←戻る
【紅3222】やる夫たちの普通村 [5852番地]
~Fate/GOが乙女ゲーみたいだ……!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ギルGM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon セイバー
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[村人]
(生存中)
icon ランサー
 (ナタ◆
/oGAAS9DmE)
[共有者]
(生存中)
icon アーチャー
 (ヴァナディース◆
6pDGb0V9WY)
[村人]
(生存中)
icon お燐
 (インサイト4◆
insight9Fg)
[狩人]
(生存中)
icon ギルガメッシュ
 (平家一門◆
v40Ah.wq0A)
[村人]
(死亡)
icon バゼット
 (ひまつぶし)
[霊能者]
(死亡)
icon キャスター
 (皆無◆
/H9BfN2fqzLn)
[人狼]
(死亡)
icon イエス
 (ぱめるぼ◆
vyJ0qLfYQU)
[狂人]
(死亡)
icon できない子
 (犬◆
vaxPIb7J4c)
[妖狐]
(死亡)
icon アンナ=カレーニナ
 (きさら.◆
vJy6bCfo5k)
[人狼]
(死亡)
icon アチャ子
 (八櫛◆
uUv2e60xdE)
[共有者]
(死亡)
icon ねらう緒
 (石板◆
DDug7hLjOs)
[人狼]
(死亡)
icon ブッダ
 (蜜柑◆
j30jOs3aIM)
[村人]
(生存中)
icon ホミカ
 (btmls)
[村人]
(死亡)
icon 多田李衣菜
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[占い師]
(死亡)
icon アヴェンジャー
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[村人]
(死亡)
村作成:2016/03/07 (Mon) 20:43:34
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ギルGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 5668 (ギルガメッシュ(小))」
ギルGM 「【ローカルルール】
 昼AA自由 狐遺言禁止(初日のみ許可)
 超過前噛みは狼側に続行の意志のない場合or全陣営視点明確に詰んだ場合or勝ちが確定した場合

【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板·「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.htm」
ギルGM 「15分開始
11人未満なら5分延長です」
セイバー が村の集会場にやってきました
セイバー 「やあよろしく」
ギルGM 「ええ、よろしく
アンカーは任せても?」
セイバー 「そもそもFateが乙女ゲー状態から企画されたから仕方がないだろうね
そのままじゃ(残酷表現的な意味で)18禁で売るには厳しいと判断されたぐらいだし」
ギルGM 「そんなに残酷表現あったんです?」
セイバー 「騎士の誓いに賭けてその役目を果たすよ>アンカー」
セイバー 「割と麻痺してる気はするけど発売された方のFateもホロウ含め相当だからね>残酷表現」
セイバー 「そういう要素を入れる為にも「これはエッチなゲームだから十八歳未満は買っちゃいけませんよ」という大義名分が必要だった」
ギルGM 「大体間桐のせいだと思います(遠い目」
セイバー 「という大義名分の元に社長がアルトリアをデザインしたからね
茸の人は「コヤツ、俺のセイバーを女にしおった」と言ったそうだよ」
セイバー 「そういう訳で色々とプロトの要素は本編にもフィードバックされているんだよね
僕達の知っているライダーがライダーのマスター(ワカメの方)と設定面では共通項が多い様に」
セイバー 「士郎は僕から料理人要素や性格面はランサーから一部抽出されたらしいし」
ギルGM 「まあフィードバックしないと
何のために作ったのか……となりますからね」
ランサー が村の集会場にやってきました
ランサー 「おう、邪魔するぜ」
セイバー 「やあランサー」
ギルGM 「あ、ランサーさんまで」
アーチャー が村の集会場にやってきました
アーチャー 「やあ」
セイバー 「やあアー……すまない
初めましてアーチャー」
ランサー 「げ、テメーまで来やがったか」
アーチャー 「セイバー・・・セイバー??」
アーチャー 「ふむ・・・」
ランサー 「おう、こいつもセイバーらしいぜ
最も、俺らが知ってるアレとはちょっと違うらしいがな」
ギルGM 「いやあすっかり聖杯戦争ですねえ」
セイバー 「あくまでクラス名が同一にすぎないからね
それに弁慶やロビンフッドみたいに同名他者が呼ばれる事もあるさ」
アーチャー 「英霊がいるってことはロクでもないことしか起きないんだろう」
セイバー 「(敢えてハサンには触れない方向)」
お燐 が村の集会場にやってきました
お燐 「こんばんわ」
セイバー 「やあよろしく
ヒロインかな(すっとぼけ)」
ランサー 「おう。いやこれは……猫か?」
お燐 「今回の一番の被害者はにゃんこ大戦争コラボリアル猫シェルター企画だと思う」
セイバー 「そういえばアーチャーにフィードバックされた要素はオカン力らしいよ
なんでさ」
アーチャー 「猫又の英霊ってやつなのかな」
ギルGM 「ヒロイン登場ですか?」
アーチャー 「炊事洗濯掃除なんでもできる英霊なんて数少ないだろうな>セイバー」
セイバー 「猫…ルンバに乗るのかな?
だとしたらライダーか」
アーチャー 「そもそも、猫自体が騎乗物だろう」
お燐 「ルンバ猫…」
セイバー 「炊事と掃除までなら
洗濯は流石に花も恥じらう乙女がマスターだとちょっとね」
ランサー 「英霊つーからにはやっぱ元は人じゃなきゃダメじゃねーかな
概念化された奴とかなら別だが、化け物妖怪なんでもありじゃ
聖杯戦争じゃなく妖怪大戦争だ」
ギルガメッシュ が村の集会場にやってきました
セイバー 「……洗濯もさせてくれればいいのに」
アーチャー 「そもそも、お前もできるだろうに>家事系統>セイバー」
セイバー 「やあアーチャー」
ギルガメッシュ 「くだらん、狂犬どもが吠えておるな
やはり犬には首輪が必要だな」
ランサー 「金ピカが二人も揃いやがった……
セイバーの小僧も含めりゃ3人か?」
ギルGM 「僕の未来の姿が現れた件について」
お燐 「つ【玉藻の前】」
アーチャー 「やあ、英雄王」
ギルガメッシュ 「…あぁ、セイバー
そちらの世界ではそうか貴様は男か>セイバー」
ランサー 「犬と呼んだか。けっ、裸の王様がよく言うぜ」
セイバー 「アーチャー>その辺りはエミヤシロウにフィードバックされた要素だからね

ヤンデレロリに迫られたり」
ギルガメッシュ 「一日限りの邂逅だ
たまにはよかろう>ギル」
アーチャー 「まあ、そういう意味では俺の産みの親でもあるわけだ>セイバー」
セイバー 「おや、露骨に残念そうだね>ギルガメッシュ」
お燐 「別に英霊縛り村じゃないよね(汗)」
ギルGM 「あはは、あんまり暴れないでほしいんですけどね>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「裸タイツと揶揄されていた貴様に比べれば!

それにだランサー。我の体は原初の体。楔を穿つその文様よ
王気を味わえるその褒章本来ならば頭を垂れてはいするべきものだぞ?」
セイバー 「そうなるかな>アーチャー」
ランサー 「猫の嬢ちゃんには気まずい思いをさせちまってすまねえな
俺も見知った顔同士となると、な」
アーチャー 「ふっ」
セイバー 「大丈夫、そんな事はない>お燐」
バゼット が村の集会場にやってきました
お燐 「ん、ならいいの」
ギルガメッシュ 「フェイカー。貴様とはいずれまた真偽をつけねばなるまいな>アーチャー

さもなん。貴様も大方あのセイバーと同じ大層を抱いておるのだろう
ならば我を精々飽きさせるな。貴様の夢は我を退屈にさせん>セイバー」
バゼット 「枯れ木も山のなんとやら。おじゃまします。」
ランサー 「抜かせ金ピカ。
骨董品を愛でるほど俺はまだ老いちゃあいないぜ」
キャスター が村の集会場にやってきました
お燐 「こんばんわ」
セイバー 「それに考え様によってはサブタイ通りだからね>お燐」
キャスター 「よろしくね」
アーチャー 「俺をフェイカー呼ばわりしておいて真偽をつけるもないだろう>英雄王
偽物でも、本物に勝てない道理はないさ」
ランサー 「お、お前さんも来るか>バゼット」
アーチャー 「よかったな>ランサー」
ギルガメッシュ 「そこの猫
此度はちと仕様が違うだけで通常の村と変わらん
安寧に縁のふちでその体に日の光を浴びるがよい
我が許す。そのままでよいぞ>お燐」
バゼット 「おひさしぶりです・・・で、いいのですよね?>ランサー」
ギルGM 「5分だけ延長ですよー」
イエス が村の集会場にやってきました
イエス 「こんばんはー。」
ランサー 「ま、そうなるな
できれば此度こそは共闘できることを願いたいもんだ。>バゼット」
バゼット 「女性が少ないと掛け算教徒が出現しそうでしたので」
セイバー 「残念ながらそれは『蒼銀のフラグメンツ』で既に悟った道だよ
今の私はその先に在る答えを既に得ている>ギルガメッシュ

決して『蒼銀のフラグメンツ』の宣伝じゃない」
できない子 が村の集会場にやってきました
ギルガメッシュ 「はっ!死者の世界に滞在していた貴様がそれをいうかランサー

あの世はこの世と結んでいた境界線。そこに貴様も一時期といえど住んでいたのだ
よもよ貴様。時間軸の流れまで同じだとでは思うまい?>ランサー」
お燐 「なんかすごいのきた

ありがと>各位」
できない子 「(ガラッ」
ランサー 「……おいおい
そこのロン毛のオッサンどーすんだよ。ただもんじゃねーよ」
イエス 「え? 私が使ってる歯磨き用のプラスチックコップが欲しい?」
できない子 「ここに来ればイケメンが乙女ゲームのようにチヤホヤしてくれると聞いて」
アーチャー 「やばいオーラを感じる」
ギルガメッシュ 「ならば精々あがけ
その醜態。風につるされるものをみれば
さぞ風靡にうつるだろうよ>アーチャー」
かり が村の集会場にやってきました
かり 「こんばんは。」
セイバー 「セイヴァー……まさか規格外クラスがくるとは」
イエス 「ひょっとして私のことをジョニー・デップと間違えてないかな・・・?>ランサー」
ギルガメッシュ 「ほう…まさかお前ほどのものもくるとはな。。。>イエス」
アチャ子 が村の集会場にやってきました
できない子 「実際パンチと絵に書いちゃいけない人以外に並べる人って居るんだろうかね」
アチャ子 「フェイルノート!!よっろしくー!」
ねらう緒 が村の集会場にやってきました
ブッダ が村の集会場にやってきました
ねらう緒 「よろしく」
セイバー 「そうだね
イケメンがチヤホヤしてくれるし指定も聞いてくれるよ(ただし推定確定○に限る)>できない子」
バゼット 「これ支援いりませんでしたね」
アチャ子 「何か知らないけどもうこの村だとピックアップきてるの…?」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → アンナ=カレーニナ
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 56 (永江 衣玖)」
ブッダ 「ちょっとイエス、何遊んでるのもぉ~」
ギルガメッシュ 「仲良すぎない?>イエスの下に仏陀」
キャスター 「そろっちゃった」
ねらう緒 「絶対出待ちしてたぞ」
ホミカ が村の集会場にやってきました
お燐 「結果論>バゼット」
できない子 「やべぇよ……やべぇよ……
アーチャーがなんか偉い人に見えてしまう>並び」
ホミカ 「よろしくね」
イエス 「ブッダ! 君も来てくれたのかい!」
アーチャー 「英雄王の宝具すべてを複製してやるさ」
ギルガメッシュ 「プロトセイバーのピックアップはまだだな>あちゃ子」
多田李衣菜 が村の集会場にやってきました
ランサー 「俺は俺らしくあるために冥界に赴いたまでのことよ。>金ピカ
テメーみたいに不老不死だか無意味なモンを必死こいて探したのとは訳が違う

それともなんだ、住処で人のなりが定まるというのかい、王様さんよぉ」
セイバー 「セイヴァーが二人!?」
多田李衣菜 「ウェーイ!」
アンナ=カレーニナ 「普通村は粋な名前で勝負させていただく流儀なのです
空気読めなくてごめんなさいね」
かり が村の集会場にやってきました
できない子 「でも乙女ゲームって言うと末期ハードのイメージ」
かり 「私だ」
ブッダ 「だって君放っておくと聖杯量産しちゃうじゃない……
ヴァチカンも顔真っ青になるよ……」
イエス 「ここは是非ロンゲとパンチの実力を見せつけておかないと・・・ネタ帳どこにやったっけ。」
ギルGM 「あはは、埋まったなら準備おねがいしますね?」
ランサー 「そこのパンチパーマのオッサンもまずくね!?
あんたら何者だよマジで!」
アチャ子 「まだだねー、まぁセイバーラッシュ続いたからしばらくは期間あけるかなーと思うけど>ギル」
多田李衣菜 「これはもう私はマスター枠だよね!(きりっ」
お燐 「そもそもスマートフォンってそんなに長時間稼働し続けるように作ってたっけという」
ブッダ 「あ、みなさん今日はよろしくお願いします。これお土産の菱餅です」
アーチャー 「丁寧にありがとう>ブッダ
紅茶を入れてやろう」
イエス 「ブッダは礼儀正しいなあ。お土産なんて歯磨き用のコップしか持ってこなかったよ。」
できない子 「なんて気遣いのできる人なんだ……
これは聖杯戦争優勝待ったなし>ブッダ」
セイバー 「ちなみに
型月世界のブッダはカラリパヤットEXなので白兵戦も極めて強い」
ランサー 「いつの間にか大所帯になってきたな
まぁ、よろしくだ」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → アヴェンジャー
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 2995 (アヴェンジャー)」
アチャ子 「私のゲスト枠出演はまだかな!!って思ってたけど作者が魔性で売れたので全力で調子乗ってるから私には話こなさそうでつらい」
ブッダ 「だからイエス聖杯を量産しないで!」
アヴェンジャー 「同人作品に未来はねーだろw>アチャ子」
アヴェンジャー 「というわけで俺の出番はまだか?
☆5でいいぞ(ふんぞり返る」
ギルガメッシュ 「いうではないか狂犬
確かに人の魂は根源によって定められている
これらは全て原初の契り。いかなものといえど遮るものはない
だがな、その影響は計りしれん。幾千幾万の亡霊を体に受けては
並のものではその影響は少なからず受けるだろう。

