←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [5999番地]
~皆ヤングだったのか……~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 蟹GM
(生存中)
icon 黒っていう
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon ヌオー
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon
(生存中)
icon 苗木誠
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 紅きヒゲ
(生存中)
icon ドラルク
(生存中)
icon 輝夜
(生存中)
icon つかさ
(生存中)
icon 緑のヒゲ
(生存中)
icon 陰陽玉
(生存中)
icon リディ
(生存中)
icon ドクオ
(生存中)
村作成:2016/06/11 (Sat) 20:55:02
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 蟹GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1249 (不動遊星)」
蟹GM 「───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『◇.2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
蟹GM 「ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
蟹GM 「0分:初心者枠
10分:準初心者枠
20分:全員開放だ」
蟹GM 「初心者枠許可だ」
蟹GM 「誰も来ないしまたネタでもふるべきなのか……」
蟹GM 「準初心者許可だ」
蟹GM 「最近初心者村に入ったら
初心者に何度も声かけたらどうも俺が優しい人扱いされた
明らかにおかしい気がする(遠い目」
蟹GM 「普段の俺はもっと前衛的なんだが……」
蟹GM 「しかし最近暑いな
誰かなんとかしてくれ」
黒っていう が村の集会場にやってきました
黒っていう 「よろしくっていうwww」
蟹GM 「初心者枠がでっていう……
ああ、よろしく頼む」
黒っていう 「自然体がいちばんっていうwww」
四条貴音 が村の集会場にやってきました
蟹GM 「どういう自然体なんだ……」
蟹GM 「四条もよろしく頼む」
蟹GM 「ではカウントいくぞ
3」
蟹GM 「2」
蟹GM 「1」
蟹GM 「全員許可だ」
ヌオー が村の集会場にやってきました
ヌオー 「ぬおーん」
蟹GM 「ヌオー……(遠い目」
ヌオー 「ぬくしゅ!」
四条貴音 「よろしくお願いしますね」
黒っていう 「甲殻類、両生類、人類、スーパードラゴンとwww
バラエティ豊かになってきたっていうwww」
我那覇響 が村の集会場にやってきました
我那覇響 「おいーっす」
ヌオー 「ぬわー」
球磨川禊 が村の集会場にやってきました
球磨川禊 「『やっほー』『僕だぜ』」
ヌオー 「くまー」
四条貴音 「あら、響。」
我那覇響 「貴音一人だと心配だからな
自分がお目付け役に来たぞ!」
棒 が村の集会場にやってきました
「よろしくお願いいたします」
ヌオー 「ぼわー」
我那覇響 「雪歩だと貴音に流されそうだし、伊織だと貴音放っておいてひたすら勝ちにいきかねないしさー
亜美真美?いやいや」
苗木誠 が村の集会場にやってきました
やる夫 が村の集会場にやってきました
苗木誠 「支援しにきたよー」
やる夫 「よろれひ~ひ~」
ヌオー 「やなわー」
我那覇響 「『なんか苗木って』
『括弧付けそうな声してるよな』」
紅きヒゲ が村の集会場にやってきました
紅きヒゲ 「でっていうは吊る。これは決定事項だ。」
ドラルク が村の集会場にやってきました
ヌオー 「ひげぇ!」
ドラルク 「少ないようだから助っ人に来たよー」
ヌオー 「どわー」
輝夜 が村の集会場にやってきました
つかさ が村の集会場にやってきました
輝夜 「助っ人よ」
球磨川禊 「『後はATフィールドでも貼れそうな子でも連れてこれればいいんだけど』」
緑のヒゲ が村の集会場にやってきました
苗木誠 「まぁ、うん、I二>に台詞は囲まれてることは否定できないけど>我那覇さん」
つかさ 「助っ人きたよ~よろしくね」
黒っていう 「お前を吊るして横の尻のでっかいネーチャンをのせるっていうwww>ヒゲ」
緑のヒゲ 「もう永遠の二番手なんて呼ばせない」
輝夜 「あら、5999番地じゃまお」
輝夜 「じゃない」
ヌオー 「かつひげぇ!」
ドラルク 「そういえば6000前だね」
輝夜 「‥これ埋まりそうね、どうしようかしら(汗)」
黒っていう 「メモリアル目前っていうwww」
緑のヒゲ 「でっていう!僕と協力して兄さんを倒そう」
つかさ 「あ、ほんとだ >6000前」
緑のヒゲ 「6000になったときこの僕が主役さ」
紅きヒゲ 「弟よオマエはすっこんでろ。」
ヌオー 「いべんとー」
我那覇響 「貴音に手を出す奴は、埋められるぞ>でっていう」
我那覇響 「雪歩に」
輝夜 「まぁ、なんとかなると思うわ ちょっとお花摘み」
球磨川禊 「『エリート抹殺計画なら僕も噛ませてくれよ』『いつだって弱者の方に付くって決めてるんだ』」
ドラルク 「…あの子なんで土掘ってるんだろうね?>響」
苗木誠 「でもスーパーマリオRPGとかで意外といい役貰ってる上にデイジーさんがいるしなぁ」
ヌオー 「がぶりあすきらー?」
黒っていう 「残念だがヒゲはすべからく撲滅されるべきっていうwww>緑の」
ドラルク 「そもそも主人公な作品もあるしねー>緑
負け犬ではないのは確か」
陰陽玉 が村の集会場にやってきました
リディ が村の集会場にやってきました
陰陽玉 「セイセイー」
リディ 「みんなでおれをバカにするのか・・・」
球磨川禊 「『ルイージマンションもあるわけだけど』『まぁそれを言ってしまうと僕も人のこと言えないからね』」
輝夜 「もどり」
ヌオー 「いんでぃ!」
ドクオ が村の集会場にやってきました
ドクオ 「きのこたけのこ戦争…始まるよ」
我那覇響 「最初はただ穴掘るネタだったんだけどさー
反響あったから公式が膨らませた>ドラルク」
ドラルク 「お、埋まったね」
蟹GM 「埋まったか
なら各自デッキの準備をしてから投票してくれ」
黒っていう 「そういやグッドルーザーで単品あったなっていうwww>クマー」
ヌオー 「くおー」
つかさ 「埋まったねー」
輝夜 「何戦してもここの緊張感というのは止まらないわね」
苗木誠 「外伝の方が人気でるゾロリルートを狙ってるのかな?」
球磨川禊 「『アニメ化で一話も貰ってる僕は、残念ながら幸せだ』」
四条貴音 「満員御礼ですね。死力を尽くしましょうか」
黒っていう 「おら緑のwww2番手が増えたぞっていうwww」
我那覇響 「台詞として弱気なあまり訳分からんこと言い出すだけだった→実行するようになった
こんな流れだな
当初はただテンパって言い出してただけで実際には掘ってなかったんだぞ」
緑のヒゲ 「おっとうまったようだね」
ヌオー 「りでぃーはみどり?」
蟹GM 「ではカウント頼む」
リディ 「黒かな・・」
黒っていう 「了解っていうwww
行くぞっていうwww」
つかさ 「(これ、お姉ちゃん来てたら私も緑って言われてたかも・・・?)」
黒っていう 「3」
黒っていう 「2w」
我那覇響 「後、そのせいか掘られるネタ多いよな雪歩」
黒っていう 「1ww」
ドラルク 「一番人気が出そうなのを残して終わってるからねえ>めだか
やっぱり球磨川編が一番面白い時期だったし」
黒っていう 「スタートっていうwww」
ゲーム開始:2016/06/11 (Sat) 21:42:57
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
紅きヒゲ 「狼か。よろしく頼む。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
球磨川禊 「『よろしく』『これが3度めの人狼だとここでCOしておくことにするぜ』」
「よろしく。初心者枠に間に合わなかったco」
「◆蟹GM ミルクでももらおうか……GMはスバルだ」
紅きヒゲ 「そうか。それなら村の趣旨的に初心者と言っても良かったんだぞ。」
紅きヒゲ 「騙りに出たいかどうかだけ聞いておこう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「特に希望がなければ全潜伏でもするか」
「グレラン自信ないし騙ろうかなぁ」
球磨川禊 「『できればお願いできるかな』『ただの村人の振りして推理ごっこと洒落込みたいんだ』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「であるならば棒に任せよう」
「◆蟹GM だが俺はレアだぜ
報酬は高いぞ……」
「信用とりや対応は無理ですはい」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「噛み操作は投票操作と同じ容量だ。」
「◆蟹GM 駄目だこいつ……>該当者」
紅きヒゲ 「そこまでは気にする必要はない。気楽に行くと良い>棒」
「かみぼくが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
蟹GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蟹GMさんの遺言 おい、デュエルしろよ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
緑のヒゲ 「おはよう。
今日も兄さんの朝ごはんを用意するところから始まるのか。
この村で人狼を倒してこんな理不尽をなくしてやる!」
黒っていう 「おはようさんっていうwww
とりあえず占い結果はよっていうwww」
ドラルク 「おはよー
村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
うん、普通だねえ。吸血鬼が無いのが悲しいことだけど…
ロナルドくんがいたら狐引いて死んでそうだけど」
輝夜 「おはよ。
超過時間は思考する時間じゃないわ
特にこの村は夜が4分あるから
狼の噛みは130 1分30秒『以前』にする癖をつけるべきかしらね
無論、夜の村役職の投票は超過前。
GMが居るとはいえ、GMの胃の負担を減らしてゲームを円滑にすすめるのはマナー。
