←戻る
【紅3178】やる夫たちの普通村 [5776番地]
~もうおかわり?早いな!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 不幸なGM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon ゴリラ
 (ken◆
jK84nCI8pg0e)
[村人]
(死亡)
icon 衛宮士郎
 (FEマン◆
w.3iOdjBHM)
[共有者]
(死亡)
icon クオン
 (雨箒)
[村人]
(死亡)
icon タツマキ
 (sariel◆
Ero/sEYE.Q)
[人狼]
(死亡)
icon 垣根帝督
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[霊能者]
(死亡)
icon ハク
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[妖狐]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (希望◆
mhtalBqRXA)
[占い師]
(死亡)
icon 磯風
 (珠◆
NQJi97TdkA)
[人狼]
(死亡)
icon やらない子
 (◆
AoMKIhTv0s)
[村人]
(死亡)
icon バナナ
 (おろろ◆
8ElC1GIaYw)
[村人]
(死亡)
icon 汚い忍者
 (キングマリス)
[村人]
(死亡)
icon できる夫
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[村人]
(生存中)
icon できない子
 (ヴァナディース◆
6pDGb0V9WY)
[人狼]
(生存中)
icon チルノ
 (あさり)
[狩人]
(死亡)
icon 結月ゆかり
 (セグフィア◆
mO.593N7u6)
[村人]
(死亡)
icon 衛宮切嗣
 (ナタ◆
/oGAAS9DmE)
[狂人]
(死亡)
村作成:2016/01/03 (Sun) 15:24:29
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 不幸なGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2595 (上条当麻 03)」
不幸なGM 「みじかくまとめ
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
不幸なGM 「また俺か?また俺だよ!
4時開始!ちょっと長いけど!」
バイオゴリラ が村の集会場にやってきました
バイオゴリラ 「ゴリラ ヤセイノオキテ マモル」
不幸なGM 「ご、ゴリラだー!」
かりかり が村の集会場にやってきました
バイオゴリラ 「オレサマ オマエ マルカジリ」
かりかり 「ちわ」
不幸なGM 「ゴリラ対かりかりですねわかります」
かりかり 「これもうわかんねーな」
クオン が村の集会場にやってきました
不幸なGM 「美女と野獣?」
クオン 「ゴリラがいる!?」
不幸なGM 「ゴリラはいるさ
人狼だっているんだぜ?」
クオン 「やだもう,美女だなんて
そんなことでわたくしが機嫌よくなると思ってるのかな」
不幸なGM 「(なってそうだ……)」
バイオゴリラ 「オレサマ シゼンニイキル モノ」
バイオゴリラ 「ゴリラシカ キョウミ ナイ」
クオン 「人,こないね」
かりかり 「まだ時間はあるから多少はね?」
不幸なGM 「誰か気合で呼ぼうぜ!」
タツマキ が村の集会場にやってきました
クオン 「どうやって呼ぶんだろう」
タツマキ 「よろしく」
バイオゴリラ 「バイオゴリラ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:バイオゴリラ → ゴリラ
アイコン:No. 9210 (バイオゴリラ) → No. 3018 (ゴリラ)」
クオン 「ゴリラにはかわりがないかな」
不幸なGM 「おいバイオゴリラが逃げたぞ!タツマキきたから!」
ゴリラ 「冷静に考えてバイオゴリラでは無理があると悟ったゴリラ。」
ゴリラ 「野生の掟は厳しい!」
ゴリラ 「間違えたゴリラ。
野生の掟は厳しいゴリラ。」
クオン 「タツマキがくるとゴリラが増えるんだ」
ゴリラ 「タツマキ オレサマ トモダチ」
クオン 「タツマキ・・・ユアフレンド・・・かな>ゴリラ」
不幸なGM 「どんな自然法則だ
わけがわからないよ>タツマキがくるとゴリラが増える」
垣根帝督 が村の集会場にやってきました
ゴリラ 「タツマキ……マイフレンド……。」
垣根帝督 「助けを呼ぶと現れるカブトムシさん、ってな」
クオン 「わたくしもよくわかんないかな・・・」
ハク が村の集会場にやってきました
クオン 「声は一緒だけど違うかな!?」
ハク 「戦争の匂いがプンプンするぜぇ」
垣根帝督 「…………アイコン間違えか?>ハク」
不幸なGM 「なんというかどっから突っ込めばいいんだよこの面子ぅ!」
垣根帝督 「ああ、オロの方な。弱音じゃなくて」
ハク 「         | V /  ィ_ノ: / : /. : .   /:  . :{从ィソ.
        V/ ,'  廴_ ィ : l: : :  . l . :/   \: . .     (ツッコミはやくねぇ?)
        {{ |    . . : : : : |: :  : l : :/  __ V: :
          ` |  . . : . : : イ : | | : : : : 、_廴/≦   V:
        ,    | . : : : : : : lノ∠l∧: | : /r≦ィ矛了   //    :   .
       {、_ノ /. : : : : : : l´r弋仗 ゝ:|  二 ̄   /イ:   . :     : .
       ゙ー‐ イ: |: : : : : : :ゝ  ̄  ヽトゝ      { V  . : :    :
              l: :|ヽ : : : : : 三ソィ  ′           ノ  : : :  :   :
          ゝ:{  \: : : : 彡'   l          ゝ   : :  : . . : :
\          `\  ヽ: : : :ヽ   ヽ,,`,,, ; ; ;_,;z;; ;,  、) : . :   : : : :
  `ヽ ̄ ̄ ̄`  、     ノ: : : : : \ 、;;='''゙゙"~´    ∠ゝィ: :   : : : :
     :.      \___{ : : : : : 厂∧ イ ̄ヽ   /ヽ./{: : : .  : : : :
     ::..      \  \rzく  j : \j: : : : \/: : : : } Ⅵ |: .  : : :
      :::i::..      ヽ  丶ヽヽ.V: : : : : : : : : : : : : : :/ /ヽlヽ  : : :」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 衛宮士郎
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7677 (うちはサスケ)」
衛宮士郎 「よろしく頼む」
タツマキ 「ちょっとお!目離したらゴリラから友達扱いされてんだけど!!
これどういうことよお!!」
ハク 「ハクオロ? 知らねぇな、誰かと勘違いしちゃあいませんかねっと」
karin が村の集会場にやってきました
垣根帝督 「突っ込むだなんてイヤらしい
流石上条さん手が早い」
karin 「こんにちわ」
クオン 「ゴリラ・・・ユアフレンド・・・かな>タツマキ」
クオン 「わたくしはこのハクに対してどう接すればいいのかな・・・」
衛宮士郎 「ゴリラは自分と同レベルのパワーの持ち主を仲間と認識するらしい
つまりタツマキのパワーはゴリラレベルという事だ」
垣根帝督 「サスケぇ!声は同じだけども!」
タツマキ 「あんたが引き取りなさいよ>クオン」
ハク 「いーじゃんいーじゃんよー ゴリラがベストフレンドでも
友達が多いと楽だぞお? 楽ができる」
衛宮士郎 「サスケ?俺の名前は士郎だけれど>帝督」
クオン 「わたくしにはゴリラノ友達なんていないかな・・・(めそらし>タツマキ」
磯風 が村の集会場にやってきました
ゴリラ 「>タツマキ
タツマキ……マイフレンド……!」
karin 「karin さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karin → 霧雨魔理沙
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9889 (霧雨魔理沙(紅魔城))」
垣根帝督 「反応してるし自覚あんじゃねーか!?>士郎」
磯風 「陽炎型駆逐艦磯風だ、宜しく」
霧雨魔理沙 「よぉ」
ハク 「作戦は至ってシンプルだ>クオン
俺が頭脳担当、お前が体力担当……解りやすいだろう?」
磯風 「問おう、あなたが私の司令か?>士郎」
衛宮士郎 「ハハ、おかしなこと言うなあ
それより冷蔵庫にならなくていいのか?帝督」
垣根帝督 「これもうアレか
そこの磯風がセイバー名乗り出す流れか」
不幸なGM 「ちょっと目をはなしたら
目が怖い面子がいっぱいだった」
不幸なGM 「助けて!」
タツマキ 「だから違うって言ってるでしょ!>ゴリラ」
ハク 「ハハハハ! いいねぇ、ますますきな臭くなってきやがった!」
やらない子 が村の集会場にやってきました
衛宮士郎 「お前の司令は俺ではない
そこのハクだ>磯風」
やらない子 「よろしくね」
磯風 「なるほど、そちらが私の司令か>士郎」
垣根帝督 「冷蔵庫に繋がれたであって冷蔵庫になってた訳じゃないからな?」
ゴリラ 「>タツマキ
オレサマ オマエ マルカジリ」
衛宮士郎 「ああ、きっとそうだ>磯風」
クオン 「ちょっとおかしくないかな!?
なんだかロボットとかのってそうだよねハク!?>ハク」
ハク 「ハクだ。敬称は必要ねぇ、よろしくな>磯風」
バナナ が村の集会場にやってきました
磯風 「ふむ、きっととははっきりしないな
男子なら、もっとはっきりしたらどうかな?>士郎」
垣根帝督 「タスケテに反応してカブトムシさんが来てやったんじゃねーか>GM」
霧雨魔理沙 「霧雨魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:霧雨魔理沙 → 春野サクラ
アイコン:No. 9889 (霧雨魔理沙(紅魔城)) → No. 6753 (間桐桜02)」
ゴリラ 「>バナナ
ウホッ」
バナナ 「RPに迷ったらこうなった」
バナナ 「お や め」
ゴリラ 「ウホ……ウホホ? ウホッ」
春野サクラ 「しゃーんなろー!!」
汚い忍者 が村の集会場にやってきました
できる夫 が村の集会場にやってきました
できない子 が村の集会場にやってきました
クオン 「あ,果物がある」
磯風 「ふむ、宜しくな、ハク司令>ハク」
不幸なGM 「ゴリラ攻めバナナ受け……!?」
できない子 「寝よう」
できる夫 「入村できます」
ハク 「       ハ/,ヽ///>-  -r―――=ニ二二三三三三三三'///////////
        |::.Y´|l へ'/三三|三三三三三三三三三三三三////,-/////.:::
        l::::|'/!| l::::::|l、_</|三三三三三三二ニ=__=ァ=i////.::://///.::::     ロボットとか何を言ってんだ? 大丈夫か?>クオン
        ∨l'/l| |:::: l:{ `示ミ::::::::::/.//   _,,,ィ"¨´ Y}'/,リ///ゝ/////.::.::.
        .';:}'/! .';:::::l.ヽ.._ゞ'_,}::::::/ ィ/==≦¨示=ミ ;人/L'/‐ァ'´7.::⌒ヽ::::;
―――― -- ミl:::l .l:从  二人::〈 .::|!{!:从_ じ' .ノ./.:::/.:::/.:/ /::.::.::.::.::.}/
二二二二二二.';::', ';::トミz=‐' ::::ト、〉  ヽ ::::: ̄彡./.:::/.:::/:./ /::.::.::.::.::.:/
二二二二二二/':::', ’;:.     :::;!         .,.:'::/!:::;'_.〈__;′ー/:; ′
二二/二二二二:';:‘;  ヽ〉   ::/       ヽ __/..:/ ,ノ::>―‐lー::.::.:/
二ニ/二二二二ニ',∧ ハ  ::;′       /.:;::::://.::.::.::.:::{l:_,:イ
二'/二二二二二ニ';:∧ . ∧   ヽ ‐       .;':::///..::.::.::.::.::.::リ::::人
/::,'二二二二二ニ::〉_ハ :::', ヽ、__     _{/:/.::.::.::.::.::.::.:::/:///\
::/ニニニニニニニ}/.::/{  i 、.`ー 二二ア.:/.::.::./.::.::.::.::.::./イ'//////\」
汚い忍者 「よろしく」
衛宮士郎 「実は俺…かぷ鯖世界線の士郎なんだ…>磯風」
ハク 「士郎、お前の嫁だろ何とかしろう」
衛宮士郎 「だからサーヴァントとかそういうのは小学生で卒業したんだ」
磯風 「ほむ?かぷ鯖とは一体なんだろうか?>士郎」
垣根帝督 「だいたいメダロットのセラフシステム?
質量保存の法則無視した再生システムとか『未元物質』製だからに決まってんだろうが」
チルノ が村の集会場にやってきました
クオン 「わたくしは大丈夫かな!?
どうにかなってるのはハクだと思うかな!!」
チルノ 「よろしく!」
衛宮士郎 「俺かぷ鯖世界線だから>ハク」
結月ゆかり が村の集会場にやってきました
ハク 「自分のことを『大丈夫』っていう奴が大丈夫だった試しがあんのかね?」
結月ゆかり 「よろしくお願いします」
バナナ 「何故攻め受けの話になるのか」
磯風 「酒に酔った時というセリフと同じようなものだな>ハク司令」
衛宮士郎 「俺が小学生のころに遊んでいた対戦型ゲームだな
凄く楽しんでたんだけれど…今思えば、あのころが一番純粋だったな、俺>磯風」
できない子 「濃いメンツだねぇ」
垣根帝督 「メダル一つ一つに記憶があるのも『未元物質』の性質に通じるだろ」
磯風 「ふむ、士郎にもそういう時があったのだな>士郎」
ゴリラ 「ジャングル エサ アル
オレサマ クウ オイシイ!」
ハク 「俺が多少は狂っていることを世界が保証したとする
だが世界が正気であることは誰が保証してくれんのかねぇ? くくく」
衛宮士郎 「ああ…でも、思い出した、ありがとう磯風…」
クオン 「大丈夫,わたくしは正気かな」
衛宮切嗣 が村の集会場にやってきました
ハク 「素晴らしい例えだ、わかってるじゃねぇか>磯風」
衛宮士郎 「あのころみたいに、一つの事に熱中するって気持ちを
うん、大丈夫、俺もこれから頑張るから>磯風」
衛宮切嗣 「箱根のみなさ〜ん!」
垣根帝督 「士郎>
かぷ鯖世界線にもサーヴァントいるだろ
トオサカとかボクサーのフラガとか」
不幸なGM 「埋まったぁぁぁぁぁ準備よろ!」
磯風 「思い出した?のか、それは良かった>士郎」
ハク 「堕ちろぉぉぉぉぉ!>切嗣」
衛宮士郎 「じいさん!?」
衛宮切嗣 「うたわれるもの……じゃない!」
垣根帝督 「この流れでキリツグは普通なのかよ!?
ハクオロとかじゃなくて」
春野サクラ 「春野サクラ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:春野サクラ → 霧雨魔理沙
アイコン:No. 6753 (間桐桜02) → No. 9889 (霧雨魔理沙(紅魔城))」
磯風 「…切嗣司令とはこういう司令だったろうか…うーむ?」
霧雨魔理沙 「だめだなテンションが上がんねえから
やっぱこっちだな」
クオン 「ハクがなにをいってるのかわたくしにはもうわかんないよ・・・」
ハク 「……あ? 悪い、なんか急に虫唾が走った
疲れてんのかな、俺」
ゴリラ 「カウント ハジメル ウホ!」
できない子 「ふむ・・・」
ゴリラ 「ヒトツ!」
衛宮切嗣 「いやね、ハクオロにしようと思ったんだけど
せっかく士郎がいるしね。

アイコンをハクオロにするかな……」
衛宮士郎 「うん、俺は正義の味方だからな>磯風」
ゴリラ 「フタツ!」
磯風 「とりあえず、皆もおせちに飽きてきた頃だろう
浜風に聞いた秋刀魚でも焼いておこうか」
ゴリラ 「タクサン!」
ゴリラ 「ジャングルノスウジ ソレダケ! カイシ!」
ハク 「とりあえず、だ」
ゲーム開始:2016/01/03 (Sun) 15:53:17
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゴリラの独り言 「>GM
村建て感謝ウホ」
磯風(人狼) 「む…人外か」
できない子(人狼) 「おやすみ」
衛宮切嗣の独り言 「なんてことだ」
衛宮士郎(共有者) 「うん、不幸だ!>相方GM」
霧雨魔理沙の独り言 「これはひどい」
磯風(人狼) 「うむ、おやすみ」
ゴリラの独り言 「タツマキとかバナナいるので占いしたかったウホ」
霧雨魔理沙 は 衛宮士郎 を占います
衛宮士郎(共有者) 「というわけで」
タツマキ(人狼) 「よろしく」
汚い忍者の独り言 「うぇーい」
磯風(人狼) 「ではなく、宜しくだ」
霧雨魔理沙の独り言 「素村くれよ」
チルノの独り言 「村立てありがとね!>スバルGM」
ハク(妖狐)

    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)
  |      | |
  |     __´_ノ    コォーン・・・
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \」
結月ゆかりの独り言 「村人ですか、狩人とか狐がやりたかったんですが
17人自体久々なのでまあいいでしょう」
ゴリラの独り言 「でも村の感覚も死んでるのでリハビリに丁度いいウホ」
衛宮士郎(共有者) 「最初の夜ぐらい話さない?(GMに話しかける屑」
タツマキ(人狼) 「やる気出しなさいよ!!」
結月ゆかりの独り言 「GM>
村たてありがとうございます」
「◆不幸なGM GMはスバル
やべえ言いたいことあるけどあとでいおうがお送りします
まぁ頑張れ(何をだ)」
ハク(妖狐) 「うん、死んだな。だがそれを嘆くことはない」
タツマキ(人狼) 「まぁ潜伏希望」
できない子(人狼) 「人狼なんてできないよ」
クオンの独り言 「もうこれどういうことなのかよくわかんないかな・・・」
衛宮士郎(共有者) 「ほら、鍋と違って夢共有誤認とかもないし
うっかり内訳洩らさなければ大丈夫大丈夫」
汚い忍者の独り言 「村建て感謝、と」
磯風(人狼) 「ん?できない子はどうする」
ハク(妖狐) 「死はいつだって身近な友達だろ。死ぬことを恐れてたら、生きることを楽しめないじゃないか」
衛宮士郎(共有者) 「誰か俺に特攻してきたらいいんだけれど」
クオンの独り言 「ねぇねぇGM-
状況把握がおいついてないんだけどー」
できない子(人狼) 「せんぷくでー」
衛宮切嗣の独り言 「まぁ特攻はしないでおこう。
適当に適当に」
できない子(人狼) 「いないならかたるけど」
磯風(人狼) 「誰も出ないなら占い騙るか
信用は得意ではないが、まあ状況によっていこうか」
ハク(妖狐) 「だから生きよう。そして堂々と死のう、その時はその時だ」
垣根帝督の独り言 「どうして……こんな流れになったんだろうな…」
磯風(人狼) 「ふむ、なら私が語ろう」
衛宮士郎(共有者) 「カプ鯖世界線の俺って多分将来弁護士とかだよなあ」
バナナの独り言 「他人のホモネタを眺める分には気にしないけど
他人をホモ扱いしたことはないし、自分がホモ扱いされるのは嫌です。
そう思った開始前でした。」
磯風(人狼) 「初手、士郎○
噛みは130
垣根帝督の独り言 「今回ばかりは俺のせいじゃねぇーぞこのカオス!?」
ハク(妖狐) 「だが生きるための努力は惜しまない
狩人日記に占い日記までバッチシだ」
バナナの独り言 「言われたのは攻めと受けでホモとかそういうのではないけどね」
霧雨魔理沙の独り言 「GMは村立て感謝だぜ」
ハク(妖狐) 「共有者は……初日がありそうだな。乗っ取りは期待できない、と」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆不幸なGM 俺の口から言えるのはこれだけだ