ふむ・・・・だがその様子だと流石はといたところか貴様の師匠はさぞ腕のいい魔術師でもあったんだろうな>ランサー」
できない子 「セイバー1、ランサー1、アーチャー3、キャスター1、セイヴァー2
何この聖杯戦争バランス悪い」
多田李衣菜 「イエス? イエス……なんかそんなグループ、あったような……」
ねらう緒 「アサシンが欲しくなるな>できない子」
アチャ子 「逆輸入わんちゃん!!わんちゃん!!>アヴェンジャー」
できない子 「貧弱なボウヤが増えてしまった>鯖」
セイバー 「ダリーナ>マスター枠は共有になるしかないね」
アヴェンジャー 「おい!おい!!>できない子
ここにイケメンサーヴァントがいるだろうがよ」
アンナ=カレーニナ 「えっアチャ子さんって非公式の塊だったんですか?
じゃあギルガメッシュやセイバーが複数人いるのも…?」
イエス 「セイヴァー同士で喧嘩すると大変なことになるから私達はカウントしなくていいからね。>できない子」
ギルガメッシュ 「プロトセイバーは六章からが本番だろうな>あちゃ子
くるとしたらここだろよ」
アーチャー 「(アヴェンジャーそれでいいのか???)」
アヴェンジャー 「わんわんおってか>アチャ子
まあ真面目にその内おれは出るだろ・・出るよな?
出てくれよ・・・!」
多田李衣菜 「>セイバー
うーん、共有か~
共有だとな~音楽性の違いとかで喧嘩が怖いな~(チラッチラッ」
ギルGM 「準備出来たらカウントお願いしますー」
アチャ子 「ノッブとかより速い気がするけれど非公式だよ。
私もつらい、とてもつらい

ギルとセイバーは公式だから余計つらい!!>アンナちゃん」
セイバー 「アヴェンジャー>ナーサリーライムと同じでその姿では参戦無理じゃないかな」
ブッダ 「私はともかくイエスが参戦するとウリエルさんたちも来ちゃうからね…」
バゼット 「狂人引いて霊ロラでさくりと散りますか」
アヴェンジャー 「大丈夫、ほらタイコロ見ろよ>セイバー」
ギルガメッシュ 「最初はあのシルエットかもな>アヴェンジャー参戦時」
セイバー 「それじゃいくよ
3」
ねらう緒 「(君が出たら)困ります・・・>アチャ子」
イエス 「君の方だって天部の人達来ると思うよ・・・。>ブッダ」
セイバー 「2」
セイバー 「1」
アチャ子 「かなー、まぁってなると後半年後くらいかなーって思うけど。
それより配布鯖まだ!>ギル」
セイバー 「開始」
多田李衣菜 「それじゃしまっていこー?」
ギルガメッシュ 「でてきたらやる夫村の人たちちょっと財布の紐緩みそう(あちゃ子着たら」
ブッダ 「ほらあの人たちは笑顔で私のことを遠くから見守るだけだから」
ゲーム開始:2016/03/07 (Mon) 21:24:22
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
お燐の独り言 「狩人!?」
バゼットの独り言 「ちょ」
ねらう緒(人狼) 「よろしく」
キャスター(人狼) 「よろしく」
アチャ子(共有者) 「共有だった、うげ、ランサー」
アヴェンジャーの独り言 「まあ、俺らしいわな>村人」
多田李衣菜の独り言 「ロックだぜ★」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「あ、よろしくお願いします
ランサー(共有者) 「……なんなんだろうなこの組み合わせはよ」
ギルガメッシュの独り言 「えぇい・・。また村か…」
できない子(妖狐) 「フォックスアイか……(違」
お燐の独り言 「GMは村たてお疲れ様ー」
ねらう緒(人狼) 「なにかやりたいことあるかな
無い上で希望者がいなかったら騙りに出てくるけど」
キャスター(人狼) 「何か語る?」
バゼットの独り言 「真紅はただでさえ霊能に厳しいのに」
アチャ子(共有者) 「あーその、私にはね?ほら、士郎という人がね?永遠のね?」
アーチャーの独り言 「素村か」
ギルガメッシュの独り言 「いやいい。今回は人外じゃないだけマシとくくろう

・・・狐ありそうだと思ってたしな」
ランサー(共有者) 「ま。よろしくだ。
俺はキャスターみてーな回りくどい戦術は嫌いでな。
ストレートにいこうぜ」
ブッダの独り言 「私たちが役職やるわけにもいかないから神通力で村人にしたけど……
イエス大丈夫かなぁ」
アーチャーの独り言 「適当にしよう」
ねらう緒(人狼) 「ただし占い理由はバゼットしかない」
キャスター(人狼) 「こっちは狩人日記でも書いとくね」
アチャ子(共有者) 「っと思ったけどこのランサー案外普通?普通だったりする?そしたらやったーなんだけど」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「囲い欲しいです
PHPの普通村はまだ慣れないので」
「◆ギルGM はいはい、GMはスバルです
がんばってねー?」
多田李衣菜の独り言 「アヴェンジャーかギルガメッシュ、どっちかな?」
イエスの独り言 「頑張りましょう。」
アチャ子(共有者) 「やったー!普通だったー!
じゃ普通によろしくー!!」
ねらう緒(人狼) 「んー了解>アンナ」
アチャ子(共有者) 「あ、GMはあっりがとー!感謝感謝!」
できない子(妖狐) 「はたらきたくないでござる>GM」
ランサー(共有者) 「てっきりマスターがいるかとおもいきや
相棒もサーヴァントとかないだろオイ!
もし黒展開なら俺がCOしておくぜ、まぁケースバイケースだ」
ねらう緒(人狼) 「130噛み
バゼット銃殺以外は潜る」
ブッダの独り言 「あ、GMさん村建てありがとうございます」
ランサー(共有者) 「村建てサンキューだ
楽しくやらせてもらうぜ」
セイバーの独り言 「GM、いつも村立てありがとう」
ギルガメッシュの独り言 「今回は宝物庫の鍵も預けた
我が本気を出せば終わってしまうからな」
アチャ子(共有者) 「ストレートはいいけど色恋とかはほら、こうされるととかなるから気をつけよ!

はいはーい、じゃ私はその時はかくれとくねー」
ランサー(共有者) 「嬢ちゃんも特に何かやることもねーよな
遺言、書いておけよ」
お燐の独り言 「うーん。初手●特攻もらったらどうしよう」
ギルガメッシュの独り言 「べ・・・別にセイバーを引くために質にいれたとかじゃないんだからね!!」
多田李衣菜 は ギルガメッシュ を占います
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ねらう緒 は ギルGM に狙いをつけました
ギルGM は無残な負け犬の姿で発見されました
(ギルGM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ギルGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
アーチャー 「さあ、朝だ。
紅茶の支度はできている。」
お燐 「おはおー。
空気読んでない参戦が結果として空気を読むことになったのかな
まず占い師さんはCOどうぞってね。
あというけど今回の被害者はアンデルセンよりむしろにゃんこ大戦争。
バゼット 「規則正しい噛み」
ランサー 「うっす、おはよーさん」
セイバー 「おはよう
それじゃCOを聞かせてもらおうか」
多田李衣菜 「この占い師の響きって、ロックだよね!
ギルガメッシュは○だよ! ロケンロー!」
ねらう緒 「占いCO アンナ○」
ギルガメッシュ 「さぁ、幕あけといこうか!」
キャスター 「おはよう
村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
7釣り5人外ってところかな
共有はいるみたいだね」
バゼット 「嫌いではありません」
イエス 「占い師? 預言者みたいなものかな? ブッダ○」
できない子 「カモンベイベー」
ホミカ 「おはよー」
お燐 「あたいは紅茶より珈琲派>アーチャー」
アヴェンジャー 「おいすー」
アチャ子 「おっはよー!」
バゼット 「霊能者をCOします」
多田李衣菜 「【1日目】ギルガメッシュ
傲岸不遜?で、慢心せずして何が王か!
……って、ロックじゃないかな♪
知ってた? 反体制ばっかりがロックじゃない?んだよ!
ねらう緒 「占い理由
サーヴァントor女の子という凄い図
じゃあ異世界の僕のライバルである藤原ヴォルケイノ『っぽい』人にしよう
僕もオリジナルじゃないからちょうどいいよね(良くない)」
アーチャー 「それじゃあほかも出てきていいぞ」
アンナ=カレーニナ 「おはようございます」
イエス 「ブッダはブッダだったようだ。良かった良かった。」
できない子 「乙女ゲーム村っぽいのにイケメンに占いCO者がいない
こんなことはおかしい」
ブッダ 「おはようございます皆さん」
アチャ子 「んー普通に○で被りなしっと。じゃー」
アンナ=カレーニナ 「共有者と霊能者も出てきてもらいたいですね」
アヴェンジャー 「げ、よく見たら暴力マスターがいるじゃねぇか」
ランサー 「おし、共有COだ。
相方生存だ」
キャスター 「占い2かあ
真狂、真狼ってところかなあ」
ブッダ 「ちょっとイエス?」
多田李衣菜 「ヤバイ!
敵にイエスさんとかすごいロックだ!
私今最高に輝いてる気がする!!」
バゼット 「ギルガメッシュの大声で空目しましたが
3CO確認後にCOしました」
イエス 「あほだなんて言ってはいけないよ。>アーチャー」
ホミカ 「規則正しく噛むことで狼像を考える材料を少しでも村に与えないことができるからね」
できない子 「イケメンたちのバトルロワイヤル……?
なんだただの聖杯戦争か」
アチャ子 「はいっと共有COー!」
アンナ=カレーニナ 「ん、3-1-1でしょうか」
ねらう緒 「じゃあ『っぽい人』にしたけど
雰囲気でいったら同じ世界の人がいた件についてじゃあ」
イエス 「なんだい?>ブッダ」
セイバー 「2CO
霊も出たしグレランだね」
アーチャー 「お前が共有だと
さすがクーフーリンだ」
お燐 「3CO 3-1-1かね」
できない子 「ランサーが死なない!?」
バゼット 「ほぉ>ランサー共有」
ランサー 「相方はアチャ子に違いない。
ま、適当にグレランでいいぜ」
アチャ子 「あ、相方はそこの ふ・つ・う のランサーであってるよー!」
アヴェンジャー 「そして霊能CO
やべぇよ殴る単独1CO霊能とかこえーよ!!

あいつきっと霊能CO しねぇーとか言い出すぞ絶対」
お燐 「で、グレランだね」
キャスター 「っと占い3COかあ
うち二つは人外露出ってところだね」
ねらう緒 「なんでや、FGOのランサーは死なないだろ(真顔)>できない子」
ギルガメッシュ 「我を最初に見るとは
本来なら不敬で吊りあげるところだが
よいぞ!我にリスペクトする精神!特に許そう>多田」
アヴェンジャー 「ランサーが死んだ」
セイバー 「ああすまない
一人見逃していたようだ」
アンナ=カレーニナ 「共有被り無しの良い感じのグレー狭まり方と見えますね」
バゼット 「これ共霊交換した方が面白かったかも知れませんね」
イエス 「いや、別に君を疑ったから占ったわけじゃなくてね。
友人に化けた悪いヤツ、というのは物語上のテンプレみたいなものじゃない。」
お燐 「ランサーが死なない程度で驚いてはいけないと思うのだけど。」
ブッダ 「君ちょっとはしゃぎすぎじゃ…君がはしゃぎすぎると
この村にお父さんが雷落とすことになるんだからね……?」
バゼット は キャスター に処刑投票しました
多田李衣菜 「これはバゼットさんがマスター枠なんじゃないかな?」
ギルガメッシュ 「ランサーが死なない!」
アヴェンジャー 「占いは噛まれなかったら見るスタイル」
アチャ子 「ランサーは私より先に死ぬ予定だから(予告」
できない子 「ちょっとランサー。このアーチャーの多さだとお前働かないといけないと思うんですけどー?
グレランで蹴散らす展開じゃないんですかー?
鯖には即死宝具聞かないとかそんなこと言ってられないんじゃないですかねー」
アーチャー 「FGOのランサーはセイバーに弱い
俺はランサーに弱い
セイバーは俺に弱い
つまり」
ランサー 「私的な感想ではあるがな
バゼットが3−1の霊能者でよかったぜ
相当素っ頓狂な悪戯でもなけりゃ、あんたは真だからな」
セイバー 「ランサーがアチャ子を口説き落とせた世界線か」
ねらう緒 「その理屈で言えば僕がサーヴァント枠になるきがするのだが>多田」
ランサー 「死なねぇよ!」
キャスター 「ランサー共有はなんか珍しいかも
たいてい死んでるイメージがあるからかな」
アヴェンジャー 「アヴェンジャーはきっとオールマイティーに弱い鯖になるんだろうなぁ」
ブッダ 「いいですか、例え人狼、妖狐といえど我々と同じ生命」
イエス 「私がはしゃいでいたら狐の人がかわいそうなことになっているか
狼の人ががっかりすることになっていると思うから自重してる方だよ・・・たぶん。>ブッダ」
できない子 「むしろしぶとすぎてレアリティ詐欺>ねらう緒」
多田李衣菜 「令呪を跳ね返したランサーさんカッコイイ(目逸らし」
アーチャー 「バゼットじゃないのがあれだよな>セイバー」
お燐 「な、なにそれw>オールマイティーに弱い」
アンナ=カレーニナ 「占い師の真偽は現状私視点囲いのないねらう緒か
しかしまだ初日なのでこれについては特に言及する必要はなしですね」
ねらう緒 「凄いな、このランサーの人気」
アチャ子 「いやーこのランサー普通だった。多分別のランサー。
私に対して君の瞳にゲイボルクとかいわない方のランサーで正直安心してる!>セイバー」
ギルガメッシュ 「犬に食われることを考えると中中に皮肉ではないか?
ん?クランの猛犬?>ランサー」
アーチャー 「最弱のサーヴァントだもんな>アヴェンジャー」
ブッダ 「ましてやランサーさんも、我々と今同じ時をえている仲間
たとえ人外であろうとも、憎しみは何もうみません。争いはなにもうみませんよ」
セイバー 「それよりアチャ子よりプリヤの方がまだしも参戦しそうなんだが」
お燐 「占いの真偽はあとで見ればいいかなーと」
キャスター 「3-1-2って感じかな
あとは灰の中にいる3人外を釣るだけだね」
できない子 「これはひどい産廃>オールマイティに弱い」
ねらう緒 「>できない子
レアリティ詐欺はFGOのお約束だから」
イエス 「そうそう、昨日ニンジャスレイヤーという小説を読んだけどブッダの名前がたくさん出てきていたよ。
流石はブッダ、人気者だよね。」
多田李衣菜 「>ねらう緒さん
ほら、共有二人でダブルサーヴァントみたいな?
何か悪そうな神父さんがそんなことしてたよね!」
バゼット 「◇アーチャー 「バゼットじゃないのがあれだよな>セイバー」

彼が私を口説き落とす世界線などありません。
おそらく常に私から行動しないとなにも動かないでしょうし。」
ランサー 「イエスのオッサンがブッダ占うとか
なんか聖杯から色々神々しいもの溢れたりしないかね
いともたやすく行われるありがたい行為?」
アンナ=カレーニナ 「うーん?
何かよくわからない話が飛び交ってますね
これ人狼の話なんでしょうか」
アヴェンジャー 「ま、この村でせいぜいジャイアントキリングできるるようにがんばるさね>おりんりん」
お燐 「なんかこの村濃いねぇ(今更」
イエス 「ランサーの知り合いってあんまりいないなあ。ロンギヌスさんくらいかな?」
ギルガメッシュ 「アヴェンジャーはバレ情報だと
一部のサーヴァントには強いが、他の大多数のクラスの鯖には弱いと言われてるな」
アチャ子 「ヘラクレスとクーフーリンはでもあれでしょ、レアリティ一つ上げるとちょっと他の鯖から抜けだしちゃうタイプってあれだからそこはまーまー。」
セイバー 「な、なんだってーΩΩΩ>アチャ子」
ねらう緒 「言う方のランサーがいるのか・・・>君の瞳にゲイボルク」
アーチャー 「なるほどチキン野郎ってことだな>バゼット」
できない子 「創作上でジーザスって言われる回数に比べたら多分少なさそうだ>ブッダの名前」
お燐 「あ、あんまりじんろうの話じゃないと思う>アンナ」
ホミカ 「いつだって初日はみんなよくわからない話しかしてくれないよ」
ブッダ 「あ、そういえばそうだね……でも君のさっきの話を含めて考えると
君が偽物って可能性もあるんだよね……>イエス

