←戻る
【紅番外】やる夫たちの恋色決闘村 [5207番地]
~ホワイトデーって何が白いんでしょうか~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 2 分)[1:2]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[風神]
(死亡)
icon 薔薇水晶
 (れーちゃん◆
V.RrOCOnM2)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 大妖精
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon よしのん
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon エレン
 (えんだか)
[魔法使い]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ヴァレンタイン
 (カレン◆
EuBZZ5l6tk)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 朱鷺子
 (zanshin001◆
3BgQJacC/c)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon カーチャン
 (んぎゅ◆
TenmuSuYHo)
[静狼]
(生存中)
icon ゆっくり妖夢
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon クマー
 (影なし◆
KageStu09k)
[掃除屋]
(死亡)
icon ミルヒオーレ
 (入村行者◆
o8q58r8zyQ)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon メガトンコイン
 (Nすけ)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 雪華綺晶
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon でっていう
 (果汁グミ◆
Y4CVlspSIY)
[掃除屋]
(死亡)
エレン 「そんじゃ、おつかれー&村建て感謝。週末使えばすぐ出来るっしょ(楽観)」
でっていう 「   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \
 | ,-)___(-、|   それじゃあお疲れ様っていうwwwwwwwww
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/   村立て同村感謝しなくもないっていうwwwwwwwww
. /    ∩ノ ⊃ ヽ
(  \ / _ノ |  |  うはwwwwwwwwwツンデレwwwwwwww
..\ “  /__|  |
  \ /___ /
メガトンコイン 「お疲れナス!この辺に上手いラーメン屋あるらしいっすよ>妖夢」
ゆっくり妖夢 「村立て同村ありがとナス!」
ゆっくり妖夢 「じゃあ俺、お疲れ言って帰るから...」
よしのん 「『それじゃーよしのんは四糸乃と一緒に帰るとするさー
村建て同村お疲れ様ー
たーまにはこーゆーRPも悪くはないよねー?』」
カーチャン 「J( 'ー`)し  村立同村ありがとうねぇ… 狼だったからAA使わなかったけど遺言も出ないまま終わったよカーチャン」
エレン 「風評被害なんだよなぁ。アルミンは立派な女の子なんだよなぁ。」
よしのん 「『エレンはホモ、なるほどねー
あらあら四糸乃は顔真っ赤にしちゃって。なーにをそーぞーしてたのかねー?』」
大妖精 「落ちましょう
お疲れ様でした」
エレン 「ミカサが引き取ってくれるし…>コイン」
クマー 「それじゃあ、クマーは眠る…クマ
お疲れ様クマー…
また会おうクマー」
よしのん 「『そもそもアイコン自体四糸乃しか写ってないのによしのんが喋ってていいのかってきもするけどねー
アイコンないならしょーがないやー
そのうち追加しとくかねー』」
メガトンコイン 「エレン君はホモってそれ一番言われてるから」
でっていう 「鍋埋まってなかったら行くかと思ったら埋まってたわ」
ゆっくり妖夢 「ちょっと待って!わたしが生き残ってないやん!
メガトンコインと生存勝利したかったから矢を打ったの!どうしてくれんのこれ...>オオカミ」
ヴァレンタイン 「さて、それでは村立てGM同村
更には恋人となってくれたミルヒオーレに感謝を!
お疲れさまだ」
大妖精 「>シュタゲで学ぶ
読み続けるモチベーションになりそうですねぇ」
GM 「では皆様おつかれさまでした」
エレン 「◇メガトンコイン 「偽装結婚 不 可 避 >エレン、妖夢」
頑張ってください!」
GM 「報告してきましたー
ホワイトデーに恋人勝利とかはやはり良いものです」
メガトンコイン 「ロバロバのなかは確認しましたか・・・?>妖夢」
ミルヒオーレ 「それでは、お疲れ様でした!」
ヴァレンタイン 「>ミルヒオーレ
それは私としても光栄だ
それではまた次回お会いしよう」
よしのん 「『それにしてもなにがめんどーって、わざわざ発言に『』をつけなきゃいけないのがめんどーなんだよねーこれ
まー球磨川とかでもそーなんだけどさー』」
ヴァレンタイン 「面白い矢の刺さり具合だな
次は女神と共に生存勝利を目指そう」
よしのん 「『まーばっちり人形枠で繋がってたわけだねー』」
朱鷺子 「それじゃあ私は量子力学のお勉強に戻りますっ
・・・シュタゲで学ぶ量子力学とか出ないかなぁ・・・」
ゆっくり妖夢 「さあ、メガトンコイン売却ショーのはじまりや(届かなかった想い)」
エレン 「カーチャン、ハンネスさんがヘタレだったせいで…。」
ミルヒオーレ 「それぐらいなら、まぁ。
七部は一二を争うぐらい好きなので嬉しかったです!」
大妖精 「生存勝利したので名無しの時代ですね!」
メガトンコイン 「結婚 不 可 避 >エレン、妖夢」
でっていう 「ヴァレンタインーミルヒオーレ
よしのんー薔薇水晶ー雪華綺晶
ゆっくり妖夢ーメガトンコイン
大妖精ー朱鷺子
運命の恋人枠:でっていうーきらきー

こうですね分かりますっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
ゆっくり妖夢 「とぼけちゃってぇ...>メガトンコイン
やはり僕は、王道を往く、水銀燈ですかね...」
カーチャン 「J( 'ー`)し  でもエレンと繋がったらRP的に凄いことになるなぁとカーチャン思ってたよ進撃の巨人の原作的に」
エレン 「とぼけちゃってぇ>メガトンコイン」
ヴァレンタイン 「安置は嫌だと…ふむ、ならば安全を確保できるよう護衛をつけようか」
薔薇水晶 「というわけでばらしーちゃんは鍋へいってきます
むらたてかんしゃ、恋人勝利おめでとー!

……テンション維持するのクッソ大変なんですがそれは。
こんな子だったっけ……?」
メガトンコイン 「あ~いいっすねぇ>妖夢
ポッチャマァ…(スヤァ」
クマー 「ヴァレンタインーミルヒオーレ
よしのんー薔薇水晶ー雪華綺晶
ゆっくり妖夢ーメガトンコイン
大妖精ー朱鷺子
まとめクマー」
でっていう 「>ばらしー
        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i))) でっていうwwwwwwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /
ミルヒオーレ 「あはは……出来れば神殿に安置されるのは遠慮したいです……。」
GM 「では報告しときますー」
メガトンコイン 「僕はやっぱ・・・真紅派だなって!(ノンケアピ」
大妖精 「雛苺鯖だと正常=ぼっちになるんでしたっけ?
