←戻る
【紅3017】やる夫たちの普通村 [5505番地]
~不快指数が天元突破しそう~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 水橋パルスィ
 (sea*◆
ysG7Khk9wg)
[村人]
(生存中)
icon 蛇喰夢子
 (ふくろうさん)
[占い師]
(生存中)
icon クマもん
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[共有者]
(死亡)
icon れんげ
 (くろわっさん◆
paTche.IL.)
[人狼]
(死亡)
icon できない子
 (◆
6cJTNoJZPs)
[村人]
(死亡)
icon ジロウ
 (ジロウ◆
WwaIPdl0Z6)
[人狼]
(死亡)
icon 間桐桜
 (雨箒)
[狩人]
(生存中)
icon タマ
 (ピンクスキン◆
UdELBaMvs.)
[人狼]
(死亡)
icon 遠坂葵
 (12346◆
with5o555A)
[村人]
(生存中)
icon 間桐臓硯
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[共有者]
(死亡)
icon ほたるん
 (がおー◆
XsFdmUgVis)
[村人]
(死亡)
icon 間桐慎二
 (ヴァナディース◆
6pDGb0V9WY)
[村人]
(生存中)
icon GUMI
 (FEマン◆
w.3iOdjBHM)
[霊能者]
(死亡)
icon ゆかミラン大尉
 (白珠◆
NQJi97TdkA)
[狂人]
(死亡)
icon ムー
 (完辰◆
XWJgEhE42s)
[村人]
(死亡)
icon 小傘
 (ぷらずま◆
u.uEbg6cNY)
[妖狐]
(死亡)
村作成:2015/07/22 (Wed) 23:21:09
GM 「【ローカルルール】
 昼AA自由
 狐遺言禁止(初日のみ許可)
 超過前噛みは狼側に続行の意志のない場合or全陣営視点明確に詰んだ場合or勝ちが確定した場合

【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、
人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 GMはsarielです。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 wikiは一通り目を通しておいてください。
 ゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
GM 「23:50開始予定。埋まり次第前倒しです。では入村どうぞ。」
水橋パルスィ が村の集会場にやってきました
水橋パルスィ 「こんな時間に村をするなんて妬ましい」
GM 「いらっしゃい」
GM 「反応遅かった気はするが気長にまとう」
かに が村の集会場にやってきました
かに 「よろしくお願いします」
GM 「いらっしゃい」
クマもん が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
クマもん 「熊本生まれのオシャレなゆるキャラクマもんですわ
よろしくお願いします」
れんげ が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
れんげ 「にゃんぱすー」
れんげ 「ここなら人がいっぱいって聞いたけどやっぱりいないのん」
クマもん 「時間が時間ですから多少は、ね>れんげ」
できない子 が村の集会場にやってきました
できない子 「よろしくね」
GM 「いらっしゃい」
クマもん 「蟹、猫、熊
妬ましいああ妬ましい
パルスィだけ橋姫ってなんだがオシャレで妬ましい」
ジロウ が村の集会場にやってきました
ジロウ 「バトルの準備ができたらホロセウムの前に立ちな」
水橋パルスィ 「ブリッジ=プリンセスと呼んでもいいのよ」
GM 「いらっしゃい」
クマもん 「…………橋姫でよろしいかと」
間桐桜 が村の集会場にやってきました
間桐桜 「よろしくおねがいしますね」
タマ が村の集会場にやってきました
タマ 「よろしくお願いします」
間桐桜 「動物村ですか?」
GM 「いらっしゃい」
タマ 「にゃあ」
クマもん 「妬ましい。胸の装甲が妬ましい
映画でメインヒロイン格が妬ましい
連動漫画でメインヒロイン格が妬ましい」
遠坂葵 が村の集会場にやってきました
間桐桜 「あの、でも私今までそういうのなかったですから・・・>クマもんさん」
GM 「桜の目にはどう映ってるんだろうか>動物村」
GM 「いらっしゃい」
クマもん 「CCCで実質メインヒロインなのが妬ましい」
ジロウ 「レイフォールガンを持っているだなんて妬ましい」
遠坂葵 「母がきて気まずい桜ちゃんをみにきました」
クマもん 「これからも無さそうな私はどうしたら……>桜さん」
間桐桜 「カニと熊とレンゲとタマですよね?
動植物村ですよね」
水橋パルスィ 「私、この間お店で、とてもやわらかくて軽い胸の装甲を見たわよ
シリコンって素材で出来てるらしいわ」
間桐臓硯 が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい。」
ほたるん が村の集会場にやってきました
間桐臓硯 「狩人出しておこうかの よろしく頼むぞ」
ほたるん 「こんばんは」
間桐桜 「えっと、改二がきたらなんとかなるんじゃないでしょうか>クマもんさん」
間桐慎二 が村の集会場にやってきました
GM 「おじいちゃん本性さらけ出したら駄目でしょ>間桐臓硯」
遠坂葵 「相変わらずおぞましい。。。」
クマもん 「見た目が凛
中身と胸部装甲が桜
つまり最強と茸の人に言われた葵さんが妬ましい」
できない子 「ズザが入ってくるね」
GM 「いらっしゃい」
間桐慎二 「やぁ格好いい僕が来てあげたよ」
GM 「13か」
間桐桜 「あと虫と虫ですね」
れんげ 「夏休みだからいっぱい夜更かししてもいいってみんな言ってたから…」
ほたるん 「左の人の名前よめない・・・」
間桐慎二 「ありゃ12調整のつもりだったから抜け4日」
間桐桜 「兄さん・・・?」
遠坂葵 「まって、母さんを放置しないで」
間桐臓硯 「孫娘が何か頑張ってると聞いての 気になって着の身着のままで来たのじゃよ」
ほたるん 「れんちゃんやっほ」
れんげ 「なんかおかしいと思ったら更新が止まってたのん」
GM 「いや、延長するかどうか考える>慎二」
GUMI が村の集会場にやってきました
遠坂葵 「13でもいいじゃないですか、あらあらうふふ」
GM 「延長してもいい人いるなら10分伸ばす」
間桐臓硯 「ぞうけん じゃ >ほたるん」
GUMI 「スチャッ」
間桐慎二 「そ、やっぱい僕みたいな美形がいないと村が映えないよね>GM」
間桐桜 「だって、こう・・・
こんなときどんな顔をしたらいいのかわからなくって・・・>お母さん」
GM 「いらっしゃい。」
れんげ 「ウチの知ってるとはるんと違う…」
GUMI 「出来れば早く開始でいいんじゃない?」
間桐慎二 「やあ、桜いっしょに頑張ろうね(ニコ」
クマもん 「近代改修ですか……はたしていつになるか>パルスィ

