←戻る
【紅2742】やる夫たちの早朝待機普通村 [4995番地]
~日が沈んでも~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon ギルガメッシュ
(生存中)
icon サム
(生存中)
icon モーティマ
(生存中)
icon 巡音ルカ
(生存中)
icon イリヤ
(生存中)
icon ねこ
(生存中)
icon 美遊
(生存中)
icon DJ撫子
(生存中)
icon 炎帝
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon アーチャー
(生存中)
icon カレン
(生存中)
icon カースメーカー
(生存中)
icon アリス
(生存中)
icon ランサー
(生存中)
DJ撫子 「寝落ちてた!お疲れさまだYO!」
カースメーカー 「それではお疲れ様っと。もっと広い視野を持てりゅようになりたい・・・」
できる夫
                   ___
                 /      \
               /-    ヽ   \
             /(●)  (● )   ヽ    それじゃお疲れ様&村建て感謝
               |    _´___         |
             \            /    最終日慣れしてなかったってことで一つ。
                /            \
           | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |    勝てるとこ掴めなかったんで申し訳(・ω<)
.              |        | .|-、  ノ   |
.             (つ       .|と  ̄”     ノ
ランサー 「んじゃ、俺もお疲れさんだぜ」
美遊 「あ、ごめん誤爆的な感じだ・・・間違えちゃった(テヘ」
ランサー 「多分それ狼勝ちだぜ >できる夫
俺が残ってたらイリヤは殺してた」
美遊 「だって、できる夫もルカも普通に見てなかったもの!!>ルカ」
美遊 「それじゃあお疲れさま
イリヤと遊べて楽しかったよ
同村と村建てありがと」
できる夫 「今回ランサー→ねこさん吊りでしたんで
ねこ→ランサーさん吊りしてたらーとか思うとね。」
巡音ルカ 「イリヤがそもそも私疑ってるのが見えなかったのがねー。 >ランサー」
炎帝 「じゃあお疲れ様ー」
巡音ルカ 「じゃ、お疲れ様よ。
村建てありがと。」
ランサー 「別に占い噛めて灰狭いなら役職噛み切りでもって感じじゃねえかね >ルカ
素村は考えるが 役職系はあまりぶれる印象はねえ」
モーティマ 「よしっと、それじゃ、お疲れ様ー」
炎帝 「>ランサー
いやーおかげで初手サム○の日記書き換えるハメになってなー
第二案のイリヤ持ってきたらこれまた霊能で参った参ったハッハッハッハッハ()」
できる夫 「やー1w吊れたんでもうちょい優雅たれって感じですね。>ランサーさん」
ねこ 「お疲れ様-にゃ」
カースメーカー 「狼全騙り…うっ頭が…!私のトラウマが…!」
ランサー 「もんくは夫さんと123氏に言いな >炎帝」
サム 「んじゃおつかれさん」
巡音ルカ 「ログ読んでみたらイリヤ噛み正解かー。
でもなぁー。
難しいなぁー。」
ねこ 「真狼狼ー真狼は狼側でなったことは有るにゃ>炎帝」
炎帝 「その時6で指定受けた素村です(怒>ランサー」
モーティマ 「扱いが酷いよwww>カレン」
カースメーカー 「ふむ、霊に出てそのまま勝つことが目標でなくてそれは過程にすぎない、ということですか>イリヤ
わかりました!」
サム 「俺はにゅーさんにはなれねぇよ>炎帝」
カレン 「なんか言動が胡散臭い霊能でしたね。
外見年齢詐欺というか」
ランサー 「←その時の占い騙り狼 >炎帝」
モーティマ 「プリンセスじゃないから・・・>イリヤ」
イリヤ 「というわけでおつかれさまー!またねー!」
イリヤ 「んんwwwwww」
ランサー 「どっちでもいーわそんなもん >炎帝
少なくとも狩人じゃないならな」
イリヤ 「わからないんご・・・>プリンセス」
炎帝 「真狂狼-狼狼は絶対に許されないwwwwwwwwwwwwwwwww」
ランサー 「まー、俺吊り自体は初めからルカLW路線なんでいっかーつーか
むしろお前の殴りみてお前狩人切れた分アリス狩人絞ったしな >できる夫」
イリヤ 「人を信じよ・・・?(ふるえごえ>カースメーカーちゃん」
アーチャー 「初手●で吊られてしまった以上、私としては特に言うことがないな
そういうわけで、ここらで失礼させてもらおう。同村感謝、村立てお疲れ様だ」
モーティマ 「完全にたまこさんに疑われてる・・・いったい何したのおねえさんwww>イリヤ」
炎帝 「そういえばサムが共有騙り占いか共有騙り霊能にしか見えませんでしたが
私の心と目は汚れてないです、信じてください」
カースメーカー 「そう言って真狂ー狼なら真割るのが普通って思わせといてラインつないでLW勝利するんだ…私にはわかる…(ぐるぐる)」
イリヤ 「霊能乗っ取りで勝ったログにあんまり価値をかんじないので
(ものにもよるけど
真狂狼ー狼狼とかは乗っ取りねらいだし)
形をつくるために霊能に出してるだけ>カースメーカー」
できる夫 「やーまーランサーさん吊れたんで、そっからっすね。」
ランサー 「潜伏中とか? >炎帝」
美遊 「ああ、それはあるわね>イリヤ
その場合潜伏占いか霊能者が出てきて2COにはなるけど」
ねこ 「うーん、狐ぽさが
どっかにあったから吊られたということだから
次への反省点だにゃ>サム」
炎帝 「(両方偽って真霊能はどこにいったんだ・・・?)」
イリヤ 「あと霊能乗っ取りをしようとおもって霊能にでることはほっとんどないかな」
イリヤ 「そうだねーあと両方偽とか>美遊」
アリス
     ,. -'' 二二_ー- 、.,
    ,'´ , ' ァ'‐--、__`ヽ、 ヽ.
   / ,イ  i  i  ', `ヽ.ヽ.  ',
  ィ' i  i/‐!-ハ  i  !  ヽ.!.  i
  ! i  !ィ7ト!/'| ハ‐!-ハ ',!   !
  VヽY:| 'ゞ'  レ',ィ'‐':ト、ハ !  イ
    !イ !、" '   ゞ-'ン/ Y   i    それじゃ私は先に失礼するわね。
   〈 rレヘヽ、` ー  "ィ'/ i  ',    村建てありがとう、お疲れさま。
    `7'´ 〈i`7ニ=´|ハ!、ハ   i
   r/、  くハ」^ー'    ヽ!/ノ
   kヽ/ r'─┬iヽ.     Y
     7ヽ,.!,.-、 !_|ヽハ、 __ !_,.ハ
    !'´!7  ̄`i-r' ^ー7ン´
    ヽ,!〉、-=7!´ ̄` /   , "´ ̄`ヽ、
  _,. イ /`7ーヘ!、___,.イ `ヽ、 i ノレノλリ〉
 r7‐'" /    !_」   ',   ヽ|从i ゚ - ゚ノリ
rイ             ',    `く7つ!}つ
ハ  /      i     ',    ,.イ>,ハ〉」
ランサー 「確率としても素村8狂人1.5狼狐0.5くらいだなありゃ >サム
ただし素村でも頼れるかどうかは知らんがね」
美遊 「ま、そうよね>イリヤ
エンテイの方でつなぐよね」
カースメーカー 「みゆうが吊れなかったのが心残りです…いつか私の手で人外のみゆうを吊るしあげて勝利するのだ…」
サム 「狼はない。>ねこ
ただ狐疑いを晴らせるかどうかは別なんで」
炎帝 「お姉さんは霊乗っ取りをするんじゃないんだ。
ただ真狼狼-真狼を作ろうとしたら真狼狼-狼を作っちゃうだけなんだ」
美遊 「まって、狐だから信じたんだ!!いやああああああああああ」
イリヤ 「さすがに、真狂ー狼で割るときは
真側わるかなー大抵>美遊」
イリヤ 「友人を信じるのはあたりまえじゃない!(きりっ>美遊」
ギルガメッシュ 「それじゃ皆さん集まってくれてありがとう
お疲れ様ですよー」
カースメーカー 「そうやって油断させといて霊乗っ取りしに来るんでしょわかる!>イリヤ」
美遊 「なるほど>イリヤ
あと、狐信じてたの!!?」
ギルガメッシュ 「ねこさんだからさ……>ランサーさん」
イリヤ 「ほんとは美遊→のほうがいいんだろうなー
ねこは非狼っぽさはあったし」
ねこ 「ねこはそこまで人外に見られるようなプレイングだったかにゃあ
狩人はないのは確実だったろうけど」
モーティマ 「いやー、素直に、ギルガメッシュ占っときゃって話になるんだろうしw
こっちがちょっと狙い過ぎた感あるとおもう、その後も人外引けてないからね
アリスのせいってわけじゃないよ>アリス」
サム 「だって五分五分じゃん?>ランサー
そういう人外も村もいるからどう見るか、でしかないよ」
巡音ルカ 「なるほどねー。 >ランサー」
イリヤ 「信じてた!<美遊