イエス?嘘はいけませんよ?」
ランサー 「てめぇ、◯もらいじゃなけりゃ処刑してたぜ>金ピカ
今は俺のが立場が上だって覚えときな」
多田李衣菜 「ちょっと!
私の王様占いは!?
ギルガメッシュさん凄い強いんだよ!」
お燐 「村ならがんばってー>アヴェンジャー」
ねらう緒 「無視で良いんじゃないかな>アンナ」
できない子 「飲み込んで僕のエクスカリバー的なサムシングを感じる>君の瞳にゲイボルク」
キャスター 「確かアベンジャーって人間特攻だったっけ?」
アヴェンジャー 「まあ、本格的に稼働するのは明日からなんじゃねーの?>アンナ
初日は遊ぶ奴おおいし」
バゼット 「まぁだいたいあってます。
そしてアーチャー、あなたも多分かっこつけてなにも動かない」
アチャ子 「朝何食べた!!(わかる話>ホミカ」
ギルガメッシュ 「ある程度RPが偏るとどうしても避けにくいところだな>お燐

だが、それが普通の仁朗とは違うことのできるやる夫村の利点ともいえる」
ランサー 「あん?
いい女は好きだぜ。
気迫と実力のある女なら尚更いい。」
アンナ=カレーニナ 「ついていけない話題の流れ過ぎて
ほとほと○をもらっておいてよかった感じ
でないと寡黙吊りで即死亡する流れでしたねこれは」
イエス 「大丈夫だよブッダ。父さんに誓って私は本物の占い師だ。>ブッダ」
アーチャー 「ちょっと笑わせないでくれ>君の瞳にゲイボルグ」
キャスター 「一撃必殺的なのだったかな?」
バゼット 「なんとなくできない子が死にますかね」
アヴェンジャー 「ま、せいぜい最弱に足元を救われないこったってことでな>人外の皆様」
多田李衣菜 「>ランサーさん
わかんないよ!
ギルガメッシュさん実は狩人とか私とタッグであっさり村を救ったりするかもしれないし」
セイバー 「アヴェンジャーは普通に喚ぶと第三次みたいな大惨事になるから仕方ないね」
イエス 「うっかりユダに誓ってしまいそうになった。危ないところだった。」
ブッダ 「本来ならアヒンサーの戒律により吊りなんてことはしてはいけないし
止めなくてはいけないんですが……」
ランサー 「言わねえよ!>君の瞳に」
ホミカ 「GMと答えたやつをあぶり出す高度な誘導尋問だね」
ギルガメッシュ 「そうだぞ!我は☆5鯖!圧倒的期間限定!
そしてCCCにおいても最強!だ!!!!」
アチャ子 「いやー、私の知ってるランサーはそれが素だからほんと>君の瞳」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ねらう緒 は お燐 に処刑投票しました
アーチャー は ホミカ に処刑投票しました
お燐 は キャスター に処刑投票しました
ギルガメッシュ は アーチャー に処刑投票しました
できない子 は セイバー に処刑投票しました
アチャ子 は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
ホミカ は アーチャー に処刑投票しました
イエス は ランサー に処刑投票しました
ランサー は ホミカ に処刑投票しました
多田李衣菜 は セイバー に処刑投票しました
アヴェンジャー は ホミカ に処刑投票しました
セイバー は アヴェンジャー に処刑投票しました
ブッダ は アヴェンジャー に処刑投票しました
アンナ=カレーニナ は セイバー に処刑投票しました
キャスター は ホミカ に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
セイバー3 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
ランサー1 票投票先 1 票 →ホミカ
アーチャー2 票投票先 1 票 →ホミカ
お燐1 票投票先 1 票 →キャスター
ギルガメッシュ0 票投票先 1 票 →アーチャー
バゼット0 票投票先 1 票 →キャスター
キャスター2 票投票先 1 票 →ホミカ
イエス0 票投票先 1 票 →ランサー
できない子0 票投票先 1 票 →セイバー
アンナ=カレーニナ1 票投票先 1 票 →セイバー
アチャ子0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
ねらう緒0 票投票先 1 票 →お燐
ブッダ0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
ホミカ4 票投票先 1 票 →アーチャー
多田李衣菜0 票投票先 1 票 →セイバー
アヴェンジャー2 票投票先 1 票 →ホミカ
ホミカ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ねらう緒(人狼) 「多田りーなの方噛みでどうだ」
キャスター(人狼) 「占いのどっち噛む?」
ランサー(共有者) 「発言寡黙ってところで投票したが、まぁこうなるな」
アーチャーの独り言 「ほー」
アヴェンジャーの独り言 「まー、こんなもんじゃね?」
できない子(妖狐) 「バゼットに死の宣告をもらったと思ったら0票だった
何を言っているのかわからないと思うが私にもわからない」
お燐 は バゼット の護衛に付きました
ブッダの独り言 「イエス 0 票 投票先 → ランサー

無実の人を疑うのはいけませんよイエス」
アチャ子(共有者) 「つい○投票しちゃったけどまぁせーふ、君の心にの方だったのもあるけどせーふ」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「噛み切りするのでしょうか?」
アーチャーの独り言 「無駄に硬いのはアンナ」
ねらう緒(人狼) 「真っぽい片方を噛んで
真だったらいいな路線」
ランサー(共有者) 「占いについては……全員どっこいどっこいか
私怨ってわけじゃねーが多田李衣菜がギルを占うってのが結構苦しくもあるな
ただの当てこすりだ、気にはせんでくれ」
キャスター(人狼) 「リーナ噛みでいいと思うよ
イエスのほうはなんか意見鈍い感じだし」
ギルガメッシュの独り言 「       }ヽ|     //           `ア
       |. ∨  |i    ,          \_
       |   ∨      /           /
      Ⅵ   ∨ {l   /    /    く
       ∨ ヽ_\ \ /  /∠⌒ヽ  ヽ
.         ∨ }      ̄`" ̄ ̄ 〈≦    /
.          刈 \___       __/ {ニ=- >              この村…伸ばし棒が多いから
          { ! ゞ丕 `   イ丕ア Y }′
.          丶     }       /_ノ                みにくいな。>投票
.           八    〈        '´
 ―  、                   イ_             ̄ ̄`ヽ
     \    r≦\ `こ` / |::≧、   /
       \_/ l、:::| ヽ_ イ  /  ∧ /
          ∧   l V:::::__....:::/  ,r<〉
          ∧  i Y´<::>`Y   ./  ./」
多田李衣菜 は アヴェンジャー を占います
アンナ=カレーニナ(人狼) 「じゃあ多田さんで良いと思います
正直今日のそれで真偽を付けるのは私には無理です・・・すいません」
ランサー(共有者) 「明日の動きを見てから判断するほかねーな、ってことで
嬢ちゃんも酒飲むか?」
アチャ子(共有者) 「まぁ特に初日は大きく何かーあるって感じでもないかな。
占いも三人目立たないし」
アチャ子(共有者) 「んー?あー私ほら、お酒はちょっと弱い方だから、その、ねむっちゃう!
けどありがとっ」
ねらう緒(人狼) 「130噛み変わらず、祈っておいてくれ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ねらう緒 は 多田李衣菜 に狙いをつけました
多田李衣菜 は無残な負け犬の姿で発見されました
(多田李衣菜 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
多田李衣菜さんの遺言 【1日目】ギルガメッシュ ○
【2日目】アヴェンジャー ○●


【1日目】ギルガメッシュ
傲岸不遜?で、慢心せずして何が王か!
……って、ロックじゃないかな♪
知ってた? 反体制ばっかりがロックじゃない?んだよ!

【2日目】アヴェンジャー
ギルガメッシュさんが帝王のロックなら、
社会に反旗を翻すのもロックだよ!
へへー、なつきちに聞いたもんね。
人外さんへ、なんて語りかけるヤツこそが人外っていうの?
私の眼はごまかせないのさ!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
できない子 「カモンベイベー」
キャスター 「おはよう」
お燐 「おはおー。
占いに投票されててなんか嫌な感じだけど。
キャスターが気になる。テンプレ発言に硬さ。アーチャーはあんま気にならない、
できない子は遊んでてよくわからない」
ブッダ 「誰かが死ぬ、それはなんと悲しいことでしょう
わたし達は自覚しなければなりません。命に隔たりなどないということを」
イエス 「占いだね。できない子●」
ねらう緒 「占いCO できない子○」
バゼット 「ホミカの霊結果は○です」
アチャ子 「君の心(はーと)にゲイボルクだったのと○投票は私は謝らな、いやーてへっ」
アヴェンジャー 「おーっす!

アーチャーとアンナがなんか持ってるんじゃね?
という雑な灰視(アンナは灰ではないけど」
アーチャー 「◇セイバー  「アヴェンジャーは普通に喚ぶと第三次みたいな大惨事になるから仕方ないね」
>これは突っ込んだほうがいいあれなのか?」
できない子 「バゼットから死の宣告をもらったとおもったらそんな事はなかったぜ」
セイバー 「僕に3票
言い換えれば真占い生存なら人外占いの精度が上がる可能性が高まるから悪くはないね」
ランサー 「おう、おはよーさん。
おおう、1人いっちまったか……」
ねらう緒 「占い理由
◇できない子 「飲み込んで僕のエクスカリバー的なサムシングを感じる>君の瞳にゲイボルク」

笑ったからでは駄目だろうか。(素)
こんな面白いことを言える奴を僕は吊れない。
皆だってそうだろう。>0票を見ながら」
アーチャー 「これは俺の感想なのだが、
アンナはやけに硬い感じだこれは印象だ。そして次にこれだ
◇アンナ=カレーニナ  「ついていけない話題の流れ過ぎて
ほとほと○をもらっておいてよかった感じ
でないと寡黙吊りで即死亡する流れでしたねこれは」
>○をもらっておいてよかった
○をもらうっていう表現は、基本的に狼側の思考なのではないだろうかという感想がある。」
バゼット 「パンダ吊りですかね」
キャスター 「占い噛みみたいだね」
アヴェンジャー 「できない子吊ってまた明日じゃないかな」
アーチャー 「それにしても君の瞳にゲイボルグの破壊力は抜群すぎて
本気で笑いが止まらない」
ねらう緒 「流石にそれはないんじゃないかな。>パンダ」
アチャ子 「できない子がパンダで占い一人死亡ってこーの。」
イエス 「なるほど、ベグってから即囲いとは悪くない戦術だね。」
ランサー 「んじゃできない子、COあるか?」
アンナ=カレーニナ 「おはようございます」
アンナ=カレーニナ 「恐らくアチャ子さんが私に票をぶちこんだのは
私の作品が彼女の勘に障るところがあったところがあったのだと思いたいです
アーチャー 「占い噛みされてるけどできない子吊ってって感じだな」
お燐 「占い噛まれてのパンダ吊りかにゃ」
キャスター 「おおっとできない子がパンダになっちゃった
どうするの?」
ブッダ 「うーん」
バゼット 「できない子は狼で良いと思いますが、イエスが真かは不明です」
イエス 「ちなみに私は投票ミスをしてしまったんだが、理由がある。」
セイバー 「とか言っていたが占い候補が噛まれてしまったか」
できない子 「さて私はどーする」
できない子 「ないです」
ブッダ 「イエス、私の目をみなさい。

あなたは狼ではありませんね?」
ねらう緒 「まあなんか言っても止まらないのは知ってるので
明日なんとかなったらいいなぁ程度に妖狐を探すけど」
ギルガメッシュ 「多田よ。早々にいなくなるとは
惜しい女だ」
アチャ子 「まぁこれ吊る?
正直このタイミングで出されるとどうといいがたい>ランサー」
ランサー 「もしかしたら真占いはもういねえかもしれんが、
ここはCOあったら聞く価値はある。
霊能がいるうちにな」
イエス 「イケメンに占いCO者がいないというできない子さんの発言に強いショックを受けてしまったからなんだ・・・。」
ランサー 「んじゃ、できない子吊りでいくぜ。
いいな?」
キャスター 「そういえば霊能結果ってどうなったの?」
アチャ子 「まぁしょうがないね、できない子ぐっばーい!」
できない子 「つまりまあ私を吊っていえっさを吊ってねらう緒の扱いを霊結果から考える的な展開になるのだろう」
アヴェンジャー 「イエス 0 票 投票先 → ランサー

投票だけみると狂人っぽいんだけどね」
イエス 「ブッダ、私が君に嘘を吐いたことなんてあったかい?>ブッダ」
バゼット 「真占い噛まれたとみます。
しかし。できない子をずっと残す選択はあまりないでしょう?>アーチャー」
お燐 「んー。COなしなら吊るしか」
イエス 「(何度かあった気もする・・・)」
アンナ=カレーニナ 「硬いじゃないです
 
