←戻る
【紅2738】やる夫たちの普通村 [4989番地]
~いいから人狼だ!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon サカキ
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon 衛宮士郎
(生存中)
icon パワポケ
(生存中)
icon イリヤ
(生存中)
icon クロノワール
(生存中)
icon 月詠
(生存中)
icon 鬼柳
(生存中)
icon 間桐慎二
(生存中)
icon ヒノアラシ
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon クラウド
(生存中)
icon さっちゃん
(生存中)
icon ギルガメッシュ
(生存中)
icon 球磨
(生存中)
村作成:2014/12/28 (Sun) 14:45:23
GM 「【ローカルルール】
 昼AA自由
 狐遺言禁止(初日のみ許可)
 超過前噛みは狼側に続行の意志のない場合or全陣営視点明確に詰んだ場合or勝ちが確定した場合

【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、
人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 GMはエロくないです。風評被害はやめてください

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
GM 「15:15開始予定。埋まり次第前倒し。
希望制は最近建ってないよなってことで独断でいれました。
希望集計、発表はしませんので。
では報告してきます。」
お燐 が村の集会場にやってきました
お燐 「…こんにちわ」
サカキ が村の集会場にやってきました
GM 「いらはい」
霊夢 が村の集会場にやってきました
サカキ 「よろしく頼もう」
霊夢 「はろー。」
GM 「いらしあ」
お燐 「あ、ごめんなさい、リアル用事につき離脱」
お燐 は お燐 に KICK 投票しました
お燐は席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
霊夢 「あら、またねー。」
サカキ 「ふむ、残念だ。またの機会に会おう」
衛宮士郎 が村の集会場にやってきました
衛宮士郎 「よろしく」
GM 「あいよー>お燐」
GM 「いらはい」
パワポケ が村の集会場にやってきました
パワポケ 「よっす。」
イリヤ が村の集会場にやってきました
GM 「いらはい」
イリヤ 「よろしくお願いします。」
イリヤ 「おにいちゃん!!」
クロノワール が村の集会場にやってきました
クロノワール 「よろしく頼むぞ」
月詠 が村の集会場にやってきました
パワポケ 「もうちょいで野球チームがつくれるな」
衛宮士郎 「イリヤ?イリヤもきたのか?」
月詠 「おや、いつの間にか人が増えておるのう」
霊夢 「やはろり。」
イリヤ 「お兄ちゃん居るところに私はいるよ♪>お兄ちゃん」
サカキ 「ボールと言っては何だが、ゴローニャでも貸し出そうか?>パワポケ

GM 「9人の子どもと野球チームと11人の子どもとサッカーのチーム
どっちが現実味あるかな」
GM 「爆発しそう>ゴローニャ」
イリヤ 「イシツブテが現実的だね。>サカキ」
パワポケ 「そんなボールが爆発する野球ゲームなんてないだろ!>サカキ」
サカキ 「現実的(重さ20kg)」
月詠 「マルマインでいいじゃろ」
衛宮士郎 「ったく、ここは危ないんだから気をつけなきゃだめだぞ、イリヤ」
イリヤ 「まだ投げれるよ・・・>サカキ
私は無理だけどね♪」
イリヤ 「お兄ちゃんが守ってくれるって信じてるの♪>お兄ちゃん」
パワポケ 「キャッチャーがリア充か何かで妬んでるのか」
サカキ 「パワポケだと爆発しそうだが違ったのか」
鬼柳 が村の集会場にやってきました
パワポケ 「野球してる最中だけは真面目な野球だから・・・(震え声>サカキ」
鬼柳 「よろしく」
サカキ 「モンスターボールを投げれば…いやなんでもない」
GM 「いらはい」
パワポケ 「ひとのものをとったらどろぼう!っていってトレーナーがはじくから
モンスターでもない限り特に問題はないんじゃないか>モンスターボール」
サカキ 「予めボールの開閉機構を破壊しておけば問題なくちょっと出っ張った球体として扱えるぞ
ちなみにこのボールにはヘマをしでかした部下のゴルバットが入っている」
間桐慎二 が村の集会場にやってきました
イリヤ 「え?>サカキ
ゴルバットがかわいそうだよ」
パワポケ 「クロバットに進化してないあたりなついてないんですね、わかります」
間桐慎二 「や」
GM 「いらっしゃい」
衛宮士郎 「慎二!慎二じゃないか!」
イリヤ 「んん?わかめ!!」
間桐慎二 「うげ、いたのか衛宮」
ヒノアラシ が村の集会場にやってきました
間桐慎二 「でもさ、サカキって地面ポケモン使ってるよりもスピアー使ってる方が印象あるんだよね
あのマンガのせいでさ。あのマンガ好きなんだけどさ」
やらない子 が村の集会場にやってきました
やらない子 「よろしくね」
GM 「いらはい」
衛宮士郎 「いや、俺も慎二がくるなんて思ってなかったよ」
間桐慎二 「誰がワカメだっていうんだよこのおこちゃまは>イリヤ」
ヒノアラシ 「こんにちはだのー」
お寿司 が村の集会場にやってきました
サカキ 「トキワジム宛に「スピアー弱いぞふざけんな」という内容の苦情が来たことはある」
イリヤ 「え?。。。
気にしなくていいよ>シンジ」
クラウド が村の集会場にやってきました
間桐慎二 「おいおい知らないのか衛宮。
僕はそこそこ名のしれたプレイヤーなんだぜ?>衛宮」
クラウド 「よろしくたのむ」
GM 「いらはい」
さっちゃん が村の集会場にやってきました
お寿司 「ちょっとまって
、アイコンかえるから」
ヒノアラシ 「埋まりそうだのー」
間桐慎二 「まぁスピアーは弱いけど使い方じゃん?
結局そういうやつは使いこなせてないだけなんだよ>サカキ」
月詠 「もうそれでいいんじゃろ
スシくんRPでいいじゃろ」
間桐慎二 「お、おう・・・
なんかつれないな、お前・・・>イリヤ」
GM 「さっちゃんはどうする?>HN見ながら確認をいれる作業」
パワポケ 「とりあえず野球ができそうでなにより。」
霊夢 「何に変わるのかな、トロかな。(わくわく」
ヒノアラシ 「つよいポケモン よわいポケモン そんなの(ry」
パワポケ 「いまってメガスピアーになれるんじゃなかったっけ・・・」
月詠 「猿飛、めずらしいのう、おんしが来るとは」
GM 「赤貝食べたい」
イリヤ 「じゃあ言うよ!!!
わかめきたぁああああああ>シンジ」
ヒノアラシ 「加熱なら任せで欲しいのー」
さっちゃん 「忙しい年の瀬に昼間っから寿司とは良い身分ですね~? >つっきー」
クラウド 「最低でも18人とかんがえると野球はできない気がするが」
衛宮士郎 「え、慎二、まさか人狼にこなれているのか?」
サカキ 「「タスキがむしゃらなら出来るぞ」と返信しておいた」
間桐慎二 「誰がワカメだこらあああああああああ!>イリヤ」
パワポケ 「紅白戦するわけじゃないから・・・チーム作るだけだから・・・
なおどんどん死んでいく模様>クラウド」
さっちゃん 「あら、新手の口説き? でもアタシには銀さんという人が…   >GM
…冗談おいて、特に問題ないわよ」
間桐慎二 「ま、僕くらいになると狼希望で占いを引くとか当然にあるよね>衛宮」
月詠 「わっちが食べているわけではないのだが
中の人のリアル昼食は鉄板焼きじゃし。」
魔理沙 が村の集会場にやってきました
球磨 が村の集会場にやってきました
イリヤ 「シンジの頭に水をかけると増えそうだよね♪>シンジ」
ヒノアラシ 「アストロ球団なのー?>どんどん死んでいく」
魔理沙 「よぅ」
球磨 「よろしクマ」
さっちゃん 「そっかー 吉原は夜が本番だからつっきーも今は暇なのねー
そして客引きならぬ男漁りに精を出す、と!」
ヒノアラシ 「こんにちなはのー」
GM 「まずGMが引いて、そのあと狼と狐埋めてから配布のはず!!」
GM 「いらはい」
間桐慎二 「んー、ほかにもとくぼうが高いからさ
特殊受けもできんだよなあいつ
ラティオスならなんとかなったぜ?
メガラティは無理だけど>サカキ」
魔理沙 「魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 12 (霧雨 魔理沙) → No. 5394 (霧雨魔理沙05)」
月詠 「◇GM 「赤貝食べたい」

猿飛が、このセリフを『新手の口説き』と見たのかと思って
一瞬ひいた」
間桐慎二 「ふえねーよ!?
なんだよそれ!?>イリヤ」
お寿司 「お寿司 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:お寿司 → できない子
アイコン:No. 2125 (お寿司真紅) → No. 601 (できない子)」
やらない子 「時間どおりね」
クラウド 「まずGMがいなくなるからな
更に最速で終わらせる場合でも狼3人は死亡と考えると最大13人か……」
GM 「だから特定の人が探偵村やる場合はその人以外が狼希望にしてる、と思ってる」
さっちゃん 「その発想にドン引きよ!  >つっきー」
衛宮士郎 「い、イリヤあんまり慎二をいじめるなよ!」
サカキ 「マイナー故の強み、というものはある
舐め腐って挑んだら返り討ちに合うなどは日常茶飯事だからな>間桐慎二」
イリヤ 「増えない?>シンジ」
GM 「んじゃ投票してくれ」
魔理沙 「魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:魔理沙 → ギルガメッシュ
アイコン:No. 5394 (霧雨魔理沙05) → No. 2080 (ギルガメッシュ02)」
パワポケ 「なぁに、チームメイトや恋人がしぬなんてよくあることだ」
イリヤ 「い、いじめてないよ>お兄ちゃん
ほら、一人で寂しそうだから」
ヒノアラシ 「紛らわしいから、ない子ラン行きたいのー」
間桐慎二 「なんで増えると思ったんだよお前は!?>イリヤ」
GM 「全員の投票確認したらサカキは任意のタイミングでカウントでオーバー」
月詠 「吉原ではよくあるセリフじゃからの。エロハゲおやじの。」
ギルガメッシュ 「うーむなにかRPが気乗りせんな」
衛宮士郎 「いやいや、どう見ても慎二焦ってるからな本気で」
イリヤ 「乾燥わかめ?>シンジ」
パワポケ 「紛らわしいからわかめとしんじのランかな・・・」
できない子 「よろしく」
間桐慎二 「僕の黒いヘドロはねやすめスピアーの餌食だったねあいつはさ
はは、今思い出しただけでも笑えてくるよ>サカキ」
イリヤ 「ならお兄ちゃんなにする(ダキ」
間桐慎二 「乾燥してねーよ!?
ふっさふさだよよくみろよ!?>イリヤ」
クラウド 「ものすごい理不尽を見た>パワポケ」
ギルガメッシュ 「雑種のくせに増える能力を持つのか面白い
今ここで別れて見よ」
サカキ 「切断されないだけマシ、と言えてしまうのが悲しい所ではあるな>間桐慎二」
ヒノアラシ 「さっちゃんさんはどうしたのー?」
イリヤ 「うんいっぱいあるね(にこにこ>シンジ」
月詠 「うん?猿飛待ちか」
さっちゃん 「さっすが吉原きっての死神太夫は客も違うのねぇ~   >つっきー
…アンタ、そのオッサンたちちゃんと客として扱ってるんでしょうね?」
衛宮士郎 「投票はまだっぽいな
待つしかないか」
やらない子 「忘れてただけみたいね」
イリヤ 「さっちゃん>投票っ投票!」
サカキ 「投票を確認したのでカウントを開始する」
サカキ 「ゴローニャが残り3匹」
さっちゃん 「遺言少し弄ってたのよ
良い女を待つのも男の条件よ?」
間桐慎二 「殴り合いなんてのはそういうのが得意な奴ですればいいんだよ
なんでスピアーで素直に殴り合いにつきあってやんなきゃいけないんだっつーの>サカキ」
サカキ 「ゴローニャが残り2匹」
パワポケ 「恋人の生存フラグ全部建ててもランダムでたまに恋人死ぬなんてもあるからこのくらいの理不尽へーきへーき>クラウド」
月詠 「わっちの仕事は遊女を守ることじゃ
そういうセリフを吐くくらいならまだ許容範囲じゃな。遊女は内心どんびきじゃが。」
サカキ 「ゴローニャが残り1匹」
間桐慎二 「だろう?
これ以上ふえねーよ!>イリヤギルガメッシュ」
衛宮士郎 「……なんか、この村の女の人、怖いな?」
サカキ 「最後のゴローニャが仕事を終えた所で開始と行こう」
ゲーム開始:2014/12/28 (Sun) 15:20:07
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
できない子 「面白いこと、やろう」
鬼柳 「よろしく」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ギルガメッシュ 「まぁ希望は通るか」
鬼柳 「慢心王にできない子か・・・宜しく頼むぜ」
「◆GM GMはsariel では皆さん頑張って。」
鬼柳 「面白いことか」
鬼柳 「占い師2騙りとかどうだ?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「いいね、なら潜伏占いを2枚目にしよう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「一人は早めにCO、もう一人はちょっとレスポンスおいて」
ギルガメッシュ 「ふむ我は構わんぞ」
「◆GM 投票延長は期待しないように。」
鬼柳 「んー初日に3COの形でやりたいけどな」
できない子 「そうそう、わかってるね>鬼柳」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「潜伏よりは初日でやりてえかな」
できない子 「レスポンスおくやくは4COにならないためのもの」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「ただ2枚目のCOはおくらせるけど」
鬼柳 「そそ」
できない子 「じゃあ鬼がレスポンス役
私がはやめにでるよ」
鬼柳 「OK、それでいこう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ギルガメッシュ 「●食らったなら●食らった奴が出るとして
誰でも二枚目に出れるように一応占いCOは用意しておく」
できない子 「わかってるわかってる
いいね、その会話だけでやりかたしってるってわかるから」
ギルガメッシュ 「ならば俺が潜伏役だな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「狂狼ー真狼に対応するのは私はできないからねー
んじゃよろ」
鬼柳 「ギルガメッシュが●なら俺が対抗CO
俺が●ならできない子が対抗CO
できない子が●なら俺が対抗CO

