←戻る
【紅番外】やる夫たちの恋色決闘村 [5783番地]
~サタデーナイトな衣玖さんの日~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 永江衣玖
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[風神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 沙月
 (紅葉◆
MomijivkYo)
[掃除屋]
(生存中)
icon ぐだ子
 (えんだか)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 一方通行
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon いつもの
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[おしら様]
(死亡)
icon 電王
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
[熱病]
(死亡)
永江衣玖 「落ちましょう。お疲れ様でした

ラストスタンドはぼっちの特権ですよ
恋人だと最低2人残りになりますし」
沙月 「ではわたしも帰って寝るか
村建てと同村に感謝、お疲れ様だ」
一方通行 「ンじゃおっつゥ同村ありがとうな、また縁が合ったらよろしくゥ」
ぐだ子 「竜の牙の周回に行くぞォォォォォ
ではおつかれ&村建て感謝

スカサハはまたピックアップやるやろ(てきとう」
電王 「それじゃあお疲れさま
良い夢見ろよ」
電王 「素材よりもスカサハとキャス狐が欲しい人生だった」
沙月 「ありがとう……でいいのかこれは>衣玖」
一方通行 「まァ第三位は嫌いだけど」
ぐだ子 「所長にかわいそうなんて思っても素材は落ちないんだ」
一方通行 「俺は悪党も名乗れねェ……ただの電撃使いフェチさ」
永江衣玖 「ラストスタンドおめでとうございます>沙月さん」
いつもの 「あら、なんか勝ってる」
電王 「「悪党だったから殴った、後悔はしていない」と被告は供述しており」
沙月 「鍋との勝利か……まあ悪くはないな」
ぐだ子 「おつかれさんた」
一方通行 「お、おう」
電王 「外したか、お疲れ」
永江衣玖 「お疲れ様でした」
沙月 「お疲れ様」
ゲーム終了:2016/01/09 (Sat) 00:52:35
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
永江衣玖さんの遺言              ,r_ ==―_ -、_,,   ,、
            /'´    /ヘi  .,_ //
       X     (ム-‐―/く、 ゝ- } レ','^^┐
          /!ー、  /-┐. Y ┌!,, `^ン′
.     メ    _L>-卒--┴‐┼ッ'  ` ブ
          (_ _! |メ|、/|ノ斗オ _|/   / \ /     >一方通行さん
    l   . /_ノ ト|ァ‐、  r‐‐V} }  /_ / \     一緒にフィーバーしましょう
. ―┼- / /フ ゝl" r-‐┐/ | | /ト、ヽ
    ノ   { | //ン-≧`ァ、´|  { |/ | { ヽ`i
       }| l´r'´  /_父_ゝ  ノ } ノ/i   ) }
      /{ {,トゝ-‐‐.、刈, -‐イニ彡'/  ノ / メ
 \/  { >'´ `大 ̄`―´ ̄/´ / ノ ノ
 /\  (   く rメェュ、,____,{ / /,-′ !
      /ノ\r'/      ̄ ̄ l {ノ-'´ ―┼-
     // (ゞ           V.{      ノ
     く.{ /             ヾ}
    _z´              人
     >ミニ,-、_,、_,-- 、__  , - _ノ`、
    /-、/^ ー‐--' `ー--‐'" `ァ‐ヽ
   {__,!            {__,}
一方通行さんの遺言 酸素のベクトルを操ってアイラブユーと書けば
空気を読む程度の能力者に伝わるのかね?

ちなみに燃え上がるような愛という意味も込めて酸素にしたという工夫もあるが
それも読み取れるのか。疑問は尽きねェ
ぐだ子さんの遺言                              /`ヽ,
                           , ' /.> ´ ̄\
                        _ム-:'<、 , ィニ>V
                    z..-‐::¨:o::::::::o:::::::Y
                    (-‐ ァ:::::::::::::::::::::::::::!