頑張れ>状況把握が追いついてない該当者」
磯風 は 不幸なGM に狙いをつけました
不幸なGM は無残な負け犬の姿で発見されました
(不幸なGM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
不幸なGMさんの遺言 俺……この村が終わったら晩飯食うんだ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
できる夫 「(もがもが」
結月ゆかり 「おはようございます」
衛宮士郎 「   , 个个l^l
    | 〉〉イ⌒)             ___,
   ヽ,_,...ノ            /. : : : : : <
    〈////∧          /八: : : : : : : : 冫
     ∨///∧         |.:ト∨ ノハ: : : ,'
     ∨///∧         |.:|rェ  rェ|: : : l なんでさ
      「 ̄´ '          |.:|  」   |: ; :/
      ',  /⌒ヽ     /人 ー ノ|/:/⌒l
        ヽ/     丶、_ノ∨ 人ー‐厂 ̄  ノ
          \      / `| |  //    /`ヽ
           ` 、   /   | | 〃     /⌒\
             丶、|   │|//      ′    \
               l   │|/        |      \
                 」__ Ⅳ      \〉ー─ 、     ヽ
               〈//∧ | ____ノ    \  /⌒ヽ
               ∨/∧|//////////〉     Vヽ   l
              (´\////////////          l__|
              ( \厂厂厂厂厂厂)         厂//∧
                  //∨<..ノ..ノ..ノ..ノ           ∨///|
              /(_/ 厂////> '⌒〉         Ⅳ//|
            /人_ノ//> ´ ////l          厂 ̄`
            //////> ´\///////|           〈丿   |
           ////> ´ ///  \//// |             ヽノノノ
          <厂´///////l /// \// |
          ///////// │///// ∨ノ
        '///////`  ー|////// 厂
        |/////|      |///////
       〈_/////ノ       l/////从
        「¨¨¨ 「      ∨/////ハ
        |    |       ∨/////∧
     _ ノ\  |        〈//////ノヽ
  、∠\\  ∨ |        `¨¨¨´   \
  \\_ノ ノ  ノ ノ           \   〈\
    ` ─── ´                冫─ 、ヽ 〉
                     ,∠二二ヽ/
                      しし、 ノ/
                       ` ̄ ̄´」
垣根帝督 「俺の霊能者に常識は通用しねぇ!
朝一COだ!」
できない子 「人狼なんてできないよ」
チルノ 「あたい最強」
衛宮切嗣 「僕はね、占いCOなんだ。
衛宮士郎は◯」
バナナ 「ゴリラ吊ろう」
できる夫 「(もごもご」
磯風 「占いCO 士郎は○」
汚い忍者 「はよっす」
クオン 「おはよーかな
なんなんだろうねこの状況」
霧雨魔理沙 「占いCO衛宮士郎○」
やらない子 「はろー」
垣根帝督 「ごめんな……桜はごめんな…ツッコミおいつかなくて…」
ゴリラ 「村の中に放り込まれたバナナ!
「オレサマ オマエ マルカジリ」
自然の摂理に反し言葉を発するバナナにゴリラが野生の鉄槌!
この世は弱肉強食! ヒエラルキーに従うしかないのだ!」
磯風 「理由:さて、士郎と切嗣どちらの司令にするか
   折角だから、この二人から選んでみよう」
衛宮切嗣 「知り合いつながり、という奴だよ。
特に言葉はいらないかな」
ハク 「とりあえず……金をくれ>クオン」
できない子 「酷いな占い先」
クオン 「なんでさ」
汚い忍者 「士郎人気ー」
霧雨魔理沙 「ぐっ…
なぜだかわからないが頭の中に
「先輩を…サスケ君を占うのです」っていう声が聞こえてくる!!
というわけで声に従いつつ占う
開始前?なんのことかわからんな」
結月ゆかり 「wwwwwww」
衛宮士郎 「そうか、俺が3○か」
やらない子 「士郎大人気に草。」
チルノ 「しろーすげー! しろーなだけにしろい!」
タツマキ 「呼ばれて来たら怪人がいないし、でられないってどういうことよ!」
バナナ 「よし、ゴリラは灰だな?共有者じゃないな?」
ゴリラ 「シロウ キョウユウニチガイナイ ゴリラワカル」
できる夫 「あ、ごめんなさい
今おせち料理を口いっぱいにほうばってました」
汚い忍者 「40」
結月ゆかり 「士郎人気すぎて笑いましたwwww」
垣根帝督 「士郎まっしろうだな」
できない子 「それじゃあ他もどうぞ」
できる夫 「朝一ってほどでもないですけどね>霊能CO」
衛宮士郎 「うん、普通なら色々喜ばしい事なんだろうな!でも今回は正直やめてほしかったかな!」
汚い忍者 「じゃあ霊能は潜ったか初日ね、共有もどんぞ」
不幸なGM 「ははっ>衛宮士郎三重○」
ハク 「これっぽっちじゃ酒も食いもんも買えやしねぇんだ>クオン
後で返すから……な?」
衛宮士郎 「だって俺共有だからな!」
やらない子 「霊能はもうでてるから共有が出てごー。」
チルノ 「霊能はもう出てるよー
垣根が霊能だよー」
衛宮切嗣 「なんだろう、この、なんだろう。
士郎は人気者なんだなぁ……」
磯風 「士郎司令、喜べ私が占った結果、村びとであることが
判明したぞ>士郎」
タツマキ 「共有CO出てくるまで見えたわ>士郎3重○」
クオン 「もう,またー?
まったく,ハクはしょうがないかな
わたくしがいないとほんっとーにダメなんだから>ハク」
磯風 「…」
汚い忍者 「あ?」
できない子 「本当に酷いな(白目」
チルノ 「本当にしろい!」
できる夫 「初日銃殺でもでてるの?と思ったらそんなことはありませんでした」
ゴリラ 「オレサマ ヨチシャ! ウホッ!」
やらない子 「それはひどい。」
垣根帝督 「んじゃ共有も出んべ」
ハク 「景気がいいねぇ、おい>衛宮士郎
お前、前世でどれだけろくでもないことをやらかしたんだ?」
衛宮切嗣 「ふざけるな、ふざけるな、バカヤロー!
うわぁぁぁぁぁぁ!!」
結月ゆかり 「色々とひどすぎて何もいえませんね…w」
クオン 「ひどいことになってるかな」
汚い忍者 「ていと君霊能COしてんんだ」
霧雨魔理沙 「銃殺出ないとか私が働かなくちゃいけない奴ジャン
なんで衛宮は狐じゃないんだ(憤怒)
と思ったけどこれ銃殺出てたら対応されてた感じだから衛宮ナイス褒めてやる」
バナナ 「酷すぎてテンション上がる>衛宮士郎共有」
衛宮士郎 「うん、しかも相方は今そこでさっき死んだ!
喜べ!狩人も真占いも確定でいるぞ!」
チルノ 「よちしゃってなんだ?」
結月ゆかり 「もしかしたらこれ、初日共有ってオチじゃありませんか?」
やらない子 「潜っていてもよかったレベル。意味があったかどうかは知らない。」
磯風 「司令…共有とは、なってない
なってないぞ!!」
できない子 「それで相方もだしておこうよ」
ハク 「ははーっ ありがたやありがたや>クオン」
霧雨魔理沙 「おいい…>衛宮共有」
結月ゆかり 「やっぱりwwwwwwww」
できない子 「なんだこれ・・・・」
やらない子 「ああ、だから出たのか>初日」
ゴリラ 「お、おぅ。」
垣根帝督 「士郎wwwww>共有者」
汚い忍者 「草しか生えない>士郎共有で相方初日」
ハク 「はははははは!>衛宮士郎」
できる夫 「あれほど凝を怠るなと言ったでしょう?>汚い忍者
霊能者が陰を使っていても凝で見破れます」
クオン 「共有ってなってないの・・・?
わたくしそういうのわからないかな・・・」
衛宮士郎 「正直俺が共有引いて相方GMの時点で割と嫌な予感はしてたんだ!>磯風」
できない子 「占い3CO→士郎占い
士郎共有CO
GM=共有←NEW」
ゴリラ 「ツマリ ヒトツ ワカル」
垣根帝督 「アッハイ
霊能者と呼ばれているよ」
チルノ 「身代わり共有で、その共有者に○か
最強のあたいならここから先の進行は理解してるよ
士郎○を出してる占い師をバランス護衛でごえいさせればいいんだ」
ハク 「こいつぁ傑作だ! だが悪くねぇ、悪くねぇよ!
ちっとも悪くねぇ!」
衛宮切嗣 「うん。すっごくグレーが広いね!!
士郎がなんとかしてくれると思うよ(丸投げ」
結月ゆかり 「こういう流れになったらひどい方向に向かいますよねwwwwww」
霧雨魔理沙 「こんな灰広くて狩人いるって言われても
村人は喜べ年だよなぁ」
ゴリラ 「バナナ! オレサマ! クエル!」
バナナ 「この状況で初日共有とか喜べないwwwwwwww」
[密]結月ゆかり 「おなかがいたい…w」
汚い忍者 「わりいな、癖になってんだ、、絶状態で行動すんの>できる夫」
衛宮士郎 「あ、霊能はそこの冷蔵庫がCOしているからな!
んで相方初日だからそこも真確定!」
クオン 「狩人がいることはいいことだけど
これ,そんなに喜んでいい状況じゃない気がするかな・・・」
チルノ 「うほっ、うほっうほほほほーっ、うほうほうほっ
うほほほっ、うほほほほっ、うほほほうほうほうほっ>ゴリラ」
タツマキ 「んじゃちょっとだけ悪いかしらね。
潜伏狂人自体はされてると面倒だから3-1なら考えなくていいし。
○が全く無いってだけがネック。」
できない子 「楽しい村になりそうだね(遠い目」
結月ゆかり 「これだけでおなかいっぱいなんですがwwww」
できる夫 「真が確実に無駄占いしている+3-1という事を考えるとまったく喜べないですけどね
せめて、一人くらい特攻させて破綻に追い込みなさいよ」
ゴリラ 「タツマキ! マイフレンド! ツラナイ!」
衛宮士郎 「うん、そうだな!全員俺○だな!>チルノ」
クオン 「ハクぅ・・・お願いだからもっと緊張感をもって・・・」
磯風 「…これだから司令は…
こうなったら、単縦陣で人外共を駆逐する
抜錨するぞ、続け司令>士郎」
衛宮切嗣 「そういえばなぜ垣根帝督は
ロボットになってるんだろう。
おもちゃ……かな?」
ゴリラ 「>チルノ
日本語でおk」
バナナ 「なのでゴリラ吊ろう(唐突)」
ハク 「本物の占い師1人が無駄占いをしている、ってだけじゃない
ニセモンの占い師2人も無駄占いってことだからよぉ!

いいじゃねぇか、平等だ! みんな平等に無駄骨でよぉ!」
垣根帝督 「なんつーか俺含めて色々酷い出だしだな」
タツマキ 「明日死体なし出ればどうでもいいわよ>クオン
出ないならどんな形でもいっしょでしょ」
霧雨魔理沙 「ゾルディック家は忍者の家系だった…?>忍者」
チルノ 「じゃあ占い師の誰が真占いでも噛まれないんだ! やった!>士郎」
汚い忍者 「喜べないっつーかまあ
村にとって全く喜ばしくない状況だから喜ばれても困るよねってマジレス
この状態で嬉しいのって狼視点でも判別ついてないよ!って位しかない」
ゴリラ は バナナ に処刑投票しました
チルノ 「ゴリラがしゃべったああああああああああああああ」
バナナ 「ゴリラを吊るすとバナナが一房50円になるよ」
クオン 「○がないのだけなのかな?
○がない上に確定○が一つないっていうふうには考えないのかな?>タツマキ」
できる夫 「狩人が居るというのも初日村人だったら狩人いますしね。」
ゴリラ 「>バナナ
安心してくれ。
何一つの不安なくオレサマもお前に投票しておいた。お互い健闘を祈る。」
チルノ 「黒の賢人かな……?」
ハク 「くくく……これが笑わずにいられるか?>クオン
しかも状況はそこまで悪くねぇ、敵さんだって損してくれてるんだぜ」
バナナ は ゴリラ に処刑投票しました
タツマキ 「酷くならない未来なんか始まる前にないってわかるでしょ>垣根帝督」
衛宮士郎 「うん、出来ればさっさと人外は見つけて欲しいな!切に!>磯風」
できない子 「バナナ吊ってみんなの夜食?(難聴>バナナ」
衛宮切嗣 「まぁいいや
僕はこのまま作戦を続行するよ。
人狼なんてものは排除しなければならないんだ」
できる夫 「強いて言えば「明日占いが噛まれていてもべグだよ」くらいです」
霧雨魔理沙 「おかしい…はいが広いから吊れる人外は全員灰にいるぞ
って誰も言わない…コンナノハユルサレナイ」
バナナ 「俺吊るしても痛むのがちょっと遅くなるだけだし>ゴリラ」
クオン 「死体無しねぇ
それは狩人の腕次第だと思うかな
あんまりとやかくいうことでもないって思うけど>タツマキ」
汚い忍者 「ただでさえ〇がいねえ共有初日で、全員共有占いで、狼がベグり覚悟で占い抜いて真でも死んだ日にゃあ、うん
まあ目そらす以外ねえわな」
磯風 「今頃ゴリラに驚くことでもないような気がするが…>チルノ」
垣根帝督 「キリツグ>子供受けいいからな
今俺、小学生に飼われてるし」
ハク 「わかんねーかな。今なら的が狙いやすい、ってことよ>クオン
遠慮はいらねぇ、ガンガン狙え」
やらない子 は クオン に処刑投票しました
結月ゆかり 「占い噛まれないならそれに越したことはありませんが
狼次第では噛むのは普通にありますし、期待はできませんね
ですが…くふふ…(まだ笑い転げている)」
磯風 「任せろ!!>士郎司令」
衛宮士郎 「そこで死んだ相方じゃないけれどあれだな!不幸だアアアアアアアアア!」
汚い忍者 「足音殺すのも癖になってんだ>魔理沙」
ゴリラ 「でも今汚い忍者投票すべきだったと後悔してる。」
衛宮切嗣 「ちょっとケイネスさんお宅に殴りこみしてくる」
チルノ 「バナナがしゃべるよりマシかもしれない>磯風」
タツマキ 「自分から言うのって誘ってるわけ?>魔理沙」
クオン 「そうなのかな?
だって○が少ないのは灰が広くとれるってことで
完全に損とは言えないと思うけど>ハク」
ハク 「ここで敵さんを仕留めりゃボーナスだ。死ぬ気で狙えよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できない子 は クオン に処刑投票しました
汚い忍者 は バナナ に処刑投票しました
衛宮切嗣 は やらない子 に処刑投票しました
磯風 は 結月ゆかり に処刑投票しました
タツマキ は 結月ゆかり に処刑投票しました
できる夫 は ハク に処刑投票しました
クオン は タツマキ に処刑投票しました
垣根帝督 は チルノ に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は できない子 に処刑投票しました
チルノ は ハク に処刑投票しました
結月ゆかり は タツマキ に処刑投票しました
ハク は できる夫 に処刑投票しました
衛宮士郎 は タツマキ に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
ゴリラ1 票投票先 1 票 →バナナ
衛宮士郎0 票投票先 1 票 →タツマキ
クオン2 票投票先 1 票 →タツマキ
タツマキ3 票投票先 1 票 →結月ゆかり
垣根帝督0 票投票先 1 票 →チルノ
ハク2 票投票先 1 票 →できる夫
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →できない子
磯風0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
やらない子1 票投票先 1 票 →クオン
バナナ2 票投票先 1 票 →ゴリラ
汚い忍者0 票投票先 1 票 →バナナ
できる夫1 票投票先 1 票 →ハク
できない子1 票投票先 1 票 →クオン
チルノ1 票投票先 1 票 →ハク
結月ゆかり2 票投票先 1 票 →タツマキ
衛宮切嗣0 票投票先 1 票 →やらない子
タツマキ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
タツマキ 「あっちゃ」
磯風(人狼) 「さて…面倒なことになった」
できない子(人狼) 「あらぁ」
不幸なGM 「おつかれーっす」
ゴリラの独り言 「タツマキィイイイイイイイイイ!!!」
タツマキ 「お疲れさま」
できない子(人狼) 「どうしようね」
衛宮士郎(共有者) 「相方がいたら潜ってただろうな!でも相方いないもんな!」
汚い忍者の独り言 「ちょっと発言頑張りすぎたわ」
ゴリラの独り言 「マイフレェェェエエエエエエンド!!!!」
衛宮士郎(共有者) 「不幸だあああああああアアアアアアアアア!」
結月ゆかりの独り言 「どうしましょうか、占い師が生きてれば特にいうことがないんですよね
灰拾いというのもありますが」
クオンの独り言 「あ,あれ?タツマキってこんなに投票されるようなところだった?
わたくしのほうが投票されそうなところじゃない?」
タツマキ 「思ったほどバラけた煽りかしらね」
バナナの独り言 「票ばらけすぎっていうか
初日の形が酷いっていうか」
磯風(人狼) 「霊能噛みルート
ベグルート」
ハク(妖狐)
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●)
   |       | |
   |     __´_ノ     できる夫とチルノを吊るそう
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /     ヽ \」
できない子(人狼) 「割りと霊能噛めないと思うの・・・」
磯風(人狼) 「できない子次第でいこう」
バナナの独り言 「どこ吊れても微妙な感じ
確実に灰に3人人外いるんだけど
誰が吊れても人外吊れた予感がしない」
磯風(人狼) 「わかった、では魔理沙あたり噛みといこうか」
衛宮切嗣の独り言 「すごい偶然だよねぇ」
できない子(人狼) 「噛めると思うなら霊能噛んで信頼でいいとおもうけど」
ハク(妖狐) 「まず、占い日記は破棄してと」
できない子(人狼) 「んー」
磯風(人狼) 「できない子、LWルートで行こう」
できない子(人狼) 「信頼行けるならそっちのほうが勝率はたかいとおもうんだよね」
できる夫の独り言 「投票してから思いましたが、ハク狩人ありますね」
できない子(人狼) 「(どっちでもそうなると」
不幸なGM 「まーきついっちゃきつのかな」
チルノ は 磯風 の護衛に付きました
できない子(人狼) 「なので、信頼いけそうなら霊能でいいよ」
磯風(人狼) 「んーむ、まあ見せる方向でいこう」
バナナの独り言 「タツマキの潜伏狂人云々は狐騙り警戒してんのかなー?
新年だし妖狐がヒャッハーしててもおかしくないけど」
できない子(人狼) 「無理そうならベクでも」
結月ゆかりの独り言
               _. . : ¨ ̄ ̄:¨ . ー
            /: : :: : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ': : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : :.\
           i: :/:人: : : ,: : : : : : : : : : : |i: : : : : : ヽ
           /: /: : : : : :/: : : : : : : : : : : :|i: : :>=ミ: i
         ,: :/:.,.:.: :.|i: : /|i: : : /: : : :|i: : :/' :_/={:i:i:i:iヽ
          /: ハ: i: : : |i: / :|i: : /: : : : :|i : / : :{:i:iY:i:i:i:i:|}
.        i: :i: :V: : : |i/x竓ミ' |: : :|: .,: , ' |:人_人:i:i:i〃      今のところ磯風が真っぽい気がするんですが
         V: :/|i: : : |'.んしハヽ}:/}:./__}' |i: : |i:  ̄:.i
.         /: /: |i: : :.イ乂zシ ´  / 'ん:.心.|i : 八: /: |   実際のところはどうなんでしょうねえ
        i: :,:ハ:|i: : |: : .        乂z:ソ |i /: : /: : |
        l从{ 〔三=〕: :ゝ     ,       八: : /: : : |
          /:/: :} : : : .、  __       /: : : /: : ハ:.|
   /     /ハ:i: : ハ: : : : \      .ィ:\=\: : :イ:.:}:|
  (:{     i: { }: :{  i: : : :}   ̄ |: : :人: : \ソく. |: :|:|
    \、 __∨ 八: :.くl: : :从.     |: :/: : : : : : } }: :v: : :,
      ― ァ:.//\: ヽ/=l )    |=i: : : : |: :./八: : : :人
    __,彡'≦ニニ}: :i.〃ヽ  /|=l: : : : |i : {ニ'\:/  )
       /ニニニニ/: :.∨i\ /|=|i : : :八: ハニ=\ '
       ,ニニニニ,: :{: : :} i  ̄ ̄ l ノ: : /___,/: : :.ニニ=_
       iニニニニ}: :レ : | |    イ }: :}ニ i: : : :|ニニニ|」
ハク(妖狐) 「きちんと共有初日を見抜いて乗っ取りを諦める。それも妖狐の務め」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
霧雨魔理沙 は チルノ を占います
磯風 は 霧雨魔理沙 に狙いをつけました
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
(霧雨魔理沙 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
タツマキさんの遺言     ,. -‐━‐- 、
   // \    _\  ⌒ヽ
  ./  l     '⌒ヽ ))か__ノノ
 ∥イ  '⌒Y乂_ノ }イ ノ/、_) Yヽ
. | 乂__(__彡Y__ ノミー彡ノ/) 〕
  }  ト弋__ノ/ .'ィナ/ \\__彡′
  | '⌒Y )彡   '"  トミ__彡
  乂__彡'ァヒシ,  、   八ニ7
     \ミヾ    '´ / |ニ/⌒ヽ
   乂__彡イアマ7¨ /イ______,}
    乂__彡イニ〈i /___レ_____,|
         _ノ/__∨____}______|
        /=/___ィ___/⌒ぅ-_|
        }ミ{____ヽ__{ 「____,|
        {i从__ -=≦ニニ|
         ⊂/ニニニニニ/ム
        / |ニニニニ「_____-≧s、
      ∪ヘ \ニ/_______//_______\
        ∪ ̄  }_______∥__/__ト.____\
                |___________/____| \____\
            |__________/_____,|   \____\
             |_________/______/    \____\
              |_ト _____________|     マ\____≧=- 、
               |_ム\__________|      }ニニ\ ̄\ニ\
           /ニム |_________|       .|ニニム   \ニム
             //  ゙: マニニニ|        !ニニニ}    \=\
           ム′  ゙:. マニニム      lニニニ|     ``ヾ、
            |=|     ゙、 \ニニム     トニニム         \
.          乂!     ヽ \ニム.      } \ニニ\__
          ヽ\      \ ヽ厶     ゙、 ⌒¬ニニニム
               \\     \ }ニム     ヽ     ̄ ̄Y|
                マム       Yニニム、     \      Y
                 }ニ}      {ニニ} \    ヽ
                }=′      乂ニイ   \     `、
                //        マニ{\  ヽ、    ゙:.
            //          \ム \  \     、
             〃              \   \  \   、
                             ヽ  ゙、\  ゙、
                                 ヽ 丶.ヽ \
                                ∧  \\ `ヽ
                                   〉 //〉∧   マ
                               / /∧/  \__ノハ
                               ////      ヽ//
                              ノ///
霧雨魔理沙さんの遺言 占いだよ
ゴリラチルノできない子あたり吊ればなんか吊れるといいな
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
チルノ 「あたい最強」
結月ゆかり 「おはようございます、この広い灰で人外狙えというのは難しいものがあるんですよね
大半の人が初日共有に対する反応が大目でしたし、非狩人目狙って明日どうなるかって感じで考えてます

占い師を見る限りでは磯風が真かなとは思ってますが」
できる夫 「黒豆と昆布しかのこってない……
おせちの不人気トップ2じゃないですか」
衛宮切嗣 「僕はね、占いCOなんだ。
できる夫は◯」
ハク 「できる夫 1 票 投票先 → ハク
チルノ 1 票 投票先 → ハク
できない子 1 票 投票先 → クオン

おいおいおい、見ろよ見ろよ>クオン
怪しい連中が軒並み俺らを敵視してくれてるぜ?

