←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [5982番地]
~神縛りの塚~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 蟹GM
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 季節外れ
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 零崎双識
(生存中)
icon 鬼柳京介
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon こまりが夫
(生存中)
icon アーカード
(生存中)
icon 龍鳳
(生存中)
icon タマ
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 北上
(生存中)
icon ダージリン
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon ジャック・アトラス
(生存中)
icon カミーユ
(生存中)
鬼柳京介 「(聖書にも書いてあったじゃないか。「灰のことは灰に任せよ」ってな)」
鬼柳京介 「(あ、自分が灰だったらどんどんがっついていいからな?たとえ間違ってようが結果論だし)」
鬼柳京介 「そんじゃまあお疲れ様でした」
鬼柳京介 「自分が関係者かどうかでしかないなとしか
自分(確定村人)とA,B,Cがいたとして、その3人の殴り先を固定させかねないことはしないほうがいいって感じ

まあやらない夫の言ってることを読み直せばわかるとは思うが」
零崎双識 「それじゃお疲れ様
GMは村立てありがとう
改めてお仲間の皆も本当にありがとう」
零崎双識 「状況によるかな
A―Bどちらかが1W
と決め打つなら最終日もあり
途中でローラーも狐死んでると思うならあり>チルノ」
チルノ 「誰もいないっぽいわね! お疲れ様!」
やらない夫 「いるかいないかで考えると良い」
チルノ 「最終日3灰でも4灰でも対立軸作らない方向に動くのが正解なのかなぁ」
チルノ 「んー」
アーカード 「まぁいいか、それじゃお疲れ―、同村ありがとうな
また縁があったらよろしく―」
鬼柳京介 「割とアーカード人外は見てたけど北上とセットにしてるうちにぼやけた感は実際ある」
アーカード 「あ~……」
やらない夫 「狐っていうよりかは人外って枠だったな」
零崎双識 「やらない夫>本当に全くないのか?ってのはあるし
自分なりの基準はあるつもりだからなぁその辺り」
アーカード 「私狐が見えてたのはお前と零崎だけだ>やらない夫
まぁそれはそれとして言い方が悪かったな、勝てるのに票を変えないと言うべきだった」
零崎双識 「人によるんじゃないかな>チルノ
私は龍鳳が狼でもタマ狐の可能性も残るから面倒
というのは本心だし
タマ狐かどうか発言見て改めて吊る
ができる村人なら残してもいいと思う」
やらない夫 「そこ多分好み>チルノ」
やらない夫 「そら狼視点吊り候補、狐候補だと狐候補吊るだろ>アーカード」
チルノ 「>零崎
狼の方が村よりタマ吊り否定するものなのかなー」
カミーユ 「最終日ですっぽり抜けてたな>零崎」
アーカード 「狐ー村ランなのに四回目の投票を変えない狼を想定してなかったとも言える」
やらない夫 「殴りあう要素あれば別だけども、ない場合に殴り合ってないからっていうのはちょっと無茶ぶりだとは思う>零崎」
零崎双識 「カミーユ>季節外れにブーメラン
零崎にも跳ね返るから2Wじゃね?
はけっこう皆見てたからね」
鬼柳京介 「「季節外れには投票しません」の一言さえなければ最終日の判断役の立ち回りとしてはむしろ脱帽ものだと思うけどな
そもそもLWが誰かを心に決めたうえでの最終確認作業みたいなもんだし>チルノ」
アーカード 「別に負けに行ったわけじゃない、もしかしたら票が変わるかもしれない
もしかしたら誰かが票を変えて狼が吊れるかもしれない
それに賭けた>鬼柳」
零崎双識 「否定できなくて申し訳ない>やらない夫
初期のウミガメ民なので、最終日殴り合わない奴は殺す機械になりがちなんだよね
こないだはそれで申し訳なかった>346プロ限定村」
カミーユ 「季節はずれと零崎が殴り合ってて、どっちもいってること穴あって、あれぇ……だったけど、残ったからそういうことなのかと思ったのが。いかんな」
やらない夫 「確定位置は別なんだろうさ>こまりが夫
そもそもそういう位置とはあまり対話にならんだろ」
零崎双識 「チルナ>結局は運と相性と面子と一握りの閃き
その時々によるからね。毎回毎回違う展開を楽しむのがいいよ」
カミーユ 「なるほど。今回の場合は、思っていても、避けるべきだったということか>やらない夫」
やらない夫 「零崎くんは傍観見るのが早いと思うんだ」
こまりが夫 「対話のゲームで何も言わないが正解になるのは悲しい事だお」
鬼柳京介 「引き分けても良かったんだぜ?(さすがにそれは己の矜持を曲げるってなら強制はしないが)>アーカード」
零崎双識 「私も季節外れちゃん吊れるだけのパンチは無いから
お互いに1~2票で場外吊れるかなって思ってたんで
思った以上に接戦で白目だったよ>アーカード」
チルノ 「3灰でも4灰でも何も言わないのが正解なのかなー」
ダージリン 「人々の魂を生け贄にお休みなさいデース」
アーカード 「やっぱりアーカードちゃんを残すべきだったんだよ(CVジョージ」
鬼柳京介 「まあカミーユの位置でやらない夫LWだろうと言うのは仕方ないとこはあるがな…」
零崎双識 「龍鳳ちゃんはお疲れ様
騙りありがとう」
鬼柳京介 「少なくとも『最終日の部外者』は投票先を仄めかすようなことを言わないほうが灰としては有難いな」
零崎双識 「カミーユ>言わないと言わないとで私みたいに傍観入った位置に見て吊りに来る輩もいるから
まぁ、その時々による感じな
残った面子次第」
やらない夫 「基本4人いて
A「Bにいれます」って言った場合に
CDの位置に狼がいると大体村勝てなくなるのとBがアピしつつ意見翻さないといけなくなるんで非常に辛い>カミーユ」
北上 「ま、次回への反省ということで、おつかれさまでした!」
ダージリン 「おかわり村よこせデース」
アーカード 「やらない夫は吊る予定だったから適当に対応してたらまさかの
駒減りと指定のダブルパンチで白目だな、死ねばいいのに」
龍鳳 「ぐう、眠気が。おやすみなさい。」
零崎双識 「アーカード>いやーお互い思わぬ死に方したもんだよね」
やらない夫 「まぁもうちょっとこっちも護身入れておくべきだったね」
やらない夫 「アーカード狼でカミーユ誘導って変だし
カミーユ最終日にあんな大声連打せんよな(メメタァ)ってなるんだけども」
カミーユ 「いわない方がいいんだな>やらない夫」
チルノ 「零崎―季節外れorない夫―北上のどっちかをロラしよう!
ロラするなら零崎―季節外れかなー。

あれ霊能死んでる……? 身内じゃないのかな?
あと季節外れの殴りにめっちゃ納得できる。残してない夫―北上に切り替えるか?

ない夫殴られ過ぎてるしアーカード! 君に決めた!

なんか捨て票してるし零崎狼でいいよね! なら季節外れは村でいいや!

