←戻る
【紅番外】やる夫たちの月曜恋色決闘村 [6070番地]
~21回目~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 丈槍由紀
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ニャル子
 (木山◆
lTzDB1CThI)
[女神]
[恋人]
[受信者]
[共鳴者]
(死亡)
icon やる夫
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[欺狼]
[熱病]
(死亡)
icon クー子
 (ぬいぐる)
[静狼]
(死亡)
icon 寅丸星
 (越前海月)
[静狼]
(生存中)
icon IA
 (あべべ◆
piryHPnRM6)
[女神]
[受信者]
(死亡)
icon 太公望
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[風神]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 千川ちひろ
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[女神]
[受信者]
[熱病]
(死亡)
icon ギンガナム
 (とき◆
Times.LJKs)
[掃除屋]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 日向創
 (えんだか)
[風神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 不知火
 (ぬえもえΧ◆
NUEmoeSoio)
[女神]
[受信者]
[熱病]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ナズーリン
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[女神]
[受信者]
(生存中)
icon アンチョビ
 (入村行者◆
o8q58r8zyQ)
[魔法使い]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 白でっていう
 (アォ)
[掃除屋]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 球磨川禊
 (すみか◆
SumikaMt7c)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon ゆっくり妖夢
 (パーフェクトブルー◆
gT3LTK7msg)
[おしら様]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ラム
 (PRIME◆
rRDW8MVFKc)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 安部菜々
 (crescent◆
paTche.IL.)
[女神]
[受信者]
[熱病]
(死亡)
icon 日向のヒロイン
 (N系◆
pjojRlX5pw)
[おしら様]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon クマー
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[弁財天]
(死亡)
安部菜々 「それじゃお疲れ様でした

ちなみにクレジットカードが作れるのは大学生になってからだそうです
あんまりこれ以上触れると死んじゃうのでこの辺で」
不知火 「                                  ,.-―‐< ̄`: : ‐-<⌒) _
                                 /: : : >‐く: \: : : : : : :ヽ、{{ }}
                           /: : :/:/: : : : :`、:\: \: : : : Y´イ \
                              /: : :/ : /: : : : : : :`、: :\: `、/ 〉: `、 |
                          /: : :/ : / : : : : : : : : `、: : `、` //:l : `、
                           /: : :/: :/Vl: : : : : : l: : : `、: : ト:∧/ /|:|: : ヽ、
                        __//: :/ \ Vl: : : : : :l`、: : l: : : lヘ∧/:.|ハ : : Yミ=-
                    _ィ≦ {// //: :/ /__ ヽ.Vl: : :__L| -、: :l: : : l: :\L/ヽゝヽ\
   ()二二二二二二二二二〕__) V乂// l: :l:/抃ミk V\: :|/  `、リ: :./: : >ィ==ミ __Ll ヽ
  ()二二二二二二二二二〕二_)//}/: /レ小:} 乂リ    ヽ'て示k》: :/ : : { {IiIiIiIi }>レ==ミ> _            それでは不知火、帰投します。
                 |///〕イ/ :l:::乂!    ,     乂ソ/ :/: : :/乂IiIiIソY IiIiIiIiヾ///\           皆さんお疲れさまでした。村建ても感謝致します。
                 l///川: : :lV、八            / /: ///l V////乂IiIiIiIiソ/>≠ミ\__
                     ̄ ̄ ̄ ̄∨/   ,\   、   -=彡: /く//ハ(//>=//≧≦/{{IiIiIiIiIlリ//}         やはり他刺しまでいくと色々と変わりますね。
                         〃7   / //>--r ≦ / / /::::::>-<///<>///乂IiIiIiIソ///>==<、     出来れば勝たせてあげたかったのですが…是非も無しでしょうか。
                 _,.-'" ∥ \  //:::/_,.ィヘY=ヘ   //    /´ ̄ヽ//<>/フフ///l/IiIiIiIiI}}
             _,. ィ' ´    .{{   \l>====ァiハ´ ヘ/:::/  //      V//\/ >-<乂IiIiIiソ
          _/  〈_ --‐'' ´ヾ    《__/イリ  /::( ̄ ̄⌒   (  ‘,  ‘, ̄          ̄
         /r‐ァ ノ ̄          `㍉__∥:::::::;;:∥ソy_/::::::: ̄| ̄|`ヽr-\ \   〉
         ´ └′             {:::ィ":::::ヾY\\__ ト、 ト  乂_} `‐┘ /ヘ
                              〃V:|:::::::::O{:::::::\\::::|::\\〉--/  /_/ノ/∧
                               V:::::::::::::l:::::::::::::\\:::::::\/l:/ ////// ∧
                           /:::ヽ:::::OV::::::::::::',:::>ミk_ノ〈/ ////////∧
                             {/:::\:::::::::Y::::::::::::',::::::::: ̄く\/////////////〉
                             乂::/::::::O}::::::::::::::l::::::::::::::::::ヽ \/////斗_〕′
                            /ヽ::::::::::::::/l:::::::::「 ̄ ̄l::::::::::/≧s.\//_〉 Ⅵ
                       /:::/::::\/、___l::::::: l::::::::::::l:::::/::::} l |    Ⅵ Ⅵ
                      /:::/::::::::::/\ \ヘ:::::::: ̄ ̄:/::::l/ /」       Ⅵl Ⅵ
                       〈:::::::::::::::/:::::::::::\ \ミT::::T:::__>' /::::l      `¨
丈槍由紀 「ラビットハウスでバリスタになってくる!
お疲れ様でした!」
日向創 「んじゃおつかれさん&村建て感謝と。
ナナミィィいいいいいいいい!!クンカクンカ以下略(雑」
安部菜々 「         ┌‐────‐ミ
             \: : : : : : : : : : Жニ=‐───┐
               >────‐K: : : : : : : : : ::|
        ⌒>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : : /
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\彡イ
       /.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:/  V.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:\人
.      :.:.:.:.ィ.:.:.ハ|.:. /    V.:.:|\ .:.:.:.:.:.:.:.:'.;:.\___
       |/l.:./l.:./ |.:/      Vリ  ヽ.: j.:.:.:.:.:.|.:.:.:/
       l/.:.|/ーУ      ー‐  У.:.:.:.:.:.|.:.:乂__
.        ノ.:.:.j ==-     ‐≠=-/:.:.:.:|.:.:.:八.:.:.∠
.       :.:.:У ""         """ | :|.:.:.lN/⌒⌒^``
      |.:.:八       r‐‐‐┐   |/|.:.:.|/
.      从:.:.:..〕ト    乂 ノ     ノ|.:.:リ  でもCVのこと気づいてたら
         \iリ   ≧o。 ___ 。o≦⌒l.:./   今頃そこのお2方人二重結合でしたよ。
.         ,イ¨¨¨7⌒}VV{,     ノ|/)
         { i{う__/../ { o } r<¬ー{   さすが矢被りをギリギリで回避するウサミンですね(キリッ
.        乂,_,_/....{  } o { }..................\
          人...ノ....j  { o } {.....``i\..... 〉
.          /...../ ノ  ,{  }......./ /...../」
ギンガナム 「小生としたことが多人数他撃ちの演習を怠っていたようだな…!
では小生はこれより演習に戻らせてもらう、村建て感謝、同村お疲れ様である!

しかし、久々に大人数で実戦ができて嬉しかったぞ!」
千川ちひろ 「アンチョビさん>戦車道ってクロにしやすいですよね
特殊技能をトリックに反映しやすいって意味で」
丈槍由紀 「ラムさんお疲れ様」
ニャル子
     /  /  /  :/:∧:∨\   \ \    \\
      .:::/  / .: ::|::i::ハ::∨:::丶:.   \ ヽ      ヽ
.   / .::::/: /  .:/ .: ::|::|::::::::::: ':::\::ヽ:..   iハ  '      |
    ′:::::::::::::.  .:: |.:/::/|::i ::/::ハ ::∨い:ハ::.  l:ハ '.     |│
.  .:::::::::::|::::::::::...|::::ト|/|∧∨:/:::|::斗:匕!::|:::::. |:: |i:V|     |│ 
  i::::::::::::|:::|::::::八斗==ミ∧\ ::| ィト::しト}}:::::: |:: |乂|     |│    ではお疲れ様ですよ。
  |/:::::::::|:::|:::: |:::{{ トi::しi∨\乂/V__ソ从::::/|:::′     ノ
  /:::::::: /|:::|:::: |::八乂_ソ      : : : : |::く. |/   __//     夜にも言いましたし届いてたみたいですが決闘とは言え昼にPL名はやめましょうね>IA
. /:::::::: /八∧::::::::::::\ : : :   '       从:ハ     `ー
/::::::::::::/ ::::::::|八\∧::\    ヘ    .:::::i人} (\  Σ
:::::::::/::/⌒U⌒\:::::マ⌒   ー┘  イ:::::i|    } } ___      村建て感謝、じゃ、私真尋さんの所に行きますんで!
::::::/::/       ___ \::':> ..,_ <::::::|::::::i|   _ノ '´  __〕
:::/: ん┐  /  \ 〉::マ\∧_,ノ⌒リ:::::八. /      〈
::::::::::::;;ノ       Vヘ::.∨ L∧\_/:: ∧: ∨      (
:::::::厂  / {      \|::.|\仁仁/|:::::| _}:::|      _,,ノ
:::::{   {  丶       〉:厂「::::仁「:|:::::|└У    厂
アンチョビ 「ありがとな!
お疲れ様だ。」
千川ちひろ 「それではお疲れ様でした
村立てありがとうございます」
寅丸星 「                       ト 、      /|/¨!
                 「 ̄`|  \   /,、.|  l.イ__
             __|_「 ̄¨\`○/ \∠  | /
          ,.-‐ \.  ヽ  / ̄`{    .} )_ノ‐- 、
         /     >、__>弋_人___ノ¨´  `ヽ \
        /    ,. /         |      、    ',  ハ
      /    / ./ ./     !       .|    .}  弋ーァ
       /     /   ′|       `x--    |─-、 /    \
.       ′i   __ノ  |    { /  l\   .|\ /.|\____ \
     i. |   \    ノ   / \   |  \__」 ,x=、 V 、 > ̄
     |: |  i  `ァ ∠_,イ  | ,x==、    〃    V \     それじゃ、お疲れ様でした
     |: ! / /   ./  /   |〃    ____ /// }   }
     ! \|.  ̄ ̄ ̄|   |     |/// r ´    \}   ./   .|     また機会があったら会いましょう
     ヽ   \      |   |     ヽ   |       ノ / \_」
      \.   `ー─-ヽ/\    ト ._ヽ___ . イ  ./       私は宝塔を探しに行きます
.          \          \_K´ \ノ フ、    /
         \_______   /  } `[>()く]}.\ ´
                      _/   |===ァ◎={  \_
                〔      .|>=====彳V    }、
           ____,. (_>、__ノ    .人__,∨_/_)
          「         /  ` ̄ ̄     V    `ー┐
          乂         , \          ./    ./
            ヽ   /  /\_____/〉\_/
               }__ノ    .>‐、_/  └i_ノ
                   〈/         し'」
アンチョビ 「戦車道……。
うっ……、頭が……。」
ナズーリン 「それじゃお疲れー、ふぅ、なかなか楽しめた、ちなみに宝塔はな、さっき矢に
使ってしまった。同村ありがとう、また縁があったらよろしくー^」
ラム 「ではお疲れ様でした、また次の夜に
ゼロから始める新しい恋遊びで会いましょう

久々の大人数は良いものです」
千川ちひろ 「西園寺さん?
ゲームやってください」
クマー 「それじゃあお疲れーだくーまー。」
日向創 「超高校級(意味深)だからな」
太公望 「ではお疲れ様
丈槍由紀とやら、村建て感謝するぞ」
寅丸星 「ひ        ,へ  ,、
        _ r、{ 、 Υ )-ァ
    / ,人 ` に辷,.へ     /
.   / /'´ ゙ブ〃 ト, ii `こゝ   /
  ∠, !  `メ{xヘ  ノ メii   i    ―
   〈 , レヘ∨ ∩ヘ,/ ∩', i}ヘ| ,. -‐ァ
   りi´ iiリ ,,∪    ∪,,Vヽ.,.|_/
   Υ i `!   F=j    )//
    {\ト、lーz`=='-- //     久しぶり過ぎて、投票すらどうすればいいか分からなくて焦った
    `ヽ、 ヽ_斤 並゙ン'/ノ
      `ーi ,シOOYi‐'゙
         { //<}_リ
       //伝三弐
     //o~~~~~o~i
     `ム`⌒ヽ゚,ノ⌒ヾ,
       /`''ーァ-ァ一i''"
      ム_Lj L_}
         辻j   じ'」
ゆっくり妖夢 「それじゃ村たて同村オッツオッツ!」
白でっていう 「21回めで21人って語呂がいいなっていうwww」
安部菜々 「CVレムりんいたのか゛よ゛お゛お゛お゛お゛お゛(安堵)>ラムりん」
寅丸星 「落ちる方はお疲れさまでした」
ラム 「刺されてから「そういやそうだった、ちょむさんならそう自刺しするわな」
というのに気付いたのは秘密>由紀」
日向創 「中身がぴゅあだから変態RPを求められても期待に答えられないぞ」
千川ちひろ 「日向さんの回りオッパイ多すぎません?
小さいの伊吹さんぐらいで真昼ちゃんで普通ぐらいだし」
やる夫 「それじゃやる夫はスレにふっひゃー募りつつ落ちるんだお
おつかれだおー」
白でっていう 「んじゃまたなーっていうwww」
ギンガナム 「リゼロ見てないんでな… 主題歌はアニソンメドレー等で入ってくる分には好きだが(震え声>ラム」
アンチョビ 「是非もないんだよ!?」
ラム 「ナズ寅エンド(ただし別陣営)

決闘ではよくある事です(茶ずずーっ」
球磨川禊 「『久々に球磨川使ったら、喋るの大変だった!』
『かっこつけるのも楽じゃないよ』
『そんな感じでお疲れさまー』」
ナズーリン 「なにもしていない主張は無茶だろ」
丈槍由紀 「声優詳しくてもこの自撃ちは読めないだろうなあ
せめてごちうさでやれと言われそうだし(りえしょんいない)」
安部菜々 「             ∧    ∧
              /   ,  /  ',
               |   ∨/   |
               人__,I斗---ミノ
           /::/:/:::::::::::::::::::::`丶、
.        //::∧::::::::/:::/::/∧::::::::::::::..
          ::::,':::::|::l:::|::/:://  Vハ:l::::::::|
            |:::{::::::|::|:::|jハn     nノlハ::ノ さすがに「ム」が末尾についてるというだけじゃラムりんの代わりにはなれなかったみたいですね
            |小:::∧|:::l{ U     U ノイ|
.            |:/\(|:::|ゝ'''    ''' 〈::|ハ」
ナズーリン 「あれな、ダイスや>日向ーアンチョビ」
日向創 「俺はなにもしてなくても超高校級のおっぱいとお友達になれたのに・・・>人生はクソゲー」
クマー 「日向が変態だからじゃないかな……。>二重刺さり」
白でっていう 「草を生やして数千年まだまだ道のりは険しいっていうwwwww」
やる夫 「やはりIAあべべかお」
ラム 「声優繋がりの鉄板なんですよね、私と由紀って
それを意識してこのRPで入ったわけでもないですが>ギンガナム」
太公望 「ほっほっほ
見ぬいておったのはワシじゃったな>IA」
アンチョビ 「ノリと勢いはなにも悪い意味だけじゃない。
このノリと勢いを……持って行き場がないぞ!」
寅丸星 「            __ト.、_‥_,,,__ ‥,
         ’ /トー― 、ヽ___/ ̄/、 __,
      ーz‐ '~~_\ーzz,/:::::::::V ̄ ̄/ヽ ’,
      ,/ ,x  \`二フゝ:::::::人ーx‐ '  、ヽ、
     : ///   >zー‐'`¨´`z、_ゝ \ヾ\ー
      /〃/  ,x /V  ,ィ! il| ヾト、 ヽ 、ヾヾヽヽ
     ノ /''゙  イ/ 州 /l/ jlj|  州 !、!| !!ヾハ ゝ
     厶//x 州 /ll! 从/ , /ll|! 州i ! 川 }l!川 l| ,
    : |/洲.洲 ' ハ .州! ,州/l| j j川l |州j ll/|ll洲 :
     从llll!' |ハ _|__:ll_Ll,l/、il//| iイ jllll/!lll| 州||
      从从 从 /r=--ァ|ll/ /"≧zz|/lllll/ll/!//|/
      ( ll ト ヾⅣんz迅z/   z迅Vム/ll/イレi!/ .′    ナズとつながってれば、恋人で生存勝利だっただけに残念
     .ヽト、ヽ从!.ヾヾヾヾヾ ,`ヾヾヾ/彡イ//j ,
    ’  _, >) |ゝ ,、_  ___ 、   八'/'/ ;
    : /`ー、..V! >、.二 ...., <__彡=、
    : (_::...   ` : ::... \   / ̄.. ::::::::ー、 ,
      ∧ー  ,__::::::::::::::.`Y´:::::xー-  ,___ノ  ’
     / ∨     ` ー ァ‐示´、   、.. }  ヽ
  : /  .∨  /    /  人 .\  \':   |  ,
    ヽ   .∨.:'      ー' : ー‐'    ヽ  /  ;
    /′   V:..      ..:::  ..    ....:)  ヽ
  :/    x-ヽ::::::::::::::::::::::::'′ミ:::::::::::::::::::/    ! ,
  {   ´>ー`´ ̄ `ヽ___ .:::r――.≦x、 `;|  :
   、  ´        |  ト/      `ヽ {」
太公望 「まぁ、村がおらぬ以上致し方ない」
白でっていう 「告白ですねっていうwww>屋上」
日向のヒロイン 「人生はやればなんとかなるクソゲーだからね」
ギンガナム 「                 _,,
            Y⌒ン´::::::>- ‐‐、,,
            ノ::::::::::::,ィ´::::::::::::::::::::゙⌒Y⌒ヽ,,
           (:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             )ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::)
           /ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'ノ::::::::::`ヽ    オ・ノーレェェェェェェッ!!」
          /||///(::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::、:::::::::::::::::}
            ///||////て:::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::ノ:::::::::::::ノ
        八_||_/////乂;;:::::::___:::乂::::::::ノ::::::::;;_彡_)
            二ニ=‐──‐‐、_)ー'"´`゙ー''''"
                                  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                   d⌒) ./| _ノ  __ノ」
IA 「星の方かよぉ!」
ニャル子
           ′   ′       ii      :| i          i ヽ   | |
          i  /   :i     i  爪     :! | | i ii       | i i   | |
          | ′  リ  j i 八.{  ゚'*、  |.。o≦ハ :ii     :| i |   | |
          i/ :   :ハ {∧(≧ハo。_i \.从xそミ、)ハ  i :| i |   | |
          〃 i:   :入_≫=ミ、从八  〃'ん)刈 )) /  ' 个弌..  | |
          ′ l:i:|   ::.〃ん)心ヽ  j/  乂:.:ソ 厶イ  八jノ⌒   |
         i  .:j从   ::i 乂:.:ソ        .:::::::: i i厶イ^弐    ′    へーいお疲れ様ですよー
       f'⌒≧ミく厂ヽ  、 :::::::::.     ′     人!    ̄}  / ノ
      | .:' f'ヽ尓 :}`∞≧=ー     ,.ヘ   .  i:: i二二厂:.  ¨´      屋上>IA
      |/ ノ 人 L∧  ∨ ゙*。      ¨´  イ′ |:: |     ̄〕、
      | ´ / 人)..〕 .   Ⅵ  '*。. ー< /   /|:: |二二 厂  ゙:.
      ∧   く_,ノ「  ゙.  レヘ    ,≧≦    /| |:: |     ]    、
      , .:∧    ヽ.L....  i ::|  ゙.   / 「八∧  ," | |:: |二二〃
    /.:〃∧___    Vい_ | ::l   幺/__,l ̄i厂゙ /  | |:: | _〔     ′
   ,:「 ̄ ̄ ̄厂    /≪' | ::|  /厂i./」___l厂「 \ | |:: | _/    /
 /.:|     /    ,   /  | ::|/「厂i厂厂}厂}厂i」i| |:: |  「    ...イ
ラム 「霊界に残しましたがものすごい大連鎖が発生してます
残った方はどうぞ」
安部菜々 「お疲れ様です!」
ギンガナム 「おしらで死ぬとはいえ最後の暗殺が綺麗にラムの相方を射抜いてしまったという小生(ゴフッ
演習が足りぬな…」
丈槍由紀 「お疲れ様でした!」
アンチョビ 「いやぁ~今回こそは勝てると思ったのになぁ。
でも、良い勝負だった!」
不知火 「お疲れ様でした。」
日向創 「お疲れだ」
千川ちひろ 「お疲れ様でした」
寅丸星 「お疲れ様でした」
球磨川禊 「『おつかれさまー』」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ
球磨川=狛枝=日向=(ここ矢かぶり)アンチョビ=ギンガナム=ラム=由紀

ニャル子=白でっていう のようですね...たまげたなぁ...」
クマー 「お疲れ様クマ」
太公望 「お疲れ様じゃよ」
やる夫 「やる夫たちの勝ちだお!」
不知火 「なぜそこが被るのか…>日向=アンチョビ」
ラム 「お疲れ様でした」
白でっていう 「おっつんっていうwww」
ゲーム終了:2016/08/29 (Mon) 20:54:01
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんの遺言 フヒヒ、サーセンwwwwww>ニャル子
IA は無残な負け犬の姿で発見されました
(IA は人狼の餌食になったようです)
寅丸星 は IA に狙いをつけました
丈槍由紀 「レムさんと同じCVなら自撃ちしてもいいよね
水瀬さんでそれやるならチノちゃんのほうがニアピンなんだけどね」
ナズーリンの独り言 「ヘイ!私を噛め!ご主人!あの、あれだ……人身御供じゃなくて
虎に身を捧げるアレだ!」
寅丸星(人狼) 「んじゃ、いきますか」
千川ちひろ 「緒方コンビで射ちましたが
ちひろに何か落ち度でも?」
太公望 「ホモっぷるに草>ラム」
寅丸星(人狼) 「               ∧∧/\
                  ト、/〃⌒>/|/|
                  | \|\´><i/ノ__
            . ->'⌒¨¨´    \  `丶
          / /          「`    \
.           / /          ∨      \
          {/イ     ,.斗-      」__       i
         '.  |    / Vi    /l/\` i    N
            i  |   //___ ‘.  /___V     !
            l  リ\/i{「j_lj_}`∨ j_lj__「/ jハ.  /
            |イ |    ゝxwx     xwxイ  }/
           ∧ヘ   ∧、           人   \
              Ⅵ    V>  _'__,,. イ    ノ ̄     久しぶりすぎて、会話がうまくできませんね
           ,. -\__ー`\__{/\ー-ミ/
         /   ∨ハ、\_    ハ i | `ヽ
           i     Vム \__/ { ∧!   !
           |     i |i八       \ハ   |
.        r┴─‐/ l\ \ `ヾ´  / /〉、⊥
         }ニコ 「/   \_  ` ┴< > '´\ V
          `i   .      |:\__/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,‘,
        |  .!      |:.:.:.:.:.:.:/ハV:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i ‘
        l 八      :|:.ノ:.:.:.〈/:.}」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| }
.         ,   \   /:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ .ノ
           ′    `¨´\‐=≦_≧=‐-=ニ´-< |
         \      `` < /      /
           }_         >、\   /
         ∠、\    //    ヽ_ヽ/
         \/ ̄ \  / ./L 、丶 i |」イ >」
安部菜々 「なぜそんなところが二重結合しちゃうんでしょうねえ…」
ゆっくり妖夢 「x」
ナズーリンの独り言 「宝塔一本も生えぬ不毛の地が結末なのではないか!?」
ラム 「球磨川-狛枝-日向=アンチョビ-ギンガナム-ラム-由紀

