップギアに入るまでに掛かりすぎちゃったわね」
キョン子 「くつがえせる位置はできる子・美遊ランくらいかな。」
できる子 「なのだぁ(ダメな子>カスメ」
お麺 「やらない夫はロリコン?(難聴)」
姫子 「やる夫さんは最終日まで見る気ゼロでしたねぇ」
水上由岐 「20円のゲームでも2000万円の売り上げになるんだなぁ。」
やる夫 「カップヌードルだとおもったら、赤い狐だったお!」
オプーナ 「初日の状況で言うと、パチュリー噛まれ、ハルパゴス○
ならまずはキョン子とカスメロラは考えてもいい。
●どっちかで出たなら出なかった方は残すかどうかは考える感じ。」
美遊 「残ったメンバーだけみると、ロリコンかもしれないね」
キョン子 「やる夫は最終日に行きそうな位置だけど別に無理ではないよ」
音無小鳥 「とはいえ結果を見れば狼がお見事、かしらね」
オプーナ 「理由は潜った狼騙りに非常によく見えるから。元々潜る予定だったとしても、な。」
ハルパゴス 「割と美遊吊りが分岐点だった気がする」
秦こころ 「負けたけどグレー勝負はやはり好きだな
まあほぼ確定○だったけど」
カスメ 「この状況なら・・・生き残りたがるのは・・・とても自然だと思う・・・
素村でも・・・」
高垣楓 「ぐぬぬ……安直に吊り先を決めてしまいましたか。」
できる子 「カスメとできる子しかいないのだ>美遊」
キョン子 「できる子・美遊ランで美遊吊り
挨拶遅い組の私・カスメで私吊 というくらい。」
音無小鳥 「あくまで私としては、ね>キョン子

美遊ちゃん先に吊れたのが痛かったかなぁという」
ハルパゴス 「俺真ならお前は狼だし・・・(すっとぼけ)>言峰」
お麺 「まあ美遊吊りと最後の2択ぐらいなんかね
でも狩人がいてパチュリーGJならもっと違う展開になったかも(チラッ」
言峰綺礼 「最終日がやる夫と小鳥の殴り合いになるように、という想定だけはしていた」
オプーナ 「小鳥さん、TOPギアかLOWしかないんじゃないのか?>小鳥さん」
ハルパゴス 「水上は初手特攻してごめんじゃねえの!?」
できる子 「そうなった場合呪殺・・・なのだ>麺」
キョン子 「で、できる子吊りならば私ができる子に投票している以上後回しになりカスメ吊りになる公算が高くなり、少なくとも最終日には行けそうではある、
という感想。」
ハルパゴス 「初手特攻の味は美味いかって・・・?」
お麺 「知ってる(濁った目>できる子」
音無小鳥 「そこよねぇ>美遊ちゃん先吊り」
ハルパゴス 「オロロロロロロロ」
姫子 「カスメちゃんは真っぽい占い死んでてそこのこころちゃん村っぽい=ぱっちぇ漂白噛み見てないっていうならなんで二日目もだらける宣言してるのって…言おうと思ったんだ…時間が…」
カスメ 「私は・・・例え素村だったとしても・・・
吊らないと残るポジションだと思う・・・>言峰

いずれ吊るつもりだったとは思うけど・・・」
オプーナ 「残ってるとして、やる夫はどうかな。いくしかないだろうけど。」
キョン子 「そんなとこ。私が挨拶を早くしていればちょっと変わったかな。じゃ、お疲れ様。」
やらない夫 「やる夫は最終日に姫子とかと残ってたら多分姫子つってたしなぁ
他と残ってたらなんで噛まれないんだで疑問抱いてたかもしれないが」
水上由岐 「何か……うん、謝られるとそれはそれで困るわね……。>ハルパゴス
校庭10週くらいで許してあげよう。」
カスメ 「ないす・・・あしすと・・・>ハルパゴス」
お麺 「まあこの2日目夜投票見たときの絶望感がひどかった村だった
そして灰勝負は胃が痛いです」
できる子 「ハルちゃんないすなのだぁ」
ハルパゴス 「美遊吊れずにカスメ吊りならわかんなかったと思うんじゃねえの?>小鳥
その次は狐指定だしじゃねえの!?」
不幸なGM 「じゃー皆、お疲れ様だ
また来年な!」
言峰綺礼 「まあ百歩譲ってお麺○吊りまでは仕方ないにせよ
そこからキョン子なぞ指定する位置ではない、と叱咤すべきは私であったのは間違いない。その怠慢については謝罪する」
カスメ 「では・・・村の皆さん・・・おつかれさま・・・
村建て・・・鯖管・・・ありがと・・・」
秦こころ 「麺類感情吊り(食欲)は間違っていなかった!(指定だけど)」
できる子 「・・・・なのだ>麺」
お麺 「1年間ありがとうございました!>GM
俺1年たってないけど(小声」
美遊 「お疲れ様ー」
音無小鳥 「兎―野生の闘牌―
のゴンだと思ってもらえば>オプーナ