って感じの思考の変遷」
北上 「覆すほどの+もないけど、それはやっぱ対話ないと厳しいのかもしれない」
零崎双識 「まぁ最終日村同士なら負けるから
泣く泣くどっちか吊るしかなかったんじゃないかな>北上ちゃんかやらない夫を」
アーカード 「カミーユに入れてて吊れてない時点で互いにあっ(察し)な部分はあった>零崎」
北上 「そう、多分大きなminusはそれほどない。見てて」
鬼柳京介 「特にこういう狼のあずかり知らぬ場所で場外乱闘が起きてるときにしれっとやると効果テキメン>身内殴り」
季節外れ 「皆さんお疲れ様でした。」
ダージリン 「ああ、チルノはそれもあって 投票先宣言しないほうがいいデース」
零崎双識 「まぁその辺りは人外だからこそ見える部分ではあるよね>アーカード」
やらない夫 「一応何もなければ季節外れに行くんだけども、カミーユがこっち、チルノが入れないって言ってるとお手上げ」
零崎双識 「チルノ>季節外れにも言ったけど
龍鳳●の場合は無駄吊りだけど狐の可能性もあるよ
って話だから
龍鳳●だった結果論で、寧ろそれで殴りに来るなら最初から確信してた季節外れ狼目だよねという>チルノ」
カミーユ 「早いうちに村同士が殴りあっていれば、相互殴りで片方吊れれば、片方白い目が出てくるのを、意識しているべきだったな、問題はその後やらない夫を説得できたいたかどうかだが」
アーカード 「ああ、むしろそれでいいよ、そこで生き残って最終日に殴り合い、が
私のルートだった>零崎」
やらない夫 「タイミングで言うと狼吊って自分吊り位置にならないならちょっとだけ楽になる
狐にも視点裂けるしな」
ジャック・アトラス 「狩人初日の二日噛まれ占い師だとどうにも感想が出てこないな
仮に狩人が生存していたとして護衛されたかどうか、それは机上の空論にしかなるまい」
アーカード 「まぁ、狼が強いよそれは>龍鳳」
季節外れ 「身内殴りの良いところですね。
狼を殴っているんだから納得できる殴りになることが多い。
零崎さんの殴りも良い殴りでした。」
カミーユ 「最終日は、そこ噛みだったら、後は自動的に俺を殴ればいい。そう判断した。 相互殴りを頭から抜けていたのがだめだったな>やる夫」
やらない夫 「おせえYO!!そういうのは村の中でしてお願い!!>北上」
零崎双識 「アーカード>昼間ああ言った通りなんで
多分六人昼なら吊りにいった」
こまりが夫 「ああいう状態になったら、人じゃなくてそういう現象と思ったほうがいいお」
やる夫 「身内殴りがあるというのを覚えておくといいお>チルノ」
北上 「死亡前提で話してたからなんとも言えないけど。
今いいところ探し、村に見えたポイントさがしてるから!」
やる夫 「ほむほむだお>チルノ」
チルノ 「季節外れが零崎突っついてた理由にすごい納得してしまって
それなのかなー」
龍鳳 「味方同士で殺しあう気満々で初日から色々と怖かったんです…>アーカードさん」
零崎双識 「ダージリンちゃんはなんか流れ見てブン投げた>季節外れちゃんを次で殴りに行く為に」
季節外れ 「>零崎vs季節外れ
笑顔の茶番です。」
ダージリン 「ので、私投票者ロラすると勝ちマス」
やらない夫 「俺あのモード入って何人も殺されてるの知ってるんだ・・・」
やらない夫 「ぜってええええええええうそくせええええええええええええ」
チルノ 「>やる夫
いやー何だろうなー
途中から季節外れ吊りたくなくなって、アーカードの捨て票で固まっちゃった感じなんだよね」
やる夫 「やらない夫の狼目って結局なんだったんだお」
アーカード 「あそこで零崎が吊れたのが痛い……まさか身内で吊ってくるとは」
やらない夫 「なんかアーカードは主張が微妙なんで云々
零崎はどーだろうなぁ。違和感あるけど結局スルー」
鬼柳京介 「噛んでくれるならありがてえし噛まなくてもどうせ後々囲ったかどうかを決め打つ感じだし
てかそもそも初手囲い+噛み抜きがしっくり来なかった>ダージリン」
北上 「そんなことないよ・・・ちゃんと返事くれれば考えるよ・・・(ふるふる」
ダージリン 「勝手にそう思ってますけどね>やらない夫
囲いあるかどうかで発言の他要素でも考えれるんであそこで吊る位置でもないだろとも」
零崎双識 「泣く泣くどっちか吊って矛先変えさせるのはありだよ>鬼柳」
季節外れ 「アーカードさん狐は微妙かつデリケートですね。」
アーカード 「私に投票してる連中は絶対に投票を変えないからな
季節外れを味方にできないと死ぬとわかっていながらできなかった私のミスだ>チルノ」
蟹GM 「何か質問があれば答えてくれるはずだ皆が
カミーユやチルノはバンバン投げてくれ」
やらない夫 「そこもなんかよーわからんかった>ダージリン噛み位置」
鬼柳京介 「なるほど。北上の姿を見るとよくわかったぜ。
開始前に言ってた「相性」ってこういうことを言うんだな。>零崎」
やる夫 「チルノへは季節のお話はしてあったから
足りなかったお
すまんお」
チルノ 「アーカード捨て票で零崎狼見えたけどそのアーカードが狐なのね」
やらない夫 「4日目にすでに「あ、これ返事聞く気ないモード入ってる・・・」って」
ダージリン 「ログみた感じ鬼柳がつっついてますよね>ダージリン噛み位置」
ジャック・アトラス 「お疲れさまだ。負けてしまったか」
零崎双識 「季節外れ>状況が悪いのと、龍鳳狼は九割方当てはまる
だとするとGJ狙いは多々ある
アーカードが狩りなら尚更ね」
ダージリン 「ちなみに○もらいで龍鳳鉄板したダージリン狩人があるんで
なにいれてんだとは思いマス」
季節外れ 「>やる夫さん
こっちに矛先向かないように震えながら祈っていました。」
やらない夫 「ダージリンって噛み切りいれて●投げるとした場合、狼だとすぐ死ぬからあんまないと思うんだ」
カミーユ 「狼は見事だ、お疲れ様」
やる夫 「北上さんは怖いおガクガク」
ダージリン 「まあ○を灰にって言われた時点であんまり考えてない人は私に投票しますヨー>龍鳳」
カミーユ 「最終日に季節はずれに目が向かなかったのは失態だな。」
アーカード 「あんなもん龍鳳の○のダージリンと私どっちを吊りますか?の進行しかないから>龍鳳吊らずにグレラン
そりゃ反対するしダージリンに入れる」
北上 「お返事くれなければ基本的に吊り続けるよ・・ね・・?みんなもそうだよね・・?」
やる夫 「まあ、合ってたからって自分を慰めるお」
季節外れ 「あそこで霊能噛みはできない人間なので零崎さんの胆力に救われましたね。」
鬼柳京介 「わかる>やらない夫」
やらない夫 「全部が全部北上さんの人外評に当てはまるわけじゃないでしょ!!」
北上 「だってお返事くれないんだもの・・・」
こまりが夫 「狂犬病の犬に噛みつかれたら死ぬしかないんだお……>やらない夫」
やる夫 「おつかれさま」
龍鳳 「それにしても、あの猛烈なダージリン吊りは一体…」
チルノ 「おつかれさまー」
やらない夫 「北上さんはあーなると死ね!!!!!!!!!!!!!噛まれろ!!!!!!!!!!!って願うしかないので」
蟹GM 「お疲れ様だ」
カミーユ 「そういうことだったのか……すまないな。」
北上 「どうかなー両方は捉えられたかわからない、アーカードの
捨て票も多少推理に変化及ぼしたし」
タマ 「くやしいけど、おおかみかんしょう!きせつはずれつよい!」
季節外れ 「>GM狩人
まあそうですよね。」
龍鳳 「お疲れ様」
鬼柳京介 「満足はできたかね狼ども!(お疲れ様でした)」
アーカード 「おう、お疲れ―」
チルノ 「んー」
零崎双識 「お疲れ様
LWはお見事」
こまりが夫 「おつさんだお」
ダージリン 「おつかれさまデース」
北上 「おつかれさまーー!」
やらない夫 「おつかれさん」
タマ 「おつかれさまー!」
季節外れ 「お疲れ様でした。」
ゲーム終了:2016/05/21 (Sat) 23:23:56
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言             |       ______
 や        ス  .|    /         \        |
 ら  土 刀  l   .|  /          ’.        |  :   オ
 な ヘ|- 口 パ  | ./            ヘ         |  :   レ
 い   ` ̄ ̄ l   /  .|            |         \     は
 夫        /   .|   __,ノ   ヽ.__   |        \
 だ       /      |  ( ー ) ( ● )  |          /へ__
 !    <._      |   (__,人_,ィ=ァ゙  |             ̄ ̄
___/ ̄ _ ..-―=≦    ` ⌒ "´     ≧=ー- ._
      /      j\             /|      `ヽ
     /        /  \       / {        \
_,..-ャ'´         イ     ヽ_、_/   ヽ         `ァ 、__
   ̄ヽーァ―- ...____ /`ヽ       ____ ...- ――ャ・ ¨フ´ ̄
     `Y          /   厂`ヽ /´ ̄         `Y´
      |        /   _ノ   1                  |
      |     __,ノ´__,.≧´     |                |
     _人_, イ   ̄´   `ヽ     |                人
     /    `ー- .   il    |             イ  ヽ
   /    ヽ.     `ヽ_ノ    |            /`   ノ
__,.イ         `ヽ、   |    _,八          /` ー
          `L_   `辷ノ  /   ヽ、        _ノ
      丶   \   ノ .イ    , 、  `
   _,厶イ´ヽ、 _,ノ`¨´
カミーユさんの遺言 カミーユが素村で、何が悪いんだよ! 俺は素村だよ!
カミーユ は無残な負け犬の姿で発見されました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →やらない夫
季節外れ0 票投票先 →やらない夫
やらない夫3 票投票先 →カミーユ
カミーユ1 票投票先 →やらない夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カミーユ 「北上が、やらない夫を釣り他がたってた。なら、黙ってればいい。俺が狼ならな」
チルノ 「うーん」
チルノ 「◇やらない夫 「そもそも昨日って狼って身内入れるよりは狐目狙いで投票するもんじゃね?」」
カミーユ 「アーカード狼なら季節はずれをのこしていたのか?になる」
季節外れ 「なるほど。」
やらない夫 「グレランすると2票村狐に入るから指定しろって意味だけど?>チルノ」
やらない夫 「いや指定があってそんで俺に入れてアーカード吊れたら白くなるよね説はないわけじゃないけど
そもそもやったところで俺狼見る位置残ってるならばあんま意味ないんで。」
季節外れ 「>やらない夫さん
そこは指定が入っていたのでなんとも・・・。」
チルノ 「>ない夫
これはー?」
チルノ 「◇やらない夫 「基本この場面でのグレランは2票が大体固定で飛んで来るんで>チルノ
指定いれるタイミングではある。」」
季節外れ 「昨日のランでの投票については、やらない夫さんとアーカードさんでの2Wをけす材料にはなりません。
やらない夫さんが吊れても自分が吊れてもゲームは続くから捨て票をしたアーカード・やらない夫2W。
やらない夫を吊って2W終了を目指したカミーユ・アーカード2Wは私視点で迷うところです。」
カミーユ 「そして、何より俺は零崎吊れたときに、季節はずれに投票している。此処は弱みだ」
やらない夫 「そもそも昨日って狼って身内入れるよりは狐目狙いで投票するもんじゃね?」
チルノ 「あたい的には季節外れ吊る気がないので二択なんだけど」
カミーユ 「やらない夫が狼だろう。 課目気味、そしてやらない夫をつりを押していた北上を噛むことによって、俺の狼の可能性がきわまる」
季節外れ 「>やらない夫さん
途中の投票を洗いなおしましたが、それはグレランでのアーカード投票ですか?」
季節外れ 「北上・アーカード2Wでごり押そうとしていた説は今消えましたね。」
やらない夫 「んー、季節外れの理論で言うと俺狼は外れそうだね」
カミーユ 「課目気味なのは自覚しているので、話します。」
季節外れ 「だから零崎狼よりアーカード狼に修正すべきなのかな、と思いました。」
チルノ 「やーおはよー」
やらない夫 「真面目に北上に聞きたいんだけど
◇北上 「うーん、だってなんか吊れるところに誘導してる感もあってさ>やらない夫」
自分で言うのも何だが、アーカード誘導しかしてなくて
アーカードって吊り位置だったのか?