あと私、プリズマ☆イリヤのほうはみてないのw」
できる夫 「いやーねこ吊りですねーもうしわけ。」
ランサー 「アリス以外ガチっぽいのいねえんだもん >ルカ」
美遊 「ウワーン狐辛いよぉお>イリヤ」
イリヤ 「大体負ける時心の弱さが・・・こう、いっかなー♡みたいなことすると
燃えるのよ・・・」
サム 「狩人死んでるッて思うなら咲夜・・・って狐見てるから駄目で。
ギル残せるかどうかだな。」
アリス
          ,, -_‐_- 、
        / ,,-::,,´_::,,-、::_::>、 `ヽ
      / ̄`''´        ヽ  ヽ
     //    l  l l   l   l  l:l  l
    l/  l  l_ /l l、─l ─ l  l::l  l
     l /l l´l / l/ ヽr==、l  l/   l
     l/l/l l .lrトT     ヒソl / l   ヽ
     l  V 、l└′,   ,,  l/  /    _ヽ   >モーティマ
    /   l  l、       /  l   l l     どちらかと言えば占われる発言してた私の方の責任だと思うわ、初日見返すと。
    l/l l   l ヽ __‐_  イ   l l   lV
     l/l  / / -、ヽi ‐l  / l/ヽ l
       >‐´i´    l´ _::-ヽ/  ̄ヽ_`
     /  /    /:l:::/       ヽ
   / _ __ l _ /::::l:::l         ヽ
  /  l      l ::::::l::::l           ヽ」
ランサー 「ぶっちゃけなんであんな斜め上爆走素村トレイン風な
猫人外で見られてたんだろうなってくらいか」
炎帝 「初手●2-1占い噛みで引き分けなら十分じゃなかろうか」
イリヤ 「その本能はよくない!>カースメーカー」
ギルガメッシュ
               -‐=ニニ二ニニ=-
            //      {       \
        ー-=ァ /   |   ∨  i!     \
            / /  i  {\  ∨  i!  |   ニ=‐ァ
          /   i   |、 {\\ ∨  i!  |\\ \
        / ./i! i! !  | \xf笊卞\  i! |ヽ{\{=‐-`-
         { /! i ト、{\{    込少  `ヽ} ト、!ゝ\ {`
        {:{ {ハ !\ィf彡         }j } \{ハ
        ヾ八 \ } ヽ          ノ  ⌒ヽ
             八  r‐ ヽ      イ/ !/|/     まぁうん、村も狼も狐も頑張ったと思うよ
              \   ̄    /  |イ/j
              _rニニ、ヽ __ -‐     i//ニニ`ヽ   皆お疲れ様さ
           r' ―‐、 } } }  |     /ニニニニ∧
            l   〉」」‐'7==!_   _/ニニニニニニ}
            l    }   ハニi____/ニニニニニニニニ{
           i      _ノニニ|__/ニニニニニニニニニヽ
           ァ}  ー‐ /ヽニニニニニニニニニニニニニ\
           i!\___{ニ}ニニニニニニニニニニニニニ
            i!ニニニニニ!ニニニニニニニニニニニニニ
          /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
          i!ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ」
イリヤ 「やっぱ私迷いなく推理すれば灰見いいよね。
うん、やっぱ心に迷いがあるとよくない」
美遊 「ずらしてよ>できる夫」
サム 「どっかで1吊りなぁ」
カースメーカー 「お疲れ様だよー
ごめんね!!!本能が貴女を疑わなければいけないって告げてたの!!>イリヤ」
できる夫 「僕もズラしません(半ギレ」
巡音ルカ 「アリスで正解か、良かった。」
カレン 「お疲れ様」
モーティマ 「イリヤにできる夫ありがとうー!!
アリス占ってごめんねー」
サム 「お疲れさん」
美遊 「ほんっと辛い」
アーチャー 「っと、言っていれば終わったか。お疲れ様だ」
アリス 「お疲れさまー。」
美遊 「お疲れさま」
巡音ルカ 「お疲れ様ー。
惜しかったわね。」
できる夫 「おつかれー」
ねこ 「お疲れ様-にゃ」
イリヤ 「あぶないあぶない、ってどっちもかーい!」
アーチャー 「ずれるとすればできる夫しかなかろう。イリヤがずらすとは思えん(中の人的に)」
炎帝 「お疲れ様」
ギルガメッシュ 「いやぁ、引き分けなら問題ないかなぁ」
モーティマ 「おつかれさまー!!」
十六夜咲夜 「お疲れ様でした」
ランサー 「お疲れさん」
炎帝 「分けそうだなっていうと分けないフラグ」
ゲーム終了:2014/12/30 (Tue) 17:26:41
[引き分け] 引き分けとなりました
8 日目 (4 回目)
巡音ルカ2 票投票先 →美遊
イリヤ0 票投票先 →巡音ルカ
美遊2 票投票先 →巡音ルカ
できる夫0 票投票先 →美遊
8 日目 (3 回目)
巡音ルカ2 票投票先 →美遊
イリヤ0 票投票先 →巡音ルカ
美遊2 票投票先 →巡音ルカ
できる夫0 票投票先 →美遊
8 日目 (2 回目)
巡音ルカ2 票投票先 →美遊
イリヤ0 票投票先 →巡音ルカ
美遊2 票投票先 →巡音ルカ
できる夫0 票投票先 →美遊
8 日目 (1 回目)
巡音ルカ2 票投票先 →美遊
イリヤ0 票投票先 →巡音ルカ
美遊2 票投票先 →巡音ルカ
できる夫0 票投票先 →美遊
再投票になりました( 4 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できる夫 「えーいやー推理僕と被っててキャラかぶりしてんじゃんー」
イリヤ 「もちろん美遊がRPで私を噛まない、はある」
美遊 「え?>だから発言に共感できたのをひきづってたんだけど>ルカ」
巡音ルカ 「ねこ狐臭すぎてちょっとねぇ。 >イリヤ」
できる夫 「ルカさんとランサーさんって絡んではいるんですよね。5日目。」
イリヤ 「うん、そういうのどうおもう?>できる夫
多分狼視点君村ならビビられてる」
巡音ルカ 「あとは六日目になんでねこに一定量の信頼があったのか。
そこが謎。
ねこ怪しかったと思うんだけども。」
イリヤ 「できる夫はむりね(にこ、して。ねこに結局投票して」
イリヤ 「で、ルカはなんかあれだけ昨日推理してて。
霊能結果みせてくるのっていってて、ねこつらせたいの?っていってて」
美遊 「結局ランサー殴れてるか殴れてないかなのよね>ルカ
私も殴ってないけどさ(白目」
巡音ルカ 「まぁ私が思うのは美遊がなんで昨日ねこにほっとんど触れなかったのかなーって点。」
イリヤ 「で、狼はモーティマを噛んだ狼だよね?」
イリヤ 「それはモーティマ噛まれだし。
んでさ、霊能結果をみせてきた。それもいいよね」
できる夫 「あ、冗談ですよ。>イリヤさん」
美遊 「え?>できる夫
私イリヤみじんこも疑ってないけど」
巡音ルカ 「消去法かー、んじゃどうしようもないわね。」
イリヤ 「まずさ。狩人がいないのはもうずーっとまえから
情報としてあった、ここはいいよね>できる夫」
美遊 「消去法でルカってだけ」
できる夫 「え、マジ?イリヤvs美遊最終日ありえるなって思ってたんだけど」
巡音ルカ 「んじゃ、理由を聞きましょうか。」
イリヤ 「んじゃできる夫ー私達は私達で話し合いしてましょ」
美遊 「できる夫は以下略>ルカが行った」
イリヤ 「おっけい」
美遊 「ルカ!」
巡音ルカ 「私もカスメ疑ってたからそれは知らない。(震え声) >美遊」
美遊 「どう考えても私ってSG位置じゃない!!」
イリヤ 「いいから疑い先はよ>美遊」
できる夫
           ____
          /     \
       / \   /  \
      / (●) (●)    \
      |    ___'___       |   美遊さん、貴方が犯人です!!
        \  |li!|!li|       /
     ⊂ニ,⌒ヽ ̄ ̄, ̄゛~⌒ヽ
     ⊂ネ、ィr、___゙___,  |
         ̄l´            |
           |          |」
できる夫 「久しぶりに最終日来たんで自分の推理を通しますか。」
美遊 「えーっと、私狼だともし思ってるなら
なんで私は疑い筆頭のできる夫殴ったりしないのかと
カスメみたいなほぼ確定村を永遠と殴っていたのか考えて欲しい」
巡音ルカ 「というかできる夫LWだと、ランサーにだいぶ前から誘導かましてる事になるのよね。」
美遊 「まずイリヤあなたが残ってるかどうかよね・・・
残ってないと思うけど残っていたらなんていうかこうあれよね
あからさまに疑い位置よね、でも疑いわしないわ
(私のこと信用してくれたみたいだしね」
巡音ルカ 「おはよ♪
美遊かなぁ、LW。
霊能噛まずが首絞めてる気がするんだけど、昨日のできる夫と私残し発言を見直したら変だなぁって。
だって、それ言うんなら、ねこ殴らないとおかしくない?

とはいえ私も今まで相手殴ってはいないんだけどもね!」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
カースメーカーさんの遺言 ふあー…じゃなかった、むらー
ねこさんの遺言                ,;''';,
              ,;'  ';, ,.,.,,.,.,    ,,
              ,;'   -‐   `"' ;' ';,
             ;'    ○       、',
             ;      ( _ ,   ○ .;
             ,'、       `ー'   ;'     素村COだにゃ
             ;' ,             .,; '
        ,; '' ;, ,;', '        " "';
       ;'   "              :; . . . . .
       ;:  ,            '" " ;'  :;:. :. :. :. :.
       ' 、,.;' 、,.,.            ; "''''".: .: .: .:.....
        .: .: .: .:`"'' - 、,.,. ,,.,.,;'  ;'.: .: .: .: .: .....
           ...: .: .: .: .: .: .: .: 、,.,.;'.: .: .: .: .:.....
             ....: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.....
カースメーカー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ねこ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (2 回目)
巡音ルカ0 票投票先 →ねこ
イリヤ0 票投票先 →ねこ
ねこ4 票投票先 →美遊
美遊2 票投票先 →ねこ
できる夫0 票投票先 →ねこ
カースメーカー0 票投票先 →美遊
7 日目 (1 回目)
巡音ルカ0 票投票先 →ねこ
イリヤ0 票投票先 →美遊
ねこ3 票投票先 →美遊
美遊3 票投票先 →ねこ
できる夫0 票投票先 →ねこ
カースメーカー0 票投票先 →美遊
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
美遊 「そそ>ルカ」
できる夫 「ランサーで狼吊れて灰噛みは出来ないでしょう・・・
ねこ吊りたい噛みってその場しのぎですし」
イリヤ 「真狼ー狂を主張するなら狂ならどうでもいいし
真狼ー狼を主張するなら、真に結果あわせてるけど、いいの」
巡音ルカ 「フラットにって事か、ふみゅ。」
美遊 「ああ、それね>できるお
まあその時はその発言に共感覚えたって意味よ
私その発想なかったから」
カースメーカー 「狼が真と結果合わせて乗っ取り勝利ーっていうのは何度か見たことがあるからなあ…信じてあげられなくてごめんね?>イリヤ」
イリヤ 「ふふ、言葉遣いは丁寧に、おおきなおにいちゃんたちにおこられちゃうもんね・・ふふ」
ねこ 「カースメーカーさんはきっちり見切れてないから判断は付かないけど
みうさんは人外の気配がするんだよな」
巡音ルカ 「噛みがねこ吊れって言ってるように見えるかなぁ、これ。
霊能結果見せを考えるに。
狐候補削れって言いたいんでしょ?」
美遊 「また、思考リソースに余裕が有るわけだから
人外の可能性が低くなる」
できる夫 「これー。