GMが居ない村だってあるのだから。
陰陽玉 「紅きヒゲと緑のヒゲの二人に壁ドンされてる俺。ピーチ姫役やろうか?」
つかさ 「占いCO ヌオー○」
リディ 「ばなあああああああじ!!」
ヌオー 「うらないCO-ん 我那覇響○」
やる夫 「GMは拾ったお」
つかさ 「占いCO ヌオー○」
ドクオ 「Zzz」
苗木誠 「おはよう(蟹を焼きながら)」
紅きヒゲ 「ふん。ヒゲの朝は早い。」
ヌオー 「占い理由です?
みぎー、占い。もしかしてきせいちゅーです?
あにめ化実写化はきょねんでしたなー
それになんかいいいろですなー」
リディ 「霊能CO」
「占い師 ドクオ○」
球磨川禊 「『おはよう!いい朝だね!』」
つかさ 「 つかさの占い日記
初日 ヌオー
今日イタリアでポケモンの世界大会予選か何かやってるみたいだねー
そんな話を聞いたから占うよ、所詮は初日だしね」
緑のヒゲ 「やってくれるのかい?
兄さんを任せたよ>陰陽玉」
黒っていう 「3-1か?っていうwww」
輝夜 「あら、対抗占ったのね」
四条貴音 「おはよう。いい朝ですね」
ドクオ 「結構遅いんだが大丈夫か?>紅いヒゲ」
我那覇響 「まぁなら交換が好みだぞ自分は」
陰陽玉 「3-1かぁ。共有もでてきていいよー」
ドラルク 「占い2かと思ったけど3か
霊能1でいいのかい?」
苗木誠 「3-1○進行、で、おっと、つかささんが対抗占ってるね」
ヌオー 「ぺっぺぺかっぺー
つかさは ぬおーを 狼にできなくなった!」
やる夫 「大事なことかお?>つかさ」
リディ 「棒に護衛がいかないパティーンだな」
「なんというか見た目で。似てるから」
紅きヒゲ 「なら共有も出てくると良い。潜る理由は先ず無いからな。」
緑のヒゲ 「占い師は3で霊能は1ってところか
まあ普通な流れだね」
黒っていう 「棒は結果は大文字でよろしくっていうwww」
苗木誠 「じゃ、共有クンも出てきていいんじゃないかなぁ」
輝夜 「3-1○進行で霊能も出た、共有も出ていいわね」
つかさ 「私視点真狂確定、で棒が狼狐かぁ」
ドラルク 「ほいほいじゃあ、ドラルクさんが共有だよ」
やる夫 「3-1じゃなくて、つかさが2回言ってるだけなんだけどお」
四条貴音 「では、共有COです。」
ヌオー 「ぬおーん、もう一人対向がいるのであまり意味なかったです?」
リディ 「3-1だろ」
つかさ 「占い結果は大事だと思う() >やる夫」
我那覇響 「アニメはいい
けど実写はやめよう(真顔)」
やる夫 「あ、よくみりゃ棒がCOしてるお
てへぺろ」
輝夜 「でやることはグレランかしらね
狩人保護で指定ってのも変な話だし」
紅きヒゲ 「凹凸がなさすぎでピーチ姫は無理だ諦めろ>陰陽玉」
球磨川禊 「『ドクオちゃんは二人も○貰ってるのか』『これは彼は村人と見て間違い無さそうだね!』」
つかさ 「いや棒も占いCOしてる >やる夫」
苗木誠 「棒人間のことをいないもの扱いするのはやめようよ!>やる夫」
やる夫 「てへぺろ☆
だお」
陰陽玉 「ピーチとは、兄さんに任されるポジションなハズ・・・
図ったな、緑!」
黒っていう 「3-1-2把握っていうwww
○進行だし、グレランでいくのか?っていうwww」
ドラルク 「とりあえずまあグレランでいいかよね>四条さん」
緑のヒゲ 「まあ無駄占いではあるけどつかさ視点対抗の中身がみえた
そうとらえてあげようよ。大丈夫挽回できるよ!>輝夜」
やる夫 「こういっておけば、許されるってきいたお
やる夫は許されたお」
我那覇響 「あ、棒は見逃してた>3CO」
四条貴音 「ドラルクさん共有であってますね。」
輝夜 「棒は大声でCOする癖をつけたほうがいいわね>占い結果」
ヌオー 「れいのうーときょうゆーがそれぞれいてよきよきかなかな」
「大きくしわすれてごめんね」
苗木誠 「なんか大人っぽい共有だね、ともかく、特に変なこともないみたいだし
グレランでいいんじゃないかなぁ」
紅きヒゲ 「吊らない可能性があるというだけだな>輝夜
そもそも、生存が認識されてからでもおかしくないだろう。」
四条貴音 「グレランでいきましょう>ドラルクさん」
我那覇響 「貴音が共有か!
いいぞ!」
緑のヒゲ 「まあ次からは大声で占いCOをしたほうがわかりやすいと思うよ
結果をすぐに伝えるのも大切な仕事さ」
ドクオ 「この村見てるだけでも普通声の霊COはやっぱありなんだなあとしみじみ思う」
ドラルク 「あ、四条さん共有であってるよ」
輝夜 「無駄占いというか、対抗占いだから無駄占いじゃないような?>緑のひげ
まぁこれは定義問題なんだけどね」
やる夫 「対抗が対抗を占っているって言うイベントが棒視点であったけど、野ーコメントなのはそういう人(棒)だって事だと考えておくお」
ヌオー 「ぼーはがんばるです?ぼーさんはがんばらない
がんばらないひとは狂人がおおいとーのうわさー」
つかさ 「じゃあグレランして、私は人外占っていくだけなので」
リディ 「まあべつにロラスタートでもいいけどよ>ドクオ」
黒っていう 「グレラン・・・ヒゲとヒゲで悩みどころだなっていうwww」
陰陽玉 「と言うわけで紅きヒゲの保護者を任されました。息子をどうかよろしくお願いします・・」
緑のヒゲ 「大人っぽい共有
だめだよ!まだ24時過ぎてないからそんなあだるてぃーなことは
子供たちに悪影響さ>苗木君」
四条貴音 「という事で、グレランで粛々人外を焼いてラーメンのチャーシューにしましょう」
苗木誠 「いや、ありではないとは思うけどね……w>ドクオ」
ドラルク 「まー、グレランでどうぞ」
やる夫 「みじけー時間だけど、棒はそういう時にあんまコメントしない人(棒)って感じたからお」
輝夜 「共有FOはいい傾向ね
共有トラップとかはあんまりこのみではないわ」
紅きヒゲ 「基本、誠意ぐらいの意味しかないな>ドクオ
見る奴は普通声でも見逃さんだろうしな。」
「大きくしわすれてごめんね」
ドクオ 「俺がCOしたとかいうワケじゃないぞ>リディ
棒がめっちゃ見落とされてるからうっかり人外ちゃんが乗っ取り狙いでホイホイ引っかかってくれるかも知れん」
緑のヒゲ 「黒っていう、ここで考えてみよう
僕を吊って得をするのはだれか?そう兄さんさ
つまり先に兄さんを吊っておけばこれ以降の黒っていうのグレランは安泰さ>黒っていう」
ヌオー 「ぬわー。つかさ萌えたほうの妹が狼の可能性が高いです?」
陰陽玉 「忠告しておくぜ。俺は硬いからチャーシューにしない方がいい。」
輝夜 「>赤きひげ
でも一見で見れるのはメリットよ>大声>占い結果」
やる夫 「大事なことかお?>棒
(3分ぶり2回目)」
我那覇響 「棒は大丈夫か?マシンとか回線的な意味で」
「あれっ二度言ってしまった」
苗木誠 「対抗の中身がわかるってのは結構情報上有利だから悪くはないとは思うけどね
実際、三日目以降で対抗占いとか噛み合わせとほぼ判別がつかないから
チャンスは初日と最終日周辺しかない」
ドラルク 「村人吊ったら人肉食べることになるんですけど!?
あと狐に食っておいしいの!?なんか寄生虫が怖いんだけどアレ」
リディ 「絶対人狼っていうゲーム思い出したわ」
緑のヒゲ 「悪いねここでの無駄占いは、グレー枠を削れなかった
そういう意味でいってた>輝夜」
輝夜 「陰陽玉の発言がちょっと気になるわ」
ヌオー 「とつぜんしととつぜんのりーふすとーむはいけないとおもいます!」
紅きヒゲ 「どちらかと言うと、初日●出た際に潜って翌日を迎えた場合に意味がでることもあるというぐらいか。>普通声の霊能CO」
黒っていう 「まぁ見逃さ無ければいいだけの話だけどなっていうwww
見逃されないようにできれば大文字で頼むって奴なwww>棒」
ドラルク 「漫画版の人狼ゲームは読んだけどアレ何?(真顔」
つかさ 「棒は山彦か何か?(ブーメラン」
我那覇響 「陰陽玉>硬いから煮込むんじゃないのか?」
緑のヒゲ 「はいさいやめやめ>ドラルク」
ドクオ 「村的にわかりやすくすべき!ってんならまあわかるが>苗木
見やすい以外に大声COに大した意味は無いと思うね」
苗木誠 「人狼はね、遊びなんだ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
黒っていう1 票投票先 →緑のヒゲ
四条貴音0 票投票先 →陰陽玉
ヌオー0 票投票先 →陰陽玉
我那覇響1 票投票先 →黒っていう
球磨川禊1 票投票先 →輝夜
0 票投票先 →陰陽玉
苗木誠1 票投票先 →紅きヒゲ
やる夫0 票投票先 →我那覇響
紅きヒゲ3 票投票先 →緑のヒゲ
ドラルク0 票投票先 →ドクオ
輝夜1 票投票先 →陰陽玉
つかさ0 票投票先 →球磨川禊
緑のヒゲ2 票投票先 →紅きヒゲ
陰陽玉5 票投票先 →紅きヒゲ
リディ0 票投票先 →苗木誠
ドクオ1 票投票先 →陰陽玉
陰陽玉 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「うーん我ながらヒドイ」
紅きヒゲ 「ふむ」
紅きヒゲ 「即噛みだろうな」
球磨川禊 「『一日目は無事に切り抜けられたね』『よかったよかった』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「どちらかですがどっちでしょうねぇ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「問題はヌオーかつかさのどちらかが真かということだが。
最悪噛み切りまで視野にいれる」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「つかさのほうが真はありそうではあるな」
球磨川禊 「『どちらかというとヌオーちゃんな気はするけど、確定要素はないからね』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「結論:わからん」
紅きヒゲ 「ヌオーかつかさで好きな方を噛むと良い>棒」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「ラジャー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
球磨川禊 「『まぁ、どちらも○は本物だかろうからね』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
つかさ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
つかささんの遺言 柊つかさの占い日記
初日 ヌオー ○●
今日イタリアでポケモンの世界大会予選か何かやってるみたいだねー
そんな話を聞いたから占うよ、所詮は初日だしね