聞く相手がいなくなったよドラえもん」
カミーユ 「そこが死ぬのか。いや、村だと思ったが。」
季節外れ 「零崎さんの色が分からない状態で
やらない夫・季節外れ2Wというアーカード視点でありそうな投票を経た上で
アーカードさんが村なら捨て票をする理由がないと思うんです。」
やらない夫 「聞こうとしてたのに」
季節外れ 「おはようございます。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
北上さんの遺言 やらない夫じゃないかなー

季節外れが白くなった。一応
アーカードさんの遺言 ただの村人だ
北上 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アーカード を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (4 回目)
チルノ0 票投票先 →アーカード
季節外れ1 票投票先 →アーカード
やらない夫2 票投票先 →アーカード
アーカード3 票投票先 →季節外れ
北上0 票投票先 →やらない夫
カミーユ0 票投票先 →やらない夫
7 日目 (3 回目)
チルノ0 票投票先 →アーカード
季節外れ0 票投票先 →アーカード
やらない夫3 票投票先 →アーカード
アーカード3 票投票先 →やらない夫
北上0 票投票先 →やらない夫
カミーユ0 票投票先 →やらない夫
7 日目 (2 回目)
チルノ0 票投票先 →アーカード
季節外れ0 票投票先 →アーカード
やらない夫3 票投票先 →アーカード
アーカード3 票投票先 →やらない夫
北上0 票投票先 →やらない夫
カミーユ0 票投票先 →やらない夫
7 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →アーカード
季節外れ0 票投票先 →アーカード
やらない夫3 票投票先 →アーカード
アーカード3 票投票先 →やらない夫
北上0 票投票先 →やらない夫
カミーユ0 票投票先 →やらない夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アーカード 「鬼柳の言葉か>カミーユ狐」
チルノ 「アーカードかな。」
北上 「どんどん日に日に吊りたくなっていってる」
カミーユ 「まあ、噛みからはそれはないが」
カミーユ 「ここで、狐想定で俺を噛んでくるなら、村としても、困る位置がきえるわけだしな」
やらない夫 「ええ?」
アーカード 「強いて言うなら、お前はもう最終日にすることにした……
私の目線が周囲の特異点(あやしさ)のせいで歪んでいる気がするし>北上」
北上 「うーん、だってなんか吊れるところに誘導してる感もあってさ>やらない夫」
季節外れ 「消去法で誘導するのは申し訳ないのですが、ダージリンさん非狼からどうも自分が信じられなくなったのもあります。すいません。」
カミーユ 「ようは、俺が狐だと一番困るわけで、そうでなければ最終日に残されても、問題ない。狼ならそう判断するだろう>あーカード」
やらない夫 「そもそも人外あり気で考えてない?>北上」
季節外れ 「当然零崎さん狼と読んで投票していますが、すべきは2W想定、指定です。
カミーユさん、北上さんの優先順位を下げて、アーカードさんで。
やらない夫さんは昨日の正論で若干下げました。」
北上 「でも、思考が覆る気が多分しないのが私の今の結論」
北上 「普通人を長時間疑うのはつらいんだよ。」
北上 「少なくともやらない夫吊りは日に日に普通浅くなるのに
深くなってるからあってると思う。」
やらない夫 「北上はもうなんか個人的には村なら噛まれてくれというのが個人的感想である。
そこ狼だとしてもなんか吊らないみたいな空気ができつつあるし。」
アーカード 「むっ、意外と正論な反応……わかった、考慮する>カミーユ」
季節外れ 「うーん、最終日生きてて悩むかというと悩みつつ投票しない気はしますね。
ああ、たった今消滅した漂泊噛みの可能性についてです。」
北上 「アーカードの評価が私と周囲がかなりずれてる感はあるけど」
アーカード 「やはり私とやらない夫はわかりあえない模様」
カミーユ 「やらない夫が北上とやりあうのは明日といってたので、こっちの対立のほうを優先したまでだ>あーカード」
アーカード 「指定は……別にいらん気はするが、というか昼の会話見てスパーっと決めているのか?」
やらない夫 「基本この場面でのグレランは2票が大体固定で飛んで来るんで>チルノ
指定いれるタイミングではある。」
北上 「明日LWになんとかするとして。
正解ができそうな残し方っての考えてみてやるのなら止めない>チルノ
2Wなら村が村に入れること明言したら負けなのは事実だし」
季節外れ 「狐狙いで吊るタイミングは既に逸しているというのは正論ですが、
村寄り狐無し狼有りくらいですね。+要素ではあるのかなと考えます。」
カミーユ 「そこが死ぬのか」
北上 「やらない夫が怪しくない理由が見いだせないし
おかげで今日の吊りに困るこたないのは救い」
チルノ 「鉄火場想定で指定入れた方がいいなら指定入れるけど」
やらない夫 「割りとなんか構築おかしくね?って思ってたけど普通に死んでるんだよなぁ>鬼柳」
北上 「いや、それはいいんだけどさ。漂白なくて。」
アーカード 「あっこでやらない夫じゃなくて零崎と季節外れの二択に寄ったのがアウトだった>カミーユ投票
私の考えとは真逆に進み続けている……夕日はいつも、この、これだ」
チルノ 「んー」
季節外れ 「おはようございます。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鬼柳京介さんの遺言 俺はここで満足して逝けただろうか……
鬼柳京介 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
零崎双識 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →零崎双識
季節外れ2 票投票先 →零崎双識
零崎双識3 票投票先 →季節外れ
鬼柳京介0 票投票先 →零崎双識
やらない夫1 票投票先 →アーカード
アーカード1 票投票先 →カミーユ
北上0 票投票先 →やらない夫
カミーユ1 票投票先 →季節外れ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫 「今時分での狐狙いっていうのは若干厳しい物があるし、そもそも霊能結果見えないんで効果あるとはおもえんな。」
零崎双識 「そりゃ龍鳳ちゃん●ならという条件つきでの話だろ」
季節外れ 「タマさんが吊りたい、でも狼じゃないと知っているのは狼です。」
鬼柳京介 「どうせダージリンは今日ぐらいに吊れるものではなかったのか
俺の認識が甘いだけなのか?>やらない夫」
北上 「というより私あんま村っぽくなりたくない。
狐の代わりに噛まれる村人や漂白隠しになる無様な村人になるだけな気がしてきてる」
カミーユ 「零崎と季節はずれならば、零崎山河、村目かな」
零崎双識 「初日の発言とか引用してたのに?
手際良すぎない?>季節外れ」
季節外れ 「既に述べましたが、タマさん吊りの日の狐でない保証もないという発言に視点漏れを感じます。」
北上 「3昼はどっちも狼が言えることいってるから
そこで判断しちゃだめだとおもう、二人のやりとりから決める
判断基準をそこにおくつもり」
鬼柳京介 「狐狙いをしろというのならカミーユ一択と言っておこう
……その場合北上の村度を上げて考えることになるが」
アーカード 「初日だったらノータイムでカミーユに決めてるんだが……んー>他の奴等を見ながら」
やらない夫 「それはダージリンが狐候補で吊られない可能性が高い、っていうのと。
龍鳳吊りの時点で○が2個しかないとかなんだけども>鬼柳

○3ある状態で灰噛みってあんましねーと思うよ」
季節外れ 「>零崎さん
ジャックさんが噛まれた後のものですから結果的に必要なくなっているんですよ。」
零崎双識 「なんかさー
龍鳳ちゃんは内訳見えてるから
発言の評価は抜けてる
ってかなりありそうなんだよね」
鬼柳京介 「北上-アーカードで2Wという線がなければなんとでもなるし
仮にその2Wであればやらない夫が白いだけの話

吊るのであれば季節外れと零崎になる…が狼狙いで本当に良いのか?」
季節外れ 「ダージリンさん狼が外れていたので大きな口を叩く気がなくなっていますけど、
やっぱり零崎さんが狼候補ですね。
やらない夫さんとカミーユさんのレースはカミーユさんのが勝ちそうです。
北上さんのお返事はそれなりに納得できるものでした。」
アーカード 「北上は明日に回す、正味ここでそことやりあう意義が見いだせん
というわけで季節外れかカミーユを選ぶ」
カミーユ 「狩人はいないでしょうね」
零崎双識 「季節外れちゃん>改めて言われて気づいたんだが
龍鳳ちゃんの評価だけないんだよね」
北上 「やらない夫を吊ったあと、1吊りを誰に使うのか。
経験論と感情と、怪しいのかどうか微妙なラインですごーーーく迷ってる」
やらない夫 「狙った場合つってもCOタイミングって死体なしが出せるかどうかでしかないんで
明日不安って言うならばCOしても構わんってぐらいだな。」
チルノ 「真狂狐は知らん! で灰吊り継続ー」
鬼柳京介 「狼に狐を探してくれる良心があればという前提付きだ
だが龍鳳を吊った時点で狼にそのような良心なんてあるわけないと切り替えている>やらない夫」
北上 「季節外れ吊るかどうか、季節外れの言い分と零崎の言い分

どっちが人外なのかそれともどっちも人外じゃないのか」
アーカード 「まぁ蒼星石死んでるので狩人は8割いない
残りの2割はチルノ護衛か鬼柳護衛」
零崎双識 「まぁ、どっちにしろ変わらない
季節外れちゃんは前提提示してるけど
前提の根拠が不透明だ」
カミーユ 「霊能がかまれたか」
北上 「すごく迷ってる。やらない夫吊りは迷ってないけど」
季節外れ 「>零崎さん
占い三人の中で護衛について触れたのがジャックさんだけだったというのが主な理由ですね。
そしてこまりが夫さんは共有占いへの反応ががっかりではなくネタをまぶしていたのを見ての真狂読みでした。」
やらない夫 「不在か狙ったか、なんだろうけども。」
鬼柳京介 「まあ2W1F残りだとして」
アーカード 「零崎は吊らん、理由は三日目朝一に言ってる
やらない夫は知らん、見てて理解できん、私が馬鹿なのかか奴が天才過ぎるんだろう
なんで私が村打ちするやつの意見見て決める」
零崎双識 「うぇーい……」
季節外れ 「これはひどい。」
零崎双識 「まぁ正直
アーカードちゃん狐狩に見えるから
放置しておけばどっちにしろ吊り増えね?
ってのはある
なので先に季節外れちゃんかな」
やらない夫 「鬼柳のダージリン噛み候補ってどんな理由なんかな
ジャックの○って意味ならお前さんが噛み候補になるとおもうんだがね。」
季節外れ 「おはようございます。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
龍鳳さんの遺言             ((⌒
          _,/三三三`\
       ,  //   ,  /ヽ. i i ヽ  ,,  教えてくれ、北上…
       ヾニシ/_/ハム/ーL、))lミニソ
         j v、!●  ● i l 'i
        〈 〈  ワ   .i l i 〉士士  私はあと何回薄い本で提督の嫁になって白濁液をかぶればいい?
         しリ`ーゥ  t-リ .Уl ̄ ̄l
          lニl´:=V==lニl〈 l /卅ヽ    …提督からもらった指輪は何も答えてくれない…
          .レ' ,`央く _レ' \|_l | l_|コ
           ,/ー{::l_ノ::::::/ー、! .l l(|)l |
蒼星石さんの遺言 霊能者CO