                   ゙ ー 、:::::::::::::::::::::::::|
                            V:::::::::::::::::::::|  ヘ`丶、            爪欲しい?wwwww混沌の爪欲しい?wwwwwwwwww
                       , .-. 、 .|__:::::::::::::::::::|. ←'. ο \           ん?wwwwwwwwwwwあーげないwwwwwwwwwwww
              γ¨ヽ.r─i′: : : :'": : ヽ;. :、:::::|.   \    ∨
            γ:¨ヽ:_: : : : : : : : : : : : : : : : ; : : :´:ヽ   .ヘ   ',
.           ,> /´::::\: :> … … <:/:::z:、::Υ ム   l.   i
         (: : : {:::( > "             `ヽ:':::ノ: : :_)   l    }
         ,ィ : : : >'              ヽ: : : : Y /.   ,′
          (: : : : /                    ', : : _ノ'"   , ′
         ヽ、: :i   ●    zz.    ●     !: : : :)  /
        γ: : :!.       _ノヽ、        l.: : :く> ´
.          ヽ; : ',        ̄      ̄       /: : : )  ,ィ
          i: : :.ヽ、                /: : : 「 ./=ム、
     ,ィニァ  >┐ : >. . . ..,,__,,.. . . <: :.、: : :ノ  {三三ミz
     ム三ム、    ⌒(:_:_:,:Vh、: ; : : : : : : :i_ノΥ ̄ィiア ,寸ミiⅣ
    ,ィi三i≧xミtz 大¬' : ノ.}iニム>:イ>r'゙ |:i:i:|__.ムliム/三ニiヘ′
.  ム三Ⅳ壬三Ⅳ  .`¨¨´ .ノニ三}  |: : :! ィ壬三iⅦ三三三‐┘
電王 で足音が聞こえた…
一方通行 は無残な負け犬の姿で発見されました
(一方通行 は人狼の餌食になったようです)
永江衣玖 は恋人の後を追い自殺しました
ぐだ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ぐだ子 は暗殺されたようです)
電王 は恋人の後を追い自殺しました
電王 は 一方通行 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
一方通行の独り言 「いいねェいいねェ最高だぜ!焼けこげちまうような時間を過ごそうじゃねェか!
(残り10秒」
永江衣玖の独り言 「そういう繋がりに後で気づくこともありますよね」
電王(人狼) 「やめてやれよ!所長が可哀想だろ!?」
電王(人狼) 「任せろ、周回作業は嫌いじゃねえ」
ぐだ子の独り言 「あ、所長の貞操売るんで10億QPぐらいください
スキル上げに必要なんです!困ってるぐだ子ちゃんがいるんです!」
一方通行の独り言 「だが逆に俺の性癖によって自打ちの説得力が増したのでは」
永江衣玖の独り言 「レールガンフィーバー!」
電王(人狼) 「ま、静狼だ
気にくわない奴をぶん殴るだけだがな」
一方通行の独り言 「俺はとことんエレクトロマスター癖があるらしい」
ぐだ子の独り言 「各再臨素材×100は最低としてだな・・・」
沙月 は ぐだ子 に狙いをつけました
電王(人狼) 「お前が払う代償はたった一つ……あ、姿が違うのはきにすんな

仕様だ仕様」
一方通行の独り言 「あ>電気能力者
そうかそうか」
永江衣玖 は 電王 に狙いをつけました
永江衣玖の独り言 「他に刺さってないですよ」
電王(人狼)
          ┌、      「'、
            \ヽ、    ! '、
            ヽ \  __! Y  ̄{
             \ゞ´  ト_}  ヾ:、
                /, , '  __ノ /、::ヽ    えーっと……んんっお前の望みを言え
             {、 {-‐'~)  (:::::::::`:::i
              ト' ` ̄´   `ヽ::_::::!       どんな願いでも叶えてやる
                  V-'∨¨「T一_`::::::Y
             l∨ー'l_,ノノ /_::/]-─-、 
        , -‐'アヽ、`L/」.-‐<_´  /´( ひノ
       / /::ノ>'7''¨て ̄´,-、ヽ_ゝ、 `
, -─‐-=='ノ;::::::{ /⌒! ,.、_〉 /、_::::::`::::、 ̄ ::::
| て二ノチ=ー-≧、__   /:;;;:::::::`:::::-::::::::::::::::
.!、    ´二ヽ   /:::::::::`ー-)ー-、_ ::::::::::::::::::
 ゝ、_   `ト  !:::::::::::;/´〃_〃 \:::::::::::::
     ` ̄`"ー-、>{´ヽ | /'´ /´::::::::::::::
             ド、 |' /::::::::::::::::::
            ヽ::ゝノ´:::::::::::::::::
             |::::::::::::::::::::::::」
永江衣玖の独り言 「電気ビリビリすればいいんでしょうか?」
一方通行の独り言 「刺さってねェよ そっちこそどうよ」
沙月の独り言 「……くまなべいべー、を忘れていた」
永江衣玖の独り言 「他に刺さってないですよね?」
一方通行の独り言 「まァ19だしィ」
ぐだ子の独り言 「おっすおっす」
沙月の独り言 「よし、では寝る」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
いつもの を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
永江衣玖0 票投票先 1 票 →いつもの
沙月0 票投票先 1 票 →いつもの
ぐだ子1 票投票先 1 票 →一方通行
一方通行1 票投票先 1 票 →いつもの
いつもの4 票投票先 1 票 →ぐだ子
電王0 票投票先 1 票 →いつもの
一方通行 は いつもの に処刑投票しました
永江衣玖 は いつもの に処刑投票しました
電王 は いつもの に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
電王
                     |ヽ
             く \    _」 !