2日目 輝夜○●
役職に関しての発言が多めな印象だね。
0票よりかは1票の方が逆に狐ありそうとか思っちゃうんだよね。
あと、最後に陰陽玉への微妙な誘導。
陰陽玉さんの遺言 ◇我那覇響 「陰陽玉>硬いから煮込むんじゃないのか?」
その発想はなかった

人外じゃないんだけど、吊ったからにはおいしく食べてね・・・(はぁと)
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ドラルク 「そこ吊れると思ったけど、案の定吊れたよね>玉
逆に球磨川に票がなくて割と驚きでもある」
やる夫 「我那覇投票はミスだお。
ヌオーは狂人はなさそうって感じだお。」
輝夜 「球磨川は…把握ミスかしら、私の。
ドクオは○2つはもらってないし(棒の○だけ)
そもそも球磨川は2発言しかしてない ここは今日みておいたほうがいいわね
私を疑った理由とともに聞かせてもらえるかしら?
緑のヒゲ 「黒っていう!僕たちは仲間だといったじゃないか!
君、気が付いているかい?君は兄さんに僕を吊るために利用されているんだ!
僕が死んだら君は用済みで消されるだけだよ!考え直して!!」
リディ 「○」
我那覇響 「あちゃー」
黒っていう 「おはようさんっていうwww」
リディ 「ひでえな」
ドラルク 「Oh…」
「やる夫○」
黒っていう 「投票理由?緑と仲が良いと思われたら恥ずかしいし・・・っていうwww」
やる夫 「んじゃ、回転はやめっかお」
苗木誠 「うーん……」
ヌオー 「うらないCO-ん 緑のヒゲ○」
緑のヒゲ 「つかさちゃんが死んでる?
そんな・・・ばかな」
リディ 「ていうかガッツすげえな狼」
紅きヒゲ 「先に行く保護者があるか。通帳だけ置いていけ>陰陽玉」
ドクオ 「んー?」
やる夫 「棒吊りだお」
ヌオー 「占い理由です? ドラクル
あんまり意味ある発言していないです?
紅きヒゲをそんなにつりたいんですなー
ちょっとそこがきにったりするのですか?きになります!」
輝夜 「占い1噛まれmの」
ドラルク 「つかさ死ぬかー死ぬかあ…」
ヌオー 「ぬおーん」
リディ 「まあ棒吊りだな」
ヌオー 「びっくる」
四条貴音 「棒吊りでいいんじゃないですかね」
緑のヒゲ 「棒吊り?つまりどういうこと
つかさ視点では狼だから結果を見るってこと?>やる夫」
ドクオ 「棒狼で噛める方って考えると単純だけど」
「0票で突っ込み方が中途半端かな、と」
やる夫 「これで、ヌオーが狼で、棒真の騙り狼を漂白したとかいうパターンだった時に面倒だからお」
苗木誠 「ヌオーくん狂人、棒くん狼」
ドラルク 「ドラクルってなんだよ君>ヌオー」
球磨川禊 「『…あれ?見間違い?』『理由言うのもあの判断材料からじゃそれほど多くないからね』」
緑のヒゲ 「でもさ、それは楽天的じゃないの?
仮に棒真で吊らせる噛みってせんはないわけ?」
紅きヒゲ 「凡そにおいて棒が狼でいい。が即吊りする意味がそこまでなかろう>やる夫」
やる夫 「◇緑のヒゲ 「棒吊り?つまりどういうこと
つかさ視点では狼だから結果を見るってこと?>やる夫」

ありていに言えば、そうだお」
ヌオー 「棒が狼なー。ぼーさんは発言をがんばらない」
リディ 「指定しろドラルク!可能性に殺されるぞ!」
ドクオ 「棒真ならそのまま噛めばいいじゃん」
ヌオー 「占おうとしていたあと(てへっ>ドラクル」
我那覇響 「コロコロの漫画の主人公だな>ドラクル」
リディ 「棒噛めよ>緑のひげ」
やる夫 「もうちょっと発言を追うくせをつけてもらえるとやる夫はうれしいお>緑のヒゲ」
輝夜 「つかさは真狂でーの、ヌオーはつかさ視点狂で、したがって棒は狼?

真狂狼と断定?」
ドラルク 「まあ棒吊りで」
緑のヒゲ 「実際に見ればそうなんだけどさ、まだ早くないかい?
個人的にはつかさ狂人と見切ってたとしてもあえて噛むとかあり得ると思うんだが>やる夫」
リディ 「俺鉄板しなくていいぞどうせ●いし」
ヌオー 「うらなうまえにきづいてよかったよかったなー
緑のヒゲ占いで○がでたからあれだったけど」
ヌオー 「緑のヒゲはなんでじんがいじゃないです?」
ドクオ 「むしろ3-1初手占い位置噛みから真狂狼以外の何を見るのか教えてくれ>輝夜」
紅きヒゲ 「ないな弟よ。
そこまで回りくどいことをするタイプはほぼいないということが統計から出てきている>緑のヒゲ」
苗木誠 「あえて真を吊るためにヌオー狼を囲った狂人つかささんを噛んだパターン……
んー、まぁドクオのくんの言う通り狩人読みをしない限り棒を素直に噛めばいいだけなんだよね、銃殺が出たら目も当てられない作戦だ」
黒っていう 「まぁ初日&陰陽玉狩人じゃ無いってとこ信じて棒つりは選択肢としてありだとは思うがっていうwww」
四条貴音 「ところで狼ってチャーシューにすると美味しいんでしょうか……」
「いつでも噛めると見て後回にされた感じ」
我那覇響 「というかなー
これベーグルじゃない場合ってどんな内訳なんだって話なんだよな自分視点」
輝夜 「まぁ霊能につっこんでもしかたないけど
残り1が、うーん」
緑のヒゲ 「ほらつかさ狂人だったらあえてGJを出させてもいい
そういう流れってないかな」
四条貴音 「ジビエラーメン、素敵です」
やる夫 「騙り狼が漂白されたパターンがって言っているのにその事でいろいろ言われるのは流石にだるいお」
ヌオー 「ドクオ狼の可能性がある?」
ドラルク 「棒真だったら笑って許せ!」
ヌオー 「うらないますかなー」
輝夜 「>ドクオ
可能性を指摘したまでだけど
占い噛みなら確かに真狂狼が濃厚」
我那覇響 「赤犬は美味いって話だけはきくけどな>貴音」
ドクオ 「それやって棒が単独呪殺したらどうすんのって話で>緑の
その推理するならクソ面倒くさい噛みをしそうな狼っぽい位置まで揃えて出すのが基本やぞ」
緑のヒゲ 「う~んまあ単純に僕は占い即吊りより
状況を見たいってのが強いんだけどね。」
苗木誠 「ま、特に異論はないかなぁ、色は確実に見れるだろうし、再確認ぐらいの意味しかないけど」
輝夜 「肉食動物の肉は鉛美味しくないとか」
「あるいは。本当に見分けが付かなかった」
我那覇響 「ドラルク>棒真なら噛んだ方が確実」
ヌオー 「ぬおーが狂人でつかさGJはいみないです?」
球磨川禊 「『正直二つ○だから○だと踏んでいたけど』『棒ちゃんまで●ならふたりともって可能性も大いに考えられるね』」
ヌオー 「きょうじんで狼ー」
紅きヒゲ 「棒視点でいうと大体真贋ついてるんだが、そこで先につかさを噛むというのは吊りに揺く動きだろうよ>棒

つまりおまえさんが噛まれることはない」
ドクオ 「鉛はおいしくないだろうな」
ヌオー 「狼で狂人ー」
緑のヒゲ 「◇ヌオー 「ぬおーが狂人でつかさGJはいみないです?」
あ?狂人COですか これで心置きなく棒つれるわ」
球磨川禊 「『数え間違いだったのなら自分の推理が疑わしいや』」
やる夫 「カンダ方が確実っていうのは
信頼勝負なんかを否定する言葉になりえるんだお」
ヌオー 「なんで?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
黒っていう0 票投票先 →
四条貴音0 票投票先 →
ヌオー1 票投票先 →
我那覇響0 票投票先 →
球磨川禊0 票投票先 →
13 票投票先 →ヌオー
苗木誠0 票投票先 →
やる夫0 票投票先 →
紅きヒゲ0 票投票先 →
ドラルク0 票投票先 →
輝夜0 票投票先 →
緑のヒゲ0 票投票先 →
リディ0 票投票先 →
ドクオ0 票投票先 →
棒 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅きヒゲ 「お疲れ様だ。」
紅きヒゲ 「ヌオー真の場合は大体終わってるからそこは考えない、でいいな」
球磨川禊 「『下手踏んだら間違いなく次釣らそうだぜ』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「噛みをどうするか?だが。共有2択が基本だな」
球磨川禊 「『次はどこを噛もうか』『霊能か共有って所かな?』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「リディはああ言ってるがまず霊能護衛だろうよ」
球磨川禊 「『そうだね、共有のドラクルちゃんでも噛むのが懸命かな』」
紅きヒゲ 「霊能護衛出なかった場合は共有護衛思想な狩人っぽい場所を噛むことになる」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「ではそれでいくか。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「基本生き残り優先で、狐自体は余裕があれば、でいいな?」
球磨川禊 「『おっとごめん』『共有ってドラクルちゃんと…誰だったっけ?』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「四条貴音だな」
球磨川禊 「『狼はグレーの時に釣られてくれる事を祈ろう』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
球磨川禊 「『貴音か、確かに覚えたぜ』『ありがと!』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドラルク は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ドラルクさんの遺言 共有だよー
四条さんがお仲間だよ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
我那覇響 「やる夫>棒が仮に真で呪殺出した場合
つかさ狂とヌオー狼も見える
棒が仮に真なら呪殺出せる占いじゃない
と判断できる材料も初日の発言内容じゃ無い感じだな

というか即棒吊るとも限らない訳で」
やる夫 「実際のところ、こいつは確実に噛めるよねーあははーで噛みにいってGJ出されたってぁこたぁ頭をよぎるもんだし
実際起こりうることだお。
そんで、うまくつかさ→霊能とか噛めて、銃殺対応成功したりしたら狼の勝ちは揺るぎなくなるわけでお
その辺のリスク回避のためにとっとと棒は吊ってしまおうと提案しただけだお
ヌオーとつかさで真狂だったら、狼吊りになるんだから、有益だろうお」
ヌオー 「うらないCO-ん 苗木誠○」
緑のヒゲ 「おはよう
おっといつのまにか朝になってた」
輝夜 「球磨川の発言が少ないけど
単純に説明不足なだけの村なのかしら
どうもここロックオンしちゃったみたいで怖い

あと霊能の護衛ほしくない発言は個人的にどうかと。
騙り狼が死んでもまだ2匹残ってるのよ?