日向とアンチョビ二重は草生えますね」
日向創 「絆じゃパンツはもらえないぞ>やる夫」
ニャル子 「私とでっていうを繋げた方が引き分けをどうこう言ってもこう……
なんだか、悲しさが」
太公望 「一番CO遅れたのそこじゃよ?」
ナズーリンの独り言 「だが、待てぃ、全滅……引き分け……あるのではないか?」
寅丸星(人狼) 「   ,. ‐''"゜     ` ヽ 、.ゝ   ¶/lll/           /
  、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;゛ヽ. .-‐ー 、''l .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
   \ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;  ○i.;.;.;.;.;.;.;.;.;,'  ̄`,.;.;.;.;_,,.. -‐'' 、
    \ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,´.;.;.;ヽ.;.;.;.;.;.;.; >、_ , 'ヾ'" ヽ ヽ.;.;.;.;.;ヽ
      \.;.;.;.;.;.;.;_,,.. -‐、.;_.;,<、_,,.;'  ヾミx、.;.;ヾミ、   ヾ.;.;.;.;.;ヽ
       `ー‐''゜/    .;.;.;.;.;//   .;.;.;.; ヾミx、.;.;.;.;ヾミ、   ヾ.;.;.;ヽ
          /      .;.;.;.;.;ll   l.;.;.;.;   ヾミ、.;.;.;.;ヾミ、ヽ `.;.;.;、 ヽ
         /    //.;.;.;.;.;.;ll   l.;.;.;、    ヾミ、.;.;.;.;ヾミ、ヽ `.;.;.;、 ゝ
        /  / ;/ ll.;.;.;.;.;.;ll    l.;.;.;`,  ヽ  _ヾ__..;.;.;.;ヾヽ.;.;.;.;;.;ヽ.;ヽ
          l/ /l.;.;l  ll.;.;.;.;.; ll    l.;.;.;.;`, , . -‐''  ヾ、.;.;.;.;ヾ、ヾ   ヽ;l
        l/ ノ l.;.;l  ヾ .;.;.;.;.;'l、    l.;.;.;/ヽ  丶   ヾ、.;.;.;ヾ、 ヽ.;.;.;.;ヽ、
       l / l ll.;. l   ヾ.;.;.;.;.;'ヾ    ' , ' ,;.;.;' ,  ゝ_  ヽ.;.;.;.;丶 ヽ ヽ.;.;ヽ
       l / l. ll 人,,. -‐'',‐''.;'.;.;.:ヾ、    ヽ;.;.;.;_g$'"ヾ" l' ,  ゛ 、.;.;丶  ヽ.;.;ヾ ヽ、
      /  l. ll.;.;.;.;l `、`、', ',ヽ、,;ヽ゛ヽ、 ヾT;:;:;:;:;:;:l  '  ヽ"‐ヽー- 、 ` 、ヽヾ
         l.ll.;.;.;.; .入 ` 、`__,,.    ヽ '  ヾ;:_,,../     ヽ  l  l   , ',ー 、,   これ、もう噛んでもいいのかな?
        l l.;.;.;./ ’、', /T;:;:;:;:;:ミ゛`               l、  !.;.;.;.;.;.;i l', ',
        /.;.;.;イ l.;.;.;.;.;',ヘ ヾ;:;:;:ソ                 l`、 !l.;.;.;.;.;i ', '、
       /.;/ l  l.;.;.;.;.;',    ̄    l             / l  l!.;.;.;.;.;.;.;',l
       "    ',   ,ヾ.;.;.;.;' ,             ,      /  l  !l.;.;.;,  ',l
            ',  l ヾ.;.;.;.;ヽ         -‐ァ'    / l   l l ',  '、  !!
             ', ヾ ヾ  ヽ     =ニ´‐,"    /  l   l ,' ', ’ 、', ヽ ヾ
             ヾ ヾ、 ヽ- _`ヽ、         /   l  l/、 '、  ヽ,'、
               ヽ ヾ  ヽヽ `ヽ 、, _ ,. /      l゛、、 ヾ ヽ
                 ゛  ゛ヾ, ' 、\_',l         l、' 、    ゛
             ‐''"゜ ゛' 、     l  ソ          '、 ー 、
           /       ゛ 、ー""l  ',           ’‐ 、  |
          /          ゜"' 、丶 ' ,           , '  ノ゛"丶
          >ー 、,          ゜"' 、 ゛、        /  /    ヽ. ‐'‐ 、
         /.;.;.;.;.;.;.;゛' ‐ 、        ゜"' 、      /  / ,. ‐ ' ' " ゜    ' ‐ 、
         '、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;゛' ‐ 、      "' 、  / / ' ' "            l」
クマー 「ぼっちに絆はあるのか……?」
太公望 「いや、どうみたって寅じゃろ、LW>IA」
不知火 「まぁ連鎖の原因が不知火にある気がしなくもないですが落ち度はありません。」
ナズーリンの独り言 「というか噛まないのか?」
やる夫 「これがぼっち狼の絆の力だお!」
寅丸星(人狼) 「        ,へ  ,、
        _ r、{ 、 Υ )-ァ
    / ,人 ` に辷,.へ     /
.   / /'´ ゙ブ〃 ト, ii `こゝ   /
  ∠, !  `メ{xヘ  ノ メii   i    ―
   〈 , レヘ∨ ∩ヘ,/ ∩', i}ヘ| ,. -‐ァ
   りi´ iiリ ,,∪    ∪,,Vヽ.,.|_/
   Υ i `!   F=j    )//
    {\ト、lーz`=='-- //     まあ、でも折角だし、ナズは残しておきましょう
    `ヽ、 ヽ_斤 並゙ン'/ノ
      `ーi ,シOOYi‐'゙
         { //<}_リ
       //伝三弐
     //o~~~~~o~i
     `ム`⌒ヽ゚,ノ⌒ヾ,
       /`''ーァ-ァ一i''"
      ム_Lj L_}
         辻j   じ'」
白でっていう 「だがでっていうwwwww>IA」
ニャル子 「お疲れ様です」
ナズーリンの独り言 「これは悔しい……」
IAの独り言 「にゃちくしょおおおおお!」
安部菜々 「の、のーこめんと…」
ラム 「というか恋狼化したの私だけじゃないですか!」
寅丸星(人狼) 「         ____  
       / ___  \
     / / _ヘ/i_ \
    / /  \(  )/\ \ 
  / / ∠ ´     > \ \
  |  | ∠         >  |  |
  |  |   i/ノノ/レヽ\リ´  |  |
  |  |   i i .i O  Oii|   |  |
  \ \ iヽゝiヽ" o "ノ   / /  ナズとつながってたら、生存勝利だったのにな~
    \ \/ イ 天 i ヽ_/  /
     \/  _i >○<i  ヽ /
      ,く____イイ二二ヽ___ヽ
      (__し´/二人二ヽ, )
       ,イ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,く_,_,_,_,_,_,_,___,__,___,>
        (,__ノ    i,__ノ」
千川ちひろ 「お疲れ様です」
IAの独り言 「そこはナズーリン投票ダルルォ!>太公望
お前視点そこLWじゃまいか!」
球磨川禊 「『この繋がりだとしょうがないというか』
『あと僕勝てないし』

『お疲れさまー』」
クマー 「ウサミンやった。(もしゃもしゃ)
お疲れ様クマ」
不知火 「お疲れ様です。」
安部菜々 「はいはい>ちひろさん」
太公望 「お疲れ様じゃよ」
日向創 「今回の収穫はアンチョビの下着《SR》だけだったな」
千川ちひろ 「未成年なのにクレカ作れるんですか?」
寅丸星(人狼) 「           { `ヽ{ `ヽ.  ,ィ!    ヽ  ヽ
             \  |\  ∨ .},ィ!,ィ  |   |
         __  <\{.(`Y⌒ヽノ Vノ  .|  |
       -=彡' /  `ー{.   }__ノ     !  !
.        / / / ./ ___  `ー ' \     |  |
        | ll ll / ´/ /´ _ノ  li     l  !
       __ノ从从!{ i必ノ`ノ'´_⌒ノ  l}   /  ./ ,.イ/
         _ノノハ八""  . ir'リリ  .八   /  .////    あ、勝った
ゝ.        ノノハリ\ ー ""ノ イ  /  . ' i//
   ̄  ̄ ̄ /⌒\ \jK二てルレハ /  .// ̄
\      i⌒\ \ ー'〉ヽ. ̄ ̄   //
.  `ー‐‐─.| リ ∧   |「 只 メ‐‐──''./
        |/ / ∧. {{_.ハ.ハ  ,. -<
        |   / 〉  八 ノ rf.  }
       /   !リ>==(⌒).{  X> ノ
.      /.   V>===i// /
     /     ∨} ̄ ̄/.∨.イ
.    /    _j⌒V  /リ  ∨ ヽ
    /   /´ 〉  !/ ∧   〉 .}
.   /  __ j /  .}_ノ  `=ヘ ノ」
ラム 「全部繋がってますね>ウサミン」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
太公望 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
寅丸星1 票投票先 1 票 →太公望
IA0 票投票先 1 票 →ナズーリン
太公望2 票投票先 1 票 →寅丸星
ナズーリン1 票投票先 1 票 →太公望
ナズーリン は 太公望 に処刑投票しました
クマー 「いえすあいどぅー>ラム」
IA は ナズーリン に処刑投票しました
日向創 「なんとかなってないぞ狛枝!」
太公望 は 寅丸星 に処刑投票しました
寅丸星 は 太公望 に処刑投票しました
千川ちひろ 「お疲れ様です」
アンチョビ 「オ・ノーレ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ラム 「流石にこの人数だと壮観ですね、実に久々」
IA 「無いなら引き分け頑張るか!」
安部菜々 「もしかしたら全恋人つながってたとか?」
寅丸星 「女神ですよ~」
千川ちひろ 「そう言えば菜々さん」
IA 「ナズ星はあるのかな!?」
ナズーリン 「ていうか私とご主人がちゃんと残ってるじゃないか!どういうことだ!
自撃ちすればよかったじゃないか!」
ギンガナム 「オ・ノーレェェェェェェッ!?」
太公望 「まぁオシラっとる風神じゃ」
寅丸星 「一杯とびましたねえ」
不知火 「残ってませんか、残念です。」
ゆっくり妖夢 「いきスギィ!オッツオッツ」
日向のヒロイン 「ほら、日向クン!
やればなんとかなるってやつだよ!」
IA 「はい!女神です!」
クマー 「お疲れ様クマ。(ズズッ」
安部菜々 「うーどっかーん!って吹っ飛び方しましたね」
ニャル子 「お疲れ様です」
アンチョビ 「\ドゥーチェ!/\ドゥーチェ!/\ドゥーチェ!/」
白でっていう 「おっつーっていうwww」
やる夫 「これはひでえお」
日向創 「ナンテコッタイ」
球磨川禊 「『おつかれさーん』」
クー子 「ニャルコに777700えぐりとられるとかご褒美」
太公望 「おおう最終日とな」
ナズーリン 「クッソォオオ!!私の恋人たちィイイイ!!」
不知火 「お疲れ様です。」
寅丸星 「おはようございます!」
ラム 「お疲れ様です」
丈槍由紀 「お疲れ様です」
安部菜々 「心の綺麗な人には真尋さんに見えるとかいう子供騙しじゃないんでしょうか」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ラムさんの遺言                                rx    __,.、.,__
                           _.入ノ<ミr:{ .ム,_: :`丶、_
                         (^>'='ー'’: : ̄.<ノ^k-kミ:j __: :ヽ,
                         / : .r: :, : . . . . . : . .`'へ/ _ノ . . .ヽ
                        //. ./ . :! . . . . 、 : :、. : :`'ー{ ). . . . :iヽ
                         ∧r''/|. .|. . . . .1 . :i.1 : . . .]!: . . :、 :い
                           i´ Y 1. ..1. . . . . .l : :1:!. . . . :|:i . . .1: :! '.
        +            l 1 .i -k、.:、 . . . .!1 : l |. . :!: :lN . . :l : | !
                            | ヘ | x式 :ヘ : . . .i.} . j. ! . j: ./^} . : j : i j
                            1: :N´.{'外- '‐ー''^'''^-} :/ ./ イ : i : / /
          _,。- .、      j:、    '、 :ヘ. `'’         .</:ノr_/7. :/ :/   
_人_     :'.r' \ .ヽ  ‐< >ー     ヽ 、:1  `   __     イ..:/ :/,ン
`V´   r{ :   >' }    Y      ヽ:jヘ   <  ノ       <:/ノi:>
     .} {.l^! ´ ..;ィ              .|| lr、      .  ,.。v'⌒j.rァ'⌒ヽ  大連鎖? 構わないわ
      :{ イ j,ー‐'7゛i!               l} lj  `'ー 'r},xイ   / /,_.    }    それが決闘の掟でしょう
       1.{ .{`ー.ノ {                  ,r' ヽ入 {   ノ ,/  ´}`ヽ. /
.       ヽ `ヽ、 .}                  Y  ,r==x==x /,r:、 ノ  '、`⌒!
        \  丶.j、               ,r、_} .jミ{ィ利_,rヲ イハ       1  '
        入 /^ :、            {   Y/∥'‐'^ノ {!゙┴┐     .| ./
          //⌒'  ノミ:、         入 /ヲ'ー《‐ー'´ .l{ ,.、 ノ    ;h ヽ
        r=、{    ィ三ノミ、    _,.r'ニ { /T,__ノ⌒´⌒k,fj ┐ i r-、r-{. Y
       ,{!   .,r三/三ミ1   f三三ミl/  rxi       .if!r:'  'N  `  、.,_ ヽ
      i_入 /三r'三三三!    {三三Y         iミ⌒''ー} ,、 .jミf三三1
    ./{   /三/三三三ミlヽ,__ノ三三i1   i      ヽ/ミ!   /ィ三iイ三三三ノ
     ヾ=={三f三三三三三ミV三三王k、 ヽ.、.。xz=彡三ェ、,_ 'ミ三三彡ィミ{
安部菜々さんの遺言
.          |__  ________
.          |: : Y´ : : : : : : ノ^´
.   そ     ・ |-=¬冖¬=<__彡イ
..   う    ・ |....................................∠
.   で    ・ |.............../ハ..................`ヽ
   し       .|...j..... l/   V........ !...........
    た     /./l|..|..|     |...八..|..|........
        /./ |八|     |/ リ|..|........|
  ___/У ∩   三三 ∩ lノ!ノ.....|
  ...人............ 八 |i|   ニニ   |i| l|.....}...ノ
.   ........\l\lトi ∪   --   ∪ j...,勹 ←うっかり『自身の』クレジットカード情報を登録し
  ....\Y´ |...八            ノイ.....|    見事BANされた安部菜々さんじゅうななさい
.   .......{L i|....... }    __      }.....|
.   \|乂..|....lハj    ヽ ノ    ノ..|从
       `|....ト    ____    イ....ノ
  / ”  人ノ^¨^`ソ  L ノ^¨}/
  \ つ _/´¨^¨ヽ `ViViV´ ,ノ¨j
    ___/ニ7ー<⌒\し}u{ ノ⌒^{
アンチョビさんの遺言                         -‐……‐-
                  __/\ー-       \ \
                   //          \ ヽ
              / /            :.
             ,            ヽ   ∨    ,
                ′  l               :.   ∨   '
             l    |        |l  |       ∨  ¦
                          ___ト   |    ;
              /    l|\    八 |`\|    人  |
           厶イ   八__ \  /,x==芯=ァ   /⌒   |
             | |了 j芯 ヽヽ_イ!弋_ツ }!|  / フ/  |
             人 j人__ゞ'_,ノ ̄乂__ ̄_ノ j/__)).イ        >あなたはギンガナムさん、日向創さんと愛し合っています。
                   | ¨¨ 、     ¨¨  、イ((    ¦     アンブッシュか何かか?
                   | \  r_ フ       | ))    八
                   |    `  __,、イ     | フ   /  \
                 /  /   / ::     人     {   {  )
               //  / |/_ノ  ___-‐==‐ヽ  ヽ \
           乂____//  /   ノ/ /==========_     \
                 / /==================_    ,   \
___         /     / /===========/=======_   '
   )        /   ,′ /======================  ¦  ¦
     ̄ ̄`ヽ       ; /========================,   |  ;
乂___ヽ  ノ八  ノ  |/========================= /   |   ′
  ┌―____´‐┐ Y    ;==============∨======== /    ノ ノ /
  | r-≧ー \人   '=============∨======== _/   /   /
  | ヽ-     \\ ∨========= ∨=====\==/     /
  | 人__   /=====‐- __====== ∨========ヽ       , ′
  └― \___|======/====‐- __==∨=========/     {_____
            |=====/==================== / |  /      )
           人===={====================/=Y人(_____   /
           ≧=- __================/==l!   ̄ ̄)  /
球磨川禊さんの遺言
              ,xzzzz`ヽ_
            ィ彡洲洲洲洲ヽ、
          ーイ洲洲洲洲洲洲ハ
          /洲洲V洲VV洲洲洲    『おいおい、これはちょっと間違っているんじゃない?』
          イ/洲从`ヽ|!`〉i! V洲ミ
          |/ 洲从'5} ` 5ソ>/ンノ    『ラブコメ的に考えて、ノーマルでいこうよ、ノーマルでさ』
          | ', ',从、 l ,  イト、
              ,x>, ̄ /レ´|     『僕、多様な価値観を肯定はするけどノーマルだからさ。なーんて』
             ヽ-<リ~/ ̄<彡x_
            xイ代! Y |彡三三/三>
           f彡三三>く三三三V三三/
    r,-_    |三|三三><三三 ∨三三|
  E三三  ヽ、  〈三|三三三三三∨>彡=ニ|
   `ヽ_  ̄ニノハ  |三|三三o三三く -= __|  イ>―x_
     | ̄ン/弋ノ三|三三三三三|><三⊂イハ( 、 ヽく
     ><三三ヽリ三三o三三V ̄|三/三三ハヽ /ミミヽ
        ヽ三三/三三三三三/  乂三三三三ゝソ `ヽミ}
         `ヽソ三三o三三 人   ゝ-イ
          ノ三三三三三三(
         /三三∧三三三三∧
        V三三/ V三三三三ハ
日向のヒロインさんの遺言 超高校級のヒロインは辛いね…うふふ
みんな、愛してるよ!(CV花沢
不知火さんの遺言               >: : : : ´ ̄ ̄`` < }/  / }: : : \
           /: : : :⌒>: : :  ̄ ̄: : : : : : `丶/  /: : : `、
        / : : : : : : : V: : :\ : : : : : ヽ: : : : : ヽ/:\: : : `
         /: : : : :./ : : : l: l: : : : : \: : : : :`、 :|: : : ∧: : : : : :
     /′: : : :/: : : : :} l: : : :`、: : :ヽ: : : :l: :.|: : : : ∧: : : : :
.     / /: : : : : /: : : : : l l: : :l: : ト: : : : ',: : : l : |: ハ : : ∧: : : :   >パンツガチャの結果
    / /: : : : :.:/: l : : : ∥ : : l|: :| V: : : |: : : l: :l: : :l : : : ハ: : : :    [R] 不知火
.   / / : : : : : ハ: :l: : : ∥: : : l|: :! i: : : ハ: : /:/ : : !: : : : :l: : : :   
  / |: :l : : : :l V l: : /: : : : :ハ: l  : : :/ |: :// : : : !: : : : :l: : : :
  l  |: :|: :|: : | 、V:l /: : : : :///  ,|: / l /: : : : : :l: : : : /: : : :
  l  |: :|: :|: : |ヽミトト: : : : /-‐''"´ レ   |/: : : : : : l: : : /: : : : :
.    |: :|: :ト: ::ハテ抃x\:/  ァ=≠テ芋》:/: : : :/l l: : /: : : ://    ……不知火に落ち度でも?
    l: ll: : ヽ: ハヽヾjリ      乂Jソ / : : : / l/: イ: : : :/リ
      V弋: : :\ハ :::::::..............:::::::::::::::// l : : /ノ/|/: : :.//
        ∨ : : : ハ::::::′  ::::::::::::::::ノ /: : /≦ ./ : : ://
.        ∨: : : : ト、  ~~‐ u  /: /|ゞ   /: :/
           \: : トl 丶      イ/   |    //
           \: :>―‐ ><、/    ト
            /  /::/ }     / |
              / //::/__ノ___/   ハ 、
          / /:::/「 ̄≧l|        /:::::::ヽ
            / /::://イ// }}   >":::::::::::::: イ
         '/:::/ /.//_}} >":::::::::::::::::/ l
        /::::::ハ // /  >"::::::::::::::::::::/   |
       /::::::::::::レ/ .〈_//::::::::::::::::::::::::/      |
.      {:::::::::::::レ'"::::::::::::::::::::::::::::: /         |
        l::::::::0/:::::::lー--、:::::::::::/l   /       |
       l:::::::/::::::::::::::/ ̄::::::::::::/  l/      ∧
.         l::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::{ \l        / l
丈槍由紀さんの遺言            r‐ 、 ___, -┐
         ,-'‐'´      `ー'-、
       /   ・   ・       ',
        {     'ー'ー'       }
      |三\_____/三|
      |三三三三三三三三三|
      / 三三三三三三三三三ヽ
    /三三三三三三三三三三三三',
   ,' l /! ! {   l     }   lヾ 〃
   l ,X l l ハ__ ヽ   ‐ト、_ l X' l  l    >ラムさん
    { ハ,l レイVハ ',  /ハハヽ〃ヾ!   !    ご注文は異世界生活ですか?
    { l l l   ハヽl / zz、 ∨  l  |    
   iハヽハ', /芹ハ  }ノ ん心、|   l  |
   V V 'ゝ 辷ソ     ゞ=゙' !   l   |
      /  ハ ,,,  丶     ,,, j    ! `,
    ,' / 八    o     イ!   j  ',
     { i    >  _  イ /  // i   ',
    Vハ  / l  i┴'T´ ̄// // l   ヽ
     ヽ \ヽィア'〈 イoハ__// ノノ_l   ヽ
      /´/./.{  ´ィ:┬.、 ムイ/.l´  ヽ  ヽ
      ,'  !. l.∠:二L:L: :.\l.〃{/   ',   ',
      レr'_つ{   r‐ニニヽ: :〉ll..:l    }    !
     / / /エ{   {三ェ、 }/::::{     ヽ  j }
    / ヽ -ヲゝ―\`ヽ ト,∧:!/  ノ / ,
    / /ハ ´〉ヽ:_:ハ.ゝ_ノ  \   l ノ ノ
    /  ヽ'ヘム'. . . . l.`ヽ       `ヽ }レレ
ギンガナムさんの遺言                  _,,
            Y⌒ン´::::::>- ‐‐、,,
            ノ::::::::::::,ィ´::::::::::::::::::::゙⌒Y⌒ヽ,,
           (:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             )ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::)
           /ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'ノ::::::::::`ヽ
          /||///(::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::、:::::::::::::::::}
            ///||////て:::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::ノ:::::::::::::ノ
        八_||_/////乂;;:::::::___:::乂::::::::ノ::::::::;;_彡_)
            二ニ=‐──‐‐、_)ー'"´`゙ー''''"
                                  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                   d⌒) ./| _ノ  __ノ
やる夫さんの遺言

                        / ̄ ̄\
                      /     \\
                /        ( ●)\    欺狼って言われてもやる夫にネタAAなんてねーお!
                 |           (___人_)
                \         /::::/   遊戯王の画像会話ならあるけどな!
                   / ̄         `"ヽ              /
                 /  /         ,   丿     ,,、从、 /
               /  /        /  /       '⌒γ!、
           ( i i i )/   i      ./ /    \、.|ル从/  ̄ ̄ ̄
             /   ,. ゝ、   \     ; );'; *(
             /   /   \     ヽ   /,r'⌒Y゙i\
            /   /      ノ    丿   )!、,__
.         /   /      /   /   /⌒Y ̄
      /   /      (    i′
      (   /         \  i
      ヽ   i           `ー'
.       ヽ_ノ
丈槍由紀 は無残な負け犬の姿で発見されました
(丈槍由紀 は暗殺されたようです)
ラム は恋人の後を追い自殺しました
球磨川禊 は恋人の後を追い自殺しました
日向創 不知火 ナズーリン アンチョビ で足音が聞こえた…
日向創 は無残な負け犬の姿で発見されました
(日向創 は人狼の餌食になったようです)
日向のヒロイン は恋人の後を追い自殺しました
アンチョビ は恋人の後を追い自殺しました
ギンガナム は恋人の後を追い自殺しました
不知火 は無残な負け犬の姿で発見されました
(不知火 は天に帰ったようです)
寅丸星 は 日向創 に狙いをつけました
ニャル子 「おう踏み台になれよおう>でっていう」
クー子 「断ってもヤる!」
日向創 は暗殺を行いませんでした
白でっていう 「まあ俺様は超イケメンだから真尋に見えても不思議はないなっていうwwww」
ギンガナム は 丈槍由紀 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アンチョビの独り言 「とりあえずパスタを茹でてから考えてもいいか?」
不知火の独り言 「                  __
            _    ´  --  ̄   、
        ア⌒Y/    /      \  `\
    . ´   /  /  /   {
.   , ./   :|  ./i{                    、
  /' /    乂.' ∨       ,        |         /
  ,     // ./       ∧       | ト        ∨ /
       /  ′/  /    .′ \       l├ヘ       ∨ /
  i    /   i ./ / ./  __  -― 丶     , |  ’       ∨
  |      l/ ∧ ′   :|′       、  ./ .リ ___, i  :| }!
 .乂  {    ! .' ‘|     |____   ヽ/ r匕:「 }Ⅳ   :|               まぁ後はなるようにしかなりませんね。
     \  l∧  |     i{ 匕n「 `   /   t_り  ∧   !               
      ̄  |{  、|    ヾ 乂り           i     ,
            、   八           丶     圦  ′
            \   \               八} /
             \、 (⌒\      _   ,  |/
             /^\> .     ´
             / / ∧ト . ≧s。. __ イ                  _
                {Ⅳ  `  .__ | ∧             r 、 ( \
                _.′        /V  ∨        { ∨r\  ` 、
              / \        ./ r〈  ‘、          ,  圦   ー }
             /: : : : \     .′∧ノ\ 〉≧s。.__   〉  Y>―‐ }
          . ィ(: : : : : : : : : 丶  i ∨ }ト、 \ : : :,  \ /  {_    |
      . ―一   ∨: : : : : : : : : :`弌./ { }|∧∨ }: : ∧   〈     { ̄ ̄ }
       .′        ∨ : : : : : : : : : : / 〈_,/:! }__ノ: : : :∧   /ヽ /  ̄ ̄ノ}
     :{  ̄  、    ∨ : : : : : : : : : \  j  ‘ ∨: : : :∧ {,八} {    / ./
     :{     \.  ∨ : : : : : : : : : : ≧〈   N: : : : : : }/ 〈__> ´  /
               ∨ : : : : : : : : : : : } \ |: 「 ̄ ̄ :|         ∧
       ∧           }: : : : : : : : : : : : :\/∨: |: : : : : :|       /} \
      ∧           丶 : : : : : : : : : : : : : 〈:O: ー―:|       /  /
.        ∧            、 : : : : : : : : : : : :‘,: : : :/⌒ヽ      ∠_ /|
         、          \: : : : : : : : : :_.。s≦ ̄ ∧  、  /      |
         ', \      / ̄、 }: : : : : : : : 〈     ′   >イ{        |
           ′     /     \: : : : :> ^∨     {    /  圦      ノ
            ',     /        }r  ´     ∨     .イ    \   /
         ′ /^\       ′      〉、   / ′      ̄
          、__ . イ\             . <:| \. イ: : ′
               ∨: \      . イ: : : : :|: : : :!: : {
               }: : : : \__. イ: : :l : : : : : | : : : :|: :∧ /
               }: : : : : : : : : : : : : l : : : : : | : : : :|: : : ∨ /
               / : : : : : : \ : : : : l : : : : : |: : : :〈: : : : ∨
               . ′: : : \: : : : : : : :」 : : : : 〈O: : ∧: : : : : 、 ./
               . ′: : : : : : : : : : : : : :, :≧s。:_:_〉 / :∧ : : : : ∨
           /: : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :}!: : : : : } : : : : : 〉
ラム(人狼) 「ま、御自由に噛んでみてはどうでしょうか
私はお茶でも淹れてきます」
アンチョビの独り言 「……。」
ニャル子 「その目抉り出してやりましょうか>IA」
寅丸星(人狼) 「            |\ 、..,,_
          ヽー-.|  ト-/|_
        ,. <\ \ァ‐く__∠,_
       / /   `'ー弋_ノ-<
    <  /  /  /|  ヽ     \.
    ./  .'、 ! `7__'、   !.  i   ,ハ.
   ∠,  /\| 7´ /,ハ\ ト、_ |.   |\
     /  /|  |八 弋り  ヽ|ァr、!   / ̄   じゃあ、最後の語らいは存分にどうぞ>ラム
     | / !  |xx ー     , り ハ./| 
    ∨| ./ 八 u  r‐-、  ´x|ハ  \
       |/// ,.へ.  、__ノ  , イ |  ̄`
       レァ-レ'ーイ ` ーァ< ハ/
      ア ̄\\\_,| |/ヽ〉
   /    、 \\___/_//ヽ.
  //      \.|`::(_ハ)ヘ ハ」
不知火の独り言 「…くっ。」
白でっていう 「それ乱視じゃねっていうwwww>薄目で見たら」
アンチョビの独り言 「オ・ノーレ!>ギンガナム」
日向創の独り言 「アンチョビが魔法使いになったって・・・?
俺は守備範囲は広いから安心してくれ」
日向のヒロインの独り言 「諦めちゃだめ!
未来はいつだった作り出せるんだよ!(cv花沢」
球磨川禊 は 太公望 に狙いをつけました
丈槍由紀の独り言 「これは夢カップの夢飲み干しておしまい♪」
ギンガナムの独り言 「オ・ノーレェ!>ラム
アンチョビよ、ラムの恋人におしらが入った」
ラム(人狼) 「まあ他に恋人残ってるかどーかは知りません」
アンチョビの独り言 「ゾンビとか怖いじゃん?
暗殺……出ると良いよな。」
日向のヒロイン は 太公望 に狙いをつけました
寅丸星(人狼) 「あらら、それは残念ですね……」
安部菜々 「運命の女神様は残酷なのれす」
丈槍由紀の独り言 「ポイってポイってしないでよ♪」
日向創の独り言 「じゃあ死ぬしかないじゃない!>ヒロイン」
球磨川禊の独り言 「『僕?』」
ギンガナムの独り言 「この何処を踏んでもやらかしそうな予感…
小生嫌いではない!」
日向のヒロインの独り言 「私は『超高校級のヒロイン』…だよ?」
IAの独り言 「白でっていうって薄眼で見たら真尋くんにみえない?>ニャル子」
球磨川禊の独り言 「『昨日妖夢ちゃんにおしらつけたけど、死んじゃってた』
『ぼっちっぽいの誰だろー』
『太公望さんでいいか>おしら』

