←戻る
【紅番外】やる夫たちの恋色決闘村 [5231番地]
~妖怪いちたりない~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon チルノ
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 火焔猫燐
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[熱病]
(死亡)
icon ジョルジュ
 (エルヴィス◆
QiE.dxhWb2)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[熱病]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 伊藤誠
 (粉砂糖◆
sugar/WlNg)
[おしら様]
(生存中)
icon パチュリー
 (EDEN◆
U1xDxxl3LeaY)
[掃除屋]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ブルークマー
 (神父)
[風神]
(生存中)
icon 食べ物ケア枠
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[静狼]
(死亡)
icon 花京院典明
 (えんだか)
[静狼]
(死亡)
村作成:2015/03/22 (Sun) 01:08:26
かり が村の集会場にやってきました
かり 「1:30開始予定です」
かり 「起きたら23時過ぎてて鉄決闘が始まってる悲しみ」
かり 「廃村の予感がものすごくするけど
何日もいちたりないで建たなかったのが」
karikari が村の集会場にやってきました
karikari 「よろしくー」
かり 「決闘不足を救う救世主か?」
karikari 「最近深夜鍋多いですからねぇ」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → チルノ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6171 (チルノ12)」
チルノ 「鍋と普通が両方あってあきらめてた」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → 火焔猫燐
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7553 (火焔猫燐4)」
火焔猫燐 「じゃじゃーん! あたい参上!」
チルノ 「あたい!」
火焔猫燐 「あたい!」
火焔猫燐 「ふふ、あたい達でさながらメドローア、なんてね」
チルノ 「そういえばお燐って炎属性だっけ?」
ジョルジュ が村の集会場にやってきました
火焔猫燐 「大抵の二次創作ゲームだとあたいは炎関連だねぇ
だいたいこう、お空が大火力型、あたいがスピード型、同じ炎関連なら妹紅が耐久型になりがちかな?」
ジョルジュ 「閑散とした村におっぱい星人参上!」
チルノ 「この村は救われた!
おっぱいはないけど」
火焔猫燐 「こりゃお空じゃなくてあたいが来て正解かな?
こんなおっぱい星人なんかにお空のおっぱいは揉ませられないよ!」
火焔猫燐 「お空のおっぱいはあたいのもんさ!」
火焔猫燐 「(キリッ」
チルノ 「東方で属性というとパチュリーはいろんな属性使いそう」
ジョルジュ 「何…だと…
そんな強情なことを言う奴はおっぱい星脅威の科学力で
それはもうとんでもないおっぱいにしてしまうぞ…!」
伊藤誠 が村の集会場にやってきました
チルノ 「ぺったんぺったんつるぺったん♪」
伊藤誠 「閑散とした村に俺参上!」
火焔猫燐 「大抵超火力で多属性使えるけど、鈍足紙装甲とかそんなんだねぇ>パチュリー」
ジョルジュ 「やった!初手吊り枠も来た!
これでこの村は立派な決闘村だ!」
伊藤誠 「胸で女の価値を決めるなんてナンセンスだとは思わんかね。」
チルノ 「鈍足紙装甲・・・なんとなくわかる」
火焔猫燐 「おー、なんかいい感じに燃えそうな人間が来たねぇ
ぜひとも死体を持っていきたいよ」
パチュリー が村の集会場にやってきました
ジョルジュ 「時々何を思ったかマッチョなこともあるな
それもまた高火力鈍足の一環か>パッチェさん」
パチュリー 「呼ばれた気がした」
ジョルジュ 「おっぱい!おっぱい!>パッチェさん」
ジョルジュ 「ジョルジュ さんが登録情報を変更しました。」
パチュリー 「そこまでよ!>ジョルジュ」
伊藤誠
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i       HAHAHA
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、 _:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i     俺が初手吊りなんてないない。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!      燐と恋人生存勝利してやっからまあ見てな!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
:::::::::::::::::∧               \
:::::::∧:::/ `ー             /
:::::/ ∨             `ー=ニフ /
/ヘ                  , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /」
チルノ 「メインおっぱい?」
火焔猫燐 「チルノは結構作品によってばらつくからねぇ
氷属性までは固定だけどさ
体感、レベル上がりやすくてそこそこ火力と素早さがあるけどステータス低め、とかそんなんかな?」
伊藤誠 「呼ばれて常に飛んで来るのは危険だと思うぞ。
とりあえず俺の後ろに隠れるといい。>パチュリー」
火焔猫燐 「噂をすれば鈍足紙装甲さんがやってきたねぇ」
ジョルジュ 「誠の後ろは誠が携帯見てる時とかにアンブッシュ狙うなぞの女性が出るから危ないぞ
俺のそばのほうがいい>パッチェさん」
伊藤誠 「個人的に鈍足ってイメージだと幽香とか美鈴かなー。
あっちは紙装甲ってより戦車みたいなもんだが」
ブルークマー が村の集会場にやってきました
ブルークマー 「閑散した村にクマー!!」
火焔猫燐 「焚書とか言うけど、本燃やしたら燃料にならないかな?
まぁだとして運ぶの面倒そうだけどさ」
パチュリー 「ふむ
間を取ってあなたたち二人が寄り添って、私が離れていたら
少なくとも私は安全なんじゃないかしら>誠、ジョルジュ」
ブルークマー 「なんか()いい台詞いおうかなと思ったが
クマーにそんなもの必要ないと気がついて、やめたあの日」
パチュリー 「ようはジョルジュが誠の胸を……ふむ」
チルノ 「熊鍋も来て決闘らしくなってきた」
ジョルジュ 「そんなことになると反発力で
両方共パッチェさんにルパンダイブすることになって大変なことになるぞ>パッチェさん案」
火焔猫燐 「わーお、限りなく透明に近そうなクマが来たもんだ」
チルノ 「けっひゃー離れててもそこそこくるんだなぁ」
伊藤誠 「あっこの魔女腐ってやがる。早すぎたんだ……!」
食べ物ケア枠 が村の集会場にやってきました
ブルークマー 「クマーは来た。来たが鍋は着てない。もとい来てない。
というか来たらホラーではないだろうかクマー」
火焔猫燐 「いっそあたいが猫車で遠くまで運ぶかい?>パチュリー」
伊藤誠 「っと、もう時間か」
ブルークマー 「目に優しいとほめてもいいのよ>燐」
パチュリー 「大丈夫、決闘村なら男同士の組み合わせでも反発しない
むしろ惹かれあうわ>ジョルジュ」
火焔猫燐 「うわぁお! あたいの胃にダイレクトアタックが来てるね!」
チルノ 「カウントの時間かな?」
食べ物ケア枠 「どうせ初日に食べ物ケアだろ?
