←戻る
【紅番外】やる夫たちの恋色決闘村 [5728番地]
~ネタはないけどQPは出ます~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 博麗霊夢
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[おしら様]
(死亡)
icon ミスト・レックス
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
[熱病]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 101匹
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[掃除屋]
(死亡)
icon 沙月
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 翠星石
 (蕎麦◆
Soba/6LMQo)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ルドルフ
 (紅葉◆
MomijivkYo)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ツィー
 (ill◆
QKPoD/ZI7E)
[静狼]
(生存中)
icon ノッブ
 (とき◆
Times.LJKs)
[風神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon たまべヱ
 (えんだか)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 初音ミク
 (◆
Eevee/Vpeo)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
ルドルフ 「……よし、島に戻ろうかな。
霊夢さんはいつも村建てありがとう。
沙月さん、またどこかで会えたら、物語の続きを楽しみにしてる。
お疲れ様でした。」
ノッブ 「それじゃわしも退散しようかの!

今日も本能寺はぐだぐだ炎上中!村建て感謝、同村お疲れ様じゃ!」
翠星石
                /三ニ≧x、
                /三三三三ニ≧x、
            |三三三三三三三=≧x、
               厂 >≪三三三三三三三≧x、
.             { /: : : : : :`゙≪三三三三三三三≧x、
               /: : : : : :.:.:/: : :`゙≪三三三三三三三≧x、
             ′: : : : : :// ;イ: :ハ`゙≪三三三三三三ニ≧x、
           |: : : : : : :/r'ハ´ // -|:ハ: :.`゙≪三三三三三三三z、
           |: : : i : : |' Vリ    r'心、}: : : : / `゙≪三三三I/三ニ\        鍋に参加できなくて落ち込んでたけど、久々の決闘はイイもんですねぇ
             八: : l|.: :,:{ "" ,   乂リ }:/: : /  /―`゙≪/三三三I=\       ミクのAA可愛かったです、ミストさんは発言面白かったですぅ。二人とも夜ありがとうです♪
               ヽハ/ \ r‐┐  //: /  /: : : :.', \三三三三三\
                /    >、‐┘ _.//  /: : : : : :',  \三三三三三\         博麗は村建てに感謝するですぅ。翠星石はくーるに去るぜ…です!
.             /    _/::j ̄ ̄}_/ _,ノ、: : : : : : : :.',    \三三三三三\
          >、_/:::::::/  /  /:::::::::::::\: : : : : :.:ヽ    \三三三三三\
   r――― '´:::::{::::::::::::::::: / /   ,ィ:/:::::::::::::::::', : : : : : : ヽ     \三三三三三\
   |::::::::::::::::::::::::::::\::::::::/!<   / ソ:::::::::::::::::::::',: : : : : : : :.:\    \三三三三三\
.  八::::::::::::::::::::::::::::/二ニ=\ヽ,イ|_  {::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : : ヽ     \三三三三三\
.   Fヽ:::::::::::::::::::/    __」三{Xノ三、::::::::::::::::::::ハ: : : : : : : : : :.:.',   /ニI\三三三三三\
  ノ,イ゙\:::::::::/、\ ̄ ̄::::::〃'会三三三I〉::::::::::::::::::',\ : : : : : : : : : : ', /三三=\三三三三三\
.   //し\/三\\:::::::::::{{:::::::::::::\三ニゝ、::::::::::::::〉〃ヽ: : : : : : : .:.:.}/三三三=/\三三三三三\
      |三三三三=\\:::::{{::::::::::::::::::ヽニニニゝ――〈〃:::::::\: : : : : : /三三三=/'   \三三三三三\
     \三三三三I=\\{{:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::',::::::::::::::::\: : :./三三三=/、ヽ   \三三三三/
.        \三三三三I=\\========:イ:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::: ヽ/三三三=/: :.\ \  \三三/」
ツィー 「それじゃおつかれさまなのらー
最近お布団が強すぎなのらー」
たまべヱ 「 
                       ;i
                     ,.イリ    , っ
              ,.. -‐'" 彡'   _,ィ/}  つ   それじゃ、お疲れ様&村建て感謝たま~
            ,.ィ/  _,.. -ー ''" ,...:彡'  っ
            _( ゝ,..‐- ィ  ,..-‐:::::::./       毎日メンテのイベントもよろしくたま~
        ト´ ,.:  -、 ´  {:::::.,..-‐'         _,... - '.},._
          ( 人,.ィ   ノ,.. ー- 'ヽ ,        ./  ...  ヽ、`ヽ
.        r.' '"´ う  :,  )    )   _  .,.'   ´  ヽ  .ノ   ー-、
        fj   {ゝ  (  'イノ ⌒ヽ)'"    ` { .::::::::::.     ....... :::...ヽ
      _  _,(::r‐ァ::>ー-ー-、j  ,...-, ゝ        〈 、:::::::.__ .:::::;'⌒ヽ:ハノ
.    {.'::.   ノ-〈ニ二ー- 、 ーァ::::/            ヽ`¨´   ヽソ
.     ヽ ..__ゝ__j    \:::::ヽ'::/            ',
       _/        \/    _ 、        `ヽ
.       {'::..   _,.. -ー- '" ー '"丶:::\  ...:::::::::......  ',
.         `¨ ´              ̄ ` ー- '"⌒ ー- '
ミスト・レックス 「そ、それじゃあお疲れさまでした!
翠星石は矢をありがとうございます」
翠星石 「アッ>ミク」
ミスト・レックス 「あっ(察し)>ミク」
初音ミク 「ピクシーでまねっこ大爆発をやったことがあるんですけど

ピクシーはたおれた」
ルドルフ 「ぼくは、強くなれたかな。」
翠星石 「そいつがノーマル弱点で…」
たまべヱ 「>ツィー
バント処理が下手な日本代表がいるわけ無いだろ!たま~」
翠星石 「次の世代に新しいタイプがくるです(めそらし)>ノッブ」
博麗霊夢 「もしかして:スキンだいばくはつ
そんなものあるのかしら?」
沙月 「バントホームラン……バントってなんだ。」
ノッブ 「あ、お疲れ様なのじゃ

に、人間五十年… (バタリ」
ツィー 「やったのら
バントホームランなのら」
初音ミク 「おつかれさまでした」
翠星石 「お疲れ様ですぅ! 孤高の狼エンド!」
博麗霊夢 「お疲れ様」
沙月 「お疲れさん。」
ノッブ 「(ノーマルタイプのだいばくはつで効果抜群…? いやよそう我の勝手な予想で村を混乱)」
たまべヱ 「おつかれたま~」
ツィー 「お疲れ様なのらー」
ルドルフ 「お疲れ様。」
ミスト・レックス 「お疲れさまです」
101匹 「乙クマ 掃除屋はクマが頂いたクマ」
ゲーム終了:2015/11/28 (Sat) 00:30:30
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルドルフさんの遺言 ぼくは強くなるんだ。

……竜を倒すだけでなく、沙月さんを守るためにも。
たまべヱさんの遺言    (\      ,ヘ
    \丶 ,,,, l/
    / ` l w l´)   <マスターさん♪マスターさん♪
 _, ‐'´  \  / `ー、_  あそこにフォウくんを食わせた鯖がいるでしょ~?