人狼と関係ない話にはついていけないんです >アーチャー

○を貰う以外に何か言い方があるんですか? あの場面で」
アヴェンジャー 「うちのマスターは省エネ思考らしいぜ>キャスター」
ランサー 「あとバゼットは大声で霊能結果は頼むぜ。
他の奴と紛れてしまうからな」
ねらう緒 「正直ここで●投げられてできない子○の時点で
どこが狼でもおかしくないのがめんどくさいんだよなぁ
消去方にならない」
お燐 「>キャスター
○だそうで。小声だけど」
セイバー 「すまない……公式からして天然扱いされる様な言動がていてすまない……>アーチャー」
アーチャー 「できない子狼かどうかは現状しらないが、
連続囲いするかどうかを考えたくなる事態ではある(朝一参照」
キャスター 「COナシならパンダ釣って色見てく感じかな
これって」
できない子 「アヴェ、アーチャー、セイバーあたりのサーバント連中から瘴気的なものを感じるのが私だ
こんなところか」
イエス 「ごめんね、ちょっとショックに耐えられなかったんだ。>アヴェンジャー」
アーチャー 「謝る必要はないさ」
ブッダ 「・・・それもそうですね。ごめんねイエス、疑っちゃって」
アーチャー 「>セイバー」
キャスター 「ありがとう
見逃してたのかな>お燐」
アチャ子 「狂人だとしたらちょうどかこおうと思ったところに誤爆してーもあるからまぁまぁ。」
イエス 「いや、私がイケメンとか言いたいわけじゃないんだ。ジョニデに似てる角度があるというだけのことで。」
アンナ=カレーニナ 「多田さんの真偽に関しては明日もう一人占いが噛まれるかどうか
で割と変わってくると思います ●が出ていますし」
アヴェンジャー 「(なんのショックだろう>イエス」
アーチャー 「○を出されるが普通じゃないか?」
バゼット 「私が生きているかは解りませんけどね>キャスター
まぁ私が死んでたら霊結果●の可能性が非常に高いのでしょう。」
ねらう緒 「ひーふー。んー。
シンプルにやるのもそれなりに問題が」
アチャ子 「ただ占い真見て噛みだとあんまやらなそうではあるけど。」
イエス 「すごく噛み切られそうな気がするけど、そうなった時はねらう緒はすぐに吊らないように。」
ランサー 「ま、後は適当にだべっておいてくれ
こういうとこでの発言が、後々で運命を分けるからな」
ねらう緒 「イケメン扱いされたかったらしいぞ>アヴェンジャー」
セイバー 「アンナ>流石にサーヴァントだけが残るとかでも無い限りは
終盤になれば嫌が応でも人狼の話になるさ」
できない子 「まあ私吊りでねらう緒噛みとかが一番めんどくさい展開だけど流石にそれはどーにもならないよなあとか」
アーチャー 「ただの表現の方法だろって言われたらそれまでだが
もらうって言うのはよる狼の会話時のそのままの内容に聞こえる」
ブッダ 「イエスが真か、ねらう緒さんが真かそれとも偽かは恐らく明日の
噛みではっきりすると思いますよ。」
お燐 「うーん>バゼット
●が非常に高い、とは?」
イエス 「ほら、この角度ってちょっとジョニデに似てるだろ?>アヴェンジャー」
バゼット 「今日霊結果を●と偽るか迷ったのでCOが遅くなりましたが
パンダ吊らない可能性も考えると、素直にCOしてよかったですね」
アヴェンジャー 「まじかよファッキンゴットだなマジで>ねらうお」
アーチャー 「そう俺は感じる」
アンナ=カレーニナ 「いや同じじゃないですか >アーチャー
貴方のそれは 言いがかりです」
ギルガメッシュ 「多田真の場合、我かみで多田の○を消すという作業はあるな>できない子」
アチャ子 「アーチャーとアンナには後でごめんねスタンプを一個ずつあげよう。
投影開始!」
ブッダ 「え、今なんて?>アヴェンジャーさん」
イエス 「ファッキンゴッドとかとんでもないことを言ってる人がいますね・・・。」
セイバー 「いや、そこは違うセイバーだとツッコンでもかまわないんだよ>アーチャー」
バゼット 「できない子○ならあえて霊結果隠さなくてもよいかなと>お隣」
ねらう緒 「>できない子
是非も無いねというか
そうなると僕の苦労が無くなって皆の苦労になるので
それはそれで僕は構わないという。選んだの皆だし。(ゲス顔)」
アーチャー 「アヴェンジャーは瘴気の塊だな>できない子」
お燐 「結果騙りとは恐ろしや」
ランサー 「アーチャーのその理屈、俺は嫌いじゃあないぜ。」
できない子 「まあ実際貴方が一番噛まれる可能性高いと思うよ>金ピカ」
ギルガメッシュ 「ただ一つ言えるのは
狼は多田に真を見出した何かしらの直感があったというところか」
アヴェンジャー 「まあ、なにせこの世のすべての悪なもんで>ブッダ イエス」
セイバー 「言い掛かりならまだ人狼でもありふれた展開ではあるよ」
アーチャー 「まあ、セイバー(肩ポン」
ランサー 「もし金ピカが死んだら、俺ああいうんだ」
ギルガメッシュ 「おしいな>できない子」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ブッダ は できない子 に処刑投票しました
バゼット は できない子 に処刑投票しました
ギルガメッシュ は できない子 に処刑投票しました
お燐 は できない子 に処刑投票しました
ねらう緒 は イエス に処刑投票しました
アヴェンジャー は できない子 に処刑投票しました
セイバー は できない子 に処刑投票しました
アーチャー は できない子 に処刑投票しました
イエス は できない子 に処刑投票しました
ランサー は できない子 に処刑投票しました
アチャ子 は できない子 に処刑投票しました
できない子 は セイバー に処刑投票しました
キャスター は できない子 に処刑投票しました
アンナ=カレーニナ は できない子 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
セイバー1 票投票先 1 票 →できない子
ランサー0 票投票先 1 票 →できない子
アーチャー0 票投票先 1 票 →できない子
お燐0 票投票先 1 票 →できない子
ギルガメッシュ0 票投票先 1 票 →できない子
バゼット0 票投票先 1 票 →できない子
キャスター0 票投票先 1 票 →できない子
イエス1 票投票先 1 票 →できない子
できない子12 票投票先 1 票 →セイバー
アンナ=カレーニナ0 票投票先 1 票 →できない子
アチャ子0 票投票先 1 票 →できない子
ねらう緒0 票投票先 1 票 →イエス
ブッダ0 票投票先 1 票 →できない子
アヴェンジャー0 票投票先 1 票 →できない子
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アヴェンジャーの独り言 「この局面で噛み切りはあんまりないだろうから
まあ、ギルガメ噛みだろ」
イエスの独り言 「狼囲うタイミングではなさそうだけど、どうだろう。」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「パンダなら霊能護衛が入りますね」
お燐 は バゼット の護衛に付きました
キャスター(人狼) 「これ髪切りよりもほかのほう噛んでったほうがいいんじゃないかな」
ねらう緒(人狼) 「ギルガメッシュ噛みかなぁ
もしくは共有二択だけど」
ランサー(共有者) 「もしねらう緒真ならすまねえな、ってとこだな」
ねらう緒(人狼) 「霊能が結果出すから噛み切る必要はないよ
だから後は君たちがグレラン頑張るだけ」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「共有噛むのは露骨すぎるような気もしますがね…
アーチャーの独り言 「いまの私はものすごくやばいぞ」
ランサー(共有者) 「ブッダのあの流暢なしゃべりみると、
あれ狼とかそんなの隠してない全うな村人に見えるんだよな……
クールすぎるぜ」
アチャ子(共有者) 「まぁその場合はかみぬきかなーではあるんだけども」
アーチャーの独り言 「君の瞳にゲイボルクを聞いてからランサーを見たら吹き出しそうで」
ねらう緒(人狼) 「今ぼくはお燐○とキャスター○
どっちが村を迷わせるかという無駄な考えを進めているのだ」
ねらう緒(人狼) 「じゃあ露骨にいこう、ギルガメッシュ噛み」
アーチャーの独り言 「ランサーがバゼットに「君の瞳にゲイボルク」とかwwwwwww」
ブッダの独り言 「彼女を吊らない選択肢もありましたが即吊り派が多いようでしたしね」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「でも共有は早めに片噛みすると効果がでかい」
ギルガメッシュの独り言 「: : : : : : : : : : : : :_:_>  ̄`` ‐一`゙ヽ:}、:_ゝ、:}: ,イ、:/イ{/    /: : ; : : : :/
: : : : : : : : : : : : \             `''′          /〈: 彡: : : :/
\: : : : : : ‐‐-: : : 〉                   _ z匕   ヽ: :_:_::/
_ヽ: : : : : : : : : :/ _                     __,/__≦==ァ }/ ,、ヽ
\: :` : : : : : : : :{    ‐‐- _____    \     /::::::´、辷ツ= ´  }/ } |
  \: : :-‐ミ: : :{      ___ ==≧`   /::::::             } l !     我が死ぬことはよくあることだ
    \{  ト、\{    ≪ 弋ニシ __`     {:::::::.         ! У ./
     ∨ }   !      `   ̄        ';:::::.         o_/
       Vヽ                       ;::::.         /ー┐      だが、これほどの物たちが集まる中で
      \   ∧                 ;::::.       / .|  |
        > ∧                 ,..〉::        |_| /: :    早々に退場するのは実に勿体ないな
\    _z≦: :_{_}、                 .:::::::::::      / __ ./: : : :
: : ヽr≦_: :: :: :/  /..-... ..-... ..-.. __         ――-  /: :: : : :≧ュ: : : :
\: :|  : . = _/ ―――へ/::::/:::::ヽ_ ´         /!ニ三ニ=- : : ≧ュ    後悔があるとすればそれだけだ>できない子
. : \ : :: :/ .:   .::    ̄ ̄\::::;< .ヽ          /.:|三三三ニ=-: : : }}
 : :: :\/  .:            /:::}:::\ \      .:.:.lニ三三三ニ=-: }}
  : :/               /:Vハ:l:::::::::\__}  ー<.:.:.:.:.:!ニ三三ニ=-: : :}}
アチャ子(共有者) 「ブッダがあっても狐くらいな感じなのはわかる。」
ブッダの独り言 「しかしイエス…君は……」
ランサー(共有者) 「アーチャーが初手◯もらいのアンナにジャブやってるのは面白ぇな
ただねらう緒が狼騙りでアンナとできない子連続囲いしてるか、みたいな部分もある
まぁアンナとアーチャーだったらアーチャーを信じるぜ。」
ギルガメッシュの独り言 「まぁ、生き残ることができれば
我の出せる全力を出そう。」
アチャ子(共有者) 「なんで判断つけるとしたらできない子。
なんだけどこーりーなの遺言がノリなんだよね」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「ギルガメシュさん囲い位置として残すのもいいですが」
ランサー(共有者) 「アヴェンジャーとキャスターが蚊帳の外、
セイバーは発言弱いから指定位置として吊るすに限る、ってとこかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ねらう緒 は ギルガメッシュ に狙いをつけました
ギルガメッシュ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ギルガメッシュ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ギルガメッシュさんの遺言         ∨ |l      `''"
          Ⅵ!
           |ヽ、                __  <´
          ! =≧z、        _zz≦===ァ
        ∧ヽ__ゞ'ヾ       ´―‐‐ ゞ-'
======ミ〃 ∧                      やれやれ、我を狙いに来るとはな
: : : : : :.:::.:.:...!l   ∧   /
:.:.:.:.:.:.::::::::::.::|Lノ . ∧ /
:.:.:::::::::::__¨r≦ニニく                    口惜しいが、此度は退場してやろう
. . . . .   〃ニニニ\            /′
        〃ニニニニニ.\`  ̄ ̄ `   /.::,′
      〃二ニニニニニニ\      /.:.:.:/  __    ではな凡百の英霊どもよ。我は先に霊界に行かせてもらう
    . . :|i二ニニニニニニニⅦ.\__ イ.:.:.:.:.:/__ノ二
. : : : : : :||二二ニニニニニニⅦ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニ
: : : : : : :||ニニニニニニニニⅦ.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニ
: : : : : : :ヾニニニニニ/ ̄ ̄ \.:.:/ニニニニニ
できない子さんの遺言 俺達の素村はこれからだ!
できない子先生の次村にご期待ください
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
お燐 「おはおー。
>◇バゼット  「私が生きているかは解りませんけどね>キャスター
>まぁ私が死んでたら霊結果●の可能性が非常に高いのでしょう。」
死体になってたら、なのね>バゼット
相変わらずキャスターの言動には硬さを感じる。いや、小声見逃すのは普通?
アーチャーは自然体。
アヴェンジャー 「おはよーさん

多分、ギルガメッシュかイエスの死体があがってると思うけど
どーだろね?」
イエス 「占いだね。アンナ=カレーニナ○」
ブッダ 「………」
キャスター 「おはよう
霊能結果どうなった?」
アンナ=カレーニナ 「おはようございます」
アーチャー 「◇アンナ=カレーニナ  「いや同じじゃないですか >アーチャー
貴方のそれは 言いがかりです」
>言いがかりではないさ、表現っていうのは大事なのだよ
そういう意味でその表現は夜会話そのものに聞こえるという俺の感性を
言いがかりで否定するのではなく、発言で否定するべきなのじゃないか?

まあ、ねらうが噛まれたならば、表現の仕方云々の話ってだけにはなるんだがな」
ランサー 「ギルガメッシュが死んだ!」
ねらう緒 「占いCO キャスター○」
アチャ子 「ギル噛まれは仕方ないね、おはよー」
アヴェンジャー 「そんじゃま、占いロラでいいんでね?
結果○だろ」
セイバー 「ところで
ツインテールの巨乳の姿になってもいいんだよ?>アンリ・マユ

できない子狼の場合、アヴェンジャーは○かもしれないね」
バゼット 「できない子の霊結果は○」
ブッダ 「そういうことなのですね、イエス」
ねらう緒 「占い理由
格好良く占い先投票しようと思ったけど
別にそんなことする必要は無かったのでどうこう。
「どうするの」から「これって」までの変遷見るに
わかってるけどどうでも的アトモスフィアを感じるので
まあ興味ないなら妖狐とかそんなシンプルさ」
アーチャー 「そうか>英雄王死亡」
バゼット 「イエス狂人でいいでしょうね」
アーチャー 「ほー」
イエス 「待ってくれ。どういうことなんだ。」
アヴェンジャー 「そういうわけでイエスからロラロラロラ」
アンナ=カレーニナ 「・・・ここで占いを噛まない地点で真が噛まれた可能性が高いですね」
ブッダ 「いえ、イエスを騙るマーラ」
ねらう緒 「そしてこの溶けて無さ。
まあツーチャンツーチャン。」
アーチャー 「イエス吊りってところか」
キャスター 「イエス狂人か狼かな
釣っていいんじゃない」
イエス 「GMが霊能者だった・・・そういうことなのか?」
セイバー 「アチャー>アーチャー(ギル)死亡」
ランサー 「ま、霊能信じるってことで
イエスのオッサンはゴルゴダ登りしてもらうぜ」
ねらう緒 「僕まで計算の中に入れられてるので
アヴェンジャー占えば溶けるよねとかそういうあれこれ」
お燐 「うーん。初日で真偽ついてた…のかね」
イエス 「ゴルゴダはもう嫌だー!」
アーチャー 「セイバーお前面白いな」
アヴェンジャー 「ねらう緒 0 票 投票先 → お燐」
アチャ子 「イエスさらばかなっと。できない子は惜しかったね、昨日発言だけでおいとことはなったんだけど。(後から」
イエス 「磔刑じゃなくて絞首刑なんじゃないのかい?」
ランサー 「ただねらう緒、
あんた自分が死んでないことどう思う?」
アンナ=カレーニナ 「キャスターは昨日のできない子吊りの地点でかなり発言が弱くなっていたのですが
できない子○である以上偶然だったのでしょうか、しかし今日以降も弱いなら要注目ですね」
アーチャー 「逆のセンスも引き継ぐべきだったのでは?」
アヴェンジャー 「うーん、初日発言10あるから
身内票ある位置だからあんまり参考にならんか
吊る投票じゃねーわ」
セイバー 「アンナ>イエスが狂人、と?」
イエス 「イエスさらばとイエス・バラバって煮てるね。>アチャ子」
ブッダ 「おや、アヴェンジャーさんは今日ギルガメッシュさんかイエスが噛まれると思っていたんですか
ねらう緒さんが噛まれる可能性は考えていなかったのですか?」
ねらう緒 「>ランサー
別に普通じゃないの、としか。
そんな話は昨日できない子ともした覚えがあるけれど」
アヴェンジャー 「はーい!俺もイエス狂人だと思いまーす!
理由は昨日参照」
キャスター 「イエス白だったら狙う緒が狼かな
黒だったら狂人か真?」
お燐 「キャスターはなんか硬さを感じるけどどうなんだろうねぇ
○もらいに言及するのもなんだけど」
アンナ=カレーニナ 「私はグレー戻りしたほうがよろしいのでしょうね」
イエス 「ブッダ、待ってほしい。マーラさんが騙るとしたら君の方じゃないか?
私を騙る者がいたとしたらそれは反キリストなのでは?」
[密]ねらう緒 「吊る投票なんだけどなぁ」
セイバー 「ありがどう、気遣いが人を傷つけることもあると学んだよ>アーチャー」
アチャ子 「(ぐつぐつぐつぐつ
煮てるよ!ぶどうジュースはもらってあげるからね…>イエス」
アーチャー 「ははは>セイバー」
イエス 「汝の隣人を愛せよ。>アチャ子」
アヴェンジャー 「>ブッダ