吊れよ」
チルノ 「チルノ さんが登録情報を変更しました。」
花京院典明 が村の集会場にやってきました
食べ物ケア枠 「ハンバーガー鍋とかさぁ!!
そう言って無理やり俺を吊るんだろ!俺知ってるぞ!!」
ジョルジュ 「花京院の魂を賭けよう」
伊藤誠 「ケア枠があえて残される未来が見える。超見える。」
ブルークマー 「僕らは惹かれあう。磁石のNとSのように。
そして反発しあう。同じ極のように。」
チルノ 「5」
花京院典明 「やぁよろしく。」
チルノ 「4」
伊藤誠 「ハンバーガー鍋wwwwwwwwwwwwwwwwwww」
食べ物ケア枠 「さあ!こい!
俺は初日に吊られるぞぉぉぉぉぉ!!!!」
ブルークマー 「なぜフラグを建てるクマーwwww
まだ1チャンあるかもしれない!>ハンバーガー」
チルノ 「3」
火焔猫燐 「結合せよ……反発せよ……
うぅ、頭が……!」
食べ物ケア枠 「無い!(断言 >ブルークマー」
伊藤誠 「たまにあるよな。
こう何でもとりあえず鍋ぶち込んどけ的な流れ」
チルノ 「2」
ブルークマー 「ほら、そこに船が良く似合う男とか、
最終戦で死亡フラグたってそうな時計嫌いな男とか!」
ブルークマー 「夢も希望もないな(白目」
チルノ 「1」
火焔猫燐 「つまり……闇鍋だね!?」
食べ物ケア枠 「さあ!初日はどうせ俺を食べるんだろ!
どうせ矢が無いとかゆうて吊るんだろ!」
ブルークマー 「希望制なのにクマー!」
チルノ 「0」
チルノ 「開始」
ゲーム開始:2015/03/22 (Sun) 01:35:23
出現役職:村人1 おしら様1 風神1 掃除屋1 静狼2 女神3
ジョルジュ は ジョルジュ パチュリー に愛の矢を放ちました
チルノ は チルノ 火焔猫燐 に愛の矢を放ちました
火焔猫燐 は チルノ 火焔猫燐 に愛の矢を放ちました
パチュリーの独り言 「掃除屋ね」
食べ物ケア枠(人狼) 「狼だってさ」
チルノの独り言 「めどろーあたい!」
パチュリーの独り言 「でしょうなぁと」
ブルークマーの独り言 「風を……感じた>風神」
ジョルジュの独り言 「首尾よくおっぱいを揉む準備は整った」
食べ物ケア枠(人狼) 「俺は初日に吊られるんで、あとはよろしく」
花京院典明(人狼) 「狼か、よろしく頼もう」
ジョルジュの独り言 「俺がおっぱいを揉み逃すなどありえん、はっきりわかんだね」
ブルークマーの独り言 「風神っていうと強そうだけど
風塵というととたんに塵に還りそうで泣けるよねクマー。」
伊藤誠の独り言
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     おしら。おしらーっと。
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    吊り枠二つあるなら女神希望しても良かったが
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ   まぁ今日は調整みたいなもんだしな。軽めに行くとすっかね。
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ」
花京院典明(人狼) 「僕一人では勝てないだろう……」
花京院典明(人狼) 「キミの協力なくしてはッ!」
食べ物ケア枠(人狼) 「どうせ俺は!!!」
食べ物ケア枠(人狼) 「初日に吊られるッ!!」
火焔猫燐の独り言 「あたい!」
食べ物ケア枠(人狼) 「花京院の魂を賭けよう!」
伊藤誠の独り言
           ヾヽ
       , -;;;;;`ヽ)ノ'";;;;;;;";;;;;;-、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;l;;;;ヽ;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  /;;;;/;;;;;/;;;;;/l;;;;l;;;;;;;;;ト、;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;;;ヽ;;;;ヽ     静狼はこう。
/,イ;;;;;;;;;/;;;;;,ム|;;;;l;;;;;;;;;|―、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
/´ |;;;;;;;/;;;;;;;l  |;;∧;;;;;;;! _\;;;;;l;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l    夜に思う存分AA狼でも使えるのはいいんだが
  |;;;;;/;;;;;;;;;|ィカ|/ \;;|´irfムヽ! ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;,/ |l;;;;;;;| 切j   ` l切シ ソ ヽ/|,;;;;;;;|ヾ    ちょいと寂しいもんもあるよなー。
  ∨ l;;;;λ! ´      ` ´  ,'ッリノ、∧|
      ∨ !  ヽ          /-''/
          \   ‐‐      ,イ;;;/
            `ヽ、  ....イ::::::レ'
            l´      |
            |       ヽ_
          r<<__ -‐=ニ二`ゝ、
     , -‐< \__ -‐='"´  `ヽ>‐-、 
     /       l    ;'         `ヽ >、
   /        i  /        |   /  ̄l
    | l         /        l   /    |」
食べ物ケア枠(人狼) 「ドドドドドドドドド」
花京院典明(人狼) 「初日はクマーを吊ることで回避
次は、、、適宜吊り先を決め組織票で生き延びよう!」
ブルークマーの独り言 「しかしあれやね」
火焔猫燐の独り言 「ふたりはメドローア! なんてね!」
チルノの独り言 「もっとけっひゃーしよう!」
パチュリーの独り言 「巨乳のAAを探そうにも、パチュリーのAAは多すぎる」
花京院典明(人狼) 「賭けられても後追いはしないぞッ!!>僕の魂」
食べ物ケア枠(人狼) 「だが…断るッ!」
伊藤誠の独り言
              ヽ;,、
           ,,-――)ノ――-,,,、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ,;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽヽ
.      /;;;;イ;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;ヽ    まっ。勝ち負けや矢だけが関係性じゃあねえ。
     /;;/!;;;;;;;/;;;;;|;;;;;;;;;,|;;;;l;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;ハ
      |;/ |;;;;;;;l;;;;;;;l;;;;;;;;ハ;;;;|;;;;;;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    重要なのは俺がいて、誰がいるかだ。
     |' |;;;;;;;l;;;;;/!;;;;ム_ヾト、;;;;;;!_x;;;;;;l;;;;;;;;l;;;|;;|
      |;;;;;;l;;;;λ|;;jrャz,、     ,rャェ、ヾト、;;;;l;;;Ⅳ
.       l;;;j'l;;;j_ム∨ト苅     ト苅` リ,ヾ;l∨
       ヾ!ヾ;;`ハ ´  ̄   ,l     ̄ ` !ン|リ
        ヽ ヾ|. ヽ    `     /"´ノ
               ヽ、 ´ `   ,イ
            イjフ > - < |`ヽ
          , イ レ'      `i  \
.          //  |         |   ヽ\
     ,-< ,.イ   ト、 ‐-   -‐ ,|   ヽ >-、
    /  //\ ト、二ニ二ニ=ニニ| ,へ、\  \
   |ヽ,   ̄   ,/>| ヽ    j  K´|   ̄`   ,j|
    | l {    〈,  | ヾ   ,j'  | \     l , /|
    ! ヽ j     l,o |   j  /   | o |   |! j! / |」
ブルークマーの独り言 「希望なしでQPじゃないのなら
3人以上QP希望あったんだ、と信じ酔うクマー」
食べ物ケア枠(人狼) 「俺は…食べ物枠ッッ!!