その際は概ね鈴谷さんと同時期になるでしょうね
つまりそういう事ですわ>桜さん」
GM 「因みにそのままスタートするなら共有CO禁止ね。」
かに 「かに さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かに → 蛇喰夢子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9935 (蛇喰夢子)」
遠坂葵 「とりあえずサザエさん的な一家をみんなで演じればいいんじゃないかしら
タマいるし>桜ちゃん」
ほたるん 「そんな・・・ひどいよれんちゃん」
ジロウ 「延長は大歓迎だ」
できない子 「どっちでもいいけどね」
間桐桜 「え、はい
兄さんも本当はいい人ですもんね
がんばりましょうね>兄さん」
間桐臓硯 「14なら狼3共有1になっとったはずじゃが >GM」
GUMI 「夜も遅いし(震え声」
ほたるん 「真ん中一番上の人めっちゃこわい」
蛇喰夢子 「アイコン変更完了。よろしくお願いしますね!」
間桐慎二 「桜はいい子だな」
間桐桜 「ちょっと虫がいると無理かなって・・・>お母さん」
GM 「上段4人の意見で判断。」
蛇喰夢子 「まあまあ、ほたるんさんは平気で人にひどいことを言う方ですか?」
間桐慎二 「(爺さんがいるけど気のせい」
遠坂葵 「虫、そうねえ。。。虫だけに無視しちゃえば・・・げほっげほっ、急に
調子が」
ほたるん 「ひっ!」
クマもん 「慎二さん、一応勉強も運動もできる天才肌の美形なんですよね
設定上は」
GM 「今元に戻ってる>間桐臓硯
狼2共有2だから狼厳しい。」
れんげ 「でもいめちぇんしても虫にはなれないのん…」
間桐慎二 「この構図ってさ
爺さんの虫ほたるんって形かい?」
蛇喰夢子 「そういえば14は共有2狼2でしたね。
なら延長を希望しますよ」
間桐桜 「(お母さんってこういう人なんだ・・・」
間桐臓硯 「一応弓道部でも頑張っとるとは聞いてるの >くまもん >慎二」
クマもん 「他の方が反対されないならば延長してもよろしいかと>全員一致なら」
遠坂葵 「天然パーマの天才は基本不遇よね」
蛇喰夢子 「スリッパ・・・とってきますね>ほたるん」
間桐桜 「兄さんもまともにしてたらいい人なのに・・・
変なところでこじらせるから・・・>兄さん」
ほたるん 「虫特攻ありそうで怖いな・・・」
GM 「では24:00開始ということで。
24:00になったらその時点で集まってる人数で開始>ALL」
クマもん 「ゾォルケンさん>
ですわね。ただ一番欲しかった魔術師の才能だけスッポリとスポイルされているという」
タマ 「んでんでんで」
ゆかミラン大尉 が村の集会場にやってきました
GUMI 「あいあい>開始時間」
間桐慎二 「僕がいないとなにも動かないからね」
GM 「いらっしゃい」
ゆかミラン大尉 「こんばんは、みなさん
実況の結月ゆかりです」
間桐慎二 「イケメンってだけで罪なんだよねハハハハ」
間桐桜 「あと一人くらいきてほしいところですねぇ」
間桐臓硯 「うむ、儂の若い頃にそっくりじゃな >慎二」
ほたるん 「さすが建築のプロが長方形にしてくれたね」
ゆかミラン大尉 「ところで、クマもんがマスコットしてないのですが
…コレは一体」
遠坂葵 「とりあえずタマを使い魔にして~、かしら?」
ムー が村の集会場にやってきました
タマ 「にゃ?」
GM 「いらっしゃい」
ゆかミラン大尉 「ふっ、当然です
プロですから>ほたるん」
ムー 「よろしくお願いします!」
遠坂葵 「ふぁんねる~っていえばなんとかなるんじゃないかしら~」
小傘 が村の集会場にやってきました
小傘 「はいれたー。」
れんげ 「とりあえず人がいっぱいいるからどうにかなるのん
人じゃないのも結構いるけど…」
小傘 「よろしくお願いします!」
間桐桜 「じゃあ開始ですかねー」
クマもん 「解る人何人おりますの!?>ムー」
ジロウ 「ナイスアブダクション!」
ゆかミラン大尉 「とりあえず、人型じゃないのは
間桐さんとタマくらいですね>れんげさん」
できない子 「そして埋まると」
GUMI 「おやおや埋まった埋まった」
間桐慎二 「イケメンが僕しかいない
仕方ないなぁー」
GUMI 「ならカウントしていいんでにー?」
クマもん 「え、この私の存在だけで十分ですわ>ゆかり」
間桐臓硯 「ところで飯はまだかのう?」
ムー 「意外と分かる人がいるみたいですねー」
ほたるん 「海藻がしゃべった」
ゆかミラン大尉 「ははは、今度いったらその口を縫い合わせますよ>クマもん」
水橋パルスィ 「カウントのお時間かしら?」
れんげ 「しゃべるわかめ…この村にも売ってたん?」
間桐桜 「いやですねぇ、おじい様
ごはんならおととい食べたじゃないですか」
水橋パルスィ 「ぱるぱるぱる」
GM 「では任意のタイミングでカウントどうぞ>パルスィ」
ジロウ 「みんなレイフォールガンは持ったな!!行くぞォ!!」
ほたるん 「なんたって都会だからザル1杯300円とかで>れんちゃん」
間桐臓硯 「むー、そうじゃったか この所ボケが進んでいかんな >桜」
水橋パルスィ 「ぱ ぱ ぱる」
間桐慎二 「魔導書の準備はできてるか!」
水橋パルスィ 「ぱ     る」
水橋パルスィ 「開始」
クマもん 「嫉妬とかせずともゆかりさんもカワイイですわよ?」
小傘 「ぷるん!」
ゲーム開始:2015/07/23 (Thu) 00:00:17
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
GUMIの独り言 「霊能かー」
小傘(妖狐) 「やったぜ。」
GUMIの独り言 「かー」
間桐慎二の独り言 「初手吊り待ったなしですわ」
タマ(人狼) 「よろしくお願いしますにゃ」
蛇喰夢子の独り言 「ほむ」
間桐桜の独り言 「ほんとですよ~
しっかりしてくださいね>おじい様」
水橋パルスィの独り言 「役職が妬ましい」
ゆかミラン大尉の独り言 「あれ?今度はこっちだと狂人もらうんですか
なんとも因果ですね」
間桐桜の独り言 「あら?」
れんげ(人狼) 「はぶられたん…?」
ジロウ(人狼) 「よろしくな」
できない子の独り言 「連続でやってても」
蛇喰夢子の独り言 「原作的には潜伏占いしたいけどにー」
GUMIの独り言 「まあいいやのんびりできるって事で」
ゆかミラン大尉の独り言 「では、潜伏といきましょう」
遠坂葵の独り言 「あらあら~」
できない子の独り言 「負けだすと負けず嫌いが発動して狼やりたくなるんだよな」
遠坂葵の独り言 「占われそう」
蛇喰夢子の独り言 「良い時間の村だし普通にやるか」
クマもん(共有者) 「あら、貴方が私のマスター?」
「◆GM GMはsarielです では皆さん頑張って下さい」
蛇喰夢子 は 遠坂葵 を占います
間桐臓硯(共有者) 「むう、共有か クマもんや 飯はまだかのう?」
れんげ(人狼) 「猫とかっこいいお兄さんがいるなら大丈夫かなあ」
ジロウ(人狼) 「ムーと蛇喰とゆかミラン大尉の対応はしておく」
タマ(人狼) 「どうすしますかにゃ」
GUMIの独り言 「(寝る時間おしているのになんで村入ったんだろ私って顔)」
クマもん(共有者) 「私はライダー
真名は重巡『熊野』」
間桐臓硯(共有者) 「マスターかどうかはともかく一つ聞きたいのじゃが
お主は姉か?妹か?」
タマ(人狼) 「じゃあクマもんの対応しておくにゃ」
ゆかミラン大尉の独り言 「最近、感覚があれなので
戻していきませんと」
ジロウ(人狼) 「騙りたいヤツいなきゃ占い騙るかな」
GUMIの独り言 「これほど霊能ロラになることを望んだ時は無い…」
れんげ(人狼) 「まあ占いは任せたんよ」
小傘(妖狐) 「狩人日記書いたしあとはごろごろしてよう。」
GUMIの独り言 「狂人引いたら●凸一択レベルだったのに…」
「◆GM 投票目安は超過後1:30~2:00まで
多分寝る準備するからほぼ不在だと思うので各自自己責任でお願いします。」
クマもん(共有者) 「トンコツラーメンでよろしいかしら?」
タマ(人狼) 「お願いしますにゃ」
間桐慎二の独り言 「好きな組み合わせで桜=慎二が結構上に来るんだよね」
れんげ(人狼) 「その代わり頑張って死なないことだけ考えるのん」
小傘(妖狐) 「今日は占いさっき騙ったしね。」
間桐慎二の独り言 「アチャー=凛」
GUMIの独り言 「狼引いたら真狂-真狼しようぜと言いながら霊COするつもりだったのに…」
クマもん(共有者) 「一応両方かしら」
間桐慎二の独り言 「とかね」
ジロウ(人狼) 「囲いはいるかよ」
間桐臓硯(共有者) 「それはまたうまそうな >トンコツラーメン」
ジロウ(人狼) 「噛みは145な」
間桐慎二の独り言 「士郎がいない世界」
間桐慎二の独り言 「平和なのでは?」
クマもん(共有者) 「姉の方がよろしいのね」
間桐臓硯(共有者) 「それはまた新しいの うむ、時代はやはり姉じゃな」
タマ(人狼) 「良い感じの理由があるならお願いするにゃ>囲い」
れんげ(人狼) 「囲いは無くていいかなあ」
小傘(妖狐) 「蛇喰さんのアイコンが怖いので初日はそこに投票しよ…。」
タマ(人狼) 「ないならないで頑張るにゃ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジロウ は GM に狙いをつけました
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言                    .   - = -   /ヽ
         _   / _, ‐==≠==「/
           |: :ヾ二≧=--    \      ヽ
          .《|/¨\           \    ‘,
         /   \  \ 、       \   ト、
          /   八. \  \≧=-ミ、 \  |. \
         ./     lヽ {\.  \ ,.ィf:心x. \li   \
        /    {  .八¨ヾ|i" \ ハ 乂ツ } ≧=-.    \
        \  八   \-=彡 ヾ |    八/ |i      \
         \    、  ∧ _  .r 、   イ ハ ト、        \
       / \  \{_个:、ノr,-ゞ.' ≦_ ∧. ヾ|ハ         \ 
      /     ヾ{ ̄ i{///}》=====ミ}/ハ \  }        ハ 
    /       |\ i|///|イ三三三|彡=―/ーっ          |
    ./         八 イ///j人: | |: | ハ/////ト、.,.}          i|
   /          ∧  <////_ノ: {.:j }:ノ_〉/////|/| 《        /
   \       ∧/〉 .////{/{ ヾ{ j //}////.|/ 〉/        ./
    \     / ∨//./ ハ::ゝ}::Y:| //.八///.|ヾ¨      ./
      ≧=- .{.  ヾ≦   ∨.{::::|:八/∧////八     <
       《     ム      V》:::|:{//人.//// /  、_/
          \__ {_      }/l-|:|./{.  \/  }   _/
           =彡     ヾイ Yヾ'      彡'¨
                     ヾ≠'
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
間桐臓硯
          }、   ___
           /,};:} ィ´;:<´__/{ ̄
      ,j/{,4;:;/;:;:;:;:,z≦;:;:;:;:;:;:;≦z_____
.      ,4;:;/;:;:/;:;:;:;:/;:/;:/-≦;:;:;:;:;:;:;:<´
     〈;:;:;{;:;:;:{:;:;:;:/;/}/}≧;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ;:;:;ヽ
     ,`≧゚´ヽ彡};、    .};:} ̄≧;:_;:;:;:;:;:;:;:入_,
.   ,47/      };:}    };:} _≧;:_`;:ミ;:、;:;:}_
   {;{´{- 、j   /'_, イ´〈’  _≧;:_`;:ミ;:、;:;≦´
.   }ミ,  t_ァ 〉 {' ̄t_ァ_ソ ゙}  `寸`;:ミ;:、;:;:;:;:}.  ←若いころの儂
    〕}   _./ `ヽ    :}    }`;:ミ;:、ヽ八{
   {Y´  寸     j}    {.  /}'⌒寸`ヽ、{
   `} l   `   '’     / _}´⌒} }`;:ミ;:、
.     ゚. ,ァー――'    /  r-'  彡´;:;:;:〈{,ヘ
      ゚. :::::         {  ノ;:;:;:;:;∧;:ヘ、 ,j
.     };:゚.        .   ´ };}´;〈〉;:;:;{ .};∧ミー'
    イ〕〉;}____.   ´    _ノノ7;:;:;:;:;:;:{
  `ヽ、__/|        Y{´ /;:;:;:;:〈{;:{
.          |.          `{ /}∧小ヘ{
      }    |            /`ヽ、}'  `
     /` ー  、         {   `ヽ、
    /      ー― 、          `ヽ、_
  ,                 Ⅵ ´ ̄ ̄ ̄ ̄   `Y
/                .Ⅵ       r'    .}」
間桐慎二 「僕はイケメンだからね
正直人気すぎて他の男に嫉妬されそうだけど
めげないで頑張るよ
妹もみてるしね」
GUMI 「  ゝ-‐ '′ \              /. : : /⌒ . : . \ .\
  \       \            / . : / : : : : :、: : : : : : . \
.    \       \       .′: // . : : : : .\: : :|: : : |
      \     \\___   :: : :∧{:、 : 、: 、: :| : :|: :|:|
.         \     丶 |   }i : √~ \「\{\| : :|: :|: :\_
.          ヽ    ヽ \ }l : :ァー┐  ァー┤: : |、 : \__ノ ふぁーあ…
.          `,       ∨. :てノ⌒ '   ⌒つ : : |ノ:、: : \_
          \  .    ⌒il: :{   r -=コ / : : 八: \、__ノ
                \;       :|: : ゝ,  Vnnノ }: : :/:、:\:_>
              {       \: : :〕ト「| | |ィ7: :厶=ミーゝ
                  \        ヽ:.┌|  ∨/^i「   \
                   `丶、  /}:∧    ′/ー―― '^,
                  \/ .ノノ∧    {     / :i
                     ,′  }  ゝ--‐ '^:,    ′ |
                  ′  }  ∧    ∨/   |
                      ;    廴,/  〉    〈      |
                  j  / ∧ \ ′ ,  ∨___!__
                   {   |  X  |  V/    ̄}  \      ―-  _
                _√  \ ∨ /   /       ノ    }           ̄ - 、
           _ -      廴___ _  ̄     \         /                 /
     _ -―――――――-=ニ二三三二ニ=ー∧    //               /
   _-                    ̄ ‐=二三X,___ノ_          /  /」
タマ 「にゃあ」
れんげ 「にゃんぱすー」
小傘 「間桐臓硯さんの名前が読めないので教えてください…。」
ゆかミラン大尉 「おはようございます
マキさんが居ませんが
今日はやる夫村で実況プレイです」
間桐桜 「あ、おはようございます」
遠坂葵 は 間桐臓硯 に処刑投票しました
できない子 「おはよう」
ジロウ 「占いCO ゆかミラン大尉○」
蛇喰夢子 「占い師であることを宣言します。
遠坂葵さんは○です」
ほたるん 「おはよう」
タマ 「れんげと挨拶が被ったにゃ」
GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」
ムー 「おはようございます!」
遠坂葵 「朝一投票余裕でした~」
水橋パルスィ 「深夜0時のおはよう」
ゆかミラン大尉 「とんでもねぇ、待ってたんだよ>占い」
蛇喰夢子 「理由
ギャンブルに対して現状特にこだわりのない私ではありますが、
よく触れ親しむという意味で、道具であるところの骰子には愛着があります。
してそれを振った結果、7という数字が出ましたので自分から数えて
7番目にあたる、遠坂葵さんを占わせていただきました」
ジロウ 「理由
何やら強そうな名前をしているので占った
まあチャンピオンほどじゃないが
タマ 「2-1になりそうにゃ」
ほたるん 「この遺言は雪ミク・・・?まあいいや」
間桐桜 「兄さんそうやってイケメン主張してるとおもしr
おかしな人に見られてしまいますよ>兄さん」
れんげ 「占いが2人とも様子見にしては遅すぎるのん」
小傘 「二人かな?」
遠坂葵 「まあ~>○もらい」
間桐慎二 「20秒くらいだね占いCO
おけー頑張ろうか僕がビシッと締めてあげるよ」
タマ 「霊能でない
2-1にならなそうにゃ」
間桐臓硯 「ふーむ、霊能不在かの? 共有じゃ 相方のCOはまだかのう?」
GUMI 「出てるよ>タマ」
クマもん 「問いましょう
貴方が私のマスターですか?」
ほたるん 「さすがゆかりさんやで」
蛇喰夢子 「お疲れ様です、おはようございます。
少々出遅れてしまいましたがこれはご愛嬌。正直申し訳のない気持ちでいっぱいです」
間桐桜 「あらら?」
間桐慎二 「桜!!?
僕はイケメンだろ?学校でも人気者だろ」
れんげ 「猫もにゃんぱすってやるん?>タマ」
できない子 「霊初日かな小傘が反応としてCOあるかもだけど」
GUMI 「私霊能」
遠坂葵 「あらあらまあまあ~」
ジロウ 「>れんげ
なので両偽も見る
までいったら村認定してやった」
小傘 「霊能初日っぽいなー。
まぁいいや。」
水橋パルスィ 「おじいちゃん相方はさっき死んだでしょ」
ほたるん 「GUMI 「私霊能」」
ゆかミラン大尉 「ずいぶんと2-1にこだわってますね
霊能は犠牲になったのです、コラテラル・ダメージというやつですね>タマさん」
蛇喰夢子 「GUMi吊りで。共有なら共有と言ってくださいね」
間桐桜 「え?
おじい様?
ボケは大丈夫ですか?」
GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」
遠坂葵 「GUMIちゃんがわかりにくいけど霊能COしてますね~」
できない子 「違うならそのまま初日だろうね」
間桐桜 「◇GUMI 「私霊能」」
タマ 「あ、気付かにゃかったにゃ>GUMI」
間桐慎二 「2-1-2らしいぞ
GUMI霊能CO」
GUMI 「2発言目これ」
ほたるん 「○もらいとかではないか」
ムー 「GUMIさん霊能でしたか!」
遠坂葵 「実質的に霊能者と同じことを宣言してるのですから~」
小傘 「◇GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」
これあるから許して良さそう。」
タマ 「◇GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」

これがCOってことにゃんでしょう」
ジロウ 「◇GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」
これだな」
できない子 「わかりにくいなあ」
GUMI 「超分かりにくいCOだけれど、まあ、意味は通じるはずだしね」
遠坂葵 「遅いCOよりはよっぽど信用できるとおもいますわ~」
れんげ 「霊能いたんだ…」
ほたるん 「ああー、あらかじめ言ってたのね おkおk
対抗釣りか」
間桐臓硯 「◇GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」