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


   (\      ,ヘ
    \丶 ,,,, l/
    / ` l w l´ )   <食わせた数だけマラソンだ
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/
ミスト・レックスさんの遺言
          ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
┃┃“┃┃  < ゝ\',冫。’   _ヽr     △│,'´.ゝ'┃.      ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛━━━━━━━ .∠  ⌒ 、 ━━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠──Σ   イ././WヽヽゝT冫そ '´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚' <   ル∩゚ー ゚リゝ   乙 /  ≧   ▽
        。 ┃ ◇ Σ  人`rォt、   、'’ │   て く
          ┠──ム┼. f'くん'i〉)   ’ 》┼⊿Ζ┨ ミo'’`
        。、゚`。、     i/    `し'   o。了 、'' × 个o
       ○  ┃    `、,~´+√   ▽ ' ,!ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

         話 は 聞 か せ て も ら い ま し た !
    つ ま り 翠 星 石 さ ん は 俺 が 大 好 き な ん で す ね ! !
初音ミクさんの遺言                _,,, -― -- ,,,         name:初音ミク
             /-/:::::: :::::::::::::::ヽー-、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |,'/:::::::::∧:::::|、:::::::::::::ヽ〉:::>     ,,,、
                 |::|::::::::::/ ゙、:::::| \、::::::::!/! ,,-‐''''ヾ、ミ、
             |::!:::::::/. __ゝ、l. _ヽ、::|::/::::::::::::::::::||´
              /::::|l、/| /    \. |::|>.':::::::::::::::::::::::::|l
           /::::::|. `| .〉'''  O  '''''//:::::::::::,,、-''' ̄
             /::::::::|.  |/'.゙ゝ、_  .//、:::::/:::::::`、
          /::::::::::|   ,,,-`ヽ ̄/`|  >'´ |::::::::::::`、    よろしくおねがいしマス!
.          /:::::::::::/  .l´__|〉、/ロヽ∧ /    |:::::::::::::::'、
.         / ::::::::::::/    |:::::::|. ゙ |┤′V     |::::::::::::::::゙l,
.       / ::::::::::::::l゙    |::::::::| .|::::|  |    .|::::::::::::::::::|
.     /   ::::::::::::|    |::::::::|  |:::::|  |.    |::::::::::::::::::|
     /  :::::::::::::l     /:::::::/  |=:::|   ',     |:::::::::::::::::::|
.    |  ::::::::::::::|    /::::::/.  ヽ/   .',    | :::::::::::::::::|
.     |  :::::::::::::::|   /:::::ノ   / .|\  ',  |:::::::::::::::::::|
     |   ::::::::::::::| ,-ヾ/:::`ヽ-イ.| ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     |   ::::::::::::::|  ̄ゝ、7ー-- | 【翠星石】マスターを認証しまシタ!
     |  ::::::::::::::|     ̄l'''''ー |___________
沙月さんの遺言 『魔王物語物語』と『ムラサキ』の作者は同一人物だとさ。
……サントラ、欲しかったな。

         ↓ ついでにこれも同作者だって


                        f´⌒`>..、/:::::::::\
                        {      `ヽ、::::::::::\
                           i 弋    X⌒\::::::::::::\
         ,..:::''⌒``ヽ、       /i   \ # : : : : \::::::::::::`ーへ
      ,..::'"     ノ   \   ,ィ〈   !    !`<_: : : : : : \、__::::::j\ヽ
    ,..::´      ,.ィく     \/::::X< !   トx、:::ヘ`''ー.....__ノ   ̄  `ミ>
  /   ,...::''"   `''<.__   ヽ:::::`f`ヾ、  }/.:.:.:}::::::::::::\
 /  ,,. '"           〈ミト、メ::::::::i.:.:.:.ヽ__{:.:.:.:.:.j!=-‐:::::: ̄~"''ー-.._
 `"´   、,,, ____,,.....-‐''":::`"'''ー‐弋.:.:ゞ{_{ノ:.:.:癶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、
      弋:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''ー#`ー┘ X::::__::::-――::::::::::―-::\
        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__モ斗―‐ ''''"      ヽ::::::::::::__:::-‐''"
         `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::>''´ \< ̄  \     ∧ ̄
            `"'''ー---r‐‐''"/ゞ、ミ_,.,,斤笊ヌ }^Yヽ   ヽ ∧
                 {弋__ゞr'i芯~    弋i㌢ iノ ヾ゙、   \}
                    ノ   ノヽゞリ ,    ゙´i  ノ         ∧
               /  /  入   -  /{∠._  ゙、      ∧
              /    / / } 二ニニ7´ //::::::::ヽ、`、      ∧
            / /  /弋(  { ィ^Y/`}ア 伐::::::::::::ヽ \      `、
              / /    i!  ,.-‐'::戈 {]< ノ   Y:::`宀''^`\ \ ゙、   \
           / /!   j!  {:: ;;_;/ ,人く   / :: :: :: :: :: :: :}   `、 \ \
            / / {     {   V 。{ 〃l::l:トヽ  廴:: ::斗‐-、ノ λ   \ \ `::...__
          f  f V   弋 _r廴__《:l::l::l::l:}}   ̄/ 。ノ  ヾ \ `、   \ \、...._ `ヽ、
         人 ト、 \  /: :: ::_;;癶寸歹ノ     ヽ/⌒气 ハ ト、  \ ヽ    ̄ヽ)
           `ヽミ==,.:'"x-‐''7::/::廴 )Yf´、__,、,,..-<}:: :: :: : ヽ }} j }   ハ }    ノ
            ,...::''"/  /::r/キ  }・! ̄ r-‐''"キ i:: :: :: :: :ハノ =彡__../ ノノ
          r=γ´: :/  / :/(_,メ  ノ・!  ∨  メ i: : : : : : : `ー-、 r-、
         に 〉:/ ,/: : :_( _(   L {   `宀" __xi: : : : : :i: : : : : :}:_ノ_
         弋/  }: /:ィζ_,,ノ          ィ(  i: : : : : :i: : :jへフ::l  }
         ⊂ニ -‐ァ ノ メ/::::rソ ) ノ ハ  {ヽ  r-弋 f~´V: : : :__X´:ヽく }:::l  〉
        //代{ ゙/:::::::弋ィ''´>、 l: ..__乂_rf´}  ノ~::::::::\: fヾ:λノ  `づ"
         ゙ー''"// /:::::::::::〃 `7  ノ~Y ノ、__x~^"::::::::::::::::::L_:j^"::::::\__/::::\
          ゙" /:::::::::://、\^'" ^゙~j j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/ヘ:::::::ヽ