初日に死すべき存在ッッ!!」
火焔猫燐の独り言 「うぅ、あたいの空きっ腹にバーガーがよく刺さる……」
ブルークマーの独り言 「いや酔ってどうする…クマー」
伊藤誠の独り言
           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|      ――――。
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レイ飛ゝ   ヾ| 'j及ァVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V 辻 tj}      弋 ソ ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、 ゞ- '´        ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/
          V:::/ ヽ、         /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
         /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
        /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
食べ物ケア枠 は 身代わり君 に狙いをつけました
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ブルークマー 「風を…感じたクマー」
花京院典明 「運命に抗えッ!
エメラルドスプラ―ッシュ!!!!!」
ブルークマー は 伊藤誠 に処刑投票しました
パチュリー
               /          ,       、ヽ_
             /           /.|       j ヽ`¨ヽ、
              /'            i ヽ_     ノ  l    ヽ__
      _____ ./,rヘ      .,r へ、   マ _二_ ̄   /  _  l
      l ;;ー二|  ヽ_  /=ハ   `¨ーl     \ ノ r/   l< ̄ ̄ 7
       ヽ'r=/  ヽfi¨¨´  l,ィ=lヽ.,__ィ=rマ_ア¨ヽ、 ヾー〈  /    |‐、ー'
        ノ/≧ー/ ヽ__ イ¨:j:: i::::!|:::::::::::::|::i.l::::|:::::∠V_ヽ ヾi、__j_ヽヽ
       く ;;; ハヽ、 」/‐‐ニァ :i!::ハ:::l.|:::::::::: |l:| l:::li:: |:::::::l:: \      /|ヽ 〉
         ̄ .\/ ´二:zl :l l::|_|::|.l:::::::::::|.|:| |: !l:::|:::::::|::::::::: ̄¨ヾ イ ヽ. V
           /   ¨ヘ :: l::7ア| l::.l.|::::::i::j |/十rト l:::::::i:::::::l:::::::::::::i::::l イ
           ./  ./ヽr' _|ハj V= Ll l:::::|:/ |rzij └i|::::::j:::::::j:::::::::.|::::::l_ノ
        rv-ァ   ,イ:i::|:ム:::i i¨行司   ̄  ''¨忙巫j|:: /:::::,イ:::::::::::l::l:::|
      ,イ ,)/  /.j::l::|::::N::l. 弋zツ  ,    マzシ/:/::::::./:j:::::::::::l::l:::|
     / | r   ./ i!::l::|::::|::ヽiXXXXX     XXXX/イ:::::::/::l::i:::::::::|:::l::|    図書館なら、鍋よりハンバーガーの方が食べやすいわね
     |  | ¨| ム 」::l:::!i:: |::: ハ、      ,. 、    ソ:::::::::/i::l:::l:::::::::::: l::l
.     ,|  .| .」 ムi |/: ハ:::|::::,|::i:>x._  ゙  ' ,. イ,/::::::::/:.|::l::::l:::::::::::::::ハ
    /.|   |└ム i:」i!::j::ヽ:|:::ハ.L:. l::`'t- ''´.//::::::: /、_l::l:::::l:::::::: l::: ハ
   j .l  .l | |7.l ./:::::`::| |¨¨≧z ー〈___rア≠:::::::イ:l ,. ¨¨ヾi!、:::::::|:::::l、;
   /  i!  | { .|」j_/:::::::::,.| ,〉;;;;;;;;≧;/;;;;;/;;;;/::::::::/|::l´      `ヾ、::::lヾ
  ./   i!  l ¨V:7:/:::::::::i! |L_ .x;;ァァr人;;/:::::::::j |l         フ ヽ
 /    l  .ヽ .〉/::::::::::::ハ:i  /;;;;;ノ/l;;; У:::::::: l  l          j. \',
./          .Y ij::::::::::::j .l/;;;;;;;;/./ .l;;;/:::::::::::::i   ___,.、       /  |ヽ
.|         |」::::::::::::j   \;; / ./| .レ' ::::::::::: /  _f-  ヽ.r、 ノ ''   ヾ;
_マ          .リ_:::::::ノ  i  ヽ| リ l |:::::::::::::::j.  〈    jト 、ー 、    \
_ハ        ,イ、`Y二 フヽ    /l¨ヽL .、ノ三;7 .L    i  rヘJヘ     ヽ」
食べ物ケア枠 「さあッ!!
俺を吊れッッッ!!」
花京院典明 は ブルークマー に処刑投票しました
チルノ 「クマーVSバーガー
ファイッ?」
火焔猫燐 「お腹空いた!