全員CCO前提な」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「噛みは私120」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「一応、まとめとしてだしておくぜ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言             ,.  '――-  、i_ヽ、 ヽ.、
           /::        ヽ-l.ヽ、 \
          ./:::::::: / ::::      \>i,  ',
         .i::::::::::::/i  ::     .|:  ヽl.', .l
         | :i : ,l | .i :|:  ./ //l:::   |>l:::: |
         .l i| .i: zr 、.l l::  /, ‐l-|、:  .L.l:::: l
   .      |.ll |: l !:イ!ヽ!./-r‐-.、!:/:::: L.|:::: |
         ! ', .l,ハ.,`´     l::::イ//:::: //.l:::: .l
          l ト, .{ `._ 。 `,,´/::.///::::ハゝ
         | i /\´     _.//_!/ l-| /l i |
           ' l /  ,ゝ'´ ̄`丶 ,' ,_/|/ |i |, ',
          ,  _ /           、',{ /   |i !',
         //´'´!   :,        \  ,'ソ ',
        //  (ノ 03。       :,   | / 入.',
     , ' /    ,.ィ′ :.   /´          |  :::: ', ',
     !  !  ,ゝ//    /   /     ソ :: ::  i ',
      {  | ,  y′  : / .  ,       /:::: ::: :: .. i
.      `¨| i /    /   /  i   , :::::::: :::    . !
      │ i /     /   ´   ` ,  :::::::: ::::::: ...... |
       | y     /        / :::: :::: ::::::: ::   |
       ! / u:,  /  。       ' :::::::  :::: ::::  . !
            イ       ,.イ:::::::::::  ::::  ::::   . ',
         、 __,. ' :!   ,:'   / !:::::::::::  ::::  ::::  .  ',
       i´     i   /   ′ '、 ::::  ::::  ::::  ...  l
      _,ハ     i   :!   i   丶::::  _    :::: :....  i
     i´ :,. i      i       、   `¨´ `,  ::::  :::: .  |
      i  . `    ゙ 、    \  :..    i ::::       |
      、     :,.     ヽ    丶 .     i    .:....  |
     / ヽ   :.      j      、    i:::: _ _    /
    ,   !        i 、          `¨´  `,  /
     i 。 !         {  !     :!         i  l {
     |  i         `i :!     '          ! 人し
     l   i           j/     /      _ ,. '
    |  :!         ,´  .:,  , '       ´ヾ
.     !  i         i      /           i
.    l  !         :!     /             i
     | !         ,'   /               i
.     l i        ,.イ    /             i
      l !      , ' |   /               !
     |i     ,. '   l  /                ,
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
霊夢 「おはやー。」
クロノワール 「シロブランシュヴァイス・ナインだ。」
ヒノアラシ 「おはようー
>村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
占い師さんはCOして欲しいの。
7吊り5人外、偶数進行だから、銃殺出ても釣りは減らないし
なくても、1GJあればいい感じ。」
パワポケ 「朝はやっぱりラジオ体操からだな」
クロノワール 「嘘だ。」
やらない子 「おはよう」
球磨 「おはようクマ」
イリヤ 「おはようございます。
お兄ちゃんと私で村を守るんだ!!(にこにこ
それじゃあCOある人は任せたよ。」
サカキ 「占いCO ヒノアラシは○だ」
できない子 「占いなんてできないよ
霊夢は○」
さっちゃん 「朝よ!
朝ごはんと言えばご飯に海苔に納豆よね!
ところで歯磨きなかった時代の日本人はその朝食のまま往来を歩いてたのかしら?」
月詠 「おはよう。」
クラウド 「おはよう」
サカキ 「唯一のポケモン繋がりとあっては無為に放置も出来んだろう
呪殺など発生してしまった場合はすまんなとだけ言っておく」
パワポケ 「霊能CO」
鬼柳 「インフェルニティ・占い師 効果発動! パワポケ○」
霊夢 「おー○貰ったー。」
ギルガメッシュ
                           ,´    ィ   /       ヾく
                         ,ィ彡イ    ' イ //   ./  ∧   .::`ヽ
                          / ./,イ / .::/i |  .:/ / ,イ .ハ   ::::∧
                            ,  / ,イ 才Ⅵ/ .|.: !/!./ / .八 八 ト、 .:::: ',
                        / ./ // /イ!从_,  |.: !::::ハ ハ |  Y i Ⅵ::::\:::::.
                        ! ,' /ハ  .!イ <ソヾ リl::::i レヘ _iz-一'ヘ:::!:::::::::::::::!
                        レ .i { ', .ハ`ー‐'" } `ゞ、 ≦ 〈ヲ `> i::i::::::::::: : |
                        Y i  入      丿     `ー一'"Ⅳソ::::::: : |    フハハハハハハハ我起床!!
                         八人/! `    `            {/ ̄ヽ:::八      太陽よ!!今日も我を照らす大役ご苦労!!褒めて遣わす!!
                              〈リ|    t二二二二二''7    イ  }/i\:::ゞ
                           Y     |          /     ト、 人!  `
                              ヾ、    !''"  ̄ ̄`ヽ/       /.:,/
                                .   廴___ノ     ,ィ-‐':!/
                              |\            /|:://´
                                _  |:::: \        イ::::/´
                             |::::ト、_..|:::::::::::>- <´:: /:::: !__
                             |0 !:::::∧:::::::::::::::::::::::::: /:::::/ 0三\
                           r‐-|0 ! ノ |:::::::::::::::::::::::::/:::::/ 0三三:〉
                   __, -=ニ二三Y´  / ̄i |   !::::::::::::::::::::::/'7レヘ三三三〈
     _ -=ニ二二三三三三三三三. /.::三!.|   !:::::::::::::::::: / /三三>一'" \_
   /三|三三三三三三三三二二ニゞ'"ニ三三.!.|.:::::  ::::::::: .: / /三三三三i l三三二ニ=- _
.   /三三.!三三三三三三三/三ニソ/ニ三三三i |.::. :.  :::::::  i i=三三三三ゞ-、三三三二ニ=- _
.. /ニ三三!三l三三_>一'"ニ三三三三三三三.!.|         | |三三三三三\\三三三三三三ニ=- _
 /三三三|三ヘ/.:::三三三三三三三三三三三!.|     r'" ̄!.: !三三三三三三\\三三三三三三三ニ- _
できない子 「理由
月を挟んだ向こう側、なんて洒落たことを考えたけど
発表するときのドヤ顔をそうぞうするとやめておけばよかった・・・」
月詠 「霊能Co。」
鬼柳 「俺はパワポケよりパワプロが好きなんでな。
趣味の問題だ、4が一番すきだがな!」
クロノワール 「2-1か。」
衛宮士郎 「――投影、開始。」
やらない子 「2-1かと思ったら3-1になった」
クラウド 「鬼柳がかなり遅れての3-1か」
イリヤ 「3-1だね♪
共有も来ていいよ」
霊夢 「3-1と。」
さっちゃん 「久々にGMがエロ遺言で安心した男共、素直に挙手!」
間桐慎二 「んじゃ共有ー」
できない子 「じゃあ共有者さんと霊能者さんは出てほしいよ」
クロノワール 「なんか色々と増えたな。」
クラウド 「撤回はあるだろうか」
パワポケ 「どんまい!>きりゅう」
ヒノアラシ 「3-1なのねー?」
霊夢 「ん?3-2?
撤回ある?」
衛宮士郎 「共有CO 混ざってないぞ……?」
鬼柳 「ちょっと朝はやかった気がするぜ。
ダークシグナーの俺にはきつい日差しだ。」
球磨 「占いしてるクマっていうのは余計な突込みかクマ?>できない子」
パワポケ 「ふぁ!?」
クロノワール 「霊能者をどうするね?>慎二」
イリヤ 「あら?霊能2COだね!
じゃあロラだ!!」
間桐慎二 「ロラ」
やらない子 「3-2って大体共有撤回な気がするけど」
月詠 「2COで待っとったら、先にCOされたようじゃの」
できない子 「霊能か対抗に撤回あるならよろしくね」
ギルガメッシュ 「ふむ?一人若干遅いやつがいるな
ほう?>3-1から3-2」
クラウド 「ならばローラーか」
サカキ 「ヒノアラシが役を宣言しない3-2の時点でおおよそ仕事が終わっている」
さっちゃん 「つっきーが野郎と一緒に引き殺されるなんて…
安心しなさい、銀さんは私が面倒みるから!」
クロノワール 「混じってないならば霊能者を引き潰せば良いのではないかな?」
衛宮士郎 「だな、ロラっておけばいいか」
ヒノアラシ 「あ、もう一人霊能が出てたの
これで人外3露出なのね」
やらない子 「なかったらしい」
月詠 「ちなみにわっちら霊能の方じゃろ>ロラ」
霊夢 「士郎×慎二…!」
球磨 「共有が混じっていないならローラークマー」
パワポケ 「霊能就職が生存フラグだと思ったらそんなことはなかったぜ」
鬼柳 「ロラだな、珍しいかたちなきがするぜ>3-2」
クラウド 「仲が良さそうで何よりだ>慎二-士郎」
できない子 「月は多分非狐かな。 」
クラウド 「(アカン>霊夢」
イリヤ 「え?お兄ちゃんとシンジが共有.....
やめてお兄ちゃんをとらないで!!>わかめ」
霊夢 「霊能よりそっちが気になる系霊夢ちゃん!」
衛宮士郎 「なんでさ!?>霊夢」
やらない子 「つかなんだその共有」
さっちゃん 「ここで占いロラとか、どんだけ面の皮が厚いのよ!  >つっきー」
クロノワール 「同作品同士仲がよさそうだな>霊夢」
ギルガメッシュ
      ,.. ------ 、/|
     /         ヽ
   /          ヽ
   |  l/‐| /|A/-ヽ _ |    
   | /━   ━ | /rヽ!       おい雑種共なぜおれをのけ者にする>シンジ&シロウで共有
   レl′  l     レ'_ン`
     ヽ  t::ュ   ノN`
     >,..__,..r;;'´l`
      lfr;Vゝイ;;;ヾ;`l
      |ll|;;|| l ||;;;;;|;ll;|