QPが恋人判定らしいので」
ゆっくり妖夢 「アイスティーしかなかったけど、いいかな?>メガトンコイン」
カーチャン 「J( 'ー`)し (流石に中身までは予想してなかったけど)」
薔薇水晶 「はらぱん >でっていう」
GM 「週明けでいいじゃない>クマー」
ヴァレンタイン 「済まないねミルヒオーレ、私のわがままに付きあわせたばっかりに
しかし君は紛れも無く私の女神だったよ」
薔薇水晶 「ふはははは!
ラブリーばらしーの可愛さはやはり世界を救う……!!」
でっていう 「やっぱりばらしーよりきらきーの方が可愛いっていうwwwwwwwwwwwwww」
クマー 「お疲れ様クマよー」
GM 「おつかれさまでしたー
恋人勝利おめでとうございます」
よしのん 「『おーおー、もう終わったかー
おつかれさーん』」
ゆっくり妖夢 「ぬわあああんお疲れたもおおおおん」
クマー 「持っていける日がないのがつらいクマ…>GM」
朱鷺子 「お疲れさまでしたっ!
・・・それはキビしい・・・!」
ミルヒオーレ 「ラブトレインは発動しなかったみたいです。」
ヴァレンタイン 「お疲れさま
死にはしたが勝ちだったか…」
カーチャン 「J( 'ー`)し  カーチャン、朱鷺子が幸せになって嬉しいよ…」
ゆっくり妖夢 「やったぜ。(投稿者:変態糞土方)」
エレン 「お疲れ様。」
薔薇水晶 「ひゃっほー!
おつかれさまぁー!!」
メガトンコイン 「やったぜ」
大妖精 「お疲れ様でした」
でっていう 「お疲れ様っていうwwwwwwwww」
ミルヒオーレ 「お疲れ様でした。」
よしのん 「『こーゆーとき人形は楽でいいよねー
返す必要もないしさー
お気楽お気楽ー』」
ゲーム終了:2015/03/14 (Sat) 01:55:10
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エレンさんの遺言 一巻無料公開やって!?気前ええなぁ。
http://kansai.shingeki.net/#p1
ヴァレンタインさんの遺言 .     / ∧ ∧          \
.    ./ { | ヽ.  \       \  \
    ,'  | ll   \   丶、        丶. ∧       千┼ヽ ┼、ヾ ゝ _  レ  ノ 二 千‐|┐
    ,′ l lト、\ \   \  、     ヽ. ∧    イ 乂   ノ、ノ ノ Lノヽ(_  イ 亅 里,ノ亅に
   ,  | l l| \ \ \   丶、\   ’,ハ 、
   ! l|   l|  \ \_ ≧-zァ__\ \ヽ  ヽ.∧\  一点の曇りなし……!
.  │ l| l  l|     ̄ ̄ fノ,ィf少ノ \ \\  ∧ \.       /_
   ! l| | l|-‐== 二ヽ  i: ´  ̄    i\ ヽ‘, ∧\ \    / /::::
   V l| │ |ーr弋ソノ .:', ::.        l  iヽ i  ∧ \ `≧=-‐一
.     V! │ |、'^ ̄   :.  }ー、       |く∨  ∧
.    V l| l|∧       ::Y´:jフ       j  ∨  ∧\_ _/
.      ‘,l| l| l∧        ̄   -‐ァ    /   ∨   ∧ ̄ ̄ ̄
.      ,  l| |l∧     ,ィニ´イ }  /     ∨   ∧
        i l| l| |l ∧へ、  ヽ-‐ ´  /    /!lVl   ∧
.      | l| l|  \∧ \丶、  __ イ    /  |l | l | l|、_
.      '. | |   \\ \  ̄      /   _jl_| l| | l|'´ ̄`ヽ   全てが『正義』だ
.      V ∧\   \\/ヽ___/L/   / __ l| l l| /:::ヽ. }|
.       ∨∧ \   \\   └ 、  / /::::ヽリ l| j\:::ノ |
         ∨∧   \    \、    \{  {ヽ--く  リ/ ト、___,ノ
        ∨∧ヽ. _\_   ヽ.____}レヘ.___/|{ /r::. ヽ
         __\ \/,二`ヽ三ミ、 ハー-一L( ̄     Vi {:::::) |}
.         / ̄ /\__{::::::}_ノr:::.、 }} } }  / \ヽ     ヽ.___,ノ
       { (::::| (::::::} ̄ i、 ー'ノ/ l/ /  / ヽ\
.        ヽニ´\ ̄___ノ \_//, '   /    ’, ’,
            /   ̄      ̄ /    /     ’, ’,
.           /             /   ̄           ’, ’,
でっていうさんの遺言          /ニYニヽ
        /( ゚ )( ゚ )ヽ
       /::::⌒`´⌒::::\
      | ,-)___(-、|   俺様に矢を刺すような気概のあるやつはいないのかっていうwwwwwwwww
      | l   |-┬-|  l |
       \   `ー'´   / (⌒)
      /           ノ ~.レ-r┐、
      ./          ノ__  | .| | |
     |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
     |          ̄`ー┬--‐‐´
ミルヒオーレさんの遺言                               -― : : : : : : : : : : : : : : : =- .._
                         > ´  ア: : : : : : : : : : ---- : : : : : : : :`'' <         /
                        /    /: : :/ : : : / : : : : : : : : : : : \: : : : :.ヽ       ., ./
                    ー= 彡イ        /: : : : : : : ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:',   > ´ /
                    、 __ 彡       ア: : : :∠: : : : : : : : : : : : : : : : :>-┴≦__  ,′      ir--
                     `''< _    ∠: : :./  >--ミ、 _: : : > ´ /}    ヽ./        |/
                        -=ミ...___..彡 _/    ` ー=彡  /://      \___     i!
                                   { ´             /: : | |      ./`ヽ  ` <. i!