熊鍋だね!?」
パチュリー 「鍋はほら、汁が飛び散るし」
ジョルジュ 「ケア枠をケアしなかったら
そこにはもはや存在意義などなかろう」
食べ物ケア枠 「来いッ!!

どうせ食べ物ケアだろ!?」
伊藤誠
              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
          二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     おはよーさん、っと。
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',    んじゃ、ハンバーガー鍋しようか。(キリッ
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
      i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
      l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、
      l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \
.     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
        \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
         ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、   キラッ☆
          _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   !  ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/    |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ」
ブルークマー 「抗えといいつつ
クマー投票するんでしょう!>花京院
鍋みたいに!鍋みたいに!」
ジョルジュ 「あとはおっぱいおっぱいしていよう」
食べ物ケア枠 「喰え!俺を喰え!!!!」
火焔猫燐 「と思ったけど悩ましいねぇ」
食べ物ケア枠 「ドドドドドドドドドドド」
火焔猫燐 「バーガーも魅力的」
食べ物ケア枠 「来い!来い!」
ブルークマー 「いいや限界だねっ!」
花京院典明 「ああ!>クマー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パチュリー は 食べ物ケア枠 に処刑投票しました
ジョルジュ は 食べ物ケア枠 に処刑投票しました
チルノ は ブルークマー に処刑投票しました
伊藤誠 は 食べ物ケア枠 に処刑投票しました
火焔猫燐 は 食べ物ケア枠 に処刑投票しました
食べ物ケア枠 は パチュリー に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 1 票 →ブルークマー
火焔猫燐0 票投票先 1 票 →食べ物ケア枠
ジョルジュ0 票投票先 1 票 →食べ物ケア枠
伊藤誠1 票投票先 1 票 →食べ物ケア枠
パチュリー1 票投票先 1 票 →食べ物ケア枠
ブルークマー2 票投票先 1 票 →伊藤誠
食べ物ケア枠4 票投票先 1 票 →パチュリー
花京院典明0 票投票先 1 票 →ブルークマー
食べ物ケア枠 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジョルジュの独り言 「おっぱい!おっぱい!」
チルノの独り言 「         ____     ______
         「::::::::ヽ、__/:::::::::::7
          !:::::,-''" ̄`"'ヽ::/          お燐はよろしくね
         ヾ,'  , ,  、 、ヽ
  ((  ,ヘ, ノ ア タ/λイλチ弋 .,ヘ ))      めどろーあたい!
      '、 .'、ルル ○   ○ ル/ ノ
     _ヽソ.弋 ""r-‐¬""ノ/__/_
    \ (   ゝヽ、__,ノ_ノ   ) /
       ̄弋、 イ;;L∞_/;入 ノ ̄
     <二>弋.{::::::::::::::::::}-イ<二>
       _ ヾ:ノ:::::::::::.::::::i` _
      /././:::::::::::::::::::::ヽ.,\ \
     .|/ /ヘ;:;∧;:;∧;:;∧;:ト \|」
パチュリーの独り言
    へ /           ヽ.\     }   /\
  く /              }  〉 ∠-二}/  /
    Y          ヽ __./ ∠_, イ  ヽ ̄ ''<
__.{ \  __ヽ_ イ` ー‐ イ   j、     _ ゝ
  / ̄ ヽ// l ヽ _j   ヽ   ̄丁 ',  イミミ/
―jヽ/7ヽ__/   ! |  | |   ',.     |   |   |爻ミ
  /  | |  |   l |  | |  ,斗-―‐|   |   |ヘミ
/  ィ| |  |   l |  | | / .|   L .」   |
ー―爻j l! :| , 斗┼ l |   j_,,,.. ィ1|     |
      | |  |   l L.._|    '´ 弋z:ソ |     |
      | |  | ィ ィ弋zり        ,,,,,, |     |   じゃ、ジョルジュはよろしく
     Nー'i  ヽ     ,      ,.j    |
       |   \ '''''   tっ  .. イ .|    |   ちなみにAAを用意していなかったので、巨乳はありません(セメント
       |      |` ー -┌ '  へ.|    |
       |      |   |  /ヽ<_:   l    |
       |      |   |, イ フロス┘ /|    |
       |      | ./ |// | |ゝ / |    |\
       |      |'    |/ :L! V :|    |  \
       |      |   j       j    l   ヽ」
伊藤誠 は ジョルジュ に狙いをつけました
花京院典明(人狼) 「くっ・・・・・・!」
火焔猫燐の独り言 「熊が生きてるねぇ(バーガー食べつつ)」
チルノの独り言 「メドローア+あたい=めどろーあたい」
ブルークマーの独り言 「空しい……空しい勝利クマー。
まるで……初日死ななかった熊ーのようだ」
ジョルジュの独り言 「というわけでパッチェさんを揉みにきた女神です
他にはつながってませんな」
火焔猫燐の独り言 「ふたりはメドローア!」
チルノの独り言 「バーガーもぐもぐ」
ブルークマーの独り言 「いやそのものだけど!」
ブルークマー は チルノ 火焔猫燐 ジョルジュ 伊藤誠 に狙いをつけました
パチュリーの独り言
                        ,..-''' ¨ ::  ̄ ¨ ‐- _   、--、
                      /::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::`ヽ、. `iハ
                    , ' :: /:::::::::/ :: /: l ::i :::i :::: i! :::: ヽ、.j .l
                      ,' ::: /:::::::::./:/ /il | :l l i :l :: 弋_ :::: フ ノ
                    /:::::::/ :::: , イ /レハ| l :l l :l ::l :::: ヾ二>ハ
                   i:::::.:::,' ::i :::i i! /|l‐i|-l l li :l ::ji l i ji!:::::::::l..ハ
                  .| ::: i l ::: ',.l rV示i;ァト ヽl、 i ,A. i iハ:::::::::::i;ハ
                 |::::::::ii:::::::::',弋トz;;シ'   Vァミ、ji| ;; l:::::::::i l. i!