そういうのはちょっと紛らわしいというか COは文字を
大きくか小さくして欲しいの 老人の目には見づらいのでな」
ゆかミラン大尉 「おや?そこでしたか
てっきり初日の犠牲になったのかと…」
小傘 「という訳でグレランしましょ。」
クマもん 「アッハイ
契約不成立ですか共有です」
蛇喰夢子 「私はそこらへん優しくするほど心に余裕がないんです。
2発言目? いえいえ、そんなこと。
COを視野に入れている人外は普通にそのくらいできますから」
間桐桜 「え、うーん・・・
兄さんと付き合いのある女子ってちょっといい噂を聞かないっていうか・・・
えっと・・・
そういうたぐいの子だってよく聞きますよ?>兄さん」
タマ 「すごい一体感をかんじるにゃ」
水橋パルスィ 「ぐみぐみぐみぐみ、君らGUMI組にでも入ったんか みたいな」
GUMI 「偶には分かりにくいCOをしてみたいという衝動に駆られた」
ゆかミラン大尉 「いたぞぉおおぉぉおおお!!霊能がいたぞぉぉぉぉぉおおおお!!」
ゆかミラン大尉 「ということですね」
蛇喰夢子 「2発言目、という発言の意図はそれですか。
少々勘違いしてしまいましたがー」
遠坂葵 「それより~問題はそこの猥褻物に投票してしまったあげくに
今日確定で吊れないことですわ~」
蛇喰夢子 「ふーむ」
ジロウ 「霊発言探したせいで灰視の時間が減っただろうが(半ギレ)」
間桐慎二 「ど、どういうことだ
僕はイケメンでもてもてこれは間違いないはずなんだ
なのに桜がなにか言ってるどういうことだ
どういう意味なんだ・・・・・・」
間桐臓硯 「あーうん、クマもん?相方で間違いないの
うむ、やはり姉じゃな!!」
間桐桜 「◇GUMI 「死体が何か見える人だって、GUMIちゃん」

これは信頼に足ると思いますね。」
ほたるん 「まあ、いいんじゃない?>夢子
対抗いたらそりゃロラったろうけど そういう狙いだろうし」
できない子 「GUMIだからいいけどそれこそRPでそういうことやりそうなのだと
そういうRPですまされちゃうよねこういうのって」
タマ 「霊能がみにくいかどうかの文句は置いておくにゃ
そこ話しても鰹節がもらえる訳じゃニャし」
れんげ 「クマモンとなんかよくわかりにくい漢字のおじさんが共有だっていうのは分かるんだけど
表現がわかりにくいのん」
ムー 「まあ意図は通じますしそこまで問題でもないと思いますけどねー」
間桐慎二 「この村も僕のために集まったと言っても過言ではない
ってしかもレベルが高い流石僕だね」
遠坂葵 「桜ちゃんはいいこね~」
GUMI 「まあ、そこは考えてやってるので>できない子」
水橋パルスィ 「CO文から共有初日なんだろうなって思ったのに…そう思ったのに…」
タマ 「まだ足りないのかにゃ?>ジロウ」
蛇喰夢子 「いいですわ。十全ではありませんがならば認められます。
すいませんね、GUMIさん。少々私、攻撃的な性格のようです!」
小傘 「名前読めない人は結局読めないけど共有だからいいか…。」
遠坂葵 「さ~く~ら~ちゃ~ん」
クマもん 「ちなみに最上型としては末妹ですわ>臓硯」
ゆかミラン大尉 「そうですね、そのあたり
ふれないでいると、10万ドルぽんとくれるでしょう>タマさん」
間桐臓硯 「遠坂のうっかり癖が移ったかの >葵
早投票は事故の元と民○書房で習わなかったのか?」
ジロウ 「怪しいって意味じゃ一名いるが占い位置かと言われるとわからんな」
タマ 「対抗吊り?>ほたるん」
GUMI 「理解してくれたならGUMIちゃんとしても問題ないのです>夢子」
間桐桜 「兄さんに群がる女性って・・・
その、言いづらいんですけど・・・
お金のためならだれにでもその・・・そういうことをしちゃうっていう噂がですね>兄さん」
水橋パルスィ は 間桐慎二 に処刑投票しました
ほたるん 「へーそういうボイスロイドなんだ>できない子」
蛇喰夢子 「>ほたるん
ええ、結果的にはいいということにしました!」
れんげ 「霊能初日なら疑う必要ないねって言おうとしたらなんか話のネタがなくなってどうしようもないん」
間桐慎二 「な、なんだと・・・・・・」
水橋パルスィ 「>慎二 レベルが高いって何が?」
タマ 「ああ、釣るってそういうことかにゃ>ほたるん」
ほたるん 「釣り フィッシング 好きでしょ?>タマ」
遠坂葵 「猥褻物め、私に口を開かせてなにをするつもりですか
娘には指一本ふれさせませんよ~」
間桐慎二 「僕がイケメンじゃない・・・・・
実はモテモテじゃないだと・・・」
小傘 「おっぱいかな?」
間桐慎二 「顔>パルスィ」
間桐桜 「お母さん?
どうかしましたか?>お母さん」
ゆかミラン大尉 「そのあたり、話の話題がないなら
のんびりするといいですよ>れんげさん」
水橋パルスィ 「どうして吊りたい人は投票してから気づくんだろう」
できない子 「ネタなんて別に何もないなら何もないでいいんじゃない。」
遠坂葵 「よんでみ・た・だ・け♪>桜ちゃん」
タマ 「魚好きにゃ!>ほたるん」
ムー 「うっかりしてる女性って可愛いと思います」
れんげ 「この村の「票」が集まるのがレベル高いん?>わかめ」
遠坂葵 「桜ちゃんかわいい~」
ほたるん 「占いへの印象の話がないな」
ゆかミラン大尉 「こんど、胸の話をしたらその口縫い合わせますよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小傘 は ムー に処刑投票しました
GUMI は ほたるん に処刑投票しました
ゆかミラン大尉 は れんげ に処刑投票しました
クマもん は ジロウ に処刑投票しました
タマ は できない子 に処刑投票しました
できない子 は ムー に処刑投票しました
ほたるん は ムー に処刑投票しました
間桐臓硯 は できない子 に処刑投票しました
蛇喰夢子 は タマ に処刑投票しました
間桐桜 は タマ に処刑投票しました
ムー は ほたるん に処刑投票しました
間桐慎二 は ムー に処刑投票しました
ジロウ は れんげ に処刑投票しました
れんげ は ほたるん に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
水橋パルスィ0 票投票先 1 票 →間桐慎二
蛇喰夢子0 票投票先 1 票 →タマ
クマもん0 票投票先 1 票 →ジロウ
れんげ2 票投票先 1 票 →ほたるん
できない子2 票投票先 1 票 →ムー
ジロウ1 票投票先 1 票 →れんげ
間桐桜0 票投票先 1 票 →タマ
タマ2 票投票先 1 票 →できない子
遠坂葵0 票投票先 1 票 →間桐臓硯
間桐臓硯1 票投票先 1 票 →できない子
ほたるん3 票投票先 1 票 →ムー
間桐慎二1 票投票先 1 票 →ムー
GUMI0 票投票先 1 票 →ほたるん
ゆかミラン大尉0 票投票先 1 票 →れんげ
ムー4 票投票先 1 票 →ほたるん
小傘0 票投票先 1 票 →ムー
ムー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゆかミラン大尉の独り言 「さて、真狼と」
ジロウ(人狼) 「うっし」
間桐慎二の独り言 「1ッ票っすかあああああ」
タマ(人狼) 「対抗噛むのかにゃ?」
ジロウ(人狼) 「対抗噛もうと思うがどうだ」
GUMIの独り言 「まあ順当な吊」
蛇喰夢子の独り言 「ふむ」
れんげ(人狼) 「ウチのほうがよっぽど中身ないと思ったんだけどなあ」
間桐臓硯(共有者) 「まあステ吊りの範囲じゃな」
ゆかミラン大尉の独り言 「噛まれ位置に入りましたが
私はげんきです」
蛇喰夢子の独り言 「ほたるん占いたかったがなー」
ほたるんの独り言 「なんか2位な気はしたよ」
クマもん(共有者) 「初日に限ればタマさんの印象が良かったですわね」
れんげ(人狼) 「狩人COはどっちか用意したほうがええ?」
ほたるんの独り言 「これで●かったりするとすごいいい感じなんだけどね」
クマもん(共有者) 「ムーさんが木曜スペシャルされてしまいましたわ!?」
タマ(人狼) 「狼視点だとなんとも言えないにゃ
占い護衛も霊護衛もありそうにゃ」
ほたるんの独り言 「単純に挨拶位置票が2つくらいかな」
れんげ(人狼) 「噛めるかどうかは五分…いや4分ぐらいだろうなあってとこだし」
間桐臓硯(共有者) 「ムー大陸など都市伝説じゃったんじゃろうね」
クマもん(共有者) 「まぁ、私が姉になるにはちょっと複雑なアレコレがありまして」
小傘(妖狐) 「接続切れるのやめて!」
れんげ(人狼) 「霊能噛んで信用やろうとはならないな」
間桐慎二の独り言 「楽しもう」
れんげ(人狼) 「無理」
水橋パルスィの独り言 「ジロウじゃない方って誰だっけ」
間桐桜 は 蛇喰夢子 の護衛に付きました
間桐慎二の独り言 「屑だよな思考が」
タマ(人狼) 「●もらうか指定されたら狩人COしたほうがいいかにゃ?」
ジロウ(人狼) 「一応仕込んでおいてくれ
噛めなきゃれんげ囲う」
クマもん(共有者) 「正直初日の占い先としてどっちも囲いありそうなのが悩ましい」
水橋パルスィの独り言 「見たけどわからんかった」
水橋パルスィの独り言 「霊が噛まれる」
れんげ(人狼) 「まあ対抗即で」
間桐臓硯(共有者) 「あまり良い結果見込めないなら4日目ロラも検討ってくらいじゃな」
水橋パルスィの独り言 「多分そのまま死ぬ」
間桐臓硯(共有者) 「狼混じりではありそうだしの」
タマ(人狼) 「わかったにゃ」
クマもん(共有者) 「どっちも、初日の占い先とか適当でいいかって真でもありえるのが尚更」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
蛇喰夢子 は 間桐慎二 を占います
ジロウ は 蛇喰夢子 に狙いをつけました
人狼は護衛に阻まれたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ムーさんの遺言 いやー普通の村人なんですよね!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
小傘 「(たゆんたゆん」
間桐慎二 「女の子吊るなんて僕にはできない
男吊るしかないじゃないか!!」
できない子 「おはよう」
間桐臓硯
                __
               ><´    `><
.            /              `≧s。
         >/                /  厶
         | }i   ‐--‐      /     ∧
        }ヽ ヽ¬r-─¬  _   }i         }
.        冫 \`ヽ--   /    ノ   __   /  儂は桜に指一本触れてはおらんぞ 『指』はな >葵
          }i<_ \   /     _}  /ヘヽ、/
         入 ミiュ。 }  廴。ェi≦彡=  j  } }人__
         {ヽ__ ィ |    ヽ、_ ,ィ´ / __Y〈 |   }≧
           |    廴,,ィ≦ヽ、  / 廴ノ  i{   |三
          ,ィ劣i /        \ |__}´   i{  |三
       ,ィ劣三<ィ-─── 、  r┤ ',   /   |三
       ,炸三三沁二ニ____ノ  ヽ、ゝ/   ,炸|
        ,i佳三三三三|}    }i `ヽ  i /    ,i佳||
.      {|三三三三三|}   }iヽ、    /   炸三|」
ジロウ 「占いCO れんげ○」
れんげ 「にゃんぱすー」
蛇喰夢子 「占い師であることを宣言します。
間桐慎二さんは○です」
GUMI 「幻のムー大陸は白かったらしい」
ほたるん 「おはよう