                          __  -=ニ  ̄ `ー、- __       /: : : : | |  ',  .//:.', ',    ヽi
                    __  -=ニ { ̄  ___ > --- < }ヽ   ̄  ./: : :>-ミ_{   }//: : : :! ト.、     !
         __  -=ニ  ̄  _    |  /: :_: /: : : `'' 、:.:.:.`ヽ: ー―≦-: : : {{     rィ: : : : : : : ::| | .ハ   !
__  -=ニ  ̄        /: : : :`ヽ __!_.}: :{ /: : : : : : : : `;:.:.:.:.:.:', , -=≦ニニニ V   } }: : : : : : : : :! ! .ハ   从
    _\   {:\ ィ   /: :>-ミ:/: :>イ: :.j,: : : : : : : ィ==≦-ァ彡: :--: :<: : : 乂 ー 彡/: : : : : : : : | |  { /
--<: : : : :`ヽ.|: : :.ヽレi  {: :/> -/: : /ー彡: : ,: : : : : : : {{   .ィ〈: :`゙'' 、:.:.:.:.:. ヽ: : : : : :i!: :/: : : : : : : : :/ /   ト'、
:_:_: : ヽ\:_/ |: : : : :Vイイ/: : : : :{: : :レ. : : : :/!: : : : : :.〃 .ィ / ノノ: : : : : :` ;.:.:.:.:.:.',: : : : :| : : : : : : : : : :/ /   . : \
_ヽ: :/ {  .|: /}: : Wレィ>. :-――-: .<:イ:リィ=ミzzノ´  厂:´ : : : : : : : : ;:.:.:.:.:.:} : : : :.! : : : : : : : : :/ /   . : :   ヽ
: :_:_:_/__r-< .}/ /: : :} /: : : : : : : : : _:_:_:_\≦-- = _彡'/ : : : : : : : : : : : }.::.:.:.:.; : : : : : : : : : : : :// . . : : :
´     Y´V/ /: : :/: : : :- ―:,ィミ_ : : : ヽ  ` < .〈f: : ,: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:/: : : :--- <二彡--
        、 ヽ./: /: : : : : : :{ : :爪し::::Y ̄      Vi: / : : : : : : : : : : ...:.:.:.:ィ: : : :/: : : : / /
    } ./ ノ  }/: : : : : : : : : ',/マト:::::ソ      `, |}/: : : : : :≧=--=≦/: : :/ミ== 彡 ー=二  ̄         幸せは誰かがきっと、運んでくれると信じてます。
   ィ  ´  /: : : : : : :> --ヽ-:ヾY: : \     '   |: : : : : :ア´  - ´ ̄} }/}   \        ̄ ―-- _
  / {    /: : : : : : /: : : : : : :\> ´ ̄__     从zz≦         /イ У    `  ̄
  {     イ: : : : : : /: : : : : : : :<_ ,.ィ: / ff{  /i/´: : : : :`ヽ    / ./ 丶⌒ <    __  -=≦_
  ハ=-  ノ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : :≦--ィ込/: レi/  ̄、`ヽ}   /ィ         `  ̄ヽ
. /: : 、      、: : : : : : : : : : : : : : : : { : : /イヾミ://__  乂   /: : \   /      \
/: : : ∧      \ : : : : : : : : : : : : : :',: :-=彡/: /: : : : : :`ヽ  .Y: ∨≧=--彡     、     `'' <
-=彡: : ヽ       ヽi! : : : : : : : : : : :-ヽ-=彡: : :/´ ̄ ̄ ヽ: :\{: : :乂_ --- ..、    :.、     `'' <
: : : : ',: : : \     ./}  、 : : : : : : : : : : : : _:_:彡      ハ: : :V:ヽ: : : : : : : : : : : :ミ、   :.、
: : : : : ヾx: : : :、  _//   ヽ: : : : : : : :/    `ヾ,_ .イ  ',: : :V: :\: : / ̄ ̄ 、: :\   :.、
: : : : : : : : ヾミ===彡        ヽ: :./       }}      }: : : 乂: : :ー:.へ     \: :\  :.、
ヴァレンタイン は無残な負け犬の姿で発見されました
(ヴァレンタイン は人狼の餌食になったようです)
ミルヒオーレ は恋人の後を追い自殺しました
エレン は無残な負け犬の姿で発見されました
(エレン は天に帰ったようです)
朱鷺子 は ヴァレンタイン に狙いをつけました
ヴァレンタインの独り言 「ああ、お互い生き残ることを祈ろう
きっと『吉良』は訪れる」
GM 「行く人はいってくださいなー
私が報告しときますんで」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  朱鷺子はよろしくやるんだよ…(その目は優しかった」
大妖精の独り言 「どうぶつしょうぎですら量子が絡むと難しくなるのに」
雪華綺晶 「では皆様お疲れ様でした」
クマー 「行ってらっしゃいクマ>雪華綺晶」
ミルヒオーレの独り言 「安全を保障するとかもその通りだと思いますし。」
ヴァレンタインの独り言 「ふむ、遺体が無いのもいいがあったほうがいい
遺体とは目に見える象徴にもなりえるからね
もちろん私は生あるかぎり君を守り続けるが」
朱鷺子(人狼) 「>お仲間さん
ええっ!? そんなに気遣わなくても!?」
GM 「おつかれさまでした>雪華綺晶」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  返事して貰えたらドアの前に置いておくから」
薔薇水晶 「あれ?なべたってたのー?」
GM 「ブランド物のお菓子がやっぱりいいですよ>クマー
小さいサイズだと安いですし」
朱鷺子(人狼) 「>恋人さん
まだ読み始めたばっかでちんぷんかんぷんですけどね・・・」
大妖精の独り言 「量子人狼、量子将棋・・・
なんでそんなゲームが思いつくんでしょうねぇ」
クマー 「…そ、そうか…クマ…>薔薇水晶」
ミルヒオーレの独り言 「今夜が山だと思います。」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  部屋にジュースとお菓子持ってく時はちゃんとノックするから」
雪華綺晶 「ちょっと鍋に転戦してきますわ
村立てありがとうございますGM」
よしのん 「『おーつかれさん
トカゲ鍋もよしのんは食べられないけどねー
その分四糸乃が美味しく食べてくれるさー』」
ゆっくり妖夢 「ホワイトデー...お返し...ワスレテター!!」
ヴァレンタインの独り言 「生き残っているね
私の女神はやはり『吉良』だ」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  大丈夫、カーチャン空気読むから」