嬉しいねぇ、俺もちょうどこの連中は吊りてぇんだからちょうどいい」
磯風 「占いCO 汚い忍者は○」
できない子 「人狼なんてできないよ」
ゴリラ 「「汚いな、流石忍者、汚い」
名言に従うようにゴリラが汚い忍者に忍び寄る!
忍者をも屠る野生のパワー! それがゴリラだ!
「ジョウキョウカクニン キョウユウ ショニチ エンエント ゲンキュウシスギ!」
無理に共有初日に突っ込み続ける汚い忍者に制裁!
野生は無駄に厳しい!」
汚い忍者 「魔理沙真狼」
バナナ 「初日がアレなので何か占いか霊能結果に変わったものが欲しい」
クオン 「おはようかな」
チルノ 「ま、魔理沙あああああああああ」
できない子 「◇クオン  「そうなのかな?
だって○が少ないのは灰が広くとれるってことで
完全に損とは言えないと思うけど>ハク」
>灰が広いのって村目線損だと思うんだけど、
何を持って灰が広いの損だと思うの?」
磯風 「理由:汚い忍者
 「ただでさえ〇がいねえ共有初日で、全員共有占いで、狼がベグり覚悟で占い抜いて真でも死んだ日にゃあ、うん
まあ目そらす以外ねえわな」

ふむ、先を見据えているな
こういうところは、村というより
人外がシナリオ構築してるとも言える
なので、調べてみよう」
不幸なGM 「お疲れ様」
衛宮切嗣 「発言自体は一見素直に見えるんだけど、
内容を見るとどうにも不安感が多いのが面白いんだよね
◇できる夫
 「真が確実に無駄占いしている+3-1という事を考えるとまったく喜べないですけどね
せめて、一人くらい特攻させて破綻に追い込みなさいよ」

特にこれが目についたかな。◯なら安心できるし、●なら容赦なく吊る。
発言できる人物枠っていうべきかな。」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
タツマキ 「お疲れさま」
垣根帝督 「タツマキ ●」
ハク 「チルノは言うまでもねぇな、典型的な発言稼ぎだ
できる夫はちょいと欲張ったがな、吊れねぇなら今日の出方次第さ
こいつはおそらく後から伸びるだろうしよ」
汚い忍者 「マジかー」
衛宮士郎 「うん、ベグ噛み確定だな!>占い死亡」
磯風 「ふむ…」
垣根帝督 「◇衛宮切嗣「ふざけるな、ふざけるな、バカヤロー!うわぁぁぁぁぁぁ!!」

地味ーにナターリア撃墜した時の台詞だな」
できない子 「おーいいね」
結月ゆかり 「ここで占い候補1人死ぬと…面倒ですね…」
チルノ 「なにっ!>タツマキ●」
ハク 「ハハッ! マジかよ!」
やらない子 「びみょいなー」
汚い忍者 「マジかー(こっちは嬉しい悲鳴)>タツマキ●」
できる夫 「信頼にはきませんでしたか
昨日いったとおりべグでしかないので10までは残しましょうか」
衛宮士郎 「そうか!良かった!>タツマキ●」
ゴリラ 「ニンジャ ○デル ツマリ ゴリラノナカ イソカゼ信用ガタオチ」
できない子 「それじゃあ占い残して進行すればいいよ」
やらない子 「身内は想定しない」
クオン 「できない子はまだちょっとわかんないかな
あとは・・・うーんほんとうにあやしい?
どこかお姉さんにいってみてくれないかな>ハク」
ハク 「やるじゃねぇか! ボーナスの分け前、ちょっとこっちによこしてくれよ>クオン」
磯風 「ほう…<タツマキ●」
バナナ 「おっ 幸先いいな>タツマキ●」
衛宮切嗣 「なるほどね>タツマキ●
狼は博打に出て外れたようだ」
ゴリラ 「>タツマキ●
マイフレェェェエエエエエエンド」
衛宮士郎 「じゃ、狂噛みも可能性としては十分あるし、灰吊な!」
できる夫 「10どころか8まで残せそうですね」
結月ゆかり 「タツマキ狼だったんですか?
役目ないところ狙ったつもりだったんですが
なら残った占い候補もうちょっと放置して進めれますね」
クオン 「タツマキはまぁ,うん
そんな感じするよねーって」
できない子 「だいたい真狼狂だろうから>占い
他のレアケは今はどうでもいい」
磯風 「マイ・フレンドなのか?>ゴリラ」
チルノ 「士郎、クオンがタツマキ投票
ゆかりはタツマキと相互投票
クオンは昨日のやりとり見た感じほぼ非狼。身内にしても食い下がり方がしついこい」
衛宮士郎 「指定する必要もないと思うからしないぞ!」
霧雨魔理沙 「射程に狩人を入れるあたり相変わらずだな私
狼も入ってるっちゃ入ってるけど」
ゴリラ 「タツマキ マイフレンド フォエバー……。」
垣根帝督 「まぁ狐だわなこーなると>削りたいのは」
チルノ 「ゴリラは狼と友達だった……それってつまり……!」
汚い忍者 「魔理沙真狼だと思ったのって唯一占い師3人の中で占い方針とか中身ある事言ってたからなんよね、信用気にしてそうって
まあでもタツマキ●なら占いしばらく手つけんくていいや」
衛宮切嗣 「多分語弊だと思うけど、
ゴリラくんは狼のフレンドってわけじゃないよねぇ〜?
ややこしいことはおじさん困っちゃうな」
ハク 「あんな位置が狼なんざ、ちょいとばかり敵さんを評価し過ぎちまったかね
ああ、それならたぶん狼は衛宮切嗣だろうよ

やらない子に投票する、ってことはそういうことだ」
クオン 「昨日いっぱい使ったじゃない
あんなにいいお酒まで買ってきて・・・.
もっとお金は節約しないとだめかな>ハク」
ハク 「同じ理由で霧雨魔梨沙も、と考えたが
噛まれてくれてるんなら撤回だ」
バナナ 「霊能結果がなんであれ○進行ならグレランだわな」
磯風 「個人的な感想だが、身内ではないが
そこに狐などもいることがある
そうなった場合、私が噛まれていたら
どうしようもなくなるので、その辺りも考慮したいとは思う」
できない子 「んー」
ゴリラ 「投票してる所は最後まで残って噛まれない状況になったら考えればいいとタツマキの霊がいっている。」
結月ゆかり 「指定は平和出てからするものですし、狩人保護する意味がまったくありませんからねえ」
チルノ 「狐より狼削ろう
どうせキープ狼相当が占いCOしているだろうし
狐削るのは騙りLWにしてからでいいよ>垣根」
できる夫 「すごく関係ないこと言いますけど
切嗣さんマカーですね」
クオン 「うーん」
やらない子 「ゆかり⇔タツマキは多少作為的なものがあった可能性はあるけど
魔理沙が死んでいる以上どうこうする位置ではない。」
衛宮切嗣 「え、なんで分かるの!?>できる夫」
チルノ 「狼の霊だぞ! 耳を貸すんじゃない!>ゴリラ」
ハク 「いいか>ハク
世の中にはな、金で解決できることもあるんだよ
そういうことは金で解決するに越したことはない、覚えとけ」
ゴリラ 「>チルノ
ウホ? ウホホホホ? ウホー」
できない子 「クオンに関しては非狼の可能性高そうだけど
質問には答えて欲しい系ではあるんだよなぁ」
磯風 「なので、私の占い方針は、だいたいに決まったようなものか
噛み切りはありえるからな、なんとも言えないが」
垣根帝督 「ちなみにバナナの言う変わった結果って何だったんだ?
鍋気分だったとかか?>バナナ」
衛宮士郎 「別に占う位置は俺や帝督や対抗を占うんじゃなければ好きに占っていいぞ!>占いs」
クオン 「結局みんなシロウと初日共有のことばっかりだったんだよねぇ
わたくしには正直よくわかんないかなぁ」
できる夫 「汚い忍者さんと、クオンさんと、結月ゆかりさんを吊れば狼吊れそう
僕視点で」
やらない子 「ハクに聞きたいのは、なぜ朝一のそれで私が入っていないのか。」
衛宮切嗣 「へぇ、ハク君は随分と挑発をするね。
面白い奴だ。殺すのは最後にしておいてやる」
汚い忍者 「グレランは良いけど、占い師の〇の扱いは決めておいた方が良いよ>士郎
俺視点で磯風に囲いねえのはわかるの囲ったとしてできる夫囲いだけど
まあできる夫吊るかってーと微妙だけど、考えるのにこした事はない」
チルノ 「うほっうほっ、うほほほーっ
うほうほ大チル同陣営うほほうほうほうほほほーっ>ゴリラ」
結月ゆかり 「磯風>
噛まれる前に調べるべきなのでは?
仮に自分が吊られたとしても結果は残せますし
霊能が生きてる保証があるとはいいませんが」
ハク 「おいおいおい>チルノ

占いに狼が出ている、ってのは誰が保証してくれんのかね?
一般論ってやつか?」
バナナ 「ベグ噛みなのに数日立ったら噛まれてないから偽ーとか言う人出そうな予感」
衛宮切嗣 「士郎を無駄占いするのは1回きりで十分さ……」
汚い忍者 「但し俺は暫定〇なので考えません!(屑)」
やらない子 「誰視点でも投票要素から見たらクオンとゆかり釣り難いんだけど、大丈夫?>できる夫」
できる夫 「凝を使えば造作もないことです
マカーのオーラがわずかに染み出てますよ>衛宮切嗣」
磯風 「なんで、汚い忍者をいれる>できる夫」
クオン 「わたくしとゆかりはタツマキを吊ってるのに?>できる夫」
ハク 「お前はなんか違うんだよ>やらない子
だから除外した、ハナから俺の興味の範疇外だ」
ゴリラ 「>共有
汚い忍者に関してくっそわかるんで正直イソカゼは狼じゃん(じゃん
って思考から逃れられないので正直魔理沙噛まれてるなら○撤回して吊りたい」
衛宮切嗣 「もしかして、ブラフに嵌められたというのか……!?>できる夫」
衛宮士郎 「別に1W吊れてるから急いで○どうこうする意味も特にないな!>汚い忍者」
バナナ 「>垣根帝督
占いか霊能が●出すか呪殺だよ
初日のグレランで狼吊れる予感しなかったのもあるし」
磯風 「ん?調べるきではあるが、それを明確にいっては
狼に読まれるのではないか?>ゆかり」
結月ゆかり 「できる夫>
身内見るのはいいんですがなぜ忍者も含めるんですか?」
チルノ 「3-1になった百村をもってきて九十九村で狼が占い騙ってるなら
あたいはそれを元にした進行でいいと考えるよ
あと戦争反対>ハク」
磯風 「そして、噛み切りであれば
明日私はいない…つまりそういうことだ>ゆかり」
垣根帝督 「傾向的に
狼は詰まない為に○で囲う可能性は高いわな
今日か明日で」
ゴリラ 「Oh……オレサマ シツボウ オマエ それジャングルでも同じこといえんの?」
できる夫 「逆ですよ>やらない子
狼的に「灰の狼が勝つ路線」できたわけですから狼投票者のなにが村要素にがなるというのです」
できない子 「狼としては吊れないけど狙う先は別になりそうだなっていうのはあるよ>やらない子」
クオン 「ハク,自分で自分に言うのはなんなのかな>ハク」
ハク 「だからタツマキも除外したんだが
……あれが狼ってなるとなぁ、評価の基準がサビちまってるのかね」
衛宮切嗣 「まぁいいや
僕はこのまま黙々とフォークから逃れる仕事に徹するよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 は クオン に処刑投票しました
汚い忍者 は バナナ に処刑投票しました
バナナ は ゴリラ に処刑投票しました
衛宮切嗣 は やらない子 に処刑投票しました
やらない子 は バナナ に処刑投票しました
チルノ は ハク に処刑投票しました
垣根帝督 は 結月ゆかり に処刑投票しました
クオン は バナナ に処刑投票しました
衛宮士郎 は バナナ に処刑投票しました
ゴリラ は できない子 に処刑投票しました
磯風 は できない子 に処刑投票しました
結月ゆかり は ゴリラ に処刑投票しました
ハク は バナナ に処刑投票しました
できない子 は 汚い忍者 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
ゴリラ2 票投票先 1 票 →できない子
衛宮士郎0 票投票先 1 票 →バナナ
クオン1 票投票先 1 票 →バナナ
垣根帝督0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
ハク1 票投票先 1 票 →バナナ
磯風0 票投票先 1 票 →できない子
やらない子1 票投票先 1 票 →バナナ
バナナ5 票投票先 1 票 →ゴリラ
汚い忍者1 票投票先 1 票 →バナナ
できる夫0 票投票先 1 票 →クオン
できない子2 票投票先 1 票 →汚い忍者
チルノ0 票投票先 1 票 →ハク
結月ゆかり1 票投票先 1 票 →ゴリラ
衛宮切嗣0 票投票先 1 票 →やらない子
バナナ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
磯風(人狼) 「さて…」
不幸なGM 「バナナもぐもぐ」
衛宮士郎(共有者) 「えーっと」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
衛宮士郎(共有者) 「真噛みと仮定したうえで」
磯風(人狼) 「噛み切りいけるかどうか」
バナナ 「発言微妙なので残当」
できる夫の独り言 「ネタ晴らしをすると
◇衛宮切嗣 「多分語弊だと思うけど、
ゴリラくんは狼のフレンドってわけじゃないよねぇ〜?
ややこしいことはおじさん困っちゃうな」
この発言の「〜」がMacででる記号なのです」
衛宮切嗣の独り言 「やらない子に投票いかないものだな……」
衛宮士郎(共有者) 「残っているのは2W1K1F」
汚い忍者の独り言 「投票おっせ」
チルノ は 磯風 の護衛に付きました
できない子(人狼) 「んー」
衛宮士郎(共有者) 「残り4吊からローラーを開始すればいいから」
できる夫の独り言 「Winは「~」ですね」
できない子(人狼) 「噛み切りがいいのかね」
汚い忍者の独り言 「バナナが狼なら囲うなりしてそーなもんだけど、残してもなあと言う」
ハク(妖狐)
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●)
   |       | |
   |     __´_ノ     できる夫、吊ろう!
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /     ヽ \」
衛宮士郎(共有者) 「12噛11吊10噛9吊8噛7吊6噛5吊4噛3吊」
衛宮切嗣の独り言 「対抗占いが噛まれた時点で僕の仕事は8割方終了か。
ハクに●出して撃沈するのもいいかな。
あれだけ挑発するところが狼とは思いがたい」
バナナ 「役職の票抜いても3票だし」
衛宮士郎(共有者) 「あれ?」
衛宮士郎(共有者) 「書き間違えたな、うん!」
磯風(人狼) 「構わないとは思うが、残るできない子の判断で行きたいが、どうか?」
衛宮士郎(共有者) 「占い死んでないなら8からローラーでいいな!」
衛宮切嗣の独り言 「いや、●はよくないな。
一つ●が出てる以上、無駄吊りには誘えない」
できない子(人狼) 「どっちでもいいんだよなぁ」
やらない子の独り言 「まあ真抜き」
できない子(人狼) 「噛みきっておこうか」
磯風(人狼) 「了解した」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
磯風 は 衛宮切嗣 に狙いをつけました
衛宮切嗣 は無残な負け犬の姿で発見されました
(衛宮切嗣 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
衛宮切嗣さんの遺言              _,,. -=ァァ- ,
        ; x< ̄ ̄`V二 -=>、
      , ^/_二、::、 /   ̄ ̄ヽー\
.    ,’/;;ヽf::i l_ノ  r:......____ \=ヽ    これは…
     ; //;;;;;;;ン´ 、   l ,二..、:::::ヽ  V ハ
   ; /;;;'´ ̄│  }   〈 f:::リ l  ̄`゙ .!/│  「 ┼‐┼
.   /'´U  、 ヽ-'  / `宀ー.` u ノl l l    l工工l     l___ l l
    ,' / {⌒ヽ    :; r;;;;;フ  r'T´l | リ    「ノ二l フ   ̄/ -‐ァ
   ;  \ `7ヽ| i U ノ;;;;;;;/  /l | l レ       __ノ   」 / (_
.  i     ;/ー‐  r';;;;;;;;ノ  /l | l l/,
  l\  ,/    /;;;;/    Ll_l リ ,’    占いCOだよ、夢じゃないよ!
  l: : :\     /;;/´     _ ヽ' {^   士郎◯>できる夫◯>やらない子◯●
  ∧: : :__ヽ.,__    _,.- 、 ( ノ ノ/ ;
   \    `;;ア'´;;;;;\  ̄  /
 l     \.  /;l /;;;;/l  ̄ ̄\
 |      >、___/ /!       \
 l     /::ト--ヘ:::l /│
バナナさんの遺言 村人CO 【3日目昼】
グレランで狼が吊れる予感がしないとは言ったが
タツマキで狼が吊れた予感がしないとは言ってない
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
できない子 「人狼なんてできないよ」
磯風 「占いCO 結月ゆかりは○」
チルノ 「あたい最強」
ハク 「なんか、もういいわ>チルノ
興が削がれちまった。見逃してやるからゴリラと遊んでてくれ

駄目な時は一手様子見だ、酒でも飲んで噛まれを見るわ

バナナが●だったら俺、もう戦争やめる」
できる夫 「◇結月ゆかり 「できる夫>
身内見るのはいいんですがなぜ忍者も含めるんですか?」

灰の狼がつれたら一巻の終わりと言う状態なので
身内をしていないんだったら強引にでも囲ってるんじゃない?という読みですよ」
[密]ゴリラ 「野生のゴリラが共有に鉄槌!
アマゾン奥地では○を放置するなんてことは許されない!
「オレサマ オマエ マルカジリ!」
ジャングルに甘えは許されないのだ!
正直灰から吊りたいやつ全然いないなこれ!
できない子 「昨日の時点でクオン吊りする気力はない
んで、◇汚い忍者  「魔理沙真狼」
からの魔理沙死体みて投票したけど
磯風の○見逃してた」
磯風 「理由:タツマキ投票者から選んでみた
そのなかでも、相互投票のゆかりは
まず吊れない位置となったのでな
となれば私がいるのなら、判断したほうが良さそうだ」
衛宮士郎 「そっか!>噛み切り」
チルノ 「磯風ェ――ッ!」
ゴリラ 「野生のゴリラが共有に鉄槌!
アマゾン奥地では○を放置するなんてことは許されない!
「オレサマ オマエ マルカジリ!」
ジャングルに甘えは許されないのだ!
正直灰から吊りたいやつ全然いないなこれ!
結月ゆかり
                 . -―……ー- ..___
             {(_ / . : : : : : : : : : : : : : :<´
               ア. : : : : : : : : : : γ⌒ヽ: : : ゝ
.             /,: :: : : :':, :iヽ: :(C乂__.ノ: : : :':,
            /イ::{: : : : : ',j.⊥.,_:i: |: : : |:i: : : :{   おはようございます、身内が村要素にならないというのはわかりますが
          / |:_{_:{_: : : :|∨\:l: |: : : |ヽ: : : :'、
              {: :ハ{\: : |ィ忙テV: : : :|={: :i: iハゝ   狼が勝つ路線ができたとはどういうことなのでしょうね
            V八忙\|     }: : : :{ノ: :jV   灰が広い以上白い位置が増えようが狼は痛くもかゆくもないと思いますよ
.              ∨∧ ′    /: : : : }: {`′   怪しむなら発言で怪しい部分をあげるべきだと思いますよ
             {: :ゝ. - ' ⊂>―‐く∨  ___
            〔二二>-イ└r―‐r'__/ニニ\
             }: : : {//{l /|: :: ::{/ニニ>―マ〉  灰ではゴリラでしょうか、忍者怪しんでいるのはわかりますが
             r|: : ://)_}|//|: : : :{二/ニニニ}   暫定○取っ払ってでもというのは気が早すぎると思いますので
.               }|: :/\ ⌒ヽー|: : : :{/ニニニ\∧
.              「|:/ニニ\ ,}=|: : :i :{ニニニニニマ\
            j/ニ\ニニ7....|: : :l: :{ニヽニニニニ}ニ}
            ,{{ニニニ\/......|:i : | : VニVニニニV/
              //\ニニ/..........j|:l : |: i: }ニニ{ニニ\ニト、
            j/ニニ=/...........j{| l: : :,ハノニニ{ニニニ\∧」
やらない子 「前提1.真抜き
前提2.タツマキ狼
--------------------
疑問1.なぜ霊抜きではなく占い抜きだったのか

Ans1.できる夫の言うとおり、身内を生かすという策
Ans2.霊噛みにジリ貧の臭いを敏感に感じた」
クオン 「◇できない子  「◇クオン  「そうなのかな?
だって○が少ないのは灰が広くとれるってことで
完全に損とは言えないと思うけど>ハク」
>灰が広いのって村目線損だと思うんだけど、
何を持って灰が広いの損だと思うの?」
単純に詰みが遅くなるということは損だと思うかな.
あとは各々の処理能力の問題.
全員が全員灰が広い状態で灰全部を見れるわけがないかな.」
バナナ 「初日のグレランとは意味が違うし
狼に投票されなかったってことはSGにされる予定だったのかな?
まー加点できる要素はないな」
垣根帝督 「バナナ ○」
汚い忍者 「はよっす
ホー」
ゴリラ 「あはい」
磯風 「ほー…」
衛宮切嗣 「やっぱりハクに●投げるべきだったか。
失敗しちゃったね」
不幸なGM 「お疲れ様
そして噛み切りと」
垣根帝督 「◇衛宮切嗣「まぁいいや僕はこのまま黙々とフォークから逃れる仕事に徹するよ」

これは『うたわれるもの』のラジオでアルクェイドの中の人にフォークで襲われたネタを回収したネタだな

柚木さんがキリツグの中の人大好きすぎるせいで
タイコロでもアルクがフォークでキリツグに襲いかかっている

元がうたわれるものだからある意味ハクやクオンにも掛かっている」
できない子 「ほう>噛み切り」
ハク 「マジで狼じゃねーのな、あいつ」
ゴリラ 「んー」
チルノ 「ハクはまだ戦争続けるらしい>バナナ○」
やらない子 「という思考からすると、できる夫の思考に評価の余地がある。」
できる夫 「なんにしても、彼は真の仕事をして死んだ、という事です

マカーがなぜわかったのかは昨日の夜発言参照>衛宮切嗣 」
衛宮士郎 「じゃあ磯風の○撤回でグレランでいいか!?」
バナナ 「真贋ついてないししょうがないね おつかれ」
結月ゆかり 「磯風が真だと思ってたんですが、読み間違えてましたね
まあはっきりしてるならそれはそれでありがたいですが」
チルノ 「LWが残りたいなら身内票を入れていたというのは理解できる
でもそういうのってさ、大抵は超過中に発言見直して
「あ、こいつ吊られそう」(もしくは自分が吊られそう)
だったら身内したれで身内票入れたりって話じゃない?」
磯風 「ふっ…まあいい」
ゴリラ 「この路線なら本来キリツグの○見なくて良くなるけど
●一個吊れてるなら連れていきつつ見なきゃいかんか。」
チルノ 「クオンはあからさまに誘導して吊ったに等しいからできる夫のいう身内狼には該当しないと思うよ
で、ゆかりの相互投票も強い要素ではある」
できない子 「全員が全員灰が広い状態で灰全部を見れるわけがないかな
>それじゃあ灰少ないほうがいいのでは?>クオン」
磯風 「士郎、燃料がなくなった
ご飯を作ってくれないか?」
ハク 「で、占いに狼いるかね>チルノ
狐さんがいる想定なら最低でも2分の1で死体なしの出るこの噛みはしねぇよな」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
やらない子 「できる夫を生かすも殺すもどっちでもいいけれど、
昨日の私を含めた一部の反感を買う思考を落とせる部分は村としておける位置だろうという判断」
垣根帝督 「さぁてどうすっかね」
汚い忍者 「昨日のできる夫の弁だとこれは普通に漂白あるんじゃねと思うんだよねーと思うんだけどま
どの道磯風はいずれ吊るしーの最終日までできる夫残ってれば考えれば良いカナ的な」
できる夫 「問う表面で一番黒いのはゆかりさんですかねぇ
狼がかつきであるのならば「身内成功したから占い噛もう。残れるよ」とかそんな感じで占いをかんだんじゃないかなーと」
ハク 「となりゃいる、ってことだ
俺はここまで来て初めてそう考えるタイプよ」
ゴリラ 「ジャングル メンドウ オレサマ シンドイ」
衛宮士郎 「あ、俺護衛はいらないからな!狩人いるならだけれど!
帝督が真霊能だからな!そっち鉄板でいいぞ!」
クオン 「んー,噛みぬいてくるよねぇ.
となるとキリツグさんの○は最後に考えるでいいんじゃないかな
ゆかりもここは吊れそうにない無難なところに何かしら影響を与えておこうって感じがするから放置でいいかな
まだ吊れそうな感じしないし」
チルノ 「×磯風の○撤回でグレランでいいか!?
○磯風の○撤回でグレランでいいか?