タマがかわいくてちょっとなごんだ
夢子がものすごい気合はいってるから真狼なんじゃないかな
霊関連はちょっと稼ぎがちかなーとはおもうけども・・
護衛はそっちいってるよね基本 ジロウはまあジロウって感じ」
遠坂葵 「いぇ~い☆」
小傘 「やったね! >死体なし」
間桐慎二 「あと、爺さんが女の子と夜イチャイチャしながら
虫弄ってるとかどういう状況なんですかね!!」
ゆかミラン大尉 「おはようございます」
タマ 「おはようにゃ
だいたい役職死んでるか死体が無い朝だにゃ」
ほたるん 「いいじゃーん」
間桐慎二 「大声で叫んでるの悲鳴じゃないんですか!!?」
れんげ 「やったのん」
ゆかミラン大尉 「ほむ、死体なしですね」
蛇喰夢子 「理由
2-1の場合で恐るべき狂人の可能性をまず視野に入れ、
占い先を選定していった結果RP発言メインで、
私の感性に何かを訴えかけている間桐慎二さんを占いますね。
書くべき理由はこの程度でしょうか?
少々、占い理由を削りすぎたような気もしますね」
遠坂葵 「猥褻物がつれないなら
慎ちゃんつっとくべきだったわね~、お母さん反省(てへ
間桐桜 「おはようございますー」
タマ 「良い朝だにゃ」
GUMI 「じゃあ指定、おやすみ、ぐー」
ジロウ 「理由
昼にも言ったが
◇れんげ「占いが2人とも様子見にしては遅すぎるのん」
ここまで言っておいて、だから占い偽っぽいまで言ってないのがな
オレ除けば1票位置なんで占ってもいいと判断した」
水橋パルスィ 「イケメンがいるらしいからメイク直してくるわ」
間桐桜 「あ、死体ないですね」
ゆかミラン大尉 「これは、人外なんぞ瞬きしてる間に
殲滅できますよ、という狼煙でしょうね」
間桐慎二 「平和だ僕の美声で迷ったね」
蛇喰夢子 「死体なし、と」
遠坂葵 「あら~?あらあらあら~?>慎ちゃん○」
間桐臓硯 「グレラン続行じゃな 狩人はGJなら遺言書いてもいいぞ
書かなくてもいいがそれで乗っ取られても事故責任(誤字にあらず)で」
間桐桜 「兄さんが占われてる・・・」
蛇喰夢子 「これは私にとって少々悲しいお知らせですね。
こう言えば反感を買うことをわかっていながら、しかし私はこう言わなければなりません」
ほたるん 「まあ大抵占いが真狼の護衛成功位置が真でよさそ」
できない子 「真っぽいほう一応考えてたけど
死体なしだとそこまで思うことないか」
遠坂葵 「めっ>蛇喰夢子ちゃん>慎ちゃん○」
タマ 「狐噛みよりはけっこう占いGJな感じにゃ」
間桐桜 「兄さんって歌はどうなんでしょう?
お母さんはどう思いますか?
美声とかいってますけど」
間桐慎二 「僕は人気者だろ(キリ>桜」
できない子 「霊GJはあるけどね」
ジロウ 「まあ指定進行が無難じゃねえかな」
れんげ 「6だったら特に指定は無くてもいいかなあ
気合でやってやるのん」
GUMI 「明日私噛み入ると良いなー(怠惰」
水橋パルスィ 「慎二には投票したけど私の勘違いだったから白はまあ」
ゆかミラン大尉 「ほむ?占い噛みスタートといったところで
ほたるんさんは見ている感じなのですね?>ほたるんさん」
ほたるん 「●かったらそうかなあとはおもうけど>できない子」
小傘 「せやな。 >できない子」
間桐桜 「反感、ですか?>夢子さん」
遠坂葵 「だめね、天然パーマの時点で駄目ね、桜、わかるでしょう
髪は心の鏡だから>桜ちゃん」
タマ 「こわくないのかにゃ>れんげ」
ほたるん 「70%くらい夢子GJじゃないかな?>大尉」
蛇喰夢子 「なぜなら私は死体を元に推理し、人外を見つけるスタイルだからです。
残念ですね、悲しいです。吊りが増えたことと差し引きで、
私にとってはプラスマイナスがゼロなんですよ」
間桐慎二 「これジロウか爺さんかタマくらいしか投票先がねえんだけど」
間桐慎二 「どういうことだ!!」
ジロウ 「そういや水橋の思う吊りたい位置ってのは結局どこだったんだ
言う気ないなら言わんでもいいが」
間桐臓硯 「・・・ところで相方生きておるか? 発言的意味で

         . -―― .
        /   l    ゚ヽ
         〈 ゙ー、   ,. ´ , }
        !  ヽl /  { |
       ハゝ-、_)(_, - く ハ
       ,ゝヘ' 二!ll゙二 ゙,r/|\
    ..イ|//|´、{ェェェェェj,ィi.:.:|//|`ー-,、
  /////,|//|:.:.:|i> --< ,||.:.:|//|/////ヽ
  |////∧,'∧:.:ヾ、y____〃.:|//|////i//}
  //i////∧,'∧/´ー┐〉〉〉|//|///////!
 j/∧////'∧>'´,二`-‐、\/|/////∧
///,'∧//「!´ ,巛;i;i;i;、;i;ノ\「|\'////,'∧
!///////| |//|`{;i;i;i;iY{:.:|/,| |//\////,}
∨'/////| |/,|/,|:./`ヽ;i;i∨/,| |////\'/V
////////,| |/,|/,|:'.:.:.:ノ;i;i;i;i〉/| |///////∧
ヽ///////| |/,|/,|、:.:.:{;i;i;i;/|/,i| |'////////
ゆかミラン大尉 「個人的感想をいえば、占いか霊能のどっちかを噛んだ
というは見えますが
さあどっちといわれるとわかりませんね
マキちゃんいわく、私の推理はクソエイムだそうなので」
小傘 「ジロウ占いだろ! >慎二」
できない子 「でも誰かしらいっちゃうよねそういうのって>夢子GJっぽい」
水橋パルスィ 「>ジロウ れんげ」
ほたるん 「ジロウ投票すればいいとおもうよ>慎二」
間桐桜 「でも、兄さんのワカメは結構似合ってると思いますよ>お母さん

人気・・・そうですね
お金のために人気、ですよね>兄さん」
蛇喰夢子 「>桜
うふふ、そうですよ。そりゃあそうなんです。
何せ占い師ともあろうものが、死体が出てない、嬉しくない、と言えば反感を買うでしょう?」
タマ 「占い吊る気かにゃ>慎二」
間桐慎二 「知ってるよ!!>小傘」
ゆかミラン大尉 「ほむ、わりと高いですね>ほたるん」
GUMI 「サボりたい」
ジロウ 「なんでジロウが投票候補に入ってるんですかね(困惑)
昨日もさらっと票入ってるしよ」
間桐桜 「クソエイムってなんでしょう」
れんげ 「こっちが狩人なさそうなとこ突っついとけば大丈夫だと思うん>タマ」
小傘 「RPかよ!
すまんな。 >慎二」
間桐慎二 「女の子しかも粒ぞろいの女の子投票だなんてうっ・・・」
水橋パルスィ 「クマもん 0 票 投票先 → ジロウ
ほんまや」
クマもん 「慎二さん歌はいけると思いますわよ
無駄にイケボだから>桜」
GUMI 「きっと死体無し出るならGUMIちゃんは寝てても勝てるだろうと信じたい」
間桐臓硯 「富竹って苗字が付いておらんか? >ジロウ」
GUMI 「というか判断役やりたくない(怠惰」
ジロウ 「これはグレランでオレが吊られる可能性が…?」
タマ 「にしては誰も突っついてないにゃ>れんげ」
ほたるん 「逆に真は信用優勢なら即噛めないだろうなんてのは所詮都合だしね>大尉」
間桐桜 「それは確かにそんな感じしますよね
だって夢子さんが噛まれたかもしれないのにそんなことをいうなんて・・・。
ってなるのかもしれません>夢子さん」
間桐臓硯 「ああ、生きておったか
ま、ここで指定はする気はないぞ」
水橋パルスィ 「多分GUMIが判断役やる日は来ないよ」
遠坂葵 「お兄ちゃんのワカメって表現ってとっても残念ね~
桜ちゃんは面白いのね~」
クマもん 「生きておりますわ
ちょっと発言見ておりまして」
ゆかミラン大尉 「なるほど>ほたるんさん」
れんげ 「しーっ>タマ」
できない子 「真面目にGJ出てなそうなほうを3日目指定するってのはどうなんだろ。
ただ結局GJ出てなくても真あるからないんだろうなあ」
GUMI 「やったぜ>パルスィ」
水橋パルスィ 「>ジロウ 確かに君は占われてないな」
間桐慎二 「イケメンである僕はハーレムを厳選しないといけないのか・・・」
蛇喰夢子 「はあ、残念です。非常に残念です。
私の考え方、占い方の軸が作れません。
ですので、くれぐれも狩人さん」
タマ 「指定しない気みたいにゃらしょうがにゃい」
間桐慎二 「これは辛い選択を迫られる」
GUMI 「さあ、GUMIちゃんは楽して勝ちたいのだ、はよ、はよ」
タマ 「あっはいにゃ>れんげ」
蛇喰夢子 「たとえここで吊れるとしても遺言は必ずや残してくださいね」
間桐桜 「もしかしたらもずくかもしれませんね
コンブだとおいしそうだからダメかなって思います>お母さん」
ジロウ 「グレランとは何か
その意味が問われる」
水橋パルスィ 「>ジロウ ジロウ占い位置である可能性がある」
ゆかミラン大尉 「個人的には2-1ということで
わりとどっちもあるかなーといいうのが
私の考えだったもので…ふーむ、参考にいたしましょう>ほたるんさん」
遠坂葵 「遊んでる所のこせばいいとおもうの~」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小傘 は タマ に処刑投票しました
GUMI は ほたるん に処刑投票しました
ほたるん は ジロウ に処刑投票しました
クマもん は できない子 に処刑投票しました
ゆかミラン大尉 は 水橋パルスィ に処刑投票しました
遠坂葵 は 小傘 に処刑投票しました
ジロウ は できない子 に処刑投票しました
れんげ は 小傘 に処刑投票しました
間桐臓硯 は できない子 に処刑投票しました
間桐桜 は タマ に処刑投票しました
蛇喰夢子 は タマ に処刑投票しました
できない子 は タマ に処刑投票しました
間桐慎二 は できない子 に処刑投票しました
タマ は 水橋パルスィ に処刑投票しました
水橋パルスィ は できない子 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
水橋パルスィ2 票投票先 1 票 →できない子
蛇喰夢子0 票投票先 1 票 →タマ
クマもん0 票投票先 1 票 →できない子
れんげ0 票投票先 1 票 →小傘
できない子5 票投票先 1 票 →タマ
ジロウ1 票投票先 1 票 →できない子
間桐桜0 票投票先 1 票 →タマ
タマ4 票投票先 1 票 →水橋パルスィ
遠坂葵0 票投票先 1 票 →小傘
間桐臓硯0 票投票先 1 票 →できない子
ほたるん1 票投票先 1 票 →ジロウ
間桐慎二0 票投票先 1 票 →できない子
GUMI0 票投票先 1 票 →ほたるん
ゆかミラン大尉0 票投票先 1 票 →水橋パルスィ
小傘2 票投票先 1 票 →タマ
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ほたるんの独り言 「やってしまった」
遠坂葵の独り言 「桜が白くてなにより」
間桐慎二の独り言 「つ、つってしまった・・・・僕の手で・・・・・」
水橋パルスィの独り言 「すまん できない子がどこにいるか見つけられなかった」
小傘(妖狐) 「狼がんばれ☆がんばれ☆」
ゆかミラン大尉の独り言 「ふむ」
間桐慎二の独り言 「ごめんよできない子」
ゆかミラン大尉の独り言 「ここでしたいなしはキツイですね」
間桐桜 は ジロウ の護衛に付きました
間桐臓硯(共有者) 「割りと霊能GJすらありそうなのじゃよねえ」
ジロウ(人狼) 「狂誤爆であることを祈ろう(投げやり)」
タマ(人狼) 「あぶにゃい」
クマもん(共有者) 「霊GJならできない子が狩り目ですわね」
蛇喰夢子 は タマ を占います
れんげ(人狼) 「まあだいたい狩人がまともである限り無理げーだから」
タマ(人狼) 「位置的に私から狩人してもキッツい気がするにゃ」
GUMIの独り言 「寝たい(まがお」
タマ(人狼) 「れんげは適当にわたしを殴ってほしいにゃ」
クマもん(共有者) 「いやまぁ今日吊ってしまったのですが」
GUMIの独り言 「もっと投票と噛みは早くするべきだと思う(はくしん」
ジロウ(人狼) 「ほたるんに●でもぶち込むか」
小傘(妖狐) 「まー○しか噛めないだろうけど。」
れんげ(人狼) 「投票的にきついと思う>身内名栗」
ゆかミラン大尉の独り言 「夢子さん狼だと霊能噛みそうなんですよね」
クマもん(共有者) 「れんげさん交換占いしてくれると楽ですわね
狩りは多分無い」
れんげ(人狼) 「栗の話したことはなかったとは思うが…」
間桐臓硯(共有者) 「まー、ここまでの○のどっかに囲いはありそうじゃがな 確かに」
れんげ(人狼) 「噛みなあ…めっちゃむずいのん」
タマ(人狼) 「きついかにゃ、ごめんにゃさい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジロウ は GUMI に狙いをつけました
GUMI は無残な負け犬の姿で発見されました
(GUMI は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言 ただ今日は基本指定ね>共有
非狩人。
遺言に書いてること考慮入れれば4日目はってことだけど
GUMIさんの遺言                ______
         . : : : : : : : : : : . ー-‐ァ   ,. -―===ニニ二~~ ̄ ̄~¨¨二ニ==ー‐=ニ二¨~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /. : : : : : :-―‐-=ニ二__ァ'′
      / . : : : : : : : : : : : : :ー-=≦__
    /⌒. : : : : : : : . ー<\:_:_:_:_:ノ
   / 〃 . : : : .ー- 、、: 、: .\: / /\
   { i{  . : .\ー┼`Ti\: : .\|.. . \              丶、       霊能なので後はお休み   結果はログでお願いっと
.-:‐ -‐! . : : : _:_._\   ┘ \_}」__. .. . ..ヽ_         __ _  丶
: . .  /^:、 . : : .  ̄\  、 ┌┴一 \r―ヤニ= -‐―
: .   ′ \ . : . ー=弋弌我L_     | |
: . __{   ____>-=ニ二≧=彡'^込,____|____」                     、
:. :. .弌,       ___    ー- --  _厂  廴_                  丶、
:_:._:_._.__≧==ニ二 ̄二ニ==―==ニ二_____三二ニニニ====‐----=ニ二..,,__ _\
   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                     ̄ ̄`'ー---‐ ''"¨~ ̄
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
間桐慎二 「つ、つってしまった僕の手で・・・・
うっ惜しいことをしたと本気で思うよ」
タマ 「にゃあ」
ほたるん 「ごめん投票間違えた