ドクオの私へのツッコミは当然
発言数は少ないものの …。あら?」
黒っていう 「おはようさんっていうwww」
ヌオー 「占い理由です? 苗木誠
はつげんすくないですなー。つかさが真だとすぐにわかったです?
ぬおー真なのになー。わかるのふしぎだなー
というわけで占うです?狂人が○を出したと思わなかったの不思議だなー」
黒っていう 「まぁ何時かは対処しないとなんだから、
早いうちに手を打っただけよなっていうwww>昨日の」
やる夫 「単独の銃殺をだされたらって言うのはリスクの話で、真狂に見られて残されて対応できたら狼に見られなくなるっていうリターンを見たってだけの話だお」
ヌオー 「つかさがぬおーに○をだすます
つかさがーGJです。ぬおーも○です?
それがわかってぬおーを噛むです?護衛されるかもなー
少なくとも棒が狼わかります。意味ないなー>緑のヒゲ」
紅きヒゲ 「やる夫の危惧するケースは霊能が死んだ場合だろうが、よっぽどのことがない限り霊能は生きてると思うぞ」
リディ 「あ、●ね」
四条貴音 「おはようございます」
緑のヒゲ 「霊能結果をかもん!
とっと●かぁ」
ヌオー 「なのでだれも狂人だといっていいないんですなー」
苗木誠 「ちゃんと言ってくれないかなぁ……w」
緑のヒゲ 「◇ヌオー「ぬおーが狂人でつかさGJはいみないです?」
自分を狂人視点で考える占い?
ああ悪いけどその時点で切るよ?
僕のことじんがいじゃないのとかいろいろいってくれるじゃないか。
もう信頼駄々落ちってやつさ」
ドクオ 「遅いから何事かと思った>リディ」
我那覇響 「棒に狩りがつくかで言えば
それは狩り次第
それ言い出すとつかさだってGJ出るかも
じゃ意味合い的には同じだぞ」
黒っていう 「じゃまぁヌオー放置コースでっていうwww>棒●」
ヌオー 「ぬおー残せるデス?
○ならうちわけなんだろうなー」
輝夜 「棒が狼だった、それならヌオーは真狂」
やる夫 「ほんなら、ヌオーは延々のこしでいくかお
残しちゃダメなケースは、狂狼狼とか狂狐狼だけだからお」
輝夜 「なんか朝が来る時間が変だったように思うわ」
緑のヒゲ 「自分の○だったらさ、信頼するもんじゃないの?>ヌオー」
紅きヒゲ 「ただ共有護衛読みで霊能噛まれること自体はあるにはあるだろうから、危惧すること自体はわかるがな。」
苗木誠 「ヌオー放置でいいよね、つかささんが狂人で結果真も十分にありえるし」
四条貴音 「ヌオーは放置でいいですかね?」
輝夜 「真狂狼前提だけどね」
ヌオー 「けっかについて真占いは嘘を付けないのですが?>緑のヒゲ
占うのなら人外と思わないといけないのですなー
○を狙うのなら○っぽいところをねらうです?」
緑のヒゲ 「ああ、必要だったら○は撤回で構わないから
共有が指示してね!」
紅きヒゲ 「ヌオーはひとまずおいておけばいい。」
球磨川禊 「『発言数少ないかい?これでも一生懸命話しているんだぜ』『霊能の結果が(噛まれてなければ)非常に気になる所だ』」
苗木誠 「狼一匹吊れてるし9~8くらいまでは待てるかなぁ」
やる夫 「○撤回はー」
黒っていう 「後はまぁグレラン続けるしかないわけでっていうwww
ヌオーの○関係なく見るべきだがっていうwww」
我那覇響 「とは言えまぁ
あんまこの村の狼探しと関係ないんだけどなその辺り」
ヌオー 「じょーくもすぱむもないこのよなんてぽいずん
どくどくはいいダメージそーすなのですな-」
リディ 「ひとまずヌオーの○放置だな
苗木吊りしたかったのはあるんだが」
やる夫 「我那覇くらいだお」
紅きヒゲ 「朝時間の変化と内訳に因果関係ってあるのか?>輝夜」
輝夜 「ダウト
占い結果騙りというのも許されるわ>ヌオー
まぁ初心者村でやる戦術じゃないけど」
四条貴音 「とりあえずは、グレランでよろしいでしょうか?」
ヌオー 「○てっかいをいまするひつようがありあるですます?」
苗木誠 「○は撤回するものでしょ?ま、それでもボクは今のところ響さんと緑のヒゲさんを吊る気はないけど」
ドクオ 「撤回される○は…いるぜ!ここに1人な!(うろ覚え)」
苗木誠 「なんで?>リディ」
輝夜 「内訳には変化はないわ>ヒゲ
ただちょっと変なところを指摘しただけ」
輝夜 「>赤きヒゲ ね」
ヌオー 「やる意味がないことを言ってどうするのですかなー>輝夜」
緑のヒゲ 「う~んとなると僕以外はほとんど棒吊りしたいといっていた
その中で人外をどう見るかだなぁ」
我那覇響 「狼狙いなら、だと緑の髭は割りと吊ってみたい位置」
ドクオ 「撤回される○は…いるさっ!ここに ひとりな!!(訂正)」
やる夫 「初日の第一発言が、いきなり「交換が好み」っていうので、少なくとも占いが複数出るのまでは見てたっぽい
なんか、出のタイミングを見計らってるのかとかおもって投票したら暫定○だったっていうてへぺろがあるお」
紅きヒゲ 「ああ、なんだ。その前の発言か。」
黒っていう 「銃殺が出たら、まぁ儲けたね、でっていうwwww」
輝夜 「いろいろ言ってみるのはいいんじゃないの?素村なら>ヌオー」
リディ 「投票先に○出てると吊って色みてみたくなるだろ>苗木」
ヌオー 「灰が狭いほうが人外吊れます?
灰をそのままグレランしたほうがお得ですなー」
緑のヒゲ 「ドクオ、そうか君も初日に○もらってたもんね
なんか共有が投票してたのが印象に残ってるよ>ドクオ」
苗木誠 「棒くんとヌオーくんが陰陽師投票で一致してるのが気になるんだよねぇ
偶然だ、って言われたらそれまでだけど、だからそこらへんを整理したいかなぁ
ボクは」
ヌオー 「素村だけではいきのこれぬです?>輝夜」
四条貴音 「まぁ、ではグレラン。」
紅きヒゲ 「間に噛み時間の変化を挟んでるからその後の発言に関連あるのかと思ったぞ」
我那覇響 「ぶっちゃけ噛めくださいって気分だけどな!>初日余裕ブッこいて発言サボってたから」
やる夫 「ま、今日はいいお」
緑のヒゲ 「まあここで共有が噛まれるってことはそういうことなんだろうなと
とらえておくよ僕はね」
輝夜 「生き残るより村が勝利すればそれでいいのよ?>ヌオー」
ヌオー 「リクエストは狐を吊らないでくれたらうれしいですなー」
苗木誠 「ボクは紅きヒゲ投票だよ、ヌオーの○は緑のヒゲ>リディ」
やる夫 「話しかけられてるから、夜にでもよんで吟味するお
生きてりゃお」
ドクオ 「陰陽玉の霊結果○なんだから適当に死にそうなとこに投げただけじゃねーの>苗木
仮にヌオーが真でもあんなとこ占う場所に見えんわ」
球磨川禊 「『ヌオーちゃん黒で棒ちゃん真だった可能性ね』『考えてみればそれは中々ありうるとは思うけど』」
ヌオー 「村が生き残れば人外が死ぬデス?>輝夜」
黒っていう 「誰かっつーと正直今日○な苗木がすごく吊りたかったです(真顔」
緑のヒゲ
苗木誠 「あとついでに言うと陰陽師は紅きヒゲ投票」
紅きヒゲ 「基本偶然の領域だろうそれ>苗木
狙って意思疎通なんぞそもそも無理だ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
黒っていう2 票投票先 →紅きヒゲ
四条貴音0 票投票先 →ドクオ
ヌオー0 票投票先 →輝夜
我那覇響0 票投票先 →黒っていう
球磨川禊1 票投票先 →輝夜
苗木誠0 票投票先 →ドクオ
やる夫0 票投票先 →紅きヒゲ
紅きヒゲ2 票投票先 →ドクオ
輝夜3 票投票先 →球磨川禊
緑のヒゲ0 票投票先 →ドクオ
リディ0 票投票先 →輝夜
ドクオ4 票投票先 →黒っていう
ドクオ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅きヒゲ 「さて」
紅きヒゲ 「ヌオー真じゃありませんようにと祈る時間が続くわけだが」
球磨川禊 「『さっき、噛み投票押したのははやすぎちゃったかなぁ』」
紅きヒゲ 「別段超過前に噛むのでなければいつでもいいぞ。」
球磨川禊 「『ヌオー真だったら…どうしようねぇ。いっそ呪殺まで泳がせておくのも』」
紅きヒゲ 「目安として1:30~2:00が多いというだけだ」
球磨川禊 「『了解したよ』」
紅きヒゲ 「今更噛んでる暇はないからな。漂白考えるにしても先に灰処理から入るだろう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「噛みは四条貴音か吊れなさそうな灰噛みになる」
球磨川禊 「『次はどこを噛もうか?共有噛み切り?』」
紅きヒゲ 「どちらかと言うと灰噛みが安全だろうな。まぁ貴音に護衛はついてないだろうとは思うがな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「灰で噛むならやる夫になるか」
球磨川禊 「『コンコルドの誤り、ってあるからね。未だ霊能を守り続けてると見るけど』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 >棒が仮に真なら呪殺出せる占いじゃないと判断できる云々
少なくとも、対応された場合に信用が取れる占いにゃみえんかったお

>狩人がつかさにつくかも云々
真でGJが起きたときと、狼に○を出した狂人でGJが起きたときに狩人視点でどういう変化が起きるのかっていうのを説明しないといけないのかお?>我那覇響
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
黒っていう 「おはようさんっていうwww」
緑のヒゲ 「おはよう
ここからが本当の戦いの始まり
そんな気がするね、今こそ主役力が試されるよ!」
リディ 「○」
輝夜 「>ヌオー
最終的に人外を吊り殺せばいいゲームにおいて
村人を吊るのは経費ではある
とはいえ7人5人外で初手狐吊りでもなければ吊り余裕は1しかないのよね

あ、でも、狩人を守るために村が死ぬってのはどうなのかしらと。
このケースで狩人生存が確定しているわけではないから
狩人保護なんて考えなくていい、というのは一つの方法だけどね。