◇美遊 「ねこさんがいい感じかな
不安煽ってるように見えるけど、
◇ねこ  「怖いのは狼の身内切りからの信用勝負なんだよね-(´・ω・`)」
だいたい、こういう時にこういうこと考えられるのはナイスな村だと思うのよね。」
イリヤ 「そこ言って理解しないなら一生とはいわないまでも(すこし言葉を選んだ)
今日中にはわからないとおもうからいいや」
美遊 「思考がリソースが同等の部分を残すことによって
お互いに1Wいた場合きちんとした議論が成り立つ>ルカ」
イリヤ 「真狂ー狼で、真に結果あわせてるけど、いいの?」
できる夫 「美遊さんが怪しい(たぶんLW?)って思っているのも
彼女がねこさんの言葉のひとつとって村っぽいって言ったからですね」
イリヤ 「カースメーカー、一ついい?>カースメーカー
私狼って理屈でありえることはありえるけど
占い真狂ー狼だけどいいの?」
ねこ 「美遊・カースメーカー・ねこでの殴り合いあいだろうにゃあこれは」
美遊 「私はイリヤ偽は見れないかな、この状況でってだけは行っておくね>カスメ」
巡音ルカ 「LWの状況で両者残しってなんか意味あるの? >美遊」
カースメーカー 「まあエンテイは狼COとかした時点で真ないから間違いなくモーティマ真でいいんだけどね!」
できる夫 「3日目からつりてーなーこいつ、でも○貰ってんじゃん!て思いながらながらしてました」
イリヤ 「うん、わかった>できる夫」
美遊 「思考の回転力から行ってルカとできる夫は両者残しかなってところ」
カースメーカー 「私が生かされているのは最終日までイリヤ残してミスリードさせるためなのかそれとも私をモーティマ狂の漂白噛みだとしたいのだろうか」
ねこ 「あっ
これはできる夫さんは狼じゃないは(手のひらクルー」
できる夫 「誘導って吊りたいの決めてからするもんでしょ!>ねこさん」
イリヤ 「ちなみに今のうちにいっておくけど狩人COは今後つるから
真狩人いるならCOしないでね」
巡音ルカ 「カスメ○じゃん…。(私も忘れてた
凄い楽じゃん、なら。」
美遊 「で、●見せるんだふーん」
できる夫
                    ‐-      て
                   /  丶ニニニヘ  そ
                 /   r‐_,ニニr_,
                   ! J   ‐三‐  }    僕の推理の根幹ってのがねこさんからなんで
                 ┌ 、      厂]   ノ
              \ )  丶‐┬       ねこさんが怪しくないってのは無いですね。>イリヤさん
               /  丶  \
                 /     \___}
              {     ‐┴┐
               厂丶____   |
                (__ ノ´    }  }
                         `⌒」
巡音ルカ 「あ。」
美遊 「共有を噛んできたんだね」
イリヤ 「へー」
ねこ 「       r 、
       |  \
ー―-、 ____|_  ヽ_
    ´         `ヽ.
\/  /        :,
 i'  .    ●    ● i    できる夫さんは
 l   し    、_,、_,   l  なんか吊りを昨日の内に決めて吊り誘導してる
 ゝ、               /   狼見える気がするから困る
/⌒    ,.-ー-、___,ノ^)
       `⌒ィ   〈
          ゙ー--、 \」
巡音ルカ 「●見せてくるの?」
美遊 「投票して気づいたよ。
なんで私はモーティマの○と殴りあってるんだろう。
ごめん、思考リソース完全に変なところに使ってた
カスメはモーティマ真なら最悪狂人だし
イリヤ真って考えてるから可能性凄く低いじゃない」
イリヤ 「●」
カースメーカー 「正直すごく頭がぼけぼけしてるような気がする今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は元気です。」
巡音ルカ 「おはよ♪
できる夫はもう吊れない。
ねこ、美遊、カースメーカーから考えたいわ。
案外みんな狼目だけじゃなく狐目まで考えてて悪くないのよね。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
カレンさんの遺言 最終日イリヤさんが美遊さんを吊るか吊らないかって興味ありません?
私はとても気になります
ランサーさんの遺言 村人COだ
カレン は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ランサー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
巡音ルカ1 票投票先 →ランサー
イリヤ0 票投票先 →ランサー
ねこ0 票投票先 →美遊
美遊2 票投票先 →カースメーカー
できる夫1 票投票先 →ランサー
カレン0 票投票先 →巡音ルカ
カースメーカー1 票投票先 →美遊
ランサー3 票投票先 →できる夫
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
美遊 「あなたなら」
ランサー 「ギルに関しては死体なし出たらで考えてたんだがなー
そんなもんなかったけどよ」
美遊 「モーティマ真だとしたらね
そっちに思考が行くと思うけど」
できる夫 「明日でもいいですけど。」
美遊 「そうだけど、だったら出てきたエンテイが狼を怪しまない?>カスメ
まあ、モーティマ真かどうか確定じゃないけど」
巡音ルカ 「ギルは村でも吊るのが良かったのよ。
共有者レベルで村決め打ちするのでない限りは。 >ねこ」
カースメーカー 「私はみゆう狐目かなぁって感じがする」
できる夫 「んー?その質問の意図は良くわかりませんが狐と思うので吊りたい。ですね。>イリヤさん」
イリヤ 「ねこーランサー美遊の誰かは素村がいるきがする」
カースメーカー 「なにかしなきゃ狩人か真噛めなきゃそのまま真っぽい占いに圧殺される未来が見えるじゃないか>みゆう」
できる夫 「いや吊り余裕無いですからね。吊れるんならねこさんでもランサーさんでもどっち先でもいいです」
巡音ルカ 「でもまー、印象は変わらないかな。
それならできる夫にのっかちゃおうかしら。」
カレン 「ところで美遊さんカスメさんは噛まれたモーティマの○ですが
私みたいにある程度狂人誤爆の囲い確認噛みとか考えていらっしゃるんですかね

今朝の段階でそれもなくなりましたけど」
できる夫 「今のこと
ねこ狐ランサー狼、美遊狼?な目でみてますけど」
イリヤ 「わたしさーできる夫がねこどうみてるか聞きたい>できる夫
くっそ怪しいことしかいってない素村はありえるけど吊る?それとも
中身問わず吊る?」
巡音ルカ 「なかなかの曲者。 >できる夫」
ねこ 「ギルはランサーさんの役騙りに行くだろう
というとこからギルはあんまり人外じゃない気がするから
村に完全になってたにゃ
後、炎帝は狼か狂人かと思ってたのでたどり着いてはないにゃ>ルカ」
ランサー 「残りは正直わからんが現状」
美遊 「カスメ>いや、狼がなにもしてないっておかしいの論理がわからないのよ
イリヤが狼っていいたいの?」
できる夫 「吊れるんなら吊り順はどうでもいいですね>ルカさん」
イリヤ 「そっかー思い切る必要あるかー」
ランサー 「ねこに関しては・・・んー、結構突っ走ってる感はあるが
怪しいかどうかっていうとあまり引っかかる感じはしねえんだよな俺」
巡音ルカ 「んじゃできる夫は今日ランサー吊りたい?」
できる夫 「霊能結果見せてくれたのかわかりませんけど。」
イリヤ 「友情と推理、どっちとろうかな」
カースメーカー 「◇美遊 「???
えーっと真っぽい占師が死んでるって言うことは、現状狩人がいない可能性が結構あるってことよね。
そこからイリヤ偽に行く理由がごめん私にはわからない
イリヤが偽で狩人がそのイリヤ護衛してる可能性もあるじゃん>みゆう
冷静に考えたら人外だったらCOしないでエンテイの○見て潜るのかなーとは思ったけどやっぱり2-1だとどうしても役欠けしてたらどしよって気になっちゃうもんでね。
カレン 「特に支持だすつもりもないのでご自由に」
巡音ルカ 「潜伏からのCOはあんま危険度高くないけどね、狐としては。 >ねこ
でもねこの思考はだいたい分かった、ありがとう。」
イリヤ 「ふーん。ならグレランしようか」
できる夫 「 
            / ̄ ̄ ̄\
            /        \
         /  ─   ─    ヽ   あ、後私貴方のこと狼目で見てます。
         |  (●)  (●)   |
    カリカリ  \     '      /    >ランサーさん
          /     ̄     \
     彡三三ミY彡三三ミ\--、  |
      \    \\    \E |  ノ」
美遊 「あと、その質問に伴ってルカさんいい感じに見えてくるかな。
この二人で2Wはないんじゃないかなって思う程度にはね。」
カースメーカー 「さ、サムダイーン!」
できる夫 「 
             ___
         /     \
        /―  ―‐   \      >ランサーさん
       /(● ) (● )   ヽ     炎帝さんが言ってた言葉をわざわざ借りますけど
.      |      ´          |     ◇炎帝 「妖狐が生きてるなら吊り余裕無い訳でー」
      \   ―        /、     村が勝つには狼吊るだけじゃダメなんですよね。
        /`ー------      ∧
.      /  __ , -―-、 /     ∧   ギルガメッシュさんや咲夜さんが狐ならまた変わりますけどそう思ってます?
       ,' /  /    /       ∧  
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧    i  あと3日目からのルカさんの発言を流れをみてれば
     ヽ_______/  ',   |  >狼保護の発想がないねこは占い候補ね。
      ヽ----‐''"´  |      i   l  って言ってるんで前日からそういう目で見てるんなら
       |    |    |          /  どーしよーもねーなんて言えないと思いますよ。
       |    |    |、    _,,.-'′
       ヽ --ヘ _/   ̄ ̄
カースメーカー 「四日目
エンテイ真があるかないかでそこキープするかどうかって話のときで
◇巡音ルカ 「炎帝の真見てないから●吊りでいいわよ。」

◇美遊 「エンテイからの●だし吊ってもいいとおもうけど」
ここの二人がすごい両極的でおもしろいなーっと思いました、まる」
美遊 「ねこさんに一定量の信頼があったので、そこまで疑う気にはなれないけど、
ルカの質問には私も興味があるなぁってところ。」
ランサー 「モーティマ生きてりゃいいやで灰あまり見てなかったぜ・・・

っつってもなあー いきなり狐云々って発言出たできる夫
どーなんだってくらいしか・・・そりゃー確かにここまでで
吊った先で狐ありそうなのって・・・あって咲夜くらいか?だけどよー
基本狙うの狼じゃねえのっつー」
イリヤ 「○」
美遊 「◇ねこ  「何で狼じゃないの分かってるのに吊ったにゃあ?
あの占い柱名乗りから狐も無いから村と普通にならないかにゃ>美遊」
>いや分かってないわよ
狼が薄いっていみで、あの時期なら狼はありえないと”思う”って意味よ
まあ、私の発言読み返してくれれば一定値ギルに信用があったことはわかると思うけどね」
巡音ルカ 「おはよ♪
できる夫の思考の速度が速くていい感じ。
私はそれを発想したけど、ねこが違う推理で炎帝狂人に辿り着いてるのかなーと思ったので聞いてみた感じ。」
ねこ 「        _,,,,..,,_
     ,. -''"´    `゙''-、
    ,."          `ヽ.     先ずはランサーさんが言った通り狐が
  /              `、    初日●を打つのは狼から狂人と思われるかもしれないけど
  ,'                  i.   明日霊能が出てきて吊られる可能性が非常に高いからモーティマ狐は切っていいにゃ
  !      ・ω・      l    次に炎帝狐だけどいきなり●出すのはこの人数では悪手なので信用勝負を持ち込もうとした狼か 
  ',               ,'   真となるから出たら噛まれないし占われないかもしれないけど信用勝負に勝てる可能性は低い
  丶             /     そして、そもそも役かけじゃないと占いが3coになるとロラになる可能性が高めということから占いに狐は切ってたにゃ>ルカ
  ヽ            ,.'
    `'-、_      _,.-'´
      `゙''ー-‐'''"´」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
サムさんの遺言 共有CO 相方カレン
炎帝さんの遺言 占い指示が無ければできる夫○だったので
試しにできる夫を吊ってみようではないか。
サム は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
炎帝 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
サム0 票投票先 →炎帝
巡音ルカ0 票投票先 →炎帝
イリヤ1 票投票先 →炎帝
ねこ0 票投票先 →炎帝
美遊0 票投票先 →炎帝
炎帝9 票投票先 →イリヤ
できる夫0 票投票先 →炎帝
カレン0 票投票先 →炎帝
カースメーカー0 票投票先 →炎帝
ランサー0 票投票先 →炎帝
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
巡音ルカ 「まぁ明日答えてくれたら嬉しい。 >ねこ」
炎帝 「まあよく黒出せるって狼だから狼誤爆怖くないしな」
ランサー 「んー、狐考えてもこれどーしよーもねー気がするんだがなー >できる夫」
サム 「霊界いったらテレフォンで教えてくれ>炎帝」
ねこ 「素で発言を見てなかったにゃ
ごめんなさいにゃ>巡音ルカ」
サム 「まぁ灰●打ちしか手がないのはわかる」
美遊 「???
えーっと真っぽい占師が死んでるって言うことは、現状狩人がいない可能性が結構あるってことよね。
そこからイリヤ偽に行く理由がごめん私にはわからない
>カスメ
炎帝 「どうなんだろうなー>サム
ランサー●と迷って咲夜●だったけど
手応えが感じなかったから期待してない」
カースメーカー 「あーでもエンテイの○見てから出てるのか」
できる夫 「真狐の内訳の発想が出ないのはねこさんが狐でそういう内訳がないと知ってるから
とかそういうんじゃないですかね」
カレン 「メイドは結構面白……怪しい位置でしたねよくまあ黒打てるもんです」
ねこ 「みうを吊りたいにゃあ」
イリヤ 「アリスか初日かなー狩人」
サム 「狐咲夜で死んだんじゃね?>炎帝」
巡音ルカ 「その答えねこから聞きたかったの!w
占い筋が狐じゃないっていうのは私も分かってるんだからー!www >ランサー」
できる夫 「そのランサーさんのツッコミは本意ついてないと思いますよー」
カースメーカー 「だってさー、今ほぼどっからどーみても真っぽい占いの死体出来上がってるのに狼が何もしないって考えにくくない?>みゆう
全潜伏選んだのかもしれないから完全にはぶったぎれないにはぶったぎれないんだけど…うーん…」
炎帝 「狂人だよー超狂人ダヨー
狂狐の狂誤爆とか考えなくて良いしアリス漂白も考えないで良いぞー」
サム 「5灰3吊りなんで頑張るように」
美遊 「エンテイ吊りに反対はしないどっちにしても狼は形上薄いって言うのはみんなが言うとおりだと思うしね」
ランサー 「それは俺はきっぱり切っていいと思うぜ >ルカ
多分狐なら咲夜●とか撃たないと思うしよ」
巡音ルカ 「真狼が無いって考えるのは分かる。
狐切るのはなんで?」
ねこ 「何で狼じゃないの分かってるのに吊ったにゃあ?
あの占い柱名乗りから狐も無いから村と普通にならないかにゃ>美遊」
炎帝 「妖狐が生きてるなら吊り余裕無い訳でー」
カレン 「そんなこと言うと美遊さんが狩人で昼メロが展開される可能性がありますが」
できる夫 「明日イリヤさん死んでると思いますけどね・・・>イリヤ」
巡音ルカ 「なんで占い真狐がないの?」
ランサー 「エンテイは吊っちまっていいだろ 狂人っぽいが形から」
巡音ルカ 「ねこーねこー。」
サム 「狩人生きてて霊能護衛とかは終わったあとにOHANASHIがあるのでサムの自室に来るように」
イリヤ 「狩人はいたら明日朝一番で出ること
モーティマ抜かせる狩人に真はそれ以外みない」
できる夫 「あ、僕が言う前にエンティー吊り決まってました。」
美遊 「イリヤ偽考えるの?>カスメ」
カースメーカー 「モーティマ身内切りからの信頼とかはなかったらしい
…南無…
エンテイどーするー?」
ねこ 「炎帝吊りだにゃ」
サム 「炎帝吊ってまた明日」
炎帝 「まあ狂人なので後頑張れ本隊」
カレン 「別に残してもいいですし今日吊ってもいいですよ」
ランサー 「どっち道死んでるんじゃねえかとマジレス >サム」
美遊 「んで、イリヤと割れたわね。エンテイ失望したわ」
巡音ルカ 「炎帝の中身については、狼だと思ってない。
そのまま吊りでいいわ。」
イリヤ 「残してもいいけど、なんか残したくない」
ねこ 「これは・・・
真狂でいいね
占いは」
カースメーカー 「基本的には○噛みもあったことだしモーティマーイリヤで見ては行くけど、イリヤの位置は割となんでも有り得そうなわけでイリヤ妄信!で行きたくはないなーって感じ、でも狂なら割ってきそうだから乗っ取りあるなら狐狼目かなぁって思う
だからエンテイの●がどうなるか、あと今日霊と占いとその他のどこ噛みにくるのかが見所って感じ」
サム 「初日か死んでるかだな」
ランサー 「って狩人死んでやがるぞおい」
イリヤ 「まあそうなんでしょ、炎帝これならあれだからそのまま吊りましょ」
できる夫 「死ぬの早いっすね。」
炎帝 「あー良かった良かった。」
巡音ルカ 「まぁ、そりゃ噛むわよね今日…。」
美遊 「モーティマ噛まれちゃうんだ・・・」
ランサー 「おはようさんっと なんか俺統一占い指示とかあったな昨日」
美遊 「ねこ>別に狂人とみて吊ったわけじゃないわよ
狼はないって判断での昨日はギル吊りだっただけで」
できる夫 「昨日の考えちょっと修正。
霊能●で潜伏続行した場合グレラン潜伏死ならまだいい方ですが
騙りから●貰って潜伏占いCOした時の信用で勝てるって感じがしませんね。
で、出るしか無いと。霊能結果見てから見る前はその人の好みの範疇ってな感じ。」
炎帝 「占いCO ランサー○」
イリヤ 「○」
巡音ルカ 「おはよ♪
咲夜のいい分は微妙ね。
潜るつもりのない占い師は三日目にCOして護衛取るのが一番安全だもの。