メガトンコイン 「やめてくれよ・・・(建前
QP引いて矢が来なかったら多分打ってました(本音>GM」
クマー 「お疲れ様クマよ>でっていう」
ミルヒオーレの独り言 「ヴァレンタイン大統領なら遺体がなくても良かったのが悲しいですよね。」
大妖精の独り言 「シュレディンガーの猫とか」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  上手く作れたらいいんだけどねぇ…  >蜥蜴鍋」
エレン は ヴァレンタイン に魔法をかけます
クマー 「ホワイトデー…お返し…どうしようクマ」
GM 「おつかれさまでしたー」
朱鷺子(人狼) 「・・・はふぅ」
薔薇水晶 「見ろよ、この愛くるしいラブリーばらしーの姿を
ホモSS書いてるばらしーなんかとは比べ物にならないよ(ゲス顔」
でっていう 「お疲れ様っていうwwwww」
ミルヒオーレ は暗殺を行いませんでした
GM 「メガトンコインとでっていうのカップルとか見てみたかった」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
大妖精0 票投票先 1 票 →でっていう
エレン1 票投票先 1 票 →でっていう
ヴァレンタイン0 票投票先 1 票 →でっていう
朱鷺子0 票投票先 1 票 →でっていう
カーチャン0 票投票先 1 票 →でっていう
ミルヒオーレ0 票投票先 1 票 →でっていう
でっていう6 票投票先 1 票 →エレン
朱鷺子 は でっていう に処刑投票しました
雪華綺晶 「影無しさんはさっきぶりですわね」
ヴァレンタイン は でっていう に処刑投票しました
大妖精 は でっていう に処刑投票しました
ゆっくり妖夢 「饅頭はおいしかったですか...?(小声)」
でっていう は エレン に処刑投票しました
カーチャン は でっていう に処刑投票しました
ミルヒオーレ は でっていう に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
でっていう 「これはあれだわ、俺ときらきーの間に言葉がいらない(きりっっていうwwwwwwwwwwwwwww」
GM 「おつかれさまでしたー」
よしのん 「『おーおー、噛まれちゃったねー
まー魅力には勝てなかったかー』」
エレン は でっていう に処刑投票しました
カーチャン 「J( 'ー`)し  カーチャンより先に若い子たちがいなくなるのは寂しいねぇ…」
雪華綺晶 「あら、お疲れ様ですわ」
クマー 「お疲れ様クマよ」
朱鷺子 「トカゲなべー!」
でっていう 「ってきらきーの遺言がねえええええええええええええええええ」
エレン 「カーチャン正常で草」
薔薇水晶 「うぎゃー!」
GM 「ホワイトデーで立ってなかったからつい立ててしまった」
ミルヒオーレ 「……。>ゆっくり妖夢」
ゆっくり妖夢 「死にました^〜」
ヴァレンタイン 「さておはよう
残ったグランプリ候補を処理しようか」
大妖精 「次はトカゲさんですね」
カーチャン 「J( 'ー`)し  カーチャン、熊も蜥蜴も料理したことないけど頑張るよ…」
メガトンコイン 「駄目みたいですね・・・」
でっていう 「きらきー可愛いよきらきーっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クマーさんの遺言 クマーは行ってしまった
忍者に連れ去られてしまったのだ
ゆっくり妖夢さんの遺言 お前のことが、好きだったんだよ!>メガトンコイン
メガトンコインさんの遺言 走れじゅうべえ光のこども

勇気りんりん どこまでも

じゅうべえ く え す と
薔薇水晶さんの遺言       rtィ7/   ′    ! l   |   :|  ハ ヽ
      ≫く=彡 { { :|⌒N :|   }⌒N } }\\
    ∠イ:/:!   八 N从从ノヽ ノ从从イ リ∨\\           ラブリーばらしー、華麗にさんじょお!
   //レイ  / l|Nr=≠ミ   r≠ミ l|イ|   _ヽ,\
  //    |    l| xwx      xwx Y :!  (  ̄ ⌒\
. /イ.__   |    l|ト、     マ   フ   イ: :!   `ー‐z   lト、
.{ {´  ̄ )   |  r=≠ミ >x __  <:_」:_:|       ((  l} }}
/,ヾ   く   |  |⌒ヽ_r~一 ミ≠イ:ー:'⌒ ̄}r~ー、  \_ノ〃
{:{ \ ノ   ! .{: : : : { _j_j_j /f薔》: :_;_:/^’〉_j_j_j_j     /′
ヾ 、      ′__ゝzイ{ト-ーイ=く二):_:_V: : /ーくニハ   ./
  `\   /≪ニ7^:.{ハ /|: : : : :ヾ{:.くヲ≧x: :|  /:| | /
    ヽ. /  . .:{: : :.ヾY::::}: : : : : :}∨:Yイ/:.八./::::} ゝヾ
     l}/  . : 八: >‐ゞリ⌒ヽ‐く: :7<’: : : :ヽノ    \
よしのんさんの遺言 『人形繋がりってことでー、こっちに刺させてもらうよー
まぁアイコンは四糸乃なんだけどねー。
アイコンがないならしょーがないさー。
それはそーとよろしくねー?』
よしのん は恋人の後を追い自殺しました
薔薇水晶 は恋人の後を追い自殺しました
雪華綺晶 は無残な負け犬の姿で発見されました
(雪華綺晶 は暗殺されたようです)
ゆっくり妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゆっくり妖夢 は人狼の餌食になったようです)
メガトンコイン は恋人の後を追い自殺しました
メガトンコイン は エレン に狙いをつけました
クマー 「ちょっとけっひゃしたから立てるの拒まれた感があったりでクマ…」
「◆GM 大人気のドールは別にいるらしいよ?>該当者」
朱鷺子 は ゆっくり妖夢 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メガトンコインの独り言 「あ、そっか~(くぅ~ん」
ゆっくり妖夢の独り言 「ええやん!何日で死ぬん?」
ミルヒオーレの独り言 「大げさですよ……。」
大妖精の独り言 「うわー難しそうですねぇ>量子力学」
薔薇水晶(人狼) 「でもあしたはどーせトカゲなべ!」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  じゃあカーチャンちょっと出かけて来るからね 2時間ぐらいは戻ってこないからね」
メガトンコインの独り言 「動くと当たらないだろ!(当たる」
ゆっくり妖夢の独り言 「エレン君はファミリーみたいなもんやし」
ヴァレンタインの独り言 「                                ___
                          ,. < ,ハ\
                         ィ  / /'" ∨\
                       /  / / l r‐‐∨ ヽ
                      /   /,ィッラ} ,ィfッラ  ∧
                     /   //   〈ーl    lV ∧   手の傷が…
            r‐==ミ  /     /l.   ,--、  j |∨ |   吹き飛んだぞ
            __{⊂つノニ´    (\i⌒l:  こ二ン   /_}) |
          ( rヽ=='-‐== (`ヽ  \ハ、 ___  // l | |
.        __>─== ラ'  \ \ \ヽ : : : : ノ /l ///  「┼┬ ┴ァ.lニ|コ
       /-─( (:::) ),.ィ´   (`ヽヽ ヽ 〉 | ̄ニヽノ / //     └┼  /|ヽー|┘」 だ
     ( r:::ソ リj`ー / ̄ ̄\.(\ `ヽ l l |(_r:j /--/!