基本的には見に回って総合してようやく見解出す感じだから
LOWからTOP見たく見えるのよ」
姫子 「どれもこれも初日狩人もってったGMさんが悪いんだ(べしんべしん」
ハルパゴス 「校庭10週?
……
ば~~~っかじゃねえの!?」
できる子 「1年間ありがとなのだぁ>GM
できる子も一年たってないのだぁ」
やらない夫 「理由を聴かせてもらってもいいか?>キョン子なぞ指定する位置ではない」
姫子 「ありがとうございました!それではよいお年を>GMさん」
水上由岐 「健全な男子がまったく抜かなかったら、汗から精子が垂れてくるだろぅ。
私のbot凄いなぁ、お疲れ様。」
お麺 「初心者村久しぶりで見てない人が結構居たので普通入らないとと痛感するUFOであった
ではお疲れ様だ
村建て同村感謝!」
音無小鳥 「競り勝った狼を誉めるしかないわね>ハルパゴス」
やらない夫 「おつかれさんだろー>GM」
ハルパゴス 「なあに、お前ら本隊が強かったぜ>カスメ
頼もしかったぜ」
秦こころ 「新年に向けてGMにお焚き上げされる初日狩人に演舞を奉納しつつお疲れ様ー」
できる子 「それじゃあお疲れさまなのだぁ
同村&村建て&お仲間
ありがとなのだぁ」
音無小鳥 「GMは一年間お疲れ様
そしてありがとう」
ハルパゴス 「それじゃあお疲れさんじゃねえの!?
狼本隊強いと狂人は楽できて良いんじゃねえの!?
カスメとできる子とやる夫には一際感謝するんじゃねえの!?
村建てと同村感謝じゃねえの!?良いお年を」
姫子 「それではお疲れ様でした、狼の皆さん!今回はしてやられたけど次は覚悟してくださいね!
世界樹と不思議のダンジョン3月発売ですからそちらもよろしくお願いします!(すてま)」
高垣楓 「では、狼はお見事でした。
お疲れ様でした。良いお年を。
あ、お年玉は何時でも受け付けてます。」
言峰綺礼 「まあ私の感覚でしかないのであまり参考になるとは思えんが

◇キョン子 「ごめん、吊った占いの○に対してその反応はちょっとない>姫子」
これがな… お麺-キョン子の片側だけが狼、というのがどうも想定できなかったのだ。」
言峰綺礼 「日頃の村立てに感謝する>GM」
やる夫 「それは、俺の灰見とお前の灰見で俺のほうが正しかったって言う結果論にしかならんのと違うかお?」
言峰綺礼 「ああどうせ結果論にしか過ぎんし、参考にしろとも一言も言ってない。
美遊狼だろと自信満々に投票して翌日の夜に真面目に凹んだくらいだしな。>やる夫」
やらない夫 「んー?ハルパゴスは真ではないと思ってたので俺もちょっと思ったが>○吊りェ
狼なら言わないセリフだったのかね?経験不足ですまんな、
経験積んでいかなきゃ(責任感)」
キョン子 「せっかくだし夜発言への返信しとくよ>こころ
>(やらない夫を)なぜ吊ろうと思った?
共有だと分かった後で発言のあらを言うのが嫌だったから言わなかったけど、
3日目の「占いは吊ってしまいたい」はものすごい狐目に見えた

>ではお前はそれ以上の何をカスメに見てる?
挨拶位置は私も同じだからそこは横に置いとくとして、
・3日目に明日から本気出すという口調だったのに4日目に大してギアがかかっていない
・明確な吊り先希望を出さず、どうにでも立ち回れるようにしている
って辺りかな。まあ、参考になるか微妙だけど、一応。ではでは。」
キョン子 「ん?」
音無小鳥 「パチェ噛めなかったら霊出るつもりだった、までは当たってた訳か>二日目夜

まさかできる子ちゃんが騙り担当だったとは思わなかったけど

その辺り説明できていれば、かしら」
キョン子 「別に狼なら言わないってわけでもないし、その辺はどちらかと言えば個々人の趣味感覚の問題だと思うよ」
やらない夫 「パチュが潜伏噛まれ占い師勘違いしてたんです、ゆるしてくだしあ…>占い吊ってしまう」
キョン子 「そんなとこかな。カスメに吊り負けたあたりが私の弱さ。じゃ。」
言峰綺礼 「いや狼でも普通に言う。なので仮に私が噛まれていた場合キョン子指定は普通にありえる選択肢だったし、お麺●なら全力でその指定を支持するつもりまであった。