                  |:::::::::| ::::::::: ト ` ´       .ん;;ツl ;;/ ::: /i j
                    |.:::::::::|::::::::::: |      、 ゞ=''ノ. '_,イ レ'
                    |:::::::::.| ::::::::::::l    _       '/ ,'| ::;i '
                      l:::::::: j|:::::::::::: j    ー'     ノ /..| :: ',    実際問題、私巨乳ネタってどこから来たのかしらね
                 ,'/ ::: /j :::::::::::/.>z_  _,. r< .,.': :i i,! ::',
                 j/ :: //j :: / ;;/l   _,.≫zr、  , ', ::i ::i!i!: ハ
               ,.':::::::::/ / :/;; /_.〉''´    トz.,.' / /| ::i!ハ : ハ
             / ::::: , :::: / イフrフィ   /i r ァ' ./ :/ ::i:: i! ヘ :::ハ
           _,.ィ'´ :::: /:: / ;:ィフ'.〉イi! i! '  ,.' ィ/:: /::::::::::|iヘ. ', :::ハ
         /::::::::::::::::::::/ ,.' /.|´ /' .レァ、_jァ'7 /l/ :: / :::::::::::ij ヾi ::::: ハ
.    _,..-'''´:::::::::::,.:::::::::/ /:/ ,ノ_/l l i>j// //./ ::: /::::::::::::: ノヽ. ',::::::::: ヽ
._, ィ≦::::::::::::::::::,.ィ ´ :: / /:/ ,ィ'  l i>r〈  .//,.'::::::::/ :::::::::::::ノ   `ハ :::: ヽ: ヽ
::::::::::::::::::::::>' :: /:::::::::::ノ :: / i' .i  /.i! |.i  ///:::::::::/ ::::::::::: /  、 .z ',:::::::::ヽ ヽ
: :::::::::::: / :::: / :: >ァ' :: ,.' j .,' .i'    ヾ' ./レ' ::::: / :::::::::::./i     ', ¨ハ:::::::::::`ヽ、 ` .、
:::::::::/ :::::::::::::: /:/ /'ー'  j l      .':::::::::::/::::::::::::: / i!    .i .Yハ::::::::::::::::::`z、:` z、
: /::::::::::::::::::::/フ':: /.l    /'  i! /  .i:::::::::/ :::::::::::::/ .i  lヽ  ' _ノ ', ヽ ::::::::::::::::::::::` :: ` 、
:::::::::::: / /' ::/' ,j   .::/   .|_  /l  i :: /::::::::::::::::/   i i ヾ'  rヘ: : ::',: ∨ :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、」
伊藤誠の独り言 「ご馳走さん。」
花京院典明(人狼) 「救うことが出来なかった……
この花京院典明……弱さを知った……!」
パチュリーの独り言 「あ、ちなみに掃除屋ね」
火焔猫燐の独り言 「なーるほど、その発想は無かったよ」
ブルークマーの独り言 「さあ……行こう。
ハンバーガーの弔い合戦クマー(なお何を弔うのかは不明である)」
チルノの独り言 「マホカンタさえなければ最強!」
花京院典明(人狼) 「だがこの犠牲ッ
決して無駄にする気はない!」
ジョルジュの独り言 「難しい範疇ではある
多分ご友人の吸血鬼姉妹がおっぱいとまるで縁がない上に
咲夜さんがPAD呼ばわりされるようになった反動」
火焔猫燐の独り言 「あるいは反作用ボム……って言いたいけど、チルノに通じるのかな?」
花京院典明(人狼) 「仲間の死を乗り越えてみせる!!!」
ブルークマーの独り言 「クマー…」
パチュリーの独り言
           _,,,, --──-- ,,,__
         , '´     __     `ヽ、,ヘ
      くヽ_r'_ヽ 、 ,、_) ヽ ,______r'´イ´
       ['、イ_,-イ、ゝ,_, ,イ_,-,_ゝヽ、__〉
        /: : : ,: : : : : : : : : : : : : :}: : : : :}
         / : : : :{__/i__∧____/i__/ヽ}: : :i : !
  _人_   {j'{: : : ト┬‐┤  ┬‐┐| : : | : |
  `Y´   {lヘ: : : { 弋丿   .弋丿イ: : :.|: :|
       {| jハ ⊂⊃    ⊂⊃: : : :|: :|    誠とホモ矢刺さってるかもしれないけど、
          l j{: : :}ヽ.  □   ノ:j: : : :i: :|
         |.l: : :|: :,>;‐〈 ̄〆ヘ}: : : :| :.i    花京院の魂を掛けておくわ
         |:|:||三三三三:三:三{j: : :.|: :|
           l: :||             ||: : : |: :|
        j: :i||  ノ'(⌒j      l|: : : |: :|
ブルークマーの独り言 「蒼い宇宙にあるのは……
熊鍋ばかりじゃない」
パチュリーの独り言 「あー……」
ジョルジュの独り言 「こあ・パッチェさん・めーりん
咲夜さん&スカーレット姉妹

これで大小バランスがいい」
火焔猫燐の独り言 「マホカンタされたらもう一発メドローア打って相殺だね!」
ブルークマーの独り言 「高慢さを償え!恋人ぉおおおおお!!!!」
ブルークマーの独り言 「クマー(きりりっ」
パチュリーの独り言 「確かにそのグループで分けるとそうなるわね」
ジョルジュの独り言 「というわけでおっぱいということにしてしまおう(概念侵略」
パチュリー は 花京院典明 に狙いをつけました
花京院典明(人狼) 「(しゃべることがなくなった)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
花京院典明 は パチュリー に狙いをつけました
ジョルジュ は恋人の後を追い自殺しました
チルノ 火焔猫燐 ジョルジュ 伊藤誠 で足音が聞こえた…
パチュリー は無残な負け犬の姿で発見されました
(パチュリー は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジョルジュさんの遺言 パッチェさんがそこまでよと叫ぶ…

一線を、超えるッ!
食べ物ケア枠さんの遺言 これで俺の仕事は終わったZE…
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
伊藤誠
.                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
             ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.     >パチュリー
              {:::::::::::::::::::::::::::/:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     鍋がマズいならアレだ。カレーとかどうよ。
.               ':::::::::::::::;.ィ :::/ |:::::::::::ハ::::::::::::::::::ハ}
               _}:::::::::::ー--- z |::::::::/ィ≦ ::::::::::ハ::!      熊肉カレーとか結構美味いって聞くぞ。
.             >::::/i : / r乍t7 从: / 乍フ:::::::::/ リ
              ⌒)斗.|::/ l/└¨  レ'  ¨¨ /Vハ{
                l/从.      ,  /           >チルノ
                  r}.      ‐‐ /             肉の余った分とかは冷凍よろしく!