              /:::::::::://-‐\\--―.i i:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::∨:.∧::::::ヘ /ヽ
           γ^{:::::::::://''" ̄ \\ ̄i i::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::∨ /:\:::/-=:ノ
        r┴、:j:::::::://\      \\i !::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::∨.:.:./\:::::ζ
         辷:::/:::::::// \\_,,. -―j!j!::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、/ /:.:>-、
        (::r弋:{:://'''"二\\-‐ ''"7/::::::::::::::::;イ:::::::::::/7:::::::::::::::::::::::::::;;;;;ノ:::::\:./ 戈::\
         ヾrニ{;{/''"{  l  \\ //:::/:::::::::::/::::::::::::::::/:::::::/::::::ノ:::ノく::::::::::ノ~~\/:.:./`癶__
          (;;/::ハ_/),,廴/ノノ\//:::::{::::::::::/::::::::::::::::/:::-=く-<ヾ:::ヽ::::::r'"     ヽ/ /:.://`ー-、
           ^ー"~ク /`~/V-ィ''"⌒ヽ{/-、r-〈^ヽ::::ヾ;;;、_、;;;ィ~'⌒        `ヽ:{ {::::::::::::ヽ
               `^'"`''弋:::::::/ァ-、::::::ノ::::::::ハ:::::ゞ^ー<  ノ::\            ⌒ヽ、:.:.:.:.ノ
                       ⌒ /  `"/~^''" ̄    \::::ノ j\,,,_                  ̄
                         /   /            \ノ::::ノ}i沁、
                     /   /              f心ノミ圭}}
                          /   /              r-ヾ{  }ミ{{
          r‐-...、..__ ハ/⌒}ノ   /                  \ノゞノ圭i
         弋   `ヾ)廴iレ_ノ〉_  リ                      }㌢⌒゙}}
             `、    `≪圭圭℡、ノ                    {   j!}
            \     `≪圭ミ/                   i  ノノ
              `''ー-、(⌒ヽヾ/                    `'''"´
                  \__)/
ノッブさんの遺言 人間五十年 下天のうちをくらぶれば…
翠星石さんの遺言
                  _r‐yへ-―┬、
               x=≦/ ヽヾ、ヘ  ⊂ノ、
         >‐ //     } }}‐〉 〉_ニ⊃
      〃ヾ::::://  >‐――く.人ノ>―く
.     /::{ト、_》/∠_ /: : : : \: : : : : \<::::>
    /:::::ア/{{ ̄))、: : : : : : : : ヽ: : \: :ヽ `ヽ、
.   /:::::::〈/:::::{厂´::::::Y.: : : :/|: |: |ヽ: : :ヽ: ヽ  /
    .::::::::::::::::::::::::::::::::::: l.:,x‐7 |: |: 「 x=ミ :i : |、/
.   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ≫=ミ|/|:/ r':::ハ 》.: :| \       ____
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::: | i{r'::心  ,ゞ-"/://―- \ ___/ _. .-‐/ ̄\              ……翠星石のマスターにしてあげてもいいですよ
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: ゞ":::     :::/イ/: : : : : :`ー――: :/ : /: : :/7 ̄ ̄\
      \:::::::::::::::::::::::::::::::ハ_ :>  ° /: :r‐ 、_ : : : : : : : : i: : :〃 : /:/: : : : : : :ハ           …ミストさん。…けっこーはずかしーですねこれ…
      \::::::::::::::::::::::::::ノ >  __. イzx/´ Yヘ:ヽ: : : : : : :.|: :.:|| : :/:/: : : : : : /: :} __
         /\::::::::::::::::::::{_、}ヽ`{{_r、≦ム_》 \Y ヽ:`<: : : :|: :.:||: :.|: |: : : : : :./: /:/: : :\     同じ生きた『モノ』つながりですかねぇ、似たもの同士ミクはよろしくですぅ!
.        / /: >x\::::::i〕ヽ 〈\ヽ`┴.〉   ヽー{:::::::::`:<ヽ: ||: :.|: |: : : : :.//:/: : :/: _」_
.      //: : : : : :.\::::「 _」r‐`  /ヽ⌒ゝ\  r-}:::::::::__:`<:.:|: |: : : : /: : /: : ://: _:|
     ィ: :/ : : : : __:ヽハ   ̄ヽト{{ 厂 `</77≧x'´  _\::\ム: : : :{ : /: /: : : : : : : :」
ルドルフ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ルドルフ は人狼の餌食になったようです)
沙月 は恋人の後を追い自殺しました
ルドルフ は ツィー に狙いをつけました
ツィー は ルドルフ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
沙月の独り言 「後は青髪の優男とかな。
突然結婚してくれとか言ってきた。」
ルドルフの独り言 「ぶっ飛ばしたんだ……張り手?」
翠星石 「こうかは ばつぐんだ!」
ツィー(人狼) 「狙ってないほうが掃除屋でイデ 判るのら」
ルドルフの独り言 「うん。」
沙月の独り言 「まぁ、邪魔だったからぶっ飛ばした位だが。」
沙月の独り言 「花と人間、二人で一つになった存在の話がいいかね?」
初音ミク 「ミストさんのだいばくはつ」
たまべヱ 「イベントだけじゃなく決闘でもぐだぐだしてしまったたま~」
翠星石 「あ、違う
熱病ですかw」
ルドルフの独り言 「……(こくり」
101匹 「後通告は前もってアリアドネで3枚揃えないと >ノッブ
次回改定で制限? なるかどうか不明だし」
初音ミク 「お疲れさま、デス」
ツィー(人狼) 「恋人全生存からの逆転バントホームランなのらー」
沙月の独り言 「さて、それじゃあ私の物語を話してやるか。
終わるまでの時間まで、だがね。」
沙月の独り言 「わお、大連鎖。
結末も決まったかね。」
ノッブ 「ざんねん!ノッブのぼうけんは ここでおわってしまった!」
翠星石 「お疲れ様ですぅ!
って、たまベエと間接的につながっていたんですかw」
たまべヱ 「ファッ!?なんだこれは・・・たまげたたまぁ・・・」
ミスト・レックス 「お疲れさまです」
ルドルフの独り言 「うーん……。」
ツィー(人狼) 「無理ゲーだと思ったらワンチャンきたのら!?」
101匹 「乙 これは狼勝利クマね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ノッブ は恋人の後を追い自殺しました
翠星石 は恋人の後を追い自殺しました
たまべヱ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
初音ミク は恋人の後を追い自殺しました
ミスト・レックス はショック死しました
(ミスト・レックス は熱病にかかったようです)
3 日目 (1 回目)
ミスト・レックス2 票投票先 1 票 →ノッブ
沙月0 票投票先 1 票 →たまべヱ
翠星石0 票投票先 1 票 →たまべヱ
ルドルフ0 票投票先 1 票 →たまべヱ
ツィー0 票投票先 1 票 →たまべヱ
ノッブ1 票投票先 1 票 →ミスト・レックス
たまべヱ5 票投票先 1 票 →ミスト・レックス
初音ミク0 票投票先 1 票 →たまべヱ
ミスト・レックス はショック死しました
ツィー は たまべヱ に処刑投票しました
翠星石 は たまべヱ に処刑投票しました
ノッブ は ミスト・レックス に処刑投票しました
ルドルフ は たまべヱ に処刑投票しました
沙月 は たまべヱ に処刑投票しました
初音ミク は たまべヱ に処刑投票しました
ミスト・レックス は ノッブ に処刑投票しました
たまべヱ は ミスト・レックス に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠星石 「…たまベエ?」
沙月 「ならクマ鍋の次の動物か」
たまべヱ 「>ミストさん
あいされてるたま~」
ルドルフ 「……今日は何を食べよう。」
ツィー 「残当なのら>ミスト」
翠星石 「枯れ木に花を咲かせましょう~♪」
ノッブ 「ダイナミスト・レックスさん!