◇アヴェンジャー  「イエス 0 票 投票先 → ランサー
投票だけみると狂人っぽいんだけどね」

この時点でイエス真狂と見てる、よって残ったねらうおは狼だぜOK?」
バゼット 「イエス真狂としてのパンダ吊りだったので
アヴェンジャーのねらう緒は噛まれないのではと言う感覚もわかります。」
ブッダ 「イエスを騙るマーラよ。それ以上私の友人の皮を被り
彼を貶めることは私が許しませんよ」
ランサー 「ま、そこまで言うんなら
呪殺なり結果を出して見やがれってとこでヨロシク>ねらう緒
吊りで死ぬならホミカしか候補はいねえしな」
イエス 「村人の隣人である狼や狂人を愛してもいい、そう思わないかい?
私は村人を愛している。狐はあんまり・・・。」
ブッダ 「具体的には今後一切あなたのことを無視します、マーラ」
ねらう緒 「この扱いの悪さよ。
手のひらを伏せる準備をしておくがいい。」
お燐 「うーん、なんかないか」
アンナ=カレーニナ 「うーん、初日投票したセイバーは
何というか、生存欲が低いといいますか・・・
誘導が緩いのが一つ。ここが根拠として吊りどころとして挙げたいですわ」
アヴェンジャー 「>バゼット
さて、マスターどうしよう
偉そうなこといって全然灰視できてねーよ

俺にアドバイスプリーズ」
セイバー 「というより噛み先だけみるなら狂人を昨日のできない子●で狼が確信した
というのは多いにありえるからね」
ねらう緒 「結果だそうとしてますが(半ギレ)>ランサー」
イエス 「マーラさんだったらこんなに手際よく騙れるわけがないだろう! 彼のことを侮るな!」
アーチャー 「お、そういえば三角関係か(いまさら」
ブッダ 「なるほど、消去法的にねらう緒さんの真は見ていなかったと。
ありがとうございます>アヴェンジャーさん」
キャスター 「結果的には戻るんじゃないかな>アンナ
イエスが狂人なら狙う緒が狼になって占い結果は灰に戻りそうだし」
お燐 「発言数は目安でしかないけど うーん」
バゼット 「ねらう緒真ありえるなら今日噛まれてると思いますが」
ブッダ 「マーラの幻覚クオリティをなめちゃだめだよ!」
セイバー 「アンナはその辺の過程をどう見たかは気になるかな」
ランサー 「忘れてた。
このひとでなし!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ブッダ は イエス に処刑投票しました
イエス は ランサー に処刑投票しました
セイバー は イエス に処刑投票しました
アーチャー は イエス に処刑投票しました
ランサー は イエス に処刑投票しました
お燐 は イエス に処刑投票しました
アチャ子 は イエス に処刑投票しました
ねらう緒 は イエス に処刑投票しました
アンナ=カレーニナ は イエス に処刑投票しました
アヴェンジャー は イエス に処刑投票しました
バゼット は イエス に処刑投票しました
キャスター は イエス に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
セイバー0 票投票先 1 票 →イエス
ランサー1 票投票先 1 票 →イエス
アーチャー0 票投票先 1 票 →イエス
お燐0 票投票先 1 票 →イエス
バゼット0 票投票先 1 票 →イエス
キャスター0 票投票先 1 票 →イエス
イエス11 票投票先 1 票 →ランサー
アンナ=カレーニナ0 票投票先 1 票 →イエス
アチャ子0 票投票先 1 票 →イエス
ねらう緒0 票投票先 1 票 →イエス
ブッダ0 票投票先 1 票 →イエス
アヴェンジャー0 票投票先 1 票 →イエス
イエス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーチャーの独り言 「とりあえずねらう狼ならアンナまで吊りきりたい」
キャスター(人狼) 「共有かんどきたい」
お燐 は バゼット の護衛に付きました
ランサー(共有者) 「さてと、ねらうはほぼ狼だろうよ」
アチャ子(共有者) 「ねらうは後で吊るとして、軽く灰見てつっとくならお燐かなーとは。」
ランサー(共有者) 「今一番疑ってるのはアンナだな」
アヴェンジャーの独り言 「おりんりんの発言がものすごい勢いで落ち込んでるんだけどどーしたもんかね」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「危! 発言が伸びません」
ねらう緒(人狼) 「どっちか希望ある?>共有
無いならアチャ子噛んでくる」
アヴェンジャーの独り言 「うーん、あんまり勝てる気がしねーなこれ」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「アチャ子でどうぞ」
キャスター(人狼) 「アチャ子噛みでいいと思うよ
進行役のランサーは狩人で守られてるだろうし」
アチャ子(共有者) 「多分残しといてもその内吊られるか最後の方勝てない。
で、ねらうが狼だったとしたらアンナはあってもキャスターはこのタイミングで囲わないでしょ感。
アンナも囲われるよーというかっていうと微妙だけど」
ランサー(共有者) 「◇アンナ=カレーニナ  「私はグレー戻りしたほうがよろしいのでしょうね」
◇アンナ=カレーニナ  「うーん、初日投票したセイバーは
何というか、生存欲が低いといいますか・・・
誘導が緩いのが一つ。ここが根拠として吊りどころとして挙げたいですわ」

自分をグレー戻ししてもいいと言いながら、釣りやすきに誘導する姿勢
他人吊ってれば自分は吊られずにすむからなァ」
ねらう緒(人狼) 「大体は二人があと3吊りか4吊り頑張ってってゲームなので
僕にはもうどうしようもないが」
ねらう緒(人狼) 「じゃあ130で噛むので」
ねらう緒(人狼) 「勝手に吠えるから
発言でも書きためてどうぞ」
アチャ子(共有者) 「セイバー、アーチャー、アヴェどうするかなーってとこ。」
ねらう緒(人狼) 「アオォーン・・・」
ランサー(共有者) 「イエス狂人として……正直ブッダ囲われ狼に見えねえんだよな
なんだよあの聖人君子マジアガペー」
ランサー(共有者) 「アヴェンジャーは素っ頓狂だが、結構信用したいとこだな」
ねらう緒(人狼) 「ちくしょう、僕のなにが悪いというのだ」
ねらう緒(人狼) 「何が悪いというのだ」
ブッダの独り言 「イエスよ…天上で身を清めるのですよ……」
アチャ子(共有者) 「アンナまぁ残しといても微妙なとこだし吊っていいけどねね。」
アチャ子(共有者) 「あ、でも吊り数か。」
ランサー(共有者) 「噛みの状況でなく別のとこで直感的に解答してる

狼ならできない発言だぜ」
ブッダの独り言 「マーラにとりつかれてなどいけませんよ……」
ねらう緒(人狼) 「どうすればパルクール緒のRPができるようになるだろう。」
アチャ子(共有者)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ねらう緒 は アチャ子 に狙いをつけました
アチャ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
(アチャ子 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アチャ子さんの遺言 共有!相方ランサー!

…君の心にゲイボルクだった、てへ
イエスさんの遺言 奇跡が起こって復活したりしないかな?
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
キャスター 「おはよう
霊能結果は?」
お燐 「おはおー。
>◇キャスター  「イエス白だったら狙う緒が狼かな
>黒だったら狂人か真?」
キャスターは霊能が噛まれることを考えてないのね
アンナから狼臭さは感じないかな、自然体に見える
自然体の狐って可能性はあるけどさ
セイバー 「イエスが○ならアンナは吊る」
ねらう緒 「占いCO アヴェンジャー○」
アーチャー 「俺的にはねらうが狼ならそのままアンナまでダストシュートまで持っていくつもりだが
別に、アレを吊ってしまっても構わんのだろう?>ランサー」
セイバー 「生存欲が低く見えると人外であるという根拠を論理的に
言い掛かりでなく説明できるならお願いしたい>アンナ」
アンナ=カレーニナ 「おはようございます」
キャスター 「って共有が死んでる」
ランサー 「おいおい、俺が生き残るのかよ」
ねらう緒 「占い理由
◇ねらう緒  「僕まで計算の中に入れられてるので
アヴェンジャー占えば溶けるよねとかそういうあれこれ」

対抗いない以上2死体出せばいいだけなので
理由に力を入れようとも思ってない
そもそも思考停止気味してるけど許される許される」
アンナ=カレーニナ
セイバーの誘導が緩いと思った根拠を挙げろって
初日に雑談して
3日目はアーチャーとは違って私に誘導かけるんじゃなくて
カバーをかけていたのが凄い違和感」
アーチャー 「残り2吊りを考えた場合、ブッダで想定がついたっていうのも考えられるのだが、
それよりは、投票先が共有だからっていうのをすこし押したい」
バゼット 「霊閣下は○・・・」
セイバー 「アヴェンジャーは段々狐に見えてきたし
狼もありそうだしでとりあえず吊り余裕あったら吊りたい(適当)」
アヴェンジャー 「アンナは非狼なら噛まれるだろ理論で
とりあえず放置しておけばいいんでね?

役持ちだと見てる
理由はアーチャーが大体俺の言いたいこと言ってくれてるから

おりんりんの発言が初日から比べて著しく精度が落ちてるんだけどどーなんじゃろ?
ブッダ 「しませんよイエス。」
ねらう緒 「んんん~~~~~~~~~~^^」
アヴェンジャー 「そのまま、ロラロラロラ」
アーチャー 「共有が死亡はまあいい
霊能結果はいかに」
ランサー 「んじゃ、ねらう緒さんボッシュートだな」
バゼット 「失礼、霊結果は○」
お燐 「霊結果○…うーん」
ブッダ 「では吊ってしまうしかないでしょうね。」
ねらう緒 「ありゃ。>霊○」
アーチャー 「規定吊りで」
アヴェンジャー 「ランサーが生き残った!」
アヴェンジャー 「狐に見えるならかませるくらいの度量持てよ>セイバー」
ランサー 「ゲイ・ボルク!!」
アーチャー 「ランサーは死なんよ
こいつは存外しぶとい男だ>アヴェンジャー」
お燐 「まぁ仕方ないよねって」
セイバー 「霊結果○なら吊る根拠は
「私は灰戻しの方がいいですよね」
がイエスの結果が○なの見えているように見えるから」
アンナ=カレーニナ 「言いがかりしかしないアーチャーはともかく
セイバーは残せない」
アーチャー 「君の瞳にか?>ランサー」
ねらう緒 「ならまぁ後は狩人がなんとかしてくれないかなぁ。
今日これだから無理な気もする。」
キャスター 「霊能結果白かあ
ねらう緒狼でいいと思うね
釣っていいと思うよ」
ランサー 「つーわけで、だ
多田李衣菜が真占いだったってのが判明したわけだが」
アンナ=カレーニナ 「セイバーの私叩きへの根拠のほうが足りない
占い師の信用を勝手に落としてそのまま私を吊る流れが本当に自然すぎるわ」
アヴェンジャー 「おりんりんの発言が初日から比べて著しく精度が落ちてるんだけどどーなんじゃろ?
キャスターを怪しんでる意図もちょっと良く見えない」
バゼット 「背水の陣ですね」
お燐 「キャスターは発言が硬いとしか言えない>アヴェンジャー」
バゼット 「おそらく狩人にも期待できないでしょう」
[密]ねらう緒 「ぶっちゃけ8>6で全滅すると思ってる。」
ブッダ 「個人的にはアンナさんのセイバーさんを疑う根拠が、どうセイバーさんが
人外ということにつながるのか、お燐さんのキャスターさんに対する意見を詳しく聞きたいところですね」
セイバー 「そういう意味では結構自信あるから
ねらう緒よりアンナ吊りもありかもしれないね

当たっているとは限らないのが難点だけど」
アンナ=カレーニナ 「それは噛み切りがないところで私は真を噛まれたのを考えたから >セイバー」
アヴェンジャー 「大丈夫大丈夫、狩人様がきっと1吊り増やしてくれるってばよ>バセット」
キャスター 「真占いの白はもう死んでるから
指定かグレランかなこの場合」
アヴェンジャー 「だから、その硬いってなんだよw>おりん
発言が硬いと狼なのか?」
ランサー 「おう、全員にちょっと提案がある