エクスクラメーションマークがついてると不安になるから落ち着いて話そう」
ゴリラ 「後オレサマやっぱ忍者残すわ」
クオン 「磯風から見てね」
衛宮切嗣 「お疲れ様だよ、のんびり眺めさせてもらおう」
結月ゆかり 「できる夫の忍者を怪しむ理由はわかりましたが
決定打にならないのでなんとも、とはいえ参考にはさせてもらいはします」
衛宮士郎 「そうか!灰を噛んでくれるなら作るぞ!>磯風」
汚い忍者 「磯風の〇撤回した所でゆかり吊る気はないのでどうでも良いです(素)」
チルノ 「想定は変わんないね
噛み切りじゃなくても変わらないとは思うけど>ハク」
ゴリラ 「イソカゼー忍者でこの噛みせんでしょ。どうしようもなくなるし。」
やらない子 「なお、クオンにしろ、ゆかりにしろ、狐みたいなら好きにすればいい、という私のスタンスは変わらない。
その思考経路は、朝一の私のAns2を辿るが故に。」
ハク 「できる夫が漂白狼だろうと狐じゃなきゃいい>忍者
最終日まで安全に保証してくれんだからよ、むしろありがたいくらいだ」
できる夫 「狼に体力がないのであれば、1つりに使えるかもしれない切嗣にいくかなーと」
できない子 「その理由は>ゴリラ」
結月ゆかり 「ここで手のひら返すんですか、ごりらは」
できない子 「んー」
クオン 「あれ,間違えてた.
灰が広いのは囲いがないから狼とか狐を狙いやすいっていう意味だったかな
どっちにもメリットとデメリットがあるからそういう意味かな>できない子」
ハク 「磯風の投票先は……結月ゆかり、んで……できない子か
やらない子 「昨日の魔理沙噛みには、身内したから霊残し、ではなく、
今日の切嗣噛みと合わせて、真っぽい位置を残せるか、という意思表示を感じる」
磯風 「はっはっは、たとえ司令が相手でも、容赦はせんぞ>士郎司令」
結月ゆかり 「できる夫は状況証拠ばかりじゃなく発言もちゃんと考慮してほしいんですが」
チルノ 「この村、噛まれた占いの○と共有者が一人ずつ少なくて、
占いさえ噛めちゃえば狼が噛み先に困るような村だから灰は噛まれる
皆が狼じゃないと思って実際に狼じゃなければ噛まれるし、狼なら当然残る」
ハク 「……なんで結月ゆかりからできない子にシフトしたのかね?>磯風
レディ、理由を聞いても?」
衛宮士郎 「ちなみに大体察していると思うけれど
指定する気はあんまりないから狩人は危ないと思ったら出ろよ!」
ゴリラ 「>できない子
イソカゼー忍者である場合、キリツグ生き残らせて、キリツグの○で何等かの判別がついたのではないか? という疑いを残しておいた方が明らかに疑い範囲が広がる。
噛みきりをしてしまうとはっきりいって忍者の力量でこのさき生き残れると判断すると思えない。ジャングルは厳しい。」
できない子 「その理論はわかるけど決定打に欠とおもうんだよな>ゴリラ」
ゴリラ 「はぁん?」
チルノ 「ゴリラの握力は半端ないからね
ゴリラの掌返しは気をつけないと命にかかわるよ」
ゴリラ 「手の平返すってさ。」
ハク 「別に真面目に答えなくていーぞ。こっちで勝手に判断するから」
汚い忍者 「真狂狐の場合はアレなんだけどな、まあレアケ脳乙wwwとか言われるし俺も見る気ないしで引込めるけどね>ハク」
衛宮士郎 「あ、それと磯風はしてくれるんなら俺投票固定でいいか!?」
クオン 「んー,これはまぁ,疑われても仕方ないことだからそのときは甘んじて受け入れるしかないかなぁ」
ゴリラ 「そりゃ村人は刻一刻と状況変わるから判断も推理も変わるよ。」
できない子 「もう一つ言えば
そこ狼じゃないはわかるけど
そこ狐じゃないはわからないよね」
ゴリラ 「お前さん変わったりしないの?」
磯風 「ふむ、分かった>司令」
垣根帝督 「よし決めた
今夜はパスタだ」
ゴリラ 「えっ」
できる夫 「一応みちゃいるんですが、ここ村だー身内はしてないだろう(ずびしぃ)って感じにならないんですよねぇ>ゆかりん」
チルノ 「イソカゼってカタカナにすると対魔忍とかそういう人みたいね」
結月ゆかり 「噛み切られたぐらいで○撤回してでも吊ろうとする意思がそう簡単に消えるんですかね?」
ハク 「俺としてはこの場面でこそ狩人保護、だと思うがね>衛宮士郎
そのためにバナナを吊ったようなもんだからよ

たぶん、ほとんどが同じことを考えているぜ」
できない子 「そこも捨てる理由があるなら欲しい」
衛宮士郎 「狼位置が投票したら非狼とかそういう推理はあるけれど
まあ、それよか狼票が吊を左右するのは嫌だしな!」
ゴリラ 「いやそれ●吊れたらでええやん(ええやん」
ハク 「ま、覚えておけば十分だけどさ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 は クオン に処刑投票しました
磯風 は 衛宮士郎 に処刑投票しました
垣根帝督 は チルノ に処刑投票しました
汚い忍者 は できない子 に処刑投票しました
やらない子 は 汚い忍者 に処刑投票しました
結月ゆかり は ゴリラ に処刑投票しました
ゴリラ は 結月ゆかり に処刑投票しました
バナナ 「ベグとはいえ占い1人死んでる状況で狩人保護とは」
できない子 は やらない子 に処刑投票しました
衛宮士郎 は ゴリラ に処刑投票しました
チルノ は やらない子 に処刑投票しました
クオン は やらない子 に処刑投票しました
ハク は 汚い忍者 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
ゴリラ2 票投票先 1 票 →結月ゆかり
衛宮士郎1 票投票先 1 票 →ゴリラ
クオン1 票投票先 1 票 →やらない子
垣根帝督0 票投票先 1 票 →チルノ
ハク0 票投票先 1 票 →汚い忍者
磯風0 票投票先 1 票 →衛宮士郎
やらない子3 票投票先 1 票 →汚い忍者
汚い忍者2 票投票先 1 票 →できない子
できる夫0 票投票先 1 票 →クオン
できない子1 票投票先 1 票 →やらない子
チルノ1 票投票先 1 票 →やらない子
結月ゆかり1 票投票先 1 票 →ゴリラ
やらない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 「おや、セグフィアさんは真紅も来るのか
早苗とかそっち方面だと思ってた」
できる夫の独り言 「正直、この状況下であるのならば噛まれ占いの○というのもディスアドバンテージなんですけどもね」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
不幸なGM 「できる夫が深読みしすぎてすげーから回ってる」
できない子(人狼) 「噛み切りできたね」
やらない子 「おや意外。おつかれさま。」
磯風(人狼) 「できるもんだが、さて」
できない子(人狼) 「それじゃあ狩人っぽいのよろしくお願いします」
衛宮士郎(共有者) 「票の競り方がスゴイな!うん!」
バナナ 「おつかれ」
ハク(妖狐)
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●)
   |       | |
   |     __´_ノ      一度も吊りに関わらない勇気!
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /     ヽ \」
クオンの独り言 「なんか投票するところ全部吊れてるのはなんでなのかな・・・」
不幸なGM 「お疲れ」
できない子(人狼) 「(目が悪いので」
汚い忍者の独り言 「あー、早く吊るか噛むかしてくんねーかなあ」
磯風(人狼) 「問題は、できない子が残る枠があるかどうか…なのだが」
ゴリラの独り言 「あの思考の変遷についれこれなさは狼でしょゆかり」
衛宮士郎(共有者) 「磯風を6まで残すかどうかだな!」
衛宮士郎(共有者) 「残していいか!」
結月ゆかりの独り言 「なんというか」
汚い忍者の独り言 「て言うかやらない子吊る所?
ってのがふんだんにある」
磯風(人狼) 「狩人っぽいというか、ゆかり噛みはどうだろうか?」
できる夫の独り言 「ゆっかりんに言われてもうちょっと発言を見た結果クオンさんのほうが黒いという事でクオンさん投票しましたが」
衛宮切嗣 「すげぇ、ハク完全にグレラン候補外になってる
さすがは次回作主人公」
チルノ は 衛宮士郎 の護衛に付きました
できる夫の独り言 「ゆっゆっゆ」
できない子(人狼) 「ゆかりは吊れるでしょ(慢心」
できない子(人狼) 「逆に二択もありなのかな」
磯風(人狼) 「タツマキ相互してるから
少々不安ではあるが」
磯風(人狼) 「ふーむ、士郎司令あたり始末してしまうか」
できる夫の独り言 「こういう時に身内投票者を村ダー村ダーと連呼してかませると言う手法もなくはないんですが」
できない子(人狼) 「あーね」
できない子(人狼) 「(司令官よろしくお願いします」
できる夫の独り言 「正直後半に入って結局手遅れになるのがいやなんですよね」
タツマキ 「んー」
磯風(人狼) 「ふーむ、霊能護衛するか共有護衛するかというところだが」
できる夫の独り言 「「ここまで残したんだったらもう村認定」とか言う人絶対出てきますもん」
ゴリラの独り言 「んー?」
磯風(人狼) 「1W吊れてる故に、霊能護衛してなさそうな気配もあるが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
タツマキ 「噛み切りして吊り増える可能性ある噛みするのは微妙かなぁって感じなんだけども」
不幸なGM 「まーそもそもそれいうと1W落ちた時点で
かみきり自体がびみょいとかいわれね?
余裕を時分からなくしてるとか」
磯風 は 衛宮士郎 に狙いをつけました
人狼は護衛に阻まれたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない子さんの遺言 前提1.真抜き
前提2.タツマキ狼
--------------------
疑問1.なぜ霊抜きではなく占い抜きだったのか

Ans1.できる夫の言うとおり、身内を生かすという策
Ans2.霊噛みにジリ貧の臭いを敏感に感じた
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
チルノ 「あたい最強」
磯風 「ふむ」
ハク 「やらない子はちげぇんだよなぁ。いいけど>クオン

結月ゆかりが俺の代わりにできる夫の相手をしてくれる
衛宮士郎が俺の代わりにゴリラの相手をしてくれる
俺はここでゆっくりとできない子と汚い忍者を見れる、ってわけだ

これが友達付き合いってやつだよなぁ、クオン?」
衛宮士郎 「そっか!>死体無し」
ゴリラ 「結月ゆかり  「噛み切られたぐらいで○撤回してでも吊ろうとする意思がそう簡単に消えるんですかね?」
ジャングルの気候、環境、生物。全ては刻一刻と変化するもの!
変化についれこれないゆかりにゴリラの鉄槌がくだる!
「ジャングル ツネニヘンカ ツイレコレナイモノ シヌ!」
ジャングルは常に生存者を試している。
ついてこれないことは死を意味するのだ!」
タツマキ 「ってもあれでしょー?贋って保証ないなら捕まった時点で終わるし」
できる夫 「ゆっかりんに言われてもうちょっと発言を見た結果クオンさんのほうが黒いという事でクオンさん投票しました」
ゴリラ 「ヒュゥー!」
ハク 「ボーナスはいただきだな」
クオン 「おはよーかな」
チルノ 「死体無しだ! 吊り増えた! やったー!」
できない子 「人狼なんてできないよ」
衛宮切嗣 「む、少しリスキーすぎる噛みをしたね」
結月ゆかり 「おはようございます」
垣根帝督 「やらない子 ○」
できない子 「お、いいね」
汚い忍者 「良いね」
衛宮士郎 「狐告発なら一応は受け付けるぞ!>磯風」
できる夫 「灰を噛むタイミングではないのでGJでしょう」
垣根帝督 「磯風は共有と霊除いてどこ吊りたい?」
できない子 「◇ゴリラ 「いやそれ●吊れたらでええやん(ええやん」
>ごめん前提として忍者吊らないって最後までって意味で捉えていいよね」
垣根帝督 「◇チルノ「イソカゼってカタカナにすると対魔忍とかそういう人みたいね」
実際退魔忍ユキカゼってあるからなぁ」
衛宮士郎 「まあこれなら指定するから皆吊りたい所言ってくれ!」
不幸なGM 「GJェ!」
ゴリラ 「狐噛み普通に入っててもおかしくないのでイソカゼはいってええんやで」
チルノ 「クオンとのやりとりを見た感じ、できない子狼に見えないな
状況からクオンが吊れないのはほぼ見えてるはずで
狼視点、そこからなにかしら言われても鬱陶しく思うはず(吊り返すことができないため)
できない子の返しはそんなふうには見えない。スムーズ」
クオン 「そうなるのかな?
ハクは働き者だね
なんだか今はわたくしのほうが足引っ張っちゃってるかな>ハク」
できる夫 「クオンさん>指定してい場所」
汚い忍者 「できない子>指定するなら」
結月ゆかり 「普通にGJでしょうね、狐噛みって感じには見えませんから
あとできる夫のクオン投票がタツマキ投票した位置全部潰したいだけにしか見栄なんですが」
クオン 「んー」
チルノ 「ハク>指定希望」
磯風 「さてね、まだ言うところではないな」
ハク 「狐が噛まれるならまぁ、何となく分かる
が、狼じゃないなら俺にとっちゃどーでもいい、まだ●は2つ残ってんだからよ」
結月ゆかり 「ごりら>指定するべき位置」
チルノ 「まだ戦争やるつもりらしいから」
ゴリラ 「>できない子
ちょい違う。
別に吊り数が昨日の時点でまだ残っているのに、狐位置と推察する位置を焦って吊る必要がなく、
まず●位置を率先して吊るべきということ。」
チルノ 「あたいは妖精大戦争を経験して思ったの
あんな悲惨な出来事は二度と繰り返しちゃいけないんだって」
ハク 「狩人吊りたくねぇなら忍者吊っとけ、本人もそれを望んでいる>衛宮士郎
狼を吊りたいなら無理やり波に乗ろうとしているところだ」
クオン 「できる夫さんは正直最後まで見なくてよくて
汚忍とゆかりも吊る気起きないのが今だから」
できない子 「忍者の力量でこのさき生き残れると判断すると思えない。ジャングルは厳しい。
こう書いてあるので、理がこう重なってるイメージがある」
ゴリラ 「ゆかり(鼻ホジー」
汚い忍者 「クオンへ引っ込む朝一が全然共感できんのと
昨日時点で狼よりも狐を考えてる感じ」
結月ゆかり 「ごりら怪しむところは昨日の朝一怪しいところがないといいながら
忍者を怪しむのをあっさり手のひら返したからです」
垣根帝督 「吊るとかそんなイヤらしいプレイする気ね!同人誌みたいに!同人誌みたいに!」
できる夫 「僕は、身内しているだろうという読みをしているのだから
身内位置つぶしたいようにみえて、だからなんだという」
クオン 「ゴリラかなぁ
話しすぎがなんか生きたがりに見えるかな」
ハク 「当たり前だ、お前はここに何をしに来た?>チルノ


生きることは戦いだぜ?」
結月ゆかり 「怪しむべき位置がないのにどうして考え撤回できるんですかって話」
できない子 「あー昨日の時点って意味?>ゴリラ」
チルノ 「お前は吊られないから座ってろ>垣根」
ゴリラ 「えーとーねー」
できない子 「現状ゴリラ」
ハク 「お前は最初にボーナスを取ったからいいんだよ、そこで安穏としてろ>クオン
今は俺がボーナスを狙う番だ」
できる夫 「ゆかりさんを吊らないという風にいうという事は「同じタツマキ投票者の自分も残してね」という事にも繋がるんですよ」
ゴリラ 「>できない子
そうだよ(そうだよ」
結月ゆかり 「できる夫>
それはいいですよ、ただ納得させてほしいってことなんですよ
漠然と身内ある、身内あるだけじゃこっちが納得できませんから」
衛宮士郎 「んじゃ、悪いけれどゴリラにCO聞くぞ!」
チルノ 「人狼は村同士が理解し合うゲームじゃないのか! お前はそれでいいのかよ!!>ハク」
汚い忍者 「身内してんだろうの読みは良いけど、できない子行こうぜできない子>できる夫」
ハク 「……ん―? これ、俺がズレてんのかね?」
クオン 「あれ,でも忍者
狼一人吊ってるから狐を考えてもいいころ合いじゃないかなって思うかな>忍者
先に狼吊るとジリ貧な感じがしないでもないし」
ゴリラ 「私がいう怪しい位置というのは昨日の時点での「灰位置」なわけねこれいいかな。」
できない子 「それじゃあゴリラでしょ
昨日吊りする理由ないのは当たり前じゃん」
ゴリラ 「ないよーん」
霧雨魔理沙 「クマなのにゴリラとはこれいかに」
ハク 「ゴリラとかよ、狼っつーよりは噛まれる位置なのにな」
垣根帝督 「生きる事は戦い
真紅かな(すっとぼけ)」
できる夫 「こっちの事がすんだらできない子さんいってもいいっすよ>汚い忍者」
汚い忍者 「だーかーらー」
ゴリラ 「それでー。
状況は昨日の時点で変わったよね?」
衛宮士郎 「そっか!無いならゴリラにはジャングルに帰ってバナナ食べてもらうぞ!」
クオン 「ボーナスって言っても
ここから先はグレランも少なそうな感じがするかな
どうやってボーナスとるんだろ>ハク」
できる夫 「えー?」
チルノ 「それはつまり狐噛み(この場合ゴリラ噛み)があって狼がさらりと誘導したんじゃないか読み?>ハク」
ゴリラ 「噛みが入って状況が変わると怪しい位置。吊るべき位置もまた変わってくるので。
ある程度の変遷が行われる。」
ハク 「戦争はコミュニケーションの手段だよ>チルノ
戦わなきゃわかんねぇこともある」
汚い忍者 「狼よりも狐優先して吊る理由現状ねえだろうがよ
狼吊れれば狼と村で協力して狐探し出来んだからさー」
ゴリラ 「ということは理解しておいた方が多分良い。」
できる夫 「僕「狼は勝つために何がしかの行動をしていると思うんで身内もしている可能性高い」ってこう結構ずばっとした理由言ってるつもりなんですが」
できない子 「っていうかさ、1W吊れてるから基本的に狐考えつつでいいじゃん>忍者
え?だめなの?」
チルノ 「ゴリラがいなくなると今いる中であたいが一番頭悪そうに見えない……?」
やらない子 「村全体が噛み合ってないなあ。」
結月ゆかり 「状況は変わったのは確かです
ただそれと忍者疑い撤回はつながりませんよ」
ハク 「だからよぉ、誰も俺に投票しないってのは困るんだよ
相手の意志が読めなくなっちまう、殺す気で来てくれないと駄目なんだよ俺」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
磯風 は 衛宮士郎 に処刑投票しました
チルノ は ゴリラ に処刑投票しました
ゴリラ は 結月ゆかり に処刑投票しました
できる夫 は ゴリラ に処刑投票しました
垣根帝督 は チルノ に処刑投票しました
汚い忍者 は できない子 に処刑投票しました
衛宮士郎 は ゴリラ に処刑投票しました
結月ゆかり は ゴリラ に処刑投票しました
不幸なGM 「初手グレランで人狼落ちるかどうかなんざ運なんだから
そこ起点にしすぎて考えるとこうなる」
ハク は ゴリラ に処刑投票しました
タツマキ 「ただ吊り増えると死にそう」
タツマキ 「増えるとっていうか増えてるから」
クオン は ハク に処刑投票しました
できない子 は ゴリラ に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
ゴリラ6 票投票先 1 票 →結月ゆかり
衛宮士郎1 票投票先 1 票 →ゴリラ
クオン0 票投票先 1 票 →ハク
垣根帝督0 票投票先 1 票 →チルノ
ハク1 票投票先 1 票 →ゴリラ
磯風0 票投票先 1 票 →衛宮士郎
汚い忍者0 票投票先 1 票 →できない子
できる夫0 票投票先 1 票 →ゴリラ
できない子1 票投票先 1 票 →ゴリラ
チルノ1 票投票先 1 票 →ゴリラ
結月ゆかり1 票投票先 1 票 →ゴリラ
ゴリラ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子(人狼) 「GJ?」
磯風(人狼) 「すまん」
ゴリラ 「お疲れ様ー。」
磯風(人狼) 「ああ、士郎司令で、GJ」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
やらない子 「占い噛み抜きしてるんだから霊をあえて見せた、という思考を除けば、って直接言えば良かったかな。」
できない子(人狼) 「らじゃ」
結月ゆかりの独り言 「できる夫村だろうとは思いますが」
磯風(人狼) 「やはり、狼が引き分け狙いで霊能噛まないという予想してきたか…」
ゴリラ 「あれ昨日GJなんだ。」
クオンの独り言 「ハクが投票ほしそうだったからしてみたかなー」
磯風(人狼) 「不覚」
衛宮士郎(共有者) 「うん、皆随分吊りたい場所バラバラだな!」
クオンの独り言 「今なら吊れないしね」
不幸なGM 「GJである」
結月ゆかりの独り言 「あの様子だと何をいってもずっとロックするでしょうね」
衛宮切嗣 「今のところ狐が有利そうかな?」
ゴリラ 「おおう、大胆な。」
衛宮士郎(共有者) 「まあ狐吊かも知らないけれど
どっちみち狐吊る必要あるしな!」
磯風(人狼) 「吊りは増えないから、今日も士郎司令か、垣根のどっちかいくかい?」
バナナ 「おつかれ」
できない子(人狼) 「どっちでもOKよ」
チルノ は 衛宮士郎 の護衛に付きました
ゴリラ 「タツマキが死に、バナナも死んでオレサマは一体何を希望に生きれば……。」
チルノの独り言 「連噛みこい!」
できない子(人狼) 「まあ」
磯風(人狼) 「ふーむ、では冷蔵庫行ってみようか」
できない子(人狼) 「この狩人なら霊能護衛しそうな気はするので」
磯風(人狼) 「ほう」
できない子(人狼) 「士郎だとはおもうけど」
磯風(人狼) 「連噛み予想せずに、霊能と
なるほど」
できない子(人狼) 「霊能護衛じゃなくて共有護衛するなら霊能護衛しそうかなって」
バナナ 「明日吊り4で残り人外3だからまだ磯風は吊られないと思う
ここでできない子吊れたら美味しいが・・・」
衛宮切嗣 「そもそも君も死んでるから>何を希望に生きれば」
磯風(人狼) 「了解、この護衛ならやりかねん」
できない子(人狼) 「単純にでも任せる」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ゴリラ 「>キリツグ
マジかよオレサマやばいな。」
霧雨魔理沙 「希望と聞いて(ガラッ」
衛宮切嗣 「てーのひらをーたいようにー」
ゴリラ 「希望をーすてないでー」
磯風 は 衛宮士郎 に狙いをつけました
人狼は護衛に阻まれたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ゴリラさんの遺言 素村co