.      ヽ-- '(__/  ̄\  ヽ \ヽ     |7フ¨´__∧|       「ミルヒオーレ」
         /   _ ヽ   }  ヽ     ハ/| ̄   l ∧
.         / / ̄   `ヽi /-─ \___/  /〉、   l ∧
         |/         j/    \___// ∧  l //
        / _  -─ 、  / ,ィ'´ ̄ス--─ヘ__ ∧/   {
.       /        ∨ /--==〈 \     〕  \  |
      /    __  -‐┴'‐、   ヽ __|    ̄  ̄\ l\ |
.     / / ̄   `ヽ    ハ   l|  〉--─ ニニヽ∧  ヽ
.     /         ハ / |   ,ノ/ lΤ ̄___,ノ `ヽ.〉   |
   /-‐─-. 、  、_/ l    /---'´  / ∧ |          /
    |: : : : : : : :∧      |__/     / / ヽ \ー一 '   /
   |: : : : : : : : : |     / /   / / /   ∨ `ヽ._/
   ヽ: : : : : : : /   /  〈   〈  l /     ∨   \
    `ー----'‐一ァ' ー─  \  ヽ /      ∨    丶、
          /  l      ヽ   / \     ∨_  /\
          /   /       __/  \ヽ__ \  ̄   \
.       /   / / ̄ ̄ ヽ `ヽ  〔 | ̄  l 〕 \       \
薔薇水晶(人狼) 「コインって1まん両で売れるんだよ!しってた? >おおかみ相方」
雪華綺晶の独り言 「恋人が解らないので釣り先は薔薇水晶に任せます」
でっていうの独り言 「可愛い子は俺の手の中で安らかに眠るっていうwwwwwwwwwwwwwwwww」
ゆっくり妖夢の独り言 「適当に打って、どうぞ。」
朱鷺子(人狼) 「>恋人さん
これは「素人でも分かる! 量子力学」って本ですね」
ヴァレンタインの独り言 「私は無理強いはしない
そして君が私にとっての『吉良』であり女神と見ただけさ」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  若い子二人ともイイ人見つけたみたいで、カーチャン感涙だよ…」
メガトンコインの独り言 「やっぱここは王道の・・・エレン君暗殺やなって・・・」
クマー 「まあ、楽しい時間を過ごせればいいものだクマ」
薔薇水晶(人狼) 「通りすがりのがんさくドール!
甘党のラブリーばらしーとはわたしのことだぁ! >こいびと」
でっていうの独り言 「きらきー可愛いよきらきーっていうwwwwwwwwwwwwww」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  食べ物よりもお小遣いの方が欲しいって子も居るんだねぇ…  >コイン投票者」
よしのんの独り言 「『おやおやばらしーちゃんだいにんきー?
ひゅーひゅー!』」
ゆっくり妖夢の独り言 「ああ^〜いいっすね^〜」
でっていう は 雪華綺晶 に狙いをつけました
メガトンコインの独り言 「おっすオシラ様だゾ」
雪華綺晶の独り言 「恋人…貴女は…恋人」
ミルヒオーレの独り言 「そんな、はしたないです……。」
ゆっくり妖夢の独り言 「できませんでした...(小声)
GM 「いらっしゃいませ
仕方ないね」
大妖精の独り言 「名前がないのでどんな本を読んでるのかチラ見しましょう」
ヴァレンタインの独り言 「圧迫祭りはルーシーの方だ!」
よしのんの独り言 「『やーやーばらしーちゃんはよろしくねー?
こっちはパペットだけど、同じ人形同士ってことでねー』」
朱鷺子(人狼) 「>恋人さん
はいっ こちらはオオカミです!
たーべちゃーうぞー!」
ゆっくり妖夢の独り言 「役職なにかな?教えちくり〜」
ヴァレンタインの独り言 「君にさした女神だね私は」
雪華綺晶の独り言 「だあれ……貴女は…だあれ?」
エレン は カーチャン に魔法をかけます
でっていうの独り言 「クマ鍋は強かった・・・」
メガトンコインの独り言 「記録は更新できましたか・・・?(小声」
ミルヒオーレの独り言 「圧迫祭りですか……?」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  カーチャン、熊なんて料理したの初めてだよ…」
薔薇水晶(人狼) 「この矢の数は驚愕だね!ばらしーびっくりだよ!」
クマー 「というわけでお疲れ様クマ」
ミルヒオーレ は暗殺を行いませんでした
ヴァレンタインの独り言 「さてよろしく頼むよ」
メガトンコインの独り言 「やっぱり好きなんすね~」
クマー 「クマアアアアアア!!!」
でっていうの独り言 「なん・・・だと・・・」
ゆっくり妖夢の独り言 「お前のことが、好きだったんだよ!(ツンデレ)」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
薔薇水晶0 票投票先 1 票 →クマー
大妖精0 票投票先 1 票 →クマー
よしのん0 票投票先 1 票 →クマー
エレン0 票投票先 1 票 →クマー
ヴァレンタイン0 票投票先 1 票 →でっていう
朱鷺子0 票投票先 1 票 →クマー
カーチャン0 票投票先 1 票 →クマー
ゆっくり妖夢0 票投票先 1 票 →クマー
クマー9 票投票先 1 票 →でっていう
ミルヒオーレ0 票投票先 1 票 →メガトンコイン
メガトンコイン2 票投票先 1 票 →クマー
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →クマー
でっていう2 票投票先 1 票 →メガトンコイン
でっていう は メガトンコイン に処刑投票しました
薔薇水晶 は クマー に処刑投票しました
クマー は でっていう に処刑投票しました
よしのん は クマー に処刑投票しました
大妖精 は クマー に処刑投票しました
ヴァレンタイン は でっていう に処刑投票しました
メガトンコイン は クマー に処刑投票しました
カーチャン は クマー に処刑投票しました
ゆっくり妖夢 は クマー に処刑投票しました
ミルヒオーレ は メガトンコイン に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カーチャン 「J( 'ー`)し  男の子からのお返しもぺロリと食べちゃって…」
よしのん 「『やーやー、朝が来たねー
それじゃあ熊鍋としよーかー
ま、よしのんは人形だから食べられないけど、その分四糸乃が食べるさ』」
薔薇水晶 「ばらしーちゃんはおかしをくれる優しい人をぼしうちう!」
でっていう 「お前なんかでっていうの敵じゃないっていうwwwwwwwwwww>クマー」
クマー 「でっていう、勝負だクマアアアアアア1!!!」
朱鷺子 は クマー に処刑投票しました
メガトンコイン 「今日の料理は・・・うん、おいしい!(先読み」
雪華綺晶 は クマー に処刑投票しました
ヴァレンタイン 「さておはよう」
薔薇水晶 「ところでクマって美味しいらしいね!