で、球磨川残したくない…
ヌオー 「うらないCO-ん 球磨川○」
紅きヒゲ 「苗木のそこからの華麗な推理を聞いてやるぐらいの度量はあるつもりだ。」
ヌオー 「占い理由です? 苗木誠
ここでよく見るくまーが吊れないです?
うらなわないといけないですなーしめいかん
ほうっておくいち?いきのこればいきのこるだけ
つれないですなー。ならうらなうべきそうすべきしなないので占う米」
苗木誠 「ふぅん」
球磨川禊 「『輝夜

僕を敵視している発言を繰り返している。
もし僕が狩人でもあった場合、それはどう考えても愚かな行為。
なぜ僕が彼女と敵対関係か分かるかといえば答えは簡単、彼女が狼だから。』」
緑のヒゲ 「うわぁここでやる夫死ぬのか。
すごいやつだった(こなみ」
緑のヒゲ 「ところで提案なんだが、ヌオーのことしょうじきみんな信じてないだろ?
必要だったらヌオーの投票先を共有が指定しておくと
いいかもしれないよ
この後もグレラン展開が続く形になるしね>貴音」
黒っていう 「発言ガッツリしたとこが噛まれたって感じだなっていうwww>やる夫無残」
四条貴音 「やる夫さん、噛みですか」
ヌオー 「村が吊られないなら人外が吊れるです?>輝夜
ただの球磨川に興味がないです」
緑のヒゲ 「そろそろヌオーの内訳が怪しくなってくる」
ヌオー 「灰が減るならいいことですなー」
苗木誠 「割とはっきり言うと2騙りだった場合、灰のLWはどこかって視点で見てる>紅きヒゲ」
緑のヒゲ 「ん~?ただそれだけっておもってる?>黒っていう」
輝夜 「>ヌオー
朝一でも言ったけど、
素村が残って狩人が釣れるというのもあるわよ」
我那覇響 「やる夫>つかさでGJ起きた場合に棒人間真かとは別の話だからな」
球磨川禊 「『そんなに疑わしいなら占ってくれと言いたいところだったけど』『言われる前から占って貰えてたんじゃ仕方ないぜ』」
紅きヒゲ 「それは棒吊った後にすぐ言うべきことだな弟よ。
今言うのは非常に今更すぎるぞ。」
四条貴音 「指示しても守ってくれるとは、若干怪しいですが、では私にヌオーさん投票お願いしますね」
ヌオー 「黒っていうヒゲに2wです?
これまで全部○ですからなー
あれ、これ勝ったのでは」
苗木誠 「で、ボクのパッと見意味がわからないヌオーくんと棒人間くんの票の一致で
超反応したのはドクオくんと紅きヒゲくんなんだよね」
黒っていう 「ヌオーはもう狂人としか見てねーんだよなっていうwww
ワンチャン銃殺でも起きなきゃもう覆らんレベルっていうwww」
我那覇響 「対応された時に信用とれるかもその時の状況次第だしさー」
リディ 「狐探してる感のほうがありそうだなこの噛み」
緑のヒゲ 「気にするところはそうじゃない
そう・・・やる夫の投票先が兄さんだった。
そこは気にならなかったかい?>黒っていう」
ヌオー 「素村かどうか気にする必要あるです?
村も狩人も村ですからなー>輝夜

輝夜も灰ですがよゆうですがー」
輝夜 「ヌオーの投票先じゃなくて占い先じゃないのかしら>指定」
紅きヒゲ 「あの形で2騙りで占い噛みってしないだろ弟よ。
いや・・・するのか?する意味がぱっとは思いつかんが。」
緑のヒゲ 「◇輝夜「ヌオーの投票先じゃなくて占い先じゃないのかしら>指定」

ああ、確かにそれも必要だね!」
我那覇響 「というかなぁ、ヌォー無視しまくる理由って何があるんだコレ」
黒っていう 「じゃあお前視点狐はどこ言ったんだよっていうwww>ヌオー」
ヌオー 「そんなに投票気になるです?
1票しかありませんがな」
輝夜 「球磨川を怪しんでるのは発言数の少なさが主ね」
ヌオー 「まだ吊れていなければいいですなー>黒っていう」
球磨川禊 「『そうかな』『その割にその発言で、自分の投票数増やしちゃってるみたいだけど』」
我那覇響 「緑のヒゲ>ぶっちゃけ、自分囲ってるとかあると思うか?」
苗木誠 「もちろん
つかさ真だったらこんな視点は意味がないよ
でも可能性としては狼狂狐は存在している。いや、すごいよ
まさかノータイムで言ってくれるなんて>紅きヒゲ」
ヌオー 「狐が吊れるって悲しいことなの
狐は負けて占いは呪殺ができなくなりますからなー」
四条貴音 「まぁなんにせよ、今晩もグレランでお願いします」
紅きヒゲ 「この段階で固定させる意味があるとは思えんぞ>占い先固定
そもそもその提案をするということは、【占わせたい位置は吊らない】、そういうことだろう?>輝夜」
緑のヒゲ 「う~ん兄さん
やる夫が噛まれたことについてはどうおもう?」
苗木誠 「……つい投票しちゃうよね、なにか見えてるみたいで」
リディ 「ヌオーが狼吊り殺したら褒めてやれるだろ」
輝夜 「発言数も内容も少なくてよく見えない
ただもうそれで処理できる段階じゃないっぽいけどうーん」
黒っていう 「見つけようって気概すらねーんだもんwww
真と見て欲しいとすらおもっちゃいねーだろコレっていうwww」
ヌオー 「3択がんばるです!>リディ」
輝夜 「>赤きヒゲ
ん、みんなの逝った総意を推定しただけよ」
我那覇響 「割りとヒゲで囲ってるか二騙りのどっちかじゃないか
とかは思ってる」
苗木誠 「というわけでこれがドクオくん投票理由だよ、あ、と言っても実は紅きヒゲくんに今日投票する気はないんだけどね、ここまで言って
というかそこは吊らない方がいいまである」
緑のヒゲ 「実際僕はさ、ヌオーが僕のことなんでじんがいじゃないの
それいわれてまじきずついたんだよ>響」
紅きヒゲ 「そもそもそのケースがどれだけあるか言ってみてくれ>苗木」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
黒っていう3 票投票先 →輝夜
四条貴音0 票投票先 →黒っていう
ヌオー0 票投票先 →紅きヒゲ
我那覇響0 票投票先 →黒っていう
球磨川禊0 票投票先 →輝夜
苗木誠0 票投票先 →輝夜
紅きヒゲ2 票投票先 →輝夜
輝夜5 票投票先 →黒っていう
緑のヒゲ0 票投票先 →紅きヒゲ
リディ0 票投票先 →輝夜
輝夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅きヒゲ 「さて」
紅きヒゲ 「ヌオー狂人だとして」
紅きヒゲ 「苗木当たりかな狐候補は」
球磨川禊 「『うん、彼女(?)が狂人であることはまず間違い無さそうだ』」
球磨川禊 「『だとすると、次は黒っていうちゃんかリディ辺りを噛むべきかな?』」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
紅きヒゲ 「吊り増えなければ負けはないんだろうなという雑感はある。」
紅きヒゲ 「ちなみに狩人候補は全く見えん」
球磨川禊 「『真も落ちてるし共有も片手落ちだ。しょうがないぜ』」
紅きヒゲ 「霊能護衛するだろう狩人候補は今吊られたしな」
球磨川禊 「『狩人候補、確かに見えないねぇ』『既につられたり食われたりしちゃってると都合がいいんだけど』」
紅きヒゲ 「というわけで、だ。共有あたり行っておくか」
球磨川禊 「『ターゲットは四条ちゃん。了解したよ』」
紅きヒゲ 「狩人日記をつけてないという修羅枠にあるまじき怠慢ぶりではあるが」
紅きヒゲ 「まぁ流れで言うと指定は来ないだろうと見る」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
四条貴音 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
四条貴音さんの遺言 月が綺麗な夜ですね。 共有CO 相方はドラルクさんです
輝夜さんの遺言 超過時間は思考する時間じゃないわ
特にこの村は夜が4分あるから
狼の噛みは130 1分30秒『以前』にする癖をつけるべきかしらね
無論、夜の村役職の投票は超過前。
GMが居るとはいえ、GMの胃の負担を減らしてゲームを円滑にすすめるのはマナー。
GMが居ない村だってあるのだから。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ヌオー 「うらないCO-ん 紅きヒゲ●」
黒っていう 「おはようさんっていうwww」
我那覇響 「貴音ぇぇぇぇ」
ヌオー 「占い理由です? 紅きヒゲ
黒っていうと輝夜はこっち吊りに来ているです?
逆に紅いほうのヒゲがあまり触らないですなー
狼じゃなくて狐なら触らないですか?占われたりするとしにますなー
輝夜吊れたのでヒゲのほう占います」
緑のヒゲ 「おはよう
ヌオーは共有の指示を守らなかったね
やっぱり狂人だったか」
ヌオー 「きょうゆうがかまれますとかりゅうどいないですな・・・」
リディ 「まあ ヌオーは吊らないけど」
リディ 「○だった」
緑のヒゲ 「ここで兄さんに●?
うんうんそうか」
緑のヒゲ 「◇我那覇響「緑のヒゲ>ぶっちゃけ、自分囲ってるとかあると思うか?」

ごめんねこの【自分】 っていうのは僕のことだと思ってたんだけど
夜見直して響のことを指してるんじゃないかって思ったけどあってる??