ルーミア○>タマ○>ダージリン○>龍鳳○●
蒼星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
龍鳳 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →龍鳳
季節外れ1 票投票先 →龍鳳
蒼星石1 票投票先 →龍鳳
零崎双識0 票投票先 →龍鳳
鬼柳京介0 票投票先 →季節外れ
やらない夫1 票投票先 →龍鳳
アーカード0 票投票先 →龍鳳
龍鳳7 票投票先 →蒼星石
北上0 票投票先 →やらない夫
カミーユ0 票投票先 →龍鳳
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アーカード 「異議なーし>蒼星石」
零崎双識 「イライラじゃなくて!?>北上ちゃん」
北上 「お返事はいらないよ、
私は私の吊りしかしない」
鬼柳京介 「その独自理論ってのが飼い狼から逃げたいように見えた気がしたんだがな?>北上

まあ北上がそこまで言うのならセットで残すのも手ってとこだろうな」
蒼星石 「ンッンー 霊能者として権限行使
何かあんまいい雰囲気じゃないから騙り吊って一日進めたい」
北上 「うん、ダージリン狼なら狼仲間が光の速さで切るから
光の速さで殴りに行ったところ人外だと思ってた>季節外れ」
アーカード 「ところで指示はして……ないな>チルノ」
零崎双識 「後付けの前提で
龍鳳狼の理由付けに見えるんだよ
ジャック真狼の理由が見えないからね」
龍鳳 「明日は私の飼育期限終わりですから、今日もせいぜいがんばってくださいね。
お夕飯はフーカデンビーフ用意しておきますから。」
季節外れ 「>北上さん
ダージリンさん狼だと私が狼になるんですか?」
北上 「今そういうこといわれるとムラムラするね。>零崎っち」
アーカード 「一回の発言で全部並べ立てるほど早【バキューン】じゃないんだ。
ちっ、時間が早いから検閲が」
零崎双識 「そう
ジャック真狼の理由が抜けてる>季節外れ」
カミーユ 「なので、北上が言っていた論になるほどと思ったから、やらない夫投票だ」
やらない夫 「噛み場所と吊り場所考えるなら死んでる可能性は二人しかないよ>蒼星石」
季節外れ 「外れていたわけですが。

>やらない夫さん
求めていた回答ではありませんがありがとうございます。」
零崎双識 「アーカードちゃんはロリだから残そう(真顔)>北上ちゃん」
季節外れ 「>零崎さん
ジャックさんが真狼、噛まれるならかなり真という評価。
こまりが夫さんが真狂、これもすでに述べました。
消去法でジャックさんが噛まれると龍鳳さんが狼に加えてダージリンさんでの囲いを見ました。」
北上 「とにかくやらない夫が一番とーーっても人外に見える。」
蒼星石 「というか、GMが持って行ってないんならたぶん狩人まだいることにはいるだろうと思ってるんだよね」
鬼柳京介 「そもそも噛み切りをしてくるぐらいならそんな安易な手を狼が踏むものかとは思う」
アーカード 「占いが死んでなかったら言ってたよ、不必要なことは言わん主義だ>やらない夫」
北上 「アーカード全然怪しくなくない?
昨日ちゃんと独自理論いえてたし」
カミーユ 「初手囲いを安易にして、占い噛んでくるかと思ったので、ダージリン投票は回避したな」
龍鳳 「○にしておいてアレですけど…やっぱ巡洋戦艦って時代遅れですよね…>チルノさん」
やらない夫 「あんまないんだなそれが。>季節外れ」
アーカード 「まぁ私もダージリンに入れたんだがな!!!」
零崎双識 「いやまぁ割りと
昨日も言ったがお手数だけど
劉鳳ちゃん狼ハッキリ言ってた理由は聞きたいものだね>季節外れちゃん」
北上 「カミーユ狐以外はそこまで悪いことにならないと思う、
いや狐ならむしろワンチャン噛まれるまであるから。」
アーカード 「少なくともダージリンとわたしに票が集まっている
時点でたぶんこのままグレランしても駄目なので龍鳳を吊れ
私が生存欲を出してると思うなら勝手にしろ」
龍鳳 「あと、略奪愛って良いですよね…どこから誰がとはいいませんけど」
蒼星石 「一応、狂人含め噛み切りだからもう一日保留はできるが、3W生存かつ狩人保護視野なら、指定を入れるのも手だよ>チルノ」
季節外れ 「やらない夫さんのジャック真でいい発言に
たまさんを吊ってしまったことへの後悔があるのか否かと言ったところですね。

>やらない夫さん
というわけでありますか?」
鬼柳京介 「龍鳳が関わっている以上安易すぎた吊りだとは思ったがな
狼であればいずれ囲いが浮く。そうでなければ噛み候補再優先

狼に手を貸してどうする」
やらない夫 「だからもうちょっと丁寧に言うもんじゃねーの?って思ってる>アーカード」
北上 「やらない夫吊ろうよ。多分人外だよ。
カミーユは最終日行かせちゃおう。」
北上 「こう考えているのだけど、季節外れだけちょっと難しいから保留」
チルノ 「龍鳳 0 票 投票先 → ダージリン」
アーカード 「それ以上の言葉なぞいらんだろう、ここがどこかわかっているのか?>やらない夫」
北上 「ダージリン狼んときは多分もう普通にランしてけば
人外釣れそう。
アーカードはちゃんと票数を考えてるから少し上昇。
季節外れどうしようかなーってとこ零崎と季節外れとやらない夫に
人外いないはないと思ってるけど。 季節外れだけ考慮に困る。ただ、零崎への
疑いが正当かどうかが微妙。」
季節外れ 「やる夫トラップというか紛らわしさは無くなりました。」
龍鳳 「みんなどこまでダージリンさんのことを不審者扱いしてるんですか!
ちょっと…びっくりしました」
蒼星石 「吊れてないです(です」
カミーユ 「おはようだ」
零崎双識 「吊れた気はしてた(震え声)」
北上 「ほむ。ならいいや。一歩下げよう」
やらない夫 「ダージリン自体に吊れる要素はあるっぽいけど。
龍鳳狼とした場合の行動基準として、初手囲いいれて●投げるってあんま効果的じゃないと思うんだ。

3日目
◇アーカード 「むしろ明日の死体を見てどういう進行をするかに頭を割いた方がいいだろう」
での4日目が
◇アーカード 「霊能が死んでるなら占いロラ
霊能結果が見れるなら破綻した方を吊って、一日灰を吊って残った占いを吊る。
満足で判別がついてない限り追うべき可能性だからな」
こんな感じでペラッペラなんで村っぽい練り方じゃないと思うんだけども」
零崎双識 「吊れた気はしてる」
蒼星石 「花は散る。ダージリンの蜜の色は○だった。」
北上 「ダージリン狼なら多分季節外れ狼とか考えつつ」
零崎双識 「季節外れ>君がソレを言うか
正直君がやけに龍鳳ちゃん狼推してたから、その理由如何によってはブーメランというか
「内訳見えた殴りしてたから他の人に押し付けよう」という自白に見えるんだが>季節外れ」
季節外れ 「囲っておいて囲った相手に身内票という行為に違和感を覚えましたので、私が間違っていたのでしょう。」
龍鳳 「おはようございます。
朝ごはんは何がいいですか?流石に朝からカレーは重いですよね…」
アーカード 「まぁ、ホレ、アレだ。
……少なくともこんだけ票が集まる位置を整理できただけよしと思おう(震え声」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ダージリンさんの遺言 運+2 装-2 
やる夫さんの遺言 季節-零-龍鳳
で3Wだお!