間桐慎二 「そこの巫女吊ろうぜ衛宮」
パワポケ 「個人的には狼2騙り予想かな。希望性だしそんくらいしてきそうという意味で」
できない子 「パワポケは狐があるから
対抗を占うことはしないよ」
月詠 「まぁあいつのことを考えると、誰かのひも以外で生き残れないじゃろうな」
霊夢 「あれ?慎二×士郎だった? >士郎」
できない子 「ホモホモしいね」
ヒノアラシ 「霊能ロラ了解なの
いい感じで灰が消えてるね」
イリヤ 「お兄ちゃんはイリヤのだあああああああああ」
球磨 「申し訳ないけどホモはNG>霊夢
あるべき姿に還るクマー」
衛宮士郎 「あぁ、吊るしかないな……>慎二」
クロノワール 「混じりたいのか?>ギルガメッシュ」
鬼柳 「俺も対抗占いはしない方向で今は考えているぜ。
指示があれば別だけどな。
もっとも、ダークシグナーである俺がうんたらかんたら」
間桐慎二 「お前らサーヴァントは闘うことが仕事だろ
灰で戦えよ>ギルガメッシュ」
できない子 「3人外が露出してるよね」
さっちゃん 「こう、共有二人を見てると
RP合わせて入ってきたつっきーが即吊られるアタシの切なさ」
衛宮士郎 「いや、別にイリヤのものってわけでも……!?」
霊夢 「┌(┌^o^)┐<うふふ♪」
できない子 「2ホモも露出してるよね」
できない子 「5人外露出してるよねHAHAHA」
月詠 「狐混じりか、狼2騙りかみれるじゃろ。わっちしんじれば>猿飛。
対抗占いさせるわけでもないんじゃろうし。」
イリヤ 「違うの?(グスン」
間桐慎二 「まったく、これだからロリコンは」
さっちゃん 「べ、別にさみしくなんかないんだからねっ 勘違いするんじゃないわよ!」
サカキ 「つまり共有は人外だった…?>できない子」
衛宮士郎 「だって別に本編で俺と慎二とギルガメッシュで
3人絡むシーンって……あんまり……」
できない子 「3人外+2ホモ=プライスレス 」
クロノワール 「霊能CO者はパワポケとできない子ではあるまいか?>さっちゃん」
ギルガメッシュ
.     /レ ´ //  \∧/!
    /                 L
...  И                  |/{
   | 厂`¨¨´ ̄ ̄⌒^´{/!   .|
   ∨ _ノ    ヽ _ |/} フ       (あ、やっぱ我共有にならなくてよかった)
.   {| 三三   三三ニ  ノ/        (腐りし者共の餌食になるところだった)
    L、           /「¨}
     \  「  ̄]  / Lノ
.       > ──=≦ ̄ \
       {_/ \_{_人__ノ
.        |\___ノ ̄})
        .|  |_金_|_,人\
         ノ∨ ̄ ̄ ̄∨ 
鬼柳 「俺視点になるけど真狼-真狼かなにか狙ってたんじゃねーかなって邪推はするけどな。」
霊夢 「露出ホモ…続けて。 >できない子」
イリヤ 「┌(┌^o^)┐なの???>お兄ちゃん」
月詠 「対抗狼あるかもしれんな。」
間桐慎二 「あん?対抗占いしてもいいよ
信じられる気がするなら」
クロノワール 「あ、霊能COじゃなくて霊夢○だった>さっちゃん」
月詠 「できない子は霊能じゃなくて、霊夢○じゃの。」
サカキ 「月詠視点だと鬼柳真の場合対抗占いまである、とは言わないのか」
鬼柳 「できない子は俺の対抗占い師だ。」
さっちゃん 「あああああんたにわざわざ言われなくてもわかってますぅー!
2かたたたたきか狐堅気よね!?」
クラウド 「奴らはそんなこと関係なく牙を向くぞ>ギルガメッシュ」
ヒノアラシ 「そういえば、共有の相方は出さないの?」
球磨 「なにかって…何クマ?>鬼柳」
霊夢 「2騙りまでありそうだからあんま対抗占いはおすすめしないけどね。」
ヒノアラシ 「あ、ごめん慎二さんが共有だったのね」
衛宮士郎 「おい、ヒノアラシが今ものすごくCOを見逃してるうっかりだってわかったぞ」
イリヤ 「ヒノアラシ大丈夫?>共有の話」
やらない子 「希望という若干メタ思考考えれば
霊能に出る狂人とか狐とか考える気しないから
多分真狂狼-真狼だと思うので対抗とかいらないよ
望まずに引かされたのがいれば話別だろうけど」
クロノワール 「もう出てるみたいだぞ>ヒノアラシ
色々ネタになっている。」
間桐慎二 「出してほしいの?>ヒノアラシ」
ギルガメッシュ 「はん?我がサーヴァント(召使い)?
うぬぼれも体外にしておけよ雑種?すべての雑種は我の
召使であり、我こそが王である>士郎」
さっちゃん 「落ち着きなさい? 慌てると碌なことないわよ? ベッドの上でも屋根裏でも  >クロノワール」
できない子 「人外が何してきてるかなんてわかるわけもなし。
生きてたら仕事するよ。もっとも仕事なんて自分でできたなんていうことはできないけれど」
鬼柳 「>球磨
ラインってことだよいわはず。
まぁ3-2って状況みての予想だけどな。」
ヒノアラシ 「…それでそういうネタになってたのか」
サカキ 「真狼狼-真狂ならば狼も面倒な立ち回りを要求される
かつおおよそ私も噛まれない。問題は無い。」
球磨 「あんまりサカキがしゃべってない気がするクマ」
イリヤ 「お兄ちゃんはイリヤが守る!!(シンジの魔の手から」
月詠 「わっちは4-1と、3-2で、内訳推理はそうかわらんぶん。対抗占いも良いと思う。
ただ願わくば、対抗の色見てかのう。パワポケ●なら無意味じゃ」
クロノワール 「霊能COの前後を見たら霊と云う字が見えたものでな>さっちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
サカキ0 票投票先 →月詠
霊夢0 票投票先 →月詠
衛宮士郎0 票投票先 →パワポケ
パワポケ10 票投票先 →クロノワール
イリヤ0 票投票先 →月詠
クロノワール1 票投票先 →パワポケ
月詠5 票投票先 →パワポケ
鬼柳0 票投票先 →月詠
間桐慎二0 票投票先 →パワポケ
ヒノアラシ0 票投票先 →パワポケ
やらない子0 票投票先 →パワポケ
できない子0 票投票先 →パワポケ
クラウド0 票投票先 →パワポケ
さっちゃん0 票投票先 →パワポケ
ギルガメッシュ0 票投票先 →月詠
球磨0 票投票先 →パワポケ
パワポケ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鬼柳 「共有かみぬくか」
鬼柳 「これ狐霊能にでてるんじゃねーのって思うレベル」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「共有噛む?私が明日ヒノアラシに●だせば多分それだけで
榊釣れるけど」
できない子 「たぶんねー霊夢かな?潜伏占い」
ギルガメッシュ 「まぁ二騙りばれる嚙みだろうけど良いと思うぞ>噛み抜き」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「共有かみぬいたほうがいいと思う。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「ちがうなそこちがう」
鬼柳 「んー潜伏占い師はいないとおもうけどな」
できない子 「多分潜伏真いるよこれ」
できない子 「ま、いいさ。なら共有噛む? 」
鬼柳 「それで」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「船頭二人いてもしゃーないから鬼が指揮」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「悪いな」
できない子 「噛みも鬼
私は●だすよ、ヒノアラシに」
鬼柳 「120でロリコン側の共有かみ」
できない子 「それで真は多分吊れる」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
鬼柳 「OK、そこはまかせる」
鬼柳 「ギルガメッシュに○でいくぜ俺は」
ギルガメッシュ 「わかった
明日●が出てもCC緒は我はせん」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ギルガメッシュ 「ああいらん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クロノワール は無残な負け犬の姿で発見されました
衛宮士郎 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クロノワールさんの遺言 死んだならメタルマンでも観るか。
パワポケさんの遺言 霊能CO-

希望性メタで真狂狼ー真狼の方があるかなーというのはあるんだけど
月詠はだいぶ挨拶遅いんだよな、そこら辺を見るとどうだろう狂人あるかも
(霊能COする予定の狼なら挨拶はやめにするんじゃないかという推理)
衛宮士郎さんの遺言 共有CO 相方慎二
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
できない子 「占いなんてできないよ
クロノワールは○」
鬼柳 「占い師CO クロノワール○」
サカキ 「占いCO クロノワールは○だ」
月詠 「霊能Co パワポケの性病検査は陰性/○じゃ。」
やらない子 「おはよう」
イリヤ 「もうやだ!
何でお兄ちゃんとシンジはよる一緒に寝てるんだろう・・・
わけわかんないよ!!!!」
鬼柳 「うーん文よめてない印象が強いのよね。
他の何かに気をとられてたといったほうがいいのか。」
できない子 「周囲に全般的に話しかけてるけど3-2に特におどろいてなくてさらに
あんまり深くつっこんでないところを確かめないなんて私にはできない」
サカキ 「霊能者をどうする?という受動的発言が個人的感性では最高に役のように映る
なおかつこの場におけるどうする?=残す可能性を示唆する提案ではおおよそ狩人でもないだろう
噛まれる候補を増やす狩人など居るかも知れんが基本的には考えられんからな
ということもあり、狩人では無さそうな役目=単純に人外である、と目星を付けて占わさせて貰おうか」
さっちゃん 「中途半端にライン見てどうなの?って話ではあるけど
パワポケから吊った方が鬼柳とつっきーのライン見れていいわよね
単純に発言比較した場合つっきーのが好みだったってのはあるけど」
ヒノアラシ 「おはようー
霊能は月詠さんと鬼柳さんのラインが見れるように
パワポケさんのほうから吊ったの
あと、昨日はCO確認漏れ、申し訳ないの」
クラウド 「おはよう」
霊夢 「おはよんー。」
ギルガメッシュ
                             l':,
                   ゙爻 ̄ ̄: :`: . 、_」 : ',
                    _,ゝ: : : : : : : : : : : : ',/|
             ,.ィ: ´: : : : : :_: : : : : : : : : :_: ,ィ レ/
            /: : : : : : : : : ヽ  ̄` ー'^^´ '" .l、:/        鬼柳のCOが前者二人に比べて遅く、なおかつ3-2
            ヽ: : : : : : : : : : : :>    /  ヽ l         という形になるのならば狐交じりあるんじゃなかろうか
        ,、      < : : : : : : : ミ'''゙´           l
    <: :.ヽ   ,.ィ>: : : : : : :冫      ●  ● .L -‐.、     なので自己判断で鬼柳占うのもありだがな
   ,ィ.、 l : : }_/// : : : : : : : :/         、__)    .l     ただこの3-2進行上対抗占いよりも灰狭めることに損はないので
.  /:_: :` l : :〈: : :ヽ:/`ー-,-_:_i´ヽ       ゝ-’    _ノ     普通に灰でもいいがな
  ".  \l : : :>‐-ヽ_二l l :.`◇__ , 、i⌒',    _ノ⌒j
      L/:::::::::::: l : : : :l l : : : {/: :冫: : }: : ̄: : : /l : :}       そしてこの3-2という進行上噛み見れば二騙りか
      /:::::::::::::::: ノ!:..: : :l l : : : :`:‐-'、: : /:ヽ/: : イ、:i_:ノ       狐交じり見ればわかる
      `ヽ_;;:>.´ .` ̄ ̄ `¨¨¨¨¨¨ `´  ̄ ´