昨日の噛みがモーティマの○を潰して来てる以上、モーティマ噛む路線だと思ってる。」
ねこ 「       /   /     |       / ,〃′  ヽ
    /   /       l   _,,,,/  /      ',
   /    /      | ̄     ̄``゙''‥ ,,    i!
  /     //レ    リ               `'' , i!
      イ''                  \      ヽ
           /             \    ',
         /                       i!
                                i
                        ,:;´:;`:;、   ',        おはよー
          ,:;´:;`:;、          i:;:;:;:;;:;:;i    ',    占いに関してはそろそろ平和とか
          i:;:;:;:;;:;:;i           丶:;:;:ノ     ',     噛まれが起きないと真狼で見る構えをするニャア
          丶:;:;:ノ                   l!      そして、その場合狼有りそうなのがモーティマさんだにゃあ信用の度合いから考えた時
                                 |
                                 l
                 (    j    )       i!
                  `ー-‐'´`ー-‐'′     /
                              /」
美遊 「偽みた場合狼の可能性が少ないって意味でのエンテイ吊りでしょ。
わかってるわ、ただもう一つ意味合いとしてエンテイの偽が判明するって意味でも、
吊る理由にはなり得るってことが言いたかったのよ。>イリヤ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モーティマさんの遺言 占いCO アーチャー●



理由:ふむ、開始前の俺に啖呵を切ったあのくそ度胸
   嫌いじゃないぜ・・・
   俺は見た目がこんなのだ・・・いつ死ぬかわかんねぇ
   だが、この男なら、なにかたくせるそう思う何かが有る
   おめぇが敵対するなら、それもそれだ
   いくぜ、アーチャー、これが俺の問だ

占いCO アリス○


理由:ギルガメッシュ占い柱はありがてぇ・・・が、すまねぇ
   おまえさんが、狂人って言うこともあり得るんでな
   だから・・・ここは
   アリス
   「こういう時に議論すべきは占われ柱が必要か否か、なのでしょうけど。
   題材を投げるのが遅すぎたわね。」
    この思考を持ちながら 
   占い柱になってねぇところが気になったぜ、つまり議題には
   出したいが、占い柱に出る気は毛頭ないという位置を占ってみるぜ


占いCO カースメーカー○

理由:おぅ?昨日の発言ふっとんだが、昨日俺の偽パターンなどを
   ごちゃごちゃ言ってたようだが、そんなに考えてるわりには
   こうだっていう芯がみえねぇ
   こういうのは、話題はだすが、自分の考えは隠してるってみるな
   よってなにか隠してる=役と俺はみるぜ
   よって、カースメーカーを占う
   っていうか、すまねぇ、昨日の発言カースメーカーのくれれば
   どれか言うぜ

占いCO ランサー○


理由:おぅ、サムの頭からの指示だ、あいつの下になったきはねぇが
   おめぇの頼みなら断れねぇ・・・しょうがねぇ
   ランサーを占ってやらぁ
   灰であと気になるのは、炎帝について非常に厳しい状況に建ってる
   俺からすれば偽で確定なんだが、村からも厳しい目で見られてるなか
   好意的な解釈してるできる夫だな
   どうにも、状況見得てるようには見えねぇ
   もし、霊能と繋がった俺に対しての身内or誤爆要素を見た上で
十六夜咲夜さんの遺言                ', .|  ./ ∧ |   l  乂.ノノ) `¨  /  {-' / リ!/'/
                V . {  / ∧i l i l',|:Yイ ハ       ∨厶イ)
                \∧/∨ 〉 | ! l l 乂 ノノ)、 __   イ |.乂`Y
                     /   ,´! ト、| l l  Yイ ハ |`:く  ! | 乂ハ
                         / `  、}.|.l   乂ノ.ノ) l__ ∧/ 八  乂`Y
                    /     l/    :Yイ ハヘ  ∧./  j   乂ハ
                     〉、         く⌒Y⌒ヘ ∧    <⌒Y⌒>
                    ,':::::`ヽ、       :レ介ーく∨∧     ∨ハ⌒ヾイ
                      i::::::::, -‐==、-- 、 :| ハ 乂 ∨∧    人 ....彡′
                        !:::::/      \ ヽ!乂ミ=ー、 ∨∧      ̄
                    _.   l::::/        `、:::::::ヽ `ヽ::\∨∧<ヽ-、
               / \ |::/         ! `、::::: ヽ _  ∨.へ.ィ/ /
       ,、        |    l/        !   |  }::::::::::´::::::| く彡'. }/ /7 ヽ
      /.   `ヽ、.   !    /           !.  } ,' ::::::::::::::::::i    | {.イ/ /
  .    {::::..     ヽ   l  /            ! / /:::::::::::::::::::::l.    l  ∨/ `ヽ
      ',:::::..      `ヽ、/             !/ /:::::::::::::::::::::::ト、   {   〈__/ /!
       ',::::::..        /               ! /::::::::::::::::::::::::! \ 乂   ー'/
         ',:::::::::...      ∨              !:::::::::::::::::::::::::,' ./. , '    /
モーティマ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
十六夜咲夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
サム0 票投票先 →十六夜咲夜
モーティマ0 票投票先 →十六夜咲夜
巡音ルカ0 票投票先 →十六夜咲夜
イリヤ0 票投票先 →十六夜咲夜
ねこ0 票投票先 →十六夜咲夜
美遊1 票投票先 →十六夜咲夜
炎帝0 票投票先 →十六夜咲夜
できる夫0 票投票先 →十六夜咲夜
十六夜咲夜11 票投票先 →美遊
カレン0 票投票先 →十六夜咲夜
カースメーカー0 票投票先 →十六夜咲夜
ランサー0 票投票先 →十六夜咲夜
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ランサー 「炎帝がどうかって見る必要自体あるか?と思うがな
基本的二軸はモーティマだろ?」
できる夫 「まぁ・・・霊能結果●でライン繋がったら潜伏死する覚悟で潜り続けた方がいいかなぁ・・・」
サム 「ランサー統一で」
モーティマ 「たぶん、俺は死ぬ可能性はある
でなければ、アリスの嬢ちゃんが死ぬとはおもえぇね
だからよ・・・おめぇら・・・
俺が逝った時は、頼んだぞ」
イリヤ 「逆>美遊」
美遊 「そういう意味で私はエンテイの●吊り賛成
これでイリヤと割れたらまあねってところ。」
サム 「占い先は灰統一でいいかな」
ねこ 「うん、だから人外なら霊能でも
何でも役職騙るはずなのに何で
そんなことしないであろうとこ釣ったのか不思議だという話>ランサー」
炎帝 「モーティマ吊りなら尚更出て護衛貰うべきであろう・・・。
そもそも翌日即COする為のモーティマ投票だぞ」
イリヤ 「少なくとも、その判断に共感はしないわ>炎帝」
十六夜咲夜 「まぁ、私自身はどっちでもいいんですが。 >今日の吊り