と名推理を残して旅に出るやる夫は共有だお
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ダージリン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →ダージリン
季節外れ0 票投票先 →ダージリン
蒼星石0 票投票先 →零崎双識
零崎双識1 票投票先 →ダージリン
鬼柳京介0 票投票先 →アーカード
やらない夫2 票投票先 →アーカード
アーカード2 票投票先 →ダージリン
龍鳳0 票投票先 →ダージリン
やる夫0 票投票先 →ダージリン
北上0 票投票先 →やらない夫
ダージリン6 票投票先 →カミーユ
カミーユ1 票投票先 →やらない夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ダージリン 「オッケー!」
アーカード 「私だったら今日吊って明日の吊り先を今夜考えるタイプなだけだ
まぁいいよ、わかった」
カミーユ 「ごくり>龍凰」
季節外れ 「じゃあ龍鳳さん抜きで引き分けたら村人は一斉に票変えするということで。」
やる夫 「っていうことで龍鳳○撤回灰ランだお」
やらない夫 「急いで吊る意味ってあんまない。
そもそも8から全部狼狙いでも理論的には問題ない>アーカード
確実に灰噛んで、そんで狐噛みあった場合に告発をしてくれるって言うならば吊ったほうがお得。」
ダージリン 「私はタマで狐吊れてるんじゃないかなとは思いますけど村がそう思うとも思ってないですシー」
鬼柳京介 「言われなくても探すだろうよ狼が吊れるならな>チルノ」
季節外れ 「>チルノさん
灰噛んでくれと頼んでも狼は灰噛んでくれないから困ります。」
零崎双識 「まぁ、見えないだけの真ってたまにいるから
何にせよ死体になってるのは精神衛生上はよくないかな>北上ちゃん」
アーカード 「龍鳳が捨て票しないでグレランに参加したら死ぬほどメンドクサイ上に
票負けする可能性を除外すればそうだな>蒼星石 やる夫」
龍鳳 「飼われるとか…薄い本みたいにする気でしょう!薄い本みたいにする気でしょう!」
蒼星石 「今日に騙り狼吊りました、明日グレランしました、●吊りました。
さあ残りの吊り、「狼っぽい」のを吊ると下手しなくてもたぶん狐が勝つけど
村側がその区別を付けるのは難しいから、割りと運ゲー寄りになる、ということ。」
北上 「今日狼吊る気なのさ>アーカード
むしろ今日チルノ吊って明日狼吊ったらどうするんだい」
ダージリン 「狼多い方が狐警戒強くなりますシ?>ちるの」
やる夫 「>アーカード」
チルノ 「じゃあ狼には狐勝利の可能性があるので灰噛んでね! って言っておくわ!」
季節外れ 「漂泊噛みがあるとは思いませんが囲いはあると思っています。
それとたまさん非狼をうっすらと匂わせつつ吊りにいった零崎さんも人外に見ています。
情報がないからとりあえず吊りにいこうという姿勢はどうかと思いますが無いわけではないのでカミーユ、やらない夫さんはそれほどでもありません。」
北上 「漂白もないならさらにラッキー。
いいコトずくめじゃないかい」
やる夫 「蒼星石の文章わかりやすいので参考にするといいお>チルノ」
やらない夫 「意味ないんじゃないかな>ダージリン」
鬼柳京介 「せっかく「飼ってください」と言ってる以上飼わない理由はないな」
アーカード 「3w生存で飼いってなにがしたいんだ?」
やらない夫 「鬼柳非狼系人外はなんかしら死体なし出た場合に分かる可能性あるんで今は追わない。」
蒼星石 「もしも今日グレランしました、●吊れました、ってなれば
騙り狼の彼女をキープすることで「狼っぽい」「狐っぽい」を区別しないで
とりあえず怪しいやつを吊りにかかれるから。」
零崎双識 「チルノ>今日吊れればギリギリまで伸ばせる
狐?知るか!なら止めないよ」
北上 「ぶっちゃけ噛まれててもこまりが夫真にみてないから
噛まれてくれてラッキーラッキー 」
やる夫 「5吊りあるからだお>チルノ」
ダージリン 「どうでもいいけど龍鳳はこまりが夫○すらしないんデスね」
アーカード 「こまりが夫真だったとして結果はない」
零崎双識 「季節外れちゃんは申し訳ないけど
もう一度龍鳳ちゃん狼に見た理由聞いてもいいかな?」
チルノ 「え、3W生存で飼いなんだー」
やらない夫 「鬼柳で囲ってる以外はどっち真でも一緒じゃね?>季節外れ」
北上 「うん、やっぱああいう時理由わざわざ持ち出すほうが村には見えないって
何度も夜から考えてたから、多分、あんなとこ投票しても人外つれねーだろ
みたいに吐き捨てるほうが村っぽい」
カミーユ 「グレランですか。」
蒼星石 「タマとルーミアで狐吊れた想定でないかぎりは、12人で占い騙りの狼っぽいの吊るとグレランで狼連続吊りとかで事故りやすいのが
みんなが言ってるやつね>チルノ」
鬼柳京介 「まあやらない夫に返すとすれば
狼が何を目論んで初手で霊能を噛むかは知らないが、狩人がそれをわざわざ察して動く理由なんざねえってことさ」
ダージリン 「グレランでいいデース
最終日吊り回しでもいい>龍鳳は」
やる夫 「ただ、チルノに進行は任せてるので助言だけして最終はチルノの判断に任せるお>チルノ」
龍鳳 「もうこの有様ですから てへぺろ☆>アーカードさん」
やらない夫 「いや十分雑だと思ったんだけど>北上」
季節外れ 「>やらない夫さん
こまりが夫さん真はないんですか?」
アーカード 「お前その占い理由こまりが夫噛んで護衛GJ出たらどうしようって言ってるのと
同じだぞ>龍鳳」
北上 「というわけでかなりやらない夫人外見してるので
やらない夫を吊ろうとおもうよ」
ダージリン 「やーなんか狂人っぽさはそんなにワー >やらない夫」
やる夫 「龍鳳の○撤回でグレランがいいお>本来は>チルノ」
零崎双識 「チルノ>どうしても吊りたいなら止めないけど
私はグレランでいいと思うよ」
季節外れ 「おはようございました。」
北上 「個人的にはやらない夫の一歩下がり方は
あんまりいい感触はないかな。

ルーミアに投票しない理由にわざわざ理由付けてるあたりが
怪しい。もっと村なら雑なこといいそう。
蒼星石 「ま、仕方ないから気を取り直してグレラン村、ってやつ」
カミーユ 「占いかみ切りなら、龍ちゃん吊りですね」
やらない夫 「んじゃジャック真で終わり。解散!!」
北上 「理由は今日狼吊るから」
龍鳳 「りゅうほうです!けいくうぼりゅうほうです!!」
アーカード 「占い連噛み……なかなか愉快な」
零崎双識 「まぁ明日か明後日龍鳳ちゃん吊ればいいよ」
北上 「だめだよ、飼う>チルノ」
ダージリン 「なんか予想あたってるッポイ」
北上 「ほーう、いいね1吊り浮いた」
チルノ 「じゃあ龍鳳(漢字読めない!)吊り!」
やる夫 「なるほどだお」
龍鳳 「>むしろ明日の死体を見てどういう進行をするかに頭を割いた方がいいだろう」

明日の死体次第といえばそうなんですけど…
そうなんですけど、何か含みを感じるんですよね…死体なしだった場合の方面で」
季節外れ 「おはようございます。」
やらない夫 「ダージリン的には狂人誤爆説なんだろうけども、○貰いなんだから手心加えてやりなよってちょっと思う。」
零崎双識 「アッハイ」
蒼星石 「時は流れる。そしてタマの魂の色は○だった。」
ダージリン 「おはようデース

いやほんと龍鳳もタマもうさんくさいのデ・・
龍鳳狼でタマ狐とかでどーデス?」
アーカード 「霊能が死んでるなら占いロラ
霊能結果が見れるなら破綻した方を吊って、一日灰を吊って残った占いを吊る。
満足で判別がついてない限り追うべき可能性だからな」
龍鳳 「占いCO アーカードさんは○でした」
鬼柳京介 「今日生きているということはそれなりに俺を満足させたいとみなすぞ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
こまりが夫さんの遺言 鬼柳京介が狼で、狂→真ってかんだって事もかんがえとけお
こまりが夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
タマ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →タマ
季節外れ1 票投票先 →タマ
蒼星石0 票投票先 →タマ
零崎双識0 票投票先 →タマ
鬼柳京介0 票投票先 →タマ
やらない夫0 票投票先 →タマ
こまりが夫0 票投票先 →季節外れ
アーカード0 票投票先 →タマ
龍鳳1 票投票先 →タマ
タマ12 票投票先 →龍鳳
やる夫0 票投票先 →タマ
北上0 票投票先 →タマ
ダージリン0 票投票先 →タマ
カミーユ0 票投票先 →タマ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫 「別段噛んでくるだろうから護衛してるっていうケースあんまないぞ>鬼柳
なんか鬼柳のなかだと霊能噛み=結果隠しみたいなのが強いんかね」
ダージリン 「龍鳳もタマもうさんくさくて互角デース