実際夜見直したら響がヌオーの初手○だってきがついたよ
全然考えてなかったわ


◇我那覇響「割りとヒゲで囲ってるか二騙りのどっちかじゃないか
とかは思ってる」

ところで二騙りはヌオーも狼ってこと?」
黒っていう 「グレーの選択肢のなかっつーか、かぐやと紅ヒゲでどっちかっつったら紅ヒゲ残したくなった、それだけっていうwww」
紅きヒゲ 「苗木曰く「でも可能性としては狼狂狐は存在している。」

囲いがない場合は真結果と変わらんだろうが。だからなんだというんだ。」
ヌオー 「しじしましたか?
大声で何か言われた記憶はないですなー」
苗木誠 「つかさ狂 ヌオー狐 棒狼 リディ真だけど…
…というか実は視点整理じゃなくて人がどう反応するかの方ばっかり見てたから
この話やめない?>紅きヒゲ」
我那覇響 「どうしたもんかなぁ
まるっきり狼死んでないと」
緑のヒゲ 「◇四条貴音  「指示しても守ってくれるとは、若干怪しいですが、では私にヌオーさん投票お願いしますね」」
球磨川禊 「彼女が白だなんて、括弧ばかりつけていられないじゃないか」
ヌオー 「はい、紅いほうのヒゲと黒っていうで終わりですなー」
リディ 「いやまあ別に狂人でもいいんだけどよ ヒゲどーすっかな」
紅きヒゲ 「今更すぎる。が。ヌオー吊る暇はないから○か灰吊りしかないな。>俺に●」
ヌオー 「ありゃま。見落としていましたごめn」
緑のヒゲ 「ヌオーの言い分が正しければたしかにそうなるな
僕も兄さんに投票してたけど、どうすべきか」
ヌオー 「3吊りあるのでヒゲは今すぐ吊らなくてもいいですなー
でも吊ったほうが霊能と繋がってわかりやすいです?」
苗木誠 「ボクから降った話だけど、反応が見れた時点でもうここ掘ってもしょうがないし
あでも話だけならいくらでも付き合うよ」
リディ 「今日村吊りで勝ちが消えるわけだ」
我那覇響 「○含めてグレランでも良い気はする
するけど」
黒っていう 「ヌオーは放置、コレは決定事項でいいな?っていう
その上で○を戻すべきだと思うがっていうwww」
緑のヒゲ 「え?いやそれはない
君が仮に真ならそんなこといってられないとおもうが>ヌオー」
紅きヒゲ 「自分から振っておいてやめない、とかどういうことだオマエ・・・」
ヌオー 「なのでおすすめは紅きヒゲ吊りです?
吊ればわかるさ歩いていこう」
我那覇響 「ヌオーが真ならその限りじゃないな>リディ」
リディ 「黒っていうCOあるか」
球磨川禊 「あれほどまで僕を敵対してた輝夜ちゃんが白だったんだ。このまま怪しまれるのは僕だっておかしくない。」
緑のヒゲ 「リディの指定が一番いいパターンだとおもう
グレランはここじゃだめだ」
ヌオー 「紅きヒゲと黒っていう以外にほぼ占っているのにです?>緑のヒゲ」
我那覇響 「ヌォー真切った理由とかあれば聞かせてほしいぞ>リディ」
黒っていう 「村人COだがなにかっていうwww」
苗木誠 「普通にヌオーくん吊った方がいいと思うけど……狩人がいたとたらリディ鉄板だろうし、GJ出れば得、灰噛みで狐噛みがスバラシイ、というか灰が減るだけで良いし」
ヌオー 「霊能結果が○なら黒っていうも狼ですなー」
リディ 「あ?ここもヌオー視点●だろ>響」
黒っていう 「つーか○入れてグレランしろよっていうwww」
紅きヒゲ 「黒っていうよりは苗木だろうとは思うがな>リディ」
ヌオー 「黒っていう吊りでも変わらないのでー」
苗木誠 「主人公とはこういうことさ>紅きヒゲ」
緑のヒゲ 「黒っていうなぁ、わりと投票がぶれたので
狼にはあんまり見えていない
むしろ狼に利用されてるポジな気がする」
ヌオー 「変わらぬ老舗というやつですな」
リディ 「俺もまあそう思うけどな>紅きヒゲ」
リディ 「んじゃまあ黒っていう吊りで」
黒っていう 「ていうか色見たいだけなら俺吊る意味を答えてみろよっていうwww>リディ」
緑のヒゲ 「はっ!外道霊能か!!」
苗木誠 「でもここで四条さんが死んでる時点でリディ指定進行ならだいぶボク自殺なんだけど……」
ヌオー 「ぬおーが真見られるやったぜ」
我那覇響 「いやそういう意味じゃなくて
村吊り且つヌオー騙り確定なら負けって意味
割合自分も真みてないけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
黒っていう6 票投票先 →苗木誠
ヌオー0 票投票先 →黒っていう
我那覇響0 票投票先 →黒っていう
球磨川禊0 票投票先 →黒っていう
苗木誠2 票投票先 →黒っていう
紅きヒゲ0 票投票先 →苗木誠
緑のヒゲ0 票投票先 →黒っていう
リディ0 票投票先 →黒っていう
黒っていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊 「生き残ったか…」
紅きヒゲ 「俺は何度狂人から●を出されれば良いんだ答えてくれ!!」
紅きヒゲ 「真より狂人からの●のほうが多いんだぞ笑い話にもならん!!」
紅きヒゲ 「・・・まぁいい」
紅きヒゲ 「問題は噛み」
球磨川禊 「狐になればいいんじゃないかな…」
球磨川禊 「そうなんだよね」
紅きヒゲ 「当たり障りがないというなら緑のヒゲだな」
球磨川禊 「狩人と狐が両方死んでるっていう都合のいい説があるとすると、リディ噛みでいいんだけど」
紅きヒゲ 「それか響。どちらかというならば響のほうが良い気はするが」
球磨川禊 「弟君いっちゃうかい?」
紅きヒゲ 「ヌオー贋を明確に見せる意味でも霊能噛まないんで良いだろう」
球磨川禊 「それもそうか」
紅きヒゲ 「緑のヒゲのほうがまだまし、か」
紅きヒゲ 「というわけで弟よ。地獄に落ちるが良い。オマエの死に場所はここだぁ!!」
球磨川禊 「弟くん噛んじゃおっか」
紅きヒゲ 「発言を絞るという発想がすっ飛んでるがまぁ許せ」
紅きヒゲ 「GO」
球磨川禊 「僕は悪くない。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
緑のヒゲ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒っていうさんの遺言 俺様むらびとっていうwww
緑のヒゲさんの遺言         . . . .-―- .
     ,. : ": : : : : : : : : : : : :`ヽ. .-‐―‐‐- ,
.   /: : : : : : : 〃「| `ヽ: :/ 〃.l¨ v ¨l ヽ: :: :ヽ.
 /: : : : : : : : : :{ L¬γ´: :: :ゝ |_|∨|_| ノ: :: :: :: :\
.:´.:.:: : : : : :.:.:_:.:.:.ゝ-‐‐-ゞ=====ュ、.,,_: :: :: :: :: :: :: ::\
:.:.:.:.: :>:."´_: :.-―‐(巛任=‐-二三卞ミュ、: :: :: ::.:.:.:.:.:.:'.
:.:.:./>,.ィ≡三ヽ, : : :\//: : : : : : : :≧ュ、ヾヽ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
〉ニヽミ  ,.ィ==ュ`i /`¨∨イ⌒ヽ  _,,::;;;_: : : .ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   
',{´ヾミ     -゙:.:. i ≦ミ;;i ァでム.} /"-一≧、 ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.ヽ∨ミ     ,ァ. ;.. |: : : : :} ` ¨´ノ : : 込少、 : : }ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:!
  ゝ|::. {ゝ-‐ゝ"、_ノ j: : :,'  .r〈"´ ュ `¨ ´ .: : 彡ゝ‐、:.:.:.;
  {:ミl: : ゝー-彡爻ミ≧-{ マ=彡ーミ‐ュ、   .: : ::ミ/,ら }:.:./
  / ':,:.  lヨ、 ! ゾ¨´ム: :`¨f;‐爻弍ミ≧、: : : : :ルノ.ノ/
-f {: : ∧ : :`=='": : ::/'.: : :ヽ`ー彡´: : : : : : /-‐"
/∧  : :ヘ : :゛¨: : :,.イ:/|::冫、 `≡´: : :f'^i f゙^i r 、\
//∧  : ;/`¨77¨/: :/::|////:.、 __ : :,,;.: | | | | | | :∧
//,'∧   ヾ;////: :,′:|////,' ∨//,': : | | | | | |/,'/ 〉
///;∧    :.  : : /、,//{∧ (⌒ヽ.: :| t_j | | | / / \
////∧ヾ≧―-x、'´/{ゝ、ヽ|:i γ\ ,}、!.ー  `´ y / :: :.:.:.:ヽ
∨//,'∧: : :>==}彳 {、八:ヾヽ. _'." `ヽ ̄ ¨ ー  } :: :: :.:.:.:.;
:.∨//;∧: : : : : ::. :i.:.:.:.|///,\`¨¨: ∧   i     | :: :.:.:.:.:.:.i
:.:∨//;∧..: : : : : : : : : |//////ヽ,.//∧.         ! :.:.:.:.:.:.:.:.|

    ○月×日  ~最愛の兄さんとともに~
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
苗木誠 「んふっ>遺言見て」
リディ 「つーわけで○だったからヌオー狂人」
ヌオー 「うらないCO-ん りでぃ●」
ヌオー 「占い理由です? りでぃ
最後の最後に占っていないところ占いです?
ほぼ真だと思うのであとはヒゲを吊るだけのらくなさぎょーですなー」
紅きヒゲ 「ぺっ>緑のヒゲ」
リディ 「ヌオーは俺に投票していいぞ」
ヌオー 「まさかりでぃがおおかみだっただなんてー」
我那覇響 「緑死ぬのか(困惑)」
球磨川禊 「『仲睦まじい兄弟だね!』『羨ましいよ。』」
紅きヒゲ 「◇苗木誠 「でもここで四条さんが死んでる時点でリディ指定進行ならだいぶボク自殺なんだけど……」

で?2W残ってるだろうが。オマエが死んでも残りが生き残るならば貴音噛む意味はあるだろう。
オマエが死ぬから噛みません、などということは村アピにならんぞ>苗木」
苗木誠 「あ~>○」
ヌオー 「噛まれなかったのはそのせいだったのかーたいへんだー」
我那覇響 「しっかしまぁマジに何がどうしてヌオー放置しまくったんだ」
リディ 「んじゃまあ紅きヒゲまで吊るかっていいたいんだけどなあああああ」
紅きヒゲ 「別段狼見ないのであれば残す意味はある>響」
ヌオー 「狩人が居たらCOするし共有が噛まれている時点で
ぬおーを吊る意味はないからなー」
リディ 「紅きヒゲ、どこ吊りたい」
我那覇響 「違う違う、狼が>紅」
苗木誠 「んー、それがならないとなるとボクとしては困るんだけどね
狼が狐をまったく恐れてない噛みをしてる時点で、割とそれは盤上に乗ると思うけど>紅きヒゲ」
リディ 「そこかお前かで俺が選ぶ」
紅きヒゲ 「狂人残ししたいかしたくないかという話がヌオー吊るかどうかという話の是非で、大体好みという結論にしかならん」
ヌオー 「ふぅー。流石にそろそろもういいかなって
リディが偽ならいーじーもーどだし
2w生存なら上出来だよね?」
球磨川禊 「『ヌオーちゃんが真じゃないってのは僕も賛成かなぁ』『だからといって吊る材料には早いけど』」
我那覇響 「ヌオー狂人なら狼視点、少なくとも三日目昼は判別ついてなかった筈なんだよ」
紅きヒゲ 「昨日の反応から苗木>リディ
自分から話を振ってきておいて唐突に撤回する。
吊られを拒否する