おもいっきり昨日と違うこと言うけど夢子70%って割りと適当
ジロウとどっこいだとおもってたりする」
蛇喰夢子 「占い師であることを宣言します。
たまさんは●です」
れんげ 「にゃんぱすー」
間桐慎二 「ところで、
◇遠坂葵  「猥褻物がつれないなら
慎ちゃんつっとくべきだったわね~、お母さん反省(てへ」
間桐一族に恨みでもあるのだろうか
この殺気やばい」
ジロウ 「占いCO ほたるん●」
ゆかミラン大尉 「おはようございます」
小傘 「霊能噛みかぁ。」
間桐桜 「あら?」
水橋パルスィ 「指定役にはならないだろうって言ったけどちょっと早かった」
蛇喰夢子 「理由
理由としてはできない子さんにジロウさんが投票しているから、ですね。
本日の投票は割とどっちに投票するかというような具合だったでしょう?
また、たまさんが村であるなら(投票してはいますが )4日目の
吊り先はほぼたまさんで確定であるので、流れを散らすのも面白そうだと思いました」
タマ 「ふしゃーと霊能噛まれたにゃ
やっぱ占いGJかにゃ」
間桐慎二 「あと、家の妹容赦なくて僕は少し泣きそうです(シクシク」
小傘 「ああー、ほたるん●信じたい。」
蛇喰夢子 「ふむ」
ゆかミラン大尉 「お、おぅ…霊能噛みからの
ということは、昨日は占い噛みということで
間違いなさそうですね」
ほたるん 「なんだこれここで霊とか」
間桐桜 「これは結果的に真狼ですかねぇ」
遠坂葵 「なにかしらね~」
タマ 「にゃるほどそっちかにゃ」
ジロウ 「理由
ほたるん1 票 投票先 ⇒ジロウ
その喧嘩買ったぞオラァ!
発言的に対抗側でもおかしくねえしな」
ほたるん 「お、なんか●もらい嬉しい ジロウ偽か」
水橋パルスィ 「どっちも吊った場合、9人昼かあ」
間桐桜 「私はタマちゃん●を信じたいところです」
間桐臓硯 「ふーむ、COはちょっと待て」
ほたるん 「へいへーいCOなーし」
間桐慎二 「GUMIが噛まれる
べっぴんさんが!!」
小傘 「昨日占い噛みって考えてるのが何かしらあると思ってた。」
クマもん 「どちらか先に聞きたいCOあります?>臓硯」
ほたるん 「(´・ω・`)そんなー」
遠坂葵 「占い師でGJ出たあとに~霊能噛むって実はあんまりないかしら~」
れんげ 「●なあ、両方とも言っちゃってもいいと思う」
ゆかミラン大尉 「んー、たしかにほたるんさんの論調は
ジロウさんと対立するものでしたね」
タマ 「だいたいジロウ貼りついてりゃ勝てるにゃ」
間桐臓硯 「CO無し言ってしまったなら吊るしか無いの」
蛇喰夢子 「であるならば私の考え方はかなり正しいものである、と思っていいですね。
正直四日目朝に霊能死体では考え方は進みませんが、
投票周りに対する私の思考はかなり正しいものであるように感じます」
間桐慎二 「(ちなみにタマ投票シなかった理由は役臭いからです)」
間桐桜 「指定されてからCOいうほうがいいと思いますけどね」
小傘 「タマは非狩人目で投票したんで特に感想はない。」
ゆかミラン大尉 「あと、タマさんもタマさんで
指定ほしがってたので役っぽさはあったとおもいますが」
クマもん 「どの辺りがなるほどかお願いします>タマ」
小傘 は ほたるん に処刑投票しました
蛇喰夢子 「私の場合、その枠はほたるんさんでしたね>しんじさん」
遠坂葵 「だから霊能噛み連続とかかしらね~?
それかあえての狂噛みをした真狂もしくは狂狼系なのかしら?」
ほたるん 「たま●ってわりとすごいね」
水橋パルスィ 「COなし言ったなら吊るしかないなんて幻想よ」
間桐桜 「兄さん・・・
また女の人のおしりおいかけて」
れんげ 「できない子で狩人吊った可能性ってのを考えてるけど
考えてもしょうがなかったりするん?」
タマ 「ただ私視点の偽がわかったからにゃるほどにゃ>クマもん」
ゆかミラン大尉 「そうですか?
タマさんの指定とかに対するスタンスが妙に役っぽさがありましたが>小傘さん」
ジロウ 「そういや4票位置か」
間桐慎二 「(ほたるも同じだなんて言えない)>夢子」
ゆかミラン大尉 「面白いやつだ、吊るのは最後にしてやる>水橋さん」
クマもん 「ではリグルさんのリグルをグリルします」
タマ は ほたるん に処刑投票しました
蛇喰夢子 「ですのでまあ、真狼と想像するのであれば、
村の皆々様は占い候補はお互い役職目に●を出していると理解していいのではないでしょうか」
ほたるん 「噛めばいいのに狐にでも見たかね狼さんってば
残念ながら村なので呪殺に怯えるといい」
ジロウ 「つっても新しいヒントにはあんまならねえな
完全灰に少なくともほたるんはいたわけだしよ」
間桐慎二 「まあ、最後はこの”僕”が
すべて明らかにしてあげるから不安に思わないでいいよ>僕のハーレム候補のみんな」
水橋パルスィ 「タマ吊りましょう」
遠坂葵 「どっちかっていうともしくはできない子狼とかあるのかしら~?」
間桐桜 「リグルさんのリグルってなんでしょう・・・
グリル・・・。
虫って食べれるんでしょうか」
ゆかミラン大尉 「まるでカカシですな>慎二」
クマもん 「では昨日までの占いの印象をお願いします>タマ」
蛇喰夢子 「うーん」
ほたるん 「非狩ってわざわざ書いてあるし違うんじゃないかな>れんちゃん」
タマ 「虫をとるにゃ~」
水橋パルスィ 「◇ほたるん 「たま●ってわりとすごいね」
これが演技なら大したもんでしょ」
間桐桜 「明日タマさん吊ってくれるなら別にいいんですけどね
私的には初日から狙ってたところでしたし。」
蛇喰夢子 「できない子さんが狼だと、
本日の霊能噛みははっきりと自殺の筋だと感じますね>葵さん」
れんげ 「ウチの村では食べるよ>桜」
ゆかミラン大尉 「ほむ」
間桐慎二 「桜に虫の話はNGだ!!」
間桐桜 「私はちょっと苦手ですね・・・。>れんげさん」
蛇喰夢子 「うふふ」
ゆかミラン大尉 「どっちかというと、霊能噛んで信用戦を仕掛けてるというのが
大筋かと思いますね」
クマもん 「虫料理は日本以外では多いと聞きますわね>桜」
間桐桜 「兄さん・・・やさしい・・・」
小傘 「そこから両偽の可能性に発展してないのがびみょい。 >パルスィ」
タマ 「正直言ってどっちもどっちかにゃ
期待値的にはジロウのが初日から灰視てて少し高かったにゃけど>クマもん」
ほたるん 「明日でいいさ
幸いにも僕吊りになんの躊躇もない>ぱるぱる」
ゆかミラン大尉 「なので、できない子さんが狼とも思っていない感じですが」
間桐桜 「虫は苦手なんですよぉ」
遠坂葵 「そうよねえ~?ほたるんよりたまのほうが●っぽいわよねえ~?」
間桐慎二 「はん、僕は紳士だからね>桜」
蛇喰夢子 「楽しくなって参りましたね。
明後日までに必ずもう一つ結果を吊れて来ましょう」
水橋パルスィ 「信用で●出す?」
水橋パルスィ 「●は物理よ」
遠坂葵 「潜伏狂人あたりいるのかしら~?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水橋パルスィ は タマ に処刑投票しました
ゆかミラン大尉 は ほたるん に処刑投票しました
間桐臓硯 は ほたるん に処刑投票しました
クマもん は ほたるん に処刑投票しました
れんげ は ほたるん に処刑投票しました
間桐桜 は ほたるん に処刑投票しました
蛇喰夢子 は ほたるん に処刑投票しました
遠坂葵 は ほたるん に処刑投票しました
ほたるん は ジロウ に処刑投票しました
間桐慎二 は ほたるん に処刑投票しました
ジロウ は ほたるん に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
水橋パルスィ0 票投票先 1 票 →タマ
蛇喰夢子0 票投票先 1 票 →ほたるん
クマもん0 票投票先 1 票 →ほたるん
れんげ0 票投票先 1 票 →ほたるん
ジロウ1 票投票先 1 票 →ほたるん
間桐桜0 票投票先 1 票 →ほたるん
タマ1 票投票先 1 票 →ほたるん
遠坂葵0 票投票先 1 票 →ほたるん
間桐臓硯0 票投票先 1 票 →ほたるん
ほたるん11 票投票先 1 票 →ジロウ
間桐慎二0 票投票先 1 票 →ほたるん
ゆかミラン大尉0 票投票先 1 票 →ほたるん
小傘0 票投票先 1 票 →ほたるん
ほたるん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
間桐慎二の独り言 「割りと初日からジロウ偽だと思ってるんだが」
ジロウ(人狼) 「信用勝負なんてちょちょいのちょいよ(適当)」
タマ(人狼) 「にゃにゃ」
間桐慎二の独り言 「だからタマ釣りたかった」
れんげ(人狼) 「正直狂人がサポ入らないときつい形」
タマ(人狼) 「狩人COはいるかにゃ?
ないほうが自然な気はするにゃ」
間桐臓硯(共有者) 「まず狼混じりは確定で見ていい感じだの
真狼か狂狼か」
間桐慎二の独り言 「まあ、どっちも吊る進行だろうからどうでもいっか」
クマもん(共有者) 「ふーむ」
ジロウ(人狼) 「タマの方のCOはなしでいいか」
れんげ(人狼) 「対抗GJ出てるのは自明だからそれこそ両偽なり漂白なり言わんとかなあ」
れんげ(人狼) 「COは要らなくていい」
クマもん(共有者) 「11 9 7」
タマ(人狼) 「わかったにゃ、では黙って去るにゃ」
タマ(人狼) 「後を頼むにゃ」
間桐臓硯(共有者) 「このまま何も無ければタマ吊りで9まではいく
・・・ただその場合占いどう吊っていくかも鍵か」
クマもん(共有者) 「ただ葵さんが狂人っぽさマシマシなので」
ジロウ(人狼) 「とりあえず共有噛むわ
間桐の方を」
れんげ(人狼) 「占い両偽とか言わすんはウチの仕事になりそうやなあ」
間桐臓硯(共有者) 「そこはわかるの >葵がどうこう」
クマもん(共有者) 「決め打ち成功させる必要がありそうですわね」
ゆかミラン大尉の独り言 「夢子さん狼なら狼で狩人用意するでしょうという期待」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
蛇喰夢子 は 小傘 を占います
間桐桜 は 蛇喰夢子 の護衛に付きました
ジロウ は 間桐臓硯 に狙いをつけました
小傘 は無残な負け犬の姿で発見されました
(小傘 は占い師に呪い殺されたようです)
間桐臓硯 は無残な負け犬の姿で発見されました
(間桐臓硯 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ほたるんさんの遺言 僕全然狩人じゃないけどジロウGJでた狩人の感じで動いてみた
そう思って僕が噛まれるならそれはもうすごい疑り深い狼なんだろうね