龍鳳は●見つけただけで別に吊らなくても優勢なのと
タマはタマで別に●でなくても吊れてた場所デショっていう(○なければ」
鬼柳京介 「今日の吊りはそれで問題ないだろうっよ
ジャックが真だったかどうかが分かるのであればそれでいい」
カミーユ 「たま吊りですかね」
蒼星石 「ドヤじゃなくて困りの方。
狂人が囲い狙う感じの占い先ではない感じだ」
アーカード 「むしろ明日の死体を見てどういう進行をするかに頭を割いた方がいいだろう」
季節外れ 「龍鳳さんはダージリンさんの評価と合わせて狼だと思っています。」
北上 「タマ自体別に後で村でも村と判別つくか怪しいところだと思うよ。
タマ自体はみないで、占いだけみて吊らないと思うのかい?>季節外れ」
零崎双識 「やらない夫>ただ、ジャック真で龍鳳が●だとしてもタマが狐でない保証もないからね
面倒な位置なのは変わらないからねぇ」
龍鳳 「霊能さんの身に何かあってからだと遅いじゃありませんか>金剛おばあさ…ダージリン」
アーカード 「護衛先は……まぁ狩人に一任でいいだろう、私なら、という考えはあるが
昼に言ってもあまり意味はない」
季節外れ 「私は龍鳳さんが狼だと思います。ジャックさんは噛まれるならだいたい真です。
こまりが夫さんはもともと真狂に思っていたのでまだ真はあります。」
蒼星石 「ドヤ顔の方の占い理由は、若干●前提というかな理由だけど結果は○なんだな、って感じ」
タマ 「なんでくろだされたかはわかんない…
でもきっと●だせば、つれるとおもったからだとおもう!」
こまりが夫 「やめとくれお」
やる夫 「たくさん可能性はあるお」
鬼柳京介 「あんなグレランで霊能噛みは起こらないだろうよさすがに。撤回はまだあとでも良かったんじゃねえかって気はするが、まあ分かりやすい方がいいさ」
タマ 「たまむらびと!」
やらない夫 「そうとも限らんだろ>鬼柳
するやつはする。それが霊能護衛だよ。」
北上 「単純に占い理由で
さて、~でも。占おうか(接頭語はちがうけど)なんてニュアンス
いかにも騙りくさい、なんて理由だけどね。」
ダージリン 「タマ吊りと龍鳳生存になんら関係性は無い気が>龍鳳」
零崎双識 「まぁたまどうするかは任せる
可能性はありすぎて、何とも言えない」
チルノ 「タマにCOを聞くわ!」
こまりが夫 「噛みきるための●だお
●○を「まる」で変換しているからちょっとミスったお」
鬼柳京介 「そもそも3-1で霊能護衛なんてもんはそこのルーミアの結果がものすごく重要な気がする場合に限る」
タマ 「こまりがおがしんかどうかわかんない
でもたまつってれいのうけっかみるのだいじ!」
蒼星石 「まあ、パンダ生成なら粘りたさあったがそこは2人で相談する共有者らが
引きずり出すなら従う、さ>やらない夫」
アーカード 「なので吊って確かめるしかないという結論になる
なぁに一皮むけばだいたい中身なんぞわかる」
龍鳳 「ジャックさんがそっちってことは…
たまちゃん吊ってください、私がまだ生きてるうちに!」
やらない夫 「残して占い吊りで○なら吊りっていうのはあんまぱっとしないんで。
吊るんだったら今吊ったほうがいいっちゃいい。」
こまりが夫 「噛みきるための○っぽくて
タマが吊られたらこまりが夫の囲いが0になるから、グレランか龍鳳吊りしてほしいお
できれば、共有アーマーは継続のほうがよかったけどお」
季節外れ 「タマとはパンダにつける名前でもないし、狼(イヌ科)につける名前でもないからです。冗談です。
本当は龍鳳さんが狼でダージリンさんを囲っているように思っているからです。」
零崎双識 「●吊りじゃない限りはそのままで良かった気はするんだけどね正直>撤回」
ダージリン 「狼の○に●の場合すごいリメンバーパールハーバーなので吊りたいとこデスガー」
北上 「ああ、撤回ならそれ昨日してもよかったね
護衛成功率が多少下がるから」
蒼星石 「まあ、チルノが昨日察してくれて助かったところはある。
(そして単にこっちがやりたかっただけとも言う>タマ)」
アーカード 「わからん、発言でもわからんし投票でもわからん」
やらない夫 「この展開ならもうちょっと粘って良い気はしないでもないけども

状況次第で蒼星石噛みは普通にあったしなぁ。
割りと悩むよね。」
龍鳳 「共有さんと霊能さんはツーカーの仲なんですね…」
零崎双識 「希望的観測だからね
実際の結果とはズレが出ても仕方ないね>アーカード」
北上 「はっきりいってこまりが夫がとても初日の占い理由が偽くさいので」
タマ 「ちるのがきょうゆうとはおもわなかった!きょうゆうもれいのうもすごい!」
やる夫 「チルノに一任してるお」
アーカード 「んむ>タマパンダ」
季節外れ 「初心者らしからぬことをしていましたね。」
鬼柳京介 「最初からそれが狙いだったのか…!」
カミーユ 「占い即噛みですか」
ダージリン 「その撤回はネクストターンでよかったのでワ・・・」
こまりが夫 「もくろみがすげー普通にはずれちまったお」
北上 「宗教上の理由でルーミアに投票したのは私だけじゃないと思うから
そこ投票者に関しては情報として見ないことにして。
零崎双識 「アッハイ>霊撤回」
蒼星石 「んじゃ共有撤回霊能 今日は○」
季節外れ 「吊らないでおきましょう。」
やる夫 「相方チルノだお」
龍鳳 「●…え…こんなかわいいのに…●?」
北上 「ほーーー、ほーーー。龍鳳の●は吊る価値ある」
季節外れ 「パンダですね。」
ダージリン 「お、このパンダ召喚は面白いデスねー」
タマ 「じゃっくー!」
アーカード 「おい生存してないじゃないか>零崎」
蒼星石 「おはよう。まずは村吊り想定」
零崎双識 「あちゃー」
カミーユ 「おはようございます」
北上 「多分君が抱いてる感想とは別のことを考えてるかな。>ブルマとスパッツ」
やらない夫 「発言が狩人絡みのみっていう位置を1発言だから、で吊る度胸は俺にはないだろ・・・」
龍鳳 「理由:ショタ枠とか…占ってprprするしか…
(なんかこう…チルノちゃんより幼い感じがして占いたい母性が…母性が…)」
こまりが夫 「ジャック・アトラス 0 票 投票先 → タマ
ルーミアの発言1でつれるんならルーミアだろうお
そういう時に、他に投票しているって言うのが、なんかすっげーすごく「身内しても吊られないだろうから投票しました」
みたいな雰囲気をかもし出しまくっているので占っちまうお
チルノ 「霊能撤回共有CO:相方やる夫」
タマ 「たまきづかなかったけど、るーみあすてるすだった…
でもうらないふたりに、とうひょうされてるからおおかみちがうとおもう」
やる夫 「やらない夫のいいとこ見てみたいおー」
アーカード 「よく喋ることがないと言う奴は喋りたがりの生存欲を醸し出している、なんて
論理を主張するやつがいるが、私はそうは思わない
むしろ、目立ちたがりの自殺志願の類だ、だから臆さず言った零崎は吊らん
ダージリン 「今日からここはダージリンタウンデース」
龍鳳 「占いCO タマちゃんは●でした」
季節外れ 「おはようございます。」
零崎双識 「おはよう
死体無しならいいんだが」
鬼柳京介 「随分と満足できねえグレランだった」
こまりが夫 「占いCO
タマ○」
タマ 「うおー!たま、おおかみぐちゃぐちゃだいすき!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジャック・アトラスさんの遺言 鬼柳京介○、零崎双識○●