吊られを拒否すること自体は時間的な意味でも村でもするがな」
ヌオー 「いえーい、狐みてるー?
ここで見ているのなら狼は早めに処理してどうぞ」
リディ 「よっしゃ指定紅きヒゲ」
苗木誠 「ていうかドクオ・輝夜が○で紅きヒゲくんがだいたい狼ないような気がするんで
ボク視点だと球磨川くんかなぁって思うんだけど」
我那覇響 「つかさまでは自分視点ベグリ
そこから躊躇無く共有噛んでるんだよなぁ」
リディ 「すまんなバナージお前の魂を貸せ」
紅きヒゲ 「反応が見たい、と言っておいてその反応自体もないだろう」
苗木誠 「あ、待って、紅きヒゲたぶん狐か狩人だから」
ヌオー 「球磨川が狐はなー。さすがに見えないからなー
響がちょっとこわいくらい?」
苗木誠 「わざわざ変な動きまで庇ったんだけど」
ヌオー 「苗木も怖いからなー。こわいこわい」
紅きヒゲ 「俺は苗木に入れる」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
ヌオー0 票投票先 →リディ
我那覇響0 票投票先 →紅きヒゲ
球磨川禊0 票投票先 →紅きヒゲ
苗木誠1 票投票先 →紅きヒゲ
紅きヒゲ4 票投票先 →苗木誠
リディ1 票投票先 →紅きヒゲ
紅きヒゲ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊 「さて」
球磨川禊 「我那ちゃん噛みからの苗木君を吊るしかないなぁ…」
球磨川禊 「まぁそれも我那ちゃんが狐でなく、苗木ちゃんが狐であること前提になるけど」
球磨川禊 「今まで生きてるのって普通に見える狼として処理しやすいから生きてる感がある」
球磨川禊 「超過時間1分ぐらいで噛むか…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
我那覇響 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言 まぁ、苗木かなぁぐらい
紅きヒゲさんの遺言                     -―-
                 {ヾ >ュ´: : r'Mヽ : :: ,<//}
              ' , >" ,.ィ==== 、: :ヽ //
               ゙: : /: :. -―- 、ヾ: : Y
               i: : {'ィ==、 ィ==ュミ: : }
                   ',: :ミ: ィッゥ i  ィッュミ: :ノ,. -‐‐-、
                    ≧i    ィふュ   }彳〉< ̄≧i
                  {il iヾ=彡三ミ≧ァi シ:::::::::::::::::::}
                ゝヘ `¨´==`¨´ イ{:::::::::::::::::::::::ノ
                  _ノ: :>、 _ /¨トゞュ _ィ"r=〈
            ,. ィ iニiミヾ、 __ __ 彡iニニトュミ.V∧
          /{/: :lニ:l: :: :: :≧‐-‐≦: ::lニニl ` :: :V∧
         / , '!i :: :..lニ:l: :: :: :: :: :: :: :: :: :: lニニl: :: :,': :V∧
         ,': ,': ::i! :/ !ニl: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|ニニlヾ:,' /:...V∧
          { /: :: :Y:..:lニニl: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :lニニ|: :Y: :: :: :Vィ< >、
        〈 }: :: :: : ∨!ニニl=======ニニ|∨ : : / 〈 /≦三ヽ
       // \: :: : Y{ ○ }三二ニ=ニ二三{ ○ }Y: : / 〈 〈 / ,ィ-‐ ',
        //: :: :: :: :: ::iー-=ニ二三ニニ三二ニ=-‐ニ}: :,': : ∧^Y ,ァ=  }
    ,  ´   `ヽ `ヽ|二ニ三二ニ=‐=ニ二三三|: :i/ ̄`ミ{ミV∧,'
   / {     ノ: : : :ヽニニニニニニニニニニニニニ二三l ,':. .:: :: :: :`ー- V∧
. , ': : : :ゝ--‐ '": : : : : :/', 二ニニニニニニニニ二二二三l∨: :: :: :: :: /: / V∧〃⌒ヽ
../‐-、: : : : : :..: : : : : : : :i i 三二ニニニニニニ二二二三l ∨: :: :: , ':/  V∧::::::::::::i
,'    ',: : /  `ヽ:..: : : l l 三ニニニニニニニニニニ二三} \:/'"     ∧o∨ヾ:::}
    .} /      }: : : : :V 三二ニニニニニニニニニ二三〈          /‐.` ´  ,'
   /: {      ,'.: : : :. ,'ニニー-=ニ二三二ニ=-‐ニニ/ニ}ミー- ュ-‐ <:::::::::::::::',  /
'ゝ-" .: :.\ _ ノ:.: : : :_/三≦、ニニニニニニニニニニ/::三l }:::::::::}   ':,:::::::::::::}/
ヽ : : : : : : : : : : : , ' ,:'三二ニニ>ニ.,___, . <ニ二三lY、:::::::ノ   ノ,:::  '"
 \.:. : : : : : :..:/  /,'三二ニニニニニニ|ニiニニニニニニニニニl  `¨   ¨´
   ` ー----‐ ´ヾ::i \ニニニニニニニ|ニiニニニニ>ニ三i::l
     |\ ヾ::>   !三二ニニ\ニ二|ニiニニ>二二三i::l
.     \ 二ヽ   !i三ニニニニ三ヾi==/三ニニニニ三i::l
      ヽニ二つ7il.i三ニニニニ二三V三ニニニニニ三i::l
         ̄ ̄  ',i三二ニニニ二三l!三ニニニニ三i::l
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ヌオー 「きゃああああああああああ!きゃああああああああああ!」
ヌオー 「LW本命が死んだ!なぜだ!」
リディ 「どうしたもんか」
球磨川禊 「『………』『この中で人狼一人か』」
苗木誠 「あ~、狐がいたら噛んでくれないかなぁって感じだったんだけど、やっぱ駄目か」
リディ 「俺もそうおもってたわw>ヌオー」
リディ 「まあいいじゃんお前負けないし>ヌオー」
ヌオー 「苗木が狼だったら素直に球磨川噛むのだけど
球磨川が狼なら素直にリディ噛む」
ヌオー 「きゅいんきゅいん」
リディ 「昨日ヒゲが響って言ってたらそのまま響吊ってたぞ」
苗木誠 「じゃ、軽く球磨川くん狼だろう根拠を言っていくよ」
ヌオー 「狼と投票合わせることができたらです?>リディ
リディに狼が投票してくれたらなー」
球磨川禊 「『うーんそうだね』『紅きヒゲちゃんがWだったのは間違いないと思うんだけど』」
リディ 「まあヌオーはそのへんで遊んでろ
球磨川と苗木ファイ!」
球磨川禊 「『彼に対して投票をやめるように、最後に発言した人がいた事を覚えているかな?』」
リディ 「狐残ってる気配なくもないから相互するかもな>ヌオー」
ヌオー 「リディくんリディくん。オボンの実はあるかい?」
苗木誠 「棒人間クンが陰陽玉投票だったのは会話だけを見た次点の吊られ候補だった
球磨川クンを庇うため、実際は紅きヒゲだったけどね」
リディ 「まあ狼COするやついたら指示にしたがえばいいんじゃね>ヌオー」
ヌオー 「狐が生き残っているだなんてそんなまさか・・・」
リディ 「なんだそれ、サイコフレームまんじゅう食うか?>ヌオー」
球磨川禊 「『そう、苗木ちゃん。君なんだよ、彼が釣られて困る可能性を指摘したのは。」」
苗木誠 「あとは球磨川くんの投票先、これ、全然変わってないんだよね
これってさ、自分が狼だとバレた時に非仲間をバレないようにするためじゃない
かな?」
ヌオー 「ぬおーん。まじゅうがおもったよりおいしかった」
リディ 「んでどっちだと思うよ>ヌオー」
苗木誠 「ボクは紅きヒゲ狩・狐>狼を見てたから最終日まで彼と心中するつもりだったんだよ」
球磨川禊 「『では何故吊られて困るのか?そりゃ答えは簡単。夜で味方だと知っていて、更に同じ狼陣営だった。これなら簡単に説明がつく。』」
リディ 「あと狐どのへんだとおもう?」
ヌオー 「ちなみにリディが間違えたらリディが2票で吊れるので
対向が狐だと思わなければリディに投票してほしいかなって」
苗木誠 「まぁ正直に言うとほぼ狼を切りかけてた推理力:絶望なんだけどさ」
ヌオー 「本気で響LWだとおもっていましたん!」
リディ 「俺ヌオーが狐狼と囲ってる気がするんだよなあ」
ヌオー 「ヤメテ!」
苗木誠 「ボクがヒゲを庇いつつ殴り、ヒゲが殴り、それでもボクはヒゲを庇う」
ヌオー 「リディに投票するのです!」
リディ 「狐いたら俺に3票来るからわらえるぞ」
苗木誠 「良く考えてみなよ、彼とボクが仲間だったらこんな動きなんてさ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
ヌオー0 票投票先 →リディ
球磨川禊1 票投票先 →苗木誠
苗木誠2 票投票先 →球磨川禊
リディ1 票投票先 →苗木誠
苗木誠 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊 「夜だと!?」
球磨川禊 「これはとっとと噛んで終わろうか。」
球磨川禊 「…実時間すぎるまで待ったほうがいいかな(あたふた)」
球磨川禊 「ヌオーが占い騙りっていうパターンもゼロじゃないと思うんだけど、どうなんだろう」
球磨川禊 「じゃない、狐が占い騙りパターンか…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
リディ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
苗木誠さんの遺言 ただの村人だよ
リディさんの遺言 あらがえないのさ、現実には