ジロウ投票に意味は特に無い

っていう遺言をジロウ投票した夜にしたためたけど噛みじゃなくて●が来た
間桐臓硯さんの遺言               >< ̄¨≧s。
         /           `>‐、
.        _/         /    \
          }   __               }
          /   ==  ‐-- >  r=ミ  /
          ヽ/  、 l____ュ  〃 }}/
         { ‐=彳  ¨二 ィ'  Y´ 〃  クマもんや トンコツラーメンはまだかのう?
        ハ`¨入___,ィ ‐-   辷ノ{__
            { Y   ∧    l/,イ//ハ
.           `¨¨{i: Ⅵ_>< / ////∧
                ̄| 守ト、 / //////il}
                ハ/∧ V ////////}
              {i///∧ /}///////i!
                 込///i}/ :}i///////
小傘さんの遺言 むらびと。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
蛇喰夢子 「占い師であることを宣言します。
小傘さんは○です」
間桐慎二 「最近思うんだ
桜がどうしてこうなったのかって・・・
きっと衛宮が悪いんだなにもかも衛宮が悪いに決まってる」
ジロウ 「占いCO 小傘●○」
水橋パルスィ 「両偽はなかったそうで」
ゆかミラン大尉 「水橋パルスィ
 「信用で●出す?」
だしますね、霊能不在なら
そのほうが、吊りをコントロールできるので
囲うよりは、●で吊りさきを決めつつでいくと
いうパターンも有ると思いますが?」
れんげ 「にゃんぱすー」
蛇喰夢子 「理由
では私の思考を進めていきましょう。
とっととできない子さん投票者占おうと思いましたが、
対抗と共有でほぼ枠が埋まっていましたし、残る一人はパルスィさんでした。
発言と投票的に優先度が低いため、真逆の筋を打ちましょう。
すなわち身内投票していそうな方、という狙い方ですよ。つまり小傘さんです」
タマ 「にゃあ」
間桐桜 「おはようございます」
蛇喰夢子 「はい」
ジロウ 「理由
タマ●にさらに意味があるとしたらここ狼で庇いたかったとかあんのかね?
オレ偽の意見が多い中オレ真寄りの意見が目立ったので占った」
間桐慎二 「ふむ」
水橋パルスィ 「じゃあ、たま吊ってでいんじゃないの」
間桐慎二 「一言いいか?」
蛇喰夢子 「ではゲームセット、と思いきや対抗は対応していますか」
ゆかミラン大尉 「とんでもねぇ、待ってたんだよ」
れんげ 「なんだ占い両真なー」
間桐桜 「これで真狂って感じはしないんですよねぇ・・・。
んー」
蛇喰夢子 「素晴らしいですね、あなた!」
ゆかミラン大尉 「真狼というのが本戦ではないかと」
遠坂葵 「よねえ~」
れんげ 「タマ吊ってでええとおもうよ」
タマ 「対応されてるにゃあ」
間桐桜 は タマ に処刑投票しました
クマもん 「どなたか昨日の小傘さんの発言お願いしますわ」
間桐慎二 「爺さんあの世で僕のハーレムみてればいいよ」
ゆかミラン大尉 「タマ吊って両方の視点を詰めるというのがいいかと」
間桐桜 「あ、タマさん投票済みです☆
兄さんもそれでいいでせうよね?」
ジロウ 「ここからは対抗占いでいいよな?
完全灰にいるなら吊るってことでよ」
水橋パルスィ 「対応って言っても、
「小傘はジロウ真寄りの意見が目立ったから」って書いてあるけど」
蛇喰夢子 「共有噛みで銃殺対応してくれますか。
いや、素敵です、もっと楽しみませんか?
なんならこれから私は占い理由を伏せてもいいです、
そういう瀬戸際の信用勝負、やりますか? どうですかね!」
間桐慎二 「◇小傘  「そこから両偽の可能性に発展してないのがびみょい。 >パルスィ」
◇小傘  「タマは非狩人目で投票したんで特に感想はない。」
◇小傘  「昨日占い噛みって考えてるのが何かしらあると思ってた。」
◇小傘  「ああー、ほたるん●信じたい。」
◇小傘  「霊能噛みかぁ。」」
間桐慎二 「>ほら、くまモン」
クマもん 「どうぞ>慎二さん」
遠坂葵 「ん~」
間桐桜 「あの、兄さん
そのハーレムに私やお母さんも入ってるんでしょうか・・・。」
ジロウ 「◇小傘  「ああー、ほたるん●信じたい。」
これな」
ゆかミラン大尉 「噛み対応でもないので、特段そのあたりはいいのでは?
小傘さんの発言」
蛇喰夢子 「うふふ」
遠坂葵 「初日の死体なしが狐の場合なら対応完璧にしてるだろうけど
そうじゃないならん~」
れんげ は タマ に処刑投票しました
クマもん 「ありがとうございますわ>慎二さん
素敵な紳士ですのね」
蛇喰夢子 「いいですね、村の皆さんも素敵です。
きちんと小傘さんを見てくれている方がいるようで、
これは楽しい勝負ができそうです」
間桐慎二 「任せろって(キラン>くまモン」
遠坂葵 「子傘ちゃん潜伏狂人かとおもったのよねえ~」
水橋パルスィ 「ふうん」
れんげ 「というか死体なしが初日から狐噛んでるとかじゃないなら
間違いなく占いのどっちかでGJ出てるし」
タマ 「にゃろうね」
間桐慎二 「僕は狼だと思ってたぞ>小傘」
蛇喰夢子 「ふーむ」
ジロウ 「葵がすげえ怖いんだが」
クマもん 「たまさん吊りで」
タマ 「どうぞにゃ」
間桐桜 「これで両視点狼が1つれてるんですよね
そして死体なしからの霊能死体
これって占い片方が狼って感じがするので、占いは真狼ですよねたぶん。
えっと、霊能二連噛みの場合も信用勝負がしたいということで真狼な気がします」
水橋パルスィ は タマ に処刑投票しました
ジロウ 「オレ視点でも問題なしだ」
蛇喰夢子 「吊り数が一つ減り、私の最悪は現在4人外と」
れんげ 「そこまでウチらにすることないな」
水橋パルスィ 「吊り増えるらしいからイケメン狩人さんGJお願いしまーす」
ゆかミラン大尉 「つまりこのまま詰めていくなら6人で決め打ちという感じになりそうですね」
間桐桜 「なので灰にはあと一人、ということですよね」
ゆかミラン大尉 「そうですね、のんびりと詰めていけばよろしいかと>れんげさん」
タマ 「ジロウの灰は4であと4吊り
夢子吊り入れたらまだ詰めにゃい」
蛇喰夢子 「そして灰が、桜さん、パルスィさん、れんげさん、」
蛇喰夢子 「ふーむ」
れんげ 「あ、減ってるんか…
GJ出たのがパー…うわ…」
ゆかミラン大尉 「あの●というのが囲っておらず灰に狼おいているのではないか
という考えもできますが
さて…」
間桐桜 「ゆかりさんは占いました?>夢子さん」
クマもん 「他にジロウさん真を昨日推してた方は明日自己提出を」
ジロウ 「まあ●一つ出せばほぼ全露出になるはずだな」
遠坂葵 「狐噛み初手にきてないなら~多分ほぼ今日の対応のレベル差で
判断していいとはおもうのだけど~」
蛇喰夢子 「ああいえ、ミランさんもいますね。4灰ですか」
ゆかミラン大尉 「まあ、占いにゲリラ基地を制圧してもらいましょう」
ジロウ 「いなかったら泣きたくなるような提案をするんじゃねえよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ゆかミラン大尉 は タマ に処刑投票しました
クマもん は タマ に処刑投票しました
タマ は 水橋パルスィ に処刑投票しました
蛇喰夢子 は タマ に処刑投票しました
ジロウ は タマ に処刑投票しました
間桐慎二 は タマ に処刑投票しました
遠坂葵 は タマ に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
水橋パルスィ1 票投票先 1 票 →タマ
蛇喰夢子0 票投票先 1 票 →タマ
クマもん0 票投票先 1 票 →タマ
れんげ0 票投票先 1 票 →タマ
ジロウ0 票投票先 1 票 →タマ
間桐桜0 票投票先 1 票 →タマ
タマ9 票投票先 1 票 →水橋パルスィ
遠坂葵0 票投票先 1 票 →タマ
間桐慎二0 票投票先 1 票 →タマ
ゆかミラン大尉0 票投票先 1 票 →タマ
タマ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
遠坂葵の独り言 「ん~夢子真じゃないの~?」
蛇喰夢子の独り言 「んーw」
間桐慎二の独り言 「ジロウ真にみえないけど」
間桐桜 は 蛇喰夢子 の護衛に付きました
れんげ(人狼) 「 」
遠坂葵の独り言 「れんげちゃんか~パルスィちゃんあたりになるのかしら~」
蛇喰夢子の独り言 「強引な筋だな。ちょっと勝ち辛いかもしれん」
間桐慎二の独り言
◇蛇喰夢子  「吊り数が一つ減り、私の最悪は現在4人外と」」
ジロウ(人狼) 「あー」
間桐慎二の独り言 「なんかこれ引っかかる言い方だよな」
れんげ(人狼) 「あと3つやろ?」
れんげ(人狼) 「●●でどうのこうのだろうし」
ジロウ(人狼) 「まあ決め打ち勝負にはなるんだよ吊り増えなきゃ」
蛇喰夢子 は ゆかミラン大尉 を占います
れんげ(人狼) 「占い護衛なんてせんとはおもうけど」
ジロウ(人狼) 「オレが●出した後他の位置から夢子GJ!が出るのが面倒だ」
れんげ(人狼) 「だからって共有護衛しに行くわけでもないん」
クマもん(共有者) 「◇ジロウ「まあ●一つ出せばほぼ全露出になるはずだな」

出せば?」
ゆかミラン大尉の独り言 「さて・・・」
ゆかミラン大尉の独り言 「ソ連式のほうがいいのですが
どうしたものか」
ジロウ(人狼) 「 」
ゆかミラン大尉の独り言 「ジロウさん狼でいいと思いますが」
れんげ(人狼) 「あっちの占いそうなとこに噛み突っ込むんがベストだけど」
ゆかミラン大尉の独り言 「同支援したものか…」
間桐慎二の独り言 「視点1W1F確定」
れんげ(人狼) 「だいたいウチなんよなあ・・・」
れんげ(人狼) 「 」
ジロウ(人狼) 「ワカメ○で茶を濁すか」
間桐慎二の独り言 「5人外=3人外」
クマもん(共有者) 「◇ジロウ「いなかったら泣きたくなるような提案をするんじゃねえよ」
「理由タマ●にさらに意味があるとしたらここ狼で庇いたかったとかあんのかね?オレ偽の意見が多い中オレ真寄りの意見が目立ったので占った」
多い中で、と言いつつ他にいなかったらですか」
間桐慎二の独り言 「対抗1人外」
ジロウ(人狼) 「ゆかり大尉噛むぞ」
間桐慎二の独り言 「たいてい狐噛みじゃねえかな」
ジロウ(人狼) 「狩もねえだろうしな」
クマもん(共有者) 「まぁ言い回しの問題でしかないのですが」
間桐桜の独り言 「2●出てて、●いう前にCOいう素村さんってちょっともったいないですよね
あなたがつられてるその間狼が相談できるんですけど」
間桐慎二の独り言 「なんだかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジロウ は ゆかミラン大尉 に狙いをつけました
ゆかミラン大尉 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゆかミラン大尉 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
タマさんの遺言 かまってかまってほしいのー
ゆかミラン大尉さんの遺言 素村COです
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
間桐慎二 「僕は思った
ハーレム目指すべきかな?って
そうすれば、最高だと思うんだ」
れんげ 「にゃんぱすー」
蛇喰夢子 「占い師であることを宣言します。
ゆかミランさんは○です」
ジロウ 「占いCO 間桐慎二○」
間桐慎二 「しかしなぁ・・・
申し訳ないけど両方の視点詰めていくしかない
だからパルスィか桜グッバイってなりそうだね」
蛇喰夢子 「理由
2択であるならコインを投げない理由がありません。
対抗の○を占う以外にすることがありませんしね。裏が出たのでミランさん占いです。」
水橋パルスィ 「狩人を狙ったか否か」
ジロウ 「理由
●引ければほぼ全露出間違いねえだろうし
囲い候補潰しだ
遠坂葵の方は潜伏狂でもおかしくなさそうなんでこっちだな」
クマもん 「◇ジロウ「まあ●一つ出せばほぼ全露出になるはずだな」

出せば?
見つけられればとかではなく

◇ジロウ「いなかったら泣きたくなるような提案をするんじゃねえよ」
「理由タマ●にさらに意味があるとしたらここ狼で庇いたかったとかあんのかね?オレ偽の意見が多い中オレ真寄りの意見が目立ったので占った」
多い中で、と言いつつ他にいなかったらですか

言い回しの問題にすぎないと言えばすぎないのですが


後、蛇子さんはどう身内しそうか説明お願いします」
蛇喰夢子 「暇なので状況を整理してきました。
まずは完全灰→パルスィさん、桜さん、
私の灰→完全灰+れんげさん、ミランさん、
対抗の灰→完全灰+しんじさん、葵さん、