球磨 「おはようクマ」
できない子 「完璧だね。一発ツモ」
さっちゃん 「あとクロノワールもヒノアラシも、
ゆっくりでいいから確実に把握しなさいよ?
銃殺の時の占いじゃあるまいし早さはそんなに要らないから」
間桐慎二 「おぉっと」
月詠 「なんじゃこの超対応」
イリヤ 「お兄ちゃん!!?呪殺だよ!!!」
鬼柳 「狐は死んだ!」
ギルガメッシュ
             ,ィ      _
         ,:': :l ,.ィ: ´ ̄: : ム -─ …: : :7
      ト、 /: : :.゙: : : : ,.ィ: : : : : : : : : : : :∠ -: :7
.       l :`゙:_:_:」ヽ:./ ム-‐ Z_: : : : : : : : : :./
       ',: :.|            冫: : : : : :∠イ
   <ヽ ゝ}   /   ヽ  <¨ヽ: : : : : : : /     占い即噛んで来るのであれば狐交じり
     l´l   l            l´ l : : : : :../      共有か灰を噛んで来るのであれば占い騙りを生かす
.      l ', l    ●  ●    .l  l⌒i : : フ      二騙りのどっちかであろうな
.     l , ´:::::::::   (_,、_,  :::::::::├.┤ノ- '
.     「,'              l  lソ´         なので今日の噛みはわりかし重要な情報ではないか?
     乂    _    _ , ィ´ゝイ
        ̄ト 、. `┌┐イレ ´: :..:}
         l',: : :\:ヘ:/ : : : : : : / ,'
         l ヘ:_;,, -=‐- ,,:_:ノ :〈
     ,. .-┬┴ : :7: :/^ヽ_:_:_:_ヽ: : :ヘ
      {、: : :!: : : :./: :/ニニY: : :く: : : :ヘ
クラウド 「ならロラ続行か」
霊夢 「すごいなー。 >対応」
やらない子 「おーいい対応」
鬼柳 「てか対抗二人とも反応してるのかよ」
さっちゃん 「そのクロノワールが銃殺されてるという諸行無常」
間桐慎二 「これ全ロラで残り狼1か」
月詠 「わっちをのこさんか?」
やらない子 「やっぱ2騙りよねこれ」
クラウド 「最悪占いまでロラするという手筋もなくもないがまあ」
ギルガメッシュ 「っと大谷流ではないか雑種共!!>呪殺」
できない子 「狐だから、3-2に対して
あえて触れない、そんな目の動きで、私を騙すなんてこと、できない」
イリヤ 「なんでみんな対応してるのだろうか・・・
っていうか何でお兄ちゃんいないの!!?」
霊夢 「ローラー&ローラーでLWに出来るね。」
鬼柳 「まーそんな気はしたけどな。
あいつ霊能がーっていっときながら文よめてるかんじまったくしてなかったし。」
サカキ 「なら対抗含めて全ロラで残り1wまで行くな」
間桐慎二 「んじゃまぁロラ続行しよか。」
間桐慎二 「残さん」
鬼柳 「>霊夢
ローラ・ローラってなんかたーんえーっぽいな」
さっちゃん 「…占い理由をちょっとよく見ていきましょうか」
ギルガメッシュ 「ないな>月詠残し」
球磨 「うーん。いいんだけどもうちょっとパっっと個人名わかるようにしてほしいクマー>占い理由」
できない子 「へー大したもんだ、褒めてあげるよ>対抗二人」
鬼柳 「てか俺の○だぞ!一応!パワポケ!」
ヒノアラシ 「ちょっと気になったんだけどー

サカキ 「唯一のポケモン繋がりとあっては無為に放置も出来んだろう
呪殺など発生してしまった場合はすまんなとだけ言っておく」

僕は村で間違いないけど、これで●出てたら、サカキさんは気にしないのー?」
やらない子 「むしろこう全ロラして残りえーっと残り2吊りでLW探しくらいでよくないってレベルだからないわ>月詠残し」
月詠 「どうせ信用低い占いから吊るんなら
色をみせいというておるのじゃ」
霊夢 「まぁ鬼柳が一番弱い。」
できない子 「灰噛み対応でもないのか、ほんとすごい。
素直に関心してしまった。」
サカキ 「発言引用は趣味ではない>球磨」
イリヤ 「真狂狼-真狼
全部ロラでLW何だね」
間桐慎二 「○だから吊られたって感じが割とな>鬼柳」
クラウド 「パワポケ吊った時点でお前からの色になんの意味があるんだ」
ギルガメッシュ 「狐混じりがなく真狼狂ー真狼の形か
真狼狼ー真狂、もしくは全騙りの形に証明されているのに残すわけないだろう」
鬼柳 「>霊夢
まーさっぱりとしかかいてねーからな。
一応文よめてねーってのはさっき根拠だけ示した。」
月詠 「占いの真証明は、一つきえた。
共有も露出した。」
イリヤ 「もちろん真狼狼-真狂もありえるけど」
さっちゃん 「凄い個人的なこと言うなら、できない子の信用は少し下ね
昨日と違って占い理由に「理由」ってつけてないから
銃殺対応で慌てたんじゃないの?とかいう雑な推理なんだけど」
球磨 「でもクマはたいていの人はサカキが真だと思っちゃうクマよ?」
間桐慎二 「その色が信用できないからなぁ
どうにもこうにもってところ>ツクヨミ」
鬼柳 「>ワカメ
くっ、まぁ色みて●だったら疑わしきなんたらってこともあるからしかたねえか」
クラウド 「お前からのパワポケの色に意味はあるが
それ以外に大した意味は無い」
イリヤ 「何にしても2騙りだね」
できない子 「これで4人外露出。一人見つければ、だね
リミットは明後日。」
できない子 「そうすれば全視点で、いける」
ヒノアラシ 「鬼柳 「うーん文よめてない印象が強いのよね。
他の何かに気をとられてたといったほうがいいのか。」
あ、その理由で、共有見逃してた僕よりそこ占うんだ。
まあ僕は○もらってるけど」
霊夢 「当たり前だけどサカキが一番いい。
分量だけじゃなくて思考もしてる。」
さっちゃん 「つっきーの発言自体は好みだけどだからといって真決め打つ気にはなれないわ」
やらない子 「理由としてはサカキが1番なのかね」
サカキ 「月詠を残すのならば誰か「月詠のためなら死ねる(゚∀゚)ラヴィ!!」などという村人を連れて来て
そいつを吊った上で占い全員に月詠を占わせるなどの処置が必要だと思われるが
時間の無駄に思えるな
もしくは対抗占い吊るかどうか、か」
鬼柳 「まぁこれぐらい反発されるぐらいがちょうどいいな。
心地よいぐらいだぜ、ダークシグナーにとってはな!」
月詠 「昨日わっちをのこしたという点で、少し信用して欲しいものじゃ。
無駄吊りも避けれように。」
ギルガメッシュ 「榊が特別濃いわけではなく」
月詠 「あした11で」
球磨 「>サカキ
ヴァーいちいちログを見直してくるこっちの身になってほしいクマー
できない子もだけど」
間桐慎二 「いや、つくよみが真なら●出すのかなーとか思ってたところでさ
それが一番真狼-真狼がしっくりきたから>鬼柳」
やらない子 「たとえ明日からロラする進行とるとしてもそこ最後かな」
ギルガメッシュ 「他二人が薄すぎるのでサカキが相対的に持ち上がるのだ」
イリヤ 「月さん残す進行なんて取る必要ないよ」
鬼柳 「>ワカメ
なるほどな。」
月詠 「誰か一人の●だけつれんくなる。」
ヒノアラシ 「ここはもう占い結果ぽいして、灰見るのに集中するの」
間桐慎二 「霊能は真証明ができないからパスで」
イリヤ 「その間に占師さんには情報残してもらって
そこから積める方がベターだもん」
月詠 「まぁわっち狼でも生存欲高く見えるか。」
サカキ 「それがベターだろうと私も思うので>占い結果ポイして灰勝負
結果が不要というのならば残すつもりもない」
さっちゃん 「サカキの文章量が多いのは一目でわかるけど
真でもシンプルに理由言う占いもいるからそれだけで判断はしないわよ」
できない子 「対抗の理由みたけど個人特定してないのはふたりともじゃない。
私の理由はこれ以上ないぐらい特定してるよ」
球磨 「>ギルガメッシュ
そうかクマ?真偽はおいておいてよくまとまってるとは思うクマ」
月詠 「狩がGJ2回出すと良い。」
イリヤ 「ってわけで私は夜に占師の理由見るね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
サカキ0 票投票先 →月詠
霊夢0 票投票先 →月詠
イリヤ0 票投票先 →月詠
月詠12 票投票先 →できない子
鬼柳0 票投票先 →月詠
間桐慎二0 票投票先 →月詠
ヒノアラシ0 票投票先 →月詠
やらない子0 票投票先 →月詠
できない子1 票投票先 →月詠
クラウド0 票投票先 →月詠
さっちゃん0 票投票先 →月詠
ギルガメッシュ0 票投票先 →月詠
球磨0 票投票先 →月詠
月詠 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鬼柳 「ちっ、こんなに早く銃殺でるとはな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「 」
できない子 「 」
できない子 「 」
鬼柳 「さてと、噛みぬきをこのまま敢行するかどうかが重要だな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ギルガメッシュ 「 」
できない子 「狩人初日にかけて即真を噛む?ないなー」
鬼柳 「噛みぬき>占い師噛みまでは通してもいい気はしなくもねーがな」
ギルガメッシュ 「日記を書いてくるとする」
できない子 「それは多分負ける。
ヒノアラシ噛むかー」
鬼柳 「>できない子
占い師噛むなら明日だな」
できない子 「あの超怪しいの狩人ゆえとみれば」
鬼柳 「んーーー」
鬼柳 「ヒノアラシより霊夢かみてーけどなそれなら」
ギルガメッシュ 「それならまだ共有を噛んでから占い噛んだ方がいい気がするな
その場合どこかを確定○にした方が占いは抜きやすいが」
できない子 「じゃあ共有噛みしようか」
鬼柳 「占い師抜く予定をするなら狩人狙いだけど、
それだったら信用勝負で進めたい機はする」
鬼柳 「OK」
鬼柳 「共有かみで120な」
できない子 「私ヒノアラシ○にするよ」
鬼柳 「今日は俺がギルガメッシュを囲う。
かこいないとさすがにまずいからな」
鬼柳 「OK」
鬼柳 「できない子は徹底してヒノアラシ囲わないか、●の前提で頼む」
鬼柳 「ヒノアラシじゃないwwww」
鬼柳 「ギルガメッシュ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
間桐慎二 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
間桐慎二さんの遺言 共有者だよ
相方は衛宮だってさ
月詠さんの遺言 霊能はロラされる覚悟があってこそじゃ。