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/06/11 (Sat) 23:12:37
苗木誠 「ボクは自分の怪しさから人外一本釣りするタイプだから(シュシュ
いくらでも会話には付き合うよ」
ドラルク 「おつかれさまー」
ヌオー
                          _, - 、
                . -―‐- 、//  /
                /。  , ° \  ′
         . ―- 、 / 、_`-― '´  V
        {/    \              ',    おつかれさまでしたー。勝利のポーズ(きめっ!
          └―- 、            l
             \              |
           /                l
            /                /
    __ //              . ′
  /´   /  |                 /
 丶 __ {/  ∧             /
      `ー'  \____  ∠
               └- 、_)」
紅きヒゲ 「おつかれさん」
輝夜 「おつかれさま」
リディ 「なるほどなー」
黒っていう 「おつかれさーんっていうwww」
ドクオ 「お疲れー」
苗木誠 「お疲れ様―」
我那覇響 「お疲れ様だぞ」
つかさ 「お疲れ様。
狼はおめでとう」
緑のヒゲ 「おつかれさま!」
蟹GM 「お疲れだ」
紅きヒゲ 「球磨川はよく頑張った。棒も占い騙りありがとな。」
輝夜 「LW勝利おめでとう」
ヌオー 「かぐや狐は怖かったです?吊れてよかったよかった」
緑のヒゲ 「球磨川、やつこそが主役!主人公!」
紅きヒゲ 「だがヌオー、てめぇは駄目だ」
球磨川禊 「                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l   『お疲れ様』
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l
   ////////    ///////////r‐v//ハ 」
「お疲れ様でした。いやー足引っ張っちゃった」
ドクオ 「3日目か俺のとこだなー>クマー吊り」
リディ 「これ勝ってたらすげえかっこよかったよな・・・クソッ!ばなーじめ!」
ヌオー 「誤爆しないようがんばったです?球磨川かこったからゆるちて>紅きヒゲ」
つかさ 「何気に普通村初占い師だったのにほぼ即死したCO」
球磨川禊 「『姫様妖狐かぁ。まあ確かに全員から敵陣営だからあながち間違いではなかったね…』」
紅きヒゲ 「いや、あの形で吊られるのは既定路線だから足引っ張ったとか気にしなくていいぞ>棒」
つかさ 「これであとは狂人引けば役職コンプだ・・・」
輝夜 「つかさはGMを恨んでいいと思うわ
狐狙ってたし」
ヌオー 「なぜ紅いほうのヒゲにはよく●を投げたり占ってしまうのだおる(不思議」
四条貴音 「おつかれさまーごめんね」
緑のヒゲ 「GMが・・・GMがわるいんじゃ」
ドラルク 「まー球磨川狼は割とむずいよね
つかさが真だろうからそこ回していこうと思ったのにつらたん」
球磨川禊 「『GMが狩人ってそんなパターンあるんだねぇ』」
輝夜 「まぁ私は気楽にやれたからそれでいいのよ、ある程度はね」
黒っていう 「あれだな、俺様結局村しか殴ってねーなwww」
我那覇響 「蟹を揚げればいいと思うぞ>つかさ」
つかさ 「このGMはよく狩人を持っていくから仕方ないね(遠い目 >輝夜」
ドラルク 「つかさ噛めればお仕事終了だし>棒」
リディ 「苗木噛みのほうがはるかに難しかったんだが死体無し恐れたんだろうか投票的に」
「ある意味占い師よりきついね」
輝夜 「>球磨川
狩人、霊能、占い、狂人、素村、共有はGMが持っていくパターンがあるわ」
ヌオー 「占い初日より狩人初日のほうが楽です?
やはりGMはレアだった(役が」
蟹GM 「俺が狩人なのは悪くない
悪くない(震え声」
緑のヒゲ 「だから兄さんを吊ろうってあれほど>黒っていう」
ドラルク 「死体なしにするとヌオーが吊れるしねー>リディ
そうゆう点ではきついよ」
つかさ 「わるい(真顔」
輝夜 「>つかさ
特定のGMが特定の役職を持っていくってのはナンセンスよ…?
単なる乱数のゆらぎと考えたほうがいいわね」
リディ 「苗木○までヌオー真結果かよって」
紅きヒゲ 「割りと苗木狐じゃね?って見てたからな>リディ」
緑のヒゲ 「ワンターンスリーキルゥ」
球磨川禊 「『GMがそう、というパターンも想定しておくのが楽になるね、ありがと!>姫様』」
苗木誠 「簡単なのに吊られたのかボクは……」
輝夜 「『ゲルトモード』でない限り
初日(身代わり君、GM)が役職を持っていくことはあり得るから
覚えたほうがいいわ>球磨川」
紅きヒゲ 「てか吊り増えねぇっていうのは人外やる上では楽だよ>ヌオー」
つかさ 「うん、体感的オカルトってのはわかる・・・
というか、GMが狩人持ってくとその時の印象が強くなっちゃう気がする >輝夜」
球磨川禊 「『妖狐だけは犠牲者にならないからGMが持ってくことはないのかね、やっぱり?』」
ドラルク 「初日役職持ってかれるときっついからねえ。
なお狂人持ってかれると狼が辛くなります」
つかさ 「そうだね >球磨川
狼と狐は噛み殺せないからGMはなれない」
苗木誠 「妖狐と狼は噛まれ死なないから基本ルールだと初日にはらないね>球磨川クン」
リディ 「苗木と我那覇はずっと吊りたくてムラムラしてたからなあ>苗木」
ヌオー 「好きなところ好きに噛めるのも魅力的ですなー>紅きヒゲ
占い初日だと吊り笛で死ぬときは死ぬです」
やる夫 「やきそば作ってたら終わってたお
おつさまだお」
ドラルク 「初心者村での初日役職率高い気がするけど気のせい?」
輝夜 「妖狐、人狼は初日にはならないわね
キューピッドが出る配役だとキューピッド初日という可能性もある…ハズ…ちょっとわからないけど」
つかさ 「今戦績検索したら普通村約2ヶ月ぶりだった・・・」
ドラルク 「ただし占いされたら終わりだから初日から死体になってるところでもある>球磨川>狐」
苗木誠 「うーん、球磨川クン人外要素を並べるよりかはリディクンとお話した方がよかったか、これは反省だねぇ、あとヒゲ狐・狩人に祈ったこと」
輝夜 「埋毒者も初日にならないわね、この村では関係ないけど」
我那覇響 「まぁ形的にヌオー死ななすぎて自分吊りたいのは解る>リディ」
輝夜 「ああ、初日2死体よね>ドラルク
対応しきれなかったら真確定という」
ドクオ 「焼きそばは日清のインスタント(袋麺)がジャスティス」
球磨川禊 「『噛まれると噛んだほうが死ぬ村人だったっけね』」
黒っていう 「んじゃお先に失礼するっていうwww
GM村たてありがとうっていうwww同村者もまたなっていうwwwq」
ヌオー 「師匠は噛まれて死なないので囲えた狼かとー
死んだので混乱はちょっとしていたり」
ドクオ 「ていうか、クマーが最終日に残ってる形が歪なんじゃない?」
つかさ 「単純に考えてGMが役職持っていく確率は6/13
2回に1回役職持っていってもそこまでおかしくはないんだね」
ドラルク 「だもんだから余裕があるときは始まる前から全員分初日占いを書いてる私
めんどいときは3人分ぐらいしか書かないけど」
「GM様皆様村建て同村ありがとうございました
また遊びましょう」
輝夜 「噛んだ方『も』だったかしら
埋毒出る配役をするのは稀だから覚えなくていいと思うけど」
苗木誠 「ボクがヒゲくんと最終日に殴りあって勝てると思ってるのか」
我那覇響 「ヌオー>形的にはヌオーで噛み抜きも考える場面かなぁ
狐囲い出ても困るし」
苗木誠 「なお球磨川君にも負けるし、我那覇さんでも負ける模様」
紅きヒゲ 「つうても他の人との絡みで残る可能性は普通にあるぞ>ドクオ」
我那覇響 「>自分が狼なら」
ヌオー 「グレランで死なないのなら死なないです?>球磨川
あとあと再度疑われて吊れたらもうけもので○投げましたからなー」
ドラルク 「まー、グレランのどこかで指定吊りはすべき箇所ではあるんだよねえ…>ドクオ」
我那覇響 「んー、紅と苗木なら紅かなぁ>苗木」
ヌオー 「なるほどなー。他の狼が困る位置だったので
噛めないのかなーぐらいは考えておりましたる>響」
球磨川禊 「『グレランで吊られてたら普通に吊られただろうね』『そういう意味では姫様の判断は間違いでは無かったわけだ』」
ドラルク 「遺言で僕死んだら球磨川吊りっていうのもありだったかも…
いやドクオと紅きヒゲ吊ってね☆っていう遺言残し損ねたのもあるけど」
つかさ 「皆お疲れ様、同村ありがとうね
GMも村立てありがとう」
ドラルク 「それじゃおつかれさまー
うーむ、悔しいなあ」
リディ 「球磨川吊りって○を絨毯爆撃するくらいじゃないと難しいだろ
どういう理由で吊るんだ」
苗木誠 「それじゃお疲れ様ー、今度から狩人見ても吊り殺すことにするよ
また縁があったらよろしくね」
ドラルク 「あ、四条さんはありがとねー」
我那覇響 「まぁ状況次第ではあるっちゃあるさー>ヌオー」
リディ 「苗木吊ろうぜってなったらなら球磨川もってのは賛同しそうだが」
球磨川禊 「『やっと勝てた…』『それじゃあ僕も帰って週刊少年ジャンプでも読むことにするぜ』」
我那覇響 「それじゃお疲れ様だぞ
GMは村立てありがとうな」
紅きヒゲ 「普通に考えたら球磨川の優先度高く無いだろ。エスパー揃いかよとしか思わんぞ」
輝夜 「(しかし赤きヒゲには中身バレてたようね、ここに来てよかったのかしら)」
ドクオ 「3日目に無慈悲に落とす、もしくは俺のところ>クマー
ここ逃したら何か無茶苦茶な言いがかりがクリーンヒットしないと落ちないだろ」
リディ 「○の中でも後ろのほうだしなあ>ヒゲ」
紅きヒゲ 「安心しろ。そもそも何処行っても中身大体わかる>輝夜」
球磨川禊 「『それじゃあGM、同村と狼みんなありがとう!』『またね!』」
輝夜 「ごふぅ」
ヌオー 「それじゃあぬおーも落ちよう。おつかれさまでした」
輝夜 「それでは私もこれにて失礼
同村さんとGMさんと鯖管さんと式神研さんに千の感謝を

やっぱ人狼は楽しい…」
紅きヒゲ 「んじゃおつかれさん」
リディ 「それじゃオードリーを奪ってくる系のしごとがあるのでこれで」