具体的には肉質が締まってるとか何とか!」
エレン は クマー に処刑投票しました
でっていう 「ででででっていうwwwwwwwwwwwwwwwwww」
雪華綺晶 「では、熊鍋とまいりましょうか」
エレン 「アルミンはそりゃいじめられるわ」
クマー 「さあ、戦おうじゃないかクマー!!」
カーチャン 「J( 'ー`)し  最近の若い子はよく食べるからねぇ…」
でっていう 「        __                                       rr‐-、
       l´ li                                       |l、_i
.       lー‐' !                                       i   l
       l   |                                     l   |
.      |   |        奇跡のカーニバル開幕っていう        |  │ ___ .__
      l    L_.                                _/ ̄ヽ   !r´   i´ 〉
    /⌒'|  / ̄ヽi ̄ヽ           /ニYニヽ            /  ',   |  ,|Y    | /
  r‐'i   |  |    |   |.          /( ゚ )( ゚ )ヽ         |    |   !   `´   l |
  | !   '   !    !   l、       /::::⌒`´⌒::::\         !    '            | !
  ! ,!               |       | ,-)___(-、|        |                 ' |
  | ヽ             |        | l   |-┬-|  l |        |               /
.  \                 |       \   `ー'´   /        !              /
.    \          /       _/           ヽ、       ヽ           /
       \           |--‐┬=''´              `Tー‐┬ |         |
朱鷺子 「さあ始まりました初日吊り決定戦!」
ゆっくり妖夢 「熊鍋食いてぇなぁ...」
メガトンコイン 「はいよ―いスタート」
薔薇水晶 「がおー!ラブリーばらしー参上だー!」
大妖精 「おはようございます」
クマー 「クマー」
ミルヒオーレ 「おはようございます。」
ゆっくり妖夢 「ハイ、よーいスタート(棒読み)
魔法使いのDTを咥えて差し上げろ(狼に命令)」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
朱鷺子 は GM に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し 食べ物は大事にしないといけないよ… >朱鷺子ちゃん」
薔薇水晶(人狼) 「矢が刺さったら遠慮なく言っていいゾー!」
ヴァレンタイン は ヴァレンタイン ミルヒオーレ に愛の矢を放ちました
ヴァレンタインの独り言 「                                   __
                  _                / ̄〉  |__| 匚l
              ∠   ̄> 、        /  / 〈 \
          _ /    /    > 、     /  /   ヽ \
           //l 「l____ _ /〉  / >、   ./_/     \/
.      __/ /,ィ´ -‐ 、.__\/ /  /|lハ        __       _
    / /____ /|      ヽ、\ ) / ィ !l/|       |___  ̄l / /
     l |、.__ 〈/   -‐ ト、  ) /:::j | |│          ̄ ./ /
     l |、  ̄入       、_`j./  , r┤l/             ./ / 〈X〉/〉
.       ヽ\_〈::::::\__、__ノ/ - 、_ー' /| |            \/     〈/
.   \   ̄/\::::::/ l | / ∧ `)‐' /l | |
      ̄ ̄l   ̄ // / ∧|_ ̄ イ// l│
         /     //l l| /⌒l}ト、 / / ノ ノ
    、___/   _/ヽ!l|_ゝ-ク  \ |ーく___./ヽ     溢れ出るリビドー!
    /    ̄ /|     ̄c on`¨\ ̄ ̄ ̄〈_/,、 \
.         / /          S  \.   (__,. ‐-  l、   止められんぞ!
        , ' /、.: :`ヽ..,____..  -‐::::::i:‐:..、 ヽ   (___,.   |ハ
.       / l/ ̄ \:::::::::::::> '"´eD ̄  `ヾ:、Y ‘ー┬r‐' |
      /l /: :   ` 匸´___/__,. -RA`e、___ |  /│|__,ノl
.     ∧/: : :     /  }/、        |  } ││|__ノ
.      | |: : : :    {   /  )   ,  '"^ト-〈 │ | |__/
.     | |\:_:_   ノヽ._/ー一^ ー‐´   │  V l | |、
      | |    ̄`ヽ: : i     ,     ,ノ、__,ノ  l |/|
     | |        ∨ `     〈  _/ |  |   | l !
.      ! |  |     ∨       ̄ ゙,  ,!、__\ | | |
.      ││  l     |, -- 、    -┴‐' ヽ.  ̄\ !__|__
.     | |  l   l  /    ` 、          jハ:::::://
      ! !     |  ,'       ` ー 、     ___ ∨/l
      | l     l  i              /o |  |' l|
     │ |      l/|               / / /|_ |、l|
.       | |    /l:::八              イ    / / ヽ|::ヽ
でっていうの独り言 「       /ニYニヽ    /`i
.      / (0)(0)ヽ  /  リ
.     /  ̄`´ ̄ ヽ|  /
     | ,-)    (-リ  ヒ    どこまでもクレバーに抱きしめてやるっていうwwwwwwwwww
     | l ____//  ,`弋ヽ
   _ \ ` ⌒´.′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|
クマーの独り言 「まあ、うん、ありがとうクマよ>GM」
朱鷺子(人狼) 「あれ?