『安らかに眠りたいだろうし』」
太公望の独り言 「まーワシ多分死ぬじゃろうけど」
不知火の独り言 「               _ _  , _―- - 、
          ,___, ´: / : : : /_: :ニ=-  ヽ
         //: : : : :\ //: :ヽ: : : : :\}-- 、
       /: / /: :\ヽ: :ヽ: : : : :\_: ヽ`ヽ、ヽ
       /: : :/: : : : : :}: | : : :ヽ: : : ヽ: : :| : :.ヽ  \,
     /: : : ://: : : : : :/ :/: : ; : : ヽ: : :ヽ: :|: : : :.ヽ  / }
    ./: : : :/: |: : : : : :}: /: : : ヽ: : :| : : !: :\ : : : : :| ././ ヽ
   /: : : :/: : |: : : : : :|/: : : : :.|.: : :i : : |:ヽ : \ : : :|// : : ∨
  ./: : : : {: : ハ: : : : :/: : : : :/.| : : | : : |: |: ヽ: | : : :|/: : : : :∨
  /: : : : : |: /. |: : : :/: : : : :/ | : : | : : |: |: : |ヽ : : }: : : |: : : ∨
  {: : : :ヽ |/ \{ : : /: : : : :/  .}:ハ|:| : : |:ハ: |: :!: : :|: : :ォ: : : : {
  |: / : : :笊卞ミく:/: : //斗孑七卞: : }´ |: |ヽゝ:/| :/ |: : :ハ:|
  |ハ: : ハ ∨;゚}`|: ン´  ィiマ斥芋ゞ: :| :}.|: |: : :/. レ| : |: : |       今のところ連鎖が起きてないのは
   | : {:ハ}  `  ´     ∨;゚ソ|: : ノ:/ |/: /  .| : |: :/        不幸中の幸い、でしょうか。
   ヽ: ヽ ヽ   ′       ̄/: : : /_//{\/: :/
     ヽ ゝ ヽ   、 - 、    /: : / /| ̄  / /./
         `ヽ `ー´    / /|  ./::{  / ´. {
       |ヽ  /::|丶 ィ 丶  ´ /   |:::|  |   .\
       ヽ \ |:::ヽ    ヽ /     .|:::|  |     \
         }   .|::::::ヽ   ./个、   ./::::|  /::      |`ヽ
         |   .|::::::::::ヽ.///゚ヽヽ  ./:::::::| { ::        l:.   \
         ヽ  |::::::::::::::://||.|| .\ヽ|:::::::::\l.:   ::::     .l::.   }
           | .|::::::::::::::{ | ハ  ヽ}::::::::::::::|   ::          /
           | .|:::::::::::::::ヽ/  ヽ/::::::::::::::::::ヽ   :|         /
         } ヽ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::|::::::::::::::::{::::ヽ ./       ./ ./
         ゝ   ヽ:::::::::::::(i:i}::::::ヽ:::::::::::::|::::::::∨       /.∨ ./
            `ー--‐ヽ:::::::::::::ヽ::::::::::::ー:::´::::::::::::`ー-‐-´   ∨ /
           |    `ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨    .∨
アンチョビの独り言 「これが我々の秘密兵器だぁ!>魔法使い」
日向のヒロインの独り言 「超高校級の幸運ってだれ?」
ラム(人狼) 「じゃー名前出しましょう

御大将、生憎と私のもう1人の恋人がオシラ喰らいまして」
丈槍由紀の独り言 「かわいいーおいしいーお揃いーの時間ー♪
一緒がいいなー♪」
寅丸星(人狼) 「   ,. ‐''"゜     ` ヽ 、.ゝ   ¶/lll/           /
  、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;゛ヽ. .-‐ー 、''l .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
   \ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;  ○i.;.;.;.;.;.;.;.;.;,'  ̄`,.;.;.;.;_,,.. -‐'' 、
    \ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,´.;.;.;ヽ.;.;.;.;.;.;.; >、_ , 'ヾ'" ヽ ヽ.;.;.;.;.;ヽ
      \.;.;.;.;.;.;.;_,,.. -‐、.;_.;,<、_,,.;'  ヾミx、.;.;ヾミ、   ヾ.;.;.;.;.;ヽ
       `ー‐''゜/    .;.;.;.;.;//   .;.;.;.; ヾミx、.;.;.;.;ヾミ、   ヾ.;.;.;ヽ
          /      .;.;.;.;.;ll   l.;.;.;.;   ヾミ、.;.;.;.;ヾミ、ヽ `.;.;.;、 ヽ
         /    //.;.;.;.;.;.;ll   l.;.;.;、    ヾミ、.;.;.;.;ヾミ、ヽ `.;.;.;、 ゝ
        /  / ;/ ll.;.;.;.;.;.;ll    l.;.;.;`,  ヽ  _ヾ__..;.;.;.;ヾヽ.;.;.;.;;.;ヽ.;ヽ
          l/ /l.;.;l  ll.;.;.;.;.; ll    l.;.;.;.;`, , . -‐''  ヾ、.;.;.;.;ヾ、ヾ   ヽ;l
        l/ ノ l.;.;l  ヾ .;.;.;.;.;'l、    l.;.;.;/ヽ  丶   ヾ、.;.;.;ヾ、 ヽ.;.;.;.;ヽ、
       l / l ll.;. l   ヾ.;.;.;.;.;'ヾ    ' , ' ,;.;.;' ,  ゝ_  ヽ.;.;.;.;丶 ヽ ヽ.;.;ヽ
       l / l. ll 人,,. -‐'',‐''.;'.;.;.:ヾ、    ヽ;.;.;.;_g$'"ヾ" l' ,  ゛ 、.;.;丶  ヽ.;.;ヾ ヽ、
      /  l. ll.;.;.;.;l `、`、', ',ヽ、,;ヽ゛ヽ、 ヾT;:;:;:;:;:;:l  '  ヽ"‐ヽー- 、 ` 、ヽヾ
         l.ll.;.;.;.; .入 ` 、`__,,.    ヽ '  ヾ;:_,,../     ヽ  l  l   , ',ー 、,  清く正しくボッチですよ
        l l.;.;.;./ ’、', /T;:;:;:;:;:ミ゛`               l、  !.;.;.;.;.;.;i l', ',
        /.;.;.;イ l.;.;.;.;.;',ヘ ヾ;:;:;:ソ                 l`、 !l.;.;.;.;.;i ', '、   
       /.;/ l  l.;.;.;.;.;',    ̄    l             / l  l!.;.;.;.;.;.;.;',l
       "    ',   ,ヾ.;.;.;.;' ,             ,      /  l  !l.;.;.;,  ',l
            ',  l ヾ.;.;.;.;ヽ         -‐ァ'    / l   l l ',  '、  !!
             ', ヾ ヾ  ヽ     =ニ´‐,"    /  l   l ,' ', ’ 、', ヽ ヾ
             ヾ ヾ、 ヽ- _`ヽ、         /   l  l/、 '、  ヽ,'、
               ヽ ヾ  ヽヽ `ヽ 、, _ ,. /      l゛、、 ヾ ヽ
                 ゛  ゛ヾ, ' 、\_',l         l、' 、    ゛
             ‐''"゜ ゛' 、     l  ソ          '、 ー 、
           /       ゛ 、ー""l  ',           ’‐ 、  |
          /          ゜"' 、丶 ' ,           , '  ノ゛"丶
          >ー 、,          ゜"' 、 ゛、        /  /    ヽ. ‐'‐ 、
         /.;.;.;.;.;.;.;゛' ‐ 、        ゜"' 、      /  / ,. ‐ ' ' " ゜    ' ‐ 、
         '、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;゛' ‐ 、      "' 、  / / ' ' "            l」
やる夫 「やる夫に欺とかひかせてはいけない(断言)」
日向のヒロインの独り言 「組織で不知火にでも入れよっか」
ニャル子 「お疲れ様です」
太公望の独り言 「うむ、今日の徘徊はこれでよし」
白でっていう 「おっつーっていうwww」
安部菜々 「おつかれさまですっ!」
ラム(人狼) 「こっち多分オシラで連鎖すると思うんですよね

ああ、やっぱり」
日向創の独り言 「この大所帯でも超高校級の幸運があればでぇじょうぶだ」
日向のヒロインの独り言 「球磨川━ヒロイン━日向━アンチョビ━キンガナム・ラム」
寅丸星(人狼) 「         ____  
       / ___  \
     / / _ヘ/i_ \
    / /  \(  )/\ \ 
  / / ∠ ´     > \ \
  |  | ∠         >  |  |
  |  |   i/ノノ/レヽ\リ´  |  |
  |  |   i i .i O  Oii|   |  |
  \ \ iヽゝiヽ" o "ノ   / /  これ、恋人結構残ってませんか?
    \ \/ イ 天 i ヽ_/  /
     \/  _i >○<i  ヽ /
      ,く____イイ二二ヽ___ヽ
      (__し´/二人二ヽ, )
       ,イ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,く_,_,_,_,_,_,_,___,__,___,>
        (,__ノ    i,__ノ」
太公望 は 日向創 不知火 ナズーリン アンチョビ に狙いをつけました
ギンガナムの独り言 「お前だったのか。>アンチョビ」
千川ちひろ 「お疲れ様です」
太公望の独り言 「どれ、も一つ」
丈槍由紀の独り言 「ご注文はオシラですか?
というかオシラくらった」
不知火の独り言 「さて、おしらは黙っていた方が得策なのですが。」
クマー 「お疲れ様クマ」
やる夫 「お疲れだおー」
ラム(人狼) 「虎さん、貴方本当にナズと繋がってないんです?」
太公望の独り言 「安斎さん運がいいのぅ」
アンチョビ は 丈槍由紀 に魔法をかけます
IAの独り言 「狛枝×日向×ギンガナムかぁ」
球磨川禊の独り言
               , __ヽ、_
              /::::::::::::::`:Kヾ
          ー=イ:::::/:::::::ヽ::l::ヽ:ヾ、  ∧
           /7:/::|:::L:::::::レ屮::::|:::ζ  / ヽ
          ´/イ:::从! ママ!`±イ::::炎  }/ニ    『容赦のない投票がやる夫ちゃんを襲う!』
       ∧   .|:||从从ラシ  ラシ从ミ  .|/ニ
      / ヽ  ヽ ヽ从、 ニフ イく,ノ7  |/ニ    『この繋がりで生きていられるものだねー』
      }//i   ` ` ー≧イr彡/:.:.:.レ .|/ニ
      マ/|N  ー=ヽニ:.:.:.`。´:.:./>:.l r7TTTTl  『やっぱ日ごろの行いかな?』
       マ/N    j:.:.|:.:.。:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:〉トVVVソ
       マ/N   ノ:.リ:.。:.:.:.:.:.:.∧/:.:.乂彡⌒
       ,_」≦三ヘ>イ:.彳。:.:.:.:.:.:./  }>:.:.へ弋
       マγヘヘ-|:.:.>:.:.。:.:.:.:.:.:.〈´ ´ 了
       └┴┘:.:.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.弋
        ,´/フ:.:≦|i:.:.:.:.::へ、そ
       ,;'`  /:.:.:.:.:.:><:.:.:.:.:.:.弋_
      ;   ,/:.:.:.:./   ヽ:.:.:.:.:.ヽ `
        マ:.:.:.:.:./      ヽ:.:.:.:.弋
       /:.:.:.:.:/        ヽ:.:.:.:ヽ__
    、_rイ:.:.:.:./          ヽ:.:.:.:./ノ7
    ヽ:.:.:.:.r┘           ーマ:.:.:.:.:/
   r=イ:.:.:く              く:.:.:.:.ヽ
  ム三三.ソ               〈ミ弋ゝ
                       `¨¨¨´
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
日向のヒロインの独り言 「ほら、日向クン!
やればなんとかなるってやつだよ!」
アンチョビの独り言 「◇ギンガナム 「オ・ノーレ!!
小生の蜥蜴鍋が何者かに食われた!」
私だ。>ギンガナム」
日向創の独り言 「俺が繋がってるのはアンチョビだけだな>狛枝
アンチョビがギンガナムと繋がってるらしい」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
千川ちひろ はショック死しました
(千川ちひろ は熱病にかかったようです)
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
安部菜々 はショック死しました
(安部菜々 は熱病にかかったようです)
3 日目 (1 回目)
丈槍由紀0 票投票先 1 票 →日向創
やる夫8 票投票先 1 票 →ギンガナム
寅丸星0 票投票先 1 票 →ギンガナム
IA0 票投票先 1 票 →球磨川禊
太公望0 票投票先 1 票 →やる夫
千川ちひろ1 票投票先 1 票 →やる夫
ギンガナム2 票投票先 1 票 →安部菜々
日向創2 票投票先 1 票 →千川ちひろ
不知火0 票投票先 1 票 →やる夫
ナズーリン0 票投票先 1 票 →やる夫
アンチョビ0 票投票先 1 票 →やる夫
球磨川禊1 票投票先 1 票 →やる夫
ラム0 票投票先 1 票 →やる夫
安部菜々1 票投票先 1 票 →日向創
日向のヒロイン0 票投票先 1 票 →やる夫
安部菜々 はショック死しました
千川ちひろ はショック死しました
やる夫 は ギンガナム に処刑投票しました
ニャル子 「だが断ります>クー子」
白でっていう 「なにそれこわいっていうwwwww>全部繋がってる」
クマー 「そして残った恋人が全部繋がっている疑惑があるクマ。」
ラム は やる夫 に処刑投票しました
クー子 「ニャルコ…ここでいちゃいちゃしよ?」
安部菜々 は 日向創 に処刑投票しました
千川ちひろ は やる夫 に処刑投票しました
白でっていう 「IAかっていうwwwww」
日向創 は 千川ちひろ に処刑投票しました
丈槍由紀 は 日向創 に処刑投票しました
太公望 は やる夫 に処刑投票しました
ナズーリン は やる夫 に処刑投票しました
球磨川禊 は やる夫 に処刑投票しました
寅丸星 は ギンガナム に処刑投票しました
不知火 は やる夫 に処刑投票しました
ギンガナム は 安部菜々 に処刑投票しました
IA は 球磨川禊 に処刑投票しました
アンチョビ は やる夫 に処刑投票しました
日向のヒロイン は やる夫 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫
         _,,...............,,_
        ´       `
    /  _,,..-―-     ___\
  /     __ヽ     r  ` ヽ
 /      /{:::::::}_`       '´{:::::}ヽ 、   もう熱病かお……
. ,       ̄三彡,       ミ三 ̄
          /       ヽ    ヽ   やる夫村とはいったいなんだったのか
.|           、     ,    ,     ',
            `ー‐'"`ー‐'′    .i
. 、              ー―一       l
__ヽ__                    /
::::::::::::::::::::}                /|
::::::::::::::::f´`''-...,,__          _,,..-''´::::::|
::::::::::::::::|           ̄ ̄|::::::::::::::::::::|
太公望 「トカゲ鍋は延期じゃな
無念」
日向創 「やる夫かな」
千川ちひろ 「だめだめだめだめ
ガチャの確率操作を知った者は生きていちゃいけないんです」
球磨川禊 「『清く正しいやる夫ちゃん吊り』
『ほら、元祖主人公だし?』」
丈槍由紀 「結局どこ吊りなの?」
ラム 「どーしましょうかねこれ」
安部菜々 「おかげさまで今日死なないといけないという罰ゲーム…」
クマー 「的確に恋人を避けた風神ぇ……」
不知火 「では…えー……
やる夫辺り?」
ナズーリン 「ふふん、慣れないことをするからだ」
ギンガナム 「オ・ノーレ!!
小生の蜥蜴鍋が何者かに食われた!」
日向のヒロイン 「じゃあ…饅頭ケアかな?」
太公望 「割合おとなしい感じじゃな
もっと爆発すると思うた」
IA 「どこがネコマタだwwww」
ニャル子 「ぐはっ!お疲れ様です!」
球磨川禊 「『生きてるもんだなあ』
『いやあ嬉しいことだね、朝を迎えられるって』」
白でっていう 「おっつーっていうwww」
ラム 「さて、って蜥蜴死んでるじゃないですか!」
寅丸星 「って、しんどるがな・・・」
不知火 「おや、既に沈められましたか。」
ナズーリン 「嘘だが」
寅丸星 「今日はでっていう釣ろうよ!!」
ゆっくり妖夢 「オッツオッツ」
安部菜々 「えー、昨日のクマ鍋

クレジット払いしたら悲惨なことになりました。ぐすん。」
クー子 「ニャルコ噛めなかった」
IA 「フヒヒ、サーセンwwwwww>ニャル子」
丈槍由紀 「おはよう!」
アンチョビ 「勝利を持ち得るものこそがパスタを持ち帰る!」
クマー 「お疲れ様ークマー」
ナズーリン 「すまない……虎と熊の違いがわからなかったんだ……」
白でっていう 「ぐはああwwwwwっていうwwww」
千川ちひろ 「次回食戟のソーマ
熊鍋

花澤香菜さんそう言えば876プロの水谷絵理ちゃんやってるんですよね
花沢と間違える人もいますけど」
日向創 「今日のパンツガチャを引くんだ!」
不知火 「                     _ ,,...,, _   __  , ィi〔 ̄ ≧s。
                __,.ィi〔 > '^~´  >x,)ィi〔ハ ー-ミ  `)
              / > ⌒ヽノー-=ニ '"´  \ _V\  ヽ
             / '´./   ' `ヽ  \   ):.   ヾ 、 ,
           ,ィ' / .//    }:,  ',   ヽ / }v  } ∧ヾ、
           ' / ' ///    /', ',  ,    V / :,  }ハ, :,
         / ' '/ / {l   / ∧ ,       V /:!V, } } :,
         / ' :{’ /-ミ、  '∥ :', !  |     }∨ ,' }レ' 从:,
          ' '  :{ /|l  ',ヽ  {ァ―‐ト 、|    ∧Vリ j' jハ  ト、
         { l| 八{ 竓ミ、\' __j ', !    / }レ ノ / ∨'
        { l|',  ` ハ V」   ⌒fr芳メー   ./`V}l     ノ’       では、次はでっていうを始末しましょうか。
          l| ,{ / {:'!  /    `~’//   /rj ノ }l
           ノヽ{ .八  、       //  /(>’ }l
             `  ヽ ー -  /ノ >' 7 ' } ノ’
                \__ 7⌒´   _{、 レ
                   ノ}斗r七^~´  ,
                ,ィ'「´         八
               /〃,ィ|    ,.斗r七ニム
               /〃芥| ,.ィi〔ニニニニ=-,
            ,.ィ≦:7∥,':「/-=ニニニニニニ=-,
           〃 ,ィア∥,::レ-=ニア´_ /  `V=!
          〃 ,イアノ∥,:::|ニニ7 ´   ヽ  v'|
         〃 /アィ ,ィ∥ノ:八ニニ'       ヽ :}'i
        〃 ,〃レ/::∥::/=ミニ'        ', }j
        {_レ 〃//:/∥イニニ-'         V}'/
          〃-!':::Lレ’ニニ=-'         ∨
         〃}-レ’ニ{ニニ=-'          v
         レ ,-{ニニニ}ニニ=-! :           ,
         ,-={ニニニ}ニニ=-| ,         ,
          ,-=’ニニニ{ニニ=-,  ,         ,
            ,-={ニニ=',ニニ=-, 八         ,
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白でっていうさんの遺言 (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

うはwww全人類www俺様が嫉妬の的wwwっていうwwwww
ニャル子さんの遺言
       〃       /   /  l             l ヽ   ヽ
     //       / /      {         }   l Y   ハ
    / '       / /  / / λ     ト ハト、 }  l   l l
     j j      / ;   j /ト、/llヘ    ゞトj/‐}‐}ハ  }  } l i
    { 廴ノ⌒Y  j  l   l / l/`ト-ヽト、  / ィ芍焏ト}/   ハ! l
    弋 /^ヽ } l /l   !l _,y芍焏  ヽ/  込沙 //  / j !
           }/  l /ノ!   l{癶弋;沙   j::.    :;:;:;:ノイ   /   l
         ノ   イ  ト、  人 ;:;:;:;:;          ノ 彡イ     l    あーつまりこう言う事ですね!これが生存勝利すれば真尋さんが来ると!
      _      _ /\ ミ、    ー -‐一  `フノ j { |  l
    /  `ヽ-<: : : : ヽ  大              / / !  l   !   ファッキン女神!難題とはかぐや姫ですか!やってやりますよ!
   /  /   \ \: : :∧`ー->、         ィ  l/|! λ |
  f >''"        乂 ヽ: : ∧‐<⌒ヽ`>、__ イ /  j |l   ゙、 !
  ∨  ,.. -‐'"    Y }: : ∧ ヘ : : ハ ヽー-、 {‐-、{  l !  ゙、 l
   弋 /     _  { j: : : :ハ: ヘ: : :l !  l  ∧ Y ∧ λ ゙、  `、 !
    {  ,..  '" ̄   }/: : : : : : : ヽ: :l !  l`「`ヾヘj 〉ヘ  ヘー--、  !
      Y           ハ: : ノ : : : : : : l l l l 〉::::::ヽ-f:::::::ト ヘ : : : ヽ l
     乂_ -‐< /、/: : : : : : : : : :l l l ヽ:::::::::};;j::::::::} \ヽ: l: :∧!
        {     / /\: : : : : :l: : j: :! l l> `T"/ヽヽ::ハ: /ヽ∨: : ∧
          >、   イ /  / `< : :l: :/: :!  l: : :l∨  l トノ ゙, ̄lヘ∨ :  ̄ヽ
       / }  /   /  {: : : : }/: : :i   l: : l     ! !  l: : l: ヘl : : : :l:∧
        //{  {       !: : : :l: : : :j   l: :l    l l   l : l : ハ : : : l :∧
      /  人  }       !: : : j: : : :!    l l:::::.... j0! ...:::l : i : : j: : : :l: : ∧
    /   /  ┘      i: : : : : :/j l     ll::::::::::::j !::::::::l: :i: : : i : : : : : : ∧
    /  /            i: : : : / :l j!  ト }!::::::::::j !::::::::::l :!: : : ト、: : : : : : ヘ
    /  /            lヽ: :/: :{ {|  j:ノl:::/ j ∧:::::::::l l: : : l{: `j: : : : : : : :\
  /  /      /       l: :V: :λ !  !: l  /l ;' :::::::::l/: : : jト、ノ: : : : : : : : : :ヽ
  /  /l   l   /      γ"l :/: : : :ヽ  ノ: j  / l0!  :::::l : : : : ハ〈-‐: : : : : : :/ ノ
 /  / l   l   !        l: : }/: : : : :ノ /: / / ! !    l: : : : //: : : : : : /: /
 {  { {   l   l        ノ: :/: :ー=彡": : :/   ! !    l : : : /: : : : : : :/ : /
ニャル子さんの遺言
                      ∧-─-∧
                   /      \
                       /
                   l  ⌒ヽ )(ノ⌒ヽ l
                   | ( ● 八 ● ) |    我が名は魔獣ネコマタ・・・コンゴトモヨロシク・・・・・・
                   |  (  人  )  .|
                   |     ´ ̄`    .|
                  l     ⌒    |
                -一| \     /. |ー-
              /     |  ` ー一'  ::: |..   \
            -─∠    ...::小 \::::::::::::.::::: 人::..   \
      /           ´ ̄ ー-ミヽ /二ニ=一---< ´ ̄`ヾ¨ ヽ
     /   爪                V´         }       \
            ヽ   ( /     `寸  -‐          }:..    V
    {   弋彡  ≧=く     ー=ミi/     弋 ル    ノ:::    '
     〉  ⌒{  ⌒ヽ  ヽ.       |         >   <:::_  ム |
            ー--ミム      |辷一     /      j  Y  `ヽ
    {  l (          > 、.___ノ二辷_ _ {    イ  ノ::.
    ∨ | リー=辷二 ̄ ̄       _,込  ヽ `><     `ヾ   }
    ∨小ム 〈                    リ  リ/         }   ′
      .∨   Y      ー--==-‐ ´  ム-=ニ            ノ  /
      弋   人            ..:r<                ハ
       `¨¨ヾ ー─      ィ<  |二_    __二     イ   ノ
            T ー─‐<___.{____|     ̄ ̄           フ´
              |       :{   :|: ≧=ー--   __ ニ=‐
               圦        ::ト ー┼一 ┤     ノ
             {ヽミ     :{:  :|:   :}:  彡´ }
             人   ` ̄¨¨¨ ┬─┬  ̄   人
             /    ̄`¨'辷─┴─┴─=ニ二´ ∧
クー子さんの遺言 はあはあ…はあはあ…はあはあ…はあはあ…はあはあ…はあはあ…
ゆっくり妖夢さんの遺言 君には落ち度はないが、死んでもらおう
クマーさんの遺言
 発 者 同         . 。_   ____           初
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          日
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      吊
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     り
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´     争
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\   い
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄   は
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>」
クー子 は無残な負け犬の姿で発見されました
(クー子 は暗殺されたようです)
やる夫 千川ちひろ アンチョビ 安部菜々 で足音が聞こえた…
白でっていう は恋人の後を追い自殺しました
ニャル子 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ニャル子 は人狼の餌食になったようです)
ゆっくり妖夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ゆっくり妖夢 は暗殺されたようです)
日向創 は暗殺を行いませんでした
ギンガナム は ゆっくり妖夢 に狙いをつけました
やる夫 は ニャル子 に狙いをつけました
白でっていう は クー子 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
日向のヒロイン は 丈槍由紀 に狙いをつけました
日向創の独り言 「後靴下も」
寅丸星(人狼) 「お邪魔するつもりはないので、ご自由にいちゃいちゃを」
ニャル子の独り言 「えーっと、くー子をやっちゃってください!」
日向創の独り言 「下着は残しておくんだぞ」
白でっていうの独り言 「お、おうっていうwwwww」
日向のヒロインの独り言 「キンガナムも刺さってる?
変態!」
IAの独り言 「wwwww」
球磨川禊 は ゆっくり妖夢 に狙いをつけました
丈槍由紀の独り言 「がっこうぐらしにりえしょんいないでしょとか言っちゃダメ」
安部菜々の独り言 「?─レム─ギンガナム─アンチョビ─日向