んーゆかりが違うならできる夫も入れとこうねって位。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
霧雨魔理沙 「偶数」
バナナ 「1W吊られ、1W吊り予約、狂人死亡の状況で狼有利はないわな」
汚い忍者 「ヒュー、良いね」
磯風 「ほほう」
衛宮士郎 「そっか!>また死体無し」
できる夫 「今現在は「クオンさんがゆかりさんのこしに便乗して同じくタツマキ投票者の自分も残して」っていう狼に見えるから吊ろう」
ってかんじですよ>ゆっかりーん」
クオン 「ハクが投票ほしそうだったからしてみたかなー
昨日なら吊れないし」
ゴリラ 「チルノ、更にやるようになった。」
霧雨魔理沙 「ごはん炊いてくるね」
チルノ 「あたい最強」
ハク 「ビンゴだ>チルノ
特にゴリラを今まで疑う素振りもなかったのに、急に矛先を向けた位置は見とけ

まぁほとんどがやらない子投票者なんだけどな
結月ゆかりくらいだ、一貫していているのは」
できない子 「人狼なんてできないよ」
できない子 「いいねー」
汚い忍者 「あと1GJ頼むわ>狩人」
チルノ 「死体無し! 吊りは増えない! がっかり……」
結月ゆかり
i:i:i:i:i:i:i>-―-<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\〃⌒ヾi:\
i:i:i:/  {     ` くi:i:i:i:i:i:i:{ {    }}ム:i:ヽ
/  { :{         \(⌒ヽ乂__ノノ'∧:i:i:,
 / : { :{          }ゝ=彳^ー‐.:i:∨∧:i:i:,
: { { {___{    : ____/}  \i:i:i:i:Vi:i:i∨∧:i:i:,   できる夫のは状況で判断してるだけで
: { 人´⌒{     :} ̄/V`} .ハ  Vi:i:i:Vi:i:i∨∧:i:i:,   ゆかりさんが黒くなる部分はありませんよ
イ从乂 ハ   /}/  :}/ \ ∨i:i:iVi:i:i∨∧:i:i:、
芹芋芋豕 \/V了芹芋芋豕> Vi:i:iVi:i:i∨∧:i:i:\     まあこれ以上はどう考えてもどろ沼でしょうね
.弋 ー=シ      弋 ー=シ/  :Vi:i:iVi:i:i∨∧:i:i:i:i:\
 {` ̄´        ` ̄´/   / ∨i:i:Vi:i:i:V/,\i:i:i:i:i:>=ー----
、\      ,:       /   / } }:i:i:i:iVi:i:i:\//\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
. \(     `       ∠// /V ゝ:i:i:i}V:i:i:i:i:\//\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
  :}、              /(⌒´  V〈i:i:i:i:i} ∨i:i:i:i:i:i\// >‐----
  :} \  / )二>⊆>={={ \  ∨}i:i:i:i}  V:i:i:i:i:i:i:i:\////////
  :}:从/ /  ̄   ィ   {人  \ :Vi:i:i:i:〉  \:i:i:i:i:i:iハ:`i:<////
/ }/ /} `=‐ ´ 从ハ{  \__ //}i:i:/     \i:i/ :}i:i:i:i:iハ>ー     
_.ノ  //´ ̄ ̄ ̄ノ {: : 乂___人/// ∨、      / ノi:i:/./i:i:i:i:i
\ ー'" /´ ̄ ̄   \: : : : : : :Y { \ `'ー=≦ー<⌒´ /i:i:i:i:i:i
i:i:i:\ー''"´ ̄ ̄ ̄ノ  /∨: : : : /} {     、ー--       ̄⌒ヽ ̄
i:i:i:i:i:ハ ー<´ ̄ ̄  /  }: : : : :}:i} ゝ __ `   .,,_   `ヽ ヽ} }
i:i:i:i:i:i:i}rr- 、\   /   \: : :{:i乂______ 、____  `ヽ  }   } .ノ
i:i:i:i:i:i:iV}  >┘/      }: :/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ)i}⌒ヽ   } 乂   く」
衛宮士郎 「霊能は大丈夫か!?」
できる夫 「もーいっかい
もーいっかい>死体なし」
不幸なGM 「いてらしあー」
垣根帝督 「ゴリラ ○」
ハク 「わざとやってんのかね?>死体なし
偶数の方が都合がいいってか?」
結月ゆかり 「2連GJってところですか」
汚い忍者 「所で霊能が起きてこねえぞ」
クオン 「んー,別にそう思うのはどうでもいいけど
わたくし別に残される気はないんだけどなぁ.」
チルノ 「ホワイトゴレイヌだったようだ」
ゴリラ 「いってらっしゃーい。」
できない子 「違うのか」
汚い忍者 「で」
衛宮士郎 「そっか!>ゴリラ○
それじゃ、また指定するからな!」
垣根帝督 「悪いがちょいと思考に沈む>衛宮」
ハク 「そういう理由か>クオン
ありがとな、でもそれは年頃の娘としてどうかと思うのだが」
チルノ 「さすがにそれはちょっと違うんじゃないかな
今日死体無しが出る出ないに関わらず>ハク」
できない子 「んで、ハクは私と忍者みてどう思ったのか」
汚い忍者 「◇できない子 「忍者の力量でこのさき生き残れると判断すると思えない。ジャングルは厳しい。
こう書いてあるので、理がこう重なってるイメージがある」

こう言ってて、共有が指定して欲しい場所あるって聞いて

◇できない子 「現状ゴリラ」」
衛宮士郎 「分かった!>帝督」
結月ゆかり 「すみません、クオン吊りに向かってもいいですか?」
汚い忍者 「なんなんこれ」
クオン 「二連か
偶数の方が都合がいいというのは狐を把握したから最終日勝負にしようという感じがしなくもないかなぁ」
できない子 「それに関しては理由いってある>忍者」
できる夫 「マジメにクオンさんだとおもいますよ
次点の人もいるんですが、そこは狩人っぽいと思うのでもうちょっと後回し」
ハク 「ついでに、だが>クオン
俺は最終日にできる夫を吊れば勝てると思っているよ」
チルノ 「吊りたい場所が吊れない苛立ちというのは村として分かる
吊りたい場所ではないけど吊れるなら別にそれでいいやというのは生き残りたい人外だろうし」
できない子 「◇できない子  「それじゃあゴリラでしょ
昨日吊りする理由ないのは当たり前じゃん」」
クオン 「あれ,ダメだったかな?>ハク」
ハク 「ちょうどできる夫からお前さんに熱いラブコールも送られている
2人で仲良くやるといい」
垣根帝督 「できる夫
身内した上で噛み切り
は狼が何を見ての判断だと思う?」
汚い忍者 「お前さんゴリラを現状で村見てたんじゃねえの?
意見整然してるとかで」
結月ゆかり 「理由としては似たような位置が2人いるから身内とかが出るんです
後半になって2人一緒に残っていたら面倒でしょう
なので今の内に片方吊っておいたほうがいいと思うんです」
チルノ 「狐噛んだってことは誘導するつもりなかったってことで
噛んだ即日に誘導振り絞るほどのもんじゃないと思うし」
ゴリラ 「忍者いいぞ。初日バナナ投票してなかったら死ぬほど投票してたが頑張ってくれ。」
クオン 「吊るかどうかはともかくわたくしも最終日できない夫でいいと思ってるかな
そういう意味でわたくしが残るのは邪魔であるとも考えてるよ>ハク」
できない子 「そんなことはいってない>忍者」
汚い忍者 「◇できない子 「それじゃあゴリラでしょ
昨日吊りする理由ないのは当たり前じゃん」

すまん、これだろうけど俺が頭悪いんだろうな。どういう意味だ?」
チルノ 「吊りたい場所を吊れない苛立ちを感じるのはできる夫と忍者かな」
ハク 「俺のオススメは昨日と同じな>衛宮士郎
狐狙いも含めるってのなら料金上乗せだ」
できない子 「4日目からなんでなんで?って聞いてるのみてないの?」
結月ゆかり 「あとはできる夫に対しての返答とかが多めで
ちゃんと灰見切れてないというのもあるんですよね、失礼ながら…」
ハク 「案外、お前とできる夫で狐と狼だったりしてな……w>クオン」
できない子 「昨日(一昨日)の時点で忍者吊るわけないんだから
そんなの発言稼ぎにしかならない」
ハク 「それなら傑作だ! 俺にはどうしようもねぇ、頑張れよw」
できる夫 「主に「身内成功したのに真残りだったらおじゃんになるから」でしょうね>垣根帝督」
チルノ 「そうなると結局今日も変わらないね
そう、ハクだ」
できない子 「そういういみ」
衛宮士郎 「んじゃ、クオンにCO聞いてみるか!」
できない子 「それならそこは人外目高いよねって話よ」
クオン 「正直に言うならわたくしはできる夫に勝てない
だから無理にセットで残されたりした場合はたとえできる夫が狼でなかったとしても狼が便乗して吊ってくると思ってるかな
そういう意味では今ここでわたくしが必要かというといらないと思うかな」
衛宮士郎 「ちょっと遅くなったのはゴメンな!」
ハク 「ちょ待てよ」
垣根帝督 「できる夫かな」
クオン 「ないからおおまかせかな~」
チルノ 「あの誘導でクオン狼ってあるか? あたいないと思うよ」
ハク 「俺の女だぞ。おい待てよ、待ってくれよ、なぁ!>衛宮士郎」
汚い忍者 「だからー、ゴリラが俺に対して人外見て、それで吊る気ないって意見言ってるの見てなんでってつっこんだろ?」
衛宮士郎 「んじゃ悪いけれど続行するぞ!」
ゴリラ 「クオォオオオオオオン!」
チルノ 「ハクの女ってちひろなんじゃないの?」
ハク 「おい! 待てって言ってるだろう!」
汚い忍者 「……んん?」
できる夫 「ついでに「身内成功したから1吊り狂人で稼がなくても残れそう」っていう感じもあるでしょうし」
できない子 「クオン狼はないと思うよ>チルノ
言ってあるけど」
衛宮士郎 「そっか!ダメだ!>ハク」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
磯風 は 衛宮士郎 に処刑投票しました
できる夫 は クオン に処刑投票しました
不幸なGM 「こうしてどんどん村しか吊れない」
結月ゆかり は クオン に処刑投票しました
衛宮士郎 は クオン に処刑投票しました
ハク は できる夫 に処刑投票しました
衛宮切嗣 「いいねぇ、ハクのRPがいいねぇ
慌ててるように見えて腹ン中では大笑いしてるんだぜあれ」
チルノ は クオン に処刑投票しました
汚い忍者 は クオン に処刑投票しました
ゴリラ 「何指定は魔法ではない。よくある光景だ。」
垣根帝督 は クオン に処刑投票しました
クオン は ハク に処刑投票しました
できない子 は クオン に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
衛宮士郎1 票投票先 1 票 →クオン
クオン7 票投票先 1 票 →ハク
垣根帝督0 票投票先 1 票 →クオン
ハク1 票投票先 1 票 →できる夫
磯風0 票投票先 1 票 →衛宮士郎
汚い忍者0 票投票先 1 票 →クオン
できる夫1 票投票先 1 票 →クオン
できない子0 票投票先 1 票 →クオン
チルノ0 票投票先 1 票 →クオン
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →クオン
クオン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない子 「タツマキ●に踊らされている感はあるね。」
できない子(人狼) 「すまんね」
ゴリラ 「お疲れ様だ。」
磯風(人狼) 「いや、こちらこそすまん」
できる夫の独り言 「ハクがクオン護衛成功でもだしたのか?」
ハク(妖狐)
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●)
   |       | |
   |     __´_ノ     クオンが死んじゃった! このひとでなし!
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /     ヽ \」
チルノの独り言 「読むぞ」
磯風(人狼) 「さてどうしたものか…」
できない子(人狼) 「狩人用意しておいたほうがよさげかな」
クオン 「やっぱりハクは何か持ってたね
お疲れさまかな」
磯風(人狼) 「できない子、こっからは噛みを任せてもいいかな」
ハク(妖狐)
     / ̄ ̄\
   / 「  ヽ \
   |  (●)(●) |
   |      |    |    だけどそもそも俺は人じゃないね、しょうがないね
   |   __´_  |
   |   `ーnl^l^l
    ヽ    |   ノ
     ヽ   ヽ く
     /    ヽ \」
衛宮士郎(共有者) 「投票的には白い要素多いけれどな!
でも誘導多めだったり、生きたがってないのがなんかなって!」
汚い忍者の独り言 「おかしくね?」
磯風(人狼) 「ふーむ、噛みはどうするかな?ゆかり噛みか忍者噛みでもいいのだが」
できない子(人狼) 「了解」
ゴリラ 「●に踊らされるの! 人狼の! 掟!
人狼は村に厳しい。バイオゴリラはそれを伝えたかった。
参考に開いていたバイオゴリラbotをそっとしまう。」
衛宮士郎(共有者) 「ゆかりと忍者はGJ見過ぎていて狩あるかな、で
チルノハク、できない子から明日は考えるか!」
磯風(人狼) 「すまないな、LW役を任せているなかで」
衛宮士郎(共有者) 「8吊7噛6吊5噛4吊」
クオン 「ただできる夫にも勝てないし,残ってる人全員にわたくしが勝つのは無理かな.
そういう意味ではわたくしはここで吊れるのが正解」
チルノ は 汚い忍者 の護衛に付きました
衛宮士郎(共有者) 「明日●出てないならもっかい指定して、そいで磯風吊りだな!」
不幸なGM 「すげー護衛だなぁ」
やらない子 「まあチルノの中の人らしい護衛先。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
衛宮切嗣 「なんかニンジャでGJ出ちゃいそうだね!」
クオン 「忍者護衛は考慮してもするかというとたぶんわたくしはできないかなぁ・・・.」
衛宮切嗣 「しかし変態護衛としてはすごくいい」
不幸なGM 「GJは正義だからいいのさ」
ゴリラ 「やはりチルノはジャングルに住むものであったか。」
やらない子 「吊り増加を恐れる狼が霊・共のどちらも避けるだろうという読みは好き。」
できない子 は 垣根帝督 に狙いをつけました
垣根帝督 は無残な負け犬の姿で発見されました
(垣根帝督 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
垣根帝督さんの遺言 タツマキ ●
バナナ ○
やらない子 ○
ゴリラ ○
クオン
クオンさんの遺言 できる夫が見方変えるところが見えない以上残ってもどうしようもないと思ってるかな
これもバランスってやつだと思う
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
チルノ 「あたい最強」
汚い忍者 「おかしくねえ?」
できる夫 「ハクがクオン護衛成功を出した狩人だって言うんだったら、
そもそも灰なんか護衛するかというのと、もうちょっと隠すか出るかにしろよという事の2点ですかね」
できない子 「人狼なんてできないよ」
ハク 「戦う意味がなくなっちまった

      |;;/;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;イ;:.:.;;;;;:.:.:.:.;;;;;;:.:./::    \;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
      ∨;;;;;;;;;;;;‐=-‐;;;;{;:.:;;;;;;;;:.:.:.;∧;;;;/:::      \;;;:.:.:.:.:.:.;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
 、_  .-'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;|;;;;,/i;;;;;:.:.;;/ |;;/::::    _,..-':::|;:.:.:.:.:.:{;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.|
  >二;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;A;;;/ |;;;;;;:.:;;|::::\__,,.. -==''≡ミ、::/:.:.:.:.:.:.|⌒};;;;;:.:.:.::.|:.|
    /;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;|/f=- =|;;;;;;;;;|:::/ _,.-''ひリ _从/:.;;:.:.:.:.:ヽ  |;;;;:.:.:.::.|:.ヽ
   (;;;/;;;;;;;;;|;;;;人;;;;;;ヽヽ=弋ツイ;;;;;;ヽ::: 彳ヽ=ヤ-'''" /;;;;;:.:.:.:.:.:.:.ヽ丿;;;;;;;;;;;;;;;:.:\__,
    ∨|;;;;;;;;A;;;;;;;ヽ;;;;;;ヽ  ̄ ´´\;;;;ヽ::::::::`::::    {;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__,,../
     |;;;;;;;;;八;;;;;;;;;\;;;;;;;;;≧::::::::{:::::: ̄ ̄::::     |;;/|;;;:.;:.:.:.:.:.:.:.:.);;;;;;;;|;;;;;) ̄
     {;;;;;;;{ ヽ;;;;;;;;;;;;;ト:::::: :::::::{     ::      《 {;;;;;;;:.:.:;;;;;:.:.:|;;;;;;;;||;;;丿
      \;|  \;;;;;;;;;ヽ:::::::::::::く            ヽ;;;;;:.:.:;;;∧|;;;;;;;;丿|/
      ノ     \;;;;ヽ:::::::::::::ヽ ´        _ノ;;;;;;:.:;;;;|∨;;;;;;;/
             ヽ;;;;;ヽ::::::::::::____      三イ;;;;;:.:;;;|:::::<
             丿;;;;/\:::´‐---‐'''""''   /::人;;;;;;;/|;;;;;;;;;;:.:.\
          、_ノ/|;;|  ヽ::::::: ̄"    /::::::: \;;/ |;;;;;;;;;;;;;;:.:.ヽ   丿
             ̄ ヽl   |ヽ::::::::   /:::::::::::::   ヾ ┤;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.ヽ-‐'丿
                ゝ、_丿ノトー---'''::::::::::::: __,,.-‐''""~ヽ;;;;;;;;;;;;:.:<,,:.:.ノ」
不幸なGM 「霊能かー」
チルノ 「か、かきねええええええええええ」
汚い忍者 「できない子の言ってる事」
結月ゆかり
   /. : :  /      /    .: :}ん`ヽ \
  ,: : : :/  /      /    .:  }乂__ノ    \
. / : : /:  :′   .:/ /   .:   :}    \  :.
.: : : :,: :/     / { :{    :   }    丶   ::
.i: : i:/  .: : /--、{ハ {     :  ハ    丶  : {   おはようございます、ハクと忍者は見た感じ狼に見えないんですよね
.|: : |:  :: i: 乍≧k }ハ   :/}/--:,  i      : {
.|: : |:  :: i: { _):::j:::ト  V\:{ 斗ャヶ |  :   { {  最終調整してないって感じに見えますから
.|: : |:  :: i:: 乂こソ     イ_)::j::}|  :: }:  i {ヽ}  そこ狼ならゆかりさんかできる夫が死んでも不思議じゃないので
.|/i |:  :: i:: ゝ        、 乂ソ :!   :: }: .ハ{
. jノ乂  ノ:: ,ゝ       :′     ノノ  ::.}: /   そうなるとできない子とチルノのどっちか
.  /ニ>ーー<           イ   . :ノj/
/ニニ{_______}:、     ´     /---<二\
ニニV//{:  i ハ'/>       <{______ノニニニ\
ニニV/,{:  i: }/|     ̄ { /∧/  :}//ニニニ/
ニニ∨{:  i: }/|       {ハ,//  . :}'二二二/
ニニニi   i: }/|     //}/}   i :}ニニニく
ニニニ|     }/ハ,    /// {   j :}ニニニニ,
\ニニ :{ { i∨∧  /// {    :}ニニニ/ヽ」
衛宮士郎 「そっか!>霊噛み」
できない子 「ゴリラは忍者に対して人外なんて言った?
ようは残しの意味合いがその日は素村だからに見えてるわけで
それで意見聞いたわけだ(その時点で吊るならゴリラでしょ
で、その意味が当日ならじゃあゴリラってなるわけじゃん
意味通ってるよね」
不幸なGM 「おつかれっす」
クオン 「お疲れさまかな」
磯風 「冷蔵庫…さらばだ!!」
垣根帝督 「お疲れさま」
できない子 「っていうか読んでる?>忍者」
衛宮士郎 「磯風が狐告発あるんなら聞いてやるぞ!」
ゴリラ 「ほー狼が上手く噛んだね。お疲れ様。」
チルノ 「あたいからありがたいお言葉を教えてあげるとだね」
ハク 「どこを守ってんだか
これじゃあ無駄死にじゃねぇか」
汚い忍者 「ゴリラが俺を疑ってたのは3日目

4日目の昼に噛み見てゴリラは俺が狼でこんな噛みする訳ねえだろって意見出してる

で、できない子はその時点で俺は吊る訳ないんだから当たり前じゃん、ゴリラのその発言稼ぎでしょって言ってる」
できる夫 「んじゃ、磯風さんにさよならしちゃいましょう
ここで霊能を噛む以上クオンさんは狼じゃなかったっぽいですし」
結月ゆかり 「非狼吊りだろうなというのはわかりますが
この様子だと連続GJ、灰噛んだ形跡はまったくなさそう」
汚い忍者 「一つに、別に俺は磯風の〇であり、怪しければ普通に自分で吊られる所だと思ってる
一つに、俺が狼でこの噛みする訳ねえだろってのは推理だし発言稼ぎでもなんでもねえ」
チルノ 「狼吊れた時に引き分け交渉もできなくなるから霊能者は残した方がいいのだ」
ゴリラ 「>GM
所で使うかずっと迷ってたんだけどこの村ってAA有りでよかったのかな。」
磯風 「この磯風、たとえ司令だろうと
媚びぬ、顧みぬ…えっと、なんだっただろうか>士郎司令」
できる夫 「狩人が露出するかもしれない灰指定より、磯風さんを吊ってもう1つり増える可能性をおったほうがマシ」
ゴリラ 「準禁止事項に入ってたから自重してたんだけど。」
できない子 「んーっとさなに知りたいの?何がおかしいの?>忍者」
できる夫 「省みぬ」
磯風 「おお、それだ>できる夫」
汚い忍者 「できない子先に吊ろうぜ、どうせ俺明日できない子吊らねえ未来見えねえもん
磯風吊りは明日でも大丈夫なはずだろ」
衛宮士郎 「指定するか磯風吊るかだけれど
皆磯風吊りたいっぽいでいいのか!」
できる夫 「汚い忍者さんとできない子さんを見たんですが
たぶん、できない子さんのいっている言葉の意味を忍者さんが誤解しているのだとおもいますよ」
結月ゆかり 「なので磯風吊って残り2吊り頑張ろうって話になります
狐が面倒になるんですが、ゆかりさんは今日灰吊ってノーミスでというのはできるとは思ってませんので」
汚い忍者 「言った。読め」
チルノ 「引かぬ、媚びぬ、省みぬじゃなかったっけ」
垣根帝督 「よし、あさりさんには初日特攻するしかないな」
ハク 「もう好きにやっていいわ>忍者
俺、バナナでも食べてるから」
磯風 「おお、そうか
それだったな>チルノ」
チルノ 「数日前に吊ったバナナってたぶん腐ってると思うよ>ハク」
ハク 「衛宮は最終日の形だけ考えとけ」
できない子 「あのね>忍者
当日吊らない発言ってさ意味無いじゃん
っていうか君吊らないのわかりきってるのに
当日その発言する理由なにさ」
クオン 「なんか怖いこといってるかな……」
ハク 「腐った人間には腐ったバナナがお似合いだよ」
汚い忍者 「俺はできない子の言ってる事を一通り読んだ
その上で、俺が間違った理解をしてるならば言って欲しい」
できる夫 「あすどーしよっかなー」
チルノ 「というかさ、誤解しているんじゃなくて
主義主張というか、こう言っちゃなんだけど趣味の問題で対立しているようにさえ見えるんだけど」
不幸なGM 「書いてあったのか
じゃあ後で消しとこう」
結月ゆかり 「できる夫は今どう思ってるんでしょうか
今日はそれほど意見出ていないようですが」
衛宮士郎 「んじゃ磯風を二階級特進させるぞ!」
ハク 「一つだけ言うならば>衛宮
ここまで狩人狙いの噛みが無い時点で、狐噛みは1回は行われている、と想定している」
チルノ 「あらかじめ言っておくけど磯風吊ったからって明日狐狙いの吊りなんてしてやらないぞ
あたいは狼狙ってやるんだ」
ハク 「狼に負けることはねぇだろう、だが狐に関しては俺は知らねぇ
それだけだ」
磯風 「航行不能か…皆に迷惑をかけるわけにはいかない。雪風、すまん…また頼めるか。」
チルノ 「あたいのこの主張を狐っぽいと思って誘導するならいくらでもこい
最強の妖精の名はだてじゃないってことを教えてやる!」
汚い忍者 「だからよー