神の通告の分のSR奪うのやめるのじゃ!」
ミスト・レックス 「アトリームじゃこんなことなかった
こんなの、常識じゃ考えられない!」
沙月 「なんだ、ミストは勝手に消えるのか。」
初音ミク 「あれ、またアバター機能に不備が……」
101匹 「乙」
沙月 「さて。朝か。」
ミスト・レックス 「どうして俺にオシラあそびがきているんだ・・・?」
ツィー 「おはようなのらー」
たまべヱ 「きゅきゅ?」
初音ミク 「おはようございマス!」
博麗霊夢 「お疲れ様」
ルドルフ 「おはよう。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
博麗霊夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
(博麗霊夢 は人狼の餌食になったようです)
博麗霊夢 ミスト・レックス で足音が聞こえた…
ミスト・レックス は 博麗霊夢 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ノッブ は 博麗霊夢 ミスト・レックス に狙いをつけました
沙月の独り言 「ま、明日の夜にでもなれば話してやるさ。生きてればな。」
翠星石の独り言 「だからまあ、期待は、…しておくですぅ>アトリーム人」
ルドルフの独り言 「……逃げられては、ないと思う……。」
たまべヱの独り言 「おねがいするたま~」
ミスト・レックス(人狼) 「そんなことはどうだっていいんだ
重要な事じゃない」
ツィー(人狼) 「明日の朝のフラグ回収を期待せざるをえないのら」
沙月の独り言 「私の物語なんざ大したこと無いと思うけどな。」
ノッブの独り言 「って自うちだから2人じゃのw」
博麗霊夢の独り言 「核の炎を持ってそうな世界のキャラから狙えばよかったかも」
ルドルフ は ミスト・レックス に狙いをつけました
翠星石の独り言
                  ――
               / ―――. 、\
                 //: : : : : : : : : :\ヽ
             〃.: : : : : : : :/{: : : : i |ヽ
            <ハ/: :/: /: :/‐ヽ: : : | | ゝ
               { {: : {:/x:/ x=ミ: :|: :|ノ「
             八: :|iVリ  弋リУノ: :|            まぁ、上司みたいなものだと思えばいいですぅ?>ミク
             / ハ、'' ー '''ノ{ }: : :.
            / / :_r=≧r≦⊥ヽ ヽ: :ヽ
           -‐ _/.: :,イ'ハ__/テヽ__}}、{ \_:ヽ___
       / / /: : : /// 〃 /|ヽ「 ヽ\―――、 ヽ
.       /  /  /.: : :./:// {{ /ハ ヾ、 ヽヽ: : : :\ヽ \
      /  / ./.: : :./://   //X{ {     } }ヽ: : : : ヽ`―
      ̄ /: : : :/ :{ {__// Xi{ {___」 }:::::\: : : : `丶、」
ノッブの独り言 「特につながってる相手がいないなら適当にぶっぱするぞい?」
沙月の独り言 「あぁ、なんだ。逃げられたか?
……なぁに、冗談だ」
ルドルフの独り言 「それに、きみの物語を聞いてみたいから、いいんだ。」
初音ミクの独り言
                 __         _
              /iiヘ,, ‐::----::‐.._///ヘ
             /::/: : : : : : : : : : : : ///|:∥ヽ
              /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: :×
             / /: : : 」_ ヽ: ::|ヽ_:_:: : `,_ヽ',: : : :ヽ
               /{: : :´/ _` ヽ::i´ \`: ::|::::i ',: : : : ヽ    くすぐったいデスよ、マスターっ♪
             /: :!: : /イ    ヽi   ヾ :i::::|:ヘ: : : : : : ヽ
              /: : :.!:./:::。>    <。 }|ヽ:|∠ |: : : : : ヽ
          /: : : :|V |:::ト, ┌┐   .イ: |≦-,_ |,: : : : :: :ヽ
            /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒: |',: : : :: : : `、
           ,':: : : : :,'    /:::::::「i i||//i⌒i  /: : : : : :: : : : :|
         {: : : : : : \_ ./:::}:::::|ii|\/ |::_:|_/:::::: : : : : : : : :|」
ツィー(人狼) 「等と意味不明な供述をしておりなのら」
翠星石の独り言 「アトリーム人…狼ですか…
いーですか、おめーには翠星石とミクの命がかかってるですよ!」
ノッブの独り言 「大炎上!ぐだぐだ本能寺!(BAN祭り&繋がらない的な意味で)

って何言わせるのじゃー!」
ルドルフの独り言 「ヒマリは、この村には居ないからね。」
ミスト・レックス(人狼) 「こんな村、守る価値なんてない!
俺はもう人狼の為に戦いたくない!
俺は恋人の為にいきるぞ、JOJOおおおおお!!!」
初音ミクの独り言
 /.ィ  .::l   ::::::l::: l:.    ::ヽ //
 レ  .:::::ハ   ::::::ト、 l、:.    ::::ヽ{
 / .:::::/_ヽ  :::::l ',l‐\-   :::::::|   マスターの、マスター?
 l  ::::/:| _\ ::::| , -‐-\::. ::::::|
. ヽ :::l::::l r-、ヽ::l. r―、ヽlヽ:. ::://   すみません、ミクにはよくわかりません……
  ハ:::l::::l ヒ::ナ `'  ヒ::::ノ '! ::l:::/イ
  | :ヽ:::|、             | :::/ l::|
  l  ::::V->-yー- 、, -<.| /-y-|
  ヽ  /:::::::::/::::::::::::::::\ /.|/01l |」
ルドルフの独り言 「ぼくも、少しだけ、予想はしていたけど……」
翠星石の独り言 「わー! かわいいですぅ! うりうり~!>ミク」
沙月の独り言 「それともヒマリと刺さりたかったか?