お麺○キョン子●がどうも私の中に作れなかったというまでだ。
>やらない夫」
やらない夫 「んじゃお疲れさまだろ。やらない夫で共有をやるといつも指定して負けてるので
もっと灰視磨かなきゃいかんな。同村、ありがとうだろ」
オプーナ 「単純にカスメとキョン子で択かけるのは3W残りだと遅いってぐらいかな。

経験則で申し訳ないが、初日●見て潜った場合、騙りはCO文を引っ込めて挨拶をする」
やる夫 「やる夫としては、3朝に霊脳が複数出るのがいやといっておきながら言峰に何も言ってないのが失敗したと思ってたけど誰も何もいわんかったお」
オプーナ 「その場合に挨拶は非常に短くなる。

パチュリーのCOが11番目でそれ以降の挨拶は5人、短いのはキョン子とカスメ
なら早い段階で手つけるのはその二人。

順番入れ替わるだけってのはあるが、それは美遊次第だろう。」
オプーナ 「複数じゃないからいいんじゃないのか?>やる夫」
やらない夫 「ああ、お麺は狩人吊りたくないと思ってひよってしまった位置だしなー
1wもつれてないんだし余裕なかったんだから、手をかけるべきだったなぁと反省」
オプーナ 「俺だって霊能がどの程度出るか見ておけ>1COにノータッチだからな」
やる夫 「霊脳が複数出るパターンとして
パルパゴス真、パチュリー狂として、パルパゴスが噛めないからパチュリーカンで霊脳割ってパルパゴスの信用を落とす路線もあるわけで」
音無小鳥 「できる子に目が行っちゃってたわね……>やる夫

基本、発言全体のレベルは高いしスパンスも良いし

強いて言えば噛まれない、ぐらいだけど」
言峰綺礼 「やる夫か?
他に見る位置が多くて後回しだったな… 最終日の最後の最後になってようやく吊る決心がついたが時すでに遅しだ」
やる夫 「霊脳真でのっとれちゃったパターンに言及無し」
やる夫 「真でじゃない、初日で」
やらない夫 「やらない夫は学んだ!挨拶での吊りは早めにするべきと!」
音無小鳥 「状況的に既に灰噛まれる段階は過ぎてたし

前半まで遡るにはその前に吊りたい位置が多すぎたわね」
パチュリー 「…少しは落ち着いたわ
占いの様子見って何秒必要かしら?
30?60?」
やらない夫 「いても狂人だし後回しでいいかな…と
だがよく考えたら狂人特攻に狼が出てた可能性も高かったぜ!」
言峰綺礼 「挨拶位置もそうだが、基本的に人を吊るにもタイミングというものが重要だからな…
時期を間違えると処遇に困る灰だらけで役職は心臓が痛くなる」
オプーナ 「前に見たからちらっとは考えたが、今回はないな、と切ったな>霊能乗っ取り」
やらない夫 「なぐりあってる位置は残しておいたら厄介というのを身にしみて思い知っただろ」
音無小鳥 「60だと遅い、と判断されるでしょうね>パチュリー

今回は狂人が上手だったという話」
言峰綺礼 「あれ以上の様子見はさすがに真でも信用が落ちる。今回は仕方なかったと見る>パチュリー」
やらない夫 「んじゃこんどこそお疲れ
いろいろ教えてくれてありがとうだろ」
オプーナ 「10~15ならば文句は言われない>パチュリー
20~30は許容範囲。真紅四条なら許容される。早苗は占いは噛まれろがまだあるんで信用は落ちる可能性がある。
60は様子見しすぎ、だな」
音無小鳥 「ただ基本的に遅い●は余程発言で信頼えないと護衛もらいにくくはあるから
初日狩人なのもけっこう大きいと思う>パチュリー」
オプーナ 「補足として、ハルパゴスも遅いんで護衛自体はつく可能性があるよ>パチュリー
遅い●は騙り、特に狂人目の常套手段なので。」
音無小鳥 「できない子の発言的に

多分狼霊出す予定だったんだろーなーで
相対的に言峰真目で見たわね」
オプーナ 「そういう意味で運がなかった、というのはある。」
音無小鳥 「それじゃ改めてお疲れ様

GMが狩人だとどんな名占いだろうと噛み抜かれるから
パチュリーは気を落とさずにね」
パチュリー 「…お疲れ様」
言峰綺礼 「では私もここまでにしておこう。
いろいろ反省はあるが、それ以前にそもそもこうなった原因として狼自身にしっかりとした力があったことを認めずして話は進まん。おめでとう人狼諸君。」
言峰綺礼 「歯噛みしたくなる気持ちは誰もが持ってるとは思うが、それもいずれ宝になる。
また研鑽を積んで何処かで相見えよう。まあそういう私も更に手厳しくならないといけないのだが…」