◇できない子 「あのね>忍者
当日吊らない発言ってさ意味無いじゃん
っていうか君吊らないのわかりきってるのに
当日その発言する理由なにさ」

吊らねえ発言は昨日人外云々言ってたからだろってのと
>君吊らないのわかりきってるのに
これわかりきってたん?」
できない子 「自分が怪しいそうだね>忍者
でも、君吊らないよねその日
次の日発言変わるなら発言稼ぎに見えるよね」
できる夫 「狩人っぽいと思っているところに誘導かけるか賭けないかの2択で迷ってますね
そういうわけなので、あんまり今日どこにって言うのは言いたくない>ゆかり」
衛宮士郎 「雪風はいないから俺の雷切な!>磯風」
磯風 「雷切だと?なってないなってないぞ、司令」
ハク 「雪風は沈みません!」
できる夫 「クオンさんが狼じゃないんだったら、その狩人っぽいところが筆頭になる」
できない子 「え?すぐ吊るの?普通?」
結月ゆかり 「チルノ>
狐っぽいというよりは狼臭いといったほうが正しいのではとは思いますが」
垣根帝督 「>クオン
俺とあさりとではとてもとても語り尽くせぬ愛憎があってだな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 は 磯風 に処刑投票しました
磯風 は 衛宮士郎 に処刑投票しました
汚い忍者 は できない子 に処刑投票しました
衛宮士郎 は 磯風 に処刑投票しました
チルノ は 磯風 に処刑投票しました
クオン 「ところでわたくし初日にタツマキを誘導した気がまったくなかったかな
あれ誘導だったの?」
クオン 「なんだか火曜日にサスペンスがおこりそうかな?>提督」
結月ゆかり は 磯風 に処刑投票しました
ハク は 磯風 に処刑投票しました
ゴリラ 「>クオン
そう取る人がいてもおかしくない位?
露骨な誘導ではないかな。」
できない子 は 磯風 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
衛宮士郎1 票投票先 1 票 →磯風
ハク0 票投票先 1 票 →磯風
磯風6 票投票先 1 票 →衛宮士郎
汚い忍者0 票投票先 1 票 →できない子
できる夫0 票投票先 1 票 →磯風
できない子1 票投票先 1 票 →磯風
チルノ0 票投票先 1 票 →磯風
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →磯風
磯風 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できる夫の独り言 「筆頭になるとか言ってますけど、朝1で言ってしまってますねはっはー」
ゴリラ 「お疲れさまだよ。」
クオン 「話しかけただけだったかな
めんどくさいねぇ,意図を理解してもらえないのは>ゴリラ」
衛宮士郎(共有者) 「クオン吊りミスったかなって感じはするぞ!」
磯風 「お疲れ様」
衛宮切嗣 「明日でハクが吊れなければ絶望村一直線、か」
クオン 「お疲れさまかな」
汚い忍者の独り言 「かんっぜんに」
衛宮士郎(共有者) 「でもまあ、村の頑張りに期待するか!」
垣根帝督 「即ゆかり投票の俺が無事な時点で
身内あんま見てなかったんだよなぁ」
ゴリラ 「>クオン
ジャングルでは拳のパワーで理解しあえるというのにな……。」
ハク(妖狐)
       / ̄ ̄\
     /      \
     |:::::        |
    . |:::          |     クオン……君がいなくなってから、部屋がガランとしちゃったよ
     |::::          |
     .|::::        }
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    |::::        i  |
    |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)」
垣根帝督 「お疲れ様」
汚い忍者の独り言 「やべえ、口調悪くなりそうだな」
不幸なGM 「おつかれー」
汚い忍者の独り言 「良いか、もう」
結月ゆかりの独り言 「消去法と今日の最後にいった発言でチルノがLWかなと思っているんですが」
汚い忍者の独り言 「疲れた」
ハク(妖狐)

       / ̄ ̄\
     /      \
     |:::::        |
    . |:::          |    ……でも、すぐに慣れると思うから
     |::::          |
     .|::::        }    心配するなよ、ドラえもん
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    |::::        i  |
    |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)」
衛宮士郎(共有者) 「できる夫漂白とかがあるかどうかだな!」
クオン 「わたくしは殴り合いは苦手かなー
ほわほわしていたいかも>ゴリラ」
ハク(妖狐)
       / ̄ ̄\
     /    「  \
     |:::::   (●)(●)
    . |:::       | |
     |::::     __´_ノ
     .|::::     `ー'}
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    |::::        i  |
    |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)」
衛宮士郎(共有者) 「チルノーハク
チルノ狼も結構ありそうだな!」
汚い忍者の独り言 「チルノかもしれねえ、ハクかもしれねえ、できる夫かもしれねえ、ゆかりかもしれねえ」
衛宮士郎(共有者) 「割と分かんないぞ!」
ゴリラ 「んー。狐にしろ狩人にしろ何かあと1吊りくらいは増える気もするけど。
増えるとゴリラが喜ぶ。」
チルノ は 汚い忍者 の護衛に付きました
衛宮切嗣 「クオンなのかドラえもんなのかはっきりしなさい!
まさか……クオえもん?」
汚い忍者の独り言 「だがそれでも俺はできない子を吊らねえと前に進めねえ」
結月ゆかりの独り言 「できる夫さんがハク狩人で見ている感じなので」
ゴリラ 「>クオン
ジャングル 己の武器での殴り合い
ほわほわも また武器! 」
衛宮士郎(共有者) 「クオンゴリラで狐吊れて霊噛みに来たはあるかもな!」
結月ゆかりの独り言 「そこ噛まれていたらできる夫さんも考慮に入りますかね」
クオン 「あとはまぁ村におまかせかな
吊られたわたくしには関係ないかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クオン 「ど,ドラエモン要素あったかな?>キリツグ」
ゴリラ 「下のハク的に。」
クオン 「ほわほわが武器ならわたくしはきっと今頃スタンドアローンかな>ゴリラ」
クオン 「なるほど」
垣根帝督 「まぁ明日村吊れても一応はワンチャンあんだよな」
できない子 は ハク に狙いをつけました
人狼は妖狐を襲撃したようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
磯風さんの遺言 少し戦場の垢を落としてくるぞ。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
衛宮士郎 「そっか!>死体無し」
できる夫 「「私悪いことしてないのに疑われてすねちゃうすねちゃう」って感じの空気を感じるんで、ゆっかりーんはもう良いかなぁ系」
できない子 「人狼なんてできないよ」
不幸なGM 「妖狐かみェ……」
結月ゆかり
.           ,.  -‐ _____   ̄了'  、
        /  /  ̄ ⌒   {   \_____
       /  /       \ \   ⌒ヽ´
     , /7 / /  :        \ ____   /,
.     ′ / / /  :i   :i           /,
.    /  / / :i    :|   八 ,    :i :     /,
   /  / ,斗ミVヽ :|  ,:′ V ,  :.ハ :i   |   /,  ハクが無残になってるかどうかって感じですね、昨日見る限りでは
   {:  / / :/んメ、{  /=‐-__V , :/ :}.ハ   :|    :{
    、/ / V 弋り V  灯/下、:},/  / :}   :   ヽ乂   ゆかりさんはチルノ疑ってます
    { :| :i   ,     弋り  /  /  }  /   /
    乂 :|            /  /  /⌒i イ
   〔匚匚〕          厶イ  ,/__.ノ /
    / /, ゝ   マヽ      イi |  丁ゝ- '′
   ,   / /,  \____  '′,〔匚匚]〕
.  /  :i   /,       丁  /  人 ⌒\
  i   |   /,      __}__/  /j:  \   \
  |i  |   /,   // / ./ _{斗‐¬冖ア  ` ̄ ̄`ヽ
.  八  乂  _厶イ∨  /  :{/´ゝ.,__  ⌒ヽ       }
⌒'ーー---ゝ'′ノ:|、{  {   :{    {⌒ヽ    ゙'ー---  〉___」
ハク 「この戦争が終わったら……いや、なんでもない」
チルノ 「最強の狩人CO!
死体無しは士郎GJ→士郎GJ→狐噛み」
汚い忍者 「やったぜ」
磯風 「むっ…妖狐把握」
クオン 「なるよねーという感じかな」
できない子 「いいね」
チルノ 「<最強の狩人日記>
あたいは新たに手に入れた狩人能力によって誰かを守護ることができるようになった
仲良しでいっつも同じ陣営で遊んでいる大ちゃんを守護ってあげようと思ったけど
大ちゃんはいない……しょうがないから誰かを大ちゃんにしようと思う
誰を大ちゃんにしようかな

二日目 護衛・磯風 死体・霧雨魔理沙
三日目 護衛・磯風 死体・衛宮切嗣
四日目 護衛・衛宮士郎 死体・護衛成功!
五日目 護衛・衛宮士郎 死体・護衛成功!
六日目 護衛・汚い忍者 死体・
七日目 護衛・ 死体・
八日目 護衛・ 死体・
九日目 護衛・ 死体・


『二日目』
霊能はあたいに投票してるから噛まれていいや
占い三択は本当に難しいな……だって全員真結果なんだもの
あたいにレスしてくれた磯風を護衛することにしようっと

『三日目』
魔理沙の吊るべきリストにチルノの名前があったから偽占い師なんじゃないかな
真狂出てれば昨日は確実にベグだったということになるわけで、
じゃあ磯風連続護衛しよう

『四日目』
騙されたあたいは悲しいピエロ……一回くらい護衛成功しないとね
衛宮、できる夫、垣根で三択
できる夫は最悪囲い噛みかもしれない。霊能はあたいに投票してる。じゃあ衛宮護衛しようそうしよう

『五日目』
あんまり狼吊れた感じしないなー黒の賢人なら霊結果も黒いんだろうけど、あれただのゴリラだもん
連噛み、霊噛み、灰噛みの三択になった感じかしら
灰噛みなら灰が減るからいいっちゃいいし、士郎もう一回護衛しておこっかな

『六日目』
三連噛みってあると思う? ガイアオルテガマッシュでも三回連続では噛まないと思う
できる夫護衛はしない。できる夫吊り論がそこかしこから出てるから。噛まれても良い
霊能護衛? あいつあたいに投票したからしない
灰で一番無風な位置は……忍者かな

『七日目』
ここで灰を噛まない。徹底してるね。できる夫は囲い、ありそうに思えてきた
それゆえにできる夫は護衛しない。狼視点、共有を愚直に守護りつづけてる狩人にも見えるはず。それゆえ士郎は護衛しない
灰を護衛する。ハクはない。ゆかりは最後の発言がマイナス。できない子は超誘導もらってる。消去法でもやっぱり忍者だな」
衛宮士郎 「マジでか!>狐噛み」
できる夫 「昨日言ったところは、もう狼か狩人の2択って言うところまで胡散臭くなったので放置で良いやという結論になりました」
ハク 「別に何も驚かねぇな
酒をくれよ、酒」
できる夫 「え?」
チルノ 「忍者護衛してたんで忍者は狐にあらず」
汚い忍者 「ヒュ・・・・・・!?>狐噛み」
できない子 「へー」
ゴリラ 「おーやったやった。」
衛宮士郎 「対抗がいるなら出ていいぞ!」
できる夫 「んじゃ、ハクが狼ですか」
垣根帝督 「さぁて解らなくなってきた」
チルノ 「あたいと狐が協力して2吊り増やしたぞ! ありがとう狐!」
ハク 「クオンじゃねぇのか、狐。……そっか」
できる夫 「◇ハク 「一つだけ言うならば>衛宮
ここまで狩人狙いの噛みが無い時点で、狐噛みは1回は行われている、と想定している」
>ここまで狩人狙いの噛みが無い時点で
>ここまで狩人狙いの噛みが無い時点で
>ここまで狩人狙いの噛みが無い時点で
>ここまで狩人狙いの噛みが無い時点で


死体なしの内訳知ってますでしょこのかた」
結月ゆかり 「チルノが狩人ですか、まあ納得は出来ます
あまり目立ちたくない感じなのは見えてたので」
汚い忍者 「ここで噛む狐ってできる夫しかいなくねえ?」
できない子 「狐噛みかぁ」
汚い忍者 「あ、ゆかりさん狐あんの? マジ?」
できる夫 「例えば、狩人狙いで僕護衛成功
狩人狙いで灰噛みで狐
こういう噛みで死体なしだったって事はありますよね?」
チルノ 「せいいっぱい目立とうとしてたのに……!>ゆかり」
ハク 「そっか。……あいつ、本当にただの村人だったんだな
……馬鹿みてぇじゃねぇか、俺」
磯風 「ん?なんだよく見たら、ゴリラがクマーじゃないか?>ゴリラ」
できない子 「んー」
衛宮士郎 「でも狐いるって狩人言ってるから
やるなら狐狙いだな!>できる夫」
結月ゆかり 「ゆかりさんはハク狐かなと思ってるんですが
噛める位置ってそこぐらいしかなくないですか?」
チルノ 「あ、途中までしか書いてないや」
できない子 「噛まれそうなのってできる夫かゆかりじゃ?とは思うけど」
ゴリラ 「>磯風
その言い方多分大部分の人に伝わらないから!」
できる夫 「護衛成功は、共有なんですね?
だったらやっぱりハク狼ですよ
「狩人狙いの噛みがない」って知ってるんですから」
クオン 「あれ.ゴリラはクマなのかな?」
霧雨魔理沙 「ただいま」
ハク 「なぁ衛宮よ。クオンは無実だったんだってよ」
結月ゆかり 「そうなんですか、ゆかりさんは昨日までまったく目に入ってませんでしたが」
できる夫 「yes>衛宮士郎
最終日につっぱらいましょう」
できない子 「ハクって噛まれ位置?>ゆかり」
磯風 「本人にさえ伝わればそれでいいのだ>ゴリラ」
ゴリラ 「>クオン
違う、そうじゃない!」
磯風 「おかえり」
チルノ 「二日目 護衛・磯風 死体・霧雨魔理沙
三日目 護衛・磯風 死体・衛宮切嗣
四日目 護衛・衛宮士郎 死体・護衛成功!
五日目 護衛・衛宮士郎 死体・護衛成功!
六日目 護衛・汚い忍者 死体・垣根帝督
七日目 護衛・汚い忍者 死体・狐噛み
八日目 護衛・ 死体・
九日目 護衛・ 死体・

これが正しい履歴ね」
ゴリラ 「伝わってしまう悲しさ。」
できる夫 「僕もそう思いますね>できない子さん
僕とゆっかりーんローラーして最終日にハクさん吊りましょうよ」
霧雨魔理沙 「霊界に来た人はお疲れ様です」
衛宮士郎 「指定するつもりあんまりないけれどいるっていうなら急いでするぞ!」
クオン 「じゃあクマがゴリラなのかな?」
汚い忍者 「できる夫
てめえ狼候補言うばっかりで狐候補なんで言わねえんだ」
チルノ 「もう護衛成功出るような護衛しないからね!」
ハク 「ついでにいうとな。ブラフだよ>できる夫」
垣根帝督 「狐でも死体無しの理由解るんだよなぁ
俺もそうだができる夫もたまーに深読みするよな」
チルノ 「士郎ですら噛ませまーす
偶数にしたければ狐噛めばいいのでーす」
やらない子 「鍋に行ってきます。村建て同村感謝。またいつか。」
できる夫 「疑惑が確信に変わったというのと、できない子さんに同意だから」
できない子 「んー」
バナナ 「死体なしの内訳を知ってるのは狐にも言えるから
できる夫の言い分をそのまま使ってハク吊れそうな気がするけど」
結月ゆかり 「チルノが狩人である以上は
ゆかりさん疑っていたできる夫
忍者-できない子の対立、浮いてるハクが噛まれる可能性高いって琴なんですよ
そこが非狼ならば」
できない子 「できる夫がそれいう>自分ロラ」
ゴリラ 「お疲れ様ー。」
磯風 「いってらっしゃーい>やらない子」
できる夫 「もうやることはほぼほぼ決まった
僕が吊られることもほぼほぼ決まった
なら、狼だって言う場所を示したいじゃないですか」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です>やらない子」
衛宮士郎 「特にしてほしいって無さそうだからグレランで行くぞ!良いな!?」
ハク 「クオンがいなくなってから、いや。いなくなる前から俺は適当なことしか言ってねぇ
狩人ブラフもその一環だよ」
結月ゆかり 「非狼で見ていたことも考えてハクが狐と考える
ゆかりさんの意見はこんな感じです」
垣根帝督 「ゴリラが熊の訳ないだろ」
クオン 「わたくしからしたら今日はずっと深読みしすぎてはずしてる印章しかないかな,できる夫」
垣根帝督 「熊鍋だよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
霧雨魔理沙 「鍋にぶち込めばクマもゴリラも一緒さ」
クオン 「もうよくわかんないかな・・・>ゴリラとクマ」
できる夫 は 結月ゆかり に処刑投票しました
ゴリラ 「>垣根
ウホ! ジャングルに鍋 ナイ!
荒れ狂ったゴリラが垣根提督に野生の鉄槌!」
クオン 「おつかれさまかなー」
できない子 は 結月ゆかり に処刑投票しました
ゴリラ 「なにこの村人たち怖い……。」
結月ゆかり は ハク に処刑投票しました
汚い忍者 は 結月ゆかり に処刑投票しました
ハク は 結月ゆかり に処刑投票しました
垣根帝督 「やらない子はお疲れ様」
霧雨魔理沙 「                                                   」
ゴリラ 「人間から回ることもあるある。
ゴリラなんてあれだぞ。殴ってたの忍者とゆかりだぞ。笑う。」
タツマキ 「んー」
衛宮士郎 は 結月ゆかり に処刑投票しました
タツマキ 「ハク噛み」
不幸なGM 「なんというかなんだ
かみあってないってばよ」
タツマキ 「灰吊り→チルノ噛み→ハク吊り」
タツマキ 「こんな感じかしら」
ゴリラ 「よく考えたらゴリラは人間じゃないわ。
まぁゴリラもから回ることある。」
チルノ は 結月ゆかり に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
衛宮士郎0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
ハク1 票投票先 1 票 →結月ゆかり
汚い忍者0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
できる夫0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
できない子0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
チルノ0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
結月ゆかり6 票投票先 1 票 →ハク
結月ゆかり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 「スマンなんかキーがおかしくなった」
チルノの独り言 「指定かな?」
できない子(人狼) 「指定かな?」
汚い忍者の独り言 「……指定?」
できる夫の独り言 「僕吊られが一応いいのかなぁ」
磯風 「お疲れ様ー」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
タツマキ 「お疲れさま」
不幸なGM 「お疲れ様と」
ゴリラ 「お疲れ様ー。」
結月ゆかり 「お疲れ様です、やっぱりハクが狐でしたか」
チルノ は 汚い忍者 の護衛に付きました
衛宮士郎(共有者) 「クオン吊ったのやっぱ痛かったなこれ!」
ハク(妖狐)
           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/     r───────
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │   ノ  噛んだね
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /    '⌒i      ……
   _`ヽ {    └--‐'  /┐    `ー──────
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7」
クオン 「おつかれさまかなー」
チルノの独り言 「万が一護衛成功出てもここならいいや」
垣根帝督 「クオン>ハクが死体無しの内訳知ってそうと気づいたり
根本の推理力は高いよ
普段はもっとズバっと人外追い詰めてる」
できない子(人狼) 「引き分けでいいよね>味方」
ハク(妖狐) 「                              __ヽ
                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ   )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)    親父にも
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'
  ヽヽ )ヽ(_        , -─‐- 、`"´     l    噛まれたことないのにっ!!
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /」
衛宮切嗣 「下界三人のシンクロがすごい
いや投票先では全員シンクロしてるけど」
できない子(人狼) 「チルノ→ハク」
不幸なGM 「というか身内あるとかいって
クオンゆかり両吊りして人外に全くかすってないってあたりが
割りとどうしようもない」
チルノの独り言 「忍者の非狼非狐が確定するしね」
不幸なGM 「狐にすらかすってないあたりが……」
垣根帝督 「お疲れ様」
磯風 「ああ、それでもいいさ>できない子」
クオン 「ログはたまに見てるから知ってるかな
でも血行そういうからまわりが多い印章かな>提督」
ハク(妖狐) 「 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄  クオンには
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /     2回くらい噛まれたけどさぁっ!!
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/」
衛宮士郎(共有者) 「最終日をどうするかだな!」
衛宮士郎(共有者) 「ハクー忍者ーできない子の3人がいいかって感じだが!」
チルノの独り言 「ゴリラ、クオン、バナナ、やらない子、全部村か」
ゴリラ 「クオンは何でハクそんなに噛んだの。」
チルノの独り言 「つまり意見を参考にするのも悪くないわ」
できない子(人狼) 「士郎かみするかー」
ハク(妖狐) 「   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !        ……いや、20回だったかもしれない
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クオン 「たぶんわたくし含めて周りができる夫のレベルに追いついてない感じがするかな
わたくし着始めたばかりだからあんまりしらないけど>提督」
ゴリラ 「>士郎
超! エキサイティン!」
不幸なGM 「まぁ今回の村に限ってはクオンとゆかりと忍者吊れば人狼落ちるby3昼>全員村
ゆかりとできる夫ロラしてハク吊りで勝てるby8昼>ハク狐」
垣根帝督 「そんなに身内ある様に見えるもんかね
即ゆかり投票した俺が言うのもなんだが、だからこそ俺が健在すぎて噛みがそこまで身内身内って感じじゃないんだよなぁ」
クオン 「わたくし牙ないかな
夜には何もできないかな」
磯風 「むっ…士郎噛み…」
結月ゆかり 「クオン吊りに向かったのがダメでしたかね」
クオン 「どうしてハクとわたくしが絡んでたのかっていうなら
今してるアニメうたわれるもの偽りの仮面を見るといいかな」
できない子 は チルノ に狙いをつけました
チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
(チルノ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チルノさんの遺言 ハク吊って最終日、かなー?
結月ゆかりさんの遺言
  /:::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::/           {/{  ヾf ミ、.
/:::::::::::::::::::{:::/〉::::::::::::/              マム  ヾ }}.
:::::::::::::::::::::::ハ/.{:::::::/ }'                 i   `Tミ==ヘン :    ゆかりさんは村人ですよー
::::::::::::::::::::/./ l::/ .ノ                i |ヽ  ゞ=ド='  h
:::::::::::::r 7   /´ /:::|         ./  ̄「厂'.  |     l::'::、
:::::::::::::l         {::: l _  - .i   /  x===ミ、  |     l:::::、::` .
:::::::::::::l_ -====ミ、::l'´  i、  |'.  ./}/ィ"{ {:::::rリ.i  イ{     l:::::::::、:::::::` .
::::::::::イ/:::::}:::::::i:::::i:::}::'. 、 .,ィ==ミ、 /    ` ¨¨´ | ./ リ ./   l:::::::::::ヽ:::::::::::`
::::く:::::〈:_廴::::}:::::{ノ::::l ィ´{::::rハ           |イ   /  /:::i::::::::::::'.::::::::::::::::
、:::::У:::::::::::::::::::`V:::::::::l  ヾ-´ ´  丶       l ./   ハ:: l:::::::::::::{:::::::::::::::
. `く_::::-‐::: ̄ ̄`:ヽ:::::::l  '.      _..  ァ    .l /   //:.:l:::l:::::::::::ヾ、:::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::l   ,     “¨ ´  . ' У二ミy':.:.:.l/::::::::::::::::'.\:::::::
. 〈::::::::::::::::::::::::::::イ}:::::::::::、  '.ー-    _/  ./_  `'〉:.:./:::::::::::::::::::ノ  ヽ::
  }:::::::::::::::::::::::/:::l::ゝ.._:::\一   }ヽ      ./   `7:.:./::::::::::::::::/    ゙
. /::::::::::::::::::::::/:::: l\__:: ̄::^ヽ/ ̄\〕   /     {,_/:::::::::::::イ
〈::::::::::::::::::::::/:::::::::lイ:::::::::\::::::::Lイ  --ミ   l     /T:::::::::::::::::ノ ̄l
. ヽ::::::::::::::::〈:::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::Y   ヽ  、    l >'7:::::/:::::::::l ̄  、
.  }:::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   .i   .  i  .!:::::::{::ー'::::::::::::::::::::::::::::::
.  lヽ:::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::〉   .l   . .|  .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  |::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ハ    |、r~ヘ.|   l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::/     |     ゙|   !|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
できる夫 「狐が残っていても僕吊りで引き分けになるんだったらまあ良いかなぁ的な」
チルノ 「お疲れ!」
ゴリラ 「チルノお疲れ様ー。」
できない子 「人狼なんてできないよ」
ハク 「これが民主主義ってやつか
人類の叡智、世界の理