グレランして私をモーティマさんに占わせるのも面白そうです。
ただし、狩人が死んだら……げふんげふん」
カースメーカー 「色々ありそうだからイリヤが噛まれそうなタイミングになっても死んでない、とかそういうことになってきてから見るつもりだった>できる夫」
できる夫 「正直どっちでもいいですよ。潜伏に自信がないなら霊能結果見る前からCOしてもいいし
自信があるんなら霊能結果見た後に潜り続ければいいですしね」
美遊 「エンテイ視点ってまだイリヤ偽ってわけじゃないんでしょ
だったら、真偽確かめるのもありだと思うけどね」
モーティマ 「が、咲夜の嬢ちゃんが
この人外野郎の罠にはまって吊られるっていうのが
気に食わねぇ・・・」
巡音ルカ 「ところでねこに言っておくけど。
昨日は素村吊るのが最善だと思ったからギル吊ったのよ。
むしろ昨日人外の何を吊るべきだと思ったのかしら。」
炎帝 「>イリヤ
破綻してから出るよりも破綻前に出る方が信用はあるはずだが。
実際潜ってから出たら「なぜ潜った」とか言うのがどっかにいる」
サム 「咲夜吊り」
モーティマ 「ふーむ、俺としては俺の灰であるから
問題ないといえば問題ねぇ」
サム 「まぁいいか」
ねこ 「訂正:吊られと占われるような事と」
ランサー 「それならぶっちゃけ翌日霊能でも騙ったほうがマシじゃねえ? >ねこ」
十六夜咲夜 「おっと失礼。」
カースメーカー 「うん、君の愛情はよーっくわかった、私が悪かった。>みゆう」
十六夜咲夜 「霊能と割れたらモーティマ吊りだから見てから出ればいい。 >炎帝」
美遊 「イリヤかませる狩人とか偽よね(ニコ>ルカ」
ねこ 「狼と狐がわざわざ吊られかねない
事を言うはずないじゃないか
そして、吊ったと言う事は人外を見て吊ったということで
残るのは狂人しかいないでしょ>ランサー」
サム 「護衛はほぼ占い護衛しなきゃならない感じだし」
巡音ルカ 「万が一真の場合は●キープした方がいいけど、多分その場合霊能辺り噛まれるんでしょうし。」
イリヤ 「炎帝視点アーチャー○で破綻するかどうか
は見てからCOしていいはずだからね。」
炎帝 「ちょっと何言ってるかわからないな>霊能結果を見ないのがミス」
ランサー 「アリス(モーティマの○)噛まれ的に
あまり炎帝の真見るのどーなんだろという気もしなくもねえくらいのもんだな」
モーティマ 「むー・・・すまねぇな
おめえさん達を死地においやって>カースメーカー」
できる夫 「カスメさんってイリヤさんよりそっち気になる方なんですか…。
色々ありそうって言ってる割には霊能の発言重視しないんですね」
カースメーカー 「咲夜は昨日占い増えたりしたのに進展ないとか言ってたのが気になったからまあ分かる」
美遊 「エンテイからの●だし吊ってもいいとおもうけど」
サム 「ぶっちゃけ吊ったところで見えないよ?」
イリヤ 「昨日霊能結果もみずに飛び出した、というのは
占い師としては致命的なミスなので、つっていいとおもう>咲夜」
炎帝 「共ならまだしも○噛みなら狼身内もギリあるかとは思うが
キープしない理由にはならぬので」
巡音ルカ 「炎帝の真見てないから●吊りでいいわよ。」
カースメーカー 「わー○噛みーモーティマの○結果がどんどんなくなってくよー
って私占われてる…はっ、これは死亡フラグ!?」
美遊 「んで、●がでてるんだ」
イリヤ 「炎帝の信用がものすごい低いからそのまま咲夜つりましょう」
ランサー 「?なんで狂人見で吊ったって話になるんだ? >ねこ」
十六夜咲夜 「まぁ、一言言うなら撫子は噛むところではないです。
逆引きすると狼はそれだけ必死と言うことですね。」
巡音ルカ 「んじゃそこ吊ればいいわね。
咲夜は無色透明な印象だったから特に。」
炎帝 「キープに決まっているが>サム」
できる夫 「あーそれわかります。>ルカさん
1w吊れてるけど狼吊りたい感じ」
炎帝 「実際に●だとそれはそれで反応に困るな。」
美遊 「イリヤが偽とあるわけない!!>カスメカ」
サム 「んじゃキープ路線するかどうかですけど。炎帝ちゃん、どうしたい?」
カレン 「ではそういうことで」
モーティマ 「違ったようだ、すまねぇ
疑って>カースメーカー」
ねこ 「           「\      「\
           |   \   |  \
           |    >─|   \
           |  /         \
           |             ',    ギルを吊ちゃうんだ
          /          ヽ     |    吊った人は狂人として見て吊ったと判断させてもらうよ
          〉 ●    ●      |    ギル投票:サム、ルカ、イリヤ、美遊、炎帝、咲夜、カースメーカー
           |    、_,、_,         ./   特に占いの炎帝は対抗は狼か狐として見てると思わせてもらうよ
.            \              /
               `7        -く
.             γ⌒)    (⌒\ \」
十六夜咲夜 「COなし」
美遊 「ねこさんがいい感じかな
不安煽ってるように見えるけど、
◇ねこ  「怖いのは狼の身内切りからの信用勝負なんだよね-(´・ω・`)」
だいたい、こういう時にこういうこと考えられるのはナイスな村だと思うのよね。」
炎帝 「占い理由
発言の割に票がない、様子見でもされたのかもしれないがな。
◇十六夜咲夜  「1-0から2-1になっても進展はないですね。

結果に対して触れる事無し。
かつモーティマ非狼の場合の思考を零さぬあたりが
ボロを出したくないように見えたのでな。」
カースメーカー 「◇美遊 「イリヤが霊能者!!やったわこれいいかんじよ」
いちおーまだ真切れてないエンテイの○位置から出ちゃったからほんのりいい感じよりそれてはいるんだけどどうしていい感じなの?イリヤ補正?」
巡音ルカ 「○噛みっと。」
十六夜咲夜 「COなし」
サム 「ほーん」
美遊 「役職周りはこうね
イリヤ:確定真もう、もう真以外しない。
モーティマ:イリヤとつながったわそういう意味で信用は高め。
エンテイ:仕方ないわ、モーティマに比べたらね。」
炎帝 「占いCO 咲夜●」
カースメーカー 「くっそねむいです」
イリヤ 「○」
モーティマ 「理由:おぅ?昨日の発言ふっとんだが、昨日俺の偽パターンなどを
   ごちゃごちゃ言ってたようだが、そんなに考えてるわりには
   こうだっていう芯がみえねぇ
   こういうのは、話題はだすが、自分の考えは隠してるってみるな
   よってなにか隠してる=役と俺はみるぜ
   よって、カースメーカーを占う
   っていうか、すまねぇ、昨日の発言カースメーカーのくれれば
   どれか言うぜ
ランサー 「おはようさんっと ぶっちゃけ投票に関してはアレだ
皆がここ吊ろうって言ってる状況であまりそういう便乗は
個人的に好きじゃねえくらいのものだがな  ギルガメの野郎に関しては
単純に灰で見るくらいに思ってたしよ・・・まあ灰なら吊ればいいじゃねえかって
言うならその通りではあるがな」
十六夜咲夜 「おっはー」
できる夫 「個人的には共有に突っかかってるランサーさん役目ですかね。黒よりの。
共有の発言って気になるもんなんですかね?」
巡音ルカ 「おはよ♪
カスメに3票ってちょっと無情だと思った。
狼保護の発想がないねこは占い候補ね。」
モーティマ 「占いCO カースメーカー○」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アリスさんの遺言
     ,. ----- 、_
   / _,-==,、、=,ヽヽ
  ,´ / / ノ/ゝヽi ノ、
  i  ルノレ_, レV,_ イレノ
  i..ノルi ━  ━ /ゝ          知恵と勇気の村人……愛と勇気のぼっちの親戚みたいで嫌だわ。
  ノノレレヽ  ー "ノノ  
  ` , ⌒ヽ`、-- イ´、  
  イ_,_,_,_,_ゝ==iゝヽ_ゝ
   `-~イ ヽ__⌒ ⌒ヽゝ
     くゝ__=)⌒)  ゝ_)
    /         ヽ
    /              \
   く,_,,,~,_,_ 、_~(⌒ヽ⌒ヽ>
             ̄   ̄
ギルガメッシュさんの遺言                      -=
             >  ̄`       `ヽ
           /
          /                   ミ=‐
       _彡  / ./       /           \ ヽ
      >-/  /      /   i            ヽ \
     ///  , /  /  //   i     !         ',.  \
   /ニ∠ニ= イ/ ,/  // / イ     i     i  i ヽ ̄
  /ニ三三イイ/ //  ≠{‐y-/、|   i  i     |  i厂
  /三三三/∠ ィへ| /| .| /∨|{ i //.{ i /-.i_ i.   |  |!\
.../ニニ三三{ニニニi fヽ|/ !/iム_  i! ∨/| .!/|//i } .!  i i. |i‐-`-
イ三三三三{ニニ∧、〈i ≦ニ==ミ、  ∨i __|/ } ハ |  } |! ト!
ヽ三三三三{三Υヽ  ..:.:.:.:..     、!≠==ミ、 }| /! | |
 }、ニ三三三{三i  ト        ,   :.:.:.:.:.:.`/ }/.:| ハ|  村人COだよ、お姉さん?
 ニヽ三三三{三i‐-{∧   r-          /彡//!
  ニニYニ三三寸  i∨ヽ  丶   フ    イ三// i    正直モーティマさんが騙りだった時のために
=ニニニ}ニ三三三\八ム、 \        イ三ニ// /
-=ニニ}三三三寸三\厶\ >   ≦ア. : .:{ニニ///     遅く挨拶して潜伏占い狙いの噛まれを誘発できる形だったのに
=ニ三}三三三ニ寸三ニヽ \{、  //. : . :/三/
ニ三三三三三三寸三ニ \ ヽ,/'. : . : . /三〈i        占われ柱COしたのはちょっと失敗だったかな。
ニ三三三三三三三寸三三\. : . : . :./三/
ニニ三三三三三三三寸>-‐´: . : . :イ彡'          もう少し考えて行動しておけばよかったや。
三三三三三三三三{三{: . : . :≦三〈
ミ三三三三三三三ニ{三ヽ三三三ニ∧
:. :>=ニニニ三三三三三三〉彡´.:;.:;.:;.:;.:;7
.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:寸三≦-.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.ヽ/
:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;〉ニニヾ.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.{ニヽ
アリス は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギルガメッシュ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
ギルガメッシュ7 票投票先 →カースメーカー
サム0 票投票先 →ギルガメッシュ
モーティマ0 票投票先 →カースメーカー
巡音ルカ0 票投票先 →ギルガメッシュ
イリヤ0 票投票先 →ギルガメッシュ
ねこ0 票投票先 →できる夫
美遊0 票投票先 →ギルガメッシュ
炎帝0 票投票先 →ギルガメッシュ
できる夫1 票投票先 →ランサー
十六夜咲夜1 票投票先 →ギルガメッシュ
カレン0 票投票先 →十六夜咲夜
カースメーカー3 票投票先 →ギルガメッシュ
アリス0 票投票先 →ランサー
ランサー2 票投票先 →カースメーカー
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モーティマ 「おめえらの仲魔になったつもりはねぇ
が、ここは協力して
人外共を蹴散らしてぇんだ」
アリス 「ま、いずれにせよ。
1w吊れた、ということと、占いCO者が生きてる。
この二つを念頭に詰めていきましょう。」
ねこ 「なんで、ギル吊りの話になってるんだろう(´・ω・`)
そこは少なくとも、狼はないから他吊ったほうが良くない?
少なくとも、モーティマ狼なら占いは噛まないだろうにゃ>十六夜」
十六夜咲夜 「言いたいことは理解出来ましたが、言ってることが理解できませんでした。」
炎帝 「あぁ、そっちか>カレン
もともと挨拶遅かったし、噛まれるなら噛まれるだろうと思ってな
露骨すぎればブラフに見えよう」
サム 「吊りは好きにしていいよ。ギル投票自体は止めない。」
美遊 「ああ、なるほど。>イリヤの理論」
カースメーカー 「えーと、有り得るのはモーティマと霊で普通に真ー真ラインかモーティマ誤爆おr身内でなんでも有り得るか狂特攻に狼が●持ってあわせに行ったら初日霊能でしたとかそんなん?」
ギルガメッシュ 「そりゃエンテイさんの中身がなんであれ
COしてなきゃ死ぬんじゃない?モーティマさん真で護衛ガチガチに固められたら人外負けるんだし」
モーティマ 「俺から言えることは、灰を詰めてくれりゃそれでいい・・・」
ランサー 「だから2CO目の霊能だれだよ >サム」
サム 「当然言ったのは悪いけどさぁ」
サム 「炎帝が霊能2CO確認してないのに露出してるって話だろ」
巡音ルカ 「占い真狼よりは真狂とか真狐の方が分があるでしょうね。
イリヤの狼吊りたくないには賛成。」
美遊 「イリヤ>逆に私あれで信用しちゃったんだけど
やっぱり疑ったほうがいいのかしら?」
十六夜咲夜 「霊能2でしたっけ?」
できる夫 「例としちゃなんですが、ギルさんが真占い、出ているのが特攻の場合
占われすることで自身狂扱いですし。更に言うなら○貰ってそのまま潜伏続行なんて出来ますしね」
ギルガメッシュ 「うーん霊能イリヤさんしか見えないんだけどな、僕」
サム 「ちげぇよ>ギル」
ランサー 「・・・霊能1COでロラ? >サム」
炎帝 「それ自体は我が結果出すしかどうしようもないな>ねこ
それを懸念するならば、今ねこから言われてもマイナスにしかならぬのだが」
十六夜咲夜 「モーティマさんが狼ならたぶん灰が噛まれますね。
今晩は。 >ねこ」
モーティマ 「それなら、それで俺の結果は残る
そのうえで、おめぇさんうらなったところで
ここで、狼や狐が出るともおもってねぇんでな
だから、こそおめえさんには灰で頑張ってもらっても構わねぇ
そうおもったんだ>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「え、霊能ロラ?>サムさん」
カレン 「自分の昨日昼の投票先に自覚がないのなら結構ですけど。」
サム 「割りと霊能ロラかどうかは見ろってのはあるね」
アリス 「別に占われ柱ぐらい誰でもするとは思うので、灰の一人ってことで良いと思うけれど>ギルガメッシュについて