ま、残念だったな。」
ツィー(人狼) 「それがエンターテインメントというものなのら」
たまべヱの独り言 「えんじょうさむらいと聞いてるたま~」
博麗霊夢の独り言 「101匹相手に無双…
セッカッコー!セッカッコー!セッカッコー(ry
こんな感じ?」
たまべヱの独り言 「ミスト・レックス 0 票 投票先 → たまべヱ

大人気マスコットを敵に回すとはなめられたたまねぇ・・・」
ミスト・レックス(人狼)
_______________
|/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:.i|         \_____________
|:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:.j| ミスト
|∧ぐセオ}    弋ダノイ.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| .ハ   j       /イ | 「仲間として、もう少し発言には
| .八  <、      /イ|  気を使ってくれ!」
| ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ .|
|./リ;;;\  -    ′..|
|.//;;;;;;;;ヘ   ./  / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
沙月の独り言 「まぁ刺す先なんてここしかないさ。
同作者同士ってことでな。」
ノッブの独り言 「我は侍通り越して魔王なのじゃ、ふはははは、怖かろう!」
初音ミクの独り言
               _,,, -― -- ,,,         name:初音ミク
             /-/:::::: :::::::::::::::ヽー-、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |,'/:::::::::∧:::::|、:::::::::::::ヽ〉:::>     ,,,、
                 |::|::::::::::/ ゙、:::::| \、::::::::!/! ,,-‐''''ヾ、ミ、
             |::!:::::::/. __ゝ、l. _ヽ、::|::/::::::::::::::::::||´
              /::::|l、/| /    \. |::|>.':::::::::::::::::::::::::|l
           /::::::|. `| .〉'''  O  '''''//:::::::::::,,、-''' ̄
             /::::::::|.  |/'.゙ゝ、_  .//、:::::/:::::::`、
          /::::::::::|   ,,,-`ヽ ̄/`|  >'´ |::::::::::::`、    よろしくおねがいしマス!
.          /:::::::::::/  .l´__|〉、/ロヽ∧ /    |:::::::::::::::'、
.         / ::::::::::::/    |:::::::|. ゙ |┤′V     |::::::::::::::::゙l,
.       / ::::::::::::::l゙    |::::::::| .|::::|  |    .|::::::::::::::::::|
.     /   ::::::::::::|    |::::::::|  |:::::|  |.    |::::::::::::::::::|
     /  :::::::::::::l     /:::::::/  |=:::|   ',     |:::::::::::::::::::|
.    |  ::::::::::::::|    /::::::/.  ヽ/   .',    | :::::::::::::::::|
.     |  :::::::::::::::|   /:::::ノ   / .|\  ',  |:::::::::::::::::::|
     |   ::::::::::::::| ,-ヾ/:::`ヽ-イ.| ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     |   ::::::::::::::|  ̄ゝ、7ー-- | マスターを認証しまシタ!
     |  ::::::::::::::|     ̄l'''''ー |___________
ミスト・レックス(人狼) 「俺が熊鍋の後を追うだなんて
こんなにも俺と仲間で意識の差があるとは思わなかった!」
翠星石の独り言
                  ――
               / ―――. 、\
                 //: : : : : : : : : :\ヽ
             〃.: : : : : : : :/{: : : : i |ヽ
            <ハ/: :/: /: :/‐ヽ: : : | | ゝ
               { {: : {:/x:/ x=ミ: :|: :|ノ「
             八: :|iVリ  弋リУノ: :|               翠星石とミクのマスターになるですぅ!>アトリーム人
             / ハ、'' ー '''ノ{ }: : :.
            / / :_r=≧r≦⊥ヽ ヽ: :ヽ              ミクと繋がってる女神ですよー!
           -‐ _/.: :,イ'ハ__/テヽ__}}、{ \_:ヽ___
       / / /: : : /// 〃 /|ヽ「 ヽ\―――、 ヽ
.       /  /  /.: : :./:// {{ /ハ ヾ、 ヽヽ: : : :\ヽ \
      /  / ./.: : :./://   //X{ {     } }ヽ: : : : ヽ`―
      ̄ /: : : :/ :{ {__// Xi{ {___」 }:::::\: : : : `丶、
      /: : : : : ヽ ::::`ーr―<i___i>‐――::へ::::/: : : : : : : : \」
ツィー(人狼) 「連鎖ならず、チッなのら」
ノッブの独り言 「風神なのじゃ
三千世界で範囲殲滅なのじゃよ」
博麗霊夢 は ノッブ に狙いをつけました
たまべヱの独り言 「ほんもののおさむらいさんたま~」
ルドルフの独り言 「沙月さん、でいいのかな。……よろしく。
ぼくは、おしら様みたいだ。」
ミスト・レックス(人狼) 「熊鍋するなら勝手にやってくれ!
俺は艦を降りる!!」
101匹 「うわらば」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
101匹 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
博麗霊夢0 票投票先 1 票 →101匹
ミスト・レックス0 票投票先 1 票 →たまべヱ
101匹8 票投票先 1 票 →ノッブ
沙月0 票投票先 1 票 →101匹
翠星石0 票投票先 1 票 →101匹
ルドルフ0 票投票先 1 票 →101匹
ツィー0 票投票先 1 票 →101匹
ノッブ1 票投票先 1 票 →101匹
たまべヱ1 票投票先 1 票 →101匹
初音ミク0 票投票先 1 票 →101匹
初音ミク は 101匹 に処刑投票しました
ルドルフ は 101匹 に処刑投票しました
沙月 は 101匹 に処刑投票しました
博麗霊夢 は 101匹 に処刑投票しました
ノッブ は 101匹 に処刑投票しました
101匹 は ノッブ に処刑投票しました
ミスト・レックス は たまべヱ に処刑投票しました
ツィー は 101匹 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗霊夢 「クマーもぐもぐ」
ミスト・レックス
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ∧/:.:ヽ:.:.ー-、、:.:.:.:.:.:.ヽヘ
\       彡 ラ:./:.:/:.:./:ivr:.l:.:.:i:.:.`:.ヽ:.:.:`:.:.ヽ:.:.:.ヽ、 ) .な  の  そ
  \         /:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:|:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.く   ん  が  う
         /:ノ:.:.:./:.:.:.:.:.:i:ノ`¨¨゙゙ji:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽヽ で  正  や
\ \   __ノ/:.:.:/:.:.:.i:.:.:./    i:.:.:.:l:.:.:.:.ヘ:.:.ヘ:.:.:.:.:.ヘ:.:.:. ノ す  し   っ
    \ _ノ:.:.:.:./:.:.:.:.:|:.:!:/   ヘ   |:.:./、:ヘ:.:.:.ヘ:.:.ヘ:.:.:.:.:ヘ:く   か   い   て
      ヾ彡:./l:.:.:.:|:.:|:/   .__\.レ |}:.|:.:} /  i:.:.:.:.:.:.ヘ:) ?  や  強
        ',;.:{ゞi:.:.:.:|',|ヾ.  ´ tテ‐≧__ノレiノ /    i:.:.:.l:.:.:.:.:L_    り   い
         ヾヽヘ:.:.:.i'.!      ̄_>,   r≦___、.l:.:.:.jヾt、:.ヽ|   方 . る r
          ヾ:.:./             /<tj ヽ. ,':.:.:ノ:ヘレ ワ | ,へ     ,r┘
      _/^7 .//           / \ ` ´ ,..:':.:.:/ヘ:.:.| .レ'  ヽr、⌒ヽ'
     //レ′{ /        、   /      /l:.:.:./ ノlノ    -‐‐‐‐"´
____/  |.  ヽ/  ._ -‐ _  - ´     ノ ゞ/
   /  八 l  \   |^l  ヽ ` -、_     ./          `゙ ー- 、_
    {    \    '、 \\__ 〉/   /       \          `゙ ー- _
    |      ヽ    ヽ\`‐---‐'´ ,. ィ´}           \
    |        \   \  ̄   / / .|\     \  \」
101匹 「武田クマ頼の騎馬隊 参るクマ」
初音ミク
                 __           _
               /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ    name:初音ミク
              ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
              /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ    クマ…な、ベ?