                    /  \ > -< 
             -=∧    ̄入ノ ヾ 、             頼りにしてるぜー?
            -=二iニニ\   ./xxxxヽlニ{ニ=-
            -=ニニニニ|ニニ∧\/ xxxx }ニ\二ニユ、        >燐
.       /ニニニニニニニ|ニニニハ    xxx }.ニニ〉ニニ}ニ        やー。死体が出てて物騒な朝だぁな。
.      ,ニニニニニニニニ≧<ニ∧   .xxxx }ニニ/二ニ}ニ
       ,ニニニニニニニニニニニ/ニ∧  xxxx }ニ〈ニニニ }ニ        なんか重いもんとか運ぶなら手伝うぜ?
        |ニニニニニニニニニニ< 二二 ハ xxxxx|.二\ニニ}ニ
.      {ニニニニニニニニニニニ\ニニニ∧xxxx} ニニ/ニニ.}二」
パチュリー 「むきゅん」
ブルークマー 「な・・・・・・・に・・・・・・!?」
パチュリー 「お疲れ様」
火焔猫燐 「わーお熱病」
チルノ 「もぐもぐ」
花京院典明 「さぁ答えを聞こう……。」
伊藤誠 「――おのれジョルジュ。」
ブルークマー 「お前ら……そんな生き方で満足か?」
チルノ 「誠風神だー?」
花京院典明 「運命に抗えるかを!」
ジョルジュ 「うわぁ、矢かぶりおこしとるぞこの女神s」
ブルークマー 「クマーは…嫌だね…
風神!それが!クマーだ!」
花京院典明 は ブルークマー に処刑投票しました
パチュリー 「狼勝ちみたいね」
火焔猫燐 「おや、たまには熊生存ルートでも考えるのかい?」
チルノ 「足音がそんな予感」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブルークマー は 伊藤誠 に処刑投票しました
チルノ は ブルークマー に処刑投票しました
伊藤誠 は 花京院典明 に処刑投票しました
火焔猫燐 は 伊藤誠 に処刑投票しました
火焔猫燐 はショック死しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
花京院典明 は ブルークマー に処刑投票しました
チルノ 「お疲れ様」
ブルークマー は 伊藤誠 に処刑投票しました
火焔猫燐 「お疲れ様ー!」
チルノ 「足音把握ミスorz」
ジョルジュ 「お疲れさん」
パチュリー 「お疲れ様」
伊藤誠 は 花京院典明 に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブルークマー は 花京院典明 に処刑投票しました
伊藤誠 は 花京院典明 に処刑投票しました
パチュリー 「ええ……>3人で引き分け」
火焔猫燐 「熱病は痛かった!」
花京院典明 は 伊藤誠 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 1 票 →ブルークマー
火焔猫燐0 票投票先 1 票 →伊藤誠
伊藤誠2 票投票先 1 票 →花京院典明
ブルークマー2 票投票先 1 票 →伊藤誠
花京院典明1 票投票先 1 票 →ブルークマー
3 日目 (2 回目)
伊藤誠1 票投票先 1 票 →花京院典明
ブルークマー1 票投票先 1 票 →伊藤誠
花京院典明1 票投票先 1 票 →ブルークマー
3 日目 (3 回目)
伊藤誠1 票投票先 1 票 →花京院典明
ブルークマー0 票投票先 1 票 →花京院典明
花京院典明2 票投票先 1 票 →伊藤誠
チルノ は恋人の後を追い自殺しました
火焔猫燐 はショック死しました
(火焔猫燐 は熱病にかかったようです)
花京院典明 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チルノさんの遺言          ____     ______
         「::::::::ヽ、__/:::::::::::7
          !:::::,-''" ̄`"'ヽ::/          お燐はよろしくね
         ヾ,'  , ,  、 、ヽ
  ((  ,ヘ, ノ ア タ/λイλチ弋 .,ヘ ))      めどろーあたい!
      '、 .'、ルル ○   ○ ル/ ノ
     _ヽソ.弋 ""r-‐¬""ノ/__/_
    \ (   ゝヽ、__,ノ_ノ   ) /
       ̄弋、 イ;;L∞_/;入 ノ ̄
     <二>弋.{::::::::::::::::::}-イ<二>
       _ ヾ:ノ:::::::::::.::::::i` _
      /././:::::::::::::::::::::ヽ.,\ \
     .|/ /ヘ;:;∧;:;∧;:;∧;:ト \|
火焔猫燐さんの遺言 チルノと遊んでるとどことなーくお空を思い出すんだよねぇ
ま、可愛い妹分かね?

あたいとあたい!
ふたりはメドローア!!
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2015/03/22 (Sun) 01:45:56
パチュリー 「お疲れ様」
ブルークマー 「勝った!第3部、完!」
食べ物ケア枠 「美味しかったか!? >ALL」
チルノ 「お疲れ様」
伊藤誠
                    、
                   _ヽ ,. -―‐-:::、
                /´`v'::::::::::::::::::::::`ヽ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ハ
              /:::::/::/:::/l:::::::ヽ::::\::ヘ:::;ハ
              ,':::::/::/:::/,_l::ヽ:::::トヘ::::\::ヽ:}     いやー引き分けは強敵だったな。
              ,'::/l:::/:::/セ=',:::iヽ::|ヤミ::ヘ::::::::l_
              l/ .|/l::rYx=ミ ヽl `゙x=ミ` YヾΣ    お疲れさん
             |! ヾ{、゙゙´  ,  `゙´ ./ゾ`
                ハ   _ _ u ,イ/
                ` 、   ,/ | 
                  ノ `ー _,,='´\__
                   _// /`ヘ   / ∧`ヽ
             , r'/  {∨l__,∧_,/  ∧   > 、
           r'"´::〈  /| /ソ | ∧     〉    ,>、
          /     マ' | i / |,/  \ /    Y    '
            {i       > |/   /    .,、       ,、  }
           |l    /   .|  ./    /  i  ノ     |
            |ヽ|  \   .| ./   /     ', i'       |
         ノ  |    \ ∨ ./      ヽl        |」
ブルークマー 「なんということでしょう……
お疲れ様クマー」
花京院典明 「お疲れ…だ……。」
火焔猫燐 「熊と伊藤誠生存!?