強いて言うなら狐でやりそうな度胸は持って無さそうかな、発言見る限り。」
美遊 「ああ、それもあるのか思考の範囲外だったわ>ねこ」
イリヤ 「今日は○を吊りたい日でしょ。だからギルつろうってこと(意訳)
あんまり疑いとかでなく」
ギルガメッシュ 「好きにしてよ
その辺は勝手に共有がいってくれるんじゃないかなぁ?>イリヤさん>僕の扱い

正直僕吊り安牌なのは同意しておくしね」
巡音ルカ 「共有じゃなくて霊能でしょ、占われてるのは。 >ランサー
それに初日の占いはどうしようもないしいいのよ。」
十六夜咲夜 「1-0から2-1になっても進展はないですね。
強いて言うならモーティマさんとイリヤさんがつながってるくらいですか。」
イリヤ 「というより今日間違って狼つりたくないから
ギル○目だとはおもうけどつられてもらったほうがありがたいし」
カースメーカー 「ちょっと発言欄がWOするとかいう不具合に見舞われたりもしたけど私は元気です。
2-1で霊ラインは割れなし、か。色々ありそうでめんどくせえ」
ランサー 「狂人が占われ柱あるかねえと思うんだがな個人的には >モーティマ
ギルガメの野郎の扱いは単なる灰でいいだろ 死体なし出たら優先するかも位置くらいで」
できる夫 「占い柱って思ったんですけど
ギルさんが例えば○系の役職なら噛まれ回避に使えるかもしれませんね。」
炎帝 「どういう意味だ?>カレン
霊能の数を確認しろというなら拒否するが。」
ねこ 「怖いのは狼の身内切りからの
信用勝負なんだよね-(´・ω・`)」
美遊 「モーティマが偽だとイリヤが偽の可能性が凄く上がっちゃうから
イリヤのためにモーティマ信頼してあげる
あくまでイリヤが●だしてるからよ」
炎帝 「吊られても構わないからこその柱だろう、吊すぞ。」
イリヤ 「当日にその場で自分が吊られない柱なんて信じない」
ギルガメッシュ 「いや、いいよ?
多分君が真占いで、無駄占いしてないんだろう?
ただ明日多分君の○ぶち抜き食らっているとは思うけど……>モーティマさん」
アリス 「撫子噛みは身内切った時に噛む位置としては不的確なので。
モーティマは真か狂の誤爆かな、という感想よ。
まあ噛みについての感覚を理屈で説明するのは難しいのだけれど。」
カレン 「ところで炎帝は噛まれたかったのかしら」
巡音ルカ 「潜伏占い位置ないっていうか、朝から2番目の挨拶位置ね。
あるなら霊能?」
モーティマ 「ギル吊っちまうのか?
そこはあって狂人か村かとおもってたがな」
イリヤ 「あ、初日ね、まあ、どっちでもいいわ>サム&美遊」
ランサー 「って、ああイリヤのほうか勘違い」
できる夫 「豚箱に入る覚悟はできてるかー?俺はできてる。」
炎帝 「初手だから回避出来ないのだが>イリヤ」
ランサー 「一応エンテイが占っちまってる主張だがな >ルカ」
ギルガメッシュ 「何が言いたいかって言うと
「狩人狙いのかみ」ってことさ」
美遊 「イリヤ>初日じゃない?エンテイの占い」
サム 「初手じゃね?>イリヤ」
イリヤ 「じゃあ今日はギルつりましょ。」
ギルガメッシュ 「うーん……DJ撫子さんは潜伏占い位置じゃないし
素直にラインってみていいと思うよ

元から見るつもり満々だけどね」
炎帝 「違うから、霊能狼乗っ取り否定だから。
モーティマの中身は知らないが狼吊りは多分期待できるから。
狂人が●で出ないと思うから。」
ねこ 「イリヤは霊能として見るにゃ
でモーティマの信用は高いにゃね」
モーティマ 「すまねぇな、ギルガメッシュ
占い柱はありがてぇが
俺は俺の推理を信じるぜ」
巡音ルカ 「カレンか。
ま、占われなかったなら結構ね。」
できる夫 「狐寄りだとは思ってたんですけど噛まれるんですね。」
美遊 「イリヤが霊能者!!やったわこれいいかんじよ」
イリヤ 「昨日の私怪しかったからねしかたないね>占われ」
アリス 「それじゃグレランね。」
ランサー 「アーチャー●と で追加で占いCOが出たのか」
サム 「共有CO 相方カレンであってる」
巡音ルカ 「2-1でライン繋がりとね。
で、サムの相方は?」
カレン 「では共有CO。相方はそこのダンボール」
ギルガメッシュ 「……タイミングって噛み合わないよね。
僕の扱いは共有に任せるよ?
僕から自分をどうこう言うのは好きじゃない。

ただし死体なしが出たら確定で僕吊りしてくれると嬉しいな
まぁ占われてなかったら、だけどさ。」
十六夜咲夜 「あらあら?」
モーティマ 「ほうほう」
炎帝 「グワアアアアアアアア>イリヤ霊能」
美遊 「◇ギルガメッシュ  「占われ柱に出てあげるよ
共有占いを絶対にしたくないなら、僕占ってね?
……というか占われないとグレランになって僕死ぬなぁ……」
◇ギルガメッシュ  「うん、共有全伏せって、僕は好きじゃない
どっちかっていうと、嫌いなんだよ」
◇ギルガメッシュ  「まぁ共有出てこないってことはそういうことなんじゃないかなぁ
出てきてくれたほうがグレー狭まらなくはないけど」
>いや、あざといわねギル、これであなた狼なら凄くあざといわよ。
共有出せからの占い柱って、あなたが狼なら私は判断ミスしたって事になりそうだわ。」
イリヤ 「というわけでアーチャーは●と」
アリス 「おはよう。
それじゃ結果を聞くわ。」
できる夫 「DJ撫子ォーー!!」
カースメーカー 「めざめよー。わがたましー。ねむれー。なんじのちー。
さーて、霊COと追加の占いCOはあるのかなー?」
ギルガメッシュ 「それじゃ、聖杯戦争を始めよう」
美遊 「イリヤは私じゃなくて他の人にかまってるのよ。
なぜだろう、そこまで私達の関係隠したいのかしら。
私は堂々と生きて生きたいわ」
炎帝 「占い理由
この気配…使い手に相応しい雰囲気があるな。
我の耐えられるかどうか調べるとしよう。
結晶塔の…うっ頭が。我はロリコンではないぞ。

占い理由
占われ柱というのは信用する気がないので放置
そうだな、駄弁ると言った割に会話が延びてない所。
周りに溶けたかったが話題に乗れなかった人外の可能性を見るとしよう。」
モーティマ 「理由:ギルガメッシュ占い柱はありがてぇ・・・が、すまねぇ
   おまえさんが、狂人って言うこともあり得るんでな
   だから・・・ここは
   アリス
   「こういう時に議論すべきは占われ柱が必要か否か、なのでしょうけど。
   題材を投げるのが遅すぎたわね。」
    この思考を持ちながら 
   占い柱になってねぇところが気になったぜ、つまり議題には
   出したいが、占い柱に出る気は毛頭ないという位置を占ってみるぜ
ランサー 「今日のCOで何ー何になるのか
アーチャーの野郎の結果がどうかをまずは拝見」
イリヤ 「●」
ねこ 「      iヽ       /ヽ
       | ゙ヽ、    /  ゙i
        |   ゙''─‐'''"    l
     ,/               ゙ヽ   無駄占いの危険も有るけど
     ,i゙    /         \ ゙   同時に霊能や狩人噛みの確率も下げられるから
     i!     ●      ● ,l   手段としては有りだと思ったんだけどニャア
     ゙i,,   *   (__人__)  ,/     後、共有CO了解にゃ>サム
      ヾ、,,          ,/    出てる共有を占うのはまだしも出てない共有を占うのは仕方ないと思うんだにゃあ>モーティマ
      /゙ "         ヽ
    /             i!
  (⌒i    丶  i   !   i!.,
    γ"⌒゙ヽ  l   l  γ'.ヽ
     i     i,__,,ノ   i,__,,ノ_,,丿
     ヽ,_,,ノ"~´ ̄  ̄」
できる夫 「ペンネーム:キャン

最近ぼくの妹見ないんですが、どこに行ったかわかりません。
見なさすぎて誰だったかすら覚えてもいない・・・
お願いします!妹に、妹に会わせてください!!」
炎帝 「占いCO イリヤ○ ねこ○」
巡音ルカ 「噛みと霊能結果、あとCOがどれだけ増えるかが楽しみな日。」
美遊 「おはようイリヤ
イリヤに構うことに夢中すぎて●なの吹っ飛んでしまった・・・
私にあるまじきミスごめんなさいね」
モーティマ 「占いCO アリス○」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アーチャーさんの遺言 ランサーが死んだ!
DJ撫子さんの遺言 DJなでこはただの村人だYO!
ギルは本人が言う通り占われて無かったら吊ればいいと思うYO!

それではお手紙のコーナー!
ぺんねーむ:なんでもできる男さんからいただきました!
「幼女と仲良くするためにはどうしたらいいんですか。」

ぶたばこに入る覚悟を決めればいいと思うYO!