……結構何気に私、追い詰められていますね。ですがそれは対抗もです。
お互いが瀬戸際、いい戦いです、本当にいい戦いです!」
間桐慎二 「ふっまあ、僕はイケメンだからね>ジロウ」
間桐桜 「おはようございます
ところで、小傘さんの意見にジロウさん真よりの意見が見えなかったんですけど
ジロウさんはどこでそう判断されたんですか?」
遠坂葵 「ここでの完全灰に狼あんまりいるとはおもえないから
偽だとおもうほうの○吊りがいいんじゃないかしら~」
れんげ 「なんかウチの思ってたんとぜんぜん違うなあって」
間桐慎二 「◇ジロウ  「◇小傘  「ああー、ほたるん●信じたい。」
これな」
>桜」
蛇喰夢子 「>くまモン
発言の雰囲気、としか説明できませんね」
ジロウ 「一応いるはいるんだよ
ほたるんだが…」
間桐慎二 「これこれ」
遠坂葵 「いや、桜ちゃん、小傘はジロウの●が●っぽい、とはいってるわよ~」
間桐桜 「そこですかー
ふーん、なるほど>ジロウさん」
水橋パルスィ 「それは真の○吊った場合、真的には損するんじゃない」
遠坂葵 「正直ジロウGJがあったとしても私ゆめ子ちゃん信じそうなのだけど~」
蛇喰夢子 「占い先への触れ方、
その触れた後の考え方、私への触れ方
発言の端々から漂う考え方から、ギリギリの場所でこそ身内をしそうだなと、私は感じたのです」
間桐桜 「ジロウさんについて言ってるのではなかったので見つけられなかったです、お母さん!」
水橋パルスィ 「真の○も、完灰村も村は村
でも詰まっていかないでしょうその場合」
ジロウ 「ジロウ吊り候補だよな!
夢子GJありそう!
があるなか小傘だけオレの味方寄りだったからな」
遠坂葵 「なるほどね~」
れんげ 「初日に真GJあるんだからジロウ視点わかめ●は普通にあると思ったんだけどなあ
できない子狼?えー…?」
クマもん 「両者の灰を挙げてください」
蛇喰夢子 「下にありますわ>くまモン」
遠坂葵 「単純に昨日テンションが爆上がりしてるのと~
タマのテンションが爆下がりしてるので~」
間桐桜 「あと何吊りでしたっけ」
間桐慎二 「まあ、占いは最大限残しておけばいいさ」
クマもん 「失礼、噛みました
両者自分の灰を挙げてください」
間桐慎二 「3吊り>桜」
蛇喰夢子 「占い候補両名の灰と完全灰を弱い発言であげておきました」
間桐桜 「3釣りですか」
遠坂葵 「な~んとなく、タマ狼なのかな~って」
水橋パルスィ 「あと3吊りですねえ」
ジロウ 「水橋 夢子(対抗) 間桐桜 遠坂葵」
間桐慎二 「両視点の灰がパルスィと桜」
水橋パルスィ 「蛇に1つだけ聞きたいことがあるんだけど。
すごい簡単なこと 昨日の占い文」
間桐桜 「で、候補が
私、れんげさん、お母さん、パルスィさん、占いのお二人」
れんげ 「だったら完灰で一貫してジロウ叩きに叩いてるパルスィでも行けってとこなんだろうけどん」
クマもん 「夢子さんGJの方いますか?」
蛇喰夢子 「灰、何かありますか?>パルスィさん」
遠坂葵 「死体なしの原因がわかるまでは一応キメないけど、多分
占いGJどっちにしても多分、ゆめ子ちゃん信じそうね~」
間桐桜 「あ、はいいますよー」
水橋パルスィ 「「身内投票してそうな」って、誰の投票のこと指してんの?」
蛇喰夢子 「ですよね>桜」
間桐桜 「虚数の狩人日記
【1日目】
どうししようこれ
おじい様が占い師だったら守れる気がしないんですけどこれ
いえほんとどうしよう・・・。

護衛:できません
死体:GMさん

【2日目】
◇ジロウ  「怪しいって意味じゃ一名いるが占い位置かと言われるとわからんな」
◇蛇喰夢子  「私はそこらへん優しくするほど心に余裕がないんです。
2発言目? いえいえ、そんなこと。
COを視野に入れている人外は普通にそのくらいできますから」
んー・・・守るなら夢子さんですかねぇ
考えてる感じがするので。
ジロウさん噛まれたらごめんなさいですが。
全潜りか、占いに出る役が潜ったかが問題ですかね。
霊能さんは噛まれる気はあんまりしない感じです。

護衛:夢子さん
死体:護衛成功しました。やりました!

【3日目】
護衛成功でましたし、ここで少し楽になりましたね。
それなら真狂の危険性も考えてスライド噛みを見てみるとしましょう。
流石に噛めなかった占い師を続けて噛むのは冒険だと思いますし。
これ・・・夢子さん噛まれたら私土下座しないといけませんね・・・。

護衛:ジロウさん
死体:GUMIさん

【4日目】
この噛みをしてくるなら真狼で。
それなら私はもう夢子さんに張り付いておけばいいと思いました。
それだけです。

護衛:夢子さん
死体:おじい様と小傘さん

【5日目】
おそらく最後の一人がいたとしたら狩人COをしてくると思うんですよ
そういうわけでここからは本当に私の腕の見せ所なわけなんですけど
自信ないですねぇ・・・。

護衛:夢子さん
死体:」
遠坂葵 「桜がかまれちゃう~!?」
間桐慎二 「桜が狩人!」
ジロウ 「ほう」
間桐慎二 「いけないそれはだめなやつだ」
遠坂葵 「れんげちゃんかパルスィちゃんあたりから対抗狩人COでそう」
れんげ 「わかりやすいのん」
水橋パルスィ 「対抗いないなら真だろうね狩人」
間桐桜 「ばればれでしたか>夢子さん」
蛇喰夢子 「>パルスィ
『小傘さん』が『たまさんに』投票しそうだと思ったんですよ」
クマもん 「対抗なければジロウさん吊りで」
水橋パルスィ 「>蛇 ありがとう それが効きたかった」
遠坂葵 「じゃあジロウちゃん吊りね~」
間桐慎二 「対抗いるなら出ておかないと」
ジロウ 「いや待てギリはやめろ」
水橋パルスィ 「いや」
蛇喰夢子 「うふふ、理由の文で察しろと言うのは、ちょっと大雑把でしたね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
遠坂葵 は ジロウ に処刑投票しました
水橋パルスィ は ジロウ に処刑投票しました
間桐桜 は ジロウ に処刑投票しました
れんげ は ジロウ に処刑投票しました
蛇喰夢子 は ジロウ に処刑投票しました
クマもん は ジロウ に処刑投票しました
間桐慎二 は 水橋パルスィ に処刑投票しました
ジロウ は 蛇喰夢子 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
水橋パルスィ1 票投票先 1 票 →ジロウ
蛇喰夢子1 票投票先 1 票 →ジロウ
クマもん0 票投票先 1 票 →ジロウ
れんげ0 票投票先 1 票 →ジロウ
ジロウ6 票投票先 1 票 →蛇喰夢子
間桐桜0 票投票先 1 票 →ジロウ
遠坂葵0 票投票先 1 票 →ジロウ
間桐慎二0 票投票先 1 票 →水橋パルスィ
ジロウ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
遠坂葵の独り言 「パルスィじゃないかな~」
間桐慎二の独り言 「あんれー」
れんげ(人狼) 「狂人なしかあ」
間桐慎二の独り言 「完全灰じゃいけないんかね」
れんげ(人狼) 「まあ」
蛇喰夢子の独り言 「ふーむ」
蛇喰夢子の独り言 「れんげさん、パルスィさん」
遠坂葵の独り言 「いや、パルスィなら準備してるかー」
れんげ(人狼) 「あれに対して狂人に動けというのが酷ではあるのんな」
水橋パルスィの独り言 「違う 逆だ」
蛇喰夢子の独り言 「詰みではある。筈」
れんげ(人狼) 「あと2吊りだけれども」
遠坂葵の独り言 「げ、狐初日噛みの狩人不在とかあんのこれ」
間桐桜 は 蛇喰夢子 の護衛に付きました
蛇喰夢子の独り言 「であれば、2択を当てましょう」
れんげ(人狼) 「というか多分狩人COしてもたしかこれ詰んでるよね」
クマもん(共有者) 「真ならすみません>ジロウ」
蛇喰夢子の独り言 「あー」
蛇喰夢子の独り言 「桜狼とかウルトラCねーかな」
れんげ(人狼) 「同じ話だった」
れんげ(人狼) 「 」
水橋パルスィの独り言 「小傘の投票を「身内しそうな」って言うなら該当者は他にもいる
3人くらいに使いまわせる文」
蛇喰夢子の独り言 「ここで俺噛んで桜がれんげとパルスィ殴り殺して勝つとか」
蛇喰夢子の独り言 「そういう面白い展開ねーかな。あったらまじふぁっくやけども」
間桐慎二の独り言 「れんげかなーって気もするけど」
蛇喰夢子 は れんげ を占います
クマもん(共有者) 「というか臓硯さん噛み且つ噛み合わせみるなら夢子さん騙りなのですが」
水橋パルスィの独り言 「たまと小傘は相互だから
たまが 小傘に 投票したのを身内というなら特定足り得る」
間桐慎二の独り言 「割りと桜-夢子ラインの小傘噛みが頭から離れない」
水橋パルスィの独り言 「かつ、票を考察するなら完全相互に気づかないわけない」
クマもん(共有者) 「その場合、狐噛みで狐位置把握?」
れんげ(人狼) 「狩人COして パル吊って
翌日には灰消えるから」
れんげ(人狼) 「うーん…」
水橋パルスィの独り言 「聞きたかった答とは逆だった」
クマもん(共有者) 「狩りがどこにいったかですね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
れんげ は クマもん に狙いをつけました
クマもん は無残な負け犬の姿で発見されました
(クマもん は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジロウさんの遺言 レイフォールガンを愛する占い師だ
クマもんさんの遺言 私噛みなら蛇子さん吊りも視野で
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
れんげ 「にゃんぱすー」
蛇喰夢子 「占い師であることを宣言します。
れんげさんは●です」
水橋パルスィ 「そうか。」
間桐慎二 「一つだけいいだろうか
僕2昼の死体なし小傘噛みな気もするんだけど
だから高速対応出来たんじゃねえの?って
イケメンの頭が唸ってるんだけどどうなんだ?」
蛇喰夢子 「御馳走様でした」
間桐桜 「あぁ、なるほど」
遠坂葵 「私も多少あるのかな~って>狐噛み」
蛇喰夢子 「そうなると、桜さんはジロウさんGJで出た方がよかったと思います」
れんげ 「狂GJなー」
間桐慎二 「夢子吊って、桜がGJ出せるかどうかにしたい
それが僕の考え」
間桐桜 「そうですよね
こうするしかないですもんね」
蛇喰夢子 「?」
れんげ 「と思ったら狩人噛まれてないのん
じゃあうち吊りでっていうの無いな」
遠坂葵 「れんげちゃんがそれいうなら」
蛇喰夢子 「あなた視点ならそれ、パルスィさん吊った方がいいですよ」
間桐慎二 「れんげ吊って終わるならそのままなんだろうけど」
蛇喰夢子 「>しんじさん」
間桐桜 「それで私がGJ出せなかった場合はどうしたらいいんでしょう
絶対に出せるとは限らないんですけど>兄さん」
水橋パルスィ は れんげ に処刑投票しました
遠坂葵 「でもね~」
遠坂葵 「真狼っぽいから~」
間桐慎二 「パルスィより桜-夢子のラインだろ」
蛇喰夢子 「少なくとも私とれんげさんで拮抗状態を作るべきかと。
そうした方がGJ出ますし」
間桐慎二 「真狂はねえと思うんだよ」
遠坂葵 「潜伏狂人くさいのが多いから私は~決め打ちたいの~」
蛇喰夢子 「あって狂人の私をここで吊る意味が絶望的に皆無なんですよ」
れんげ 「ジロウとパルスィが身内であんなに殴り合いしてたというのはさすがに無いと思うん夢子」
間桐慎二 「お前ら二人なら負けるんだよそれ」
遠坂葵 「ただわかるのよねえ~
昨日狩人対抗COないの~?みたいな」
間桐桜 「ジロウさんGJといわれましても
私は村役職なので何かを謀るようなことはしたくないんです」
蛇喰夢子 「私偽を考えるなら真狂でしかないでしょう、内訳。」
間桐桜 「そうなんですよね
私も不思議だったんですよね
昨日対抗狩人COなかったの」
間桐慎二 「なんでだ?>夢子」
れんげ 「えー…漂白したらGJもらってウキウキのあれと戦わんとアカンの?」
間桐慎二 「桜狼なら問題ないはずだけどな」
水橋パルスィ 「桜偽要素
・灰2なんだからどこGJでも早めに出てよかった(←→偶数)
・噛まれてない