自分の疑ってる奴を二人あげてくれ
今のところ狼3w生存の騙りが1で2W残りだ。
関連付けて考えてくれ。」
お燐 「テンプレ発言の多さと、自分の思考を開示してないことかな
>キャスター疑いの理由」
バゼット 「アヴェンジャーには狩人以上に期待していないのですが・・・」
ブッダ 「詳しくきいてみましょう
お燐さん、キャスターさんの発言に対して硬さを感じているのはわかります
ではその硬さをどう考えますか」
ねらう緒 「ホミカで吊ってても吊って無くても危ないんだけど
どうなることだろう。」
セイバー 「おや
真噛み確信できる要素は君の視点ではまだ足りなかったと思うけど昨日時点では>アンナ」
アヴェンジャー 「それでいいじゃんかよ>おりん
言語化できんじゃん」
アーチャー 「まあ、規定で私はアンナ吊るつもりだから賛成はできるけど
あんまり賛成する人多くないと思うぞその意見」
アーチャー 「>セイバー」
お燐 「【若い】狼は偽装をうまく出来ないから固くなると考えてる」
アヴェンジャー 「おい!てめぇ!見てろよ?人外全吊りしてやっからな?>バゼット」
アンナ=カレーニナ 「霊結果○であることを知っていたかですって?
知るわけないでしょ」
バゼット 「まぁ私の疑い先を一発で当ててくれたら信じてあげなくもないです」
お燐 「狐はよくわからない>あたい」
ねらう緒 「真狂狐説は初手占い噛みで見てないので
バゼット-お燐とかそんなんじゃないかな>ランサー」
アヴェンジャー 「今日の動きで吊りたくなったのはセイバー>ランサー」
ランサー 「狐候補はホミカとできない子だな
霊能は疑わないでおく」
アーチャー 「アヴェ→バゼ→ランサー→???
面白い関係性だ」
アヴェンジャー 「どうだ!!>バゼット」
キャスター 「こっちとしては」
ブッダ 「言わんとしたいことはわかりましたよお燐さん。ありがとうございます」
バゼット 「全然違います」
セイバー 「噛み切り無いけどねらう緒吊らせたい噛み
を除外するだけの推理を君は昼間には見せていなかったからね>アンナ」
ランサー 「いやオメーはそこでかわいてゆけ>ねらう」
お燐 「うーん、キャスターと…」
アンナ=カレーニナ 「セイバーとキャスター・・・でしょうか」
ねらう緒 「【若い】(意味深)とな?>お燐」
アヴェンジャー 「それじゃあ、おりんかブッダ!>バゼット」
お燐 「ああ、経験濃かったら見破れない、あたいには」
バゼット 「はずれ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アーチャー は ねらう緒 に処刑投票しました
ブッダ は ねらう緒 に処刑投票しました
ねらう緒 は お燐 に処刑投票しました
アヴェンジャー は ねらう緒 に処刑投票しました
お燐 は ねらう緒 に処刑投票しました
セイバー は ねらう緒 に処刑投票しました
ランサー は ねらう緒 に処刑投票しました
バゼット は ねらう緒 に処刑投票しました
キャスター は ねらう緒 に処刑投票しました
アンナ=カレーニナ は セイバー に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
セイバー1 票投票先 1 票 →ねらう緒
ランサー0 票投票先 1 票 →ねらう緒
アーチャー0 票投票先 1 票 →ねらう緒
お燐1 票投票先 1 票 →ねらう緒
バゼット0 票投票先 1 票 →ねらう緒
キャスター0 票投票先 1 票 →ねらう緒
アンナ=カレーニナ0 票投票先 1 票 →セイバー
ねらう緒8 票投票先 1 票 →お燐
ブッダ0 票投票先 1 票 →ねらう緒
アヴェンジャー0 票投票先 1 票 →ねらう緒
ねらう緒 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
お燐の独り言 「どうしよう…」
アーチャーの独り言 「君の心にwwwwww」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「霊能護衛入るよね?」
キャスター(人狼) 「どこか噛みたいところある?」
アーチャーの独り言 「ぷぎゃあwwww」
お燐 は ランサー の護衛に付きました
ランサー(共有者) 「アンナに指定したいところだが、どうするか」
キャスター(人狼) 「たぶんね
だからそこ以外でいいんじゃないかな」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「霊能チャレできない?」
ランサー(共有者) 「ブッダ、アヴェンジャー、アーチャーは疑いたくねえな」
アンナ=カレーニナ(人狼) 「無理ね…じゃあ共有かしら」
アヴェンジャーの独り言 「だめだ、全然わかんねー」
ランサー(共有者) 「アンナ>キャスター>お燐>セイバー、か
ぶっちゃけセイバーは発言寡黙だが、殴られすぎだ。
カバーがないのが仲間がいないんじゃねえかとも思う」
キャスター(人狼) 「共有髪切り、霊能噛み
どっちかが護衛されてそうなんだよね
ランサー(共有者) 「アーチャーはあの殴りの姿勢が結構気に入ってるがな、
発言精査しておく」
アーチャーの独り言 「キャスター吊り位置過ぎてるんだよな」
キャスター(人狼) 「まあ共有噛みでいい?」
アヴェンジャーの独り言 「俺噛まれそうじゃね?」
キャスター(人狼) 「1:30ぐらいで噛むけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キャスター は ランサー に狙いをつけました
人狼は護衛に阻まれたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ねらう緒さんの遺言 占いだったりする。
結果が欲しいなら海で探してみよう。
探せ、全ての占い結果をそこにおいt[ピーーーーー]
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
お燐 「おはお。
昨日あたいに質問してたブッダ、アヴェンジャーは村目?
アンナも狼ぽさは感じられないような
キャスターを疑っている理由はすでに述べた通り
あとはセイバー?まだこのあたりはよくわからない…
キャスター 「おはよう」
アンナ=カレーニナ 「おはようございます」
お燐 「死体なし!?」
アヴェンジャー 「あれか!実は俺が一番の疑い先ってやつかおい!?>バゼット」
ブッダ 「これはこれは」
バゼット 「霊結果は●」
セイバー 「信用落としも何も、ねらう緒真の可能性を君が上げないのなら
ほぼねらう緒●を現時点でも考えている他の村人全員を説得すべきだ>アンナ

そしてアーチャーが言い掛かりだけしかしないから残していい理由が無くて
逆に僕を残せない理由は抜けているようだから
今日こそは聞かせてほしい」
ランサー 「おう、狩人の仕事だと信じたいとこだが」
アーチャー 「アンナが狼ならセイバーは吊らない
アンナが村ならセイバーは吊る

キャスターとブッダは最終日
アヴェンジャーとお燐で終わらせる形かな
っていう感覚ではあるが>ランサー
(吊りがあれだが)」
アヴェンジャー 「狩人いるなら出していいと思うけど」
アンナ=カレーニナ 「◇セイバー「おや
真噛み確信できる要素は君の視点ではまだ足りなかったと思うけど昨日時点では>アンナ

いやだって3日目できない子が仮に狼だったとして吊られたならば
4日目はイエス噛みが入ると思うわよ
十二分に考えられた だからこそそれがなかったら真を噛まれたをいちばんに見たわけ。」
キャスター 「おっと死体なし
GJか狐かな?」
アーチャー 「ほーいいな」
バゼット 「残念ながらあなたは3番目です」
アヴェンジャー 「正直今日は俺が噛まれると思ってました!!」
ランサー 「指定していいかい?」
お燐 「霊能は●と」
アーチャー 「1吊り増えるのはかなり好ましい」
アヴェンジャー 「割りと高いなおい!!>バゼット」
アーチャー 「いいよ>ランサー」
バゼット 「出さないでいいですよ。>狩人
GJだったら噛み先固定されちゃうじゃないですか」
アンナ=カレーニナ 「GJ持っていてもいなくても今日出す必要はないですよ」
アヴェンジャー 「俺が狼ならアンナ噛むとは言っておく>ランサー」
お燐 「okだよー>ランサー」
キャスター 「いいよ>ランサー」
セイバー 「お燐>僕は解りやすいぐらい僕なつもりなんだけどね」
ランサー 「つーか先にしておくわ
アンナ、テメーに引導を渡してぇな」
バゼット 「私のおすすめの指定先はアーチャーです」
ブッダ 「まぁ、そうなるでしょうね」
バゼット 「まぁそっちでもいいです>アンナ指定」
アヴェンジャー 「いや、狐噛みか狩人のGJかどっちかわからんと
吊り先って定まらなくね?」
お燐 「うん。それが狼かどうかってことがあたいにはまだわかんない
ほとんど見たのは消去法だし>セイバー」
キャスター 「何かCOある?」
アーチャー 「分かり合えないってところか>バゼットとは」
ランサー 「俺のワガママかもしれねぇが、すまねえな
どうしても疑いが晴らせねぇんだわ」
アンナ=カレーニナ 「狐とか全く考慮の外だったので今もまだ考えません
まだこれで1wですしね」
バゼット 「アーチャー疑い言わない方が良かったですね」
アヴェンジャー 「俺は今日狐噛んだという想定でアンナ指定進めたけど」
セイバー 「霊結果を抜きに?>ブッダ噛みが無いから
狩り探しの噛みでもなく
ダリーナの○が噛まれたからでもなく」
アンナ=カレーニナ 「COないです」
アーチャー 「まあ、いいさ
どこ疑ってるか説明できる部分はするさ>バゼット」
アヴェンジャー 「アーチャー、セイバー狼だとアンナは噛まなそうってくらいか」
ランサー 「まぁぶっちゃけると、吊り数一つ増えたと言っても結構鉄火場近いんだわこれ

もしお前さん、自分が潔白だと言いたくば
その弁論を持って証明しな。」
バゼット 「私は霊能者です。
灰同士なら会話は必要ですが、私は判断役なので、あなたたちの会話をみて判断します。」
アーチャー 「疑い先あげてるなら全てに言える話だぜ>アヴェンジャー」
セイバー 「アンナは狐はないと思うよ>アヴェンジャー」
お燐 「キャスターは素で硬い人って可能性もあるんだけど
他に疑う先が見当たらない…」
アーチャー 「はっ」
ブッダ 「というかどこ狼でも噛まないと思いますよ、アンナさん」
ランサー 「よほどのことがなければ変更はしない。

が、生き汚くあることは美徳ともいえるぜ?
見せてみな、テメーの足掻きを」
アヴェンジャー 「どれについての安価だそれ>アーチャー」
アヴェンジャー 「俺が狼なら噛むぞ?>ブッダ」
アーチャー 「アンナは噛まないの下り>アヴェンジャー」
セイバー 「だからもし、アンナ○なら僕は村負けは覚悟している」
ブッダ 「おや、そうでしたか。一応理由をうかがっても?>アヴェンジャーさん」
バゼット 「正直狼には勝てると思ってます、が」
キャスター 「狼が一匹釣れたけどあと残り最悪だと2W1Fかな
7人のうち3人外」
アンナ=カレーニナ 「セイバーさんの誘導が突然強くなり始めたのは
自分が叩かれたからでしょうか? ここは疑問に思いましたね」
バゼット 「狐が厳しい」
ランサー 「あぁ、バゼットには同意だな
俺狐はよくわからねーんだわ」
ランサー 「おっと、狩人は日記書いておきな」
セイバー 「……いや
本当村ならごめんよ>アンナ」
お燐 「この展開は確かに>バゼット」
ランサー 「そうか、じゃあな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ブッダ は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
ランサー は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
セイバー は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
バゼット は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
お燐 は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
アヴェンジャー は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
アンナ=カレーニナ は セイバー に処刑投票しました
アーチャー は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
キャスター は アンナ=カレーニナ に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
セイバー1 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
ランサー0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
アーチャー0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
お燐0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
バゼット0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
キャスター0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
アンナ=カレーニナ8 票投票先 1 票 →セイバー
ブッダ0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
アヴェンジャー0 票投票先 1 票 →アンナ=カレーニナ
アンナ=カレーニナ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キャスター(人狼) 「 」
キャスター(人狼) 「 」
アーチャーの独り言 「会話を見て決めます
疑ってる部分があるならそこ潰さなきゃ吊られる未来しかねえだろうが」
お燐 は バゼット の護衛に付きました
ランサー(共有者) 「もしここで◯だったら、と考えるとこだが……
正直難しいな」
アーチャーの独り言 「お高く止まって俺のこと狼見てるなら」
キャスター(人狼) 「どうしよう
LWになっちゃった」
アーチャーの独り言 「考えなおしたほうがいいぜ」
ランサー(共有者) 「つーかアヴェンジャーすげー狐くさい
油揚げの匂いプンプンするわ」
キャスター(人狼) 「狐探しもしないといけない」
アヴェンジャーの独り言 「おりんりんーキャスターブッダをどう判断するかの村じゃねーかな?」
キャスター(人狼) 「共有とかも噛んでおきたい」
ランサー(共有者) 「つーかよ、俺は単騎突貫で暴れまわるのが得意だっつーのによ
なんでこんな指揮官役を回されるんかねぇ?
運命ってのはどうにも迷惑なもんだ」
ランサー(共有者) 「指定していいかい、ってダジャレのつもりだったんだがな!」
ランサー(共有者) 「アーチャーを見ておくか」
キャスター(人狼) 「 」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キャスター は バゼット に狙いをつけました
人狼は護衛に阻まれたようです
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アンナ=カレーニナさんの遺言 『あんな? カレーにな?』
福神漬けが入ってないのはおかし思うねん!

以上、私の受験戦争時代の想い出の一コマでした。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
バゼット 「アンナの霊結果は●です」
お燐 「おはお。
キャスターにロックオンしちゃってるあたい。
動きの軽い狼がいる可能性は正直ある。
ただ昨日のブッダは元気なかった。
キャスター 「おはよう」
アーチャー 「ほー」
セイバー 「僕噛まれならキャスターさん処理する縄はギリギリあると思う
アヴェンジャーは今日俺噛まれると思った
と言っているので狩狐狼
つまり死体無しの理由は見えてる位置と推定できる
その上で狩り出していいと言うなら狩りは無いから吊る位置

ブッダは初手囲いでダリーナ真が即判明した位置の疑いもある

この中の三人削ってお燐―アーチャー―誰か
という形にはなりそうかな」
バゼット 「知ってました」
アーチャー 「良い平和だ」
ブッダ 「お燐さんはキャスターさんを疑っているようですが昨日あまり誘導が見られなかったのが
少し気になりますかね。現状あなた視点では2w生存、そして他の人外の見当もつかない

というのなら、キャスター吊りを推してそこから頭をリセットして人外を探すのが得策だったのでは?」
お燐 「2連死体なし。」
アヴェンジャー 「>ブッダ
3日目から言ってるけど以下の発言からアンナは役持ちに見えてたんだわ

◇アンナ=カレーニナ  「ついていけない話題の流れ過ぎて
ほとほと○をもらっておいてよかった感じ
でないと寡黙吊りで即死亡する流れでしたねこれは」

初日から自身の生存を気にするのって役っぽいなーと思ってたからな俺
アーチャーと部分的には似通ってるところはある」
アーチャー 「まあ、アンナはそうだろうな」
キャスター 「また死体なし…
いったい今度は何だろう」
アヴェンジャー 「あ、狩人生きてるかこれ」
ランサー 「ほう、二度目の死体無しか
こりゃあ狩人生存もあり得るが……」
ブッダ 「あとはアヴェンジャーさんがアンナさん噛まれで想定するというのが
意識の齟齬を感じるのでそこらへんも興味がありますね」
バゼット 「問題は今日の吊りですね
あ、狩人生きてて私でGJですね」
セイバー 「まあ、だよね」
アヴェンジャー 「いや、偶数にしたのかこれ?」
ブッダ 「あぁ恐らく霊能噛んでGJでしょうかね」
アーチャー 「それじゃあ狐目で指定なりすればいいぞ>ランサー」
アヴェンジャー 「ははっ!狐ではなく狼だったというおち」
ランサー 「多分1回吊り数ミスっていいんで指定したいが、いいか」
キャスター 「二つ目の狼結果
これで最悪はいったん免れたかなあ」
アヴェンジャー 「おりんりんーキャスターブッダをどう判断するかの村じゃねーかな?
と思ってるんだわこれ」
アーチャー 「霊能噛んでGJの場合狐が生存してることになるからな」
バゼット 「キャスターかブッダですが・・・ブッダはLWなくはないですか」
ランサー 「んじゃアヴェンジャー、COどうだい?」
お燐 「指定は続けないと意味が無い」
セイバー 「狩り出していい
と昨日言って
狩り生きてるか
ならアヴェンジャーは狐目かな」
バゼット 「そこ素村だと思います」
アヴェンジャー 「それじゃあ、セイバー噛まれるしいいんじゃね?」
アヴェンジャー 「昨日の発言で俺が狩人ならCOしてるわ>ランサー」
バゼット 「狼だったら殴りに生きます。霊界へ。」
ブッダ 「>アヴェンジャーさん
役っぽいと見てたのはわかります。ですがそれは狐とイコールではないですし
ましてや噛まれとイコールではないと思いますが、どうお考えですか?」
アヴェンジャー 「おりんりんーキャスターブッダをどう判断するかの村じゃねーかな?
と思ってるんだわこれ」
キャスター 「これで1F1W、釣り余裕はある
助かったのかな」
ランサー 「ブッダLW……イエス狂人と見るならあり得なくない位置なんだが

こいつ頭の後ろから後光が差してるんだわ……」
アーチャー 「お燐とアヴェで悩む村だとは思ってた>昨日参照」
アヴェンジャー 「無理やり殴るなら

キャスター
全くと言っていいほど見えない
発言からは読み取れない

おりんりん
吊りたい位置がキャスターのみで
反論がない部分だけを殴っている印象
人外はどこかを吊らないと勝てないので殴りやすいところを殴っているか?