カラフルに塗った卵を投げつけ合う日では」
薔薇水晶(人狼) 「あ、夜2分だからすっごいはやい!」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  最近は男の子より女の子の方が元気だねぇ…  >薔薇水晶ちゃん」
エレンの独り言 「司会のお姉さんの胸に目が行ってしまった。」
「◆GM 諦めなければきっと最後まで生存できるさ!>該当者」
クマーの独り言 「今でも間に合うんじゃないかクマ?>GM」
ミルヒオーレの独り言 「>GM
村建てありがとうございます。」
ヴァレンタインの独り言 「                      _
.                , ィ´/ ̄/ `Y^ヽ
              /   /  /  ィlリ| /∧
              // / /    /"´ ̄∨∧    ミルヒオーレ
          ,イ / / / / /     ∨l∧   何か
.          /  / / / / /、       l∨∧   カワイイ
         /  / / / / /__>‐-      ∨∧
.       /  / / /   ィt::テミ ヽ  ,ィブ=‐l   }    スゴクだ
      /  / / /  /´'冖´     lィゥ、,_,ノ  l|    ………
.     /  / /,/  /     , ノ __j` ー,.}  l|     何か違うな
     /  / /   ./!       〈_ノ ノ〉   |  l|   仕草が
.    /  /   / . :|         `     |  リ    すごくいい
   / /   ./|       --=ニヽ__,.  ;  /
     / / / l |         ー-- __ノ  ,'  /
.    / / /ヽ.l \        _ ノ   / //⌒ヽ
   / / ∧/`>、 丶、   __    /| l しノ川}
     | / _  ̄`>  ̄: : : : : : :フ´コ\_ノノ
   l l|//   ̄`ヽヽ二T二フ>__´__/〉\\
   l l|/ /,ィニミ、 ∨   | 「 ̄    /  / ./
   l ||  / l/:::::::ハ }  │| l   /  //
    l | l| lヽ::_:;ノ lリ二二ヽ l    //
でっていうの独り言 「でっていうに矢来ないかなっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
薔薇水晶(人狼) 「というわけでTrick or Treatといって男性からおやつをふんだくる日らしい」
「◆GM GMはすがめです
GM遺言とか残すのを忘れてたけど別にいいよね!」
カーチャン(人狼) 「J( 'ー`)し  カーチャン吃驚だよ…!」
朱鷺子(人狼) 「がおーっ!」
雪華綺晶 は 薔薇水晶 雪華綺晶 に愛の矢を放ちました
よしのん は 薔薇水晶 よしのん に愛の矢を放ちました
メガトンコインの独り言 「これは落ちますね間違いない・・・」
よしのんの独り言 「はてさてそれじゃーどーするかねー」
クマーの独り言 「恐ろしい戦い…始まりクマー!!!」
ゆっくり妖夢の独り言 「お前のことが、好きだったんだよ!」
薔薇水晶(人狼) 「がおー、狼だぞー!」
大妖精の独り言 「名無しー」
ゆっくり妖夢 は ゆっくり妖夢 メガトンコイン に愛の矢を放ちました
でっていうの独り言 「ひゃっはーっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
ヴァレンタインの独り言 「ふむ女神か…」
薔薇水晶(人狼) 「おどろけー!」
大妖精 は 大妖精 朱鷺子 に愛の矢を放ちました
出現役職:おしら様2 風神1 掃除屋2 魔法使い1 静狼3 女神5
ゲーム開始:2015/03/14 (Sat) 01:46:06
よしのん 「『アイコンが四糸乃なのはご愛嬌ってねー
顔は可愛いからねー四糸乃は』」
薔薇水晶 「(じーっ」
薔薇水晶 「ラブリーばらしー、がんばっちゃう☆

はっじまっるよー♪」
ヴァレンタイン 「>朱鷺子
気がつけば向こうの自分がぶつかるだけさ
一瞬だ」
クマー 「クマアアアア!!!」
メガトンコイン 「クッキーの観賞会?(難聴」
でっていう 「初日吊られグランプリは負けねえっていうwwwwwwwwwwwww」
薔薇水晶 「アリプロのCDを1まいこうにう」
雪華綺晶 「ペロムシャ>クマー」
よしのん 「『とーいうわけでー、ここからはよしのんが全編お届けしちゃうぜー?』」
朱鷺子 「>大統領
絶対ウソですって!」
大妖精 「ホワイトデーはクッキーらしいですが
クッキーで桁の大きい数を覚えた人って何人いるんでしょう?」
ヴァレンタイン 「吊り縄には困らない村になって私は嬉しいよ」
ゆっくり妖夢 「吊り先に困らないですね...>でっていう」
薔薇水晶 「DVD-BOXを3箱こうにう」
クマー 「クマー>でっていう」
でっていう 「よろしくっていうwwwwwwwwwwwwww」
雪華綺晶 「ご機嫌麗しう、皆様」
薔薇水晶 「原作のコミック買い残しが5さつ」
クマー 「クマー>雪華綺晶」
四糸乃 「四糸乃 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:四糸乃 → よしのん」
でっていう が村の集会場にやってきました
ヴァレンタイン 「なぁに痛みは無い>朱鷺子」
メガトンコイン 「ホワイトデーのお返し、アイスティーしかなかったけどいいかな?」
GM 「ではカウントどーぞー」
朱鷺子 「>妖夢さん
逆壁ドンなるものもあるらしいですよ
本で読みました」
四糸乃 「『うーむー、しょーじきりょーほーのRPやるのは大変だねぇこれはー』」
カーチャン 「J( 'ー`)し  カーチャンの心が温まるんだよ…  >GM」
薔薇水晶 「カウントするよー!