             /{: : : / ⌒ ヽ:i⌒\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
               /: :!: : /イ○     ○ :i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
           /: : :.!:./:::|  ´      |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
             /: : : :|V |:::ト,  O    .イ: |≦- ',: : : : : : : :ヽ
          /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|⌒!  ',: : : : : : : : `、
           /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i  i   ',: : : : : : : : ::`、
        /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i   ',: : : : : : : : : :`、」
ルドルフ 「熊殺し、なのかな……。」
ミスト・レックス 「こんなにも俺と地球人で
意識の差があるとは思わなかった!!」
たまべヱ は 101匹 に処刑投票しました
ノッブ 「クマ鍋じゃね!
是非もないネ!」
ツィー 「まずはクマ鍋なのらー
様式美なのらー」
ミスト・レックス 「根本的な解決にはなりませんよね?」
たまべヱ 「じゃぱにーずひーろーたま~」
翠星石 は 101匹 に処刑投票しました
沙月 「まぁクマ鍋安定だな。」
翠星石 「おーっほっほっほっ!
クマ鍋ですぅ!」
初音ミク
              _iiヘ,, ‐::----::‐.._///ヘ    name:初音ミク
             /::/: : : : : : : : : : : : ///|:∥ヽ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: :×
                / /: : : 」_ ヽ: ::|ヽ_:_:: : `,_ヽ',: : : :ヽ   
             /{: : :´/ _` ヽ::i´ \`: ::|::::i ',: : : : ヽ  
               /: :!: : /イ{゜:i ヽiイiテヾ :i::::|:ヘ: : : : : : ヽ   おはよう、ございまス
           /: : :.!:./:::代ソ   弋::ソ}|ヽ:|∠ |: : : : : ヽ
             /: : : :|V |:::ト,  、_   イ: |≦-,_ |,: : : : :: :ヽ
          /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒: |',: : : :: : : `、
           ,':: : : : :,'    /:::::::「i i||//i⌒i  /: : : : : :: : : : :|
         {: : : : : : \_ ./:::}:::::|ii|\/ |::_:|_/:::::: : : : : : : : :|
          ',: : : : : : : : ::/ヽ_:| ̄V ミ∧彡|::::::: : : : : : : : : : : :/
        .   ヽ: : : : : : :/    ∠::/~~|::ヽ\: : : : : : : : : :/
           :-─-   /::::::/  「:ii:ゞ  ̄ ̄ ̄ ̄
                (::::::ミ◎::|   (:::∞:::)」
ミスト・レックス 「そうやって熊鍋するのが正しい方法なんですか?」
ツィー 「おはようなのらー」
101匹 「この人数で女神4・・・恋人勝利の予感しかしないクマね」
沙月 「さて、朝か。」
ルドルフ 「おはよう。」
博麗霊夢 「ヒャッハー!クマ鍋よー!
トキじゃないかって?細かいことは気にしない!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
ツィー は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗霊夢の独り言 「ヒャッハー!クマ鍋よー!
トキじゃないかって?細かいことは気にしない!」
ミスト・レックス(人狼) 「でも恋人の有無はどうだっていいんだ、重要な事じゃない」
ノッブの独り言 「是非もないネ!」
ノッブの独り言 「ファーwww」
ツィー(人狼) 「これでクマー連鎖だったら指差して笑ってやるのら」
翠星石の独り言 「…!?」
ノッブの独り言 「おき太は1枚だけあるというのに…!」
沙月の独り言 「ま、そりゃ刺すならここしかないか」
翠星石の独り言 「…盛大にミスったです…」
初音ミク は 翠星石 初音ミク に愛の矢を放ちました
翠星石の独り言
                  _r‐yへ-―┬、
               x=≦/ ヽヾ、ヘ  ⊂ノ、
         >‐ //     } }}‐〉 〉_ニ⊃
      〃ヾ::::://  >‐――く.人ノ>―く
.     /::{ト、_》/∠_ /: : : : \: : : : : \<::::>
    /:::::ア/{{ ̄))、: : : : : : : : ヽ: : \: :ヽ `ヽ、
.   /:::::::〈/:::::{厂´::::::Y.: : : :/|: |: |ヽ: : :ヽ: ヽ  /
    .::::::::::::::::::::::::::::::::::: l.:,x‐7 |: |: 「 x=ミ :i : |、/
.   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ≫=ミ|/|:/ r':::ハ 》.: :| \       ____
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::: | i{r'::心  ,ゞ-"/://―- \ ___/ _. .-‐/ ̄\              ……翠星石のマスターにしてあげてもいいですよ
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: ゞ":::     :::/イ/: : : : : :`ー――: :/ : /: : :/7 ̄ ̄\
      \:::::::::::::::::::::::::::::::ハ_ :>  ° /: :r‐ 、_ : : : : : : : : i: : :〃 : /:/: : : : : : :ハ           ミストさん
      \::::::::::::::::::::::::::ノ >  __. イzx/´ Yヘ:ヽ: : : : : : :.|: :.:|| : :/:/: : : : : : /: :} __
         /\::::::::::::::::::::{_、}ヽ`{{_r、≦ム_》 \Y ヽ:`<: : : :|: :.:||: :.|: |: : : : : :./: /:/: : :\
.        / /: >x\::::::i〕ヽ 〈\ヽ`┴.〉   ヽー{:::::::::`:<ヽ: ||: :.|: |: : : : :.//:/: : :/: _」_
.      //: : : : : :.\::::「 _」r‐`  /ヽ⌒ゝ\  r-}:::::::::__:`<:.:|: |: : : : /: : /: : ://: _:|
     ィ: :/ : : : : __:ヽハ   ̄ヽト{{ 厂 `</77≧x'´  _\::\ム: : : :{ : /: /: : : : : : : :」」
たまべヱ は ノッブ たまべヱ に愛の矢を放ちました
ミスト・レックス(人狼) 「俺だって恋人ができたら成長しますよ、猿渡さん」
ルドルフの独り言 「フロドナでもないし、ヒマリでもないし……。」
ツィー(人狼) 「察したのら」
ノッブの独り言 「是非もないネ!」
ノッブの独り言 「…我のAAはー!我のAAはないのー!?」
ツィー(人狼) 「狼だから自分から恋人作りにいけないといってはいけないのら」
ミスト・レックス(人狼) 「今度こそ守ってみせるんだ、新しい恋人を!」
ミスト・レックス(人狼) 「戦うなら勝手にやってくれ、俺は恋に生きる!!」
ツィー(人狼) 「まぁ正直ミストサーンはアレな出来のアレのスケープゴートに使われた感を感じなくもないのら」
博麗霊夢の独り言 「アトリームに核の炎なんてなかった」
ミスト・レックス(人狼) 「こんなんじゃ俺……恋人を作りたくなくなっちまうよ……」
翠星石 は ミスト・レックス 翠星石 に愛の矢を放ちました
ルドルフの独り言 「…………」
翠星石の独り言 「久々の翠星石だけど、けっこう感覚忘れないものですねぇ」
101匹の独り言 「どうも暗殺希望すると掃除屋ばっか引くねえ」
ルドルフの独り言 「……!?」
ツィー(人狼) 「よろしくなのらー」
ミスト・レックス(人狼) 「俺だって相手がいたら意見も変わりますよ、ツィーさん!」
ルドルフの独り言 「……」
ノッブの独り言 「是非もなし!」
沙月 は 沙月 ルドルフ に愛の矢を放ちました
出現役職:村人1 おしら様2 風神1 掃除屋1 静狼2 女神4
ゲーム開始:2015/11/28 (Sat) 00:17:59
博麗霊夢 「開始」
ノッブ 「この村はぐだぐだに制圧されるのじゃ!」
ツィー 「原作彼女持ちがなんかいってるのら>ミスト」
博麗霊夢 「1」
ルドルフ 「君の、君の物語は……」
博麗霊夢 「2」
沙月 「2ケタ人数に届くのは久々に見たな。」
博麗霊夢 「3」
初音ミク 「えット、アバターをモニタに出す、ニは……」
翠星石 「翠星石 さんが登録情報を変更しました。」
ミスト・レックス 「なんだっていい!