おお…」
ラム(人狼) 「ふーむ、狼だと名前出せないのが辛いですね」
白でっていうの独り言 「おけwwww任されたっていうwwwww」
IAの独り言 「ひでぇ!」
日向創の独り言 「お前はもう昔の女よ!>狛枝
球磨川を使って服をなかったコトにしてもらうんだ」
ニャル子の独り言 「あ、ギンガナム繋がってた!キャンセルd!」
寅丸星(人狼) 「           .|ヽ/∧__/|/ }
            {`ー{`V   \こ>>'}ー'7_
         >ム_{    .}′_ノ-イ `ヽ
          / ̄/ 乂___ノ ̄  \     '、
        /  /{    {.     l     ヽ    \___,
      i  / ヽ__  ',    __!    }   、    /
      ! .{ ./´>、 \ ´ `ヽ   .|、  \─'′
     /V ∧ /,=、\_{ `x=、!\ {     __>
        ̄∨ ヽ!.{ |」    LバY j ̄ !  ト、     いや、私ボッチですよ、マジで
.       _ノ ノ∧ ∪    廴,ノ ' /    }. |\
         `7´ .⊂⊃ ' _    ⊂⊃  ∧ ./  ̄`
          |  _ノ>/´   \ -<〉、 / ヽ!
          {/   .{       \ { ∨\
              /___  {!  ヽ!   ∧\_
           /////∧ |',   \  .∧ `ヽ|
           ( {/////∧ l ',        ∧\j、
            ヾ///// ∧ '、      .},彡ヘ
             \, /// }  \    ,イ ∠フ\
              ヽ'  |      / |    ∠/ユ
               |  |        /⊃ ./_) \
               |  |         /'─‐く_,フ    \
                 j   .|  ___/ー'⌒´    ○  `ー──┐
                〈廴ノ/j                   }ー'⌒ヽ  /
               /  ̄  /ヽ    ○       /    .} /」
球磨川禊の独り言
              _===ヽ__
          ->州州州州州州>、
          /州州州州W州州州ヘ
         ./州州州V Wミ ∨|∨|州州    『なんか錯綜している感あるけど』
        // 州州|ヽテミ.ヽ ィテヽ州州
        || |∧州V らリ  ら:リ.从州ゝ    『いいよ、実に決闘らしくて』
        .|  | 州从 `´ i  `´ 从从ゝ
        .|  ゝ从へ、 〈¨フ  从'
        .!      >、~ /ゝ
              r─ト-.~ r┴-┐
             ノ三./| Y 「三シ\
          _x<彡ミミ/|. | .|彡彡三>-,
          ∨三三三Ξ><Ξ三三三W|
          )∨三三三ゝノ三三三∧W_
          W∨三三三三三三三|∠⊥ >|
          .V∧三三三三三三三|≡≡≡リ」
白でっていうの独り言 「絶望なんてニャル子には似合わないぜキランっていうwwwww」
クー子(人狼) 「夜明け即で」
日向のヒロインの独り言 「アンチョビはラムとつながってるならそっちにあげて

日向、私、球磨川で楽しみましょ >日向くん」
ニャル子の独り言
     /  /  /  :/:∧:∨\   \ \    \\
      .:::/  / .: ::|::i::ハ::∨:::丶:.   \ ヽ      ヽ
.   / .::::/: /  .:/ .: ::|::|::::::::::: ':::\::ヽ:..   iハ  '      |
    ′:::::::::::::.  .:: |.:/::/|::i ::/::ハ ::∨い:ハ::.  l:ハ '.     |│
.  .:::::::::::|::::::::::...|::::ト|/|∧∨:/:::|::斗:匕!::|:::::. |:: |i:V|     |│
  i::::::::::::|:::|::::::八斗==ミ∧\ ::| ィト::しト}}:::::: |:: |乂|     |│     ではぼっち臭いギンガナムで!>白でって
  |/:::::::::|:::|:::: |:::{{ トi::しi∨\乂/V__ソ从::::/|:::′     ノ
  /:::::::: /|:::|:::: |::八乂_ソ      : : : : |::く. |/   __//
. /:::::::: /八∧::::::::::::\ : : :   '       从:ハ     `ー
/::::::::::::/ ::::::::|八\∧::\    ヘ    .:::::i人} (\  Σ
:::::::::/::/⌒U⌒\:::::マ⌒   ー┘  イ:::::i|    } } ___
::::::/::/       ___ \::':> ..,_ <::::::|::::::i|   _ノ '´  __〕
:::/: ん┐  /  \ 〉::マ\∧_,ノ⌒リ:::::八. /      〈
::::::::::::;;ノ       Vヘ::.∨ L∧\_/:: ∧: ∨      (
:::::::厂  / {      \|::.|\仁仁/|:::::| _}:::|      _,,ノ
:::::{   {  丶       〉:厂「::::仁「:|:::::|└У    厂
ラム(人狼) 「いつもの事でしょーが>恋人その1」
アンチョビの独り言 「是非もないんだよ!?」
不知火の独り言 「             ¨ア⌒       ヽ、_
          ,   /           V 、 /
         ./   /             } ∨
        /   / /  / イ       ∨   ′
        .′ ′/  /./ | .∧     |     ,
        | i{ .′  |/ ヽ、j_ |    ノ j|    ′
        ∧ i{ ,   气tトミヽ| ',  /__ノ     }
        | ', ∨    l 乂tタ^ j//_ノイ   乂      日向さんと刺さっているとなると
        |  ′ ′ |N ""      fじリフ  厂jk      鉄板狙いや連鎖が怖いですが……
        ∧   、 )k !       '   ¨´ 从./∨⌒\
      ./ ∧   )k个ゞ u   - 、   人j/
      ./ j| / _)!     、     ィf ̄` 、
         ,/___厂¨\.  `rー<(_j__厂_/  \
       / ̄  \`)k、 \_ノ、   \{ 〈 { 〔   \
      ,       ∨:.:.:\  j}_     、_圦__〉    ヽ
     ./        ∨:.:.:∧ 、{ k、     ⌒7    }
    |         ':.:.:.:.: \\^≧┐   /    ′
    |         }:.:.:.:.:.:.:.:.\\_/!   ./    ,′
    /        ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、(.   〈     {
   /           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\> /\   }
  (厂¨7丶、      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨  `¨7¨
    、 ′   丶、    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′   ′
    /      /≧=-┘:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}   /
丈槍由紀の独り言 「これがバリスタの力…」
ギンガナムの独り言 「しかしてこれは… 連鎖の予感がするな
ラムよ、アンチョビは日向とも愛し合っている」
寅丸星(人狼) 「             .ノヘ     /ヘ   __
           i、/!  |,,-─''/   |ア"´ /
           | |ィァ'‐=、ィ=、  /   /`\
           ,|`‐!´   ><´ ̄/─<   \
         / \'、__,!‐'─へ_/       ヽ
        ./ / / |     ヽ    \    ヽ\,,__
      _/ 〈   |  ヽ  |、  __L\   ヽ   ヽ-‐''´
     ̄`フ  !  l\  |ヽ !:ヘ´ i:::::::ヽ.    ',    ',
     <ィ   ハ ,ゝ-ヽノ::::)':::::イ'´ ̄jア::::Y、  .l \_i_
_∧,、_ ノ /ノィ'ヽ|::ィ´ ヽ::::::::::::::::::''"::::::::::| ヽノへ_,,ィ´______   あれ、ナズが私に投票だと!?
 ̄'`'` ̄,イ/ ./!  ヽ`-ィソ  ::::::::::::::::::::ノ !イ   |. |\ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ヽ( ∧   )ヘ:::::ヽ       (,ノ .ノヘ、 .ハ l.  )'
        イ ,ヘ i  ハ::::::::::ニ--    /::::::|/ )'
        ノ' 人.\ \:::::::"´   /::::  ,へ
            ヽ)\iソヽ;;_,,.イ:::::::  /   ヽ
                    ∧:::: /     ∧
                    / ノ/    / ヽ
                   ノ /´     /´ ̄`\」
白でっていうの独り言 「俺様といることが最高の希望だろ?っていうwwwww」
クー子(人狼) 「ニャルコかむね?」
やる夫(人狼) 「こいつら……確実に……刺さっている……矢を……!」
日向のヒロインの独り言 「アンチョビとつながってるなんて浮気者 >日向くん」
ラム(人狼) 「掃除屋ですか、私のもう1人の恋人を暗殺してしまわぬよう
お気を付けて>恋人その2」
日向創の独り言 「ギンガナムとラムともつながってるらしいな」
ナズーリンの独り言 「爆発不可避」
やる夫(人狼) 「いやいいんじゃないかおニャル子かみたいなら」
アンチョビの独り言 「問題しかないよ!?」
IAの独り言 「もっとイチャイチャしてほら!」
ニャル子の独り言 「           ′   ′       ii      :| i          i ヽ   | |
          i  /   :i     i  爪     :! | | i ii       | i i   | |
          | ′  リ  j i 八.{  ゚'*、  |.。o≦ハ :ii     :| i |   | |
          i/ :   :ハ {∧(≧ハo。_i \.从xそミ、)ハ  i :| i |   | |
          〃 i:   :入_≫=ミ、从八  〃'ん)刈 )) /  ' 个弌..  | |
          ′ l:i:|   ::.〃ん)心ヽ  j/  乂:.:ソ 厶イ  八jノ⌒   |   この程度で絶望するものですか!
         i  .:j从   ::i 乂:.:ソ        .:::::::: i i厶イ^弐    ′
       f'⌒≧ミく厂ヽ  、 :::::::::.     ′     人!    ̄}  / ノ   むしろこれで勝ったら真尋さんが来るってなもんですよ!
      | .:' f'ヽ尓 :}`∞≧=ー     ,.ヘ   .  i:: i二二厂:.  ¨´
      |/ ノ 人 L∧  ∨ ゙*。      ¨´  イ′ |:: |     ̄〕、
      | ´ / 人)..〕 .   Ⅵ  '*。. ー< /   /|:: |二二 厂  ゙:.
      ∧   く_,ノ「  ゙.  レヘ    ,≧≦    /| |:: |     ]    、
      , .:∧    ヽ.L....  i ::|  ゙.   / 「八∧  ," | |:: |二二〃
    /.:〃∧___    Vい_ | ::l   幺/__,l ̄i厂゙ /  | |:: | _〔     ′
   ,:「 ̄ ̄ ̄厂    /≪' | ::|  /厂i./」___l厂「 \ | |:: | _/    /
 /.:|     /    ,   /  | ::|/「厂i厂厂}厂}厂i」i| |:: |  「    ...イ
白でっていうの独り言 「どうしても殺りたいところがあるなら
俺さまの掃除屋魂が火を吹くぞっていうwwwww」
寅丸星(人狼) 「            ,  ハ ノ}
.      r、 ∧/{ ハ/ }'´ h ___  _,. ァ
.      { \{  Yノ  ノ _ノノ ̄ ̄⌒゙弌_ソ
    ,、_ヽ、_(⌒),. -z=く_ノニニ==ェ、_ `ヽ、_,,.. _
    ヽ、フ〃`´==ニ三ミ=z===ェニミ、 七冖ーゝ
     ///          ̄``二´``弋ミヾ、__
   / /ハ .、 ‐=z、_       ` ̄ ゙==z、ヾミ、__`ヽ
   / 〃i:i ヾミ、 `ヾ==z、_,,.ォ==='"⌒ゝ ゙ト `ヽ}
  ノ〃{{ヽi:i  ヾミゝx≦、=ミ==x、`ヽ、  )ハ{  リ
弋ン{{ハヾ ヾミx、 Χ゛ ,.、≦ リ)ヽ ヾミz、 Ⅳノ `
   {:{.i:i `ト、`ヾx、 ヽ´ヾzソ .}ハ   } ゙` 八ミェァ    別にかまいませんよ~お仲間さん
   ヾ}{:{ 弋二、 `ヽ,}     ,リ ',   {   {
.    ソヾミz、'ヾrリ   リ     ′ ト、_ `、 \__,
   ムベミェミzミェ、ヽ、    ,    ノ   ̄ヽ二ニ、
      ヾミヽハ、   -‐´  /   ,.. ''゛    }
        レヘリヾミァー--ヘ ,.. ''゛        i、
           }ノ  ノ /_, -‐‐、_,. -‐''゙::::`ヽ、
              ´ __r'/,ォア''゙´`l }:::::::::::::::::::::::::::i
             /二y^y'゙´:::::::::::::::} !::::::;:: -‐''゙´Ⅵ}
.           ( <´ /:Ylヾ、_::::::_ノ,ノ/       V
.           \〈_;ノノヾミ`ヽ弍彡'´     /  }
.         ノ:::`ー'´::::::::`::::/  /   ′  j
.        r'´:::::::::::::::::::::::::/  /    ノ  /
       /!:::::::::::::::::::::::/  /         /
     /  i:::::::::::::::::::::/   /   _,. -‐''゙   /
    /     !:::::::::::::::::ノ /_,. -‐''゙        /」
太公望の独り言 「つーか、またスレ落ちとるな
どうしたもんか」
日向のヒロインの独り言 「うん、女性だよ…ヒロインだもの(たぶん)」
日向創の独り言 「球磨川とも繋がってんのか」
アンチョビの独り言 「御大将はラムとも恋人だそうだぞ。」
丈槍由紀の独り言 「自撃ちだけど理由は中の人的なアレ」
球磨川禊の独り言 「『あ、僕おしらね』
『恋人はヒロインちゃんだけー』」
不知火の独り言 「…少々厳しいかもしれませんね。」
千川ちひろの独り言 「花澤です、花澤ですよ!」
やる夫(人狼) 「とりあえずネタAA貼り付ければいいんだお……(いそいそ)」
ギンガナムの独り言 「小生は掃除屋である
武門の家柄にある小生にはこの村の人間程度用意に倒せるということだな、フハハハハ!」
白でっていうの独り言 「あ、俺様掃除屋なっていうwwwww」
日向創の独り言 「安心してくれ!他に恋人がいようがそこはノー問題だ!」
ラム(人狼) 「構わん、やれ<狼仲間A」
不知火の独り言 「ラムーギンガナムーアンチョビー日向」
寅丸星(人狼) 「 /    / \: : : : :ヽ : : 、Y: /: : : -‐: :": : : : :/
/      /    ヽ : : : : \ (: :)'´ : -‐ : : : : : ; く
      /      >、: : : : :ハ: : : : : : : : : /、ゞヽ、
.     /    //::/` ̄ハ `ー‐─一く\. \ \
    /    /:://::/   /::ハ   ト、  !  ヽ、\::ヽ、 ヽ
   .    /:://:/    .l:::i     l::ヽ ':,   i::ヽ、 ::::i  i
   i   厶イ::::/   ,イ l:::l      l::::ヽ.\ ト、:::i !::::|  |
   |      l::/   ,へ! l:::l ト.lメ. ト:::::ト、 \ヽト!::::|  |
   |      l::i ノハ {   ヾ、::V::}} ヽj. ヽ! ` ̄`.| `ヾ、 !
   |      {;イ/ l 元ミ、ヾ、:::リ --z笠ミ、 ,  |\  `┴‐ァ
    ヽ    ,ノヘ l トヾ:::ソ  }/  ̄Τ::::.ソ} !  ハ:::「 ̄厂´
    \     〉'゙ヽゞ' ´ ヽ     `¨´.ノレ'./| |::| ./     /     とりあえず、繋がったお仲間さん達は
\    \    |  ハ             イ/.! | |::l. 〈   /      ご自由にどうぞ、邪魔はしませんよ
  \    ` ̄`| ノl l> 、 ー 一'   イ!  .lヘ.|ノ|:ハ | ̄´
    \      | ハ 、:::::ヽ __,  ´ !:! / リ ′ヽ!    /
     \    .ノイ  \|>‐|       |/Vー- 、       /
       ` ̄ ̄ ̄ ̄\/   ,!        | 〉   、 \/ ̄ ̄´
              /|   l!      /      \
          , イ  /  /     /    ─___ヽ
            /i::::! /  /   /    / // ̄ ̄ヽ
           ,イ.ノ::::ヽ.   レ'  ̄__ / /:::/       |
         / l {:::::/`ー┼────一 ´::::::/      |」
太公望の独り言 「あと菜々さんも入ってるしやる夫も入る
うむ、良いコースじゃ」
球磨川禊の独り言 「『ヒロインだ!>CV花沢』
『いやーごめん、勘違いしてたよ』」
日向のヒロインの独り言 「日向創くん、狛枝凪斗(球磨川)くん、七海千秋(私)でダンガンロンパだね」
白でっていうの独り言 「圧倒的じゃないかっていうwwwww>クマー投票」
クマー 「時代も変わったなぁ……クマ。>でっていう0票」
アンチョビの独り言 「残像だ。>日向創」
IAの独り言 「聞こえてるんだよなぁ>ニャル子」
やる夫(人狼) 「なんなんだおこの連携のとれなさ!
いやいいんだけど!」
丈槍由紀の独り言 「まだ知らないことたくさんある見つけちゃったなら♪」
ラム(人狼) 「ああ、そちらとも刺さってるんですか<恋人その2」
アンチョビの独り言 「私はアンツィオのドゥーチェ・アンチョビ。
そっちの隊長は!」
太公望の独り言 「サンキューチッヒ、フォーエバーチッヒ」
IAの独り言 「にゅるにゅる」
やる夫(人狼) 「もうやだこいつら」
日向創の独り言 「狛枝・・・のことはともかくアンチョビのパンツガチャを引き当てたぞ!」
安部菜々の独り言 「いやー熊鍋おいしかったですね」
白でっていうの独り言 「ニャル子が嘆く姿が目に浮かぶようだっていうwwwww」
アンチョビの独り言 「>あなたはギンガナムさん、日向創さんと愛し合っています。」
球磨川禊の独り言
                ム
           ムム        _
           ムニ二ヘ     _`ヾ_r==一
             イ´ 二二|  ,z≦州州州≧=x.、
           f '´ ̄ ̄!≦州州州州州州州ヘ、
          |x ==.|州州州州州州州州州{
          |, . , ===!州州州州州州州州州{
          |,´ , ===!州州忽巡州斗允州州ヘ      『やあ、日向のヒロインちゃん。ヒロインだから、実は女の子かな?』
             イ'´ _ 」州州゙巡::::マ{:::::ムミ州州ゞ、
            ィ' ´.´´ |州巛,,{斗゙'::::゙::〈{斗゙州リ);゙     『僕はそう信じてるけど、違うかな?』
          |ィ, ==|州杁    '   ,ジ/
          |x .====|癶芝ヘ ‐-===‐' 从!
        ,不 ̄ ̄刀ヘ ,、 __>, __  イ
       r┤.j .l.-‐/ .j- ,i .!Y、`ミ ,_   ト、
        .} レ.} l  i .}   j .lヘ ≧x ,_ ¨ `v'.!
      〈 ゙;.l ヽ_;  !__./ /l .lニ`气ニ二7 /.人
       ヘ ~        ム' /ニニニニニ`'、//ニニ≧x、
        \       /ニニニニニニニYニニニニニニヽ、
            ,ヘ     /ニニニニニニニニニ〇ニニニニニニニ≧
            }ニ}ー--‐'iニニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
        / 人_   _ハ:、ニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
         〈ニi    ̄  i〉〉ニニニニニニニニ〇ニニニニニニニニニ
        /ニヽ   /ニlニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニ
         lニニニ`ニ´ニニニ{ニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニ
        〉ニニニニニニニニ}ニニニニニニニニニ}ニニニニニニニニニニ
         〈ニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ〇ニニニニニニニニニ
        `ヽ ニニニニ/ニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニ
            `‐-‐ ´|ニニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニニ」
不知火の独り言 「ふむ、被ってしまいましたか。」
クー子(人狼) 「ニャルコ食べていい?」
やる夫(人狼) 「この圧倒的クマー投票
美しいお……」
ニャル子の独り言
    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j  
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //    いくら決闘だからって昼にPL名出すんじゃありません>IA
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃     まあ夜に言っても致し方ないのですが。
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      / 
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´           どうも蜥蜴さん、私日向コマエダ撃ち女神ですよ
. |'   |  `ー―一'       /ヽ       .ノ   / !
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、
ゆっくり妖夢の独り言 「君に落ち度はないが、死んでもらおう」
ラム(人狼) 「どうも、狼です」
寅丸星(人狼) 「              ハ       ,.. -r
         ノY ',   / ∠ -ァ
     _,.. -‐┴ヾ  〉 /  ⊥-‐く
      _`ヽ、   Υ⌒Υ´   _,.`ゝ
  ,,;‐''".,:;:;`Tフヽ _人  人  /ー、__
  `ヾ`,ヾラ',;iii',;i' ,;ii'`´ii;, `¨^ー<:;:;:;:;:;:,.`ヽ、_
   Υ´ ;iiii',;i´ ,;iii'  iiii; `'ii;;;;, 、`v'´ ̄ ̄ ア
     〉;iiiii',;i' i' iiiii{   iiii;,, ',`iiii;;,ヽ! ξ' ノ´
   / iiiii',iii"ス不込 ,k弋弍ト、ii;;,, 八了´     (⌒ヽ,
    ', iii' iii、オ'行刈iiiト!才未、 ii;,く ,仏_ _,,      ヾ;:;:;:!
    )ムiii ヾリ{ {じリ ヽ! ト,じ'リ,イiii;;,Xiiit-‐''´       i:;. 'i   安定の熊鍋?
   ´,リ火iト、込.゛~´    ヾ-'ンルィ',,;;ii天ヽ、         i:;:;:;}
   ノイべ 'iiヌ "" ' _  "" ラ" ハiiiツ   ̄         j' '';j
        ムヘiiゝ、 「 `ト,  ,イ,イiiiiハ.           /; リ
         ムゞ-ミー-ュ‐''゙ソイノk' .::`ァ‐ォ      ノ :;:;/
       ノ/,入ヽ、 Y }   _∠ `.:: ノ 入     / /
.    ,'´ ' l:::::ヽ、 {  /    ,. -‐'ア゙´ └ァ./;:;/
    j   .,ノ:::;:: -‐爻k‐''" ̄:::::::::/  / {/:;:;:/
    / ..::/::::/,グオH弋、ヽ::::::::::::/       ! ./
   ノ .:::/::::::ヽイ/::::ト、 ヾ 〉:::::::::',     l /
  「 ..::::::{:::::::::::〈/:::::::{ l`ー'゙:::::::::::::! /   V
  l   :::::';:::::::::::::::::::::::ソ::::::::::::::::::::::ハ      ',
  ノ    ::::ト::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::ノ::人」
アンチョビ は IA に魔法をかけます
不知火の独り言 「無粋ながら通信を傍受させていただきます。」
丈槍由紀の独り言 「レムさんみたいにハンマーぶんまわし?」
太公望 は やる夫 千川ちひろ アンチョビ 安部菜々 に狙いをつけました
ゆっくり妖夢 は 不知火 に狙いをつけました
クマー 「お、お疲れ様クマー」
ギンガナムの独り言 「 :: :: :: :: :/       /:: / VV  \/ ∨/\/:::::::::::〉   \人:: :: :: ::>    __r─‐
:: :: :: ::/ /VV>/:: :: ::,    ∧   ∧__ノ`ヽ/ ̄\{          ̄ ̄  、____>:: :: :: :: ::
:: :: :: :{/: :: :: :: :: :: :: :: :ノ fV:: ::VV:: :: :: :: ::ノ |    \   r─‐‐─- _>:: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: {\{.  {:: :: :: :: :: :: :: :: :(__ |     `¨て ̄ ̄`ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /∧ \ \_ノ⌒ヽ:: :: :: ::\    /   \___.ハ_,-==ミ:: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/⌒}::::丁:::,x-‐==乂_: :: :: ヽ , -‐===ミ  .{::ノ }:: :: :: :: :: ヽ:: :: :: :: :: ::    さあ往くぞ!
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/::∧:ヽ\イ::::.\  O >\:: :: ::〃 O   У  レ //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/:∧::\::::::::::く.       /:}\:: }<::::::::::.フ     //:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.<     アンチョビにラムよ!
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \::::.|:::::::::\/  /:::|  )ノ \:::く _  |/: :: :: :: :: :: :: :: .<ニ/   /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`::|:::::::一:::\_/:::::| |            ':: :: :: :: :: :: :.<二ニ/   ./    新生ギンガナム艦隊の船出の時ぞ!
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ハ ::::::::::::::::::::::::::::::|      ─┐  ;: :: :: :: :.<二二 /    /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/ ,ム:::::::::::::::::::::::::::::ヽ -   , イヽ  ハ.<二二ニニ /      /}
 ̄\: :: :: :: :: :: :: :: :: /  /::::::,::::「::rく二二二二二二///} .<二ニニニニニ/     ./ |
   '. :: :: :: :: :: :: :: :ノ  /{::::::.ム::::::::V///////////// .<二二ニニニニニ/     /   |
    `ー=ミ:: :: :: :く  〈::::::,:::://∧::::::\⌒ー─'´.<二二ニニニニニニニ/     /    |
_         `ー=彡  }:::::ト::::::::/:∧::::::::\ .<二二ニニニニニニニニニ/     /      |」
日向のヒロインの独り言 「よろしくね…(CV花沢」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
丈槍由紀0 票投票先 1 票 →クマー
ニャル子0 票投票先 1 票 →クマー
やる夫0 票投票先 1 票 →クマー
クー子0 票投票先 1 票 →クマー
寅丸星1 票投票先 1 票 →クマー
IA0 票投票先 1 票 →クマー
太公望0 票投票先 1 票 →クマー
千川ちひろ0 票投票先 1 票 →クマー
ギンガナム0 票投票先 1 票 →クマー
日向創0 票投票先 1 票 →クマー
不知火0 票投票先 1 票 →クマー
ナズーリン0 票投票先 1 票 →寅丸星
アンチョビ0 票投票先 1 票 →クマー
白でっていう1 票投票先 1 票 →クマー
球磨川禊0 票投票先 1 票 →クマー
ゆっくり妖夢0 票投票先 1 票 →クマー
ラム0 票投票先 1 票 →クマー
安部菜々0 票投票先 1 票 →クマー
日向のヒロイン0 票投票先 1 票 →クマー
クマー18 票投票先 1 票 →白でっていう
クマー は 白でっていう に処刑投票しました
日向創 は クマー に処刑投票しました
安部菜々 は クマー に処刑投票しました
千川ちひろ は クマー に処刑投票しました
クー子 は クマー に処刑投票しました
ギンガナム は クマー に処刑投票しました
白でっていう は クマー に処刑投票しました
ニャル子 は クマー に処刑投票しました
日向のヒロイン は クマー に処刑投票しました
ラム は クマー に処刑投票しました
やる夫 は クマー に処刑投票しました
アンチョビ は クマー に処刑投票しました
丈槍由紀 は クマー に処刑投票しました
ナズーリン は 寅丸星 に処刑投票しました
不知火 は クマー に処刑投票しました
寅丸星 は クマー に処刑投票しました
ゆっくり妖夢 は クマー に処刑投票しました
球磨川禊 は クマー に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
IA は クマー に処刑投票しました
球磨川禊 「『草である』」
日向のヒロイン 「やればなんとかなる……と思うよ?」
安部菜々 「え?鍋ですか?
菜々も混ぜてもらっていいですか?」
ラム 「欺狼の遺言のネタが分からない」
白でっていう 「クマーが入ってきた途端にその視線を独り占めにするクマーwwwww
悔しいのうwww悔しいのうwwwww」
クマー 「決闘村よ、クマーは帰ってきた!」
ナズーリン 「え?クマー?あ、ほんとだいる」
やる夫
       ____
     /     \
    / ─   ─ \
  /  (●) (●)  \  とりあえず熊鍋でよくね?
  |    (__人__)     |
  \    ` ⌒´    _/
  /           \
  |  n:n     nn   |
   |nf|||     | | |^!n |
   ||:   ,∩  ∩、  :| |
   ヽ  ,イ   ヽ   :イ
クー子 「はあはあ…はあはあ…」
丈槍由紀 「遺言カオスだなあ」
不知火 「N [クマー]>パンツガチャの結果」
ギンガナム 「このクマー鍋すごいよぉ!