あばよチルノ、……お前のことは好きだったぜ」
結月ゆかり 「平和2連続というのを考えてクオン削っておくかなと考えたんですけど」
衛宮士郎 「んじゃ忍者は非狐確定だな!>チルノ噛まれ」
チルノ 「よしよし、みんなの意見を参考にしたら当たったよ」
磯風 「お疲れ様だ」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
不幸なGM 「というかまぁ磯風に聞かないとわからんけど
占い噛み切りって別にグレラン落ちしない位置にいるから
強気にかんだとかそんな理由じゃなくて
単に真占い生きてたら勝てないから万が一考えて噛むとか
そんなだったんじゃないのか?」
クオン 「わたくしとしては,残すなら差があるよりはないほうがいいと思ってるかな
要素が同じところを残せば最終日ここしか吊れないっていう状況を発生させなくなるから>ゆかり」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
汚い忍者 「俺は狐狙いの吊は昨日一回だけにしてえ
昨日はゆかりーできる夫ランだったと思うからのそれ一回こっきりのな
今日は狼狙いの吊をしてえんだ」
できる夫 「狐残りが有るとしたら、昨日の僕が引用した発言を狩人と見てハクを噛んでみた
って程度ですかねぇ」
できない子 「忍者がどうでるか見て」
衛宮切嗣 「お疲れだ。ハク吊り見抜いてるのはさすがだね」
垣根帝督 「お疲れ様」
不幸なGM 「お疲れ様」
クオン 「チルノおつかれさまかなー」
汚い忍者 「そしてハクが狼だみてえな風潮になっているが
俺の立場になって考えてみろ。最終日俺とできない子とハクが残されるのであれば、俺はまず間違いなくできない子を吊る」
汚い忍者 「お前吊りを今日したい>できない子」
できる夫 「って事で、今日は僕を吊るか、最低僕とハクのランって事でお願いします」
衛宮士郎 「指定しないから後はガンバレ!いいな!
指定してほしいならサッサと言うんだぞ!?」
できない子 「それ私もおなじ立場なの分かって言ってる?>忍者」
結月ゆかり 「クオン>
そういうものですか、ふむ」
汚い忍者 「どうでるか見るとか言うから先言ってやるよ」
垣根帝督 「だが初日特攻する
慈悲は無い>チルノ」
できる夫 「昨日の僕の発言まったく参考にしていただけない?>汚い忍者」
ハク 「オメーが狐ならわざわざ自分吊りを計算に入れんのかねって話だ>できる夫
自殺行為じゃねぇか。必死に生きないのは利敵行為だぜ?」
磯風 「ん?初手●見せることで
村がどのように見るかは、村次第だが
今回は、初手占い共有かつ共有初日ということもあったので
占い噛み切っても灰の広さは十分というのもあったな>GM」
汚い忍者 「できる夫の、昨日自分含めた自分吊りの提案
ゆかりのこの段階からのハク吊り推しから、ゆかり狐を断定する
その上で俺は、できない子を吊って終わらない場合の方が怖いので今日できない子を吊りたい」
チルノ 「延々こっちに投票するのは特攻とたいして変わらないのでは……?>垣根」
不幸なGM 「だろうね○めっちゃ少ないし>磯風」
できない子 「必要に狼狼言われてさ
先に忍者釣りたいっていうこの気持ち
だけど狐絶対ないみたいだから吊らないよ」
ハク 「俺はちょーっとばかり狼の思考と言うか攻撃パターンが読めるだけだよ
霊能→共有GJを想定していたけどな、実際」
クオン 「わたくしの好みであるだけだからそんなことはどうでもいいけどね.
最終日は最終決戦なんだから誰もが吊れる位置にいることが,固定化しないことで勝ちがあることもあると思ってるかな
勝てるときは勝てるし負けるときは負けるという考えだけど>ゆかり」
汚い忍者 「お前が村なら明日ハク吊れば良いだけの話だろ、おまえが明日生きてるのかどうかは知らねえけど>できる夫」
できない子 「できる夫非人外みるならハク吊り」
できない子 「っていうか昨日の時点であの自分吊りいえるかっていうと微妙なきもするし」
できる夫 「最終日に足を踏み入れて良い権利(狩人に護衛されて居るトキに狐噛みがあった)を忍者さんは持っているので、吊らない
できない子さんが噛まれるかというと、どこが狼であっても噛まれえないので狐候補ではない」
磯風 「あえて情報を見たほうが人というのは、深読みしたりしてしまうものだからね
狼は、ちょっとしたきっかけを作るだけでもなんとかなる>GM」
ハク 「だからまぁ、チルノの狩人日記を見てますますわかんなくなっちまった
共有者だけを2回も噛む? 正気の沙汰じゃねぇ
そもそも狩人狙いで狐を噛むことすら、想定外だ

狩人狙いでチルノを噛まないってんだからよ」
できない子 「できる夫が狐なら自分ロラは負け確定だし
狼なら譲らないでしょ」
汚い忍者 「お前さんが村ならすまんと思ってるよ
でも俺はお前さんが全然に村に見えんからこんだけ殴ってる」
垣根帝督 「延々ってずっと投票してないからな?
うん>チルノ」
結月ゆかり 「なるほど>クオン」
できない子 「その殴りが変だから君人外にみえるよ>忍者」
磯風 「まあ、あとはできない子身内しておいたのだが、
単純にできない子が残りそうだから、というのもあるな」
ハク 「俺がチルノへの拳を引っ込めた理由、わかるか?

匂いだよ。あいつから村の役職の匂いを感じた
ゴリラを利用して凌ごうとする匂い
村人と微妙に目線の違う匂い、全てだ」
できる夫 「なんか、想定とまったく違う日になってしまっていますね」
汚い忍者 「そもそもお前が村なら俺とお前を最終日持ってかれたらハク狼だと死ぬから今日決め打つしかねえんじゃねえと言っている」
できない子 「今日の遺言みようか>ハク」
汚い忍者 「俺はお前のゴリラへの殴りが変だからと俺はお前を人外だと言っている」
チルノ 「指定吊りの日に指定無視してまで投票してたくせに!>垣根」
ハク 「だから、俺はチルノを除外した
クオンに関しちゃ……言うなよ、俺が一番解ってる」
汚い忍者 「ずっとだ」
できない子 「ん?だからできる夫非人外撃ってハク吊りっていってるでしょうが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ゴリラ 「場が混沌としている。」
できる夫 は ハク に処刑投票しました
できない子 は ハク に処刑投票しました
ハク は できない子 に処刑投票しました
汚い忍者 は できない子 に処刑投票しました
チルノ 「うわー共有次第だ」
霧雨魔理沙 「狐狼ランwwwww」
磯風 「狼狐ラン」
クオン 「あと,同じ要素がないとそっちにばかり目がいって目が曇るかな
わたくしみたいに弱いプレイヤーだと特にその空気に流されるから
それなりに平等に見えるように最終日は残したほうがいいと思うかな
それこそできる夫みたいにレベル高くないしね>ゆかり」
ゴリラ 「白熱してまいりました。」
結月ゆかり 「共有次第ですね、これはw」
チルノ 「士郎三重○にはじまり、士郎の投票に終わるのね」
ゴリラ 「まだ終わらないから!」
チルノ 「そうだった!>ゴリラ」
衛宮士郎 は ハク に処刑投票しました
9 日目 (1 回目)
衛宮士郎0 票投票先 1 票 →ハク
ハク3 票投票先 1 票 →できない子
汚い忍者0 票投票先 1 票 →できない子
できる夫0 票投票先 1 票 →ハク
できない子2 票投票先 1 票 →ハク
ハク を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゴリラ 「ヒュー!」
できない子(人狼) 「吊れるのか・・・」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
磯風 「ほう、お疲れ様だ」
垣根帝督 「数えてみたらだいたい半分だったな……うーん
延々ではないがまぁ多いのか?>チルノ」
衛宮士郎(共有者) 「そっか!>終わらない」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
不幸なGM 「ハクは犠牲になったのだ……
おつかれ」
できない子(人狼) 「そうかならできる夫噛もうね」
できる夫の独り言 「ハク狐ですかね」
ゴリラ 「お疲れ様―。接戦だった。」
クオン 「お疲れさまかな」
チルノ 「お疲れ!」
霧雨魔理沙 「士郎ェ!!お前は俺の新たなオレオォ!!」
ハク 「ウボァー」
汚い忍者の独り言 「だから言ってんじゃん」
チルノ 「わーいわーい、戦争が終わったー」
衛宮士郎(共有者) 「できる夫非人外と見たがどうなんだろうな!」
結月ゆかり 「クオン>
平等も大事ですが、それは状況次第というのもありますからね…
なのでなんともいえない感じはあります」
汚い忍者の独り言 「多分できる夫残し」
クオン 「ハク,相手してくれてありがとね
わたくしなにもできなかったけど」
ゴリラ 「大丈夫。あの士郎なら写輪眼とか使って見極めてくれる。」
垣根帝督 「お疲れ様」
衛宮士郎(共有者) 「ただこれできる夫狐ならそこに0票って狼が引き分け路線過ぎるから無いんじゃないかなって思うが!」
ハク 「心配するな、ギャラは貰ってるから>クオン」
汚い忍者の独り言 「できる夫が相応にできない子の言ってる事に理があると思っているなら負ける」
クオン 「平等というか最終日にまで持ち込まれるならたぶんいろいろな要素で目が曇ってるかな
そういうので少しでも同じところにスタートラインがあるほうが純粋に考えやすいっていうだけかな>ゆかり」
霧雨魔理沙 「そういやうたわれ二期はクールまたぐのかな?
そのままやるのか間をあけるのか」
汚い忍者の独り言 「や、待てよ」
垣根帝督 「あっ>できる夫噛む
マジに士郎がこの村を終えるのか」
汚い忍者の独り言 「一旦フラットにする」
汚い忍者の独り言 「できる夫が何故ここまで噛まれてないのか」
クオン 「昨日してたかな>うたわれ」
不幸なGM 「というかあれじゃね」
不幸なGM 「狐をハク想定するなら
できない子LWゲフンゲフン」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「ゆかり狐にすれば大丈夫」
霧雨魔理沙 「あっそうなんだ。じゃあこのままやるんだね
情報ありがとう>クオン」
クオン 「それならよかった
働いたのにお給金がないのはわたくしが言ったこととも矛盾しちゃうからね
ハクは今日こんなに頑張ったんだもん>ハク」
垣根帝督 「とりあえずうたわれ関連はノータッチだが
クオンがダメ男製造機なのは解った
後、セーラー服に見える」
不幸なGM 「投票ですkゲフンゲフン
そもそも本気で引き分ける気あるならできる夫投票をゲフンゲフン

っていわれそう」
磯風 「ん?というかだ、今日LWと思う位置吊るというのはどうなんだ
という話なんだがな…」
クオン 「OP変わっててちょっとびっくりしたかな>まりさ」
不幸なGM 「ゆっかりーんで落ちたって考えるなら別だけどね」
ハク 「とあるお方から「クオンが無事に帰ってこないと○す」って言われてるんだけどどうしよう(´;ω;`)>クオン」
結月ゆかり 「狐位置だとゆかりさん結構強めですからね…」
ゴリラ 「3吊りある場合は、
狐候補>狼候補2吊りの場合もあるからな。」
衛宮切嗣 「でぇじょうぶだ、ドラゴンボールでなんとかなる>ハク」
ハク 「トゥスクルの人たちってバナナで許してくれるかな?」
クオン 「それわたくしに言われても困るかな・・・>ハク」
できない子 は 衛宮士郎 に狙いをつけました
衛宮士郎 は無残な負け犬の姿で発見されました
(衛宮士郎 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ハクさんの遺言
                        / ̄ ̄\
                     / 「  ヽ \
.                     |  (●)(●) |
                       |    |    |
                      |   _`__  |
                     |   `ー'´   |
                  「 ̄ ̄ヽ       /  ̄l
                 l    ( ヽ _   /)   l
                    |       ̄TTT ̄    |
                 | __ _ __ 」 l l __ __ |
                 i                 |
                  /| --  ‐  ── ─── ト、
                ,/ .|  G U N D A M | \
               /  l                 ト、   \
     r、        /   !               | \  \      ,、
     ) `ー''"´ ̄ ̄   / .|               |   \   ̄` ー‐'´ (
  とニ二ゝソ____/   |               |    \____(、,二つ
                       |               |
                 | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ` "  |
                 |               |
                       |               |
                   /|               |
                /.:.|___________」
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
衛宮士郎さんの遺言                        ,.ヘ、
                  ,ヘ' : : :〉,ヘ
                 //'⌒: : '⌒ヽ
                  |:|://>ヘヽ ハ
                  |:|:|」_ _〉从    共有、相方はそこのGMを犠牲にした
                ,- |:|:| rェ  rェ.|:|:|
               ├ |:|:|  |_   |:|:|    実質全部灰だから後は頑張れよ!
               ├人卜 一 人リ
             / ̄ ̄丶| ` ー ´ |  ̄ ̄\
             /      |  ハハ  |     ヽ
         /   │     | 」 | l、  |   l    ヽ
        /     ̄厂ヽ、  lノ><\|   // ⌒丶ヽ
          /    /   厂 ̄ ノ‐个ヘ、 ̄ 厂 ̄      ヽ
        l   /    /: : : : 〈_人_ノ: :〈  \      〉
       ヽ      /ノ  ̄ ̄       ̄ ̄ヽ、 \__ /
         ` ー-=≠ 彳三三三≧≦三三三个ー──'´
               ト┬┬┬┬┬┬┬┬彳
              , < 个‐<ノ个个个个个| |厂`ヽ、
          / . : : : : | |: : : : ノ厂ノ : : : : : :| |: : : : : .\
        , '⌒ヽ、_: : : : | |: : : /厂ノ : : : : : : :| | : : : : : : . \
     , ´ _=二三≧=‐| |;_;_/厂/_;_;_;_;_;_;_;_;| |‐-=≦三三≧、
   /-=二三三三三三|_|=/厂/=三三三三|_|三三三三三二 、
   〈二三三三三>'゙´  |三三三三三三三| `'<三三三三二 ヽ
   ヽ二三三三〉      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    〉三三三三二 〉
    ヽ二三三人                      〈三三三三二ノ
      \──へ                  人──> ' ´
       /∠二ヽヽ                   / ∠二く
      ノ,二二、∨                   〈乂,二二、 、
     〈个 厂し〉ノ                  〈 し 厂个〉〉
      ヽ二二イ                       ヽ二二 イ
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
できない子 「人狼なんてできないよ」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
霧雨魔理沙 「ほうほう楽しみにしておこう>OPが変わる」
チルノ 「お疲れ!」
ゴリラ 「士郎 暁に死す
お疲れ様だ!」
クオン 「無理だと思う
とくにおかあsお姉さまたちは・・・>ハク」
できる夫 「うーん」
汚い忍者 「できる夫が生きていた場合
一旦、フラットにする」
不幸なGM 「なんでお前らポーズとってんだよェ……>AA」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
タツマキ 「お疲れさま」
衛宮士郎 「そっか!>ハク狐できない子狼」
磯風 「お疲れ様、司令」
汚い忍者 「できない子に質問するのは、ゴリラへ指定して欲しいと言う誘導は、
「忍者を吊らないなんてのは4日目時点でわかりきってるから言わなくて良い事言ってどうすんの
発言稼ぎじゃん」
でおk?」
クオン 「おつかれさまかな」
できない子 「まあ、何言っても理解しない理由はそういうことですね」
ハク 「ドラゴンボールを探さなきゃ(使命感)」
できる夫 「ハクで終わってくれればラクだったんですけどたぶんあいつ狐だったという事でレディファイ」
垣根帝督 「GM>狩り噛むなら狐吊れてるだろ
という理論も無くはない」
衛宮切嗣 「人狼王に、俺はなる!」
できない子 「なに?1から言わせるの?」
クオン 「ハクも死んでるかなー」
汚い忍者 「チルノの日記とか見返して
何故か俺はできる夫を非狼に思っていたんだが、漂白が無い訳ではないと言うそれに」
垣根帝督 「お疲れ様」
チルノ 「どんどん狐遺言に見えてくる不思議なハクの遺言」
衛宮士郎 「できない子をもっと早くに指定だったか!
なんかゴメンな!」
汚い忍者 「最終日にできる夫が生きていたら考えようと、思っていた
なので一旦フラットにする」
汚い忍者 「要点だけで良い>できない子」
ハク 「どこからどうみてもモビルスーツ乗りの遺言だろ具体的にはガンダム」
結月ゆかり 「白長AAは人外に見える不思議」
できない子 「私のゴリラに対しての思考はもう散々いって疲れたので見返してください」
汚い忍者 「ハクにも、ゆかりにも、できる夫は投票している」
ハク 「クオンを指定するとかこれだから士郎は
おい切嗣、教育が悪いよ教育がー」
できる夫 「判断役になるかと思ったんですが、そうくるんだったら別に汚い忍者さんに突撃しても良いですよ」
磯風 「ダンボールガンダム…水をかければいいのか?>ハク」
ゴリラ 「何かぼーっと見てるとハクと共有の遺言が微妙にシンクロしてるように見えて困る」
できる夫 「ゴリラ関連の話題に関してできない子さんのほうに分があると思いますからね」
できない子 「忍者狼に関しては磯風の○でしょ
ゴリラ非投票でしょ」
汚い忍者 「できる夫は、俺とできない子でできない子の方がわかると言う意見を言っていたが、どの辺がだ?>できる夫」
できない子 「これじゃないんですかね」
汚い忍者 「ちげえよ」
クオン 「確かに遺言似てるかな・・・」
ハク 「イ ザ ナ ミ だ >ゴリラ」
磯風 「わかる、わかるぞ、ゴリラ司令>ゴリラ」
汚い忍者 「最終日だから、俺はお前とできない子で悩むんだって言ってんだよ」
衛宮切嗣 「すまない、士郎の魔術の素養を見いだせずすまない」
できない子 「あーあと必要なゴリラ押し」
ゴリラ 「>ハク
野生のゴリラがイザナミに敗れるなんて……。」
衛宮士郎 「クオンはこう、割と白かったんだけれど
なんか生き残る気が無いのでって言動で
んじゃ狩人じゃなさそうだし吊るかな!だったんだよな!」
磯風 「ほれ、バナナでも食べて元気出せ>ゴリラ」
できる夫 「それ、僕にだけいうの?>投票
できない子さんも投票してるんですが」
チルノ 「テンプレにイザナミ禁止を追加する必要がありそうですね……」
できない子 「え?決め打って来るんじゃないの?」
できる夫 「わかるというか」
衛宮切嗣 「執拗なゴリラ押し、という言霊の破壊力」
できない子 「それね>できる夫」
衛宮士郎 「ゆかりはハク狐じゃない?
がお前何言ってんだ?ってなって狐かな!って」
ゴリラ 「>磯風
オレサマ バナナ マルカジリ」
できる夫 「意見見たら大体できない子さんが言っていることは理解できてそこになんで忍者がからんでるんやという感想にしかなりませんが」
ハク 「士郎にあるのは魔術の素養じゃなくてフェロモン光線の素養だと思うの
具体的には3クリックさんレベルの」
衛宮士郎 「それもイザナミだ…許せセイバー…」
ゴリラ 「ゴリラは死んでからも影響力を与えてしまうから恐ろしい。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
結月ゆかり 「ゆかりさんから見るとハクぐらいしか噛む位置ないでしょとしか思ってなかったので」
クオン 「ハクはなにか盛ってそうな気がするのはあったかな
でもわたくしじゃあ無理かな・・・.」
タツマキ 「違いは3クリックでおわらないってことよね」
磯風 「司令…イザナミに頼ってはなってない、なってないぞ!!>士郎司令」
霧雨魔理沙 「最終日にもあふれ出るゴリラという単語…
これはゴリラがこの村のポイントになりそうですね」
チルノ 「忍者噛まれてないとなるとね>ゆかり」
ゴリラ 「ゴリラは罪深い……。」
チルノ 「灰護衛の思わぬ産物になってしまった>忍者非狐」
衛宮士郎 「磯風ができない子投票だったから少し後に回したのはあるんだよな!」
衛宮士郎 「じゃあアンリミテッドブレイドワークスとか使うか!>磯風」
タツマキ 「個人的な話をするなら最終日来ていきなりフラットに見るとか言い出されると死ねってなるわね」
できる夫 は 汚い忍者 に処刑投票しました
できない子 は 汚い忍者 に処刑投票しました
衛宮切嗣 「さすがにみんな投票悩んでるね」
磯風 「ふー、吊れないと読んで、できない子投票が効いたようだ>士郎司令」
不幸なGM 「負けたかー」
磯風 「決まった」
チルノ 「ぎゃあああああああああ」
汚い忍者 は できる夫 に処刑投票しました
10 日目 (1 回目)
汚い忍者2 票投票先 1 票 →できる夫
できる夫1 票投票先 1 票 →汚い忍者
できない子0 票投票先 1 票 →汚い忍者
汚い忍者 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
汚い忍者さんの遺言 できない子吊らんと前に進めん
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/01/03 (Sun) 17:35:30
衛宮士郎 「負けたな!」
ゴリラ 「あらま。」
不幸なGM 「2回吊り増えて負けかー」
垣根帝督 「ダメだったか」
汚い忍者 「お疲れ」
できない子 「お疲れさま」
衛宮士郎 「お疲れ様だ!」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
チルノ 「お疲れ!」
不幸なGM 「おつかれー」
タツマキ 「お疲れさま」
できる夫 「おつかれさむ」
ゴリラ
                     ∩_
           ,r"´⌒`゙`ヽ    〈〈〈  ヽ
         / ,   -‐- !、  〈⊃   
        / {,}f  -‐- ,,,__、)  彡    ミ     お疲れ様。
      /   /  .r'~"''‐--、)  彡    ミ
    ,r''"´⌒ヽ{   ヽ (・)ハ(・)}、 彡    ミ    忍者、お前からは野生のパワーを感じた
   /      \  (⊂`-'つ)i彡      ミ
  ミ         `}. (__,,ノヽ_ノ,ノ       ミ     ナイスファイトだゴリ
  ミ          l   `-" ,ノ      ミ
  ミ          } 、、___,j'' ヽ    ミ
  ミ         ノ       ノ  ミ
衛宮切嗣 「お疲れ様だよ。
LWはよく頑張った」
バナナ 「おつかれ」
ハク 「◇クオン「ハクはなにか盛ってそうな気がするのはあったかな」