              \ ヽイ⌒]_ |,
               }⌒)(⌒) 人、   クライマックスって奴だ!
               }tぅヘt ク^   }
               レ{WVレ┬ 「{
                弋レヘ _ノ /_フ.      /{
                    \{_ ノ⌒ ̄廴_ _/ /
              _ 厂{/ ̄    ノ ̄ ̄⌒>  7
         くア⌒ア^ / ノ{ {[_  {「{ (⌒)) \__(
         /  /⌒( 〃^}} } } !夊こ彡^ー ⌒ヽ
           {]  (__ /^{廴ノし_/ / ー―――、‐ァ='
         Vく^⌒^V{   ̄ ̄ /  {////////\
         ///}⌒ヽ  / ̄ ̄////∧////////∧」
一方通行 「ヒーローはムキムキだろ?」
一方通行 「(ドヤァ」
電王 「最後まで!」
一方通行 「俺の折れちまいそうな儚い身体は悪党の必須事項なんだよ」
沙月 は いつもの に処刑投票しました
沙月 「いつものを食べたら寝るか」
永江衣玖 「クマ鍋フィーバーです」
いつもの は ぐだ子 に処刑投票しました
電王 「最初から!」
ぐだ子 は 一方通行 に処刑投票しました
電王 「いいか、この村に前振りはねえ」
ぐだ子 「貧弱貧弱ゥ>一方通行」
永江衣玖 「おはようございます」
いつもの 「朝クマ」
沙月 「朝だな」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
電王 は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
永江衣玖の独り言 「             ,r_ ==―_ -、_,,   ,、
            /'´    /ヘi  .,_ //
       X     (ム-‐―/く、 ゝ- } レ','^^┐
          /!ー、  /-┐. Y ┌!,, `^ン′
.     メ    _L>-卒--┴‐┼ッ'  ` ブ
          (_ _! |メ|、/|ノ斗オ _|/   / \ /     >一方通行さん
    l   . /_ノ ト|ァ‐、  r‐‐V} }  /_ / \     一緒にフィーバーしましょう
. ―┼- / /フ ゝl" r-‐┐/ | | /ト、ヽ
    ノ   { | //ン-≧`ァ、´|  { |/ | { ヽ`i
       }| l´r'´  /_父_ゝ  ノ } ノ/i   ) }
      /{ {,トゝ-‐‐.、刈, -‐イニ彡'/  ノ / メ
 \/  { >'´ `大 ̄`―´ ̄/´ / ノ ノ
 /\  (   く rメェュ、,____,{ / /,-′ !