流石… 流石… 流石何かのお兄さん!!」
日向のヒロイン 「日向くん、人生はやればなんとかなるクソゲーなんだから!」
寅丸星 「とりあえず、熊鍋ですかね

そのあとに宝塔探しましょう」
ニャル子 「真尋さんの来なかったこの村を……滅ぼす!」
クー子 「ニャルコのえっちなお汁すいたい」
球磨川禊 「『おっはよー』
『さあ自由恋愛を楽しんでるかい、みんな』」
IA 「ディーさん!ディーさんでしょう!?>この遺言」
ナズーリン 「ひでぇな」
太公望 は クマー に処刑投票しました
ゆっくり妖夢 「オッスオッス!熊鍋にするゾー!」
ラム 「久々に大人数でクマ鍋ですね」
クマー 「多くのクマー達の死が無駄死にではなかった証のために…
初日でっていう吊りのために……!」
日向のヒロイン 「…さて」
太公望 「伝統料理のクマ鍋を馳走になろう」
寅丸星 「おはようございます」
アンチョビ 「たのもー!」
安部菜々 「スペシャル課金タイムのお時間ですよー!」
白でっていう 「俺様がwwww
俺様こそがwwwww
最強のでっていうwwwww」
不知火 「                   _  , -=/..⌒〉
                 ∧¨¨ヽ>-‐'-一 、⌒ ̄ ̄: : : : : .
             /....ヽ/: : : : : : : : : :`: : : : : : : : : : : :\
.             {......./: : : :-‐‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             〉.,/:/: : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : \        =‐-  '' ''
              /// : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : :\     ‐- /
               /: // : / : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : :ヽ     /
           /: :j/ : /: : : : : : : :../ヽ: : : : |: : : : : : : :|: : :.|: : : : : : :..|:.|     ヤ
.          /: : / : :′..: : : : :.:|: |  |i: : : :|: : : : : : :八: : ハ: : : : i:..: |:.|   __i!_
.            /: : イ: :..| i: : : : : : :∧j‐-八‐': | |: : : :‐/-‐')/ : : : :.|: :..|:.|   -‐l!‐
           / : イ:.|:..:.:| |: : : : : 气て示冬 \{ハ: :../斥示抃| : : : |: :∧{     j!            目標クマー。
         j/ '|: l: .:_| |: : : : : : :| {////}   j/  {'///} : : : :.|: ′       ツ           雷撃を開始します。
           |: | ( | |: : :|: : : :| 乂/ツ      〉  乂'ツ |: : : :j/
           }八 `}人 : |: : : :|xixix           xixi|: : :/
                ヽ: : :|ヽ{ : : :.|                  八:/   _  -┐-‐== ┐
                   \{  \: :|                 /j/ -‐ i:i:i:i:i:i:|i:i-‐/´⌒ヽ
                      ヽ{`ト       ⌒     ´    |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|〈i:i:i{    ノ
                    ノ(|     ≧=イi: ─‐┐   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i‐-ヽ==彡!
                  _/⌒ヽ       |〉ヽi:i:i:i:i:|    |-─i:i:i┌|i:i-‐/´⌒ヽ
         ┌、-‐===≠!|      ー┐  _ノ  `iヽ、|    |i:i:i:i:iOi:|..|〈i:i:i{     )
         |i:i:i\i:i:i:i/\.j__        \ / 、   |..... `\__|‐--i:i:i└|i:i‐-ヽ==彡!
         |i:i:i:i:i:i/\   \....`ヽ  />=〕〔,/\ | ................|!:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i-‐/´⌒ヽ
         |i:i:i:i/⌒ヽ...\   \.....} /\  /∨ヽ∧|..................|`ヽi:i:i:i:i:i:i|〈i:i:i{     )
         |i:i:/    \...\   \∨.......`/ /||ノ、\................、|  ∨i:i:i:i|i:i‐-ヽ==彡!
         |i/       ヽ....\   \......./ /..|| .....\〉...............ヽ   |i:i:i:i:i|i:i-‐/´⌒ヽ
日向創 「狛枝!今日のパンツガチャを引くんだ!」
丈槍由紀 「おはよう」
千川ちひろ 「『混沌よりも這い寄る過負荷』
『這い寄る混沌』
で誰かカップルにしてたりしませんかね」
IA 「熊鍋の時間だぁああああああああ!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君さんの遺言 1 名前:無触蹌踉童帝 ◇CDXOg0zb8E[sage] 投稿日:2014/08/09(土) 18:19:48

                   __
                ,r' "    ゙ヽ、   
                |_____|
             . /  (○ )lilili(○)  ―_
              /    ⌒(__人__)ヽ   ―
            __|       |r┬|  .|    ― ―
      .    ,r" _ \.____ 、__.`ー'_/   ―_
        /_,/ /___     .  〉  ―           「走れメロス!」
        {mンー《//''''''''//》ーmmン  ./
        ゙ ̄" ̄7"ー―゙/i ̄弋ソ__/
         //" ̄ ̄iヽ  /
       .// /.     | .|  / ´⌒;;
     / / /     / /  \ (´⌒;; ≡
     \./ /     / /\  ヽ (´⌒(´≡≡
      / /     / / :::::〉  〉 ´⌒(´⌒;;;≡≡≡
  .   / /     / / ::::/ ./ (´⌒(´⌒;;
     ト,,ハト、⌒\' .{ :::〈. Y´
     ,r"ー\\  ヽ,ヽ/\>
     {::{ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙/    (´⌒;;
     ヽヽヽ ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡   キッキッーー!!
      ヽ、二/::/ (´⌒(´≡≡≡
        ̄ ̄ (´(´⌒;; ≡≡



13 名前:無触蹌踉童帝 ◇CDXOg0zb8E[sage] 投稿日:2014/08/09(土) 18:24:41 ID:kpdwFXAU

   /  ̄  ̄ \
  /  _ノ  ヽ、_  \     「セリヌンティウス。私を殴れ
/ o゚|⌒|  |⌒|゚o  \
|   | (__人__). |    |     結婚式も二次会までがっつ参加しておもっくそ寝過ごしたし
\  | `|⌒|´ |  /
/ ̄ |川!| ̄|川i| ̄\      途中でふて寝もした!」



                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \
                |    ( ●)(●)
                   |     (__人__)
                 |     ` ⌒´ノ
                    |        }
                 ヽ         }
             \ /⌒      /
              \   ゞ        /
               \丶          \
           \/  、\    ’、
           \ (  \ヾ 、′・”        ’、
            \\  , -─´⌒ヽ ’).    .;_ _ ”  ’、
       _ ,. -‐\ ./ ( _i _i_ト、__)’、 .(;;ノ;; (′‘ ・\ ’、′”;
____/     ,/ .’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.ヘ /  ” ;  ’、′
| |   /   ,    /   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y' ⌒ ;);;;;;ノ、./"'人      ヽ
| |  ,/   /    |:::..     、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;;  ,,)/⌒ ;; :) )、   ヽ
| |  | ⌒ nnn  \:::::::.....,.从人( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ
 ̄  \_、("二).W.V l二二l二二:::、  .,ノ  ...;:;_)|_..::ノ  ソ ...::ノ
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
やる夫 は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ニャル子の独り言
       〃       /   /  l             l ヽ   ヽ
     //       / /      {         }   l Y   ハ
    / '       / /  / / λ     ト ハト、 }  l   l l
     j j      / ;   j /ト、/llヘ    ゞトj/‐}‐}ハ  }  } l i
    { 廴ノ⌒Y  j  l   l / l/`ト-ヽト、  / ィ芍焏ト}/   ハ! l
    弋 /^ヽ } l /l   !l _,y芍焏  ヽ/  込沙 //  / j !
           }/  l /ノ!   l{癶弋;沙   j::.    :;:;:;:ノイ   /   l
         ノ   イ  ト、  人 ;:;:;:;:;          ノ 彡イ     l    あーつまりこう言う事ですね!これが生存勝利すれば真尋さんが来ると!
      _      _ /\ ミ、    ー -‐一  `フノ j { |  l
    /  `ヽ-<: : : : ヽ  大              / / !  l   !   ファッキン女神!難題とはかぐや姫ですか!やってやりますよ!
   /  /   \ \: : :∧`ー->、         ィ  l/|! λ |
  f >''"        乂 ヽ: : ∧‐<⌒ヽ`>、__ イ /  j |l   ゙、 !
  ∨  ,.. -‐'"    Y }: : ∧ ヘ : : ハ ヽー-、 {‐-、{  l !  ゙、 l
   弋 /     _  { j: : : :ハ: ヘ: : :l !  l  ∧ Y ∧ λ ゙、  `、 !
    {  ,..  '" ̄   }/: : : : : : : ヽ: :l !  l`「`ヾヘj 〉ヘ  ヘー--、  !
      Y           ハ: : ノ : : : : : : l l l l 〉::::::ヽ-f:::::::ト ヘ : : : ヽ l
     乂_ -‐< /、/: : : : : : : : : :l l l ヽ:::::::::};;j::::::::} \ヽ: l: :∧!
        {     / /\: : : : : :l: : j: :! l l> `T"/ヽヽ::ハ: /ヽ∨: : ∧
          >、   イ /  / `< : :l: :/: :!  l: : :l∨  l トノ ゙, ̄lヘ∨ :  ̄ヽ
       / }  /   /  {: : : : }/: : :i   l: : l     ! !  l: : l: ヘl : : : :l:∧
        //{  {       !: : : :l: : : :j   l: :l    l l   l : l : ハ : : : l :∧
      /  人  }       !: : : j: : : :!    l l:::::.... j0! ...:::l : i : : j: : : :l: : ∧
    /   /  ┘      i: : : : : :/j l     ll::::::::::::j !::::::::l: :i: : : i : : : : : : ∧
    /  /            i: : : : / :l j!  ト }!::::::::::j !::::::::::l :!: : : ト、: : : : : : ヘ
    /  /            lヽ: :/: :{ {|  j:ノl:::/ j ∧:::::::::l l: : : l{: `j: : : : : : : :\
  /  /      /       l: :V: :λ !  !: l  /l ;' :::::::::l/: : : jト、ノ: : : : : : : : : :ヽ
  /  /l   l   /      γ"l :/: : : :ヽ  ノ: j  / l0!  :::::l : : : : ハ〈-‐: : : : : : :/ ノ
 /  / l   l   !        l: : }/: : : : :ノ /: / / ! !    l: : : : //: : : : : : /: /
 {  { {   l   l        ノ: :/: :ー=彡": : :/   ! !    l : : : /: : : : : : :/ : /
ラム(人狼) 「そして刺さって食べられなくなるまでが現実です」
ナズーリン は 日向創 アンチョビ に愛の矢を放ちました
丈槍由紀の独り言 「チノちゃんがレムさんで
メグちゃんがラムさん」
アンチョビの独り言 「月光蝶である!」
やる夫(人狼) 「一体どうしてこんなことになってしまったんだ」
クマーの独り言 「でも使わなくてもいいな。(もっしゃもっしゃ)」
日向創の独り言 「いや少しは見てるんだけどリアルタイムで追うのめんどうで」
クー子(人狼) 「ニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたい」
寅丸星(人狼) 「             ,          ,、
           .|ヽ/∧__/|/ }
            {`ー{`V   \こ>>'}ー'7_
         >ム_{    .}′_ノ-イ `ヽ
          / ̄/ 乂___ノ ̄  \     '、
        /  /{    {.     l     ヽ    \___,
      i  / ヽ__  ',    __!    }   、    /
      ! .{ ./´>、 \ ´ `ヽ   .|、  \─'′
     /V ∧ /,=、\_{ `x=、!\ {     __>
        ̄∨ ヽ!.{ |」    LバY j ̄ !  ト、     トラなのに狼です、これいかに
.       _ノ ノ∧ ∪    廴,ノ ' /    }. |\
         `7´ .⊂⊃ ' _    ⊂⊃  ∧ ./  ̄`
          |  _ノ>/´   \ -<〉、 / ヽ!
          {/   .{       \ { ∨\
              /___  {!  ヽ!   ∧\_
           /////∧ |',   \  .∧ `ヽ|
           ( {/////∧ l ',        ∧\j、
            ヾ///// ∧ '、      .},彡ヘ
             \, /// }  \    ,イ ∠フ\
              ヽ'  |      / |    ∠/ユ
               |  |        /⊃ ./_) \
               |  |         /'─‐く_,フ    \
                 j   .|  ___/ー'⌒´    ○  `ー──┐
                〈廴ノ/j                   }ー'⌒ヽ  /
               /  ̄  /ヽ    ○       /    .} /」
ニャル子 は 日向創 日向のヒロイン に愛の矢を放ちました
クー子(人狼) 「 」
白でっていうの独り言 「ニャル子wwwwwお前wwwっていうwwwww」
ニャル子の独り言
    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃     (恋妖精……いねえな)
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      /
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´
. |'   |  `ー―一'      、―ァ       .ノ   / !
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、
不知火の独り言 「御大将とドゥーチェという事で。まぁ。
健闘を祈ります。」
ラム(人狼) 「食べればいいじゃないですか
せっかくの狼なんですから ああ虎もいますねそこに」
寅丸星(人狼) 「うわぁ・・・>クー子」
クマーの独り言 「そんなことなかった。」
ギンガナムの独り言 「             ∩__            _/ ̄ ̄二フ
           ソ~   `ヽ,        _/   ソ __-‐`` ̄二フ
  糸色   _ノ⌒:::::::fvヘ::::::::::::ゞ、    /   __-‐``    ソ
       r::::::::::::::ソ~ヾ (_:::::::::く    /__-‐`        く
  女子 丿::::::ノ"|T=フ T=フヾ::::::ゞ //            )
     (~;;;;;;;;;;;;;;;ソ|  ,⊥、. r’;;;;;;~ヽ,/            /|
  虫葉ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__.|iiiii|__/ヽ;;;;;;;;;;;;;`ヽ          ノ
      ~ゝ;;;;;;;;;;;;;∠|,└┘_-‐ ̄`ヽ;;ノ~        ┌`´
   で   ヾ;;;;;;;/ _>‐''"_,,-‐--、ゝソ         ソ
        // ̄\_,,‐´\   ヽソ,,____,、-''"
   あ   / 、 // .   \ ノ |       ヾ---、
       ,ヾ/ ̄ 丶     |/ |           |
   る   \  _丿、 ____/ ソ┐         ~ゝ
         ` ̄L    ̄~  ̄ ̄」 │          |
   ┃     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\\         ソ
   .・     /   y       | \\      /
         |  /        |  \\    ノ
         ゝ/          |   ゝ \ ソ
         `(          丿    \\\
         < \,、-------、,,ソ       ヽ \`⌒\
          | [       |´          `-`.\._|
          |  \    |
           |   \   \
       ___/    /丶   |
       (       ___/_   /
       ヽ------´、____/」
ナズーリンの独り言 「ダイスで決めるか、財宝を集めるご主人だったら余裕余裕」
安部菜々の独り言 「これで間に合わせましょう」
安部菜々の独り言 「レムりんが見当たらないのですが」
日向創の独り言 「と言うか最近アニメ見てないし」
ギンガナムの独り言 「…あるまい」
不知火 は ギンガナム アンチョビ に愛の矢を放ちました
球磨川禊の独り言 「                      ミィzzzzz-ミ、_
                    ,.イ州リ'Ⅶiトミl.li ミヽ
                    ,州lリ仁ⅦハⅦ.ilil!
            ィ====ト、     〃トli|.l.fリ   fiハ.l,州l    ,イ==彳ミ、
           / .|__| `i   / .!.lil  、'__ ` ,リトミミ   / .|ィ―‐ト、_| 『久々に球磨川RPやりたかったんだよ』
            |/.::ィ―ミ >,!       `ト、V/_.,.イイ! `   レ'.::,ィ仁ニl::>!
         ヽ-〕ィ=イ´         r≦`´‐チ┐       `ヽ|´,У,.、   『うん、喋りづらい()』
           ,〕.チ彳   ,r==チ}///////ハ=-、_     /|' ,}´ .}
           l/了_〔  _ ノl'/////,O'////////´l!     トレ'ゝ、/   『あとなんかきたんだけど?』
           | /"二! ,ハ//!///////////,ト/〈//|    ,ィァト,}",ィY
         /.し'イ =|イ//ハ/,|////o//////,|lミ///ハ  /,〈 l_ ゝ、/
         V,;;;;;ハィ//////,イ////////////!ミ////,レ//∧ ..::::|`
            }//////// l'//////////// V///,!/////7フ'
          弋////  ,ル'///o'//////.  V//,|'////´
             ̄    /////////////    ヽ//_'/
                  r'////////////,〉        ̄
               ///////,O/////〈
                〉/////////////,ハ」
不知火の独り言 「1分経過。作戦行動に移ります。」
アンチョビの独り言 「へ、変態だああああああああああ!>恋人」
IAの独り言 「だからこうかな!」
日向創の独り言 「ガルパンは知らないんだよなぁ」
クー子(人狼) 「ニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたいニャルコ食べたい」
クマーの独り言 「あっクマーのAAがねえわ。(多分)」
ラム(人狼) 「自分で刺したかったんですね分かります>クー子」
安部菜々 は ギンガナム ラム に愛の矢を放ちました
日向のヒロインの独り言 「え…」
IA は ニャル子 白でっていう に愛の矢を放ちました
ナズーリンの独り言 「いや、待て、……ホモにさしていいのか」
ニャル子の独り言
    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //   そして共有希望もハジかれましたニャル子です
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      /
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´
. |'   |  `ー―一'      、―ァ       .ノ   / !
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、
クマーの独り言 「初日吊られる事を考えたら
女神よりも得なのでは……?」
やる夫(人狼) 「できない夫よんでこい!
やる夫じゃ無理だお!」
寅丸星(人狼) 「よろしくお願いしますね~」
千川ちひろの独り言 「緒方恵美コンビで射った
悔いは無い」
丈槍由紀の独り言 「ごちうさですらない」
ギンガナムの独り言 「まさか小生が恋人を作ることはあるまい

あるまい(大事なことなので二回言いました」
IAの独り言 「ナズ星もクーニャルも刺さってそうだなぁ」
クー子(人狼) 「静狼」
やる夫(人狼) 「そういう無茶振りはやめろと(ry」
日向創の独り言 「今日人多いな」
丈槍由紀 は 丈槍由紀 ラム に愛の矢を放ちました
不知火の独り言 「そうそう刺さるとも思いませんが……」
クマー は 日向創 アンチョビ に愛の矢を放ちました
ナズーリンの独り言 「日向とヒロインと球磨川禊の声は同じだぞ」
ラム(人狼) 「それじゃ欺狼はせいぜいネタでも仕込んでおきなさい」
クー子(人狼) 「…」
やる夫(人狼) 「ネタAAでかめってことかお……」
クマーの独り言 「ふふっ。>弁財天」
寅丸星(人狼) 「              ∧          /}
              ( .レ^∧_,∧ ∧/ |.メ
             <メ \ V  Vノ レ'  .ノ
         <⌒\ ヌ、  `,/⌒`:..  .}  .ノ
        '⌒>ァ'"´  \,._(    )メ <, \
       / //                      ヽ
     / //           ./  ./ ハ  }     ヽ
   ∠ / / /   .     / ./// ハ  |\   |
    // /  /       / ./:/ /:ノ / |' |  ヽ   |
    /〈 ∧:∨       / ./ ,_ノ /  ヽ| | - 、\i  |    そうか
    { V\ |./     / _,. ´, - 、       , - 、\〉ハ    宝塔を
    j//"}        ∠、   / /⌒ヽ     '⌒lヽ/  \  無くしたなんて
   ∠:/ /   /⌒ヽ /   /  l   l      l  │l    厂  嘘だ
    | }   / ハ.  ′      ヽ、ノ       丶ノ ハ  /
    . Lハ   人ヽ 〉、    / ⌒)      冫⊂、〉 ,'    ちゃんと
     `  V   \丿     ヽ 厂       _,.    //      置いてあったんだ
       |` 、 ヽ_,.     l |      └ ′ , イ '
        |ノ 、 \. /  丶J           /し
          、___/      `>      /
        ノ    `ヽ、         厂´
        / , -─-、 \      〈\」
太公望の独り言 「まぁ、刺さるまい
適当に散歩でもするとしよう」
アンチョビの独り言 「(どやぁ……。)>魔法使い」
千川ちひろ は 球磨川禊 日向のヒロイン に愛の矢を放ちました
IAの独り言 「さてどうすんべか」
やる夫(人狼) 「うわあ
うわあ>欺狼」
ギンガナムの独り言 「ドヤァ」
不知火の独り言 「まぁ、女神ですか。」
ゆっくり妖夢の独り言 「おっしらー」
出現役職:村人1 おしら様3 風神2 掃除屋2 魔法使い1 静狼3 欺狼1 女神7 弁財天1
ゲーム開始:2016/08/29 (Mon) 20:35:29
ナズーリン 「宝が土に埋まるなら宝塔だって体に埋まる、いけるいける」
クマー 「くーーーーまーーーーーー!!!!」
ギンガナム 「ではせいぜい小生を楽しませてもらおうか!」
日向創 「>太公望
合意の上だから大丈夫だ」
丈槍由紀 「開始」
クマー が村の集会場にやってきました
寅丸星 「新しく来た人たちはよろしくお願いしますね~」
ニャル子
    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //    真尋さんが来ない……これは夢……?
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      /
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´
. |'   |  `ー―一'      、―ァ       .ノ   / !
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、
アンチョビ 「(聞こえますか……。)
(OVAです……、OVAを見るのです……。)」
やる夫
            /                  \
          /                   ,
        ′    ー―一    ー―一 ′
          |:    ━━━━i:!::!:i::!:━━━ :|  宝塔が埋まるってどういうことだお……
          |    :    ・   .i:!::!:i::!   ・   :|
          |:    `i:!¬冖:!´i:!::!:i::!:`!:i¬:!´ :}   普通埋まらないんじゃないのかお……
              u    (___人__ )    ′
        \     u   (_ ノ     ,/
           >     ____   ィく
         ′     ー -一     ヽ
         /  i                 f  :
        {   |                 |:  |
丈槍由紀 「1」
日向創 「これが超高校級のジョーク・・・」
球磨川禊 「『おっと言い忘れるところだった』
『ということでよろしく~』」
不知火 「身売りなどとは感心しませんね?」
丈槍由紀 「2」
千川ちひろ 「あら、菜々さん」
日向のヒロイン 「やあ」
太公望 「ソシャゲ業界の闇が濃すぎるのぅ>ちひろ」
白でっていう 「うはwww俺様以外にも親切な奴がいっぱいいて嫉妬するっていうwwww」
安部菜々 「困ったときのウサミン参上です!」
球磨川禊
  __     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|       __
   ̄l」    |:::://::/::::|::::::i|:::::::::::\::::\|        ̄l」
  僕      |://::/:::::::|:::::::l::::|:::::::::i:ヽ:::::|     裸   女
  に     |:::|:::i::::::::::!:::::::|::::!:::::::::l::l:::::::|     エ  子
  傅      |:::::::::::!\:::::::::|::::l::ヘ:::::::|j|ヘ:l     プ  は
  け     ト、ヘヽ|   ヽ::::!::::|ヽヘ:::刈::ヘ!    ロ  全
   ゚     |::|二ニ=ミヽヘ:|i:::|  z≠ミヽ::|    ン  員
  「l_    !::|y/示゙ヽ  Nヾ  /示. ヽ l     で
  ` ̄     /::V《 |::::r┤     |:::r┤ 》ヘ  「l_
      ,/:::| \丶_y′   i   ヽ:ツ / イヽ. ` ̄
     /|VN          〈|      //:::;\
____/Vヽj:Vト 、    「 ' ー┐     //  ,ヘ.
    \   }::,z‐_、    |     |     ,_′   /   ` ー '
       // |:::l\  ヽ    ノ   .イヽ\      / )
      i. { l::::l  \   `¨¨´  / !: :! !     /  /
      | ヽ |::::l   ` ー   '"   |: :| |       i
      /! \ :|              |;ノ /\   |   |
   /::::::ヘ.  \             /. ,イ`丶\ !   l
 /:::::::::::::|::::\   丶、    ,  ´ /:::゙ヽ \ソ  ヽ
:´:::::::::::::::::::!:::::::::\   \ /   /::::::::::::::)   ,   ヽ\
:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::\      /:::::::::::::::::::|  /  /  ヽ」
日向のヒロイン が村の集会場にやってきました
丈槍由紀 「3」
ナズーリン 「この中の誰かの体に宝塔が埋まっているぞ(宣告)」
不知火 「と、問答してるうちに18人目が来ましたね。」
球磨川禊 「『強制じゃないよ』
『だから、君がニャル子ちゃんに打ってもいいし、僕に打ってもいいんだ』>クー子ちゃん」
丈槍由紀 「4」
白でっていう 「他打ちできるってだけで、
別に自打ちしてもいいのよっていうwww>クー子」
寅丸星 「お、18人で他撃ちですね