恋人を全滅させるチャンスだ!!」
博麗霊夢 「4」
翠星石
                  ――
               / ―――. 、\
                 //: : : : : : : : : :\ヽ
             〃.: : : : : : : :/{: : : : i |ヽ
            <ハ/: :/: /: :/‐ヽ: : : | | ゝ
               { {: : {:/x:/ x=ミ: :|: :|ノ「
             八: :|iVリ  弋リУノ: :|            そりゃあ、翠星石はドールでモノですから。意識の差があるのは仕方ないですぅ>アトリーム人
             / ハ、'' ー '''ノ{ }: : :.
            / / :_r=≧r≦⊥ヽ ヽ: :ヽ
           -‐ _/.: :,イ'ハ__/テヽ__}}、{ \_:ヽ___
       / / /: : : /// 〃 /|ヽ「 ヽ\―――、 ヽ
.       /  /  /.: : :./:// {{ /ハ ヾ、 ヽヽ: : : :\ヽ \
      /  / ./.: : :./://   //X{ {     } }ヽ: : : : ヽ`―
      ̄ /: : : :/ :{ {__// Xi{ {___」 }:::::\: : : : `丶、」
博麗霊夢 「5」
博麗霊夢 「投票したらカウントするわ」
沙月 「そうか。まぁどうでもいい>ルドルフ」
101匹 「物理的に痛いのはどーしよーもないクマ >ノッブ」
ノッブ 「だいじょーぶだいじょーぶ神性も騎乗スキルもないじゃろお主>101匹」
初音ミク 「こんばん、ワ」
たまべヱ 「よろしくたま~」
初音ミク が村の集会場にやってきました
ミスト・レックス 「こんなにも俺と翠星石で
意識の差があるとは思わなかった……っ!!」
たまべヱ が村の集会場にやってきました
ルドルフ 「……ううん、見たことはないけど。>沙月」
博麗霊夢 「ばよえーん?」
101匹 「やめて3000丁の銃で撃たれたら全滅しちゃう」
沙月 「青髪か……
なんかむかつくやつを思い出した。
会って早々結婚しようとか言ってきたバカとかな。」
翠星石
               __
           , <    _ -‐  ̄
.           /    ` <          - 、
          | ――   ` < _.. ´     \
          |    --――― `丶、     / \
          ヽ            `丶、 /    :ト
               . :-、―ヽ‐- 、 __∨,へ       | ヽ
               /: : : ヽ  ヽ  \ /,∠ \   /  ヽ
            i: : : :/|: ヘ   ',  //|\   ヽ, /   |
           ハ: /⌒ヽ:}   「//ヽ       ∨    |、
.            n r' ー  }:i  //∨ /  /  i :| ' ,   :| ',
.            || `ー,  ∠.:/,.イ: : : :∨   /   '  |  ヽ /          翠星石が呼びたいように呼んでいるだけですぅ>アトリーム人
         rハ「トヽ ゙ー┐// }: : : : :∨ /  ,'  |   l∨   |
         ` イノ ,/ ̄ ̄ヽ }: : : : : ∨   /   |   | ∨ |
         「/〉〉イ::::::::::::::::::ヽ\ : : i : ∨ /   |   |  ヽ/
        // ノ_/:::::::::::::::::/∧ \i : : ∨_  |  |  /
        `´{ ̄{{/≫:::::::::::/V: :ヽ  \: :ヘ   ̄ ̄ ̄ ̄
.         /ニニ/:厂:::::: ̄=/: : : :.\ /: : ヘ
           ', /:::::::::::::/三/.: : : : : :/: : : : : :ヘ
          { !::::::::::::/ニ{~ヽ:_ : : : /_ヽ: : : : : :ヘ
         ヽ{:::::::::ィニノ: : : : ` ‐-: : : : _:  ̄ ̄{
          {:{::::::::/|:::ヽ、: : : : : : : : : : : : : }: : :―{」
沙月 「どこかでわたしをみたことあるのか?
まぁしったこっちゃないが>ルドルフ」
ノッブ 「わしじゃ」
ツィー 「無双ゲーの隣は落ちものゲーだったのら?>連鎖」
ルドルフ 「いや、何でもない。」
ノッブ が村の集会場にやってきました
ルドルフ 「君は……」
沙月 「と、随分とフリーゲームやら同人ゲームのキャラが集まったようだな」
ミスト・レックス 「名前の間違いは悲しみの連鎖を生むだけなんですよ>翠星石」
沙月 「じゃあこうするとしよう」
きっとかり 「きっとかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:きっとかり → 沙月
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9873 (沙月)」
ミスト・レックス 「うおおおおおおおおおおお!!!!!」
ミスト・レックス 「くっ落ち着け、あんな安っぽい挑発に乗るな!>101匹」
翠星石 「101匹ワンちゃん…うっ頭が」
きっとかり 「さて、RPに悩む……うむむ」
翠星石
                          -――-
                      /  ⌒⌒⌒⌒  \
                       ´         `ヽ
                    〃  , ー ' `¨´ 一 、   ヽ \
                     / j{  ノ          t   1  \
               /   {  j"       }!.   〈,  ヽ   >
              <    j{  ノ         .|ヘ    j{  } -一 a
               γ ∥∥j/  .}    / j  !     } <== ァ ´
               ‘ー―キ''  乂___. / /._レ   j! / /
               V二で"/ /   //}/   | /} / ., ' / !