      /ノ\r'/      ̄ ̄ l {ノ-'´ ―┼-
     // (ゞ           V.{      ノ
     く.{ /             ヾ}
    _z´              人
     >ミニ,-、_,、_,-- 、__  , - _ノ`、
    /-、/^ ー‐--' `ー--‐'" `ァ‐ヽ
   {__,!            {__,}」
電王(人狼) 「方針変更かねぇ」
ぐだ子 は ぐだ子 電王 に愛の矢を放ちました
電王(人狼) 「初日はゲルトで確定している訳だし
いつものが何を引いているか次第か」
沙月の独り言 「……寝るか」
永江衣玖の独り言 「熱病の意味がなさそうな人数です」
一方通行 は 永江衣玖 一方通行 に愛の矢を放ちました
電王(人狼) 「6の4、ってーことはおしらは怖くねーな」
一方通行の独り言 「まァ普通に」
一方通行の独り言 「ちっ、自打ち限定かよ」
沙月の独り言 「……目が覚めたら夜だった」
電王(人狼) 「ま、そんなもんか」
出現役職:村人1 おしら様1 風神1 掃除屋1 静狼1 女神2
ゲーム開始:2016/01/09 (Sat) 00:45:21
永江衣玖 「開始です」
永江衣玖 「1」
永江衣玖 「2」
永江衣玖 「3」
永江衣玖 「4」
永江衣玖 「5」
永江衣玖 「6」
永江衣玖 「7」
永江衣玖 「8」
永江衣玖 「9」
永江衣玖 「10」
永江衣玖 「カウントしましょう」
電王 「ギリギリで悪いな、だが主役は遅れてくるもんだしな」
一方通行 「厄とか超怖い(超能力者並の感想)」
電王 「おれ、参上!」
電王 が村の集会場にやってきました
永江衣玖 「いらっしゃい(いつもどおり投票)>いつもの」
一方通行 「まァそう簡単には負けてやれねェよな。でもあれ。
打撃だったら門番とかに木原神拳使われそうだわ>永江」
いつもの 「とりあえずこれがあれば何人でも決闘クマ」
永江衣玖 「幻想郷でベクトルのない攻撃…誰でしょう?」
いつもの が村の集会場にやってきました
永江衣玖 「弾幕も打撃もベクトルがあるので戦いにくそうです>一方通行さん」
一方通行 「うィーっす」
永江衣玖 「もう少し…2Wになる8人くらいほしいところですが」
一方通行 が村の集会場にやってきました
永江衣玖 「廃村回避の救世主さんいらっしゃい」
ぐだ子 「やほー」
ぐだ子 が村の集会場にやってきました
永江衣玖 「フィーバーするにはあと15人くらいほしいです」
永江衣玖 「             ,r_ ==―_ -、_,,   ,、
            /'´    /ヘi  .,_ //
       X     (ム-‐―/く、 ゝ- } レ','^^┐
          /!ー、  /-┐. Y ┌!,, `^ン′
.     メ    _L>-卒--┴‐┼ッ'  ` ブ
          (_ _! |メ|、/|ノ斗オ _|/   / \ /     日付と曜日のダブルフィーバーです
    l   . /_ノ ト|ァ‐、  r‐‐V} }  /_ / \     こんなレアなチャンスは逃せませんよ
. ―┼- / /フ ゝl" r-‐┐/ | | /ト、ヽ
    ノ   { | //ン-≧`ァ、´|  { |/ | { ヽ`i
       }| l´r'´  /_父_ゝ  ノ } ノ/i   ) }
      /{ {,トゝ-‐‐.、刈, -‐イニ彡'/  ノ / メ
 \/  { >'´ `大 ̄`―´ ̄/´ / ノ ノ
 /\  (   く rメェュ、,____,{ / /,-′ !
      /ノ\r'/      ̄ ̄ l {ノ-'´ ―┼-
     // (ゞ           V.{      ノ
     く.{ /             ヾ}
    _z´              人
     >ミニ,-、_,、_,-- 、__  , - _ノ`、
    /-、/^ ー‐--' `ー--‐'" `ァ‐ヽ
   {__,!            {__,}」
沙月 「空気を読む、か……私には縁の薄い言葉だな」
沙月 「さたでーないとふぃーばー、か」
永江衣玖 「こんな日に私がいないのは空気が読めてないので
空気を読んで参加します」
永江衣玖 「1月9日でサタデーですよ!」
沙月 「そういえば今日は9日だったか」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 永江衣玖
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8044 (永江衣玖5)」
沙月 「……静かだな」
かり 「いらっしゃい」
沙月 「邪魔するぞ」
沙月 が村の集会場にやってきました
かり 「誰も来ない…」
かり 「1月9日と○月19日はどっちが衣玖さんっぽいんだろうなあ」
かり 「0:40開始予定です」
かり が村の集会場にやってきました
村作成:2016/01/09 (Sat) 00:13:59