強制ではないはずですよ>クー子」
ゆっくり妖夢 「おっと誤字」
千川ちひろ 「太公望さん>いやですよー
私は何も知らなかった
日向くんが勝手にやったなら家庭の問題です♪」
丈槍由紀 「5」
安部菜々 が村の集会場にやってきました
不知火 「いえ、自分を含めることも勿論出来ます>18以上でも」
ラム 「そんなに他撃ちにして欲しいのですか、本当甘えてますね
感謝していいんですよ?」
ゆっくり妖夢 「自分を売ってもいいです>クー子」
クー子 「じうちでもいい…?」
太公望 「未成年でもパンツハンターはアウトじゃろ?
最近の人間界では合法だったりするんか?>日向」
丈槍由紀 「丈槍由紀 さんが登録情報を変更しました。」
ニャル子
      ,. *''"         `ヽ
            ,. *''"´ ̄ ` "'' * .,                                   /
   /      ,.*'゛. . . . . . . : :: :: :: :: ::〕iト、               .. .. -‐…・・・・・・…‐-:: :: ‐…彡'::
 ,. ′        /7:: :/:: :/:/:: :: ノ:: /:: :: :: :: :.             >.: :.:.r‐ ミ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
./        / /:: /::_/{`{: /七゛jLj:: :: :: :: :∨       /:: :: :: :: }  Y:: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: /:: ::/
′        /,イ人j/うミ'゛ .ィ笊ミiト}::/:: :: :: : !       /:: :: :: :: :: ::j   i::_::_::_::_:/:: ::>‐…‐ ミ:: ア    これは……18人目が真尋さんのフラグ!
         ´ {: {:/. ゝ',   . 乂シ:レ:: :: ::j:/::j      : :: ::>‐<::/   . {:  ̄ /:: :/        .ヽ
          /:jヽ:{        ノ:: :: : ノ:: /     /:: :: :(_/    "' <i, _/:: :/     . . . ..ノ
       ,/ィi〔:.:.ハ  }〉    ィi:: :: :ィiノ:: L  _>': :: :: :: :: ::アiト、         \'゛   . . . . . . . ィi〔
  ,. -‐…・・・=≦zzミ\´   ア:: :/:: :: :: {:: :: :: :: :: :: :: :: ::/ /〕iト ., . . . . . . ヽ. . . ._. ィi〔
乂(: : : .ィi〔 ア゛ニ>‐<}iト):`:ア:: : ィi{:: :: :: :: ::{:: :: :: :: ::>ィiア  /    . ∧. . . . . . . . //:: /
):: : ア゛  _ノ‐=(┼┼┼┼ア:: :,ィi{ニ\::_::_:ノ:: 乂二"_ ィi〔   j >'"~~"'<. . . . . . . ∨: /
:: :/ \,ィi{┼┼ ≧=彡':ア:: :/┼)ニニア´⌒ヽ_:)⌒      .j'"    . . . . \. . . . . /::/
::/  /ニ≧=‐ ‐=≦。__/:: : / ┼ /ニニア  /⌒⌒ヽ     人_  -‐…ミ. . . . . \ /::/
.乂_,'‐ ‐=ニニ=‐=ニ7:: ::/.┼レ'ニア:/      ,.。。。,)>… '" :{´    . . .\. . . . . j : /
⌒7‐=ニニ=‐ ‐=ニニア:: ィi{_┼_jニア: : {   /   /ア´7       ∧. 、、. . . . . . .`. . . .ノ:: ′
 /‐=ニニニニ=‐=≦ニニニニ7: : : :乂_{  ./7 ./        {_\__)i、. . . . . . ./i/
./‐====‐=ニニニニニニニニj: : ィi{:: :: \__jL{           乂. . . . }. . . . ,.ィii/
‐==‐ ‐=ニニニニニニニニアへ:: :: :: :: :: ::⌒`ヽ    . . . . . . ィi{≧==≦´::/
‐=‐‐=ニニニニニニニニア゛    \:: :: :: :: :: :: :: :〕iト. ._._. . ィi{:: :: :: :: :: :: ,ィi{
クー子 「…他うちは強制か?」
ラム が村の集会場にやってきました
日向創 「ガチャは狛枝に回させるから無課金ででぇじょうぶだ!>ちひろ」
寅丸星 「    ',     |.|     ,'     //         //     ,  '"
    ',    ||          /           /     ,  '"
    ',        _,,.. -──- 、.,_     /    ,  '"
        !.,  '"´     ,∧   ト 、 `ヽ.    ,  '"
       , '  ,  '"´ ̄_|\∧-∧/!_\  \    、__人_,∧_ノ、_
     /  /  , '"´ \.Y⌒Yア/`ヽ.   ':,   _)
     ,:'  .,:'   / /    `ト- ' ヽ.   \  ',   )  し  そ
   /   / <  /   |/|  '、   |   、> ! <   た.  れ
   ,'   ,'   /   ,|   メ、_ヘ.  |\  ハ /   |  |  .)  こ  が
   |   |    !   .八 / `○ \!  ∨メ  .八 -=ニ´   .と  .し
   |   |    レ'|   ∨""  ___  ○'!  / ノ ,'   .`)  が  と
   |   |    ノ   ハ、 u /´∨Vvヽ "|/レ'  /   <   ! !
   ',   ',   '´`ヽ/ /ヘ |       | 人 ハ  /    )
   ':、  ':、    ,∨─く`> --r=<|/ ソ/    ´ ̄`Y´ ̄ ̄`ヽ/´
     \  \ア´ ⌒ヽ. \\‐」 /ヾ  イ
      `ァ / ,.-‐-、 \_(>mく)イ\ |       /)_     つ
        |/ /    Y/::::::::::/ム::::::':、 `ヽ., -‐ァ' /  _ノ、 う  い
        ∨  , -、-、!'::::::::::く八〉::::::::Y /|  /! `つ 、-'   っ
      / ,.l´ヽ_ノイ|::::::::::::::::l::|::::::::::ノ  !  |:|__ノ ノ‐'   か     >ナズーリン
     / r'/、_)-'  `つ─-::、::::;;::-イ 、    .!:::::: ̄::||    り
    /|  |::|   / ,.イ|:::::::::::;(○)、::〉、\   '、::::::::::リ
     | 、 .!::ト--‐ァ'":://-‐''":::::::::::::::ヽ:ノヽ \   ` ̄/」
やる夫
       ,, -‐‐‐‐‐‐‐-- 、
     /          \
   /    ──   ─‐ \
  /        ( ● )   (●)  ';
 /'         /    \   ';  トカゲ鍋って……うまいのかなあ……>でっていう
/             (   人  )   i
|             `'''''゙´  `'゙´   !
'、                     /
 \                 <
 / ゙゙̄'''‐‐‐-----        \
丈槍由紀 「あと1人で他撃ち!」
球磨川禊 「『僕はズサなんで、待っていた人に任せるよ?』
『他人を尊重する思いやりに溢れる僕としては』」
不知火 「他刺しとなります。つまりはQPの思うようなCPに出来るという事であう>クー子さん」
ゆっくり妖夢 「他打ちになるゾ>クー子」
クー子 「17となにが変わるのか…」
白でっていう 「他打ちになるっていうwww」
太公望 「通報したほうがよいと思う(真顔>親のクレカ」
ナズーリン 「私は宝塔とは一言も言ってないぞ、語るにオチすぎて私はうれしい>ご主人」
クー子 「18だとどーなるの?」
千川ちひろ 「まぁでも漫画やアンソロだと活躍してますし>アンチョビ」
日向創 「>太公望
俺は未成年だから変態じゃないぞ。」
寅丸星 「ゆっくりカウントすれば、18人いきそうかも?」
白でっていう 「さらっとひどい発言が見えたっていうwwww>親のクレカ」
ゆっくり妖夢 「むしろゆっくりカウントする方が見てる人が焦って入ってくる説」
寅丸星 「えっと、今17人か」
ギンガナム 「: : : : : : : : ::/:::/           `ー─==ミ: : : : : :/::::
: : : : : : : :://         ____   ヽ: : : /:::::::
: :/⌒ヽ:(´       //////////〉  ノ: : :/::::::::
/:::::::::::::::. }       ////////////  {: : : :{:::::::::::
:::::::::::::::::ノ  }  〃  ///, -‐──、/   \: : `ー─
:::::::::( ̄  / /  ///  ○  /       ̄`ヽ: :     17人…
:::::::::::)    / ////     /         ノ: :
::::::厂   〈 { /////  -= ´      /  く: : :     我が世の春が来たか…!?
)ノ ____〉=ミ ̄ ̄ ‐==  ___   ̄_/  丶
:∧{/// くj⌒ `ー
::/∧/{ /           ー──‐=ミ
::::::::'`ー//                   人             あ、わりともう始めてもいいと思うぞ
:::::::{ /         ヽ::/     /⌒ヽ
::::::::Vノ     ___         /^Y^ 、 '.
::::::::::\__   `         /  ノ   ハ}
::::::::::::ム`ヽ        /ノ\/\/.:.:|
::::::::: /:ム 、_二 r‐=彡 ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
:::::::::: /:ム  { 、/ ̄.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄\.:.:.:|  ::.
::::::::::::::/:ム ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     /.:./  :::.
::::::::::::::::/:ム  '.:.:.:.:.:/レ'      /.:./  /::
::::::::::::::::::/:ム  }.:.:/     r─┬‐f ̄/  /:::
:::::::::::::::::: /:ム |.:.:{__f ̄i   _/  ノ::::
::::::::::::::::::::::::::, |_/ _ -‐  ̄
::::::::::::::::::::::::::i / ̄ -===」
不知火 「まぁ、その辺りは村建て人の一存でも構いませんが。」
ナズーリン 「その”物欲センサー”とやらが目の前にいれば骨までしゃぶり尽して
冥土に送ろう、ご主人が」
白でっていう 「俺様をwww鍋にして煮込んで食べてもwwwいいのよっていうwww>やる夫」
千川ちひろ 「流石に学生さんから絞り取る程鬼じゃありませんから
親のクレカ使ってくださいね>日向くん」
寅丸星 「妖夢さんもよろしくお願いします」
アンチョビ 「>千川ちひろ
だ、誰がノリと勢い以外は何もないって証拠だよ!?」
太公望 「クマならそこにおるじゃろ」
不知火 「ゆっくりカウントすれば存外18いくのではないでしょうか>由紀さん」
丈槍由紀 「18人か40分でカウント」
寅丸星 「  ,. '"´ _,.. - ──|\ 、..,,_   ` 、
/ ,. '"´    ヽー-.|  ト-/|_` 、 \.
 /     ,. <\ \ァ‐く__∠,_  \
/     / /   `'ー弋_ノ-<.    
    <  /  /  /|  ヽ     \.
    ./  .'、 ! `7__'、   !.  i   ,ハ..
   ∠,  /\| 7´ /,ハ\ ト、_ |.   |\     え、まさか宝塔がここにあると……?>ナズーリン
     /  /|  |八 弋り  ヽ|ァr、!   / ̄ 
|    | / !  |xx ー     , り ハ./|
ハ    ∨| ./ 八 u       ´x|ハ  \
 ':、   .|/// ,.へ.   σ  , イ |  ̄`
  \   レァ-レ'ーイ ` ーァ< ハ/   う
\   ` ア ̄\\\_,| |/ヽ〉   っ
.  \ /    、 \\___/_//ヽ./ か
  //      \.|`::(_ハ)ヘ ハ   り」
やる夫
         _____
      ,..-''"´           `''-,,
    ./                \
   ./                      ヽ
  /  ___     ____   ',
  ,'   ____        ____    ',  でっていうがいてクマーがいない
  l   l ●   l       .l ●   l    l
  l   ヽ、_ ノ      ヽ、_ ノ     .l  熊鍋文化も廃れたってことかお……
  ',                        ,'
  ',       (__人__)      /
   ヽ、     └――┘       /
    ._`''-..,,_    ̄ ̄    _,,..-''"_
,..-''"´                    `"''-..、
ニャル子
            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||    いいですか、私が求めているのは真尋さんです。
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|    クー子じゃない、OK?>クー子
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\
IA 「ひぁああ!目がぁ!目がぁあああ!」
太公望 「成人しておらんでも変態じゃろ・・・?>日向」
ゆっくり妖夢 「着くゥ^〜」
千川ちひろ 「アンチョビさん!
アニメ本編だと出番少ないけど薄い本は大人気のアンチョビさん!」
寅丸星 「アンチョビさんも白でっていうさんも球磨川さんもよろしくお願いしますね」
ナズーリン 「ああ、なんかいいものがここにあるとダウジングロットが反応した>ご主人」
ゆっくり妖夢 が村の集会場にやってきました
丈槍由紀 「18人になりそうだけどどうしよう?」
アンチョビ 「バルス!>IA」
球磨川禊 「『やあ』」
白でっていう 「俺様が最強の這いよるでっていうwww」
ニャル子
        //    ,  ´ ̄ `   }! ´  ̄ ̄`ヽ、`ヽ
       //     /      /   ヽ       \\
       /, '     /       /      ∨ 、       ヽ ヽ
.      //    /  /   /  /        |   ヽ     ', ',
     //    /  /    / / !. |     ! !  :. :  :.    :. :.
.    //     /  /    | |! |! ||    | | | | |  |     :.  .
   / '      '  /    /| |{ |{ |{    | |リ ,ム }  !     i |  i
   | |     |  |  |  | |{`iーr〈 {、   }`T´}/_}ハ |!   | |      そんなセンサーはぶち壊す!>星
   | |     |  il | |  | |ィテ≧、\ \ / イら笊ミ/}   /| |   i
   | |     { ∧| {  圦 比j刈  \∧   比j刈/ ' ' /i}| |   |
   { |     ∨{ {八  ト  込zソ       ゞ- ' / / ,イ /j/
   | |      /ハ! 从 ヽj!〉        '       イ '/ j!' :     :.
   マ{           ∨ム.{      ,.- 、      ,|   | |    :.
     \           } |人     ∨:.:.:.i     ィ {  | |     ',
                / | | >    ゞ- '   イ {: |   | |     __ :.
             /   ! ! |   `  ー ´  /∧|   | | _,.ィ//ハ .
              / //| | |\ __,.//r v-≦////|   |- '/////{//} .
    __ __     r.、/ ///| | |///  {// }  ∨/ / j  |///////|//|__ :.
   ヽー ヽ`ヽ、_,∧ ヽ {//li| | |//{ _,∨ィ介   }_// i   |/////「¨ ∨/}
   `ヽヽ\`¨ ` ` ヽ,//| | |///╋┼> ''´¨¨ ̄ ̄`丶、///|__   ∨|_ ヽ
      \ ` /___   ∨| | |イ┼イ二-_―_,        ∨///}   ∨/7 \
      /` 、     ヽ };   j!╋┼( -― ‐          ∨/ノ    \'   ヽ
      /   `  、_   |{   |┼╋┼7 ̄ ̄}`¨¨ rー '^',    ',     }    :.
     ,      i     ||   |\┼///{r―|╋+,|   |∧     :.____,/     }
     /     ,     ||   |╋`´┼{//|//,!┼+,!   !/∧    ∨///{      |
寅丸星 「            _,,.. -──- 、.,_
         .,  '"´     ,∧   ト 、 `ヽ.
       , '  ,  '"´ ̄_|\∧-∧/!_\  \
     /  /  , '"´ \.Y⌒Yア/`ヽ.   ':,
     ,:'  .,:'   / /    `ト- ' ヽ.   \  ',
   /   / <  /   |/|  '、   |   、> !
   ,'   ,'   /   ,|   メ、_ヘ.  |\  ハ /   |  | ソワソワ
   |   |    !   八. / `○ \!  ∨メ  .八  |
   |   |    レ'|/  ∨""       ○'!  / ノ ,'
   |   |    ノ   ハ、 u  /\  "|/レ'  /    ソワソワ    いや、それは宝塔が勝手にどっかいっちゃうだけです>IA
   ',   ',   '´`ヽ/ /ヘ    ̄ ̄  人 ハ  /
   ':、  ':、    ,∨─く`> --r=<|/ ソ/
     \  \ア´ ⌒ヽ. \\‐」 /ヾ  イ
      `ァ / ,.-‐-、 \_(>mく)イ\ |       /)_
        |/ /    Y/::::::::::/ム::::::':、 `ヽ., -‐ァ' /  _ノ、
        ∨  , -、-、!'::::::::::く八〉::::::::Y /|  /! `つ 、-'
      / ,.l´ヽ_ノイ|::::::::::::::::l::|::::::::::ノ  !  |:|__ノ ノ‐'
     / r'/、_)-'  `つ─-::、::::;;::-イ 、    .!:::::: ̄::||
    /|  |::|   / ,.イ|:::::::::::;(○)、::〉、\   '、::::::::::リ
     | 、 .!::ト--‐ァ'":://-‐''":::::::::::::::ヽ:ノヽ \   ` ̄/」
日向創 「俺が成人しててパンツガチャに課金してたら変態じゃないか」
球磨川禊 が村の集会場にやってきました
IA 「時間だ!答えを聞こう!」
白でっていう が村の集会場にやってきました
アンチョビ 「\ドゥーチェ!/\ドゥーチェ!/\ドゥーチェ!/」
IA 「宝塔が見つからないのも物欲センサーのせいなのかな?」
アンチョビ が村の集会場にやってきました
千川ちひろ 「私は全うしてますよ
資本主義社会の大人を」
寅丸星 「        ,へ  ,、
        _ r、{ 、 Υ )-ァ
    / ,人 ` に辷,.へ     /
.   / /'´ ゙ブ〃 ト, ii `こゝ   /
  ∠, !  `メ{xヘ  ノ メii   i    ―
   〈 , レヘ∨ ∩ヘ,/ ∩', i}ヘ| ,. -‐ァ
   りi´ iiリ ,,∪    ∪,,Vヽ.,.|_/
   Υ i `!   F=j    )//
    {\ト、lーz`=='-- //     ああ、ナズーリンも来てくれたのですね!
    `ヽ、 ヽ_斤 並゙ン'/ノ
      `ーi ,シOOYi‐'゙
         { //<}_リ
       //伝三弐
     //o~~~~~o~i
     `ム`⌒ヽ゚,ノ⌒ヾ,
       /`''ーァ-ァ一i''"
      ム_Lj L_}
         辻j   じ'」
ナズーリン 「狭い狭い幻想郷、そんなに急いでどこにいく」
太公望 「よかったな、失せ物探しの専門家が来たぞ」
ニャル子
            //         ´     //    \  `丶
              //    /    / /     ヽ\.  \
          ; i      /   /   | |i     |       ヽ
          i |   / /      : /| |i  : :│|  |    iハ
          i |    /   : i/| /|_ノ八: : : :ノト|∧|: :│ |
          {   乂|  : : :|/斗矣ミ∨\/斗矣ミハ: :| │ |  }  え、何!?まず真尋さん自体見かけない?
             ヽ / |八|: : : i|《 r'::ハ │││r'::ハ 》∨: :∧ │ {
              )) i ∧ : 八 ( )ー'   ,   ー( ) /: :/: :|/:|     わかってんですよこんちくしょうーーーっ!
.             /   ∨:/\: : \_::::::       :::::/: :イ: : :|: :|
         ((    |/ : /|\__/  /⌒    ⌒7: i : : : :│
           ))   /  / :|  |ゝ.  └‐ ┘   イ/│: : :|八
         /       /: : |  |  >   _  <: : |  |: : :   \ ,-、
.          ((_  /   . : : : |  |: /  ト、    |ノ∨:|  |: : : : : .  |__ V⌒}
         /     x―‐‐|  |7|  ノ |   ∧ ト:|  |______: : :  ト-/_ /⌒}
         /   . : :/\.  |  |:::l∨ 八__ / ∨|:::|  | / _゙ヽ : j {__}ノ  ' |
            . : : :/     |  |:::|   {ーV)    |:::|  |'/  } ゙)∨  {__jノ⌒7
      /    . : : :/     ゙V|  |:::|   ├│   |:::|  |   〈. ∨    (_>ノ/
クー子 「あの少年なんか考えられないようにしてあげるから…ね?」
寅丸星 「                }\M/{
            <_>:○:<_>
                /.:..  :. :.. \
              / .:  :..  :..  :.. ヘ
          イ .:' ∧:.lヽ::. :. :. ト
           丿.: /ri ヾ `ri i! : ゝ   物欲センサーというものがあるからでは?>ニャル子
            |.:〃 l」   l」 )ソ |
              ソ人  ー  人(`
           ´ ´:≧rュ≦:` `
                 / `萸´ヘ
               / /l=o=lV\
           ‘ー ,.<:ニ=ニ>、ー’
                <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                 `¨I¨I¨I¨´
                   `´」
ナズーリン が村の集会場にやってきました
不知火 「不知火には落ち度はありません。」
ギンガナム 「                              _
                         r::´_Y`ー 、_
                         /」´,ィミ }:: :: :`Yヽ_
                       厂/`__ ` }:: :: :: :: :: :`ー.、
                        」:: :}´ ̄ ' _Z:: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
                        /:: :: ::ゝ `ゝ, .ル'⌒ヽ><:: :: :: ム
             r Y^!`Y^Y7_ノ: :: .ィ⌒{ // ..´/::::::::::::ヽ:: ::_ハ     何
                ,イr 7´ ゝ`ヽ ):: ::.ハ r< .ィ´=≠-イ; -‐- 、::::::::Y:: :: :}
            {.ムイ`7⌒ 、 `<rr{」 / //,∠、     ヽ:::::}:: :: :;     我々は数百年に渡り
            / 〉:`:ム-、 ヽ、 ノノハ ̄`ヾ´ ̄`  ヽ、 -‐  }:/:: :: /
               { /:ヽ/ ト、::TT <ノノ    ノ `ー-、     /´:: :: /      決闘村の演習も行ってきた
            .ィく/ヽ:/  _〉 7:ノ  ./ ̄ ` .     _  _ノ:: :: ::./
        .ィ////ヾ/  ´/ ハ::〉 /      ` <_ >、_.ノ:: :: :: /       パイロットが居ない程度良くあることだ>やる夫
        <////////ヽ __ ノ⌒7´ ̄ ̄ ̄ `ヽ 」:: :: :: :::::: :: :: :ノ
       ヽ/⌒ヽ////ヽ   / /      ミー-、 Y}i:! :: :: ::ィ≦ミ´
         /:.`ヽ :.〉///  ムィT ヽ、    \ ヽ }}、|´ ̄ /:: :: :: ヽ
       ム、.:.:.:.:/'/   .ノ:::::ハ.| /:::::\   `ヽ}}ミ、  {:: :: :: :: :Lrvへ
        /:`マム:./    /::::::::::::V::::::::::::::` <._  lj.ヾ、  `ヾ、:: :: :: ::_:: :: ヽ
.      /:.:.:.:.:マム     ,:::::::::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::i:ミヽ、 }}    ` ̄  ヾヘハ〉
     /:.:.:.:.:.:.:/     l::::::::l::::::}ヽ::::ノl::::::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i〈
.    /:.:.:.:.:.:.:/      ':::::::::i!:::::',i:i:i:i:i:;:::::::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:iト、
   /:..:.:.:.:.:./    /:::::::::::li}::::::ヽ:i:i:i:::::::::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.  /:.:.:.:.:.:.:/    /:::::::::::: |i}::::::::}i:i:ノ::::::::::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:」
太公望 「真っ当なやつ・・・数えるほどじゃなぁ>やる夫」
千川ちひろ 「あー、流石に未成年ですからね
節度をもってお願いします
モノクマコインでは回せませんから>パンツガチャ」
IA 「IAに落ち度でも?」
寅丸星 「不知火さんもよろしくお願いしますね~」
やる夫
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   一応主人公だけなら3人いるのに
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/   なんかこう……うん、ねえ……?>太公望
       r、/          \r 、
       |:l1             l;l:|
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |
不知火 「よろしくお願いいたします。」
ニャル子
       / /          /      >―<⌒``ヽ、  \
       / /         /       /         \   ヽ
     / /           / /   /     /    l \   \   `、
     / /       / /   /     /    l l  ヽ   ヽ   、
    /  /      / /        / //       l l   ゙、   `、  !
   / /      / /    /  / / /  '       l  }   l ハ    ゙、  i
   / /      / / /    // / j l l l   l  j  ! l l   l  i  、 l
  / ,'      ∥///  / / j {  l { ! !    }  j  j l }   }   } い }
  '        j/  j j j    { \/l l { l    j  / / j j }     j l !
  j  j     /{   { l l  ∥l/{ l\|い  j /l_,/斗ハj /    ∧ {|
  l  j           l l、 l   { Fミx、,,lミト!  ~'ア"j/  l/ }イ/     / \l
  l  l          `l ヽ{  lハ rイ价ヾ! ゙、 / =ミ=云r=ァノ/  /l /   l
  l  l            j ヘ l l ゞソノ   ヽ/  {ri沙}  / / {∧  l l    何故っ、何故何時も真尋さんを求めるとクー子が来るのかっ!
  l  l           / / / }          `冖'゙ /彡  / / ゙、  l l
  l  l           / /{ /八    ノ        ̄/ // /l   ゙、 l l    これが世界の選択とでも言うのですか!
  ! !             /    __{ \    ,,__       ̄//  / l      i
  l l            /    / /!  `ト、 У)う     /   /‐-=二__   i
   Vl         /    / l:λ  l {`/ /-‐ ''"   //  /::::::::::::::/ メ、  i
   ゙、        /    ∥ l::::ヘr-/⌒`~、 }    /    /:::::::::::::/ /ハ  、
    ヽ      /    ∥  l::::/  `ヽ、 /     /    /::::::::::::/ /   l  ゙、
       \   /    /j   Y  \   ノ〉" └‐/    /:::::::::::/ /    l   ヽ
          /    / l   / \  У/      /   /:::::::::::/ /     }     ヽ
        / /  /    j _ `フノ::`>-r<:;    ;:::::::::::/ /       !      \
          / /  /       /    ̄ノ"l:::xく;;;入:::::!  l i:::::://      j、   ヽ  \
        / /  {     /    /  l/:::j__}:::::ヽl  |{// /       ハ    ゙、  \
       /  /   ヽ    /    / l  l:::/| |ヽ:::::l  l l/  /        l  l    ゙、   ヽ
不知火 が村の集会場にやってきました
太公望 「訂正
おなごも大半ろくでもない(確信」
やる夫
     ____
   /      \
  /         \  ポク……
/           \
|     \   ,_   |  でも御大将の場合はスパロボ時空のほうが
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |   きっと楽しいと思いますおここパイロットいないんで>ギンガナム
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
千川ちひろ 「日向くんには才能を売ってあげたいのですが
ソレは無理なので希望ヶ峰学園の生徒といい肩書きだけは用意できますよ?