桜真要素
・他に狩人候補がいない以上、死体なしが小傘噛みしかありえなくなる」
間桐桜 「夢子さん、兄さんは私と夢子さんで狼なんじゃないかって言ってるんですよ
やっぱり所詮ワカメはワカメだったってことです」
蛇喰夢子 「桜さんが私を真にしても勝ち目がありません」
蛇喰夢子 「ふーむ」
れんげ 「真狩が日記残さんで死ぬってのは絶対ありえないしなあ」
遠坂葵 「しんちゃん狼あるのよね~これ実は桜真で」
間桐慎二 「それだけはない>僕狼」
間桐慎二 「二重丸」
水橋パルスィ 「間切は呪殺出た村の両白だろ」
れんげ 「ないな>わかめ」
間桐慎二 「夢子釣りたくないならレンゲ投票しな」
間桐桜 「早めに出たところで村がまだ出なくていいとかいうのもあるかもしれないので
いるのはわかってるでしょうし促されてから出るほうが安定ですよね。」
水橋パルスィ 「その位置は私のはずだ」
間桐慎二 「夢子-れんげらん」
遠坂葵 「あれ?両方から○もらってたっけ?>しんちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
間桐桜 は れんげ に処刑投票しました
蛇喰夢子 は れんげ に処刑投票しました
遠坂葵 は れんげ に処刑投票しました
間桐慎二 は 蛇喰夢子 に処刑投票しました
れんげ は 蛇喰夢子 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
水橋パルスィ0 票投票先 1 票 →れんげ
蛇喰夢子2 票投票先 1 票 →れんげ
れんげ4 票投票先 1 票 →蛇喰夢子
間桐桜0 票投票先 1 票 →れんげ
遠坂葵0 票投票先 1 票 →れんげ
間桐慎二0 票投票先 1 票 →蛇喰夢子
れんげ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
れんげさんの遺言     狼    __,rヘ、 }'´ : :/ . : : : : : : : -‐┐: . \ __/   も
    に  /  -‐xi㌻/. :. :/. : : : : : : : │: : : : \`ヽ  し
    食  \__/,′: : : : / . : : : : : /: :∧: : : : : : ゙V   か
    べ     i: : : :{: : : : : : : : : :/_;_;ノ / : :/ヽ∨ : : : : }     し
 .   ら     l: : : :{: : : : : : : :i 厶イ / :/  _}: : : : : :|   て
    れ    | : : ∧: :/Y: : : |:斥ケ^    斥ケ八: : : : :|   ウ
    る    |: : {: ∨({: : : :| 弋:リ     リ 厶イ: : : :|    チ
     の     | : :{  `寸:: : :| ゙""     ′ 爪: :}: : : :|   :
     ん     |: : {    | : : 小、    _   ..イ: :} }: : : :|   :
    ?.     | : :{    |: : : :|:-}>:-´r< : : : :/ }: : : :|
         |: : {  ./|: : : :|'´    ヽ /: : : /  }: : : |
          |: : 乂.:/八: : 八 、 __  /: : : イ\丿 : :│
           |: : ;r‐‐┐ ∨: /〉ー‐‐=彳 ⌒ヽ==ミ、 : : |
            |: : {  ニミ   〈/ r‐=ミ  〃⌒ヽ}  }} : 丿
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2015/07/23 (Thu) 01:11:13
GM 「悩み過ぎの副残物じゃね?」
GM 「お疲れ様」
ゆかミラン大尉 「お疲れ様ですよー」
タマ 「お疲れ様でした」
水橋パルスィ 「お疲れ様でした」
蛇喰夢子 「お疲れ様」
間桐慎二 「お疲れ様」
ジロウ 「お疲れ様だ」
できない子 「お疲れ様」
間桐臓硯
                     __
              ><´    `><
              /              `≧s。
        >/                /  厶
        | }i   ‐--‐      /     ∧
.          }ヽ ヽ¬r-─¬ _    }i         }  お疲れじゃ 慎二ェ・・・
          冫 \`ヽ--  /   ノ   __    /    やはり必要なのは遠坂の血なんじゃなあ・・・
         }i _ ヽ、 Y´  __}  /ヘヽ、/
        入 弍iァ }  ヽ-ィ巨ヲ´ =  j  } }人__
            {ヽ__ ィ|   ヽ__ ,ィ´  /__ Y〈 |   }li
          |    廴,,ィ≦ヽ、  / 廴ノ  i{   }||
         ,ィ劣。{ __  }i  |>´   i{  }|||
.         ,ィ劣三ft ´  ̄ `  / ',  ',   /   }!|||
.         ,炸三三沁____}   ヽ ゝマ   ,炸|
       ,i佳三三三三|}    }i `ヽ  i /    ,i佳||
        {|三三三三三|}   }iヽ、    /   炸三|」
蛇喰夢子 「いやすまん」
小傘 「お疲れ様だよ。」
ほたるん 「おつかれー」
遠坂葵 「なるほどね~」
間桐慎二 「まあ、僕だからね仕方ないよね(震え声」
間桐桜 「お疲れ様でした」
タマ 「仲間と狂人はありがとう
早々に捕捉されてごめんにゃ」
れんげ 「なるほどねーというよりも
対抗手段が見当たらなしや…」
ゆかミラン大尉 「噛まれないで二重○なら狂人COもあったので
いやはや
惜しいことでした」
クマもん 「お疲れ様ですわ」
蛇喰夢子 「死体なし出てるのに狩人が沈黙して死ぬわけねえだろで結論してもうた。
初日狩人があるよな」
できない子 「これどうせ夢子吊ってもれんげ次吊ること変わらないレベルだったかな」
遠坂葵 「まあ占いGJから信用勝負はそうそうかてないから~」
間桐慎二 「それそれ>夢子」
タマ 「磯野家に帰る!
村立てと同村ありがとにゃ

おやすみにゃさい」
ほたるん 「霊界的には狩人日記ないのかの合唱だったよ>れんちゃん」
小傘 「計算したら真狼と決める場合は呪殺出た日にCOしても良かった。」
間桐臓硯 「まずお主は狩人日記書くことからはじめようか >れんげ

それなら占い2と狩人2 8人3吊りだからギリじゃ」
ゆかミラン大尉 「いえ、れんげさん狩人COからの
夢子さん-桜さんの2wからの最終日決め打ち戦です>れんげさん」
GM 「御三家で一番才能ないの遠坂らしいけど、5回目あたりで出涸らしと金の卵という結果になったんだよなぁ」
間桐桜 「おじい様とクマもんさんは護衛できずに申し訳なかったです」
蛇喰夢子 「>しんじ
やーすまんかった」
間桐慎二 「判るんだけどね>夢子真
ただ、小傘噛まれる対象としてはありえたから」
ジロウ 「狂人いるかもしれねえから決め打ち~って言ってる時点でオレ偽主張しかねえもんな」
ほたるん 「桜はあそこ夢子護衛しなくてもいいよ詰んでるから」
蛇喰夢子 「まああれだ」
クマもん 「形としてはジロウさんGJいるかどうか聞いた方が良かったかなって>小傘」
蛇喰夢子 「ジロウ吊りで終わらなかったのが衝撃」
間桐慎二 「僕ジロウ真はないと思うって書いてたけど
可能性追いかけすぎた」
GM 「俺のほう見るのやめてくれません???>慎二、夢子
初日狩人とかないですから」
間桐桜 「私に対抗COして占-狩のライン戦の決め打ちとかはいけましたよ>れんげさん」
小傘 「10人で蛇喰のグレーが狩人抜くと3人だから詰んでる。」
ほたるん 「あーそれはあるかも>くまのん」
ジロウ 「むしろ追い込みが足らん
もっと真を追えよ!」
蛇喰夢子 「とゆーのが俺の感想」
間桐臓硯 「んー、ワシ護衛は別にいらんよ 噛ませて呪殺はっきりさせたほうが楽じゃし
まだ4日目
じゃがそれ以降はあえて外しも考えても良かったがまあ一番安全思考じゃし
鉄板は鉄板で問題ない >桜」
できない子 「私が狼なら3日目もうちょい気合入れるよ」
クマもん 「>桜さん
心理的に夢子さん張り付きは仕方ありませんわ」
間桐桜 「なんかそれで夢子さん噛まれて私生きてたら変な疑いかけられそうでいやだったんですよね>ほたるんさん」
れんげ 「さすがにあれでジロウGJが通るわけがない
他を捏造したところで夢子偽になり得ない>わかめじゃない方」
ゆかミラン大尉 「んー?あれ?でも私がいるので正確には日積んでいないのでは?>小傘さん」
蛇喰夢子 「>GM
初日霊能ですねわかります」
GM 「どっちかって言うならそっちだろうな>真見られてない方のGJの有無を聞く」
間桐臓硯 「4日目まではまだ追えたが5日目の対応的には
ワシ生きてたら即切りじゃったかもなあ >ジロウ」
間桐慎二 「あーそれか>GM」
ほたるん 「まあ夢子も似たような目で君見てたからしょうがないね>桜」
間桐桜 「なんかもう考えるのめんどくさくなっていまして
噛みと護衛結果から私視点は確定していましたから、もういいかなって>おじい様」
間桐臓硯 「前もってジロウGJ用意しておけってことじゃろう >れんげ
というか占いGJ→霊能やるなら最低限の準備じゃと思ったんじゃがそれ」
蛇喰夢子 「勝ち目がないように見えるかもしれんけど、
俺が初日から真っぽ過ぎて人外ごめんねて感じだから、
初日に誰が夢子さんを噛むんだよ噛むわけねーだろげらげらげら!灰噛みじゃぼけえ!! 路線でもいけたよ>れんげ」
れんげ 「ごめん寝る。
こんな狼と仲間になっちゃってごめんな。せっかく頑張ってくれたというのに台無しなのん」
クマもん 「GM>
時臣さんが葵さんに『より良い質の子を産む才能』を見出だして虫おじさんの横からかっさらったそうな

遠坂に才能足りないなら他所から持ってくればいいじゃない、と」
水橋パルスィ 「村立て同村ありがとうございました」
蛇喰夢子 「おっつおっつー」
ほたるん 「夢子がんばりすぎてて真狼だとはおもったけど噛むかというとちょっとなあとおもったらほんとに噛んでた」
できない子 「お疲れ様」
蛇喰夢子 「村建てありがとうございました。同村感謝!」
間桐桜 「占われないためにあえて出たというのはあるかもしれませんからね>ほたるんさん

まだまだです>クマもんさん」
間桐慎二 「それじゃあお疲れ様
なんだかんだ言ってハーレムだよな
流石僕だね」
クマもん 「その辺りは深読みで読み間違えましたわね>GM>GJあったかどうか聞く方」
GM 「まぁ桜が臓硯護衛するか?っていうなら野垂れ死ねッて感じだしなぁ。」
間桐臓硯 「才能ありすぎたせいで桜はああなったがの >クマもん
下手に才能あったよりは努力、改善できる無能のほうが割りと幸せに生きられるかもの」
小傘 「最悪がゆかりん○して狩人噛みが来た場合だけど、それでも詰んでるよ。 >ゆかりん
ゆかりんが10人の日に生きて狩人COした場合のみ詰まないかな多分。」
ゆかミラン大尉 「まあ、そうですねw
護衛しなさそう>臓硯さん護衛のさくらさん」
GM 「灰数で言うなら別段狩人引っ張りだして構わない系だけどね>クマもん」
間桐臓硯 「ま、やるならクマもんどうかじゃろうねえ >桜の護衛」
ジロウ 「占い即噛み投げやり信用勝負はよくないと思いました(感想)」
ほたるん 「さっき熊野やったばっかだったからけっこう混同したw」
クマもん 「で、時臣さんが遠坂名物うっかりで死んで凛さんが人格汚染くらう前に綺礼さんの実用指向叩き込まれた結果
魔術師の才能と現代に則した柔軟な思考の天才が出来上がってしまったという

長期的に見れば凛の大成は全部綺礼さんのおかげ」
小傘 「10人の日に桜ーゆかりんで狩人CO対決になった場合は多分グレーを削りつつ護衛指定してく感じ。」
GM 「狂人生きてる、狐吊るとかじゃないと多分厳しい。
霊能GJ程度ならまだいけるけど。」
間桐桜 「クマもんさんにしようかなー
夢子さんにしようかなーという感じだったんですけど
そっちに踏ん切りがつかなかったんですよね>おじい様」
ほたるん 「それじゃおやすみなさい カサカサ」
間桐臓硯 「あやつ性格はあれじゃが超がつく優秀じゃからな >クマもん」
クマもん 「ですわね
狩人出すタイミング自体はアレでよかったかと>GM」
間桐桜 「夢子さん護衛です
まぁ、ここで私が守るところはここしかないですよね
最後に兄さんかお母さんを守ってあげたかったんですけど・・・。

あ、一応遺言はこうでしたよ
別にお母さんと兄さん護衛する予定はなかったですけど。」
小傘 「お疲れ様でした。
村建てありがとー。」
間桐臓硯 「ま、ワシが言うなって話じゃろうがね
んじゃ、お休みなさいじゃ」
クマもん 「不意討ちとはいえバゼット倒すとか相当ですからね>臓硯

後、桜さんに関しては育った環境の方に問題あるような……」
ジロウ 「まあ負けはしたが久々に占い騙りで後半まで生きてたんで楽しくはあったな
村建て同村ありがとよ」
間桐桜 「それではお疲れ様でした」
ゆかミラン大尉 「タマさん釣りで1吊りのとして8人として
灰はパルスィさんを統一占いして
間桐さんvsれんげさんの戦い
で6人で決め打ちという感じですかね?>小傘さん」
ゆかミラン大尉 「私vs桜さんとすると
うーむ」
ゆかミラン大尉 「では、おやすみなさい
いまいちコマンドーネタだせなかったのが口惜しいですね」
クマもん 「それではお疲れ様でした
村立てありがとうございますわGM」