番組の続きは霊界で、ちぇけら!
DJ撫子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーチャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
ギルガメッシュ0 票投票先 →アーチャー
サム0 票投票先 →アーチャー
モーティマ2 票投票先 →アーチャー
巡音ルカ1 票投票先 →アーチャー
イリヤ0 票投票先 →アーチャー
ねこ0 票投票先 →アーチャー
美遊0 票投票先 →巡音ルカ
DJ撫子0 票投票先 →アーチャー
炎帝0 票投票先 →モーティマ
できる夫0 票投票先 →アーチャー
十六夜咲夜0 票投票先 →アーチャー
アーチャー13 票投票先 →モーティマ
カレン0 票投票先 →アーチャー
カースメーカー0 票投票先 →アーチャー
アリス0 票投票先 →アーチャー
ランサー0 票投票先 →アーチャー
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
美遊 「イリヤがかまってくれない!」
できる夫 「助かってないじゃん!>撫子」
サム 「というわけで共有COおいておくので占わないように」
DJ撫子 「それではまた明日、ちぇけら!」
カースメーカー 「一流の占い師足るもの、共有くらい避けられるって私信じてる!」
ギルガメッシュ 「占われ柱に出てあげるよ
共有占いを絶対にしたくないなら、僕占ってね?

……というか占われないとグレランになって僕死ぬなぁ……」
アリス 「こういう時に議論すべきは占われ柱が必要か否か、なのでしょうけど。
題材を投げるのが遅すぎたわね。」
モーティマ 「構わんが、俺が共有占ってそこ占うのはないわーとか
いわれんのが腹が立つっつー話だな>ねこ」
ランサー 「根本的解決になってねえよおい >DJ」
美遊 「そうなんだね。まあそこら辺は仕方ないかな。
私はどっちでもいいかな>ギル
イリヤ 「プリンセスの占い理由が雄すぎるけどプリンセスはプリンセスだから・・・」
サム 「潜ってる真が無駄占いしてるほうが割りと微妙。灰詰めれないなら真追いづらいって人もいるし。」
DJ撫子 「死ねば助かるとおもうYO!」
十六夜咲夜 「明日霊能が二人出て1-2になるにお嬢様のおやつを賭けます。」
炎帝 「誰だよプリンセス>カースメーカー」
モーティマ 「おぅ、そうか・・・
マスターに黙ってきたのか・・・
おめぇのことは、俺から伝えてやらぁ・・・>アーチャー」
アーチャー 「私は共有に出た方がいい、とは言うが出ろということは出来ない
それは共有の自由だからな。説得は出来るが強制は出来ないのだ」
できる夫 「お便り募集中だったんですか。>撫子さん
ちょっくら書いてきます」
ねこ 「まあ、必要経費だと思うしかないだろうにゃあ
初手●だと>モーティマ」
サム 「そういう意味でトラップ防止という意味での共有潜伏に利点はないよ。」
炎帝 「いや、気にするでない>イリヤ
この気配りこそ上に立つ者の証よ」
DJ撫子 「ぺんねーむ:槍つかいさんから頂きましたお手紙

まいかいしんだといわれるんですかどうすればいいんですか。」
ランサー 「共有?出るか出ないかは共有の勝手だろ
出ないには出ないのメリットってのはあるさ」
カースメーカー 「プリンセスがセイバーな可能性?>エンテイ」
カレン 「私は犬猿の仲というつもりで言ったのですけれど
どうやら腐ってるのは貴方の思考のようね? ランサー」
アリス 「共有の出る出ないは正直、今更議論する必要がないぐらいにメリットデメリットわかってるだろうし。
その上で出ないのなら外野がともかく言っても仕方ないわ。」
イリヤ 「いけない・・・このままだとケッコンさせられちゃう・・・」
サム 「無駄占い防止というのは割と大事>ねこ
モーティマが騙りだとして、狂人なら別だけど狼だったら2個めの●は早々打てない」
ギルガメッシュ 「うん、共有全伏せって、僕は好きじゃない
どっちかっていうと、嫌いなんだよ」
炎帝 「誰ぞ、誰ぞあるか!
いますぐセイバーを連れてこい!」
十六夜咲夜 「◇DJ撫子 「アーチャーが●だYO!あちゃー!」

山田くん。その帽子を持って行きなさい。」
アーチャー 「マスターはこの場にいないからな。今回この村に来たのはは私の独断での行動だ
故に(アイコンではあるが)外套は外している>モーティマ」
美遊 「ああ、そうね。
みんなの前だと恥ずかしいよね>イリヤ」
ランサー 「◇カレン 「もし仮にアーチャーとランサーで狼であったりするならば、それはそれで毎晩が愉快そうなことね」
おい誰だカレンの部屋にホモ本置きやがったバカは!?
カレンが腐っちまったじゃねえか」
モーティマ 「つーか、共有でねぇのな
俺の信用がいかにないかということか
まあ、いい
俺に占われても知らねぇからな」
カレン 「まあ、それも今夜にはご破産の関係でしょうけれど」
炎帝 「アサシンもいなかったが咲夜がいたな。」
巡音ルカ 「まぁここまで出ないなら言ってもしょうがないでしょ。」
美遊 「そこら辺は好みだからね、共有出るか出ないか>ギル」
イリヤ 「まっマジレスされた・・・ごめんなさいこちらこそ・・・>炎帝さん」
できる夫 「ランサーとアーチャーがタッグ組めばワンチャンありそうですね。>ギルガメッシュ
まぁタッグ組むなんてほぼ無いですけど」
ねこ 「真偽を霊能で確認できるんだし
そこは明日でも良くない?(´・ω・`)>サム」
カースメーカー 「アーチャーがリタイアしたなら私がキャスターとして参戦しよう>聖杯戦争
マスター!誰かマスターはいないか!」
イリヤ 「いいえ、何もすることがないのと美遊とイチャイチャするのはまったくもって
同一ではないわ!」
DJ撫子 「この反応ない感じにはやくもDJなでこは心が折れそうだけど頑張るYO!
じゃあ吊り先決まったし次はお手紙のコーナーで!」
炎帝 「む、何か失礼だったか>イリヤ
それはすまなかった」
カレン 「もし仮にアーチャーとランサーで狼であったりするならば、それはそれで毎晩が愉快そうなことね」
モーティマ 「そうか・・・
霊界で、マスターに詫てろ・・・
せめて、俺の手でカイシャクしてやらぁ>アーチャー」
アーチャー 「人を守る、ではないな。呼ばれた者を守る、だ。
契約者は守るが、人の味方ではない。その点においては
ランサーが正しいとも。残念だがね」
ギルガメッシュ 「まぁ共有出てこないってことはそういうことなんじゃないかなぁ
出てきてくれたほうがグレー狭まらなくはないけど」
美遊 「大丈夫イリヤの気持ちは十分わかってるから。
きっと、前者がいいのよね♪」
十六夜咲夜 「私からしてみれば両者変わらずですよ。
過去になった時点で既に幻想空想なのです。 >ギルガメッシュ」
ランサー 「そしてカレンはぶれねえな本当に 俺は原典からして
生存能力の高さは折り紙付きだろうが もう少し俺を信じろっての」
カレン 「犬は所詮狼に勝てないということかしら?
もしかしたらそもそもが狼なのかもしれないけれど」
サム 「共有はモーティマが真だと思うならFOすればいいのではないだろうか」
炎帝 「我がライダー、カスメをキャスターとして。