ブッダ
質問だけで釣りたい先を言わない
ヘイトを稼ぎたくないなにかってところではないだろうか」
アヴェンジャー 「と、考えてる」
アーチャー 「ブッダよりお燐のほうが狼っぽくは感じる」
お燐 「キャスターはただ硬いだけの人なのかねぇとも思えてきた
セイバー 「それはいい
残った責任は下界に投げ渡して悠々自適だ>アヴェンジャー」
アヴェンジャー 「おまえ、昨日の噛みが狐噛みかGJかわかんの?>セイバー」
アーチャー 「キャスター殴りに違和感があるとでも言えばいいか?」
バゼット 「その思考の変遷はよくない>お隣」
ランサー 「その口ぶりだとLWってこともなさそうだな
テメーみたいな弱小サーヴァントなら諦めもよかったろうしな」
お燐 「他に疑えるほどわかるのがわからない>アヴェンジャー」
ランサー 「指定は継続だ。
ワガママ通してすまねえな」
アーチャー 「狐で考えるならどこ噛まれるんだか
普通灰噛まねえと思うだけどな」
お燐 「うー。よくないのね>バゼット」
ブッダ 「もう少し話をしてたくはありましたが」
セイバー 「いいや、僕には解らない>アヴェンジャー
解らないから君の言葉を素直に受け取るなら
君が狐じゃないかなと推測しただけだよ」
アヴェンジャー 「それを判断するために狩人に出ろつったの>セイバー
2連続死体なしなら狩人の生存に期待はそれなりに持てる」
バゼット 「わがままは構いませんが、ちゃんと勝ってくださいよ>ランサー」
ブッダ 「狐を噛んだとするなら貴方が筆頭だと思いますよ」
セイバー 「この辺り、アンナとは違って自信はないけどね」
アーチャー 「まあ、GJ情報があとで出てくればわかることか」
アヴェンジャー 「まあ、セイバーは噛まれる絶対噛まれる
噛まれろ噛まれはてろ!」
アーチャー 「明日だろうしな」
ランサー 「霊能と俺とで護衛読みきって2連成功じゃねえかな、と思うけどな。
狐2度噛みまですることもないだろうし、1&1はあってもな」
バゼット 「キャスターは疑い続ける場所です
ですが、その疑いを解こうか迷う姿は村目です>お隣
あなたが人外だとしても」
アヴェンジャー 「明日、GJ出せなかったら狩人は出ておけよ?」
お燐 「おとなり、じゃないやい!」
セイバー 「申し訳ないがそこは僕の解釈の問題だから
間違っていたらすまない>アヴェンジャー」
ランサー 「おうさ。
ランサー、クー・フーリン。
貴女に勝利を与える従者だ、と言っておこう>バゼット」
バゼット 「3回目で気づきましたか>お燐」
お燐 「よく間違えられるけどね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
バゼット は アヴェンジャー に処刑投票しました
セイバー は アヴェンジャー に処刑投票しました
お燐 は アヴェンジャー に処刑投票しました
ランサー は アヴェンジャー に処刑投票しました
ブッダ は アヴェンジャー に処刑投票しました
アヴェンジャー は ブッダ に処刑投票しました
アーチャー は アヴェンジャー に処刑投票しました
キャスター は アヴェンジャー に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
セイバー0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
ランサー0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
アーチャー0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
お燐0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
バゼット0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
キャスター0 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
ブッダ1 票投票先 1 票 →アヴェンジャー
アヴェンジャー7 票投票先 1 票 →ブッダ
アヴェンジャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
バゼットの独り言 「よかった」
お燐 は ランサー の護衛に付きました
ランサー(共有者) 「ヒヤヒヤさせやがる>投票時間」
キャスター(人狼) 「 」
アーチャーの独り言 「んーーーーー」
アーチャーの独り言 「セイバー→お燐」
キャスター(人狼) 「2連続失敗とは…」
ブッダの独り言 「あなたともわかりあいたかったですよ、この世すべての悪」
キャスター(人狼) 「 」
アーチャーの独り言 「キャスターなぁ」
アーチャーの独り言 「これ狐じゃね?」
ランサー(共有者) 「あと2吊りで二人を排除できるゲームで、
さらに1人は狩人COが考えられるか……」
ブッダの独り言 「残念ながらそれはもう叶うことはないでしょう」
キャスター(人狼) 「たぶんブッダが狩人」
ランサー(共有者) 「◇お燐  「おはお。
昨日あたいに質問してたブッダ、アヴェンジャーは村目?
アンナも狼ぽさは感じられないような

ぶっちゃけ、昨日のこれでお燐LWかなと思ってるんだわ」
キャスター(人狼) 「そこをかむほうがいいのかな
でも狐でもありそう」
キャスター(人狼) 「 」
アーチャーの独り言 「その場合ブッダ狼なんだよな」
ランサー(共有者) 「セイバーがよくわからない、と言ってるあたり……
ほれ、アンナと思考がまる被りじゃねえか」
キャスター(人狼) 「ここで灰噛みに行ったほうがいいのかな…」
キャスター(人狼) 「 」
ランサー(共有者) 「セイバーはもう疑える位置じゃねえな
アンナの巧妙な身内殴りだったらほめてやるよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キャスター は バゼット に狙いをつけました
バゼット は無残な負け犬の姿で発見されました
(バゼット は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
バゼットさんの遺言 ◇アーチャー 「お、そういえば三角関係か(いまさら

昨日のタイミングでこの発言は違和感ですね
ここ指定で吊りましょう。

あとセイバーは村で見ています。
アヴェンジャーさんの遺言                                    ト.、
                            }\l\ト、}::::\ヘ. ,
                          ー==ミヽ:::::...::::::..:::::::...∨{__ノ!
                       _).::::::::::::::::::::::.\::::ヽ:::::ハ..::::/イ
                      ___,,.≧==ミ::::::ー=ミ::::::.\:::V::::!::/.:::i/(
                     \...:::::::::::::::(ー=ミ.:::::`ヽ\∨.::ノ/.::::ノ.:::::}
                   __,ミー===ミ::>.::::::::::::::‐=ミY.::厶イ.:::::::ノ
                    \ー===ミ〃.:::////:::/.:/リ.:iヘ::::i::::::く⌒
                        >=‐=ミ厶イイ////! // リi |:::i::i:i:::.\
                   ー=≦三≧‐-=ニ厶イ  j/イli/::! リリリリハハ⌒
                    ー=彡'⌒Yニ=rテ=ミ::.≧=-ル'.:::l厶イイィ人{
                        フ{  う`¬弋゚ヅ^ヽ:::ヽ l≦ニ从从
                  ∠彡、 (_ ,,.. -‐==ニ二二ピツノ::八   愛だよ愛。それが基本にして最強だ。
                   ー=彡:;'"´_ .. --‐‐==={=‐-ミ/
                    〃|;' .:;ヘ"´  、_ _ _' __У    つーわけで、I LOVE 村人ってか
                      | i:{ X⌒ヽ` ー―'_// 
                      ├彑┴=ヽ.-‐―‐'.´'"
                       /´\ `ヽハハ≧=i´
                ___,.. <二ニニ\O\ハうリ、
          , -‐==≦.:::::::;ニ=‐-   〃.::ハ O V.:::::::`:ー。-.、
        ,.く_).:::::ィ⌒Y{::::::::l―‐‐‐-=弋_彡'ハ OV.::::::::}。.::::::::>ー‐- 、

朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
キャスター 「おはよう」
お燐 「お燐の狩人日記
1日目 護衛:不可能 死体:ギルGM
仕様だから仕方ない。
というかここ護衛できたら怖いよね。

2日目 護衛:バゼット 死体:多田李衣菜(占CO)
霊護衛いってみようか
狼目線真偽ついてる可能性はあんまりないけど
ベグってくる可能性はある、でも、とりあえずはこっちかな。
1COの霊能はとりあえず真で見るスタイルだし。

3日目 護衛:バゼット 死体:ギルガメッシュ
しまったかなぁ
まぁ、パンダ吊りだし霊能結果は重要だと思うので
こっち護衛でいいよね

4日目 護衛:バゼット 死体:アチャ子
イエス狼はないだろうけどここで護衛を霊能から外すのは怖い
だけどこの霊能の指揮能力を信じていいのだろうか?
結果によってはランサー護衛を考えつつ今日はこちら

5日目 護衛:ランサー 死体:なし(GJ!)
霊能護衛を読んでの共有噛み抜きに賭ける…
正直自信ない…


6日目 護衛:バゼット 死体:なし(GJ!)
スライド護衛。ランサー二連噛みも頭をよぎったけど
バゼットさんを信じる。というか霊能機能を信じる。
GJを出すよりも噛まれて困るところを護衛。

7日目 護衛:ランサー 死体:
これはもうGJ狙うぐらいしかないかな
かといって灰護衛するほど実力はないし
再度スライドしか。で、明日朝イチで出る、と。
GJ出て…も。

8日目 護衛: 死体:

アーチャー 「お燐が狼じゃなくて素村なら
キャスターって噛まれる位置じゃないだろうか?
そう考えるとブッダが一番狼っぽく感じはする(イエスの下りは考えないで)」
ブッダ 「アーチャーさんをどう見るかで吊り順が変わりますね」
ランサー 「すまねぇな、マスター。

んじゃ狩人は出てくれ」
お燐 「狩人CO」
キャスター 「対抗狩人CO」
アーチャー 「狐噛みではないと」
セイバー 「これで1F1Wと確信して発言したキャスターさんはその……狩りならCOしていいんじゃないかなってぐらい」
ブッダ 「おや」
ランサー 「おっけ、対抗はいるかい?」
アーチャー 「おっと」
お燐 「ランサー>バゼットでGJ 狐噛みなし」
アーチャー 「キャスター日記はあるか?」
キャスター 「不可能>ねらう緒>バゼット>ランサー>ランサーGJ>バゼットGJ>ランサー」
セイバー 「……どっちにしろ霊抜かれてるのか」
キャスター 「一日目 不可能
狩人かあ、普通村だとあんまりやったことないけど頑張らなきゃ
二日目ねらう緒 GJなし
占い3CO、どれかが本物だけどなんかイエスは占い理由がうっすい感じ
真っぽい多田かねらう緒から選ぶね
三日目バゼット GJなし
できない子がパンダになっちゃった
この場合だとつって結果を見てって感じだよね
狼だったら霊能結果を見られたくないと思うし守っておきます
四日目ランサー GJなし
霊能結果から白、イエスは狂人、狼だったみたい
となると白なら狙う緒は狼、黒なら狂人あるいは真だと思う
けど噛みきりではないし狼あるいは狂人なのかな
それだったら指示役とか噛んできそうだし共有霊能のどこかを守っときます
五日目ランサー GJ
共有噛み…3卓の読みがはずれちゃった
残った占いだけど狼で噛み方から残った共有噛みをすると思うから守ります
六日目バゼット GJ 
よかった、当たったみたい
だけど最悪はまだ2Wと1F残ってる場合
それだと5人のうち3人人外で釣り数がぎりぎり
それなら灰の濃しで噛みきりか霊能噛みかどっちかのはず
守れればいいなあ
七日目ランサー
2連続での成功…まぐれとはいえよかったあ
霊能結果は2匹目の黒で死体なしだから最悪は遠ざかったはず
これで1F1W かな最悪は
指示役か霊能護衛継続するよ」
アーチャー 「んじゃロラで良いんじゃね?>ランサー」
ランサー 「ち、どっちも2連GJ主張か」
ブッダ 「真狼っぽい感じにみえますねぇ」
アーチャー 「狐噛み情報ないなら」
アーチャー 「しかも護衛先おなじだろ?」
お燐 「むぅ、やっぱり人外だった」
ランサー 「セイバー、ブッダ、アーチャーに人外をいないとするかい?」
キャスター 「2連続GJだから最悪なら狐がいる
気を付けて」
アーチャー 「セイバーブッダに狐がいるなら」
ランサー 「キャスター、テメェ視点でお燐は何だと思う?」
お燐 「セイバー、ブッダ、アーチャーには人外を感じられないけど」
セイバー 「この狩り達、狐狼ってオチないよね?」
アーチャー 「すまんって状態ではあるのだが」
キャスター 「狼かな…」
ランサー 「>セイバー
それなら真狩人どこにいやがる、となる
連続で狐襲撃してたら笑えるな」
アーチャー 「護衛先被ってるから大体真狼じゃねか>セイバー」
お燐 「>セイバー
ちょっと意味がわからんのよね(汗)ごめん」
ランサー 「腹を決めた。
キャスター、テメーから吊るす」
アーチャー 「まあ、決め打っても良いんだけどな
(その場合今日は灰を吊る」
セイバー 「昨日1F1W言い切った理由は何かな?>キャスター
2GJなら狐生存は確定じゃないけど」
キャスター 「それにたぶんブッダは狐だと思う
狩人か狼しかない結果を知ってるみたいだから
◇ブッダ  「あぁ恐らく霊能噛んでGJでしょうかね」」
ブッダ 「まぁ真狼と見てグレー吊って護衛指示出して、でもいいんですが」
アーチャー 「アンナ吊りで霊能噛みはわりと普通に想像するぞ>キャスター」
お燐 「護衛指示はとくになしね?」
ランサー 「お燐は俺を護衛しな。」
ブッダ 「それなら私は狼になりません?>キャスターさん」
セイバー 「お燐>すまない
ちょっとキャスターの言葉に引っかかったものだから」
お燐 「ok>ランサー」
キャスター 「あの2連続GJ普通ならどっちか狐も見ると思う
けど2回目のあの時はっきりとわかってた感じだから」
ランサー 「赤い朱槍はご所望かい?」
アーチャー 「狐がGJ情報を持たない」
セイバー 「どちらも2GJ主張ならあるいは、と思って」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アーチャー は キャスター に処刑投票しました
キャスター は ブッダ に処刑投票しました
ランサー は キャスター に処刑投票しました
ブッダ は キャスター に処刑投票しました
お燐 は キャスター に処刑投票しました
セイバー は キャスター に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
セイバー0 票投票先 1 票 →キャスター
ランサー0 票投票先 1 票 →キャスター
アーチャー0 票投票先 1 票 →キャスター
お燐0 票投票先 1 票 →キャスター
キャスター5 票投票先 1 票 →ブッダ
ブッダ1 票投票先 1 票 →キャスター
キャスター を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キャスターさんの遺言
                               ノ(r‐‐ミ
                          r'´/: : :. :. :. :. ̄`ヽ
                           /: : : :‐==‐‐ ミ: : : : :.ヽ
                        。s≦: : : : : : : : : : : `ヽ: : : :',
                     (乂/: : : :,': : : : : : : : : : : : : : :゚: : : :\
                         `〃: : : : {: :,': : : : i : : : : : : : : : ', Y⌒ヽ
                    /{: : : : :.ノ乂{___{リ_`ー‐‐}. i...',..}. ',
                    (ヽ   乂{/.} ⊆⊇    ⊆⊇乂}: :}ノ: :}
                    (ヽ乂--. / {   rー―‐ 、 U  }¨ナ.nn_
                 乂 }: : {乂{_≧={       \-=≦ノ.h{ l l l i
                      `¨¨       ー―――  イ  乂ヽ_.ノ