こりゃ驚いた!

お疲れ様!」
ジョルジュ 「まぁおっぱい自撃ちできたんでなんの問題もないがな>敗北

本人がおっぱい否定?…なんのことかね(目そらし」
チルノ 「おいしかった>ケア枠」
伊藤誠 「てっきり燐―クマーかなーと思ってたが」
パチュリー
                         r‐-、    / ̄ ̄ ̄ヽ
                          マ  ヽ  l   ??   |
           r‐‐、  _ ィ≦´  ̄ ̄ `≧ j    ヽ ヽ_   _ノ
       __ ./ / ̄        _ _ ノ     .i. ∠ノ ̄    _ _
       j  `ゞ'´  / ヽ      ヽ   r、    .ハtr≠=、r ¨´_   l
      | /     l _ _.ヽ、     、i .ヽ/ ヽ _,イ  i|    ヾ  _l  i!
   r==≠r≠ 、   .|/: : 〉i! - .l ヽ¨ ./_ -、 l l  _ 」_  _ マニ | /
    ヽヽ、    ¨,ィV: /:/: :ヽ__〈¨¨ヾ,イ´: : : :l:ヽ| .l 」     `ヾ、 ;/¨´
      ヽ /7i.、___(: : i!: :|_: : : : : : : i!:」;:_: : : i!: 〉 ¨ .l        ノ_
     / .l :i!: : : ;:イl、: :ハ: :i!: : : : : :.ハ:iハ:i: ヽノ;:ヽ_ .i|         ノ l
     フ'¨| :lヘ V_: : .l V__ヾiヽ r--ァ' .V ¨ヾ' l ヽ: :フl     /   /
     ヽ/ .l l¨ムf:ヽィi./  .ヽ ¨ ´  ,イ¨¨ヽ .レ:j:./i!   /     ./
     イ   ヾ .i!: : :.ハ   _ノ       {    i! l: : : : ij  ´     /
     `ヽ_i、.|:. :./  `¨´      弋 _ノ /: : :./ '        /
         ヽ |: :ハ XXX       xxx  ノ: : :.,イ      シ ./    クマーと誠が残ってる……???
        _Уl: : : ヽ、   r‐ .、   ,.イ´: ://  _,..-'''"  /
     , イ´: :.´: : i: : : :>-z_`_ `,.イ´:/: : : :./        /
    ヽ: : : /: : : j: : : : :j ム  /´: : :/: : : : イ/        /
   r--;≧:/_: : :./: :;: :ノ_,.ィ<ti!: : :/: : : /: :|        ./
.  <´ ー十_.フて≠< / ヾイVヽ;ヽ: : :/: 人     ,.イ」
花京院典明 「第三部は僕が死んでも終わらないだろうwwwwww>クマー」
パチュリー 「なんてこと
この村は滅ぶわ!」
ブルークマー 「いや、割と残ってる人間で恋じゃないの
クマー以外1人暗いかと思ったけど少なかったのねw」
伊藤誠
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i     俺としちゃ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l   
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/    |:::::::::::::::::ト::::/   !:!     むさ苦しい三人組になった時点で負けみたいなもんだぜ。
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/三三三|::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/       |:∧ |:/ ′
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
:::::::::::::::::∧               \
:::::::∧:::/ `ー             /   イチオウカチハメザシタガ
:::::/ ∨           ∠二 7 /
/ヘ                  , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \」
ブルークマー 「>花京院
この村にDIOもJOJOもいないからある意味完!でいいんだクマー!」
チルノ 「誠は足音勘違いしてごめん」
火焔猫燐 「花京院が死ぬことで、伊藤誠のスタンド「ナイスボート」の能力を把握して、クマーに伝えるんでしょ!
ちなみにあたいはアブドゥル枠!」
伊藤誠 「>チルノ
デート一回で許そう。」
ブルークマー 「つーか4人に風神かけて
2人にヒットした時点で結構幸運であるクマー。」
伊藤誠 「船は「二隻」あったッ!>ナイスボート」
火焔猫燐 「ま、あたいはチルノと美味しくバーガー食べられたから満足かな?」
チルノ 「デート?どこいく?>誠」
ジョルジュ 「お前、バッグに首だけで詰められた上に
リアル目玉焼き喰らうとか、根性あるな…>二隻あったナイスボート」
ブルークマー 「>火焔猫燐
なお花京院最後のメッセージ伝えられるのは村終了後の模様(きりっ」
火焔猫燐 「ダメだよ!! チルノはあたいとデートに行くんだから!」
伊藤誠 「>チルノ
ま、恋人寝取るシュミはねーんで、行くならお燐と三人な。
温泉……は溶けそうだし、温水プールにでも行くかー。」
ブルークマー 「デート……3人……船旅……うっ頭が」
ジョルジュ 「いたいけな少女の無知に付け込んでデートを要求するのはやめていただこうか>誠

俺がいたいけなお空に付け込んで…?今はそんなことどうでもよろしい(震え」
ブルークマー 「いやむしろ頭だけか。約一名が」
花京院典明 「それじゃ、作業に戻るとしよう。お疲れ様&村建て感謝。
ジョセフさん…ポルナレフ……ジョジョ……終わったよ…。」
パチュリー
      _  /              ノ    .j  \
    /   >´          ヽー‐-‐ ´    ノ   \
    l    /             `ー- __, イ      \ー‐、
    |  _ノー   _,..-'''"             、           ヽ  ヽ
    >≦-、  , -'"  /_ __  ./ ヽ     _ ≧、     、 _.ノ   〉
   _/´ .   X´   ././´   `/   ヽ /,   ム `ヾ      `ヽ、 /
.  / 〉、   ハ   j/  / ./;ノ    V  ヽ  ム  ノ     _,..-‐≧、
. / /ハ\/ /ーz</ ァ¨ フi/、_    ィー ≒‐- .i!/   /i!      ノ、
く / l l .l /  l  | ./ /レ  |  ̄ i!ヾ、  ヽ.   l`ー-イ  |_, ィ く ヽ
 ` . |  l .l/i  .i!  .lィrz≠ミ  |、   |. z_ヽ__」マ_ jリ  i.  :|   i  lヽ ヽ
   ー'´i| l   ト  .l  マt:ハ  ` ー‐' ¨ 心不Zァア  .ノ .   |   /  l. l ヽ
      i| l   l 、 ji 辷リ       込zノソ'//  i|   |  く_ 」 l/
      | l__ 」 くハ xxxx   ;:   xxx  ̄ノ/  ハ    |        じゃ、私は落ちましょう。寄生獣はじまったし