2回したいなしあれば●吊りきれるが。真噛まれるかの。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
できない子 「占いなんてできないよ
ヒノアラシは○」
クラウド 「おはよう」
鬼柳 「占い師CO ギルガメッシュ○」
霊夢 「おはやふー。
◇できない子「対抗の理由みたけど個人特定してないのはふたりともじゃない。
私の理由はこれ以上ないぐらい特定してるよ」
ここ嘘ついてるからできない子は真切った。
サカキの理由は個人特定してる。」
イリヤ 「おはよう♪
占師ロラで私いいと思います!
GJデてるとかなら別だけどね」
ヒノアラシ 「おはようー
鬼柳  「インフェルニティ・占い師 効果発動! パワポケ○」
鬼柳 「占い師CO クロノワール○」
CO分に落差がありすぎるの。あと占い理由も薄いし明日はここから吊りたいの
あと、狼に狩人探す気がないってことはわかったの」
やらない子 「おはよう」
球磨 「おはようクマ」
サカキ 「占いCO さっちゃんは○だ」
鬼柳 「なんかふらついているイメージがすげえ強いぜ。
サカキのこと落としてそのあと持ち上げてるかんじがよ。」
できない子 「初日の挨拶文が偽装くさくてレスポンスが悪くて把握ができてなくて
対抗の○に怪しいのがいて占わないなんて私にはできない」
イリヤ 「サカキ
>一応占師としての最低限の理由は書いてある(占い先の発言
霊能者をどうする?って発言ね」
サカキ 「できない子の理由に対して「文頭の【理由】が無いから慌てて対応したように見える」
という考察は至極最もではある。実際私も言われて確認したらそう思った
引っかかるのはここ以外だ。正確には、ここまでの推測が出来る人物が
鬼柳の占い理由の抽象性に対して全くツッコミをしておらず
なおかつ私の理由に対しても「量が多いけど~」と無いようについて触れていない

できない子偽を知った上で切り飛ばしたように見える。というのが占い理由をまとめたものになる」
さっちゃん 「銃殺出て狼2騙りが見えてる以上はつっきー真なら真狼狼-真狂でしょ?
占いロラもちゃんとするから安心して吊られなさい、以上」
イリヤ 「できない子
>占い先どこでもその理由で行けそうだなってところ」
イリヤ 「鬼柳
>文章読めてないところって他にもいない?
もうここは信用あんまりないかな」
できない子 「ごめん、昨日の対抗へのdisは嘘。
ちゃんと対応できてた。そこは謝るよ」
霊夢 「じゃあ占い吊りはじめよっかー。 >共有噛み」
イリヤ 「信頼度は
サカキ>できない子>鬼柳
こういう感じかな(現状は」
ギルガメッシュ

                   ,. '´ ̄  `'' ー‐ 、
                 /   /     ヽ ヽ、
                /              ヽ
                /                    ヽ
                    ,'   , ,    ., 、 ヽ   i、
                    / ,' / i | i  lヾヽ ヽ  ;ゝ
              / 〃 i  ii l |  |',ヽヽ |   i!        狂人が灰にいる形が全騙りというぶっ飛んだ形以外ないので
              /ノレ i ハ__ハ i', ヽ  i \」_ |  iリ        ほぼ狂人灰にいないとみて怪しい、つまりSG位置を占いしてみてはどうだろうかと思うがな
               `i∧! rテぐvヽ!\| マjフ i!⌒Y
                 iヽ.`ー'          i!6 /         具体的には初日から動きが鈍いヒノアラシとかだな
                  ヽ.j   i:.      ィ/          ただまぁそこ●出されたら逆に印象いいのもあるがな
                    \ ー ‐一 , ' :|!
                    ,.ィ|丶.,   /  |__
                  /く__ i! :  ̄  ,'_,.」__フヽ
        __,.-―――‐/;:;:;8;/ :.     |8:,:,:,:,:,:,:/`‐-.,_
       i´;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ,.,:`‐-7 :    「;`ー‐‐'´ '':.;.;.;.;.;.;.;.; ̄;: ̄ ‐- 、
         |;:;:;::;;:;:;:;:;:;:;:;'''',,:;:;:;:;:;:;:;:;:/ 、   _||;:;:;:;:;:;:;;:;;::;::,.,.''':;:;:;:;:;: ;;; :;:;:;:;:;:;:;:|
       |;:;:;:;;:';;,:;:;:'''.,,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、 ', ´ ,}|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,,.''':;:;: ;;':;:;:;:;:;:;:;;;:|
        |;:;:;:;:::;;;'' ,.:;:;:;:,:,:,:,:,:,:,:,:;/ /   /´i|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.,. ''::;:;:;;;:;;:;;:, '^ヽ、
        |;:;:;:;:;:;;: :;;:;:;:;:,:,:,:,:,:,:,:,/ ヽ   i  ||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;,:,:,:,:;:;:.,., ''/,:,:,:,:,:,:ヽ




さっちゃん 「ギル・やらない子・霊夢・球磨 あたりがサカキ真目判断
便乗狼があるかどうか」
イリヤ 「ってわかめ!!」
鬼柳 「>ヒノアラシ
初日のCOは遊ぶからそりゃ差でるわ。
というかそれぐらいの準備ぐらい騙りだったらするだろ・・・。」
霊夢 「おう、それ言えるのなら待とうか。 >できない子」
クラウド 「じゃあ鬼柳の真を考えるかどうかだがまあ多分吊るだろうな」
やらない子 「正直灰にいるのが灰狼1だから割りとロラってから考えたいんだけどね」
できない子 「そこ占い理由で書いておいた
そこは読み違いしたから>霊夢」
ヒノアラシ 「あ、ここで僕占いなのー?
初手囲いを見たってことはサカキさん狼主張?」
ギルガメッシュ 「ん?」
ギルガメッシュ 「サカキの初手〇って霊夢ではなかったのか?」
イリヤ 「信頼度低いところから占いロラでいいと思います!」
さっちゃん 「うん、割とサカキの占い理由は嫌いじゃないけど
私としては「雑な理由」と言った発言にそこまでツッコミ入る?って感じ」
霊夢 「まぁそれなら鬼柳からになるんだろうなー。」
やらない子 「指示役なくなったっていうのは面倒といえば面倒だけど」
サカキ 「昨日のヒノアラシの疑問に対する返答だが
初日の呪殺以外で謝罪する必要は無いと考える」
イリヤ 「ヒノアラシ>ギル」
クラウド 「サカキの初手○はヒノアラシ
霊夢初手○はできない子だ>ギルガメッシュ」
できない子 「ありがとう、でもこれ明日までに私みつけられないと
村負けるね、一発で決める>霊夢」
霊夢 「私はできない子の初手○だにゃ。 >ギルガメ」
できない子 「鬼柳吊りだよ。」
サカキ 「ローラーをしたい、というだけだろう
特に反対する理由もない」
鬼柳 「サカキの初手はヒノアラシだぞ>ギルガメッシュ」
さっちゃん 「理由は夜に見るね!とか可愛いこと言って
ちゃんと朝一で言ってくれてるイリヤは可愛い 村可愛いと思う」
ヒノアラシ 「んー、初日だけ遊ぶ人って、僕はあまり見ないんだけどなぁ>鬼柳さん」
ギルガメッシュ 「占は確定○作らなくてもいいぞ
嚙み場所が増えるからな
せっかく狼が自分から確定○と言うかみ場所を減らして行ってるんだ
灰を噛ませてしまえ」
できない子 「吊りで無駄をなくす、各視点のこり人外は1なのだし
狩人吊りのリスクを犯すひつようはない」
鬼柳 「>ヒノアラシ
絶対じゃねーだろ。
曖昧なな理由でいってんじゃねえぞ。・」
球磨 「困ったクマー
さっちゃんの発言サカキが真って言ってるのと同じだと思ったクマ。
けどさっちゃんサカキの○になったクマ」
ギルガメッシュ 「ああさっき知った>ヒノアラシが榊の〇」
やらない子 「銃殺時もだけど初日の動きもサカキのが1番好みってのもあるかな>サカキ最後」
できない子 「明日までに私がみつければ村の勝ち、そうでなければ
多分まけ、ここで共有噛む以上はね」
鬼柳 「まー好みで語られてもしゃーねーって気はするけどな。」
イリヤ 「とりあえず私は占師に投票するね♪」
サカキ 「割と真狼狼でさっちゃん狂人はないものかと考えたが
無いな。うむ」
さっちゃん 「ギルの昨日のAA発言の内容と銃殺&共有噛みという結果を見て
なんか噛みわかってる狼なのか、ただの偶然なのかを見ておこうとは思ったけど
多分明日には忘れてそう」
霊夢 「ああ、確定○作らなくていいっていうギルガメの意見いいなぁ。
囲い見てないのはマイナスだけど、それをしのぐ村っぽさが感じられる。」
鬼柳 「残り5吊りで3人外。
俺つりにするにしても明日までまってくれってのはおもうけどな。」
球磨 「指示役がいないって?じゃあ意外と優秀なクマちゃんが指示だすクマ
鬼柳釣りクマー乗るものは投票クマー」
さっちゃん 「こら、真狼狼-真狼 とか考えてるの?  >サカキ」
鬼柳 「>サカキ
お前昨日の銃殺なんだったんだよそれ・・・対抗にいうのもあれだけど。
なんで狂人を灰でかんがえているんだ?」
ギルガメッシュ 「狩人気にするんなら占い1切った後のこった占いは
対抗の◯占って指揮役を作って指定をさせろぐらい言った方がいいと思うが」
クラウド 「さっちゃん狂人なら対抗二人吊った時点で終わるから考えなくていいだろ>サカキ」
霊夢 「分かる。 >サカキの初日の良さ >やらない子」
サカキ 「そもそもの話残る≠結果を真と思ってもらえるだ
最終的に狼が吊れればもはや私は不要だろう」
イリヤ 「ないわけじゃないけどそれだと・・・」
さっちゃん 「私は銀さんへの愛には狂ってるけど、他に対しては冷静沈着なの」
サカキ 「だから、「無いな」だ>クラウド」
鬼柳 「すまんふがいないからつられてもしゃーないとは思ったけど
対抗がこんなんでつられちゃしゃれにならねえよ。」
球磨 「誰か突っ込むクマー」
ギルガメッシュ 「我は灰噛ませたい派なので確定○はつくらせんでもいいと思うがな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
サカキ0 票投票先 →鬼柳
霊夢0 票投票先 →鬼柳
イリヤ0 票投票先 →鬼柳
鬼柳8 票投票先 →球磨
ヒノアラシ1 票投票先 →鬼柳
やらない子0 票投票先 →鬼柳
できない子0 票投票先 →鬼柳
クラウド1 票投票先 →ヒノアラシ
さっちゃん0 票投票先 →クラウド
ギルガメッシュ0 票投票先 →鬼柳
球磨1 票投票先 →鬼柳
鬼柳 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子 「多分今噛めれば勝てるけど。」
ギルガメッシュ 「 」
ギルガメッシュ 「 」
ギルガメッシュ 「 」
できない子 「狩人候補は初日だけ灰は霊夢ークラウドーやらない子ー球磨」
ギルガメッシュ 「どうしたい?できない子」
できない子 「ち、呪殺対応分濃くかいておけばよかった。
余裕だったのに」
できない子 「これは信頼しても勝てないからね。」
できない子 「噛むさー霊夢が村にみてくれてるんだし>ギル」
ギルガメッシュ 「霊夢くらいしか狩人くさい位置は見当たらんが」
できない子 「初日狩人あるんじゃなかろーか。
とは思える」
ギルガメッシュ 「まぁ噛みたいのならば噛むのがよかろう」
できない子 「霊夢ぐらいだけどそこ噛みはしない、というあれなのだから。まあね」
ギルガメッシュ 「それでは嚙みに行ってみるのも一興>初日狩人」
できない子 「イリヤもか」
ギルガメッシュ 「イリや狩人かんー?」
ギルガメッシュ 「まぁチャレ行くか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サカキ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鬼柳さんの遺言 占い師CO、結果は割愛。