ええ、予備学科とも言いますが」
太公望 「ワシがいうのもなんじゃが
ろくな男が来ぬな、この村」
丈槍由紀 「賽銭箱なら腋巫女が出てきそうなんだけどなあ」
寅丸星 「日向さんもよろしくお願いしますね」
クー子 「その蔑んだ目も堪らないいいいい」
日向創 「パンツガチャと聞いて」
クー子 「はあはあ…はあはあ…」
ニャル子
    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j    チェンジ>クー子
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      /
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´
. |'   |  `ー―一'      、―ァ       .ノ   / !
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、
日向創 が村の集会場にやってきました
千川ちひろ 「あら、上手くいかないものですね」
やる夫
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  賽銭箱が女の子にジョブチェンジするとか
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   最近のゲームって奇想天外すぎねえかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
ギンガナム 「ほう、貴様、なかなか良いことを言うではないか>やる夫
世の中戦場に恋愛を持ち込む軟弱者が多すぎるよなあ!?」
クー子 「やっぱり…愛はお金に変えられない!!!!」
IA 「呼んだら来ちゃった」
千川ちひろ 「あ、携帯端末からの課金もOKです♪>ニャル子さん」
賽銭箱 「賽銭箱 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:賽銭箱 → クー子
アイコン:No. 970 (賽銭箱) → No. 5178 (クー子)」
太公望 「世知辛い世の中じゃなぁ」
ニャル子
        //    ,  ´ ̄ `   }! ´  ̄ ̄`ヽ、`ヽ
       //     /      /   ヽ       \\
       /, '     /       /      ∨ 、       ヽ ヽ
.      //    /  /   /  /        |   ヽ     ', ',
     //    /  /    / / !. |     ! !  :. :  :.    :. :.
.    //     /  /    | |! |! ||    | | | | |  |     :.  .
   / '      '  /    /| |{ |{ |{    | |リ ,ム }  !     i |  i
   | |     |  |  |  | |{`iーr〈 {、   }`T´}/_}ハ |!   | |
   | |     |  il | |  | |ィテ≧、\ \ / イら笊ミ/}   /| |   i
   | |     { ∧| {  圦 比j刈  \∧   比j刈/ ' ' /i}| |   |   クー子おおおおおおお!?あんにゃろい居ないと思ったら何時の間にィっ!?>IA
   { |     ∨{ {八  ト  込zソ       ゞ- ' / / ,イ /j/
   | |      /ハ! 从 ヽj!〉        '       イ '/ j!' :     :.
   マ{           ∨ム.{      ,.- 、      ,|   | |    :.
     \           } |人     ∨:.:.:.i     ィ {  | |     ',
                / | | >    ゞ- '   イ {: |   | |     __ :.
             /   ! ! |   `  ー ´  /∧|   | | _,.ィ//ハ .
              / //| | |\ __,.//r v-≦////|   |- '/////{//} .
    __ __     r.、/ ///| | |///  {// }  ∨/ / j  |///////|//|__ :.
   ヽー ヽ`ヽ、_,∧ ヽ {//li| | |//{ _,∨ィ介   }_// i   |/////「¨ ∨/}
   `ヽヽ\`¨ ` ` ヽ,//| | |///╋┼> ''´¨¨ ̄ ̄`丶、///|__   ∨|_ ヽ
      \ ` /___   ∨| | |イ┼イ二-_―_,        ∨///}   ∨/7 \
      /` 、     ヽ };   j!╋┼( -― ‐          ∨/ノ    \'   ヽ
      /   `  、_   |{   |┼╋┼7 ̄ ̄}`¨¨ rー '^',    ',     }    :.
     ,      i     ||   |\┼///{r―|╋+,|   |∧     :.____,/     }
     /     ,     ||   |╋`´┼{//|//,!┼+,!   !/∧    ∨///{      |
千川ちひろ 「クー子さんの懐柔は楽でした
水着ガチャで出たらそのままニャル子さんのものになったという建前でゴニョゴニョしたらいいじゃないとアドバイスしたら協力してくれました」
丈槍由紀 「めぐねえが剣士のような庭師と一緒にいたという情報が…
なんか人違いな気がするなあ」
賽銭箱 「金金金金金金金金金金金金金金金金金金」
やる夫
           ____
         /      \
        / \    / \   恋愛なんてスイーツ(笑)がすることなんだお。
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) :::::::::::|  さあ皆武器を持ってレッツファイト……これこそが決闘の真髄なんだお!
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 賽銭箱
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 970 (賽銭箱)」
ニャル子
           ′   ′       ii      :| i          i ヽ   | |
          i  /   :i     i  爪     :! | | i ii       | i i   | |
          | ′  リ  j i 八.{  ゚'*、  |.。o≦ハ :ii     :| i |   | |
          i/ :   :ハ {∧(≧ハo。_i \.从xそミ、)ハ  i :| i |   | |
          〃 i:   :入_≫=ミ、从八  〃'ん)刈 )) /  ' 个弌..  | |
          ′ l:i:|   ::.〃ん)心ヽ  j/  乂:.:ソ 厶イ  八jノ⌒   |
         i  .:j从   ::i 乂:.:ソ        .:::::::: i i厶イ^弐    ′     今月分のお給料はすでに真尋さんの口座に入れました!>ちひろ
       f'⌒≧ミく厂ヽ  、 :::::::::.     ′     人!    ̄}  / ノ
      | .:' f'ヽ尓 :}`∞≧=ー     ,.ヘ   .  i:: i二二厂:.  ¨´
      |/ ノ 人 L∧  ∨ ゙*。      ¨´  イ′ |:: |     ̄〕、
      | ´ / 人)..〕 .   Ⅵ  '*。. ー< /   /|:: |二二 厂  ゙:.
      ∧   く_,ノ「  ゙.  レヘ    ,≧≦    /| |:: |     ]    、
      , .:∧    ヽ.L....  i ::|  ゙.   / 「八∧  ," | |:: |二二〃
    /.:〃∧___    Vい_ | ::l   幺/__,l ̄i厂゙ /  | |:: | _〔     ′
   ,:「 ̄ ̄ ̄厂    /≪' | ::|  /厂i./」___l厂「 \ | |:: | _/    /
 /.:|     /    ,   /  | ::|/「厂i厂厂}厂}厂i」i| |:: |  「    ...イ
ギンガナム 「ギンガナム さんが登録情報を変更しました。」
千川ちひろ 「えー寧ろ私はお手伝いしにきたのに」
IA 「真尋君ならさっき髪が赤い子と腕組んで歩いてたよ」
ギンガナム 「ふん、まあ良いだろう
我らは数百年に渡り決闘村の演習ばかりを行ってきた
そろそろ実戦というのも心躍るわ!」
IA 「宇宙進出とはたまげたなぁ」
千川ちひろ 「さぁ、宇宙ガチャを回しましょうニャル子さん
公務員の高級を経済に還元するのです」
ニャル子 「                  / /       ,.. '´/ イ    ヽ           `ヽ、
                  ,' /     ,. '´   ,' /.!      ',¨' 、         ヾヽ
                    i. l.     /     ,. ! i. l        '.   ヽ、 、       ヽ.\
                    l. l.  , '     /  .l. l       i 、   ヽ ヽ         ヽ. ヽ
                    l. l  /     ./ .! !│      !  ! ヾ、   ヘ       ヘ. ∨
                  ! l. /      ,'  ! l. i      l.  i  ヘ    i. i.     ! ヘ ∨
                 i. Y ,    i/!  l  ! ',     i.! .!.   ',    、 .!     l !. '. ,
               〉. i./      !.l  !. ',. ',      l i l!  lヽ i.   lヽ.l.     l. !. '.. ,
               ,' ヽヽ    .!/  ', ', ヽヽ    i !_lヘ l__ム斗ヽj ヾ     l !ヽ .! .!
                i ∧ マ     ! i i lヽi.、 ヾ、 i / .! !¨l¨i  ヽノ  ,..イ !.    l! ヘ !. i
                ! ,' !ヽヽ   l ! lヽ| ヾ,.イ  ` l'  ./´ .!/ ,..z=イ´  ! l   i! .i.  l.! !    どうしてこうも私と真尋さんを会わせまいとする者達が多いのかっ
                l ! .! ヘ マ  ',. l!i斗匕ヽ \. !  '   ¨´r'///,!  .! i  /l. i!   .l!. '.
                l.l  !  i. !.  ヽ!ヾ、z=ニ示¨ヽ!      匁z ツ ,..ィリ /j  / .!/ヽ.  !.  '.    訴訟ですよ訴訟!
                ヾ / .!. l. !    !  r'///i          `¨「i´l.! ∨//  .!  ヽ   ,
                   / .ィ .i.、! l.  \ヽ 匁z ソ ,.ィ           !.! .!l ,.'/'  / .i!   ! ヽ、 ,
               / .ハ. i. l. l   、 ヽゝ ¨¨´    .:!       _,.. ィ´ ,.ィ /' i.   ',    ',
              /´  ヘヽl. l 、 .!ヽ ヽ、              ̄ ,. イ /  !    ',     ,
                      ヾ! l/i`ヾ、_人. `     _,.. -‐っ   ¨´/!j/   i     ',      ,
                       │i!{i /イ i. ヽ、     ` -‐ ¨     /  !i   ,'
                       l. !`ヽ! .! |  l  > ...,_         ,.ィ´   .!i.  ,            ヽ
                       │|    l. ! .i      ¨ r-- ‐ '´  ,. -‐ ¨i!  i                   \
                      //   .! /  l      ,.. イi   ,.ィ'´    i!   i!                    ヽ
                  //     !'   !     i.!   |  ./ .!      i.  iヽ、
太公望 「闇を掘り返ししぎてはおらんか・・・?>コンプガチャ」
寅丸星 「特殊仕様○ 特殊使用×」
寅丸星 「ガチャコンプ……一体いくら飲まれるのか……
でも、あれなんですかね?コンプすると特別使用が召喚とか?」
千川ちひろ 「日本じゃ規制されちゃいましたが
宇宙ではまだ規制されてませんから>IA」
やる夫
     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  <○>  <○>  \   恋人の名前を叫ぶとテンション上がりそうな奴と
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /   課金させる人がきたお、恋愛?なにそれ美味しいのかお?
  /              \
ニャル子
/          l /   l    l l       l l l   ', : : : :',: :',
|        , ,    |    | !        ! ,' ,  l ,  l: : l: :l
l           l |    : :, ':,:_:_:,: ,   . :/: :.リ/._:/_/: l l: : l: : !: :,
l           l |  , :七:´、ヽヾ:、: . . :/: : /7: /:7: /:、./: :/: : l: :l
|.          | |   、:、ヽVIヽ\:、: : :{: :,//:,イ:/l:VI: /: :/: : :イ: :|
|   _.     | |   、:イ´云テ下、ヾ 、:l:// イ云テ下、/:/ . :/:,: : :   それじゃねえ座ってろ>ギンガナム
、  {_,  }    | 、  ミ、 ト、 _,心   `    ト、 _,心/:イ . :/: ,: : :|
 、_ _ノ    | |ヽ、 : 、弋z(ソ        弋z(ソ'/: :./: :,: : : !
         |  ', \ : \     '       /. :,.イ : :/: : :.|
         |  ',  :`ミ 、     ー―‐,   彡'/  : /: : : :|
         |   ,  : : lヽ、   ゞ_ ノ    ,イ:,    ,: : : : :
         |   l  : : |: : :>,  . _ .  <_: :/   /: : : : : |
         |   ,  : : |,////!      |///'  :/: : : : : : :,
      __|r--、',  : : l/////∧   ∧///,  :イ: : : : : , -''7777
     /////ヽ/∧ : : l//////∧  ∧////  : :/_,..r7///////
     {/////////! : : :!/////´二}77<>、/,  : ://///////////
丈槍由紀 「超課金砲?」
IA 「ひでぇ!>ちひろ」
ギンガナム 「                      , r=-、
                        /    i
                     /, -=‐/´ヽ_  |ヽ
                     //:, r=/,r ´⊂⊃`ヽ_l\
                ,イ /::::/ .r´ ̄{  _|   ノ::|  \
                ,イ ./::::/ i .r-、 ゝイrィヽ=イ:ノ|   \
                 ,イ  l::::::l  〉-l::::::`l─‐l-‐=''"ヽ.     \
             /   l:::::::ー/:::/ヽ:::::l O .|::::::::::, イノ\   ./       そんなに好きだというのならば
.            /   .弋::/::/ / ∨. O ヽ/ ノ  >、:\_∧
           /    /ー、イ /   |ヽ  /::ゝィ_.l/ /:/ゝ=イフ      我が艦隊からマヒローを一体
             /   ./イ/./  ./ヽ::V::::::rニ/  l, -ィヽ  /
          /   / マ/ /   /::r{ {',::|::::/ {:ヽ/モ フ /        見せてやるだけ見せてやろうではないか!
.         /   // /   ./:/ |ゞヽ:/ゝニl:l/  .> '
        /     /     /:/   l::::/   /> ´ .l
.       /    /      /:/    7    ̄l. l:::::l .l
.         /   /      ,イV彡- 、}      マ',::::l.∧
        /  /         Ⅶ  弋ノ      { ゝ=イ }
.       / /           l=" l       ゝ=ニ=.ハ
      //               ハ ∧/l       l  rヽ ハ
                 ,、ハ./,イヽ/        Ⅷl  l .|
                     / .ハ/  |/l         ヽ/ヽl l
               /   ./// |        |/ i ヽl/l
                / _/ ̄'ー="          |   i  ヽ|
               ̄                     l__i__,,l」
千川ちひろ 「ちなみに真尋さんを呼ぶには
この宇宙ガチャの水着シリーズをコンプリートしなければ出ませんよ」
太公望 「この村も課金の闇に飲まれるのかのぅ」
丈槍由紀 「八坂は八坂でもオンバシラの八坂が浮かんだのは内緒」
ニャル子
 r‐.、l~l     /〉   //                 //
  ヽ.`| |fヽ  / /  .//                /'
   ヽ| Y|__j  l  /,'             r‐‐く──‐- _
    ’j' |     ヽ ll          -‐  ̄            丶
    ‘ r┴っ   }ll           /     ヽ \    丶  \
     Y (_  / ll           /i    ヽ ‘,  \ 丶  ヽ   \
     \  ヽ .:ヽj       / ‘,      丶 ‘/⌒ゝ、〉 | l     ヽ     そりゃもう私様々な姿に変わる変幻自在ですからっ!>やる夫さん
       丶    \     /  ‘,\    l/ ィア笊圷ヽlヽ|ヘ    ` ‐- _        _  -──-
        \    \    | .;゙  ヽ、"'- 、 |ヽl 乂ツ 'Vヽlj ‘,`ー-       ̄  ̄ ̄ _  -‐   ̄
         \    \  V   l⌒、\乂__      ノィ ハ  \   ──── ヽ
           \    \ | l  \lィ了心    _     l/l ‘,   \    \ ___ヾ__
            \    `'| l   ト、乂ソ、  /   }   /八 ‘,      \   \ー-- __  ̄ ‐-
              \    l ハ、 \ゝマ    乂_ノ  '  l \ ゝ-こl__     \  //   ` ‐- _
               \  ヾ-l: Tヘ、_彡'__   / _/ヽ_〉. 、_   ̄⌒ヽ    \
                 |ヽ  /: : :l    丶__ 丶´ニl/: : : :/:/: : : :lー 、-、   ` ‐- _ \
                 | ヾこ : : ノ    ヒ: : :ハ ヽ_〉──-、/⌒'   \_`   ‐- _  丶`丶、
                 |    ̄        r: /╋ヽ V╋╋╋ 〉:l_  .:゙   ヽ`丶、    \ ヽ  `丶、
                 丶_         V:./╋╋‘, ∨ ╋╋l : : | .:゙        \     ヽ l、
                    ̄ 丶、 -- f:.ゝィ╋╋‘, V\_ノ、:r' l            l 、   /ノ ヽ>、
                       `丶/ : /╋╋: : :l ト、 ╋╋〉__ l     ____/> ヾ=彡'   ヽ'ノ
                              |: : :\╋: : : :l ' : \ /: : :ヽ   /  // \       Y
                  , -‐      |: : : : :ヾ: : : : ' /: : : : : : : : : 〈:.フ、  , -く/>'⌒  ヽ  :|    }
                /'           ‘: : : : : :ゝ : //__丶: : : : : : : :ノ   ̄__r‐<      ノ   |    }
               /            ‘ : : : : _彡' : : : : : : : : : : /  ,イ | 〈 ヽ-    _/    |     '
             /               ‘: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  ヽ _|__ゝ_, -'"       '   /
             |,                〉: : : : : : : : : : : : : : : : : |、─---  _          / / l
             |l            /:丶: : : : : : : : : : : : : : : /: )、: : : : : : :/ /       / /l |」
寅丸星 「ちひろさんもギンガナムさんもよろしくお願いしますね」
ギンガナム 「マヒローがそんなに好きかぁぁぁぁぁぁっ!!」
千川ちひろ 「まひろさんかと思いましたか?
残念ちひろでした♪」
寅丸星 「            _,,.. -──- 、.,_
         .,  '"´     ,∧   ト 、 `ヽ.
       , '  ,  '"´ ̄_|\∧-∧/!_\  \
     /  /  , '"´ \.Y⌒Yア/`ヽ.   ':,
     ,:'  .,:'   / /    `ト- ' ヽ.   \  ',
   /   / <  /   |/|  '、   |   、> !
   ,'   ,'   /   ,|   メ、_ヘ.  |\  ハ /   |  | ソワソワ
   |   |    !   八. / `○ \!  ∨メ  .八  |
   |   |    レ'|/  ∨""       ○'!  / ノ ,'
   |   |    ノ   ハ、 u  /\  "|/レ'  /    ソワソワ
   ',   ',   '´`ヽ/ /ヘ    ̄ ̄  人 ハ  /
   ':、  ':、    ,∨─く`> --r=<|/ ソ/
     \  \ア´ ⌒ヽ. \\‐」 /ヾ  イ
      `ァ / ,.-‐-、 \_(>mく)イ\ |       /)_
        |/ /    Y/::::::::::/ム::::::':、 `ヽ., -‐ァ' /  _ノ、
        ∨  , -、-、!'::::::::::く八〉::::::::Y /|  /! `つ 、-'
      / ,.l´ヽ_ノイ|::::::::::::::::l::|::::::::::ノ  !  |:|__ノ ノ‐'
     / r'/、_)-'  `つ─-::、::::;;::-イ 、    .!:::::: ̄::||
    /|  |::|   / ,.イ|:::::::::::;(○)、::〉、\   '、::::::::::リ
     | 、 .!::ト--‐ァ'":://-‐''":::::::::::::::ヽ:ノヽ \   ` ̄/」
ギンガナム が村の集会場にやってきました
太公望 「逆に考えると良い
バレてしまっても構わぬと」
丈槍由紀 「めぐねえどこいったんだろうなあ」
ニャル子
            l             \        r―-、
          ゙、           ヽ      弋/ /`ヽ、
          ゙、               ゙、     ( `Y__/__ Y、
              ゙、          (    ii       ヽノ、~  ノ:ハ
            ゙、         \  jj         `トイい:ト、
            `、          ̄          l:::::::::::::::::Y
             `、                      l::::::::::::::::::i
               \         ___       l:::::::::::::::::i
                   \    x '" ̄_  ̄`ヽ ノ  l::::::::::::::::::l
                      \r< ̄      ̄ ̄ノ \|:::::::::::::::ト、
                  /j   `ヽ、  \   ̄`ヽ ヽl:::::::::::::::::l:l
                 / { l   } \\  ヽ  ヽ \l:::::::::::::::::l::!
                 /  l l   j } l ト}\  Y   Y `l::::::::::::::::::::l
               __ノ{  l l  ノ ノ jノ/ Y }   }ハ} l::::::::::::::::::::}     キャモオオオオンッ、真尋さぁーーっん!
                    ̄ } ー=彡イ  ノ≠= ノ__ノ / l j::::::::::::::::::::l
                 j   ト\`ー->    ̄ jイ ノ l l::::::::::::::::::::ト、
                ∧ {  トゝ=ァ   ノ `ヽ  ノイl  ∨l::::::::::::::::::j \
                  い  ヽ/  く::{    }  / H  l:l:::::::::::::::::j  \\
           r-、      ヽ/\ 乂  ヽ _ノ/ノ:::l  l:::::::::::::::::::l    \\
   /       /~ヽ )、      {/{ { l`'''ー---イ::l:::l:::::}  }::::::::::::::::::l     ヽ \
  /{       / 、ヽノ__/    / lゞ  l >―-く::::}:::イ:l  j::::::::::::::::::!:!       `\\
  { ゙、      { __Y__ノ    ノ /}   }:::::::::::::::::::::::::::::::::j  !::::::::::::/::l::l  \    ヽ\\
 人 \    ∧__ノ::::}   //  j  /:::::::{:::::::::::::::::::/::/  ハ::::::::/::::j::l   ヽ   `、 \\
   \\   ヽ::::い:::\/    /  /::\:::∨::::::::::::j::/  /::::::::::/::::/::l    ゙、    ゙、 \ヽ
   _>- ニニ}:::::::::::::::::\  // /:::::::::::::::j::::::::::::::{/ / /::::::::::/::::::::::l      ∨   ゙、  ヾ、
 /       乂:::::::::::::::::::`< / /:::::::::::::::::{::::::::::// /:::::::::/:::::::::::::{      ∨   、  ` 、
/      --――\::::::::::::::::/ /::::::::::::::/ l:::://  /::::::::/::::::::::::::::i       V   i   ゙i
    /        >'''"  /::::::::::::::/  У/  /::::::::/:::::::::::::::::::l       V   i    j}
   /        /   x<::::::::::::::/    {/   /:::::::::::/:::::::::::::::::::::l         V   }  ノ
  /        /// /    ~7''"      {  //::::::::::::j::::::::::::::::::::::::l    l    ∨  j」
千川ちひろ が村の集会場にやってきました
やる夫
         ____
       /      \
     / ─    ─ \   .|.「「「l_ヽ   混沌キャラという名前のチートだったり作者代理だったり
    /   (●)  (●)  \ ,:、!j l l l }ヽ
    |      (__人__)     |\/⌒ ヽヽヽ  忙しいなあんたも
    \     `⌒´    ,/ 〈/l l l l.} 〉〉
    /     ー‐    \  |.!JJJ'    まあ大体はあひんあひんされたりしてそうだけど>ニャル子
                  .|  | ノノ
                  {   |
丈槍由紀 「だが断る!>ニャル子」
太公望 「嫌じゃ!働きとうない!>IA」
寅丸星 「  ,. '"´ _,.. - ──|\ 、..,,_   ` 、
/ ,. '"´    ヽー-.|  ト-/|_` 、 \.
 /     ,. <\ \ァ‐く__∠,_  \
/     / /   `'ー弋_ノ-<.    
    <  /  /  /|  ヽ     \.
    ./  .'、 ! `7__'、   !.  i   ,ハ..
   ∠,  /\| 7´ /,ハ\ ト、_ |.   |\
     /  /|  |八 弋り  ヽ|ァr、!   / ̄    寝て待っていたら、ナズや聖に無くしたとばれてしまうので…>太公望
|    | / !  |xx ー     , り ハ./|
ハ    ∨| ./ 八 u       ´x|ハ  \
 ':、   .|/// ,.へ.   σ  , イ |  ̄`
  \   レァ-レ'ーイ ` ーァ< ハ/   う
\   ` ア ̄\\\_,| |/ヽ〉   っ
.  \ /    、 \\___/_//ヽ./ か
  //      \.|`::(_ハ)ヘ ハ   り」
ニャル子
            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||     仕方ありませんね、ここは皆さんのお力を借りるとしましょうか。
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |    はい、全員で真尋さんを呼びますよー。さんはいっ
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\
IA 「太公望は占いできるから探せるじゃろ(適当」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 丈槍由紀
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9927 (丈槍由紀)」
ニャル子
         //            .  ´ イ´          \  \
       //          /   ///   ヽ \     \  \
       //        / /  / //      i   \      \  \
       //           / /  / // /:{     l   i \      ヽ  \
     .//        / /  / 〃 /.:.:|     l  }l  ハ     i   i
    //        / /i : / .:.| |: |:.:| :| : . : . ハ: .:/ハイ:ハ  i    ハ   |
    l l         l/ l   : | |`川メ、: . : / ィイ/士士} |  ハ}   |
    l l         l //.:  .:: | |ゝテ心、:..:/  l/ イ斥圷V / / ハ}   |    そりゃもうここに混沌の化身がおりますから!>やる夫さん
    l l         l〃{ i   i | | V 代ハV    弋 .:ソノ/ /l/ ノ    |
    l l       _ノ ヽト、 ト从 ゝ .ソノ       ̄,,./イ /lノ :|     |
  ── -          ヽト、ト、:バ゙゙'   ′      ノ彡 i : |     |
         `丶        /:⌒:ヽ    r‐-‐┐    〃 : l : |     |
            \´  ̄ ̄\: : : :へ   ヽ _ノ   /N.:.:.:.l : |     |
             \    \ |: : :>      イ  l:::l:: : l : |     |
     _ _        / /\     ヽ| :´: : :`ヽ 二´    l::::l:  l : |   _」
        `ヽ _//   \      ̄|: : : :.い::::::.:.`ヽノ::::l:  l : レ'´: : : :
         \       \     |: : : : i ト、:::::/⌒ヽ:l  ヽ|: : : : : : :
             \          __」: : : : l l V _ _ 」    l: : : : : : :
             \ _ _     {: : : : : :.:.l レ'´   )_ノ   l: : : : : : :
              ヽ.:.:.:.`ヽ   ヽ: : : : :./ /    イ⌒ヽ    ト、: : : : :
               / ̄ノ.:\    \: :/ /   //i  ム   l: \: : :
               /  \.:.:ハ    V /  / / ノ ノ⌒ヽ  l: : : \:
太公望 「失せ物探しは専門ではないのぅ
果報は寝て待て、お主ものんびりするがいい>寅丸」
やる夫 「             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/   やる夫ですがどんどん村が混沌になっていきます
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   どうしてこうなったと言いたいですお
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
ニャル子
          / /         ,... -´‐-/⌒´    `ヽ`ヽ、              ,.ィ/{_,
       ' /      /     /! !  ヽ     \ヽ            ,イ/// /
      / /     , '´      /, | |  ;∨ ', 、   ヽ ',         /////
      / '      /  /  ,: | | { |  | |、 | !|∨  ∨',      /////
      | |     /  /   .: | | { ヽ {  }リ,.ィ'从リi  | | .        {////
      | |      | イ    | {ミ!ト、 \_、i ,ィチ斥 }  | { i      マ/ム
      | |      { ;| :.   Ⅳ斥心 \_/ 比ソ /  ,: |  .         マ/ム        い、いやいや弱気になっては来る真尋さんも来ませんよね!
      { {      ∨ハ {   { 弋zリ   ,   `¨ /イ /j/   i         マ/ム
      マ|       /イ 从  从      _   ムイ |   :.         マ/ム       真尋さーん!私はここですよー!
        \        }∨イ人     ∨  ソ   イ   |    :.        ∨∧
                   /  |   `   ._    イ、 |  |    ',         ∨∧
               ,'    |  |  | r }` ´_/ i |  |___   :.         ∨∧__
                /     |  |  // {__∧   /::!  /:::::::/`ヽ  :.      r/ ,.-  `ヽ
            /    / /イ{/∧_/ィ77/:::: |  {::::::/:::::_:::::.  .       {_Y__,.-  {
             /    / ∧:/{//{Y///{/:::::::,|  |::::,::::::::::::::::}  ヽ     ,.ィ、_,... 〉
           ,:'  / {|r―::/ ∨ /{///:::_/:|  |:::{:::::::::::::::::ヽ_  \  /::::::{(_,ィ/
         /  /  〃:::/   //   /:::: \:::|  |:::|:::::::::::::::‐::::::ヽ _ヽイ:::::::::{ ∨∧
        /  /  //:::/.   //   ,::::::::: /:::|  |____::::_>´:::::::::::::::::::::ヽ∨∧
       /_  /  / { {:|::{.    { {   /:::::::::/:::::|  |:::::::\:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::()::∨∧
     /r‐r、ヽ  / | |::!::|:::::.. | l!  .::,:::::::::/:::::::|  |::::::/ ヽ::::::{:::::::::::::::::::::::::::(),. イ´∨∧
    / / / /^ヽ ,   | |::|::|:::::::..{ j ...:::::{:::::::/::::::::::|  |::::,'  | \:::::::::::::::::::- ィ¨´ \  ∨∧
.   / /ヽ   マ' / _,! !::!/   ' ;    |::::/:::::::::: 从 {::/{  :'  \::::::::::/ \   \ ∨∧
  / / / \  `「}::::::从::|   | |   |:/::::::::::::/::::}// .|  /     ` ¨´ \   \     `∨∧
  ,' /  {   ヽ__j |::::::::/:::|   | |   |::::::::::::::::::::::::/  !     i  ,、    :.ヽ   ヽ    ∨∧」
寅丸星 「太公望さんもよろしくお願いしますね