王者の鼓動、今ここに列をなす。
天地鳴動の力を見るがいい! シンクロ召喚!
零崎双識は○●

「喋ることがない」はがジャック・アトラスの中ではNGワードに該当する!
喋らなければならない=役目に直結するからだ!
投票数も少ないゆえ、占うには最適の位置だろう
ルーミアさんの遺言 村人
ジャック・アトラス は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ルーミア を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →ルーミア
季節外れ3 票投票先 →ルーミア
蒼星石0 票投票先 →季節外れ
零崎双識1 票投票先 →カミーユ
鬼柳京介0 票投票先 →季節外れ
やらない夫0 票投票先 →季節外れ
こまりが夫0 票投票先 →ルーミア
アーカード0 票投票先 →カミーユ
龍鳳0 票投票先 →ルーミア
タマ2 票投票先 →零崎双識
やる夫0 票投票先 →ルーミア
北上0 票投票先 →ルーミア
ダージリン0 票投票先 →タマ
ルーミア7 票投票先 →カミーユ
ジャック・アトラス0 票投票先 →タマ
カミーユ3 票投票先 →ルーミア
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
龍鳳 「え、役職って給料出るんですか…?
私今月ずっと手当もらってない…
鬼柳京介 「ジャックを交えた信用勝負を狼が望むのであれば俺は盛大に乗ってやろう
もちろんジャックが狼で挑んでくるなら尚のこと…」
季節外れ 「とはいえ容赦しないのならそれはそれでよいのではないでしょうか。」
こまりが夫 「えー」
アーカード 「私のようになァ」
やらない夫 「んにゃ>こまりが夫
開始前に遅刻した初心者っていってたぞ」
零崎双識 「よし、なら歓談しよう
北上ちゃんはブルマやスパッツをど思う?」
ダージリン 「みなかったことにしとくデース(壁ボコォ >北上」
タマ 「たまおおかみつるのすき!えいえんばとうすき!ぐれらんうおー!」
蒼星石 「まあ、全員そこそこ個人特定できる占い文書くタイプの占い師、ということで
今後も期待しておくよ。」
季節外れ 「>こまりが夫さん
開始前ぎりぎりに発言されていましたが初心者枠だそうですよ。」
やる夫 「チルノとカミーユだお」
カミーユ 「初心者枠COしてましたよ、直前にこまがり夫」
アーカード 「ちなみにグレランの目的は大多数占いの視点追い、灰を減らして結果で埋めるだ
これをおぼえておくだけでちょっと違うので積極的にアピールするがいい」
やる夫 「チルノ初心者枠だお>こまりが夫」
やらない夫 「その場合でも狩人死なないなら取り戻せるからその時次第だな>零崎
死んで翌日噛まれてた、だと結構だるいがな。」
龍鳳 「というか、ここ主人公の貫禄ある人多すぎませんか…>やらない夫さん
片手の指じゃ足りない気がするんですが」
こまりが夫 「遠慮はいらんかお」
こまりが夫 「チルノは、べつに初心者枠ってわけじゃあないはずだから」
ダージリン 「共有って給料安そうデスねー」
零崎双識 「デスフラグは立てすぎると逆に生存するからねー>アーカードちゃん」
やる夫 「さすがCNだお」
季節外れ 「>龍鳳さん
明日もその調子でお願いします。」
やる夫 「困ってたお」
北上 「占い理由と龍鳳の直後の発言のギャップに草はえるね」
鬼柳京介 「何かの事故がつきものの初日のグレランなんかで満足して帰れねえってまでだ>ダージリン」
ルーミア 「>ジャック
その辺は狩人によるところだからバランスってだけで護衛しない狩人だといいね」
やらない夫 「これが主人公の貫禄ってやつかよ・・・>やる夫
どうしてこんなに差がついてしまったのか?慢心環境の違い」
蒼星石 「まあ、感覚的なものというか、そこまで言うほどでもない、さ>やらない夫
あまりにもあまりな遅さだったら乗っ取りも考慮だが、そういう程度でもないし」
こまりが夫 「まったく困りもんだお>AIBO」
ジャック・アトラス 「就職だと!?
今の俺は「占い師」に就職している! 賃金を貰っているのだ!
もうニートだの穀粒しだの呼ばせん!」
龍鳳 「あ…占い理由が本音と建前裏返ってる」
零崎双識 「無駄占いに関しては困り顔が単独で呪殺出したとハッキリする場面があったら頭抱えればいいよ」
アーカード 「喋ることなら多々あるだろう、例えばそれ、そこの元ジャックがただよわせてる
デスフラグとか>零崎」
タマ 「どこでそうおもったの?たまよくわかんない>だーじりん」
やる夫 「なにも言えない状態なのかお?」
カミーユ 「狼なんて此処から居なくなればいいんですよ」
季節外れ 「アイコンONもたまにやると楽しいのですが、できる夫村のような環境ではおすすめできません。」
やる夫 「困ってる・・・???>小町顔」
北上 「どうせ失言なんてそうそう人外でもしないから
歓談してればいいさ。それが普通。>零崎っち」
カミーユ 「特に言うこともないぐらい普通だ。」
チルノ 「>やらない夫
ごめんね!」
龍鳳 「それじゃ、さくさくグレランで狼を駆逐しましょうか。」
蒼星石 「アイコンOnにしてるとやる夫と困りかおでややこしいな……アイコン切るか。」
やる夫 「やる夫だからね(キリ>やらない夫」
ジャック・アトラス 「ふん、無駄占いをしたから護衛をするなどと狩人が抜かさないことを期待しよう」
季節外れ 「私はそのように非情なことを言いません。
なぜなら私とチルノさんも季節外れということで被っているからです。」
零崎双識 「いやー清々しいまでに喋る事がない普通の村だね」
チルノ 「無駄占いはこまりが夫のやる夫○のみでそこそこグレーも狭まってていいことね!」
タマ 「やるおうらなっちゃって、こまりがおがこまってる!」
アーカード 「無駄占い、これがホントの困り顔……つまらんな、ブリティッシュジョーク以下だ」
やらない夫 「やる夫が就職してるだと・・・」
鬼柳京介 「朝一は占いとほぼ同じか。
遅刻してるのが分かっている以上手は打てたはずだ。」
ダージリン 「鬼柳の様子がおかしいデース やつの心が目の前のグレランに無い」
こまりが夫 「AIBO!
そこは、こまりが夫が占いになったって察して共有は遠慮しとけお」
季節外れ 「>ジャックさん
片方死ねば面倒がなくなるという世紀末方式のことを言う人が一人か二人くらいいるんですよ。」
カミーユ 「共有はそこで、グレランでしょうかね」
やらない夫 「もうちょっとCOタイミング早いほうが相対的に好まれるだろ>チルノ」
アーカード 「3-1……で、共有は1COか、なにか意図があるなら伏せることも受け入れるが
なんとなくそうではない気がする」
タマ 「うらないが3と、れいのうがちるの?で3-1?
ふつう?たま、ふつうすき!」
北上 「少し私がせっかちだったんだよきっと。
さあ、グレランしよう」
蒼星石 「OK,たぶん何も起こってなっければ何も起こっていない状況に感謝する。」
やる夫 「んじゃグレラン頑張ると良いお」
零崎双識 「ああ出た出た」
こまりが夫 「CNみたらわかんだろうお>ジャック」
零崎双識 「うん、グレラン展開だ
共有は一人出ないがまぁ察しておく」
龍鳳 「霊能さんもちゃんといますね。
よかった、GMさんが就職してたらどうしようかと…」
カミーユ 「3-1ですね」
チルノ 「普通の展開ね!」
季節外れ 「霊能締め切り発言の前に霊能COがあったからセーフということでいいのでしょうか。」
やる夫 「共有COしておくお」
鬼柳京介 「そうか。少しは満足できそうだな。」
ジャック・アトラス 「貴様がやる夫ではないか!と思ったが、貴様はこまりが夫か
ええい、めんどくさい!」
ダージリン 「スムーズにグレランネー」
やらない夫 「許容範囲かなぁ」
こまりが夫 「行くぜAIBO!」
やる夫 「霊能はまだかお?」
北上 「という冗談はおいておいて」
零崎双識 「3CO
無難で順当だね」
蒼星石 「まあ、こういうことなら、で」
アーカード 「おう、なんだ?占い3に○進行とは、またノーマルな」
北上 「まあ霊能は〆切」
チルノ 「霊能CO」
こまりが夫 「ドヤが夫が居たからこのCNで入ったのにいなくなるとは……
まったく困ったもんだお
んじゃ、もう一人のこまりが夫事やる夫でも占うかお
こまりが夫がアテムでやる夫が遊戯みたいなもんだお」
やる夫 「それじゃあやる夫は寝てていいおね」
龍鳳 「理由:いい加減引退しろよBBA
(最長老ですから無理せずに支援艦隊にいてください)」
ジャック・アトラス 「鬼柳を差し置いて、他の連中を占うなど有り得ん
だが、溶けたり●が出ては面白くない
つまらんマネはしてくれるなよ?」
蒼星石 「共有CO」
チルノ 「おっはよー!」
やらない夫 「おはようさん」
零崎双識 「それじゃ占い結果聞こうか」
カミーユ 「おはよう」
ジャック・アトラス 「キングの占いはエンターテイメントでなければならない!
鬼柳京介は○」
タマ 「うおー!」
こまりが夫 「占いCO
やる夫○」
龍鳳 「占いCO ダージリンさんは○でした」
鬼柳京介 「満足させてくれよ?」
季節外れ 「おはようございます。」
アーカード 「んむ、朝がきた、私は朝日に弱いわけではない
ただ、太陽が大嫌いなだけだ」
北上 「はよー」
蒼星石 「時間は流れる、どこまでも。止まることなく。」
やる夫 「おっおー
やらない夫一発芸でもしてみると良いお」
ダージリン 「戦果リザルトがあがったヨー」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蟹GMさんの遺言 ライディング・デュエル!アクセラレーション!
蟹GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆蟹GM ブルーアイズマウンテンとは、ネオ童実野シティに存在するコーヒーである。一杯3000円。

このぶんの金はどうやってクロウに説明すればいいんだ……」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆蟹GM ミルクでももらおうか……GMはスバルだ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2016/05/21 (Sat) 21:49:34
チルノ 「かいしー!」
龍鳳 「ムラサメ…TMSの仲間ですね。私は基地航空隊のしか見たことないですけど」
蒼星石 「片割れを失っただけで何もできなくなる庭師。永遠の半人前。久遠の時の中。」
チルノ 「9」
チルノ 「1」
チルノ 「2」
チルノ 「3」
チルノ 「あたいも初心者枠なんだけど遅れたので如何ともしがたいわね!
じゃあカウント!」
蒼星石 「僕のカードは……たぶん、そんなに強くないよ」
鬼柳京介 「やはりキングは格が違う」
零崎双識 「ダージリン>コズミックイラのムラサメってそんな感じじゃなかったっけ」
やる夫 「皆きちんと確認すると良いお」
ダージリン 「さんすうできるデース?>チルノ」
やる夫 「カミーユが大事なこと言ってるお」
北上 「あ、うん。そうね。そうかな?タスケテ大井っち>零崎さん」
龍鳳 「大きすぎて、側面にワイヤーで固定するしかないですね。下手に甲板に乗せると転覆しちゃいます。」
ジャック・アトラス 「バカを言うな鬼柳!
俺達決闘者に会話など不要、語り合うのは己のカードのみ!」
蟹GM 「それではチルノ、カウントを頼む」
カミーユ 「それではよろしくお願いします。それと準初心枠になるとおもいます」
ダージリン 「MSを艦載機にする時代が」
アーカード 「友達の友達みたいだな」
零崎双識 「私は爽やか紳士さ
おっと額のことじゃあないよ>北上ちゃん」
蒼星石 「ふふ……じゃあ、この村の少女たちは、どういう肝時代?」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → カミーユ」
鬼柳京介 「俺が満足を探し求めていたのは同盟がその程度だったからなのか…?」
龍鳳 「村田隊や友永隊みたいなエースオーラを放つ人が…」
蟹GM 「問題ないぞ>かりーゆもといカミーユ」
零崎双識 「な……に…>袋叩き」
かり 「抜けた枠の分入っても大丈夫ですか?」
ジャック・アトラス 「ダークシグナーとしての因縁、クラッシュタウンでの顛末
それに比べるとどうしてもな」
北上 「なんかこの村の男暑苦しくない・・・?」
蟹GM 「かりーゆ!(思いつき」
やる夫 「それでもなんとかできるってやる夫は信じてるお!>やらない夫」
かり が村の集会場にやってきました
ダージリン 「鬼柳と遊星の絡み(ガタッ」
やる夫 「袋叩きかお>零崎」
蒼星石 「どやあ……ってどういう文化だろうね なんか通じるけど」
やらない夫 「無茶振りはやめろおおおおおおおおおお!?>やる夫」
蟹GM 「俺と鬼柳の絡みは……それは主人公だからな」
零崎双識 「ヒャッハー!女の子に囲まれたぞ!
(ドヤ顔くんはまたね)」
ジャック・アトラス 「そうなんだがな
鬼柳は遊星との絡みが多すぎて、俺とはそこまでしっかりと会話をしていないのだ
描かれてないだけで劇中では当然会話しているだろうが>零崎」
鬼柳京介 「デュエリストに音声言語なんて必要ないだろ?」
やる夫 「なんとかしろお>やらない夫」
季節外れ 「こまりが夫さん一人になると存在意義が問われますね。」
やる夫 「困ったお・・・
ドッペルゲンガーネタできなくなったお・・・」
蟹GM 「再投票を頼む
デッキの準備もな!」
零崎双識 「龍鳳ちゃん>まぁ、あの二人はね
描き手次第で関係性ガラリと変わるからね」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ドヤが夫は席をあけわたし、村から去りました
蟹GM は ドヤが夫 に KICK 投票しました
ダージリン 「ファイヤー!」
季節外れ は ドヤが夫 に KICK 投票しました
蟹GM 「というわけでKICKしておこう」
アーカード 「蟹のソリティア」
ダージリン は ドヤが夫 に KICK 投票しました
蟹GM 「なん……だと……」
蟹GM 「72 :普通の名無しさん:2016/05/21(土) 21:42:02 ID:i5.OVkJo
すみません pcが止まってしまい続行ができません ドヤ夫は蹴って下さい 初心者村5982番地
零崎双識 「鬼柳くんの最後の相手ってジャックくんじゃなかったっけ!?」
ジャック・アトラス 「冷静に考えると本編で俺と鬼柳はほとんど会話をしていないが、それでも突き進むぞ!」
蟹GM 「ドヤが夫の投票がすんだらカウントを頼む」
龍鳳 「たまに飛行甲板を置いて大鯨時代のエプロンでお掃除の手伝いに行くんです。