結論急いでいる球磨だけは絶対つってくれ。
その上だったら文句はいわねえよ。
サカキさんの遺言 ○○(呪殺)○
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
クラウド 「鬼柳投票したつもりがなんかヒノアラシになってた」
できない子 「占いなんてできないよ
クラウドは○」
球磨 「おはようクマ」
さっちゃん 「>球磨
できない子は3日目言った理由からちょっと信用ダウンだけど
鬼柳はそこまでって真否定してなかったわよ、私
確かにサカキの信用高いのは否定しないけどね」
クラウド 「んじゃできない子吊り」
ギルガメッシュ
                         ___
                         ´     `ヾ}
                     /        ≧、
                   /              \
                     /               ヽ
                 /                \  ',
                   / / ′ i     、 lV   ∧  ヽ
                  ーイ /   l     ト、 _ 斗 V   ∧ トヽ
               l ,i  八  Ⅳイ 苧厂 V 刄∧.l
                    l/ l 折ァ \|   ̄   V_ 」  l         ふーむ、それじゃあこれ狂人吊ったんじゃないか?
                     Ⅳ! /             ノ  l         あまりにも票が揃いすぎててあんまり狼吊った気にはならんぞ?
                  . 〈          厂  从
                   八  、___     ′ Ⅳ
                    \ ` ̄ ̄´   / l八l
                    \    /   l
                      ー < {0.ニニニニ}
                         {!ニニニ|    |ニニニニニL
                        |lニニニ|   _.」0ヽヽニニニニニニニニニニニヽ
                      ノ||彡 ´ ^  ||ニニニヽヽニニニニニニニニニニニ\
               -=ニニ〃||、     /||ニニニニヽ二二ニヽヽニニニニニニ|
            r-=エニニニニ〃ニ|| l   / .||ニニニニニニニニⅧニl lニニニニニl
              lニニエニニニ〃ニニ|| l   /  ||ニニニニニニニⅦニ| |ニニニニニ!
.            lニニエ==ニニニ|| l.  /   .||ニニニニニニニⅦニ.l lニニニニニ/i
          lニニ.|ニニニニニニニ|| l /    ||ニニニニニニ厂つ.l lニニニニ/ニ!
           lニ//!ニニニニニ二|| .∨    ||ニニニニニ厂 ̄`ヽlニニニ./二l
            lニ| |.lニニニニニ二||  i1     ||ニニニニニi´ ̄ ̄ミ lニニ./ニニl
             lニ| {/i}二二ニニ` <    r≦/ニ〈Ⅶニ二〃ニニ/ニニ/
             lニ| l_lLニニニニニニニニ` <ニ/ニニニⅦニニ〃ニニ./ニニ{′」
ヒノアラシ 「おはようー
昨日、僕囲いを見て入れてきたクラウド君は村目なの」
できない子 「発言の落ちが激しいところ
じっと占いがどうつられるのか待ってるようにみえた」
さっちゃん 「>◇ギルガメッシュ 「占は確定○作らなくてもいいぞ
>◇ギルガメッシュ 「我は灰噛ませたい派なので確定○はつくらせんでもいいと思うがな」

大事なことなので2回言った感じ?
私はこういうの割と役目で見てるんで、って言っとく」
イリヤ 「おはよう♪
とりあえずサカキの○は現状信頼に値するって考えます
あと、それ以外にやらない子の印象がすごくいい」
ギルガメッシュ 「アッ、ハイ」
霊夢 「おはよー。
クラウドがどこ真で見てるかが気になる。 >ヒノアラシ投票」
やらない子 「手間省けたと考えればいいのか
普通に偽できないと判断されたと考えればいいのか」
ヒノアラシ 「え、ロラの流れなのに占いが噛まれてるの?」
クラウド 「すまんただの純粋なミスだ>ヒノアラシ」
球磨 「狩人には指導が必要クマね」
イリヤ 「あーあ・・・」
霊夢 「うーん、まぁしょうがないか…。」
ギルガメッシュ 「それじゃあできない子吊でいい
我昨日の吊で狼吊ったとはあまり思わん」
イリヤ 「サカキ護衛してないんだ・・・」
ヒノアラシ 「な、なんだ。鬼柳さん真を見てるのかと思った」
さっちゃん 「ロラの流れで占い噛まれてるってことは
8割真の結果を多くだしてほしくないから噛んだってことで    >日野荒氏
2割残った占いの信用下げさせるために噛んだってことだと思ってる」
霊夢 「さっちゃんとヒノアラシが○ね。」
できない子 「えっ、やらない子吊り?(難聴」
クラウド 「そういうことは月詠狼、鬼柳-サカキで真狂読みでいいのか?>ギルガメッシュ」
霊夢 「クラウドのはただのミスか。」
できない子 「わかるわ、そこ怪しい物」
やらない子 「護衛ないのはしゃーないのかね
クラウドで終わってくれるのが1番楽っちゃ楽なんだけど」
イリヤ 「うーん、じゃあ1吊りあまりの現状になったって前向きに考えよう!」
さっちゃん 「アンタや私ん中ではサカキが一番好みだったけど
狩人はそうじゃなかったってだけなんじゃないの?  >球磨」
球磨 「サカキ狂人見ないクマ?
クマは一応サカキ真だと思うけど」
できない子 「みんな私と関わり愛もちたくなさそ・・・お仲間にみられちゃうもんね・・ぐすん」
やらない子 「ミスなのはいいけど他がそこまで吊りたいってのが理由として大きかったりする」
イリヤ 「4吊り2Wだから2吊りだった」
ギルガメッシュ 「何故我の発言を見ておきながらその前の発言を読まんのだ雑種よ
◇ギルガメッシュ
 「狩人気にするんなら占い1切った後のこった占いは
対抗の◯占って指揮役を作って指定をさせろぐらい言った方がいいと思うが

確定○作りたい奴がいるのであればこのぐらい言え→
我は灰を噛ませたい派なので作れとは言わんという意味での最後の発言をしたのだ>さっちゃん」
ヒノアラシ 「ロラ完遂としてー
ギルガメッシュ君は確かに役目っぽい
発言数は初日から多くないのに、AA月で印象に残ろうとしてるの?」
さっちゃん 「そういや“ない子”が二人居たんだったわね」
イリヤ 「あの文章量と占いのスタンスで狂人ならサカキ強いよすごく>球磨」
クラウド 「単純にイリヤ残す気はあんまりしないので」
さっちゃん 「いや、似た様な主張を2回も繰り返す?ってのが疑問だっただけで  >ギル
主張そのものは一理あると思ってるわよ私」
できない子 「対応はできたんだよね、できない子らしく理由を2行でやろうとしただけで
やっぱ最後は量が正義かなー。個人特定しっかりした2行ではあるんだけど」
霊夢 「イリヤギルが村っぽいから球磨やらない子クラウドを吊れたら私は幸せ。」
ギルガメッシュ 「月詠狼かは知らん>クラウド」
イリヤ 「逆にそうなれば逆説的にヒノアラシとさっちゃんに囲いがないものと考えてもいいぐらい
今回のサカキは他の占い師より強かった」
できない子 「1点よみだから他に理由つくってないし。うーん。このスタンスとの
兼ね合いがむずかしい」
やらない子 「あるかもしれんけど
狂人だとしても他二人と較べてそんで囲いだったら負けでいいかもって半分くらい思ってる」
球磨 「流石に噛まないかクマ。
噛まれてなかったらサカキ残る感じまであったし、狂人判別できてるなら窯兄クマね」
霊夢 「fate全員村だったんじゃね疑惑。」
ギルガメッシュ 「逆に指揮役作ってほしいというのならば
そこまで言うのが通りだからな>さっちゃん」
クラウド 「鬼柳で狼吊れてると思わないって言われると自動的にそうなるんだが……>ギルガメッシュ」
さっちゃん 「球磨にはあぁ言ったけどぶっちゃけ昨日とかに「サカキ信じてまーす(はぁと」とか言ったとこから
狩人CO出たら私は流石に信じないと思う、とは言っとくわね」
球磨 「なぜ噛まないが窯兄に…」
ヒノアラシ 「個人特定はそこそこしてたと思うけど、対抗へのdisり方がちょっと失敗してたと思うの>できない子さん」
イリヤ 「たまにあるパターン!!>霊夢」
できない子 「ヒノアラシから噛みかなー
そこ一応狩人ある。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
霊夢0 票投票先 →できない子
イリヤ0 票投票先 →できない子
ヒノアラシ1 票投票先 →できない子
やらない子0 票投票先 →できない子
できない子8 票投票先 →ヒノアラシ
クラウド0 票投票先 →できない子
さっちゃん0 票投票先 →できない子
ギルガメッシュ0 票投票先 →できない子
球磨0 票投票先 →できない子
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギルガメッシュ 「ふぅ」
ギルガメッシュ 「先にさっちゃん噛むか」
ギルガメッシュ 「ヒノアラシどうするかな」
ギルガメッシュ 「いや噛むしかないんだが」
ギルガメッシュ 「7>5>3」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
さっちゃん は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言 キョウジーン
さっちゃんさんの遺言       ./         ヽ           _
      i !          !          / ヽ___
      | | . |  l | \ |       、´ ヽ  ヽ;;;;;;;;|
      l | || |、| !|リy|レ.、\ ヽ_-、     ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;|
      ヽi、|リ,|ハ_/| |l〉l,/ ̄ .ヽ、l     ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        /ヽ',,,  | |//.l    ヽヽヽ    \;;;;;;;;;;;;;;;;;|    どうしてつっきーばかり
         l'、  ,.| |/ l     .| ヽヽ_ノ   \;;;;;;;;;;;;;|
        //丶'/| | _/ 〉    _|  |;;;\ノ   __/;;;;;;;;;;;/    AAたくさんあるのかしら…
        //|| |ヽ|ト、__/ハ/ ̄ |  |\ \_/;;;;;;;;;;;;/
       ノ//l| |i| .|.|_〉Y//┤;;;;;;;;;;|  |_ \_,、___/   /|
      .//ノ |l .|| /// |/ .:.:|;;;;;;;;;;;;|   |〉、        ,/;;;;;|
      | |´ ヽ、ヽl l_|  |.:.::::::|;;;;;;;;;;;;|/ / .:.::ヽ‐-___ノ´;;;;;;;;;;;|   でもやっぱり銀さんがナンバーワン!
      ヽ\, . ̄リイヽ .ヽ::::::::|;;;;;;;;;;;;|,/:.:..:.::::::::/      ̄ヽ、;;;;|
   _,、___,-ー, '´´;;;;;;;;;;\_\_〉;;;;;;;;;;|::::::::::::::/ /       Y
 、==/::::::::::::::::::}___,-ー´|;;ヽ/;;;;;;;;;;;;.l::::::::::://´         ヽ
 l==‐-r、 /‐´      |;;/;;;;;;;;;;;/|:::::::::/y           |
     ゞ´        _/;;;;;;;;;/ヽ-ヽ/             |
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
霊夢 「おはうー。
昨日言った結論に付け加えるとまー、イリヤの丁寧さが村っぽく、ギルの適当さが村っぽい。
適当さっていうのは昨日狼吊れたとは思ってないっていいつつ月詠の内訳考えてない辺り。」
クラウド 「おはよう」
イリヤ 「さぁてクラウドさんが私の方に向いてきたね
じゃあきちんと見てみよう!!
ってみたんだけどクラウド自身の意見ってなに?
何根拠に私残したくないんだろうえすぱー?」
球磨 「おはようクマ」
ヒノアラシ 「おはようー


僕できない子さんから○もらってるの。なのに投票された
できない子さん狼っぽいねー」
ギルガメッシュ

     ル1 ジV //Vi,∧
     ノ :/  // ノ ∧
   / /   i :/ /   i
  .∨ソ ∧wヾi/lイ',/.//ル      (パワポケ〇だったことを忘れてた時の王の顔)
    ∨f.--   -- 彡/イ/       
    |. ━   ━  .irヽi
     l    l     _ツ         まぁグレランで良いんじゃなかろうか
     ヽ  t::ュ   ノ{__}         ほぼ2w死んでいる形でLWだしな
, < ̄\>,..__,..r;;'´ x< ̄>     できない子の〇とか考えダスト度ツボに詰まるので
   `√ フii\ ,// /      ∧    普通に発言だけで追って行くとだんだん元気なくなっているイリヤ吊ればいいんじゃないかという
    ∨ i| i i ./ |       |    結論になった