なんだ、セイバーがいないではないか。」
ねこ 「有難う御座いますにゃ>ギルガメッシュ」
アリス 「>カレン
別にここからランサー吊ってもいいのよ。
自由とはそういうものなのだから。」
イリヤ 「貴方、モーティマさんにバーサーカーとかモーティマさんdisってるの・・・?>炎帝」
アーチャー 「何を言っているのやら。私はいつだって人を守る
それが守護者だからな>モーティマ」
巡音ルカ 「┌(┌^o^)┐?」
モーティマ 「マジか!?>ランサー」
できる夫 「AAありだったのか・・・
でも今更準備するのめんどいという・・・」
美遊 「イリヤイリヤ!!私とイチャイチャしよう今日はなにもすることないでしょう」
カースメーカー 「ま、共有はCOするかどうかはそっちのお任せってことで」
ランサー 「別にアーチャーは人間の味方じゃねえぞ >モーティマ
むしろ人間を殺し尽くす掃除屋だ」
ギルガメッシュ 「元から贋作と本物
比べるべくもないはずなんですけどね>できる夫さん」
イリヤ 「あと美遊・・・いえ・・いいわ」
サム 「まぁまて。明日死ぬかもしれない>カレン」
ねこ 「取り敢えず、アーチャー吊りだから駄弁るかな(´・ω・`)にゃ」
モーティマ 「俺は、俺はよぅ・・・
てめぇのあの啖呵が気に入って
この男なら、この男ならって・・・思って
おめぇを占ったのによぅ・・・ちくしょう!!」
カレン 「こういう時はだいたいランサーが最初に死ぬものとばかり思っていたのですけれど
どうやらそうじゃない場合もあるようね」
炎帝 「バーサーカーではないのか?>咲夜」
アリス 「モーティマは実はヘラクレスだった可能性。」
できる夫 「アーチャー退場なら実質ギルガメッシュの勝ちですね。今日の聖杯戦争」
DJ撫子 「CO無しならあちゃちゃっと吊るYO!」
アーチャー 「真はよく潜った。その対応速度は褒めるに値する。
共有は出ておいた方がいいな、今更潜る意味はあるまい」
ギルガメッシュ 「あぁAAはありで妖狐遺言は(ryっていう
普段どおりですよ、いやこれデフォにしていいかは謎ですけど>ねこさん」
ランサー 「は、ざまあねえなアーチャー
弓兵なのに弓使わないからそんなあっさり死ぬんだよ」
イリヤ 「プリンセス、流石プリンセスね。
これは真、きっと真売らないよ」
十六夜咲夜 「バーバリアンVSアーチャー ファイッ!」
炎帝 「令呪を持って命ずる、自害せよアーチャー」
美遊 「即座に●ね、それじゃあ潜った方がいいわね霊能者
あと、共有は好きにしていいと思うけど」
巡音ルカ 「●が出てると、そしてCOなしなのね。
じゃあ共有出ちゃうといいわ。」
カレン 「なぜランサーが死んでないのかしら」
カースメーカー 「アーチャーが死んだ!」
モーティマ 「ばっきゃーろ!!てめぇ!!人間の味方やめてんじゃねぇええええ>アーチャー」
アリス 「アーチャーはCOよろしくね。」
イリヤ 「おーっとー!プリンセスのジャンピング●ドロップがアーチャーを
襲うーッ!」
サム 「じゃあアーチャーにCO聞きます」
ねこ 「アーチャーはco有るかにゃあ?」
DJ撫子 「アーチャーが●だYO!あちゃー!」
できる夫 「アーチャー爆ぜて!」
十六夜咲夜 「おはようございました。」
ギルガメッシュ 「それじゃ、聖杯戦争を始めよう」
ランサー 「●伏せ」
炎帝 「ワオォーン・・・」
モーティマ 「理由:ふむ、開始前の俺に啖呵を切ったあのくそ度胸
   嫌いじゃないぜ・・・
   俺は見た目がこんなのだ・・・いつ死ぬかわかんねぇ
   だが、この男なら、なにかたくせるそう思う何かが有る
   おめぇが敵対するなら、それもそれだ
   いくぜ、アーチャー、これが俺の問だ」
カレン 「ごきげんよう」
アーチャー 「COなしだ」
巡音ルカ 「おはよ♪」
カースメーカー 「もう朝とかこんな現実認めたくないから他の皆も睡眠の呪言で眠らせて私は二度寝してお昼寝大会にしよう。(提案)」
アリス 「おはよう。
所詮人外は3種類。7色の前では半分にも満たない。」
できる夫 「三度の飯よりメイドが好き、できる夫です。
あっ今日はそんなキャラじゃないんでした。
よろしくお願いします。」
サム 「ダンボールは分解して廃品回収に出すべきそうすべき。」
モーティマ 「占いCO アーチャー●」
美遊 「昨日イリヤに認知しないって言われちゃってけど、
それって全部日本の法律が悪いのよね・・・
だったらイリヤ日本の法律を変えるか、違う国に居住場所移しましょう」
アーチャー 「おはよう。COの時間を稼ぐのは構わんが
―――別に、あれ(人外)を倒してしまっても構わんのだろう?」
ランサー 「おはようさんっと んじゃ占いはちゃっちゃっとCOしな」
DJ撫子 「おはようだYO!英語で言うとグットモーニング!」
ねこ 「おはよーにゃ
ここAAって有りなのか聞き忘れてにゃ
取り敢えず、coをお願いにゃー
村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2014/12/30 (Tue) 16:05:21
ギルガメッシュ 「それじゃ……聖杯戦争を始めよう」
カースメーカー 「ランサーが死んだ!」
カレン 「あら」
ギルガメッシュ 「1」
DJ撫子 「むーもっと仲良くすべきだとおもうYO!>アーチャー」
美遊 「ランサーだ・・・」
ギルガメッシュ 「2」
イリヤ 「ええ、もう大丈夫よ、あと認知はしないから・・>美遊」
ランサー 「よっと、ズサっとな」
美遊 「あ・・・・」
モーティマ 「ランサーもか、よろしくな」
ギルガメッシュ 「3」
ねこ 「ナイス
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡c⌒っ゚Д゚)っにゃ」
ギルガメッシュ 「4」
ねこ 「了解にゃー」
モーティマ 「おう、カースメーカーとアリスもよろしくな」
ランサー が村の集会場にやってきました
できる夫 「いやぁジャンキーですねぇ・・・」
カースメーカー 「いやはや、間に合ってよかったよ。それでは諸君、コンゴトモヨロシク?」
美遊 「早くない?>イリヤ」
美遊 「ズサで16行ったわね、いいことだわ。」
ギルガメッシュ 「5」
イリヤ 「お餅を食べててむせて死ぬかと思ったわ、
さあ、やりましょ」
ギルガメッシュ 「それじゃ、早朝待機ってタイトルに書いてあるけど実際はないので
皆さん気をつけてね?」
十六夜咲夜 「パチュリー様で行きましょう。小悪魔がメアリ。
お嬢様はムラマサで。 >サム」
カースメーカー 「寝て起きて 村が立ってた 行かなくちゃ
~カメ子ちゃん寝起きの575」
巡音ルカ 「いいずざーね。」
モーティマ 「似てるようで違うからな?>咲夜」
アリス 「支援ズザ。」
サム 「ヴィクトル役誰になんのかな>咲夜」
アリス が村の集会場にやってきました
ねこ 「≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡c⌒っ゚Д゚)っにゃ」
モーティマ 「おぅ、いきのいい坊っちゃんだ
だが、ただの坊っちゃんじゃなさそうだな
腕は期待してるぜ>アーチャー」
DJ撫子 「いぇーい。ズサだYO!」
アーチャー 「そのような事実は存在しない。即刻忘れたまえ>撫子」
カースメーカー 「おはよう。」
美遊 「16人以上集まらなかったのね残念」
十六夜咲夜 「一時期自粛してただかなんだかでしたね。
最近また書き始めたみたいですが。 >サム」
カースメーカー が村の集会場にやってきました
炎帝 「美遊、時間だが投票は大丈夫か?」
DJ撫子 「アーチャーさんもツンデレ?」
十六夜咲夜 「紅魔館と業魔殿って似てますね。」
モーティマ 「はん、そうだな
この戦が終わったら、好きにでってやらぁ!!>カレン」
アーチャー 「それは安心だ。こちらの方ももとよりなれ合うつもりなどないからな>モーティマ」
カレン 「貴方みたいな見るからに野卑な人間が慣れ会えるとでも思ってるんですか
ご同類の元にお帰りなさい」
サム 「最近買ってないからなぁ。まだやってんのかな。」
モーティマ 「どこの、仲魔だよ!?>咲夜」
アーチャー 「やめろ。そのような事実はない>サム」
十六夜咲夜 「コンゴドモヨロシク…… >モーティマ」
ギルガメッシュ 「おっと、もう時間か
それじゃ皆さん、投票してほしいかなぁ」
十六夜咲夜 「懐かしいですわねw >サム」
モーティマ 「おう、そういうや、咲夜とアーチャーとカレンよろしくな
協力はするが、慣れ合う気は毛頭ねぇから、その辺り覚えておけ」
ねこ 「開始時間だにゃあ
ズサーに期待にゃ」
カレン 「そうですね。そうだったかもしれません。
とはいえ傍目に見て児童相談所案件にするような事は別にしませんが」
サム 「そういえばたぽ。の同人誌でアーチャーとギル同一人物というネタがあったな。
スーパーサイヤジンみたいに怒りで髪金髪になるの」
モーティマ 「ぬ、ぬぐぅ・・・>撫子」
DJ撫子 「後もう少し来てくれればいいんだけどなー
画面の前の君をまってるYO!」
アーチャー 「アイコンメタ的な話で言ってしまえばギルガメッシュのそのアイコンは
HAのものなのだが。もう一つの世界線については私は詳しくないから遠慮しておくよ」
美遊 「私達の知ってるギルじゃないのね>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「はっ……マスターっていわなければ無関係で言われたのかなぁ、これ」
DJ撫子 「恥ずかしがり屋なんだからーでもそういうことにしておくYO!>モーティマ」
カレン 「どこの世界線かと思いましたがどうやらその口ぶりで確定ですねギルガメッシュ」
モーティマ 「ば、ばきゃぁろう・・・そんなんじゃねぇよ!!>撫子」
ねこ 「(fateアイコンが多いニャア)」
DJ撫子 「うん、やっぱりモーティマさんはやさしいね。チェケラ!>モーティマ」
アーチャー 「何というか……世界線が色々混濁しているようだな」
アーチャー 「単に解像度が悪いだけだろう。気にすることではあるまい>カレン」
ギルガメッシュ 「うわあ……うわあ……ま、マスター?」
モーティマ 「麻痺耐性は地味に使えるからな>サム」
美遊 「そういうことね、なるほど。>エンテイ」
イリヤ 「おそxry・・・」
カレン 「私のアイコン、何かドット絵じみてませんか?」
モーティマ 「おいおい、言ってるそばからずさってるんじゃねぇ
てめぇ、怪我してぇのか!!>撫子」
カレン が村の集会場にやってきました
モーティマ 「ダンサーとか・・・専門のやつにいってくれ>ルカ」
サム 「火力だけならクリッサより上のテテュスさん」
炎帝 「騒がしい子犬がいる道を避ける事は臆病か?>美遊」
DJ撫子 「DJなでこは慣れてるから大丈夫だYO!(ズサー>モーティマ」
モーティマ 「おい、おい!!>サム」
美遊 「イリヤ起こしに行ったら、イリヤから襲ってきたじゃない。>イリヤ」
巡音ルカ 「プリンセスの次はダンサーモーティマかー。」
アーチャー 「おっと、13人目になってしまったか。では埋まることを願うとしよう」
モーティマ 「そういや、うちの軍にも百合騎士とかいたな・・・(しみじみ」
サム 「プリモー軸わかる>ギル」
アーチャー が村の集会場にやってきました
十六夜咲夜 「こんにちは」
イリヤ 「覚えてない!私覚えてないわ!」
十六夜咲夜 が村の集会場にやってきました
美遊 「あなたスグ逃げるわよね、チキン?>エンテイ
ギルガメッシュ 「いやー、濃厚な百合空間だなぁ」
モーティマ 「俺は山賊だ、あんたらとは住んでる世界がちげぇんだよ
あと、踊るなら転けてけがすんじゃねぇぞ?あん?>撫子」
イリヤ 「この・・・なっなにをしたっていうの。。。」
美遊 「しかも、イリヤの方から。(///」
ねこ 「ははーにゃ>炎帝」
DJ撫子 「そんな恥ずかしがらずに皆で踊ればいいんだYO!>モーティマ」
モーティマ 「おう、よろしくな>炎帝、できる夫」
美遊 「何かとは失礼だよ、私と○○までしたってっていうのに。>イリヤ」
炎帝 「我を狼ごときと同一に扱うな>ねこ」
ねこ 「萌えたにゃ狼にゃだ
釣りにゃ」
できる夫 「よろしくお願いしますー」
ギルガメッシュ 「へえ、おねえちゃんたちが揃うなんて、珍しいね?」
モーティマ 「ツンデレ?よしてくれ
俺は、あんたらに協力はしても慣れ合う気はねぇ>撫子」
サム 「唯通信さんじゃないですか」
イリヤ 「くっ・・・そんなものにつられないわ。
ってなんかきたー!?>美遊」
DJ撫子 「萌えた!いや燃えた?」
できる夫 が村の集会場にやってきました
炎帝 「ワオォーン・・・」
DJ撫子 「ツンデレ?なかなかにヒップホップだね!>モーティマ」
炎帝 が村の集会場にやってきました
モーティマ 「おぅ、来た奴ら皆よろしくな
だが、俺は仲間になった気はねぇ」
美遊 「イリヤ、なにも言わなくていい、わかってる。
私と一緒に・・・・・しましょう♪」
DJ撫子 「なーでこだYO!」
DJ撫子 が村の集会場にやってきました
モーティマ 「言うこと聞いたら、嬢ちゃんの
好物作ってやるからな(わしゃわしゃ)>イリヤ」
美遊 が村の集会場にやってきました
モーティマ 「悪かろうが、これが俺らだ
しかたねぇ・・・>ルカ」
イリヤ 「くっ・・なんて恐ろしい・・>モーティマ」
ねこ 「よろしくにゃー」
ねこ が村の集会場にやってきました
モーティマ 「しょうがねぇ・・・
綺麗にリサイクルしてやるよ>サム」
巡音ルカ 「山賊のタイマン性能が高いのが悪いのよ! >モーティマ」
モーティマ 「よし、嬢ちゃん
今度の晩御飯に嫌いな物を出されたくなければ
其のことは言うんじゃねぇ>イリヤ」
ギルガメッシュ 「あれー、イリヤさんまでくるのか」
サム 「ダンボールは滅びぬ。何度でも蘇るさ。>モーティマ」
イリヤ 「プリンセス・・貴方は・・・プリンセスモーティマ・・実戦配備されてたなんて・・」
モーティマ 「プリンセスみたいな嬢ちゃんと
俺ら山賊を一緒にしちゃ、あいつらが可愛そうだろう・・・>ルカ」
モーティマ 「よぅ、嬢ちゃんよろしくな」
巡音ルカ 「使い方的にはプリンセスとあんま変わらない山賊。」
モーティマ 「畜生、誤字った」
モーティマ 「今度行ったら、その体を綺麗に折りたたんで
ダンボール回収の日に、出荷するぞ>サム」
イリヤ 「よろしくー!」
イリヤ が村の集会場にやってきました
モーティマ 「おぅ、俺をプリモ-とかいうんじゃねぇ>サム」
ギルガメッシュ 「はい、よろしくですね」
モーティマ 「ダンボー?戦いの役にたつのかあれ?」
サム 「プリンセスモーティマ」
巡音ルカ 「よろしくねー。」
モーティマ 「おぅ、よろしくな」
巡音ルカ が村の集会場にやってきました
モーティマ が村の集会場にやってきました
サム 「ダンボーだったら人気者になれる可能性はある」
ギルガメッシュ 「ドジっ子ダンボールってさすがに流行らないと思うけどなぁ」
サム 「このネタ2回めですよ奥さん」
サム 「うろ覚えはこまる」
サム 「サム さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 428 (八九寺真宵) → No. 424 (サム)」
サム が村の集会場にやってきました
ギルガメッシュ 「あ、早朝待機ってありますけど別に早朝待機ないんで、注意してほしいかなぁ
4時開始で。」
ギルガメッシュ 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
ギルガメッシュ が村の集会場にやってきました
村作成:2014/12/30 (Tue) 15:33:29