       | /    / ヽ、   、  ,.      /  ./ i!  .|        一応、ジョルジュは刺してくれてありがと
       /    i  l >z _       ,. ィア   /  i!  .|
        /    /  i! ,.r ― ≧z:ァ< ,.ノ'   l  :',   |        では、お疲れ様
      /    ハ_ /   /_ / ,.ィ≦´ ..,'    ト、  ',   |
      ,'     l l レ'   ´¨ lN/フ\. ,'    i! `¨ヽ . |
      ,'     l iノ   ,.ィ≦司ノ≧、. ヽ,'     |     ',   |
     ,'     .l´  / ///i lミiヽ.ヽ/     |    |.、 .|
 _  i      |   ヽYイ///.,' i lム `Y       |    リ lヽ .|」
ジョルジュ 「お前どっかの作品でよりにもよって
女装して男を寝取ってなかったか>誠」
伊藤誠 「>燐
わーってるわーってる。
適当に二人だけの時間は作るし、三人の時はしっかり楽しませて間も持たせっから安心しな!」
ブルークマー 「そんじゃクマーも失礼、村建て感謝お疲れ様クマーw
しーゆーあげいん
あれ、ぶ男と犬は…!?>花京院

火焔猫燐 「あたいとチルノ、どっちが世界でどっちが言葉なのか、それが問題かな?」
チルノ 「お燐に止められた・・・
どうする!?あたい!?
どうやってお詫びするかの問題が・・・」
伊藤誠 「>ジョルジュ
まぁオーバーフローだし多少はな?
……それはあれだ、多元世界解釈によりなんやかんやがだな!」
ジョルジュ 「分かった、猫車に誠の死体を抱えて
地獄でゆらゆらするエンディングだからお燐が言葉だ」
伊藤誠 「             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       >チルノ
     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l      まっ。お燐と二人で楽しんで来いよ。
    l::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       お前さんの笑顔見せてくれんのが、一番のお詫びってことで。
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::¦:::::::::::::|
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/
     |/  ヽ.;;;|ヘ              /ィ<"l/
         ゝ;八      ;       /イ
           _> 、  ゝニ ア   イゝ:::`>-、
         〆y´ 'l‐<` 、   , <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        /´ /   〈   lヽ、 `‘´.   /  /::::7::::::::::::::::::::ハヽ
       γ  ノ      { `xl    /  ,/::::/::::::::::::::::::::::/::::l
      八j      :;  ^  ノ   /∧ /::::/::::::::::::::::::::::/:::::: |」
火焔猫燐 「なるほど、チルノのアイスソード的に、チルノが言葉かと思ったけども、猫車でナイスボートって手もあったか
ナイスカーってね」
チルノ 「クロスなデイズとかあったなぁ
噂だけは知ってる」
伊藤誠 「おい馬鹿やめろ。
平和な世界線があってもいいと思うんだ俺は。具体的にはハーレムルート。」
火焔猫燐 「じゃああたいとチルノでデートしよっか!
誠にはお土産くらいなら用意しとくよ」
伊藤誠 「クロス……女装……うっ、頭が。」
ジョルジュ 「まずは言葉様正規ルートを作ってから言いなさいそれは(おっぱい星人並感想>誠」
火焔猫燐 「クロスゲイズ?(難聴)」
伊藤誠 「へーへー。期待しないで待ってるよ。
土産話の方もよろしく>お燐」
チルノ 「さんせー!>お燐」
伊藤誠 「>ジョルジュ
言葉って正直重いし……一緒にいると疲れるっていうか……(ゲス顔」
ジョルジュ 「お燐のデートを心から応援し
その間にお空に会いに行くジョルジュ」
火焔猫燐 「ま、そこらへんはきちっと用意してあげるさ
カメラとかも天狗に借りてくからね。写真なんかも見せたげるよ>誠」
火焔猫燐 「せっかくのデートだもの、可愛いチルノの姿はきちっと収めなくちゃね!」
ジョルジュ 「呪われた血統の正常化のためにも、言葉様としっかり結ばれるべきだと思うのよ
世界、血縁者なんだろ?」
伊藤誠 「悪いな、お空なら俺の隣で寝てるよ。(普通に睡眠時間)」
チルノ 「カメラがあればデート中の笑顔もお土産にできるね!」
伊藤誠 「まぁあのクソ親父と同じ道辿るのは御免被るトコだけどよー。
だからって世界を切り捨てる訳にもいかんよ。」
火焔猫燐 「ま、デートの前にお空にはちゃんと注意しておかなくちゃね?
まぁ、いざとなったらさとり様に対処してもらえばいいし」
伊藤誠
              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
          二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    んじゃま。お二人さんは楽しんで来るといい。
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',    チルノ村立てあんがとな。お疲れさんだぜーっと。
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
      i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',     写真の方、楽しみにしてるよ。またな。
      l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、
      l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \
.     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
        \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
         ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、   キラッ☆
          _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   !  ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/    |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ」
ジョルジュ 「難しいなー主人公は>誠」
チルノ 「(足音把握ミスからどうしてこうなった」
ジョルジュ 「そいじゃ俺も失礼しましょうかね」
火焔猫燐 「おうさ! あたいもチルノとのデート、楽しみにしてるからね!
今からワクワクで眠れなくなりそうだよ」
火焔猫燐 「じゃ、あたいもそろそろ失礼するね!
村立て同村お疲れ様!
チルノとのデートはあたい達の思い出に、なんてね」
チルノ 「デートに備えておやすみなさい
ワクワクで眠れないかもしれないけどね」