クラウド 「イリヤと球磨吊りで多分勝てるだろうと判断」
やらない子 「まー仕方ないか」
ヒノアラシ 「クラウドさんとギルガメッシュさんのどっちかかなー」
やらない子 「狩人CO」
イリヤ 「さっちゃん噛まれちゃうんだね
仕方ないね」
やらない子 「7人だし灰減らしに出とく」
霊夢 「イリヤそんな怪しいかなぁ?
占い理由への当たり方とか凄い丁寧で可愛かったんだけど。」
球磨 「>クラウド
じゃあ一緒に今日はイリヤツルクマ?」
ギルガメッシュ 「二騙りでクラウドをLW位置に置くかどうかじゃないか」
イリヤ 「ふぇ!?
やらない子は吊るきなかったよ」
やらない子 「護衛はサカキ→サカキ→さっちゃん→ヒノアラシ」
ギルガメッシュ 「ん?>狩人CO」
霊夢 「ほむ、じゃあその他からと。」
ヒノアラシ 「わー、全然見てなかったところからCOが」
ヒノアラシ 「日記見せて欲しいの」
クラウド 「4日目の発言でさっちゃんの発言を見てサカキ○にしか見えないとか言ってるけど
実際にはわりとさっちゃんはサカキディスってるところで
その上でなんかさっちゃん○になったとか言ってるあたりが吊りどころの減りを気にしてるだろう球磨と」
霊夢 「今COするのなんて真しか居ないと思うけど。」
やらない子 「やらない子の狩人日記

1日目 護衛 なし 噛み GM
2日目 護衛 サカキ 噛み 衛宮士郎
3日目 護衛 サカキ 噛み 間桐慎二
4日目 護衛 さっちゃん 噛み サカキ
5日目 護衛 ヒノアラシ 噛み 

1日目 護衛 なし
筆不精だから記録は手短に

2日目 護衛 サカキ
無理に仕事しようとしてないサカキでいいや

3日目 護衛 サカキ
サカキ真以外を強く考慮するなら共有なんだけど
サカキ真だけはサカキ噛みあるから

4日目 護衛 さっちゃん
クラウドが狼っぽくってなら○噛みしてくる可能性高くて
という結論からさっちゃん、霊夢、ヒノアラシ、ギルガメッシュのどっか
そっからだとさっちゃんかな

5日目 護衛 ヒノアラシ
占い見はいいんだけど外すね尽く

6日目 護衛 」
ヒノアラシ 「この時間に出るって事は、真決め打つけど、一応ー」
球磨 「でないとクラウドは結構死にそうクマよ。」
イリヤ 「元気がないってどういうことなのかわからないけどギルは何見ていってるんだろうなってところ」
クラウド 「純粋に狩人っぽいと見てたらなんかサカキ噛まれたので違うということになったイリヤ」
ギルガメッシュ 「狼が7でCOしても得はない
5か3だろ」
イリヤ 「やらない子のCOは普通に信用する」
イリヤ 「そもそも、村として見てるから」
クラウド 「対抗居ないならぶっちゃけ噛まれるかどうかでしかないし
日記とか割とどうでもいい」
霊夢 「占い噛まれて元気なくなるのも普通だしなぁ。」
球磨 「鎮守府で鍛えてくるクマー」
球磨 「ああ、それクマか?」
イリヤ 「いや、でるわけないじゃん>クラウド
ロラで終わっちゃうよ」
ギルガメッシュ 「ぶっちゃけ」
やらない子 「狼あるかと考えられるの面倒だしなあ
COした以上こっからは奇数維持しとくよ
噛まれないとしても」
球磨 「さっちゃん 「ギル・やらない子・霊夢・球磨 あたりがサカキ真目判断
便乗狼があるかどうか」」
ギルガメッシュ 「狐いなくて灰がクッソ狭いんだからヒノアラシ護衛しとけって言っておけば
いいだけだと思うが」
イリヤ 「まあそこ噛まれなきゃいいよね>ギル」
球磨 「下の発言がサカキを真判断している人を人狼判断するってことは、つまりさっちゃん自身がサカキ真が見えてる=人狼と思ったクマ。
けどこの発言があった日はもう○になっていた。
そういう意味クマ>クラウド」
霊夢 「ヒノアラシ護衛でGJ出ると最終日4灰になる。」
ギルガメッシュ 「さっちゃん噛みは別段サカキ噛んでるんだから
全員噛む理由はあるから嚙みから推測しても得めぼしい情報はないと思うぞ>球磨」
霊夢 「よね?」
球磨 「何のこと言ってるクマ?>ギルガメッシュ」
霊夢 「あ、なんないか。」
やらない子 「一応3灰だよ>霊夢」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
霊夢0 票投票先 →球磨
イリヤ2 票投票先 →クラウド
ヒノアラシ0 票投票先 →クラウド
やらない子0 票投票先 →クラウド
クラウド3 票投票先 →イリヤ
ギルガメッシュ1 票投票先 →イリヤ
球磨1 票投票先 →ギルガメッシュ
クラウド を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギルガメッシュ 「 」
ギルガメッシュ 「ふぅむ」
ギルガメッシュ 「ヒノアラシ噛んで偶数にするか?」
ギルガメッシュ 「それで行くか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヒノアラシ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヒノアラシさんの遺言 素村CO

できない子 「ヒノアラシから噛みかなー
そこ一応狩人ある。」
???
しかも投票されたの。でも、僕できない子さんから○もらってるの。
僕潜伏狂を見るなら対抗は狼しかないので、サカキさん噛まれてる時点で破綻なの
できない子さん狼っぽいねー
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ギルガメッシュ
                   /) _ イ ____
                ノ!/ 彡   ≦二__
               / 〃     _      孑z
           Ⅳ /, 厂  イ     _   彡′
           |l .{l ′_∠=z=二二       /
           V .从,ィ´      ≦      /7       占いが死んだ日に一番動きが鈍っており
               V      __ ノ   廴_  ノ /./__       それまで自分の意見は少なくともイリヤは出ていた
            L__  彡 ┬ァ      レニ、//
                !セ7      ̄     !圦|,/         切るべき占いは切るといい、月詠への反応も
                . /               。∠"          そこまで悪いものでもなかったが占いが生存していた時の方が緊張感があり
              `  ____        {   }/ヽ、       占いが死んでから緊張感感が途切れたと感じるので俺はイリヤが怪しいと思ったのだ
               \    `   /   ̄|::::::ヽ\______
               \__ イ    / ̄ ̄ ̄   _____ヽ
             ―― 、_| ___/           ̄     `ヽ
       ___/  〉:::::xく /У    /                 \
     /       / /./∨/    /          ___     \
    /        //  / .//    /          ̄     ̄ ̄ ̄ ̄\\

イリヤ 「・・・・」
球磨 「おはようクマ」
霊夢 「おはうー。
ギルガメが狼だとすると意味不明の言動ばっかでなぁ…。
狼の視点があるようには到底見えないのよ。」
ギルガメッシュ 「ん…?ん?」
やらない子 「適当に灰護衛してたんで護衛先は宣言しないわ」
イリヤ 「何でヒノアラシが死んでるのか」
球磨 「誰護衛してたクマー…」
ギルガメッシュ 「灰護衛するのはいい」
イリヤ 「ない子の信用がマッハで落ちていく」
霊夢 「そんなわけで球磨吊って終わらなければ私の推理外れてたーで笑おうかと思うんだけど。」
球磨 「んーんー面倒クマね」
ギルガメッシュ 「ただそれで抜かれたのであれば明日GJを出さなければ困るというだけだ」
球磨 「一番護衛ありそうな人を噛むってことは偶数にしようとしたってことでしょ。
なんでそんなことするクマ」
やらない子 「別に吊り増えないし
あるっちゃあるでしょ」
イリヤ 「正直ギルが私に来るのがわからないし、
元気なくなったのは真だと思ったサカキ噛まれたからだしね>ギル」
霊夢 「最終日の灰の数変わらないんだったらやらない子は真証明した方が楽だったように思うけどまぁいいや。」
球磨 「外れたら笑うんじゃなくて初めからそこまで考えてほしいクマー」
やらない子 「逆に今日も噛まないように狼が行動するなら
それはそれで灰護衛GJ増えるチャンスあるだけ」
霊夢 「昨日出た時点で真決め打ってるし。」
ギルガメッシュ 「貴様が殴り勝てるという前提の上で成り立っているので
俺は貴様がしんどくなるだけなので何も言わん>ない子」
イリヤ 「そうなんだよね>霊夢
真証明しなきゃ印象は良くても確定ではない

噛まれちゃいけない人が噛まれた場合信用がなくなる」
霊夢 「殴り勝てるとか以前にさー。」
霊夢 「呪殺対応して、真占い噛んで、さぁグレランだってなった狼が狩人COなんぞしないって。」
やらない子 「ここで私噛まない=偶数狙いあるだろうから
それしそうなとこがどこだろ」
霊夢 「ましてやらない子の立場そう悪くなかったんだし。」
球磨 「後ギル投票の理由?
クラウドLWで灰に置くか?って意見だけど。そもそもグレラン展開になったのは
3日目に銃殺がでたからクマ。だから狼が2語りで信用しようとしていた場合クラウド灰狼うんうんはまず前提として成り立体クマー」
霊夢 「という訳で、明日やらない子噛まれてなくても吊りはあり得ない。
OK?」
イリヤ 「まあ普通はね>霊夢」
ギルガメッシュ 「イリヤと我残したら明日イリヤ行って残った灰が
空気化しそうなので我とイリヤでランせぬか?」
霊夢 「やだー私球磨吊りたいー。」
球磨 「だからクラウド村人が見えて適当言ってんじゃないかって思ったクマ
まあこんなこと言って初手○の霊夢とかいるけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
霊夢1 票投票先 →球磨
イリヤ1 票投票先 →球磨
やらない子0 票投票先 →球磨
ギルガメッシュ0 票投票先 →イリヤ
球磨3 票投票先 →霊夢
球磨 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギルガメッシュ 「クマァ!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない子さんの遺言 難しいなこれ
球磨さんの遺言 ヴァー。村人だクマ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
霊夢 「おはうー。
とっても迷う。
ギルの昨日の自分とのラン提案は悪くなかった。
というか、そこ狼だとそのランだと勝っても殴り先が消えるのでとても辛い。