ドールズが7人」
GM 「ゴディバとか要求されたらたかし(仮)がやさぐれそうだ」
ゆっくり妖夢 「ロバロバはゆるさない」
ヴァレンタイン 「職場に今日はお返しを持ち込まねばな…クッキーにマシュマロでいいか」
薔薇水晶 「ドーナツでいい(けんきょ >おかえし」
朱鷺子 「>大統領
殺されちゃうじゃないですかー!」
GM 「カーチャンのチョコのお返しとか何がいいんだろうね…」
メガトンコイン 「お前のことが好きだったんだよ!>妖夢

橋こわれちゃ~う>ばらしー」
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
大妖精 「壁ドン・・・希望変えたほうがいいかもしれないですねぇ」
カーチャン 「J( 'ー`)し   カーチャンに対してもホワイトデーのお返しなんて…たかし(仮)はイイ子だねぇ…」
四糸乃 「『おーおー、みんな四糸乃の可愛さに惹かれてやってきたよー?」
薔薇水晶 「あいあいさー」
ゆっくり妖夢 「やめてくれよ(絶望)>メガトンコイン」
GM 「じゃあかりぃの投票確認したらカウント開始で>薔薇水晶」
ヴァレンタイン 「つまり私が君を連れて平行世界に渡れと>朱鷺子」
かりぃ 「かりぃ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぃ → カーチャン
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 8906 (カーチャン)」
ゆっくり妖夢 「ヴァレンタイン女の子説かな?>ときこ」
クマー 「クマー>ミルヒオーレ、メガトンコイン」
薔薇水晶 「どこかの誰かに頃されそうなコインだなあ……」
メガトンコイン 「俺も仲間に入れてくれよ~」
朱鷺子 「>妖夢さん
わりと好みのタイプなので問題ありませんねっ」
メガトンコイン が村の集会場にやってきました
ミルヒオーレ 「よろしくお願いします。」
ミルヒオーレ が村の集会場にやってきました
かりぃ 「もう1分待って」
四糸乃 「『いやー、まぁこの時間の割りには集まってくれてありがたいかなー?』」
GM 「ついかっとなってやってしまった>かりぃ」
ゆっくり妖夢 「壁ドンかな?>ときこ」
薔薇水晶 「増えてきたー
これはラブリーばらしーのかわいさに引かれて……!」
四糸乃 「『おいおいー、四糸乃に手を出すつもりかい? まったく手が早いねー ひゅーひゅー!』
「な……かに……いって……!?」」
ヴァレンタイン 「初日と2日目の吊り先には困らない村だな
饅頭とクマを見つつ」
GM 「投票よろしくー
投票確認したら薔薇水晶はカウントダウンで」
朱鷺子 「大統領は今ッ!
『私』と『壁』の間に挟まっているッ!」
かりぃ 「…決闘なのにGMが居る?」
クマー 「よろしくクマー」
かりぃ 「こんばんは」
ゆっくり妖夢 「オッスお願いしまーす」
クマー が村の集会場にやってきました
ゆっくり妖夢 が村の集会場にやってきました
大妖精 「名無し繋がり・・・」
かりぃ が村の集会場にやってきました
エレン 「エレン さんが登録情報を変更しました。」
GM 「この時間だし延長はなしでさくっといきますねー」
四糸乃 「『あれまー少し目を離した隙に多少人が増えてるねー
嬉しいこってー』」
薔薇水晶 「シャーッ」
ヴァレンタイン 「ふむ可愛らしい少女が大勢だな」
朱鷺子 「ずさーっ」
朱鷺子 が村の集会場にやってきました
四糸乃 「『よいしょっと! じゃーそーゆーわけでー、ここからはよしのんとー』
「よ……四糸乃で……おおくり……しま……す……」」
GM 「そうきたか>ヴァレンタイン大統領」
大妖精 「うーん残念」
ヴァレンタイン 「よろしく頼むよ」
ヴァレンタイン が村の集会場にやってきました
リリーホワイト 「リリーホワイト さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:リリーホワイト → 四糸乃
アイコン:No. 8544 (リリーホワイト7) → No. 7533 (四糸乃)」
大妖精 「チルノちゃんとリリーちゃんが両方いたら
絡新婦を引きたくなるくらいには」
リリーホワイト 「んんー、人少ないならせっかくだし練習するつもりだったRPに挑戦してみるのも有りかなー」
大妖精 「大戦争中ボスですしリリーちゃんもいいかもしれないですねぇ」
GM 「あと5分・・・
人数増えないと1日で終わるかもしれませんねー」
リリーホワイト 「と言ってももしかしたら変わるかもしれませんけどねー」
大妖精 「大妖精 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 15 (大妖精) → No. 1860 (大妖精02)」
GM 「なるほど>リリホワ」
リリーホワイト 「ホワイトデーを過ぎるとググっと春が近づきますからねー!」
リリーホワイト 「ホワイトと聞いて来たですよー!」
大妖精 「3.14は円周率の近似値
白い円・・・○、村人判定でしょうか?」
GM 「どうせ決闘なんてすぐ終わるので
村が建ってなければこっちで時間を潰していっていいんですよ?」
薔薇水晶 「別にばらしーはホモ歓迎だなんて一言も言ってないのだけれど……」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → リリーホワイト
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8544 (リリーホワイト7)」
GM 「ホモォだらけのホワイトデーとかを喜ぶ系じゃないから!」
薔薇水晶 「ホワイトデーなのだからもっと増えるべき……普通村とか鍋とか今やってないっしょ?(まがお)」
薔薇水晶 「薔薇水晶 さんが登録情報を変更しました。」
大妖精 「GMの趣味じゃなかったのですか?
これでチルノちゃんが来たときも安心ですね」
GM 「これでよし」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
エレン 「ぶっちゃけヴァレンタイン決闘でも矢来なかったんですが」
GM 「あ、希望つけるのわすれてた」
GM 「窓をあけたら
ベランダにでっかいトノサマガエルが鎮座してるなんてよくあることじゃないか」
エレン が村の集会場にやってきました
大妖精 「希望なし・・・
同陣営か別陣営か以前に
チルノちゃんとか鉄板相手がいないとですねぇ」
GM 「いらっしゃいまっせー」
薔薇水晶 「ラブリーばらしーになんてことを(ドンドンドンドン」
karikari 「こんばんはー」
karikari が村の集会場にやってきました
大妖精 が村の集会場にやってきました
GM 「ヌメタァ」
薔薇水晶 「ガラッ」
薔薇水晶 が村の集会場にやってきました
GM 「昼1分夜2分です
投票が早いといいなあ(小並感)」
GM 「1時40分開始ー
適当に入ってください」
村作成:2015/03/14 (Sat) 01:21:19