               /::::::|`ヽ,
            .,,,,, /::::::::::i"_/
           ミソソr@ソヽ{'|ト,__
           ( `ミヾミミソ.:.{  ソ}
           ソ.:.-、.::::::::::ミl´=
            {{r´ミ、v.,::::::::::ソ
         r--ヽ:ソ@ミソ:::::::::lソ
        // 「.{{ヾ:ミ::::::::::::::::|´,フ
       | 巛ヾ" {{::::::::::::::::::::| ソl
        !_ヒフ ヽr }::; ヾ l,l |r.フ.、}
        {{ /// /≧ ヽ  ≦≧
        <.=≡/≡      三
       //:::::"/:::::/ ".//|ll ト.>'":::::ヽ    昇 天 ペ ガ サ ス M I X 盛 り
          |  (●)(●) |
          |     |     |
          |   __´_  |
          |   `ー'´   | 
          ヽ       |
           ヽ     ノ
            /    く
            |     \」
磯風 「お疲れ様だ」
クオン 「おつかれさまかなー」
汚い忍者 「ぶれずに行くんだったか」
タツマキ 「これはあとで恩返ししないといけないわね」
チルノ 「身代わり共有と士郎三重○もあるから>GM」
垣根帝督 「お疲れ様だ」
霧雨魔理沙 「お疲れ様です」
ハク 「盛ってます(誇らしげ)」
不幸なGM 「何をもっているんだお前は……>ハク」
クオン 「ペガサス盛ってたかな!?」
結月ゆかり 「GM>
吊り増えていても灰自体は減ってませんからね」
できない子 「づがれだぁ」
磯風 「できない子、よくやった!!
さあ、タツマキと切嗣司令を交えて料理を御馳走しよう>できない子」
汚い忍者 「初手で狼殺せて、狂人噛みで殺して、2回吊り増えてるのに敗けるのはなあ」
チルノ 「門松かな?」
ハク 「今、トゥスクルで小悪魔agehaがアツい」
霧雨魔理沙 「即噛まれたから村になんも関与していない!!」
汚い忍者 「さんざっぱらできない子の怪しい理由は言った
ゴリラへのそれとか」
不幸なGM 「でも狂人噛まれてるし初手グレランで狼落ちてるんだよなぁ……>チルノ」
衛宮士郎 「クオン指定は流石にちょっとビビり過ぎだったかな!
できない子言ってればいけてただろうけれど!」
ゴリラ 「所でゴリラ的にもできない子の忍者が突っ込んでた部分関連は今一よう分からんかったけどどういう意味だったん?」
汚い忍者 「それまでの吊で全くできない子指定してくれねえんだもん共有」
チルノ 「人狼は難しいねえ>GM」
衛宮切嗣 「共有◯に村◯で区別してなかったから実質何もしてなかったなぁ……僕も」
できない子 「指定は生物だから」
汚い忍者 「説明するのもだりいんだけど」
霧雨魔理沙 「最終日に狼に票が入ってないあたり流石だな
狼は勝利おめでとう!!」
垣根帝督 「忍者>こういうLWの奮闘があるから面白いのさ」
クオン 「とは言うけど,できる夫はどうせわたくしへのロックオンは最後まで解かないだろうからわたくし残しはないと思うかな」
ゴリラ 「ちなみにゴリラ的には忍者の変遷は、
あの日吊るつもりだったけど、狼候補から外れたから吊らない、
という単純なものでしかなかったんだけど。」
結月ゆかり 「自分の思い通りに行くなら苦労はしませんからねえ」
衛宮士郎 「磯風が票入れていたってのがあったんでちょい優先度下げてた!
ごめんな!>忍者」
汚い忍者 「どうせまっとうにやっててもできる夫俺投票しそうだしな」
不幸なGM 「○2個少なくても死体なしで吊り2増え
狂人かみで吊り1増えだからトータルでは一応村有利ではあるのですよ」
チルノ 「野生の忍者ってニンジャスレイヤー=サンに狩られそうね」
汚い忍者 「できる夫理論で言うけど、あそこで身内しねえ理由はねえよ>士郎
と言うかそれならクオンもやん」
ハク 「俺は信じてたから>クオン

たとえば納豆の味が分かる人もいれば、納豆の味をわかりたくない人もいる
お前さんはつまり納豆なんだよ」
できない子 「その日吊るつもりはない>そういう意味?
違う昨日はそう言う意味だったんだ
じゃあ吊ろっかっていう話

それまでにゴリラは仮指定てきな部分が多い」
磯風 「グレランで吊られる可能性が有りな時こそ身内は村を刺す…ということだな」
衛宮切嗣 「ヌケ=ニンジャという奴だね>チルノ君
奴らは核を使う」
結月ゆかり 「磯風が入れてたで優先度下げるならクオン指定はするべきじゃないと思いますがw」
垣根帝督 「まぁ、自分の理屈が相手に伝わらない事もある
しゃーないしそこは無念だよな>忍者」
チルノ 「アイェェェェ……ニンジャ怖いですね>切嗣」
ゴリラ 「>できない子
先生! 御免そういう意味のそういうの部分を教えてください!」
ハク 「チルノはめかぶ納豆だ
俺は最初、チルノを疑った。しかし3日目でそれは撤回した、めかぶ納豆の味を理解したからだ

だが人にとっては納豆は好きでもめかぶ納豆は嫌いな人もいる
万人に好まれる味なんてものは、早々ないのさ」
クオン 「ハクー?
女性にむかってそれはどうかと思うんだけどー?>ハク」
衛宮士郎 「クオン指定に関しては本人が死にたがってのがあって
それでじゃー狩人ないんだろうなってのもあったので一概には言えないな!」
汚い忍者 「>ゴリラ
それに対してのできない子の発言が、
できない子「忍者吊らないの解り切ってるじゃん。発言稼ぎでしょ」
これでもうできない子は殺さないとなとなった」
チルノ 「あたいめかぶ納豆好き」
衛宮士郎 「クオン吊ったならゆかり吊る気は明確に狐狙い以外ではするつもりが無かったしな!」
ハク 「特に共有者の好みは非常に大きい
探偵村でなくても共有者の指定は基本的に刺さるからな

だから共有者の好みにあわせて味付けを工夫するのも一つの手よ、人外なら
村人なら素材本来の味を活かせればそれでいいさ」
磯風 「ふむ、納豆か、納豆はいいものだ>チルノ・ハク」
ゴリラ 「>忍者
流石野生の忍者だ。目の付け所がシャープ。」
霧雨魔理沙 「自分が疑っている場所が最終日まで吊られない…人狼あるあるだね
しかも自分の推理があってるとなお悔しいよね気持ちはわかる>忍者」
衛宮切嗣 「納豆は宇宙人だよ。
最強の菌類だもん納豆菌って
いずれ納豆菌の海に人類文明は侵食される」
チルノ 「狐噛みでちょっと吊りが歪んだのはあるね
狼候補まとめて最終日に突っ込んだ形になってる」
汚い忍者 「解りきってねえじゃん
発言稼ぎでもなんでもなく推理じゃん
ただお前ゴリラ吊りてえこじつけの理由が欲しいだけだろって」
不幸なGM 「狐噛まなかったらハク吊れたの
とは内心思ってる>チルノ」
衛宮士郎 「ちなみにできない子と忍者だと五分五分で見ていた!
最終日前はできる夫が非人外かな、ぐらいしかなかったぞ!」
霧雨魔理沙 「ネギを入れるとさらにうまいぞ!!
私は卵を入れないと食べれないけどな!!」
できない子 「 「◇ゴリラ 「いやそれ●吊れたらでええやん(ええやん」
>ごめん前提として忍者吊らないって最後までって意味で捉えていいよね」

別に吊り数が昨日の時点でまだ残っているのに、狐位置と推察する位置を焦って吊る必要がなく、
まず●位置を率先して吊るべきということ。

あー昨日の時点って意味?

そうだよ(そうだよ」
チルノ 「忍者噛み案もあったんだなー
忍者護衛成功出てればあたいが超かっこよかったのに(でも狐勝つ気がする)」
タツマキ 「狼位置からずれて狐位置になったらから吊らない。
そこに触れるのは発言稼ぎに見える

ってことじゃないの?」
できない子 「この流れ>ゴリラ」
汚い忍者 「そう言ってたつもりだができる夫や共有には理解されなかったらしい
悲C」
ゴリラ 「いや何か言いたいことは何となくわかるが、
すれ違ったのかなーと思った位。」
チルノ 「噛まれたっていうことはハクはそういう位置だったんだろうね>GM」
衛宮切嗣 「うまいこじつけをしつつ無実の人を吊り、
うまいヘイト避けでのらりくらりと生き残る。
人狼ってのは正しくなくてもいいのさ」
ハク 「納豆に豊富に含まれるイソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンが(以下略)>クオン

つまり、万人に受けなくても好きな人は好きになるってことだよ
そして健康にもいい、村にとって大事な要素だ



           〈、,,_:    :  ゙',
                ゙,l゙l,'',lヽー´  なっとなっとー
   .,,r‐,,,ニ':ニ:ニ.ニ,,,,,,二ニ,,yl,,,レ←-、,,,__  ._._、
   .,i“゙,i゙i、゙l,     .゙l、.ア" ,r'" ```":'…"レ'|il州
  .广'7 .゙l: ゙i、    |゙!,,  :        ,ナメ゜ ゙l'゙l
  .,i´ .,′ !  ゙l   .ヽ,_`'ー、..)     .,i´./  ゙l ゙l
 .l゙  .‐  "  .',  、 `^‘"゙l     / ./   'i、゙l
: ,!  .′ 、  .,!  ./| 、   、    ./ .l゙    訢゙l
.,|,,、,、、―‐-.、、,,_,! : .|  ゙l  ‘    | │    ゙l .'、
ニニ,!_-、、、-:_,!','"│.,!`  .゙=  |    ,,,、:l:-.:--: -x_.,!
:   `^゙'I"`゛   、,l゙ |    ._,|    |'ミ,r,、.-:--‐,,,ト
、,,.,_、 :、 .._,.,,,、-`゙l,."'',!'',!"゙`!    i、 `l゙"`"`゛``: │
  ``゙`""`    .,"゙广 ケ''/`   ヽ,. ‐       |
          ,!丿  .‐ i      `゙'":-'''`"`゛`゜
            ,i´l゙   ." i
          ヽ.〉   .l,,, ヘ,」
クオン 「あそこからわたくしが生き残れる算段がなく
それで灰狼との最終日とかになるくらいならあの場面で吊れてるほうが勝負になってたと思うかな
わたくし残ってたらたぶん狼もできる夫残してただろうし>シロウ」
垣根帝督 「チルノはなぁ
持ってて潜伏してる何か
としかわからなかったんだよなぁ」
磯風 「ああ、卵を入れると味が柔らかくなるとも聞いたな
今度試してみようかな>魔理沙」
不幸なGM 「悲しい……>チルノ」
チルノ 「グレランでけっこう票もらってたしあたいの誘導してたはずなのに……ミギハヤミコハクヌシめ」
汚い忍者 「俺がその位置になったらできない子は絶対殺すので狐勝つな(真顔)>チルノ」
衛宮士郎 「まあそこら辺は時の運だから何とも言えないな!>クオン」
結月ゆかり 「ハクは狐噛みだという情報がないと向かえませんね…」
クオン 「イソフラボンって食べると男性も女の人みたいになるのかな?>ハク」
ハク 「ちなみに俺は相手によって色を変える
今回は2昼にちょっと危なかったからな、積極的に色を変えて生き残りを図っただろ」
霧雨魔理沙 「お勧めだよ!!>磯風
納豆はいろいろカスタマイズできるのがいいよね」
汚い忍者 「ま、できる夫残された時点で負けるとは思ったが
最終日狼投票出来てねえのは自分が単純にクソなんでそこは反省」
垣根帝督 「引き割りとかスッゲー細かい奴が好きだな>納豆
ラー油入れたり」
磯風 「うむ、全くだ
納豆苦手という人もいるだろうが、やはり納豆は素晴らしい>魔理沙」
チルノ 「それじゃお疲れ! 村立てありがとね!」
できない子 「いつの間にか納豆になってるから
私は帰るよ
おつかれさん」
ハク 「毎日納豆を食べてたらこうなりました>クオン


                              ,.  -‐…‐-ミ
                              /  ´ ̄ ̄``  ヽ
                          ( (   ____ _     jノ
  _n_    _n_          -‐ `ー´       `丶、
 └ァ,  、┘  └ェェェェ┘       ,  ´    /⌒         \
 //」 L、\ └ァ/| ト、 ┘   /     〃   :.     `ヽ 、  [=]
  ̄ L「  ̄ </ Ll \> ,_  -‐… 7{ニ二ニ }ヽニ==‐- ', ぃ [=] 、
  厶ニコ     n____  .〃-‐    / |    j  ',     i H [_]
  r‐`三`┐   ム┐r┘   .,イ     /\ |i     ;         | H  |:|  i
  r v > | {    _「ロ {ニ_ .!/    /x=ミ、|  、_,厶-‐十    | H  !:l  |
  Zハ>廴ク  ¨ ̄|_「 ̄ .|  |i   / 《ヒソ |  ラ丐ミ |     ; H , ,′!
  n_∩_n.    n     ¦ !i  i.:.:. ー'八 / ヒソ》:|i    / j/://   ,’
  └ t├┘  r┘ -┐ト、 ; 八 ;   ´  V   `.:.:.:.:.|   / /r7/  /
  「L} L_「|   7_,勹 |└′乂  ヽ{           |  , ' /=し'}  /=ニ二ニニァ
  └――┘     r'_,ノ         八   、_        j/ ,==7 , ゙=ニニニニア
    n      ト、      /  ,ヽ   `        _!  j-‐ '/  `ヽア
  r―┘'-┐  「L`ニ、     '  /   、__  、 -‐   /   厶-┐、   /
  `¨て 「    └'つ )    i  ;  /: : : : :ヽ   /  / : : : |こ\_/
.    r'丿      └‐ ´     |  |ア´: : : : / }  ′ /: : : : :|`マニ`ー- 、
            -‐㍉      f| ∠-┐ : : / ヽ  _/   厶-┐: :l   ` <ニニ\
       f´, -―‐くう    ||  j斗': : :/    '´〃  /:| |: : ;     `マニニ\
       |    -‐' 、    ||/ : |: : /     /′ ;: : :|  | :/      }`マア´
       |    -‐く   /: : : : | :/ / /: : i   ⅰ : l  レ′      ;_,/
       |       f_ノ  ′: : : : i|/〃/,  -┤   | : : ; }         ハ」
不幸なGM 「なぜ納豆談義なのだ」
結月ゆかり 「落ちるとします、村たておよび同村感謝、お疲れ様です」
ハク 「ハクです(高い声)」
クオン 「3日目からずっと吊りたい吊りたい言われててそれが運で済むとは思えないかな>シロウ」
磯風 「ん?納豆は美味しいからというのと
あと、そろそろ夕餉だからな、皆お腹がすいたのだろう>GM」
衛宮切嗣 「というわけで、お疲れ様だ。
面白い村をありがとう。勝利の起因になれたなら本望かな>狼たち
また別の世界で会おう。」
霧雨魔理沙 「納豆のように狼が粘り勝った村だからさ…>納豆談義」
不幸なGM 「それじゃ集まってくれてありがとなー
おつかれーだー!」
磯風 「…おお、魔理沙上手いことをいう、座布団一枚だ>魔理沙」
クオン 「思ってたよりずっとかわいいじゃない
これなら・・・これならなにかな?>ハク」
ゴリラ 「>できない子
多分できない子の理解として、
昨日の時点で忍者吊るつもりがない、とゴリラが思っていた、という感じでいいのかな。」
垣根帝督 「そんじゃお疲れ
GMは村立てありがとうな」
霧雨魔理沙 「それじゃあお疲れ様です
同村と村立て感謝です
狼はおめでとう!!狐も村もナイスファイトだったよ!!」
磯風 「さて、それでは失礼しよう
お疲れ様だ」
ゴリラ 「あら考えてる内に帰ってた。それじゃあ私も落ちよう。
村建て感謝。皆もありがとう。しーゆーあげいん。」
霧雨魔理沙 「ドヤァ…>磯風」
できない子 「昨日の時点(だけ)で忍者吊るつもりがない」
できない子 「>ゴリラ」
磯風 「うむうむ(なでなで)>魔理沙」
できない子 「だからその日だけの思考に意味はないって話をしたのよ>ゴリラ」
垣根帝督 「>忍者
まぁ、ダメな時は別の切り口探してそこでブン殴ってもいいんじゃないかな
怪しいと感じた時は相手が何言っても怪しく見えるし」
ゴリラ 「>できない子
なるほどねー。ありがとうありがとう。お疲れ様っ。」
ゴリラ 「ん?」
衛宮士郎 「うん、そうだな!>クオン」
衛宮士郎 「それじゃ、お疲れ様だ!
またどっかでな!」
ゴリラ 「その日だけの思考っていうのは何かな?」
クオン 「さてと,それじゃあわたくしも落ちるかな
おつかれさまー」
できない子 「現状忍者吊りっていうのがほぼないって思ってった前提で>ゴリラ
忍者をその日は吊らない
明日は知らない
っていう思考をはなししてた」
できない子 「ごめん落ちるぅ」
ゴリラ 「>できない子
いやいやいいよいいよ。長くまでごめんね!ありがとう!」
ゴリラ 「えーと。」
ゴリラ 「ああなるほど。」
ハク 「【今年の抱負】

                              ,.  -‐…‐-ミ
                              /  ´ ̄ ̄``  ヽ
                          ( (   ____ _     jノ
  _n_    _n_          -‐ `ー´       `丶、
 └ァ,  、┘  └ェェェェ┘       ,  ´    /⌒         \
 //」 L、\ └ァ/| ト、 ┘   /     〃   :.     `ヽ 、  [=]
  ̄ L「  ̄ </ Ll \> ,_  -‐… 7{ニ二ニ }ヽニ==‐- ', ぃ [=] 、
  厶ニコ     n____  .〃-‐    / |    j  ',     i H [_]
  r‐`三`┐   ム┐r┘   .,イ     /\ |i     ;         | H  |:|  i
  r v > | {    _「ロ {ニ_ .!/    /x=ミ、|  、_,厶-‐十    | H  !:l  |
  Zハ>廴ク  ¨ ̄|_「 ̄ .|  |i   / 《ヒソ |  ラ丐ミ |     ; H , ,′!
  n_∩_n.    n     ¦ !i  i.:.:. ー'八 / ヒソ》:|i    / j/://   ,’
  └ t├┘  r┘ -┐ト、 ; 八 ;   ´  V   `.:.:.:.:.|   / /r7/  /
  「L} L_「|   7_,勹 |└′乂  ヽ{           |  , ' /=し'}  /=ニ二ニニァ
  └――┘     r'_,ノ         八   、_        j/ ,==7 , ゙=ニニニニア
    n      ト、      /  ,ヽ   `        _!  j-‐ '/  `ヽア
  r―┘'-┐  「L`ニ、     '  /   、__  、 -‐   /   厶-┐、   /
  `¨て 「    └'つ )    i  ;  /: : : : :ヽ   /  / : : : |こ\_/
.    r'丿      └‐ ´     |  |ア´: : : : / }  ′ /: : : : :|`マニ`ー- 、」
ゴリラ 「できない子の思考変遷としては
現状:ゴリラの中で忍者吊りはない
→昼間にそのことを強調していっている
→つまり発言稼ぎであり吊り位置である」
ゴリラ 「という所が食い違ってたのね。」
ゴリラ 「ゴリラの思考変遷が
現状:忍者は吊るべきである
→噛み位置からして吊るべきでないよう変遷した」
ゴリラ 「うん、すっきりした。
できない子はありがとうー。そして皆もありがとうねっ。」
ゴリラ 「では改めて落ちようーしーゆーあげいん!」