               /ー=キ " .X,≦三 _ノ'   三気 /.〉’,   ,|
               /.   ヘ ∧ ,,,,       ノ  ' /   !         ちゃーんと名前を呼ばれたかったら、霧払いを習得してくるですぅ!>名前がryアトリーム人
               /.   iヘ、\ !、   ー ァ  ,//j!     ,|
               /.   〈\\{\y≧=ー--,/ 7〉 j{_  |
               /   /\ヽ ヽ. \ `Y//   /' ∥'  ヽ. |
               /  /⊂ニ、´  {、 ,}.∥'   ./  {{3   V,|
               / // ノ \ ォ家/    ,/ー 、}}3, /> \
           ム1i;i{ .〃⌒′ \/  ´ ノノ ヽ  \ ((__   }
          /ti;i;i/> 7      | 丶   //_  /   .}  ))  j、
       〃こ ヾ ̄> `´     \  ー' ヽn>、_   I!  ((__  j」
ツィー 「文化というか無双ゲーの雑魚っぽいのら?>101匹」
博麗霊夢 「核の炎が足りないわね」
101匹 「アトリームにもこの文化だけは存在はしまい」
博麗霊夢 「夢想天生!」
ミスト・レックス 「翠星石さんにだけは言われたくなかった……っ!>名前がわからない」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 博麗霊夢
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2979 (白麗霊夢)」
翠星石
                          ∠ニニミ 、
                        /         ヽ\
                            /ノ⌒⌒>-、   \ヽ
                         //: ://イ:∧: \  } '、
                      /: : :⌒ '//7⌒、:.八  }  >
                         /|: ∠x=ミ /x=ミ \:i  }/イ
                         八: :ハ ::::: '__ :::: //:/ ,ノ: :|
    __                     ヽ:人  (  }  イノ ,ノ: : :|          翠星石はただの人形じゃないですぅ>霧が濃くて名前がよく見えないアトリーム人
    (、゚。゚。` 、   _人_            /  ,ノ>-r‐=≦' ノーァ: :|
     \≧=- \ `Y´ キュッ    ,ノ  ノア7ィ水 <{ ノノ⌒〈}: :|          人形師ローゼンが創りだしたローゼンメイデンの一種です! すごいんですよー!
      `ー≠=ミ > 、          { ,ノ/く_/| ヽノ〃::::::::::}i:∧          ふふーん! 私達のような存在はそうそうないんですぅ! えへん
.     キュッ | " /><> 、   /ア::/  〃)(|-イ〃::::::::::::从 ∧
       |  |\)ソ  `<>.、{:::::::::ノ  // )(| ,ゝ':::::::::::::::::V: :∧
       |  |__(Y__     \、 >マ__/( ̄ ̄ ̄(:::::::::::::::::::::::| : : ∧
         ̄    `ヽ、   \、゙<_   ̄ ̄/ヽ⌒\::::/ : : : ∧
                `ト-イ:}≧、_{_r―‐='´   }}、::::ノ:: \: : : : : :ヽ
                __,⊥:::::く― {{    __.. イ{{::¨:::::::::::::\: : : : : :\
             _}}}::::::::::::::::`=≠\_/    |人、__:::::::::::::::`ー 、: : : : \
             /::::::::}}}::::::::::::::::::::\____彡―::::Ⅵ≧=-、::::::::\: : : : \
              |::::::::::圦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::〉〉::::::::`:ミ===': : : : : : \」
多分かり 「多分かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:多分かり → 101匹
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3512 (軍団クマー)」
ツィー 「よろしくなのらー」
ツィー が村の集会場にやってきました
ミスト・レックス 「可愛らしい人形ですが……地球にはこういったものもあるんですか?」
ルドルフ 「……」
ルドルフ が村の集会場にやってきました
翠星石
                                                 /'∧
                         -―<¨¨_¨ ヽ、               |  |
                       /: : : : : : : `ヽ. \ \                   ∨/
                       /: : : : : : : : : : : : : \\ \                  | |
                       /: /: : : : : : : /: :}、: : : : :ヽ \ \                | |
                    / / /: : :/ : : :〃: /__\: \ l   \ \            .| |
                      / イ /: : :/: __:/// ,ィf示ミ トミ__   :|   \         | |
                  |/: :/ x==ミ    乂ツ |: : 「   | ̄ ̄         _| |___
                 ∠イ : : 《乂ツ  ,   ノ: :人   \           ./ | |     \
                      / 八: : : \__   、 ノ 彡イ : : \   \      /   | |_____   |        ふふん、カワイイカワイイ翠星石が来てやったですよー!
                  /    i――<._     イ: : : : : : :.\_  \    / _./ ‘,_    \|
     /)ノ) _      /    ノ: : : __ :_ノT ¨ _〉^Y7⌒ヽ: : :|ヽ  二二 /  :|  |  \
   r┴く{ {_/ {___/    /: _/:::〃⌒≫≪⌒i} /7::::::::::::\|      :|    |  |     |           よろしくですぅ
  Γつく   ( {/⌒¨ア¨¨ ̄: :/:::::/{レ/イ^ト__ノ' /7::::::::::::::::::::\      :|    |  |     |
.   \     人  / : : : : : /::__/ 〈/〃7 |「  |__|:::::::::::::::::::::::::::\   |   ∧ ∧   :!
.   /` Tマ^ヽxく : : : : : : _レタ^    .丈/辷i     \\:::::::::::::::::::::::::/    |   ∧   .∧  |
  /   /^弋¨´  \: : :∠/    .丈/x辷i      ノ^7::::::::::::::::::::::/    |__/    ̄  \_|
. /   /  ∧     \{辷辷辷辷辷 イΧ辷辷辷辷辷xく::::::::::::::::_//))―{          }
   ̄ ̄  /}}:∧      下ミ乂  |/l Χ ////////|: : : : :.\:::::((__〃| ̄    \______/
     /:.〃:::∧     ノ:::::::_:>く//777//////〈!: : : : : : : ̄「7/::|      /
    /:./´::::::::::::≫===彡::: イ///⌒7/////>―ヘ! : : : : : : : :.:|〈/::::|、  __/\___
  /: :〃:::::::::::::::〃:::::::::::::::/::|/:::::::::://///::::://::::∧: : : : : : : : |::::::::::\く::::::::::::::  ̄ ̄||」
翠星石 が村の集会場にやってきました
かり 「東方妖恋談のアレンジが流れるような世界?」
ミスト・レックス 「なにをいったい!>多分かり
それじゃまるで、アトリームがモヒカンの世界みたいじゃないか!」
かり 「きららか東方かそれとも…」
多分かり 「それ世紀末って言わねえ? >巨大な決闘」
きっとかり 「よろしくー」
きっとかり が村の集会場にやってきました
ミスト・レックス 「アトリームにも決闘村はありましたよ
地球のものとは比べものにならないほど巨大な決闘村がね」
かり 「いらっしゃい」
多分かり 「ガラッ」
ミスト・レックス 「決闘村についたぞ!」
多分かり が村の集会場にやってきました
ミスト・レックス が村の集会場にやってきました
かり 「0:15開始予定です」
かり が村の集会場にやってきました
村作成:2015/11/27 (Fri) 23:53:53