ギルの悪いとこは私と球磨を一切見てなかった所かな。
ノータッチは凄すぎると思う。」
ギルガメッシュ
.     /レ ´ //  \∧/!
    /                 L
...  И                  |/{
   | 厂`¨¨´ ̄ ̄⌒^´{/!   .|
   ∨ _ノ    ヽ _ |/} フ      霊夢狼でできない子の初手囲いなぁ
.   {| 三三   三三ニ  ノ/      あるにはあるんだろうけれど霊夢の進行への口出しと
    L、           /「¨}      灰への殴り見てると初手囲いなくても死なないと思うんだよなぁ
     \  「  ̄]  / Lノ
.       > ──=≦ ̄ \       というか単純に発言内容とペースが落ちてないし
       {_/ \_{_人__ノ       イリヤ<<霊夢だから昨日我かイリヤや吊ってない時点で
.        |\___ノ ̄})         イリヤ行く気しかしないだがなぁ
        .|  |_金_|_,人\
         ノ∨ ̄ ̄ ̄∨ 
霊夢 「イリヤはんー、悪いとこは昨日あった。
◇イリヤ「正直ギルが私に来るのがわからないし、
ギル狼は考えてないのかなー?ってとこ。」
イリヤ 「そこ噛むんだねやっぱり」
イリヤ 「霊夢について
意見自体は強いところで
基本的に通ってる位置
私は基本信頼してるんだけど」
イリヤ 「ギルについて
昨日の私とギルランを提言してる位置
あの状態であの時間に言われても発言が通るわけないんだから
あの発言自体にはあんまり意味が無いって考える」
イリヤ 「占いが死んでから緊張感感が途切れたと感じるので俺はイリヤが怪しいと思ったのだ
>これに関してはどうだろうね
サカキが噛まれた瞬間の話をしてるのはわかる
ただ、狼ならしかもLWなら緊張感って溶けないと思うんだけど・・・」
ギルガメッシュ 「ノータッチと言うか」
霊夢 「ギルは私は見てるの?
…と、朝一で言及してくれてたか。」
イリヤ 「最初考えてなかったよ>霊夢
クラウド球磨で普通に終わるって思ってたもん」
霊夢 「私を意見が強いから信頼してるって、それでいいの? >イリヤ
村っぽいからじゃなくて意見が強いから?」
ギルガメッシュ 「同じ灰で自分を村打ちしている位置を触ると
そこを味方にしたい狼では?って思われると思って
最低限の接触しかしないようにしていた
イリヤ 「霊夢自身は狼っぽいできないこの初手囲い位置なのは認める
だけど、意見強く言える位置に狼囲い入れるかな?って考えると
あんまりそう感じない」
霊夢 「ああ、なるほど。
村と思った位置には触らないと…凄い分かる。 >ギル
私は逆だけど。」
イリヤ 「これで、あんまり発言してないしてても自分の意見をむりくり通さない位置ならまた印象は違うんだけどね」
霊夢 「あー、発言の強さと位置のアンバランスさね。
だいたい分かった。 >イリヤ」
ギルガメッシュ 「なぜか霊夢に村打ちされていたからな>霊夢」
霊夢 「どっちも返答いいな!」
イリヤ 「ギルについては特段狼要素なかったんだけど
昨日の提案がチョット微妙に感じる
あの時間に言われてもね・・・
議論の余地なしじゃない」
ギルガメッシュ 「というか言いたいことは割と言ったのだ最終日までにな
イリヤのギャップが不自然に感じるから吊りたい
ただそれだけを言い続けていたんだが」
霊夢 「でも掘り返すと確定○作るなって言ったギルガメは良過ぎる。」
ギルガメッシュ 「そりゃパッとあの時間に思い付いたからな>イリヤ」
イリヤ 「確定○作るの嫌がるのって狼じゃないの?>霊夢」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
霊夢0 票投票先 →イリヤ
イリヤ2 票投票先 →ギルガメッシュ
ギルガメッシュ1 票投票先 →イリヤ
イリヤ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2014/12/28 (Sun) 16:37:57
やらない子 「おつかれー」
衛宮士郎 「お疲れ様、まぁ、こうなるよな」
できない子 「ギルガメッシュおつかれー!」
霊夢 「ぬあーん、ごめんねー。」
イリヤ 「おつかれさま」
クラウド 「おつかれ」
サカキ 「お疲れ様だ」
クロノワール 「お疲れ様だよ。」
球磨 「お疲れ様クマー」
ギルガメッシュ 「うむ大義であった者ども」
ヒノアラシ 「お疲れさまでしたー。」
さっちゃん 「お疲れ様」
ギルガメッシュ 「お疲れ様です」
パワポケ 「おつかれさん」
できない子 「しんどい勝負だった、ありあり>お仲間―s」
クロノワール 「結論:Anotherのアニメは面白かった。」
GM 「お疲れさま」
サカキ 「正直どう残ってもギルガメッシュに届くかと言われると微妙なので
ヒノアラシが居てもそこの1票だけで終わりそうだしな
どっちかというと私の○の出し方が不味かった、という感覚はある」
クロノワール 「ギルガメッシュを始めとした狼陣営はおめでとう。」
さっちゃん 「んんー  
結果論だけど正解してたらもうちょい遺言で推理残しておいた方がいいかと思わなくはない
でもどうせ読まれないだろうとも思わなくもない」
球磨 「村のメインストリームには逆らえないクマー」
衛宮士郎 「いや、まぁ、なんだ
ロラっていうくらいならサカキ決め打ちでよかったんじゃ?」
できない子 「まあ、最後はむずかしいかな、全員発言村っぽい最終日だし」
サカキ 「上から目線での物言いになるが
吊られる日の球磨の発言は個人的に非常に好みではあった」
クロノワール 「やらないよりはやって後悔した方が良いと思うぞ>さっちゃん」
ヒノアラシ 「遺言の更新忘れorz
でも他の人を説得できた気がしないの」
霊夢 「イリヤ信じてあげたかったなぁ、ごめんねー。」
クラウド 「んー、つってもさっちゃん占いは個人的にまあそこ占うだろなーとは思ってたんで
悪いといえる部分はないと思うが」
ヒノアラシ 「狼陣営はおめでとうなの」
ギルガメッシュ 「狼仲間と狂人の支援のおかげで勝てたようなものだ
こちらこそ感謝を>できない子鬼柳月詠」
クロノワール 「私は三日目んは死んでしまってな。」
イリヤ 「最終日はむずかしいなぁ
やっぱり金ぴかには勝てないな」
球磨 「>サカキ
ありがとうクマー。ほめてもらえてうれしいクマー」
サカキ 「クラウド-球磨が流れに押しつぶされたように見えたので
どちらか、もしくはせめてクラウドに○を出せていれば何か変わったのではないか、とは思う」
やらない子 「割合いろいろ外してるんで何も言えないかな
変えれる部分あるっちゃあるけど」
クロノワール 「イリヤは最後に当てる事が出来ているので、
残った村人がギルガメッシュに辿り着けるかどうかなのだろう。」
できない子 「イリヤあそこから押しきれるとはおもわなかったなー
ベネベネ」
クラウド 「正直多分そこ以外○なら俺-さっちゃん-球磨吊りってなってただろうしギルガメッシュ●以外は
一つ止めただけいいんじゃないかね」
さっちゃん 「所詮は正解してたら、の仮定の話だからね
今回だってギルを役目とは見たけど狼とまでは見れてなかったし  >クロノワール
あと、ミスリードしてた場合とかで下手に下界を混乱させたくないとか思うと
やっぱり正解してた場合の結果論って結論になっちゃう」
イリヤ 「霊夢も考えたけど結局霊夢の位置だったらもっとおとなしいと思うんだよね」
鬼柳 「おつかれ」
さっちゃん 「色見たかったの? 狼見た?   >クラウド>私占い」
月詠 「んむ。勝つと信じておったぞ(昼寝してた」
鬼柳 「お、かってるじゃないか。
ギルガメナイスプレイ」
イリヤ 「あ、あと鬼柳の○って行っておけばよかった
>確定○作りたくない」
クラウド 「わりと>さっちゃんの色見たかった」
サカキ 「占いCO クラウド○●だ

正直昨日の発言を見ていると皆が弛緩していて、というか発言数を抑えていて特に見るポイントが無かった
ので「鬼柳に投票していない」のに「(恐らく鬼柳を吊るかどうか考えながら)鬼柳真を考える」
と言っていたクラウドを占おう。あの発言からすると鬼柳に投票するものだと思っていたのだが
違ったようなのでな」
球磨 「さっちゃんそんなに人外視されてたクマ?って思ったら、思いっきり疑ってた発言あったクマー。」
霊夢 「適当言いまくってる村だと思ったんだよなーギルガメ。
うーん失敗した。」
衛宮士郎 「それじゃお疲れ様

いやまぁ、fate全員村人陣営なんだろとか言われてた時点で
正直嫌な予感はしてた、かなり」
できない子 「うん、ありあり!」
月詠 「噛みも(狩の護衛誘導服含む)、占い避けも、よきかな」
できない子 「じゃーねー」
GM 「実際はどっちに狼見たの?って話な気はする」
ギルガメッシュ 「それではお疲れ様だ
同村と村立て感謝するぞ
作戦の立案と素早い対応をしてくれたお仲間には感謝しきれん」
さっちゃん 「球磨がちょっとつっついてきたぐらいで他は結構ノータッチだった感じ  >私に対して」
サカキ 「後出しにはなるが
確○がそもそも出来る保証が全く無いので個人的に確定○を作れだの言う意見は聞かない事にしている」
ギルガメッシュ 「ぶっちゃけ適当言ってるのは人外だから吊ればいいと思うよ(震え声)>霊夢」
球磨 「じゃあお疲れ様クマー」
月詠 「では2度寝と参ろう。本体には感謝する。」
霊夢 「んじゃお疲れ様ー。
村建てありがとー。」
GM 「クラウドって印象+できない子の○だから吊りみたいな側面はないわけじゃあないんで。
鬼柳狼見てるならギルガメッシュ吊りにはなりそう。
どっちも偽の○なんだから。」
クラウド 「わりと銃殺状態で推定一番信用低めの鬼柳以外の信用落とす発言が目に着いてたから
わりと占われなきゃ俺は吊るつもりだったんだよねさっちゃん
と思ったら即サカキから○来たけど」
サカキ 「呪殺の段階でどこが真っぽいとも言わず信用落としに終始していたので占った感はある>さっちゃん」
クラウド 「まあちょっと灰で怠けすぎた感は否めない>俺吊り」
ヒノアラシ 「村立て・同村ありがとうなの。
とりあえずこの空気に慣れないと」
さっちゃん 「できない子は【理由】を言ってたかどうかでマイナスって言ったけど
鬼柳とサカキについては単純に文章量だけで盲信しないからねって言っただけのつもりだったけど?」
イリヤ 「村建てと同村ありがとね♪
ばいばい」
クロノワール 「うむ、お疲れ様だ。
ドラゴンボールエボリューション凄いな。
ドラゴンボールじゃないぞこれ。どうしてクソ映画なのか開始数分で分かってしまった。」
クラウド 「あー、まあできない子落とす流れでサカキも落としてるように見えた部分はあると思う
そっちがその意図ならまあそのへんは俺の読み違いだな」
サカキ 「理由読み込んで私と鬼柳の違いを文章量だけで纏められるとどうしても来るものはある」
さっちゃん 「読み違いが発生してるんならこっちの表現の問題でもあるんで
次から言い回しには気をつけよう、ぐらいかなー」
さっちゃん 「読みこんでないよ? 【理由】がついてるかどうか見てだけだし  >サカキ」
クラウド 「んじゃまそろそろ落ちよう
GMは村建て、村民は同村感謝
おつかれ」
GM 「個人の占い視は実際合うことは少ないよ。
状況的にサカキ真目高いけど、不慣れ真見るならできない子、鬼柳もあんなもんでしょ。
不慣れ真自体はその後の反応で完全に切り捨てていいんで対応失敗っぽさ出てくる感じなんかな」
サカキ 「ならできない子への突っ込みを見て「理由をざっと見た上で私まで落としに来たように見た」私が節穴だっただけだ」
さっちゃん 「基本的にはイリヤが3日目最後に言ってた通り「占い理由については夜じっくり見ます」だからねー
とりあえずの流し見程度でも言った方がいいかなーと思って言ってみたけど」
サカキ 「では失礼する
変えられた所はあったはずだが、勝てる絵を見るのならばギルガメッシュ●以外には見えんな
どこで占えたか、は反省点か」
さっちゃん 「ただ、真でも偽でも「自分の信用落としに来た」と誤解させたならこれまた言い方気をつけないとね
できない子だけは露骨に下げるようなこと言ったけど他二人はそうでもなかったし」
GM 「3-2銃殺ならどんな形であれ灰LWでしかありえないから●引けば勝ちというシンプルさがいいな。
人外で引かれたら諦めも付く」
さっちゃん 「ただ、村の多数派がサカキ真に流れてたのを見て
3日目で決め打つのは危険じゃないか?と杞憂したのは事実
でも自分はこの占い信じてまーす!とか強めに言うのが主流ならそりゃ私は胡散臭く見える」
さっちゃん 「言い方悪いけど耳触りの良い発言傾向ってのをちょっと考え直す必要があるかな
主張はともかく余計な印象ダウンは避けるなら避けておきたいし
村立同村ありがとね」