狩人COだよ
不可能>ねらう緒>バゼット>ランサー>ランサーGJ

一日目 不可能
狩人かあ、普通村だとあんまりやったことないけど頑張らなきゃ
二日目ねらう緒 GJなし
占い3CO、どれかが本物だけどなんかイエスは占い理由がうっすい感じ
真っぽい多田かねらう緒から選ぶね
三日目バゼット GJなし
できない子がパンダになっちゃった
この場合だとつって結果を見てって感じだよね
狼だったら霊能結果を見られたくないと思うし守っておきます
四日目ランサー GJなし
霊能結果から白、イエスは狂人、狼だったみたい
となると白なら狙う緒は狼、黒なら狂人あるいは真だと思う
けど噛みきりではないし狼あるいは狂人なのかな
それだったら指示役とか噛んできそうだし共有霊能のどこかを守っときます
五日目ランサー GJ
共有噛み…3卓の読みがはずれちゃった
残った占いだけど狼で噛み方から残った共有噛みをすると思うから守ります
六日目ランサー 
よかった、当たったみたい
だけど最悪はまだ2Wと1F残ってる場合
それだと5人のうち3人人外で釣り数がぎりぎり
それなら灰の濃しで噛みきりか霊能噛みかどっちかのはず
守れればいいなあ
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/03/07 (Mon) 22:43:55
アンナ=カレーニナ 「暴論ですがね」
イエス 「お疲れ様ー。」
ランサー 「うっし!
おつかれさん!」
アンナ=カレーニナ 「お疲れ様でした」
アーチャー 「お疲れ」
アヴェンジャー 「おつー」
ねらう緒 「お疲れさま」
ギルガメッシュ 「お疲れ様」
キャスター 「お疲れさまでした
仲間はごめんね」
セイバー 「……えぇ
お疲れ様」
アーチャー 「まあ、そうだよな>ブッダセイバー村」
アチャ子 「お疲れ様ーっと」
イエス 「ブッダのところに改宗しようかな・・・。」
お燐 「お疲れ様でした…」
バゼット 「良いタイミングで狐が死んでくれましたね」
アヴェンジャー 「俺!俺!!>アーチャー」
アンナ=カレーニナ 「6日目あっさり吊られて申し訳ないです」
ブッダ 「お疲れ様でした。これも皆さんの信ずる心ゆえですよ」
アヴェンジャー 「まったくだね、いいタイミングで狐死亡」
バゼット 「お隣もすごく村目でした」
ランサー 「狐そこかよ! あぶねぇ!」
キャスター 「あの時にもう狐死んでたのかあ」
セイバー 「その……無理に対抗に出なくても良かったと思うよ>キャスター」
イエス 「私も勝利に貢献したのに敗北しているんだ。>狐吊り」
アーチャー 「狐いるならキャスターくらいかなとは思ったけどさ」
ブッダ 「やめてイエス!それ下手すると天界戦争がまた起きちゃうから!」
バゼット 「セイバーもすごく村・・・

◇セイバー
 (十六時野緋色◇
aELdi2ITS.)
[村人]

あれぇ?」
アーチャー 「お燐を狼でみるとキャスターは狐にならず」
ギルガメッシュ 「___>                    {\{\ |      /  厶=-‐
>              -‐=≦     \ト、      /   / /
                     __ ノ´        \   { {   /
           、 _   -‐   >     \       ヽ_{ { /
丶.     \_≫=ミ  /          丶、       `7
_ >   ー=7 ⌒ヽ V          \‐-ミ\     /|
.丶、      \{ `ご}              ヽ以` \_ j l|
  _\     V^ーく               ニ   ´ノア
  \     \∧ ー'                 {7
    丶     {`ーrう     r_           {        序盤からの退場で流れには乗れなんだが
      i    「 ̄ ̄ ̄|    `V` ー- . _   _  、
    -‐┤  ,ノ| ::   i |       \  ̄`ヽ\   ,-一       しっかりと見定め、貫き、護衛をしかと果たした
/ . '  }i ノ L二二二!         \`ヽア┘/
\/_  广´     |  \         `こ´ ,ィ
  マニ=-  _      |    \       ` / |           いや、見事だったぞお燐。褒めてつかわす
    丶   ``丶. |       丶       /‐┘
     \     \      ___/
       }\   { ̄\   ´∧
       }  丶   :.   \ /ミマ¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ''丶、
       }   丶 :     〈////\\  }    ) \_
.      /       Yヘ     V////∧ ヽ}   /   } ``丶、
     /       }\:.    '/ ̄\/ ノ }`ヽ {     ノ    \
    '         }  丶   V:::ヽ {  i }  i {  l/       ヽ
セイバー 「アヴェンジャーはすまない
村だったか」
ねらう緒 「それなりに覚悟の上だから気にしないで良いよ>アンナ
狩COして変なところ当たっても困るからあれでいい」
アーチャー 「キャスター狐にみるとブッダが狼で」
アヴェンジャー 「イエスは村陣営だった・・・」
できない子 「おつかれん」
アーチャー 「ブッダ狼に見えないっていう」
イエス 「イエス!>アヴェンジャー」
ギルガメッシュ 「イエスは狂信者だった可能性」
ランサー 「ちっとお燐が最後あたりLWに見えちまったが、
狩人の気配か、いい仕事をしてくれたぜ」
キャスター 「2連続でのGJが出たのがきつすぎ」
アヴェンジャー 「>イエス

狼<ファッキンゴット」
セイバー 「百回に一回ぐらいは僕も村っぽい事はあるさ>バゼット

プロトセイバーはやりやすいからね」
ねらう緒 「2GJが痛かったようにも思えるんだけど
あれがあったからアヴェンジャーも指定された気がする」
お燐 「つかれた。。。」
ギルガメッシュ 「仏陀あったら狐だろうなって感じだけど底吊りで挑むかどうかだと
狩人COで仏陀吊ってもらって、最終日挑戦が勝ちの芽はあるのかな?
後は村次第だが1」
アチャ子 「まぁ勝ったから特にいうこともないかなー
相方せんきゅー!因果の交差路でまたあおー!」
イエス 「ブッダよ! 寝ているのですか!」
アヴェンジャー 「まあ、キャスターとアンナが狼なら
役噛みかっていうのは蓋を開けてみたら納得だなぁと
そこはやっぱり狩人COでないとわからんけどね」
ランサー 「ほとんど探偵村状態になってすまねぇや
でもこれが性に合ってる気がするなやっぱ」
できない子 「セイバーとブッダがなんか吊れそなかったからなあ
もうちょっと灰が怪しければ2GJまでなら勘定に入れれるとは思うけど」
ランサー 「ブッダ? そこで狂人から◯もらってるぜ」
アーチャー 「私の吊りたい所が吊っていってくれたので感謝だった>ランサー」
アンナ=カレーニナ 「・・・きっとホミカさんも初日の話題にはついていけなかったんでしょうか
でも怖いなぁ
初日いきなり「やかましいからコイツ狼」とか水差しにしかならない誘導かけてたら絶対吊られてるだろうなぁ」
アヴェンジャー 「セイバーはアンナの色が見えたら吊れないと思うわ」
ブッダ 「みなさんの誠実さを噛みしめているのですよイエス。こうして争いは潰えました」
ねらう緒 「騙り視点だとセイバーとアーチャーが吊られる未来が見えなかったのがな。
●投げる暇もないしさーて。」
イエス 「片方の陣営が全滅しなければ争いはなくならないのか・・・悲しいね、ブッダ。」
ギルガメッシュ 「     ル1 ジV //Vi,∧
     ノ :/  // ノ ∧
   / /   i :/ /   i
  .∨ソ ∧wヾi/lイ',/.//ル
    ∨f.--   -- 彡/イ/
    |. ━   ━  .irヽi     型月陣営狼にみえなさすぎて辛いって言いたかったけど
     l    l     _ツ
     ヽ  t::ュ   ノ{__}      我真の○、ランサー共有、バゼット霊能で
, < ̄\>,..__,..r;;'´ x< ̄>
   `√ フii\ ,// /      ∧  残った型月勢3人しかいなかった。
    ∨ i| i i ./ |       |」
できない子 「引き分けでもいいんやで(吊られた狐の声>全滅しなければ争いはなくならない」
アヴェンジャー 「まあ、寡黙は吊られやすってのはこのゲームの宿命だとおもーよ>アンナ」
ランサー 「正直言うとな

Fate村&イエスとブッダ勢揃いってすごく嬉しかったわ、RP村好きだから尚更な」
アヴェンジャー 「良くも悪くもね」
イエス 「採用。>できない子」
ブッダ 「争いは何も生みません。そのうえで私たちは生きとし生けるものを平等に
みて救わねばなりません>イエス」
アーチャー 「型月は素村よく分かる>英雄王」
ギルガメッシュ 「そういえば、時にセイバー
ついに子ギルが実装されるらしいぞ>FGO>セイバー」
ランサー 「お前さんの序盤の殴りで村認定だったわ>アーチャー
やるな」
アヴェンジャー 「ブッダは型月だった・・・ああセイヴァー」
ギルガメッシュ 「(正直、アーチャー余裕あるなら狐目で釣っておきたい位置だった)>アーチャー」
イエス 「ブッダが立派なことを言っている。狂人としては耳が痛いね。」
アーチャー 「お前こそよかったぞ>ランサー」
セイバー 「アンナ>初日はある程度ネタに流れるから気にしても仕方ないし
ネタだけ話してる位置に投票でも意外に吊れるから
あまり気にしすぎてソレを発言で表に出さない方が多分吊られずに済むよ」
できない子 「シロウとアストルフォも来るらしいな」
アンナ=カレーニナ 「ある鯖の荒らしスレスレのPLと何か月も同村してたせいで
そのプレーを自然と思ってるような
最近久々にその彼を見た時にはうれしさすら感じたような
・・・リスペクトはしてないですがね」
アーチャー 「(どういうことだ英雄王!!!)」
イエス 「ああ、痛いと思ったら聖痕だったよ・・・。」
セイバー 「初日三票貰いの僕が言うから間違いない>発言ネタばかりでもダメ」
ランサー 「つーわけで夜も遅いし、おつかれさん!
村建て感謝、参加者もありがとうだ。
相方、いい感じに相談できてよかったぜ。
それと楽しい村にしてくれてありがとうな。久々でも爽快だったぜ。
また別の世界で会おう。じゃあな!」
アヴェンジャー 「それではお疲れ様だぁ」
ブッダ 「イエス血、血でてる」
できない子 「なぜ初日0票だったのかはわしにもわからん>初日」
ねらう緒 「じゃ、お疲れさま。
尻込みせず初手囲ってと言える良いことだと思います。」
イエス 「歯磨き用のコップに血をためておこう。それじゃみんなお疲れ様。」
キャスター 「それじゃあお疲れさま」
セイバー 「クッ、いまだに携帯なんだ>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「そこ村目だけど、吊り余裕あるなら対処しておきたいなぁって>アーチャー
結果的に他の人たちが村でみてくれたのでよかったよかった」
ブッダ 「それではお疲れ様でした皆さん
イエス、私は先にマツダハイムに戻ります。君も夜更かしはほどほどにね」
できない子 「アストルフォにどれだけ注ぎ込む人が出るのか楽しみです」
ギルガメッシュ 「くっ。。。なんてこった!!>セイバー

あ、今イベントで「両儀式」配布してるぞ(にたぁああ」
セイバー 「アーチャー>ルーラーに言峰シロウというのがいてだね」
お燐 「MVNOなら維持費安いよ>セイバー
本体はgalaxyS4ぐらいでいけるし」
できない子 「☆4だからそこまででもないか……」
アンナ=カレーニナ 「表に出さないって・・・? >セイバー
何話してるのかわからないけどその場のノリでウェーイで吊られないなら
とっくにそうしてますけど・・・わからないんですよ」
セイバー 「僕はライダー姐さんがメイン張った時点で満足さ>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「wifiあるなら完全に自宅でのみプレイするとかでもない限りはもう少し料金は抑えれるか」
セイバー 「考えておくよ>お燐」
アーチャー 「アポクリファだろ?>セイバー」
ギルガメッシュ 「三章オケアノスはよかった…>セイバー
未だに来なくて辛い。ドレイク欲しい」
できない子 「最近のルータならほぼwifiは標準装備なんじゃないかねぇ」
お燐 「にゃんこ大戦争と、
にゃんこ大戦争のコラボイベント 猫シェルター支援RT募金もよろしく」
できない子 「残り1日じゃねーか>空の境界イベント」
セイバー 「アンナ>僕が言いたいのは「何言ってるか解らない」と口にしないという意味かな
口にするならするで「何言ってるか解らないから気になった位置は解らんまま吊る」とか
ポジティブな方が多分下手な勘ぐりされる事はないよ」
ギルガメッシュ 「刀式なら一日あればリセマラしつづければワンチャン…!!!」
ギルガメッシュ 「最新じゃないのを使ってる古い奴でな>できない子
実に口惜しい」
セイバー 「そうだね>アーチャー
ギルガメッシュが何の注釈も無しにカタカタでシロウなら多分そっちだと思う
君ならエミヤシロウだろうし」
お燐 「それではあたいもこれにて失礼
同村さんと村たてさんと鯖管さんに千の感謝を。
アンナ=カレーニナ 「「雑談についていけない奴」が「場の流れが完全に読めない奴」と曲解されて危なくなるってことですかね >セイバー」
できない子 「光回線の次がなかなか出ないのう
未だにADSLがそこそこあったりするらしいからそれでも切り替えが進むかは割と疑問だが」
セイバー 「今回に関しては気にしすぎた面もあると思うよ>アンナ」
できない子 「まあ、光の次より回線速度の最低保証どうにかせーやという話もあるが」
セイバー 「雑談についていけない=死にそうすぎて嫌
で役職見る人は見るからね>アンナ

雑談ついていけない=進行考えてなさそうな位置や推理してなさそうな位置吊るわ
初日はそれぐらい強気でもいい」
できない子 「んじゃ私もそろそろ落ちるか
GMは村建て、村民は同村感謝
おつかれ」
セイバー 「←雑談しかしてなくて進行も考えてなきゃ推理もしてなさそうで吊られかけた奴」
セイバー 「それじゃこれで
GMは村立てありがとう
皆お疲れ様」
ギルガメッシュ 「初日だけで言うなら
アヴェンジャー、セイバーも十分吊り要因ではあるがな

そこ話の内容自体薄いともいえるから発言稼ぎで生き残ろうとしたのかなで
投票することはある>初日」
アンナ=カレーニナ 「成程・・・最低限でも流れに掴めるぐらいはわかっておいた方がいいんですかね
「人狼でも初日くらいは、と寛容な気分で」を覚えて今日は逝くことにします
ありがとうございました」
セイバー 「勿論、推理の出来の上下や雑談の頻度に程度の差はあれど三日目からは僕もギアは上げていくつもりだよ」
ギルガメッシュ 「だからまぁ、この話しのれない奴が悪いとかそういうのはないから
気にしすぎないようにな、ぐらいかな」
ギルガメッシュ 「我だってこの村に限らず話が分からない時とかあるしな…うん」
ギルガメッシュ 「では、我も去るとしようか
GM村立てお疲れ様だ

お燐はお見事だった。ランサーもなかなかだったぞ
ではなお疲れ様だ」
アンナ=カレーニナ 「んじゃあお疲れ様でした
9文字名前を入れられる喜び、もっと「イイネーム」を発掘していきたいですね 
村建て同村ありがとうございました」
アーチャー 「ログ読み終了だ
それじゃあおつかれさん」