…でも一番アレだったのは雷巡寮のその…北上さんと大井さんの…ゲフンゲフン」
鬼柳京介 「全員揃わないのはいつものことだ>ジャック」
チルノ 「おっと」
やる夫 「なんとかしろお>やらない夫」
やる夫 「偏差値50高いとかないお>ドヤが夫」
やらない夫 「何でも俺に頼るんじゃあない!!>やる夫
俺にだってできないことがあるだろ」
ダージリン 「龍鳳駆逐寮入れるデース?羨ましい」
ジャック・アトラス 「遊星! それに鬼柳!
なにか足りない気がするが、俺達の満足はこれからだ!」
零崎双識 「大問題だ!?>駆逐艦寮に」
やる夫 「やらない夫なんとかするといいお」
アーカード 「なぜ私がついさっきまで
「ケッコンカッコカリの提督側の指輪を他人に売ったら艦娘の所有権はどうなるのだろう」
と考えていたことに気付いた(適当)」
蒼星石 「……と、ごめんよ。ぼうっとしていた……」
龍鳳 「薄い本?あの駆逐艦寮の床に無造作に散らばってたり山積みになってたりするあの…」
タマ 「そろった!ばとうー!」
ダージリン 「改修して戦車積める方がいいって提督ガー・・」
蟹GM 「皆……来てくれて感謝する
デッキの準備はできたか?」
鬼柳京介 「貴様その位置を最初から狙っていたな!?>ジャック」
季節外れ 「初心者の方がいるなら今のうちにCOしてもいいんですよ。」
蟹GM 「ジャック……!」
こまりが夫 「よくみろお
こまりが夫のほうが顔偏差値が50たけーお>やる夫」
やらない夫 「そんな薄い本みたいな話があってたまるかよ>龍鳳」
龍鳳 「金剛さん…戦車道を始めたんですか」
ジャック・アトラス 「キングは遅れてやってくる!」
零崎双識 「それは薄い本だけだから!?」
ジャック・アトラス が村の集会場にやってきました
やる夫 「やる夫と同じ顔がいるお!
ドッペルゲンガーだお」
龍鳳 「え?執務室で秘書艦を押し倒しながらいうセリフじゃないんですか?」
北上 「よろしくね」
零崎双識 「そんな提督は嫌だよ!?>指輪=美味しくいだきます(意味深)」
かりり¥ 「かりり¥ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりり¥ → 北上
アイコン:No. 7 (青) → No. 9395 (軽巡「北上」ポニテ)」
ダージリン 「こんな格言を知ってる?」
ルーミア 「よろしく」
ルーミア が村の集会場にやってきました
ダージリン が村の集会場にやってきました
やらない夫 「なんでケッコンカッコカリみたいな扱いになるんだよ>龍鳳」
やる夫 「やっほーだお」
かりり¥ が村の集会場にやってきました
零崎双識 「う~ん。龍鳳ちゃんがJKなのかJC」
鬼柳京介 「特に理由のない暴力ッ…!」
やる夫 が村の集会場にやってきました
龍鳳 「えっと、つまり指輪…を私に?>「オレサマ オマエ マルカジリ」」
零崎双識 「まぁ、同村してやって始めて解る要素だからね。中身メタ別にしたら
予測できないから楽しいという面もあるし>鬼柳くん」
タマ が村の集会場にやってきました
やらない夫 「困ったら「オレサマ オマエ マルカジリ」って言っておけばいいんだよ」
龍鳳 「出撃ですか?」
アーカード 「おう、邪魔するぞぉ」
龍鳳 が村の集会場にやってきました
アーカード が村の集会場にやってきました
鬼柳京介 「相性ってほんと何なんだろうな……>零崎」
こまりが夫 「こまりが夫は岩石の巨兵を表側守備表示で召還だお!
こいつは守備力2000あるお!」
零崎双識 「鬼柳くん>可能な限りは感情と推理は別にして吊り上げたいものだけどね
どうしてもバイアスが掛かってしまう場合ってあるよね」
蒼星石 「逆さになることができないのならば、合せ鏡へ。」
鬼柳京介 「要するに自分が満足できない言動をした奴には消えてもらいたい。
その感情はもはやロジックだとかメリットデメリットだとかそういうのを超越している。

誰だって心の片隅にはそういうモノを持っているってこった」
零崎双識 「生き残るだけなら中盤までは村の流れを読んで吊れそうな位置に票を投げるだけでもいい
ただ、勝てるかどうかはまた別問題なんだよね」
ドヤが夫 「これ以上ハンサムとか天地がさかさまになっても無理だろっ」
零崎双識 「まぁこれも私見というか
そういう見方もあるというだけで絶対じゃない
見逃されてしまいそうな相手の失言一つを的確に捉えて指摘する鋭い一撃だってある訳だしね」
ドヤが夫 「最後になってくると、何がおこるかわからないだろ?
変な話 寡黙が逆に怪しくなくなるとかざらにあるだろ」
やらない夫 「任せておけ、もっとハンサムにしてやるだろJK」
零崎双識 「攻撃力に関しては回線やレスポンス、殴ってる相手以外との相性があり
実際は個人の資質以上に周囲環境に依存すると思うんだよね」
やらない夫 「もう少し俺が手を加えてやるだろ>ドヤが夫」
やらない夫 「ふむ。」
蟹GM 「周りを信じろ
皆なら満足させてくれるさ!」
鬼柳京介 「初心者のいない初心者村とか、本当にこれで満足できるんだよな遊星?」
ドヤが夫 「あーあー
これだから筋肉は・・・ 俺みたいにハンサムになりなさい>やらない夫」
零崎双識 「よくわかんね、で吊りにこられる場合もあるが
一定期間をすぎるともういい、で放置されたりもする」
こまりが夫 「まったくこまったもんだお」
蒼星石 「誰かに見つめてもらえることじゃない、のかい
初日グレランで死にやすいのは寡黙か、寡黙のいない村であれば個性のない中庸だ」
こまりが夫 が村の集会場にやってきました
季節外れ 「そうですね。困ったら筋力で解決しましょう。」
チルノ 「>GM
ごめん遅れちゃった! ごめんね!」
零崎双識 「参考になるかは分からないが
初日は村の興味が集まってる話題
煮詰まった時期には独自理論を展開
するとまぁスルーされる場合はあるかな
後者は相性が悪いと吊りに来る相手もいるが」
やらない夫 「困ったら筋肉で解決するだろ」
ドヤが夫 「攻撃力? RPで、どれだけ場をうまくするかだろ?
真面目に言って」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 季節外れ
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 45 (風見 幽香)」
やらない夫 が村の集会場にやってきました
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → チルノ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6171 (チルノ12)」
鬼柳京介 「満足できる話なら何でもいい」
蟹GM 「鬼柳!」
蒼星石 「人狼に於ける攻撃力・防御力、ね……」
鬼柳京介 が村の集会場にやってきました
蟹GM 「よくきた
40分開始なのでそれまでは雑談でもしておいてくれ」
零崎双識 「やぁ」
零崎双識 が村の集会場にやってきました
ドヤが夫 「俺様のかっこいいところを言い合う
う~ん 話しやすいいい話題だろ?」
蒼星石 「よろしく」
蒼星石 「スーッッ」
かり 「よろしくお願いします。」
ドヤが夫 が村の集会場にやってきました
蒼星石 が村の集会場にやってきました
かり が村の集会場にやってきました
kari が村の集会場にやってきました
蟹GM 「全員許可だ」
蟹GM 「1」
蟹GM 「2」
蟹GM 「それじゃカウントだ
3」
蟹GM 「しょうがないから誰かきたときに語ってもらおう
俺も話題が本気でないからな」
蟹GM 「……そろそろ誰か来ないと話題が尽きるぞ!」
蟹GM 「個人的評価からすればこんな感じか」
蟹GM 「そこまで防御力高いつもりもないし
割りとノーガードのはずなんだが……」
蟹GM 「後者の場合、いわば殴りたくないとかそういうタイプだが
単純に殴り合いするのが面倒だと思わせればいい
有り体に言えば俺がそういうタイプらしい」
蟹GM 「人狼を吊れた=村に理論としては近いか……」
蟹GM 「個人的にプレイヤー名を出すのは控えるが
殴りが的確で、かつそこを吊りあげたら霊能結果●だった、とかな。
ただなんとなくじゃなくて周りが誰も指摘してなくて、かつ殴りが早いとかだと
ポイントが高かったりする、と俺は思う」
蟹GM 「前者は単純に白ければいいだろう
あと吊りにおける機転が利くとか、か?」
蟹GM 「準初心者許可だ」
蟹GM 「基本的に怪しまれないことが防御力だし
逆に言えば「殴りづらい」とか「殴りたくない」とか
思わせるのも防御力だとは俺は思っている」
蟹GM 「そういえば最近人狼における防御力がどうとかいっていたな
あれを俺なりに噛み砕いていってみるか」
蟹GM 「とはいえなにかないか……」
蟹GM 「人がきたら質問にも答えるか……
ないかもだが
それともいっそ俺から語るべきか?」
蟹GM 「さて、気長に待つか……」
蟹GM 「初心者枠許可だ」
蟹GM 「9時初心者枠
10分準初心者枠
20分全員入村許可だ」
蟹GM 「ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
蟹GM 「───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『◇.2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 蟹GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1249 (不動遊星)」
村作成:2016/05/21 (Sat) 20:53:48