宝塔知りませんか?」
ニャル子
   l l          jl// '" ̄ ̄ ー-ミ `丶、  \
   l l          ィj -、          `ヽ、     ヽ
   l l        / /   ヽ⌒`丶、        \   \`、
   !l       / / /       \ \      \ `ヽ、ヾ、
   l !     /  ∥ l l  ハ  l \  \ \    ヽ  \ ヾ、
    l !    /  / l l l   l  l  ヽ   ヽ  ヽ   ヾミ=- ヽ ゙、
    ll    / /  l l l    l l l   ト l  Y  、  l l   \ヽ、      むむむ……やはり宇宙聖杯戦争を起こして英霊真尋さんを召喚するしか
     ll  / j  l    l     l l l ,,,__l斗}く }ヽ ト}   l 「ヽ    ヾ゙、
      、  l  l  l   い゙、   l } !lハ } jノ ,,x云}/l   jイl  } \  \    手は無いんでしょうか
       ゙、 l  l     { ゙、ヾ  j/l/l l  l z彡f_)沁 l /l ハ } ノ   \  \
      ゙、l l }   i  ト -へ∥ j l  j    乂;;ソj//l/  j 癶       `<,,__
       、 { l    人ト{ \ j云、         /}  //l{{ >―- 、  \  `丶、
         lトl l い  いヽ彡く,,心、         ノ// j::::У::::::::::::::::::\   \   `丶、
          }} j∧ {\l\ \ ゞ;;ソ ,;  -―- 、 /l / /::/:::::::::::::::::::::::::::::\   `ヽ、    `ヽ、
         ∥   ヽ   {j  {    / .: .: .: .: .:\ノl  /:::j:::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ、 \    \
   〈(_ノ/       ノイ >''" ̄/: .: .: .: .: .: .: .: .:\┴、l::/::::::::::::::::::::::::/::::::::ヽ  \ \    ヽ
    `ー           /: .: .: .: /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:`} ∨::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::Y   \ ヽ    ヽ
              /.: .: .: .: .: .{.: .: .: .: .: .: .: .: .j: .: .: j /:::::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::i     \\    ゙
               j.: .: .: .: .: .: l.: .: .: .: .: .: .: .: {.: .: .:ノ l:::::::::::/::::::/::::::/:::::::::::::i      ト、ヽ  l
               {.: .: .: .: .: .: .!.: .: .: .: .: .: .: .: V.: /イ }~::::::::::/:::::::::/::::::::::::::::::::i      l ヽ\} }
              }.: .: .: .: .: .: .l.: .: .: .: .: .: .: .: .:∨:/j/:::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i      l ゙、 V
                j .: .: .: .: .: .: .l.: .: .: .: .: .: .: .: .: Y::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i      l  、ハ
                i.: .: .: .: .: .: .: l.: .: .: .: .: .: .: .: .: .}::::/:::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::/::::i     |  ハ i
                l.: .: .: .: .: .: .: l.: .: .: .: .: .: .: .: .: j::/::::::::::::::::::::::::/ .: ヽ::::::::::::::/:::::::\      j ノノ} }
寅丸星 「そうですか……>IA」
太公望 「わしは寝る
後は任せた」
太公望 が村の集会場にやってきました
IA 「知らんがな>星君」
ニャル子
            //         ´     //    \  `丶
              //    /    / /     ヽ\.  \
          ; i      /   /   | |i     |       ヽ
          i |   / /      : /| |i  : :│|  |    iハ
          i |    /   : i/| /|_ノ八: : : :ノト|∧|: :│ |
          {   乂|  : : :|/斗矣ミ∨\/斗矣ミハ: :| │ |  }
             ヽ / |八|: : : i|《 r'::ハ │││r'::ハ 》∨: :∧ │ {
              )) i ∧ : 八 ( )ー'   ,   ー( ) /: :/: :|/:|       気配が無くてもメゲませんっ、だってまだ後18分はありますし!
.             /   ∨:/\: : \_::::::       :::::/: :イ: : :|: :|
         ((    |/ : /|\__/  /⌒    ⌒7: i : : : :│       まだ負けてませんからね!
           ))   /  / :|  |ゝ.  └‐ ┘   イ/│: : :|八
         /       /: : |  |  >   _  <: : |  |: : :   \ ,-、
.          ((_  /   . : : : |  |: /  ト、    |ノ∨:|  |: : : : : .  |__ V⌒}
         /     x―‐‐|  |7|  ノ |   ∧ ト:|  |______: : :  ト-/_ /⌒}
         /   . : :/\.  |  |:::l∨ 八__ / ∨|:::|  | / _゙ヽ : j {__}ノ  ' |
            . : : :/     |  |:::|   {ーV)    |:::|  |'/  } ゙)∨  {__jノ⌒7
      /    . : : :/     ゙V|  |:::|   ├│   |:::|  |   〈. ∨    (_>ノ/
寅丸星 「                       ト 、      /|/¨!
                 「 ̄`|  \   /,、.|  l.イ__
             __|_「 ̄¨\`○/ \∠  | /
          ,.-‐ \.  ヽ  / ̄`{    .} )_ノ‐- 、
         /     >、__>弋_人___ノ¨´  `ヽ \
        /    ,. /         |      、    ',  ハ
      /    / ./ ./     !       .|    .}  弋ーァ
       /     /   ′|       `x--    |─-、 /    \
.       ′i   __ノ  |    { /  l\   .|\ /.|\____ \
     i. |   \    ノ   / \   |  \__」 ,x=、 V 、 > ̄
     |: |  i  `ァ ∠_,イ  | ,x==、    〃    V \
     |: ! / /   ./  /   |〃    ____ /// }   }    IAさんもよろしくお願いしますね
     ! \|.  ̄ ̄ ̄|   |     |/// r ´    \}   ./   .|
     ヽ   \      |   |     ヽ   |       ノ / \_」    ところで宝塔しりませんか?
      \.   `ー─-ヽ/\    ト ._ヽ___ . イ  ./
.          \          \_K´ \ノ フ、    /
         \_______   /  } `[>()く]}.\ ´
                      _/   |===ァ◎={  \_
                〔      .|>=====彳V    }、
           ____,. (_>、__ノ    .人__,∨_/_)
          「         /  ` ̄ ̄     V    `ー┐
          乂         , \          ./    ./
            ヽ   /  /\_____/〉\_/
               }__ノ    .>‐、_/  └i_ノ
                   〈/         し'
やる夫 「なんかいきなり叫んできたお!?」
かり 「八坂だけど真尋じゃない人が浮かんだけどどうするべきか…?」
ニャル子
                       ∥/-‐-γ⌒<   ̄ ̄"''ミx、
                       ∥    / /   ヽ ー-    `ヽ、
                    /∥     /     ト、  \  \   \
       -―-、       / ∥ / / j       い  Y ヽ   ヽ  \ヽ
     //⌒\ヽ      /  ∥ /  / l       } }  i  ヽ   ゙、   ヾ、
     jl     ヾ、    /  ∥ /  j  {   !   l ハ l l   Y     ハ ゙、
    -―lL      Y}   // ∥    l  l  l    ∥ w、_}__}ヽl__l        l `、
  //   ll ヽ    ノ  // /    l  l   l lX~ ∥   } jTl ̄ハ トl     } l  、
  l l   乂ノ}        j/lノ l   l  --十T「 ゙、 /  /l j j厂  !! i }  j l l\゙、
  Vl     ̄        l/ l {   l l l / { 十、∨  / j/ r‐,,二j,,_j/l  j ハj  \
  乂          /l j l l   l トl  _-、/ヽ/   ㌢"⌒`メ j  /ハ/∧           なのでヘイカモーン真尋さーん!
     `ー- __ イ  { / /l 八   { ,x彡⌒`        ::/::/::ノ/ ∧ ∧
              / l/ ト、 トヽ ^"             ー彡 //l } ∧         貴方のニャル子がここに居ますよーっ!
                    ノ l  l\l \ ::/::/::/   `   ,、 ー--‐イ { l {  ∧
                   }  l ト、  ミ=-    rァ-''" ̄ }    /    ハ   、
                    l   j/l `~ミ=-   乂    ノ  /     /  い
                    j  弋    `ト __    ̄   /     /ー-、  } }
                >-‐'"⌒`ト、      ̄ヾ ー-- '"{   ヽ/:.l:.`ヽ、 `''┴-、
               /  -く:.:.:.:.:.:.l:.:.:>、      }┐ rく ヽ>''"ユ-、:l:.:.:.:.:.:.7ー-、ハ
               { {:.:.:.:゙、:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.r┴ 、   j {  j ヽ/ /:.:.:.:.:.ヽ:.:.:/:.:.:.:い i
                  l l:.:.:.:.:.ヽ:.:.:l:.:.:/ ̄`丶、\∧ Y" 〈/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:i }
                 / l l:.:.:.:.:.:.:.ヽl:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ 〉>┴L/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.} j
              /  l l:.:.:.:.:.:.:.:.:{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ} / \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.j j
               / / 人 l:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉弋   ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.://
          /  /  {∧l.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l ̄ l\ / \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/∧
         /  /   ヽfヽ:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /   l /   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V∧:}
       /  /     } l:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./`~/   L/   ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V j:l
IA 「いあああああああ!」
IA が村の集会場にやってきました
ニャル子
        //    ,  ´ ̄ `   }! ´  ̄ ̄`ヽ、`ヽ
       //     /      /   ヽ       \\
       /, '     /       /      ∨ 、       ヽ ヽ
.      //    /  /   /  /        |   ヽ     ', ',
     //    /  /    / / !. |     ! !  :. :  :.    :. :.
.    //     /  /    | |! |! ||    | | | | |  |     :.  .
   / '      '  /    /| |{ |{ |{    | |リ ,ム }  !     i |  i
   | |     |  |  |  | |{`iーr〈 {、   }`T´}/_}ハ |!   | |
   | |     |  il | |  | |ィテ≧、\ \ / イら笊ミ/}   /| |   i
   | |     { ∧| {  圦 比j刈  \∧   比j刈/ ' ' /i}| |   |   そう!決して負けている訳では無いんです!
   { |     ∨{ {八  ト  込zソ       ゞ- ' / / ,イ /j/
   | |      /ハ! 从 ヽj!〉        '       イ '/ j!' :     :.  今ちょっと真尋さんを迎える準備をしているだけなので!
   マ{           ∨ム.{      ,.- 、      ,|   | |    :.
     \           } |人     ∨:.:.:.i     ィ {  | |     ',
                / | | >    ゞ- '   イ {: |   | |     __ :.
             /   ! ! |   `  ー ´  /∧|   | | _,.ィ//ハ .
              / //| | |\ __,.//r v-≦////|   |- '/////{//} .
    __ __     r.、/ ///| | |///  {// }  ∨/ / j  |///////|//|__ :.
   ヽー ヽ`ヽ、_,∧ ヽ {//li| | |//{ _,∨ィ介   }_// i   |/////「¨ ∨/}
   `ヽヽ\`¨ ` ` ヽ,//| | |///╋┼> ''´¨¨ ̄ ̄`丶、///|__   ∨|_ ヽ
      \ ` /___   ∨| | |イ┼イ二-_―_,        ∨///}   ∨/7 \
      /` 、     ヽ };   j!╋┼( -― ‐          ∨/ノ    \'   ヽ
      /   `  、_   |{   |┼╋┼7 ̄ ̄}`¨¨ rー '^',    ',     }    :.
     ,      i     ||   |\┼///{r―|╋+,|   |∧     :.____,/     }
     /     ,     ||   |╋`´┼{//|//,!┼+,!   !/∧    ∨///{      |
寅丸星 「という訳で、よろしくお願いしますね」
やる夫 「つまりかりとkariが宝塔であり真尋なのかお……」
寅丸星 「あ、間違えた、まあ小さいAAだから大丈夫かな」
寅丸星 「      , -―- .、
.    ,.'", =nd)(bn、>.
   ,' /_ゝ´゚⌒゚`ゝ、';
   i { 彳(ノハヽハ)ゝi 宝塔を探しに来ました
   ∨ヽ从パ ヮ゚ノ( ノ
    `</^i`虫'lヽ,
      ん/ー^-ヽ丿
       `r_ァr_ァ'
寅丸星 が村の集会場にやってきました
ニャル子
        / /           ´  /  /       `丶
.       / /     /  //  /   \\      \
      / /          /     i i    ヽ  \     ヽ
.     / /                 i |
    /      / /    i    | :i |      |     iハ
     ;      i    !/ :/| i|:       |: イ⌒iヽ|   .::|│
   i |    ││     |ィ ⌒|八:::.     八 |.斗ト |   :::|│
   | |    ││  ..:::|八斗=ミ\::.\/ イ_}::j } リ  .:::リ│
   | |      ││..:: ::〃 _}::jハ  \/  V__ソ厶 .:::::∧│
   | |       ∨ 八:::::八ヾ乂__ソ   .   // /|::/∧:::.|      いやしかし!こうして人が増えれば真尋さんの来る可能性も上がるはず!
   | |     /乂. ∨: :::\//    __  ∠ イ /\:八
   | |   ⌒´  \|\|\_>   {/   }    / / /⌒トミ    そう、いい流れの中に居ますよ!
               ∧|∧  `  ._    _ノ  イ/ / ´   リ
       \       /  〉ハ  V⌒≧=ァ:r< // /      ∧   \
.       \ \   /  (\∧  ー= Z∨⌒∨/ /     /::::::.    \
         ̄       /\  \ マ-{__}=ー {/ /     /:::::::::::::.
               |  /:::::::|\   ∨| |\__,/ /  / , ::::::::::: iハ::.
               |  :::::::: |  ヽ } トミ人_/l / /  /:::::::::::::│| ::.   |
               | 八::::人   | | 、}__ト |厶 _彡∧ ::::::::: リ│::i    |
               ∨ 广⌒\⌒\| { 厂「     / }\::/ .丿丿  i丿
kari が村の集会場にやってきました
やる夫 「とりあえず召喚陣でも書いてみればいいと思うお」
ニャル子
    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃     (おかしい……真尋さんの気配が無い……)
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      /
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´
. |'   |  `ー―一'       /ヽ       .ノ   / !
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、
やる夫 「よろしくだお!」
やる夫 が村の集会場にやってきました
ニャル子
           ′   ′       ii      :| i          i ヽ   | |
          i  /   :i     i  爪     :! | | i ii       | i i   | |
          | ′  リ  j i 八.{  ゚'*、  |.。o≦ハ :ii     :| i |   | |
          i/ :   :ハ {∧(≧ハo。_i \.从xそミ、)ハ  i :| i |   | |
          〃 i:   :入_≫=ミ、从八  〃'ん)刈 )) /  ' 个弌..  | |
          ′ l:i:|   ::.〃ん)心ヽ  j/  乂:.:ソ 厶イ  八jノ⌒   |   そしてカモンッ真尋さん!いやむしろサモン真尋さん!
         i  .:j从   ::i 乂:.:ソ        .:::::::: i i厶イ^弐    ′
       f'⌒≧ミく厂ヽ  、 :::::::::.     ′     人!    ̄}  / ノ
      | .:' f'ヽ尓 :}`∞≧=ー     ,.ヘ   .  i:: i二二厂:.  ¨´
      |/ ノ 人 L∧  ∨ ゙*。      ¨´  イ′ |:: |     ̄〕、
      | ´ / 人)..〕 .   Ⅵ  '*。. ー< /   /|:: |二二 厂  ゙:.
      ∧   く_,ノ「  ゙.  レヘ    ,≧≦    /| |:: |     ]    、
      , .:∧    ヽ.L....  i ::|  ゙.   / 「八∧  ," | |:: |二二〃
    /.:〃∧___    Vい_ | ::l   幺/__,l ̄i厂゙ /  | |:: | _〔     ′
   ,:「 ̄ ̄ ̄厂    /≪' | ::|  /厂i./」___l厂「 \ | |:: | _/    /
 /.:|     /    ,   /  | ::|/「厂i厂厂}厂}厂i」i| |:: |  「    ...イ
ニャル子
      ,. *''"         `ヽ
            ,. *''"´ ̄ ` "'' * .,                                   /
   /      ,.*'゛. . . . . . . : :: :: :: :: ::〕iト、               .. .. -‐…・・・・・・…‐-:: :: ‐…彡'::
 ,. ′        /7:: :/:: :/:/:: :: ノ:: /:: :: :: :: :.             >.: :.:.r‐ ミ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
./        / /:: /::_/{`{: /七゛jLj:: :: :: :: :∨       /:: :: :: :: }  Y:: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: /:: ::/
′        /,イ人j/うミ'゛ .ィ笊ミiト}::/:: :: :: : !       /:: :: :: :: :: ::j   i::_::_::_::_:/:: ::>‐…‐ ミ:: ア
         ´ {: {:/. ゝ',   . 乂シ:レ:: :: ::j:/::j      : :: ::>‐<::/   . {:  ̄ /:: :/        .ヽ
          /:jヽ:{        ノ:: :: : ノ:: /     /:: :: :(_/    "' <i, _/:: :/     . . . ..ノ     ヘイッ!私が来ましたよーっ!ニャル子です!
       ,/ィi〔:.:.ハ  }〉    ィi:: :: :ィiノ:: L  _>': :: :: :: :: ::アiト、         \'゛   . . . . . . . ィi〔
  ,. -‐…・・・=≦zzミ\´   ア:: :/:: :: :: {:: :: :: :: :: :: :: :: ::/ /〕iト ., . . . . . . ヽ. . . ._. ィi〔
乂(: : : .ィi〔 ア゛ニ>‐<}iト):`:ア:: : ィi{:: :: :: :: ::{:: :: :: :: ::>ィiア  /    . ∧. . . . . . . . //:: /
):: : ア゛  _ノ‐=(┼┼┼┼ア:: :,ィi{ニ\::_::_:ノ:: 乂二"_ ィi〔   j >'"~~"'<. . . . . . . ∨: /
:: :/ \,ィi{┼┼ ≧=彡':ア:: :/┼)ニニア´⌒ヽ_:)⌒      .j'"    . . . . \. . . . . /::/
::/  /ニ≧=‐ ‐=≦。__/:: : / ┼ /ニニア  /⌒⌒ヽ     人_  -‐…ミ. . . . . \ /::/
.乂_,'‐ ‐=ニニ=‐=ニ7:: ::/.┼レ'ニア:/      ,.。。。,)>… '" :{´    . . .\. . . . . j : /
⌒7‐=ニニ=‐ ‐=ニニア:: ィi{_┼_jニア: : {   /   /ア´7       ∧. 、、. . . . . . .`. . . .ノ:: ′
 /‐=ニニニニ=‐=≦ニニニニ7: : : :乂_{  ./7 ./        {_\__)i、. . . . . . ./i/
./‐====‐=ニニニニニニニニj: : ィi{:: :: \__jL{           乂. . . . }. . . . ,.ィii/
‐==‐ ‐=ニニニニニニニニアへ:: :: :: :: :: ::⌒`ヽ    . . . . . . ィi{≧==≦´::/
‐=‐‐=ニニニニニニニニア゛    \:: :: :: :: :: :: :: :〕iト. ._._. . ィi{:: :: :: :: :: :: ,ィi{
かり 「いらっしゃい」
ニャル子 が村の集会場にやってきました
かり 「もぐもぐ」
かり 「20:30開始予定です
8人未満なら延長予定です」
かり が村の集会場にやってきました
村作成:2016/08/29 (Mon) 19:55:53